青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「れてる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~るる るる~ ~れ れ~ れし~ れず~ ~れた れた~ れたら~ れたる~
れてる~
れない~ れなかった~ れなけれ~ れぬ~ れました~ れます~ れよう~ ~れる れる~ ~ろ

「れてる~」 1365, 15ppm, 7590位

▼ れてる~ (176, 12.9%)

117 だった 6 を感じ 5 です, では 4 だと, である 3 であった, に得意, を見, を見る

2 [12件] かだれ, かも知れない, か彼, だから, でした, でも, と同じ, を私, を耳, を見た, を見出し, んで

1 [98件] お前さんは, か, かと思われる, かね, かも蒲団, かわかりません, かを自ら, か何, か好かれてる, か或は, か戸惑い, か理解, があっ, がいい, がわかりません, がヒダ, が世間, が分った, が多く, が彼, が感ぜられた, が有る, が癪, が聞こえた, が見え, が見えた, が見られる, さ, じゃない, だか, だぜ, だそう, だという, だとは, だらう, であるが, であろうあるいはまた, とは違ひま, と伸びてる, と同様, と対抗, と群集, ならなぜ, にクリーニング氏, に気がつく, に気づきました, に満足, に甘え, に驚いた, はあの, はこの, はその, はどういう, はもはや, は今私, は何, は何故, は偶然, は大きく, は実に, は實, は少ない, は強, は文化, は早婚, は時々, は柔術, は比類, は現在, は自分, は自然, は藝術品, も見られた, やで, をすべて, をわたし, を人, を伯母さん, を常, を彼, を感じた, を感じ始めた, を感ずる, を感謝, を憾み, を檜葉, を矢ツ張り, を知っ, を知ってる, を聞いた, を自慢, を見いだす, を見つけました, を見出した, を認めた, を読ん, を非常, んです

▼ れてるよう~ (106, 7.8%)

24 な気 7 だった 5 なもの 3 だ, でも, な心地 2 だったが, でした, な心持ち, な気イ, に思えた, に見えた, に頭

1 [47件] だが, だぜ, であたし, であった, であるけれど, でしたが, でそして, で不気味, で何, で実は, で心外, で普通, なこころもち, なふう, なゾクゾク, なヒガミ, な不気味, な不自然さ, な卑俗, な大, な工合, な広大, な感じ, な方法, な様子, な気持ち, な観, な高峻, には見えなかった, にまた, に不安, に僕, に彼女, に思え, に思われた, に思われます, に思われる, に感じ, に感じた, に楽観主義, に片付けられ, に眩しく, に競技場, に考え, に考える, に行儀, に表現

▼ れてること~ (77, 5.6%)

4 に気づいた 3 を知っ 2 だった, だろう, を知った, を知り

1 [62件] か, がある, があるだろう, がしみじみ, が仄, が分りました, が多かっ, が明かでした, その事件, だろうが, であるが, であろう, とだけだった, とて誰, との不穏当, とフランス, と多数, と思っ, になにか, になる, になろう, に気, に気がつい, に気が付いた, に気づかない, に自ら, はいう, はその, はそれら青年ら, はブルジョア社会, は彼, は或, は明らか, は疑い, は確か, もしばしば, も実は, も時々, も目立っ, や本, を, をかつて, をする, を告げた, を察知, を少し, を忘れ, を感じ, を感じた, を感じよう, を感づい, を感謝, を村尾さん, を知ってる, を知らなかった, を私, を聞き出した, を苦, を見, 然し田舎, 知ってるから, 知れたある

▼ れてる~ (72, 5.3%)

177 だよ 6 じゃない 4 だから, でしょう, です, ですよ 3 だが, ですもの 2 だか, だけれど

1 [16件] じゃたまらない, じゃなかろう, じゃ仕様, だからねえ, だぜ, だそう, だて, だど, だもの, だろう, でしょうが, ですか, ですけど, ですぜ, ですって, やな

▼ れてる~ (40, 2.9%)

3 思って

1 [37件] いう, いうじゃねえか, いうだけ, いっても, お前には, すれば, ついうっとりと, みずから気づく, ミイラに, 云ふ, 今では, 何か, 信じて, 判断する, 彼は, 思い込みたかった, 思い込もうと, 思い込んだ, 思い込んで, 思うたびごとにいつもするように, 思うだけ, 思った, 思ってや, 思つ, 思われる, 思われる人々, 知って, 私は, 考えた, 考えて, 考えるよう, 考へて, 自称し, 良心が, 見えて, 言い添えた, 言ふ

▼ れてるもの~ (25, 1.8%)

2 か割合, だった, では

1 [19件] があった, があり, がある, だ, だから, だと, であって, であり第, であること, であるとしても, で今に, にとびつい, はその, はただ, は僕, は壁, は日常, は皆, よりもいっそう

▼ れてるから~ (22, 1.6%)

2 では

1 [20件] あたしゃ性分で, かくまって, これで, すてて, それは, だろう, である, です, ほとんど史実, また神自身両端, もうイヤ, マンナカの, 享保頃には, 再び展覧会, 愉快だ, 控へる, 気の, 第一編, 見えませんよ, 駄目だ

▼ れてる~ (21, 1.5%)

2 ようだった

1 [19件] いずくんぞ知らん, それも, ようで, ようであった, ようである, 世に, 久恵は, 今日の, 何一つ理解, 僕には, 同様に, 坂の, 專門外の, 就中ベンガルは, 庭園は, 斯うい, 欠点, 然し気質, 私としては

▼ れてる~ (18, 1.3%)

2 あなたは

1 [16件] して, そしてその, それを, とうてい外見, どうかは, どうかを, もう分らない, 俺には, 分らなかった, 分れへん, 判りませんよ, 否やに, 如何に, 洗いざらいみんな, 知らなかった, 知りたく思ったらしい

▼ れてるその~ (17, 1.2%)

1 [17件] 一番奥に, 一語を, 劇ぐらい, 固定観念, 場所の, 室で, 室の, 宿命的な, 愛情の, 指先で, 沖に, 肥えた土地, 街路の, 襖を, 足先を, 顔ほど, 高原においては

▼ れてるので~ (11, 0.8%)

1 [11件] にげだせなかった, よくねられる, 一向ハヤ, 何かが, 彼らの, 早く宿, 普通の, 自らそれを, 興味に, 言つける, 面喰った

▼ れてるやう~ (11, 0.8%)

1 [11件] だし, だった, だよ, でね, な不快, な気, に感じ, に見えた, に見えだした, に見える, に貉

▼ れてるある~ (10, 0.7%)

2 種の 1 一貴婦人との, 人たちは, 像の, 列車の, 地点より, 無趣味な, 細部を, 美術学校の

▼ れてるかの~ (10, 0.7%)

7 ようだった 1 ようであった, ようである, ように

▼ れてる~ (10, 0.7%)

2 では 1 が多く, が終戦後, などを除い, なの, には皆, のよう, や仕事, や熱心

▼ れてるところ~ (9, 0.7%)

2 のもの 1 なら何とか, なんか, へ御苦労, も定評, をみる, を見つけ出した, を見る

▼ れてるうち~ (8, 0.6%)

1 だから, にだんだんよく, につい, にとつぜん, にふと, に単純, に少年, に彼女

▼ れてるかも~ (8, 0.6%)

2 知れません 1 しれません, 人の, 知れないが, 知れないね, 知れぬ, 知れぬが

▼ れてるかを~ (8, 0.6%)

1 ジャックリーヌは, 勉強家が, 検べた時に, 知った, 知って, 知らない者, 見たらだれ, 見て

▼ れてるという~ (8, 0.6%)

1 ことだった, ことは, ことよりも, んでしょう, 利己的な, 巷説を, 答えきり見出せない, 自惚

▼ れてるとは~ (8, 0.6%)

1 いえまた, どうしても思えませんでした, 少しも, 思いません, 思って, 思へない, 正反対に, 知らずすぐ

▼ れてる~ (8, 0.6%)

2 違いなかった 1 到っては, 過ぎなかった, 違いありません, 違いない, 違ひない, 違ひない云う

▼ れてるわけ~ (8, 0.6%)

1 じゃあねえ雇われ, だから, だね, で, ですから, ですね, では, になる

▼ れてる人々~ (8, 0.6%)

1 がいた, でさえわれわれ, でした, で取, にも話しかけた, のみがオリヴィエ, の味方, やだまされたがってる

▼ れてる~ (7, 0.5%)

1 それを, 其後ちょっとした, 弟子や, 木立ちも, 殺された場所, 軍服ぬい, 露は

▼ れてる~ (7, 0.5%)

1 で別名, のこと, はその小さな, は水飲み場, は的確, もしくは結局並み, を家

▼ れてるかと~ (6, 0.4%)

3 思われた 1 思うほど, 思われる, 思われる指

▼ れてるじゃ~ (6, 0.4%)

5 ないか 1 ありませんか

▼ れてるそう~ (6, 0.4%)

32 だが 1 だった

▼ れてるだけ~ (6, 0.4%)

1 だ, だった, であり小路, ですよ, で何, で用心

▼ れてるのみ~ (6, 0.4%)

3 だった 1 であって, であり後者, ならずおちついて

▼ れてるみたい~ (6, 0.4%)

21 だが, だね, でそりゃあ, な

▼ れてる大きな~ (6, 0.4%)

1 ポケットに, 一スー銅貨は, 井の, 兎と, 木の, 道路と

▼ れてる一種~ (5, 0.4%)

1 の四つ辻, の文学, の熟練, の通風孔みたい, の階級

▼ れてる~ (5, 0.4%)

1 ですネ, のこと, は今, をうらやんだ, をも呼び

▼ れてる子供~ (5, 0.4%)

1 が出来, とによく, のそば, のよう, の方

▼ れてる~ (5, 0.4%)

2 の中 1 にすぎなかった, はいつも, 閉ざされてる雨戸

▼ れてる~ (5, 0.4%)

1 のハンケチ, の名, の才能, の生涯, の面影

▼ れてる彼女~ (5, 0.4%)

1 の左手, の手, の肉体, の蒼ざめた顔, へ残した

▼ れてる事柄~ (4, 0.3%)

1 がしだいに, は何, も彼ら, を労働者ら

▼ れてる人間~ (4, 0.3%)

1 だ俺, です, のくせ, は何時

▼ れてる~ (4, 0.3%)

1 ではしかた, ではそれら, ではもう, の文壇

▼ れてる~ (4, 0.3%)

1 にその, へ怒った, まで達した, を見る

▼ れてる~ (4, 0.3%)

1 が楽, だが, なのよ, はヴォー

▼ れてる~ (4, 0.3%)

4 な気

▼ れてる~ (4, 0.3%)

3 な氣 1 な喜び

▼ れてる~ (4, 0.3%)

1 にコゼット, に夫, に酒瓶, は夢

▼ れてるけれど~ (3, 0.2%)

1 どうだろう, また逆, まだ消費組合

▼ れてるこの~ (3, 0.2%)

1 アントアーヌ郭外の, 憐れな, 著る

▼ れてる~ (3, 0.2%)

3 やない

▼ れてるのに~ (3, 0.2%)

1 お前が, これ以上結婚で, ひいてるもの

▼ れてるフランス~ (3, 0.2%)

1 におけるキリスト教的思想, の歴史家, の鉄道会社

▼ れてる一つ~ (3, 0.2%)

1 の問題, の有明, の魂

▼ れてる~ (3, 0.2%)

1 がどんなに, の様, を痛切

▼ れてる場面~ (3, 0.2%)

1 の多い, や事件, や情景

▼ れてる多く~ (3, 0.2%)

2 の文章 1 の少年小説

▼ れてる~ (3, 0.2%)

1 だけだ, です, も彼

▼ れてる~ (3, 0.2%)

1 にはおのずから, には人, 一方では

▼ れてる最中~ (3, 0.2%)

1 だった, にだ, に彼

▼ れてる~ (3, 0.2%)

1 が生命, の資金, をすて

▼ れてる~ (3, 0.2%)

1 だ, だった, ですから

▼ れてる精神~ (3, 0.2%)

1 がその, の田舎, の頓馬さ加減

▼ れてる青年~ (3, 0.2%)

1 が奇妙, は私自身, 来りうるさく

▼ れてるあらゆる~ (2, 0.1%)

1 世紀あらゆる, 性質によって

▼ れてるかは~ (2, 0.1%)

1 これで, 人の

▼ れてるくらいの~ (2, 0.1%)

1 平助と, 酒のみ

▼ れてるせい~ (2, 0.1%)

1 か地面, か翼

▼ れてるそれら~ (2, 0.1%)

1 の息吹, の記銘

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 ッ, 気を

▼ れてるなんて~ (2, 0.1%)

1 他事じゃ, 夢にも思つて

▼ れてるにも~ (2, 0.1%)

1 拘らず, 関わらず二葉亭

▼ れてるほど~ (2, 0.1%)

1 いかさま堂々と, わるくは

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 に一生懸命, に二人

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 ほら彼処, ウ

▼ れてるわれわれ~ (2, 0.1%)

1 の若い, はまるで

▼ れてるジャヴェル~ (2, 0.1%)

1 とのほかだれ, を防寨

▼ れてる一人~ (2, 0.1%)

1 のフランドル人, の文学者

▼ れてる一匹~ (2, 0.1%)

1 の小, の虫

▼ れてる事実~ (2, 0.1%)

1 ではあった, として此所

▼ れてる二人~ (2, 0.1%)

1 の前, の友

▼ れてる仕事~ (2, 0.1%)

1 だ, はスパイ

▼ れてる作品~ (2, 0.1%)

1 である, を形

▼ れてる唯一~ (2, 0.1%)

1 の宗教, の言葉

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 でこの, なんざア

▼ れてる始末~ (2, 0.1%)

1 だそう, なんで

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 の悲劇, の黙々たる

▼ れてる心地~ (2, 0.1%)

1 がし, がした

▼ れてる恐ろしい~ (2, 0.1%)

1 力にたいしては, 熱狂的な

▼ れてる教会堂~ (2, 0.1%)

1 の前, の表門

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 で僕, もした

▼ れてる現状~ (2, 0.1%)

1 であろう, では金貸業者

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 と赤, と黒

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 のフランス, の現実的

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 が異様, です

▼ れてる社会~ (2, 0.1%)

1 がいくら, が人

▼ れてる空間~ (2, 0.1%)

1 でそこ, は電球

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 を切った, を解い

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 でありながら, を非常

▼ れてる部分~ (2, 0.1%)

1 にはいった, もある

▼ れてる~ (2, 0.1%)

1 には知人, 今に砂糖時代

▼1* [426件]

れてるあいだその馬車, れてるあのバラモン教の, れてるいかめしい室の, れてるうち健康を害し, れてるうち私にも似合わない, れてるお上さんが独り, れてるお前の考え, れてるかが問題でなく, れてるかたちになつて, れてるかといふ事も, れてるかなり向こうの開けた, れてるからにはもとより良家, れてるきりでした, れてるくらいだ, れてるけれどもそれは, れてるこうした人物性格は, れてるさまが現われ, れてるさまざまの奇怪豪華, れてるすばらしい運動を, れてるずっと自由な, れてるそうしたところへは, れてるその後姿が世の中, れてるそれら聖歌の多く, れてるたくさんのカサンドル, れてるために百姓, れてるだけに一層淋しく, れてるってんです, れてるつまらない事柄にたいする, れてるでくのぼう, れてるといふことだ, れてるとおりの者, れてるとかいうような, れてるとこ故い, れてるとでも思って, れてるとともにまたより, れてるとのことでありました, れてるともいえるありさ, れてるなと考えた, れてるなんちこと, れてるにはきまってるでねか, れてるはずだった, れてるばかしでなく大山, れてるばかりだった, れてるひとりの, れてるふたりの女中, れてるぶかっこうな穴, れてるほろろ寒い佗, れてるままだったし, れてるものの一つである, れてるもの熊掌鼈裙吟士蟆のたぐい, れてるもんと噂, れてるやうぢやありません, れてるやさしい幸福と, れてるらっぱの呼び声, れてるんでせうか, れてるアペニン連山の高い, れてるイタリー軍総司令官, れてるイモリがガサガサ, れてるオーマレー小路の, れてるカトリック教改新の盛大, れてるカンビスなどという夫人, れてるクリストフに対する政府筋, れてるクンツは厳か, れてるクープランなどを妙, れてるザビーネの憐れ, れてるショーセーはその, れてるジョンドレットの広い, れてるセルの幕, れてるて口ぢ, れてるドストエフスキーやブールジェ, れてるニュアンスを忠実, れてるパトロン・ミネットの与党, れてるベルリンの町, れてるベンチの方, れてるモークの下, れてるヨハネであったから, れてるルーヴルの図書館, れてるレヴィスカンビーズと発音, れてるローマ平野などはこの, れてる一人ぽっちの自分, れてる一塊の肉体, れてる一本の脂蝋燭, れてる一枚の板, れてる一物だよ, れてる一種不思議な, れてる一般のありふれた, れてる一貫不易のリリツク, れてる一部を除い, れてる一隊と連絡, れてるに大事, れてる上火繩の一端, れてる下等な下品, れてる下級の建築技師, れてる不可思議なる石塊, れてる不安な実例, れてる不思議な男, れてる不潔物夜の街路, れてる世間的通念は避けた, れてる腕の, れてる中庭とぶらついてる, れてる乗客やまた, れてる事今日の如き, れてる事業を静か, れてる事物の嫌忌, れてる二つの花びん, れてる二塊りの, れてる二本のマスト, れてる二百名余りの少年少女, れてる五十歳の文士, れてる人たちをゆるし, れてる人体力学とともにこれ, れてる人物を近づける, れてる人達には意気, れてる今日欧米首都の外, れてる仰向けの甲李, れてる仲間なん, れてる伝法院前の魚屋, れてる作家の中, れてる作者の生活的翹望, れてる例証を見, れてる修道女が, れてる俳句は日記旅行記等, れてる倉庫から運び出され, れてるには赤く, れてるの眼, れてるを残し, れてるの手紙, れてる光景街路を通ってる, れてる軍との, れてる六七坪の庭, れてる六歳ばかりの子供, れてる兵士らをねらい打ち, れてる円い額そして, れてるの物, れてるへ無理, れてるにあ, れてる判決を目下, れてる判決文無知と自身, れてる前衛の芸術家, れてる助力を一歩ごと, れてる動乱も旋律, れてる動植物のこと, れてる十字架像に目, れてる危険な毀れやすい, れてる友人らなどは皆, れてる受領書へ捺印, れてる口髭が社交的, れてる古い種族の, れてるの箱, れてる各種の反故, れてる同じ町で, れてる名前である, れてる周囲の世界, れてる味噌見たよう, れてる品物が一度, れてる問題はしかも, れてる喜びや笑い, れてる囚人の告白, れてる四つの罠, れてる四方壁の室, れてる四角な室, れてる国王であろうと, れてる国策文学などの影響, れてるの上, れてる地下の臭い, れてる地点であって, れてる地面の側, れてる堅固な額, れてる場所であった, れてる塩鮭の一切, れてる墓穴の中, れてるのほう, れてる壁画の上, れてる壁紙の模様, れてる壁面がまるく, れてるが耳, れてる夕食のごちそう, れてる夜具の上, れてる音楽家の, れてる大学新聞の座談会, れてる大洗という文字, れてる大物は何ん, れてる大男腹をえぐられ, れてる大隊の先頭, れてる太い赤線に, れてる奉公人じゃア, れてる如意を取っ, れてるの泣き声, れてる子供達を見下ろし, れてる安物市場のある, れてる家畜の例, れてる寂しいブローメ街に, れてる寝相の悪い, れてる専門家の人々, れてる将棋のよう, れてる小さな静かな, れてる小唄を歌った, れてる小娘のよう, れてる小学校が将来, れてる小役人でした, れてる小説文体の基礎, れてる少年小説もしくは少年物語, れてる崖地に撒かれる, れてる工科大学の建物, れてる布団が如何, れてる干潮と満潮, れてるにところどころ, れてる広い道は, れてる広野たる人生, れてる深い憂鬱, れてるがあった, れてる廃墟に住む, れてるになっ, れてる彼等は水中, れてる必要のその, れてる快活で親切懇篤, れてる思いがし, れてる思想にたいして反抗, れてる性質を, れてる怪物のよう, れてる息苦しい屋根裏と, れてる恰好見て, れてる悲惨でした, れてる情勢を批判, れてる情愛と初心, れてる情緒があり, れてる意見を熱心, れてる愚かなその, れてる愛人の顔付, れてる愛着とが一緒, れてる感じだった, れてる感じ東京の三分の二位, れてる慣例であること, れてる憂愁がことごとく, れてる懐かしい思い出な, れてる戦いを見, れてる戦争をそこで, れてる戯画で下, れてるの節穴, れてる戸外運動家だった, れてる所爲か其顏, れてるから耳, れてる手首から指先, れてる投書受箱へ入れ, れてる振りしてるの, れてる挿画に見とれる, れてる支那インテリ青年は多かろ, れてる敏腕家だった, れてる敗北した人々, れてる教訓を知らない, れてる数名の乗客, れてるの遺物, れてる文句に頭, れてる文字を一つ一つ, れてる料理場にはいった, れてるらしい家, れてる新聞をごく, れてる方法であるが, れてる旗亭の主人, れてる日本語を故意, れてる時ぢやありません, れてる時期なの, れてる書店の名, れてるは, れてる有名な詩, れてる木陰のない, れてる本能の力, れてる札売場のそば, れてるのすぐ, れてる楽匠らについて顰蹙, れてる様子をまね, れてる模様だ, れてるそれだけの, れてる正当な権利, れてる正覚坊が向こう, れてるの喚き, れてる母親を持ってる, れてる気性の荒々しい, れてるが輪, れてる水田は実に, れてる永遠の戦い, れてるの面, れてる泥土の中, れてる洋封筒へ吉岡, れてる洞窟の前, れてる深刻なるその, れてる清い世界を, れてる清浄によって娼婦, れてる清涼茶の赤い, れてる満足するが, れてる炬燵によりかかる, れてる無名孤独な芸術家, れてる無血革命そのものには大した, れてる無言の所作, れてる熱性混迷のしだいに, れてる燭台または変, れてる牛乳瓶を取り, れてる牧場だった, れてる特殊な事, れてるがその, れてる犬猫のよう, れてる狭い方形の, れてるを見よう, れてる現代社会に関する事柄, れてる現在のごとき, れてる現場を見た, れてる現実そのものがすばらしく, れてる生徒であった, れてる生気のない, れてる田代さんもやはり, れてる由千謝万謝にたえない, れてる番茶を二三杯, れてる病人をとりまい, れてる痛ましい困窮が, れてるに何と, れてる白いカーテンを通して, れてる白壁の上, れてるの中, れてる監房から出, れてる目玉だけの眼, れてるいたよう, れてる真暗な円天井, れてる真白なもの, れてる眺めやはすべて詩, れてる眼前の廃虚, れてる石南花の茂み, れてる社交家で本業, れてる社交裡の若い, れてる秘仏がある, れてる稲田の中, れてる積りかなんかで, れてる穽みたいな崖, れてる端麗静観の芸術, れてる笠森おせんの爪, れてる三共和時代の, れてる簡単な律動, れてる精神力と公民, れてる精霊なの, れてる素材は支那, れてる細君の目, れてる経験でもないだろう, れてるがそれぞれ, れてる美しい娘から, れてる者らを取る, れてる耕作法改良の指導, れてる職工らは彼, れてる肉屋の上さん, れてる肝心のふらん, れてる自分の姿, れてる自分自身が自分, れてる自由な純粋, れてる芝居のこと, れてる芝田さんが目, れてる花やかな画, れてる芸術上の腐敗, れてる芸術家たちが臆病, れてる荒地には草木, れてる荒蕪地のまん中, れてる蒼白い夜の, れてる薄い唇と, れてる蘇州の東呉大学, れてるのうち, れてる蜘蛛の巣, れてるに染まった, れてる西欧の音楽, れてるがある, れてる証拠である, れてる詩書の如く, れてるの一語, れてる論争を見, れてる民族を, れてる諸々の神秘, れてる谷間を埋める, れてる豊かな菜園, れてるの鳴き声, れてる貧しいきれいな, れてる贈賄や収賄, れてる赤い光が, れてる赤土の猫, れてる足場を伝っ, れてる路傍の葦, れてる車輪それらのもの, れてる轢死人の死体, れてる通り由来信州人, れてる通俗な悲劇, れてる遺骨の箱, れてる都会の上, れてる金魚を憐れむ, れてるの手摺, れてる鉄格子を彼, れてるのぬい, れてるに機械的, れてる鋭い眸だった, れてる長い地下室に, れてる長い狭い舗石の, れてる間ふたりの小さな, れてる間彼はただ, れてる間頭一つ動かさず殉教者, れてる陰険な罠, れてる陰鬱な沈黙, れてる階段を手先, れてる雄々しい夫, れてる集合もあっ, れてる集合溝渠にまっすぐ, れてる雨戸覆いのし, れてる雷鳴を示し, れてる青葉棚が一つ, れてる静安寺がある, れてる静寂がもだえ, れてる音楽会で彼, れてるは兎, れてる頭脳それは驚嘆, れてるは鼻, れてる顔それに覆われてる, れてる風流派の大家, れてる飜訳の先, れてるそして見覚え, れてる駅馬車は大きな, れてる高等社会には決して, れてるの冷やか, れてる鳩みたいに思われ, れてる麝香猫の実, れてる黒い光った槲, れてると追っかけてる, れてる鼻先へプーン, れてるSSSL居住許可証を返し