青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「るる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

り~ りき~ ~りっぱ りっぱ~ ~りました ~ります ~る る~ るべき~ ~るる
るる~
~れ れ~ れし~ れず~ ~れた れた~ れたら~ れたる~ れてる~ れない~

「るる~」 7839, 85ppm, 1317位

▼ るること~ (506, 6.5%)

14 になった 9 となつ 7 なし, もある, もなく 6 となった, はない 5 あれば, がある, ができない, となり, になっ, のない, もあり 4 あり, である

3 [15件] あらば, あるも, であるが, であろう, なからん, なきを, なしに, になつ, になり, のできない, のできる, の少ない, はできない, もあった, を免れない

2 [26件] かあらん, があった, ができなかった, ができません, がない, が多い, が最も, だ, と信ずる, なかれなんじ, なくあるいは, なくその, なくて, なければ, なり, になる, はあるまい, はその, はできません, は出来ない, もあれ, を予期, を得べし, 約二十二年後, 能わざりき, 能わず

1 [310件] あたわざるべし, あたわず, あらむと, あらん, あらんを, ありあるいは, ありとい, あり格別, あるま, あるや, あるを, いよいよ晩, いわゆる共通感覚, かなふまじく, かは, があ, があっ, があります, があるだろう, があろう, ができた, ができないで, ができぬ, がなかっ, がなく, がなくなる, がよく, が出, が出来ない, が出来よう, が民衆自身, が爭鬪, が累, が苦しく, が許され, が起こり, さえなけれ, しばしこうして, じゃ, じゃがその, すでに九十六時間, すらある, すら大変, だし, であらう, でなく今, では, で御座る, という条, となっ, となつて, となら, となられた, となりたれ, となりぬ, となるであろう, とぬれ, と今朝寺, と存じたる, と存候, と察せられ, と思う, と相成った, と絡みつく, なからむ, なかりしなり, なかれ, なきとき, なきところ, なき抱擁, なき渇望, なき魂, なくいかなる, なくお供, なくかえって, なくし, なくしゃべり続けた, なくそのまま, なくという, なくとも, なくどんな, なくなり自得, なくファラデー, なく一つ, なく上部, なく他, なく其結果, なく同じ, なく天, なく常に, なく強健, なく念仏, なく折, なく数年間, なく早晩疇昔, なく曉, なく直ちに, なく自在, なく自由, なく蔑む, なく行く, なく論ぜられ, なく警官, なく開展, なく雪, なく雲, なしと, なしという, なしというも, などあらん, など思い, ならば, なるべしと, にさらに, になりました, にひるまず, にもこの, によって幸福, によって生ずる, によって私, によりて外面, により四分五裂, に小心翼々, に御, に心, に決した, に決まるらしい, に決定, に至らしめた, のあり, のあれ, のできぬ, の多かっ, の宜, の意味, の甚だ, の蒼蝿, の速, の面目, はあっ, はありますまい, はありません, はかえって, はかく, はきわめて, はたいした, はたまたま, はできずし, はできなかった, はないです, はなはだしい, はなはだしく往々, はよろしく, はわれわれ国民, は中世, は今夜今ごろ, は信長, は兵馬, は出来ないであろう, は到底, は否定, は固, は外出, は大, は天津神, は女子, は如何なる, は実に, は強, は御身, は恥, は是非, は智慧, は暗い, は檀家方, は無い, は聊か, は若い, は街道, は言語, は許さじ, は違う, ばかりを知っ, への推移, まさに三間, もあら, もあらん, もあるなり, もあるまじ, もござるまい, もすでに, もたびたび, もでき, もできざる, もないでしょう, もなかりき, もなかるべし, もなけれ, もなさら, もならぬ, もはなはだしい, もや, も出来る, も多く, も我等, も有るべけれ, も欲しなかつた, も途, や耐え, わが習ひと, をあまり, をお, をつとむべ, をはるか, をば嫌わず, をやく, をわれら, を万, を保証, を信ず, を免, を免れなかった, を切望, を勧告, を喜んだ, を大, を奏請, を好まず, を好む, を嫌, を嫌う, を嫌え, を彼ら, を得, を得ざりし, を得ず, を得ずし, を得ない, を得なかったらしい, を得るなり, を忘れ, を快し, を念じた, を念ずる, を怖, を意味, を手伝, を推奬, を最上, を望ん, を望んだ, を期せず, を期待, を求むる, を求めずし, を潔し, を為さぬ, を無言, を知っ, を知ら, を知らざるべからず, を知らない, を知りたれ, を知り初めぬ, を示さん, を祈る, を私, を第, を聞かざるべから, を致さ, を薦める, を覚え, を覚り, を誡め, を諾, を適当, 久しいもの, 久しきなら, 久しく太守, 例えば大海, 半里, 即ち抑圧, 多きを, 多しと, 少き彼等, 少なからざるべし, 少なからず, 少なければ, 幾許なる, 更に二十年余, 最も少ない, 正に五十年, 正に十八分, 無かる可, 無き英霊底, 疑ひな, 約一千三百年, 約一千五百年, 約一千六百五十年, 約一千六百年, 約一里, 約二時間, 能わざるその, 能わざるなり, 能わざる可, 能わざれば, 能わず人, 遠き時, 難し, 難しと

▼ るる~ (455, 5.8%)

31 至った 20 至ったの 9 至ったもの 8 及んで, 至れり 7 相違ない 6 至つたのは, 至りしは, 至る 5 至りしなり, 至るの 4 於ては, 至っては, 至りしもの 3 しても, なんな, 似たり, 至りたり, 至りては, 至ること, 足らずという, 足るもの, 違いない

2 [29件] あらざれば, あらずや, いたって, きまって, 似て, 到った, 及ばずして, 及びて, 就けて, 引きかえて, 当らない, 早かった, 至ったが, 至ったため, 至った理由, 至って, 至らば, 至らんこと, 至りしと, 至りぬ, 至るであろう, 足らずと, 足らない, 足らぬが, 足らぬと, 足らん, 足りない, 足りません, 足るほどの

1 [247件] あたらない, あなたの, あらずみずから, あらず呪い, あらず度胸, あらず懶惰, あらず諫め, あらでは, あり浅ましい, あるのみ, いい知らず, いたった遠因, いたつた彼, いたらば, いたるまで, いたれり, いゑいゑ, およばないさかん, お煙草盆, お登和嬢, かかわらず七十, かかわらず男子, かくの, かくまでの, きまったこと, きまったもの, ここらの, この上一室, この県, こは, しかず丈草, しくは, せよ内容, せよ早かれ, その入れ物, それでは我等, たりないが, ちがいない, ちょっぽりとあいた口, つけても, どこへ, なんで芳志, まかせたり, まかせて, みそつ, もしこの, やすからん, よけれ何日, 一体なら, 下部風情の, 乗じ弥勒仏, 予も, 今は, 今更ながら, 任せて, 任せ他家, 会し同乗, 会ひ, 会ひぬ, 伴いいま, 似たらずやと, 似たるを, 何の, 何を, 価するもの, 優秀なる, 充分なる, 先って, 先づ有名なる, 到りたり, 到るの, 到れり今日, 及ばずというも, 及ばず父, 及ばない, 及ばないだろう否, 及ばぬ, 及ばん, 及びしに, 及びその, 及びては, 及び日本美術, 及び王, 及べども, 及べば, 及んだで, 及んだと, 及んだの, 及んだは, 及んだもの, 及んでは, 反して, 反し大事, 同じ, 吝なる, 命がけを以て, 喜びて, 四隣の, 因るのみ, 基づくと, 堪うる魂, 堪えない心, 夫熟睡し, 如かじと, 如かず, 小鹿の, 就いて, 就ては, 引かへて, 引きかえ青梅, 弥, 当たりて, 当たりては, 当つて, 当り山高氏, 当り普国政府, 当り沙明, 従うて, 従つて種族の, 從ひ, 御当家, 心中沙汰のみ, 忍びざらしめこれによりて学校に, 忍びざる態, 忍びず眷恋, 忍び給わずついに, 応えて, 急だった, 慣れたれば, 我が目, 我は, 所なく, 披かざりしも, 拘わらず今日, 早く咄嗟, 早く障子, 昨日取次に, 来んという, 極っ, 止まらず更に, 止まる有様, 用ゐられしならん, 由なかつた, 由りて, 相違ありませぬ, 相違あるまい, 相違なかろ, 立至りました, 終る, 臨み, 臨んで, 臨んでの, 至ったと, 至ったところ, 至ったので, 至った偉大さ, 至った場合, 至った散兵戦術, 至った日, 至った時, 至った最も, 至った様々, 至った歴史, 至った程, 至った結果, 至った道筋, 至っても, 至って悔いず, 至つ, 至つた, 至つたといふ, 至つた基礎は, 至つては, 至つて益, 至て, 至らざるも, 至らしむることなかれ, 至らん, 至らんと, 至り, 至りしか, 至りしかの, 至りしこと, 至りしこと是, 至りしに過ぎず, 至りしも, 至りしや, 至りたれども, 至りて, 至りは, 至りました, 至りましたこと, 至り幾, 至り後, 至り終に, 至り財源, 至るのみ, 至るは, 至るべきはず, 至るを, 至れりけだし, 葛布にて, 葦の, 術なし, 足らざるを, 足らず, 足らずお, 足らずといふ, 足らずとして, 足らずとの, 足らずなどと, 足らず求むる無き, 足らず返せ返せと, 足らず金鉄組, 足らないとしても, 足らないのみか, 足らぬでは, 足らぬわけ, 足らんという, 足らんや, 足りないが, 足りない者許, 足る, 足ると, 足る賊, 足る雄将, 路なき, 路なく, 近き頃, 逢ひ, 過ぎずしたがって, 過ぎて, 過ぎない, 過ぎないかも, 過ぎなかった, 過ぎぬ, 道なく, 道を, 違ない, 間あり, 随い, 難から, 非ざれ, 非ず, 非ずして, 非らずして, 驚き咄嗟

▼ るる~ (393, 5.0%)

48 である 2112 じゃ 8 では 5 だ, であるが 4 であった, であります, です 3 だった, もその, も無理, を見

2 [15件] かな, だから, であって, であろう, は世界共通, は事実, を待っ, を待つ, を知っ, を見る, 傾向あり, 外は, 捷径あり, 機会を, 機運を

1 [240件] あまりその, あまり頭巾の, かああ, かえ, かと問う, かわかりません, かッ, か嘶い, か雲, がある, がどうやら, がふしぎ, が一, が即ち, が地蔵, が常, が従来, が残多い, が洲股, が當然, が見えた, くろがねを, さえかえって, じゃがご, じゃとこの, じゃな, じゃろう, じゃッ, すくない, だそう, だったが, だと, だという, だろう, であるから, であるけれども, であると, である其日, である嗚呼, である此, である私, である而, であろうか, であろうがな, でござるな, でした, でしょうか, でしょうけれども, ところ, とはまったく, とは異, は, はあなた, はありがたい, はいったん, はこの, はこれ明らか, はそういう, はその, はそれ, はたいてい, はたまらない, はもっとも, はわが輩, は一日中三分の二, は不, は両氏, は二枚半, は今更, は何歳位, は前, は北, は吾人, は味気, は嘉村礒, は彼ら, は後, は後者, は従来, は快, は戦, は旅中, は武士, は生, は當然, は知れ, は笠, は終, は経済, は草, は言, は遺憾, は面目, ほかは, もあたかも, もある, もこれ, もやむを得ない, もやむを得なかっ, も修業, も厭, も好奇心, も当然, も捻じ合う, も時, も詮, をお, をかつて, をも辭, をよく, を予期, を例, を喜ぶ, を夫人, を妨げない, を広い, を彼, を待たなけれ, を徒に, を怖, を恐れ, を感じた, を憚, を断り, を深く, を特に, を見た, を見たかった, を見て取っ, を見とれ, を見ない, を見よ, を見過ごすべき, を許した, 一事その, 上其身又, 事については, 人たるなり, 余儀なき状態, 余地な, 余地なき, 余地の, 余地を, 余裕あらざりし, 余裕を, 例あり, 傍らに, 先導に, 光栄を, 処寅剋横山馬允時兼波多野三郎横山五郎以下数十人の, 処寺塔年を, 処故, 処重, 分あり, 勢なり, 勢は, 命運を, 地なき, 場合と, 奴隷たる, 始源は, 富豪病より, 席を, 幸を, 幸福を, 度量と, 弊は, 後に, 後始めて, 後猶, 必要が, 念慮なき, 思いが, 思いで, 急なる, 恐れあれ, 恐れなし, 恥辱すべてを, 恵みを, 患いなく, 惨を, 惨劇が, 意, 意ならん, 愚を, 慣い, 憂いが, 憾みなき, 所々有り, 所為を, 故なり, 教大なる, 日なかりき, 時が, 時保守と, 時家祖東呉を, 時機が, 暁に, 有様です, 有様に, 望なき, 条女性の, 止むなきに立到りました, 比にも, 沙汰も, 状を, 理あるべからず, 由と, 由今日御所中に, 癖が, 種を, 端を, 結果と, 結果を, 緒に, 緒を, 自信を, 致すところ, 致す所, 苦痛ある, 苦痛は, 苦痛を, 術なき, 術を, 要あろう, 要なき, 観あり, 詔を, 資格あり, 資格を, 趣あり, 身生とても, 輩, 運命を, 間生ける, 階梯なり, 音は, 類すなわち, 風なく安, 風聞を

▼ るるもの~ (355, 4.5%)

16 である 15 では 11 なり 7 のよう 6 がある, と信じ 5 だ, であって, にし 4 であった, です, なれば 3 があった, であります, でない, にあらざる, のごとく, の中, を

2 [15件] あり, かもうれし, が多い, であらう, であろう, と, とす, ならば, なら受けて, なるが, にあらず, にあらずし, のごとき, の多く, の感情

1 [216件] あって, あらば, ありき, あるいはその, あること, あるはなんぞ, あるを, あれ, か, かいや, かは, からに継ぎ, から由来, か知らぬ, があつ, がかつて, がじゃ, がその, がない, がわれ等, が何れ, が多く, が実際, が沢山, が物言わなかった, が現に, が良く, こそ多けれ, さえわからない, じゃ, ぞとの, ぞや取り分け, だと, だらうか, であるか, であるが, でござる, ですから, でないから, でなければ, でなし, でも, で五册, で数年前井上馨侯耳聾, で本来, で無い, で義家, で記述, で農民以外, ということ, とが男同志, としての知識人, とする, とせ, とても少ない, とでは接近, となり, となる, とのいずれ, との別, との対立, との差異, とはいい, とは思わぬ, とみえ, とみゆる, とを感じ, と云った, と信じられ, と固く, と地獄, と大同小異, と存じます, と存ぜられ, と心得る, と思う, と思っ, と思ひき, と推古様式, と推斷, と期待, と浅薄, と生霊, と知る, と考えね, と見た, と言うべし, なく能, などはその, ならどれ, ならん, なり今船, なること, にあり, にこれ, にてその, にてはなし, にて特に, に互性活眞, に在り, に対してはじっと, に対する祈り, に御座候, に紅, に罰, に自分, に非, に魔鏡, のあり, のある, のうち, のご, のみが現実, のみを見, の二三, の例, の元子, の包む, の声, の多い, の如く, の如く説明, の守護者, の心地, の最後, の標識, の歩み, の相, はけだし, はこの, はこれ, はすなわち, はそのまま, はそれ, はただ, はと質される, はない, はなかろう, はぺてろなり, はまた, はみせ, はみな, は両人, は五行, は人生, は何, は何事, は僅か, は児, は則, は勇蔵, は勢い, は即ち, は多少, は夭折, は孔明, は家相, は屋根, は工業, は幾世紀, は必ずしも, は愛する, は春, は枯れ, は歴史的, は江戸座, は無論, は熊, は独り神, は眠れる, は碌々, は苔, は藁, は贅沢, は進歩, は闘牛, ばかりが割合, ほど, までが放免, もあえて, もあった, もありません, もある, もあれ, もこの, もこれ, もない, も制限, も実は, も年齢, も深く, よと思へ, より起こる, よ云々, をいつも, をと, をと言う, をまず, を今三十分二十五分, を受納, を持ち, を指摘, を掴まえ, を有限, を知らぬ, を見る, を趁, 多々これ, 多く, 故諸獣, 早晩傷み, 有り, 有るか, 概してみな養子, 欺くもの, 甚だ多し

▼ るるよう~ (224, 2.9%)

17 になった 13 に生きる 9 な気 6 に, にきめる, にし 4 なこと, なもの, になっ 2 であった, な, にその, になり, になる, に感じた

1 [143件] か, この頃用便, じゃありません, ただ今当, だ, だが, であったから, でしたなぜ, では, で何となく, で便り, で拙者, で死に切りませぬ, で苦しい, なこの, なと, などこ, なら, なら末, なりき, なりしにて, なるため, なる碌々, なん, な一, な一種, な不断, な事, な事実, な低い, な傾き, な判決, な十六七, な卯の花, な場合, な声, な大軍, な奇態, な女, な妖艶, な引力, な弱味, な心地, な快, な思い, な悦び, な意味, な感じ, な日, な旧師, な時節, な月夜, な未練, な柵, な清く, な焦慮, な物悲し, な目色, な知恵, な窮屈, な絶対帰依, な美丈夫, な者, な自然, な自由, な舞台, な苦しい, な著書, な親しみ, な親戚, な身分, な追憶, な運命, な音, な鳴動, な鷹揚, にう, にうるさ, におのずから, にこう, にしなけれ, にすべし, にすべて, にすわり, にその後, にそれだけ, にということ, にという大, にといわれた, にと祈っ, になせし, になったなら, になら, にならん, になりぬ, になります, にばったり, にも相, にも見受け, に一つ, に何処, に励む, に参詣, に天蓋山, に宇宙構成, に希望, に御, に心, に思い, に思ったであろう, に恋, に望まれました, に水, に水の上, に江戸, に洞穴, に消えました, に焦慮, に生き, に生きよ, に生きよう, に生活, に疎開先, に白かっ, に祈祷, に簡単, に縁, に胸, に自ら自分, に袖, に見えた, に踊っ, に軍勢, に顔, に願います, の便宜, はいかに, 伏して, 何とぞよしなにご, 併せて, 心細く, 承りたれば, 致し度

▼ るる~ (210, 2.7%)

10 見て 4 待って 3 常と, 得たり, 見る, 見れば 2 待ち兼ねて, 恐れて, 懼れ, 禁じ得なん, 見るべし, 見る時

1 [172件] あたかも乾闥婆部, えんしばらく, お駒, ききて, それなら, ともな, なほ続け, めぐる火, もって, ゆかしく暮らした, ようよう押ししずめ, よそながら視, パイオニヤ勢打ち眺め, 云って, 互に引く, 今ぞ, 何がな災, 何の, 例と, 侯んや, 俟つなり, 信じます, 先づ秘かにと, 免れず娼妓営業中五百人, 免れなかったが, 免れぬは, 助けたまわば, 厭って, 又わが, 取附きの, 可忌, 可愧, 名誉と, 否みかね母, 哀しみ厨人, 夢想する, 好まずば, 好む, 妻が, 嫌い猴, 嫌うて, 嫌ひぬれ, 嬉しく美登利さん昔, 宮は, 容した, 察知し, 希わず願, 幸いに, 待ちて, 待ちながら, 待っては, 待つごとく愛吉呼吸, 待つ如し, 待合せやがて, 従ひ, 得ざるがため, 得しむべし, 得ず, 得ず去年十二月下旬, 得たまた, 得たりと, 得て, 得べく素より, 得るなく温, 得るの, 得る者, 得んや, 心憂く思ふ, 忌まなかった, 忌み十三, 忌んで, 忘れしその, 忘れたりとて, 忘れて, 快と, 怕れ, 怖るる, 思ひて, 思出し, 怨み己, 怪しまざる官尊民卑, 恐るるが, 恐るるため, 恐るる事, 恐れるよう, 恐れ鱸, 恥じまず, 恥づと, 恨むに, 息を, 惜み, 惜む春の日も, 惧れ, 憂いての, 憂う, 憂う当時, 憂えずしかして, 憐み, 憚り人に, 憚れ, 憤りその, 憤り羊, 懼るれ, 我は, 推除くる, 掻掴ん, 救ひ, 望まず, 望まず和歌俳句, 本意なく, 樋の口に, 欲すべき, 止めよ, 歯がゆしと, 毎度見た, 無上の, 甘んぜずして, 生涯の, 畳みかけんと, 目を, 目前我身に, 看んと, 眩ゆがり, 睹宦者も, 知って, 知らざりき, 知らば, 知り南進, 知る, 竟に, 聞き同時に, 聞くこと, 聞くなり, 脚取り, 虞れ, 要し, 要せず, 見しに, 見その後爬虫, 見たり, 見た獰猛, 見ては, 見ながら, 見ぬ, 見ぬの, 見ました, 見ると, 見る可, 見る時代, 見る皓腕, 見呻き声, 見計らひ一々, 視つつ, 覚えしめざるは, 覚えた, 覚えぬ, 覚ゆ, 観た最初, 覺えた, 許さず, 許さない, 許さなかった, 誉と, 貞女の, 賀せず, 避けてなりと, 避けんとて, 関わずしきりに, 防いで, 防ぎこれ, 防ぎ右手, 面白く思う

▼ るる~ (208, 2.7%)

9 よい 8 ままに 4 ごとく, 為に 3 いい, ために, よかろう, 如し 2 ごとし, 儘に, 可い, 天下に, 如く, 如くに, 宜い, 常なり

1 [155件] あるいはもと, いいここ, お互いの, かの玉藻, かほどな, この会, これは, これも, ごとき, ごときもの, ごとき不謹慎, ごとき中, ごとき光沢, ごとき制裁, ごとき場合, ごとき心地, ごとき瞳, ごとき者, ごとき量的, ごとき音, ごとくともに, ごとくに, ごとく人, ごとく何物, ごとく儼, ごとく各部, ごとく咲き垂れて, ごとく唐突, ごとく境, ごとく急, ごとく救い, ごとく父, ごとく立つと, ごとく立派, ごとく縺れて, ごとく邪心, ごとしと, ごとひたわめく, さう, しかもその, その外, その敗因, それも, ためその, ためである, つらさ, どうか其許, なかなか見事, またしばしば, また善く, ままの, まま都市として, ゆえなり, よいその, ような, よし, よろしかろう, よろしゅうござる, わしも, 一い, 一國の, 不思議にも, 中に, 事実において, 今と, 今また, 今もっ, 何も, 何よりで, 何を, 例です, 例と, 優と, 兵家の, 内科外科乃至, 出家の, 勿躰な, 印度は, 厭だ, 厭わしく, 古歌, 大王で, 如きいずれ, 如きこと, 如きに, 如きろま, 如き人々, 如き列, 如き国俊, 如き大, 如き殺剣, 如き流行, 如き痛, 如き織田家, 如き者, 如き薄弱, 如くなりしかば, 如くやさしく, 如く三十年, 如く感せり, 如く我國, 如く日本, 如く明治天皇, 如く暫く, 如く本, 如く流れ, 如く畳, 如く立派, 如しである, 嫌だ, 宜しう御座いましょう, 常なれ, 平田家では, 幸福なり, 当時の, 当然です, 徳川の, 心外ゆえ傷つく, 感情なる, 故でござる, 故なり, 故にそこ, 故に一身, 故に之, 故に余, 故に余輩, 故に再度, 故に自ら改善, 故に自由, 故銀細工象牙細工, 日本では, 時文にも, 普通と, 書物の, 最後陸上との, 有野村の, 朝から, 此宮殿の, 江戸三田古川橋の, 目的でない, 瞬間にて, 終止言について, 義仲追討の, 習は, 船出も, 良かろう, 賢明かと, 身を, 軍資の, 近国の, 鋭く響きぬ, 関の山であろう, 面白きなり, 飛雲の, 騾種は

▼ るる~ (207, 2.6%)

21 になった 6 となった, もあり 5 となっ 3 あり, なり, になっ

2 [12件] あらば, か, でなし, となし, となり, となる, なければ, の出来ない, もあった, もある, もまた, 多し

1 [136件] ありあるいは, ありけり, あるは, あるも, あるを, いとさまざま, かそれ, から本来鹿, から遂に, がおかしく, が再々, が出, が出来た, が出来たなら, が出来たら, が出来ない, が出来なかった, が出来るなら, が出来ん, が少く, が必要, が我藩, が既に, が最も, この上なし小利口, しばしばあり, しばしばなりき, しばしばなれ, その例, だけは防ぎしならん, であったろう, である, であろう, でしょうね, では, とならね, となりました, となれり, と信ずる, と存候, と思はせ, と思ふ, どもあり, なから, なからん, なかれただ, ながらそ, なくその, なくば, なく互に, なく悉く, なしに, なし思う, などあら, などしばしば, なので, ならば, にてはなかるべし, になったです, になり, には恭敬心, にもなった, に此頃, に相成りました, に笑い, に非ずし, のない, のなかっ, の出, の出来ぬ, の外, の多く, の少から, の条, の迷惑, はあらざら, はあり, はあるまい, はとうてい, はない, は上策也, は下策也, は中策也, は人情, は伊勢国, は出来ない, は前, は宛ら, は当然, は所謂ケット, は新, は比較的, は能う, は賢者, ばかりである, もあっ, もあるべし, もちろんである, もつとも烈し, もなく, も出, も多かろ, も有らん, も段々, やそれ, よと思ひし, を, をお, を仕出來, を免, を専門, を希望, を得, を忌々しく, を欲, を確信, を自覚, を記憶, を許さぬ, 多きは, 夥しく血肉, 成るべきにも, 有り公家, 有るは, 有るやも, 極めて稀, 極めて遠から, 無く偏見, 無く戦争, 甚だしくなり, 甚だしく獅近処, 甚だしく種々, 甚だしこれ, 疑なし, 能わざるべきなり, 能わずと

▼ るる~ (204, 2.6%)

3 知識の 2 その実, 例の, 元三大師, 既に幾多漫遊者, 既に述べし, 易の, 無理ならぬ, 若輩の

1 [185件] あたかも地中, あたかも夜光, あまりにも, いうまでも, いかに染めける, いつもこの, いふまでも, お前の, お気の毒, かつて文字, きわめて遅々たる, この児, この年の暮れ, この身, これが, これのみ, これまた, これ民を, これ畢竟, ご随意, さだめて, じつにこの, その女子, その死, その起原, それならで, それは, どうも堪忍, なお慈悲, なくとく, なし, なしじゃ, なにごと, なんぢら今は, はなはだ広く, ほとんど皆夜, みな生死の, むしろ善き, やむを得ないこと, よからぬ, よくよくの, よし, よほど深切, よろしくない, わが常住, われの, メヂチの, 一体何事, 一片の, 上の, 上乗に, 不器量である, 不覚なり, 主として食物, 予て知っ, 予闇室に, 云々, 亡き勝家, 人ならず, 人情惜むべきが如き, 人間の, 今なお, 伊那丸君で, 伏兵なり, 住の江に, 何ぞや, 何に, 余が, 信仰によりて, 俳道に, 元より, 公私共に, 其蛇神たるに, 兼輔の, 内に, 内外新紙の, 前世からの, 前日増田于信氏が, 勝入大, 単に彼ら, 即ち此故, 合する, 同じ剣, 同亭, 唯だに, 商の, 啻に一国, 嘘で, 国内的に, 在俗の, 多く夏秋の, 夜襲の, 大に, 大方お侠, 天の, 天下の, 奧澤の, 始めより, 学究の, 実にうれし, 実に死, 容易の, 小言にても, 常なれ, 常の, 床の間を, 当然だ, 当然ながら, 彼の, 御所の, 心得ず候, 必ずしも疼痛, 必ずしも瞋痴, 必ず赤き, 必定である, 忍びがたし, 怖ろ, 恐らく其故, 恩愛の, 悦ぶこと, 感謝の, 我が心, 我と我が, 戦場では, 所詮その, 拝殿階段の, 損という, 摩擦發火法なる, 故郷の, 昨今聞かぬ, 机竜之, 桃の節句菖蒲の, 桐の, 止むを, 此れ, 此方である, 武勇無双と, 死にに, 母なる, 水か, 汗, 汝の, 決して怯気, 滑稽である, 熟して, 牝鶏が, 独り日本動物説話のみに, 現代の, 甚だ理, 甚だ疑う, 田舎出の, 百世までの, 百姓の, 皇祖神武天皇を, 知れたこと, 知れた事, 知れて, 知恵の, 竹の, 第二式, 粗忽なる, 習慣の, 聞きずて, 自業自得じゃ, 自然の, 興なし, 若い時, 若き人, 見るも, 視做, 貴家に, 軽上重下, 近ごろ面目も, 近来日本公債が, 近頃ちとお, 迷惑, 迷惑至極と, 通用門なり, 適当でない, 野暮の, 野槌という, 鎌倉方への, 鎮め逆, 雲紫に, 顏貌種々に

▼ るる~ (149, 1.9%)

5 いえども 3 斉く, 雖も 2 いう, いうよりも, いって, せば, のぼって, 云う事, 云う意味, 申して

1 [122件] あったじゃ, あって, いいて, いい伝えて, いい習わせりこれ, いうが, いうぞ, いうべきである, いえ天体そのもの, いかな, いきなり飛びたっ, いっても, いひ国半ば, いふに, お認め, お頭, したところ, すぐ, すぐお茶, するならば, その人個人, その内治, なしに, なすならば, なれば, ふるわした, また一人, また他, まだ相当, やらだわね, より父, イエアオウと, 上臈は, 世に一人, 主人の, 云うが, 云うの, 云っても, 云ふ, 云ふか, 人工的に, 以後の, 体を, 同じく教育, 同じく親, 同時にそれ, 同時に一方, 同時に人, 同時に他方, 同時に吃驚, 同時に失敗, 同時に新しき, 同時に歓楽, 同時に生血淋漓, 同様である, 困るから, 困難だ, 妙な, 娘手かざし父仰ぎ, 小使どんが, 山居の, 床几の, 庭の, 御歌所の, 心得て, 必ず昨夜駐, 思いて, 思う, 思ううち, 思ってか, 思ふは, 怪しい上臈, 承わる, 極悪, 母を, 浴槽に, 為ば, 申すもの, 直ぐに, 直ぐ村, 直ぐ歯, 瞋る, 知りつつも, 知れたるを, 知れる彼, 称して, 符節を, 素ッ首が, 聞きし時, 聞き始めて, 聞く, 聞く果敢ない, 聞く間, 聞けば, 背を, 自ずと如上, 自分にまで, 自分自身を, 褌を, 見えたり, 見えぬ, 見えました, 見える, 見ると, 見るや, 見る時, 見れば, 言はれし, 言ふきはまでは, 説いて, 説明しだした, 身を, 身震いを, 近傍の, 近来, 述べて, 鑑定した, 雖事態無形に, 顔を, 飄亭君の, 飛鳥の, 鬼神が

▼ るる~ (147, 1.9%)

2 シナ日本に, 同じ野辺, 命なり, 無理ならぬ

1 [139件] ある, あるべきに, あれば, いずれに, おかしい, お身さま, こや, これに, これまた, これを, さすれ, さらに意, さらに覚えず, ぜひあるまい, その一点, その応用稍, その苦痛, その魂魄, それは, つれないは, とくと考え, ひとしく一死, ふかく観じ, ふるき御幸, まずは, また人, また損, みな干戈を, やまじ, よい, よいだろう, よしまた, よしやうれしかりけり, よしやわが, よしやわが子, アポローン戰はず, プリアモス王及び, 一月廿七日頃に, 一興なり, 乃公なら, 之を, 二みちに, 他の, 余が, 兄弟子ある, 其目的に, 出て, 効無しと, 勝つも, 厭はじの, 厭わぬと, 去りて, 口惜しい, 口惜しきに, 口惜しゅうござりまする, 可なり, 同然子を, 名を, 名残り惜し, 喜ぶも, 固く良人, 国失われず, 塵界の, 多分は, 多少上層, 奇と, 嬉し, 実際生計, 宮が, 寂しかった, 少なからざりけるなり, 山木が, 平気だ, 弁解に, 強ち, 彼の, 彼らの, 御狭量, 徹すれば, 怒らずに, 恐や, 恥か, 恥ずかしい, 情けなし, 意と, 我牧塲と共に, 扶けられざる, 敵中に, 既にここら, 日本神話中他に, 是非な, 是非なし, 時武運だに, 晩年落寞小, 有りの, 次の, 正直の, 毎朝再び, 決してお, 治まるも, 洗礼を, 無念と, 無理ならず思はる, 猶恬然, 獅子は, 理や, 理りなり, 病者は, 白き柳絮, 知らずに, 知らず親, 知らで遊び歩くは, 空気は, 笑うも, 脳細胞の, 自らその, 自分の, 虫が, 覚ええざりしが, 角自ずと, 計り難い, 誠にゆえある, 誰が, 賭博者自身は, 辞退せず, 近きに, 道理じゃ, 道理男は, 重我説, 闇なり, 附け上がらず好く, 離れじと, 雨降る, 雲何をか, 面白からぬ, 面白からねば誰, 頬に, 頼も, 鳴かぬ故

▼ るるところ~ (133, 1.7%)

9 のもの 5 である 3 なり, によれ, はござらぬ 2 があろう, とならず, にある, の, の仕方, の駒, はない, は無い

1 [94件] あって, あらねど, から, からみ, から思いつい, がない, がなく, がはなはだ, が多かっ, が少なく, この酒盃, すこぶる深く, だ, だが, だったが, だと, であるが, であろう, です, ではなかっ, ではなく, では四, では私, で三階造り, といえよう, となつ, とならずし, とならずや, とならなかった, と信じます, と思う, と為る, なくこう, なくずかずか, なく好き, なく更に, なりと, なりという, なれども, なれば, なんじの, にあらずだ, にちがい, に原因, に神, に立ち木, のない, のヤソ宗派, のヤソ教宗派, の一種, の事物, の仏法外護, の労働, の多かっ, の宗教, の宗派, の少なかっ, の教育, の新教, の根本原理, の正しき, の清浄, の満場, の滑稽, の牛馬, の特殊畸形, の禄, の絶対, はござりませぬ, はひとりでに, は何, は大分これ, は拙い, は政治的, は私, は私語, は自分等, まで敢, もない, もなく, も呂布, も少から, やらを単に, より生, をみる, を以て見れ, を受け抱い, を描い, を救うた, を見たい, 多し, 少なく戦い, 有り, 無く明白

▼ るる~ (115, 1.5%)

4 多し 3 ありあるいは 2 なり, のよう, は彼世

1 [102件] あらば, あり, ある毎, あれば, かく死すべし, があっ, がドシドシ, が多かっ, が天, が水面, が自意識, さえ出来た, その数, だった, である, でない, というべし, となります, との本質, との相違, との関係, とは共に, とをし, とを問わず, と恩中, と撃つ, と覚悟, と追う, ならずや, なるに, なれば, にて著者, になる, には記憶, にもつらからむ, に取っ, に対してはまったく, に平和, に打ち, に限る, の上, の代表, の企て及ぶべからざる, の意, の敗れ, の数, の狂炎乱舞, の眼, の等しく, の間, は, はかえって, はこれ, はその, はない, はなかるべし, はなるべく, ははたして, ははなはだ, は一人, は世, は他人, は何処, は多い, は奸侫人, は定め, は少なき, は役に立たざるなり, は必ず, は戰, は斬る, は時として, は曹操, は最も, は痴呆, は福, は芸術, は藁, は誰, もある, もそれ, も会社, も実に, も有れ, も詰まり, も随分, や不可解, よりも暗殺, よ云々, をし, を今, 下るの, 之なり, 亦しるし, 全世界, 多からん, 必ずしも独立, 悉く斬っ, 殆ど皆, 焼け死ぬ者, 甚だ多し, 討たるる者

▼ るるまま~ (103, 1.3%)

4 に身 3 に, に彼 2 にし, にその, に急い, に札, に答

1 [83件] うごきもえせず飲み耽りひるいい, すぐ拡, その他の, その夜叔父, その帷, その通り, にうつむい, にお, にさ, にそこ, にそれ, にたまたま, にちょうど, につい, にへどもど, にまた, にやる, によも, にわが, にアルコオル, に一同, に三児, に下駄, に両手両足, に中, に今井, に再び, に出来た, に北林佐吉, に千代田, に千倉屋, に叔母, に唇, に地方, に壁, に女, に客間, に導かれ, に履歴書, に岩屋, に市十郎, に幾間, に床, に庭下駄, に廊下, に忍び音, に恥, に打ち連れ, に投げ出され打ち捨てられた, に持ち, に明るい, に時々, に書いた, に板の間, に浮かん, に焚火, に然し, に父, に用意, に私, に答え, に管理人, に米友, に約束, に素直, に肴, に自ら, に自作, に良一, に草履, に行け, に袖, に角川家, に語れり, に身支度, に車, に通った, に遂に, に金剛杖, ひどく酒, わざと御身, 一々調印, 打ち通り

▼ るる~ (72, 0.9%)

7 否や 2 こんどは, 否やは, 彼は, 彼自, 思へるや, 慨然として

1 [53件] いかに, この不思議, さらば勉, その同囚富永有隣, その感化, その絶命, はだしに, わが身も, われ自らも, フロリダ渡来の, 不規則なる, 並びに返電, 主なき, 九条兼実, 他は, 其母悲んで, 出来星の, 利己主義の, 危難の, 否やという, 否やの, 否やを, 告げて, 国事犯者として, 夢一と, 夢一筋の, 天下一人の, 寒夜に, 当時巴里に, 後学の, 急激だった, 我いかに, 我が藩, 戒師として, 支那楽土説起り, 旦那様は, 束縛せらるる, 東洋の, 棺側に, 獄中に, 獄卒に, 白昼において, 直ちに其両親, 知れませぬ, 種々の, 絶望した, 義勇公に, 表面的な, 諸生み, 遠しと, 酒場の, 階を, 高祖に

▼ るる~ (67, 0.9%)

2 である, にはその

1 [63件] あたかも家根瓦, がございましょう, が来る, この人, この国見附, さえも出席, その石垣, その露台, なぞには百姓, にし, になっ, には上, には嫌悪, には災難, には軒窓, に人間, に備わっ, に地, に特殊, に立ち停り, に罪, に義, に錘, に非, の余, の奥方, の役廻り, の悲し, の早, の目前, の紀念, はかの, はその, はただ, はなき, はまず, はクリアハート, は人民, は側役, は子, は必ずや, は暗殺, は本堂, は柳, は歌, は海底, は無意識, は珠, は現在社会, は男女, は船, は芸者, は螺線的, は螺線的運動, また皈, やいつ, わが手, ハッと, 何と宣われました, 尊き議員, 必ず母, 特に, 眠る時

▼ るるとも~ (52, 0.7%)

2 ただ見, 我は

1 [48件] いとひ, いわゆる天運, お感じ, くれな, このこと, ずっと後, そればっかりは, それ君命に, なお且つ, なくそれから, なくボンヤリ, なく奪, なく存, なく心入れ, なく忘れゐしなれ, なく流れる, なく生命, なに惜しかろ, みずからその, もし君, わたしの, ビクとも, 一言も, 主翁, 余が, 全くすべ, 口縄の, 君が, 天知る, 学ぶ事, 恨む心, 我によ, 松と, 此方は, 殺しては, 珠玉は, 糊口に, 総がかりに, 罪を, 義貞が, 花の, 螫さるる, 西賀茂などへ, 解らんと, 言い開くべきよう, 誓さえ, 邪法の, 銕囲劈裂け破る

▼ るるばかり~ (52, 0.7%)

2 だった, であります, である, です, なり, なりき

1 [40件] その成功, だ, であった, であったが, である是非, でございます, でなくまた, では, で少し, で少数, で御座いました, で御座いますが, で手, なの, なるに, なるは, なんだ, な巨材, ゆたかな, 一と, 両の, 乗客は, 也, 叫んだ, 墓の, 壺の, 大笑いを, 山寺の, 引っ握んで, 待っとれ, 感謝の, 明滅し, 石砲や, 肥満し過ぎたる, 蒼白く十蔵, 贔屓の, 足もとまで, 身に, 道へ, 酌し

▼ るるという~ (47, 0.6%)

4 のは 2 ことは, ことを, 事である, 事は

1 [35件] ことが, ことなき, ことに, ことの, そうである, のが, のである, ふうであった, ふうなれ, ふうに, ものそれに, ものであった, ものである, ものの, ものは, ような, 事に, 事にも, 信念それから, 和宮様は, 品格の, 唄を, 四大人の, 場合に, 恨みの, 意味の, 有様が, 湖上の, 点に, 特殊な, 考えを, 虞が, 釈迦堂の, 風であった, 風説が

▼ るる~ (47, 0.6%)

3 の子, の心 2 にあらざれ

1 [39件] あり蛇, が仔細, しもあらじ, とがありません, との隔り, なき決断所, にて髪, にできる, に不快, のけっして, の乗る, の多, の役目, の所説, の笑, の美しい, の説, はここ, はそもそも, はまた, は家, は座客, は異なれ, は私, は言葉, まうでかな, も, もある, もあろう, もしばし, も亦, も多き, も実際, も独立, を, を憐れ, を称し, を遠く, 多し

▼ るるには~ (46, 0.6%)

2 あらずやと, かかる事情

1 [42件] あまりに反撥心, あらざるか, あらざるかと, あらずこ, あらずや, この度, この方法, この様, さきの, それ程の, まだ間, 世上では, 二月中旬後くも, 京都大学の, 仰せの, 充分の, 及ばぬ, 可熊手屋二円五十銭は, 啄木の, 孫奴は, 定めて, 家康の, 尋常一様な, 当らないという, 明日は, 明朝卯時までに, 智勇兼備水陸両, 殿の, 毫も吝, 無之候哉, 異存が, 百年二百年を, 目も, 種痘すれ, 能くも答へ, 至らなかったが, 至らなかったこと, 若い時, 足らない, 足らないが, 足らん, 非ず

▼ るるほど~ (45, 0.6%)

2 である, なり

1 [41件] あって, ある, いよいよ引き, この場, じゃ, その花, だ, であったが, であります, で無う, なおさらそうである, なら毛利家, ますます強情, ますます彼, 単純な, 哀しくおかしい, 垂れ流した, 夫婦仲が, 女は, 好きでござる, 巧緻なれ, 悲しいもの, 悲惨な, 愚かな, 掃滅殺戮の, 日本人の, 暖かに, 柔らかき中, 柔順でなく, 気に, 汲みて, 沖へ, 溺愛し, 特色の, 簡素な, 落ち着いて, 落ち着く性質, 行き渡って, 路は, 躑躅の, 集まりけるが

▼ るる~ (43, 0.5%)

2

1 [41件] あかあかと, あるいは剣, いずれに, いわゆる知らぬ, こうやった, ことに与一, これらの, しょせん二人, すなわち, その多く, その秘密, それともスパイ学校, それとも撲殺, それは, それを, たとえばあの, どうかと, どちらかの, なきに, なぜ廟堂, ウィリアムは, 何も, 切るる, 否かによりて, 太郎鴨の, 思えば, 拙者は, 教師が, 斬るか, 此の, 武田捷つ, 着たるもの, 知って, 知らねど, 知らんが, 知れずそれ, 知れぬああ, 肝癪, 自ら量る, 雌雄を, 霊地の

▼ るる~ (39, 0.5%)

2 である, なり

1 [35件] あらねど, あり, ありたりと, ありて, が多い, が往々, すなわちただそれ自身, それからまた彼, だらうと, であ, であらう, である而, となつ, とならず, とならなかった, なし, なり故に, にては火, に二軒, に我々, の正, の重宝等, はなかなか, は我等, は舞台, へひょんな, までは二哩, もなき, も無く, より四, 多からん, 多し, 既に前, 無きベッド, 無き苦紛れ

▼ るるやう~ (33, 0.4%)

3 にし, になつ 2 なり, な事, に覚え

1 [21件] では, なりき, なり御新造, なる例, な位置, に, にすぎた, にそれとも, にぞお, にでもなれ, になりぬ, にも忍び, にも覚, に見える, に覚, に身, に迫, に頬杖, に首, の事, の病美人

▼ るるとき~ (31, 0.4%)

1 [31件] ああ私, があった, その不善, であった, にいずれ, においてのみだ, にてもなお, にはわれわれ, には三つ, には何人, に南無阿弥陀仏, に始め, に東方, に果たして, に鳴く, のごとく, のみが人生, の配置, はかの, はたちまち, はまた, は七, は則, は御, は我輩, は産婆, は田舎市街, は直ちに再び, は知らず, は祭祀, 崩れて

▼ るるまで~ (31, 0.4%)

2 なほなほに, 近々とあり

1 [27件] その内容, であります, なの, われに, 一向蛇, 一年半の, 一生懸命に, 佗びしかった, 坐り込み君主, 太閤も, 如月の, 姿雄々しく, 山を, 幕舎の, 彼方此方を, 待ち居る, 待って, 接近し, 敵に, 求食り, 私の, 老いに, 蜒々約, 読書の, 震えて, 顔を, 飽食せり

▼ るる~ (31, 0.4%)

2 に, は暮, や雲

1 [25件] が待ち遠しい, が来る, きたらん, こそ数, となる, なきが, なり, の, のきたらん, の光, の早かれ, の来し, の遠い, はあらん, は一日, までこの, までは戦争, もあるだろう, もあるであろう, もまた, も同じ, も遠く, を待ち望ん, を択び, 即ち東亜連盟

▼ るる~ (31, 0.4%)

2 である, に有, より, より待つ

1 [23件] がお, がみんごと, じゃほどに, じゃほどに静か, だ, であった, となった, となつ, なるが, にし, にしあれ, のうさ, のその, のやがて, はさながら, はすつる, はわれ, は果報, は詮索, をこの, をば思はず, を恨み, を辱める

▼ るる~ (30, 0.4%)

3 の音 2 もおもしろ

1 [25件] ありて, が逝い, とともにその, とともに武生, とも知らず, に映し, に漾, のごとく, のみである, のよう, の一滴, の中, の如く, の瀬, の磐, の調子, の量, の間, は一叢生, は膠, よりも速やか, をせき止めし, を多少, を見る, を見入っ

▼ るるとは~ (26, 0.3%)

1 [26件] いかなる悪業, ええ腹, かかる心地, さもいず, その意, そもそも何故なる, ケシカランことだ, 世間は, 云わずただ, 何事だ, 余りにも, 即ち生, 常に藩士, 幸先が, 御芳志, 思えない, 思わずし, 思われないよう, 最も快適, 演繹せず, 知らいで, 知らであるべし, 知らでたまたま, 腑に, 言い難い, 貴殿は

▼ るるほどの~ (26, 0.3%)

2 人は

1 [24件] あつき唇, お年ごろにしか, ことでも, ひげ, 人の, 仕儀まして, 健康に, 単調な, 国士ながら, 小屋掛けにて, 御心入り, 急激な, 果報でも, 男だ, 目の, 美しい乙女, 興味に, 若々しさ, 落度も, 蘭一株花の, 豪商と, 音が, 高い潮, 髪を

▼ るるかと~ (24, 0.3%)

3 いうに 2 云えば

1 [19件] 二足三足後を, 云へば, 加藤夫人は, 問うと, 思うくらい, 思うと, 思うまで, 思う傍証, 思った, 思はれき, 思われる, 情なくそしらぬ, 突詰め突詰めて, 胸を, 血相変え, 覚ゆる, 言うに, 言へば, 飲んだ思いこれ

▼ るる通り~ (24, 0.3%)

2 だ, である

1 [20件] お好み焼, この鎌倉, これから一気に駈けおりよう, じゃ, でありますが, ですからね, ですが, な無人, の大道商人, の貧寺, またあの, やって, 了海どのは, 何しろ世, 僕の, 太古の, 拙者は, 洪水の, 至極平穏, 較べては

▼ るるから~ (23, 0.3%)

2 である

1 [21件] これを, ご帰国, そこで彼, だ, だという, ついおかしく, でしょう, インド人は, ッ風の音ヒュウヒュウと, ドウしよう, マルコの, 一つ吟味し, 一刻も, 人さえ, 今度は, 以後食われぬ, 埒あかん, 教育の, 斯かる, 知らぬ事, 諸物大小の

▼ るるのみ~ (22, 0.3%)

3 では 2 だった, である

1 [15件] だ, であった, でやがて, でツイ先日, で董卓, ならずあるいは, ならずその, ならず先輩, ならず刎斬, ならず剰へ, ならず宗門人別離脱者, ならず理, ならで, なり, なれば

▼ るるので~ (21, 0.3%)

3 私も

1 [18件] あえてエキソチック, おざる, おまっしゃ, お互に, こう言う, これに関する, ござりまする, ちょっともっとも, もし彼等, よく目白, ファラデーは, 他人の, 多くの, 帰朝し, 樹は, 特に文部省, 私どもにも, 終に転宅

▼ るるより~ (21, 0.3%)

3 起こる

1 [18件] さびしからずやわれの寢覺は, つらからめ, なおまだ, なほ辛き, ほかは, むしろ力の, むしろ慄, 一と, 人児を, 外には, 新九郎の, 甚だしきは, 生ぜざるはなし, 疑心暗鬼を, 自然に, 辛う思う, 辛く, 遥に

▼ るる場合~ (20, 0.3%)

3 が多い

1 [17件] である, でない, とあり, と然, にござる, にはいかなる, には圧倒的, には後退, には必ず, には必ずいろいろ, に自分, はいくらでも, は御, もある, もしそれ, を想像, を考えれ

▼ るる心地~ (20, 0.3%)

9 して 2 こそすれ, に眼 1 がし, がした, さえほのめい, するとともに, なく侍り, になった, もしつ

▼ るるなら~ (19, 0.2%)

2 ば, ばその, 悪いこと

1 [13件] はしの, ばけっして, ばマドレーヌ氏, ば世界中, ば了恕, ば今, ば僵, ば博士, ば吾人, んなど, 何ゆえに, 生涯苦しん, 畏くも

▼ るる~ (19, 0.2%)

1 [19件] がある, じゃ息子, だろうと, である, ですか, でない上, では, に以前一, に附き, のうち, の施し, はあるまい, はこの, はこれ, はわが, むしろ安かる, も候はん, をぢ, 志す方

▼ るる~ (18, 0.2%)

1 [18件] か強, ちし, である, とがそれ, と修道院, なりしを, にやさ, に乏しい, の故に, の自由, は一度, は蕨, は遂に, もなく, を古, を知らで, を静むるのは, 親しめり

▼ るる~ (18, 0.2%)

32 はない

1 [13件] がご, じゃが子細, じゃに, だが, である, である從つて一切, です, では, と存候, の鐘, はござるまい, はなし, は無い

▼ るるこの~ (17, 0.2%)

2 少女が, 新しき未知

1 [13件] あわれなる奴, 世界は, 低級の, 名刀を, 土地第, 存在物は, 官兵衛と, 怪物に, 悲しさ, 甃石都大路, 男は, 異例の, 遊びを

▼ るる~ (17, 0.2%)

2 を聞いた

1 [15件] がした, きき居れば, さえ別様, して, というの, に面, ばかりとなった, ばたばたと, も巌かげ, をきけ, を聞い, を薄, 亡ぶ響き, 聞けば, 聞こえ火

▼ るるその~ (16, 0.2%)

1 [16件] ひそやかな, モン, 一ト搆へが, 中に, 口元にも, 地質的組織ほど, 声は, 家の, 家族の, 巨大の, 当人の, 懸け声, 本場へ, 片袖, 瞬間の, 窖は

▼ るるため~ (16, 0.2%)

1 [16件] であった, であるとの, ではない, にお, にできてる, にわずか, に人, に夢, に宗教, に父, に生れた, に立った, に臨幸, のいかなる, の惡法, 決して他国人

▼ るるばかりに~ (16, 0.2%)

1 [16件] なげくの, なった, よくは, 一種荒凉の, 喝采した, 念を, 怺へ, 描いた, 流露し, 漕ぐ蒼空, 苛責された, 薫じ遍, 路には, 遍満し, 風は, 鮮やかに

▼ るるまでに~ (16, 0.2%)

1 [16件] お峯, この地方, どんなに不, なりたま, 一般社会の, 住居の, 哀れを, 安かる, 愛でられけるが, 濃く咲いた, 甚だしくなった, 目慣され, 細民の, 貧乏な, 貪り飲んだ, 靡く

▼ るる~ (16, 0.2%)

2 である, には必ず, へ主婦 1 があろう, がなく, げに直, ならん, なるが, にはいつ, に生える, の何物, も無理, を見れ

▼ るる~ (16, 0.2%)

2 を拭い

1 [14件] とともに畳, とどめかねつも, とめ, なが, に世紀, も頬, を呑込み, を払, を払います, を払った, を拭かなかった, を袖, を隠そう, 眺めたり

▼ るるかも~ (15, 0.2%)

2 知れない, 知れぬ, 知れぬが 1 しれぬ, しれぬぞ, しれんと, とより, 存じませぬが, 知れないと, 知れぬと, 知れぬという, 知れん

▼ るるばかりの~ (15, 0.2%)

2 愛嬌を

1 [13件] 同情を以て, 善美の, 大愛敬, 好奇心に, 愛情とが, 拍手に, 段取りと, 烈しい大, 石の, 笑を, 苦い経験, 野性的な, 音が

▼ るる~ (15, 0.2%)

1 [15件] お相手, がありません, でまことに, なきこと, なそう, なり, なるも, はまた, もない, をはるか, を成都, を聞き, を聞きし, を説くべく気付かなかった, 聞きて

▼ るる~ (15, 0.2%)

1 [15件] だった, である, となれ, なり, なるべきに, なれど, になっ, になります, には五頭, には眠れる, まで岩, まで草原, より吹く, より月明らか, 小さき松山

▼ るる~ (14, 0.2%)

1 [14件] それも, 万が, 人が, 催しが, 峰も, 心じゃ, 忙しき中, 殿様が, 秋の, 考えか, 考えの, 艶の, 覚悟です, 身の上だ

▼ るる~ (14, 0.2%)

1 [14件] である余, ならば, な者, に塔, の力, の名文, の性分, の極悪, の義務, の規定, の難儀, むらがり攀じた武者たち, 小六正勝, 怖しい

▼ るる~ (14, 0.2%)

4 もなく 1 かはる, がなかっ, でした, なくその, の黒い, は更に, は甲斐甲斐しく, もない, 深いもの, 見れば

▼ るるわけ~ (13, 0.2%)

4 である 2 だが 1 だけれど, だな, であるが, でも, にはゆきますまい, には行かなかった, はない

▼ るる~ (13, 0.2%)

101 れと, れわが, れアレース

▼ るる~ (13, 0.2%)

1 [13件] 主人夫婦が, 出家が, 同情が, 所存, 方様の, 模様であります, 熱心な, 積りか, 肖像また, 詔勅が, 身分とは, 身分に, 車である

▼ るる~ (13, 0.2%)

1 [13件] なこと, な事, な帽子, な心地, な政府, な爽快, な響, にされたら, にと御, になったなら, になり, になれ, に彼

▼ るる~ (13, 0.2%)

2 このこと, はない 1 であって, であると共に, ではない, なの, の世界, はしき恋愛, は個人美, は言葉, よりさらに

▼ るるかの~ (12, 0.2%)

3 ように 2 ごとく 1 ごとく廊下, 問題なり, 噂さえ, 感に, 於丹どのには, 星こそは, 有名なる

▼ るるであろう~ (12, 0.2%)

51 かと思った, か然, ことを, しまた, の, またインド政府, 蔭で

▼ るると共に~ (12, 0.2%)

1 [12件] うつ伏に, ここに, 一般に, 一面に, 俳句の, 嗟嘆し, 彼等の, 毎日毎日全国からは, 烈しく降りしきっ, 独りを, 益々我々, 自然と

▼ るる~ (12, 0.2%)

21 おのおの胸, この家, この稗粟, ッわれらその, 何物をも, 欝勃として, 汝ら我を, 誓って, 軍略の, 違うな

▼ るるはず~ (11, 0.1%)

3 はない 1 だ, だと, であること, と知った, なりしが, はござらぬ, もない, 申し聞かせられい

▼ るる~ (11, 0.1%)

4 ぶるるるん 2 です 1 だと, だろう, と自分, ぶるるるるる, を江戸

▼ るる~ (11, 0.1%)

1 [11件] からふっと, で公言, に, にこそあらめ, にも松杉, に唯物論, に彼, に鯉丈崇拝, の美, へ素直, を一人陰

▼ るる~ (11, 0.1%)

21 というもの, の喉, の足, はあらむ, は幸せ, は男, は詰まらぬ, 双親, 癲癇持と

▼ るる~ (11, 0.1%)

1 [11件] こえて, づら榜げ, である, なり, のさま, の水上, の水音, はいや, は吹雪, やその, を厨川

▼ るる~ (11, 0.1%)

1 [11件] この尊攘, との間, にし, になり切っ, に劣らず, の希臘, の高山彦九郎, は殆ど死, は言った, れ安藤, を驚嘆

▼ るる思い~ (11, 0.1%)

2 がした 1 がしよう, がする, が致しまする, であった, である, のもの, までする, をし, をした

▼ るる~ (10, 0.1%)

1 か久しく, そのよう, と知られ, なん, のみ, 其所には, 叔父御, 神妙に, 諸色高直に, 面白きまま

▼ るる~ (10, 0.1%)

5 はざる 2 はざりし 1 はざり, はざるさ, はざるもの

▼ るるかは~ (9, 0.1%)

2 知らねど 1 その人, ちと測り, 分らない, 大分興味ある, 思うだに, 想像出来ぬ, 解しがたい

▼ るるごとき~ (9, 0.1%)

2 没入と 1 一種の, 勇者たれ, 固くるしい戒律臭, 大憂悩, 心地の, 火水の, 鑑識の

▼ るるそれ~ (9, 0.1%)

1 か君, が始ぢ, さえある, に引換え, のごとき, もよけれ, も思え, をお, を非常

▼ るる~ (9, 0.1%)

1 せめては, に, にかく, にまず, に先ず, に彼, に武蔵, に騒擾, は公安委員会作戦部

▼ るる~ (9, 0.1%)

1 いと凄まじ, があっ, がしました, ぞいざ, でもない, に相違, も絶え絶え, を曇り空, 捩合

▼ るる所以~ (9, 0.1%)

2 である 1 と我, と為す, なり, はそれ, は右, は土蔵, は救い

▼ るる~ (9, 0.1%)

1 との関係, とも嬉し, なるに, なれば, は少ない, も民衆, や好かれぬ, を列擧, 無きに

▼ るる限り~ (9, 0.1%)

1 しかして社会, のあらゆる, のオレンヂ, の人員, の壮大, の知識, はこの, またわれわれ, 堪えら

▼ るるだけ~ (8, 0.1%)

1 で一緒, で其処, ならば, 影も, 彼らを, 戴けば, 武男の, 避けるの

▼ るるとおり~ (8, 0.1%)

1 あのよう, この生首事件, ついに実, の山家, の朽ち, の男世帯, 今や自然, 黒ずんだ緑

▼ るるにも~ (8, 0.1%)

1 あたるまいが, その生, 仰ぎ視ざるなりけり, 及ばん僕, 堪えなかった, 大河の, 甲越の, 足らないが

▼ るるほどに~ (8, 0.1%)

1 なった, 候, 変化が, 帯は, 御遠ざけ, 愉快であります, 沈酔し, 雨多く

▼ るる一種~ (8, 0.1%)

1 のカテゴリー, の感情, の民間舞踊, の珠, の童話的面影, の系統, の言い, の賤民

▼ るる人々~ (8, 0.1%)

1 と共に闊歩, によって必ずしも, の中, はげに, は大抵, は実は, も皆文時, を

▼ るる余地~ (8, 0.1%)

1 あり, があった, がある, がない, がまったく, のない, もない, もなかっ

▼ るる~ (8, 0.1%)

1 がある, が多い, でこの, なれども, の, は毎々, 多きは, 多しと

▼ るる~ (8, 0.1%)

2 の雨 1 などは, なりしが, のこゑ, のしじま世界動乱, の街, や

▼ るる恐れ~ (8, 0.1%)

4 がある 1 があり, がない, は少し, を防ぐ

▼ るる~ (8, 0.1%)

2 は滝 1 が風呂敷, は止め度, を押し拭い, を拭い, を拭い上げた, を拭い拭い

▼ るる~ (8, 0.1%)

2 においてあたかも 1 がある, においても実に, に於, はやや, は翼, も多い

▼ るる~ (8, 0.1%)

1 だけに君子, と女, と銘酒屋, に会, に関する疑問, の姿, の肩, も憐むべ

▼ るる~ (8, 0.1%)

2 あり, ありたれば 1 なく大いに, なく幾年月, れが, れは

▼ るる~ (8, 0.1%)

1 しほ黒, と肉, のなか, は人, は凄く, をも拭, をわが, を拭い

▼ るる~ (8, 0.1%)

1 が次第に, なき苦痛, なし道行け, には退屈, に同じ, に日本, はなし, は純

▼ るるある~ (7, 0.1%)

1 のみ, 事には, 人の, 洋画家が, 物として, 由記せる, 翼が

▼ るるくらい~ (7, 0.1%)

1 だ, だから, であったと, ゆっくりと, 平坦な, 澄して, 鮮やかに

▼ るるこそ~ (7, 0.1%)

1 せめて世, まんまと敵, 不遜千万です, 似げ, 兵家の, 当方から, 野分も

▼ るるごと~ (7, 0.1%)

1 にいうで, にしばしば, にひやひや, に不断, に心, に日本, に親

▼ るるといふ~ (7, 0.1%)

1 お心意気, ことなどを, のが, 事を, 實例が, 實例を, 結搆な

▼ るるとともに~ (7, 0.1%)

1 この本陣, その光, またこの, 垢臭き, 心乱れ動き, 戸は, 激毒を

▼ るるなど~ (7, 0.1%)

1 その境遇, 一種の, 無理なる, 理窟を, 自体御, 規則づく, 言語道断もののふの

▼ るるほか~ (7, 0.1%)

1 なきまで, なく天水郡, に早く, に父, に路, はありません, はなけれ

▼ るるよりも~ (7, 0.1%)

1 その羈絆, つらい思ひ, むしろ冷やか, 明かである, 活きて, 甚だしくその, 身軽に

▼ るるをも~ (7, 0.1%)

1 厭はず幾帖と, 厭はず面倒を, 堪へ難く, 忘れしを, 知らざりけりそもそも, 言に, 関わず胴欲

▼ るる~ (7, 0.1%)

1 だ, である, なれば, な者, の外あまり顔, の者, 大きい

▼ るる~ (7, 0.1%)

1 から見遣る, だ, なき頃, なれば, はなし, もありき, も折

▼ るる~ (7, 0.1%)

1 がござら, しかない, なしと, の悲しき, はない, は私, を講ずる

▼ るるかを~ (6, 0.1%)

1 学んで, 明らかに, 検査する, 疑わしめたり, 知らぬ気, 知るに

▼ るるころ~ (6, 0.1%)

2 であった 1 だ, である, となつ, まで人影

▼ るるなり~ (6, 0.1%)

1 というた, とかされ, 一切御沙汰に, 二つなり, 早き牛乳配達, 自己を

▼ るるにより~ (6, 0.1%)

2 俄に 1 かかる夢, 先手の者上京する, 漸次体力, 若い時

▼ るるまでは~ (6, 0.1%)

1 その幹, 動きやすい, 天晴豪傑と, 英國製品を, 逃れて, 進むという

▼ るるよりは~ (6, 0.1%)

1 そんな淫, むしろ万吉, 勝れば, 勝れり, 千倍悦ん, 好んで

▼ るる世界~ (6, 0.1%)

1 かかる世界, が小さく, の中, の外, の現れ, は協団

▼ るる次第~ (6, 0.1%)

1 であります, であるから, である方今, です, となり, を目撃

▼ るる~ (6, 0.1%)

2 とて 1 があります, として, に, の処

▼ るる気色~ (6, 0.1%)

1 なるも, なるを, はない, も見えぬ, を早く, を蔽はん

▼ るる理由~ (6, 0.1%)

1 があった, がある, がない, が何, は多, は自ら

▼ るる~ (6, 0.1%)

2 の王国 1 が鼠, であったが, を見, 祈らるる人

▼ るる~ (6, 0.1%)

1 あり, がある, はない, もある, もなく, も多い

▼ るる~ (6, 0.1%)

1 はあるまい, はない, もあり, もあろう, を心得, 思ふ

▼ るる言葉~ (6, 0.1%)

1 ではござりませぬ, は少なかろ, を使, を側, を放った, を源太

▼ るる~ (6, 0.1%)

3 の草 1 にまきぬ, べにまじる, も畑

▼ るる~ (6, 0.1%)

1 に乗る, に嵐, の峰, の影, も何, を見

▼ るる~ (6, 0.1%)

1 に醉, のゆかり, の滋, の草原, はなほ, を思ひ

▼ るるあの~ (5, 0.1%)

1 偉大なる, 有名なる, 清澄な, 百日紅の, 隅田川が

▼ るるいわゆる~ (5, 0.1%)

1 思考実験と, 松風すなわち, 神道に, 農奴が, 釈迦の

▼ るるそう~ (5, 0.1%)

2 だ, だが 1

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 あらう, せうか, はない, もなし, 思いついたお

▼ るるとか~ (5, 0.1%)

1 あるいは叙勲, で翁, 或は富豪, 申しまするが, 聞きましたが

▼ るるなき~ (5, 0.1%)

1 がためなり, ように, を保すべからず, を期すべからず, 名画と

▼ るるなと~ (5, 0.1%)

1 いうに対し, 各, 江戸を, 申して, 畳める鬢

▼ るるにぞ~ (5, 0.1%)

2 さてはいかにし 1 ありける, さすがに, 十兵衛なかなか

▼ るるのみならず~ (5, 0.1%)

1 シカケヒラキの, 之に, 数百万金を, 早く既に, 西比利亜にも之

▼ るるゆえ~ (5, 0.1%)

1 しいて, である, に名残り, ふたたび中国, 思いつめて

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 にその, は如何なる, は心して, を, を踏ん

▼ るる人物~ (5, 0.1%)

1 なり, に出逢った, は彼, は皆孜々, を沢山

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 に伏さしめ, に其方, に大使, に急い, に死する

▼ るる如き~ (5, 0.1%)

1 人は, 所に, 法螺ばかりにも, 無心さは, 音たて申し

▼ るる如く~ (5, 0.1%)

1 して, であつ, に, にて, に見まわす

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 あり, には必ず, に住, の集会, は多かっ

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 とも見え, のごとくなりき, の從, の数々, をながめ

▼ るる様子~ (5, 0.1%)

1 がまた, じゃねえ, のない, まるで初心, もなく

▼ るる機会~ (5, 0.1%)

1 があったら, がない, が多く, をのがす, を得た

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 かな, がする, では, はすれ, 遣は

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 あるも, とはなった, の寒き, の時節, の空

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 と胸, の中われ, はいよいよ, をおし, を寛

▼ るる~ (5, 0.1%)

3 かな 1 のしづく, を思ひ

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 だ, である, でないから, では, は駒

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 はさき, は春夏秋冬, も知っ, を能, 見え要するに

▼ るる部分~ (5, 0.1%)

1 が翼, だけを蒐集, はある, は祈祷, を除去

▼ るる~ (5, 0.1%)

1 と霧, にゆらるる, に歯, もなく, わたるなり

▼ るる風情~ (5, 0.1%)

1 がある, して, であったが, で云った, にて打

▼ るるあま~ (4, 0.1%)

1 かな, の衣, をたれ, を波路

▼ るるかた~ (4, 0.1%)

2 もあろう 1 があれ, もあらず

▼ るるかという~ (4, 0.1%)

1 ことが, 問題である, 場合あるいは, 点には

▼ るること勿~ (4, 0.1%)

21 れです, れわれ

▼ るるこれ~ (4, 0.1%)

1 がわかれ, が荒尾, はたまらん, はダンテ

▼ るるさま~ (4, 0.1%)

1 ながら, に至り, を竹笑, 宛ら慈母

▼ るるだけの~ (4, 0.1%)

1 価値を, 価値をも, 憂目, 荷物を

▼ るるだろう~ (4, 0.1%)

1 か, かとは時々刻々, これは, などと考え

▼ るるところそこ~ (4, 0.1%)

2 に悲哀 1 に憂鬱, に歓喜

▼ るるとの~ (4, 0.1%)

1 口碑なる, 話を, 説が, 迷信が

▼ るるにて~ (4, 0.1%)

2 名詞の 1 あるぞ, 候ふべし

▼ るるに従って~ (4, 0.1%)

1 はっきり認め, 其の始め奇異, 己が, 祖国の

▼ るるに際して~ (4, 0.1%)

1 この緑林, 大なる, 彼等の, 描きたるもの

▼ るる~ (4, 0.1%)

3 仏である 1 だる

▼ るるゆえん~ (4, 0.1%)

3 のもの 1 を知らざれ

▼ るる~ (4, 0.1%)

3 みだるる 1 ひごとに

▼ るるわが~ (4, 0.1%)

1 おもひぞ, むっつり右門, 胸は, 魂を

▼ るる一人~ (4, 0.1%)

1 であつ, であるらしい, の修験者, の老人

▼ るる傾向~ (4, 0.1%)

2 がある 1 あり, なきに

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 こそ, のうち, のない, はさまざま

▼ るる~ (4, 0.1%)

2 なき欝金 1 もなくなった, も強く

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 に残り, の中, は何, 翻訳は

▼ るる唯一~ (4, 0.1%)

3 の道 1 の物

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 と来, のあら, の人, の昔話

▼ るる多く~ (4, 0.1%)

1 が百年, の同門, の牛, の苗字

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 の如き, の苦く, は徒ら, も人生

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 なる無知, なる秘密, 書棚の, 法要という

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 の一部, の井, の傾斜, の馬鹿聟さん

▼ るる~ (4, 0.1%)

2 に鳴き 1 の模様, の面

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 こそがいい, に乱れ, のやつこ, の淵

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 なれば, に劣らず, は, はせめて

▼ るる我が~ (4, 0.1%)

1 大使大師の, 威には, 袖, 魂の

▼ るる文字~ (4, 0.1%)

1 である, なり, にし, をつらぬる

▼ るる方法~ (4, 0.1%)

2 である 1 を見出したら, を運びましょう

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 に, にとまっ, のやさしい, を

▼ るる~ (4, 0.1%)

2 になつ 1 に入, に成りし

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 のかなた, の上, の世, をながめ

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 とやら, に一日, に別紙, に御座候

▼ るる美しい~ (4, 0.1%)

1 お方でございます, 数々の, 時代が, 花によって

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 が庵, 尼僧が, 猫の, 王は

▼ るる能わざる~ (4, 0.1%)

1 のみならず, ものなる, 明治二十八年十二月二十一日は, 研究問題である

▼ るる自分~ (4, 0.1%)

2 は今 1 にきわめて, の待遇

▼ るる~ (4, 0.1%)

1 は純白, をおさえた, をかき上げ, を広き

▼ るるあたわざる~ (3, 0.0%)

1 はもちろん, ものあり, ものは

▼ るるあたわず~ (3, 0.0%)

1 というなり, と答えた, 幾度か

▼ るるあり~ (3, 0.0%)

1 といわば, また程なく, 予の

▼ るること能はず~ (3, 0.0%)

2 といふのみ 1 とも人道

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 あとの, そちどもも, その奥方

▼ るるすべて~ (3, 0.0%)

1 であった, に於, のもの

▼ るるっと~ (3, 0.0%)

1 ふるえて, 打ちふるえて, 鼻を

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 ふ俗信, ふ信念, ふ話

▼ るるとして~ (3, 0.0%)

1 自分の, 船渠以外の, 説いて

▼ るるとには~ (3, 0.0%)

1 あらざれど, あらで, あらねど

▼ るるなく~ (3, 0.0%)

1 その少時, ただ急ぎ, 目前に

▼ るるなん~ (3, 0.0%)

2 だのおく 1

▼ るるにおいては~ (3, 0.0%)

1 彼等とても, 戦死前に, 法王殿下は

▼ るるにつけ~ (3, 0.0%)

1 この沙漠不毛, てあやしく, てとこう

▼ るるまでの~ (3, 0.0%)

1 上首尾に, 権太は, 貧困愛する

▼ るるまでも~ (3, 0.0%)

1 ない一人, 決して白状, 稲葉山の

▼ るる一つ~ (3, 0.0%)

1 の, の島, の暗示

▼ るる一方~ (3, 0.0%)

1 の皿, 事ある, 各首脳部

▼ るる事実~ (3, 0.0%)

1 である, の多き, を明

▼ るる事情~ (3, 0.0%)

2 あり 1 がある

▼ るる人達~ (3, 0.0%)

1 の多, は常に, を遠退け

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 がある, であったもの, 有らば

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 じゃなど悪口, にて彼, を机

▼ るる俳句~ (3, 0.0%)

2 にも漢詩 1 を見る

▼ るる光景~ (3, 0.0%)

2 だった 1 の美し

▼ るる危険~ (3, 0.0%)

1 あり, のない, もあれ

▼ るる原因~ (3, 0.0%)

1 となる, はここ, を数え

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 かさびし, が名残り, よ

▼ るる問題~ (3, 0.0%)

1 であって, であろうと, ではない

▼ るる~ (3, 0.0%)

2 はない 1 なり

▼ るる場所~ (3, 0.0%)

2 とても狭き 1 に通りかかりたる

▼ るる夜半~ (3, 0.0%)

2 も月あかり 1 の月

▼ るる大きな~ (3, 0.0%)

1 ひどく敏活, 眼玉, 雲の

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 の審判, の神様, の羽衣

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 が孝子, の姿, を妻らん

▼ るる女性~ (3, 0.0%)

1 があった, であるか, であること

▼ るる幾多~ (3, 0.0%)

1 の奉納物, の霊魂, の面々

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 に肉, の生命, の莊嚴

▼ るる心配~ (3, 0.0%)

1 ありしをもって, も入らぬ, も無い

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 あり, がある, がする

▼ るる恩寵~ (3, 0.0%)

2 である 1 の賜物

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 をせよ, を作, を見よ

▼ るる故に~ (3, 0.0%)

1 クロニオーン・ヂュウス怒, 恵みの, 肉汁を

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 が見えた, でもなし, を追

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 の夕, の泉, の雨

▼ るる最も~ (3, 0.0%)

1 浅薄に, 聖い, 興味を

▼ るる有様~ (3, 0.0%)

1 であった, を直叙, を見

▼ るる~ (3, 0.0%)

2 の切れならず 1 にわく

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 の人格, の心持ち, は強い

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 の水, はいつも, 溢れて

▼ るる渓流~ (3, 0.0%)

1 で水泳, の上手, はその

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 くらべに, の渦, は

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 をあげ, を外し, 遣して

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 がみちのく, もいかが, も待ち

▼ るる~ (3, 0.0%)

2 あり 1 ゆく水

▼ るる者ら~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をめざめ

▼ るる自然~ (3, 0.0%)

1 から受けた, の景, の産物

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 ともなれ, を人, 残んの

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 に風, の名, を墓所

▼ るる血潮~ (3, 0.0%)

1 を押える, 紅い糸, 黒き髪

▼ るる覚悟~ (3, 0.0%)

1 と見え, にてふたたび, をせね

▼ るる計り~ (3, 0.0%)

2 でなく先生 1 の詩

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 もあり, も無理, をモウ坊主

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 ありて, もない, を知らず

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 しばしばその, は別して, は近在

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 ぞ降りける, の中, の音

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 ぞ悲しき, と呼ばれるであろう, は幽

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 は, はなに, より見たる

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 が尠, は親, も尠

▼ るる~ (3, 0.0%)

1 でも弁護, なれども, を見し

▼ るるあたり~ (2, 0.0%)

1 で彼, は黒き

▼ るるあゝ~ (2, 0.0%)

1 汝, 汝デーイポボスは

▼ るるうち~ (2, 0.0%)

1 にこそあらめ, には女

▼ るるかが~ (2, 0.0%)

1 わかる, 緊要な

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 はに, はよ

▼ るるきみ~ (2, 0.0%)

1 がため, の

▼ るるくらいの~ (2, 0.0%)

1 ものに, 男は

▼ るるけしき~ (2, 0.0%)

1 もなく, もまだ

▼ るるけれども~ (2, 0.0%)

1 本人自身には, 軍隊発達の

▼ るることに~ (2, 0.0%)

1 なつた, なつて

▼ るること三年~ (2, 0.0%)

1 で世, にし

▼ るること三間~ (2, 0.0%)

2 ばかりのところ

▼ るること五分~ (2, 0.0%)

2 ほどとす

▼ るること僅~ (2, 0.0%)

1 に三日, に四月

▼ るること此~ (2, 0.0%)

1 に至る, の如く

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 容子です, 宿所として

▼ るるごときかかる~ (2, 0.0%)

2 悲哀の

▼ るるごとく~ (2, 0.0%)

1 外貌天性とも, 次の間に

▼ るるさえ~ (2, 0.0%)

1 あるに, 耳馴れぬ心地

▼ るる~ (2, 0.0%)

2

▼ るるすぐ~ (2, 0.0%)

1 ろ落葉松, 手に

▼ るるそういう~ (2, 0.0%)

1 仄かな, 天性は

▼ るるその恐るべき~ (2, 0.0%)

1 光景輝かしい, 暗雲の

▼ るるそれら~ (2, 0.0%)

1 の人々, の睦言

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 かし色白に, や

▼ るるだけで~ (2, 0.0%)

1 十分である, 藩地は

▼ るるだけに~ (2, 0.0%)

1 なお案ぜられ, 無遠慮なる

▼ るるだけは~ (2, 0.0%)

1 噛みしが, 省く方針

▼ るるとおり彼~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は事物

▼ るるとて~ (2, 0.0%)

1 かなしくも, またただ幾百万円

▼ るるなか~ (2, 0.0%)

1 に内玄関, に絹糸

▼ るるなから~ (2, 0.0%)

1 しむと, むやと

▼ るるなかれ~ (2, 0.0%)

1 わが導者彼, 我が亡き後

▼ るるなどの~ (2, 0.0%)

1 事あっ, 始末は

▼ るるなよ~ (2, 0.0%)

1 主君の, 典膳

▼ るるなれ~ (2, 0.0%)

1 と偽, ども夢

▼ るるにつき~ (2, 0.0%)

1 ここに, 我々は

▼ るるにつれて~ (2, 0.0%)

1 次第に枯死, 身の

▼ るるに対し~ (2, 0.0%)

1 奉恩謝徳, 日月星辰山川草木ことごとく

▼ るるに際し~ (2, 0.0%)

1 我が俊敏, 日頃から

▼ るるのみか~ (2, 0.0%)

1 主君には, 人を

▼ るるひま~ (2, 0.0%)

1 のない, もなく

▼ るるふう~ (2, 0.0%)

1 といふやう, もなく

▼ るるものなれ~ (2, 0.0%)

1 どもその, ど実際

▼ るるやら~ (2, 0.0%)

1 なぶるやら, 分らぬといふ

▼ るるよと~ (2, 0.0%)

1 あはれ一念の, 心付きて

▼ るるマジナイ~ (2, 0.0%)

1 であった, とのこと

▼ るるムルデ河~ (2, 0.0%)

2 に近づきたるなるべし

▼ るる一切~ (2, 0.0%)

1 の事情, の忘却

▼ るる一理由~ (2, 0.0%)

1 ともなる, らしい

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 の心, は高し

▼ るる不尽~ (2, 0.0%)

2 の嶺

▼ るる予言者~ (2, 0.0%)

2 の如し

▼ るる事件~ (2, 0.0%)

1 に対してはある, の被害者

▼ るる事勿~ (2, 0.0%)

2

▼ るる事能~ (2, 0.0%)

2 はざる

▼ るる二つ~ (2, 0.0%)

1 の機能, の群島

▼ るる人有~ (2, 0.0%)

1 之候, 之候え

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 と昔, の世

▼ るる仔細~ (2, 0.0%)

1 がある, ござらぬわ

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 の色, 県の

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 かが浮き出し, ほど仕事

▼ るる何物~ (2, 0.0%)

1 かが胸中, かは寧ろ

▼ るる余り~ (2, 0.0%)

1 これに, 自分たちの

▼ るる作誰~ (2, 0.0%)

2 もが用いる

▼ るる使者~ (2, 0.0%)

1 の言葉, を待ち合せ

▼ るる便~ (2, 0.0%)

2 なければ

▼ るる個所~ (2, 0.0%)

2 も散り

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 でない, はよほど

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 でないから, には何

▼ るる刹那~ (2, 0.0%)

1 にわが, は来り

▼ るる十番~ (2, 0.0%)

2 の大通り

▼ るる博物館~ (2, 0.0%)

2 へ比較的

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 と来, に

▼ るる口碑~ (2, 0.0%)

1 に猿王山姫, を聞き洩らさじ

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 來の, 器物と

▼ るる向き~ (2, 0.0%)

1 が少なから, もあります

▼ るる吾等~ (2, 0.0%)

2 の善

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 である, を北

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 の香, 宜師

▼ るる地上~ (2, 0.0%)

1 の主張, の目標

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 がある, に属し

▼ るる境遇~ (2, 0.0%)

1 に堕落, に於

▼ るる大原~ (2, 0.0%)

1 の実家, の母

▼ るる大川~ (2, 0.0%)

1 に架けられた, の靈

▼ るる天皇~ (2, 0.0%)

1 にかく, に対し奉る

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 からし, を持てる

▼ るる女らし~ (2, 0.0%)

1 さでしょう, さの

▼ るる好人物~ (2, 0.0%)

2 の小使

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 をも見ず, を尻目

▼ るる姿~ (2, 0.0%)

1 になっ, は電燭

▼ るる~ (2, 0.0%)

2 の仕合

▼ るる宗教~ (2, 0.0%)

1 の表面, は最も

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 さかな, さ哉

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 の庫裏, の庫裡

▼ るる尊き~ (2, 0.0%)

1 人よ, 御身分の

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 狐のに, 盾其胸を

▼ るる小川~ (2, 0.0%)

1 ありて, が一条

▼ るる小舟~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の中

▼ るる山河~ (2, 0.0%)

1 に, の形勢

▼ るる山路~ (2, 0.0%)

2 の雪

▼ るる希望~ (2, 0.0%)

1 の前, を懐き

▼ るる幸福~ (2, 0.0%)

1 というの, を享

▼ るる広い~ (2, 0.0%)

1 内海の, 堂である

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 に娘, の強けれ

▼ るる当の~ (2, 0.0%)

1 相手は, 相手を

▼ るる当時~ (2, 0.0%)

1 のこの小さな, の政府

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 に, を軟風

▼ るる御方~ (2, 0.0%)

1 じゃ, には返金

▼ るる微笑~ (2, 0.0%)

1 は白鳳天平, もかの

▼ るる徴候~ (2, 0.0%)

1 があらわれ出し, 見えしによる

▼ るる必要~ (2, 0.0%)

1 なく時間, はない

▼ るる忙し~ (2, 0.0%)

1 さに, さも

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 れすら, ろしい

▼ るる思ひ~ (2, 0.0%)

1 で二階, 為ぬ

▼ るる悲哀~ (2, 0.0%)

2 の美感

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 に燃え, や絆

▼ るる感じ~ (2, 0.0%)

1 は鈍く, 易き久女

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 は鎖, もあい

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 に鉄, をぶらりと

▼ るる拙者~ (2, 0.0%)

1 では無い, の目

▼ るる教育~ (2, 0.0%)

1 の効果, の有様

▼ るる文学思想~ (2, 0.0%)

2 も取れよ

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 らしさ, 詩壇も

▼ るる方々~ (2, 0.0%)

1 でございましょう, を送る

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 の武芸者, もをはり

▼ るる時人~ (2, 0.0%)

1 は慄然, を蹴る

▼ るる時代~ (2, 0.0%)

1 の上, はついに

▼ るる時分~ (2, 0.0%)

1 から素ば, に乳

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 を待ち暮らし, を知り

▼ るる木の葉~ (2, 0.0%)

1 にもひとしかっ, のごとく

▼ るる木間~ (2, 0.0%)

2 のした

▼ るる材料~ (2, 0.0%)

1 が甚だ, を運用

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 という方, を秋霧

▼ るる~ (2, 0.0%)

2 の枝

▼ るる~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 の立枝, の花

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 でさえ夙く, にうたれ

▼ るる武蔵~ (2, 0.0%)

1 の青白く, は語りたい

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 に外祖母, に齷

▼ るる決心~ (2, 0.0%)

1 なれば, を持ち

▼ るる没我~ (2, 0.0%)

2 は救われ

▼ るる浴泉~ (2, 0.0%)

2 をあび

▼ るる為め~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 意味胸に, 考慮で

▼ るる無限~ (2, 0.0%)

1 と永遠, の視線

▼ るる爆音~ (2, 0.0%)

2 を聴取せり

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 などは決して, の名

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 でありながら, の夢

▼ るる物品~ (2, 0.0%)

1 のご, は買い手

▼ るる犯すべからざる~ (2, 0.0%)

2 姿態の

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 に椅子, を示す

▼ るる~ (2, 0.0%)

2 は解し

▼ るる生命~ (2, 0.0%)

1 の囁き, はさらさら

▼ るる男女~ (2, 0.0%)

1 の数, の生徒ら

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 のむかし, 矛盾する

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 の心, の躯

▼ るる立派~ (2, 0.0%)

1 な天幕, な考え

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 には石蕗花咲き出, や群青

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 とも思われね, に付け

▼ るる美個性~ (2, 0.0%)

2 に依らざる

▼ るる者数~ (2, 0.0%)

2 知れなかった

▼ るる肉体~ (2, 0.0%)

1 の交わり, の活動

▼ るる自由~ (2, 0.0%)

1 というもの, はまた

▼ るる~ (2, 0.0%)

2 のみち

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 を持った, を持つた

▼ るる花群~ (2, 0.0%)

2 は深大寺出

▼ るる苦しみ~ (2, 0.0%)

1 とに堪えかね, を忘れる

▼ るる苦痛~ (2, 0.0%)

1 の叫び, をすく

▼ るる落葉~ (2, 0.0%)

1 のよう, の音

▼ るる著名~ (2, 0.0%)

1 な, の碩学

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 が毒蛇ども, の母そ

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 の紅, も見えぬ

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 は手, をおさへ

▼ るる見れ~ (2, 0.0%)

2 ばうち霧ら

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 であって, 多し

▼ るる記事~ (2, 0.0%)

1 が諸, 少からず

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 りである唯, りの

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 の次, も見えない

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 にこの, には夫

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 である, は其妻妾

▼ るる説明~ (2, 0.0%)

1 して, と実に

▼ るる読者~ (2, 0.0%)

1 には馴染, はあの

▼ るる論文~ (2, 0.0%)

2 は故

▼ るる諸君~ (2, 0.0%)

1 はお話, はじかに

▼ るる谷川~ (2, 0.0%)

2 をせきとめたる

▼ るる谷間~ (2, 0.0%)

2 の畦道

▼ るる~ (2, 0.0%)

2 偶然の

▼ るる赤土~ (2, 0.0%)

2 のやはら

▼ るる趣き~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を能

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 も軽く, や土手吹雪

▼ るる身の上~ (2, 0.0%)

1 なりとか, を守りた

▼ るる軍勢~ (2, 0.0%)

1 の兜, の美

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 もござるまい, もなくなっ

▼ るる途中~ (2, 0.0%)

1 であったの, で小遣銭

▼ るる通り純然~ (2, 0.0%)

2 たる外交問題

▼ るる遊客~ (2, 0.0%)

2 ならで

▼ るる運命~ (2, 0.0%)

1 に美, をのがるる

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 そうな, 瞳である

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 と云ったら, の価

▼ るる長い~ (2, 0.0%)

1 時間の, 縞の

▼ るる階級~ (2, 0.0%)

1 の空談, よりも下

▼ るる雑草~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 の音, を聞きし

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 なり, の不思議

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 ざし妖, をば汎

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 にあらず, のもの

▼ るる食卓~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ るる餘地~ (2, 0.0%)

1 がない, が尠

▼ るる騒音~ (2, 0.0%)

1 の中, をもてさけぶ

▼ るる~ (2, 0.0%)

1 のかからず, はかかる

▼ るる~ (2, 0.0%)

2 の揚羽蝶立秋

▼ るる黄金~ (2, 0.0%)

1 の髪, の魚

▼ るる黒髪~ (2, 0.0%)

1 のおごり, の下

▼1* [1641件]

るるだし貴人の, るるああ羨ましい羨ましい大工, るるあえかな姫君, るるあかき夕暮, るるあとは俄, るるあなたという言葉, るるあなた様の知己, るるあによく塊然, るるあの世までも渝ら, るるあばら屋の門辺, るるあまりからうじ, るるあまり牛皮もて, るるあま小舟澪も二手, るるあらば彼等手, るるありがたい方は, るるあれが天下, るるあわただしさ, るるあわてる驚くなどいへる, るるいずれも, るるいちゐの, るるいのちがかの子, るるいわれはない, るるうき思い, るるうしほ, るるえらいものである, るるおよそ百年ジュフールの, るるおろかな秋, るるお前様の住所, るるお花畑の花, るるかかる一枚の, るるかぎりにおいてすでに, るるかたはあるまい, るるかとの問いに, るるかとばかり竦みて, るるかとも信ずるの, るるかなり曖昧な, るるかに見えて, るるからと申して, るるからにはこの信長, るるかりそめの, るるかんよ, るるがなどと書信が, るるきざしが見え, るるはいが, るるげに思われた, るるを賞, るるこうした自然の, るるここちして, るるこころは, るることかくの如く, るることこれも相違, るることしもあら, るることなり史料其者が, るることなれば毛頭, るることはるかに大陸諸国, るることふたりの天使, るること一千六百マイル以上の地点, るること一方ではありませんでした, るること一百なるべし, るること一里半第一, るること一霎時間依て, るること七十余回ということ, るること七日余り玄徳は赫々, るること三十里に足らず, るること三年小田郡は永免, るること三年癸酉の春, るること上海と好敵手, るること二三間ささやかな流れ川, るること二十年余である, るること二尺ばかり消え残った, るること二度であつ, るること二歳であつ, るること二百余年今や結縁, るること今に始まった, るること今日の如き, るること六七人に過ぎず, るること切なりされば, るること列参の眉目, るること前のごとく, るること十一年であつ, るること十間ばかりにし, るること哀れにもまた, るること四十里烏巣の要害, るること四百八十二マイルの内地, るること夥かり, るること始めよりの目的, るること少時の後, るること尺あまり見るには, るること幕府の小役人, るること從つて少きに, るること必定疑いなしじゃ, るること恐縮の至り, るること数日なれば, るること数月なりしが, るること日すでに久し, るること明らかなる上, るること是なり, るること東北二里弱の狐井, るること無用でござる, るること犬と鶏, るること珍重なりして, るること疑いなし, るること疚きこと, るること癆を恐れ, るること百五十年であるこの, るること虎の如し, るること道理至極死すべき時, るること非常にし, るるこひぢと, るるこれ三種と名, るるやぎ, るるさくら日の本, るるさびしさが, るるしたたり, るるしづかなる世, るるすさまじい冬の, るるすずしい光景は, るるすら堪へがたく, るるせめての際, るるそこもとの御, るるそもそもの理由, るるぞと言うて, るるたびに前, るるためしありやと, るるたんぽぽの金, るるだけが能である, るるつもりでいられた, るるでないぞ, るるでなく単にその, るるではそこもとが, るるとある以上これは, るるというはいかに偉大, るるといつて返事を出した, るるとおりあれなる青まゆ, るるとおりこれは自慢, るるとおりどこからともなく, るるとおりわれわれは平生, るるとおりジャヴェルは司法省, るるとおりドイツ人のあの, るるとおり七月革命のうち, るるとおり乱れは乱れじゃ, るるとおり僧形の身, るるとおり八丁堀の右門, るるとおり女文字しかも宛名, るるとおり時政はまだ, るるとおり普通の目つき, るるとおり正面から当たった, るるとおり特別仕掛けの錠前, るるとおり衰え果てて, るるときわれ等の心路, るるときハイドンの音楽, るるとき川村屋金次郎といふもの, るるとき懊悩の頭, るるとき民族主義とは畢竟, るるとき渡航中船の中, るるとき驚きのあまり, るるところであつた, るるところ愛憎起り愛憎, るるところ疑いもない, るるともしたふとも, るるとも後追わるべき憂い, るるとやらでこの, るるどうやらその声, るるどころでは, るるなぞ何ぼう殺風景の限り, るるなだら坂動く, るるなどとは勿体ない, るるなどは学説論理ともに, るるなべに青柳, るるならいにて豺狼, るるならんと云々, るるなるべけれと勢い込ん, るるなんどその身, るるにおいてはなんぞ御当家, るるにたらんやだ, るるについてかねて, るるにても證すべし, るるによりて初めてその, るるに対する自衛上の, るるに当たりこれらの, るるに従い機械的大, るるに際しては読者の, るるに際しましては何物にも, るるのちにも, るるのに満足し, るるのみと軽蔑し, るるのみならず押し倒され押し挫が, るるのみにて今は, るるのみの真暗闇, るるのもこの点, るるの権を有する, るるの残念なる次第に, るるはかなさそれを, るるはかれの美, るるはなしでこんな, るるばかりか文書く, るるばかりのみはてたり, るるばかりもあらぬ草屋, るるひとりの暴徒, るるひらめきと言え, るるふしの出, るるふる里は松虫, るるべつな理由, るるほか彼らまた実に, るるほとりに止まる, るるなく忘, るるまったくべつな, るるまでが人類歴史の, るるまでには至らなかったとしても, るるまま今度は怠業, るるまま仰臥して, るるまま十二月其地に立つ, るるまま夕陽へ立直った, るるまま弦之丞, るるまま折戸を入る, るるまま日吉はその, るるまま父の献公, るるまま牛の頭, るるまま物語して, るるまま腰をかけ, るるまま裏庭に立っ, るるまま詔書を発せられた, るるまま赤橋守時はあと, るるまま軍の次第, るるまま随いて, るるまま馬春堂は穴, るるまま默して, るるまもなくてかう, るるみつうちの, るるむらもみじ垣根を繞, るるもとすら, るるものそれを伝統, るるものの実際少から, るるものみな砕くより, るるもの二三を取り, るるもの其二なり, るるもの印度に之, るるもの多くは高尚, るるもの宗教科学芸術哲学等より言語, るるもの必しも常に, るるもの愧を知らざる, るるもの数を知らず, るるもの昔より幾人, るるもの毎号一百万部と称す, るるもの波とともに盛りあがる, るるもの盖し偶然, るるもの自身がすでに, るるもの身読せらるるもの, るるやう肩に負, るるやつを踏み越え, るるやとおとなしい人, るるやも計られぬその, るるゆえそれが怖う, るるよう努力すべき政治的義務, るるよう思いなしか附添, るるよう氏神を念じ, るるよう肩に負われ, るるよう蝶番もて拵え, るるよう読者に願っ, るるよう鄙意君が何事, るるよすがあり, るるよほどよい人相, るるるるっと打ちふるえ, るるん, るる拙な, るるわかき駒とこそ, るるわたくしどもこそ迷惑千万, るるわと小気味よく申す, るるわれを雲の上, るるをと独り頷き, るるをのみ心易し, るるをもってその心, るるを以てなり, るるんぢやから, るるアカイアの軍勢, るるアカイア軍勢は, るるアカネ科の宿根植物, るるアフリカ州の西岸, るるアプレイウスの作, るるアムブロジアのやう, るるアリヤンの一家族, るるアレースの手, るるアレース誡めて叱り, るるアンな顏, るるイギリス気質善趣味と悪, るるイソスタシーの状態, るるイダイオス知慮ある使者, るるエソップ流の説話, るるクロポトキンの如き, るるコッケイドという物, るるゴメも共に, るるサヴォアの少年, るるシャロットの河, るるシャーマンはやや, るるジュゼッペ・アルツオは史上著名, るるジョンソン博士が世, るるスペンサーユーゴーなども特に, るるタガネと大差, るるタニグクなどと関係, るるチュベール・マグナツムは疣, るるチーズ製造人を雇います, るるツボである, るるテナルディエの数語, るるテーブルスピーチに至つて, るるドクトルも小首, るるドロア・ムュール街の辺全体, るるナルコ神テルコ神などもまだ, るるハヌマン猴とて相好, るるピュロスの同志, るるファンティーヌという女, るるフェナコズスを去る, るるフランシスのごとき, るるフランス気質ユーモアと呼ばるる, るるブツカキの氷, るるプロヴィンシア繞壁模倣を種, るるヘクトール思はず引きて, るるヘロドタスの印度, るるベナレス市には毎年大祭, るるベースボール即ち攻城的砲術, るるマンゴーも新鮮, るるメスがあくまで, るるモッブ騒ぎを見, るるリボンの幅, るるロベルト・マイアーは最もよく, るるの動物たる, るる一二年にし, るる一場の咄弁, るる一対の男女, るる一朝の好餌, るる一束の交差, るる一機に引続き, るる一片の木葉, るる一瞬の, るる一種独特の香, るる一種野外の祭場, るる一箇の生首, るる一羽の赤蜻蛉, るる一般向きのもの, るる一般普通の誤, るる一行諸君の熱情, るる一言にかかっ, るる一連の囚徒, るる一部分の国民, るる一間ばかりの処, るる一階一階また一階, るる一面がある, るる七兵衛とを見比べ, るる三保の浦, るる三味線太鼓鼓の音, るる三峰川か甲斐, るる三日前に仏, るる三角測量標を有, るる三通の書付, るる上宝村はさすが, るる上様のお, るるで死際, るる下枝の梢, るる下水と小橋, るる下水道の地下, るる不公平をも匡正, るる不幸を恨み, るる不断の努力, るる不知火である, るる世々にと結ぶ, るる世の中である, るる岸を, るる中人の悪き, るる水之, るる主上叡感有りて, るるを眺め, るる九星術天源術淘宮術のごとき, るる也両岸は大, るるの微力, るる予定となっ, るる事がらの絶対価値, るる事なき一つの願望, るる事ゆえ別して御, るる事七八十間其処でまた, るる事三年乃ち元治元年なり, るる事二三段にも及び, るる事千百歳この獅, るる事奇怪なりとて, るる事實を聞く, るる事尊敬慶賀無上に御座候, るる事想像の外, るる事数年に及び, るる事火を見る, るる事百年ばかり早, るる事虎のごとく, るる事蹟はそれだけ, るる二人の童子, るる二十七年後の安永七年, るる二疊敷土鍋一つでらち, るる二種の恐ろしい, るる五人の衆, るる五十戸から成る, るる五行支干の占法, るるのほとり, るる井出の小車, るる交情となりぬ, るるまでは余, るる人少なからぬ, るる人情の大, るる人格の尊敬, るる人民が多く, るる人物批評に対して, るる人肉食用の風習, るる人道の上, るる人道主義なるもの, るる人間の喚ぶ, るる人間世界では進歩, るる人間愛と火, るる今朝のあ, るる仏法を改革, るる仔牛のよう, るる仕事の全体, るる仕方で杖, るる仕組みにし, るる以上この期待, るる以上われら家人として一応, るる以前からすでに, るる以外には何等, るる仲働きの婢, るる仲間なの, るる会社の社長, るる伶人のうた, るる伽婁羅炎という火, るる佐々木定綱高綱らの末裔, るる佐幕派の人たち, るる何等の形, るる余り畏れ入りて静まり落ち着く, るる余裕もなき, るるをみな上演, るる作品を仔細, るる作法に反する, るる吟が, るる使人等の一行, るる価値がなくなってる, るる便宜がある, るる俗人は五感, るる保勝会の小笠原氏, るる信濃のやま, るる個人所蔵の浮世絵展覧会, るる倭王武の宋, るる匠である, るる近く歩み寄っ, るる傑作佳作である, るる備後どのはまた, るる傾きがある, るる傾有之ため, るるに六七丁, るるであるが, るる僥倖児と後人, るるの文観, るる僧侶でさえ正, るるあらずや, るるかと床しい, るるは五番町, るる先輩の著書, るる光明皇后は佐保山, るるを見かえり, るる入り江が高潮, るる入船出船の酒宴, るる入谷ぢかくに育英舎, るる八畳の書斎, るる八蔵という悪, るる公園の尤物, るる公園下までの通り, るる公式をそのまま, るる公議輿論の相, るる公責は同じ, るる共同生活が仕事, るる見れば, るる其の岩が, るる其前途に落ち, るる其日其日の生活, るる具にあえて超自然事, るる具体的の自然現象, るるには必ず, るる内反刀とともに, るる内容が内面的必然, るる内山愚童の死顔, るる内部の河, るる円卓子の騎士達, るるの畑そこ, るる冬木は鉈, るる冬草のごとく, るる冷汗跣足に成り, るる凡ての説話, るる処女の顔, るる処親平左右, るる出水のよう, るる分配である, るる分量にはおのずから, るる初代歌川豊国なり, るる初夏晴天の日, るる利己心の妨げ, るる制裁は時に, るる前兆だったと, るる前後の年ごろ, るる前米沢の城下, るる剣槍の場, るる創建清眞寺碑が現存, るる労働をも厭わざる, るる労力の量, るる労苦を忍び, るる勇敢な男女, るる勇気をえんた, るる動機となる, るる勝川春章なりとす, るる勝恵上人をお, るる勝敗は児戯, るるひ鳥七面鳥, るる勢いに駆られ, るる化粧品の瓶, るる北国の空, るる北欧の詩人, るる北海の荒浪, るる北魚沼郡の湯谷村, るる十七八のぬれ, るる十分な資格, るる十和田湖畔の十和田神社, るる十年前の造営, るる卍字は仏教起原, るる占断者の言, るる卯の花の朝露, るる印象は何, るる危さを感じ, るる危急な場合, るる危険甚大で追撃, るる卿らが渡世, るる厳重無比な警戒, るる友人との争闘, るる嬰, るる双方の得失, るる反復現象は常に, るる反故屑を踏みつけ, るる反面民族感情や, るる受驗生の天子, るる口惜しさ悲し, るる古い直垂から, るる古き浅葱色の, るる古今時勢の相違, るる古墳があり, るる古川九兵衛箕浦大内蔵, るるからざる, るる可憐なる率直さ, るる可能性がある, るる司令長官から通行券, るる合祀の弊害, るる吉凶鑑定法に二種, るる吉日お支度, るる吉田兼好と知った, るる吉野山の桜, るる同情の上, るる同感を誘起, るる同然だ, るる吐息に縺, るる否認された革命, るる吾友よ, るる吾身のはか, るる吾輩も手, るる味方と共に夾石道方面, るる呵責の中, るる和らぎじつに爽快, るる和魂の物蔭, るる哀しさも, るる哀韻を見のがし得ない, るるがある, るる哲人の愁思, るる唐招提寺の講堂, るる唱歌の声, るる商品の外延利用, るる商売である, るるの理想, るる善しあの様, るる善根の果報, るる喜びである, るる嗟嘆して, るるの原因, るる器物や食物, るるさもあれ, るる囚人が全く, るる四つ手網今ぞ盛夏, るる四国路の山, るる回教諸国などなかなか, るる因果の法, るる因縁による, るる困難もまた, るる囲繞溝渠の一部, るる国なかば菜の花さきぬ富士をあなた, るる国人に向っ, るる国半ば菜の花咲きぬ富士, るる国土こそ道, るる国歩艱難の時, るる国民の内面的精神的, るる国民全体までも両舌, るる土噐も數種, るる土器は四部, るる土塀際を斜, るる土湯村に聖徳太子, るる土製品は極めて, るるを存ぜぬ, るる地下室で味噌, るる地位ではなく, るる地方官の報告, るる地点悉く名ばかり, るる垂穂波風は入日, るるの外, るる垣根越しに白い, るるに蔽, るるの壁, るる城址の森, るるに達する, るる埠止場の火, るるを写す, るる場処もない, るる場合オシラ神はふつう, るる塵袋にも, るる増水波の悲壮, るる声々にとりあつめたる, るる声音に覚え, るるの光, るるかなわれ, るる夕栄を見る, るる夕空を別れ別れ, るる夕立の雨, るる夕顏瀬橋青銅の擬寶珠, るる夕顔瀬橋青銅の擬宝珠, るるない, るる多大な電力, るる多少を知る, るる夜叉垣を引き捨て, るる夜露の音, るる夜風の青き, るる大人がまさしく, るる大兄の為, るる大力というはお, るる大吉の目, るる大学者連の十数名, るる大寺の脆く, るる大師も支那佛教上忘, るる大日沢であるとか, るる大木があっ, るる大河は雨, るる大波のかなた, るる大海の底, るる大炉となり, るる大谷刑部少輔殿, るる大阪弁へ酸, るる大阪言葉は揮發的, るる大黒と鼠, るる天の河の下, るる天上のいづ, るる天樹院の限り, るる天正十一年は迎えられよう, るる天狗か狐, るる天皇陛下の大御, るる天真の仏, るる太陽の光線, るる奉公の道, るる奉納の試合, るる奥様ははや, るる女傑エウクネモスの姿, るる女王と男, るる女神が裳, るる奴僕たること, るる好奇心ではない, るる妄想をやる, るるの子供, るる姉上の身, るる始めのこと, るる始末となりたれ, るる姿我は見る, るる婢女の身, るる子供をウント, るる子供等を見る, るる子女及び父兄, るるを示したる, るる獲の, るる学徒どもの示し, るる学術の依り, るる孫六水火の秘文状それ, るる學者のみならず, るる宇宙の眞理, るる宇宙線の研究, るる安房どのへこれ以上, るる安藤伊賀守稲葉伊予守氏家常陸介らがあり, るる宛然支那の竜同然, るる実体の量, るる実生活的直接性のある, るる客人があります, るるだ, るるを追, るる家内安全五穀豊饒を祈る, るる家居との対照, るる家庭問題予は有害無益, るる容子なり, るる寂しい横町へ, るる富豪にし, るる寒鴉の声, るる覚の, るる将来の大計, るる小さい漣の, るる小さき騒音を, るる小人の銅像, るる小石と共にその, るる小説戲曲評論の類, るる小野さんはその, るる少なくとも半減する, るる少年の身, るるや信玄, るる屋根を, るる山上の垂訓, るる山寺の子ら, るる山裾の草, るる山辺清兵衛の霊, るる山風の身, るる岩石のみである, るる岩窟にはたえず, るるを越す, るるの間, るる島田屋の秋, るる峻嶮なる都市, るる巌峰は大雪山, るる川下も美, るる川柳かな, るる川音を聴い, るる工人一美校生などの日給, るる工藝それは無, るる左傾右傾の如き, るる巨勢君とやらむ, るるを, るる巷林の奥, るる市街に暮, るるに同情, るるの君, るる師弟の名分, るる帽蛇は井, るる平和会議とか何, るる若な, るるを背, るるをわずか, るる幾つかの行事, るる幾百里望めば, るる広大なる土竜, るる広義の, るる度ごとに, るる度毎に甚, るるにつき, るるかな, るるい森林, るる建て物からごく, るる弊私的里の看護婦, るるがある, るる弓長屋の寧子どの, るるの振動, るる弱きもののいかほど, るる弾弓や落ちたら出る, るる弾性分布などがわずか, るる当世だと, るるとなった, るる形勢は既に, るる形容詞或は附加言, るる形迹がある, るるの波, るる彫像のごとく, るる影さへもなく, るる役人となる, るる彼女は前後, るる往時は罪, るる征矢の形, るる径路を案ずべし, るる待ち居り我, るる後ろ髪を切り払い, るる後家のかみ, るる徒然草という草紙, るるのいか, るる御許ら母子につれな, るる心安さも, るる心強ければただ, るる心持がした, るる心掛け差配の, るる心緒は熊本籠城, るる心苦しさ, るる心覚なの, るる嬉しからぬ, るるさに, るる快感を味わいたかった, るるに富ん, るる怒り肩は稜々, るる思いして悚然, るる思し召しか, るる思ひあれば羊裘児, るる思へばお, るる思兼神と中宮寺, るる思想であって, るる性質のもの, るる怪物とされた, るる怪談なり, るる恋慕のあ, るる恐るべき水の, るる恐ろしい内容でございました, るる恥しさも, るる恩恵である, るる恭順のこころ, るる悔しき時も, るる悦びよ, るる悪人である, るる悪質なメキシコドル, るる悪銭は実に, るる悪魔の表情, るる悲しさを, るる情操が如何なる, るる情景にふれる, るる惣七どのじゃな, るるれも, るるして, るる想いなの, るる愉快なぜいたくさ, るる意味を斥け, るる意志なりと附会, るる意識の作用, るるに, るる愛子は会釈, るる愛情の煩き, るる愛慕のなげき, るる感情が一般民衆的, るる感想をいう, るる感謝を用意, るる慈眼と, るるはない, るる憂いありまたシャルコンブ, るる憂き髯は, るる懺悔の刃, るる成金もある, るる我々の農神, るる我とは無し, るる我心そことし, るる戦場が原, るる戰車に立ち, るる戰鬪の休息, るる房吉はやがて, るる所有り, るる所謂シシ踊りなるもの, るるに袂, るる手代風情としかも, るる手当は割い, るる手杵の功用, るる手段として一, るる手段方法については多く, るる折しも人の, るる折綱金時が宿直, るる招魂社の片, るる持主をさえ呪い, るる掛念のない, るる掛物が武家, るる探偵ものはいかなる, るる接頭語接尾語などを整理, るるめく黒髪, るる支那では趙孝趙禮, るる支那人には此, るる支那大衆の或, るる支那料理に於, るる改良種は平均百八十個, るる放縦と我儘, るる政治上の一派, るる政談演説を聴き, るる教訓に触れ, るるでなし, るる数多の消えた, るる数多きは狼窟, るる数日これまた帰国, るる数時間前からずっと, るる敵手のま, るる文明の泥澤, るる文章のかへつて沈痛悲壯, るる斎藤方の大沢治郎左衛門, るる料理屋兼居酒屋にも集まっ, るる斜陽が淋しく, るるる悪戯, るる新しき文学新しき, るる方はるかに勝るべし, るる方便仮説が現実, るる方向について再び, るる日の出と日没, るる日中の, るる日南の臥竜, るる日室内明照日光のごとく, るる日影鮮やかに落ち, るる日本橋京橋付近は小, るる旧劇中殊に義太夫物, るるにおいて昨夜, るる早瀬もあり, るる昆虫を見, るる昌平学校へ行こう, るる明星を, るる明暗の区劃, るる明石正風どのには近衛家, るるではこうした, るる星影を, るる春光と平和, るる昨今大本教が頭, るる是空の色, るる是認された反乱, るる時それはすでに, るる時にあらず我汝, るる時の間を, るる時はるかに救援隊, るる時われわれはわれわれ, るる時一段まばゆき天気, るる時七兵衛の船, るる時乗客は再び, るる時偶像は死滅, るる時傍に立った, るる時刻と番組, るる時勢を傍観, るる時吾人はそれ, るる時大地の色彩, るる時夫人の姿, るる時尾まず出, るる時島田の身, るる時彼は答える, るる時微かに卑人, るる時無限なる自由, るる時父の恋しき, るる時神の膝, るる時節は来れり, るる時群集を襲う, るる時間の余裕, るる時間通り働きづめ, るる時随行して, るるでご, るる智恵多き少年, るる智者の相, るる暖かさ, るる暗室ここが八, るる暦書あり, るる書家の書, るる最後の瞬間, るる最近留学して, るる最高のもの, るる月日を累, るる月陰の地表, るる有用な知識, るる朋党の瞞しあい, るるは得意先, るるのよう, るる朝露の音, るる木偶のよう, るる木屑がシュッシュッ, るる木造のみ仏, るる未知の歌, るるは五本, るる材質の緻密堅牢, るるはありますまい, るる村落の被害, るる何とも心得, るる東人は多く, るる松原の中, るる松柏の梢, るる板場の扱, るる枚数が二千枚内外, るるも知らず, るる枯葉の音, るる女史の, るるかな指先, るる柳田君から親切, るる栄耀も物, るる栗鼠の今, るる根拠は幾つ, るる格子戸は向う, るる桂米団治の, るるの下枝, るる桑畑の茂り, るる桜湯を半分, るるの色, るるが一本, るるなし小舟, るる棟梁株とはかねてから, るるの恐怖, るる植村利夫君からの御, るる楊貴妃の幽霊, るるの象, るるの色, るる楽しい歌劇では, るる楽節において彼女, るるの實, るるの木の葉, るる様々な玩具, るるの下, るる標準をもっ, るる権利を有し, るる横雲の空, るる橋いくつ舟くぐらせて, るる機巧に関するもの, るる檜木笠の匂い, るるの太鼓, るるの祈祷, るる武士その物, るる歯痒さ恨めし, るる歳月を知らず, るるぬる婬, るる死んでも立派, るる死体の一つ一つ, るる死別もあれ, るる死骸であった, るる殆ど虚日なし, るる殊勝な色, るる残りの部分, るる残雪の丘, るる殺生は私, るる殿の軍勢, るる殿光秀さまを取り囲み, るる母これなら必ず, るるへの切, るる民主主義の社会, るる民間説話に島, るる気遣いはない, るる水勢のしぶき, るる水戸浪士の通過, るる水流を求め, るる水無神社神官らが月給, るる水照の影, るる水色のきぬ, るる水草はたちまち, るる水野筑後の一行, るる永い永い小説は, るる永遠の思慕, るるの蘆, るる汗汗を拭き落とす, るる汗顎までした, るる江戸伝来の演劇, るる江河のほとり, るる決勝点なきにし, るる汽船のやがて, るる沈默の深み, るる沸きたった力強い, るるあり, るる法然房に懺悔, るる法起寺及び法輪寺, るる法隆寺の諸, るる洋画展覧会などの出品, るる洗髪の島田, るる活力の鼓動, るる活動的自己主張的の内容, るるの文, るる流鏑馬はいずれ, るる浅ましさより, るる浜方屈竟の阿, るる浩一に生き写し, るるの勢, るる浪子は勇, るる浴槽が二つ, るる海上遠く去る如し, るる海女が二人, るる海神が地, るる海蛇あるは, るる涙止めぞかねつる, るるれ女, るる苦の, るる深山の奥, るる深度に達し, るる深憂ともなった, るる深淵たるパリー, るる清らかさを私, るる清川の言葉, るるも峙つ, るるの輪, るる温室仕立の野菜, るるにあり, るるは, るる枝を, るる満枝の姿, るる満蒙の地, るる溺愛のため, るる滴々のもの, るる演劇とフィルム劇, るる漠然としたものの, るる潜流である, るるの黒髪, るる激烈な生存競争, るる濃き色は, るるの水, るる濡髪となる, るる瀧川の, るるの粒, るる火花が地平, るる灯影にかしこまる, るる炎暑の候, るる為したり, るるをお, るる無く夜叉羅刹を, るる無意味の金嵩, るる無数の小説, るる無料の劇場, るる無血革命平和主義の文化国家建設, るる無邪気なもの, るる無頼の婦女子, るる煩悩はかえって, るるの譫言, るる燈火の下, るる爆発の暗雲, るる爭鬪の, るる牛込早稲田大隈伯爵家の台所, るる牛馬羊のごとき, るる牡蠣殻のはきだめ, るる牧場に立て, るる牧童ら容易く認め知る如く, るる物語の中, るる物象を平時, るる物質の微粒子, るる特別の人, るる特異の現象, るるの川, るる犠牲というもの, るる犬等のゆらめき, るる状態に立, るる状況如何により, るる狂的な人間, るるの譚中, るる狩野直喜君が支那, るる狭山九郎太氏は今, るる狹霧路岐を, るる猟人らの不安, るる猪児の似く, るる猫又殿にも御, るる猿橋に近く, るると亀, るる獅子のごと, るるにし, るる獸骨貝殼の中, るるの緒, るる王妃マリイ・アントワネットの所蔵品, るる王昭君のよう, るる王羲之畫家の聖, るる珍奇なる南方, るるさへ, るる現代の支那, るる現実の醜い, るる現実家の狂熱的夢想, るる現象を含ん, るる球磨川の上流地方, るる理窟ツぽき思想, るる瓶鉢の類, るる甘いものであった, るる生き死にの途, るる生活がある, るる用語を調べ, るる用途もや, るる田植踊りいわゆる, るる由小生は, るる由目黒の叔母, るる甲斐もなき, るる男の子です, るる男らしい活動を, るる男共であればこそ, るるの空, るる町並の息子, るる畏敬と哀惜, るる留まらん名をば, るる留南木の薫, るる留学生には主として, るる畜生谷なるもの, るるに乾, るるに中った, るる民族は, るる異形の屏風巌, るる異風なり, るるは五つ穴窓, るる病者救治の秘方, るる病臥の惱みの, るる痕跡で叢林, るる白い羽虫の, るる白川の関, るる白牛の, るる白糸を見, るる白馬を尊ぶ, るる白髪の翁, るる白鳳の光り, るる百合の花, るる皇学中心の運動, るるを女, るる目の下近く水が躍っ, るる目標となり, るる目的を立て, るる直ぐにこれへ, るる直前にその, るる真中に舟, るる真実から, るる真理の多寡, るる真白の上衣, るる眺望の壮大, るるひらきて, るる瞳冬の日, るるを軽く, るる矛盾多い問題, るる知識人は奴隷, るるであった, るる石つぶてかひなき, るる石井夫人は一座, るる石工が幾人, るる砂塵の荒廃, るる破船の火, るる硫酸の類, るる教育も, るる社会に独り正直, るる社会主義とてもそれ, るる祖霊供養であって, るる神これがわれ等, るる神婚説話も殆, るる神様でございまして, るる神社とてはなるべく, るる神話もしくは説話, るる神龕の前, るる祭祀に関する神話其他之, るる禁獄の身, るるを神アポローン, るる秀吉からすっかり, るる私有邸となっ, るる秋ざくらよく見, るる秋海棠の花, るる秋軍隊また大いに, るる秋雲のよう, るる科学的機械的技術をも含む, るる秩序はあるいは, るる程一生懸命にやっ, るる程彼は枕, るる程犬千代は貴女, るる堅い茵, るる稗史小説を多く, るる種類の物, るる稲村をボウト, るる稲荷神社の直, るる稻荷神社の直, るる穉子の如く, るる空想ではなく, るる空間だに猶, るる空間意識なの, るるをう, るる立ち待つと将, るる立像にある, るる立場が一つ, るる章魚太刀魚烏賊の類, るる童子らはうち, るるひ声, るる笑止や正直一途, るる笑顔を肩共, るるの節, るる笛鼓太鼓は芝居, るる第一人者たちはいずれ, るる第三国に取っ, るるが対象, るるその善き, るる等仏教の生活化, るる等僅かに必要, るる筑波組は三百余名, るるなしと, るる箇条であろう柔, るる入娘, るる節約を思う, るる簡単なる場合, るる米友はまた, るる米国人すらカリフォルニア, るる精気に絶えず, るる精神分析的に, るる精神生活の自由, るる精神的内容はいくらでも, るる精霊の姿, るるは, るる糸ざくら西洋婦人濡れて, るる糸柳の, るる約束定まりなお, るるその乳, るる紅紫緑の洋傘, るる紅葉かな, るる納屋を有し, るる粹の, るる素地をこしらえ, るるひくき根, るる結果あたかも特別, るる結界の社, るるのごとく, るる絶望状態で何, るるの真綿, るる綱手縄たゆたふ, るる緋房の籠, るるの黒髪, るる縦横に樹林, るる縮緬も緋桃, るる罌粟の花, るる罪人のごとく, るるのよう, るる群禽のこゑ, るる群集がかたまっ, るるがあった, るる習いだから, るる習いなることは, るる老人を君, るる老婢は彼, るる老父の姿, るる者ことさらに悪, るる者ただ一万人残る, るる者ひとりも世, るる者ゆえ厭い嫌いて, るる者協和なり到底, るる者多くは軽薄, るる者多く自己にのみ忠, るる者大罪たり, るる者藁をもつかむ, るる耳飾には二種, るる聖殿に対しては人, るる職分のごとき, るる肉交のみが正し, るる肖像画家なりとの事, るる胡椒刈り干せ, るる胴体は二つ, るる能はずなりぬ, るる能わざらしめ, るる能わざりしを察す, るる能わず同女, るる能わずしてしかも, るる能楽会の大, るる腫物が外部, るる腰元の青柳, るるに紅, るる臆病者に御座候間, るる痴に, るる自らを見出さね, るる自己否定的の傾向, るる興味なり, るるに顔じゅう, るる舞踏や劇, るる舟中の人, るる船橋蒔絵硯筥をみた, るる良人はあり, るる色黄なる狂犬, るる芙蓉は丈, るる花吹雪が台所, るる花華として仰がれ, るる芸術的探偵小説などという名, るるの皮, るる苛酷なお, るる苛酷さはただ, るる若草のご, るる若葉の下, るる苦しさ港なる, るる苦悩に堪へざる, るる苧糸の桶, るる英国人バチェラー氏らとともに長官, るる揉み唄, るるだけしっかり, るる草奇異の香木, るる草木の葉, るる荒漠千里の大, るる莫大な燃料, るる華民の友国, るるの上露, るる葡萄酒で麻酔剤, るる蒲壽庚の富有, るる蒸汽ほども真実味, るるが原, るる明りが, るる薄倖の彼, るる薄紫にまがう, るる薩摩芋がお, るる薬師如来坐像及び虚空蔵菩薩, るる薬礼の礼, るる藍光の目, るる藍色の川, るる藐姑の山, るる藤原文化の地上, るる藤浪の下, るる藤袴哀れはかけよ, るる藩士でさえあっ, るるが唄うた, るるでまことに, るる處女の目付, るる虚偽と自, るるかとばかり暗夜, るるのやはら, るる蛮軍を追って, るるの甘き, るるのコーラス, るる蝶々かな, るるの如く, るる血汐留めんと, るる血液を湛, るるを抑, るる衆人親しく之, るる行き止まりの一つ, るる行為において最も, るる街道の杉並木, るる衝動となる, るる衣服の紋樣, るる衣食に由つて露命, るる表出の程度, るる裏町は大雨, るるに例, るるの紅, るる褄紅に足, るる襦袢と指, るる西村重長の門人鈴木春信, るる西洋館さえ青異人, るる見地においてであっ, るる見込みがある, るる覚えはなし, るる親しみは故郷, るる親たちまた当の, るる観月のお, るる観音勢至の金像, るる角川家の一人息子, るる角製の管, るるなれども, るる言ひたい事は此方, るるに湛, るる計画で時間, るる記述毎に鶏, るる記録に至っ, るる証拠だ, るる試煉によって牢獄, るる誘惑を感ずる, るるがこもっ, るるの少なから, るる誰それはチベット, るる誰一人いまだかつて官権, るる蛇を, るる諸公が, るる諸王諸臣, るる諸賢に女史, るるを見, るる講堂及びその, るるとて黍, るる議論で良家, るる谷底いでて, るる谷村のをち, るる谿に吾, るるの音がちょうどあられのようにいかめしい中, るる豆柿に小鳥, るる豊かな水, るる豊臣太閤の木像, るるの鼻どこ, るるありながら, るる財産の分配, るる貨物の代価, るる責苦に相違, るる貯蔵法であった, るる貴公は倖, るる貴婦人がお里, るる貴方の過ちゆえ私, るる貴殿があの, るる資格ありとの, るると七月, るる賠償拂ふを, るる贖罪の金, るる贖罪金もまた, るる赤きロンドン赤き, るる赤熱よ, るる赤色物質の塊, るる赤鬼青鬼退治の古式, るる足鎖の細工, るる距離に在る, るるを心, るる路加伝が来世, るる路地を私通りがかり, るる身ゆえに職人ども, るる身体をもっ, るる身分であるか, るる軌儀は上世, るる軍馬が一時, るるさ, るる辛らさ, るる打てど, るる迄は持続するであらう, るる迄もなし我々, るる近代の文明, るる近代思想は彼等少年, るる近藤勇土方歳三らはもと徳川, るる述べてあつ, るる迷信に本, るる迷誤より来った, るる途中ゼエスハウプトにて水, るる通りここまで来, るる通り二足四足多足等支那等の竜, るる通り僕には妻, るる通り忠通の威勢, るる通り我は大学, るる通り曹操は相国曹参, るる通り造物主の創意, るる通り首がない, るる進歩上下両院と下層民衆, るるではござりませぬ, るる運動のうち, るる運転手高辻の死体, るる過去ですら, るる過程は, るる道徳観を持する, るる道理ではない, るる道筋などを尋ね, るる遭遇と言え, るる那須嶽連山の嶺, るるといえり, るる郡情を, るる郡望の旧例, るる都合であったから, るるの親達, るる鄙陋なれば, るるこそよい, るる酒料の胸算用, るる酩酊者にとっては一つ, るる醜い暗黒な, るるの子, るる重量で竜, るる野末の花, るる野猪をも山立姫, るる野路の村雨, るる野辺をいづく, るる金屬の堅き, るる金田一文学士に対してこの, るる金茶の眼, るる金髪は首打振り, るるの下, るるのよう, るる鉄砂で黒く, るると笛, るるの烟, るる銀浪は前, るる鋼鉄の小さな, るる錯誤を新聞機関, るる鎖命の友綱, るる鏡台の引出, るる囲難攻の, るる長大なる雪渓, るる長岡様岩間様には寸毫, るるの薄寒き, るる門番の狂言, るる間三十分許り応接間, るる間宮英宗師は禅僧中まれ, るる関係であろう, るる関平に於, るる疑ひて, るる限り国策遂行のため必要, るる限り生殺与奪というもの, るるなく伏まろび候, るる障害物を意, るる雄鶏に比べ, るる雑多な非, るる雨後の夕, るる雨雲の下, るる雪梢に宿れる, るる雪片のよう, るる雲仙の序曲, るると輝く, るる霊魂滅亡論と一致, るる霜月丑の日の田の神, るるの奥, るるのたえ, るるの幸想, るる青ぺらの鍔, るる青山のよう, るる青白い顔が, るる青簾のスラリ, るる青葉の雫, るるの霊, るるざれば, るる非凡の技量, るる面色した時, るる革命的兵器出現の可能性, るる音焔は目, るる音立昇る土, るる響いとど怪しう, るる頃函館に着き, るる頃大軍を南下, るる頃山田の温泉, るる頃雉子ヶ洞の方角, るる頬四肢にし, るるの音, るるや, るる頸元に沸, るる題目は悉く, るるを見る, るるなる, るる顔つきは我親, るる類似をかぎつける, るる風俗で黒七子, るる風来坊が飛び込ん, るる風習にならつ, るる風聞があった, るる飛騨の山家, るる食道楽会の諸君, るる飯粒を防ぎ, るるり遂に, るるは生憎, るる香気と尊厳, るる香蔵を笑えなかった, るる香薬師寺とよぶ, るるも車, るる馬車より城, るるを止め, るる駕籠をジャブジャブ, るる騎馬大将もなか, るるなし男, るる髑髏の丘, るるさ四百八十尺に, るる高原を悠々閑々, るる高原王子は八百歳, るるかき上げて, るる鬢髪の一すじ一すじ, るる魂のをさ, るる魏軍を追って, るるあり, るる魚属の頓生菩提, るる魯粛は孫権, るるの数, るる鮮血が雨路, るる鰐淵方は塵一筋, るる鳥居清長の嶄然, るる鳥獣がその, るる鳴物は独り三絃, るるの舞う, るる鴛鴦のをしき, るるのいとど, るる鶏頭の花白菊, るる替の, るる鹿ではない, るる鹿供養の石碑, るる麗らかなれば, るるの穂, るる麦畑のよう, るる麻布のマミ穴, るる黄葉は, るる黒い水面に, るる黒紋附に白袴, るる黒髪娘は門, るる黒髪小袖の褄, るるい色, るるの緒, るる鼠声啼けり飽くなき, るる鼠暫あり, るるのごとき, るる!≫と言いたくなる