青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「れた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~る る~ るべき~ ~るる るる~ ~れ れ~ れし~ れず~ ~れた
れた~
れたら~ れたる~ れてる~ れない~ れなかった~ れなけれ~ れぬ~ れました~ れます~ れよう~

「れた~」 88174, 953ppm, 89位

▼ れた~ (11825, 13.4%)

1408 である 651 です 575534 であった 508 では 206 だと 198 だった 176 であるが 174167 であります 125 でした 105 ですが 104 だが, であろう 102 だから 86 ですか 82 でございます 78 でしょう 76 だろう 6866 であるから 65 ですから 62 はその 59 だそう 52 であったが, でも 50 はこの 48 かも知れない 47 だよ 45 じゃ 43 を見 42 だという 4036 を見る 33 でありました 31 はそれ, もこの 30 かもしれない 29 であって, であると, ですね 28 だろうか, であろうか 27 でしょうか, も無理 26 だつた, であろうと 24 を見た 23 かな, もその 22 ですよ, と同じ 20 でありますが 19 でございました 18 かそれとも, だろうと, ぢや, は私 17 かも知れません, はお 16 はこれ, は何, は当然 15 かその, かそれ, がこの, であろうが, は誰, を感じた 14 かい, でございましょう, は事実 13 だか, もある 12 かね, かも知れぬ, でなければ, はやはり 11 が, だな, だらう, であるか, でございますが, は全く, は自分 10 かどう, がその, じゃない, だね, であったから, はどういう, は初めて, は彼, は恐らく, を幸い 9 かと思っ, でありますから, で御座います, はどう, はもう, は今, も知らず, を覚え 8 かしら, かと思う, だったが, であること, でございますか, ならば, はそれから, はたしか, は実に, を機会

7 [17件] かあるいは, か知らない, でございますから, でしたが, はつい, は今日, は多分, は女, は決して, は私一人, もそれ, も道理, を, を感じ, を知っ, を知った, を私

6 [17件] がお, が口惜しい, が運, だとも, だろうが, であったと, はいう, はどんな, は云う, は例, は後, は残念, は翌, もあり, もこれ, もつまり, もまた

5 [31件] か私, か自分, だし, だとは, だなと, でありまして, であるという, でございましょうか, でございますな, でしたね, ですけど, ですな, はあさましく, はちょうど, はまさに, は主として, は主人, は何時, は勿論, は彼女, は此, は生れ, は第, もやはり, も事実, も当然, をお, を彼, を聞い, を聞いた, を聞く

4 [66件] かと瞻, かもしれません, か知らん, があつ, が今, が因果, が彼, だといふ, だとか, だなど, だもの, だらうか, でありましたが, でありましょう, であれば, でございますね, ですからね, ですもの, ですわ, ともう, と一つ, はあの, はあれ, はいつ, はお前, はかの, はここ, はさ, はただ, はつまり, はほんの, はまだ, はもちろん, は一昨年, は中, は二人, は何故, は去年, は夜, は大きな, は天罰, は實, は少し, は御, は昨夜, は本当, は水戸, は無理, は申す, は男, は町内, は確か, は自業自得, もその頃, も不思議, も多い, らしい, をいい, をそのまま, を不審, を手始め, を根, を知る, を耳, を読ん, を非常

3 [114件] かいずれ, かということ, かとにかく, かどちら, かまたは, かまるで, かも知れなかった, かわからなかった, かネ, か今, か分らなかった, か少し, か死んだ, か知ら, があっ, がある, がいけなかった, がくやしい, がぐっと, がすなわち, がそれ, がもと, が一人, が不思議, が事実, が原因, が多く, が女, が後, が意外, が残念, が気, が癪, じゃあない, ださうだ, ださうである, ださうです, だったから, だらうと, だろうという, であったろう, であったろうと, でありその, でありまた, であるし, であるらしい, でございますよ, でございませう, でござる, でしょうが, でしょうね, ですがね, ですし, でないこと, と同様, にはさすが, による, はあなた, はいい, はこういう, はこれから, はずっと, はせっかく, はそういう, はそんな, はひどく, はまことに, は一つ, は一九一三年, は一人, は九月, は二階, は他, は何時ごろ, は僕, は前, は十七, は単に, は又, は奥まった, は奧, は恰度今, は想像, は明治十七年, は是非, は案外, は極めて, は翌日, は言うまでもない, は近代, は遺憾, は間, は面白い, も, もあの, も同様, も実は, も彼ら, も御, も此, も決して, も畢竟, も自分, やら, をその, を幸, を怨ん, を悲しん, を機, を父親, を見ます, を読んだ, んが, んで

2 [353件] かえ, かお, かお前, かし, かそこ, かそして, かっ, かと思い, かと思つて, かと思ふ, かと聞く, かどっち, かまた, かもしれん, かも知れねえ, かも知れませぬ, かよく, かわからない, かわけ, かッ, かワッ, か分らない, か判らない, か判りません, か厭, か又, か又は, か彼女, か或いは, か父, か知りません, か突然, か考える, か自殺, か誰, か鮮血, があなた, があの, がかえって, がここ, がこっち, がそもそも, がどこ, がまた, がむしろ, がもう, が一番, が七月, が不平, が不服, が不運, が事, が二十二三人, が今日, が仏教, が何より, が余程, が先, が初, が口惜し, が基, が多い, が多かっ, が大, が始まりで, が悲しく, が早かっ, が最初, が最後, が機縁, が気持, が無上, が現在, が真物, が私, が致命傷, が草, が藤原, が雨, が非常, じゃあねえか, じゃあるまい, じゃあ無い, じゃから, じゃな, だえ, だからな, だこの, だぜ, だぞ, だったか, だったけれど, だったろう, だつて, だとかいう, だらうとも, だらう数枚, だろうとも, だッ, であったか, であったかも, であったこと, であったの, であったろうか, でありそして, でありませう, であるかと, であるかも, であるしかも, であるといふ, であるのに, であろうかと, であろうという, であろ聞いた計, でございましょうが, でござろう, でしたがね, でしょうな, でしょう太刀, でじつと, です今, でないという, でなくて, でもあった, で御座いました, とが同時, とその, とそれから, とは汝, とほとんど, とほぼ, と一緒, と反対, と寺, と少し, ならこの, なれば, にちがいありません, には一寸, には何, には僕, には弱った, には驚いた, によるの, に懲り, に答え, に答えた, はあたかも, はあつし, はあと, はある, はい, はいかにも, はいま, はいわゆる, はおそらく, はおれ, はこっち, はこんな, はさまで, はしかし, はすでに, はぜひ, はそこ, はそれら, はた, はたしかに, はどこ, はない, はなん, はなんと, はほか, はぼく, はまったく, はむしろ, はよかっ, はわずか, はフランス, はホテル, は一九二〇年, は一八五二年, は一月, は丁度, は三日前, は三階, は二, は二十余年前, は二年, は云, は今度, は今戸, は今朝, は仕方, は何日, は何百年, は何者, は信長, は個人的, は偶然, は先生, は其の, は十七八, は十八世紀, は十畳位, は千浪, は午後七時, は半年, は原庭, は古, は古い, は台所, は同じ, は君, は吾, は哲学, は唯, は四年, は四年前, は士甲, は声, は外, は夜中, は大, は大正, は大正八年, は奥, は如何なる, は妙, は妻, は安永, は実は, は小, は山, は左, は幕末, は年, は幹助, は当の, は当時, は彼等, は御身, は心外, は必ずしも, は惜しかっ, は意外, は或は, は早く, は明治, は明治二十一年九月八日, は明治二十九年, は明治二十八年, は明治八年, は明治四十二年, は昔自分, は昭和十九年, は昭和十年, は有難い, は東京, は桜, は梯子, は正しく, は殺された, は洋風, は特に, は甚だ, は用心棒, は男女, は當然, は相手, は着, は紛れ, は胴, は若い, は藍微塵, は蛭川家, は血, は西暦一八七七年, は言, は近年, は鎌倉, は長, は餘, もあった, もあれ, もあろう, もおそらく, もかかる, もここ, もそういう, もそこ, もつい, もほんの, もむりではない, も一つ, も事實, も今, も仕方, も偶然, も先生, も全く, も其の, も古い, も已む, も恰度一尺, も或は, も是非, も時代, も皆, も私, も致方, も蝙蝠, らしいと, をありがたく, をお前, をことわっ, をはじめ, をみ, をもう, をようやく, をわし, をわたくし, を今日, を取り返し, を口惜し, を喜ん, を大, を始め, を嬉し, を後悔, を御存じ, を御覧, を忘れた, を怒っ, を思い出した, を恨んだ, を悟っ, を感じる, を憶, を最後, を残念, を片手, を病院, を目撃, を知らず, を知らない, を聽, を見すます, を見とどけ, を見ない, を読む, んか, んや, 何のと

1 [2687件 抜粋] あその, かいあの, かうしろ, かきい, かしら涙, かそれら, かという, かとお尋ね, かとびっくり, かとも考え, かと寧ろ, かと思いました, かと急, かと知った, かどんと, かなんて事, かは判らなかつた, かまだ, かもわかりません, かも解らない, かわかりかね, かマドロス, か下手人, か人々, か何となく, か傷だらけ, か分からなかった, か博士, か叱られた, か夜, か家人, か左膳, か急, か意見, か探し, か新しい, か服, か歴然と, か沈む, か煙草入, か犯人, か病人, か知らぬ, か立派, か置忘れた, か自発的, か見当, か調査, か蹴爪, か追払い, か電話, があった, がいま, がかれ, がけっして, がこんな, がじつに, がそれだけに, がとんだ, がなんと, がむりと, がよほど, がカソリック, がソヴェト, がビッグ, が一九三一年, が丁度, が三句目四句目, が上つた, が九時過ぎ, が五人, が仕合わせ, が余, が倒れる, が入れ, が出世, が前年暮春, が十九歳, が去年, が吉例, が善八, が因果ぢ, が塩引鮭, が失敗, が姉崎正治博士, が小座敷, が年代記, が忌々しかっ, が恥ずかしく, が愉快, が手先, が文化十四年十二月, が明治二十三年, が昭和十年, が望まれた, が杏, が梅吉, が權三郎, が此生活, が決して, が淺, が無, が甚, が百済貞連, が積重ね, が第一歩, が織田源五様, が聖書, が興, が西暦, が起り, が遁げ, が隨分, が飛んだ, しっ腰, じゃが, じゃその, じゃもの, じゃ斬った, だおばあさん, だけは解った, ださうな, だったそう, だつたが, だとしか, だねえ, だらうそれ, だろうそして, だろう位, だろう駒形堂, だ人情, だ早速, だ誰, であったし, であったならば, であったら一つ, であった限り, でありましたから, であり云うまでも, であり彼ら, であるけれども, であるに, である出版業者, である悲しい, である維新, であろうけれど, であろうところ, であろうもの思, であろう他, であろう平素佐助, であろう材木, であろう途中山吹, でございますからな, でございまするか, でござろうな, でしたよ, でしょうあと, でしょうそれ, でしょうゆえ, ですあの, ですけれど, ですという, です殺人女輪田, です自殺, でないかと, でないに, でない限り, でなく自分, で御座いますから, という新妻, とであと, とどちら, とは全く, とよく, と云う, と全く, と同一轍, と寸分, と意外, と暴力団, と白旗直八, と足尾事件, と酸化炭素, ならあの, ならしを, ならよしやそう, なら狷之介, なら誰, にきかない, にはおどろいた, にはまったく, には困っ, には懐中, には赤面, にほかならぬ, にも驚いた, によると述べ, に基づい, に対しての感想, に対して普通民, に対して音読, に屈せず, に驚いた, はあなた様, はいかなる, はいつか來, はいよいよ, はおよそ, はお祖母さん, はかく, はかよう, はけっきょ, はこれら, はさも, はすこし, はせんすべ, はそれからまた, はただに, はちやう, はとり, はなぜ, ははじめて, はふらん, はまるっきり, はもっ, はやっき, はようやく, はりっぱ, はアパート有明荘, はオトメ, はクラム, はジナイーダ, はツイ一, はトンビ, はパスリユ, はベルン, はメトロ生命保険会社社員大平八蔵氏, はロチェスター, は一九三〇年代, は一九四六年十一月, は一八七七年, は一八四九年, は一座, は一月三十日, は一般, は七三郎, は三十五六, は三味線, は三時すぎ, は上野, は不可避的, は与市, は中学時代, は主人公, は久助, は予期, は二人ぢ, は二十名, は二十歳そこ, は二顆, は五月, は京都大學學, は人皇三十一代用明天皇, は今宵, は伊太夫, は伸子, は何とか, は何日頃, は俺, は元康, は先代小法師甲斐, は入唐以前, は八畳, は其, は内, は凧揚げ, は初江, は前後三囘きり, は助, は北条氏, は十二時, は十六, は十日, は半蔵, は印度洋, は原板, は反軍運動, は右, は同情, は和平交渉, は唐草銀五郎, は嘘, は四日, は国家鎮護, は坂本龍馬, は夕刊新聞, は多紀氏, は大体, は大寺, は大正六年, は大河内氏, は天和三年三月二十八日, は天武天皇, は失敗, は奥深い, は女軽業, は姉, は嬉しい, は孔子, は宝鏡先生, は容貌, は寛文以前, は小さい白い, は小柳雅子, は尤, は岡村氏, は巡査, は市ヶ谷柳町, は帳場, は平和, は店員, は建武, は張嶷, は彼奴等, は徳川中期, は恨めしい, は意義, は憎悪, は或いは, は手塚, は探偵評論家, は教育上, は文久元年, は断食芸人, は新田, は日, は早い, は明治三十六年, は明治十七年八月, は明治四十年, は春山行夫氏, は昭和十一年, は昼近く, は暁方, は最早, は朝倉先生, は本多忠勝様, は東京灣, は柳河春三, は横幅, は正当, は此処, は武藤金吉君島田三郎君其他豫算委員, は殿様, は氣, は池, は法相, は海, は溶けた, は漸, は無論, は熱海, は爺さん, は独り, は王城, は甲府, は畠, は當夜, は白旗直八, は皇居離宮, は相応, は真宗, は知事, は磐梯山, は私たち, は種々, は突い, は筆, は節子, は組合費, は編集局, は老, は考え, は能登守, は自分一人ぎりだと, は興味, は芸界, は茫然, は蒲生家, は藤作様, は蝋色鞘, は裏二階, は要するに, は親鸞聖人, は誤った, は貯金, は賀茂真淵, は足許, は辰刻半, は返す返す, は過, は道也, は遥かに, は野田宇太郎さん, は長吉, は門下生, は関東軍司令部, は階下, は電, は頗る, は餘程晩, は高野明神, は鴎外, は龍太郎さま, まで僕, もあるらしい, もかえって, もしょせん, もほんとう, もみな彼女, もむりではなかった, もやむを得ない, もハリス, も世の中, も五ヵ年計画, も何, も出羽屋, も十年近く以前, も友愛塾, も同時, も奥さま, も孤独人, も少なくとも, も思い起す, も或いは, も早く, も有名, も此春, も法然, も無論主として, も皆んな私, も知っ, も籾山書店, も自殺, も花夜叉, も語学, も長い, も鹿ヶ谷, やらひょいと, や河岸, らしいが, をおも, をかの, をこの, をたて直し, をながめ, をふと, をよろこん, を一気に, を享, を仏, を仲人, を偶然曹操, を全く, を十月, を口開, を喜び, を多勢, を夫人, を守つて, を差し出し, を引っかいた, を律, を忘れ, を怒り, を思っ, を怪むであらう, を悲しむ, を憤り, を持っ, を新しい, を朝日明神様, を柿崎さん, を淋しい, を無法, を病床, を知らせ, を知りません, を神術, を聴かず, を自暴, を見たい, を見届け, を記憶, を遺恨, を面倒がり, を默つて, ア見た, 叱られないの, 攘夷の

▼ れたもの~ (5066, 5.7%)

407 である 190 では 146118 であった 77 だと 75 から作る 71 であるが 65 であること 59 です, のよう 58 だが 57 であろう 55 らしい 44 だった, であって 41 ですから 39 であつ 38 であると 36 だという 34 だから 33 に相違 32 でなければ 31 がある, でした 30 であるから, なの 27 の中 24 であらう, でその 23 と見え 22 ですが 20 が多い, であろうと, に違い 18 か, であ 17 であるか 16 であるという, と思われる, はない 15 でも, に外 14 だそう, であります, でこれ, でそれ, と見 13 だろう, と見える 12 ならば, らしかった 11 でないこと, を見る 10 で, であったが, でしょう, と見えます, に他 9 が作る, でありました, と見る, を 8 だったが, でありますが, であれば, と思はれる, に過ぎない, のうち, もある 7 があった, だつた, でありながら, である事, とすれ, と思う, と想像, に違, はこの, もあり

6 [20件] かどう, が多く, じゃ, であるの, であろうが, でしたが, でなくて, で今日, とする, となる, とみえる, と信じ, と思われます, と考え, なん, のやう, はその, は一つ, は何, は実に

5 [17件] かも知れない, だろうと, であったの, であったろう, であるかは, であるといふ, でこの, ですよ, でなくては, となっ, となつ, と思っ, と私, と見なけれ, にし, を見, を見た

4 [32件] かそれ, かと思う, かな, が, があっ, がこの, がない, が今, が真に, だとは, であったこと, でありまして, でありましょう, であり従って, であるかも, であるとは, であろうとも, でございます, でございますから, でせう, で大倉集古館, という, となった, との間, とみえ, と仮定, と推定, と考へ, なること, にちがい, はなかっ, を持っ

3 [62件] かそれとも, かもしれない, かも知れぬ, か私, がその, が今日, が再び, が多かっ, が後, だったの, だよ, だらう, であったと, でありその, でありますから, であり超越的, であるし, であるならば, である以上, ですね, でない, でないから, で多分, というの, といっ, としたら, としてもその, として初めて, として私, とは思われない, と同, と思います, と思った, と思ふ, と思われた, と考えられる, と考える, と見えまし, と見られる, と解釈, と言, にございます, になる, に過ぎなかった, のこと, の上, の他, の内, は, はそれ, はただ, は多く, は大, も少なく, より作る, らしいが, らしいと, を云う, を意味, を採用, を更に, を集め

2 [202件] かもしれぬ, かも知れなかつた, か両, か存じません, か或は, か松王さま, があつ, がそのもの, がそれぞれ, が何, が全く, が即ち, が却って, が因果, が大, が実は, が少く, が少なく, が所有関係, が無限, が現在, が直観空間, が社会秩序, が蘇り, さ, じゃったが, じゃな, じゃない, それとも何, だか, だからね, だけれど, だし, だったと, だったん, だつたが, だつたらう, だといふ, だとか, だとの, だな, だなど, だね, だろうか, だろうが, だろうという, だ中, であったかと, であったから, であっただろう, であったに, であり, でありませう, であり知性, であり神, であり結果, であるかが, であるかと, であるかという, であるかの, であるこの, であるそう, であるだけに, であるとの, であるとも, であるに, であるにも, であるのみ, であるらしい, である限り, であろうか, でいづれも, でお, でかく, でこれ等, でご, でござる, でしか, でしたから, でしたよ, でしょうか, でそこ, でそして, でそれだけに, でないかと, でないと, でなかったから, でなく, でなく皆, で一方, で中, で作者, で大, で巧拙, で従って, で次, で殊に, で長, で雨露, ということ, という意味, といえる, とし, としか思へません, としか見えぬ, としてこの, としてそれ自身虚無, としての人間, としてほか, として理解, として解釈, とするなら, となり, との区別, とはいい, とみえます, と作る, と信ずる, と傳, と判った, と判りました, と判断, と同じく, と心得, と思いこん, と思ひ, と推論, と殆, と確信, と解し, と解せられる, なので, なるが, なる事, に, において身体, にすぎない, にせよ, になっ, には, には違い, にほかならぬ, によって所与, に左, に御, に美, に過ぎぬ, ね, のみが問題, の様, はいわゆる, はすべて形, はなかつた, はなく, はほとんど, はわずか, は依田学海居士, は全然, は前, は同じ, は大抵, は彼, は必然, は抒情, は政府機構, は更に, は次, は現に, は畢竟, は社会, は稀, は自我, は虚無, は表現的, は見, ばかりだ, ほどかなしい, もあっ, もありました, もあります, もあろう, もこの, もなく, も同じ, も少から, も無理, よ, よりも作る, らしいの, らしく穴, をその, をそのまま, をまた, を中心, を意識, を私, を見れ, を読む, を除い, を食う, を食べます, 遠い片田舎

1 [1578件 抜粋] あるいは一切, いっそう親しい, かあるいは, かうん, かこの, かその, かとかく, かとも思われる, かと屡々, かと思われた, かと説いた, かなあと感心, かの, かまた, かむずかしい, かもっと, からという立場, から孵った, から生じる, から見る, かを疑ふ, かフラ, か不意, か但し, か兵馬, か分らない, か勝田さん, か女, か少く, か平次, か影, か急転的, か手懸り, か明かでない, か更に, か木曾谷山地従来, か百合子, か禁ぜられた, か翁, か説明, か軈て, か雪, があなた, がありましょう, があろう, がかえって, がかなり, がことわざ, がしまいに, がそのまま, がだんだん, がなく, がはなはだ, がほとんど, がまだ, がもう, がやがて, がシナ, が一万一千人, が万年町, が不名誉, が事業, が人間, が伝わった, が党派性, が其, が出た, が前, が参加, が名, が大国主命, が奪われた, が安い, が客観的実在, が小林多喜二, が幾ら, が必ずしも, が悉く, が我等, が把握, が数篇, が書け, が枯れ, が此等, が深く, が漢書藝文志, が片づい, が甲州, が真実, が私, が稀, が組織, が絶無, が見舞わなけれ, が豊富, が這入る, が長十郎, が領事館, こそこの, さう, じゃあねえ何処, じゃよ, すなわち彼, その犠牲, だからと, だけが大衆, だけで満足, だけにたちまち, だけに此街, だけを売り捌かせます, ださうだが, ださうでこれ, だったかも, だとも, だのその後, だわ, だ前, であったかが, であったという, であったなら夫人, であったろうか, であっては, でありあの, でありこの, でありそうして, でありただ人, でありまた, であり三田文学, であり今後時代, であり個々, であり内容一般, であり国民生活, であり彼ら, であり時, であり無我, であり百太夫, であり素朴, であり自己否定的, であり釋宮以下, であるかぎり, であるだろうと, であるといふのみ, であると共に, であるのに, であるよう, であるらしく宋, である作られたもの, である故に, である知るもの, であろうし, であろうとの, であんた, でいずれ, でいわば, でき上った作品, でことに, でございまして, でございますか, でさえ, でして, ですけれども, ですな, ですもの, です実に, でそもそも, でそれ等, でたどたどしい, でどの, でないという, でないならよほどどうか, でない普通, でなかつたかと, でなくそこ, でなくなって, でなく天皇, でなく故, でなく生産, でなに, でまつたくウンザリ, でも察せられ, でカヌズー, でファンニコ, でラッセルの, で一地方, で一輌, で且つ, で二尺四方, で今, で何, で依然, で兩三年前, で刺した脇差, で単純, で取り立てて, で唯, で園, で大阪, で娘, で学則, で實, で尚, で巧妙, で度胸, で彦三郎, で後, で御座いませう, で恐く, で情状, で所謂, で新約聖書, で日本語, で明らか, で曲, で朝日, で栃本, で正当, で死闘, で汎, で滿, で特に, で王, で発見者, で石村, で祭能当時, で細い, で老い, で背中, で致命傷, で蒙古, で解読, で許愼, で貧しい, で道, で金之丞, で頁, で顔中, で魚達, という二重, といかなる, といふべく, といふ質問, とかいうもの, とが直ちに, とこう, としか考えられない, としてある, としていづれ, としてのみ把握, としての時間, としての真理性, としてはぢめ, としては住谷氏, としては見出されないであろう, としてもあの, としても云々, としてシュスタコヴィッチ, として一度, として世界, として今, として動い, として好, として持っ, として有っ, として環境的, として眺め, として衣紋, として解し得られる, としなく, とではかなり, となつて, との事, とはこの, とはまるで, とは思われませぬ, とは異, とは見えない, とは言い, とばかり思い込ん, とほぼ, とも想像, とも考へる, とも解せられ, とわかり, とを法律, と云え, と交戦, と伝, と信じた, と信ぜられ, と判る, と創った, と同義, と察しられます, と御, と思い込ん, と思つて, と思ひ込ん, と惟, と感じられる, と推する, と推測, と断言, と早合点, と正しく, と現, と簡單, と考えた, と考へた, と聞きました, と見えました, と見られ, と覚しく, と觀察, と解すべきである, と言ふよ, と誌, と読ん, と進退, などの一時的, なども無論, ならここ, ならぜひ, なら匿名, なら生き返りも, なら首, なりと, なれば, にあらざる, において現, についてのもの, にとつ, にのみ可能, には到底, には影, には第, にほかならない, にまで転化, によってこそ支那, に加えられた, に向う, に対しての評価, に対して腹立, に対する造り, に愛, に早く, に目録, に蝋台, に過ぎません, に黒血川, のみが明, のみはこの, の方, は〇・一三, はあるいは, はかならず, はけっして, はすたれ, はすべて対象, はたくさん, はといえ, はどう, はどんなに, はやっぱり, はキット内容, はフィゾー, は一ぱい, は一般, は七兵衛一人, は主, は京都, は仕方, は仮説, は何で, は兄さん, は其国, は勿論, は古代ヘブライ, は品川御殿山八万坪, は国民, は多かっ, は多面, は完全, は容易, は尠いが, は川上, は底, は彼自ら, は必ずしも, は意外, は支那史, は教育統制, は日本棋院, は昔通り, は昼間生島屋, は東国, は植野村, は正しい, は殘ら, は民謡, は波斯民族, は涙香, は現在, は生き返りません, は皆, は確か, は神様, は種, は義雄, は船長, は葡萄酒, は表情, は要するに, は詩人, は貧民, は軍, は農業妨害, は遠, は野菜, は難解, は面白い, は馬首, ばかりが見るべき, ばかりである, ばかりな, へである, へ自然, または尊重, もあった, もいろいろ, もだから, もなし, もやはり, も今日, も在ったろう, も多分, も少く, も昔, も無, も皮田, やかなり, や単純, ゆえ櫓櫂, よりもよく, よりも粗野, より帰納, らしいので, らしい算哲博士, らしく事実, らしく日記, らしく終夜, らしく見受けられた, らしく身, をいう, をかきましょう, をぜんぶ, をなつかしむ, をひとめ, をみ, をもちあげた, をやっ, をわざと, を一々, を上げましょう, を丹念, を二枚, を併せもつ, を借用, を全部, を写実, を取りかえ, を含め, を国庫, を対象, を帝, を快く, を惜しむ, を手, を捜す, を探し出し, を有難く, を正に, を理解, を発生, を真心, を知っ, を神, を維持, を聞く, を見たい, を触診, を運ん, を飲まない, 並びに未, 例えば機械, 即ち一般, 又は自殺者, 必ずしも自信, 目覚めたもの, 第三, 総じて廿六個

▼ れたこと~ (3731, 4.2%)

250 がある 130 があった 69 がない 58 もある 55 もあった 54 はない 52 である 51 のない 42 であろう 41 があつ 37 のある 36 になる 30 がありました, はなかっ 26 があります 25 がなかっ 20 では, もない 18 だった, であった 17 であらう, はありません 16 か, があっ, だろう, でしょう, でも, を覚え 15 だ, になっ, は 14 を思い出した 13 があり, と思う 12 でせう 11 です, は言, もあつ, を知っ, を知った, を知り 10 がわかった, はこの, を思い出し 9 がなく, はいう, は私, もありました, を記憶 8 なの, は確か, を意味

7 [12件] だらう, であるから, ですが, になった, になります, はなかつた, は事実, は既に, もあります, もなく, を告白, を示し

6 [11件] がなかつた, がわかる, が彼, だと, でした, にし, はまだ, は云う, は勿論, を忘れ, を知る

5 [17件] がら, が明白, だが, だったろう, だろうと, であって, であります, であるが, はある, はなく, は人, は今, も一度, をお, を思い出す, を私, を考え

4 [32件] そのこと, であつ, であろうが, であろうと, でございましょう, と思います, と思ふ, になり, にはならない, に就, はこれ, はその, はもう, は一度, は前, は実に, は彼, は忘れ, は無い, は疑, は知っ, もあり, もなかっ, もなけれ, をそのまま, を告げ, を喜んだ, を感じた, を感謝, を知らない, を聞いた, を話した

3 [68件] から, がありません, があるだろう, があるであらう, があるでしょう, がご, が一つ, が二三度, が口惜しく, が嬉しい, が思はれる, が自分, さえあった, だけは確か, だったの, だらうな, であったが, であろうし, でお, でご, と想, などを話した, なん, について何, に氣, のなかっ, のよう, はあっ, はあまり, はあるまい, はたしか, はただ, はまさに, は何, は少し, は意外, は日本, は明らか, は有名, は注目, は申す, は疑い, は聞い, は言うまでもない, は間違い, も事実, も実は, も度々, も忘れ, も自分, をおぼえ, を報告, を彼, を思い出しました, を思う, を思え, を思ひ出した, を想像, を新聞, を残念, を物語っ, を知りました, を示す, を聞い, を聞き, を自分, を話し, を語る

2 [160件] ある, が, があ, がいま, がこの, がございます, がよく, が事実, が今, が分った, が可, が少し, が幾度, が心外, が思われる, が書い, が無い, が見え, が許せなかった, が頭, ございますと, さえある, だから, だけで, だけは知っ, だし, だってある, だろうか, であったから, でありました, でありますが, で何, で気, とそれ, とばかり思っ, なぞを話した, などある, などは一度, などもあった, に, にした, になつ, になろう, には, にもなる, にもよる, によって, によつて, に心, に感謝, に於, に気がついた, に致命的, のよろこび, の嬉し, の寓説, の方, の無い, の真相, はありました, はお, はお前, はかえって, はかつて, はございません, はすでに, はそれ, はちょっと, はねえ, はまことに, はよく, はよもや, は一年, は世間, は云, は五六年あと, は人々, は偶然, は全く, は分明, は周知, は嘗て, は実際, は少く, は当時, は当然, は我々, は手柄, は日本文化, は正しかっ, は決して, は滅多, は特殊, は直, は知, は絶対, は聞いた, は覚った, は言う, は間違, も, もあっ, もあったろう, もありましょう, もあろう, もございました, もその, もなかつた, もまた, もよかっ, も何, も屡々, も御存じ, も注目, も無い, も知っ, も私, も覚え, やら, らしい, を, をあきらめ給え, をかえって, をここ, をさも, をすぐ, をだまっ, をはじめて, をはっきり, をよろこん, を不, を人々, を今, を僕, を喜び, を夢, を守る, を少し, を彼女, を怒る, を思い, を思いだした, を思ひ出し, を思ふ, を怨む, を想, を感ずる, を新田先生, を昨夜, を果し, を気, を焦慮, を物語つて, を物語る, を知つて, を考える, を覚った, を覺, を誰, を非常

1 [1390件 抜粋] あったが, あるを, かす, かと後, かと驚いた, からし, からダーネー, から十分, から学校, から次第に, から見, から起る, か判った, があったで, があったです, がありませんでした, があるだらう, がうなずかれる, がお袋, がございません, がしるし, がそう, がたしかに, がです, がなんど, がふと, がまた, がもと, がわかりました, が一つ一つ, が一切, が一般, が二, が伸子, が何ん, が先入主, が写真, が分かる, が分る, が判る, が動機, が取り, が報道, が多かっ, が大いなる, が大使館当局, が嬉し, が実に, が実証, が小気味, が当っ, が忘れられない, が恥しく, が悪寒, が抜け, が新聞社, が有りました, が案外, が死に, が残らず, が無念, が現在, が理解, が知られた, が知れる, が第, が解り, が認められ, が辛く, が随分, こそ実に, ございました, さえない, さえ知らない, しか知れない, すらお悔やみ, そしていま, そしてサア・ウィリアム・ノリス, そして自分, その下駄, その手拭, その結果, それから曾, だからと, だけである, だけはたしか, だけは相手, だけは變, だけを全部, だけ確か, だったが, だってちゃんと, だつて, だのそれ, だの喰, だらうが, だらうに, だろうな, だろうよ, であったか, であったろう, でありその, であり某, であるか, であるはげしい, であれば, であろうのう, でこれ, でございますから, でございませう, でしょうが, でしょう愛誦, ですか, ですとさ, でつき, ではござりませぬ, でもし, で他, で僧侶達, で唐代, で幕, で彼, で想像, で有, で税務署, で誰, というの, とおもっ, として責任, とてはただ, とてもそれ, となどであります, とはまつ, とは知らない, とを合せ, と仆, と存じ, と察した, と思い, と思い込ん, と思ひます, と想像, と睡眠中, と造りぬ, と違った, ながらもう少し, なぞを語っ, などあつ, などあります, などがある, などが書き附けられ, などその, などに移った, などはむしろ, などは屡々, などもあるであらう, なども思い出され, などをきれ, などを内報, などを悟った, などを知らした, など先生, など忘れ, なんかない, なんか正夫, なんぞ一遍, にある, にからん, にしか意味, にすれ, についてどの, についての理解, についてはその, についてもいろいろ, について帆村, について深い, について親鸞, につき又, になりましょう, にはさまざま, にはそれ, にはならぬ, には例, には意味, には答えず, には親子, にふれ, にむしろ, にもなっ, にもゾッと, によく, によっても少く, によって仮令, によって涙ぐまれる, によって遠隔, にわれわれ, に一切, に北條, に困っ, に嬉し, に対して体じゅう, に対する咒咀, に心づかなかったらしく, に思う, に歓喜, に気がつき, に気づいた, に気づく, に答えられない, に至る, に非常, のお祝い, のない高い, のやう, の不思議, の例証, の原因, の対策, の憤激, の無, の登録, の精神的打撃, の腹立たし, の遠い, はあらゆる, はいたっ, はいま, はおしい, はおろされた, はかれ, はきょう, はこの間, はさき, はすこし, はすっかり, はその後, はたかが, はだれ, はどうにも, はどんな, はなんと, はひろく, はまあ, はまったく, はもちろん, はわが身, はケロリ, はハッキリ, はパパ, はマリー, は一切, は一種, は万人, は上代, は事実指名, は二十三歳, は云われ, は今日, は仏, は伸子, は何より, は信じ得べき, は修道者, は先づ, は公平, は其物, は出来る, は古今東西, は各自, は吾, は單, は堪えられない, は大, は大藩, は奇蹟, は好奇心, は如何にも, は實, は将軍家, は山太郎, は彼等, は後年, は御存知, は忘れず, は性格, は想像, は感謝, は探っ, は政府, は文安六年五月, は既引, は明, は普く, は朝子自身, は未だ, は梶川少年, は正しい, は歴史, は殆ど, は永遠, は注意, は澤山, は無く, は爲, は珍しく, は異, は病者, は皆人, は知らぬ, は社会主義リアリズム, は私ども, は私達, は稀有, は米准那, は老人方, は聞かぬ, は聽, は自慢, は若い, は蓋し, は見た, は親分, は誰, は赤染集, は過去三十年近く日本, は金, は間違ひも, は附加, は非常, は黙っ, への感謝, またし, また総監, までなん, までも容易, まで今, もありまし, もあッ, もお, もくやしく, もこれ, もしば, もそこ, もたびたび, もなんだか, ももちろん, もわかりませんでした, も一, も一二度, も九流, も今更, も偶然, も勿論, も又, も同じ, も四月二日, も声, も女工頭, も察, も巽, も彼, も思い出す, も承知, も時, も有ったろう, も某, も欝忿, も無く, も申し添えましょう, も知らず, も私達, も考え, も職場, も薩州, も逃げ, やいろ, ややさしい, や両側, や国, や幕府, や運動神経, よりもこの, よりも恩知らず, をいつか動坂, をおこっ, をおそらくまだ, をおもいだし, をかの, をくわしく, をこぼし, をさえ見た, をさつき知つたのさ, をしゃべらなかった, をそつ, をそれなり, をどんなに, をひそか, をまた, をめぐって施され, をも序で, をも語, をやつて, をよく, をよもや, をわれわれ, をテキパキ実行, をマグダラ, をロンブローゾ, を一所懸命, を世間, を云つて, を今日, を付随, を伝え聞きました, を何とも, を偲ばしめる, を光栄, を半蔵, を同じ, を告げる, を喜ん, を噛み反し, を大事, を契機, を嫌つて, を守つて, を山本有三氏, を引き受け, を後悔, を忍ん, を忘れん, を思いあわせ, を思います, を思い出しまし, を思い起し, を思った, を思ひ出さない, を思想史上, を恥じ, を恨ん, を悔いる, を悟りました, を悲しい, を悲しむ, を悲観, を惻々, を感じ, を感ずるだろう, を憚ら, を憶, を打電, を推理, を日本人, を書い, を會得, を栄吉さん, を機縁, を正直, を気づいた, を深刻, を父, を狂喜, を申, を異様, を発表, を直感, を真実, を知ったらしく, を知らず, を知らないだろう, を知らぬ, を知れ, を祝う, を窺い知らしめる, を簡単, を考えます, を考へる, を聞く, を腹立, を自覚, を被告, を見よ, を覚ったらしい, を言い出した, を記し, を証する, を話す, を語っ, を説き得る, を誰一人, を諷した, を識つて, を電報, を驢馬, 分った日イ, 及びゴーリキイ自身物, 従ってこの, 故今夜, 書かねば, 然しその

▼ れたよう~ (3565, 4.0%)

304 な気 92 なもの 77 な気持 68 な顔, になっ 5149 に感じた 44 である 43 な心持 40 に思った 35 です, な感じ 31 な形 30 であった 26 だった 22 な気持ち 19 な心地, に見える 18 な声 17 だ, でした, なこと, に見えた 16 にし 15 に感じ, に眼 14 ですが, でも, な思い, な様子, に思う 13 に思われる 12 な気分, になった 11 な, にその 10 に急 9 にお, にこの, に記憶 8 で, であるが, なわけ, な心持ち, にぼんやり, に思っ, に自分, に見え 7 だが, なもん, な心もち, な恰好, な痛み, な表情, に感じました, に目, に私, に見せかけ 6 ですね, なところ, な眼, にそれ, に身, に頭, に顔

5 [20件] だな, なお, なこの, なその, な工合, な形跡, な彼, な気もち, な風, になり, にハッ, に叫んだ, に固く, に思われた, に思われます, に椅子, に聞い, に茫然, に見せかけた, に足

4 [25件] であったが, であります, でその, な具合, な心, な感, な次第, な話, な軽い, にしばらく, にそこ, にはっと, にふらふら, にほっと, にも見える, に何, に全身, に口, に彼, に心, に思いました, に思います, に思われ, に胸, に黙っ

3 [50件] でしたが, ですな, ですよ, なふう, な不安, な事, な人, な場合, な変, な大, な安易, な寂しい, な寒, な山, な恐ろしい, な想い, な有様, な状態, な空, な腹立たし, な自分, な苦痛, な衝撃, な静けさ, な面, な顔つき, にうしろ, にこう, になる, にはっきり, にほとんど, に両手, に俄, に僕, に声, に床, に後, に慄, に日本, に気, に消え, に男, に突っ, に突然, に立ちすくん, に立っ, に腰, に覚え, に身体, に驚い

2 [175件] じゃ, だったが, だと, であったという, でご, でございました, ですけれども, では, で暫く, なありさま, なあんばい, ないや, なここち, なすばらしい, なそんな, なの, なへん, なぼんやり, なぽかんと, な不快, な不思議, な中, な何, な例, な光, な冷たい, な切ない, な味, な夢, な大きな, な失望, な奇妙, な女, な始末, な姿, な家, な恐怖, な悲しみ, な意味, な感動, な慌てかた, な憤りを, な打撃, な氣, な淋し, な無気味さ, な狼狽, な結果, な絶望, な自分自身, な薄気味, な調子, な面持, な音, な駭, な驚き, な驚愕, にある, にいきなり, にいつ, にうなだれ, におぼえ, におもっ, にかすか, にこっち, にご, にさえ思われた, にした, にじっと, にじりじり, にす, にたちまち, にだるい, にちょっと, にどき, にどこ, にながめ, になにごと, になりました, には見えない, にぱっと, にひっそり, にひびい, にびっくり, にふっと, にぽかんと, にまだ, にまったく, にもある, にもう, によろめい, にウーン, にガックリ, にガラス, にニッコリ, にパッ, にワナワナ, に一ぺん, に一寸, に一座, に不安, に不思議, に不意, に久慈, に二人, に今, に低い, に個性, に倒れ, に再び, に前, に剣, に力, に勝平, に叫ん, に向う, に周章て, に噂, に地, に地面, に夕日, に大, に左右, に師直, に後列, に忽ち, に思えた, に急い, に息苦しく, に感じたらしく, に感じられ, に感じられた, に感じる, に感ずる, に手, に方々, に暗い, に暗く, に暫く, に棒立ち, に狭く, に狼狽, に玄関, に畳, に痩せ, に皆, に相手, に立ちあがる, に立ちどまっ, に立ちどまった, に立ち上った, に立ち竦ん, に美しい, に群衆, に老, に考える, に聞いた, に草, に蒼ざめて, に血, に表面, に見せかける, に見る, に覚えた, に言われ, に誤解, に赤い, に起ちあがっ, に身動き, に軽い, に青く, に静か, に頬, に飛び上った, ね

1 [1338件 抜粋] うれしく悲しくただ, す, すで顔, だけど, だったもの, だという, だね, であちこち, であったこれ, でありました, でいつもよく, でございましたっけ, でしたよ, ですか, ですけれど, でそこ, でどうしても, でなんだか, でひどく, でわたくし, で口惜しく, で多少, で感じ, で時々, で汽車, で特に, で白昼, で矢代, で自分気儘, なありさ, ないい, ないまいまし, ないろいろ, なうつろ, なうろたえざま, なから, なが, なきれぎれな叫び声, なこわい, なさみし, なしわがれた声, なすさまじい, なそういう, なだから, なとり留め, なので, なば, なぶきみ, なへんてこ, なまた, なむしゃくしゃ, なもどかし, なやり切れない, なよごれた髪, なキザ, なストーヴ, なテノール, なハメ, なパリ, な一とき, な一撃, な一面, な上着, な不平, な不愉快, な不満, な久しぶり, な乱れ, な事実, な位置, な何ん, な作品, な個人, な先師, な入江町, な冷かさ, な凄, な分裂, な切迫, な別, な力, な厭, な叔父, な呻きが, な咏嘆, な哀感, な困惑, な土壌, な塩梅, な多く, な太陽, な妄執, な妹君, な嬰児, な安心, な実に, な寂寥, な小さな, な小路, な幸福, な建物, な弊風, な強い, な微笑, な心細, な怒り, な恥, な悩まし, な悲哀, な情ない, な意志, な愕, な態度, な憎悪, な或いは, な手首, な振り, な放心, な文書, な新しい, な日々, な昔, な暖かい, な期待はずれ, な桃花村, な模様, な歓びかた, な気むずかしい, な気安, な気高い, な沈着, な泣き声, な深い, な満足, な激動, な点, な無慙, な独りぼっち, な瑠璃色, な男たち, な疲れた声, な痛, な痺れ, な白く, な皺, な瞼, な硬直, な穴, な立場, な笑み, な笹村, な紺碧, な縞, な考え方, な脂じん, な腑, な自, な色, な苦役生活, な荒っぽ, な薄汚い, な表現, な親しい, な言いよう, な記憶, な質問, な趣, な足取り, な身動き, な軍隊式, な透徹, な遣る瀬, な錦繍, な関係, な陰気, な震え, な面持ち, な頸, な頼り, な顔付き, な風采, な驚ろ, な鮮血, にああ, にあせ衰え, にあっち, にあわただしく, にいいました, にいたしました, にいま自分達, にう, におこり, におっ, におびえ, にかきました, にがたりと退る, にき, にきりきり, にぎょ, にくらくら, にぐたりとなる, にここ, にこびりつい, にござる, にさえ見えた, にさんざん, にざわめいた, にしばし, にすう, にすぐ, にすら見えた, にずっと, にそげ込ん, にたおれ, にたたずん, にただ, にだらり, にちらりと, につと, にとびあがった, にとぼとぼと, になくなっ, にならん, になんとなく, ににわかに, にはなつ, には思えません, にばば, にひっくりかえりました, にひどく, にひん曲り, にぴたり, にふたり, にへたばっ, にへたへた, にほっ建っ, にぼやけ, にまごつき, にまわり, にみなさん, にみんな, にめりめり, にも取れる, にも思っ, にも思われる, にも見られる, にやたら, にゆらめいた, によろめく, によろり, にわれがち, にカッタル, にガチリ, にキャア, にクラム, にジャヴェリ, にド, にバルコニー, にヒョコリヒョコリ, にピストル, にフッ, にブルブル, にベンチ, にボンヤリ, にポカン, にムク, にユックリ, にレール, に一つ, に一度, に一方, に一条, に一瞬沈黙, に一面, に一騎, に不気味, に世にも, に中段, に乗り出し, に二つ, に五六人, に仄聞, に会葬者, に伸子, に体裁, に侮辱, に保, に倒れました, に先, に先生, に兜, に入口, に八方, に兵士達, に冷たく, に出, に切なく, に刻々, に前後左右たち, に劇, に北村青年, に十三人, に半, に卯月八日前後, に取っ, に取り繕い, に口三味線, に口許, に古来, に右, に同じ, に吐息, に否定, に哲学, に唯ふらふら, に問い返した, に地底, に垂れ落ち, に壁, に多, に多数, に大きな, に大急ぎ, に大納言, に女, に子, に存じまし, に寂し, に寝入っ, に寝転がっ, に小次郎, に少しく, に尼, に山門, に巌窟, に川面, に平た, に平生, に幸之助, に底, に座席, に庭先, に引き締まっ, に弟, に当時, に彼方此方迷い, に後者, に微, に心細く, に思いだし, に思い切っ, に思えました, に思わず, に思われました, に急速, に恥しかっ, に悄然, に悪漢ども, に悲嘆, に意慾, に愛する, に感心, に慣れた, に憂鬱, に憶え, に戸口, に戻っ, に手紙, に押し潰され, に拵え, に挫けた, に振り向いた, に揺ぎ, に放り出され, に斯, に明智, に普通, に暮れ, に月日, に木戸口, に林之助, に棒, に楽屋, に機嫌, に止まっ, に此方, に歩く, に歪んだ, に殆ど, に気勢, に気落, に水夫たち, に沼, に泣きつ喚きつし, に浄, に海, に消え去っ, に淋しかっ, に混騒, に清浄, に満足, に潜り門, に濡れた, に炉辺, に無力, に無表情, に燃え, に片目, に犬殺し, に独自, に猿, に現出, に生きた, に画家, に疲れ切っ, に痛ましく, に痛ん, に登っ, に白く, に白眼, に眉根, に真一文字, に真直, に眸, に瞬間, に砂, に私たち, に空, に空中, に立, に立ち上がった, に立ち戻っ, に立ち竦んだ, に答えた, に紋太郎, に素質, に結婚以来, に絶叫, に縁, に美和子, に群れ, に義元, に考えられ, に考えれ, に聞こえた, に肌, に背後, に腕, に自己, に舌, に般若, に芝生, に苦しかっ, に荒れ, に落ち, に蓊欝, に薄目, に藤次, に融通, に血腥, に裂け, に見えなくなり, に見えます, に見当, に覚えます, に言う, に記し, に豆, に財産, に赧どす色, に起ちあがった, に跪い, に踵, に躍り上った, に車体, に軽々, に返事, に迸り出, に逃げよう, に道庵先生, に部屋, に醜聞, に長く, に間, に陽気, に雨戸, に青い, に面, に項垂れ, に顔じゅう, に風呂場, に飛び散る, に飛んだ, に飯島, に馴れない, に駈けだした, に駕籠, に驚き, に黒く, に黙りこんだ

▼ れた~ (2746, 3.1%)

46 それは 37 これは 34 私は 21 それも 18 彼は 15 よい 14 これも 13 それが 11 その時, それを 10 よかろう, 私の 8 併し 7 そこには, 今は 6 いずれも, しかしそれ, その中, その結果, それよりも, 僕は, 幸いに, 自分の, 自分は 5 しかしその, そのとき, それには, ために, よいと, 女は, 当時の, 彼等は

4 [18件] いい, ここに, この時, この男, そのうち, その晩, それと, それに, そんなこと, よいでしょう, 今度は, 兎に, 夫れ, 女の, 彼の, 彼女の, 急に, 私が

3 [25件] あれは, いいでしょう, おなじ山河一帯, かの女, この人, この日, この頃, これらの, すぐに, そこの, そのこと, その日, それから, それとても, ともかくも, どうした, やがて, よいぞ, よろしからう, よろしかろう, わたくしは, 今では, 心の, 此の, 為に

2 [123件] あとで, いいです, いいと, いまは, おなじ山河一帶, お庄, かれは, きょうは, ぐずぐずし, こいつは, ここで, ここでは, この, このとき父, この二人, この女, この方, これまで, こんどは, こんな筋, しかしあの, しかしいま, すべての, そこに, そこは, そのほか, そのままお前, その一つ, その他の, その内容, その場所, その夜, その山本正雄, その文章, その為, その男, その途中, その間に, その頃, それでもどうにか, それでもまだ, たちまち窓, ためであった, ついにその, まだその, ようであった, よろしいでしょう, よろしゅうござる, アガッシイの, 一つとして, 一体どうしてこんな, 主人の, 之は, 之れ, 九時半頃に, 乳母は, 二つの, 二人とも, 二人の, 今夜の, 他に, 他の, 何でも, 何という, 何にかの, 信一郎は, 僕が, 元来胃腸, 八十九年の, 其為め失敗された, 其講義の, 其際観察せられた, 其顔が, 初めの, 初めは, 前に, 十三の, 同時に彼, 地獄谷から, 夜に, 大抵源助, 天は, 女主人は, 孔明の, 官兵衛は, 家の, 實は, 左に, 店の, 当時我東京大学で, 彼が, 彼れ, 後には, 忽ち礑, 意外にも, 政府は, 断った, 新九郎の, 日ごろの, 日本の, 最後生き, 此メモアーが, 此書は, 此生物学会が, 毎晩の, 泊る気持, 法水は, 法海禅師の, 然し実, 現在の, 甚, 真実には, 私も, 立派な, 群集の, 考へて, 而も, 耳の, 肝腎の, 軍医部は, 追, 部屋一杯仕かかり, 都の

1 [1997件 抜粋] 〇・五分の登記手数料と, あしたは, あとから, あのうち, あの二の舞, あの森, あまりに早, ある興行師, いいぞ, いきなり蕪, いつでも, いつも再び起こっ, いまだにお, うすくらいなか, おもしろいこと, お前の, お島, お杉, お若い, かういふ先駆的, かまわずに, けさから, ここも, このうえ, このため, この会議, この又, この夜, この室, この度, この時私, この画, この舅, この部屋, この食糧難, これから一人, これだけは, これまでの, これを, ごとくに, さしもに, さてこれから, さて何, さて近寄っ, さッ, しかしその後, しかしまた正しい, しかしダンスホール, しかし今, しかし大人, しかし悟つた, しかし正雪, しかし立ち止まらぬ, しかし軽, しかも実父, しかも私, しまいに, すぐこう思いかえした, すぐまたかつぎ上げられ, すっぽかして, ずいぶん色々と, そういった努力, そうして検事, そうは, そう言っ, そこで仮死状態, そっと顔, そのいずれ, そのころ, そのとき不幸, そのなか, そのまま帰っ, そのやさし, その上, その他は, その代り相手, その償い, その出獄, その前, その卜占, その四囲, その塔, その女子決勝レース, その実, その室内, その寺, その年, その弱々しい, その後どう, その後また, その後毎日よばれ, その折, その方, その晩土産, その松野, その死, その気色, その父, その経過, その船, その蓄え, その途中ニュー, その間の, その関係, その馬, それさえ, それでは私, それでもなお, それでも右, それでも昨日, それでも食卓, それにしても私, それほどの, それ以後は, そんな形式的, ただしかし兵馬, ただ今日, たちまち大風, たとえばこんな, ためであろう, だん, ちがうとも, つかれて, てんで肌合, とうとうもてあました, とたんに何者, とても彼ら, どうしてお, どうしても喉, どうも気に入った, どうも門, どこか, どのくらい, どんな大層, なおさしあたっ, なお旗, なお辟易, なにぶんにも, なんの, のちに, はつと, ふたりは, ふと上野, ぺちゃんこに, ほとんど徹宵, まことは, まず私ども京都画壇, またすぐ, またも, また大, また胸中, まだかつて今日, まだ下, まだ迂, まもなくそれ, みことば, もういいかげん, もう二度と狐, もがきに, もっとも声, もはや疑うべき, やがてぞくぞくと, やがてカーキ色, やがて出, やがて扉, やがて晩, やがて飼犬, やはりこれ, やはり強情, やはり親類縁者, ゆうは, ゆとりは, ようご, よからん, よく見る, よろしゅうござろう, わけなく否決, われわれ幕の, ウルランド氏の, エレアーナ女王殿下が, カチンと, サイを, ステパンを, ソマーセットは, ドイツの, ヒットラーも, フランス語と, マサカに, メンデルスゾーンの, ランポン大佐は, 一九三一年四月九日付を以て, 一八二八年ジェラアル・ド・ネルヴァルの, 一向笑, 一度独唱会, 一方反対, 一月半も, 一茶からの, 万物の, 三人限に, 三月に, 三藏の, 上述の, 下馬し, 不思議である, 世には, 中から, 中学は, 主の, 主人翁を, 久助と, 九太は, 予算査定案をめぐって, 二人は, 二度三度と, 二葉亭氏は, 五十嵐は, 井林廣政氏から, 人の, 仇敵に, 今し, 今やそれ, 今云った, 今度こそ, 今日では, 今更こうなっ, 他吉, 以前は, 伊勢の, 会話が, 佐倉の, 何しろ早晩地面, 何ともスマート, 何分にも, 何遍苦い, 作家は, 依然そこ, 信長公も, 傍らに, 優勝侯補筆頭の, 先づ暫し, 光子の, 入念に, 全然ありませ, 八番目の, 六七年も, 其のうち, 其の掌, 其の議論, 其年前後から, 其翌年の, 内気ものの, 円形の, 凶事の, 出迎人は, 分裂した, 刑罰は, 別な, 利平は, 剣道の, 勝家の, 勿論之, 医官満員で, 十七年前の, 千人目という, 半日も, 危地を, 厨神として, 又そう, 又寝, 双方の, 叔父や, 古え, 各自が, 吉野朝が, 同日午後の, 同時に活路, 君も, 命ある, 哀れな, 四五日の, 因果と, 在京中に, 城介の, 基本人権は, 壇に, 売り上げ代は, 外は, 多門老人の, 夜中に, 大した醜態, 大学でも, 大津の, 太上天皇と, 太政官札の, 夫婦生活の, 奈良朝頃には, 奥羽の, 如く俗法師, 妙に, 始業の, 婆が, 子供だ, 存じて, 宅助も, 宙に, 実に人相, 実はフィーユ・デュ・カルヴェール街, 実は馬鹿馬鹿しい, 客は, 宴が, 實際の, 小売商店の, 少なくも自分等, 就中政江の, 屋敷へ, 山々は, 岩田さんや, 崩壊せず, 左手の, 師説を, 常から, 平素に, 幸いつぶっ, 幹は, 度重る, 建武の, 強いて心, 当人は, 当時そういう, 役人に, 彼らは, 彼女は, 後で犯人, 後二人となり三人となり四人, 後醍醐の, 御年四十五歳, 必ずしもそうとは, 忌々しくて, 忽然虚空に, 思えば, 恐しい, 息子たちは, 愉快だった, 懐中には, 我慢し, 戸が, 扉を, 折も, 拙者を, 撫子までが, 政治家風の, 故に超越的批判, 敵は, 断わりました, 旅客が, 日本は, 旧憲法時代, 明日学校で, 是は, 時政は, 晩年の, 暫くし, 曹操は, 最初一度は, 最後そう, 最後とても, 最後むろん, 最後三年以下の, 最後大きい, 最後妹も, 最後捨て, 最後決して, 最後生涯人間中に, 最後自分ながら, 最期城に, 月の, 木の, 本人は, 本當, 李子に対しては, 東京の, 松山藩の, 柄が, 案に, 案外斯ん, 槍の, 次子の, 歌わない茂太郎, 此事件を, 武蔵は, 死者の, 殘り, 毛布は, 民間では, 水は, 決して陥落, 沮鵠の, 泰文の, 流石に, 海の, 深更に, 滝本は, 火傷の, 無念な, 然るべき文士, 燈火管制の, 父は, 牢屋には, 特に吉田小五郎君, 狩猟には, 玉座の, 現在では, 生き残った者, 生憎山葵, 生肉を, 田舎生れの, 疑われる筈, 病臥の, 發煙硝酸濃, 百年後の, 皆気まり悪, 目見得も, 相変らず落ち着き払った, 真面目な, 矛を, 矢田部を, 破廉恥な, 磊落に, 神奈川付近では, 神色自若として, 私たちは, 私には, 秋声氏の, 程普に, 空襲生活にも, 竜と, 第一, 第四版, 約束の, 終には, 結局どれも, 結局証拠不十分で, 綴喜の, 美しい奧方, 美貌の, 義貞は, 翌朝に, 老婆が, 肉はい, 自らは, 自分のは, 船のみは, 色も, 若い子持, 若し先生, 英則は, 荒れ狂う風雨, 落つるは, 薄暮の, 藻に, 表だって, 被告は, 見る, 見当の, 親父の, 誰かが, 誰一人その, 議題について, 貴殿と, 賢しい紅琴, 起きる気, 身うちには, 車上の, 迂濶, 近代の, 逃げた, 逮捕の, 運賃前払いの, 遠からず, 那波から, 酔狂に, 野田城の, 金鉱夫に, 長くつ, 間もなくプロソオル, 間もなく非常, 闇は, 陸海軍まで, 階下に, 隠者の, 雨で, 震災後東京の, 青楓の, 韃靼や, 風が, 食用蛙などよりは, 馬琴は, 駒井甚三郎は, 髪の毛ばかり, 麦畑は

▼ れた~ (2566, 2.9%)

70 すれば 68 云ふ 64 見えて 62 いう 55 思って 35 聞いて 34 思うと 31 いって 30 なると 29 みえて, 云って 25 云うの, 言ふ 24 ある, 云うこと 23 言って 22 すると 20 あっては 18 いふ, 云う事, 思った 17 いっても 16 思う 13 見える 12 いうよりも, 思ったの, 書いて 11 いうので, いつて 10 きいて, 伝えられて, 思うの, 知って, 聞いた時 9 いうが, したらどう, する, 言うの 8 なれば, 云っても, 同じよう, 思えば, 思つた

7 [12件] あれば, いうだけ, いうだけの, いうでは, いうより, いふので, 云ふこ, 同様に, 思います, 思ったから, 想像する, 聞くと

6 いうじゃ, いうに, したならば, みえる, 思ふと, 見えまして, 見るの

5 [14件] あって, いえば, したら, したらそれ, 云う, 云つても, 申すこと, 申すの, 考えるの, 聞いては, 聴いて, 聽い, 見える魂, 見て

4 [25件] あつて, いうから, いうし, いうのに, いうばかり, いふが, いふよりも, おっしゃるの, するならば, なう, 云つた, 伝えられる, 同じに, 同一の, 同樣, 思うて, 思ったが, 感じて, 私は, 考えた, 考えて, 聞いたとき, 見ること, 言っても, 記して

3 [49件] あるが, いいます, いうか, いうて, いうと, いうよりは, いっては, いつた, いわれて, このよう, したらどんな, 云うだけの, 云うので, 云うわけ, 云うん, 云う噂, 云う話, 云えば, 云われて, 仮定し, 仮定しよう, 仮定すれ, 伝えて, 分れば, 同じやう, 同じ事, 思うが, 思うん, 思ったので, 思った時, 思われる, 思われるの, 感じた, 申します, 知ったとき, 知ると, 考えたの, 聞いたが, 聞いたので, 聞くや, 聽いた, 見え, 見えます, 見えるが, 見えるな, 見るより, 言うん, 言へど, 記憶します

2 [109件] あっちゃ, いいある, いうからには, いうほど, いったが, いつたが, いふのに, いやもう, おもうと, お思い, お考え, きいた時, したらこれ, したらどうして, したら私, しなければ, します, するの, なっては, なり, みて, わかると, わかれば, 云いますが, 云うから, 云うよう, 云う事実, 云う訳, 云う風, 云った方, 云ふも, 云ふより, 人々は, 仮定する, 信じて, 信じられて, 信ずるもの, 傳へ, 判った時, 同じこと, 同じ程度, 同時にその, 同様で, 同様な, 同様の, 報じて, 存じました時, 思い又, 思い性的, 思い込んで, 思う外, 思う時, 思ったらしい, 思ったん, 思ってるん, 思つたから, 思つてるだらう, 思はなければ, 思はれるほど, 思はれるもの, 思われます, 感じたこと, 感じたとき, 感付いた, 断定し, 泣いて, 申されるか, 申しますが, 申す, 申すので, 申すもの, 申す意味, 白状した, 知らずに, 知るや, 考えられて, 考へて, 聞えて, 聞きました, 聞きましたが, 聞きましたので, 聞くが, 聞て, 蒼い顔, 見えその, 見えベリ, 見え自分, 見なければ, 見るが, 見ると, 見るべきだが, 見做, 解釈した, 言う, 言う事, 言えば, 言おうか, 言った, 言ったが, 言った方, 言つた, 言つたのは, 言つても, 言つてもよ, 言つて生れ, 言ひ, 言ひます, 言われて, 記されて

1 [951件 抜粋] あったから, あつちや可哀想, ありもう, あるから, あんたにゃ, いいますからね, いいますが, いいまするか, いい伝えた場所, いい得ると共に, いうかの, いうがの, いうだけで, いうだろう, いうでも, いうなら多分, いうにも, いうべきでありそれ, いうまで, いうんで, いう迄は, いえましょう, いえるであろう, いった, いつても, いはうより, いはれて, いふからには, いふところ, いふべきだらう寺領借入, いふよりは, いやあおれたちふたり, いわなけりゃどっち, いわれる, いわれるだけに, いわれ公儀, いわれ現代, うりに, え, おっしゃったでしょう, おなじよう, おぼしい時間, おもうが, お前さんが, お母さんが, お聞き, きいた, きいては, きくが, きまってそッちの方, くやしく思いました, こういうん, こう思っ, この倉田, この日, さ, しかも人類, しきりに沙汰, したって, したなら, したらあと, したらいま, したらきっと, したらしいが, したらそして, したらどこ, したらアクロポリス, したらパリー, したら一体, したら何ん, したら必ずや, したら松本氏, したら眼, したら若い, したら随分, して, しょんぼり気, しよう, すでに真名古, するなら, する諸, ずたずたに, そう思っ, そう恨み, そう聞いた, それほど早く, ただこの, ただそれだけ, です, どうしてそう早急, なす, なったらあの, なつたら, なりゃくやしく, なるわけ, ひたすら敬服, ほりに, ほり今度, ぼくは, みえまする, みえるな, みえ凝灰石, みえ将門, みえ板輿, みえ軍服, みえ顔, みるみる赧, みんな口惜し, もっぱらの, より外, わかつても, わかり遺書, エンゲルスは, ゴルゴネス三姉妹の, バイブルに, 一応思い込まれ, 一般であった, 世間に, 世間へ, 主張する, 云いたい, 云います, 云います即ち, 云い伝えられ明治以後, 云うが, 云うじゃあねえか, 云うたら云えんこ, 云うては, 云うでも, 云うなら話, 云うもの, 云うよりも, 云う僕, 云う始末, 云う年, 云う心持, 云う恐ろしい, 云う方, 云う日比谷, 云う理由, 云う瞬間, 云う紙片, 云う議論, 云えよう, 云ったが, 云ったに, 云つた処で, 云つてもよ, 云つてよく, 云つて居た, 云はれ, 云ひ, 云ひます, 云ふから刮目し, 云ふんだ, 云へば, 云われた事, 云われる, 云われるが, 云われるこの, 云われる通り, 五郎は, 仄聞する, 仮定した, 仮定せよ, 仰っしゃったな, 仰っしゃるか, 仰有るの, 伝えます, 伝えられるが, 伝えられる三月堂中, 伝えられる限り, 伝へられるだけの, 伝聞した, 似た事, 体裁の, 何だつて今頃, 信じきって, 信じられる節, 信じろと, 信ずべき場合, 信ずべき節, 信ずるその, 信ぜられて, 偽る様, 僕が, 六郎兵衛が, 分るに, 判ったら東京中, 判つた, 判るが, 判断した, 動坂氏は, 十左衛門が, 口を, 史上に, 同じくりっぱ, 同じく風俗, 同じと, 同じな, 同じ効果, 同じ地位, 同じ嫌悪, 同じ心地, 同じ晩, 同じ窓越し, 同じ警告, 同志の, 同時にこちら, 同時に将来, 同時に心, 同時に耳元, 同時に長, 同様いつか機嫌の, 同然である, 告げた, 告げると, 呼んで, 喚きながら, 嘆くが, 噂は, 地駄太踏む, 報告し, 外へ, 大郷信齋の, 学校へ, 届けた, 山で, 平行し, 弟子たちに, 彼は, 往生を, 後に, 後年思つた, 心得キャッ, 思い, 思いこませて, 思いこむと, 思いこんで, 思いは, 思いました, 思いまして, 思いますかね, 思い出すと, 思い私, 思い誤っては, 思うあたり, 思うか, 思うかも, 思うくらいの, 思うこと, 思うそれ, 思うた野, 思うところ, 思うほか, 思うまで, 思うよ, 思う不満, 思う憂慮, 思う隙, 思えなかった人, 思える, 思しめす私, 思ったか, 思っただけ, 思ったに, 思ったら, 思ったらそれっきり, 思ったら目, 思ったろう, 思ったヘリコプター, 思った与吉, 思った憤りと, 思った次, 思った私, 思っての, 思ってるらしいん, 思つ, 思つただけ, 思つたのも, 思つた死骸の, 思つた途端に, 思つてかの, 思つてゐるらし, 思つて不二屋の, 思つて恐ろしく, 思つて欄干の, 思つて行つて觀て, 思はれますし, 思はれるの, 思はれる悲しい, 思はれる成語, 思ひましたそれでも, 思ひますが, 思ひ込んで, 思ふ, 思ふの, 思ふ所, 思へた, 思わしむるものは一つ, 思わないわ, 思わるる球磨川, 思われた, 思われるその, 思われるもの, 思われる太陽, 思われる東北側, 思われる点, 思われる精巧, 思ツて, 思召せ, 思込む, 恰度同じ, 悟って, 想像され, 想像しうる, 想像すべき, 意識する, 感じたらしい, 感じます, 感じる瞬間, 感じ湯浅さん, 感ずる時, 感付き天探, 感違いした, 憶える, 承って, 承はつ, 承りましたが, 推定され, 教えこまれた日本, 教ゆる, 敬服いたし, 断定した, 斯う, 新聞に, 日記に, 昨春田辺へ, 時を, 書くわけ, 機微を, 殘念ながら, 母は, 気がついたか, 気づいたこと, 気づきは, 気の, 江戸中に, 決れば, 浦島子伝の, 海軍省より, 満足する, 玄関から, 甲州から, 申した鉄山, 申しても, 申しますから, 申しまするか, 申し上げるつもり, 申すか, 申すくらい, 申すでは, 申すならいかにも, 申すも, 申す位, 申上げた, 直ぐ分れ, 真しや, 知った, 知ったと, 知ったら彼奴, 知った時, 知っては, 知つてその, 知つて初めて, 知つて誠に, 知らないからの, 知る, 知る故, 知ろうか, 秒を, 称して, 称するこの, 称せられる宋書記載, 窃かに, 笑った, 答えた, 答えること, 絶望し, 考えては, 考えられる, 考えられる場合, 考える, 考えるから, 考えるべき根拠, 考えるより, 考え得た喜び, 考ふる, 考へても, 聞いたつけ, 聞いたらあつし, 聞いた曹操, 聞いちや, 聞えたので, 聞えた平家, 聞えるだけでも, 聞かれたので, 聞き其妻長刀, 聞き恋人, 聞く, 聞く時, 聞知つてゐた, 聽いちや, 肥った腹, 胸を, 自ら白状し, 自負する, 西園寺さんが, 見えその後, 見えつと, 見えますの, 見えるよう, 見える一つ, 見える白檜, 見える研究, 見え一声悲鳴, 見え予, 見え何, 見え刮いた, 見え双方, 見え左かた, 見え星, 見え甲斐, 見え聖者, 見え脇, 見え血, 見え頬, 見せかけて, 見せたの, 見た, 見た与吉, 見ては, 見なされたもの, 見へて, 見ゆ, 見られる結合, 見るべきが, 見るべきであらう, 見るべきであろう, 見るべきもの, 見るほか, 見る理由, 覚しい文章, 覚しく心神喪失, 覚り金儲け, 覺る, 解すべきである, 解する事, 解つたら, 解釈された, 解釈出来る, 言いましたが, 言います, 言うか, 言うて, 言うても, 言うひと, 言う人, 言う考え, 言ったの, 言つたな, 言つた方が, 言つて此の間から, 言ひなさるの, 言ひ出した, 言ふと, 言へば, 言われちゃあ, 言われる無筆, 言わんと, 訊いた時, 記憶し, 訴え出たが, 評して, 話して, 話の, 認めざるを, 語った, 語った程, 誤信する, 説いて, 誰も, 諦めた宝石, 謂ふ, 賞揚一番その後で, 近所の, 錯覚した, 頷けるほど, 首を, 驚くばかり

▼ れたので~ (1933, 2.2%)

114 あつた 45 私は 39 あらう 35 ござります 26 彼は 24 せう 10 ござりましょう 9 それを, 僕は, 彼女は, 急に 8 あらうか, 半七, 私も 6 あつて, それが, わたくしは 5 ござりました, わたしは, 二人は, 口を, 豹一は 4 ござりまする, せうか, その時, 今度は, 彼が, 彼の, 念の, 私が

3 [18件] あらうが, あわてて, さすがに, しようね, そこに, それに, ハッと, 今は, 何の, 余は, 実に困りました, 流石の, 眼を, 私の, 自分の, 自分は, 長三郎は, 驚いて

2 [87件] あらうかと, あらうと, あるならば, あツ, お十夜, きょうは, ここに, これは, これも, こんどは, ござりまし, すぐに, すこししゃくにさわっ, せうが, そこには, そのため, その夜, その後も, ちよつと, ともかくも, どうする, はっと驚い, ひどく二人, びっくりしました, ふたりは, ほっといき, ほつと, わたしの, ウィダーシャイム先生も, 一度ならず, 一時は, 世間の, 二人の, 今なお, 今日の, 今晩は, 他の, 何も, 僕が, 先生に, 先生は, 全く逆上, 再び, 力を, 右の, 吃驚し, 吉次郎は, 吉田さんに, 商人宿の, 坊は, 夜もう一度, 大分後れました, 女は, 婆は, 實に, 平岡も, 彼女が, 後の, 急いで, 我々は, 持って, 文字春は, 文章に, 早速私, 時代ものは, 此の, 此樣も, 残余の, 母親は, 気が, 気病の, 汽車も, 父は, 玄徳は, 王子は, 男は, 私たちは, 聞いて, 自分が, 葉子は, 行って, 誰も, 諭吉は, 買わずに, 頭の, 鬱悶苦痛一時に, 黙って

1 [1277件 抜粋] あいての, あさって, あたりを, あつたら, あなたの, あの辺, あらうから, あらうといふ, あらう乎, ありのまま, ある新聞, あわて, いけなかったの, いささか嚢中, いっそう熱心, いなかじいさんは, いよいよこれから銃後, いよいよまごついた, うれしく思いました, おざりまする, おしくもサケ料理, おぢ, おどろいた忍剣, おれは, お上げ, お兄様, お前は, お昼すぎには, お母さんは, お登久, お蝶, お雪, かくては, かく名づけられた, かれの, がっかりした, きょろッ, くそおもしろく, けっしてふたたび帰っ, こうも, ことに助詞, このフィルム, この一言, この人, この夫婦, この演奏會, この話, これを, これ程の, こん度は, さうい, さつ, しょうねとそのおとこのものがたりにそれまでだまって耳, すかさず, すぐ馬, すずめは, すっかり面くらっ, すなわち卯, すること, せうといふ, せうわたし, せう腰, そういう心持, そこから, そこで大内, そこを, そのお, そのつぐない, そのままに, そのまま二人, そのまま飛び起き急い, そのテーブル, その以来, その儘毒殺, その場, その子, その帰途, その後に, その後釜を, その手紙, その折, その日, その本, その準備, その界隈, その紹介, その翌年上海, その考え, その言葉, その評判, その辱, その間じゅう私は, それから暫く, それぞれの, それで代, それなら他人, それにも, そればかりは, それまで, それ以来相当おとなしく, たいそう機嫌, たつた一人子, ためらいました, だんだんそんな, ちょっと驚きました, ついそのまま出し, つい老い, つかのま彼, とうとう彼, とうとう私, どうかする, どうにもこうにも, どこも, どの作品, どんなこと, なおいっそう, なかろう, なつかしく感じた, ならば, なんとも, にわかに一所, ぬかつたです, のり気に, はござりますまいが, はたと行き詰つた, はっと仰ぐ, ひとつトゥールキン家へ, びっくりし, ふり返る, ぷりぷり怒っ, ほぼ相殺, ぼくは, まことに先王仁慈, まさかと, またこれ, またふと, また思わず, また迷っ, また頭, まだわし自身, みな恐れ, みんなが, もうだれ, もうなんにも見えません, もう廊下, もう私, もござりますまいが, もとより嫁入り前, やうやく, やつと, やはり口, やむをえず無言, やもなく騎西一家, ようやく気がついた, よく守っ, よろよろとして, わしは, わたしも, イヨイヨ大騒ぎに, オヤ, サイラスは, ジェズイット精神にたいする, ズキンズキン痛む, チャラピタを, ドッと, ハシは, ヘツカニガキの, ホッと, ボンは, モウ破れかぶれと, ヤマト, レイノルズの, 一たまり, 一人一人立っ, 一同は, 一席願いました, 一旦は, 一瞬間すこし, 一行七人が, 丁寧に, 七兵衛も, 万一風雨, 三十年三十一年三十二年という, 三藏の, 不可能事だった, 不快に, 世界の, 世間は, 中には, 主人が, 之は, 予は, 争議の, 二つの, 二人とも, 云つていい, 五六間も, 亡入道殿, 京都に関する, 亭主盗み置いた, 人みな初めて, 人間としての, 今では, 今の, 今撲, 今日もつ, 今春木町, 仕方が, 他人からの, 代官松は, 以来甲州武田家に, 仲国は, 伊藤君の, 伯爵も, 伺えなくなったと, 何う, 何となく気, 何と申す, 余りよくも見上げなかった, 俄かに, 俊夫君の, 信長の, 俺らにゃ, 傍の, 傳馬町あたりへ, 僕も, 僧都が, 兄と, 先帝の, 兎に, 全貌は, 兵馬は, 其の稿料, 其より, 其後は, 其爲めに, 冷苞は, 出かけて, 列を, 初枝嬢は, 前に, 勢を, 十一娘は, 千世子は, 千葉県へ, 南さんは, 博士は, 即ち北宋, 原稿投函上の, 参加しなかった, 又ひと, 又強く, 双方の, 取り落としたの, 只もう残念, 吃驚した, 吉五郎は, 同家の, 名音も, 周囲の, 咄嗟に, 唐から, 喜兵衛は, 四十八巻の, 四平街へ, 国許の, 國學者中には, 地上において, 埒外に, 堀部君は, 声一つ立てられず, 多分むずかしい, 多感多血な, 夢中な, 大きな毒矢, 大威張りであった, 大正二年の, 大野川から, 天日で, 太郎は, 契約書は, 女房たちは, 好い気もち, 妻子を, 始めて駄目, 娘の, 嬉しそう, 宗三郎も, 宜しいと, 客席に, 家族を, 家老が, 寄手は, 寒くていかん, 寧子も, 対校試合の, 小坂部も, 小次郎は, 小郷は, 少くも, 少しこの, 少しも, 少し赭, 居酒屋の, 山塞に, 岡先生も, 岸本は, 左右良も, 市郎は, 帰城の, 平生相知る, 年を, 幸いに, 幸か, 幼ない, 店の, 式場の, 強ひ, 当然釜中, 彼を, 往くとも, 待ちかまえて, 後には, 後を, 後伏見院, 御気持, 復一は, 心の, 忍んで, 忠一は, 忽ち大騒ぎ, 怒って, 思ひ出したの, 思わず言葉, 恒夫は, 恥しくも, 恨を, 悲しみの, 惑わされたの, 意味は, 愚者を, 慌てて, 成立しなかった, 我ながら, 或ひ, 戞然と, 手の, 手紙を, 拵えた溜池, 指が, 振返ると, 放二, 故郷の, 文答師に, 断然止め, 新吉が, 新聞の, 旅先から, 日吉は, 日本ラジオ悲観論を, 日本左衛門の, 旧知が, 早速係官, 早速読ん, 映画師らは, 是れ, 時勢に, 暗いなか, 曾我の, 最早之以上追及, 有った, 有ろう白状, 朝までの, 本庄は, 来た大体, 東京の, 東京へは, 松葉攻めの, 柔順なる, 案内する, 横ざまに, 次の, 止むなく永久, 此神州に, 母ねこは, 母上と共に, 氏真も, 気がついた, 永く土地, 決然として, 沖縄の, 法水の, 注意を, 海軍の, 深田君は, 溺れかかった人間, 為方, 無いこと, 無かろう, 無理にも, 熊は, 片膝, 物の, 犬の, 狼狽へて, 玉太郎は, 生きる手段, 由緒ある, 男には, 疑惑は, 登山界にも, 皆から, 目を, 相手が, 県庁の, 眼が, 瞬間誰の, 石井柏亭さんを, 社会主義ツて, 祖母は, 禧子にも, 私達夫婦は, 積藁の, 突然倒れ, 立上って, 第一コーナー, 築地の, 紀久子も, 素早く四辺, 終ひ, 絶えて, 翁も, 老夫婦, 腹が, 自分も, 自然に, 至るところ, 船は, 良人は, 色々な, 芳年の, 若い友達, 苦しまぎれに, 草は, 落第すれ, 葬儀は, 蔡和の, 藤六に, 蛾次郎は, 血の道でも, 行かなければ, 製品の, 見所も, 親族一同, 訊いた者, 読んで, 誰にも, 諭吉に, 警官は, 貞之助は, 買つた囮迄, 赤い腫れぼったい顔, 躊躇せず, 身体も, 轟の, 近子は, 迷惑し, 逃げること, 逃げ出して, 逸見利恭は, 運輸系統や, 道庵は, 遠藤は, 鄂は, 醒まそうと, 金が, 金庫を, 鉄門の, 鏡の, 長テーブル, 門人たちは, 関係は, 阿部さんは, 陳腐に, 階段の, 露国政府では, 青年は, 面白がっ, 鞄も, 頗る不平, 頬でも, 額ぎわの, 顔を, 顔色を, 飾磨屋さんは, 馬は, 駭いた, 驚きと, 鴛泊に, 麦などは

▼ れた~ (1426, 1.6%)

26 のこと 19 のよう 13 には私, の作 12 の事 11 と同じ 9 には, のやう, はもう 8 である, にはもう, に私 7 に, にその, にはその, は私 6 に自分 5 であった, にお, の歌, は実に

4 [13件] がありました, だ, でした, なの, にする, にはすでに, には自分, に初めて, に起る, の, のあの, は何, を求め

3 [24件] お島, お延, この男, です, にこの, にはさすが, にもこの, にも私, にゃあ, に彼, に彼女, の光景, の御歌, の様子, の用心, の私, の笑い, の記憶, の話, の返事, はどう, はまだ, は余り, は少し

2 [74件] おふさ, お定, か, からこの, すぐに, だって親分, でなければ, でもお, にかえって, にかれ, にした, にすぐ, にそこ, にそれ, にな庄屋敷村, にはこの, にはすっかり, にはそれ, にはどう, にはわたし, には全く, には実は, には必ず, には思わず, には本当に, にも, にもその, にも亦, にわたし, に人, に大, に女房, に少し, に猶, に生じる, に聞いた, に限る, のお, のその, のそれ, のまま, の姿, の嬉し, の彼, の心持, の感じ, の有様, の産物, の用意, の痛かっ, の記念, の顔, はあと, はいや, はお, はお寺, はただ, は僕, は原, は彼, は思わず, は絵, は自分自身, は誰, は頭巾, も彼, も父さん, も私, るん, 代助, 御米, 悲しい声, 或る, 白い職服

1 [955件 抜粋] あつしは, ある晩, ある雑誌, いかに感激的荘厳的, いっそきっぱりと, いつもは, いつも十二人, いや僕, いわれた, おそらく貴下, お六婆ア, お抱, かつて経験, かねて, からあいつ, からいたく, からさ, からすでに, からです, からのこと, からもう, からルパン, から世の中, から以後, から俺, から同志小林多喜二, から小, から弥生, から影, から数えれ, から無事, から目, から私, から自分一人, がさうである, がちょうど, が一番得意, が二十歳, が何度, が十三歳, が百済観音, くらい世にも, こそ再, この初期的, この地, この家, この日本語, さ, さすがの, さらにその, すぐオーレーフル油, すぐ其の, すでに苦い, そう思いました, そして片づけ終った, その上, その中, その兵營, その和郎, その大気, その実, その時, その浪士数十人, その編輯者, その表情, その馬絶食自滅, そんな事, たった一つ, たれも, だけ學校苦, だった, だってオレ, だって集まった, だつた, だよ, でありました, であり九本, でございました, でさえ彼女, ですから, でなくては, でもいささか, でもわし, でも念, でも文化, で冷, とうとう欝結, とか天気, とはよく, と二度悲鳴, と同様, と思っ, と殆ど, と空間, と違つて, どうか, どうして反駁, どう云う, どれほど私, どんなにあの, なぞはほんの, なぞ血相, などにもあべこべ, などはいよいよ, などはとても, などは一人, などは些細, などは日本服, などもの探し, など暦表, なんざ二日, なんとも返事, にあ, にあんた, にいっ, にうつ, にお雪ちゃん, にかつがつ, にこう, にこまります, にこんな, にぜひ, にそれ以上, にだけ短い, にでもする, にどんな, になにか, にねあの, にね十八文, にのみ私, にはあれ, にはいろいろ, にはかねて, にはくらくら, にはここ, にはさも, にはすなわち, にはぞつと, にはつよく, にはです, にはどういう, にはびっくり, にはほんとに, にはまるで, にはやはり, にはわざわざ, にはテレ, にはベアトリーチェ, には一体, には一日, には不, には不思議, には事実それ, には人, には他, には何だか, には何時も, には偉大, には判らなかった, には加工貨物, には勝つ, には化学部, には医者, には古い, には吃驚, には吾, には四辺, には国民, には夕焼, には大, には大きな, には女, には子供達, には安座, には室, には常に, には平次, には弗入, には彼等人民, には思わずぞっと, には悪夢, には情なかっ, には教育, には日, には暫く, には曾, には未来, には村, には歌麿, には此, には民族, には流石, には理想, には町, には病気, には直ちに, には矢張り, には租税, には第, には絹子, には自分一人, には落胆, には蓋し, には見返り, には費用, には越前屋, には車内, には長助, には餘, には魂, にまあ, にみる, にもおし, にもずいぶん, にもやはり, にも師匠, にも捜索, にも服喪, にも自分, にも随分, にやはり, にや煙管, にハツ, にボナパルト, に七兵衞, に丈夫そう, に中央銅像局, に亀さん, に二人, に人々, に人麿, に仏陀, に何, に何人, に作者, に個人, に其狂人, に出来た, に創刊, に叫ぶ, に吾, に困る, に天皇, に失敗, に女王蜂, に姨君, に婆, に存外, に完膚, に宮, に尻込み, に居士, に幕府, に幸内, に幾分, に微笑, に怖, に恩, に感ずる, に憤然, に抛棄, に政府, に敬太郎, に於い, に日本, に暴力, に栄, に検視詰所, に次郎左衛門, に死, に比べれ, に気がつい, に気絶, に流れ出した, に無口, に狭, に生産物, に番兵さん, に皇后, に着, に神尾, に私ア胆, に能率, に腰巻, に腹, に落した, に衆議一決, に見ました, に解決, に話, に軽蔑, に迂, に返辞, に通典, に遊び事, に遡つ, に阿蘇都彦, に韓方明, に馬, に鬼, のあなた, のぐっと, のごとく, のにもある, のほか, のまんま, のやや, の一族, の世論, の亜太郎, の人相書, の伯父, の住宅, の作者, の僕, の先生, の力, の動機, の口惜し, の唯, の外, の失望, の姫, の娘, の導従, の幾分, の御, の御製, の心, の心理上, の恐, の悲鳴, の意義, の手紙, の有益, の様, の母, の気, の氣持, の泣き聲, の淋し, の無念, の状態, の痕, の眉毛, の石, の神尾, の紫頭巾, の自分, の艱難, の苦し, の苦痛, の蒼ざめきつた無表情, の行列, の記録, の講演, の辛い, の通規, の遺言, の鉛筆書き, の防備, は, はいつ, はええ, はおれたち, はけ, はこわかっ, はじめてその, はずつと遅れる, はその, はそんな, はつく, はなかつた, はなかなか, はにわかに, はびっくり, はまるで, はわたくし, はタンホイゼル, は一切夢中, は一寸手, は両人, は二三日, は二十五, は五十二歳, は仕方, は何となく, は侠気, は俺ら, は光秀, は全体, は分, は勢至菩薩, は即座, は各, は和武, は四十二歳, は堪へ, は夏, は大門通り一ぱい火, は婦人たち, は導かれた, は小宮山, は少なくとも, は当座, は御, は徳川家, は悪い, は或は, は文三, は日頃, は木綿縞, は母, は決心, は涙, は漕ぎ出された, は物, は生れ, は病体, は目黒, は秋, は素敵, は維新以来, は職, は自殺, は読売記者, は長安, は風, は驚いた, ひどく泣いた, ふとこの, ほど悲しかっ, ほど逆, まず鉄砲, また明, まだ一度, まで一千萬圓, まで些, も, もあの, もう一ぺんよし子, もお伴, もしたたか, もちょうど, もわざと, も之, も人麻呂, も先刻中野さん, も全米, も内心, も冷淡, も女房, も弾まなかった, も慄然, も義雄, も配所, も非常, やっとの, やられたさうで見る影, や其後友人, よりも後, よりも痛く, よりも遙, よりも遥か, をすごし, を思, を想像, 一目見, 乗杉校長, 互に其の, 何と切り出し, 其の一館, 其の刃, 初めて, 又考え, 同じ帯, 名乘つて, 多計代, 大損害, 始めて藤原公正, 実によくかせいだ, 広いので, 御互に, 思ひも, 惹き起こした注意, 投げ出されて, 掻きむしつたん, 新八郎, 早速買っ, 最も巧み, 正枝, 白い岩, 突然ドア, 第一号, 自から, 若い娘, 見つけない一名, 諸門, 赤うなっ, 迄取っ

▼ れたという~ (1329, 1.5%)

83 ことは 53 ことを 50 のは 43 ような 37 ことである 32 ことが 28 のである 24 ことも 22 ことに 19 ことで 17 ことです 15 のも, 話を 14 のです 13 ことだ, 話も 12 わけで, 話が 11 ので, 噂が 10 のが 8 ことであった, のであった, 事実が 7 のか, のだ, わけです, んです, 事実を 6 ことだった, ことであります, わけだ, わけな, 事は, 事を, 噂を 5 のであります, 事が, 事である, 気が, 話だ 4 ことじゃ, ことの, ものだ, ように, わけである, 事実は, 噂だ, 意味に, 感じを, 記事が

3 [16件] ことから, ことその, ことだけを, ことでありました, ことには, 事で, 事も, 事件が, 人は, 伝説が, 意味で, 知らせを, 訳です, 話は, 風で, 風に

2 [48件] ことだけ, ことだけは, ことでございます, ことな, ことにも, ことによって, ことや, ことよりも, のを, ふうで, ものさ, ものじゃ, ものである, ニュースを, 事であった, 事件である, 事実だ, 噂だった, 噂であった, 噂は, 噂も, 報らせ, 報知が, 報道だ, 大きい石碑, 女の, 感じが, 感じだった, 方が, 次第です, 気も, 気分が, 気持に, 点が, 点で, 男である, 結論に, 翌朝自分は, 記事を, 記憶は, 記録が, 訴えが, 評判が, 話で, 話な, 話の, 説も, 風説が

1 [485件] あの挿話, あの暗い, あの話, いい伝え, いかに形式, いわれは, うわさが, うわさを, おそろしい思い, おれが, お伽話は, お方じゃ, お話でした, お話です, かすかな, こと, ことかね, ことさえ, ことさえを, ことじゃが, ことそれも, ことでありましょう, ことでした, こととは, ことなども, ことなどを, ことに対して, ことばかり, ことへの, ことまた, ことらしい, ことをも, こと男も, こと稚い, こと自, こと騒動の, このあまり, この主張位, この唐人, この日, この歴史性, この点, さわぎが, しらせも, すえの, すでに分っ, そうした伝説, そうだ, そのこと, そのたった, その余, その刀, その大きな興奮, その敵, その石, その神地, その話, ためしは, でかでかした, ところは, ところへ, ところを, とったのに, なにがし村の, のかい, のだった, のだったら, のであろう, のでなく, のでなくち, のとは, のなら, のやら, はなしだ, ふうに, ほうが, むかしの, もう一名, もの, ものが, ものであろう, ものよ, ようで, ような思い切った, より根本的, わけか, わけさ, わけじゃ, わけじゃあ, わけだろう, わけであった, わけであろう, わけでした, わけでしたろう, んじゃ, んだ, アイビキの, アカシを, アパアトも, シナ人の, テオリー, ドゥモン要塞への, ニュウスで, ニュウスは, ニュースが, ピラミッド型の, ブルックス教授の, ブロッスの, マリーの, ミイラに, ワケであります, 一つ話も, 一事だけを, 一事に, 一事のみによっても, 一伍仔什を, 一句は, 一挿話が, 一片の, 一種の, 一面が, 上州方面には, 不安が, 不平の, 不幸な, 不意の, 不運の, 中でも, 事, 事から, 事すらも, 事だ, 事だけでも, 事だけは, 事だった, 事です, 事や, 事よりも, 事件であった, 事件に, 事実から, 事実さえ, 事実すら, 事実そのものの, 事実だけを, 事実で, 事実に, 事実については, 事実によって, 事実に対して, 事実に対しては, 事実も, 事実自体は, 事柄の, 二枚の, 二説が, 二階も, 五月の, 京都と, 人が, 人の, 仔細, 以外には, 仮定も, 伊太夫の, 伝説の, 伝説めいた, 伝説も, 伝説を, 何侯爵の, 例が, 例など, 例は, 供御の, 信仰は, 偶然の, 働きぶりを, 先師篤胤が, 八畳の, 兵器を, 具合に, 円みの, 判断も, 別室へ, 前を, 効き目は, 危険は, 口碑と, 古い伝説, 古い家柄, 古い話, 史実を, 史料は, 右の, 名前だけに, 名品と, 嘗なる, 嘘の, 噂ことに, 噂すら, 噂です, 噂では, 噂なぞ, 噂なりし, 噂に, 噂の, 回想は, 因縁話も, 坊さんの, 執念の, 報告が, 報導を, 報知を, 報道が, 場合に, 外特に, 大事件, 大型の, 大杉の, 大通寺の, 失敗にも, 女が, 女どもの, 女にとって, 女の子を, 女性たち, 始末です, 姿の, 子供誘拐に関し, 安心を, 実例が, 実例すら, 実例も, 実証を, 家を, 対地侍策の, 将軍を, 将軍直々の, 尊者の, 小謡, 少年青年には, 居間の, 届け出も, 工合だ, 市ヶ谷刑務所へは, 帝は, 幣帛の, 幼な, 座頭の, 形, 形で, 形であった, 形である, 形にも, 形を, 形跡の, 彼は, 彼女, 後口に, 御報告, 御話, 御霊代は, 微かな, 心細さ, 忠寛の, 念が, 思い出は, 急な, 怨恨も, 恋愛至上主義者の, 恥ずかしさ, 悲しいが, 悲嘆憤慨無念の, 情報が, 情報だった, 情報を, 想いで, 想いと, 想いのみが, 想像を, 意味だ, 意味での, 意外な, 意義で, 意表に, 意見が, 意識が, 感が, 感じとを, 感じは, 感じも, 感を, 憤りに, 憤怒の, 憤怒を, 憾みは, 戻橋, 所にまで, 所を, 手紙が, 手紙を, 抑えがたい, 拙い感じ, 拡声機からは, 挿話も, 推測も, 描写の, 故郷からの, 敵愾心が, 文字どおりに, 文字を, 文晃筆の, 新しい傷, 新しい状態, 新聞記事は, 新聞記事を, 旧衙門, 明日発表される, 昔話の, 時の, 時代であった, 普通の, 書簡を, 書置については, 有名な, 有様であった, 木村という, 杉山博保, 東京駅をも, 松の, 松林の, 株とは, 根も, 様な, 櫛箱なぞを, 次第さ, 次第だ, 次第で, 武蔵の, 歴史の, 歴史附の, 死者の, 殿様は, 民助は, 沖縄以北の, 沙汰は, 沙汰も, 流布が, 消息が, 深田という, 点から, 点であろう, 点に, 点において, 点を, 無類の, 照れ臭さ, 父は, 爽快な, 物語, 物語が, 特色を, 状態が, 猿を, 現象であっ, 理さ, 理由から, 理論の, 生活の, 男は, 男も, 男振りでござった, 番頭正次郎の, 痛ましい事実, 痛快な, 白羽の, 皇子も, 監房の, 知らせが, 知らせであった, 知らせである, 神尾主膳, 秘密を, 程でした, 程にも, 程度でない, 程度の, 空の, 立志伝中の, 笑い話も, 精神的な, 紙その, 結果に, 結果を, 続日本紀, 美人像に, 羞恥キズ物に, 考えより, 考えを, 腹いせとが, 自分である, 自覚, 自覚に, 自負である, 興奮の, 芸談や, 若い女, 苦い経験, 苦い記憶, 葉巻の, 葬式の, 蛾が, 表情で, 表情を, 袋入りの, 被害によって, 見込で, 規模や, 言いヌケ, 言い伝えは, 言葉にも, 言訳を, 記事, 記事に, 記録は, 訳だ, 訳でした, 訳な, 訴えの, 証印の, 証拠が, 証拠は, 証文な, 証言の, 評を, 評判で, 評判でした, 評判は, 評判よ, 話, 話から, 話しも, 話であった, 話に, 話平岡様から, 語は, 説が, 説である, 説とが, 読後感が, 諺は, 警察の, 護法の, 責任を, 返事でしょう, 通信が, 通信を, 通知に, 通知も, 速達が, 過程に, 邏卒が, 采女の, 鈴木さんの, 長さ千間, 長岡佐渡という, 隅田川か, 雄蝶, 霊稲の, 青年の, 非常を, 面長で, 頃には, 順序です, 顔色で, 類の, 風情, 風聞なども, 風説は, 騒ぎです, 騒ぎも, 驚くべきうわさ, 麻痺感に, 黄金メダルの, 黒奴の

▼ れた~ (1316, 1.5%)

234157 です 63 ですか 58 だよ 53 ですよ 47 だから 40 では 37 じゃない 29 だね 27 だが 25 だと, だろう 22 だな, ですね 21 でしょう 18 だそう 17 だぜ, ですが 16 だらう 11 ですって 10 だぞ, ですもの 9 だか, ですから, ですぜ 8 じゃあるまい, じや, だわ 7 じゃ, だろうと 6 じゃありません, だもの, でしょうか 5 だという, でしょうね, ですけれど, ですつて 4 か, だからな, だからなあ, だとさ, ですの 3 じゃねえ, じゃア, ださうですよ, でございますよ, ですからね, ですがね

2 [21件] じゃああるまい, じゃないでしょう, じゃなく, だあ, だからねえ, ださうでそれで, だって, だつて, だとは, だろうか, だろうという, だろうね, だわよ, だア, だワ, だ八五郎, だ言うもん, でござんす, ですかねえ, ですッ, で御座いますか

1 [174件] かと思ってる, さ, じゃあおれ, じゃあからだ, じゃあたまらない, じゃあっし, じゃあない, じゃあないでしょう, じゃあねえ, じゃあね此方, じゃあるめえし, じゃあわたし, じゃあ国民, じゃうまい, じゃから, じゃが, じゃが夕方ごろ, じゃこの, じゃたまるまい, じゃとんだ, じゃと思っとりました, じゃな, じゃないだろう, じゃないです, じゃなかった, じゃなかろう, じゃみんな面, じゃろう, じゃア勝手, じゃミソ, じゃ一升五合, じゃ事実, じゃ今, じゃ仕方, じゃ僕, じゃ全く, じゃ八つ化け仙次, じゃ取返し, じゃ商人, じゃ実際, じゃ少し, じゃ待っ, じゃ成仏, じゃ松五郎立つ瀬, じゃ気持, じゃ江戸一統, じゃ浮ばれねえだろう, じゃ清, じゃ猶, じゃ私, じゃ罰, じゃ蘇鉄, じゃ読み, じゃ露払い, じゃ鰻丼, ぞなもし, だああ, だあいつ, だおいら, だお前, だからね, だがね, だけど, だけれども, だこれここ, ださうだ, ださうです, だしかし, だそいつ, だそうですね, だそれ, だだから, だだが, だった, だったな, だったらどう, だったらグズグズ, だってね, だって母様, だつて言, だで, だとね, だとばかり, だとも, だとよ, だなぞ, だひよつと, だべ, だよう, だらうが, だらうな, だろ, だろうが, だろうとも, だろうな, だろうなどと, だろうよ, だろうネ, だろう何処, だろう君, だオモチャ, だッ, だナ, だ人, だ何しろ, だ呪, だ欺, だ狼, だ金魚, だ面白, だ食われたん, であった, であって, でありましょうのう, でありますが, でございまして, でございましてな, でございましょう, でございます, でございますか, でございますからな, でございますからなあ, でございますがね, でございますって, でございますもの, でしたかしら, でしょ, でしょうがね, でしょうけれど, でしょうその, でしょうねぇ, でしょうねえ, でしょう可, でしょう呼んで, でしょう御馳走さま, ですあの, ですかなあ, ですかね, ですからねえ, ですけど, ですけれども, ですそんな, ですとさ, ですどうして, ですな, ですなあ, ですねえ, ですのよ, ですもん, ですよと, です不当, です女房, です立派, でっしゃろか, でなきや, でなけりゃあ, でなければ, でやしょう, という音, とおんなじ, なあ, ならすぐ, なら今, なら生きちゃ, なら知らぬこと, なら鳥獣, べ, も無理, や, やがな, やったら生かしとけへん, やと, や自分, 違うやろかと

▼ れたやう~ (790, 0.9%)

32 な気 23 な氣, な顏 20 なもの 18 な心持, な気持, に, に思 16 になつ 13 な顔 8 であつ, である 7 な形, に感じた 6 な感じ, な聲 5 な氣持, に思はれる 4 です, なこと, に見える

3 [16件] だ, で, ですね, でも, なお, な心もち, に倒れ, に彼, に思はれ, に感じ, に成つて, に暖かい, に私, に立ち上つた, に見えた, に記憶

2 [49件] だな, でございました, でした, でしたが, でまご, なすばらしい, な一種, な不思議, な事, な声, な寂し, な寂寥, な心, な心地, な感, な感覚, な朝, な気分, な状態, な眼つき, な驚き, にさ, にさつ, にな, になり, にぼんやり, にぽかんと, にも見うけました, に人, に低く, に再び, に勝平, に口, に吃驚, に変, に思つて, に思はれた, に思ふ, に戸, に暴, に椅子, に目, に空虚, に立つ, に見せかけ, に言, に顔, に飛びあがつた, に首

1 [381件] だから, だが, だと, でこんなに, でございましたが, ですか, ですが, ですな, でまごまご, でむつ, で世間, で思想風, で氣味, で氣持ち, で沈黙つて, で矢鱈, で興, で見すぼらしく哀れ, で身体中, で辟易, で長く, で隆吉はし, で首, で黒い, な, なかたち, なぐあいだつた, なすぐ, などうにか, なの, なひけ目, なほつと, なまことに, なみじめ, なめまひ, なもたもた, なもと, なもん, なをの, なイラ, なシヨツク, なロマンチツク, な一廓, な一生, な三軒長屋, な下衆, な不確か, な不自由, な不興, な世界, な事業, な云, な五六軒, な人間, な位置, な低い古い, な侮辱, な偉大, な八五郎, な具合, な凄, な切な, な前途, な卵形, な厭味, な喜三郎, な噂, な器, な堪へ難い, な場面, な変, な大, な大きな, な大河, な姿, な娼家, な安心, な家々, な寂しい, な寂寞, な小, な小さな, な山中, な工合, な平次, な強い, な形跡, な彼, な御, な心持さ, な心持ち, な恐ろしい, な息苦しい, な恰好ぢ, な悲歎, な悲鳴, な憤慨, な所, な手応え, な拍子拔, な断末魔, な日本, な昔, な有様, な期間, な東京, な格好, な気合, な気持ち, な気遅れ, な活き返つた喜び, な淋し, な深い, な烈しい, な爽, な独特, な珍談奇話, な甚, な異邦, な當時, な疵病, な痛, な痛み, な痛痒, な白々し, な眞, な眼, な空虚, な窮屈, な笑, な美人型, な而, な肩, な膨れ上つた顔つき, な自分, な苦しい, な茫, な草吉, な血痕, な角刈, な詞, な調子, な賑やか, な赤い, な躯, な軽い, な道化者, な重, な鋭い, な長い, な間, な静けさ, な非凡, な面持, な頬, な顏附, な香ひと, な馬鹿げた気持, な鮮やか, にあつし, にあと, にあらはれ, にあり, にあわて, にいつ, にうろ, にうん, にお, におとなしく, にかき沈ん, にかすか, にからだぢ, にがばと, にきよろんきよろん, にぐつたりしてゐる, にけた, にこの, にさつき, にじ, にその, にその後, にそんな, にちかごろ, にぢ, にとび, にとまつ, にどぎまぎ, になごん, になびく, になりました, になる, にぴよこんと立上, にぴりツ, にふ, にほつ, にぼう, にまごつき, にみえる, にもう, にも見受けられました, にも錯覚, にゆらゆら, によい, によけい, によろ, にわし, にエクラン, にオド, にガラツ八, にガラン, にキヤン, にゴクク, にジタバタ, にジーツ, にズブ濡れ, にハツ, にパンク, にビクリ, にピクリ, にピストル, にピタリ, にボンヤリ, にポコリ, に一刀, に一同, に一尺, に一所, に一種, に一間, に亂痴氣騷ぎ, に二人, に些, に会葬者, に何, に侍従, に個性, に側, に兩者, に八五郎, に内儀さん, に凝, に刻々, に前庭, に剥きだし, に動かなかつた, に又, に只, に叫ん, に啼きだす, に善人, に喉, に坐つ, に夜店, に大きな, に大概, に子, に子供たち, に室中, に家, に平生, に幾個所, に床几, に強く, に彼女, に從, に心, に思つて物, に思はせた, に思ひます, に思へる, に息苦しい, に息苦しく, に悲嘆, に感じました, に感じる, に感ずるだらう, に我知らず何, に戻, に手, に抜路, に拝せられます, に拵, に推名近江守, に故, に整然, に敷居, に文学, に日頃, に明るい, に晴れ晴れ, に暗, に暫く, に月, に架つて, に止つて, に死ん, に母屋, に水中, に水口, に沈ん, に泣, に激しい, に濡れた, に現, に畳, に疲れ切, に眠, に眠つて, に眺め, に眼, に睨み, に矢庭, に短い, に私自身, に秋子, に空二, に立ちすくんだ, に立ちどまった, に立ち上, に立ち止り, に立ち竦んでしまつた, に立上, に笑, に絲卷, に線路, に考へ, に考へた, に考へます, に聞い, に胡散, に胸, に腹, に自分, に船, に茫として, に草地, に裁判, に見えるでありませう, に見せかけた, に見せかける, に見せる, に見受けられ, に覚え, に解釋, に言葉, に試驗, に起ち, に跣足, に路地, に蹌踉, に躍り, に躍り出す, に躍動, に身, に身体, に道臣, に遙, に重, に釣瓶, に雨戸, に雪, に雪枝, に青く, に頭, に顔中, に飛, に飛び, に飛び出し, に飛び起きた, に飛び込む, に飛上つて帰つて, に飛出し, に飛出しました, に駅, に駈け出さう, に驚いた, に髭ひと, に鳥, に默つて了つた, に黙, に鼻

▼ れたから~ (716, 0.8%)

147 である 34 です 27 だ, であった 10 だった, 私は 9 であろう 8 では 6 であります, でした 5 それを, だろう, であつ, でございます 4 だと, だという, で, なの 3 だを, であろうが, 今日は, 僕は, 起つた事

2 [16件] ああいう, であ, であらう, でありました, であるが, でござる, でしょうか, でも, 一遍に, 仕方が, 天下を, 時が, 最初に, 正直に, 良いが, 行った

1 [349件] あたし夢に, あなたを, あるいは俗語郷語, いいかげんの, いきなり貧乏, いつもなら, いよいよたまらない, うつかり見る, おじさんの, おとなしいは, おれも, お前さんの, お前さんも, お喜び, お父さんそんなら, お玉は, お繩, お菊, お銀様, お雪ちゃんとしては, かえってこれ, かく云, きっと帰っ, ぐらぐらと, こういうほりだし, こう急がし, ここに, こっそり立退き, こっちへ, このごろ暇の, この客, この川, この次, こりゃア女, これからあまり酒, これで, さう, さすがに, しかたなくやろう, しかた無, じゃ, すが, すぐ来, そのまま信じる, その叔父さん, その小父さん, その探求検挙, その旨, その行状, その言いつけ, その記載, その説, その通り, それからは, それが, それきりに, それでいい, それでかたき, それで心ならずも, それで筆, それに, たのむと, たまりません, だったが, だったの, だは, だよ, だろうか, だろうと, だん, ちよいと, ぢゃ, つて叔父さんを, つて大して, つまらぬこと, であったに, であって, であるかも, であるから, であるけれど, であるし, であるで, であるとは, であろう一所黒痣, であろう少年, であろう屋台店, であろう金兵衛, でご, でございまして, でございましょう, ですぜ, ですって, ですよ, でその後, でそれで, でっぷり肥った, で上州, で之, で嘉門, で彼, で御座います, で折, で権九郎, で母, で芸道, で酒, で鳥, といつても, どうか繕っ, どうとか, なにも, なりまだ, なんだ, なんです, はっきりした, ひそかに, ほとんどあと, まあまあ出世, まごついて, また田舎, また議会, まア, まア土居画伯, みんな中世の, もうこの, もう一人, もう破れかぶれ, もう親切, もはやわたし, よんどころなくね, わざと身柄, わしは, カッフェーへは, カンベンし, ガスコインは, ッて, パッタリ畳の, フト見詰め, フランス側は, レザノフの, 一句作って, 一度は, 一時頃まで, 一生懸命に, 丈夫に, 下手人を, 不日猫, 与八は, 世子は, 事情も, 二つの, 二度までも, 今さら何, 今でも, 今なるべく, 今に根, 今まで, 今やめた, 今や透察的学問性, 今兵隊, 今度は, 今日此処で, 今晩は, 今更繰り返す, 仕掛を, 仕方なく遣っ, 仕方なし, 他の, 仰向, 何にも, 何の, 何もかも信ずる, 何処か, 何処へ, 來たんだ, 信じるという, 信二も, 俵藤太と, 先に, 先刻から, 光親卿は, 全然抵抗, 六朝時代今から, 其の鑑識眼, 其惡心の, 出して, 出來, 利潤率の, 前のは, 加藤木下両氏と共に, 劣等の, 参ったの, 取りにでも, 取消す, 受話器を, 口ごもった, 口の, 口惜しがる, 古本で, 可い, 可なり, 台湾じゃ, 同じ状態, 同じ臺地, 吾, 吾郎に, 噂は, 四郎は, 図書への, 堪りません, 堪りません逆, 多分あんた, 多分疋田様, 夢にもあの, 大閉口, 天気には, 夫婦の, 女の, 女中は, 女学校の, 好かつたもの, 妹でござい, 孝謙天皇の, 学校の, 実の, 家じゅうの, 家内を, 屋敷へ, 屋根へ, 屍体の, 山之, 山崎博士を, 巡礼二人は, 已むを, 平右衛門, 引かんに, 引受けて, 彼は, 彼方へ, 待って, 後生成佛, 御岳広前の, 御承知, 御挨拶, 心配しなけれ, 心配御, 必ずしも其處, 怒ったの, 怒るの, 怖気づいた, 恐らく様々, 愛吉まごつい, 手紙を, 押したまでの, 拵えた百枚, 挨拶しよう, 日本よりは, 早晩全滅ならん, 早速一タンガー, 早速通読, 明遍, 是は, 時間までに, 曙村は, 未だ御, 来た, 来たの, 来たので, 来たんで, 来て, 東京で, 東京の, 東京市民は, 桂木は, 桜田義挙の, 構わねえじゃ, 此の, 此処に, 此行幸は, 歩いちゃ, 歴史的に, 残念です, 毒瓦斯で, 氏郷が, 民子は, 民族的宗教の, 民法親族編相続編と, 気に, 江戸の, 法然は, 清き信仰, 父が, 片方の, 犯人が, 留度なく, 癪に, 発生した, 皆の, 直ぐ來, 看護婦にも, 知る人, 知れ, 私から, 私が, 私も, 私共も, 空気は, 繰返して, 義侠心で, 聖光房も, 自ら刎ねかへ, 自分でも, 自分以外に, 自然保育所での, 良いで, 英語の, 薩摩の, 虎之, 行って, 裏切りに, 西湖で, 話して, 認識する, 読者諸君も, 諦めますよ, 諸君の, 買って, 起った事, 起る事, 載せて, 退紅色の, 途方に, 逮捕されまい, 遁げ込みました, 遂に迷宮, 道庵が, 重役は, 野郎は, 間の, 間誤付い, 隣近所の, 雀躍りせん, 革命といふ, 頼まれたなりに, 食ったまで, 飯田の, 香之, 驛員に, 鷲の

▼ れた~ (699, 0.8%)

54 がある 20 のない 16 がない 15 があった 14 があつ 12 があります, である 11 もあった 10 もある 7 になる 5 が無い, であった, を 4 がありました, であらう, では, のある, はありません, は今, もございました, を覚え

3 [17件] があり, さえあった, であろう, でしょう, でも, と思う, と思ふ, になつ, はない, は一度, は前, は無い, は私, は言, もあつ, を思い出し, を知った

2 [44件] かもしれない, が一度, が分る, が可, さえある, だった, だつた, だろう, であるが, であると, でございますから, でございませう, でした, で御座いましょう, と存じます, と金色, なら甚, なん, にし, に就, のあった, の無い, はあるまい, はこれ, はなかっ, はよく, は事実, は明白, は決して, は無く, は直ぐ, は誰, もございます, も一度, も忘れ, をスケッチ, を思い出した, を想, を意味, を知っ, を知らぬ, を記憶, を話した, 少しも

1 [342件] あらゆる困難, ある, およそ十箇条, かと拾八九, からやはり, から察せられ, から推量, から起きた, があっ, があったでしょう, があらう, があるだらう, がお, がございます, がござらぬげ, がそんなに, がつけ加え, がないさうな, がなかつた, がひどく, がよく, がわからなかった, が二つ, が二三度, が二度, が今, が何より, が何度, が其一つ, が分った, が判った, が判らん, が判る, が判明, が圭介, が多い, が始めて, が少から, が度々, が思ひやられる, が書い, が有っ, が有る, が残念, が決して, が無, が特別, が珍, が発覚, が知られる, が私, が耳, が見え, が見える, が解, が誰, が非常, が首肯, さえ名誉, したがって伊勢, じゃと考え, すなわち途中, その情人, だ, だか, だが, だけは事実, だけは嘘, だけをはっきり, だつて, だと, だとばかり, だらう, だろうか, であつ, でありますから, であろうか, であろうな, でこの, でございますが, でせう, でないが, で後, で明, で有る, で柳田君, といい, とて今年十二歳, とです, とどこ, となつ, となる, とのみ思つて, とほとんど全く, と何, と信ずる, と存じまし, と察せられる, と思へ, と想う, と見えます, と関係, なくば, なぞも凡て尤も, などがある, などのない, などは当人, などまさ子, などもう, などもまだ, などを役人, などを晩年, などを見, などを話した, など其, など思ひ合せ, ならば, なれば, なんかただ, なんか一々, なんか夢にも, なんぞありません, なんぞなかっ, にした, にする, にすれ, についてお話, については, については別に, については既に, について品夫さん, になります, にはならぬ, にはなりません, には同情, には幾多, には彼, には相手, には矢庭, には頓着, にひどい, にも思い合される, によって竹千代, によつて, によるの, に対してどう, に対して何, に於い, に気がついた, に気がつかない, に気が付いた, に気づいた, に見え, に起因, のかなし, のない恐ろしい, のなかっ, のなかつた, のよう, の仔細, の外, の如き, の知らせ, は, はあ, はあった, はあります, はありませんでした, はいう, はいづれ, はいふ, はいろ, はさだめし, はしかし, はすぐ, はすべて本当, はそうして, はたび, はとかく, はとく, はなかつた, はねえ, ははっきり, はむしろ, は一回, は一面, は争われぬ, は云う, は他, は令, は何遍, は依然として, は出雲大社, は前述, は前途, は千種十次郎, は原著者托氏, は只今, は多く, は天皇, は実に, は室町, は容易, は少々, は彼ら, は手廻し, は承知, は支店, は既に, は明らか, は有りません, は未だ, は柳田先生, は津田, は滅多に, は無論, は申譯, は色々, は説明, は貴方, は邑落単位, は里, は間違い, ばかりで, まだその, までも吹聴, まで云わなく, もあったろう, もあらう, もあり, もありました, もあります, もありません, もいかに, もかうした, もかくさず, もございまし, もすべて仲働き, もなかっ, もなく, も一つ, も主, も事実, も事實, も判然, も否まれない, も少し, も幾度, も当然, も有っ, も有る, も本, も毎度, も無い, も知らず, も私, も答えられた, も考へられないで, も考へられる, も覚え, も誰か, も載つ, やら, や僕, や叱られた, や病気, ゆるゆる静養, よ, より嬉し, をあたり, をいったん, をいふ, をお, をこ, をここ, をさして, をそのまま, をだ, をだんだん, をなす, をも遺憾, をよく, をハッキリ, を一番先, を不, を不平, を今に, を伝聞, を信じ, を僕たち, を光榮, を公表, を其の, を函館, を叙, を告げたら, を哀しむ, を善照寺, を喜びます, を報じ, を夫, を彼, を御, を忘れた, を念入り, を思い出す, を思い嘆く, を思うた, を思ひ出した, を思出, を悟った, を想い出した, を感じ, を憶, を毎年, を知, を知らない, を知り, を知りました, を示す, を示唆, を私, を考へる, を聞いた, を聞かぬ, を聞かれ, を聴き, を裏書, を見, を言, を証する, を証拠立てる, を話し, を誇っ, を読んだ, を載せた, を附記, 口惜しいと, 少なからず, 忘れは, 覚えてかと, 話されただけを

▼ れた~ (580, 0.7%)

12 知れない 11 どうか 10 して, それは 9 どうかは 8 わかりません, ッ 7 知らないが 6 わからない 5 どうかという, 分らない, 知らぬが, 知れません 4 しれません, それを, 否かは 3 しれん, それが, それも, どうかし, 急に, 知れたもの, 知れなかった

2 [26件] これが, したの, しれなかった, その原因, その点, その理由, その鈴, そんなこと, とおも, わからないの, 人に, 今では, 分らなかった, 分らなかつた, 分らぬ, 分りませんの, 口惜しい世界, 口惜しや, 彼女が, 残念源太男が, 知って, 知らない, 知らないの, 知れないの, 知れぬ, 知れやしない

1 [394件] あつしが, あねえや, ありません, あるいは, あるいはたたき交わされた, あるいはまた政府, あるいはまだ, あるいはむざんに, あるいは六部, あるいは出産後死亡, あるいは単に, あるいは小幡民部, あるいは焚火, あるいは父, あるいは簡単, あるいは自分, あるいは見世物師, あるいは陸, あるとき, いうまでも, いえ, いかなる生活, いかにし, いずれに, え, おかしくなった, おとめの, おぼえて, おれは, お心, お櫓, お雛, かごかき達は, がりがり亡者, きっと訊, げには, こっちは, こと細かに, このやう, この話, この豚飼, これでは, ごろつき仲間にでも, ご存じの, ご存知です, さすがに, さなく, したもの, した赤羅紗, しれない, しれないため, しれないと, しれないの, しれないもの, しれませんわ, しれやしない, じゃ御飯, すっかり忘れ, ず枝, せぬかの, そうでなけれ, そこから, そこに, そこまでは, そしていかに, そして夫, そのいきさつ, そのころ, そのままに, そのまま息, その一端, その不審, その仔細, その場所, その大事, その影, その時代, その本, その行く先, その詮議, その辺お気, その邊, その風聞, それさえ, それとも, それともひ, それとも仁王様, それとも傷, それとも別に, それとも彼等, それとも永い, それとも美しい, それとも羽毛, それとも身, それとも闇, それらの, ただしは, たぬきにでも, たぶん顔見知り, だれも, つかうが, である, であるが, どういう性質, どうかさえ, どうかと, どうかといふ, どうかの, どうかも, どうかを, どうか判りませぬ, どうした, どうしてあの, どうしてもその, どうして眼だま, どうじゃ, どうなった, どうやった, どう処分, どれだけの, どんな人間, どッちか一つ, ないん, なにが, なにしろ唯事, なんの, ねえん, はしらない, はしらないけれど, はためく草, はっきり了知, ばらばらと, ぱっと毛布, ひょいと腰, ぽろりと, またその, またそれ, またどういう, またどっち, またはこうした, またはロウマ, または一人称, または不慮, または他, また何ゆえ, また少年探偵団, まっしぐらに, まるで見, まるで見境いも, まるで見当, めずらしい思い出, もうダメ, もしその, やれやれと, よろこんで, ろうに, わかって, わからないと, わからないという, わからないね, わからない怪しい, わからなかつた, わからぬ, わからんが, わが寺門前, わけが, わしの, ガラツ八も, ナニ奥の, ヘンに, ポッと, ルリ君言わん, ルール関門の, ロウマの, 一と, 一人で, 一切の, 一向判りません, 一応ご, 三成めと, 不思議な, 不思議に, 不明である, 不明という, 与えられた牌, 両隣り, 二つに, 二人の, 人目忍ん, 今日の, 介は, 他の, 以而分らう, 伝説の, 但しは, 何だかそんな, 何の, 何故殺された, 余は, 信長公に, 入道殿には, 全くあて, 全く見, 全く途方, 其処には, 刀と, 分からない, 分かるもの, 分らずに, 分らない其の, 分らぬが, 分らぬよう, 分らんですぞ, 分明でない, 判らぬらしく新撰組, 到底其理由, 前世は, 半日玉ちやんの, 又それ, 又はこれ, 又は外, 又は車外, 又天子, 各, 君は, 否か, 否かの, 否かを, 否やと, 呂宋兵衛が, 周瑜こころよく, 唯一の, 声を, 大きな眼, 大分当りは, 大奥の, 大破の, 夫さえ, 夫さえも, 夫までは, 失ったか, 如何なる戦争, 如何にも気の毒, 存じません, 密書が, 小走りに, 小鼻も, 少しも, 少し傷, 尼ヶ崎山崎あたりまでは, 山浦, 山路を, 岩礁に, 平次の, 平次は, 幹太郎には, 弥惣兵衛は, 当人も, 影も, 彼の, 御存じ, 御府内の, 心配を, 忘れました, 快くお引受け, 恐らく生き, 悪いくも, 我羞か, 或いは負傷, 或は其間, 或は早晩, 或は書かれなかった, 或は誘拐, 抓られたの, 拙者でござる, 拾って, 捕らえられたか, 推測する, 掻かれたか, 換言すれ, 攘夷組に, 救われないか, 数えられたもの, 数へ, 数日前まず, 数知れず, 日吉には, 旧くから, 明らかでない, 明治三十七年四月号の, 是非とも, 暫くは, 曰く伊達捷平の, 木に, 未だ定説, 本名を, 枯草の, 死んで, 殺されたか, 殺されたかに, 殿から, 母屋に, 気が, 気づかなかったの, 江戸の, 洪水や, 流儀は, 烙きつけられた, 無難に, 父上の, 牛盗者か, 玄人で, 生れて, 疑問である, 病んで, 痛々しい傷, 皆目あて, 皆目分らなかった, 眞赤な, 真に都所, 眼もとが, 睨まれたか, 知つ, 知らうと, 知らないけれど, 知らなかった, 知らねえが, 知らん, 知らんが, 知ら車掌さん済み, 知れないが, 知れないと, 知れないので, 知れぬといふ, 知れねえぞ, 知れませんが, 知れませんでした, 知れませんね, 知れませんわ, 知れや, 破かれずに, 確かには, 私は, 義助も, 老師は, 耳でも, 聞いて, 聞いと, 聞合わし, 胸の, 能く判らぬ, 腹を, 自分ながら, 自分には, 自殺した, 自由を, 芳秋蘭, 若しくは自分, 茶絶塩絶きっと, 落着か, 董卓は, 行方不明な, 行方知れず, 見たかったの, 見届けて, 見當, 覚えてるか, 覚えも, 解らぬ, 説明され, 誰が, 誰にも, 誰も, 豊田さんは, 財産の, 貧富の, 路頭に, 返事を, 述べて, 逃げ散ったか, 逼塞を, 道を, 邪慳に, 野盗の, 鍛冶倉は, 関外へ, 闇を, 阿弥陀さまは, 雨戸を, 非常に, 風上に, 首さえも, 驚いた顔, 鼻を

▼ れた~ (488, 0.6%)

74 相違ない 58 違いない 51 しても 36 ちがいない, 違ひない 14 違いありません 13 過ぎない 6 過ぎないの, 違ひありません 4 しては, すぎない, ちがいありません, 無理は, 相違なかっ, 過ぎなかった, 違げえ 3 すぎないの, ちがいなかった, 違いあるまい, 違いなかった

2 [17件] したところが, しろ何, すぎぬもの, ちが, 反して, 就いて, 就いては, 相違ありません, 相違あるまい, 相違なく, 相違は, 過ぎないから, 過ぎぬ, 過ぎぬの, 違い無い, 違げえねえ, 違ひあるまい

1 [120件] かかわらずあなた, かかわらずこの, かかわらずひとり, かかわらず実際, かかわらず後, かかわらず王朝, かかわらず科学者, きまって, きまってるさ, きまって居ます, したところ, した処, してからが, しました処, しろあの, しろその, しろのち, しろわからないこと, しろシムボル, しろ幹事, しろ彼, しろ急ごしらえ, しろ戦災保険, しろ本質的, しろ殺されたの, しろ湖, しろ自然主義, すぎずドストイェフスキー, すぎないもの, すぎないよう, すぎなかった, すぎなかつた, すぎぬ, すぎぬの, せよそれ, せよ又, せよ将, そういない, ちげえ, とどまった, とどまったであろう, ひとしいこと, ひとしい大, ほかならぬ, ほかならぬから, ほかならぬであろう, ほかならぬと, 不思議は, 他ならなかった, 付いて, 付きまして, 代って, 伴藏も, 似て, 反しやはり, 外ならん, 始まったらしい, 始る, 就き僕等, 就て, 就ては, 徴し, 拘はらず演劇そのもの, 拘らずその, 拘らずバルザック, 拘らずファッショ政党, 拘らず休んで, 拘らず新, 止った人口原理, 比較し, 決って, 決つてゐる, 決つて居ます, 決めて, 決められて, 生変り, 由つて思はず, 疑無い, 相違が, 相違ございますまい, 相違ございません, 相違ござらぬ, 相違ござらん, 相違ない血なまぐさい, 相違なし, 相違ね, 相違ねえ, 相違有るまい, 相違無い, 等しいの, 致せ弾, 越すこと, 近いが, 過ぎないが, 過ぎないでは, 過ぎないやう, 過ぎないよう, 過ぎなかったが, 過ぎなかったと, 過ぎなかったの, 過ぎなかったもの, 過ぎなかつた大, 過ぎぬのに, 過ざない, 違あるまい, 違いありますまい, 違いが, 違いございません, 違いなかったであろう, 違いなかろ, 違えねえ, 違えねえが, 違えねえの, 違えねえんで, 違ひ, 違ひございませぬ, 違ひございません, 違ひ無い, 間違ひありません, 附込ん

▼ れたとき~ (482, 0.5%)

8 のこと 4 に, のよう 3 である, にその, にはその, に私, のまま, はすでに, はもう, 着て

2 [22件] お島, から, そのとき, とった蕈, にお, にはこれ, には恐ろしく, に初めて, に彼, に自分, に見物, の, のあの, のやう, の御, の心持, の気, の深い, の用心, は, はどう, はもはや

1 [398件] あらゆる国語, あわて出さないわけ, あんまり古い, あゝといふ, いつも自分一人, いまさらの, いわれた, うるさいひっかかり, うるそう, うろたえたの, えらい土砂降り, おきき, おきみ, おふみ, お惠はか, お美夜ちゃん, かくあらん, かねて借用, からす, からそれ, からとても, から今日, から変る, から始つた定規, から端, かれは, がつい, がとき, が最も, こそその, このこと, このまなざし, このモチーフ, この供給, この幼い, この時, この毛利, この治安警察法, この部屋, さあ桜, さすがに, さすが暢氣者, さる府生, すきとおって, すでにそこ, すでに償われ, すでに音楽的歌謡, そのこと, その人たち, その人選, その出版記念会, その実現, その巧み, その机, その楽譜, その深い, その濡れた, その疼痛, その第, その薄, その行進, その頃, その領地, そんなに可愛い, そんな手紙, そんな激しい, たいてい土, たちまち友情, たった一つ, たった一度, だ, だけ開ける, だった, だってこの, だつた, ちょうど待合室, ちょっとは, つねにその, であった, であろう, でした, でなければ, でまったく, でもこれ, でもそれ, でも老人, で玄関, とどこ, とはちがっ, とよ女, と同じ, と虎, どういう作用, どうしても信じられない, どうでも, どんな珍しい, どんな着物, なし得る第, なぜ叫ばなかった, なぜ返事, など, なども法, なんかあたし息, なんという, なんといっ, にあやうく, にいかなる, にいわれた, にお年, にこの, にこれ, にしかそれ, にすぐ, にそう, にそこ, にそれ, にそんな, にだけだ, にだけ様々, にちょうど, にちら, にできる折れ, にでも青木さん, にどういう, にどうして, にのぶ子, にはあらかじめ, にはうつろう, にはお, にはこう, にはこの, にはさすが, にはすでに, にはそば, にはそれ, にはたぶん, にはできるだけ, にはもう, にはやっ, にはオレ, にはノア, にはハッ, には主として, には之, には僕自身, には全く, には共産党, には反対, には吉田, には味, には困つた, には天下, には妻, には実際そう, には悪い, には我慢, には戦ってる, には把捉者, には数層, には料理茶屋, には書物, には母, には気, には気持, には活溌, には流石, には浩, には無理, には無闇, には病気, には直接, には私, には肝, には舞台, には警察関係, には長, には青々, には題材, にひとり, にふと, にまず, にみずから, にもしも, にもそうした, にもつけ, にもどうせ, にもむろん, にもやはり, にも巳之助, にも彼, にも私, にわれら, にボク, にポケット, にレーリー, に一人, に三度目, に九女八, に人, に付け木, に体, に何, に作阿弥, に使われる, に傷ついた, に先生, に六三郎, に出ない, に厩戸, に吉五郎, に困る, に大事, に大人, に大師, に如何なる, に始め, に安福軒, に家老, に富山, に弱冠, に当り, に当然, に彼女, に明智, に有, に気, に直木氏, に眼, に福地桜痴居士, に稀, に笑っ, に芝居, に落し, に行者, に諸, に貝, に造り, に鍛冶屋, に青池, に飛ん, に馬鈴薯, に鼈四郎, のおん眉, のお里, のきちんと, のほう, のみ到達, のよろこび, のリンドバーグ, の勢い, の匂い, の号外, の嘆き, の姿, の強烈, の悲しかっ, の感じ, の新撰組, の暗, の次第, の気持, の激怒, の特効薬, の産着, の用意, の確信, の紙, の膝, の親子再会, の話, の談, の馬, の駭, はあなたさんたち, はあわれ, はいつ, はお, はおおむね, はこういう, はこの, はさして, はじめて民主的, はその, はそれ, はただ, はちゃんと, はどの, はぶつぶつ, はほんの, はまだ, はやはり, は一応, は丁度, は何時, は俺, は僕, は先づ, は全米図書館人, は兵, は函数, は即ち, は大, は天命, は実際, は左, は御伽噺, は心, は断片的, は旗, は暴力論, は枯れる, は檻, は自分, は血, は見る, は親心, は親爺, は解散, は部屋, は顎骨, ひとしお深く, ひとり日本, ふっとアリョーシャ, ほっと救われた, ほどたっ, ほど三軍, ほんとにすまない, または野心, まだ二十七, もういま, もうすこしで, もう心細, もう日, もこの, もそれ, もまた, もやにはに奴め, もやにわに, も何だか, も句, も周囲, も声, も家老, も小池富美子, も政府, も春長軒, も様々, も言葉づかい, も誰一人金, も諸君, も躊躇, やはり私, よりお, よりも一そう気, よりも大事, よりも子供, よりも激しい, わが数学界, わが物, わざわざ腰, を思う, ゾッとした, 何より自分, 何故みんな漢文調, 全くの, 全責任, 其の歯, 再び都, 初めてそれ, 初めて成立, 初めて立ち上った, 勿論芸術作品, 又般若三藏, 反誦復唱, 同じく執るであろう, 同時代, 少しく冷静, 少しも, 御一身, 御厄介, 必ず握り返す, 思わず, 新しいつれ, 旧塾, 書きつけたの, 最も好色, 最早二十五六年, 本当に心から出す, 本當, 死に先立って, 残る二名, 無くなった, 真蒼, 突然はっ, 諸将, 通った間数, 長忌寸奥麿, 黒い五六機

▼ れたところ~ (473, 0.5%)

13 である, を見る 8 のもの 7 による 6 だ, で 5 で何 4 があった, です 3 がある, であった, でこの, でどう, で僕, のある, のその, もある, をみる

2 [24件] から全然, があり, が多い, だつた, であって, であるが, でそこ, で私, なので, に, にはじめて, に自己, の, のあの, の意識, の条約, の被, へ十人, もあろう, も三十分五十分, も今, も怯んだ, を私, を見れ

1 [332件] からお, からここ, からついつい, からは決して, からマドロス氏, から人, から想像, から或, から来, から来る, から生じた, から考え, から表向き, から読みだした, があります, があるなら, がなかつた, がまるで, が一向, が何, が分れ, が別, が到る, が恥, が氷冠, が見たい, じゃ, じゃない, だけで察しる, だけ紫色, だそう, だった, だったかも, だったので, だったのに, であつ, であと, でありまして, であります, でありもしくは, であり本人, であり歴史的必然, であること, であろう, であろうこと, でいま, でおいそれと, でおれ, でございましょう, でさて, でした由, ですが, ですがな, ですよ, でたいてい, でどこ, でどだいもう, でなに, でなん, では, ではおい, ではさ, ではどう, では全く, では彼, では昔, では火星, でびく, でまかり間違え, でもある, で一向, で一方, で一言, で人間, で今, で今更, で体, で僕一個人, で再び, で別に, で即座, で大した, で大川, で太閤様, で奏任, で実現, で少し, で尻, で帰る, で幕, で床の間, で当時, で御, で思ひ出し, で息, で接伴, で敢, で晩酌, で書斎, で有難がる, で氣, で決して, で津軽藩, で湾, で源氏物語, で男, で知れた, で私達, で第, で縄, で芸術家, で荷風, で見る, で読書, で誰, で踏みとどまっ, で軽捷, で食える, といえ, といわるる, とまったく, ともまれない, とよほど, と少々, などひとつ, など大器, なの, にあの, にある, にいかにも, には, には煙草屋, には白衣, には確か, にも亦, にも現われ, によって見れ, によるも同, によれ, にハッキリ, に一つ, に事情, に二人, に何とも, に僅か, に先生, に写実劇, に十分以上, に単なる, に危険, に坐った, に大, に奉公, に女, に小屋, に彼等, に新, に日坂峠, に歪み, に氏, に現代, に疑い, に白い, に白鳳, に皇室, に磔刑柱, に突然, に立ち暮らし, に端, に群, に脈絡, に落着, に行っ, に親戚, に首相, のまた, のもの以上, のもの等, の上, の不, の不思議, の人類, の人魚, の仆, の例, の侍女達三人, の八ヶ岳, の動物, の南伊太利ブリンデッシ市, の印象, の厚い, の反省, の図面, の壁画, の多い, の大, の太い, の妙氣, の家柄相応, の富士教団, の尾州家, の巨大, の彼ら, の必然, の思想, の政治組織, の文化, の明暗, の某, の次, の死亡率, の民族, の沖縄婦人, の油屋, の浪人等, の特殊, の玄妙, の現代, の環, の疑問, の真, の秘境, の穴, の美しい, の腰掛け, の自然, の自然主義, の英国, の見える, の親友, の詩壇, の赤兎馬, の郡上平八, の部屋, の金銭, の非常, の馬場虎貞, はあっ, はいぶかしい, はいわゆる, はお, はここ, はしっとり, はその, はちょうど, はどこ, はない, はなかっ, はなかつた, はま, はもう, は九千尺, は作物, は全, は前述, は塩山, は多少, は小塚ッ原, は平素, は庁, は広々, は後代, は心, は必ずしも, は意外, は我等, は昔呉竹, は狸, は石, は神殿, は米国, は見る見る, は認める, は随分, は骨, は黒, へいらっしゃい, へは麦, へ女, へ届け, へ戻った, へ持っ, へ来, へ殺到, へ行っ, へ行つて, へ連れこまれた, までたどった, まで出, まで行き着く, もあった, もあったろう, もあつ, もあるでしょう, もここら, もございました, もさっき, もぜんぜん, もどっさり, もない, もなく, や下, や萎けたところ, よりも遙, らしい, をお, をお前, をさすっ, をそっと, をたしかに, をつかまえ, をよく, を以て日本, を以て知られざる, を判断, を奔走, を御, を息, を押し付けた, を掻く, を注視, を物語らせ, を畫, を聞く, を蝮, を見た, を見ます, を読ん, を通っ, を通りました, を道庵さん, 多し

▼ れたその~ (450, 0.5%)

9 時の 5 女の 3 日の, 男は, 顔は, 顔を

2 [27件] ことを, ために, ときの, 夜に, 夜の, 手紙の, 折の, 日に, 日曜が, 時から, 時には, 時は, 時代である, 時計を, 最初の, 特殊な, 當時の, 痛さ, 瞬間から, 瞬間に, 瞬間の, 秋の, 言葉が, 言葉の, 運命を, 部屋の, 頃の

1 [370件] あげくあやまる, あげく河の, あとが, おじい様, おもて, お孝, お蘭, かがり火の, ことが, ことばとともに, こと全体にこそ, ころ駒込の, さきの, され方自身, じゅうや, せいも, そばに, つつましい安心の, とき, とき恐らく, ところに, とほり, ばてれん, ひたぶるな, ほひの, ままで, ものものしさ, やうな, やっこさんが, ような, ように, よろこびを, わかもの, カチューシャという, ソフアには, ソモソモの, ハガキを, ハンカチーフが, ブラウズは, ボオドレエルの, 一つ, 一つな, 一つの, 一区域こそ, 一寸名状し, 一巻の, 一行と, 一行の, 一言は, 一部である, 一部の, 三人の, 三角の, 上に, 上下に, 上段の, 下には, 下手人さえ, 不平不愉快は, 不明が, 不明の, 丘には, 丘子の, 両側の, 中から, 中に, 中堅だ, 事が, 二の腕の, 二枚の, 享樂主義も, 人が, 人であります, 人なら, 人に, 人の, 人は, 人間が, 仕返しに, 令嬢に, 任務を, 余響の, 侍である, 価値を, 侮辱に, 倉の, 倍が, 傷痕でした, 児の, 内の, 内容に, 内藤駿河守の, 冬は, 冷たい石, 刀痕が, 刃を, 刑罰は, 別の, 刹那, 前の, 前方の, 動作を, 勘定書に, 卵を, 古い文明, 古巣における, 古蹟の, 右近将監武元, 名品という, 向ふ, 命を, 喜びの, 噂で, 国葬音曲停止で, 土地の, 土蔵の, 垣根から, 場所で, 場所へ, 塀の, 墓石の, 声が, 声を, 外れから, 夜から, 夜は, 夢に, 大人形は, 大胆不敵な, 大都市から, 太刀, 夫人の, 女, 女は, 女名前が, 女性は, 好意については, 始末が, 姿が, 姿だ, 娘は, 子が, 室は, 家の, 家を, 家康公を, 封書は, 尊い境地, 尊き御, 少し前, 屋根裏部屋は, 島の, 巣の, 巨大なる, 市中は, 席上での, 帰国の, 年が, 年の, 広間の, 弱い子供, 当座は, 当時九カ月あまりに, 径路において, 御勇猛心, 御方の, 心持, 怖しさ, 恐ろしい死骸, 恨みだ, 恨みで, 恨みです, 恰好から, 悲壮な, 情景の, 感想の, 感謝と, 手が, 手であった, 手は, 捨身故にこそ, 数日か, 文句と, 文句は, 文字が, 断面が, 方ども, 方に, 旃陀羅は, 日には, 日までも, 日川村節子さんは, 日記の, 昔住んだ, 時, 時こそは, 時だけ, 時ハッ, 時代の, 時以来幾年と, 時刻に, 時十一の, 時間の, 晩には, 晩先生素裸で, 晩葉子は, 暗がりに, 書類を, 最後の, 有様が, 本には, 松島の, 枝が, 根から, 桶の, 椎の, 業績の, 様子を, 様式, 横顔, 横顔姿まさしく, 機に, 次には, 歌と, 歴史の, 死人の, 死体は, 死骸をば, 気味の, 決意だ, 決議文の, 注文という, 淘汰は, 牢人の, 物凄い廃墟, 狂院に, 王様の, 現場へ, 生活を, 田の, 田舎町が, 男こそは, 界隈は, 畠の, 病人を, 病苦は, 白い封筒, 白い顏, 白骨だ, 眼で, 眼に, 眼を, 眼鼻立ち, 知識を, 短剣の, 石の, 社が, 祖母との, 秘密の, 稽古は, 空地の, 窓が, 第一回, 箱の, 精神を, 精神力のみ, 紅さ, 紙入れを, 紙包を, 結婚の, 結果において, 結果は, 結果斯う, 絵具によ, 羽風にも, 翌年である, 翌日三斎も, 翌日荘厳房律師行勇さまの, 老翁が, 者の, 者らの, 肌は, 肌身は, 股引と, 脚も, 腕は, 腰掛けの, 自分が, 船底の, 芝居小屋に, 花の, 花一つを, 芸者は, 芸術至上主義こそ, 若い婦人, 若者は, 苦諦, 茶の間を, 草木は, 草案は, 葬式の, 薬に, 藁細工の, 處置には, 血しお, 袂を, 規則という, 親船は, 観念的反映の, 觸れ, 言葉は, 訓辞の, 記事を, 訴えを, 話の, 調子で, 證據を, 谷間の, 豊饒の, 貴婦人が, 貴族は, 赫ら顔が, 赭ら顔が, 足で, 足と, 足の, 足を, 跡が, 跡に, 路には, 路上には, 身体に, 車は, 軒窓の, 輪の, 過去の, 道, 道の, 道よりも, 道筋の, 遠謀の, 適切な, 部屋です, 酔っぱらいの, 釈放囚は, 重症者の, 長廊下, 長男井手今, 門を, 階段を, 際だった, 隠れ気を, 雑誌に, 雪枝さんは, 電車に, 靄を, 静かな, 頃近い, 頭ぐちゃっと圧しくだかれ, 頭と, 頭を, 額が, 顔の, 風知草に, 風貌を, 食事の, 馬の, 髪を, 鬱憤を, 黒い塊

▼ れた~ (443, 0.5%)

27 のよう 17 である 10 がある 8 のやう 4 なの, の名, の方 3 であった, であるが, なん, のもの, の心, はその

2 [31件] が, があっ, がありまし, が成長, が盗んだ, だ, だから, だが, でありますから, でした, ですが, ですもの, とはいえ, と人, に, に同情, のほか, の上, の中, の肉, の身元, は, はみんな, は夜, は必ず, またはそれ, もあつ, もある, もあろう, も多い, も相当

1 [289件] お俊, かと思ふ, があつ, があの, がえらく, がお, がこの, がその, がちゃんと, がどうして, がほんとう, がよく, がわるい, がタカ, がホッ, が一人, が三四人, が他, が何と, が俳句, が光明, が切られた, が十両, が厳重, が命がけ, が唯, が大して, が幾人, が弱かっ, が急, が悪人, が抱かれ, が旧, が来, が死んだ, が泣き出す, が源氏, が犬猫, が生き, が絃, が良人, が見る, が逃げたらしい, が這入っ, が非常, この人物, さえある, さえいる, しかいない, じゃありません, その肉, そんなひと, だけしか乗せぬ, だけしか持つ, だけだつた, だけで, だけでもメキシコ, だけな, だそう, だった, だったが, だっている, だと, だとか, つまりこの, であったから, であったが, であったこと, であったと, であった明石夫人, であって, であつ, でありおまけ, であります, であります其故, であるから, でこの, です, ですよ, でせう, でないと, でないという, でなければ, ではなくし, でまた, でもつい, でも感じられた, で一度, で医学博士, で同氏, で変り物, で変り者, で天才肌, で弁舌利口, で弟子, で御, で恐らくは, で慶長八年十一月十六日, で朝廷, とあなた様, とか言, とがあっ, とが住む, としてとどまり, としての女性, となっ, となつ, となる, との結婚, とを想い併せ, とを皆, と一飯, と同様, と向い合っ, と彼, にいつか, にこっち, にとっては随分, になる, にのみその, には妻子, に受取, に對, に恥辱, に違い, に限られ, ね, のかすか, のご, のす, のため, のなか, のみがよく, の一人, の不快, の中二人, の乗物, の亡き, の人助け, の化かされた, の友人, の叫び, の名前, の味, の国, の声, の子, の孫, の孫娘たち, の家, の家族, の寂し, の常, の後庭, の怨霊, の恋, の恨み, の悪口, の感覚, の憤怒, の憤懣, の手, の数, の死骸, の毒, の気息, の淋し, の為, の疵口, の目, の直話, の知らぬ, の罪, の美し, の聲, の腹立たし, の血, の話, の趣, の身体, の身寄り, の身許, の運命, の遺作, の霊, の頭, の顏, の顔, の首, の驚愕, の骨ばった, はあなた, はいなかったろう, はいわれ, はこの, はすぐ, はそこ, はそれ, はたちまち, はだれ, はない, ははかない, はほうぼう, はほか, はまさしく, はまた, はまだ, はよほど, はハッ, は一人, は三歩前, は之, は佐藤, は何, は余りいない, は外, は大きい, は大坪流, は少く, は平家方, は彼女, は息, は悪人, は改めて, は数, は日本, は木, は木像, は楠緒さん, は次, は気の毒, は決して, は湯さめ, は皆貧窮人, は私, は身なり, ばかりが儀来河内, ばかりでなく, ばかりに行かれ, へは自分, また現在, も, もあった, もあったろう, もありうる, もありましょう, もあります, もありません, もいた, もこの, もしばらく, もたくさん, もちょっと, ももうすっかり, も三人, も今, も分らぬ, も少く, も少なく, も幸福, も幾人, も昔, も有る, も殆ど, も芸術家扱い, も許し, も黄海, やあるいは, や講演, らしいもの, をあの, をケイベツ, を一時, を慰安者, を探し, を探す, を搜, を救い起せ, を植込, を犬, を眼, を知っ, を累, を見, 即ち自ら生活, 打ちくだかれつつ, 斬った人, 浚いの, 程あ

▼ れたまま~ (434, 0.5%)

28 になっ 11 であった 10 だった 9 である 4 でいる, になつ 3 だ, でいた, です, のお, の状態, 忘れて

2 [20件] あった, であること, でその, でなお, でまだ, で岸, になった, のそり, のもの, の姿, の形, の扉, の箪笥, 倒れて, 動かなくなって, 暫くは, 死んで, 残って, 立って, 落ちて

1 [310件] あつた, あとずさりに, あの男, あらゆる残虐, ある, いそいで, うなだれて, おっぽ, おとなしく腰, お届け, お通, かつぎこまれて, かの女, くやしそう, ぐるぐるまわっ, ぐるぐる走りまわっ, ぐるっと部屋, こっそりと, こときれて, この小さな離れ島, こびりついて, ころがりだして, こわれくずれ泥だらけ, さも幸福そう, しばらくは, しばらく口, じっとうごかない, じっとし, じっと並ん, じっと運命, すぎて, すなお, そう上らない, その姿, その扉, その日, たおれて, たが, たった一人, たつた一言, だから, だったが, だったの, だつた, だという, ちっとも手, ちょっと途方, ついに白峯, つひに, てんから人間, で, であ, であったから, であったの, であったので, であつ, でありただ, であります, であり二人, であり他, である死骸, でいたこ, でいなさらなけりゃなら, でいました, でいましょう, でくぐり, でぐるぐる, でここ, でごろごろ, でさながら, でした, でしたので, ですから, でそう, でただ, ではそこ, では済まぬ, では策, でほぐれなかった, でほしい, でもちろん, でやはり暫く, でわ, でゐる, で一人, で一太刀, で不自由, で他, で住む, で住職, で使い, で元, で内裏, で土, で女王, で学界, で床, で引ッ, で悄, で悲鳴, で手探り, で掻上げ, で日向ぼっこ, で暮し, で最後, で月光, で梯子段, で死ん, で毎夜, で泥底, で消えた, で玄関先, で示され, で自由, で色んな, で萩野, で誰, で追出される, で逃げ出しました, で鉄骨, で電燈, で青い, で静止, とうに息, となり, ともかく学校, ながながと, なので, なわの, なんだか大きな, なんとも言葉, にある, におどおど, にし, にそこ, にたいした, にたおれ, にとっとと, になってる, になりました, にふらふら, にまた, にまだ, にやにやし, にゆがむ, にヒコホノニニギ, に乾燥, に仲居, に何時の間にか, に動く, に受け取られる, に放棄, に放置, に横, に歌う, に消, に物, に皆, に米友, に自分, に譲っ, に遊ぶ, に首, に鮮血, の, のこういう, のす, のエジプト, のビーカア, の一丁, の両, の両手, の二折本, の井上, の位置, の便箋, の写真, の卓子, の同じ, の品, の奇妙, の女, の巻き奉書, の布団, の廊下, の怪青年, の恥しい, の格好, の棄児, の煮た, の窓, の紺飛白, の茶, の蔓, の表現, の赤裸, の道, の部屋, の銘仙, の鋏, の館, の骨だらけ, の黒い, ひからびた様子, ひとりめざめた, びっしょりと, ぴんと張りきり, ふるい支配階級, へたへたと, ぽろりと, まことにさりげ, また向う, まだなにか言いあっ, まだグウグウ, まだ出来上らない, もうガックリなっ, もう夕方, もう自力, やがてさがりそめた, やがて甲斐, やっぱりすやすや睡っ, やはり地べた, よろよろと, をうけいれろ, を襲用, グルグル巻き, 一寸答え, 両膝, 並んで, 互に心, 倒れた訶和郎, 再びクランク, 冷たい固い石甃, 冷めたい敷石, 冷めて, 凍りついたよう, 動こうとも, 危う気, 取除けられて, 喘いで, 固くしゃちこばっ, 固くなっ, 外れて, 寂しさ, 小さくなっ, 居合せた大勢, 崩れた石垣, 崩れるやう, 帰って, 干からびて, 引きずられて, 怒って, 怪しい姿, 恰も泥人形, 或る, 打棄ら, 抛り置かれて, 押入れから, 振り向いて, 早速にも, 時々取ってつけたよう, 暫くの, 暫く苦し, 暴れ出すよう, 朽ちて, 枯れかかって, 枯れたら枯れたまま, 死にそう, 死んだと, 気まずい口, 泣いて, 浮いて, 湿った草, 焼けて, 燃えて, 物足りなさ, 白い綿, 眠ったか, 眠りつづけて, 破れた暖簾, 立ちすくんで, 竦んで, 終って, 置かれて, 翌る, 考え込んで, 腐って, 苦しんで, 荒れて, 荒れるに, 落ちつく先, 薄眼, 言った, 読まれるしか, 赤い鶏冠, 起き上らうとして, 転がされ下女, 転げ廻る者, 軽々と差上げられ, 輝きながら, 返されず別に, 長く寝, 開かなかった, 離れなくなって, 青い物, 順に場内, 顧みられない風景, 顧みられなくなるよう, 黒くもえ切っ, 黙って

▼ れたそう~ (383, 0.4%)

68 です 57 である 4427 だが, ですが, な 18 ですね 10 であるが 95 だから, でございます 4 だね, であります 3 じゃ, ですから, なが 2 だし, だな, であった, でお, でご, ですな, でその, でもう

1 [53件] して, じゃが, じゃなあ, じゃない, じゃないです, じゃの, だからなあ, だからねえ, だけれど, だけれども, だぞ, だった, だで, だまずい, だよ, だ陸奥守, であったが, であるから, であるし, である新居, でおっかさん, でございますから, でござる, でさぞ, でした, でしょう, ですからね, ですがね, ですよ, でその後, でただ今, で三十年来, で事実, で大, で廊下, で後で, で御, で御座, で手習い, で本当に, で村民, で栄子さん, で毎年六月十五日, で私, で跛足, で部屋, で食事, なそれ, なの, なまア, な様子, に兀頭, に手

▼ れた~ (361, 0.4%)

6 延は 5 父様の 4 姿が 3 ことばを, 園の, 妙は, 孃さんの, 文が, 絹は, 雪は

2 [33件] ほげ, 友達の, 吉の, 君の, 君は, 園より, 園を, 姿は, 島の, 手, 柳は, 武家が, 民の, 父様が, 珊少し, 町の, 皆の, 皆は, 種の, 紋の, 絹, 綱の, 艶の, 茂世の, 葉は, 蓮は, 蝶が, 蝶は, 角が, 銀様は, 静からは, 顔に, 駒は

1 [259件] かくと共に, かたに, かみさんと, かみさんも, かめの, きみの, さよが, さよは, さよ恐怖に, せいが, せいの, たがい, ぢいさん, つさん, つとり, つやさんは, にの子孫, にゃ, ぬしでは, のぶサンの, ひげ, ひら様, もなる, ゆうさんは, わかりでしょうな, 一人と, 一方では, 万という, 久さんと, 久美さんの, 二人の, 京では, 人じゃ, 人の, 人形で, 人達じゃ, 仁である, 今は, 仲間に, 住は, 使者の, 儀式の, 元が, 兄さんの, 兄様が, 兄様は, 先達ほう, 光の, 八重の, 六という, 内輪のみ, 勢は, 勢を, 化の, 化粧で, 化粧の, 北さんと, 北と, 医者様の, 十夜は, 千が, 千代は, 千勢の, 千勢よりは, 千絵様の, 吉さんの, 后であった, 君が, 君さんは, 君さんより, 咲が, 咲さんは, 品が, 品です, 喜代に, 喜美と, 国は, 土産を, 垂髪の, 城を, 城下へ, 城大工棟梁泉田筑後と, 堂の, 夏さんを, 女中お, 女中でござった, 妃, 妙と, 妹さんも, 妻お婆さんの, 妻という, 姿では, 子達が, 孫達も, 安の, 寿が, 小僧という, 小夜であった, 島さんの, 市と, 師匠様が, 帰りだ, 庇にゃ, 店の, 店へ, 廊下先に, 延にとって, 弁当を, 影で, 役人に, 役人や, 役目が, 従兄も, 御籤の, 心から, 心入れの, 心持ちは, 心持で, 怨みだけは, 情けで, 愛は, 房が, 手紙が, 手紙の, 手紙は, 才が, 才と, 才とは, 才に, 政が, 政を, 方様が, 春とは, 春も, 時おや, 時は, 曾與の, 曾與よりは, 杉の, 杉自分を, 村の, 染が, 柳の, 梶は, 榮という, 此の, 此は, 殿様が, 殿様で, 殿様の, 池の, 浜の, 浜は, 浦と, 瀧です, 照を, 照親, 熊さんと, 熊さんの, 熊さんは, 燈明などに, 燕の, 父さまには, 父さまは, 父アさんが, 父様と, 父様に対しても, 父様は, 父様を, 爺ちゃんの, 物思いの, 狩場の, 珊お, 琴だ, 由の, 由良の, 留は, 疑いなど, 登世が, 百合さんは, 百姓たちの, 皆さへ, 皆と, 皿は, 眼です, 祝に, 神さんが, 神さんとは, 神樂の, 秀は, 竹は, 米さんに対して, 米には, 粂の, 粗末な, 糸で, 紋が, 紋だ, 紋とは, 紋は, 経であります, 絹という, 絹の, 綱ありゃ, 綱は, 縫と, 美夜ちゃん, 美野の, 考えと, 肚でも, 能の, 艶だった, 艶では, 艶を, 艶数丁さきで, 艶物語の, 茂與の, 菊さんは, 萬といふ, 藤と, 蘭さんという, 蝶の, 袖の, 角さんが, 角という, 角は, 言葉は, 言葉も, 言葉を, 豐の, 貞さんの, 身が, 近は, 通にだけ, 通の, 酒は, 酒を, 重の, 銀の, 銀様の, 關は, 關を, 露は, 静は, 靜が, 靜は, 頼は, 顔には, 食事の, 館や, 饅頭が, 首を, 駒さんは, 駒といふ, 駒も, 鮒を, 鳥の, 鳥は, 黒さんは

▼ れた~ (354, 0.4%)

8 がある 6 のよう 4 があった, はない 3 だ, だった, である, はなかっ, は誰

2 [19件] が平凡, であるにも, では, で何, と見え, にとつて, に限る, のうち, の一人, の側, の子孫, の数, はそれ, は一つ, は又, は皆, もある, もなかっ, をどこ

1 [279件] あほんの, か, から服装, があつ, がありうる, がいかに, がどれ, がない, が三人, が五ヶ年間, が五十人, が勇者, が厳重, が可哀想, が君主, が四五人, が四人, が多い, が戻っ, が捕縛, が既に, が有, が有する, が枚挙, が海部, が現れました, が私, が稲虫, が総計七名, が脚台, が自分一人, が衆, が裁判所, が雑役, が鬼, こそ災, すらも内部, だから, だがと, だけは明治四年, だッ, だ尤も, であった, であって, であらう, であります, であり麝香, であるが, であると, である何, である小, でございます, でござる, でござる但し, でござれば, でしょう, です, ですからな, ですが, ですよ, でないと, でも, で他, で御利益, で御座る, で或, で約, で青い, といかに, としか見えなかった, として同一, として宗教的苛責, として民族的, として遇, とせん, とは思えない, と両方, と同, と知り, と見える, と言, と髪, どもじゃ, ども以外, などが続出, など総数九百余名, なので, ならば, なら浴衣, にいつ, にこの, にとってちっとも, には, にはみな懐疑的, にはみな懷疑的, には大, には決して, に交わり, に代っ, に内藤忠行, に向かっ, に子供, に對, に聞せた, に艶聞, に逢う, のあの, のいかに, のうめき声, のすべて, のそれ, のなか, のみある, のみがニルヤ, のやう, の上, の不幸, の不快, の例, の全員, の利口, の前, の半数, の口, の名, の呼び寄せられる, の外, の奴婢, の如く, の妻女, の孤独, の家, の家族, の尸, の常, の弁当代, の心, の心持, の悲しい, の悲鳴, の感じ, の感情, の慌ただしい悲し, の手術, の持つ, の毛髪, の気持ち, の泣き, の為事, の肉, の肖像, の行き, の行動, の裔, の話, の資格, の購買力, の身, の身許, の運命, の道, の霊魂, の靈, の顔, の食物, の首, の魂, は, はあらゆる, はありませんでした, はある, はいか, はいない, はいまだかつて, はおおかた, はかならず, はこれから, はすられた, はその, はそれなり, はただ, はとても, はどんなに, はなすべて, はば, はひとり自分, はみな, はみなこれ, はみんな不安, はマリユス, は一々, は一人, は不正者, は二年ぶり三年ぶり, は五日, は仕方, は何人, は何者, は先ず, は初め, は動かなかった, は大半, は妾一人, は孫権, は実は, は客僧, は容易, は寂しい, は小さい, は少, は尚, は居らん, は常に, は幾人, は後ろ向き, は御, は御座いません, は必ず終に, は悪者, は感謝, は教えられた, は殺した, は決して, は河南, は泣顔, は無数, は私, は私一人, は移された, は立っ, は約, は組, は腰, は自分たち人間, は自分一人, は血だらけ, は西口流, は跡, は重軽傷, は随分, は駅売り, へ犬神, また陸上, もあった, もあらう, もありました, もあります, もいくらか, もこれ, もしくはじっさい, もすぐ, もない, も二人, も何十人, も僅か, も四十, も多かっ, も多く, も怨ん, も数, も沢山, も無い, も盜まれ, も自衛的, やあまりに, や領内, よりもむしろ, よりも上位, より外, を介抱, を呼び戻し, を執念, を探した, を犬死, を調べた, を食, 共にあっけ, 少しく服, 餓えた者

▼ れた~ (340, 0.4%)

10 がいい 7 がまし, がよい 65 では 4 がよかっ, である 3 がお, がどんなに, だ, でございます, です, ですが, でも, は

2 [21件] があります, がある, がございました, が増し, が好い, が得策, が御, が良い, が著者, で, であった, でしたが, ですから, に眼, のうち, はどなた, は六尺, は貴君, へ視線, もあつ, を見

1 [231件] があっ, があまりに, があれ, がい, がいま砂地, がえ, がええ, がお前さん, がきく, がど, がどれ, がのちのち, がはるか, がひどく, がふり切る, がまだ, がやや, がよかつ, がよかつた様, がよかん, がよく, がよっぽど, がよほど, がよろし, がよろしい, がよろしかろ, がサクラ, がサバサバ, がドロン, がモナコ公国, が事業上, が五六人, が些, が亡父, が仕合わせ, が伸子, が余ツ, が信じ, が健全, が僕, が助かります, が却って, が反, が可, が四人, が好かっ, が好から, が宜いと, が宜しい, が居り, が幸い, が幾らか, が役人, が得, が悪人, が有, が有利, が未熟者, が本望, が来られない, が母上, が気持がい, が無事, が無難, が現在, が石川さんあなた, が社会, が読者, が負け, が賢明, が起久子様, が遙, が遥か, が適任, が適切, が面白い, が面白から, が馬鹿, が高く, こそいい, こそまことに, じゃ, じゃない, だが, だったし, だったのね, だつた, だと, であったから, であったが, であって, であつ, でありましたが, でありまして, であるから, であるが, であること, であると, である其の, であんまり, でお, でご, ですからね, ですよ, で今度, で今日, で冷泉院, で娘時代, で御座いましょう, で池, で現在, で申し続きましたお, で石田帶刀樣, で私, で色白, で荒物渡世, で身体つき, といふ意味, とおもわれる, として思う, とはあべこべ, と一緒, と危うく, ならば, にあやまる, にお目にかかる, には即金, にも劣る, に對, に居, に理, のお, のおられる, のお家, のこたえ, のはやっと, のはアンマリ成功, のもの, のフィルム, の一枚, の仲間, の側, の博士, の君子, の奴, の婦人, の子供たち, の巡, の形見, の患者, の権利, の由, の眼, の神経, の純粋直観, の肩, の被害者, の車, の頬, はいるでしょう, はおりません, はきっと, はきつ, はご, はすぐ, はそこで, はそれ, はたまらない, はどんな, はなかなか, はなにしろ, はみじめ, はもと, はもはや, は一七二番アンドリュウス方, は例, は兵部卿, は其敵, は多分, は大, は大人しい, は孝明天皇, は容赦, は廊下続き, は従って, は御, は怪訝, は決して, は油蟲, は犬死, は甘, は皇子女, は眞珠色, は真珠色, は至って当然, は血みどろ, は軽い, は輕, は騒げ, ばかりも見当りませぬ, へ向っ, へ寄らない, へ投棄てた, へ目, へ顔, も, もあっ, もあった, もあなたさま, もあまり, もあり, もある, もあろう, もございます, ももうそう, も博奕, も幾分, も恥, も神, も見破った, も身, をあの, を一心に, を未来, を水戸, を申し上げる, を苦しめ, を見た, を見る, を負, 笑えるよう

▼ れたわけ~ (300, 0.3%)

53 では 51 である 37 でも 19 です 1711 ですね 9 なの 7 であるが 5 であった 4 だった, だね, なん 3 じゃない, じゃねえ, だから, だが, でした, ですが, ですな, でない 2 だな, であります, ですか, になる, はいま, を話し

1 [43件] か, がある, が分ります, さ, じゃ, じゃあねえ, じゃあるまい, だけど, だつた, だと, だろう, であったが, であって, でありあなた, であること, であろう, でこうして, でこれ, でこんな, でしたが, でして, ですわ, でつまり, でないから, でないが, でなくこの, でなく此, でもなかつた, で一瞬轉, で多分, で幽霊船, なので, なのね, なら静子さん, にてなにとぞ, のもの, はないでしょう, はなん, はヌリノミ, も柳生流, よ, を告げ, を訊い

▼ れたって~ (280, 0.3%)

8 仕方が 5 いい 3 いいじゃ, いいん, それは, どうにも, 仕様が, 何の

2 [12件] いいから, いいと, いいますぜ, かまや, かまわない, しようがない, それが, 俺の, 君の, 文句は, 構や, 話だ

1 [225件] あたしが, あたしゃどこまでだって, あなたの, あなたを, あんな女, あゝそう, いいとも, いいの, いいわ, いい娘, いうと, いうなあ, いうわけ, いうん, いつでも, いやだ, いやだって, いわないと, うっちゃられたって, うれしいでしょう, えぞ, え評判, おとよ, おどろかずには, おめ, おりませんわかりませんだもの, おれは, お前さんの, お前なんかに, お前なんかの, お前様敵の, かまわずドシドシ, かまわないけれ共, かまわないの, かまわないよう, かまわないわ, かまわねえ, かまわんじゃ, きいたもん, けっして主人, こいつばかりは, こうまで, こと人の, この狭い, こればかり, こわくない, こわくなります, こんなにおそく, こんな愚, しかたが, しかたない, しようがねえ, そう毎年, それでお, それまで, それを, そんな事, たとえ殺された, ちっとも有難い, ちっとも苦しい, ちょっと云, ついに講演, とても答える, どうにもなるこってねえ, どうもやる, どう仕様, どんなこと, どんなに大勢, なんでも, なんと言われた, なんにも起り, ひどく怨ん, べつにわるい, ぼんやりし, みんなうたねえ, むず痒いばかり, もう二度と戦争, もう家, もう茶屋, もしかしたら, やっぱり何, ろくな事, わからないん, わからねえやな, わかりっこない, わけだ, わけでも, わしの, わたしなんざあまっぴらさ, わたしに, わたしは, んだろう, エ顔つきだ, オデッサの, タカが, ドコの, ビクとも, 一々返事, 一時大騒ぎを, 一言も, 不仕合わせ, 不足は, 云うもの, 云われついで, 人な, 人に, 今いった, 仕方あ, 仕方ない, 仕様ねえ, 他殺だ, 仲間が, 何でも, 何とも思, 何とハア, 何をよ, 何んとも, 俺には, 俺にゃ, 俺アやっぱり, 分りませんよ, 分りも, 刈らせるこっちゃない, 別れは, 危いだろう, 危険は, 却って私, 口で, 可い, 可いんだ, 命に, 困りゃしないわ, 大ぼやきした, 大抵の, 好いん, 好い心持, 始末書を, 安心された, 少しも, 居て, 帰るの, 平気だ, 弁解の, 引受けるもん, 当り籤の, 後追い, 怒るが, 怖くなんか, 怖くも, 恐れること, 恥じゃ, 恨みっこなし, 悲観する, 憎みつづけて, 成仏出来っこありません, 我慢します, 手柄にも, 承合助かる, 損だ, 敵を, 文句の, 文句のね, 本当の, 本質が, 来やしない勝手, 来るこっちゃ, 柔順に, 格別気にも, 構いは, 構うもの, 構やせん, 構わない, 構わないが, 構わないじゃ, 構わぬどうせ, 歌を, 歴々と, 残った九本, 殴られること, 決してあれ, 決して喜ばない, 泣いてるだ湯場稼ぎ, 泣きっつら, 泣きねいり, 泣く奴, 浮気を, 淋しがらず, 満足し, 災難を, 男の, 疑わしいこと, 痛か, 痛くはなし, 目を, 知らないよ, 破れた恋, 私は, 答えろと, 算盤ゴザへ, 素晴らしいん, 結局白人の, 罪は, 腹が, 腹も, 自分は, 芸術は, 観世物に, 触れて, 言いますよ, 言うの, 言えないよう, 言ったの, 話お, 話を, 誰が, 議員などに, 足りやしねえから, 逢われるわけ, 醜い事, 関, 離れないつもり, 露いささか, 馬鹿に, 驚きやしないが, 高え

▼ れた~ (273, 0.3%)

5 に, のこと 4 であった 3 である, ですから, でなければ, なの

2 [18件] がザワザワ, だったから, で私, なので, にこの, にその, にでも生命, になっ, に母, に自分, のもの, のやう, の出来事, はこの, は当然, も瑠璃子, も男, 忘れて

1 [211件] から起き, さらにまた, さらに田, じれ始めた, そっと千代子, その改築, だ, だけにこの, だった, だつたので, だと, だんだんあせりはじめました, であ, であり地下, であるから, であるが, であろうから, でその, でただ, でどうしても, でなくては, での落ちつき拂つた態度, ではのみなれた, ではローマ, では将門, では手許, では折々そっと, でもただ, でもなほ, でも迎, でわざわざ, で何より, で天国, で夫人, で始めて, で婆さん, で後妻, で新しい, で有った, で材料, で検視, で父母, で納屋, で見る, で逃げ去る, で逸走, で鋳掛屋さん, で長柄, ということ, というもの, といつた, とうとうチユウヤ, とうとう鬼, と成っ, どうしたら, にあ, にあすこ, においてのみ発見, にかけ, にこそ誠に, にさらに, にたちまち, にたった, になお, になん, にはさっそく, にはすべて, には今, には其の, には威神力, には弱い, には彼, には後者, にもその, にもキリスト, にやっと, により, にわたし, にデモンストレーション, に亡命, に備前, に労働運動無効論, に勝蔵, に同一, に咲子, に唯ゆくりなく, に土地, に存在, に小田原, に当たる, に彼, に彼ら, に故郷, に未来, に榛軒, に残つた男達, に浪人取締り, に生れた, に生命, に男, に発現, に皿, に社会主義的思想, に空間的モンタージュ, に紂王, に自分自身, に至っ, に草稿, に角, に起こる, に車, に頬, のまア, のよう, のハリス, のレベル, の万事, の事, の変容, の夫人, の姿, の婦人, の庭, の庭先, の彼女, の心持, の快, の慘澹, の手当, の文学界, の模様, の歯ざわりの心, の消息, の清い, の物, の状態, の疲れた, の肉, の記念, の追憶, の離屋, の頃, の顔, の養生, の體裁, はある, はいちばい, はひっそり, はわれ, は一層, は何, は円福寺, は前日, は女給勤め, は木下様, は源家嫡々, は生産物, は男子, は私, は義務, は自然, は草木, は血, は財界, は賃機織つて一人, は非常, ひきとられて, へ何心, へ貴女, またし, まではニセモノ, も, もこの, もそのまま, もひとりあと, も乳人, も何ら, も其処, も叡山大塔, も呼ばれない, も土民, も地方, も宮城, も彼, も苦し, も関係, やがて李, やっと高座, ゆっくり面会, ようやく春一, らしい, らしいから, をうけ, を承け, を襲わん, パッと, 丁度初夏, 又す, 大旦那様, 太い角柱, 始まったの, 広い扇状地, 御菩提, 或はその, 更に二人, 澄みわたった空, 突然年, 立ち上ったロシア, 第二, 遂に斎藤氏, 重て

▼ れたこの~ (265, 0.3%)

4 種の 3 家の 2 一場の, 人は, 場の, 太子堂の, 宿の, 屋根の, 巨匠の, 幼稚な, 時期に, 自画像の

1 [238件] あたたかい友情, おとめの, ことに対しては, たっぷりと, ぬしの, ひと, ような, ナロードニキーの, バッハでさえも, パンフレットは, ビルからも, ベビー, 一事を, 一人の, 一団は, 一巻の, 一席は, 一篇の, 三尊法来迎の, 三巻の, 上も, 世界で, 乗越は, 事件の, 事件は, 事實が, 二つの, 二十七の, 二百メートル平方ほどの, 二篇の, 五郎次の, 人にも, 人生哲学が, 人買いの, 人間学は, 人間生活を, 今様グレートヘンが, 仏蘭西の, 仕事だ, 仕事は, 仲間の, 何でも, 作品での, 作品は, 価格は, 俺だ, 像への, 冬集った, 冷静な, 分じゃ, 区切られた地上, 単純の, 原子の, 双手を, 同伴者作家の, 呉の, 命に, 命を, 商人も, 問答の, 問題は, 善い点, 四幕物は, 国々の, 国では, 国の, 国際的な, 土地の, 地帯では, 地方で, 地方の, 壁です, 壮烈な, 大事件, 大自然, 大衆は, 大陸にも, 大陸の, 女, 女の, 女は, 奴隷根性を, 始末な, 姿を, 威儀は, 子どもは, 子供は, 学問, 宗教に, 宮内が, 家に, 家は, 小冠者も, 小柄な, 小船に, 小著が, 小説は, 小説を, 少年の, 少年太子の, 島国に, 巨大な, 巨大船は, 布政坊の, 常套な, 平民社は, 年ごろの, 幼児の, 幼児を, 広い土地, 広告を, 広間は, 廃墟の, 待ち遠しさ, 怪物は, 悲劇の, 戦争の, 扇状の, 政局の, 散文精神という, 数千里の, 文句は, 文楽の, 文章に, 新時代, 方向の, 方程式の, 日から, 日の, 明治怪盗の, 明瞭な, 時の, 書き溜めに, 書の, 書物も, 書類を, 本が, 本は, 村へ, 東北救済振興の, 核分裂現象の, 楽器が, 槍手一隊は, 樹に対して, 機會に, 歌であった, 歌に, 武生の, 残留の, 洋館は, 深みの, 火を, 災難も, 無慙な, 物に, 物理学者の, 物語も, 狂人いじみた, 独自の, 王位は, 理論を, 甚五衛門を, 生活, 用心堅固な, 用意は, 男を, 町が, 町の, 町は, 町を, 異様な, 疑問に, 病院ほど, 痩せこけた子供, 白紙であるであらう, 目の, 石も, 石柱の, 石河岸の, 石膏の, 砂地が, 社会は, 神秘楽団の, 私が, 私だ, 私の, 秘図を, 立錐の, 答が, 統帥権独立も, 置洋燈が, 美しいおきさきだった, 美しい室, 老婆は, 自分自身だろう, 自叙伝の, 自斎, 自転車は, 船の, 若い日本, 若者こそ, 草の, 街は, 裂目が, 見解ほど, 解釈学が, 解釈学乃至, 言葉が, 言葉で, 論文によって, 谷底の, 農場を, 辺りの, 辺一帯の, 近代型の, 遊戯が, 選択の, 部屋にも, 部屋の, 都会に, 都市の, 都市は, 酒は, 醜女の, 重き職責, 重大な, 金は, 靠れ壁, 頃では, 領域に関して, 頽廃的な, 首な, 駿馬は, 驚歎すべき, 鬼仏洞の, 黒い筒, 黙契の, STOPは

▼ れたといふ~ (265, 0.3%)

13 ことは, のは 11 ことを 10 ことである 8 ことが 7 ことだ, やうな 5 のか, のも, やうに 4 ことです, ことに, のです, 噂は 3 ことだけ, ことで, ので, のである, 事は 2 ことであります, ぢや, 事が, 事だ, 事実は, 人は, 樣な, 話は, 飛報が

1 [132件] お前の, お歌であります, お皆さん, かたちである, こと, ことから, ことこの, ことさ, ことそれから, ことでありまし, ことなども, ことにか, ことにな, ことに対し, ことまた, ことまで, ことも, ことよりも, ことをば, その大木, のだ, のであり, のでした, のに, ものだ, ものです, もんだらう, よりむしろ彼, より他, わけだらう, わけで, わけです, わけは, バツの, ヤミ屋は, 一羽の, 下著を, 主人の, 事から, 事で, 事に, 事の, 事も, 事を, 事件が, 事件而もがや, 事位しか, 事実自体は, 事實に, 事柄の, 五月人形を, 人の, 今までの, 何んの, 例など, 共通の, 口碑は, 同じ幼年, 同じ特徴, 唐衣に, 噂が, 噂も, 報に, 場合に, 場合には, 奉答の, 奥州, 女傑の, 奴とは, 小さな災難, 小説に, 形も, 後鳥羽院の, 御事情, 急の, 悔いも, 意見が, 感じで, 感嘆に, 我等の, 手紙で, 手紙を, 拡声機からは, 文章が, 方が, 昔の, 時大國主の, 有様で, 様に, 歌が, 気分の, 激怒で, 煽情的な, 理由による, 白羽の, 知らせです, 知らせを, 私は, 程だ, 簡単な, 経緯には, 美々津港にな, 自覚を, 表向きの, 見やう, 見込みで, 覺え, 記録が, 訳だ, 訴へが, 評判が, 話が, 話で, 話なら, 話も, 話を, 語が, 證據には, 證據は, 贋金事件第, 門前町の, 閲歴を, 雄鷄, 難有, 雪隱を, 面妖な, 額の, 風に, 養老館の, 首筋の, 馬の, 騷ぎぢやありませんか

▼ れた~ (256, 0.3%)

8 の声 4 だ, の人 3 の児, の姿, の手, の顔

2 [22件] が妻, が死に際, だと, である, でなくし, ではなくし, というもの, なん, のよう, のアパート, の体, の唇, の影, の死骸, の着衣, の身元, の身許, はこの, はただ, は好き, は灯影, は親子

1 [184件] およそ問題, から賞讃, があった, があつ, があります, がいる, がどう, がヒサ, が一人ぎりで, が万一, が事件, が二人, が口惜, が君たち, が唖, が報酬, が奇妙, が寝ましょう, が寝ませう, が平岡, が来た, が淫売, が突, が菊園, が踏み蹴られ, が際どい, が高, じゃねえ, だけに別に, だったが, だったの, だもの, であったそう, であらう, であります, であること, です, ですからね, ですぞ, ですよ, でもあるまい, で女郎, という言葉, としてその, としての彼女, としての自分, としてぼく, との心持, との醜, と子供, と平岡, と認め, などである, などの間, なの, ならば, になっ, になる, にも消極的, に一人, に生い立たしめよう, のある, のそば, のため, のほほ笑み, のマスク二つ, のリエ, の一生, の下駄, の不思議, の人たち, の仕返し, の兄さん, の凄惨い, の刺げき, の友, の名, の噂, の嬌態, の学校, の尻, の屍体, の常套語, の幽霊, の心理, の恨み, の悲し, の情夫, の憤り, の憤怒, の技術, の掌, の方, の昔ながら, の横顔, の死, の死顔, の生首, の画家, の真価, の真実, の真白, の着物, の聲, の脚, の腕, の血, の袖口, の被布, の裸像, の解剖, の身, の身の上, の身体, の身元不明, の運命, の銀杏返し, の頭髪, の風俗, の髪, の髪の毛一本, は, はある, はいったい, はうつった, はかはつた生活様式, はここ, はそして, はたしかに, はちょい, はどう, はどうして, はどうもまあ, はどこ, はほか, はみんな仰天, はもって, はやはり, はニッコリ, はフレウ, はペンダア君, はローソク, は両手, は久しから, は二三間馳, は二人, は井戸, は何事, は女王, は客, は早く, は村, は皆んな綺麗, は私, は答える, は胸, は自分, は起き上がる, は踉ろ, は面, ばかりが特に, へ金, もある, もいる, も手活, も長, や子供, や男, よ, をあと, をどこ, をのせ, をミツキイ, を妻, を尊敬, を描い, を斬り倒し, を留置場, を眺めたかった, を美, を自分, を黙っ, 思われたのみ, 起き上がると

▼ れた~ (256, 0.3%)

5 が, です 4 のよう 3 である, の方, はその, はそれ

2 [15件] があった, が行く, が談, だ, だが, であった, であるが, ですぜ, というの, のこと, の心, の所有品, の顔, は, も同じ

1 [200件] あり, かあるいは, かまたは, から突然, がある, がいる, がうまく, がうるさ, がここ, がございます, がしばしば, がしょんぼり, がその, がぞっと, がまた, が一ツ, が不動火界呪, が今朝, が何時の間にか, が出獄後, が出雲守, が大勢, が大村氏, が失望, が密夫, が屡, が挑発者, が時計売場, が来た, が死, が気, が犯人, が猿轡, が真っ先, が稲村, が穀物庫, が言った, が負傷, が迎え, が道鏡, が食慾, じゃない, その加害者, だから, だった, だよ, だ其様, であったが, であるか, でした, ですか, ですが, ですつて, でその, でそれ一人, で芳, と, という, ときく, としての醜名, として心中, との縁組み, とは思われない, と云う, と先夜一緒, と先斯, と同体, と女, と睨む, など人生, なの, なん, に深い, に齒向, のあと, のうしろ姿, のからだ, のそば, のつもり, のむり, の上衣, の中, の仲間, の児, の執念, の声, の外貌, の大きな, の妹, の屍骸, の年齢, の店員, の影, の心持, の怨恨, の惡戯, の態度, の懐中, の手, の断末魔, の死に顔, の無念, の父, の片腕, の眼, の腕, の興奮, の言, の記録, の跡, の身もと, の身許, の醜態, の面, の靴, の首, の駈け出す, の骸骨, はあれ, はお, はおおげさ, はかう, はじつに, はそれきり, はそれっきり, はちよ, はつつけん, はどう, はどこ, はなんと, はの泣こう, はぶりぶり, はみょうに, はもじもじ, はやがて, はやっと, はやはり, はよろめき, はギロ, はツカツカ, はニヤニヤ, はハッ, はヨロヨロ, は一体, は一歩, は三年前, は不思議, は二本, は五十五六, は円顔, は冷えた, は勿論, は四十面相, は外套, は如心形, は急所, は息, は懐, は既に, は日, は易者, は昨日, は晴着, は服装, は横様, は止め, は気, は無言, は真青, は礼, は私, は竜, は膝, は自ら, は苦笑とき, は血, は近寄, は顧盻つて較, は驚き, ほどミジメ, もあの, もその, もまた, もやはり, も外, やけんか, やゼフィリーン夫人, や火葬場, を一寸, を介抱, を冷やか, を取りまい, を左右, を引立てた, を捨て, を私達, を蒼白く, を見つけ出す, ネあれ, 見たところ柔和

▼ れたかと~ (249, 0.3%)

44 思うと 14 思ふと 7 いうと 5 いえば 4 いふと, 云ふと, 思うほど, 思えば, 思って 3 おもうと, 云ふこ, 思うよう, 見ると

2 [15件] いうに, いふに, なれば, 云う事, 云ふ, 存じて, 思うばかり, 思ったほど, 思つた, 思つたのだらう, 思ふ位, 思われるよう, 案じて, 見るま, 訊くと

1 [117件] あっさり砕け, いうごとき点, おっしゃるか, おもうとき, お噂, お尋ね致す, お気づきに, きかれたから, きくと, ぎょっとした, その姿, その節, はっきりした, びっくりした, まあ想像, 一旦は, 一時は, 云うこと, 云う疑い, 云えば, 云へば, 人間の, 哀はれ, 喜び, 喜びながら, 宋諜報部長に, 尋ねさした, 尋ねたら, 尋ねるから, 弟は, 心得ドッ, 心配で, 思いました, 思いまして, 思い矢代, 思う, 思ううち, 思うくらい, 思うくるり, 思うこと, 思うたよ, 思うて, 思うとき, 思うほどの, 思う人, 思う口惜し, 思う濡れたよう, 思える病人ら, 思ったあいだ, 思ったから, 思ったが, 思ったら, 思ったら結果, 思ったん, 思った刹那, 思つたのに, 思はれるふし, 思はれる頃, 思ひながら, 思ひましたよ, 思ひ出しては, 思ふとこつちで面, 思ふやう, 思へば, 思わず瞼, 思わるる昔, 思われた, 思われましたが, 思われます, 思われる, 思われるだけ, 思われるところ, 思われるの, 思われるほど, 思われるや, 思われる兵隊, 思われる頃, 悲しまずに, 想ふ, 想像する, 想像せられる, 感じた, 感じたから, 感ぜられる, 推する, 此処に, 毎日案じる, 申しますと, 申しますに, 疑ぐる, 疑われる, 考えて, 考えると, 考へて, 聞いたら彼, 聞いて, 聞くと, 蒼ざめて爪を, 見えたが, 見えたせつな, 見えた刹那, 見えた途端, 見えましたが, 見えるや, 見える死骸, 見て, 見れば, 観念した, 言うの, 言う事, 言ふ, 訊いた, 訊ねると, 豹一は, 通行人は, 驚いた, 鮮麗に

▼ れたのに~ (234, 0.3%)

9 違いない 8 ちがいない 5 相違ない 4 不思議は, 對し, 気が, 過ぎないの 3 違いなかった

2 [12件] いつもながら, このよう, しかし名人, そうで, それも, モースが, 割が, 彼女は, 意外にも, 意外や, 腹を, 過ぎない

1 [169件] あきれた男, あとの, いささか面, いったい公卿, いつか他殺説を, いとも好もしく, いま和田氏御, うっかりし, お前が, かえって不安, がぜん事件, きくも, こちらが, さうし, さかさ, さっさとさる, さても, しかしいつも, しかしわれら, しかし当の, しかし捜し捜し訪れ, しかし退屈男, ずうと, そっくりだ, そのお, そのとき気, そのままじっとたたずみ, その予想, その後フランス軍は, その日中, その柔, その母性愛, その浄願寺角, その燈火, その私, その自分, その記念, その間に, それからふたたびごろりと, それらしい, そんなみずくさい, ただ手を, たった一人, たつた一つ残つて, だが名人, だが結果, ちが, ちょっと変, つねに周到綿密, つれて, どうした, どうしてなかなか容易, どうして今, どうして死なねえ, どうも様子, なぜかれ, なんとも大笑い, ひんやりと, ふいと, ぽつりと, またまたしゃくい, まだこの, もうひとり, もう九十, もう血液, ゃあ弱った, よく助かった, わかい藤井先生, フランスの, 一向そんな, 三人は, 主水, 主治医として, 久慈は, 二円五十銭ずつ, 亭主らしい, 今度は, 何と孔丘, 何の, 何も, 何思った, 僅か一ヶ月, 元気づい, 到頭亡くなられる, 努力によって, 労賃だけが, 勇氣つけられ, 南さんは, 原因し, 厭気が, 又抑留, 反して, 反し五カ条, 名人の, 変り者と, 大騒ぎを, 奇怪にも, 安心し, 家の, 小判の, 少しおちつい, 少しの, 少しも, 居合は, 幸田露伴博士の, 弁解を, 当惑し, 彼が, 彼の, 彼は, 彼等は, 徴し, 忘れて, 意外な, 感激した, 憤慨し, 我国は, 據る, 文学作品として, 旦那と, 有頂天に, 案外にも, 次いでは, 正門を, 母は, 比して, 気を, 気附いた, 氣が, 済みません, 無理も, 狩尾博士は, 猶旧, 留守の, 番五郎の, 番太の, 疑いな, 目の, 直ぐに, 直人は, 相違なく, 眼を, 祖母は, 突然小西行長, 竜造寺家末流という, 端を, 級中から, 綺麗さっぱり, 肝腎な, 若侍, 被害者の, 親分が, 足跡は, 近いもの, 近い威力, 過ぎないと, 過ぎないという, 過ぎなかつた, 過ぎません, 違いありません, 違えねえ, 違ひございませぬ, 違ひなかつた, 雲の, 駆け向かった先, 駕籠の, 駭い, 驚きの, 黙って

▼ れた~ (233, 0.3%)

15 になっ 12 だった, である 11 であった, です 8 だ, でした 7 になった 6 となっ 5 であつ 3 だったが, で

2 [11件] だが, だつた, でしたが, でただ, で暫く, で進物, となった, なの, になつて, になりました, の放つ

1 [110件] ある物, があら, がなんとなく, だけに添う, だったから, だったので, だつたが, だつたな, だつたよ, であったが, であらはれた, であります, であるが, である酔い, であろう, でいちおう, でいる, でぎょ, でしかも, でしか存在, ですね, でそこ, でそして, でそれでも, でちょっと, でつかっ, でな, でのインテリゲンツィア性, での実感, ではなく, でまだ, でもあろう, でわれわれ, でゐた, でキョトン, でスッカリ断念, でバーネット, で一体, で一同, で一群, で一週間, で下野勢, で今, で其前, で出, で前者, で包蔵, で北村君, で千代乃, で受け, で各自, で吉見, で圧迫感, で夫, で妙, で愛用, で採録, で暫らく元, で木下, で此處, で源吉, で珍, で現われ, で相手, で省三, で石井, で示され, で私, で立ちすくんだ, で終っ, で腰, で落ちつき, で藍, で虚, で表現, で裏, で誰一人声, で賀茂真淵, で非, とあっ, としてです, として教学主義, となり, と似, と思ふべき, においてすべて, において観察, になつ, になり, になる, にまで徹底, にもなっ, に於い, に決つて, のやう, のよい, の又八, の現今, の藤吉, の詩, ばかりの土饅頭, や場, をとっ, をとつ, をとらざる, をとり, を一部分, を有った, を示した, を見せ

▼ れた~ (218, 0.2%)

5 にその 43 はその 2 かけら半分, この重傷, でこれ, でなければ, に叱られ, に長い, は是非, は金輪際, を無造作

1 [188件] あの病身ぢ, うんと儲か, かう血汐, からは向後, からは手入れ, からは用心, からは男子, からは私ア縄, からは覚えた, からは貴公, からは開い, この大きな土産空魔艦, この岡, これから根岸, さあ近所, さんざんの, した, そこでついに, その惡事, その手続き, その胸, たつた今, でああ, であろうが, でいずれ, でその, でそれ, でだ, でなお, でなくては, でのこと, での処置, での決断, での結論, での行動, ではじめて, でもし, でヘザーレッグ, で二つ, で彼等, で御召馬, で放逐, で最後, で生命, で罪科, で考え, で見る, で警察署, で質, で返し, で追い返す, にあべこべ, にお, にこちら, にこの, にこんど, にこんな, にさ, につい, になお, にふ, にまさか, にも尚, にも欺, によい, によけい, にドン, に一, に万一, に三万円, に世間, に両足, に二人, に二本松, に五年生全体, に人殺し, に仇, に今, に何一つ, に先廻り, に入, に前後左右, に前身, に勝手, に又, に口, に各, に同人, に喉, に嚇され, に多少, に夜なべ仕事, に大将, に娘, に小屋, に弥次馬, に彼, に戦, に截, に所々焼けこげ, に手強く, に打たれ, に断られ, に日本橋, に昏倒, に更に, に更に又, に横倒し, に気絶, に永劫悪人, に泥塗れ, に清澄, に溺れた, に片一方, に生中, に男, に監獄部屋, に目籠, に稲吉, に窓, に美作, に舟, に船酔い気味, に荒天続き, に落伍, に誰, に追いかける, に退校, に酒, に錫紙, に額, に風, に馬鹿, ねんごろ, のご, のもの, の思想, は, はお, はおいそれと, はかね, はこれ, はその他, はそれ, はできるだけ, はと急, はどうも, はなはだみじめ, はまず, はまた, は一層, は一応, は一日, は久しく, は久松家, は何故, は余儀ない, は出奔, は口, は夫人, は我, は矢張り親分, は致方, は貴方, へこの, また半日, また多額, やがてその, やがて単行本, よろよろと, をなほ遲, を更に, を滴り落ちる, を祭壇, 一寸横浜, 世に顏向け, 又六, 古び切つて, 快よく, 思いがけない酒肴, 愛する確信, 探して, 更に法廷, 死んだ者, 触るるも, 謝って, 遂にお, 非人頭

▼ れたため~ (216, 0.2%)

6 である 5 だと 4 しがない, にその, に私 3 であった, ではない 2 か作る, であらう, でしょう, でもある, でもあろう, にひどく, に彼, に心, に現代, に自分

1 [167件] か, かえってその, かお転婆, かであろう, かはっきり, からの影響, かテキスト, か今年, か内気, か土, か市民達, か懇談, か文學者, か流れ, か焼物, か私, か角, くたびれて, この名前, ごく僅かの, さらにつのっ, しがないん, しがなかった, しがなくダゲナ・アッタサウナ, したがって挿入, しなく愛し, しもなかつた, じゃ, その人格, その備え, だ, だった, だったか, だったが, だという, だとか, ついに人, ついに包みきれずし, つごう二十二発, であつ, であるから, であると, であろう, であろうという, でしょうから, です, ではある, ではないだろう, でもあった, でもあるまい, で他, で本来, で浦舟, といった方, とうとう股野, なん, にあまり, にあんなに, にいささか, にぐったり, にここ, にこの, にそう, にその後数代, にそれ, にそれら, にたいへん, についに, にどれ, にはにかむで, にまえ, にもう, にもちろん, にアンジョーラ, にジュッド氏, にムッ, にムツ, に一時巫道, に一種, に一途, に一部, に上田, に之, に人, に停っ, に偶然, に其機運, に冷泉院, に初めて, に叔父, に古来史家, に君江, に地, に坂, に変, に夜, に大金, に太陽系中, に夭死, に姿, に婦人会, に客観的, に宮内, に小麦, に局, に年々洪水, に幾度, に弱った, に強欲, に当人, に彼ら, に復讐, に心臓痲痺, に怖, に持分, に損所, に新, に日本, に最, に東, に柳田平治, に死んだ, に死亡率, に比類, に気, に満足, に生じた, に生ずる, に甲, に盗賊, に知識, に竟, に紙面, に絞首, に繰込むべく, に習い覚える, に腹部, に自我, に蒙る, に藤田さん, に藻, に見苦しい, に貴重, に起きた, に車夫, に辛うじて, に遂に, に錆, に長い, に門, に開いた, に難, に雨水, に非常, の義心一片, ひどい汗, ほとんど死, またひそか, もありました, もある, もうちよ, よ, 又, 大騒動, 悪い胃, 描き改めたと, 起ったもの

▼ れた人間~ (216, 0.2%)

118 のよう 4 なの, の詩 3 といふ感じ, のやう

2 [18件] がその, が見たい, であった, である, であるが, ですよ, という感じ, のごとく, の一生, の像, の労働, の定型, の心, の死骸, の肉体, はおそらく, は敵, も尠

1 [147件] かも知れない, が, がありゃ, がある, がい, がいる, がどれ, がふと, がやっと, がヒョットコ, が二十年, が人, が半, が口笛, が圧迫, が多少, が最後, が正道, が永遠, が町, が痛, が神, が自ら, が自然, が荒縄, が誰, だが, だった, だつたの, だと, だとは, だよ, だわ, だ角力取, であると, であれ, でで, ではなく, でもある, とし, としての正し, としては月心院内, とその, と大地, と牛, などもやはり, ならば, にある, にすぎません, になり, になれ, にはどうしても, にはどうにも, には正直, に救, のみに在る, のもの, のチャンピオン, の中, の人相, の典型, の口, の可聴範囲, の可能性, の同意, の唯一, の声, の存在, の審美, の小指一本, の形態, の思惟, の思索及欲望, の悲鳴, の感覚器, の手足, の手首, の指紋, の描写, の文章, の本質, の桎梏, の業蹟, の死体, の水中ダンス, の犯すべからざる, の生, の生活, の白骨, の相場, の粕, の耳朶, の肉, の肢態, の背丈, の膏, の芝居がかり, の血, の行動, の表情, の身体, の逞し, の道徳的意志, の野獣性, の間, の間にあっ, の頭, の食い残されだ, の食べた, の骨, の高い, はいったい, はさっさと, はその, はついに, はてれる, はみんな本船, は一種知覚, は今日, は何, は反対, は土地, は夜, は愚痴ります, は男, は皆, は皆同程度, は解るだらう, は誰, ばかりが集っ, ばかりはわし, への尊敬, への理解, ほど微妙, もよく, も在った, も血漿, も近代, も随分, も隨分, や封建, をさまざま, をのせた, を切り刻もう, を創造, を見る, を見送る

▼ れた場合~ (200, 0.2%)

4 にはその, のよう 3 が多い, である, のこと

2 [13件] だと, において交換者, にそれ, には, には人, には私, にまた, に他, の印象, の外, の気まず, はそこ, を指す

1 [157件] あるいは背かれた, があっ, があった, があり, がある, が之, が多, が多かっ, が最も, が甚だ, が稀有, すなわちどうしても, そういうもの, そしてその, その事情, その人間, その価値批判, その利益, だ, であろう, でも決して, でも浦粕校, として愛らしい, とちがっ, とでは全然, とを比較, と不健康, と其, と同じ, と貨幣価値, なお何等, にいっそう, においてさえ語られざる, においては労働, においては土地, においても吟味, において労賃, にこの, にこれ, にすぎぬ, について調べた, につき最も, にはあれ, にはい, にはいつ, にはおそらく, にはこの, にはこれ, にはすべて, にはそう, にはそれ, にはた, にはたとい, にはちよ, にはどう, にはよく, にはより, にはナニ偶然算盤, にはミネ, には剖, には原子バクダン, には同じく, には委細承知, には川路, には常に, には感じ, には敵討, には特に, には眼, には警察, には逃げ道, には道徳的, には酸性, にもまたは, にも少し, にも怖畏, にも持ち出され, にも言い訳, にクラム, に不快, に与える, に之, に初めて, に大衆, に妥当, に安い, に寧ろ, に寧子, に将兵, に小林, に市民, に或いは, に換言, に於, に於ける, に決して, に痛い, に自分, に軍, に返辞, に過ぎない, に限っ, に騰貴, の, のみが芸術, のやう, のスローガン尊王攘夷, の一つ, の利不利, の同額, の困惑, の多かっ, の弾薬, の形, の心理的効果, の我々, の或, の有る, の用意, の窮状, の視, の評論, の鏑木さん, の閣下, はその, はだから, はなん時, は之, は他, は例外, は別, は敵, は殆, は番人, は鍋, まずその, もあった, もあったろう, もある, もない, もはや本来, や自分, よりもさらに一層, よりも狼狽, を想像, を想定, を慮っ, を指し, を除き, 先ず今日, 其の芸術, 少くとも, 愈々明らか, 果してかく, 歪んだ世界, 若し真犯人, 飛んでも

▼ れた~ (183, 0.2%)

22 な気 6 な気持 53 である, なもの, な心持

2 [15件] であつ, です, ないや, な声, な姿, な形, な感, な気合, な表情, な顔, にも聞えた, に感じた, に残り, に立ち上っ, に見える

1 [111件] だった, だと, であった, であったが, であるが, でいい, でした, でしたね, ですが, で少し, で彼, で止め, で自分, なおだやか, なこと, なだしぬかれた気持, なつまらない, なガーン, な不快, な云うに, な体, な凄, な又, な叫声, な哀れ, な堅い, な壁画, な変, な女, な婦人, な急激, な悲喜劇, な感じ, な新しき, な明, な様子, な気軽, な法官, な火夫, な物, な白痴, な皆, な目つき, な自分, な若者, な話, な話しなの, な赤児, な連珠, な重い, な風, な高原, な鹽梅, におしだまっ, にかくれました, にさえ思えます, にさっき, にし, にそこ, にだるい, になっ, にはっと, にぼんやり, にハッキリ, にヒラッ, に下, に五六歩窓側, に使われる, に全, に動き, に千世子, に声, に夫, に心, に思い切っ, に思つたの, に思はず, に思はれまし, に思ふ, に急, に感じる, に慄然, に手, に振りっかえった, に柔, に浮ん, に消えた, に滑らかそう, に玄関, に異様, に祝詞, に立ちあがっ, に立ち上, に立ち上がった, に立ち止った, に腹, に蝦蟆, に行, に見えた, に説い, に躍り, に身, に響い, に頭, に顫たん, に鶯, をし, を作, を思う, を考える, を見

▼ れた~ (181, 0.2%)

5 の夕方 4 にゃあ

2 [13件] であった, であつ, である, には, にはせっかく, には衣紋竿, には飛んだ, にゃア, にゃ取返し, のこと, のその, の光, の朝

1 [146件] から, からいつも, から一週間目, から全, から六日目, から宇喜多一族, から長崎波止場, があつ, がです, が来た, そして三千子, だったが, だったの, でも自分, で息づまる, ということ, とし, としてあらわれ, との消印, と時刻, と月, など義雄, なんか忘れ, にぁ, にぁ生命, にお, になっ, にはあと, にはお前, にはかなわない, にはこっち, にはこと, にはその間, にはそれ, にはただ, にはたまりません, にはたまるまい, にはちよい, にはとても, にはまったく, にはやりきれない, にはよしや, にはコチトラ, には一族, には世間, には先祖, には劇, には医者, には千代子, には困る, には多少, には大事, には大変, には女, には如何なる, には子供, には彼, には恥, には意地, には我々, には料理場, には日本中, には残る, には殿方, には気, には熊, には甚だ, には病人, には直接, には眼, には節季, には納まり, には耐ら, には自分, には良心的, には見物人, には足もと, にも奇妙, にも立花先生, にゃあっし, にゃ二人, にゃ亭主, にゃ何, にゃ十手捕縄, にゃ大変, にゃ御難, にゃ愛想, にゃ手前, にゃ敵, にゃ町方一統, にゃ第, にゃ道庵, にやたまりません, にや今頃, にや僕, にや壽命, にや江戸, にや江戸中, にや無事, にや皆んな膽, にや米, にア大変, に不意, に孟丙, に家, に弟, に当地, に成立, に至る, に調印, に警視庁, に限っ, に髮長姫, のお, のちょうど, のまま, の傷心, の光り, の初め, の前日, の午後, の夕刻, の彼女, の御, の御子, の枕もと, の模様, の灯火, の眼, の翌々日, の苦悩, の西, はありませんでした, はちょうど, は何, は晝頃, は着, までは殺人, もあった, もそれぞれ, もはや今後, もまた, よりその, をくっ, をもっ, を思え

▼ れたかの~ (179, 0.2%)

86 ように 13 ような 7 やうに, 如くに 6 ようだった 5 観が 3 女の 2 問題に, 感が, 様に

1 [46件] ごとき扉, ごとく, ごとくあッ, ごとくその, ごとく思われます, ごとく愁然, ごとく憤りこの, ごとく眼, ごとく考えながら, ごとく首, どっちか, やうな, ようである, ような錆びてる, よう痛く, インスピレーションを, 事件, 事情を, 兜が, 問題も, 女は, 女らの, 如きその, 如き愁ひで, 如き感じ, 如くしん, 如くま, 如くメス, 如く前もって, 如く又, 如く声, 如く愕, 如く手の物, 孟徳新書を, 実朝公, 市川小団次すらも, 形跡が, 思が, 感を, 戦勝者意識を, 有名な, 経路に, 装ひ, 記念を, 野狐禅的悟りに, 革命と

▼ れた時代~ (168, 0.2%)

8 であった 6 もあった 5 があった 4 である 3 にあっ 2 であつ, であります, でその, ではない, ならば, に私

1 [130件] あの時代, からの親しい, から有名, から松園氏, から謎, があり, がたしかに, がもし, が之, が二十年, が出, が即ち, が嘗て, が大, が已に, が我々, が時代, が最も, が浅, が相応, が私, が過去, だった, だつた, だと, で, であったが, であったの, でありました, でありますが, であるが, であると, である斯, でさ, でさえこんな, でさえもまだ, でしたから, です, ではなく, でも学力, で井筒屋, で教会, で日本, で聖武天皇, で鞍馬, といかに, と見られ, と重なっ, なの, においては皇室, において人柱, において課役, におけるがまま, における作った, にこの, にはおそらく, にはもう, には今, には政治, には既に, には確か, には芸術, にもあの, にもすでに, にもなお, に往々, に故人, に於, に生き, に生きる, に私たち, に起った, の, のある, のこと, のもの, のよう, のアイヌ, のニウトン祭, の一つ, の事情, の作り話, の作物, の分る, の合理観, の名残, の夫, の字書, の実生活, の心境, の悪夢, の推移, の文章, の日本, の智慧, の次, の社会的環境, の空気, の終り, の要求, の錆, の順, の馬場下, はこれ, はどう, はない, はもう, は一度, は大分海外交通, は更に, は正平, は紀年的, は絶無, は過ぎた, は遠く, は隋唐, は餘程はつ, または地方, もあります, も大抵相距, やその, や由緒, よりも後, よりも繋辭, をこの, を気, を経, を考えれ, を見る, を説明

▼ れたほど~ (166, 0.2%)

16 だった 14 である 12 であった 11 です 3 だから, であつ 2 だつた, であったが, であるから, でした, で御, 彼女は

1 [95件] あって, いまや彼, おいなりさんは, この場, この日, この花, これが, さまざまな, さまざまの, しばしば狂癲, そこの, その形, その時其処, その時其處, その美し, それは, だ, だったから, だったと, だったので, だつたさうです, であったから, であります, であり従って, でことさら, でございます, でしたが, でしたがって, ですが, でなかなか, でまるで, でやがて, で一年間見事, で日本, で沿道人民, で茶の間, なの, なので, なら相当, な大, な愛し, な画人, はじめ大, むしろそれ, もてはやされること, カールは, 不可思議奇態を, 人々の, 他殺説の, 例の, 傍目も, 勢力の, 同じよう, 嬉しいオヤ, 居周りの, 巧者に, 幽かに, 心は, 悚然と, 悲しい気持ち, 愉快で, 愕り, 感情的だった, 感覚を, 感銘の, 文明の, 既に自己, 早かった, 時人に, 暗らい怖, 最近の, 有名な, 柔らかいもの, 校風も, 棘, 沖合遠く, 派手な, 澤山ゐた, 激しい震動, 熱して, 眉目すぐれた, 美しい白拍子, 若い武人, 蒼ざめて唇には, 諸方に, 豪奢な, 豪華な, 身体に, 迅速かつ, 鋭い痛み, 非常に, 面白かった, 頭の, 顔は, 鬼作左の

▼ れただけ~ (165, 0.2%)

20 では 9 あって 6 だった, であった, である 4 でした 3 あつて, だ, ならば, なん 2 であって, でありまして, でしか, です, でそれ, でもう, で別に, で大した, なの

1 [84件] あります, あるぜ, ここを, それだけその, だからね, だが, だったが, だったろうか, だつた, だと, だまえから, だよ, だろうと, で, であったし, でありこんなに, であり従って, であるが, であるに, であんな, でお, でおれ, でお婆さん, でかなり, できょう, でこう, でございます, ですが, ですけど, ですよ, です一方, でその, でそれでも, でぞっと, でたいした, でだまって, でてめえ, でなお, でなく教室全体, でべつに, でまだ, でまる, でやがて, でアムンセン, で世界, で中絶, で主人, で事, で二人, で他, で何一つ, で何等, で俺, で健康, で反対, で各々, で本当はずっと, で殆, で父親, で犬, で璽, で田端, で相手, で私, で絶望, で義母, で賊, で銃殺, で鎮まり返った空家, で雷撃的, で鳩, で鴨, ならよい, なんで, 一そう層たまらなく, 一頭も, 両方に, 又首, 嬉しさ, 生活を, 眼下の, 葉子から, 記憶する, 間もなく新婚

▼ れたとは~ (163, 0.2%)

5 いうものの 4 言えない, 言へ 2 いえない, さすがに, 信ぜない, 思って, 言いながら, 言や

1 [138件] あのお方, いいながら, いい条, いえあの, いえず苦笑い, いえそれ, いえないと, いえないよう, いえなかったよう, いえません, いえわれら, いえ一八一六年, いえ主人, いえ乱心, いえ以前, いえ会桑, いえ前, いえ少から, いえ昨日, いえ祖母, いえ足, いわば泥棒, きっとこんな, このこと, この手紙, これは, こんなこと, ご存じない, さすがの, その時, そりゃま, とにかく思われない, どういうん, どうした, どうしても信じたくない, どうしても信じる, どうしても思う, どうしても考えられない, どうしても論理, ほとんど想像, まだ知らない, まったく怖, むろん北山, もうびっくり, ゆめにも, よくよく武道, われながら, エ不注意過ぎました, 不審の, 不穏当である, 云いながら, 云いません, 云い難い, 云うもの, 云うものの, 云え, 云えすぐ, 云えない, 云えません, 云え自分, 云え英国, 云われない, 云われないかも, 云われません, 何という, 何といふ, 信じられないのよ, 信じられなかった, 信ぜられない, 信ぜられない必ずや, 全く一大事, 別様の, 到底考えられない, 到底考え得ない, 到底考へられない, 受取れない, 在所へ, 夢にも思いませんでした, 奇縁奇縁, 実に意外, 尋常の, 御家人喜六も, 思いません, 思いませんでした, 思いませんでしたが, 思いも, 思ったが, 思ってない, 思はない, 思はなかつた, 思はれぬの, 思へないくら, 思へない節, 思わない, 思わないが, 思われない, 思われないなぞと, 思われぬ, 思われぬが, 思われません, 思われる報告, 想像も, 本当です, 正に当世, 毛頭考えず, 毛頭考へ, 気の毒に, 申し難い, 眞に, 知らず伊兵衛, 知らず己惚れも, 知らない, 知らないから, 知らないで, 知らなかつた, 知らぬ蟹, 知るよし, 納得できなかった, 縁起が, 考えて, 考えられない, 考えられない即ち, 考えられませんから, 考えられませんからね, 考えること, 聞きながらも, 言い条この, 言い条町方勤めの, 言うけれど, 言えこれ, 言えないが, 言えなかった, 言え柏, 言って, 言つた, 限らない, 驚いたな, 鬼に

▼ れた~ (160, 0.2%)

3 の, の友人, は, は何

2 [13件] の作品, の女, の感情, の態度, の気分, の頭脳, の顔, はこの, はもう, は家, は自分, も呪った, れの

1 [122件] あるいは堂上, が九十, が命, が心, が運命, が酒, にし, にはちょっと, には相手, に抑制, のお, のこと, のまわり, の一つ, の両手, の乳棒, の了休禅坊, の伸びやか, の作, の全身, の利器, の右手, の咒語, の商魂, の地窖, の奸悪さ, の姿, の婦人, の室, の家, の屍, の年取った, の弟デック, の強靭, の復讐, の意見, の意識, の感じ, の感慨, の手法, の持ち, の旅行馬車, の時間, の本質, の柩, の民俗絵巻, の激情, の父, の理性, の生, の生気, の生涯, の男, の眼, の眼光, の細君, の耳, の若若しい, の苦悶, の荒い, の衣服, の複雑, の貧乏, の趣味, の身体, の農民, の述懐, の陳述, の霊, の頭腦, の顔つき, の顔附, の風俗, の高橋鳳雲, の魂, はすっかり, はその, はただ, はなほ, はぼんやり, はわざわざ, は一目, は一種異様, は三年位, は中年, は二つ, は人参, は今, は今日, は全然, は公園, は再び, は凡て, は夢, は好, は好き, は姉, は屡々, は幸い, は復, は怒つ, は我が国, は既に, は早起き, は木谷, は目, は眩暈, は眼, は私, は聴覚, は自制, は苦痛, は衣食住, は転げ, は追い出される, は雑巾, は駒, もぐら, もまま, もようやく, を一人室内, を神

▼ れた言葉~ (155, 0.2%)

6 である 4 の意味 3 だった, の内容 2 が気, が耳, だ, だが, だったの, の中, ばかりの戯曲, を思い出し, を思い出した

1 [121件] あらゆる名, から見, がいちいち, がいまだに, がその, が出来, が又, が口, が国民, が太陽, が妙, が少し, が幾つ, が彼, が思い出せた, が恐ろしく, が新三郎, が死ん, が浮ん, が私達, が聞えなかった, が肉声化, が色々, が頭, だけで, だつたの, だと, だという, であ, であった, であつ, でありすぎる, でありその後, であります, であるよう, でした, でしょう, ではない, ではなかっ, でもあり, でもなかっ, でもなかつた, でも明かだ, で他, で僕, で始まった, で恋愛, で書かなけれ, としてはあまりに, とまったく, と同じ, と文章, と語られる, と論理, など, などを思い出し, に, にそむく, について考え, には女二人, には決然, によつて, に不安, に似, に接する, に曾, のあや, のそれ以上, のひとつひとつ, のよう, の出た, の感覚, の投げ, の端々, の表, の表現, の裏, の間, はいずれ, はいつか, はきっと, はこれ, はそのまま, は地, は実に, は恐し, は明らか, は無論, は自分, は青天の霹靂, もこれ, もつたえる, も今, や文章, や眼, を, をすぐ, をエラボレート, を使つて, を借り, を全部仮名, を妙, を彼, を得意, を忘れ, を思い出しました, を思い出す, を思ひ出した, を明確, を枢軸, を楽しみ, を気, を泥, を片, を用, を用いるなら, を聞い, を解く, を額面通り, 即ち, 即ち文章

▼ れたあの~ (153, 0.2%)

4 お方の, 時こそ 2 一日が, 壮大な, 変装の, 天使の, 山烏を, 時の, 病人の, 袖の

1 [129件] いたわしい願い, おとし穴, おみやげの, お侍さん, お兄さま, お店者から, お爺さんの, お言葉, かたたちの, ことばが, ことを, せりふが, つまらない場所, つよいわから, ときそして, ときの, りっぱな, シャーリプトラすなわち, ステッキだ, テームス河の, ブルーバード映画時代な, ボートを, ユーグノー派の, ユーゲント中の, 一寸法師こそ, 一章にしか, 一言が, 三ツ又稲荷の, 上手な, 上村提督である, 久遠の, 事か, 事件は, 事実の, 二人の, 人に, 人工の, 伝通院である, 体には, 個所であった, 傾向と, 剃刀使い, 前の, 劇的場面の, 周防山に, 善良な, 單純な, 四人の, 国に, 城門が, 塔の, 声を, 外国公使らが, 夜からは, 夜の, 女, 女ほど, 女蛇な, 妹が, 室田さんが, 寝台の, 寝室, 屋根から, 山伏な, 山村の, 巧妙きわまる, 年寄の, 御手, 心尽しは, 怪物メヅサの, 悲劇, 悲劇に, 惨劇です, 指紋が, 撥形鶴嘴を, 文字です, 文字は, 方は, 方を, 日, 日の, 日も, 日を, 日珠子さんは, 日親という, 日親といふ, 春の, 時は, 時代の, 晩か, 晩の, 晩彼女は, 書物の, 有名な, 本を, 欅を, 汚な, 浅草の, 浜松の, 海豹は, 無銘の, 熱情を, 牧野先生の, 獰猛な, 玉枝っていう, 目とは, 短い通り, 神主さんの, 福松も, 窓へと, 精密の, 羅馬の, 自ら煙をも, 自動車の, 若いお客さん, 若さ, 藝術家達の, 辺一帯の, 長椅子だ, 間抜けが, 防空演習では, 集団見合ひなる, 青春の, 革命, 音楽会に, 驚嘆すべき, 骸を, 高橋賢二少年が, 鬱蒼たる

▼ れたものの~ (150, 0.2%)

3 あること 2 これは, 一つで, 一つである, 大部分, 如くに, 概念の, 考察に

1 [133件] あったこと, お礼季節の, こころを, ごとくつい, ごとくであつ, ごとくに, ごとく私たち, ごとく障子, すべてが, すべてである, そのかわり, その日, その突き出し, それと共に, それは, とにかく汽車, ひらひら舞う, また, まだ僅か, モデル詮議などを, 一つと, 一つに, 一つの, 一つは, 一族が, 世へ, 人々は, 伊東頼母を, 作者南風氏の, 価値とを, 側と, 先駆を, 全体から, 全部が, 写しを, 刄物は, 分量が, 剥製で, 匂ほどの, 同族です, 名である, 名は, 名前だけでも, 名称である, 呵責を, 場合尚更, 多数が, 如き感, 如くいきなり, 如くその, 如くであつ, 如く夜食, 如く心, 如く考へて, 如く言明, 妻を, 姿らしかった, 子孫で, 子孫でも, 実有性, 寂しさ, 寄り合いで, 實有性, 尊重という, 帝は, 延長に, 強国が, 形までが, 形や, 心理は, 急所では, 性格を, 恐らくや, 悲しい戦い, 情けなく気味悪くばかり, 意味に, 感じかたに, 戸惑いに, 投影が, 持てる偉大, 掛け値なし, 故主の, 敗である, 数の, 数は, 数も, 整理です, 暫しの, 暴露匿された, 本体は, 極致が, 殆ん, 油断し, 灰に, 無自覚の, 特権として, 現実の, 理解, 理解の, 由である, 目色で, 相当多く, 相違は, 真っ直ぐさで, 真実性は, 私は, 空虚が, 第二号, 結果は, 罪は, 署名人員は, 義務として, 翻訳の, 職業とは, 見当が, 観念が, 觀念が, 解釈を通して, 認識, 謂である, 謂では, 負担額は, 貧しさ, 責任が, 質や, 起原は, 足どりは, 逃亡した, 進展成熟であり, 遠く近く, 鈍い黄いろ, 間で, 間に

▼ れた自分~ (145, 0.2%)

4 の感情 3 の心, の神経, の言葉, の首

2 [12件] ではない, なの, の名前, の声, の姿, の家, の小さな, の身, の魂, はその, を感じ, を感じた

1 [105件] しか感じられず, だけの情愛, だった, でありながら, であるとは, ではありません, としての面目, と生きる, にとってこの, に対しても全く, に気がつい, に自尊心, のお父さん, のからだ, のぐるり, のこれ, のそういう, のほう, のもの, のプライド, の不明, の不覚, の世界, の中, の任務, の体, の先祖, の先祖たち, の半身, の友達, の周囲, の大刀, の妻, の孤独, の小屋, の巣窟, の帽子, の幸福, の影, の成熟, の所有物, の掌, の方, の毛皮, の父, の生き, の生活, の甥, の空虚, の絵姿, の総, の義務, の考, の腕, の芸術, の芸術境, の芸道, の詩篇, の財布, の身体, の青年時代, の面影, の頭, の頼り, の顔, の養母, は, はごらん, はさらば, はそこ, はそれ, はほとんど, はますます, はもう, は二度, は其以来山, は品性, は気楽そう, は涙, は煙草, は眼眦, は蚊帳, ひねくれたわれ, への切実, もさう思ふ, も早桶, より貧乏, をお, を別に, を可哀相, を強い, を彼, を怖, を想像, を感じる, を憐れむ, を持てあつかい, を描いた, を改めて, を発見, を眺め, を見, を見出した, を責めたい, 及び自分

▼ れたかも~ (143, 0.2%)

23 知れない 17 しれない 13 知れません 11 知れぬ 4 しれなかった, 知れないが, 知れないの, 知れなかった 3 わからない, 知れぬの 2 しれなかったの, それは, わかりません, 判らないと, 知れなかったの, 知れんが

1 [45件] しれないが, しれないけれども, しれないとにかくたちまち, しれない読者, しれぬ, しれぬと, しれぬという, しれねえ, しれません, しれませんが, しれませんわ, しれんぞ, まるで知らね, よく解つて, アラカタ見当が, 分りませんもの, 判りませんよ, 夢中で, 彼は, 知つ, 知らないで, 知らぬ, 知れて, 知れないあるいは, 知れないがね, 知れないぜ, 知れないぞ, 知れないと, 知れないとも, 知れないな, 知れないよう, 知れないらしい, 知れない儀礼, 知れない太古, 知れなかったですよ, 知れなかつたが, 知れぬが, 知れぬけれど, 知れぬという, 知れねえんで, 知れませぬが, 知れませぬゆえ, 知れませんな, 知れませんなど, 知れんしかし

▼ れた~ (139, 0.2%)

6 はその 3 は大いに 2 のため, の心, の智能, は, はただ, も町人

1 [118件] が, がそんな, がたまらない, がまた, が始めて, が家, が急い, が濟, が病, である, ですが, とお前, とについて全く, と兄, と父, にさ, にさした, にはそれ以上, にはちゃんと, には母, にアル・ニン・ワ, に蘇, の, のこと, のなつかしい, のめ, のもの, のシカメ顔, の不運, の仕事, の創作, の姉, の姿, の子, の室, の弁論, の心境, の情, の手落, の死, の母, の海水着, の父, の生活, の目, の眼, の眼力, の空想, の肉身, の藝術的法悦, の血, の行李, の読書, の身体, はあたかも, はあと先, はあなた, はあらゆる, はいは, はいろ, はお茶, はかの, はこの, はこれから, はさびしい, はじっと, はそれ, はそれ以来愚劣, はた, はちょうど, はぢ, はどう, はどこ, はまた, はもう二度と, は三崎町, は不覚, は久しぶり, は二十年後捕物小説, は亡骸, は人, は仕方, は何, は係官, は入院, は八月, は再び, は労, は吾, は呆気, は喬介, は学校生活, は寢, は彼, は愈, は抱かれた, は早速, は更に, は松村, は極度, は此友, は母, は激怒, は生れた, は神経衰弱, は自分, は色街, は虚ろ, は豐田さん, は貧寒, は部屋, もいよいよ, も参拝, も年, も自分, も落目, よりももっと, をタマ

▼ れたばかり~ (136, 0.2%)

11 では 5 であった, である 4 なのに 3 だった, でした, でなく, なの, なので 2 だ, だと, であるから, でなくまた, で何, で未だ, で私

1 [82件] だから, だったという, だったの, だといふ, だのに, だもの, ぢや, で, であったラジウム研究所, であっても, であるが, であるので, でございます, でしょう, です, ですから, ですからな, でその他, でつい, でなく○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○、滝人, でなくあれ, でなくお前, でなくきょうここ, でなくそのうえ, でなくそれ, でなくそんな, でなくなお, でなく一旦, でなく一番乗り, でなく一般, でなく下, でなく五十二万八千ドル, でなく今夜, でなく伯父さん, でなく元, でなく全国各地, でなく吸血, でなく大赦, でなく実際, でなく宿, でなく市街, でなく彼女, でなく彼等自身, でなく彼自ら, でなく心あたり, でなく数年, でなく数種, でなく母, でなく男の子, でなく自分自身, でなく警察, でなく身体, でなく逆, でなく過去, でなく道徳的, でなし, でまだ, でも, でもう, でわたし, でテーブル, で予防, で境内, で専ら, で彼女, で敷地, で木, で楊枝, で櫛, で疲れ切つて, で空気, で算盤, で老人, で而, で道路, で颯爽, なんだ, みたいな, らしいルージュ, らしい検事, らしく鼻面, 立ちすくんで

▼ れた人々~ (130, 0.1%)

5 の中 3 である, のうち 2 がその, がたくさん, の運命, の間, はこの, は多く, は毎日何十人

1 [105件] がいい, がこの, がそれぞれ, が偶然, が前後, が少なく, が浦上, が路頭, が通る, が開拓使長官黒田清隆, が集つて, が駅ごと, さえ少く, だった, であった, です, ではなくなるであろう, でも万物, とを除いたなら, と同一, などがお, など資質的, ならば, にし, にだけ読ませる, にとっての美, にとっては一応そう, にはない, には直ちに, にふたたび, に必要, に返し与えた, のみで, の伝記, の位階, の作品, の内, の助け, の卓越, の厚い, の問題, の如き, の妻たち, の子孫, の心, の技能, の損傷, の欲望, の正気, の氏名, の気配, の流れ, の為め, の無定見, の物語, の環視, の生死観, の病的, の発病原因, の神遊び歌, の精神, の自我慾, の自由意志, の興, の苦痛, の血, の顔, はいずれ, はたしかに, はどう, はなま, はひいては, はほんと, はもう暫く, は具体的, は凡そ二十数名, は大, は少く, は巧み, は息, は支那, は旭玉山, は殆ど, は殊に, は殺され, は無論, は留学生, は異様, は皆みこ, は社員, は縁, は興奮, は苦悩, もその, も子, も必ず, も見受けられた, やその, や歌, よりもよほどキチン, を, を大別, を訪れ, 御維新, 計らずも

▼ れたとか~ (127, 0.1%)

3 言って 2 いって, だまされるな, 云う事, 聞いて

1 [116件] あの機械, ありますが, あるいはなお, いいますが, いうて, いろ, きいた, けれどもその後, さうし, されかけたとかいう, そういうよう, そのう, その夜, それとも何, それなら余程, そんなこと, そんな動機, そんな評判, そんな話, ちょいちょい書い, で, でこの, でな, でなんともはや, でもはや, で何時, で其儘, で当時, で新, で春子様, で此店, で炉, で用人, で私, で退塾して, どこの, ないしはまた小, なんとかシロサキ, はっきり云っ, または荒川方面, また尊, また遊ん, よくある, よく人, ア畜生めなんで, ブル新聞に, レビュウガアルの, 両脚を, 二十二で, 二十回通は, 云いますが, 云ううわさ, 云うので, 云うよう, 云う如きである, 云った禅機, 人の, 仄聞した, 今日は, 何か, 何とか, 何とかにて, 何とか不平, 何とか云っ, 何とか因縁, 何とか申す, 何処に, 医学博士には, 口説かれないとかの, 召喚された, 噛み潰されたとかいう, 城一つと, 大変な, 大概家庭教育の, 天狗に, 嫌らしい, 将軍家は, 少なくとも嫌, 彼の, 或いは国主, 或いは景行天皇, 或は奥平屋敷, 或は胴体, 手が, 新しい思想, 曾て, 有りも, 未練の, 欺され, 母親が, 水牛に, 決闘で, 甚しい, 相場師の, 神隠しに, 私が, 突かれたとかいう, 聞いたこと, 聞きました, 背中の, 芝居は, 華族が, 藩公の, 言いだしまして, 言うこと, 言ったが, 言つた, 言つて蒼い, 誘拐された, 誰と, 講堂も, 身投げした, 辱しめられた, 追剥に, 頼山陽の, 魔に

▼ れた結果~ (127, 0.1%)

5 である 4 であった, なの 3 だった 2 だと, だとも, であ, であります, であるか, であると, ではあるまい, として生じた, を意味

1 [93件] あのよう, いとも気高く, おちいるあの, かもしれませぬ, から溯源, から見る, から見るなら, かれは, がここ, がそれ, きまつた形, この制禁, こまかいこまかい砂, そうした巨大, だね, だろう, ついにその, ついに孟達, ついに当人, つい腰折, であらう, でありました, であり其結果, であること, であるとしても, であるとは, であるの, であるゆえ, である事, であろう, であろうが, であろうヴォルフ, できあがったもの, です, でその, でないと, ではどうしても, ではない, では約, でもある, と, とがバランス, としていわゆる, としてだんだん, としてなんびと, としてのモメント, として二十年, として価格, として偶然, として外国貿易, として拭, として欧米, として決定, として深遠, として生ずる, として足らぬ, と多情, と見なす, と見る, と認めね, と認められ, にほかならない, による, に準拠, のもの, の厳密, の現象, の醵金, はどう, は善悪両様, は悪く, は至る, は要するに, を, をみる, を云い表わす, を学問, を比べる, を見れ, 其の種本, 内出血, 古くは, 大いに気張っ, 常には, 当然紹介, 或る, 新しい脅威, 段々快活, 生き生きと, 相当思い切った, 逃げるよう, 遂に今日, 長吏指揮

▼ れた~ (122, 0.1%)

3 が多い, である, を見る 2 がある, です, にある

1 [107件] からは生れ, からみ, から低い, から八間あまり, から出, から小説, から新しく, から約, から血, から話し, がことに, がこの, がたつた, が上州, が大広間, が実に, が得, が手形, が直ちに, が船上山, そのままを, だけに型, だし, だった, であった, でありまして, であり壇上, であるだけに, でかかる, でここ, でした, ですから, でそうして, でその, ではどの, ではない, では必ず, で一緒, で三平が, で二, で何と, で大きく, で大した, で市, で漸く, で爾, で社会性, で絵, で與右衞門, で菩薩, で車, とか或いは, と一致, と全く, と自身, なん, にとじこめられ, にはガスストーヴ, には波, による, によれ, に三年間苦役, に個性, に倫理的価値評価, に拠る, に栂, に石, に責任, に飛ん, のある, のなお, のもの, の一つ, の一般, の事實, の位置, の其様恋愛, の口語脈, の恐ろしい, の投下資本, の最初, の海, の牢屋, の物, の細作, の貨物, の資本, の進歩的繁栄期, は, はこの, はただ, は七条, は唯, は新築, は西明寺, は道場, へちゃんと, へ柿, までも殘, まで引き返し, も昇降口, も駅, よりズット, を撫で廻し, を物, を見, を見れ

▼ れた~ (121, 0.1%)

2 それは, ビク, 奥の, 東京の

1 [113件] あともどり, いささか特殊, いつもの, いやな, おさや, おしまいには, おそろしい超, お嬢さんも, このよう, この次, これを, こんなに待たせる, さすれ, そうかと, そしてひどく, そのこと, そのほか, そのよう, それから後, それが, それに, それ以外に, つく, どうかする, どうにもしかた, ながきを, また, またあの, またその, またなん, また下流, また僕, また堺, また女房たち, また威張った, また真, みんなが, もしかする, よしんば誰, アラン, オーストリアの, ネッセンゲルト・ホテルへ, ミルクホールの, 一方では, 一昨々日も, 上役の, 主人役の, 主人長岡佐渡様にも, 九月は, 事実少年に, 人造人間の, 今も, 今朝の, 保守政党は, 僕も, 兄弟は, 先方でも, 先生には, 冒涜とさえも, 又八月, 各, 同時に所謂, 君には, 君らも, 好みて, 妾も, 客筋の, 宿将たちの, 岩波新書に, 年の, 当時の, 彼に, 彼女の, 御子息, 応接間は, 我らも, 抜打ちの, 捨てられた女, 文化の, 文学者は, 新しい私, 日が, 日本側からも, 月輪も, 木下氏も, 板塀は, 某は, 次の, 此の, 水は, 源氏の, 現代でも, 生活や, 疑わしい点, 知行所へ, 神近市子女史も, 秀郷自身も, 私の, 縄張の, 自分としては, 自身の, 花嫁の, 芸妓たちも, 芸術上の, 若王子にも, 行商人という, 裏の, 読者も, 返事を, 鎌足はと, 飄々などという, 飲みはじめてからは, 魏中の

▼ れた部屋~ (117, 0.1%)

11 の中 3 の前

2 [12件] といふの, と主人夫婦, には外, に入, に入っ, の四方, の外, の手前, の次の間, の空気, は四通八達, を覗きました

1 [79件] からは六つ, から忽然と, があった, が入りつけ, が行燈部屋みたい, しごき帯, であるが, です, ででも話す, では中央, でテーブル, で下ろされる, で人, で小さい, で暫く, で横たわっ, で発病直後, で真理子, で電燈, とは四間餘, と千兩箱, と聽, に, にいる, になつて, にはもう, には古色, にレジオン・ド・ヌウル, に住ん, に忍び込ん, に私, に通つて, に駆けつけ, のある, のすぐ, のよう, の一つ, の一つ一つ, の一方, の下, の他, の入口, の壁, の廊下, の形, の扉, の押入, の欄間, の眞, の真下, の窓硝子, の隣, の隣り, は, はすぐ, はもう, は三方, は十畳, は孔雀, は客間隣, は富士, は寝所, は市場, は応接間, は旅館, は格, は渓谷, は畳, は縁側, は食堂, へ取つ, へ送る, までは四間あまり, まで持ち込み, も悪く, らしく二人, をパツ, を検分, を見る

▼ れたあと~ (115, 0.1%)

4 のよう 3 でした 2 だったので, でお母様, でやっと, なので, なん, のこと, の心

1 [94件] かもしれぬ, からいくら, からすぐ, があつ, があり, がまだズキズキ, が急, さ, じゃありません, ずつとやもめ暮し, たいへん静か, だけに一層, だった, だったから, だったが, だったの, だつたので, だと, であったか, であったから, であり三百諸侯, でお, でこの, でころげまわっ, でしばらく, です, でその, でそのまま, ではそうした, ではその, ではたちまち, では原色, では手紙, では気分, では気楽, では藤壺, でまるで, でも兼, でカルル, で今の, で半蔵, で家, で小林少年, で年下, で攻城砲, で明智達, で来, で私, で見物たち, で追憶, で非人, には余計, には多く, には屋敷, には村, にぴんと, にわたしたち, に又, に寒い, に嵌め, に瘠せ, に読書, のあ, のあの, のもの, の今日, の傷口, の家族, の弱, の柿の木, の梅, の穴, の窪んだ, の赤い, の青写真, の首, の黒い, はきまつ, はくずれた, は半, は村, は痛, は見えた, は見られなかった, へやつ, へスッスッ, へ信州松代十万石, また立て直され, も御, や塹壕, らしくいく梱, をやさしく, を押え, 長く廃庵

▼ れた通り~ (115, 0.1%)

5 にし 3 である, にする 2 であつ, にした, にしました, のこと

1 [96件] いくら私, うごくだけ, お浄土, お雪, が実在そのもの, この病体, この者, この聖母, この船, こんな事件, して, しばらく外, そう観じ, その朝現場, その武力, だいぶ堂摺連, だまって, で, であるが, であろう筈, ですが, で俳諧, で和歌, で彼, な情勢, に, にかけ, にこの, にしてやった, にしろ, にじっと, になる, にね, には物, には覚え, にひきかえし, にまさかの, にまた, に三時間, に京都, に佐伯氏, に信じ, に原田氏, に叫んだ, に向っ, に小僧, に帳面, に彼等, に従順, に成つて, に押し, に振返っ, に最初, に来, に林之助, に片付ける, に生き, に私, に紅葉, に繰り返し, に繰返す, に蓋, に蟹口, に裏門, に通り抜け, に頼まれる, のその, のもの, の代金, の夢, の巨大, の形式, の心持, の意味, の持ち, の板塀, の考え, の言伝, の言葉, の豆腐屋, の足数, の道筋, の門構え, の飛白, まんまと失敗, やはり上層, をそのまま, を応用, を真に, 別段驚き, 力いっぱいヘソ, 小さな手, 或は八十尺, 故愈, 新しい浪漫主義者, 正に男

▼ れたけれども~ (114, 0.1%)

4 私は 2 それは, ひとつも, 幸いに, 父爺が

1 [102件] ああ七月, あの時, かかる方法, この事件, この老人, この野原, これは, しかし根本, しかもこの, しかも地方, その事実, その兄, その嫌疑者, その後漸く, その数, その瞬間, その第三者, それからは, それが, それにしても弁天, それらの, ただ自覚, ついでの, ついに賊, なおその, なお大分, のちに, まさか阿蘇, また何事, まだどうあ, まだなにか話し足りない, もう次, もとは, もんは, やっぱり無事, わたしが, アクロポリスの, ヨーロッパから, 一九四五年, 一方鍵, 三心に, 事実は, 井戸端では, 今聴いた, 他は, 以前の, 何より楔, 内実は, 出来ぬと, 別に雨乞い, 厳制すたれ, 口惜しいよう, 同時にこの, 大体に, 天文, 天皇の, 妙な, 宇都宮の, 実は私, 実隆は, 宮廷の, 家に, 少し落ち着い, 尚ほ, 床の間には, 彼女の, 怪しむべき点, 悪業の, 承知しませんでした, 教頭だけが, 日本人の, 昌泰四年の, 未だその, 杉江は, 果してそれ, 根本は, 殺害の, 江東の, 油時計や, 治らない, 熊を, 熊川忠範は, 登子の, 真似ばかりで, 祖国を, 私などは, 秋声氏の, 空腹からは, 立ち上って, 自分の, 船に, 薬の, 行く気持, 見る見る間に彼女, 証拠不十分で, 議論は, 身分は, 近臣は, 返事が, 降伏の, 頭を, 高坂は

▼ れたとしても~ (104, 0.1%)

6 それは 2 それを

1 [96件] あなたが, あの谷, あんなブロンズ, いかなる種類, この時, これが, これには, これに対する, これまた, これ以上の, しかも農業者, せめて思想, せめて髪毛位, そういうこと, そういう弊, そこが, そこに, そのこと, そのまえ, その事実, その価値, その成果, その金, それから社会, それ位の, それ自身で, たかだかレザア, だ, だその, です, どんな恐ろしい, まさか現在, もし一両, やはり, やはり学窓生活, われわれが, ファシズムが, ホンの, 一向有難く, 一體現實の, 三十メートルに, 不思議は, 事後に, 云はば, 仁明朝からの, 何人にたいしても, 何故この, 何故林田, 再三すゝめ, 博士は, 地代は, 大したこと, 奇異で, 實際それを, 小説の, 少くとも, 少しも, 差したる面倒, 広大な, 彼女自身の, 忽ち自由, 恥しくない, 或る, 戦争の, 批評家を, 故意か, 散々甘味な, 時代が, 本人が, 本当の, 村へ, 案外に, 此の, 死体が, 決して不思議, 無数の, 生命の, 相当の, 真の, 短刀を, 社会生活の, 私たちの, 空中で, 自分の, 自然の, 著しく緩慢, 読むもの, 資本の, 賊の, 距離は, 農業は, 震災防止については, 非常に, 革命後に, 食料の, 飲む唄う踊る一人

▼ れた~ (104, 0.1%)

3 では 2 だ, である, に対しては能動的, は語る, を, を自分, を見る

1 [87件] いざお, から原形, か猫, がある, が出, が専有, が最高, が白い, が秘密, が積まれ, しか記載, すなわち稀少, その新築, だから, だった, であったとの, であつ, であるが, であると, でかかる, でまた, で神, で表わした, といい伝えた, というの, といっ, といつ, とて粗末, と判り, と物, と衝突, と見る, と言, などには似, ならこんなに, なること, にはずいぶん, にも, に似た, に興味, のうち, のその, のみで, の内, の多く, の影, の最低, の標, の特殊, の結合, の記號, の象, の響, は, はあった, はない, はなかっ, は先, は固定, は産業, は鏡, は食べ, もない, もなく, も一朝, も異郷, や失, らしい, らしいから, らしく鬼女, をかんがえ, をよく, を取り出し, を取り返し, を取返す, を当て, を御前, を日光様, を見, を買いあつめる, を買ってる, を頒, を食べ, ノ怪, 少くありません, 干竿, 自體

▼ れた~ (103, 0.1%)

11 のお 4 のこと 2 のお玉, のよう, の唇, の恙無い, の顔

1 [78件] お染, があるだろう, がそこ, がテレ隠し, が出, が嫉妬, が得体, が戻, が路地, だが, だけに姉, だつた, だという, でもそんなに, で両国中, としての面, としてもう, として自分, とも会っ, とやらが橋, と何かと, などは一人, には朝, に相違, のその後, のやう, のゆくえ, のジョージア, のズロース, の上, の両親, の二, の兄彌太郎, の名前入り, の噂, の声, の姿, の実, の差下駄, の恩人, の敵, の方, の樣子, の気分, の生命, の継母どん, の行方, の衣紋, の許嫁, の証跡, の身体, の運命, の間, の顏, はそのまま, は先代, は声, は帝銀事件, は帰っ, は悲しい, は気, は美人, は評判もの, は赤く, は顔, も憧れ, も色, も見た, やお, や妹, よりはもう, をこんな, をそっくり, をその, をようよう, を怨む, を捜し, を連れ

▼ れた~ (99, 0.1%)

3 を強く, を振り放そう 2 の影, はまた, やその, や足, をふりほどき, を振り放した, を握り返す, を放そう

1 [77件] から出た, がすうっ, がなまなましい新し, がひりつい, が娘, が震えた, であつ, で彼女, と肩, にのせた, には少し, には縋らない, には繩, に一層, に人間, に爪, に進ん, のくすぐったい, のし, のすぐれ, のところ, のやり場, のよう, の上, の先, の杯, の痛み, の皮, はすぐ, はすっかり, はその, はそのまま, は宙, は必ず, は白し, は袖, も足, をさすり, をしきりに, をしずか, をつかまえ, をつかん, をふりほどこう, をふり放し, をもちっとも, をドイツ流, を伸しました, を右ポケット, を引っこめ, を引込め, を思い出し, を押えた, を挙げ, を振, を振り, を振りきる, を振りほどかう, を振り切る, を振り払い, を振り払う, を振り放す, を振り解いた, を振切っ, を振放さう, を描く, を無理, を窃, を素早く, を胸, を自分, を菅原, を見る, を通じて栄三郎, を邪慳, を離した, を震わし, を顔

▼ れた~ (99, 0.1%)

5 のこと 4 である 2 であった, とて直ちに, にも土曜, に煙草屋

1 [82件] いきなり方角, お席, からどこ, からのこと, からの熟知, からの現象, から僕, から内証, から君, から和製, から始め, から支那, から故人, から数学, から父, から見えなかった, がその, その主義宣傳, だ, だった, だと, であ, であったかと, であったろう, であろう或, でしたから, でしょう, ですら, でそれ, でなかつたかと, で跡取り, どんなこと, になぜ, になる, にはちやう, にはもう, にはやはり, には一座, には婦人, には弾薬, には最早, には町子, には長安, には風, にも秀吉, にや三十万, にベスト, に女, に帰る, に当る, に御, に思ひ比べる, に愛養, に渠ら, に當, に至っ, に起つた, に遊仙窟, の事情, の前田どの, の平和, の思ひ, の東京美術学校, の記念, の話, はいざ, はす, はずいぶん, ははや, は師範学校, は河内国, は草鞋形, は落合, は銅, までも落武者, も当の, より東京大学, らしい黒鳥なにがし, を見はからっ, 屡此処, 怪しい一人, 既に昔

▼ れた~ (97, 0.1%)

6 をした 5 がある, もある 4 をする 3 をし 2 あり, などをし, は誰, をします, を聞い

1 [64件] あれど, から赤インク, があっ, があった, があります, がまた, が伝わっ, だけにこの, だのたちまち, だろうと, であった, であったそう, である, で叔父, で年, としてふれた, などから想像, などが出た, などの作られ, など全く, には落語, にもその, にも劣らず, によって, の一つ, の内容, の続き, はこの, はまた, はもう, は中, は意味, は持節十九年, は数えきれない, は昔, は知, は石橋臥波氏輯, は鐵心道人, もなく, も彼, も或は, も断片的, も真実, やかましく新聞, やそれら, やもはや, や久方ぶり, や同じく, や鰹, を, をお, をここ, をしました, をしろ, をせう, をはじめた, をばいかにも, を出す, を取り次ぎした, を女房, を少し, を残らず, を聞く, を載す

▼ れた一つ~ (96, 0.1%)

3 の大きな 2 のこと, の次元, の疑問, の窓, の道, の顔

1 [81件] である, でございます, に隠され, の, のあらわれ, のまとまった, のもの, のコップ, のテイブル, の上部構造, の主題, の事実, の今, の例, の力, の原因, の厳粛さ, の哲学, の図式, の地図, の女子専門学校, の安, の宝, の実験的研究, の家, の家庭, の小さい, の小説, の巧妙, の影響, の御幣, の恐ろしい, の愉楽, の憧憬, の扉, の手, の支配的, の文学的業績, の断乎, の新しい, の方向, の日本映画, の曲線, の木造, の机, の根本概念, の根源, の様式, の沢, の涙ぐましい, の渾沌界, の澤, の煙, の物體, の特典, の特徴, の率, の理由, の瓦壁, の目的, の秘義, の習慣, の芸, の芸術的, の英雄的, の要素体系, の見せしめ, の解答, の認識形式, の豊か, の通路, の運動, の重要, の鉄, の階級, の順序, の領域, の顏, の餌食, の首級, は先生

▼ れた場所~ (96, 0.1%)

2 だった, にはない, は, はその, もある

1 [86件] からは陳列所, から程遠から, から飛躍, がある, がどんな, がわかる, がオーカミイナリ, が伊吹山, が判, が寺院, が惡, が物語っ, じゃない, すなわち, その故郷, だけを覚え, であったと, である, であるが, でしか見られなかった, でしょう, でそこ, ではっきり, では共存, でみのる, で人気, で何, で彼, といい, とか真暗, と云う, など残る, にあつ, においては現代, におかれ, におき忘れ, にのみ限っ, にはその, には兄さん, にまつりました, に住ん, に向っ, に在る, に坐った, に放棄, に根, に立った, に置いた, に行つて, に違い, に集り, のなか, の名前, は九月二十五日, は入口, は別荘, は北赤道海流, は同じ, は意外, は明白, は本陣, は津, は現在造, は紡績工場, は西, へ再び, へ出, へ出懸け, へ彼, へ指先, へ殆, へ産卵, へ着い, まで駈け, もまた, も解る, やかけられた, や真暗, より少し, を光枝, を去らず, を択ばなけれ, を検分, を発見, を見, を調べ

▼ れた~ (95, 0.1%)

5 の中 3 もあった 2 がある, でここ, といふの, なの, を六軒

1 [77件] かどう, から突如, があった, がお, がこんなに, がふたたび, が住田嘉久馬, が多く, が幾軒, が日ごろ, が有, さう, だけでも五軒, だぞよ, であった, であつ, である, であるから, でした, では容易, では母, でも笑い, で人, で先代, で此處, とは知らず, などもあり, には片時, にも小犬, に六年以上, のもの全体, のよう, の下, の世帯, の主人公, の人, の入口, の内, の内儀, の右側, の名残, の外, の奥, の富み, の母, の烏帽子, の窓, の窓枠, の者, の者ら, の賢秀, の跡, は, はほとんど, はもう, は保険金, は小田清三, は最後, は耐震的, へ入ったらしい, へ警官, へ離別, もある, もびつくり, や塀, をやっ, を一見, を一軒, を一軒殘ら, を出た, を指さした, を捜す, を新た, を棄て, を突き留める, を見, を見た

▼ れた~ (95, 0.1%)

16 をし 6 して 4 をした 3 を見る 2 だから, のなか

1 [62件] が, がすっと, がその, が覗い, した, だし, だちが, だった, だったが, だつたが, で, でその, で云った, で源三郎, で群, で重吉, とともに水腫れ, と知っ, にちょっと, になっ, になり, には理想的, に最初, に淋しい, に薄, の上, の中, の持主, の色, の道具, はまだ, はよく, は一ツ一ツ急, は一種, は如才, は新鮮, は松, は死魚, は目鼻, は蒼白く, まっすぐに, をなし, をのぞく, をみる, をもたげ, をもっ, をニッコ, を一同, を一度, を上げた, を大きい, を抱え, を拭い, を法水, を皆, を直す, を突き出し, を見せた, を見れ, を見合わせ, を隠し, 大きな黒い厚ぼったい

▼ れた~ (94, 0.1%)

2 地主江島屋の, 川口の, 町人で, 章魚の, 逵を

1 [84件] の腕, はくらん会に, へん立派な, コウモリの, ピアニスト当代の, メスが, ランプの, 事件から, 事件です, 事件を, 仕掛な, 伝馬小伝馬サンパン押売り, 伽藍が, 健康と, 傷の, 先生に, 冊子の, 冬瓜今は, 判事章房の, 剣が, 剣を, 博奕の, 召集の, 名物の, 唐玄奘三藏表啓の, 噴火口は, 垂るみを, 城廓の, 天井の, 太郎全身の, 女優でした, 奴は, 宝物について, 工場を, 市街や, 平原を, 年増は, 庭園が, 建物の, 廻状会議にも, 式場で, 恩は, 恩人を, 拡声器から, 探検家スエン・ヘディン氏, 提燈の, 改造を, 日本古文書に, 旦那が, 曲馬団大, 机の, 泥棒の, 洪水で, 活劇も, 湖だ, 瀑布も, 烏で, 熊笹の, 燈国師の, 町人翁屋小, 盃を, 眺望鏡を, 神官の, 空洞の, 組織も, 自然の, 花活けには, 花瓶を, 芸術こそ, 蜘蛛は, 装飾灯が, 規模な, 詩人の, 論文, 谿谷が, 道路も, 選手は, 邸宅が, 都会の, 金剛石は, 金庫の, 階段に, 音楽会と, 鯨の

▼ れた~ (91, 0.1%)

52 でそれ, による, の意識, は

1 [78件] から多少, がある, が今, が大和, が村, が社前, その事, だ, だから, であらう, である, です, でその, で人々, で今, で仕方, で入学難, で少し, で帰るべき, で従わなけりゃなんねえ, で用心深く, で私, に住む, に住ん, に居る, に屋敷, に擦り込ん, に獲得, に這入った, に鼬, のある, のそうした, のただ, のもの, のもはや, のプロレタリア文学, の一つ, の中途, の人間生活史, の円屋根, の単なる, の即ち, の唯物論的弁証法, の土色, の夫, の学問性, の形式的直観, の形而上学, の意味, の意識概念, の或, の明暗, の最高, の特別, の真理, の矢張り一つ, の統一物, の考え方, の近く, は丁度, は下谷浅草牛込四谷芝, は実在的, は宿, は思う, は林内閣, は英仏, へ, へその, へ女陰, へ幕, へ往, へ筆, へ通り掛っ, もある, をかい, をされね, をまるで, を見

▼ れた~ (88, 0.1%)

8 様子で 5 様子 2 喜捨は

1 [73件] 一言それに, 不便は, 両親の, 主人, 主人が, 主人に, 主人の, 主人は, 主人様に, 亭主に, 像と, 僧, 元気は, 出家は, 別荘が, 功績に, 印書によって, 厨子を, 器量は, 国家老, 大葬の, 奉行様は, 好意に対し, 宗家であろう, 容子で, 容子でも, 容貌が, 尊父も, 工作が, 庭の, 心では, 恩は, 恩も, 意見に, 愛読の, 態度に, 手軽く, 文を, 方々が, 時期でございまし, 本には, 本尊であり, 本心が, 様子が, 様子これは, 様子だった, 様子であった, 様子の, 様子は, 母さんは, 母マリア赤や, 父上への, 用金の, 用金一萬兩築地の, 病人は, 眼識も, 米が, 老人の, 老人は, 肖像の, 言葉で, 言葉である, 言葉と, 誓文の, 語気は, 趣味も, 身代が, 返辞は, 遺志が, 配慮に対しては, 釈迦様が, 領内の, 骨壺と

▼ れた作品~ (87, 0.1%)

8 である 3 ではない 2 であった, なの, のほか, の上, の世界, の中

1 [64件] が, がある, がただ, がない, が主流, が作者, が必らずし, が所謂左翼的立場, が文学的, その作品, だと, であったと, であり豊か, であるが, であるため, であるところ, でしょう, ですが, でなければ, でイギリス, でミレナ, で日本, で最も, で稍, というの, といふの, としてのみみる, としてはマヤコフスキー, とどちら, とは緊張, と眼前, なんぞよりは, にする, については別に, にどうして, にも作者, に対してこの, に感心, に私たち, のこと, の一つ, の出来栄, の前後, の形, の批評価, の枠内, はすべて, はそれぞれ, はそれら, は全然, は完全, は書けない, は最後的, は決して, は確, は私, よりも既に, より先きだつて刊行, より地, をいつたい, をたくさん, を多く, を書いたであろう, を次々

▼ れたばかりの~ (84, 0.1%)

2 ところへ, 頃の

1 [80件] あなたに, お村, お駒, ことまで, この土地, これは, ころで, ごく薄手, つや, ときひろ子は, ものかと, ものだった, ものであり, ものを, ようじゃ, ウダールニクが, キズだ, タルデュー内閣が, ビール瓶を, ルビーと, 一人の, 下瞼, 事よ, 倫敦の, 処へ, 前日の, 十二月で, 十五, 地面は, 奇怪な, 姿が, 学生オーケストラの, 家だったら, 小娘の, 島崎藤村さんに, 幼児及び, 庭も, 恵慶の, 戦争次官だった, 所だった, 救世主が, 新しさ, 新帝陛下です, 柳田先生に, 次の, 武士の, 殖民地気分の, 殿の, 毛糸で, 灯の, 牡蠣の, 狭い袷, 狹い, 玉の, 生々しい傷口, 産業博覧会で, 男で, 男の子が, 白地を, 真新しいインク, 絵画展覧会への, 者の, 若い兵士, 若い女, 若い御用聞, 荒い肩息, 虫を, 血に, 西郷将軍も, 赤ん坊に, 赤坂城を, 身である, 重信が, 野の, 雑誌, 青枝を, 頃であった, 頭は, 髪の毛は, 黒い穴

▼ れた大きな~ (84, 0.1%)

4 苹果を 2 予期しない, 家が, 悲歎の, 楡の, 眼, 鉄の

1 [68件] カンバスは, ガラス器の, 九年母と, 亀が, 二枚の, 修道院, 傷痕が, 入江が, 公立病院の, 十字架像が, 卓子に, 卓子の, 口, 口を, 同情にたいしては, 唇, 問題が, 四角な, 土の, 土塊の, 堊筆画が, 声たいがいの, 嫌らしい, 孔の, 官庁の, 定紋が, 寝台の, 屋敷跡で, 山腹が, 帳面を, 広間は, 建物の, 引伸し写真の, 御賜物, 悲しみと, 愛使命の, 扉を, 文句が, 方の, 旅行籠の, 机の, 束の, 板が, 板石の, 模様の, 機械を, 浴槽は, 湖の, 炉に, 牛が, 白猿が, 眼は, 眼玉に, 石に, 窪地に, 箱の, 紋は, 紙を, 紙鳶が, 衣裳戸棚が, 豚の, 赤い耶蘇, 趣味信仰といふ, 門扉が, 門札が, 風呂しき包の, 骰子には, 鳥瞰画は

▼ れたけれど~ (83, 0.1%)

2 それから後, それは, 一睡の, 小野は, 母親は

1 [73件] あたしイヤだ, いつまで, お前みたいな, この人, じっとし, そうでしょう, その中, その名, その後も, その生前, その間に, それについては, それを, ただ先立つ, どうした, どうして泣かず, どうも今晩, どこにも, どんなにその, なかなか帰っ, ほとんどだれ, また別, まだ学生時代, まったく偶然, まるで忘れられた, やがて再び忘れられた, やがて向う, やはり暑気, わりあいに, カチッという, 不思議な, 二度目は, 人に, 今日は, 仲間の, 何の, 別段泣き, 前の, 創世紀には, 医師に, 否大丈夫, 囀って, 囀つて, 堂島を, 大胆な, 娘は, 家内中唯, 幸内は, 御用聞の, 惡い, 故障が, 断る, 是は, 曲者は, 本当に僕, 気分が, 江戸で, 然諾を, 當時の, 疲れても, 直接の, 眼鼻だ, 私は, 私も, 私達は, 維新後に, 行かなかった, 西洋館に, 諸種の, 賢吉の, 金の, 開いて, 鬨の声の

▼ れた二人~ (82, 0.1%)

3 の者, の間 2 の侍, の兄妹, の男

1 [70件] がいかに, がこの, がその, が偶然, が揃っ, こそじつは, そのうち, その二人, であるか, です, では, なんで, のうち, のみか侍側, の人影, の仲間, の会話, の其一人, の典医, の内, の前, の周囲, の大将, の女, の子, の子ども, の子供, の学生, の客, の小児, の師弟, の影, の影法師, の心, の志願兵, の恋, の悪玉, の文選工, の武士, の測, の漁夫, の犠牲者, の男達, の破落戸, の総代, の縁, の農夫, の醜悪, の顔, はあたり, はいよいよ, はこれから, はしばらく, はそれ, は争っ, は口, は官舎, は岩屏風, は広島, は思わず, は急, は悠々, は早, は松明, は見合せた, を加え, を母里家, を犯人, を素, 売ろうか

▼ れたかを~ (80, 0.1%)

2 想像し, 知って, 知らなかった, 私の, 私は, 聞いて, 詳らかに

1 [66件] よく調べ, 今日に, 兵士らは, 古典によって, 告げて, 存じませんが, 尋ねかけました, 尋ねるに, 小説的に, 少しでも, 彼は, 後に, 後悔する, 思いおこして, 思い出した, 思い出せば, 思い浮べ又, 思い自分, 思ひ當, 思わずに, 想像する, 探らねば, 明らかに, 書かねば, 検べ, 深く考え, 理解する, 知ったとき, 知つていらつ, 知つてゐる, 知らない, 知らなかっただけさ, 知らぬ, 知らぬが, 知らむことを, 知らむと欲, 知るに, 知るまでは, 示すに, 窃かに, 第一, 考えると, 考へずに, 考察する, 聞く務め, 表明せね, 見た, 見て, 見るため, 見極めるよう, 訊かれた, 記して, 詳かに, 詳に, 語った, 語つた, 語つて源助さんの, 語り得る人, 語る, 説明しよう, 誰が, 調査した, 論じたもの, 貞子より, 質問した, 述べ立てた時

▼ れたとの~ (80, 0.1%)

7 ことである 6 ことで, ことであります 4 事である 3 うわさも, こと, ことだ, ことであった, ことです 2 ことだった, ことでございました, ことに, 事いや, 事だ, 事だった, 事で, 話を

1 [26件] ことこれから, ことでございます, ことでした, こと神田の, こと自分は, こと門弟の, こと青山の, もっぱらな, 事ご, 事じゃ, 事であった, 事であります, 事三年の, 吉報, 報せが, 報告を, 報知が, 報知である, 報知も, 大評判, 届け出に対し, 深沢多市君の, 解釈は, 評判に, 説の, 風評も

▼ れた一人~ (80, 0.1%)

7 の男 6 のお 3 であった, である 2 であること, なん, の人間, の女, の女性

1 [51件] かと思ふ, かも知れなかった, がある, が郡奉行, だけは逃げ去る, だったかも, だったが, だったの, だつた, であったと, であっても, であつ, であります, でございました, ですが, でフランス, で万一, で夢, として二ヶ月前, とならなけれ, ないし數人, なの, になる, に違い, のカール, のソヴェト, の兵士, の処女, の女中, の娘, の婦人, の将校, の少女, の従僕, の慰めよう, の曲者, の母, の犠牲者, の独身, の獄吏, の第三者, の美女, の老人, の花圃, の英国婦人, の通人, の高慢, はそんな, は何, は客, を抜かし

▼ れた~ (80, 0.1%)

4 がある, がない 3 はない, もある 2 しは, はなく, は沢山, を擧げ

1 [58件] があり, がありました, があります, が三回, が二三, が多い, が少なく, が甚, さえある, しがない, しのなかつた区域, だ, であって, として擧げ, として見るべき, などある, にならっ, の仕事, の八十万円, の剃刀, の唖, の大きな, の太い, の後姿, の指環, の書類, の無表情, の白毛, の百萬塔, の示談契約, の紙片, の落城, の調べ事, の部屋, の雑誌, はありません, はあるまい, はこの, はほとんど, はまだ, はユール, は一度, は他, は余り, は劉備, は古代, は奴隷制度, は屡, は珍しく, もあれ, もなかなか, も多く, も少く, をきいた, をみ, を挙げおり, を捜し, を知らない

▼ れた~ (79, 0.1%)

2 と心, にもこの, の奥, はいつも, もだ, よ

1 [67件] からの友達, が, がある, がいま, がしまし, がまた, がやわらい, が宿った, が細い, が起つた, が金吾自身, であつ, であらう, である, でしか物, ですぐ, で周囲, で寝台, で彼, で日々, というもの, といふもの, と云う, と焦, にもなく, に並行, に対してそれほど, に気がつきました, に至っ, のおち, のみが愛, のもう, の上, の働き, の口, の安静, の平衡, の底, の日記, の明る, の殘, の矜, の砕片, の破局, の秘密, の臓, の落ち付き, の過程, の道, は云, は喩, は皮膚面, は矢張り畸形, は純粋, も慰められただらう, をいだいた, をくだい, をすぐ, をもっ, をやっと, をやつ, を取戻そう, を哀れがらず, を始末, を導い, を抱い, を無理

▼ れた様子~ (78, 0.1%)

7 もなく 5 です 4 であった, もない, を見る 3 である 2 だ, だが, で, でその, はございません, を見せ

1 [39件] がない, が見えた, が見えぬ, が見える, しかるに館, だった, でうむ, でけれども, でございました, でした, ですが, でとみに, でもなかつた, で兎, で問う, で大空, で是, で玄関, で窓際, で這入れない, で頭, などにも詳しい, などは書かない, にすつかり, はない, はなかっ, は日本紀, は眼, は見えなかった, もありません, もねえと, も無い, も見えず, をし, をした, を思う, を装い, カチンと, 悪獣

▼ れたとも~ (74, 0.1%)

2 いう, 思わないが, 知らずに, 考えられる, 聞いて

1 [64件] いい姿, いい得られる, いうこと, いうの, いえないであろうが, いえるくらい, いえるの, いふと, いへる一つ, いわない, いわへんらしけど, いわれるから, きめて, ないのに, なんとも歯牙, まだとも, わからず原語, わからないたった, 云いますけれども, 云えましょう, 云われて, 云われるかも, 伝う十三世紀, 伝えられて, 伝えられる, 伝わって, 伺ッて, 何ともたとふべき, 何とも進退, 元の, 大阪で, 後世では, 思えないの, 思えなかった, 思えぬから, 思えぬ事, 思はれないが, 思へないが, 思わない, 思われない, 思われぬ, 思われる文章, 怪我を, 気まりが, 気附かず, 氣の, 知らず竜濤寺, 知れず伸子, 竪川の, 考えられよう, 聞きません, 聞くころ, 聽かな, 膨れ上ったとも, 見えない, 見え或は, 解釋出來る, 言って, 言つてない, 言は, 言へば, 言わぬ, 言わるる, 貶しめ

▼ れたもん~ (74, 0.1%)

159 ですから 6 だから 4 だが, だな 3 だね, です, ですからね, ですね 2 ですよ

1 [22件] さ, じゃったが, じゃったがのう, だがのう, だけど, だそう, だて, だなあ, だよ, だらう, だろう, だ大体君, で, であたし, ですなあ, ですもの, でせう, でそれ以上追究, でねえ, でムッ, で王様, や

▼ れたんで~ (74, 0.1%)

10 せう 3 せうか 2 ござります, 僕は

1 [57件] あたしも, がす, このご, せう持つて, せう普通, せう眞, せう絞め殺されたの, そのまんま, ちょっとムカッ, つい卑しん坊, どうにも恁, なきア身投げ, なにが, はきのどく, はっとした, びっくりし, ふらふらと, ぼうっとし, まずお座, やたらどなっ, よく知っとります, わしも, スッカリ観念したらしい, 事が, 今あの, 何んにも, 余儀なくね, 側に, 僕も, 先に, 危うくおぼれよう, 困って, 大変に, 奪られた, 妙だ, 妬いて, 姉さんが, 婿なんか, 宜しおま, 実は面, 家の, 少々弱らされた, 少し面, 山猿めすっかり, 御馳走する, 恐縮しました, 恥ずかしいの, 恩誼が, 情けなくなっ, 最初は, 机の, 機嫌を, 死ぬよう, 短いもの, 私の, 罪を, 退職願いでも

▼ れた~ (74, 0.1%)

32 がした 10 がし 5 がする 4 がしました 3 になっ, の出る 2 がしない, になり, もする

1 [11件] があそばす, がしもする, で, でいる, になった, になつて, のする, はい, もされる, もし, 易さ

▼ れた~ (73, 0.1%)

9 だ, です 6 である 4 だが 2 であるが, でございます, ですが

1 [39件] さ, だから, だったの, だと, で, でありある, であるから, でご, でございましょう, でございますよ, ですから, でアラン, なの, の, のこれら, のイネ国軍, の七八千兩, の事, の典膳, の出雲守頼門, の国俊, の国書, の坂本新太郎, の大, の峯吉, の彼等, の心, の志津子夫人, の景教碑, の私達, の精神, の結論, の若, の藤助, の詩子, の變動, の飛竜, の鶴屋利右衞門, はない

▼ れた~ (72, 0.1%)

7 だった 5 であった, である 4 であつ 2 あって, だから, です, のもの, の人

1 [41件] だつた, だまって, であったから, でありました, である今, でございまして, でございます, でした, で主として, で日出雄少年, で早くから, なあんな, なのに, なもの, なれば, な男, に毛深い, に職業的本能, に能力, のお, のお方, の事, の傷, の器量, の地方, の大, の大軍用金, の太夫, の小, の少壮, の徒, の激動, の熱血兒, の諸, 労働の, 婦徳の, 実に冷静, 月江の, 浮世に, 異様な, 資本主義の

▼ れた事実~ (69, 0.1%)

4 である 3 がある 2 があった, がその, が私自身, の中, もあった

1 [52件] がはたして, が三つ, が同時に, が見える, だ, であったならたとえ, であると, であれば, ではあった, でもある, でわれわれ, というの, とさえなる, との対質, と怨恨, についてであった, に帰着, に応ずる, に疑い, の一見, の羅列, の若干, の詳細, の説明以上, はつい, は世間周知, は何と, は全然, は其許, は吾妻鏡, は私, は証明, ほど多種多様, も耳目, や想像, をつげ, をまだ, を僕, を前提, を勝手, を指摘, を曲げる, を検証, を確証, を綜合, を表わす, を裏切る, を見, を説明, を適用, を部分的, を顧み

▼ れたのみ~ (66, 0.1%)

5 では 4 である, でなくまた 3 だった 2 であった, ならずこの, ならずその, ならず武家

1 [42件] だが, であ, であったのに, であって, であるから, でその後新聞, でそれ限り, でなく仮名, でなく古人, でなく同時に, でなく進んで, でなく非常, でまるで, で午後一時, で御寮人, で木曾駒, で正しく, で笠置, ならず, ならずいくつ, ならずかかり合い上, ならずこれ, ならずしばしば, ならずすぐ, ならずちょっとした, ならず一言, ならず其の, ならず南方, ならず守舊派其勢力, ならず家老鈴木等, ならず弥勒寺長屋, ならず当の, ならず彼, ならず払暁, ならず橋, ならず殿下, ならず皇后宮職, ならず私, ならず肉親, ならず膝, ならず輓近相対性原理, ならず野良仕事

▼ れた~ (66, 0.1%)

3 此方の 2 ほんの口先, よいが, 後袈裟

1 [57件] いかにも実際らしくない, いつか山伏風に, いつ頃, うの, げっちょろ, これが, そちが, その謎, ちの身の上を, はや三年越来年あたり, ほんの今し方, まアいい, やはり伊藤一刀斎, 一つの, 事変直後の, 二十年来初めて, 人も, 何か, 何とも云えぬ, 入唐後惠果和尚に, 全く写生, 其の男, 南部集五郎殿を, 即ちそれ, 味方の, 大友, 太平洋諸島で, 女冥加さ, 如何にも大師, 如何にも心外, 如何の, 妾の, 学問淵源が, 実に見じ, 御自分, 心外さりとて, 必定と, 拙者殺し, 故ある, 明治二十年七月であった, 明治十七年作者四十六歳の, 是れ, 時によって, 朝鮮語で, 本当の, 根本説一切有部毘奈耶雜事九に, 畢竟世榮, 疑いを, 真にあり, 私の, 紅毛ぶりの, 美女でも, 菊一文字の, 蜀の, 衆人の, 逸見多四郎先生と, 黒塗りの

▼ れたはず~ (66, 0.1%)

8 である 72 だが, だという, です, なのに, のあの, の勘兵衛, の寿詞

1 [37件] がない, じゃありません, だった, だったが, だと, だよ, であった, であった出版, でありあるいは, であるから, でございますが, ですが, ですがね, ですこの, ですね, でそれ, では, で水, なの, なのよ, なん, のお, のこの, のその恐るべき, のレム, の人物, の変動, の御, の忍剣, の明山侯, の書物, の父, の自分, の親, はない, もない, よ

▼ れた感じ~ (66, 0.1%)

9 だった 6 がした 5 だつた 3 のする 2 がない, だ, であった, である, です, ですが

1 [31件] がする, が大切, が焼けつく, こそ自分, しかそこ, だかつて, だったから, だ云々, であるが, でしかなく, でした, でその, で五郎, で内心, で刻一刻, で夜, で抵抗, で空, で義平太, で腹, で話題, で非常, で鼻筋, なの, にかわる, に襲われ, のある, の中, をもった, を起さない, ジリジリと

▼ れた世界~ (65, 0.1%)

4 の人間 3 の中 2 のうち, のよう, の僕, への入口

1 [50件] がそして, が読者, だけが堪らなかつた, であるに, でなければ, ではそうちょいちょい, では言葉, でもない, とはこういう, と多く, なの, なん, においてでなけれ, についても云, には同じ, に二人, に住ん, に侏儒, に入り込む, に出かけ, に対して以前, に對, に工藝, に過ぎぬ, のため, のゆゑ, の傍ら, の変革, の常識, の提唱, の文学, の王国, の現れ, の窮屈さ, の裏, の道, はない, は事実そのもの, は色, へ身, をあら, をなつかしく, をのぞいた, をもう一度, を出でない, を創ろう, を突きぬけ, を考え, 全體, 即ち想像

▼ れた当時~ (65, 0.1%)

2 のこと, の心持, の歌, の私

1 [57件] ある雑誌, からあった, から一歩, から今日, から俺, から反, から書きはじめ, から知識階級, から退屈, この室, すでにすでに半蔵, その反響, その死体, でも少く, にあ, においては七百三十カ所, にくらべたら, に剥き捨てられた, のまま, の事, の事情, の人, の光景, の動悸, の反動期, の大仏殿, の封建時代, の島, の心理, の思い出話, の感激, の有様, の朝廷, の東京絵図, の根岸子規庵, の模様, の洋燈, の現実, の美妙, の苦しみ, の表情, の諸, の貴族たち, の金堂, はそれ, は代用臓器, は住むべき, は何分, は各紙, は娯楽読物, は艶麗双びなきもの, も世評, よほど注意, を思い起す, 既にメンセビキ, 残された二人, 読んだもの

▼ れた手紙~ (65, 0.1%)

2 だ, であった

1 [61件] がある, が其日水月, が妻宛, が届いた, が改めて, が燃えかかっ, が総監, であるという, であるとしても, で何, で典雅, で感情, というもの, とお金, とかいふもの, と一緒, と金包, などもある, について不親切, には一つ, には友情, によれ, に目, に触れ, のこと, のふう, のよう, の一片, の丸い, の使い, の数々, の文句, の文言, の殻, はその, はたいして, はどう, は凡, は厚い, は厚く, は文章, は次, は短, は結局どこ, や品物, をいく度, を刑事, を取っ, を姉, を恥じる, を手拭, を披, を探す, を書く, を最低, を最後, を発見, を穂, を終ります, を自分, を間

▼ れた~ (64, 0.1%)

7 である 4 だから, であった 2 だつた, でありました, でした, ですから, で痛い, のこと, の事

1 [35件] いで御座, だ, であ, であつ, でありましたが, であります, でありますから, でしたが, ですが, でそんな, でそんなに, でどうして, では奥州侍, では平気, で今日, で呉れる, で早咲き, で朱子派, で殆ど, で至つてらく, で適度, で驚く, な事, な人格者, な勢, にしか感動, に野枝さん, に間もなく, の愛弟子故, の男, の相違, の関係, はなん, ゐだつた, ゐ何ん

▼ れた問題~ (64, 0.1%)

4 である 2 であるが, ではない, はこの, を解く

1 [52件] があり, がこん, が一つ, が他, が何時, だ, だけを簡単, だつたの, だと, であった, であったの, であって, であっても, です, ではある, ではなく, でもありません, といふの, と新しき, なの, についてちょっとした, についてちよ, には与らない, に外, に対しては云わ, に応じる, の会, の場所, の扉, の発展, の通路, の違っ, の長持, はあまり, はその, はそれ, はそれら, はなぜ, は合法的研究, は如何なる, は批判, は折角, は極めて, は空間時間それ自身, は肺活量, は英善, もない, をかく, をすべて理論上, をその後, を解決, を通じてこの

▼ れた子供~ (64, 0.1%)

5 のやう, のよう 2 の安否, を見る

1 [50件] がやる, が今度, が女の子, が姉さん, が母親, が狂氣, が独り, が甘, だつた, であったので, であるから, ではなかっ, と教育, なだもの, なればこそ, にたいしては別に, のこと, の姿, の小さな, の様, の死体, の死骸, の泣き声, の若干, の見世物学校, の親, の話, の赭, の頭, の首飾, の魂, はそんな, はほっと, はまだ, はもはや, は力, は悉く, は直に, は給料, は軟かく, ばかりが焚火, もっともっとひどい, や強姦, より他愛, らしい姿勢, をすて, を哀惜, を搜, を突き飛ばし, 迄が大人しく

▼ れた気持~ (64, 0.1%)

9 になった 5 だった 3 がした, であった 2

1 [42件] から来る, がし, がすこし, がする, が前, が堪えられない, が強い, だから, だったが, だつた, であなた, でいられる, でした, でそういう, でその, でふらりふらり, でカット, で一寸間, で並木, で口臭, で新しい, で暫く, で次に, で気持, で無理, で笑顔, で青年, で食堂, というの, とが交錯, と一つ, になり, になる, になれた, に突き当る, の方, は分る, は決して, もありました, を思い出す, を誰, 良い一日

▼ れた~ (64, 0.1%)

4 がある, のよう 2 が歴然, が見え, はない, は打身, もなく

1 [46件] か短い, があった, があり, がありあり, がない, がながく, がなんとなく, がはっきり, が次第に, が残っ, が殺された, が涙, が窺, が飛ぶ火, だけが残っ, だつた, だという, であった, でありました, でしたやう, でないもの, ではこの, とで顔, とピッタリ, と内部, などを数え, について冷たい, には停車場, にもちゃんと, に手筥, の四角, の空気, はそこ, はただ, はともすると, はなかっ, は房楊枝, は方々, もない, らしく亀甲形, を不器用, を修理, を押えよう, を探し, を見, 入替に

▼ れた姿~ (62, 0.1%)

6 を見 3 を見る 2 でそれ, は誰, を見た

1 [47件] が切ない, が反, が描かれ, が新しい, が此処, が浮び上がる, じゃ, であった, であらわれ, であります, である, であるとして, であるの, であろうか, です, でせう, で受取られ, で思いかえされる, で表, で長平, としていくらか, となつ, ともいえましょう, なの, において再び, にし, に於い, に発展, はロダンさん, は一つ, は前, は殆, は淋しかっ, は絶対的均勢, をわれ, をガラッ, を二年半, を出した, を幻視, を思っ, を早春, を残す, を深く, を父, を玄関, を脳裡, を見たい

▼ れた小さな~ (62, 0.1%)

3 広場に 2 野原に

1 [57件] テーブル, パンフレットを, ランプと, 一つ一つの, 一軒家であった, 世界に, 丘が, 丘の, 丸いカード, 仏壇の, 仲間が, 傷以来体中に, 入江で, 入江にな, 原本によって, 口元に, 土間だ, 声を, 失望の, 存在眼の, 孤島が, 家だ, 島の, 平地へ, 平野が, 店で, 庭が, 庭に, 戸棚が, 新たな, 明地で, 橋が, 水たまりが, 泉で, 洋風建築が, 現実を, 田舎町その, 町, 盆地の, 祭り, 空が, 窪地が, 箱車を, 紙包を, 耳に, 肉屋に, 草原に, 薄汚いそして, 西洋館の, 貼紙が, 赤い門, 足が, 部屋に, 部屋の, 馬場を, 骨を, 魂の

▼ れた~ (61, 0.1%)

8 である, では, でも 54 であるが 3 ですね 2 だね, で, です, なん

1 [17件] かなと一人, けのもの, だが, であった, であって, ですか, ですが, ですな, でなくとも, でなく可, で自分, なので, になる, はございませんで, は呑, は誰, もそこ

▼ れた~ (60, 0.1%)

2 にあった

1 [58件] から生れた, から良妻賢母, でいかにもぽつんと, でまた, で二匹, で何等, で僧侶, で平塚君, で我々, で最大, で舌, で街, で野村彦右衛門, と外, にいる, にすっくと, にその, にどうも, にはおとなしく, にまた, にもう, にもせよ, にもところどころ, にも中学生, にも自然その間, にも非人, にアリー, にゴコク, に一つ, に一ヵ所, に一番, に三人, に単, に古賀精里, に右, に坐っ, に底, に支度, に景教, に満, に琵琶, に生活, に痰, に私, に籠城, に老, に血みどろ, に赤い, に闇太郎, のどの, の一人, の一軒家, の小さな, はただ, はまさに, へみんな, を得た, を通っ

▼ れた~ (59, 0.1%)

24 あらう 11 せう 5 あらうと 2 あらうが

1 [17件] あきらめますが, あつたらう, あらうし, あらうもの, かれは, しよう, せうあの, せうが, ッぷり肥った, ドコかの, 一向に構, 一層仕, 伺いますと, 又その, 好都合, 暗誦し, 馬は

▼ れた文字~ (59, 0.1%)

3 であった 2 があざやか, である, は

1 [50件] があった, が一つ, が哲学, が明らか, が読みとられた, だった, であるとも, というもの, として読ん, と同じ, にもギルド, にも乱れ, に深く, の上, の働き, の写真, の濃淡, の靜的線, はしっかり, はすっかり, はそのまま, はだ, は一寸, は五字, は幾度, は彼, は書く, は津田, は簡単, は素人眼, は老人, もよく, も明らか, や絵画, をがんりき, をすつかり消し, をその, をなつかしく, をのっけ, を不審さうにぢ, を思いだした, を拭き消した, を指し, を探し, を無視, を見る, を読みはじめた, を読ん, を通してこの, 見過ごされるこれら

▼ れた~ (58, 0.1%)

2 世界に, 悪魔は, 旗の, 魚が

1 [50件] いさ, き女中, ひさ, ぶとり, テーブルが, ブルジョアジーとの, 世界の, 信の, 冊子を, 函の, 動物の, 卓の, 地主は, 天使めいた, 寒村にさえも, 尾根も, 州グラヴィについて, 左衞門とは, 差配の, 市民の, 平地が, 広い緩斜面, 庭が, 式部の, 文治が, 旌が, 日向台町と, 法師は, 滴が, 物体とは, 独楽が, 猿が, 盆地を, 窓が, 箱は, 粋に, 腕は, 艶と, 花瓶の, 英語とも, 虫の, 袿が, 部分のみに, 部落の, 長い奉書紙, 隆起の, 馬の足は, 馬車であった, 魚と, 魚の

▼ れたとおり~ (57, 0.1%)

5 にした 2 にし, のこと, の者

1 [46件] いったのよ, こっそりこの, こわして, しはじめました, します, すぐ大勢, ただ城外, であります, である, ですよ, でその, ではなかっ, に, にお, にかあっ, にしなけれ, にしました, にすぐ, にする, になっ, になりました, にほとんど, にやっ, にジージー, に乗るべき, に勇烈確乎, に命, に家族, に後輩, に従ってマネー, に御, に美しい, に背手, に部屋, に静か, に飾り, の大木, の息子, の謝罪, の身振り, ほんとに愚鈍, を書い, 古い馴染, 行って, 開けないで, 黙って

▼ れた人物~ (57, 0.1%)

4 である 2 です, は言

1 [49件] かうちあけた, から, がチャン, が他殺, が出, が壁, が完成, が悪魔, が情況, が立っ, だけあっ, だけがどこ, だった, だったのに, で, であった, であったこと, でありながら, で年, というもの, と云え, と深い深い, と誰それ, なり事件, にこちら, にもクラナッハ, のカーキ色, の動き, の心理, の性格, の樣子, の死体, の身辺, の陰, は, はしばしば, はない, はなお, はオカカ, は一九三五年, は全く, は創立当時, は天竺, らしい, をつくり出し, を最も, パッと, 一方稲富喜太夫, 及び市街

▼ れた生活~ (57, 0.1%)

1 [57件] から脱し, から自由, がある, が三元, が年頃, そんな言葉, であ, とから新しい, とがまざまざ, とこの, との間, と比べる, と精神, など, につく, に即した, に堪えしのぶ, に対する革命的, に憧憬, のあいだ, のうち, のこと, のつまらない, のどんな, のシワ, の上, の全部, の各, の感想, の晶子, の檻, の相, の結果, の背景, の道, の鋪道, はその, は反逆的, は戦時, は社会性, への省察, へ自分, ほど唯今, も一つ, をし, をどう, をなんとか, を余儀なく, を営む, を営ん, を感謝, を物語っ, を美しい, を耐え, を送, を送っ, を通して社會

▼ れた~ (56, 0.1%)

8 一の 4 二の 2 二版の

1 [42件] 一〇番目の, 一は, 一二三図を, 一囘人口実測の, 一回ナヤマシ会, 一流の, 一版の, 一王子は, 一番である, 一稿は, 一號に, 一話であった, 一諮問委員土方青山友田北村第, 七回ドイツ社会学会では, 三の, 三回内国勧業博覧会に, 三回勧業博覧会に, 三回総会に, 三回美術院同人展出品の, 三版が, 三等は, 三議会が, 二十三回の, 二十五回世界ペン大会に, 二囘萬國平和會議で, 二回の, 二回総, 二回総会に対して, 二報が, 二報の, 二次世界大戦は, 二次五ヵ年計画の, 二次的の, 二第, 二篇は, 五の, 八潜水艦, 八潜水艦の, 十一章ないし, 十室の, 四の, 四階級は

▼ れたせい~ (55, 0.1%)

4 かも知れない 3 であろう 2 かどうもすこし, だと, であったかも, である, でしょう, もある

1 [36件] かいつもぴいぴい, かいろいろ, かようやく, か何, か冷たい, か地上, か壺, か夕方, か少し, か山峡, か峠, か役人たち, か彼, か父, か真赤, か紅染め, か腰, か髯, か鬢, だ, だろうと, であったろう, でありましたが, であり彼女, であるかも, であろう首, でしよう, ですね, でも, でもあったろう, と見る, ね, ばかりで, もあった, もあったでしょう, らしい

▼ れたそれ~ (54, 0.1%)

2 で堪忍, やこれ

1 [50件] からこっち, が, がある, がいわゆる, がただ, がため, が十數年後, が因縁, が彼, が機会, が茶わん, が見納め, こそは実に, こそ半, こそ牧者, だ, だけ反動, だと, であり而, です, とは正反対, とほぼ, と同じ, なるお, なる疑問, についてロマン・ロラン, には深い, に就, に添えられた, に關, の學問的用語, の時代, はかうだ, はこの, は以前, は勿論, は女房, は広大, は智惠子, は本当に, は逸作, ばかりでなく, までのかよわい, もお, も一昔, も上意, をお, を受ける, を思え, を見得なかった

▼ れた以上~ (54, 0.1%)

2 一応は, 如何なる意味

1 [50件] きっとどこ, このうえどじ, この婿引出, この理論, ぜひとも行かなく, というの, どうしてもそのままに, どうしても下手人, どうしても相手, にいろいろ, に合理的, に強い, に悪い, の喜び, の意味, はこれから, はしかた, はそれ, はとうてい, はどうせ, はどっち, はどんな, はどんなに, はなお, はのめのめ, はもう, はもはや, はタダ, は公儀役人, は女, は存否, は後, は必ず, は機嫌, は相手, は私, は落第, は軽率, は返事, ひきさがらなくては, もうこんど, もう仕事, 不甲斐なく後, 何故職, 再びもと通り, 出来るだけ, 好い役割, 捨てても, 特に異, 第二

▼ れた~ (54, 0.1%)

3 の中 2 だが, にもあるで, や書類

1 [45件] があったら買い求め, があります, が其の, が出るらしい, が整理, が正統, が淋し, が高尚, つ国, で, であること, でした, ですよ, ではなく, で戦争中, として読まれ, と本, などを入れ, にしろ, にはまだ, に源氏物語, に過ぎないだらう, のこと, のなか, の並べ方, の名, の多く, の大きい, の家蔵, の形, の数, の目録, の総数, の表題, はそれでは, はそれ等, は其の, もあつ, もなかっ, も見た, やまた, よりもはるか, をよむ, を手段, を青木

▼ れた若い~ (54, 0.1%)

4 男の 3 女が, 男は 2 女の, 時分の, 武士は, 男が

1 [36件] つや子は, ときの, ひとに, 一武者は, 人々にとって, 人々自身および, 人の, 体は, 侍であった, 侍は, 公達に, 唐松の, 士官は, 女は, 女を, 女二人は, 女性の, 妓は, 妻が, 患者が, 技士は, 方の, 時の, 武家を, 生き生きした, 男であった, 男借金で, 男女は, 男神が, 番頭の, 稲の, 者, 英吉利紳士である, 街の, 馬商人は, 魂に

▼ れたくらい~ (53, 0.1%)

8 であった 4 だ, だから 3 である 2 であるから, です

1 [30件] そのお, だし, だった, で, でありましたが, であるが, でお, でした, ですから, ですもの, でその, でなかなか, で一念, で四つ, で席, で旗, で本屋, で死, なもの, なら妾, なんだ, な人間, 万事心得, 何しろ江戸中, 富豪の, 揺れた, 故その, 神経質に, 色の, 茫然歓びと

▼ れたにも~ (53, 0.1%)

2 かかわらずこの, 拘らずお, 拘らずその, 拘わらずその

1 [45件] かかはらず和田左衛門尉さま, かかわらずその, かかわらずぞくぞく, かかわらずとうとう, かかわらずどうして, かかわらずまだ, かかわらずより, かかわらず不, かかわらず他, かかわらず八住, かかわらず和算家, かかわらず地代, かかわらず増俸, かかわらず安井, かかわらず彼, かかわらず彼等, かかわらず普通教育, かかわらず生産力, かかわらず私自身, かかわらず肝腎, かかわらず臨終, かかわらず船員ら, かかわらず良い, かかわらず遅々, しろ以前, せよ到底, よるの, 不拘, 拘はらず演出者ジャック・コポオ, 拘らずこの, 拘らずなほ, 拘らずまだ, 拘らずイベット, 拘らずヒダ, 拘らず人心, 拘らず出版界, 拘らず年, 拘らず彼女, 拘らず米友, 拘わらずついに, 拘わらず皇子, 無理は, 由るが, 等しい深い沈思, 関らず

▼ れた~ (53, 0.1%)

3 同じだ 2 同じこと, 同じ事, 同様だ, 同然だ, 同然である, 同然です, 同然の

1 [36件] うか, うた, お前ん, かんと, この前後, ござらぬわ, ぢり, どうよう, ないもの, ぬけの, ねえもん, また厭いた, また甚だしい, やっぱりこれ, ようだ, ようは無く, ンだ, 一通の, 単なる風狂, 同じよう, 同でございます, 同一ですだ, 同様で, 同様である, 同様な, 同様に, 同樣, 同然じゃ, 同然で, 同然歩兵隊の, 御両親, 御道理, 思へば, 感心だ, 無理は, 知らずに

▼ れた彼女~ (52, 0.1%)

3 の顔 2 の姿, を模倣

1 [45件] が伴, が化粧, が叫びだした, が女優生活, が梁, と奪った, に対するの, のあの, のコオト, のスカート, の二番目, の境遇, の大切, の小さな, の屋敷, の心, の悲しみ, の情熱, の指, の様子, の死, の洋服, の清らか, の生家, の眼, の神経, の第, の聴覚, の胸, の茅葺屋根, の金髪, の髪, の魂, はそれ, はつぶした, はとうとう, はむかし, はようよう, は何, は堪え, は慾, は若き, は親類, は輝く, もことし二十三

▼ れた~ (52, 0.1%)

3 のところ 2 には早川, に向っ, の中, の外

1 [41件] からなまぬるい, からぼんやり, からフリージャ, から冬, から射し込んだ光り, から少し, から帝都, から見える, から路, から軽やか, から首, があつ, が二人, だの昔, といい, とその, にあこがれた, にもまして, に木の葉, に雨, のため, のない, のゆか, のカーテン, の下, の下部, の内部, の効能, の許, はその, は堂内, へ飛びつき, を眺める, を見つける, を見る, を見詰め, を通し, を通して彼等, を通して春, を通して馨っ, を通して黄昏

▼ れた~ (51, 0.1%)

2 る小さな, る微妙, る意味, る能力, 男の, 貧しい町

1 [39件] るもの, るイギリス, る一定意識, る一部族, る事, る事件, る他, る仮定, る何, る先住民, る匂, る化合物, る批評, る数値, る文章, る時期, る本, る本能, る校長, る段階, る気持, る気風, る湖畔, る猫, る生命, る男, る男女, る社会主義者, る種, る霊物, 人の, 四十がっ, 無駄話の, 男女の, 科学的実験を, 程度の, 者は, 航海學の, 貧しい町はずれ

▼ れた~ (51, 0.1%)

2 をもっ

1 [49件] からは糸, からぽろり, がきらきら, がぽ, がぽっと, がまじまじ, がハッキリ, が仄か, が僕, が少し, が過去, が開い, でございます, でしょうな, でそこ, でよく, でキャフェ, で法水, で見, で見る, とは彼, と心, にいつも, にきっと, には何, には肉感, には至極もつとも, にもポッ, によってそして, に焦点, に燠, のおそろし, のよう, の下, の光り, の大きい, は健眼, は偶然, は切れ, は床, は眼蓋, は遥か, ばかりでなく, も椀, をしば, をそのまま, を教わった, を皮膚, を見

▼ れた日本~ (50, 0.1%)

2 の女, の姿, の文化

1 [44件] がよく, が動く, であつ, における公私, に主力, に関する凡て, のうた, のこども, のすべて, のよう, のプリマドンナ, の一婦人, の上, の世界一等国, の全, の古典, の商船隊, の大, の家屋, の幾千万, の当時, の心, の数百万, の文学, の新しい, の旧い, の民主化, の民主生活, の治安維持法, の漢詩, の火, の現実, の生, の登録商標, の知性, の石器時代, の神, の織物帖, の読者, の面目, はもう, は東, は滅亡, への

▼ れた~ (50, 0.1%)

3 であると 2 に少しく, に顔

1 [43件] かその, かとも思われる, かも知れない, か思つた, か急, か身体, だと, であったと, であります, である, であろう, であろうと, ではない, ではなく, にさ, にその, にそれ, にです, にとうとう, にほかならぬ, に今, に今日, に他, に働く, に先生, に名高く, に哭い, に坂, に夜どおし, に容易, に悶々, に意味, に気, に登山, に相違, に自白, に語部, に道, のみでなく, もあります, もある, 来りなんで, 特に深い

▼ れた経験~ (50, 0.1%)

4 がある 2 がない, がなかっ, のある, はない, はなかっ, もあろう, をもっ

1 [32件] から知る, があった, がなかつた, が実験, が無い, が過去, が遺伝, さえある, だけから帰納, だった, であろうとも, で戦後犬屋, と分析, についても少し, によってで, のない, の堆積, の成果, の持ち主, はかつて, はなかつた, は今日, は大いに, は葛西氏, もあつ, もある, もなく, を, をもつだろう, を他, を持っ, を書いた

▼ れた時間~ (49, 0.1%)

2 と空間, に観察, を心

1 [43件] から大, がたしかに, が僅, が少なく, が私, が迫る, が過ぎた, だ, だった, だという, であつ, である, で出来る, というもの, とサイクル割当て, と経費, などという伝統的, なので, にしろ, には君, には私, には鶴雄, に仕事, に対する正当, のうち, のせゐで, の観念, はいつ, はただ, はない, ははっきり, は今日, は何時ごろ, は午前十時, は経過, や到着, や運動, をいわない, を取りかえす, を取り返さなけれ, を持った, を持つ, を汽車

▼ れた~ (49, 0.1%)

2 問題である, 大名の

1 [45件] 事項に, 件について, 作, 作品は, 先生の, 兵の, 内容に, 力や, 員諸君の, 問題の, 城の, 士の, 大名が, 大名も, 契機と, 官の, 将が, 将は, 形態を, 思惟物, 性質は, 断面の, 暦書を, 書より, 書及び, 本を, 概念は, 生は, 生物は, 発見に, 矛盾の, 研究の, 篇中の, 経験が, 職人, 臣は, 葛孔明の, 要求に, 要素から, 要素として, 觀念相互の, 論策が, 論策において, 隊の, 雑誌の

▼ れた部分~ (49, 0.1%)

1 [49件] から出発, がある, がかなり, が一つ, が人生, が創造的中枢, が却っていつも, が多かろ, が泥だらけ, が第一義, だけ, だけから感じられる, だけが土煙, だけを切り取っ, でありこの, であります, であるが, ではなく, というもの, とがだんだん, とが互いに, と描かれない, にその, についてだけ云う, について云, に何, に存在, に当て, に於, に発生, に著しい, のある, の壁, の存外, の毛, の畳, の肉体, は一種, は再生生長, は明るい, は次, は特殊, は距離, は長, は鶏, もあります, も考へる, を四年, を点検

▼ れた限り~ (49, 0.1%)

4 の意識 3 の自然 2 においてのみフィクション, においては私, の本質, の社会

1 [34件] ある従って, なき忍従, なく複雑, に於ける, の, のこの, のイデー, のインテリゲンチャ, のインド劇, の主観的, の事実, の前, の印象批評, の即ち, の場, の多数, の大衆, の屋根, の心, の思想, の性格, の感覚, の所謂素朴実在論, の政治, の最も, の歴史学的方法, の無意識, の現実内容, の真髄, の睡り, の研究方法, の虚偽, の誠實, はどんな

▼ れたかは~ (48, 0.1%)

3 知らぬが 2 今なお, 知らないが

1 [41件] いうまでも, いまだに僕, お分り, こ, ここでは, ここに, さだかでない, すでに読者諸子, その手紙, その毫も, だか, ちっとも御存じ, つまびらかでない, まだ疑問, まだ誰, わたくしには, ハッキリせぬ, 一切不明である, 不明だ, 主家の, 云う迄も, 今こ, 今は, 他の, 何人の, 余人たれと, 分らぬが, 却って逆, 容易に, 山中の, 岡っ, 年代史的には, 明瞭でない, 殆ん, 疑問である, 皆さんにも, 知る由, 覚えが, 解らない, 記憶し, 詳か

▼ れただけの~ (48, 0.1%)

5 ことで 2 もので, ものであった, 事で, 軽薄な

1 [35件] あらゆる知識, ことする, ことだ, ことだった, ことであっ, ことである, ことでした, こと事件に, どれい, はなしに, もの, ものだ, ものでした, ものは, ものを, ようだ, 事する, 事でした, 事は, 事を, 仕事は, 仕事を, 値打ちは, 場合には, 小言を, 意志を, 才弁であった, 旅では, 旅の, 書物だ, 湯呑と, 言論統制では, 話だ, 項目を, 驚愕を

▼ れたほどの~ (48, 0.1%)

2 驚きやうを

1 [46件] あとも, うつけ者だ, お方でございます, ことである, ことは, その嬉し, ひっそりと, ものも, 事件も, 人物です, 人物の, 傷も, 働き手だった, 剛の者であった, 剣客だった, 名刹である, 名臣, 名誉の, 変わり者で, 大一座, 大百姓, 大酒家, 小さい小さい傷, 小さい痕, 幕臣が, 影響を, 悪漢で, 悲しみようであった, 感興は, 憎しみを, 成果を, 旅行家だ, 時代である, 沈鬱な, 源三には, 男である, 美しさ, 自由も, 落着きは, 衝動を, 豊饒な, 遊び好きでございます, 酒豪であり, 重態が, 鞍馬の, 驚き加減

▼ れた~ (48, 0.1%)

2 にどこ, のこと, もこの

1 [42件] お君, お房, からぱったり, から三週間, から彼, でしかも, でもたしか, でよい, とお, とその, などは知覚, などは知覺, には下, にも伜, にも勿論, にも私たち, に限つて, ね, の助十郎, の午前一時ごろ, の模様, の由也, はあと, はあの, はそつ, はエリザベート, は亭主, は何處, は由也, は若い, は足柄, ひどい音, ほとんどその, も亦, も例, も太, も本人, も間違ひも, も頭巾, よ, ニヤリと, 又六

▼ れたかという~ (47, 0.1%)

11 ことは 3 ことが, ことを 2 こと, ことに, 点に

1 [24件] きびしい現実, ことから, ことさえ, ことだ, ことです, ことなどを, ことについて, ことの, ことも, こと迄を, その事実, ように, 一例にも, 事である, 事です, 事について, 事実を, 問題が, 問題に, 思いは, 悲劇を, 理由も, 真個の, 調査は

▼ れたからと~ (47, 0.1%)

17 いって 9 云って 3 いうの 2 いつて, 言って

1 [14件] あって, いうこと, いうた所, いうよりは, いえば, いっては, 云た, 云つて其儘帰つて来, 云つて其儘歸つて來ては, 云つて自動車を, 云つて逃げ出す, 思って, 意気に, 申して

▼ れた仕事~ (47, 0.1%)

2 にかかる, の年月

1 [43件] があつ, がうまく, がその, がもしも, が問題, だけはし, だと, であると, でした, ではありません, で平, で御座いましたが, で目算書, というの, について考へた, には本気, にぶつ, に就い, に違い, の三分の一, の分野, の意地, の感じ, の重荷, は, はこの, はまだ, はまだまだうんと, はみごと, は人生そのもの, は何, は給仕, をやっ, を一八七〇年以前, を仕上げた, を前, を堪へしのび, を始める, を急い, を持っ, を果す, を継続, 何とはかなき

▼ れた文学~ (47, 0.1%)

2 である, は殆

1 [43件] がジャーナリズム, が何, が国民文学, が無い, が生れる, が生活, こそはか, だ, であった, であるといふ, ですから, ではない, で有る, とは無関係, と云, なら文学, における行動性, についての評論, についての論文, になった, には過去的, によつて自分, に対するピューリタニック, に対する理解, に親しん, に関する感想, のこと, のみが諸君, のよう, のカテゴリー, の一つ, の一種, の善意, の方向, の組織的生産, は主として, は人, は単に, は如何, は長ったらしい, を文学, を生みだす, 即ち

▼ れた~ (47, 0.1%)

3 なの 2 のこと

1 [42件] いろの, があっ, がすく, が一部, が三十億五千八百万円, が惜しく, が返る, だから, で小使, で朝, というもの, とをあわせ, のある, のなぞ, の価値, の思った, の象嵌, の這入っ, の霊宝, はこの, は三百両, は二千両, は些, は人民生活, は子孫, は戻っ, は諦め, は高尾, もほとんど, も少なく, も温も, をあてがわれた, を以て私, を出した, を取り返したら, を受取っ, を彼, を探し, を直ぐ, を見, を見る, 及び銀

▼ れた~ (46, 0.1%)

9 のよう 3 のやう

1 [34件] か猫, がくんくんなく, が何百匹, が冬, が彼女, が泣き叫ん, が異様, が畳, が足, だ, である, というもの, と気, などを見, になり変わった, のいたいたし, の子, の幽霊, の感じ, の死骸, の面倒, の首, はひどい, はほとんど, は丸太, は人, は仕合わせ, は凝つ, は前足, は白い, は野良犬, を引い, を置いた, を見た

▼ れた~ (46, 0.1%)

2 が運動, である, なの, を自動車

1 [38件] がある, がどこ, だから, だけを知っ, であった, であったろうか, であつ, ではない, というの, なん, にこの, に漂っ, のむこう, のよう, の兩側, の小石, の感じ, の方, の究明, はうそ, はただ, はどちら, はない, は一つ, は二つ, は建設, は朝倉先生, は死, は狭かっ, をこの, を奥まつ, を悪用, を桑畑, を歩い, を歩く, を見, を辿れ, を馬車

▼ れたとて~ (45, 0.1%)

2 それが

1 [43件] あまり苦情, おおかたの, おそらく悪漢, お家の, こちらは, そのたび, それを, たった一人, たとえ八つ裂き, どうなる, なんの, ふしぎは, もう既に十五年, わたくしが, キャッーと, マスクし, 一夜や, 人間は, 仕方の, 何の, 何んで, 依然として旧態, 八種の, 別にわるい, 別に恥じる, 大した迷惑, 女の, 容易に, 怒る可, 恥しゅうも, 悔しがる, 我は, 敗けたとは, 明日は, 死者が, 画工たちには, 皆笑いました, 真に受け, 私が, 私は, 答えられる訳, 誰も, 鎮まりも

▼ れた主人~ (45, 0.1%)

5 を背 2 の市之助, の部屋

1 [36件] が, がその, が昨夜, が自分, であるだけに, ですよ, と一番仲, と私, のお, の半, の唇, の市十郎, の弟, の弟孫三郎, の弟岩三郎, の影法師, の煙草入, の甚兵衞, の男の子, の義弟, の肉, の身, の遺された, の金兵衞, の鋭い, の隣, はまだ, はむろん, は一切夢中, は全く, は因業, は壁, は洋画家, も結構, をたいそう, を怨ん

▼ れた土地~ (45, 0.1%)

2 のそれ

1 [43件] からの収穫, がやっぱり, がヒムカ, が多く, が水, だけが残る, であって, であるが, であること, でさえも肥料, です, ではある, で人口弐万, というの, というよう, という最大多数, と同一, と結びつけ, と見, と見え, なのに, において一定数, にし, にはロク, には依然として, に一生, に対する制限, に対する新しい, に本年, に父親鸞上人, に繩張, のみが続き, のやくざ者, の上, の中, の改良, の生産物, の質, は島田川, へ流れひろがろう, を勿体な, を指す, を直ちに

▼ れた最後~ (45, 0.1%)

25 の欲望 2 の量

1 [18件] だけを言葉, のせまい, のそして, のところ以外, のもの, の一句, の単位, の各, の喜びであつたのだ, の堡塁, の希望, の武器, の江戸獄中, の義務, の選手権, の金石文, の附加分, の階級

▼ れた瞬間~ (45, 0.1%)

2 からもう, にあっ, に堂々たる

1 [39件] から, からの光景, から原子内こと, から彼, から病院, が無い, だけ時江, だった, であつ, であります, でなければ, にはちょっと, にはもう, には人, には色慾, にわれわれ, に人通り, に何, に全部, に再び, に彼, に思わず, に新しい, に気づいた, に美術家, に虚空, に視覚, に起る, のみが存在, のよう, のタヂ, の体全体, の屠殺, の情景, の感じ, を想像, 初めて神, 誤って, 起ったあの

▼ れた美しい~ (44, 0.0%)

2 女房振りです

1 [42件] いろいろな, お品, ものに対する, サフィーが, ランプの, 一文を, 乙女だけが, 乙女は, 人が, 人とも, 処女と, 城廓の, 声振り返っ, 女優と, 女文字を, 妻女の, 客よせ文句の, 小亭, 小型の, 山谷の, 島である, 揚羽の, 暖い, 木立の, 朱色の, 歌い手, 殉國者でした, 海市である, 牢獄に, 生涯であった, 町であります, 社会でありました, 空想の, 草原を, 説教であっ, 調和と, 錦の, 陶磁器が, 音樂を, 顔を, 鳥の, 麻布であった

▼ れたお方~ (43, 0.0%)

2 が余人, じゃ, だ

1 [37件] が, がご, が温順, が王宮, が美作様, だつたさうでその, である, でしょう, ですか, ですから, ですし, では, ではない, で現在, などもあり, にちがいありません, にまで耻, に悪い, に申し訳, のそれ, のため, のやう, の一弟子, の小さい, はご, はない, はまだ, は一人, は今, は湯島, もあつ, もございました, もござれ, も決して, をお, を同書, を探し

▼ れた~ (43, 0.0%)

2 であること, を育てる

1 [39件] が列, じや, であちら, で粉ひき業, としてのつとめだ, になっ, になるだろう, ねこの, の不幸, の両親, の親たち, はいたたまらなく, はきっと, はすばやく, はまっかなか, は何かしら母, は別, は勝負, は向かい側, は死に, は生えはじめた, は男, は育たぬ, は起きあがっ, は骨肉, も勢いよく, や兄, をある, をつれ, を夢中, を奪い返し, を守り育て, を生み下す, 熊が, 熊と, 猿の, 貢が, 鉄の, 鷲は

▼ れた意味~ (43, 0.0%)

3 に於 2 がある, での, に於ける, もある

1 [32件] があるなら, がこの, がたちまち, がまだ, がわからなくなります, がわかる, であるの, でそう, でなく春風, での学生, での理性批判, では先づ戯曲美, で使う, で協力, にはならない, にまで集中, に使, に用い, に群がる, の世界, の解釈, はこの, はこれ, はない, も抛棄, をのみ持っ, をもっ, を取り出す, を掴みそこなわなかった, を観るなら, 即ち彼, 深い矛盾

▼ れた時分~ (43, 0.0%)

1 [43件] あの上, いたく酔った, から馴染, だ, である, でした, で淡, なの, にあなた, になっ, にはお, にはこっち, にはじめて, にはどんな, にはまだ, にはチベット, にはポーヱ, には司法省, には墓, には子供, には島田三郎, には既に, にも今, にも快く, にツァ・ルンバ, にネパール, に一緒, に三人, に京都, に宇野浩二, に岩見, に拾った, のこと, の屋敷, の日本, の身じまい, の鮮新, はちょうど何もかも, はなるほど, は少, は海, は自然派文学勃興以前, 大平家

▼ れた~ (43, 0.0%)

6 な氣 2 である, に思, に感じた

1 [31件] で彼, で聲, で自分, とも言, など今, なもの, な凄, な壁畫, な如何にも, な家, な心持, な所, な氣分, な田圃, な絶望, な話, な赤兒, な顏, にあくび, にだるい, につ, に一種, に人々, に全, に其處, に思はず, に此, に浮ん, に考へられる, に聲, に體

▼ れた~ (43, 0.0%)

94 である, の一つ 2 であるが

1 [24件] があっ, がお嬢様, がこの, だから, で, であります, であること, ですね, で溜息, という, とを含ん, と書かれた, に, にこんな, には少し, に相違, の中, の側, の揮毫, の集, は五人, は後, は明かに一呼吸中, を記録

▼ れた~ (43, 0.0%)

1 [43件] がどこ, が今更, が再び, が役, が法力, が若い, が逆, だそういう, だったそう, だという, だよ, であ, であったと, である, であること, でございますもの, ではない, で名前, となつ, なの, になった, にはこの, にはそれだけ, には何やら, のとりなし, の不幸, の姿, の影, の生, の秘密, の素姓, の苛立ち, は反す, は行く, は訪ね, も運, をもがき, をもっ, をも忘れ, を亡ぼし, を空しく, を袴, を顧みる

▼ れたかたち~ (42, 0.0%)

4 である 3 だ, となった 2 だった, だつた, になっ, になった

1 [24件] だし, だわ, で, であった, であつ, であります, でぐいと, でしたが, です, でだまっ, でなくも, で一つ, で勧める, で混乱状態, で背中, で胸, で隅, で驚く, に, にもとれる, にもなる, の杉村, の満, の老人

▼ れたほう~ (42, 0.0%)

3 がいい, がまし 2 がよろしかろ

1 [34件] がありがたい, がしんみり, がどれほど, がよい, がよく, がよろしい, がよろしゅう, が万, が家, が得策, が忠義, が楽, が欣, が現実, が苦しゅう, が見送る, が遥か, にした, の侍, は, はひどい, は四谷箪笥町, は恐らく, は気, は瀕死, は腹, へすごすご, もつや学者たち, もどっち, も平気, も譴責, を見あげる, を見ました, を読ん

▼ れた~ (42, 0.0%)

2 の中, は奥

1 [38件] から彼, か少なくとも, があり, が別に, だ, だった, だったの, ですから, でもあった, で犯罪, で瞑目端座, と続い, に住ん, に入った, に入りました, に神変不思議, に籠りました, に行く, に這入る, の一隅, の両, の全体, の帳場, の扉, の真中, はこの, は下総国佐倉, は南堂伯爵, は庭, は清潔, は空, は途中, へ今, へ出, ほぎ, を王位, を見, を調べる

▼ れた~ (42, 0.0%)

4 である 3 であった, の夏 2 でして

1 [30件] からやっと, から凡そ四百七, だった, であるから, であるが, である星亨, で蘭軒歿後, として記憶, にははじめて, に執筆, に当り, に殆, に躋寿館, のとった, の出来ごと, の十一月, の十二月四日, の春, の正月十三日, はちょうど, はロバート, は恰度栖鳳先生, やお, よりは, を知らない, 既に, 生まれた, 老つた両親, 若い娘, 若い少女

▼ れた~ (42, 0.0%)

2 の姿, の顔

1 [38件] がお, が前, が変死, が閉じこもった, が鼻, さえ今, と子, にし, の代り, の代わり, の凡骨, の厳命, の子, の家, の屍, の心理状態, の手, の最後, の死骸, の無念, の生命, の用向き, の系図, の菩提, の詞, の赭ら顔, の足, の運命, の険悪, はこうして, は五十, は殆ど気, への書面, らしい心胸, を, をはるばる, を必ず, 御へ

▼ れた~ (42, 0.0%)

1 [42件] からどの, か何, が, がわれわれ, が再び, が外記, が懐, が痺れた, っ扱き, にとつて, にはその, によって被害者, に懸っ, に脚, に触れた, のあと, の指紋, の痛み, の血, は二度, は定められた, は異常, も一緒, をさすっ, をさすり, をふりはなし, をもぎ, をもつ, を一々, を一生懸命, を下, を伸子, を引きもどした, を持つ, を振り, を振り切っ, を振り払っ, を振り放し, を振払おう, を無理やり, を返し, を釣っ

▼ れた事件~ (41, 0.0%)

5 があった 2 がある, などは新聞

1 [32件] あって, からかんがえる, があつ, が宗教的想像力, が破談, だけに, だね, でないという, でもこれ程, でも兼隆, で一挙, として書いた, と考える, にした, に相違, のため, の内容, の内容以外, の初まる, の定型, の底, の衝動, は大抵, は徹頭徹尾, は文化, は短時間, までつぶさに, もこの, も終り, や人物, を思い出さした, を描く

▼ れた唯一~ (41, 0.0%)

2 のもの, の兇器, の手がかり, の道

1 [33件] のこと, のせめて, のと言, の一神教徒, の享楽, の人物, の仕事, の休息時間, の出生, の切実, の場合, の大道, の形見, の心残り, の快楽, の成仏, の手掛り, の手段, の新聞, の方法, の書, の楽しみ, の歴史教科書, の気, の決闘手段, の活動, の肉慾, の自由, の至高, の話し, の贅沢, の途, の頼み

▼ れた~ (40, 0.0%)

6 であるが 5 である 2 が載せ, だが, 後で承りました

1 [23件] あの辺貸家, が見え, そしてあんちゃん連, その昔, だけれど, で, であった, である継母, でござるが, ですから, ですが, で大, などを聞い, なので, なるも, にございます, にてこの, も書き加え, も知りました, を同, を答えた, を聞かれ, 見ゆ

▼ れた感情~ (39, 0.0%)

2 の中

1 [37件] が一時, が人, が彼女, が時々きらきら, が行き, が詩全体, が静まりかけ, そんな些細, であると, で冴えかえった, として理解, として説く, とをもっ, と感情, なり思想, においてもその, におし出される, についての観察, のあや, のある, のひらめき, の何, の対立性, の新し, の波, の為, の生れ, の相違, の種類, の節奏, はま, は光栄, や乾ききった, や行為, をすぐ, をほのめかし, を醗酵

▼ れた~ (39, 0.0%)

2 にこの, には敵, 大郎女

1 [33件] この佐原山, この屏風, だが, であっただけに, ですから, に, にあっ, にあと, にその, にそれ, にどれ, にはその, には井上, には自己紹介, には苦心, にエタ一人, に一つ, に人々, に作曲, に出来たらしく, に或, に提出, に於, に法律, に貴方, の人間, の先生, の氏, の生理現象, は二俵, 一度この, 同教授, 如何なる状態

▼ れたには~ (38, 0.0%)

3 相違ない, 驚いた 2 違いありませんが, 違いない

1 [28件] いよいよどうも大笑い, かれも, ちがいない, チョットびっくり, ハタと, 一寸驚きました, 僕も, 唖然と, 実に弱った, 弱りました, 恐縮した, 恐縮しました, 我を, 斬られたに, 決して理由, 相違ありますまい, 相違ありません, 相違ねえ, 相違無い, 落されたけれど, 違いあるまい, 違ひない, 閉口した, 間違ひない, 面食った, 飮まされた, 驚きましたね, 驚きましたよ

▼ れた二つ~ (38, 0.0%)

2 の大きな

1 [36件] のもの, のテニス, のニッケル湯わかし, の交響曲, の人形, の仮面, の会, の城, の墓, の大, の屍体, の年代史, の床, の建築材置き場, の影, の時期, の本, の枝川, の民族, の水, の水柱, の片, の理由, の痣, の眼, の秩序界, の窓, の線, の茶色鞄, の街灯, の袖, の要素間, の記事, の謎語, の貴族的快楽, の面

▼ れた~ (38, 0.0%)

5 となっ 2 となつて, になっ, の身

1 [27件] から八十五年, から見れ, この陣, じゃない, だったが, ではかつて, ではもう, でも時節, となる, どうしたら, にも脱, の世の中, の彼女, の男, の言葉, の身の上, の関係, はすでに, はどう, は一刻, は恋人, は戦った, は皮, また自ら血, まで都, 凍えて, 松の

▼ れた小説~ (38, 0.0%)

3 である

1 [35件] があつ, がめぐり合わせ, が意想外, が意識的, が立っ, だらう, であった, であって, であるか, であるかが, であるという, であるといつて, でせう, では工場農村, でもなく, という意味, といふの, と思える, と近い, などは恐らく, の中, の価値, の校正, はどれ, はソヴェト同盟, は作者, は観察, は読ん, も少ない, らしい小説, を右, を書い, を書いた思ひ, を鴎外, 共に世相

▼ れた~ (38, 0.0%)

2 地獄に, 資本の

1 [34件] らしいベッド, らしい北海丸, らしい墓, らしい生活力, らしい貸家, らしい道, らし過ぎる手桶, 傾向が, 劇詩の, 助が, 動産資本及び, 収入をも, 嘗研究会の, 国家領域の, 国際百科辞典の, 墓砂利や, 学説の, 學期始業式の, 定義とを, 局面を, 幹事は, 座敷と, 政府の, 時代の, 時代劇の, 植民地においては, 植民地は, 王は, 研究を, 藝術主義を通じて, 衣裳と, 詩体の, 資本によって, 領土に

▼ れた~ (37, 0.0%)

2 であった, であつ, で笑った

1 [31件] がほんの, が妙, が返事, で, であったから, であり深み, である, でこう, でしょうな, です, で反問, で叫んだ, で呻く, で怒鳴った, で答えた, で言い, で飛, といっしょ, とが老人, に大きな, のあらし, の調子, は, はそれぞれ, は何, は底力, は聞きあやまるべく, らしかったが, を出し, を掛けた, を頭

▼ れた~ (37, 0.0%)

1 [37件] いろいろ深い, からだけ見よう, からだけ見る, からのみ作品, からみ, からもし, があるらしい, が中, が今日, が腑, だけはいか, である, であろう, とほとんど, において支那, に向, に於, に興味, に過ぎない, はいくらか, はそれぞれ, はない, はひと, はわかっ, はマン, は主として, は次, は武士, は身ぶり, また玄関, もありませう, もある, もあろう, を何より, を語らん, を語る, を除け

▼ れた覚え~ (37, 0.0%)

11 がある 4 はない 3 はある 2 はありません, もない

1 [15件] があるでしょう, がない, がなかっ, のある, のない, はございません, は村, は肝, もあり, もありません, もある, もかつて, もなかっ, もなけれ, も無い

▼ れた時私~ (36, 0.0%)

3 はその 2 が通訳, に, はすぐ, は初めて, は思わず

1 [23件] のひとみ, の左, の操行考査, の葉巻, の頭, はこんな, はただ, はちら, はどう, はひどく, はクラクラ, は主治医, は再び, は思い切っ, は思はず, は書け, は江戸, は立っ, は訊ねました, は農商務省, は這入っ, は馬鹿, も一応

▼ れた理由~ (36, 0.0%)

3 によるの, の一つ

1 [30件] からあるいは, が, がある, がわからなかった, が分った, が承りたい, が正しい, が浪子, が潜ん, である, であろう, とそれから, と九分通り, については僕, に外, は, ははつきり, は多分, は私, もしくは動機, もそこ, も判明, も訣, をこう, をはっきり, をもつ, を一, を知る, を纏めよう, を訊

▼ れた義理~ (36, 0.0%)

5 ではない 4 じゃア 3 じゃない, ではありません 2 かえ, じゃアごぜ

1 [17件] か, かい呆れ返っ, じゃあありません, じゃございません, だか, だと, でなかったの, ではありますまい, ではありませぬ, ではございません, ではなかっ, ではなから, ではなかろうでない, のもん, の父親小左衞門, の親, 合いずく

▼ れた思い~ (35, 0.0%)

4 がし 2 がした, だったが

1 [27件] がしました, すれば, だった, で, であった, でいそいそ, でした, でしばし, でしばらく, でサト子, で声, で天草, で太田, で激怒, で眼, で説明, で黙っ, になりかけた, になる, の固まり, はいかばかり, はこれ, も寄らぬ, をし, をしました, をせず, を経験

▼ れた文章~ (35, 0.0%)

2 では有り得ない, に, よりもその

1 [29件] があった, がたいそう, が立派, が見る, が証明, で, でないこと, ではありません, で読んだ, としては今, とすれ, とも言, にちがい, には次, のそういう, のよう, の上, の中, の奥, は, はおそらく, はこれ, はまったく, は皆一つ, ばかりであります, ほどてんで, またはある, も入っ, をまとめ

▼ れた新しい~ (35, 0.0%)

1 [35件] メーデー歌は, リアリズムの, 世界の, 価格に対して, 制作的衝動を, 十字架だ, 当時の, 徽章を, 感激は, 探求を, 政治形態の, 文学態度だ, 文明は, 時代の, 武士団の, 歴史の, 生活の, 生活を, 石垣の, 社会関係を, 罪状書を, 興味によって, 花の, 花は, 蕪菜が, 行李と, 表札が, 表現法である, 言葉では, 車輪の, 道を, 部署について, 量が, 関係について, 頁の

▼ れた~ (35, 0.0%)

7 のよう 3 の中 2 の上, の美し

1 [21件] かとばかり泣きくずれた, が一杯, が根, が沢山, たば, に夕日, のごとく, のやう, の仕分け, の名, の姿, の尖端, の思い, の甘い, の香, はその, はマシン油, は所詮, は石, は露, を集め

▼ れた~ (35, 0.0%)

2 の指

1 [33件] か足, がせまい, そうして構え, でも見る, などはきわめて, なん, にまた, に痛み, のひらき, のよう, の土, の運び, の附根, は無, は赤い, をこそこそ, をひき, をひきずっ, をひじょうなすばやさで, をもがいた, をモンクス, を二つ, を引, を引きずり, を引きずり引きずり, を引ず, を引ずる, を引擦, を強く, を抜こう, を踏みしめ踏みしめ, を運ばう, を離せなかった

▼ れた先生~ (34, 0.0%)

2 の言葉, は斯学

1 [30件] からいろいろ, だけある, といった快, としては事件, との直接, と生徒, にとってはそれ, に不満, に巌本, の博識, の御, の批判, の最初, の死, の理論, の目, の眼, の知見, の第, の芸術家, の論, はかなり, は今日, は何人, は実用, は敷田年治翁, は日記, は杖がわり, もおどろい, を君

▼ れた多く~ (34, 0.0%)

2 の人

1 [32件] のこと, のバテレン達, の事実, の代表的文学作品, の仲間, の公卿衆, の力, の同胞, の哲学者たち, の問題, の小, の山, の役者たち, の曖昧さ, の機會, の男女, の眼, の石, の算書, の細塵, の経験, の肉親, の自由, の船, の荷馬車, の要素, の言葉, の言語, の詩人たち, の雲, の顔, の風景

▼ れた次第~ (34, 0.0%)

6 であった 5 である 2 であります

1 [21件] じゃ, だ, でありまして, でありますこと, です, ですが, ではございませんで, でもない, で御座います, とを物語り, と分っ, なの, は, は多少, は天皇, をソーニャ, を告げ, を物語らなけれ, を物語る, を話そう, を述べた

▼ れたある~ (33, 0.0%)

2 種の

1 [31件] ひと時の, ひは, よ, ドイツ文学史を, レヴューガールと, 一定の, 事実に関する, 人が, 問題の, 圏の, 地方の, 壮年の, 実在の, 家族の, 展覧会で, 悪行の, 戯曲は, 日, 日では, 日狡猾な, 村の, 標準が, 死刑囚の, 港の, 男が, 瞬間を, 研究の, 社会主義者の, 経論に, 若い女, 重大な

▼ れたすべて~ (33, 0.0%)

9 のもの 4 のこと

1 [20件] が最も, の, のシステム, の前線文学, の司教服, の哀れ, の哲学書, の器物, の国, の少年少女, の思い出, の愛, の感覚, の感覺, の推進機関, の男女, の者, の金, は他, を一時

▼ れた一種~ (33, 0.0%)

2 の賤者

1 [31件] のサガリ部族, の予備知識, の事件, の人たち, の人民, の信頼, の個人主義, の個人的, の儀礼執行者, の冒険, の化学的エネルギー, の奧, の女人像, の復讐, の怪物, の愛称, の暗示, の植物, の清らかさ, の生活技術, の約束, の臭気, の賤民, の陰陽師, の隊, の階級, の露悪的, の音響, の頭掛け, の頽廢氣分, の風習

▼ れた~ (33, 0.0%)

2 である, なので

1 [29件] から推測, が反り, が妙, であったが, でしばらく, ではもう, でぼんやり, と心, にぐなりとした, にし, にしょんぼり, になっ, になる, には妙, には歩く, に口, に慌しく, に於, に気息, に畏, のわり, は背, は苦, をもがい, を憎む, を棄てる, を横仆, を窓, を装っ

▼ れた樣子~ (33, 0.0%)

15 です 32 も無い

1 [13件] たじろぐ隙, だつた, でもと思ひました, でよく, で二月, で報告, はなかつた, はまさに, は少し, は明らか, もない, もなく, をし

▼ れたとでも~ (32, 0.0%)

4 いふの 3 いうの 2 いうよう, 思ったの, 申しましょうか

1 [19件] いいましょうか, いいますか, いうのほか, いふ一筋徹つて, 云うならば, 云うべきか, 云うよう, 云うん, 云ふ, 叙したら, 思ったもの, 思ったろう, 思ったん, 思ってや, 申しますの, 言うの, 言うべきでしょうか, 言は, 言ふ

▼ れた品物~ (32, 0.0%)

2 がその

1 [30件] があの, ががらがら, がなけれ, がまた, が三四週間, が品物, が国家, が誰, で世耕指令, といえ, にはほとんど, のあいだ, のかくし, のまわり, の山, の記録, は, はむろん, は何, は僅か, は多く, は実, もなく, も今や, をパンタロン, を捜す, を桂子, を調べ, を買い集め, を買戻す

▼ れた~ (32, 0.0%)

2 の空気

1 [30件] があった, があります, が無かっ, だ, である, にはもう一度, に驟雨, の中, の中腹, の唄, の奥, の姿, の療養所, の石, の絶頂, の色, の道具, の頂上, の麓, はおりおり, もあった, も野, や樹, や水, をいそがしく, を吹き, を對象, を指さしました, を背後, 之助

▼ れた記憶~ (32, 0.0%)

2 がある, がない

1 [28件] がまた, がまるで, が強い, が忘れ, が蘇った, が身, が非常, さえ有っ, しかない, については忘れ, のだいたい, のまだ, の奥, の断片, はいま, はいまだに, はこれ一度きり, はさっぱり, は今, は仕合せ, は本当に, は深く, もある, もあれ, もない, ももたない, も持, を呼び起す

▼ れた人たち~ (31, 0.0%)

2

1 [29件] がそう, が初めて, が大, が自分, だろう, である, で当局, にとっても客, には少しく, のため, のほか, の感情, の話, はきつ, はその, はそれ, はまた, はまつたく, は姿, は皆, は窓, へも申しわけ, もあまり, もお, もどうやら, ももう, も少く, をどこ, 即ち寅彦

▼ れた古い~ (31, 0.0%)

2 習慣を

1 [29件] たまな, ぶどうの, レコードが, 信仰で, 印紙が, 器具の, 器物ばかり, 壁紙の, 宇宙艇が, 家に, 屋敷が, 幹との, 戸棚が, 日本語であったらしい, 書物の, 木の, 本を, 洋館である, 洗面器には, 漆喰の, 物が, 生活の, 祝詞が, 簾には, 質草らしい, 赤煉瓦の, 鉄片の, 銅板の, 領家屋敷といった

▼ れた~ (31, 0.0%)

2 だが, でございますよ

1 [27件] が多く, が隣組長, ことごとく返上, だから, であった, であろうと, でございます, ではない, のことごとく, のよう, の上, は, はすぐ, はねえ, はマリー, は返し, ばかりそれ, への認識, よく晒された, を取り, を受取ツ, を大将, を家, を揃え, を次, を甲高い, を返し

▼ れた~ (31, 0.0%)

3 である

1 [28件] があつ, があります, がにじん, がまざまざ, が熱, が痛む, が赤く, さ, その痒, だと, であろう, とわたくし, などが見えた, なの, なんでさ, のある, のやう, の肉, の青, もありません, もいと, も見えない, も見付かりません, や擦, をもん, を太い, を見つけ, を頻りに

▼ れた運命~ (31, 0.0%)

2 と拙者, に心

1 [27件] がいよいよ, がそこで, が待, であると, というの, とでも思つて, とはなった, にす, にどうしても, に従ってスフィンクス, に茫然, のため, のもうすつかり錆びた, の下, の仕業, の前, の子, の恐ろし, の果敢さ, の苛烈さ, の限度, を何人, を公平, を利用, を思う, を疑う, を避けられない

▼ れた~ (31, 0.0%)

6 のよう 3 に乗っ

1 [22件] がいる, が気儘, が芝生, が閑雅, でこれ, と共にその, なぞは血気盛ん, に新しい, に自分, の尻尾, の幽霊, の背中, の胴, の髑髏, はわめい, は嘶き, は毎朝, は軽い, は轅, は驚い, は鼻, らしいが

▼ れた三人~ (30, 0.0%)

2 のうち, の男, の雪童子

1 [24件] が, がすごすご, が雪崩, に特別, に馬上, のダンナ方, の女, の子ども, の子供たち, の学友, の家臣, の寡婦, の息子, の日本人, の旦那, の甚内, の老人, の者, の華族, の顔, は泣き顔, は物, は稽古着, は顔

▼ れた~ (30, 0.0%)

2 の一方, の諸

1 [26件] に見られない, の一つ, の一頭, の七人, の二人, の享楽品, の人, の利用, の商品, の国, の地方, の大, の子供達, の書物, の死骸, の泥だらけ, の種々, の種類, の部分, の重大, の除幕式, は本当, は百介, 州, 氏族の, 魯毎が

▼ れた~ (30, 0.0%)

3 がある 2 がいる, が恋仇, もいる

1 [21件] あギュッ, が, がす, がなさけ, がやつき, が四五人, が白昼, が石鹸, が自分, のイタズラ, の名前, の墓, の懐中, の言う, の顏, はうつぶし, は一木, は幾ら, は死ん, も変っ, をどんな

▼ れた~ (30, 0.0%)

2 から外, の所, の隙

1 [24件] からつと, から夫人, から逃げる, が今日, が開かれる, が音, でもあっ, にぶつ, のなか, のほう, のほか, の処, の前, の向, の向う側, の外, の暗, の間, の際, を私, を窺う, を通じて時々, を開いた, を開ける

▼ れた~ (30, 0.0%)

3 のよう 2 の女らしい, は細君女中

1 [23件] がさん, がじゃぶじゃぶ, がどんどん, がドット, が上向き括弧, が急, が渦, が潺湲, に埃, に誘はれ, のうえ, のやう, の中, の容積, の峰, の底, の輪, は彼処, は未だカンカン, をジッ, を一杯, を一杯飮, 汲みの

▼ れた状態~ (30, 0.0%)

2 にあった, にある, になっ

1 [24件] から判断, から半, が事実, であるであらう, でしかない, での平等, でもなお, で使用, で生じた, で表れ, にあります, になり, には一定, に依然として, に於, に注意, に陥っ, の中, はちょうど, は個人, をこれ, をはっきり, を人, を見る

▼ れた白い~ (30, 0.0%)

1 [30件] こまかな, イシカリ川であった, シイトや, ハンカチーフが, バンドと, 丸や, 二列の, 卓子の, 女悪魔の, 姿を, 小袖の, 山も, 山羊が, 布に, 幟が, 母鳥も, 湯のみが, 看板に, 着物を, 窓掛と, 紙を, 花である, 花の, 足首, 道が, 鉄骨アーケードの, 門の, 頭蓋骨である, 飛行甲板の, 鸚鵡は

▼ れた自由~ (30, 0.0%)

2 がそれ

1 [28件] がその, である, と云つて, と力, と希望, と必然, と新, なおちついた氣持, なる訳語, な人間活動, な喜び, な気持ち, な生々, な自分, にも拘らず, に似, に対する呪咀, のきかない, の人, の国土, の故に, の日, の眼, の精神, はわずか, は一つ, は決して, を全う

▼ れた~ (30, 0.0%)

2 なので, の黄色い, もかなり

1 [24件] が一塊, が私, であった, である, であるから, で彼, と米, のやう, の味, はこの, はムウドン, は一滴, は地回り, は減り, も少し, も飲んだ, や馳走類, をほとんど, を一, を取っ, を飲みほし, を飲む, を黙っ, 臭い息

▼ れた~ (30, 0.0%)

2 の中

1 [28件] からどす黒く, からは想像, が血まみれ, だってこの, でその, にこれ, にそれから, には視野, には頭巾, に憎しみ, に軽く, のかろ, の上, の方向, の禿げあがった, の至る, の遊戲, はひどく, は露西亜, は首すじ, や頸筋, をはじめ全身, をふりもぎる, をもたげ, を休める, を垂れ, を小さくこまかく, を盛ん

▼ れただけで~ (29, 0.0%)

2 終った

1 [27件] あつた, ござります, すむかも, その罪, そんなに泣く, むなしく帰らなけれ, よろけるよう, 何日でも, 俳句が, 充分私達, 典拠については, 内閣は, 別れるの, 失業を, 少しも, 山の, 忽然とし, 指を, 放って, 早速野々宮さん, 済ますこと, 済んだの, 生活感情の, 自殺した, 階段の, 雷撃的に, 首を

▼ れた今日~ (29, 0.0%)

2 ではアラスカ

1 [27件] そういうこと, ではこういう, ではこれ, ではすでに, でもなお, なおエタ, なお貧苦困窮, にあっ, になっ, に在っ, に至っ, のアイヌ, のプログラム, の不思議, の彼, の所謂, の文明人, の日, の日本, の日本文化, の歴史教科書, の生活, の科学知識, の若い, はまだ, また自然, 永い間

▼ れた広い~ (29, 0.0%)

3 庭の

1 [26件] なだらかな, 原は, 地面で, 実験室内には, 平原が, 平庭, 床へ, 朗かな, 板敷にも, 構えの, 甲板の, 画面の, 畑が, 盆地一帯の, 石礫地区が, 砂原に, 空地が, 空地の, 突鼻が, 芝生の, 荒れ地の, 道の, 道を, 部屋であった, 馬場の, 龕の

▼ れた心持~ (29, 0.0%)

2 です, になりました

1 [25件] がある, がし, がした, で, であった, でした, でしたが, でせう, で朝十分間体操, で米友, で考え, で電燈, になっ, になつて, には現実, に動かされ, のいい, は同じ, は忘れ, は鳥渡, ものこされ, や若い, を自分自身, を説明, 去らず悲しかっ

▼ れた青年~ (29, 0.0%)

2 の一人, の姿, の武士, は美奈子

1 [21件] がい, がおも, がマスク, に嫌疑, の側, の心, の目, の苦悩, の血液, の顔, は, はこれ, はよろよろ, はジャン, は中肉, は少く, は帽子, は洗つた, は自分, を知っ, を集め

▼ れたきり~ (28, 0.0%)

4 だった 2 でとうとうそのまま

1 [22件] だ, であって, であるから, でおそらくまず, でご, でした, です, でなんとも, でひどく, でもの, でチチコフ, で夜道, で色彩, で銭, なの, なので, にち, になっ, 帰って, 次第に消息, 見たこと, 長く戻っ

▼ れたころ~ (28, 0.0%)

4 のこと

1 [24件] から存じあげ, だ, ちょうどミリガン夫人, であろう, で彼, と後世, などはいろいろ, にすでに, にはこの, にはもう, には井伊, には富士山, に律師, に明治二十年代, の日, はもう, は夜, は御, は文章, は洛中, は西片町へん, は近い, 新しく生まれた, 突然画面

▼ れた~ (28, 0.0%)

7 を見た 5 を見

1 [16件] が多く, でも見, で大事, など見, なの, にうなされ, の感じ, の記憶, の遠, はいらない, を再び, を度々, を御覧, を見ました, を見る, を見れ

▼ れた~ (28, 0.0%)

2 の戸口

1 [26件] があった, がはめこまれ, がみにくく, が火, が非常, そういうもの, だ, であるとの, のそば, の下, の両側, の地蔵, の屑, の狛犬, の神, の蓋, は, はひえびえ, はもはや, は何, は多く, は濡れる, や甎, を白い, を見出し, を買う

▼ れた~ (28, 0.0%)

2 のよう

1 [26件] からは晃, がめぐまれ, との間, と土, と海, には星, に星, に淺間山, のいろ, の下, の底, の端ずれ, の興, の色, の蟹罐詰, の軽, の輝き, の陶製, の飼馬桶, は円形, へ立ち上っ, や葉, をあるいは, をまた, を確か, を見た

▼ れたそして~ (27, 0.0%)

2 それと

1 [25件] おそらくそこ, おれに, お互に, お前の, これからも, これまで, ごく真面目, すぐに, その異常, だれでもが, どこか, ひろいもの, まッさ, 人の, 伊東君の, 又女, 和尚の, 夫, 早くも, 昂奮した, 暗殺者は, 横文字の, 瞼の, 自分と, 行商人という

▼ れた~ (27, 0.0%)

2 がまだ, に違い, の下

1 [21件] から破傷風, が, があり, がある, がほとんど, がアングリ, が古, が拭い去られたごとく, が痛みだし, じゃ, だ, ではない, で転がっ, とわかりました, なの, なん, の痕, の跡, はなかなか, らしいな, を介抱

▼ れた存在~ (27, 0.0%)

4 である 3 です 2 の領域

1 [18件] が問題, その方向, だった, だつた, であった, であったろうと, であるとさえ, でかなり, でない事, でなく実に, として柳田平治, との交渉, に関係, の一角, の概念, の運動法則, を創造, を観照

▼ れた少年~ (27, 0.0%)

2 が今

1 [25件] がこの, がタッタ一つ恩人, が大人たち, が姿, が島, が遂に, です, の単純, の方, の日, の端麗優美, の群, の話, の顔, は, はこの, はその後学問, はぼんやり, は例えば, は担い, は洟, は鳥渡顔, への感化力, を嘆く, を抱い

▼ れた形跡~ (27, 0.0%)

2 がある, がない, はない, は一つ

1 [19件] ありとの, があった, があり, があります, がありません, がなく, がまだ, が歴然たる, の見えない, はありませんでした, はたぶん, はなかっ, はなく, は些細, は少し, は明らか, もない, も充分, も見えなかった

▼ れた~ (27, 0.0%)

2 相当見物

1 [25件] でも却って, において始めて, にはあの, にはどう, にはガブガブ, には千浪, には即ち, には境遇, には如何なる, には年々, には当然, には形勢, には政治組織, には新, には望岳家, には登山者, には農業, には間髪, に世の中, に仇, に於, はいつ, はすなわち, は知らない, を考える

▼ れた死骸~ (27, 0.0%)

2 があつ, を

1 [23件] があった, がある, がまだ, が発見, が轉げ, と一所, についてあんた, についての伝説, になつて, のひたい, のよう, の上, の顏, はあの, はしばらく, はひどい, はもう, はマリー・ロジェエ, は仰, は十八, は屏風, を前, を検査

▼ れた範囲~ (27, 0.0%)

4 に於 2 のもの, の町

1 [19件] しかも在来, しか見, でその, で同じ, で戯曲, で考へる, で読む, と見る, においては結局良人, には止まっ, のそれ, のもろもろ, の内, の古典, の夢, の書信, の有, は武蔵, をとつ

▼ れた~ (27, 0.0%)

2 である, ではない, でも古く, と思っ, にはまがい, には朝鮮, を現し

1 [13件] がなけれ, が瞬間瞬間, こそ画, でなければ, といつた, についても真に, の文学世界, の目標, の覚えられる, の評価, はしい, は父宮, を知つて

▼ れた~ (26, 0.0%)

32

1 [21件] お見事, ここは, ことに上手, ご用心, すっかりやられた, どうした, どうせお, まあそうです, まえで, ま温い, よしとっ捕え, よし早速書こう, ア今夜の, ア藤川氏, オレに, 右の, 奴さん, 定さん, 手傷を, 狂犬だろう, 相手は

▼ れたよりも~ (26, 0.0%)

2 その眼, もつと, 慌しく矢庭

1 [20件] ずっと我慢, なお更, みじめな, むしろその, もっとおそろしく, モット深刻な, 一年多く, 今日の, 今日病ん, 六日の, 尚お, 強く岸本, 後に, 明君と, 有難くない, 氣持よが, 浅間しく感ぜられた, 痛くも, 真剣に, 詰らない話

▼ れたんぢ~ (26, 0.0%)

7 やない 4 やあるまい 2 や, やありません

1 [11件] やあ, やいくら, やお前, やから, やこの, やねえ, や何ん, や厭, や此方, や讀み, や遣切れん

▼ れた小さい~ (26, 0.0%)

2 村の, 短剣の

1 [22件] 停車場の, 半裸像などは, 唇の, 噴水の, 女の子たちは, 子供の, 家, 小供たち, 島である, 島の, 手から, 手を, 断片の, 旅鞄や, 机の, 村である, 灯明の, 石塊が, 空地に, 肘に, 袋とを, 顔を

▼ れた歴史~ (26, 0.0%)

4 である 2 はそれ

1 [20件] があつ, があります, が復あなた, が甚だ, であ, と考へられ, のある, のない, の杉山先生, の色, はある, はここ三十年, は時として, は過去, も進歩, をその, をそのまま, をも言, を持つまい, を読む

▼ れた~ (26, 0.0%)

2 であった

1 [24件] がだ, が到り得る, が痛まぬ, であ, でなく不, とやらが浮べたら, と低級, などでいっぱい, についての寂しい, のつつましい, のみである, のゆゑ, のよろこび, の仲買人, の住ん, の音楽, はいかに, はそれ, はどんな, は死, は痛ましい, を持っ, を見る, を頒

▼ れたうえ~ (25, 0.0%)

1 [25件] いつもいじめられ, つながるえ, で, でアメリカ, で現在, どういうわけ, にあの, にこんど, にさるぐつわ, にエアーポケット, に云い, に後ろ, に虎, に裸, に面部, はいさぎよく, はき, はと万福, はもう, は手前, は泰衡, もういちどうしろ, 一段と奥まった, 大溝, 帰って

▼ れたとかいう~ (25, 0.0%)

3 ような 2 ことを, 事故は

1 [18件] お方ばかり, ことだ, ことだけは, ことです, たぐいの, では, のじ, ので, のとは, んだろう, 六枚折り, 噂が, 噂も, 小事件, 様な, 話が, 話だ, 講義は

▼ れた~ (25, 0.0%)

2 りに

1 [23件] さして, りの, りは, り武者さん, れ, 今遽かに, 幸いに, 幸い今一度あなた, 幸い妻, 幸に, 憤って, 憤つて, 根に, 機に, 機会に, 残念と, 聞いて, 自覚する, 見て, 見ての, 近い路, 通りがかった, 饗応し

▼ れた~ (25, 0.0%)

1 [25件] たたる棟梁, だった, であつ, であらう, である, であるという, でないのに, ではなかっ, で今, にもそむかない, は古風, も寺路町, も激増, を個人, を僕, を見た, 与力今では, 御用聞銭形平次が, 探偵, 探偵居古井警部である, 描写を, 殘り, 禽を, 臣です, 譽の

▼ れた~ (25, 0.0%)

2 から二三寸芽, の上

1 [21件] からもう, が勢, が土手, が小さい, が平に, が車体, にせっせと, の下, の山, の深, の温気, の温氣, の色, の道, はどんどん, はまず, は冷, は柔らかく, は白く, は穴, をどう

▼ れた戯曲~ (25, 0.0%)

2 の中

1 [23件] がある, がたと, が出ない, が文学, が文学的, が生れず, が自立劇団, でもこの, とかにわか造り, とは常に, にのみ含まれる, には文学的表現, のそれに, の多く, の女, は主題, は人物, は作者, もそういう, を書く, を生み出した, を読み直す, 乃至戯曲体

▼ れた~ (25, 0.0%)

1 [25件] からの居城内郭, から先生, のお伽話, のかた, のまま, の俤, の傷, の地牢, の家, の往来, の息吹き, の時代, の曲譜, の検事, の漂泊部曲, の物, の物すごい, の精神病者, の素朴, の農民, の飛騨人, も思い合された, をまだ, を思い出した, を注意

▼ れた~ (25, 0.0%)

2 の傍ら, の姿, の顔

1 [19件] がドッ, であったという, であると, という義, と娘, と言, に縋り付い, のお, のため, の声, の女, の心, の愛, の手紙, の甥, の育児時代, は妊婦預り所, は高度, も歸つた

▼ れた~ (25, 0.0%)

1 [25件] が今, が所々, が機械, が段々, が沢山日, が澤山, が穀紙, が貼られ, に自分, のたば, のやう, の上, の反古, の数連, の面, は主として, も積もる, をあけ, を左手, を手, を持っ, を捲つ, を破つ, を見, を顔

▼ れた~ (25, 0.0%)

4 である

1 [21件] からうけた, が今度, が淋しく淋しく, が無事, すがた, だと, でない証拠, で収穫, というの, とが殆, とは云え, とも名づけ得よう, とも呼び得よう, になつて, のよう, の美し, は小野小町土佐, は春画, を取り上げ, を思い起させた, を見た

▼ れた自然~ (25, 0.0%)

2 の声そのもの, の美, の花

1 [19件] か或は, がある, といふもの, と人間, に適応, のこと, のざわめく, のす, の一段階, の変形, の導きでなく, の小道, の弁証法, の暗号記録, の美し, の膚, の諸, の道, はロマンチズム

▼ れた記事~ (25, 0.0%)

2 がある, が出た

1 [21件] が, があった, がでる, がのっ, が新聞, である, ではとうてい, と入, と写真, などは好い, なども二, に, は一つ, は又もや甚だ, は現代, も簡潔, や論文, を一目, を例, を見た, を読み

▼ れた~ (25, 0.0%)

3 之丞 2 の上, はいつしか

1 [18件] が白く, が鵞毛, でなければ, の並木路, の塊, の塔, の岩頸, の平, の滴, の破片, の結晶, の重, は屋根, は嵐, は橇, を以て高く, を吹飛ばそう, 之丞どの

▼ れた思想~ (24, 0.0%)

3 や感情

1 [21件] が狂信的, が自由, こそ初めて, である, ではない, というもの, といふ, とは何かと, と戦ひ, と戰, と表現, などといふもの, なり感情, について考えさせられる, のため, の大, はこの, は決して, や作品, や観念, をいだく

▼ れた方々~ (24, 0.0%)

1 [24件] あるいはタキシー, から都合, がその, が加わっ, すなわち聴講者, であるから, にこ, には一目瞭然, にもいちいち, に申す, の御, の御作, の思想, の扉, の靈, は, はこの, は大いに, は現代日本, は金, への感謝感激, もこの, もさすが, も少く

▼ れた時彼~ (24, 0.0%)

2 は果して

1 [22件] の家, の恐縮, の眸, の頭, は, はあの, はこういう, はまるで, はファウスト, は受驗料, は妙, は始め, は平吉, は愕然, は振り返っ, は暴れだし, は次, は流石, は自然厭, は遂に, は首, を惡め

▼ れた狭い~ (24, 0.0%)

2 一室に

1 [22件] そして青い, ジャーナリズムの, 世界の, 台地へ, 品川本通りを, 天井の, 室で, 小さなもの, 意味に, 意味を, 放路, 敷石道は, 歩道を, 生活の, 盆地の, 空じゅうどこからとも, 空薄, 範囲に, 置舞台の, 視野の, 谷に, 露地

▼ れたこれら~ (23, 0.0%)

2 の作品

1 [21件] のけしき, の三点, の人体, の人間行事, の価格, の俗法師, の個々, の同じ, の多く, の婦人雑誌, の学問, の曲線, の札, の法案, の物語, の皿類, の美術, の若き, の農民達, の随筆, 新しい職人

▼ れたなどと~ (23, 0.0%)

2 云うこと

1 [21件] あっては, いうと, いっては, その様, 出たらめ, 古典太平記には, 大きな事, 得意そうに, 思つ, 思われましたら市長, 恨まぬが, 旦那の, 沙汰する, 申したら, 申すうわさ, 知る日, 聞くと, 蔭では, 言って, 言ふ, 語って

▼ れたのち~ (23, 0.0%)

1 [23件] この時, しばらくの, である, でも二品内親王, にこの世, には日本, にインキ, に平和, のこと, のジョボロ少佐, のニュアンス, の京都, の人, の日本, の正味掛け値, はそれ, はまるで, は何分, は別間, ふたたび急, ほんのちょっと, もヒメ, も口

▼ れた一本~ (23, 0.0%)

2 の剣, の皺

1 [19件] がクルリ, ですよ, のくぎ, のクラッチ, のストオヴ, の弦, の征矢, の柳, の楔, の短い, の線, の脊髓骨, の腕, の芽, の薪, の釘, の鉄扇, は辛うじて, をしだいに

▼ れた人達~ (23, 0.0%)

1 [23件] が, が二人, が立ちあがる, が読書, が随分, だってあるでしょう, だつた, であるかも, でご, でなくおおげさ, と地方, に廻り会う, に返され, のこと, のその頃フランス, のぬい, の中, の信仰ゆえ, の略伝, の腹立ち, の視線, は寒々, を苦め

▼ れた作家~ (23, 0.0%)

2

1 [21件] から多く, がない, であったこと, でありながら, であり必ず, です, ではなく, としての彼自身, にとって決して, に感じ入る, の一人, の作品, の句, の手, の描いた, の目, の経済事情, はルュパート・ヒューズ, は度はずれ, も例, や画家

▼ れた~ (23, 0.0%)

3 である 2 で残つて, になっ, 開いた口

1 [14件] かけ廻つて, さすがに, しかもなほ悠悠, だらんと, であはれ, で黄, とうに息, に防人, わずかに, 大きく振られる, 少し遠く, 暫くは, 永い事印刷屋, 細ぼ

▼ れた~ (23, 0.0%)

2 においては価格

1 [21件] が十三国, が根元地, だけに幾つ, である, であれば, として知られ, となり, においては新しい, において名声, に住む, のかたち, の人, の人口, の人民, の住民, の名, の国民, の国産品, の外, の郡, はドイツ式

▼ れた~ (23, 0.0%)

2 でした, には大砲, のこと

1 [17件] からちゃんと, といっ, と同じ, に佐渡平が巨額, に帰る, のもの, の一時ごろ, の一時頃, の墓場, の微風, の空, の街, はあかあか, はずっと, は暁方, もあった, をかれ

▼ れた心地~ (23, 0.0%)

6 がした 3 がし

1 [14件] して, だった, で, であと, である, ですっかり, でただ, で坐っ, で栄三郎, で落, で起き上がった, に側, に打たれた, も加わっ

▼ れた~ (23, 0.0%)

1 [23件] かようの, からであった, この村, その病, であつ, でさえ, では, でも, なぜ彼, にちょっと, には柳生一族, にまた, に八十艘, のあらゆる, の作, の御製, の或, の日記, の軽い, もすでに, も彼, も折, 主公

▼ れた方法~ (23, 0.0%)

2 でありまして

1 [21件] がない, が有効, だが, であった, である, ですべて交通整理, ではなく, で演出, というもの, としては対抗的, なの, については想像, は, はたしかに, はたった, は一々, は実は, は歎願, は立派, を宋代, を形而上的

▼ れた武士~ (23, 0.0%)

2

1 [21件] があった, が土地, さ, だ, であった, であるが, でございましたが, と代官松, のよう, の屍, の数, の話, はその間, はまことに, は波打ちぎわ, は物, は疑念, は紋也, は静か, や代官松, 又は新規召抱

▼ れた死体~ (23, 0.0%)

2 が水面

1 [21件] がマリー・ロジェエ, が殺害, が水面上, である事, となっ, など近親, なの, に瀝青, のこと, の一部分, の状態, の脳味噌, の額, の顔, はアルセーヌ・ルパン, は寝台, は小林貞, は紺絣, を受取り, を村民達, を法医学教室

▼ れた~ (23, 0.0%)

2 である, の上, の路地, は早く

1 [15件] がある, だ, でその, で学校, で近隣, と言った, の一部, の形, の教会, の朝, の様, の空氣, は日本中, を苦闘, を訊ねた

▼ れた~ (23, 0.0%)

1 [23件] がドストイェフスキー, が社, である, であると, という名称, との二種, と白鳥, と襲, なる人, に仕える, の使命, の僕, の口寄せ, の命, の奇跡的, の思想, の意思, の本当, の試練, の身體, はなかつた, は一夜, を排斥

▼ れた趣味~ (23, 0.0%)

2 が隅

1 [21件] から推し, で光っ, で光つて, で自分, で製作, で飾られた, と和漢洋, と思想的, と気品, と該博, に活きる, に耽る, のおかげ, のやう, のよ, の犠牲, は今, もある, もまた, を反映, 殊に近代的

▼ れたあげく~ (22, 0.0%)

3 の果て

1 [19件] あんな重苦しい, さらに岡崎, せっかく集めた, であろう, でした, とうとうこの, とうとう船長, にその, にただ, にやっと, に従来, に殺され, に焼き殺されなけれ, に荘介, に逃げられた, のはて, やっと青州府, 撲られるぞ, 這入つた時

▼ れただけに~ (22, 0.0%)

1 [22件] いっそう卑劣, ほんとうの, 人類の, 今日我々が, 傷は, 利發さうな好い, 南, 博労どもは, 名古屋の, 大分有利な, 容貌も, 恰幅は, 村民の, 来たるべき時勢, 松島から, 気味も, 牛と, 留めて, 社会の, 素人くさい, 誰よりも, 過ぎないの

▼ れたつて~ (22, 0.0%)

2 怖くも

1 [20件] あの光, いい, いいで, いふね, すらすら言, ね, ねお前さん, ね氣, もつと, 何だ, 出て, 分るにや, 化けて, 同じやう, 好いん, 撲れたつて, 落ちついてなんか, 褒めて, 貢がれたとは, 驚くあつし

▼ れた彼ら~ (22, 0.0%)

1 [22件] がその, が不自然, が闇, に紛れ込まれ, のよう, の一団, の兜帽, の前, の土地, の墓前, の宝, の御都合主義, の欠点, の現実, の生命, の皮膚, の遺跡, の顔, の鼻, はこの, はその後, は自分

▼ れた文化~ (22, 0.0%)

2 のよき

1 [20件] がこれ, がその, が今, が満開, ではなく, とに対照, と富, の概念, の模倣, の水準, の理想, の発達, の着物, の華, の記念物, の遺産, は国民的粉飾, は田舎侍, を人類文化, を通じて結合

▼ れた書物~ (22, 0.0%)

1 [22件] が売れる, が普通, が載つ, だけが雑然と, である, です, と共にこの, に, にかう, に再会, に書い, のある, のうち, のやう, の中, の間, はその, はどこ, は読まれた, を地上, を白雲, を読んだ

▼ れた相手~ (22, 0.0%)

2 は評判

1 [20件] が悪い, だと, であった, にこの, の一人, の姿, の態度, の男, の目, の胸, の青年, はなかっ, は如何にも, は山, は当代, は棒使い, は殺される, は皆ごろつき, を振り解く, を豹一

▼ れた社会~ (22, 0.0%)

2 にあっ

1 [20件] があっ, がなけれ, が最も, が沈黙, である, であると, では, とのつながり, との接触点, には鬼, のみが真, の概念, の貨幣, の面, は人間, は分業, へとすなわち, もこまるだろう, をつくる, 或はそれら

▼ れた美し~ (22, 0.0%)

4 さで 3 さ, さは, さを 2 さである, さと, さや 1 さだった, さも, さ或は

▼ れた~ (22, 0.0%)

2 こけた頬, はたやすく, をとくとく, を見詰め

1 [14件] がす, と血涙, のあたり, の中, の手, も苦しい, をチクン, を少女, を平らか, を御飯, を抑, を抑え, を持ち, 白き浴衣

▼ れた~ (22, 0.0%)

3 のやう, のよう 2 とでも云おう, の姿

1 [12件] がうまく, だ, である, でいつなんどき, といった態, なん, ののど, の児, の子, の形, みたよう, も同然

▼ れた~ (22, 0.0%)

1 [22件] が容易, が宿っ, が怖, だの道具, であった, で道, に痰, のいかに, のすじ, のつながり, の一員, の一滴, の中, の勢, の反映, の痕, の秘密, の色, は, をもっ, をバクロ, を贖っ

▼ れた貨物~ (22, 0.0%)

2 の価格, の相対価値

1 [18件] が一〇, が地表, が穀物, であると, に多量, のある, の二倍量, の交換価値, の価値, の価格以外, の価格騰貴, の分量, の市場, の消費者, の量, はその, は極めて, 及び労働

▼ れた~ (22, 0.0%)

9 のよう 3 のやう 1 かまた, ではあるまい, のあわただしい, の心, の生活, の胸, の首, や獣, をしっかりく, を切っ

▼ れた原因~ (21, 0.0%)

1 [21件] がある, がここ, がカソリック, がスッカリ, が全く, が遺恨, さ, であるから, というの, として狗, となった, と云, の主要, はこれ, は全く, もおそらく, もわかった, も全く, を探っ, を考へ, 残らず分りました

▼ れた~ (21, 0.0%)

2 の土

1 [19件] か而, があつ, がひろげられ, にゆき, に露, に飛出し, のついてる, のひろい, の六月, の向こう, の方, の泉水, の片すみ, の片隅, の跡, の隅, は古び, は陰欝, よりあっさり

▼ れた意識~ (21, 0.0%)

2 はその後, はデカルト

1 [17件] ある労働者, からしか生じない, からナースチャ, が実践, が次第に, その内容形態, その意識, である, ではない, ではなく, などのため, の視野, は本, を云い表わす, を普及, を見る, を解放

▼ れた揚句~ (21, 0.0%)

4 の果 2 が冷たい

1 [15件] いきなりかっと照る, いつの間にか或, がこの, がその, が娘, にこの, に眺めれ, に荘介, に長者, の農民作家, は却って, ようやく捕えました, 乱れて, 果ては組, 漸くその

▼ れた時刻~ (21, 0.0%)

1 [21件] が二時卅分, が判っ, てえと, である, ですから, には伝次郎, には女, には横浜あたり, には私, にも何處, に与次郎, に何處, に駅, のもの, の一時頃, の少し, の彼, の来る, は, は酒, までは

▼ れた最初~ (21, 0.0%)

2 のもの

1 [19件] から婆羅門, だった, の, のうち, のころ, のよう, の人, の例, の悲しみ, の手柄, の手紙, の打撃, の日, の暗い, の物, の登山者, の行, の説法, の鎮魂曲

▼ れた~ (21, 0.0%)

3 の中 2 がある, のそば, はそれら, を町 1 であるやう, に白蓮, のほとり, の水, の水ぎわ, の汀, の渚, ばかりだった, を呪っ, を呪つて

▼ れたいろいろ~ (20, 0.0%)

1 [20件] な使命, な怪しい, な投書, な漂流物, な航海, の, のこと, のエピソード, の問題, の土産もの, の変わった, の学説, の実験, の幟, の物品, の物理的振動, の病気, の研究, の運動, の雑誌

▼ れたじゃ~ (20, 0.0%)

8 ないか 5 ありませんか 3 ねえか 2 ないかと 1 ないですか, ない今

▼ れたほどに~ (20, 0.0%)

1 [20件] きょうの, この民族, それほどみごと, よもや人間, 人気を, 十分な, 大袈裟に, 寵を, 彼の, 往古の, 思って, 残念がる, 狂いの, 破損し, 結論めいた, 船医は, 諸大寺, 騒ぎ出しましたが, 驚いた, 鮮かな

▼ れた事情~ (20, 0.0%)

5 の下

1 [15件] がある, と経過, なの, におかれ, についてお話, についてまた, にはこれ, にはなみ一通り, に至つて, の一つ, の上, の法外さ, は, はどう, もよく

▼ れた二階~ (20, 0.0%)

3 の窓 2 の室, の部屋

1 [13件] からは溪, にはすっかり, の一室, の書斎, の欄干, の真下, の色男, の雑然, はまだ, は全部雨戸, への階段, へ上った, を見る

▼ れた~ (20, 0.0%)

2 か, か知らぬ

1 [16件] かうれしい, かが有りうる, かすぐれた, かで証明, かのゴマ化, かの一念, かの新しい, かの紀念物, かの綱, かをめぐってヒダ, かを奪い返そう, か前世, か誤解, といふ仕事, の意味, の記録

▼ れた~ (20, 0.0%)

1 [20件] から言え, がどうして, であるが, であるゆえ, というもの, と言う, にも実は, のセンジュアス以外, の先祖, の批判, の胸, の詩論, はそれ, はカビ博士, はスゲ, は力味ん, は室生, は自分, は芸術, を取り残し

▼ れた囚人~ (20, 0.0%)

4 のよう 2 の歓喜

1 [14件] がその, が急, が所定, が牢, が赤い高い, であったの, でしかない, に拾われる, の姿, の彼ら特有, の彼等特有, の心, は鉄心臓, よろしくの

▼ れた~ (20, 0.0%)

2 を眺め

1 [18件] がわが子, が帰っ, と兄弟, と故国, に勝る, に縋っ, に返す, に飲ませた, のこと, の倅, の立場, の等価物, の霊, はとうとう, はどうして, は一体どう, への愛, を怨ずる一章

▼ れた婦人~ (20, 0.0%)

2 の手記

1 [18件] があった, がいた, がいる, がきょう, が危急, にむけられ, のため, のよう, の一家, の団体, の幾人, の形, の性, の権利, の死体, の話, の身辺, は無言

▼ れた気持ち~ (20, 0.0%)

3 になる

1 [17件] がした, がそれ, だった, だったが, であった, でふらふら, で床柱, で黙った, なの, におなり, になっ, になつ, になりました, に沈ん, はみじん, を何より先ず, を澄ます

▼ れた真理~ (20, 0.0%)

2 である

1 [18件] からまるで, が堂塔, が尊い, が絶対, であって, といえ, と神, にもおのずから, の果実, の発揚, の象徴, はすでに, はやがて, は彼等, を再び, を教えこむ, を検討, を見出す

▼ れた精神~ (20, 0.0%)

2 から出発

1 [18件] が死, と肉体, に根ざした, に簡略, のそれともまた, のはたらき, の土壌, の境涯, の如き, の妥協, の構造, の流れ, の爆発, の畸形的, の矜, はきわめて, を失つた, を持たなけれ

▼ れた~ (20, 0.0%)

2 夫人は, 馬の

1 [16件] ばが, 主人が, 先生の, 先生は, 博士の, 国手に, 土人は, 夫だ, 尼の, 杉と, 爺さんの, 牧夫の, 石工も, 職工の, 舖や, 鯨が

▼ れた老人~ (20, 0.0%)

2 らしい忿怒

1 [18件] すら試, とは今夜, とは似, のイサク, の切な, の名, の声, の死骸, の蒼白, の財産, の顏, の顔, は, は曾, は瞼, は薄, らしい謙遜さ, を功徳

▼ れた~ (20, 0.0%)

3 の葉 2 にも花, のよう, の中

1 [11件] があった, とがひとつ, の名, の如く, の模様, の芽, の茎, は, は山, 折れた灌木, 押し分けられた灌木

▼ れた途端~ (20, 0.0%)

4

1 [16件] その日, にいきなり, に倒れた, に前, に壁, に妾, に幸, に後ろ, に感じた, に捩, に水兵, に道, に首, は覚え, ほんのりと, ハッと

▼ れた連中~ (20, 0.0%)

3 の一人

1 [17件] から出, がみな, が幾組, が相, だ, でもいつ, なの, にかぎる, に会った, のやう, はいずれ, はよく, は今頃, は金, までが, まで争っ, も加わっ

▼ れた~ (20, 0.0%)

1 [20件] があった, がこっち, がした, がする, が後世, が聞こえた, であったに, であと, であるという, ではなく, とはかなり, にその, に当る, に過ぎなかつた, の不快, の世界, の意味, もそれ, を聞きつけ, を聞く

▼ れたお前~ (19, 0.0%)

2 の娘

1 [17件] が, とお, に取っ, に集まらなかった, の今, の友だち, の妹, の子ら, の役目, の父親, の血清, の親御樋口屋五兵衞殿, は, はどうして, は可哀想, は書籍, も

▼ れたからには~ (19, 0.0%)

1 [19件] さいぜんの, それが, たとえ木曽家, もうやぶれかぶれです, もうわし, もう一刻, もう不忠不孝, 二度と日の目, 今こそ, 何か, 学問性も, 武芸者としての, 犯人の, 百難に, 私にとっては, 自分がなどと, 貴様の, 霜を, 魔法博士の

▼ れたそれら~ (19, 0.0%)

2 の灌木

1 [17件] がみな雌花, のかたち, の上, の偉大, の動機, の器, の字, の復讐, の思念, の手段, の機構, の物語, の男, の言葉, の部屋, はたしかに, を全く

▼ れたなと~ (19, 0.0%)

2 思って

1 [17件] 後悔する, 思いながら, 思いながらも, 思いました, 思った, 思つて一寸淋しい, 思ひ庭, 思ふと, 思ふの, 感じた, 気がつくか, 気が付くと, 直感した, 矢代は, 私は, 米友は, 苦笑する

▼ れた人生~ (19, 0.0%)

2 の断片, の最初

1 [15件] だとか, であらう, である, などがあろう, なん, の不定感, の卑小, の或, の方, の本もの, の歴史的時機, の真只中, の道具, の音楽, をこれ

▼ れた内容~ (19, 0.0%)

1 [19件] が詩形, だと, とは無関係, と映画作家, と相, なり考え, にぞくする, に外, に對, のさび, はいわゆる, はまあ, は明かる, も従っ, を一度, を御存知, を持っ, を歌つて, 書かれざる内容

▼ れた~ (19, 0.0%)

1 [19件] えの, ものらしい, トンビと, 下駄を, 井戸は, 写本の, 塚参詣の, 廊も, 慈悲は, 戦法の, 沼が, 砦であり, 股引を, 障子には, 雑誌も, 靴が, 靴の, 靴下利用の, 體の

▼ れた~ (19, 0.0%)

1 [19件] からはいまにも, からひそや, から口重, から寝息, から見える, がやや, が柘榴, が見る見る弛ん, と共に何, には刀刃, にもとうに, に熱い, の上, の動き, の色, の間, は尋常, をなめくじ, をもってる

▼ れた女性~ (19, 0.0%)

2 の生きた

1 [17件] がその, がとたんに, であるイザナミノミコト, として次, と謂, には一種異様, に対してだれ, の, の眼, の肉体, はその, はたとい, はわびた, は自分, も落された, をしか発見, をただ

▼ れた~ (19, 0.0%)

2 が離縁状

1 [17件] か, がある, が猶, が蕨, が重, との宿縁, との間, のよう, のミンナ, の乳房, の呪詛, の席, の悲しみ, の死霊, の眼, は深い, を家

▼ れた~ (19, 0.0%)

4 のお

1 [15件] が危篤, が氣, が直ぐ, にも下手人, に似た, の心, の書籍代, の顔, はぼろ, は希う, は溜息, まさかその, よりも美しい, を思った, を残し

▼ れた無数~ (19, 0.0%)

1 [19件] の人物, の僧侶, の小, の思考, の怨恨, の教会, の新鋭駆逐機, の時計, の書物, の木材, の灯, の穴, の若者, の草花, の豚, の足跡, の音物, の領民, の顔

▼ れた物語~ (19, 0.0%)

3 である

1 [16件] か神話, が同時に, が長い, ではある, としてで, となり, の中, の形式, の插入, の本, の續, は充ち満ち, や思想, や歌, を見る, を言葉

▼ れた空気~ (19, 0.0%)

2 の中

1 [17件] が圧され, が爽, だったに, とは彼, に相応しく, に蒼白め, に違い, の塊, の広, の爆発, の美しい, はかちかち, はこんな, は何しろ, は彼, も鎮, を感じ

▼ れた~ (19, 0.0%)

1 [19件] があり, が不思議, が変つて, が彼ら, だそう, であるが, でじっと, でもあつ, でもない, で一寸, で助役, と見る, に習う, のみが荒れ, もない, も肩先, も見せず, や, を装うた

▼ れたあなた~ (18, 0.0%)

1 [18件] がすぐ, がた, が体面, が児孫, が此世, が軽蔑, にかうし, の兄さん, の友人, の好意, の姉さん, の手紙, の演説, の神経, の非凡, はいったい, はどう, は家政婦

▼ れた~ (18, 0.0%)

1 [18件] ようすを, 主人の, 名品は, 壮図に対しては, 婦人の, 実子の, 容子じゃな, 容子で, 恩徳も, 意見から, 本家の, 様子, 様子も, 様子洵に, 殿に, 病人が, 老母の, 運命を

▼ れた~ (18, 0.0%)

7 うぢ 2 うで 1 いくもの, ういふ, うして, つそく驚ろ, にあせっ, にこの, に名, に彼, びしおりというものがおのずから生まれ

▼ れたとして~ (18, 0.0%)

1 [18件] あとに, その十五年後, どうして徒弟制, もし小麦五ヘクトリットル, イデオロギーとしての, 一つには, 一般の, 人生的位置を, 今過激派, 何処に, 先生は, 刻々に, 十メートルの, 石田重吉は, 置いて, 置く方, 自分等より, 読者は

▼ れた夫人~ (18, 0.0%)

2 の肖像, の言葉

1 [14件] がすなわち, だつた, というひと, のめぐり合わせ, の姿, の寫眞, の愛情, の指, は一時相当, は夫君, は我, は良人, は遺産, も

▼ れた少女~ (18, 0.0%)

2 か何

1 [16件] がある, のおぼつかない, のよう, の事, の名前, の姿, の寝顔, の方, の淀君, の身許, はもう, はや, は脚, をあくまでも, を恋し, を探し

▼ れた材料~ (18, 0.0%)

2 が自然

1 [16件] から蠅男, から見る, がドッ, が同時に, だけでそれ以外, だった, であらう, で刑事, なの, の哀れ, は前, は專ら感覺, は或いは, は決して, は麻川氏近来, を持つ

▼ れた紙片~ (18, 0.0%)

2 である

1 [16件] がある, が置い, でした, に二ツ, に包ん, に墨汁, に所要事項, のよう, の落ち, の貼られた, をそっと, をひろげ, を一寸, を引きたくる, を見, を調べた

▼ れた~ (18, 0.0%)

2 を見る

1 [16件] があまり, で如何にも, には紙, に乾し, に手, に無理矢理, に結ばれ, に隙間, の先端, の反, の張り切った, の跡, の長短, を, をいつの間にか, を肩

▼ れた~ (18, 0.0%)

5 もなく 2 が見えた

1 [11件] が活き活き, が流行, であった, であるかも, で耳, で農業, の小, の白, はどんな, はみんな, や線

▼ れた表情~ (18, 0.0%)

2 をした

1 [16件] がある, が漲った, が異様, で, でいろいろ, で伸子, で店, になり, の中, の変化, の底, の怪美, もなく, をさせる, をし, を見渡し

▼ れた~ (18, 0.0%)

2 しかない, しか存在, に等しい

1 [12件] との二条件, によって充, により外延, に等しく, の一つ, の反, の小麦粒, はおびただしい, をそれら, をより, を示す, を表わし

▼ れた長い~ (18, 0.0%)

1 [18件] のへ, テエブルが, ブロンドの, 入江木々に, 周期は, 多くの, 奉書の, 指の, 物語を, 眉それより, 空に, 竹竿は, 紙札が, 経験との, 葬式の, 針な, 銀色の, 髪を

▼ れた~ (18, 0.0%)

1 [18件] がこっそり, がただ, がひとつ, が六尺, が本, が舞い上がる, だけが見物, だけは目, ですから, となっ, なんぞ, の様, や喰, や喰いしばっ, をいくらか, を上げ, を擡げ, 斬人

▼ れた黒い~ (18, 0.0%)

2 楼房の

1 [16件] じぶん, もの, ものとが, 凹字型の, 四角な, 地面に, 岩山が, 枕木の, 梢だ, 楔の, 歯型の, 濡って, 空は, 窓障子が, 袋が, 顔を

▼ れたただ~ (17, 0.0%)

8 一つの 2 ひとつの 1 いまの, の教材, の色, ふたすじ, 一本の, 一筋の, 小野俊一君川村多実

▼ れたなり~ (17, 0.0%)

3 しばらくは 2 気を

1 [12件] じっと持ち応え, であ, であったの, で今度, で窒息, ふかぶかと椅子, 今ごろは, 右の, 山添団八は, 思わず彼女, 病院にも, 砂浜の

▼ れた~ (17, 0.0%)

2 けで, である, なの

1 [11件] けだ, けでも, けソレ丈, け中, だった, だつた, であつ, で何, で見る, で詳しく, に待

▼ れた不幸~ (17, 0.0%)

1 [17件] が見えた, なる妻, な一人, な人々, な国民, な大, な女, な妻たち, な彼女, な恋人たち, な歌手, な船, な青年, について返報, の弁才坊, の者ども, は千差万別

▼ れた人形~ (17, 0.0%)

4 のよう 2 に等しい, のやう 1 が二つ首, が土, ではも早, に見いっ, の体全部, の姿, の砕かれ残った, の足, はあつ

▼ れた~ (17, 0.0%)

2 なら保険

1 [15件] だけでも学校, だけ悪口, にし, にはたまるまいで, にはもう, には自分, に代っ, の窓ガラス, は凡そ百二十冊, もあろう, もはいっ, より多い, を取りもどした, を引い, を最後

▼ れた如く~ (17, 0.0%)

2 に自

1 [15件] に, にそれら, にとろけ, になつて存, に今平八郎さん, に全然, に増大, に幼, に思い, に思わせる, に毒殺, に狼狽, に見えた, に響く, に高価

▼ れた~ (17, 0.0%)

1 [17件] からだ, がどこ, が永く, だった, である, と云う, と性, と犠牲, にかけて少し, についてどう, のした, の使命, の太陽, の目, の葡萄棚, の遊戯, をこれからどう

▼ れた条件~ (17, 0.0%)

1 [17件] がある, がつい, が沢山, であろうが, でそのもの, では電力問題一つ解決, として環境, に対してはその, のなか, のもと, の内, はいつも, は昔, より実に, をもっ, を最もよく, を要求

▼ れた~ (17, 0.0%)

1 [17件] が古めかしい, になつ, に極限, ののびやかさ, のゆるやか, の上, の中, の出来なけれ, の方向, の枝, の深, はなく, はよしんば, は少, は少し, は巨匠, より新

▼ れた肉体~ (17, 0.0%)

2 と精神

1 [15件] があ, が渇したごとく, が薄い, だ, とま, によって現実, に呪われた, の修整, の動揺, は情緒, は打たれ, は果して, をだし, を想い出し, を曳い

▼ れた芸術~ (17, 0.0%)

2 の論理学

1 [15件] であって, であり最も, である, です, でない, でないかぎり, でなくては, には敬服, に対して行, の境地, の裡, を彼, を持たなけれ, を生みださせる, を生む

▼ れた若者~ (17, 0.0%)

1 [17件] ですが, の姿, の面上, は, はそう, はただ, はちょうど, はみな千石, はやっぱり, はよろめき, は彼, は町, は白けた, は顔色, もまた, も同じ, をわははッ

▼ れた~ (17, 0.0%)

1 [17件] であった, であったこと, である, であるその, であるという, でなければ, なの, にまた, のよう, の答解, の薄い, の解説, の連鎖, は更に, や小説, をさ, を回復

▼ れた資本~ (17, 0.0%)

1 [17件] が以前以上, が生産, すなわち消費用役, すなわち生産用役, であって, でもない, によって供給, によって齎された, に対してあらゆる, に対し単に, の使用, の価値, の利子, の用途, は個人, を囘収, を補償

▼ れたとき彼~ (16, 0.0%)

1 [16件] にノー, の答え, の身代り, の陳述, はこう, はすこし, はその, はどうやら, はひとりでに, はピアノ, は姉, は心, は思わず, は悲しく, は意外, を襲っ

▼ れたなんて~ (16, 0.0%)

2 そんなこと

1 [14件] いい張るん, いふこと, ことは, ことも, ようすも, ウワゴト云っ, 一体どうした, 云うと, 口走られでも, 嘘の皮だ, 愚にも, 私は, 言うけれど, 言わん方

▼ れた印象~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] がかなり, がし, が丁抹国旗, が保持, が残つて, だと, であると, で現実, というセンス, なの, に文筆, に過ぎない, はその, を構成

▼ れた~ (16, 0.0%)

4 の言葉

1 [12件] が迷惑, というの, と三人, に対してはただ, のお, の不思議, の力作, の心持, の胸中, もか, や僕, よりもよっぽど

▼ れた巨大~ (16, 0.0%)

2 な一つ, な人間

1 [12件] なる勢力, なる鉄槌, な古城, な外廊, な山塊, な書棚, な梁, な流れ, な矛盾, な蜘蛛, な豚, の拳固

▼ れた恰好~ (16, 0.0%)

2 である

1 [14件] して, だ, だった, だったが, だね, で, です, で二階, で再び, で唖然, になつて, のいい, のまま, をむしろ

▼ れた~ (16, 0.0%)

2 である

1 [14件] い詩, だとも, でも有ろう, と傳, の御名, もあらう, を以て会期, 小倉伸吉君の, 岡倉覺三氏の, 幽斎公の, 思軒居士や, 清元順三の, 渡辺均君は, 答えて

▼ れた最も~ (16, 0.0%)

1 [16件] 低い持物, 安全な, 年寄じみた, 悪質な, 愚鈍な, 憎むべき犯罪, 揮発性な, 有効な, 深い短篇作家, 簡素な, 若かった, 荘重な, 適当と, 重大な, 高度な, 高度の

▼ れた~ (16, 0.0%)

3 の枝

1 [13件] がつけられ, であり且つ, とおなじ, には却つて, に仕返し, のかげ, の札, の根っこ, の腰掛, の色, や神, を忘れた, を梯子代り

▼ れた東京~ (16, 0.0%)

2 の大路

1 [14件] がどんな, にもひとつ, にも平常, の中心地, の史蹟, の廃頽気分, の株屋, の盛り場, の紳士, の西郊, は風情, を思い出し, を見, 新繁昌記中

▼ れた概念~ (16, 0.0%)

2 を作る

1 [14件] でこれ, でなければ, ではなく, としての物自体, としては西洋, として抑, に対応, に於ける, のリズミカル, の変化, はもはや, は人々, を云い表わす, を思惟

▼ れた~ (16, 0.0%)

4 のよう 2 の瞬間 1 の, のごとき, のその, の一文, の二パラグラフ, の峯, の御, の数行, の日, の朝

▼ れた生命~ (16, 0.0%)

2 の表現, の表現そのもの

1 [12件] と思い, と愛情, なき形骸, のすずし, の流, の現象的効果, の種子, の美し, の驚異, はますます, をからく, を完全

▼ れた~ (16, 0.0%)

1 [16件] からピチャピチャ, が載せられる, だ, の中, の縁, は冷たい, をお, をおし頂いた, をぐっと, をこっち, をゆすい, をグッ, を前, を受ける, を幾つ, を恭しく

▼ れた直後~ (16, 0.0%)

2 のこと, の事

1 [12件] その岩倉, であった, であり仕込み杖, でもある, で虚子, とも考えられる, にし, に書いた, のこの, のジャーナリズム, の時, の註釈者

▼ れた神経~ (16, 0.0%)

2 がそう

1 [14件] が, が今夜, が私, とは何ん, と破れ, に与える, に刺さる, のお蔭, の一つ, の波, の痙攣, はあるいは, はお嬢様, を持っ

▼ れた秘密~ (16, 0.0%)

2 の部屋

1 [14件] だよ, のマッチ箱, の内閣, の力, の如何, の研究, の謎, の金櫃, はそれ, を捜ろうと, を握ろう, を発く, を知った, を買い戻さね

▼ れた表現~ (16, 0.0%)

1 [16件] がない, がぴつたりと内界, が芸術, そのままの, である, であるかの, です, で使う, で開始, として歴史, に親しみ慣れる, のよう, の世界, の作品, の形式, は数千里

▼ れた証拠~ (16, 0.0%)

32 だと, に代える 1 があります, がある, である, と解する, なん, にある, にはそれ, にもなるべき, に対しかかる

▼ れた赤い~ (16, 0.0%)

1 [16件] ダマスコの, マリ, マリだ, メリンスの, 広場を, 建札の, 斑点が, 灯を, 煉瓦の, 獄衣を, 眼を, 耳を, 船です, 薔薇が, 衣服青い, 顔が

▼ れた身体~ (16, 0.0%)

1 [16件] が機会的, だってあいた, でございますから, では知る, で三代相恩, となつ, と表現, には養生, にも当節, の生活, はここ, も学校帽子, をよろめく, を持っ, を村, を横

▼ れた~ (16, 0.0%)

1 [16件] が, が山, が摺り抜け, と同じ, の姿, の尻尾, の料理, の金粉, の魚畚, は, はわずか, は海, は笑つた顏, を呑む, を島, を盤台

▼ れたあたり~ (15, 0.0%)

2 に足跡, を見る

1 [11件] から両側, だけが明るい, で奇妙, にも感じられた, に十人あまり, に荒, のさっぱり, の柳, へ, へ來, まで這いゆき

▼ れたあらゆる~ (15, 0.0%)

2 行為あらゆる

1 [13件] 不自然な, 国の, 夢殺された, 思想制度努力等に対する, 惨禍は, 新しい作品, 望の, 本を, 標本を, 理論の, 生活が, 航海の, 賛美と

▼ れたからとて~ (15, 0.0%)

2 夢さら殘り

1 [13件] あとを, ながまさ公, 世間の, 今更どうにもなる, 何の, 余人ならぬ, 兄弟の, 出て, 増加されないであろう, 夢さら残りを, 恋仲の, 書くべきヒント, 現代人に

▼ れた仲間~ (15, 0.0%)

1 [15件] であった, であるが, でも上, となりました, にした, に匕首, のもの, の人たち, の恨み, の方, の柘植, の者, の血, はすべて, を一眼

▼ れた会話~ (15, 0.0%)

1 [15件] がふたたびだんだん, であったが, について話し, にひそか, によって十分, によって知る, のスタイル, の内容, の反覆, の遣り取り, は次, をみんな, を再び, を聞い, を聞く

▼ れた位置~ (15, 0.0%)

2 にある, の者

1 [11件] から身, がつくられ, しか認められ, で寿女, に全然, に変った, の慘め, はそう, は彼, をさみしい, を思い浮べた

▼ れた~ (15, 0.0%)

2 は毛布

1 [13件] がふつう, きは, でどんな, では何, のしだいに, の先, の名, の常陸石田, の見えた, の豪家, は南河内, は妙庵, をいわない

▼ れた其の~ (15, 0.0%)

1 [15件] 償にや, 否定が, 品は, 当時の, 日, 日の, 時に, 時の, 時は, 最初の, 老人は, 藁敷の, 配百十踏揚姫は, 頃が, 顔には

▼ れた~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの口, かい頼母, からは今にも, からは血, から呻き, がそろそろ, でしたね, ですから, ですよ, なん, のうち, の幾個, は容易, も利かねえや, も驚き

▼ れた少数~ (15, 0.0%)

3 の者 2 のもの, の人 1 である, のモデル, の人々, の作品, の富裕, の見物, の見物人, の観客

▼ れた当の~ (15, 0.0%)

1 [15件] おかく, 主人の, 人は, 人物と, 人間達には, 夜の, 婦人の, 巡査自身の, 敵手だ, 本人が, 本人だ, 獲物が, 現場であった, 男すなわち, 相手が

▼ れた当人~ (15, 0.0%)

1 [15件] がなんと, がはッきり, がもう少し, がもし, が吾が, が黙っ, しか分らない, だけで, とその, にまるで, の久保田, の職業, は俯向, は少し, もそれ

▼ れた怨み~ (15, 0.0%)

2 がある, を陳べ

1 [11件] から王, から自分自身, があり, この匕首, でお, に, のせい, は骨髄, もある, を持ってる, を返した

▼ れた有名~ (15, 0.0%)

1 [15件] なふたり, ならざる作家, なる箱詰屍体事件, な三願転入, な事蹟, な京都, な医学博士, な悲劇, な探偵犬, な政治家, な映画, な発明家, な言辞, な首の座, な首環紛失事件

▼ れた模様~ (15, 0.0%)

2 である, の変化

1 [11件] から見, だか, であつ, でありますから, で今, とそれ, に限り, のよう, の上, をお話, を鏑木さん

▼ れた気分~ (15, 0.0%)

1 [15件] から清冽, がしだいに, がすこし, がつかえ, がスーッ, だった, です, でも悪く, で水, で活動, になりました, の特色, の醸製, の重, を抱いた

▼ れた~ (15, 0.0%)

1 [15件] じるしの, だけが変, で注視, で野村, なざしを, にあまり, には飯田松川, のぎよろりとした, の前, はじつと, はやみ, は今, も綾, をし, を醒まし

▼ れた知識~ (15, 0.0%)

1 [15件] がいまだに, が所謂, が日本人, としてのみより, と思想, にならない, になる, の努力, の常識的水準, の瓔珞, の空洞, の範囲内, は経験, も分別, をもっ

▼ れた~ (15, 0.0%)

1 [15件] が果して, で見透す, という, と面, には暗闇, の両側, の中, は握, よりより, をし, をとっ, をとつ, をば, を指した, を颯ッ

▼ れた~ (15, 0.0%)

2 が赤く, を撫で

1 [11件] から首すじ, とお, と胸, にはコケ, の辺り, はさっき, はまだ, べん, をおさえ, を寄せ, を押え

▼ れた~ (15, 0.0%)

4 の毛

1 [11件] がぐつしやりと汗, が覗い, が青空, にか, には白い, に櫛, の三筋四筋, の上, の毛毎, の長, は

▼ れたかに~ (14, 0.0%)

1 [14件] して, みえる, むっとした, を食べよう, ビリビリと, 思う, 思われる, 窺われる, 見えた, 見えたが, 見える, 見えるの, 見ること, 解して

▼ れたこれ~ (14, 0.0%)

1 [14件] がスバリ越, が不運, が今, が勾配九分の一, が読める, こそ御, じつにおどろくべき, と同じ, は不, は大工, また茶, までの彼, を正しく, を男社員

▼ れたなどという~ (14, 0.0%)

2 のは, 話が 1 ことは, ことを, ような, 取沙汰も, 口碑も, 噂は, 噂を, 神話めいた, 虚説の, 連歌師の

▼ れたばかりか~ (14, 0.0%)

1 [14件] あわせて, さらに大蔵省, その死体, それが, ために, なんとなく場, 偽って, 出征や, 医業すらも, 天蓋山に, 女工頭に, 樟板の, 窓を, 近頃ことに酒

▼ れたみたい~ (14, 0.0%)

1 [14件] で口惜しかっ, で疲れたよ, な一寸, な女学生, な気イ, な腫れぼったい, な苦悶, になっ, になつ, にオチョボ, に力, に口, に慌て, に身体

▼ れた不思議~ (14, 0.0%)

2 な事件

1 [12件] な一行, な傑作, な出来事, な微笑, な暗合, な理想, な紳士, な美し, な薬, な話, によってこの, の肉感

▼ れた~ (14, 0.0%)

2 岸の

1 [12件] の手首, の眼, の肺, 劇団の, 名, 換屋が, 眼が, 眼に, 眼放散した, 眼臓腑を, 腕の, 袖が

▼ れた~ (14, 0.0%)

1 [14件] 世界は, 人口は, 企業を, 価値を, 協一般使用人組合の, 城の, 文化機構は, 生活の, 生涯の, 舞台の, 資本に対して, 軍は, 體として, 體の

▼ れた~ (14, 0.0%)

2 の間

1 [12件] がやっと, が出なけれ, が物, だが, なら此刀, の恐ろし, の柄, の鍔, の鞘, を帯する, を引きそばめ, を拾い取っ

▼ れた~ (14, 0.0%)

4 太宰少 1 から伝承, ではただ, のほう, の傷, の日, の春宮, 安芸守伴光行飛騨守藤原辰忠上野介藤原厚載, 捜査局長現在では, 檣の, 衞侯も

▼ れた喧嘩~ (14, 0.0%)

2 は買う

1 [12件] じゃったらしい, であろうとも, でも喧嘩, なので, は言わずもがな, は買, を買, を買い, を買う, を買っ, を買わず, 降りかかる火

▼ れた~ (14, 0.0%)

2 の下

1 [12件] のほう, の一方, の一部, の上, の中, の口, の断面, の方, は所々, を改め, を眺め, を見

▼ れた天皇~ (14, 0.0%)

1 [14件] が土壇場, が間もなく, である, と供奉, には途上, のおす, の両派, の声, の誕生, はほか, もある, も荒木田久老, をそれゆえ私, を偲ん

▼ れた小鳥~ (14, 0.0%)

8 のよう 2 のやう 1 だったの, と同じく, の悲しい, の様

▼ れた~ (14, 0.0%)

1 [14件] かべは灰色, がそういう, がつい, がつまり道, のある, のかけら, の上, の姿, の屑, の山, の角, の間, の陰惨, 狭の

▼ れた~ (14, 0.0%)

3 に腰

1 [11件] が残らずあい, で同氏, で父, において明智どの, にかけた, にわし, に二人, に着いた, の方, はついたった今, へ長谷川

▼ れた当座~ (14, 0.0%)

2 はとにかくやがて

1 [12件] こそ義昭, しずまって, だけ逃げ, で見る, など荒い, の一年二年, の身, はわたし, は人間, は刀, は私, 随分口惜しかっ

▼ れた形態~ (14, 0.0%)

2 に外

1 [12件] が云わ, だと, である, であるが, であれば, なの, に導かね, の人民戦線, の美し, は当然, をもつ, を取っ

▼ れた所以~ (14, 0.0%)

5 である 2 のもの, もそこ 1 だが, は自由主義, もこ, もその, を考え

▼ れた時期~ (14, 0.0%)

4 であった 1 いわゆる純文学, からいっ, から誰, がありました, と考えられる, に田植, のこと, の指定, の間, もちがい

▼ れた本人~ (14, 0.0%)

1 [14件] が押し込められた, が気がつかない, が生き返る, が自分, が近在, ですよ, の身分, はあわて, はどこ, は來, は気の毒, は知らぬ, へ文, も一驚

▼ れた機械~ (14, 0.0%)

1 [14件] から得られる, が吾, が旧い, が突然, で織つた, に投ずれ, のよう, の使用, の正確性, は見る, も充分, も貨物, を他, を見棄てる

▼ れた気味~ (14, 0.0%)

1 [14件] がありましょう, がある, で, であったが, でいったい, でことば, でぼんやり, で何, で少し, で彼, で栄, で段上, で私, の敬太郎

▼ れた~ (14, 0.0%)

3 のよう 2 がまだ 1 が水車, などに混, のやう, の傷, はとても, はぼんやり, は更に, は物, を運び

▼ れた物質~ (14, 0.0%)

2 はあらゆる, を説く 1 が, と精神, によるもの, のスペクトル線, の初め, の経験的性質, は再び, は物, やエネルギー, を集積

▼ れた特殊~ (14, 0.0%)

1 [14件] なイデオロギー情勢, な人々, な場合, な目的, の個人美, の傍, の内容, の報告, の変種, の気風, の紙幣, の美, の領野, 即普遍

▼ れた~ (14, 0.0%)

2 鰯が

1 [12件] ぐさい一通の, と死, に抗, の儘, の思想, の悦び, の肯定, の記録, をたのしん, 指美貌の, 木綿の, 鰊を

▼ れた~ (14, 0.0%)

2 のあいだ

1 [12件] が丁度, である, で二人, に殘, に青々, の中, の如き, の間, は鳶, やこんな, や道, を見

▼ れた盆地~ (14, 0.0%)

2 である

1 [12件] があります, で飛ぶ, にある, のところどころ, の山ひだ, の景色, の町, の競場場, の美, の鐘, は暮, は谿谷

▼ れた空間~ (14, 0.0%)

2 の中

1 [12件] が速度, こそ正に, であ, となる, のこれ, の美し, はシュトゥンプフ自身, もそれ, を例, を想像, を成立, 例えば幾何学的空間

▼ れた~ (14, 0.0%)

2 の中

1 [12件] が波, が皮膚患者, と満載, と運命, に乗っ, のはり, の人, の費用, は帆, は底, は遠く, を見送っ

▼ れた~ (14, 0.0%)

2 の列

1 [12件] が御, の一つ一つ, の一団, の中, の切れ目, の峯, の色, の裾, の間, は僅か, もみえ, や波

▼ れたからって~ (13, 0.0%)

1 [13件] お酌, その人, その階級, それを, なにも, 一端の, 人徳が, 俺んと, 吠えるなよ, 御主人, 御主人さま, 濡れ紙で, 餌乾に

▼ れたくらいの~ (13, 0.0%)

3 もので 1 ことで, 事です, 仲それを, 剛直清廉な, 勢力ある, 損害だった, 犬好きで, 男だ, 者ゆえ秀吉に, 肉附の

▼ れたしと~ (13, 0.0%)

1 [13件] いうに, いふ, なり, 一歩も, 乞ひ, 云ふ, 啓す, 書き添えそれから, 申し入れます, 返書し, 頻に, 願ひたる, 願ふならひ

▼ れたといった~ (13, 0.0%)

3 方が 2 ほうが, ような 1 どこか, のは, ふうだった, ふうであった, ものだ, 態だ

▼ れたところが~ (13, 0.0%)

1 [13件] この村, これが, それを, ばかを, 丁度ここ, 今は, 今居る, 何か, 売輪, 将軍家には, 摂津守と, 脹れっ面を, 青菜を

▼ れたふう~ (13, 0.0%)

2 だった, にし 1 であった, である, でも, で目的地, で話しつづけた, で顔色, なの, もない, をし

▼ れた~ (13, 0.0%)

1 [13件] うまくやられ, この男, こまるじゃ, さである, さまことによってのみ, そんな軽はずみ, とうとう, テレミンディナフォンマルトウノラジオフォネットオンディオム, 何んとか, 全然絵描き, 来て, 残念だ, 降参降参

▼ れたより~ (13, 0.0%)

1 [13件] ころがされた感じ, だらしなし, はるかに, 前という, 四十分くらい, 少し以前, 悲しい, 本当の, 桔梗という, 欣しい, 豊富な, 辛うございます, 頼もしく響いた

▼ れた一枚~ (13, 0.0%)

1 [13件] のふと, の半紙, の古びた, の大判, の小さい, の真中あたり, の紙, の絵以上, の葢, の薄板, の通牒, も出せ, を判

▼ れた事實~ (13, 0.0%)

1 [13件] である, にあらゆる, には寒帶地, のなか, はない, は否定, もある, や年代, をまだ, を古賀, を掘り出した, を明記, を曲げる

▼ れた二本~ (13, 0.0%)

2 の大きな

1 [11件] の丸太, の太い, の太刀, の指, の杉, の白刃, の義足, の脚, の腕, の蝋燭, の針金

▼ れた写真~ (13, 0.0%)

1 [13件] が出, での彼, で見る, と同様, の中, の台紙, の面, の高, を一目, を自然人生, を見, を見ました, を見る

▼ れた地方~ (13, 0.0%)

2 にはまだ

1 [11件] から或, がある, が今, というの, の一海港, の一部, の森, の町人, はやがて, は大体, は明かな

▼ れた~ (13, 0.0%)

1 [13件] が端艇, じゃない, でさ, には私ども, のうち, のやう, の一人, の中, の数, はおのおの, は一人, は町長はじめ二十余人, を渡す

▼ れた幸福~ (13, 0.0%)

1 [13件] であったこと, である, であろう, でなければ, で有望, とにふさわしい, なそして, に出, の, の可能性, の思い出, への深い, を經驗

▼ れた~ (13, 0.0%)

3 の上 1 が文学, が細そり, の多い, の恋々, の班点, の男, はひとつ, は三蔵ひとり, も幾つ, を見送

▼ れた性格~ (13, 0.0%)

1 [13件] がああ, がカエサル, が一字, さ, でありませう, とよん, に置こう, の持主雪, の記述, はこうした, や典型, を全く, を示す

▼ れた挙句~ (13, 0.0%)

1 [13件] くびり, たった一つ, とうとう自殺, どかんと, なので, に, にお, に漸, に神経, の彼, やっとの, 堂々廻り, 更に自分

▼ れた日本人~ (13, 0.0%)

2 の姿

1 [11件] がその, が無事, であるかも, にそれ, の, の一人, の常住坐臥, の日常生活, の約, の詩文集, を退去

▼ れた椅子~ (13, 0.0%)

4 に腰 1 におずおず, にかけて用件, にすわり, に腰かけ, に被, の上, の人, の前, はあっ

▼ れた深い~ (13, 0.0%)

1 [13件] 凹みは, 印象であった, 印象は, 味が, 因縁を, 崖の, 恨みが, 淵と, 皺と, 谷底の, 谿が, 鮮やかなよろこび, 麦稈帽子を

▼ れた犯罪~ (13, 0.0%)

1 [13件] でしょうな, ですから, ではございます, でもどこ, という意味, なら白痴, の家, の科学的研究, はどこ, はまんまと, もこの, もなお, をこれから

▼ れた~ (13, 0.0%)

3 のよう 1 なの, のやう, の伝さ, の子, の無, の運命, はぎやつと, はしばらく, はどう, は珍

▼ れた現場~ (13, 0.0%)

1 [13件] から見, ではない, にあや, に立った, に行く, に遺留, の室, へ行っ, へ行つて, も手付かず, を一応, を御覧, を見た

▼ れた生徒~ (13, 0.0%)

3 のよう 1 が訓戒, と自分, に同情, の一人, の家, はおこった, はたいへん, はまだ, は頭, を呼び出した

▼ れた用事~ (13, 0.0%)

2 があっ, をこころよく 1 がある, がいつも, がでございまする, のある, はできるだけ, もあっ, を口実, を少し, を皆

▼ れた百姓~ (13, 0.0%)

1 [13件] がそいつ, の中, の子供, の爺さん, はただちに, はどう, は何万人, は何十人, は恐れ入っ, は黙っ, も大勢, よろしくの, らしい男

▼ れた~ (13, 0.0%)

2 ぢや, である 1 だ, で, でした, ですよ, です綺麗, で御座います, といい直し, を以てはっきり, を以てはつきり

▼ れた舞台~ (13, 0.0%)

1 [13件] が十分見物, であって, でその, での役, では想像, でもある, のうえ, のすぐ, のよう, の上, の正面, を作りあげる, を相手

▼ れた荷物~ (13, 0.0%)

2 のよう

1 [11件] がまだ, が物, が石, のうえ, の始末, の質, の間, は自己, をあたふた, をまた, を積ん

▼ れた観念~ (13, 0.0%)

1 [13件] として見る, に一致, に他, に光, に合わせ, のある, のうち, のなか, のよう, の群, は全く, は自分, を象徴

▼ れた財産~ (13, 0.0%)

2 があっ

1 [11件] が尚, だ, だってもうとっくに, ではない, で威張っ, とては何一つ身, の出所, は迂遠, まで自由, やによって人生, を横取り

▼ れた過去~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] に属する, に於, のプロレタリア文学運動批判, の光景, の存在, の応仁, の文士, の自分, の記憶, は人, を眺め

▼ れた青春~ (13, 0.0%)

2 の埋

1 [11件] かよと正直, が三宅君, てえと, ですな, としてすごさせられた, にこんなにハッキリ, にその, の色情, をまた, をわが, を迎

▼ れた高い~ (13, 0.0%)

2 門を

1 [11件] 丘に, 価格とは, 塔の, 演壇が, 玉座から, 甍が, 石垣の, 石段を, 神様が, 祭壇が, 趣味の

▼ れたかが~ (12, 0.0%)

1 [12件] これで, よくわかる, よく解りすぎ, わからなくなった, わかる, 不思議な, 分ろう, 割合正しい, 問題な, 推察されました, 明らかに, 疑われたが

▼ れたからは~ (12, 0.0%)

5 直にお 1 われらも, 五年十年で, 再び勇気, 妾も, 猶予も, 老人は, 自分の

▼ れたことば~ (12, 0.0%)

2 を思い出し 1 である, とやらに, による, のしり, の意味, の端, はクニノキミ, もある, をその, を空

▼ れたためし~ (12, 0.0%)

5 はない 2 のない, はなかっ 1 がなかつた, はなかつた, はほとんど

▼ れただけでも~ (12, 0.0%)

1 [12件] それ以前一切の, ひどく狼狽, ほっとした, ガラガラと, 信玄の, 十分に, 四方へ, 思想動員は, 恥ずかしいのに, 支那の, 私は, 耳が

▼ れた~ (12, 0.0%)

2 るみの 1 いしは, いぬと, ぬけさ加減, はず, はり灯籠の, ひき, ふ, ぼろしに, まずうっ, 新しい路

▼ れたテーブル~ (12, 0.0%)

2 の上 1 うつむいて, が一つ, が思っ, が見える, には桜草, に肱, のところ, のまわり, の脚もと, をチョイ

▼ れたドア~ (12, 0.0%)

2 の前 1 から入っ, から現われた, から階下, と壁, のし, のところ, の外, の所, を通してささやく, を通してよく

▼ れた~ (12, 0.0%)

2 ですか 1 かも判れへん, じゃ, じゃない, だ, だがね, だつて評判, だな, だよ, だろう, で成功

▼ れた五人~ (12, 0.0%)

2 の花嫁 1 の仲間, の使部, の初犯囚, の受験者たち, の夫人, の家来, の男, の者, の警官, の身性

▼ れた~ (12, 0.0%)

2 の男 1 が世によく, の譚, の顔, は年はるか, は時どき, は親仁, は言語, を殺した, を礼拝, を見せ

▼ れた刹那~ (12, 0.0%)

2 の夫人 1 じゃない, であった, であったろうという, である, に受ける, の声, の所有者, はたしてどの, よろめきながら, 既にそこ

▼ れた~ (12, 0.0%)

1 [12件] がそこ, が吾子籠, だけで病苦, として感じられなかった, と長い, にたまらず, に相応, の作者, の爆発, の関係, はそれ, は無数

▼ れた厚い~ (12, 0.0%)

2 一冊の 1 唇を, 壁に, 小型の, 木札を, 板の, 格子の, 糊の, 西洋紙の, 鐵板の, 髪の毛が

▼ れた口惜し~ (12, 0.0%)

4 さが 3 さと 1 さで, さに, さより, まぎれに, 紛れに

▼ れた哀れ~ (12, 0.0%)

2 な姿, な男 1 なる人間, なヤーフ, な一少年, な優しい, な女, な母, な花, な趣

▼ れた商品~ (12, 0.0%)

2 の量 1 がさき盛った, であると, で表わした, と器械, のうへには皆目, のこわれ, の充, の形, の正確, の運賃

▼ れた喜び~ (12, 0.0%)

2 を述べた 1 から騒ぎ, が声, が述べられ, が響きました, で立, によく, の一つ, を忘れ, を感じ, を歌う

▼ れた~ (12, 0.0%)

1 [12件] が十燭, だけを夫人, であると, であるとしても, と派手, に今, に見る, は私, は美しい, は読み, をうちかえしうちかえし, をじっと

▼ れた学生~ (12, 0.0%)

1 [12件] が国家組織, が居ります, が数百名, が次, でありながら, ではなかっ, の一人, の咽喉, はいかにも, はその後, は互に, は眼

▼ れた室内~ (12, 0.0%)

2 の情景 1 では有毒瓦斯, で若い, にはしばらく, には半, には灯, に上がっ, の有様, の調度, へ駒井, を呆然と

▼ れた恨み~ (12, 0.0%)

1 [12件] から秀次公, が加わった, とからさまざま, と悲しみ, などはもう, など忘れ, によって兄, は彼ら, も手伝っ, も植田丹後守, をはらそう, を生き

▼ れた悲しみ~ (12, 0.0%)

1 [12件] で一貫目, とも憤り, に倒れた, に堪え得ず, に重ね, はなかっ, は一つ, は吐き出さず, も忘れ果てた, も月日, や愁い, を言い

▼ れた情熱~ (12, 0.0%)

1 [12件] が何等, が慶応義塾, が激しく, そういったもの, でも信念, で自身, というもの, と声, には凡情, の震え, はその, は騒々しい

▼ れた暗い~ (12, 0.0%)

2 庭さきに 1 家でした, 庭の, 廊下に, 廚子の, 感情の, 水色の, 烟を, 秘密を, 道が, 魂の

▼ れた書類~ (12, 0.0%)

1 [12件] かどう, がなん, がわたし, が二三通, です, では, をすぐさま, をとり返し, を取り上げた, を整理, を新, を机

▼ れた~ (12, 0.0%)

4 の中 1 の奥, の奥深く, の方, の木の間, の繁み, は霊化, や林, をへだて

▼ れた~ (12, 0.0%)

1 [12件] のうえ, の一見平凡, の室, の少年, の建物, の支那, の時, の武生, の苦しみ, の訳本, の遊廓, の飜譯

▼ れた民衆~ (12, 0.0%)

2 の文学 1 が人垣, であろうか, のこと, のなか, の中国, の叡智, の生命, の視線, は天空海濶, は源氏

▼ れた~ (12, 0.0%)

2 のよう 1 がやはり, でもあった, の余燼, の子, の用心, はほんとに, はまた, は大蛇, を暗い, 見櫓

▼ れた現象~ (12, 0.0%)

1 [12件] だった, である, であると, であろうが, ではない, としては必ずしもそう, に対する以上, に過, に過ぎなかった, のよう, の実在, を発見

▼ れた~ (12, 0.0%)

6 の上 1 が嬉しかっ, に手, に気がつく, や天鵞絨, を一つ一つ, を見つめ

▼ れた種々~ (12, 0.0%)

1 [12件] なる企画, なる先入, な制度, な噂, な土産物, の大きい, の小, の炎, の物品, の瑕, の革新, の音程

▼ れた~ (12, 0.0%)

3 の底 1 から戸外, が龕, に流れ込ん, に消され, の上, の中, の様子, をみつける, を知つて

▼ れた立場~ (12, 0.0%)

2 に在る 1 から見れ, であるから, であるであろう, と似た, にかかわらず, のよう, を把握, を理解, を考え, 又は或

▼ れた立派~ (12, 0.0%)

2 なもの 1 な文章, な白髯, な磁州窯, な紳士, な織物, な表現, な詩人, な道, な避雷針, の人

▼ れた細い~ (12, 0.0%)

1 [12件] からだには, しなやかな, 国境の, 姿で, 帯だけが, 文字です, 材木が, 白樺が, 空が, 脚を, 道の, 鉄製の

▼ れた自動車~ (12, 0.0%)

2 の中, の停止, や馬車 1 から一人, があった, にやっと, にやつ, に乘つて, を銀座街

▼ れた~ (12, 0.0%)

2 を見 1 から, が社前, である, でカフエー, にはまた, に事, に人間, は三度, は石川村, へ手

▼ れた~ (12, 0.0%)

1 [12件] だもの, なり兄弟, の悲歎, の気持, や身内, を喰い尽し, を株, 熊の, 猿が, 猿と, 雀は, 鯨が

▼ れた~ (12, 0.0%)

1 [12件] にも等しい, に向い, に向っ, のよう, の中, の前, の部屋, はまた, は万象, や一つ, を受け取っ, を結縁

▼ れた~ (12, 0.0%)

1 [12件] から外, から大, のよう, の中, の修築, の側, の奥, の後, の扉, や窓, を叩く, 之丞

▼ れた顛末~ (12, 0.0%)

1 [12件] から死後, が詳しく, は即刻掲示, は明, も前, や引渡された, をお話し, をく, を仔細, を他人, を叙, を早速

▼ れた食物~ (12, 0.0%)

1 [12件] なの, に就, に手, に比, に満足, の比率, の爭奪, や敷いた, を無条件, を第, を見, を食わぬ

▼ れた~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, がモノ, が灰, と骨, によつて代表, の上, の主, の正しい, は普通, ばかりをもっ, を丁寧, を暗示

▼ れた~ (12, 0.0%)

6 のよう 1 に湯治, のやう, の久しく, の数, の様, の眼

▼ れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] いで, いでいま, いで尼, いで義通, えから, であること, のが, ふの, まえにも, ハハハハ, 川島家が

▼ れたとしか~ (11, 0.0%)

1 [11件] 思えない, 思えません, 思って, 思へない, 思へませんが, 思われない, 思われねえや, 思われませんが, 感じられず情なかっ, 考えられない, 考えられないじゃ

▼ れたほか~ (11, 0.0%)

3 に鬼 2 の部分 1 にもなお, に伸子, に幾人, に民衆, はあっと, は現場

▼ れたまで~ (11, 0.0%)

5 である 1 じゃ, でここ, でこれら知名, で大黒様, で官僚, わたしは

▼ れたもう~ (11, 0.0%)

2 一つの, 一人の 1 ぐらもちなく, な, 一冊の, 宮であった, 死ぬ, 死んで, 許して

▼ れた一切~ (11, 0.0%)

2 の持物 1 の善, の文芸思潮, の注意, の生活表現, の科学, の解説, の通俗的小説, の進歩, の非

▼ れた~ (11, 0.0%)

2 の中 1 がぼんやり, が柔, であった, ではある, のなか, の輪, の道, の電磁気説, を真直

▼ れた原稿~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいくつ, だって書いてる, と五百枚, など何一つ, の中, の文字, はいま, を書く, を根気, を見た, を読み

▼ れた同じ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ものの, ような, 作家の, 作者の, 儀式であった, 名の, 型の, 年齢の, 折目の, 浪人取り締まりの, 道筋を

▼ れた四人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が近年, が近江屋一家, しかいなかった, の子ども, の家族, の少年, の方, はからみ合い, はちょっと, は殿さま, は近所

▼ れた地点~ (11, 0.0%)

2 である 1 であった, であるから, であると, と地点, に行っ, はもう, までが物差, も無く, を去り

▼ れた~ (11, 0.0%)

2 の事 1 がある, が晩春, っていうの, である, とかある, の下, の内部, の前, をかこん

▼ れた平次~ (11, 0.0%)

2 は敷居 1 が椽側, と八五郎, のくち, の前, は, はこの, は其處, は甚だ, 間もなく思ひ

▼ れた建物~ (11, 0.0%)

2 の下 1 で会席, という意味, にはどうしても当然, のよう, の片側一面, の話, もあります, よりは新, を見る

▼ れた彼等~ (11, 0.0%)

1 [11件] が日夜, であるから, とそれから, には最も, の心, の獰悪, の魂, はすべて, は不意, は夢中, は瞋

▼ れた恐ろしい~ (11, 0.0%)

1 [11件] 努力を, 夢が, 指の, 水が, 現実と, 經驗が, 舞台の, 蝗の, 贈物を, 軽捷さしばらく, 鬼が

▼ れた愛情~ (11, 0.0%)

2 にみちた 1 があなた, がいかに, がやがて, でもない, といふ風, のこもった, の支持者, を一般人衆, を思ひだす

▼ れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] だ, であるが, でおそろしく, でこの, でしたが, で別所君, で月あかり, にも見える, の快, は森, を装っ

▼ れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] から人, から流れ込む, にかかった, にひ, に一枚, の下, の中, の板, は穴, を睨ん, 若運転手

▼ れた戸口~ (11, 0.0%)

2 から 1 からは昔ながら, からは朝日, からは粉, から厖大, から屋内, から岡, があり, の扉, を背

▼ れた教養~ (11, 0.0%)

2 や趣味, を高めよ 1 ある如才, がある, と東洋, に感心, は十分, を持つた, 乃至素養

▼ れた文句~ (11, 0.0%)

2 をひろい読みする 1 である太宗皇帝時代, で同郷, にすぎない, には自分, はこの, をお, をそのまま, をよみかえしよみかえし, をよみはじめた

▼ れた時自分~ (11, 0.0%)

1 [11件] だけはどこ, に向っ, の持っ, の方, はあるいは, は寒い, は岩手訛, は火性, は簡単, は遙, もその

▼ れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] がやってきた, この戸, に自分, の一瞬, の十一時二十分頃, の夜中, の微風, の快, の記事, の足跡, を校庭

▼ れた~ (11, 0.0%)

2 の親, 登山家の 1 とが将軍家, とよぶ, の銅像除幕式, 師団が, 村長氏の, 藩の, 警官の

▼ れた殺人~ (11, 0.0%)

1 [11件] であると, ですね, ではいわば, ではなく, でまゆみ, といたしますれ, なの, のその, の方, は万事, よりも却って

▼ れた母親~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいつも, がふい, が棕櫚縄, が金吾, とはな, の側, の霊, はましてどんなに, は床, もあり, を見る

▼ れた~ (11, 0.0%)

5 がした 2 がし, の出る 1 がされた, になり

▼ れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, と云った, のごとく, のつぶやき, の上, の中, の執念, の日本, は静か, へ出る, を見入る

▼ れた現実~ (11, 0.0%)

2 の夏 1 が人, に対しての受動的, の一表情, の中, の場面, の面影, を感じる, を直に, を見出さ

▼ れた箇所~ (11, 0.0%)

1 [11件] と台辞, にはその, には手, に出た, は右胸部, は完全, へ進み入った, をまじまじ, をポリポリ, を不細工, を読みました

▼ れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] が解けた, に取すがり, に掛け, に首, のはし, の中, をふり, をふりきっ, をまだ, を見, 半十郎

▼ れた罪人~ (11, 0.0%)

2 は勿論 1 が牢獄, であるかの, と相, のやう, のよう, の後家さん, の首, はもちろん, を以て之

▼ れた者たち~ (11, 0.0%)

1 [11件] から着物, が出発, だ, であってもね, なのよ, にめぼし, ね, の現在, の肩, は再び, は残らず

▼ れた~ (11, 0.0%)

2 を口 1 がすぐ, が長く, で笛吹川, はそれ, をだる, をぷるぷる, をぷるぷる云, を投げ出し, を掻い

▼ れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] で口, のみ茶碗, の会, の実, の葉の, をちょっと, を啜っ, を啜り, を啜りすすり, を飲み飲み, 呑みを

▼ れた~ (11, 0.0%)

3 を通っ 2 にはいたる 1 に這入った, の中, の音, は刻々, を喘ぎ, を通つて

▼ れた~ (11, 0.0%)

6 がある 1 があった, がした, がなく, のあの, を呈し

▼ れた~ (11, 0.0%)

4 である 1 であること, でそれだけ, ではなかつた, では無く, でもなく, で佛國, で祖先

▼ れた道路~ (11, 0.0%)

2 も遮られ 1 だ, に足, のはるか向こう, の上, の砂利, は春婦, を含め, を歩い, を歩く

▼ れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] が三百万磅, と肩, に血, のあたり, の三四本, の下, の二倍, の肉附, を与え, を二倍, を検

▼ れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] が笑つて, だ, だけにさすが, です, には容易, のやう, の模樣, をし, をした, を一同, を拭き

▼ れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] がまだ, が顳, の裾, の透き影, の長い, の黒, は男, もぬける, をし, をながめ, を通して頭

▼ れた~ (10, 0.0%)

3 われな 1 いぬの, さが, で人琴女, ばら組の, ひだを, われなど, ナッチョラン

▼ れたくら~ (10, 0.0%)

5 ゐで 1 ゐでありましたが, ゐですから, ゐの, ゐ勘辨出來, ゐ神經質

▼ れたしかし~ (10, 0.0%)

1 その時, それが, それは, どれも, 余輩は, 国民は, 彼の, 私は, 遂には, 陪審員は

▼ れた~ (10, 0.0%)

2 っ, ッ 1 こちらでも, もちろん正面, 小増が, 小文治, 御両所, 狂人と

▼ れたとき私~ (10, 0.0%)

1 がようやく, が余計, が常に, の身心, は, はこの, はす, はその, はふと, を仲間

▼ れたふたり~ (10, 0.0%)

1 の, の同志, の女, の従僧, の新造たち, の監督, の縄付, の野武士, の顔, は思わず

▼ れたまでの~ (10, 0.0%)

2 事だ 1 いきさつ, ことさ, ことです, ことよ, ところを, 一什始終を, 事であった, 趣味性は

▼ れたランプ~ (10, 0.0%)

1 がある, がつけられ, が薄暗く, だのその他, の丸い, の傍ら, の火屋, の灯, の灯影, を見あげ

▼ れた一定~ (10, 0.0%)

1 の古典, の変動形態, の客体, の感興, の描写方法, の構造的聯關, の構造的連関, の歴史内容, の法寸, の連関

▼ れた一室~ (10, 0.0%)

2 は他 1 から出る, から華雲殿全体, であるという, で人, にも秀吉, のベツド, の夜具, へ這入った

▼ れた~ (10, 0.0%)

2 水は 1 がそこ, なき空家, のかたみか, の仇, はお前, は私, よ, 鷹司の

▼ れた事柄~ (10, 0.0%)

2 はあくまで 1 が今日, である, ではない, の概略, はさらに, もはなはだ漠然と, よりもそれ, を代弁

▼ れた井戸~ (10, 0.0%)

2 の底 1 だ, といふの, には新た, には盃, の側, の名器, へ近づこう, や以前

▼ れた~ (10, 0.0%)

2 である, では 1 に過ぎない, の原稿, の善悪, の如き, はいかなる, も大

▼ れた個人~ (10, 0.0%)

1 がマックス・ウエーバー, である, の力, の自由, の負担, は小さな, またはある, や所謂, を感じる, 云わば

▼ れた光景~ (10, 0.0%)

1 がはつきり, であったの, のある, は例えば, は男性, も余計, を印象, を小気味, を少年達, を見

▼ れた兵士~ (10, 0.0%)

2 の一隊 1 があちこち, が隊長, であらう, であろう, として経, の真, は, は二三度

▼ れた内儀~ (10, 0.0%)

1 お徳, お駒, とは敵同士, には繼, のお, の妹, の時代, の時代さん, の部屋, は三十八

▼ れた処女~ (10, 0.0%)

2 は人生 1 が仕, との結婚, のみさお, の復讐, の波, の生命, は或, は斯

▼ れた動物~ (10, 0.0%)

1 が春, が檻, だという, のよ, の本質, の構造, の群, の芸当, はゆっくり, をも凝視

▼ れた同志~ (10, 0.0%)

2 が外部 1 が何方, が石塘嘴, であり自他とも, ではあり, といふもの, の疑惑, の血, は

▼ れた~ (10, 0.0%)

2 である, の性質 1 が無心, であって, ではない, は発見, まで皆, を作った

▼ れた大きい~ (10, 0.0%)

1 ショーウィンドを, ドアが, 作品の, 宿屋の, 小学校が, 池が, 盛り上つた二匹のう, 盤の, 窓から, 靴跡だ

▼ れた太陽~ (10, 0.0%)

2 のよう 1 が西, のやう, の仄, の傷口, の注ぐ, の白光, をさえ, をどう

▼ れた小屋~ (10, 0.0%)

2 の中 1 であり他国人, のよう, の一つ, の扉, の筵壁, の跡, は妻, や黄色い

▼ れた屍体~ (10, 0.0%)

1 が横, が横たわっ, が私, であった, といえ, の一つ, の解剖, はその, は直ぐ, は首

▼ れた工藝~ (10, 0.0%)

2 である, よりも本来 1 が重大, に外, の意義, の時代, よりさらに, より純

▼ れた幾多~ (10, 0.0%)

1 の事例, の事實, の人々, の作品, の叙景, の場所, の巣, の無益, の解答, の革新

▼ れた~ (10, 0.0%)

2 はどうも 1 である, です, ですが, の二階, の入口, の飾り段, ももッ, を一軒ごと

▼ れた御歌~ (10, 0.0%)

8 である 1 で其処, 並びにそれ

▼ れた想い~ (10, 0.0%)

1 だった, でぽかんと, でもう一度, でジープ, で周章て, で恥, にうろたえ, にうろたえた, に足, に軽く

▼ れた~ (10, 0.0%)

1 しかない, だけのゴルフ用具, である, と場所, に加減乗除, に較べる, のファン, はまさに, は蜀以上, を正しい

▼ れた~ (10, 0.0%)

1 制度に, 帝国アラカンの, 校長の, 権威こそ, 王の, 穢多, 蘭印旧, 道路を, 郊外地帯の, 非人

▼ れた~ (10, 0.0%)

1 かのやう, のほか, のまたたく, のやう, の下, の位置, の形, の歌, は, を探し

▼ れた時計~ (10, 0.0%)

2 は, を健康 1 が午前, については光井叔父上, の観念, の觀念, の金鎖, を質

▼ れた~ (10, 0.0%)

1 が全体, である, に火, の人たち, の子守り, の旧家, の春, の有志者, の真中, へ歸つて茫然自失

▼ れた~ (10, 0.0%)

2 の丘 1 その右手, のツイ側, の幹, の枝, の模様, の皮, の落葉, も見える

▼ れた~ (10, 0.0%)

3 の柄 1 の傷口, の穗, は宙, もある, を手, を抜き取る, を敵

▼ れた演劇~ (10, 0.0%)

2 の舞台 1 からのみ受け得られる, が最近, というもの, などといふこと, に迄発展, の伝統, の門, への絶交状

▼ れた~ (10, 0.0%)

3 にさ 1 かも知れない, この家, ではない, でもあらう, に世間, に人間, に兎角

▼ れた環境~ (10, 0.0%)

1 とにおいては充分, と切り離し, において日常生活, に養, のもと, の客観的, の意味, はロマネスク, も部分的, より価値的

▼ れた目的~ (10, 0.0%)

1 から放し, があり, がある, と使用, に自分, はいわゆる, はたしかにそれだけ, はもう, を指し, を有

▼ れた~ (10, 0.0%)

1 すぐな, つ黒, のアラ神, のボルシェヴィク, の徹底, の敏感さ, の物, ッ黒な, 四角いもの, 榊や

▼ れた着物~ (10, 0.0%)

2 をき 1 がさっぱり, に息, に着かえ, の端, や羽織, をとろう, をまとっ, を見つけよう

▼ れた空地~ (10, 0.0%)

1 があった, があります, だ, にかなり, にすらり, の中, の草原, は五六百坪, を通った, を通る

▼ れた~ (10, 0.0%)

2 をほぐす 1 がまた, が何, に繋いだ, のやう, のよう, の先, の色彩, は太

▼ れた紙数~ (10, 0.0%)

2 は至極 1 では論じ尽せ, では述べ尽されない, と時間, の中, はこれ, は後三枚, までにはあと三行, を費し

▼ れた腹癒せ~ (10, 0.0%)

2 に一世一代 1 が一ぺん, としては出来すぎた, に爐, に箪笥, に素晴らしい, に酒, をした, を禅学

▼ れた若旦那~ (10, 0.0%)

2 の安之助 1 が聽, で大きい, の傳四郎, の許嫁, はあべこべ, は宵, は神武天皇以來, を達引

▼ れた要素~ (10, 0.0%)

4 は底本 1 があっ, がどうも, でないもの, の一つ, の一定數, を含み得ない

▼ れた諸君~ (10, 0.0%)

1 が多い, の歌, の清凉剤, はまさに, はもちろん, は今更, は既に, は最早, は特に, を特に

▼ れた~ (10, 0.0%)

2 のやう, の中 1 との上, には瀬, の緑, は山, は神, も大抵

▼ れた~ (10, 0.0%)

1 から書斎, から無数, にお, に天皇, に田楽, の差, の悪, の感懐, はその, はそれぞれ

▼ れた音楽~ (10, 0.0%)

1 だったし, である, のうち, の世界, の大改革, の知識, の言葉, の遊び, は全部, 諸形式

▼ れた~ (10, 0.0%)

2 のよう, の首 1 が, が真夜中, だ, でも食え, とはちょうど, を見る

▼ れた鹿~ (10, 0.0%)

2 が見えぬ 1 から腸, じゃろうか, のよう, の死体, の角, や猪, らしく鹿島, 鳴館以来

▼ れたおかげ~ (9, 0.0%)

1 であなた, であろうと, で十日, で天下, で年取っ, で江戸時代, で無産党, で私, で開設

▼ れた~ (9, 0.0%)

6 やない 2 やありません 1 きあと

▼ れたでも~ (9, 0.0%)

2 あろう 1 あったろう, ありましょうけれど, ありません, あろうから, あろうよう, ないのに, 今は

▼ れたなりに~ (9, 0.0%)

2 学生と 1 ぐるぐると, ジッと, 事を, 大鍋, 痩せぎすな, 茫然と, 身動きも

▼ れたひとつ~ (9, 0.0%)

1 の世界, の主, の例, の命題, の寢臺, の小石, の白い, の精神的道場, の道徳

▼ れたひろい~ (9, 0.0%)

2 砂利道を 1 しばふに, 印度洋を, 庭園と, 空地です, 米蔵に, 米藏に, 車寄せに

▼ れた~ (9, 0.0%)

5 うだつた 1 えいん, えんぼう, けっ八, ないか

▼ れたやつ~ (9, 0.0%)

1 がある, そのやつ, だ, だん, でも現在彼ら, と五厘銅貨, はその, は頭, も四五人

▼ れたわが~ (9, 0.0%)

1 プロレタリア文化, 京都文科大, 名, 君は, 呉王の, 商船とを, 妻子を, 屋敷あとを, 文明は

▼ れたわけぢ~ (9, 0.0%)

4 やない 2 やあるまい 1 やありません, やある, やね

▼ れたわたし~ (9, 0.0%)

1 などは, にとっては大好き, の同級, の子ども, の巻舌, の考え, の身, はどうして, も当時

▼ れたノート~ (9, 0.0%)

2 の事, の頁, をまだ, を信一郎 1 があっ

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 と品, と太刀, と幕物, と粒一, と纏め, のもの, の變數, もりの, 握の

▼ れた一冊~ (9, 0.0%)

4 の本 1 が見える, の書, の書物, は日本文化, を手提袋

▼ れた一通~ (9, 0.0%)

4 の手紙 2 の書面 1 の封書, の書簡, の郵便

▼ れた世の中~ (9, 0.0%)

2 ですから 1 が少し, でありながら, である, であるから, には江戸, の人々, をまし

▼ れた両手~ (9, 0.0%)

1 はほとんど, はズボン, も大方, をとらえた, をもぎ放し, を固く, を宙, を見た, を見ました

▼ れた伸子~ (9, 0.0%)

1 のぐるり, の手紙, の目, の身もち, は, はそこ, は上気, は冒頭, は小さい堅い

▼ れた作家たち~ (9, 0.0%)

1 が今日, であって, にやけど, のいわず, の全部, は女, は自分, は自分以上, を大幅

▼ れた作者~ (9, 0.0%)

1 でもあつ, に導かれた, の時代, の画風上, の計画性, は折角, への慶賀, やその, をその

▼ れた俳優~ (9, 0.0%)

1 があった, が巻尺, が演じ, としての持味, のお話, の手, の数, の演ずる, の表現能力

▼ れた八五郎~ (9, 0.0%)

1 が寺本山平, だろうよ, です, の好奇心, の姿, の弱り, の間, は土藏, は少し

▼ れた労働~ (9, 0.0%)

3 の分量 1 が個人, との生活, との違い, に他, に比較, の一部分

▼ れた動機~ (9, 0.0%)

2 というの 1 には大きな, のかげ, の一つ, はいずれ, は商売気, は氏, もここ

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 がじし, ミスの, 地方支部の, 夫人たちの, 学者の, 機の, 民族の, 篇の, 部署を

▼ れた地上~ (9, 0.0%)

1 に倒れる, に在る, のなべて, の人間, の隔て, はたった, へ眼, もまた, をお

▼ れた地面~ (9, 0.0%)

2 の上, の低い 1 に所々わくら葉, の土, や屋根, を利用, 或いは水面

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 から甲斐, が自分, が見え, のお, の一つ, の中, の門, は数日, は落ちた

▼ れた境遇~ (9, 0.0%)

1 からし, などがともに, の上, の中, の良, の踏み出し, を, を利用, を窮屈

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 にお, にはあまり, には初対面, に二千五百兩, に諸方, の世界, の二人, の景色, は別段

▼ れた女子~ (9, 0.0%)

1 があった, が水, だって道, とが似, と何, と度々, の賃銀問題, は其方, を言うた

▼ れた奴隷~ (9, 0.0%)

1 だ, であつ, として彼等, のもっと, のもつ, のよう, の軍隊, は又, をつみ出す

▼ れた~ (9, 0.0%)

2 のお 1 が一人, の方, の言語態度, の顔, はこれ, は私, を抱き寄せよう

▼ れた~ (9, 0.0%)

2 のお 1 お小夜, とか乃木将軍, の二つ, の実, の小さな, の心, の怨恨

▼ れた孤独~ (9, 0.0%)

2 の思ひ 1 で貧しく弱い, な思想, な自己, の位置, の時, の歎, を味

▼ れた実例~ (9, 0.0%)

1 がある, が少から, が諸, などお, によって疑うべく, による, は別項, も多かっ, も少なく

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 だと, であつ, であるが, の事, の垣根, の多い, の跡, の門, は蓮華寺

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 である, とした, に渡つて, のなか, のよう, の中, へはもう二度と, まさに, を私

▼ れた帽子~ (9, 0.0%)

1 が消え去りませんでした, と上衣, と馬方, のつば, のなか, のよう, は安, も見つけ, を引っ

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 がしくしく, が吹い, であった, と一緒, と女共, の滝三郎父子, の男, の長男, へ主

▼ れた~ (9, 0.0%)

2 がし 1 があった, がある, がない, だった, ではある, で正成, なきにし

▼ れた感覚~ (9, 0.0%)

1 が今, が附随, である, で弟, に苦, に訴えよう, の所有者, をもっ, を以て洗練

▼ れた戦争~ (9, 0.0%)

1 だったから, で自分たち, という殺人事業, についての会話, に関する幸徳, の意味, の本質, は, よりも真実味

▼ れた拍子~ (9, 0.0%)

1 だった, に, にあれ, に地面, に懐中電灯, に投出した, に椅子, に蘆屋, に轉げ

▼ れた新聞~ (9, 0.0%)

1 でありましたが, にはお, の社会面, は自分, への小説, をこうして, を見せた, を読ん, を都合

▼ れた方向~ (9, 0.0%)

1 から血, だなどとも, だね, にまつし, に五十フィート, に向かっ, への刺衝, へ突進, や動向

▼ れた旅人~ (9, 0.0%)

2 のよう 1 こそいい, に二里, のむせる, は寧楽京, は御, もあった, らしいムクムク

▼ れた~ (9, 0.0%)

3 の光 1 で, とも思われる, の出羽路, の晩, の無い, は長い

▼ れた木の葉~ (9, 0.0%)

4 のよう 2 のやう 1 のそよぎ, の音, も一度

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 がおい, がかかっ, がその, が下っ, の外, の数, へ, を集める, を順々

▼ れた~ (9, 0.0%)

2 の上 1 から近年, でもさらに, はゴルドン, は少し, を一定, を東, を縄

▼ れた死人~ (9, 0.0%)

1 が鬼, のよう, の中, の傍, の写真, の姓名, の履物, の腕, は抱合心中

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 がそれ, の, の作, の作品, の感想, の手記, の漫画, の芸術論, の部屋

▼ れた江戸~ (9, 0.0%)

1 から諸国大小名, において最初, にすべて, の大橋, の富豪, の活写真, の観客たち, の風物, は犬

▼ れた~ (9, 0.0%)

2 の水 1 が太陽, のよう, の上, の面, の風景, は彼等, をながめ

▼ れた~ (9, 0.0%)

3 のよう 1 かのよう, が足, と同じ, のこと, のそれ, の屍

▼ れた男女~ (9, 0.0%)

2 の間 1 が道行きぶり, のいろいろ, の世界, の形, の死骸, は最も, を日々夜々

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 であった, でなく禅的, の筆者, はあるいは, は無論, もおもしろかっ, も出来ませんでした, を云う, を見ました

▼ れた~ (9, 0.0%)

2 は同 1 が二本, となっ, に留つた, のよう, の箱, は笛, を取っ

▼ れた石垣~ (9, 0.0%)

1 があり, だった, と柵, の上, の代り, をよじ登り, を控え, を残し, を繕う

▼ れた研究~ (9, 0.0%)

2 がある 1 がいよいよ, が真, によって修正, の経過, はともかく, を盗み出そう, を面白く

▼ れた~ (9, 0.0%)

2 のよう, の中 1 がつみ重ねられ, が生, のやう, の上, を受取っ

▼ れた約束~ (9, 0.0%)

2 の夜 1 が唯一生, が唯一生忘, が破れる, なの, なんぞというチャチ, に過ぎなかった, を与えられたろう

▼ れた結婚~ (9, 0.0%)

1 が二つ, であると, でその, に属する, に青春, の悲劇, の数, の物質的地盤, の約束

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 いろした中庭, が見える, ちゃんと小林君, である見つめて, のつややかさ, の山, の柏の葉, の毛氈, の色

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 がジャガイモ, とガーゼ, に麝香, の代価, の塊, の臭気, や葱, を一, 細い品

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 からは霧, がひりひり, には中生層, には爽昧, に中生層, の上, の様, の美し, の美しい

▼ れた~ (9, 0.0%)

2 から胸 1 が怪しい, して, には汚, の力, へ袖, も足, を片手

▼ れた脚本~ (9, 0.0%)

1 が其他, でこれ, で元来, によらず, のテキスト, の比例, の種類, は始めて, をもつ

▼ れた自分自身~ (9, 0.0%)

1 が確立, だった, にギョッ, に対してです, に対する一種, の気持, の身体, を発見, を認めた

▼ れた良人~ (9, 0.0%)

1 であるからと, として死人, に附い, の一言, の嫡男, の手の甲, の教忠卿, の方, の言葉

▼ れた花束~ (9, 0.0%)

3 のよう 2 のやう 1 のこと, を大切さうに, を手, を振り

▼ れた~ (9, 0.0%)

2 侍は 1 さが, 侍か, 侍が, 夫婦である, 夫婦の, 樣の, 越方言集に

▼ れた薔薇~ (9, 0.0%)

2 の刺繍, の花 1 がそのまま, のよう, の木, は, を見

▼ れた~ (9, 0.0%)

3 のよう 1 にも似, のやう, の残骸, の絵, の足, をい

▼ れた読者~ (9, 0.0%)

1 が同様, でなく一般的, にだけ限定, にはお, はおそらく, はおぼえ, は以上, もあったろう, もあらう

▼ れた課題~ (9, 0.0%)

2 である 1 であった, についても大衆政党, に対して自発的, の発展, は寧ろ, は正に, をもっ

▼ れた~ (9, 0.0%)

1 と牛, のよう, の体, の数, の脂肉, は悲鳴, は白豚, は自動車, をみ

▼ れた貨幣~ (9, 0.0%)

2 の価値 1 で支払う, に対してその, の三〇シリング中, の投資, の減少, はなお, は他

▼ れた遺書~ (9, 0.0%)

1 で最初, なんての, に対して一向に, の中, は一, をもちろん, を翌朝, を見る, を読み始めた

▼ れた重吉~ (9, 0.0%)

2 の同志たち 1 が自活, と自分, の家, の獄中, の顔, の髪, は唯一人

▼ れた関係~ (9, 0.0%)

1 からこの, からであらう, でしかない, で旧知, の知識, もあっ, をば判断, を恥じ, を語っ

▼ れた雨戸~ (9, 0.0%)

1 から大, から洩れる, か素石, のすき, の中, の間, の隙, の隙間, は壞

▼ れた~ (9, 0.0%)

2 暴力の 1 アングロ・サクソン的倫理学者グリーンは, リアリスティックな, 人間的な, 哲学でしか, 存在的な, 存在的存在の, 実在的な

▼ れた顔つき~ (9, 0.0%)

2 になっ 1 で, であった, でそれ, でぽかんと, でまわり, で珍しく, の城太郎

▼ れたいや~ (8, 0.0%)

2 さまざまに 1 な楡, に取澄ました, 応ない, 恵まれた仕事, 残された最後, 現に聞かれ

▼ れたいわゆる~ (8, 0.0%)

1 優秀者どもであり, 形式論理において, 新俳句, 方針を, 正中の, 泉流の, 純文学者たちは, 近衛声明は

▼ れたうち~ (8, 0.0%)

3 の一人 1 こえがたい, でもっとも, でも華やか, に院, 開けた場所

▼ れたお嬢さん~ (8, 0.0%)

1 が可哀想, ではございません, のお, の居所, の直ぐ, はびっくり, は心臓, やお

▼ れたお蔭~ (8, 0.0%)

1 だった, で, で僻んでる, で分った, で四人, で家, で泰平無事, なの

▼ れたけど~ (8, 0.0%)

1 こいで, その日, その時, その顔, たいてい断った, やがて結句その, ミケランジェロなら, 私職場の

▼ れたそういう~ (8, 0.0%)

1 ことは, ので, ものが, 思想は, 感じで, 男の, 言葉に, 風に

▼ れたときそれ~ (8, 0.0%)

1 が不可解, と同時に, は友情, は日本, は臥, をさせ, をよろこび, を慕っ

▼ れたとさえ~ (8, 0.0%)

2 伝えられて 1 いえば, いって, 思われた, 感じないよう, 言えるよう, 言われて

▼ れたとたん~ (8, 0.0%)

1 にかねて, にやあ, に二人, に国臣様, に彼, に秀吉, に紫, に自分

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 け, た一つシワギツケ, ても変, て幾, て攘夷, て腹, て行きゃしねえ, と喜助

▼ れたフランス~ (8, 0.0%)

1 からやつ, で主人公ジャック, においてさえ一九四六年, において民主国, のセーラー, の人口統計表, の古典語, の婦人作家マルグリット・オオドゥウ

▼ れた一個~ (8, 0.0%)

1 の巨像, の手鏡, の武者姿, の神聖, の自治体, の花園, の銃弾, の首

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 だけに杜若, で口, の座敷, の部分, は大変, へ下, 座敷で, 御所

▼ れた他人~ (8, 0.0%)

3 の醜聞 1 のおれ, の事実, の子, の家, の強大

▼ れた代り~ (8, 0.0%)

1 に, にはお, に勿論, に左半面, に平山いく, に金六円, に非常, に鯨

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 に同情 1 たとえいまだお, だ, だから, であったが, で本人同士, を割ろう

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 そのままな, のうち, の一人, の声, の方, の木工右馬, も立, らしくない侍

▼ れた価格~ (8, 0.0%)

2 において有効需要 1 から控除, で地主, においての用役, において交換後, の低下, を叫ぶ

▼ れた個所~ (8, 0.0%)

1 がある, がまだ, に, には唐辛子, に目, は大体, ばかりだ, までくだる

▼ れた傷口~ (8, 0.0%)

1 からは皮, から古, から鮮血, だけがなまなましく, に布, の疼, は花びら, へシッカリ

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 をいふ 1 かのよう, が製作, であること, でもない, のごとき, の代り

▼ れた入口~ (8, 0.0%)

1 からワイトマン, となっ, のドア, の扉, の敷居, の方, の矩形, は正面

▼ れた分量~ (8, 0.0%)

1 で十分, において生産, にのみ影響, に関しては製造貨物, の半分, の愛, の方, は貧弱

▼ れた初め~ (8, 0.0%)

2 の一杯 1 からここ, である, で御座, の関係, は原作, は自尊心

▼ れた~ (8, 0.0%)

3 の世界 1 な境地, な美人, のテレビジョン, の机龍, 笛の

▼ れた労働者~ (8, 0.0%)

2 の写真 1 が組合図書, の大群像, の妻, の娘, の小さい, はもう

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 は噂 1 による, の相手, は公儀, は瓦版, も聞えませぬ, を耳

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 を脅 1 がなく, であ, の人々, の君, の政, を顧客

▼ れた地域~ (8, 0.0%)

2 が実現 1 に見かける, のこと, の全, の戦い, は, を守る

▼ れた天井~ (8, 0.0%)

2 は黒く 1 であった, につ, にも板敷, のひくい, の高い, や柱

▼ れた太い~ (8, 0.0%)

2 ロオプに 1 曲りくねった大蛇, 木杭が, 筆筒二本を, 薪でした, 角柱が, 電光の

▼ れた女房~ (8, 0.0%)

2 は上と下 1 かはわかりません, があった, である, は伜, は定めし, は後妻

▼ れた~ (8, 0.0%)

5 の御代 1 がこの, に対してだけはよく, は決して

▼ れた宿命~ (8, 0.0%)

2 である, により我我 1 に相違, の人種, の奥底, を背負っ

▼ れた市民~ (8, 0.0%)

1 の不幸, の群, はドッ, はモスク, は当然, は猛火, は被害者, を慰め

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 が次第に 1 だという, に出, のよう, はなお, をみつめ, を引卸

▼ れた座敷~ (8, 0.0%)

1 だという, に成っ, の内, はそれでも, は六畳敷, は昨夜, までことごとく, をそのまま

▼ れた御方~ (8, 0.0%)

1 が御, だと, で御座いますから, に従い参らす, に来, に私, の北の方, の霊場

▼ れた復讐~ (8, 0.0%)

1 として阪井, に深夜, のよう, の対象, の念, の祕密會議, の秘密会議, の餌食

▼ れた怒り~ (8, 0.0%)

1 が歌, つぽい, でいっぱい, と一番乗, と悲しみ, はつい, は収ら, をこめ

▼ れた思い出~ (8, 0.0%)

1 があざやか, が語られ, だ, によって長谷川辰之助, の道場, は彼, は数限り, を語り

▼ れた息子~ (8, 0.0%)

2 の詫 1 じゃねえ, として自分, とただ二人, の手紙, の話, は裏

▼ れた手足~ (8, 0.0%)

1 がくるまれ, のしびれ, の縄, の骨, をさすりました, を働かせ, を指し, を解放

▼ れた才能~ (8, 0.0%)

1 があらわれ, なの, のすべて, の発育, の競争, は二, を呼び, を有

▼ れた技巧~ (8, 0.0%)

1 が女, でなく無意識, とにみちた, と気, の芸術, は其部, を包蔵, を見るべきである

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 でふれ, につれ, にはマニキュア, の方, は人さし指, をハシタ, を傷, を解い

▼ れた支那~ (8, 0.0%)

1 に關, の人形, の古典, の古銭, の大, の港, の竜, の青年

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 に向い, の地雷, の屍体, の艇, の項, はそのまま, は退, を気の毒そう

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 が深沢君, だと, ではない, の全, は, よりもはるか, をふところ, をよん

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 のこと, の人 1 であつ, の御, の男, の画師

▼ れた景教碑~ (8, 0.0%)

2 の實 1 がある, が唐代, の模型, の眞僞, は實, を英國博物館

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 の上 1 との関係, のウイスキィグラス, の表象, は元来机, は空間的存在, をのせ

▼ れた林檎~ (8, 0.0%)

1 が人間, の下, の花, はうらみ, はもともと, をジャム工場, を天, を被害

▼ れた樹木~ (8, 0.0%)

1 が横たわっ, の列, の墨色, の幹, の枝, の根, はしばらく, は光線

▼ れた機会~ (8, 0.0%)

2 にこの 1 であったか, にそこ, に家内, への関心, をも私, を与え

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 が少し, で汚れ, に對, のにじみ, の中, は依子, を注意深く, を洗

▼ れた浪人~ (8, 0.0%)

2 の血 1 の服部太蔵, の綾部大機, の語る, は一同, は悲鳴, は首

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 がもりあがっ, が又, ではなく, にぞ青白い, の一滴一滴, の痕, の顔, をおとした

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 十は, 洲が, 洲国は, 洲短歌会に, 眼の, 鉄倶楽部の, 鉄本社の, 鉄経営の

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 數の 1 反りの, 政府主義思想を, 政府的社会そういう, 極印の, 理想無, 雑作である

▼ れた短い~ (8, 0.0%)

1 ものである, 場景で, 快活な, 手紙だった, 文学的で, 日数の, 腕が, 言葉だけ

▼ れた程度~ (8, 0.0%)

2 のもの 1 が普通, こそまちまち, で肩, とは想察, の紙面, を出でない

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 が今, が今朝, が伸びやか, が時, が皆, が私, の一つ, は喜海

▼ れた細君~ (8, 0.0%)

2 の顔 1 が喜, に細引, の父, の裸体, はまた, は上品

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 だが, だな, であるが, でね, で当時九歳, の人間, もさい, を負

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 が, のよう, の上, の口, の落ちる, の起き揚る, は近頃, らしく血

▼ れた群衆~ (8, 0.0%)

2 が改札口 1 とで, のあ, のなか, の肩, はそれら, はまだ

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 る日 1 る年, る朝, 五日, 八日尊良宗良の, 土曜日の, 文化八年海軍少佐ガロウニンは

▼ れた翌日~ (8, 0.0%)

3 のこと 2 の新聞 1 の午後, の夜, は折

▼ れた自我~ (8, 0.0%)

1 がある, がはじめて, が宇宙的本質, しか自覚, に向っ, の姿, の捜索, を盛りあげる

▼ れた自身~ (8, 0.0%)

1 のいきさつ, のもの, の崩壊, の心理, の汚, の生活権, の荒々しい, を置き

▼ れた花嫁~ (8, 0.0%)

2 は暮 1 がどうも, が立ち, そっくりだ, とをこの, の初, の友人

▼ れた芸術家~ (8, 0.0%)

1 であったから, であろう, としての特質, と道連, はあの, ははっきり, ほどそういう, をあなた

▼ れた菓子~ (8, 0.0%)

1 だった, だつて言ふから, と口取, の髭籠, も席上, や果物, や酒, をある

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 が礫, と崩された, のかげ, のかたまり, のさき, の溜息, はすっかり, は大きな

▼ れた蜘蛛~ (8, 0.0%)

4 の巣 1 のかたち, のごとく, のよう, の子

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 は袖 1 なら, のひだ, の方, をはらい, をまた, を振り払い

▼ れた記録~ (8, 0.0%)

1 から犯人, がハッキリ, でありまた, では前, と同じ, のお陰, の二三, の内容

▼ れた~ (8, 0.0%)

4 りの 1 りであった, りであつ, りでは, りで通り過ぎられて

▼ れた詩人~ (8, 0.0%)

1 で甚だしく甘い, に賦与, の一人, の下, の名誉, の弟子たち, の身, の魂

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 である 1 が皆, だと, であること, とからし, と考へられ, の内容

▼ れた論文~ (8, 0.0%)

1 が審査員諸氏, には帝国内, のせっかく, のよみ直し, も極めて, をいくつ, を書きあげ, を編集

▼ れた貴方~ (8, 0.0%)

1 が貴方自身, とあの, のなされ, の御, の指紋, の異様, の言葉, の重大

▼ れた農民~ (8, 0.0%)

1 が, こそ最も, というもの, に何割, の批評, の群, は一九三〇年, までが一様

▼ れた運動~ (8, 0.0%)

2 をする 1 といい, との連想, に之, は寝言, を最も, 並びに静止

▼ れた遠い~ (8, 0.0%)

2 伝統と, 昔を 1 かずかずの, 古の, 思ひを, 祖先の

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 の鎖 1 の寝台, の屑, の怪物, の手箱, の櫓, の部屋

▼ れた~ (8, 0.0%)

1 きせの, という駒銀, と藍, のよう, の吸口, の鍋, の鎧, をそのまま

▼ れた非常~ (8, 0.0%)

1 にりっぱ, に写実的, に多産的, に大きな, に楽々, に細く鋭い, に重要, に頑固

▼ れた風景~ (8, 0.0%)

1 か, が思ひ, だった, にピタリ, のうち, のよう, の下, を消し

▼ れた~ (8, 0.0%)

2 かけ卜斎 1 である, のよう, の大きな, の形, の膏, の表現

▼ れたいくつ~ (7, 0.0%)

1 かの事務室, かの組織, かの華やか, して, にも折り畳まれ, もの有名, もの青白い

▼ れたうとう~ (7, 0.0%)

1 もう助からない, 二人共死んでし, 和田さま御, 家出まで, 故郷の, 楢岡工学校の, 町の

▼ れたおり~ (7, 0.0%)

1 かだつた, から忽然一代, にはっきり, に水, のお, のこと, 忽然とし

▼ れたお客~ (7, 0.0%)

1 があった, がその, が死んだ, こそどんなに, に差し上げた, の死んだ, はおろか席亭

▼ れたお母様~ (7, 0.0%)

2 を見る 1 ではありません, にも似, のこと, のよう, を存じ

▼ れたかといふ~ (7, 0.0%)

2 ことを 1 ことが, ことだ, ことで, はじめての, 二つの

▼ れたくやし~ (7, 0.0%)

2 さに, まぎれに 1 さと, さも, まぎれにさんざんじれたあげく

▼ れたさまざま~ (7, 0.0%)

1 な形, の救主神, の文化, の深夜, の薬, の記憶, の関心

▼ れたせつな~ (7, 0.0%)

1 でした, にあたり, にあらかじめ, に浴びた, 何を, 弦之, 思わず叫んだ

▼ れたのみか~ (7, 0.0%)

1 この鎮国寺, その一行, その現場, そればかり, のちに, 意外の, 遠く南蛮

▼ れたひと~ (7, 0.0%)

1 があった, がよ, が無い, が現れ, でしょう, のよう, はみな南町奉行所

▼ れたひとり~ (7, 0.0%)

1 であつ, のねまき姿, の下女, の男, の踊る, ぼっち同志, をどう

▼ れたゆえ~ (7, 0.0%)

1 あの通り, この説, その腹いせ, にいつ, もはや其方達, 余儀なく引受け, 応じたいと

▼ れたコップ~ (7, 0.0%)

1 の中, の水, も三つ, や水差し, を一郎, を壊す, を戸外

▼ れたビラ~ (7, 0.0%)

2 は空襲 1 による, の掲げ, の文字, の類, はまた

▼ れた一条~ (7, 0.0%)

1 の峡谷, の流れ, の線, の襞, は眠り, を物語る, を読ん

▼ れた一瞬~ (7, 0.0%)

2 の静けさ 1 から醒める, に弾んだ, の寄り添いだった, は凡人以外, 思いがけない音響

▼ れた一篇~ (7, 0.0%)

1 の, のごとき, の中, の古詩, の大意, の物語り, の記録

▼ れた一言~ (7, 0.0%)

1 で大童, と餞別, によってどういう, に何, はある, は聴き捨て, を思い出し

▼ れた三つ~ (7, 0.0%)

1 が意外, の姿態, の小石, の屍, の影, の摂家, の段階

▼ れた二三~ (7, 0.0%)

1 のもの, の写真館, の友達, の小さな, の断片, の新劇, の研究

▼ れた人類~ (7, 0.0%)

1 が活き, の一員, の全, の大, の平和, の影像, の移行

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 については自分, に就い, の, のみを問い始めた, の雲水, りが, を我輩

▼ れた信仰~ (7, 0.0%)

1 がある, に本, のこと, の一つ, の心, の當體, をもってる

▼ れた傾き~ (7, 0.0%)

2 があった, がある 1 があるらしい, にひき入れられ, もあります

▼ れた~ (7, 0.0%)

2 の方 1 が二人, の家, の意識, の言葉, を持っ

▼ れた先代~ (7, 0.0%)

1 がまだ, の亡魂, の亮政公, の大, の孫右衞門, の座頭, の番頭

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 ではない, のよう, の口, はエセックス, は下流上流, は皆うえ死, も呻く

▼ れた前後~ (7, 0.0%)

2 のこと 1 についての陳述, にも今日, にも猫, の事情, の社会的

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 七も, 九郎の, 九郎は, 獣神みた, 菩薩半, 裸体の, 透明な

▼ れた友人~ (7, 0.0%)

1 であるフランケンシュタイン, の名, の家, の智識, の金庫, の頭, は私

▼ れた叔父~ (7, 0.0%)

1 が突然, の寢床, の相続人, の言葉, は口惜しくっ, は行方不明, をこの

▼ れた名刺~ (7, 0.0%)

1 だと, には, にはあっさり, には住所, には何, をろくに, を見る

▼ れた名誉~ (7, 0.0%)

2 が回復 1 だけで, は顧みぬ, をよろこん, を回復, を晩酌

▼ れた品々~ (7, 0.0%)

1 といえ, の所在, はその, をトランク, を一つ, を一応あらためて, を整頓

▼ れた問答~ (7, 0.0%)

1 から出る, だそう, であつ, であるかも, でした, の一部, の中

▼ れた善良~ (7, 0.0%)

1 なる人, なる婦人たち, な人々, な家族, な村人, な百姓達, な農民

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 が僕, が出現, である, には悪, の奥, の色, 多ければ

▼ れた場面~ (7, 0.0%)

1 が, だけに物色, に人, のあと, の炉辺, はかなり, は最大速度

▼ れた~ (7, 0.0%)

2 衆概念は 1 与里でした, 市の, 數の, 羅葉の, 計代は

▼ れた大事~ (7, 0.0%)

2 な朱盆 1 な人妻, な手紙, に対して事実, の今, の物

▼ れた大根~ (7, 0.0%)

1 のよう, の剛ばつた葉, の剛ばん, の葉, へ手, を罰, を飯臺

▼ れた奇妙~ (7, 0.0%)

2 なマスク 1 なこと, な作品, な寄木細工, な形, な賊

▼ れた奥さん~ (7, 0.0%)

2 の石 1 が幽霊, のお, の事, の手料理, の風邪薬

▼ れた~ (7, 0.0%)

3 のお 1 お染, が後日自分, の話, 入衣裳

▼ れた嬉し~ (7, 0.0%)

3 さに 1 さ, さと, さにかけ, さ心魂に

▼ れた子ども~ (7, 0.0%)

2 のそば 1 が恨み, が自分, だという, の悪戯, の死体

▼ れた子供たち~ (7, 0.0%)

1 であろう, の目, の頭, はどう, は得体, は神, は驚いた

▼ れた子供達~ (7, 0.0%)

1 が今度, で共に, のこと, の持ち, はその, は六, を喜ばせ

▼ れた対象~ (7, 0.0%)

1 であり又, であり決して, となった, となる, の数, は答えられるであろう, を通して人間

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 のあちら側, の一本, の方, の面, は極, や湖沼, を辿っ

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 ういふ, の一節, の上, の乳房, の口髭, の掲示, の言葉

▼ れた~ (7, 0.0%)

2 の過去, れの 1 だ, は, は曳かれ

▼ れた幼児~ (7, 0.0%)

1 が半ば目, としての良弁僧正, のよう, の出産届, の欲望, の稚い, の顔

▼ れた広間~ (7, 0.0%)

1 には敷物, に一同, のうち, の中, の向う, の床の間, や若

▼ れた廊下~ (7, 0.0%)

1 から吹き込ん, などがみえた, のすぐ, の上, は明るかっ, への上り口, 添いの

▼ れた形式~ (7, 0.0%)

1 であって, であります, でにじみ出, によって実, の全体, を十全, を見出す

▼ れた心臓~ (7, 0.0%)

1 が右側, そして脳髄, その心臓, の絵, は歪ん, は立派, を海

▼ れた怪物~ (7, 0.0%)

1 が鎖, です, の正体, の死骸, はすぐ, は何, は大きな

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 だったの, であって, に対する心, の不幸さ, の奴, の意趣, の闘

▼ れた恋愛~ (7, 0.0%)

1 から出発, で満足, というもの, に同感, の物語, は悪い, を空想

▼ れた恐怖~ (7, 0.0%)

1 が不, が入り, と緊張, と苦悶, には全身, の為, の谷

▼ れた患者~ (7, 0.0%)

1 が入院, が手術室, としてこの, のうち, のよう, の亡魂, の大

▼ れた憐れ~ (7, 0.0%)

1 なプロメテウス, な人物, な太子, な我姿, な柔かい, な遊女, に美しい

▼ れた手首~ (7, 0.0%)

1 が大分, には同じ, には皮膚, のこと, のアクセント, の傷, を腕輪

▼ れた技術~ (7, 0.0%)

1 でもあるまい, と, というもの, の問題, の本質, の束縛, も無けれ

▼ れた数々~ (7, 0.0%)

1 のティー・クリッパア, の御, の歌人, の言葉, の記憶, の証拠品, の詞曲

▼ れた数字~ (7, 0.0%)

1 が五箇所, が出, に於, の行列, や短針長針, を言う, を読ん

▼ れた明るい~ (7, 0.0%)

2 方を 1 ところと, 煉瓦巻の, 盆地の, 空を, 車内に

▼ れた映画~ (7, 0.0%)

1 であります, でもそれ, で見れ, に紳士淑女, は, はその, を観

▼ れた書斎~ (7, 0.0%)

2 の中 1 から逃げ出し, があった, で殺された, と客間, のなか

▼ れた書籍~ (7, 0.0%)

1 に就い, に於きまし, の中, の主, の量, や書画, を隠す

▼ れた期間~ (7, 0.0%)

2 を除け 1 が長く, に含まれる, に日本, はない, はわずか

▼ れた未来~ (7, 0.0%)

1 と開拓, の不幸, の光, の真, は現出, をわたし達, を感じた

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 ついに, とうとう彼, に, にやつ, にゆうべ, の君, の髄

▼ れた~ (7, 0.0%)

2 の酒 1 を受け, を抑え, を持ち, を持つ, を木村重吉

▼ れた枯木~ (7, 0.0%)

2 の幹 1 と生木, のよう, の姿, の立っ, の骨

▼ れた~ (7, 0.0%)

3 の中 1 が蒼ざめて, の外, は無, や掃除

▼ れた爲め~ (7, 0.0%)

1 であるので, に他, に其の, に宣傳, に意久地, に殘つて, 同一人

▼ れた犯人~ (7, 0.0%)

1 が夏川さん, に九分九厘違い, のやう, の右, の所持品, の最後, は二十そこそこ

▼ れた現在~ (7, 0.0%)

1 ではどう, どうかと, に留まつ, の共同生活, の彼, の放送委員会, の文芸

▼ れた真実~ (7, 0.0%)

1 があつ, ではない, の原因, の感銘, は真実, を他, を言

▼ れた短篇小説~ (7, 0.0%)

1 でレーニン, の立ち入った, ばかりのせる, を二三篇, を拝見, を書く, を続け

▼ れた私達~ (7, 0.0%)

1 には怖く, の前, の夢, の姿, の村, は動, は押し黙っ

▼ れた種類~ (7, 0.0%)

2 のもの 1 です, にはその, の人間, の安心, の幸福

▼ れた穀物~ (7, 0.0%)

1 が穀物, であった, の価値, は常に, は彼, や石炭, を愛せよ

▼ れた~ (7, 0.0%)

7 之助

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 かも知れなかった, で其罪, なき者, にまき, の下手人, は水, を一処

▼ れた美人~ (7, 0.0%)

1 ですが, で成績抜群, なので, の舞態, の誘惑, の顔, を数多く

▼ れた習慣~ (7, 0.0%)

1 があり, が生涯残, が第, である, も急, を私一代, を笠

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 たぼ豊か, には十分快感, のない, の中, の健康, へ蘆, も交っ

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 で茶漬, にむかっ, に向つた, の上, を下げ, を彼女, を持っ

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 が自分, で完全, のよう, の群, の長, はまっすぐ, を見受ける

▼ れた芝居~ (7, 0.0%)

1 だ, ですね, のやう, の大道具, の指揮者, の番附, の神様

▼ れた芸妓~ (7, 0.0%)

1 が, が対手, だつたさうだが, というかたち, とは深い, の奴, は貞之進

▼ れた草花~ (7, 0.0%)

2 である 1 などが押され, に却って, の畑, の種, はどうして

▼ れた葉子~ (7, 0.0%)

1 の立場, の過去, はたった, はなんとも, は橋, を今更, を想像

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 と吊るされ, のみ厭う, のよう, のシッポ, の姿, の頭, は縄

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 の上, の中, の根, をあの, をふり, を振り払っ, を振放つ

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 かの板敷, のす, のカミソリ, の思念, の技術, の脚, の電球

▼ れた調子~ (7, 0.0%)

1 が全, が高く, であった, です, で云った, で彼, なの

▼ れた貴重~ (7, 0.0%)

1 すべき実例, なビタミン, な到達点, な品, な書物, な芸術品, な諸

▼ れた赤ん坊~ (7, 0.0%)

1 が, だったが, のやう, の手, の生れた, を別に, を迎え

▼ れた足跡~ (7, 0.0%)

1 がずっと, のよう, はさながら, は外, をふり, を見給え, を辿っ

▼ れた身の上~ (7, 0.0%)

1 だけに何処, であつ, であるから, では全く, なの, なるを, の女

▼ れた部落~ (7, 0.0%)

1 から出, が各地, が江戸時代, が漸次, のみは年, の不規則, の多く

▼ れた重大~ (7, 0.0%)

3 な問題 1 なある疑問, な事実, な意味, な義務

▼ れた障子~ (7, 0.0%)

1 のあいだ, のさん, のそ, の向, の向こう, の外, もくわ

▼ れた~ (7, 0.0%)

1 がある, ぐまを, 健趣味を, 蝶の, 鱒は, 鴨は, 鷄の

▼ れた静か~ (7, 0.0%)

2 な沼 1 な夜, な景色, な暗い, な村, な窓

▼ れた頭脳~ (7, 0.0%)

1 でよくも, にも少し, のほか, の一, の正しい, をもち, を持つ

▼ れたあれ~ (6, 0.0%)

2 は黒雲五人男 1 だ, だな, です, は逆徒

▼ れたいきさつ~ (6, 0.0%)

1 も彼, を話しました, を話し出しました, を話し給え, を説明, を追った

▼ れたかた~ (6, 0.0%)

1 かどう, がいま, のこと, はそ, は佛自身, もあろう

▼ れたぐらいの~ (6, 0.0%)

2 ものです 1 ものじゃ, ものであった, ものでしょう, もんです

▼ れた~ (6, 0.0%)

2 がたに 1 がたが, がたにおいてのみ, がたを, くりいん

▼ れたそこ~ (6, 0.0%)

1 から何百米, には暗黒, に両, に雨後, のテニス, まで到達

▼ れたそれぞれ~ (6, 0.0%)

1 に魅力, の価格, の国, の引, の性格, の文学者たち

▼ れたたくさん~ (6, 0.0%)

1 な首, のもの, のフィルム, の旅客, の製品, の革命家

▼ れたとかいふ~ (6, 0.0%)

1 お話でございます, ことだつた, ことを, 恨み言を, 歴史上の, 立場の

▼ れたときこれ~ (6, 0.0%)

1 がベエコン以外, で貴女, によって私, によつて, はきっと, までのよう

▼ れたなどは~ (6, 0.0%)

1 むかしの, 他に, 信じられぬは, 和漢にも, 恥とこそ, 無意味で

▼ れたについて~ (6, 0.0%)

1 この頃, その昔話, 全集編纂者の, 案内役と, 私は, 自分も

▼ れたはずみ~ (6, 0.0%)

1 で切先五, にどう, にヒョロリ, に伸子, に出, に結び目

▼ れたばかりに~ (6, 0.0%)

1 それには, どこへでも, 一生の, 何一つ出さず, 当時し, 見える

▼ れたまだ~ (6, 0.0%)

1 二回しか, 余り古く, 幼いいかにも, 手の, 見ぬ島, 頭痛いや

▼ れたよい~ (6, 0.0%)

1 かな純化, 作だ, 意味で, 紙に, 趣味を, 酒で

▼ れたわし~ (6, 0.0%)

2 じゃ 1 に言う, の任務, の顔, はとうから

▼ れた一匹~ (6, 0.0%)

1 のケダモノ, の爬蟲類, の生き餌, の蠅, の馬, の鱶

▼ れた一同~ (6, 0.0%)

1 あんまりいい, の心, の視線, の過去, は委細, は思い出した

▼ れた一団~ (6, 0.0%)

1 が暗黒街, でなければ, の人々, の兵士たち, の学生, は自動車

▼ れた一方~ (6, 0.0%)

1 には妻子, に母, の墓穴, の端, の脳, 的な

▼ れた一軒~ (6, 0.0%)

1 だちの寺, の二階, の茅舎, の荒れた, は正に, は路地奥

▼ れた一連~ (6, 0.0%)

2 の矩形 1 の事情, の交響曲, の文句, の短編

▼ れた七人~ (6, 0.0%)

2 の花嫁 1 のなか, の上気, の兵士, の少年捜索隊

▼ れた下男~ (6, 0.0%)

5 の勇太郎 1 で近所

▼ れた不満~ (6, 0.0%)

1 との関係, な結婚, の下, を君勇, を覚え, を覚えた

▼ れた人間性~ (6, 0.0%)

1 がそれ, が長篇, などというもの, の発見, の純真純美さ, の自由

▼ れた伝統~ (6, 0.0%)

2 の驚くべき 1 は公平, は純粋, を正しく, を直接

▼ れた低い~ (6, 0.0%)

1 丘が, 声で, 小屋の, 建物に, 瓶を, 鼻が

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 の天地, は受け取っ, は悶えた, は朝日新聞社員, は淋しい, は驚い

▼ れた使命~ (6, 0.0%)

1 とは頗る, なの, のため, の意味, をその, を果たす

▼ れた兵隊~ (6, 0.0%)

1 が一人, だと, と云, のなれ, のやう, はどうして

▼ れた功績~ (6, 0.0%)

2 は非常 1 にも拘らず, の数々, もまた, も國家的功勞

▼ れた努力~ (6, 0.0%)

1 があまりに, でも容易, は指導, は極貧階級, またこれ, や犠牲

▼ れた勝平~ (6, 0.0%)

2 の咽喉, の頭, は前

▼ れた単なる~ (6, 0.0%)

1 像を, 形式としての, 方法が, 歴史の, 社会の, 社会学として

▼ れた又は~ (6, 0.0%)

1 されるべき民衆, 刻印, 単純素朴な, 斬殺された, 組織化される, 露骨な

▼ れた古風~ (6, 0.0%)

1 な塀, な木造, な洋燈, な洋館, な洋館地帯, な炭酸泉

▼ れた向う~ (6, 0.0%)

2 の男 1 から低く, の有様, は全然, を目

▼ れた四畳半~ (6, 0.0%)

2 の小さな 1 から母, だった, であるが, で手持無沙汰

▼ れた国家~ (6, 0.0%)

1 のすみずみ, の変遷, の意味, の物, は実現, を予想

▼ れた土人~ (6, 0.0%)

1 が手, のよう, の骨相, はどう, は狂気, を抱きかか

▼ れた~ (6, 0.0%)

2 であるの 1 が好き, によって近所, の如く, を養父家元

▼ れた報告~ (6, 0.0%)

1 が奇ッ怪, でどうしても, によれ, のうち, は彼, は米国

▼ れた~ (6, 0.0%)

2 が近く 1 であった, の上, の四階, はにせもの

▼ れた夥しい~ (6, 0.0%)

1 作品の, 油の, 犠牲者の, 生簀の, 絵が, 跡を

▼ れた大木~ (6, 0.0%)

1 が彼処此処, が朽ち残った, のした, の下, の杉, は根

▼ れた大理石~ (6, 0.0%)

2 の女 1 のやう, のアアチ, の三面鏡, の宮殿

▼ れた夫婦~ (6, 0.0%)

1 であること, としてその, として登場, の中, の仲, は即死

▼ れた奇怪~ (6, 0.0%)

1 なもの, な姿, な男女, な神像, な魑魅魍魎, 極まる擦過傷

▼ れた女達~ (6, 0.0%)

1 のなか, のよう, の創, の手, の物, も鏡台

▼ れた宗教~ (6, 0.0%)

1 であるが, といふ迷信的, となつ, の二字, の内室, は密教

▼ れた実体~ (6, 0.0%)

2 だから 1 がなく, であること, とその, を指す

▼ れた家々~ (6, 0.0%)

1 と書い, には灯, に行つて, のウネリ, の火, の直系

▼ れた家屋~ (6, 0.0%)

2 があり, が浮び出し 1 の下, は将来

▼ れた家庭~ (6, 0.0%)

1 というもの, という籠, の中, の婦人, の空気, への復帰

▼ れた家族~ (6, 0.0%)

1 に関する研究, の上, の妻, の生活, の連中, は妻

▼ れた容子~ (6, 0.0%)

1 が少し, だった, で目, も, も見せなかった, も見せなかつた

▼ れた宿~ (6, 0.0%)

1 なし女, の座敷, の恵比須屋, の色紙短冊, は谷底, へ行った

▼ れた寝室~ (6, 0.0%)

2 の中 1 で美しい, にしのびこみました, のなか, の窓

▼ れた寺院~ (6, 0.0%)

1 がある, に三十五万, の中, の住職, の屋根, の数

▼ れた小柄~ (6, 0.0%)

1 な太子, な姿, な真黒, のほか, の男, の目利

▼ れた屋敷~ (6, 0.0%)

1 が斯く, ですよ, の上, の門, の隅々, は広く

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 が椀, である, で土, に近い, の高い, も野菜

▼ れた布片~ (6, 0.0%)

3 のよう 1 がマリー, であるかの, で絞殺

▼ れた平和~ (6, 0.0%)

2 な街 1 がこの, と寂寞さ, な羽衣, の裡

▼ れた年代~ (6, 0.0%)

1 からいえ, で見る, は多少, は飛鳥, や順序, をつい

▼ れた幻想~ (6, 0.0%)

2 であると 1 に過ぎません, の世界, の分量, を空

▼ れた広場~ (6, 0.0%)

3 があった 1 にいた, のまんなか, の土

▼ れた形式的直観~ (6, 0.0%)

2 と未だ 1 である, でなければ, のみである, を基

▼ れた役者~ (6, 0.0%)

1 である, のよう, の体, の旗幟, の階級打破, は僕

▼ れた御馳走~ (6, 0.0%)

1 とに恒夫, のこと, の方, の皆無, をまるで, をみんな

▼ れた心持ち~ (6, 0.0%)

1 から恢復, である, で考える, にい, になっ, になる

▼ れた心理~ (6, 0.0%)

1 が判らないらしい, の根底, の法則性, の過程, はわかる, も一緒

▼ れた意志~ (6, 0.0%)

2 の強 1 からし, とか決意, は本能そのもの, を追求

▼ れた憤怒~ (6, 0.0%)

2 を洩した 1 に比べ, の余り, の念, の怨恨

▼ れた手段~ (6, 0.0%)

1 である, と明知, はその, は一つ, は願書, を用い

▼ れた批評~ (6, 0.0%)

1 が一貫, である, であるに, の一種, の価値, は好みません

▼ れた提灯~ (6, 0.0%)

1 が七つ, が照つて, が縦, のよう, までが安全無事, を拾おう

▼ れた料理~ (6, 0.0%)

1 がおいしい, がお客さん, が用意, でなかなか, には一同, の皿

▼ れた新九郎~ (6, 0.0%)

1 が今, の方, はくらくら, は内心, は寂然, は板敷

▼ れた新鮮~ (6, 0.0%)

2 な唾 1 な刺戟, な状態, な白菜, な酸素

▼ れた時一人~ (6, 0.0%)

5 の姥 1 の医者

▼ れた時彼女~ (6, 0.0%)

1 が相手, はいそぎ足, はそう, はもう, は何, は枕元

▼ れた有様~ (6, 0.0%)

2 でありました 1 がしるされ, だけを云々, や両, を想像

▼ れた机竜~ (6, 0.0%)

6 之助

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 が幾本, にぶつかる, にぶつつかる, のところ, の木理, や壁

▼ れた~ (6, 0.0%)

2 の上 1 がかかっ, の水ぎわ, は, を渡し

▼ れた欲望~ (6, 0.0%)

1 がない, にすぎない, の合計, は彼, を充たした, を表わす

▼ れた正木先生~ (6, 0.0%)

1 がこんな, が今日, が思いがけなく, はどうして, は何故か, は遂に

▼ れた武蔵~ (6, 0.0%)

1 が, がよろめく, にはまた, の剣, はやや, は眼

▼ れた殺人事件~ (6, 0.0%)

1 であります, ではない, の報告, の犯人, はしかし, は不思議

▼ れた津田~ (6, 0.0%)

1 とが一度, には勝さん, はとうとう, は否応なしに, は返事, は黙っ

▼ れた淋し~ (6, 0.0%)

1 さう, さが, さで, さである, さに, さを

▼ れた淋しい~ (6, 0.0%)

1 あたり鉄道自殺と, 大宝, 姿を, 小路を, 往来に, 手の

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 が果して, が霧, で見る, に怯え, のやう, もかの女

▼ れた灰色~ (6, 0.0%)

1 の一時代, の中, の幕, の時代, の眼, の翼

▼ れた為め~ (6, 0.0%)

1 に三年前, に人間, に信者, に少し, に険しいさびしい, に騒動

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 が飜筋斗, などがする, のよう, の毛皮, の皮一枚, の肉

▼ れた父親~ (6, 0.0%)

1 が気の毒, の世務, の好, の姿, の血潮, の遺留品

▼ れた~ (6, 0.0%)

2 袖を 1 盤坑の, 盤坑へ, 盤坑を, 袖の

▼ れた特権~ (6, 0.0%)

1 であ, であった, である, であろう, をひそか, を抛棄

▼ れた犠牲~ (6, 0.0%)

1 があった, であるかと, の一人, は供物, もまた, を持っ

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 といおう, の死骸, の生まれ, の自由, は自分, 若座

▼ れた玄関~ (6, 0.0%)

1 からはと, などの様子, になぜ, に出, の式台, をあがる

▼ れた琵琶~ (6, 0.0%)

2 の胴 1 にまだ, の形, の息, の霊魂

▼ れた生産物~ (6, 0.0%)

1 の価値, の半分, の数量, の種類, の間, を個人

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 つ物, の中, の乾, や圃, を渡つて, 狭の

▼ れた留守~ (6, 0.0%)

1 であつ, でしたから, に武雄さん, に貴女, の女, の間

▼ れた番頭~ (6, 0.0%)

1 と殺した, の勘三郎, の林三郎, の甚助, の要, 定助

▼ れた病人~ (6, 0.0%)

1 がうめいた, と彼, のこと, の呼息, の唸り声, の苦しみ

▼ れた白骨~ (6, 0.0%)

1 に就, はそも, は殆ど, をとどめる, を抱い, を拾

▼ れた皮膚~ (6, 0.0%)

1 からも人間, が無心, に感性, のした, の局部, を見せまい

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 がしっとり, にまだ, は異常, をふと, を据える, を閃

▼ れた石炭~ (6, 0.0%)

2 の中 1 が沢山, の上, は数万, やその他いろいろ

▼ れた科学~ (6, 0.0%)

1 なんか世の中, の不思議, の通俗化, をば世俗的, を指導原理, を考へ

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 にそれぞれ, に添い, のまま実行, の通り切った, を作る, を先潜り

▼ れた米友~ (6, 0.0%)

1 がむっくり, の驚いた, は, はつい, は槍, は眼

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 な心, 亜剌比亜, 利得であろう, 小説は, 所得の, 有に

▼ れた組織~ (6, 0.0%)

2 があっ 1 で一つ, と熟達, と統一, なくば

▼ れた義務~ (6, 0.0%)

1 がすむ, と名誉, に相当, を果さね, を果した, を片づける

▼ れた考え~ (6, 0.0%)

1 からで, がいきなり, であった, や言葉, をさらに, を彼女

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 が妙, して, ではない, と共に檜, など年, を聽

▼ れた腹いせ~ (6, 0.0%)

1 あの木賃宿, がこの, に事実江戸屋, に二合半坂, に悪く, の滿足

▼ れた色々~ (6, 0.0%)

1 な綺麗, の事, の事件, の幟, の方面, の貝

▼ れた苦い~ (6, 0.0%)

2 経験が 1 体験から, 経験から, 経験を, 經驗のせゐ

▼ れた苦痛~ (6, 0.0%)

1 から逃れる, とまったく, な食糧問題, のうすらぐ思ひ, をごまかし, をなめね

▼ れた草原~ (6, 0.0%)

2 に白く, も少し 1 のよう, の一隅

▼ れた蒲団~ (6, 0.0%)

1 が掛け, といったよう, に凭れ, のなか, の上, を蹴つた

▼ れた蝋燭~ (6, 0.0%)

2 の光 1 そういうの, の中, は壁板, を真黒

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 によってゆるやか, に簑笠, のやう, のよう, を再び平然と, を身

▼ れた衣裳~ (6, 0.0%)

1 だった, の好み, はまるで, を強, を着け, を着せ

▼ れた被害者~ (6, 0.0%)

1 がノコノコ, が致命傷, に仕返し, の大柄, の姿, を初めて

▼ れた~ (6, 0.0%)

2 の奥 1 の外, の影, の間, を膝

▼ れた視線~ (6, 0.0%)

1 がその, に耐えきれない, は更に, も諸井看護婦, を伸子, を投げた

▼ れた記念~ (6, 0.0%)

1 すべき場所, すべき日, であるという, のお, の二品, の屋敷

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 がある, だが, である, であれど, です, ではない

▼ れた責任~ (6, 0.0%)

1 だけを果す, である互, において慎重, もあるだろう, を負い, 被処罰者

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 というの, にのせられ, の中, の垂れ絹, や断頭台, や斷頭臺

▼ れた軍隊~ (6, 0.0%)

1 が出動, に対しては左, のやう, の動き, の数, を率い

▼ れた農家~ (6, 0.0%)

1 からなにか, の人達, も俵, やその, や小規模, を訪ねたい

▼ れた近代~ (6, 0.0%)

2 での出来事 1 の不幸, の建物, の油絵, の進化論

▼ れた通路~ (6, 0.0%)

3 を作る 2 を足早 1 に狎れ

▼ れた都会~ (6, 0.0%)

1 が素顔, が農村, の人々, の夜, の生活, や農村

▼ れた銀杏~ (6, 0.0%)

2 返の 1 か松, の木, の根もと, の淋し

▼ れた銀貨~ (6, 0.0%)

3 の量 1 がない, でのその, の流通量

▼ れた~ (6, 0.0%)

2 の中 1 がかくし, が慌しく, の気狂, や春雨

▼ れた~ (6, 0.0%)

2 のなか, の中 1 の空地, は元

▼ れた陰気~ (6, 0.0%)

2 な家 1 な平屋建て, な池, な芸, な部屋

▼ れた階段~ (6, 0.0%)

1 がそばだっ, だが, をいくつ, を上がり, を最後, を足音

▼ れた雑木林~ (6, 0.0%)

2 や竹藪 1 が散らばり, にボー, の下路, の間

▼ れた電車~ (6, 0.0%)

1 が何台, が出, が来た, が運転, の架空線, を待合せる

▼ れた青い~ (6, 0.0%)

1 ネオン, ペンキの, 栗の, 煉羊羹は, 酒罎や, 雲間を

▼ れた響き~ (6, 0.0%)

5 で話 1 の結晶

▼ れた~ (6, 0.0%)

1 がさしはさまれ, に眼, の上, の中, の幾分, を開く

▼ れた飛鳥~ (6, 0.0%)

5 の宮 1 の頃

▼ れた驚き~ (6, 0.0%)

1 が未だ, と歓び, の反作用, よりも意外, を色, 同時に畏

▼ れたあくる~ (5, 0.0%)

1 年の, 日であった, 日の, 日無名の, 日裁判所へ

▼ れたうらみ~ (5, 0.0%)

1 があった, は人いちばい, をこの, をわすれる, を言っ

▼ れたおれ~ (5, 0.0%)

2 を前 1 の世界, は, もこの

▼ れたお松~ (5, 0.0%)

1 であります, といふ娘, に氣, の父親與三郎, の面

▼ れたきれい~ (5, 0.0%)

1 な両, な本, な石, な石ころ, な草

▼ れたきわめて~ (5, 0.0%)

1 仕事の, 困難な, 堅固の, 平凡な, 間歇的な

▼ れたここ~ (5, 0.0%)

1 に追記, の中, の土民ども, は遊楽場, もやられた

▼ れたごく~ (5, 0.0%)

2 少数の 1 手狭な, 最近の, 極限された

▼ れたさい~ (5, 0.0%)

1 ごの, にも, の仕き, は名和長年, も

▼ れたしとの~ (5, 0.0%)

1 こと, ことに, 有難き思召, 要求有之, 郵書来りぬ

▼ れたすぐ~ (5, 0.0%)

1 あとで, あとであった, あとに, 翌日元康は, 返事を

▼ れたそれ等~ (5, 0.0%)

1 のもの, の器, の文句, の文芸作品, は薄

▼ れたぞと~ (5, 0.0%)

1 いうので, 呼ばわり続けた, 尋ねるもの, 満座で, 膝を

▼ れたっきり~ (5, 0.0%)

1 いったいどうなる, で一生, まだ意識, わからず仕舞, 出て

▼ れたとある~ (5, 0.0%)

2 のは 1 のを, 以上国家の, 郊外の

▼ れたというは~ (5, 0.0%)

1 どういうわけ, 恐らく今, 明治の, 滅多に, 礼を

▼ れたなぞ~ (5, 0.0%)

1 と面白, の御用駕籠, はたしかに, は伝説, は返す返す

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 ぢの, ふふむ, 俺も, 可愛さうに, 汽車の

▼ れたのよ~ (5, 0.0%)

1 あの男, ほんとよ, 兄さん, 博奕場だ, 祖父さんの

▼ れたほどにも~ (5, 0.0%)

1 一般世間の, 一般社会の, 感じました, 有形無形に, 無産者が

▼ れたまでは~ (5, 0.0%)

3 覚えて 1 意識し, 誠に都合

▼ れたやら~ (5, 0.0%)

1 それは, 姿も, 是非ご, 私共は, 誰が

▼ れたイデオロギー~ (5, 0.0%)

1 であるであらうか, ではない, のなす, の概念, の類別

▼ れたコンクリート~ (5, 0.0%)

1 の内庭, の天井, の里程標, の長橋, は薄暗く

▼ れたテキスト~ (5, 0.0%)

1 がわれわれ, が取上げられ, というもの, の内容, を更に

▼ れたパン~ (5, 0.0%)

1 が三, が恐るべき, に手, のくず, の小さ

▼ れたピストル~ (5, 0.0%)

1 になる, の弾丸, の鋭さ, はじっとり, を取り出し

▼ れた一件~ (5, 0.0%)

1 からだ, で, であること, を女房, を果す

▼ れた一例~ (5, 0.0%)

1 である, として私, と見るべきであろう, は昨年末, を挙

▼ れた一束~ (5, 0.0%)

1 の手紙, の書物, の柳, の白糸, の髮

▼ れた一群~ (5, 0.0%)

1 だと, にも途中, の中, の人々, の対象

▼ れた一行~ (5, 0.0%)

1 か二行, が二号船渠, が宿屋ともども大騒ぎ, の奇蹟, の文字

▼ れた七兵衛~ (5, 0.0%)

1 が急, に武者ぶり, はよく, は林, は直ちに

▼ れた上猿轡~ (5, 0.0%)

4 まで噛まされ 1 を噛まされた

▼ れた上自分~ (5, 0.0%)

1 が殺された, の持つ, の髪, は牛馬, は閉門

▼ れた上衣~ (5, 0.0%)

2 の布片, やネクタイ 1 の裾

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 健康な, 始末を, 滿を, 遠院宮, 適当な

▼ れた不運~ (5, 0.0%)

1 なコスター, な一人間, な女, な子供達, な小

▼ れた世にも~ (5, 0.0%)

1 やさしく美しく感動, 可哀そうな, 奇妙な, 豊醇な, 陰惨たる

▼ れた~ (5, 0.0%)

4 の上 1 に墓地

▼ れた中庭~ (5, 0.0%)

1 が僧院, にあります, になっ, もまた, を作つて

▼ れた~ (5, 0.0%)

3 の子 2 のよう

▼ れた二個~ (5, 0.0%)

1 の大, の死体, の濡れた, の砲, の魔神

▼ れた二枚~ (5, 0.0%)

1 の便箋, の淡色街上風景, の紙札, の肖像, の金貨

▼ れた京城~ (5, 0.0%)

5 の坊

▼ れた亭主~ (5, 0.0%)

1 だなんて, です, の市之助, の方, 持ち金

▼ れた人口~ (5, 0.0%)

1 が百四十万, に関する推論, の多い, の流入, の表

▼ れた仏教~ (5, 0.0%)

1 がますます, が受入れられ, が現世利益, はこの, は支那天台宗

▼ れた以外~ (5, 0.0%)

2 には 1 にどこ, に不思議, に強

▼ れた何処~ (5, 0.0%)

1 かの公園, かの内儀さん, かの古墳, かの姫, か呉服屋

▼ れた作品集~ (5, 0.0%)

2 である 1 です, の数, をよん

▼ れた作物~ (5, 0.0%)

1 から芸術, と思う, と習作集, には文学, に違

▼ れた使者~ (5, 0.0%)

1 がいくらでも, の不破河内守, の仕事, は李陵, を幕囲い

▼ れた価値~ (5, 0.0%)

1 であると, とそこ, のもの, をしか意味, 並びに全

▼ れた信長~ (5, 0.0%)

1 の兵力, の妹お市の方, の幻想, の末子, の気持

▼ れた~ (5, 0.0%)

2 の社会的名誉 1 が十九, の先生, の魂

▼ れた個々~ (5, 0.0%)

2 の文章 1 のもの, の事象, の人たち

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 の文観, の胸像, はいう, はひしと, はコンスタンチノープル

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 の升屋, の検事正塩田先生, 久二年から, 小姓頭取の, 狩以後元

▼ れた~ (5, 0.0%)

3 のよう 1 のごとく, の肉

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 の任務, の御, の権力, の生涯, も公

▼ れた其夜奈良~ (5, 0.0%)

5 の御館

▼ れた内部~ (5, 0.0%)

2 の皮膚 1 には一見, には診察室, は第

▼ れた円い~ (5, 0.0%)

1 小山が, 木片で, 池が, 波, 頤には

▼ れた冬子~ (5, 0.0%)

1 その冬子, の心身, の災難, はと見れ, は光

▼ れた刑事~ (5, 0.0%)

1 はまだ, はギョッ, は云う, は兄, は本名

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 がつ, のひと, の三右衛門, 唐の, 霜の

▼ れた判決~ (5, 0.0%)

1 が所謂, のよう, は冷たい, は自宅, を取り消す

▼ れた別荘~ (5, 0.0%)

1 の小天地, の裏木戸, の近く, へ花見, 赤く塗った

▼ れた動作~ (5, 0.0%)

1 だけを抽象的, であつ, のかげ, はそれ, をしたろう

▼ れた医者~ (5, 0.0%)

1 があった, がその, にしろ, の応急手当, は駆けつけ

▼ れた印度~ (5, 0.0%)

1 からどんな, とは大, にもかなり, の太子, の紳士

▼ れた友情~ (5, 0.0%)

1 というもの, の奇跡, の痛み, は私, をあり

▼ れた友達~ (5, 0.0%)

1 がよせ, の死骸, の顔, はそれ, やおばさん

▼ れた古代~ (5, 0.0%)

1 の書, の歴史, の理想国, の紙草, をこれ

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 があった, であるが, で今更, の方, を書い

▼ れた可能性~ (5, 0.0%)

1 から見れ, はなほ充足理由律, はリュックス, をしか齎し, を相当年

▼ れた台所~ (5, 0.0%)

1 で兇行, に出, の板, の簡易さ, へ出

▼ れた右手~ (5, 0.0%)

1 の拇指, の潜り戸, は盆, をもっ, をギュッ

▼ れた名称~ (5, 0.0%)

1 であったらしい, であるが, ではない, をもっ, を借りる

▼ れた周囲~ (5, 0.0%)

2 の高い 1 と土地, と自身, に同情

▼ れた味方~ (5, 0.0%)

1 がおったであろう, の各, の将士, の死者, の馬標

▼ れた四角~ (5, 0.0%)

1 なくぐりを, な室, な畑, な空, な箱

▼ れた因縁~ (5, 0.0%)

1 だろうと, で天香伝一篇, はたしか, は明らか, をたどった

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 であるが, なんぞはあんまり, のやう, はいかにも, は英国征服史

▼ れた地図~ (5, 0.0%)

1 だろう, であるが, にはのっ, によれ, に等しい

▼ れた地球~ (5, 0.0%)

1 のうつくし, のすべて, の力, の情熱, の有様

▼ れた境地~ (5, 0.0%)

1 から源氏, だが, でした, で無風流, を今

▼ れた夕刊~ (5, 0.0%)

3 の紙面 1 には, に眼

▼ れた多数~ (5, 0.0%)

1 と共にその, の人, の男子, の線, の骨

▼ れた大小~ (5, 0.0%)

1 のみだれた, のシチムパイプ, のメロン, の腰の物, の血痕

▼ れた失望~ (5, 0.0%)

1 した顔つき, のため, の声, の感, の極

▼ れた奇異~ (5, 0.0%)

3 なる武士 1 なる労働者, な草木

▼ れた女たち~ (5, 0.0%)

2 の中 1 がかも, の怨霊, はもう二度と

▼ れた女の子~ (5, 0.0%)

4 が叫びました 1 のこと

▼ れた女王~ (5, 0.0%)

1 に向, のこと, の手紙, の裸像, は前途

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 なきもち, な一枚, な土塊, な恰好, にねじけた

▼ れた妙齢~ (5, 0.0%)

2 の女 1 の人, の女性, の婦人

▼ れた宇治山田~ (5, 0.0%)

5 の米友

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 の一つ, もそこで, を生む, 盛は, 空間

▼ れた家の子~ (5, 0.0%)

4 が一車 1 ではない

▼ れた家畜~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 の首, を冬, を奪

▼ れた密室~ (5, 0.0%)

1 だった, ではなく, で斃, のなか, を調べた

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 とを否定, と生活, の一部, を構成, を築いた

▼ れた寝台~ (5, 0.0%)

2 に寝 1 の上, の中, は施療院

▼ れた封筒~ (5, 0.0%)

1 が残され, だの物指, の消印, の裏, を眺めた

▼ れた小指~ (5, 0.0%)

1 が証拠, はその, をその, を握り, 程の太

▼ れた小舟~ (5, 0.0%)

1 で検使役人, のよう, の上, はそろそろ, を一隻

▼ れた少し~ (5, 0.0%)

1 づゝ我が, の平地, の書籍, の苦味, ばかりの田畑

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 は一万, は口, をふむける殴る, を両手, を開き

▼ れた屏風~ (5, 0.0%)

1 がこ, が古び, が立て回し, などを立て廻し, の端

▼ れた峡谷~ (5, 0.0%)

1 に生きる, の中, の天, の東, の闇

▼ れた工場~ (5, 0.0%)

1 であったか, の一棟, の中, の規定, を見

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 の引き継ぎ, の瑶輿, は, は宗教, は自ら

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 が裏階子, のやさしい, のよう, の如き, をいたむ思ひ

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 なげな, な児, な子, な馴染, のの

▼ れた幾つ~ (5, 0.0%)

1 かの古, かの報告, かの意見, かの祭り, かの電車

▼ れた~ (5, 0.0%)

4 の上 1 の前

▼ れた弾丸~ (5, 0.0%)

1 だ, に当った, に等しかっ, は三度, を摘出

▼ れた当初~ (5, 0.0%)

1 からブルジョア作家, に於, に翻訳, の真実, の論文

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 だけを済まし, というの, と云, のやう, は左右太

▼ れた役人~ (5, 0.0%)

1 がくやし, がこ, ではなかろう, でも公卿, を援

▼ れた悪魔~ (5, 0.0%)

1 がそのまま, となつ, のやう, の大軍, は消え

▼ れた悲し~ (5, 0.0%)

3 さに 1 さから, さと

▼ れた悲しい~ (5, 0.0%)

2 趣を 1 人形の, 夢の, 権利で

▼ れた悲哀~ (5, 0.0%)

1 というよう, の結果, の美し, は私, を顔

▼ れた意見~ (5, 0.0%)

1 が漸く, だけがそうした, である, でなければ, を一つ一つ口まね

▼ れた我が~ (5, 0.0%)

1 いとし子, 君, 子の, 父及び, 邦の

▼ れた所作~ (5, 0.0%)

4 のやう 1 のよう

▼ れた捕物~ (5, 0.0%)

4 の名人 1 の名人錢形平次

▼ れた故に~ (5, 0.0%)

1 ひとたびは, 仏眼も, 此の, 自ら彼の, 親の

▼ れた断面~ (5, 0.0%)

1 が人々, にあっ, の両方, の所, はその

▼ れた方角~ (5, 0.0%)

2 を一目 1 にむかっ, へ行つてまごまご, を見る

▼ れた日本語~ (5, 0.0%)

1 が別離, であり実用国際語, における甲類, の知識, は久しい

▼ れた日記~ (5, 0.0%)

1 か何, が含まれ, が自画像, である, の中

▼ れた時余~ (5, 0.0%)

1 と池辺君, は其通信, は平内さん, は誰, も新聞記者

▼ れた景色~ (5, 0.0%)

2 です 1 だけは昼, だの芝居, よりも月光

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 さで, さに, さの, である, の中

▼ れた暗示~ (5, 0.0%)

1 から成長, であり象徴, とか感じ, としてのみこの, は私

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 だ, でありまして, というの, なん, のうち

▼ れた最大~ (5, 0.0%)

1 の原因, の教訓, の満足, の滿足, の魅力

▼ れた木立~ (5, 0.0%)

1 の影, の枝, の濡れた, もすべて, を見

▼ れた本質~ (5, 0.0%)

1 から区別, から區別, の對象, は一応, は少く

▼ れた材木~ (5, 0.0%)

1 であり縛ったなわ, ででもあるらしい, といい, の上, を思わせる

▼ れた板の間~ (5, 0.0%)

1 が光っ, が黒く, で一段, と, のねずみ

▼ れた~ (5, 0.0%)

2 の中 1 があり, の間, 前陸相

▼ れた~ (5, 0.0%)

2 の実 1 の樹, の皮, の蔕

▼ れた様々~ (5, 0.0%)

1 なもの, な人物, な構造, の写真, の歓び

▼ れた権利~ (5, 0.0%)

1 であり課せられた義務, と知識, なの, の遂行, を恢復

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 が一本, の下, の枝, の根, を起す

▼ れた正面~ (5, 0.0%)

1 に対し使用, の丸窓, の入口, の大, の姿

▼ れた武家~ (5, 0.0%)

1 が振り返, の女, の家族, の舊藩關係, の財力

▼ れた気配~ (5, 0.0%)

1 は, はたしかに, も全く, をさとる, を相当

▼ れた氣持~ (5, 0.0%)

1 だ, でさういふ, で彼女, で無理, になる

▼ れた~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 から脱出, には多く, の皮膚

▼ れた洋館~ (5, 0.0%)

1 があった, が一行, などを見渡す, の空氣, の閉された

▼ れた活動~ (5, 0.0%)

2 である 1 によってもたらされる, に入った, の必要

▼ れた源氏~ (5, 0.0%)

1 との結婚問題, の春着, ははっと, は湿った, を少々

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 ときしり合っ, どろ, のやう, のよう, の中

▼ れた演説~ (5, 0.0%)

1 が終った, のなか, の一節, をも斷, を見る

▼ れた無残~ (5, 0.0%)

2 の形骸 1 な姿, な死骸, な自分

▼ れた特別~ (5, 0.0%)

1 な女, の場合, の客, の精彩, の音頭とり

▼ れた狂人~ (5, 0.0%)

1 がとうとう, さながらな, でござると, の犯罪, の解放治療場

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 にし, のよう, はわずか, や兎, よりも連れ

▼ れた理想~ (5, 0.0%)

1 に勝っ, の象徴, はそれ, を全然, を思い出し

▼ れた生々しい~ (5, 0.0%)

1 体験を, 唇と, 大木が, 生命や, 腹部を

▼ れた用役~ (5, 0.0%)

1 によって我々, の価格, の量, を一つ, を並べ

▼ れた画面~ (5, 0.0%)

2 へ盛る 1 おそらく向こう側, を画家, を見入った

▼ れた當時~ (5, 0.0%)

1 いちはやくその, に印度, の兩江總督, の有, は製紙

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 かが分かる, かまたは, でございます, の痛み, を煩い

▼ れた皮肉~ (5, 0.0%)

1 だと, と嘲笑, もある, も痛く, を思いだし

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 に左, に見える, の形容, はまさに, 白い頬

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 のほう, の間, は強, も晴れ, をうとうと

▼ れた短刀~ (5, 0.0%)

1 が光っ, であった, の刃先, を振りまわし, を発見

▼ れた石城~ (5, 0.0%)

3 の為 2 の爲

▼ れた石段~ (5, 0.0%)

1 がつい, を下り, を登り切った, を踏ん, を降り

▼ れた祕密~ (5, 0.0%)

2 の生活 1 な何物, のごとき, の信仰

▼ れた私たち~ (5, 0.0%)

1 ではなかつた, の一家, の大, の心情, は危難

▼ れた秩序~ (5, 0.0%)

1 があった, と安寧, の中, もある, もユーモア

▼ れた移轍~ (5, 0.0%)

2 との境界 1 でしょう, の一例, の最も

▼ れた空虚~ (5, 0.0%)

1 なところ, な部屋, な頭脳, を感じた, を補う

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 の外側, の模様, の皮包, の皮包み, の縁

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 について, の下, の音, の音色, を吹き

▼ れた紙幣~ (5, 0.0%)

1 が行われる, であらう, に良心, の発行者, を再

▼ れた素子~ (5, 0.0%)

1 と伸子, の一人ぐらし, の手紙, の気持, は

▼ れた素質~ (5, 0.0%)

1 なの, は偏, を具え, を持っ, を自分

▼ れた紳士~ (5, 0.0%)

2 は苦笑 1 であった, は感激, は某省

▼ れた結論~ (5, 0.0%)

1 が先, なの, に猶, に頼っ, や推測

▼ れた統一~ (5, 0.0%)

1 なき時代, はこの, を含む, を掴み出すべき, を欲

▼ れた緒口~ (5, 0.0%)

5 にとりついた

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 に一遍, に引かれ, の上, の下, の糸

▼ れた縁談~ (5, 0.0%)

1 が運び, のこと, の処置, はどれ, も今日

▼ れた~ (5, 0.0%)

2 のやう 1 になつて, のよう, の骨

▼ れた老婆~ (5, 0.0%)

1 がうつ伏せ, が一人, が片手, はその, は非常

▼ れた者ら~ (5, 0.0%)

1 のため, は深く, は生涯惨め, は黙っ, を当時

▼ れた船頭~ (5, 0.0%)

1 の悪口, はおまえ, は器械的, は漸く, は首

▼ れた良心~ (5, 0.0%)

1 の分量, の力, の火, の監視, をとりもどす

▼ れた花園~ (5, 0.0%)

1 だけで折柄秋, であつ, の中, の花瓣, は夜露

▼ れた花壇~ (5, 0.0%)

1 が遠く, の片隅, の間, や沢山, や硝子張り

▼ れた花崗岩~ (5, 0.0%)

1 の古い, の墓標, の畳石, の舗道, の高

▼ れた芸術品~ (5, 0.0%)

1 であった, である, でも彼ら, となった, など極めて

▼ れた茶碗~ (5, 0.0%)

2 を手 1 をそつ, を武蔵, を見る

▼ れた落葉~ (5, 0.0%)

1 がまだ, が一面, には斯, のよう, の平地

▼ れた蒼白い~ (5, 0.0%)

1 街燈の, 青年として, 面の, 額に, 顔を

▼ れた薄い~ (5, 0.0%)

1 スープの, 本の, 本包, 色の, 雲ぎれが一面に

▼ れた薄暗い~ (5, 0.0%)

1 ところに, 奥の, 廊下で, 窓の, 部屋の

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 がそれきり, のごとく, のよう, の夜, の青い

▼ れた~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 がへる, のごとく, は火の玉みたい

▼ れた~ (5, 0.0%)

2 の道路 1 による, の場所, の格子窓

▼ れた表紙~ (5, 0.0%)

2 を開く 1 でした, の塵埃, の絵

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 に納めきる, のひとつひとつ, のよう, の中, の奥

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 の中, の裾, もなまぐさい, や袿, を引きずり

▼ れた~ (5, 0.0%)

2 にはさくら草, を自棄 1 の下

▼ れた見事~ (5, 0.0%)

1 な一年, な品物, な図, な演奏, な花茣蓙

▼ れた規定~ (5, 0.0%)

1 が保たれる, であるから, であるの, として力, なの

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 がない, がなかっ, ない故, なんかありゃしません, はなかっ

▼ れた言語~ (5, 0.0%)

2 の巧妙 1 で簡明, として輝い, の何層倍

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 かの作品, かれの, が鉄砲, にも知られぬ, の顔

▼ れた谷間~ (5, 0.0%)

1 がある, だ, でその, に出来, のやう

▼ れた貧しい~ (5, 0.0%)

1 人々迫害された, 住居は, 働き人の, 家具と, 花模樣の

▼ れた資源~ (5, 0.0%)

1 となる, のうち, の中, を次々, 乏しいこの

▼ れた赤土~ (5, 0.0%)

1 のなか, の埴輪, の径, の斜面, の道

▼ れた赤子~ (5, 0.0%)

2 だから 1 の顔, も同然, をだい

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 宇宙, 巨船一万八千九百十四トンの, 意識が, 自然的な, 音波が

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 が葡萄沢, はこの, はただ, はない, はなくなりました

▼ れた遊女~ (5, 0.0%)

1 が私, だのどうせ, ではありません, のよう, の群

▼ れた道庵~ (5, 0.0%)

1 が一, のこと, の股肱, はあやうく, もこの

▼ れた遺骸~ (5, 0.0%)

1 が腐爛, に人々, に防腐, の胸, を見よう

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 から, である, の土, の御, の跡

▼ れた野郎~ (5, 0.0%)

1 だ, です, と兄弟分, の詮議, はどうにかこう

▼ れた金額~ (5, 0.0%)

1 がザッ, だけで, と実際, と現金, は酒井清兵衛

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 の人, の家, の男, の茶の間, の部屋

▼ れた雑草~ (5, 0.0%)

1 のたぐい, のよう, の形, の種, の葉っぱ

▼ れた雑誌~ (5, 0.0%)

1 の中, の向, の編輯, を幾冊, を次第

▼ れた電燈~ (5, 0.0%)

1 が別け, が夜, の光, の笠, は燕

▼ れた面持~ (5, 0.0%)

1 だった, で, であった, である, でなん

▼ れた領域~ (5, 0.0%)

1 でのエキスパート, における, におけるその, に関する意識, の構造

▼ れた食事~ (5, 0.0%)

1 と立派, の数, はもう, はわからない, は日本料理

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 さ三千丈も, さ四フィートの, さ四十尺ばかりの, 時入道の, 灯籠の

▼ れた高原~ (5, 0.0%)

1 でも遠望, の段丘, の詩趣, や深い, を野邊山

▼ れた~ (5, 0.0%)

1 がみんな黒穂, が速やか, の堆積, の穂波, を啄ん

▼ れた黄色い~ (5, 0.0%)

1 封筒が, 手首が, 機翼を, 水へ, 水着に

▼ れたあたし~ (4, 0.0%)

1 が, だ, の容貌, はどう

▼ れたいろんな~ (4, 0.0%)

1 うわさ話を, 人々の, 言葉や, 顔が

▼ れたいわば~ (4, 0.0%)

1 この世に, 兇状持ちに, 島人の, 道徳的な

▼ れたうす~ (4, 0.0%)

1 のろの, 刃は, 暗がりの, 桃色の

▼ れたお客様~ (4, 0.0%)

1 が順々, だ, だってどんな, にも拝ん

▼ れたお玉~ (4, 0.0%)

1 と仲, の姉, の母親, は死

▼ れたお話~ (4, 0.0%)

1 だけは何, なんで, の要点, を憶

▼ れたお金~ (4, 0.0%)

1 が今, が雪, と手紙, も無事

▼ れたかい~ (4, 0.0%)

1 あの男, こいつに, じん二十めんそうは, 野原に

▼ れたかとも~ (4, 0.0%)

1 思います, 思はれるその, 感ぜられる, 考えられる

▼ れたかなと~ (4, 0.0%)

1 不平満々の, 思った瞬間, 思って, 思つた

▼ れたからでも~ (4, 0.0%)

1 あった, あったろう, ありましょうが, ありますが

▼ れたからの~ (4, 0.0%)

2 憎みを 1 ことで, 事だけ

▼ れたからばかり~ (4, 0.0%)

3 では 1 でなく形

▼ れたかわいそう~ (4, 0.0%)

2 な人 1 なの, なカシム

▼ れたくせ~ (4, 0.0%)

21 にまだ, に指

▼ れたぐらい~ (4, 0.0%)

1 です, で人間ひとり, で決して, で知り尽したなどと

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 え, ばの, やけ酒じゃよ, やったとに

▼ れたこころもち~ (4, 0.0%)

1 で生き, らしかった, を室, を感ずる

▼ れたこちら~ (4, 0.0%)

1 の旅人たち, の旦那, の防備, の隠居

▼ れたこんな~ (4, 0.0%)

1 無人の, 言葉も, 記憶の, 静けさが

▼ れたさうな~ (4, 0.0%)

1 ああ, お気の毒, そしたら山頭火, 彼の

▼ れたさっき~ (4, 0.0%)

1 からあんまり, の絵, の酔っぱらい, よりも驚いた

▼ れたそうして~ (4, 0.0%)

1 いずれ明日あたり, 全国民, 千変万化する, 笠沙の

▼ れたそこで~ (4, 0.0%)

1 これは, 本田という, 柳や, 義太夫

▼ れたそんな~ (4, 0.0%)

1 ことは, 突飛な, 見当に, 話を

▼ れたたしかに~ (4, 0.0%)

1 あの定九郎鴉, 樽野の, 私は, 遁れた

▼ れたたった~ (4, 0.0%)

2 一つの 1 一台の, 一言によって

▼ れたついで~ (4, 0.0%)

1 にペルシヤ猫, に小次郎, に無理, に男性

▼ れたつて私~ (4, 0.0%)

1 なんぞにや, のせゐばかり, は怨, 平氣

▼ れたときそこ~ (4, 0.0%)

1 にこれら, には弦, に奇妙, を迷う

▼ れたとき伸子~ (4, 0.0%)

1 はあんまり, はいたましい, は知らない, もついて行った

▼ れたとき自分~ (4, 0.0%)

1 が一つ, のうち, の裡, は現代

▼ れたなあ~ (4, 0.0%)

1 なんだ, 不思議だ, 加藤清正だ, 平田氏

▼ れたについては~ (4, 0.0%)

1 パーヴエル・パーヴロヴィチとしても, 何がな後世, 印度シナの, 重大な

▼ れたはがねの~ (4, 0.0%)

4 二本の

▼ れたはじめ~ (4, 0.0%)

1 からある, であった, の足疾, は箇人的

▼ れたばかりじゃ~ (4, 0.0%)

1 ありませんか, ない, ないか, ない浚われて

▼ れたまた~ (4, 0.0%)

1 その国主神社, 一つの, 出られたとも, 本人二目も

▼ れたまま今~ (4, 0.0%)

1 なお呂布, は静, もその, 拭いて

▼ れたまま何~ (4, 0.0%)

1 うしてか, とし, の事件, の救助

▼ れたまま静か~ (4, 0.0%)

1 に上, に云いました, に向う, に坐禅

▼ れたまんま~ (4, 0.0%)

1 だ, の解放治療場内, 時々に, 起き上ろうとも

▼ れたみじめ~ (4, 0.0%)

1 なおれ, な人たち, な想い, な自分自身

▼ れたもの以外~ (4, 0.0%)

1 にない, に何, のシェストーフ, は何一つ

▼ れたもろもろ~ (4, 0.0%)

2 の困難 1 のもの, の散文

▼ れたゆえん~ (4, 0.0%)

1 である, のもの, はこの, もここ

▼ れたよりは~ (4, 0.0%)

1 その社会的色調, もっと絶望的, 少し痛み, 立派に

▼ れたわいと~ (4, 0.0%)

1 かねて, ここへ, 御自身, 手に

▼ れたわれわれ~ (4, 0.0%)

1 には曲輪外, の内部的, の技術的, の連中

▼ れたアメリカ~ (4, 0.0%)

1 の繁栄, の蒙昧種族, の評論家ストーン著, をも襲い

▼ れたイギリス~ (4, 0.0%)

1 という点, のカリングフォード, の労働者, の婦人

▼ れたインテリ~ (4, 0.0%)

1 でこの, の一人, の能動性, はいったいどう

▼ れたカエル~ (4, 0.0%)

4 のよう

▼ れたゴーリキイ~ (4, 0.0%)

1 が火傷, の, の感動的, の若く激しい

▼ れたソヴェト~ (4, 0.0%)

1 の世の中, の婦人労働者, の工場, の演劇

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 てその, てどうせ, て分ります, て實

▼ れたトリック~ (4, 0.0%)

1 だという, であるに, で首, を八百あまり蒐集

▼ れたナフキン~ (4, 0.0%)

2 のふくらんだ 1 が淋しく, の静か

▼ れたビール~ (4, 0.0%)

1 の洋盃, の空箱, を一息, を飲もう

▼ れたピアノ~ (4, 0.0%)

1 のよう, のよこの, の前, の教師

▼ れたプログラム~ (4, 0.0%)

1 にあった, によってその, の順序, は第

▼ れたロシア~ (4, 0.0%)

1 のプロレタリアート, の十九世紀, の大衆, の生活

▼ れたロープ~ (4, 0.0%)

1 に縋り, の蔭, は, をつたつて船

▼ れた一ツ橋家~ (4, 0.0%)

2 の武士ども 1 の武士, の武士達

▼ れた一事~ (4, 0.0%)

1 がある, である, などわけて, はよう

▼ れた一劃~ (4, 0.0%)

1 だけにはただならぬ, で昔, となっ, には異様

▼ れた一座~ (4, 0.0%)

1 の兇星, の宝塔, の者, へ入れる

▼ れた一片~ (4, 0.0%)

1 だけを見つけ出す, の美肉, の鉄, を裂けてる

▼ れた一瞬間~ (4, 0.0%)

1 たしかに和尚, に最も, の怖, は汝

▼ れた一部~ (4, 0.0%)

1 だけでこれ, の, の人間達, の常識

▼ れた三千代~ (4, 0.0%)

2 は今代助 1 をた, をただ

▼ れた三鞭酒~ (4, 0.0%)

2 の盃 1 に唇, の壜

▼ れた丸い~ (4, 0.0%)

1 ものも, クレムリンの, 文字盤が, 肩寢卷の

▼ れた丸太~ (4, 0.0%)

1 がころり, の体, の材木, の間

▼ れた乞食~ (4, 0.0%)

1 それから耳, のこ, の臨終, もあ

▼ れた事業~ (4, 0.0%)

2 である 1 は十中, は必ず

▼ れた事物~ (4, 0.0%)

1 だけに注意, であること, との間, の結合

▼ れた二つ三つ~ (4, 0.0%)

2 が熟柿 1 の広い, の袋

▼ れた二重~ (4, 0.0%)

1 に足枷, の性格, の生活, の筒

▼ れた京都~ (4, 0.0%)

1 から近江, にできた, の周囲, は多く

▼ れた人格~ (4, 0.0%)

1 がかく, が真性, でなければ, の独立

▼ れた今夜~ (4, 0.0%)

1 の傷手, の八時前後, の計画, の野営地

▼ れた代物~ (4, 0.0%)

1 だったり, ではある, ではない, なの

▼ れた以後~ (4, 0.0%)

1 に動いた, に多量, の出来事, の武門社会

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の三之助, の柳吉, の練太郎, よ

▼ れた伝説~ (4, 0.0%)

1 であつ, は嘘, は果して, や聖書

▼ れた伽藍~ (4, 0.0%)

1 であります, というもの, のよう, も待っ

▼ れた体系~ (4, 0.0%)

1 いわゆる絶対者, がなく, である, により計算

▼ れた何枚~ (4, 0.0%)

2 かの写真 1 かの紙幣, 続きかの

▼ れた信念~ (4, 0.0%)

1 がその, の後, の所有者, をつかん

▼ れた傑作~ (4, 0.0%)

1 がある, であるが, でその, の一つ

▼ れた兇器~ (4, 0.0%)

1 つまり半四郎, にも此, は発見, を最後

▼ れた先輩~ (4, 0.0%)

1 の一人, の地位, の序文, の死顔

▼ れた全部~ (4, 0.0%)

1 が否認, が惡, が虚構, は悉く

▼ れた共通~ (4, 0.0%)

1 の根源, の特色, の綱領, の韻律美

▼ れた兵馬~ (4, 0.0%)

1 のよう, は, はその, は昂奮

▼ れた~ (4, 0.0%)

2 で最も 1 には随分, に劉

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 からの解放, ぞら, の心, の野

▼ れた出来事~ (4, 0.0%)

1 が一つ, だと, のこと, のよう

▼ れた列車~ (4, 0.0%)

1 が神經, と共に起った, の乗客中, は軍用貨物列車

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 のよう, の歌, を握っ, を防ぎ

▼ れた創作~ (4, 0.0%)

1 が出ない, のほう, の道, 並びに翻訳探偵小説中

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 が大衆, である, の主人公, の耳

▼ れた化石~ (4, 0.0%)

1 であつ, とそっくり, のみに就い, を調べる

▼ れた区域~ (4, 0.0%)

1 からは離れる, から外, に構わず, のなか

▼ れた医師~ (4, 0.0%)

1 の右手, は患者, や看護婦, を残し

▼ れた十人~ (4, 0.0%)

1 に近い, の婦人会員達, はお, ばかりの同志

▼ れた十八世紀~ (4, 0.0%)

1 の反動, の哲学者, の置時計, の聖画

▼ れた単純~ (4, 0.0%)

1 なる綽名, なる言葉, な本質, な行為

▼ れた収入~ (4, 0.0%)

1 なのに, に他, に代替, の合計

▼ れた叡山~ (4, 0.0%)

1 の代表者, の将門堂, は宮方, へ行く

▼ れた可能~ (4, 0.0%)

1 があり, と希望, なこの, におかれ

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の小, の肩先, の諺, の足

▼ れた各種~ (4, 0.0%)

1 の安直, の日常, の誓言, の進歩

▼ れた同情~ (4, 0.0%)

1 すべき落伍者, の念, の芽, や信頼

▼ れた名人~ (4, 0.0%)

2 の髪結 1 がどう, の随一

▼ れた呪い~ (4, 0.0%)

1 が成人, の暴風, の目, は根強く

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 だ, には及ぶまい, はやっぱり, は感じられない

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 しょせん生きよう, はもう, を川向, 助かった心

▼ れた咽喉~ (4, 0.0%)

1 でもっ, には穴, のところ, を通して紅く

▼ れた哲学~ (4, 0.0%)

1 が主として, の新しい, の本質, や社会科学

▼ れた四つ~ (4, 0.0%)

1 のわかわかしい, の壁, の影, の穴

▼ れた国々~ (4, 0.0%)

1 においても困苦, の人民生活, の文学史, の軍事的拠点

▼ れた国民~ (4, 0.0%)

1 だったからな, としての自覚, なの, の生活

▼ れた地位~ (4, 0.0%)

1 が妻, にあっ, の本質, を占め

▼ れた地所~ (4, 0.0%)

1 からは一段坂地, の価格, までも見上げる, をその

▼ れた堤防~ (4, 0.0%)

1 が僅, の上, の下, を築き直し

▼ れた墓地~ (4, 0.0%)

2 の中 1 の台帳, を通り

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 なぞというもの, の月, の花, の軍士

▼ れた多少~ (4, 0.0%)

1 の, の器物, の財, の貯財

▼ れた大人~ (4, 0.0%)

1 がなお, としての愛情, に近い, の世界

▼ れた大切~ (4, 0.0%)

1 な, な品物, な問題, な田圃

▼ れた大名~ (4, 0.0%)

1 だけにその, の数, の行列, は皆

▼ れた大家~ (4, 0.0%)

2 の娘 1 の作品, の坊

▼ れた大広間~ (4, 0.0%)

2 の中央 1 であった, 長い腰掛

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 つ罪, の神秘的, の糧, の配剤

▼ れた天の川~ (4, 0.0%)

4 の左

▼ れた天下~ (4, 0.0%)

1 の公論, の法令, の衆愚, を

▼ れた天才~ (4, 0.0%)

2 に委ねられた 1 がある, の超

▼ れた太子~ (4, 0.0%)

1 が長身, が鮪, はおのずから, はそれゆえ人間

▼ れた夫婦者~ (4, 0.0%)

2 の乞食 1 が身, にはべつに

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の八畳, の客, の怪奇, の方

▼ れた女中~ (4, 0.0%)

2 のお 1 に老人, の可憐

▼ れた女俺~ (4, 0.0%)

4 は貴女

▼ れた姫君~ (4, 0.0%)

2 が鼠色 1 である栄えた人, の方

▼ れた孔子~ (4, 0.0%)

1 とは同一, と宋代, の伝記, の語

▼ れた学者~ (4, 0.0%)

1 であったが, なの, の一人, を赤面

▼ れた宇宙~ (4, 0.0%)

2 の傷口 1 の単位, は狐

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 ものの, も拳, 南皇室の, 右衞門を

▼ れた官吏~ (4, 0.0%)

1 には無力, の昇任更任, は私, や用途

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 と婆さん, のね, の一部, は御殿

▼ れた実に~ (4, 0.0%)

1 偉大なる, 奇妙な, 最初の, 美しい湾内

▼ れた実際~ (4, 0.0%)

2 の雰囲気 1 的な, 社会の

▼ れた宣言~ (4, 0.0%)

1 が今, だと, の内容, らしく私

▼ れた寂し~ (4, 0.0%)

2 さと, さを

▼ れた寂しい~ (4, 0.0%)

1 のを, 中に, 村落である, 町で

▼ れた対岸~ (4, 0.0%)

2 の傾斜 1 の尾根, の龍山

▼ れた封建時代~ (4, 0.0%)

2 の道徳 1 の捕鯨, の貴族たち

▼ れた小犬~ (4, 0.0%)

1 があわて, のよう, は別に, を山の上

▼ れた小町娘~ (4, 0.0%)

2 でした 1 が一体どうして, のお

▼ れた小雀~ (4, 0.0%)

1 ではない, のよう, の名, を捜し出す

▼ れた少年少女~ (4, 0.0%)

1 がそれ, が持っ, のうち, の柔かい

▼ れた尾根~ (4, 0.0%)

1 が千九百六十米, が唐松尾, に取り付い, の突端

▼ れた山々~ (4, 0.0%)

1 がほとんど, の上すれすれ, の語り得ぬ, は遠山川

▼ れた峯吉~ (4, 0.0%)

1 が頑丈, の採炭場, の燃え, はそれ

▼ れた左膳~ (4, 0.0%)

1 がツツツツ, の一眼, の肩, コツコツと

▼ れた師匠~ (4, 0.0%)

2 のお 1 の逮夜, の顔

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の端, の近く, はゆるん, をしめて

▼ れた常識~ (4, 0.0%)

2 に過ぎない 1 なの, を期待

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 かつて支那, のある, の上, の広い

▼ れた幕府~ (4, 0.0%)

1 とイギリス, の勢力, の攘夷, は外樣大名

▼ れた平家~ (4, 0.0%)

1 が円, の公達上, の奥, の如き

▼ れた幸内~ (4, 0.0%)

1 なるもの, の菩提, は水, は長持

▼ れた幽霊~ (4, 0.0%)

2 の身体 1 あるいは何, か何

▼ れた幾本~ (4, 0.0%)

1 かの図, かの杭, ともない, もの祝出征

▼ れた広漠~ (4, 0.0%)

1 たる大, たる氷原, たる野, の野山

▼ れた庸三~ (4, 0.0%)

1 にもこの, の姿, の憎悪, の非難

▼ れた廃墟~ (4, 0.0%)

1 のあと, の上, の旧, の静けさ

▼ れた弁信~ (4, 0.0%)

1 が静か, の耳, は一議, を如何

▼ れた~ (4, 0.0%)

2 のよう, 之丞

▼ れた当夜~ (4, 0.0%)

1 のあり, のこと, の物語, は彼

▼ れた当日~ (4, 0.0%)

1 から生々流転, に遊び, の朝, は竜子

▼ れた往来~ (4, 0.0%)

1 にはまだどことなく, には海老色, の白い, は屋根

▼ れた後私~ (4, 0.0%)

1 といふもの, はとうとう, はハバトフ, はハヾトフ

▼ れた御酒~ (4, 0.0%)

1 ぞともとれる, だとは, だよ, と肴

▼ れた微妙~ (4, 0.0%)

1 なひびきを, な揶揄, な語感, な過程

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 であろうかと, で大きい, による事, のある

▼ れた応接室~ (4, 0.0%)

2 は青葉 1 のほか, へ静也

▼ れた性質~ (4, 0.0%)

1 であると, を帯び, を持っ, を検出

▼ れた~ (4, 0.0%)

2 と憤 1 はなく, を述べ

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 はある, をも不, を思っ, を返します

▼ れた悲しき~ (4, 0.0%)

1 日でありました, 病者を, 遊星宿命人間へ, 運命の

▼ れた意外~ (4, 0.0%)

1 な大敵, な現象, にも, の城壁

▼ れた感動~ (4, 0.0%)

1 が出端, に随喜, をケーテ, を覚え

▼ れた感想~ (4, 0.0%)

1 で, に類した, の中, の間

▼ れた慧心僧都~ (4, 0.0%)

4 の巨大性

▼ れた戸棚~ (4, 0.0%)

1 の上, の前, や引出し, をもち

▼ れた手代~ (4, 0.0%)

1 だが, の京助, の喜三郎, の幽霊

▼ れた手帳~ (4, 0.0%)

2 が母 1 が入っ, であるや

▼ れた拳銃~ (4, 0.0%)

1 が動い, のため, は扉, をかくし

▼ れた指紋~ (4, 0.0%)

1 との照合, と首飾, をとろう, を虫眼鏡

▼ れた教授~ (4, 0.0%)

1 に商大, の, は云う, は決して

▼ れた教育~ (4, 0.0%)

1 ではない, のおかげ, のプログラム, の型

▼ れた敷布~ (4, 0.0%)

1 が惜しく, の上, の中, を引きはいだ

▼ れた文學~ (4, 0.0%)

1 が國民文學, であります, である, も僅か

▼ れた文明~ (4, 0.0%)

1 というもの, の機構, の礎, はやみ

▼ れた文書~ (4, 0.0%)

1 などが影響, による, に向う, に大きな

▼ れた新聞紙~ (4, 0.0%)

1 の月日, の破片, の記事, を一心に

▼ れた方式~ (4, 0.0%)

2 に従って消火 1 なること, の一つ

▼ れた旅行~ (4, 0.0%)

1 でこんな, の土産話, の方法, の日程

▼ れた明智~ (4, 0.0%)

1 がよろめき, こそ犯人, のハンカチ, はその

▼ れた昨夜~ (4, 0.0%)

1 の事件, の人, の会合, は父

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 でもなんとなく, でも空, の御殿, は車馬

▼ れた時世間~ (4, 0.0%)

1 では十日, のいざこざ, の憎悪, をあっ

▼ れた時二人~ (4, 0.0%)

1 の女, の若い, は生き, は選手

▼ れた時僕~ (4, 0.0%)

1 の弱点, はいきなり, はこの, は無条件

▼ れた時誰~ (4, 0.0%)

1 か見, もする, も彼, も見

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 には先づ, には即ち, には議論, に始めて

▼ れた曲者~ (4, 0.0%)

1 が小川, は六十前後, は四十過ぎ, は薄

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の卷數, の断片, の斷片, を最初

▼ れた未知~ (4, 0.0%)

1 の一青年, の国土, の家, の手紙

▼ れた本能~ (4, 0.0%)

1 がある, の流れ, は仮に, を解放

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 があっ, のよう, の裡, は荒縄

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 が表, のほそい, の織物, の葉先

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 が低い, のいが, のよう, を拾

▼ れた~ (4, 0.0%)

2 の花 1 の枝, の花びら

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 が匂つて, の坊, の模様, は明暗鮮やか

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 からぶら下っ, が峰々谷, が曲っ, のよう

▼ れた極めて~ (4, 0.0%)

1 デリケートな, 上品な, 人品の, 緩慢な

▼ れた楽譜~ (4, 0.0%)

1 に身, はどんなに, や五線紙, を送っ

▼ れた標札~ (4, 0.0%)

2 にかすか 1 の文字, を見た

▼ れた権力~ (4, 0.0%)

1 です, は私, やその, を笠

▼ れた機関~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, が自己, でないという, を有

▼ れた正しい~ (4, 0.0%)

1 ものばかり, 時代に, 楕円形の, 背景が

▼ れた死者~ (4, 0.0%)

1 の名, の喉, の死後, を今更

▼ れた残り~ (4, 0.0%)

1 の分子, の空, はまた, は他

▼ れた比較的~ (4, 0.0%)

1 位地を, 労働量が, 労働量に, 狭いその

▼ れた水田~ (4, 0.0%)

1 が展開, には水, はカラカラ, も次第に

▼ れた水色~ (4, 0.0%)

1 と灰色, の, のレター, の眼

▼ れた汚物~ (4, 0.0%)

1 からかすか, が一杯, が波, をまで想像

▼ れた沢山~ (4, 0.0%)

1 の小間絵, の書簡, の蔵書, の難題問答

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 が貴い, に関する社会法則, を自己自身, を集め

▼ れた法典~ (4, 0.0%)

1 の中, をさらに, を与へられ, を與えられ

▼ れた法則~ (4, 0.0%)

1 でございます, によつて, に従ってまず, も多い

▼ れた泥棒~ (4, 0.0%)

2 の失敗 1 が走り, ですが

▼ れた洋風~ (4, 0.0%)

2 の庭園 1 の書斎, の机

▼ れた洞穴~ (4, 0.0%)

2 の中 1 の沈黙, も見たくなりました

▼ れた洞窟~ (4, 0.0%)

2 の中 1 であった, で中

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 さ二尺ばかりの, 傷に, 大の, 秘の

▼ れた無名~ (4, 0.0%)

1 の剣客, の原稿, の英雄, の骨

▼ れた無念~ (4, 0.0%)

1 と悲しみ, の形相, の涙, はどうしても

▼ れた煙草~ (4, 0.0%)

1 の吸口, の箱, の葉, は二日間合計

▼ れた燈火~ (4, 0.0%)

1 のまえ, の下, は時々, は窓越し

▼ れた燭台~ (4, 0.0%)

1 ではすす, のま, の火, の灯

▼ れた物体~ (4, 0.0%)

1 のうち, の色彩, の表面, は必ず

▼ れた状況~ (4, 0.0%)

1 についてそれ, についてもさまざま, に基づき, を幾層倍

▼ れた独自~ (4, 0.0%)

3 の存在 1 のもの

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 らしい変種, らしい活溌, らしい美貌, 貴財宝

▼ れた現金~ (4, 0.0%)

1 がほんの, が九十一万いくら, が十二万円, の進物

▼ れた理性~ (4, 0.0%)

1 と善意, の調和, は悟性, を回復

▼ れた生涯~ (4, 0.0%)

1 がある, であったと, ということ, は運命

▼ れた生物~ (4, 0.0%)

1 があの, である, ではなく, のあらゆる

▼ れた田舎~ (4, 0.0%)

1 だと, の人, の家, 全ヨーロッパ

▼ れた留置場~ (4, 0.0%)

1 で彼女, にしょんぼり, にはねぎ, は三畳

▼ れた~ (4, 0.0%)

2 の中 1 しかもたぬ, の方

▼ れた疲れ~ (4, 0.0%)

2 がまだ 1 と度端, をせめて

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 だ, と黒, の肉声化, は東京中

▼ れた白木~ (4, 0.0%)

2 の棺 1 の位牌, の小

▼ れた直ぐ後~ (4, 0.0%)

2 にモース先生 1 でむやみ, にサー・トマス・エリオット

▼ れた直観~ (4, 0.0%)

1 であると, である糞鳶, に気付く, を知的直観

▼ れた相当~ (4, 0.0%)

1 な与太者, に有能, に長い, 堅い物質

▼ れた真赤~ (4, 0.0%)

1 な日の丸, な毛糸, な水慈姑, な裸身

▼ れた矢先~ (4, 0.0%)

1 だから, つい何, なので, にまるで

▼ れた短冊~ (4, 0.0%)

1 と筆, を取り出し, を手, を書い

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 も述べず, を, をしたい, を云っ

▼ れた神様~ (4, 0.0%)

1 すなわち先住民族, の一体, への節操, も頼み

▼ れた神秘~ (4, 0.0%)

1 なもの, な男女, な里, の大

▼ れた秀才たち~ (4, 0.0%)

2 はこの 1 の一団, よさらば

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の夜, の山, の描寫, の落葉

▼ れた秋刀魚~ (4, 0.0%)

1 がお, はたまらなく, はなつかしい, をながめ

▼ れた秋山~ (4, 0.0%)

2 彌十 1 の仕業, の仕業ぢ

▼ れた租税~ (4, 0.0%)

1 がここ, が土地, に等しい, の結果

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の穂, を乾す, を束, を片っぱし

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 で書かれ, で自分, に墨, の仕業

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 にでも料理屋, はない, は見, 同じ議論

▼ れた節子~ (4, 0.0%)

2 の口 1 はまた, を見

▼ れた範囲内~ (4, 0.0%)

1 での経験的資料, で持っ, においてのみ行動, の読者ほか

▼ れた簡易~ (4, 0.0%)

2 な経文, な經文

▼ れた~ (4, 0.0%)

4 の中

▼ れた精巧~ (4, 0.0%)

1 な器械, な彫刻, な楽器, な超

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 さと, の薔薇, はその, や黄

▼ れた統計~ (4, 0.0%)

1 では働く, で見る, はあった, は焼却

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 収入よりも, 蔵の, 選挙の, 銀製大型の

▼ れた線路~ (4, 0.0%)

1 がただ, の上, や車輛, をたずね

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 かと思う, かと思ふ, があたった, だなんぞと

▼ れた美女~ (4, 0.0%)

1 であった, なのに, の死體, もその他

▼ れた美術館~ (4, 0.0%)

1 がある, がどうしても, の存在, や仏閣

▼ れた群集~ (4, 0.0%)

1 がどつと, の上, の間, の雀躍

▼ れた翌年~ (4, 0.0%)

2 の八月 1 です, 即ち今

▼ れた翌朝~ (4, 0.0%)

1 のよう, はぽか, はもう, は決つてお天気

▼ れた者ども~ (4, 0.0%)

1 であった, の方, は不義, や選ばれ

▼ れた者達~ (4, 0.0%)

1 であるが, は自分達, は酒, は馬鹿騒ぎ

▼ れた耕地~ (4, 0.0%)

1 など, に驚愕, の所, の跡

▼ れた職工~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, なん, によって勝手, は無愛想

▼ れた職業~ (4, 0.0%)

1 ではなかろう, において取得, にのみ生活, の門

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 のあたり, のまがった, や薄衣, 本一味

▼ れた自由主義~ (4, 0.0%)

1 から統制主義, です, なの, 即ち自由

▼ れた興味~ (4, 0.0%)

1 の印象, は一筋, は今, をもっ

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 です, で未来, のよう, を見た

▼ れた芸人~ (4, 0.0%)

1 ですから, の名, はたくさん, も却

▼ れた若干~ (4, 0.0%)

1 の場合, の意見, の資産, の部分性

▼ れた苦しい~ (4, 0.0%)

1 ところを, 体験による, 思い出は, 経験も

▼ れた茶屋~ (4, 0.0%)

1 では迷惑, の者, は今年五十六, へ行っ

▼ れた菊池~ (4, 0.0%)

2 半助 1 の落人宮崎太郎兵衛, ばかりである

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 があちこち, が焔, は猟人, を群集

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 で, でぞんぶん, のよう, も同然

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の走らない, は死ん, は死んだ, をその

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 が本能的触覚, のあがき, の形, の死骸

▼ れた衆生~ (4, 0.0%)

1 がいる, の姿, の心, を見

▼ れた行事~ (4, 0.0%)

1 である, と単なる, のなか, の日

▼ れた行為~ (4, 0.0%)

1 とする, とはせず, のみ善, をもっ

▼ れた行燈~ (4, 0.0%)

1 が燃えひろがった, に向っ, の燈芯皿, ばかりの薄暗がり

▼ れた衝動~ (4, 0.0%)

1 が意識, にたやすく, のおもむく, を患者

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の出入口, の方, の空地, を見せつけられ

▼ れた複雑~ (4, 0.0%)

1 な事件, な器械, な後味, 極まりない曲面

▼ れた西瓜~ (4, 0.0%)

1 のお化け, のよう, の色, や真桑瓜

▼ れた解釈~ (4, 0.0%)

1 が違つて, なの, に基け, は一般

▼ れた計り~ (4, 0.0%)

2 でなく又, ではなく

▼ れた計算~ (4, 0.0%)

1 から見る, がある, である, にし

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 であ, なん, の霜, は渉筆

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 がほとんど, によつて, に角, もそれ程

▼ れた詩集~ (4, 0.0%)

1 のはなし, の中, や歌集, を持ちこむ

▼ れた認識~ (4, 0.0%)

1 から出発, の体系, の裂き, はそれ

▼ れた證據~ (4, 0.0%)

1 だ, であった, である, になる

▼ れた議論~ (4, 0.0%)

1 だから, だった, である, であるかの

▼ れた資本主義~ (4, 0.0%)

1 の安定, の搾取, の計画的経済, 乃至それ

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の住家, はまだ, は腰骨, をさし

▼ れた質問~ (4, 0.0%)

1 と答えた, の一つ, の性質, は

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 とブルーブラック, と白, をはじめ, んば

▼ れた~ (4, 0.0%)

2 である 1 は断じて, ふかい庭

▼ れた身分~ (4, 0.0%)

1 であった, で見れ, として一つ, のもの

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 が形, だつた, と同じく, のみは穢れ

▼ れた~ (4, 0.0%)

2 からは大石小石 1 に人, を源内先生

▼ れた迷信~ (4, 0.0%)

1 で, とから来た, のこと, の塊

▼ れた通信~ (4, 0.0%)

1 の原稿, の文句, は全部, は東京

▼ れた過程~ (4, 0.0%)

1 に相応, の一つ, の延長, を精しく

▼ れた道徳~ (4, 0.0%)

1 か善行みたい, ですから, や形而上学, 再武装

▼ れた郵便物~ (4, 0.0%)

1 が沢山, の上, の山, を各室ごと

▼ れた醜い~ (4, 0.0%)

1 ケスタの, 姉姫は, 容貌は, 色とりどりの

▼ れた醜態~ (4, 0.0%)

1 の地下戦車, をお, を演じた, を見られた

▼ れた野獣~ (4, 0.0%)

1 が隠れ場, なの, のよう, の本能

▼ れた金魚~ (4, 0.0%)

1 に望む, の如き, の如く, の首

▼ れた鈴蘭~ (4, 0.0%)

2 の花 1 の大野, はもう

▼ れた鉱山~ (4, 0.0%)

1 の御用旅館, の所有者, ももちろん, 掘夫

▼ れた鋭い~ (4, 0.0%)

1 正直さ, 正直さです, 眼は, 苦痛と

▼ れた錢形平次~ (4, 0.0%)

1 と八五郎, に取, は, は神田

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の嚢, の布, の濃淡, の皺

▼ れた~ (4, 0.0%)

2 と暗合 1 をつかむ, を土藏

▼ れた鎌倉~ (4, 0.0%)

1 の御家人, の谷, の野沢琢堂, をさらに再度

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 のよう, の重味, の長, をもぎ

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 さの, 句あるいは, 廊下には, 廊下を

▼ れた長椅子~ (4, 0.0%)

1 です, の上, の腕木, は鄙びた

▼ れた關係~ (4, 0.0%)

1 から, から爾, しか含まない, を化し

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 に対してやましい, のお, は中宮, は東宮

▼ れた階級~ (4, 0.0%)

1 なの, にただ, のもの, の人々

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 が落ちた, のよう, の小坊主, は卒塔婆

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 のやう, の多い, の滴, 原警部

▼ れた青空~ (4, 0.0%)

1 には南国, の一片, の色, を仰いだ

▼ れた面影~ (4, 0.0%)

2 がアリ 1 がそっくり, は目

▼ れた革命~ (4, 0.0%)

1 とである, とはことなっ, は来なかつた, よりもさらに

▼ れた領分~ (4, 0.0%)

2 だけ手足 1 において主, に属する

▼ れた~ (4, 0.0%)

2 のない 1 をいた, をさし覗く

▼ れた頭髪~ (4, 0.0%)

1 がちらばっ, にいつか, に吊り上げられた, を口中いっぱい

▼ れた題材~ (4, 0.0%)

1 でした, で而, の版画集, を平気

▼ れた願望~ (4, 0.0%)

1 がめざめた, にほかならぬであろう, の中, の実現

▼ れた食卓~ (4, 0.0%)

1 につい, についた, に着かうでない, の上

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の分, を取りかえ, を捨て, 取が

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 がいろいろ, がしめっぽく, が乾き切った, の煙

▼ れた馬車~ (4, 0.0%)

1 が勢いよく, が窓ガラス, が第, の模型

▼ れた駕籠~ (4, 0.0%)

2 の中 1 から出, がまた

▼ れた高尾~ (4, 0.0%)

2 を貞烈無比 1 の平, も女

▼ れた高貴~ (4, 0.0%)

1 な人, な姫君, な頭, の夫人

▼ れた鬱憤~ (4, 0.0%)

1 ばらしその, をこんな, をそれで, を慰める

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 が出る, の罐詰, は決して, もまた

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 の山, の群来, の背骨, は鰓

▼ れた~ (4, 0.0%)

1 といったよう, と噴水, のつよい, の年齢

▼ れた黄金メダル~ (4, 0.0%)

2 の半分 1 などのこと, の半

▼ れたああ~ (3, 0.0%)

1 された実例, せめてそ, 尊さ

▼ れた~ (3, 0.0%)

3 はゆる

▼ れたいかにも~ (3, 0.0%)

1 凄い太刀先, 森閑と, 誇張の

▼ れたいま~ (3, 0.0%)

1 その角, とでは和一郎, となっ

▼ れたお家~ (3, 0.0%)

1 だとは, です, のこと

▼ れたお母さん~ (3, 0.0%)

1 のこと, の話, の身代り

▼ れたお父さん~ (3, 0.0%)

1 からいただいた, と鳥取, にある

▼ れたお礼~ (3, 0.0%)

1 だと, です, を申しますじゃ

▼ れたお雪ちゃん~ (3, 0.0%)

1 はおり, も, もたちまち

▼ れたかご~ (3, 0.0%)

1 のひばり, の中, を操縦席

▼ れたかつ~ (3, 0.0%)

1 より確定, 今度出版すべき, 習慣を

▼ れたかな~ (3, 0.0%)

1 せめて虫押え, 可愛そう, 隠居さん

▼ れたからという~ (3, 0.0%)

1 回顧が, 意味だった, 理由で

▼ れたからにゃ~ (3, 0.0%)

1 あたとえ, アおいらも, 鉛の

▼ れたぎり~ (3, 0.0%)

1 だった, のこと, のルイゼ

▼ れたくま~ (3, 0.0%)

2 にやられた 1 が傷

▼ れたこういう~ (3, 0.0%)

1 者です, 誇るべき文学, 題材の

▼ れたここち~ (3, 0.0%)

1 がする, であの, で語らい合った

▼ れたこっち~ (3, 0.0%)

1 こそいい, はくすぐったい, はまア

▼ れたことこれ~ (3, 0.0%)

1 であります, である, に連関

▼ れたことそれら~ (3, 0.0%)

1 の条件, の話, はみんなうそ

▼ れたさすが~ (3, 0.0%)

1 のカーネギー, の大, 専門家だ

▼ れたさびしい~ (3, 0.0%)

1 その顔, 場所を, 暗闇の

▼ れたさまで~ (3, 0.0%)

2 物も 1 ぼんやり見やっ

▼ れたしなやか~ (3, 0.0%)

1 な体, な腕, な黒い

▼ れたすずめ~ (3, 0.0%)

1 がこんど, が門, はこの

▼ れたその同じ~ (3, 0.0%)

1 夜の, 日に, 根拠です

▼ れたそれから~ (3, 0.0%)

1 一同安心した, 後に, 次第にもう生き

▼ れたちょうど~ (3, 0.0%)

1 そのとき, その折, その日

▼ れたての~ (3, 0.0%)

2 子を 1 コオフィ一杯で

▼ れたといふだけの~ (3, 0.0%)

1 ことだ, ことで, 事で

▼ れたとかの~ (3, 0.0%)

1 ことが, 原因で, 噂に

▼ れたときわたし~ (3, 0.0%)

1 どんなに辛かっ, の脚, はあの

▼ れたとともに~ (3, 0.0%)

1 またアメリカ, 四つ年上の, 白妙は

▼ れたとばかり~ (3, 0.0%)

1 思って, 思込ん, 無心に

▼ れたとやら~ (3, 0.0%)

1 この地方, で戻った時, で袖乞い

▼ れたどこ~ (3, 0.0%)

1 かの旦那様, でもたれ, に一箇所落ち

▼ れたどの~ (3, 0.0%)

1 呼声よりも, 意見よりも, 毒瓦斯よりも

▼ れたなか~ (3, 0.0%)

1 で最高点, に伸子, に多く

▼ れたなど~ (3, 0.0%)

1 いふ物, こんな椿事, 言ふ

▼ れたなどの~ (3, 0.0%)

1 一事は, 取沙汰も, 秘事は

▼ れたについても~ (3, 0.0%)

1 一つは, 中の, 藤壺には

▼ れたに対して~ (3, 0.0%)

1 この西北端, 区域内では, 報道化は

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 あいに, しる音, てれんは

▼ れたほども~ (3, 0.0%)

1 この江戸, 動いて, 感じないさ

▼ れたままそこ~ (3, 0.0%)

1 には心中, に置かれた, の床

▼ れたまま彼~ (3, 0.0%)

1 が栄達, の前, は十歩

▼ れたものそれ~ (3, 0.0%)

1 が今や, が詩, は必ず

▼ れたよし~ (3, 0.0%)

1 その殺害者, にござります, を聞き

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 づかな条痕, づかの, ては不幸

▼ れたわずか~ (3, 0.0%)

1 な持物, な金, の田畑

▼ れたウイスキー~ (3, 0.0%)

1 がこの, の一瓶, の酔い

▼ れたカント~ (3, 0.0%)

2 の批判主義 1 の第

▼ れたガラス~ (3, 0.0%)

1 のやう, のよう, の棚

▼ れたグループ~ (3, 0.0%)

1 にのみ解り, は六七年前, は表面上

▼ れたコン吉~ (3, 0.0%)

1 が一つ, が漠然たる, は何

▼ れたコーヒー~ (3, 0.0%)

1 に砂糖, は冷, をご馳走

▼ れたシステム~ (3, 0.0%)

1 と見解, によるもの, を偶

▼ れたショパン~ (3, 0.0%)

1 の遺骸, は少数, やリスト

▼ れたシリング銀貨~ (3, 0.0%)

1 が価値, と交換, の二十一箇

▼ れたスパイ~ (3, 0.0%)

1 がもう, だろう, の一人

▼ れたスマート~ (3, 0.0%)

1 な犯罪, な船, な軍艦

▼ れたセル~ (3, 0.0%)

2 の羽織 1 の上下

▼ れたソヴェト同盟~ (3, 0.0%)

2 の社会的現実 1 を幻想

▼ れたバカ~ (3, 0.0%)

1 がいる, なところ, のよう

▼ れたプロレタリア~ (3, 0.0%)

1 によるブルジョア政權, によるブルジヨア政権, の妻

▼ れたプロレタリアート~ (3, 0.0%)

1 が一般, の喜び, の描写

▼ れたベッド~ (3, 0.0%)

1 と卓, の上, の前

▼ れたページ~ (3, 0.0%)

1 に目, の上, の中

▼ れたポスター~ (3, 0.0%)

1 がはられた, が無数, を見る

▼ れたマドロス~ (3, 0.0%)

1 という人, の頭, はそこで

▼ れたマルクス~ (3, 0.0%)

1 の国際評論, は有名, 或はエンゲルス

▼ れたメモ~ (3, 0.0%)

1 のよう, を復活, を読ん

▼ れたモメント~ (3, 0.0%)

1 というもの, として見る, にたっ

▼ れたユダヤ人~ (3, 0.0%)

1 が前, で上海, の科学者たち

▼ れたランス~ (3, 0.0%)

2 の町 1 の大寺

▼ れたリアリズム~ (3, 0.0%)

1 というもの, の小説, の本当

▼ れたワケ~ (3, 0.0%)

1 であります, ではあるまい, ではない

▼ れたヴァイオリン~ (3, 0.0%)

1 の一手, もつらかっ, 弾きであったが

▼ れた一体~ (3, 0.0%)

1 とが著, と認め, 汝達は

▼ れた一刀~ (3, 0.0%)

1 が秋, で源三郎, はあ

▼ れた一刹那~ (3, 0.0%)

1 に, にはさすが, に電光

▼ れた一員~ (3, 0.0%)

1 だつた, となっ, に数え

▼ れた一寸法師~ (3, 0.0%)

1 が悲鳴, はやがて, はやっぱりニヤニヤ

▼ れた一廓~ (3, 0.0%)

1 からひろい, がある, に過ぎない

▼ れた一生~ (3, 0.0%)

1 であった事, に永遠, のため

▼ れた一章~ (3, 0.0%)

1 であった, である, に書かれ

▼ れた一筋~ (3, 0.0%)

1 のす, の痕, の鉄棒

▼ れた一節~ (3, 0.0%)

2 がある 1 などは余りに

▼ れた一粒~ (3, 0.0%)

1 だけが変質, の希望, の種

▼ れた一艘~ (3, 0.0%)

1 の不思議, の伝馬, の船

▼ れた一部分~ (3, 0.0%)

1 に過ぎない, のよう, の改革

▼ れた三軒~ (3, 0.0%)

1 とも名題, のうち, の家

▼ れた下女~ (3, 0.0%)

2 のお 1 の様

▼ れた下駄~ (3, 0.0%)

1 の焼印, や布きれ, を履い

▼ れた不動明王~ (3, 0.0%)

1 さながらの, のよう, の体

▼ れた不快~ (3, 0.0%)

1 から反抗的, な印象, をかすか

▼ れた不自由~ (3, 0.0%)

1 なこの, は忍べる, よりもあの

▼ れた世帯~ (3, 0.0%)

2 をどう 1 の苦勞

▼ れた両人~ (3, 0.0%)

1 でもあった, は驚き, 思わず相手

▼ れた両親~ (3, 0.0%)

1 のある, の供養, やまた

▼ れた中心~ (3, 0.0%)

1 にある, に小さな, の充空

▼ れた中身~ (3, 0.0%)

1 が顕, の鮮紅色, を一見

▼ れた乙女~ (3, 0.0%)

1 と小さい, と次, は丹生川平

▼ れた乳房~ (3, 0.0%)

1 が先刻, の上皮, ばかりとなっ

▼ れた乳牛~ (3, 0.0%)

2 はどう 1 はよろこん

▼ れた事象~ (3, 0.0%)

1 がその, が前後, に対する作者

▼ れた亡骸~ (3, 0.0%)

2 の跡始末 1 を埋め

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の名医橘南谿, の天地, の町

▼ れた人びと~ (3, 0.0%)

1 であった, は皆働人, は運びかけ

▼ れた人体~ (3, 0.0%)

1 こそは誰, の形, の美

▼ れた人員~ (3, 0.0%)

1 の職業転換, は天下, を選ばなけれ

▼ れた人数~ (3, 0.0%)

1 で限られた, の多い, を数えあげ

▼ れた人種~ (3, 0.0%)

1 の方, は一人, を口惜し

▼ れた人間生活~ (3, 0.0%)

1 の歴史, の総体, の軌範

▼ れた人骨~ (3, 0.0%)

2 の調査 1

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 が遅れ通し, じゃ, は殆ど

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 です, と鬼, の計

▼ れた以前~ (3, 0.0%)

1 であって, に於, は物

▼ れた仮説~ (3, 0.0%)

1 だと, である, にも十分

▼ れた仮面~ (3, 0.0%)

1 が畳, の青年たち, を見る

▼ れた任務~ (3, 0.0%)

1 だった, をすぐ, をもつ

▼ れた伊那丸~ (3, 0.0%)

1 である, はやがて, は声

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 である, で行き, の名

▼ れた会場~ (3, 0.0%)

1 の非常口, は定刻前, 言い知れぬ香料

▼ れた会社~ (3, 0.0%)

1 であった, ではなかっ, では私

▼ れた伝六~ (3, 0.0%)

1 が大, と下女, はひどい

▼ れた伝言~ (3, 0.0%)

1 というの, の意味, を持っ

▼ れた伝記~ (3, 0.0%)

1 でありむしろ, である, の中

▼ れた何しろ~ (3, 0.0%)

1 八度舞台へ, 半月ぶりだつた, 防空警戒中だ

▼ れた何とも~ (3, 0.0%)

2 形容の 1 申しやう

▼ れた何もの~ (3, 0.0%)

1 かを見て取った, でもない, も在った

▼ れた何物~ (3, 0.0%)

1 かはそこ, かを味わっ, かを考え

▼ れた何等~ (3, 0.0%)

1 かの形式, かの文句, か一般的

▼ れた侮辱~ (3, 0.0%)

1 なんて忘れ, に答えよう, の苦痛

▼ れた俊寛~ (3, 0.0%)

1 のよう, は如何, をドラマ

▼ れた信玄~ (3, 0.0%)

1 としてはその, の孫伊那丸, の影

▼ れた信雄~ (3, 0.0%)

2 が家康 1 の父信長

▼ れた倉地~ (3, 0.0%)

1 の妻, はあきれ, は心置き

▼ れた個性~ (3, 0.0%)

1 が息づい, は独特, を通じ

▼ れた倭文子~ (3, 0.0%)

1 とが同類, の血潮, はおれ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 さかと, さを, 鑒門である

▼ れた偉い~ (3, 0.0%)

2 御器量 1 学者たちが

▼ れた偶像~ (3, 0.0%)

1 を再興, を排斥, を自分

▼ れた偶然~ (3, 0.0%)

1 な内容, の出会, 強いて作られた

▼ れた偽証~ (3, 0.0%)

1 であること, なの, の構成

▼ れた僅か~ (3, 0.0%)

1 の平地, の行数, ばかりの金

▼ れた僧侶~ (3, 0.0%)

1 の胸像, もある, も女

▼ れた儒教~ (3, 0.0%)

1 が正にそう, というもの, とや

▼ れた先刻~ (3, 0.0%)

1 の今, の町, の職人

▼ れた全く~ (3, 0.0%)

1 作者バルザックの, 孤独な, 根拠の

▼ れた全身~ (3, 0.0%)

1 の意識, の感じ, はほてっ

▼ れた公達~ (3, 0.0%)

1 が出され, と宇津木兵馬, などがそこ

▼ れた六人~ (3, 0.0%)

1 の悪漢, の浮世繪, の盗賊

▼ れた兵卒~ (3, 0.0%)

1 が一時, が歩ける, に反映

▼ れた兵士たち~ (3, 0.0%)

1 とともにフランス, の心, は平和

▼ れた内親王~ (3, 0.0%)

1 でだれ, はだれ, もこれ

▼ れた円塚~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 であった

▼ れた写実主義~ (3, 0.0%)

1 の上, の主張, の舞台

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 のなか, の手紙, は二階

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の蔭, の跡, を食い入れる

▼ れた切手~ (3, 0.0%)

1 といふ切手, にはハッキリ, を見

▼ れた初夏~ (3, 0.0%)

1 の光景, の天地, の雲

▼ れた初期~ (3, 0.0%)

1 からの或, の島人, の時代

▼ れた別室~ (3, 0.0%)

1 で着直し, の化粧室, をもち

▼ れた利口~ (3, 0.0%)

3 らしい人

▼ れた制度~ (3, 0.0%)

1 がすなわち, のよう, はこの

▼ れた刻限~ (3, 0.0%)

1 にお前さん, にはおれ, に町内

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 がもと, へ当てたら, や摺創

▼ れた劇作家~ (3, 0.0%)

1 が同時に, である, は一人

▼ れた劇場~ (3, 0.0%)

1 の晩餐会, の種類, は多く

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 れたぐつすりと, れたとても, れた私

▼ れた動き~ (3, 0.0%)

1 であった, の取れない, の線

▼ れた包み~ (3, 0.0%)

1 もそれ, をかかえ, を私

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の日光, の果, 鳴新聞

▼ れた北原~ (3, 0.0%)

2 の分家 1 はほとんど

▼ れた千両箱~ (3, 0.0%)

1 が二つ, はどこ, は泥棒

▼ れた博士~ (3, 0.0%)

1 の謎, の風貌, は不幸

▼ れた博愛~ (3, 0.0%)

3 の精神

▼ れた危険~ (3, 0.0%)

1 や曖昧さ, を思い出した, を感じた

▼ れた即ち~ (3, 0.0%)

1 ひとつの, 別に孔子, 袖を

▼ れた原料~ (3, 0.0%)

1 から成る, は同情, を発掘

▼ れた原理~ (3, 0.0%)

1 は議論, を, を明らか

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 されるべき歴史学的統一体, 同時に安置, 左衛門は

▼ れた反動~ (3, 0.0%)

1 として人間, として出版物, と先づ思召

▼ れた叔母~ (3, 0.0%)

1 に育てられ, の長女, はその

▼ れた口惜~ (3, 0.0%)

3 まぎれに

▼ れた古典~ (3, 0.0%)

1 の傑作, の思想, の記録

▼ れた古墳~ (3, 0.0%)

1 がかなり, の跡, も一見

▼ れた古文書~ (3, 0.0%)

1 にこんな, によって二つながら, の記録

▼ れた古来~ (3, 0.0%)

1 の伝説, の信仰, の歌風

▼ れた可憐~ (3, 0.0%)

1 な咲耶子, な少女, な役者達

▼ れた同心~ (3, 0.0%)

1 が梯子, の加山耀蔵, の河合伝八

▼ れた名前~ (3, 0.0%)

1 の上, の中, の新聞

▼ れた名手~ (3, 0.0%)

1 が熱心, であつ, の三津五郎

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の座標, ふ状, もあったであろう

▼ れた周三~ (3, 0.0%)

1 であつ, はこの, は天神樣

▼ れた命令~ (3, 0.0%)

1 が如何なる, をきちんと, を読みあげる

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 とそして, などについて評し, を歌つて

▼ れた唯一つ~ (3, 0.0%)

1 のチャンス, の安全, の路

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 に赴く 1 を忘れる

▼ れた器械~ (3, 0.0%)

1 からでも出る, で鉱石検波器, や器具

▼ れた器物~ (3, 0.0%)

1 で暮し, について彼, は職人

▼ れた囚徒~ (3, 0.0%)

1 だちが, の給養, の自殺

▼ れた四十面相~ (3, 0.0%)

1 はここ, はそう, はもう

▼ れた四方~ (3, 0.0%)

1 には眼, の丘, へ大

▼ れた四枚~ (3, 0.0%)

1 のジャケツ, の掌, の板

▼ れた四角い~ (3, 0.0%)

1 二つの, 窓から, 部屋は

▼ れた四辺~ (3, 0.0%)

2 の目まぐるしい 1 の物象

▼ れた土壌~ (3, 0.0%)

1 の上, の量, 徐々に新

▼ れた土民~ (3, 0.0%)

1 の男女, はいま機関砲, は岸

▼ れた土間~ (3, 0.0%)

1 と壁, に迷, の大

▼ れた地主~ (3, 0.0%)

1 であった, であつ, の心

▼ れた堂々たる~ (3, 0.0%)

1 力作で, 山が, 述作である

▼ れた報道~ (3, 0.0%)

1 は自分, らしい, を新聞

▼ れた場合そこ~ (3, 0.0%)

1 には互いに, には哲学, へ出かけ

▼ れた境内~ (3, 0.0%)

1 の小径, は静, をまっすぐ

▼ れた墓場~ (3, 0.0%)

1 からよみがえった, で棺, にいる

▼ れた墓石~ (3, 0.0%)

1 と葬られた, は今, は岸

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 に新た, のよう, の一文字

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 については現今, の天井, を地下室

▼ れた壮士~ (3, 0.0%)

1 の養成所, は提灯, は撫然

▼ れた壮大~ (3, 0.0%)

1 なる芸術, な夢, な機械

▼ れた外套~ (3, 0.0%)

1 だと, の畳み, を捜し

▼ れた大いなる~ (3, 0.0%)

1 使命の, 燔祭よ, 賜物

▼ れた大乗~ (3, 0.0%)

1 とはかかる, の急所, 諸経

▼ れた大和~ (3, 0.0%)

1 の国原, の山々, も群敵

▼ れた大臣~ (3, 0.0%)

1 の別荘, の女, も女御

▼ れた天人~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 が天上

▼ れた天国~ (3, 0.0%)

1 である, とに夢中, の剣

▼ れた天子~ (3, 0.0%)

1 なるゴオタマ, の黄蓋, は却つて至尊風

▼ れた天幕~ (3, 0.0%)

1 の内外, の姿, の布

▼ れた天河石~ (3, 0.0%)

1 で組み, と打ち劈かれた, の板

▼ れた天然~ (3, 0.0%)

1 の物資, の花, 自笑軒

▼ れた天蓋~ (3, 0.0%)

1 のあと, は千浪, や架橋

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 て腐れ, みは, 十が

▼ れた太古~ (3, 0.0%)

1 のまま, のよう, の野猫

▼ れた太鼓~ (3, 0.0%)

1 と鐘, のばちの打撃, の主題

▼ れた女帝~ (3, 0.0%)

2 を中 1 が御座所

▼ れた女神~ (3, 0.0%)

2 の像 1 を救い出さなけれ

▼ れた奴等~ (3, 0.0%)

1 だ, の脅迫, もまた

▼ れた好奇心~ (3, 0.0%)

1 から妙, が動いた, を伴っ

▼ れた始末~ (3, 0.0%)

1 である, です, を物語る

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 のお, の側, の家

▼ れた嬰児~ (3, 0.0%)

1 はお, は母, を抱い

▼ れた子規~ (3, 0.0%)

1 の, の画, の畫

▼ れた字面~ (3, 0.0%)

1 なの, を読ん, を追い

▼ れた孤島~ (3, 0.0%)

1 のこと, の一軒, の軍港

▼ れた学問~ (3, 0.0%)

1 でしかない, の理念, の精神

▼ れた学校~ (3, 0.0%)

1 の外, の教科書, の校庭

▼ れた孫兵衛~ (3, 0.0%)

1 の生首, は, はまったく

▼ れた學問~ (3, 0.0%)

1 から考へれ, であつ, の仕方

▼ れた定義~ (3, 0.0%)

1 にすぎない, に過ぎない, を避けてる

▼ れた実在~ (3, 0.0%)

1 の人々, の原理, を云い表わす

▼ れた実験~ (3, 0.0%)

1 が必ずしも, であるかを, の結果

▼ れた客車~ (3, 0.0%)

2 の人 1 で他

▼ れた家主~ (3, 0.0%)

1 であろうと, の子, の爺さん

▼ れた家具~ (3, 0.0%)

2 の影 1 でさえぎられ

▼ れた家臣~ (3, 0.0%)

1 の道, は, は大丈夫

▼ れた家財~ (3, 0.0%)

1 がつまれ, のなか, の横

▼ れた寂寥~ (3, 0.0%)

1 から自分, に打ち, 奪って

▼ れた寝床~ (3, 0.0%)

1 にいる, にゴロゴロ, の虱

▼ れた対話~ (3, 0.0%)

1 も出来る, や説明, をできる

▼ れた尊い~ (3, 0.0%)

1 お方であります, ラマである, 方は

▼ れた小刀~ (3, 0.0%)

1 で, も其, を出し

▼ れた小川~ (3, 0.0%)

1 がながれ, の堤, へ群

▼ れた小座敷~ (3, 0.0%)

1 の欄干, へはやがて, へ坐りこまない

▼ れた小高い~ (3, 0.0%)

2 丘が 1 山と

▼ れた局部~ (3, 0.0%)

1 だけは斑, に適当, の一点

▼ れた屋根~ (3, 0.0%)

2 の下 1 の上

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の曲線, へ戻る, を持つ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の旧道, の空気, の谷

▼ れた左手~ (3, 0.0%)

1 がぎごち, の一人, の腰高窓

▼ れた差別~ (3, 0.0%)

2 なしに 1 は当然

▼ れた巴旦杏~ (3, 0.0%)

2 の花 1 のよう

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の流言, の話, の霞

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 に行っ, のとおり, の調査

▼ れた市場~ (3, 0.0%)

1 において競争, の前, は売買

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の間, を並べた, を月影

▼ れた席上~ (3, 0.0%)

1 でのこと, で文学, に於

▼ れた年増~ (3, 0.0%)

2 の女 1 といふの

▼ れた年齢~ (3, 0.0%)

1 のぎつしりとつまつた重量, を考えた, を非常

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 は何, は轆轤, を斜め

▼ れた幼い~ (3, 0.0%)

1 時分を, 阿部の, 霊が

▼ れた幼少~ (3, 0.0%)

1 からの技倆, に父, のころ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 さの, 庭は, 袤一千リーグ

▼ れた広々~ (3, 0.0%)

1 した庭, とした, としたよろこび

▼ れた広大~ (3, 0.0%)

1 な知識, な研究, な窪地

▼ れた庭園~ (3, 0.0%)

1 であった, は数百年前, は耳

▼ れた弁護士~ (3, 0.0%)

1 であつ, というもの, はしばらく

▼ れた弟子~ (3, 0.0%)

1 があります, の佐吉, は一つ一つ種もの

▼ れた強い~ (3, 0.0%)

1 声が, 声の, 心を

▼ れた強烈~ (3, 0.0%)

1 な世界, な合掌, の色彩

▼ れた彼女ら~ (3, 0.0%)

1 の父親, の脚, の面影

▼ れた後家~ (3, 0.0%)

1 がその, のがんばり, の処

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 からし, があった, が浅慮

▼ れた従来~ (3, 0.0%)

1 のどの, の自然科学, の記録

▼ れた微笑~ (3, 0.0%)

1 が一層, が掠める, の下

▼ れた心境~ (3, 0.0%)

1 だから, を覺, を説明

▼ れた必要~ (3, 0.0%)

1 な道具, に応じ, 或は負うべき

▼ れた~ (3, 0.0%)

3 ろしい

▼ れた急所~ (3, 0.0%)

1 があつ, の一手, は外れた

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 としておかれ, の課題, を公衆便所

▼ れた恋人~ (3, 0.0%)

1 と子供, の喪服, の首級

▼ れた恥し~ (3, 0.0%)

2 さで 1 さの

▼ れた恩義~ (3, 0.0%)

1 がある, のてまえ, を思っ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 侍あの, 因縁, 者共も

▼ れた悪夢~ (3, 0.0%)

1 のやう, のよう, の記憶

▼ れた悲劇~ (3, 0.0%)

1 である, のなか, の当人

▼ れた悲惨~ (3, 0.0%)

1 な, な薪, をそのまま

▼ れた情緒~ (3, 0.0%)

1 ではない, と言, の所有者

▼ れた惨劇~ (3, 0.0%)

1 ですから, に大, は約

▼ れた想像~ (3, 0.0%)

1 で測れ, とも見る, に留まった

▼ れた意趣返し~ (3, 0.0%)

1 にその, に一氣, の機会

▼ れた感性的認識~ (3, 0.0%)

3 の質料

▼ れた感慨~ (3, 0.0%)

1 は房一, をうちかけ, を述べた

▼ れた態度~ (3, 0.0%)

1 であると, で肩, とはつよい

▼ れた憤懣~ (3, 0.0%)

2 の黒雲 1

▼ れた憲法~ (3, 0.0%)

1 だと, はその, は男女

▼ れた我々~ (3, 0.0%)

1 の枕, の祖先, は草疲れ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 をつくる, を出し, を手文庫

▼ れた扉口~ (3, 0.0%)

1 から向う, のところ, を通して向う

▼ れた手前~ (3, 0.0%)

1 でございますから, の弟忠三郎, もあり

▼ れた手拭い~ (3, 0.0%)

1 の他, は, を貸し

▼ れた手文庫~ (3, 0.0%)

2 の中 1 に氣

▼ れた才子~ (3, 0.0%)

2 や美人 1 でありましたが

▼ れた捕虜~ (3, 0.0%)

1 が必死, の古い, の影

▼ れた捨鉢~ (3, 0.0%)

2 な好奇心 1 なの

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 から逃げ, が鈴江, ほどの平地

▼ れた探偵~ (3, 0.0%)

1 にちがい, のうなずく, の変装

▼ れた描写~ (3, 0.0%)

1 であった, という以上, にすりかえ

▼ れた支倉~ (3, 0.0%)

1 からの手紙, が悄然, は恐れる

▼ れた政府~ (3, 0.0%)

1 の方針, の権力, の権威

▼ れた政治~ (3, 0.0%)

2 の優位性 1 の中枢

▼ れた政治家~ (3, 0.0%)

1 があっ, としても大変立派, の資格

▼ れた故郷~ (3, 0.0%)

1 からの書信, の俤, を持たぬ

▼ れた教訓~ (3, 0.0%)

1 は, は更に, も僕

▼ れた散歩道~ (3, 0.0%)

1 には人, をぐるり, を選んだ

▼ れた数千~ (3, 0.0%)

1 のダイアル, のフランス人, の大衆

▼ れた数学~ (3, 0.0%)

1 というもの, の悪夢, の点

▼ れた敵機~ (3, 0.0%)

1 の周囲, の爆弾投下, の行方

▼ れた文人~ (3, 0.0%)

1 で言文一致, には何, の収入

▼ れた文献~ (3, 0.0%)

1 がある, が主要, の中

▼ れた文芸~ (3, 0.0%)

1 がどういう, の作品, や学問

▼ れた文芸復興~ (3, 0.0%)

2 の声 1 という一般的

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 であった, とが遺留, の柄

▼ れた新た~ (3, 0.0%)

1 なソヴェト, な仮定, な調査機関

▼ れた新人~ (3, 0.0%)

1 でなければ, の多く, の種類

▼ れた旅館~ (3, 0.0%)

1 だの山, であった, の床

▼ れた日々~ (3, 0.0%)

1 だつた, の愁ひと黴, の裡

▼ れた日光~ (3, 0.0%)

1 がチラつく, のため, の余温

▼ れた日数~ (3, 0.0%)

1 がすぎました, と金, なの

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 を記述, を訴え, を逐一

▼ れた明治三十五年~ (3, 0.0%)

2 から現在 1 の大

▼ れた昨日~ (3, 0.0%)

1 の勢い, の武士, の紙入

▼ れた時それ~ (3, 0.0%)

1 が技術学, に呼応, を断然

▼ れた時宗助~ (3, 0.0%)

1 は例, は始め, は生き残った

▼ れた時日本~ (3, 0.0%)

1 から送つた, のインテリゲンチャ, は一種

▼ れた普通~ (3, 0.0%)

1 にいう, の沸, の言葉

▼ れた曲線~ (3, 0.0%)

2 の部分 1 について折れ曲っ

▼ れた書状~ (3, 0.0%)

1 がシップ, であった, には次

▼ れた曹操~ (3, 0.0%)

1 が馬, の体, の私書

▼ れた月見草~ (3, 0.0%)

1 が闇, の花, や芝草

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の裏地, の裾, を着た

▼ れた朝鮮人~ (3, 0.0%)

1 がどれ, の屍, の話

▼ れた木戸~ (3, 0.0%)

1 の中, の者, を取り返そう

▼ れた木材~ (3, 0.0%)

1 が少し, は貨車, をつみこむ

▼ れた木柱~ (3, 0.0%)

1 に向っ, のみは後生大事, の文字

▼ れた木目~ (3, 0.0%)

2 の美しい 1 が蓮華

▼ れた木造~ (3, 0.0%)

1 のシナ風, の家, の洋館

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 完成の, 製品は, 訓練の

▼ れた本性~ (3, 0.0%)

1 が万事, すなわち本質, だったわけ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の傷, の森, や山毛欅

▼ れた村人~ (3, 0.0%)

1 の真剣, はよく, は言った

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 がある, とも柱, を立てた

▼ れた束髪~ (3, 0.0%)

1 からは櫛, は又, を見

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 にはからびた, のよう, もなく

▼ れた松平伊豆守~ (3, 0.0%)

1 が総帥, のお, もキリキリ

▼ れた板倉屋~ (3, 0.0%)

1 お絹, のお, の娘

▼ れた柳橋~ (3, 0.0%)

2 のお 1 の策

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 がある, の間, を修理

▼ れた校長先生~ (3, 0.0%)

1 が私, の山高帽, は窓

▼ れた根拠~ (3, 0.0%)

1 である, もあった, もあつ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 などはとても, のよう, も亡き

▼ れた案内記~ (3, 0.0%)

1 などを贈られた, による, や絵葉書

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 に姿, のない, の緑

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 には椰子バスケット 1 の中

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 に横, はちょうど, を押しかえす

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 がさび, の下, の木

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 く僅か, く少数, 樂淨土の

▼ れた楽園~ (3, 0.0%)

1 である, に絶えず, を慕い望む

▼ れた様式~ (3, 0.0%)

1 だけである, と見る, を獲得

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 之助 1 之介

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 がお, に, の関係

▼ れた横顔~ (3, 0.0%)

1 の形, は恐しく, は確か

▼ れた樹林~ (3, 0.0%)

1 の下, の濤, は

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 が通っ, が遠く, が黒龍江

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 が三月, と夕暮れ, も漸く

▼ れた次郎~ (3, 0.0%)

1 と三郎, の生活, の顔

▼ れた武門~ (3, 0.0%)

1 の不具者, の家, の恥

▼ れた死體~ (3, 0.0%)

1 がございます, が引續, へ四ヶ所

▼ れた~ (3, 0.0%)

3 んど

▼ れた残骸~ (3, 0.0%)

1 である, ということ, としてのドーヴィル

▼ れた殿下~ (3, 0.0%)

1 とお, の態度, は山

▼ れた母性~ (3, 0.0%)

1 のふっくり, の経済的独立, を歎

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 が痛, の作用, の恐ろしい

▼ れた毒物~ (3, 0.0%)

1 と雪子さん, によりますもの, は何れ

▼ れた民族~ (3, 0.0%)

1 でついに, の別, の遷移

▼ れた氣分~ (3, 0.0%)

1 から移され, として胸, のうち

▼ れた水蒸気~ (3, 0.0%)

1 がこの, の団々, を伴っ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 ない町外れ, 血を, 賤の

▼ れた決定的~ (3, 0.0%)

2 な独立性 1 な点

▼ れた汽船~ (3, 0.0%)

1 が航行中, のある, へ乗移つた

▼ れた沙漠~ (3, 0.0%)

1 ではない, のわびしい, の中

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 のほとり 1 の岸

▼ れた法律~ (3, 0.0%)

1 による, の上, の下ごしらえ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 が海坊主, のよう, の穂

▼ れた注意~ (3, 0.0%)

1 がすでに, を一点, を少し

▼ れた泰西~ (3, 0.0%)

3 の詩

▼ れた洋燈~ (3, 0.0%)

1 の灯, の灯影, の燈影

▼ れた洋画~ (3, 0.0%)

1 の趣味, は主として, や書棚

▼ れた浅吉さん~ (3, 0.0%)

1 のお, のこと, の生れかわりで

▼ れた浅草~ (3, 0.0%)

1 の空気, の親戚, は関東

▼ れた海面~ (3, 0.0%)

1 からは靄, は今日, へ叩きつける

▼ れた消息~ (3, 0.0%)

1 などは女人, の中, を載せ

▼ れた深刻~ (3, 0.0%)

1 な悩み, な観念, にし

▼ れた深谷氏~ (3, 0.0%)

2 の屍体 1 の妙

▼ れた混乱~ (3, 0.0%)

1 と抵抗, と自嘲, に処し

▼ れた清浄~ (3, 0.0%)

2 の地 1 な青春

▼ れた清算簿~ (3, 0.0%)

2 をか 1 をかかえ

▼ れた測定~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, ではその, によっても事実上

▼ れた源十郎~ (3, 0.0%)

1 が二の句, にし, はそれでも

▼ れた演奏~ (3, 0.0%)

1 でこれ, には必要, を採る

▼ れた漢字~ (3, 0.0%)

1 で大蛇, は彼等, を見

▼ れた澄江~ (3, 0.0%)

1 がどうして, の心, を至急

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 あとの, 屍体の, 木杭に

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 が下, の中, は敵

▼ れた煙草入~ (3, 0.0%)

2 とが机 1 をわざと

▼ れた爆弾~ (3, 0.0%)

1 が火災, については何, は電気仕掛け

▼ れた爲三郎~ (3, 0.0%)

1 で御座るよ, とやらはどんな, はあの

▼ れた父上~ (3, 0.0%)

1 が, が弓矢, の妄執

▼ れた片腕~ (3, 0.0%)

1 に目, はいつ, は黙

▼ れた片隅~ (3, 0.0%)

1 でいたしました, にある, に物置小舎

▼ れた牛車~ (3, 0.0%)

2 に乗っ 1 が来た

▼ れた牡丹~ (3, 0.0%)

1 がまさに, が不満, の葉

▼ れた牢獄~ (3, 0.0%)

1 と云った, の中, の有様

▼ れた牧場~ (3, 0.0%)

1 の影像, の草, の香り

▼ れた物品~ (3, 0.0%)

1 だけにはあるいは, である, の安否

▼ れた犠牲者~ (3, 0.0%)

1 だった, として人々, を出す

▼ れた狂言~ (3, 0.0%)

1 の存在, の段取り, をまるで

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 だ, にそっくり, のやう

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の書, はなぞ, は途上

▼ れた狩屋三郎~ (3, 0.0%)

1 ですが, の家, の豪華

▼ れた猛獣~ (3, 0.0%)

1 が血, にからかっ, の群れ

▼ れた玄徳~ (3, 0.0%)

1 に深く, は気, わずかな

▼ れた王子~ (3, 0.0%)

1 ご新婚式, であ, になりすました

▼ れた玩具~ (3, 0.0%)

1 が陳列, ではない, の汽車

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 實としか, 實的存在そのものの, 支配体制に対する

▼ れた理論~ (3, 0.0%)

1 ではない, の論理的真偽, はそれ

▼ れた甘い~ (3, 0.0%)

1 ことばも, 汁が, 言葉を

▼ れた甘蔗~ (3, 0.0%)

1 だの, のかわり, を捜しまわらなけれ

▼ れた生産用役~ (3, 0.0%)

2 の量 1 の価格

▼ れた産物~ (3, 0.0%)

1 であります決して, としての一般者, と接触

▼ れた用人~ (3, 0.0%)

1 の松坂彦六, の片目, の顔

▼ れた由子~ (3, 0.0%)

1 の外貌, の姿勢, の肉体

▼ れた甲板~ (3, 0.0%)

1 に並ん, のゴルフ棒, の容易

▼ れた男の子~ (3, 0.0%)

1 が人並み, が指, を震災

▼ れた男子~ (3, 0.0%)

1 の権利, の肖像, はことごとく

▼ れた画題~ (3, 0.0%)

1 であって, の単調, の自然物

▼ れた留守宅~ (3, 0.0%)

2 で商人 1 である私

▼ れた畜生~ (3, 0.0%)

1 たうとう, とうとうやられた, ともったいぶった

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の勤め, の巻物, の者

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 俗が, 樣の, 民族の

▼ れた異様~ (3, 0.0%)

1 な品々, な感じ, な血曼荼羅

▼ れた疑い~ (3, 0.0%)

1 が彼女, も発見, も解け

▼ れた疑問~ (3, 0.0%)

1 がひそん, である, はである

▼ れた疵口~ (3, 0.0%)

1 からは怨めし, から悪血, の血

▼ れた病室~ (3, 0.0%)

1 には束髪, の, は雪

▼ れた病気~ (3, 0.0%)

1 ですから, の女, をもっ

▼ れた病院~ (3, 0.0%)

1 で医者, の壁, も多い

▼ れた痕跡~ (3, 0.0%)

1 が赤く, も見当りませんでした, らしいと

▼ れた痛み~ (3, 0.0%)

1 ぐらいは仕事, はもう, もあっ

▼ れた発火坑~ (3, 0.0%)

1 に最初, の排気管, の鉄扉

▼ れた発電所~ (3, 0.0%)

1 のため, はわれわれ, は吾

▼ れた白刃~ (3, 0.0%)

1 が持たれ, とを蝋燭, のよう

▼ れた白粉~ (3, 0.0%)

1 の下, の痕, の顔

▼ れた白衣~ (3, 0.0%)

1 の看護婦, を, を着る

▼ れた百合子~ (3, 0.0%)

1 ははっきり, は十月下旬治安維持法, は現れた

▼ れた皇室~ (3, 0.0%)

1 のみに特有, はこれから, を現代

▼ れた皇帝~ (3, 0.0%)

1 とその, の行方, は歓喜極り

▼ れた目録~ (3, 0.0%)

1 があつ, が出, の上

▼ れた直義~ (3, 0.0%)

1 のこと, はまた, は八月

▼ れた真中~ (3, 0.0%)

1 にくっきり, にそれ, に何事

▼ れた矛盾~ (3, 0.0%)

1 がいまや, であ, の精神

▼ れた矩形~ (3, 0.0%)

3 の面積

▼ れた短篇~ (3, 0.0%)

1 である, の多く, を知っ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 がキラキラ, が小石, と海藻

▼ れた砂利~ (3, 0.0%)

1 ばかりである, をみんな, を鳴らし

▼ れた破片~ (3, 0.0%)

1 であること, のため, の平均比重

▼ れた硝子~ (3, 0.0%)

1 のなか, の小瓶, の破片

▼ れた社交的~ (3, 0.0%)

1 な女性, な身振り, の典雅さ

▼ れた祖父~ (3, 0.0%)

1 のまえ, のシルエツト, の家

▼ れた神尾主膳~ (3, 0.0%)

1 が突き破っ, は, は前後

▼ れた神社~ (3, 0.0%)

1 があった, の境内, の石段

▼ れた神聖~ (3, 0.0%)

1 な二年間, な文学, な死体

▼ れた祭り~ (3, 0.0%)

1 がある, のよう, の日

▼ れた秀才~ (3, 0.0%)

1 が多, でありました, の一団

▼ れた称呼~ (3, 0.0%)

1 であって, ではない, で比較

▼ れた稀代~ (3, 0.0%)

1 の人物, の兇賊, の女

▼ れた稚い~ (3, 0.0%)

1 世界を, 媛が, 稻田夏の

▼ れた種子~ (3, 0.0%)

1 はその, は容易, は育つ

▼ れた空しい~ (3, 0.0%)

2 余白に 1 紙の

▼ れた窓ガラス~ (3, 0.0%)

1 に明るく, の向う, の向こう

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 であります 1 であったこと

▼ れた窯場~ (3, 0.0%)

1 があります, であります, で県

▼ れた童貞~ (3, 0.0%)

1 にもしくは, に対して慰藉料請求, に対する慰藉料

▼ れた竹刀~ (3, 0.0%)

1 に取り縋り, のよう, の先

▼ れた竹童~ (3, 0.0%)

1 だ, は, は聞く

▼ れた筋肉~ (3, 0.0%)

1 と煤けた, は起っ, を撮み

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 には簡単着, には簡單着, をとい

▼ れた純粋~ (3, 0.0%)

1 な所, の偶然, の友情

▼ れた紙數~ (3, 0.0%)

1 では書き, の爲, も盡

▼ れた素人~ (3, 0.0%)

1 ではない, の吾, の役者

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 のサカイツツジ, のサカイツヽジ, の女王

▼ れた紫色~ (3, 0.0%)

1 の俊, の大, の腕

▼ れた細長い~ (3, 0.0%)

1 柱が, 渓谷は, 飯台に

▼ れた経文~ (3, 0.0%)

1 によって研究, は文法, や道徳

▼ れた経過~ (3, 0.0%)

1 である, を微笑, を述べ

▼ れた絵具~ (3, 0.0%)

1 によつて表現, の中, の色彩

▼ れた經驗~ (3, 0.0%)

1 であり得る, の無い, を有つて

▼ れた綺麗~ (3, 0.0%)

1 で気象, な住居, な表紙

▼ れた綿~ (3, 0.0%)

1 です, の実, 入遂に

▼ れた繃帯~ (3, 0.0%)

1 でわが, は学校じゅう, やガーゼ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 がキリキリ, と一緒, を揺すった

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 だった, に陥ち, に陥込ん

▼ れた美事~ (3, 0.0%)

1 なキリコ硝子, な夜, のデッシュ

▼ れた美少女~ (3, 0.0%)

1 のやう, のよう, の身元

▼ れた美濃~ (3, 0.0%)

1 との和平, の国人村国連悪人, の間者

▼ れた義歯~ (3, 0.0%)

1 がカラカラ, さえどう, と共に気味悪く

▼ れた羽目~ (3, 0.0%)

1 があるでしょう, となっ, を見

▼ れた羽織~ (3, 0.0%)

2 をそこ 1 を其處

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 のまだ, は, は子供心

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 えと直接, へから出た, へである

▼ れた聴衆~ (3, 0.0%)

1 の反抗, は彼, は曲

▼ れた肉塊~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 の一断片

▼ れた肉慾~ (3, 0.0%)

2 がある 1 の衝動

▼ れた肉片~ (3, 0.0%)

1 に飛び付く, は全部, や皿

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 と股, に繃帯, の付け根

▼ れた背後~ (3, 0.0%)

1 にある, には闃寂, の力

▼ れた背景~ (3, 0.0%)

1 がはっきり, でありそういう, の前

▼ れた胴体~ (3, 0.0%)

1 に柔らかみ, の手, の美しい

▼ れた胸部~ (3, 0.0%)

1 には丁度, には同じ, は白い

▼ れた能役者~ (3, 0.0%)

1 が都落ち, で旅, の困惑

▼ れた腰元~ (3, 0.0%)

1 で殿, のお, は一生懸命朋輩

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 が立つ, などあまりに, の上

▼ れた腹癒~ (3, 0.0%)

1 がやっと, がやつ, に先方

▼ れた自分たち~ (3, 0.0%)

1 の印画, の建設祖国, の生活

▼ れた自分達~ (3, 0.0%)

1 にはあまりに, の生活, の運命

▼ れた自尊心~ (3, 0.0%)

1 から來, である, とでもいうべき

▼ れた自覚~ (3, 0.0%)

2 した近代的女性 1 をいだい

▼ れた自転車~ (3, 0.0%)

1 の下敷き, はパッ, をつらね

▼ れた舞踊~ (3, 0.0%)

1 のみが之, の師匠, の技術

▼ れた船員~ (3, 0.0%)

1 が甲板, には何, は決して

▼ れた良い~ (3, 0.0%)

1 男の, 著述で, 面が

▼ れた若党~ (3, 0.0%)

1 が一人, はその, をあらためる

▼ れた若様~ (3, 0.0%)

1 は化石, は壇, をとりかこみ

▼ れた英雄~ (3, 0.0%)

1 です, の物語, の行為

▼ れた茂太郎~ (3, 0.0%)

1 の不平, は今, は駒井

▼ れた茄子~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 は七ツ

▼ れた草双紙~ (3, 0.0%)

1 の種類, の話, や綿絵

▼ れた荒廃~ (3, 0.0%)

1 した堂宇, した室内, はなかんずく

▼ れた莫大~ (3, 0.0%)

1 なしかし, な紙幣束, な財産

▼ れた菜園~ (3, 0.0%)

1 か甘藍畠, である, を右手

▼ れた著書~ (3, 0.0%)

1 の如き, や論文, を列記

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 明りの 1 鼠塗りの

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 の三之助 1 の種子

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 はどこ, は大, は少年時代

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 の中 1 を仕入れる

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の, の根, の香

▼ れた處女~ (3, 0.0%)

1 に何, の無, の生命

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 が茫漠, の光点, は血

▼ れた蚕婆~ (3, 0.0%)

1 が乗っ, の家, の秘術吹針

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 の体みたい

▼ れた蝦夷~ (3, 0.0%)

1 の子孫ら, の箱館, の血

▼ れた行動~ (3, 0.0%)

1 に書かう, の中, は内藤長十郎

▼ れた行李~ (3, 0.0%)

1 の中, を明け, を眺めた

▼ れた街路~ (3, 0.0%)

1 の擾音, は妙, も夜

▼ れた衣類~ (3, 0.0%)

1 のみを用, は外國製衣類, を一枚一枚丁寧

▼ れた表札~ (3, 0.0%)

1 に注意, も何, を何度

▼ れた西洋~ (3, 0.0%)

1 の女, の戯曲, の文化的生活

▼ れた見物~ (3, 0.0%)

1 がきちがい, です, の前

▼ れた観念的~ (3, 0.0%)

1 な上層建築, な代用物, な自由

▼ れた觀念~ (3, 0.0%)

1 に一致, のうち, は自分

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 にはきらり, をによき, を折る

▼ れた角度~ (3, 0.0%)

1 から吉之助, が大, のとらえ

▼ れた討論~ (3, 0.0%)

1 にふれ, の結果明らか, はゴーリキイ

▼ れた許婚~ (3, 0.0%)

1 の愛人栄子さん, の新, を一年

▼ れた証言~ (3, 0.0%)

1 で穀物, に辻褄, の中

▼ れた詔勅~ (3, 0.0%)

1 でこれ, と信じました, や御

▼ れた試み~ (3, 0.0%)

1 であらう, とその, に過ぎない

▼ れた誓ひで目~ (3, 0.0%)

3 に見えぬ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 がなされ, に過ぎない, もある

▼ れた読者諸君~ (3, 0.0%)

1 はあるいは, はすでにすでに, はよく

▼ れた調査~ (3, 0.0%)

1 が今日, でその, のこと

▼ れた諸種~ (3, 0.0%)

2 の問題 1 の観測

▼ れた谷底~ (3, 0.0%)

3 のよう

▼ れた豊富~ (3, 0.0%)

1 なる材料以外, な供給, な分量

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の姿, の幽霊, の骨

▼ れた豪家~ (3, 0.0%)

1 です, の一つ, の門

▼ れた貝殻~ (3, 0.0%)

1 の中, の巨大, の微粒粉

▼ れた財宝~ (3, 0.0%)

1 のため, を人手, を守る

▼ れた財貨~ (3, 0.0%)

1 の水準, の相対価値, は他方

▼ れた貧弱~ (3, 0.0%)

2 の瓜 1 な骨董心

▼ れた貴下~ (3, 0.0%)

2 の御 1 のご

▼ れた貴族~ (3, 0.0%)

1 の家庭, の若殿, 人知れずやりくり

▼ れた資料~ (3, 0.0%)

1 があつ, の前, は残っ

▼ れた賊徒~ (3, 0.0%)

1 の心臟, の数, の身

▼ れた賢者~ (3, 0.0%)

1 に相違, の姿, らしい更ら

▼ れた赤児~ (3, 0.0%)

1 お鈴, がまた, は角川家

▼ れた足場~ (3, 0.0%)

1 として見る, の上, をつくる

▼ れた距離~ (3, 0.0%)

1 の差, を明, を無視

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 に沿う, のそこここ, は絶え間

▼ れた路面~ (3, 0.0%)

2 に求めるなら 1 が矢張り矩形

▼ れた踊り~ (3, 0.0%)

1 と小造り, の上手, の相手

▼ れた身上~ (3, 0.0%)

1 その孫右衞門, で外神田一番, を調べ

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の外

▼ れた農村~ (3, 0.0%)

1 であった, へ帰り住む, を主題

▼ れた近い~ (3, 0.0%)

2 うちに 1 一つの

▼ れた通り眼~ (3, 0.0%)

1 がさめる, をふさいだ, を炬

▼ れた通り自分~ (3, 0.0%)

1 だけ敵打, のよう, は見習い

▼ れた進歩~ (3, 0.0%)

1 というもの, に対して障害, は見られなかつた

▼ れた道具~ (3, 0.0%)

1 とその, の中, を一生けんめい

▼ れた道筋~ (3, 0.0%)

1 の大切, も大, を通らなけれ

▼ れた郷里~ (3, 0.0%)

2 も訊かれた 1 の茅屋

▼ れた都会人~ (3, 0.0%)

1 だ, ではない, らしい神経

▼ れた釈尊~ (3, 0.0%)

1 のその, の使者本化上行, も仏陀

▼ れた重三郎~ (3, 0.0%)

1 でしょう, でせう, の身體

▼ れた重要~ (3, 0.0%)

1 な一平和条約, な証言, な課題

▼ れた金属~ (3, 0.0%)

1 であるから, の価値, も少く

▼ れた金持~ (3, 0.0%)

1 の三男, の娘さん, の子供

▼ れた金箱~ (3, 0.0%)

1 が出た, が転がっ, の位置

▼ れた鉄砲~ (3, 0.0%)

1 ではどう, を他人, を見

▼ れた鋼鉄~ (3, 0.0%)

1 とゴム, のワイヤ, の網

▼ れた鍵束~ (3, 0.0%)

1 でヤット, にはこの, の中

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 のやう, の丈夫, の平たい

▼ れた長持~ (3, 0.0%)

1 には恐らく, の中, はと見れ

▼ れた長方形~ (3, 0.0%)

1 の中, の寝台, の箱

▼ れた長火鉢~ (3, 0.0%)

1 が据, の傍, の縁

▼ れた門番~ (3, 0.0%)

1 であった, の灰色, へさえ

▼ れた闘牛~ (3, 0.0%)

1 のやう, のよう, の魂

▼ れた附近~ (3, 0.0%)

1 の水田, は千代町方向, を見まわし

▼ れた集会~ (3, 0.0%)

1 には一般, の広間, へ行っ

▼ れた雑器~ (3, 0.0%)

2 も民衆 1 である

▼ れた離れ~ (3, 0.0%)

2 を借り 1 の座敷

▼ れた離れ座敷~ (3, 0.0%)

1 の前, は広島風, へ飛石伝い

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 有い, 球を, 険の

▼ れた難題~ (3, 0.0%)

1 でござる, にお爺さん, を釈く

▼ れた雰囲気~ (3, 0.0%)

1 に調和, は均平, も類

▼ れた雲霧~ (3, 0.0%)

1 に密告, の中, の仁三

▼ れた電子~ (3, 0.0%)

1 の上, の数, の波動性

▼ れた需要~ (3, 0.0%)

1 せらるる商品, の代り, の欠乏

▼ れた霊魂~ (3, 0.0%)

1 が浮ばれず, のおる, を呼び起そう

▼ れた青年たち~ (3, 0.0%)

1 が吉良出身, の上, を見詰め

▼ れた青白い~ (3, 0.0%)

1 弟の, 透き徹る, 顏が

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 が揃え, が特に, が目

▼ れた音楽家~ (3, 0.0%)

1 の貧しい, はなかったろう, よろしくの

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 が長く, であった, をもつ

▼ れた頑丈~ (3, 0.0%)

1 なの, な二重扉, な家

▼ れた領主~ (3, 0.0%)

1 のいたこ, のお, の子息

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 すぢ, は三つ, へ斑

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 だそう, は, をよん

▼ れた題目~ (3, 0.0%)

1 についての模範的, に関する記録, の非常識

▼ れた飛行機~ (3, 0.0%)

1 の姿, の模型, は黒吉

▼ れた香油~ (3, 0.0%)

1 と白粉, のよう, は概して

▼ れた馬上~ (3, 0.0%)

1 となっ, の二人, の子

▼ れた騎手~ (3, 0.0%)

1 のやう, の上, は武者

▼ れた験し~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, はない, もない

▼ れた高座~ (3, 0.0%)

1 の上, の後幕, を正面

▼ れた高瀬舟~ (3, 0.0%)

3 は黒ずんだ

▼ れた髪の毛~ (3, 0.0%)

1 が乱れ, を助広, を思はせる

▼ れた~ (3, 0.0%)

2 を見せ 1 は幾つ

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 の子孫, の泣聲, はあの

▼ れた~ (3, 0.0%)

1 がどこ, であり有名, を下妻

▼ れた黄金色~ (3, 0.0%)

1 の岩菊, の酒, を見つめた

▼ れたあかつき~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, には凡

▼ れたあかん~ (2, 0.0%)

1 ぼには, ぼを

▼ れたあし~ (2, 0.0%)

1 はありません, をみつけ

▼ れたあちら~ (2, 0.0%)

1 には黒い, の便り

▼ れたあなた方~ (2, 0.0%)

1 にさえハッキリ, は私同様

▼ れたあなた様~ (2, 0.0%)

1 の因果, を怒っ

▼ れたありがたい~ (2, 0.0%)

1 人々に, 境地である

▼ れたありとあらゆる~ (2, 0.0%)

1 不安を, 物象に

▼ れたあるいは~ (2, 0.0%)

1 たしかにあやまち, 感覚によって

▼ れたあんた~ (2, 0.0%)

1 の首, は幸福もん

▼ れたあんまり~ (2, 0.0%)

1 多過ぎる, 香しくない

▼ れたいい~ (2, 0.0%)

1 ものばかりが, 見本です

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 しろ半分, もない

▼ れたうた~ (2, 0.0%)

1 か, か張られた

▼ れたうれし~ (2, 0.0%)

1 さに, さの

▼ れたえらい~ (2, 0.0%)

1 人だった, 方じゃ

▼ れたおし~ (2, 0.0%)

1 かさん座っ, もが更め

▼ れたおのれ~ (2, 0.0%)

1 の芸術, を見る

▼ れたおばあさん~ (2, 0.0%)

1 は独り, をどんなに

▼ れたおやじ~ (2, 0.0%)

1 です, ですが

▼ れたおろか~ (2, 0.0%)

2 な子供

▼ れたお伽噺~ (2, 0.0%)

1 に出, のやう

▼ れたお前さん~ (2, 0.0%)

1 にはたった, をそのまま

▼ れたお前様~ (2, 0.0%)

1 だその, の駕籠

▼ れたお喋り坊主~ (2, 0.0%)

2 の弁信

▼ れたお姫様~ (2, 0.0%)

1 の面白い, を救

▼ れたお嬢様~ (2, 0.0%)

1 のため, の役割

▼ れたお座敷~ (2, 0.0%)

1 にゆく, の襖

▼ れたお母さま~ (2, 0.0%)

1 のこと, もきっときっと

▼ れたお祝い~ (2, 0.0%)

1 の品, の式

▼ れたお菓子~ (2, 0.0%)

1 が出来さう, の上

▼ れたお萩~ (2, 0.0%)

1 と一番仲, の死体

▼ れたかかる~ (2, 0.0%)

1 下町の, 異常な

▼ れたかたい~ (2, 0.0%)

1 小石がちの, 鎧で

▼ れたかたがた~ (2, 0.0%)

1 がどうして, を宗教的

▼ れたかつて~ (2, 0.0%)

1 いふの, の兵士

▼ れたかて~ (2, 0.0%)

1 同隊の, 手エ触れる

▼ れたかなり~ (2, 0.0%)

1 の大金, 広い道

▼ れたかにも~ (2, 0.0%)

1 なって, 思われる

▼ れたからか~ (2, 0.0%)

1 吹き止んで, 欄干へ

▼ れたからに~ (2, 0.0%)

1 ちがいない, ほかならない

▼ れたがんりき~ (2, 0.0%)

1 という男, は起き上っ

▼ れたきたない~ (2, 0.0%)

1 下劣な, 年若

▼ れたぐらいで~ (2, 0.0%)

1 気に, 突きつめるよう

▼ れたぐらいは~ (2, 0.0%)

1 問題でない, 辛抱しなこの

▼ れたことさ~ (2, 0.0%)

1 へない, へ少から

▼ れたことそれ~ (2, 0.0%)

1 が確か, に従

▼ れたこと位~ (2, 0.0%)

1 は屁, ひは

▼ れたこの世~ (2, 0.0%)

1 で最も, のもの

▼ れたころ世~ (2, 0.0%)

2 の噂

▼ れたこんがら~ (2, 0.0%)

1 せいたかの, とせいた

▼ れたさか~ (2, 0.0%)

1 恨みと, 恨みに

▼ れたささやか~ (2, 0.0%)

1 な中流, な音

▼ れたさの~ (2, 0.0%)

2 真実に

▼ れたさま~ (2, 0.0%)

1 を叙, を描いた

▼ れたさむ~ (2, 0.0%)

1 らいという, らいの

▼ れたしかしながら~ (2, 0.0%)

1 前篇に, 私は

▼ れたしかも~ (2, 0.0%)

1 勇壮なる, 石によってのみ

▼ れたしという~ (2, 0.0%)

1 のも, 書面を

▼ れたしばらく~ (2, 0.0%)

1 対談友達を, 漫談

▼ れたじめじめ~ (2, 0.0%)

1 した壁, した狭い

▼ れたすなわち~ (2, 0.0%)

1 エーン県では, 自害する

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 何とも云, 親分

▼ れたそうした~ (2, 0.0%)

1 ヘーゲル自然哲学だけが, 仏陀の

▼ れたその後~ (2, 0.0%)

1 で貴下, の省察

▼ れたそば~ (2, 0.0%)

1 で下水工事, の畑

▼ れたそれ自身~ (2, 0.0%)

1 の斉合性, の誇り

▼ れたたつ~ (2, 0.0%)

1 た一人, た一本

▼ れたため当時~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ れたため彼~ (2, 0.0%)

1 の社会, はひとり

▼ れただが~ (2, 0.0%)

1 お前は, 彼の

▼ れただけが~ (2, 0.0%)

1 前者と, 動機では

▼ れただけじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないの, なくて

▼ れただけを~ (2, 0.0%)

1 もうすべて, 不残鵜呑み

▼ れたちょっとした~ (2, 0.0%)

1 丘が, 開きだ

▼ れたっていう~ (2, 0.0%)

1 ことだった, 話よ

▼ れたっぱなし~ (2, 0.0%)

1 であった, でやがて

▼ れたつい~ (2, 0.0%)

1 近くの, 遠からぬ

▼ れたつてかま~ (2, 0.0%)

1 はない, やしない

▼ れたつてそれ~ (2, 0.0%)

2 を看破

▼ れたつて構~ (2, 0.0%)

1 はない, はぬ

▼ れたつもり~ (2, 0.0%)

1 でいました, でそつ

▼ れたといつて~ (2, 0.0%)

2 は笑

▼ れたとお~ (2, 0.0%)

1 もひ, もふ

▼ れたとおり彼~ (2, 0.0%)

1 にキス, を助け起した

▼ れたときあと~ (2, 0.0%)

1 に残った, の結果

▼ れたときすべて~ (2, 0.0%)

1 の商品, の新聞

▼ れたときぼく~ (2, 0.0%)

1 はおんぶ, は兵隊

▼ れたとき何~ (2, 0.0%)

1 か人, の誰

▼ れたとき僕~ (2, 0.0%)

1 は, は探偵

▼ れたとき同乗~ (2, 0.0%)

2 して

▼ れたとき妾~ (2, 0.0%)

2 が止める

▼ れたとき幾人~ (2, 0.0%)

1 のかた, の少女

▼ れたとき後輩~ (2, 0.0%)

2 を推挙

▼ れたとき日本~ (2, 0.0%)

1 がもしふたたび, で忽ち

▼ れたとき李陵~ (2, 0.0%)

1 はほとんど, は人間

▼ れたとき男~ (2, 0.0%)

1 はおもいきっ, は自分

▼ れたとき私たち~ (2, 0.0%)

1 はその, はまた

▼ れたとき誰~ (2, 0.0%)

1 にでもすぐ, より真っ青

▼ れたとこ~ (2, 0.0%)

1 が何, へ例

▼ れたとしましても~ (2, 0.0%)

1 これまた, 議論に

▼ れたとし子~ (2, 0.0%)

1 にまかし, をおも

▼ れたとだけは~ (2, 0.0%)

2 判りましたが

▼ れたとても~ (2, 0.0%)

1 しかたの, 御神幸

▼ れたとな~ (2, 0.0%)

1 つた日にや, 残らずしゃべった

▼ れたとまで~ (2, 0.0%)

1 血走った目, 言って

▼ れたと共に~ (2, 0.0%)

1 かかる発展, 今回の

▼ れたどちら~ (2, 0.0%)

1 かと云え, も焼杉

▼ れたどんな~ (2, 0.0%)

1 プロレタリア小説が, 地方にも

▼ れたなという~ (2, 0.0%)

1 ことが, 心持で

▼ れたねずみ~ (2, 0.0%)

1 が追う, のよう

▼ れたのによ~ (2, 0.0%)

1 つてゐる, つて非常に

▼ れたのみで~ (2, 0.0%)

1 人は, 他の

▼ れたのみに~ (2, 0.0%)

1 過ぎないので, 過ぎない算盤

▼ れたはじめて~ (2, 0.0%)

1 の女の子, の鮎釣り季節

▼ れたはるか~ (2, 0.0%)

2 な空

▼ れたびしょ濡れ~ (2, 0.0%)

1 の往来, の袋

▼ れたふり~ (2, 0.0%)

1 をし始めた, をする

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 こんだビール, りくだった

▼ れたほんとう~ (2, 0.0%)

1 に, にお

▼ れたほんの~ (2, 0.0%)

1 五六坪ほどの, 少しの

▼ れたぼく~ (2, 0.0%)

1 としては鬼一法眼, の氏名

▼ れたまたは~ (2, 0.0%)

1 充されね, 明らかに

▼ れたまち子~ (2, 0.0%)

1 の死体, は生き返っ

▼ れたままし~ (2, 0.0%)

1 きりに, さいらしく

▼ れたまま一度~ (2, 0.0%)

1 だけ目, も使用

▼ れたまま今日~ (2, 0.0%)

1 になっ, まで行衛不明

▼ れたまま何者~ (2, 0.0%)

2 かの来る

▼ れたまま姫~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ れたまま娘~ (2, 0.0%)

1 が茶店, の目

▼ れたまま巡査~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ れたまま幌馬車~ (2, 0.0%)

2 に積みこまれ

▼ れたまま彼女~ (2, 0.0%)

1 の手, は首

▼ れたまま眼~ (2, 0.0%)

1 で追っ, をギョロギョロ

▼ れたまま私~ (2, 0.0%)

1 の髪の毛, は椅子

▼ れたまま膝~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ れたまま色~ (2, 0.0%)

1 が変っ, もなく

▼ れたまま虫~ (2, 0.0%)

1 のよう, の食う

▼ れたまま頭~ (2, 0.0%)

1 が低く, はじっと

▼ れたまま首~ (2, 0.0%)

1 をグッ, を垂れ

▼ れたまま馬~ (2, 0.0%)

1 から飛降り, に鞭打った

▼ れたまるで~ (2, 0.0%)

1 辺鄙な, 違った人民

▼ れたまんなか~ (2, 0.0%)

1 には青, のあき

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 仏である, 代に

▼ れたみんな~ (2, 0.0%)

1 の人, の笑

▼ れたもしくは~ (2, 0.0%)

1 意識されない, 野心が

▼ れたもしそう~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ れたもと~ (2, 0.0%)

1 の子供, の指導的評論家

▼ れたものそのもの~ (2, 0.0%)

1 は作品, は独自

▼ れたものたち~ (2, 0.0%)

1 が自由, はそれぞれ

▼ れたもの同志~ (2, 0.0%)

2 の連関

▼ れたもの当時~ (2, 0.0%)

2 の民衆

▼ れたもの私~ (2, 0.0%)

2 の思惟

▼ れたやさしい~ (2, 0.0%)

1 慈愛の, 薙刀つかひ

▼ れたやや~ (2, 0.0%)

1 不精確, 広い方形

▼ れたよって~ (2, 0.0%)

1 出て, 誰に

▼ れたらん日~ (2, 0.0%)

2 には君

▼ れたりき~ (2, 0.0%)

1 といふ, 又己

▼ れたりき是~ (2, 0.0%)

2 れ今に

▼ れたわが身~ (2, 0.0%)

1 のよう, もくちおしく

▼ れたわき~ (2, 0.0%)

1 にそれぞれ赤インク, に一つ

▼ れたアイヌ~ (2, 0.0%)

1 の小舎, の聖典

▼ れたアト~ (2, 0.0%)

1 がある, であった

▼ れたアパート~ (2, 0.0%)

1 から上野光子, に部屋

▼ れたアラビア人~ (2, 0.0%)

1 がその, の城砦

▼ れたアルコール~ (2, 0.0%)

1 のよう, を受ける

▼ れたアルプス~ (2, 0.0%)

1 の分水線, を越え

▼ れたイガ栗頭~ (2, 0.0%)

1 が, の横腹

▼ れたイデー~ (2, 0.0%)

1 が重圧, のこの

▼ れたイルミネーション~ (2, 0.0%)

1 のよう, は遠目

▼ れたインド~ (2, 0.0%)

1 に就い, や古典

▼ れたウエストン夫妻~ (2, 0.0%)

2 も居られた

▼ れたエセックス~ (2, 0.0%)

1 の手紙, はすでに

▼ れたエピソード~ (2, 0.0%)

1 で港町, に材

▼ れたオルガンティノ~ (2, 0.0%)

1 の前, は思わず

▼ れたカテゴリー~ (2, 0.0%)

1 からいっ, は今日

▼ れたカトリック~ (2, 0.0%)

1 の古い, の宗教裁判

▼ れたカナリヤ~ (2, 0.0%)

1 に自分, のよう

▼ れたカメラ~ (2, 0.0%)

2 から撮影

▼ れたカラクリ~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ れたガス体~ (2, 0.0%)

2 が外部

▼ れたガラツ八~ (2, 0.0%)

1 が階子, はそれ

▼ れたキス~ (2, 0.0%)

1 は元来, への同情

▼ れたキングスレー博士~ (2, 0.0%)

2 は次ぎ

▼ れたケーテ~ (2, 0.0%)

1 のシムボリズム, は今や

▼ れたコント~ (2, 0.0%)

1 の作家, の歴史的段階

▼ れたコーブ~ (2, 0.0%)

1 はおそろしい, もさる

▼ れたゴム~ (2, 0.0%)

1 の大樹, を密着

▼ れたゴーリキイ展~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を見

▼ れたシルクハット~ (2, 0.0%)

1 が一段と, が時には

▼ れたジイド~ (2, 0.0%)

1 のソヴェト旅行記, は小

▼ れたジプシー~ (2, 0.0%)

2 の一団

▼ れたジャック~ (2, 0.0%)

1 がどういう, の能動的

▼ れたジョッキ~ (2, 0.0%)

1 には一滴, のよう

▼ れたジョン~ (2, 0.0%)

1 がこんな, はホーキン氏

▼ れたスクナ~ (2, 0.0%)

1 が当時仏教, は書紀

▼ れたスクリーン~ (2, 0.0%)

1 に対し, の上

▼ れたストーブ~ (2, 0.0%)

1 には富, へ頭

▼ れたスミ子ちゃん~ (2, 0.0%)

1 のこと, をつれもどし

▼ れたスワデシ~ (2, 0.0%)

1 の誓, の誓約者

▼ れたセルゲイ~ (2, 0.0%)

1 はおそろしい, は彼女

▼ れたソヴェト同盟内~ (2, 0.0%)

2 のよろこび

▼ れたタイプ~ (2, 0.0%)

1 である, といふもの

▼ れたタクミ~ (2, 0.0%)

1 じゃア, であったが

▼ れたチビ公~ (2, 0.0%)

1 はいきおいよく, は小さく

▼ れたチャイコフスキー~ (2, 0.0%)

1 がある, がその

▼ れたチャンフー~ (2, 0.0%)

1 というの, にそっくり

▼ れたチューブ~ (2, 0.0%)

1 がつぶやいた, が悲鳴

▼ れたツグミ~ (2, 0.0%)

1 のよう, の群れ

▼ れたテエブル~ (2, 0.0%)

1 が備え, を眺めました

▼ れたテナルディエ~ (2, 0.0%)

1 の女房, はあるいは

▼ れたテナー~ (2, 0.0%)

1 でベル・カント, のジリィ

▼ れたディレッタント~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ れたデモ倉~ (2, 0.0%)

2 とプロ亀

▼ れたトタン~ (2, 0.0%)

1 の樋, 葺きの

▼ れたトランプ~ (2, 0.0%)

1 がまた, の札

▼ れたドイツ~ (2, 0.0%)

1 が今, の社会的要因

▼ れたドレイ~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ れたナポレオン~ (2, 0.0%)

1 が黄色い, の心情

▼ れたニュース~ (2, 0.0%)

1 は適当, を提供

▼ れたネズミ~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ れたハイネ~ (2, 0.0%)

2 の小さな

▼ れたハガキ~ (2, 0.0%)

1 が来ました, であるが

▼ れたハンカチーフ~ (2, 0.0%)

1 の使い, はつまるところ

▼ れたバラバラ~ (2, 0.0%)

1 の主, の死体

▼ れたバリカン~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ れたパラオ~ (2, 0.0%)

2 古譚詩

▼ れたパラオ語~ (2, 0.0%)

2 の間違

▼ れたパリ~ (2, 0.0%)

1 の石敷道, の騎馬巡査

▼ れたパルチザン~ (2, 0.0%)

1 が逃げのび, の戦い

▼ れたピーター~ (2, 0.0%)

1 が最後, は桁

▼ れたフィルム~ (2, 0.0%)

1 の実物, の陰画

▼ れたプロペラ~ (2, 0.0%)

1 だ, のよう

▼ れたプロレタリア作家~ (2, 0.0%)

1 その個々, の作品

▼ れたヘーゲル~ (2, 0.0%)

1 の範疇, は何故

▼ れたベンチ~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ れたホテル~ (2, 0.0%)

1 の室, の広間

▼ れたボート~ (2, 0.0%)

1 は四人, へ通じ

▼ れたポーランド~ (2, 0.0%)

1 さいなまれたロシア, で生れた

▼ れたマイナス~ (2, 0.0%)

1 といふもの, をこれ

▼ れたマダム馬鈴薯~ (2, 0.0%)

2 の突然

▼ れたマナー~ (2, 0.0%)

1 も生れ, をもっ

▼ れたマン~ (2, 0.0%)

1 の右手, は暴漢ども

▼ れたミイラ~ (2, 0.0%)

1 であって, のよう

▼ れたミジメ~ (2, 0.0%)

2 な人間

▼ れたミメヨキ男~ (2, 0.0%)

1 はまず, は先ず

▼ れたメデューサ~ (2, 0.0%)

2 の首

▼ れたヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 のロマンティシズム, の芸術家達

▼ れたルイ十六世~ (2, 0.0%)

1 の裁判, を進ん

▼ れたレーニングラード~ (2, 0.0%)

1 に翔ん, の目抜き

▼ れたローマ~ (2, 0.0%)

1 のギリシア風, の将軍

▼ れたワナ~ (2, 0.0%)

1 に弱気, はさる

▼ れたワルシャワ~ (2, 0.0%)

1 の守備, の市街

▼ れた一々~ (2, 0.0%)

1 の歴史的事実, の踊り

▼ れた一ぱい~ (2, 0.0%)

1 のお, の熱い

▼ れた一二~ (2, 0.0%)

1 の個処, の科学

▼ れた一册~ (2, 0.0%)

1 に無, の過

▼ れた一味~ (2, 0.0%)

1 に復仇, のもの

▼ れた一因~ (2, 0.0%)

1 ではあるらしかった, を爲

▼ れた一基~ (2, 0.0%)

1 の土饅頭, の美事

▼ れた一夜~ (2, 0.0%)

1 がむぞうさ, を享楽

▼ れた一宮かおる~ (2, 0.0%)

1 の体内, は

▼ れた一家~ (2, 0.0%)

1 だから, で

▼ れた一封~ (2, 0.0%)

1 でした, の書状

▼ れた一応~ (2, 0.0%)

1 の筋, は賢い

▼ れた一族~ (2, 0.0%)

1 のこと, の数

▼ れた一日~ (2, 0.0%)

1 があった, の心

▼ れた一杯~ (2, 0.0%)

1 のコーヒー, の酒

▼ れた一棟~ (2, 0.0%)

1 がある, の建物

▼ れた一段歩~ (2, 0.0%)

1 ほどの草原, 程の土地

▼ れた一流学者~ (2, 0.0%)

2 のした

▼ れた一点~ (2, 0.0%)

1 に追込ん, もまた

▼ れた一番~ (2, 0.0%)

1 の支那鞄, 弱いそして

▼ れた一箇~ (2, 0.0%)

1 の人間, の女性

▼ れた一組~ (2, 0.0%)

1 の洋装, の肉体

▼ れた一結果~ (2, 0.0%)

2 に他

▼ れた一線~ (2, 0.0%)

1 となっ, に生死

▼ れた一羽~ (2, 0.0%)

1 が外, が追いかけた

▼ れた一般~ (2, 0.0%)

1 の人, の積極的潮流

▼ れた一般的~ (2, 0.0%)

1 で科学的, な知識

▼ れた一葉~ (2, 0.0%)

1 が李永泰, の写真

▼ れた一語~ (2, 0.0%)

1 に執し, はひどく

▼ れた一軒家~ (2, 0.0%)

1 になっ, の灯

▼ れた一輪~ (2, 0.0%)

1 の水仙, の花

▼ れた一郭~ (2, 0.0%)

1 としてこれ, はもはや

▼ れた一銭~ (2, 0.0%)

1 のひかり, は受けなかつた

▼ れた一間~ (2, 0.0%)

1 の壁, ばかりの石橋

▼ れた一隊~ (2, 0.0%)

1 の不知火流, の足軽たち

▼ れた一面~ (2, 0.0%)

1 の壁, の琵琶

▼ れた七名~ (2, 0.0%)

1 の東洋人, の警官

▼ れた七歳~ (2, 0.0%)

1 の女, の幼女

▼ れた万国旗~ (2, 0.0%)

1 と一, の赤

▼ れた万巻~ (2, 0.0%)

1 のお, の書

▼ れた万里~ (2, 0.0%)

1 のこと, の長城みたい

▼ れた三ツ~ (2, 0.0%)

2 の首

▼ れた三万円以上~ (2, 0.0%)

2 の巨額

▼ れた三之助~ (2, 0.0%)

1 をお, をお嬢さん

▼ れた三十円~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ れた三坪~ (2, 0.0%)

1 ばかりの薄暗い, ほどの空地

▼ れた三宅~ (2, 0.0%)

1 の島, を見

▼ れた三等客車三輛~ (2, 0.0%)

2 と食堂車

▼ れた上り口~ (2, 0.0%)

1 に腰かけ, の半身

▼ れた上人様~ (2, 0.0%)

1 のあの, の彼

▼ れた上今度~ (2, 0.0%)

1 はまた, は堺

▼ れた上口~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ れた上品川沖~ (2, 0.0%)

2 で水死

▼ れた上家~ (2, 0.0%)

1 の中, へ歸

▼ れた上役人~ (2, 0.0%)

2 に引渡された

▼ れた上杉重能~ (2, 0.0%)

1 と畠山直宗, の子

▼ れた上田敏さん~ (2, 0.0%)

2 の外国詩

▼ れた上百樽~ (2, 0.0%)

1 の毒薬, の毒藥

▼ れた上皇~ (2, 0.0%)

1 の故, の自覚

▼ れた下士官~ (2, 0.0%)

1 の死骸, はそれきり一言

▼ れた不可思議~ (2, 0.0%)

1 な印象, な摂理

▼ れた不可解~ (2, 0.0%)

1 な扼痕, の型

▼ れた不安~ (2, 0.0%)

1 が一見まるで, も掻き消され

▼ れた与市~ (2, 0.0%)

1 が不精, は

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の渦, の解釋

▼ れた世人~ (2, 0.0%)

1 の間違った, は

▼ れた世界地圖~ (2, 0.0%)

1 には新大陸, の一つ

▼ れた世界観~ (2, 0.0%)

1 のインデッキス, を樹

▼ れた世論~ (2, 0.0%)

1 が我々, としてあらわれ

▼ れた世間~ (2, 0.0%)

1 の外, の大衆

▼ れた丘上~ (2, 0.0%)

2 の遊園地

▼ れた両国~ (2, 0.0%)

1 の唇歯, の界隈

▼ れた両脚~ (2, 0.0%)

1 や五指, らしいもの

▼ れた両足~ (2, 0.0%)

1 の指, を高く

▼ れた並木~ (2, 0.0%)

1 に縁どられ, 可次郎

▼ れた並木道~ (2, 0.0%)

1 に青い, をニキーツキー門

▼ れた中央~ (2, 0.0%)

1 の葬龕, の調合台

▼ れた中年~ (2, 0.0%)

1 の男, の紳士

▼ れた中根鉄太郎~ (2, 0.0%)

1 という人, という方

▼ れた中腹~ (2, 0.0%)

1 であるが, の平地

▼ れた中野学士~ (2, 0.0%)

1 の服地, は地獄

▼ れた丸坊主~ (2, 0.0%)

1 のピニエス・ペンドル号, の京人形

▼ れた丸山技師~ (2, 0.0%)

1 の屍体, は平素

▼ れた主人公~ (2, 0.0%)

1 がお家, の強

▼ れた主人市十郎~ (2, 0.0%)

1 といふの, の部屋

▼ れた主張~ (2, 0.0%)

1 がやがて, によります

▼ れた主義~ (2, 0.0%)

1 は何, は菅公以前

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 否乎, 将た

▼ れた乗物~ (2, 0.0%)

1 で谷, に乗っ

▼ れた乞食体~ (2, 0.0%)

1 の狂歌師, の男

▼ れた事位~ (2, 0.0%)

1 であれ, ゐは

▼ れた事態~ (2, 0.0%)

1 が計らず, も落着

▼ れた事等~ (2, 0.0%)

1 が悪い, を

▼ れた事覺~ (2, 0.0%)

2 えてか

▼ れた事誰~ (2, 0.0%)

1 が化かされ, が幽霊

▼ れた事蹟~ (2, 0.0%)

1 として大方, は四十年後

▼ れた二代目~ (2, 0.0%)

2 の薄墨華魁

▼ れた二十歳~ (2, 0.0%)

1 のハフ, の中村新八郎

▼ れた二種~ (2, 0.0%)

1 の心情, の考え

▼ れた二羽~ (2, 0.0%)

1 の睦じい小鳥, の鵞鳥

▼ れた二通~ (2, 0.0%)

1 の手紙, の電報

▼ れた二階家~ (2, 0.0%)

1 がずっと, の表

▼ れた二頭~ (2, 0.0%)

2 の馬

▼ れた五つ~ (2, 0.0%)

1 のお, の言葉

▼ れた五箇条~ (2, 0.0%)

2 の誓文

▼ れた五郎兵衛~ (2, 0.0%)

2 は幸運

▼ れた五郎蔵~ (2, 0.0%)

2 の乾児たち

▼ れた井筒屋~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ れた些細~ (2, 0.0%)

1 な変化, な變化

▼ れた亡者~ (2, 0.0%)

1 のよう, みたよう

▼ れた京水~ (2, 0.0%)

1 に由つて創立, の事蹟

▼ れた京都弁~ (2, 0.0%)

1 の違い, も似

▼ れた人人~ (2, 0.0%)

1 の間, も恐らく

▼ れた人以上~ (2, 0.0%)

1 にその, のもの

▼ れた人家~ (2, 0.0%)

1 こそいかに, の前面

▼ れた人影~ (2, 0.0%)

1 がかたまっ, は疑い

▼ れた人情噺~ (2, 0.0%)

1 の大家春錦亭柳桜, の柳朝

▼ れた人民~ (2, 0.0%)

1 の第, を破滅的

▼ れた人相~ (2, 0.0%)

1 としか見えない, を刻まれた

▼ れた人造人間~ (2, 0.0%)

1 に怪訝, を大事

▼ れた人間像~ (2, 0.0%)

1 が描き出せる, もやがて再び

▼ れた仁王門~ (2, 0.0%)

1 のいただき, のお

▼ れた仇敵~ (2, 0.0%)

1 におうみ, を見る

▼ れた今日私~ (2, 0.0%)

1 は切に, は金婚式

▼ れた仏像~ (2, 0.0%)

1 も, をお

▼ れた仏壇~ (2, 0.0%)

1 に似た, を前

▼ れた仏様~ (2, 0.0%)

1 に訊く, よりも愛念

▼ れた仏菩薩~ (2, 0.0%)

1 がこの, の像

▼ れた仏陀~ (2, 0.0%)

1 がいかに, ですから

▼ れた仔犬~ (2, 0.0%)

1 のやう, もあばれる

▼ れた仔鹿~ (2, 0.0%)

1 の皮帯, の胴体

▼ れた仕方~ (2, 0.0%)

1 に従って一定, の弱点

▼ れた仕着せはん~ (2, 0.0%)

2 てん

▼ れた代表作~ (2, 0.0%)

1 が並べられた, である上

▼ れた代表選手~ (2, 0.0%)

1 だつたわけ, となつ

▼ れた以上忠実~ (2, 0.0%)

2 にその

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 小舎が, 舞台に

▼ れた仮死~ (2, 0.0%)

1 の形骸, の起り

▼ れた伊香保日記~ (2, 0.0%)

2 を旅

▼ れた会合~ (2, 0.0%)

1 は全然, へ出よう

▼ れた会計係~ (2, 0.0%)

1 とケラケラ, の老人

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 へ, へのある

▼ れた伴天連~ (2, 0.0%)

1 は俄, は吹き荒ぶ

▼ れた位高名~ (2, 0.0%)

1 な絵師, な繪師

▼ れた低級~ (2, 0.0%)

1 な本能, な物

▼ れた住所~ (2, 0.0%)

1 である, や氏名

▼ れた佐々~ (2, 0.0%)

1 の両親, の家庭

▼ れた佐久間象山~ (2, 0.0%)

1 だって一面, の門生

▼ れた佐太郎~ (2, 0.0%)

1 は勿体なく, は勿體

▼ れた佐野松~ (2, 0.0%)

1 に入れ, を怨ん

▼ れた何とか~ (2, 0.0%)

1 かとか言訳, の会

▼ れた何人~ (2, 0.0%)

1 かの人々, かの婦人作家たち

▼ れた余波~ (2, 0.0%)

1 から起った, であった

▼ れた佛教~ (2, 0.0%)

1 が海路シャム, の極めて

▼ れた佳作~ (2, 0.0%)

1 が存在, である

▼ れた使~ (2, 0.0%)

1 です, の者

▼ れた信者~ (2, 0.0%)

1 が信仰, に申訳

▼ れた俳句~ (2, 0.0%)

1 の程度, の話

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 があった, の和太郎

▼ れた倫理~ (2, 0.0%)

2 の本

▼ れた偉大~ (2, 0.0%)

1 な考え, な音楽家

▼ れた催眠薬~ (2, 0.0%)

1 をまとめ, を三つ

▼ れた傳六~ (2, 0.0%)

1 と下女, はひどい

▼ れた傷跡~ (2, 0.0%)

2 が無数

▼ れた傾向~ (2, 0.0%)

1 のもの, の作風

▼ れた僕ら二人~ (2, 0.0%)

1 は茫然, も何時

▼ れた兄さん~ (2, 0.0%)

1 というの, なん

▼ れた兄処女~ (2, 0.0%)

1 がこの, が此

▼ れた兄弟~ (2, 0.0%)

1 があざける, はなんぼ

▼ れた兄貴~ (2, 0.0%)

1 の死, を横眼

▼ れた先方~ (2, 0.0%)

1 のきょうだい小児, は以前

▼ れた先祖~ (2, 0.0%)

1 の城, の霊

▼ れた光明~ (2, 0.0%)

1 であって, を今

▼ れた光栄~ (2, 0.0%)

1 ある労農階級, とを深く

▼ れた光琳~ (2, 0.0%)

2 の軸

▼ れた光秀~ (2, 0.0%)

1 の娘, の生命

▼ れた光線~ (2, 0.0%)

1 が無, であり

▼ れた全集~ (2, 0.0%)

1 がかなり, だけでも二十四冊

▼ れた兩親~ (2, 0.0%)

1 のある, の愛情

▼ れた八畳~ (2, 0.0%)

1 つづきの, は燈

▼ れた六つ~ (2, 0.0%)

1 の歌, の農場

▼ れた六ぴき~ (2, 0.0%)

1 の大, の怪盗

▼ れた六十万石~ (2, 0.0%)

1 のまだ, の金鱗亀尾蓬左柳

▼ れた六名~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, の者

▼ れた兵員~ (2, 0.0%)

1 の数, はそれほど

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 より以前, 小さな王子

▼ れた其喜び~ (2, 0.0%)

2 を何時

▼ れた具体的~ (2, 0.0%)

1 な技術能力, の事柄

▼ れた典型的人物~ (2, 0.0%)

2 が日本

▼ れた典雅~ (2, 0.0%)

1 な書棚, にし

▼ れた内庭~ (2, 0.0%)

1 なの, は武士

▼ れた内弟子~ (2, 0.0%)

1 の娘, の爲三郎

▼ れた内海~ (2, 0.0%)

1 が一年, は

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 っこい, の意味

▼ れた冒険~ (2, 0.0%)

2 の働き

▼ れた写実的~ (2, 0.0%)

1 な形象, な手法

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 い卓子, やっこい

▼ れた凄まじい~ (2, 0.0%)

1 贅澤な, 骸骨が

▼ れた処ドクトル・ウワアヤ・ミッチェル氏~ (2, 0.0%)

2 が七十五歳

▼ れた出口~ (2, 0.0%)

1 から出よう, ともいうべき

▼ れた出生~ (2, 0.0%)

1 の結婚, の総数

▼ れた刀自若人たち~ (2, 0.0%)

1 がうち瞻, のうち瞻

▼ れた刀身~ (2, 0.0%)

1 がテラリ, はその

▼ れた分子~ (2, 0.0%)

1 はあった, や原子

▼ れた分離~ (2, 0.0%)

2 し得ぬもの

▼ れた切な~ (2, 0.0%)

1 さが, さに

▼ れた切ない~ (2, 0.0%)

1 心もちを, 感情の

▼ れた切支丹宗徒~ (2, 0.0%)

1 の怨念, は容易

▼ れた切株~ (2, 0.0%)

1 に蔽われた, の上

▼ れた切符~ (2, 0.0%)

1 を右手, を見せる

▼ れた判断~ (2, 0.0%)

1 が如何, は必らずし

▼ れた別世界~ (2, 0.0%)

1 のよう, の人

▼ れた別神~ (2, 0.0%)

1 であったらしい, であつ

▼ れた利休~ (2, 0.0%)

1 の顔, や遠

▼ れた剃刀~ (2, 0.0%)

1 がほ, を見つける

▼ れた則重~ (2, 0.0%)

1 の驚き, は煙

▼ れた前方~ (2, 0.0%)

1 の今私達, を見つめ

▼ れた前記~ (2, 0.0%)

1 の二書肆, の八百円

▼ れた剣客~ (2, 0.0%)

1 や門弟たち, らしい奴

▼ れた創造者~ (2, 0.0%)

2

▼ れた力強い~ (2, 0.0%)

1 もの又, 瀑の

▼ れた力量~ (2, 0.0%)

1 でも認められた, を自覚

▼ れた加十~ (2, 0.0%)

1 に兄者人, の落胆ぶり

▼ れた労働量~ (2, 0.0%)

1 に比例, の大小

▼ れた効果~ (2, 0.0%)

1 なの, によってで

▼ れた効用~ (2, 0.0%)

1 の価値, の価値以外

▼ れた勃凸~ (2, 0.0%)

1 が一人, はシャッター

▼ れた勅使~ (2, 0.0%)

1 すら別当, におくれる

▼ れた勅撰和歌集~ (2, 0.0%)

1 の全部, 第二十一代

▼ れた勇吉~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ れた勇敢~ (2, 0.0%)

1 と献身, な老人

▼ れた勇気~ (2, 0.0%)

1 が一時, をあたえる

▼ れた勇者~ (2, 0.0%)

1 が多かっ, は四

▼ れた勘定~ (2, 0.0%)

1 だが, や立て替え

▼ れた勘文~ (2, 0.0%)

2 ではこれ

▼ れた勞働~ (2, 0.0%)

1 がただ, を増大

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 でそこ, で丸く

▼ れた勢力~ (2, 0.0%)

1 と共に次第に, はこの

▼ れた勤め~ (2, 0.0%)

1 であるに, は果たした

▼ れた勤労者~ (2, 0.0%)

1 の現代社会, は四百万人

▼ れた勲章~ (2, 0.0%)

2 に対する事

▼ れた化物~ (2, 0.0%)

1 となつ, のやう

▼ れた北朝~ (2, 0.0%)

1 のほう, の三上皇

▼ れた北門~ (2, 0.0%)

1 の一片, は壁

▼ れた区別~ (2, 0.0%)

1 の基, を一応

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 逆五悪, 逆五惡

▼ れた十二三~ (2, 0.0%)

1 の子, の少年

▼ れた十二名~ (2, 0.0%)

1 の被害者, はかえって

▼ れた十五六~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ れた十五夜~ (2, 0.0%)

1 と同日, の晩

▼ れた十六~ (2, 0.0%)

2 の勘

▼ れた十六歳~ (2, 0.0%)

1 の処女, の處女

▼ れた半三~ (2, 0.0%)

1 の懷中, の長屋

▼ れた半分~ (2, 0.0%)

1 が海上, じゃなく

▼ れた半島~ (2, 0.0%)

2 の岬端

▼ れた半身~ (2, 0.0%)

1 が他, の立派

▼ れた卑俗~ (2, 0.0%)

1 な人情噺, な調子

▼ れた卑弥呼~ (2, 0.0%)

1 が卑狗, の部屋

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 刊本を, 衣の

▼ れた博士号~ (2, 0.0%)

1 のお礼, の衣装

▼ れた印刷屋~ (2, 0.0%)

1 がお前, の主人

▼ れた印籠~ (2, 0.0%)

1 であった, をすられた

▼ れた厚ぼったい~ (2, 0.0%)

1 繃帯の, 膝が

▼ れた原子~ (2, 0.0%)

1 の実在, の質量

▼ れた原子爆弾~ (2, 0.0%)

1 によって命, は只

▼ れた原野~ (2, 0.0%)

1 の気温, の真上

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 な日, な餓鬼

▼ れた去年~ (2, 0.0%)

1 の石炭, の秋

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が逃げる, を一人殘

▼ れた友吉~ (2, 0.0%)

1 と義一, の顔

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 徳川の, 革命軍に

▼ れた反古~ (2, 0.0%)

1 を剥がし, を踏みつけ

▼ れた反省~ (2, 0.0%)

1 の主, の決算

▼ れた取引~ (2, 0.0%)

1 であったが, に対してはすべて

▼ れた古人~ (2, 0.0%)

1 の工学的才能, の生活

▼ れた古今~ (2, 0.0%)

1 です, に比類

▼ れた古典的~ (2, 0.0%)

1 で大柄, な哲學書

▼ れた古家~ (2, 0.0%)

1 であるにも, の雨戸

▼ れた叫び~ (2, 0.0%)

1 とのリズム, のよう

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 成り上等, 足筆記に

▼ れた可愛い~ (2, 0.0%)

1 半玉は, 頭を

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が高天原, の上

▼ れた台地~ (2, 0.0%)

2 の奥

▼ れた号外~ (2, 0.0%)

1 で足元, を見

▼ れた各国人~ (2, 0.0%)

1 の肉感, の集団

▼ れた吉三郎~ (2, 0.0%)

1 の死骸, は飛んだ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 支廳管内の, 軍曹は

▼ れた同じく~ (2, 0.0%)

1 交換教授として, 彼自身の

▼ れた同士~ (2, 0.0%)

1 ではない, のこと

▼ れた同席~ (2, 0.0%)

1 の中根香亭, の平尾男爵

▼ れた同志小林~ (2, 0.0%)

1 に関する諸, の追想記中

▼ れた同氏~ (2, 0.0%)

1 の, の厚志

▼ れた同然~ (2, 0.0%)

1 に息苦しく, に洞斎兄

▼ れた名ばかり~ (2, 0.0%)

1 の二本杉, の妻

▼ れた名品~ (2, 0.0%)

1 でわけても, というもの

▼ れた名器~ (2, 0.0%)

1 があらためて, だったが

▼ れた名画~ (2, 0.0%)

1 の行方, を臨模

▼ れた名題~ (2, 0.0%)

1 の女, の女道中師

▼ れた名馬~ (2, 0.0%)

1 の, の号

▼ れた君臣~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の情

▼ れた吾が~ (2, 0.0%)

1 友人柿丘秋郎こそは, 国民の

▼ れた呉服屋~ (2, 0.0%)

1 の主人, の飾り窓

▼ れた周利槃特~ (2, 0.0%)

1 が, はついに

▼ れた周助~ (2, 0.0%)

1 だ, は夢中

▼ れた味瓜~ (2, 0.0%)

2 がだ

▼ れた呼び名~ (2, 0.0%)

1 であるから, である故に

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 はした, をボツボツ

▼ れた和助~ (2, 0.0%)

1 とお, のよう

▼ れた和歌~ (2, 0.0%)

1 で忘, にございます

▼ れた哲学者~ (2, 0.0%)

1 および真に, であったこと

▼ れた唐草模様~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ れた唯一人~ (2, 0.0%)

1 に限つて, の幸福者

▼ れた唯一色~ (2, 0.0%)

2 の暗夜

▼ れた唱歌~ (2, 0.0%)

1 が長野局, の道

▼ れた商人~ (2, 0.0%)

1 に對, は唯

▼ れた商店~ (2, 0.0%)

1 の人々, の買収

▼ れた喧嘩渡世~ (2, 0.0%)

2 の四字

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 か真, の弱点

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 も時々

▼ れた囚衣~ (2, 0.0%)

2 から露出

▼ れた四冊~ (2, 0.0%)

1 の本, の詩集

▼ れた四十~ (2, 0.0%)

1 の部屋, を越した

▼ れた四名~ (2, 0.0%)

1 の御, の男

▼ れた因果~ (2, 0.0%)

1 の種自身, の網目

▼ れた団体~ (2, 0.0%)

1 はわけ, も新た

▼ れた団結~ (2, 0.0%)

1 ではあっ, のやう

▼ れた図形~ (2, 0.0%)

1 であること, を考察

▼ れた図書館~ (2, 0.0%)

1 の書棚, の様式

▼ れた固有~ (2, 0.0%)

1 の光, の特質

▼ れた国司~ (2, 0.0%)

1 の任期, や府生たち

▼ れた圓塚~ (2, 0.0%)

2 であつ

▼ れた團體~ (2, 0.0%)

1 から人民, で村

▼ れた土中~ (2, 0.0%)

1 のおりん, の一

▼ れた土井大炊頭~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ れた土塀~ (2, 0.0%)

2 のほとり

▼ れた土手~ (2, 0.0%)

1 に近かっ, を越し

▼ れた土饅頭~ (2, 0.0%)

1 の下, の前

▼ れた地名~ (2, 0.0%)

1 であります, でもあり

▼ れた地圖~ (2, 0.0%)

1 の涯, は所謂

▼ れた地平~ (2, 0.0%)

1 の果て, をのがれ

▼ れた地蔵菩薩~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ れた坂下~ (2, 0.0%)

1 に着いた, の水茶屋

▼ れた坊さん~ (2, 0.0%)

1 がお, の親切

▼ れた坊ちゃん~ (2, 0.0%)

1 の新しい, の足

▼ れた坊主雛~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ れた坑道~ (2, 0.0%)

1 があっち, のどこ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 に靠れ, は低く

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のよう, りっぽい

▼ れた埃まみれ~ (2, 0.0%)

2 な一つ

▼ れた城太郎~ (2, 0.0%)

1 は天, を伴

▼ れた城山~ (2, 0.0%)

1 が都市, の真暗

▼ れた城郭~ (2, 0.0%)

1 のよう, の中

▼ れた城門~ (2, 0.0%)

1 はあくる日, へ母

▼ れた執事~ (2, 0.0%)

1 の勝見, の左京路

▼ れた基礎~ (2, 0.0%)

1 によれ, はこれら

▼ れた堂守~ (2, 0.0%)

1 の死体, の死體

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の激し, の逆上的

▼ れた場合これ~ (2, 0.0%)

1 はもう, を受容

▼ れた場合彼~ (2, 0.0%)

1 がとり得る, は平気

▼ れた場所今度~ (2, 0.0%)

2 は塀

▼ れた塵芥箱~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ れた境界~ (2, 0.0%)

1 の中, の缺

▼ れた墓標~ (2, 0.0%)

1 はその, をめぐってここ

▼ れた壁画~ (2, 0.0%)

1 の中, の外

▼ れた声音~ (2, 0.0%)

1 で挨拶, を続け様

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 がまるで, を私

▼ れた夕暮~ (2, 0.0%)

1 になる, の空

▼ れた外交官~ (2, 0.0%)

2 らしい紳士

▼ れた夜具~ (2, 0.0%)

1 の中, を見る

▼ れた夢想児~ (2, 0.0%)

2 のその

▼ れた大会~ (2, 0.0%)

1 でもあった, は前

▼ れた大作~ (2, 0.0%)

1 などとは違っ, に忠相

▼ れた大力~ (2, 0.0%)

1 がまず, の坊主

▼ れた大勢~ (2, 0.0%)

1 にさらに, の姉様

▼ れた大地~ (2, 0.0%)

1 の上, の肌

▼ れた大型~ (2, 0.0%)

1 の戦車, の自動式ナイフ

▼ れた大学~ (2, 0.0%)

1 で哲学, 及び国学

▼ れた大学生~ (2, 0.0%)

1 が腹, つきあつ

▼ れた大尉殿~ (2, 0.0%)

2 は狐

▼ れた大島~ (2, 0.0%)

1 の新しい, の表

▼ れた大工~ (2, 0.0%)

1 の伊三郎, は

▼ れた大師~ (2, 0.0%)

1 と胸, の双肩

▼ れた大形~ (2, 0.0%)

2 の自動車

▼ れた大杉栄~ (2, 0.0%)

1 が好き, の遺児

▼ れた大杯~ (2, 0.0%)

1 を両手, を静か

▼ れた大森~ (2, 0.0%)

2 の貝塚

▼ れた大男~ (2, 0.0%)

1 の両足, は

▼ れた大神~ (2, 0.0%)

1 の乗物, の眷属

▼ れた大穴~ (2, 0.0%)

1 がみんな, である

▼ れた大空~ (2, 0.0%)

1 の美し, は俄

▼ れた大衆小説~ (2, 0.0%)

1 にとつて, を意味

▼ れた大豆~ (2, 0.0%)

1 が圧搾機, の殻

▼ れた大輪~ (2, 0.0%)

1 の朝顏, の花

▼ れた大通り~ (2, 0.0%)

1 の一角, はいつも

▼ れた大雨~ (2, 0.0%)

2 が一頻り

▼ れた大音寺前~ (2, 0.0%)

2 の通り

▼ れた天体~ (2, 0.0%)

1 の二つ, の渾沌

▼ れた天使~ (2, 0.0%)

1 が一人, のよう

▼ れた天地~ (2, 0.0%)

1 がたちまち, に置い

▼ れた天女~ (2, 0.0%)

1 が諸国, の肩

▼ れた天守閣~ (2, 0.0%)

1 が傍, は何

▼ れた天平~ (2, 0.0%)

1 のみ代, の女

▼ れた天平五年~ (2, 0.0%)

1 にはその, には其信仰伝承

▼ れた天正十年~ (2, 0.0%)

1 の五月, の正月

▼ れた天罰~ (2, 0.0%)

1 ではない, で横痃

▼ れた天草屋~ (2, 0.0%)

2 の次男

▼ れた天部部落~ (2, 0.0%)

1 の如き, を通過

▼ れた太夫~ (2, 0.0%)

1 がなんで, のしかた

▼ れた太田~ (2, 0.0%)

1 が飛び出した, は何

▼ れた失敗~ (2, 0.0%)

1 のあと, の経験

▼ れた奇薬~ (2, 0.0%)

1 で地中, を遣っ

▼ れた奇跡~ (2, 0.0%)

1 なの, に心

▼ れた奈々子~ (2, 0.0%)

1 の屍体, は意外

▼ れた奉書~ (2, 0.0%)

1 の卷紙, の紙

▼ れた奉答文事件~ (2, 0.0%)

2 を認め

▼ れた契機~ (2, 0.0%)

1 というの, を出来る

▼ れた奥方~ (2, 0.0%)

1 のあなた, は相当

▼ れた奧樣~ (2, 0.0%)

1 の傷, の御

▼ れた奨励金~ (2, 0.0%)

1 によってそこ, に等しい

▼ れた女ども~ (2, 0.0%)

1 がおおよそ, の疳高い

▼ れた女中たち~ (2, 0.0%)

1 はそんな, は怖気

▼ れた女優~ (2, 0.0%)

1 との夫妻, なども居る

▼ れた女史~ (2, 0.0%)

1 の胸, は惜しげ

▼ れた女学生~ (2, 0.0%)

1 の亡霊, は一人

▼ れた女学生たち~ (2, 0.0%)

1 の稚い, はその

▼ れた女心~ (2, 0.0%)

1 のいとおし, をポーズ

▼ れた女物~ (2, 0.0%)

1 の財布, の革手袋

▼ れた女笛師~ (2, 0.0%)

1 と郁次郎, の雪女

▼ れた女親~ (2, 0.0%)

2 の狭い

▼ れた女郎~ (2, 0.0%)

2 に未練

▼ れた奴国~ (2, 0.0%)

1 の兵, の密集団

▼ れた好意~ (2, 0.0%)

1 と斡旋, を感謝

▼ れた好機~ (2, 0.0%)

1 を利用, を永久

▼ れた妻子~ (2, 0.0%)

1 のとぼしい, の安全

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 御さ, 御だ

▼ れた姓名~ (2, 0.0%)

1 は一万余, を私

▼ れた委員~ (2, 0.0%)

1 だけが集まっ, の手

▼ れた委員会~ (2, 0.0%)

1 のいづれ, の多く

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 は向う, 泣く爺媼欺

▼ れた姿態美~ (2, 0.0%)

2 の変化

▼ れた娘さん~ (2, 0.0%)

1 が一人, はきっと

▼ れた娘たち~ (2, 0.0%)

1 は夫, を恐れた

▼ れた婦人作家~ (2, 0.0%)

1 というもの, の作品

▼ れた媒介物~ (2, 0.0%)

1 だから, を選んだ

▼ れた嫁さん~ (2, 0.0%)

1 の亭主, の姿

▼ れた嫉妬~ (2, 0.0%)

1 が感じられ, の憤り

▼ れた子供みたい~ (2, 0.0%)

1 な天, にわくわく

▼ れた子分二~ (2, 0.0%)

2 と三

▼ れた子女~ (2, 0.0%)

1 が大きく, にはおのずから

▼ れた子猫~ (2, 0.0%)

1 のよう, をいきなり

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 がそち, が大きく

▼ れた学徒たち~ (2, 0.0%)

2 の賑やか

▼ れた学術~ (2, 0.0%)

1 や芸術, を恩恵的

▼ れた学説~ (2, 0.0%)

1 の代表者, はこの

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 は母

▼ れた孫三郎~ (2, 0.0%)

1 の死體, は飛んだ

▼ れた孫六~ (2, 0.0%)

2 を怨ん

▼ れた學者~ (2, 0.0%)

1 がある, でもあつ

▼ れた宇宙艇~ (2, 0.0%)

1 はこの, はこれ

▼ れた安彦氏~ (2, 0.0%)

1 がホンモノ, は出征前

▼ れた安心~ (2, 0.0%)

1 からレモン・ティ等, とでいつ知らず三吉

▼ れた安東仁雄~ (2, 0.0%)

1 が心臓, の秘めたる

▼ れた安東氏~ (2, 0.0%)

1 などで彼ら, の態度

▼ れた完全性~ (2, 0.0%)

1 しかふさ, しかふさわしく

▼ れた宗次郎~ (2, 0.0%)

2 は毒茶

▼ れた宗祖大師~ (2, 0.0%)

1 の法名, の降誕記念會

▼ れた宗良親王~ (2, 0.0%)

1 ともう, へもすすめ

▼ れた官兵衛~ (2, 0.0%)

2 は秀吉

▼ れた宝物~ (2, 0.0%)

1 があった, をとりだし

▼ れた宝玉~ (2, 0.0%)

1 のよう, を思ひ出させ

▼ れた宝石~ (2, 0.0%)

1 のよう, や古代金貨

▼ れた実感~ (2, 0.0%)

1 にくらべる, を与へる

▼ れた実業家~ (2, 0.0%)

1 でも全, などが寄り合っ

▼ れた実話~ (2, 0.0%)

1 が生まれる, である

▼ れた実践~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, の形態

▼ れた宣統帝~ (2, 0.0%)

1 は今, を見

▼ れた宮殿~ (2, 0.0%)

1 の前, を望見

▼ れた家がら~ (2, 0.0%)

1 おうたがい申し, であった

▼ れた家康~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, の一門

▼ れた家来~ (2, 0.0%)

1 は千枝太郎, を連れ

▼ れた家柄~ (2, 0.0%)

1 で主人, で死天

▼ れた家筋~ (2, 0.0%)

1 があった, でございましょう

▼ れた容器~ (2, 0.0%)

1 である博愛的人道的世界主義, で上げ下ろし

▼ れた宿坊~ (2, 0.0%)

2 は避暑地

▼ れた宿屋~ (2, 0.0%)

1 に草鞋, の膳

▼ れた密林~ (2, 0.0%)

1 がここ, の生活

▼ れた富士~ (2, 0.0%)

1 と向き合っ, の裾野

▼ れた寝棺~ (2, 0.0%)

1 ではなく, と白大理石

▼ れた寝顔~ (2, 0.0%)

1 を持った, を見つめ

▼ れた寡婦~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ れた寢床~ (2, 0.0%)

1 をあげ, をのべ

▼ れた寺田先生~ (2, 0.0%)

1 がある, の言葉

▼ れた対手~ (2, 0.0%)

1 の手, はたしかに

▼ れた対立~ (2, 0.0%)

1 に際して一方, の誇張

▼ れた対策~ (2, 0.0%)

1 であるから, はいよいよ

▼ れた将軍~ (2, 0.0%)

1 になっ, の面

▼ れた尊厳~ (2, 0.0%)

1 なもの, をつくろふこ

▼ れた尊敬~ (2, 0.0%)

1 すべき業績, と信頼

▼ れた小ぢんまり~ (2, 0.0%)

2 した家

▼ れた小ばやしくん~ (2, 0.0%)

1 が中, をたすける

▼ れた小一郎~ (2, 0.0%)

1 は既に, は築山

▼ れた小便~ (2, 0.0%)

2 の水面

▼ れた小僧~ (2, 0.0%)

1 の姿, の時

▼ れた小児~ (2, 0.0%)

1 のよう, を助けた

▼ れた小型~ (2, 0.0%)

1 の化粧箱, の壺

▼ れた小女~ (2, 0.0%)

1 がグルグル, は行儀

▼ れた小娘~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ れた小山~ (2, 0.0%)

1 が岬, の頂きが

▼ れた小島~ (2, 0.0%)

1 という人, のよう

▼ れた小川正一~ (2, 0.0%)

1 です, と名乗る

▼ れた小径~ (2, 0.0%)

1 であった, を馬車

▼ れた小林~ (2, 0.0%)

1 が, の粗末

▼ れた小林君~ (2, 0.0%)

1 と緑ちゃん, は部屋

▼ れた小林少年~ (2, 0.0%)

1 が林檎, はあれ

▼ れた小林貞~ (2, 0.0%)

1 の骸骨, は恥

▼ れた小枝~ (2, 0.0%)

1 の姉, は逃げ去るであろう

▼ れた小枝姫~ (2, 0.0%)

1 が元, はさぞ

▼ れた小流~ (2, 0.0%)

1 が走っ, が走つ

▼ れた小田さん~ (2, 0.0%)

1 が俊夫君, に向かっ

▼ れた小船~ (2, 0.0%)

1 で沖, のなか

▼ れた小道~ (2, 0.0%)

1 へ曲っ, を元気

▼ れた小野三郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 が名古屋表, の前

▼ れた小野小町~ (2, 0.0%)

1 だ, の一幅

▼ れた小間使~ (2, 0.0%)

1 が仰向き, は姿

▼ れた小麦~ (2, 0.0%)

1 の幾袋, や裸麦

▼ れた少年たち~ (2, 0.0%)

1 だった, は云われた

▼ れた少年時代~ (2, 0.0%)

1 にはガデャーチ, のスナップ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 はきっと又, はこれ

▼ れた展覧会~ (2, 0.0%)

1 に楊貴妃, を見せ

▼ れた山の上~ (2, 0.0%)

1 で人間, の平ら

▼ れた山の手~ (2, 0.0%)

1 に良寛さま, のカフエ

▼ れた山上~ (2, 0.0%)

1 でも伊東, に高く

▼ れた山中~ (2, 0.0%)

1 で山葡萄, の里

▼ れた山伏~ (2, 0.0%)

1 は彼, は金剛杖

▼ れた山崎~ (2, 0.0%)

1 の人々, の繃帯

▼ れた山村蘇門~ (2, 0.0%)

2 の寄進

▼ れた山頂~ (2, 0.0%)

1 に掘, の空地

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 っ引, の美しい

▼ れた岡田~ (2, 0.0%)

1 はどう, はますます

▼ れた岩洞~ (2, 0.0%)

2 の奥

▼ れた岩石~ (2, 0.0%)

1 の多い, の類

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 に沿っ, の上

▼ れた岸本~ (2, 0.0%)

1 とマダム, は今

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の城

▼ れた島国~ (2, 0.0%)

1 から一歩, は森

▼ れた島田~ (2, 0.0%)

1 のおくれ毛, の白い

▼ れた崇徳上皇~ (2, 0.0%)

1 なども歯がゆい, の怨念

▼ れた崖下~ (2, 0.0%)

1 の突端, の部落

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 に倚, は家

▼ れた巡査~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, は一瞬

▼ れた巡礼~ (2, 0.0%)

1 のお, の少女

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 に注意, の中

▼ れた工合~ (2, 0.0%)

1 が牛, になった

▼ れた巫女~ (2, 0.0%)

1 が多, は平安朝

▼ れた差押え~ (2, 0.0%)

1 の札, の紙ぎれ

▼ れた巻莨~ (2, 0.0%)

2 の灰皿

▼ れた帆村~ (2, 0.0%)

1 はべつ, はまず

▼ れた希望~ (2, 0.0%)

1 が思い起こされる, も欲望

▼ れた帝王~ (2, 0.0%)

1 の手, の馬丁

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 としては甚だ, の拳

▼ れた席上四国~ (2, 0.0%)

1 の田舎, の高松

▼ れた帰結~ (2, 0.0%)

1 に執着, を変える

▼ れた帰途~ (2, 0.0%)

1 に此地, は前

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 な原, 僧と

▼ れた平凡~ (2, 0.0%)

1 な真理, な雪頂

▼ れた平原~ (2, 0.0%)

1 がひらけ, などに村国

▼ れた平坦~ (2, 0.0%)

1 な新道, な音声

▼ れた平安朝~ (2, 0.0%)

1 の中期, の中頃以降

▼ れた平将門~ (2, 0.0%)

1 の一族, の如き

▼ れた平岡~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ れた平野~ (2, 0.0%)

1 の光景, の架

▼ れた年ごろ~ (2, 0.0%)

1 では, の乙女

▼ れた年寄~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の馬

▼ れた年数~ (2, 0.0%)

1 であること, の間

▼ れた年月~ (2, 0.0%)

1 からいう, によって一冊

▼ れた幻覚~ (2, 0.0%)

1 だったろう, に対して今にも

▼ れた幼稚園~ (2, 0.0%)

2 の鉄

▼ れた幾人~ (2, 0.0%)

1 かの同年兵, か切った

▼ れた幾日~ (2, 0.0%)

1 かの辛, かをすぎ

▼ れた幾箇月~ (2, 0.0%)

2 かを過した

▼ れた広く~ (2, 0.0%)

1 して, 波立つ入江

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 にある, 冷たい無気味

▼ れた店先~ (2, 0.0%)

1 が一層, に烈日

▼ れた度数~ (2, 0.0%)

1 と私, の方

▼ れた座布団~ (2, 0.0%)

1 も大概, をちょい

▼ れた座席~ (2, 0.0%)

1 などはない, は舞台

▼ れた座蒲団~ (2, 0.0%)

1 の処, より膝

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 い平野, い道

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 にも彼, の形

▼ れた弘法大師~ (2, 0.0%)

1 にその, も国民

▼ れた弥生~ (2, 0.0%)

1 があわや, の口

▼ れた弱い~ (2, 0.0%)

1 善良な, 子の

▼ れた弱者~ (2, 0.0%)

1 が強者, 老大獣

▼ れた当事者~ (2, 0.0%)

1 がそれ, ではない

▼ れた当分~ (2, 0.0%)

1 しばらくは, は我家

▼ れた形而上学~ (2, 0.0%)

1 の内, は必ずしも

▼ れた形象~ (2, 0.0%)

1 によって構成, の方

▼ れた形迹~ (2, 0.0%)

1 が不明, が見られる

▼ れた彫像~ (2, 0.0%)

1 はフランス, をうけ入れ

▼ れた彫刻~ (2, 0.0%)

1 された誌文, も優れた

▼ れた影響~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, で

▼ れた役人たち~ (2, 0.0%)

1 がはいっ, によってである

▼ れた役割~ (2, 0.0%)

1 について多大, は単なる

▼ れた役所~ (2, 0.0%)

1 に統計司, の指令

▼ れた彼国~ (2, 0.0%)

1 の新, の王族

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が続く, はまだそのまま

▼ れた律格~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, をも有しない

▼ れた後ろ~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ れた後世~ (2, 0.0%)

1 に於, の門付

▼ れた後味~ (2, 0.0%)

1 には何, のいい

▼ れた御殿~ (2, 0.0%)

1 であるが, へ客人神

▼ れた御用~ (2, 0.0%)

2 の提灯

▼ れた御簾~ (2, 0.0%)

1 ごし, の方

▼ れた御蔭~ (2, 0.0%)

1 でこの, で奈良原

▼ れた御製~ (2, 0.0%)

1 が後々推敲, を書きとり

▼ れた御身~ (2, 0.0%)

1 が, も近頃

▼ れた御飯~ (2, 0.0%)

1 の上, を掻っ込む

▼ れた徳利~ (2, 0.0%)

1 の口, の數

▼ れた徳川家~ (2, 0.0%)

1 の全力, の家臣三名

▼ れた心理状態~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を色々

▼ れた心細~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ れた心配~ (2, 0.0%)

1 とは随分, は外れ

▼ れた必然~ (2, 0.0%)

1 な理由, の術

▼ れた必然性~ (2, 0.0%)

1 と偶然性, に対する同じく

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 は他, 漢である

▼ れた念仏宗~ (2, 0.0%)

1 にはすでに, を信じた

▼ れた怖い~ (2, 0.0%)

1 オッサンで, 思い出ばかり

▼ れた思出~ (2, 0.0%)

1 がある, であつ

▼ れた思惟~ (2, 0.0%)

1 の現, は空間直観

▼ れた思考~ (2, 0.0%)

1 である, であるに

▼ れた思考力~ (2, 0.0%)

1 にさえそれ, はそんな

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 な尾根, 斜で

▼ れた急峻~ (2, 0.0%)

1 な山, な山側

▼ れた急斜面~ (2, 0.0%)

1 の小路, を足場

▼ れた恐し~ (2, 0.0%)

1 い屋敷, い般若

▼ れた恐らく~ (2, 0.0%)

1 曽田中将の, 最古の

▼ れた恐怖心~ (2, 0.0%)

1 から起った, がこの

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 とで心中怒り, に燃えた

▼ れた恩寵~ (2, 0.0%)

1 であると, の摂理

▼ れた悔し~ (2, 0.0%)

1 さから, さに

▼ れた悔恨~ (2, 0.0%)

1 が彼女, は今

▼ れた悟性~ (2, 0.0%)

1 にとって当然, にとつて當然

▼ れた悪人~ (2, 0.0%)

1 と化し, の最後

▼ れた悪意~ (2, 0.0%)

1 に鈍く, はない

▼ れた悪戯~ (2, 0.0%)

1 だと, となった

▼ れた悪魔的~ (2, 0.0%)

1 な混沌, な道

▼ れた悲嘆~ (2, 0.0%)

1 のドン底, の子

▼ れた悲境~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ れた情感~ (2, 0.0%)

1 と怜悧さ, の甘

▼ れた情慾~ (2, 0.0%)

1 がもはや, のハケ口

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 ましい, 虐人形芝居の

▼ れた想念~ (2, 0.0%)

1 はまだ, をいだき

▼ れた意図~ (2, 0.0%)

1 に於, を以て日本留学

▼ れた愛慾~ (2, 0.0%)

1 でも我々, はいつ

▼ れた感受性~ (2, 0.0%)

1 の賜, の鈍磨

▼ れた感性~ (2, 0.0%)

1 の角度, の触手

▼ れた感覺~ (2, 0.0%)

1 を起した, 諸内容

▼ れた慈善~ (2, 0.0%)

2 を欲

▼ れた慈善音楽会~ (2, 0.0%)

2 の一葉

▼ れた慰め~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ れた慶四郎~ (2, 0.0%)

1 は青年, を見た

▼ れた憂鬱~ (2, 0.0%)

1 きわまる問答, であろう

▼ れた憧憬~ (2, 0.0%)

1 である, を一刻

▼ れた懐かしい~ (2, 0.0%)

1 思い出な, 情人の

▼ れた戀人~ (2, 0.0%)

2 を思ふ

▼ れた成果~ (2, 0.0%)

1 であると, の後

▼ れた我が身~ (2, 0.0%)

1 が今, の悲運

▼ れた我我~ (2, 0.0%)

2 は今日

▼ れた戦い~ (2, 0.0%)

1 として私小説, においては敵

▼ れた戦場~ (2, 0.0%)

1 の光景, の経験

▼ れた戦慄~ (2, 0.0%)

1 すべき場所, すべき怪人集団

▼ れた戰爭~ (2, 0.0%)

1 だつた, であ

▼ れた戸袋~ (2, 0.0%)

2 の蔭

▼ れた扁理~ (2, 0.0%)

1 の神経質, の神經質

▼ れた手代宗次郎~ (2, 0.0%)

2 の死骸

▼ れた手代風~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ れた手品~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, の種

▼ れた手塚さん~ (2, 0.0%)

1 のさけび, の子供

▼ れた手綱~ (2, 0.0%)

1 が垣, だけで

▼ れた手頸~ (2, 0.0%)

1 と手頸, の手

▼ れた才蔵~ (2, 0.0%)

1 はお, は味方

▼ れた批判~ (2, 0.0%)

1 のみに限られる, は常に

▼ れた批評家~ (2, 0.0%)

1 は大抵さ, は相手

▼ れた技師~ (2, 0.0%)

1 の残した, はこの

▼ れた技術家~ (2, 0.0%)

1 である, とコムソモール

▼ れた技術的~ (2, 0.0%)

1 な, 閃きを

▼ れた折助~ (2, 0.0%)

1 の一人, もおそらくは

▼ れた折節兵火~ (2, 0.0%)

2 の余烟

▼ れた抵抗~ (2, 0.0%)

1 が愉快, と防衛

▼ れた指導者~ (2, 0.0%)

1 が無, に共鳴

▼ れた振り~ (2, 0.0%)

1 して, をした

▼ れた捕手~ (2, 0.0%)

1 は源次, や同心たち

▼ れた捕縄~ (2, 0.0%)

1 の網, を舌うち

▼ れた捜索隊~ (2, 0.0%)

1 が出発, や県

▼ れた捨子~ (2, 0.0%)

1 である, の成り

▼ れた掛物~ (2, 0.0%)

1 が残つて, を仕上げ

▼ れた探偵小説~ (2, 0.0%)

1 のうち, の方面

▼ れた探索~ (2, 0.0%)

1 として希望, の網

▼ れた推古~ (2, 0.0%)

2 の文明

▼ れた掲示~ (2, 0.0%)

1 がはっ, の紙

▼ れた握り飯~ (2, 0.0%)

1 があらわれた, を木の葉

▼ れた損害~ (2, 0.0%)

1 も大きい, を払っ

▼ れた摂理~ (2, 0.0%)

2 は終り

▼ れた操人形~ (2, 0.0%)

1 さながらに, のよう

▼ れた支店長~ (2, 0.0%)

1 が失望, は二三

▼ れた支那人~ (2, 0.0%)

1 と云う, のいた

▼ れた支那兵~ (2, 0.0%)

1 が無数, が蒙

▼ れた改良~ (2, 0.0%)

1 に対して支払われる, をなす

▼ れた放心~ (2, 0.0%)

1 したもの, を否定

▼ れた放蕩三昧~ (2, 0.0%)

2 の身

▼ れた放蕩息子~ (2, 0.0%)

1 の上り, の果

▼ れた政吉~ (2, 0.0%)

1 という若い, はぽかんと

▼ れた故人~ (2, 0.0%)

1 の写真, の愛

▼ れた故国~ (2, 0.0%)

1 からの便り, の珍味

▼ れた教師~ (2, 0.0%)

1 というもの, と異なる

▼ れた数人~ (2, 0.0%)

1 の党員, の証言

▼ れた数名~ (2, 0.0%)

1 が, の手負

▼ れた数多く~ (2, 0.0%)

1 の公職追放者, の者たち

▼ れた数学パズル~ (2, 0.0%)

1 でこの, の種本

▼ れた数篇~ (2, 0.0%)

1 といくらか, とがあつめられ

▼ れた数言~ (2, 0.0%)

1 は次, を耳

▼ れた敵味方~ (2, 0.0%)

1 の屍, の療治

▼ れた敵意~ (2, 0.0%)

1 の壁, はそれ

▼ れた文体~ (2, 0.0%)

1 などという田舎, の効果

▼ れた文字通り~ (2, 0.0%)

1 の仙境, の新風

▼ れた文学作品~ (2, 0.0%)

1 が氾濫, は必ら

▼ れた文明批判~ (2, 0.0%)

2 の書

▼ れた文次~ (2, 0.0%)

1 の懐中物, はどう

▼ れた文次郎~ (2, 0.0%)

1 は仕方, は血

▼ れた斜面~ (2, 0.0%)

1 が円形劇場, にピッケル

▼ れた断片~ (2, 0.0%)

1 の類, をうつし

▼ れた断髪~ (2, 0.0%)

1 の先, はまるで

▼ れた新吉~ (2, 0.0%)

1 はがっかり, を調べ

▼ れた新春~ (2, 0.0%)

1 であった, であるが

▼ れた新田先生~ (2, 0.0%)

1 の傷, はわが

▼ れた新興~ (2, 0.0%)

1 の芸術, の芸術派

▼ れた新説~ (2, 0.0%)

1 がある, とも云

▼ れた方針~ (2, 0.0%)

1 に従ってより, や保証

▼ れた方面~ (2, 0.0%)

1 とは飛び離れ, は今やいかにも

▼ れた旅役者~ (2, 0.0%)

2 の女房

▼ れた旅愁~ (2, 0.0%)

1 というの, をつかん

▼ れた旅行記~ (2, 0.0%)

2 も却って

▼ れた旋回機~ (2, 0.0%)

1 に巻きつい, のかたわら

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 がヒタヒタ, の竹

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 与の

▼ れた日あれ~ (2, 0.0%)

1 はたしか, は半蔵

▼ れた日僕~ (2, 0.0%)

1 は君, は帰っ

▼ れた日常~ (2, 0.0%)

1 に一道, に身

▼ れた日時~ (2, 0.0%)

1 に指定, や場所

▼ れた日本帝国主義~ (2, 0.0%)

1 の侵略戦争, の満州侵略戦争

▼ れた日本教習~ (2, 0.0%)

2 の數

▼ れた日本歴史~ (2, 0.0%)

1 で養われ, に関する特に

▼ れた日私~ (2, 0.0%)

1 は信頼, を訪ねた

▼ れた日蓮~ (2, 0.0%)

1 その人, はまず

▼ れた日課~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ れた旦那~ (2, 0.0%)

1 だとは, というもの

▼ れた旦那様~ (2, 0.0%)

1 にすみますまい, を引

▼ れた早産児~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ れた早苗さん~ (2, 0.0%)

1 が北村, の背中

▼ れた昂奮~ (2, 0.0%)

1 に胸, のまま

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 には何, の作業服

▼ れた明る~ (2, 0.0%)

1 さが, さで

▼ れた明治~ (2, 0.0%)

1 の既往, 新社会

▼ れた昔話~ (2, 0.0%)

1 だが, の一つ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が一ぺん, の陽光

▼ れた昭和十年~ (2, 0.0%)

2 の秋

▼ れた時そこ~ (2, 0.0%)

1 には現実的, に住む

▼ れた時そのかみ~ (2, 0.0%)

2 の彼自身

▼ れた時ちゃん~ (2, 0.0%)

2 の腕

▼ れた時に~ (2, 0.0%)

1 年四十三, 暴虎あり

▼ れた時ひとり~ (2, 0.0%)

1 の気丈, もお

▼ れた時わし~ (2, 0.0%)

1 はどんな, は何

▼ れた時ゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 の心臓, は最も

▼ れた時一朝~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ れた時不意~ (2, 0.0%)

2 に対手

▼ れた時主人~ (2, 0.0%)

1 が片, の部屋

▼ れた時今~ (2, 0.0%)

1 の場所, の秩序

▼ れた時代本~ (2, 0.0%)

2 を読みたく

▼ れた時何~ (2, 0.0%)

1 かきびきび, をもっ

▼ れた時係~ (2, 0.0%)

2 の刑事

▼ れた時俺~ (2, 0.0%)

1 はただ, は実は

▼ れた時八五郎~ (2, 0.0%)

1 のところ, の家

▼ れた時分どこ~ (2, 0.0%)

1 かの楽屋, に居なすった

▼ れた時初~ (2, 0.0%)

1 は単身入府, より孥

▼ れた時卯平~ (2, 0.0%)

1 は, はのつ

▼ れた時君~ (2, 0.0%)

1 には光子, はただ

▼ れた時女~ (2, 0.0%)

1 は, は投げ出す

▼ れた時姫~ (2, 0.0%)

2 の聲

▼ れた時婦人~ (2, 0.0%)

1 にとってはじめて, に対して政治的自由

▼ れた時家~ (2, 0.0%)

1 の中, の父

▼ れた時平次~ (2, 0.0%)

2 はケロリ

▼ れた時庭~ (2, 0.0%)

1 に居た, の築山

▼ れた時我々~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は其報酬

▼ れた時根津~ (2, 0.0%)

2 も江戸

▼ れた時横浜~ (2, 0.0%)

2 から新橋

▼ れた時武蔵~ (2, 0.0%)

1 が, はいちど

▼ れた時氏~ (2, 0.0%)

1 の話, は色々

▼ れた時父~ (2, 0.0%)

1 が学資, はそれ

▼ れた時直木~ (2, 0.0%)

2 は紺絣

▼ れた時船~ (2, 0.0%)

1 の中, をあやつった

▼ れた時見物~ (2, 0.0%)

1 に集つた村, は冷遇

▼ れた時間内~ (2, 0.0%)

1 に於, に秩序

▼ れた時雇人~ (2, 0.0%)

1 のうち, のうち手引

▼ れた時非常~ (2, 0.0%)

1 な好評, に驚いた

▼ れた時頭~ (2, 0.0%)

1 から冷水, の上

▼ れた晩吾妻屋~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ れた晩春~ (2, 0.0%)

1 の雨, の青空

▼ れた智慧~ (2, 0.0%)

1 です, とはならない

▼ れた智識~ (2, 0.0%)

1 はかえって, や報告

▼ れた暑い~ (2, 0.0%)

1 室に, 空気が

▼ れた暗黒~ (2, 0.0%)

1 のうち, の殼

▼ れた曲目~ (2, 0.0%)

1 が用意, は左

▼ れた書牘~ (2, 0.0%)

1 の前半, は集め

▼ れた書生~ (2, 0.0%)

1 が間もなく, の一人

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 主要なる, 重要な

▼ れた最終~ (2, 0.0%)

1 の一人, の欲望

▼ れた最近~ (2, 0.0%)

1 の人口調査, の長篇

▼ れた會話~ (2, 0.0%)

1 は次, をみんな

▼ れた月給~ (2, 0.0%)

1 の袋, 取

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 として皆相対的, 楽座という

▼ れた有力~ (2, 0.0%)

1 な戦争協力者たち, の餞別

▼ れた有形~ (2, 0.0%)

2 または無形

▼ れた有機交流電燈~ (2, 0.0%)

1 の, のひとつ

▼ れた木乃伊~ (2, 0.0%)

1 がその, の鑑定

▼ れた木像~ (2, 0.0%)

1 と木馬, の胸

▼ れた木小屋~ (2, 0.0%)

1 が一つ, の中

▼ れた木彫~ (2, 0.0%)

1 の人形, の観音像

▼ れた木戸博士~ (2, 0.0%)

1 はご, は乾枯らびた色艶

▼ れた木柵~ (2, 0.0%)

1 のところどころ, の外部

▼ れた木樵~ (2, 0.0%)

2 はやっと

▼ れた木片~ (2, 0.0%)

1 で暖まる, 程に無力

▼ れた木綿~ (2, 0.0%)

1 の衣服, の長襦袢

▼ れた本丸~ (2, 0.0%)

1 から二の丸, とはいえ

▼ れた本当~ (2, 0.0%)

1 の大衆文学, の男

▼ れた本当に~ (2, 0.0%)

2 新しい女性

▼ れた本来~ (2, 0.0%)

1 の徳, の趨向

▼ れた本然~ (2, 0.0%)

1 とを求め, の性情

▼ れた本箱~ (2, 0.0%)

1 があった, が二つ

▼ れた机博士~ (2, 0.0%)

1 その日, は金切声

▼ れた村落~ (2, 0.0%)

1 の中, の路

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の名花, 第一病棟

▼ れた東作爺~ (2, 0.0%)

1 がロスコー家裏手, はもう

▼ れた東大寺~ (2, 0.0%)

1 をまた, を造営

▼ れた東泉寺~ (2, 0.0%)

2 の住職

▼ れた東洋~ (2, 0.0%)

2 に負う

▼ れた松の木~ (2, 0.0%)

1 が青々, の方

▼ れた松五郎~ (2, 0.0%)

1 が鼠煙火, へ追善

▼ れた松明~ (2, 0.0%)

1 だけでも千本, の小山

▼ れた松永~ (2, 0.0%)

1 の行方捜索, はそれから

▼ れた松江~ (2, 0.0%)

1 のゆく, は雑草

▼ れた松王様~ (2, 0.0%)

2 が傍ら

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のはなれ, を取りあげ

▼ れた板塀~ (2, 0.0%)

1 からは水, について曲る

▼ れた板戸~ (2, 0.0%)

1 の外, を立てかけ

▼ れた板木~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ れた板片~ (2, 0.0%)

1 の上, の井桁

▼ れた林三郎~ (2, 0.0%)

2 の女房

▼ れた林道~ (2, 0.0%)

1 であろう, も楽

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 數が, 數にも

▼ れた枚数~ (2, 0.0%)

1 の中, の答案

▼ れた果て~ (2, 0.0%)

1 に庸三, をいつ

▼ れた果実~ (2, 0.0%)

1 として花, のよう

▼ れた果物~ (2, 0.0%)

2 の籠

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ れた枢軸~ (2, 0.0%)

1 の故に, をなし

▼ れた枯尾花~ (2, 0.0%)

2 が走っ

▼ れた枯草~ (2, 0.0%)

1 が溶け, の束

▼ れた枯葉~ (2, 0.0%)

1 がぴったり, のよう

▼ れた染吉~ (2, 0.0%)

1 が惡事, の家

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 かな皮, く低い山々

▼ れた柳田~ (2, 0.0%)

1 の生死, は一言

▼ れた栄三郎~ (2, 0.0%)

1 と泰軒, 見たくも

▼ れた校舎~ (2, 0.0%)

1 であった, のなか

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の無力さ, まで見える

▼ れた根本~ (2, 0.0%)

1 の考え, を語る

▼ れた格好~ (2, 0.0%)

1 であった, となった

▼ れた格子窓~ (2, 0.0%)

2 から脂粉

▼ れた桂子~ (2, 0.0%)

1 だし, はその

▼ れた案山子~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の手, の手焙

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の細い, の葉

▼ れた桟橋~ (2, 0.0%)

1 の下, の黒い

▼ れた梅吉~ (2, 0.0%)

1 ですよ, と幾太郎

▼ れた梅雪~ (2, 0.0%)

1 はあたかも, は板縁

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 は三疋

▼ れた棟梁~ (2, 0.0%)

1 でその, らしい男

▼ れた棺桶~ (2, 0.0%)

1 がからっぽ, であった

▼ れた植木屋~ (2, 0.0%)

1 の有, 新兵衛

▼ れた楠木正成~ (2, 0.0%)

1 が初めて, も話題

▼ れた業物~ (2, 0.0%)

1 と弟, なら大して

▼ れた業績~ (2, 0.0%)

1 が考えられる, の評価

▼ れた極秘~ (2, 0.0%)

1 の, の新

▼ れた楽器~ (2, 0.0%)

1 の伴, はお前たち

▼ れた構図~ (2, 0.0%)

1 であるならば, で田舎

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の枯木, の梢

▼ れた模型~ (2, 0.0%)

1 が明示, である

▼ れた模樣~ (2, 0.0%)

1 である, です

▼ れた権威~ (2, 0.0%)

1 ある情報, をそのまま

▼ れた権限~ (2, 0.0%)

1 なの, の地位

▼ れた権限内~ (2, 0.0%)

1 で戦争, において国政

▼ れた横笛~ (2, 0.0%)

1 の上, ももてあまされる

▼ れた横腹~ (2, 0.0%)

1 がずきずき, のあたり

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の扉, の柩

▼ れた樵夫~ (2, 0.0%)

1 の父親, は声

▼ れた橘媛~ (2, 0.0%)

2 などは妻

▼ れた橘屋~ (2, 0.0%)

1 の徳太郎, の祖先

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 にお, みに

▼ れた機會~ (2, 0.0%)

1 がある, を掴ん

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の内部, の戸

▼ れた欠点~ (2, 0.0%)

1 は一般, や誤謬

▼ れた欣び~ (2, 0.0%)

1 の日, は直ぐ

▼ れた欧米~ (2, 0.0%)

2 の根

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 次郎さんでした, 燈寺も

▼ れた正月着~ (2, 0.0%)

2 の仕立

▼ れた正木博士~ (2, 0.0%)

1 が, の精神科教授就任

▼ れた正義~ (2, 0.0%)

1 は執拗, をで

▼ れた此時~ (2, 0.0%)

2

▼ れた此等~ (2, 0.0%)

1 の寺院, の曼荼羅

▼ れた武器~ (2, 0.0%)

1 である方, を持っ

▼ れた武芸~ (2, 0.0%)

1 の稽古, の達者

▼ れた武芸者~ (2, 0.0%)

1 である, はそこ

▼ れた歴史小説~ (2, 0.0%)

1 と二ツ, はとにかく

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 に対しての観念, のカラクリ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 は平ら, は木枯

▼ れた殿堂~ (2, 0.0%)

1 であり血, は一度

▼ れた母親たち~ (2, 0.0%)

1 の誰一人, はそれ

▼ れた毒素~ (2, 0.0%)

1 があっ, があつ

▼ れた比例~ (2, 0.0%)

1 が継続, を得るであろう

▼ れた比較研究~ (2, 0.0%)

1 と歸納實證, の結果

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が見付, の上

▼ れた毛皮~ (2, 0.0%)

1 の上, の柔か

▼ れた民俗~ (2, 0.0%)

1 が今に, の方

▼ れた民心~ (2, 0.0%)

1 の行き詰まり, は意識

▼ れた民法~ (2, 0.0%)

1 の大, の女子

▼ れた民衆芸術~ (2, 0.0%)

1 というの, とは如何

▼ れた気ぜわし~ (2, 0.0%)

1 さが, さ乱読も

▼ れた気もち~ (2, 0.0%)

1 で唐紙, はなかっ

▼ れた気高い~ (2, 0.0%)

1 お方を, 家に

▼ れた水準~ (2, 0.0%)

1 に相当, に達した

▼ れた水飴~ (2, 0.0%)

1 というもの, を何故

▼ れた永い~ (2, 0.0%)

1 歳月の, 経験との

▼ れた永生~ (2, 0.0%)

2 の蝶

▼ れた永遠~ (2, 0.0%)

1 の劫罰, の美

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 じゃない, に薫

▼ れた江戸人~ (2, 0.0%)

1 の残物, の遺風

▼ れた江戸趣味~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の普及

▼ れた沖縄~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は宗教的

▼ れた沙汰~ (2, 0.0%)

1 では御座いませぬ, のかぎり

▼ れた河上肇博士~ (2, 0.0%)

1 が次第に, 並びに京都帝國

▼ れた河童~ (2, 0.0%)

1 の話, 同樣

▼ れた油虫~ (2, 0.0%)

1 の家族, はぴくぴく

▼ れた治安維持法~ (2, 0.0%)

1 がこの, でも第

▼ れた法事~ (2, 0.0%)

1 でございます, の客

▼ れた法衣~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ れた法隆寺~ (2, 0.0%)

1 が大陸, の建築そのもの

▼ れた泥人形~ (2, 0.0%)

1 とコーカサス遺族達, の武者

▼ れた洪川和尚~ (2, 0.0%)

2 などはもと

▼ れた活字~ (2, 0.0%)

1 に誤, を見

▼ れた流れ~ (2, 0.0%)

1 の人々, の水

▼ れた流氷~ (2, 0.0%)

1 がまるで, の上

▼ れた浅ましい~ (2, 0.0%)

1 とその, 死骸では

▼ れた浅田~ (2, 0.0%)

1 は心持, は浅黒い

▼ れた浴槽~ (2, 0.0%)

1 の中, へ彼

▼ れた海底超人~ (2, 0.0%)

1 がこれから, はだまっ

▼ れた海老~ (2, 0.0%)

1 の形, を沈ませ

▼ れた海賊~ (2, 0.0%)

1 の一人, の首領

▼ れた淑女~ (2, 0.0%)

1 に近づい, は申す

▼ れた淡い~ (2, 0.0%)

1 当惑の, 悔を

▼ れた深夜~ (2, 0.0%)

1 の広い, の町

▼ れた深潭~ (2, 0.0%)

1 が現れる, を湛え

▼ れた混乱中~ (2, 0.0%)

1 その廉子, に何ら

▼ れた清らか~ (2, 0.0%)

1 な下肢, な娘ッ子

▼ れた渡場~ (2, 0.0%)

1 の桟橋, を思い出す

▼ れた温い~ (2, 0.0%)

1 お茶も, 感情が

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 は基隆名物, もやがて

▼ れた湖水~ (2, 0.0%)

1 とも云, の水

▼ れた湖畔~ (2, 0.0%)

1 でそんな, は非常

▼ れた湯呑~ (2, 0.0%)

1 の中, を取り上げた

▼ れた満足~ (2, 0.0%)

1 した感じ, のすべて

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 たるロゴス, 之丞

▼ れた源三郎~ (2, 0.0%)

1 と源三郎, をめがけ

▼ れた源次~ (2, 0.0%)

1 ではなく, の特徴

▼ れた源氏物語~ (2, 0.0%)

1 と二十世紀, の講筵

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ れた漆黒~ (2, 0.0%)

1 な鉄瓶, の頭髪

▼ れた演奏会~ (2, 0.0%)

1 がおわった, に師

▼ れた漢文~ (2, 0.0%)

1 でわが国, の解釋

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 であ, であります

▼ れた澄子~ (2, 0.0%)

1 と店番, のほう

▼ れた激しい~ (2, 0.0%)

1 情緒が, 言葉は

▼ れた火事場~ (2, 0.0%)

1 の雑踏, の黒い

▼ れた火力~ (2, 0.0%)

1 は丁度, を想像

▼ れた火星人~ (2, 0.0%)

1 の腹の中, を降した

▼ れた火鉢~ (2, 0.0%)

1 には其処, や棚

▼ れた灯火~ (2, 0.0%)

1 を吹き消した, を指さした

▼ れた灼熱~ (2, 0.0%)

1 した大, した質塊

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 には赤, の周囲

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 やき爺さん, を運び出すべき

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のよう, は

▼ れた無双~ (2, 0.0%)

1 の美貌, の達人

▼ れた無意識~ (2, 0.0%)

1 であり自我, の習合

▼ れた無慙~ (2, 0.0%)

1 な死體, の死体

▼ れた無造作~ (2, 0.0%)

2 な自然

▼ れた無邪気~ (2, 0.0%)

1 な彼女, な訪問

▼ れた無限~ (2, 0.0%)

1 に多元的, の線

▼ れた焦躁~ (2, 0.0%)

1 が直義さま, のす

▼ れた然し~ (2, 0.0%)

1 これとても, これまで

▼ れた煉瓦~ (2, 0.0%)

1 の床, の柱

▼ れた熱い~ (2, 0.0%)

1 茶が, 飯が

▼ れた燈籠~ (2, 0.0%)

1 に納, や神燈

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が一羽, の巣

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の痕, を手

▼ れた父皇後醍醐~ (2, 0.0%)

1 のご, のむね

▼ れた爽やか~ (2, 0.0%)

1 な一線, な競演

▼ れた片言~ (2, 0.0%)

2 がなに

▼ れた牛乳~ (2, 0.0%)

1 が貰える, の罎

▼ れた牛馬~ (2, 0.0%)

1 の市, の肉

▼ れた牡牛~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ れた牢人~ (2, 0.0%)

1 だよ, ばっかしだ

▼ れた牢屋~ (2, 0.0%)

1 があり, のあと

▼ れた物件~ (2, 0.0%)

1 に雑, はあり

▼ れた物凄い~ (2, 0.0%)

1 棺桶湯棺に, 虎の

▼ れた物象~ (2, 0.0%)

1 はみるみる, を押し上げる

▼ れた特定~ (2, 0.0%)

1 の人, の性質

▼ れた特徴~ (2, 0.0%)

1 がある, のある

▼ れた特殊的世界~ (2, 0.0%)

2 が結合

▼ れた特産種~ (2, 0.0%)

2 で春

▼ れた特異~ (2, 0.0%)

1 なモチーフ, な夫婦間

▼ れた特色~ (2, 0.0%)

1 でなく汎, の著しい

▼ れた特質~ (2, 0.0%)

1 ばかりが残っ, を持つ

▼ れた特長~ (2, 0.0%)

1 のある, まで一々

▼ れた独木舟~ (2, 0.0%)

1 が悪い, もある

▼ れた独楽~ (2, 0.0%)

1 のよう, の方

▼ れた独特~ (2, 0.0%)

1 な伝記, の官僚主義

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 い天井, い應接室

▼ れた猪口~ (2, 0.0%)

1 でもずん, の中

▼ れた獅子~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ れた獅子舞~ (2, 0.0%)

1 の延長, の聟いじめ

▼ れた玄蕃~ (2, 0.0%)

1 は思わず, を今

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 による, も多かっ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の台, の肌

▼ れた玉蜀黍~ (2, 0.0%)

1 はす, や黍

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の木像, の馬車

▼ れた王さま~ (2, 0.0%)

1 があります, はどうか

▼ れた珍しい~ (2, 0.0%)

1 時計を, 物を

▼ れた現代~ (2, 0.0%)

1 の人類文化, の社会秩序全体

▼ れた現代学生層~ (2, 0.0%)

1 は, も亦

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が今, を取り返した

▼ れた理解~ (2, 0.0%)

1 と鋭い, に執し

▼ れた理論的~ (2, 0.0%)

1 な文字, な誤謬

▼ れた瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 の胸

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 できっちり, を見た

▼ れた瓦斯~ (2, 0.0%)

1 が燃える, 除けマスク

▼ れた瓦斯燈~ (2, 0.0%)

1 がまたたい, には守宮

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 たるい分子, 寧である

▼ れた甚助~ (2, 0.0%)

1 が香爐, の後

▼ れた生き方~ (2, 0.0%)

1 をするべきでない, を見落し

▼ れた生存~ (2, 0.0%)

1 の頽廃, をつづけ

▼ れた生産~ (2, 0.0%)

1 が言, が言うまでもなく

▼ れた生産力~ (2, 0.0%)

1 および文化, の大

▼ れた生籬~ (2, 0.0%)

2 に囲まれた

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の釆女樣, 御の

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 たしで, を済まし

▼ れた用例~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を挙げ

▼ れた用語~ (2, 0.0%)

1 でなければ, で本来

▼ れた用途~ (2, 0.0%)

2 を顧

▼ れた田丸~ (2, 0.0%)

2 主水正

▼ れた田圃~ (2, 0.0%)

1 で遙北手, と畑

▼ れた田地~ (2, 0.0%)

1 の中, を受け戻さう

▼ れた田舎者~ (2, 0.0%)

1 に似, はその

▼ れた由來~ (2, 0.0%)

1 は大, も色々

▼ れた由来~ (2, 0.0%)

1 に及ん, は当時長州征伐

▼ れた由縁~ (2, 0.0%)

1 である, も古い

▼ れた由良~ (2, 0.0%)

2 の伝吉

▼ れた甲府~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ れた甲斐~ (2, 0.0%)

1 があった, がありゃ

▼ れた男性~ (2, 0.0%)

1 の姿, へのあこがれ

▼ れた町人~ (2, 0.0%)

1 の残した, の自由

▼ れた町内~ (2, 0.0%)

1 にはいったい, の若者

▼ れた町筋~ (2, 0.0%)

1 で嘗て, を仕事

▼ れた畦道~ (2, 0.0%)

2 は行く

▼ れた番号~ (2, 0.0%)

1 の奴, を数え

▼ れた番茶茶碗~ (2, 0.0%)

2 はこれら

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のうえ, を剥がし

▼ れた當座~ (2, 0.0%)

1 なもん, にや此

▼ れた畸形児~ (2, 0.0%)

1 である, はもう

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, を嘆き

▼ れた痛ましい~ (2, 0.0%)

1 一夜から, 松の木が

▼ れた癇癪~ (2, 0.0%)

1 がどす黒い, が酒乱

▼ れた白壁~ (2, 0.0%)

1 が秋, の江戸城

▼ れた白布~ (2, 0.0%)

1 でも大理石, のうち

▼ れた白菜~ (2, 0.0%)

2 の根

▼ れた白銀~ (2, 0.0%)

1 のその, の樹林

▼ れた白雲~ (2, 0.0%)

1 の一片, はこいつ

▼ れた白馬~ (2, 0.0%)

1 へ登った, 非馬的

▼ れた白鳥~ (2, 0.0%)

1 の屍, の話

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 之介, 助自身

▼ れた百両~ (2, 0.0%)

1 と表向き, の金

▼ れた百合~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ れた百姓平七~ (2, 0.0%)

2 と徳兵衛

▼ れた百済~ (2, 0.0%)

2 の観音

▼ れた皆さん~ (2, 0.0%)

1 はこの, もぜひ

▼ れた皇太子~ (2, 0.0%)

1 が今朝十一時, の罪

▼ れた皇子~ (2, 0.0%)

1 のお便り, 安禅寺宮

▼ れた皇軍~ (2, 0.0%)

1 の方々, の飛行機

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 があつ, がひくひく

▼ れた盃盤~ (2, 0.0%)

1 を前, を直す

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の柿, の菓子皿

▼ れた盗賊~ (2, 0.0%)

1 が瓜, の百合

▼ れた盛岡~ (2, 0.0%)

2 も五年以前

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のよう, の前

▼ れた盲目~ (2, 0.0%)

1 で跛, のさすらい人

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 八の, 助は

▼ れた省察~ (2, 0.0%)

1 によってその, によつて

▼ れた看板~ (2, 0.0%)

1 が描かれ, を見上げ

▼ れた看護婦~ (2, 0.0%)

1 が三人, というもの

▼ れた眞理~ (2, 0.0%)

1 である, を檢討

▼ れた真ん中~ (2, 0.0%)

1 に高山, の所

▼ れた真四角~ (2, 0.0%)

1 な建築物一つ, の室

▼ れた真新しい~ (2, 0.0%)

1 奥様の, 衣類に

▼ れた真暗~ (2, 0.0%)

1 な隧道, の部屋

▼ れた真槍~ (2, 0.0%)

1 なの, 素早く拾い取っ

▼ れた真珠~ (2, 0.0%)

1 のよう, を探し

▼ れた真白~ (2, 0.0%)

1 な砂原, な脂肪

▼ れた真相~ (2, 0.0%)

1 なの, は余りに

▼ れた真紀子~ (2, 0.0%)

1 が望月, はちょっと

▼ れた真紅~ (2, 0.0%)

1 な苺, の観客席

▼ れた真面目~ (2, 0.0%)

1 さうな俺, な中国

▼ れた眠り~ (2, 0.0%)

1 に落ちた, を顏

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 は何故, をあげ

▼ れた眼玉~ (2, 0.0%)

1 が魚, を窪ませ

▼ れた眼鏡~ (2, 0.0%)

1 を急い, を糸

▼ れた瞬間私~ (2, 0.0%)

1 の眼底, は全身

▼ れた知力~ (2, 0.0%)

1 との病的, や趣味

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 か柄, 編集

▼ れた石ころ~ (2, 0.0%)

1 が脆い, の間

▼ れた石像~ (2, 0.0%)

1 が獅子, の肩

▼ れた石器~ (2, 0.0%)

1 の中, はその

▼ れた石地蔵~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ れた石本俊吉君~ (2, 0.0%)

1 に初, に初対面

▼ れた石碑~ (2, 0.0%)

1 の立ち並んでる, は古い

▼ れた砂丘~ (2, 0.0%)

1 の方, もあすこ

▼ れた破壊~ (2, 0.0%)

1 と浪費, を心から

▼ れた硝子戸~ (2, 0.0%)

1 をがらり, を白紙

▼ れた碁石~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ れた確か~ (2, 0.0%)

1 な積極的, にそう

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の多い, の存在

▼ れた祖母~ (2, 0.0%)

1 の宮, の肩掛

▼ れた祝詞~ (2, 0.0%)

1 の外, は寧

▼ れた神事~ (2, 0.0%)

1 そして日, は期日

▼ れた神宝~ (2, 0.0%)

1 があった, の一つ

▼ れた神明~ (2, 0.0%)

2 の縁日

▼ れた神田鍛冶町~ (2, 0.0%)

2 の下水

▼ れた神聖文字~ (2, 0.0%)

2 は如何

▼ れた禅僧~ (2, 0.0%)

2 のゆくりなく

▼ れた秀吉~ (2, 0.0%)

1 の多く, はその

▼ れた秀吉様~ (2, 0.0%)

1 の将来, はやはりよほど

▼ れた私服~ (2, 0.0%)

1 の人, ははっと

▼ れた私自身~ (2, 0.0%)

1 の影, を悲しく

▼ れた秋草~ (2, 0.0%)

1 のよう, の鉢

▼ れた科学小説~ (2, 0.0%)

1 であって, もなく

▼ れた科学的~ (2, 0.0%)

1 な仮説, な媒紙

▼ れた秘策~ (2, 0.0%)

1 をひとり, を果たす

▼ れた種々雑多~ (2, 0.0%)

2 な歪み

▼ れた種子島~ (2, 0.0%)

1 の銃口, の音

▼ れた穀物条例~ (2, 0.0%)

1 で採用, は両者

▼ れた積り~ (2, 0.0%)

1 でじつとして, で眞氣

▼ れた空氣~ (2, 0.0%)

1 が生, を更に

▼ れた窓口~ (2, 0.0%)

1 からすべて, へ頭

▼ れた窪地~ (2, 0.0%)

1 が今, にまで彼

▼ れた窪川鶴次郎~ (2, 0.0%)

1 の報告, はまだ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の中, の急いだ

▼ れた立像~ (2, 0.0%)

1 の前, は無言

▼ れた立札~ (2, 0.0%)

1 で承知, を見

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 とは一致, の中

▼ れた章魚~ (2, 0.0%)

1 の手, を見上げ

▼ れた端書~ (2, 0.0%)

1 や日記, をもう一度

▼ れた竹丸~ (2, 0.0%)

1 の姉, は風呂場

▼ れた笑い~ (2, 0.0%)

1 くらい先生, と大声

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の緒, は何

▼ れた第三者~ (2, 0.0%)

1 には何, の内容

▼ れた笹村~ (2, 0.0%)

1 は外, は落着き

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が象徴主義者, を一つ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 だったが, は金玉

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 がある, は縄

▼ れた算額~ (2, 0.0%)

2 の数

▼ れた箪笥~ (2, 0.0%)

1 だと, だの泥

▼ れた範疇~ (2, 0.0%)

1 ではない, の超

▼ れた篝火~ (2, 0.0%)

1 のため式, を目掛け

▼ れた簡素~ (2, 0.0%)

2 な象徴的

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のやう, の外

▼ れた簿記~ (2, 0.0%)

2 を調べ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の出來, を煮

▼ れた粉末~ (2, 0.0%)

1 の飛散, は当然

▼ れた粗末~ (2, 0.0%)

1 な小屋, な手箱

▼ れた精力~ (2, 0.0%)

1 とを記載, の量

▼ れた精霊~ (2, 0.0%)

1 によって魂, の去る

▼ れた糸子~ (2, 0.0%)

1 がにせ, だったが

▼ れた系図~ (2, 0.0%)

1 からは判定, は今

▼ れた紅白~ (2, 0.0%)

1 のカーネーション, の布

▼ れた紋三~ (2, 0.0%)

1 は自棄気味, は馬鹿馬鹿し

▼ れた納さん~ (2, 0.0%)

1 の床, を怨ん

▼ れた納屋~ (2, 0.0%)

1 や倉, や廃棄物

▼ れた純文学~ (2, 0.0%)

1 であって, の衰亡

▼ れた純潔~ (2, 0.0%)

1 な輝いた生涯, は伯爵

▼ れた純白~ (2, 0.0%)

1 で透し, な二つ

▼ れた紙入~ (2, 0.0%)

1 のこと, のポケツト

▼ れた紙包~ (2, 0.0%)

1 をいただき, を洪

▼ れた紙包み~ (2, 0.0%)

1 の中, は有難く

▼ れた紙帳~ (2, 0.0%)

1 の角, は穏

▼ れた紙幅~ (2, 0.0%)

1 とてその, の中

▼ れた紙面~ (2, 0.0%)

1 ではある, を超過

▼ れた素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 ビラを, 人物ハミルトン

▼ れた素直さ~ (2, 0.0%)

1 で, を取りもどし

▼ れた素裸~ (2, 0.0%)

1 の天女, の美女

▼ れた紫檀~ (2, 0.0%)

1 の小, や更紗

▼ れた細滴~ (2, 0.0%)

1 から成立, は主

▼ れた細胞~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の大

▼ れた細菌~ (2, 0.0%)

1 が春日, の群

▼ れた細道~ (2, 0.0%)

1 へ隠れ, を進ん

▼ れた組合~ (2, 0.0%)

1 の制度, の活動

▼ れた経済~ (2, 0.0%)

1 が持ちきれなくなっ, の本質

▼ れた結婚式~ (2, 0.0%)

1 の余興, は三百組

▼ れた絨氈~ (2, 0.0%)

1 の上, の為

▼ れた統一物~ (2, 0.0%)

1 である, を改めて

▼ れた絵画~ (2, 0.0%)

1 を取り去ったら, を見た

▼ れた絶大~ (2, 0.0%)

1 なる独一真神, なる獨一眞神

▼ れた絶対~ (2, 0.0%)

2 に覚醒

▼ れた絶望~ (2, 0.0%)

1 に落ちこむ, の音楽

▼ れた綾子~ (2, 0.0%)

1 にはなんにも, は迫害

▼ れた緑色~ (2, 0.0%)

1 の文, の洋服

▼ れた編隊~ (2, 0.0%)

2 の一つ

▼ れた練吉~ (2, 0.0%)

1 の云, は神経的

▼ れた縁側~ (2, 0.0%)

1 から吹き込む, の上

▼ れた縁故~ (2, 0.0%)

1 などもあっ, にたよっ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 と安, はすこし

▼ れた繪畫~ (2, 0.0%)

1 には筆觸, よりも前

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のお, をみた

▼ れた罪状~ (2, 0.0%)

1 が一々, もよく

▼ れた署長~ (2, 0.0%)

1 はポカン, は興奮

▼ れた美くし~ (2, 0.0%)

1 い渓谷, い薔薇

▼ れた美しき~ (2, 0.0%)

1 ものやっぱり, 人造人間に

▼ れた美人連~ (2, 0.0%)

1 と来客, の一人

▼ れた美味~ (2, 0.0%)

1 な御馳走, な糖菓

▼ れた美風~ (2, 0.0%)

1 と当, なるもの

▼ れた義兄~ (2, 0.0%)

1 は叔父, は姉

▼ れた義男~ (2, 0.0%)

1 の足, も同じ

▼ れた翻訳~ (2, 0.0%)

1 で, の

▼ れた老母~ (2, 0.0%)

1 と寧子, は窓

▼ れた老爺~ (2, 0.0%)

1 は呆気, を斬っ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 して, し出鱈目

▼ れた耶蘇~ (2, 0.0%)

2 がピラト

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 い隠士ら, 約また

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 なんかも時には, に従事

▼ れた職場~ (2, 0.0%)

1 の, の酔っぱらい排撃

▼ れた職工達~ (2, 0.0%)

1 からです, の芋

▼ れた肉身~ (2, 0.0%)

1 からは湯気, をとり戻した

▼ れた肋骨~ (2, 0.0%)

1 のよう, の動き

▼ れた肥料~ (2, 0.0%)

1 になる, を泥

▼ れた肩揚~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 かけ椅子

▼ れた肺病患者~ (2, 0.0%)

1 が一様, が一樣

▼ れた胃の腑~ (2, 0.0%)

1 へ熱燗, を徐々に

▼ れた胃袋~ (2, 0.0%)

1 のやう, は切り放たれ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の高い, をこちら

▼ れた背中~ (2, 0.0%)

1 になる, はお勝手

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 から下, はなんていったら

▼ れた胴痙攣~ (2, 0.0%)

2 して

▼ れた胸倉~ (2, 0.0%)

1 を振り切り, を振切っ

▼ れた能力~ (2, 0.0%)

1 なりの故, に就い

▼ れた脅迫状~ (2, 0.0%)

1 のとおり, を見

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 からは一声, から下腹部

▼ れた腕足類~ (2, 0.0%)

2 を日本

▼ れた腰掛~ (2, 0.0%)

2 がひとつ

▼ れた腰部~ (2, 0.0%)

1 の切口, の真赤

▼ れた腹部~ (2, 0.0%)

1 から中庭, の斑點

▼ れた膏血~ (2, 0.0%)

1 に対して僕, の様

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 がしら, の上

▼ れた臓腑~ (2, 0.0%)

1 がべろべろ, を見た

▼ れた自己~ (2, 0.0%)

1 をはっきり, を感じた

▼ れた自己自身~ (2, 0.0%)

1 を感覚, を感覺

▼ れた自殺~ (2, 0.0%)

1 ではない, と一身同体

▼ れた與三郎~ (2, 0.0%)

1 に掛り, の方

▼ れた興奮~ (2, 0.0%)

1 と疲れ, のため

▼ れた舞台上~ (2, 0.0%)

1 にのみ働かす, の効果

▼ れた船客~ (2, 0.0%)

1 が盡, は逃げ

▼ れた船長~ (2, 0.0%)

1 の名前, は入り口

▼ れた船頭親子~ (2, 0.0%)

1 が水中, は無残

▼ れた色感~ (2, 0.0%)

1 から学ん, が既に

▼ れた色紙~ (2, 0.0%)

1 や短尺, を書い

▼ れた芋田~ (2, 0.0%)

2 と美しい

▼ れた芍薬~ (2, 0.0%)

1 が内服, の紅白二枝

▼ れた芝土~ (2, 0.0%)

1 のよう, の日だまり

▼ れた芝生~ (2, 0.0%)

1 があつ, の芝

▼ れた芭蕉~ (2, 0.0%)

1 がある, の最後

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 によって光る, の巧さ

▼ れた芸術性~ (2, 0.0%)

1 は十年, を以て単純素ぼく

▼ れた芸道~ (2, 0.0%)

1 に精進, の人

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が無数, が非常

▼ れた苦し~ (2, 0.0%)

2 さと

▼ れた苦しみ~ (2, 0.0%)

1 のうち, を苦しんだ

▼ れた苦役~ (2, 0.0%)

1 の年月内, や恐怖

▼ れた苦悩~ (2, 0.0%)

1 のため, の中

▼ れた苦情~ (2, 0.0%)

1 のうち, を受ける

▼ れた苦行~ (2, 0.0%)

1 としか思われなかった, は雪山

▼ れた英国人~ (2, 0.0%)

1 の死体, の苦しみ

▼ れた英文~ (2, 0.0%)

1 によつて, の抄譯

▼ れた英語~ (2, 0.0%)

1 でモングース, の

▼ れた范安仁~ (2, 0.0%)

2 をはじめ

▼ れた茶壺~ (2, 0.0%)

1 の捻り返し, を刀

▼ れた茶店~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ れた茶色~ (2, 0.0%)

1 の床, の雌鷄

▼ れた草地~ (2, 0.0%)

1 に針葉樹, の上

▼ れた草薙天鬼様~ (2, 0.0%)

1 が持っ, の奉公人

▼ れた荒々しい~ (2, 0.0%)

1 怒りを, 野性が

▼ れた荒凉~ (2, 0.0%)

1 たる絶海, たる郊外

▼ れた荳科植物~ (2, 0.0%)

1 とは大, の状態

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 は夥しい, 担ぎの

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の花, も徒に

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の種子, の葉

▼ れた菩提樹~ (2, 0.0%)

1 の一本一本, の若葉

▼ れた菩薩~ (2, 0.0%)

1 の手, もその

▼ れた華麗~ (2, 0.0%)

1 な結婚図, な衝立

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の枝, も薄

▼ れた萬葉集~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ れた落ちつき~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ れた著述~ (2, 0.0%)

1 である, ばかりで

▼ れた葛城~ (2, 0.0%)

1 の神ひとこと, は非常

▼ れた蔡瑁~ (2, 0.0%)

1 なのに, の甥

▼ れた蔬菜~ (2, 0.0%)

1 はその, は凡て

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 から隠した, の豊か

▼ れた薄暗~ (2, 0.0%)

1 の中, の鼻

▼ れた薩兵~ (2, 0.0%)

1 は槍, は胸

▼ れた薬剤~ (2, 0.0%)

1 の包み紙, の瓶

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のよう, の上

▼ れた藁屋根~ (2, 0.0%)

1 では間断, の家

▼ れた藏經~ (2, 0.0%)

1 がある, であるが

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の中, の深い

▼ れた虚しい~ (2, 0.0%)

1 ひとつの, 文字に

▼ れた虚無~ (2, 0.0%)

1 がプラトン, の空

▼ れた蚊帳~ (2, 0.0%)

1 のなか, の中

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が音, のよう

▼ れた蛇の目~ (2, 0.0%)

1 と桔梗, のマーク

▼ れた蛇笏~ (2, 0.0%)

1 に甚だ, は悪口

▼ れた蛾次郎~ (2, 0.0%)

1 はおのれ, は腹立たし

▼ れた蜜柑~ (2, 0.0%)

2 の皮

▼ れた蜥蜴~ (2, 0.0%)

1 のちよろ, の尻尾

▼ れた蜻蛉~ (2, 0.0%)

1 が舞, のよう

▼ れた蝙蝠~ (2, 0.0%)

1 が典雅, のよう

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のやう, は片

▼ れた血の気~ (2, 0.0%)

1 のない, のない青白い

▼ れた血液~ (2, 0.0%)

1 は人工心臓, を通してのみ原詩

▼ れた血痕~ (2, 0.0%)

1 と石, 又は頭部

▼ れた血筆帳~ (2, 0.0%)

1 のもち主, の話

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 を以て綴られた

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 で首, を今度

▼ れた術語~ (2, 0.0%)

1 でで, は却って

▼ れた街路アカシア~ (2, 0.0%)

2 やプラタナス

▼ れた街頭~ (2, 0.0%)

1 の名物, の雑品

▼ れた被告~ (2, 0.0%)

1 は今日, は立ち上つ

▼ れた装飾~ (2, 0.0%)

1 のよう, の美

▼ れた裏側~ (2, 0.0%)

1 に, には常に

▼ れた裏通り~ (2, 0.0%)

1 の一坪, の田圃

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 がみ, を振り離そう

▼ れた襤褸~ (2, 0.0%)

1 か藁屑, のよう

▼ れた要求書~ (2, 0.0%)

1 をポケット, を持っ

▼ れた覆面~ (2, 0.0%)

1 のまなざし, の人

▼ れた見出し~ (2, 0.0%)

1 の下, の中

▼ れた見物人~ (2, 0.0%)

1 が壻, のソジン

▼ れた見覚え~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ れた見識~ (2, 0.0%)

2 を讃嘆

▼ れた規範~ (2, 0.0%)

1 であるから, で批判

▼ れた親しみ~ (2, 0.0%)

1 ある部屋, だけとはち

▼ れた親切~ (2, 0.0%)

1 から個々, な人

▼ れた親父~ (2, 0.0%)

1 の憂鬱, の着物

▼ れた親爺~ (2, 0.0%)

1 の頬, は淀んだ

▼ れた親達~ (2, 0.0%)

1 は又, も見受けられた

▼ れた観察~ (2, 0.0%)

1 と周到, による

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 えは, は無い

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ れた角兵衛~ (2, 0.0%)

1 とはいかなる, は秘密

▼ れた角面堡~ (2, 0.0%)

1 から二, で内部

▼ れた解決~ (2, 0.0%)

1 は明白, を必要

▼ れた言文一致~ (2, 0.0%)

1 の手紙, の文体

▼ れた計画~ (2, 0.0%)

1 の実行, はなかつた

▼ れた計画的~ (2, 0.0%)

1 な犯罪, な犯行

▼ れた訳語~ (2, 0.0%)

1 であると, であるという

▼ れた評判~ (2, 0.0%)

1 な娘さん, の美人

▼ れた評論家~ (2, 0.0%)

1 に就, の中

▼ れた詞章~ (2, 0.0%)

1 がのりとごと, に責任

▼ れた詠草~ (2, 0.0%)

1 の最初, を見る

▼ れた詩歌~ (2, 0.0%)

1 の異, やまた

▼ れた詩篇~ (2, 0.0%)

1 である, を一丈

▼ れた話題~ (2, 0.0%)

1 のひとつ, はみな

▼ れた誇張~ (2, 0.0%)

1 がある, こそ評論

▼ れた語彙~ (2, 0.0%)

1 から出来る, の貧困さ

▼ れた誤り~ (2, 0.0%)

2 の字面

▼ れた誤訳~ (2, 0.0%)

1 は両部, は他

▼ れた読物~ (2, 0.0%)

1 は春の, も貸し

▼ れた調べ~ (2, 0.0%)

1 に負う, のつづき

▼ れた調度二三人~ (2, 0.0%)

2 の若い

▼ れた論争~ (2, 0.0%)

1 でしょうかな, の問題

▼ れた諸侯~ (2, 0.0%)

1 の総数百六十九家, は十指

▼ れた諸家~ (2, 0.0%)

1 の恋愛観, はその

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 であり歓び, を解い

▼ れた講中~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 でした, と見える

▼ れた警官~ (2, 0.0%)

1 はたおれ, はどう

▼ れた警視庁~ (2, 0.0%)

1 では大略左, の花房一郎

▼ れた議題~ (2, 0.0%)

1 は, はその

▼ れた谷川~ (2, 0.0%)

1 の清い, は如何なる

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のよう, を食べ

▼ れた豊島さん~ (2, 0.0%)

1 のお嬢さん, の枕元

▼ れた象徴詩~ (2, 0.0%)

2 が泰西

▼ れた象牙細工~ (2, 0.0%)

1 のよう, や紅く

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の姿

▼ れた貞盛~ (2, 0.0%)

1 の郎従, は長上

▼ れた負傷者~ (2, 0.0%)

1 の傍, をさえ

▼ れた貧民~ (2, 0.0%)

1 の墓, の子供

▼ れた貨幣価値~ (2, 0.0%)

1 の下落, は失われるであろう

▼ れた貨幣片~ (2, 0.0%)

1 は一般, を発行

▼ れた貴い~ (2, 0.0%)

1 お方の, 愛国の

▼ れた貴殿~ (2, 0.0%)

1 にありがたく厚く, の父上

▼ れた資朝卿~ (2, 0.0%)

1 の弟, の後家

▼ れた賢明周到~ (2, 0.0%)

2 なる法令

▼ れた質子~ (2, 0.0%)

1 が幾人, で無事

▼ れた贈物~ (2, 0.0%)

2 ではなく

▼ れた赤インク~ (2, 0.0%)

1 のかぎ, のカギつき

▼ れた赤黒い~ (2, 0.0%)

1 皺だらけの, 鯨の

▼ れた赭土~ (2, 0.0%)

1 の窪地, の道

▼ れた起原~ (2, 0.0%)

1 でありまた, に関わり

▼ れた趣意~ (2, 0.0%)

1 とは反対, も親しく

▼ れた足どり~ (2, 0.0%)

1 でノロノロ, で何処

▼ れた足先~ (2, 0.0%)

1 と両方, の重量

▼ れた足達者~ (2, 0.0%)

1 が行った, の男

▼ れた足音~ (2, 0.0%)

1 がし, もなく

▼ れた足首~ (2, 0.0%)

1 にねとねと, の恰好

▼ れた跡始末~ (2, 0.0%)

1 であつ, をし

▼ れた踊り子~ (2, 0.0%)

1 が刺繍, だった

▼ れた身丈~ (2, 0.0%)

1 の高い, ほとんど八尺

▼ れた身内~ (2, 0.0%)

1 の者, ものとりわけ

▼ れた身許不明~ (2, 0.0%)

1 の屍体, の死体

▼ れた車上~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 であったかが, であろう

▼ れた軍人精神~ (2, 0.0%)

2 の悲惨

▼ れた軍令状~ (2, 0.0%)

1 というもの, を例

▼ れた軍国的精神~ (2, 0.0%)

1 が其敵国, なるもの

▼ れた軍艦~ (2, 0.0%)

1 で手, で木造蒸気内車

▼ れた軍部~ (2, 0.0%)

1 の意図, の漸進主義声明

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 さが, 舟が

▼ れた軽い~ (2, 0.0%)

1 ものである, 骨組みの

▼ れた軽石~ (2, 0.0%)

1 が雨風, のやう

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 い夜着, い小さな

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 であり何物, を見

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 ですから, をとる

▼ れた農具~ (2, 0.0%)

1 の助け, や機械

▼ れた農場~ (2, 0.0%)

1 に対して年々支払, の主任

▼ れた農奴~ (2, 0.0%)

1 でタガンローグ, はたとえ

▼ れた農学校~ (2, 0.0%)

1 は生徒, へ学務部

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 だったの, なの

▼ れた迄は~ (2, 0.0%)

1 つつましや, 覚えて

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 常さんという, 水ホテルに

▼ れた近年~ (2, 0.0%)

1 の盛会, の盛會

▼ れた近藤勇~ (2, 0.0%)

2 が京都

▼ れた返事~ (2, 0.0%)

1 にはお, に典侍

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が思ひ出される, の堤

▼ れた逆上~ (2, 0.0%)

1 が下りない, 自卑

▼ れた途中~ (2, 0.0%)

1 で彼女, は先ず

▼ れた通りここ~ (2, 0.0%)

1 から出, に遊学

▼ れた通りそれ~ (2, 0.0%)

1 は一般, は同じく

▼ れた通り武蔵~ (2, 0.0%)

1 の肩, はそこ

▼ れた通り私~ (2, 0.0%)

1 の妻, は新聞社

▼ れた通貨~ (2, 0.0%)

1 の状態, をもっ

▼ れた連山~ (2, 0.0%)

1 だとか, の麓

▼ れた進路~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を東南

▼ れた遊び人~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ れた遊戯~ (2, 0.0%)

1 であ, で今日中学程度以上

▼ れた遍路~ (2, 0.0%)

1 にもいろいろ, はいっさい

▼ れた過剰人口~ (2, 0.0%)

1 の大きな, は貧困

▼ れた道具類~ (2, 0.0%)

2 で足

▼ れた道化役者~ (2, 0.0%)

1 だった, の帽子

▼ れた道化芝居~ (2, 0.0%)

2 が殆

▼ れた道場~ (2, 0.0%)

1 で大変, 荒し

▼ れた道標~ (2, 0.0%)

2 の文字

▼ れた道理~ (2, 0.0%)

2

▼ れた達筆~ (2, 0.0%)

1 な文字, な野本氏

▼ れた選択~ (2, 0.0%)

1 の自由, を探し廻った

▼ れた遺恨~ (2, 0.0%)

1 から心, がまじっ

▼ れた遺産~ (2, 0.0%)

1 の大, を大事

▼ れた遺言書~ (2, 0.0%)

1 が握られ, を受取っ

▼ れた遺跡~ (2, 0.0%)

1 らしいもの, を偲ぶ

▼ れた遺風~ (2, 0.0%)

1 であろう, を察し

▼ れた邦人~ (2, 0.0%)

1 の噂, は二日後

▼ れた郊外~ (2, 0.0%)

1 の質素, へ急いだ

▼ れた部下~ (2, 0.0%)

1 と共に幾たび, の数

▼ れた部屋部屋~ (2, 0.0%)

1 があった, には人

▼ れた部族~ (2, 0.0%)

1 の出, の呪術

▼ れた部署~ (2, 0.0%)

1 について, に活躍

▼ れた部門~ (2, 0.0%)

1 において偶然, の中

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の噂, の年

▼ れた都市~ (2, 0.0%)

1 はあまり, や農村

▼ れた酋長~ (2, 0.0%)

1 の名, は一方

▼ れた酒池肉林~ (2, 0.0%)

1 は歓楽, は歡樂

▼ れた酒肴~ (2, 0.0%)

1 へ手, を前

▼ れた醜悪~ (2, 0.0%)

1 なもの, な黙闘

▼ れた采女~ (2, 0.0%)

1 は早く, は梟

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, のお客様

▼ れた重い~ (2, 0.0%)

1 まぶたが, 頭は

▼ れた野原~ (2, 0.0%)

1 に, に出る

▼ れた野良犬~ (2, 0.0%)

1 のやう, はそれ

▼ れた野蛮~ (2, 0.0%)

1 な歴史, な貞操

▼ れた金子~ (2, 0.0%)

1 のこと, を持っ

▼ れた金次郎~ (2, 0.0%)

1 の前, は源吉

▼ れた金策~ (2, 0.0%)

2 の件

▼ れた金網~ (2, 0.0%)

1 が張り巡らされ, のなか

▼ れた金色~ (2, 0.0%)

1 の杖, の馬車

▼ れた金貨~ (2, 0.0%)

2 と銀貨

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 がヒシヒシ, には帽子

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, や鍋

▼ れた鈴子~ (2, 0.0%)

1 の顔, はこの

▼ れた鉄材~ (2, 0.0%)

2 や木材

▼ れた鉄杖~ (2, 0.0%)

1 へシッカリ, をしごきなおし

▼ れた鉄棒~ (2, 0.0%)

1 が当時, を握り

▼ れた鉄筋コンクリート~ (2, 0.0%)

1 の力, の悲哀

▼ れた鉄路~ (2, 0.0%)

1 の困難, の触手

▼ れた鉄道~ (2, 0.0%)

1 がその, が容易

▼ れた鉱石~ (2, 0.0%)

1 なん, を合品

▼ れた銀之丞~ (2, 0.0%)

1 の心, は今度

▼ れた銀座通り~ (2, 0.0%)

2 の柳

▼ れた銀杏加藤~ (2, 0.0%)

2 の奥方

▼ れた銀錠~ (2, 0.0%)

2 であるから

▼ れた銃口~ (2, 0.0%)

1 とずんぐり, の延線

▼ れた銃弾~ (2, 0.0%)

1 の貫通創, は帆村たち

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 で限り, の山

▼ れた銭形平次~ (2, 0.0%)

1 の慧眼, もこの

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 の空

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が沸, を今

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が器用, と槌

▼ れた鎌倉殿~ (2, 0.0%)

2 が秘蔵

▼ れた鏡面~ (2, 0.0%)

1 の類, をグッ

▼ れた長吉~ (2, 0.0%)

1 は二三間, は面目

▼ れた長安~ (2, 0.0%)

1 の事情, の義寧坊

▼ れた長屋~ (2, 0.0%)

1 に入った, の横丁

▼ れた長崎屋~ (2, 0.0%)

1 あの血迷い, は牙

▼ れた間延び~ (2, 0.0%)

2 のした

▼ れた間柄~ (2, 0.0%)

1 です, はまた

▼ れた関子~ (2, 0.0%)

1 の花嫁姿, は午前一時間

▼ れた関守氏~ (2, 0.0%)

1 が, が御殿

▼ れた闊葉樹林~ (2, 0.0%)

2 の路

▼ れた闘い~ (2, 0.0%)

1 のあと, を誰

▼ れた闘争~ (2, 0.0%)

1 の劇, の過程そのもの

▼ れた阿波屋~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ れた阿部~ (2, 0.0%)

1 という若い, はむっくり

▼ れた限りそれ~ (2, 0.0%)

1 には何, は引金

▼ れた限界~ (2, 0.0%)

1 を与えられ, を突破

▼ れた陰影~ (2, 0.0%)

1 の多い, は怒れる

▼ れた陰謀~ (2, 0.0%)

1 であった, に対しては道理

▼ れた陳君~ (2, 0.0%)

1 の心臓, は中

▼ れた陶器~ (2, 0.0%)

1 の破片, や青銅

▼ れた険悪~ (2, 0.0%)

1 な皺, な空気

▼ れた随分~ (2, 0.0%)

1 歩きにくい, 道中を

▼ れた障壁~ (2, 0.0%)

1 のそば, は自ずから

▼ れた隣人たち~ (2, 0.0%)

1 よ, よその

▼ れた隣室~ (2, 0.0%)

1 じゃない, の様子

▼ れた隣家~ (2, 0.0%)

1 の人, の屋根

▼ れた雄大~ (2, 0.0%)

1 なもの, な姿

▼ れた集団~ (2, 0.0%)

1 の内部, の死闘

▼ れた集團~ (2, 0.0%)

1 から成立つ, であるに

▼ れた雜誌~ (2, 0.0%)

1 に厚く, を引つ

▼ れた離屋~ (2, 0.0%)

1 の中, をその

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が四五筋, の中

▼ れた雨蛙~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ れた雪舟~ (2, 0.0%)

1 がやっぱり, はたぶん

▼ れた雲助~ (2, 0.0%)

1 の手, はそれ

▼ れた電報~ (2, 0.0%)

1 が届い, をお

▼ れた電文~ (2, 0.0%)

1 であった, を口

▼ れた電気~ (2, 0.0%)

1 というもの, 即物質論

▼ れた電灯~ (2, 0.0%)

1 が修理, の灯

▼ れた電線~ (2, 0.0%)

1 が長蛇, を追跡

▼ れた電話~ (2, 0.0%)

1 なの, のあるじ

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の玉, はで無い

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のやう, はやさしい

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 ぞら, べかそのもの

▼ れた青銅~ (2, 0.0%)

1 の擬宝珠, の線香立

▼ れた青鞜社~ (2, 0.0%)

2 の運動

▼ れた青黒い~ (2, 0.0%)

1 巨大な, 森林の

▼ れた静寂~ (2, 0.0%)

1 なみずうみの, な空間

▼ れた非人法師~ (2, 0.0%)

1 である, の如き

▼ れた面々~ (2, 0.0%)

1 はくちおし, も立ちどころに

▼ れた面会時間~ (2, 0.0%)

2 を一時間

▼ れた面白い~ (2, 0.0%)

1 埴輪の, 話であった

▼ れた面目~ (2, 0.0%)

1 と違つた, の見せつけ

▼ れた面積~ (2, 0.0%)

1 における人口, に向ける

▼ れた靴下~ (2, 0.0%)

1 が他, を掴む

▼ れた音声~ (2, 0.0%)

1 すら一言, を溢れ出させ

▼ れた音無~ (2, 0.0%)

1 が反抗, は

▼ れた韻文~ (2, 0.0%)

1 に比し, を以て詩

▼ れた頃彼~ (2, 0.0%)

1 はがぜん, はどこ

▼ れた頃東京~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ れた領地~ (2, 0.0%)

1 には他, は六百六十万石

▼ れた頭上~ (2, 0.0%)

1 の電氣, の青い

▼ れた頭部~ (2, 0.0%)

1 の傷, の傷口

▼ れた頼り~ (2, 0.0%)

1 ないもの, ない幼児

▼ れた頼母~ (2, 0.0%)

1 は寝床, は赤面

▼ れた顫動~ (2, 0.0%)

2 して

▼ れた風俗~ (2, 0.0%)

1 もこうした, や日本髪

▼ れた風情~ (2, 0.0%)

1 して, とも見られた

▼ れた風習~ (2, 0.0%)

1 であるから, の尊重

▼ れた風船玉~ (2, 0.0%)

1 が雲, のよう

▼ れた風説~ (2, 0.0%)

1 が流れ, は山中

▼ れた風貌~ (2, 0.0%)

1 である, であろう

▼ れた風鈴~ (2, 0.0%)

1 の如く, の音

▼ れた飛脚~ (2, 0.0%)

1 の魂, は人間

▼ れた飛行場~ (2, 0.0%)

1 が解る, だった

▼ れた食べもの~ (2, 0.0%)

1 にも手, のそば

▼ れた飯茶碗~ (2, 0.0%)

1 から飯, を胸

▼ れた飴チョコ~ (2, 0.0%)

1 は同じ, は小さな

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が見え, は一口

▼ れた首飾り~ (2, 0.0%)

1 というの, の模造品

▼ れた香気~ (2, 0.0%)

1 がまだ, は節子

▼ れた馳走~ (2, 0.0%)

1 なども凝り, を遠慮なく

▼ れた馴染~ (2, 0.0%)

1 の小, の裏街

▼ れた駁論~ (2, 0.0%)

2 は十分

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 へ着いた, まで送

▼ れた騷ぎ~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ れた驚愕~ (2, 0.0%)

1 の声, を表わす

▼ れた骨片~ (2, 0.0%)

1 をむき出し, を掻き

▼ れた髑髏~ (2, 0.0%)

1 だった, に肉

▼ れた高い白い~ (2, 0.0%)

2 家が

▼ れた高射砲~ (2, 0.0%)

1 がころがっ, のひびき

▼ れた高氏~ (2, 0.0%)

1 がふと, は右馬介

▼ れた高雅~ (2, 0.0%)

1 なもの, な雲雀

▼ れた魅力~ (2, 0.0%)

1 に人知れず, は跡かた

▼ れた鮮明~ (2, 0.0%)

1 なしかしまた, な姿

▼ れた鮮血~ (2, 0.0%)

1 がどこ, を洗い清め

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の繊肉, の骨

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 は山崎, は村上

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 なども, を肴

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 などを馳走, のよう

▼ れた鳥籠~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ れた鳰鳥~ (2, 0.0%)

1 が身, はさすが

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ れた鶏血草~ (2, 0.0%)

1 がうごきます, の種子

▼ れた~ (2, 0.0%)

2 のばさばさ

▼ れた鶴姫~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ れた鶴子~ (2, 0.0%)

1 の家, の玄関

▼ れた黄昏~ (2, 0.0%)

1 に大きな, はそういう

▼ れた黄金~ (2, 0.0%)

1 のメダル, の総額

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 の頭巾, の高

▼ れた黒人~ (2, 0.0%)

1 の血, を描い

▼ れた黒田先生~ (2, 0.0%)

1 がやたら無性に, とはカラマツ

▼ れた黒髪~ (2, 0.0%)

1 が顔, の根

▼ れた~ (2, 0.0%)

1 が頗る, を明

▼ れた鼻髭~ (2, 0.0%)

2 があつ

▼ れた龕灯~ (2, 0.0%)

1 の光, の灯

▼1* [12512件]

れたあいだはどれ, れたあいつとは彼女, れたあいまいなもの, れたあきらめとしてにじみ出す, れたあき樽の中, れたあげくゆえ今では一向, れたあげく一族の楊松, れたあげく二日三晩もの彷徨いを, れたあげく今ではこうして, れたあげく例外なしに, れたあげく増田は両足, れたあげく士卒の大半, れたあげく大樹の梢, れたあげく娼婦になる, れたあげく小料理屋で飲ん, れたあげく屍は野山, れたあげく巴里の客舎, れたあげく従来の生活費, れたあげく意気地なくも, れたあげく抵抗ひとつできず刺し殺されて, れたあげく方々に溜息, れたあげく暴行され発覚, れたあげく最後の八番, れたあげく番人が地上, れたあげく細川の藩士, れたあげく肺炎で死んだ, れたあげく菱の密生, れたあさ子の波打つ, れたあした湖を巡り, れたあすをあそばす, れたあずまやのある, れたあたりはずゐぶん, れたあっちの死骸, れたあづまの国, れたあとママという通称, れたあと二人はその, れたあと仲之町をよし, れたあと別のいのち, れたあと四年以上全部説五年全部説各学級代表説, れたあと大勢の密軍兵, れたあと彼女が梅壺, れたあと怒涛荒れくるうあの, れたあと戦局が苛烈, れたあと手が震え, れたあと時の当局者, れたあと殘りの, れたあと美津子さんはいつも, れたあと肺に浸潤, れたあの大きな奴を, れたあの小さな瓶の, れたあはれな墓, れたあばら家が裏, れたあぶない階段を, れたあべこべ砲を製造, れたあまたの青春, れたあまりだれかにぶつかっ, れたあまり両手を延ばし, れたあやめが咲い, れたありがたや, れたありがたく存じ候かしこの, れたあれこれの上, れたあんなものが, れたあゝいふ気分, れたいかなる分量の, れたいかにもあっさり死の, れたいが先に立つ, れたいが栗あたま, れたいきというもの, れたいきおいで三吉, れたいきぐるしさを, れたいくたりかの俳優, れたいざこざに佃, れたいざなぎの命, れたいすけより媛, れたいずれ劣らぬ美形たち, れたいそがしい酒で, れたいたいたしい顔に, れたいただきから樹幹, れたいため札ビラを切る, れたいちはひとり, れたいちいちの戸, れたいつか東京の三越, れたいつぞや等覚院, れたいつもその道さえ, れたいなか者のきょうだい, れたいねがいこそ人間, れたいのちが遭遇, れたいぶかしさに, れたいぶかしい一句は, れたいぶかしき御用駕籠検分に, れたいまいましさの, れたいまいましい気持も, れたいまわしい半裸体, れたいまわしい深い淵である, れたいもりといもり, れたいやしい職業の, れたいやになるほど, れたいやらしさが, れたいろいろ日常茶飯のこと, れたいろは屋文次掏摸を追って, れたいわれが裏書き, れたうえこのほど身をいぶせき, れたうえこれにもやはり, れたうえトランクにはかぎ, れたうえ乾板を没収, れたうえ始末書をとられ, れたうえ気兼苦労而已をし, れたうえ自分もここ, れたうえ阿部侯より, れたうえ魔法つかいがきれい, れたうさぎの足跡, れたうしろ袈裟とはいかにも, れたうじむしのこゑ, れたうす暗いむんむんする, れたうそのよう, れたうち草津一直松島の三軒, れたうっぷんを土間, れたうっ憤もあった, れたうつくしい神巫の, れたうつろな死骸, れたうねりが白い, れたうら悲しい気持だけが, れたうるさい口も, れたうろ覚えの懺悔文, れたうわばみの死骸, れたまあだ壯, れたおいしい食べ物を, れたおかあさんがきっと, れたおかみさんの御, れたおこのの姿, れたおじいさんの孫, れたおせんの姿, れたおそるべき強力なる, れたおそろしさが, れたおそろしく大きな釜, れたおでこのし, れたおでん屋の主人, れたおとうさんがおと, れたおとなしい客に, れたおとめのこと, れたおのづから, れたおのおのの式, れたおびただしいトリックの, れたおふくろや子供, れたおまへの, れたおめでたい野郎の, れたおもしろい事実は, れたおもにマンモスや, れたおりのもよう, れたおり大丸に長年, れたおり楽屋のもの, れたおり物とか道具, れたおれ達夫婦の事情, れたおんかたをどうして, れたおん若君様今はいず, れたおん身をもっ, れたお互いの経験, れたお仙は何, れたお伽話を見, れたお伽譚の猿公, れたお便りなどは一通, れたお初はわっ, れたお初皺ばんだ着物, れたお前たちの母上, れたお喋りがやむ, れたお太鼓の上, れたお姫さまのよう, れたお婆さんは泣い, れたお嬢さんたちの名, れたお子さまなどはどう, れたお子様を妹, れたお子様がたのお, れたお客さまたちはおいしい, れたお宮の肉体, れたお山でお通夜, れたお布施までいた, れたお方たちはこの, れたお方名は申さぬ, れたお歌ではない, れたお歴々は皆きょう腹, れたお玉自身が窓, れたお礼最後は頼母, れたお茶の儀式, れたお茶の水の流れ, れたお茶室と思われる, れたお菜は多分, れたお蔦という娘, れたお話それとあの, れたお針が今ここ, れたお陰なん, れたお雛様でしょうねえ, れたかぎりある通信電力, れたかぎり今後交渉をもつ, れたかくも奧, れたかけ橋である, れたかさえ判らなかったと, れたかしや札, れたかしましい聲を, れたかじめの中, れたかすかな深夜, れたかっこうで駈け, れたかてどないなと, れたかではなく彼, れたかども有るが, れたかどを曲った, れたかなしさや, れたかなしき心持ちを, れたかなど自覚も, れたかなの中にも, れたかなりにひろい野, れたかについて彼は, れたかについては今なほ議論, れたかにはなかなかおもしろい, れたかに関するヴァントフ, れたかねえから, れたかの子僧であつ, れたかみさんは積みかけ, れたかめの子のよう, れたからこそ人々の, れたからじゃと多くの, れたからだにあぐらを, れたからとかふだん人並の, れたからはと国男の, れたかをさえ見なかった, れたかんでもあん, れたがって口を, れたがなそれが, れたがよ万才ぁいなんて, れたがらんと白つ, れたがらん洞が嘘, れたがわづかに, れたがんばり屋の青江三空曹, れたきき腕をもぎ取ろう, れたきっかけとして持っ, れたきょうの脱出, れたきらきら光る眼, れたきらびやかな縮緬, れたきりその後は杳, れたきりぢやねェか, れたきりなんの音沙汰, れたきり三年間に二度目, れたきり二の句も出ぬ, れたきり錠がおろされ, れたきり馬のこと, れたぎくしゃくした明晰, れたくだりを拝読, れたくらいで忠告は, れたくらいな名与力, れたくらいに堅くなった, れたくらいよなし, れたくらしをし, れたくるしさに, れたぐあいの一坪ばかりの水, れたぐつすりと寝た, れたぐらいでは怒りも, れたぐらいな気持ちに, れたぐらいに考えるもの, れたけし粒のよう, れたけだし私は, れたけっかはっきりした, れたこころも解きほごさず, れたこそ気の毒で, れたこといね子が一人, れたことおまけに途端場, れたことお話ししませんでしたね, れたことそこへ兄, れたことそれゆゑ私のほか, れたことそれ以前の甲州街道, れたことそれ自体がすでに, れたことぢやに, れたこと一本の絹, れたこと一部分があの, れたこと七十八萬五千餘町に上り, れたこと不快でもあれ, れたこと不自由なこと, れたこと久内の口, れたこと之れ人情, れたこと二十一日に, れたこと京の逢坂屋伝兵衛一行, れたこと人の知る, れたこと今はその, れたこと他へ譲られた, れたこと以外にまだ, れたこと全部をまた, れたこと博士を悩まし, れたこと大円屋根が本, れたこと妹さんが今日早朝, れたこと守備隊が全滅, れたこと帝をはじめ, れたこと帝王帰依の致す, れたこと必定訓戒の深意, れたこと明智の殿, れたこと書物の著, れたこと木工猪名部真根, れたこと楞迦経に明かである, れたこと汝といえ, れたこと清水宗治が高松落城, れたこと火の手の廻り, れたこと犯人は被害者, れたこと玄女や猪右衛門, れたこと用もない, れたこと而して, れたこと自体が全く, れたこと自分の人生, れたこと自活の途, れたこと道庵先生は親方, れたこと郷民がみんな, れたこと間違いない, れたこと鳥が蜆, れたこどもの時分, れたこのある商品の, れたこのみのやう, れたこの小さな部屋の, れたこめかみには明らか, れたこりゃ至極じゃ, れたこれらすべての用役, れたこれら江戸ッ児の象徴, れたころひとりのかわいらしい, れたころママがようやく, れたころ内務大臣はソロソロ, れたころ印東はひきつった, れたころ幾つかの絵, れたころ当路者ににらまれる, れたころ毎年大きな寺, れたころ軍国主義精神の日常化, れたこわさが, れたこんがら重, れたこんなにい, れたこん畜生こん畜生と百, れたこん虫のよう, れたごとあったが, れたごめんね怒った, れたご存じのあの, れたさいこれの口, れたさいしょは怪物, れたさかいもう争議, れたさかんな輿望, れたさきは日本橋, れたさくらどもの根, れたさつきからあんまり, れたさて鏡に, れたさては私も, れたさほどひろくない, れたさも疲れたやう, れたさる新聞の, れたざくと云う, れたしかるに彼は, れたしかるべき身分だ, れたしきたりなんで, れたしずかな照明, れたしたがって現実の, れたしとか堅牢な, れたしとも思いしなり, れたしなど申て, れたしめ縄に御幣, れたしゃもじと, れたしるしだと, れたしるし二回は好かれ, れたしろい足で, れたじいさんの顔, れたじじむさいような, れたじつに九年前の, れたじゃァござんせんか, れたすえ辛うじて判明, れたすがすがしい気持で, れたすきを見, れたすしやら, れたすすきのよう, れたすすり泣きになっ, れたすっかりつかれた, れたすべすべした姿体, れたすみ子も戸塚, れたするどい智能が, れたすんなりした足, れたずいぶん酷たらしい, れたせいろうのごとく, れたせい子が日本髪, れたせがれの愛読書, れたせつなには誰, れたせまい一室だった, れたせみがジイー, れたせんべいのよう, れたそしてただ夫のみが, れたそのうちインディアンが, れたそのかみの恋人, れたそのものを見, れたその後伊達君がたしかに, れたその恐るべき大現実, れたその間の, れたそらの泉水, れたそれだけの話, れたそれで私は, れたそれでは紙をと, れたそれほど陰気な, れたそれ以上にそれら, れたそれ以前から誰, れたぞっとするよう, れたぞよーッ栞よ, れたぞわての顔を, れたたいらな道路, れたたか子は朝, れたたき火を見, れたたこはつりかご, れたたっぷり一丈はあろう, れたたとえば人類が, れたたぬきの怪談, れたたび人だ, れたためお姫さまはなん, れたためそれを恨ん, れたためよそめにはすこし, れたためわしは今, れたためモンドリ打って, れたため一寸一頓挫を来たした, れたため一瞬にし, れたため今でも弟, れたため体が延び, れたため入水した伝説, れたため兵粮武具を捨て, れたため劇全體, れたため呆然としたらしかった, れたため大寺は憤慨, れたため室内の三計器, れたため家事不取締, れたため山の形, れたため後陣の船, れたため徒歩で逃げ帰った, れたため急に盧植, れたため扉をノック, れたため放生月毛は彼, れたため文学の情操, れたため日記帳もなに, れたため昆虫館は昔, れたため桂月氏の簡潔, れたため楠氏の直, れたため湯治が出来る, れたため漱石に比べ, れたため独自の文化, れたため白血球減少を来した, れたため脳震盪とかを起こされた, れたため自身の文学的蓄積, れたため貸本屋から嚴談, れたため近頃は鳥, れたため道傍に落ち, れたため開拓使の問題, れたため開鎖に関する京幕, れたため風邪を引い, れたたもととをもっ, れたたわいも無い, れたたんぼの奥, れただから政府は, れただけと言うの, れただけということ私も, れただけには生きる, れただけにも満足しなけれ, れただけは飲んだが, れただけも百軒ばかり, れただの一人も, れただぶだぶのフロック, れただるまの化粧, れただれかは自分, れたちなみに一行は, れたちゃぶ台を前, れたちょん髷の数々, れたちよつと二度, れたちんばの鶏, れたっけ毒だ言う, れたってなんだって, れたってなあ大人気の毒だった, れたってのに冗談口を, れたっとじゃろ, れたついてはあれだけの, れたつぎの言葉, れたつくづく俺は, れたつくばひの, れたつけなあの, れたつけア誰か知らせた, れたつづらこそ怪しむべし, れたつてお前なんかの, れたつてこちらは警察, れたつてことは不名誉, れたつてちやんとやつ, れたつてほんとうでございましよう, れたつてようございますよ, れたつてわたしの口惜し, れたつてハガキなら当の, れたつてビクともしない, れたつて不足はある, れたつて今より惡, れたつて今朝親戚から参りました, れたつて仕方がない, れたつて仕様がない, れたつて何でもなけれ, れたつて侯爵は決して, れたつて借り手が無い, れたつて巧にやれ, れたつて差支へない, れたつて己は何, れたつて平気なん, れたつて怪我をし, れたつて構はんですけれど, れたつて歌を歌, れたつて歸るの, れたつて気持ちなン, れたつて水谷先生は水谷先生, れたつて永久にわかりやせん, れたつて直ぐに治, れたつて私達が會つたの, れたつて笑つてやるもの, れたつて聽かねえ, れたつて腹も立てられない, れたつて解るこつちやない, れたつて言ふぢ, れたつて言つて來たんでせう, れたつて話ですから, れたつねに明晰判明な, れたつまりムッシュウ・ギョタンだらう, れたつめのあと, れたつよさは, れたてん草は, れたできごとであっても, れたでこぼこの噴火口, れたでたらめの霊魂説, れたというくらいな犬, れたというのかい, れたといったじゃねえか, れたといふか磨滅した, れたといふだけでぐつと彼女, れたといふは誠に異, れたといふほどであるから, れたとおりあとを閉め, れたとおりいろいろの社会的施設, れたとおりそれは男性的, れたとおりだれかに毒, れたとおりてんじょうをてらします, れたとおりなか一日をおい, れたとおりまちがいなく大尉, れたとおりりっぱにおけしょう, れたとおりズボンのポケット, れたとおりドアのすき, れたとおり一度とて後, れたとおり一方の手, れたとおり一町とはない, れたとおり三十分のちには日比谷公園, れたとおり上の方, れたとおり以後二ヵ月昼夜のた打ちまわった, れたとおり僕のからだ, れたとおり入口の扉, れたとおり列をはなれ, れたとおり午前六時すこし前, れたとおり大の子煩悩, れたとおり大悟の眼, れたとおり奇麗な花束, れたとおり懐中電灯をつけ, れたとおり戦車を南東, れたとおり新旧二つの紅跡, れたとおり村松氏の額, れたとおり母をその, れたとおり濠端を四ツ谷, れたとおり生れつきに出来た, れたとおり目を, れたとおり納屋へはいっ, れたとおり紫外線よけの色眼, れたとおり調子をあわせ, れたとおり遷都の儀, れたとおり門扉のかんぬき, れたとおり関羽を野外, れたとおり静かに走り始めた, れたとおり頭の君, れたとおり駅に出, れたとかも知れん, れたときあたしは毎朝, れたときお前が箱, れたときお前様方を中, れたときお嬢さんの身体, れたときひろ子は総, れたときまさは臨月, れたときみたいな心持, れたときわしがおりませんでした, れたときアメリカのあらゆる, れたときアンジョーラはマブーフ, れたときイの一番, れたときクラムだと, れたときドン・キホーテは何, れたときバッハの骨, れたときフローラは眼前, れたときホールの反対, れたときボンヤリ顔を見上げる, れたときレーリーが委員長, れたときローリイはいかにも, れたとき一つの文化的, れたとき一同の眼, れたとき一時日の光, れたとき一番奇妙に感じた, れたとき一緒に紹介, れたとき一般の市民, れたとき七つの鐘, れたとき三毛が死体, れたとき三百年の潜伏信仰, れたとき不快の感, れたとき主人公は大いに, れたとき主客の使者, れたとき事の次第, れたとき二人は答えた, れたとき二十四時間の大, れたとき五十八歳の彼, れたとき人も馬, れたとき人々はあっと, れたとき人間の事業, れたとき今太郎君は不思議さうに, れたとき今日の二人, れたとき他の全員, れたとき以来停って, れたとき以来あれほどの御馳走, れたとき以来齢をとる, れたとき伊藤伝右衛門氏は筑紫, れたとき伝左衛門とその, れたとき佐野鍋山三田村のよう, れたとき偶然目白へ来た, れたとき優陀夷比丘又は六群比丘, れたとき先生が逃, れたとき六枚の肌着, れたとき六郎兵衛はすっと, れたとき出雲守は顔, れたとき初度の英公使パークス, れたとき力を落し, れたとき口から出任せ, れたとき吉宗は一とき, れたとき吉田はまったく, れたとき嘘をついた, れたとき国体を発揮, れたとき国司の王, れたとき國王尸羅迷伽の表, れたとき圓朝は穴, れたとき土地の自動車, れたとき均衡が現われる, れたとき城三次も傷, れたとき大使館武官の招宴, れたとき大分いろいろな議論, れたとき大口の借銭, れたとき大町桂月が非国民, れたとき大衆の生活, れたとき天井の高, れたとき奥から下っ, れたとき女性のしたがって, れたとき妃山辺の皇女, れたとき妙な弁解, れたとき娯楽はただ, れたとき娯樂はただ, れたとき婦人作家と答えた, れたとき婦人民主クラブがそういう, れたとき学術研究会議では, れたとき室生犀星は評, れたとき家々のチャブ台, れたとき家政婦の面, れたとき密室の証明, れたとき富士男は身, れたとき封建社會は當時, れたとき将校とまったく, れたとき小林の葬儀委員長, れたとき小西行長が立つ, れたとき小鳥というもの, れたとき居士が拾っ, れたとき師僧の如浄禅師, れたとき廊下に足音, れたとき当時アメリカにおいて世論調査, れたとき彼らは相手, れたとき彼女は言った, れたとき感歎に声, れたとき手を打っ, れたとき指摘されるべきいくつ, れたとき放送局の係り, れたとき政府は日本出版協会, れたとき故人小勝は左, れたとき方向を見失い光り, れたとき旃毛を雪, れたとき早苗といっしょ, れたとき昌造は十五歳, れたとき星はああ, れたとき晶子はこの, れたとき最後まで反抗, れたとき最近英米で素晴らしい, れたとき木枕の夢, れたとき東京の支配人, れたとき東西洋人の入, れたとき林町の子供, れたとき栖方は垂直, れたとき横浜にいる, れたとき檻房で偶然太田, れたとき次の勝負, れたとき正季はぞっと, れたとき此の家, れたとき武夫君はその後, れたとき歯をつよく, れたとき残念でした, れたとき民主的といい得ただろう, れたとき気が遠く, れたとき泉は何と, れたとき泰造はその, れたとき海老団治と今, れたとき準之助氏は新子, れたとき演壇に立った, れたとき火気を呼んだ, れたとき父親はただ, れたとき犬の肉, れたとき猛之介, れたとき玄関の扉, れたとき生活しなければ, れたとき田中派と木村派, れたとき癪にさわる, れたとき発止と打ちおろされた, れたとき皇女に従った, れたとき皇帝曹丕は, れたとき真の人間不信, れたとき真先きに, れたとき石津というこの, れたとき社長はその, れたとき私共が求める, れたとき穴のあいた, れたとき空白だったら, れたとき笑ふ男, れたとき篁は白居易, れたとき素六の身体, れたとき締切までに五日間, れたとき肖像画の依頼者, れたとき腹の痛む, れたとき自らの不可解, れたとき芋を喰っ, れたとき花は花弁, れたとき花村にそう, れたとき若宮八幡宮の社前, れたとき葵は憤り, れたとき言葉の偽り, れたとき誰ひとり椅子から立っ, れたとき警官の手, れたとき豹一を連れ, れたとき軍事成金の跳梁, れたとき返事に困らない, れたとき過去二三年のうち, れたとき都築明はすぐ, れたとき配給されて, れたとき重吉はあれ, れたとき鍵のかけられた, れたとき鑿の作業, れたとき防空衣のポケット, れたとき階段の途中, れたとき非常に満足, れたとき順吉は意外, れたとき預金の方, れたとき顔が熱く, れたとき鼻汁といっしょ, れたときAP通信は, れたとく子を抱え, れたとげの抜けない, れたところ今度どうやら軍兵, れたところ六条判官行重は上覧, れたところ幸にし, れたところ聖徳太子様には, れたところ言下に傲然, れたとしては莫迦気切った, れたとたん以前の失業, れたとたん御殿じゅう火事のよう, れたとたん急におびただしい, れたとたん犠牲者の全身, れたとってどの位, れたとてもあんまり腹を, れたとにかくどのくらい, れたとばかし思って, れたとばかりは言ひ切れない, れたとまでは世間へも, れたとまり木をゆびさし, れたとよ三度も, れたとよと大評判, れたとんちんかんな立話, れたどうでも好い, れたどうせそんな事, れたどうにもならぬやつ, れたなあと思って, れたながい漆黒の, れたなごりのたま, れたなじみがその, れたなぜだどうして, れたなぞと云う, れたなだらかな海面, れたなどといふ噂が, れたなどとは信じられない, れたなどとも書き加えられるだろうが, れたなども一佳話として, れたなにがし町の選ぬき, れたなにやら一途に, れたなめし革の長靴, れたなよ竹の, れたなりにでもなって, れたなわの中で, れたなんかって云う事, れたなんかと思ったらとんでも, れたなんぞと云うの, れたなんともいえずうっとうしい, れたにせものにすぎません, れたにつき当会の, れたにつれて婦人参政権建議案が, れたにゃ弱ったね, れたによっても察せられる, れたにより空腹い, れたにわとりどもはまだごたごた, れたぬき衣紋のなめらか, れたぬるぬるの桶, れたねと言ったら誰, れたのうさすがに, れたのさへ多い, れたのち内外に私服警官隊, れたのち幾年もたっ, れたのち彼は孤影悄然, れたのち政府部内でおそろしい, れたのち百五十人の建築師たち, れたのち邦人の方, れたのちNHKの会長, れたのでかへりに, れたのでからが御隠居様, れたのでがツかり, れたのでとすると, れたのでな前へ, れたのでね半分も, れたのでのッぴきならず, れたのでわッは, れたのにと思うと, れたのになあ竹一, れたのね可哀そうに, れたのびのびした自由さ, れたのびやかな明い, れたのぶちゃんが従順, れたのみやで二階, れたのりとの内容, れたのれんをくぐる, れたのろまな巨大, れたの業をにやし, れたはかない流行外れの, れたはがきに足, れたはず人の噂, れたはて何と, れたばかしでないか, れたばかしのあとな, れたばかりで死にいた証拠, れたばかりと肯かれる新鮮, れたばかりには本当に日本, れたばかりをもう蒼く, れたばっかりで八重菊, れたばっかりにそれごらん手まで, れたばらばら松の下, れたひいき読者としての感情, れたひそかな感慨, れたひたいのこ, れたひつぎが中, れたひと鉢あるいはふた, れたひどい石ころ道ばかり, れたひどい深い砂塵, れたひな神長じ, れたひょうしに, れたひろ子は体じゅう, れたふかからせっせと, れたふかふかしたディヴァン, れたふくよかに美しい, れたふしもあったであろう, れたふしぎな洋館, れたふた太刀の, れたふたつの掌, れたふるやなる, れたふるき日本ふるき, れたへちまといったぐあいに, れたへやにはいりました, れたべと聞くと, れたほこりっぽい公判廷, れたほそい坂は, れたほそ長い島を, れたほっとして, れたほととぎすの世界, れたほどでつるりとした, れたほどなく樹明君来訪しんみり, れたほどには次郎の, れたほどのわづかの, れたほどは貧窮化しなかったであろう, れたほほ笑みで, れたほぼ全部の, れたほら何とかいふ, れたほんとにお気の毒, れたほんにそれは, れたぼんやりした姿, れたまきえびを生醤油, れたまことに古風な, れたまさかお乳飴, れたましらの影, れたまっくろな顔, れたまっすぐな体躯, れたまっ白な板戸, れたまっ黒な大きな, れたまでにて何所が, れたまひて我がその, れたまひ三が肩, れたまひ海水に浮き沈み, れたままあたりに杣, れたままあっけにとられた, れたままいつまでもいつ, れたままいつか眠つてゐた, れたままきょうの雨, れたままぎるんぎるんと渦巻く気圏, れたままけさはまだ, れたままここを先途, れたままじいッとし, れたままその後のこと, れたままそれに続く, れたままそれっきり陽の目, れたままだれもそば, れたままどこかで一緒, れたままなんの響き, れたままぼんやりとあたり, れたままみごとにひらかれ, れたままグッタリとうつぶせ, れたままグレーヴス書記官と同列, れたままデューランに跳, れたままトランプを弄ん, れたままニンガリもせず, れたままハンスの前, れたままビクとも動かない, れたままブクブクと深み, れたままホコリと緑青だらけ, れたままボロボロと涙, れたまま一人でしょんぼり, れたまま一座はちょっと, れたまま一散に駈け出した, れたまま一週間ほど部屋, れたまま七代将軍の霊廟有章院別当瑞蓮寺, れたまま七八尺あるその, れたまま七月二十五日の夕べ, れたまま三人とも無言, れたまま上唇をあげ, れたまま下界におちぶれ, れたまま不審ともされない, れたまま中野学士の背中, れたまま久し振りに生々, れたまま二つ三つ小突き廻されます, れたまま二三度体を震わせた, れたまま二羽の白鳥, れたまま二言三言言い争ったと, れたまま二間三間と通り過ぎ, れたまま五時間十時間平気で生存, れたまま人形の眼, れたまま他と関係, れたまま伝馬送りと獄門, れたまま伸子たちが通りぬける, れたまま何んの怪我, れたまま信長を刺そう, れたまま停止して, れたまま傍に置い, れたまま凝然と動かなくなっ, れたまま剣を抜き払っ, れたまま匂つて來る, れたまま十年も働い, れたまま十数日を過し, れたまま半分以上雨樋の蔭, れたまま印度洋の湿気, れたまま否応なくそこ, れたまま吸収されずに, れたまま呆然としてただ, れたまま唇を噛んだ, れたまま土まみれとなっ, れたまま土埃の中, れたまま土間のうち, れたまま坂の土手, れたまま堂には文武, れたまま堅板や内, れたまま塵埃に包まれ, れたまま壁に沿う, れたまま声ひくく越前守, れたまま変りがなかっ, れたまま外套を被っ, れたまま多勢に一人力, れたまま夜の櫟林, れたまま夜具も枕, れたまま大通を真一文字, れたまま女の長い, れたまま妻の寧子, れたまま完成して, れたまま小刻みにはげしく, れたまま小太郎の眼, れたまま山番小屋の後, れたまま峻はまた, れたまま左脇を下, れたまま年月をお過ごし, れたまま幾つも横たわっ, れたまま幾年か立っ, れたまま床のうえ, れたまま廊下に俯伏せ, れたまま当惑そうにあたり, れたまま往来の方, れたまま後添いも娶らず, れたまま心配そうにだが, れたまま息を引きとった, れたまま悪魔が口, れたまま手を携え, れたまま手荷物か何, れたまま手首をつと, れたまま投込まれたもの, れたまま挨拶の言葉, れたまま故意と足, れたまま敷布団の上, れたまま斑竹の笛, れたまま斜めにピアノ, れたまま旅行にカコ, れたまま日常のごとく, れたまま映画館の外, れたまま時経っても, れたまま晩食の分, れたまま本があっ, れたまま村を背, れたまま松の枝, れたまま枕の左右, れたまま枯柳の根がた, れたまま柱を一廻り, れたまま梅雪に飛びかかっ, れたまま梢のほう, れたまま権之助, れたまま横になっ, れたまま正体もなく, れたまま正午になっ, れたまま死にもせず, れたまま毎日毎日こうも, れたまま気を許さず, れたまま永眠されたの, れたまま池の周囲, れたまま泣出して, れたまま涙をポトポト, れたまま淑かに澄ん, れたまま渦を巻いた, れたまま滝川殿のお, れたまま焼死し街路, れたまま熱湯を縁, れたまま爆発するよう, れたまま父の手, れたまま物置の隅, れたまま狂喜して, れたまま猟師にかつがれ, れたまま猿ぐつわをはめられた, れたまま甚内の姿, れたまま生死不明になった, れたまま痺びらされたまま, れたまま百米ほど歩いた, れたまま監禁されて, れたまま目に見えぬ, れたまま眉一つ動かさずに, れたまま石のよう, れたまま砂の中, れたまま礫のよう, れたまま祖母の膝, れたまま空地の中央, れたまま突立って, れたまま窓際の酒, れたまま竈の傍, れたまま答えさえせらるる, れたまま箱の中, れたまま納戸に投, れたまま素直にもと, れたまま縁の上, れたまま縄を解かれる, れたまま置捨てられて, れたまま羽織の下, れたまま翌日となりました, れたまま肩をうごかし, れたまま肺結核の為, れたまま胸の中, れたまま臍のない, れたまま自分一人で蛇体, れたまま舌をだらり, れたまま苦悶して, れたまま苦笑をうかべ, れたまま萩枝は地上, れたまま蒼黒い水穴, れたまま薔薇色の女, れたまま薦がかけ, れたまま藻掻く娘, れたまま蘇州からで, れたまま虫の息になっ, れたまま衆人環視のうち, れたまま表へ連れ出され, れたまま袂の蔭, れたまま袋のよう, れたまま袖門の中, れたまま襟を乱し, れたまま誰もあそこ, れたまま足もとに寄った, れたまま跳ね廻って, れたまま身をそらす, れたまま身動きもしなかった, れたまま車を引っぱっ, れたまま車内の人, れたまま軒下に積まれ, れたまま転っていた, れたまま近所近辺から, れたまま逆流し始めた, れたまま連れを離れ, れたまま金庫の鉄扉, れたまま闇から闇, れたまま防寨が攻撃, れたまま陽の目, れたまま雪の庭, れたまま音も立てず, れたまま頂上に遺つ, れたまま顔を火照らした, れたまま顛覆して, れたまま馬元義の足もと, れたまま駆逐艦に護送, れたまま駐在所の方, れたまま驚駭の念, れたまま髪振り乱して, れたまま黙祷して, れたまま黙読すると, れたまゆみの手, れたまるい河原の, れたまれびとの宿り, れたまんまそこにあった, れたまんま三味線や鼓, れたまんま左の背後肩胛骨, れたまんま息をのむ, れたまん中に佇んだ, れたまアちゃんは, れたみぎり鷹先, れたみこたちも元, れたみごとな栗色, れたみずみずしい生気と, れたみたいいやだもの, れたみちのく藤原族のたくましい, れたみどりいろの, れたみねの雪, れたみみずをまね, れたみょうなもの, れたみんな私よりも若い, れたむきもあろう, れたむごたらしい傷口から, れたむささびか怪鳥, れたむちむちとした肉体は歩く, れたむっつり右門の, れたむねを告げる, れためがねで見, れためぐみの一つ, れためちゃめちゃな学生狩, れためでたい日だ, れたもういきおいのついたうわずった, れたもうことを肯定, れたもうどうにも手が, れたもくろみをのみこむ, れたもぐらもち四丁目の角, れたもっと一般的な, れたもっとも重大な, れたもともと見当違いの, れたもどかしさに, れたものあれだったそう, れたものはかへつて, れたものハイカラにいえ, れたもの三輔の駱曜, れたもの今後この小屋, れたもの仕方がない, れたもの以上を与, れたもの僅かに七百十一人, れたもの卜の方式, れたもの單純に疑, れたもの壬も乳, れたもの意識の所産, れたもの数躯別に一枚, れたもの最近では文学, れたもの東京から来援, れたもの科学的に組織, れたもの衣裳とよぶ, れたもの西南アジヤ地方のもの, れたもの農地の損失, れたもの達である労働者, れたもの雀と啄木鳥, れたもの静かな風景, れたもの音等を驚く, れたもの顛覆した機関車, れたもはや薄い生命, れたもらい泣きという表現, れたもんぢやあねえ, れたやくざの銀之助, れたやす子は花圃, れたやつぱり私には, れたやらと夜も, れたやり方だ, れたやるせなさを, れたふべの, れたゆうべのこと, れたゆえ佐助様は逃げ, れたゆえ我を実, れたゆたかな水圧, れたゆっくりした荒れた庭, れたゆめばかりを見, れたようすもなく, れたようなほの温か, れたようやくそれを, れたようよう長さ五分, れたよう二上屋の棟, れたよう向うへ引かれ, れたよく整った遠景, れたよと言つた, れたよなどと付け加えるの, れたよろこばしい事実を, れたよんどころない諦めには, れたりき彼等は豈再び, れたりき苦みき, れたれいの大池, れたれん瓦の一部, れたろうに藩論, れたろうそくの灯, れたわいなかなか油断, れたわかいルンペンを, れたわが国における土地所有, れたわが子の苦痛, れたわが子松千代の手紙, れたわが家の下婢, れたわたくしの気分, れたわたしたちこそ全く, れたわたしたち二人が揃い, れたわびしさと, れたわれらの捕物名人右門, れたわれわれ自身のうち, れたわんぱくが, れたんじゃ歌麿の, れたんぢやあ気味がわるい, れたいとはやしたてます, れたアアミンガアドの肩, れたアイスキャンデイを買っ, れたアイスクリームコーヒーの素晴らしかっ, れたアウギュスト・ロダンの作品, れたアエノコトという祭, れたアカシヤの白い, れたアカデミズムに対立, れたアクソーもまったく, れたアクロポリスの山上, れたアゴの一文字, れたアジアの東端, れたアジア婦人会議は国際民主婦人連盟, れたアジテーションであるとしか, れたアスタ・ニールゼンという名, れたアズマヤが血, れたアタマで撰定, れたアダムス氏の, れたアッシリア学者だった, れたアテンの文化, れたアネモネよりは厚ぼつ, れたアノ悪人に彼奴め復讐, れたアパルトマンの客室, れたアパートメントのいくつ, れたアフガニスタンの金, れたアフロジテの像, れたアプリオリテートである, れたアホウドリのまわり, れたアマチュアであ, れたアマルティアてふ, れたアメリカ・アトランテック社製の美しい, れたアメリカ映画中の傑作, れたアラビヤ文様の幻影, れたアラビヤ語は, れたアリスはこの, れたアリョーシャの頭, れたアルバノの山々, れたアルミニュームの光, れたアルメニア窒息させられたフィンランド, れたアレウート号といっしょ, れたアレキサンダア・ベルクマンは彼, れたアレキサンドリアの図書館, れたアンは誰, れたアンケートが果して, れたアンテナ線が海面, れたアントアネットはたえず, れたアンドレイエヒミチは遂に, れたアンナが町, れたアンペラの小屋, れたアンポンタン・ポカン博士の街頭演説なぞ, れたアンマとって, れたアヴァレー侯爵が次, れたアーサー少年は碧, れたアーチの下, れたア失恋したア, れたイイザルの, れたイガラシの祖先, れたイギリス人医師がとかく, れたイギリス社会の心理, れたイサクは地獄, れたイスがたおれ, れたイタリア植民地の運命, れたイタリイの薬剤師, れたイタリーの政治的復活, れたイデーイデーの自然形態, れたイフィゲニアがふたたび, れたイマイマしさ, れたイメージですね, れたイヤなおばさん, れたイワノウィッチがワルシャワ, れたイワンに同情, れたインキの文字, れたイングランドの保守主義者, れたインジアンに与う, れたインテリゲンチャの青年, れたインテリゲンチャ論は大体, れたインテリゲントにとって新聞編集, れたインテリ問題は旧, れたインド風の足, れたイーハトーヴォの岩礁, れたイー・ドニ・ムニエの作品, れたウィスキイのビン, れたウィルソンのいくつ, れたウェリントンすらもさすが, れたウェーベルの, れたウォルコフもまじっ, れたウォーレスの綱領, れたウクライナの農民, れたウクライナ地方である, れたウサギの一ぴき, れたウダールニクだ, れたウニコール捕獲法というの, れたウニデス潮流といえ, れたウラニウム一グラム毎に二六立方センチメートル, れたウラニウム爆弾でないと, れたウルランド氏は転ん, れたウルリック一人は琴手コンラ, れたウンその時, れたウンゲラア通りにもまた, れたウーマンカレントといふ小さい, れたエエ・メイ・コイという月給, れたエキジビジョンの風景, れたエキスプレッションが即ち, れたエジス王妃と今, れたエジプトの文化, れたエジプトたばこを取り, れたエステティシュな感情, れたエタがいよいよ, れたエタ部落の人々, れたエッセイをなにとぞ, れたエッセンスでありまた, れたエッチングを見る, れたエナメルの靴, れたエナメル靴の上, れたエピソード映画の中, れたエプロンが青葉風, れたエレクテウスの家, れたエレーナやマリアンナ, れたエロチツクな空気, れたエーゲ文化が今日, れたオアシスである他愛, れたオイゲン・キュウネマンさんはある, れたオイラアの表, れたオカゲだよ, れたオクタンヘザールの二人, れたオコジョやイヅナ, れたオザで行く, れたオザ公会堂の歳末児童救済会, れたオシラ神と同一根原, れたオスラムの燭光, れたオスワルドの喪神状態, れたオットセイの子, れたオフェリヤがちっとも, れたオペラのメロディー, れたオホウスの命, れたオラウスとその, れたオランダ兵は, れたオリイブ色の上表紙, れたオリジナルのアリア, れたオリンピック大会でわが, れたオリヴィエの詩集, れたオルガンで下手糞, れたオレが女, れたオレステスを考えない, れたオントレーの部落, れたオーヨーな筋道, れたカアテンの汚れ, れたカアルよなぜ, れたカイゼルが見馴れた, れたカイミアラはこの, れたカステイラを毟, れたカステラをしげしげと, れたカタニアと云, れたカタログを見た, れたカッスル夫人が不安, れたカトリック教の宗論關係, れたカフェーの女給, れたカブトムシの背中, れたカムサツカの沿線, れたカメラ祭というもの, れたカラの頭, れたカリフォルニアン・クリッパーは近代資本主義最初, れたカリンニャン大侯が義勇兵, れたカンが二・一スト, れたカンカン帽をオットット, れたカンテラを怖, れたカント文献の内, れたカンヴァスの日覆, れたカーの密室犯罪, れたカードのうち六枚, れたカーネーシヨンの花, れたカーヴの上, れたガスのイオン, れたガス星雲を形成, れたガミ・エル・アザールもその頃, れたガラガラ道が常, れたガラクタと云った, れたガラス全体の枠, れたガラス戸のむこう, れたガラス管の内部的歪, れたガラッ八が, れたガランとした, れたガリクルチもトティ・ダルモンテ, れたガリーンウィッチ・ビレージと云う, れたガンドウの光, れたガーゼは一部分, れたキャフェの卓, れたキャプスタン見たいな, れたキャヴェンディッシ講座に適当, れたキュリー夫人伝にしろ, れたキヨメ・河原者の徒, れたキリストをピラト, れたキリスト教に至っ, れたキリスト教的愛で彼女, れたキーとが重なりあっ, れたギセイはギセイ, れたギプスを栄介, れたギヤマン鉢へ一ぴき, れたギリシアにおいて数学科学, れたギリシア社会に於, れたギーヨンのコクレアリア, れたクヌト・ライデンの逸話, れたクマソ的であるが, れたクラン・マッキンタイア号の上, れたクラヴィコードを弾い, れたクリストを見出した, れたクリストフの痛ましい, れたクリスマスの前, れたクリスマスツリーのやう, れたクリヴォフ夫人の顔, れたクルップと毒ガス, れたクレルヴァルのおも, れたクロはさだめし, れたクロッキーでありその, れたクロポトキンの一冊, れたクロポトキン全集がつまれ, れたクロロフォルムの罎, れたクローヂヤスはわが, れたクーデターに対しては熱烈, れたグラスへ彼女, れたグラフィーラは抑えきれない, れたグルーシーと不意, れたグレプニツキーが無残, れたグロットというイタリア料理店, れたグンテルに愛, れたケタから下っ, れたケリイ一名ワッツの死屍, れたケレンスキー内閣の号外, れたケンとダビット, れたケープトーンつまり喜望峰を, れたゲンツアノ湖畔を通, れたゲンノショウコを飲まされた, れたコクリサマの道具, れたコックの虎吉, れたコツプを壞, れたコバという暖地植物, れたコペルニクスは宇宙, れたコムソモーレツ専門家たちは彼等, れたコムパクトをくれ, れたコムプレックスとしてフロイド, れたコラムは神, れたコルシカ島のそば, れたコロンボの町, れたコンデ侯が証明, れたコンパートメントは僕一人, れたコーカサスの山, れたコーヒー茶碗はも一杯, れたコールタールとおなじ, れたゴチャゴチャとした, れたゴム鞠のよう, れたゴルドマンの態度, れたゴルフの代表選手, れたゴーガンとヴィンセント, れたゴーリキイ死刑反対の大, れたゴールではなかっ, れたサチ子と突き放された, れたサハラ沙漠の上空, れたサムソンの如く, れたサルセエ氏もこの, れたサルベージ会社の作業船, れたサロンを廊下, れたサンヂカリズムが面白い, れたサンピール市街の零落, れたサー・デゴレの, れたザイスの像, れたザシカのクンセイ, れたシイボルトのよう, れたシェクスピアの, れたシェストーフによれ, れたシェパードは決して, れたシクラメンの葉, れたシグナルや, れたシコラの演奏会, れたシテ見れば, れたシナの文, れたシナ学会大会において武内博士, れたシナ英国間の茶貿易, れたシムボリックな舞, れたシャツの下, れたシャツニッケル指環笛等は間違い, れたシャツ一枚の明智探偵, れたシャモみたいな肌, れたシャリアピンの, れたシャンデリアがさがり, れたシャンパンを高く, れたシャンヴルリー街の防寨, れたシャーベットをつい, れたシヤアロツク・ホームズであつ, れたシューベルトはない, れたシユネーダー博士夫妻津久井氏夫妻が來, れたショウウィンドウのハンドバッグ, れたショパンときては女王, れたシラトリ先生が満, れたシンドバッドです, れたシーザーの棺桶, れたシーツにおおわれ, れたジェスチュアはない, れたジェリーはその間, れたジコーサマの方, れたジッバードルという人, れたジプシイたちの顔, れたジプシー種族に二つ, れたジャズのレコード, れたジャック小刀が為吉, れたジャンヌが, れたジャーナリズムのもの, れたジャーナリズム概念の一端, れたジュノーの像, れたジュピターは自分, れたジュースのうま, れたジョウジ・ベエカアなる男, れたジョレースは次, れたジョージ五世及びジョージ六世, れたジリーと一緒, れたスイセン文をトッコ, れたスウィングル氏にも見せた, れたスカートに廻転窓, れたスカーフばかりでなく, れたスキャンダルでも金筋, れたスケッチ帳だった, れたスケツチ箱の上, れたスタニスラウスキイの一座, れたスターリンの論文, れたスチールでそれ, れたスティーフンと面, れたステイションで列車, れたステッキで背中, れたステパン・クジミッチの御, れたステレオ効果はかえって, れたステンドグラスのロザス, れたストリップ劇場浅草座美人座のピチピチ, れたスバラシク派手な着物, れたスパイ小説である, れたスピタルフィイルド区ドルセット街ミラア・コウトの納屋, れたスピリチュアリズムが漸く, れたスピロヘーテンパリーダが忽ちに, れたスペインの女, れたスマイルズの自助論, れたスミルニツキーの本, れたスリッパを見, れたスリツパを気, れたスリルを味, れたスローガンの一ツ, れたスヴェンが一艘ごと, れたスーザンはある, れたスープの湯気, れたズボンはち巻き, れたセシルの運勢, れたセミオン会社の船渠, れたセメント敷の大道, れたセリヌンティウスは徐々に, れたセリフだが, れたセリファンも同じ, れたセルカークはころころ, れたセレナ夫人とレヴェズ氏, れたセント・クララ病院とベルリン, れたゼーロンが仰天, れたソアレの匂い, れたソオヌ谷の目, れたソナタ形式やロンド形式, れたソネットをかく, れたソビエトロシア印刷芸術展覧会というの, れたソフアの方, れたソヴェト紹介の文章, れたソヴェト農民集団の階級的努力, れたソヴェート市民の文化的画一主義, れたソーマトランパスと名づける, れたゾエデルマンとオコンネル共著, れたゾラの棺, れたタイプライターの文字, れたタイムスまたはヘラルド, れたタイラントでした, れたタカ子が実家, れたタケニ草は僅か, れたタケヌナカハワケの命, れたタタキの上, れたタダの作品, れたタヂカラヲの神, れたタッタ一つの眼, れたタニグクを以てこの, れたタヌはこれ, れたタバコをふかし, れたタフト閣下です, れたタブローとなるであろう, れたタマゴがきいた, れたタラップの下, れたタルもその, れたダイヤか, れたダニエルという名, れたダニューブの河, れたダビ所に到着, れたダマ織りの, れたダメス王自身でさえも一平民, れたダラニ様のもの, れたダルマ型の印刷機, れたダルマ型ハンドプレスといふこと, れたダンサーという, れたダンスホール風景の写真, れたダンス教師で一遍, れたダンテ魔術団の話, れたダンネベルグ夫人をはじめ四人, れたチェーラル・シンワーラーの, れたチエルヌイシエーフスキーの言葉, れたチタ子が女, れたチブスを病氣, れたチベット語の文典, れたチャイムの鐘, れたチャンという万国骨董商, れたチヤン苅りに, れたチューリップはとくによく, れたチョコレートをかみ, れたチョークの粉, れたッ女か男, れたッ気をつけろ, れたツウル市に着いた, れたツタンカーメンといふ王樣, れたツナガリであったろう, れたツネ子は自分, れたツモリで愛玩, れたツル子ああ何たる, れたテクノクラシー的観念の一つ, れたテデスコという先生, れたテナルディエ一家の者, れたテレ臭さ, れたテロリストのまったく, れたテンポに追い立てられ, れたテンマツから話, れたテーマである, れたディアナに恋せしめた, れたディーニュの司教, れたデカルトもそれ, れたデコボコの道路, れたデスクで勉強, れたデップリした頭領, れたデパートの美人売子, れたデマ犯人はこれ, れたデモンストレーションの列, れたデュリュット退却するドンズロー, れたデーフの要塞, れたデーベリッツである, れたトウシ蛇たる事疑い, れたトマさんはアプレゲール, れたトマトの赤い, れたトヨに紙芝居, れたトラクターが深夜何者, れたトラックはよたよた, れたトラツク・フヰルドのある, れたトランクの内容如何, れたトリアノンの柱廊, れたトルコ玉を鏤めた, れたトロッコのレール, れたトロヤの木馬, れたトンネルの陰鬱, れたトーストと玉子, れたトーテムも亦, れたドア越しに客間, れたドイツポーランドチェコスロヴァキアオーストリアに向け, れたドイツ人の怒り, れたドイツ婦人ファシズムにしいたげられつくした, れたドイツ語の辞書, れたドゥイノをも, れたドゥーゼという作家, れたドス黒い武器, れたドライブで家, れたドライブ・ウエーとなつ, れたドラーゲ公爵家同様壁の中, れたドロシイ殺しの犯人, れたドン仲間の恩返し, れたドン炭坑区に於ける, れたド・トラシの, れたドーラギリの尾根, れた見事に, れたナイフはきりきり, れたナイル川が突然, れたナターリヤ・ヴァシーリエヴナとのあいだ, れたナプキンで口, れたナマリだもの, れたナンキン豆をつまん, れたニイチェドストイェフスキー熱はミドルトン, れたニキッシュの後, れたニグロのよう, れたニコチンからも解放, れたニヴィイユ元帥ら軍閥がまず, れたニースの花祭, れたネガを取戻したい, れたネネムの妹, れたネフリュードフの物語, れたネリだったの, れたネープの仲間達, れたネー私は大抵, れたノイケルンの労働者, れたノオトをあけ, れたノズドゥリョフの小振り, れたノツポの少年, れたノロの勾玉, れたハイカラ青年の驚き, れたハイドンは演奏, れたハウプトマンの, れたハクスターはもんどり, れたハスチングスの民, れたハズミにカケガネ, れたハドソンのセダン・リムージン, れたハムのところ, れたハルトマン氏の, れたハルナックが少し, れたハンマーは天井板, れたハンモックを天井, れたバアテンダアが, れたバア・ローレライであった, れたバイオリンは亡き, れたバクチにまけた, れたバクトリアすなわち支那, れたバケツががんがんと, れたバスがぐんぐん, れたバスティユ鼠なのよ, れたバタがあった, れたバチラー博士があらわれ, れたバックハウスの技巧, れたバッヂとブローチ, れたバツの悪, れたバツカスとか, れたバナナの皮, れたバビロンからの俘囚共, れたバブイノ街の石膏細工, れたバラはその, れたバラックのよう, れたバルカン半島における政治的, れたバルタザアルがエチオピア, れたバルボサの航海記, れたバンガロー風の小舎, れたバンドの代り, れたパリーから巧み, れたパリー下層民らが豪雨, れたパンデン・アチーシャに基づい, れたパンパン男娼の存在, れたパンフレットの執筆者, れたパンフレット型の, れたパンフレツトの中, れたパン焼工場の屋根, れたパン種のよう, れたパン販売店の中, れたヒガン河豚が癇癪, れたヒサの母, れたヒダのミコ, れたヒューマニスティックな人民戦線, れたヒルムはたちまち, れたヒロイズムとなっ, れたビジテリアン大祭に日本, れたビジテリアン諸氏中約一割, れたビッドル提督の二の舞い, れたビュッフォン, れたビルの穴, れたビルディングが溶ける, れたビール瓶が五六本, れたピオニェール小僧はモスク, れたピカドルの方, れたピサロの子供, れたピストルそのものが発見, れたピヤース海軍にはいっ, れたピラミッドに過ぎませぬ, れたピレネエの山, れたピンクのスリップ, れたピンダロスの緑色, れたファシスト団体だった, れたファシズム文学を流布, れたファジェーエフの小説, れたファッショ入門時代であつ, れたファルカは一艘, れたファンタジツクな科学, れたフィリッピン人の拳闘家, れたフェッシュの, れたフェミニズムの一種, れたフェリックスは絶望, れたフェルナンデスの主張, れたフェル・シン・ファンスというコンダクター, れたフエゴ諸島である, れたフエンシングが私, れたフクチャンを子供ら, れたフトした時, れたフトンやオシメ, れたフランクの楽譜, れたフランス人の芸術, れたフランス女学生の手記, れたフランス映画の, れたフランス西部の町, れたフランス趣味というもの, れたフランス軍オーアンの高地, れたフランス随一の板前オウグュスト・エスコフィエ老, れたフリをした, れたフルサトがあなた方, れたフロシキへ, れたフロックや切られた, れたフロッコオトの黒, れたフローベールの短篇, れたブウルグワン嬢はまた, れたブウルヴァアルの芝居, れたブダガヤの霊場, れたブヨブヨした身體, れたブラインドを上げ, れたブラックストーンの学説, れたブランデスの息子, れたブランデーの揮発性, れたブラームスの, れたブリキの鑵, れたブリキ板一つのブランコ, れたブリュッヘルのガリン, れたブルジョアジーはいつ, れたブルジョア技術家の発明的天才, れたブルジョア文化教養をもっ, れたブルジョア民主主義化の完成, れたブルジョア民法としての新, れたブルジョア諸国が支那分割, れたブルジョア階級の利益, れたブルジョワ末期の社会, れたブルンヒルデがそれ, れたプウシェの, れたプラカートの字, れたプラカードの天皇諷刺, れたプラスの実例, れたプラットは恐ろしい, れたプランク恒數は, れたプリマドンナで, れたプレハーノフの論文, れたプロットを追い, れたプロテスト風の文章, れたプロメシウスである, れたプロメテウスだと, れたプロレタリアート作家の労働者農民, れたプロレタリアート国家として非難, れたプロレタリアート祝祭準備だ, れたプロレタリアート自身が社会連帯, れたプロレタリア文化団体に対する全国的, れたプロレタリア文学の中, れたプロレタリア文芸辞典について試み, れたプロレタリヤの手, れたプロ文学青年氾濫し競つて彼ら, れたヘイケの戦士, れたヘクザ館は古色蒼然, れたヘブライ文字はこういう, れたヘルデルやフィヒテ, れたヘルメットの紳士, れたヘレーネ・デムートはイエニー, れたヘロデである, れたヘンデルはなんと, れたヘンリー・ライクロフトの私記, れたベアトリーチェの姿, れたベエトヴェンの第, れたベタベタした白髪, れたベッケルの首, れたベニイの白い, れたベニスの運河, れたベニヤ板を積みこん, れたベランメイが装置, れたベリリウムは忽然と, れたベルトの代品, れたベルリンの共産党, れたベルン経済学会の会報, れたベンガル湾が見える, れたベートーヴェンの大, れたペイラシェーズの式場, れたペエジには鉛筆, れたペッシミズムの結び目, れたペテロパヴロフスクの要塞監獄, れたペパアミントを探し, れたペリガンの数篇, れたペルリが民主黨, れたペルーの空中写真帳, れたペンのまま, れたペンキは剥げ, れたペンクラブは一九三六年, れたホゴや雑誌, れたホットドッグをマジマジ, れたホメロス的な文句, れたホヤホヤと烟, れたボイラーや小さな, れたボスがある, れたボヘミア音楽の特性, れたボラれた, れたボリスはもうパッ, れたボルシェヴィキ的世界観によって輝き出す, れたボルシエヴイキの此, れたボルネー伯の妻, れたボーイの証言, れたボールはどこ, れたポウルが彼, れたポオル・ヴェルレエヌの詳伝, れたポケット君はニヤニヤ, れたポチも他人, れたポッポちゃんは手, れたポツダム会議の決定, れたポテトーみたいに湯気, れたポムペイ市街の蠅, れたポローニアスなん, れたポンペイ及びヘルクラネウム両市, れたポーズだと, れたポーランド婦人作家ワシリェフスカヤの作品, れたマイクを囲む, れたマイクロフォンの前, れたマカッサル海峡をボルネオ沿い, れたマクシム・ゴーリキイという一頁, れたマジノ線をああ, れたマゼラン海峡である, れたマタ・アリはたちまち, れたマターファは恐らく, れたマダムのサーヴィスぶり, れたマッシバン博士はよろよろ, れたマツチだけれども, れたマデリン・ケリイ秘書は何, れたマナイタは主人, れたマニラやマカオ等, れたマニラ会議の席上, れたマニラ南方の収容所, れたマヌエラの手, れたマホメット教國の紙, れたマムシのよう, れたマリアの石像, れたマリア・グレゴーリエヴナは, れたマリーの哀しみ, れたマルグリット・オードウの, れたマルコンネパプロットから駆逐, れたマンゴや白蘭花, れたマンホールのふた, れたミサキ放しの, れたミササギに宝, れたミッチェル女史の, れたミドリちゃんはまた, れたミノベ先生がこんな, れたミマツ曲馬団の天幕, れたミミ族研究所長に就任, れたミヤズ姫のもと, れたミンコフスキーの四次元世界, れたミーターやスタンザ, れたミヽヅクの像, れたムクの方, れたムザンなオザ, れたムザン仕事で大隈講堂, れたムシブスマとても蕁麻, れたムジナモであった, れたメカニズムに他, れたメデアと云う, れたメロディが他, れたメロンなるもの, れたメロ・ドラマの開演, れたメンゲルベルクの指揮, れたメントール侯にね, れたメンバーが死亡, れたメンミツ極まる犯罪, れたモオロアの, れたモスクワ市中の並木道, れたモリーオ市郊外のぎらぎら, れたモロゾフ工場のストライキ, れたモロッコだろう, れたモロモロのもの, れたモントルイュ・スュール・メールの繁栄, れたモーツァルトが雇人達, れたモードのおしゃれ, れたモーニングを調べ, れたヤギなる称, れたヤケが半分以上, れたヤツの第, れたヤドカリと云, れたヤマドリ公爵は幾度, れたユタの親玉, れたユダヤ精神の未来, れたユネスコの大会, れたユーゴスラビヤの皇帝, れたユーモアがこういう, れたヨネは玉井家, れたヨーロッパ的小説方法の実践者, れたヨーロッパ風であるにも, れたライラツクの花, れたラインの川岸, れたライン河の囁き, れたラジウムが徐々に, れたラジオの連続ドラマ, れたラジオドラマふうのもの, れたラジオニュースは竹内被告, れたラジオ映画社の, れたラップの大会, れたラテン譯のマルコ, れたラテン魂の静穏, れたラムプの油壷, れたラレイは御機嫌麗, れたランビァン高原の別荘, れたリキュールを前川, れたリストが四度, れたリズミカルな体操まがい, れたリット少将はなぜそんなに, れたリップスの, れたリノリウムに朝, れたリバアブウル大学副総長, れたリマは一七四六年, れたリユツク・サツクを背, れたリンカーンの像, れたリンクの周囲, れたリヴィングストーンの心情, れたリースの講義, れたルイ十四世が命令, れたルッドイッヒ・ロンネが入っ, れたルナビゥムは今どこ, れたルミの大胆さ, れたルミ子である故, れたルンペンの頭, れたル・ノートル式の花苑, れたルーソーの芸術, れたレコードをかけさせた, れたレストランだ, れたレスパネエ嬢のほか, れたレタスはパリパリ, れたレッキとした, れたレッテルに気がつい, れたレデーのやう, れたレマン湖畔のモントルウ, れたレモンが露, れたレリダ市の攻囲, れたレヴューの場面, れたレーニンの写真, れたレーニングラード市民の記録, れたロイド・ジョージはドイツ, れたロウソクが三本, れたロケットのやう, れたロシアヨーロッパの狼ども, れたロシア人のコズロフ, れたロシア作家の作品, れたロシア語ほど大胆不敵, れたロシア風の建物, れたロシヤ元老院の記録, れたロダンの彫刻数点, れたロベエル・コンシャアルの狼狽, れたロボツトであり忽ち, れたロボー援護を失った, れたロマンス的美と思われた, れたロマーシンとゴーリキイ, れたロンスデール・ライブラリイのマウンテニヤリング, れたロンドンを中心, れたロンドン公債は年九分の利子, れたローク一文も残らず盗まれ, れたローヌのゆるやか, れたローマンスは胡弓, れたローマ的な革新主義者, れたローマ綴りの日本語, れたロールツヒ先生だつて翌日, れたローレルの葉, れたワイシャツから血, れたワイ襯衣だのシーツ, れたワクの中, れたワグナーは自分, れたワシントン公使館赴任の外交官補, れたワラであるし, れたワレンシュタイン軍の戦没者, れたワードロオブ・トランクなどがあり, れたヲシヨロの環状石籬, れたンぢや誰, れたヴァン・タッセルの暖かい, れたヴァン・デル・ヴェルドの眼, れたヴィジョンは多かっ, れたヴィナスの美, れたヴィラを頭, れたヴィラ風の建物, れたヴィンセントの顔, れたヴイユウ・コロンビエ座にし, れたヴェニス人の悲劇, れたヴェランダに腰, れたヴントの小さい, れた一〇〇〇〇〇クヲタアのそれ, れた一〇〇〇磅に対する利子, れた一〇〇封度の中, れた一つながりの小説, れた一つ一つの物蔭, れた一つ二つの質問, れた一つ家の場面, れた一つ橋の東京高等女学校, れた一つ流れの民族, れた一ときいつも思い出される, れた一ぴきの怪物, れた一サンティメートルの餘地, れた一セットのよう, れた一ノ宮尊良や讃岐, れた一ペエジ半の散文, れた一メートル四方ほどの箱, れた一丁の駕籠, れた一七九三年にかけた, れた一万の硅化流紋凝灰岩, れた一万六千の歩兵, れた一万六千円の紙幣がち, れた一万枚以上の雪, れた一世のデカダンス, れた一中節の名手, れた一九〇五年にケーテ, れた一九〇瓩強の重量, れた一九三一年から三二年ごろ, れた一九三三年ごろの諸, れた一九三三年二月からきょう, れた一九三三年以後明確な意識, れた一九三二年以来当時未熟なら未熟, れた一九四八年度予算でも軍事費, れた一二分にむしろ, れた一二対一〇という出生対死亡, れた一五四〇という日附, れた一人一人が平和, れた一人二人に途, れた一人前の女, れた一人坊っちと, れた一人子を思っ, れた一人息子の耕一君, れた一人称の実際, れた一什始終を話した, れた一代の美女お仙, れた一伍一什を話した, れた一個人甚兵衛の彼, れた一兒童がある, れた一兩二分死んでからでも, れた一八〇〇年の人口, れた一八八三年は明治十六年, れた一八六七年と八年, れた一八六八年の革命後, れた一兵卒は銃, れた一円なにがしの箱, れた一切れの卵焼, れた一切経もシナ, れた一切衆生は皆賽の河原, れた一列の黒奴, れた一区劃で新建, れた一区廓は全, れた一区画であった, れた一千万磅貨が英国, れた一升徳利は火鉢, れた一句の貼り残せぬ, れた一名の罪人, れた一名作であること, れた一品をお, れた一問一答はやがて, れた一喝その気合, れた一城郭にも等しい, れた一埒を御, れた一場のお, れた一夕の事, れた一夜仕込の断片的, れた一大系統を成し, れた一大衝動を捲き起した, れた一大貯水池になった, れた一女性になりきっ, れた一婦多夫, れた一婦人の幻影, れた一子なの, れた一学はなにか, れた一学生の投書, れた一宇の宏大, れた一定範囲内に偶発, れた一寸した落書, れた一寸一分の間にうつ, れた一寸五分位な芋虫, れた一対の釧, れた一将校の彼, れた一少年の不思議, れた一局部が新た, れた一層細かい規定, れた一巻を手, れた一帆とフト顔, れた一幅の醜悪, れた一幕を終らね, れた一平は酒, れた一式様が, れた一情景のほう, れた一所にたべよう, れた一抱の青草, れた一抹の雪, れた一文を拜借, れた一文字笠は, れた一方面の発育, れた一旅人として親友, れた一日分の催眠薬, れた一昨年の暮れ, れた一時の社会的, れた一時期もない, れた一時間も前, れた一月が漸く, れた一月十一日以後に經濟界, れた一木造りの如来像, れた一本橋を向, れた一本道の村落, れた一枚石の角, れた一枝の芍薬, れた一構の家, れた一樽の酒, れた一歳半ぐらいのメス, れた一段高い内陣, れた一法師の徒然, れた一派であったと, れた一滴になる, れた一漢卒の口, れた一物はまさしく, れた一町四方もある, れた一画の中, れた一番万全な職業, れた一番大事なもの, れた一番怪奇な舞踏, れた一番最後にお, れた一疋の虫, れた一発は窓硝子, れた一百万は労働, れた一目で公文書, れた一直線の広い, れた一眼の窪, れた一瞬時にすべて, れた一矢の矢, れた一知は全く, れた一社会を指す, れた一秘閣であった, れた一種別個の世界, れた一種清涼の気, れた一端で打つ, れた一竿の竹, れた一竿子忠綱を突き出す, れた一筆の青い, れた一等船客の酒場, れた一策がございましょう, れた一管の罪, れた一系列の作家, れた一紙片の力, れた一般原則が多少, れた一般民にとってはかなり, れた一般民衆の生活, れた一般的美意識によると共に能楽, れた一般論になり, れた一色右馬介が深い, れた一萬五千の同志ら, れた一萬圓の金, れた一裁判中になされた, れた一証左ではない, れた一詩人の取りとめ, れた一話はこの, れた一調の番組, れた一軒家深山のよう, れた一軒屋だ, れた一輪車に入れる, れた一途な語, れた一過性の思想, れた一道の通路, れた一郎に同情, れた一郎殿の御, れた一部人士の研究, れた一里一寸の松明, れた一閃がどう, れた一間そこには丸頭巾, れた一間余の高, れた一階級でありまた, れた一雑誌の上, れた一青年を見た, れた一面大なる岩, れた一頁だらうか, れた一頭がある, れた一首には, れた一馬先生の驚愕顛倒, れた一高の入学試験, れた丁度その時刻, れた丁度三人の同胞, れた丁度二十七打ちやんした, れた七〇〇の小, れた七五三飾が繩, れた七代はバッタリ, れた七八歳の少女, れた七八軒の家, れた七兵衛お茶を飲みかけ, れた七兵衛ドッカと胡坐, れた七匹も信用, れた七十郎は乱暴者, れた七千万の日本人民, れた七平位は呑んだ, れた七日の夕方, れた七日目の晩, れた七月二月の政変, れた七枚の灰色, れた七百トンのクリッパー, れた七百名の家中, れた七種粥を食べた, れた七重の文化, れた万両分限の主人, れた万力はあっと, れた万国の気球研究者, れた万国堂の天窓, れた万国数学会議に出席, れた万太郎は笑み, れた万夫不当である, れた万屋の財産, れた万延寺裏手の墓地外れ, れた万物の唯一, れた万田龍之助, れた万葉十の歌, れた万葉集の譬喩歌, れた万象は夕映, れた丈吉君は気, れた丈夫な垣根, れたひら五, れた三ヶ国の国旗, れた三万の杭, れた三世相大雑書, れた三並良先生から教わった, れた三人同伴で専子居, れた三人女性たち白巾にて騎馬, れた三人目の漁夫, れた三代目春風亭柳枝が人情噺, れた三代目柳枝の大, れた三位卿はもう, れた三個の文字それ, れた三党の輩, れた三六の星宿, れた三六教区の報告, れた三分の聡明性, れた三分の二のもの, れた三十ぐらいの婦人患者, れた三十がらみの遊び人風, れた三十七年に參つて, れた三十万円の恨み, れた三十三頭の牛, れた三十二人の代表的インテリガール, れた三十二歳の美しい, れた三十人の客, れた三十分ものの本読み, れた三十日会と云, れた三十男の町人, れた三十秒ないし二分の埋め合わせ, れた三千両はそれっきり行方, れた三双の軍艦, れた三台の地下電車, れた三吉を縛っ, れた三味線の名人常磐津金蔵, れた三員の名, れた三四人の遊び, れた三四十坪許りの, れた三回目の矢文, れた三囲様のあたり, れた三国峠の権, れた三大学蹴球試合の当日, れた三室銀子はさすが, れた三少年はあの, れた三尺幅くらいの路地, れた三尾のうち, れた三帝が御, れた三年前からの奨励, れた三挺の太い, れた三方飾りから土佐, れた三日月が森, れた三日月形で気がついた, れた三昧に入っ, れた三晩の足取り, れた三月七日の新聞紙上, れた三本の電線, れた三本松の丘, れた三条姉小路勅使一行が攘夷公布, れた三枝数馬という小, れた三次の女房, れた三江の大, れた三沢は身体, れた三河屋嘉兵衞夫婦の歎, れた三浦だった, れた三浦祠官を始め, れた三田の藩州附近, れた三百万円もアジト, れた三百五十万ドルに相当, れた三百五十人ばかりの兵, れた三百人のりのすごい, れた三百年前の中国, れた三等車の前, れた三羽は村田, れた三老臣のうち, れた三色旗の印刷, れた三角地帯がある, れた三角石や刺だらけ, れた三角葛藤をながめ, れた三越と駅, れた三足のゴム草履, れた三輪車と蠅男, れた三郎兵衛は自分, れた三階の源氏香, れた三首の中, れた三首中の二首, れた上お前は亭主, れた上これは御存じ, れた上さんと, れた上そこから一ばん近く, れた上ビタ一文もよこさない, れた上一ツ橋から小石川, れた上丁寧に猿轡, れた上三年の間支那, れた上二人は往來, れた上二夫人を守護, れた上今も赤い, れた上今度一条戻り橋, れた上今後の生活費, れた上今朝七時半になっ, れた上伊勢屋の居候浪人白井右京, れた上何にも知らない, れた上公転の絆, れた上刑場に着く, れた上勘定を弁償, れた上勘当とまで極端, れた上千之助が生き還つた, れた上句烈しい憎み, れた上台所で突, れた上吉彌を亡き, れた上命までも失った, れた上品な語句, れた上唇の間, れた上国の政治, れた上土藏の中, れた上大事の繪圖面, れた上大変な罰金, れた上天主のおん教, れた上奉公人同樣, れた上女の事, れた上娘を賣つ, れた上嫌がらせに庇, れた上小間物屋の席, れた上層のうち, れた上川の中, れた上左の胸, れた上年頃になっ, れた上弊履のごとく捨てられ, れた上後手に縛り上げられ, れた上息子が行方不明, れた上手だったが, れた上手術料を一万ドル, れた上手頃の石灯籠, れた上持去られて, れた上昨夜は一睡, れた上景品として世界的現実, れた上杉新介氏, れた上杉畠山の遺臣ども, れた上東海道品川の刑場, れた上栗の果横丁, れた上横ッ腹をふまれる, れた上江戸一番の蓮葉娘, れた上流の宗教生活, れた上流階級者の中, れた上海も随分, れた上演の効果問題, れた上猫に紙袋, れた上玄蕃の首, れた上田寅吉の伝え, れた上着の下, れた上神君家康公以来の客分, れた上等の干菓子, れた上素直に自分, れた上紹介者の立場, れた上罰金をとられるだろう, れた上芋刺しにされ, れた上花見料理の支度, れた上菅笠で云え, れた上藩の家老, れた上袈裟掛に斬られ, れた上親船端舟も斧, れた上記五個の星, れた上貧乏疲れのした, れた上贋金の一件, れた上足まで投げ出し, れた上身体を自由, れた上身長に老, れた上軍務の方, れた上近頃人氣の出, れた上部に置く, れた上部八風斎という軍師築城, れた上野山下の国学者神宮清臣先生, れた上長崎へ護送, れた上開祖以来関係深い熊野権現, れた上靴紐で背ろ手, れた上鞭で頭, れた上髪の毛を握つ, れた上黄昏の場末, れた下僕はまあ, れた下司法師が属し, れた下婢が蛙, れた下層民は大, れた下手な絵, れた下田条約で尋, れた下町池の端, れた下界をながめました, れた下端役人が思い過ごし, れた下級法師で非人法師, れた下級神人の巡歴, れた下腹のふくれた, れた下草のよう, れた下谷の家, れた下谷二長町の市村座, れた下谷辺の屋根屋根, れた下郎の魂, れた下野支部発会に出席, れた不具醜悪な土人ども, れた不動岩は負け, れた不可能な情況, れた不名誉だけは取戻した, れた不在証明にいろいろ, れた不如意それらのこと, れた不安さを思い浮べた, れた不完全な体, れた不審の宗十郎頭巾, れた不平はある, れた不平咄毎日の出来事, れた不幸児の運命, れた不幸感を毎日, れた不当な利潤, れた不快さかもしれなかった, れた不思議さにうたれ, れた不愉快な思い, れた不愉快さを押し, れた不意とでドン, れた不明瞭さがあった, れた不易の眞, れた不毛の荒野, れた不潔な状態, れた不用の小道具類, れた不甲斐なさを, れた不知哉丸さまの母御, れた不自然な現象, れた不自由さが作家, れた不良にはそんな, れた不良学生の挿画, れた不良青年が今度, れた不規則な形, れた不規則さの理由, れた不調和な殊に, れた不貞な好奇心, れた不逞なる成心, れた不釣合に高い, れた与三右衛門清長の孫, れた与八は箸, れた与力はそれ, れた与次郎は突然, れた与謝野晶子女史の事, れた丑松とても委敷, れた且部分的の大, れた世代の, れた世尊の前, れた世帯道具を背負う, れた世渡りの術, れた世界キリスト教青年大会と対立, れた世界一の大バカ, れた世界像の代り, れた世界共通の属名, れた世界坊一〇といふ噺家, れた世界少年の連盟, れた世界工業大会で二人, れた世界平和大会には七十九ヵ国, れた世界平和擁護大会が原子兵器禁止, れた世界心も凍る, れた世界文学の動き, れた世界民主婦人連盟の第, れた世界的の植物分類書エングラー監修, れた世界近代の画人, れた世界青年のみを迎, れた世相が一応, れた世間師としては彼, れた丘陵の上, れたのアネモネ, れた両国橋の欄干, れた両性問題は山川菊栄, れた両方の眼, れた両社の御, れた両端を支える, れた中ばあさんが髪, れた中世否定の運動, れた中世紀の文明崩壊, れた中原の地, れた中古の二, れた中国の一地方, れた中国人は入口, れた中国文化は精神面, れた中央壁をやっ, れた中央政府のもの, れた中央集権制の恐るべき, れた中学を終, れた中学時代に修学旅行, れた中学校の教師, れた中学生五名がこの, れた中学生用の脚本, れた中學を終, れた中學生や女學生, れた中宮の陵, れた中尉の神経, れた中尾千代子さんと云, れた中年者が風雅, れた中庭それらが惨劇, れた中性子の群れ, れた中村善四郎で興行, れた中村捜査係長その人, れた中条流の印可, れた中根の姿, れた中根肅治氏の精確, れた中沢銀行の中沢彦吉氏, れた中流層の要求, れた中流的な日々, れた中空の老樹大木, れた中華人民共和国の大, れた中西伍長という参議院議員, れた中道論には及ばない, れた中里介山の, れた中野君と屡々, れた中間が人形, れた中間子は宇宙線, れた中間子論は優秀, れた中間層だという, れた切の, れた丸の内の何, れた丸テーブルをはさん, れた丸テーブルソファ幾つかのアームチェア, れた丸型のランプ, れた丸太づくりの小さい, れた丸太足場でエイヤエイヤ, れた丸山の顔, れた丸帯を見向き, れた丸木橋の流, れた丸木舟がたかく, れた丸木造りのきれい, れた丸鏡と舶来, れた丸顔赤いふっくら, れた丹ちゃんにやにやし, れた丹下左膳は柄もと, れた丹下左膳なにが何やら, れた丹波彌八郎, れた丹波源三郎ということ, れた丹羽氏にとっては今, れた主たる増補と, れた主人峰右衛門の甥, れた主人峰右衞門の甥, れた主人彦兵衞の初, れた主人清兵衛の死体, れた主人清兵衞の死體, れた主人熊谷三郎兵衛や夫人, れた主人福島嘉平太の一粒種, れた主人金兵衞の身體, れた主君の暴言, れた主婦の顔, れた主家の県城, れた主権の手, れた主義綱領に基づい, れた主膳は唸る, れた主要な日本, れた主観性というもの, れた主観的作風にいた, れた主観的精神である, れた主題を選ん, れた久さんの家, れた久しき存在から, れた久しぶりの笑, れた久七とスミ子, れた久世殿もその, れた久保田万太郎氏の言葉, れた久兵衛という堅造, れた久兵衞の前, れた久延彦すなわちアイヌ, れた久木男爵との一件, れた久次郎はそれ, れた久禄だよ, れた久米之丞, れた久良伎翁の弔詞, れた久高島のもの, れた乎犬殺しの手, れた乗合馬車の車輪, れた乗客のむれ, れた乗馬用の革鞭, れたは甲, れた乙女たちの誰, れた乙電車の次, れた九カ所と後, れた九ヵ所と後, れた九万円の中, れた九兵衛はやがて, れた九円のヴァイオリン, れた九女八参考資料の中, れた九官鳥みたいな調子, れた九尺柄の穂先, れた九年ほど前, れた九日の和歌, れた九階だての塔, れた九霞山樵の水墨山水, れた乞食小屋のよう, れた也有の文, れた乱心者じゃ, れた乱暴な干渉, れた乱杭歯がガチガチ, れた乱脈騒ぎをけろりと, れた乱雑の中, れた乱雲の間, れた乳呑児が急, れた乳母もあった, れた乳白の着物, れた乳酪の塊, れたからびた砂山, れた乾万兵衛だ, れた乾児がよろめい, れた乾児たちが狼狽, れた乾児達の顔, れた乾燥室のボイラー, れた乾版を覗い, れた乾雲丸の刀装, れた亀屋の亭主, れた了哲を例, れたは何とも, れた予ていう教え, れた予告の数字, れた予想外の大発見, れた予算を盛りかえし, れた予約者の多かっ, れた予選で第, れた争議団である, れた争闘を描写, れた争闘的団体の色, れた事がらは少なくとも, れた事そのものが直ちに, れた事それに就, れた事なじみの女, れた事丈で万事, れた事件以来いろいろな奇怪, れた事件玉の井の溝, れた事件等だけで, れた事例は決して, れた事入梅で書物, れた事務員のやう, れた事務所は君, れた事務長の声, れた事北の方は去年, れた事変はことに, れた事大思想の現われ, れた事大森の茶屋, れた事実自身を今日, れた事情そのものである処, れた事許りを, れた事項は文学, れた二か月後のこと, れた二すじの細い輝かしい, れた二つ折判の紙, れた二つ折小形のその, れた二ひきが弾丸, れた二ツ枕の夢, れた二ヵ所の太刀傷, れた二ヵ月の部分的休戦, れた二・二六事件直後にはブルジョア的政党, れた二万石は幕府, れた二万貫はその, れた二三冊のフランス文学史, れた二三日前から行方, れた二三日後に辻, れた二三日後森成さんが病院, れた二三枚の葉, れた二三氏の原作以外, れた二三種の怪談, れた二三箇所を見, れた二三葉の綴文, れた二二五社の中, れた二五〇封度のそれ, れた二人分の食器, れた二人牧師コルネイユとヴァトレー氏, れた二代目芳野の頃, れた二分板の雨戸, れた二列の長い, れた二十から四十, れた二十七日の夜晩, れた二十万両は右, れた二十三人の乗合, れた二十三四らしいやはり, れた二十九の美男, れた二十五人のうち, れた二十五日の午後, れた二十余年前の時勢, れた二十六の箱, れた二十册の報告書, れた二十匹に余る, れた二十名は昨日今日, れた二十四のザンギリ髪, れた二十四五の男, れた二十四孝への江戸っ子的文明, れた二十坪足らずの小, れた二十本のうち, れた二十篇をよんだ, れた二十面相は死にものぐるい, れた二千ルーブルの金, れた二千人余りの白襷隊, れた二千名に近い, れた二台のくるま, れた二商品の欲望, れた二坪ほどの小, れた二官殿が幕府, れた二尺許の石, れた二幕物の脚本, れた二幕目のラヴシーン, れた二幕目以下は上演, れた二年の後, れた二年後のこと, れた二度のとんぼ, れた二弓はブン, れた二挺の早, れた二日はたのしみです, れた二日後に友人たち, れた二時間を利用, れた二本目の酒, れた二束の薔薇, れた二条の院, れた二次元は必然的, れた二次的な科学, れた二歳の姫, れた二段三段の区劃, れた二片の運命, れた二番艦明石の艦長室, れた二発のカラビン銃, れた二百坪ばかりの緑, れた二百年余のむかし, れた二百枚の論文, れた二等車の一隅, れた二組の恋人たち, れた二群のモメント, れた二英雄の運命, れた二葉亭四迷が何だか, れた二言三言が今, れた二言三言話を交え, れた二重底の宝石入れ, れた二間四方ばかりの部屋, れた二階座敷の涼しげ, れた二階建の玄関口, れた二隻の捕鯨船, れた二面の鏡, れた二面神の象徴模型, れた二頁もお, れたの性, れた互選の結果, れたの木戸, れた五〇〇〇磅なる同額, れた五代與兵衛の会, れた五位鷺だと, れた五体は精気, れた五個の遊星, れた五六人の若い, れた五六寸位の古びた, れた五六行の言葉, れた五分を経ない, れた五分心のランプ, れた五十二名の不幸, れた五十四個は時計, れた五十圓の手前, れた五十燭ぐらいの電燈, れた五十男がいろ, れた五十畳ばかりのガラン, れた五十種位に數, れた五十銭ってもの, れた五十銭銀貨二枚を持つ, れた五千両の軍用金, れた五名の仲間, れた五坪ほどの中, れた五帝は泰一, れた五年の結婚生活, れた五年生の第, れた五才の幼児, れた五月一日の顔, れた五月人形が一パイ, れた五本の蜘蛛, れた五条大橋はまだ, れた五枚を書い, れた五泉とよぶ, れた五百万の人類, れた五百万人の中, れた五百両の小判, れた五百坪ぐらいの中庭, れた五百石以上の大船, れた五艘の米船, れた五芒星呪文の正体, れた五郎を興味深く, れた五郎待遇がすごく好い, れた五重の塔をとりだしました, れた五音によつて精確, れたに湧く, れた井上半十郎, れた井上家を起し, れた井伊直弼の亡霊, れた些事なりとしてこれ, れた亜刺比亜数字が顫, れた亜鉛屋根から忍び, れた亡夫の意志, れた亡者共のやう, れた亢奮ではりつめ, れたりは, れた交換生産資本化流通の問題, れた交流に関する章, れた交通が行われ, れた交通遮断の綱, れた交響曲のあと, れた享楽が何物, れた享楽主義である, れた享楽団なるもの, れた京人形をひしと, れた京助であって, れた京子の指, れた京慶線に乗っ, れた京方の公卿武士, れた京極家の家中, れた京浜国道がまっすぐ, れた京畿の風物, れた人々利用された貧しい, れた人事と相, れた人体内各器官, れた人像柱のよう, れた人入れ稼業の溝口屋, れた人力車の上, れた人十幾年ぶりでおめにかかった, れた人口増加と一致, れた人口実測では結婚, れた人名と一緒, れた人型の上, れた人垣の中, れた人士は全く, れた人夫の一人, れた人夫小屋が軒, れた人工の端厳美, れた人工的な食物, れた人形使いの如き, れた人形時計が突然, れた人形舞わしが成立, れた人形遣いすなわち道薫坊, れた人心が最初, れた人情を発見, れた人擦れのした, れた人柄だ, れた人民そのものの無, れた人民大衆に対してほんの, れた人民委員が大衆, れた人民戦線行動主義の文学能動精神, れた人民政治協商会議第一回全体会議, れた人民殺戮事件をどんな, れた人為の畛域, れた人為的なもの, れた人物たちもなんとなく, れた人物論を他, れた人生そのものの姿, れた人生一切にはたらきかける, れた人生苦の血, れた人生観哲学で自分, れた人生觀や脚本, れた人畜がヌシ, れた人眼に遠い, れた人種的偏見がうち, れた人糸一条を七所結び頸, れた人肉を食, れた人貯水池の崩壊, れた人足は一人, れた人足たちは問屋場, れた人足達とその, れた人通りの多い, れた人造絹糸も今日, れた人達それに山下利三郎氏, れた人達以外には誰, れた人達別の言葉, れた人里はどことなく, れた人間どもにはわからない, れた人間レコードじゃ, れた人間主義は心理主義, れた人間以上のもの, れた人間史の綾, れた人間存在である, れた人間学のこと, れた人間尊重の精神, れた人間心情のため, れた人間欲の反動, れた人間灰が珠江夫人の, れた人間的労働力であるプロレタリア階級, れた人間的感動に一人, れた人間的感受性これは印象, れた人間社會の生きた, れた人間精神の発動, れた人間美のあやしい, れた人間若年という, れた人間記録の一, れた人間通であると, れた人間達からの引用, れた人間関係のえぐ, れた人類史上のでき, れた人類同士の戦争, れた人馬賃銭の仕訳書上帳, れた人魚の復讐, れた仁太のさびしさ, れた仁山大居士琵琶法要のもよう, れた仁王の掌, れた仁王様を, れたを討とう, れた仇討に徳川時代, れた仇討物語のどれ, れた今一つ根本の意味, れた今宮祭や踊り, れた今居定助の倅, れた今川斎藤朝倉佐々木六角浅井の諸家, れた今年のさみだれ, れた今度は一句, れた今彼はなお, れた今日これらの完全, れた今日それを癒す, れた今日フォッシュ元帥のこの, れた今日プロレタリア文学の戦略, れた今日何人も斷定的, れた今日娼妓をもっ, れた今日社会の一般的, れた今日緑雨だけが相, れた今日肝心の金次郎, れた今死以外のどこ, れた今西龍君等の手, れた仏具や仏像, れた仏師の方, れた仏幕秘密条約が手, れた仏心であったかも, れた仏教学者であった, れた仏教宗派は主, れた仏教経典特に大乗経典, れた仏文の本, れた仏生寺弥助殿, れた仏蘭西娘の一人, れた仏蘭西未来派の絵画, れた仏蘭西革命の続き, れた仏説なるを, れた仏躰凡そ三十個書軸六十余本の多き, れた仔指らしい指紋, れた仔猫のやう, れた仔細あっての, れた仔鯨撃ちを, れた仕上げとを味, れた仕切りの扉, れた仕着せ着のまま, れた仕立ものを差出します, れた仕立物にせい, れた仕舞というよう, れた仕草のうち, れた他方が更に, れた他殺である事, れた他殺死体の頭蓋骨, れた付け届け物の鰹節, れた仙人だよ, れた仙右衛門がズルズル, れた仙吉は相, れた仙寿院の名園, れた仙次さんなぞはいう, れた仙波八郎太が左手, れた仙界の人, れた仙臺英語塾に通學, れた仙術を道教, れた代わりに非常, れた代価だったから, れた代表として日本, れた代表的なの, れた代表者の仕事, れた代表者国木田独歩田山花袋についてそれ, れた代赭色の岩鼻岬, れた令孃の嫁, れた以上ここでなんと, れた以上それは無慈悲, れた以上わしはナプラーウニック, れた以上一晩だってこの, れた以上一行から離れる, れた以上一言挨拶して, れた以上世間の人々, れた以上丹念をこめ, れた以上之に打ち勝つ, れた以上二三の合鍵, れた以上人間は今度, れた以上他にも虫, れた以上何とあっ, れた以上反射的にいやそう, れた以上四氏の著書, れた以上定刻に出仕, れた以上宮崎に何とか, れた以上専門の手前, れた以上座も去らさせまい, れた以上座談を進ん, れた以上彼が畏れ多く, れた以上彼らの勤王行動, れた以上日夜警戒して, れた以上男として手, れた以上群集の手, れた以上誰であろうと, れた以上貴方のよう, れた以上貴様の心, れた以上門前町の人, れた以外大悟小悟その, れた以外大抵は何, れた以後数年間はスタイン, れた以来厚く深く保育, れた仮借なき光明, れた仮装行列であつ, れた仮設軌道の上, れた仲の町の芸者, れた仲平はともすれば, れた仲裁人ではなかつた, れた仲間等が吹き荒ぶ, れた任命であったの, れた任翻はこの, れた企業からのソヴェト代議員, れた伊丹一城だけのもの, れた伊之助はたつた, れた伊八への義理, れた伊兵衛の魂, れた伊太利の画会, れた伊太利亜の赤い, れた伊太夫さえも一時, れた伊曾が結婚, れた伊東參龍の始末, れた伊東甲子太郎も以前, れた伊織ももう, れた伊藤隼君からいろいろ, れた伊谷二郎という人, れた伊豆屋の身上, れた伊賀山君は亡妻, れた伊達家の大, れた伊那丸さまが勝った, れた伍助は見る, れた伐木工場の丸木小屋, れた休み茶屋綺麗に掃除, れた休息所のやう, れた休日を彼ら, れた休暇中の宿題, れた会員だけに配布, れた会堂の内部, れた会所のそば, れた会津さえも鞠躬如, れた会話体の部分, れた会話等につき詳細, れた伜清五郎の死體, れた伝えのある, れた伝七はこの, れた伝単も時々, れた伝右衛門横町その横町, れた伝吉は腰, れた伝票をもらう, れた伝統過去の思索, れた伝馬は今, れた伯母はけろりと, れた伯爵もこんな, れた伯爵夫人よりもこの, れた伯父です, れた伴三郎と平次, れた伴大次郎である, れた伸びほうだいの髪, れた伸子たちにやっぱり, れた似顔絵を見る, れた但馬守様は剣, れた位いである, れた位地というの, れた位小禽共の声, れた位縹緻のい, れた位美事な彫物, れた位静かに蜻蛉, れた低能児の身の上, れた住宅が点在, れた住宅区であったが, れた住居へ帰っ, れた住所姓名も年齢, れた住持と針妙, れた住職が納所, れた佐々木のぶ子の母, れた佐々木一族やその他, れた佐々木左門の弟, れた佐々村君に対しては特に, れた佐久間さんはその, れた佐久間信盛父子はいわゆる, れた佐久間盛政もそれ, れた佐佐木信綱博士の, れた佐助の態度, れた佐吉ようやく起き直っ, れた佐次郎の筆蹟, れた佐渡の二見, れた佐渡屋の入口, れた佐渡平の持ち, れた佐竹の原, れた佐藤さんはその, れた佐藤巧一博士に面白い, れた佐藤惣之助さんも駅, れた佐藤鉄太郎中将の, れた体感が一々, れた体操と地理歴史教授法, れた体現的な直観, れた体裁も森, れた体躯を休め, れた体験のある, れた何と可憐な, れた何とかもう少し利き目, れた何となく考へさせられた, れた何もかも乙女も, れた何丁がけの法式, れた何分の一かは常に, れた何割何分というの, れた何千年来のもの, れた何千車という土, れた何坪かのじめじめ, れた何挺かの短銃, れた何故といへ, れた何町歩かの田圃, れた何百人というお客さん, れた何百弗何千弗と正札つき, れた何者かの見守り, れた余一人の狭い, れた余儀ない境地である, れた余弊は俳優, れた余日を空しく, れた余興屋たちがあの, れた余韻にうつ, れたのやう, れた佛教的の色彩, れた佛樣も浮ぶ, れた佛頂面で立ちあがつ, れた作り物と見るべき, れた作以外によい, れた作品そのものは飽迄, れた作品全部に対してもしくは, れた作品発表はまだはっきり, れた作家プウシキンのうぐいす, れた作家同盟の活動, れた作家同盟主催の文学講習会, れた作家思想家を投獄, れた作家森田草平氏が入党, れた作家横光の読者, れた作家的日常の範囲, れた作家魯迅の存在, れた作戦特別緊急信の大群, れた作曲集を彼女, れた作法なの, れた作法熟達した技術, れた作者たちに日本, れた作者傑れた俳優さ, れた作者数は百二, れた作者自身を高所, れた作阿弥同時に二人, れた作風を認め, れた佞吏と正, れた佳人がある, れた佳名を採用, れた佳癖ということ, れたし存在, れた使徒ヤコブその肖像, れた使用ないとき, れた使用人の如き, れた使者一行は翌, れた例えば家屋家具の, れた例会の席上, れた例外の場合, れた例外中の例外, れた供出に関する討論会, れた供奴の頭かき, れた供給に比例, れた供餅が飾られた, れた侠賊であり谷中, れたしか払わぬ, れた価値体系も存在, れたに誰, れた侵略的な謀議, れた侵蝕高原地帯に入る, れた便乗はその, れた便利な言葉, れた便宜な結果, れた便船へ室津, れた係長や技師, れたか浪人, れた俄崖になり, れた俊一君は起きあがっ, れた俊基の胸, れた俊子のよう, れた俗信に, れた俗傳に依る, れた俗衆か思い, れた俗語であろう, れた俘囚は天井裏, れた保さんが種々, れた保吉の泣き出し, れた保定の街, れた保科弾正やそれ, れた保護者で良人, れた保険マークはいつも, れた保険外交員と保険医, れた保険額約三千円, れた信之は今, れた信仰上の形式, れた信仰者はあえて, れた信州も養蚕, れた信州松本の田植ゑ, れた信心ぶかい, れた信心録のその, れた信澄の部下, れた信濃屋お半, れた信濃山岳研究会に来会, れた信牌航海図きりしたん, れた信牌航海図切支丹ころびに関する, れた信階が倅蘭軒, れた信頼すべき書類, れたが今に, れた修業の効果, れた修正であって, れた修練士が七百人, れた修行の方, れた修行者にては在さぬ, れた修道生活の名残り, れた修験道が仏教以前, れた修験道場の主, れた俳優さへそんなに, れた俳句会でこれ, れた俳句道が歩ける, れた俳諧的要素を認める, れたをながめ, れた俵屋の支配人孫三郎, れた俺達を怨ん, れた倅弁太郎が何で, れた倉庫の中, れた倉庫風の建物, れた倉持の安否, れた倉田安彦が療養所, れた倉田白羊君筆のどこ, れた個々量ではなく, れた個人主義は当然, れた個人的意識に過ぎなかった, れた個我の生命力, れた個物は他, れた倔強の者たち, れた借財の残り, れた借金額だけまるまる, れた値うちづけの, れた倭人の最強国, れた倭文子さんが自分, れた偃松であったろう, れた偉人は少く, れた偉人英雄といったよう, れた偏見と非常, れた停留所へ行っ, れたと差向ひで, れた健三は自然古風, れた健全な精神, れた健康を回復, れた健気にも寂しい, れた健眼もことに, れたの人間, れた側面頭の形, れた偵察者である, れた偶人劇の団体, れた偶然強ひて, れた偶然性そういう偶然性, れた偶発的な技術的天才者, れたの, れた偽善が抗弁, れた傀儡ではなく, れた傀儡子の生活, れたのソファ, れた備品目録の中, れた傭兵は全く, れた傲慢がある, れた傳右衞門も隨分イヤ, れた傳書鴿の使用, れた傳統にたいし, れた傳説によつて, れた債務はいかなる, れた傷ぢやない, れた傷心の生活, れた傷手に身, れた傷病兵をすぐ, れた傷痕でございます, れた傾国の美, れた傾城は落花, れた傾斜のゆるい, れた僂麻質斯は病氣, れたの人生, れた僅少の名前, れたを知らない, れた僧慶政の随筆, れた僧文覚です, れた僧都の手紙, れた僧院で新年, れた價値にもとづき, れた價値體系も存在, れた僻遠の地, れた僻陬であつ, れたをこの, れた儀式の, れた儒教思想が何時, れた儘プラットフォームにはいっ, れた儘二人暮れ行く空, れた儘四本の肢, れた儘夜空に昇る, れた儘大口を開い, れた儘容易に弦, れた儘少しも動かなかつた, れた儘我知らず登りついて, れた儘放置されたため, れた儘時儀をする, れた儘気絶した様子, れた儘溘然として属, れた儘遂に隣, れた優しいけだもの, れた優しい女性初, れた優勝選手の心境, れた優形の男, れた優柔不断のルイ, れた優秀なる女工さん, れた優美な鉄さく, れた優雅な挙措, れた優雅やかな若, れた元々を訊きたい, れた元和三年より三十年, れた元気溌溂たる, れた元禄の俳句, れた兄上は一人, れた兄弟分せいたかの, れた兄真雄の作, れた兄者を拙者, れた兆民先生は斯く, れた兇器捜索を目的, れた兇変に交渉, れた兇蕃中の約, れた兇行の根元, れた先々代は三遊亭, れた先人未知の真理, れた先代三遊亭円馬が青春旅日記, れた先住の民族, れた先住民存在の伝説, れた先入觀念で自分, れた先刻少年が書いた, れた先君のお, れた先斗町の名妓, れた先殿様やこの, れた先生がたはどう, れた先生達の意地, れた先端を走っ, れた先蹤さえござる, れた先輩幹部に対する批判, れた先達の薄命, れた先駆者の悩み, れた光厳の顔, れた光厳帝さまもひとしく, れた光君が一日, れた光子さんはすっかり, れた光弾性の研究, れた光明子も晩年, れた光明院の代, れた光景以上に不思議, れた光束を対岸, れた光沢があった, れた光流にはッ, れた光琳筆の記念, れた光瑞氏がある, れた光田園長先生は患者, れた光秀どののさらし首, れた光電作用を只, れた克明な興味, れた兎みたいな顔, れた児分のしゅう, れた児玉はつい, れた児童虐待防止法案に引つ, れた児輩に拠る, れたが世によく, れたからの委員, れた入江に海, れた入浴前後の樣子, れた入渠船が渦巻き, れた入間郡を包ん, れた全作やその, れた全国の青年, れた全国小学校教員国語協議会の需め, れた全国新聞記者の集会, れた全国的な左翼, れた全国経済委員会でスターリン, れた全国経済委員会議でスターリン, れた全景がない, れた全般をいまここ, れた全逓のどんな, れた全集予約の例, れた兩手を御, れた兩足を持つ, れた八つの罪, れた八五郎位のもの, れた八人の日本, れた八代目岩井半四郎は明治十五年二月, れた八十万円を資金, れた八十人乗りの大, れた八十助はハッ, れた八号の風景, れた八大山人みたいな人, れた八岐の, れた八幡船十八艘のお, れた八月を前, れた八月九日の夜, れた八月二十一日との中間, れた八朔の白無垢, れた八本の足, れた八瀬人が多く, れた八王子のオザ, れた八畳敷位の大き, れた八疊の部屋, れた八百の同勢, れた八種の飜譯, れた八角形の時計, れた八道の民, れた八郎太とか申す, れた八郎次の孫, れた八重垣姫はその, れた八重姫なるもの, れた八重子自身が贔屓, れた八間道路は前橋市, れた八風斎は本性, れた公休日というの, れた公判廷に於, れた公卿である, れた公孫敖が都, れた公定価格つり上げは日常生活, れた公家に出来た, れた公式へ還元, れた公式文化として押しだす, れた公式的作品の中, れた公式的形式の下, れた公式葬送曲第二号カポレニヤ, れた公文書や, れた公権とを目, れた公正証書は決定的, れた公民権の行使, れた公的半公的機関, れた公衆の会合, れた公開堂の壇上, れた六人組のやくざ者, れた六兵衛さんだってとても, れた六十両を返せ, れた六十人近いお客たち, れた六十噸のイギリス商船, れた六右衛門さんが外気室, れた六四年間の各, れた六尺棒に脛, れた六日の朝, れた六月の三十日, れた六月三十日であると, れた六月二十五日ペタン首相が演説, れた六条松子夫人の命日, れた六条院の夫人たち, れた六枚屏風を見る, れた六波羅北苑の木戸, れた六畳が陽子, れた六皇子の一人, れた六里位しか歩かない, れた共同ベンチにはいつも, れた共同戦線のため万歳, れた共同防空壕を覗いた, れた共感から危ん, れた共犯者が, れた共産党を少く, れた共産党員とよばれる, れた共産党員たちの住ん, れた兵具であった, れた兵力は互に, れた兵営の様, れた兵器資材の山, れた兵士らの叫び, れた兵士達に依っ, れた兵学の進歩, れた兵糧によって腹, れた兵衛は自力, れた兵達は皆相当, れた兵部少輔, れた兵隊たちはみんな, れた其中に後, れた其中庵造作の打合せ, れた其内容は前, れた其名と夕べ夕べ, れた其年の十一月, れた其後の諸, れた其時こそ自説, れた其機械は機械, れた其男を呪い, れた其等を恢復, れた其翌年である, れた其間に抱かれ, れた其顔には有り有り, れた具体性は文学的表象, れた具平親王の, れた具象の世界, れた具象性を持たない, れた典侍は翌朝, れた典型だろう, れた典拠のない, れた典軍の校尉曹操, れた兼松が十二三兩, れた兼清博士だが, れた兼輔は悲しい, れた内久宝寺町の古い, れた内亂から遂に, れた内側が桝形, れた内儀さんがころがされ, れた内務省の役人其他農商務省, れた内務農商務両大臣, れた内向的な表情, れた内国勧業博覧会に, れた内国博覧会であったと, れた内地丈けでなく, れた内地人の殆, れた内外書籍の貧弱, れた内妻の一人, れた内殿があった, れた内浦湾附近の地図, れた内界を持つ, れた内的精神生活が急激, れた内藤家こそ不届き千万, れた内藤氏は延宝八年六月二十七日, れた内閣に入閣, れた内閣書記翰長もまた, れた円い古いテーブルであった, れた円みある柔らかい, れた円るみのある, れた円味のある, れた円板だという, れた円満な精緻さ, れた円盤は分捕り, れた円錐形の濃密, れた円頂の徒, れた冊子があり, れた冒涜はたとい, れた写図の断片, れた写実的外面の芸術, れた写生なん, れた写真姿を見た, れた写真師になつて, れた写真師等は何, れた冬彦先生の姿, れた冴えが人々, れた冷たさに, れた冷たい式台に, れた冷泉華子それの前, れた冷淡さがあらわれ, れた冷笑の影, れた冷遇法であつ, れたじい光景を, れた凄い御馳走には, れた凄まじさで, れた凄惨な天平, れた凉庵先生祕藏の品, れた凝血が女, れた几帳はかえって, れたゆる領域, れた凡そ一坪位ひの, れた凡てのもの, れた凡俗味とでも言える, れた凡庸な道, れた処々を通り林町, れた処世術で英雄豪傑, れた処女ごころは痛み傷つい, れた処女みたいなもん, れた処女作の前, れた処女地だった, れた処方箋や薬品, れたの糸, れた凱歌を歌え, れた凶器はその, れた凶悪な怪物, れた凹地の陰, れた出世双六などという言葉, れた出來上らない大きい, れた出入りの者, れた出品画なども大変, れた出土品と日本, れた出島がある, れた出来上らない大きい, れた出来ごとはなかっ, れた出来上りまずいその, れた出来栄とは言, れた出板物の中, れた出版屋の一人, れた出版用紙は一億三千万ポンド, れた出版自由にされた, れた出版費を調達, れた出発であったから, れた出目洞白の鬼女, れた出窓から飾られ, れた出羽守がやっと, れた出羽屋伝右衛門の倅伝次郎, れた出羽山脈の山山, れた出血の諸, れた出迎人をプラツトフオウム, れた出面たちが赤地, れた函室に等しく, れた刀痕が残っ, れた刃傷沙汰であるなと, れた刃物の巧緻, れた刄物勘兵衞の脇腹, れた分光器の分解能, れた分厚な手紙, れた分布区域もはなはだ, れた分析に先立つ, れた分析的要素の撮影, れた分業の過程, れた分譲地のところ, れた分量自体がすでに, れた切り口から熱い, れた切付本の草稿, れた切先でその, れた切口を左, れた切抜記事で御座いますが, れた切支丹の宗徒, れた切目の長い, れた切角灯籠の火, れた切通しらしいもの, れた切髪の婦人, れた刈株の田の面, れた刈谷音吉じや, れたね上げ, れた刎銭積み金の利息, れた刑事部長室の拡声機, れた刑務所のはずれ, れた刑執行の手順, れた刑罪は家康, れたもいけない, れた初めての作品, れた初代三遊亭円朝という方, れた初代梅ヶ谷藤太郎までは五条家, れた初代神田伯山もでた, れた初号活字がアリアリ, れた初夜卓一に話しかけた, れた初江の死体, れた初瀬はまつたく, れた初舞台だつたか, れた初雪なるもの, れた判事も検事, れた判斷は必らずし, れた別々の寝床, れた別個の道, れた別天地で都会, れた別家の主婦, れた別棟の方, れた別荘村疎開生活者のあれこれ, れた別院である, れた別離のことば, れた利己心は雲雀ども, れた利得の計算, れた利息だと, れた利根川上流の地域, れた利根川右岸の連嶺, れた利潤に対する租税, れた利潤以上に他方毛織物製造業者, れた利潤率に一致, れた利用換言すれば, れた利腕を預けた, れた制作活動は, れた制作過程を知る, れた制約の中, れた刷物には末広君, れた刹那彦太郎はどきんと, れた刹那火をつけた, れた刹那門番から近侍, れた刺繍のスリッパ, れた刺繍入のシヨウル, れた刺足の蹠, れた刺青用の針, れた刻絲の如き, れた前例がない, れた前年の八九月, れた前年十二月十九日が立春, れた前庭を少し, れた前後のもよう, れた前日の夕方, れた前日谷五郎は飯田町, れた前月昨年の三月十日, れた前栽を見, れた前歴がある, れた前田大将ですが, れた前田犬千代の実弟, れた前科ものでした, れた前科者でかつ, れた前線の旗本, れた前線部隊の人々, れた前菜の生, れた前衛侯も現, れた前記現象の觀察, れた前足の二本, れた前述の短い, れた前途にあまり, れた前髪の庇, れた剛健な破壞的, れた剛将の声, れた剛氣の人, れた剣子供を起こそう, れた剣客団を浅草雷門, れた剣山は夜, れた剣狂丹下左膳そのころ, れた剣術の道具一組, れた剣道修行の意味, れた剣魚のくちばし, れた副腎が澱粉消化, れたに眼鼻立ち, れた割合に石, れた割栗の上, れた創作戯曲が出ない, れた創口を撫で, れた創痕がない, れた創造狐疑なき自由, れた剽悍な刺客, れた劇団なりグループ, れた劇場街の狭い, れた劇文学の畑, れた劇音楽雑誌映画などをあてがわれ, れた備にひとしい, れた力士が劍, れた力学的法則に従って互いに, れた力説や嘆願, れたを奏, れた功用論への是正, れた加十さんには大切, れた加奈子は自分, れた加治家の位置, れた加減蓄電器であって, れた加納屋甚兵衞には何, れた加藤は傍ら, れた加藤家が首尾, れた加藤福島の遺臣, れた加賀見忍剣だな, れた加賀見能登守その人, れた劣情としか見る, れた劣等種であったろうが, れた造と, れた助七が夫, れた助六二時間は御, れた助力にある, れた助右衛門の娘, れた助手たちがふたたびすっかり, れた劫初から樹, れた労作をなしとげ, れた労働学校の残務整理, れた労働歌の一種, れた労働組合会館の広間, れた労働者ベルトに巻き込まれ, れた労力と迫っ, れた労苦が積り, れた労賃以上に生ずる, れた労賃基金説の宣伝用特別版, れた効果黄金真珠等の蒔絵, れたい信念, れた勅令をふりかざし, れた勅使一行は安政詔勅, れた勅宣に対して畏れ多い, れた勅撰の国史, れた勅語の文章, れた勇ましいその評論, れた勇三郎の家, れた勇士を乗せ, れた勇士術者が三人, れた勇次郎も兄貴, れた勇猛の白犬, れた勉強の一つ, れた動揺がまだ全く, れた動搖が絶えず, れた動植物太陽水空気等から絶えず, れた動物らのそれ, れた動物共は先づ自分, れた動物的な激しい, れた動物罕なり故に, れた動物輩いずれ優劣, れた動産資本は企業者, れた動詞なり副詞, れただったでしょう, れた勘兵衞のもの, れた勘兵衞ぢやありません, れた勘定奉行大橋近江守殿に逢っ, れた勘次はガラツ八, れた勘次郎がうしろ, れた勝入よりはかえって, れた勝利と敗北, れた勝手元の忙しい, れた勝負であるから, れた勝重の父儀十郎, れた勝野金政の, れた勝頼主従がその, れた勝馬を宥, れた勢いで彼, れた勤皇志士の犠牲, れた勲章掛けであった, れた勲章賞牌徽章等が無造作, れた勿論その中, れたを開い, れた包丁のよう, れた化け物屋敷の不入, れた北アルプスの旅, れた北マラアストランド街のアパアトメント・ハウス, れた北上川右岸の農村地帯, れた北側の室, れた北宋槧本が躋寿館, れた北山の王族, れた北朝鮮や満州, れた北村君からその, れた北条屋弥三右衛門の本宅, れた北条残党の二, れた北歐民話の蒐集家, れた北河内の餅花, れた北洋の潮流變更, れた北海道の山, れた北海道開発第一次五カ年計画, れた北湖先生は, れた北独乙の聯合, れた北町御番所, れた北畠治房男爵を始め, れた北白川宮成久王の御, れた北見博士によって護られ, れた区画にあてはめられ, れた医学博士の石神刀文, れた医学生から薬, れた医学雑誌であるが, れた医書は悉く, れた區別であるが, れた十さんは実に, れた十一の首, れた十一軒の家, れた十七八の女, れた十七日女給の試み, れた十三人の日本, れた十三日の晩, れた十三本の絃, れた十九という年齢, れた十九世紀の歌女王パティ, れた十九歳の少年, れた十二の論文, れた十二世紀の合唱集, れた十二人の中, れた十二月八日のその, れた十二本の長短, れた十二歳の源氏, れた十二花の結晶, れた十五両のこと, れた十五人ほどの集り, れた十五六人の人々, れた十五分ほどの休み時間, れた十五名は朝, れた十人あまりの少女たち, れた十何歳の年齢, れた十八になる, れた十八世紀間の後, れた十八人は寺本八左衛門直次, れた十八番地の前, れた十六ヶ月間の出来事, れた十六世紀の痕跡, れた十六夜の月, れた十六娘の寝室, れた十兵衛は生き, れた十兵衞は生き, れた十円札が一枚, れた十号ガスのため, れた十吉は文書庫, れた十名の運搬者, れた十四五人は皆, れた十四五軒一叢のうち, れた十坪程の平ら, れた十字の里程標, れた十字架聖像を恭しく, れた十字架衰運になった, れた十年前の日記, れた十挺の拳銃, れた十数コの茶壺, れた十数年間日本のすべて, れた十数条の嶄岩, れた十数篇の応募原稿, れた十文字の例, れた十月革命の第, れた十河一族が中心, れた十津川の士上平, れた十畳の間, れた十行の詩, れた十郎は立ちたく, れた十首は春秋, れた千七百二十米の圏, れた千世子の墓, れた千世子殿が風呂敷包み, れた千両近い黄金, れた千之助漸く起上がらう, れた千二百円だ, れた千二百年前の天平びと, れた千二百数十年前よりも更に, れた千二百石取の, れた千人は気, れた千代之助, れた千代子はやや, れた千兩箱が二つ, れた千坪ほどの極めて, れた千寿王はほんとに, れた千曲川沿岸の平野, れた千浪と重蔵, れた千生は根, れた千福の酔心地, れた千秋加賀守季忠が黙礼, れた千種十次郎は好ん, れた千筋のたき津瀬, れた千葉ウジが相棒, れた千葉安良先生がある, れた千葉県生まれの少年, れた千蛾老人の部屋, れた千鳥は一体, れた千鶴子の頬, れた午後の黝土, れた午後五時十五分船長事務長及び数百, れた午後四時過ぎであつ, れた午餐会には床の間, れた半可通からはイヤ, れた半数のマッチ, れた半日の時間, れた半月のかげ, れた半生といつてもいい, れた半白の林, れた半紙は皺, れた半紙一枚の手紙, れた半纏を着, れた半纏男達が両方, れた半蔵の戸長免職, れた半蔵らは馬方, れた半身像は彼女自身, れた半面は青白く, れたが聯想, れた卑劣な行為, れた卑小さが花びら, れた卑屈な態度, れた卑屈感と焦躁, れた卑怯者と云, れた卑狗の姿, れた卑賤の身分, れたなども改革, れた卒業でしたが, れた卒都婆を見, れた卓子の上, れた卓机や書架, れた協力会議で婦人, れた協力者の名, れた協同委員會の報告, れた協団に彼ら, れた協定の一つ, れた南メキシコのマヤ人, れた南京染付の水鉢, れた南京路のペーブメント, れた南側の石甃, れた南向きの出窓, れた南天竺摩頼耶國とは如何なる, れた南朝の政府, れた南滿州鐵道會社の舊慣調査, れた南瓜の花, れた南画風の古い, れた南部牛は三人掛り, れた南部藩士の所有, れた南門の一道, れた南風太郎と同じく, れた単位が, れた単純化の上, れた博士たちは人間, れた博多の帯, れた博徒松五郎の乾児, れた博物学者の錦, れた博覧会の建築物, れた博識だった, れたひ独楽, れた卯平を忘れ, れた印判屋の台所, れた印刷所であった, れた印半纏に身, れた印地打ちだ, れた印度貨幣金融委員会が一九二七年三月二十七日, れた印章屋が焼跡, れた危急の時期, れた即位式は古く, れた即日引致取り調べられたの, れた即興劇であった, れた即興的な感情, れた即興詩だけで, れた卵子の目玉焼き, れた厄年のこと, れた厖大なパリ, れた厚ぼつたい森厳, れた厚司を着た, れた厚意を思ひ出し, れた厚顔さにその, れたの中央, れた原則の一つ, れた原口よりは原口, れた原因等の大, れた原型を熊城, れた原士の組, れた原始人類すなわち胎児自身, れた原始哲学よ嗤, れた原始探偵小説書である, れた原始時代からホン, れた原始民的国家神道ですよ, れた原子構造論は古く, れた原敬とは同郷, れた原文で読ん, れた原案は起草委員会, れた原爆体験者たちとの座談会, れた原理閉鎖された體系, れた原田喜三郎の屍体, れた原田氏の足首, れた原田潤氏の数多く, れた原稿紙の破片, れた原色版の美しい, れた原詩の価値, れた厨子の中, れたの前, れた厩舎へもいっ, れた厳冬のモスク, れた厳格な規定, れた参考書を二三, れた又八に対してはそのまま, れた又吉の父親藤七, れた又次郎は右, れた及川先生のこと, れた友だち大なるもの, れた友情精神的に何物, れた友染は其の, れた友禪ムスリンを取込む, れた友衞は立上がりました, れた友造が, れた双六の六太, れた双紙屋さえある, れた反乱と暴動, れた反動勢力はその, れた反動思想も立派, れた反対抗議誹謗の内, れた反射交感術の専門技手, れた反感と醜, れた反抗心と無益, れた反撥がある, れた反故紙を一々, れた反映ではないでしょう, れた反物とお, れた反町栄一氏などがあす, れた反逆的精神である, れた反間の計, れた反面には世間, れた反響にすぎなかった, れた獲が, れた収益性に富む, れた収穫である, れた取り分け自分はお, れた取調べについて詳しく, れた受信紙の上, れた受難の基督, れた受難期である, れた受験者はやっと, れた叙事よりも内容, れた叙事詩思想で著者, れた叙景をも試み, れた叙述は内国商業, れた叡慮のうち, れた叡智のかがやき, れた叢書の中, れた口ことばの生態, れた口びる黒い焔, れた口もとがかっと, れた口上というの, れた口伝とも加減, れた口元には意力, れた口惜さに貴方, れた口直しさ, れた口約束による, れた口紅の赤, れた口腔から私, れた口語体で書かれ, れた口辺に及ん, れた口頭の文章, れた口頭詞章が又, れた口髭を撚り, れた古井の話, れた古代人にとってはその, れた古代人形のよう, れた古代信仰の元, れた古代画を集めた, れた古代駆使部の亜流, れた古傷がうずき出した, れた古典文学者であったシュライエルマッヘル, れた古典趣味なん, れた古刀や光琳, れた古城を私たち, れた古城趾武士共の夢, れた古寺の門前, れた古山お酉, れた古巣焼きはどれ, れた古徳の到れり尽せる, れた古書の内, れた古書売立の市, れた古本などを見せ, れた古河派が策動, れた古物ではありませんでした, れた古狐が逃げ, れた古着古布類は佐々, れた古紙のうち, れた古老だという, れた古臭い二重廻しの, れた古色紙らしい床, れた古藤は黙っ, れた古都の断礎, れた古銅色の顔, れた古銭の代表的, れた只一冊の, れた只一筋のそれ, れた只今は北辰, れた召使なので, れた召集中の軍隊生活, れた可哀相な下町娘, れた可愛らしい花瓶を, れた可愛らしい小さい裸体の, れた可憐児は如何, れた可能的利用の条件, れた可能的運命と実現, れた台ランプを見出した, れた台本を用い, れた台石の上, れた史學研究會で, れた史實は數, れた右大腿部の内側, れた右眼のまぶた, れた右腕を離そう, れた右足を軽く, れた右近と左太夫, れた右馬介も深く, れたの編輯後記, れた司令室で汗まみれ, れた司令席だった, れた司会者はとら, れた司法省側は被告, れた各々二十坪ほどの庭, れた各務房之丞山東平七郎轟玄八以下三十名の剣星, れた各社社会部記者と遊撃記者, れた合口を持った, れた合唱舞踊歌の完成者, れた合奏隊には非常, れた合格者のなか, れた吉住求馬は思案, れた吉助は素直, れた吉十郎がころがっ, れた吉原芸妓の奴, れた吉原藝妓の奴, れた吉宗公はうつらうつら, れた吉新という魚屋, れた吉日である, れた吉沢君の紀行, れた吉田小助, れた吉田修理亮に代っ, れた吉田健一という名, れた吉田原早水堀部などは皆一種, れた吉田君の出品, れた吉田山といつた, れた吉田操子先生に直接, れた吉田松陰こそまことに, れた吉田白嶺氏も談合, れた吉祥天女が, れた吉良の脇指, れた吉良上野に何故, れた吉良領の中, れた吉見の船団, れた吉野君はその後, れた吊り橋である, れた同人が演出家, れた同人雜誌も全部讀破, れた同僚からあい, れた同君訳の, れた同姓の名刺, れた同宿の日本画家, れた同志たちを先頭, れた同志松山坂井の論文, れた同情融和会の折, れた同様な形, れた同氏撰著の, れた同盟もしくは秘密結社, れた同盟辞職の威嚇, れた同級会へ行つた智恵子, れた同級會へ行つた智惠子, れた同級生も一人, れた同胞のクリスチャン, れた名代の木綿羽織, れた名作の一つ, れた名剣の筈, れた名剣手破門当時からくらべれ, れた名勝室戸岬を背景, れた名古屋駅近くの明治橋, れた名句を拾い出そう, れた名和殿の奥方, れた名器ストラドヴァリウスを追って, れた名士である, れた名士石田清左衞門に指一本, れた名家且は秀吉, れた名将李広の孫, れた名山であるの, れた名師であった, れた名月の晩, れた名残とばかりさ, れた名残りのもの, れた名演技者にすぎなかった, れた名物の茶碗, れた名画集の大きな, れた名誉心と結合, れた名越尾張守高家の手勢, れた名高いニイル河神の, れた吏道の謂, れた吐雲斎の毛利時親, れた向う岸の船頭, れた向こうの垢離場, れた向上心と女, れた君らは充分, れた君上を大, れた君主は口, れた君侯は薩州, れた君臣間の道徳思想, れた君自身だ, れた吸い物の椎茸, れた吾人の概念, れた吾儘者だな, れた吾等は今, れた呂宋助左衛門の手代, れた呂布はいよいよ, れた呉清源双葉山がそろっ, れた呉王の封爵, れた呉羽之介, れた呉蘭将軍雷同将軍なども加わっ, れた呉軍の損害, れた告白にこれ, れた告白それは善良, れた呑気な様子, れた周さんと私, れた周倉も自ら首, れた周善は張昭, れた周策もまた, れた周防の守護, れた呪師の本, れた呪詞に在る, れた味方八十三万人の仇, れた味覚を持つ, れた味鋺の子, れた呻吟の心, れた呼子笛が尾, れた命名なの, れた命名法を採用, れた命懸けの恋, れた命日を, れた命松丸はやがて, れた咄嗟には空間, れた和かな風すべてが靜, れた和らかな電燈の光, れた和光の不破伴左衛門, れた和子の姿, れた和尚の死骸, れた和田雄治さんの話, れた和綴の本, れた和蘭人のよう, れた和解的な表情, れた和辻哲郎氏の, れた和郎じゃと言う, れた品位とニュアンス, れた品性とは何, れた品目をいつも, れた哥兄だ, れた哥薩克が横, れた哲也は茫然, れた哲学会のカント・アーベントあたり, れた哲学的の主張, れた哲学的範疇としての広義, れた唇青空の如く, れた唐寺の謎, れた唐桟の袷, れた唐櫃の銘文, れた唐沢があの, れた唐銅の大, れた唖男はきょとん, れた唯ひとつの代償, れた唯一無上の天使, れた唯一無二の絶対, れた唯一軒の店, れた唯心的で超, れた唯心論はスコラ哲学, れた唯物史観であったの, れた唯物論を今, れた唯物論関係の主, れた唯美的頽廃的神秘的な傾向, れた唯諾にそむかぬ, れた唱歌隊がおなじく, れた唱門師支配の下, れた商会の農場, れた商売ではない, れた商家の内儀, れた商店街の生態, れた商策の捕虜たち, れた問題人生課題というもの, れた問題全体の総合, れた問題提出の仕方, れた問題提出形態の正当さ, れた問題社会科学の問題, れた啓示と一致, れた啓蒙である, れた啓蒙教訓の書, れた善思想へ強制, れた善男善女の大群, れた善隣とか友邦, れた喉頭癩の男, れた喘息やみのやう, れた喜三郎はニヤリニヤリ, れた喜代三の傷口, れた喜劇である, れた喜多公はお, れた喜多流の謡曲家池内信嘉氏, れた喜左衛門と富五郎, れた喜悦もあっ, れた喜田川三郎氏は野心, れた喜田川志津子さんのこと, れた喜色で面じゅう, れた喧まし屋として文字通り, れた喧嘩屋夫婦の右近, れたの行宮, れた之助, れた喬生と麗卿, れたなる像, れた單衣が見える, れた営内の火の気, れた営業とはべつ, れた営業費を加え, れた営舎の残っ, れた嗜好を持つ, れた嗣子榛軒の墓, れた嘆息の声, れた嘉奈子刀自は青春, れた嘔吐物を描写, れた嘗ての防空壕, れた嘲罵が私, れた噴出物によつて, れた噴水の鶴, れた噴煙の影, れたは, れた囘教徒である, れた囚人どもは寄っ, れた囚人労働によって行われた, れた囚人等が働い, れた囚徒らのうへに光, れた四カ所にはうすい, れた四ツの仕掛け鼓, れた四ツ弧形の花床, れた四ツ木屍体はこの, れた四ヶ月と云, れた四・一六事件のこと, れた四万温泉への通路, れた四五人の姐さん達, れた四五十人の浪人, れた四五枚の地図, れた四五桂であると, れた四五題を書く, れた四人目の妻, れた四十シリング位のレムブラント, れた四十五万円の金, れた四十五萬圓の金, れた四十何篇かのプロレタリア作品, れた四十八大願を読み返し, れた四十男であるのに, れた四問のうち二問, れた四四人の世話人, れた四字の間, れた四年ほど前, れた四度の目録, れた四斗樽ほどもある, れた四時半頃まで約, れた四月五日を, れた四月初旬の総, れた四条通の灯, れた四条隆資の一状, れた四歳から六歳, れた四海同胞主義それからまた煎じ出された, れた四男の和助, れた四畳の細長い, れた四畳じきほどの地下室, れた四疊の細長い, れた四疊半に歸, れた四百人の方たち, れた四肢の間一杯, れた四角形の島, れた四足でぶら下げられ, れた四輪車の上, れた四邊の空氣, れた四郎の袖, れた四郎少年こそは彼, れた四阿らしいもの, れた回り灯籠のやう, れた回数通り過ぎたこと, れた回顧の感情, れた回鶻語を博士, れたではあるまい, れた因果律なの, れた因縁物だ, れた因縁話の種, れた因習への譲歩, れた因襲の衣, れた団七がふと, れた団員はニヤニヤ, れた団子を追う, れた団栗林のわき, れた団欒を形作つ, れた困惑は思ひやられます, れた困憊をゆたか, れた困難故に科学的世界, れた囲いの中, れた囲い者がいる, れた囲炉裡にはそれでも, れた図体を小刻み, れた図太い恰好で, れた図書掛りの久我鎮子, れた図書選定をする, れた図画を私, れた図録も沢山, れた固い心の, れた固体であると, れた固定したもの, れた固定資本の利子, れた固有法則を持つ, れた国主の北畠具教卿, れた国体精神が北畠親房, れた国債租税会議に列席, れた国内の階級的対立, れた国内戦革命に関する文学, れた国内毛織布よりもそれ, れた国学四大人の御霊代, れた国定教科書をかれこれ, れた国宝や重美, れた国宝的な図書, れた国家みずからが法律, れた国家形成の情勢, れた国家意思をその, れた国家権力に対して何等, れた国家群によって羅馬帝国, れた国富の新しい, れた国技館の宏大, れた国旗を投下, れた国書を隋, れた国柄において数学, れた国民兵らの弾薬盒, れた国民学校五年生の大吉, れた国民思想のエッセンス, れた国民的人気は新しい, れた国男が絶望的, れた国経が恋慕, れた国華と史学雑誌, れた国許の親達, れた国財の記録, れた国道を通らなけれ, れた国邑の君, れた国際オリムピック委員会総会の決議, れた国際オリンピック競技ではさしも, れた国際ペンクラブの第, れた国際婦人民主連盟に世界, れた国際法規はこれ, れた国際的作家マクシム・ゴーリキイである, れた国際的批判とによっていわゆる, れた国際的避暑地として今日, れた国際美術展をみ, れた國会はじ, れた國際學術會議に, れた國際親善園遊會に合流, れたがある, れた園内の桟敷, れた圓山川の川裾, れた圓朝は名声, れた土井さんがはる, れた土人どもは味方, れた土佐絵に似た, れた土俗が遺っ, れた土台石だけが今日, れた土器の方, れた土地々々の人, れた土地人畜の食料, れた土地測量技師だという, れた土地資本がある, れた土地鼓動してる山嶽, れた土堤のよう, れた土塀七戸前の土蔵, れた土壤にどんな, れた土居松次という博徒, れた土工のよう, れた土建屋である, れた土星の輪, れた土牛桂華二人展ほど私, れた土生仙之助, れた土着の商人たち, れた土砂のため, れた土竜のよう, れた土竜馬の厩, れた土耳古玉のそら, れた土藏の壁, れた土豪の住居, れた土鍋の上, れた圧力を代表, れた在りし日の, れた在学の理由, れた圭吉も三造, れた地べたの上, れた地下室へ降つ, れた地下戦車第二号, れた地主神の後, れた地代の騰貴, れた地内に建っ, れた地名そのものが私, れた地域戦争でもない, れた地境だけに僅か, れた地平線のかなた, れた地形的単位ごとに小, れた地形的構造の複雑多様, れた地方土民たちは別れ, れた地方武者がやがて, れた地方的勢力に過ぎない, れた地方舞踊として鹿, れた地方色を顧ずし, れた地球儀に倣つて, れた地球崩壊の警告講演, れた地球物理的現象の特異性, れた地球発達しはじめた産業, れた地理書には絶無, れた地盤の上, れた地紙形の桟敷, れた地色の上, れた地蔵様は急, れた地蔵肩の上, れた地藏樣は急, れた地頭やらその, れたをのぼりつめ, れた坂の下まで来かかった, れた坂上で五百坪, れた坂上与一郎のま, れた坂下鶴吉は放免, れた坂口先生や榊原君, れた坂口安吾さんダンサー諸嬢, れた坂本孫四郎の娘, れた坂路をころげる, れた均斉美にある, れた均衡価格変動の法則, れた坊主の顔, れた坐禅を組む, れた坑内深所, れた坑夫を自分, れたになっ, れた坪井九馬三博士の論文, れた坪内逍遙の, れた坪内逍遙先生が学校, れた坪内逍遙博士とは翻訳, れた垂れ幕であった, れた垂帳は豁然, れた垂糸桜の今, れた型それを好き, れた型絵の燗徳利, れた型通り旨く合う, れたを油汗, れた垢離部屋からどうして, れた垣根の土, れた埃だらけの硝子窓, れた埃及文字まですらすら, れた埋立会社の組織表, れた城主の婦人達, れた城址の坂道, れた城壁を守つて応急防備, れた城外の使館, れた城砦があり, れた執務の方法, れた執心に誇り, れた執念深い肉慾に, れた執筆者たちが占め, れた基本的人権における男女, れた基本語の十分, れた基督が大きな, れた基督教の一雑誌, れた基調をなし, れた基金は労働者, れた堀どのの言葉, れた堀尾一等卒は全身, れた堀川や安芸, れた堂社らしい一地, れた堂脇の空地, れた堆朱のくり盆, れた堕地獄の状態, れた堕天使ですよ, れただ, れた堯舜や三代, れた堰みたいに咽び, れたひですつかり俺, れた報いでここ, れた報告的な文章, れた報復かのよう, れた報徳会かの会合, れた報恩に来世, れた報果者を殴った, れた報知が電信, れた報道物だという, れた報酬である, れた場処であること, れた場合いくらかあの, れた場合それはもう既に, れた場合なほ何等か成功主義, れた場合二人は別々, れた場合人に依, れた場合今までは気, れた場合以上には彼, れた場合加賀の千代, れた場合太宰はキザ, れた場合太陽や月, れた場合女源氏と称する, れた場合客観的に明らか, れた場合嶺外節度使が中央政府, れた場合平気で居れる, れた場合愛としての価値, れた場合批評と創作活動, れた場合敵打にいで, れた場合普通の市民, れた場合男性はその, れた場合私がこの, れた場合筋道の通った, れた場合答うべき文句, れた場合考えがそこ, れた場合肯定であったらイエス, れた場合邪魔なところ, れた場所場所を名所図絵, れたの裾, れた塁砦で南側, れた塔上にはけだ, れた塔尖塔円屋根などの集まり, れた塗りのはげた, れた塗骨の障子, れた塙代家一統の一族評定, れた塙団右衛門直之淡輪六郎兵衛重政等はいずれ, れた塙次郎の暗殺, れた塙郁次郎は何故か, れた塙隼人も老, れたの上, れた塩田良平氏の, れた塲末の町, れたは世界中, れた塵埃棄て場, れた塵芥のよう, れた塹壕のベトン, れたの人, れた塾生名簿をすぐ, れた境位が必ずしも, れた境涯は随分, れた境界線というもの, れた墓土の黴臭い, れた墓所に魂, れた墓掘り人の札, れた墓石中には無, れた墓穴のまわり, れた墓銘がつい, れた増加率を確証, れた増田太平というの, れた墨子に對, れた墨絵の滝, れた壁上の太子, れた壁土がサラサラ, れた壁灯が点され, れた壁面に現われ, れた壇特山の講釈, れた士たちと分り, れた士官はその, れた士官たちはめいめい水兵, れたい男, れた壮厳な森林帯, れた壮観な人間図, れた壮麗な司馬, れた声楽上の意識, れた声自慢が花嫁, れた声音学上の実験的研究, れた売春婦たちは円く, れた阿彌, れた変てこりんな, れた変り目は何, れた変事の発見, れた変動のため, れた変化がある, れた変哲もない, れた変転のまざまざ, れた変面異相少し詳しく, れた夏休の第, れた夏侯淵の子ら四人, れた夏冬の諸種, れた夏座敷をじろじろ, れた夏目先生を思う, れたなど窓辺, れた夕やみを孕んだ, れた夕刻群集の中, れた夕方など択捉島, れた夕暮我れは, れた夕焼けが仰向けた, れた夕立も来る, れた夕闇の底, れた夕靄の底, れた夕飯をよばれる, れた夕餐がちかづく, れた外交こそは平和外交中, れた外人居留地という特種, れた外側いっぱいに, れた外囲は決して, れた外国の小説, れた外国人形であった, れた外国劇が日本現代劇, れた外国婦人が公衆, れた外国文学はきょう, れた外国製の口紅, れた外国詩の多く, れた外国風のもの, れた外國の郵便切手, れた外國書物である, れた外國産の綿, れた外界の知識, れた外發的の因數, れた外的な現象界, れた外科婦人科耳鼻科のあと, れた外諸国にも寺院, れた外貌を有っ, れた外道の人, れた外面へのあらわれ, れた多代子が突然, れた多分に娯楽的要素, れた多助という悴, れた多大の興味, れた多情多恨な心臓, れた多田という人, れた多額な布施, れた多鶴子の顔, れた夜ひとりのルンペン青年, れた夜ジュスチーヌが着, れた夜以来マリユスは毎晩そこ, れた夜佐助はいつも, れた夜判事検事弁護士看守死刑執行人教誨師等は四十八時間熟睡, れた夜太郎どのが其職人, れた夜景はまるで, れた夜目にもしるき, れた夜葛木と光麻呂, れた夜道を重い, れた夜食が用意, れた夜鷹のお, れた夢中遊行に陥っ, れた夢中遊行開始前後の怪奇, れた夢子の指紋, れた夢想から前, れた夢殿が幾たび, れた夢物語だ, れた夢遊病者同様の人間, れた大していたまなくてよ, れた大丈夫の形, れた大中臣清親の記録, れた大乗仏教を提げ, れた大乱の翌年, れた大井迄悉く, れた大人達の策略, れた大仏殿の再建, れた大伏樋はそのまま, れた大佐とである, れた大体あの映画, れた大佛のわき, れた大兄の, れた大入道と九尾, れた大兵の門弟, れた大内鑑を基礎, れた大刀を青眼, れた大分限が御, れた大利根博士の顔, れた大化の革新, れた大化改新が明治維新, れた大原の奥さん, れた大友具簡をはじめ, れた大古沼の方, れた大名達の遺臣, れた大和先生から段々, れた大和歌の心根, れた大器量に対して思わず, れた大坂御番頭, れた大坂城のあるじ, れた大型トラックが積荷, れた大塔宮護良親王様と同じ, れた大声だと, れた大学卒業生の団体, れた大学規定は大学生, れた大宝令による, れた大宮のこと, れた大家先生の自負心, れた大寺警部の尋問, れた大将の首, れた大小さまざまの本, れた大小二本の樅, れた大小幾つかの怪しげ, れた大小百余篇の作品, れた大尽と自分, れた大屋右近のなき, れた大層苦しさ, れた大山の頂, れた大山さんと梅月, れた大峰の頂上, れた大川の手, れた大幅の前, れた大平氏宅の庭, れた大日如来と書いた, れた大明の知識, れた大月玄蕃様のお, れた大杉外二名の一人, れた大柄な瑞々しい, れた大業物濡れつばめです, れた大槻さんの, れた大樹を繞, れた大橋の残骸, れた大正五年まで十二年, れた大正八年一月私共夫妻, れた大正初年の東京駅, れた大正十五年のレコード五億二百十二万円, れた大池の正体, れた大河内参事官を紹介, れた大河内氏の著書, れた大洋がなんと, れた大浪がしまいに, れた大海人皇子は軍勢, れた大湯其処に此, れた大熊信行氏の好著, れた大王は暫く, れた大理石像のそば, れた大町桂月氏である, れた大病人上りの大, れた大皿のお, れた大砲のため, れた大福帳のこと, れた大福長者の言葉, れた大納言の親友, れた大群像または示威運動, れた大腿骨の折れた, れた大膳職のよう, れた大船も同様, れた大草額平は重蔵, れた大菩薩峠あれは芝居, れた大藩の武門, れた大蛇ピゾンが多, れた大衆ではなく, れた大衆文学と純文学, れた大西洋ライナーのうち, れた大谷千尋の肩, れた大谷派出身の西藏學者, れた大道芸人の仲間, れた大道芸人縁日芸人或いは猿引, れた大部な切支丹資料研究, れた大都市の空, れた大量馘首政策が比較的, れた大門が破られ, れた大阪弁であって, れた大阪朝日会館の読者大会, れた大願だったの, れた大黒天は初め鼠, れた大黒屋徳右衞門でないこと, れた天上の名前, れた天主公教会の神父有向, れた天井板の隙間, れた天候がしだいに, れた天児屋根命天太玉命などと申す, れた天分から絶えず, れた天命じゃで, れた天孫すめみまで, れた天性でもある, れた天恵のやう, れた天才ショパンを世に, れた天才左近倉平が今から三年, れた天文の背景, れた天明時代に独り芭蕉, れた天正助定, れた天正十七年は江戸, れた天武天皇も実は, れた天武天皇勅願のみ寺, れた天気も先づ元旦, れた天河石天盤の半月, れた天災ののち, れた天然色写真会で展覧, れた天王寺の入口, れた天王山先陣の士気, れた天皇制問題は天皇, れた天皇家といふ家族政府, れた天眼鏡はひどく, れた天神の杜, れた天神さまがこの, れた天窓の大, れた天縁に対して大きな, れた天草四郎は伝説, れた天野告門を読んだ, れた天魔の如く, れた太い白い不透明な, れた太刀を左, れた太刀傷が致命, れた太助の子分, れた太吉は猿, れた太夫房覚明の血, れた太子さまは天才, れた太子内観の道場, れた太守ではない, れた太宰治自筆のメモ, れた太極の太刀, れた太海三之助の一人息子, れた太田ミサコが船出, れた太股の疵, れた太陽色の大, れた夫ジーグフリードの幻, れた夫三人心を併せ, れた夫人さんの写真, れた夫人由紀子のもの, れた夫人酒井少將令孃, れた夫婦生活が必, れた夫婦結合をいっしょ, れた失業芸人とはおよそ, れた失踪の千万長者, れた奇々怪々なカラクリ, れた奇態な楽書, れた奇矯な悪魔的, れた奇矯さはその, れた奇襲の任, れた奇観であつ, れた奇計にまんまと, れた奇象を次, れた奇蹟に仰天, れた奇魚などにかかわりあっ, れた奈良の御代, れた奈良原到翁, れた奈良朝まで溯る, れた奈良朝時代に入, れた奉仕者ではなく, れた奉公人を斯, れた奉公人たちはどうやらこう, れた契約は真, れた奔馬のやう, れた奥さまの旅行用, れた奥州の墓獅子, れた奥州佐久間の孝女, れた奥様の役, れた奥深い御殿ま, れた奥田義人氏と名物市長, れた奥秘となる, れた奥穂高が至当, れた奥羽の農村, れたの四疊半, れた奧さんの寫眞, れた奧方としては斯, れた女がらすがじっと, れた女ごころというもの, れた女たち小野小町和泉式部式子内親王それからわれわれ, れた女ぢやありません, れた女のはだ, れた女の子たちは改めて, れた女の童は勿論, れた女やもめは焚火, れた女らしい心持を, れた女中等が泣い, れた女主人公の姿, れた女主人公榕子の人間性, れた女乗物に納まっ, れた女人の素姓, れた女人芸術の二号位, れた女人連だけで, れた女優姿のいかに, れた女優達の中, れた女共から知らせ, れた女友情や恋愛, れた女君はそれ, れた女塾だつた, れた女子失業群が溢れ出した, れた女学校の課程, れた女官の名, れた女客というの, れた女将お美野殺し, れた女師匠が現われる, れた女店員は一寸, れた女影の里, れた女性たちは光栄, れた女性化主義の仮面, れた女房たちがそろっ, れた女房連や怨, れた女持の提紙入, れた女文字を一寸, れた女書生のタイプ, れた女流教育家たちなどが倉皇, れた女流数学者並に作家, れた女王さんのお許し, れた女王たちがなお, れた女童は雨, れた女笛師鷺江お雪の死体, れた女給仕の運ん, れた女羽織と一通, れた女行者のよう, れた女装束に使う, れた女言ふまでも, れた女詩人ノアイユ公爵夫人其他への紹介状, れた女酋長がちょい, れた女隠居の屍体, れた女順禮が踊つて興, れた女騎兵士官の寝床, れた奴僕であること, れた奴婢はあっ, れた奸悪を向う, れた奸悪無比な人間像, れた奸臣四名の遺族, れた機会な, れた好々爺らしい快い, れた好いもので, れた如しだ, れた如何にも復員者らしい, れた如才ない調子, れた如浄の面目, れた妄想が薹, れたはわたし, れた妓女のひとり, れた妓楼らしくも, れた妖しい強姦の, れた妖僧ラスプーチンのこと, れた妖怪変化に富んだ, れた妖怪的対象性によって我々, れた妖怪的對象性によつて, れた妖怪的性格なん, れた妖術使いの猫間犬丸, れた妙信と京二郎, れた妙味になんとも, れた妙薬です, れた妙麗な美人, れた妥協こそ山本氏, れた妥協的なもの, れた妥当性であなた, れた妹ミドリをすくいだし, れた妹重子が庄原, れた妻たち息子を失った, れた妻君は引き返した, れた妻女への土産もの, れた妻戸が欄, れた妻母の苦しみ, れた妻母たちの生活不安, れた妾たちにはあなた, れた姉さんがほどなく, れた姉ちゃんも今に, れた姉妹はこの, れた姉妹妻母愛人友人たちまたは女親類たち, れた姉小路卿洛北の岩倉卿, れた姉弟はありません, れたである, れた始めにはそこ, れた始めての経験, れたその人, れた委細のお話, れた委託金誠実になされた, れた姫君姿の女, れた姫宮がどう, れた姿形をし, れた威嚇の言, れた威徳ある統治者, れた娘お玉の死體, れた娘さんたちの勇気, れた娘のからだ, れた娘以外には子無し, れた娘宮城野とその, れた娘武家出の上品さ, れた娘美人すくなくとも新聞, れた娘義太夫の竹本綾之助, れた娘達の死骸, れた娼妓の九重, れた娼婦が眼, れた娼家が極彩色満艦飾, れたやさん, れた婆さんは右, れた婆さん牛はお日様, れた婆さん連などである, れた婆娑羅の大神, れた婚姻も十四日, れた婚姻方式であったこと, れた婚約者ですもの, れたは一年中, れた婦人作家たちの中, れた婦人公民権案はついに, れた婦人労働者の数, れた婦人欄の記者, れた婦人画家たちの名, れた婦人社会成員なの, れた婦人達がさまざま, れた媒介機能となっ, れた媒酌人夫妻そして舞台, れたの微笑, れた媚薬の香, れた嫁様のよう, れたの惡口, れた嫌疑者浮浪人外国人らは全国, れた嫡流の皇子, れた嬌態か知らない, れたの言葉, れた嬰兒の泣く, れた子どもたちも機密文書, れた子供らが両親, れた子供心にわれ, れた子分どもを号令, れた子安の神, れた子弟その他誘拐掠奪等から生ずる, れた子役のむかし, れた子爵が幽閉, れた子爵夫人のこと, れた子等のため, れた子酉川の上流, れた孑孑が酔い, れた孔子様この人, れた孔子語録が幾種, れた孔明の苦勞, れた孔雀の絵, れた字一字を見, れた孝一郎の兄, れた季節の或, れた孤児であった, れた孤城は翌日, れた孤家の女, れた孤独者同士の何, れた孤軍のよう, れた学会へ出席, れた学制である, れた学園の綱領, れた学堂出身の警吏, れた学徒をそ, れた学徒女子勤労挺身隊などの勤労状況, れた学校服姿の一郎殿, れた学生ストライキが経験, れた学生生活なの, れた学的知識は自然, れた孩児というの, れた孫七峯とつづき, れた孫三郎叔父さんは先代, れた孫右衞門の獨, れた學問上の功績, れた學生は賈似道, れた學課を見, れた宇佐美左内の一族, れた宇宙万有の美し, れた宇宙機関の運動, れた宇宙艦なの, れた宇宙部分の中, れた宇宙開闢論に関しては遊星雰囲気, れた宇宙開闢論的観念の歴史的発達, れた宇津木兵馬はははあ, れた守りに関しては飽くまでも, れた守備位置についた, れた守備兵の屯田部落, れた守備隊長の新しい, れた守吉が崖下, れた守衛はだまっ, れた守護神聖ゲオルヒが横たわっ, れた守鶴という老, れた安井長十郎以下十一人のもの, れた安価にまけ, れた安倍丹後守の御, れた安全地帯と月光, れた安吉へ女, れた安定論を主張, れた安息者の静か, れた安田一角という横曾根村, れた安藤伊賀守父子の罪案, れた安部磯雄氏の放送, れた安静を与えた, れたの文化運動, れた完人に望まれる, れた完全な袋小路, れた完全人は誰, れた完全紙の層, れた完全體の破片, れた宏壮な屋敷, れた宏大な屋敷, れた近君, れた宗太郎が水戸学国学, れた宗廟に早速, れた宗徒に同情, れた宗教上の敬, れた宗教的人間存在の何より, れた宗教的伝説と見るべき, れた宗派は三論宗, れた宗良もひとつおん母, れた官人が幾月, れた官僚制度が設けられ, れた官僚的の勤務者群, れた官力の二重戦略, れた官學であるといふ, れた官憲一行の馬車, れた官爵の運用, れた官立の諸, れた官給品をひそか, れた官能が一種, れた官軍は中腹, れた連相手に, れた定価一円の厚い, れた定紋がきらめく, れた定評のある, れた宛て字に過ぎない, れた宛名自身もかつて, れた宝ものだ, れた宝冠や宝石, れた宝庫を探す, れた宝石商にくわしく, れた実は樹明兄に, れた実力のみが自信, れた実存主義的なの, れた実物を写真, れた実物映画によって逐一, れた実用主義の人間, れた実行なん, れた実証性ではない, れた実証的病理学の原則, れた実践的な学問性, れた実験報告はそれ, れた実験的研究の数, れた実験的精神の復興, れた客たちは三の丸, れた客人は召使, れた客僧どのがあなた, れた客劉玄徳が義弟ども, れた客室に入っ, れた客殿があった, れた客観物で個人, れた客観的な理由, れた客観的事実の記録, れた客観的実在はある, れた客間がず, れた客體は内容, れた宣伝小説でありその他立志, れた宣伝書である, れた宣命よりも新しい, れた宣陽坊の官宅, れた室じゅうに反射, れた室そこに見る, れた室内たくさんの寄贈品, れた室特有の闇, れた室生さん御自身, れた室生犀星氏は自身, れた宮中はまったく, れた宮内は胸一つ, れた宮城前の広場, れた宮城縣選出の代議士内ヶ崎作三郎氏, れた宮子はやがて, れた宮小路を南, れた宮居の進捗ぶり, れた宮廷の生活様式, れた宮廷叙事詩を諳誦, れた宮方の一人富士名, れた宮本の文章, れた宮様のこの, れた宮武がそう, れた宮邸の夜会, れた宮部京子と同じ, れた宰領は二言, れた害虫の空骸, れたではありました, れたの傷, れた宵子は湯, れた家ごみに這入った, れた家並が続い, れた家中の材木, れた家事になっ, れた家元への吊, れた家具類を買いあさり, れた家内を取戻し, れた家内工業はありました, れた家宝の軸, れた家宝少納言の鼓, れた家家が流れる, れた家屋清潔に斉, れた家常茶飯事という奴, れた家庭職業を報告, れた家政婦との間, れた家族制度はその, れた家族感情というよう, れた家来筋の若者男女, れた家産を失, れた家督諸道具その他一切のもの, れた家督財産その他一切のもの, れた家禄を復活, れた家老初めも総てそれ, れた家臣団に忍びよった, れた家臣達は何事, れた家計の中, れた家財道具もかねめ, れた家鴨の雛, れたとなっ, れた容儀華麗血気の若, れた容姿の端麗さ, れた容姿風采とは趣, れた容易ならない, れた容色の厭, れた容貌に何ん, れた宿儒篁村先生の次男, れた宿命的法則で決定, れた宿場跡なの, れた宿帳へ名, れた宿所の地, れた宿直の一人, れた宿禰であったから, れた宿題の一つ, れた超, れた寂しいやさしい調子であった, れた寂しく古い院である, れた寄手はついに, れた寄木細工に過ぎない, れた寅旦那は寅五郎, れた密偵の一人, れた密室犯罪の様々, れた密封の書付, れた密度の濃い, れた密房の感じ, れた密語は最早, れた富そのものは無くならん, れた富三の写真, れた富士山の写生画, れた富岡は台, れた富岡鉄斎翁も近頃大分耄, れた富沢であった, れた富興行のうち, れた富豪であるので, れた富農の排除, れた富農撲滅農村の, れた寐台の方, れた寐臺の方, れた夜の, れた寒い田甫を, れた寒村ですが, れた寛大な時代, れた寛恕に対する問答, れた寛永寺所属の末院, れた寝殿の西, れた寡頭政治をさす, れた實例をいろ, れた實業家は初め, れた實物の先生, れた實科女學校に出, れた實話であるが, れた實體であること, れた寧ろ多感な, れた寧子の心, れた審査について議論, れた寫眞の主, れた寶玉を發見, れた寺人の勃, れた寺田は実家, れた寺田喜治郎先生に手紙, れた寺田寅彦先生の墨汁, れた寺院本紋章や唐草, れた寺院神社を訪え, れた対内制圧対外侵略の機関, れた対局の棋譜, れた対戦ならば, れた対木村花田の二局, れた寿詞を更に, れた封じ話だ, れた封建的な孤立化, れた封建的礼拝観念の克服, れた封建的絶対主義の破壊力, れた専斎が家人, れた専門の法医学者, れた専門外の地球物理学, れた専門領域であるが, れた将兵のミタマ, れた将士の心, れた将来の生い立ち, れた将校の方, れた将校らは敵, れた将棋の駒, れた将軍家もこの, れた将門とは反対, れた將棋に違, れた專三郎は, れた尊たちのこと, れた尊氏父子の木像, れた尊王の考え, れた尊王攘夷のスローガン, れた尊親のため, れた尋問の一部, れた小さくて低い, れた小さな小さな人魚が, れた小ましゃくれた美少年, れた小三郎はこの, れた小作人達は代り, れた小作百姓のこと, れた小倉閣下の奥さん, れた小児イエスの方, れた小六は忿怒, れた小具足術の秘力, れた小切手の破片, れた小判の山, れた小判形の八五郎, れた小前のもの, れた小包はウォーカー, れた小君は懐, れた小品を相当, れた小唄お政, れた小四郎がドン, れた小国を守っ, れた小坊主は生き, れた小坊主同然しかし丈, れた小型プロペラを手, れた小夜子老松秀千代太郎音丸栄竜たちだ, れた小天地のうち, れた小太刀を持ち直し, れた小学校のとき, れた小宇宙なの, れた小守達は千世子, れた小室の殿, れた小宮さんはひどく, れた小宮山は怪しい, れた小屋者はない, れた小山内君がぷらとん社, れた小山内氏は履直し, れた小山内薫監修の冊誌, れた小島吉雄博士の, れた小島君の著書, れた小川女史又原稿, れた小川町の電車停留場, れた小役人はそんな, れた小憎らしさ, れた小曲に対して集中, れた小机の前, れた小杉氏の姿, れた小村の祖母, れた小松殿の館, れた小林くんはふたり, れた小林刑事のあらゆる, れた小林多喜二の遺骸, れた小林多喜二等に対する, れた小林芳雄少年その小林少年, れた小次郎のこと, れた小池が至る, れた小為替であった, れた小物にはこんな, れた小田切久之進の江戸払い, れた小田刑事を残し, れた小田卷直次郎の家, れた小田原の山荘, れた小男の, れた小町屋宗七といったよう, れた小石が積まれ, れた小石川の富坂, れた小笹の束, れた小綺麗な名刺, れた小者は他, れた小胆さで隅, れた小舟今日こそ聖ヨハネ, れた小舟四隻に分乗, れた小西君に面会, れた小西摂津守の遺臣, れた小言をいいました, れた小説家がある, れた小説近頃のは机, れた小説道の極意, れた小説集の印税代り, れた小路の中, れた小銭を持っ, れた小間物屋市之助の女房, れた小頭組合総会で遂に, れた小鳥同様の身, れた數の, れた少壮実業家らしいかっぷく, れた少女たちの肢体, れた少女時代を思ひ出した, れた少年らを感化, れた少年ヘンデルが夜な夜な, れた少年中江藤樹が修業, れた少年勘太郎は二人, れた少年名探偵じゃない, れた少年探偵団団長は明智探偵, れた少年文学でしかも, れた少年素人探偵浅田与一君が探偵, れた少年給仕の縊れ, れた少数者なの, れた少時の休憩時間内, れた尨大な金額, れた尭舜としてはいき方, れた尺度がある, れたの痛, れたの肩, れた尼君は今, れた尼子一党の復仇心たる, れた尼子家を一時, れた尼子浪人がこの, れた尼子義久を奉じ, れた尾崎が砂丘, れた尾崎氏の書簡, れた尾藤二洲古賀精里が聖堂, れた局所には別に, れたである, れた居士の気持, れた居間の窓, れた居間兼寝室で様式, れた屈辱をもて余し, れた屋内から洩れ始めた, れた屋号である, れた屋外の闇, れた屋敷通りに来た, れた屋敷長屋のペンキ塗り, れた屋根屋根の起伏, れた屋根屋根雪だまり凍った並木道, れた屋根板がいつ, れた屋根裏の赤土, れた屋根部屋の断片, れた屍骸のよう, れた屍體が海濱, れた屏風松竹梅赤い毛氈, れたの大人, れた山がかりの庭, れた山なみの上, れた山の端へ穴, れた山一杯に木屑, れた山上無人の邸, れた山中商会主催の民藝展, れた山人の生活, れた山入の村, れた山口泉処向山黄村あの人たち, れた山地でそれ, れた山坊堂宇みな昔を物語る, れた山城守様が生きかえる, れた山宮は麓, れた山家の柴垣, れた山山がずつと近づい, れた山岳や谿谷, れた山岳画家ジョヴァンニ・セガンチーニが夏, れた山峡の龍巻, れた山底の村落, れた山役人や岡ッ引, れた山懐の奥, れた山本ら六名の漁夫, れた山本三右衛門の弟九郎右衛門, れた山本亡羊の, れた山本国蔵氏の技, れた山村である, れた山案内のデコボコ頭, れた山椒魚の中, れた山極氏とどっち, れた山火事は案外, れた山犬閣下は自分, れた山田はすぐ, れた山畑の中, れた山県公の方, れた山県大弐殿と藤井右門殿, れた山窩の娘, れた山窩どもが皆, れた山紺碧の水, れた山羊だつて, れた山羊みたいにワザ, れた山脚の山, れた山荘であった, れた山荘庵という丘, れた山蛤と山蟹, れた山谷の模様, れた山路主計北伝八郎中之郷東馬それから指無し, れた山車が練り込ん, れた山道を下っ, れた山里の屋根, れた山門下の寺元村, れた山間の小, れた山間地方の被災農民たち, れた山駕籠で櫛型, れた山高信離氏の池, れた山高帽に比べれ, れた岐阜提灯は涼しげ, れた岡崎様の家中, れた岡本吉五郎二代が吉五郎, れた岡氏は絶対, れた岡田三郎助さんの招待, れた岡谷市とからなる, れた岩上に猩々, れた岩下氏もある, れた岩井一座の小屋者, れた岩井半三郎も描いた, れた岩井半四郎が被衣, れた岩佐の腕っ節, れた岩場は三十度あまり, れた岩壁の一部分, れた岩太郎と気, れた岩屋です, れた岩屑を掘り出す, れた岩山の上, れた岩本禎君であったと, れた岩波文庫へ眼, れた岩波書店の被告事件, れた岩田夫妻の結婚披露式, れた岩田熊吉の公判, れた岩田豊雄氏の文章, れた岩盤はえらい速, れた岩磐に水, れた岩骨が剥き出し, れた岸壁破壊の跡, れた岸田屋宇之助さんの娘, れた岸辺には大型, れた峠道にさ, れた峨々たる岩城, れた島原の白い, れた島司の社宅, れた島君は険しい, れた島幾太郎こと兇賊の首領大谷千尋, れた島津のお, れた島義勇が京都, れた島薗博士に診察, れた島袋教諭の心入れ, れた崇拝者のなか, れた崇高な一瞬間, れた崖地があり, れた崖州は当時, れた崖沿いに根津権現, れた崩れの所, れたの事, れた嵐翫之丞の亡霊, れた嵯峨帝が小野篁, れた巌流は今, れた川上忠一はそれ, れた川下へ行っ, れた川内警部もおなじ, れた川原に出, れた川向うの土手, れた川岸の花, れた川島は又, れた川崎在平間村, れた川手さ, れた川手氏のこと, れた川村秋子という懐姙婦人, れた川柳は生涯私, れた川流れの本尊, れた川瀬勇はベルリン, れた川田佐久馬氏が次兄, れた川砂を掘りちらし, れた川端に誰, れた川蝉のよう, れた川越中学生十余名が他, れた川越育ちの豆, れた川路でさ, れた巡回器は何処, れた巡洋艦駆逐艦水雷艇潜水艦特務艦などが合わせ, れた巣心の棲家, れた工人の死骸, れた工合いであった, れた工場内のスポーツ, れた工場委員会があっ, れた工場長以下職長社員が職工, れた工女はもし, れた工学者でこの, れた工房まで, れた工業的都会は農村, れた工芸品であり複製品, れた工藝品が無数, れた工賃を反射, れた左内の顔, れた左半面は一時, れた左右の脚, れた左右二隅の小さな, れた左大臣家の恨み, れた左太松は恩人, れた左官の長吉, れた左翼作家の組織化, れた左翼教授は数, れた左膳源三郎萩乃の三人, れた左膳片手に矢, れた左豊卿が各地, れた左門のいのち, れた左陣とお, れた巧みな扮装, れたきな, れた巨人の頭, れた巨像の下, れた巨鐘の音波, れた巨額の資金, れた巫女国々から奉られた, れた己様だ無学, れた己氏の妻, れたの名, れた巻中の秘計, れた巻紙をまた, れた小文治, れた市ヶ谷のブリキ屋さん, れた市之丞殿が蘇生, れた市之助の小, れた市井の雜事, れた市井文化人だつたの, れた市人は夕方, れた市太郎の外, れた市太郎老人は五十, れた市女笠はきのう, れた市村の家, れた市気匠気と云う, れた市街地のかすか, れた市長は沈黙, れた布告が全国, れた布団の上, れた帆柱の切株, れた帆桁が風, れた帆縄につかまっ, れた帛紗包みは早速, れた帝劇の女優たち, れた帝国大学は明治以来, れた帝大の本位田祥男氏, れた師匠株の幇間, れた師弟の縁, れた師父ブラウンは灰色, れた師走の霊祭り, れた席上昏倒したといふ, れた席上高齢者で且つ, れた帯揚を取りあげ, れた帯電微塵によるだけで, れた帰りだと, れた帰属不明の椅子, れた帰郷組の将士, れた帳簿に署名, れた常に同一の, れた常任の見張り, れた常友は実直, れた常吉はお, れた常套語の元祖, れた常市でもおそらくは, れた常時の座敷, れた常盤御前の生涯, れた常盤町の金春, れた常磐御前の終焉, れた常緑樹の緑色, れた常胤は頼朝, れた常識語以外の何もの, れた幅一間半の水路, れた幅三間の階段, れた幅広い道路の, れた幅廣い道路, れた幅物などを愛蔵, れた幇間である聘, れた幇間的批評よりも厳正, れた幕囲いの中, れた幕府公認の學校, れた幕末日本紀行中の異色, れた幕英間の危機, れたが垂れ, れた幣制の改革, れた干物みたいに寄辺, れた平井の洲, れた平八は両国橋, れた平地があっ, れた平城帝は在位僅, れた平塚らいちょう女史が帰来, れた平安も求めないで, れた平安後期の日本化, れた平家物語に清盛, れた平屋造りの家, れた平次親分がお, れた平正氏が嫡子, れた平民新聞のとじこみ, れた平田松本佐瀬富田等が心変り, れた平田氏は思わずこう, れた平田門人らも今日, れた平穏な水面, れた平維盛が二十七歳, れた平貞文の歌, れた平静と希望, れた平面にはない, れた平面さを考えさせる, れた平面図に於, れた平面性は実は, れた年上の女学生, れた年代順にはなっ, れた年号月日に忙しく, れた年君は上海, れた年増気象の優れた, れた年少詩人のこの, れた年暮のお浚い, れた年老の冷水, れた年齡環境に達しなけれ, れたにもつつまれる, れた幸吉のあと, れた幸福さに多分, れた幸福人とおも, れた幸福今の味気, れた幸福者には似, れた幹部が額, れた幻悪用され濫用, れた幻燈器械の一つ, れた幼女時代の思い出, れた幼年の思ひ, れた幼獣のなめらか, れた幼童の失望, れた幼葉を瑞々しい, れた幼魚は三年, れた靈, れた幽霊船にいる, れた幾つもの電燈が驟雨, れた幾ペエジを規定, れた幾万人の餓, れた幾何学的コンクリートの近代都市, れた幾冊かの帳, れた幾匹かの野兎, れた幾島暁太郎は調度装飾, れた幾条かの側尾根, れた幾棟かの建物, れた幾節かの歌, れた幾組の男女, れた幾許かのもの, れた幾通かの封書, れた幾重の雲, れた広く明るい段々畑へ, れた広やかな大, れた広介と明子, れた広告に少年少女, れた広告塔そっくりの, れた広汎な闘争, れた広津こそホント, れた広瀬川の堤, れた広蓋のそば, れた広重の画, れた広野健司氏所蔵の花卉, れた庄三郎が往来, れた庄次郎は仰向け, れたの下, れた床しさや, れた床上の生活位, れた床下には一体, れた底なし沼の深く濃, れた店内にあまり, れた店員はだれ, れた店頭の留木, れた府下の某, れた府中の町, れたの上, れた度合に比し, れた度胸に, れたを見まわし, れた座ぶとんは恭一, れた座元は何ん, れた座敷以外にハミ, れた座敷牢であったの, れた座標系の任意, れた座頭がいつか, れた庭先などを調べ, れた庭内の樹木等, れた庭前の若い, れた庵室へ帰っ, れた康雄は識, れたの下, れた廃城のあと, れた廃屋に住み, れた廃疾者かその, れた廃藩置県が見事, れた廊下塵一つ落ちて, れた廢宅がさびしく, れた廣介の顔, れた廣田神社が八幡, れた廣野に屯, れた廣間の暗, れた延喜の頃, れた延岡はむく, れた延期案は六月三日, れた廷丁がそば, れた建て物の中, れた建国の大, れた建禮門院の上, れた建築家は傑, れた建築用材を庭, れた建網と枠網, れた建設の可能, れた建設的人間であって, れた廻状にもちゃんと, れた廻送問屋が古代, れた弁天小僧などと同様, れた弁当を出した, れた弁慶の兜巾, れた弁才坊殿が苦心, れた弁解をしよう, れた弁証法の記憶, れた式場らし