青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「れます~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~れた れた~ れたら~ れたる~ れてる~ れない~ れなかった~ れなけれ~ れぬ~ れました~
れます~
れよう~ ~れる れる~ ~ろ ろ~ ~わ わ~ ~わかっ わかっ~ ~わかった

「れます~」 1133, 12ppm, 8969位

▼ れます~ (316, 27.9%)

9 それは 8 これは 5 私は 3 私が

2 [11件] あなたは, いかがでしょう, これも, しかしその, そうで, その時代, それも, それを, どういうもの, どうでしょう, 事実は

1 [269件] あいては, あっしが, あっしゃこう, あのチーン, あの頃, あれが, いかがでございます, いかがな, いずれも, いつの世でも, いまに, おきなぐさ, お仕事, お相手, お蝶, お金の, かまいませんか, こういう景観, こうと, ここらでは, このお方, この一篇, この和尚, この場合, この夫人, この私, これで, これなども, これによって, これらが, こわいもん, ご存じです, さあはたしてそう, さうし, さしずめ一本, さすがに, さてまたそこ, しかしこうした, しかしこれ, しかしながらそれ, しかし今, しかし何, しかし大体, しかし彼女, しかもこの, すでにもう成層圏, すでに中国, すると, そうあるべき, そういうの, そういうもの, そうすれ, そうと, そう云う, そこに, そこは, そそそそれでは, そのころ, そのとき, そのものが, その一方, その不公平, その中, その人, その凶器, その別, その年, その程度, その翼, その考え, その鞘, そもあなた様, それが, それだけに総領, それでさえ, それでも, それでもこの, それでもやはり, それとても, それなら, それなら部下, それには, それらの, そんな理窟, たしかに苦楽, ただの, ただ一言, たまたまガラガラ, でもほか, とかく出這入り, とにかくそれ, とにかくに, ともかくも, どういうご用, どうかしら, どうご, どうしてあんな, どうぞしばらく御, どうもこれ, どうも行政庁, なおその, なおよく, なお思い過ごし, なかなかり, なにしろお, なにせい小袋坂仮, なにせその, なんに, ねえだんな, ひとつお, ふたりの, ぶっつかって, ほかの, ほんとうに, まさかそうで, まさか新, まさしく何, またこういう, まだその, まったくは, みんなそれを, もうすぐ馳, もう既にそこ, もし大元帥, もし少数, よく考え, よく釣れた, わたしの, わたしは, われわれの, ガボリオよりも, ドウし, 一向平気, 一向煮えきらぬ, 一月十五日に, 一糸をも, 一面の, 一面商品に対する, 三本角, 三河の, 下女の, 不幸に, 世の中の, 久しく江戸表, 亭主の, 人生の, 今と, 今まで, 今全編, 今日の, 今日は, 今私の, 以上四ツの, 体が, 何か, 何しろ雲霧, 何だか眺め, 何でも, 余りな, 僕は, 先ず一時間, 兎に, 其の頃, 凡夫の, 十二三歳の, 千人も, 叙述の, 右に, 図は, 固くるしい作法, 多くは, 大友皇子の, 大寿院の, 太くて, 奇態な, 奥様になどとは, 如何で, 如何な, 実は人間, 実は非常, 実子が, 実物大の, 少しおだやか, 尼に, 師は, 平次は, 年増や, 幹部において, 弟の, 弟は, 従来この, 御信仰, 御参考, 忙しい時, 性質の, 我々とても, 或ひ, 支那には, 文芸上の, 斎藤君が, 新顔などが, 方法的思惟に, 日が, 早くから日本民族, 昔を, 時折り見える, 最も盛, 木の, 木戸の, 村岡柳子の, 村里の, 東北路は, 果してどうして使, 果して此, 死人に, 殊に豌豆, 気は, 決してさうでない, 決して一つ, 河竹の, 浮世絵画家の, 海が, 渋谷から, 滑稽だ, 無骨者の, 然るにも, 片づけて, 物の, 獨り, 率直な, 現実は, 琉球人の, 甚右衛門の, 産婦は, 甲と, 画家にとって, 目は, 矢張り神様にも, 破調, 神社仏閣の, 私としては, 私を, 節でない, 経験だ, 絶対とは, 繊手は, 聴けば, 自分に, 自分の, 若し關係, 苦しげ, 蝦夷征伐と, 行われた現象, 観世殿が, 言葉のみ, 計画的に, 証拠の, 誰とは, 貞女とか, 賭博打の, 足裏が, 送られやすい, 途上の, 道の, 道行人は, 郷土の, 關善さんと, 陛下が, 驚き入つた次第

▼ れます~ (131, 11.6%)

3 私は 2 おけいさん, これは, そのまま石, 千草姫は, 私も, 良秀は

1 [116件] あたしたちを, あとに, あとを, あの本, あまりよい, いいながら, いうと, いけませんから, いつも一緒, いやな, いや今度, おおそんな, おくがた, おっしゃったよ, おつきの, おばあさんは, お前が, お客さんが, お父さま, お父様, お爺さんは, お馬, かの子の, この部屋, これも, さあそれだけ, さっそく鬼, したらあああの, して, しまいには, すぐ前, すぐ手紙, そこが, そこの, そこへ, その翌日, それじゃも, そればかり, だれを, ちょろりと, つらいので, どうも僕, どうも断わりきれなくなりまし, どんな災い, ひょこひょこ出, ほんとにいい, 両家の, 二三十人いる, 云われたので, 今まで, 今度は, 他の, 何か, 何がなしに, 何だか改まりまし, 余りいい, 侍女は, 凍え死, 出過ぎ者, 単身呉一郎に, 博多の, 右に, 合せものは, 同時に兼ね, 同時に閉鎖, 困りますが, 困りますの, 困りますもの, 土蔵の, 大きな蛇, 大和中納言秀俊卿が, 大臣も, 女中は, 女房が, 姉さんと, 姫は, 宜しいが, 小林少年は, 尾だけが, 廃せば, 愈々先生, 慰めれば, 教へて, 早速当り, 時間の, 最前から, 案外早く, 水晶の, 消えて, 涙を, 深い溜息, 湖の, 無暗に, 煉瓦や, 猟師は, 猶更, 男同士でも, 目も, 眼鏡が, 私が, 私の, 私を, 老尼僧, 自分でも, 自分の, 舟は, 花聟の, 裏向きに, 言ったほう, 貞之進は, 途方も, 鍛冶屋の, 間もなくやはりこの, 関白に, 雪子は, 黒い服

▼ れますから~ (81, 7.1%)

2 で御座います, 私は

1 [77件] いずれも, お休みなさり, お呵, お蘭, お訪ねいたしたい, きっとその, この上ダンス, この野見宿禰, これで, これを, こんだけに, すぐさま例, すこしは, ずいぶんわれわれ, そのうち, その肉, それを, できるだけムッツリ, とにかく病床, なんでしたら, はじめるならいっそ, まあそんな, もしあたしたち, わしが, スープに, 一應日本の, 一本だけ, 不参する, 並み並みの, 中将にも, 事実の, 今夜だけは, 信用し, 健吉氏夫妻の, 先生に, 其のお, 冬季に, 前進出来ません, 参りやすべ, 双方違っ, 取りあえずお知らせ, 同じ山, 向うへ, 喜び合って, 困って, 大層速く, 奈良朝においても, 少しお, 年が, 幾分か, 後から, 從つて日本では, 御免, 御入会等, 御安心, 御待ち下さい, 御清聴, 新五郎は, 早くお, 時にはそれ, 本当は神様, 残念に, 犯人は, 猶更, 私たちは, 私などが, 私も, 粂どんが, 舟で, 葉を, 覚悟し, 貴下ともかく, 辛抱せんなら, 逃亡し, 間に合うよう, 霊肉の, 黄金のは

▼ れますので~ (76, 6.7%)

4 ございます 2 私も

1 [70件] あの林, あるひ, いずれに, いつもひとりポッチ, いろいろな, うっかりこちら, おくがた, おしまいには, おりおりは, お笑いに, かえって不利, かず, ここには, このみち, この方, これも, これらの, これ以上の, ございませうか, ござりましょう, ござります, さあそこ, さぞあなた, せめて仕立物, そのまめ, その寺, その日, それからは, それだけ戴けない, それであの, それでそう, それでアノ, それに, ともかくも, どうも恐ろしく, なおさらいらいら, なかなか売れません, まあ, また今夜, めくらの, もうさっき, わたくしそれを, われわれ父兄と, ハッキリ申し上げられません, 一切の, 一寸此処, 丈助が, 上って, 五年で, 人が, 今度は, 今日は, 休息の, 初春の, 厶ります, 又た, 土地の, 実はお願い, 序に, 御酒宴, 日々に, 母さまも, 母の, 然し新田さん, 甚だ残念, 相互の, 私の, 私を, 音楽の, 馬を

▼ れますよう~ (72, 6.4%)

4332 にといいました

1 [24件] です, では, で且つ, と申し, なお, な勘定, な気, な覚え, にお, にお金, にそして, にと, にといっ, にとこれ, にとさすがもう, にとた, にと云う, にと初瀬, に回向, に我ら, はそれ, 一心に希望, 平にお願い, 願い上げます

▼ れます~ (52, 4.6%)

3 んで 2 か, ですが, をお

1 [43件] があさましゅう, がせめて, がその頃, がふしぎ, がもったいなく, が前, が又, が残念, が苦しく, が辛い, だが, です, ですから, とたいした, には, にはしかし, には太閤殿下, は, はいかにも, はご, はそれ, はそんな, はつまり, はどう, はまた, は不, は供, は前, は吹く, は如何にも, は彼女, は恥ずかしい, は数ヵ月, は評判, もこの, も今さら, も味気, や, をそれ自体, をわたくし小耳, を女王様, を漸く, を監査

▼ れます~ (36, 3.2%)

2 そのままドル, それに

1 [32件] お母さんは, お菊みたい, かねがね将軍家, こちらからは, ことに伊勢大神宮, これから, これでも, その山の上, どんなに奇々怪々, またご, また彼, また物品交易, また自分, ヘイヘイもみ手で, 一度失敗, 主人が, 事の, 二月の, 別な, 原文に, 土地の, 家ぢう, 広い庭, 戦いの, 殊に病人, 法廷から, 狭山と, 私どもは, 私は, 私も, 虎の, 雨宮さんが

▼ れます~ (32, 2.8%)

2 どうか, ッて, 旦那や

1 [26件] え呉れろなら上げまい, かつその, して, それともお, それともただちに, てんだ, どうです, まあお, またデパート, まだ定ま, よくなかった, ソビエットに, 今夜は, 分りませんし, 夫婦の, 実際の, 山水です, 当面の, 真善美わが, 知れませんから, 知れませんが, 私は, 葭萌関に, 貴下よ, 雅さんも, 高尚な

▼ れますけれども~ (24, 2.1%)

2 是れ

1 [22件] あるいはまたノルプー・チェリン, お銀様, これとても, これは, これ迄に, しかしながらウェスレー, そういう荒い, そこから, そこに, そのへん, どうも全く知らない, どうも御, まだ朝廷, やはり大変興奮, 五十音の, 他処, 何の, 卒業する, 既にシナ茶, 私は, 自分の, 芸は

▼ れます~ (15, 1.3%)

2

1 [13件] お願いですじゃ, さしたる事, それこそ, それほどな, ただたとえ, わざわざお, 何うにか, 又聊か, 山鳥雉子, 態, 拙者へ, 直義にも, 私は

▼ れますけれど~ (13, 1.1%)

1 [13件] いま入っ, このナターシャたち, この節, これは, しかしまったく, そのうち, どうでしょう, ほかに, 七八年前の, 何しろ今二等車, 先生は, 強盗なら, 私の

▼ れます~ (12, 1.1%)

1 [12件] いいです, きっと, しかも誰, じや, それよりも, ですが, 併し, 先刻貴方は, 宜いです, 自動車まで, 葛籠を, 誰か

▼ れますこと~ (11, 1.0%)

2 を私 1 かと存じ, が私, とは深く, になりまし, の添います, はご, もござりませずながい, やら, ゆえその

▼ れますもの~ (11, 1.0%)

32 ですか 1 かこの小さな, ですから, で全く, ね, はわたくし, を

▼ れますのに~ (9, 0.8%)

1 あなた様だけが, これは, その方, それを, なおあの, なお額, またし, 実地に, 実際は

▼ れます~ (9, 0.8%)

1 が諸君, が逢いたい, なぞはせめて, などがこんな, の身, の遁世, は一旦, は近く, を血族

▼ れますやう~ (7, 0.6%)

41 で, で且つ, にそして

▼ れますところ~ (6, 0.5%)

1 からわたくし, から天下, にかついえ, にはやく, の或, をせめて

▼ れますがね~ (5, 0.4%)

1 この節, どうかと, 売るもの, 旨いもの, 本当にを

▼ れますその~ (5, 0.4%)

1 お方は, ため仕事に, 上夜中にでも, 人なりに, 奥様の

▼ れますうち~ (4, 0.4%)

1 に不, に敵, に童子, はまだ

▼ れますかと~ (4, 0.4%)

1 腹の中では, 訊いた, 訊かれたとき, 驚いて

▼ れますそう~ (4, 0.4%)

21 ですが, で学校

▼ れますそれ~ (4, 0.4%)

1 には何, に折角, はおそらく, は悲しむべき

▼ れますまで~ (4, 0.4%)

3 わたくしは 1 あの方様

▼ れますゆえ~ (4, 0.4%)

1 いや折々, おついで, のう, 少々お

▼ れます~ (4, 0.4%)

4

▼ れますけど~ (3, 0.3%)

1 あとが, まだ訊問, 大体が

▼ れます~ (3, 0.3%)

21 あはははは

▼ れますとて~ (3, 0.3%)

3 女房打なげく

▼ れます~ (3, 0.3%)

1 ああ気持, その感想, 先生

▼ れますばかり~ (3, 0.3%)

1 で, でなくそうした, でわたくし

▼ れますほど~ (3, 0.3%)

1 あなた様の, おそろしいけれども, な真心

▼ れますものの~ (3, 0.3%)

1 また自殺, 当然こちら, 相手が

▼ れます~ (3, 0.3%)

1 なら怪我, はこの, は尼様達

▼ れます~ (2, 0.2%)

1 経料なども, 里帰りの

▼ れますきっと~ (2, 0.2%)

1 あなたも, 殺されます

▼ れますこれ~ (2, 0.2%)

1 には当家, も意味

▼ れますこんな~ (2, 0.2%)

1 名器を, 場所で

▼ れます~ (2, 0.2%)

1 様子姓名を, 監督です

▼ れますだけでも~ (2, 0.2%)

1 この疚痛, 此の

▼ れますとも~ (2, 0.2%)

1 言ひ, 道は

▼ れますには~ (2, 0.2%)

1 その鉄砲, 私の

▼ れますもん~ (2, 0.2%)

1 ですか, ですから

▼ れますよと~ (2, 0.2%)

1 いうと, 活版屋が

▼ れます~ (2, 0.2%)

1 お帰, 娘だって

▼ れますわけ~ (2, 0.2%)

2

▼ れます~ (2, 0.2%)

1 が殊, の道

▼ れます~ (2, 0.2%)

1 でもさて, に可愛がられ過ぎる

▼ れます~ (2, 0.2%)

1 の状態, もう自分

▼ れます場合~ (2, 0.2%)

1 には論証, には論證

▼ れます~ (2, 0.2%)

1 当人の, 老女様にも

▼ れます~ (2, 0.2%)

1 じゃあござりませぬが, を見

▼ れます~ (2, 0.2%)

2 か夫

▼ れます竜神~ (2, 0.2%)

2 と申す

▼ れます身体~ (2, 0.2%)

1 じゃなし, ではありません

▼1* [116件]

れますあそこに紀介様, れますあなたはたしかに, れますあなた様のこと, れますあれあすこを, れますお前はどこ, れますお方はお, れますかいの, れますかなそれとも, れますかねとても遣られません, れますからと泣き出して, れますからという意味の, れますからな何うも, れますからねこんなに深い, れますことゆえどうぞお, れますさだめてお疲れ, れますぐにほつて見, れますそういったお方を, れますそして追風で, れますそれともあんまり怖い, れますそんな野蛮な, れますだから私は, れますや, れますついては其許にも, れますつて女の手紙, れますでなつくづく太夫元, れますというたから, れますときはその, れますとこう云うじゃ, れますなどという細かきお話, れますなんにし, れますつけても, れますにつきまして何か, れますのねまして恋する, れますのみか編輯上の, れますのよ熱も, れますぼく先生のお, れますまた出入りの, れますむかしから仏法東漸, れますもうどうすること, れますもう少し逗留し, れますもしおかまいが, れますもっとひどくなる, れますやう神かけて, れますやらまた四千貫文, れますゆえそれのすみ, れますゆえ今日はお, れますゆえ仕方なく, れますゆえ在京の諸, れますゆえ城を突出, れますゆえ易々往来はゆるされません, れますゆえ暫時お待ちのほどを, れますよいついで, れますようおねがいいたします, れますようお話ができかねる, れますよう如何ようにも御, れますよう願わくば, れますよって大概の, れますよというお話でした, れますわが党の, れますわたしはそう, れますわねヨハネでも, れますんでとに角之, れます一旦はこうして, れます一週間に一度, れます丁度前日に, れますに今日, れます人間はとし, れます今度は何だか, れます仮令身寄で, れます菅谷が, れます何某さんで, れます保護する丈, れます先生お使, れます兵馬さんにも好かれます, れますでございました, れます医学法学哲学文学動物学その他の自然科学者, れます十一の標準, れます背中の, れます天狗坂てえの, れます子供から発足, れます丁度明治三年, れます専門家が見, れます届けものがあれ, れます平民も貴族, れます年齢は四十二, れますの咒語, れます御方ではござりませぬ, れます御苦労でありました, れます戦時の闇生活, れます探偵が依頼者, れます播磨の印南, れますがどんなに, れますに到達, れます早く残暑が, れますには一種, れます暮しの内容, れます木曾の三留野, れます松富さんが楽屋, れます母御が彼の世, れます特に女たちが, れます由安堵いたします, れます由私は実に, れます真個に不思議, れますで刻ん, れます荒っぽい気を, れます蜘蛛の糸, れます貴下は屹度流星, れます貴方様も仰し, れます近江の永源寺, れます途中で相手, れます通り私は鉱毒問題, れます通り若殿様が若王子, れます通り鉱毒問題の為, れます違いませんちっとも, れますの神等, れます馬車代と教区