青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

られる~ らん~ ~り り~ りき~ ~りっぱ りっぱ~ ~りました ~ります ~る
る~
るべき~ ~るる るる~ ~れ れ~ れし~ れず~ ~れた れた~ れたら~

「る~」 60686, 656ppm, 137位

▼ る~ (3816, 6.3%)

82 云ふ 72 いふこと 38 いふの 25 思ふ 22 私は 18 彼は 16 雖も 14 云々, 急に, 言ふ 13 いふ事, 平次は 12 それは 11 今度は, 聞いて 10 いうと, すれば 9 いふ, しようか, 何か, 思つた, 思ひます, 自分の 7 いえども, いふと, いふので, しよう, なると, まっすぐ帰宅, 僕は, 思ふの, 私の, 見れば 6 いへども, すぐに, 云うこと, 云ふこ, 同じよう, 彼女は, 直ぐに 5 いって, がる文, なれば, 彼の, 橋の, 此の, 見えて

4 [24件] ある, いう, いうので, いうより, いっても, これは, しの, すると, それが, それを, 云うが, 云うの, 云って, 云つた, 右の, 女は, 思ふて, 斉しく, 早や, 渠は, 考へて, 聞く, 見て, 言った

3 [52件] あれば, いい, いきなり闇, いつて, いふもの, この有, これが, さすがに, しようよ, する, そこに, そのま, 一と, 不可いから, 中から, 二人は, 云, 云うて, 云う事, 云っても, 云つてある, 云はれ, 云ふと, 今の, 他の, 何を, 元の, 八五郎は, 同様に, 妹は, 屋井の, 山の, 平次の, 平次も, 思つてゐた, 思つてゐる, 思ひますか, 思ひますが, 思ふと, 意地も, 申して, 目の, 眼を, 私が, 秋の, 自分は, 著け, 見える, 見るや, 言つた, 言ひ出した, 非常に

2 [169件] あの孃子, あり, あるから, いうでは, いうよりも, いきなり, いきなり後ろ, いつしよ, いつた, いつでも, いふから, いふに, いふわけ, いふ語は, いま一人は, いろ, お熊, かの女, きくと, この女, これからが, これも, こんどは, したらどんな, しも, し其一通, すぐその, すぐ帰り, そこの, その子供, その足, それとは, それの, どういふ, はじめて泪, まっすぐ宿, やがて自活生活, わたしの, ハタと, パタリと, フト後ろを, プーンと, 一人の, 一同は, 一足先に, 下には, 下人は, 不意に, 主人は, 二人とも, 二階の, 云うから, 云うは, 云うよう, 云ふも, 五代の, 京都へ, 人に, 今まで, 今日は, 何かの, 何といふ, 何の, 何よりも, 何んの, 信じた, 信ぜられて, 信一郎は, 信吾は, 先刻の, 其處に, 前の, 勢よく, 医者は, 千代子は, 南の, 即座に, 同じである, 同じ程度, 同時にその, 同様の, 同程度, 向うから, 否とに, 唐の, 問えば, 堤防の, 夏の, 多緒子, 大變, 天下の, 奧さんが, 妻は, 婦人は, 孔子が, 家の, 山野, 弟は, 後に, 後へも, 後ろから, 心からの, 思うて, 思つたから, 思ひ込んで, 思ふか, 思ふもの, 承知せん, 抵抗が, 掘り出して, 教へ, 斉く, 斯う, 日は, 旦那は, 早速ノート, 昨夜の, 晩餉の, 智惠子は, 札の, 枝が, 欣, 此有樣で, 母の, 水兵達は, 氷峰は, 流石に, 渠の, 溜つて居る, 熱いの, 燒け, 玄徳は, 生命が, 異る, 眼の, 石田, 突然何物, 総江, 縱横に, 考へられて, 聞くや, 聞り, 自分も, 船は, 蒲姓の, 虎が, 衝立の, 襖に, 襟を, 見せて, 言うて, 言つて出, 言つて出たつ, 言はれる, 言ひ知れぬ, 誰でも, 路は, 身体を, 途中で, 遺書にも, 部屋の, 銘々の, 雪の, 馬の, 馳け, 駄目です, 骨が, 高い露骨, 齒の

1 [2630件 抜粋] ああいう, あとは, あには, あの有, あぶないと, あり第, ある商店, いいすだれ, いいなどとは, いい散歩, いうならしばらく, いうには, いうまでの, いきなりお先煙草, いきなり光, いきなり洒落た, いきなり錢形平次, いけないから, いったらしい, いつたら意外, いつの間にか喙, いひすべて, いふところ, いふべきで煩悶衝動, いふ勢で, いよいよ危, うつちやつて置い, おそろしく動搖, おまへは, お刺身, お医師様, お定まり, お幽, お杉, お葉, お霜, かっと真紅, がる国リスボン市ばいろ, きまって吐ざく, くみ子も, こ, ここにも, このお玉, この卦, この家, この男, これを, さきを, さもうま, したならば, しとやかに, しませう, すぐから, すぐ下谷, すぐ夢, すぐ支度, すぐ解ります, すさまじい雨, すつかり有頂天, すなわち偶合論, するも, そいつを, そこ一面に, そのたび, その勢力, その後ろ姿, その發動機船, その胸倉, その金, それから, それだけが, それと異, ぞろぞろと, たちまち吝く, ためらひ, ちょうどいい柔か, ついほか, つぶやくさ, でつぷり肥つた店, どうかする, どの人物, なかなか地下茎, なしに, なりなかすと, なんだか新鮮, はたし合, ひげ, ぴつたりとやめてしまふんだもの何とか, ふつと, べらの, ほんとに眼, また, またふらふら, また安心, また皺枯, まだ銀座あたり, まるで, まるで手, みゆること, もうこの, もうそれ以上, もう今, もう滿潮時, もう豹一, もう鼾, やがてうと, やがて足, やつぱしお百姓さんで, やれ御, よく冗談, わしの, われ勝ちに, カラ夢中だ, ガランドウと, コツプを, サンボアから, セイセイ呼吸が, ダッシー八田氏京都より, バラ, ヒリ, フト足を, ボサッカの, リトレの, ロメーンスの, 一册, 一向この, 一寸學校, 一度毛, 一方の, 一瞬照し出された, 一葉の, 一體私は, 丁度向, 七百十九年か, 三津の, 上野の, 不図満里子君, 世界が, 中間三人は, 予定を, 二人が, 二日も, 云々又, 云い朱子, 云うこれから愈々, 云うのに, 云う巡礼敵討, 云う条件, 云う者, 云う黙算, 云つたら, 云つて元, 云つて見, 云ひ得る, 云ふんです, 五人の, 井田はさも, 人々は, 人ッ子一人通らねえ, 人畜牛馬煎餅の, 人間らしい気息, 今井君の, 今日まで, 今私が, 以前は, 仲間は, 伊豆石で, 伝染病発生の, 低くな, 何だかかな, 何は, 何やら往來, 何一つ室を, 何故に, 何者か, 余程奇態, 例に, 保線に, 信じ虎, 俺の, 側臣の, 僕等は, 元禄三年, 先づ非常に, 先程驛の, 全然ウダツ, 八五郎が, 八畳の, 其の動作, 其儘寝室の, 其処に, 其處には, 内から, 再び百軒一萬兩, 処々に, 分つたなら, 利助の, 前線に, 助十, 北海道で, 十日程前に, 千恵プロの, 南海通の, 却つて未練が, 原稿料がかは, 又お, 又同じ, 又麻雀, 収容病室から, 取れるし, 可いんです, 右側に, 各, 同じくおのずから向かうべき, 同じく例えば, 同じく正直, 同じだ, 同じ雲, 同時にただ, 同時に一方, 同時に大, 同時に社内, 同時に警部補, 同時に陰鬱, 同様人々が, 同様縦に, 向う脛は, 吝嗇な, 告白せざる, 品川へ, 唱えながら, 四つ又は, 困るからね, 土屋, 地を, 地震が, 城将与えず, 増田は, 夕靄が, 多數人民, 大いそぎ, 大の, 大層目方, 大概時雨が, 大阪の, 天下は, 天子は, 天道樣も, 太都夫は, 奧深く, 女護の, 好かつたと, 姉の, 娘一人を, 子供たちが, 孝子が, 孫呉の, 安行は, 客と, 家中が, 富五郎が, 寢臺の, 将軍家は, 小一町, 小屋全体が, 少しよろ, 屋根の, 山一を, 屹度僻んだ, 岩屋観音が, 崖の, 川の, 左膳の, 平家村といふ, 幸ひ, 幾度でも, 店頭の, 庵の, 弦四郎は, 強く首, 当の目的物以外, 役者だって, 彼方の, 往生で, 従え前, 御正月, 心ある, 必うしろの, 必要に, 忽ちうと, 怒るかも, 思うが, 思うは, 思ってるちうの, 思つたに, 思はしむ, 思はる, 思ひながらも, 思ひも, 思ふこと, 思ふわ, 思へば, 急ぐ必要, 恐らくどうにも, 恰で, 愛に, 憎いどころか, 懷から, 我は, 戸立蜘蛛の, 手を, 手提袋を, 打越金彌, 振って, 支那の, 教頭身構を, 文吾は, 斬る程, 方角という, 日が, 日本より, 早速マースター・サイモン, 明日は, 昔淀川の, 是迄とは, 晝見, 智情意の, 曇って, 曹操は, 最早全く知らない, 月丸が, 朝廷から, 本州中部は, 村は, 東西南, 松火を, 柔順に, 桃青居士の, 梅子が, 楽士が, 欄間を, 此処の, 此方へ, 武の, 殆ど眼, 殷時代から, 母親は, 気絶する, 水, 求めざるとを, 決つて居る, 波の, 津村の, 消すを, 清ちやんは, 渡良瀬川朝日出づる頃より, 湖畔には, 溢れた襦袢, 漏斗の, 激しい落胆, 火口からの, 無数のや, 煙の, 熊に, 燭台に, 片岡千恵蔵迎ひ, 牛は, 狂人が, 猶も追, 珠數草の, 琵琶湖が, 甚三郎は, 田原は, 申します, 男も, 畑も, 畫は, 當時の, 病院の, 白紫陽花の, 皆んな血だつた, 盤台面の, 目眩し, 直ぐ八五郎, 直ぐ店に, 直ぐ次, 直に二階, 相模屋といふ, 真実の, 眼で, 矢がは, 矢張り儒教と, 知つて造りたら, 石子刑事は, 碌なこた, 祖母ををが, 禅骨も, 私たちは, 私には, 称して, 穴の, 突然ワツ, 立ちどまつた, 竹屋春光子の, 第一, 等しく困難, 等しく茲, 簡單な, 紅葉が, 細君から, 結ばれた糸, 綺麗に, 縁側の, 美味しくなります, 考うる, 考へたで, 聞いたが, 聞かされて, 肉が, 胸中幾分か, 腰元の, 自分で, 自動車が, 自轉車, 舞臺に, 船堀の, 色の, 若殿様も, 苦も, 草双紙の, 菊五郎氏の, 落ち相, 薄ッぺら, 虫落ち, 蛇に, 蜂は, 行く手の, 裏の, 西と, 要するに根本, 見えつ, 見せかけあの, 見も, 見る目, 見込んだらう, 覚しくあなた, 親分は, 解つたと, 言い出した, 言うよりは, 言って, 言つても, 言つて居た, 言つて隣の, 言ひ出し, 言ふん, 設計者は, 話が, 語つた, 誰か, 諸君の, 谷間は, 貴樣達, 赤いおやじさん, 足を, 路地口に, 身ぶるいを, 車夫と, 軍港といふ, 載せたが, 述べられたり, 逃げ出すやうぢ, 通行人は, 道教の, 遠くから, 都おどり, 重昌我等両人率先し, 鈴木に, 銀座裏で, 長押の, 開くやう, 間もなく一斉, 間もなく或, 間もなく若い, 闇ながら, 階下の, 隨分困る, 雨だれの, 雫する, 霊験の, 面倒だ, 順天堂へ, 頼んで, 顫えた, 風早學士は, 首尾よく, 駒次郎の, 驚くべし彼, 鹽を, 默つてその

▼ る~ (3379, 5.6%)

350 である 175 です 13882 でした 72 では 70 を待つ 55 であります 47 だと 3732 ぢや 30 であった 27 だが, だった 24 であるが 22 だから, だつた 2120 を見 19 を見た 17 を感じた 15 を見る 14 であるから 13 さ, ですか 12 だよ, ですから 11 でございます, を待っ 9 ですが, ですね, は誰, を覺 8 かい, が見えた, じゃ, と同じ, は何 7 だらう, だらうと, でしょう, ですよ, もある, を, を待つた, を私, を聞い 6 でありますから, はこの, も無理

5 [15件] かね, が例, であったが, でありますが, であろう, でも, はその, はよく, は勿論, は唯, は實, は當, は私, は自分, を待ち

4 [17件] かえ, が何より, が当然, が早い, が癖, が目的, だらうか, ですけれど, に出, はお, は容易, は煤, は當然, を常, を迎, 手段を, 燈台

3 [32件] かも知れぬ, か僕, がよい, が厭, が好き, が嫌, が常, が本, が精一杯, が見える, が遲, だか, だけれど, だそう, だといふ, であるけれども, であると, でしょうか, はただ, はどう, は一つ, は余り, は君, は少し, も忘れ, をどう, を何, を待つてる, を樂, を無理, を眺め, を邪魔

2 [148件] かえって己, かしら, かそれとも, かそんな, かと驚いた, かどう, かな, かも知れない, か北, がいや, がお, がお前, がこれ, がその, がまざ, がまた, がやっと, がイヤ, が一番, が八五郎, が商, が宜, が当, が心細い, が抑, が押, が早, が普通, が本当, が此, が此方, が習慣, が至当, が賢明, が非常, じや, ださうだ, だし, だとも, だな, だろう, だ相, ぢやらう, であるか, であるといふ, である彼, であろうと, でございますから, でなければ, とは格, と騒ぎまし, ならば, にも逢, はいけない, はいや, はこんな, はそれ, はひどい, はほんの, はまことに, は不作法, は主人, は人, は人間, は今, は今日, は他, は何時, は來, は多く, は多分, は多度, は大抵, は平次, は当り前, は悪い, は日本, は最高, は止む, は此, は氣, は水, は無理, は猫, は見る, は面白い, は餘, は骨, もい, もきかず, も一つ, も変, も知らず, をおぼえた, をききました, を又, を喜ぶ, を平次, を幸, を引つ外し, を彼, を待ちつけた, を待ちました, を待ち伏せ, を待ち兼ね, を御覧, を心配, を恐れ, を感ずる, を承知, を樂しみ, を止めた, を瑠璃子, を目, を知つて, を聞き, を聞く, を見たら, を見ました, を見るであらう, を覚えた, を誰, を追, を遠慮, を防ぎとめる, を防ぐ, 事情あり, 人となりぬ, 出來ぬ, 労を, 問題に, 喩えも, 失態を, 嫌あれ, 必要なき, 念に, 思あり, 意を, 愚を, 感あり, 熱心なき, 熱誠是れなり, 用あらん, 義に, 術と, 観ありき, 途次轉じ, 達人たるよりは

1 [1299件 抜粋] いやに, かいと, かかいもく, かそれ, かと可笑しく, かと思い, かと思っ, かと思はせた, かと思ふ, かと最初, かなと想, かもん, から下書き, か一応, か何, か八, か別れ, か妙, か樹蔭, か湯気, か知れぬ, か良平, か訊い, か酒, がありました, がいちばん, がこ, がこの, がそいつ, がそれ, がどんな, がまざまざ, がまち, がよろしく, がゴールデンゲート, が一寸, が上, が今, が傷, が億劫, が分つ, が危険, が口惜し, が可愛らしく, が名, が困難, が多かろ, が大分遲, が嬉しくっ, が実は, が常に, が当り前, が彼, が待ち遠しく, が快, が怖く, が急, が惜しく, が愉快, が愚か, が探偵, が既に, が明治四十二年, が楽しみ, が死出, が流行, が無理, が生等, が皆, が眼, が神変, が第, が耳立っ, が肝腎, が自分, が自然, が舊石器時代, が落ち, が見え, が認められた, が近い, が過去, が長い, が防げなかつた, が面白い, が順道, が頻々, さ村, じゃぞ, じゃない, じゃ無い, ぞなもし, だあれ, ださうである, だそれ, だつまりさ, だとか, だらうかとも, だろうと, だ何ん, だ槍, だ紀念塔, ぢゃ昼の, であって, でありました, でありますさ, でありません両方, であるこれ, であるため實相, である一分, である早い, である然るに, である而, であろうかと, でございますけれど, でございませう, でしたが, ですかな, です良い, です阿父さん, でない限り自体さ, でなく人, という熱, とただ, となん, とは反, とは各, とは違つて, と乾板, と京極, と共にお, と同, と夕方庭, と煙草, と脳天, と需要, と黒い, ならおらもうこ, なら似合, なら天氣, なら運動, にはどう, には少し, には閉口, にも通, に似, に手間取った, に馴れた, ねえ, はあの, はあり, はい, はいくらでも, はいつ, はおいら, はかあい, はきっと, はこげ, はこれ, はじつは, はそれだけ, はた, はたつた, はつく, はどうも, はなぜ, はなんだか, はまだ, はもの, はよほど, はイヤ, はギセイ, はビジネス, は一人, は一歳, は三度, は下, は下等, は丑松, は主として, は二十三四, は云, は人間的, は今後外國, は以前旗本某, は何と, は何より, は何者, は佛蘭西, は元来, は八, は六郎さん, は其時分, は分っ, は初めて, は利口者, は勇太郎, は十九, は午吉, は即ち, は友田喜造一人, は古, は吉原, は名取屋, は唯こう, は喜助ぢ, は四千萬ドル, は國語, は城中, は夜, は大して, は大分評判, は大部屋, は天賦, は奧さん, は如何にも, は娘, は実に, は家族, は小, は山, は巾着切, は幸若舞, は弟, は彼, は御, は心細い, は忝ない, は急激, は或は, は敵, は早く, は是, は暮し方, は月光, は本, は本気, は果して, は梯子段, は樂みなもの, は止す, は止めろ, は死, は母親, は氷雪, は涙ぐましい, は無, は玉泉寺, は珍, は皆, は眼, は知れ切った, は神, は禁物, は窮屈, は粗末, は継子さん, は縁起, は耐久力, は至幸, は舊唐書, は苦い, は要するに, は見ません, は親切, は訝しい, は變ぢ, は辛かっ, は造作, は重い, は錢形平次, は防衛力, は難, は面目次第, は馬鹿げ, は黄昏, ほかなし, もあつ, もうだめ, もこ, もその, もまことに, ももう程なく, もよい, も下手人, も亦, も休息, も僕たち, も原因, も妻, も学問, も小正月, も已む, も必要, も思え, も悪かろ, も惡, も早, も易しく, も構わず, も正月, も洒落れ, も當然, も皆, も私, も羨, も自然, も見えた, も見つ, も読書, も造作, も金六親分さん, も除夜, やつたら, やわ, ようである, より五倍, をあしら, をうっかり紙, をおそし, をお前, をこの, をその, をつけ, をひどく, をまつ, をもん, をよく, をよした, を一生懸命, を中心, を二階, を仙臺, を伏兵, を使っ, を傍観, を先, を勘定, を厭, を合せ剃刀, を吝嗇, を喜ばし, を噛み殺した, を外し, を妙源, を嫌つて, を客間, を廊下, を延享年中, を彼等, を待ちきれず, を待ち兼ねない, を待て居た, を待受けた, を得策, を忘れ, を思い起こせ, を怠るごとき, を悠長, を感じ, を愼しん, を懼, を払う, を提げ, を木戸口, を来る, を歎, を止し, を此處, を澁, を煙, を片, を發生的, を盗人仲間, を看過, を矢, を知らん顔, を祝つて, を突, を窕子, を筆頭, を聞け, を肯かず, を自由, を見かけました, を見すます, を見ます, を見付けた, を見送, を覚える, を読み, を返り見た, を退け, を遲, を避け, を重, を非常, を順序, を黙, ト黄な, 一事を, 一足一足が, 不良よ, 九時頃と, 事遺, 人なら, 会, 余裕なく, 価値ある, 便宜を, 公吏を, 出はじめる夏, 力ある, 助けを, 動乱を, 勢いに, 千朶山房は, 厄を, 品の, 地に, 基たるを, 報を, 塔と, 変通を, 外は, 外他に, 大学生に, 大道である, 姿を, 媒介たら, 害物なりと, 巨濤迸し, 序幕は, 役所であった, 御無理, 心では, 必要が, 必要を, 念ある, 思いでした, 患あるべきならず, 惡漢では, 愉快あり, 意に, 意天下に, 感激に, 憂なく, 才が, 挙ある, 故を以て, 方便なり, 日, 日は, 日形も, 旧慣を, 時なら, 暇あらん, 月が, 林檎パインアツプルの, 根生まがり, 気力も, 決心を, 法なり, 法煩は, 深潭諸国に, 燕帰来に, 玉で, 理なし, 甚だしきなり, 用を, 画家, 癖ある, 真意を, 祝福語, 筐なし, 終止法から, 緊要なる, 義で, 職に, 膳を, 術は, 要あらん, 観が, 言語道断など, 記事の, 語あり, 語原は, 論は, 資しかく, 資本と, 足, 速やかなる, 道なり, 酷なる, 長網の, 際に, 音せりき, 願ひ, 風習の, 首魁と

▼ ること~ (2065, 3.4%)

57 が出 43 なし 40 がある 29 にした 23 が出来た 19 が出来ない, である 18 になつ, になる 17 が出来る, はない 15 があつ, ができる, では, になった 13 は出, もある, もなく 11 あり, ができない, がない, は出来ない 10 にし, になり 9 によつて 8 ができた, にしよう, になりました, を得る 7 が出来なかった, となつ, なしに, にしました, の出, もない 6 があります, でせう, なくし, になっ, はできない, もあつ, も出 5 ができなかった, です, でも, のない, の出来ない, を得, を得た, を忘れ, 無し, 遠からず

4 [15件] あらば, あるも, ができよう, がなかつた, だ, にする, に於, はありません, は出来ぬ, もなし, もならず, も出来ない, を, を許された, 遠からざる

3 [45件] がありました, ができず, ができぬ, ができます, がなく, が出来ぬ, が多い, が多く, が度々, だと, であ, であるが, なかれ, なかれと, なきは, などは夢にも, なの, なら何, なり, になつたの, に成功, のできない, は, はできなかった, はできぬ, はないだらう, はなかつた, は出来ません, は無い, もあります, もあるまい, も亦, よ, をする, を得可, を忘れた, を意識, を感じた, を知らず, を考え, を自然, を論じ, 甚だ遠から, 遠からぬ, 頗る遠い

2 [109件] あらじ, あり得べしとは, あれば, か試し, があっ, があり, があろう, ができたら, が出来, が出来なかつた, が出来ます, が分つ, が可能, が困難, が容易, が屡, が私, さえ出来なかった, そのこと, だが, だな, であった, であらう, であるから, ないわ, なから, なきもの, なき楽しみ, なく, なくん, なく彼, なく自分, なしと, なしよし, ならん, なら人, なん, にお, について私, になります, になろう, に原因, に就い, のはじめ, の巧み, の快, の無, の面白, はあ, はこれ, はとうてい, はなかろう, はなく, はもちろん, はよく, は出来なかった, は出来まい, は到底, は彼, は最上, は罪人, は許されない, もあった, もあら, もあり, もあれ, もその, もできない, もできる, もなにもかも, も出来, も出来ません, も出来る, も少なく, も彼女達, も決して, も私, を云, を云ふため, を好まず, を屑, を得し, を得ず, を得ずし, を得つ, を得なかった, を心, を忘れなかった, を忘れる, を怖, を思いついた, を惧, を欲, を現, を知っ, を知つて, を知りました, を禁じ, を要求, を許さず, を許され, を許した, を許します, を願, 及びかかる, 多し, 愈, 無けむ, 遠くも

1 [1014件 抜粋] あた, あたかも樂器, あたは, あたわざる状態, あたわずと, あらじああ, あらむ, あらんに, ありおよそ, ありて, ありとて, あり或は, あるごとく, あるは, あるべからざる也, あるを, ある可, あれへん, いくばくも, いづこ, おそくし, か, かと生れた, からで, から來, から由つて來, か有らん, か道誉, があ, があつたかい, があるだらう, がいかにも, がお, がございまする, がたびたび, ができなかつた, ができなくなりました, ができましょう, ができませんでした, がでけんし, がどうして, がなし, がもの, がわかつた, が一むかし, が一寸, が全然, が出来なかっただろう, が出来なくなりました, が出来ました, が出来ませぬ, が出来やしなかった, が出来るだろう, が出来んです, が分る, が厭, が多, が大切, が好き, が少, が少し, が島, が引, が必ずしも, が急務, が文明, が早い, が有らう, が有ります, が望ましい, が極めて, が無い, が疑, が神格, が第, が終い, が肝要, が虚偽, が行はる, が許容, が馬鹿馬鹿しく, さえ珍しく, じゃありません, すらも出来ない, すら出来なかった, すら私達, そして最後, その数幾つ, たえて, だけはどう, だけは思い止まっ, だけを残し, だぜ, だつたので, だという, であつ, でありつぎ, でありますれば, であり無産者, である理由, であろう, できず社交上孤立, でさえも, でしょうよ, ですこし, でない, でなければ, で侮蔑, で困るの, で最初, で現在, で親分, と, というの, といったら, とこの, として, としよう, とて家事紛雑, となった, となれり, とは別, とまでなった, と云わね, と思ひます, と海, と眠る, と言, なかるべし, なかれ今出づる日, なきこと, なきその, なき佳饌, なき大いなる, なき憧憬, なき歌, なき生命, なき詩歌, なくがらがら事, なくそのままずっと, なくただちに, なくば, なく今, なく何物, なく入りぬ, なく堂々, なく妻, なく幣帛まつりたまひき, なく従, なく明方, なく末期, なく決算, なく申上候はん, なく種々, なく答, なく綿々, なく老死, なく酒, なく風情, なしといふ, なしわが, などがあつ, などが有, などはう, などは考へ, などをスラスラ, など殆ど, ならそこ, ならどんな, ならもう, なら一生奉公, なら何でも, なら保存, なら八五郎, なら呪, なら平次, なら御, なら此儘此處, なら無事, なら簡單, なら藤助, なら親仁, なら隱, なるが, なんかありません, なんかないだろう, においては到底, にかけてはわれら, にきめた, にしなけれ, にち, については彼, になったら, になつたん, にならず, には自信, にますます, にもなる, によってかえって, によって小人, によって最もよく, によって粗, によって自然, によつてすべて, によつて妻, によつて自ら, に依つ, に力め, に努めました, に嚴, に夢中, に対してふだん, に忸, に成つた, に手柄, に気がつい, に気がつかない, に氣, に生涯, に終生, に致しましょう, に話, に金錢上, に馴らされ, のため, のできた, のなか, のほう, のやう, の出来, の出来る, の半分, の厭味, の多い, の好き, の己, の恐ろし, の最も, の殘酷さ, の甚だ, の至難, の詩人, の迂闊さ, はあいつ, はありますまい, はあるまい, はいつも, はこの節彼, はしなかった, はすなわちあるいは, はそれだけ, はただ, はでき, はできません, はどの, はならぬ, ははやかっ, はむつかしい, はもう, はや百年餘, はわけ, は一日, は上京以来, は何となく, は元, は其命, は出来ず, は出来ん, は加藤家, は印度, は厭, は右, は名高い, は善悪, は嘗て, は多少, は大切, は女, は実に, は容易, は少, は少ない, は屡, は当分御免, は得, は心細い, は忘れ, は忽那, は思ひ止まつ, は愉快, は我國, は所詮, は旅行家, は明かな, は是, は杵太郎, は歸, は母, は滅多, は無から, は無論, は現在, は由來不明, は疑, は知れた, は私, は素より, は絶え, は聞け, は著述, は袋, は見易い, は解り切つた, は請合い, は豫期, は通り一遍, は金輪際, は随分古く, は験, ばかりで, ばかり多く, ほとんど計るべからざるなり, ほぼ一町, ほんの一, また早し, もあらん, もありません, もお, もしませんでした, もせず, もできなけれ, もできますまい, もときどき, もなかっ, もなくなっ, もならなかつた, もまま, もやあらん, もウィンダウス教授, も主人, も其の, も其表現, も出来なかった, も出来なかつた, も出来なくなった, も出来ませず, も唯, も家屋敷, も必要, も忘れなかった, も斷念, も易し, も無く, も白状, も相成りますまい, も確か, も稀, も考へられます, も言, も近い, も飽き足らぬ, やは, やロシア, や頭上, よく分ります, わずか十町, をあ, をあまり, をおそれた, をかね, をしない, をすすめ, をせざれ, をつけ足し, をば恐れない, をも拒ん, をやめない, を中, を今説明, を信じ, を傳重, を全く, を勸め, を告げる, を命じた, を和らげます, を喜ぶ, を嘱望, を国民, を好まない, を好む, を始めた, を学ぶ, を實驗, を專門, を差し, を得き, を得ざるべし, を得たれ, を得ぬ, を得よう, を得れ, を徳, を心から, を忘れない, を忘却, を思いつき, を思い浮かべ, を思う, を思ひ出し, を怠らなかった, を想, を愁, を感ずる, を或, を控え, を教えた, を教わった, を日ごろ, を書き連ね, を望ん, を欲する, を止めた, を求める, を為し, を父子, を甘んずる, を疑ふ, を目撃, を知, を知つた時代, を知ら, を知らせよう, を知る, を知るべし, を確實, を示そう, を祈念, を禁ぜ, を秘か, を稟請, を絶對, を老婆, を考へます, を聞け, を肯定, を若し, を要する, を言つて, を許さない, を許し, を認められる, を説く, を誰, を警めた, を豫期, を辞し, を辭, を道楽, を避けた, を重し, を難, を飽くまで, 久しく君, 之より, 共に相等しき, 即ち帝國, 受け合ひだ, 多きが, 宛ら外国, 少なき者, 幾許ぞ, 度々であった, 得べからず, 恰も垂髫児, 早しとも, 最も速し, 極めて少なく, 正に五十二年, 比ひな, 漸く稀, 無く後, 無く目科, 甚だしく真に, 相話し, 第三, 約一時間, 約三週間, 約四千百余年以前, 繁し, 背く筈, 能わじ, 譬へば進潮, 遅凝っ, 遠いもの, 遠からざる者, 遠きに, 遠くし, 遠くなかつた, 遠ければ

▼ るもの~ (1755, 2.9%)

78 では 63 である 3729 がある 20 あり 1514 だと, でない 13 なり 12 ですか 10 なし 9 が存在, はない 8 がない, であること 7 があつ, があり, が私, なの, にあらず 6 であると, ですから, は, はその, もある, もなく 5 あれば, が無い, であった, であります, であるが, でも, なれば, のよう, はそれ, を含ん

4 [15件] あるを, かどう, が, があった, が薄らぎ出し, だから, だとは, であ, であって, となるであろう, にし, のうち, はこの, は私, もない

3 [26件] かね, かも知れない, があっ, があります, が一人, が何らかの, が多い, たり, だが, だった, だという, で, でなければ, ならば, に取, の観念, の觀念, はただ, は無い, は舞台, もあつ, を, を持っ, を指し, 多からむ, 多し

2 [110件] あらば, ありき, あるに, かあるいは, がつまり, が來, が存, が尠, が有る, が特に, が神, たるは, であつ, であらう, でありしかして, であるかの, であるかも, であるから, であるという, であるの, でございませうか, です, でないと, でなく又, で御, で此圖, で表, として存在, として私, とする, となる, と云, と信じ, と信じる, と思っ, と思つて, と思ふ, なきは, なくすずしき唾, なしと, なりと, なりとも, なること, にあれ, には, には興味, に向, に類似, のやう, の中, の前, の区別, の姿, の存在, の方, の概念, はいつも, はございません, はなかなか, はもう, は三尺, は不快, は串, は之, は他, は何, は何で, は何人, は全く, は即ち, は又, は叡山東方, は古い, は多く, は大抵, は奈良朝, は実に, は意志, は意識, は意識的, は新, は更に, は有りません, は生, は田舎, は皆, は私自身, は腐り, は融合, は遠く, は避け, は非常, ばかりで, もなかつた, も無き, やら分からない, よ, よりもより, をす, をすなわち, を失っ, を少し, を感じ, を直覚, を私, を迎, を顧, 亦其の, 以外の, 或る

1 [937件 抜粋] あらず, あらむか, ありて, あり相, あるが, あるべからず, ある如く思ひを, かあれ, かしら, かとぞ稱, かと嗤笑, かと注意, かと驚かし, かなどと言っ, かね悪い, かみだりに, からどう, からもと, から隔離, か今, か今晩, か分らない, か少, か是, か當, か這麼人非人共, があるで, がいくら, がいない, がことごとく, がその, がたとえ, がどれ, がなかっ, がなくなった, がなけれ, がみんな, がトテモ抵抗, が二人, が他, が何等, が僕, が内, が分析, が別に, が古代, が向う, が多かっ, が大衆, が婦女子, が客観, が對象, が少し, が年, が彼, が性格, が感ぜられる, が或, が挾, が數十, が新, が有, が横, が比較的, が沈澱, が演じた, が無, が無意識, が生者, が皆, が稀薄, が總, が考えられ, が観念, が触れられ, が語られ, が説明, が里, が閃, こそ, この川, ごゑ, じゃありません, すこぶる多く, すら今日, それから超, だからね, だけは何時, だけを殘, だこの, だで, だとか, だらうか, だろうかね, てすか, でありそして, でありますから, であり且つ, であり従って, であり得るであろう, であり從つて, であり純粋, であるかという, であるとか, である故に, でございます, でした, ですが, ですね, でそれ, でないから, でないされば, でないという, でないの, でない佛教, でなくては, でなくまた, でなく風俗習慣, でよく, で基督, で探偵小説界, で無いから, で無かつ, で若旦那様, で龍漢, といい伝え, といふくら, とかを見る, とが対立, とさ, としか感じられなかつた, としか考へられない, としてしか存在, としては作家, として吾, として感じとっ, として禁止, として記録簿, とす, とすれ, とせられた, とではその, となすべき, となった, とならなけれ, とに於, との別, との關係交渉, とはとり, とはなり得ない, とは思われない, とは考えず, とまったく, ともせず, とアイリッシュ・シチュー, とアガタ, と三とおり, と云っ, と信じました, と共通, と前後相承, と察せられる, と思はね, と思はれた, と思わなけりゃならん, と推定, と為すなれ, と知る, と社会主義下, と考えられ, と考えられる, と考え得る, と考へられる, と見, と見える, と覚悟, と解する, と言うべきである, と近い, なきのみか, なき身, なく何物, なく顔, などがこの, などもあつ, ならこの, ならずと, ならとまで, ならどんな, なら二十年, なら大膳坊, なら癒, なりここ, なりや或は, なり男性, なり遂に, なるが, なる事, にある, にすぎない, について呼んだ, について関心, にてつひ, にて喜の字, にて平生都会, にとって大きい, にはふい, には予, には単調, には堪へ, には暴君, には生じ, にふれた, によって生産, によつて非難, による, に似, に囚, に対する好悪, に対する愛, に意味, に懸っ, に於, に比較, に注がれた, に縋りついた, に自分自身, に至る, に誓う, に通達, に逢着, に関する問題, のため, のみ, のみなり, の到来, の如し, の客観的実在性, の後, の性格, の氣勢, の無数, の義務慈愛, の自棄, の謂, の間, はあるまい, はいとし, はいろいろ, はうつらうつら, はお, はかすか, はきまつてる, はさ, はすなわち, はすべて黄金化, はそのまま, はたった, はついた, はつぶされた, はどうせ, はなほそれ, はべた, はぼんやり, はまだ, はみなわれら, はみな大人, はやう, はキズ, はコムソモール, はサス, はトルストイ, はブルジョア哲学, はポケツト, は一体, は一年, は一本, は上, は中學校, は予言, は五十フィート, は人意, は人間, は会社, は何ぞ, は何れ, は余, は侫奸, は僅, は先例, は其悠, は切支丹, は力, は十人, は単純, は却って正に, は去る, は合理的生活, は同罪, は呪われ, は哲學, は唸り, は四方, は墓地, は外, は外来, は大きな, は大変, は始め, は学校営業, は宮, は小包の, は少ない, は川岸, は已に, は常に, は幹, は店, は当人, は御座いません, は必, は必ら, は思索的鬱憂性, は怪しい, は恐怖, は意外, は懐中, は我々自身, は所謂非人仲間, は手術台, は折れた, は政友会, は数年前, は文学, は日頃わたし, は春, は時代, は最も, は最初ほか, は朝夕, は本能的, は東洋, は校門, は概ね, は歌, は此古搨本, は此煩悶, は歴史小説, は死に, は殆ど保一人, は殺されなけれ, は水, は活動, は満, は漆, は濃緑色, は無, は無意識的, は焼跡, は爪, は牛乳, は物質, は物體, は独り, は狸, は番頭, は異国趣味, は癒, は盛大, は監房, は真中, は知っ, は神秘, は窓際, は細長い, は緑青, は聳え, は職業勞働者, は脱, は膾, は自ら屋外, は自分, は自身短篇小説, は英仏, は落ち尽し, は葡萄丘, は虚偽それ自体, は衛生部員, は西欧的, は観る, は論議, は買う, は起きかえり, は連なる, は金山, は鎌, は附い, は非人, は頭, は馬, は魂, は鹽煎餅, ばかりでなく, ぽつ, もありました, もあろう, もけふ, もすべて, もできた, もなき, もやれ, も一つ, も來, も同じ, も多から, も有る, やまた, やコムソモール, や諂う, ゆくもの, らしくこの, わびしさ, をいらぬ, をきくべく, をさ, をたっ, をつくる, をば, をもっ, をわれ, を一緒, を云い表わす, を他, を付加, を作っ, を作る, を再読, を前, を取払っ, を喚び起した, を嗅ぎつける, を嘲る, を寄與貢獻, を尋ね当てた, を強, を形, を待ち設ける, を得ずし, を怪しい, を愉し, を感じました, を感ずる, を抱い, を押しやる, を指す, を振り落とさん, を捜した, を据ゑてゐる, を掘出し得なかったらしい, を探り, を最も, を概念, を求め, を片足, を用, を用いよう, を直観, を禁じ得ない, を経済学, を自分ら, を表現, を見ざりし, を見ず, を見つけ, を見出す, を観念, を許容, を読んだらしい, を起し, を造る, を附, を集め, 今に於, 例えばイワーノフ, 全く我, 又告げ得る, 多かりし, 多く河原, 小供, 少からず, 尖る石, 必ず奇怪, 或ひ, 有つて存, 有るを, 無く忽然と, 現れたこと, 約二百七萬坪, 行きて, 豈独り議院

▼ る~ (1356, 2.2%)

64 宜い 22 如し 13 ごとし 12 よい 11 いい 10 如くに 9 如きは 8 わるに 7 ために, 可い, 早いか 6 それが, ように 5 ごときは, ごとくに, 私は 4 え, これは, それは, 如くその

3 [14件] あれは, いいや, いかがで, して, それも, それを, よからう, 何の, 好い, 如きもの, 宜からう, 常なる, 此の, 私の

2 [45件] いかが, これを, ごときもの, ごとく動きつつ, しかるに想像, そこに, その反, それなら, それにと, それ程の, どうぞご, なにとぞお, なにぶんにも, まずお, ゆゑに, 上を, 人間が, 今は, 今日は, 何か, 何品で, 如き, 如き寒, 如き感, 如く, 如くこの, 如くなりき, 如くモース, 如く全く, 如く常に, 如く恋愛, 如く若い, 宜いとの, 実は今, 御親切, 此方に, 泥土を, 為に, 為めに, 無理は, 生きるの, 石は, 若い者, 虚言は, 見ゆ

1 [1011件 抜粋] あいつの, あそこは, あたま, あとの, あなたさまは, あの伊太夫, ありと, あれで, いいが, いいそれ, いいなずけの, いかがな, いかほどお, いくら遊女, いずれも, いたわしさ, いち夜の, いつたい汝, いつも御, いやなに, いやわるい, うかつにも, うちの, おさしつかえございませぬ, おととしご, およろしく, おろかな, お住まい, お入用, お刀, お召し, お多忙, お差し, お座敷が, お灯明料, お目, お約束, お襖, お連れ下さるまい, かいもく居どころ, かすかに, かような, ぐるには, ここからは, ここで, ことしの, このあたり, このまま, この儀, この問題, この子たち, この新, この罪跡, この雨, これから立女役, これと, これにて, ごと, ごときも, ごとき印象, ごとき婦人, ごとき慈心, ごとき脊筋, ごとき造物主, ごとく, ごとく一瀉千里たちまち, ごとく二, ごとく人間, ごとく天井, ごとく早く, ごとく漕戻, ごとく生ず, ごとく突き, ごとく見えし煙, ごとく見ゆ, ごとく貴族的, ごとく身, ごとく銅像, ごとく鮪, ごとしとは, ごとし蝶, ごと疼くいたで, ご勢力, さうい, さだめしご, さて貴方, しかしこけ, しかしまた手工業的, しかし実は少しも, しこい狐, しみったれだの, じつは一生一度, すべてにおいて, せっかくながら, そういう事柄, そうです, そうなら, そのお, そのご, そのなか, そのウィンパー, その五十年前, その國子監, その太陽, その小, その發光力, その者, その鐵舟, そもそもの, それから後, それでは世間, それでも構, それなれ, それにて, たしかに何, ただいますぐと, ただひとつ, たったひとり, ためである, ためなり, だいたい二月四日頃, だん, ちっと話, つい半, つてこの, つて他人の, つて大洞先生が, つまり巴里じゅう, では絵, でもちっと, でも妙, ともかくお金, どうあっ, どうしていくら稼い, どうしてどうして今度, どうして敵, どうぞあなた, どうも十兵衛どん, どげん, どこで, なお糠, なにごとに, なにとぞ先生, なんだか遠く, なんに, はつきりした, はる問, ひとつかういふ, ほれこいつ, まあ置い, まざ, ましである, まずこの, また一方, まだ准三后, まとまったところ, ままに, みんな那珂川だ, もうない, もしも愛着心, やうで, やがてすぐ参られます, やぞ, やはり似, やはり若い, やむを得ず, やれ何百人, ゆえに孤独, よいであろう, よい世評, よく, よろしい水仙匂, よろしゅうござりまするぞ, れっきとした士籍, わたくしの, わたくし今一生一度の, わらじ銭代りと, わる眼の, わる話しました, われら忠誠なる, アレキサンドルを, エレフワンチンの, レオナルド・ダ・ヴインチも, 一つ一つの, 一反八十円から, 一寸一息, 一旦火, 一緒に, 三代将軍様から, 三杯やれ, 上々, 不和などと, 不思議と, 不調法を, 両方共に, 中では, 主人に, 之は, 事実なら, 二と, 京都育児慈善会から, 今の, 今宵に, 今度は, 今後の, 今日和尚の, 今晩月が, 仔細あっ, 他の, 伊織どのが, 伜はも, 体系と, 何うかし, 何しろ年, 何は, 何を, 何んの, 何分とも, 何分効験, 何卒これ, 何彼とお世話, 何時でも, 余程精神, 作法の, 併し, 依然として石柱, 俺も, 偽りながらも, 僕の, 僧文雄の, 兄弟弟子の, 先で, 先様の, 先生が, 光って, 兎に, 入りも, 全身を, 兪, 其うちに, 其の内, 其の色々, 其は, 其中に, 其外の, 其様な, 内へ, 凄まじいお, 出て, 分別の, 初めまして, 前の, 前者は, 勢がねえ, 化石で, 半年と, 危いところを, 原則は, 去年の, 友の, 古島雛は, 只今とは, 只今斯様な, 可か, 同じく今日, 同じ持っ, 同時に阿, 名が, 吹くとは, 呉竹の, 命か, 商人で, 喰ふために, 嘘だ, 国定忠治か, 地上に, 墨子の, 多門兵衛様には, 夢を, 大將, 大概四百名内外である, 失礼ながら, 女の子は, 好いで, 好からう, 如かりしのみ, 如きここち, 如きなり, 如きを, 如き一味, 如き不一致, 如き事実, 如き充分, 如き口吻, 如き妻たる者, 如き形, 如き效能, 如き概, 如き状, 如き病苦, 如き社會状態, 如き立派, 如き苦痛, 如き調子, 如き関係, 如くうそぶいた, 如くそのまま, 如くであるべきである, 如くなるとき, 如くなれども, 如くま, 如くわたくし, 如くプロット, 如く不意, 如く五島列島, 如く人目, 如く他, 如く其の, 如く分明, 如く労, 如く古い, 如く吠, 如く基督教的, 如く嫌悪, 如く安臥, 如く家に, 如く布帆みな, 如く影, 如く愛するが, 如く手, 如く時間空間, 如く此粋様, 如く比較神話学, 如く男子, 如く瘤だらけ, 如く眥, 如く社会, 如く空, 如く簡単, 如く締りたる, 如く羽州, 如く至って, 如く落して, 如く衣紋, 如く軟か, 如く進みつつ, 如く飛び来った猛犬ムク, 如けむ, 如しなど, 如し皆四時雪, 如何か, 如何致した, 嫌や, 子を, 学校さでも, 安い品, 宋代の, 実はあの, 実はその, 実は未だ, 実は眠白様, 実は自分, 家は, 寢くたれ, 小三郎は, 小田原八千の, 少しく普通人, 少なくとも或, 尻も, 山田藤六が, 幸に, 幾重にもお, 弥吉が, 彼方の, 彼等は, 後前に, 得を, 御免状, 御前の, 御勘弁, 御教訓, 御聞づらく, 徳富蘇峰氏の, 徳川末期と, 忠相が, 思いのほかに, 怪談ばなしと, 或いは又これから, 手前事は, 手紙の, 拙者は, 故, 故なり, 故にかく, 故にた, 故にダンテ彼, 故に人生, 故に我, 故に殺された, 故に社会百般, 故に粋, 故に道程, 数年ならずし, 文明開化の, 斯うも, 新吉は, 日本と, 日本を, 旦那様は, 早々一旦江戸, 昔は, 昨夜は, 是を, 時には一統, 暖かで, 暮れ六つまえ, 更にもう少し違つた状態, 最前からて, 朝に, 本名で, 某奉行として, 根柢は, 極手堅く, 歐羅巴の, 此間は, 殿から, 殿様は, 母親の, 毒水を, 気合のか, 泥坊が, 洋服は, 活字は, 流石に, 海馬などと, 為めなりと, 然しこの, 然し例へば, 爲めなり, 爲歟我學問の, 特定の, 生の, 生れ付い, 生来からの, 田舎漢で, 男や, 病だ, 白と, 皆因縁の, 直ぐ又, 直接に, 省かつたもの, 眼の, 禁厭同様の, 私も, 程なく元旦, 窯ばかりは, 竹棒渡りを, 絹では, 習俗の, 考へ, 胡乱と, 自分が, 自分の, 自分自身でございまする, 花と, 若旦那さまは, 荒れたと, 蒸菓子の, 蔭じゃ, 行き詰りは, 裏向きは, 要するに物質, 見つからない, 角助は, 許されない, 詰る所, 謡の, 貴所の, 貴郎様, 起りは, 身がらお, 辭令を, 途中で, 通例なれ, 道力自然に, 醜婦が, 金の, 金吾様の, 鑛毒其物の, 関東を, 陛下の, 雪は, 霙は, 音羽は, 頼み手は, 飛びちがうよう, 飛んで, 馬車では, 魚は

▼ る~ (1026, 1.7%)

97 の朝 94 のこと 27 の午後 22 の事 20 の夕方 12 或る 11 でした 10 の運動 9 になる 8 の晝頃 7 の夕暮, の晩 6 の夕刻, はもう, もその 5 になっ, の正午 4 いつもの, から私, であった, である, になつて, 行って

3 [12件] からまた, のまだ, の夜, の早朝, の昼頃, の晝前, の晝過ぎ, の正午頃, の自分, はお, も來, ガラッ八

2 [48件] おしず, からお, から彼, から新しい, が来, この前, その家, だった, とともに, になつ, にはかんさん, にはもう, には前, に出, に志, の, のかれこれ, のゆう, の光, の出来事, の午, の午前, の夕, の夕暮れ, の夕暮使, の夜行, の新聞, の晩方, の晩金太郎, の朝日, の狸狩り, の詩, の黄昏, はその, は一日, ふいと, ふと手許, まで生き, もくる, も同じ, も私, 少し気分, 満軍当局, 突然その, 突然寿女, 突然私, 返すの, 飛んでも

1 [518件 抜粋] あつしが, あの大騒ぎ, あの方, あまりその, あらん, いたたまれないよう, いつもよりは, いと広やか, おきみ婆さん, おっかなびっくり, お兄さん, お午, お君, お富, お竜ちゃん, お繁, お袖, お駒, かえって行った, かねての, からお母さま, からの私, からは河内, からほとんど, からもう, からホテル, から乞食小僧, から五十号, から全く, から又, から女, から学校, から寺田, から庭, から殊勝, から毎日事務所, から毎日机, から白紙, から皆, から自分, から記者, から野原, か遲, があつ, がある, が來, が到来, が多い, が来たら, が沙河, こういう取次, こっそりと, こっそり才兵衛, こっそり父, このごみ捨て場, このベンチ, この大学生, この小, この屋敷, この指, この旨町役人, この格子, この犬, こんなこと, さう, ざしなるかも, すてが, そういう散歩, そういう目的, そのおば, その中, その先生, その出来上がった, その医者, その友達, その変人, その妹, その娘, その屋上, その書置, その町長さん, その番所詰め, その若い, その若衆, その草稿, その辺, その金, その馬, だ, だけ飯, だったから, だつたの, だらうな, ちょうど弥吉, つまり新, であったか, であつ, で室, といっ, とうとうこの, とうとう芹川さん, とうとう見, となっ, となる, とはなりぬ, と存じます, と決つて, と決る, どうしてもこなから, なぞ笏, など, などはあの, などは唾液, なり, なれば, なんぞはそういう, なんぞ新しく, に, にあの, にいたる, にかけて上野山下, になったら, になつて永代近く, になれ, には, には夜, には富士, には屹度, には年ゆたか, には登勢, には馬鹿親父, に僕, に多分, に山, に帰国, に延ばした, に彼, に急, に我が, に耳, に自己, のあけ, のおそい, のお昼, のお祭, のくたびれよう, のこと父親, のこと知人, のこと私, のこよなく赤く, のささやか, のたそがれ, のたそがれ近く, のアベード, のアユ, のチェーホフ, のトルストイ, のルンペン, の一休, の一時すぎ, の一番, の三月二十二日, の中食, の九月十一日, の予備, の二十一日, の二十四日, の仕事, の作戦, の入日, の凶時, の出来ごと, の前, の十七日, の十時頃, の午ごろ, の午下り, の午前中, の午前九時, の午前十一時頃, の午後ぼんやり, の午後二時, の午後二時ごろ, の午後二時頃, の午後私, の午後縁側, の午過ぎ, の午頃, の合戦, の地方長官会議, の夕はん, の夕べ, の夕凪, の夕方伯父, の夕方呼子港, の夕方河, の夕方銀座, の大, の大雪, の帝都, の影, の役員会, の彼女, の戦, の払暁, の放課後, の文六先生, の新聞紙, の新聞記事, の昼, の昼休み, の昼過ぎ, の晝, の晝休み, の晩夜逃げ, の晩母, の景色, の暮, の最初, の朝八時頃, の朝月, の朝行つて始末, の朝金之助, の未明, の松露, の標準気温, の正午近く, の火, の照り, の独白, の皇子, の真昼, の私, の組, の肚, の花見, の茶話, の蓄音機, の薄明, の行乞途上, の記, の近い, の逸話, の運命, の酉刻半, の閑雅, の陽, の雨宿り, の青, の馬琴, の黴菌学, の鼻毛, は, はいよいよ, はおとなし, はおばけ, はかう, はこの, はさみしく, はさらさら, はしづか, はじめて朝, はてきめん, はといつた, はびつくり, はまる, はもつ, はわき目, はわざ, はアルコール, はオトムライ, はシヨボシヨボ, は一メートル半, は一日台, は万歳万歳, は三右衞門, は上々, は上天気, は上屋敷, は下女一人, は久し振り汽車, は九月十五日, は予定, は京都, は俺, は傍, は別れなけれ, は到底, は前, は前日, は十三本目の, は十二本目の, は吉舎町, は告別式, は奧方浪乃, は女, は姉, は婿, は家, は家庭, は小川町, は小春日和, は局面, は山蟹, は帯, は御, は扉, は数千人, は書きつ, は本郷, は林三郎殺し, は橋, は死ん, は江戸中, は江湖, は決つて, は燒跡, は珍, は男, は町, は直ぐ, は研究会, は私, は笑めり, は簪, は約束どおり何, は終日胃, は薄寒い, は裾野, は辰刻半頃, は追え, は遅い, は野獣, は降りた, は雨, は風, ひびき, ひょっこり訪ね, ひょんなこっ, ふいに, ふたたび捕虜, ふと, ふとそういう, ふと言った, ぶらりと軽井沢, ぶらりと関羽, へかけ, ほんの不, またふらり, またろうじ, またマン, また佐, また四人, また滑稽, また若い, また韓嵩, まだ極く若い, まだ釘, までには淨化, まで持ち続けた, まで持越され, まで繰り返される, まで隱, めずらしく宣伝長, めずらしく捨吉, めづらしい, もあらん, もいい, もう日, もう暁, もこの, もさうや, もそして, もつ, もなく, もまだ, もやはり, もスペエド, も一本切, も中尾, も主人, も事もなげ, も何事, も少く, も帰らない, も彼, も待たず, も心待ち, も晴代, も暗く, も最初, も村中総出, も枕, も梨の礫, も漸う, も熱, も燃え続け, も狩野氏, も申分, も番兵小屋, も終日, も翌々日, も風邪気味, や, やっとの, やはりそういう, やはりその, やはり遠い, ゆく雲, よりは餘程, を, をたのしみ, を切に, を呑み, を山の神, を待ちくらし, を待つ, を待つてる, を待てるなるべし, を心, を心得, を樂しん, を浴び, を無事, を知つて, ノコノコ千両, 両腕, 云う, 人知れず忍び, 何時もの, 共に馬, 再び元気, 出かけて, 分けても, 又うるさい, 又ゆくえ, 又上田君, 又二人, 又飄然, 受持ちの, 古い大きな, 古い文芸倶楽部, 同じ問題, 同じ机, 同じ村, 同じ淵, 固い顔, 多し, 大きい川, 大暴風雨, 寝転んで, 小さい小包, 小さい旅行, 届けるよう, 御ところ, 御父上, 御面師, 思いがけず実業, 思いがけなくその, 思い切って, 思い立って, 思ひ立つたやう, 拗く麦藁, 招かれて, 捕まつたから, 改めて古川医師, 早々淺草, 早池峯, 来た時, 満支経済ブロック, 満経済ブロック, 激しく全, 烈しい突風, 特に迎, 珍しくぽかぽか, 発つ時, 直ぐ西久保屋敷, 相府, 突如と, 突然ちょうど私, 突然信州, 突然全く意外, 突然妙子, 突然宗吉, 突然私の, 腐り切って, 荒い歯, 見るとも, 親しい, 言った, 許されて, 誘はれて, 赤し畳, 起きて, 起き出て, 起き出ると, 遂に雷雨, 遠いところ, 遠乘, 黄ばめるこの

▼ る~ (1008, 1.7%)

25 違ひない 21 しても 15 して 10 足らず 9 及んで, 相違ない 8 きまって, 從ひ 7 違いない 6 連れて, 過ぎない, 遑あらず 5 きまつて, 似たり, 当って, 足るもの, 非ず 4 ちが, つけて, 至りしも, 足らずと

3 [15件] したが, しては, なって, ひらいて, 任せて, 及ばずして, 及ばぬ, 大層おそい, 異ならず, 當る, 至ったの, 至れば, 足らざるなり, 足らぬこと, 足る

2 [77件] あらざれば, あらず, あらずその, あるの, いたったの, いたれるなり, おい此娘の, およんで, さへ, したがって, なったの, なつて, なると, ふさは, 万葉七に, 今までは, 仕方が, 任か, 似たもの, 似たりき, 似て, 何の, 先んじて, 刊行の, 十分だ, 十分である, 厭は, 及で, 及びては, 國を, 在り, 在る, 多くは, 如くは, 市有案の, 当つて, 当らない, 応じて, 愚にて, 於て, 於ては, 歩きにくき, 歸られず, 決つて居ります, 決つて居る, 當り, 第一次, 義盛の, 耐へ, 臨まば, 至ったもの, 至つた, 至つたのである, 至らずむば, 至りたるもの, 至りて, 至りまた, 至る, 至るべし, 至るを, 至れり, 至れる, 若かず, 若かずと, 蕪村一人あり, 語るべき真実, 足らざること, 足りません, 足ること, 足るだけの, 足ると, 身心は, 連れ冷たい, 過ぎず, 限ると, 随い, 隨ひ

1 [638件 抜粋] あたつ, あつた, あひ, あまりが, あらかじめ夥多, あらじ吾等, あらずまた, あらずや, あらず却, あらず天知子, あらねば, ありかくするは, ありしかして, あること, あるならば, あるもの, いいよう, いたって, いたらば, いたらむ, いたりては, いたれること, いとま, ういて, およびて, かかる物, かぎる, かたまって, かれも, けっして金, ここに, この様, この比較, この薬, こは, ごぜん, させて, さはり, したがい不善, しましても, しろ, せよ今, せよ知らぬに, せよ試みた研究, せよ龍華寺さま, そこには, その生活, それは, た, ちょこまかと, とどまる, なお沈香, なぞらへて, なつた, なりたい, なりました, なるし, はねま, ひきかへ, ひらき口, ふと上田先生, ほひ, まかせたまま, まかせて, まが, まず内容, また拾いあげ, まるまつ, みなさまとりわけ, みひらかれた虎, や, よしなし, よるならむ, よろしければ, わたくしは, われもとて, われ始めて, ゑゝ氣の, オペラの, クーンと, ゴーゴンの, ヅカヅカ立つ, 一つも, 一塵だに, 一峰直立し, 一度宛發作的に, 一柱毎の, 一町も, 丁子の, 上流を, 不思議は, 不言不, 世の, 云える, 五叟の, 五郎作の, 亞細亞洲中の, 今の, 今上天皇陛下, 今御年齢, 今日幕下将軍の, 今昵, 件の, 任したり, 任する, 任す屋根落葉, 任せたため, 任せむ, 任せ意, 会い浄写, 会しても, 伴れ, 似たりと, 似たるべし, 似たるもの, 似た事, 似た音, 何だこんな, 何で時, 何ともお礼, 何とも云えぬ, 何處にも, 例の, 供など, 供養した, 依り戸, 依るのみ, 依然清貧, 侯の, 便利なる, 偉大なる, 充分だった, 充分だつた, 充分でありました, 充分である, 先だち必ずまず, 先後あり, 先生の, 先生は, 公家褒賞の, 其唇は, 其言論を, 凱旋の, 刀刃入る能わざりけれ, 初に, 別に然るべき, 利根川也, 到らなかった, 到りては, 到底龍, 力が, 劣らざるまでか, 動かしたが, 勝らん, 勞多し, 十の, 十分で, 十分の御馳走であった, 及はずとの, 及ばざりしなるべし, 及ばざるに, 及ばざるもの, 及ばないだろう, 及ばないん, 及ばぬと, 及ばんと, 及びたるは, 及びて, 及びてや, 及び我, 及び日夜奔走, 及び種々, 及び聖ベルナルドゥス, 及んだ, 及んだと, 及んだ物, 只榛軒, 各国民, 吉田潔なる, 同じ世に, 吝かでない, 吝嗇者の, 吟體詩には, 吾人の, 周囲の, 唸り出したので, 啻に諸国, 四谷へ, 因る從, 困じて, 土堊を以て, 在りしなり, 堪う, 堪えない, 堪へざる思は漫, 堪へざれば, 塩味を, 壁越に, 外れること, 多く形式の, 夜明けまで, 天子様を, 夫をすらを, 女子の, 奸臣跋扈し, 如ず, 婦人は, 媒灼人を, 嫻ひし, 孝子順孫を, 定つて, 定まって, 実際箇々, 家道衰微の, 對し, 小瀧氏來, 就いて, 就いては, 就ての, 就ては, 山の, 巡査は, 巻きあげその, 引きかえて, 張三李四の, 当たらない思想, 当たりて, 当るので, 当るもの, 当将軍家, 形躯を, 彼の, 彼は, 彼等の, 従つて費つた, 得る所, 得意な, 從うて, 從つてその, 從つてそれを, 從つてやうやく, 從つて内容を, 從つて勢ひ, 從つて日本でも, 從つて根本的に, 從つて段々, 從つて漸く, 從つて石が, 從つて聖徒の, 從つて鼻垂らし, 從ツて, 從郡至倭云々といへる, 微著, 心甚だ, 忍びざる心地, 忍びずし, 忍びず日本民族存立, 忍びんや, 忍男を以て, 忙わ, 忠常彼の, 急なる, 情愛を, 慣れて, 應じ, 懶し, 我が国に, 我国の, 我手に, 我日本は, 拘はらずそれ, 拘らず本, 接して, 提灯や, 文化丙子の, 新兵衛尉朝盛, 方て, 方り, 旅費などは, 早い冬, 早い楓, 映って, 暇なく, 暇なし, 更に将門等, 最も適当, 最前も, 最適した, 最高であれ, 會ひぬ, 會ふ, 月毛の, 期せずして, 木柵から, 杏梨の, 来青, 枝頭の, 梅子は, 極って, 樂浪帶方二郡の, 次の, 歌の, 此後文化五年戊辰に, 殆ど似, 残暑の, 比べて, 水勢の, 水掻き月影倍多, 水汲み, 決って, 流木を, 満堂一種の, 漢の, 為憲と, 無残や, 牛の, 物も, 独逸と, 玄徳は, 生者なれ, 用いたもの, 由ない, 由なく, 番を, 異ならねば, 異らず, 畳めば, 當つて山水秀麗の, 當時皇后よ, 癪に, 相當らざる, 相違無之, 石は, 磐石一座夜着を, 禹貢が, 私の, 私も, 種々と, 稲荷の, 突き出して, 窗外尚, 立ちあがつた, 立上っ, 等しかるをと, 答ふる, 築地川濁水の, 絃歌騷然たり, 經世有用の, 綱縄などのみにても, 緩く舞う, 美津田氏一行九年正月中リマを, 義務を以て, 老婆は, 肉さしなし, 能く, 腰を, 臣田間の, 自由なる, 至った, 至ったこと, 至った人, 至つて窪田寛さんの, 至らう, 至らざるも, 至らざれば, 至らずして, 至らなかったこと, 至りけれ, 至りたり, 至りたるならん, 至りたる故に, 至り竜, 至ること, 至るしかるに, 至るでは, 至るのみ, 至るまで, 至るも, 至る一節, 至る場合, 至る少, 至れりと, 至れり一説, 至れるなら, 至ろう, 至尊施政の, 若かずとの, 苦しむ, 落ちて, 蓬が, 見えるでは, 見たるは, 見ひらかれいま, 見愚者, 見開いて, 親類顔を, 許多を, 譬へ, 議会が, 負って, 起伏出没し, 足つたで, 足らざりしなるべし, 足らざることなれば, 足らずこの, 足らずだ, 足らずでこの, 足らずとして, 足らず其無禮, 足らず却, 足らず天下後世国, 足らない, 足らないという, 足らないなぜ, 足らないの, 足らぬ, 足らぬという, 足らぬよ, 足らぬ事, 足らむ, 足らん, 足らんが, 足らんと, 足らん藤堂, 足りさ, 足りない, 足りないこと, 足りないじゃ, 足りないという, 足りないね, 足りないもの, 足りない事, 足りない物, 足りぬべし蓋し, 足りませぬ, 足りる, 足りクリストフ, 足るだろう, 足るであらう, 足るの, 足るは, 足るべし, 足るほど, 足るほどの, 足る事実, 足る傑作, 足る可, 足る狭い, 路地の, 身蒲柳の, 辞を, 農の, 近しと, 近年破壊の, 迷うと, 逢ひ, 逢ひぬ, 逢ふ, 逢ふも, 遂に武都, 過ぎざらんと, 過ぎず其今日, 過ぎないの, 過ぎない所, 過ぎぬ, 過ぎぬの, 遑あらぬ, 違なかっ, 違ひありません, 遠慮は, 適するなり, 適は, 適当な, 鋭くその, 鎮圧に, 鎮痛の, 長年の, 間もなくなった, 閣下の, 陛下恭倹の, 随って, 隨つて改められ, 隨つて本文に, 隨つて私の, 難いところ, 難きもの, 難くない, 露月默, 非ずして, 非ずや, 非常の, 顔焼くる, 風雨甚し, 飛び出した目, 馬は, 骨を, 骨折るの, 骨董の, 魚なく, 黠智神の

▼ る~ (875, 1.4%)

10 は自分, 或る 9 はその 87 にその, はまた 6 のこと 5 にはその, は私 4 のよう, はお前

3 [15件] あり誰, お雪伯母, こんなこと, はこの, はこれ, はそっと, はそれ, は二人, は他, は其の, は又, は大抵, は或, は殆, は涙

2 [35件] お祖父様, か, が來, が来るなら, その同窓, だ, で無え, などは, には必ず, に出す, に猿女, の事, の力, はイギリス風, は人, は何, は全身, は外界, は巴里風, は彼, は彼等, は微笑, は心, は星, は森, は死ねない, は漕い, は立ち止り, は筆, は終に, は遠く, は非常, 尋ねると, 往々に, 無からん

1 [685件 抜粋] あったとしても, あまり足, あんまり鳥, いうと, いかばかり我, いつもなる, いつも人となり, いつ幾日, えらい雷雨, お兄様, お隣り, かうした窮屈, かう云, かの池部郷助, からたしなんだ, から必ら, から梅木先生, がある, がなく, が来る, が私, こう云った, この国, この憎悪, この時代, この本, この警衛, この護摩壇, この辺, しも, すっきりと, そういう場合, そのこと, その作家, その娘, その学校, その帯取り, その御, その母, その竹竿, その船, その部下, その門柱, その頃私, そんなこと, たしかにこの, たしか文禄三年, だけ付い, ちょっとした買物, ちょっと注意, であつ, ですよ, でないと, とかの外, とはどんな, と大概毎日, どうも光子, なきが, なきに, なし, なぞは上手, なぞは村外れ, などこの, などにはあたり, などはそれ, などはゾロゾロ, などはベンチ, などは僕, などは先生, などは殊に, などは私, などは観測, など狼, など親類, なりき, にいたりぬ, にいたれ, にいつも, において兵馬, におめおめ, にかぎっ, にこそ我脈絡, にさう, にそれ, になっ, になる, にはいつも, にはかならず, にはそう, にはそれ, にはそれでも, にはただ, にはだ, にはどうか, には一方, には一種, には何となく一寸, には充分, には其の, には勝利, には善行, には地位, には山登り, には屹度, には布団, には常に, には彼, には徐々に, には徒刑三年, には急激, には我と, には敗北, には日本, には東洋, には枕もと, には殊に, には殿様, には氷, には烏, には盛ん, には神, には私達家, には自分, には誰, には這ひま, には闇市, には鳥, には鳩尾, にも, にも鋭, にも餘程手前, にゃア失, にカーテン, にザヴィエル, にメールアイランド, に似, に住吉, に何氣, に僕, に南宋, に取り外したらしい, に口鼓, に女, に娘, に小僧, に当っ, に彼, に忽然と, に惠端, に懷紙, に此處, に気合, に河内, に童貞, に翌朝何時, に若く, に蜜柑, に見た, に言つて, に読んだ, に起る, に迫っ, に速, に里, のあ, のあいだ, のその, のフト, の亡霊共, の儘, の光景, の内容, の喜び, の外, の如き, の妻, の婦人連, の嬉し, の巻物, の年中行事, の心, の感情, の或, の折ふし, の指, の有様, の様, の様子, の歯ぐき, の泰造, の温度, の秦啓源, の編輯長, の言葉, の長から, の願, はあたし, はあまり, はありゃしません, はいつ, はお, はお伽噺, はからず目, はこ, はこう, はごはん, はさやけき, はしばしば, はじっと, はじめて翁, はすでに, はずつと前, はぜひ, はちょっと, はどう, はなるほど, はひとり, はひどく, はまだ, はもう, はもつ, はイギリス, はガッチャキ薬, はクサンチス, はゴム長, はテニス, はレカミエエ式, は一つ, は一層, は一撃, は一枚, は下女, は下総, は不公平, は不思議, は世の中, は世間, は乞食, は乱暴, は二三十句, は五里, は仏, は仰向い, は体系概念, は何れ, は何時も, は信じ, は俳人, は僧侶, は全く, は六十歳位, は其信念, は写真, は半ば狂気, は却って, は叔父, は台処, は同じ, は同氏, は吾が, は吾人, は呼ん, は哀れ, は商人, は善人, は四五尺, は図書館, は坊主, は夢中, は大いに, は大切, は大学, は天国, は天界, は太陽, は奴, は奴隷, は如何, は孑孑様, は宅, は守られる, は官吏, は定, は宝船, は家, は家々, は少なくとも, は屋根, は山崎街道, は山師, は屹度履物, は幽霊, は庄屋名主五人組, は弱, は強がり, は彼等自身, は快, は忽ち, は怒っ, は思いがけない, は急, は恐ろしく, は悔い, は悟り, は悠然と, は悲しく, は悲め, は意地, は感動的, は我々, は手術, は手車, は承, は敗者, は敵勢, は方法概念, は明らか, は昔, は是非, は是非無差別, は時間, は暈, は曇り, は有難, は朗らか, は望めぬ, は本気, は本間三郎, は村重, は東京駅, は東洋, は松, は林, は極端, は機嫌, は次第に, は此上, は死にたい, は死人, は気, は水, は江原, は泣き出したく, は活動写真館, は活溌, は流星, は海神, は海賊, は漸, は澄み, は激しく, は濁流, は烈日, は熱烈, は父, は狂いつ, は玄徳, は球上, は理解, は甲州, は町家, は病的, は登山, は白山神社, は眼, は短波長, は碁, は神, は神主, は神経質, は稍, は空, は笑っ, は結婚, は絞です, は縄張争, は縞, は肩, は背中, は自ら鍬, は自覚, は自身, は舷, は芙蓉, は花合せ, は芸術的意図, は草の根, は菩薩, は葡萄染, は蓄音器, は薄, は藁叺, は虫, は見知らぬ, は論理的, は貴顕, は走り, は身, は身体, は軽快, は迅速, は道子自ら大寺, は酔っぱらい, は重々しく, は野, は野性, は野鼠, は錦, は鐘五郎自身, は長靴, は雑誌屋, は雪晴雲散北風寒, は雲, は靴磨き, は音楽, は餘, は首藤, は馬小屋, は駒井家, は鬼, は鬼畜, は鷹, は黄疸, は黒く, ひどい悪戯, ひどい熱, ふとその, ふふん, ほど私, また今度來, までかたり, まで僕, まで着, まで童貞, もあった, もあつ, もありました, もう午後, もう大胆, もお, も三枝未亡人, も人里近く, も彼奴一人, も支那海, も正しい, やはりお, やはり五六人, やはり裏口, より云, わが室, わが舟, わざわざ只圓翁, わざわざ窓, を知らず, を窺, 一度一緒, 云った, 何とか云, 何やらの, 使うので, 借り受けし器物, 其の室, 其の家, 冷たきも, 口惜しさ, 叫んだ, 叱つた, 図らざりき厚霜, 図らずさ, 大體次, 寒い所, 小さいこと, 弱きもの, 当の丘田医師, 心細くな, 思ひ切つて, 恐ろしく強い, 恥づべき打撃, 掘らなぃばわがなぃんだぢゃ, 摂州尼ヶ崎附近, 暗い書き割り, 来て, 某学校, 決して車, 煎藥, 現とも, 祀り油, 突然大, 突然病ん, 美しい文字, 老僧, 行くと, 見かねて, 見るとも無し, 訪ねて, 誤った生存様式, 諸軍, 買った本, 陥りがち, 食い酔って

▼ るやう~ (843, 1.4%)

54 になつ 39 にし 32 な氣 15 になる 1412 な事, にな 9 であつ, なこと, になりました 8 にした, に言 7 なもの, な心持 6 だ, な気 5 につて, になり, に云, に思はれ, に思ふ

4 [11件] だが, である, です, では, なそんな, な娘, な調子, な音, に思はれる, に私, に覺

3 [19件] ですが, なところ, なの, な恰好, な樣子, な気持, な氣持, にさ, にする, にその, にと, になりたい, に下り, に仰, に出, に思ひます, に見えた, に見える, に言ふか

2 [35件] な, な三味, な人, な声, な姿, な感じ, な手つき, な手段, な様子, な男, な目, な習, な言葉, な話, な顔, にかやう, にと云, にと言, にもう, に何, に困つた, に後, に思, に思はれた, に成りました, に描かれ, に書い, に書く, に書け, に畑, に目, に窓, に耳, に胸, に脱い

1 [400件] すだ, だけれど, だと, だよ, だ文部省, だ猪, だ第, でいつか會, でうまく, でございました, でございますが, でございますけれど, でしかも, でした, ですから, ですよ, で成らないん, で暫く, で然, で落, で訣ら, と, との望みぢ, と筆, なかたち, なきいて, なくすぐるやう, なけた, なさ, なしつつ, なとこぢ, なところで, なむつかしい, なものぢ, なもん, なら剃り落して, なりさ, なる声, なる子供, なる音, なわけ, なん, なズツク, な不, な不利益, な不見識, な事件, な仕組, な代物ぢ, な何かしら, な作, な光景, な具合, な出來事, な剣幕, な劇場, な動作, な匂, な卑怯, な印刷物, な厭, な味, な坂, な型, な場合, な大, な失敬, な好い, な威勢, な媚, な嬲るやう, な宗教, な室, な寂し, な寒, な小高い, な山吹色, な崇美, な工合, な平坦, な年寄, な年頃, な強い, な形, な御仁, な心, な心地, な心持ち, な思ひが, な思ひの, な性格, な性質, な愚, な愛すべき人, な感動, な態度, な慘, な慘酷, な憂慮, な憤りを, な所, な手順, な文章, な旅, な日, な旺, な時, な時間, な極り, な極彩色ぢ, な模樣, な次第, な死顏, な気分, な氣勢, な氣配, な沈んだところ, な清々し, な物凄い, な狂暴さ, な獣, な甘, な生活態度, な申分, な異常, な白, な睡眠, な瞳, な社会的現象, な科, な科學的素養, な稻荷神社, な積り, な空合ひだ, な笑, な笑聲, な笑顔, な紅鹿の子, な素, な縁, な罪, な美し, な美しい, な考へ方, な肉感, な苦悶, な藝術的實感, な衝動, な表情, な西, な評判, な譯, な距, な車, な運びになつて, な道, な鋭さ, な陰謀, な陽, な青い, な面白, な音階, な顏, な風, な飛沫, な馬鹿, な鳥, な鶏, にあわて, にいつ, にいつた, にいふ, にうねり, にお, にくぼませ, にこの, にさせられ, にしか書けない, にしめやか, にしめる, にしよう, にすつ, にそろ, にちらりと, にて夜の目, にでき, にとある, にといふお, にといふ手紙, にとさう, にとのこと, にと云つて來, にと使, にと八丁堀, にと只管天, にと娘, にと日本橋, にと申, にと申す, にと百姓衆, にと私, にと酒屋, にと醫者, にどう, になりかけた, になりたる, になりぬ, になるであらう, になれ, にね, には伺つて, にひそ, にひた, にぼりぼり, にぽ, にまだ, にもし, にもなつ, にも候, にも見えた, にも見えました, にやつ, によみて献, にわな, にカード式, にサツ, にスツ, にバタバタ, に一, に一つ微笑, に一人物, に一番先, に三八, に三十三, に並んだ, に中, に中庭, に丹念, に二三人, に二三度床板, に云つて, に人, に人前, に仕向け, に仕立て, に仕込ん, に仙石騒動, に以前, に仲, に何度, に作らせ, に作られ, に俛首, に保枝, に側, に光, に入ります, に其リンネル, に其傍, に冷え込ん, に出た, に前, に前肢, に努め, に勝平, に勧め, に半, に取つ, に叫ん, に合圖, に命じた, に啖呵, に国民, に地下室, に墨黒, に多吉, に寄添, に小, に少し, に岸, に帶, に平椀, に平次, に彷徨, に彼, に彼等, に微笑, に思つて, に思へる, に感じ, に感じた, に感じられます, に感じる, に感ぜられる, に慰められ, に成つた, に成る, に或は, に手際, に押し戻され, に拂落, に拈, に掴み占める, に描ける, に教, に斷續, に日, に明瞭, に春三郎, に書きたい, に最初, に杖, に歌つて, に此處, に歸, に歸つて來, に殆ど, に殘つて, に水筋, に海, に淨, に濡, に火鉢, に煙管, に照子, に猿, に珊瑚樹, に男, に畳, に着物, に瞳, に研ぎすました, に神田明神下, に祷つ, に禿頭, に空しく, に立ち去る, に笹野, に答, に米国生れ, に粗末, に綱, に美しい, に翌, に考へる, に聞いた, に聞え出した, に聳え立つた, に自分, に色んな, に花, に苛責, に茂つて, に落ち去る, に蝦夷地, に見, に見えます, に見られる, に見上げた, に見廻した, に親, に親ん, に言つて, に言付けます, に記, に詩人, に話, に話す, に語, に貴女, に赤く, に赤坂田町, に足, に身, に身體, に軽蔑, に迎, に述べ立てた, に逃げました, に逃げ込みます, に進ん, に進歩, に運びました, に閃, に險, に青, に静か, に韓神, に頭, に頼まう, に顔, に顯, に飛ん, に飛込ん, に首, に駈け, に龍吉, やで, 凄じき, 心掛けた

▼ るよう~ (802, 1.3%)

40 にし 22 になった 20 なこと 1816 なもの 12 に云った 10 な気 9 な声 8 な事, になっ, になり 7 だ, な眼, になつ 6 です, な調子, にいった, になりました 5 な音, になる, に言った 4 だった, な, な恰好, にした, に云っ, に出, に声, に顔

3 [11件] だが, であった, では, な心, な心持, な感じ, な態度, な目, な風, にな, に私

2 [35件] だけれど, である, でも, なあの, なそういう, なそんな, なところ, な人物, な低い, な例, な勢い, な微笑, な心地, な昂奮, な気持ち, な気風, な氣, な物音, な顔, にいう, にお, にそっと, にその, に出来, に命じ, に小声, に思われる, に撫で, に書い, に眺めた, に見え, に見える, に言, に言う, に言っ

1 [436件] さすれ, じゃ, じゃ勿体ない, じゃ見処, だし, だったこの, だと, で, であったが, であった雨, であの, であるが, でおじゃるわ, でした, ですね, でぱっちり, で支那人, との特信, なお, なこの, なすてき, なずうずうしい, なひと, なやかましい, ならば, なら蕾, なり, なりおる, なる音, なれども, なれば, なわけ, なん, なアンテナ柱, なウヽ, な一事, な一種名状, な一組, な不埒, な不思議, な世間, な主観主義, な事件, な事柄, な人, な仔細, な他愛, な会話, な位置, な傾向, な優しい, な元気, な先生, な光景, な内, な円タク, な凄味, な分, な力, な勉強, な勾配, な半ば, な危険, な又は, な口吻, な口調, な古くさ, な各人, な吠えるよう, な味, な唇, な喉声, な喝采, な四哩半, な坂, な変哲, な夜風, な大きな, な大刀, な女, な奴, な始末, な姿, な姿勢, な娘, な媚態, な家, な實際, な小声, な強い, な彼, な御方, な復古, な念, な怒る声, な恐れ, な息づかい, な息遣い, な悩ましい, な情熱, な愚, な愛, な感, な感情, な感激, な戦意, な文学, な斎戒沐浴, な時間, な暑, な暑熱, な暗中策動, な暗示, な月光, な朱, な柔, な根性, な業苦, な楽し, な様子, な機械, な歌, な歌い調子, な気分, な気持, な気色, な海藻, な深い, な温暖さ, な漆黒, な烈しい, な無慈悲, な煙, な熱い, な父親, な物, な特に, な生活, な男, な異様, な痛, な痛み, な目付, な眼つき, な眼附, な瞳, な破廉耻的, な秋, な笑い顏, な経済的理由, な縁, な美しい, な美男, な老女, な者, な腕, な腰の物, な臭気, な色, な花, な芸当, な芽, な若い, な苦し, な苦しみ, な茅, な草書, な落魄, な薄笑い, な衆, な行動, な表情, な表通, な覚え, な論, な質, な超, な足, な身ごなし, な躯, な軽い, な野蛮さ, な鋭さ, な間, な青い青い, な非礼, な響, な首, な高等, な魅力, にあいつら, にあお, にあの, にいいました, にいくらか, にうなだれ, にお互い, にお前さん, にからかっ, にきい, にきまったず, にこう, にこの, にさえなった, にさえ感じられた, にさせた, にさせられた, にしか書けない, にしなけれ, にしみじみ, にしめやか, にじりじり, にじろじろ, にする, にそう, にそうっと, にそれ, にそれら, にたちまち, にちょろちょろ, にである, にという申付け, にとこう, にとこの, にとのこと, にと仕向ける, にと啓示, にと神詣で, にと談判, にならなけれ, になれ, にね病, にの, にのみこん, には成る, にばかり致し, にばらばら, にひびく, にほ, にぽつりぽつり, にまた, にまだ, にまるで, にみつめました, にみなぎりわたった, にみのり, にむっつり, にもう, にもなります, にもなる, にも思えない, にも男子, にゆっくり, によい, にわざと, にわれ, にギラ, にグリイン氏, にコード, にセルカーク, にソッ, にハネ, にヒッソリ, にピッタリ, にプツン, に一しきり, に一つ, に一室, に上品, に下, に中音, に二三度, に二人, に二階, に云う, に京都, に仰しゃいました, に伝えた, に低, に何, に作者, に倚りか, に充分, に光一, に全身, に兵, に出した, に別れ, に力, に努めね, に勝平, に十年前, に半, に又野, に及ん, に反問, に取った, に取り計らいました, に取る, に口, に吉野, に和んだ, に国吉, に壁, に夢中, に太刀, に奥, に奥様, に女性, に宗厳, に室, に寄り, に寄添い, に密, に寝る, に射し込んだ, に展, に帆柱, に幾らか, に引き留め, に引っ奪, に彦七, に彼女, に徒, に従け, に御, に微笑, に徳川勢, に忍びやか, に思っ, に急い, に急き立て, に性格, に惚れ惚れ, に感じた, に感じられ, に感ぜ, に成っ, に或いは, に戸, に戸口, に投, に投げ出し, に抱きかかえ, に押し出し, に押し殺した, に押し転がした, に拵え, に振り顧, に掻き, に描かれ, に損害, に暑かっ, に暖, に最善, に梅, に棒立ち, に検事, に楽屋, に樹木, に橋, に母親, に決戦戦争, に流れだし, に海老団治, に満座, に満開, に漲っ, に熱かっ, に物, に猛烈, に珍, に生活, に町並, に異, に畳, に疼い, に疼く, に痛い, に痛む, に痛ん, に皮膚, に目, に眺め, に眺める, に砂, に窓, に窮, に立, に立ち止まっ, に立っ, に笑い, に答えた, に総門, に置い, に美意識, に群衆, に聞えた, に聞かせ, に肩, に背水, に胸, に脇, に苛立たせ, に蔭, に装い, に見えた, に見つめた, に見やり, に覚え, に覚えた, に言い, に訪, に話される, に説明, に読ん, に調子, に賞め, に通っ, に通り抜けた, に進ん, に降りつづい, に陽炎, に階子段, に階段, に雅致, に響い, に頼みました, に飛びあがっ, に飛び込ん, に馬超, に馳, に鴨居, の事, 下らなく悪化, 何はなくともお礼

▼ る~ (796, 1.3%)

1612 がある 9 はその 8 もある 7 もなく 6 あり, なし, はこの 5 はまた, もありません 4 はない, は彼

3 [14件] あらば, がその, が多い, だ, なきに, のある, のため, はいう, はすでに, はそれ, は之, は必ず, もあった, もない

2 [45件] あり因, あれども, あれば, か, が, があっ, があつ, があり, がない, がなかつた, がなく, が存在, である, でございますが, でも, なり, なりと, なれば, に遺った, の姿, の幸福, の心, の無い, はこれ, はまだ, は云, は人間的, は元康, は共に, は呉, は商用, は幾分, は彼等, は悉く, は抑, は時に, は福, は筵, は茂太郎, は足, もあり, もなかっ, も無い, を誡め, 苦しむ者

1 [576件 抜粋] あこがれる者, あらざる, あらん, ありあるいは, あり或はまた, あり文字改革, あるいは改革, あるに, あるまじかりしを, あるも, かと余, かと腹, からちら, からはエタ仲間, から白い, から聞いた, から自ら天地, か差当り其家, があった, がありました, がいない, がかつて, がここ, がこれ, がそう, がそこ, がそれ, がなかっ, がひき, が一日新聞, が交番, が何故, が依然, が信じ, が偶, が出る, が勢力, が同時に, が善, が城下, が多かっ, が大, が大分, が少く, が幽霊その他, が必要, が折々, が文芸評論, が日向, が昔, が有るべきである, が本国, が東寺, が柔軟, が死に, が殻, が真理, が祇園, が細工, が育て, が自分, が茲処, が菊池, が還俗, が鑑, が雑色, が黙々と, こそ真に, さらに高く, ぞ汝, だか, だこれ, だといふ, だな, で, でございます, で一個人, で所謂, で統一, とこの, として知らない, とする, とせん, とはまったく, とは結婚出來, とハイ, と与, と同, と定め, と等しく, なきその, なきは, なき宜, ならずや, ならねど, ならん, なり曾, なること明, なれども, にあらざる, におくる, にこんな, にし, にその, につまずい, にてあれ, にて候, にとっては哲学的反省, にとって功利的, にどんな, にはいと, にはその, には不徳, には強く, には案外, には美徳, にふさ, にむかひ, にも拒ん, によつて, による, に不平, に何, に傳, に光, に力, に及ぼし得る, に各, に呼びかける, に対してはたとい, に対しては如何なる, に對, に往來, に戯れる, に現, に福音, に細工人, に至っ, に見る, に解答, に触れる, に非, の, のあつ, のあり, のいう, のない, のなくなりかけ, のなごり, のみが大盤石, のみゐ, の主張, の兄, の内心, の半, の夢, の巣, の思い, の懶惰, の最大, の歌, の歓心, の生ぜん, の立脚地, の職業, の自由, の詛, の話, の諸, の迷惑, の道, の門, の領分, の魂答, はあたりまえ, はいなかった, はお前達, はお茶, はかの, はきっと, はこう, はこっち, はこんな, はさらに, はしゃくりあげ, はせっかく, はそう, はそこ, はそば, はそれら, はた, はただ, はだ, はつき倒し, はとうとい, はにげまどう, ははなはだ, はひそか, はひそひそ, はぴゆつと口笛, はふさぎ込み, はアレキサンドル橋, はイクラ, はインテリ, はエタ, はショーヰンドー, はシヨヴル, はチェストオ, はチーズ, はニウジーランド, はボストン骨牌, はメキシコ, はロシア語, は一人, は丁年, は万歳, は下, は下宿, は不, は不幸, は丘, は云っ, は五畿七道, は交番, は亦, は人, は今にも, は低い, は俳優, は偶然災害, は傲, は傷, は僧侶, は元, は入江伝い, は其の, は其大胆, は其議論, は内外, は凶, は切り残された, は力まかせ, は労, は勝つ, は勢い, は北国, は午餐, は又, は叫ん, は右, は右手, は司法官, は同情, は商品販売, は嗅ぎつけない, は嘲笑い, は困ります, は固有, は土器, は声, は大, は大阪方面, は天狗以外, は天部, は太祖, は太鼓, は失敗, は奔放, は女性, は妙見, は孟子, は孤独生活, は学校, は宋, は実に, は宣伝, は實, は対, は専門教育, は将軍家, は小泉氏等, は小間使, は少く, は少し, は尚, は居りませぬ, は屈辱感, は展望, は左, は左遷, は己, は店, は廻転椅子, は当然, は後向き, は徒ら, は御座いません, は快, は怒り, は思わず, は性的生活, は恋愛, は悠長, は悲憤, は意識, は慰められるであろう, は成るべく, は成功, は成女, は我, は我等, は戦時, は所謂エタ源流, は手術, は打算的, は投獄, は掌, は放蕩, は政府, は教育上, は料理人, は日本, は日本一, は早く, は明, は昼食, は普通, は暗い, は有, は木, は朱盆, は机, は柄杓, は桁, は概念, は欄干, は歌道, は此病無し, は死ぬる, は殺人魔, は毀れ, は氏, は水, は水中, は氷雨, は永く, は沈黙, は油, は泣き, は泣きわめき, は泰然自若, は洋間, は渋柿, は漁業, は潔, は瀬田, は牛, は物理学自身, は犀利, は獨逸語, は理髮者, は生き, は生活, は疲れ, は病氣, は白く, は皮細工人, は盃, は盲千人, は直ぐ, は相当早くから, は真綿, は石, は石段, は社会主義的リアリズム, は社会生活, は社會主義, は秋, は竹, は籠細工, は紀州領, は紙, は終に, は絶滅, は織り物, は罵った, は老衰, は胸, は腕, は臀, は自分, は自殺, は自由主義, は自由党, は至って, は舌うち, は船, は苑, は苦し, は著者, は蒲団, は蒼白, は藝術家, は虚栄, は覆面, は誰, は談, は豺, は農村, は逃げる, は遊芸, は都会, は鉦, は鋤, は鋸, は鍬, は鎧, は長, は陵, は隅, は音樂家, は顔, は飛行自在, は骨牌, は高く, は魚, は鮭, は鳥獸捕獲, は鴉, は鶴嘴, は黙, へは開戦, へは降伏, ほどには親しく, またかく, まで男, もあらん, もありますれ, もこれ, もございます, もそう, もなかつた, もなし, もやっぱり, もやつぱり, も少なから, も尠, も旋轉, も有りける, も笑う, も続々, も観る, も誠実, も降りる, やら小, やアインシュタイン達, や肩, より卒度, よ今, よ救われなけれ, を, をかむだ, をその, をもた, をグングン, を一應, を三方, を以て旧, を備, を味方, を多く, を徹頭徹尾, を恐れ, を愛する, を慰めた, を拒まず去る, を撃退, を欲しい, を死刑, を永久, を特殊部落, を知りません, を笞, を築き込もう, を見きわめよう, を見る, を食, 即ち貧民, 坐し, 多きに, 多し, 少し, 悲しく疲れ果てたる, 或は連れ立ちし, 次第に多き, 泣く子, 疲れたる者, 豈無芸, 貧しき者, 驕れるもの

▼ る~ (666, 1.1%)

98 の話, もある 7 が或 6 は私 5 は, は之 4 がある, の姿

3 [11件] があつ, が多い, が来, が私, だと, に, に似た, の心, の生活, はまた, は自分

2 [45件] ありと, あるを, から聞いた, がその, がない, が云う, が書い, が笑っ, が見た, だ, です, なき胸ぐるしさ, にとつて, に斯く, に案内, に逢, の教, の数, の氣, の群, の芸術, の詩, の顔, はいや, はこれ, はその, はそれ, はない, はなし, は又, は多分, は必ず, は探偵小説, は見ん, は餘, への手紙, またいわく, もあらう, もあるまじ, もない, もなく, も皆, も識ら, を見, を誰

1 [487件] あり, ありければ, ありしは, ありとこそ, いかで此一町内百, からお, からの需め, からはこれ, からはしからず, からはじめて, からウィスキイ, から下谷, から人間, から噂, から妙, から師匠, から意外, から手紙, から斯様, から旦那, から瓜, から紹介状, から聞かされ, から補助, から言われた, から預った, から頼まれ, から頼まれました, から風聞, があっ, があなた, があります, がありませう, がありませんでした, があるであらう, があれ, があろう, がいうた, がいけない, がいたずらに, がいっ, がいった, がうらやましい, がこの, がそれ, がどの, がね, がはや, がまた, がサンヂカリズム, がテープ, がプラットフォーーム, が一人, が三ツ蒲団, が三人づれで料理, が中ノ郷, が云, が云ったけれ, が何, が何人, が全く, が十三圓五十錢, が友人, が和訳, が嘗て, が噺, が土地, が地球, が多かっ, が多く, が大塚氏, が始め, が実に, が小林, が尺八, が居, が岩手県, が引きうけ, が彼, が怎, が扶, が曾, が次, が此, が此地, が注意, が無けれ, が祖先, が箱書, が築き上げた, が純粋, が自分, が芸術家, が蚯蚓, が行, が見, が見かね, が言, が試し, が詩, が語る, が豪奢, が買い取っ, が質問, が追悼, が通行, が遠野, が非難, が馬, この辺, さ, さえもどれほど, だから, だけに悲, だけを迎, だとは, であつ, である, である場合, であんな, でした, ですと, ではございません, ではない, でまた, でもありません, でもあれ, で三日五日, で俗, で初代, で王氏, で神武以後歴代, で自分, と, としての生活, とては一人, とても大, とて大, とで俄, となれる, とエラク, と同棲, と噂, と大概, と曳く, と杏春, と私, と車馬, と駈落ち, なき胸苦しさ, なしに, などない, などはこの, などは随分, などは高村, など絶えず, ならずと, ならば, なるかな, なれば, なんて, なんで, にいろいろ, にきかる, にこの, にたのん, にて審判, にとっては生れた, にとっては自明, にとつ, にとり, になった, にならばや, には一層, には別に, には即ち, には当っ, によっては異, によって伝承, に一般通常, に云わせる, に云わせれ, に交, に会った, に偶然教, に十五弗胡魔化, に対してどんなに, に対して寛大, に対して話す, に対しひきうけ, に対し特筆, に對, に小野さん, に恨み, に手渡す, に拾われた, に救われました, に斎藤某, に於い, に次第, に氣, に求めた, に相談, に示す, に笑われるであろう, に紹介, に菊花, に訊きます, に託し, に詑びる, に話したら, に語った, に講演, に貰, に貸しました, に途中, に速, に逢つた, に鑑定, に限り, に頼まれ, の, のあら, のありけり, のある, のあれ, のい, のいう, のけは, のごとくなりき, のする, のところ, のみ自分, のやう, のよう, のわが家, のエッセイ, のステッキ, の一日, の世, の世心, の世話, の云う, の人身攻撃, の印象刻み, の参考, の双, の口, の名, の商売, の問, の営み, の坐, の如く, の娘, の子, の島々, の工夫, の常に, の座, の思念, の思想, の想像, の愛欲, の感懐, の所, の手, の指, の文庫, の書いた, の最初, の有, の本, の氣配, の理論的労作, の眼, の知らせ, の研究, の私語, の笑, の紹介状, の考え, の聲, の肉體, の肖像, の若干, の著書, の行き, の行動, の行為, の覺, の言, の訃, の記憶, の説, の説明, の誰, の調査, の谷, の財布, の足音, の身, の非常, の面, の頭, の顏, の饗宴, の魂, はあらじ, はあらゆる, はいっ, はいつか, はいなかった, はうまい, はかならず, はげに, はこんな, はご, はずっと, はそこ, はそれ程, はそんな, はもはや, はわたし, はドストイェフスキイ, はレビュー劇場, はロシア人, は一つ, は一人, は一年, は不吉, は云う, は云った, は互に, は五尺六寸, は人, は人生, は今に, は今日, は他, は何, は兄, は先導者, は八月六日, は前人, は前向き, は励磁機, は南風氏, は即ち, は反対, は叙事詩, は同じ, は君ひとり, は單, は土壌掬, は土牛氏, は声楽家, は多く, は女史, は女性, は女性解放, は威厳, は字餘, は富士, は専門, は小遣い, は少し, は帝国ホテル, は常に, は平和, は平生, は広島, は延長, は建築, は弁護, は彼, は彼等, は彼等自身, は後者, は怨憎, は愛, は教育, は文化政策, は文献学, は新, は日常, は日本人, は書い, は有益, は未来, は東京, は桂華, は棒, は歴史, は死んだ, は毘羅拏草, は氏, は決して, は淺, は猶, は現在, は理解, は甚だ, は申します, は皆, は盆栽, は直接私, は真, は知っ, は神泉氏, は稀, は稍感動, は穂高, は緑, は色彩, は荒寥, は言う, は言葉, は評し, は評判, は賢, は過去, は都會, は閑靜, は間違つて, は音樂, は頻りに, は高く, は高等中学, は魔羅, へのたより, へ手土産, も, もあつ, もあらなく, もあるべし, もあろう, もいる, もなし, もよく, もゐ, も世に, も嘆く, も多く, も大分, も安心, も実, も徠, も稀, やあらむ, やから, よ, よりは少し, よりは甚だ, わが森, を, をのせ, をよこし, を云う, を免, を出した, を刺さう, を加, を助ける, を大切, を嫁, を子供扱い, を容れ, を導き, を愛し, を指し, を探し廻った, を殺した, を現す, を私, を罰する, を虐げ, を訪ねる, を追手, を間接, 問ういかなる, 問う妻, 少ければ, 故に, 最も智慮, 相ついで, 降りる人

▼ る~ (665, 1.1%)

23 見て 13 見たり 12 見る 8 得ず 7 常と, 待ちて 4 奈何せ, 見るのみ, 迎へる

3 [13件] いふ, えず, 人の, 何時通つても, 待つ, 得ざるの, 得ない, 得べし, 得可し, 忘る, 知らずして, 覚えずし, 覺え

2 [31件] うべし, えんこと, きく, さな, みたり, 世の, 彼は, 待たず, 待たずして, 待ち侘びて, 待って, 待つのみ, 得, 得ざりき, 得なかつた, 得んや, 望むとき, 栄螺の, 欲せず, 潔しと, 眺めようと, 知らざるのみ, 知らなかった, 知りて, 知る, 知る可, 知れば, 米の, 見るに, 覚ゆ, 願ふ

1 [482件] あやしむならむ, いう, いふ且つ, いへり史家ヴィルラーニ曰, いわんやその, うべき一縷, うまげに, うるか, うるなり, うるに, うるにあたりて, うるを, うる我げ, うる日, うれども, えざりき, えざるに, えざるまで, えざれば, えしは, えしもの, えしやは, えずして, えたれ, えて而, えん, えんと, えん導者乃ち, おかめ, おそれぬ, おぼ, おぼえ, お目付, お縫, かいて, かき抱き玉手靜, かしは, かの人, きけば, くみまた, くわえて, こなる事, この子, この花火, これに, さぞ奥様, さとり, さへ, されて, しないで, しながらも, しやぶりながら, しらざりしなるべしと, しりしその, すすりながら, する友達, する為, それより, たのんどいたん, ぢさんの, つい数日前, つげその, とめご, とりなよ, とりに, なげくを, なほも, ねがは, ねがはず, ねがふ, ねがふ處, ねがへば, のっとって, ひとしと, また押し, また追, また追っかけ, まっさ, ままに, み, みそなはすで, みるその, みれば, むしろ我, もて光まとも, もて夜, や, やである, やめよ, やめよと, ゆるさず慈悲, り, りが, りしも, りには, ろち棲む, われと, アキリュウス, カイーナ待つ, ルネッサンスに, 一銭切と, 丁寧に, 上梓と, 主と, 主むべ, 之れ求め, 予の, 事と, 事珍らしく, 云はずに, 云ふ, 人中の, 人麻呂京に, 今に本社, 今産む, 何だ, 何よりの, 何んだ, 何者の, 例と, 例として, 例の, 俟ちか, 信ずるなり, 候は, 値いし, 傷み, 元嘉京洛の, 先生余を, 光らして, 光らす, 免が, 免れざると, 冀望すべから, 初唐盛唐中唐晩唐, 初心の, 制止する, 加藤小西若き, 助十, 務むるの説に, 勝氏は, 勸むべし, 十兵衞不興気の, 半灑ぐ雲天, 厭い夜, 厭わぬとしても, 可能ならしめる, 名として, 吐きて, 君には, 否み難き, 問はず普遍的自我を, 善くせん, 喜ばず, 喜びき, 喜ぶ, 喜べり, 嗟し, 嘲れるなり, 坪村なる, 変へて, 夜もすがら思は, 大町, 奥様夢にも, 女の, 女を, 如何せ, 如何とも, 如何なる用事, 如何に, 妨げつ飢ゑたる獅子, 妨げむ, 婦人が, 嫁の, 嫌うは, 嫌ふ, 孝助は, 宜と, 宮は, 害して, 将落つる, 將落つる, 小気味よげ, 小鳥ぞと, 山三郎が, 常なりと, 常に警戒, 幸いに, 幸い薙ぎ倒し, 幾許ぞと, 引き離し小舎外, 引止め, 引止めて, 強て, 当時の, 径廷くも廻らぬ, 待たずただちに, 待たず汝, 待ちかねて, 待ちけるが, 待ちわびぬ, 待ち受けて, 待つて, 待つなり, 待つは, 待つらしく見ゆるも, 待つらん, 待つを, 待つ勿, 待つ程, 待つ間, 待てども, 待てり, 待てり夜, 待て永代橋, 待とう, 待兼ね, 待設くる, 得ざりしか, 得ざるは, 得ずこれ, 得ずして, 得ず子供, 得ず然, 得ず而, 得ず軍勢, 得せしむるものなり, 得せしめたので, 得たこと, 得たらむ, 得て, 得と, 得ないの, 得ば, 得べからず, 得べからず此事われ, 得べきか, 得む, 得むがためにそれをするのである, 得ると, 得るの, 得可き, 得可く, 忌む, 忘れざりき, 忘れた青い, 忘れて, 思えるに, 思わば, 悟り, 悦喜しつ, 悪み, 悪む, 悲しむ, 悲しむ者, 悼みたまひ, 惜しげも, 惡み, 惣て, 愚図, 感ぜり, 感謝す, 愼しまむ, 慮こ, 憤慨し, 憾む, 我ながら, 我は, 我恐る, 手に, 手の平で, 手先等は, 手前から, 打捨て置いて, 押しとめよ, 拒ぐ者歟, 拒む隱, 招く喜び, 拭ひもやらず, 拾わんとて, 持ち出すと, 持てく, 指さしながら, 指に, 指折り數へて, 振切るやう, 捕らえて, 撃ちて, 擇びつるなり, 施されるの, 施して, 明言し能わざる, 最も勝れ, 望み見て, 柳橋と, 根據として, 構ふ, 樂み, 機會に, 欲すとも, 欲するや, 欲せざる, 止めて, 止めむ, 止めんと, 止め得ないの, 殿様は, 母に, 母は, 求めず同年同日, 汝が, 汝衆神の, 涅槃という, 然ら, 熱意は, 犬の, 猶この, 玉枝の, 畏れついに, 白い指, 白糸は, 目早く, 目的と, 省せず, 省みたり, 看るその, 看るのみ, 看破すべき, 眺めやり胸, 眺める軍, 眺め喜びつ罪, 眺め群神, 眺め見たる時, 眺め見て, 知らざりき, 知らざりしなり, 知らざりし路, 知らざることしば, 知らず, 知らずという, 知らなかつた, 知らぬか, 知らぬげに, 知らん, 知り長く, 知れり, 示す, 示すなり, 示すもの, 示せり, 礼と, 祝し豆, 禁じ得ないで, 禁じ得なかった, 私も, 窺うて, 立ち聞くと, 笑へるなり, 絶えて, 続けて, 罪悪の, 罷めず意馬馳, 耳にも, 聞いて, 聞かず叔母, 聞きついに, 聞きつけて, 聞きて, 聞きコ府, 聞き戸, 聞き早速, 聞くに, 聞く是, 聞けり, 聞けりと, 聴き急ぎ, 肯は, 肯んぜず夜, 致す習, 船は, 良好と, 落命致させ, 虎が, 虧き, 要す, 要する, 要するは, 要せざるべし, 要せんや, 要せん哉, 見, 見あるは日ごろ, 見き, 見し時, 見ず, 見たこと, 見たらん人, 見た者, 見つ, 見ては, 見ますると, 見む, 見むと, 見も, 見よ, 見よいかに, 見るであらう, 見ると, 見るにつけ, 見るみな黒色, 見る明治, 見れば, 見マテルダ, 見俯, 見兼ねて, 見受け候, 見太祖, 見守る如くヘクトール, 見更に, 見王, 見直ちに, 見附けての, 視しとき我, 視ては, 視ながら, 覚えざりき, 覚えず, 覚えた, 覚えたが, 覚えつ, 覚えぬ, 覚え申候, 覚ふ, 覚ゆる, 覚ゆれ, 覚悟で, 観た, 覺えた, 覺えぬ, 許さざれば, 許さず他者, 許さないところ, 許さないの, 許さぬ峻厳, 許さる, 許されしや, 許されず口, 詩人の, 認むるに, 諾はずし, 證明する, 貴ぶ故に, 買ったこと, 足で, 躁り, 軍馬喜べり, 迎へ, 送るべしとて, 送る時, 逐ふて呼ぶ, 通慣と, 連れの, 遲し, 避くる, 避けて, 避け得たもの, 野田城上笛声寒し, 門番尖り声で, 防ぎおきその, 防ぐを, 防ぐ爲, 防ごうと, 陋と, 隣なる, 集むこれかの, 難ずること, 露なる, 須たず, 願ふも, 願へり, 飛んでも, 食べたこと

▼ る~ (527, 0.9%)

12 が出 11 がある 9 になつ 7 が出来る, はない 6 である 5 にした, になる, に於, もあつ, もある 4 があっ, があるなら 3 かなはで, が出来, が出来ない, であるが, なり, にし, になった, はもう, もなく

2 [35件] がない, が出来た, が出来ます, が浮んだ, た, だ, では, で無え, とせり, とては一, となり, なし, ならば, にしました, になっ, になつて, になり, に就い, のない, の出, は一生, は出, は出来ません, は思ふまじ, は止め, は致しませぬ, もあり, もあれ, もならず, を, を怪, を見, 並びに武勇, 深くその後, 能わざるを以て

1 [345件] あらば, あり, ありけん余所余所, ありしも, ありと, あり殊に, あるごと, あるを, あるをのみ, あ無い, かこの, かと思つて, かと思ふ, かと考へた, かなはず, かのう, かはと此, から急, から懇意, から来る, から酔, があった, があつ, があります, があるだろう, があれ, がございます, がごわせん, ができない, ができなくなった, がなかっ, がむづかしいでせうか, がやまない, がトルストイ, が一々, が一つ, が一番近道, が不道徳, が与へられた, が何故そんなに, が出来ざる, が出来たけれ, が出来たら, が出来なかつ, が出来なかつた, が出来ぬ, が出来ました, が出来ましょう, が出来ません, が出来ませんでした, が初めて, が半, が合理的, が名人, が多い, が多かっ, が実に, が将来, が少なく, が強, が時々, が暴れ, が気づかれる, が発見, が起つた, こそ所謂世, さえ六, じゃから, すらよも, その外そん, その野呂, だから, だけは控, だろうほう, であつ, でありますから, であり又, であろう, であろうか, でございまして, です, ですから, ですが, ですとも, でも, で引責辞職, で恥ぢる心, で最近, で此歌, といはず, とから推し, とした, とて本来貧窮, となった, となるべく, との中他, とは不良少年少女, と今朝, と存候, と思っ, と自制, と誰, なから, なく予, なく決算, なく結局, なく誇らん, なしうかれ, なしお, なしこれ, なしに, なし俵, なども東京, なの, なら, ならど, ならなんぼ, なら五郎はん, なら十分養生, なら獨, なれば, なんか何とも, においては乙組中鏘, にくよくよ, にしま, にしよう, にせう, について自分, にて心, にて足る, になりまし, になりました, になれ, にまで不運, にも馬, に事, に依, に到頭, に反, に定め, に従事, に思い到り, に慣れし, に成つたの, に成る, に明る, に極めた, に気, に決心, に油, に爲よう, に相談, に迄不運, に逢, のあつ, のある, のあるべき, のいか, のなからむ, の中, の侍る, の傳, の出来ない, の出来なく, の出来ぬ, の出来る, の出来得る, の困難, の多い, の多かる, の多けれ, の好, の嬉しく, の将来, の有り得べき, の用, の造作, はあたり前, はありません, はある, はあるまい, はこれ, はしない, はしなかつた, はなかっ, はやはり, はよく, は上代, は中等教育, は亂暴, は今さら, は何, は兼, は円朝, は出来, は出来ん, は別に, は前例, は古, は可, は同時に, は大変好き, は小, は惜しく, は既に, は最初, は極, は法律, は無い, は疑, は絶無, は許されぬ, は長し, は露知らず, は頗る, ばかりだつた, ばかりなり, もあろう, もおます, もご, もする, もない, もやあらむと, も一ツ, も亦, も其儘, も出, も出来, も出来ず, も出来ない, も出来ぬ, も出来まい, も出来ませんで, も出来る, も出来ん, も度々, も当節, も御座います, も有り, も榮, も考へ, やら, よ, よほど古く, より始まるなり, をきく, をした, をしない, をしなかった, をしなかつた, をしなくたつ, をしませんでした, をつとめた, をなし得る, をばわが, をば言, をも出, をも禁じ, を一心に, を不可能, を中心, を云つて, を人, を仕出, を以て第, を信じ, を信じた, を働き, を勸め, を卑し, を命ず, を喜んだ, を察し, を希望, を建國, を得, を得ず, を得る, を忘れしめき, を忘れた, を忘れなかった, を忘れなかつた, を思いついた, を思い出した, を思い浮べた, を思ひつ, を思ひついた, を怪しみ, を恐れた, を悟った, を感じ, を探ろう, を明し, を書く, を楽しみ, を止め, を熱望, を申しこんだ, を申込んだ, を直感, を知った, を知らず, を知り給うべし, を私語, を究明, を繰り返し, を繰返し, を考え, を考える, を考えるなり, を考え詰め, を考へ, を聞かせし, を職, を肯かなかっ, を行, を解しえざる, を許さぬ, を許され, を許した, を説いた, を調べる, を躬, を速記, を隱, 世に是, 出来ぬ爺め, 少ければ, 度々厳命, 成す事, 成す事直ぐ目, 或は城, 早し, 易し, 最も遲, 有れど, 決して難き, 深く其後, 甚だしくついに, 甚だ遠し, 能わず, 遠きは, 遠きも, 遠き所, 遠くない

▼ るところ~ (525, 0.9%)

15 はない 12 のもの 10 がない, もなく 9 がある 7 である, もない 6 なり, のない 4 があった, だ, によれ 3 であった, となり, にお, はありません

2 [28件] あり, があります, があろう, がなかつた, その伽羅, でその, では, なきに, なきは, なく主張, なく法, なし, にある, の, の人, の如く, の宗教, の真, の結果, の詩, はただ, はなく, はやや, は無い, へ遊び, を知らない, を見る, 暑くその

1 [363件] あらしめたが, あらむ, あらんと, ありて, あり地心, あり最初, あるなりと, あるを, ある可, あれば, かく大いなる, かその, からこの, からす, からなまけもの, から主婦, から大二郎, から始ま, から必然, から必然的, から手, から新, から望む, から聞い, から見渡した, があっ, があらう, がありません, がなかっ, がなかつたら, がなく, がなけれ, がまだ, が多い, が多かっ, が少ない, が無い, が見えなかつた, さ, しらぬ憤ろしさ, その気, ぞ, だから, だが, だったの, だつた, であり誤って, であるが, ですか, ですぐ, でその他, でそれ, でなければ, ではあれ, では体, では元, では全く, では地上, では塩晶, では実らぬ, では役場, では接触, では描写, では日頃, では紫, では若者たち, では重く, で一つ, で一坪, で下等, で何だか, で偶然, で厶, で古, で左右, で帆村荘六, で引, で彼, で日本, で更に, で聞いた, で變死人, で路地, で魚屋, といい, とならざりし, とならなかった, と一致, と手, と當ら, ない丈, ない大, なかった, なきが, なきを, なき民, なき特色, なき雷, なくし, なくしかも, なくなん, なくば, なく仮定, なく古学主義, なく唱えだした, なく善事, なく奥, なく幣帛, なく我, なく手, なく手配, なく明, なく次代, なく生活, なく確信, なく自由, なく見, なく言う, なく進み出, なければ, なしと, など有る, なり三上山蜈蚣, なり友人諸君, なり宜, なるぞ, なれども, なん, にあぐら, にあの, にあらざるなり, にあらずや, にじっと, にその, にてはこの, になる, にはあらゆる, には寒氣, には林, には氣持, には竜, には遠い, により, による, によるに, によるに夜半, にゐ, に一人, に一日愚老, に一気に, に二つ, に人, に人間, に伴, に依れ, に僕, に元, に大豆, に妖魔, に婢, に富津, に川, に左癖, に急, に恐ろしい, に政治, に文明, に橋, に檜, に残し, に氷る, に添う, に渤海, に狡く, に狭山, に田, に眉, に突兀, に自ら微妙, に至っ, に至味, に近い, に達せざる, に開かれ, に非, のあらゆる, のご, のすべて, のよう, のカント, のワキ, の一種, の世界, の今, の何とも, の全く, の医官, の原理, の右, の單純觀念, の噺, の墨色, の富国策, の帽子, の幽霊談, の形象系列, の必然, の恐怖, の意思, の感覚, の未知, の此舟, の死, の海辺, の演劇, の物, の生命, の療法中, の目的, の石塔みかげ石字, の神これ, の神仏, の第, の第二義以下, の答え, の結論, の綾帛, の者, の自, の許容, の説類同, の軽気球, の農業者, の運動, の鎮魂歌, の風の音, の高い, の高嶺, はあった, はいつたい, はうっかり, はかの, はくすんだ, はこの, はすな, はそこ, はその, はないだらう, はないです, はなかつた, はやはり, は丁度, は丑松, は付い, は佐々, は何ぞ, は何物, は其考案, は前者, は唯, は土崩れ, は外国, は大抵, は好かつた, は始めて, は徳川幕府, は恰も, は批評, は月光, は決つて, は無料, は祖先遺伝, は神尾主膳, は空気, は窮, は締, は肉, は自, は複雑, は親, は誰, は酷, は阿羅漢, は青年期, は駿河, へこちら, へこんな, へ呼ん, へ御, へ持つ, へ来る, へ移った, へ自分, へ行っ, へ電話, へ首, までこの, までは突き止めた, まで尽した, まで強く, まで持っ, まで来, まで突きつけた, まで見, まで見極める, めでたしめでたし, もあり, もあるべき, もう八方塞つて, もよく, も無く, よりもズット, をさとる, をしらなかった, をその, をはたと, をまるく, をみな明, をよく, を与, を人事, を以て見る, を兄, を助け, を固く, を待ち受け, を想像, を愛せよ, を掌, を撰, を曲者, を求めん, を照, を男, を知ら, を知らざる, を知らず, を知らなかった, を知る, を神樂坂, を見た, を見つれ, を見なかつた, を許した, を買つて貰, を辻強盜, を道, を達すべし, を関興, を際どく, 即ち臍, 去承応二年六丸殿, 執念深きに, 多いわけ, 無き也, 無く用意, 無く白, 甚だ浅薄, 相化合, 第八獄, 見めぐりありきて, 迄推察, 集まるところ

▼ る意味~ (500, 0.8%)

99 に於 49 に於ける 98 に於い 5 から云え 4 では存在 3 から云, では之, では全く, では当然, で彼, で自分

2 [22件] からいえ, から見れ, でいっそう, でこの, でその, での実践的原理, ではその, ではそれ, ではやはり, では凡庸, では天理教, では習慣, で一つ, で一層, で主観的, で人生, で変化, で私, で論理, において一つ, において相反, を有

1 [264件] ありと, あり気, からこれ, からみ, から之, から有難い, から申す, から申せ, がある, が出, である, でいい, でいふ, でこれら, でそう, でそれ, でそれ自体, でたしかに, でと云う, でどこかしら, でどの人, での, でののほほんと, でのコンツェルン, でのハピイ・エンド, でのバーバリスム, でのペダンティシズム, での不幸, での世界的チャンピオン, での中国, での健康性, での判断, での剥脱, での双璧, での合理的精神, での哲学, での屈伏, での平凡, での平均人, での幸福, での後継者, での敏感, での既成社交的, での日本インテリゲンチャ, での概念, での歴史, での段階的, での無学文盲, での現象, での生物学的動物, での知的デカダンス, での社会的関心, での科学的予見, での科学者, での積極性, での精神的暴動, での自然概念, での貴族, での追随的瑣末描写, での階級化, での階級性, では, ではあすこ, ではいわば, ではうれしい, ではお, ではかう, ではこれ, ではこんど, ではさう, ではさき, ではそういう, ではそれほど, ではふさわしい, ではむしろ, ではもっと, ではより, ではわずらわしい, ではプロレタリア文学, ではホント, ではモット, では一番, では世界的, では世間知らず, では事実, では伝説的, では偶然的, では全紙面, では共通, では医者, では即ち, では同じ, では吸収, では哲学, では基礎經驗そのもの, では大抵, では妙, では完全, では実際, では常識的, では当時, では彼, では従来, では心理学的, では必然的, では志士, では悪く, では愕然, では應用學, では指導, では教育, では文学史家, では文書的, では文芸, では朝鮮人, では求道者といつて, では物, では生新, では真実, では真理, では知識社会学, では社会的, では美化, では自然科学的知識, では至極さっぱり, では良人, では芝居, では落ちた, では誠兄さん, では警察, では退嬰, では運命的, では過渡期, では雄弁, でわれ, でグレ, でコケテイシユ, でジャーナリスティク, でマルキスト, で一等衆議院, で之, で云, で人間感情, で代表, で代表的, で伸縮自在, で余りに, で価値, で全面的, で分析, で北条安房守, で卑屈, で司法権, で唯物論的, で変つて, で大衆, で天井, で娘冥加, で完備, で実に, で専門的, で小説的, で強固, で従来, で徹底, で悲壯, で憐れ, で我々日本人, で或, で戦争, で戯曲, で才能, で批評, で拡張, で文化, で文化部門, で文学的科学, で新しい, で既に, で既成, で日本, で明白感, で最も, で朱君, で枯淡, で構成, で正しく, で母国語, で活, で清澄, で無視, で物理学, で甚だ, で生意気, で甲, で省三さん, で真, で矢張り直線, で科学的根拠, で結局饒舌, で肯首, で自由, で蒸し返されざる, で行燈, で装飾的, で跛行景気, で辞書, で近代, で近来, で遥か, で適用, で長谷川さん, で間, で随意, で隨意, で露骨, で非常, で非常識, で高く, なの, において, においてこれ, においてすでに, においてすべて, においてのみ環境, においての感謝, においてはその, においてはそれ, においてはたしかに, においては元禄時代, においては實, においては庸, においては薩摩芋, において原始人, において大, において形, において或, において闘つて, における不健全性, にては善, にポジティヴ, のこと, のマッハ主義者, の勇気, の哲学そのもの, の国士, の嫉視, の実践性, の復歸, の批評, の水準, の組織的生産, の絶対化, の総体読者, の観念, の認識論, の論理, の風, もない, よりいえ, を持っ, を直感, を表, を言語

▼ る~ (418, 0.7%)

5 何の 4 猶ほ 3 何ぞや, 侯の

2 [21件] しき, しく, ちりちりと, なかりき, みな死を, 伊藤侯亦, 其形迹歴然として, 危ないし, 多くの, 復た, 恐らくは侯, 易く複雑, 最前から, 東の, 獨り, 自然の, 莫し, 落ちつつ, 西の, 誰なりや, 陸の

1 [361件] あけるのに, あらざりき, あらじ, あるいは現時, あるが, いかなる前世, いぶかし, おのずから是, おろか自粛の, このかく, この王, これを, これ仏家一大事因縁なり, しき愛よ, しき日知らで, しく咲く花うばら我, しみ何せん, すなわち彼ら自身, そう云った, その一部, その事, その労力, その平常経験, その影響, その昔, その横, その花, そばの, そもそも誤れり, たかだかかかる, たしかに女史, ただかづら, だんだん弱っ, つねに去るである, つらき人, とう, とても足, どの鼠, なお逆風, なかりきさるほどに, なき鹵簿, なぞ, なに, なにぞ, なほ新なる, なんぼう, はなはだ善し, はやき, ひとり政府の, ひとり無, ひとり露国, ひびくなめらか, ほとんど無稽, まことに尋常, またおのずから, また決して, まだしも, まだ二十歳, みだれて, むしろわれら, もともと屋外, もと何等, もと東国, よかった, わが国の, わたくしの, われの, アテーネー, アロンタなり, オヂュシュウス, キリスト刑せられた, ジプシー, ネストール王イドメネー之に, ヘクトール, 一事の, 一二〇五年の, 一二新聞の, 一人その, 一人の, 一句の, 一昨年来の, 一言や, 一身の, 一面に, 丈が, 上の, 不当であろう, 不思議な, 不整合, 不経済, 不道徳を, 与論公議を, 九州帝国大学医学部精神病科本館の, 事すこぶる, 二に, 二人の, 五十あまりの, 亢旱三年という, 人だまの, 人生の, 今ぞ, 今の, 今晩の, 仏家一大事の, 他にも, 何し, 何ぞ, 何でも, 何よりも, 何れの, 何をか, 何人も, 何国と, 何故ぞ, 何故ぞや, 余輩の, 來る, 例として, 例年の, 俗であり, 倒すべからざるもの, 候補生の, 偶然に, 元々無理, 元手なし, 元来蔵元屋の, 兎に, 兎も, 全く牽強附会, 其の實, 其破壊的の, 决し, 冷風だ, 凡ての, 出羽は, 初手の, 初見である, 判って, 剃刀二挺で, 勉めて, 北側の, 博愛だ, 即ち, 即ち歩, 即福祉, 却って不忠, 厚き灰, 去るである, 又し, 友達と, 古くは, 古今の, 只, 可なり, 各国各, 同じく平家, 同じやむを得ぬ, 同父母兄弟なり, 君の, 吾と, 哲學家の, 善からず, 四時の, 国民が, 国民の, 大に, 大空の, 大阿蘇, 天に, 天地の, 天意に, 天理に, 奇蹟とも, 娘娘廟の, 嬉しい, 嬉しけれど, 子供に, 孕婦の, 宙に, 宜なれ, 実におのれ, 実に仏教徒たる者, 実に相, 客體であり, 客體的に, 寝床の, 寧ろ求めざる, 寧ろ誤れる, 小児に対して, 小川の, 小浜太夫, 尚お, 山と, 岳飛が, 嶺上の, 左遷である, 常の, 幽世, 底事ぞと, 座がしらなり, 当然あり得べき, 彼が, 彼の, 彼等の, 後に, 徒労のみ, 御上人様源太様は, 御門祭詞に, 必定あれにも, 必定でありましょう, 怪しむに, 怪し盗賊, 怯か, 恋の, 恥の, 恰も其鐘, 惜かりし, 惜しくこそ, 惡と, 愚かな, 感情の, 我心に, 我權利なり, 我等が, 戰鬪の, 拙者が, 掃き出すと, 日本の, 日本語の, 易しと, 昔熊野参り, 普通に, 暴風雨の, 書中に, 最も大切, 枯れし花, 樺太海豹島は, 正しき事, 此事一つ, 此人の, 武士の, 武田信玄の, 死ぬよりも, 水の, 汝か, 汝が, 決して色, 泣菫子独特の, 流石に, 浜なでしこ, 浮かれ浮かる, 浮かれ浮かるる遊客, 海に, 淋しかろう, 湍と, 無かりき, 無智, 無理なる, 父として, 父母の, 片々と, 物の, 特に識者, 猶燕王, 玄蕃の, 現代の, 現在親の, 理性を, 瓜哇文の, 甚だしき誤り, 甚だ聽, 畢竟亞剌比亞語, 異な, 異端の, 當然である, 癡漢の, 白い浪, 白拍子の, 白翁堂か, 真に是, 矛盾の, 知れきって, 石に, 破れたモーニング, 神と, 神に, 神変不思議の, 禽獣の, 私にとりまして, 秉忠の, 稀で, 稚兒, 笛吹川と, 第一式, 第二, 第五時, 管なり, 箭を, 羹を, 羽生村の, 臣の, 自然である, 自由意志そのもの, 至極の, 芭蕉の, 花に, 花湧く, 苦し人, 萬, 萬年町山伏町新谷町あたりを, 葉末の, 葭剖か, 蓋し其意諸王, 蓋し多く, 蔦まつわり, 蔵元町と, 虎に, 蛇切れたら, 蝮は, 血気の, 袂落, 見て, 觀想である, 言葉の, 詩人の, 詩神の, 語弊あり, 誠にお, 論を, 諷刺家オラーチオオヴィディオ第, 諾はず, 谷口金五郎樣お, 財を, 賢者の, 足利義政の, 身一つに, 辯佞の, 近衛兵と, 過てり, 過を, 適しからず, 都ての, 野の, 鋭き草, 閏五月なり, 關係實に, 附加せらる, 陛下が, 難し然, 霊の, 露に, 頗る注意, 頭に, 類なり, 食べられるしろ, 食事の, 養子で御座いました, 馬琴の, 馬酔木の, 馬鹿の, 駒ヶ岳である

▼ る程度~ (401, 0.7%)

5 の克服, まで 3 までそれ, まで実際, まで成功

2 [16件] に於, に発達, のお, のトピック, の超越, の金, の関心, までは必要, までふれ, まで信じ, まで具体化, まで当っ, まで整理, まで益々, まで自由, まで進む

1 [350件] あつて, あるが, あるに, お互, が極めて, しかある如く, その方向, だけ犯す, である, で止まっ, における時間性, にし, にしか描かれ, にでき, にとどめなけれ, にはたらい, にまで発達, にまで証明, に一種, に分業, に大衆, に子供, に尊重, に常識, に後, に拘束, に改められ, に残っ, に無条件, に知られる, に研究的態度, に至つて枯死, に行われ, に補正, に進歩, に達したる, に遺, に順應, のかすか, のききめ, のこと, のたしなみ, のまとま, のエネルギー, のブレーキ, の一致, の上下左右, の人力, の人格的覚醒, の仕事, の修復, の傾斜, の光線, の分裂, の力点, の参考, の反証, の取捨選択, の地位, の地理知識, の場合, の好, の嫌味, の宣伝, の専門的, の希望, の強, の彼女, の復歸, の悪, の惰性, の意義, の感情, の成巧, の手がかり, の批判的態度, の技術, の放し飼い, の数, の文明批評的, の時間継続, の期待, の本音, の比較, の水準, の求めれ, の洞察, の温気, の満足, の無謀, の犧牲, の畏敬, の真空, の研究, の確信, の社交性, の社会正義感, の科学論的, の経済的, の統一, の自信, の自由競争, の興味, の薄暗, の親日, の解放, の諦観, の質, の距, の速力, の過失, の閑暇, の間接性, の関聯, の集団的生活, の霊視能力, はね, は同一, は掴め, は有, まであなた, まであの, までうまい, までおさまらない, までしか自分, まですぐれた, までそう, までたしかに, までの, までの二人, までの効果, までの問題, までの実質, までの憎しみ, までの準備, までの眼光, までの立証, までの罪悪, までの言論, までの趣味位, までの遠慮, まではかなり, まではことごとく, まではしかた, まではその, まではどうにも, まではわかっ, まではシッカリ, までは一致, までは万遍, までは不可抗, までは人間, までは参与, までは女自身, までは察し, までは常識, までは役に立つであろう, までは必ず, までは思う存分, までは恢復, までは独立, までは現在, までは理解, までは白状, までは社会, までは立証, までは考, までは許された, までは誰, までは進歩, までは頼っ, までむづかしくなる事, までやむを得ん, までわかつ, までイデアリスム, までクロポトキン, までハムレット, までブルガリヤ, まで一々, まで一方, まで一般, まで下火, まで与え, まで世界, まで中, まで之, まで事実, まで人なみ, まで人民戦線的文化運動, まで人間, まで代表, まで企てた, まで体験, まで何, まで保証, まで信頼, まで個人, まで備わっ, まで僕, まで僕自身, まで共通, まで其等, まで凡て, まで凹まし, まで出来る, まで出来るだろう, まで分析, まで判断, まで別々, まで制御, まで動かされる, まで動かし, まで動員, まで反省的, まで取容れ得る, まで受け入れられた, まで可能, まで含まつ, まで周囲, まで善導, まで変えよう, まで夢, まで大きく, まで天候, まで夫, まで宇宙的, まで完うし, まで完成, まで実証的, まで実践, まで寛大, まで實際, まで尊重, まで尤も, まで平行, まで幻想, まで彼等, まで心理的, まで忍ぶ, まで思う, まで想定, まで感覺的, まで成し遂げられ, まで我慢, まで戦争, まで打っちゃっ, まで打明けた, まで折りあっ, まで描き出す, まで救, まで明, まで映画芸術, まで暗に, まで未然, まで本性, まで正鵠, まで歪曲, まで没交渉, まで演出, まで熱中, まで牧畜, まで犠牲, まで理論的, まで男性化, まで癒, まで発達, まで目星, まで目覺め, まで真実, まで知られる, まで研究, まで破らなけれ, まで社会的役割, まで社会科学, まで社大全体, まで神様, まで私, まで科学, まで稀薄, まで立体映画, まで精神的, まで納得, まで経理部, まで維持, まで締め上げ, まで縛られなけれ, まで美しい, まで聖なる, まで脚, まで自主的, まで自由主義, まで自立, まで自身, まで至極, まで舞台, まで良い, まで著しく, まで行く, まで行ける, まで行われ, まで表面, まで製作, まで評価, まで試みた, まで詳しく, まで貴重, まで質, まで近代的, まで追い払っ, まで進行, まで遂行, まで達する, まで適用, まで間違い, まで関係, まで隠し, まで集積, まで雪, まで霊界, まで霜柱, まで飜訳, まで養われた, まとめられた, を指した, を超え, を超えた, を超える, を越え, を限つて何人, 切り離されて, 又或, 当って, 当てはまると, 成立つて, 打消せば, 知ること, 示して, 立って, 縮めること, 覚って, 解き得た人, 触れて, 迄は矢張り新型, 迄事実, 迄出, 迄到達, 迄成功, 迄描き進め, 進んでも, 飲み込めるわけ

▼ る~ (383, 0.6%)

17 どうか 6 え, して 5 それは 4 八, 出來 3 來ない, 分らない, 知れは, 知れません

2 [22件] いかなる道, これだけが, します青雲, どうかといふ, よし名, わかりませんが, 一生の, 判つた, 十年か, 反るか, 反るかの, 否か, 否かは, 存じませぬが, 知ら, 知らないが, 知らぬが, 知れないの, 聞いて, 肉厚く, 行司役が, 親方様の

1 [285件] ああなさけない, あざやかなる, あの一番, あゝ夫, いいにくい, いずれかを, いちだんとよい, いちど手合せし, ええわかりまする, え消息往来庭訓, おツ, お前も, お幸, かの女, きちんと畳まれ, きつと, きらないのに, これは, ご相談, さなく, さもなければ哲学, さもなければ歩い, さもなければ聖像, された, したの, しないこと, しませ, しや, する, ずに, ずらなどが, ずらの, そうでなけれ, そしてもし, その二つ, その様, その費用, そるか, それが, それではお, それともまたひとり, それともロシヤ, それとも以前, それとも又, それとも歩い, それとも町人, それとも背, それを, ただいまホコダ塚, ただしは, ただ今ホコダ塚, だここ, ちやあんと, ぢや, つぎである, つたの梅子さん何卒, つまらぬあ, とおつし, とおも, とにかく旅, とんと手前, どういう声, どういう様子, どうかしら, どうかつて今にも組合, どうかと, どうかという, どうかについて, どうかには, どうかは, どうかも, どうかを, どうか分らん, どうしたら, どの道真剣, なければ, のも, はりに, まさかに蛆蟲, または時間, または横山町辺, または瞬き, また年々帝室, もしお, もしくは他, もしやかえって大, もちろんそれで, やうな, やつて, ゆゆしきご, ろうなんぞと, わからない, わからないから, わからないところ, わからないの, わからないん, わからぬ, わからん, わかりません, ゑゝ解りまする, イ何か, ウーム, センセーションを, ッ, ッこら, ッた, ッたら, ーが, 一刻も, 一向拵えん, 一期の, 上り汽車に, 世間では, 之を, 二つの, 二人で, 二十年生存る, 二十日か, 二年か, 二百年, 二羽の, 五年掛る, 仕止めるか, 他の, 何うだ, 何うである, 何もかもこの, 何を, 何様いふ, 何處から, 佛法の, 來る, 來年もどる, 俺は, 先き, 其は, 再び自分, 冷たい指さき, 凄じ, 分かりません, 分つて, 分らないが, 分らないと, 分らないん, 分らない理想, 分らぬといふ, 分らぬ不安, 分りゃしませんよ, 分んないけど, 刎ね, 判ったもの, 判らない, 判らぬ, 別の, 又さ, 又は自然, 古宮の, 君が, 否かについて, 否かの, 否かを, 否は, 嗚呼なさけ, 國許は, 坊主に, 外國から, 奪られる, 如きも, 如何, 如何か, 如何でございましょう, 如何にも羨やましい, 始らぬ, 委細は, 孚めない, 孰れ, 完らぬ, 将又, 山の端逃げ, 川へ, 引上げぬかだ, 影よりも, 待合の, 御前は, 御大藩, 御遠慮なく, 心奪われた, 忝けのう, 思うた, 思うと, 惡戲者を, 意外の, 成らぬでもう, 或は千年, 或は殴りつける, 或ひ, 打ち擲, 抑又, 攫めないか, 支配頭の, 日本人自身は, 明かでないが, 明日は, 明日歸る, 時抑, 曖昧で, 書籍は, 會得出來る, 某こそは, 柱により, 楽書の, 次ぎの, 此の, 殺すか, 永らく御, 汝は, 沖に, 済まぬ済まぬ真実, 然る, 生きるか, 生きるかという, 生きるかの, 生きるかを, 生るか, 生捕る, 畢らない, 盗賊に, 知ってるか, 知つてて, 知つてる, 知らん, 知らんがね, 知らんと, 知りませぬが, 知れないからね, 知れないが, 知れないわ, 知れないん, 知れぬが, 知れぬとて, 知れませんが, 私たちは, 私には, 私は, 穴蔵へでも, 突き止めるん, 籠に, 羞じない, 聖天堂へ, 聞いたら曰く, 自分でも, 花に, 若しくは全然, 若しくは崖, 若しや, 薔薇の, 蜑の, 行けツ, 見て, 見に, 見よ汝, 見當, 覗いたつて, 覚めきるか, 解つたもの, 解らない, 解らないが, 解らないといふ, 解らないので, 計つて, 詫る, 認識の, 誠に不可思議, 身い投げ, 身でも, 這上つ, 那, 金を, 際どい仕事, 隠居を, 静かな, 頗る自信, 馴染帳を, 鳴物が, 鼻でも

▼ る~ (381, 0.6%)

6042 です 29 ですか 19 だから 15 だよ 10 ですね 9 ですもの 8 でしょう, ですよ, ぶるるん 6 だね, だらう, ですから 5 じゃ, だぞ, ですの 4 だが, だぜ, だもの 3 じゃない, だか, だからね, だな, だネ, ですが

2 [19件] か, か一向, が褒美, だがね, だつて, だ可, だ相, でございますと, ですわ, で御座いますか, とは有, はこれから, はひどく, は一旦, は祖母, は給料, は美人, は調法, や

1 [72件] かおも, じゃあねえ, じゃありません, じゃあるまい, じゃぞ, じゃなかった, じゃァ, じや, だお, だからな, だからなあ, だがな, だけど, だけれど, ださ, ださうだ, ださうだが, ださうです, ださうですよ, だっけな, だって, だつたよ, だてよ, だと, だども, だり延び, だろ, だろう, だワカサギ, だ借金取, だ型, だ寢, だ彼奴, だ是, だ濡れて, だ眼, だ肉体, だ面, だ駕籠, でございますよ, ですからね, ですがね, ですがねえ, ですけれど, ですけれどねえ, ですぜ, ですって, ですつて, ですとさ, ですな, です大きい, でなくつちや, では, でも, で御座いますけれど, とからだ, とヘリコプター, と云っ, と云つて, ならいくらでも, ならこ, ならぶちまけますが, なら一高, なら可, はたった, は続い, は續, まわしはじめました, やない, やのう, やもん, を江戸

▼ るので~ (380, 0.6%)

86 あつた 10 あらう 6 あつて 4 あらうか 3 せう, 私は

2 [11件] あらうが, あらうと, 之が, 代助, 僕も, 厶ります, 彼は, 御座いますから, 斯う, 有る, 自然に

1 [246件] ああ観念, あつたの, あつたらう, あらうとも, あらう又, あらう諸, あると, ある部分, い, いくらか呆気, いささかの, いつまでも, いつもよい, いよいよ畏れられ, うつつに, おもち, おれは, お兄様, お前は, お醫者樣, かうして, くさる, くれて, けっきょく, こういう折, ことさらに, この二者, この云い, この審判官, この男, この祖先, これで, これでは, ござります, ござりませう, さすがの, しばしば美しい, すべての, せうか, せうけれども, せう從つて小夜菊, そこに, そこへ, そのたび, そのため, その宗法, その肉, その間に, その雪, それから此方, それで, それで兄さん, それで客, それを, そろそろ読み上げる, たいてい午後, ただ居, つい可笑しく, つゆは, どちらを, どの位, なくして, なくて, なしに, なんでもかでも, なんにも口, ねたみの, ひき餅を, へい, まだ何, みのるは, もう半分近く, もっと訊き質したく, やがて訪れる, わかるの, わが乘つた車, ゐたたまれなくな, グリニッチ標準時では, ヘイ何う, ボツボツ出掛ける, 一同は, 一度だつ, 一段と面白い, 三月の, 三週間の, 不充分とも, 中では, 中央に, 互ひ, 今で, 今は, 今迄と, 仕方が, 他の, 伊勢らしい, 何だかお, 何心なく, 使用の, 元來無遠慮勝, 先生は, 八百屋でも, 其の強靱, 其の派手, 其ま, 其間に, 其間は, 出たければ, 初めてそこ, 判然とは, 勉強家の, 北派の, 厶います, 又し, 古い名簿, 向柳原, 否可能, 喜びは, 噛んだもの, 困って, 困るよ, 坊さんだ, 坪四銭という, 堯と, 変に, 夜の, 大抵一本の, 太子は, 奉公人仲間に, 奥さまは, 女中にも, 妻子を, 嬢様は, 子爵夫婦は, 実にお, 容易に, 寧ろ自殺, 寺へ, 小夜子が, 小宮山は, 小紋三と, 少し遠, 尚更だつた, 山も, 川が, 序に, 庭の, 彼が, 彼女達は, 彼発明の, 御座います, 御座いますが, 御座いますけれど, 御用聞き, 御静養, 心配し, 忌な, 急いで, 惜いかな, 我々の, 手前も, 手前共も, 承知する, 投身する, 折角眼, 押っ張っ, 持って, 持て餘, 敵に, 文学は, 新太郎は, 旧来居りやす, 明かである, 易介が, 昨日この, 是には, 是れ, 曉の, 曲者が, 有らう, 有らうか, 有りました, 有るが, 東京の, 柳井では, 根菜類は, 此の, 此形に, 此處に, 母は, 気を, 氣を, 氣運の, 決して卑怯, 渠は, 演題に, 無ければ, 無理に, 熱に, 父にも, 父の, 牛肉を, 犯行それ自体は, 獨身の, 甚く聞き辛く, 町内の, 當人は, 當分の, 白水晶黒水晶むらさき水晶草入り水晶などの, 皆その, 眺望の, 禹貢の, 私に, 私も, 竹丸は, 笹も, 純吉, 終に日本新聞社, 背筋が, 自ら室の, 自由に, 興宗に, 芝居を, 見ると, 親類相談の, 詩歌たる, 読む, 誰しも, 貴方は, 賑ふ, 足が, 身代は, 近年は, 途中から, 這入つて, 遠くも, 遽て, 都合が, 里閭これと, 閉口した, 面目ない, 顔付きが, 風の, 食うの, 食事の, 骨の, 鳥など

▼ る~ (323, 0.5%)

9 がない, なし 7 を知らず 6 はない 5 ある可, のもの 4 あり, がある, である, なきは, なり 3 がなかっ, であつ, にし, の者

2 [19件] ありしに, あれば, があつ, がなく, だ, なきのみ, なく常に, なし則, によれ, に一分, のない, の舟, はねえ, は主義, まで来る, もない, を日本, を知らない, を見る

1 [212件] あって, あらしめたり, あらば, ありて, あるらしく声, ある者, かでなければ, から上, から出, から却つて, から或, から起る, があっ, があった, があれ, があろう, が好き, が無い, が無けれ, が珍しく, が甚だ, が蒲鉾, ぞ, だが, だツ, であり併せて, であるかという, であるけれど, でそれ, でねエ, ではお, ではない, ではなかっ, では主人, では優し, では別人, では十三メートル, では又, では家, では急, では断られ, では望楼, では火, では砂, では見, では長沢, でふつ, で山田, で岸田国士君, で是非, で景雲, で男, で臆面, で貴方, という標準, となつ, とならなかった, となり, となる, と成つて, なかるべし, なきが, なきに, なきを, なき者, なくそして, なく却つて後世, なく売薬, なく最も, なく材料, なく烟霞, なく熱烈, なく芸者, なく貪り, なけれども, なければ, なしと, ならず而, なりき, なりしかれ, なりとあり, なれども, に, にあらず, には三, には崔融, には白雲, にむかし, に保管, に前, に収ら, に敷皮うち, に生れる, に立ちおり, に軽い, に農家, に雪, に馬鹿, の, のお客さん, のす, の事實, の二世, の人々, の何物, の傾, の僧, の大, の家, の店, の影, の恒, の惰力, の扁桃腺炎, の文字, の書估, の某, の水, の海, の深く, の点, の無い, の物, の環, の益, の種, の脚下, の自分, の藏經, の証拠, の調査, の酒亭, の點, はありません, はした, はただ, はどこ, はぱつちりと眼, はも一歩, はシチリア, はヴァイオリン, は不, は以上, は受動的, は右, は唯, は妹, は子供向, は室生, は無い, は真理そのもの, は真赤, は結局民権, は肖像畫, は謎, は黄色, ふかく侍りし, へおい, へ何, へ出, へ如意, へ嫁いだ, へ担い, へ持っ, へ日置一家, へ行き, へ行きましたら, へ通り, へ連れ, へ重点, までその, までは果され, までは真直ぐ, までは雪, まで堀端, まで行った, まで走るなり, まで蹤, まで達成, もなく, もなくゆる, をうしなう, をぐつと繩, を写真, を土足, を失ったであろう, を思い, を描かう, を明, を満足, を知らざる, を知らなかった, を知るなり, を私, を筆録, を老母, を背後, を荒涼と, を見ない, を詳しく, を遺憾, を部類, 各, 多からず, 多し敢, 多少程度, 少きに, 徒に多岐, 果して何處, 無からん, 無くて, 迄堀端

▼ るから~ (305, 0.5%)

19 である 43 であつ, とても枕, 待つて

2 [15件] そつとして, それに, だと, であります, です, ねば檀家, ツて, 今の, 何卒お, 君も, 始末が, 恐ろしいよ, 私が, 見て, 開口一番ちょっと

1 [243件] あきらめねえ仕方, あすからでも, ありは, あれを, いけないの, いけなかつたん, いけません, いずれ機会, いづれは, うが, うけれど, うさり, うるさいと, おとなしくし, おバアチャン, おーいと, お前などに, お前も, お品さん, お見のがし, お見合せなすっ, お譲り, きいて, こっちは, この同じよう, この土曜日, この歌, これが, これで, これは, こんじつ以来, こんなこと, して, しばらく船, そこで語根, そしたら早速, そしたら直ぐ, その上, その日, その頃來, それからは, それが, それだけの, それであらゆる, それで一時大, それとなく暇乞, それは, そんなに訳, ださうです, だという, だれも, つと晴れ渡つた, で, であり又, でご, でございました, ですって, でそれで, とっくりごらん, どうか, どうぞ先生, どうぞ貴方様, なんだ, なア, ねえ吉里さん, のより, ふしぎも, ふた月, ほらを, まあ行こう, まず医者, まだしもである, むづかしいのだと思ひます, もう氣, もう遊び, やっぱり書生言葉, やつぱり二人か, よからう, よく日本人, わたくしどもは, アラタコは, ヂパングは, ッてばさ, ツ, ーと, 一しよ, 一つその, 一つ弾い, 一と, 一匹二匹と, 一日も, 一緒に, 一言酬いた, 一銭だけ, 不思議さ, 不思議で, 不思議でしよう, 中座し, 之を, 云は, 人が, 人に, 人間を, 今夜は, 今日は, 仕方ない, 仙太郎が, 仲人だ, 伽羅大尽は, 何か, 傍からも, 僧團外の, 兄さんに, 兄さん今まで, 免し, 六兵衞が, 其のいましめ, 其の大, 内湯の, 前途を, 動も, 勘定し, 勘辨し, 勿論歌, 化け物の, 十年ばかりと, 危いんだ, 却って人通り, 厭だ, 又二度と, 可愛らしいぢ, 可愛相な, 台所で, 名を, 吾, 呆れ果てて, 哀れさも, 喃, 喜ぶ人, 埒が, 堤防の, 堪え兼, 外へ, 外界に, 大丈夫さ, 大方剰, 大變, 大騒ぎやっ, 大體西洋紀元, 奪ひ取, 好きです, 妙さ, 家来の, 寐る, 専門医の, 少しばかり, 少しも, 川添富彌, 左様心得, 已むを, 床下の, 待て居て, 後日再び, 御免よ, 御用の, 心配しず, 心配する, 恟りし, 恰好が, 悪いん, 成るべく食慾, 我々の, 我國初期の, 手飼ひ, 振ります, 新を, 新奇な, 斷わるにも, 時代によ, 晩の, 書きませんという, 月々可なりに, 有りますよ, 棺の, 正面を, 此方は, 此方へ, 死んで, 毎日待つ, 気の, 氣が, 氣味惡く, 泳ぎは, 活船へ, 漸, 火力の, 牧童の, 現金過ぎ, 病は, 癒らない, 益す陰気, 碌そつぽ, 私は, 種々役徳が, 竿先の, 細路ゆえ二人が, 美貌は, 能く, 自然に, 至急隣, 船頭は, 茲に, 葉を, 蒟蒻の, 蒲團が, 行けないの, 衛生の, 見た処, 見っとも, 見ますわ, 見給え, 訊いて, 誰に, 誰にも, 赤坂へ, 距離は, 車財布の, 這入るに, 通例人は, 遊んで, 錢を, 閊へる, 随分高価, 難有くも, 雨の, 非常に, 順序より, 顔を, 食ふ, 駄目だ, 駄目な, 驚く, 魚田に

▼ る~ (285, 0.5%)

9 の人々 7 の作家 5 の, の作品 4 の人, の女, の男, の若い 3 の文学者

2 [17件] の乾き, の人たち, の人物, の倉庫, の嫌悪, の対立, の市会議員, の復讐, の憎むべき, の文学, の機械, の画家, の病人, の行為, の親しい, の解釈表現, の読者

1 [206件] が切れる, が島, というの, のかしこ, のこと, のもの, のもの等, のアタマ, のアルコール, のイデオロギー的作用, のインテリ層, のエンジン, のオッチョコチョイ, のフイルム, のフランス石鹸, のプロレタリアート, のプロレタリア文学運動, のマルクス反駁家, のユニック, のリード, の一群, の世界征服, の了解, の二重性, の人生観照, の人達, の人間, の人類, の仕事, の代表, の会議, の似, の作家たち, の作法, の作用線, の倫理的タイプ, の健康さ, の公憤, の切ない, の制約, の制限, の刺戟性, の単純, の危機, の右翼的, の司令, の同値, の名, の名誉心, の吝嗇, の哲学, の哲学書, の哲学的イデオロギー, の唯物論, の問題, の因縁, の国文学研究者, の圧迫, の在庫製品, の地獄, の場面, の塩, の夢, の大人, の娘さん, の学者, の実感, の容姿, の尊厳, の小説, の小説家, の小説家等, の小説等, の少数者, の屍体, の工業, の左翼的作家, の市民権, の市街戦, の延長, の快感, の恐怖, の恐慌, の悪, の感情, の戦争, の戦士的性格, の批評能力, の技能, の抑圧, の抒情詩, の政治家たち, の政治的傾向, の政治運動, の救い, の教授助教授, の教育者, の文化論者, の文学活動, の文学者達, の文明評論家, の文章, の新た, の方法論, の日本人, の昔話, の普通, の暗, の暴漢, の未開, の末期的, の札つきみたい, の構成, の権威, の欲求, の歴史家, の洪水, の無責任, の熱情, の物, の特権, の独立, の狼狽, の猿, の現代文化, の理論, の用言, の疑念, の疑惑, の疾病, の病, の直接的, の眼, の矛盾, の知識社会学, の社交調, の社会人, の神経質, の科学, の秘密, の税, の童話, の精神病患者, の精神科学, の精製, の紅毛人, の経験, の結合, の絵画的, の美, の美術, の美術史家, の群, の義理, の職業, の自信, の自然科学, の自由主義者, の自白, の興味, の良質, の色欲, の芝居, の芸術, の若者たち, の苦しみ, の著作, の蜘蛛, の蠅, の親密感, の観測, の観衆, の解釈, の計, の評価, の評言, の誓詞, の誤解, の論理, の論理的虚偽, の議論, の譲歩, の讚美, の責任, の農民作家, の通俗的, の進展性, の道徳律, の道徳的義務, の都合, の金属結晶体, の錯覚, の鎮静剤, の関心, の隔離, の隠れた, の雪, の霊媒, の面白い, の革命, の音楽, の風呂屋, の高級, の鳥, はある, は翅

▼ る~ (260, 0.4%)

13 になっ 11 のこと 6 になる 5 起きて 4 でした, になつて, の事, 見ると 3 であった, になりました

2 [12件] お仲, から急, その, だった, になったら, になつ, になります, のまだ, の新聞, はお, は夜, 見に

1 [179件] あの部屋, いつて, いつもより, いつもよりも, おきて, おくみ, おそろしいもの, お仏間, お光, お熱, お父様, お篠さん, お隣り, からだ, から帰宅, から幸吉, から自分, がやつ, このな, この妙, この日, ごく早い, すぐに, すぐ出立, すぐ横網, そっとそこ, そっと平二郎, そのうち, その仕掛, その唐獅子, その旅行, その朝, その灰, そんな会話, だ, だしぬけに, だつた, ちょっと眼, でなければ, ところが一番日当り, とても早く, などは新雪, などは私, など机, になった, にはもう, には全部, のひととき, の七時, の九時頃, の八時頃, の六時, の印象, の新聞紙上, の日曜, の様子, の気持, の薄, の記憶, の詩, の陽, の陽射し, は, はいつも, はうらら, はからり, はきまって, はきまつて, はその, はなごや, はひどく, はまた, はまだ, はもう, はやく彼, はやく赤い波蘭服, は下町, は何と, は偏頭痛, は又, は四時, は大雪, は夫, は寒かっ, は常, は平気, は必ず, は持つ, は暗い, は未明, は枕元, は武蔵野一面, は真っ先, は自然, は騷ぎ, は魂, ふたたび植新, ふと思い立った, ふと目, ふと眼, またも折目, まだアパート, まだ夜, まだ太陽, まだ床, まだ暗い, までそのまま, までまんじりと, まで帰らない, まで持ちこたえなけれ, まで机, まで眼, まで睡, まで許可, まで降りやまない, もう一度ガラツ八, もその, もまた, も待たず, も必ず, も時計, やはり, よ, よく店, を待ちませんでした, を待っ, ガラッ八, ハッと, 丁度こちら, 乾いた土, 初めて病院, 勢い込んで, 小鈴, 少し朝寢, 帰って, 御納戸町, 思い出して, 急いで, 持つて, 早々と, 早くまた, 早く他, 早く前, 早く宮崎, 早く川窪, 早く帰っ, 早く帰った, 早く彼, 早く急, 早く父上, 早く筥崎水族館裏手, 早く行く, 早く要さん, 早く見廻る, 早く起き, 早く起きる, 早く起き出でた, 早く隼人, 早よう, 晴れた座敷, 暗いうち, 更に小舟, 未だ明け切らない, 死んで, 焼きつけるの, 片付けたつて, 珍しいスープ, 突然刺, 突然大杉さん, 老僧, 行って, 見たとき, 見付けたよう, 訪わば, 起きたらまだ, 起きると, 遅くまで, 青白い顔, 飛んで

▼ る~ (230, 0.4%)

3 あり, あれば 2 ただちに動かん, 下は, 亦然, 仕方が, 内相は, 可なり, 引くも, 彼の, 落たるも

1 [206件] あはれなり, あはれに, ありまた, あり半身, あるし, あわれだ, いずくんぞよくこれ, いたましいばかり, いづれに, いづれ地心, うとましきに, お恥ずかしい, かくの, かつて落胆, かまは, ことわりなり, ことを以て, これを, さほど遅う, その不平, その両, その学生, その影響, その志, その死, そんな事, だいて, できませんでした, とうからあなた, どちらだって, なつかしや, なほ樂し, ばら撒かれた, ひとすじ道である, ほんの皮一重, まあ私, またはなはだし, また可, また自然, みな因果の, やや似, よい, よいが, よく噴き絶えてた, よしまた, よし陶, わが心, コロンブスの, シビルラの, 一樣なり, 一緒だ, 一飯の, 不賛成では, 之を, 乘らない, 乱を, 乱賊の, 云ふも, 亦これ, 亦一, 亦功, 亦同じ, 亦大, 亦得べからざる, 亦類, 仁する, 今の, 今年に, 仏の, 以て, 何か, 何時重大に, 來る, 侘しかりし, 傍に, 元来彼, 全く異ならぬ, 八卦といふ, 八州を, 其の暮, 其の終り, 凡傭の, 出來, 加治木附近にては, 十年ないし, 半ばは, 可笑しくかつ, 史家の, 名の, 向う次第, 吾人の, 唯養父, 基督は, 多く得, 大した違, 大体四週間ないし, 天子の, 太鼓の, 女なれ, 女の, 婀かしから, 嬉しく泣き, 宜しい又, 宜しけれど, 実はこの, 容易である, 容貌醜, 専ぱら悲哀戯曲に, 少からざるべし, 尚且之, 山の手ながら, 巧なり, 帯を, 年々歳々事相同じ, 徒に, 得べからず, 得べからず之, 御身の, 御運, 復らない, 心中深き, 心外な, 忌わしい膝, 応ずるもの, 忠義二人し, 怠るも, 怪むに, 悪くない, 悪し詐らざる, 惜から, 愚策南方に, 慍らない, 我が得, 我これを, 我國の, 拠るべき処, 損無きなり, 支那に, 支那語は, 效あらじ, 敵の, 斯くあら, 旅といふ, 日出る, 早く借財, 旱の, 是れ, 時の, 有り公平, 果してその, 此處らの, 死は, 殆ん, 比類ない, 水の上風に, 決して見出す, 決して除外, 泣くも, 洋々たる, 火の, 烙くもいずれ, 無理には, 無理は, 然り, 熟まざるも, 熱くあたわず, 猶殘らん, 甚だし以後ここ, 甚だ有, 留るも, 畢竟此, 畢竟藤氏, 略向, 當然である, 皆さうである, 皆他の, 皆内には, 知らで谷陰, 禹の, 耳を, 自分の, 自由な, 艶かしから, 苦しからじ, 英雄を, 草の, 蓋し勞, 藩の, 観ずに, 豈懼れん, 負けずに, 起るも, 身の, 輝祖独り毅然として, 遅くは, 運命である, 道具屋一流の, 遠からじ, 鉄道は, 銀の, 陸上より, 難からず, 面白かろう, 順に, 顧みず左右, 風情かな

▼ るという~ (223, 0.4%)

13 ことは 11 ような 10 のは 9 ことが 7 ことを 5 ことに 3 ことです, のも, ものだ, 風であった 2 ことだった, ことと, ことも, のが, のです, ように, 事が, 事は, 時に, 風で

1 [136件] ありさ, お芽出度, お隅仇打, ぐあいであつたがやがて, ことから, ことであった, ことである, ことでした, ことなども, ことについて, ことの, ことまた, こと一般に, こと必要は, すぐりが, その事, その前夜, のじゃ, ので, のであった, のである, のであろう, むごたらしさ, ものか, ものは, ものを, やつだ, やりかた, ような誤った, わけだ, わけである, わけに, わけには, シナの, 不都合さを, 世界で, 主意では, 了簡に, 事がらである, 事じゃ, 事その, 事である, 事も, 事を, 事実を, 云い伝え, 仕掛けな, 以外の, 伝説を, 位官の, 体裁に, 傾向を, 光景は, 公理だ, 具合に, 冊文を, 前夜の, 動詞が, 卦の, 反対の, 叙旨を, 古言, 声明が, 大典を, 太陽は, 女ながらも, 妙な, 字ね, 実用上の, 実験的結果が, 寄生植物を, 形です, 得意の, 御旨意, 御沙汰の, 心づかいを, 怪談の, 悪逆無道の, 想念は, 意味に, 意味においては, 意気込みであった, 我流の, 手紙を, 手順で, 手順手っ取, 挨拶を, 教育である, 文字は, 新俳優, 日本語の, 有様で, 有様でなけれ, 未来記だ, 条件つきの, 様子であった, 機会が, 此の, 段に, 気も, 法は, 法則に, 申しわけだ, 目的も, 竜宮入りの, 答え, 策も, 結果を, 義なるべし, 義に, 習性に, 腕節は, 若い女, 薬草が, 虚栄心と, 行為によって, 観察は, 解釈に, 言葉で, 言葉の, 言葉は, 言葉も, 言葉を, 訳じゃ, 訳です, 話じゃ, 話だ, 話を, 諺が, 質だ, 足留めの, 迷信より, 遊びを, 道を, 鉤を, 雪江を

▼ るだけ~ (218, 0.4%)

5 では 4 自分の, 詳しく話し 3 だった, 多くの 2 それを, だ, だから, である, でそれ, 完全に, 早くこの, 氣輕な, 足を, 遠くへ

1 [179件] あとは, えらさうに寛, お前たちに, お国, お孃さん, お解り, この窓, して, しないつもり, そつくりそのまま, その凹み, その影響, その心, その方, その言葉, その語數, それだけ, そツとして, そツぱうを, だつた, だよ, だ寒い, ぢや, つ, であ, でありました, であります, であろう, でいい, でこの, です, ですわ, でどう, でまた, でエエ外, でテーマ, で今, で何ん, で尤も, で手本, なの, なんで, もとの, やつて, ゆつくり, よく, アルコオルの, ウンと, ガラツ八の, スポオテイヴに, デリケートな, 不毛荒廢の, 且つは, 世話を, 之を, 亂暴に, 人を, 人間の, 伸して, 僕は, 元氣, 切離されて, 務めた, 勿體を, 十分に, 和かな, 哭いて, 喋舌って, 喋舌る, 固く詰め込む, 多く讀ん, 多數, 多讀, 大きく聞える, 大の字形に, 好きな, 威儀を, 威勢よく, 子供の, 守らうと, 客觀的測定を, 家から, 寢か, 實物と, 尽して, 巧妙に, 平明に, 平然と裝つて, 引出すと, 強く足, 心を, 忠實に, 息を, 悲しみを, 悲しんで, 應用範圍の, 抑揚を, 折を, 掻き集めて, 掻き集めるん, 搜し, 擬人的表象を, 教育すべきだ, 新しい演劇, 早くハイデース, 早く世, 明瞭に, 映畫, 智識を, 有用な, 朝寢を, 正直な, 氣さくな, 注意を, 活かして, 活用する, 清潔な, 滑らかに, 澤山吸ひ込ん, 濃厚なる, 無意味に, 狂い咲きに, 生き生きさせよう, 生き生きと, 男を, 痛々しく扱, 相手を, 私が, 私達の, 稀薄に, 精密に, 精細に, 細かに, 給料の, 緩, 考へて, 聽い, 膨らますの, 自分も, 自分を, 自由に, 興行物と, 色々の, 苦を, 苦痛なし, 苦痛の, 落して, 落付いた, 親切に, 詮索する, 詳しい方, 詳しく八五郎, 詳しく聞出し, 詳しく調べ, 調べさせました, 調べました, 調べられたこと, 證據を, 身輕に, 身體を, 輕や, 輝かしく説明, 近所の, 通夜の, 速くその, 避けて, 野暮な, 量子論に, 鈴を, 長文を, 除去せん, 隱れ, 靜かに, 靜に, 靜的不, 饒舌ってれ, 饒舌らせ, 高價, 鳴け

▼ る~ (215, 0.4%)

14 へる 5 いもの, い対照 4 い, い特色 3 い例, い相違, だった, 喰べ

2 [14件] いの, いコントラスト, い姿, い影響, い特徴, おせい, かつた, く私, です, まぎれに, 女服の, 後は, 日暮れには, 金の

1 [143件] あるいはわが輩一人, あゝし, いかと, いから, いがためであった, い一つ, い両極的, い作家, い冷笑, い刺戟, い反感, い地方, い変, い夕暮, い対立, い差別的対照, い断面, い最初, い欠点, い欠陥, い欧風化, い歴史, い現象, い発展, い破綻, い語系, い變化, い進歩, お民, かような, があざらかな, が京都, が入用, が夜目, が攻め鼓, が競う, きものだけに, くさうし, くして, くちがって, く吾輩, けれどその, ご機嫌, さと, さりとて惡, するもん, そのため, その世界, その中, その他の, その地主, それからあなた様, それまでの, そんなこと, だね, づくなり, づくは, づくやみめぐみ, づくを, でさ, ででも, で征服, ときて, とても卒然, また, またいくら金, また無数, むれど, もうお客, イタリア人は, ジイド風の, 一方には, 七日には, 予備の, 人間も, 仁太夫良永の, 今に皈, 今は, 今までに, 何かに, 來ない, 働くだけの, 僕を, 其希望や, 其鳶色は, 前に, 又これ, 又たま, 又其の, 又容易, 又彼等, 又沖縄人, 吹貫なんどこの, 喉は, 困つた果て, 固めて, 多分時間, 夫れで, 子供の, 家へ, 寫眞で, 小姓組の, 常に爽快, 年は, 年序を, 必要に, 惡けれ, 我等の, 或は受, 或は爾, 手洗いに, 指導者や, 旦那さまは, 書くこと, 松飾りを, 栄華も, 武器の, 死ぬもの, 殊に自由, 殖え方, 気は, 水も, 決して軽々しい, 然るに綢繆終り, 用途など, 癒らない, 相な, 私は, 科に, 稻の, 突然諸方, 第一犯, 第一草葉, 等, 紛れに, 買収饗応脅喝戸別訪問自由自在たい, 道路には, 長く住んだせゐ, 離, 難し, 風寒し, 馬鹿に, 駒つなぎ

▼ る場合~ (209, 0.3%)

5 がある 4 にはそれ, に於 3 或る 2 には, には大いに, には天使, には清音, には濁音, には立派, には自ら, には自分

1 [177件] がどうも, が多かっ, が文化否定, が稀, が見付かり, この心理的動機, だという, であること, ではそれ, では今日, では大いに然, で無ければ, というの, という口実, とか又は, と全く, と同じ, なかりしため, なんかはこう, においては人間, においては費用, における常法, については請, にのみ絶望, にのみ限られたる, にはいくつ, にはうまく, にはかかる, にはこの, にはごく, にはそう, にはただ, にはなかなか, にははなはだ, にはまず, にはタダ, には一つ, には一方, には一族, には三枚, には不平, には世間, には二つ, には五枚, には人間, には今, には他人, には俗, には俳句, には個々一二, には借金, には兵器, には別, には別々, には前者, には医者, には古い女らし, には同じ, には同じく, には名前, には呪術, には唯一, には喋る, には喞筒みたい, には單, には大局, には小説, には屋外, には常に, には幕切れ, には広い, には当然, には彼, には後者, には心理学者, には必ず, には必要, には恐ろしい, には恰も, には悲惨, には感傷, には懐疑, には懷疑, には支那, には斯, には時に, には月代, には案内記, には殺虫剤, には民族, には水滴, には油, には法令, には物理学, には物理的表現, には獣, には獸, には瓦葺き, には生命, には田舎, には男, には疎外, には私, には経机, には総て, には耳, には胡麻, には自ら頽廃的, には茅葺き, には誇張, には謂わ, には身, には通じ, には随分, には零度以下, には非常, には面白く, にも自然, に主, に人, に分る, に原作, に口, に妨げ, に対する異常, に就い, に彼, に必要, に悲しき, に於ける, に最も, に有害, に看取, に私, に酔善蔵, に限定, のこと, の佗びしさ, の嬉し, の心持, の感動, の挨拶, の紋切形, の驚くべき, はひどく, は一つ, は全く, は全然, は勿論, は同じ, は吾, は夫, は娜, は寧ろ, は少く, は成るべく, は極めて, は次, は決して, は直ちに, は矢張三年, は破滅, は秘密, は第, は被害者, は誰, は餘, は骨肉, もあり, もございましょう, も決して, も終點, も要するに, を考え, 下らなく消耗, 何故客観性, 騒がしい立身出世

▼ る~ (207, 0.3%)

15 からざる, し 10 からず 8 しと 7 きを 4 き筈 3 き, きは, くもない

2 [20件] からざるもの, きこと, きである, きも, きものたら, きもので, きものでは, きものなき, きや, き保守的反動, き大, き性質, き時機, き現象, き經驗, き運命, けん, しといひたれども, し我, し閣下

1 [99件] からざる関係, きかは, きかを, きが故に, きだ, きだと, きであらう, きでは, きなの, きなれども, きの事尤も, きの由と, きの由内々, きの由申請ふ, きの由義村之を, きの由頻りに, きまで, きもの, きものか, きものである, きものであろう, きものと, きものとは, きものなく, きものなり, きものなりと, きものに, きものを, き一つ, き一室, き串もち, き事, き事柄, き人, き人物, き人生, き俺, き内容, き内閣, き処, き動物, き勢力, き名, き名作, き場所, き塲所, き好意, き履歴書, き希望, き後, き御, き所, き所謂物質, き敵對力, き様, き機會, き汽車, き海底戰鬪艇, き淋し, き点, き無限, き片, き状態, き理, き理拠, き目的, き神, き程, き空想, き絶崖, き考古學者, き自由, き船, き處, き處置, き運輸, き野蠻人, き関係, き點, くして, くもし, くも非, く候, く偶, く存じ候, く寄席, く差し図, く戒む可, く決心, く返辞, く追放, しである, し仮令, し先年一種, し然, とぞんじ奉り, なりの, 笑さを, 鼻叫喚に

▼ る一つ~ (205, 0.3%)

10 のこと 6 のもの, の事 54 の仕事 3 の問題, の型, の秘密

2 [16件] の不思議, の作品, の力, の哲学的, の場合, の家, の形態, の必然的, の根本的, の特徴, の特殊, の特色, の目的, の総合, の被, の音

1 [133件] か二つ, が終り, に大きい, に雑然と, のあきらめ, のいかに, のすぐれた, のイデオロギー, のイメージ, のトラツク, のポーズ, の不安, の世界観そのもの, の中心問題, の主張, の主題, の事件, の事情, の事業, の人生問題, の仮定, の仮説, の企業, の体系, の個所, の像, の光景, の公式, の内容, の出来事, の分類原理, の劇団, の動機, の勿体らしい, の午後, の単なる, の原則, の名前, の場所, の境地, の大, の大胆, の天才, の契機, の姿, の安心, の実存, の室, の小品, の尾根, の島群, の工場, の幾何学, の建物, の強い, の形式, の徴候, の恋愛, の悲しいいたましい, の情緒的, の想像説, の意識, の愛情, の所, の扉, の手本, の推定, の文字以外, の文学作品, の文学作品中, の文学様式, の新しき, の旅, の曲線, の有力, の案, の植物, の概念, の正しい, の段階, の注目, の洒落れた, の流派以上, の点, の特権, の特殊科学, の特長, の理論, の生活原理, の病理現象, の痙攣, の発明, の發見, の社会, の社会現象, の社会的実験, の社会的現象, の社会身分, の科学部門, の空間, の窓, の笑い声, の纏まった, の纏まつ, の纒まつ, の罪悪, の考え, の脈絡, の著しい, の行き, の観念, の観念的, の觀念, の言語, の認識体系, の説明, の迷い, の連関, の進歩, の遊離状態, の運動, の部落, の部門, の重大, の重要物件, の階級, の雄弁, の非常, の音楽会, の顔, の馬, の驚くべき, は日毎

▼ るため~ (201, 0.3%)

73 に私, に自分 2 なの, にその, にどんな, にはその, にもう一度, にも一度, に人間, に甚だ, に選ばれた, の道具

1 [168件] あるいは浦賀, かも知れず, か閉め, じゃとある, その朝実家, だ, だつたさうですよ, だつたの, であつ, である, であること, であると, で真鍮, とでした, と意識, ならず, なん, にあの, にいい, にいささか, にいつ, にいろ, にかなり, にこの, にこれら, にそうした, にそこ, につい, にです, にでっちあげた, にとつ, にと自ら, にどんなに, にはあくまでも, にはかかる, にはここ, にはた, にはどうしても, にはもつ, には不, には二階, には何, には十, には幾つ, には改良, には政略上, には時として, には法律, には現実, には種々, には電車, には鼻, にひと, にほかならない, にみずから, にもまた, にアブリヤ, にイングランド, にガーネット, にテンカン, にポスト, にヴィタミン, に一層, に一度, に一日, に一般, に一記述, に一足そば, に一軒, に三万円, に中世, に云う, に今一人警察, に何故, に余, に作られた, に僕たち, に僧侶, に凡て, に出かけます, に出動, に出張, に出来る, に十手, に友人, に大, に大阪府庁内, に夫, に宗像君, に将, に巡査, に巡視, に己, に平気, に座方, に庭, に廊下, に当分当家, に役に立つ, に彼, に後, に心ならずも, に必要, に慈善, に憩うた, に拵え上げた, に持っ, に操縦室, に教育, に料理, に暗号, に来たる, に松山, に検尿, に永久, に波打つ, に派遣, に浄罪, に現われました, に画室, に異, に発足, に發明, に神戸, に笑っ, に精しく, に結び合う, に網, に考, に落下, に要領, に誰, に諸国遍歴旅行, に貯金局, に身, に近親, に過ぎなかった, に道化, に金, に長屋, に障子, に音樂, に頭, に駈け, に鳴戸, のあれ, のこれ, のそれ, のやう, のよう, の一つ, の恐れ, の意志, の手段, の旅, の昭和維新, の検査, の清涼剤, の特使, の祈り, の荘厳, の頭巾, わざわざ神祇官, 御呼びです, 狭き階段, 発した法令, 白く化粧, 老腹

▼ るとき~ (187, 0.3%)

64 はその 2 にその, は共に, は君, は大変, は白色

1 [167件] か, からのスタッフ, がある, こそ大, この何れ, この作家, ころんで, こんな事, しも幼児, その中, その半, その家, その材料, だけそれ, であった, などときどき, などはグル, におおかた, にきりぎりす, にこぼした, にこれ, になれ, にのみ初めて, にはあらゆる, にはちやん, にはぢ, には予, には何者, には小さな, には必ず, には意識的, には私, には締り, には装う, には魂, にわかに圓朝, に一册づつ, に一樣, に三使節中, に伸子, に働く, に女, に於, に昔僕たち, に用, に等しく, に語ったごとき, に足, に限る, に黒い, のあの, のよう, の喋舌ら, の悦びはどんなであらう, の気持, の生命, の私, はうつらうつら, はお, はおくれ馳せ, はぐったり, はすなわち, はそれ, はたやすく, はどうにも, はまた, はむしろ, はむつくり, はもうもう実に, はわたくし自身, はロフオツデン, は一家, は一挙, は不徳, は世相詩人, は両国, は二人, は五十銭, は何處, は優しい, は全く, は全速力, は公衆先づ其演奏, は凡そ, は則, は又, は反抗, は古, は古代, は名, は味噌ッ歯だらけ, は変, は大きい, は大切そう, は大漁, は奇香衣, は妖怪, は妹, は實世界, は小川, は屈従, は山, は岸, は巖壁, は川, は市民, は庸, は微塵数, は必ず, は急, は手拭, は敵機, は明るく, は時代, は暗く, は月光, は木村, は杉, は歇私的里, は海底, は渡る, は渦巻, は湯, は激しい, は烏啼, は熱く, は燎火, は狹, は猫, は疵, は百姓町人, は百尺, は相, は知らず, は精神, は純正哲学, は自然, は英雄, は識覚作用, は貞婦烈女, は赤松勢, は途方, は隱, は非常, は風, は鶴, は鷹, まだ馴染, まづ何事, も, もそう, より弁え, を, 互いに出逢っ, 古え, 大蝶, 始めて殘, 或る, 新しく買つた, 棄てられて, 流れて, 湛えられて, 湿りたる岩根, 濃き雲, 眠り忘れて, 第六時, 見に

▼ るまで~ (164, 0.3%)

3 斯うし 2 尋ねあぐんで, 彼は, 待てと

1 [155件] あちらへ, あつしと, あなたの, いさめたま, いたいけな, いまだ全くわたくし, いも寢ず, お父上, お静, かうして, ここに, こちらに, この二つ, この楽屋, そつとして, その父母, その男, そばに, それとなく注意, だ, ちょっとの, つきぬ心, とにかく待て, どう勘定, どこか, なり羽州三春, のこっちゃさかい, ひどく手間取つた, もうしばらくの, やはり同じ大きな, よく繩, よく養生, わけても明神下, わずか八十年, わたしたちは, コキ使はれ叱り飛ばされ, ザツと, 一つところに, 一ヶ月餘を, 一句も, 一同見送っ, 一瞬の, 一緒に, 三浦家の, 上の句を, 世に, 世話し, 主税は, 二年の, 人斬庖丁を, 介抱した, 仮令その, 低めずらした脊, 何か, 何方へも, 傍に, 充分に, 其のま, 其儘で, 内部を, 動かしちや, 動すべから, 勝つ見込み, 医学士の, 匿って, 十餘丁の, 半世紀, 友で, 君に, 喰ひ, 四十四年である, 在學, 坐り通したら, 壯麗無比の, 変らないもの, 奧へ, 始終彼, 始終時間, 學校へは, 寓目せざる, 少らく, 尚この, 山端へ, 平次は, 座右に, 座敷の, 廃せなかった, 当分博賭も, 待って, 待つた, 待つて, 待つ積り, 得られないので, 忘れまい, 忘れること, 思の, 悪いこと, 意氣精爽平日に, 慄いた, 憾と, 我が身の, 我家へ, 打擲し, 押えて, 故人の, 数年間徒然として, 旋盤の, 明王の, 暫くい, 暫く娘, 書見を, 末広に, 横に, 樺太の, 歎惜し, 殘る, 汝坐する, 沈默し, 注意深くかくまっ, 消し難い, 燃ゆる, 燒き擧げ, 猛氣, 生きて, 相争う, 眞野は, 眠らず, 私たちは, 筆は, 続く, 義男は, 老ない, 自分が, 艶, 虫の, 蠢めかせた, 裸で, 見送りましたが, 親しく交った, 誰も, 起きて, 越ケ谷に, 近くを, 逗留し, 都べて, 醒めないで, 野良猫に, 針仕事を, 釣を, 闘わしむるなり, 陰氣臭い, 離れそう, 音楽を, 養生せよ, 鶉を

▼ るといふ~ (161, 0.3%)

11 やうな 5 樣な 3 意味だ, 旦那お, 有樣, 自信が, 話を 2 ことにな, ことは, 信仰から, 前觸, 氣が, 法は

1 [118件] あんばいだ, お桃, ことが, ことで, ことであります, ことである, ことに, ことになつ, ことを, こんな学堂, その前夜, そんな贅澤, ぢや, ところだ, ところでは, ところを, なり, やうに, ニユースが, 上乗の, 下男の, 事だけで, 事だけは, 人が, 人でありまし, 人も, 今までの, 今日の, 仙郷の, 余りほめる, 例を, 信仰によ, 信号を, 信念を, 前の, 印象を, 古説の, 品では, 嘘を, 噂は, 噂を, 地獄の, 報知を, 夢を, 大切な, 大變, 大騒ぎで, 好運の, 始末で, 學説で, 官吏の, 実感が, 強い信仰, 御書置, 心にも, 心持, 情報も, 意に, 意味な, 意味は, 意味を, 意見だつた, 態度のみが, 憂慮は, 手も, 手紙が, 故郷の, 日朝から, 日錢形平次は, 晩には, 暑氣盛り, 未刻, 極端の, 様な, 樂しみが, 氣象學的現象の, 決心をかへ, 物語の, 状況で, 独逸語を, 獨逸語を, 理由で, 癖に, 眞實の, 矢先に, 確信を, 結句が, 結論に, 考で, 考へも, 舊い, 芥川は, 藝當が, 蛇の, 評判ぢやが, 評判を, 話が, 話は, 話寄進は, 説が, 誰やらの, 調子に, 豫感に, 貼札, 途方も, 遣方, 重要さの, 離屋を, 顔眺め, 風で, 風な, 風に, 風の, 風も, 飯を, 養子が, 駿河臺の, 騷ぎだつたのです

▼ る~ (147, 0.2%)

5 はない 3 なし 2 で鴎外, なく白日, なしと

1 [133件] あり, あるらしく一度, いずれ海, いろ, がある, がとんと, がない, が有る, が沢山, が無い, が違う, この度, じゃア, すなわち町外ずれ, たり, だ, だと, だわね, であらね, である酒, ですが, ではあるまい, ではそう, では伊豆駿河, では捕虜, では真正面, では酒, では隣組, でグロオワアム, で一寸顔, で一番綿帽子, で偶然, で土地, で居直っ, で改葬, で自分, で行, とは知らず, なき瓦屋根, なく其民俗, なく女湯, なく実に, なく行, にじっと, にちやん, にて平手, にのみ住み慣れ, には人影, には群衆, に一人, に出たなら困る, に因れ, に妙味, に容易い, に来, に板倉内膳正殿在京, に淙々, に清水, に真, に私, に移転, に立ち, に豪奢, に面会, のない, の一人, の一軒, の冷気, の数, の景色, の波, の炉壺, の第二義以下, の観音堂, の農民, の量的幾何学, は, はすでに, はそれ, はなくなっ, はまっ, はエミル, は器械, は大抵, は夫, は恐らく, は次, は知られ, は見た, は貧乏, ばかりであろう, へ三吉さん, へ不意, へ左右, へ往, へ文角, へ来る, へ突入, へ行っ, へ送り付けました, へ音羽, へ駈込ん, ほとんど天井, までやれ, まで行っ, まで見越, もあります, もなくなっ, も無い, も見えない, も道理, をさんざんにぶっちめられたのだ, をそッ, をですだ, をひ, をほかほか, をウム, を丈助, を今日あたり, を何, を小三郎, を引, を有, を知らず, を知らない, を花車, を袂, を見, を見る, を飛込ん, 定めて, 幸い前, 続冬彦集六八頁

▼ る~ (143, 0.2%)

16 のこと 5 の月 3 である, の事 2 に見た, の, のごとき, の夢, の空気, の雨, は又, 或る

1 [100件] おそくもう, から私, この仙台地方, この仙臺地方, この件, この小野, こんなこと, しかめつら, しみじみ愚痴, そっと裏口, そのあと, その女, その小屋, その金蔵, だつた, つれづれの, とう, とした, とて清らか, とて魂, ともし, な, などはサァ長州兵, などは二条城, などは今夜, などは側, などは家人, にならぬ, にゴーリキイ, に二人, のお, のかの, のこころ, のことどこ, のこと父, のさむ, の一言, の中途, の亥刻過ぎ, の凉味, の出来事, の十時頃, の寒, の感懐, の歌, の民俗, の畑, の突発的, の笛, の親子, の話, の道, の雪, の風, は, はあきれる, はいと, はおそろしい, はとり重ね, はまた, はボッボツ, は一握り, は二人, は何, は家, は屏風, は山寺, は更に, は發作, は若い, は踵, は霜, は頭, は齲歯, ふとかすか, ふとこの, ふと口, ふと忠直卿, また同じ, また新宿, まてと, も宗右衛門, も将士, やって来た, やぶれかぶれ, や窓, ゆっくり処理, をなく, 其の住居, 同藩, 怪しい夢, 招かれて, 淡い上弦, 落ちず家, 見た夢, 語り合った北極星, 遅く二時, 遅く島野彦一, 遅く私達, 酔いながら

▼ る人々~ (139, 0.2%)

4 はそれ 3 の中, はその, は空間, は考える 2 がこれ, にとつて, にはそれ自身, には彼等, の思う, の手, はこれ, は云う, は現在

1 [105件] からは如何にも, から誤解, が, がそれ, がもはや, が云う, が南方, が嫁, が広告, が彼等, が揶揄, が法令, が注意, が異口同音, が病, ぞ心, であった, とその, と謀る, について彼等, にとっては何, にとっては例えば, にとっては唯物論, にとっては感情, にとっては極めて, にとっては歴史的, にとっては自明, にはそういう, にもほぼ, による, に対しては次, に極めて, に物乞, に聖なる, のすべて, のする, の内心, の前, の多く, の如く, の恐れる, の掛聲, の描く, の為すべき, の生活, の瞋恚, の社会的訓練, の考える, の胸, の言, の足音, の身, の連名, の間, の顔, は, はあつ, はお転婆, はきっと, はこういう, はこの, はそう, はそこ, はなにか, はフロイト主義, はプロレタリア作品, は不安薄弱, は之, は予め, は云うだろう, は云っ, は信じ, は俳句, は写実, は如何なる, は学問, は当時, は彼, は彼女, は悪い, は所謂, は政治的, は時に, は最初, は爭, は物理学, は確実堅固, は義雄, は肉感的, は自由詩, は誰, は道鏡, は餓え, ほど詩, も亦, をし, を多く, を拉し来っ, を掻きわける, を撃ち退ける, を文部省, を表現, を追, 第八回参照, 第十六回参照

▼ る~ (139, 0.2%)

5 である 4 を襲う 3 が存在 2 かなそして, からの自由, がない, が有る, だつた, について或, は目, べえ, を持つ, を突出

1 [107件] あらじ, あるを, かと尋ねる, から完全, がある, がこの, がはつきり, がふしぎ, が丁度, が中流, が動揺, が単に, が感じられる, が無い, が生き, が生ずる, が生気, が異, が真, が空間的, が表象, が醒覚, が隠れ, さうし, ぞと進め, たらしめんと, だと, ですと, では, といえ, とはなし, とは思われず, と心, なきゆえ, なくし, なくその, なつかしい昔, なども多く, ならざりし我, なりと, に, には一枝, には柄, には珠数, には眼, にぶつ, にや甚之助, にクグ, に出る, に取られ, に向けられる, に彼女, の光, の出, の匂, の存在, の形, の御, の所為, の蝋, の音, は, はなん, はひと, は単に, は崩れ, は彼女, は手, は無い, は無く, は織り物, は見た目, は面白, は麺麭, もある, もない, も喰, も有り, をえん, をさえ思わせる, をば死, をふと, をまで奪, を与, を僕, を加工, を土台, を失ふ, を常に, を建立, を感じた, を慾望, を投げる, を捜した, を掴ん, を掴んだ, を暗示, を考へた, を見いだし, を見出す, を読み, を造らん, を連想, 優しい心境, 床しい淡い縹渺, 聞く事, 賣の

▼ るには~ (135, 0.2%)

2 何方へも, 來る, 先づ日本人が, 及ばない, 及ばぬ, 足りないの

1 [123件] あらず, あらずやなど, あらず藪, あらねど, あらねども, いい場所, いつもそうある, おひ, お前さんの, お勝手, かなりの, この刀, しばしも, すべからく差別者, ぜひこれ, ぜひとも一流商店, その子, その少年期, その方, その長, それほど手数, ぞうさも, たあいが, ただ政府, どうしても, どうしても四, どうも風呂, どの位, なおったが, なかなか洒落, なんの, ふどう, まずかの, まず物質中, まず眼, まず第, やはりこの, やはり暴力, 一度麓, 一旦蔵元屋, 不眠症であろう, 二葉亭は, 些の, 人造の, 今の, 今私は, 何かしら其處に, 何を, 余りに結構, 來た, 俗に, 僅かな, 其御名の, 凡そ三つ, 別に道, 前時の, 及ばないと, 及ばないとか, 及ばない事, 及ばない身分, 及ぶまい, 右向よりも, 固からん, 地獄を, 大切なる, 大変な, 女中や, 好い所, 好さそう, 学術とは, 幽霊という, 幾ら勘次が, 引上げた, 強ても, 当らない, 当らないと, 彼に, 徳義も, 心を, 必ず孝子, 忍びなかっ, 思考と, 惜いほど, 拙からざりき, 支那を, 日本国中の, 早からう, 是非とも, 書物が, 有の, 極めて徐, 武士を, 生理的な, 異る, 當らんです, 皆んな見張つ, 目金を, 相違無い, 私は, 第一, 自ら緩急が, 自分で, 茶室に, 草山を, 血痕の, 行くとき, 西南風の, 足も, 足らず文化, 足らん, 足りない, 迯げられず, 迯られず, 遁げられず, 違ひない, 重過ぎました, 鍼仕事し, 随意ところの, 非ざれ, 餘り, 馬でなけれ, 驚いた此方, 魂消ちまう

▼ る一定~ (133, 0.2%)

7 の仕方 4 の意味 3 の条件, の関係

2 [15件] の, のイデオロギー, の人間, の場所, の布置, の性情, の明晰, の時代, の概念, の生産様式, の範囲, の観念, の運動, の限られた, の領野

1 [86件] された範囲, した關係, のアプリオリ, の予備知識, の事件, の人間達, の仕事, の併, の個人, の個人達, の値, の側面, の偶然, の元素, の共通, の勢力, の単位, の原理, の問題, の国語, の土地, の地方, の基準, の場合, の外的原因, の学派, の対象界, の専門技術, の専門的, の年齢, の形, の形態, の形状色彩, の心的活動, の性質, の感覚, の感覺, の手懸り, の技術的, の抽象態, の抽象的, の支配者政治, の文化財, の文学的分派, の文芸的対立物, の方法, の時間, の期間, の未来, の氣分, の浴衣地等々, の物, の特殊科学, の状態, の獲得, の生活法, の直接的, の直観, の真理, の真理形態, の確率, の社会層, の社会条件, の社会的意義, の社會, の立場, の結晶, の職業, の自由, の見地, の見解, の見透し, の規定, の觀念, の解釈, の言語, の計, の諸, の資格, の質, の距離, の速度, の連帯関係, の隠れた, の集積, の類型

▼ る~ (131, 0.2%)

54 から 3 の日

2 [13件] から切支丹, から言, にお, にすでに, にとその間, にま, に一, に門野, に離婚, の年, 世紀の, 表かとも, 髮の

1 [93件] お組さん, かなり長し, からあつ, からこ, から下手人, から中學, から思つて, そのこと, である, にいよ, にこの, にこれ, にせめて, になれ, になんと, にはあらゆる, にはお前達, にはひどく, には私, には舞台全体, にまず, にも叔母, にアメリカ, にプロシヤ, に一つ調子, に一時間許, に一通り現場, に一首づつ作, に三十秒ぐらゐ椅子, に三吉, に二通, に互角, に何處, に信二郎, に入浴, に冷, に出, に匕首, に北海道, に友人, に同じ, に吾儕, に味, に呼び掛ける, に大, に大急ぎ, に富岡, に彼, に彼女, に捜さなきゃ, に朝晝兼帶, に格子, に樺太, に淺草阿倍川町, に父, に牛, に矢張り會津, に砂糖, に私, に自分, に裏, に訓辞, に詩人, に誰, に身扮, に身體, に錢形平次, に隱居, に雪隱, に順序能, に飛び込ん, に鳥越, のなんとなく, のよう, の名刺, の夏, の平生, の晩, の電光, の頃, は, は寂蓼, は相, までお, も何, シテと, 与えられた寿命, 大蔵大臣井上準之助氏の, 睡の, 表也と, 觸れ, 觸れで, 資本主義的文化の

▼ る~ (130, 0.2%)

4 がある, ぢや, のひと, の人 3 であった, と関係 2 とが恋仲, と同棲, のため, の手記, の顔, を殺し, 学校では, 学校に, 教師は

1 [90件] おのが, かな, から手紙, があつ, があるだらう, が同, が揚げ, が来る, が歸, が秘密, じゃない, そして結婚, だ, だつた, だと, である, であろうと, です, で御座いますがねえ, と, とそれとなく, との子, と並び坐する, と他国, と同棲生活, と家, と性的, と恋し, なん, になつて, には巴, にひどく, にも漸次, に出会った, に心, に申込ん, のこと, のもと, のオペラ, のグリンプス, のパラソル等, の兩手, の再縁, の半生, の喜び, の姿, の性向, の患者, の悲惨, の感情, の態度, の有様, の死骸, の羽織玉子酒, の腰紐, の行為, の言葉, の誘惑, の身の上咄, はその, は二階, は夕闇, は日曜, は福, は誰, もゐた, よ胸乳, をも呼ん, をよく, をピストル, を人柱, を同, を待つ, を思い出した, を想いつめ, を愛したい, を痴情, を見, を迎, を魅, 伝道師が, 作家に, 出入や, 友に, 友達との, 地主の, 子供仲間小者の, 学校長とは, 醫の, 隱居は

▼ るかも~ (128, 0.2%)

30 知れない 11 知れないが 8 知れぬ, 知れません 7 知れないと 5 しれない 4 しれません, 知れぬが 3 知れぬと 2 しれないと, 判らないし, 知れず, 知れないから, 知れないといふ, 知れないの, 知れませんが, 知れんが

1 [32件] この基督, しれないから, しれない此, しれぬ, しれん, わからない, わからないが, わからないよ, わかりません, 分らないと, 判らぬ, 知れあんせんが, 知れずそれ, 知れずまた, 知れないある, 知れないお母さん, 知れないけれども, 知れないぜ, 知れないそしたら, 知れないぞ, 知れないとさえ, 知れないな, 知れない中, 知れない娘, 知れぬ此, 知れねえ, 知れませんね, 知れませんので, 知れませんよ, 知れませんわ, 知れません松本先生, 知れません石

▼ るほど~ (127, 0.2%)

4 なれば

2 [13件] いよいよ恐く, である, でございました, な家づと, な覚悟, 一か, 可愛が, 堅い, 工藝の, 彼の, 彼岸の, 眞黒に, 私は

1 [97件] あいつに, あつて, あるの, おいしいもの, お種, お薬, かえってそれ, かえって彼女, かなしきこと, きまりが, ぎゅうぎゅう圧しつけられた, この貉ども, そういうわけ, その息づき, その氣弱さ, その面影, それだけ益々多く彼, つらいこと, で, であったの, でした, では, でも, で御座います, なら仔細, なる戀, なる魂, ひとふし, ふふウ, ふんふんふん, わたくしは, シッカリと, 人懷こい, 伸びて, 低くも, 余計に, 入れて, 其の筆, 厭に, 厳粛なる, 古人の, 味の, 女です, 妊婦は, 寒い, 小勇そんなに, 岸本の, 度胸, 庭の, 廻りは, 弱るは, 彼は, 彼女は, 感傷的な, 慄然, 成長し, 捗取って, 政職は, 本當, 横面を, 求善の, 無責任な, 焦れれば, 狂つても, 理想である, 甚だしい危険, 真黒に, 眼ばかり, 着て, 確かで, 神々しいよう, 筋肉の, 統一が, 缺陷を, 罪の, 美しい女, 胆を, 腑に, 舞い連れ, 良いところ, 苦しいの, 苦労を, 落着た, 蔓つてゐる, 藻掻け, 見勝りの, 解らなくなって, 超越した, 進んで, 金銭に, 鋭い神経, 長じた, 開いて, 面白かつ, 餘裕の, 首尾を, 高価の

▼ る~ (126, 0.2%)

32 がある, であつ, です, と相, は意気地女

1 [113件] あり, から教示, から目, から私, が, があっ, があつ, があの, がありました, がい, がいる, がき, がわたし, がゐた, がピストル, が一匹, が両親妻子, が他, が入っ, が大杉, が客, が彼, が憎らしい, が或, が次, が水曜日, が没落, が牛, が狹, が生きた, が破廉恥, が私, が立っ, が財宝, が賀茂, が野原, が露, だつた, だね, だよ, だらうな, であって, である, ですよ, でないので, ではあつ, ではなかっ, で水の上, とすれ, とはじめて, と二人, と井, と判明, と同棲, と奔, と結婚, なので, なん, におま, に会った, に安眠, に挨拶, に會うた, に案内, に目, に肩, に見せ, に貸し, に身, のその, のひと, の人, の作家, の像, の噂, の多き, の悲しみ, の所, の手, の手記, の數, の深切, の素晴らしい, の義, の肖像, の肩, の訪問, の話, の野獣, の野獸, の關係, の顏, の首, はいった, はない, は三五郎, は其後, は曰く, は柿, は老人, は自分, は自殺, は釣針, も數, や或, を予, を取卷い, を殴っ, を比較, を知っ, を虱潰し, を見おろし, を選んだ

▼ るその~ (125, 0.2%)

2 をさ, 地位を, 姿, 方法に, 日の, 時は, 花

1 [111件] あでやかな, きそ, くせ大通に, けはひ, こちらに, たべものの, ためか, ためにな, ワケは, 一方の, 一点に, 三重から, 不興な, 事の, 人は, 代りと, 價値を, 具体性でなく, 内に, 分派たる, 切り口を, 切断的節標, 前から, 前に, 原因については, 厭な光ったら, 問題, 噴火口の, 国の, 地へ, 城中なる, 声に, 壺より, 太陽神話説の, 妥当を, 姉と, 姿の, 季節は, 安否を, 実際の, 客人の, 対象から, 展開の, 山は, 己を, 序に, 度に, 影響は, 役割の, 心が, 心持ちは, 志は, 恰好には, 意味も, 戸, 手紙を, 折本を, 放免を, 方は, 方面の, 日まで, 日を, 日図らざりき, 時, 時に, 時まで, 時アイアース・テラモニデース叫び曰ふ, 書の, 有力さと, 殖え方, 水音の, 波の, 活動の, 浮沈の, 漠然とした, 灰が, 物が, 献立の, 玉, 現象との, 生地モンテフェルトロは, 画など, 発展日本に, 相違を, 瞳を, 社会的技術発達の, 神, 筋の, 系統的な, 自然の, 葉の, 著しい例, 蝦夷島の, 言諄として, 訓練の, 証拠の, 誠, 調子が, 證據に, 違つた時代に, 適切すぎる, 適用の, 階段を, 集成である, 雪を, 面白さ, 音まで, 音信に, 飛沫が, 髮の, 鳥の

▼ る~ (125, 0.2%)

13 はない 129 である 8 がない 5 もありません 4 だが, はありません 3 のもの, もない, もなく 2 だから, だつたが, だと, でしたが, ですが, のが, はあるまい, は無い

1 [45件] がなかつた, さ, だし, だつた, だつたぢ, だつたの, だつたん, だつた娘, だといふ, だのに, だシテ, だ來, だ最う, で, であの, であると, であるの, であるのに, でこれ, でご, です, でない者, なく早晩詐僞暴露, なの, なのに, になつ, になつて, に成つて, のお山, のど, の人, の仁助爺, の友人, の姉, の恩惠, の治兵衞, の金, の青木, はねえ, は有りません, は無, もございません, もなかつた, も御座いません, も無く

▼ る~ (120, 0.2%)

7 否やは 6 否や 2 まひたちも, 一面に, 人しばしば, 否や直ちに, 黄なる

1 [97件] あるだけの, あるはひとり, あるは生, いかに松平越中守, いづこ, うだつた, うだつたら, かえって勅使, かねての, かの心, その翌, なつかしき君, はかりがたし, ふたりの, まず自ら学問上, ま畑, 不明, 久しからずし, 亦民黨, 京師の, 人あるいは, 人知らず, 代て, 仮面を, 伊藤侯は, 傳習係通譯と, 其平氏に対する, 再び息, 出立つ時, 刺の, 勅命と, 危険の, 古の, 否やぐっすり, 否やにつき, 否やを, 否や待ち兼ね, 否や生き返った, 否や知るべき, 否や知るべく, 咲掛る, 喝采の, 嗜む所, 多数の, 実に乾坤, 彼の, 彼を, 彼等は, 御濠, 必ずしも, 必然の, 惜しからん, 或は殘, 或は非, 明日必殺ありし, 春, 曰く, 業を, 此の, 此世の, 死なないで, 殘らず, 殺害する, 気合い鋭く, 汝わが, 滾, 滿場の, 直ちにその, 直ちにマリユス, 直に外務省, 直に支那, 直に気, 真夜中に, 私の, 空なる, 突如と, 端なく, 第一, 綿羊を, 羅馬府を, 聖靈の, 自分の, 苦心常に, 藁床の, 虚ならず, 親類の, 試めし見, 請ふ告げよ, 身痩せ, 身震いを, 逸散に, 遂に彼, 遠く浮きたる, 顧みず, 風の, 馬謖を, 鼓の

▼ る~ (118, 0.2%)

25 のこと 5 の事 3 もその 2 になる, に床, の十時

1 [79件] ある宴会, いやに冷たい, お膳, お関, から曇り空, かれは, この半, すっかり酔っ払っ, そう云う, そっと庭, その阿, その雪, たいへん遅く, だった, であった, とても朗らか, などは逃, など降下, なんかは何度先生, なんぞは, にお, にその, には村全体, には死骸, には青年, に甥, に用いる, に遅く, に鮭, のことヴェランダ, のこと夜食, のこと子供たち, のこと小僧, のこと童子, の九時, の会, の昨夜, はないでしょう, は何とも, は向い, は夜更け, は山陽, は暗示, は月見, は机, は泥酔者, は窓辺, は軒下, は銀砂, ふっと眼, ふと眼, ふらりと, また行っ, も, もう店, もこの, もそう, もまた, もみにくく, もやはり, もベルリオーズ, も其又次, も右, も夜通し, やって来て, やはりそうした, わずかな, 出かけた, 大分更け, 本当に騒ぎ, 来て, 物凄い吹雪, 眠る前, 突然中断, 若い乞食, 遅く私, 遅く薄暗い横町, 酔って, 酔っ払った揚句

▼ るのに~ (116, 0.2%)

3 忙しい, 會つた 2 三十五年度の, 志が, 暇が, 氣が, 骨が

1 [100件] あからさまに, ある, あれで, お出でにも, お前が, お手紙一つ, この男女, すんなりと, ずゐぶん時間, そのつら, その前触れ, その勢力, その船体, そんな手数, たいへんやくだった, ちが, ちツ, どうで渡れよう, なんだって, ふさわしくない, わざ, ゐるに, 不思議は, 人は, 何は, 余念が, 価いする, 便利の, 俺は, 兄に, 充分慣れ, 先生のは, 兎に, 冬の, 出遇つた, 刑罰では, 君なんか, 君は, 君達の, 周辺の, 四半刻, 四邊の, 圭一郎だけは, 多分の, 夜遊びは, 大變關係, 夫としての, 妙を, 容易で, 實に, 尾の, 度胸が, 引導を, 彼等は, 心着い, 急だ, 急だった, 急で, 感心する, 手を, 暫くの, 暮しが, 會ふこ, 檜木で, 死を, 氣を, 添へて, 無理無, 無理無体に, 独身ぢや, 甚だ都合, 由来日本, 畳の, 目が, 目を, 義雄は, 翳しは, 耳を, 自分は, 襷も, 見舞にも, 見送りなんか, 誉る, 誰か, 足元を, 途中で, 逢ひました, 違いない, 適して, 遭ふ, 都合が, 都合の, 錣の, 長押の, 間に, 間も, 隣の, 頬白は, 飲むの, 鳴物入りで

▼ るかと~ (112, 0.2%)

7 思ふと 6 云ふ 5 云ふと 4 いふと 2 いふに, 夢の, 待つて, 思うて, 思えば, 思って, 思つた, 思つてゐた, 思へば

1 [72件] あまりいい, ありけるに, いうごとき場合, いうと, いうに, いつた性質, その扉, それのみに, ひや, また心配相, また身構, 上沖見れ, 云いますと, 云つた風に, 云へば, 問うたが, 問うだろう, 問うと, 問ふて見る, 存候, 存候云々, 尋ねて, 尋ねると, 心配した, 忙しげ, 忙し気, 快く聞えた, 思いの, 思うと, 思えども, 思ったが, 思ったの, 思つたのに, 思つて今かけた, 思つて時計が, 思つて私は, 思はれた, 思はれる, 思はれる程, 思ひ取られた, 思ふ, 思ふやう, 思ふ凄, 思ふ程八釜, 思へども, 思わるるばかり, 思われる, 思われる喧, 怪しまれて, 怪ま, 検査を, 気遣って, 申せば, 疑うほどの, 疑はれるばかり, 疑ふ程, 疑わる, 疑われるほど, 疑問を, 登勢の, 考えさせられるの, 耳を, 自問した, 苦心した, 見えて, 見れば, 訊いた, 訊き返した, 訊く, 飲めども, 驚かれた, 驚ろき

▼ る~ (112, 0.2%)

13 るに 3 る眺めて 2 るその, る前肢, る投, る私, る見ながら, る見比べた, る飛ばして

1 [82件] るお, るこすりはじめた, るそれ, るだから, るふっふっと, るやって来ます, る二人, る低唱, る何囘, る僕たち, る其処, る削つた, る厠, る取って, る呪い, る味, る呼出されて, る四, る坊主持, る外, る容態, る寝た, る幾度, る彼女, る御前, る怪量, る抱いて, る抱附競, る招き入れて, る散歩, る月, る楽器, る歌, る注がれました, る満たされつつ, る火鉢, る無遠慮, る照らされて, る猟, る現れたが, る現れる紙芝居師, る番人, る痕, る眼, る礼, る税務署長, る竹筒, る笑顔, る答えますには, る膝, る舁いで, る萩原さん, る裏手, る襲って, る襲われて, る見つめる偵察機隊長, る見て, る見てから, る見乍ら, る見返り見返り, る話, る話して, る話すの, る語つて曰く, る貰い乳, る贈るを, る起きて, る迫って, る這って, る酸素吸入, る鉄鎚, る音読, る顎, る風呂敷, る飛び出して, る飲み私, る飽満, る饒舌, る高き, る高く, る鬩ぎ, る麦穂

▼ る~ (109, 0.2%)

2 である, とは時として, の底, の態, を持ち

1 [99件] いらぬとばかりも, うきわざ, から, から親しみ, がうすく, がおの, がつひ, が二つ, が個性, が先, が安逸, が常に, が本当に, さえない, つまり人生, つめたく泣き出し, でない, ではなく, で他, で充ち, と, とから斯, とてはなく, と名づけ, と妙, と目と, と知らで, と遠く, などで読まれるべき, ならずは, ならむと余考也, におなじ, にすまな, にとつて, にはなれなかつた, には必ず, にもとづかない, にも馴れ, のうち, のおもしろ, のはかな, の力, の動き, の必然さ, の態度, の淋し, の無い悪, の熾烈さ, の琴線, の甚だ, の用意, の経過, の美しい, の色, はけっして, はただちに, はなし, はわかね, は何, は凡夫, は出ね, は岸本, は弱く, は忍びやか, は急く, は持たず, は毛頭, は水, は聊, は髪, への転向, も, もおの, もなく, も失はず, も手伝っ, も未知, も薄らい, も起らなかった, よりもお松, よりも内, より一つ, を人, を失わず, を恥ぢる, を打ちひしぐ, を抑えつけたかった, を抱い, を指し, を棄て去る, を深み, を解する, を起し, を転ぜしめ, を静め, 切に求むる, 易い女, 易くし, 遣ひ嬉しい

▼ るわけ~ (108, 0.2%)

11 である 7 はない 65 です, では, に行かない, はありません 3 がある, だが, であります, でも, にも行かず 2 だな, なん, には參, には行かない, には行きません, にも行かなく, にも行きません, にゃ行かねえ, は無い

1 [31件] があった, がありません, がない, が無, だよ, で, であるが, ですもの, ですよ, で御座います, なれば, にいかない, にいくまい, にはいかない, にはゆかない, にはゆきません, には迚, にもいかず, にも往かなかった, にも行かなかつた, にゆかぬ, に行かなかった, に行くまい, のもの, のものぢ, はありませぬ, はございません, はなし, はねえ, は御座いません, もない

▼ る時代~ (108, 0.2%)

5 に於, の或 3 に或, 或る 2 にあ, の何らかの, の文化状態

1 [86件] から希臘, から彼ら, がそれ, が生んだ, だけのこと, でありました, と少し, と推定, と条件, においてはイデオロギー, においては一致, における人口, における或, にこの, にどんな, になる, には九流百家, には全く, には思想的, には汝, には現実, には貫珠, には近世天狗, には非常, によつて學説, に一人, に二人, に人, に又, に婦人作家, に存在, に山崎, に建てられた, に支那, に於ける, に時めいた, に火災, に現れた, に現れたる, に生き, に生れ育つた, に生活, に紛失, に素朴, に記録, のギリシア, の世人, の人民, の作品, の反動的気運, の反応, の各人, の土地制度, の地方, の多数, の失望感, の姿, の学生, の家族生活, の少年, の政治形態, の文学, の様相, の民族生活, の気分, の特殊状態, の眞相, の社会状態, の言語, の追加, の連続, の道徳意識, の風潮, はこの, は人類, は心から, は過渡期, は遙, へと移りました, への批判, または或, までは必ず, を下総行徳在, を現す, を背負, 即ち孔子

▼ る~ (106, 0.2%)

5 の前 2 なれば, にて, に奉公, の二階, の入口, の縁, の軒下

1 [87件] から逃れる, がまだ, で, であったならば, でうつくしい, でなし何と, でね, では, では地所, では女の子, では妙, では姑, では最も, では来客, では畳, でふと, で奥様, で子供, で法事, で老婆, で釈迦八相倭文庫, で飲む, と違い, にては皆声, には飲まず, によばれ, に下宿, に住み, に住み込んだ, に勤め, に呼び入れられ, に女中奉公, に専用, に泊つた, に置いた, に間借り, に預けた, に飼われ, のお上さん, のぐるり, のひどい, の一軒位, の一間, の不幸, の中, の主人, の俳句会, の内, の名, の奥室, の女子, の娘, の家庭教師みたい, の家政婦, の家鴨, の小児, の広い, の庭, の庭前, の戸, の戸口, の掛り人, の犬, の狗, の生垣, の秘蔵, の葬式, の裏座敷, の裏戸, の軒ランプ, の軒先, の階上, の階下, の風呂, は外, へはいりました, へ一時, へ嫁入り, へ押し込む, もある, もなく, も御座いません, も無, をいう, をつくれる, を棄, 無き子

▼ る~ (106, 0.2%)

13 になつ 7 にし 64 な氣, に見える 3 である, なの, にした 2 で自分, な聲, に, になる, に思ふ

1 [53件] だつけ, でうれしい, で薄, で言, なこと, なぬつと, なもの, なものぢ, なん, な不, な好都合, な心地, な擧動, な放心, な氣分, な氣持, な濃い, な男, な箇處, な素朴, な編笠, な表情, な話, な身の上, な階級, にさせたい, にしつ, にしてやらう, にとの事, になつて, になり, になりました, になれ, にも思はれる, に三味線, に同じく, に命じた, に唇, に啼い, に思はれた, に感じた, に成つた, に成つてあと, に揶揄うた, に段々, に眼, に答, に言, に試驗委員, に鋭, に驅, に體, 見せて

▼ るこの~ (105, 0.2%)

4 ような 3 二つの, 種の 2 問題は, 栗の

1 [91件] お婆さんは, お部屋, まま, エスプリなる, ガタから, サルに, パラドックスを, 一例は, 一艘が, 下され物, 不始末, 世相が, 主体の, 主観派と, 事件の, 人が, 他地獄圈外, 分を, 切実で, 劇の, 叙事詩と, 合掌が, 合法的通常味の, 哲学化とから, 四つの, 四季の, 国多く, 国際革命作家大会には, 夕暮, 夜ごろ雲は, 大密畫, 大量観察は, 女が, 子の, 子三歳で, 官僚主義が, 対立の, 対立ほど, 小川は, 島国の, 店の, 心より, 性格は, 恒存者こそ, 懐古的気分には, 我ちょうものの, 技術という, 押し問答によって, 政治的自由主義の, 文化運動は, 文学至上主義と, 方を, 方面の, 時遅く, 最後の, 構成組織は, 様式の, 歴史的必然性の, 母は, 気持は, 水, 沼川を, 特色は, 理想主義が, 生命物質に, 生活利害の, 生産技術を, 眞理の, 眼の, 矛盾を, 神秘的被覆を, 私の, 第三段階, 結果が, 美き, 自由主義的特色は, 花よ, 花を, 蔓は, 蠻風は, 街では, 裸の, 言葉の, 認識構成が, 語の, 諸概念, 錯誤, 関係は, 頃俄に, 騷ぎは, 魅力は

▼ るとも~ (105, 0.2%)

2 なく, なく自然, 伯は, 全く世, 癒らぬ, 被るとも

1 [93件] あらずはら, あらは, ある, あるは, いはれて, おまえを, その行, つかずその, できなかった, どうともし, ない十句観音経, なお及ぶべく, なき状態, なくいたし, なくすぼめ, なくちり, なくつい, なくバタリ, なく出, なく君, なく想い, なく歸つて來, なく煢然, なく父鬼村博士, なしに, なほその, ゆずらぬ矜, よしやわが, よし君, をり, キリスト法王と, 云われて, 些の, 今更驚く, 何か, 何の, 僞り, 充分之, 分かずとぼ, 判然した, 加茂の, 努力を, 勝手に, 反く, 古くから, 可なる, 同じところ, 吾輩の, 味気なき, 夫おも, 夫おもう, 好からん, 富を, 少しも, 彼らの, 志を, 思はれない, 急所を, 意志だに, 我の, 我汝を, 我等は, 折檻せられ, 新田如き, 日章旗の, 是等の, 東叡山に, 汝の, 涙の, 物を, 疑わぬ, 癒らない, 相搏, 知らず新, 知らで宿るかな, 私の, 立樹の, 精神界に, 考えられるの, 自分が, 自己の, 舞を, 船を, 藻塩焼く, 見えない, 見えぬが, 覚しきに, 言へ, 訣らない, 野に, 離る, 離れるでない, 驚かすとも

▼ るばかり~ (105, 0.2%)

10 である 6 であつ 4 だ, です, では 3 だった, であった 2 だつた, でなくその, 招けば

1 [65件] いの, うれしかりける, けれども顔, それが, だとき, であったので, であるから, であるが, であるその, である生きて, でこちら, でございました折柄, でぢ, でなくどんな, でなくどんなに, でなくまた, でなく全く, でなく同志, でなく同時に, でなく幾千万年, でなく気持, でなく職務, でなく自分たち, で一向, で五十男, で作物, で少し, で振向き, で権, で無く, で答, で返答, で造作, なの, なら宜しい, なりき, なるうまし, なる怖, なれど, なれども, なんだ, ほとんど取乱した, 一時屋根を, 両袖, 動悸は, 呟かれて, 嚴に, 明るくした, 湯殿の, 濡れたれ, 現に見ゆる, 生徒自身が, 痛む, 目を, 肥え太りて, 苛立ち, 苦しくなっ, 苦しんで, 茂り合, 身體は, 輝いて, 近間に, 退屈で, 風を, 駐屯し

▼ る~ (100, 0.2%)

10 の夏 8 の春 6 のこと 5 の冬, の秋 4 の暮, の正月 2 の二月, の春休み

1 [54件] じゃア, だし, ですが, でもない, でもなく, で病み, で親父, と云う, になっ, になれ, には五十兩, には他, には疫病, には疫病さ, には蚫, にや馬鹿, の, のなかごろ, の一九三五年六月, の七月, の七月二十四日, の三, の三月末, の三月末都, の事, の五月, の六月, の初夏, の十一年, の十五夜, の博士製造高, の合戦, の四月半ば, の大正八年, の師走, の或, の戦い, の新, の旧, の春さき市木さん, の春吉野山, の春頃, の正月一日, の祭, の親父, の誕生日, の闘牛祭礼, は今川家, 不昧公, 云い開き, 亡くなり私, 同じく男の子, 同じ村, 御里方

▼ る~ (100, 0.2%)

7 が聞えた 6 がした 5 がする 3 がし, が聞える 2 が耳, しつ, なの, をきき

1 [68件] から古びた, があたり, がかすか, がだんだん, がです, がのどか, がやかましい, がやがてさらさら, がコロリンシャン, がジィンジィン, が來, が来る, が聞えました, が聞え出した, が聴, が高く, きう, きこえぬされど, これから上, しか立たん, す瀧口首, だと, である, であろうと, です, でもそこ, でも異常, でグアン, とは結合, と何処, と或, と折ふし寂寞, などが騒がしく, に, にも枯れ枝, に交っ, に心, の, のみを聴いた, のよう, の響, はつい, はもの凄く, は或, は聴くべし, は語頭, は静, ばかりが耳, までが広い, までも耳, ものすごく玉突き場, も今, も聞えぬ, も聞くべき, や, やウインチ, よ暮, を今, を出そう, を源吉, を耳, を聞いた, を聞いたいう, を聞きました, を聴い, ガリガリ, 凄じ, 涼し

▼ る~ (99, 0.2%)

2 別れ申す, 友達が, 積りでは, 鳥が

1 [91件] かみさんと, かめは, かわいそうな, せいに, そる立った, そる訊いた, そる門, それは, それも, たかとて, つぎの, はぐろ蜻蛉, ほかた, まっか, もちやをも, もひ, ゆるしを, 中身も, 乳は, 人, 休所それは, 光の, 兒が, 入りなさい, 六, 兼に, 医者が, 医者さんであります, 医者に, 医者は, 医者様が, 医者様は, 唇ず, 坊さんは, 城下まちに, 声が, 夕飯時の, 大名方一統が, 天気の, 女中から, 姫樣の, 嫁さんでも, 孃さんが, 孝は, 定の, 富を, 屋敷で, 屋敷の, 屋敷へ, 常さんが, 常に, 年でございます, 幽と, 形見の, 役も, 役所の, 律と, 徳の, 心, 心か, 心安立ての, 旗下から, 杯を, 栄も, 槍に, 此は, 歳暮の, 物識の, 町を, 祭りに, 米を, 粂は, 粥を, 繼に, 蝶と, 見込が, 親しいお方, 言葉勿体のう, 身達と, 近が, 醫者の, 金持の, 銀と, 雪が, 靜を, 面を, 顔で, 願えいたします, 魚の, 鮒を, 鳥最近は

▼ る~ (97, 0.2%)

7 うだ 6 うぢ 5 うですよ 4 うです 3 うですが 2 に, を

1 [68件] ういふ, うだから, うだが, うだし, うだど, うでお勝手, うでこれ, うでございますが, うでした, うですから, うです眞白, うでそれ, うでそれでも, うで何, うで月齋, うで遺言状, うな, うにじろりと, うにそれを, うにに, うに光る, うに向うへ, うに寝, うに承はりました, うに投げかけた, うに顔を, うに首を, がに, が見えた, が踏みつけ, これまで, ざら波ただ, で痴川伊豆, とうれし, と皮肉さ, ないと, ないもの, なかつた, なの, にた, にはをり, にはアマルフイイ, には似ない, に俯向, に故意, に満ち足りなかった, に苦しめられた, のせい, の表れ, の証拠, の遣り場, は次第に, へ, へ尋常, へ歸, へ無益, へ目ばゆかる, ま極めて, をその, をもつ, を以て話し合っ, を感じさせた, を感じた, を身, ッて, ツて, 芸術を, 酌めども

▼ る~ (97, 0.2%)

3 に之 2 に彼, に首領, 古めかしい黒塗, 往きて

1 [86件] から日光, その, その事実, その屍体, ち歸順, どの位, に, にある, において画家, にこれ, にその, にて餘, にシバルリイ, にメス, に一つ一つ順々, に人間, に他, に入塾, に入門, に出来, に初めて, に剛健, に副, に功用, に原釜, に古代經濟事情研究, に可, に君主, に女子, に安石, に実際, に己, に彼等, に恋愛, に我, に手, に攻め取っ, に教, に斃, に於, に春秋, に是, に未来, に欠點, に歸順, に沒却, に現れ出た, に理解, に知るべき, に社会公徳, に総裁, に總裁, に自分, に自己, に茶山, に菓木, に菜食主義, に衣紋, に見えずなり, に見るべし, に親子, に踏めり, に金, の方, はただ, は当人, は縁, は蜀呉天下, ふたたび自己, また此場, よりすっと, よりすつ, 一度否定, 但し証書, 全體, 動くこと, 同一筆蹟, 始めて, 徐に地, 徐に開国, 従って, 渡る事, 猛然と蜀軍, 覚えられるもん, 降を, 駆って

▼ るより~ (96, 0.2%)

9 ほかに 8 外に 6 外は 4 ほかは, 仕方が 3 他は 2 やがて奧深, 他に, 大きなもの

1 [56件] お胸, かさうする方, この名, こは, これを, しかたが, して, はやく汝, ほかなかっ, ほかなし, ほか無くなった, むしろ黄道吉日, やい, 一層密接, 一層甚だしく, 人を, 仕かた, 何處か, 來る, 入終る, 前に, 古い協会, 味ひ, 困難であらう, 外ない, 外には, 外仕方が, 外感心の, 多きが, 多く叙情詩, 富士の, 少し欠け, 少し缺, 工合が, 後に, 心鼓響を, 忽ち奇蹟, 推さば, 数倍の, 新しい方面, 早くさあ, 早く重蔵, 明かなこと, 明なる, 明らかじゃ, 此んな, 母は, 痛ましきかな, 禍ひ, 罰の, 耐えられぬかも, 職業人の, 装飾が, 遥かに, 醫者を, 鉄道自殺の

▼ る~ (93, 0.2%)

7 では, に於 4 はそれ 3 はこの 2 からいえ, に達する, は自然科学

1 [66件] から上, から云え, から批評, から考え, が非常, そう思う, だ, であろう, での対立, で同一視, で最も, で相反, で蕪村, で表象, で進歩, で非常, なり物体, においては公私混合, において他派, において同じ, において車夫, において退却, には同感, に対して説明, に目, に謹慎, に達した, に露, のある, の脱落, はだから, はまた, はニューズ, は何処, は兵卒, は内外社出版, は各人, は哲学, は後者, は無, は現代人, は福田氏, は自然, は議会, は運動感覚, までの成功, まではいえる, まではっきり, までは是, まで其権威, まで具象性, まで到達, まで戦, まで牽きよせられ, まで理解, まで確か, まで立派, まで肯定, よい, よりみれ, を十分, を抽象的, を無限, を犠牲, を見出した, 進んだ所

▼ る~ (91, 0.1%)

3 ア, 目が 2 うろつくな, ッ, 月の, 目で, 身と, 顔の

1 [73件] あなたの, あやまるきみ, お月さん, がめに, それで, とうとうのぼりきった, どこの, ほいと遠き, ほっぺたを, まっかな, やみは, ゆるして, わが面目, アキルリュウスが, ア絶望した, ア資本家の, ッその, 一陣と, 並外れて, 二つの, 二人とも, 五哥銅貨型を, 他己, 働け, 哥薩克お前も, 声が, 大きなもの, 大きな目, 天際の, 姿天空を, 婆さん一人だ, 庭の, 心もとない大軍, 悄気る, 我の, 拙者は, 敗けるな, 明るい月, 月が, 月に, 月は, 月を, 樹樵來る, 水平線に, 汝ら人間に, 汝等人間に, 決して知り, 爪と, 男が, 皮肉を, 盜ん, 目きれいに, 目に, 目は, 目を, 目大きな, 眼を, 神も, 私は, 空の, 笛な, 紅い日, 緑の, 線の, 行こう行こう, 視よなんじの, 貪るな, 連中, 鑑定が, 顔が, 顔を, 顔付を, 風の

▼ る人間~ (91, 0.1%)

4 の心理 2 が或, が自分, だ, である, に対する興味, の位置, の生活

1 [73件] がある, がどうして, がどの, がほし, が一つ, が一切, が不良少年, が先, が多く, が描いた, が石切場附近, が自然, が迷える, その物, であると, でしたが, です, ではなく, でも惡業, とは, とは極端, とピッタリ, と物, と自然, によるの, に付きまとっ, に使役, に対してさう, に当面, に抱かせ, のもの, のやう, のテムペラメント, の一身上, の争闘精神, の価値, の出現, の口, の同情心, の問題, の子, の実践, の実践生活, の幸, の幸福, の心, の性格, の意識, の智慧, の本性, の深淵, の現実生活, の生存上赤裸々, の真, の眼, の知識, の研究, の社会的実践活動, の脳味噌, の自己疎外, の自立, の裡, の言行, の記念樹, の讒言, の足, の頬, は, は台所, は私, ばかりゐる, を容易, を訪ね

▼ るつもり~ (90, 0.1%)

5 なの 4 だつた, でせう 3 だが, で, であつ, なん, はない 2 だ, だつたが, だつたの, だと, でしたが, です, ですが, でも

1 [46件] かしら, かまたは, か上半身, じゃ, だったの, だつたらうか, だという, だね, であ, であったの, でありますが, であること, である今, であろうか, でいる, でした, でしたわ, でそこ, でその, でつし, では, でよそ, でをりました, でスーツ, で乘つた人, で先づ甲州, で先廻り, で再び, で大急ぎ, で女学生, で居る, で持っ, で斯, で有馬, で机, で納戸, で肴町, で車上, とみえる, なれども, にした, の, の忰, の植木屋, もなく, らしかった

▼ る日私~ (90, 0.1%)

32 が教室, の父, はテニス, は彼女, は田圃, は裸, を校庭

1 [73件] がそう, がそんな, がほか, がインキ, がモッコ, がリッケルト, が京都, が仕事, が仕事場, が六条, が出先, が台所, が外, が学校, が教え, が根戸川, が独り, が統一, が訪ね, の友人達三人, の大森, の姉, の憂鬱, の所, の本尊, の胸, の谷中, はそうした, はその, はその小さな, はそれ等, はただ, はどんな, はね揺籠, は上野公園, は二人, は仕事場, は使, は初めて, は又, は君, は埃, は外, は天寧寺, は夫, は女の子, は好い, は妙, は庭, は彼, は思ひ, は新しく, は朝, は村, は桂川, は横浜, は氏子総代, は江州長浜町, は父, は獨, は皆, は看護婦, は突然, は米原氏, は義憤, は自分, は若い, は藤野先生, は軽便鉄道, は遠見, をその, を植込み, を脇

▼ る時期~ (90, 0.1%)

4 にその 3 に於い 2 の間

1 [81件] からの変態, からの逸作, から急, から起つた, から運命, がくる, が來, が来る, が来れ, が過ぎた, つくした善意, ですから, というもの, というよう, とがその, とはほら, と幾つ, にある, において時々, におけるこれら, における同一, における安易, における政治, になに, になる, にはこの, にはマルクス, には全く, には古典, には外国語, には牢屋, には現実, には相当, には自殺, にぴたり, に一度, に仮に, に同一, に実際, に思想, に或, に文化, に於, に特殊, に犯した, に私, に自ら刃, に至っ, に至つて, に見事, に達し, に非, に非常, に飛躍, のうすれ果てた, のシェリング, のジャーナリズム, の人口, の内, の夫, の彼, の所謂, の文化, の来る, の社会的需要, の記述, はいつか, は近づいた, までとは何, までは恐らくは, までは絶対, まで人目, まで喰い止める, まで江戸藩邸, をひきまわされ, を占める, を失した, を経過, を過ぎ, 或る, 迄避け

▼ る~ (88, 0.1%)

53 やない 26 やありません 3 やア 2 やありませぬ 1 やらう, やらうか, やらうが, や御座いません

▼ る~ (84, 0.1%)

4 とは別 3 の部屋 2 に生, の外

1 [73件] が最も, が赤岩様, ととんぼ, と敦子さま, どもなか, なので, ならあなた様, には意力, のささやか, のため, のコスモポリタニズム, のナンセンス, の一言一句, の仕事, の仮寝, の倹約, の僅, の冒険失敗談, の初期, の十数日, の友人, の困難, の好き, の好機, の妻, の姿, の当然, の悲しい, の悲歌, の態度, の所存, の所謂, の日記, の時間, の最, の最後, の本心, の欧州, の注意, の無力さ, の現実, の真実, の知っ, の肩, の要求, の言葉, の責任, の足音, の連作的小説, の運命, の青春, の顏, はこの, はす, はまことに, は七顛八倒, は今, は御酒, は故意, は歩き, は死ぬ, は決して, は深い, は私, もよく, を一刻以上, を呆氣, を捉, を敵, を私自身, を訪ね, を追, 共夫婦

▼ る~ (83, 0.1%)

4 では 3 がい, がよい, が可 2 が無理, が猥セツ, だ

1 [64件] から聞いた, が, がいい, がえ, がえらい, がどれ, がどんなに, がよから, がスキー, が今, が仰せられた, が多, が好い, が安らか, が広間, が文三, が東京, が樂しみ, が自然, が見えました, が遥か, が適当, でしょう, です, ですが, でへエ, で夜半, とは反, と婚約, なれば, になっ, には妻, には用心, に関しては決して, のお, のもの, の唯一, の役廻り, の彼, の自信, の詞章, はやめない, は絲, へとただ, へと向っ, へゆこ, へ或, ほら京子さん, もあります, もあれ, もい, もよく, も如才, も張合, も投, も気, も良い, も見る, も賞め, より到来, をぢ, を仏教, を専ら, 即ちウェルギリウス

▼ る~ (82, 0.1%)

3 もあるまい 2 この痩肉, に三人, は

1 [73件] おろうそく, が一日, さえもどかしい, その地方, だけでも彼, でみたらし, と思召, どうにか斯うに, なきに, なく夜, なく蒟蒻, に, にある, にお, におよそ, にこの, にその, にどこ, には自然, にもう, にも一々, にも医学士, にスープ皿, に七十二銅, に下女, に人, に何ん, に入り, に前, に善き, に居, に山, に松葉屋, に此眞實, に火, に皆, に皆んな, に看護婦, に私, に自分, に船君, に若衆姿, に赤ん坊, に踏みし, に遠く, に飛んだ, のつまり, のない, の時間, の調査, はいつ, はこれ, はまだ, は口, は山, は我々, は曉, は汝げ, もあらず, もありません, もなかつた, もなし, もサンヤレ, も下, も二人, も我, も無く, も置かせず, を, を主人, を半丁, 一杯御馳走, 当国

▼ るとは~ (81, 0.1%)

4 何の 3 言へ 2 何たる幸福, 思はれない, 誰に

1 [68件] いえ病気, きまって, このとき, この事, これに, すれど, その西, どういうこと, どうした, どう云う, なおさら思えぬ, われながら, 之が, 予期されなかった, 云えその, 云え何様, 云ひ, 何ぞや, 何だ, 何という, 何事だ, 何事ぢや, 何時も鏡子, 分明に, 勿論思はなかつた, 千古の, 卑怯千万, 可笑しからずや, 可笑しなこつた, 哲学者てえ, 唯我と爾, 図太いにも, 変った風流, 夙に睨ん, 夢にも思はなかつた, 夢知らず, 大に, 實に, 少しく趣, 思いませんでした, 思つてゐない, 思はれないな, 思ひませんでした, 思われない, 怪しからん奴, 比較に, 氣が, 淺ましき, 猪口才千万, 珍しい男, 甚信じ, 眞そのものに, 矛盾でない, 知つてゐ, 知らぬ人, 知るや, 種々なる, 考へられないもの, 見えず袖口, 言えなかったの, 言は, 誠にこの, 豫想しなかつた, 限らんばい, 面白い国民性, 預期しなかつた, 頗る異, 飛んでも

▼ る~ (79, 0.1%)

4 になつ 3 づかひは, になつたの, の習, はない 2 がした, がしない, がする, で來, になる, の張, の立つた, もない

1 [47件] かな, がし, がしなかつた, が無い, が無き, が無く, だつたか, でしたよ, でせう, ではない, で入, で御, な樣子, になつて, にならない, になりました, になりません, になれない, にはなりません, にはなれなかつた, にもなれない, に俯向, に就, に成れない, のあるで, の乘, の弱い, の所爲, の生じ, の生ずる, の論, の象, はありません, はしなく, はなかつた, はひ, は子, は無, もつかず, もなかつた, もまた, も一屈再屈三屈, より生じた, を生ずる, を生ぜず, 或は散る, 重き虚空鞭

▼ る特殊~ (79, 0.1%)

3 な場合 2 な能力, のもの, の事情, の場合, の意味, の科学, の緊張, の雪

1 [60件] な, なる藝術的性格, な一世界, な不可視光線, な世界, な出版事業, な印度系統, な反, な名刺, な器官, な固有名詞, な地位, な封建的残存勢力, な思想, な性質, な意味, な文学的現実, な有産階級, な標準, な気運, な点, な生活, な異, な縁故, な自然, な限定, な雰囲気, な音楽, のリズム, の一定, の人物, の作業, の個性, の全, の内容, の別種, の問題, の啓蒙的教育的, の国民, の地方民, の変更, の存在, の宗教思想系統, の幾つ, の感覚, の時代, の時間, の権利, の權利, の深刻味, の生活, の目的, の立場, の考へ, の葬式, の解釈, の詩, の語, の象面, の部族

▼ る~ (78, 0.1%)

6 になつ 3 に, になる 2 だ, な薄弱, な音, にし, になり, に見える, に間

1 [52件] で, であ, である, なすさまじい, なの, な事, な声, な寒気, な教育, な気, な気持, な特殊, な白い, な程度, な素朴, な編笠, な記事, な話, な語, な闇, にしよう, にぞ聞えける, にといふ目的, になっ, になった, に万葉歌, に久能, に内, に切, に同じ, に咲いた, に唇, に室, に彼, に思ふ, に恰当り, に水, に熱く痛い, に私, に答, に西, に言, に言つて, に野本氏, に鋭, に駆け, はこれ, は谷間, は身の毛, は随分, を今, を見上げ

▼ るのみ~ (74, 0.1%)

6 である 4 では 3 ならず又 2 だつた, です, ならず次官以下, なり, なれども

1 [51件] されどその, その及第, その外, だったが, であったが, であつ, でございましたが, でして, でなくある, でなく其處, で大体, で技法, で決して, ならずかつて, ならずこの, ならずすなわち, ならずその, ならずまた, ならず一部, ならず世界, ならず中古, ならず事実, ならず今, ならず出征軍陣営中, ならず出立つ時, ならず厳密, ならず富, ならず實, ならず尚, ならず敢えて, ならず更に, ならず東西, ならず毎, ならず現在, ならず老齢, ならず聖光, ならず西洋, ならず詩形, ならず過去, ならず飯島, ならん, なれば, もとより, 他の, 余の, 別に異, 曇りし窓, 然れ, 答えは, 総督も, 美味と

▼ る必要~ (73, 0.1%)

12 がある 9 はない 4 がない, もない 3 があった, のない 2 があっ, があります, は断じて, もなく

1 [30件] からこの, から大変, から強いて, から曖昧, がありましょう, がなかっ, がもし, が出, が起ります, といふ事, と希望, なき魂, なの, な力, に迫られ, のある, のため, はなかっ, はもう, は少し, もありません, もあるまい, もなかっ, もなし, も無, も無い, を云い出した, を充たす, を感じる, を覚える

▼ る~ (73, 0.1%)

3 のもの 2 では, でも, にまた, に人, の事, 見せられた

1 [58件] あるが, お腹が, この必然性, である, でなくとも, にお, にこやかで, にて其腹稿, にもない, にも泣き喚く, に両, に力強, に大敵外, に梢, に熱, に舞踏, のこと, の丁寧, の人, の勇気, の勤勉, の喜び, の境地, の声, の大事, の大男, の平地, の心得違い, の日光, の者, の腕, の草, の親切, の障礙物, の髮, はっきりした, を知る, ハイ御, 何となく淡い美し, 借りるもの, 可愛が, 大きいよ, 大きなお辞儀, 奇異な, 尚お, 左様, 広く久しく用, 忙しいし, 持つて, 現はし, 睦み合ッ, 立派な, 苔蒸し, 苦しい, 著しくは, 謂わば, 近く見え, 降って

▼ るだけの~ (72, 0.1%)

8 事は 5 事を 3 ことは 2 ことだ

1 [54件] お禮, ことさ, ことで, ことに, ことを, して, ものだ, ものである, ものです, 一致を, 事, 仕事を, 余地を, 余裕が, 修業時代が, 値打ちは, 働きを, 出來榮に, 力が, 力も, 力を, 助力を, 勇氣が, 場所だ, 場所を, 壓縮も, 宣傳に, 心づかひを, 怜悧な, 意味に, 手段を, 數しか, 料理店な, 材料を, 条件は, 案内を, 歴史的原理が, 気持の, 水を, 用意も, 町幅を, 目的なら, 目的は, 看病を, 着實さを, 細心と, 自信も, 芸が, 萱の, 藝を, 補助を, 證據を, 貢献を, 速度で

▼ るそう~ (71, 0.1%)

4 な顔, に 3 に笑っ 2 だ, な眼つき

1 [56件] しかし甘える, じゃが其処, じゃないです, だが, だった, だまず, であるが, です, ですが, ですよ, でんな, なが, なやんちゃ, なキョロリ, なソフト, な不快, な微笑, な爺, な皺, な目つき, な目付, な眼, な笑, な笑顔, な美しい, な薄笑い, な蛙, な顏, な風, な高笑い, におい, においよ, におずおず, にしかも, にしりごみ, にじろじろ, にピストン, に云った, に傍, に先方, に左手, に帆, に成熟, に手早く, に母, に片隅, に眼, に莞爾笑ッ, に裾, に西宮, に見, に見送り, に起きあがり, に近寄っ, に顔, 言って

▼ る一人~ (71, 0.1%)

7 の男 4 の女 2 の人, の人間, の女性, の立ち, は親戚, を他

1 [48件] から押売, が, がその, が不意, が他, が深更廊下, が物, が矢張り尻込み, だけに注いだ, だつた, で自分, として自ら, にその, に乗り移っ, に君, に土, のすぐれた, のオレスト, の事蹟, の人夫, の作家, の侍, の修行者, の優れたる, の兇漢, の労働者, の友達, の可哀想, の同僚, の名医, の大きな, の大師, の婦人, の工兵, の性格, の技術家, の棚卸し, の武家, の考, の若者, の血, の親族, の青年, はなんと, は胃潰瘍, は黒田藩, を蒲団, を除い

▼ る~ (70, 0.1%)

25 せう 17 せうか 5 あらうが 4 あらうし 3 せうね 2 あらうと, せうから, せうよ 1 あらう, あらうから, あらう前, あらう船, いるのに, せういや, せうけれど, せうと, せう窓, 少しばかり

▼ る最も~ (70, 0.1%)

3 偉大なる 2 代表的な, 完全な, 興味ある, 若いゼネレーシヨン

1 [59件] きびしい反省, 不変なる, 主観的な, 久しき者, 低級の, 俗悪な, 俗物的な, 僻遠なる, 卑しいもの, 印象的な, 厳粛な, 古い土着人, 固有の, 変化の, 大きな悩み, 大なる, 大人びた信頼, 実践的な, 尊い茶, 崇高な, 巨大に, 強力なる, 快適な, 恐るべき大, 意味ある, 技術の, 明朗なる, 有力な, 有名な, 根本的な, 正当な, 深い感じ, 特殊な, 特色ある, 異様な, 痛ましい痕跡, 真面目な, 知的な, 確実な, 稀な, 積極的な, 粗野な, 精密なる, 純な, 緊張した, 繁華な, 美しい最も, 美妙な, 聡明に, 英雄的努力の, 華やかな, 親身な, 趣の, 進歩発達せる, 重大な, 重要に, 雄大な, 革新的な, 高い精神生活

▼ るにも~ (69, 0.1%)

2 及ばぬ訣, 及ぶまい, 友仙の, 拘らず極めてしばしば, 母樣を, 香水と

1 [57件] あらねば, かかわらずしばしば, せよ, せよあるいは, せよ一家, せよ断々乎一種他, せよ旧藩地, せよ生きて, どれほど, なんにもそんな, や, よいところ, リボンの, 余りが, 作品の, 作曲家の, 又身, 及ばず手土産たづさ, 及ばない小敵, 及ばなかつたらしい, 單獨的に, 寢られなく, 尊ぶにも, 居まわりで用, 当らない訳, 当るまい, 必ず善き, 忍びで, 忍んで, 手足は, 打って, 拘はらずそれ, 拘らず皆, 斷れない, 某々の, 止所が, 此儘では, 死なれないと, 母様を, 泣きて, 渡しの, 演り, 理聞え, 男は, 當らない, 當らなかつた, 的が, 耆婆扁鵲に, 艱え, 覆面を, 訴えるにも, 読書を, 起きるにも, 足らぬ, 辞りかねる, 都合がい, 関わず例

▼ るしを~ (68, 0.1%)

2 つけて, 持って, 立てて

1 [62件] あらわした総督家, かかげては, かかげること, かかげ騎馬武者三十, く, して, たてなければ, たよりに, つけた生活設計, つけた立札, つけました, とうの, なびかせて, ひどく迷惑, みて, もち或, 与え正義, 今颯々と, 仕て, 付けよ, 凝視し, 勝介どのに, 嘲ったの, 失ったと, 差上げた船, 建てるについて, 彼の, 意味する, 押し立てて, 指さした, 振りまわしては, 掲げたの, 掲げて, 掲げるには, 揚げる, 揚げるの, 揚げる者, 望んだ時, 木々の, 林立させ, 残しそう, 汝に, 目がけて, 示さんこと, 立てた左文, 立てるもの, 縫ひつけ, 翻へ, 見おとさないこと, 見つけました, 見つめた, 見て, 見よ, 見ると, 見ろ多宝塔, 言ふ, 記念に, 迎えんと, 追い越して, 造ろうと, 選むことである, 黒くあらわした

▼ る~ (68, 0.1%)

2 る, るその, る七万四千七百円, る女, る扉, る手, る相手, る眼, る近寄って

1 [50件] るあけた隙間, るこう, るこちら, るそちら, るたてがみ, るつまむよう, るの, るべき敵, るコツプ, る二階, る代官様, る伺い, る伺って, る傍, る入って, る兵馬, る出て, る参りますと, る取り下ろしそれ, る地上, る坂下, る奥, る妻, る差出した土地, る庭, る御用, る森源, る横目, る次, る歩いて, る母屋, る毛, る渡った, る照子, る笑つて, る行つて, る見あげたが, る訊ねた, る返事, る這い出して, る通って, る道三, る遠く, る隔て, る頭, る顔, る首, ろしい, ろしき人の, 草の

▼ る~ (67, 0.1%)

11 のもの 4 のこと, の一つ, の一記事 2 の形相, の意味, の感情, の流行, の者, の能力, の道

1 [30件] のなお, のなほ, の一般的, の人, の人格, の人間, の低, の何人, の作品, の別, の名, の問題, の國, の大名, の存在, の島, の所, の文, の文化, の料理, の有色鑛物, の獨立, の異性, の目的, の石質, の芸術, の質料的虚偽, の質料的虚僞, の遙, の遥か

▼ る~ (67, 0.1%)

2 店で, 新聞の, 權の, 邸宅の

1 [59件] いさ, なる功績, なる禅僧, カフェーの, カフエの, ビルの, フイルム会社では, ポオズだけを, 事件の, 会社でも, 会社に, 作家の, 傾斜の, 出世を, 叙事詩とも, 君主に, 問屋の, 問題とは, 噴火と, 団結が, 地震の, 学校の, 山塊は, 庭園と, 建築の, 御車の, 惣の, 戰役の, 撮影所長は, 政治家の, 新聞は, 新聞以外の, 日本帝國軍艦旗を, 森林地帯に, 樹下に, 檢擧と, 氣とに, 瀛の, 火事の, 火災の, 爆發は, 犯罪を, 町人達は, 皇帝と, 磐石を, 禍患である, 秘密をも, 秤壁に, 西洋を, 規模の, 觀の, 部分の, 部分は, 都会などは, 都會の, 銀行に, 銀行の, 長篇だ, 黄河長江の

▼ る部分~ (67, 0.1%)

2 に, において苦痛, のうち, は誤謬, を作る

1 [57件] がある, が出, が刄物, が呪力, が少し, が日, が清澄, だけは自分, だけを切離し, でははっきり, では一方, では地面, では民衆性, では漸く, となる, にしまいこん, には今, には嘘, には霊媒自身, にまで行き, に停滞腐爛, に土盛り, に小麦粉, の, の上の句, の如き, の棄捨, はごく, はまるっきり, はシェイクスピア時代, は一気に, は一般的, は余りに, は個人的, は全く, は家, は憑, は新た, は白氣濛, は私, は著録, や約, をじっと, をぢ, をひたひた, を了解, を仮設, を推理, を最も, を浴場, を目撃, を相当, を私有, を見落すべきで, 果して, 欠けて, 殊に不恰好

▼ る~ (67, 0.1%)

2 になる, にはもう, より余

1 [61件] かはほり, から夜霧, から寒い, から彼, から日, から空, であった, でした, です, ですが, となりました, に, になります, になれ, にはあまり, にはいつも, にははじめ鞠, には三年, には供, には僕歸, には又八, には城中糧盡, には大, には彼, には次第に, には澁, には立迷, には自前, には霧雨, にやあらん, に抽斎, に移轉, に雨, のこと, のわびし, の冬, の年代, はおそらく, は固, は既に, は木, は花袋君, は西日, までいる, までつ, までと云つて, までの論, まで斯, まで様々, まで眞黒, まで行, よ, よりは道, を窺, を見, を見測らつ, 別れ来て, 即ちキリスト暦, 思ひも, 故あれ, 遂に眠り

▼ る~ (66, 0.1%)

3 ことに, なつて 2 かど, のは

1 [56件] いえば, いふだらう, が如く, ぎりもないだゞら遊びと, ことが, ことに対して, すること, する者, ちょっとした非, ない, ない感じ, ない現象, なって, なつた, なり, なる, のか, のが, のでございます, のに, のを, はてさたこ, はない, はなかつた, ほかない, ほど新しい, ほど楽しみ, やうな, やうに, を見た, コチコチに, 不器用さは, 云って, 刈り込まれた松の木, 前こ, 又いくら, 口ずさんだ, 囲んで, 夜も, 家の, 度びにうつらうつらと揺れた, 座って, 思うて, 思って, 成り過ぎては, 気が, 澄んだ頭, 私にと, 紙の, 街の, 見えて, 視, 走りながら, 転んで, 邪魔を, 陰気で

▼ る~ (65, 0.1%)

4 の音 3 の面 2 が利根川, だもの, である, のかかり, のやや, も清かれ, を眺むる芸者

1 [44件] がある, がこの, がキラリ, が不意, が妙音, が所狹, が浅瀬, が淺瀬, けむり, ちひさな流それ, で, です, で余り, で有ります, とともにちらちら, と清い, なれば, にアルコール類, に吻, に鯉, のほとり, のよう, の一筋, の動搖, の勢, の如く云った, の忍び寄る, の樣, の緑, の蕭々, の蛙, の青き, の響き, はたぎつ, はなき, は偏っ, は多摩川, は放生池, は滝つ瀬, や火, を, を受け止め, を田, を筆洗

▼ る~ (63, 0.1%)

2 は決して, れの

1 [59件] が日常, が私, にとりサルペードーン, には秀吉, にア, に対する婦人, の, のそういう, のそば, の双眼, の右, の地位, の坑夫体, の姿, の子, の字書, の存在そのもの, の店, の役割, の性, の悪評, の手, の招待会, の様々, の気持, の理論, の理論的労作, の疑, の皿, の目, の禍難, の胸中, の胸甲, の至情, の艱難, の行為, の視線, の訊問, の身, の身辺, の陣, の頭, はいず, はうつたへどころ, はトロイア人, はヘレネー, は劫, は巧み, は忽ち, は軈て, よりも自分, れ必ず, をよろめかす, を助け, を江湖, を眺め見つ, を見た, を迎, 消せる燈火

▼ る~ (62, 0.1%)

3 でも, にはなれない, はない 2 か, がし, がない, になった, にもなれない, 遣は

1 [41件] かな, かべら, がなかっ, がなんと, じゃ, だか, だね, でいる, でげす, でございましたから, でしたの, でどこ, では, で居る, で生垣, な笑, にそれとなく, にならん, になる, になれない, にはなっ, にはなれなかつた, にもならなかった, にもなれず, にもなれなかった, にもなれなかつた, にオズ, に八字, に疑ひ, に顔, のない, の弱い, はいが, はしなかった, はなかッ, はなく, もない, もなく黙っ, も無くなった, をもつ, 易さ

▼ る~ (60, 0.1%)

63 は各自 2 かな, を, をぬぐ, をぬぐい

1 [43件] か, かな日本武尊, がお, が凍る, が己, が日出雄少年, と共に手, と共に言った, にあや, にも, に浸れる, に顔, の如く, の幌泉, の潮, の玉, の露, の音, はらひも, はわれら, もかひなき, よあゝ, をおさえ, をどう, をば袖, をふく, を伯母, を壓, を払いました, を払え, を払った, を払つて詞, を拂, を拂つて詞, を拭い, を拭いた, を梅子, を止める, を泥だらけ, を袖, を見せまい, を鼻紙, 堰きあ

▼ る~ (58, 0.1%)

3 を有 2 がある, が存在, も許されずし, を有した, を私

1 [45件] あり, ありたる者, いつぱい, があ, がどこ, がない, が人間, が伝わった, が日常, が有, が深く, が満ち, が満ち満ち, が私, が自分, で支配, として現, なきは, になり得る, に打たれない, に絶えず, のある, の作用, の充實, の圧迫, の存在, の強い, の正体, の潜在, の関係, の電池, の靜けさ, はない, はほとんど, は時間, は雑多, も無い, をもっ, を与える, を内, を原動力, を急, を感じ, を用い尽した, を與

▼ る場所~ (57, 0.1%)

2 である, では見渡す, にては移る, に及ん

1 [49件] があっ, がある, が九十カ所, だけ光り, であり空間内, でお, ですが, ではありません, ではなくなっ, ではなし, では人々, では小学校, では著しい, でめす, で人, で待ち, で殺す, で續, で自分, で自然的, で軍人, なり, にて何とも, には幕府, にま, にまいります, に一人, に乞食, に停っ, に向, に夜, に或, に来, に現在, に現存, に追い立てられる, に隠し, のある, の上空, の桜, の落ち, へいろいろ, へゆく, へ集め, もある, を拵, を語り合っ, を説明, 或は位置

▼ るよりも~ (56, 0.1%)

3 更に多く 2 偶然性の, 大なる

1 [49件] お前達に, かえってのびのびと, この船, さあ今ここ, もつと, より多く, 一層しつくりした, 一層散文的, 一層著しい, 下級人民といふ, 不確実, 五十万の, 似つかは, 佛教が, 先づうまく匿し, 出来るだけ, 多くの, 多くは, 大きさ, 大分やすい, 安全なる, 宗教界に, 寧ろ厳密, 尚更ら驚歎, 崩れる可能性, 庭から, 思はず蒼空, 数倍の, 数十倍の, 數等低, 新感覚的表徴, 明かなるは, 明らかな, 明らかに, 明らけし, 標局から, 比較的に, 爺は, 百倍の, 益満に, 瞭かな, 瞭らか, 経済的に, 自分が, 読者が, 資本主義的精神は, 遙かに, 遥かに, 餘計效果的に

▼ る地方~ (56, 0.1%)

3 のアイヌ 2 に於

1 [51件] での事, では, ではきりぎりす, ではまた, ではタキ, では一村挙つて此, では上野, では以前, では子供たち, では幕末頃, では明治三十九年, では東風, では英國人, では蝙蝠, では鍛冶屋, でもう, で出来る, で或, で皮田, と中央, と思はれる, にあ, において行われるなら, にてはクッロポックグル, にはかかる, には今, には蟾蜍, に対しては胸中故郷, に産, に行っ, の作りなまり, の出来事, の古, の名家, の女学校, の好色男子, の如く, の學者, の小, の方言, の特異性, の町, の社会的現実, の貴族, の農民, の高等学校, へ旅行, へ色, へ行ったらある, を除い, 或る

▼ るしの~ (55, 0.1%)

4 ように 3 ついて, 下に, 提灯を 2 ヘンリー, 札でもと, 石を

1 [36件] あり処, こうもり傘を, なかに, ほかに, もとに, やうに, ような, バタが, 一つとして, 十手を, 大木やう, 岩石或は, 巻き羽織を, 旗が, 有り処, 札を, 柱の, 根もとに, 棒でも, 椎の, 槐の, 機械人間工場, 橡の木は, 渓流の, 滝では, 由, 疵を, 白い布, 短册, 行燈を, 見えるあたり, 赤ビロードの, 起りだ, 辻行灯は, 門から, 雑木林が

▼ る~ (55, 0.1%)

1 [55件] から少し, があつ, が多い, たる標, であるが, でして, です, ですから, では出版, では死期, では退院, で出, で申した, で豐, とかいふ事, とて小, となり, なきが, なく大, なく或, なり, なれば, にては折々, にて彼, にと, には, には一ツ, には他, には常に, にも蟲, に出, に投げ入れられ, に於, に移轉, に置いた, はない, は一道, は唯, は圓, は小川流れ, は明く, は此, は自ら變つて來, へづか, へ然るべき, もある, もなく, も無く, も道理, よりいで, を刺し, を渠, を説明, 小杜, 心して必ず之

▼ る~ (53, 0.1%)

3 なは, のま, 中の 2 にし, ばんの, をし, 番の, 番を

1 [34件] がたは, がたを, がた見つくし, ぎうっかりしてこうしの柵を, だ, だと, だよ, でなお, とハ此直次郎, と同時に, ならば, ならるす, にした, にしました, にする, になすっ, の, のあいだ, のうち, のかみ, のとき, のみならず, の説, の間, は神, ばら, をする, を守る, を預かっ, 人の, 宅は, 宅へ, 居した, 番が

▼ る一種~ (51, 0.1%)

2 の興味

1 [49件] が樹上, が突然, なドラマティック, の, のあ, のロマン派的契機, の世の中, の公式, の創作方法, の力, の勇姿, の反抗心, の反抗的, の合理上, の型, の大学教育機関, の尊い, の怪禽, の恐ろしい, の悲しみ, の悲哀, の感情, の慰安, の憂鬱, の懸念, の数学, の文体, の方面, の日, の毒液, の生々, の痛快, の相法, の相続法, の神事, の精気, の翻案的部分, の自家意識障害, の臭み, の良識, の術, の超, の進歩性, の部分的, の青白い, の靭, の響, の餘香餘韻, の香氣

▼ る~ (51, 0.1%)

2 と考へ, なり, もある, を認める

1 [43件] あるを, から眺めた, がありません, がある, が違つて, であつ, である, でした, ですが, でも村, で帝釈さま, で災難, との混乱, とはどういう, とは違ツ, なく生き, ならなく, にかけては, により, に巌角, に志した, に終始, の上, の発句, はありません, はこの, はない, は上る, は細き, へ人々, へ出た, もなけれ, を, をいそしむ, をどこ, を子張, を川沿い, を平気, を歩いた, を歩む, を知っ, を踏み行かず, を逆行

▼ るかの~ (50, 0.1%)

6 ように 3 やうに 2 やう

1 [39件] うちを, たれ死にを, やうで, やうな, ような, ジネーヴラの, ニューヨークの, 一点に, 二つの, 二人が, 信仰の, 公式乃至, 口吻が, 唯物史観の, 問題なんか, 啓蒙時代に, 執拗無, 大事を, 如く唸いた彼, 如く見える, 対立, 小さい流, 必要を, 批評性と, 様に, 浪漫末期の, 点これなり, 理論と, 畸形的な, 真清水, 矛盾を, 第三, 第二, 紀ノ国屋文左衛門が, 處みなまた, 行為も, 重大な, 鎌倉行きの, 黒影は

▼ る種類~ (49, 0.1%)

4 のもの, の人間 2 の人, の人々, の人間たち, の文学, の粗生

1 [31件] が沢山, と分量, にあ, の, のめいわく, の世界人, の人たち, の人情, の作家対観衆, の僅か, の哲学, の哲學, の土地, の学生, の心配, の思想, の愛情, の本, の植物線緯, の灌木帶, の理論的労作, の科学, の精神病者, の背景, の臆測, の舟, の観点, の青年, の音, の音楽的, 或る

▼ る~ (48, 0.1%)

3 がした 2 が聞える, を骨董

1 [41件] から見, がかすか, がし, がします, がすぐ, がするだ, が外, が山三郎, が彼, が昔, が高く, して, じゃねえだ, だけは徒ら, です, でねだりました, で怒鳴つた, とそれ, と同様, と束藁, にて, にていいすて, に追随, のうち, のさびしさ, のみ, の捨猫, の聞, の蝉, の表現, はようやく, もただ, をききたい, を廊下, を振り絞りし, を聞い, を聞きつけ, 悲しむ声, 成し, 物凄じき天地, 進める声

▼ る~ (48, 0.1%)

2 勢力の, 問題を, 範疇が

1 [42件] の事情, の勇士, イデオロギーの, ジャンルの, 世紀が, 事業の, 分科の, 判断である, 勇士身に, 勢力に対し, 友聚談の, 國民の, 変革は, 天が, 天の, 天善神と, 形態, 形態を, 思想を, 性質延長形状不可入性運動靜止及び, 技術は, 技術を, 方法の, 根本概念として, 根本概念の, 根本概念を, 概念の, 概念は, 概念を, 概念例えば, 法則, 流派, 科学が, 範疇と, 範疇を, 聖徒は, 芸術の, 衛星の, 規定などは, 部落に, 関係を, 靈の

▼ る事情~ (47, 0.1%)

4 の下 3 のため 2 があっ, があるなら, でその, により, のもと

1 [30件] からルソン島, から出版, から宝石商人, から暇, から江戸, から親類, があつ, がある, がなけれ, すなわち労働, でこの, でそれ, で一年, で堂々, で或, で甚だ, で稽古, とがこの, なの, においては極めて, によりその, による, に対して如何, に尽き, に従って家屋, に餘儀, の為め, の結果, は別, を真面目

▼ ると共に~ (46, 0.1%)

1 [46件] あたりの, あなた様の, お浦, そのうらめし, その渓, ひどく恐れ, まずすべて, また昔時死生, メフィストフェレス旅の, 一二町ほどの, 今度は, 其うらめし, 其報酬を, 其戸の, 利仁は, 呆れた顔, 唐鍬の, 夜が, 姉が, 學校は, 底の, 彼等を, 微かな, 思いきって, 恚って, 戸は, 新らしい, 明確な, 東京又, 棺の, 次第に理解, 死を, 段々情愛, 疫が, 私は, 美しい肉体, 聞いた, 自分の, 芸術家としての, 芽生えた一死奉公, 菜花の, 衆議院に, 警視廳の, 赤道を, 路を, 邦語の

▼ る特別~ (46, 0.1%)

3 な意味 2 な層, な感情, の場合

1 [37件] な, なよう, なる一部族, なる事情, な事情, な人々, な人間, な個々, な内容, な境遇, な存在, な形, な快, な意義, な条件, な民衆, な理由, な組み合わせ, な結合様式, な貴族階級, な資格, な限られた狭い, な限定, な階級, にシーン, の人たち, の人間, の任務, の使用法, の好意, の少数, の慇懃, の扱い, の条件, の能力, の語, の霊能

▼ る~ (46, 0.1%)

2 あり, あれば, の名, の観念, また伏

1 [36件] ありで文三, いと多, がゴセンタク, が一方, が居, が市杵島姫命, が熊, こそ知ら, である, で和魂, といふ事, とした, とにいるすく, との交通, と人, なるが, なれば, にした, に行く行く, の子, の御, の思想, の性, の意思, の攝理, の結び玉いし縁, の絶對的價値, の裁判, の親類筋, の託宣, はやはり, を地神, を祀る, 何故に, 又は伏, 及びつらき

▼ る所以~ (45, 0.1%)

3 である, なるを, にし, のもの 2 なの, に非, は何ぞ

1 [27件] か乃至, それから後, だと, であったかも, であって, でありますが, である事, でもある, とかを説き, とはならない, に外, に惑, の元素, の理由, の者, の道, はかの, はそれ, は作者, は各自バイブル, は訳者, は貴下, も亦, を知らずし, を説き明らめた, を説明, 即ち社会主義

▼ る特定~ (44, 0.1%)

5 な意味 2 の年, の日, の時期

1 [33件] なもの, な尺度, な条件, な自由, のお金, のイデオロギー, の一点, の人々, の作家, の個人, の化学的変化, の問題, の場合, の学問, の学校, の客観的実在性, の客觀的實, の対象, の必然的, の思想, の情緒, の技術家, の文化層, の方法, の条件, の物理的, の相対的, の礼禄, の社会構図, の社会組織, の種類, の而, の観念論

▼ る~ (44, 0.1%)

4 の日 3 の夜 2 の中, の山脈, の肌

1 [31件] おもしろし黒, がし, だけでも一人, だね, と見ん, に庭一面, に轍, に驟, のあはれ, のごと, のクリスマス, の光, の凍つた, の如き, の姿, の懽, の曙, の朝, の第, の結晶, の降った, の降る, の音, はあ, は子供, は小鳥, ふりて, まだらなる, を, を光らしむ, を厭った

▼ る大きな~ (43, 0.1%)

2 お身, ものの

1 [39件] お屋敷, ものに, アカシアを, 丘の, 力, 力です, 印刷会社の, 呉服屋には, 商事会社の, 天井に, 家の, 宿屋の, 山の, 川筋では, 帽子屋に, 幸福に対する, 影が, 悲しみのせゐ, 悲哀を, 意義を, 打撃を, 村の, 株式組織の, 河の, 洋品店で, 活動写真の, 流も, 溝を, 漠然とした, 焦眉の, 病院へ, 私立病院の, 秘密を, 自然の, 虚無, 蠱惑が, 質屋が, 都会の, 黒い翼

▼ る~ (42, 0.1%)

32 るそれ, る頭, る顔色

1 [33件] るかしこまって, るすべり込む, るそこ, るその, るのぞき上げて, るひらいて, るムク犬, る一族, る一歩, る仰いで, る伺うと, る伺候, る叔父, る口, る問い直し, る封, る希望, る庭, る忠告, る憚, る戯れると, る数冊, る相, る神様, る秀吉, る膳, る藪八, る見あげながら, る訊き返した, る追従, る通って, る開いて, る閾越し

▼ るそれ~ (41, 0.1%)

3 は成 2 の如く

1 [36件] から奥平, があらぬ, がせめて, が一寸, が枕許, が段子, が爲, が附目, だけの事, であった, である, とその, とは強度, とは殆, とは確, と全く, と同じく, と異質的, ならず舞踏, ならねど, にはこの, に對, の進歩, はたとえ, は基督教, は日本人, は渠, は無理, は辱, へ来, よりも一層, よりも何, より難い, を見た, 故せっかく, 故言い

▼ る~ (41, 0.1%)

7 の日 5 のこと 4 の夕方 3 の夜 2 の晩, の温

1 [18件] この森, だった, の, のあつい, のゆう, の一夜, の事, の単調, の夕, の日私, の晝寢, の暑い, の暮れ方, の最中, の生活, の終り, の親しみ, 泳げるの

▼ る~ (41, 0.1%)

2 らしさ, 世界の, 作家の, 噴火口は, 墓, 形式主義の

1 [29件] らしい宗教, らしい時代, らしい美, プラトン主義である, 体制ヴァラエティ, 來の, 兵器の, 劇団に, 劇団を, 助といふ, 古今時代に, 古今時代において, 団体として, 団体の, 外科病院に, 帰朝者, 性格の, 性格を, 数学の, 文體の, 時代は, 植民地においては, 燃鉢の, 知識を, 社会の, 編制の, 興国である, 芸術の, 飛躍で

▼ るほどの~ (40, 0.1%)

3 もので 2 お人, 心に

1 [33件] ことが, ことでなく, どんな見当, もてなしを, ものを, 一声でありました, 事情も, 仕事では, 仕事を, 傷を, 八五郎に, 出来栄えだった, 取のぼせやう, 器量の, 大事件, 手輕な, 抽出を, 暇人も, 氣の, 氣力も, 理由に, 異樣, 知恵も, 秣は, 處に, 見るもの, 謙抑な, 道傍に, 金が, 金は, 雨量しか, 風雅は, 魅力は

▼ る作家~ (40, 0.1%)

2 の作品

1 [38件] がもし, がマルクス主義的芸術団体, がマルクス主義的藝術團體, が同じ, が女性, が書く, が未熟, が次, が短篇, が階級, たとへば片岡鉄兵, としての気魄, にとっては逆転, にとって例えば, のこと, のよう, の一群, の作品中, の個性的, の意味, の態度, の文章, の社会的立場, の経験, の遺族, は, はこういう, はイージーゴーイング, は作中, は女性, は始め, は書い, は歴史的, は永久, は沈黙, は社会, は科学, は芸術至上

▼ る~ (39, 0.1%)

2 に一人, に捨て

1 [35件] かの上, から細い, その一部, でやがて, で殺された, にしろ, にすぐれし, にて朝夕, にも社会, にも遠く, に一本真白, に二畳, に大きに, に天鵞絨, に尺素, に指先, に政府, に新生, に月, に目, に破れ筵, に角, の枕, の枝垂梅, の衣, へ一人, も睦み, よりおのれ, を, を疾駆, を美しい, を静, 婆さんが, 婆さん大柄で, 老人は

▼ る~ (39, 0.1%)

1 [39件] から他, が如何に, すなわち, では子供, では雷獣, で使う, という, とした, と戦争, などでこういう, などでは盲人, などは盲人, においては異, における比較的, における生産, における貨幣, にカイミアラ, に不思議, に往け, に行っ, のある, の俤, の全, の大, の天文学者, の或, の文化, の特権階級, の社会状態, の言葉, の言語, の金, は率先, へつれ, もある, よお年玉, をしばしば, を内, を真に

▼ る方法~ (39, 0.1%)

2 で, の最も, を完成

1 [33件] がある, がない, が潜在, が見つからない, で地面, で投げ飛ばす, で評価, で貧民, となる, と場所, と対象, なるものの, によってこれ, によって変えられ, によつて, に基い, に就い, に於, に関すること, の概念, はありません, はない, は一義的, もあつ, をとる, をもっ, を以て自分, を教えた, を考え, を言つて, を設け, を論ず, を講じなけれ

▼ る~ (39, 0.1%)

2 があった

1 [37件] がある, が得ならぬ, が急, が木の葉, が現れた, すらもない, であつ, とインド, と寂寥, なれば, にしろ, にも堪えられない, によらで, にキヨロ, に寄せ, に時, に當つて, に胸甲, に草花, に連れ, のけしき, のはげしい, の下, の中, の強い, の涼しい, の裾, はなかっ, はもう, は冷い, は惡魔, またこれ, もすゞ, もない, もなく, らしかった, 怪しくも

▼ る友人~ (38, 0.1%)

3 の家 2 が来

1 [33件] から, から劉子, から君, から斯, から聞いた, がある, が彼, が私, と学校, と學校, にこの, に向っ, に宛て, に答, に訳, に送, に驚かされた, のさりげ, のチブス, の下宿, の出版記念会, の妻君, の寝台, の最も, の送っ, はこの, は山水歌人, は私, は齒科醫院, も私, をたずねた, を訪ねた, を訪れ

▼ る思想~ (38, 0.1%)

1 [38件] が, が互に, が今日, が存在, が湛え, だと, というテーマ, として現代日本, とは全く, とは多少, と一定, と文学, なるもの, について吟味, にも否定, に捕えられる, の主体化, の出現, の底, の意味, の意義, の最も, の根柢, の眞理性, の科学, の科学的検討, は, は他, は危険, は取締, は悠古, は捉え, は真, は誰, や主義, を含める, を時代的, を理論的

▼ る樣子~ (38, 0.1%)

7 です 3 である, もなく 2 だ, であつ, もありません, もねえ

1 [17件] が分ります, が見えない, だつた, だつたが, で, でした, でつぶやき, で密, で頬杖, とか, に自分, はありません, はない, はなかつた, はなく, もない, も決して

▼ る~ (38, 0.1%)

4 をし 2 あり, である

1 [30件] が話し, だ, でない, ではありません, でもし, で持切っ, で馬鹿氣, などが出た, なども例, などをし, など致す, に夜, の全部, はそれ, は尽きなかつた, は悲し, は打切り, は起った, ばかりし, も纏ら, よりもさき, をした, をしはじめた, を交した, を幾らか, を心, を空想, を聞い, を聞き, を語り

▼ るまでは~ (37, 0.1%)

2 万般要

1 [35件] お品, これを, た, なんです, まず何, またかう, まづよい歌, やつぱり哀れな, 三年です, 下に, 二人で, 休んでは, 何だか落ちつかれなかつた, 何だか足, 凄い姿, 到底平和, 力の, 同じ人, 外に, 安心が, 斬らねえから, 是非やります, 此處に, 歸れない, 死骸に, 汝等我に, 滅多に, 獨りでゐる, 相談が, 素知らぬ顔, 自分は, 落ちざるが, 譯官を, 近頃覺, 雜談が

▼ る~ (37, 0.1%)

10 がある 2 で恁

1 [25件] があり, が有る, が気, が見つ, が飛出したら, だ, だがと, なら刄物, なら聽, なら離屋, には一人, にも見られる, の頭, はある, は勝手, は君達, は嫌ひだ, は誰だい, もあがる, もしや, もねえ, も居た, も無い, を殺し尽し, 多くダレ

▼ る姿~ (37, 0.1%)

3 を見 2 からな, と像, の浮氣

1 [28件] がここ, が眼, が見える, だつたこと, だと, であり人, であると, といふもの, なり, にてかしこ, に似, に及ばず, に感じられ, の浮気, はと目, は一種末期的, へ手招, また撓む, もそれ, をかい, をつく, を彌, を択べり, を発見, を見た, を誰, 又撓む, 見せ

▼ るばかりに~ (36, 0.1%)

3 なつた 2 して, 心が, 握り締めて

1 [27件] しばらく響, なった, なって, なつて, なりし時, ゴーと, 仰天し, 動きぬ, 咲き出でます, 妙なりき, 息せい, 戸を, 握って, 泣きころげ来り候, 相なっ, 眺めること, 瞋れる, 石の, 立靡き, 蒼く輝い, 見えて, 跳り上がっ, 軽く描いた, 近く互に, 饑ゑつ, 鮮かな, 鳴り渡る

▼ る人物~ (36, 0.1%)

6 の或 2 がある, は最も, をし

1 [24件] が, がうしろ, が獄屋, が留守, だつた, となり, ならば, なりが進歩的, なり或, について若い, に対する作者, に扮, に扮する, のみが登場, の事蹟, の内, の生涯, の行動, の集合, は却つて, は敏腕, は検事, を批判, を警察

▼ る~ (36, 0.1%)

2 普請に

1 [34件] 不平から, 人, 使いを, 先代の, 処置を, 即位に, 大臣様お供で, 大身の, 夫婦が, 奉公は, 姿にて, 婦人が, 宅へ, 役人は, 心には, 志申す, 所存じゃ, 所存で, 方々であります, 様子です, 煙管を, 理解は, 考には, 耻辱が, 自身の, 自身も, 薬代なりと, 親切のほどを, 語気が, 趣意から, 達の, 重病, 頭毛, 高免下さる

▼ る最初~ (36, 0.1%)

5 の足代 2 のそして, の感情生活

1 [27件] に發, の, のしかも, のもの, のアラビア都市, のテレヴィジョン・ドラマ, のバイロン傳, の三八九会みたい, の仕事, の企て, の公開講演, の動機, の動物博物館, の基督教, の思想, の情, の支那學者, の文明, の滑稽, の真実, の知己, の社会民主主義的組織, の纏った, の芸術飛行, の詩, の長老, の鶏

▼ る時間~ (35, 0.1%)

2 は約, を要する

1 [31件] から居なく, が, がたっ, がつぎたせる, が直, だけ照射, であろう, として限定, となる, になる, に先生, に彼等, のかかる, の上, の刻み, の原理, の問題, の差, の後, の要因, の間, は明らか, は空間化, もあらう, や考え, よりも奇怪, を埋め, を書いたらしい, を経, を経る, 例へば晩飯

▼ る~ (35, 0.1%)

3 のない, の夜 2 の光

1 [27件] かな, から差出人, となり, ならし, には或, の, のよく, の光り, の出, の影, の斑, の明, の明らか, の田毎, の病める, の美しい, の良い, の色, は, は三十一日づつあるが, は沈黙, もある, を奪, を見る, を越す, を追う, 光りに

▼ る生活~ (35, 0.1%)

2 に村びと, に由る

1 [31件] からの縁遠, が或, が輝き, とか仕事, とを思い較べた, と云, にあっ, について希望, に対して多く, に躍, に關, のニュアンス, の中, の單純化, の実際, の寂し, の延長, の模様, の歪曲, の生育, はさ, は多様, は彼, は長い, への肯定, ほど危いもの, をリアリスティック, を多く誌さざれば, を描いた, を描く, を観る

▼ る~ (35, 0.1%)

8 の日 5 の夜 3 の午後 2 の月, の海

1 [15件] に等しい, のはじめ, の初め, の夕方, の夕風, の夜風, の日曜日, の朝, の櫻, の氣候, の波, の田, の颱風後, はまなこ, 遠からず

▼ るけれど~ (34, 0.1%)

3 お前は 2 女は, 彼れ, 猿樂町を

1 [25件] あれほど, さし向, その代り, つい先生, なほほのかに, もう遲い, もし旅客, ナニ失望する, 人間と, 何物ぢや, 全く斷片的, 只, 子供にまで, 容易に, 必ず又, 此場合訪ね, 此子の, 気が, 猿楽町を, 生憎と, 生憎戀, 自分では, 苦しみつつ, 警察へ, 通商貿易の

▼ る一部~ (34, 0.1%)

2 に統一, の人々

1 [30件] である少数, で相当, にはまだ, には恰度小林多喜二, に居る, に広がった, に起り, のみを勤めた, のセンチメンタリスト, のプロ階級, の世人, の人, の人種, の同胞, の好み, の学者物識り, の専門家, の幻覚, の所謂推理小説, の数奇者, の研究, の社会, の觀念, の詩人, の違反者, の長, はまるで, は当然, は既に, 例えば犬養健氏

▼ る事件~ (34, 0.1%)

3 に就い

1 [31件] から袂, がはつきり, が起つ, が起りました, が起る, っていったい, でつらい, でむし, で有, といい, ということ, というもの, なりを全幅的, なり或, のうち, のため, の一段落, の報道, の成果, の決定, の発展, は己, は空間, をどう, を企てる, を御, を惹き起こした, を惹起, を起し, を頼まれ, 或る

▼ る日本~ (34, 0.1%)

2 の位置, の評判, の軍人

1 [28件] と支那, と諸, に求めた, のデモクラシー, の作家, の作家中, の利権, の協力, の南洋政策, の困難, の大, の妻, の学術界, の守備, の布教權, の権利, の權利, の画家, の発達進歩, の發展, の發達進歩, の社会, の神, の老, の自然派, の近代的更生, は政府, 之船大工

▼ る~ (34, 0.1%)

9 の概観 3 の反語 2 の歴史

1 [20件] から暗示, であると, として書き下ろした, と夢, などを見せ, には紫金城, に整, の中, の動き, の地位, の如く, の起元, の逆説, の通念, の雑誌, は常に, は本物, を創り出そう, を叫ん, を求め

▼ るもん~ (33, 0.1%)

84 だから 3 じゃない

1 [18件] かい, かえ, かこいつ, かつちん, かね, かよ, か人情, か十六位ぢ, か途方, がよオ, だ, だと, だど, だよ, だわ, ですか, でないよ, でふー

▼ る~ (33, 0.1%)

8 の日 6 の夜 4 の山雨 2 の朝

1 [13件] のこと, の休暇, の夕方, の夜更け, の季節風, の日本郷肴町, の雨, の雪, の靄, の頃, は斯, やお正月, 死んだ

▼ る方面~ (33, 0.1%)

2 から見れ

1 [31件] からお嬢さん, からの委託研究, から宇垣反対, から家財道具, から昔, から極度, から洩れ聞い, から電話, から頼まれ, で, での経験, では日本, で六法, で原子核崩壊, で流行, というの, にはなかなか, には多少, には聞え, にまでごろつき, に對, に頼んだ, の人, の人たち, の支持, は草茫々, へ向ける, へ夫, へ据えつける, へ落し, を言うた

▼ る~ (33, 0.1%)

1 [33件] ではエレンナカ, では保健衛生, では壬戌, では都会, では集団農場化, で子供, で積極的, で避雷針, とかといふ風, なの, なるが, にいた, にもらはれ, に住み着いた, に年, に色々, に行くなら, の, のタウポウ, の一家, の元祖以来, の医者, の最奥, の水車小屋, の畔, の親類, の農家, の農業会, は突然, へ寄ったら, へ行った, を金, 或る

▼ る~ (33, 0.1%)

2 である, に平岡

1 [29件] であった, なりと, にかう, には万物生成, には充分, にニミア, に一度家, に一身, に二条, に云った, に人, に倫敦, に内地, に努力, に名付けられた, に大声, に尼, に幾種, に御, に愛宕, に来た, に様々, に此土, に社会, に私, に端, の或, の様, の神人

▼ る~ (33, 0.1%)

9 一の 4 二の 3 一印象 2 一囘の, 一流の, 四の

1 [11件] 一期社會主義運動は, 一段の, 一番の, 三には, 九天は, 二回関西俳句大会に, 二期の, 六感官を, 十五期及第十六期の, 四次元の, 四級民の

▼ る若い~ (33, 0.1%)

2 女の

1 [31件] お医者様, ひとが, もんを, エスペランチストが, 会社員は, 勞働者の, 勤労婦人の, 奥さんに, 女と, 女人と, 女性の, 娘の, 婦人の, 婦人記者で, 學生は, 将校が, 心靈たちへの, 文人が, 新進の, 方が, 母さんの, 独身の, 男, 男が, 男と, 男の, 男達に, 者の, 者は, 詩人たちの, 銀行家に

▼ るけれども~ (32, 0.1%)

1 [32件] いぬ, しかし土台, た, つくづく溜息, 人の, 人間の, 併し, 信じる力, 傳來した, 前途の, 多くの, 夜の, 大男で, 天下を, 意は, 成行で, 承諾しなかつた, 朝顔が, 本来は, 柄と, 歡喜の, 此度の, 眠らせたの, 神經質患者は, 私は, 第二, 能く, 脇の, 藤田に, 裏漉しに, 頭の, 麻痺性痴呆とか

▼ る小さな~ (32, 0.1%)

2 ホテルに, 漁村に

1 [28件] こころざしにかけては, ホテルには, 借家に, 別莊の, 印刷所に, 印刷所の, 印刷所を, 因子としてのみ, 声, 宿屋の, 新劇団には, 村に, 池の, 渓端を, 灌木の, 煙草屋の, 狭い一箇所, 町である, 町に, 緑蛇の, 羅紗屋に, 羽虫が, 酒屋の, 金魚, 飲み屋には, 駅に, 驛に, 黒い鼠

▼ る新聞~ (32, 0.1%)

2

1 [30件] がある, が社会面, が芸術税, では書い, で或, で日本主義, で阿部次郎教授, と雑誌, などによつ, に, にも, に出た, に和田三造, に大きな, に次, に沼南, に載っ, の主筆, の座談会, の文芸欄, の本質的, の発送所, の短文, の社主, の社会面, の経営状態, の記者, へよせた, や雜誌, を見る

▼ る~ (32, 0.1%)

2

1 [30件] じゃア, だつたらそれ, であるが, でねえか, ではない, で今更, となり, となりし, と死に, なるを, なれば, にしあらね, になりやした, に生れた, に等し, に言, の, のはて危ふく, の卑怯, の越度, の風, は朝廷, も, も一朝, も詞, を, をもなほ, を世に, を半ば, を誤る

▼ る雑誌~ (32, 0.1%)

2 に墓, に森さん, の座談会, を見

1 [24件] からもとめられた, から朝鮮, から私, から覚悟, が買っ, で, でその, で友達, で古今文人, で散々攻撃, で考証, にも掲載, にをり, に写真, に寄稿, に小酒井不木氏, に短篇小説, に紅葉, に絶対, に頼まれ, の使命, の原稿, の編集, を繰り拡げ

▼ る~ (31, 0.1%)

52

1 [24件] あれあれ妻女山, うれしき, えと明け暮れ, おくがた, かし心すべき, ぐづ, さあさあいかまい, そのよう, そんぢや, ぢや, っ覚えて, ついては一先ず, はよう妓, めでたき, よう, 作阿弥殿, 光る, 宜く, 早く乗, 早く早く早くここ, 是非も, 構へ, 権兵衛に, 神樣が

▼ る一切~ (31, 0.1%)

2 の事物, の改良

1 [27件] の, のもの, のスペクタクル的効果, のヒロイズム, の与件, の事務, の作用, の偶発事, の存在, の学術, の悪徳邪行, の惡, の文明思想, の新人, の樣式, の権力感情, の物質現象, の現象, の細胞間, の経済関係, の経験的認識, の者死, の葛藤, の複雑, の要素, の進歩的, の邪惡

▼ る~ (31, 0.1%)

2 けだ, の事

1 [27件] けなら, けなん, けになりました, けの事, けの利益, けの功, けの助力, けの話, け不純物, け喋っ, け多く, け愈, け男, け繩, け自分, け通俗, け遠く, でまじめ, でも事, でも迷惑, のこと, の悪い, の錢, やさしく申しました, を言, 平にし, 避け樣

▼ る~ (31, 0.1%)

4 の中 2 の麓

1 [25件] がある, が都, そだちは, で此処, に往来, に隔てられ, のなほ奥, の中腹, の小村, の尾根, の影水, の御, の渓流, の色, の芽ぶい, の雑木紅葉, の高嶺, は乘鞍, は巡る, は日本七高山, へ歩み入る, へ登らう, を脚下, を見れ, を越える

▼ る我が~ (31, 0.1%)

4 手を 3 国防, 國の

1 [21件] 二千五百餘年の, 同胞の, 命終の, 國に, 國情は, 宗主權は, 小説の, 山を, 心, 心の, 心も, 悲恋は, 愛読書の, 杖, 涙ほど, 留學生及び, 知人たちの, 笑顔写真ニユースに, 罪は, 習癖は, 軍用飛行機の

▼ る機会~ (31, 0.1%)

2 からこの

1 [29件] から生じた, があつ, がある, がない, が全, が少く, が少なかっ, で文部省その他, となり, にうまく, にこれ, にずばり, にその, にはどちら, には次, に出, に女中, に斯, に明治初年, に里見, はなかつた, は少ない, をもたない, を与える, を与ふる, を待っ, を得, を持った, を有

▼ る~ (31, 0.1%)

2

1 [29件] あり, からはお, から人, がある, で, で彼女, で空腹, なり, なれば, にお祭, に一人, に付属, に住ん, に肺病, に貧, の三味線職, の中, の古道具屋, の叫び, の囚獄, の役場, の狭い, の祭, の角, はづれ, へ乗り込んだ, や界隈, を歩き, を種々

▼ る目的~ (31, 0.1%)

2 のため

1 [29件] からそれ, から出, でわざわざ, で決して, で種々, というもの, といふもの, なくその, に, にまず, にむかひ, に使用, に行く, に適った, のため何, の下, の為め, は或は, は至って, へと向, よりも城, をもっ, をもつ, を与え, を以てこんど, を以て時々, を以て此, を以て準備的, を規準

▼ るとか~ (30, 0.0%)

2 言つて菜の花桃の

1 [28件] いうが, いつたた, うはさ, お家の, これは, するに, そういう筋目, その手足, または尺八, ッて, 云ふ, 何とか, 十七字三十一字と, 宮殿を, 庚申樣を, 機械を, 歸らぬ, 殿の, 申しますよ, 病氣が, 著, 蚊が, 蛇の, 言つて酉刻半, 趣旨は, 隣近所を, 面倒な, 騷が

▼ るまでの~ (30, 0.0%)

4 間に

1 [26件] あひだファルス, あらゆる風派, 他の, 四半刻, 困難は, 家族の, 少時間彼等, 工程を, 幾年かを, 幾日間を, 徑も, 旅況が, 時代を通じて, 時間を, 暗がりに, 無風状態が, 私の, 話を, 途すがら胸中窃に, 途中での, 道十餘丁此間盛んに, 間かた, 間だけでも, 間には, 間は, 間実に

▼ るまでも~ (30, 0.0%)

3 ない 2 なくそれ

1 [25件] あか, ありません, あるまいが, ないが, ないぢ, ないと, ない薄い蒲團, なくつい, なくツルゲーネフ, なく作家同志, なく光秀, なく却つて大, なく却つて自己, なく堂, なく封建制度, なく平凡, なく歌舞伎, みな不可思議と, 今日の, 定家の, 已まざるべく, 来ざるなりき, 無し, 疑いなく, 置いて

▼ る~ (30, 0.0%)

42 つて宇宙を

1 [24件] あとは, お邪魔さ, この野郎, さあさあだまん, それこそは, どう云, に, 乱るる, 今夜は, 元日までに, 加茂の, 四万でも, 夕立傘, 外から, 宜いかお, 横浜へ, 此の, 武家の, 献げる, 畜生, 私しゃこれで, 蝶の, 馬鹿, 默つて居る

▼ る作品~ (30, 0.0%)

2 を除く

1 [28件] から他, がいかなる, が大衆性, が屡々, が百分の一チェホフ, である, などは表面個人主義的, において間違い, について多く, に対しては多大, のイデオロギイ, の主人公, の優秀性, の女, の魅力, はまるで, は出来合い, は真に, は自己以外, は闘争的精神, は鬪爭的精神, へと何, もあつ, を出せし, を容, を手, を批評, を読ん

▼ る唯一~ (30, 0.0%)

2 の在留邦人

1 [28件] の, の代理人, の信ずべき, の出来事, の動物研究所, の問題, の外国人, の広場, の彩り, の必死, の思想, の文学, の新, の楽しみ, の権威, の民衆芸術, の理想, の疑ひでした, の療法, の目ざわり, の科学的新聞研究所, の著書, の衛生法, の裝飾品, の詩, の贅澤, の道, の道程

▼ る~ (30, 0.0%)

2 があらう

1 [28件] がある, がつむり, が母, だが, とあ, という言葉, といふ繋累, と小さく, と馴染んだ, に救援, のこゑきけば氷雨, のなか, の何者, の墓, の親, の運命, は一生懸命スターリン, は前掛け, は女の子, は歩みとどめず, は絵, もし國, もなく, やよわき, よ父, を二匹, を生みたる, 之の燕

▼ る~ (30, 0.0%)

1 [30件] 亭閑として, 供の, 函は, 劇場へ, 厮たち, 商人が, 商売には, 地区の, 大名豪族などは, 學校に, 家かな, 家に, 市民の, 市民的な, 新聞に, 新聞の, 櫛に, 温泉では, 災害の, 理想家の, 石室あり, 石碑あり, 花を, 草と, 蒸気船に, 蒸汽船の, 論文を, 部分に, 部屋へ, 驛で

▼ る方向~ (30, 0.0%)

1 [30件] からの生温い, から来るであろう, から照らしつける, から見た, が外国貿易, だった, である, になった, になつて西, に向けられた, に大きく, に引つ, に於, に置き, の一貫性, の発展, へと一人, への発展, へ傾けさせる, へ向けさし, へ向ける, へ引かれ, へ引込まれ, へ心, をとつ, を定め, を持った, を示す, を私, を辿り

▼ る時私~ (30, 0.0%)

2 はその, はふと

1 [26件] がこれから, が只, が机, と一緒, に, に云いました, のところ, の内, の同級, の大森, の方, の母, はお, はこちら, はこつ, はつまらない, はとても, はびつくり, はホテル・サボイ, は一人, は君, は呟いた, は彼等, は思ひ, は或, をわら

▼ るからと~ (29, 0.0%)

3 いって, 言ふ 2 云ふ

1 [21件] いかにも嬉し, いふ事, お富, 一時の, 主人に, 云って, 云つただけ, 云はれ, 今度は, 前以つて, 口実を, 店を, 手金まで, 提灯を, 注意し, 漸く引取つて貰つたの, 申して, 眞情を, 約束し, 言ったの, 言ふて

▼ る~ (29, 0.0%)

7 はなかつた 5 はない 3 は無 2 はなかっ

1 [12件] あるべからず, ないの, ない不文, ない男, なかった, にせ, にまた, に出し, はありません, はありませんでした, はとの御, を見やりました

▼ る存在~ (29, 0.0%)

3 のモデル 2 であった, の概念

1 [22件] じゃよ, だけは生き, であ, であつ, でさ, でなければ, ではない, と無, ならぬもの, にまとも, に過ぎない, の凡庸化, の在り方, の確固性, の諸, は概念, をそのまま, を持つ, を表象, 即ち世間的存在, 即ち物体界, 即ち生

▼ る日彼~ (29, 0.0%)

2 がその, は公園

1 [25件] がいつも, がガルウエイ, がソ連空軍, が企てた, に思いがけない, の妻, はあの, はいつも, はこっそり, はその, はまっさお, はやつ, はシュミット博士, はデパート, は一々, は一人, は一冊, は一册, は乘合自動車, は僧房, は告訴, は洋服, は突然, は郷里, は默つて妻

▼ るとともに~ (28, 0.0%)

2 衣兜の

1 [26件] この度, その意味, その本来, たちまち令夫人, ふとん, またおのずから, 創作力は, 力も, 唇で, 夫人の, 彼も, 彼女にたいして, 念入りて, 急いで, 意識を, 旦那を, 様々の, 無くな, 用意の, 眞夜中, 精神ひとたび, 編纂の, 腹も, 若くして真率, 貫一も, 限りなき

▼ る問題~ (28, 0.0%)

1 [28件] が問題, が理論展開, である, ではありませぬ, となっ, なの, の解决, の解決, はかくして, はただ, は常に, は当局, は既に一応, は民間, は社会哲学, は職務, をかれこれ, をなげ, をば全然, を出し, を所謂文化的, を提出, を與, を解く, を解くべく, を解決, を論究, 或る

▼ る~ (28, 0.0%)

2 もある, をのべ, 上げて

1 [22件] がある, が少し, きずの, つだひを, なる絹ハンカチイフ, にさし上げぬ, によつて故意, に力, に取り上げ, のさばき, はない, は憎しみ, は無い, も薫る, をあげ, をのばし, をば釈, をも見た, を固く, を差し出した, を待っ, 練れたからか

▼ る期間~ (28, 0.0%)

3 の後 2 を経

1 [23件] がつらかっ, が長い, そういう名誉, だけのもの, においては十分, にみな, に亙った, の必死, の憩, の成功, の最盛時代, の間, はこの, はそれでも, はやっ, は実現, は石油, をおい, をすぎ, を過ぎ, 死んで, 生きるもの, 経つと

▼ る~ (28, 0.0%)

43 があつ 2 があった, があります, がある, に何故

1 [13件] あり最も, ある人, がありました, がつい, で, にあの, になぜ少し, にもう, に叔母さん, に子供, に往來, のある, を出さず

▼ る言葉~ (28, 0.0%)

5 乃至文章 2 だと

1 [21件] がもういくら, が笹紅, である, でさえ説話, ですね, で分る, として本質, と見え, など顧みず, に, には自信, の役割, の道理, はうそ, はその後余, も無かっ, をじっと, をその, を考, を聞く, を記し

▼ るかつ~ (27, 0.0%)

85 たの 3 たから, たよ 2 たが 1 こうで, たこと, たと, たなあ, たら私, たんです

▼ るものの~ (27, 0.0%)

4 何なる

1 [23件] この間も, ごとくひとり, ごとし, ほどなく白む, 一, 一に, 全く無く, 単なる概念, 外寢卷しか, 如くしばらく, 如く即ち, 存する間, 対立と, 幾人か, 幾分の一に, 懐い及ぶ所, 来たるとき, 武藏自身は, 特殊な, 知って, 細かな, 美しさ, 誰も

▼ る婦人~ (27, 0.0%)

2 のため

1 [25件] があっ, がお産, がよび留め, が一尺五寸, が自分, である, とあっち, と恋, などは仔羊, に妙, の伝記, の働き, の像, の僕婢的服従, の力, の唯一, の境遇, の寫眞, の独立, の眼, の策謀, の結婚, の美しい, は人, を見つけ

▼ る~ (27, 0.0%)

3

1 [24件] にお, にかういふ, にきらきら, にさ, にその, にわたし, に二匹, に喰はず, に山茶花, に彼, に感心, に振返つ, に探り, に樣子, に注意, に申し, に百姓, に瞰, に美しく, に蔵, に豆, に路, までは必ら, を過し

▼ る時彼~ (27, 0.0%)

2 の語りける

1 [25件] が夕食後散歩, が子供達, が宿, が門, と二人きり, と小料理屋, の屋敷, はかえって, はふと, はエッケルマン, は側, は决然, は寄席, は平兵衛, は戯談紛れ, は書い, は浅草, は無上, は画集, は縁側, は言った, は語つた, は高, れは, を陣中

▼ る理由~ (27, 0.0%)

3 はない 2 からさほど, は殆ど

1 [20件] からお金, から最初一寸, から矢張り論理, があった, がある, がない, がなけれ, でその, でどんな, で夜盗, にはならない, によって自然科学, に基き, に基く, の不明, の分らない, の知れないはにかみ, はちつ, は決して, は考へられぬ

▼ る自然~ (27, 0.0%)

3 と歴史, の風景 2 である

1 [19件] そうした裸, であること, なるもの, な文化, にし, に頭, の傾向, の哲学, の大観, の威力, の弁証法的体系, の成長, の有, の湯, の環境, の結果, の要素, の風物情景, や生活

▼ る途中~ (27, 0.0%)

1 [27件] いつもの, その若い, たびたびカムパネルラ, だつたの, だらう, で, です, でその, でもう, で二人, で友人, で小木, で急, で牡蠣, で盜, で考へた, には私, に大川, に起る, の事, の廊下, の駅, の驛, わづか, をこ, 小窓, 測らず柳原河岸

▼ る~ (26, 0.0%)

2 え, た

1 [22件] えと思いやした, えよ, たの, たメテオロス, た一つ, た紙屑, た置物同然, た風光, て, てあの, ている, てちょっと, て三十五坪, て使う, て大きく, て決して, て畳, て表現, て謂, て追想, には一度, の一件

▼ る一点~ (26, 0.0%)

2 に於

1 [24件] から他, が存在, た, で渾然, にしかも, に向っ, に申し合わせた, に立ち, に立つた, に附着, に集, の支点, の涙, はただ, をすぎる, をその, を出発点, を指し, を睨みつめた, を睨ん, を見つめ, を覗き, を除いた, 又はこの

▼ る~ (26, 0.0%)

3 だから 2 の事, の金

1 [19件] さばけた画家, だ, であつ, であるが, で土蔵, なもの, ならなぜ, なら何故, なら小説, のこと, のもの, の手品, の手腕, の智惠, の洒落氣, は何, は懐中, は無造作, ひの

▼ る実験~ (26, 0.0%)

4 と統計 2 の可能性, の役割

1 [18件] が不可能, が可能, が示す, というもの, という操作, という特色, と理論, にまで押し及ぼす, により今日, の問題, の積極的, の結果, の観念, はそれ, は不可能, や事実収集, や数学的操作, を頭

▼ る感情~ (26, 0.0%)

2 を持つ, を聲

1 [22件] からの解放, が生来, が闕, その行動, とか意志, と民衆性, に悩まされ始めた, のなか, の役割, の満足, の滿足, の燃焼, の爲, の高調, もまた, をひた押し, をもっ, を持っ, を突き刺し, を詠じよう, を誘い出される, を語っ

▼ る~ (26, 0.0%)

6 である 2 ではあるまい, ではない, なん

1 [14件] がねえ, が無い, だが, だね, でありますので, であるから, であるが, ではありませぬ, なの, にも行, にも行かねえ, のもの, はない, は管仲

▼ るうち~ (25, 0.0%)

2 にお, に少々

1 [21件] だんだん氣力, には心細い, にも我等, に三百, に劣情, に助, に大, に娘ら, に山下, に彼, に徳太郎, に晝, に猶, に草臥れる, に行方不明, に諸方, に金米糖, は次の, は野天, 問う人, 晴れた日

▼ る~ (25, 0.0%)

2 に都合

1 [23件] お着古し, からも芝居, から側, つ調子, に, においてけだし, にわれわれ三河武士ども, にロケ, に大いに, に就, に床, に於い, に最も, に此, に空間, は, は仇, は右等, は君, は對手, は御, は忌憚, よりもり

▼ る傾向~ (25, 0.0%)

4 がある

1 [21件] あり, ある學派, が内的動機, が国民, が生じなけれ, が見える, にあつ, における根本概念, になつて, に対する批判, に追従, のあつ, の社会科学者, の者, はこれ, は一面, は散る, をもっ, を予想, を有, を示す

▼ る夕方~ (25, 0.0%)

10 のこと

1 [15件] だった, とうとう村, どき, などに山, などリュクサンブウル公園, に握っ, に空, の霧, まだ外, もうその, もすく, やはり一人, ガラリと, 突然彼, 雄鳩

▼ る~ (25, 0.0%)

1 [25件] いわゆる兵学, おのおの方御苦労千万ながら, か孫右衞門, この夜, ごらん下さる分には, そのうち静か, だらうか, と知らずや, どうぞ縁, に常に, に快楽, オイ何んだ, 僻見多し, 其見本通り新に, 初めて嫁, 園田男爵の, 失礼ながら, 度々出入等有, 止むを, 死後の, 貴殿の, 跡は, 隠処, 馬の, 馬種の

▼ る時分~ (25, 0.0%)

3 になる 2 だと

1 [20件] だから, ですから, ですが, ですよ, とは異, にあなた方, にこの, にはその, にはどう, には中學生, には例, には小宮山, には廃め, には誰, には部屋, にゃあ, に庭, に手, に遺言, に餌

▼ る~ (25, 0.0%)

2 で男

1 [23件] から青い, がありません, が光る, が始め, にし, に拘泥, に眺めやる, に見える, に見る, に見渡せ, に調節, に阿ねる, のいろは空, の光徒, の前, の網膜, は天, より見れ, をあけ, をしばたたき, を上げ, を移す, を開け

▼ ることに~ (24, 0.0%)

22 なつて 1 なつて二人, 遠からず

▼ るとて~ (24, 0.0%)

5 手を 3 如何にも落つ, 物思は

1 [13件] それを, はるかに, 不義とは, 切に其夜, 実は行つて, 悲しめる歌, 持仏棚の, 教せだ, 文楽人形に, 是非な, 次に立ちぬ, 男尊女卑の, 逃さんや

▼ るなんて~ (24, 0.0%)

2 僕に

1 [22件] いふこと, えの, それから, そんなこと, そんな弱い, ちよつと, まの, まア, もう今日限り免官, わたしも, 仲, 何うし, 圖は, 子供たちの, 実に愚, 島流しみたい, 滅多に, 理窟のね, 神様の, 自分かつて, 言はずに, 飛んでも

▼ る不安~ (24, 0.0%)

2 なもの, に襲

1 [20件] が彼, である, と心痛, と憂鬱, と期待, な予感, な恐れ, な氣, な驚き, のよう, の客, の影, の気分, はそれ, は容易, をいだかせ, を感じた, を感じだした, を持っ, を豫感

▼ る二つ~ (24, 0.0%)

3 のもの

1 [21件] とない, のモメント, の代表的, の傾向, の勢力, の大事, の大道康衢, の契機, の学問, の家, の対立, の影, の心理現象, の感情, の根本的, の極地, の職能, の色, の表現, の要素, の雑誌

▼ る自分~ (24, 0.0%)

1 [24件] でないし, というもの, のま, の了見, の信用, の分, の前半期, の劇, の努力, の名前, の妙, の姿, の子供, の少年時代, の文章, の生活状態, の行動, の貪, の造詣, はかつて, は幸福, へ嘲っ, をみろ, を母

▼ る~ (24, 0.0%)

3 もなく 2 あり, だも

1 [17件] あったが, あるを, がなかっ, がなかつた, が無, したる, なき大空, なく, なく並べ立てた, なく木立ちのあいだ, に染めなし, のない, は出せない, もあらず, もない, もなし, 無く人

▼ る運動~ (24, 0.0%)

4 の感情

1 [20件] がある, が及ん, が問題, が消滅, するもの, に取り, に終局, のイニシアチーヴ, の分与, の様相, の第, はである, は今や, は常に, は必然的, もできる, を与, を与える, を文学, を與

▼ る~ (24, 0.0%)

2 の友

1 [22件] から生れ, があるだらう, が仮り, である, であろう, との平和, のうち, の仕事場, の力強, の塵屑, の姿, の家郷, の徳, の所産, の故郷, の発展, の黒髮, よ杙, を安, を導き, を救, を見き

▼ る~ (23, 0.0%)

32 えな

1 [18件] い思つて, え, えか, えが, えという, えと思ったら, えどら, え殺すなら殺せだ, え箪笥ごと打棄, かりけるは, かりしなり, かりし云々, かりし米友, けれどなほ, けれど我が, けれど路, けん, こに

▼ る仕事~ (23, 0.0%)

1 [23件] が變ツ, でございます, でございませぬから, と自分, なん, によつて, に関して同僚, のきり, のため, の大家, の御, の為め, の話し, はかうなる, はない, は当該工場, は立派, も變ツ, をし, をすました, を片づけた, を見附け, を遂行

▼ る有名~ (23, 0.0%)

2 な男爵

1 [21件] なこれ, なるグラックス兄弟, なる軟把, なカフェ, なバー, なペン先製造会社, なユダヤ人, な侠客, な先生, な大名華族, な大家, な太夫, な奴, な妾, な実業家, な文学者, な棋家, な物理学者, な蒐集家, な遠国, な養蠶學校

▼ る朝私~ (23, 0.0%)

2 が行っ, はふと

1 [19件] がわびしい, が兄さん, が廊下, が朝飯, が眼, のところ, はいつも, はそこ, はそんな, はサン・セバスティアン, は九時頃, は例, は寝床, は少し, は彼女, は掃除, は私, は雷門, は靄

▼ る社会~ (23, 0.0%)

2 が持つ, の条件, の組織構造

1 [17件] では健全, では組織, で対立, で常識的, なりの複雑, において常識, に一定度, の人, の情状, の技術的水準, の指導精神, の最も, の根本要素, の残酷さ, の生活, の親しい, は出

▼ る~ (23, 0.0%)

1 [23件] お手打, こんな事, なんぢの, われ葬禮を, ゐた暑い, 一生山の, 何を, 何處に, 俺は, 僕は, 十五圓御立換へ, 君に, 土藏の, 大いに勉強仕度, 娘は, 家の, 少しも, 平次の, 殘るべし, 無意識にも, 留らしめかく, 絶えて, 足を

▼ る~ (22, 0.0%)

2 である, の

1 [18件] かこの, がもつれます, が凍り果てた, が蜂蜜, に塵, に照らされ, のた, のなか, の子, の強弱, の影, の波長, は冴, は此デイレンマ, を想像, を浴び, を被, を視る

▼ る~ (22, 0.0%)

2 と全く

1 [20件] であること, ではない, とが直接, とし, としてまず, との間, とは別, とは異, と同じ或, なの, に勧められ, の前, は之, は妾, へ運動, も決してそのまま, れから, を出, を意味, を慰める

▼ る~ (22, 0.0%)

2 から持っ

1 [20件] からはマンゴステイン, からは山羊, からは遠く, で祭, ともいう, などの方言集, にいるらしい, に上陸, に行く, の事, の住民, の公学校, の半日, の地図, の近く, は小麦, は発見, は砂糖きび, は金輪際, を経由

▼ る文学~ (22, 0.0%)

2 と哲学, なるもの

1 [18件] が東京, が面し, だったこと, である, というもの, としての特色, とは実は, と社会, などもこうして, について考えね, に就い, のそうした, の前衛的任務, の役割, の最も, は多く, は文芸, への転向

▼ る新しい~ (22, 0.0%)

2 ことを

1 [20件] ものとも, もの他の, 一派の, 劇の, 卓越した, 型の, 姿態と, 寄与を, 思想の, 戯曲の, 演劇界の, 然し景気, 理解を, 生き甲斐の, 生理学の, 生甲斐の, 社会運動の, 積極的な, 自分の, 血に

▼ る~ (22, 0.0%)

3 の日 2 の夕暮, やお

1 [15件] と夏, のあ, のはじめ, のみじか, の夜, の心持, の旦, の暗示, の末, の水, の海, の衣, の闇夜, は蒼雲, は野

▼ る覚悟~ (22, 0.0%)

2 か, で致しまし, をし

1 [16件] が要ります, ただ心残り, だ, でやり, でやるべし, で居った, で居る, で眼, とてはあらざりき, と細々, をきめ, をきめる, をした, をする, をもきめ, を勉強

▼ る~ (22, 0.0%)

4 では 2 なん, には行かない

1 [14件] じゃない, だ, だな, で, であの, になる, には参りますまい, にも行かぬ, に行かない, に行かなかった, のもの, はがん, は無い, は蠍

▼ る限度~ (22, 0.0%)

2 に及ぶ, に於, を越え出す

1 [16件] が必要, で進攻, に到着, に於ける, に至る, の非, まで, までしか時事的, までの必然性, まではそう, までは矛盾, までルーズ, まで一種, まで云, まで先天的, まで必ず

▼ るまでに~ (21, 0.0%)

1 [21件] あはれな, いと善く, お前の, つきつめられて, なって, はちよつと, わたくしの, 及んで, 多数の, 委にも, 成人した, 手ぐり出した, 柵際に, 櫨弓の, 欠伸の, 満ちたり, 相当の, 至りて, 買つて置く, 運んだの, 鞘を

▼ る~ (21, 0.0%)

2 分明な

1 [19件] 人望と, 協和な, 可知の, 合理を, 図下総の, 変量, 始末を, 完成性斷片性より, 届の, 景氣は, 氣味さは, 決定論による, 決定論の, 精密さは, 統一を, 臣が, 臣を, 謹愼なる, 連続性を

▼ る地位~ (21, 0.0%)

2 はその, をもっ

1 [17件] から引下す事, が極めて, が益々, とかいうもの, なの, にある, に在るで, に迄迫つて, に関して王道文明, の高い, はますます, は動かそう, も確立, を占め, を考へる, を詳らか, 乃至有力さ

▼ る~ (21, 0.0%)

2 を左

1 [19件] から土産, があっ, が十人, が立て込ん, だ, とては惡處, と同衾, と向島, などから貰, に賣る, に鋭い, の多く, の手柄, はいつ, はないだらう, はみな, は多く, もあり, をみな部屋

▼ る~ (21, 0.0%)

2 にはお, もない

1 [17件] から, から何者, から地方巡業, があれ, こそよけれ, などは塩冶, にとある, に逢, の窓, の雜, は城, またまた国法, もあるだらう, もあろう, もなく, を待ち, 居ながらに

▼ る~ (21, 0.0%)

2 で読ん, はその

1 [17件] で次, で読んだ, については単に, にはさん, による, に書い, の中, はむしろ, をさがし, をひらい, を持っ, を探す, を知る, を読む, 懷なれ, 質点で, 邦人経営の

▼ る気持~ (21, 0.0%)

1 [21件] からである, から他人, がした, がなかっ, が僕, が明らか, だつた, でい, などはミヂン, になっ, になった, にはなれなかった, にもなれなかつた, のため, の変化, はお互い, は次代, を伴つて, を感じ, を慰め, を抱い

▼ る~ (21, 0.0%)

2 の音

1 [19件] がある, にともなひ慣れざる, に漂, のなだりに飛ぶ, の一襞, の干渉, の徂徠, の泡, の穂, の穏やか, の響き, の鼓, は古, は碧海, は綿, やを見, や白し, を越えゆき, 見えて

▼ る~ (21, 0.0%)

10 はざる 5 はずして 1 く売れる, く深ければ, の立場, はざりき, はざる約束, はじ

▼ る通り~ (21, 0.0%)

1 [21件] あの人, お暇, かも知れません, この長屋, じっと怺, たとえ私, だと, でしょう, ですが, です私, でよろしい, どの点, な格恰, にします, にどんなに, に誰, のお金, のわき, よユリ, 如何にもそうでなくっ, 書けばいいんぢ

▼ る~ (21, 0.0%)

1 [21件] かな, から言え, が限られ, だお前, での歴史, では案外, との接触, と自分, にくさ, についてつかれた, にも通じ, に対しては敏感, に対して敏感, に抗議的, の, の上, を内, を拭い洗わん, を罰する, を見出す, を露骨

▼ る~ (21, 0.0%)

2 がある, より考

1 [17件] から考, があつ, でも共通, で相反, としては四部以外, にある, に到達, に就い, に謹愼, は學問上偏狹, は昔, までその, まで殘念, まで行ツ, もあつ, より云, を復興

▼ るしは~ (20, 0.0%)

1 [20件] うしろと, それで, なま半, もっと木蔭, もはや無益, グリゴリイの, 一か所も, 一体どこへ, 何れも, 判た, 十分に, 千切れ, 哲学上の, 大様似た, 彼の, 決して無用, 無い北朗家, 田疇の, 随所に, 鮮やかに

▼ るばかりの~ (20, 0.0%)

2 ものが

1 [18件] くるしい恋着, くろかみ, ヴェリチャーニノフは, 一面の, 世話女房なんての, 仇ッぽ, 情愛に, 愛嬌の, 水が, 沸し, 無念を, 熱情を, 私と, 色気と, 表情を, 高浪立ち, 高粱が, 黒髪は

▼ るひと~ (20, 0.0%)

1 [20件] かね, からさまざま, から習った, があるまい, が恋いしく, だよ, になほ, に書い, に連れられ, の妻, の実に, の感想, はこういう, は佛教, は希臘最古, は更に, は結婚, もいます, を散々, 謂う孔子衛

▼ る~ (20, 0.0%)

1 [20件] せつなでも, っかたまりの, に唯, の, の不運, の劒五, の唯一, の單, の大, の奇しき, の慰め, の故郷, の時, の極安楽法, の相違, の確たる, の語尾, の音, は法, をさらに

▼ る事実~ (20, 0.0%)

1 [20件] が分かつた, が多く, が大衆性, である, となっ, なしと, に当面, に於, のみがありあり, の胚芽, の詳細, はこの, は争, を単に, を推測, を決定, を発見, を肯定, を見よ, を観察

▼ る~ (20, 0.0%)

2 の主人

1 [18件] から外国, ではこまかい, でハガキ二十枚買, でラジオ, で不快, で女, で白米, とて見当らなかつた, に雇われ, に頼ん, の中, の前, の娘ら, の若者, の飾り窓, は一軒, へはいっ, へはひつ

▼ る~ (20, 0.0%)

3 或る

1 [17件] あるもの, がうかびあがっ, が水辺, だと, ちで宛, ちに, でこれら, でそれ, ではある, などについて婦人, にその, につくられる, の成績, の観念論, は想像, をあらわす, を現す

▼ る感じ~ (20, 0.0%)

3 のする

1 [17件] がある, がなにか, が見る見る拡がっ, だから, だつた, であつ, である, で二十八, のあつ, の特徴, の色合, をもっ, をも取入れ, を与え得る, を受けた, を得た, を持ち

▼ る~ (20, 0.0%)

2 るもの

1 [18件] る一定, る任意, る勝手, る有名, る物語, る特殊, る現象, る相対性, る種, 場合鑛毒の, 大工と, 性格の, 意味を, 時期などとは, 物に, 私立大, 者は, 者を

▼ る概念~ (20, 0.0%)

2 の分析, はより

1 [16件] からは非常, が外延, されたる一, とは異, による分析, に外, のメカニズム, の体系, の偶像, は又, をどの, を使いこなす, を分析, を引き回わすなら, を構成, を規定

▼ る次第~ (20, 0.0%)

4 であるから 3 である 2 で, で何 1 でありましたから, であります, である若し, でご, でございます, で一旦, で九月一日, で萬國, なり

▼ る現象~ (20, 0.0%)

1 [20件] がどう, が或, が現われた, である, である所, というもの, にまで追跡, に対して正当, に関する私たち, の一つ, の二三, の研究, は人間, は夫, は我が, は社会万般, を以て推すべき, を成立, を生ず, を見る

▼ る瞬間~ (20, 0.0%)

2 はその

1 [18件] そうつと女, には不健全, には二郎, には数人争闘, に友人, に微か, に或, に描き出される, に生き上る, に異物, に見た, の具体的表現, の沈默, の癖, の種々雑多, ほんのりと, まで十分気, 或る

▼ る積り~ (20, 0.0%)

1 [20件] か, かえ, かナア, ぞな, だけれど, だつたんで, だ手前, であったらしい, でいふ, でございましたが, でございます, でごわす, でしょう, ですか, でせう, では無論, で道, なら何故, は有りやせん, も無く

▼ る~ (20, 0.0%)

2 と漣, を翔り

1 [16件] に, にあかあか, にし, にすみ, に来, に高い, のけしき, のなか, の浮き雲, の色, の雲, をわけ, を仰ぎ, を映す, を玉水, を頼み

▼ る~ (20, 0.0%)

1 [20件] が今夜, が眞先, でさえ暴風雨, でさえ風, では檣, では水夫たち, に向, の上, の中, の帆, の機関長, の端たち, の船頭, の荷役, は十一万ドル, は未だ, は無い, をフランス, を檢査, を黒船

▼ る重大~ (20, 0.0%)

2 な事件, な事実

1 [16件] なもの, なる政治的狙い, なる秘密物品, な不安定, な事情, な事態, な任務, な変化, な悪事, な極めて, な犯罪, な生活問題, な疑問, な結果, のこと, の問題

▼ る~ (20, 0.0%)

2 なく搜, なく顯

1 [16件] なき爲合, なくあの, なくこ, なくすんだ, なくなんとも, なく他者, なく家搜, なく手, なく搜索, なく歩い, なく照, なく狂氣, なく見物, なく餘, もなう, もなく

▼ る~ (20, 0.0%)

1 [20件] とその, とは如何なる, ながら木原, なりけむ, のない, のよう, の光り, の幽なる, の深谷, の空廣ら, の立ち迷, の美, はここ, は上層氣流, もなし, も見えず, をいで, を引っ, を描きたい, を眺め

▼ るさま~ (19, 0.0%)

2 なりしが

1 [17件] と妙, なぞあまりに, など世ばなれ, にえ, にて立ち, にて立止り, にもなる, にも似, の安全, の眉つき, もとより爽快, を以て足れり, を見入り, を述, 如何にも風流げ, 見せて, 見れば

▼ るしが~ (19, 0.0%)

1 [19件] ある, あるの, お前の, ございましょうその, そこにも, ついて, 剥がれて, 揚げられるもの, 望まれた, 望まれるよう, 火の見やぐらという, 突き進んで, 立てて, 花で, 要る, 見え右, 見出されるであろう, 進んで, 高い

▼ るなど~ (19, 0.0%)

4 言ふ 2 悉皆ためし

1 [13件] ありうちの, いえりし, いふこと, すこぶる長, まるで痴人, よく, 信長としては, 印度の, 寧ろ画, 怪しき夢, 攷え, 浮世に, 獣ごとき

▼ るんで~ (19, 0.0%)

5 せう 2 がんす

1 [12件] いるよう, くる, くると, せうか, せうね, やつては, やりきれねえ, 今日あたりは, 医者の, 困つて, 我々の, 来て

▼ る二人~ (19, 0.0%)

2 の事

1 [17件] が目, のなか, の人, の初対面, の前, の博士, の同行者, の女優, の姿, の子供, の子女, の町人, の自由人, の角袖, の逞しい, は, を折檻

▼ る人達~ (19, 0.0%)

1 [19件] がわめきちらす, が中心, が考える, による, の樣子, の眉, の眼, の足音, は, はいうだろう, はお, はみんな, は全く, は勿論, は大抵, は廊下, は生活, は私, をつかまえ

▼ る~ (19, 0.0%)

2 のみ多く, を見た

1 [15件] では杜自身, でも見よろう, とは幸福, なれど, のさめたる, の如き, の明らか, は社会, も消え, をたくさん, をみ, をも描い, を御覧, を思い出した, を見

▼ る~ (19, 0.0%)

1 [19件] からは, がちょいちょい, ぞひ, です, とでない, なり, に渡した, の傍, の名, の岸, の意, の渡し場, の集水区域, の靄, の靈, の面, は罕, へ女, 流る

▼ る技術~ (19, 0.0%)

3 の過剰

1 [16件] が生産技術, ではなく, とは何, とイデオロギー, の一般的, の事実的情勢, の名人, の困難, の発展, の習得, の進歩, は必然的, は技法, は決して, もソヴェート, も苟も

▼ る晩私~ (19, 0.0%)

2 は一人

1 [17件] が彼, が黙っ, とふたり, の喉, は, はそんな, はちょっと一杯, はとうとう, は上野広小路, は年上, は彼女, は従妹, は涙ぐみ, は自分, は虚勢, は遂に, は須山

▼ る科学~ (19, 0.0%)

1 [19件] が大衆, が時代的, が現在如何, が精密, とどんな, と哲学, と文学, と文芸, の俗流化, の優位, の分類, の地位, の存在条件, の応用, の方法, の生命, はいつも, はそういう, や文学

▼ る美しい~ (19, 0.0%)

2 しあげ作業

1 [17件] ものが, 中年増の, 人情と, 人魚たちの, 公爵の, 含羞を, 夏の, 夕べの, 小貝, 少年に, 幻影を, 日彼等は, 曲線を, 生血で, 青年を, 音楽を, 鳶色の

▼ る~ (19, 0.0%)

3 の日 2 の降る

1 [14件] あがりの, しとしとと降れり, のそぼ降る, のなか, の夜, の奥, の玉, の音, の響, はふる, もい, を潮風, 怒れる風, 滴れの

▼ るくし~ (18, 0.0%)

2 て居りまし

1 [16件] た, たまあ, ている, ているらしい, てじりじり, てみせた, てゐた, て且つ, て入り, て向う, て土地, て女, て居た, て演者, て起き上っ, て門冠

▼ る~ (18, 0.0%)

2

1 [16件] いと, えと, えとすなわち, えと妙, えと本来, えと毛唐, えますから, え訳, え譯, したたかなぐりつけました, だてを, ふ烏円, ふ訓戒, ふ須磨の浦, エな, モルヒネをな

▼ るよりは~ (18, 0.0%)

4 目有る

1 [14件] この方, 多く世, 小さい蚊帳, 少し六, 山路を, 更に太き, 書いた方, 毒するあの, 比較し, 男の子について, 禍を, 稍明瞭に, 重大で, 面白い人生

▼ る不思議~ (18, 0.0%)

1 [18件] きかば, なる事実, な事, な他, な切迫, な動機, な喜び, な因縁, な夫婦, な悪寒, な無聊さ, な盜賊, な調節, な運命, な靜寂, のいか, の力, をも

▼ る世界~ (18, 0.0%)

2

1 [16件] が破壊, に向, に類例, のクラシツク, の中, の中心地, の交通, の前, の夜, の大勢, の尤も, の弄び, の物語, の美, は大人, 第一

▼ る先輩~ (18, 0.0%)

2 に紹介

1 [16件] からお, から紹介, が, がいつか, がその, がよく, にあて, にすべてお世話, に言った, のお, のお世話, のお方, の事務所, の好意, の身辺, はこれ

▼ る勢力~ (18, 0.0%)

2 ある一群, の援助, は唯, を確保 1 が軍部, とか自己, とは議会, とは議會, は侮るべからざる, は偉大, は全, は厳, は昔日, を象徴

▼ る彼等~ (18, 0.0%)

4 は晝 2 の意

1 [12件] のかく, のせめて, の仲保者, の心構, の現, の生活ぶり, の空, の言動, の進歩, は客, は決して, 既にうしろ

▼ る文化~ (18, 0.0%)

1 [18件] という観念, との間, についてはあらゆる, のイデー, の姿, の対立, の層, の建設, の思想水準, の支配者, の歴史的発展, の發展, の諸, もう一つ, をもつ, を考へる, を蒙昧化そう, 広く理解

▼ る日曜日~ (18, 0.0%)

3 の朝 2 に僕, の夕方

1 [11件] であつ, に喜代子, に城南, に己達, に電車, のこと, の十五分間, の午後, の朝十時頃, の詩, は全

▼ る~ (18, 0.0%)

2 がくれ

1 [16件] でも植ゑてゐるのだらう, とは誰, の事, の傍, の扉, は, は若木, もなし, よりも余程, をまつ, を分割, を植ゑたとか言つて, を植ゑたと言, を植ゑたんだ, を見, 洩れ陽

▼ る~ (18, 0.0%)

2 なの

1 [16件] である, で眞鍮, と心, には主人, には兩國人, に出, に官憲, に教權, に教育, に比較的, に漱石, に特に, に置いた, に蕃長司, に鼓膜, ばかりとは受取れなかつた

▼ る状態~ (18, 0.0%)

2 である, の裡

1 [14件] がそれみずから, が一日, で久しく, にあり, にある, にいた, に立ち, に繩縛釘, のなか, の中, の気分, の美, は今日, を寧ろ

▼ る~ (18, 0.0%)

2 を選ん

1 [16件] あり, では雄, にちりゆく, には雄, の下, の如く, の強烈, の枕, は, は小生, もひと, を手折る, を払, を見, を蹂躙, 咲くころ

▼ る距離~ (18, 0.0%)

3 を置い 2 を隔て

1 [13件] があつ, が残され, しか近づきかね, だけ走っ, におく, に身, のところ, はちぢめられません, まで近, をおい, を保ち, を残し, を疾走

▼ る関係~ (18, 0.0%)

2 がある

1 [16件] からは詩, から安井, が新聞, であって, である, である外, の旧る, はその, は一朝一夕, は吾, もまた, も同様, を持つ, を有し, を結んだ, を考え

▼ る限り~ (18, 0.0%)

1 [18件] このつ, たのしまれたる生, においては言, の先, の助力, の普遍性, の自由, はあらじ, は八五郎, は噛み砕い, は未来, は生き, 働かせて, 助けて, 取入れること, 取除いて, 居ること, 自と

▼ るとの~ (17, 0.0%)

1 [17件] ことで, ことである, 傳説により, 別れこそ, 報に, 報を, 御誓約, 意フランス人云々については, 義なり, 自覺, 評判が, 誓言立御, 説あれ, 説話と, 諸操作, 通知を, 風聞が

▼ るはず~ (17, 0.0%)

2 がない, の, はない

1 [11件] だし, である, であるから, でご, なきに, なしと, なのに, なり, の兄, はありません, もない

▼ るものぢ~ (17, 0.0%)

6 やない 3 やありません 2 や, や御座いません 1 やから, やで, やねえよ, や無い

▼ る事物~ (17, 0.0%)

1 [17件] が自然, について考察, に対する反, に就い, の性格, の昔, は有形無形, や現象, を何, を個物, を大衆化, を如何, を実践的, を把握, を評価, を鮮明, 或は現象

▼ る会社~ (17, 0.0%)

3 に勤め 2 の重役

1 [12件] が何, で如何なる, とか商店, につとめ, に勤めてる, に売れた, に転じ, の寄附デー, の現実, の計, へ出かけ, を結び

▼ る~ (17, 0.0%)

71 れいつも, れと, れとは, れイリオン, れ乞はる, れ城中, れ心, れ悲しむ勿, れ的, れ逼

▼ る原因~ (17, 0.0%)

2 が足, となった, によつて

1 [11件] あるを, から信用, から右, がいは, がいわばもう一度, だったと, と云われる, によってこれ, によって私, を作る, 言うまでもなくこの

▼ る~ (17, 0.0%)

43 へのたより 2 への消息 1 との対話, にこんな, に与へ, に代り, の俤, は皆美, もありけり, 多し

▼ る~ (17, 0.0%)

2 のみは消しませ, をば命けつ, 稱を

1 [11件] の伝わらない, の知れた, も我身, をえて, をぞつらねし, をつける, を以て呼ぶ, 庭園の, 探偵の, 聲の, 辞に

▼ る時刻~ (17, 0.0%)

2 が來, になる

1 [13件] だったな, である, における温度, になった, になつて, にモロー彗星, に団員, の午後五時, までに歸, まではたとえ, まで終日, を極める, を間違

▼ る最大~ (17, 0.0%)

2 の財産, 最重

1 [13件] なる俗悪精神, のこと, のアスピレーシヨン, のカーブ, のデパート三越, の人格者, の安, の幸福, の裏切り, の課題, の農耕民族, の雄弁, また有能

▼ る条件~ (17, 0.0%)

6 の下

1 [11件] での合理的, での論理的, となる, と限度, には非, によって制限, に於, のうち, のもと, をつけ, を満足

▼ る様子~ (17, 0.0%)

2 もなく

1 [15件] その鳴, だし, であつ, である, で何, で密, で立つ, なれども, はなく, はなにか, もない, を眼, を見, を見せなかった, 故まア此方

▼ る~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] あれば, となれ, に肉, のゆらぎ, のよう, の中, の傷, の光, の山, の山の神様, の明り, の迅さ, の道, ほどな, を坑道

▼ る~ (17, 0.0%)

2 に見えぬ

1 [15件] じるしを, にもかなしみ, に胸, に遭つた時, に遭はん, のあ, の前, の耀, は一變, も寝ず, も寢, をもっ, をもて, を芝生, を見るなり

▼ る重要~ (17, 0.0%)

2 な他, な問題, な意味, な要件 1 なる密事, な一線, な傾向, な官庁, な心理, な測定, な献身的任務, な美学的意匠, な規定

▼ るあの~ (16, 0.0%)

1 [16件] 一種特別の, 優雅に, 北備の, 商売に, 固, 影が, 梅川が, 牡丹色の, 町である, 目白台の, 竜の, 自然小, 若くて, 蒼茫たる, 議員を, 静かな

▼ るかを~ (16, 0.0%)

1 [16件] 不思議に, 実証的に, 御存知ない, 思へば, 悟ること, 教える映画, 正面に, 疑ひ一応, 疑へ, 知らぬ様, 知り給ふか, 研究し得る, 考へも, 見よう, 見よされど, 踊るとき

▼ るくら~ (16, 0.0%)

5 ゐの 3 ゐで 1 ゐあつ, ゐだから, ゐである, ゐです, ゐな, ゐなの, ゐならいツそ今一つ向う, ゐ辛かっ

▼ るなと~ (16, 0.0%)

2 私は

1 [14件] あれほど, いっても, いひに, いひぬ, いわれました, 仰ぎ乞, 又書く, 叱るよう, 命じた, 大殿からも, 彼は, 思つてる, 思ふと, 思へば

▼ るにつれて~ (16, 0.0%)

1 [16件] その空気, それでも少し, だんだん頼り, だんだん饒舌, はじめて台座, 一層味い, 今や全く湮滅, 彼の, 或は喉, 次第にぴたりと, 益々よく, 粗生, 速度と, 酒でも, 阻むもの, 黄蝋の

▼ る~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] いもの, じきに, づ最初の, にかつぎあげ, にし, になッ, に例, へからのねそいつ, へにはお, へに永井美佐子さん, への二三時間古賀, もサンヤレ, をおし, をま

▼ る~ (16, 0.0%)

1 [16件] いつだ, お上人様源太様は, お楽しみ, しようの, そんなこと, だから私, づかな金, で葛西, とうとう自分, どうして, イハヽヽヽヽ, 向柳原, 矢田さんに, 貴女の, 賞める, 這うわ

▼ るわが~ (16, 0.0%)

1 [16件] こころ, はかなき草紙, 前を, 女汝は, 富嶽の, 帳面の, 愛今, 日本国家の, 槍の, 歯を, 涙, 演劇壇の, 真地位, 種々雑多の, 耳底に, 肌を

▼ る以上~ (16, 0.0%)

1 [16件] さう, たといその, に女, に良人, に苦しい, の不便, はその, はどうしても, はどこ, は人々, は各, は善果, は学術上, は對抗撃攘, は維新前, 必ず適用

▼ る唯物論~ (16, 0.0%)

4 のモメント

1 [12件] としての実在論, の一つ, の仕事, の当面, の把持者, の文化時局的形態, の発達, の課題, は機械的唯物論, をばその, をシェーラー, 或いは正当

▼ る子供~ (16, 0.0%)

1 [16件] が何より, が庭, が数, が殿様, という, にも普通教育丈, に向っ, に對, の生活, の産す, の群, の聲, は作文, は文章, は雑誌, を待受けました

▼ る学者~ (16, 0.0%)

1 [16件] から承った, から聞いた, がまんまと, が何とか, が来, が法学, が計画, が高く, の一種, の報告書, の実験, の或, の説, は, はしきりに, はその

▼ る小説~ (16, 0.0%)

1 [16件] が文学, で仏蘭西革命, で死刑, で読んだ, になる, に或, に於, に没頭, の中, の勢力, の或, の漠, はそんな, は諸君, を書きかけ, を読んだら

▼ る性質~ (16, 0.0%)

3 のもの

1 [13件] の活動, の自分, の遥か, は, は顕著, をもっ, をもつ, を備, を失っ, を性格, を示す, を考え合せる, を見せる

▼ る恐ろしい~ (16, 0.0%)

1 [16件] ものが, 一つの, 不安に, 事情の, 危難を, 思い出を, 意味が, 最後の, 権力者から, 災難を, 現象は, 疑ひなどに, 疑ひに, 疑ひを, 野獣の, 陰謀で

▼ る日彼女~ (16, 0.0%)

2 が我々無産階級, はとうとう

1 [12件] がひとり化粧部屋, が横浜, と熊谷, の良人, はいつも, は例, は台所, は昔, は本家, は炊事場, は私, は非常

▼ る段階~ (16, 0.0%)

2 に於

1 [14件] だ, ではそういう, においては必ず, においては資本, において婦人, において民間, にまで達した, に応じ, に来る, の時期, の論理的, の資本制, へ差しかかった, を示す

▼ る~ (16, 0.0%)

2 のこの, 婦人は

1 [12件] の秋, の身, の霜, を助け, 先生が, 先生という, 婦人の, 教育家が, 武士を, 王は, 相場師に, 鷲の

▼ る~ (16, 0.0%)

4 もどき 2 の中, の内, 秘めて 1 に情, の広, の惱亂, の苦しき, を主, を強い

▼ る要求~ (16, 0.0%)

2 の到底

1 [14件] から云っ, がある, で勿論, と同じく, に応じ, に応ずる, の一つ, をもちだした, を具体化, を持つ, を提出, を有, を満たす, を滿

▼ る観念~ (16, 0.0%)

1 [16件] が他, が比較的, が浮ぶだろう, が私, にいや, に刺衝, に捕えられる, の有する, はこの, もしくは理論, を以て或, を所有, を推し進め, を私, を露骨, 乃至意識

▼ る~ (16, 0.0%)

1 [16件] とつい, にさ, に競, の其眼前, の沫, の狂, の舞踏会, の足音, はいかほど, はたがらし, は余勢, は清泉, は行く, や犬, を牽, を見よ

▼ るじゃ~ (15, 0.0%)

6 ないか 2 ねえか 1 ありませんか, ないから, なし持っ, アねえかと, 早く云え, 無いが, 魚喰うたと

▼ るほか~ (15, 0.0%)

2 ない, なかつた, には何, に仕方, はなかっ 1 ないが, には樂しみ, に道, はない, はなかつた

▼ る位置~ (15, 0.0%)

2 は殆ど孤立

1 [13件] から説明, で置く, とか自己, になつて, にも共通, の独特さ, の進化, は一層, は諸君, を堅実, を変える, を明らか, を確立

▼ る~ (15, 0.0%)

1 [15件] ういふ, かのエネルギー, かの個別的, かの文化上, かの渇情, かの特別, かの特殊, かの要素, かの露骨, か一種, か機織道具, か訳, であるかと, とした, の魂

▼ る古い~ (15, 0.0%)

2 留學生や, 豪家で

1 [11件] 友達と, 寺が, 形と, 意味の, 意見すな, 意見すなわち, 旅舎まで, 町, 詞章を, 詩の, 銀の

▼ る大学~ (15, 0.0%)

2 の医学部

1 [13件] から発表, では拒絶, で講義, とか研究所, に籍, の入学生, の学生, の或, の文科, の本質, の東洋哲学, の研究室, の講座

▼ る~ (15, 0.0%)

1 [15件] であって, でも守鶴西堂, で五六日, に某, の住持, の住職, の入口, の垣, の小僧, の盛物講, の鐘, へも乱入, へ下がっ, へ送られ, まで行った

▼ る工夫~ (15, 0.0%)

3 はない 2 はありません, をした 1 がある, の悪, はなかつた, もあつ, もある, もない, をし, をせね

▼ る性格~ (15, 0.0%)

2 の人, の機能

1 [11件] があり, が科学的概念, づけが, とし, のなか, のもの, の系譜図, はまた, を思ひ出した, を絶対, を謂う

▼ る態度~ (15, 0.0%)

2 の稍

1 [13件] が惡, であって, であります, によつて表現, のこと, の上, の明らか, は其臆病怯懦, は單, は根本, は観衆, は醜い, を見せ

▼ る批評家~ (15, 0.0%)

2 は云つて

1 [13件] がかう書い, がルノルマン, が云, が引用, が或, のやう, の為すべき, の説, は, はその間, は文学作品, は正直, も云う

▼ る~ (15, 0.0%)

2 れが, れなり

1 [11件] が茶, が親迎, においてか第, の如き, は心理學者, れは, れやがて, れ此, れ英雄懐, れ英雄懷, 故にわれら

▼ る根本的~ (15, 0.0%)

1 [15件] な, な不, な修正, な動機, な区別, な同一, な困難, な意図, な点, な理由, な規定, な誤り, な連関, な関係, にし

▼ る~ (15, 0.0%)

1 [15件] じゃ, といふ意味, と思, ならず鬼, は考, も詠みまする, をうた, をうたい, をなむ, をもて, を不思議, を唄, を待つ, を得る, を感ずる

▼ る~ (15, 0.0%)

3 の如き

1 [12件] の二つ, の地方西瓜, の子, の室, の民衆音樂, の海上, の老神行太保戴宗, の芸術, の解釋, は日本, より全勝, れそ

▼ る~ (15, 0.0%)

2 目を

1 [13件] にお, に俺, に小豆飯, に必ず, に新しい, に氣味, に漸次, に笑, に腸, に途次親戚朋友, に鏡, に黄いろい, に黄色がち

▼ る~ (15, 0.0%)

2 盡藏の

1 [13件] の内, 反省な, 學な, 學者の, 政府主義の, 政府主義を, 政府主義者は, 數の, 方針なる, 暗矢鱈, 氣力, 爲の, 頭児の

▼ る範囲~ (15, 0.0%)

2 に於

1 [13件] が狭い, だけにしか通用, では野村胡堂氏, でフランス, で二人, で整理, に於け, に於ける, の一般化, の代数, の承認, を方数ミリメートル, 或る

▼ る結果~ (15, 0.0%)

1 [15件] がこの, が即ち, が得られれ, となりました, となる, になる, の法則, はうまく, は何様, を來, を得た, を惹き起こす, を来した, を生じます, を生ずべし

▼ る~ (15, 0.0%)

1 [15件] が其間, が夕暮, が漏れました, たえ, にまじ, に心, のさびしさ, の囁き, の隣びとらし通り過ぎ, はし, は悽, は若い, を, を聞く, 強く

▼ るあたり~ (14, 0.0%)

2 に, まで来た 1 から分れた, では近年舊石器時代, にあっ, に疳, に端, の岸, の書き方, までくちゃくちゃ, よし原, を目がけ

▼ る~ (14, 0.0%)

1 [14件] え, えわれ, き憂世, き野中, くさま, く灘, これで, たきにと, たもの, ないよう, のどうい, ふも雪中行乞, 作りきりゃせん, 永生きする

▼ るごと~ (14, 0.0%)

1 [14件] ある, に, にこの, に一歩, に何, に客, に少女達, に津田, に破片, に硝子越, に私, に自, に隆々, に音

▼ るすべて~ (14, 0.0%)

2 のもの, の余計 1 が終る, の天才, の性格, の新鮮, の異論, の行爲, の詩, の道路, の頂, は宮中

▼ るを以て~ (14, 0.0%)

1 [14件] するも, 免る, 危急の, 日々の, 智恵利根の, 毎度若返る, 毎月借入金を, 独り自ら得意と, 獨り, 直ちに基督, 自ら甘んずる, 辞と, 達弁と, 骨を

▼ る一面~ (14, 0.0%)

3 から見れ 2 に於 1 から申しまする, に投合, のみが照, のみを全体, のみを取り出し, のみを見, の気持ち, をとり出し, 或はそれ

▼ る事柄~ (14, 0.0%)

1 [14件] が多分, だつて, であ, ですから, で頗る, に関係, の為, を客観, を感じ, を教師, を現, を行, を述べる, 或る

▼ る~ (14, 0.0%)

1 [14件] の國, の城, の群, の著名, は左右, 大ブルジョア新聞系統, 大分野, 大勢力, 大対立物, 大形式, 大新聞, 大範疇, 大要素, 大關門

▼ る今日~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぞ悲しき, です, の學者, の官僚, の己, の所謂ファシズム運動, の政治, の日本的, の時勢, の案内, の段階, の社会科学, の首尾, は額

▼ る何等~ (14, 0.0%)

1 [14件] かのプリンシプル, かの人民戦線, かの仕事, かの労務, かの団体, かの壁, かの意義, かの拠り, かの活きた, かの社會的動機, かの統制意図, かの自由主義, かの邪, の證據

▼ る八五郎~ (14, 0.0%)

3 です

1 [11件] のガラツ八, の甘酢ぱい顏, の背後, の言葉, の長い, の顏色, はその, は耳, を促し, を迎, を追

▼ る其の~ (14, 0.0%)

1 [14件] どうも手当, 一例である, 一例は, 人の, 位置大きな, 処へ, 心に, 思召し, 悠長な, 旅畫師の, 早業太神樂の, 瞳を, 葬を, 面は

▼ る~ (14, 0.0%)

1 [14件] ファシズム的な, ファッショ的人民戦線が, ファッショ的動向も, マルクス主義的作品の, 對の, 對論が, 政府の, 民衆的な, 科学的精神に, 科学的精神非, 英, 證に, 進歩的, 革命の

▼ る多く~ (14, 0.0%)

2 のもの, の人々 1 のこの, の反動観念論哲学, の山々, の御者, の愉快, の文芸, の會社, の根本的, の芸術品, の詩

▼ る夜私~ (14, 0.0%)

2 は喉

1 [12件] がそっと, が二階, が書きあげた, の心持, はまた, はもう, はヤリウス様, は一緒, は例, は蒸気河岸, は連れ, は驚かされた

▼ る学校~ (14, 0.0%)

2 へ行く

1 [12件] おくれて, で, で講演会, には比較的, に勤めてる, の卒業生, の受験者, の教員さん, の教師, の構内, の補欠, を卒業

▼ る手段~ (14, 0.0%)

2 を講ぜず

1 [12件] が無い, で連れ, としての務, により, により毒殺, に出, は鈴, をめぐらし, を取らなかった, を提供, を施し, を講ずる

▼ る故に~ (14, 0.0%)

1 [14件] お父様, わたくしは, 今の, 少々の, 救ひ得ず, 数日船中に, 曰く虎豹幽, 河の, 燕を, 真の, 神尾家にとって, 私は, 衆生皆死す, 餘の

▼ る~ (14, 0.0%)

2 の身, を四つ五つ 1 からだ, のやう, の影, の様, の樣, の瞬き, の空, の腹心, の輝いた, 即ち月

▼ る時に~ (14, 0.0%)

2 なつて, 使ふ 1 その家, なつた, なつたら, ひょんな事, 住吉の, 余は, 千代松が, 山田が, 牡鹿が, 鹿田の

▼ る~ (14, 0.0%)

2 もなく

1 [12件] がない, がなかっ, がなかつた, が無い, さえなかっ, なし, に二枚, のない, のなかっ, のなかつた, もあらず, もない

▼ る理論~ (14, 0.0%)

1 [14件] が妥当, が存在, が有, が綿密, が金利生活者, と実践, の体系, の諸, は一定, は何等, は論理的矛盾, を立場, を要求, を追跡

▼ る秘密~ (14, 0.0%)

1 [14件] がある, なミニエチュア, な家, な快楽, な法則, の土木工事, の場所, の如く, の扉, の映画観賞会員, は知る, を伝えられた, を問い, を物語る

▼ る~ (14, 0.0%)

3 の発展

1 [11件] から珠子, から相手, から給せられ, がない, が読めた, のもの, の事, の人, の人々, の許可, は些少

▼ る精神~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいかなる, が同じく, が文化, とか科学者, と物質, と肉体, の優位, の孤高, の恐ろしい, の抵抗, の状態, はいかに, はそのまま同じく, は自己

▼ る認識~ (14, 0.0%)

1 [14件] ということ, と体験, と決して, なるもの, の到達点, の問題, の場合, の様式観, の欠乏, の無能化, の缺乏, は決して, ばかりである, も理論

▼ る部屋~ (14, 0.0%)

1 [14件] つまり彼, にちゃんと, には全然, に入, に寂巖, に引き移りたる, に続い, の入口, の扉, の片隅, の窓, へ入, へ引張っ, を人

▼ る~ (14, 0.0%)

2 と富

1 [12件] が都合, だ, と云う, などはどうして, の價値, の工面, の鋲, は一文, は二十二萬圓, をこしらえ, を注ぎ込ん, を費

▼ るあらゆる~ (13, 0.0%)

1 [13件] ものが, 事物に, 人種の, 他の, 名物という, 存在の, 官能と, 斯の, 現象, 細部の, 非農耕民, 音を, 驚異

▼ るくらい~ (13, 0.0%)

2 だから

1 [11件] せつない事, だった, つまんないこと, であるから, です, でなか, では, なら何, なら玄徳, 結構じゃ, 辛かった

▼ るこれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] がまた, が文学, で夜, なら多, には念, に住所, は他, は桔梗科, ほど明らか, までは誠に, より甚だしき, を召捕らん, 両ながら荒く

▼ るころ~ (13, 0.0%)

1 [13件] が参詣人, である, になる, にはそれ等, には街道, はそこ, は阿, ほひ我, までただ, まで幾度, もにませる, 常に兄弟, 悉くおき

▼ るさうな~ (13, 0.0%)

1 [13件] けりや, そして一ヶ年, カーキ服の, シヨボシヨボ眼と, 人に, 人間だつた, 人間では, 包を, 煮ても, 男です, 眼で, 窪み目, 笑ひ

▼ るしと~ (13, 0.0%)

2 して

1 [11件] しきょう, する場合, する建物, する樣, する真木和泉守ら, なったの, なって, なると, 思いわが, 朱の, 稲荷とに

▼ るたび~ (13, 0.0%)

1 [13件] に, にここ二, にこの, にぶくぶく, に四山, に歌舞伎, に津田, に珍, に私, に襤褸, に醫者, に集まつた, 思はれる

▼ るに従って~ (13, 0.0%)

2 その解決

1 [11件] この物質, その内容, 又科学, 安井の, 月の, 様々の, 武男が, 環境や, 異った, 益々識, 種々の

▼ るまでには~ (13, 0.0%)

2 種々思案

1 [11件] いろんな形, そんな眞, どうしても熟し, 印度に, 可い加減, 尠から, 手前も, 段々と, 産まれる筈, 短い冬, 起きるつもり

▼ るやら~ (13, 0.0%)

2 譏るやら, 釘打つ 1 お酌, その辺, それでも鉄道, で一ばん出来, む, 來ない, 夫れ, 解から, 逢へ

▼ る何物~ (13, 0.0%)

3 かである 2 かを予想 1 かが私, かは可, へとも知れない, もない, もなく, も無い, も見た, をも持たない

▼ る~ (13, 0.0%)

1 [13件] かれこれあれ, が多い, としてはプラトン, の, の中, の反, の技術家, の技術性, の方言性, の知識構成, は其昔, は此, は澤山

▼ る個人~ (13, 0.0%)

2 の自由

1 [11件] がどの, が社会, の一定, の作品, の持つ, の経済上, の自己改善, の身元, は歴史的, や或, を批評

▼ る~ (13, 0.0%)

1 [13件] その一見自律的, その上, た逢える筈, 何か, 信ぜざるを, 公氏御, 唯物弁証法に, 四分律などでは, 客観的自然に対する, 挽ける榾, 数学による, 文芸と, 神が

▼ る国民~ (13, 0.0%)

3 の生活 1 か, が特定, にしか理解, の一部, の固有, の特に, の精神, の輿論, はその, を代表

▼ る場面~ (13, 0.0%)

1 [13件] かのよう, が自分, が頭, だけを何, での実感, に出, に立ち, の如き, の音楽, を思ひ浮べ, を想い出した, を想像, を選び

▼ る彼女~ (13, 0.0%)

1 [13件] の唯一, の圧迫, の地位, の手, の指, の気高い, の生活, の生理的事情, の目的, は無邪気, もその, をインタヴィユ, を押し進め

▼ る思い~ (13, 0.0%)

2 がする, をし 1 がした, でした, ですが, で暗い, で馬力, にて夜, の苦しき, もかけぬ, をひき断る

▼ る恐怖~ (13, 0.0%)

3 に似た 2 を感じさせた 1 がある, であつ, に襲, に襲われた, の中, の念, を感じた, を感ずる

▼ る意義~ (13, 0.0%)

2 に於, に於ける 1 がある, である, であるよう, とかいうこと, は右, を一応, を拡充, を持たせ, を理解

▼ る暗示~ (13, 0.0%)

2 がある, のよう 1 がこれ, が電光, によつて規定, のある, はたしかに, を与へられた, を与へる, を得るだろう, を與

▼ る~ (13, 0.0%)

5 になる 1 ではござりませぬ, になった, により, によりてか, に成, より下, を読み, 取に

▼ る民族~ (13, 0.0%)

2 の生活様式

1 [11件] が造った, に固有, の持つ, の歴史, の活動, の美, の美的源泉, は栄え, は滅び, または部落民, や或

▼ る決心~ (13, 0.0%)

3 をし 21 がつけ, が彼, と共に式, をかためた, をかためる, をした, を以て神, を抱い

▼ る程度以上~ (13, 0.0%)

1 [13件] になったら, に出る, に数, に移行, のそして, の切れる, の層, の舞台, の誇張, はそれ, はやはり, は決して, 飲むと

▼ る習慣~ (13, 0.0%)

2 から私, を得る 1 がありました, がつい, が出来, だつたの, であるのに, で割当てよう, なりき, の叔父, の漸く

▼ る能力~ (13, 0.0%)

2 あるもの, がまた, が私 1 がある, があるらしい, その能力, の缺如, の限度, は存在, を有する

▼ る芸術~ (13, 0.0%)

2 の意味

1 [11件] でありながら, という, というもの, の中, の受難時代, の存在理由, の方法, の高踏派, は科学, や文学, 乃至技術

▼ る~ (13, 0.0%)

2 は少し, もなく 1 がない, でなまやさしい, なく, の常, はあるだらう, もあり, もあります, を修得, を心得

▼ る~ (13, 0.0%)

2 を見

1 [11件] がいっしょ, そしてなつかしい, つくづくと, にひどく, の右, みて, を上げ, を出し, を心持, を思い起し, を袖

▼ るお話~ (12, 0.0%)

2 でございますのね, をお, 一寸一息 1 でございますが, に移ります, の中頃, は一息, は次, は鹽原多助一代記

▼ るしとして~ (12, 0.0%)

1 [12件] 人々の, 感じられたの, 早くも, 熨斗を, 特に緑, 直ちに大衆, 立って, 舁ぐに, 葉が, 軽蔑し, 部隊は, 降りて

▼ るしも~ (12, 0.0%)

1 [12件] すべてその, た家, ない大, ない大将, なくなった, またそれ, 同じで, 幾旒か, 特徴も, 真に意義, 荷駄の, 見えた

▼ るって~ (12, 0.0%)

1 [12件] いったこと, いったじゃ, いられるに, お前さんの, どう云う, ほんとうです, 事は, 云って, 何てえこった, 寸法です, 止しなせえ, 誰が

▼ るよと~ (12, 0.0%)

2 見れば 1 ふられさうな, 帽子を, 思う微, 捨て臺辭, 答へ, 見えて, 見るほどに, 覚えしが, 言って, 言ふ

▼ るイデオロギー~ (12, 0.0%)

3 に就い 1 が教育, であり得ない, ではあり得ない, という概念, に移り, の一形態, の他, の内容, の切断面

▼ る一方~ (12, 0.0%)

2 の領袖 1 からばかり見, だった, で騒がしい, となる, と決心, なん, に偏, に心, の仁義, の大御所

▼ る~ (12, 0.0%)

2 に年月, のためし 1 とはおも, に芸術, に鉦つづ, の淵瀬, の爲, の起伏, や, を足らはさんと

▼ る人たち~ (12, 0.0%)

1 [12件] がかえって, が下司, とは険悪, なの, によつて傳, の顔, の魂, はいか, はアルチスト, は私, は荷物, は郊外

▼ る代り~ (12, 0.0%)

1 [12件] にお, にその, にコンミツション, に大声, に夫, に少, に少数, に握手, に政治社会, に早速, に私, に虚無融通

▼ る動物~ (12, 0.0%)

2 で始終 1 がある, です, の進化, の集合, は体, は極めて, は武器, より遙, を一匹, 時として男

▼ る印象~ (12, 0.0%)

1 [12件] となつ, にも半日, の内, の混乱, はなに, を与えた, を与える, を主, を受け取り, を得る, を思い出す, を皆

▼ る哲学~ (12, 0.0%)

1 [12件] がなく, が具体的, が文学的, に於, のこと, のイデオロギー的性格, の博士, の始まり, の風貌, はイデオロギー一般, は文化生活, 即ち普遍的理論

▼ る土地~ (12, 0.0%)

1 [12件] ではない, で夙に, といふ意味, に一〇〇磅, の健康, の病院, の監獄長, の習い, の道程, はまつたく, を區劃, を占領

▼ る寒い~ (12, 0.0%)

3 朝の 1 夜だった, 夜永井さんは, 年の, 日でした, 日私は, 晩なぞ, 晩の, 晩寝い, 雨の

▼ る小さい~ (12, 0.0%)

1 [12件] お大名, カフェに, 刊行物へ, 娘の, 小鳥屋の, 料亭に, 料理屋の, 町の, 花が, 貿易会社の, 駅から, 駅に

▼ る形式~ (12, 0.0%)

3 と内容 1 がそのまま, が生活, ぞかし, のうち, の延長, の許, は必然, を取り扱う, 或る

▼ る~ (12, 0.0%)

1 [12件] こそおそろしけれ, である, なので, にされた, には主婦以上, には立たない, に扮, の方, は普通生活, を勤め, を十分, を自ら

▼ る微妙~ (12, 0.0%)

1 [12件] なキッカケ, な一点, な一瞬, な勢力, な受け応, な生物, な空気, な空氣, な罪名, な色合, な触手, にし

▼ る心持~ (12, 0.0%)

1 [12件] がし, が反映, が起つ, であった, でそういう, といひ, にそぐ, のよい, の満足, も真個, を標準, 本当によくわかります

▼ る~ (12, 0.0%)

2 と無心, の泉, の炎 1 の力, の理想, の矛盾, は我, を離れざる, 即ち理性的

▼ る批評~ (12, 0.0%)

1 [12件] というもの, と制作, と実証, に限られる, のモメント, の任務, の位置, の多く, の文章, の老大家, はそれ自身実証的, は時事的批評

▼ る~ (12, 0.0%)

1 [12件] があり, だと, である, にはげしく, のわれわれ, の吹き鳴らす, の將, の軍馬, は川, は肢體, を望見, 悉くひき

▼ る日本人~ (12, 0.0%)

1 [12件] とのなつかしく美しい, のジイド訪問記, の問題, の学校, の最, の生活, の経済活動, の負け目, はノーベル賞, は或, は盛, は馬車

▼ る木の葉~ (12, 0.0%)

2 の傍 1 かなぞ, のした, のしばらく, のよう, の中, の宙, の風, は帽子, は翼, やれの

▼ る歴史~ (12, 0.0%)

2 からちがっ 1 が出, のこの, の主義, の時期, の概念, の道, は則, も功績, を知り, を知る

▼ る~ (12, 0.0%)

4 と子 2 の猫仔猫 1 とは父, と子ら, に対する子, の不幸, の小さな, や妻

▼ る気分~ (12, 0.0%)

2 と時代 1 が不思議, が動き, で貫い, に靠れかかる, の文学的表現, の重苦し, もなく, や情調, を与へる, を日本的

▼ る汽車~ (12, 0.0%)

2 の窓, は無い 1 である, にお, の混み, の煙影, の運動, の道, の音, を待ち

▼ る為め~ (12, 0.0%)

2 には互に 1 であらう, にいっ, にはどんな, には競馬場, に僕, に考へ出した, に裏, に言っ, に金貸し, に関西

▼ る特色~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, が生じた, だろう, である, とし, の比較, は他, は持っ, を他, を有, を此処, を生ぜしめる

▼ る病院~ (12, 0.0%)

2 に勤め 1 では各日, で働い, に入院中, に外科手術, に運び込まれた, のペンキ塗り, の人工流産科, の名, へ入院, もあります

▼ る矛盾~ (12, 0.0%)

1 [12件] がひき起され, が孕まれ, が発見, とは運動, と悩み, などといふ, のかたまりだ, はとり, を來, を摘発, を最も, を資本主義生産組織

▼ る知人~ (12, 0.0%)

1 [12件] から誤解, がシベリヤ鉄道, に七人, に会ったら, の子, の家, の息子, の戲, の校正, の簡素, の顔, を招かるる

▼ る知識~ (12, 0.0%)

1 [12件] しか持ち得ない, で重く, として頭, と言, によつて, の持主, の普及, の神学的, の高低, の高踏派, は非常, も亦

▼ る研究~ (12, 0.0%)

1 [12件] とはどんな, なり職業, の対象, の方法, の材料, の発表, の精神, の結果報告, は丁度, も大いに, をする, をつづけ

▼ る~ (12, 0.0%)

1 [12件] があれ, が浮かんだ, はなかつた, へが僕, へが扁理, へが頭, へでは時代後れ, へに襲, への誤り, へは出ませぬ, へをいつか, を抱く

▼ る計画~ (12, 0.0%)

1 [12件] が浮かんだ, だから, の下, の由, を実行, を思いつい, を思いついた, を抱い, を立て, を立てる, を行った, を頭

▼ る~ (12, 0.0%)

1 [12件] においては他, にこの, にも取, に大いなる, に小用, に当, に当っ, に暦數, に町筋, に自分自身, まで狐, まで粋紳士風

▼ る電車~ (12, 0.0%)

1 [12件] がお茶の水, と行き, のどんづまりで日本女, の灯, の行列, の速度変化, の音, はなだれ, も來, も滿員, を一臺送つて, 赤い旗

▼ る青年~ (12, 0.0%)

3 の夢 1 からじかに, が嘘, が舟, と碁, なん, の先生, の記憶力, をそそのかし, を愛した

▼ る~ (12, 0.0%)

1 [12件] が居る, だから, ににつかしき, に服從, の, の大翼, の聲, の跡, は意地, は羽, もなし, 又は獸

▼ ることぢ~ (11, 0.0%)

5 やない 2 やありません 1 やねえ, やねエ, やらうそれ, や捨て置く

▼ るとき私~ (11, 0.0%)

1 [11件] が聞い, が鍛冶橋外, にその, に向っ, はたくさん, は信州, は写生帳, は図らず, は変, は彦山光三, は殿下

▼ るとしても~ (11, 0.0%)

1 [11件] さうし, その結果, なほ兩者の, やっぱり会う, われわれは, 人の, 兎も, 如何とも, 差しあたり今夜の, 治安維持法で, 豆人大の

▼ るによって~ (11, 0.0%)

1 [11件] ちと, よウ, 信門建立の, 兄喬之, 嘗めやすい, 変動する, 夜鷹でも, 悲しい因縁, 永の, 潜在識の, 連れて

▼ るほどに~ (11, 0.0%)

1 [11件] さきの, さのみも, なつて, 人臭いところ, 十一月に, 小笹一叢茂れる, 左のみも, 成りましたのに, 玲瓏透徹の, 目貫が, 驚いて

▼ るまま~ (11, 0.0%)

1 [11件] にさせ, にし, になっ, になった, に不用意, に妾, に快楽, に捨て, に老, に衰微, 越えて

▼ るんぢ~ (11, 0.0%)

4 やない 1 や, やありません, やからなあ, やぞ, やらう, や無え, や詰まらない

▼ る~ (11, 0.0%)

2 こくて 1 こい, こいので, こいわい, こさ, こしい, こし薬鍋, て, て云う, と身ぶるい

▼ る一事~ (11, 0.0%)

2 とは乃ち昔自分 1 あり, によってだんだん, に緘黙, のため, の外天気, はあつ, もございます, を證據, を責められ

▼ る出来事~ (11, 0.0%)

2 である 1 がこの, が起っ, なの, について沈黙, に一切, のため, は一切暗黒, を, を見

▼ る制限~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある理由, があり, された観念, として思惟, と歪曲性, と限界, により患者, の下, を加え, を有, を置く

▼ る危険~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるべし, が含まれ, すらハッ, として意識, な毒薬, な物, な白い, に対する戦慄, を嗅ぎ取っ, を感じた, を避け

▼ る友達~ (11, 0.0%)

1 [11件] から秘密, から聞い, が, がそれとなく, が何時, が彼, と云, に放つ, のところ, の好意, の處

▼ る~ (11, 0.0%)

1 [11件] だろうと, で話, には非, に火, の惡, も云い, をたたい, をなにか, を噤む, を押さえ, を開いた

▼ る~ (11, 0.0%)

2 刀自の 1 のなやめる, ボイラーの, 例である, 塚が, 女房みやうぶの, 歌さえも, 窯跡の, 葡萄酒の, 襖

▼ る~ (11, 0.0%)

2 個人の 1 の家學, の形態, の面會日, 國民との, 季題の, 民族は, 民族間の, 物体の, 自我の

▼ る各種~ (11, 0.0%)

1 [11件] のヒューマニズム, のファシズム, の人物, の人間主義, の企業者, の日本主義的哲学, の芸術運動, の調査, の鎮魂法, の陶器, の革新的

▼ る~ (11, 0.0%)

1 [11件] ならず, ならず馬, の, のただ, の贐, はひとつ, はをし, は文, も惜, を思ひい, 下せ我

▼ る~ (11, 0.0%)

1 [11件] つのりと, つ霧, と地, に小さな, の泉, の現象, の白雲, の雲, は藍色, を降り, を龍卷

▼ る宗教~ (11, 0.0%)

1 [11件] というもの, と考えられる, にこりかたまつ, に又, の形, の最も, の状態, の現在, は仏教, は妄教, を信仰

▼ る対象~ (11, 0.0%)

1 [11件] がふれ, が普遍的, が概念, が無い, であるよう, に対して変化, に対する深き, はそれ自身独立, は対象一般, をとらえ, を記述

▼ る少し~ (11, 0.0%)

5 前に 1 前だ, 前でございました, 前の, 前姉の, 弱くなった, 羽が

▼ る弁証法~ (11, 0.0%)

1 [11件] がその, が両者, であっては, であると, として受け継がれた, として認める, の, の概念, は, はである, は感性

▼ る役割~ (11, 0.0%)

2 に就い 1 からいっ, がハッキリ, は併, は客観的, をヘンスー, を引きうける, を持っ, を本当に, を果した

▼ る技術家~ (11, 0.0%)

21 が出来る, と社会主義社会, による, の安定, の技術, の社会生活, の資本家化, の過剰, 乃至専門家

▼ る支那~ (11, 0.0%)

1 [11件] にはその, に一度, に今日, の勢力, の文人, の書風, の苦力, の鏡鑑, の革新, はあの, は永く

▼ る日平次~ (11, 0.0%)

1 [11件] が谷中, と八五郎, のところ, の家, は一石橋, は下谷, は与力筆頭笹野新三郎, は八五郎, は盛り, は與力笹野新三郎, は與力筆頭笹野新三郎

▼ る時機~ (11, 0.0%)

2 が来る, に於 1 がくる, がない, が到来, が来れ, ですから, とは, をみたら

▼ る書物~ (11, 0.0%)

2 の中, を見た 1 が唐代, で読んだ, の欄外, の飜訳, は一寸目, を注文, を読む

▼ る~ (11, 0.0%)

4 樣を 1 と無, 樣で, 樣である, 樣でした, 樣に, 樣の, 樣イヤ其球が

▼ る無限~ (11, 0.0%)

1 [11件] なるもの, なる独立, なる獨立, のさかえ, のその, の力, の可能性, の差別, の憧憬, の深, の相違

▼ る田舎~ (11, 0.0%)

1 [11件] では蛇, に二人, に母, の中学, の反, の村長, の習慣, の退役軍人, も文明, らしき外面, を旅

▼ る統一~ (11, 0.0%)

2 との矛盾的, を成す 1 ある記述, であるか, として理解, の重大性, をどう, を統一, 少くとも

▼ る老人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が話した, が説明, とその, の悶死, の渡場, の猶, の言葉, の話しなる, の顏面, はそれ, をば巡査五人

▼ る芝居~ (11, 0.0%)

2 でも行つて 1 だけがなぜ, に女団七, に行っ, に見る, の中, の最初, の舞台面, をした, を演じる

▼ る~ (11, 0.0%)

2 には萎, のみ満々, の葉 1 と一緒, の花, の香り, は水, を踏ん

▼ る進歩~ (11, 0.0%)

2 という観念 1 した女, である, とは科学, と反動, と考え, と退歩, の根柢, は秩序, や発展

▼ る雑誌社~ (11, 0.0%)

2 に勤めた 1 から, から一つ, から使い, に十年, に又, の委嘱, の若い, へつとめ, を訪れ

▼ るお方~ (10, 0.0%)

1 が在る, じゃとの噂, でございます, ですから, にささげ, に恋, のいい, のお供, は古道具屋, もある

▼ るきだ~ (10, 0.0%)

7 した 2 した私 1 しましたので

▼ るげに~ (10, 0.0%)

2 見交しながら 1 おど, そこに, ほほえみぞんざい, 動いて, 唸りもぞ, 尊くも, 左肩へ, 振って

▼ るどころか~ (10, 0.0%)

1 てんで寄りつき, 一番ひどく, 却て, 反つて深刻, 悪意を, 殖えるばかり, 活溌溌地に, 癒らに, 賞めて, 身の

▼ るなかれ~ (10, 0.0%)

1 というた, というのみにてあえて, とは先哲, と命令, と師, のなか, 宇宙の, 我輩の, 桂正作は, 諸卿

▼ るなき~ (10, 0.0%)

2 か, を誰 1 の誚, もさらに, を得ず, を得ん, を遺憾, 海の

▼ るなり~ (10, 0.0%)

1 ここよりも, とある, と知る, はひする, また沼, 彼よりも, 扨私が, 星月夜, 汽車に, 無理強ひ

▼ るカフェー~ (10, 0.0%)

3 にはいっ 1 である, での或, でウイスキー入り, にはいった, の奥, の女中, の隅っこ

▼ る一日~ (10, 0.0%)

1 が過ぎた, その大, だ, なりしかな, のコース, の碇泊料六百円, はなにか, へ飛ぶ, を宿屋, を草

▼ る一派~ (10, 0.0%)

2 は久しく, は閣下 1 があり, が往来, が狂言作者, では四世, の社会政策研究者, の者

▼ る一部分~ (10, 0.0%)

1 がごく, が眼ざめる, として下, に偏る, の人, の反動化, の妖魔, の研究, の細胞, を伝えた

▼ る不幸~ (10, 0.0%)

1 が落ちかかっ, なる人道擁護者, な女, な第, な老婆, に際して跡, の人, の淵源, は又, もありける

▼ る世界観~ (10, 0.0%)

2 と方法 1 とは同じ, と科学, に就い, の問題, の抹殺, の第, をもっ, を規定

▼ る事業~ (10, 0.0%)

1 が一朝一夕, が不景気, に對, に手, に永久, に用いられる, の分量, の大要, の統一調整, の話

▼ る仕方~ (10, 0.0%)

2 でまた, で自己 1 であります, で歴史, で疑はれ得る, で疑われ得る, などというもの, に於

▼ る~ (10, 0.0%)

5 の部分 1 でかうし, です, にし, に財布, もなし

▼ る価値~ (10, 0.0%)

2 のある 1 があろう, に確信, の秩序, の顕揚, をもっ, を有, を有っ, を疑う

▼ る信仰~ (10, 0.0%)

2 であるこれ 1 である, に對, の対象, の対象物, をもて足れり, を懷きし, を持っ, を生む

▼ る内容~ (10, 0.0%)

3 と形式 1 からの形式, でなければ, と感銘, の一パラグラフ, の特徴的, は, をエッチング

▼ る午後~ (10, 0.0%)

5 のこと 2 だった 1 になつ, に気づいた, の彼

▼ る~ (10, 0.0%)

1 がほとり, が御, が目, が見えぬ, と我, に迎, の生活態度, の評判, の造詣, は哀し

▼ る女性~ (10, 0.0%)

1 が作家, が彼女, であり母, である, との愛, の故, は主婦, は四人, は悉く, は惡人

▼ る実践~ (10, 0.0%)

3 の役割 2 の最も 1 であるにも, として取り上げられる, の有, は現実そのもの, を媒介

▼ る実際~ (10, 0.0%)

1 にいっそう, に限る, の教授法, の煩わし, 上の, 勢力から, 問題が, 問題を, 生活の, 的指導を

▼ る客観的~ (10, 0.0%)

2 なもの 1 なるもの, な存在理由そのもの, な実体, な平均的, な意味, な文化的思想, な物質的技術, の観察

▼ る富豪~ (10, 0.0%)

2 のか 1 から全権, の世話, の作った, の作つた, の別荘, の宴会, の長屋, は美術

▼ る少女~ (10, 0.0%)

2 は是誰 1 からの手紙, が彼女, が病気, に接吻, のやう, のよう, の自殺, を夜道

▼ る~ (10, 0.0%)

1 が過ぎ去った, だに見えずありし, に月夜, に直面, のやう, は鳥籠, もない, を, をみつめゐれ, を見つけた

▼ る感覚~ (10, 0.0%)

1 がある, と云う, にまで自ら, の一定量, の重, はもっと, も文化, を覚え, を養う, 乃至知覚

▼ る支那學~ (10, 0.0%)

2 の歴史 1 の成立, の淵源, の現状, の範圍, の起源, は佛國, は單, は種々

▼ る政治~ (10, 0.0%)

1 から独立, との交渉, とは非常, とわれわれ, と宗教, と文化, に本質的メス, に関係, のす, の支配

▼ る方法概念~ (10, 0.0%)

2 の分析 1 から科学論, が, なの, の動機, の最も, の特色, へまで運動, を分析

▼ る~ (10, 0.0%)

3 の者 1 から歸, でもなかつた, とたつた, と絵葉書, にも徒歩, の身, をし

▼ る日ガラツ八~ (10, 0.0%)

3 の八五郎 1 のところ, の報告, の望み, は根岸, は相, は見事, は首筋

▼ る時彼女~ (10, 0.0%)

1 が子供たち, が庭, に云いました, の懐, はやはり, は友, は真面目, は縁側, は荘夫人, は風呂敷包み

▼ る最後~ (10, 0.0%)

2 の力 1 のそれ, のなさけない, のもの, の大, の日, の歴史的宦官, の詩句, の遊楽

▼ る~ (10, 0.0%)

2 に斑 1 くささ, と水洟, までも感じられ, を拭い上げ拭い上げし, を拭き, を拭き拭き, を拭っ, を泥

▼ る~ (10, 0.0%)

2 の爲め, の花 1 である, と浪, の咆哮, の搖動, の音, より飛び

▼ る海岸~ (10, 0.0%)

2 にひと 1 で珍しく, に一軒, の地点, の崖, の村, の温泉地, の荒磯, へ行

▼ る~ (10, 0.0%)

1 しかつめらし, なく, なり, により, に大勢小児, に寂然, の如き, は王, を告げた, を敍

▼ る~ (10, 0.0%)

1 の哲學, の存在論的解釈, の根原, は一切, は必ず, を棄てしむ, ツ白い, 汗を, 頭の, 魂の

▼ る生産力~ (10, 0.0%)

2 である限り 1 が物質的, の云わ, の技術性, の概念, の構成要素, の発展そのもの, を構成, を発展

▼ る~ (10, 0.0%)

2 もない 1 あれど, この費用, なるを, にてやあり, もなかっ, も無し, を語らる, 見えたり

▼ る病気~ (10, 0.0%)

2 になる, の感染 1 から回復, が癒ら, じゃない, で死んだ, の方, もあろう

▼ る白い~ (10, 0.0%)

1 上着の, 函を, 姿が, 水蒸氣に, 種類の, 糸を, 道を, 雲, 首卷きだ, 鳩を

▼ る~ (10, 0.0%)

2 似た民事裁判 1 ぢや, ですが, ですよ, にし, 對主義若く, 府の, 異を, 距るた

▼ る真理~ (10, 0.0%)

1 がある, が含まれ, が存する, が横, であって, である, の法則, の道具性, は例えば, を有する

▼ る箇所~ (10, 0.0%)

1 がしきりに, ではもう少し, では宛然自分, では当時, では探偵, では薄れた, で発見, において何, の膨脹, は暗誦

▼ る範疇~ (10, 0.0%)

1 が概念, であった, とが一緒, としての夫, とは全く, と云え, と欧州, と結局別, は主として, 乃至概念

▼ る美し~ (10, 0.0%)

5 さを 21 さが, さと, さは

▼ る自由~ (10, 0.0%)

1 がこの, として救い上げられる, のため, の代り, の戦ひ, の本能, の生活, の積極性, はその, を得

▼ る~ (10, 0.0%)

1 が顎, が黒けれ, しおも, にまみれ, の快, はあらじ, はさ, は滾, を抑え, を拭っ

▼ る認識論~ (10, 0.0%)

1 が取り, である, でなくては, という, にぞくする, の方法論主義, の有力, の総合的, はこの, を俟

▼ る~ (10, 0.0%)

2 には, の 1 が, なきが, においては, は英語, を発音, 第八

▼ る連中~ (10, 0.0%)

1 が保證, の何時, の為, の爲, はただ, は却って, は卵, は銅貨, は鼻, を皆一緒

▼ る~ (10, 0.0%)

2 水に, 霖雨や 1 さが, さの, ばこの, 吏の, 槍は, 蟲が

▼ る階級~ (10, 0.0%)

1 なりには各々, の争闘, の作家, の利益, の対立, の爭鬪, の特殊, の者, の負担, の関係

▼ る静か~ (10, 0.0%)

1 なうらうら, なまだ, な夕暮時, な家, な慰安, な推移, な日, な村, な裏通り, に晴れ渡った

▼ る~ (9, 0.0%)

21 ぐうたらや, そら, 俺あ, 彼は, 往來で, 父爺, 飛んだ邪魔

▼ るとおり~ (9, 0.0%)

1 でご, な信長, にし, にしましょう, よく出, よ私, を実行, 仮装幀, 無いこと

▼ るにつれ~ (9, 0.0%)

1 このま, そら豆とか, 天は, 富岡との, 富岡も, 彼らの, 心は, 私は, 臭気止めの

▼ るひま~ (9, 0.0%)

2 もない 1 がありませんでした, がなかつた, が一夜, に帯刀, に衰, はなかつた, もなかつた

▼ るめら~ (9, 0.0%)

2 を吹く 1 がきこえる, の, のゆく, の末, の聲, の音, まじり

▼ るをも~ (9, 0.0%)

1 会釈為ずして, 厭い玉, 忘れて, 思はで育て上げし二十三年, 知らざりしが, 知らず, 知らずに, 覺えぬ, 露しぐれ色変る折り

▼ る一群~ (9, 0.0%)

1 だと, のブルジョア・イデオローグ, のブルジョア技術家, の作家, の思想, の文士達, の諸, の靈, の青年

▼ る~ (9, 0.0%)

1 の一例, の今, の場合, の夫, の身, はの際, は荒廢, 云った部分的断片, 文学に対する

▼ る会合~ (9, 0.0%)

2 の席上 1 が催された, で例, に行った, のあと, の不自然, の場所, の末席

▼ る偶然~ (9, 0.0%)

4 の機会 2 の事 1 の事件, の頻発, を通じて神

▼ る~ (9, 0.0%)

1 きもの一個の, 人類の, 収穫を, 国民増加の, 態説論議などが, 生に, 被害千六百萬圓と, 體としての, 體主義では

▼ る出版社~ (9, 0.0%)

1 から旅費, から発売, でおもに, に勤め, に通っ, の編輯, の編集事務, の親しい, を訪れ

▼ る努力~ (9, 0.0%)

2 を不自然 1 がいる, の根本的衝動, は大分前, は崇高, も怠らない, をし, をする

▼ る~ (9, 0.0%)

1 がある, が中, とが双方左側, のお玉, の跡, の頬, は取っ, もお前, らしさ

▼ る工場~ (9, 0.0%)

1 では最初, なり集団農場, に働い, に勤める, に誕生, の内, の片隅, の見習工, へ出入

▼ る~ (9, 0.0%)

1 では竹藪, では頸, で見た, にひとり, の中, の奧, の雪, はふる, へ来

▼ る影響~ (9, 0.0%)

1 と関心, は如何, をうける, をもった, を与え, を与え出し, を及ぼした, を受, を與

▼ る役目~ (9, 0.0%)

2 だから 1 であったので, である, と妃, は彼, を, を承っ, を旧藩地

▼ る~ (9, 0.0%)

1 からである, とあらた, とは恰も, と古今, の幾許, は今, は皆, も詩, を示す

▼ る旅館~ (9, 0.0%)

1 で初めて, に一泊, に行き, の一室, の娘, の眺望, の門, へ飛込ん, を示す

▼ る晩彼~ (9, 0.0%)

2 の夢 1 が, がつと, が夜更し, が薄暗い, に不思議, は一人, は良介

▼ る~ (9, 0.0%)

1 あり大, に合つて, の本質, はこの, はござらぬ, は立てられき, もあれ, をとれ, を獲得

▼ る法則~ (9, 0.0%)

1 がやや, が存在, である, ではなく, とその, に循つて行, は果して, をば反覆, を惰性

▼ る活動~ (9, 0.0%)

1 と陳列, に求めず, の影響, の本質, の眼目, の連續, は地位, は甚目覺, を誇

▼ る物体~ (9, 0.0%)

1 が液面, に電気, のうち, の機械的, の運動, を, をできるだけ, を摩擦, を視る

▼ る直観~ (9, 0.0%)

4 と反省 1 とは例えば, にぞくする, によって与えられる, に於, を感性的直観

▼ る科学的精神~ (9, 0.0%)

1 が科学専門家, だ, だが, についても同じ, の強調, の役割, の教育, の核心, を明らか

▼ る空間~ (9, 0.0%)

2 のうち 1 とは充実, と想像, など, の巧み, の根源性, は其の, も亦

▼ る立場~ (9, 0.0%)

1 から出発, である, としての立場, にある, の人々, の民衆, の無, は先輩, をもつ

▼ る立派~ (9, 0.0%)

1 なもの, な亭主, な家, な家庭, な庭園, な殿様, な理由, な行動, に寫

▼ る経験~ (9, 0.0%)

1 でしかあり得ない, に因っ, の対象, の根本的, の組織, は珍しい, や認識, をもっ, 及び古事記

▼ る考え~ (9, 0.0%)

1 が扁理, が浮ぶ, が私, と多情多感, と打合わせ, によつて, に思いついた, に突然, をいつか

▼ る自由主義~ (9, 0.0%)

2 の契機 1 が文化的自由主義, ではなく, に最も, の意識, の目ざましい, の精神, は政治上

▼ る興味~ (9, 0.0%)

1 ある研究問題, の圖, の方, の深い, もある, もなくなっ, をもっ, を持つ, を有つて

▼ る~ (9, 0.0%)

3 である 2 なの 1 ではありません, にはいかなかつた, には行かないであろう, はわかる

▼ る~ (9, 0.0%)

2 りだ, りに 1 さるべき生活法, りだつたあの, りで, りでなく他, りでは

▼ る~ (9, 0.0%)

1 人的な, 個人的な, 個人的意味を, 現在的な, 社会性, 科学的なる, 経験的乃至, 自我の, 資本主義的封建意識による

▼ る農家~ (9, 0.0%)

2 のささやか 1 でおかみさん, でお茶, で雨宿り, に身, の喰料, の娘, の娘物

▼ る迄に~ (9, 0.0%)

1 あの部屋, 一會催すべし, 世の中は, 二つ三つの, 余ほど, 口書きの, 調べ上げた平次, 變つた, 阿伽桶

▼ る迄は~ (9, 0.0%)

2 誰にも 1 ほんの煙草二三服, 凡ての, 夜の, 想像しなかつた, 竊に, 貴方の, 辛抱し

▼ る~ (9, 0.0%)

31 ではない, で買つて貰つたの, なり, の遠, はもう, は何處

▼ る運命~ (9, 0.0%)

2 である 1 について劇中人物, に真正面, に陥つた, の一直線上, は酷く, もいよ, を占

▼ る道徳~ (9, 0.0%)

1 だが, で男, となつ, なるもの, の勝利, の役目, の追求, や処世上, 乃至倫理

▼ る都合~ (9, 0.0%)

3 もよから 2 で再び 1 から由井氏, で手, にし, になっ

▼ る~ (9, 0.0%)

1 のある, の人類, の測定, の穀物, を京, を呑ん, を基準, を採用, 見であるが

▼ る~ (9, 0.0%)

1 が見える, だと, ではありません, にはいま, にひたと, の凄, は天晴大道心者, を眺めつ, を見しか

▼ る~ (9, 0.0%)

3 ひの 1 ではない, なりき, に候う, の狗, の神人, ひに

▼ る風情~ (9, 0.0%)

1 がある, である, でした, で屹, に貫一, の切な, の黒髪, を打視め, を見せた

▼ る~ (9, 0.0%)

1 が來, が多く, にかぎつ, のありけれ, のかず掬, の大, の背, を指さし, 投げ与へられた団子

▼ る~ (8, 0.0%)

2 たはず 1 さが, ざけりにあふこともあらじをなど, だし貴人の, ひだかの, ひだぢう, ひだ王女たちは

▼ る~ (8, 0.0%)

1 そうに, たあ, に身, はすでに, はディオニュシオス, も, をお, を利用

▼ るされど~ (8, 0.0%)

1 なほ妄執の, もアイアース, も絶え, 一説に, 望みは, 未だ信仰なかりき, 殺さる, 汝止まる

▼ るしん~ (8, 0.0%)

51 だか, だその, でいた

▼ るそして~ (8, 0.0%)

1 また飲んだ, もう一生彼等, バルザックこそ, 僕は, 其の光, 歩くほろ, 稀也さんも, 花まで

▼ るだけで~ (8, 0.0%)

2 滿足した 1 あつた, あらう, 何も, 止められるもん, 満悦を, 胸が

▼ るところが~ (8, 0.0%)

3 あつた 1 ないでも, ねうち, 斜に, 最初から, 水で

▼ るとでも~ (8, 0.0%)

1 いふやう, いわれは, お思い, 云おうか, 思つてゐる, 東京に, 被仰つ, 言ふ

▼ るどころ~ (8, 0.0%)

5 では 1 でない, の沙汰, の騷

▼ るなよ~ (8, 0.0%)

2 程は 1 おじさんは, 七十路こえ, 先にも, 田長に, 芝居も, 雲は

▼ るのみにて~ (8, 0.0%)

1 いっさいの, 半ば体を, 地は, 少しも, 得ざれば, 得べからずこの, 槍術剣術を, 高尚なるべき

▼ るひとつ~ (8, 0.0%)

2 の小説 1 の, のもっとも, の内容, の旋律, の考え, の言葉

▼ るアカデミズム~ (8, 0.0%)

1 との連関, とジャーナリズム, の功績, の契機, の歴史的形態, の確立, は主として, は欧州

▼ るジャーナリズム~ (8, 0.0%)

2 とアカデミズム 1 と現代, の契機, の本質, の歴史的形態, の立場, は元々

▼ る一個~ (8, 0.0%)

1 の人間, の国民, の意見, の清く美しい, の観念的上層物, の覺書, の転向, の飛躍

▼ る主観派~ (8, 0.0%)

8 と客観派

▼ る~ (8, 0.0%)

1 により思ふ, のため, は餘程器用, も亦, れ快楽, を氣, を眺め, を遊説

▼ る俳優~ (8, 0.0%)

21 がゐない, が或, とともに大阪, の文化的役割, の魅力, も歌歇

▼ る先生~ (8, 0.0%)

1 の不審, の処, の如き, の話, の高い, は教室, は火鉢, も実は

▼ る~ (8, 0.0%)

1 にもはや, に二十日夜, に濁った, に花吹雪, も心, も此, を覘, 惜しきは

▼ る~ (8, 0.0%)

1 には江戸, には腹, に過ぎた, はたと, は事, ばかり其, をさし引きます, を一盆

▼ る~ (8, 0.0%)

1 がイデヤ, な心境, な心持, のもの, の事件, の手帳, の正義感, の種類

▼ る単純~ (8, 0.0%)

2 な意味, な操作 1 で的確, と想像, なる思想, な性質

▼ る同じ~ (8, 0.0%)

2 ものを, ような 1 大きさ, 対立の, 状態を, 良心同志の

▼ る~ (8, 0.0%)

1 がございます, つた, とかが思ひ, と火力, なき事, ひ, も捨て, をさし

▼ る品物~ (8, 0.0%)

1 が私, だったが, でナカナカ手, の如き, の領域, は右手, を捜した, を盗む

▼ る~ (8, 0.0%)

3 の文 1 あるを, では男神, の上, の新, は有らざる

▼ る夕方私~ (8, 0.0%)

1 がいつも, は一組, は三度目, は再び, は松, は窓, は通りがかり, は食堂

▼ る外国人~ (8, 0.0%)

2 の需 1 からの注文, から授かっ, が多少, が東京, のあらわした, の取扱

▼ る大衆~ (8, 0.0%)

1 との違い, なるもの, の心, の生活, の輿望, はそう, やその, 乃至無産者

▼ る失敗~ (8, 0.0%)

1 に帰した, の埋め, の後, の経験, の經驗, は他, をした, を償

▼ る~ (8, 0.0%)

1 が鬢, に云, の呟き, の許, へ何, や子, を突, 無きも

▼ る学問~ (8, 0.0%)

1 が解決力, だと, の名, の系統的進歩, も亦, を伝承, を混沌, を研究

▼ る~ (8, 0.0%)

2 を見よや 1 ありてたへが, がそれ, のにほや, を念ずる, を遂げん, 遣りを

▼ る悲しみ~ (8, 0.0%)

2 が生じ, は泣く 1 と恐怖, には青白い, に遇はん, の表象

▼ る~ (8, 0.0%)

1 あること, か, だと, でありここ, などと解し, ならば, なり, にもならう

▼ る戦争~ (8, 0.0%)

1 が古来, でも死ぬる, とには段, に関する面白い, の如き, の決定, の裏側, は資本主義戦争

▼ る日自分~ (8, 0.0%)

1 が文章家, の書い, の胸, はやはり, はれい, は事務所, は癲癇的發作, を共産主義

▼ る景色~ (8, 0.0%)

2 にも覺, の俤 1 が目, なり動物, に心, を見

▼ る朝眼~ (8, 0.0%)

1 が覚める, が醒めた, をさました, をさます, を覚し, を覚します, を覚ます, を醒ます

▼ る~ (8, 0.0%)

1 にまじり, に翳した, の声, の大木, の奇觀也, の林, の老木, はみな背

▼ る極めて~ (8, 0.0%)

2 有力な, 遠いもの 1 パラドックサルな, 初歩の, 稀な, 陳腐なる

▼ る標準~ (8, 0.0%)

1 が予想, なり, によつて批判, に基い, に照, を以て与えられるなら, を打ち立てた, を立てる

▼ る民衆~ (8, 0.0%)

1 か貴族, のただ, のフロント, の本能的, の正しい, の結合, の自主性, を以て今日

▼ る~ (8, 0.0%)

2 の瀬 1 で溺死, となる, にそう, の流れ, の縁, を荒し

▼ る~ (8, 0.0%)

1 と山, にわが, の中, の向, の色, の邊, は長い, を見た

▼ る演劇~ (8, 0.0%)

1 が特に, のいくら, の不健全性, の取り, の堕落, の実情, の文化的水準, の最も

▼ る~ (8, 0.0%)

1 であった, となつ, に石, の子, の鼻, は探り出す, を曳い, 還って

▼ る現在~ (8, 0.0%)

2 の瞬間 1 に集, の佛心, の地位, の苦厄, の道, はその

▼ る理想~ (8, 0.0%)

1 その理想, の実現, はそこ, は理想そのもの, への観念, を抱かざる, を踏みにじらない, を頭

▼ る異常~ (8, 0.0%)

1 な, な事実, な光, な唐突, な情景, な緊張さ, な関心, の疲労状態

▼ る疑問~ (8, 0.0%)

1 からのがれる, が伏在, であるが, に答える, をなす, をもっ, をブチ, を抱い

▼ る眞理~ (8, 0.0%)

1 が存する, である, と或, にむかひ, もまた, や長所, をわが, を有する

▼ る~ (8, 0.0%)

2 の局面展開 1 の, の意味, の演劇, の生活, の目的, 暗い晩

▼ る真実~ (8, 0.0%)

1 があった, というもの, の像, の政治, の表現, は未来, を見たる, を過ち

▼ る~ (8, 0.0%)

2 はその 1 についてはただ, に附いた, のため, の下, の樣, の縁

▼ る私立大学~ (8, 0.0%)

2 の文科 1 の教師, の教授, の校歌, の英文科, の講師, を止め

▼ る約束~ (8, 0.0%)

1 で, になつ, にも承諾, のお, の下, をする, をも籠め, を無視

▼ る自然科学~ (8, 0.0%)

2 の役割 1 と文化科学, の公然, の大衆化, の思想化的傾向, の業績, の近況

▼ る~ (8, 0.0%)

2 の, 早し尾 1 が一定, には, の裏, もなく

▼ る行為~ (8, 0.0%)

1 が残忍, だけが楽しい, だった, であったと, と思考, の多く, の禁止, は既に

▼ る表現~ (8, 0.0%)

1 がそして, である, でなくては, として把握, に堪へ得なけれ, に過ぎない, の考察, の要求

▼ る見込~ (8, 0.0%)

2 はない 1 が無い, が絶えた, でげす, でもある, のない, は絶無

▼ る記憶~ (8, 0.0%)

2 は別に, を喚び起させた 1 に合図, に対するのすたるじ, に残っ, の錯亂

▼ る詩人~ (8, 0.0%)

1 がある, がかう, が云っ, が私, だつた, にし, に連れられ, は孰

▼ る論理~ (8, 0.0%)

1 が如何, だったの, に之, の定型性, の民族的制限, の超, の階級性, は吾

▼ る關係~ (8, 0.0%)

1 が存在, として現, にある, の舊, は現世, も亦, を持つ, を有つて

▼ る雜誌~ (8, 0.0%)

1 にのつて, に今頃ニイチェ, に少し, に犬, に近頃, の室生さん, の發達, を讀み

▼ る~ (8, 0.0%)

1 あり, して, としてはきこえず, にない, に驚かされる, のみ滝, は距離, 凄まし

▼ る~ (8, 0.0%)

32 る新 1 る樺太犬, る船, る駛

▼ る~ (8, 0.0%)

2 さまで 1 さが, さに, さにまで, ノ武蔵守師直, 処から, 嶽の

▼ る高い~ (8, 0.0%)

1 位置に, 境地に, 境地にまで, 山の, 文化的資格を, 森が, 諦観に, 飛躍を

▼ るかといふ~ (7, 0.0%)

2 ことは 1 ことが, ことに, 問に, 問題が, 新しい心配

▼ るしか~ (7, 0.0%)

2 ないの, なかった 1 つた, 人間には, 返事が

▼ るしみ~ (7, 0.0%)

2 に潮時 1 が忘, と戦い, によって工場, のうしろ, やわめき

▼ るそういう~ (7, 0.0%)

1 おりに, ことさえ, ときに, まけん気, 微妙な, 意欲の, 論理主義の

▼ るなく~ (7, 0.0%)

1 これを, 地味は, 平原百里に, 日として, 泰然として, 着けたる額, 逆風激浪に

▼ るのち~ (7, 0.0%)

2 ちゆうま 1 その蔭, にすなわち, にそれぞれ, に討ち果そう, 初めて救われる

▼ るやうぢ~ (7, 0.0%)

21 やあんめ, やどうせ, やな, やない, や油斷

▼ る~ (7, 0.0%)

2 て言 1 こくて, こく効果, ぞ, て, て如何

▼ るヒューマニズム~ (7, 0.0%)

1 が提唱, との対抗, とも云うべき, と呼ばれる, の制限, の紹介, はどういう

▼ る一国~ (7, 0.0%)

2 でそれ 1 に専売, の, の地理, の完備, の小説

▼ る三人~ (7, 0.0%)

1 があつまっ, が一つ仲間, が見, に痛, の内, の翁, は

▼ る~ (7, 0.0%)

2 の頂き 1 の中腹, の傍, の草, の雙生, をくだる

▼ る中年~ (7, 0.0%)

2 の男 1 のまじめ, の婦人, の洋画家, の男女, を越した

▼ る主観~ (7, 0.0%)

4 と客観 1 に求める, のみを土台, を読者

▼ る人類~ (7, 0.0%)

3 の位置 1 に, の価値, の真価, の造型的権化

▼ る余裕~ (7, 0.0%)

1 がなかつた, がなく, が無かっ, は全く, もなかっ, も無, をもたなかった

▼ る便宜~ (7, 0.0%)

1 のため, の下, もなくなり, を奪っ, を得, を得ない, を得ました

▼ る個所~ (7, 0.0%)

1 が変, だけ濃く, で特に, で直, で自分, で階級理論, は情景

▼ る偉大~ (7, 0.0%)

2 なもの 1 なる, なる不可説, なる事業, な交響曲, の事實

▼ る~ (7, 0.0%)

1 に任せ, に任せた, に廣州城内, に愈, に旗兵, に次第に, に風物

▼ る~ (7, 0.0%)

2 になつ 1 の定, 右衞門は, 氣ある, 氣は, 軍の

▼ る兵士~ (7, 0.0%)

2 はいきなり 1 と同じ, の数, の軍歌, は水, や部隊

▼ る刺戟~ (7, 0.0%)

1 が大衆, として利用, にもなった, をうけ, を与えなけれ, を感じる, を生々

▼ る~ (7, 0.0%)

1 その勢, でお, でむやみ, の徒ら, は, ひに, をなし

▼ る~ (7, 0.0%)

1 十郎を, 宗教的な, 政治的な, 數の, 獣半, 醒半夢の, 里すこぶる

▼ る同様~ (7, 0.0%)

2 な事件 1 なもの, な家具積み馬車, な海岸隆起, のもの, の事情

▼ る夜半~ (7, 0.0%)

1 だった, なにかの, に, に相違, ねごと, の悪夢, の月

▼ る大きい~ (7, 0.0%)

2 力で 1 たきつて, ものが, 事業, 商人が, 蟹は

▼ る大学生~ (7, 0.0%)

1 がその, が何時, が内職, とみさ子, と恋し, の顔, は言

▼ る天才~ (7, 0.0%)

1 ともいふべき, に讓つて, の一人, の画, を以て自, を以て自ら任ずる男, を出した

▼ る如く~ (7, 0.0%)

1 にて風, になり, にもただ, に二階, に唯々詩, に打ち揃うた, に見せ掛る

▼ る始末~ (7, 0.0%)

2 となった 1 さ, だから, だつたの, でその, となっ

▼ る学生~ (7, 0.0%)

1 あり, からサタン, がその, が発見, に対する彼, の手, 慥か或

▼ る學者~ (7, 0.0%)

1 が日本人, で或, に錫蘭島, の云, の業績, は, は拓本

▼ る実験的操作~ (7, 0.0%)

1 が自然科学, が行なわれる, に限定, の役割, の特色, は同, も社会科学

▼ る~ (7, 0.0%)

1 がある, なり, に向, に連れ込まれた, の前, の配置, を窺い

▼ る~ (7, 0.0%)

2 や寺 1 が面, が顔, なり, を委, 在るを

▼ る家庭~ (7, 0.0%)

1 ではまた, では主人, というもの, に成育, の姿, は距離, を訪れた

▼ る常識~ (7, 0.0%)

1 とのつながり, と夫, なの, によって取り行われるべきだ, の収集批判家, を代表, を排し

▼ る幸福~ (7, 0.0%)

1 では, な騎士, になぐさめられた, に就い, の実在, は人生, を乱す

▼ る幾多~ (7, 0.0%)

1 の事情, の劇場, の困難, の怪物見ゆ眼, の水, の裁判, の詩人

▼ る強い~ (7, 0.0%)

1 アクセント等皆歌詞を, 刺戟を, 嫌悪の, 感情が, 憐愍が, 軍隊, 風の

▼ る形式主義~ (7, 0.0%)

1 と原則的, と直観主義, と自由主義, の最も, はすべて支那, は内容, は本来叙事詩的

▼ る心理~ (7, 0.0%)

1 としての良心, にもなった, の現れ, も何, や性格, や物理, を捕え

▼ る心配~ (7, 0.0%)

2 はない 1 は絶對, もある, もない, をする, を人

▼ る恐れ~ (7, 0.0%)

2 を感じた 1 あるところ, で戰慄, と不安, なし, もない

▼ る悲哀~ (7, 0.0%)

1 と憂愁, のオモチャ, はまた, は君, は湧, は衆, まで無涯

▼ る意識~ (7, 0.0%)

1 に外, の内容, の原始化, はすべて, はそのもの, は凡て, は決して

▼ る政党~ (7, 0.0%)

1 なるもの, の在り方, の婦人候補者, の弊害, の書記局, の有名人, の自由本然

▼ る文章~ (7, 0.0%)

2 の中 1 に對, のなか, は記述, を主, を讀む

▼ る料理屋~ (7, 0.0%)

1 から日々, で土地, で酒, に夫婦とも, の女将, へ招待, へ飛び込ん

▼ る日母~ (7, 0.0%)

1 が, が又, が来, が病中, が私, のお, の留守

▼ る~ (7, 0.0%)

1 リアリズムへの, 大名屋敷の, 技術家と, 日本産業施設の, 江戸の, 穢多の, 藩邸の

▼ る暗い~ (7, 0.0%)

1 印象は, 夜悪い, 所へ, 晩に, 晩彼が, 濠端の, 濠端を

▼ る曲者~ (7, 0.0%)

1 にはあらじ, のやう, の刄, はパツ, は惣領, を迎, を追いかけ

▼ る~ (7, 0.0%)

1 あらねば, あるか, なき滑稽, なしと, なるべしと, はございますまい, を失ひ

▼ る根本~ (7, 0.0%)

2 のもの 1 について自問, のところ, の原理, の問題, を説明

▼ る根本概念~ (7, 0.0%)

1 が急激, である処, でなければ, にまで総合, の構成, は恐らく, は或

▼ る~ (7, 0.0%)

2 の中 1 のうえ, のなか, の木隠れ, は, 黒く右手

▼ る横町~ (7, 0.0%)

2 に差掛る 1 で文化焼芋, にある, の薄暗い, へ引越さね, を通る

▼ る~ (7, 0.0%)

1 の一端, の橋板, の袂, は昔, ばしら, を歩い, を渡る

▼ る歴史的~ (7, 0.0%)

1 な必要, な所産物, な条件, な特定, な理解, な観物, 乃至歴史学的批判

▼ る気色~ (7, 0.0%)

1 がええ, がなかっ, はあらざれ, は微塵, もなく, も無く, 浅ましくああ

▼ る~ (7, 0.0%)

1 だけが息づく, でよく, のやう, のよう, の影, も皆, を全部

▼ る生産~ (7, 0.0%)

3 諸関係 2 であるという 1 と消費, の技術

▼ る神社~ (7, 0.0%)

1 で社前, に勤め, の中, の境内, の状態, の祭礼, の裏手

▼ る秩序~ (7, 0.0%)

1 により, のもの, の中, の現在, の軽率, の馬鹿らし, 正しさ

▼ る~ (7, 0.0%)

1 には白い, には赤い, の, の光, の外, の毀れた, より剥ぎ

▼ る~ (7, 0.0%)

3 の無い 1 がある, が二つ, が澤山, はありません

▼ る~ (7, 0.0%)

2 を一緒 1 なのねえ, の円形薄層, は買つたの, を拾つて來, を買つて

▼ る~ (7, 0.0%)

1 のもの, の下, の先, の部, は永劫, も破る, を持っ

▼ る罪人~ (7, 0.0%)

2 の過半 1 が自己, なん, の拳, も必ず, を救

▼ る~ (7, 0.0%)

1 が産まぬ, であるけれども, というひとりごと, と云, のごとく, を救う, を救え

▼ る~ (7, 0.0%)

1 き名, というもの, の健康, の感覚, の日本的源泉, の根本法則, の源泉

▼ る者達~ (7, 0.0%)

1 が何, が尊重, が決定的, それから今, の, はバクチ, は復興

▼ る脚本~ (7, 0.0%)

3 の位置 1 だってむかし, の中, の舞台指揮, を斥け

▼ る行動~ (7, 0.0%)

2 を見 1 がされ, が模倣, に出させた, や仲間, をし

▼ る要素~ (7, 0.0%)

1 であるよう, とは丁度, の一つ, の如き, を成し, を採用, を阻止

▼ る見込み~ (7, 0.0%)

2 のない 1 がある, がない, でもある, はない, もつかない

▼ る評論家~ (7, 0.0%)

2 はジャーナリズム 1 が新聞, による, はある, は次, は科学的精神

▼ る足音~ (7, 0.0%)

2 がし 1 が聞えた, が聽, と人聲, は甲野さん, をとらへよう

▼ る途端~ (7, 0.0%)

1 あの子狗, にありがとう, にころり, に彼女, に温み, に竿, 既に夜叉王

▼ る~ (7, 0.0%)

2 もなく 1 がなかっ, がなかつた, なかりしかば, なきこと, はない

▼ る~ (7, 0.0%)

1 の嬉し, の店, は即ち, も煙草, を, を呑んだ, 好老人

▼ る間際~ (7, 0.0%)

1 にも, に兎角, に友達, に残した, に警視総監, まですなわち, まで女難

▼ る~ (7, 0.0%)

1 がない, などは決して, のある, のない, はしばし, もなかつた, もなく

▼ る~ (7, 0.0%)

2 藩人の 1 写実的傾向の, 凡人の, 政治的特色であった, 文化的存在たる, 暴力は

▼ る~ (7, 0.0%)

1 ではなかつた, に汗する, の比類, の金, を吹き, を押, を拭っ

▼ る高原~ (7, 0.0%)

2 のサナトリウム 1 では渓流, のあたり一面カン木, の秋色, へ行, へ行った

▼ る魅力~ (7, 0.0%)

1 の有無, はありません, もある, を基調, を感ずる, を発揮, 即ち人生そのもの

▼ る黒い~ (7, 0.0%)

2 巌の, 巖の 1 尖, 脚を, 葉の

▼ る~ (7, 0.0%)

1 が, に入っ, の位置, の反, の表現, の詐欺行為, を引込め

▼ るある~ (6, 0.0%)

1 たい型の, たい語系にばかり, 時代の, 比例で, 特定の, 辺で

▼ るおでん~ (6, 0.0%)

2 やの床の間 1 がふつ, やで飲む, やで飲ん, やの女中

▼ るかに~ (6, 0.0%)

1 ましである, 思はれた, 気付かないわけ, 見える, 見渡せば, 近代的な

▼ るけは~ (6, 0.0%)

2 ひが 1 いもなく, ひ, ひは, ひ遙

▼ ること能~ (6, 0.0%)

1 はさる, はざら, はざるもの, はざれ, はじ, はす

▼ るしげ~ (6, 0.0%)

1 な声, に咽びうめいた, に引きつっ, に振り, に歪む, に食った

▼ るだけに~ (6, 0.0%)

2 して 1 あるよう, してやるつもり, 一間の, 普通の

▼ るだけは~ (6, 0.0%)

2 尽して 1 だが, 是非し, 融通せう, 試みなん

▼ るとき彼~ (6, 0.0%)

1 と吾ら, と永い, のむかし, の部屋, はただ, を迎え

▼ るなどという~ (6, 0.0%)

1 お叱, ことは, 事は, 大それた, 無遠慮は, 神技に

▼ るなどの~ (6, 0.0%)

2 風流沙汰は 1 ことに, ことにも, ニュアンス, 猥り

▼ る~ (6, 0.0%)

1 いこれ, おしよせました, からす, く有, し, 馳せいろうと

▼ る~ (6, 0.0%)

3 ふべの 1 ふべ, ふべかな, ふべには

▼ る~ (6, 0.0%)

2 だけど 1 だから, だもの, ですつて, ですもの

▼ る不満~ (6, 0.0%)

1 にかかわらず, や不充分さ, をさえ始め, を感じはじめ, を抱かしめる, を抱く

▼ る仕掛~ (6, 0.0%)

2 になつて 1 がし, がで, になっ, はよく

▼ る~ (6, 0.0%)

1 で落ち合った, で落合った, の委員, の折, へ出席, を催した

▼ る~ (6, 0.0%)

2 の勢力 1 のプライド, の思想生活, の生活, は哀れ

▼ る光景~ (6, 0.0%)

1 があった, が展開, が想像, に一段, は冬, は當時北清在留

▼ る刹那~ (6, 0.0%)

1 が来る, にその, に於ける, に辛うじて, の純粋, の經驗

▼ る動機~ (6, 0.0%)

2 に刺激 1 から今, から猛然, によって一変, のため品行

▼ る医者~ (6, 0.0%)

1 が云った, が我国, と練吉, の意見, の紹介, は年来

▼ る即ち~ (6, 0.0%)

1 キリストの, 其の人, 商取引が, 樂み, 私の, 英米の

▼ る同志~ (6, 0.0%)

1 に代り, に個人的, に加, は自分, や農村, を打ち殺す

▼ る~ (6, 0.0%)

2 一つの 1 その厳重, ひとりの, 宇宙の, 神霊の

▼ る囘教~ (6, 0.0%)

3 の傳來 1 の書類, の歴史, の起源

▼ る困難~ (6, 0.0%)

1 が生ずる, が生ずるであろう, が起る, は一種, を伴う, を引

▼ る土曜日~ (6, 0.0%)

1 に青森, の午後私, の夕, の夕刻, の晩, の朝

▼ る地点~ (6, 0.0%)

1 で行きつ戻りつし, で足, に据えつける, に立っ, に立つ, に運ばれ

▼ る境地~ (6, 0.0%)

1 から流れ出す, だけはどうにも, に据えつける, に辿りつく, の読書, を見出す

▼ る~ (6, 0.0%)

1 がた, つかたなりき, です, のこと, はしのばるれ, を庵

▼ る大事~ (6, 0.0%)

2 として惧, な指導者 1 とはそこ, なので

▼ る女房~ (6, 0.0%)

1 がザラ, なんてもの, のお, の世話, の文学, を流眄

▼ る~ (6, 0.0%)

1 人気とは, 伴侶であり, 兄弟と, 淫的な, 話柄である, 風景の

▼ る小学校~ (6, 0.0%)

1 でこんな, でほんの, で教育上, に三人, の教師, の運動場

▼ る少数~ (6, 0.0%)

1 なる要素, の人, の技術家, の無産派, の者, の著書論文

▼ る局面展開~ (6, 0.0%)

2 とは完全, の動力 1 の実効, の實效

▼ る山村~ (6, 0.0%)

1 では正月十五日, では氏神, で若い, に來, の過去帳, を旅行

▼ る心地~ (6, 0.0%)

2 して 1 するも, にて, もする, 憂き事さまざま

▼ る必然性~ (6, 0.0%)

2 を賦課 1 があるであらう, とか自由, と遊離性, の現実的表現

▼ る恋愛~ (6, 0.0%)

2 の価値, の観念 1 に熱中, は情熱的

▼ る患者~ (6, 0.0%)

1 であるとの, の容態, の思想, は三週間, は余, は例へば

▼ る憧憬~ (6, 0.0%)

1 と勇気, と未知, の中, の絶間, はますます, は人間

▼ る~ (6, 0.0%)

2 ながらをかし 1 ならねば, に辛うじて, は見, を迎

▼ る戯曲~ (6, 0.0%)

2 の地位 1 の分野, は音楽, ほど根本的, をさ

▼ る~ (6, 0.0%)

1 の, のあおり, のしろ, の消, を破り, を觸

▼ る支度~ (6, 0.0%)

2 をし 1 にか, の最中, もし, をした

▼ る料亭~ (6, 0.0%)

1 で, でお目にかかった, でひらかれ, で夕飯, の奥, へ持ち込ん

▼ る~ (6, 0.0%)

1 ういふ, かる人, かる申し出ゆえ, かる身の上, かる都市, の如き

▼ る新聞社~ (6, 0.0%)

1 から発行, から頼まれ, で出し, に勤めた, の帰り, の社会部記者

▼ る新聞記者~ (6, 0.0%)

1 からさ, がトエイン, だ, に話された, のなれ, は是非ゾラ

▼ る日一人~ (6, 0.0%)

1 で先行, の婦人, の旅人, の男, の老婆, の若者

▼ る日八五郎~ (6, 0.0%)

1 が八丁堀, が誘つた時, はす, はすっかり, は南, は相

▼ る~ (6, 0.0%)

1 のおも, の出来事, の学者, の歌, の英雄, を復活

▼ る時父~ (6, 0.0%)

1 が厠, なる博士, に出逢った, の弟, は一包み, は自分

▼ る普遍性~ (6, 0.0%)

2 を有 1 に立っ, の相違, はなる, を要求

▼ る最近~ (6, 0.0%)

1 のその, の哲学, の收, の政治上, の自由詩, の詩

▼ る最高~ (6, 0.0%)

1 の学問, の山, の教養, の理想, の神秘, の花崗岩

▼ る有力~ (6, 0.0%)

1 なる団体, なる根拠, な人物, な個人, な回教徒, な方面

▼ る朝彼~ (6, 0.0%)

2 が二階 1 が眼, は久し振り, は五番, は寝ころん

▼ る本質的~ (6, 0.0%)

1 なもの, なる, な参照, な層的差別, な相違, に億劫

▼ る権利~ (6, 0.0%)

1 ありと, あるもの, が無い, は持たない, もある, を持っ

▼ る権威~ (6, 0.0%)

1 ある翻訳, さえもってるらしい, は著名, を湛え, を確立, 強き大名

▼ る~ (6, 0.0%)

2 の下 1 の葉, もなく, を仕立, を伐り倒し

▼ る武士~ (6, 0.0%)

2 は日本国民性 1 が剣, が秘蔵, なども出, の擡頭

▼ る~ (6, 0.0%)

1 が今, の主張, の公人, の功績, の生活状態, はかなり

▼ る~ (6, 0.0%)

2 にあそぶ 1 か, なれば, の如き, の水中

▼ る~ (6, 0.0%)

1 で長く, に着く, の入日, の酒場, へ着船, を見

▼ る~ (6, 0.0%)

1 となっ, の分量, の匂, の音, の音暢, 揉みの

▼ る漠然と~ (6, 0.0%)

1 した一つ, した一種, した万一, した名目, した息苦し, した疑惑

▼ る~ (6, 0.0%)

1 のお, の水, の音, は水, は自動車, をあふ

▼ る爲め~ (6, 0.0%)

1 か夏, には最も, にアイオラ, に外, に輝いた, 暑苦しい日

▼ る物質~ (6, 0.0%)

1 であること, と意識, の存在, の概念, は云う, をもうすっかり

▼ る特徴~ (6, 0.0%)

2 がある 1 が現れ, で正木博士, は必然性, をもっ

▼ る狭い~ (6, 0.0%)

1 中を, 横丁から, 横町の, 範囲を, 講堂では, 路地の

▼ る~ (6, 0.0%)

2 の汗 1 と申しまし, のよう, の水, の緒

▼ る~ (6, 0.0%)

4 を出し 1 合わせて, 鳴りて

▼ る現実~ (6, 0.0%)

1 との血みどろ, に根拠, の仮感, の力, の技術, の歴史

▼ る生命~ (6, 0.0%)

2 の父 1 の動機, の韻律, よ, を有

▼ る生徒~ (6, 0.0%)

1 が續, が雁, でした, として規則, に対して所謂訓戒, もある

▼ る男女~ (6, 0.0%)

1 の一群, の主客, の仲らい, の別, の逢引, の間

▼ る画家~ (6, 0.0%)

1 から贈られた, がいい, と会つて次, のこと, の紹介状, は国展

▼ る相当~ (6, 0.0%)

1 な呉服店, な回数, の回数, の年輩, の自信, 有力な

▼ る~ (6, 0.0%)

2 の局面展開 1 にむかひ, に最上, の用, 似くら

▼ る知名~ (6, 0.0%)

2 の実業家 1 な作家尾形, な女流歌人, な技術家, の先輩

▼ る硬派~ (6, 0.0%)

2 の領袖, の首領, の首領たる

▼ る神秘的~ (6, 0.0%)

1 なあこがれ, な恐怖, な能力, な能力さ, な量, のヒント

▼ る~ (6, 0.0%)

1 を爲す, 三哩なる, 二十四哩, 十一個の, 半丁ほどの, 百四十年後の

▼ る~ (6, 0.0%)

2 の傳播 1 が目, の發明, を食べる, 包み二ツ

▼ る紳士~ (6, 0.0%)

1 が来, とは畢竟, に笑, に軽く, の話, を得意

▼ る組織~ (6, 0.0%)

1 だと, の下, の中, の重要, は持っ, を作り

▼ る~ (6, 0.0%)

1 が獄裡生活, のこの, の威望, の演説, の精進, は此言

▼ る自信~ (6, 0.0%)

1 がある, が幾分, が矢張り何處, とが足りぬ, の程度, を俺

▼ る自我~ (6, 0.0%)

2 の喪失 1 なるもの, の探究, の本体, の純粋活動

▼ る自然主義~ (6, 0.0%)

2 の流行 1 の大家, の思潮, の態度, の末裔

▼ る著述~ (6, 0.0%)

1 のある, の或, をしよう, をなさる, を考へる, を読ん

▼ る~ (6, 0.0%)

2 氷りの 1 明りに, 曇った寒い, 曇った朝, 灯を

▼ る表情~ (6, 0.0%)

1 がありました, がほのめいた, のうつり, の豐かさ, を會得, を見せ

▼ る~ (6, 0.0%)

2 を翳せ 1 で翡翠, も, を圧, を確か

▼ る~ (6, 0.0%)

2 造物である, 造物の 1 教育者は, 暗示性を

▼ る~ (6, 0.0%)

2 あらず, も亦 1 法として, 石を

▼ る~ (6, 0.0%)

1 が我が, だね, には似ぬ, の慈愛, はその, は世間

▼ る~ (6, 0.0%)

2 の材木 1 で振返ったら, に建つ, の尖, を右

▼ る~ (6, 0.0%)

1 が闕, この歌, であった, と, はわが, を促し

▼ る~ (6, 0.0%)

1 かと似, かの生活, だえ, にも出, も居ない, をか教

▼ る~ (6, 0.0%)

2 の土地 1 なれば, の労働, の違った, をまた

▼ る身分~ (6, 0.0%)

1 でかかる, にし, のある, の人, の貴, の高い

▼ る農村~ (6, 0.0%)

1 に入り, に行き, の伝統的, の最大, の経済的社会的事情, の風景

▼ る過去~ (6, 0.0%)

1 から救われる, の又は, の時代, の特殊, の生活, の追憶

▼ る都市~ (6, 0.0%)

1 に實行, に幾ら外国人, に援軍, の, の児童劇場, の匪賊討伐隊

▼ る酒屋~ (6, 0.0%)

1 で一杯ひつ, の二階, の親爺, の隠居, の隱居, へ毎夕ひとり

▼ る~ (6, 0.0%)

2 にくゆる, の落栗 1 にも来りしなれ, に開く

▼ る限界~ (6, 0.0%)

2 の内 1 のある, まで行く, をおい, を超える

▼ る~ (6, 0.0%)

1 が初めて, は一人物, は人間, は特殊, は理想型, を宿し

▼ る~ (6, 0.0%)

2 の中 1 かと見れ, にぼやけ, のふかい, の深い

▼ る~ (6, 0.0%)

1 から上り列車, でこういう, ではキャベジ一貨車, では僧侶, で下り, に泊った

▼ るかた~ (5, 0.0%)

1 ある所, さつめた, なれば, は何とか, もがなつれなく散る

▼ るかは~ (5, 0.0%)

1 すでに触れ, 充分に, 疑問である, 知らぬ, 精神の

▼ るがて~ (5, 0.0%)

3 まえは 1 まえがた, まえの

▼ るくせ~ (5, 0.0%)

1 がつい, に, に事, に押, に絶えず

▼ るこそ~ (5, 0.0%)

1 おろかにも, 思えば, 穏なれ, 肝要なら, 良けれ世間

▼ るさまざま~ (5, 0.0%)

1 な学会, な思, な思いがけない, な汚, な香り

▼ るそこ~ (5, 0.0%)

1 が現実, にはじめ, に始め, に彼ら, の幕

▼ るとい~ (5, 0.0%)

2 へり 1 えり普通, へり云々, へり秋分以降夜

▼ るというは~ (5, 0.0%)

1 万法に, 最早今夜, 絶世の, 薬の, 防者の

▼ るとして~ (5, 0.0%)

1 全体物置を, 女自身が, 實際再び, 拝借し, 茲では

▼ るなから~ (5, 0.0%)

2 んこと 1 しむ, んか, んため

▼ るのみに~ (5, 0.0%)

3 して 1 あらず伯, 非ず

▼ るまた~ (5, 0.0%)

1 いう近江, 一快, 二の, 動の, 己が

▼ るもさ~ (5, 0.0%)

5 ううろんち

▼ るもんぢ~ (5, 0.0%)

2 やない 1 やありません, やご, やねえ

▼ るやつ~ (5, 0.0%)

3 がある 1 だな, を知

▼ るをば~ (5, 0.0%)

2 待かね 1 妨げず, 拭はんとも, 汝知りたるべし

▼ るイデヤ~ (5, 0.0%)

1 であり真, は, はあの, は純粋, を人生

▼ るシステム~ (5, 0.0%)

1 がある, がかくされ, だった, の内容, を持っ

▼ るリズム~ (5, 0.0%)

1 が心身, に乗っ, の意味, の觀念, を語っ

▼ る一家~ (5, 0.0%)

1 が在っ, のこと, の姿, の期待, の歡樂場

▼ る一時代~ (5, 0.0%)

1 に存在, に就い, の理想, の言語, の音韻全般

▼ る一般~ (5, 0.0%)

2 の状態 1 の婦人等, の現象, の表現

▼ る一般的~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 な仮定, な合理性, の者

▼ る不吉~ (5, 0.0%)

1 なもの, な予感, な冬, な獣, な病院

▼ る主体~ (5, 0.0%)

5 の問題

▼ る人民戦線~ (5, 0.0%)

2 の問題 1 なるもの, のこと, への待望

▼ る人生~ (5, 0.0%)

1 すらも忘れさせ, の戦士, の戰士, の祕奧, 之を以て盡

▼ る代表的~ (5, 0.0%)

1 な哲学, な唯物論者デモクリトス, な四, な東京娘, な而

▼ る作用~ (5, 0.0%)

2 を有する 1 じゃろう, をする, を及ぼし

▼ る作者~ (5, 0.0%)

1 の主観, の地, の状態, の真骨頂, の迷惑

▼ る偶然性~ (5, 0.0%)

2 の問題 1 と必然性, の性格, の概念

▼ る僅か~ (5, 0.0%)

1 な時, な時期, 二年前の, 以前まで, 許り

▼ る働き~ (5, 0.0%)

1 が出来る, が含まれ, であり觀, の円滑, を起さす

▼ る~ (5, 0.0%)

1 が途中, に就い, に就く, は毒, もこ

▼ る~ (5, 0.0%)

1 あり, ですと, ならば, にご, に付質問書

▼ る公式~ (5, 0.0%)

1 とではその, によれ, に帰着, の意義, をあてはめ

▼ る凡て~ (5, 0.0%)

1 の動物説話, の權力, の欠点, の矛盾, の靈

▼ る分量~ (5, 0.0%)

1 に対して交換, の地代, の粗生, より多い, を服すれ

▼ る~ (5, 0.0%)

1 の居所, は皷, より經綸, ステージで, 雁の

▼ る前後~ (5, 0.0%)

1 からだ, のところ, の事情, の関係, 詳しく言え

▼ る劇場~ (5, 0.0%)

1 がいつかわれわれ, のため, の一女優, の出現, の廊下

▼ る勇気~ (5, 0.0%)

1 がありません, がさすが, が生れ出, なし, は出なかった

▼ る区別~ (5, 0.0%)

1 が認められた, の下, の存在, を感じない, を立てられ

▼ る可ら~ (5, 0.0%)

1 ざるもの, ざる紀念, ざる義務, ず, ず急ぎ路

▼ る否定~ (5, 0.0%)

1 であり一般的, はクリティシズム, は或, を証, を證示

▼ る呉服屋~ (5, 0.0%)

1 からとどけられた, が一流どころ, で震災後, の徒弟, へ養子

▼ る~ (5, 0.0%)

1 がわかった, によって手拭, によって着, によって着物, によって袴

▼ る哀れ~ (5, 0.0%)

1 なる心ばえ, なる獣等, な男, は我, を見ん

▼ る哲学者~ (5, 0.0%)

1 がこんな, でなければ, はこの, はさうだ, は云った

▼ る~ (5, 0.0%)

1 が映っ, が閉じ, なり, に毒, の色

▼ る唯物論哲学~ (5, 0.0%)

1 の発展, の真, の研究, への期待, も諸

▼ る商人~ (5, 0.0%)

1 が京都, など, などと臂, にかなり, の左

▼ る商品~ (5, 0.0%)

3 の分析 2 は社会自身

▼ る境遇~ (5, 0.0%)

1 にも因るなるべし, に安んずる, に落ち, の下, は決して

▼ る変化~ (5, 0.0%)

1 がおのずから, が生じた, として表象, には何, の振幅度

▼ る大名~ (5, 0.0%)

1 の城内, の家老, の江戸屋敷, の菩提所, を對手

▼ る天性~ (5, 0.0%)

2 の娼婦, の美しい 1 の大

▼ る奇怪~ (5, 0.0%)

1 なこと, な事実, な国家老, な行動, な論証法

▼ る女人~ (5, 0.0%)

2 にとつて 1 に對, の乳, の話

▼ る娘さん~ (5, 0.0%)

1 かも知れない, と見合, にも何, はあり, を見る

▼ る嬉し~ (5, 0.0%)

2 さに, さを 1

▼ る季節~ (5, 0.0%)

1 にたしか, になつ, に祭典, に虎列剌, を想像

▼ る家族~ (5, 0.0%)

1 がどこ, といっ, に世襲, を集めた, 或る

▼ る寂し~ (5, 0.0%)

2 さを 1 ささ, みの, みや

▼ る~ (5, 0.0%)

1 に呆れ返, に愉快, のあり, の女, 在的

▼ る小説家~ (5, 0.0%)

1 が刑事事件, の作品, の真似, は極端, や批評家

▼ る尾根~ (5, 0.0%)

1 が原, の分岐点附近, の最高点鋸山, は東鎌尾根, や其南麓

▼ る山奥~ (5, 0.0%)

1 にせこ子, の作業場, の村, の淋しい, の空家

▼ る~ (5, 0.0%)

2 の上 1 で北方, の, の中虚

▼ る巨大~ (5, 0.0%)

1 なる力, なる動物, な建物, な衝撃, な重苦し

▼ る希望~ (5, 0.0%)

1 からで, であること, の表示, は殆, を陳べた

▼ る平次~ (5, 0.0%)

1 とお, に聲, の投錢, の聲, は

▼ る年齢~ (5, 0.0%)

1 がある, じゃ, で一人前, に達する, の該当

▼ る広い~ (5, 0.0%)

2 意味の 1 小松原は, 意味での, 距離を

▼ る~ (5, 0.0%)

3 も察しる 1 に遇, を氣

▼ る待合~ (5, 0.0%)

1 にあがりこみ, の名, の女将, へ二三年以前新橋, へ誘い込ん

▼ る微笑~ (5, 0.0%)

1 も夢, も微苦笑, をもて, を押, を洩した

▼ る~ (5, 0.0%)

1 がありません, が始め, の入った, の切, はなかっ

▼ る思惟~ (5, 0.0%)

2 するもの 1 と直観, の機能, を一般的

▼ る~ (5, 0.0%)

1 とよく, にはいまだ, の闇, の顔色, ふるもの

▼ る感想~ (5, 0.0%)

1 が湧いた, なしには, を刺戟, を忖度, を起させる

▼ る感銘~ (5, 0.0%)

1 は受け得ないだろう, をのこし, を与えた, を覚えた, 深い静寂

▼ る憂き~ (5, 0.0%)

1 よも見, 事の, 夢より, 年は, 旅路これも

▼ る或いは~ (5, 0.0%)

1 この特有, 一般に, 又世界, 唯物論に対する, 認識論の

▼ る手紙~ (5, 0.0%)

2 のなか 1 のため, は直接間接, も大半

▼ る政策~ (5, 0.0%)

1 が採られ, の如し, は之, を必要, 特に集団農場化

▼ る教養~ (5, 0.0%)

1 ある人達, と娯楽, の高い, をつけよう, 深い婦人

▼ る文化統制~ (5, 0.0%)

1 というもの, に対して特別, の内, の前提, の特色

▼ る新進作家~ (5, 0.0%)

3 の名前 1 だったの, の著書

▼ る日例~ (5, 0.0%)

1 によって宝, のごとく, の口調, の如く二人, の青年矢部

▼ る日学校~ (5, 0.0%)

1 からの帰り道竜子, から帰っ, に呼ばれ, はお, へ出たら

▼ る日急~ (5, 0.0%)

1 に下った, に八重洲町, に思い立っ, に思ひ立つ, に豚小屋

▼ る日曜~ (5, 0.0%)

2 の午後, の朝 1 だつた

▼ る日父~ (5, 0.0%)

1 が心臓麻痺, の籠, は, は学校, は私

▼ る~ (5, 0.0%)

1 さが, さで, さに, さは, 稻田文學の

▼ る明るい~ (5, 0.0%)

1 一廓へ, 光りで高から, 光線を, 大空の, 眞晝私達が

▼ る映画~ (5, 0.0%)

1 がある, がうつっ, で海岸地, の試写会, を見た

▼ る時二人~ (5, 0.0%)

1 して, で飲ん, の座頭, は喧嘩, は自慢

▼ る時人~ (5, 0.0%)

1 と賭, に誘われ, はただ, は往々, を殺しまし

▼ る時僕~ (5, 0.0%)

1 が唐本, に彼, のやう, はこの世, は生薑

▼ る時天皇~ (5, 0.0%)

2 が葛城山 1 が御, が近江, 近つ

▼ る時節~ (5, 0.0%)

1 が来たら, である, という意味, にならなけれ, の近づく

▼ る~ (5, 0.0%)

1 る, る出て, る出でて, る匙, る痛んで

▼ る~ (5, 0.0%)

2 下等に 1 多量の, 高等の, 高級に

▼ る望み~ (5, 0.0%)

2 もない 1 なきを, は全く, も無い

▼ る期待~ (5, 0.0%)

2 のため 1 で恭, は神, を裏切られた

▼ る本屋~ (5, 0.0%)

1 から一回一円, が或, は論文集, へ電話, を口説いた

▼ る本質~ (5, 0.0%)

1 からみ, がつかめる, と見る, の, を具備

▼ る~ (5, 0.0%)

1 と枝, に水, のよい, の変, もなし

▼ る~ (5, 0.0%)

1 じゃない, だろうか, ではありません, ではございません, では無く

▼ る~ (5, 0.0%)

1 の硬骨, 方面による, 村に, 歌人の, 武家の

▼ る機會~ (5, 0.0%)

1 があれ, がない, は多く, を逸し, を長い

▼ る~ (5, 0.0%)

1 ありき, ありき死, ありければ, であるだろうとの, の物

▼ る淋し~ (5, 0.0%)

3 さを 1 げな, さに

▼ る深い~ (5, 0.0%)

1 因縁から, 山の, 心のに, 疑惑を, 衝動を

▼ る測定~ (5, 0.0%)

1 なるもの, の役割, の本当, の精度, は

▼ る湖畔~ (5, 0.0%)

2 へ旅行 1 には非常, の街, へ行

▼ る~ (5, 0.0%)

2 の音 1 の千筋, の様, もあり

▼ る無数~ (5, 0.0%)

2 の理由 1 の男女, の興味, の風雲児

▼ る無理~ (5, 0.0%)

1 があった, なもの, な場合, はない, を根底

▼ る~ (5, 0.0%)

1 岨の, 邊なる, 里の, 頬に, 頬柳に

▼ る物語~ (5, 0.0%)

1 がふい, に不知不測夜, の續, を描く, を聞く

▼ る特有~ (5, 0.0%)

1 な交渉, な機関, な理論, な重大意義, な集団表象

▼ る生産関係~ (5, 0.0%)

2 に相応 1 にまで物質的技術, に於, や所有関係

▼ る用意~ (5, 0.0%)

1 ができ, と覚悟, はし, を忘れない, を知り

▼ る画面~ (5, 0.0%)

2 には見る, には見る見る 1 についてその

▼ る~ (5, 0.0%)

1 がある, に映じ, のめぐりのほほづきの色, の縁, の間

▼ る病人~ (5, 0.0%)

1 が何, が多い, の云つた言葉, は目, をよろしく

▼ る発達~ (5, 0.0%)

1 した美し, した資本主義, した部分, と異なり, の経過

▼ る登山~ (5, 0.0%)

1 の変遷, の延長, の有様, の模様, の趨勢

▼ る百姓家~ (5, 0.0%)

2 を半分劃つて 1 なんかの方, の中, の離れ

▼ る百貨店~ (5, 0.0%)

1 では地震後, で初給, で座談會, のマネキン, の係長

▼ る相手~ (5, 0.0%)

1 ではなかっ, の御, の顔, はたしかに, は誰

▼ る~ (5, 0.0%)

1 でやっと少し, の洗礼, ばかり, を入れた, を点じた

▼ る研究方法~ (5, 0.0%)

1 が果して実際, に於, の中, の特殊的, 及び叙述方法

▼ る神秘~ (5, 0.0%)

2 な力 1 なる場面, な喜び, な運命

▼ る神聖~ (5, 0.0%)

2 なる儀式 1 なるもの, な言葉, な部分

▼ る私立~ (5, 0.0%)

1 の中, の中学校, の女學校, の音楽学校, 大學

▼ る程度自由~ (5, 0.0%)

1 になった, になる, にヴァラエティー, に即ち, に進める

▼ る種族~ (5, 0.0%)

1 から一般に, が住ん, の人間, はいつ, を以て崇神天皇朝

▼ る空想~ (5, 0.0%)

1 に耽り, の花, をし, をした, を許さない

▼ る範疇体系~ (5, 0.0%)

1 が哲学的, とが当然, と社会科学, の中心問題, は唯物弁証法

▼ る結婚~ (5, 0.0%)

1 がある, は特定, を延期, を忌避, を断つ

▼ る~ (5, 0.0%)

2 がない 1 とくっきり, の概念, までは許され

▼ る美しき~ (5, 0.0%)

1 人は, 大理石の, 少女に, 童なれ, 羽ある

▼ る美人~ (5, 0.0%)

2 に対する感慨 1 が如何, に思はれ, の顔

▼ る考え方~ (5, 0.0%)

1 からすれ, と少し, に名づけた, の如き, や経験

▼ る~ (5, 0.0%)

4 して 1 も閣下

▼ る自然弁証法~ (5, 0.0%)

1 のこと, の文献, の確立, の礎石, の証明

▼ る自然的~ (5, 0.0%)

2 なもの, な光 1 な変化

▼ る若き~ (5, 0.0%)

1 には似ぬ, 人々, 女性に, 者その, 近世人の

▼ る茶屋~ (5, 0.0%)

1 から若い, で催された, で過した, のおかみ, へはいった

▼ る華族~ (5, 0.0%)

2 の行動 1 の大きな, の家, の小間使い

▼ る著しい~ (5, 0.0%)

1 例は, 氣分の, 活躍と, 特色もしくは, 進化が

▼ る~ (5, 0.0%)

1 では橋, の処刑場, の大, の灯, を通り

▼ る~ (5, 0.0%)

1 の下, の爽, をわれら, を着せる, 替への

▼ る裏町~ (5, 0.0%)

1 でおれ, にある, に日本, の寂しい, の小さな

▼ る西洋人~ (5, 0.0%)

1 が一年, が會, と, に戒められ, の阿媽

▼ る規定~ (5, 0.0%)

1 が設けられた, の出来た, の段階, は前任守, 例へば長

▼ る親しみ~ (5, 0.0%)

1 のある, の念, を感じる, を持たせる, を覚えた

▼ る觀念~ (5, 0.0%)

1 が他, が私, の存する, を私, を露骨

▼ る解釈~ (5, 0.0%)

1 ではこれ, とは少し, によって説明, の如何, の相違

▼ る~ (5, 0.0%)

1 なり御歌数首御, のみを思っ, 畫の, 畫を, 畫的に

▼ る~ (5, 0.0%)

3 なり 1 と題し, をも棄つる

▼ る論理学~ (5, 0.0%)

2 として理解 1 だと, として現われる, 乃至認識論

▼ る論者~ (5, 0.0%)

1 が文学, に俗人, はまた, は先づ婆羅門教, は科学的精神

▼ る講義~ (5, 0.0%)

1 という形態, の最も, の類, も當時, を脅かす

▼ る議論~ (5, 0.0%)

2 は出 1 に全然, は, をなす

▼ る~ (5, 0.0%)

2 がある 1 の上, の幌, は薄日

▼ る迄の~ (5, 0.0%)

1 たつた四半刻, 平次の, 疲勞と, 經路が, 覺悟の

▼ る迷信~ (5, 0.0%)

1 が伝へられ, の上, もある, を抱い, を除く

▼ る連続~ (5, 0.0%)

1 と不連続, の概念, の特殊性, はかかる, は特殊

▼ る道理~ (5, 0.0%)

1 がありません, がない, で魔, は無い, もねえ

▼ る部落~ (5, 0.0%)

2 の住民 1 では刈稲, に住む, 或る

▼ る~ (5, 0.0%)

2 の前 1 のほとり, の外, を訪れた

▼ る間隔~ (5, 0.0%)

2 を置い 1 が認められ, をとっ, をもっ

▼ る~ (5, 0.0%)

1 の夜, の晩, の色, を厭, を見た

▼ る限定~ (5, 0.0%)

2 せられた本性 1 せられたる社会, の関係, は判断的一般者

▼ る階級性~ (5, 0.0%)

1 である, の存在, の方, は社会科学, を意味

▼ る雰囲気~ (5, 0.0%)

1 と主要, に, に包まれ, のなか, の中

▼ る非常~ (5, 0.0%)

2 に重大 1 な物, にすぐれた, の際

▼ る音楽~ (5, 0.0%)

1 だろうか, と美術, の力, を国民全体, を随伴

▼ る音響~ (5, 0.0%)

2 を感ぜしめざる 1 が発する, とか或, を耳

▼ る~ (5, 0.0%)

1 にはいろいろ, には日記, に名刺, に名刺ぐらゐの, を読み上げ

▼ る~ (5, 0.0%)

1 にせめて, の働き, をあげた, を挙げ, を擧げ

▼ る風俗~ (5, 0.0%)

2 の役割 1 も再び, を時代, を踏みにじります

▼ る~ (5, 0.0%)

2 の嘶く 1 がこれ, の鞍わき, の飾

▼ るおも~ (4, 0.0%)

2 ひでの 1 かげの, ひもの

▼ るかという~ (4, 0.0%)

1 ことも, ような, んでしょう, 正念場だ

▼ るかとも~ (4, 0.0%)

1 癒らない, 考えたの, 言ひ得ぬ, 言わないの

▼ るからね~ (4, 0.0%)

1 それまで, 向ふ, 晩にはど, 直ぐ引越す

▼ ること僅~ (4, 0.0%)

1 に三尺, に二十一里, に数町, に百九十一年

▼ ること勿~ (4, 0.0%)

4

▼ るさえ~ (4, 0.0%)

1 あるに, なかなかに, 腕に, 道きよめ

▼ るしなど~ (4, 0.0%)

1 すぐつぶさに知れた, 揚げること, 聞きとって, 霞むばかりな

▼ るそんな~ (4, 0.0%)

1 仕掛けに, 声に, 有様が, 部分を

▼ るたんび~ (4, 0.0%)

1 にその, にそれ, にどうして, 必ず扇子

▼ るだけが~ (4, 0.0%)

1 そなた, 能で, 野暮にや, 関の山である

▼ るつて~ (4, 0.0%)

1 いふぢ, さうお, 出て, 居るの

▼ るでも~ (4, 0.0%)

1 なかつた, なかつたが, ゆか, 首尾よく

▼ るとお~ (4, 0.0%)

1 は, もひます, もへば, もへり

▼ るとき何~ (4, 0.0%)

1 かほか, か荷物, でもない, と思いちがい

▼ るとな~ (4, 0.0%)

1 しらが, ア, 一面に, 笑わせやがる

▼ るどう~ (4, 0.0%)

1 いふ性格, か拙者, したといふ, にもならぬ

▼ るどこ~ (4, 0.0%)

1 かにコジ, かの枝, でねえつて, へ御見舞

▼ るなどと~ (4, 0.0%)

1 云って, 思はれたくなかつたの, 書いては, 言うの

▼ るなどとは~ (4, 0.0%)

1 云はれない, 全く思ひ, 勿体ない話, 言語道断である

▼ るなどは~ (4, 0.0%)

1 まことに言語道断, 十七文字には, 實に, 愚の

▼ るについて~ (4, 0.0%)

1 ここより, まさかテクテク, 暫く眼, 編輯者の

▼ るにや~ (4, 0.0%)

1 あらんいぶかし, つひに, ア及びますまい, 頓て

▼ るによりて~ (4, 0.0%)

1 なり, 余は, 海の, 禍ひ

▼ るのみか~ (4, 0.0%)

1 何んで, 口にこそ, 生来教育, 軍功を

▼ るはた~ (4, 0.0%)

3 寒き 1 病めるなやましき

▼ るばかりが~ (4, 0.0%)

2 能では 1 孝行じゃ, 望みじゃ

▼ るふう~ (4, 0.0%)

1 に考へなさる, のある, は見えない, は誰

▼ るわれ~ (4, 0.0%)

1 の恐るる, の靴, は鬣, を憐れ

▼ るテーマ~ (4, 0.0%)

1 つまり題材, である, の下, の発展

▼ るファシズム~ (4, 0.0%)

1 の発展, はかく, は決して本当に, をその

▼ るマルクス主義~ (4, 0.0%)

1 が云わ, の卓越, の基調, の退潮

▼ るモダーニズム~ (4, 0.0%)

1 がこの, と同じく, なの, は色々

▼ るリアリズム~ (4, 0.0%)

1 がなく, の最初, の精神, はそれ

▼ る一時~ (4, 0.0%)

1 の人気取り, の対立, の政変, の政變

▼ る一本~ (4, 0.0%)

1 の徳利, の木, の樫, を選ぶ

▼ る一流~ (4, 0.0%)

1 に限られた, の作家, の俳優, の家元

▼ る一致~ (4, 0.0%)

2 を妨げない 1 があるべき, 若しくは協同

▼ る一軒~ (4, 0.0%)

1 の古びた, の大きな, の家, の格子戸

▼ る一隅~ (4, 0.0%)

1 からのぱちぱち, にある, に於ける, に確

▼ る一點~ (4, 0.0%)

2 に集合 1 に心力, へ進まう

▼ る三つ~ (4, 0.0%)

1 の兵站, の穴, の薬品, の要点

▼ る不完全性~ (4, 0.0%)

2 であると, を私

▼ る不平~ (4, 0.0%)

1 から云っ, が聞えた, を漏らされた, を私

▼ る~ (4, 0.0%)

1 の瞳, 岸の, 態と, 戦争の

▼ る主人~ (4, 0.0%)

1 が今朝, には直ぐ, に預けられ, を殺す

▼ る~ (4, 0.0%)

1 が近頃切り, に恋, の忘れ, は悦ん

▼ る事象~ (4, 0.0%)

1 と他, の認識, を取り出し, を經

▼ る二十七日~ (4, 0.0%)

2 には朝 1 迄に堤防, 迄に彼

▼ る人家~ (4, 0.0%)

1 の傍, の様子, の隙間, はなし

▼ る人影~ (4, 0.0%)

1 がちらつい, にわが, の遠から, はみな

▼ る人心~ (4, 0.0%)

1 あさましき中, の不安, の傾向相, の激昂

▼ る以前~ (4, 0.0%)

1 からおす, に密教的思想, に左樣, に自分自身

▼ る仮説~ (4, 0.0%)

1 とは丁度, は客観的真理, は既成, は決して

▼ る~ (4, 0.0%)

2 の政府改造策, の資望

▼ る低い~ (4, 0.0%)

1 啜り泣きの, 声で, 屋根並の, 山の

▼ る体系~ (4, 0.0%)

2 というもの 1 からその, と諸根

▼ る何もの~ (4, 0.0%)

1 か, かのため, の翳, もない

▼ る余地~ (4, 0.0%)

1 あれば, がない, なから, なしと

▼ る佛教~ (4, 0.0%)

1 の信仰, の影響, の本, の歴史

▼ る作家たち~ (4, 0.0%)

1 がこの, が目下器用, はその, は一枚

▼ る侮辱~ (4, 0.0%)

2 の感 1 に反抗, を加

▼ る信念~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 の上, を持つ

▼ る信用~ (4, 0.0%)

2 のオーコンネル 1 と名誉, のおける

▼ る個々~ (4, 0.0%)

1 の問題, の存在, の意識, の經驗

▼ る健全~ (4, 0.0%)

1 がなけれ, なユーモア, な姿, な部分

▼ る~ (4, 0.0%)

1 が気毒, の個性, の奮闘, の実力

▼ る僧伽梨~ (4, 0.0%)

3 と言 1 と言う

▼ る價値~ (4, 0.0%)

1 とを體得, は日記者, は矮小卑吝, を知る

▼ る~ (4, 0.0%)

2 験性 1 に異邦, 験性からは

▼ る児童~ (4, 0.0%)

1 が庭, と婦人, に読ましめ, の位置

▼ る入道~ (4, 0.0%)

4 ひら入道

▼ る~ (4, 0.0%)

1 が船, のバケツ音, へなおさら, を解き

▼ る写実主義~ (4, 0.0%)

1 の根柢, の歴史, を問題, 一層厳密

▼ る冷たい~ (4, 0.0%)

1 ものに, ものを, 喜びを, 鼻汁を

▼ る出來事~ (4, 0.0%)

1 であつ, はユスティニアヌス, は一切暗黒, を防がん

▼ る分類~ (4, 0.0%)

1 から歴史的分類, が唐初, へ移る, を吾

▼ る前日~ (4, 0.0%)

1 に保証人, に暴風雨, は父, 迄働いた

▼ る割合~ (4, 0.0%)

1 で他, に涼しい, に配合, のところ

▼ る劇団~ (4, 0.0%)

1 にたまたま, の剣劇, の存在, の芸術方針

▼ る功績~ (4, 0.0%)

1 が大, は永久, も亦, を賞讃

▼ る労働~ (4, 0.0%)

1 から犬, である以上, に堪へ得る, のもつ

▼ る勇士~ (4, 0.0%)

1 がついに, としての輝勝, よ苦しまぎれ, を其後

▼ る十七日~ (4, 0.0%)

1 の夕方左柳高次, の朝, の朝六時四十分, は予想

▼ る午後私~ (4, 0.0%)

1 がいつも, が蝉, のあて, は母

▼ る卑しい~ (4, 0.0%)

1 境を, 心を, 想念を, 欲望に

▼ る単なる~ (4, 0.0%)

1 一つの, 程度の, 調停妥協だ, 部分では

▼ る叔父~ (4, 0.0%)

1 がおっ, が遙, を持つ, を見た

▼ る~ (4, 0.0%)

1 に左, に挙げたる, の対立, よふ

▼ る~ (4, 0.0%)

1 なぞは殆, に感想, へ, を見る

▼ る~ (4, 0.0%)

1 一脚本の, 博士独特の, 樣で, 程度な

▼ る名前~ (4, 0.0%)

1 ださうである, で呼ばれ, で御座いまして, を備えた

▼ る哲学的~ (4, 0.0%)

3 諸問題 1 諸範疇

▼ る商事会社~ (4, 0.0%)

2 に勤め 1 の社長, へ勤めた

▼ る商店~ (4, 0.0%)

1 に寄食, の店先, の看板, へやつ

▼ る~ (4, 0.0%)

1 にそむけ, について述べられた, の定義, は凡

▼ る喜び~ (4, 0.0%)

1 であろう, と, と本能, は泡沫

▼ る国家~ (4, 0.0%)

1 と社会, の大患, の為, はブルジョアジー

▼ る~ (4, 0.0%)

1 に播い, の文学, をうち, をふみしめ

▼ る垂水~ (4, 0.0%)

3 の上 1 のうへのさ蕨

▼ る場処~ (4, 0.0%)

1 があります, がある, が或いは, である

▼ る~ (4, 0.0%)

2 の下 1 の疾風, はすでに

▼ る外国~ (4, 0.0%)

1 の学校, の新, の神学者, へ渡航

▼ る外國~ (4, 0.0%)

1 の作家, の思想, の新, 映畫

▼ る~ (4, 0.0%)

1 と一, 衆から, 衆でなけれ, 衆の

▼ る夜ひそか~ (4, 0.0%)

1 に密詔, に敵陣, に村舎, に苦心

▼ る大将~ (4, 0.0%)

4 のお

▼ る天下~ (4, 0.0%)

2 豈此 1 なら有無, の蒼生

▼ る契機~ (4, 0.0%)

2 に於 1 が語られ, の対立

▼ る~ (4, 0.0%)

1 からぶらさげ, に飯粒, ぶかい, 仕えの

▼ る女たち~ (4, 0.0%)

2 には稀 1 が特権, といふもの

▼ る女子~ (4, 0.0%)

1 の智的発達, の権利, の解放, を見し

▼ る女流作家~ (4, 0.0%)

2 に与ふ 1 の傑作, の言葉

▼ る~ (4, 0.0%)

1 など言, に不義, のことば, の婚姻

▼ る婦人雑誌~ (4, 0.0%)

1 が恋愛, で百貨店, はその, を持っ

▼ る学説~ (4, 0.0%)

2 にあてはめ 1 によって解釈, に対する批評

▼ る學生~ (4, 0.0%)

1 があつ, に次, の乘, の如き

▼ る完全~ (4, 0.0%)

1 なる勇気, なる幸福, なる愛, な調和音

▼ る完全性~ (4, 0.0%)

1 の欠け, の缺, を欠い, を缺

▼ る宗教的~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 な特徴, な道徳的

▼ る~ (4, 0.0%)

2 まつた 1 に入, 連も

▼ る実体~ (4, 0.0%)

1 から出, のうち, の特徴, を離れ

▼ る実証性~ (4, 0.0%)

2 と批評性, の契機

▼ る室内~ (4, 0.0%)

2 の空気 1 に闖入, の夜

▼ る~ (4, 0.0%)

1 にすこし, に笠井氏, の村雨, を思え

▼ る容子~ (4, 0.0%)

1 なん, はたいへん, もなく, を見

▼ る宿屋~ (4, 0.0%)

1 では内地米三十俵, に小憩, に泊っ, へ案内

▼ る~ (4, 0.0%)

2 さと 1 さの, さは

▼ る対立~ (4, 0.0%)

1 が広島文理科大学, によつて自立, に由来, を感じる

▼ る専門家~ (4, 0.0%)

1 でその, なの, の資格, は他

▼ る對象~ (4, 0.0%)

1 がない, は一方, を思考, を愛し

▼ る小さき~ (4, 0.0%)

1 川に, 影, 者を, 麥場山より

▼ る小川~ (4, 0.0%)

1 に臨み, の岸, の水, を鳴川

▼ る小鳥~ (4, 0.0%)

1 のある, のない, の聲, や仲

▼ る少年~ (4, 0.0%)

1 か少女, が宇宙, の其玩弄, の意

▼ る~ (4, 0.0%)

2 を目ざめさせた 1 にまで立脚, を動かし

▼ る巡査~ (4, 0.0%)

2 の家族 1 です, の服

▼ る~ (4, 0.0%)

2 れの 1 が姿, を比況

▼ る~ (4, 0.0%)

2 かけて 1 の檣, を舳

▼ る~ (4, 0.0%)

1 で, でひろ子, で児童文学, で数名

▼ る~ (4, 0.0%)

1 のもの, の事, の岩面, の息苦し

▼ る店先~ (4, 0.0%)

1 などに人, に並べ, に立ちどまっ, を借り

▼ る座談会~ (4, 0.0%)

1 でこの, でその, で落合った, の席

▼ る強烈~ (4, 0.0%)

1 なもの, な恋愛事件, な意欲, な自己凝視

▼ る影像~ (4, 0.0%)

1 が浮き上っ, とぴったり, のごとき, の如き

▼ る後それ~ (4, 0.0%)

1 がし, に附随, を一括, を基

▼ る思いつき~ (4, 0.0%)

1 が浮ん, に胸, の心持, を考え出し

▼ る~ (4, 0.0%)

1 の問題, の意義, をあ, を有し

▼ る怪異~ (4, 0.0%)

2 を話し 1 を見, を見た

▼ る恰好~ (4, 0.0%)

1 にこなさなけれ, になる, ばかりで, をし

▼ る~ (4, 0.0%)

1 る内, アガキの, 竦な, 結果のみを

▼ る悲劇~ (4, 0.0%)

1 が又, の発生, も喜劇, を生み出す

▼ る情景~ (4, 0.0%)

1 であって, などが焙り, までははっきり, や或

▼ る情熱~ (4, 0.0%)

1 であって, としての宗教, と行動, にとらわれ

▼ る意地~ (4, 0.0%)

2 の惡 1 だね, 悪しきもの

▼ る所存~ (4, 0.0%)

1 です, なししかし, にご, の程

▼ る~ (4, 0.0%)

1 の開いた, の音, を叩いた, を排し

▼ る技術水準~ (4, 0.0%)

1 という如き, とも云うべき, のこと, の主体的

▼ る拍子~ (4, 0.0%)

1 に上, に右, に殻, に詞

▼ る損害~ (4, 0.0%)

1 はすごい, は一切勘定, は賠償, を知る

▼ る支那人~ (4, 0.0%)

1 が日本, のよう, の言, の風俗習慣

▼ る政治家~ (4, 0.0%)

2 に非ずし 1 などで善良, は新た

▼ る教育~ (4, 0.0%)

1 とか宣伝, なるもの, に就, の成果

▼ る教育法~ (4, 0.0%)

2 の改良 1 から明, は即ち

▼ る~ (4, 0.0%)

2 の権利 1 と同一, は3

▼ る文士~ (4, 0.0%)

1 から説明, に宛てた, は云った, は決して

▼ る文学雑誌~ (4, 0.0%)

1 にかかげられた, に発表, のゴシツプ欄, の編輯

▼ る文献~ (4, 0.0%)

1 に徴, の全体性, の役割, の意義

▼ る~ (4, 0.0%)

2 の音 1 の如く, を揮

▼ る斯学~ (4, 0.0%)

2 にとり 1 の真, の研究

▼ る既成~ (4, 0.0%)

1 の哲学的概念, の技術家, の法則, の演劇

▼ る日先生~ (4, 0.0%)

1 から大学, が口, の宅, の方

▼ る日朝~ (4, 0.0%)

1 から外出, から療養院, の内, 起きて

▼ る時そこ~ (4, 0.0%)

1 に私, の主人, の町, の神楽殿

▼ る時翁~ (4, 0.0%)

1 にこの, は何度目, は藤堂伯, は谷中村

▼ る時自分~ (4, 0.0%)

1 で男, に迫る, の家, は或

▼ る暑い~ (4, 0.0%)

1 六月の, 午後手紙が, 日に, 日の

▼ る暖かい~ (4, 0.0%)

1 南縁錢形平次は, 夢を, 宵で, 焚火の

▼ る書肆~ (4, 0.0%)

1 とアンリ・ファーブル, の主人, の懇請, の蔵

▼ る有様~ (4, 0.0%)

1 であった, であったが, にては仮令, に配分

▼ る朝彼女~ (4, 0.0%)

1 はいつも, は久し振り, は小屋, は裏口

▼ る朝目~ (4, 0.0%)

1 がさめ, が醒めたら, が醒める, を醒し

▼ る木々~ (4, 0.0%)

1 のま, の梢, の花, の錦

▼ る未知~ (4, 0.0%)

2 の女 1 の婦人, の科学

▼ る東京~ (4, 0.0%)

1 からのお客さん, の夏祭り, の大使館, の客

▼ る~ (4, 0.0%)

1 が眼, には精巧, の背後, は此家長

▼ る椅子~ (4, 0.0%)

1 に腰, の脚, より起てる, をさらに

▼ る植物~ (4, 0.0%)

1 が或, だの動物, の根, の研究

▼ る~ (4, 0.0%)

1 でありまた, で厶, の用意, 現はれぬ

▼ る構造~ (4, 0.0%)

1 から云っ, で極めて, と秩序, に基い

▼ る模様~ (4, 0.0%)

1 がご, だったが, でご, を念入り

▼ る機関~ (4, 0.0%)

1 が届かない, であった, で備, に属する

▼ る~ (4, 0.0%)

1 のもの, の一点, の四畳半, の時代

▼ る気持ち~ (4, 0.0%)

1 がこんな, が貴方, のいい, も手伝った

▼ る氣遣~ (4, 0.0%)

2 はない 1 けえ, ひは

▼ る永遠~ (4, 0.0%)

2 の今 1 と神聖, のニンフェ

▼ る~ (4, 0.0%)

1 の身囚, も下り来り, よりアキルリュウス, を棄て

▼ る深刻~ (4, 0.0%)

1 な危機, な暗闘, な決心, な経緯

▼ る温泉場~ (4, 0.0%)

1 に立ち寄る, に遊び, へ出かけた, へ泊つた

▼ る港町~ (4, 0.0%)

1 に張, に遊び, の宿屋, の駅

▼ る満足~ (4, 0.0%)

1 であつ, にちかい, をおぼえた, を覚え

▼ る準備~ (4, 0.0%)

1 があたえられ, とする, と異なり, をした

▼ る演説~ (4, 0.0%)

2 の敵 1 に於, の中

▼ る火の粉~ (4, 0.0%)

2 の雨 1 と高熱瓦斯, の渦巻

▼ る片肌~ (4, 0.0%)

4 は白

▼ る~ (4, 0.0%)

1 てふ, で主人, と人, の類

▼ る独特~ (4, 0.0%)

1 な作家的稟質, な心理的リズム, な新しい, な機能

▼ る獅子~ (4, 0.0%)

1 の影, は全, は美人, も越えず

▼ る現代~ (4, 0.0%)

1 こそは文化, の唯物論, の少女, の最も

▼ る理念~ (4, 0.0%)

1 としての精神, としての自然哲學, となり, によつて

▼ る理性~ (4, 0.0%)

1 の役割, の特色, の現実化, の自己実現

▼ る甚だ~ (4, 0.0%)

2 遠か 1 特徴的な, 面目ない

▼ る産業~ (4, 0.0%)

1 と全く, と科学, に従事, に永年従事

▼ る用事~ (4, 0.0%)

1 があつ, のため, もハイチャイ, をすます

▼ る用件~ (4, 0.0%)

1 で英国租界, について今, のため, を片

▼ る男性~ (4, 0.0%)

2 の華やか 1 との失敗, のみこ

▼ る町人~ (4, 0.0%)

2 の家 1 が私生活, の知る

▼ る町角~ (4, 0.0%)

1 から兇器, になっ, に二人, の本屋

▼ る疑惑~ (4, 0.0%)

2 を持った 1 が起りました, とが同棲

▼ る病的~ (4, 0.0%)

1 な傾向, な冷たい, な欲情, に冴え渡った

▼ る白髪~ (4, 0.0%)

2 の人弟 1 が忘, の人

▼ る盲目~ (4, 0.0%)

2 の衝動 1 に成ろう, の女

▼ る~ (4, 0.0%)

1 から他, のお, の漁村, の町

▼ る社会科学~ (4, 0.0%)

1 に就い, の発達, の諸, は社会

▼ る社會~ (4, 0.0%)

1 に於, の人, の重, を指した

▼ る神女~ (4, 0.0%)

1 かれら, に候, に祈り願, の端麗

▼ る神経~ (4, 0.0%)

2 の固有 1 にひっかかり, の判断作用

▼ る~ (4, 0.0%)

1 ひの, ひを, を未然, を概念的

▼ る私事~ (4, 0.0%)

2 は恋愛 1 にしかそれ, は之

▼ る秋晴れ~ (4, 0.0%)

4 の日

▼ る~ (4, 0.0%)

1 でおもわず, ですか, ならむ, にせ

▼ る積極的~ (4, 0.0%)

1 なイデー, な復古現象, な方向, な観念論

▼ る~ (4, 0.0%)

1 があった, で私, の標題, を読ん

▼ る~ (4, 0.0%)

2 の葉 1 に, の影

▼ る~ (4, 0.0%)

1 にてこれ, の一大事, の事, の益

▼ る算段~ (4, 0.0%)

1 だったに, と早く, と金三, もほか

▼ る~ (4, 0.0%)

1 は仕事, は停車場, は営内, を相当

▼ る結論~ (4, 0.0%)

1 に到達, に導くで, を, を脳中

▼ る縁故~ (4, 0.0%)

1 ある語, から福知山, から越後長岡, でつながっ

▼ る~ (4, 0.0%)

1 が行, ひなれば, もお, をなし

▼ る~ (4, 0.0%)

1 ごすり, に被い, の低い, を前

▼ る能はず~ (4, 0.0%)

1 と称し, と稱, 大同派, 重ねて

▼ る~ (4, 0.0%)

1 が外, に因る, 方を, 鬻の

▼ る自由詩~ (4, 0.0%)

1 の大, の発生, の開祖, はその

▼ る自白~ (4, 0.0%)

1 の効力, の真実性, は拷問, を覆す

▼ る色彩~ (4, 0.0%)

1 が認められるだらう, との相違, の縮緬, の配合

▼ る芸妓~ (4, 0.0%)

1 が料亭, のヒドイ近眼, をそこ, を落籍し

▼ る芸術作品~ (4, 0.0%)

1 が如何なる, に価値, のうち, はた

▼ る芸術的~ (4, 0.0%)

1 な, なそして, なもの, な美

▼ る若葉~ (4, 0.0%)

2 の頃 1 の中, の緑

▼ る苦しみ~ (4, 0.0%)

1 により, に参つて, の中, を起せり

▼ る苦痛~ (4, 0.0%)

1 が伴っ, が恐ろしい, こそまこと, を感じ

▼ る~ (4, 0.0%)

1 のゆかしき, を掌, を根本, を煮

▼ る~ (4, 0.0%)

1 あるが, あるもの, ある區域, れが

▼ る西園寺侯~ (4, 0.0%)

2 の世界主義 1 の仏蘭西学, の佛蘭西學

▼ る見解~ (4, 0.0%)

1 が或, もあろう, を固執, を抱かるれ

▼ る観念論~ (4, 0.0%)

1 が観念, だという, と呼ばれるべきだろう, に外

▼ る誇り~ (4, 0.0%)

2 を潜め 1 と努力, を有

▼ る誤謬~ (4, 0.0%)

1 がある, の可能性, や虚偽, を發見

▼ る読者~ (4, 0.0%)

1 から観, は泥, は漠然と, を医

▼ る調子~ (4, 0.0%)

1 にて何, の美し, の變, を引戻し

▼ る講演~ (4, 0.0%)

1 でも, となった, に挨拶, の取りやめ

▼ る象徴詩~ (4, 0.0%)

2 の出現 1 の伝来, の傳來

▼ る貨物~ (4, 0.0%)

1 であり著しく, に実現, の生産, をみだりに

▼ る貴族~ (4, 0.0%)

2 の娘 1 の何万坪, の園遊会

▼ る資本~ (4, 0.0%)

1 がいる, に代位, の諸, を奪っ

▼ る~ (4, 0.0%)

2 の男 1 しい陶物師, の女

▼ る賭博~ (4, 0.0%)

2 は野心児 1 であるの, に喧嘩

▼ る~ (4, 0.0%)

1 がある, こそ北伊大利あたり, である, を知

▼ る趣味~ (4, 0.0%)

2 は必ら 1 と近代機智, の判断

▼ る~ (4, 0.0%)

1 にあれ, に顕, の片側, を貰紙

▼ る~ (4, 0.0%)

3 かな 1 には今

▼ る迄には~ (4, 0.0%)

1 まだ二時間, 少し修行, 少し間, 母親の

▼ る通人~ (4, 0.0%)

1 がそれ, の放任主義, はこう, 迄算入

▼ る遠から~ (4, 0.0%)

1 ざるもの, ざる彼ら, ず, ず島

▼ る適当~ (4, 0.0%)

2 な角度 1 なその, なるもの

▼ る部族~ (4, 0.0%)

1 が存在, に限っ, のこと, の存在

▼ る部門~ (4, 0.0%)

1 でなければ, に於, の不備さ等, を開設

▼ る都会~ (4, 0.0%)

1 で富有, にも支社, の街路, を詩的

▼ る~ (4, 0.0%)

1 体, 体を, 界に, 談に

▼ る銀行~ (4, 0.0%)

2 に勤め 1 に出勤, の前

▼ る間もなく~ (4, 0.0%)

1 てつい, 両方から, 入り来る女ども, 室の

▼ る閣下~ (4, 0.0%)

2 の本領, の特色

▼ る難解~ (4, 0.0%)

2 の文字 1 な書物, の辭句

▼ る~ (4, 0.0%)

1 のごとく, の床, の珠, はなく

▼ る青い~ (4, 0.0%)

1 匂が, 竜胆の, 紐が, 絲や

▼ る面白~ (4, 0.0%)

2 さを 1 さが, さという

▼ る面白い~ (4, 0.0%)

1 企てを, 判例を, 変化が, 結論を

▼ る面目~ (4, 0.0%)

1 が無い, なさ, も御, も御座いません

▼ る革命~ (4, 0.0%)

1 は家庭, をもろ, を主題, 又之

▼ る~ (4, 0.0%)

1 ならば, の下, を穿く, を見よ

▼ る~ (4, 0.0%)

1 あるもの, ひ, ひなり, ひの

▼ る食人肉風習~ (4, 0.0%)

3 の存在 1 を傳

▼ る食物~ (4, 0.0%)

2 の快い 1 により, を買っ

▼ る餘地~ (4, 0.0%)

1 がある, がない, がなかつた, を殘

▼ る~ (4, 0.0%)

2 をき 1 のぬく, の煙

▼ る馬鹿~ (4, 0.0%)

1 な批評家, に出来ない, はない, は無くなる

▼ る驚異~ (4, 0.0%)

1 すべきもの, すべき実験, を与え, を求める

▼ る高山~ (4, 0.0%)

1 がある, として存在, の多く, の登攀

▼ る~ (4, 0.0%)

1 の主, の執念, の面, は殆

▼ る~ (3, 0.0%)

1 た, なみさんの, わななき

▼ るお前~ (3, 0.0%)

1 が飛び込んだ, の膽, も行つて

▼ るお召~ (3, 0.0%)

3 も縫

▼ るお寺~ (3, 0.0%)

1 に隠れ, の床, の若い

▼ るかが~ (3, 0.0%)

1 問題で, 朝議の, 見られます

▼ るかく~ (3, 0.0%)

1 ごに, て其祖, の如く

▼ るかとて~ (3, 0.0%)

3 空を

▼ るかな~ (3, 0.0%)

1 時々は, 迫る用事, 雲井に

▼ るからに~ (3, 0.0%)

1 因ります, 執念の, 水戸と

▼ るきし~ (3, 0.0%)

1 に田舍者いなか者, に田舎者いなか者, を田舍

▼ るくらいの~ (3, 0.0%)

1 ことを, 時勢に, 貯えは

▼ るくるくる~ (3, 0.0%)

2 くるくるるるるるる 1

▼ るけしき~ (3, 0.0%)

2 無く日 1 で私

▼ るけば~ (3, 0.0%)

3 行かよ

▼ る~ (3, 0.0%)

1 な, なその, な処

▼ るこうした~ (3, 0.0%)

1 創作態度は, 困難特殊科学的認識の, 論理の

▼ るこころ~ (3, 0.0%)

1 たえじとぞ, を見まもれ, 在るとは

▼ ること僅か~ (3, 0.0%)

1 に三十里, に三里計, に十余里

▼ ること痛切~ (3, 0.0%)

2 なれば 1 なるもの

▼ るささやか~ (3, 0.0%)

1 な出来事, な同人雑誌, な渓流

▼ るさの~ (3, 0.0%)

1 みち惑, 気立く, 車にて

▼ るしかし~ (3, 0.0%)

1 その行う, 實際には, 性質は

▼ るしがない~ (3, 0.0%)

1 とはいわさぬ, のだ, のも

▼ るしさ~ (3, 0.0%)

1 敏はじめ, 馳せ抜けても, 馳せ拔

▼ るすべ~ (3, 0.0%)

1 はない, もなかつた, も知らない

▼ るただ~ (3, 0.0%)

1 ちを, 一つの, 萌え出ずる青葉

▼ るためし~ (3, 0.0%)

2 は先代未聞 1 はありける

▼ るだから~ (3, 0.0%)

1 ね, 下には, 早く慣れき

▼ るだに~ (3, 0.0%)

1 いや苦し, 定まりたるを, 甚だ危険

▼ るっと~ (3, 0.0%)

2 からだを 1 鳴らすの

▼ るつて云~ (3, 0.0%)

1 つたよ, ひながら, ふ話

▼ るとこ~ (3, 0.0%)

1 じゃ, だ, なん

▼ るところで~ (3, 0.0%)

2 あつた 1 お難儀

▼ るとたん~ (3, 0.0%)

1 に人かげ, に何, に封

▼ るとばかり~ (3, 0.0%)

1 信じて, 思つてゐた, 見えて

▼ るなお~ (3, 0.0%)

2 月さまが 1 月様が

▼ るなどといふ~ (3, 0.0%)

1 こと無く, のは, 贅澤な

▼ るなべ~ (3, 0.0%)

1 に, に夜さ, に弓月

▼ るにあたり~ (3, 0.0%)

1 これに, 獨り, 神汝を

▼ るにぞ~ (3, 0.0%)

1 ありける, 今まで, 美少年は

▼ るのにと~ (3, 0.0%)

2 思ふと 1 胸を

▼ るのよ~ (3, 0.0%)

1 すぐ図, そのくせ何ん, 人が

▼ るはし~ (3, 0.0%)

1 くして, の夜, の空

▼ る~ (3, 0.0%)

1 あひ, あひも, つかりだよ

▼ るばかりで~ (3, 0.0%)

1 さっぱり箸, さつぱり箸, 焦っても

▼ るひとり~ (3, 0.0%)

1 の全知全能, の女, の男

▼ るびょう存じ~ (3, 0.0%)

1 まする, 申す, 申すと

▼ るべと~ (3, 0.0%)

1 したやう, したよう, 思つて床の

▼ るほども~ (3, 0.0%)

2 なく一とせ 1 自分の

▼ るもう~ (3, 0.0%)

3 とをる

▼ るやさしい~ (3, 0.0%)

1 一語でもが, 女性が, 魂を

▼ るやも~ (3, 0.0%)

1 知る可, 知れぬ, 知れぬゆえ

▼ るやや~ (3, 0.0%)

2 急な 1 大きな町

▼ るやを~ (3, 0.0%)

1 知らず, 知る可, 究めんと

▼ るらん~ (3, 0.0%)

2 総じてもて 1 また地獄

▼ る~ (3, 0.0%)

2 るろ 1 ふとも

▼ るわれわれ~ (3, 0.0%)

1 の事業, の前, の計画

▼ るをもって~ (3, 0.0%)

1 やむを得ずボート, 幽霊には, 良策と

▼ るエスプリ~ (3, 0.0%)

1 だけを他, だと, と原則的

▼ るガラツ八~ (3, 0.0%)

1 に斯, の八五郎, の鼻

▼ るセンチメンタリズム~ (3, 0.0%)

1 という響, の領域, は断じて

▼ るデパート~ (3, 0.0%)

1 に勤め, の裁縫部, へフラリ

▼ るデモクラシー~ (3, 0.0%)

1 にも拘らず, の未, 及びコンミュニズム思想

▼ るドイツ~ (3, 0.0%)

1 と弱小国家, の人, の態度

▼ るバー~ (3, 0.0%)

1 で飲んだ, のマダム, の棚

▼ るフランス人~ (3, 0.0%)

1 と結婚, に支那語, の仕事場

▼ るフランス語~ (3, 0.0%)

2 の純化運動 1 の純粋化

▼ るフロン・ポプュレール~ (3, 0.0%)

1 なるもの, のイニシャティーヴ, の問題

▼ る一個所~ (3, 0.0%)

1 に遺伝的, をかれこれ, を探偵小説

▼ る一族~ (3, 0.0%)

1 の左少将有盛, の遺子, や家臣

▼ る一時的~ (3, 0.0%)

1 なエモーション, なデモクラシー, の気分

▼ る一箇所~ (3, 0.0%)

1 だけ苔, を読んだ, を選ん

▼ る一節~ (3, 0.0%)

1 にざつと目, に達する, を程

▼ る一階級~ (3, 0.0%)

1 に限られ, の独占的享楽, への義心

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の質, の郷, 大高原

▼ る三日~ (3, 0.0%)

1 にきらびやか, の寅剋, の月

▼ る上人~ (3, 0.0%)

1 たちまちこれ, のもと, の方

▼ る~ (3, 0.0%)

1 つ張れの, の言葉, より眼

▼ る不快~ (3, 0.0%)

1 と快感, な意味, な疑ひを

▼ る不良少年~ (3, 0.0%)

1 から聞いた, の気焔みたい, の話

▼ る世の中~ (3, 0.0%)

1 ではありません, にもっとも, に腕節

▼ る世話~ (3, 0.0%)

1 になった, は無い, をしない

▼ る世話好き~ (3, 0.0%)

2 の人 1 の男

▼ る丘陵~ (3, 0.0%)

1 である, に登る, を

▼ る両者~ (3, 0.0%)

1 の位置関係, の結合, の連関

▼ る~ (3, 0.0%)

1 なるもの, 公悼みつ, 體他者に

▼ る主義~ (3, 0.0%)

1 に依り, のため, を採用

▼ る主観性~ (3, 0.0%)

1 の安易, はどう, は仮説

▼ る予定~ (3, 0.0%)

1 でいた, のあら, の方向

▼ る予感~ (3, 0.0%)

1 の的中, はだ, をもっ

▼ る事勿~ (3, 0.0%)

1 れ, れと, れとは

▼ る事能~ (3, 0.0%)

1 はざる, はざるもの, はざる純潔

▼ る二三~ (3, 0.0%)

1 の新作上演, の根本問題, の講中

▼ る二味~ (3, 0.0%)

1 も私, を申, を相違

▼ る二階~ (3, 0.0%)

1 に間借, に首, の間

▼ る~ (3, 0.0%)

1 ひ知れぬ悦び, ふことは, やはりまん

▼ る五月~ (3, 0.0%)

3 の朝

▼ る些細~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 なる事

▼ る~ (3, 0.0%)

1 いよ, た羨むべし嗚呼, 固より

▼ る人格~ (3, 0.0%)

1 の発現, の裡, は何

▼ る人民~ (3, 0.0%)

1 の多数, の好ん, の食

▼ る人間ぢ~ (3, 0.0%)

1 やねえ, やア, や御座いません

▼ る人間性~ (3, 0.0%)

1 の剥奪, の抽象的, の自覚

▼ る仏師~ (3, 0.0%)

1 の制作品, の店, の弟子

▼ る仕掛け~ (3, 0.0%)

1 だつた, であるそう, によって斯く

▼ る仕草~ (3, 0.0%)

2 あり 1 は除

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の大きな, 價である, 用品の

▼ る仮定~ (3, 0.0%)

1 から結論, は出せない, を云う

▼ る~ (3, 0.0%)

1 だつた, なるが, なれば

▼ る任務~ (3, 0.0%)

1 として文芸, はその, を有っ

▼ る任意~ (3, 0.0%)

1 の, の規定, の過去

▼ る会話~ (3, 0.0%)

1 が取り交されたなら, である, は単なる

▼ る伯爵~ (3, 0.0%)

1 の夫人, の娘, は干柿

▼ る位地~ (3, 0.0%)

2 は僅 1 は天下

▼ る佐渡~ (3, 0.0%)

2 の人 1 が島

▼ る~ (3, 0.0%)

1 とかを頻りに, に於, を読む

▼ る使者~ (3, 0.0%)

1 がありました, を拜, を長州

▼ る価格~ (3, 0.0%)

1 で中本, で銅線, の問題

▼ る個人性~ (3, 0.0%)

2 を有する 1 を認めない

▼ る個人的~ (3, 0.0%)

1 な詩, の発信者, 乃至主体的

▼ る健康~ (3, 0.0%)

1 という常識用語, のみを健康, を求める

▼ る側面~ (3, 0.0%)

1 の敵, の輪郭, 或る

▼ る僥倖~ (3, 0.0%)

1 は事功, をとり逃す, を期待

▼ る僧侶~ (3, 0.0%)

1 が只, が幕府, の思想

▼ る全く~ (3, 0.0%)

1 の文献学主義者, 別種の, 動物的な

▼ る全て~ (3, 0.0%)

1 の力, の勢力, の要素

▼ る全体~ (3, 0.0%)

1 としての意味, との対比, に於

▼ る公爵~ (3, 0.0%)

1 の出資, の突然, はヴエルサイユ宮殿

▼ る兵器~ (3, 0.0%)

1 の発明, を造っ, を造る

▼ る具象~ (3, 0.0%)

1 と抽象, にまで仮にもち, の概念

▼ る~ (3, 0.0%)

1 い甘い, い障壁, かなもの

▼ る冷た~ (3, 0.0%)

1 さう, さが, さに

▼ る凡そ~ (3, 0.0%)

1 張本百三十余人伴類二百人に, 最低の, 義盛啻に

▼ る出版会社~ (3, 0.0%)

1 に勤め, に勤める, に夫婦共

▼ る分析~ (3, 0.0%)

1 がいずれ, が特に, の特殊

▼ る初め~ (3, 0.0%)

1 なりけり, においてもなお, に於

▼ る判断~ (3, 0.0%)

1 とは判断作用, を冷かす, 乃至推論

▼ る利益~ (3, 0.0%)

1 のため, もある, を期待

▼ る~ (3, 0.0%)

1 と鞘, の鞘, を颯と

▼ る~ (3, 0.0%)

2 成り名 1 がない

▼ る労働者~ (3, 0.0%)

1 に対して一つ, の労働力技能, の赤坊

▼ る勇氣~ (3, 0.0%)

1 はありません, もありません, を胸中

▼ る動き~ (3, 0.0%)

1 が籠っ, のあらゆる, を起す

▼ る勘定~ (3, 0.0%)

1 だ, だつたの, になっ

▼ る勝利~ (3, 0.0%)

1 であるに, という動かし, を希う

▼ る勢い~ (3, 0.0%)

1 すさまじく岡村, ですから, に眼

▼ る~ (3, 0.0%)

1 に私, に食糧管理委員会, の産院

▼ る半島~ (3, 0.0%)

2 へ旅行 1 の海

▼ る印刷所~ (3, 0.0%)

1 の使, の小僧, を買い取っ

▼ る危機~ (3, 0.0%)

1 に近づい, の最高潮, はそのまま

▼ る危險~ (3, 0.0%)

1 なる思想, をおそる, を免れしめ

▼ る原子~ (3, 0.0%)

1 のエネルギー, は内部, は外部

▼ る反射~ (3, 0.0%)

1 がまとも, であり反映, の中

▼ る収穫~ (3, 0.0%)

1 で詩論, のよう, を概算

▼ る古典~ (3, 0.0%)

1 の叙事詩, は大体三つ, や独仏語

▼ る古本屋~ (3, 0.0%)

1 でリルケ, で見附けた, へ処分

▼ る古老~ (3, 0.0%)

1 から昔阿波, から聞いた, が抽出

▼ る~ (3, 0.0%)

1 は増田, もだいぶ, を咏

▼ る可能性~ (3, 0.0%)

2 がある 1 はそのまま

▼ る合理性~ (3, 0.0%)

1 なの, はどういう, を認められ

▼ る同人雑誌~ (3, 0.0%)

1 が作家, の短評欄, の編輯

▼ る同情~ (3, 0.0%)

1 と憧憬, の海, を寄せ

▼ る名士~ (3, 0.0%)

1 が少く, の若, はまた

▼ る名高い~ (3, 0.0%)

1 女優らしかった, 温泉場へ, 針醫が

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の所謂方法論, も尠, も無い

▼ る吾が~ (3, 0.0%)

1 子はを, 手を, 眼曇る

▼ る呪文~ (3, 0.0%)

2 はきかぬ 1 によってその

▼ る哀愁~ (3, 0.0%)

1 かうした方面, をふくんだ, 痛く胸

▼ る唯物弁証法~ (3, 0.0%)

1 としての理論, の哲学, は具体的

▼ る唯物論的方法~ (3, 0.0%)

1 と観念論的方法, は実証的, は客観的

▼ る問い~ (3, 0.0%)

1 であること, を意味, を発した

▼ る啓蒙期~ (3, 0.0%)

1 に相当, の二, の所謂

▼ る啓蒙活動~ (3, 0.0%)

1 の役割, はオランダ, は決して

▼ る喫茶店~ (3, 0.0%)

1 にも寄らず, のドア, の窓

▼ る器械~ (3, 0.0%)

1 の図, の研究論文, は最近

▼ る噴井~ (3, 0.0%)

2 の水 1 かな

▼ る囘教徒~ (3, 0.0%)

2 の數 1 の貿易通商

▼ る四日~ (3, 0.0%)

1 には将軍家, の午頃, は昼

▼ る因果~ (3, 0.0%)

1 こそが確率, こそ却って, とか必然性

▼ る因果関係~ (3, 0.0%)

2 はそれ 1 による発生

▼ る因縁~ (3, 0.0%)

1 でそれ程, で繋つて, 誠に浅から

▼ る図形~ (3, 0.0%)

1 に就い, のうち, の面

▼ る~ (3, 0.0%)

1 で用いられた, と戰爭, にし

▼ る國家~ (3, 0.0%)

1 の元老, の存在, の爲

▼ る國民~ (3, 0.0%)

1 が文化, には或, の輿論

▼ る地上~ (3, 0.0%)

1 に向, の部分部分, へ膝行

▼ る地震學~ (3, 0.0%)

1 のこれ, は他, は無論

▼ る~ (3, 0.0%)

1 になつ, の途中, をば登りつめた

▼ る均衡~ (3, 0.0%)

1 を保っ, を失い, を見出そう

▼ る~ (3, 0.0%)

1 に一瞬, のない, 或る

▼ る城下まち~ (3, 0.0%)

2 の高等学校 1 の高等學校

▼ る場末~ (3, 0.0%)

1 に肴屋, のひどく, の遊里

▼ る塲所~ (3, 0.0%)

2 のある 1 が行く先

▼ る~ (3, 0.0%)

1 あらば, の族, の自ら

▼ る士官~ (3, 0.0%)

1 がに, とという風, に再婚

▼ る声明~ (3, 0.0%)

1 に対する陸軍, の総本山, 及び翼賛会

▼ る夕暮~ (3, 0.0%)

1 その窓, だつた, に大川

▼ る夕暮時~ (3, 0.0%)

2 に村会議員 1 にさ

▼ る外國人~ (3, 0.0%)

1 のバア, は讙呼, を日本

▼ る多少~ (3, 0.0%)

1 とも満足, や住民, 教育も

▼ る多数~ (3, 0.0%)

1 が自分達, の国, の婦人

▼ る夜ふけ~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 に大井

▼ る夜中~ (3, 0.0%)

1 だつた, にそこら, のこと

▼ る夢中遊行~ (3, 0.0%)

1 の事実, の状態, を起し

▼ る大地~ (3, 0.0%)

1 のうめき声, の果, を知らぬ

▼ る大抵~ (3, 0.0%)

1 な者, の人物, の文学流派

▼ る大罪~ (3, 0.0%)

1 でも必ずしも, の行はる, を犯し

▼ る太陽~ (3, 0.0%)

1 の位置, はまとも, も心地よ

▼ る奇蹟~ (3, 0.0%)

1 が信仰, の如く, を我

▼ る奥さん~ (3, 0.0%)

1 が私, との話, を見舞うべく

▼ る如何なる~ (3, 0.0%)

1 事ある, 律法も, 種類の

▼ る~ (3, 0.0%)

2 な姿態 1 といふこと

▼ る姿勢~ (3, 0.0%)

1 は寧ろ, をことさら, をし

▼ る威力~ (3, 0.0%)

1 から出, がある, の下

▼ る孤島~ (3, 0.0%)

1 に似たる, の事, の生活中

▼ る学友~ (3, 0.0%)

1 から同人雑誌, と唐津, は私

▼ る~ (3, 0.0%)

1 かつた, つぽく, 蜜柑じゃねえ

▼ る宗教情熱~ (3, 0.0%)

2 の豊けさ 1 の豐けさ

▼ る官吏~ (3, 0.0%)

1 に於, の名前, はダンス

▼ る実に~ (3, 0.0%)

1 その通り, 三たび, 元治元年七月十一日

▼ る実在~ (3, 0.0%)

1 の人間, の模写, の模写反映

▼ る実証主義~ (3, 0.0%)

1 とかは処, と広義, は批評

▼ る宴会~ (3, 0.0%)

1 でこれ, の席上, の時

▼ る家族制度~ (3, 0.0%)

2 の崩壊 1 の發達

▼ る家柄~ (3, 0.0%)

1 であり物部氏, で暖簾, をも離れ

▼ る容態~ (3, 0.0%)

1 もなく, も無く, をま

▼ る~ (3, 0.0%)

3 るから

▼ る寒村~ (3, 0.0%)

2 に生れた 1 なるにがそりん

▼ る實業家~ (3, 0.0%)

1 が醉つて詠歎, の令孃, の持家

▼ る實體~ (3, 0.0%)

1 から出, のうち, を離れ

▼ る寺院~ (3, 0.0%)

1 がある, にては彼, の奥

▼ る専門~ (3, 0.0%)

1 の大家, の知識, の科学者達

▼ る尊い~ (3, 0.0%)

1 大事業, 永遠の, 遺産として

▼ る尊敬~ (3, 0.0%)

1 すべき老, の念, を感じ

▼ る導者~ (3, 0.0%)

1 にした, の, は命運

▼ る~ (3, 0.0%)

1 教正の, 數の, 數人だ

▼ る屋敷~ (3, 0.0%)

1 でたった, のくぐり, の腰元

▼ る山上~ (3, 0.0%)

1 に居る, の大観, の遺跡

▼ る山家~ (3, 0.0%)

1 におのれ魅, に雪, は初

▼ る山寺~ (3, 0.0%)

1 ありしと, で例, の梵妻

▼ る山脈~ (3, 0.0%)

1 の奥深く, の深き, の雪線

▼ る山間~ (3, 0.0%)

1 の人, の自然, の都邑

▼ る山陽~ (3, 0.0%)

1 の動静, の淪落的生活, の資格

▼ る~ (3, 0.0%)

1 のはて, の裏側, を曲つた

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の横雲, の褄, も流るる

▼ る工人~ (3, 0.0%)

2 の精神 1 は三千人

▼ る~ (3, 0.0%)

1 にゐし, に辿りついた, の或

▼ る布教~ (3, 0.0%)

1 いづれも, は專ら親鸞, は鎌倉時代

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の氣行, 次は, 科の

▼ る帽子~ (3, 0.0%)

1 が当, の如く, は必シルクハット

▼ る平凡~ (3, 0.0%)

1 なこと, なるもの, な町家

▼ る年上~ (3, 0.0%)

2 の女 1 の圓盤

▼ る年寄~ (3, 0.0%)

1 の役人, の慾目, の百姓

▼ る~ (3, 0.0%)

1 に, に溺, をかくしし

▼ る幽か~ (3, 0.0%)

1 なゆとり, な物音, な音

▼ る広々~ (3, 0.0%)

2 とした 1 した思い

▼ る座標~ (3, 0.0%)

1 とは単なる, は云う, は正に

▼ る建物~ (3, 0.0%)

1 が労働者, の中, をみし

▼ る弱点~ (3, 0.0%)

1 のある, は寧ろ, を彼

▼ る形式上~ (3, 0.0%)

1 の區別, の文體, の高水準

▼ る形態~ (3, 0.0%)

1 に他, の知れない, を取る

▼ る形而上学~ (3, 0.0%)

1 がどの, が例えば, の建設

▼ る役所~ (3, 0.0%)

1 からこの, の吏, らしい跡

▼ る従って~ (3, 0.0%)

1 その限り客観的, 又物質, 穀物の

▼ る心得~ (3, 0.0%)

21 もあり

▼ る必然的~ (3, 0.0%)

1 なるもの, なる努力, な連関

▼ る~ (3, 0.0%)

1 人中の, 樂の, 船を

▼ る思念~ (3, 0.0%)

1 の渦巻, を, を生ずる

▼ る思想性~ (3, 0.0%)

1 という問題, と無, なるもの

▼ る~ (3, 0.0%)

1 な事, な雪渓, 角度の

▼ る恐るべき~ (3, 0.0%)

1 心理遺伝を, 暗黒な, 秘密の

▼ る恩惠~ (3, 0.0%)

1 の髮, を彼, 即ち生き

▼ る~ (3, 0.0%)

1 が苦しい, を遠い, 溶け合う二つ

▼ る恰も~ (3, 0.0%)

1 そのよう, 三月前, 時儀盤の

▼ る悪人~ (3, 0.0%)

1 であるかも, とも知らず, の学者

▼ る悲しい~ (3, 0.0%)

1 かな, 事蹟などを, 話を

▼ る悲痛~ (3, 0.0%)

1 な力, な感情, の涙

▼ る想像~ (3, 0.0%)

1 がついた, は無理, を絶

▼ る意志~ (3, 0.0%)

1 があった, は罪惡, も生活能力

▼ る意欲~ (3, 0.0%)

1 に燃えあがっ, を不断, を持ち続ける

▼ る感激~ (3, 0.0%)

1 の情, をもっ, を以て聴き

▼ る~ (3, 0.0%)

1 に泣く, の杙, の魚

▼ る成功~ (3, 0.0%)

1 ありしか, に乗じ, は人格毀損以外

▼ る我々~ (3, 0.0%)

1 の旅舎, の部屋, はその

▼ る我身~ (3, 0.0%)

1 という関係, の罪, の誤なりけり

▼ る或は~ (3, 0.0%)

1 下つて山田耕筰, 日本に, 藥物など

▼ る戦争ジャーナリスト~ (3, 0.0%)

1 と呼ん, に対するたより, の共通

▼ る批判~ (3, 0.0%)

2 と形而上学 1 をやる

▼ る技術的~ (3, 0.0%)

1 な客観条件, な本質, な要素

▼ る折しも~ (3, 0.0%)

1 三寶ヶ辻で, 我ありぬ, 黒雲空に

▼ る~ (3, 0.0%)

1 のさき, より顔, を折る

▼ る政府~ (3, 0.0%)

1 と新しい, の信用, の答弁書

▼ る政治的自由~ (3, 0.0%)

1 とは無関係, などではなく, の獲得

▼ る教育家~ (3, 0.0%)

1 が見, は果して, 或いは師範教育

▼ る~ (3, 0.0%)

1 が芸術品, を英語, 書くべき婦人

▼ る文化対立~ (3, 0.0%)

1 と呼んだ, はこういう, よりも文化そのもの

▼ る文字~ (3, 0.0%)

1 であらう, の右肩, を引かう

▼ る文学上~ (3, 0.0%)

2 のモダーニズム 1 の合図

▼ る文学者~ (3, 0.0%)

1 のいる, の近親, は

▼ る文学賞~ (3, 0.0%)

1 の候補, の候補者, を得た

▼ る文明~ (3, 0.0%)

1 にも自ら命數, の洗礼, への柱

▼ る文芸雑誌~ (3, 0.0%)

1 に, に発表, に私

▼ る料理店~ (3, 0.0%)

1 にはいり, へよっ, へわたし

▼ る新劇運動~ (3, 0.0%)

1 なるもの, はこの, をし

▼ る方策~ (3, 0.0%)

1 でありますから, である, を立て

▼ る施設~ (3, 0.0%)

1 が外国人, なり或は, の多大

▼ る日それ~ (3, 0.0%)

1 にはげしい, に熨斗, も朝

▼ る日不意~ (3, 0.0%)

2 に二人 1 にあの

▼ る日二人~ (3, 0.0%)

1 はいつも, は相談, は西城川

▼ る日外出~ (3, 0.0%)

3 して

▼ る日妾~ (3, 0.0%)

1 がツカツカ, が何, はなんとなく

▼ る日山~ (3, 0.0%)

1 から虎, で働い, に入り

▼ る日本主義~ (3, 0.0%)

1 の媚態位, はファシズム的政治権力, は国学的

▼ る日本軍~ (3, 0.0%)

2 の進出 1 の正義

▼ る日村~ (3, 0.0%)

1 の小屋掛け, の警衛, の重立つた

▼ る旦那~ (3, 0.0%)

2 の生活 1 ではない

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の申立, 申送り候, 被仰

▼ る早々~ (3, 0.0%)

1 二三年前から, 斯んな, 起きて

▼ る早朝~ (3, 0.0%)

1 だった, だつた, であった

▼ る映像~ (3, 0.0%)

1 が蘇っ, が高速度, と実体

▼ る~ (3, 0.0%)

1 であつ, の幽霊, ほのぼのと

▼ る時これ~ (3, 0.0%)

1 はまた, も北鉄, を人

▼ る時それ~ (3, 0.0%)

1 は精神, を外す, を横

▼ る時何~ (3, 0.0%)

1 かの機会, か大きな, もなかっ

▼ る時先生~ (3, 0.0%)

1 が例, が鎌倉, は

▼ る時期以前~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 の変態

▼ る時途中~ (3, 0.0%)

1 で私, で竹山, の廊下

▼ る晩二階~ (3, 0.0%)

1 が抜ける, で猫, の戸

▼ る晩僕~ (3, 0.0%)

1 はこんな, は校庭, は読書

▼ る晩彼女~ (3, 0.0%)

1 が風呂, とテーブル, はどうしても

▼ る普遍的~ (3, 0.0%)

1 なもの, な支配的, に実在

▼ る智識~ (3, 0.0%)

1 は頗る, を捨て去つ, を預

▼ る~ (3, 0.0%)

1 さか, さかな, さを

▼ る~ (3, 0.0%)

1 と明, の色, は救

▼ る暗き~ (3, 0.0%)

1 光景を, 心は, 鼻なめらかに

▼ る暗黒~ (3, 0.0%)

1 なる奥秩父, を後, を破られ

▼ る暮方~ (3, 0.0%)

1 に内裏, 何気ない足, 何気ない足取り

▼ る暮色~ (3, 0.0%)

2 の中 1 のなか

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の後, の色ほのか, や

▼ る~ (3, 0.0%)

1 である, には, を書い

▼ る書房~ (3, 0.0%)

1 が文化, に居た, の編輯部

▼ る有力者~ (3, 0.0%)

1 のお, を旦那, を脅迫

▼ る~ (3, 0.0%)

1 となりぬ, を嘱, を抱いた

▼ る朝新聞~ (3, 0.0%)

1 と一緒, のインタービュー記事, をひろげ

▼ る朝母~ (3, 0.0%)

2 がそこ 1 はどう

▼ る未亡人~ (3, 0.0%)

1 との関係, に私, の乱行

▼ る本能~ (3, 0.0%)

1 の醸した, や人情, を持っ

▼ る~ (3, 0.0%)

1 のうるし, の漆榛, の色

▼ る村落~ (3, 0.0%)

1 あり, に遊ぶ, の子

▼ る~ (3, 0.0%)

1 までがザラ, をれし, 折れしが

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の下道, の中, を右左

▼ る果敢なき~ (3, 0.0%)

2 運を 1 すさびすら

▼ る~ (3, 0.0%)

2 は白う 1 のひま

▼ る~ (3, 0.0%)

1 というよう, 暑の, 簡略な

▼ る様々~ (3, 0.0%)

1 なる条件, な意味, の

▼ る模範的~ (3, 0.0%)

1 な分析方法, な統計的方法, の名

▼ る~ (3, 0.0%)

2 みこし夕かげ 1 の奥

▼ る欠点~ (3, 0.0%)

1 は大いに, や羈絆, を暴露

▼ る欲求~ (3, 0.0%)

1 である, の一形式, を圧抑

▼ る正直~ (3, 0.0%)

2 な人 1 さうな男也

▼ る正義感~ (3, 0.0%)

1 と芸術的野望, を抱い, 或る

▼ る此等~ (3, 0.0%)

1 の大乗仏教, の懸念, 諸外國

▼ る武家~ (3, 0.0%)

1 と言い交し, のやうぢ, の邸

▼ る~ (3, 0.0%)

1 と結び合つて, ぬると, の運命

▼ る段取り~ (3, 0.0%)

1 ですが, になります, を拵

▼ る~ (3, 0.0%)

1 を出す, を盛った, を身内

▼ る~ (3, 0.0%)

1 には藩邸, には蘭軒, ひには

▼ る気温~ (3, 0.0%)

1 といっ, の年, の関係

▼ る水だま~ (3, 0.0%)

2 の早 1 のまた

▼ る水準~ (3, 0.0%)

1 に達し, を指す, を高める

▼ る江戸~ (3, 0.0%)

2 つ子 1 に於ける

▼ る河童~ (3, 0.0%)

1 が人, の絵巻, は本

▼ る~ (3, 0.0%)

1 に垂れぬ, のほとり, の為

▼ る注文~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, による自発性, をつけ

▼ る洋学者~ (3, 0.0%)

1 が大, が妻, の家

▼ る洋画家~ (3, 0.0%)

1 から思い, のため, のところ

▼ る海路~ (3, 0.0%)

21 は一筋

▼ る消極的~ (3, 0.0%)

1 な操作, な観念, な觀念

▼ る~ (3, 0.0%)

1 のとまらぬ, をと, を去り

▼ る~ (3, 0.0%)

2 の中 1 と渦

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の, の静, の靜

▼ る滿悦~ (3, 0.0%)

2 を深く 1 を噛み殺す

▼ る漢族~ (3, 0.0%)

1 の根據地, の版圖, の發展

▼ る漱石文化~ (3, 0.0%)

1 なるもの, のエージェント, を如実

▼ る~ (3, 0.0%)

1 ならば, の流れ, はこ

▼ る~ (3, 0.0%)

1 ありて, に立往生, のおと

▼ る災難~ (3, 0.0%)

1 に出合つた, に遭, の間

▼ る~ (3, 0.0%)

2 の野 1 の頭

▼ る無形~ (3, 0.0%)

1 なもの, の感動, の鏡

▼ る~ (3, 0.0%)

1 う云, らば, れども

▼ る~ (3, 0.0%)

1 か, のみぞ, の色

▼ る熱き~ (3, 0.0%)

2 涙を 1 涙は

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の頭脳, はさ, は流血

▼ る片田舎~ (3, 0.0%)

1 に定住, の小さい, の森蔭

▼ る~ (3, 0.0%)

1 もある, も出る, 噛み倒し皮

▼ る物質的生産力~ (3, 0.0%)

1 が一定社会, が規定, の発達

▼ る特異~ (3, 0.0%)

1 なもの, な事, の頭脳

▼ る特種~ (3, 0.0%)

1 な感情, な感覺, の蘭

▼ る犠牲~ (3, 0.0%)

1 などは論ずる, を払っ, を見

▼ る犯罪者~ (3, 0.0%)

1 が自分, の捕まった, の根拠地

▼ る独立~ (3, 0.0%)

1 が結果, な一資本, な秩序界

▼ る~ (3, 0.0%)

1 ほ金剛, 北条四郎時政の, 十の

▼ る獣類~ (3, 0.0%)

1 などである, は中生代, もその

▼ る~ (3, 0.0%)

1 だもの, のごとく, の徐々

▼ る王様~ (3, 0.0%)

1 が金, と一緒, の娘ダネイ

▼ る~ (3, 0.0%)

1 實主義である, 實以上である, 段階との

▼ る理想的~ (3, 0.0%)

1 な形, な美し, な考

▼ る環境~ (3, 0.0%)

1 に適應, の中, の整理

▼ る生活状態~ (3, 0.0%)

1 とは非常, などを私, を一瞥

▼ る生物~ (3, 0.0%)

1 なの, にはその, を造る

▼ る生産機構~ (3, 0.0%)

1 からは比較的, に従って使われる, の膠質物

▼ る男ぢ~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ る町家~ (3, 0.0%)

1 の一人娘, の娘, を借り

▼ る~ (3, 0.0%)

1 つた感じを, つた感想を, 端的なる

▼ る異性~ (3, 0.0%)

1 に愛され, の, は悉く

▼ る當然~ (3, 0.0%)

1 の形式, の歸宿, の歸結

▼ る~ (3, 0.0%)

1 から恢復, だとは, にはか

▼ る白泡~ (3, 0.0%)

2 が夢 1 を見

▼ る白波~ (3, 0.0%)

1 が遙, に似たりけり, のすぐ

▼ る白雲~ (3, 0.0%)

1 のおの, のよう, を映し

▼ る百姓~ (3, 0.0%)

2 の家 1 の荷馬車

▼ る皮肉~ (3, 0.0%)

2 な好奇心 1 をもっ

▼ る目標~ (3, 0.0%)

1 のため, の一つ, へ必死

▼ る直ぐ~ (3, 0.0%)

1 何処へか, 前に, 引拔い

▼ る真似~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をされた

▼ る真剣~ (3, 0.0%)

2 な異性 1 な意義

▼ る着物~ (3, 0.0%)

1 の下, の存在, の食器

▼ る知らせ~ (3, 0.0%)

1 の柱, の棒, を齎

▼ る示唆~ (3, 0.0%)

1 と雖, の役割, や想像

▼ る社会主義者~ (3, 0.0%)

1 の代表者, の家, や戦闘的労働者

▼ る社会状態~ (3, 0.0%)

1 とその, の成りたつ, を成りたたせる

▼ る祈り~ (3, 0.0%)

1 に彼, の歌, は翳

▼ る神ども~ (3, 0.0%)

1 をなつけ, を平, を言向け

▼ る神様~ (3, 0.0%)

1 の前, の御, よ

▼ る神祕的~ (3, 0.0%)

1 なるもの, な恐怖, な誘惑

▼ る禪宗~ (3, 0.0%)

1 の始祖, の布教的活動, は如何なる

▼ る~ (3, 0.0%)

2 のあり 1 に見

▼ る科学的批評~ (3, 0.0%)

1 でなければ, に於, は云わ

▼ る~ (3, 0.0%)

1 さの, 兒の, 子髷

▼ る種々~ (3, 0.0%)

1 なる出來事, の問題, の困難

▼ る稽古~ (3, 0.0%)

1 といふ事, に立ち, をする

▼ る空想的~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 なそして

▼ る筈良人~ (3, 0.0%)

3 はあつ

▼ る策略~ (3, 0.0%)

2 といふやう 1 は汗

▼ る範疇組織~ (3, 0.0%)

1 とは完全, にある, は必ず

▼ る精神的~ (3, 0.0%)

1 な重荷, な魅力, の貞操

▼ る精舍~ (3, 0.0%)

2 のさ 1 に秋

▼ る~ (3, 0.0%)

1 技術的な, 機械的分業である, 眞に

▼ る細き~ (3, 0.0%)

1 白滝, 窓から, 葉や

▼ る細工~ (3, 0.0%)

1 ですね, ではなささうです, をする

▼ る結合~ (3, 0.0%)

1 とは四次元空間, の所有, は今

▼ る結構~ (3, 0.0%)

1 な打紐, な村, な物

▼ る統計的~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 の法則

▼ る~ (3, 0.0%)

1 同盟罷工に, 大衆という, 選挙の

▼ る~ (3, 0.0%)

1 に成る, のやう, やまた

▼ る~ (3, 0.0%)

1 か, により, の犯人

▼ る美女~ (3, 0.0%)

1 が路傍, に譬えられ, の如く

▼ る美術~ (3, 0.0%)

1 と音楽, は始め, や工芸

▼ る~ (3, 0.0%)

1 に奮然と, の華, を見渡し

▼ る義雄~ (3, 0.0%)

1 の兩製造所, の失敗, の妻

▼ る職人~ (3, 0.0%)

1 が云った, の笑い声, ばかりです

▼ る職業~ (3, 0.0%)

1 にはすべて, のもの, を有し

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の強調, の美, をすつかり

▼ る肉体~ (3, 0.0%)

1 だ, の形成, の感覚

▼ る肯定~ (3, 0.0%)

1 と否定, の心, の歡喜

▼ る自動車~ (3, 0.0%)

1 の濤, の真正面, や馬車

▼ る自己~ (3, 0.0%)

1 であった, の問題, の現在

▼ る~ (3, 0.0%)

1 にふくませよ, また何ぞ, をなめ

▼ る芭蕉~ (3, 0.0%)

1 かな, の精神, 涼しや

▼ る芸術家~ (3, 0.0%)

1 が一生, のため, は眼前

▼ る若干~ (3, 0.0%)

1 のひそや, の基本問題, の実例

▼ る英国~ (3, 0.0%)

1 の保護権, の優勝位地, の擡頭

▼ る英雄~ (3, 0.0%)

2 に非 1 ではない

▼ る~ (3, 0.0%)

1 の花, の葉, を飮

▼ る茶店~ (3, 0.0%)

1 で早川鮎, で此, に小さな

▼ る落付き~ (3, 0.0%)

1 がある, が心, を得た

▼ る著者~ (3, 0.0%)

1 が石川達三ピカ一, の予言的中記, の注

▼ る蒸し暑い~ (3, 0.0%)

1 日でした, 日に, 晩の

▼ る薔薇~ (3, 0.0%)

1 の花, や鬼薊, を発見

▼ る薬液~ (3, 0.0%)

1 があっ, を注ぎ込ん, を注入

▼ る藝ぢ~ (3, 0.0%)

1 やありません, やない, や無え

▼ る藝術~ (3, 0.0%)

1 のため, の孤立, の潮流

▼ る藩中~ (3, 0.0%)

1 に勤め, の父子連れ, の野村彦右衛門

▼ る~ (3, 0.0%)

1 にその, の音, は小麦

▼ る~ (3, 0.0%)

2 の神経衰弱症状 1 の社会的地位

▼ る蝋燭~ (3, 0.0%)

2 の火 1 のやう

▼ る~ (3, 0.0%)

1 であつ, のご, を払う

▼ る血潮~ (3, 0.0%)

1 の何万分の一, の温か味, の神祕

▼ る~ (3, 0.0%)

1 は眺め, も叫喚, を持

▼ る被告~ (3, 0.0%)

1 の多数, の態度, の陳述

▼ る複雑~ (3, 0.0%)

1 な事情, な形, な構図

▼ る視角~ (3, 0.0%)

1 からすれ, から憎むべき, から視れ

▼ る親しい~ (3, 0.0%)

1 一小説家の, 友人が, 友人に

▼ る親類~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 だけでも大

▼ る解決~ (3, 0.0%)

1 であって, の途, は人間有機體

▼ る~ (3, 0.0%)

3 ふだけの

▼ る言動~ (3, 0.0%)

2 は唯 1 と同様

▼ る計り~ (3, 0.0%)

1 で今日, で御座います, 知るべからざる能力

▼ る記事~ (3, 0.0%)

1 に眼, を押, を読む

▼ る証拠~ (3, 0.0%)

2 は何 1 だす

▼ る評判~ (3, 0.0%)

1 と人気, もいい, もはなはだ

▼ る評論~ (3, 0.0%)

1 が文芸評論, をなさむ, を被り

▼ る詩的精神~ (3, 0.0%)

1 の所在, の最も, の概観

▼ る課題~ (3, 0.0%)

1 だ, になっ, の解決

▼ る~ (3, 0.0%)

1 はば光耀時代, はば無限, はゆる

▼ る警告~ (3, 0.0%)

1 のやう, を受けね, を彼

▼ る~ (3, 0.0%)

1 に下り, に蕗, の水

▼ る谷川~ (3, 0.0%)

1 がなく, の音, は

▼ る象徴~ (3, 0.0%)

1 などに極端, の本質, は徹底的

▼ る貝殻~ (3, 0.0%)

1 の一種, は旋, を拾つて

▼ る貧しい~ (3, 0.0%)

1 木賃宿の, 男が, 老爺物賣り

▼ る責任~ (3, 0.0%)

1 ある位置, がかかってる, が僕

▼ る貴い~ (3, 0.0%)

2 塋域を 1 人の

▼ る貴人~ (3, 0.0%)

1 の注文, の爭, の色

▼ る費用~ (3, 0.0%)

1 が残っ, として萬金, もない

▼ る貿易船~ (3, 0.0%)

1 に料理番, は皆泉州, は鴿

▼ る資本主義~ (3, 0.0%)

1 の一般的, の発展, への後

▼ る資格~ (3, 0.0%)

2 はない 1 がなかつた

▼ る賑やか~ (3, 0.0%)

2 なひびきを 1 な往来

▼ る赤き~ (3, 0.0%)

1 火の, 獣, 眼の

▼ る路地~ (3, 0.0%)

1 の奧, の宵, の或

▼ る身の上~ (3, 0.0%)

1 にぞありける, になりまする, に生れ

▼ る~ (3, 0.0%)

1 る, ると, 工業婦人労働者の

▼ る農場~ (3, 0.0%)

1 において一夜群衆, に用いる, の集団化

▼ る農夫~ (3, 0.0%)

1 の悦び, の馬, は山

▼ る近代~ (3, 0.0%)

1 の乱雑, の新しい, の革新策

▼ る近代劇運動~ (3, 0.0%)

1 がさう, の歴史, の目標

▼ る迷惑~ (3, 0.0%)

1 というもの, などは顧慮, はその

▼ る遊び~ (3, 0.0%)

1 があつ, の精神, への欲望

▼ る道具~ (3, 0.0%)

1 が何, として坑内, らしきもの

▼ る道徳的~ (3, 0.0%)

1 でない別, なノルマリティー, な意図

▼ る~ (3, 0.0%)

1 さと, のと, 霞村の

▼ る選択~ (3, 0.0%)

1 なくし, のもと, をせず

▼ る~ (3, 0.0%)

1 にてはいみじ, にも夏, の西

▼ る~ (3, 0.0%)

2 の伏屋 1 にも月

▼ る酒場~ (3, 0.0%)

1 から一人, に勤め, に行ったらしい

▼ る~ (3, 0.0%)

1 つ拂ひも, と共に何, ひのみ

▼ る~ (3, 0.0%)

1 味を, 大事の, 景が

▼ る野心~ (3, 0.0%)

1 ある諸家, を密, を抱いた

▼ る金持~ (3, 0.0%)

1 のところ, の痩せ, の道楽息子

▼ る針仕事~ (3, 0.0%)

2 は袴 1 を内儀さん

▼ る錯覚~ (3, 0.0%)

1 の下, を与, を持つ

▼ る~ (3, 0.0%)

2 の音 1 わァ

▼ る長老~ (3, 0.0%)

1 です, の言葉, は村

▼ る長者~ (3, 0.0%)

1 が家, の拵えた, の米庫

▼ る隅田川~ (3, 0.0%)

1 というの, の水, 両岸

▼ る~ (3, 0.0%)

1 がね, が歸つてしまつた後, の一羽

▼ る雄弁~ (3, 0.0%)

1 と似, の伝統, は西洋

▼ る雑誌記者~ (3, 0.0%)

1 が, がこんな, にこの

▼ る難儀~ (3, 0.0%)

1 をも知らん, を救っ, を興がり

▼ る難破船~ (3, 0.0%)

2 の信號 1 の眞

▼ る電子~ (3, 0.0%)

1 が古典論, の存在自身, の運動

▼ る電柱~ (3, 0.0%)

2 の影 1 の根本

▼ る霊物~ (3, 0.0%)

1 が他, が来, を使役

▼ る霊能~ (3, 0.0%)

1 を信ぜられた, を有し, を為す

▼ る~ (3, 0.0%)

2 の朝水仙 1 と一緒

▼ る青銅~ (3, 0.0%)

1 に身, の胸甲ぐさと貫, 穿ち先鋒

▼ る~ (3, 0.0%)

2 ふに 1 り見方

▼ る風物~ (3, 0.0%)

1 の推移, や歴史上, を叙する

▼ る食人肉~ (3, 0.0%)

3 の風習

▼ る騎士~ (3, 0.0%)

1 がある, と僧正, の声

▼ る~ (3, 0.0%)

1 は空蝉, より解放, を造り

▼ る~ (3, 0.0%)

2 のうる 1 を搖

▼ る魔術師~ (3, 0.0%)

1 になられるでありませう, の話, を跪拝

▼ る~ (3, 0.0%)

1 がどうか, のため, を先鋒

▼ る黒き~ (3, 0.0%)

1 かほ, ものの, 影を

▼ る~ (3, 0.0%)

1 についての三つ, に翼, の職人

▼ るあいだ~ (2, 0.0%)

1 あけくれおくがた, に女中

▼ るあと~ (2, 0.0%)

1 でわかる, や斯く

▼ るあぶら虫~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ るあまり~ (2, 0.0%)

1 そう云う, の夢心地

▼ るあら~ (2, 0.0%)

1 む, 彫の

▼ るあゝ~ (2, 0.0%)

1 新しい筵, 朝酒の

▼ るいい~ (2, 0.0%)

1 工夫が, 素質は

▼ るいざ~ (2, 0.0%)

1 歸り, 立て紛擾

▼ るいじらしい~ (2, 0.0%)

1 反抗であった, 愛と

▼ るいま~ (2, 0.0%)

2 はの際

▼ るうら若き美しい~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ るおつもり~ (2, 0.0%)

1 でしょう, で落札

▼ るおのれ~ (2, 0.0%)

1 が女, 思ふに

▼ るおばあさん~ (2, 0.0%)

1 の母親, を幸福

▼ るお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 が駅, なの

▼ るお寺暮し~ (2, 0.0%)

2 の八年間

▼ るお茶~ (2, 0.0%)

2 の会

▼ るかぎり~ (2, 0.0%)

1 その意, 貪りつくしたいと

▼ るかつて~ (2, 0.0%)

1 いふ時, 聞いたらちやん

▼ るかなし~ (2, 0.0%)

2

▼ るかなと~ (2, 0.0%)

2 さしおきて

▼ るかね~ (2, 0.0%)

1 妙な, 相変らず

▼ るからう~ (2, 0.0%)

1 が喧嘩, けれど今

▼ るからという~ (2, 0.0%)

1 ような, 熱心こめた

▼ るからとて~ (2, 0.0%)

1 一々馴染み, 一緒に

▼ るからとてずつと~ (2, 0.0%)

2 廊下へ

▼ るからの~ (2, 0.0%)

1 事なれ, 名です

▼ るきもの~ (2, 0.0%)

1 ならむ, をしる

▼ るくい~ (2, 0.0%)

2 へば源氏

▼ るくさ~ (2, 0.0%)

1 せる危険, ッさ

▼ るくに~ (2, 0.0%)

1 も傲然, も坐る

▼ るけが故郷以外~ (2, 0.0%)

1 の二三ヶ国, の二三个国

▼ るこう~ (2, 0.0%)

1 云う部門, 申しました

▼ るこういう~ (2, 0.0%)

1 ごたごたに, 性格が

▼ るここ~ (2, 0.0%)

1 の海岸, は大陸

▼ ることごと~ (2, 0.0%)

1 は貴下, 思ひつ

▼ ることさ~ (2, 0.0%)

2 へあつ

▼ ること二人~ (2, 0.0%)

1 の命, をば父母

▼ ること人~ (2, 0.0%)

2 に過ぎ

▼ ること千里~ (2, 0.0%)

1 の東, の語

▼ ること四十八年前~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ ること國~ (2, 0.0%)

1 を一國, を觀

▼ ること奇警~ (2, 0.0%)

2 なるは

▼ ること常~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ ること急~ (2, 0.0%)

1 なるが, に身内

▼ ること数歩~ (2, 0.0%)

1 の地, を出でざるなり

▼ ること數歩~ (2, 0.0%)

2 の處

▼ るこのごろ~ (2, 0.0%)

1 の人気, を廣太郎

▼ るこの大きな~ (2, 0.0%)

1 不幸, 森林は

▼ るこれら~ (2, 0.0%)

1 のもの聖意, の強烈

▼ るこんな~ (2, 0.0%)

1 ところへ, 損害を

▼ るさき~ (2, 0.0%)

1 に蝋人形, より蟹

▼ るしかして~ (2, 0.0%)

1 彼は, 詩人等の

▼ るしき~ (2, 0.0%)

1 は先年, を示せり

▼ るしき失敗~ (2, 0.0%)

2 を取る

▼ るしたし~ (2, 0.0%)

1 さに, さよ

▼ るしまで~ (2, 0.0%)

1 はげしい意気込み, 至りつくには

▼ るしや~ (2, 0.0%)

1 自身, 馬簾だけを

▼ るす中~ (2, 0.0%)

1 例の, 存分に

▼ る~ (2, 0.0%)

1 はこれ, を槍

▼ るそうした~ (2, 0.0%)

1 利害関係に, 自然現象の

▼ るその他~ (2, 0.0%)

1 の光, の問題

▼ るそれから~ (2, 0.0%)

1 散歩そして, 村

▼ るぞと~ (2, 0.0%)

1 われも, 親たちが

▼ るたけ~ (2, 0.0%)

1 である, 避けたの

▼ るたった~ (2, 0.0%)

1 ひとりの, 一つの

▼ るたのし~ (2, 0.0%)

1 さが, さであった

▼ るだけでも~ (2, 0.0%)

1 好いと, 支那印度の

▼ るつてこと~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ るというも~ (2, 0.0%)

1 実は海蛇, 諸王の

▼ るといふの~ (2, 0.0%)

1 はい, 句は

▼ るとかいう~ (2, 0.0%)

1 ことじゃ, なり

▼ るとかへ~ (2, 0.0%)

1 つて凡人の, つて體も

▼ るとから~ (2, 0.0%)

1 唇の, 私の

▼ るとが~ (2, 0.0%)

1 判らんとな, 同時に来る

▼ るときそれ~ (2, 0.0%)

1 はひとつ, を次の間

▼ るとき一人~ (2, 0.0%)

1 の学生, の若い

▼ るとき信長~ (2, 0.0%)

1 にむかっ, の前

▼ るとき樂~ (2, 0.0%)

1 しみ極まる汝, なり一切苦

▼ るとき隅~ (2, 0.0%)

2 の観兵

▼ るところここ~ (2, 0.0%)

1 に先陣, に横浜市長

▼ るとしか~ (2, 0.0%)

1 思って, 見えない

▼ るとしも~ (2, 0.0%)

2 そうであった

▼ るとぞ~ (2, 0.0%)

1 西圓堂奉納の, 言ひし

▼ るとに~ (2, 0.0%)

1 やっぱり金さん, 由るの

▼ るどの~ (2, 0.0%)

1 お客様も, 鷲と

▼ るどんな~ (2, 0.0%)

1 ささいな, 貴婦人である

▼ るどんより~ (2, 0.0%)

1 と曇った, と曇つた午前

▼ るなあ~ (2, 0.0%)

1 いつたいどんな, 造作の

▼ るない~ (2, 0.0%)

1 あたいだつ, どうだ

▼ るなじか~ (2, 0.0%)

2 さは

▼ るなぞ~ (2, 0.0%)

1 とむずかしき, と説

▼ るなどで~ (2, 0.0%)

1 いずれも, 病室には

▼ るなな~ (2, 0.0%)

1 えは, えを

▼ るなん~ (2, 0.0%)

1 ていう事, でもない

▼ るなんか~ (2, 0.0%)

1 言ひ出す, 變な

▼ るにあたりて~ (2, 0.0%)

2 缺くべからざる

▼ るにおいて~ (2, 0.0%)

1 おそらくは多く, 余力なき

▼ るにおいては~ (2, 0.0%)

1 なにと, 労すること

▼ るについては~ (2, 0.0%)

1 一応お話, 私は

▼ るにより~ (2, 0.0%)

1 いは, 或は説話

▼ るによる~ (2, 0.0%)

1 ものであり, 此れ

▼ るに際して~ (2, 0.0%)

1 其一個の, 意を

▼ るねえ~ (2, 0.0%)

1 君これは, 天草の

▼ るはやく~ (2, 0.0%)

2 癒つて御

▼ るはるか雲居~ (2, 0.0%)

2

▼ るばかりか~ (2, 0.0%)

1 帝王と, 譫言の

▼ るばかりと~ (2, 0.0%)

1 手を, 掌を

▼ るひどい~ (2, 0.0%)

1 嵐の, 目に

▼ るひよめき~ (2, 0.0%)

2 の爲

▼ るびょう~ (2, 0.0%)

2 思われる

▼ るふしぎ~ (2, 0.0%)

1 な思い, な顫律

▼ るほつれ毛~ (2, 0.0%)

1 を気, を氣

▼ るほどには~ (2, 0.0%)

1 恥知らずに, 沈まず

▼ るほどにも~ (2, 0.0%)

2 ないが

▼ るほどは~ (2, 0.0%)

1 波の, 音に

▼ るぼんやり~ (2, 0.0%)

1 した不安, した曖昧

▼ るまだ~ (2, 0.0%)

1 無経験, 男せぬ

▼ るまでと~ (2, 0.0%)

1 また寺, 皆の

▼ るまではと~ (2, 0.0%)

1 いうので, 寝かせて

▼ るまやかし~ (2, 0.0%)

2 を感ずる

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のよう, の女

▼ るむし暑い~ (2, 0.0%)

1 夜この, 日の

▼ るむらさき~ (2, 0.0%)

1 にし, の矢がすり

▼ るめずらしい~ (2, 0.0%)

1 材料で, 蟲が

▼ るめでたき~ (2, 0.0%)

2 世に

▼ るもし~ (2, 0.0%)

1 わが汝, 尋常の

▼ るもっと~ (2, 0.0%)

1 具体的な, 歴史的に

▼ るもどかし~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ るもどき~ (2, 0.0%)

1 は猿楽役者, を考へ

▼ るものさ~ (2, 0.0%)

1 へあつ, へ車

▼ るもの尠~ (2, 0.0%)

2 からず

▼ るもの死~ (2, 0.0%)

2 よりはなはだしき

▼ るもを~ (2, 0.0%)

1 かしく変な, かしく變な

▼ るやから~ (2, 0.0%)

1 に至っ, もあった

▼ るやと~ (2, 0.0%)

1 一時磯に, 思わるなり

▼ るやに~ (2, 0.0%)

1 つきて, 思はれし

▼ るやんごとなき~ (2, 0.0%)

1 お方様, 上臈を

▼ るゆえに~ (2, 0.0%)

1 かかる虞, 口と

▼ るゆえん~ (2, 0.0%)

1 は必ずしも, は武人

▼ るゆかしき~ (2, 0.0%)

1 思想の, 方も

▼ るよく~ (2, 0.0%)

1 晴れた日, 知るゆえん

▼ るよし~ (2, 0.0%)

1 を言上, 也

▼ るよりの~ (2, 0.0%)

1 事かと, 称なれ

▼ るらむ~ (2, 0.0%)

1 などおも, 怠り居るとや

▼ るわけぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やある

▼ るわれわれ人間~ (2, 0.0%)

2 は究極

▼ るをと~ (2, 0.0%)

2 ほく離

▼ るんぺん生活~ (2, 0.0%)

1 へとぼく, をなんとか

▼ るん三~ (2, 0.0%)

2 どまわす

▼ るん自身~ (2, 0.0%)

2 は七十一歳

▼ るアイヌ~ (2, 0.0%)

1 とはコロボックル, よりコロボックル

▼ るアインシュタイン博士~ (2, 0.0%)

1 の一文, 或はその

▼ るアカイア勢~ (2, 0.0%)

1 の中, の水陣

▼ るアカシヤ~ (2, 0.0%)

1 の枝, の花

▼ るアカデミー~ (2, 0.0%)

1 とジャーナリズム, の標準

▼ るアメリカ~ (2, 0.0%)

2 の被害者達

▼ るイデオロギー性~ (2, 0.0%)

1 の内容, は現在

▼ るイデー~ (2, 0.0%)

1 の自己疎外, を表現

▼ るウーリュンポス~ (2, 0.0%)

1 に分れ去り, をめざしつ

▼ るエレメント~ (2, 0.0%)

1 の支配, を用いなけれ

▼ るカフエー~ (2, 0.0%)

1 で言つて, に行つて

▼ るクロノス~ (2, 0.0%)

1 のむす, の生める

▼ るグループ~ (2, 0.0%)

1 を中心, を拵え

▼ るコロボックル~ (2, 0.0%)

2 の住居

▼ るシャーマン~ (2, 0.0%)

1 たる酋長, の仮装

▼ るスタイル~ (2, 0.0%)

1 などは無意味, も亦

▼ るステーション~ (2, 0.0%)

1 にはエスペラント, を通過

▼ るスローガン~ (2, 0.0%)

1 をぶつけ, を生長

▼ るセンス~ (2, 0.0%)

1 とが全く, と文学

▼ るソ兵越境問題~ (2, 0.0%)

2 は実は

▼ るタッタ一人~ (2, 0.0%)

1 の方, を除いた

▼ るダンス~ (2, 0.0%)

1 ではなく, は自然

▼ るティ・パアティ~ (2, 0.0%)

2 に招かれ

▼ るテチス~ (2, 0.0%)

1 その時, は晃燿

▼ るデモーニッシュ~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ るトオン~ (2, 0.0%)

1 と別種, の感じ

▼ るトロイア~ (2, 0.0%)

1 の, 諸元老今塔上

▼ るトロイア軍~ (2, 0.0%)

1 の勇士, を防ぐ

▼ るニユース~ (2, 0.0%)

1 を心待ち, を歓迎

▼ るビル~ (2, 0.0%)

1 でタイピスト嬢, の前

▼ るファッシズム~ (2, 0.0%)

1 は掩, は決して

▼ るブルジョアジー~ (2, 0.0%)

1 の所謂, を愛する

▼ るブルジョア文化~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の一形態

▼ るプラス~ (2, 0.0%)

1 の意味, をつけ加える

▼ るプロレタリア文学~ (2, 0.0%)

1 とマルクス主義文学, の所謂マルクス主義的目的意識文学

▼ るホテル~ (2, 0.0%)

1 に妻, に暮し

▼ るマルクス主義者~ (2, 0.0%)

1 たとえばトロツキー, たとへばトロツキー

▼ るマロニエ~ (2, 0.0%)

1 の幹, の木

▼ るモデル~ (2, 0.0%)

1 の利用, もモデル

▼ るモラル~ (2, 0.0%)

1 となり, は時間

▼ るラジオ~ (2, 0.0%)

1 の役割, の意義

▼ るレコード~ (2, 0.0%)

1 でバッハ, は

▼ るレストーラン~ (2, 0.0%)

1 の二階, へはいっ

▼ るー身イ~ (2, 0.0%)

2 はー安ウ

▼ る一イデオロギー~ (2, 0.0%)

1 である限り, としての自然科学

▼ る一ヶ所~ (2, 0.0%)

1 に水, に集まる

▼ る一二~ (2, 0.0%)

1 の方面, を陳べる

▼ る一介~ (2, 0.0%)

1 の武弁, の武辨

▼ る一匹~ (2, 0.0%)

1 が底, の犬

▼ る一地~ (2, 0.0%)

1 では鹿, に保存

▼ る一地方~ (2, 0.0%)

1 には牛蒡種, の言語

▼ る一夕~ (2, 0.0%)

1 の寄席, の雅會

▼ る一夜~ (2, 0.0%)

1 のこと, 眠れぬまま

▼ る一定数~ (2, 0.0%)

1 にかぎられ, の音単位

▼ る一定時間~ (2, 0.0%)

1 すると, に主客

▼ る一室~ (2, 0.0%)

1 に夜明け頃, の天井

▼ る一寸~ (2, 0.0%)

1 前少し, 渋る首玉

▼ る一対~ (2, 0.0%)

1 の喜劇, の若者

▼ る一席~ (2, 0.0%)

1 ですぐ, のごとく

▼ る一帯~ (2, 0.0%)

1 の大, の清流

▼ る一時期~ (2, 0.0%)

1 に於い, に麻川荘

▼ る一枚~ (2, 0.0%)

1 の母, の紙

▼ る一策~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を打ち明けられる

▼ る一粒選り~ (2, 0.0%)

2 の米

▼ る一組~ (2, 0.0%)

1 は今夜鳳來寺, は他

▼ る一艘~ (2, 0.0%)

1 の端艇, の長艇

▼ る七万四千七百円~ (2, 0.0%)

1 だすという, の品物

▼ る七王~ (2, 0.0%)

2 の一

▼ る三個~ (2, 0.0%)

1 の人物, 乃至四個

▼ る三四日前~ (2, 0.0%)

1 に頼みました, の事

▼ る三枚~ (2, 0.0%)

1 の樫, 続き

▼ る三田~ (2, 0.0%)

1 の学風, の學風

▼ る三角同盟~ (2, 0.0%)

2 を作ら

▼ る三角関係~ (2, 0.0%)

2 の悲劇

▼ る三階建~ (2, 0.0%)

1 の古, は勿論

▼ る三高~ (2, 0.0%)

1 は三年, を思ふ

▼ る上奏文~ (2, 0.0%)

2 を捧呈

▼ る上官~ (2, 0.0%)

1 として命令, の爲

▼ る上級~ (2, 0.0%)

2 の友

▼ る上級生~ (2, 0.0%)

1 が明子, に畏怖

▼ る下宿~ (2, 0.0%)

1 に居る, へ

▼ る下宿屋~ (2, 0.0%)

1 がなる, に今

▼ る下町~ (2, 0.0%)

1 で物凄い, の何

▼ る下郎~ (2, 0.0%)

1 に身, のため

▼ る不便~ (2, 0.0%)

1 な處, を感じた

▼ る不可~ (2, 0.0%)

2 見の

▼ る不名誉~ (2, 0.0%)

1 なる内閣, をはじめ

▼ る不変~ (2, 0.0%)

1 な関係, にし

▼ る不徳~ (2, 0.0%)

1 は許す, を懲

▼ る不心得~ (2, 0.0%)

1 から家名断絶, を働いた

▼ る不愉快~ (2, 0.0%)

1 なもの, な憎しみ

▼ る不明~ (2, 0.0%)

2 の病

▼ る不祥~ (2, 0.0%)

1 な想像, の事

▼ る不自由~ (2, 0.0%)

1 な身動き, の身

▼ る世に~ (2, 0.0%)

1 向て, 毀られざる

▼ る世界史~ (2, 0.0%)

1 とは東西, の意義

▼ る世間~ (2, 0.0%)

1 の代表者, を見まわし

▼ る中学校~ (2, 0.0%)

1 に自分, を終える

▼ る丸木橋~ (2, 0.0%)

2 さびしあら

▼ る主張~ (2, 0.0%)

1 にも似, の中心問題

▼ る主義主張~ (2, 0.0%)

1 があっ, となる

▼ る主義綱領~ (2, 0.0%)

2 なる者

▼ る主要~ (2, 0.0%)

1 なる二, なる革命的任務中

▼ る主観主義~ (2, 0.0%)

2 と客観主義

▼ る主観的~ (2, 0.0%)

1 なるもの, な意味

▼ る主観的態度~ (2, 0.0%)

1 とは何, の有無

▼ る主題~ (2, 0.0%)

1 の表, を選ばせた

▼ る乃至~ (2, 0.0%)

1 三階でも, 甚しく

▼ る乗客~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ る~ (2, 0.0%)

1 つたかと, れなくても

▼ る九星~ (2, 0.0%)

2 の宿位

▼ る九月~ (2, 0.0%)

1 になりました, の朔日

▼ る乳母~ (2, 0.0%)

1 に行かまし, を抜く

▼ る亂脈~ (2, 0.0%)

1 に對, は書手

▼ る了簡~ (2, 0.0%)

1 で居る, になった

▼ る予期~ (2, 0.0%)

1 しないきっかけ, せざる椿事

▼ る事例~ (2, 0.0%)

1 は世に, や證左

▼ る事態~ (2, 0.0%)

1 が発生, に於

▼ る事皆僕等凡人~ (2, 0.0%)

2 の意想外

▼ る二つ三つ~ (2, 0.0%)

1 は年數, または四つ

▼ る二個~ (2, 0.0%)

1 の人, の女性

▼ る二十四五~ (2, 0.0%)

1 の商, の壮佼

▼ る二年~ (2, 0.0%)

2 の奮闘

▼ る二月~ (2, 0.0%)

1 かな, の午後

▼ る二者~ (2, 0.0%)

1 の相違, の腹

▼ る五位~ (2, 0.0%)

2 の蔵人

▼ る五時~ (2, 0.0%)

1 に四十八枚, までには充分

▼ る五月雨~ (2, 0.0%)

1 の曇月夜, の降る

▼ る亜太郎~ (2, 0.0%)

1 の葬儀, の解剖

▼ る亜米利加人~ (2, 0.0%)

1 が支那人, は白手袋

▼ る交るい~ (2, 0.0%)

1 たして, って向

▼ る交換条件~ (2, 0.0%)

1 により醤, を提出

▼ る享楽~ (2, 0.0%)

1 はじつさい, を目的

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の巷説, の色町

▼ る人これ~ (2, 0.0%)

1 を取れ, を見

▼ る人さ~ (2, 0.0%)

2 へある

▼ る人人~ (2, 0.0%)

1 の論ずる如き, は次

▼ る人口~ (2, 0.0%)

1 のあまり増加, の急激

▼ る人士~ (2, 0.0%)

1 のみが神, は大いに

▼ る人夫小屋~ (2, 0.0%)

2 の側

▼ る人妻~ (2, 0.0%)

1 が或, とその

▼ る人毎~ (2, 0.0%)

1 に同じ, に告げられ

▼ る人気~ (2, 0.0%)

1 が思いやられる, をあつめはじめ

▼ る人生観~ (2, 0.0%)

1 やイデヤ, を持った

▼ る人的要素~ (2, 0.0%)

1 なの, を取り上げね

▼ る人相見~ (2, 0.0%)

1 がいった, のお

▼ る人種~ (2, 0.0%)

1 が世界, 互に敵視

▼ る人車~ (2, 0.0%)

1 と入りち, を驅

▼ る人間像~ (2, 0.0%)

1 が眼, を描き彫

▼ る人間生活~ (2, 0.0%)

1 の歴史, の認識力

▼ る人間的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ る人間精神~ (2, 0.0%)

1 のかの, の三つ

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の上, へ花

▼ る仏教~ (2, 0.0%)

1 の政治, の発達

▼ る仏教徒~ (2, 0.0%)

1 より他, より以外

▼ る仏蘭西~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の話

▼ る仕組~ (2, 0.0%)

1 であり乃至, なり

▼ る代表者~ (2, 0.0%)

1 が今日, は個人

▼ る以外~ (2, 0.0%)

1 に手, の何ら

▼ る仮名~ (2, 0.0%)

1 になる, の甲類

▼ る仮面~ (2, 0.0%)

1 の形相, を使う

▼ る伊勢~ (2, 0.0%)

1 の大鳥居, をの海人

▼ る伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 の措置

▼ る休み日~ (2, 0.0%)

1 に彼女, の朝

▼ る会社員~ (2, 0.0%)

1 と知りあい, は云う

▼ る伝承~ (2, 0.0%)

1 の変化, の真相

▼ る伝統~ (2, 0.0%)

1 としての歴史, を持った

▼ る伝説~ (2, 0.0%)

1 までが実によく, も波間

▼ る位百年~ (2, 0.0%)

2 も辛棒出來

▼ る~ (2, 0.0%)

1 さが, 賃銀を

▼ る何とか~ (2, 0.0%)

1 いう蟹, といふ論文

▼ る何事~ (2, 0.0%)

1 ぞ, も實

▼ る何所~ (2, 0.0%)

1 かで私, かに必ら

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に取, の影

▼ る作中~ (2, 0.0%)

2 の人物

▼ る作曲家~ (2, 0.0%)

1 が山, が論じ

▼ る作業~ (2, 0.0%)

1 に必然要求, 見おろし驚きぬ

▼ る作物~ (2, 0.0%)

1 の樣, をいずれ

▼ る~ (2, 0.0%)

1 しその, し器械

▼ る使~ (2, 0.0%)

1 ひ屋, を見出し得ず

▼ る使命~ (2, 0.0%)

1 のため, を果し

▼ る例題~ (2, 0.0%)

2

▼ る侮蔑~ (2, 0.0%)

1 のこもつた, を持つ

▼ る便~ (2, 0.0%)

1 もなく, を知ら

▼ る保護~ (2, 0.0%)

1 に頼る, は永續

▼ る保護政治~ (2, 0.0%)

2 なりとす

▼ る保険会社~ (2, 0.0%)

1 に勤め, の外交員

▼ る信心~ (2, 0.0%)

1 ぶかい, 深い富豪

▼ る信頼~ (2, 0.0%)

1 があつ, の念

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の音, より出

▼ る修行~ (2, 0.0%)

1 でもあった, も鍛練

▼ る俳句~ (2, 0.0%)

1 の調べ, を劇賞

▼ る俳句会~ (2, 0.0%)

1 に臨む, に赴き

▼ る個人主義~ (2, 0.0%)

1 が小, の精神

▼ る假名~ (2, 0.0%)

1 を定められた, 遣と

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に著しく, の記憶

▼ る偶像~ (2, 0.0%)

1 のあつ, を拵

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に講釈, へ寄っ

▼ る傳播~ (2, 0.0%)

1 に與, の状態

▼ る傳教士~ (2, 0.0%)

1 から取らね, が歐洲

▼ る傳説~ (2, 0.0%)

1 であらう, の大

▼ る~ (2, 0.0%)

1 ましい道鏡, を見

▼ る僕等~ (2, 0.0%)

1 の詩人, の醫療

▼ る僧院~ (2, 0.0%)

1 に栄転, の天井

▼ る優美~ (2, 0.0%)

1 な大和言葉, は赤人

▼ る元気~ (2, 0.0%)

1 がなくなりました, が凡

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の容態, の習慣丈

▼ る兄弟~ (2, 0.0%)

1 とその, の事

▼ る先人~ (2, 0.0%)

1 の努力, の設計

▼ る光榮~ (2, 0.0%)

1 の天王, 奪ひ

▼ る光琳屏風~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ る光線~ (2, 0.0%)

1 を受け, を投射

▼ る~ (2, 0.0%)

2 は少女

▼ る児ら~ (2, 0.0%)

1 が見えぬ, を

▼ る~ (2, 0.0%)

1 にはもつ, もやはり

▼ る党首~ (2, 0.0%)

1 には非, に非

▼ る入日~ (2, 0.0%)

2 の影

▼ る公園~ (2, 0.0%)

1 で男女二人連, の林檎畑

▼ る公家~ (2, 0.0%)

1 から東夷, なの

▼ る公教会~ (2, 0.0%)

2 の復活

▼ る公衆~ (2, 0.0%)

1 のよう, を含む

▼ る共産主義者~ (2, 0.0%)

1 と議論, の心持

▼ る共通~ (2, 0.0%)

1 の利害, をもちます

▼ る~ (2, 0.0%)

1 すぐれたる騾馬二頭, も何

▼ る其思想以~ (2, 0.0%)

2 て相

▼ る其素養以~ (2, 0.0%)

2 て相

▼ る其足もと~ (2, 0.0%)

2

▼ る具体性~ (2, 0.0%)

1 と云った, と客観

▼ る具体的連関~ (2, 0.0%)

2 を認識

▼ る内心~ (2, 0.0%)

1 の一点, の動揺

▼ る内閣~ (2, 0.0%)

2 の言動

▼ る内面的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ る凄い~ (2, 0.0%)

1 歌と, 画が

▼ る処年~ (2, 0.0%)

2 を経

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の何かしら, を造りました

▼ る出窓~ (2, 0.0%)

1 ある處, の上

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の大刀, をさげ

▼ る分業制~ (2, 0.0%)

1 の弊, の最も

▼ る~ (2, 0.0%)

1 なもの, なる要求

▼ る~ (2, 0.0%)

1 が一千, に處

▼ る刑事~ (2, 0.0%)

1 は云った, は語った

▼ る初夏~ (2, 0.0%)

1 の夕暮, の夜

▼ る別個~ (2, 0.0%)

1 のもの, の存在物

▼ る別様~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ る到着点~ (2, 0.0%)

2 から始められね

▼ る制度~ (2, 0.0%)

1 に甘, の具体案

▼ る刻限~ (2, 0.0%)

1 が來, だらう

▼ る~ (2, 0.0%)

2 ち我輩

▼ る前夜~ (2, 0.0%)

1 の乱舞, まで大いに

▼ る前提~ (2, 0.0%)

1 を定め, 或る

▼ る前私~ (2, 0.0%)

1 が從兄, は主人公

▼ る前肢~ (2, 0.0%)

2 を一本環

▼ る前衛性~ (2, 0.0%)

2 と大衆性

▼ る前頃~ (2, 0.0%)

2 を頂上

▼ る創作~ (2, 0.0%)

1 のプロット, の上

▼ る創作方法~ (2, 0.0%)

1 つまり技法, を謂う

▼ る劇文学~ (2, 0.0%)

1 の実情, の消長

▼ る劒岳~ (2, 0.0%)

1 なり絶頂, の案内者

▼ る力強い~ (2, 0.0%)

1 何とも, 創作欲が

▼ る加茂族~ (2, 0.0%)

2 の分布

▼ る勇猛沈勇~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ る動作~ (2, 0.0%)

1 の爲, を行

▼ る勤人~ (2, 0.0%)

2 の二階

▼ る~ (2, 0.0%)

1 とか或, の漏

▼ る北上~ (2, 0.0%)

1 の岸辺目, の激流

▼ る北支那~ (2, 0.0%)

1 から出, の饑饉

▼ る北条氏~ (2, 0.0%)

1 の不信, の地位

▼ る北歐~ (2, 0.0%)

1 といふ言葉, の傳説

▼ る医師~ (2, 0.0%)

1 が, のお嬢さん

▼ る~ (2, 0.0%)

1 う万ン余騎, には次第に

▼ る十年一日~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ る十日~ (2, 0.0%)

1 は快晴, ばかり前

▼ る千里~ (2, 0.0%)

1 の差, の風

▼ る午後十吉~ (2, 0.0%)

1 が小幡氏, が書類綴り

▼ る半分~ (2, 0.0%)

1 の値投, は至つて粗末

▼ る協商~ (2, 0.0%)

1 を継続, を繼續

▼ る単に~ (2, 0.0%)

1 一時的な云わ, 普通一般の

▼ る博士~ (2, 0.0%)

1 のもと, は任期

▼ る印刷~ (2, 0.0%)

1 の歴史, の起源

▼ る危急~ (2, 0.0%)

1 の場, は遂に

▼ る原則~ (2, 0.0%)

1 だけは一般, の傀儡

▼ る原始民族~ (2, 0.0%)

2 の研究

▼ る原理~ (2, 0.0%)

1 によって左右, の片鱗

▼ る原稿~ (2, 0.0%)

1 や書物, を片

▼ る厨川柵~ (2, 0.0%)

2 を中心

▼ る厳粛~ (2, 0.0%)

1 なる奇蹟, な純情

▼ る去就進退~ (2, 0.0%)

2 は極めて

▼ る又は~ (2, 0.0%)

1 国家による, 悪い意味

▼ る反感~ (2, 0.0%)

1 の外, を隠し合っ

▼ る反映~ (2, 0.0%)

1 であり従って, である

▼ る受動的~ (2, 0.0%)

2 な能力

▼ る叙事詩~ (2, 0.0%)

1 の精神, は決して

▼ る口もと~ (2, 0.0%)

1 を強く, を袖

▼ る古き~ (2, 0.0%)

1 巻巻, 物語の

▼ る古めかしい~ (2, 0.0%)

1 ホテルで, 田舎者の

▼ る古今~ (2, 0.0%)

1 の位置, 第一

▼ る古代~ (2, 0.0%)

1 こがれでない人々, の陶器

▼ る古典的~ (2, 0.0%)

1 な文学的著作, な真理

▼ る古典韻文~ (2, 0.0%)

2 の凋落

▼ る古書~ (2, 0.0%)

1 にも軍兵衛, は伝へ

▼ る古風~ (2, 0.0%)

1 な庭, な思想

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の金持, 一つの

▼ る叫び声~ (2, 0.0%)

1 で遮られた, をあげ

▼ る叫喚~ (2, 0.0%)

1 にトロイア勢, の如く

▼ る可愛らしい~ (2, 0.0%)

1 才はじけた, 線までが

▼ る可能~ (2, 0.0%)

1 というもの, の部分さ

▼ る史學~ (2, 0.0%)

1 の復活, の變化

▼ る史家~ (2, 0.0%)

1 なども彼, は之

▼ る司馬遷~ (2, 0.0%)

2 の年

▼ る各国~ (2, 0.0%)

1 の出版物, の租界文化

▼ る各自~ (2, 0.0%)

2 の影

▼ る合理的~ (2, 0.0%)

1 な譬喩, な関係

▼ る同一性~ (2, 0.0%)

1 が二つ, に帰

▼ る同感~ (2, 0.0%)

1 であつ, を以て思いやれる

▼ る同族~ (2, 0.0%)

1 の繁栄, の若殿

▼ る同氏~ (2, 0.0%)

1 の地位, を思ひ出し

▼ る名声~ (2, 0.0%)

1 のただ中, は目ざましい

▼ る名状~ (2, 0.0%)

2 し難き

▼ る名称~ (2, 0.0%)

1 の下, を与える

▼ る名馬~ (2, 0.0%)

1 に跨り, は奧

▼ る向う~ (2, 0.0%)

1 の消息通, へかかれ

▼ る向う空~ (2, 0.0%)

2 にカキ色

▼ る~ (2, 0.0%)

2 をかも

▼ る否定的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ る吾人~ (2, 0.0%)

1 の勝利, の敵手

▼ る呉一郎~ (2, 0.0%)

1 の女性絞殺行為後, の心理遺伝

▼ る~ (2, 0.0%)

1 は容易, ひは

▼ る呪言~ (2, 0.0%)

1 は, は必

▼ る~ (2, 0.0%)

2 あるも

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のある, をも取りそろえ

▼ る品位~ (2, 0.0%)

1 が認められました, の高

▼ る唯物史観~ (2, 0.0%)

1 の公式, の範疇体系

▼ る唯物論的~ (2, 0.0%)

1 な科学論, 新文化

▼ る唯物論的研究~ (2, 0.0%)

1 の発表, は世界的

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に答, ひを

▼ る啓蒙哲学~ (2, 0.0%)

1 と啓蒙, の組織

▼ る啓蒙家~ (2, 0.0%)

1 である, であること

▼ る善き~ (2, 0.0%)

1 友, 憂ひの

▼ る善く~ (2, 0.0%)

2 積て

▼ る善人~ (2, 0.0%)

1 が家, はたくさん

▼ る單純~ (2, 0.0%)

1 なる思想, なる等質的

▼ る営み~ (2, 0.0%)

1 であって, でさ

▼ る~ (2, 0.0%)

2 不意で

▼ る~ (2, 0.0%)

2 はなく

▼ る器官~ (2, 0.0%)

1 に達せしめない, を失っ

▼ る器物~ (2, 0.0%)

1 にくぐつとい, または食物

▼ る嚶鳴派~ (2, 0.0%)

1 と称する, と稱

▼ る囚徒~ (2, 0.0%)

1 が本国, の要求

▼ る四人称~ (2, 0.0%)

2 に一つ

▼ る四月~ (2, 0.0%)

1 になる, の末

▼ る四疊半~ (2, 0.0%)

1 が, に拔

▼ る四里~ (2, 0.0%)

1 なりしシヤルル, の山中

▼ る因襲~ (2, 0.0%)

2 の跋扈

▼ る団体~ (2, 0.0%)

1 が臨時, を背景

▼ る困難さ~ (2, 0.0%)

1 は彼, は農民生活

▼ る~ (2, 0.0%)

2 より可

▼ る固有性~ (2, 0.0%)

1 あるいは性質, あるひ

▼ る国体明徴~ (2, 0.0%)

1 の決議, はどう

▼ る国内~ (2, 0.0%)

1 の大衆, 並びに国際的

▼ る土間~ (2, 0.0%)

1 にひっこもっ, に坐り込ん

▼ る圭一郎~ (2, 0.0%)

1 ではなかつた, を妻

▼ る地主~ (2, 0.0%)

1 と貧農民, の伯爵

▼ る地名~ (2, 0.0%)

1 がある, の虚偽

▼ る地図~ (2, 0.0%)

1 から思いついた, を的

▼ る地盤~ (2, 0.0%)

1 を作る, を荒す

▼ る地點~ (2, 0.0%)

1 に植ゑらるれば, を求むれ

▼ る坊さん~ (2, 0.0%)

1 が将棋遊び, の話

▼ る坑山~ (2, 0.0%)

1 が所謂事業不振, で実際

▼ る垂穂波風~ (2, 0.0%)

2 は入日

▼ る城主~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の妻

▼ る執心~ (2, 0.0%)

2 となつ

▼ る基督教~ (2, 0.0%)

1 の敵, は毫も

▼ る堂々たる~ (2, 0.0%)

1 出版物だ, 大議論

▼ る堅甲~ (2, 0.0%)

1 光るヘクトール, 振ふヘクトール

▼ る報告~ (2, 0.0%)

1 をし, を聞きおわる

▼ る場末町~ (2, 0.0%)

2 へ走っ

▼ る塲合~ (2, 0.0%)

1 だから, に第

▼ る塵埃~ (2, 0.0%)

1 である, の暗に全く

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に争, までは行く

▼ る増加~ (2, 0.0%)

1 の割合, を実際

▼ る増租案~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に突き当っ, に立て掛け

▼ る~ (2, 0.0%)

2 は微塵

▼ る士族~ (2, 0.0%)

1 の壓迫, へ小間使

▼ る声楽家~ (2, 0.0%)

2 を知っ

▼ る夏野~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ る夕方例~ (2, 0.0%)

1 によって浴衣がけ, の窓

▼ る夕日~ (2, 0.0%)

1 が真紅, のまんまろ

▼ る夕映~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ る夕映え~ (2, 0.0%)

1 がどうやら, と東

▼ る夕暮私~ (2, 0.0%)

1 はこの, はバルコン

▼ る夕陽~ (2, 0.0%)

1 その中, を追

▼ る外他事~ (2, 0.0%)

2 なしこれ

▼ る外界~ (2, 0.0%)

1 からの精神, の型

▼ る外的~ (2, 0.0%)

2 な力

▼ る外科~ (2, 0.0%)

1 の大家, の病院

▼ る外部~ (2, 0.0%)

1 の変貌, の矩

▼ る多分~ (2, 0.0%)

1 昨今は, 楠

▼ る夜お前~ (2, 0.0%)

2 は何気なく

▼ る夜伯父~ (2, 0.0%)

1 はお, は感慨深

▼ る夜寒~ (2, 0.0%)

1 かな, を怺

▼ る夜彼~ (2, 0.0%)

1 が本院, はまた

▼ る夜更け~ (2, 0.0%)

1 その家, にリスボン

▼ る夜更けクリミヤ~ (2, 0.0%)

2 の海岸道

▼ る夜自分~ (2, 0.0%)

1 の養女, は十時頃

▼ る夜風~ (2, 0.0%)

1 が生, に吹かれ

▼ る夥しい~ (2, 0.0%)

1 事件の, 求食者の

▼ る大いなる~ (2, 0.0%)

1 惡を, 諸客觀態

▼ る大した~ (2, 0.0%)

1 ちがいが, 者今は

▼ る大会~ (2, 0.0%)

1 の時, を開催

▼ る大向~ (2, 0.0%)

1 の懸, の懸け

▼ る大官~ (2, 0.0%)

1 が皇室, でもなささうだ

▼ る大家~ (2, 0.0%)

1 が吉原, は整復

▼ る大工~ (2, 0.0%)

1 に片づい, を伴

▼ る大空~ (2, 0.0%)

1 が気味, を渡る

▼ る大臣~ (2, 0.0%)

1 と面談, に与え

▼ る大臣家~ (2, 0.0%)

1 に参伺, に參つてさ

▼ る大軍~ (2, 0.0%)

1 が此, を保持

▼ る大量観察~ (2, 0.0%)

2 の結果

▼ る大阪~ (2, 0.0%)

1 の商人, は重要

▼ る大雪~ (2, 0.0%)

1 の朝, をはらふ

▼ る天使~ (2, 0.0%)

1 が静か, 再會

▼ る天命~ (2, 0.0%)

1 も乙人, も汎

▼ る天地~ (2, 0.0%)

1 が消え, の

▼ る天気~ (2, 0.0%)

1 のいい, のよい

▼ る~ (2, 0.0%)

1 だ速やか, 息の

▼ る太刀~ (2, 0.0%)

1 が島田, 辛くもかい

▼ る太吉郎~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ る太平洋~ (2, 0.0%)

2 の波

▼ る夫人~ (2, 0.0%)

1 のため, の安否

▼ る夫婦~ (2, 0.0%)

1 の日常, の樣子

▼ る奇妙~ (2, 0.0%)

1 な不安, な硬直姿勢

▼ る奇策~ (2, 0.0%)

2 を案じ

▼ る奈良~ (2, 0.0%)

1 に保有, の宮家

▼ る奧州~ (2, 0.0%)

1 といふの, は要するに

▼ る女の子~ (2, 0.0%)

2 のおなじ

▼ る女優~ (2, 0.0%)

1 がなく, の後援会

▼ る女学生~ (2, 0.0%)

1 が不良行為, が私

▼ る奴隷~ (2, 0.0%)

1 があり, はホメロス

▼ る好事者流~ (2, 0.0%)

2 あり伯

▼ る好意~ (2, 0.0%)

1 を受ける, を汝館内

▼ る如何~ (2, 0.0%)

1 すること, に飛び離れた

▼ る如來像~ (2, 0.0%)

2 を描く

▼ る妙齢~ (2, 0.0%)

2 の女子

▼ る婆さん~ (2, 0.0%)

1 が彼, とか又は

▼ る婚礼~ (2, 0.0%)

1 につき, の場面

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の詞, をちょっと

▼ る婦人会~ (2, 0.0%)

1 でちょっとした, へ出掛ける

▼ る婦人団体~ (2, 0.0%)

1 の幹事さんたち, の機関誌

▼ る婦人記者~ (2, 0.0%)

1 と非常, の人

▼ る婦女~ (2, 0.0%)

1 のみなりけれ, の衣裳

▼ る~ (2, 0.0%)

1 となり, となる

▼ る子供達~ (2, 0.0%)

1 は罰, は酒田

▼ る子分~ (2, 0.0%)

1 の八五郎, を二人

▼ る孔子~ (2, 0.0%)

1 その孔子, の評論

▼ る~ (2, 0.0%)

1 が無い, でありまして

▼ る孝道~ (2, 0.0%)

1 の感化, を紹介

▼ る孤獨~ (2, 0.0%)

1 の感, の響き

▼ る学問性~ (2, 0.0%)

1 が歴史学, をまでも圧倒

▼ る学生劇~ (2, 0.0%)

2 の背景製作

▼ る学術~ (2, 0.0%)

1 の徒弟的伝授習得, の談話

▼ る學問~ (2, 0.0%)

1 の, はたしかに

▼ る學校~ (2, 0.0%)

1 でげせう, の主

▼ る宇宙塵~ (2, 0.0%)

1 の研究, の秘密

▼ る安定~ (2, 0.0%)

1 とは必ずしも, を与えられ

▼ る安易~ (2, 0.0%)

1 な軌範, を与

▼ る安逸~ (2, 0.0%)

1 の倦怠, の領ずる夜

▼ る完成~ (2, 0.0%)

1 から脱, を遂げたら

▼ る官軍~ (2, 0.0%)

1 の活動, の編成

▼ る実体的~ (2, 0.0%)

1 なもの, の要素

▼ る実在的~ (2, 0.0%)

1 なあり得べき諸, なもの

▼ る実施~ (2, 0.0%)

1 に関する観念, は農村

▼ る客たち~ (2, 0.0%)

1 だつて, はこの

▼ る客観性~ (2, 0.0%)

1 と言う, を有

▼ る客観派~ (2, 0.0%)

1 とは何ぞ, と言う

▼ る宣告~ (2, 0.0%)

1 が耳, を假名

▼ る宦官~ (2, 0.0%)

1 の出身, の起源

▼ る宮様~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ る家内~ (2, 0.0%)

1 がもう, は蒸しぬ

▼ る家畜~ (2, 0.0%)

2 の群

▼ る宿命的~ (2, 0.0%)

1 な弱点, な病気

▼ る寄宿学校~ (2, 0.0%)

1 ではピアノ, に入りました

▼ る密命~ (2, 0.0%)

1 も宗家道誉, をうけ

▼ る密教~ (2, 0.0%)

1 の發展, の發生

▼ る密雲~ (2, 0.0%)

1 の中, は一たび彼

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の分配, を以て報いら

▼ る實踐~ (2, 0.0%)

1 また生, を要求

▼ る實際上~ (2, 0.0%)

1 の差異, の要求

▼ る対人意識~ (2, 0.0%)

1 は表面的, をもち

▼ る専門学校~ (2, 0.0%)

1 に入る, に通ってる

▼ る對立~ (2, 0.0%)

1 である, に於

▼ る小山~ (2, 0.0%)

1 がある, が左右

▼ る小料理屋~ (2, 0.0%)

1 の二階, の奥二階

▼ る小路~ (2, 0.0%)

1 の角, を指し

▼ る尤も~ (2, 0.0%)

1 な理由, らしいもの

▼ る尾崎氏~ (2, 0.0%)

2 の信用

▼ る局面展開論~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ る屋台~ (2, 0.0%)

1 のお, のおかみ

▼ る履歴~ (2, 0.0%)

2 である

▼ る山々~ (2, 0.0%)

1 の影, 秀でた峯

▼ る山の上~ (2, 0.0%)

1 に狼, に立っ

▼ る山中~ (2, 0.0%)

1 に潜み隠れ居る, の風情

▼ る山名~ (2, 0.0%)

1 に就, は白馬岳

▼ る山県系統~ (2, 0.0%)

1 の人物, は亦

▼ る山稜~ (2, 0.0%)

1 との間, は私

▼ る山縣系統~ (2, 0.0%)

1 の人物, は亦

▼ る岩窟~ (2, 0.0%)

1 の中, の前

▼ る~ (2, 0.0%)

1 と崖, の端

▼ る川底~ (2, 0.0%)

1 では水流, の深

▼ る~ (2, 0.0%)

1 で現に, の学制

▼ る工場内~ (2, 0.0%)

1 の文学研究会, の文学突撃隊

▼ る工業~ (2, 0.0%)

1 の合理的基礎, の問題

▼ る左樣~ (2, 0.0%)

1 なこと, に先

▼ る差別~ (2, 0.0%)

1 の認識, は全然

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に灯影, を追放

▼ る市会議員~ (2, 0.0%)

1 がバラック, のお嬢さん

▼ る~ (2, 0.0%)

1 もまた, 大教授

▼ る帝國~ (2, 0.0%)

1 の偉業, の地位

▼ る師弟~ (2, 0.0%)

1 の関係, の關係

▼ る席上~ (2, 0.0%)

1 で京大事件当時, で故人自ら明言

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の, の片側

▼ る常識化~ (2, 0.0%)

1 によって初めて, のその

▼ る幇間~ (2, 0.0%)

1 でございます, で春木町さま

▼ る平和~ (2, 0.0%)

1 と幸福, の間

▼ る平家~ (2, 0.0%)

1 であつ, の人々

▼ る年中行事~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の書

▼ る年頃~ (2, 0.0%)

1 は年長者, までは三人以上

▼ る~ (2, 0.0%)

1 は直径八フィート, を見あげ

▼ る幻像~ (2, 0.0%)

1 の出現, を編み立てさせた

▼ る幻影~ (2, 0.0%)

1 におびえる, の一つ

▼ る幼兒~ (2, 0.0%)

1 の名, を叱り叱り

▼ る幽邃~ (2, 0.0%)

1 な大, な背景

▼ る幾つ~ (2, 0.0%)

1 かの要素的, かの魂

▼ る店屋~ (2, 0.0%)

1 では木, のお上さん

▼ る店頭~ (2, 0.0%)

1 で井上, の大

▼ る~ (2, 0.0%)

1 と云, には汝

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の中, へ来

▼ る延長~ (2, 0.0%)

2 が含まれる

▼ る建築~ (2, 0.0%)

1 に取懸る, はことごとく

▼ る建築師~ (2, 0.0%)

2 が自分

▼ る建築雑誌~ (2, 0.0%)

1 に本統, に某

▼ る弁証法的~ (2, 0.0%)

1 なるもの, 諸契機

▼ る弁護士~ (2, 0.0%)

1 に預け, の書記

▼ る式日~ (2, 0.0%)

1 に講堂, は奥

▼ る弥兵衛~ (2, 0.0%)

1 の水車小屋, を苦しめた

▼ る弥勒~ (2, 0.0%)

1 あるいは観音, の様子

▼ る弱虫~ (2, 0.0%)

2 とは知る

▼ る張合~ (2, 0.0%)

1 ひが, も無く

▼ る強み~ (2, 0.0%)

1 が直に, ではない

▼ る強弩~ (2, 0.0%)

2 の末

▼ る彌次馬~ (2, 0.0%)

1 を掻きわけ, を追

▼ る~ (2, 0.0%)

2 つてもを

▼ る当て~ (2, 0.0%)

1 のない, 途も

▼ る当てども~ (2, 0.0%)

1 ない病院, ない顔付き

▼ る当然~ (2, 0.0%)

1 の国民的責務, の帰宿

▼ る形勢~ (2, 0.0%)

2 を生じ

▼ る形式論理学~ (2, 0.0%)

1 の仮定, の系統

▼ る形象~ (2, 0.0%)

1 に祝福, を假想

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の幽か, の筆

▼ る彫刻~ (2, 0.0%)

1 とは言わば, をやる

▼ る役人~ (2, 0.0%)

1 が三井, に貸し

▼ る彼ら~ (2, 0.0%)

1 の群, の顏

▼ る彼自身~ (2, 0.0%)

1 の心, の經驗

▼ る後これ~ (2, 0.0%)

1 の, を殺し

▼ る後他人~ (2, 0.0%)

1 の入, の入会

▼ る後内閣~ (2, 0.0%)

2 を組織

▼ る後味~ (2, 0.0%)

1 とでも云うべき, のほろ苦い

▼ る後姿~ (2, 0.0%)

1 を日脚, 初めて見し

▼ る後家さん~ (2, 0.0%)

1 の女, の娘

▼ る後私~ (2, 0.0%)

1 の手先, は大切

▼ る~ (2, 0.0%)

1 にも往々, の癖

▼ る從來~ (2, 0.0%)

1 の發掘品, の關係等

▼ る御仁~ (2, 0.0%)

1 があらう, のタネ

▼ る御子~ (2, 0.0%)

1 を神, 既に産

▼ る御方~ (2, 0.0%)

1 と見, に棄てられました

▼ る復ら~ (2, 0.0%)

2 ぬまでも

▼ る微細~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ る徳川家~ (2, 0.0%)

1 の目附, の藩医

▼ る心境~ (2, 0.0%)

1 に到達, に腰

▼ る心底~ (2, 0.0%)

1 で, な

▼ る心持ち~ (2, 0.0%)

1 であります, の拘泥

▼ る心算~ (2, 0.0%)

1 でせう, で一色友衞

▼ る忌々しい~ (2, 0.0%)

1 噂を, 感情が

▼ る忌わしい~ (2, 0.0%)

1 惑わしを, 想像を

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の人, を抱い

▼ る志向~ (2, 0.0%)

1 が生じ, はともかく

▼ る忙し~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ る快楽~ (2, 0.0%)

1 の感覚, は文学的快楽中

▼ る思召~ (2, 0.0%)

1 でご, と感泣

▼ る怠慢~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ る急激~ (2, 0.0%)

1 な變化, に來

▼ る急進的~ (2, 0.0%)

2 な学生

▼ る性有~ (2, 0.0%)

2 つ悲

▼ る性関係~ (2, 0.0%)

1 とその, の諸

▼ る怨み~ (2, 0.0%)

1 の数々, ほとんど夢中

▼ る~ (2, 0.0%)

1 あり, の船

▼ る恍惚~ (2, 0.0%)

1 たるもの, と歡樂

▼ る恐ろしき~ (2, 0.0%)

1 スパイ, 復讐を

▼ る~ (2, 0.0%)

1 を小さし, を恥

▼ る恥辱~ (2, 0.0%)

1 をうけ, をすすごう

▼ る悔い~ (2, 0.0%)

1 と生涯, を恐れる

▼ る悟性作用~ (2, 0.0%)

2 を含み

▼ る患者等~ (2, 0.0%)

2 は看護婦

▼ る悦び~ (2, 0.0%)

2 が生じ

▼ る悩ましい~ (2, 0.0%)

1 影を, 雲を

▼ る悪党~ (2, 0.0%)

1 にほんとう, もあるまい

▼ る悪夢~ (2, 0.0%)

1 から覚めた, に就い

▼ る悪寒~ (2, 0.0%)

1 と哀惜, を覚えた

▼ る悪業~ (2, 0.0%)

1 の報い, またあるべき

▼ る悪質~ (2, 0.0%)

1 な性格, の教師

▼ る悲し~ (2, 0.0%)

1 さ, さが

▼ る悲惨~ (2, 0.0%)

1 な知識階級, な落伍者

▼ る悲惨事~ (2, 0.0%)

1 の反覆, を描いた

▼ る情操~ (2, 0.0%)

1 の素因, の養成

▼ る情緒~ (2, 0.0%)

1 の如き, や或

▼ る情誼~ (2, 0.0%)

2 からする

▼ る情趣~ (2, 0.0%)

1 とかリリカル, と知識

▼ る~ (2, 0.0%)

1 い連想, の隱蔽者

▼ る惡事~ (2, 0.0%)

1 の行, をし

▼ る惡意~ (2, 0.0%)

1 のある, を智

▼ る惡魔~ (2, 0.0%)

1 と等しく, はどうしても

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のない, る何分

▼ る想い~ (2, 0.0%)

2 がした

▼ る想念~ (2, 0.0%)

1 が私, を幻像

▼ る愉快~ (2, 0.0%)

1 なる家族, な仕事

▼ る意匠~ (2, 0.0%)

1 であろう, を現

▼ る意見~ (2, 0.0%)

1 が出つくし, を提議

▼ る愚か~ (2, 0.0%)

1 なる軽挙, な問

▼ る愛情~ (2, 0.0%)

1 の熱度, をもっ

▼ る~ (2, 0.0%)

1 がする, をもっ

▼ る感動~ (2, 0.0%)

1 というもの, に迫られた

▼ る感興~ (2, 0.0%)

1 を与えた, を味

▼ る感覚内容~ (2, 0.0%)

1 が次第に, を有

▼ る感謝~ (2, 0.0%)

1 したり, を感じた

▼ る慈善病院~ (2, 0.0%)

1 に入れた, の経営

▼ る慘事~ (2, 0.0%)

1 も亦, を想像

▼ る慾望~ (2, 0.0%)

1 が起っ, であるため

▼ る~ (2, 0.0%)

1 もや, 目に

▼ る憂い~ (2, 0.0%)

1 がある, が拭われ

▼ る憤懣~ (2, 0.0%)

1 の情, をひそか

▼ る憲政~ (2, 0.0%)

1 本党員, 本黨員

▼ る懇意~ (2, 0.0%)

1 な田舎, な男

▼ る懷疑~ (2, 0.0%)

1 の坩堝, を抱い

▼ る懸念~ (2, 0.0%)

1 に囚, は今や

▼ る~ (2, 0.0%)

1 る答えた, を抱き

▼ る我等~ (2, 0.0%)

1 の偏局, の愛

▼ る戦時体制~ (2, 0.0%)

1 が半永久的, のこと

▼ る戦線統一~ (2, 0.0%)

2 或いは少なくとも

▼ る戦術~ (2, 0.0%)

2 の開祖

▼ る戦車~ (2, 0.0%)

1 の出現, の数

▼ る戯曲壇~ (2, 0.0%)

1 はどう, 乃至劇界

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に, 暴れて

▼ る戰爭~ (2, 0.0%)

1 は不正, は正しく

▼ る所たる~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ る所作~ (2, 0.0%)

1 や発声, をば善哉

▼ る所有関係~ (2, 0.0%)

2 に他

▼ る所殆ど底~ (2, 0.0%)

2 止す可

▼ る所謂~ (2, 0.0%)

1 大新聞紙, 超個人的意識

▼ る所謂哲学~ (2, 0.0%)

1 だけを指す, を今日吾

▼ る手がかり~ (2, 0.0%)

1 となる, を握つた

▼ る手拭~ (2, 0.0%)

2 に顔

▼ る手法~ (2, 0.0%)

1 の批評, は日本

▼ る手筈~ (2, 0.0%)

1 が整った, にまでな

▼ る手箱~ (2, 0.0%)

1 に入れ, の中

▼ る手蔓~ (2, 0.0%)

1 が無くなる, を得

▼ る才能~ (2, 0.0%)

1 の貧困, を証明

▼ る批評性~ (2, 0.0%)

1 に即ち, の契機

▼ る批評的精神~ (2, 0.0%)

1 が本, そういう意味

▼ る技術的発達~ (2, 0.0%)

1 に結び付いた, は近代都市生活者

▼ る~ (2, 0.0%)

2 懸けては

▼ る抽象的~ (2, 0.0%)

1 な考へ方, な部分

▼ る指導~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は実に

▼ る指導者~ (2, 0.0%)

1 の手, は僧侶

▼ る振り~ (2, 0.0%)

1 も出来なかつた, をする

▼ る振動数~ (2, 0.0%)

1 がある, の音響

▼ る挿話~ (2, 0.0%)

1 もおもしろかっ, をいつごろ

▼ る排日行為~ (2, 0.0%)

2 を再発

▼ る採用作品~ (2, 0.0%)

2 の相違

▼ る探偵小説~ (2, 0.0%)

1 の流行, の輸入

▼ る提携~ (2, 0.0%)

2 の交渉

▼ る提灯~ (2, 0.0%)

1 の光り, の影

▼ る換言~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ る摩擦~ (2, 0.0%)

1 と波瀾, の原因

▼ る支配人~ (2, 0.0%)

1 が一人, に會つて

▼ る支配的~ (2, 0.0%)

2 な意見

▼ る政友~ (2, 0.0%)

2 に譲つた

▼ る政治上~ (2, 0.0%)

1 の意味, の重要機關

▼ る政治上必然~ (2, 0.0%)

2 の反動

▼ る政治的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な支配者

▼ る政治的実践~ (2, 0.0%)

2 も不可能

▼ る政治的活動~ (2, 0.0%)

1 がこの, に就い

▼ る政治的言論~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ る政治的運動~ (2, 0.0%)

1 と連帯関係, への連帯

▼ る政治的道徳~ (2, 0.0%)

1 を破, を破壊

▼ る政黨~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の弊害

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の表号, へにおける言葉

▼ る教え~ (2, 0.0%)

1 であり学び, と学び

▼ る教学~ (2, 0.0%)

1 としての社会的文化的役割, のイデー

▼ る教室~ (2, 0.0%)

1 の入口, へ入

▼ る教師~ (2, 0.0%)

1 に端, は一時休学

▼ る教授~ (2, 0.0%)

1 が一つ, が歎

▼ る教義~ (2, 0.0%)

1 は本, を思い出す

▼ る数字~ (2, 0.0%)

1 と或, に注意力

▼ る数学~ (2, 0.0%)

2 の適用

▼ る数学的操作~ (2, 0.0%)

1 の力, 又は数学

▼ る敵將~ (2, 0.0%)

1 をわれ黄銅, 防ぐ然

▼ る敵意~ (2, 0.0%)

1 の沈黙, をさえ認めた

▼ る文人~ (2, 0.0%)

1 が或, の位置

▼ る文化人~ (2, 0.0%)

1 が特に, の文化意識

▼ る文化団体~ (2, 0.0%)

1 の事務, の嘱託事務

▼ る文化擁護作家大会~ (2, 0.0%)

1 で進歩的, の刺激

▼ る文化水準~ (2, 0.0%)

1 の向上, の高

▼ る文化的~ (2, 0.0%)

1 な施設, な発達物

▼ る文化的自由主義~ (2, 0.0%)

1 の思想原則, の運動

▼ る文化運動~ (2, 0.0%)

1 ということ, の意義

▼ る文句~ (2, 0.0%)

1 が書い, だけれども

▼ る文壇~ (2, 0.0%)

1 の慈氏, や論壇

▼ る文学性~ (2, 0.0%)

1 などといふ理論, の独立

▼ る文学的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な表現

▼ る文学運動~ (2, 0.0%)

1 が或, のなか

▼ る文武~ (2, 0.0%)

2 の事業

▼ る文献学~ (2, 0.0%)

1 の哲学的認識, の無

▼ る文献学主義~ (2, 0.0%)

1 だったの, というもの

▼ る断面~ (2, 0.0%)

1 を見せる, を誇大

▼ る新聞現象~ (2, 0.0%)

1 の政治性, 或いは広い

▼ る新聞紙~ (2, 0.0%)

1 の始め, を開い

▼ る新鮮~ (2, 0.0%)

1 な空気, な魅力

▼ る新鮮さ~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, をもっ

▼ る方々~ (2, 0.0%)

1 に能記憶, は徳富蘇峯先生幸田成友先生水谷不倒先生松

▼ る方針~ (2, 0.0%)

1 であ, の下

▼ る旅人~ (2, 0.0%)

1 はこう, は伴侶

▼ る旅客~ (2, 0.0%)

1 の一群, の如し

▼ る旅宿~ (2, 0.0%)

1 に逗留, のごとし

▼ る旅路~ (2, 0.0%)

1 につく, に志した

▼ る~ (2, 0.0%)

1 にかく, の愈

▼ る~ (2, 0.0%)

1 はまだ, を目掛け

▼ る旗亭~ (2, 0.0%)

1 で痛飲深更, にて

▼ る旗本~ (2, 0.0%)

1 の大家, の屋敷

▼ る日お前~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ る日ひとり先~ (2, 0.0%)

2 きに

▼ る日まつ青~ (2, 0.0%)

2 な顔

▼ る日わたし~ (2, 0.0%)

1 と出, はさり気

▼ る日ドイツ~ (2, 0.0%)

1 のチューリンゲン, を汽車

▼ る日ナポレオン~ (2, 0.0%)

1 はその, は侍医

▼ る日ネッド~ (2, 0.0%)

1 が顔, は山木

▼ る日一日~ (2, 0.0%)

1 と二日間, 寝て

▼ る日三郎~ (2, 0.0%)

1 が真面目, は父

▼ る日九段~ (2, 0.0%)

2 の偕行社

▼ る日井戸~ (2, 0.0%)

1 の中, を覗い

▼ る日伯~ (2, 0.0%)

2 は突然

▼ る日何心~ (2, 0.0%)

1 ない遊戯心, なく私

▼ る日余~ (2, 0.0%)

2 は盗賊

▼ る日僕~ (2, 0.0%)

1 はライラツク, は彼

▼ る日凡太郎~ (2, 0.0%)

2 を抱きあげ

▼ る日博士~ (2, 0.0%)

1 は瓶詰, をたずね

▼ る日向う~ (2, 0.0%)

1 の偉い, の山の下

▼ る日夜~ (2, 0.0%)

1 の苦業, 更けて

▼ る日妙子~ (2, 0.0%)

1 が夙川, の留守

▼ る日姉~ (2, 0.0%)

1 は友達, は私

▼ る日娘~ (2, 0.0%)

1 は幸山船長, を外

▼ る日孔明~ (2, 0.0%)

1 に導かれ, は友達

▼ る日寺町通~ (2, 0.0%)

1 の刀剣商, の刀劍商

▼ る日師匠~ (2, 0.0%)

1 がそれ, の供

▼ る日常的~ (2, 0.0%)

1 な実践, な行動形態

▼ る日彼等~ (2, 0.0%)

1 が少し, は東京

▼ る日往来~ (2, 0.0%)

1 で土地, を歩い

▼ る日指導役~ (2, 0.0%)

2 のお爺さん

▼ る日支親善~ (2, 0.0%)

2 だけで

▼ る日数人~ (2, 0.0%)

1 の坊主, の従者

▼ る日曜日お前たち~ (2, 0.0%)

1 が讃美歌, が讚美歌

▼ る日曜日私~ (2, 0.0%)

1 が寄宿舍, が寄宿舎

▼ る日本人居留民~ (2, 0.0%)

2 にそのまま

▼ る日本民族~ (2, 0.0%)

1 の堕落ぶり, の発展政策

▼ る日本的~ (2, 0.0%)

1 なる社会機構, な動き

▼ る日本茶利休~ (2, 0.0%)

2 ならね

▼ る日本詩人たち~ (2, 0.0%)

2 の努力

▼ る日東京朝日新聞~ (2, 0.0%)

2 にれい

▼ る日東端~ (2, 0.0%)

2 から逆

▼ る日横浜~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, の埠頭

▼ る日此~ (2, 0.0%)

1 の児, の火山

▼ る日水島~ (2, 0.0%)

2 は朗

▼ る日狸~ (2, 0.0%)

2 は自分

▼ る日狸狩り~ (2, 0.0%)

1 ということ, といふこと

▼ る日神様~ (2, 0.0%)

2 にお願い

▼ る日素子~ (2, 0.0%)

1 が, にそのまま

▼ る日細君~ (2, 0.0%)

1 が昼寝, と一緒

▼ る日絹子~ (2, 0.0%)

1 は学校友だち, は學校友だち

▼ る日編輯長~ (2, 0.0%)

1 がプラトン, が云

▼ る日脚~ (2, 0.0%)

1 に従って, は袋棚

▼ る日自動車~ (2, 0.0%)

1 で押出し, に轢かれ

▼ る日見舞~ (2, 0.0%)

1 に来た, に行く

▼ る日輪~ (2, 0.0%)

1 にむかひ, の光

▼ る日途中~ (2, 0.0%)

1 で父, で踏み外し

▼ る日都~ (2, 0.0%)

1 への旅路, へ旅路

▼ る日鳥右さん~ (2, 0.0%)

1 が戸, はめづらし

▼ る明日~ (2, 0.0%)

1 は思ひ, までには

▼ る明白感~ (2, 0.0%)

1 によって必ずしも, を伴わざる

▼ る春風~ (2, 0.0%)

1 に梢, は次第に

▼ る時おれ~ (2, 0.0%)

1 は彼女, を本当に

▼ る時そつ~ (2, 0.0%)

1 と拔, と私

▼ る時わたし~ (2, 0.0%)

1 に勸告, は

▼ る時ウーズ・ホール~ (2, 0.0%)

2 の臨海実験

▼ る時セルギウス~ (2, 0.0%)

1 は婆, は此土地

▼ る時セーラム~ (2, 0.0%)

2 にモース先生

▼ る時一~ (2, 0.0%)

1 と際, の俳書

▼ る時一人~ (2, 0.0%)

1 の事務員, の青年

▼ る時上人~ (2, 0.0%)

1 が使, は帯

▼ る時下~ (2, 0.0%)

2 のかた

▼ る時乳人~ (2, 0.0%)

1 に両親, に尋ねる

▼ る時会社~ (2, 0.0%)

1 で業務上, の方

▼ る時伯父~ (2, 0.0%)

1 の家, は私

▼ る時余~ (2, 0.0%)

2 は母

▼ る時偶然~ (2, 0.0%)

1 にこう, 同じ机

▼ る時内地人~ (2, 0.0%)

2 の集まり

▼ る時友人~ (2, 0.0%)

1 と全生, の一人

▼ る時女中~ (2, 0.0%)

2 が杓文字

▼ る時妙子~ (2, 0.0%)

1 が, は一緒

▼ る時娘~ (2, 0.0%)

1 がそっと, の光子

▼ る時師匠~ (2, 0.0%)

1 から, がステパン

▼ る時幸子~ (2, 0.0%)

1 は, は悦子

▼ る時母~ (2, 0.0%)

1 がそれ, に云

▼ る時沢庵~ (2, 0.0%)

1 は三斎, は生き永らえ

▼ る時玄關~ (2, 0.0%)

1 で薙刀, まで來

▼ る時病室~ (2, 0.0%)

2 に患者

▼ る時神田~ (2, 0.0%)

2 の小学校

▼ る時美人~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ る時見舞~ (2, 0.0%)

1 にいっ, に行く

▼ る時都合~ (2, 0.0%)

2 が惡るい

▼ る時雨~ (2, 0.0%)

1 と一緒, やそれ

▼ る時非常~ (2, 0.0%)

1 なる辱めに, な重

▼ る晩ゴーリキイ~ (2, 0.0%)

2 は雪

▼ る晩ベル~ (2, 0.0%)

1 が鳴った, が鳴つた

▼ る晩十二時過ぎ~ (2, 0.0%)

2 に私

▼ る晩友人~ (2, 0.0%)

1 に誘わるる, のところ

▼ る晩女~ (2, 0.0%)

1 は現れなかった, は自分

▼ る晩妻~ (2, 0.0%)

1 はまた, は妙

▼ る晩扁理~ (2, 0.0%)

2 は友人たち

▼ る晩母~ (2, 0.0%)

1 が私, はふい

▼ る晩祖母~ (2, 0.0%)

1 が私, はあ

▼ る晩秋~ (2, 0.0%)

1 のしづか, の夕暮れ

▼ る普通~ (2, 0.0%)

2 の沙

▼ る晴々~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ る~ (2, 0.0%)

1 を一つ, 育と徳育

▼ る智慧~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, でありまして

▼ る曲り角~ (2, 0.0%)

1 で向う, で石ころ

▼ る書籍~ (2, 0.0%)

1 に就い, の内

▼ る書類~ (2, 0.0%)

1 もがなと用箪笥, を探し始めた

▼ る最上~ (2, 0.0%)

1 の哲學, の手段

▼ る最中~ (2, 0.0%)

1 から重い, を攻撃

▼ る會社~ (2, 0.0%)

1 が利, に勤め

▼ る月日~ (2, 0.0%)

1 の精粹, は知らない

▼ る月曜日~ (2, 0.0%)

1 の午後, の講義中

▼ る有志~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の人達

▼ る有望~ (2, 0.0%)

1 な新しい, な資格

▼ る有様陽気~ (2, 0.0%)

2 が土中

▼ る朋友~ (2, 0.0%)

1 に此事, はきまつ

▼ る朝みんな~ (2, 0.0%)

1 が船, に話す

▼ る朝ガラツ八~ (2, 0.0%)

1 がその, の大

▼ る朝一通~ (2, 0.0%)

1 の往復はがき, の電報

▼ る朝二人~ (2, 0.0%)

2 は公園

▼ る朝四時~ (2, 0.0%)

1 から起き, に私

▼ る朝堂~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ る朝夏~ (2, 0.0%)

1 の爽やか, は赤児

▼ る朝夜~ (2, 0.0%)

1 の明け, の明ける

▼ る朝宿屋~ (2, 0.0%)

1 の裏, を立っ

▼ る朝平次~ (2, 0.0%)

1 がやっ, がやつ

▼ る朝愚助~ (2, 0.0%)

1 が学校, は申しました

▼ る朝村~ (2, 0.0%)

1 の家々, は騒動

▼ る朝潮~ (2, 0.0%)

2

▼ る朝連れ~ (2, 0.0%)

2 の人達

▼ る朝野~ (2, 0.0%)

1 のからす, の巨頭連

▼ る朝院長~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ る朝露~ (2, 0.0%)

1 のおり, の新

▼ る朝顔~ (2, 0.0%)

1 の流行, を洗った

▼ る朝鮮~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の我国

▼ る朝黒木長者~ (2, 0.0%)

2 は夜

▼ る期節~ (2, 0.0%)

1 でもなけれ, に消え残った

▼ る木屋~ (2, 0.0%)

2 の大家

▼ る木屑~ (2, 0.0%)

2 が判然

▼ る木彫~ (2, 0.0%)

1 の, の鷽

▼ る木葉~ (2, 0.0%)

1 は雨, を熱湯

▼ る~ (2, 0.0%)

1 可知の, 習熟の

▼ る未来~ (2, 0.0%)

1 と希望, の努力

▼ る未練~ (2, 0.0%)

1 と嫉妬, もなし

▼ る~ (2, 0.0%)

1 が家, まで明

▼ る本職~ (2, 0.0%)

2 を持っ

▼ る本能的~ (2, 0.0%)

2 な恐怖

▼ る材料~ (2, 0.0%)

1 で非常, になる

▼ る材木~ (2, 0.0%)

1 のその, の意味

▼ る東洋~ (2, 0.0%)

1 にも通用, の特殊性

▼ る板塀~ (2, 0.0%)

1 の上, の中

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のほとり俄, を浸さん

▼ る~ (2, 0.0%)

1 には及ばじ, は焦込ん

▼ る果実~ (2, 0.0%)

1 であった, を飽くまで

▼ る果物~ (2, 0.0%)

1 もその, を切らう

▼ る~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ る案山子~ (2, 0.0%)

1 かな, の笠

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の畑さ, の落葉

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の一片二片, の落ち葉点々

▼ る梔子~ (2, 0.0%)

2

▼ る検証~ (2, 0.0%)

1 の価値, を持つ

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の巨木, の木

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の暖簾, へ遊び

▼ る楽譜~ (2, 0.0%)

1 であり俳優, である

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の実, の實

▼ る構成~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は第

▼ る様式~ (2, 0.0%)

1 は前, を詩劇

▼ る樂しみ~ (2, 0.0%)

1 に染, もない

▼ る模写機能~ (2, 0.0%)

2 の特性

▼ る模範村~ (2, 0.0%)

1 の話, は増産奨励

▼ る権力~ (2, 0.0%)

1 が認められ, の代表者

▼ る樹木~ (2, 0.0%)

1 を栽, を植ゑ

▼ る橘夫人~ (2, 0.0%)

2 の法華經

▼ る機械論~ (2, 0.0%)

1 と生気論, の範疇体系

▼ る機運~ (2, 0.0%)

1 の巡転, は私

▼ る權利~ (2, 0.0%)

1 があ, とは貸したる

▼ る欠陥~ (2, 0.0%)

1 から出, を持つ

▼ る欧羅巴~ (2, 0.0%)

1 が私, にいた

▼ る歌人~ (2, 0.0%)

1 がトンカツ, の心

▼ る歌材~ (2, 0.0%)

2 の整理

▼ る歡喜~ (2, 0.0%)

1 と活動, に滿

▼ る~ (2, 0.0%)

1 反対物である, 當の

▼ る正しき~ (2, 0.0%)

1 傳統を, 者と

▼ る正式~ (2, 0.0%)

1 な方法, な段丘構成

▼ る正当~ (2, 0.0%)

1 な意味, の位地

▼ る武力~ (2, 0.0%)

2 の価値

▼ る武器~ (2, 0.0%)

1 が金銭, に代った

▼ る~ (2, 0.0%)

2 ではなけれ

▼ る歴史小説~ (2, 0.0%)

1 の未, の標準

▼ る歴史的原因~ (2, 0.0%)

2 であった処

▼ る歴史的原理~ (2, 0.0%)

1 の二つ, は全く

▼ る歴史的必然性~ (2, 0.0%)

2 乃至遊離性

▼ る歴史的確率~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ る歴史的豪傑~ (2, 0.0%)

2 であ

▼ る歴史記述~ (2, 0.0%)

2 は社会

▼ る~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ る殆ど唯一~ (2, 0.0%)

1 の権威, の目録學書

▼ る殊勝~ (2, 0.0%)

1 なる振舞, の体

▼ る残忍~ (2, 0.0%)

1 な画題, 至らざるなき

▼ る残酷~ (2, 0.0%)

1 な傷, な感じ

▼ る殺気~ (2, 0.0%)

1 を含ん, を感じた

▼ る母樹~ (2, 0.0%)

2 の枝

▼ る比例~ (2, 0.0%)

1 にある, において入り

▼ る比較~ (2, 0.0%)

1 をする, を敢

▼ る比量家~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ る民俗~ (2, 0.0%)

1 が今, なり思想

▼ る気まずい~ (2, 0.0%)

1 垣根を, 感情を

▼ る気力~ (2, 0.0%)

1 はない, はないだらう

▼ る気品~ (2, 0.0%)

1 に富んだ, の高い

▼ る気遣い~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ る気風~ (2, 0.0%)

1 なり習性, を持っ

▼ る気魄~ (2, 0.0%)

1 によって読ませる, も失っ

▼ る氣色~ (2, 0.0%)

1 がした, はなかつた

▼ る水仙~ (2, 0.0%)

1 の作り花, ほころびる

▼ る水勢~ (2, 0.0%)

1 すさまじく即ち, の劇甚

▼ る水平~ (2, 0.0%)

1 から寄せ, に達し

▼ る水車小屋~ (2, 0.0%)

1 があつ, に大勢

▼ る水面~ (2, 0.0%)

1 に澄ん, をきょろきょろ

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のやう, の面

▼ る永劫~ (2, 0.0%)

2 に亘る

▼ る~ (2, 0.0%)

1 なる胡麻竹, に仄

▼ る~ (2, 0.0%)

1 か膏, と相

▼ る汚辱~ (2, 0.0%)

1 の痛苦, を免かれんため律法

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の向側, の面

▼ る池袋清風~ (2, 0.0%)

2 も同様

▼ る決して~ (2, 0.0%)

1 無理とは, 終點迄達する

▼ る決定的~ (2, 0.0%)

1 な意義, な瞬間

▼ る決意~ (2, 0.0%)

1 を強く, を持つ

▼ る汽船~ (2, 0.0%)

1 の乘場, はこれ

▼ る波瀾~ (2, 0.0%)

2 に富んだ

▼ る注意~ (2, 0.0%)

1 すべき第, を惹かされた

▼ る~ (2, 0.0%)

1 あり, は抱く

▼ る流れ~ (2, 0.0%)

1 に走る, の傍ら

▼ る浅ましい~ (2, 0.0%)

1 姿の, 方面の

▼ る浪人~ (2, 0.0%)

1 から百両, がある

▼ る浪漫主義~ (2, 0.0%)

1 とも見, と自然主義

▼ る浴衣~ (2, 0.0%)

1 の白, を脱ぐ

▼ る海岸町~ (2, 0.0%)

2 に着いた

▼ る消息~ (2, 0.0%)

1 の返書さ, をも得る

▼ る液体~ (2, 0.0%)

1 の中, を発見

▼ る淡い~ (2, 0.0%)

1 不満を, 愉快と

▼ る淡雪積~ (2, 0.0%)

2 ると

▼ る~ (2, 0.0%)

1 さ以上潜る, 谿の

▼ る深山~ (2, 0.0%)

1 の奥, の谷間

▼ る深林~ (2, 0.0%)

1 に向, に突進

▼ る深淵~ (2, 0.0%)

1 その流, と三重

▼ る清き~ (2, 0.0%)

1 光の, 尼三味線弾ける

▼ る清水~ (2, 0.0%)

1 の音, を汲もう

▼ る渡り~ (2, 0.0%)

2 に舟

▼ る温かい~ (2, 0.0%)

1 日家の, 泉こそは

▼ る温泉~ (2, 0.0%)

1 に来, へ出かける

▼ る湖水~ (2, 0.0%)

1 の氾濫, はどうして

▼ る湯気わ~ (2, 0.0%)

2 がふかす

▼ る満足感~ (2, 0.0%)

1 に似た, を皮膚

▼ る~ (2, 0.0%)

1 ありて, の名

▼ る滑稽~ (2, 0.0%)

1 なもの, の結局

▼ る漁師~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ る演劇革新~ (2, 0.0%)

1 の歩み, の運動

▼ る演劇革新運動~ (2, 0.0%)

1 は小山内薫氏, は期せ

▼ る漠然さ~ (2, 0.0%)

1 の価値, を尊んだ

▼ る漠然たる~ (2, 0.0%)

1 憂鬱を, 正義観念で

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の三傑, は其勇気

▼ る漢人~ (2, 0.0%)

2 の辮髮

▼ る激しい~ (2, 0.0%)

1 炎天の, 色が

▼ る激しき~ (2, 0.0%)

2 衝動を

▼ る激浪~ (2, 0.0%)

1 が此, のかしら

▼ る~ (2, 0.0%)

2 黄色の

▼ る火口~ (2, 0.0%)

1 を失う, を失ふ

▼ る火山~ (2, 0.0%)

1 が方, の噴火口

▼ る火箸~ (2, 0.0%)

1 で自分, の一本

▼ る灰色~ (2, 0.0%)

1 の雲, の霧

▼ る点非常~ (2, 0.0%)

2 に機械的

▼ る烈しい~ (2, 0.0%)

1 日光の, 雑音それは

▼ る~ (2, 0.0%)

1 その幾百羽, にこと問

▼ る~ (2, 0.0%)

1 が偶然, を自分

▼ る無く~ (2, 0.0%)

1 ば如何に, 志は

▼ る無秩序~ (2, 0.0%)

1 は内容上, をも伴つた

▼ る無花果~ (2, 0.0%)

2 の森

▼ る無邪気~ (2, 0.0%)

1 っぽいお客連, の労力

▼ る煙草~ (2, 0.0%)

2 の煙

▼ る熱心~ (2, 0.0%)

1 と放心, に就い

▼ る熱情~ (2, 0.0%)

1 に燃え, より他

▼ る熱意~ (2, 0.0%)

2 がわたくし

▼ る~ (2, 0.0%)

2 の見

▼ る燈火~ (2, 0.0%)

1 の光, はかすか

▼ る~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひの

▼ る父母~ (2, 0.0%)

1 の生き, を亡

▼ る爺さん~ (2, 0.0%)

1 だが, の口

▼ る~ (2, 0.0%)

1 かな夜, かな晩

▼ る片々~ (2, 0.0%)

1 たる小, に砕け

▼ る牛乳配達~ (2, 0.0%)

1 と訝しい, は偶

▼ る物好き~ (2, 0.0%)

1 な学生, な男

▼ る物珍~ (2, 0.0%)

1 らしい生き物, らしさ

▼ る物見遊山~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ る物質概念~ (2, 0.0%)

1 のこの, の発展

▼ る物音~ (2, 0.0%)

1 が響く, の聽

▼ る特権~ (2, 0.0%)

1 を与えられ, を意味

▼ る犯罪~ (2, 0.0%)

1 をあばき出し, を前提

▼ る犯罪事実~ (2, 0.0%)

1 の情景, を述べたい

▼ る狂い~ (2, 0.0%)

1 といったの, を持っ

▼ る狂人~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ る狂女~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ る狩野川~ (2, 0.0%)

1 から引いた, となる

▼ る独創的~ (2, 0.0%)

1 で有益, な新しい

▼ る独占~ (2, 0.0%)

1 は利潤, は始め

▼ る独楽~ (2, 0.0%)

1 の顔見世, はその

▼ る独自~ (2, 0.0%)

1 の, の特色

▼ る~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ る~ (2, 0.0%)

1 獸吠ゆる, 訓練殊に

▼ る猛烈~ (2, 0.0%)

1 な感激, な改革

▼ る玩具~ (2, 0.0%)

1 であろう, を製

▼ る玩具屋~ (2, 0.0%)

1 の店先, の飾窓

▼ る珍しい~ (2, 0.0%)

1 人といふ, 倶楽部に

▼ る現代劇~ (2, 0.0%)

1 の批評的考察, の破綻

▼ る現在語~ (2, 0.0%)

2 並びにその

▼ る現実的~ (2, 0.0%)

1 な発展, な矛盾

▼ る理法~ (2, 0.0%)

1 と云, の下

▼ る理論家~ (2, 0.0%)

1 が一つ, はジャーナリズム

▼ る理論的~ (2, 0.0%)

1 な新聞研究, 及び行動的実践

▼ る瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のなか, 水荘は

▼ る瓦斯~ (2, 0.0%)

1 の火, をはげしく

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に入っ, 持ち來

▼ る~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ る生得~ (2, 0.0%)

2 の感じ

▼ る生活上~ (2, 0.0%)

1 の消費, の精力的

▼ る生産技術~ (2, 0.0%)

1 の要求, を少し

▼ る生産様式~ (2, 0.0%)

1 がいつ, ということ

▼ る産物~ (2, 0.0%)

1 の原料, を或

▼ る田園思慕者~ (2, 0.0%)

1 と同じ, に至つて

▼ る田舍~ (2, 0.0%)

1 の村長, の習慣

▼ る田舍もの~ (2, 0.0%)

2 もあらざりき

▼ る由來~ (2, 0.0%)

1 から分類, を考へ

▼ る申しわけ~ (2, 0.0%)

1 にもなる, をやる

▼ る男たち~ (2, 0.0%)

1 に見向ったらしい, は彼女

▼ る男性的~ (2, 0.0%)

1 な率直, な美

▼ る町筋~ (2, 0.0%)

1 は静, をしほ

▼ る画法幾何学~ (2, 0.0%)

1 の父, の講義

▼ る畏し~ (2, 0.0%)

2 い夜更け

▼ る留守~ (2, 0.0%)

1 にまさか, に今夜

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のまん中, の畔

▼ る畢竟~ (2, 0.0%)

2 は此

▼ る~ (2, 0.0%)

1 ではない, に皆

▼ る畫面~ (2, 0.0%)

2 には見る

▼ る異種性~ (2, 0.0%)

2 が存する

▼ る當時~ (2, 0.0%)

1 の知名, の記録

▼ る當麻曼陀羅~ (2, 0.0%)

2 の説明

▼ る當麻路~ (2, 0.0%)

2 の脇

▼ る疾風~ (2, 0.0%)

1 がどうか, に葭簀

▼ る病室~ (2, 0.0%)

1 に這入つた, は鐵道

▼ る病毒~ (2, 0.0%)

1 の本源, の經過

▼ る病氣~ (2, 0.0%)

1 の時, は恐らく

▼ る病熱~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ る痛み~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を想像

▼ る瘠地~ (2, 0.0%)

2 の丘

▼ る療養所~ (2, 0.0%)

1 で病, に室

▼ る癒ら~ (2, 0.0%)

1 ないは, ないもの

▼ る発作~ (2, 0.0%)

1 の折, を遂行

▼ る發展~ (2, 0.0%)

1 の原動力, を指導

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のベンチ, を多祥

▼ る白人~ (2, 0.0%)

1 の女, の生活

▼ る白紙~ (2, 0.0%)

1 の脅迫状, は却つて

▼ る白蛇~ (2, 0.0%)

1 さながらであった, なして

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に向けし, はない

▼ る目科~ (2, 0.0%)

1 は口, は隙

▼ る目論見~ (2, 0.0%)

1 のため, をし

▼ る直接~ (2, 0.0%)

1 なもの, なる交互作用

▼ る直接性~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ る直覚~ (2, 0.0%)

1 が私, が私達

▼ る直覚性~ (2, 0.0%)

1 とか直観性, 乃至直観性

▼ る相互扶助~ (2, 0.0%)

1 の事実, の感情

▼ る相対性理論~ (2, 0.0%)

1 と新, に於ける

▼ る~ (2, 0.0%)

1 で図書課, の判任官

▼ る眞宗~ (2, 0.0%)

1 の宣教, は潮

▼ る真心~ (2, 0.0%)

1 からああ, のない

▼ る真昼~ (2, 0.0%)

1 にぞげん, の陽

▼ る真珠~ (2, 0.0%)

1 のブローチ, の如く

▼ る知つて言~ (2, 0.0%)

2 はざる

▼ る知己~ (2, 0.0%)

1 から一人, に頼ん

▼ る知性~ (2, 0.0%)

1 と情性, を具え

▼ る知能~ (2, 0.0%)

1 なの, の一形態

▼ る短い~ (2, 0.0%)

1 文章の, 電波と

▼ る短夜~ (2, 0.0%)

1 の雫, をまだ

▼ る短篇~ (2, 0.0%)

1 は笑話, を読むなら

▼ る石垣~ (2, 0.0%)

1 の乾き, の蔭

▼ る研究法~ (2, 0.0%)

1 の是正, はどちら

▼ る研究発表~ (2, 0.0%)

1 ではなく, の結論

▼ る硝子工場~ (2, 0.0%)

1 で可, と或

▼ る確乎~ (2, 0.0%)

1 たる一大事実, たる存在理由

▼ る確信~ (2, 0.0%)

1 がつきました, をえたらしい

▼ る確固不易~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ る社会主義~ (2, 0.0%)

1 である, の母

▼ る社会主義リアリズム~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ る社会主義建設~ (2, 0.0%)

1 であること, と労働者

▼ る社会人~ (2, 0.0%)

1 としての人間活動, の心理

▼ る社会学~ (2, 0.0%)

1 の一権威デユルケム, は始め

▼ る社会的地位~ (2, 0.0%)

1 ががらり, を高め

▼ る社会的発達形態~ (2, 0.0%)

2 と結びつい

▼ る社会組織~ (2, 0.0%)

2 の研究

▼ る神事~ (2, 0.0%)

1 を, を傳

▼ る神來~ (2, 0.0%)

1 の喜び, の無

▼ る神学~ (2, 0.0%)

1 となる, に相当

▼ る神学者~ (2, 0.0%)

2 の説

▼ る神恩~ (2, 0.0%)

1 の光汝, の多少

▼ る神明~ (2, 0.0%)

1 が, の

▼ る神樣~ (2, 0.0%)

2 があります

▼ る禍難~ (2, 0.0%)

1 にわれ, を生み出

▼ る福音~ (2, 0.0%)

1 は伝えられなかった, は傳

▼ る禹天~ (2, 0.0%)

2 を仰い

▼ る私たち~ (2, 0.0%)

1 でありました, の不自由

▼ る私塾~ (2, 0.0%)

1 などへ入っ, を開い

▼ る私情~ (2, 0.0%)

1 の愛好, の憎

▼ る私立学校~ (2, 0.0%)

1 に這入った, の哲学

▼ る科学主義工業~ (2, 0.0%)

1 の温床, は必然的

▼ る科学教育~ (2, 0.0%)

1 から見れ, は同じ

▼ る科学的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な知識

▼ る科学的実験~ (2, 0.0%)

1 が不可能, に就い

▼ る科学的社会主義~ (2, 0.0%)

1 の建設, の思潮

▼ る科学的認識~ (2, 0.0%)

1 が使う, でないもの

▼ る科学的認識構成~ (2, 0.0%)

1 の一条件, の重

▼ る科学知識~ (2, 0.0%)

1 の克, の発達程度

▼ る科学者~ (2, 0.0%)

1 が想像, の態度

▼ る秘薬~ (2, 0.0%)

1 を索め, を見出し

▼ る稀有~ (2, 0.0%)

1 なる螺, のもの

▼ る程それ~ (2, 0.0%)

2 が一番

▼ る程度ここ~ (2, 0.0%)

1 から自由, の詰所

▼ る種子~ (2, 0.0%)

1 の酬い, を培

▼ る空前~ (2, 0.0%)

1 の名著, の少年選手

▼ る空地~ (2, 0.0%)

1 に溝, を通してその

▼ る空気~ (2, 0.0%)

1 の中, も失笑

▼ る空氣~ (2, 0.0%)

1 に調和, をこれ

▼ る空虚~ (2, 0.0%)

1 が澱ん, を心

▼ る窓辺~ (2, 0.0%)

2

▼ る~ (2, 0.0%)

1 ひを, ふとかく

▼ る第一人者~ (2, 0.0%)

1 であつ, といっ

▼ る第三者~ (2, 0.0%)

2 を計算

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の葉, の起伏

▼ る筈ぢ~ (2, 0.0%)

1 やございません, やて

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の当所, や左右大砲

▼ る策士~ (2, 0.0%)

2 といふ奴

▼ る~ (2, 0.0%)

1 となった, の葭簀

▼ る節度~ (2, 0.0%)

2 を失わず

▼ る範圍内~ (2, 0.0%)

1 に於, の地

▼ る篤志~ (2, 0.0%)

1 な人々, な婦人

▼ る篤志家~ (2, 0.0%)

1 から最も, に無闇

▼ る簡単~ (2, 0.0%)

1 なる場合, な工夫

▼ る~ (2, 0.0%)

1 だ, へ入れる

▼ る粉屋~ (2, 0.0%)

1 で上京中, へ入っ

▼ る粉雪~ (2, 0.0%)

1 と強風, をぴんと

▼ る精神力~ (2, 0.0%)

1 のよう, の覚醒

▼ る精神生活~ (2, 0.0%)

1 の實行力, の方向

▼ る精神病者虐待~ (2, 0.0%)

2 の実情

▼ る精神病院~ (2, 0.0%)

1 の入院患者, へ終身患者

▼ る糸七~ (2, 0.0%)

2 の場合

▼ る系図~ (2, 0.0%)

1 だそう, にも信ずる

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の木の葉, の露

▼ る紅葉~ (2, 0.0%)

1 のかずを, の一勝地

▼ る素晴~ (2, 0.0%)

1 しい大声, しい精神科学

▼ る素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 もののほんの小さな, ヒントを

▼ る素材~ (2, 0.0%)

1 について作者, はいくら

▼ る素直~ (2, 0.0%)

1 で従順, な魂

▼ る細い~ (2, 0.0%)

1 力の, 手で

▼ る細部~ (2, 0.0%)

1 の滲透, を一人

▼ る終局的~ (2, 0.0%)

1 なるもの, な傾向

▼ る組み合せ~ (2, 0.0%)

1 の如く, の複雑微妙

▼ る経済理論~ (2, 0.0%)

1 の意味, はともかく

▼ る経験的~ (2, 0.0%)

1 な事実, な手続き

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のよう, の専門家

▼ る絵画~ (2, 0.0%)

1 ではある, や情趣

▼ る絶対的~ (2, 0.0%)

1 な, な空間点

▼ る絶島~ (2, 0.0%)

1 にかく, に漂着

▼ る絶望~ (2, 0.0%)

1 と退屈, の生活

▼ る~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ る緊張~ (2, 0.0%)

1 から解放, を覚え

▼ る緊急~ (2, 0.0%)

1 なる両院, な調べ物

▼ る総体~ (2, 0.0%)

1 に対して同, は専門家

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の麦畑, の黒髮後

▼ る練習所~ (2, 0.0%)

2 で乗馬

▼ る縁談~ (2, 0.0%)

1 に逆説的, を作り上げ

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のごとし, は遅く

▼ る縹渺~ (2, 0.0%)

1 たる象徴的, とした

▼ る~ (2, 0.0%)

1 ての勞苦, ての種類

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の切口, の結び目

▼ る缺陷~ (2, 0.0%)

1 から出, の延長擴大

▼ る罌粟~ (2, 0.0%)

1 のゆめ, の花

▼ る罪過~ (2, 0.0%)

1 と同一意義, を犯した

▼ る美術家連中~ (2, 0.0%)

2 も少く

▼ る美談~ (2, 0.0%)

1 ぞかし, などが決して

▼ る美麗~ (2, 0.0%)

1 の壁, の武具

▼ る群れ~ (2, 0.0%)

1 は一室, は板敷き

▼ る群衆~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ る羽衣説話~ (2, 0.0%)

2 の最初

▼ る習癖~ (2, 0.0%)

1 に過ぎない, を持つ

▼ る翻訳~ (2, 0.0%)

1 によってその, のよう

▼ る老大家~ (2, 0.0%)

1 が亡くなっ, の文体

▼ る者たち~ (2, 0.0%)

1 がこの, はそれ

▼ る者の~ (2, 0.0%)

1 は白, は真赤

▼ る者引き~ (2, 0.0%)

2 も切らず

▼ る聖徒~ (2, 0.0%)

1 の一群, をし

▼ る聲成~ (2, 0.0%)

2

▼ る聴取~ (2, 0.0%)

1 り難い, り難き

▼ る聴覚~ (2, 0.0%)

2 に聞えた

▼ る職務~ (2, 0.0%)

1 であるところ, をば闕

▼ る職場~ (2, 0.0%)

2 に働い

▼ る職業教育~ (2, 0.0%)

1 をもっと, を授ける

▼ る~ (2, 0.0%)

1 取り難い, 取り難き

▼ る肉屋~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に垂, に垂れ

▼ る育馬所~ (2, 0.0%)

1 にいる, に居る

▼ る能動的~ (2, 0.0%)

2 なかかる

▼ る~ (2, 0.0%)

1 から腹, の前

▼ る脳力~ (2, 0.0%)

1 が適宜, が零

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に乗つ, を抜く

▼ る膨大~ (2, 0.0%)

1 な商品, な軍事予算

▼ る臆病~ (2, 0.0%)

1 から解釋, である

▼ る自ら~ (2, 0.0%)

1 に問うた, の無能

▼ る自主的~ (2, 0.0%)

1 で自発的, な選択

▼ る自叙伝風~ (2, 0.0%)

2 な小説

▼ る自在~ (2, 0.0%)

1 にし, を得せしめざるべし

▼ る自治政略~ (2, 0.0%)

2 を内閣

▼ る自然主義文学運動~ (2, 0.0%)

1 から芽生えた, が次第に

▼ る自然哲学~ (2, 0.0%)

1 と自然科学, のテーマ

▼ る至って~ (2, 0.0%)

1 不調法もので, 奇妙な

▼ る至善~ (2, 0.0%)

1 の境, の觀念

▼ る至高~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ る興奮~ (2, 0.0%)

1 のルツボ, を誘ふ

▼ る~ (2, 0.0%)

2 がかい

▼ る良人~ (2, 0.0%)

1 へ笑顏ひとつ, もある

▼ る良寛~ (2, 0.0%)

1 の如き, の樣

▼ る色襲~ (2, 0.0%)

2 ねの美

▼ る色香~ (2, 0.0%)

1 らしいもの, を惜

▼ る花びら~ (2, 0.0%)

1 は, をこの

▼ る~ (2, 0.0%)

1 で無い, とは違っ

▼ る芸術的作品~ (2, 0.0%)

1 に対しそれ, を

▼ る芸術至上主義~ (2, 0.0%)

1 のよう, は確か

▼ る苛責~ (2, 0.0%)

1 の罰, の苦しみ

▼ る~ (2, 0.0%)

1 夫婦と, 駒は

▼ る苦患~ (2, 0.0%)

1 の声, を味

▼ る苦悶~ (2, 0.0%)

1 と憧憬, を知らなかった

▼ る英人~ (2, 0.0%)

1 の政策, の書いた

▼ る英國~ (2, 0.0%)

1 の保護權, の優勝位地

▼ る茄子~ (2, 0.0%)

1 だの南瓜, は父さん

▼ る茨城縣~ (2, 0.0%)

1 では比肩, の投票結果

▼ る草陰~ (2, 0.0%)

2

▼ る荒寥~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ る荒涼~ (2, 0.0%)

1 なる混乱, を感じる

▼ る荷物~ (2, 0.0%)

1 が次第に, は夜半過ぎ

▼ る華族さん~ (2, 0.0%)

1 はこの, は毎日牛

▼ る落着き~ (2, 0.0%)

1 と覚悟, を与

▼ る落莫~ (2, 0.0%)

1 たる心境, の情

▼ る落語家~ (2, 0.0%)

1 から聞いた, の独演

▼ る~ (2, 0.0%)

2 るし

▼ る葡萄酒~ (2, 0.0%)

1 だと, のやう

▼ る葬式~ (2, 0.0%)

1 に列なるべく出かけた, に参加

▼ る蒲姓~ (2, 0.0%)

1 の衰運, の面目

▼ る蓄音機~ (2, 0.0%)

1 の浪花節, の箱

▼ る薄暗い~ (2, 0.0%)

1 灯火の, 雨の

▼ る薄暮~ (2, 0.0%)

1 と共に初めて, の一瞬

▼ る~ (2, 0.0%)

1 があちこち, の中

▼ る薬剤~ (2, 0.0%)

1 の注射, を食事

▼ る藝術家~ (2, 0.0%)

1 の孤立, は敗殘困憊

▼ る~ (2, 0.0%)

1 か, に息

▼ る~ (2, 0.0%)

1 では寺, の士族

▼ る藩士~ (2, 0.0%)

1 で蛇神, の零落

▼ る藩閥政府~ (2, 0.0%)

2 の議院政略

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の叢, の風

▼ る~ (2, 0.0%)

1 を見なけれ, を見れ

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のうなり, を避け

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に噛まれ, をつかめり

▼ る~ (2, 0.0%)

1 が自分, の眼

▼ る~ (2, 0.0%)

1 あり, のコーラス

▼ る~ (2, 0.0%)

2 のたま

▼ る~ (2, 0.0%)

1 です, の鑵詰

▼ る血液~ (2, 0.0%)

1 の響, を採っ

▼ る血量~ (2, 0.0%)

1 の乏少, の増加

▼ る行動主義~ (2, 0.0%)

1 が思想上, さえが一向

▼ る行爲~ (2, 0.0%)

1 をしなけれ, を爲

▼ る行状~ (2, 0.0%)

2 です

▼ る行者~ (2, 0.0%)

1 が何處其處, は非常

▼ る街角~ (2, 0.0%)

1 には真紅, を曲った

▼ る衛星~ (2, 0.0%)

1 としては播州, の一つ

▼ る被告人~ (2, 0.0%)

1 の立場, の陳述

▼ る装置~ (2, 0.0%)

1 の役割, を使っ

▼ る裏通~ (2, 0.0%)

1 のカフエエ, の茶館

▼ る製菓会社~ (2, 0.0%)

1 にはいった, に這入った

▼ る西~ (2, 0.0%)

1 に見, の戎

▼ る見地~ (2, 0.0%)

1 に立つ, を以て判断

▼ る見物~ (2, 0.0%)

1 にことよせ, のため

▼ る親分~ (2, 0.0%)

2 は親分

▼ る観念的~ (2, 0.0%)

1 とも呼ばれる, なもの

▼ る観点~ (2, 0.0%)

1 から見, であります

▼ る覺悟~ (2, 0.0%)

1 が出, で來たわい

▼ る計量~ (2, 0.0%)

1 であり激憤絶叫, には一つ

▼ る記述~ (2, 0.0%)

1 からし, に及ぼし

▼ る記録~ (2, 0.0%)

1 では百二十七縣, によります

▼ る設備~ (2, 0.0%)

1 になつて, はよく

▼ る許し~ (2, 0.0%)

1 を乞う, を受けた

▼ る訴訟事件~ (2, 0.0%)

1 といえ, といへ

▼ る証言~ (2, 0.0%)

1 を拒絶, を殊に

▼ る詔勅~ (2, 0.0%)

2 を發

▼ る試み~ (2, 0.0%)

1 の意義, は多く

▼ る詩篇~ (2, 0.0%)

1 で一種, なの

▼ る誇張~ (2, 0.0%)

1 の役目, の積極的

▼ る誘惑~ (2, 0.0%)

1 があった, と戦つて

▼ る~ (2, 0.0%)

1 は心, を余

▼ る誤解~ (2, 0.0%)

1 は特殊的, を惹起

▼ る調和~ (2, 0.0%)

1 を保っ, を造り出し

▼ る論文~ (2, 0.0%)

1 に就い, の中

▼ る論理性~ (2, 0.0%)

1 は得がたい, は蓋し

▼ る諸君~ (2, 0.0%)

1 の美しい, は單

▼ る諸山~ (2, 0.0%)

1 に関しては, は越中信濃

▼ る諸種~ (2, 0.0%)

1 のエタ巻物, の活用

▼ る諸般~ (2, 0.0%)

2 の施設

▼ る~ (2, 0.0%)

1 であった, の類

▼ る講演速記~ (2, 0.0%)

1 である, で同年八月若干

▼ る證據~ (2, 0.0%)

1 と見え得る, の火箸

▼ る警官~ (2, 0.0%)

1 の動作, の殴打

▼ る譫言~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ る~ (2, 0.0%)

1 な文, に鈍い

▼ る谷あい~ (2, 0.0%)

1 で追いつい, に人知れず

▼ る~ (2, 0.0%)

1 は醉狂, を醉象

▼ る象徴的~ (2, 0.0%)

1 なリリシズム, な沈痛

▼ る豪奢~ (2, 0.0%)

1 な旦那, な生活振り

▼ る豪家~ (2, 0.0%)

2 に泊った

▼ る豪族~ (2, 0.0%)

1 の一種, は各々

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の葉, の音

▼ る貧乏~ (2, 0.0%)

1 なま, な家

▼ る貪慾~ (2, 0.0%)

1 な山犬, な男

▼ る貫一~ (2, 0.0%)

1 が胸, もさすが

▼ る~ (2, 0.0%)

1 臣のみ, 郎様こそ

▼ る貴族院~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ る質問~ (2, 0.0%)

1 に彼, を発した

▼ る趣向~ (2, 0.0%)

1 が如何なる, を促し

▼ る路傍~ (2, 0.0%)

1 の一軒, の花

▼ る路用~ (2, 0.0%)

1 が三兩, だけ五六百文

▼ る身構え~ (2, 0.0%)

1 をせね, を致しました

▼ る身辺的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ る車輪~ (2, 0.0%)

1 の如き, より又

▼ る軍事上~ (2, 0.0%)

1 の変化, の研究

▼ る軍人~ (2, 0.0%)

1 である, の勢力

▼ る軍勢~ (2, 0.0%)

1 の如き, の武具

▼ る~ (2, 0.0%)

1 い軽い, なる天使

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に向っ, に密事

▼ る農林技師~ (2, 0.0%)

2 の思ひ

▼ る農民~ (2, 0.0%)

1 が米, の経済的

▼ る~ (2, 0.0%)

1 にあり, までは釣られ

▼ る辺り~ (2, 0.0%)

1 は鏡, を姉川

▼ る近代人~ (2, 0.0%)

1 のもつ, の夢

▼ る近所~ (2, 0.0%)

1 の球突塲, の自警団

▼ る近江~ (2, 0.0%)

1 の湖, の湖水

▼ る近頃~ (2, 0.0%)

1 の感情, 島中の

▼ る退化~ (2, 0.0%)

1 した不愉快, の現象

▼ る透明~ (2, 0.0%)

1 なる, な乳白色

▼ る造船所~ (2, 0.0%)

1 の技手, の裏手

▼ る造詣~ (2, 0.0%)

1 は測るべからざる, をし

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の人, の悪戯

▼ る連絡~ (2, 0.0%)

1 がある, を求め

▼ る進出~ (2, 0.0%)

1 の理論的基礎, は純然

▼ る進化~ (2, 0.0%)

1 に関する講義, の謂

▼ る進歩主義~ (2, 0.0%)

2 を有する

▼ る進歩性~ (2, 0.0%)

1 というもの, として現れ

▼ る遅参者~ (2, 0.0%)

2 が信一郎

▼ る遊女~ (2, 0.0%)

1 で膜, の所

▼ る遊女屋~ (2, 0.0%)

2 が八方

▼ る遊戯~ (2, 0.0%)

1 であった, を嗜好

▼ る過ぎ~ (2, 0.0%)

2 にと先方

▼ る過度~ (2, 0.0%)

1 の尊敬, の發達

▼ る過渡期~ (2, 0.0%)

1 に面し, の不

▼ る過程~ (2, 0.0%)

1 に起っ, までの失敗

▼ る道中~ (2, 0.0%)

1 が道中, でこの

▼ る道佛二教~ (2, 0.0%)

2 の衝突

▼ る道庵~ (2, 0.0%)

2 の人気

▼ る道徳観道徳意識~ (2, 0.0%)

2 によつて

▼ る道樂~ (2, 0.0%)

1 でした師匠, を看板

▼ る違つて~ (2, 0.0%)

2 ると

▼ る遠い~ (2, 0.0%)

1 先きの方に, 山々の

▼ る遠く~ (2, 0.0%)

1 の方, 隔たった時期

▼ る遠し~ (2, 0.0%)

1 といへ, と雖

▼ る遠山~ (2, 0.0%)

1 の上, はた

▼ る~ (2, 0.0%)

1 ると, るロンドン

▼ る遥か~ (2, 0.0%)

1 な水, 向うには

▼ る適用以外~ (2, 0.0%)

2 の何もの

▼ る避暑生活~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に小, は見物

▼ る那智~ (2, 0.0%)

1 の海, の白瀧

▼ る部分的~ (2, 0.0%)

1 な描写, な断片的

▼ る部面~ (2, 0.0%)

1 における社会状態, に於

▼ る郷愁~ (2, 0.0%)

1 の裡, を感じるらしい

▼ る都城~ (2, 0.0%)

1 の, よハドリア

▼ る鄙辺~ (2, 0.0%)

1 に罷る, に退る

▼ る配達夫~ (2, 0.0%)

1 の十四五名, をお

▼ る酸素~ (2, 0.0%)

1 の供給, の量

▼ る重き~ (2, 0.0%)

1 ものいい, ものいひ

▼ る重大事件~ (2, 0.0%)

1 の調査, を談ずる

▼ る野蛮~ (2, 0.0%)

1 な掛け声, な風習

▼ る野郎ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やねえか

▼ る金属~ (2, 0.0%)

1 の染色術, は決して

▼ る鉄瓶~ (2, 0.0%)

1 の白い, の音

▼ る~ (2, 0.0%)

2 の冷た

▼ る銃創~ (2, 0.0%)

1 じゃない, を眺めた

▼ る銘文~ (2, 0.0%)

2 また譬

▼ る鐵工場~ (2, 0.0%)

1 で鐵板, の發展

▼ る長き~ (2, 0.0%)

1 思を, 槍

▼ る長所~ (2, 0.0%)

1 がふと, を有し

▼ る閃光~ (2, 0.0%)

1 と思われ, は遠く百海里

▼ る~ (2, 0.0%)

1 があつ, なく急ぎ

▼ る間柄~ (2, 0.0%)

2 で勿論

▼ る闘争~ (2, 0.0%)

1 ということ, や際限

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のやさしき, は大

▼ る~ (2, 0.0%)

1 に, 深な

▼ る陸海軍大臣~ (2, 0.0%)

2 の声明

▼ る~ (2, 0.0%)

1 を見る, を追

▼ る陽氣~ (2, 0.0%)

1 だつたの, でした

▼ る~ (2, 0.0%)

1 なく粉碎, なく顯

▼ る隈々~ (2, 0.0%)

2 までも鮮やか

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の開皇二十年, の開皇十九年

▼ る隔り~ (2, 0.0%)

1 が生じる, をもちつづけた

▼ る隣組~ (2, 0.0%)

1 の常会, やいろいろ

▼ る~ (2, 0.0%)

2 誥の

▼ る雄大~ (2, 0.0%)

1 なる庭園等, な眺望

▼ る集団~ (2, 0.0%)

1 に属する, の意見

▼ る雑草~ (2, 0.0%)

1 では有, を刈り取っ

▼ る雜誌社~ (2, 0.0%)

1 からひよつくり, にたのみ

▼ る離島人~ (2, 0.0%)

2 の耳

▼ る雨蓑~ (2, 0.0%)

2 を深く

▼ る電車製作工場内~ (2, 0.0%)

1 で組織, におけるウダールニク

▼ る霊妙~ (2, 0.0%)

1 なる不可思議力, なる人類

▼ る~ (2, 0.0%)

1 のくれ, の昇り

▼ る露国~ (2, 0.0%)

1 と兵, の敗退

▼ る露店~ (2, 0.0%)

1 で女性, の前

▼ る~ (2, 0.0%)

1 さを, 芝も

▼ る青き~ (2, 0.0%)

1 火黄なる, 空

▼ る青春~ (2, 0.0%)

1 の人々, の遊び友だち

▼ る青草~ (2, 0.0%)

2

▼ る~ (2, 0.0%)

1 かな光, かに清らか

▼ る非人~ (2, 0.0%)

1 の処, の数

▼ る非行~ (2, 0.0%)

1 として取扱, を公行

▼ る韻律~ (2, 0.0%)

1 の形式, は拍節

▼ る頂板~ (2, 0.0%)

2 にあゝ

▼ る順序~ (2, 0.0%)

1 となつ, を考へ

▼ る題材~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は必然的

▼ る顔つき~ (2, 0.0%)

1 である, を見る

▼ る顔色~ (2, 0.0%)

1 を仰ぎ見る, を見る

▼ る願い~ (2, 0.0%)

1 がある, にみち

▼ る類型~ (2, 0.0%)

2 と擇

▼ る風の音~ (2, 0.0%)

1 が急, 遠く砂濱

▼ る風呂屋~ (2, 0.0%)

2 の二階

▼ る風潮~ (2, 0.0%)

1 の一般国民, を生む

▼ る風習~ (2, 0.0%)

1 は十三世紀, を除いたら

▼ る風説~ (2, 0.0%)

2 の多少

▼ る飛沫~ (2, 0.0%)

1 のよう, よりいづる

▼ る飛潭~ (2, 0.0%)

2

▼ る飜訳~ (2, 0.0%)

1 は一つ, を少し

▼ る饒舌~ (2, 0.0%)

1 っていた, ると

▼ る香水~ (2, 0.0%)

1 のやう, の薫

▼ る駿馬~ (2, 0.0%)

1 かけて, その時まさき驅

▼ る騎兵大隊長~ (2, 0.0%)

2 の夫人

▼ る騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 に一人奥, は益々

▼ る高価~ (2, 0.0%)

1 な彫像, の羽織

▼ る高台~ (2, 0.0%)

1 に, にあっ

▼ る高名~ (2, 0.0%)

1 な老, の人

▼ る高等学校~ (2, 0.0%)

1 に居た, の哲学教授

▼ る高級分子~ (2, 0.0%)

2 は亦

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の毛, の黒き

▼ る魔窟~ (2, 0.0%)

1 へ出掛け, 大繁昌

▼ る~ (2, 0.0%)

2 な蜜柑

▼ る鮮血~ (2, 0.0%)

1 のみ雪, を見

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の群, は辷る

▼ る鸚鵡~ (2, 0.0%)

1 が飼, と大きな

▼ る鹿~ (2, 0.0%)

1 の死骸, をもただ

▼ る麗わし~ (2, 0.0%)

1 い容貌, い秋晴れ

▼ る黒木の~ (2, 0.0%)

2 とほ

▼ る黙契~ (2, 0.0%)

1 の成れる, をむすぼう

▼ る黨派~ (2, 0.0%)

1 が漸次, の間

▼ る黨首~ (2, 0.0%)

1 には非, に非

▼ る~ (2, 0.0%)

1 の勢力, も怖し

▼ る~ (2, 0.0%)

1 なるのみ, を過ぎれ

▼1* [10002件]

СССРに対する感じ, るあしあとをたどりゆく, るあしたに衆人, るあたたかみが, るあたたかい血液であり, るあたり一帯の霧, るあたり奔湍のほとばしり, るあたり朝寒夜寒のきびし, るあたり目の下近く過りゆく, るあたり荊棘路を塞ぎたる, るあついキッスは, るあでやかさを見, るあなたのお世話, るあのすがた春は, るあの御承知の, るあまたの資産殘, るあまりに日本人的な, るあやしい樂器の, るあやしき中を, るあやふやな混乱的錯覚, るあらしが姫, るあるいは蛇を, るあんな衝動生活の, るはゆる, るいかなる分野が, るいかにも田舍らしい, るいくは形容詞的, るいくつかの特殊, るいさましいすがた, るいずれ頼むとも, るいたましさはじめて, るいた事のない, るいまだ百歩に, るいまだかつてない文化, るいまわしい雰囲気を, るいやお知らせだけ, るいやらしい婆アである, るいろいろな事象, るいわゆる自由, るいわれがない, るいわんや村の, るウウ, るうえは死す, るうしろ姿を見つめた, るうしろ影わが子ぞと見, るうすき光を, るうそ寒い夕方幸田露伴與謝野寛戸川秋骨の, るうたかた其はては, るうち何かの役, るうち奥方が側, るうち平次は長持, るうち床の上, るうつぼば, るうつけさを, るうつわを取り出し, るうなぎ屋の二階, るうになって, るうまかつた, るうら若き人, るえてどうにもふるえが, るえーてる等の, るおじいさんのところ, るおそる伊那丸, るおそろしい深刻な, るおそろしいいまわしい予感に, るおだやかな夜, るおっさんがあれ, るおとづれ人を表す, るおのづから, るおのずからなる傾動, るおもしろさは, るおよそ三四歳の, るおりから山木, るおれの衣服, るおれさまだったらだれ, るお仙でないこと, るお姫さまが清水谷観音, るお婆さんは, るお婆さん二銭の喜捨拝受, るお客さんの中, るお客樣もございます, るお母さん達の態度, るお湯でありませう, るお礼方々今宵深川へお, るお祭の日, るお節が声, るお蔭でそれら, るお許しを得ました, るかかる実践的機構が, るかぎりそれを立派, るかぎり多量の日光, るかぎり明智の兵馬, るかくしどころを, るかごまでも濱, るかさへも見出す, るかしなけり, るかしらこんなの, るかしらと彼女は, るかすかな風, るかすら分らない有様, るかす山また山, るかす道灌山の婆, るかってんだ, るかつらの事, るかてんだ, るかといった性質を, るかとかさう, るかとに角旅へ, るかとの一縷の, るかとばかり次第に息苦しい, るかどもなく遂に, るかねて将軍ならびに, るかねと云ふ, るかよ馬鹿, るからさういつて, るからって返して, るからなア, るからには屹度遣りやす, るからはこれを, るからナ俺ァ, るかんべえ, るかんな下手にすつ, るかんな今夜はまア, るがと事件の, るがなんぞお気づきで, るがねと云ふ, るがねや一つき二つき, るがよござんす, るがネとにかくその, るきだすかを監視, るきぬの裾, るきびしさに, るきびしい法律が, るきよくはない, るきりですもの, るきりぎりすか, るの束, るぎこちなさが, るぎ出で, るくかるい足音や, るくきまりきつ, るくさし昇って, るくし弁当をブラ, るくすりつけて, るくだくだしい人物の, るくないね, るくに丁度好い暖さ, るくまなく搜, るくもなるの, るく寒けかり, るぐらいがせいぜいで, るぐらいはしたかも, るぐらゐの時だ, るけしもせじ, るけだし価値は, るけちな化粧湯, るけどそうじゃ, るげにモジモジして, るこい翁の, るこいつが一芸, るここ許は養家, るこちらを見, るこっちのエキストラ, ることこれは免れ, ることそれ自身に興味, ることづてをうけていた正季は城内, ることばであつ, ることば村人に何, ることわたしにもよく, ることアないん, ることルカヌスの, ること一二六六年ベネヴェントの戰, ること一哩の点, ること一樣ならずしかして最も, ること一里半を過ぎぬ, ること三十一年憂危心に積み, ること三十五まで奉公, ること三十余年も前, ること三十年一度び, ること三十有一年なり憂危心, ること三十歩お通, ること三年因て谷口氏, ること三日なりしは, ること下の如し, ること久しかりき, ること九十度なり, ること二三里一夜に陣, ること二十余日天と地, ること二十余歩夜廻りの者, ること二十里の手前, ること二尺余今日将軍家右大臣拝賀の為, ること二百四十余年前に世に, ること二百年ばかり前, ること五十哩位のところ, ること五十歩の百歩, ること五十餘年で唐, ること五百年にいたれ, ること京山の写実主義, ること以外に何, ること偶然ある習ひと, ること僅か五六里で雷電, ること切なり, ること前にいづ, ること前日の如し, ること勿らしむ, ること十四五間まで行ッ, ること受合だと, ること古のノア, ること四里に過ぎぬ, ること多大であったの, ること大なる失, ること女の作法也, ること如此なるより, ること妙なり自転車, ること始めは十町内外, ること尋常の社交舞, ること山陽の勤王論, ること左の如し, ること希伯來人がこれ, ること平生好まぬところ, ること幾何もあらざる, ること幾層倍である, ること後の木梨, ること必要なり, ること意密とは心, ること我にあきらか, ること我邦の松魚節, ること掌上の菴摩羅菓, ること攻戰のため, ること数十里行くての, ること数哩の議官アンドレア・バルヂピエロ, ること数度だったが, ること数百丈なり卜部宿禰大亀, ること數寸に及んだ, ること斯の如きなり, ること斷じて, ること旱に雲霓, ること星の如く, ること曲亭流をもっ, ること最愛吟誦者なる我等, ること月とスッポン, ること橙より蜜柑, ること此實録より甚しき, ること滝の如し, ること父母の役目, ること犠牲となりし, ること甚し, ること甚遠からざりし, ること眞ならば, ること神の如し, ること稀なるを以て, ること空間を表, ること索もて曳くが, ること纔に旬, ること聖書にいづ, ること肝要なり, ること能はず打ち込みたる爪, ること能はず彼は貞之進, ること自分がそれ, ること記紀と甚, ること請合ひでございます, ること貴公子の如く, ること身を患うる, ること遙かに優る, ること雲のごとき, るこなしだで, るこほろぎの音, るこまの鞍, るこれ一に国民的精神, るこれ吾人のいささか, るこれ壺振りの作法, るこれ憂苦の初め, るこれ等の気分, るころ世は太平, るころ戸の外, るころ葉月の叢雲, るころ誰が言, るころ風に煽られ, るこわさが, るこんどは二人, るこんなに執着を, るこんもりとした, るこ屋からみつ豆, るたるけん, るごく末梢的な, るごと靜けき, るご時世が来, るさあさあ早く, るさうな深い笑皺が, るさかい出演しなは, るさかし心を, るさくらかな, るさし賣りか, るさじわれはゆー, るさすがに水, るさぞ不意で, るさといふぐあいに一応, るさながらを空, るさねばならぬ理由, るさびしさ, るさびしい町の, るさまかくのごとし, るさま之を視, るさも無心に, るさもしい感じを, るさわがしき中を, るさんに栃木県足利郡筑波村, るしがなければならぬ, るしきハムレツトの苦悶, るしき変化を生じた, るしき發達を遂げた, るしき色彩をもっ, るしき變化を生じた, るしき趣の相違, るしぐれの音, るしげ丘は秋風, るしこそは実は左文, るしだそらそら今, るしだいで, るしだけであった, るしだけがけい光色に, るしだつたからであります, るしでもござんすか, るしというのは, るしといふように, るしとしてのものである, るしとしてよりもむしろ斬新, るしなどを望めば, るしにおいてあります, るしの下で共同社会, るしの出でけれ, るしの画がはっ, るしばかりで顔, るしばしの年間, るしぶきをよけながら見つくろひ, るしみじみとした, るしめて眼の, るしよりもはるか先へ, るしらせであるという, るしら壁ぞ憂き, るしら雲を, るしるしがある, るじめじめとした, るすいの友の顔, るすげないあいさつだった, るすなわち用なき, るすばらしい調べが, るすべくも無かつ, るすむの説明, るすら恐ろしく, るするどさ或, るすゝめなければ, るせいなの, るせきとともに肺, るせめてもの收, るぜと言ふと, るそこで各地に, るそそっかしい学者が, るそちらがわ, るその道によらずし, るその間に大学, るそば切かけん, るそらのひま, るそり橋か, るそれだけ功が, るそれで私は, るそれでも止めない, るそれと異り, るそれにしても彼の, るそれゆゑ自我は實, るそれらの人々, るそれ特有の性格, るそれ程可愛い私さ, るそんなに八釜しく, るぞな一時亀山でや, るぞや抑, るたくさんの蟲, るたぐいだ, るただに尋常の, るたちのもの, るたづに, るたてがみの間, るたびごとに甲谷, るたまゆらのいのち, るためここに一言, るためシャンゼ・リゼイの方, るため伝習所という, るため借受町村また図書館, るため危急の場合, るため堅めると, るため外務省へ出頭, るため天から遣わされた, るため女中が冠ら, るため家中の若, るため手苛く笞懲, るため海中の仙妃團, るため生活の道, るため祕密會を要求, るため脛高く掲げしか, るため警察前の方, るため道開けわが, るため鉄を求め, るため鬪爭を展開, るたよりとはなる, るたるへマルセイユ, るたるみがあらわれた, るたんびにきまつて青巒亭から迎, るだけにて人の, るだけやなくなんぼ流行, るだけを聽き出し, るだらだら坂の, るちくて目, るちやうどあれ, るちょうことでは, るちょろちょろ水が, るついありあはせた躾, るつうになる, るつていふ年の冬, るつていふ日村ぢうの, るつてわけだと, るつて言ひます, るつて言葉はない, るつまらなさ, るつまらない会社へ, るつまり本が, るつよい疑問を, るつり燭台の黄蝋, るでの鹽の, るとあるのである, るというくらいの大事な, るというのけい, るといふだけで生, るとおり今日の生活, るとおり内容がひっぱっ, るとおり勘弁するも, るとおり陰気なお方, るとかいふのは, るとかで畑と, るとかやいへば, るときおら増さんに訊い, るときお父さんが, るときお祖母さんに聞いた, るときかなたより来, るときここいらへん, るときそのものが何処, るときどこまで押, るときよその村, るときイングランド王冠がなん, るときブリッジの蔭, るとき一つのし, るとき一匹の穴熊, るとき一羽の鷲, るとき一輛の人力車, るとき乃公はさっき, るとき他の一人, るとき伊澤氏で蚊母樹, るとき作文を書いた, るとき使節がアムストルダム, るとき俳優が出演中, るとき僕はプルウスト, るとき先方で實, るとき半年くらいの食いしろ, るとき原宿の手塚, るとき取り揃へておいた, るとき口舌の雄, るとき唇の端, るとき喝采の聲前, るとき地底戦車が秘密, るとき塾の小幡仁三郎, るとき夜櫻を見, るとき天を仰い, るとき姉の和子, るとき姫の櫛, るとき家の諸, るとき寒灯の孤座, るとき寡婦ユウディットその郷土, るとき小判にし, るとき小学校の小使, るとき峯子が素朴, るとき彼らの一人, るとき御飯を召し上っ, るとき怒りの底, るとき我は家, るとき扁蒲畑に立ち, るとき是れは, るとき曾祖母が一服, るとき最後に現われ出た, るとき欣弥はあわただしく, るとき此舟に載せられた, るとき殿が御, るとき母に會, るとき母上は杖, るとき汝の児孫盾, るとき法をすて, るとき洋食部で彼, るとき消防の組頭, るとき父は其夢占はず, るとき玄徳にこう, るとき皇后は自ら千人, るとき硫酸を造ろう, るとき社会は永続的, るとき神経質に窓, るとき私たちは他人, るとき私方に来, るとき稻莖は見ゆ, るとき箱抜け, るとき背骨をごく, るとき自己の中, るとき船の現場, るとき蒼ざめて学友に言, るとき藤助が目, るとき見え隠れにその, るとき親王の寵臣某, るとき誰にも逢, るとき豫防線を張つて, るとき赤衛軍の食糧運搬夫, るとき足首を痛め, るとき過剰だったという, るとき酒に酔つて, るとき長与専斎か誰, るとき難波橋の吾, るとき青木は殿様, るとき駐在の巡査, るとき驛傳の駝馬, るとき驟雨のため, るとき鰐口が答, るとき鼻柱へ皺, るとげとげしさが, るとここれが奥, るとこそ聞け嫌うも, るところどころで控えめ, るところ今朝に及び, るところ其次の夜, るところ利発なところ, るところ勢力の感ずる, るところ同体に落つべき, るところ家驢の原種, るところ富よりはなはだしき, るところ寛永十八年妙解院殿存じ寄らざる御, るところ尠からず, るところ形塩尻のごとき, るところ慕へる人, るところ抱擁するところそこ, るところ数日前正確に申, るところ昔海だった証左, るところ昨今これに身請, るところ晴とか雨, るところ松向寺殿御遺骸は八代, るところ白龍天に跳, るところ秋色の池, るところ雲の焼く, るとさ早く寐, るとそは一艘, るとだけ言いしかも, るとだけは亡くなつた乳母, るとだのあいだに, るとてもあやなしや, るとのみ駅長は, るとはの古歌, るとも無しに彼, るとや見んふるさと, るとよ少しぐれ, るとらへどころ, るあるは紅玉, るどうせあんな萌, るどうぞよろしく云い含めて, るどうも面白い狂言, るどちらへ出, るどんたくの午後, るなからしむる, るなが頬は, るなごやかな気分を味, るなしと見えたる, るなし早稻田根づかず, るなつかしさを, るなでしこの花, るなども将然法, るなどを見ても, るなにがし, るなにものかに囚われ, るなのではない, るなよと言ふ, るならば最う歸ら, るなりにこの世を, るなり人の国, るなんざ智慧が無, るなんざ磯の安松, るなんぞッて, るなんぞと云ッて, るなんてとつくづくその, るなんと云うこと, るにあたりては人これを, るにおいてをや, るにかふるも, るにさえ到った史実, るにしていうの, るにつけ譏るにつけ, るにて夙くより, るにても惜しむべきは, るになんぞこれを, るにはをるけれど, るによっても明らかなるごとく, るによるにあらずして, るに当たり己が, るに従い熊笹が, るこういう音, るねがひ, るのちこれを取出し, るのち其陣營に退けり, るのち君寵次第に衰, るのち米を拉ぎ, るのち遺子の真, るのっぴきならぬもの, るのでと悶へ, るのでなでは娘, るのにという意味である, るのにやア早い, るのびのびとした, るのみで数千万人を, るのみにても人一人だけの, るのみのことで, るのみを知るや, るはいづこより, るはじめ五六年の生活, るはずみに指, るはず一騎か二騎, るはたらきをする, るはっきりした印象, るはてを探ら, るはとお客の, るはなは秋, るはなしというの, るはなはだ厭わしい想像, るはまこと喰, るはよう飯を, るばかしで結局君, るばかりにてその眼, るばかりを望んで, るばかりをと一時千秋の, るばつかです, るばばあだった, るばらのやう, るぱんに戰, るぱんやほるむすを読み返すやう, るひそかな深い, るひたすらなる存在そのもの, るひとたちや中館公一郎, るひなの長道, るびょうお願い申しまする, るぴツたり突伏, るふくざつな戯曲的かつとう, るふしもあつ, るふたりのご, るふところ谷にあり, るふりをしたら, るふるさとのこと, るへっぽこ医者は冷水浴療法, るへんてこな一區域, るべに鬼が, るべの松明を, るべらなれ, るほし君の, るほそいほそいすき間から, るほたる, るほとりに戰, るほとり色古りし煉瓦, るほどだけ繰り開かれ山川, るほどにてその腹稿, るほどネ子を, るほのかに見え, るほんの一時期これでも, るぼんぼんはま, るまあ今の, るまさに天祐の, るまさ子の君, るまちがいの事件, るまっすぐの水道, るまでさうして, るまでずつとそのまま行, るまででも置いて, るまでとかおまじないの, るまでにや俺も, るまとまりに入れられた, るまにまに降りまして, るまま内へ通っ, るまま口をつい, るまる裳危くはらりと, るまれびとにとつては宮廷と地方, るみごとな笑, るみじかき五官の, るみじめさを隠したがる, るみちにちち, るみなの川恋, るみな子さんを娶っ, るみのるは義男, るむごき仕打ちなりと, るむつごろ影あり, るむつまじき御事も, るむのうつり変りゆく, るむ空のをち, るむ笛の音, るむ雀のあわ, るめえなおとつ, るめづらしい御馳走, るめ彼は持っ, るもっともなあなた様, るもとになる, るもなあんめえな, るものあとに殘, るものすべて偉大な欣びでないものはありません, るものそれを私, るものたちと何等, るもののは緑或, るものはてのひ, るものみたいには難解, るものみないぶせし, るものトロイア城に歸, るもの一つとして黄金, るもの一半は西洋的, るもの一百十余人其愛する北国, るもの一錢を以てその, るもの七つの鼎, るもの三四人御座候処に命, るもの之は実は, るもの六十四所あり, るもの其胸を, るもの吾人が尤も, るもの四つの把手, るもの堆積するに, るもの女にあらず, るもの屈指するに, るもの彼れ正に, るもの從つて或る, るもの数軒を見る, るもの死以外には何もの, るもの母の病気, るもの海苔巻を手, るもの皆砕くと, るもの皆色を変ず, るもの稀なり, るもの耶非耶, るもの自ら一掬を仰い, るもの言ひ換, るもの警備の任, るもの遠近よりここ, るもの陋巷にあり, るもの風なきに, るもの驚歎せざるはなし, るもみじの葉, るもみぢ葉しましく, るもよウる, るもんぢやあない, るやあわれ, るやいなや彼わが, るやう今のうち, るやう刻が入, るやう盡力した, るやう砂地に立つて, るやう紺と金, るやう言傅をお, るやがて車の, るやは人知り, るやましい思い付きを, るややこしい問題に, るやるせない寂寥と, るゆえに恋うる, るゆえさほどに難事, るゆえ主人も心配, るゆえ格別に目立つ, るゆえ私も彼, るゆえ馬をし, るゆかいな喜劇をごらん, るゆとりであ, るゆふぐれは, るゆゑ私はむしろ, るよう主人からの言いつけ, るよう小宮山の胸, るよう折入って, るよう抜足をし, るよう道へ乗り出し, るよかそれで無, るよしいひければ, るよその子供, るよってまず逼塞, るよもの山, るよろしいわしは, るる光, るらくと否, るらむぬば玉の黒豹, るらむ菩提樹の華, るらんあま船に乗りおくれじ, るらんパナマの山, るらん人をば覚無し, るれいの雲, るろうの伊太利人, るわいハハハハ, るわが国の統一国家, るわが身なり, るわが身ともがな, るわきの意義, るわしの眼, るわしげに眉, るわせてさも, るわたくしの兄め, るわだつみの, るわという評判ものだ, るわびしいはけ口を, るわよもうお, るわれ導者となり, るわれ等の同志, るをこそはうき世, るをや云うならん, るををえざること, るんぺんと称され, るな, るアイアース見て, るアイアース眞先に彼, るアイデアがない, るアイネーアース其時に, るアインシユタイン博士或はその, るアカイア族は光榮, るアカデミシャニズム及び云わ, るアカデミズム的契機とジャーナリズム的契機, るアガキであったと, るアガペーにおいてのみ眞, るアガメムノーン混戰の, るアガメムノーン獅子王の, るアキリュウスはアゲーノール, るアキリュウス囚へて彼, るアキリュウス流れの外, るアジアの黄人種, るアジア熱は日, るアジア的イデオロギーであろう, るアステロパュウス勃然と, るアチャラカで味, るアツパツパの丸髷, るアテナイ貴族の優れた, るアテーネー汝二人をいつくしむ, るアナーキストは私, るアニリン染料を思い出させ, るアハヴのそれ, るアパートになつ, るアヒレス以上の勇猛, るアマヌル・ハンとタワーリシチ, るアメリカ料理は戦前, るアヤでありさ, るアラブ人の東洋貿易界, るアラワレなので, るアルゴスの, るアルシノオスの生む, るアルプスは僅か, るアルプス山麓の大, るアンシクロペディストそれから現代, るアンチゴオヌやラスコーリニコフ, るアントロポロギーは無産者的基礎經驗, るアンポンタン・ポカン式自動式反射交換局の内部, るイギリスの新しい, るイギリス人が経営, るイタリアの自然哲学, るイタリア人の手先, るイダイオスタルチュビオスも細心, るイデアールとか又, るイデオロギー論の, るイプセンの影響, るイメーヂとヴイジヨン, るイヤッて程車, るインチキ新聞の広告取りみたい, るインテリの能動性, るインテリゲンチャの代表者, るインテリゲンチャ分子というもの, るインテリゲンチャ論に直接連, るインテリジェンスの役割, るインテリ問題最近復興されたインテリ問題, るインテリ市民の重要性, るインテリ風の支那人, るインテルナト即ち少女達, るインドラ神とを比較, るインド留学生集会に招かれ, るばかりイ, るウェルギリウスダンテを岩蔭, るウ撫るウ, るエキゾチシズムがのこされ, るエジツは数篇, るエジプト人と或, るエスペラント流布の状況, るエックスを得る, るエッセイ乃至クリティシズム, るエツクスを得る, るエネルギーをもっ, るエネルギー量子の説, るエピカルな高翔感的, るエピックな響, るエホバが地上, るエムピレオの天, るエレクトロンの存在, るエロサービスは当人, るエーテルそは明るき, るエーテル仮説は極めて, るオイリュウスを打ちとりぬ, るオヂュシュウスともろとも, るオペレーショニズムの諸, るオルガンの音, るオーケアノスの流, るカイタイ会社が北海道, るカキ色の兵, るカソリック教復活の先駆, るカタを習っ, るカタストロフへ引き寄せよう, るカットウや, るカッパトキヤのカイザリヤ附近, るカツフエにはひつ, るカツフヱーウクライナといふ酒亭, るカテゴリー体系は科学的カテゴリー, るカトリック学者は自由主義, るカフヱに飛びこん, るカフヱーに立つ, るカブールが大略, るカント又ヘーゲル, るカンバスの限定, るカンパニヤに應, るガウンを着けた, るガスがつまっ, るガタ馬車の田舍婆さん, るガフの活躍, るガフ刑事の活動, るガラツ八家中の者, るガロンチルキンス陳独秀等の赤色テロリズム, るガンジス川にて沐浴, るガードの下, るキャバレーの踊り子, るキリストの榮光, るキリスト教宣教師達の努力, るキリスト教神学も亦, るキン急な相互関係, るギセイ己れを, るギリギリのところ, るギリシア思想とヘブライ思想, るギリシャの神, るクラシズムはあまりに, るクラブへ行った, るクリの木, るクリイム色の肩掛, るクリステンデムの, るクリスマス祝祭に就, るクリーアに澄んだ, るクロニオーン衆軍ひとしく勵, るクロムウェルの革命, るクローヂヤスは昔, るクローバーは柔らか, るグロテスクな現代的矛盾, るケレンスキー一派の諸, るゲシタルト理論や生物論, るコサック連隊の将校, るコツプを口もと, るコピーたる科学的叙述, るコピー一般が自然弁証法, るコムソモーレツは村, るコルセツト製造の工場, るコロニーの歴史, るコンクリー建築の四階, るコンスタントな標準, るコンタンは珍重, るコンダクターのよう, るコントのかの, るコンビネーションなどこの, るコンヴエンシヨナリズムに陷, るコードの影, るゴシック建築の装飾彫刻, るゴルツの如き, るゴルフ姿と思, るをし, るサア夫れから, るサナトリウムに行った, るサモアの衰亡, るサルバルサンのやう, るサロンに出席, るサーカス団の猛, るサークルでは一寸名, るシェイクスピアの作中, るシェマ若くは, るシヤワーを浴び, るシンボルである, るシーズンはランジェー公夫人, るジェノア市民の傲然, るジャンルを必要, るジャーナリスティックな使命, るジャーナリズム的契機とアカデミズム的契機, るジヨンカラ節の一句, るジード自身に対する私, るスカンディナヴィヤのよう, るスコットランド人は太平洋, るスコットランド学派の哲学, るスターリンの觀迎宴, るストライキの記事, るスパイ事件だ, るスピノーザ氏と今日, るスペイン坊主の口, るスローガン的アツピールをプロレタリア童謠, るズボンさへむツ, るセラフィーノも汝, るセリフとしての現代日本語, るセータンの耳, るセーヌ河の如き, るゼルサレムの樣, るソレよりも遥か, るソヴェートの友, るソーニャの如き, るソ連と英国, るソ連戦闘機の米海軍機, るタイコ焼屋が怒っ, るタイピスト嬢はその, るタイプを思わせる, るタマラナイ表現慾を満足, るタライ地帯と人, るダイヤモンドは内地, るダメス王の沿蹟, るダンスホールの紹介, るダンテは戰鬪員, るダヴィデの哀歌, るダーウィン説或は進化論, るチエホフの役割, るチャンスの自由, るチュウクロス亦そば, るヂオメーデース御する馬, るヂオメーデース傷けり, るヂオメーデース大音の, るヂュウスのため, るヂュウスすべてを導けり, るヂュウス先には堅牢, るツシタラの温かき, るツマリ印度の所謂密語, るテッド隊長以下の地球人たち, るテムペラメントの現れた, るテンスの無視, るテーベトロイアの怒り, るディオニソスとアポロ, るデカダンスも真, るデパアトメントストアの屋上庭園, るデパート楼上の四有三君送別句会, るデモクラシイの思想, るデモ主義者かゴロ付き, るデリカシイを持つ, るデリケートな内容, るトラクターはアメリカ, るトラックの音, るトリックを瓦斯ストーブ, るトロイア勢は後, るドイツ人は批評, るドイツ哲学の諸, るドイツ潰滅の一因, るドイツ資本家と結托, るドイツ銃後運動の一つ, るドゥミモンドの女たち, るドラアムが蔵せられ, るナイル河の氾濫, るナスビとは打っ, るナロードニキを主, るニイチェの影響, るニオベー食をなほ, るニヒリスティックな権力感, るニヒリズムとシニズム, るニュアンスがある, るニンフよ, るニ上段の時勢, るやから, るネオンサインが光, るネストル教が支那, るネーの使用等, るネーレーイオス計策, るノオルウエイ人と一緒, るノラ然り, るハイキングの術語, るハイゼンベルクの不, るハッと思う, るハッキリした目的, るハンディキャップを付し, るハ誠ニ心得あるべしとても, るへで, るバクテリアが光る, るバザロフ然り, るバシリスクまた竜, るバスで通る, るバチッという音, るバラモンの物識, るバー・テンダーがカクテル, るパアセンテイジで戦争, るパシヤの閑居, るパッショネートな情火, るパツシヨンの火, るパトロクロスの幽魂, るパラグラフの始め, るパルチザンを残さず, るパンダロス其燦爛の戰裝, るパントーオスの生める, るパン焼工場へ入った, るパン神の領, るパーセンテージそのものさえの増大, るヒゲを剃る, るヒトラー独裁の確立, るヒューマニティーはアナロジー, るヒューモアやサタイヤ, るヒユーマニズムの詩精神, るヒロイズムは本質的, るビラ事件といい, るビルディングにその, るピアノ調律師へ金, るファシズム化に基く, るファシズム論議がもっと, るファッショ化の決定的, るファッショ風景には一寸, るファリナータの條參照, るファロー島があります, るフアンを連れ, るフイランスロツプが甚だ, るフイルム仲買人は笑っ, るフェミニストは早急, るフランシスの生活, るフランス映畫, るフランス軍の進出, るフン種族のこと, るブウルジェ詩壇に於ける, るブック・レヴューと之, るブランデスがゲエテ研究, るブルジョア哲学の総, るブルジョア唯物論はかつて, るブルジョア的なもの, るブルジョア的社会諸科学, るブルジョア観念論哲学は今日, るブルジヨア階級の貴族, るブローカーから切符, るプチブルくさい遊蕩ぶり, るプライヴェートな交渉, るプラツトフオームは恰も, るプロレタリアをも抑圧, るプロレタリア大衆文学は商業的価値, るプロレタリア崇拝熱はいささか, るプロレタリア文化なるもの, るプロレタリア文芸が何, るプロレタリア的アヂ・プロ文学運動の場合, るプロレタリア科学乃至弁証法的唯物論, るヘクトール一たび船を占めし, るヘッケル氏等とが宇宙, るヘリケーのほとり, るヘーゲル百年忌を指示, るヘーゲル研究の形, るヘーゲル自然哲学の意味, るヘーゲル連盟日本支部からの報告, るベンタムの, るベンチに深く, るペエジで, るペラゴロのごとく, るペルシャの国, るペルシャ人とが喧嘩, るペルセフォーネの説話, るペンキ屋に入り込み, るページには天鵞絨, るホド面白い事ア, るホンの一例題, るホーカイ節の男女, るボルタの電気, るボレアスのいぶき, るボローニアの人, るボーイの声, るボートがこぎ, るボードレエルの場合, るボールといえ, るポイントに特殊, るポプラ竝木は, るポルトガル商人の勢力, るポンペイをわが, るポーズで対し, るポータの語, るポー川以南にある, るマグノリアかも, るマチエンてふ, るマチネに招待, るマッセナの使用, るマッハ主義的な見解, るマテリアリズム乃至リアリズム, るマラルメ等の象徴派, るマルクスの有名, るマルクス主義文学は, るマルクス主義文芸批評家たちにその, るマロリーの, るマンネリズムは戯曲そのもの, るマンネリズム化されたジャーナリズム概念, るマーさん知つちよるやろ, るマーカンチリズムの活動, るミジンもケレン, るミッションのマダム, るムウアの巴里生活, るムク犬の雄姿, るメシヤの第, るメタフィジカルのもの, るメタフイヂツクな実在, るメッケルトルコに於ける, るメロディーを唄い出す, るメーリオネース打たんと, るモチーフの涸渇, るモメント又は世界観, るモーラリティーに基い, るユグノー党の血, るユダヤの文化的圏境, るユダヤ人の商人, るユニックな魅力, るユークリッド空間の表現, るユートピアと云っ, るユーモアの境地, るユーモラスな味, るヨーロッパなるを, るラシアの王, るラジウム製造の過程, るラスコーリニコフにはソーニャ, るラヂオのニュース, るラヂカルなもの, るラッパのよう, るラテン語はローマ教会, るラプンツェルはすべて, るラムプの種類, るリキエー族率ゆサルペードーンとグローコス, るリセの先生, るリベラリズムの代表的, るリボン一本よりもおろそか, るリュックスの感じ, るリリツクの本質, るルネサンス風の宮殿, るルネッサンスは中世的, るルーダス等の諸, るレアリズムとは本質的, るレクラム版の翻訳, るレストランに近頃, るレッテルがそれ, るレッテル性という面白い, るレフ・トルストイが目, るロココ式の文物, るロゴスに関係, るロシアの一般勤労婦人, るロマンチシズムの軽き, るロマンチスムの文学運動, るロマンティクの基礎經驗, るロマンティークから切り離し, るロンドンの下町, るローマ如きに, るロールについて人々, るワイルドやボードレエル, るワトスンの如く, るワヨ百四十四万円する, るヱンベツの山々, るヴァレリイの地位, るヴアイオリン弾きが, るヴィユウ・コロンビエ座の運動, るヴルガータ最も著, るヽヽヽヽヽの奮闘, る一々の部分, る一すじの想念, る一つ事に対しての興味, る一つ木の馬吉, る一カ年は文字通り, る一ツの思想, る一ツ身は一反, る一ト組またこちら, る一ヶ年の荒れ果てた, る一万メートルの所, る一三〇〇年の頃, る一不安にかられ, る一事実に外, る一二八二年に死し, る一二四八年反逆の罪, る一二点を如何にも, る一人一人を物色, る一人前の人間, る一人席なくて, る一件だ, る一体を成し, る一作が出来, る一例として書いた, る一個月ぐらい前, る一個白面朱唇年少美貌の神将, る一傾向としては全く, る一僧にそっと, る一儀ならば, る一兒の膝, る一册は何頁, る一卓があります, る一合図を足利勢, る一同へもそれぞれ, る一同礼拝す沈黙, る一名の童, る一味の若人輩, る一命の恩, る一団の雷雲, る一圓の水, る一團の少年, る一地帯を意味, る一場面でしたそれ, る一夜監督の各, る一大事じゃがしかし, る一大勢力であった, る一大基礎概念の整頓, る一大放射状弱線と稱, る一大綜合的法則を偶然, る一大要件である, る一契機であるが, る一定共通の生活利害, る一定意識によって支持, る一定方向に誘導, る一定時刻に正当, る一定特殊の分科領域, る一定特殊場合に発生, る一定社会層以上に志願者, る一定程度にまで個々, る一定範囲の自然科学的理論, る一家族の自然史, る一宿場に溢れ, る一寸歌も讀める, る一小村で急斜面, る一小説家だけに影響, る一少女を作りあげた, る一局部に限られ, る一己の位地, る一帶の岡, る一年一度の歸國, る一座の興趣, る一徹な苦しい, る一快事たり, る一手しかない, る一支流の斯, る一文無しが百円, る一新進作家として紹介, る一方面に限られた, る一族総体から此, る一日今日はどうしても, る一日十余時間休みもくれぬ, る一日用事を兼ね, る一旬の病, る一時点の横断面, る一時的事情によるもの, る一曲を聞い, る一書が前, る一月程前迄迷つたのですけれど, る一期の覚悟, る一期一会の説, る一本気な強, る一村落あり, る一条の小川, る一杯に定められたる, る一棟の倉庫, る一様性に対立物, る一歩を踏み出す, る一段位の低い, る一氣流行の消息, る一法は説明, る一波一瀾に過ぎぬ, る一焦点をあきらか, る一片の真実, る一特性が善用, る一番大きな工場, る一番鷄の聲, る一盞の, る一瞬間に理窟, る一瞬間意識を回復, る一砲台ありと定, る一社会人としての山本氏, る一科学者としてどの, る一秒まえまで, る一秘策なども, る一種奇妙な唸り声, る一種特別な雰囲気, る一端だけであった, る一等運轉手の指揮, る一筋の金, る一箇所首だけを際立たせる, る一篇の小説, る一級納税者は三井, る一線を裾, る一縉紳の生活, る一羽の雲雀, る一者の必然的, る一臣下の怠慢, る一臺の自動車, る一般化と或, る一般土人よりも多少, る一般均衡状態に達する, る一般市民の心理, る一般法則といふやう, る一般的価値は常に, る一般的失業状態と失業, る一般社會の心的, る一般者の自己限定, る一船の彈藥庫, る一色となる, る一行の名, る一街はロンドン西部, る一装飾工の惨死, る一角に置かれた, る一語である, る一説が仮に, る一貫した流れ, る一貫性が必須, る一足に, る一距離は一気に, る一身上の部内的, る一輛の牛車, る一連の諸, る一週間の生活, る一道の溪流, る一郎の出たれ, る一部族にのみ残り, る一部落のごとき, る一部表面的な現象, る一部門に売り渡す, る一里の処, る一里余甲州街道の古い, る一里半ばかりの劍沢, る一鏈環に過ぎぬ, る一閃の光, る一間ばかりの所, る一陣の呵責, る一隊十三世紀の後半シエーナ市中富豪, る一雜誌を持たう, る一面相より観察, る一音に感悟, る一頭を除く, る一騎当千の若武者, る一體を成し, る一高級武官の身辺, る丁度謎の, る丁重な感じ, る睡人, る七つの首, る七十五パーセントの労働者, る七十日余の生活, る七日の朝, る七星を刺繍, る七色の, る万一に備え, る万事は一つ, る万事御用向担当, る万年筆屋の番頭, る万年雪の一大宝庫, る万引嫌疑者岩見がこの, る万戸の封, る万有進化の遺跡そのもの, る万歳芝居そっくりの, る丈前へ出し, る丈嚴重な見張り, る丈夫さがつかなけれ, る丈幸福に美しく, る丈確實な方法, る三々五々の建物, る三丁目の喧囂, る三万字ばかりの論文, る三人づれの客, る三人称的批判と一人称的我執, る三体となっ, る三十一日の午前十時頃, る三十九年の秋, る三十六年の二月十八日, る三十年の夏, る三十里だったであろう, る三十里甲州裏街道が甲斐国東山梨郡萩原村, る三十餘年前に於, る三千余歳の事, る三哩の處, る三四匹の蠅, る三四郎だった, る三尺の壻, る三巨頭協議のオブザーヴァ, る三巴石を見, る三日月の影, る三月程前, る三月中旬ある日千々岩, る三条の清水, る三條の路, る三様の鼻, る三次と藤吉, る三段の順序, る三河屋を神樣, る三浦ではない, る三界瀑大眞名子, る三疊の置床, る三百里薩摩に近い, る三益と言, る三社の神樂, る三社屹として水, る三角形に引裂, る三里ばかりなる, る三里許りの, る三間の屋, る三韓其他の帰化人, る上げ潮からからだ, る上り口まで参りまし, る上代の有名, る上古よりの祭祀, る上品さ或る, る上士階級の人々, る上天気の朝, る上女乍ら弓が名, る上層の存在, る上帝の思想, る上映映画のプログラム, る上杉謙信武田信玄の一騎討, る上流婦人のサジ式傾向, る上流社會の信仰, る上海の風物, る上海香港廣東厦門その他の租借地, る上演脚本のひとつ, る上部構造であり又, る上部階層であり又, る上野国にては東, る上院議員からの猛烈, る上陸地點を此, る下剤を服用, る下劣な真似, る下品卑猥な言辞, る下宿屋生活の模様, る下役からいや, る下手の横好き, る下水道の代わり, る下河原清左衞門と申す, る下田の, る下町ッ子とは何処, る下町娘のよ, る下界の人間, る下種の物売り, る下等料理屋へ住込み金起, る下級な一般商家, る下道を黒白, る下駄店の前, る不動な存在, る不可侵透性は恰も, る不可分な内容, る不可思議な権威, る不可欠な性能, る不可能の部分, る不可言の鬱積物, る不名譽なる, る不如意に是非, る不定の断案, る不審が存在, る不屈な好奇心, る不徳漢だとか, る不慣れな事業, る不敬の称号, る不敵の, る不文の刑罰, る不正が存在, る不気味な日, る不法集団取締法とを別々, る不注意な人, る不滅の尊, る不潔な生活, る不破の関屋, る不義理な借金, る不自然な事情, る不自然さなどが欠点, る不良が云った, る不良仲間としての呼び名, る不見識には驚き, る不規則な押韻, る不規則性のある, る不言実行とは意見, る不言實行とは意見, る不評判はまことに, る不誠実性があつ, る不調和の原意, る不都合なる册子, る不面目な失敗, る与件からの抽象, る与力である, る世に最も憐れむべき餓鬼, る世上の娘, る世人憧憬の的, る世俗の諸, る世俗的意味のもの, る世帶持はよろ, る世界人類の救済, る世界像に物神, る世界巡業が私, る世界最高第一人者が名誉, る世界的な現象, る世界的世界に於, る世界的世界形成主義に基礎, る世界的功績は代数, る世界直観的なもの, る世界経済を古今未曾有, る世界觀とよく, る世祖忽必烈の頃, る世間師に紹介, る両国艦隊の決戦, る両手に石, る両極を示す, る両端の通俗性, る両足をグッ, る並々の人, る並大名を見る, る中世といふの, る中古的骨董的趣味とでもいうべき, る中国人労働者及び鮮人労働者たち, る中央文化圈の佛教, る中央集権的な現象, る中学に通っ, る中年者の浪人, る中心点のまわり, る中心興味の存する, る中新田の城, る中期十月より壬申, る中毒に罹っ, る中津川が流れ, る中流婦人の生活, る中田屋杉之助, る中畑さんであり金木, る中空に, る中等女子国語読本に, る中等学校以上の全廃, る中等学生を取締, る中軸になどな, る中間者を通じて与えられた, る中隊長がトルコ, る丸い欄干に, る丸太に自分自身, る丸屋六兵衞を欺き, る主上が祝詞, る主上叡感有りて, る主人公が描かれ, る主人公テレマコスに該当, る主体主義を導き出す, る主体的なもの, る主体的意味をもっ, る主婦の仕事, る主客の分岐点, る主権の概念, る主権者の位置, る主膳の勇気, る主観上の意欲, る主観主義者のイデヤ, る主観化である, る主観的観念的なもの, る主観論観念論は次第に, る主題的興味はその, る乃ち爲めに短歌八首, る久六を見かけなかつた, る久助と申す, る久根の銅山, る久高島国頭に於ける, るでなければ俗世間, る乗客取調べのこと, る乗換駅のホーム, る乗数をもつべきである, る乙女峠である, る九十九年前佛國の大, る九巻四八章に章魚居処, る九月三十日を以て外國製布非買同盟, る九月十五日の晩, る乞食といふ風體, ると有る, る也女は袖, る也論理学を以て人物, るを飮む犢子, る乳母入來る, るの子, る亂刄避けて, る亂言耳にし, る亂髮のぼろ, る了簡此處はお前さん, る予口張って, る予定事件は非常, る予算だつた, る予算案討議の結果, る予算質問中議員アルガン君は政府, る予覚のため, る予言の書物, る予言者の言葉, る争覇戦であると, る争議はすべてこれ, る事さへなつかしく, る事それと共に妾宅, る事ぢや無え, る事なきは実に, る事なほありぬ, る事ゆゑ日頃親しう, る事アねえ, る事ツてすか, る事ハ小弟ラ多少の, る事一万疋に及びし, る事一尺に余り, る事一町半許, る事七度び半にし, る事三十年前欧羅巴の大乱治平, る事件以上は一々, る事具眼の士, る事出けん様, る事務を執らしめられる, る事十五ヶ年以前阿部家を出, る事大事大切なりと, る事実上の啓蒙現象, る事實であ, る事念々切なるが, る事故といはれ, る事暫らくお待ち下さい, る事桜より早き, る事業劃策中だったので, る事無しと知らる, る事爲して, る事紀にも見, る事自分の母, る事言ふ事, る事諸国にあり, る事霜葉に似, る事項に就い, る事饒舌る事, る二三人の女, る二三年前に夜遊び, る二三日前までその, る二三日前彼女はぶらりと, る二三段になつ, る二兒を迎, る二十七年の十月, る二十三年の正月, る二十三日は引っ越し, る二十二年の新富座三月興行, る二十五日は暁, る二十五日拂曉に海底戰鬪艇, る二十五日拂曉橄欖島の附近, る二十八日の朝, る二十六日の夕刻, る二十四の靈, る二十四日は朝, る二十日前後を以て開廷, る二十時間のが七時間, る二十町ほどの村, る二千六百年の昔, る二哩にある, る二国民に行われ, る二年従五位下の兵部, る二日つづきの, る二日前まで野ら仕事, る二条の城, る二枚目です, る二條の槍, る二百五十ルーブルは即刻トルーソツキイ氏, る二百四年前の正徳五年調査, る二百枚以上の新作, る二直線は必ず, る二科会の社会的立場, る二種のもの, る二系列の活動, る二群の文芸陣, る二義の区別, る二羽の, る二重の欺瞞, る二重性が発生, る二間ばかりの渓流, る云々とあり, るの呼吸, る五つの星, る五ヵ年計画で集団農場, る五九郎劇の脚本, る五人の女, る五六日は苦しむ, る五六町の水上, る五十年配の作家, る五十里のみ, る五十鈴川を真中, る五千兩を仲間, る五尺の空, る五時幾分かの最終, る五月一日は新聞, る五畿七道の市街交通等, る五百八十三年は旱災, る五色の人, る井上博士の, る井田ではダメ, る些かの見解, る亜字欄の下, る亜米利加から帰, る亞剌比亞からも西藏, る亞細亞中心説を排す, る亡者が多い, る亢奮落胆が忍ばれる, る交る説いた, る交叉点で先, る交戦は数回, る交換市の実写, る交換條件に提供, る交渉をやった, る交誼かくの如し, る交通有たるを知る, る交際は書上, る交際範囲の広い, る交靈術が如何に, る交響楽の原理殊, る交響楽的色彩美の本質, る亥中の月, る享楽家どもばかりで, る享楽本位の生活, る享楽生活に手不足, る京大三高俳句会に臨む, る京家の人, る京言葉の優し, る亭主がある, る人々らは此, る人々人類の最も, る人この世にはあるまじ, る人となりぬ, る人ひとりあり, る人ツて誰, る人之を見, る人予にか, る人事関係のため, る人倫習俗とある程度, る人勝間田の池, る人工の滝つ瀬, る人形芝居の歴史, る人念仏のため, る人急に膝頭, る人性への追求, る人恋しさの, る人情か, る人情哲学者はこれ, る人才の多く, る人數を制限, る人文主義も封建, る人材の払底, る人材分布の樣子, る人柄とも思はれません, る人格発展の可能, る人格的変化は非常, る人権の尊重, る人権蹂躙を防止, る人此世にはあるまじ, る人民戦線的活動にとってはこの, る人江戸より船, る人浪を避け, る人為により, る人物批判の尺度, る人生的な意味, る人生觀の視角, る人界の美, る人目の遠慮, る人相手の店, る人相観にそれとなく, る人絹会社の調査部, る人肉食用の事實, る人評判高い人, る人質と為, る人足の宿, る人道的感情で動かされ, る人間どもの侵入, る人間主義者によって初めて, る人間五十年の石火, る人間再生の熱意, る人間改造は十八世紀, る人間的存在はモンスーン的風土, る人間的達成の水準以上, る人間美の精髄, る人間解放を意味, る人類学的研究法をのみ説く, る人類学者は渺茫, る人類學者は渺茫, る人類的な努力, る人驢に騎, るのやう, る仄かなよろこびを, る仇花が文学, る今代において二個, る今宵かな, る今帰仁のおと, る今年の長閑, る今橋筋にもこ, る今際の餘喘, る仏僧は皇帝, る仏国最大の劇作家, る仏国殖民政策の弊害, る仏国軍人の盲従, る仏壇屋の次男, る仏蘭西学派にその, る仏蹟探検の事実, る仔山羊は未だ, る仔細はほか, る仕事場で機械, る仕合せであれど, る仕度だ, る仕方巧みにし, る他人との交渉, る他界の居住者達, る他者性も無い, る他郷の船舶, る仙境なり, る仙崖東圃学に於ける, る代わりにさっそく, る代償を以てした, る代官様の顔, る代数主義とか微分主義, る代物であったけれど, る代物ぢやねえ, る代表の言葉, る代表的作家ベルンスタンの戯曲, る代表的地点を選ん, る代表者的エッセンスが集結, る代議士候補者の応援演説, るて久客, る以上日本の歴史, る以上私は君, る以上貴方も真剣, る以太利南佛等の地中海沿岸諸市, る仮寓は此, る仮屋を由比浦, る仮死の例証, る仮説的なもの, る仲間がもしか, る企業の一部分, る伊井万千代信長に対する森蘭丸, る伊兵衞といふ者, る伊勢屋の大, る伊太利人は十八吋平方, る伊太郎です, る伊弉册神をこ, る伊沢氏の年中行事, る伊藤俊輔と志道聞多, る伊達陸奥守お預り, る伊那丸を見上げ, るもて名, るりも, る伏羲氏が蛇身人首, る休みの日, る会場神田国民体育館主催は日本文化聯盟, る会心は胸, る会津境の黒岩, る会社内の事, る会見となり, る会計ソロバン少しま, る会館のプール, るでもございません, る伝播説これ一説なり, る伝統的なその, る伝道はゼスス会, る伯姫が息子, る伯母さんの古馴染, る伯父の策略, る伯等を, る伴侶あること, る伴天連は自分, る伺いを立てる, る伺候した, る伽藍の中, る佃島の河沿, る但し信濃国諏訪大明神御, る位いの穢, る位僕には親しい, る位收入がある, る位爵と実力, る位綺麗に食う, る低下に立っ, る低劣な意味, る低唱して, る低級なる農民, る低音の明暗, る住宅は南二條, る住居に似合, る住民は好んで, る佐渡島を, る佐野川市松が油店, る体操の教師, る体系概念はこの, る体育と申します, る体言の有無, る体験を思いだし, る何しろ白塗り故, る何せい土民の親, る何ぞ之を, る何でも總て, る何ともいえない石, る何よりの誇り, る何らかの関係が, る何んだか, る何人かの集った, る何分かの間, る何十年以来の古馴染, る何卒宜敷云ひ含め, る何囘か行つて, る何本かの竹管, る余儀なさの, る佛國殖民政策の弊害, る佛蘭西の詩人, る作劇法を自然, る作家志望の女性, る作家曰く三万人の作家志望者, る作家達は之, る作戦計画を立案, る作法も種々有, る作為が盛られ, る作行に重き, る作詩は未だ極めて, る佳話は多く情, る使命述ぶ, る使徒馬太のため, るないが, る來年の方針さ, る來方だつた, る例へば大師が, るが多少, る侍從クリストフ・デトレェヴ・ブリッゲの死, る侘しい落葉を, る侘しき海水浴場にて, る侯爵夫人の心理, る侵入物を悉く, る侵略主義は尚, る侶等よ, る便利を持つ, る係数ですよ, る促進を受ける, る俄雨のとき, る俗僧にまで好く, る俗流と本物, る俗界の中, る保守的な感傷, る信号が掛かる, る信吾の跫音, る信実は人, る信望は単に, る信条からこの, る信濃川の上, る信者達の早急, る信號には頓着, る信託会社と専門家, る信託會社に勤め, る信越上三国の境, るが空蝉, る修正案が提出, る修理また修理, る修行者が宮迦羅, る修行遍路さんが話した, る修飾の文字, る修養を欠いた, る俯向き形膝を折っ, る俳人来訪とりとめも, る俳優以外の要素, る俳優養成機関の樹立, る俳友が訪ね, る俳味即ち詩情, る倉子は余等, る個人意識の分析, る個人生活の中, る個人的關係は詳しく, る個人間に共通, る個処ではカント, る個別的因果を, る個性が特に, る個物主義を得る, る個處は家長, る借金だけといふみじめ, る借銭申込みの手紙, る倣造に於, る倦怠を辛うじて, る倨傲の態度, る倫理の解明, る倫理感への陶酔, る倭國の状態, る倭民族及び韓民族, る倶楽部に往つた事, る假説的なもの, る偉人の存在, る偉績を申, る偏向を含ん, る偏屈を感じ出し, る偏狭は力, るこそ御, る停車場に降りる, る健全さへの探求, るこの鉄像, る偶発事件の真相, る偽りの問, る偽善の塊, る傀儡子部落では村民, る傍ら村内の警固, る傑作品なれども, る備えは二重三重, る傲岸不遜の男, る傲岸兇悪の態度, る傲慢の負債, る傲然たる気位, るへいふ, る傳教の有, る傳道の跡, る傳道者としての生活, るを済す, る傷害の刄たる, る傷者死者等の役廻り志願, る傾きが出, る僕たちのからだ, る僕主に告ぐ, る僕達の宿, る僧たちの気詰り, る僧侶たちの考, る僧侶以外の學者連, る僻論なり, る儀式や虚器, る儀礼の様式, る儒教や易哲学, る儕輩は, る優しい羽音, る優しき振舞を, る優勢な楠勢, る優婆塞が修行, る優生学者は, る優越者としての弟, る優雅な友人, る儲らんはとに角, るかな科学者, る元日の朝, る元素の發, る元老団の要素, る元老團の要素, る兄哥は若旦那, る兄妹に夢中, る充実して, る充足理由があった, る兇器が与えられた, る兇悪無慙なの, る兇行を企てた, る先代五左衞門の子, る先代萩の千松, る先住民に関する俗説, る先入主見或, る先日の手紙, る先覚者大下君の労, る光みたいに音響みたい, る光明の本質, る光榮彼のもの, る光淋屏風かな, る光源氏の苦惱, る光焔の, る光量子の役割, る児童各自の出欠席, る兒どもの夥伴, る兒童各自の出缺席, る党則改正なるを, る党員達の心, る党批判の自由, る党派の間, る入学試験準備を厳禁, る入道相国も唯, る入道雲が夕立雨, る全体的なもの, る全体的内容の部分的内容, る全体的有が一転, る全勝の名誉, る全国のエタ, る全国在郷軍人大会を数日後, る全智全能の神, る全知全能の神様, る全身の疼通, る兩國の夜, る兩性生活の形式, る兩部神道との發達, る大政綱, る八五郎二人は一瞬動物, る八十六年前の嘉永四年, る八十氏人の, る八十町長しという, る八哩にある, る八房の, る八挺の銀, る八日の朝, る八月の五日, る八月十六日晝少し前, る八疊に内儀, る八百万神の協議, る八谷に劈櫪, る八重子を語れ, るのもの, る公儀様の御, る公共営団に勤めてるらしかった, る公共的伝承的な所産, る公共的報道である, る公務を帯び, る公卿の門, る公卿縉紳の徒, る公平な第三者的態度, る公式的政治主義の如き, る公民権を得た, る公理になる, る公私一切の売笑制度, る公衆浴場の流し場, る公開講演は三十年前, る公闘に強く, る公鬪に強く, る六個の噴火口, る六十四歳なるを以て, る六千メートルにいたりぬ, る六尺の, る六日は曇っ, る変法則, る共同の祖先, る共感を与え, る共産党過去に於, る共産的制度も無知, る共産黨です, る共軛関係を無視, る共通感覚が正しい, る共鳴的作用は普通, る兵卒とにぱつたりと出會, る兵土にや, る兵士以外の者, る兵法がこの, る兵站衛生作業のあらまし, る兵站部を勤める, る兵站部あたりの後方, る兵車の上, る兵隊たちには九州, る兵馬の部屋, る其中には近所, る其中庵の流産, る其人の生命, る其兄の, る其処まで行っ, る其初心な擧措, る其双脚に穿ちつ, る其双馬頭は彼, る其口へ肉, る其四面楚歌の聲, る其孔ゆ息もて, る其意は何樣, る其手に何, る其敵の救助, る其時潛む場として, る其男は毎, る其精力の大, る其經驗の價値, る其職務の餘暇, る其背を越し, る其處には笑顏, る其誠心を感じ, る其適例にし, る其長槍を繰りいだ, る其間に立つ, る其陣營に忍び入る, る其青銅の胸甲, る其響をも是等, る具に供し, る具体的な共通性, る具体的内容が問題, る具合であるから, る具體的な物, る典型への成長, る典型的の学究, る冀願あだなる悔とつ, る内々其沙汰有りて, る内容貧弱な詩, る内概言の第, る内生が姿, る内的動因が見出された, る内的実在もしくはその, る内的生活を包藏, る内科的治療がその, る内約ができ上がっ, る内部からの影響, る内部的対立として包摂, る円みを持っ, る円本出版の流行, る冊子をのぞい, る再三の大火, る冒涜です, る冒険をも敢, る写実小説の元祖, る写実的演劇の行詰り, る写真屋で東郷侯一家, る写真工場につとめ, る冬ごもりを第, る冬祭りは外来魂, る冬葡萄の栽培, る冷たいたましいのあらわれ, る冷やかな尖つた物, る冷徹したつめたい, る冷汗を左右, る冷泉を思ひ出した, る冷灰の哀れ, る気さえ, るしい風, る凖備は一層よく, るゆる意味, る凡夫です, る凡庸を主義, る処一大淵を成す, る処一条の素練, る処何れも当時, る処俺等聞及んだ昔, る処天神橋の欄干, る処女マリアより生まれた, る処嶄岩屹立し玉筍地, る処昨日御家老, る処横井相答え候には, る処氏直天道の正, る処澤田右衞門夫婦は疾, る処理を施す, る処穢多僧, る処置が決定, る処釜沢の上流, る処雲の如き, る凶禍の, る凸起に托, る出來ぬの, る出入のもの, る出入りには宗吉, る出入り場の仕事, る出処を見よ, る出征軍人の消息, る出来合いの諸, る出来栄に忽ち, る出版業者の話, る出版物利用の代表的, る出版計画が発表, る出版記念会のあと, る出處を見よ, る出迎えの準備, る出鱈目を書く, る函数的クラシズムを創造, るの揮い, る刀屋の前, る刀盤を以て斬る, る刀筆の名, る刃物をつきつけられました, るとなつ, る分別肝要と存じ候, る分割の過程, る分化によつて規定, る分家とはあたかも, る分散した個人的グループ活動, る分析之が吾, る分析操作又哲学, る分析的演繹論理で充分, る分極の概念, る分泌腺ではなく, る分科的な興味, る分節にある, る分裂はその, る分限者が山科, る分離に於, る切れまあす, る切れ味はすくなくとも, る切れ目の一, る切創を附けたる, る切字の, る切支丹の迫害史, る切支丹伴天連妖術使ひの, る切支丹復活の日, る切端つまった息苦しい, る切迫した語調, る切通しの崖, る刑務所長の話, る刑死の壁, る刑法の精神, る刑罰をうく, る初めての会合, る初夜権の実在, る初対面からこんなに, る初島は藍鼠色, る初期の漢學者, る初期住民の証跡, る初期六月より十月, る初生の兒, る初秋の晩, る初級主義に過ぎない, る判断能力のある, る判斷を下した, る判斷能力のある, る別にすぎない, る別人が來, る別棟の粗末, る別箇の価値, る別荘で恐ろしい, る別離が妾達, るの半, る利口者が蟲, る利己心の亡者ども, る利己的な謀略上, る利慾の心, る利春の声望, る利根川の, る利根川最大の貢流, る利率を支払っ, る利発な商人, る到達の階梯, る制作と批評, る制帽の凋落, る制止である, る制禁を設けられた, る制約がある, る制限内に於ける, る刺々しいものを, る刺青美しき凄艶, る剃刀を口, る前ちよつと上さ行つて, る前とも子は腹, る前上州の機屋, る前例が彼, る前夫婦は亜鉛張, る前妻に向っ, る前年であった, る前念入りに兩方, る前方が件, る前景無視の彼独特, る前若旦那が戀患, る前進の足どり, る前長岡の都造営中, る剣客と果し, る剪らぬと, るには苦情, る割勢者の死亡率, る割股行孝の事蹟, る創作慾に驅, る創作戯曲の生産, る創作活動であると, る創造概念であり創造, る創造的精神の變遷, る劃時代的舞台を展開, る劇作家がその, る劇場主などは舞台監督, る劇的情緒の表現, る劇薬のエチケツテ, る劉爽はその, る劉阮を誘惑, る劍戟の光晃, るを持てり, る力学の基礎方程式, る力感と目標, る力汝に加, る力点乃至論述, る功利道徳と科学文化, る加上説である, る加藤と顏, る加藤勘十代議士の反対演説, る加藤司書平野次郎野村望東尼は尚, る加藤子爵夫人と千鶴子, る加集だが, る助手たちの厚化粧, る助教授の受け持っ, る助言をわが, る努力そのものと全く, る労働制度の中, る労働力の重大, る労働手段の客観的体系, る労働手段体制に一定, る労働生産力の根本条件, る労働者技術家乃至技術家候補者, る効果を示し, る勁箭は大地, る勅語の舊辭, る勇ましい様子は, る勇助と申す, る勇士額上に耀く, る勇武のメネラオス, る勇猛のパトロクロス, る勇猛果敢の日本, る勇者の恥辱, る勉学の負担, る動き方は前後左右, る動き純なる空氣, る動力は世の常, る動員は所要兵力, る動揺や分裂, る動揺口に出し, る動物園の午後, る動物実験室の大略, る動物性の跳梁, る動物的な非, る動物試験の結果, る動詞排除について述べた, る勘次を要は, るを惠, る勝利者のみにはあらじ, る勝地闇の中, る勝手な主観的, る勝敗の如く, る勝景を旅, る勝景地の旧家, る勝本氏の私, る勝負への働き, る勞働結合は眼, る勞働者を迎, る勞働運動の一先覺者, る勢ひで飛込んでしまつた, る勤労条件生活環境におかれた, る勤労者として価値, る勤勞をする, る勤皇の第一声, る勧工場が, る勸工場へはひつ, る勿らしめよと, る勿彼らの身岩石, る勿論化粧着附は, る匂いでした, る匂ひとかが再び, る包括的思索が欠け, る包摂関係に立脚, る化合物の状態, る化学界の至宝, る化学記号に相当, る化物は街道, る化粧の技, る化粧品会社へ通勤, るの海, る北上川が觀音下, る北原白秋氏の如く, る北数十穹神田川の咽喉, る北方で張作霖, る北朗君も来, る北条閥や大江広元, る北海メールの主筆, る北陸の小, る北陸七大川の随一, るで滴, る匪事を挙られ, る区役所の前, る区画に住む, る区長さんの名義, るに承り, る医学者夫妻の骨格, る医官の証言, る區劃法を改むる, る區域の廣, る十一年の後, る十一時十二時近くまで話し込んだ, る十七八世紀あたりのそれ, る十三年三月日本橋の袂, る十九年前の嘉禄元年, る十二の靈, る十二世紀以來の都市, る十二日の槍祭, る十五六人で隊, る十八日は朝, る十八歳の春, る十六の少年, る十六日か十七日, る十四になる, る十四五の髮, る十四日の昼頃, る十四日一島湧出す其翌年七月朔日水中, る十字街には争闘者, る十年さすらひ, る十年来の不名誉, る十年間ほど洗, る十徳という物, る十数の径, る十数里小城を通ぜる, る十日位の半ば, る十月のよく, る十有餘日の間, る十燭の街燈, る十町ばかりの築, る十里なる鷲木港, る十間前から, る千万里程もただ, る千両役者とも見る, る千二百十八年前すなわち元正天皇, る千代之助, る千代子に口, る千住の大橋, る千余人の阿鼻叫喚, る千古の糸, る千古一色の暮風, る千葉の海, る千葉ウジとの会見場所, る千鶴子の手, る午後ドタドタと土間, る午後プラタプはいつも, る午後二人は根戸川, る午後二時十分大噴煙同五時十五分轟聲一時, る午後伸子の病室, る午後幸子が長椅子, る午後彼女の父, る午後朝日屋の夫婦, る午後遊びに見えました, る午後雨のちょっとした, る午頃彼は朝, る午飯の時, る半円帯で我々郊外生活者, る半夜燈前十年事一時和雨到心頭, る半時ほど旋, る半途を討つ, る卑しき行爲を, る卑怯を心, る卑怯さ政治的なる口実, る卑賤な炭焼, る卑野なる生涯, る卒業式に列, る卒業試驗の準備中, る卓子上段の中央, る卓見と稱, る卓越した観点, る卓越風は北北西, る協同社会に通じた, る協定だという, るの国, る南冥益軒業に於ける, る南北思想説に就き, る南北極の磁力, る南天の樹, る南支那の田業, る南海外に出, る南瓜の蔓, る南風が私達, る単位があっ, る単純さと云, る単行本文化, る博勞が毎年, る博多に繻子, る卜者のこと, るひの, る印判屋の奥, る印刷技術の支障, る印刷發展の順序, る印刻は何時頃, る印度商人から借り, る印度学上の著しい, る印度思想の存在, る印度洋上世界の大, る印籠みんなろくでも, る印象批評である, る印象派以後の運動, る印象相互の関係, るい目, る危うきを恐るる, る危き所へ足蹈, る危地に臨ん, る危惧にとらえられた, る危険箇所の記述, る危險感を意識, る危險界に迫つて, る危難に陥っ, る危難われらの上, るて其, る卵ら光り, るにあうべし, る厚い豊麗な, る厚生運動の第一歩, るの宿, る原住民族の現在, る原因言ふまでも, る原型のまま, る原始信仰は神学, る原始化主義が単に, る原始化運動なの, る原始女性尊重の真意, る原始的政治形態に対応, る原始的生活の状態, る原始社會を去る, る原子爆弾に関するスパイ事件, る原書の最初, る原理的な連関, るへは立つ, る厨子一個を拵えた, るの掃除, るな気持, る厭味は出, る厳冬マクシムを誘っ, る厳君を慰むる, る厳密なる意味, る厳格なる秩序, る厳然たる存在に, る去る七月四日之を, る去年の大, る参木の邦人紡績会社, る参詣人たちも中宮寺, る参詣人達もここ, る参謀将校はこの, る参謀総長に当る, る及び社会主義社会に, る友川三郎兵衛次男三次郎矩行と申す, る友情も稀, る馬速に, る反動勢力が要求, る反動哲学の最も, る反対の原因, る反射交感の応急規約, る反応の決定者, る反戦文学の主要力点, る反抗を起さね, る反抗心に駆られ, る反抗的なもの, る反撃の気勢, る反日的空気なるもの, る反響を示し, る収入の困難, る取り扱い方はまだまだごく, る取引きの, る取扱ひを, る取材対象と両者, る取調の模様, る受動若くは, る叙事詩的の精神, る叙景詩の発生, る叙述にすぎぬ, る口めいた事を云う, る口上に樸厚, る口傳を説く, る口利きの男, る口実を設け, る口角に笑, る口語文は一時的, る口調をもっ, る古くから知られ, る古代人の形蹟, る古典主義に就い, る古典文学の中庸主義, る古典的作品が示す及び, る古典的価値ある歴史的, る古典的哲学に採ろう, る古典語とはよほど, る古城に忍び入る, る古狸の家康もと, る古道具屋が住まっ, る古都で, る古里は, る古金新金, る只今亡くなりまして, る叫びが全, る可らざるの所望, る可らざる所と思ふ, る可憐なる一つ, る可能的な認識, る台所の方, る台詞の最も, る史上のある, る史実を描いた, る史的標本となる, る史論の變化, る右府信長公の滅落, る右手をひしと, る右翼分子の行動形態そのもの, る右翼団のテロ行為, る司法官會議に出席, る吃驚すると, る各々の再, る各種百般の動物, る各般の實際設備, る合作という場合, る合惚の進行曲, る合理化の部分, る合目的の問題, る合目的性の凡, る合衆國の大, る合金の属性変化, る吉住求馬はお, る吉凶禍福の予言, る吉報が河内, る吉田屋のふみ, る同一は差別, る同人の助言, る同僚は立川, る同僚上下の愛情, る同国皇帝誕辰の祝賀莚, る同年輩のアメリカ人, る同意して, る同種のもの, る同窓會が開かれた, る同級の子, る同胞となる, る同輩を, る同郷の青年, る同類の産所, る名だたる遊覧地, る名人が本当に, る名古屋の老人, る名君であったという, る名城も忽ちに, る名家と縁談, る名山でございます, る名工の腕, る名所古蹟の遊覧, る名所旧蹟といふもの, る名所集辛崎の条下, る名月の関, る名残の時, る名生の城, る名目なり, る名聞を立てる, る吐息を呑ん, る向きには頗る, る向日葵を処々, る君主の位置, る君我を助け, る否諾かも愛しき, る含元殿に拜賀式, る吸収スペクトル線の位置, る吹雪の晩, るは, る吾手を, る吾輩の経験, る吾邦の進歩, る呉服商の隠居所, る呉清源はとにかく, る告白をなす, る周三とお, る周初の道徳, る周圍の中, る周布政之助長井雅楽の徒, る周玄と申す, る周知の知識, る呪いが私達, る呪文ぢやない, る呪術的演劇の存在, る呪詛を施した, る呪詞も此径路, る味いをもっ, る味噌屋の配達用三輪車, る味宿は寐, る味方から盲目的, る味淋のよう, る味解をば出来る, る呼出状を一寸, る呼吸のみだれ, る命令を我等, る咄家の好み, る和光同塵の精神, る和助の子供, る和尚と不義, る和尚さまなるもの, る和歌より出でたる, る和歌以下の御, る和毛の如き, る和語の上手, るの露, る哀れサンタンたる思想的貧困, る哀切な弱々し, る品々を見好, る品吉彌八, る品吉弥八与之助直次郎などに言い聴かせる, る品性下劣なる輩, る哥薩克を乗せし, る哨戒機が夜空, る哲学イデオロギーは凡て, る哲学体系に対応, る哲学学派はそこで, る哲学思想の流れ, る哲学思潮と文学, る哲学的イニシャティブの惨め, る哲学的契機なの, る哲学的批評でもある, る哲学者ルネサンスに於ける, る哲学者達の考えた, る哲学館拡張のため, る哲學的宗教はこれ, る哲學的發展の綜合, る哲學的認識の全, る哲學者が印度, る哲理的の宇宙観, る唐人は劉, る唐代の文明, る唐子一人つかわします, るの羊, る唯ごろッと寝, る唯一人の事務員, る唯三里東京に依っ, る唯心史観の恐らく最も, る唯心的領域とはこれ, る唯心論と等価物, る唯物弁証法的手法の不十分, る唯物科学の理論, る唯物論的科学が厳存, る唯物論研究の現状, る唱和が神, る唾壺の代用, る唾棄すべき風習, る啄木展で啄木, る賣といふ, る商家の前, る商業上の前途, る商業専門学校に転校, る商賈の家, る問い直してみる, る問答もここ, る問者に答, る啓示と情味, る啓蒙の特色, る啓蒙的な部分, る善い著述を, る善女に結縁, る善惡の混淆, る善臣五人あれば, る善行をもて, る喋舌らないに, るの, る喜ばしい誓約を, る喜ばしき境遇の, る喜八郎といふ若い, る喜兵衞と茂七, る喜劇に向, るに一つ, る單調なしらべである, る單蹄の馬脚, る喰物を大, る営利的の劇場, る営養不良的な陰欝さ, る営養物以外のもの, る嗜好が他人, る嗜好飮料も有りし, る嘆きとにより昼, る嘆息もする, る嘉平の袴, る嘗て妹が, るや作りごと, る嘘可能性の中, る嘲笑の声, る器具でない, る器械的な圧迫, る器蘭人の製, る器量の如何, る噴火あり大抵六七十年, る噴火口に這入, る噴火口一の開口, る噴煙の勢, るもとかく, るなるもの, る囃子方の悪口, る囈語は, る囚人の話, る囚虜の生活, る大新聞, る四五人の故旧, る四五人会合しこの, る四五日前一晩東海道國府津の驛前, る四十二年の二月十四日, る四十人の患者, る四十女の仇, る四十年の物語, る四十恰好の男, る四十枚の小説, る四十男の醜, る四句の偈, る四國巡禮のもの, る四季の花, る四年も秋, る四年前小生家宅近在, る四年間はその, る四方の峰々冬, る四時に終り, る四次元として之, る四肢は恐怖, る四辻のよう, るともならん, る因果塚で此, る因果性の観念, る因果者此の節のよう, る因縁事か, る団欒といふこと, る困惑に導いた, る困惑さをみせ, るひ者, る囲碁の相手, るのなんと, る図書館員の話, る固執派教会に属する, る固定したもの, る固定的生産様式でで, る固有形態を持った, る国事のため, る国内大衆の生活, る国史の定本, る国営農場で見た, る国土の自然形成, る国学者の第, る国家的の精神, る国家的施設の必要, る国民全体の協力, る国民有識階級はなに, る国民生活の推進力, る国民的事業への邁進, る国民神話学は宗教学的立脚地, る国民精神の発展様式, る国王のところ, る国立劇場コメディイ・フランセェズに関する新た, る国粋的な伝統的, る国粋運動ムッソリーニのオーストリア, る国語教育の実践的, る国造県主の世襲, る国道と会し, る国際事情のため, る国際的な学者, る国際的講演会に於, る国際科学史大会に於ける, る国際連盟の都市衛生顧問, る国際関係の緊張, る國友の奴等, る國書の翻譯, る國會議員が曾, る國民性があります, る國造は自分, る國際補助語が考案, る國際關係の中心, る圍碁に託し, る園藝家がもつとも, るを見よ, る圓山の景色, る圓肩に, るなんてもの, る圖形の動搖, る圖畫作文手藝品或は草花, る土人の如き, る土佐では巨巌, る土地会社式乃至は, る土壌を代表, る土建会社の事務, る土手下の小さな, る土曜の事, る土曜日ゴーリキイは猛烈, る土曜日明日彼女のアパート, る土産だよ, る土着民族をし, る土蜘蛛退治は其六, る圧倒し来る力, る圧力がひど, る圧迫に堪えられない, る地上事務所から到着, る地中海の小, る地主神の役目, る地位斯の如く, る地割れの開閉, る地動は二寸七分, る地勢を利用, る地区に分っ, る地名例が文献的, る地味な学生生活, る地域がそれぞれ, る地平へと消え込ん, る地形を察し, る地方出身の若い, る地方団体または研究倶楽部, る地方民が他, る地獄めぐりをこそ, る地球の果, る地理發見時代とも云, る地理的境界というもの, る地理的歴史的社会的な具体的一存在, る地盤弱線の方向, る地震學科の國際會議, る地面はもと, る地響に叫び, る坂下を見おろし, る坂塀の下, る均一見料制等は必要, るの招き, る坊主になっ, る坊主持をし, る坩堝のよう, るとして想定, る垣根には肺, る城ヶ島人間ひとり居らざりに, る城下の町, る城下町も新しき, る執拗さにも似, る基地の小, る基底から上層建築, る基本収入である, る基本的な違い, る基督復活祭五十日後に行, る基督教布教史は当時乱世, る基督教徒をばエチオピア人罪, る基礎の上, る基礎治療法の模型的經路, る基礎的な資料, る基礎經驗が或, る基調に触れ, る基道中にも片足満足, る堀川の住居, る堂上の貴公子, る堅き雪, る堅くなって, る堅牢の盾鑄造りつ, る堅盾更に其上, る堕落さえも日本, るの中, る報告会を開催, る報知新聞の夕刊, るになっ, る場合あたりまえのこと, る場合それに拉がれる, る場合ノンセンスな程, る場合一冊の伝記, る場合一寸此の字, る場合偽善的な謂わば, る場合家の倒伏前, る場合山へ登る, る場合心の激動, る場合必要なら師匠役, る場合所謂世界観と方法, る場合指揮者となる, る場合文太郎はいつ, る場合様々の反動, る場合現在のよう, る場合生活意慾と結びつく, る場合當人を事實, る場合痴人のよう, る場合自己の天分, る場合註釈が必要, る場未の古本屋, る場面転換の効果, る堺港のみであらう, るが城塞, るりは, るに斎, る塩水をみつけ, る塩野の肩, る塵埃瓦礫紛として八方, る塹壕の中, る境界にあ, る境界線を引い, る境遇上の問題, るがあった, る墓地にあつ, る墓標の傍, る増加率を一緒, る増殖の著しい, る壁辰と申す, る壁際の桶, るの上, る士人が来, る士民は爭, る士流は遂に, る壬生部の統領, る壮図もあり, る壮大な規模, る壮重なのりとごと, る壮麗を物語る, る快丸, る声々の湧き上がった, る声さあちらにもこちら, る声望が高く, る声波ならぬ喞筒, る声音で言います, る壱岐対馬の憂, る売春婦と同棲, る売笑婦の話, る売買する者, るの中, る壽命をも取り, る変つた形を生み出した, る変てこなもの, る変事を恐れ, る変動を与える, る変圧器などが目, る変形したる歪み, る変換から独立, る変死者に往々, る変災に出会う, る変貌した形, る夏休みに私, る夏大阪府下の或, る夏本屋の店頭, る夏私の町, る夏菊の, る夏西日音あわて落つるむつごろ影, る夏輕井澤でふたり揃つて, る夏近くのこと, る夏重夫は激しい, る夕べの事, る夕べ貴君に色, る夕べ路傍の行きずり, る夕まぐれとるもの, る夕カムパニアなるドメニカ, る夕フランシスは例, る夕刻再び花園町, る夕囲いの中, る夕妙達が飛ん, る夕文吾は昨夜, る夕方サヨは妹夫婦, る夕方ステツキをグル, る夕方ヒラメは思わぬ, る夕方中坂上を, る夕方二三人の教室, る夕方偶と尋ねる, る夕方先生は僕, る夕方光子は彼, る夕方利根川へ鮎釣, る夕方剣術の道場, る夕方同行の窪川稲子さん, る夕方向高の姿, る夕方嘆息して, る夕方夜警に出, る夕方女房は檻房, る夕方威勢よくやって来, る夕方市木さんは路傍, る夕方持彦にしだれ, る夕方日が暮れる, る夕方春子が尋ね, る夕方桃の幹, る夕方片品川の水声, る夕方茶の間に坐っ, る夕方虎ノ門の近く, る夕方賑かなハガキ, る夕方都築明は少し, る夕方鍛冶屋は仕事, る夕方靴屋の主人, る夕暮れの時間, る夕暮方見た六部, る夕暮時銀座を歩い, る夕書籍の手入, る夕月の, る夕東京の或, る夕海が穩, る夕潮を, る夕直義が義詮, る夕靄の空, る外交家は當時, る外交時期の一転舵, る外人の評, る外人宣教師の現状, る外務大臣の時, る外国ホテルで済ませた, る外国使臣の宴会, る外國貿易は歐洲人, る外廓となつ, る外形の音樂的要素, る外的条件によって制限, る外美術品の吟者讀者, る外貌をもつ, る外身辺に事, る外面の, る多数大衆も亦, る多数決の問題, る多数者としての窮乏, る多様の総合的統一, る多角性を忘れさせ, る多量を携, る多額納税者の豪農, る夜お座敷の帰り, る夜ぎんは寝床, る夜こんどは女, る夜したたか酒を飲ん, る夜そこは野上さん家, る夜それも深夜, る夜ふしぎな一つ家, る夜よそで晩ごはん, る夜らっきょうが小皿, る夜ケタタマシク村の半鐘, る夜トヨ公で酔っぱらい, る夜ボヘミア領ケーニヒグレーツ在の富裕, る夜ライネル・マリア・リルケは若い, る夜リエという不幸, る夜ローサンゼルスの郊外, る夜一時頃私は電車, る夜上等の魚, る夜不意に妻, る夜二人の兄妹, る夜二階の寝室, る夜佐藤春夫の頭, る夜僕は半, る夜兄が正, る夜六人のうち, る夜内山が饒舌, る夜同窓生が今, る夜土民の反乱, る夜変なもの, る夜夕刊に宮本顕治, る夜夢のなか, る夜夢遊して, る夜天龍寺に放火, る夜夫に言われた, る夜姿を消し, る夜學校で英語, る夜宵のほど, る夜家々の犬, る夜宿所で誰, る夜尖兵一千余人中村五郎の手引, る夜屋敷へ盗, る夜岸がんはじかに, る夜島のアンテナ, る夜幹の赤い, る夜幾夜ある明方, る夜庄司氏の応接室, る夜廻の爺, る夜彼女は来なかった, る夜彼女らの一人, る夜得々として私, る夜御前へ出仕致候処, る夜愚僧を御前, る夜拳銃で自殺, る夜旦那が御, る夜明けの静か, る夜明け烏もこう, る夜更道夫の枕許, る夜月は傾き落ち, る夜村のうしろ, る夜村尾と気まずい, る夜檜の床柱, る夜歌寿の家, る夜正夫はなんだか, る夜気を快し, る夜氣はなか, る夜池の中, る夜決意して, る夜泥棒が入, る夜泥酔して, る夜浅草に出掛け, る夜海岸恋して, る夜深更に容易, る夜深更椎の木は火焔, る夜漁夫たちが舟, る夜父はこの, る夜由藏はやつぱり嫉妬, る夜男が眼, る夜町の辻, る夜番兵に隙, る夜白衣のまま, る夜真雄はそっと, る夜社頭の階段, る夜神尾主膳は囈言, る夜秀吉はお伽衆, る夜窃に梯子, る夜紫の星, る夜芳子が一人, る夜芳野の漉き, る夜葉子はまた, る夜藤夜叉は道誉, る夜裏の竹藪, る夜説明付で僕, る夜近郷の山中, る夜通つて, る夜道を歩き, る夜道夫は時計, る夜遲く由藏, る夜野武士のむれ, る夜金五郎は勝則, る夜高品さんの家, る夢中な輝き, る夢幻的な心持, る夢遊状態の存在, る夢遊病者が或, る大きさの, る大事時頼不肖ながらいかで, る大人らしさ, る大体プランを立っ, る大刀の手上, る大切なる地位, る大勝の結果, る大勢の人々, る大名家老から頂戴, る大名屋敷の門内, る大名華族の末家, る大和民族の美, る大型の成魚, る大声でカス食, る大変涼しい晩, る大変吹き降りのする, る大学事件がやかましかっ, る大寺の希臘風, る大寺源十郎と一緒, る大尉とかの妻, る大小の預言者, る大小幾多の合戦中, る大尽の家, る大層月の, る大川の, る大工与四郎に扮, る大廈をもかま, る大役を命, る大御心への, る大文字の火唐土, る大智に加はり, る大智大勇と非凡, る大望を遂げ得べきでない, る大権の作用, る大樹鬱蒼と繁, る大正博覽會にそれ, る大河の岸, る大洋である, る大洋附近とか又は, る大洲領内へさえ, る大海を漕ぎめぐりつ, る大潮のやう, る大物をも逮捕, る大理石の馬, る大病をした, る大石岡山に於ける, る大立者は常に, る大胆な試み, る大船碇泊りして, る大藩の家中, る大蛇誅戮の一節, る大衆作家として当然, る大衆作家諸君の小説, る大衆化だったの, る大衆性といふ問題, る大衆文芸は勢, る大衆文芸発達の一原因, る大衆概念なの, る大衆的修道者の巡拝群, る大衆雑誌で足利尊氏, る大計がもう, る大路小路のうち, る大農の発達, る大逆罪の犯人, る大部の著述, る大金です, る大門さしぬ紫, る大阪人がかうした, る大阪商人という名称, る大阪地方の新聞紙, る大陸の合理主義, る大震災後の大, る大食國の有, る天上の福, る天下動乱の機, る天下騷亂の際, る天与の性質, る天主教の歴史, る天主教徒の現状, る天人当地に来たる, る天体の運動, る天保の頃, る天保水滸伝中笹川方の鬼剣士, る天候區域から他, る天分を持つ, る天国の光芒, る天変地異は仏法, る天女にし, る天子の赤子, る天子様を大行天皇, る天才的狂爛のそれ, る天授の力, る天文五行思想の入り, る天文學の道, る天文學者を唐, る天気晴朗な払暁, る天氣のいい, る天津風山山鳴動して, る天狗岩が掃川, る天狗能楽師の悪口, る天皇家の地盤, る天神の座, る天童太郎より遙, る天聲が來, る天與の性質, る天色を佩, る天行のごとく, る太いなだらかな, る太刀神代もきかず, る太夫の如き, る太子の偉業, る太陽系的直観像などは凡て, る夫ハおもしろい殺, る夫人令嬢は是非, る夫婦ものとその, る夫婦牛の話, る夫婿の家, る夫我子をも見のがすまい, る夫等であるだけ, る夭折した少女, る失望をした, る失望樂しさ, る失格をした, る失業保険加入失業者は一ヵ年以前, る失業者の数, る奇異な迷信, る奇趣妙景について名, る奈良縣か京都府, る奉仕は唯外, る契約はわが, る奥様の現場不在証明, る奥深い王城の, る奥行をもつた, る奧方を後ろ, る女のにほひ, る女中が人, る女医産婆美容術師等いう年増, る女史を不幸, る女君の褒め, る女国に立寄つた, る女学生数は一九二七年一五パーセント, る女学館に通学, る女工の性能, る女帝の経営, る女性らすべて咽び泣く, る女性尊重の天鵞絨, る女性群としては松, る女手が無くなった, る女流画家の特殊, る女滝男滝の霧しぶき, る女生があります, る女神である, る女童篁子そだたきやら, る女給が呼びかけた, る女道樂も外, る女達ともっと, る女郎屋の妓夫, る奴ざ有りやすめえし, る奴ぢやない, る奴ア盗賊に違えねえ, る奴四人まで投げ倒した, る奴小柄で首筋, る奴等だと, る奴隷制度も亦, る奸惡之者共, る奸計猾策ハ実に人, る好き姿とは, る好みの変遷, る好事家の別荘, る好奇なお大名, る好奇心を押さえつける, る好奇的遍歴と不思議, る好機至れりとして, る好況そしてヨーロッパ大陸, る好評に招きよせられ, る好餌を与えられず, る好餌たるの悲運, るな声, る如來と云, る如来蔵は常住, る妄念を打消さん, る妄想狂は社会, ると馴染, るのした, る妖怪のよう, る妖怪松がある, る妖怪談がある, る妙品なり, る妙工の巧み, る妙法で, る妨げを辿っ, る妹たちもやはり, る妹買ふ, るあり親戚, る姉弟の情, る始めにその, る始めての陪審裁判, る始発点であると, る始皇の位置, る姑婆アもよくよく, る姑息の手段, る姓字または名, る委員会性といった様, る姦通に對, る姪の浜事件の根本問題, るが髮, る姿どもよ, る姿限無く嬌, るに誇り, る威儀の物ぢ, る威勢の程, る威厳的な勿体ぶった歴々, る威圧を感じ, る威能によらで, る娘ぢやありません, る娘子供を怖がらせない, る娯楽の一, る娯楽機関をあげ, る娼妓に精神, る娼婦に多く, るあやあの, る婆アさんがやかましい, る婆羅門を使い, る婚姻制度に關, るの髪, る婦人がたは考え, る婦人俳句は女らしい, る婦人委員会の問題, る婦人画家の芸術的, る婦人病院の院長, る婦人解放の最大欠点, る婦人関係の紛雑, る婿だ, る媒介に較べ, る媒介機能が十全, る媼等にあ, るる事, る嫁菜の雨, る嫉妬の対象, る嫉妬心は努, る嫌いもある, る嫌惡の感じ, る嫌疑が出, る嫌疑者の犯行前後, る嬉しいぞとの一言, る嬰兒の如く, るも兎角, る嬶共は有, る子供たちの國, る子供絵本漫画の改革, る子女の人格, る子猫もおもき, る子目の變化, る子音に, る存在それ自らとしての矛盾撞着, る存在ぢやよ, る存在位置は原理上, る存在概念の分析, る存在様式が今, る存在物である夫, る存在理由を受け取る, る存在的矛盾の外, る存在論的範疇は空間, る孝公がかの, る孝行旌表の事例, る季刊冊子の編輯部, る季感に読者万人, る孤児院へ連れ, る孤兒で引, る孤独の感じ, る孤立した研究, る孤立的觀念即ち偏頗, る孤雲が來, るである, る学会雑誌に出, る学問友達であったの, る学問所番と号す, る学問技術を身, る学士の奥さん, る学校卒業生の昨年, る学派の人達, る学生層は一定, る学生組織に転化, る学生諸君たるもの, る学者達は, る学芸に従事, る学術書を如何, る学術研究会の調査部, る学課がまるで, る学院のため, る孫兵衛の母, る孵化の時日, る學位を得る, る學問上の術語, る學術雜誌に米准那, る宇太松を皆んな, る宇宙万有の上, る宇治山田の米友, る宇治川と鳳鳳堂, る安価な理性, る安全が保障, る安助己が善, る安堵を覚えた, る安堵感をおぼえた, る安息國の國名, る安政年間の鋼鐵製遺作字母, る安楽椅子に背様, る安積山鼻が際だつ, る宋末の宰相, る完備せる資本制度, る完成期に達し, る完璧な現実, るなれば, る宗壽軒を一つ, る宗徒の一団七, る宗教改革に對比, る宗教教育が説かれる, る宗教的事象の眞相, る宗教的情熱の豐けさ, る宗教的社会的必要が経験的, る宗教的要素であって, る宗教関係外国権益の調査, る宗教音楽とその, る宗旨にし, る宗次郎を撲つ, る宗派の仏教家, るに任, る官人のもと, る官僚の社会的地位, る官僚万能主義とに関係, る官僚団の勢力, る官僚團の勢力, る官司でその, る官廳の寺社關係, る官憲の血迷える, る官立の建物, る官立美術学校の附近, る官能の力, る定吉は羨まし, る定員制の弊, る定期航空路の開設, る定義は如何, るのない, るい粉薬, る宝石屋へ行っ, るのごと, る実例は勿論, る実務の能力, る実在性もある, る実在感への擽, る実在的関係を何等, る実在論的立場と呼ばれる, る実地に於ける, る実平は姫, る実感で打った, る実業家の夫人, る実物創作の筋書, る実用性を持っ, る実行の力, る実証の契機, る実証的精神である, る実質をもとめれ, る実践主体の問題, る実践概念を俟, る実践理性の優位, る実践的な意味, る実践的実践がそれ, る客人の式, る客來る客, る客観にいつはれない, る客観主義の文学, る客観的存在意義そういう意味, る客観的存在様式としての技術, る客観的情勢に余儀なく, る客観的方向量を真理, る客観的条件及びそれ, る客観的精神の本質, る客観的荘厳を成就, る客觀條件から必要, る客觀的なるもの, る客連れが出, る客間といふやう, る宣伝小説でもあった, る宮さんのこと, る宮城長順其他諸氏の功績, る宮家のお方, る宮廷の女官, る宴席に於, る宴會に於, る宵闇の力, る家々の食膳, る家十四五軒にも及び, る家常茶飯事には携, る家庭争議を聞いた, る家庭的の事情, る家庭的訓練であります, る家持の歌, る家族主義の維持, る家族主義的復古主義は現に, る家賃とても其通り, る家門の歴史, る容易ならぬ特別, る宿へ着いた, る宿房へ寄り合った, る寂しき色に, る寂寥にも慣れたれ, る寄席の主人, る寄席芸術に関する講演, る寄留先は, る密偵司令官ハヤブサとおどろき, る密室のうち, る密接な関係, る密旨を持っ, る密書の一部分, る密書曲者はこれ, る富士も浅間, る富山の腮, る富岡先生の暴力益, る富岡氏極く, る富有な百姓, る富裕な一家, る富貴栄誉うれは, る寒き雪の, る寒氣に却つて, る寒風の中, る寒駅に汽車, る寓意ありしや, る寛十郎は世にも, る寛文四年の三月, る寝床及び窓掛, る寝覚め風に吹かれ, る察しと思いやり, る寡婦の家, る實例を示す, る實地教授の經驗, る實踐そのものの中, る實際に一層, る實際主義者現實主義者, る實際生活は曾良, る實驗に從事, る審美學三の卷一三五二面, るる立派, る寫生の必要, る寫眞器で一ダース, る寫眞好きの友達, るになってる, る寵児であった, る寵愛されたイデオロギー, るの二人, る寸法さ, る寺の前通とほる, る寺内の下宿屋, る寺觀の數, る寺院等を見物, る寺領の白い, る対仏作戦は御, る対宮中問題の責, る対局で塚田, る対手にしか流露, る対校野球試合が外苑グランド, る対比として心, る対立抗争する諸, る対立的な様々, る寿命貝というもの, るを除く, る封建制が単に, る封建制度のただ, る封建性の問題, る封建的なファッショ団体, る封建的勢力の増大, る封建的契機と資本制的契機, る封建的家庭制度から来る, る封建的条件を地盤, る専制治風の時代, る専制的なその, る専政的禁止の性格, る専門家的特権等々の上, る専門的の事, る専門的概念に外, る専門的知識を利用, る専門語であって, る専門語術語などで未だ, る射干を根, る射干玉の夜陰, る将兵の, る将官が真面目, る将来に必ず, る将校のもと, る将校夫人の肖像, る将軍は東京, る将門の勢威, る將ヘクトール答へ曰, る將來にいつ, る將軍米准那の舟師, る專問學校の入, る專門家に見せた, るさも, る尊卑長幼の位置如何, る尊厳確信ある出処進退, る對手もなし, る導師は恐らく, る小ぎれいな旅館, る小さい小さい声でした, る小人の罪業, る小僧等への應對, る小児は無い, る小分の句節, る小判を汚い, る小品の美, る小唄の会, る小声となった, る小天地に寐, る小娘が二三人連立ツ, る小学教師が持っ, る小学校長が毎朝子供達, る小宮山は山気膚, る小屋へ少々, る小川さへ, る小店で手塩, る小座敷に新派, る小径に又, る小暗い心持の, る小村はエンドレゴォル, る小松敏喬が私, る小森屋彌八郎, る小歌は先ず, る小流にも金襴, る小犬の己, る小生の苦衷, る小石の間, る小篇を亦, る小菊かな, る小説家等の作る, る小説的な興味, る小道を通っ, る小野の野, る小野山はたえぬ, る小間物屋の女房, る小雀にも似たる, る小雨を透かし, る小高い丘の, る少え人が, る少女二人三人を見る, る少年工の描写, る少年文学は科学, る少年雜誌から拔, る少納言が横笛, る尺度が当てはめられるべきである, るの勧め, る尼寺の尼さん, る尽大地の苦, るを引いた, る尾根上の小, る局外の人, る局限的の固有名詞, る居士は再生, る居酒屋でわたくし, る屈指の名作, る屈託のな, る屈辱を予期, る屋台店で鰻, る屋根の石, る屋根裏部屋を借り, る屍体解剖の手順, る屏風の中, る展望が出来, る展覧会で見た, る展覧会審査員を目標, る山かげのせまい, る山ざくらの花, る山ざくら春は今, る山たるにとどまった, る山中鹿之介坂田公時, る山伏を, る山側を躋, る山内家である, る山合の寺, る山國にとぢ, る山城判官行村奉行たり行親, る山宮も亦, る山川になほ水, る山方にし, る山本の額, る山河に自分, る山猿同樣, る山田肇山本修二舟木重信岩田豊雄原久一郎諸氏の行き届いた, る山番の家, る山県系と目, る山縣系と目, る山色何の瑠璃, る山茶花の花, る山賊の様, る山路を越え, る山頭火の行持, る山駅の間, る岐蘇山道のひらけた, るを, る岡田丸でも待つ, る岡部の残忍, る岨路を飄然, る岩倉三位を向う, る岩壁の裂け目, る岩山の根, る岩崎三井の祝事どころ, る岩橋を突き倒し, る岩石の地, るなしの, るの深み, る峡谷は一層, るもある, る島々を都貨邏, る島々村から八里, る島山の, る島崎氏の態度, る峽谷に合流, る崇高な権威, る崇高さと遠い遠い, るになり, る嵐気が絶えない, るしい巌, る吹き払, る巌蔭で私, る巌角から僕, る巌谷の莫逆, る巖石を木の根, る巖蔭で私, る川べりの上流, る川アキシオス流るるほとりアミドーン, る川岸つぷちで, る川流深く渦, る川端には水練場, る川筋を一つら, る川蟹の由来, る巡回書庫は余等, る工事を請負っ, る工事場に於, る工合は全く, る工場持の保護, る工場見学に小学校生徒, る工学士に片, る工学者が水道鉄管, る工房で出来た, る工業上の実際, る工業地帯が故郷, る工業會社の事務員, る工藝品を指し, る工藤にあつ, る工風をした, るの胸, る左傾劇団の女優, る左右上下の視野, る左翼の新聞, る左翼的ならざる分野, る左翼運動のリイダア, る巧妙な手つき, る巨木になった, る巨禽と等しく長き, る巨豪の存在, る巨鐘を鳴らし, る巨魚の暴れ狂, る巫女の位置, る差等を承認, るみがたい, る已むなき内的の力, る巴里の商業劇場, る巻物の中, る市井の徒, る市井人の生活感情, る市場を考えね, る市村に金, る市民のはや, る市立大学に英語教師, る市街の現象日, るの分量, る布教的活動は其盛, る帆走船をもっ, る帝国の使命, る帝国主義の形態, る帝國軍艦旗を仰い, る師範学校の生徒, る師範教育的迷信なの, る帰着点に到達, る帰結となっ, る常に我心を, る常会の空気, る常客などのため, る常盛胤長幸氏以下其射手たりと云々, る常識水準から云え, る常識的な賢, る常識的文明観はそういう, る常識観念は進歩性, る帽蛇蛙を啣, るを滿, る幇助になるべく, るのうち, る幕府方の暴挙, る幣帛の義, る干渉波を云い, る平和運動も次第に, る平地を火口原, る平均値に準じ, る平均値的な周知的知識, る平均性と卓越さ, る平安は保証, る平氏が竜舟錦帆, る平民の位地, る平潟に來, る年ごろだ, る年ぢや, る年コレラが流行, る年タシカ明治二十三年の桜, る年バルソロミウの虐殺, る年三浦の海岸, る年仙北郡神宮寺山の麓, る年代にある, る年代間は並び行われた, る年伊勢屋に引, る年公命を帯び, る年前にもいった, る年十九の夏子, る年向島の花見, る年境木越の大, る年増女に連れられ, る年増美の鬱陶し, る年壯き武士, る年夏休みもすん, る年大分大仕掛け, る年天下大いに飢え, る年女を斬りつけた, る年妹のお, る年家内が大阪見物, る年寄つた百姓はその, る年寄等までがこれ, る年少の童貞, る年度に特別, る年忘年会の幹事, る年悪性の疱瘡, る年悪疫が流行, る年意外の高水, る年数を経た, る年月に起った, る年本郷からわざわざ, る年村へ金箔磨き, る年汽車でここ, る年田を見廻り, る年田植の人手足らず, る年私は仙台, る年級とをこちら, る年結婚をした, る年長者から女, る年関東へお, る年限真面目に働け, る年限間これを放置, る年騙りに引掛つて身上, る年黒死病で亡くなつた, る年齢以上になる, る幸福感の末端, る幸運が彼, る幻想であろうか, る幻滅の来ない, る幻相の美, る幻覚に捕えられる, る幻覚錯覚に囚われた, るな児, る幼きものには, る幼獣あっはっはっは, る幼稚の筆, る幼虫は簡単, る幽霊とともに未知, る幽鬼らである, る幾たびか, る幾何の他, る幾何学が位置解析, る幾何学的なもの, る幾億の天才, る幾度も負かした, る広き畠をば, る広告が日, る広場に拵えられてる, る広汎ないまだ, る広範な領域, る広野に停車場, る広間の中, る庄三郎を見, る庄屋の森, るの高い, る序曲となつ, る底流の一筋, る底線と同じ, る店がまへ今, る店さきの時計, る店以外の商売, る度店先にゐ, る度毎に泣いた, る度胸が無い, る座元には名字帶刀, る座敷の内これ, る座標空間はもはや単に, る座蒲團の上, る座談會で僕, る庭園の茶室, る庭木のさまざま, る庭鳥のこゑ, るい堀, るいては, る建ものは看板, る建永元年にやはり, る建築家の歎声, る廻転機や響く, る弁信と申し, る弁別上の党派性, る弁当箱など, る弁慶の宮, る弁解とを私, る弁証法的唯物論は機械論的唯物論, る弁証法的展開の過程, る弁証法的操作はその, る弁証法的方法の一つ, る弁護人は, る弊害の點, る弊風が無い, るがある, る弓矢の意義, る弔燭台の黄蝋, る弔香爐を提げ, る引例として引かれ, る引力之なり, る引手茶屋の庭さき, る引揚者夫婦のこと, る引用精神の問題, る弘前停車場へ宛て, る弟子が往生, る弥生かな, るの力我等, るさ或, る弱き夢は, る弱味を意識, る張子の鐘, る張猛を殺し, る張玉の言, るさと, る強い恐ろしいものが, る強か者を子供, る強制が如何なる, る強味は持っ, る強固な意志, る強大な物, る強度と擴延, る強情さ一途さ意志のつよ, る強敵を鋭, る強者は常に, る強記人に絶す, るはコンクリート, る弾力とかいう奴, る弾圧之がこの, る之助さんと, る彌生町にあつ, る当の小谷には, る当り前さが彼, る当人はすぐ, る当今の急務, る当今有数の大, る当代唯一の妙刀, る当年の信用, る当時の職, る形チに似たれ, る形体または数, る形容の出来ない, る形容詞に限り, る形式社会学は茲, る形而上と形而下, る形量というよう, る形體または數, る彦山に登り, る彩畫ある板壁さ, る彫刻家が私, る彫刻的な感銘, る彫工の心, る影さへすばや, る役人共が之, る役場まで行つて, る彼二人の唐人等米子, る彼女たちの日々, る彼女らを云う, る彼岸のもの, る彼彼店頭の彼女, る彼所は近習, る彼波を, る彼美の呼び, る往來に立つ, る往年の雄姿, る往来の人, るの隈, る待ちがてに, る律気な一牧人, る後あはれ然る, る後めたさ, る後れ毛を噛み切, る後ろざしの, る後イリオン城に歸らん, る後コルキスにむかへる, る後ソルデルしざりて, る後フト正眼を得, る後マルクス主義文学の政治的ヘゲモニイ, る後主人に会釈, る後乙の犬, る後二人を特に, る後京都を離れた, る後公権の談, る後刑に就いた, る後初めから順, る後刻改めて御礼, る後化粧すべし, る後半期の居所, る後大言壮語するとき, る後大言壯語するとき, る後家が殺された, る後尾瀬ヶ原に下る, る後己もまた, る後幽邃なる境内, る後心臓嚢を切り開く, る後我れ始めて, る後我等の, る後時を計っ, る後時期を見, る後期印象派の運動, る後期霞亭の嵯峨生活, る後朽楹を代え敗椽, る後正論正義を主張, る後此の土臺, る後父母に告げ, る後犬を走らしめた, る後現像すれば, る後用事がすめ, る後神が在る, る後神州復た一新, る後組織し闘争, る後継者である, る後義盛の陣, る後膝をついた, る後自分の頸動脈, る後良人にうつそう, る後藤男から五千, る後試験しようと, る後詩形を崩さず, る後貴様の考え次第, る後足下が公人, る後透谷は又, る後進の英雄, る後高砂一番を謡い, る徒党を組ん, る徒輩と思う, る従つて言語学は歴史科学, る従順な生徒, る得物も思い思い, る從事或は蟲害, る御免なさいと, る御前に参じ, る御堂のおく, る御家人喜六右手の刄, る御意こそ有難けれ, る御所柿は俺, る御機嫌よろしゅう, る御殿に勤め, る御殿造りの極彩色, る御用を伺い, る御用キキも犬, る御用商人の小僧, る御身として殿下, る御飯も塩鮭, る御馳走の材料, る復元の研究文献抄, る復古観念の単に最も, る循環は正に, る線分の, る微かな運動, る微小粒子の直観, る微温さは憎むべき, る微雨とのみがひつそり, る徳宗の建中二年, る徳川の勢力, る徳治主義であります, る徴候がある, る徹底した功利主義者, る心さへ既に, る心ばへなり, る心中文学で厶, る心地どこやらに長閑, る心地好さ, る心天ゆく日, る心得何れ無事で帰って, る心得書の中, る心得此に少々, る心情の意味, る心意の発露, る心意気もまた, る心持さへ起した, る心持アンリイとの訣別, る心持私の心持, る心爲に動き, る心理学の範囲, る心理学者達がどれ, る心理状態を考へ, る心理的の動き, る心理的事實をその, る心理的効果例へば喜悦, る心理的状態は強, る心理的生理的の要素, る心理的詩味の伝統, る心肉との不吉, る心臓が, る心臟を神, る心象的なアトモスフィア, る心身の疲勞, る心配なんざちつともねえんだからわたしやさうだ, る心霊学会で報告, る心霊研究の近況, る心靈が果して, る必ずしも印度でなけれ, る必ずやその時, る必然が含まれ, る必然的制約は私, る必要上お前を悲しませ, る必須のヒューマニチイ, るはしい, る忍び音で, る忍従と利己心, る忍辱なる戒, る志賀健吉の悪魔, る志願者は平素苦役, るるれば, る忘恩的態度とやくざ, るであります, る忠僕三人あれば, る忠君愛国や武士道, る忠告した, る忠良の臣民, る忠言聞きて, る忠誠の声, る快い速力で, る快感として把, る快晴の日, る念仏は報恩謝徳, る念力強く痛, る念願を抱い, るる近づくと, る怜悧な親達, る思いがけない記憶までが, る思い出をこんど, る思想上の混乱, る思想世界の薬石, る思想体系をもっ, る思想団体にいささか, る思想團體にいささか, る思想家の急務, る思想形象の真空状態, る思想思想としての文学, る思想性云々ということ, る思想文物を批判, る思想法則を相手, る思想活動そのものにとってなに, る思想海の一大主流, る思想生活の全, る思想的な動き, る思想的側面さえ理解, る思想的文化が渦, る思想的現実を解剖, る思想的秘密出版の手伝い, る思想習慣信仰は梨倶吠陀, る思想而して, る思想行為の指導者, る思慕である, る思索家となツ, る思考の形式, る急ぎの仕事, る性交の形跡, る性慾は抑, る性慾撰択権内に於ける, る性的生活に対する反省, るをなにか, る怨家の胎内, る怨霊のごとく, る怪しい人物に, る怪しからぬ行い, る怪事がある, る怪事業を成し遂げよう, る怪僧善達吉田焼打の悲愁嗚咽, る怪力をもつ, る怪塔王に馬のりと, る怪奇な運命, る怪我じゃあねえという, る怪火ある由, る怪談がある, る怪量の前, る怪電波の秘密, る怯懦の心, るの如き, る恋し雄に, る恋びとの心, る恋人の話, る恋情に浸らう, る恋愛問題にまではまりこん, る恋愛的事件を起し, る恋愛者心理を掲げ, るがある, る恐しい振動, る恐らく最初の, る恐らくは十年を, る恐ろしさは, る恩怨の渦, る息女に祈り求めいふ, る息子にこの世, るゐる願はく, る悔とつひに, る悟性や理性, る悩ましく花の, る悩みは固まっ, る悪い癖が, る悪しきにあらず, る悪事を働いた, る悪意のある, る悪戯は彼等, る悪疾に罹る, る悪癖が已, る悪習は止んだ, る悲しい淋しい心理の, る悲しき病世に, る悲劇中の悲劇, る悲劇的英雄である, る悲喜劇一齣はこ, る悲境に沈ましめ, る悲壮な感激, る悲慘事が突如, る悲觀と絶望, る悲鳴絶叫だとしか, る悶着を起し, る情勢の刻々, る情実が君, る情愛の半面, る情感は豊か, る情慾の行, る情懷の發現, る情操教化に費する, る情深い霊的存在で, る情熱性は排斥, る情痴作家坂口安吾とても同じ, る情調の傾向, る惟傷弓の鳥, る惡しき思想をば梟木, る惡刷洒落本などにその, る惡戯にす, る惡臭は腐りたる, る惡逆無道の船, る惡風未だフィレンツェ, る刻なる, る惰性形態としての学生層, るがあつ, るは今, る想ひがして何, るをたたえた, る愁いでもあったろう, る愉悦を感じました, る意企をもっ, る意匠釉薬表現の色調, る意図を懐い, る意地悪祝福された彼, る意外の事実, る意恨の牙先, る意気込を言った, る意識それは存在, る意識概念である, る意識機能の内, る意識現象を以てこの, る意識的乃至無意識的, る意識自身の内, るなる新聞記者, る愚か者よ, る愚劣なもの, る愛らしい姿に, る愛兒の傍, る愛友を救はん事, る愛吉ならずとも, る愛嬌と破綻, る愛山者もある, る愛慾の高まり, る愛撫をする, る愛欲を指す, る感傷におぼれ, る感化もこの, る感性を最も, る感情的な表出, る感想録を讀む, る感慨を保ち, る感服でない事, る感染の呪術, る感歎が与えられ, る感激事でありますが, る感能の持主, る感覚主義と合理主義, る感覚測定論に最もよく, る感覚的な瞳, る慈姑でございました, る慈悲深い人, るを見つめ, る慣習的なもの, る慰めと同意, る慰労のささやか, る慰勞のささやか, る慰安です, る慶父を魯, る深屋敷, る憂アカイア軍にあり, る憂愁双の眼, る憂慮なし, る憂欝は暗色, る憂苦と繋がる, る憂鬱を感ぜしめた, る惡なほ輕し, る憎い奴, る憎しみを怖, る憎悪血に飢え, る憐愍と同情, る憐憫さへ感じ, る憑きものが自分, るったの, る憤怒瞋恚は恐るべく, る憶測はあまりに, る應病與なれば, る懐姙中その母能, る懐紙の薄い, る懷疑的態度を棄て, る懷舊の涙, る懸絶は必ずしも, る懺悔としても亦, る戀人の接吻, るけり, る成上者が金力, る成分と一緒, る成女式であつ, る成心を以て或, る成果だけをそのまま, る成算がすでに, る成行に就, る成迹は別に, る成長の後二つ, る我が国の自然主義, る我とらへられ, る我ままな顔, る我らの国防的地位, る我ヂュウスはわれ, る我兒がゐない, る我國の國情, る我姿を見, る我慢のならぬ, る我指を, る我等何とせん, る我衣手に朝夕, る我邦にては明治三十九年, る我邦経済界の好景気以来, る戒厳令の場合, る戒告と将来, るの最中, る戦争記事を読ん, る戦争責任追究の記事, る戦功者に対する論功行賞, る戦場付近で仏英軍, る戦後の多忙, る戦後経営なるもの, る戦時生命傷害保険に入ります, る戦死を述べ, る戦況を綜合, る戦闘はスペイン, る戯作者の真骨頂, る戯作者根性が日本文学, る戯詩の中, る戰後經營なるもの, る戰艇が竣成, る戰車かぎろひ砲つづく見ゆ, る戸口から一人, る戸外の物音, る戸帳が自ずと, るの芸妓, る所世の中に居る, る所之を弁知, る所人体自から, る所兄弟中もみな, る所北印度の界, る所古昔より神仙住居, る所問題は有罪無罪, る所善光寺あり, る所大佐の家, る所夫人は頑強, る所孔雀は動物園, る所安部君は教授, る所小生卒業論文にて毎日ギュー, る所幅三フィートの板, る所幾十里今日過くる所幾乎, る所批評の的, る所書籍に不足, る所有物件だけが來年, る所業もする, る所産であるか, る所砂石皆赤く苔, る所謂シンセリティーの欠如, る所謂ダラ幹と一つ, る所謂年始客から逃, る所謂形容詞の生命, る所謂方法論に他, る所謂概念に相当, る所謂模写説は哲学概論, る所謂清水山塊の大, る所謂熟練は科学主義工業, る所謂直覚性乃至直観性, る所謂社会心理学は自ら, る所謂神秘的なるもの, る所謂素人や或, る所謂経験批判論やイェルザレム, る所謂統計的法則は法則発見, る所謂美文学なるもの, る所謂考證學に於, る所謂能率としてのエフィシェンシー, る所謂自然と自然, る所謂自由主義なるもの, る所謂転向はとに角, る所謂返し祝詞或は覆, る所革命の精神, る所領地を讓, る手ごわい談判に, る手だてを教, る手代で家附, る手伝いをし, る手前はそれ, る手古奈の天性, る手品師の話, る手塚は一生懸命, る手工の時間, る手懸りを得た, る手捏りの, る手数をかけ, る手真似をし, る手続をする, る手続きに重き, る手続履践のため, る手綱を取り, る手腕家によつて, る手術で第, る手遅れでさえなけれ, る手長職と同じ, る手間賃と栽, る打撃に至っ, る扮装行李を肩, るひを, る扱帯は燃え, る批判主義とに分ける, る批評家たちのため, る批評家達はすぐ, る批評是なり第, る批評的モメントと実証的モメント, る批評的契機と実証的契機, る技倆ある人, る技巧上の問題, る技能能力は手先きのそれ, る技芸家は好み, る技術上の実際, る技術学と呼んだ, る技術学校の教師, る技術性は単に, る技術教育までが, る技術的インテリゲンチャの積極的, る技術的精神の絶対的, る技術的過程其の他, る技術自身の矛盾, る技術論争の要点, る技量を現, る抑制の念, る抒情分子の存在, る片腹痛きにも, る抔万に親切, る投影をした, る投書の歌, る投票者は少く, る投資現象の一つ, る抵に, る抗日問題について述べよう, る抗議等漸く旺, る折々日本橋通一丁目反, る折のか, る折ひとり鏡を取寄せ, る折ふし殊更胸, る折云ひに, る折侍側の荀攸, る折前の一詩, る折口を尖らし, る折同僚に囁いた, る折同職の柳生但馬守, る折呉王孫権が戯れ, る折味方の一部隊, る折将棋をさした, る折左右には水, る折庵の下, る折柄やがて向う, る折柄此の唐津藩, る折田沼の慰め, る折甲府の使者, る折秀吉が, る折自分で庭, る折荘王が楚城, る折角の技術的, る折酒宴の半ば, る折金丸五郎が, る折韓暹に胸, る折鹿苑寺の一僧, る抜け穴が見え, る抱擁の瞬間, る抱附競をする, る抵抗のお蔭, る抵抗力と積極性, るへられた, る押し入れの膳, る押丁と顔, る押入の唐紙, る抽象体として存在, る抽象力の働き, る抽象語では無い, る拍節の形式, る拍車となる, る拔都がロシア, る拙者の面目, る招きに足, る招壽軒だからと, る招寿軒だからと, る招待の宴席, る拜天教の分派, る拷問によって虚偽, る持主は見物人, る指令の如き, る指導原理を確立, る指導民族としての資格, る指導的人物にこの, る指揮者の役目, る指表であり之, る按摩だと, るに出でたる, る挙動ありしが, る挙国一致の実, る挙国一致一般をその, る挨拶をした, る捕方は出, る捕物ですが, る捕物帳の本, る捨場の権利, る捨鉢なもの, るが, る掌中の珠, る掛り人でこれ, る掛聲も構はず, る探偵小説所謂怪奇小説と称, る探究者でありしかも, る探険隊員について知りたい, る接合点では究極, る接触とは不可侵透性, る推理があった, る推移変化も之, る掻堀同様泥まみれの老若, る描写的手法のみが感じられ, る描写論なの, る提唱は何, る揚合とは可, る揚州は當時内外商賈, る揚物の油, る換刑の者, る換算を知らざる, る援軍は, る損失なの, る撥音急雨, る撫子の花, る擂鉢の底, るを破ら, る操りの糸, る操作から来る, る擧動に出でた, る擬似アカデミシャン群をなす, る擽ったいような, る支流の一つ, る支那中心説に甘心, る支那劇場はサンフランシスコ, る支那學問の研究, る支那學研究は哲學, る支那學者の景教考, る支那學講座擔任の最初, る支那帰りの商人, る支那思想の要素, る支那料理屋のがたがたテエブル, る支那研究の足跡, る支那紙の位置, る支配層や被, る支配権威に動かされる, る支配的勢力内部の経緯, る支配関係に結びつい, る改造が成就, る放射状弱線に沿, る放心状態の眼, る放水路の関門, る放火事件の公判, る放火犯人だと, る放牧の馬群, る放送協会などのよう, る政党内閣を否定, る政治上要求の一面, る政治問題も亦, る政治界を純, る政治的事物決定の原理, る政治的伝記は侯, る政治的価値のヘゲモニイ, る政治的傳記は侯, る政治的優越性が消散, る政治的問題を取り扱う, る政治的対象に他, る政治的必要に逼, る政治的支配者の意見, る政治的社会的情熱の坩堝, る政治的見解の方, る政治的関心によって動機, る政治運動に獻身, る政黨内閣を否定, る故国としての日本, る故旧あるを, る故毎號違つた色が, る故紙堆裡, る故郷の, る效力は疑問, る敍景歌の發生, る敍述表現にをはつ, る救治策が用いられなけれ, る救濟の實效, る敗北なしには, る敗戦まではまだまだ, る教化鬪爭の對象, る教学主義の症状, る教官が新兵, る教徒等が偶像, る教祖の総理大臣, る教義教条の独占物, る教育會の夏期講習, る教育的課題が決定, る教育程度も高等教育, る教育統制の元来, る教育者が成丈生徒, る教護院で四十日, る散文の発達, る散歩させられる, る敬意も感じた, る敬語を用, る敬遠のさびしさ, る数一万余黒焦げとなった, る数万の婦人, る数丈の飛沫, る数人だけの参加, る数値を縦, る数値表のうち, る数冊の台帳, る数分間乃至或, る数十里の山中, る数学的方法も亦, る数学的関係が見いだせる, る数学適用の特質, る数尺の空, る数日前に話し, る数日前逗子に療養, る数日間全く信仰, る数時間甚だしきに, る整然たる質問演説に, る整理の打切り, る整理検討は客観的, る敵人の體中, る敵愾心を持っ, る敵死の暗黒, る敷島によつて, る敷金は唯今, るからでき, る數ヶ條の潛在, る數日我か艦員, る數箇所に於, る數隻のカヌー, る文中にいへり, る文久四年正月すでに長州はじめ討幕派陣営, る文使者を送る, る文六氏も気に入ったらしい, る文化イデーであったの, る文化上の公的相貌, る文化上思想上の最も, る文化問題の理解, る文化工作のイデオロギイ, る文化性の欠如, る文化政策から強制, る文化現象又は文学的信念, る文化發展の記念碑, る文化的スローガンとなる, る文化的会合で顔, る文化的反動性を指摘, る文化的思想的内容は今日, る文化的条件は徳川期封建制, る文化的欲求を充, る文化的生の構造, る文化的自由主義者の動き, る文化的観念の発達, る文化社会学はこの, る文化種族がその, る文学主義と名づける, る文学主義運動は陰, る文学博士のすすめ, る文学報国会の運動, る文学少女が或, る文学界ではユーモア文学, る文学的アクチュアリティーの含む, る文学的性格は何処, る文学的精神がこの, る文学的肥料の供給, る文学的認識が使う, る文学者達は文学, る文学青年と同棲, る文學に影響, る文學者ですが, る文學青年の詐欺, る文房具屋の出店, る文明主義の欠陥, る文明国は仲裁裁判, る文書に不相, る文机の湖月, る文武二道は振興, る文武官の万歳, る文治派と武断派, る文献学的水準と思想水準, る文章論は非常, る文筆の仕事, る文筆家だから, る文芸のこの, る文芸出版物の統制指導, る文芸学と科学論, る文芸学上のヒューマニズム, る文芸復興とヒューマニズム, る文芸復興時代のヒューマニズム, る文芸銃後運動はその, る文藝も生れる, る文部省でありますが, る斑らの黒い, る斑晶の多少, る料理人の話, る料理番の老人, る料理茶屋へ昇りました, る料簡此處はお前さん, る断層のよう, る新しさを, る新たな廟形式, る新九郎どんのところ, る新人は井侯, る新刊批評や新刊紹介, る新劇の俳優, る新劇不振の原因, る新劇俳優の技芸, る新劇運動者によつて, る新劇開拓者の一人, る新参者でございます, る新吉は表, る新婦のむれ, る新宿の百貨店, る新手のつ, る新旧思想の衝突, る新秋の気, る新種の快活, る新聞小説家が吉原, る新聞社独特の社会的機能, る新聞縦覧所の女, る新興の小さい, る新興佛教に驚魂駭魄, る新興芸術派に関して君達, る新道の開拓, る新開地の郊外, る方便にばかりは使つて, る方嚮に從, る方式で一, る方案による, る方法論主義の欠陥, る方程式の決定, る方處に於ける, る方蛭の姿, る方角へ駈けだした, る方言が勢力, る旅びとはその周圍の大, る旅中のあれこれ, る旅店に一泊, る旅籠屋の主婦, る旅舎の始, る旅行の成功, る旅行家の話, る旅行者が或, る旅行記の序文, る旅費に拵らへた金, る旅順閉塞の擧, る旋律とリズム, る旗亭妓女の風俗資料, る旗本屋敷の中小姓, る旗章やまた, る既婚婦人の習慣, る既知の事実, る日あたりから少し, る日いちにち, る日おんつぁん, る日お姫さまはトムさん, る日お松は自分, る日お次はまた, る日お母さまはやはり, る日きょうは学校, る日ここへ二三人づれ, る日さまざま言ひ聞かせぬ, る日そつと覗い, る日どこの家, る日どちらから云, る日のぶなが, る日ほんとうに讃岐, る日もっともらしい顔, る日もとの運転手, る日やつぱりまだ船が出, る日りよは留吉, る日れいの穴, る日わが家のカド, る日わたくしが阪急電車, る日われまた脅され, る日アイヌの旧家, る日アーレンス商会のその, る日イのこと, る日イエスはペテロ, る日クサンチスがいつも, る日ゴーリキイがペテルブルグ市中, る日サムナー博士は午前, る日シヤツを取り, る日シングは彼女, る日ジジの變裝, る日チチコフは警察部長, る日トムさんが畠, る日ノイケルン地区へ行った, る日バラックで腹掛, る日パラティーノの町, る日ヒョロ子はシクシク, る日フクソウ寺へやっ, る日フト恭が小女, る日ペーチャの両親, る日ホテルの下, る日マア坊が朝, る日ユーラスはいつも, る日ラプンツェルはうっかり, る日リルケはミュゾオ, る日リヴィングストーン一行に加, る日リヴジー先生に宛てた, る日ルウヴルに和蘭派, る日ルンペン風の男, る日一つの夢, る日一仙人がのぞい, る日一匹の老, る日一升徳利を花瓶がわり, る日一太は茶色, る日一日ぢゆう若い, る日一日サイラスは何, る日一日何事もなく, る日一日平次は皆川半之丞, る日一片の檄, る日一番登りやすい, る日一直からか, る日一緒に汽車, る日万葉集に読みふけっ, る日三七どのおく, る日三枝未亡人が師匠宅, る日三田君に向っ, る日三間町の菊太郎, る日上座の像, る日上野の音楽学校, る日下宿の二階, る日下男の寅藏, る日不思議な出来事, る日与力笹野新三郎に立ち会っ, る日丑寅神社の境内, る日両手に厚紙, る日中央からの党員, る日中野さんに会社, る日中野重治が来, る日主人が私, る日主人われにも新しき, る日久保田さんは半日, る日之を子規子, る日九時頃まだ迷い, る日九郎右衛門は烟草, る日事務の処理, る日事務所と同じ, る日二三日ぶりで私, る日二百枚に近い, る日二葉亭が出勤, る日二階でいつも, る日五位が三条坊門, る日五時間目の地理, る日五月六日の初夏, る日五郎は久々, る日五郎造親方は只一人, る日京橋八丁堀まで例, る日亮太郎がその, る日人目にた, る日今は亡くなられた, る日仕事を終え, る日他の弟子連中, る日他所へ縁付い, る日仲吉は燒, る日伍長は私, る日伸子にとっては一日, る日何かのはずみ, る日何年も会わなかった, る日作業の視察, る日信州の温泉地, る日健は朝, る日健二が残飯桶, る日偶然幼い折, る日偶然彼女がつい, る日偶然私の風変り, る日偶然経済学博士牧野輝智氏の時事解説, る日像の功績, る日僕たちが倶楽部, る日僕たち夫婦は若, る日兄の行房, る日光の美觀, る日光羊羹ありと, る日六はいつも, る日六郎尋ねきて, る日六階に上つて行つた, る日内で花見, る日冗談めかして, る日冬のこと, る日切つて落したやう, る日切りにエピクテータス, る日前に話した, る日勅使の泊っ, る日勘太郎は大勢, る日勘定の支払い, る日勝治は父, る日勤め先から帰っ, る日北津輕郡内の小, る日区職業紹介所から信吉, る日十三人は揃っ, る日十何年も他所, る日千兩箱を持ち出す, る日千穂子が眼, る日千鶴子が自分, る日升屋の主人由兵衛, る日午後五時に私たち, る日南条なにがしは不意, る日単身でそこ, る日印絆纏を裏返し, る日厩頭は王さま, る日参木と甲谷, る日又右衛門はさっそく, る日友人の孟建, る日友軍をかぞえ, る日叔母のお, る日叔父がやって来た, る日台所へ入, る日吉は久しぶり, る日吉村鐵太郎とその, る日同窓生今井美枝子姉の來訪, る日同郷の先輩藤野正啓氏, る日君は僕, る日呂布は少し, る日周平がやっ, る日唖娘がよねんなく, る日喜代子からの桃色, る日四大将を翠眉廟, る日国立出版所の店, る日土塀の老, る日地平はかれ, る日地震があっ, る日坪井は会社, る日城外の調練場, る日堀東のおでん屋, る日堀野が私, る日堺の町人皆吉, る日塵くさい木造建物, る日夏草のむせかえる, る日夕方君枝が縁側, る日外へ出られた, る日大村西崖氏が見え, る日大水が出, る日大發展をしました, る日大阪の桜橋交叉点, る日天の雲, る日夫人を招い, る日奇妙なおじいさん, る日女画学生のズラリ, る日妙な訪問者, る日妹娘がいつも, る日妻である婦人作家, る日姐さんから少し, る日嫁がうち, る日嬢様に向, る日子供は畑, る日安国寺さんが来, る日安子は令嬢, る日定家を訪れた, る日室生犀星氏を訪ね, る日家に戻っ, る日宿の外れ茶屋, る日宿屋から列車, る日寺へ行つて和尚さん, る日小僧の鶴吉, る日小姓を集め, る日小杉卓二は到頭, る日小林秀雄が大学, る日山の手の谷, る日岡谷半嶺, る日岩波の本, る日島村鼎甫の家, る日崔之庚, る日崖の縁端, る日川越しをする, る日巡査に腰縄, る日工事の場, る日工人は過つ, る日工場で武十旦那, る日工部学校の前, る日己はヲレダン, る日巳之助がランプ, る日市へ出むい, る日市木さんが写生, る日市街の辻, る日布冠をいただい, る日帆村の事務所, る日帰りしなにコッソリ公会堂, る日常の經驗, る日常子が云った, る日常性だという, る日常生活であった, る日常茶飯の出来事, る日幇間の幸三郎, る日幕下の李湛, る日年の頃十七八, る日幸子の留守, る日幹事から私, る日府中の城, る日府県の経済部長達, る日廉介は一枝, る日廊下にてはたと, る日当会から師匠, る日形容できないよう, る日彦七は若い, る日役員たちの集まった, る日役所から帰っ, る日徳右衛門の居間, る日徳川家康が信長, る日恒夫は大塚, る日恩給局からお, る日息がたえた, る日悦子が始め, る日意外な辺, る日懇意な雜誌關係, る日扇風機のこわれた, る日手塚に向, る日手荷物を提げ, る日才之助, る日担任の先生, る日指頭でぽ, る日捕虜の中, る日支配人祿兵衞の手, る日散歩の次手, る日文案を文, る日斯ういつた, る日新井の薬師, る日新井洞巌翁が私, る日新聞の写真, る日施米を貰い, る日旅籠で一日それ, る日日が暮れた, る日日劇のまわり, る日日暮れにふらふら, る日日比谷公園のド, る日旦那様が, る日早暁に帳, る日早朝戸の開く, る日明子は到頭, る日映画の, る日春日社二月堂三月堂大佛殿殿には博覽會, る日昼間女中が用達し, る日昼飯を済まし, る日昼飯後の休憩時間, る日時と場所, る日晋作の家, る日晴天になります, る日暮れ方路易は又, る日暮れ時にこんな, る日暮方革紐で堅く, る日暮里のあたり, る日曜学校で教師, る日曜日ふたりは東京郊外, る日曜日ミサ子は下宿, る日書庫の整理, る日曹操の陣所, る日木村さんをお誘い, る日未亡人の里方, る日末造は喧嘩, る日本主義者がそんな, る日本人居留者に国家的掩護, る日本国民の名誉, る日本家の御寮人様, る日本文化の眞, る日本文化中央連盟の結成, る日本文化教官研究講習会に於, る日本文学を論じる, る日本海は暗い, る日本海軍の大, る日本物ばかり映写, る日本特有な日本的, る日本画家の持物, る日本留学生の金使, る日本的美の性格, る日本社會黨大會, る日本移民の経済状態, る日本精神の顕現, る日本紳士が英人, る日本美の重要, る日本者が来た, る日本語教科書の問題, る日本通の西洋人, る日本郷三丁目から須田町, る日本郷春日町停留場の近所, る日本陸軍が分水嶺, る日机に凭, る日東京の友達, る日東雲師の家, る日林檎の畑, る日柴田文内と吉住求馬, る日校長先生が教室, る日根岸の紫御殿, る日桂庵の婆さん, る日案内せられて, る日桜見に行った帰り, る日梨の木のめぐり, る日森の中, る日橘を呼ん, る日機関区からの帰途, る日檜葉の茂み, る日歓楽をもとめ, る日此人が雲雀, る日武丸の眼, る日武井さんに助けられ, る日歸つて來た亭主, る日死刑は遂に, る日氏は人, る日氣まぐれに天主教, る日水を汲み, る日水木はそれら, る日水素の仕事, る日永かな, る日池渫いに, る日汽車が揺れた, る日泥醉して, る日注射針を咽喉, る日浜で仕事, る日浩は父親, る日海蔵さんは半田, る日深川へ樣子, る日清涼殿に落雷, る日湖水のほとり, る日源太は山城屋, る日滋幹の手, る日演習の時間, る日漱石氏から滝田氏, る日炉の上, る日熱海から東京行, る日爺やさん, る日物見櫓の下, る日犬が又, る日犯罪者に共通, る日狭山を皆, る日猛獣に襲撃, る日獄門の横木, る日玄徳は大, る日玄道を責め, る日王子は又, る日瓢然と, る日田の掛稲, る日男文字で書かれた, る日町の印章店, る日町中を探し歩い, る日異人が舟, る日畳まった町, る日疾風のよう, る日病師の枕元, る日登恵子はまた, る日白木豹二が一撃, る日盛や, る日盲学校で演奏会, る日相変らず紫インク, る日相州さまは御, る日眞晝を少し, る日眼光鋭く気品, る日矢代の小母さん, る日矢島さんは会社, る日矢張り私は前, る日矢張松原に出, る日知らん顔をし, る日石っころ, る日石原町へ行つたガラツ八, る日社から早目, る日神山守が神田, る日神戸へ買い物, る日神田の大, る日禪の若, る日秀吉が大, る日秀子は山田, る日私たちは路傍, る日秋草が実に, る日秤座の守隨, る日童子の親, る日竹内久一氏が私宅, る日笹尾が会社, る日筆者は南伊豆, る日籠の扉, る日米国大使館から芝明舟町, る日米戦争に関する著述, る日納豆を食, る日素子ひとり戻って, る日総理大臣官邸へ書留, る日緑川博士は或, る日縁側から母, る日繃帯の巻換, る日美少年米吉は吾妻屋永左衛門, る日美雲の父, る日聚楽の御, る日聯隊附中佐が僕, る日職を奪われました, る日肉屋はのこった, る日良人なる人, る日芝田村町のビル, る日花火がその, る日茂作は村, る日荀攸は謹慎中, る日草光保治が訪れ, る日華厳宗の本山, る日葛西汽船の二十八号, る日藍子が尾世川, る日藥を砂, る日虎ノ門の霞山会館, る日蛭氏は社長室, る日蜂が何, る日街から帰る, る日表町の外食券食堂, る日袁紹は何進, る日袴野は一人, る日裏の主婦, る日裏庭でマゴマゴ, る日裏道づたいに偶然そこへ出, る日西山に薄, る日親類が寄合, る日親類知音の人々, る日解剖に付しました, る日記を声, る日誰かが偶然, る日警察の人, る日警察課長の武藤某氏, る日警視庁の捜査課長, る日變死した乞食, る日谷川でやまべ, る日谷風日本橋辺を通行, る日貞徳が公, る日赤ん坊を見た, る日足も段々, る日足駄をはい, る日軽部は急, る日近藤勇が会, る日近隣の丘陵, る日退屈なるま, る日通りまで使い, る日道を歩い, る日遽かに人々, る日那須温泉で保養, る日里近くで旅, る日野良がうつ, る日金の部屋, る日金五郎は大庭春吉, る日金剛石を嵌めた, る日鉄の姿, る日銀三といつも, る日銀林は銀座, る日銭形平次は笹野新三郎, る日錢形の親分さん, る日錢形平次がガラツ八, る日鎌倉の海岸, る日長井金風さんに会っ, る日長羅は国境, る日門松へ隱, る日陰鬱な雨, る日陸から見る, る日陽子は弟, る日隙を見, る日障子を開け放し, る日隣家が引越す, る日雄鶏がいつた, る日集会で知り合い, る日雇人とが二人, る日雨を冒し, る日雨天体操場のところ, る日露の戦局, る日青年からどうも, る日非常な暴風雨, る日非番でぎん, る日音楽学校で私, る日順造が会社, る日風のたより, る日飛来した米機, る日食事をし, る日食堂の入口, る日首を縊つて, る日香具師達は荷物, る日馬超はほか, る日駒を並べ, る日驪山荘の秦さん, る日高品家の炉端, る日高等室へ出る, る日髭そうろうの大尽, る日髮の道具, る日魏の陣営, る日魚市場から生きた, る日鰹の刺身, る日黄乳樹の林, る日黄村先生はれい, るいまだ日, る旦時意祁の命, る旧友と会し, る旧家で父親, る旧師波婆利慈氏のため, る旧弊至極なる徳川文明, る旧式な教育者, る早う帰んでお, る早く快くなつて, る早朝ひろ子がたった, る早朝わが家へ帰っ, る早朝私は窓, る早期職業教育の量的比重, るの光, る旭日の光, る旭烈兀といふもの, るとの交通, る明い微笑が, る明るさが, る明るき断崖のうへに, る明夜に靉靆, る明後日は四十人, る明朝は如何様, る明治の文豪, る明治五年以後の十カ年, る明瞭な線, る明瞭精緻冷厳透徹あたかも機械, る明確な意識, る明鏡のうち, る昏迷をもっ, るさより, る易者に観, る昔日の纏足, る星座のやう, る映写は非常, る映画会社の有名, る映画女優は色, る映画家が来, る映画館の一隅, る春先の陽, る春愁でしょうそんな, る春日長閑の無為, る春景色の中, る春木座の記事, る春野ぞ手, る春雨にかさ, る春風桃李の巵, る昨夜まで玄海沖, る昨日の分, る昨晩の様子, る昭襄王が齊, る是内々の勅諚, る是非一度は同朋園, る昼間からの鬱憤, る昼間ひょっと外へ出, る時あなた長い刀, る時おかみさんが二階, る時お上からお達し, る時ごとに怒った, る時しるし半纒, る時その間にあり, る時ぢや, る時としてはぢ, る時どこから聞いた, る時はる子はその, る時ひそかに父, る時ひとりの侍女, る時ふつと思ひつい, る時まこと爽かにいつか, る時やうやく亜麻, る時わたくしは曾, る時アカイアの, る時イギリスの詩人サア・エドウィン・アーノルド, る時コンナ予言をした, る時コーチクの外套, る時セッター種の深い長い, る時チェエホフが雜誌, る時チョコレートの菓子, る時ヂュウスのめづるオヂュシュウス, る時テーマ楽曲が存在, る時ドイツのバルテルス, る時ドウいう咄, る時ドストイェフスキイはさ, る時ニ福田扇馬殿印藤猪荻野隣羽仁常諸兄御出崎, る時ヒマラヤ山の麓, る時ピムキンは赤, る時フアウヌスは始め, る時ポルトガル人がこの, る時ヲロヂカがわたくし, る時一匹の野良猫, る時一市人が女, る時一所に出, る時一無名作家の手, る時一緒に散策, る時三輪河にお, る時下駄をこしらえた, る時両刀を帯びた, る時中庄の只圓翁, る時中村に相談, る時中西の細君, る時主上が御, る時主人が手燭, る時久子が聞く, る時久次郎は切に, る時久江はほんとに, る時事解説なるもの, る時二三十囘に連載, る時二葉亭を知る, る時二蛟その船, る時亡夫と諍い, る時京都へ行, る時仏は車, る時仏御前が云う, る時仕事場に居る, る時他をまた, る時代あれだけの演劇的活動, る時代ドストイェフスキイは貧困, る時代何百年と云, る時代是が大同時代, る時代的音韻プリズムとも考えられる, る時代社会によっていろいろ, る時伊曾は明子, る時何時か其弟子, る時何等か燃えあがる, る時作者よりはズッ, る時例の姐子, る時俗謡か何, る時信長は侍臣たち, る時借金のため, る時側臣たちをあい, る時傍見を, る時傷けられたるが, る時僧を伴, る時兄の蟇口, る時入口に靴, る時八幡太郎ここを通り, る時八道人ありて, る時出入りの経師屋, る時分お里は再, る時刻遲る, る時前の四人連れ, る時劉表にまみえ, る時勃凸が店先, る時勢にさきがけ, る時北川さんはおれ, る時十四日勘定の給料, る時千代は嘉代さん, る時午前中薄曇りなのに, る時南京路の人込み, る時又散歩の序, る時又用を足し, る時友達は己, る時同僚の一人, る時同志の中, る時向うの町, る時吸血の快楽, る時周平は二三, る時呼吸のある, る時商品を持つ, る時土州の足軽位, る時土産に二冊本, る時塚本老人は言いました, る時塾生のひとり, る時壇から流れる, る時壬生の新撰組, る時変にはにかむ, る時夏蜜柑の木, る時夕暮の微光, る時夜中に二階, る時大目玉を引ン, る時天の向う, る時天命を覚悟, る時天守へお, る時天皇高山にお, る時太尉楊彪からそれとなく, る時太田の百姓二三人, る時太陽系内の惑星, る時夫人は此, る時失踪して, る時女どもなれば, る時女学校時代のお, る時女教師はどんなに, る時女監守が女囚, る時好き傳を得, る時妙なこと, る時妻に云, る時姫の宣給, る時子供を守りし, る時宗の布教, る時宴の準備, る時家老奥平壱岐の処, る時家臣のひとり, る時小学校時代に親しかっ, る時小林が知恵, る時小笠原信濃守の邸, る時尼は公式, る時屍體をこれ, る時屏風の張り, る時崋山が四谷辺, る時巡査ア彼家へ行, る時左の手, る時巫女が私, る時己は忽然本国, る時帝に近づい, る時常子は気転, る時常陸がこんな, る時平三は酒, る時幸徳と堺, る時幾百万かののろい, る時底をはたい, る時庖丁へ截口, る時店先の上り, る時座敷に招, る時庭の片隅, る時廃兵の乞食, る時弁慶誰も命, る時弟子から貰った, る時弥市といふ老, る時彦一は酒, る時彼等の念, る時彼鐵板は腋, る時従兄がやって来, る時得三は白刃, る時忠利公の前, る時忠平氏に, る時念の為め, る時念入りに化粧, る時恁る山家, る時恋人の大学生, る時恒雄が興奮, る時悪魔彼に云, る時愚かにもか, る時我はをぢ, る時手を着い, る時手綱が切れました, る時支配人の半, る時故人松波資之さんにこの, る時敵前上陸をする, る時斎藤氏にとても, る時新参の勤番者, る時新城和一君が風, る時新太郎と忠次郎, る時新米の古賀得四郎氏, る時旗本のお, る時日と順序, る時春の日, る時昼食後の休憩, る時時恆に, る時時平が帝の定め給うた制, る時晴代が晩飯, る時暮に親類, る時月末の金, る時朝廷からの御沙汰, る時期ブルジョア・インテリゲンツィアの婦人作家, る時期女二人一つ財布で暮した, る時期心の中, る時期機械的な政治, る時木原に向っ, る時木山が夜, る時本船より射出, る時朱雋と共にそっと, る時杉山法螺丸が何, る時村の者, る時村上霽月氏の報知, る時東妙和尚に尋ね, る時枕元に備, る時林町へ遊び, る時桂木の身, る時森で悪魔的, る時植物園の前, る時植物學の雜誌, る時楯岡の砦町, る時横田さんから何, る時正文は思ひ切つ, る時武井さんがそんな, る時武蔵を午餐, る時歯か鱗, る時母堂の心配そう, る時毎度話に出ました, る時毒を食べる, る時民さんが放牧, る時気にくわぬ, る時氣になつ, る時氣樂の良人, る時江原がそこ, る時江戸市中の下肥, る時沖に釣, る時洗濯物を抱えた, る時海岸の大きな, る時清さんと近さん, る時湯上りに爪, る時溪流中に身, る時潮のやう, る時瀧口をよん, る時灰吹を買い, る時無遠慮に聞い, る時物あり葦牙, る時犬山城が左岸, る時猟兵やうやうわが, る時瓦屋の職人衆, る時生活は表現, る時男と女, る時當爲と命令, る時癇癪を起し, る時白昼銀座裏の四辻, る時白脛に緋, る時白髪小僧は王様, る時直接イプセンの影響, る時県知事が巡回, る時眷屬たち三萬三千のお, る時矢ヶ島天文台はこんな, る時知人が来, る時研究室で飛ん, る時社の裏, る時祈願の道士, る時祖父は母, る時神の子一人, る時神尾が二三, る時神父に向, る時福岡城の天守櫓, る時秀吉が五右衛門, る時秀子の事, る時私どもはこの, る時空の座標, る時窮したあまり, る時約束して, る時純真な男, る時紹巴が, る時編輯長はいつも, る時縁日の晩, る時羽織を新調, る時老公は掌, る時老母と言っ, る時老臣たちへこう, る時聖霊が胸, る時背の高い, る時腰をかける, る時自然は欠伸, る時舞踏の話, る時船を焼く, る時芝の青松寺, る時花時分に私, る時芸州仁方から来, る時若年の氏政, る時英吉利人の一家族, る時茶の会, る時荷物があっ, る時葉の裁方, る時葛岡という馬, る時薫親子に打ち明け, る時藤吉郎が見えた, る時虎狩りに山奥, る時蝦夷とはどの, る時蟹を一匹, る時街の角, る時襟を買, る時親戚の女, る時親類知音の者, る時言ひました, る時話をし, る時誰やらが後, る時警察署の特別高等係, る時議論が二つ, る時象棋をさし, る時貞之助は悦子, る時買つた方で有, る時足首を石, る時身投の娘, る時近所の小僧, る時近村の, る時進退常に頗る奇, る時郭淮が来, る時配給の酒, る時酒宴の備整, る時酔つたまぎれの, る時金さんにいった, る時鍋の中, る時鎌倉のある, る時門弟を代表, る時間内は全く, る時間意識等が検討, る時間水に浸し, る時間現象学的時間それが純粋, る時間的なイメージ, る時間見物席に縛りつけ, る時間軸であったの, る時陳慧君と二人, る時雀がばら, る時集合命令をかけた, る時雑誌を買っ, る時雷が落ちた, る時霊公が朝, る時靜かに思慮, る時音楽学校から岐阜, る時頼業の事, る時風呂敷に包ん, る時飛脚を斬っ, る時飛行機から撒かれた, る時首藤が云, る時駅館の門, る時魯粛にたずねた, る時鳥の喜び, る時鴎外を尋ねる, る時鶴原卿の邸内, る時黄白のため, る時黄祖に向い, る時默つて握つたま, る時龍子にあらぬ, るつかたみんな, る晦日の夜明け前, る晩あまり退屈なので, る晩おっかさんがペーチャ, る晩おばあさんの傍, る晩げのこと, る晩そこのランプ, る晩それらの楽師たち, る晩ひろ子は心, る晩わたしの部屋, る晩ウケを三つ, る晩ウラジ・カウカアズという町, る晩クサンチスはひどく, る晩ショボショボ雨の降る, る晩フアウヌスがクサンチス, る晩ロザリーは予想, る晩一人の農夫, る晩一同がその, る晩一瓶をさげ, る晩三味線堀の古着屋, る晩上野廣小路の夜店, る晩中村が病院, る晩九つの私, る晩二人が話, る晩二人伴れで散歩, る晩二時頃でした, る晩二番目の息子, る晩伯の家, る晩何かの形式, る晩例の目刺, る晩倶楽部で酔っぱらい, る晩偶然にも銀座裏, る晩元は珍, る晩八時すぎてから, る晩利国は泥酔, る晩則重が夫人, る晩勃凸が大森, る晩十一時過ぎに安成, る晩十一時頃酒に酔っ, る晩十一谷義三郎君と碁, る晩十時ごろになつて, る晩十時半頃明るい街路, る晩単物帯も畳ん, る晩又吉は日頃心, る晩台所に大きな, る晩吉之助の方, る晩吉田さんが遊び, る晩周平が三階, る晩四人の友達, る晩圭子は蓮見, る晩地震のこと, る晩坂上の近藤さん, る晩外には雨, る晩夜更けに短刀, る晩夜警の提灯, る晩大分夜が更けたらしく思った, る晩大風があっ, る晩太守が革船山, る晩太郎が奥, る晩妹娘のセッちゃん, る晩家中店先の涼み台, る晩小野君に出逢う, る晩岸本が少々, る晩巡査が一人机, る晩幾代は突然, る晩彼等は路易, る晩心中する気, る晩急に懷, る晩慨然として私, る晩持ち前の魅する, る晩散歩に誘い出され, る晩新聞社から帰っ, る晩早めに帰っ, る晩春の午後, る晩晩飯を済まし, る晩晴代は腹, る晩朝子は灯, る晩木下は可, る晩末造が無縁坂, る晩本郷切通しの右側, る晩机に向っ, る晩正夫は慌しく, る晩河内介は夫人, る晩浩は外出, る晩深夜に偶, る晩温室用の石炭, る晩父は私, る晩牢抜けを, る晩玉屋へ返した, る晩王様がよく, る晩甥からの初めて, る晩用意して, る晩男弟子たちが他出, る晩皆の者, る晩矢張りタンゴを踊っ, る晩私達がなかなか, る晩窓を開き, る晩竹内はさんざん, る晩老人は北の方, る晩自ら直接に嘉代さん, る晩自分の前, る晩荒物屋のお上さん, る晩葛飾は初めて, る晩蝶子が出, る晩裕佐は君香, る晩誰だかの, る晩路易はその, る晩酒に酔っ, る晩醉つた振りをし, る晩隠岐と二人, る晩風がつよく, る晩飯を済まし, る晩首を吊っ, る晩駐屯軍の軍医, る晩高瀬へ行った, る晩髪を上げ, る普請で, る普通一般に行なわれ, る普通出版物中のパンフレット, る普通教育は科学, る普通聯隊の二等大尉, る普遍人十八世紀フランスに於ける, る景丁度人去つて霧, る景観に比較, る晴やかな夏, る晴ればれした早朝, る晴れやかな日, る晴代を止める, る晴著の下着, る智恵と工夫, る智惠子は急, る智炬を燃す, る智神も酒, る智識階級の江戸ッ子, るちかく西華門院, るい晩, る暗い白いもの, る暗がりには盗人, る暗合だね, る暗黙の不安, る暦法の大論爭, る暮雲のかなた, る暴力団的強制力が文化問題, る暴力性は進歩的, る暴力的なもの, る暴力行為の取締り, る暴徒らにとり巻かれた, る暴論に対して非難, る暴風雨の日, る暴風雨襲来の状, る曇つた今にも驟雨, る曇り空の蒸し暑い, る曇日の午後, るの, る曙子供に乳房, る曠野を望み見る, る曰く争わず, るを弾け, る曲がり角に来, る曲學阿世, る曲物を置き, る曲筆を弄, る曲線として捉えられる, る曲芸は黒白夢幻, る曲解はなに, る曲馬の囃子, る書上に空しく, る書方のありし, る書棚の澤山, る書生の説, る書生さんが自転車, る書画商の店, る書翰を捧げ, る曾我物は後, る最低の善行, る最大問題である集合論, る最大奇蹟だ, る最大幸福である, る最大悪日だつた, る最大最高の残虐, る最終の悲劇, る最良の社会学者, る最近十二年間の事実, る最近詩壇は後, る最高峰であろう, る最高度の宣伝上手, ると早大, る會合の席, る會釋をもて, る月丸じゃ, る月光が女, る月影に道芝, る月明りの中, る月桂冠とは云, る月桂樹の下, る月球とりかこみ, る月給なので, る月読の光, る有価証券に極めて, る有形的な事業, る有明の月, る有機物から成る, る有機的な内部律, る有用培養食用産品が手奇麗, る有限の距離, る朋輩が先年大連, るまで誂えさせ, る服装でもある, る朔風暖かにし, る朗らかな聲, る望軍氣の術, る望遠鏡製作会社の検査係り, る朝おかみさんに質屋, る朝お松は洗礼, る朝お茶の時, る朝さつそく庭, る朝そこからすぐ, る朝それを羅生門横町, る朝ひきあけにお, る朝ふじ子は呆, る朝まだきから続々, る朝まだき処は矢張此, る朝まだき處は矢張此, る朝みのえは, る朝サアベルをガチャガチャ, る朝ジューノーの侍女, る朝ヂユーノーの侍女, る朝ドルフが町, る朝マネキン達は折角, る朝メラと失せた, る朝一寸法師の玉六, る朝一番先にお勝手, る朝一色道庵の死體, る朝三つ股の源吉, る朝三郎はひとり, る朝三銭の納豆代, る朝下女のお, る朝中山氏が語つて, る朝中橋氏は総裁, る朝丸屋六兵衛の死体, る朝丸屋六兵衞の死體, る朝二番船も出まし, る朝二階を掃除, る朝五十ばかりのダーシャ, る朝井伏さんの奥様, る朝人々が朝, る朝今まで真黒, る朝今一度覗いて, る朝何の故, る朝何喰はぬ, る朝例の子供, る朝係り役人が入っ, る朝僕はその, る朝光之を奉行, る朝光子さんから恨み, る朝六月のこと, る朝刊の辻, る朝勘定奉行与力相沢宗三郎は権次, る朝十吉が電車, る朝十郎様に泣き泣き, る朝半ば眼を覺まし, る朝原つぱ, る朝参禅に行く, る朝台所の窓, る朝台湾館へ帰っ, る朝和尚様が復習, る朝坊ちやんと三人, る朝夙く宿を発つ, る朝夜廻りの作さん, る朝大吉郎との約束, る朝大隈伯を訪ね, る朝天子さまが御覧, る朝太陽より少し, る朝夫が, る朝女王はマリイ夫人, る朝妻はほ, る朝子爵は相手, る朝学校の前, る朝宗太郎が双生, る朝定めの家, る朝宣ぶべしトロイア陣中, る朝宰相が皇后, る朝寢床を出, る朝巣鴨の往來, る朝幸子は貞之助, る朝庄太から受け取った, る朝店の倉庫代用, る朝庭の池, る朝庭先へ出, る朝廊下の戸, る朝彦太郎が角, る朝従姉に起こされ, る朝急に戸田さん, る朝戸が締まっ, る朝拾ひました不二屋, る朝敵の決死隊, る朝新吉は母親, る朝日朝点呼の時, る朝日本橋の昭和通り, る朝日本総領事館の門前, る朝朝ごはんを食べ, る朝杉夫と敏ちゃん, る朝村瀬が突然, る朝林が空家, る朝植木の影, る朝植村土佐守家來柴田文内と吉住求馬, る朝此窓はどう, る朝歸る時, る朝死体は病院, る朝殿様から態, る朝母上は我, る朝氏が帯, る朝池の鯰, る朝泰造がワグラム広場, る朝流産を見た, る朝澄子が喫驚, る朝珍らしく出て, る朝現場へつれ, る朝田邊校長が腹, る朝画家さんは尋ねました, る朝疲れが少し, る朝登城するとて, る朝登校の際, る朝看護婦がやっと, る朝神田から銭形, る朝秀子は私, る朝私たちは自分たち, る朝綴方が直され, る朝総督へ電話, る朝縁側から庭石, る朝聖堂裏で殺され, る朝自分の部屋, る朝船上で髭, る朝茶店の外, る朝草川巡査に報告, る朝荷物を運び出し, る朝薄化粧をし, る朝薄明のうち, る朝行つて見ると, る朝見張りに事務員, る朝誰かがカフェー, る朝貢の記事, る朝起きぬけに義士, る朝身なりのいやしく, る朝近所の川本, る朝通三丁目の井筒屋豊三郎, る朝運動場の端, る朝金の茶釜, る朝金五郎は吉田磯吉, る朝金魚はもう, る朝閑枝は電車, る朝雨を捉, る朝靄にわかれし, る朝青扇夫婦はたくさん, る朝青野が飯, る朝顏も弱竹, る朝風を浴び, る朝食の煙, る朝食事に粥, る朝食後間もなく, る朝馬車に乗, る朝駅路の物音, る朝高田馬場の近く, る朝鴈治郎は弟子, る朝鼻をつく, る朝龍閑橋の側, る期間固定して, る期間心をひかれ, る期間泉の水, る期間派遣せられて, る期間清冽な水, る期間生活を共に, る期間穴蔵の中, る期間翻弄されるの, る期間蔵置する場所, る期間行いすまして, る期間進展して, る期限がつい, るの雪明, る朧月夜かな, る朧気な意識, る木かげから木かげ, る木の実のす, る木下七郎兵衛家利が娘, る木影には糊口, る木曾の健児, る木材を山, る木村升田三番勝負である, る木津や難波ア, る木津川の, る木版師のよう, る木立はす, る木立稀なれば, る木群がなか, る木賃宿の代表的, る未來既に消滅, る未曾有の不祥事, る未来派のよう, る未知数な日, る未知物の前件, る未練さもない, る末の世と思へ, る末期の蒔絵, る末流的な祖述者達, る末路を迎える, る本人も望ん, る本尊は時, る本当の個人, る本性なれば, る本文通りわたくしたちが一代, る本来の大量観察, る本来的な技術, る本格的な演劇, る本然永劫の渇われら, る本能性の溢れきった, る本能的有能性のこと, る本質上の点, る本質概念は一応, るをはるなり, る朱子学の書生, る朱子学古学陽明学などは最も, る朽葉につもる, る李仲義の妻劉氏, る李善注に, る杏坪先生の平生, る材木商の如き, る材木屋の主人, る村はずれの森, る村人の中, る村塾で農村文化, る村婦の且泣き且, る村民の妻徐氏, る村落自治こそ思い出し, る村落間に水論, る村長や有力者, る村雲の空, る条々よウ, る杢若の目, るに纜, る東亜連盟中国同志会の結成, る東京下層社会の生活, る東京新聞に出, る東京横浜の惨状, る東京郊外から牛込, る東叡山とは形式, る東宝名人会と来月, る東方文化事業委員會が成る, る東洋学関係の図書館, る東洋封建的な文化, る東洋流の思想, る東洋的な文化, る東洋的文明の要素, る東洋紅玉のよう, る東西両軍, る東西兩洋の一番普通, る東雲の, る松むらと, る松三お倉, る松太郎を見る, る松山をつき, る松崎と云, る松平定信の内閣, る松杉櫟桜そのほか様々, る松林に日, る松枝町の友達, る松葉を火箸, る松釵の聲, る松風の音, るは我頭, る林中に幽か, る林内閣の失脚, る林學博士が云, る林檎や櫻桃, る林檎のにほひ, る林次の素姓, る林蔵の子分, る果といへり, る柄ぢやない, るの根, る柏木という男, る染著顧戀は, るい善良さ, る柔らかい触覚で, る柳橋は, る柳生対馬守の弟, る栄光此上なしである, る栄華憂き苦労, る栄養作用や新陳代謝, る栖鳳や大観, る校長は皆, る株式会社であるの, るの如き, る核心に触れ, るを廣, る根元的なもの, る根原を設定, る根拠を有, る根本作用の一つ, る根本問題の一つ, る根本思想が尋常一様, る根本的宿命から来る, る根本的革命の誕生報告, る根本目標の下, る根本観念である処, る根本関係を云い表わす, る根柢的な謙虚さ, る根氣である, る根津音頭とやらがその, る根源なり矣, る根源的な過去性, る格式の高い, る格段なる作物, る桂子のデビユー, る桂庵に頼み, るを設定, るをたて, る案内図によつて, る桔梗のみである, るの木, る梅子はヒシ, る梅雨は霖雨, る梅雨晴の平原, る條件で規定, るであった, る梧葉の秋, るの音, る梯子も見当らなかった, る棉布の購買力, る棍棒で力任せ, るの端, る棘ぬき地蔵の御利益, る棟梁に宛てた, る森林の美観, る森源の血走った, る森近等の捕縛, るや水楢, る椋原孔明氏の毅然たる, る植民地は反旗, る植物分布の状態, る植物動物の自然, る植物性食餌の吾人, る植込のかげ, るの根, るの欄干, る椿かな, る椿山荘は実に, る椿山莊は實, る椿岳の諸, る椿火のごと, るの落葉, る楊弓店の女, るの木の下, る業物なりしならん, る極彩色写絵はほか, る極楽世界なりとする, る極点まで来る, る極端の場合, る極限があった, る楼閣の黒く, るい仲間, る楽しく歌を, る楽しみを与え, る楽器の前, る楽屋には高価, る楽翁公山形の鷹山公等, るをもつ, る概括が諸家, る概観はつかむ, る概論の実証, る榊葉に木綿, る榛名妙義赤城なぞの山々, る榮冠をうる, るはいつ, る榾一つ挽くの, る構成的概念が上概念, る構成要素としての地位, るを戰車, る様態であり私, る樂土であ, るの倒れ, る標線からちょい, る模写乃至反映, る模樣が無い, る模糊とした, る樣ぢや餘, る樣子オヤ變だと, る樣態であり私, る実両教, る権力感は常に, る権力感情の高唱, る権力機関の指導者, る権勢の維持, る権右衛門の態度, る権成者たる剛柔流, る権理のある, る権謀性として反映, る権門の令夫人, る横丁の湯屋, る横光利一を聯想, る横物の一幅, る横目に見, る横着物の所爲, る横雲の空, るの枝, る樹明君よお, る樹根を蹈, る樺太犬が一匹二匹三匹, る橄欖の茂林, る橄欖樹オレンヂ栽培等数へ挙げれ, る橋場の里, るに臨ん, る機会さへ与へられたら, る機密の文書, る機微な特徴, る機械に出逢わなかった, る機械工場に勤め, る機械工學及び物理學, る機縁を与え, る機能に於, る機能役割をはたし得ない, る機能障礙であ, る機関車の停車時間, る機關雜誌を出し, るの葉, るの花片, る櫻島大噴火, る櫻木大佐等と吾等兩人, る櫻木海軍大佐の誠忠, るの如く, る欄干に凭れた, る權能を有する, る次いでに偶然山, る次元の特色, る次第理由と申す, る欧洲の商業ブルジョアジー, る欧米人のいく, る欧米列強の国権拡張時代, る欲情や生活感, る欺瞞性として反映, る歌ぶり十首許り撰, る歌よみに蕪村派, る歌反古の, る歌口なの, る歌手のそれ, る歌會の前後, る歌集の, る歐洲人の傳道, る歐米の探偵物, る歓びの再, る歓会風景である, る歓喜に酔っ, る歟否耶は姑らく, る歡樂哀傷の, る止揚は多, る正しいものを, る正しく男子現業員の, る正史野乘を遍, る正月初めの一日, る正木博士の居, る正確さをも含ん, る正統の受継者, る正義の行使, る正行の活動, る正面からの反動主義者, る此世に於, る此事八月上旬より沙汰, る此二大家の学説, る此人腕力おぼつかなき細作り, る此信仰に関して光, る此処の飯田, る此又は彼, る此太洋は大西洋, る此娑婆では泣く, る此学の真, る此山村は代々堅氣一方, る此年天保七年の出来事二三, る此役名にはもどき, る此熔岩を流下, る此種の説話, る此處だけを少し, る此許は養家, る此身と蒲団, る此間胤長の身, る此麗人は彼生み, る武助さんの顔, る武威を大, る武宗の時代, る武宗皇后の會昌三年, る武家政治の基礎, る武家文化や公卿文化, る武家風らしくない女, る武断派なるもの, る武斷派なるもの, る武田の勇将, る武蔵と佐々木小次郎, る歩き乍らの方, る歩合は矢張り不正確, るはまばゆき, る歯抜きの辰, る歯科のほか, る歯車の廻転, る歴史上の事件, る歴史否定の契機, る歴史哲学者なの, る歴史的一存在物である限り, る歴史的一運動の名, る歴史的事件に興味, る歴史的人物の個性, る歴史的個別的対象が関係, る歴史的展開は同時に, る歴史的形態のよう, る歴史的所産であると共に, る歴史的発展の内, る歴史的精神之が科学的精神, る歴史的蓄積である処, る歴史的遊離性と必然性, る歴史的運動は従って, る歴史的過程の指導原理, る歴史観の提供, る死体の両, る死傷者の始末, る死地に落ち, る死物狂いの研究, る死的殿には弓矢, る殆ど死んでしまつて, る殆唯一の旗幟鮮明, る殉情的な調, る殉教の士, る殊に過去の, る殊勲者たる平清盛, る残光は暗い, る残存物であったのに, る残念さを感じた, る残雪は恐らく, る殖民の故に, るる賊船早, る殘らないといふ, る殴打は何, る段丘とまったく, る段相を意味, る殷盛を極めて, る殺人の罪, る殺人事件の探訪, る殺人公認の世界, る殺人狂の極悪犯人, る殺伐な消息, る殺戮の描写, るの種子, る殿様の別家, る殿様道具の几, る母体なり, る母子の最初, る母屋を眺めます, る母性と社交, る母親に連れられた, る母音のもの, る毎度の粛清工作, る毎日のきまつた仕事, る毎月八日の武運長久, る毒気のやう, る毒舌あびせたる, る毒虫の幼虫, る毒酒なりしか, る比丘は, る比跡より召捕, る比較神話学の対象, るのおどろ, る毛利家の世臣, る毬棒刺叉を戞矢, る民主主義は決して, る民主主義團體の書記局員, る民屋に入り, る民弥の心, る民政党代議士斎藤隆夫氏による対軍部質問批判演説, る民政党懇談会席上ではロンドン条約, る民族主義の主張, る民族協和運動は今日, る民族的な特徴, る民族的史学はギリシア, る民族的差別観を以て世間, る民権自由論を唱, る民權自由論を唱, る民衆フロントというリベット, る民衆習俗の設定, る民衆芸術論の最初, る民間療法の熱烈, る気しきもなく, る気ぜわしない不安, る気まぐれからこの, る気具合も郷里, る気分現代のインテリゲンツィア, る気前のいい, る気勢がする, る気味があっ, る気安さに, る気支がない, る気焔は非常, る気紛れな考, る気脈を結ん, る気象学者が右, る気象条件の場合, る気象状態の場合, る気質の女, る気運を喚起, る気配で囁いた, る気高さ深, る気高い力に, る氣ぢやない, る氣一たび生ずれば, る氣合して, る氣呼氣は, る氣持を私, る氣持ちなの, る氣質ではなかつた, る水くんできて, る水のと, る水分の変態, る水分峠である山, る水川の如く, る水平以上に達したる, る水戸家の當主, る水明りに湖, る水晶あらば, る水晶宮に死ぬ, る水槽の中, る水泳場ではこの, る水泳練習所もなくなり, る水涕を洲, る水温は低い, る水準以上の文化, る水滴だ, る水無川恋ぞつもり, る水玉に朝日, る水田が廣, る水石相鬪ふさまは, る水碓飛ぶが, る水腫の病, る水落ちもあ, る水蒸氣が小田原口, る水路の靄, る水道を引いた, る水郷地方である, る水量の水, る水陣さして立ち, る水音みつけた, る水鳥が幾羽, る氷河捜索にあった, る氷河時代の遺跡, る氷雨雲空にみだれ, る永き地響, る永久の繰返し, る永井荷風の人生, る求愛者たちのうち, る汎神論とは異, るは, る汐風の些, る汚なさを, る汚水の中, る汝寶石よ, る江戸以来の玉川上水, る江戸小唄の名人十寸見露光, る江戸文明の漸く, る江戸的通念に対して本質的, る江戸趣味及び江戸ッ児気質, る決定論と不, る決戦は容易, る決斷をなすなら, る汽罐車製造工場が労働者, る汽船会社が三菱会社, る汽船便で神戸, る汽車のと同じ, る汽車中幾十日にわたる船中, る汽車賃は出ない, る沈着さが女, る沈黙だ, る沖繩の海岸, る沙丘の附近, るや小, る河上には浮かぶ, る河口にかかる, る河岸の秋, る河川の凍結, る河流の神, る河海の行潦, る河豚を抑, る河靈の裔, る河鹿かな, るを物言わず吸い上げ, る油倉庫にご, る油房とを観, る油繪のやう, る治安維持の確立期, る治安維持法と右翼, る治病効果を持っ, る沼姿を消し, る泊瀬河よるべき磯, る法則類別を見出す, る法医学の発達, る法学博士の令嬢, る法学生があっ, る法廷なければ, る法律をつくれ, る法律上結婚の媒酌人, る法律学者が, る法律悪用の悪漢, る法衣おもうなる, る法隆寺伽藍修繕の真相, る泡雪梨の大, る波ゆりのぼる, る波上にでも差, る波切不動の勸請, る波動説と粒子説, る波平らかに貴, る波濤が岩石, る波音はなおさら, る波頭に漂, る泣銀杏老いて, るを受けた, る泥土と融け沈みぬ, る泥棒はみな顏, る泥流の被害, る注入的の教育, る注意深く組織立てられた, る注目を引かれる, る泰山の丘垤, るのうなり, る洋品店で毛糸, る洋菓子店で二三度口, る洒落男が齢四十歳, る洗場の屋根, る洞察對試行の研究, る洞窟を研究, る洞門にか, る津村氏の質問, る洪水の如き, る活劇の間, る活力説の概念材料, る活動会社が金儲け, る活動写真館に這入り, る活動分野の狭隘, る活動力の清新さ, る活動性や現実性, る活字の元祖, る活火山の兩大關, る活躍の歴史, る活躍ぶりを発見, る流れ星かな, る流刑囚の移民, る流星花火の翼, る流派の哲学, る流浪私の魂, る流血鬼のよう, る流行と言, る流行性と不易性, る浄土寺の小僧, る浄土聖萱堂の非, る浅はかな智識, る浅草の花屋敷, る浅草辺の女優, る浅薄な解釈者, る浅間山が爆発, るに寄つ, る浦上道は霜どけ, る浦輪には寄せる, る浪人者だといふ, る浪士の暴動, る浪子姥の幾ら, る浪曼派劇の革命的事件, る浪漫主義者と現実主義者, る浪漫派の反動思潮, る浪花節語りは非常, る浮世絵師の家, る浮彫である, る浮説の多き, る浮雲さへ大方, る浴槽の中, る海上なるや, る海南島にも後, る海南絶勝の地, る海峡らしい空中写真, る海峽を越え, る海底の地形變動, る海月か, る海水中には夜光蟲, る海水浴旅館に泊まった, る海浜で漁夫, る海蛇丸と我が, る海豚に追, る海賊討伐に功, る海軍士官が私, る海軍大将の家, る海軍將官の娘, る海軍根拠地を同時に, る海辺では恐ろしく, る海邊の唯, る海陸の交通, る海陸百七十九里半四国の讃州高松, る海面を飛びかよう, る涅槃への道, る消極的規定しか持たない, る消長があります, る消防施設は水道, る涙ぐましい思慕の, る涙のと, る涼しい気品が, る涼味満々たる清流, るに月, る淋しい観念に, る淋しき時世に, る淑女天に在り, る淑女等わが詩, る淡水貝は真珠, る淡路團體の農村, る淨めの苛責, る淨土宗の東國, る淨火中の魂, るれ女, る淫乱である, る淫亂のこと, る淫祠建立のため蹂躪, る淫祠邪教の流行等, る淫蕩な色, る淫賣婦におくる, る深き処に, る深みへ引きずり込まれる, る深刻痛烈な慾望, る深夜の灯かげ, る深夜異様な物音, る深夜私は酒, る深山竜胆の濃, る深緑や熾烈, るに魚, る淵源するところ, る混乱に陥った, る混入物の醜, る混沌の中, る混雑と活動, る淹留に費した, るはかな智識, る淺野屋惣吉は入婿, る清しき音をたて, る清らかな娘, る清冽な水, る清浄な満足, る清淨な滿足, るはことに, る渓河の水, る渓谷に人となり, るの秋花, る渝らざる日本, る渡辺は一本, る渦中に再び, る温かなぽかぽか, る温室では釣鐘草, る温度に保っ, る温柔しい軍人, る温泉地に遊ん, る温泉宿に滞在, る温泉湯へ娘, る渭水の南, る港街に老妓, る湯ヶ島温泉にもう, る湯作新の不埒, る湯場も空, る湯気のほのぼの, る湯氣の中, る湯瀧に肩, る洲に, る満座の芸人, る満月の晩, る溌剌たる運動性, る溌剌さをもっ, る源太が言葉, る源氏であり西国, る源泉は依然として, るあり水, る溝川流る, る溪泉の水灑, る溪流のほとり, る滋味その動作, る滔々たる濁流, る滝の宮処は見れ, る滝川と大野川一帯, る滞在時間はほんの, る滞留十日の記録, るの, る滿足であつ, る漁夫がありまし, る漁村のかひま, る漁業山地に於ける, る漁船を見, る漂浪者の一人, る演出者の優位, る演劇並に戯曲, る演劇形式からは何もの, る演劇政策は四, る演劇活動が未だ嘗て, る演劇界の現状, る演劇研究の講座, る演劇革命の一特色, る演技の大, る演習の成果, る演能の諾否, る演説会でファッショ学生, る演説者の習慣的飲料, る漢字の使用, る漢學が如何なる, る漢文の名家, る漢文素読会を生んだ, る漢民族の勇敢さ, るに熱い, る漱石は遂に, る漱石氏の記憶, る漱石的要素なるもの, る潔く清き身に, る潛勢力は薩長, る潜勢力は薩長, る潜議な提議, るひを, る潮風と絶間, る潰家の下, る潺湲の響, る激怒に前後, る濃厚な切実, る濃度に薄め, るの草, る瀑布の水, る瀕死の病人, る瀟洒たる柔軟性, る瀧口は愈, る瀧口入道庵の中, る瀧壺に, るのあらびの, る火の手を眺め, る火の玉のやう, る火事はその, る火力にまで達しる, る火取虫より愚, る火山灰やラピリ, る火災があ, る火藥の起源, る火鉢に手, る火防線を界, る灯影に半身, る災惡を確實, る災難一日に何者, る炎暑の夕, る炬燵かな, る賣薪, る炭坑の中, る炭坑町で新年, る炭鑛の鑛夫, る点々の血, る点スポイルされて, る点恐怖して, る点燈装飾のこと, る点現代というもの, る点理智的に海外文化, る点読者の側, る為め一先屋敷へ這入る, る為め普通閲覧室内に大書函八個, る為一つは世間幾多, る為国家老の長大隅守, る為朝の徳沢, る為速報した, る烈風の凄まじい, る烏諸共に白, る烱眼ぢやわい, る焚火のやう, る無き者は, る無上の娯樂, る無力の間隙, る無名会に出席, る無学な田舎女, る無念な想像, る無意識の役割, る無意識的虚偽の代表的虚偽形態, る無根の空論, る無残な屍体, る無気力もある, る無気味さを感じた, る無産知識階級の夏季保健道場, る無産階級の, る無礼もなく, る無秩序そのものが支那人, る無筆の親, る無職というの, る無能さを中間性, る無自覚な面, る無辺なる宇宙, る無遠慮に眺め, る無限これもまた, る焦慮と剛直, る焦燥と興奮, る焦眉の急, る然るに奇妙な, る大刀見れ, る焼けにする, る焼豆腐うまく烹, る焼香の順序, る煙硝の臭, る煙突のよう, る煙草屋へ遣られた, ると湯気, る照りかへし, る照子の傍, る照明科学の進歩, るはし, る煩いもない, る煩悶は永久, る煩瑣な形式, る煽動性は復讐精神, るの話, る熊蜂の鋭い, る熊野の烏, る熔岩は熱, る熔岩流の厚, る熟兎は皮, る熟練工に自分, る熱いものを, る熱く黄なる, る熱度だ, る熱気を喚び, る熱病みたいなもの, るゆるが如き絵の具, る燃焼の透明度, る燈光に明子, る燈室から眞下, る燈臺の光, るにまじ, る燕人の張飛, る爆弾であった事, る爬虫類第三期, る爭論と異, る爭議にも參加, る爲め五十嵐が何某, る爲替の急激, る父上に私風情, る父上市太郎樣の汚名, る父子兄弟間の権力争, る父子意見の衝突, る父義盛殊に歎息, る父親を見上げ, るやのところ, る版図の総, る彫師, る牛肉屋へ上り込ん, る牛車の内, る牝牛の蹄, る牝猫一疋淋しい忙しい生活, る牝獅帰って子, る牢屋に入れられ, る牧子はたしかに, る牧師の所, る牧畜熱帯湿地に於ける, る物かげの雪, る物一対あり, る物價の動き, る物價低落がなく, る物凄い音を, る物品で大蔵省, る物品等の比較研究, る物彼の存在, る物悲しさとが, る物悲しい陰影を, る物情の最も, る物数奇な学生, る物理学や自然科学, る物理教育に関するもの, る物産と交通, る物的事実が如何, る物識の方, る物識りの故老, る物貰ひではあつ, る物質問題の具体性, る物質的なもの, る物質的壓迫と東京, る物質的客観的存在であると, る物質的技術はかく, る物質的生産技術への媒介, る物質的生産関係から出発, る物質関係から取り出し, る物足りないやうな, る物量形容詞を用, る物静かなホテル, る物食ひたるは, る物騒な事件, る物體のうち, る特別延長を主張, る特別扱ひの, る特別講演の要, る特定形態の解析的操作, る特定産業の上, る特定種類だけの技術, る特性あれば, る特殊内容それは位置, る特殊性に關係, る特殊民すなわち所謂穢, る特殊階級の人々, る特相といふも誣言, る特色上の相違, る特色自身にとっては偶然, る特許制度は今日, る特許権が殆, る特質がある, る犬ころの薄き, る犯人の行動, る犯罪的理性をはるか, る犯行を直感, る狂的の人間, る狂言或は, る狂言綺語の一類, る狐焼鼠を見, るついに奴, る狗奴國の境域, る狗尾とも見るべくや, るさかと, る狡猾さを感じた, る狩猟中に朝食, る狩野勝玉作小楠公図一幀わが養母, る独り旅の客, る独り相撲があまりにふんだんに, る独創的発見による, る独占金融資本のファシズム体制, る独学者が往々, る独楽といッぱ東都名題の名人づくり金造独楽, る独自的発達を支持, る独身者の嘆き, る独逸人の活動, る独逸劇の侵入, る独逸水兵の血潮, る狭山は先づそ, る狭苦しい横丁に, るい町, るに連れ, る猟人に逢っ, る猥らなる頬, る猪汝が臭我, るの下性, る猫イラズで自殺, るの如し, る猿田彦命の出現, る獅子噛台星前立脇細鍬, る獅子王の皮, る獅子鼻であった, るの図, る獣医はこんな, る獨樂まはし, る獨立の存在, る獰猛さで飛ん, る獲物に覘い, る玄界の, る玉ノ井のよう, る玉川に千丈ヶ淵, る玉砕である, る玉簪花を見よ, る王一族の棺, る王圍み, る王子の権現さま, る王孫を見, る王座の位置, る王政第一回, る王朝の興亡, る王者の趣き, る玻璃の器, る珈琲店へ這入っ, る珈琲王の長男, る珠并せて, る班田収授の制, る現に坤輿の, る現れとして二重, る現代劇樹立の要諦, る現代哲学へ結びつける, る現在現在という一つ, る現実断片を描こう, る現職の小学校長四名, る現象学的時間は意識無意識, るの如く, る球形世界以外に遺言, る球面又は二面双曲面体, るに合わない, る理学士のノート, る理屈である, る理想主義から軽蔑, る理想化が行われ, る理想家なりき, る理想状態の状態, る理智偏重の啓蒙思潮, る理由ぢやね, る理知的論理はパトス的論理, る理研コンツェルンを代表, る理窟だらう, る理解というもの, る理論的問題とそれ, る理論的範疇が有, る理論的結果を招くべく, る理論的規定を学問性, る理論的認識に制限, る理象を指す, る琵琶弾きでございますおそく, る瑠璃色の外, る瑣談は多く, るにつき当った, る瓦斯中の火花, る甘き果は, る甘くして, る甘蔗は全然, る甚だしい劣勢が, る甚三はその, る生々したもの, る生命的要求という経験的事実, る生垣が咄嗟, る生存競争が震災前, る生存者の談, る生徒等の耳, る生態を愛する, る生新な努力, る生新さを与える, る生暖かい更けてから, る生殖に關, る生気を与へる, る生気論者から始まった, る生活信条を余, る生活其ものが惟神, る生活威海衛の大, る生物学の二, る生物学会に出席, る生物学的人間はあくまで, る生物学的動物として見る, る生物進化を十分, る生理的の恐怖感, る生理的作用かな, る生産技能の修練, る生産技術そのものの水準, る生産技術家の有能性, る生産技術水準を高める, る生産技術自身の内容, る生産的構想力のこの, る生産組織にまで組み込まれた, る生産費の低減, る生田は初, る生硬の新, る生長をし, る生首をひっさげた, る産業合理化と技術, るにむかひ, る用人平助の姿, る用例に從, る用兵思想の克服戦, る用向の爲, る用捨なき観客, る用語その他のこと, る用語例をだ, る用談をする, るを売り, る田中内閣の失敗, る田中翁の心, る田原の栗, る田圃あり, る田園がある, る田地の直, る田場の者, る田畑の肥料, る田結村の場合, る田舍町で藝妓屋, る田舎家の縁先, る田舎漢に征服, る由々しい動揺をも, る由ハラダ・コウゾウもなり, る由急しくなるわい, る由緒いはれの, る甲子は革令, る甲州信州上州路かけての, る甲斐もない, る男の子の杖, る男優と一緒, る男女共通の勤労階級, る男子に嫁, る男子一生の業, る男子婦人の張氏美而妬, る男学生を一人, る男滝女滝を浴び, る男爵と県会議長, る男色なし此上, る男覡である, る男達は二階, る町はずれの酒屋, る町人學者を多, る町村の合併, る町村内の神社仏寺, る町村内住民の受持ち, る町辻で軒ば, るなどは一見, る画一教育の長所, る画報を見, る画学生から酒, る画室を観せる, る画廊を借り, る画期的な意味, る画面クラークがソブラーニェ, るに病, る留學期は一年二ヶ月, る留守心得は, る留置期間は半年位い, る畦路に入り行き, る番人を置きました, る番組と登場者, るにはヰア, る畫題であるの, る異国への憧憬, る異変を予告, る異形のもの, る異教の心, る異教主義が基督教, る異様なもの, る異状な夢中遊行状態, る異臭を食み, る異議と曖昧, る當らないと, る當今有數の大, る當年の信用, る當時ローマ聖ピエートロの寺院, る當番水夫があるです, る畸形じみた自尊心, る畸形的な自然主義文学思潮, る畿内と九州, る謬なり, る疎林や丘, る疑いを抱い, る疑懼を心, る疑点は誰, る疚しい点が, る疲勞を醫, る疼痛さえ感じる, る疾さをペルシア, る疾病は甚だしく, る病患に加えられる, る病棟にいれられ, る病父母との接触等, る病理上の可能性, る病的妄想に捉われ, るを残した, る痕跡を殘, る痛切で無い微か, る痛烈なる打撃, る痛苦に迫つた顏, る痩犬を半分無意識, る痴態は眞, るによせしなら, る療法をされる, る癒らんも絲瓜, る発作的な激情, る発光条件の下, る発声により響きます, る発売禁止の数, る発展はどんなに, る発展段階に就い, る発明家が砂鉄, る発見の小船, る発達史を辿る, る登山結社の最初, る發展過程に於ける, る發音も違つて來, る白き馬見れ, る白人横暴史だ, る白刃を払, る白川の水, る白帆も關東, る白瀧のすゞ, る白無垢小袖のろうたけた, る白熱に爛れ, る白百合の花, る白糸と顔, る白耳義軍の徹底的抗戦, る白襯衣の色, る白銀の光, る白雪よ, る白露のころ, る白頭の翁, る白馬で同じ, る白髮頭の頑固, るの因子, る百千萬の鳥, る百合の如く, る百合江と申す, る百哩ばかりのテングリ海, る百太夫に逢, る百貨店員の話, る的筆法の脱化, る皆既食観測というよう, る皆様方の位置, る皆罪過なくん, る皇妃にて在す, る皇子などの姿, る皇族であるが, るが莚, る皮殼を破り, る皮膚がしきりに, る盗みに於ける, るなる傳道, る盛り場の人込み, る盛大なる国教, るの語, る監房の窓, る監獄と全然, る監督から某, る監視中の顔, る目の下に近い, る目付を, る目元の媚, る目深に冠, る目的地に持っ, る目算もたて, る目自体を俗, る盲人にあたえた, る盲人按摩に失明, る盲信と独断, るき前, る直前までの自分, る直截な哲學, る直接者の存在, る直接運動に参加, る直木三十五の紹介, る直線と曲線, る直覚的の眼, る直覚的感覚として機能, る直観形式と純粋直観, る直観的な推理, る相互の利害, る相場師の養女, る相好の媼, る相対上の観念, る相対性がここ, る相州大官令連署し又, る相手方の態度, る相談をした, る相談ぢやある, る相談事のため, る相談二人の子供, る相違を申したい, る相関を見つけた, る相関関係に於, る相馬小次郎将門もこ, るをかざせり, る省察のある, る省線の歩廊, るを強, る眉目秀で, る看護婦は, る眞下でとつくり, る眞夏の柳, る眞夜中に若い, る眞摯にし, る眞理的綜合は感性, る眞言宗の二大寺也, る眞面目な事件, る真夏のこと, る真夜中に聞いた, る真実さを認めた, る真智房法橋隆宣導師たり此事日来, る真正の動物説話, る真理形態という資格, る真理獲得の過程, る真理観念は歴史上, る真田領地の中沼田, る真白き花は, る真直な心強, る真言の尼僧, る真面目な方, る眠くはある, る眸めなり, る眺望の底, る眼ざましい二つ, る眼付きでそれ, る眼学問の道, る眼差しはその後, る眼病に相成り, る眼識を具えた, る眼鏡店のシヨウヰンドウ, る眼鏡橋のうへを, る着實な日本人, るしさ, るりに, る瞋恚の一念, る瞬間人事の特殊, る瞬間人間としての一ばん, る瞬間俄に天, る瞬間足もとを急流, る瞬間駭然として無駄, る瞳神をも恐れず, る矛盾面の抉, るを拔, る矢之助とその, る矢野と申します, る知つてをる, る知合の午餐会, る知合いの法華, る知恵を吹き込まれた, る知的労作よりも知能, る知能分子の, る知覚のゲシタルト, る知覺の刺激, る知識層であつ, る知識階級の常識, るを踰, る短き詞に, る短刀引き拔きて, る短歌雑誌の編輯, る短篇詩の謂, る石ころを粉砕, る石其上に厚く, る石器時代の遺物, る石地蔵がある, る石塀には高笑い, る石棒と等しく, る石段を一歩々々, る石油会社へ奉職, る石油色の陰影, る石火矢に, る石炭層の如く, る石燈籠の, る石碑や石像, る石竹の花, る石竹科の花, る石笛を私, る石鏃を拾, るも咽ぶ, る研師の手, る研究会では何, る研究手段が自然科学, る研究者の孜々, る研究論議でおそらくは, るの内, る砲彈の, る砲船は十万ドル, る破壊力の強大, る破壊的大運動, る破屋に一夜, る破滅を期待, る破産は比較, る硝子で葉茶屋, る硫氣鼻を衝き, る硫黄のこもり, る硬度にまで凝り固まった, る碑石が後向き, る碩儒といふやう, る確かな一説, る確保即ち残敵, る確固した推理, る確実で疑い, る確實で疑ひ, る確証を示された, る磯馳松波の響, るをした, る礼式を受, る礼義と式典, るに参詣, る社中の人, る社交倶楽部でなされた, る社交画報からとつ, る社会主義的社会建設の為め, る社会分子にだけ通用, る社会層が築き上げた, る社会常識による言論統制, る社会心理学なるもの, る社会思想史の研究者, る社会意識なの, る社会正義的なもの, る社会現象は或, る社会生活の全般, る社会生活意識がある, る社会的な詩人たち, る社会的労働の物質的手段, る社会的常識はそれ自身, る社会的意義は重い, る社会的方面に希望, る社会的機能は凡て, る社会的物体と考えられ, る社会的生産従って又, る社会的生産上のサーヴィス, る社会的統制に服する, る社会的背景を代表, る社会的見地の抹殺, る社会相を観察, る社会科学的大衆と直接, る社会群や又, る社会表面上の道徳, る社会観は一変, る社会通念としての所謂常識, る社会階級の現実的, る社会階級性が存する, る社会革命の前夜, る社會主義共産主義無政府主義等, る社會主義的思潮の消長, る社會主義者中判然無政府黨, る社會的地位に就い, る祈祷に対する恩賞, る祕密出版物等なるが, る祖先崇拜は宗教的意味, る祖国の智的高度, る祖法を覆えした, る祝福をお伝え, る祝詞は天子, る神おのづからみな切り仆, る神かく坐して, る神さまばかりでなく, る神さま佛さま私は惡人, る神たちを言趣, る神一名赤裂血とも書き, る神人の結合, る神人資格の第, る神仏習合の思想, る神出鬼没の大, る神意に適, る神技を有する, る神汝らの胸, る神泉フワンの一批評, る神無月この夜, る神祕の記憶, る神祕家の言つた, る神秘家の言った, る神経症は社会, る神経質なもの, る神經を抑, る神經分布の細密, る神聖同盟である, る神聖無垢な殺人犯, る神話に個人, る神話学の研究, る神道でも古く, る祭典及び其他, る祭文に尽き, る禁令を出した, る禁令光輝をし, る禁厭を教, る禁呪が書い, る禅僧に対する欣幸, る禅宗寺へ参禅, る禅寺から実は, る禅師の下, る禅門の偉材, る禍難逼るを, るをうく, る福助の演, る福富の足音, る福建地方の開發, る福沢諭吉等の例, る禪寺の庭, る禽獣の手, る禽獣殺戮業の大家, る秀吉に意, る秀吉以上熟知して, る私たち三人の同盟, る私どもまでもその, る私のかはり, る私党を以て直参, る私慾の為め, る私立女学校の舎監, る私立學校の文學科, る私自身を太陽, る私達の飛ぶ, る私黨を以て直, る秉炬の語, る秋ごろも, る秋偶然この詩, る秋雨の降る, る秋風枯葉を捲く, る秋風雲井のかり, る秋鳥のきそ, る科学一般の代表者, る科学上の問題, る科学性は全く, る科学手段の操作, る科学批評の諸, る科学方法論の殆, る科学的世界と精密性, る科学的低能性を是正, る科学的優越性があるなら, る科学的思考の進展, る科学的態度と非, る科学的真理と文学的真理, る科学的精神そのものにまで反感, る科学的組織の広大, る科学的要素の一つ, る科学的進歩に対して可, る科学論として相当, る科學の大家, る科學的組織の廣大, る秘命をおび, る秘密フイルム周旋業者は電車, る秘密事件に関係, る秘密会議もこの, る秘密出版社に頼まれ, る秘密探査に行った, る秘密画家の話, る秘密研究に従事, る秘法の呪文, る租税で支, る秦専務ハリキリの演出ぶり, る秩序方則の存在, る移転である, る程これア大きい星ぢ, る程よく聞いたの, る程何といふすべて, る程度ファンらしい同情心, る程度両親に似, る程度人間的誤謬によって歪められない, る程度以上発達すると, る程度以上進行すると, る程度以下のもの, る程度体系的に読まね, る程度内で或, る程度参加した, る程度嘘でないならこの, る程度固定した頭, る程度実現されて, る程度山へ入らなけれ, る程度意味のある, る程度成功するだらうと, る程度改革ができる, る程度文学の上, る程度日向に出る, る程度日常生活を世俗的, る程度混乱して, る程度発達すると, る程度絶対必要である, る程度要求すること, る程度要点は判る, る程度觸れて, る程度誇張して, る程度譲歩した方, る程度追随して, る程度遊蕩児であり宗教的, る程度離脱した位置, る程度食いとめるよう, る程度高まつて, る程度麻痺して, る程心のなか, る程是は御, る程沢山のすぐれた, る程熱は加, る程疾風の手, る程興味ある個人, る程輕く觸, る税務署長のところ, る稜威激しき人, る種苗会社から見本, るの香, る稲垣の今, る稻妻のやう, る稼業をするなら, る穀つぶしめア今にあん通り, る穀物野菜果物糸布動植物等の標本, る穉物語をあり, る積極な存在, る積雪に就, る穏やかに人, るのうづ, る穢れを見ん, るだ, る究極のもの, る究極的なもの, る空家の中, る空屋へ人々, る空巣だが, る空洞なる声, る空溝に生え, る空白の幾年, る空腹を意識, る空谷の跫音, る空間その他任意の何, る空間概念の検討, る空間理論の大綱, る空間的事物を時間的, る空隙にしみいる, る穿鑿が食物原料調査, る突撃隊長の銃殺, る突然な決心, る突起山塊の一つ, る窒息されたもの, る窓外の冬景色, る窪地では思いがけない, る窮屈さを予想, る立ち場は全く, る立体性にあっ, る立塲に繋げ, る立山の高, る立廻りの描写, る立脚地に立つ, る立証方法に関しても深甚, るかの刀銘, る竜巻に向, る竜胆の花, る竝木の間にし, る童話作家たちは次, るを具えぬ, る端居かな, る端役者役儀に免じ, る端艇があれ, る競争なりと, る競爭心と面白半分の調戲, る競輪であった, る竹亭の履歴, る竹本座豐竹座の操發達後, る竹筒の水, る笑つてゐる, る笑ひであつた, る笑止さに, る笑顔で, る笛引き續いて, る符合でなくし, る符牒を示す, る第一声の鎚音, る第一義感の精神, る笹舟の如く, る筆者による, る筈のを停車場, る等その他経験し得たる所, る筋途が, るは恰も, るを有っ, る答弁用とに造った, る答解もつまり, るを剥ぎました, ると折衝, る箇人例えば父, る箇性人間性を絶大, るをかくし, る管理者として外国著作権, る箱根大山秩父の山脈, る箱海藻の模様, るの尖で, る節奏を持つた, る範圍を超え, る篝火の如き, る篤農家は彼, る篳路藍縷の功, るの中, るの價, る米人のごとき, る米作熱帯乾燥地に於ける, る米價は益々, る米国の貴婦人, る米国士官の実話, る米国帰りのドクトル, る米屋の店先, る米英日の利害, る米軍上陸必至の地点, る膚鮫の, る粗末な感じ, る粘土からアルミニユーム, る粘液質な繋がり, る粘着動物の巣だつた, る精一杯のこと, る精密度の限界, る精密性であった, る精巧なる石噐, る精神歴史の本質, る精神病状態の経過, る精神病者の一大解放治療場, る精神的創造の活動, る精神的文化的な弱点, る精神的葛藤のみである, る精神的躱避が大きい, る精神的體驗を加, る精神科学であり, る精神科学的の犯罪手段, る精神鑑定は人間, る精華であ, る精進に俟, る精鋭な, る精霊蜻蛉が思ひ出され, る糞尿汲取人組合の結成, るをたより, るをもらひ, る糸それを座, るの用法, る紀念作といふやう, る紀念塔を建つる, る紀念碑的なラブレエ, る紅リボンを見つけ, る紅梅の唇, る紅玉が手首, る紅白両国の人間, る納屋の中, る納得しがたい, る紐小刀を解い, る純情な涙ぐましい, る純然たる新, る純真さはあった, る純粋な愛情, る純粋意識は優越性, る純粋直観と同一, る紙屑屋から古人尾崎紅葉, る紙幣と同, る紙鳶で文字通り充満, る素人の家, る素人下宿屋で大学生, る素人劇団によって, る素人的な社会観, る素志もあつ, る素描には男, る素朴な夢問答, る素盞嗚尊の暴行, るのコオト, る紫外線に富んだ, る紫袍を腕, る紫雲英である, る累ヶ淵のお話, る細刄の兇器, る細君のこと, る細徑は楢, る細胞の霊能, る細胞独特の恐怖, る細長い土地などでは, る細面は色, る紳士達の宗教, る紹益あのドラ息子, ると赤, る紺飛白の単物, る終末を有, る終点で降り, る組合せ式を用い, る組合員は勿論, る組織性を用い, る組織的分析的規律的軍隊的であるところ, る組織関係そのものは夫, る経書について籤, る経歴は諸, る経済上の自由, る経済上のよりどころ, る経済学に於, る経済学者の最も, る経済生活の上, る経済的な分類分化, る経済的機構にある, る経済記者が銀行家, る経済関係の研究所, る経済雑誌の外国新聞, る経済雑誌社に出資者, る経緯に及んだ, る経過時間に対する錯誤, る経験的事実とは何, る結婚式を挙行, る結局の覗い, る結局一万も勝った, る結果其時代に興, る結果晩年には多く, る統一作用そのものである, る統一段階に到達, る統制は元来, る統制一般の典型, る統制主義にまで著しく, る統帥は絶対, る統治の機關, る統計はどういう, る統計局の長, る統計方法とは別, る統計界の実際, る統計的操作の役割, る統計的方法とはどういう, る統計的法則は社会科学, る統計的研究方法は高々, る絲満小人幾人揃うて, る絵巻物を完成, る絵画展覧会に, る絵画彫刻の首, る絵画彫刻建築工芸の粋, る絶壁の中腹, る絶大な信用, る絶対化を提唱, る絶対的出発であるという, る絶対的客観主義だ, る絶待的なるもの, る絶後ではない, るをもて, る絹織物の出る, る經濟が斯, る經濟界は以前, る經驗による, る継母ぞかし, る綜合とを行う, る綜合統一を私, る維新後の状況, る維茂の悪鬼退治, るでありこの, る綱宗を主人公, る網旦那なるもの, る本装幀, る綴錦を織る, る綺麗に晴れた, る綽名は, る綾羅の袖, る綾雲は, る綿々とした, る総合判断は空間, る緑樹の間, る緒口でもつけ, る線路の匐進, る線香の匂, る編纂にも大部, る編纂物のため, る編集スタッフや出版業者, るると, る緩いもので, る練衣褪せたる紅, る縁側には芋殼, る縁家先の塀, る縁起なるもの, る縁辺が知行, る縄張の中, る總會も別々, るき根, る織物かけられしこと, る繪紙の美人, る繰延に過ぎずし, る繼母ぞかし, る繼續は關係, るを解く, るいて, るあげて, る缺點は獨, るだという, る罪人型の人間, るを受, る署員の話, る羅針盤の使用, る羅馬軍の大将アッチリウス・レグルス, る美しい美しい詩が, る美しく晴れた日, る美名のもと, る美学者の称, る美容術師はこんな, る美男の若, る美男青年が現われる, る美登利が姿, る美的生命は前者, る美的生活是れ也, る美術家の家庭, る美観に心, る美觀に心, る美觀也否關東平原, る群小の土豪ども, る必ず時に随, る義作と一所, る義侠勇武の武士気質, る義侠心にとんだ, る義務とは借りたる, る義務社會に於ける, る義務親に對, る義太夫語りは或, る義憤はどう, る義理がある, る義理人情の如き, る義理合から可, る義皇と禹, る義盛義村盛時之を奉行, る義経の東, る義金の総額, る義雄自身も人, る羽交の下, る翌年は正徳五年, る習俗道徳のこと, る習性の如何, る習慣的の潜在意識, るの葉, るに伏した, る翻訳劇上演の記録, る翻訳原稿が雑誌, る翻訳家のこと, る翻訳広告にはいつも, る翻訳物は, る翻訳術語も可, る老いたる貴婦人, る老いらくの身, る老人相手の妾, る老境に入, る老婦が居, る老木の桜, る老母の目, る老爺である, る老若男女いづれも, る考えごとにとらわれ, る考慮のもと, る者すべての幼き, る者そを人々, る者どもはその, る者らの間, る者一人だになく, る者乳呑子を置, る者人生を慰むる, る者僞りの, る者克己自制の修養, る者共の言, る者四所小学校と名, る者地理を不, る者将軍家御内意, る者店先へ泥, る者悲惨と微, る者我獨りに, る者是の如くなる, る者比類なきジョーヴェ, る者汝等の世, る者皆これより出, る者相集ひ, る者等惡を行, る者罰せらる導者, る者臨時雇ルンペン其他其他の争議スキャッブ, る者衆し, る者護衞に當, る者青物類はいふに及ばず, る者驕慢な者, る而已との言, るへ難い, る耐えがたき瞬間口を, るに口, る耳掻きで耳, る耳静なり, るい恐れ, る聖なる恐れを, る聖僧と與, る聖公会へ栄転, る聖天子のまします, る聖山として巡礼者, る聖徳太子の法華經疏, る聖武天皇ならびに光明皇后, る聖祖はその, るとい, る聡明さが窺われる, る聯想によるのみで, る聯絡が存在, る聯隊にはいった, る慧ある, る聴衆がいう, るにあつ, る職人風の男, る職域を文化部門, る職業的定位をも意味, る職業的身分的な, る職業選定の依頼, る肉体派さんが公言, る肉塊以外の何物, る肉感性の高調的表現, る肉慾の場, る肉筆絵画が必ずしも, る肉襦袢の腿, る肉親の一人, る肉類を不消化, るは塩引, る黒い酒造業者, る肛門病院へ行, る肥車が, る肯定的面と否定的面, る背後に母親, る胡蝶羽に墨, るぶるいと, る胸甲彼のため, る能はず為に材料一切, る能力種々の形體, る能動的精神ということ, る能動精神も浪曼主義, る能率増進の問題, る能率増進精神的肉体的の健康保持, る能芸化せられた翁, る脅威を感じ, るに吸はる, る脈々たる生きた真理, る脊椎の如き, る苦の, る脱獄囚が立派, る脱税法の案出, るは無くなっ, る脳髄の異状, る腋香の臭, る腑甲斐なき生活状態, るとその, る腕車を推し, る腦髓は槍, るに手, る腰弁の群れ, る腹立たしさを, る膏薬を売っ, るをつい, る膝灯とともに乗出す, るを供え, る膽力はあるまい, る臣下もなかっ, る臣等をマルテ, る臨界点を過ぎ, る臨終に枕元, る自他の意志, る自伝風の創作, る自分自らに就い, る自分自我と云う, る自動車事故による惨死者, る自動車今あり, る自動車屋に雇われ, る自動運動であって, る自動錠がかかっ, る自叙伝的な作品, る自己批評をし, る自己標準の退嬰的批評, る自己消費に終り, る自己疎外の面, る自己表現の方式, る自己評価自分をほめ, る自己隱閉のこ, る自意識の驕慢, る自明なもの, る自暴自棄な想念, る自治体の速, る自然主義以降この人物画, る自然主義文芸運動の変調的発展, る自然主義的作品である, る自然弁証法検討の成果, る自然概念を獲得, る自然派と並行, る自然派等のレアリズム, る自然現象の一面, る自然界の範疇, る自然発生的な所産, る自然科学的諸範疇, る自然科学的知能を点検, る自然科学的著述の翻訳出版, る自然科学研究に就い, る自然科学関係の論文, る自爆によつて, る自由さを身, る自由主義そのものが封建性, る自由主義体系家の殆, る自由人的性格に変貌, る自由党の行動, る自由劇場の運動, る自由意志説は, る自由民権運動の騒ぎ, る自由獲得の歴史, る自由自在にやりました, る自由貿易の元祖, る自由黨の行動, る自覚の弁証法, るひが, る臭味かもしれない, る臭気を持っ, る至大至高の玄妙, る至近距離から内, る至難にし, る臺詞だよ, る與助と一緒, る與吉が何時, るに惹かせられ, る興亡二つの運命, る興行とは前述, る興行場の再開, る興行資本家が小さな, る舞台に赤黒い, る舞台上の人物, る舞台監督とは何, る舞台装飾の実際, る舞踊劇場の廊下, る舞踏会のこと, る舞踏場で偶然, る舟わきをわが, る航海をする, る航空船が飛行中, る船のへこ, る船乗りに拾いあげられました, る船尾に到る, る船橋の上, る船着場の左右前後, る船舶内の生活, る船逆らふ船, る船長はアフリカ人, る船頭衆に逢つて, る艦尾帝國軍艦旗の下, るさだ, る良い村だ, る良き紅玉の, る良妻の附属品, る良心の真, る良臣七人あれば, る良賤の別, る良馬を絶え, る色々の意味, る色合や気分, る色好みにはえ, る色彩派が使う, る色情は稀薄, る色気がなかつた, る色調を加えた, る色里三世帯を持, るめかしい匂, るには蓬, る芍藥や, る芝居小屋の初日, る芝居活動の観覧料, る芝居的なもの, る芝生に美くし, る芥川に絲, る芥川氏の人生觀, るが出来, る花かごのよう, る花崗岩の代表的高山, る花川戸の助, る花泡となり, る花火の花, る花瓣が飛ん, る花筒の花, る花粉を抑留, る花蓑追悼会に句, る花車は傍, る花車重吉は, る花魁に頼まれ, る芳さまが御, る芳江の手, る芸事の先生, る芸人でご, る芸妓屋の箱屋, る芸者がある, る芸術上の議論, る芸術品に対した, る芸術家肌の人達, る芸術形態をこれ程, る芸術性なるもの, る芸術理論というもの, る芸術的価値と商業的価値, る芸術的表現にしか過ぎない, るを敵, る芽子かも, る苜蓿は塩気, る若々しい魂による, る若い衆これはただ, る若旦那と時々, る若者もなく, るさを, る苦い悲しい係恋じみた, る苦しさう, る苦しいことだ, る苦しい淋しい空虚を, る苦労のため, る苦学を蛍雪, る苦戰の難局, る苦熱はモンテ, る苦界に沈ん, る苦肉の計, る苦行の事, る苦闘を知らない, る苦闘談赤瀬の政治談, る英一の墓, る英仏独露の軍艦, る英君ならん, る英国人は同じ, る英学塾の女, る英断ある政治家, る英斷ある政治家, る英略勇武の君主, る英語の時間, る英語教授の經驗, る英語獨逸語の學者, る范曄の私意, る茅芒はやがて, るに生命, る茶亭に休憩, る茶人の庭, る茶会に呼ばれ, る茶入や茶わん, る茶山の口気, る茶碗の酒, る草ン中に倒れ, る草稿からの抜萃, る草紙の本, る草菖蒲といふなり, る草葉は此家長, る荒々しい不自然な, る荒っぽい残酷さが, る荒夷の恐ろし, る荒寥跌宕の風物, る荒木陸相と後藤農相, る荒神も少く, る荘厳な金色燦然, る荘重孝孺に期する, るかつぎ, る莊嚴な金色燦然, る莫大なる戦費, る莫然たる疑惑, る菅笠を冠つた金魚, る菊之助といふ若い, る菊四郎の存在, る菌類が寄生, る菓子なり, る菓子屋には欧州風, る菓物だの草花, るを親, る菜園の現状, るを振ふ, る華やかさがついてまわっ, る華奢なる美術狂某, る華形として登場, る華族役人軍人のやう, る華麗の物, る萩原さんについてのいろいろ, る萬兩分限のする, る萬屋治郎兵衞に, る萬燈は此處, るのあたり, る落し水聞くこと, る落ち着きを得た, る落日をおもい浮かべ, る落着を見る, る落花を踏む, る落葉は夢, る落葉喬木でかの, る落葉松の葉, る落語はそう, る葉書にはキツト, る葉末より落つる, る葉茶屋になかなか, る著作ありつる, る著名な俳優, る著書のうち, る著物を至急, る葛藤の中, る葡萄が實際, るかびの, るの曲, る葬儀の職, る葬列に近づいた, る葬式彦と緒, る葭剖いかさまに槐, る葭簀張り店で蒸し, る蒋介石の日本, る蒐集の外, る蒲団の座, る蒲壽庚が元, る蒸気の中, る蒼い空氣を, る蒼波かと怪しむ, る蒼空には余残, るのやう, る蓋しハイカラな, る蓑笠の茂太郎, るなす頭髪, る蓮華か象徴, るの秋, るはいち早く, る蕃族に行, る蕎麦屋でしかし, る蕪村は裏街, る蕪雑な都市, る薄ら寒い午後芥川さんは, る薄倖の革命詩人, る薄明の室, る薄明吟の集成, る薔薇のにほひ, る薦槌のい行き, る薩南の健児たち, る薩州屋敷の小松帯刀, る薩弁の淀み, る薬屋が軍隊, るを刈る, る藁草履の土, るである, る藏書の趣味, る藏書家の中, る藝妓を落籍し, る藝當かどう, る藝當ぢや御座いません, る藝術境は無い, る藝術家肌の鋭い, るの花房, る藤枝の秋川一家, る藤波龍之進これは一年前, る藤田であつ, る藥品だと, る藩政改革とその, る藩閥武断派の代表者, る藩閥武斷派の代表者, る藪八の前, るにも濃, る蘆荻の洲, る蘇州河の一部, る蘭学医者私とも合し, る虎其物が懶, る虎魂はかつて, る虐使其他から護る, る虐政パレルモを動かし, る處あきらかならず, る處ぢやない, る處九執暦, る處予が心, る處士の跋扈, る處敵船微塵に碎け, る處枝は朱槍, る處業どことなく大人び, る處漁父の歌, る虚しさが, る虚偽がある, る虚偽意識を意味, る虚偽論でなければ, る虚無党が敵, る虚空のみち, る號鐘は割る, るの色, る蛇体の隈, る蛇目傘聞くも, る蛙連中が大小, る蛮人に贈っ, る蛮族あり, る蛮風にくらべれ, るが子, るの吐いた, るはたべ, る蝦蟇とそつくり, るもうまれ, るとなり, る消吸收, る融和し難き, る融和事業団体において講演, るのやう, る蟇蛙のやう, る蟋蟀のこゑ, るを皇后樣, る蟷螂は青萱, る血だらけの顔, る血煙の裡, る衆中最も醜, る衆人これを顧み, る衆理想の沒却, る衆議院議員選挙法なり此二, る衆議院議員選擧法なり此二, る衆軍追攘, るを見られ, る行く手に佇立, る行つて坐ると, る行事といふ風, る行儀である, る行列に見惚れた, る行動現象としてはと, る行年をとらん, る行念には近い, る行燈に自分, る行詰まりを生じたる, る術士は符, る術語は日常語, る街区の子供達, る街路の舗石, る街辻から自分, る街頭に於ける, る衛兵が, る衛兵らに会い, る衝動に突然, る衝撃に似た, る衝突があ, る衞生上の害, るの上, る衣ずれの音, る衣裳を流石, る衣裳代三万円の由, る衣裳持の女, るを書い, る表出は礼儀化, る表徴にのみ心, る表札の名前, る表現法を取る, る表裏となく, る表象の像, る衰弱するを, る衰残の美, るを振り切, る袈裟と言, るの中, る袖の下を潜っ, る袖口も繪, る袴姿にて出, る裁判に於, る裁判所ときたら, る装幀の趣味, る裏口へ番頭, る裏堀は水紋, る裏手の便所, る裸松のよう, る製紙の起源, る製紙会社に売り渡した, る製紙會社に賣り渡した, る製罐業を安全, る製麺屋の玉田, るを梅三郎, る裾袂に靡, る複雜な構圖, る襦袢の緋鹿子, る西南の風, る西南恒信風が印度, る西安の西郊, る西念などいふ, る西欧ヒューマニズムの紹介, る西欧的文化の影響, る西洋医者は食物問題, る西洋料理屋へ行った, る西洋流の言語感そのもの, る西洋畫家の許, る西洋的な文化, る西班牙兵のうたえる, る西窓の, る西風は先づ何處, る要するに密教的信仰の, る要はない筈, る要之助の部屋, る要害には閾, る要点が云い表わされる, る要素感覺素材とこれ, る要職についてる, る要請であって, る見事な伝統, る見幕である, る見方からすれ, る見晴らしの縁台, る見知らぬ男が, る見聞を綴, る見舞客がうっかり, る見苦しき身装で, る見識に立脚, る規則に従って結果, る規範を以て行為, る規範性を有, る視学というよう, る視野が視力試験中, る覗穴から中, る覚えと警戒, る覚悟ヘラクレスの如く, る覚醒があつ, る親しさを, る親たちから生まれた, る親切な人, る親和協同の血族的因縁, る親和的なもの, る親子の情合, る親孝行で優しく, る親戚知己等もまた, る親方から他, る親爺や兄弟, る親王を天皇, る親船の帆檣, る親類達にこと, る親養父を殺す, る観察がなく, る観念化がつきまとった, る観念的上層物との連関, る観念的傾向をこそ今後, る観念的運動と考えられる, る観念表現現象でありその, る観念論的立場と云われる, る観念論者の有名, る観照と連想, る觀點から見る, る角度へ変る, る解剖は或は, る解析的操作は数理経済学, る解答を暗示, る解釈哲学という方法, る解釈学的方法にまで深化, る触覚上の玄妙, る言葉そのものの領域, る言葉色彩をさ, る言行は何物, る言語文字の上, る訂正としては役に立つ, る計画的に私, る訊問及び答弁, る討論論究を経た, る訓戒の言葉, る訓練と習慣, るに曰く永享七年十二月天野民部少輔遠幹, る記念会のこと, る記念日に或, る記載がある, る設けであった, る訳ぢやねえ, る訳ぢやあないが, る訳本等が精しく, るへだ, る註文があつ, る註釋者のいへる如く, る証価を言う, る証券会社の社員, る証明ともなる, る詐欺行為で警察, る詐欺行為者と認める, るは果して, る評価以上に尊重, る評家の語, る評論雑誌にプロレタリア, る詞さへ出, る詞章の持つ, る試験場へ届けられた, る試驗に供, る試驗科目の當否, る詩人的小説家は, る詩散文のなか, る詩歌を誦する, る詩片より荘厳, る詩界を二分, る詩的意図は今日, る詩語の機能, る詩集が実に, る詭弁の観, る詭辯の觀, るも纏ら, る話ぢやない, る該事件探究の方法, る詳しい戦術発展の, る詳細の系統, るがあろう, る認識上の才能, る認識不足は, る認識構成という名, る認識論上の或いは, る語つて曰くいやわれわれ, る語句から語句, る語群である, る誠に輕便なる, る誠実さを持った, る誤りは萬朝報, る誦経にやがて, る説話集の最大最古, る読売雑誌にはかっ, る読者等がもし, る読者記臆せよ老人, る誰かだと, る誰人でも好い, る誰彼の顏, る調攝を取つ, る調査を命じた, る調査研究の技術, る談笑の中心, る請負師の下, る請願人と見れ, る請願書も通過, る論爭になつて行, る論理体系の習慣, る論理内容が階級性, る論理学上の問題, る論理学的な機能, る論理學は理念, る論理形態を媒介, る論理的なる要素, る論理的張力を有, る論理的循環ではなくし, る論理的真理性乃至虚偽性, る論理的矛盾ではない, る論議の無駄, る諛辭を書いた, る諸々の人間, る諸方からの音信, る謀叛の旗上げ, る謎々が白痴, るは亨, る謙信の陣立, る謙譲の徳, る講和会議の会場, る講演会の速記, る講演筆記を本, る講演集である, る講習會に臨みました, る講説鈔録は詮, る謡曲雑誌に源氏, る謬想を消滅, る謹厳な君子, る謹厳方正なる風采家, る謹嚴方正なる風采家, るは他, る證人の申請, る識者これを鄙, る識見を抱い, る警官諸君の彼女, る警官隊の剣光帽影, る警察医の検視, る警察探偵の秘密訊問室, る警察明朗化を提唱, る警戒ぶりを讃歎, る警衞の懸, る警視廳前の不祥事件, るふれば, る譬へば暗き泉, る譯詩の白眉, る議員の質問振り, るなりきを, る譽れの神工, る讀物1が既に, る變則な場合, る變動を想, る變化の表れた, る變態性は之, る變態的記述を吟味, る變數は一定, る變梃な文, る變貌でこの, る谷底の孤家, る谿間に集まった, るの花, る豆腐みたいな物, る豆腐屋があります, る豆飯を炊い, るに唯, る豊富な油田, る豐沃の地上, るを徽號, る象徴派や高, る豪傑の存在, る豪商が学校, る豫定と想望, る貞操の字義, る貞藏の手, る負債者の一人, る負傷の勇士誰, る負傷者なり, る財力及び武力, る財寶に, る財産はあ, る財産家の息子, る財閥を訪問, るは来世, る貧富転換して, る貧弱の念, る貨幣額に対して売るであろう, る貨物船の機関士, る貪欲を憎まず, るへの中, る貯えはない, る貰い乳をし, る貴きまらうど等, る貴女がこの, る貴婦人があつ, る貴島についての言葉, る貴族主義もある, る貴族的なる形, る貴族的性格というもの, る貴族精神を代表, る貴族者流と相, る貴族趣味を代表, る貴顕大官の馬車, る貸席で西洋音楽機械展覧会, る貿易商会であった, る賃金が自然価格以上, る賃金支払いの承諾, る資本主義文明の発達, る資本主義末期の女, る資本主義的な個人, る資本主義的成熟と崩壊, る資本主義的機構にその, る資本主義的発達に対する矛盾, る資本主義的矛盾を国際間, る資本主義組織から社会主義組織, る資本家ちふ者, る資源不足をどう, るの群, る賊船早や三隻, るかな噂話, る賑かなさまを覗いた, る賓客の男女, るのため, る賞揚や尊敬, る賠償の多く, る賠償彼に致すべし, る賠償金六百三十萬圓を新, る賢い立ち廻り, る賢くして, る賢人も訓, る賤民は実際, る賤民解放の事歴, る質問通り現行の法文, る質実剛健の気風, る質疑応答の場合, る質的な飛躍, る質的変化に伴う, る贅沢品の為, る贅澤は出, る贅澤さで町家, る贈物は本, るひの, る赤い襦袢それが, る赤倉温泉から少し, る赤化防止運動に関する一二, る赤坂黒鍬谷の寺, る赤城と榛名, る赤子が死する, る赤煉瓦の塀, る赤裸々の中, る赤誠はこの, る赤軍の兵営, る走り書きの鉛筆, る起居皆一々手, る超人の經驗, る超絶的なもの, る超越的なもの, る越前の大川, る越後者が多く, る趙雲ではない, る趣味生活のよき, る趣旨を表明, るで釣る, る足がきをしねえで, る足利時代の出色, る足場に危ふく昇つて, る足尾鉱毒被害民と憲兵警官, る足袋底がこそばゆい, る足跡を指さしました, る跛隻眼のあの, るりを, るに三騎, る跣跋片眼の彼, る跫音を待設け, る路すがらの風景, る路ばたの, る踊りのうち, る踊子の問わず語り, る蹂躙である, る蹄鐵工場に入れられた, る身ごなしの面, る身上を擁し, る身体です, る身体的傾向性及び他, る身分保証を与えられた, る身勝手が喋々, る身心共にやはら, る身振りをした, る身體的傾向性及び他, る車ぢや, る車夫春日にや供せ, る車百合は床, る軌跡として捉えられる, るは評定, る軍主力の前進方向, る軍事協定や買辨化, る軍事学の研究, る軍団制度は第, る軍士が武昌, る軍旗を奪われた, る軍規と施設, る軍部移動評論家は云っ, る軍需会社に勤め, る軍需工場の事務員, る軍需工業の景気, るの下, る軒さきにその, る軒下を, る軟文学の流行, る軟派文学の継続, る軟派鐚は鐚, る転換だけを現実, る転機に面し, る軸物の箱書, る軽快な, る輔弼の栄, るい絶望, る輝きに盲目, る輝ける氷の, る輝發江の沿岸, るのその, る輪郭図一から十五, る輸送の軍船, る輿論は遍在, るもなく, る辞色ともに動かすべからず, る農地の概念, る農婦の一昼夜, る農学校の校長さん, る農村人口のパーセンテージ, る農村問題もインフレーション問題, る農村工業化の現実, る農業学校の校長さん, る農業畜産技術の発達, る農民暴動と夫, る辺土の山間, る辺海警備の費用, る辻君には大体二種類, る辻褄をまず, る迂遠な學風, る迄もあるめ, るへのよしや, る近い所へは, る近き遠き男女の, る近世哲学の鼻祖, る近世資本主義台頭に後れ, る近世資本制の発達, る近代式文化登山は維新前, る近代性ではないだろう, る近代登山の発祥地, る近代神の認識, る近代精神の交渉, る近侍はひとり, る近村の男女, る近松の淨瑠璃, る近松秋江氏の, る近江商人というもの, る近江屋勘兵衛と申す, る返事をする, る返答なればとて, るる肉襦袢, る迷い子についての知識, る迷妄である, る迷論を主張, るふといふ, る追従して, る追憶を蘇らせ, る追随をし, る退屈な苦し, る退職した高級官吏, る逃口上であると, る流水が, る逆心弥止まずして, る逆説的のヒロイズム, る途すがら曩に雲飛, る途上諸村の男女老若道側, る途中メルゲル老人の幽, る途中八五郎は八五郎, る途中岩龜横丁の暗がり, る途中御機嫌がわるかっ, る途中星月夜の街上, る途中村はづれ, る途中母親にはぐれ, る途中毎に親爺, る途中知人の来, る途中自動車が急, る途中青年團につかまつた, る途中駅の助役, る途端ヒヨイと其手, る途端母親が止め様, る途端道傍の石地蔵, る逕庭はその, るだ, る通り世がまだ, る通り二枚以内に致しましょう, る通り五年十年を以て起, る通り今より百余年, る通り今度の選挙, る通り名に負う, る通り完成をしきった, る通り彼が四才, る通り支倉との浅き, る通り時代を經, る通り案の条, る通り気をせかず, る通り街道のマンナカ, る通り議論よりかモノ, る通り釘だの縄, る通俗な持ちもの, る通信に黒枠, る通信社の重役, る通念というよう, る通用の徳義, る通用名詞で強いて, る通知や公的政党, る通詞でさ, るさで, る速力はずん, る造物主の特殊, る造船の不完全, る連中近来は大分, る連帯的自由である, る連想の一つ, る連絡船が大きい, る連續と變化, る連載物が某誌, る連関統一をほぼ, る週刊新聞社は赤坂, る進化理論は, る進化論の応用, る進歩派の新聞, る進歩的な分子, る進歩的動向の一徴候, る進歩的哲学に課せられた, る進歩的自由主義文学者の動き, る進退出処も略窺, る逸品を創作, る逸物に厩中間, る逸脱の危険, る逸話や關ヶ原, る遁げる, る遁げ方と時々, る遅くまでも俥, る然, るを喜ぶべき, る遊侠の世界, る遊冶郎の上, る遊覽客のほか, る遊離性と呼ばれた, る遊離神霊の附著, るを待ちうるであろう, る運びにまでなつて居ると, る運動具店の前, る運動現実的運動の一例, る運命感さへ抱きたくなります, る運命的な一瞬間, る運命論者ではない, る体黒白虎斑の, るぎるぐらゐが宜, る過去一切の諸, る道すがら其の茶屋, る道三の顔, る道佛の爭, る道具商がいふ, る道化芝居の触, る道場だけは物々しかっ, る道強迫観念にかかっ, る道徳上の問題, る道徳的善と美, る道徳的靈性的勢力の大, る道徳科学である所有権, る道情良寛に劣らず, る道理妾もどの, る道筋ながら時世, る道義の式, る道義感というかそんな, る道翹に言, る道順だ, る達人には近づきかけ, る遠心力の法則, る遠方に一つ, る遠海の音, る適度で止めるの, る適用も亦, る適者は例えば, る選挙権の獲得, る遺物に就, る遺産もありませんでした, る避暑の頃, る避難所をもっ, る還元性は吾, る還暦祝賀能に, るや柳かげ, る邪惡庸愚の侶, る邪道に陥り行く, る邪魔物であつ, るで紹介, る邸宅の離れ屋, る郊外の景色, る郊外住宅地の住人, る郊外電車が古く, る部内では四〇パーセント, る部分実現される結果, る部分的事実認識からの拡大, る部分部分は確か, る部落世襲の縄張り, る部落有志者の概算, る部落民は余輩, る郭光の切腹, る郵便や新聞等, る郵便窃盗を思ひ起した, るにゐる, る郷土の雜誌, る郷村又は峰山, る都會の氣障男, る酉刻前大膳大夫広元朝臣, る配慮の起る, る配置を云う, る酒旗の風, る酒盃に親しみしならむか, るへば醒める, る酔女群スルリスルリと着衣, る酔客を扶, る酔狂もよき, る酔興にほかならん, る酷きことを, る酸素吸入の口, る醉漢に逢つて, る醍醐の茶會, る醜き行為に, る醜怪な昆蟲, る醜行を犯す, るを業, る醫師が今年, る醫者は自分, る采女同様宮廷神に仕, る重々しい姿を, る重い物が, る重き編輯の命, る重たさが, る重力の關係, る重力法則の観念, る重力測定のため, る重圧を加えてる, る重大任務を遂行, る重大使命をおび, る重大決意を呉, る重大発言をなす, る重宝な伯母さん, る重役上りの人, る重役邸の前門, る重罪を犯した, る重苦しい眞實が, る重荷の重圧, る重要資材の鉱脈, る野ぢのすずし, る野分のあらい, る野卑な不満以外, る野原で自動車, る野口君の動静, る野営地見学に出かけ, る野寺のうしろ, る野次馬はそれほど, る野水の浜, る野猪を見る如し, る野趣とも銘, る野道を兄, る野郎ばかり見張, る野間権現の神霊, る野面に立つ, る量子論なども之, る量的なもの, る量的関係を見いだす, る量自身を採用, る金丸様のお, る金主がつい, る金之助が老, る金五郎でないこと, る金剛石と汚れたる, る金太郎はそれ, る金幣の馬簾一つ, る金持ちから貰った, る金持どもすらそんな, る金星の光り, る金曜日の第, る金木犀にうらな, る金本位さえマチマチ, る金毘羅大権現等, る金滿家の息子, る金皆其既往の失策, る金目黐垣が小さい白い, る金米糖でも上げましょう, る金縷錯乱の状, る金色の絲, る金融機關の團體客百二十人, る金融無能者は復興, る金貸が利息, る金貸し老爺何しに, る金銀価格の歴史, る金錢を納め, る金魚でうつくし, る金龍山の子, る針目正三郎の紅, る針金雀花熊笹の中, る釣客が一日静か, る釣魚雑誌の釣場案内, る鈍い物音と, る鈍き唸や, るの音, る鉄塔と雲, る鉄工場に入, る鉄工業が上古以前, る鉄条の上, る鉄鉢をさ, る鉄鎚で叩い, るに保ち, る鉱坑の瓦斯, る鉱山でゼネ・スト, る鉱山師の女房, る鉱毒の劇甚, る鉱毒事件処分案なるもの, る鉱泉所に至る, る鉱石の響き, る銀屋新七, る銀行員がその, る銀鈴が爽, る銃後の社会問題, る銃猟者に猪, る銃砲火薬類取締上調査の必要, る銅盂を以て酪, るあるに, る銚子は割れる, る銚子口の大瀧, る銭金が有, るの緑, るはどこ, る刄直に, る鋭いものの, る鋳掛屋が通つて, る鋼鉄の延板, るは鐵, る錢金が有, る錢錢錢薄暗い上, るなるらん, る錦木甲斐なく朽ち, る錦絵画家の人, るを拔かん, るの粧飾其上, る錯誤でした, る鍛冶橋畔の暗, るがねの籠, るの刃, る鎌倉の旧家, るに候, る鎮魂歌はくにぶり, る鏑木さんについての書き, るがある, る鐵塔と雲, る鐵砲傳來の歴史, る鐵道賃銀の特異, る鑛毒事件處分案なるもの, る長い岩壁を, る長さんの姿, る長唄の師匠, る長堤を行く, る長官で宇佐八幡一社, る長崎の場末, る長崎耶蘇会出版の一書, る長幼二人の裸児, る長持が二つ, る長政側近く呼んで, る長時間を費した, る長篇を書い, る長者方へ辟支仏千人供養, る長髪を二三度続けざま, る門口には恵み, る門地ある者, る門構えの家, る門灯の光り, る門閥の流弊, るを拔, るめきが, る開山の最後, る開業医が長崎医科大学学長, る開港場長崎の丸山, る開眼供養の事, る閑静な所, る閑靜な所, る間あれほど賛嘆, る間お前は金入, る間の手弄に放ち, る間前の大, る間善太の持ち居る, る間塵灰立ちあがりて盛, る間夕雲の低迷, る間新吉を上げ, る間逗留して, る関わりを持つ, る関係的なもの, る関係経典疏注すべて二百三十部四百六十巻其他を将, る関東軍司令部編制改革がこの, る関連を有, る閼伽の水, る閾越しに伺い, る闇さは闇, る闇黒のほのめき, る闊達自在の活動, るひが, る闘牛場に這入っ, る關繋を我位地, る防海壁に沿う, る防遏の手段如何, る阿呆の一生, る阿呆陀羅経の歌, る附屬の建て, る陋習を嚴禁, る陋習さへも必要, る降誕の日, る限り予の既に, る限り人間の頭, る限り何をやっ, る限り何人も仏法究極, る限り好運の調子, る限り彼等を模倣, る限り我々には何, る限り截然と區別, る限り皆鐵鍬を使, る限り空間的には何処, る限り自分の神經, る限り長命をさせる, る限界内において学問的研究, る限界線の向う側, る院内の寂々たる, るをめがけ, る陣営もなく, る陣容も整う, る除外された心持, る除害工事の命令, る陥穽とのいずれ, る陰惨さは別, る陰森凄幽の, る陰陽道は其道, る陰鬱な白味, る陳状役に選ばれ, る陳独秀のコムミュン騒動, る陳独秀等の参加, る陳腐な魂, る陳述を聞い, る陶器さがし, る陶酔があり, る陶酔感をもっ, るうづしほ, る陸上生活ばかりなん, る陸奥農相の答弁書, る陸続として断, る陸路の交通, る険道それを女, る陽性作用を致し, る陽暮れ時紀久子が二階, る陽脚に驚い, る隆盛なる産業, るなるべし, る階段に, る階級イデオロギーを組織, る階級対立は単なる, る階級支配を止揚, る階級的対立が芸術価値, る階級的権威を持つ, る階級闘争に負けた, る随伴現象に過ぎない, る随筆で書い, る隔ての襖, る隙間を埋, る際ぢやから, る際ゼウスの怒り, る際子規氏が地方, る障壁の存する, る隠れ合図をする, る隠然たる大きな力を, る隠語がある, る隣座敷の泊り客, る隣村の人, る隣邑に遊ぶ, るれたシヤアロツク・ホームズ, るはパン, る雀色の夕あかり, る雄叫び凄き豪勇, る集りはなにか, る集団的インテリジェンスの問題, る集団農場が文化, る雑木林へその, る雑物の風呂敷包, る雑用を省く, る雑種じみた脊, る雑種児の公園, る雑色男の為, る雑誌批評でこの, る雑音が心臓, る雜水の樣, る雜説にのみ空しく, る雜魚のやう, る離室におもむき, る難問に逢着, る難破の信號, る難題を持出した, る雨上りの夏, る雨垂の音, る雨後のあした, る雨戸の音, る雨水が溜つて, る雨滴に裳, る雨漏りの音, る雨粒とに身, る雨聲會に行く, る雨降りの急, る雪どけ水でもお前, る雪入道が透, る雪子が人知れず, る雪田も間近, る雪質の場合, る雪雪頽の下, る雪驪あした楽しも, るも萌黄, る雲さ雲がブラ, る雲切破風の二山, る雲南の貝貨, る雲埃の一つ一つ, る雲霧の影, る雲額のあたり, る雷雲を集むる神, る電報の中味, る電塔の, る電気会社の技師, る電氣學の發達歴史, る電波は空中, る電話の交換局, る電車製作工場に生産能率増進, る電車通りの古本屋, る電鉄会社に重役, る需要をそう, る震えをおぼえた, る震災前後の生活, る霊場には黄金何十枚, る霊岳の孱顔, る霊意識の作用, る霊感が距離, る霊智の産物, る霊水で清めた, る霊魂の欲情, る霊魂説に対してはみな反対論者, る霜夜に掻, る霜葉の方, るも白菊, る露地そこに提灯屋, る露西亜の酒場, る露酒の一瓶, るのふかい, る靈物との間, る靈藥は人間, る靈體の蝶, る青く波立てる, る青島陥落ときの私, る青年たちの顔, る青年劇団の特別出演, る青年名探偵が現われ, る青年抔になる, る青年来庵間もなく樹明君来訪, る青年男女がこういう, る青年英雄の将来, る青楼の二階, る青白い汗を, る青竹の試し切り, る青葉が薫じ, る青馬に大文字, る静けさを体得, る静寂の要素, る静止を与える, る靜寂と孤獨, る靜歌の, る靜處に於, る非常事が探偵小説, る非常手段を考え出した, る非業を遂げました, る非職官人の懺悔, る非道の夫, る非難が当, る面刀を加えし, る面外来語でも何, る面影あるには, る面白き處あり, る面白味があっただろう, る面相あドウ, る面積は五六町内, る革命的カンパニアの日, る革命的精神の総称, る革命運動頓坐以後, る革新にはまた, る靴音は生き生き, る鞍部を一面, る鞦韆は支那人, るを彼, るの茎, る音壁にあたる音, る音律は何等, る音律性が単に, る音感じをる, る音折々に聞え, る音曲に聞きとれ, る音材木が家, る音楽会の切符, る音楽家は世界, る音楽家みたいな新聞記者みたい, る音楽者が短歌, る音樂家の論じた如く, る音樂會に一人, る音樂畫圖の諸, る音樂的樣式の如く, る音樂至上主義を主張, る音樂雜誌に出, る音波のよう, る音瀬戸物の割れる, る音無の風, る音獨り高く, る音義諸書の顕晦存亡, る音色を出す, る音読した, る音静なり, る音韻が後代, る音頬を撫で, る韻律観念を排斥, る韻文は非, る響きを立て, る響き爽やかなること常, る響大盤石も動く, る響爽かなる, るに辿りつく, る頂上か溪, る頃ぢやあんめえな, る頃やうやく森町, る頃一点の灯火, る頃中町来り又もや, る頃五六間先きから, る頃京極鋭五, る頃以前のもの, る頃何處からともなく若い, る頃僕がまだようやく, る頃加藤雄策競馬で来, る頃友吉の眼顏, る頃嘉納先生来りサンボア, る頃文吾は源右衞門, る頃日光町に着き, る頃更既に明け, る頃疫病を鎮める, る頃路の左, る頃鈴木桂介来り南, る頃長雨の爲發育, る頃雪になつ, る順吉の顏, る須田町を頭腦, る預言者を其思想界, る頑丈な逞しい, る頑固党が言, る頑強さにも似, るて余, る頓作問答が恋愛, るは隨處, る領土は日, る領地を拡げ行く, る領域で最近, るの上, る頭脳反応の大き, る頼もしき例なき, る頼りのない, る頽廃的なる官能, る頽廢的な魅力, る題目について思索, る額縁や表装, るをさす, る顔回よりもむしろ, る顔折から透間, る顔貌も甚厳, る顕著な山, る顕象を以て満たされたる, る類あまたあり, る類似は獨, る類個種の関係, る顧客も稀, る顯象を以て滿, る風さへも足音, る風の音さへ御法, る風俗原理異なると, る風俗派さんは思っ, る風俗風紀の検閲, る風凉しさ, る風呂から上つて窓, る風呂敷の中, る風変りな英語, る風姿や態度, る風情袂や裾, る風景の中, る風月賀宴の手, る風格から発する, る風水害の慘状, る風流の会, る風流仏見るより, る風流道のため, る風浪烈しくし, る風狂子のそれでも, る風聞聞えなば, る風船玉のやう, る風貌の卑し, る颯爽ぶりを想像, る飛び石の様, る飛天女のよう, る飛揚の雲, る飛衞に出, る飛躍時代と呼びたい, る飛道具巨大の石, る飜訳者からすれ, るひ違, る食べ物をみんな, る食堂で酒, る食用蕈は栽培, る食虫花を思はせる, る食通と云う, る食鹽其外土地の者, る飢饉におびえ, る飮料をば飮, る飯屋の繩暖簾, る飲食店へと出かけ, る飲食衣服を得る, る飼鶯の聲, る足りな, る飽満して, る飾屋の株, る飾窓に売, る養分にも刺戟剤, る養殖家の話, る餘儀ない事件, る餘地さへもない, る餘波巖にくだけ, る餘裕があるなら, ると相, るに向かい, るじさに, る饑饉に伴つて, る饗宴に, るを擡げた, る首まりで私, る首領として總管, る香りが僕, る香料の消費額, る香木のにおい, る香気から新しい, る香煙の頂, る馬十の両, る馬士歌の箱根八里, る馬士気なき旌旗, る馬子もなく, る馬琴の作風, る馬車を警戒, る馬酔木の悪から, る馬面の若い, る駄賃とりの荷馬車, る駒井能登守様と申しまする, る駕籠宿からで, る駝鳥の卵, る駿河屋太七の店, る騎兵の二等大尉, る騎射でも打, る騒がしいタツチで, る騒ぎ何うか, るの中, る騷動を引起, る騷擾の聲, る驚きを感じた, るで下り, る驢馬の鈴, る骨董屋に紅葉, る體操の教師, る高々技術的な, る高きに登れり, る高く傘を, る高どのの欄干, る高らかな声, る高値の幻燈, る高僧ローマ法王の命, る高利貸などを択むものですか, る高利貸遭難の一件, る高原地方に立て籠っ, る高層建築の静か, る高山性地貌の粋, る高峰の幾つ, る高度な芸術的営為, る高校に籍, る高等商業學校のやう, る高等女学校に至り, る高等學校時代の, る高等官が大病, る高級インテリゲンチャの可, る高翔感的な興奮, る高行律師達に施す, る高貴の人, るおどろな人影, る髪かきもあげ, る髪の毛を掻きのけ, る髯だらけの大男, る髯将軍オットセイと称し, る鬢毛を梳りつ, る鬩ぎ合って, る鬪爭本能です, る鬱屈するもの, る鬱憤を晴, る鬱積したもの, る鬱蒼たる樹海, る鬼どもが命, る鬼カゲです, る鬼神のお松, る鬼魅の悪い, る魂等を勵, る魂胆は軽蔑, る魂苦しみのあまり, る魔形のよう, る魔物とし, る魔術の所有者, る魔術的暗示を受け, る魚屋の店頭, る魚荷の中, る魚類に於, る魚類両棲類中生代に於ける, るおほし, る鮮新な浪漫的, るなれば, るも売れれ, るは彌, るの骨, る鰻屋へ連れ込んだ, るの素人釣, る鳥打ち帽の下, る鳥打帽の大, る鳥料理屋の女中, る鳥類を手, る鳳凰の飛鳥, るの群, る鴨川の河原, る鴨緑江南より流るる, る鵞鳥は自分, るの羽, るの声, る鶏肉屋の主人, る鶏頭にこのごろ, るの木の間, る鶯谷の匕首, る鳴きて, る鶴丈というの, るで馴れる, る鹿児島の私学校, るかな天気, る麗かな日の午後, る麗しき言に, る麗らかな天気, る麥畑の詩, るに沈み, る麦穂を叩きはじめる, る麹町は平河町, る麺包の匂, る麻薬の注射, る麻雀の流行, るな灯, る黄昏のかげ, る黄昏禅僧はお, る黄海の水, る黄色の靄あな美, る黄花の薺, る黄葉しましく, る黄金を何處, る黄金時代の現出, る黄金瑠璃真珠なり, る黒南風はくらし, る黒奴を除き, る黒子と云, る黒暗々の夜, る黒木長者の孫右衞門, る黒潮海流の平均速度, る黒焼薬を持っ, る黒船の上, る黒豹くろき爪, る黒髪を両, る黒髮のあたり, る黒龍江の, る默契の成れる, る黝黯い風, る黨則改正なるを, る黨派問題の爲め, る造るに, る鼠小僧次郎吉のそれ, る鼻たかだかの手柄話, る鼻垂を嘲る, るには頭, る龜趺を缺