青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「れたる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

るべき~ ~るる るる~ ~れ れ~ れし~ れず~ ~れた れた~ れたら~
れたる~
れてる~ れない~ れなかった~ れなけれ~ れぬ~ れました~ れます~ れよう~ ~れる れる~

「れたる~」 2072, 22ppm, 5154位

▼ れたるもの~ (173, 8.3%)

14 なり 7 である 5 にし 4 に非 3 なるが

2 [11件] ぞとよ, であること, となる, と推定, なくむばあらじ, なる事, にあらず, の直接的, の虚無, はその, を顯

1 [118件] あらず, あり, あれども, がない, が夢中遊行症, が少数, が最も, が顯, こそ作品, さえあり, ぞと御, たらしめつつ, であった, でありその, であり神, であるかを, であるといふ, であるに, であろうか, であろうとも, でこれ, でないから, では, でも, というもの, というも可, という意, とし, としての無, として不快, として従って, として感じる, として聊か, として観る, との二類, とはある, と共に各, と感服, と推測, と有, と研ぎ磨き, と私ども, と考えたい, と考えね, と見る, と見るべく, と解すべき, と認む, なきに, なくこの, ならん, なりかし, なりき, なりしこと, なりしを, なり吾輩, なるかを, なるを以て, なれば, にぞあるべき, にて同じく, にコックリ, に候, に対する答え, に恵みあれ, に據, に當, に相違, のご, のごとし, のにほひ, のみである, のみならずや, の上, の中, の内在化, の内容, の切, の地, の如き, の如く, の理解, の美, の義務, の造り主, はますます, はもはや, は世界, は世界国勢, は其原料, は凝り, は好し, は実に, は既に, は明治二十一年刊行農商務省地質調査所, は若い衆, ばかりであった, また少から, もここ, もまた, よ, よ汝, を列挙, を意味, を拡げ, を神話, を祭祀, を統一, を表, を見, を見る, 例えば機械, 即ち伝承, 即ち第, 即ち素質, 恥ぢざるや, 果して人教, 語られたるもの

▼ れたる~ (66, 3.2%)

4 中肉の 2 亦貴族院, 俳人としての, 村といふ

1 [56件] あるべしと, お互, この前年, これわが, その單, また我詩稿, わが人民, わが封建武士, ハンニバルの, ピストルに, 一面の, 不思議なり, 両三年以来, 之を, 争うべからざる, 今の, 仏教の, 何の, 余が, 倫敦塔である, 初花, 即ち此地, 又其内部, 同邸, 夢もしくは, 天鵞絨の, 如何に, 姉の, 婿殿の, 学者が, 安南独立資金, 実にこの, 実に此時限, 尤もの, 尤も余輩の, 年十八九少し, 御尤千万, 怪しむべし, 恐らくは逍遙子, 愛山生なり, 救う日, 明治二十四年に, 明治十三年十月出版の, 春秋時代なる, 柴又の, 棘にか, 氣の, 流石です, 特に深謝, 結構千万, 茶柳条の, 菱の, 蓋し前記明治十三年十月出版, 記者の, 重みある, 鳶色の

▼ れたること~ (26, 1.3%)

2 ありしを, なり

1 [22件] あり, ありしも, と實現, なし, についてのおしゃべり, にて候え, のごとき, は吾人, への話, もあり, もなき, も之, を意味, を感應, を深く, を記憶, を證, を述べ, 久し随つて局面展開, 久し隨つて局面展開, 明かならば, 最も痛切

▼ れたる~ (26, 1.3%)

1 [26件] ありしかば, ありしこと, である, と馬, なり, によってのみなされる, に殊, に聞く, の多い, の如く, の子, の穢れ, の聞く, の見る, の鎧, はその, は其半身, は刹那, は幸, は想う, は老い, は薄き, もまた, や誇り, よと蔭口, よ生命

▼ れたる婦人~ (15, 0.7%)

1 [15件] あり, とは兄弟, とは同, とは同姓, とは姉妹, とは母, とは父, とは父母, とは親戚, にし, の大, の配偶者, もまた, を強迫的, を描い

▼ れたる~ (14, 0.7%)

3 に候

1 [11件] あらず, になりし, のない, は一面, もある, もしば, を報道, を見聴き, 及び其友人荒畑寒村, 有るなり, 未だ一度

▼ れたる~ (12, 0.6%)

2 は樂, や自己沈潛 1 ざし大地, となり, とは同じ, と自己沈潛, の寂寥, の飽満, は幾分, 辛う我

▼ れたる人間~ (11, 0.5%)

2 の中 1 がいかに, であるという, と人間, と共に頑是, になる, の子孫たち, の寫眞, の社会, の表現

▼ れたる~ (11, 0.5%)

3 なり 1 ぞ, である, で特別, というの, との矛盾, と殺したる, なれば, にて

▼ れたるのみ~ (10, 0.5%)

3 ならず又 2 彼れ 1 いわゆる寡人政府, ならずその, ならず独り自由党, ならず獨, なる存在

▼ れたるやう~ (10, 0.5%)

2 に考へぬ, の人 1 にて逸れ, に再び, に遅疑, の心地, の柱時計, の鈍き

▼ れたる中心~ (10, 0.5%)

2 としてのみ存立 1 としての實, としての自己, として儼然存立, と奧行, に立ち, に立つ, を守り, を有

▼ れたる人々~ (10, 0.5%)

2 を石 1 であるかと, であろうと, とか常に, と自任, にのみ触れ, の仲間, の動かし, を通じて真理

▼ れたる契機~ (9, 0.4%)

2 として有, として無 1 としてうち, としてすでに, として内, として將來, となし

▼ れたる自己~ (9, 0.4%)

4 の感情 1 の性格, の理想, はあんがい, を顯, 即ち認識動作

▼ れたる~ (9, 0.4%)

1 にてなほ病がち, のいのち, の一時間内, の一足, の生甲斐, まさかに此村, を以て自ら, を始, を暢

▼ れたる~ (8, 0.4%)

1 まことに今やその, 不明なる, 乙女心の, 今これを, 今点ぜし, 如く感じたの, 深さ, 特に芸人社会

▼ れたる事実~ (8, 0.4%)

1 あれば, が日英両国, は少しく, は尽く, より見れ, を果して, を詳, を述べよう

▼ れたる~ (8, 0.4%)

1 の使命, の廊, の極端, の武裝, の気色, の酔, はからから, は平生

▼ れたる結果~ (8, 0.4%)

1 この方面, であろうという, としてまず, として何人, とす, とはいえ, とは云え, なり

▼ れたるその~ (7, 0.3%)

1 ただ中に, 一人であった, 囚人は, 土地の, 座敷に, 状ぞ, 趣は

▼ れたるわが~ (7, 0.3%)

2 肉の, 胸絞らるる 1 心の, 忠良なる, 思

▼ れたる世界~ (7, 0.3%)

2 への恐れ, を成るべく 1 の祕密, は却つて是縹渺, は魔

▼ れたる~ (7, 0.3%)

2 編隊, 鏡に 1 の男, 都會の, 鯛の

▼ れたる~ (7, 0.3%)

1 なり, に於, はすなわち, はまだ, はわれ, はボトロ, は目

▼ れたる運命~ (7, 0.3%)

2 かあきらめよ 1 がある, というべきであろう, のカミキリ虫, は, よ

▼ れたるこの~ (6, 0.3%)

1 図の, 国の, 孤屋に, 未知の, 果し状を, 正しき科学行動

▼ れたる~ (6, 0.3%)

1 一般で, 同一の, 同様であった, 否ざると, 手古ずらされた, 橢圓形の

▼ れたるまま~ (6, 0.3%)

1 に声, に突然, に臥し, もはや呼び返へす, を肯定, 同下宿

▼ れたる所以~ (6, 0.3%)

4 なり 1 である, にし

▼ れたる生活~ (6, 0.3%)

1 である, にひたる, は色々, を玩具, を緩和, を續

▼ れたるとき~ (5, 0.2%)

1 こそかの, である, に戦没, の我喜, 真に確実

▼ れたるところ~ (5, 0.2%)

1 の兇器, の日本, の精神的, の金庫, を発見

▼ れたるを以て~ (5, 0.2%)

1 今十四日午後六時出帆定期航路に, 数百疋の, 殆ん, 無限の, 第一

▼ れたる場合~ (5, 0.2%)

1 だけである, では廣, で無ければ, に於, の如き

▼ れたる~ (5, 0.2%)

1 ということ, に, のほそき, の顔, は蜀道

▼ れたる~ (5, 0.2%)

1 うちはらひて, には女, はいざり落ち, を引放たん, を払

▼ れたる自由~ (5, 0.2%)

1 というもの, なる魂, の権, はない, は今

▼ れたる~ (4, 0.2%)

2 なし 1 曰く然, 案に

▼ れたるかを~ (4, 0.2%)

2 見よ如何 1 見そ, 見よ斯く

▼ れたるよう~ (4, 0.2%)

1 に我身, に気, に見, に見えし

▼ れたる~ (4, 0.2%)

1 體の, 體は, 體性の, 體的中心に

▼ れたる人心~ (4, 0.2%)

1 の変動, の象徴, は自由, を提

▼ れたる又は~ (4, 0.2%)

1 把握され得る, 直接に, 組織化される, 組織化されるべき

▼ れたる多く~ (4, 0.2%)

1 の姉妹, の婦人, の書物, の論文

▼ れたる存在~ (4, 0.2%)

1 である, をつづけ, を保たね, を保つ

▼ れたる~ (4, 0.2%)

2 由緒あり 1 恩は, 悲歎の

▼ れたる心地~ (4, 0.2%)

3 して 1

▼ れたる意味~ (4, 0.2%)

1 での存在, での形而上学, における自然, に用いられる

▼ れたる~ (4, 0.2%)

3 の前 1 をコトコト

▼ れたる次第~ (4, 0.2%)

1 なり, はつぶさに, を本年四月十四日, を記さん

▼ れたる歴史~ (4, 0.2%)

2 に於 1 では煙草, となる

▼ れたる~ (4, 0.2%)

2 の知識 1 の時間, の現象

▼ れたる江戸趣味~ (4, 0.2%)

1 の一つ, の中, を人々, を捜

▼ れたる無数~ (4, 0.2%)

1 の民衆, の皺紋, の魂, の鳥

▼ れたる犠牲~ (4, 0.2%)

1 であるから, と同, の生きたる, を思へ

▼ れたる~ (4, 0.2%)

1 である, の児, の啓示, の子

▼ れたる範囲~ (4, 0.2%)

1 に拠っ, に於, の武家屋敷, の興味

▼ れたる過去~ (4, 0.2%)

2 の文学美術 1 の夢, をなつかしむ

▼ れたるさま~ (3, 0.1%)

1 にうっとり, にて水, 何とも知れず

▼ れたるため~ (3, 0.1%)

1 いよいよもっ, にや通例社会主義, に三十五万弗

▼ れたるなど~ (3, 0.1%)

1 ガラス越に, 余は, 其の国

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 に某, は其事実, は外出

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 に兩眼, に酔客, より爆然

▼ れたる事實~ (3, 0.1%)

1 としての死, は前述, を承認

▼ れたる事柄~ (3, 0.1%)

2 は彼等 1 が一般世間

▼ れたる人物~ (3, 0.1%)

2 は必ず 1 の流行

▼ れたる個人~ (3, 0.1%)

1 として外縁, の上, の思想

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 なれバ, に候, 誠にひやかし

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 の種族, 人種各, 邦の

▼ れたる~ (3, 0.1%)

2 の如く瞠目 1 の如く

▼ れたる~ (3, 0.1%)

2 がある 1 を結ぶ

▼ れたる少年~ (3, 0.1%)

1 が実生活, は何時しか, は年

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 はすやすや, は我, は火中

▼ れたる感情~ (3, 0.1%)

1 が高けれ, と教養, の間

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 る事実, る部族, 緻密なる

▼ れたる~ (3, 0.1%)

2 のくれぐれ 1 の食事

▼ れたる~ (3, 0.1%)

2 を見る 1 を秋水出し

▼ れたる最初~ (3, 0.1%)

1 の交通, の單行本, は誰

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 であること, は無常, は苦

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 の深, を有する, を遊ばす

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 一の, 三の, 二回の

▼ れたる自我~ (3, 0.1%)

2 の要求 1 である

▼ れたる芸術~ (3, 0.1%)

1 などが激しい, にいつ, のみがわれわれ

▼ れたる言語~ (3, 0.1%)

1 が偶然, は新しき, 或は之

▼ れたる部落内~ (3, 0.1%)

1 において限り, に限られたる, に限り

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 について歌, の果物, の輸出禁止

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 から來, の跡, を聯

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 には長浜, の一つ, の如く

▼ れたる~ (3, 0.1%)

1 が死後, の行き通う, は明かなる

▼ れたるあと~ (2, 0.1%)

1 に立てし, よりすぐ

▼ れたるかと~ (2, 0.1%)

1 おぼえつ, 覚え候

▼ れたるかの~ (2, 0.1%)

1 山木ごとき, 痛苦は

▼ れたるかは~ (2, 0.1%)

1 吾人の, 安井息軒なども

▼ れたることこれ~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 哀なる, 珍事なる

▼ れたるとは~ (2, 0.1%)

1 亦実は, 亦實

▼ れたるなり~ (2, 0.1%)

2

▼ れたるにおいてを~ (2, 0.1%)

2

▼ れたるに際し~ (2, 0.1%)

2 小山田某の

▼ れたるのち~ (2, 0.1%)

1 ついには, ふたたび浮び上がる

▼ れたるわれ~ (2, 0.1%)

1 を, をあわれ

▼ れたるリズム~ (2, 0.1%)

1 である, も表白

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 の名目, の命運

▼ れたる一個~ (2, 0.1%)

1 の童話, の罪悪

▼ れたる一切~ (2, 0.1%)

1 の事物, の非

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 合理と, 決定この

▼ れたる不思議~ (2, 0.1%)

1 なるこの, な見もの

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 に此殿, を

▼ れたる人形~ (2, 0.1%)

1 として流産, の瞳

▼ れたる今日~ (2, 0.1%)

1 に各個, の女性

▼ れたる以上~ (2, 0.1%)

2 は賽の目

▼ れたる作品~ (2, 0.1%)

1 よりも書かれざる, を引っつかみ

▼ れたる作物~ (2, 0.1%)

1 であるかの, の不振

▼ れたる俳句~ (2, 0.1%)

2 は天明

▼ れたる傑作~ (2, 0.1%)

1 だった, だつた

▼ れたる~ (2, 0.1%)

2 にて目

▼ れたる共通分子~ (2, 0.1%)

2 とし

▼ れたる内容~ (2, 0.1%)

1 が問題, を即ち

▼ れたる円形~ (2, 0.1%)

2 或は長方形

▼ れたる凡て~ (2, 0.1%)

1 に目, の精力

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 世紀の, 代人と

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 というもの, よ

▼ れたる努力~ (2, 0.1%)

1 によって打, の一生

▼ れたる半身~ (2, 0.1%)

1 が再び, を求むる

▼ れたる単調~ (2, 0.1%)

1 なる生活, の下

▼ れたる原理~ (2, 0.1%)

1 であれば, なり

▼ れたる古語~ (2, 0.1%)

2 も多から

▼ れたる同胞~ (2, 0.1%)

1 の思想, の近き

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 を人, 稱に

▼ れたる唯一人~ (2, 0.1%)

2 であると

▼ れたる商品~ (2, 0.1%)

1 である, の充

▼ れたる啓示~ (2, 0.1%)

2 の集録

▼ れたる喜楽~ (2, 0.1%)

2 に因り

▼ れたる器それ~ (2, 0.1%)

2 をこそ美しき

▼ れたる囚人~ (2, 0.1%)

1 でをはり, の血

▼ れたる国民~ (2, 0.1%)

1 だ大切, の自発的進出

▼ れたる国賊~ (2, 0.1%)

2 あり

▼ れたる土地~ (2, 0.1%)

1 であるの, というよう

▼ れたる地位~ (2, 0.1%)

1 こそは恐るべき, を占める

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 にてわれ, の羨し

▼ れたる大いなる~ (2, 0.1%)

1 もの, 可能性である

▼ れたる大隈伯~ (2, 0.1%)

2 の銅像除幕式

▼ れたる大隈内閣~ (2, 0.1%)

2 にはあらじ

▼ れたる天品~ (2, 0.1%)

2 なれば

▼ れたる天地~ (2, 0.1%)

1 である, よ自然

▼ れたる女王~ (2, 0.1%)

1 のごとく, の名

▼ れたる宇陀~ (2, 0.1%)

1 の朗円上人, の朗圓上人

▼ れたる完全~ (2, 0.1%)

1 なる合一, な国家

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 が面影, は決して

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 の傍, の内

▼ れたる少数者~ (2, 0.1%)

1 の手, の集団

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 であったこと, は其發

▼ れたる巨万~ (2, 0.1%)

2 の富

▼ れたる市街~ (2, 0.1%)

1 なれば, に鹿

▼ れたる形跡~ (2, 0.1%)

1 なく岩形氏所持, なし尚

▼ れたる影像~ (2, 0.1%)

1 において我々, の灰燼

▼ れたる後万人~ (2, 0.1%)

1 の購, の購う

▼ れたる心情~ (2, 0.1%)

1 の世界, の意味

▼ れたる思想~ (2, 0.1%)

1 といふ, 乃至論證

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 でないこと, よ

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 について歌, の如く

▼ れたる憂愁~ (2, 0.1%)

2 いわばそれ

▼ れたる我が~ (2, 0.1%)

1 太陽を, 姓名の

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 をほ, をゆるがし

▼ れたる~ (2, 0.1%)

2 少なく理想

▼ れたる技量~ (2, 0.1%)

2 には驚かざる

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 陸奥伯の, 陸奧伯の

▼ れたる故に~ (2, 0.1%)

1 もうこん, 自らひけらかす

▼ れたる敗軍~ (2, 0.1%)

1 の将, の將

▼ れたる教訓~ (2, 0.1%)

2 有象

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 政党と, 春野屋の

▼ れたる新しい~ (2, 0.1%)

1 世界, 図書館の

▼ れたる日本~ (2, 0.1%)

1 の書籍, は

▼ れたる日英同盟~ (2, 0.1%)

2 の如き

▼ れたる明治~ (2, 0.1%)

1 の新, 新短歌

▼ れたる書物~ (2, 0.1%)

1 の中, の知恵

▼ れたる未知~ (2, 0.1%)

1 の兄弟姉妹, の友

▼ れたる本質~ (2, 0.1%)

1 とは中, の要求

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 の下, は尚

▼ れたる材料~ (2, 0.1%)

1 より, を把握

▼ れたる板垣伯古稀~ (2, 0.1%)

1 の壽筵, の寿筵

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 の父, 罪人についての

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 して, に朧

▼ れたる~ (2, 0.1%)

2 の内閣

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 の日本, の暗い

▼ れたる歳月~ (2, 0.1%)

2 なれば

▼ れたる母性愛~ (2, 0.1%)

1 である, と見たい

▼ れたる毒害~ (2, 0.1%)

2 の数

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 であるという, の観念

▼ れたる江戸平民~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ れたる法制~ (2, 0.1%)

2 を戴く

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 の上, の面

▼ れたる激論~ (2, 0.1%)

2

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 が其一方, が摩擦

▼ れたる火山質~ (2, 0.1%)

2 の島嶼

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 が主, 數の

▼ れたる特権~ (2, 0.1%)

1 であり且, に依り

▼ れたる特殊~ (2, 0.1%)

1 の寂寥, の状況

▼ れたる特殊部落~ (2, 0.1%)

1 という, として永く

▼ れたる~ (2, 0.1%)

2 内閣は

▼ れたる現実~ (2, 0.1%)

1 の一片, の光輝

▼ れたる理想~ (2, 0.1%)

1 としての意義, の模型

▼ れたる理解~ (2, 0.1%)

2 を普及

▼ れたる生命~ (2, 0.1%)

2 の眼

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 は前, 語りたり

▼ れたる男女~ (2, 0.1%)

1 と共に深く, は此

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 のみを見詰め, は主人

▼ れたる監獄~ (2, 0.1%)

2

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 なり, のた

▼ れたる社会~ (2, 0.1%)

1 の為, を限り

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 に法王殿下, を見いだした

▼ れたる種子~ (2, 0.1%)

1 はやがて, は万

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 の光, を攅

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 粹なる, 粹の

▼ れたる絵図~ (2, 0.1%)

1 の数, は依然として

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 である, の多い

▼ れたる習慣~ (2, 0.1%)

1 のため, はたとい

▼ れたる老人~ (2, 0.1%)

1 の屍体, はぐらつく

▼ れたる職業~ (2, 0.1%)

1 のほか, を執っ

▼ れたる能力~ (2, 0.1%)

1 があります, だけは天禀

▼ れたる至悪~ (2, 0.1%)

1 あるを, の跳ね

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 に注ぐ, の書

▼ れたる~ (2, 0.1%)

2 の如し

▼ れたる衆生~ (2, 0.1%)

1 が真, の煩惱

▼ れたる要素~ (2, 0.1%)

1 がその, の豊富

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 あり, ありしを以て

▼ れたる解決~ (2, 0.1%)

1 こそこれ, の試み

▼ れたる言葉~ (2, 0.1%)

1 こそは恐るべき, の配列

▼ れたる詩人~ (2, 0.1%)

1 とは云, の外

▼ れたる誤り~ (2, 0.1%)

1 としてのこの, としての虚偽

▼ れたる論証~ (2, 0.1%)

2 である

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 事物間の, 大字が

▼ れたる趣味~ (2, 0.1%)

2 も亦

▼ れたる進歩~ (2, 0.1%)

1 はこの, は病い

▼ れたる部分~ (2, 0.1%)

1 にて示す, を意味

▼ れたる野鴨~ (2, 0.1%)

2 の一夜

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 さは, 防の

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 の前, の稱

▼ れたる閔宗植崔益鉉柳麟湯~ (2, 0.1%)

2 の輩

▼ れたる霊界通信~ (2, 0.1%)

2 の一

▼ れたる青年~ (2, 0.1%)

1 でありその, なり

▼ れたる音吐朗々~ (2, 0.1%)

2 のナポレオン

▼ れたる頭脳~ (2, 0.1%)

1 の人々, を攪乱

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 のなか, 見合せて

▼ れたる~ (2, 0.1%)

1 を敷き, を装い

▼ れたる首領~ (2, 0.1%)

2 は何時

▼ れたる高き~ (2, 0.1%)

1 岩窟に, 神来の

▼ れたる黒い~ (2, 0.1%)

2 影の

▼1* [1017件]

れたるあと八つの爆発, れたるあらゆる生活の, れたるいのちの表現, れたるいまさら恨み言えた義理, れたるうらみの行水, れたるとぎ女, れたるおしおは, れたるお客さんには即金, れたるきんのたいやう, れたるくすしのみか, れたるこそ運の, れたること室町殿日記に見え好事家, れたること尾崎発言に関する事実調査, れたること尾崎發言に關, れたること幾回なるを, れたること延いて, れたること日本現時の文壇, れたること星岡窯に持ち帰ったる, れたるこれを修め, れたるこれら諸感情, れたるさまいにしへのノア, れたるさまざまの道具, れたるさりとては訝し, れたるそれの種々, れたるためそれとし, れたるため其とし, れたるため幾部分汚されてるが, れたるとき余は博士, れたるとによりて毫も信ずべき, れたるなごりにや, れたるなどもをかしく久米駿公の, れたるによりパリーにて, れたるは全く, れたるのみかすでに老齢, れたるのみとすれば, れたるのみにあらざりき, れたるはかへつて, れたるひろき空洞の, れたるふたりの者, れたるまま合掌して, れたるまめ男自らは千鳥足, れたるもちて鹽, れたるもとの部落内, れたるものこれが真, れたるものみな喜ぶ, れたるもの一変して, れたるもの個性であったが, れたるもの合法的良心重罪公訴などあらゆる, れたるもの四人の申立, れたるもの整理されたるもの, れたるもの正確なる歴史的考證, れたるもの超越的なるもの, れたるもの鎖につなぎ止められたる, れたるもの閉鎖されたるもの, れたる知るべきなり, れたるやはり大正年間である, れたるゆえわれらはおどろき, れたるゆえんなり, れたるわれらの小さき, れたるアガペーにおいては主, れたるアントロポロギーは發見, れたるエゴイスチックなもの, れたるエデンの園, れたるエルサレムはチツス, れたるエルザレム中の歌, れたるカドにより怒っ, れたるカレートールを敵, れたるカントの批判的自然哲学, れたるギリシャ神話中の人物, れたるギルドである, れたるギンネコ号の横腹, れたるクインツィオ及びデーチ, れたるズボン一着だけは値, れたるソフアの辺, れたるデモーネンの謂, れたるトタン屋根の倉庫, れたるバビロンはアレクサンデル, れたるパトロクロスを認め得つ, れたるパピロスであった, れたるビーカーの中, れたるブレトンの女, れたるプラトンのエロス, れたるページにおいては不可能, れたるホール・ピイクロフトと云う, れたるマナを人, れたるマネキン嬢である, れたるマルセイユ人の手籠, れたるムルタックよ天地, れたるモントルイュ・スュール・メール市長マドレーヌ氏を逮捕, れたるヨハネス・スパイスなる伝奇作家, れたるロドペーアもまた, れたるロマンティシズムを感じた, れたるローマはシーザー, れたる一つの次元, れたる一七八九年七月十四日であり, れたる一事のほか何, れたる一人の女性, れたる一団は解散, れたる一国を支配, れたる一地域の産, れたる一大艦隊と雖, れたる一定の人々, れたる一封の書簡, れたる一帶の土, れたる一文は参考, れたる一枚摺錦絵あり, れたる一歩といふべきであり, れたる一片の視覚, れたる一環を以て自ら, れたる一種の苦, れたる一軒家では褌一本, れたる一軸誰あろうおまえ, れたる一部分に過ぎない, れたる一配達夫は無意味, れたる一階級に列せしめた, れたる三種の誤解, れたる三重と和歌山県, れたる上宮紀に皇女たち, れたる上層建築としての多少, れたる上衣の一片, れたる下女のまた, れたる下枝が不運憐むべ, れたる下界が存在, れたる不幸なる身の上, れたるの時, れたる世話人は腹立ち, れたる丘上はこれ関城, れたる名中ボーシュレーなる, れたる中宮の御輿, れたる中心實在的中心, れたる中心實在者としての中心, れたる丹青目を眩し, れたる主要の諸説, れたるを伝うる, れたるが彼女, れたる予備兵執拗なる冷静, れたる予想であって, れたる事なきに反し, れたる事件があり, れたる事僅少ならず, れたる事業を喜ん, れたる事物の数値, れたる事跡を物語る, れたる事遥に陶器, れたる事項にそむきし, れたる二句から成立, れたる二席についてのみ最初, れたる五七人の乗客, れたる五名は未明, れたる五輪の塔一つ, れたる亞鉛管及銅管を通じて海水中, れたる人情を発見, れたる人手で調査, れたる人格を見る, れたる人業の浅き, れたる人生のうち, れたる人間的主體, れたる人類の權利, れたる人類愛しかも明らか, れたるあれど, れたる仏壇と死体, れたる仔鹿の如く, れたる仕事に於, れたる仕方は前述, れたるのとき, れたる仙禽よ, れたる代表的新聞記者としてのアーニイ・パイル, れたる令息英一氏の遺言, れたる任務があった, れたる伊呂波短歌などいふ, れたる伝統詩形の和歌, れたる位地に立つ, れたる位置によつて, れたるにて, れたる体験の体系, れたるの産物, れたる何ぞ怪しむに, れたる何ものかであ, れたるに贈る, れたる作家の列名, れたるし最も, れたるはなし, れたる便りあり, れたる信仰がある, れたる個人作家の任務, れたる個人的並びに詩人的, れたる個条を必ず, れたる倒波の如きあり, れたる倶楽部に出席, れたる偉大な功績, れたる偏局の氣風, れたる偶像の発展, れたる偶然は実は, れたる傳次郎の七名, れたる傾きである, れたる傾向あり, れたる働きが仮令, れたる僧庵に如何なる, れたる儀山禅師その刹那, れたるを圖, れたる優越階級となり, れたる先生のこの, れたる先祖が存在, れたるの割合, れたる光代は案外, れたる光暴力によってあがなわれたる, れたるが人, れたる児童の本能, れたる兜角なく冠毛, れたる全て外部の改善, れたる全一なるもの, れたるけの記録, れたる六天山塞の地下巣窟, れたる六枚の翅, れたる共同においてはじめて, れたる共通の血, れたる兵彼廂此廂一時に興り, れたる兵曹はつと, れたる兵車の上, れたる其の首を, れたる其武具敵は剥がん, れたるはまだしも, れたる内閣不信任の決議案, れたる写しによる, れたる冷氷の如き, れたるゆる実在, れたる凸版地図の如き, れたる刑罰法の一種, れたる刹那に, れたる前記の東洋米化政策, れたるは, れたる創造はなされつ, れたる劇作家が出ない, れたる劉郎の大胆, れたるを謝す, れたる労働の強度, れたる労働者が年々歳々其度, れたる労力および費用, れたる動機であるであろう, れたる動脈であって, れたる勢力を行わん, れたる区別故厳密, れたる十人の支配人, れたる十誡を遵奉, れたる千代より, れたる千里の馬, れたる午前のそよ, れたる神をも, れたる卑漢が渇し切つたる, れたる南岳追悼発句会に赴く, れたる単なる生活上の, れたる単純なる後景, れたる印刷カードの普及等, れたる原因をはっきり, れたる原書の全文, れたる厳粛な調子, れたる参考書は教師, れたる友情をたたえ, れたる反感とによって次代, れたる叔父の悲, れたる叙事詩精神の爆発, れたる新聞の, れたる古代人等は, れたる古城ありて, れたる古河力作當時東京監獄に勞役場留置中, れたる只一つの道, れたる史料は爰, れたる右門一流の疾風迅雷的, れたる号外売る鈴, れたる各国の技術者, れたる各項を敷衍詳解, れたる同封中に猫, れたる同市警察署長某氏に比する, れたる同族を見, れたる同根の枝葉, れたる同胞主義はそれ, れたる同胞愛のもっとも, れたる名誉づけられたる頭, れたる向うは見えず, れたるよ知らなけれ, れたるれを, れたるはひである, れたる呼吸歩み血, れたるのかぎり, れたる和尚の物腰, れたる和歌山県に全国最多数, れたる咳唾なり尋常人, れたる品位であった, れたる哲学者とは永遠, れたる唯一の道, れたる唯物文化の偶像, れたる賣であります, れたる問いその形式, れたる善人にし, れたるなる對他性對外性, れたる單位の恐怖, れたる四つの穴以外, れたる四位の少, れたる四元空間中においてある, れたる四十許りの, れたる四隻の手, れたる因襲なり, れたるほど勝味, れたる国粋の芸道, れたる国語を見れ, れたるを棄つる, れたるのみどり, れたる土師人は自然他, れたる土版の出所, れたる土蔵の中, れたる圧搾にほかならない, れたるへ棄, れたる地上に向, れたる地図に之, れたる地域外にその, れたる地点よりはセント, れたる地理に関する絵図類, れたる地質調査所の四十万分一予察図, れたる基督者が自殺, れたる場所から多数, れたる塲所を實踐, れたる塵心にし, れたる塵芥腐った女, れたる塵芥聚の中, れたる境地から身, れたる墨片は師匠, れたるにはあい面し, れたる夕暮の欄干, れたる外国人を見ずや, れたるでなければ, れたる多数の職業的婦人, れたるであった, れたる夢中の音響, れたる夢中遊行の存在, れたる夢遊行動中にも亦, れたる大気中に在る, れたる大社にて只今, れたる大義名分の精神, れたる大鐘は物凄い, れたる天下にはあるまい, れたる天使であると, れたる天妃よ, れたる天孫民族が混在, れたる天工の奇句, れたる天空の一度内, れたる太古ぼうとして知るべ, れたるが富, れたる夫婦は永久, れたる夫婦関係は肉体, れたる奇しきえにし, れたる奇怪な行動, れたる奉仕を, れたる女人のし, れたる女人形のた, れたる女子が齋宮, れたる如くに新, れたる妓小玉の営む, れたる妖術を解かん, れたる妙齡の處女, れたる妙齢の女, れたる姉妹との間, れたる姿はこの, れたる娼妓を見, れたるの物語, れたるは必ずや, れたる子供たちはその, れたるは麻賀禮, れたる季節の境, れたる孤村の片辺, れたる学問をし, れたる学問的体系乃至その, れたる学校病院工場博物館図書館止宿所孤児院等を巡見せり, れたる学生は滔々, れたる宇宙の一切, れたる南皇帝と, れたる安息日なり飽食, れたる官能のあるは, れたる宝石を, れたる実に三回と, れたる実事談なり, れたる実在の表象, れたる実行意志が黙せる, れたる客観的にし, れたる客觀である, れたる客體であり主, れたる宮殿に, れたる家家より火起り熾, れたる家族道徳の主義, れたる寂光の土, れたる寝棺をかつぎこむ, れたる實在する主, れたる対象に方法, れたる寿限無寿限, れたる専門化されたる空間概念, れたる尊き恋である, れたる尊敬せられたる名誉, れたる範圍だけにしか, れたる小さいものは, れたる小さき穴から, れたる小さな遊星の, れたる小倉中学校長文学士伊東尾四郎君はわざわざ, れたる小児の如く, れたる小太刀潜入飛燕の術, れたる小説よりはよし, れたる數者の, れたる少女が肩, れたるよとこれ, れたる屈指の武士, れたる屍体の有様, れたる屍體を剥がん, れたる展覧会の目録, れたるの如くなれり, れたる山国川の姿, れたる山頂の池, れたる屹水下からは海潮瀧, れたるの面, れたる岩尾根に新, れたる島国である故に, れたるが魂, れたるはすでに, れたる希望の多い, れたる帝国ホテルは弾痕, れたる帝政論派の遺, れたる庭を, れたる平地なり, れたる年数に近き, れたる多きかの, れたる幸福を取り返, れたる幾十万を算するで, れたる幾千の罪人, れたる濶なる, れたるである, れたる廣濶なる全, れたる建築である, れたる廿四名は今朝, れたるは弱, れたる弱きこころに, れたる作の, れたる当然の帰結, れたるなり, れたる形容かといへ, れたる形式だけをえらん, れたる形相の地位, れたる形而上學の立場, れたる形體を持たない, れたる彼人の許, れたる後余に古松, れたる後放免せられて, れたる従って性格でない, れたる從つて純粹, れたる御方見れば, れたる微笑である, れたる心理の急, れたる心理遺伝の発作, れたる忍術のお, れたる忠孝及び家系問題, れたる性格の呪い, れたる性的の衝動, れたる性質はまた, れたる怪物の名称, れたる恩寵を御, れたる悔恨も, れたる悦びをいう, れたる悪夢より離脱, れたる悪業がある, れたる悪漢か屍衣, れたる悪魔の甘言, れたる悲壮な戦場, れたる悲惨なるアンドロメダ, れたる惡業は猶, れたる惨事あり, れたるみを, れたる意味内容である, れたる意志の哲学, れたる意義は左, れたる意識の底, れたる感覚の快楽, れたる慣例は愚か, れたるの目付, れたる懺悔録ならば, れたるをふたたびこう, れたる我ひとり横に長く, れたる我國王の御名, れたる我弦月丸の運命, れたる戦い任意行動のいっさい, れたる戦場に, れたる戦闘的本能奮激してる若々しい, れたるひ正義, れたる所為にいとど, れたる所謂最後の通告, れたる扉前に立ち, れたる手桶柄杓を取り上げ, れたる手綱もて衆, れたる手織機業の復興, れたる技倆には驚かざる, れたる投身の人, れたる抱擁の熱, れたる押韻や脚韻, れたる抽象的普遍は固, れたる拍子にはたと, れたる拍節は極めて, れたる拙い一枚の, れたるを握り, れたる拳銃を持ち, れたる指南車という, れたる接吻に気, れたる提灯を持ち, れたる換言すれば, れたる支那の王族張氏夫妻, れたる支那事変を通じ, れたる支那少年です, れたる放免の物語, れたる政党は始めて, れたる政権は無意識的, れたる政治の仕組み, れたる政黨は始めて, れたる敍述及び解釋, れたる教えをそのまま, れたる教会侵入の怪少年, れたる教法の使徒, れたる教育と特徴, れたる数々の御, れたる数多き舞台芸術家を, れたるの将帥ら, れたる敵將の膝疵, れたるをあげ, れたる文化的主體, れたる文化的生としてのみ成立つ, れたる文字がある, れたる文学者であつ, れたる斎藤一もこの, れたる斎藤内大臣高橋大蔵大臣渡辺教育総監に対して深厚, れたる斑らに鮮, れたる新しき智力を, れたる新作狂言は八十余種, れたる新政黨と爲らむ, れたる新田融新村善兵衞の二人及奧宮健之, れたるは開函, れたるの有り難, れたる旅法師の物語, れたる旋律を詩, れたるは引, れたる日光図幅の正確, れたる日木社會黨は安寧秩序, れたる日本国民史を見た, れたる日本紙は, れたる日汝達は, れたる日程だが, れたる日記を涜, れたるヨーロッパに, れたる旧都はふたたび, れたるを報ぜり, れたる旨訂正したり, れたる昂奮のまま, れたるのゆ, れたる時代なりとせ, れたる時廟廊の上活氣横溢, れたる時自由党すらも亦, れたる時自由黨すらも亦, れたる時間に過ぎない, れたる時間概念だと, れたる時限なき幸, れたる普通の人, れたる普遍的自我である, れたる智識階級の, れたるにおいても当為, れたる点である, れたる暗夜である, れたる暗澹たる灰色, れたる暗闇の存在, れたる暗黒の集団, れたる書斎は二千円, れたる最も形式的の, れたる最大最切, れたる最期でありしよ, れたる最終の全, れたる最近の古, れたるが天, れたる樣を, れたる有望の俳優, れたる有益なる報告, れたる有限の独立変数, れたる有難い世だ, れたる期間人間の文化的生, れたる本文僅かに廿七葉, れたる本願寺派の信徒, れたる札荅蘭族の山寨, れたるといふ字, れたる束縛されたる隷属, れたる束髪の老, れたる条件はこう, れたる松島は痛, れたるよりおちたるき, れたる栄誉をば, れたる校長閣下の心事, れたる根岸の地図, れたる根本動機の純, れたる格子戸は恋人, れたる格言或は箴言, れたる案山子は焼け焦らされし, れたる梅子は俯きたる, れたる植民地民族を助け, れたる楓ひともと照るばかり, れたる極めて強硬なる, れたる楽しき特権に, れたる楽園とに似た, れたる楽天観をいう, れたる概念や人生観, れたる概念的方向である我々, れたる構成である, れたる様式なりと仮定, れたるさすがに, れたる権利は名義, れたる権力の正体, れたる樹木再び現, れたる機会であったかの, れたる櫻樹の下, れたる欧洲列国中に一個, れたる正義は他, れたる此平原はおの, れたる此度の大役, れたる此貴重なる手紙, れたる歴史的運動に寄与, れたる死体が最大, れたる死牛馬をいち早く, れたる殉教者の光, れたる残りの餅, れたる残絶酷絶の刑法, れたる殺人事件が始まる, れたるはまず, れたる母上の上, れたるなれば, れたるをはたく, れたる毛布を取っ, れたる民家のうち, れたる民族が遂に, れたる民族性との一致, れたる民衆に世界, れたる気勢に貫一, れたる気味にて皿, れたる気色にて銀梨子地, れたる氣分の韻律, れたる氣色もなく, れたるは潮, れたる水引のかかった, れたる水菓子バナナ一本を取りあげる, れたる水道の址, れたる永阪教会の長谷川某, れたる江戸だなんて, れたる没落の悲運, れたる泉水あり, れたるあるとき其法, れたる法性月毛の十寸六寸, れたる法皇十四人その外數千, れたる洋盃を取った, れたる浪漫派への正面攻撃, れたる浮世絵名家展覧会のため, れたる浮世絵風景画の前提, れたる深いリズムの, れたる深みを自ら啓示, れたる深江の里, れたる渡辺党亦算, れたる測量部の五万分一図, れたる港湾裁判船は日々三十件以上, れたる湿地にて菅, れたるとなり, れたる滋味ある宝玉, れたる滑かにも美しき, れたる漁村にはいろいろ, れたる演芸協会なる者, れたる漢学塾の論講, れたる漢籍の整理, れたる灰色じゃよ, れたる烙印である, れたる飛ぶが, れたる無名の師, れたる無意識家であつ, れたる無限の愛, れたる然るべき人の, れたるの人, れたる熱伝導率だよ, れたる燕人張飛とはすなわち, れたる燦碧金襴の門扉, れたる爆發藥は普通魚形水雷, れたる版図に於, れたる牛頭大仙人, れたる牛馬の, れたる牢獄と云, れたる物二個有り, れたる物理的対象をも意味, れたる物語文芸を控え, れたる特殊部落改善せられたる特殊部落, れたる特色はどうして, れたる特質にはあらざる, れたる状態にあり, れたる狂態を, れたる狗奴國を以て王名官名, れたる独壇場だもの, れたる独立せる現在, れたる狭い範囲に, れたる玩具普請に過ぎぬ, れたる珍聞ぢや, れたる現世と未だ, れたる現場より森, れたる現実それが目的, れたる現状に対して不思議, れたる理想的美人を描き出さん, れたる理由は此, れたる琵琶です, れたるであろう, れたる生産過程の反作用, れたる生首の相, れたる用語術語の觀念, れたる田園生活の印画, れたる田村氏は北海道, れたる由来は序文, れたる甲斐源氏の一党, れたるなり, れたる畸形の素因, れたる発見的存在である, れたる白堊の城砦, れたる白妙の苦悶, れたる白布の滝, れたる白拍子の舞, れたる白昼の強姦, れたる白熊の中, れたる白菊の花, れたる白雲が青空, れたる百人夫長が陣中, れたる目的のため, れたる目色を客, れたる直接経験の事実, れたる直覚だ, れたる直観は上, れたる直道が顔, れたる眞理は益, れたるの根本的, れたる真珠の如く, れたる真理を知るべし, れたる真理部分は真理全体, れたる知者らが民衆, れたる知行を自身, れたる知識ではない, れたる石材はこの, れたる石炭の山, れたる石英の如く, れたる研究家である事, れたるの中庭, れたる破壊を通じて男子, れたる破門者となっ, れたる硝子戸のま, れたる碁会所を立出, れたる碓井小三郎君の好意, れたるの上, れたる社会的教育はいかなる, れたる社会組織が将来, れたる社會に對, れたる社會主義者の一團幸徳傳次郎等廿六名, れたる祝福の國, れたる神命を奉ぜざる, れたる神性を顯, れたる神権の帝王, れたる神權の帝王, れたる神秘の力, れたる神聖者永遠者を顯, れたる神話の形, れたる神話学上の種々, れたる神話説話の如き, れたる禍いは逃, れたる科学の実証, れたる秘密の罪悪, れたる秘密室には一面, れたる秘密階段でさらにまた, れたる移動商店はその, れたる稀有の不思議, れたる種族ではない, れたる稲葉伊予守の面目, れたる積りなりしと, れたるの淺, れたる究竟の價値, れたる空間の直観, れたる空間座標を意味, れたる空間概念を見出す, れたるより何心, れたる立場概念それが立場, れたる立派なる排列, れたる童心であります, れたる端艇は一等船客, れたる第一流の戦い, れたるなり, れたるの天, れたる節婦孝子の篤行, れたる範囲内の事件, れたる簡素さがまったく, れたる米沢の宿営地, れたる粗石の蔭, れたる精神的指導者たちは時間性, れたる紋章を知らざる, れたる紙包みを持て扱い, れたる素質を持っ, れたる紫金山莫愁湖の雨景, れたる細民部落改善協議会席上に於ける, れたる紳商とやらの一人, れたる終局的に思惟, れたる経験の手段, れたる結果たるに過ぎざるなり, れたる結果彼の秘蔵, れたる結論であって, れたる經驗は怨靈, れたるであり模様, れたる美しさは, れたる美しい甲冑を, れたる美人ヘレナは即ち, れたる群衆は何事, れたる群集雑沓の状, れたる義務権利と結合, れたる義理づくやら, れたる義経を隠, れたるの筆力, れたる牧師と, れたる聖セバスチアノの像, れたる聖域としての, れたる聴衆の精神, れたる肉一団何かある, れたる肉感性を捕捉, れたる肉慾の片, れたる肉霊合致の全, れたる肉體を見, れたる胆嚢にのっ, れたるも物, れたる自分の魂, れたる自己肯定の苦い, れたる自我孤独なる自分, れたる自然主義作家がさうで, れたる自由信仰ありデンマーク自生, れたる重至尊, れたるの上, れたる良人をば小僧同然, れたる良心的の衝動, れたる色ガラス暗の, れたる色彩愛すべき濃淡, れたる芝居のびら, れたる芭蕉は振り向き, れたる花園にまで踏み入っ, れたる花婿権四郎だった, れたる芸術家の進路, れたる芸術的作品によつて表現, れたる若き人は, れたる若くば惡まれ, れたる英国バックランド氏の説, れたる英國の高等文官試驗科目中, れたる茶羅紗のチョッキ, れたる荒海の血汐, れたる莨盆は子細, れたる著作の徴証たる, れたる著者の痛苦, れたる蓄音機と速, れたるの長き, れたる薫化がこういう, れたる薬剤の口中粘膜, れたる藝術と此, れたる藤なみの花よみ, れたる藤堂家の墓所, れたる藤新の亭主, れたる蘭軒の裔, れたるに一種, れたる處座生沼に臨める, れたるの首, れたる蜜蜂の大き, れたるの猶, れたる螺旋形の揚上機, れたると涙, れたる血吸鬼なの, れたる血液構成である, れたる血腥き画図や, れたるなければ, れたる行為その表面, れたる衣服ありと, れたる表情にて口, れたる表現力を兼ね備え, れたる裸形は書体風, れたるからの一寸, れたる西川の日記, れたる西澤之助氏也, れたる西郷木戸大久保は各々, れたる視野がある, れたる覚醒との間, れたる親子の愛情, れたる親愛恭敬の遺徳, れたる言葉これが文芸作品, れたる言論程極端, れたる言辞は悉く, れたる記憶はその, れたる記文ありて, れたる許多の異名, れたる証人数人の申立, れたる証拠あり, れたるの旋律, れたる詩想を発揮, れたる詩的精神の文学, れたる詩篇なの, れたる認識論によれ, れたる読書青年がかよう, れたる調和にぞ修道女, れたる調査所の日光図幅, れたるである, れたる論文は一つ, れたる諸家蒐集品陳列会絵入目録の出版, れたる謡曲の中, れたる議会が国民, れたる議會が國民, れたる議院の権能, れたる讀者諸君のため, れたる變化極まり無き物語, れたるなり, れたる谿間の見ゆるが如く, れたるが声, れたる豊富なる人類, れたる豪犬を見る, れたる豫備海軍大佐櫻木重雄氏は一昨年英國, れたる貫一は箸, れたる責任の組織的成長, れたる嬢に対して, れたる資料について不日, れたる購買組織とする, れたる赤條で旗, れたる赤紙の第, れたるのみは本, れたる躍動なり, れたる身体は綿, れたるを重, れたる軍人気質の標本, れたる軍人氣質の標本, れたる軍器で此衝角, れたる輕氣球は水素瓦斯, れたる輪廻転生説の科学的研究, れたる辰弥は例, れたる迷信の箇条, れたる退却節約されたる予備兵, れたる逆説的な意志, れたるなの, れたる通りの口上, れたる通信記事の内容, れたる通訳者なしには, れたる造船所第一台場, れたる連中などはい, れたる進歩人類の成長, れたる運動がかく, れたる道也はこの, れたる遠野郷にもし, れたる適用の方法, れたる選擇は生, れたる邪馬臺國が筑前, れたる部屋は海, れたる都市疾病に荒らされた, れたる釈迦牟尼仏の像, れたる里數の標準, れたる景が, れたる野心また崩壊, れたる野良犬ならずや, れたる野蛮性と動物的特質, れたるの一定不変, れたる量そのものをも意味, れたる金銭について歌, れたる金額を償わん, れたるづけに, れたる鉄壁である, れたるの十字架上, れたる銀側の時計, れたる鋭き電光を, れたる鎌倉幕府または一般武士, れたる鑵詰を噬, れたる長い努力が, れたる長文の女文字, れたる間者である, れたる関係をたどっ, れたる関係上表面上共同の責任, れたる関白殿を政宗, れたる附加物が中心, れたる限りの内容, れたる陸地測量部の輯製二十万分一図日光図幅, れたる陸軍中尉の妻女, れたる階級はそれ, れたる隷属の生活, れたる集合概念を抽, れたる難問題を解決, れたる霊域の奥, れたる霊魂は追放, れたる霊魂達から成れる, れたる露台を染め, れたるの中, れたる青年男女の義務的奉仕的勞働, れたる青春に関する一片, れたる青銅胸像が白布, れたる人間である, れたるを矚, れたる革命自由の手, れたる革命軍は百川, れたる音楽中にも最高, れたる韻律の形式, れたるに思ひ, れたる頭脳永久誓願の牢獄, れたるして, れたる願望の象徴的描写, れたる風情にて, れたる飛行の術, れたる養分のため漸次, れたる骰子の賭金, れたるに, れたるのほつれ, れたるの如く, れたる鮮人留学生らしき屍体, れたる鮮畫は箭, れたる麗わしい日, れたる黒髯あら, れたるはすべて刪つて, れたるの表現