青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「もつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

もちろん~ ~もっ もっ~ ~もった もった~ ~もっと もっと~ ~もっとも もっとも~ ~もつ
もつ~
~もて もて~ ~もと もと~ もともと~ ~もとより もとより~ ~もどっ もどっ~ ~もの

「もつ~」 12805, 123ppm, 858位

▼ もつ~ (4954, 38.7%)

240 ゐる 138 ゐた 83 ゐるの 72 来て 65 ゐると 52 ゐるもの 46 ゐて 44 ゐること 38 きて 32 居る 29 ゐない, ゐます 28 ゐたの 21 すれば 20 しても, ゐるやう 19 ゐたが 17 これを, ゐる人 15 ゐるから 14 いつて, それを 13 いた, ゐたこと, ゐました, ゐるか, ゐるが, ゐるので, 來て 12 しては, ゐなければ, 彼の 11 いる, ゐたので, 出て 10 ゐても, ゐるん, 来た, 私の 9 ゐたから, ゐるわけ, 任じて, 來た, 私は 8 いるの, ゐるに, ゐれば, 自分の, 見て 7 ゐなかつた, ゐる筈, 居るの, 私に, 私を, 表は

6 [12件] いつた, いると, きました, くると, やつて, ゐたもの, ゐたやう, ゐるけれども, ゐるといふ, ゐる者, 來いの, 答へ

5 [15件] いること, きた, こいの, ゐたと, ゐないもの, ゐますが, ゐるうち, ゐるところ, ゐる人々, 居ると, 心の, 来ました, 現はれ, 眺めて, 聞いて

4 [26件] ここに, これに, それに, それらを, はいつて, ゐるかと, ゐるため, ゐるだけ, ゐるだけに, ゐるであらう, ゐる人間, 何も, 僕の, 入つて, 居つた, 彼は, 彼女を, 感じて, 描いて, 浦島の, 現はれる, 生れて, 行くの, 行は, 見ると, 迎へ

3 [61件] あの人, いきました, いたと, いて, いながら, いるので, いる人, おいで, くる, さへ, そこに, のしか, ゆくこと, わたしは, われわれの, ゐたに, ゐたらこの, ゐないこと, ゐないといふ, ゐないの, ゐないやう, ゐながら, ゐるあの, ゐるかといふ, ゐるこの, ゐるその, ゐるで, ゐる事, ゐる人たち, ゐる私, 一つの, 人に, 他を, 任ずる, 口を, 始める, 始めるところ, 存在と, 居つて, 彼に, 彼を, 待つて, 明日の, 来い, 来いの, 来たか, 来たの, 来る, 来るの, 正義を, 現は, 生きて, 生れた人間, 知られて, 示して, 自認する, 行きながら, 行つてゐる, 言つた, 言ひ, 読んだ

2 [224件] あたりを, あちこちに, あなたを, いこうと, いないで, いなかつた, いなければ, いふこと, いぼを, いるとは, いるもの, いるよう, いる人間, いる奴, いる薬, おつて, きたの, きたもの, くるの, くれば, こ, こいつていう, こいといふ, この世に, この事, この作品, この古い, これが, これこそ, した, すぐに, すつかり, する, する敬虔, せよと, そつと, そのこと, その光輝, それが, そんなこと, では, まんまるい味瓜が, みても, やること, ゆきたま, ゆく, ゐさ, ゐさうに, ゐたかといふ, ゐたところが, ゐたのに, ゐたり, ゐた人, ゐた古い, ゐた金, ゐないから, ゐないと, ゐないので, ゐなかつたので, ゐなくては, ゐましたから, ゐましたので, ゐません, ゐら, ゐるかも, ゐるかを, ゐるさ, ゐるし, ゐるだらう, ゐるだらうか, ゐるつもり, ゐるとは, ゐるのに, ゐるばかり, ゐるんぢ, ゐる作家, ゐる俳優, ゐる光りで僅か, ゐる場合, ゐる好い, ゐる方, ゐる時代, ゐる此, ゐる点, ゐる物質, ゐる状態, ゐる社会的価値, ゐる精神的, ゐる限り, スピッツを, 一抹の, 上より, 世に遊ぶ, 世人を, 世界に, 之等の, 二人の, 云べからず, 人を, 人間の, 今の, 今日の, 仕事に, 他の, 他人を, 充す, 先生に, 出掛けて, 分らない, 動物の, 勝負を, 可能な, 單に, 器物を, 四方四五十歩, 国民の, 堂々と, 多くの, 大衆を, 天下国家を, 女と, 妾が, 始めて, 始めなければ, 學問の, 実を, 客の, 家へ, 居た, 居たと, 居たので, 居て, 居りました, 居るから, 居るが, 居ること, 居る様, 居る理性, 居る語, 彼らの, 彼女に, 彼女の, 彼等の, 彼等は, 心に, 意志を, 打つて, 打砕, 拒ことなかれ, 指さしその, 斯いふなり, 旅に, 書いて, 最後の, 月見草を, 来たところ, 来た果物, 来なければ, 来ると, 来るに, 此の, 此地椿を, 此湯温から, 歴史を, 歸る, 注意し, 滿足する, 無上の, 父の, 物を, 特にすぐれた, 現はれた, 生の, 生れた女, 生れた近代世紀, 生涯の, 生涯を, 畳に, 發音される, 目の, 直ちに, 相場氏に, 眞理の, 知るべし, 私達に, 立つて, 考ふる, 考へるの, 臨んで, 自らを, 自ら任じ, 自分が, 自己の, 芸術家の, 苗床の, 著述など, 蔽はれ, 藁を, 行かれて, 行くこと, 行つた, 行はれる, 行動し, 見た, 見られ始めて, 言葉を, 許された, 誌した, 語つてゐる, 語られて, 語られるの, 貢献に, 責任を, 足れりと, 踏み込んで, 身を, 迎へる, 近づいて, 追つかけ, 遊びに, 門戸を, 雪の, 飾られて, 魂の

1 [2692件 抜粋] あいぬ, あたらずさ, あなたの, あの大空, あらはれぽい, ありさ, ある要塞, いかなけりや, いきなりぷいつとその薬, いくと, いけと, いただろうな, いた彼林田先生, いつたが, いつもの, いない外国語, いはせれば, いらしつて, いるだけ, いるとしても, いるん, いれば, うしろから, おいでに, おこなつた, おらぬ, おりません, お帰り, お答えは, かかげられた, きいて, きたので, きた場合, くちづけした, くるといふ, くるウナリ, くれさうな, くれますか, ぐん, こいつて, こつちを, この世の, この壜, この手, この梅, この老婆, こられた, こんこんと, さう, さやう, しかるべく御, したやう, しはじめる, し籠絡, すり抜けて, するに, する才男, する舞台表現, そこを, そのキジ, その二日目, その埃, その後永く, その手首, その歓心, その由, その空虚, その表書, その野, それから, それも, そんなに痩せ, たち向, だきすくめた, ちやんと, つねに最大, であつ, とぼ, ながめた, なすべしましてや, のぞまなければ, ばかに, ひどく感謝, ふと青木卓一, ぶつつかつた, ほしいの, まいりましよう, ますます急激, まだ四年, まはる新聞輪転機, みごとな, みますけれど, もう走り出さう, もらひ後, やつぱりつい右の, やれと, ゆくであろうという, ゆけ代, よく語つて, らしつたわけよ, わが軍, われわれに, ゐたあの, ゐたかも, ゐたで, ゐたなら最初, ゐたらそこ, ゐたん, ゐた事, ゐた小泉八雲, ゐた意識, ゐた渡瀬ドクトル, ゐた男, ゐた頃, ゐないさりとて, ゐないでも, ゐない一室, ゐない代り, ゐない自分, ゐなかつた事, ゐましたそこで, ゐますとも, ゐられようと, ゐるかなどと, ゐるすべて, ゐるたくさん, ゐるとかいふ, ゐるなつかしい, ゐるのよ, ゐるらしいの, ゐるわたし, ゐる一つ, ゐる作品, ゐる先輩, ゐる動物, ゐる哲学, ゐる土牛, ゐる女, ゐる少し, ゐる情趣, ゐる扇子, ゐる文学, ゐる有力, ゐる梁, ゐる演劇本質論, ゐる王, ゐる男, ゐる社会感覚, ゐる自然科学的面貌, ゐる著者, ゐる親方, ゐる讀者, ゐる頃, ゐ為の, カーリーが, スワデシの, ソン将軍を, ツンと, ハタハタと, ピランデルロを, ヘゲモニイを, マカリッチさんの, ルオーの, 一つ仕事に, 一人の, 一字一画ゆるがせ, 一度び千島列島, 一本の, 一生を, 丁寧に, 上つた, 下さいました, 不意に, 世に問, 世界を, 世路の, 中途で, 乗りこむこと, 事務能率上の, 二十を, 云つてゐるらしい, 互ひ, 人民に, 人物場面ことごとく, 人間を, 今も, 仏蘭西十八世紀を, 仮りに, 任ずる人間が, 住んで, 何かの, 何事かを, 作つたもの, 作家の, 來たなら, 保護され, 俺の, 偽りを, 傳説と, 僕だけが, 元気を, 先刻から, 入室者を, 全身的に, 共感され, 其処にずつと, 内部を, 冷い, 出かけるの, 出家した, 刑務所から, 判らない, 刺交へる見得, 創作する, 功徳の, 勝負事に, 医者か, 千百の, 卓子を, 印象を, 原稿なども, 参りませうか, 反對, 受胎されるべき, 叫んで, 合点が, 向方側の, 吾, 呼ばれる, 呼びあひそれからまた, 命令する, 問ふたる, 喜びも, 嘗てこの, 四角に, 国家に, 圓く, 地の, 坪内博士に, 執筆机にか, 報いられる外, 壇の, 外出する, 夢の, 大先生, 大智氏の, 天の, 天神に, 女帝の, 如何に, 始まるの, 始めらるべきである, 娘の, 安里を, 定住せない, 客に, 宵, 實踐した, 導かなかつた, 小説の, 居たあらゆる, 居つたから, 居つた樣, 居られた, 居り今日, 居るほどの, 居る事實, 居る者, 岩木川下流地方の, 川島家から, 巷間に, 帰るそれ, 常に自ら, 幸福を, 幾時間も, 庭中を, 引き出されたの, 弟子の, 当面し, 彫刻的な, 彼等に対するの, 律しよう, 徒らに, 御親切, 心からしつ, 応酬し, 思ひ返した, 急行應戰した, 恰も神, 悩ましい, 惹きつけられて, 愛嬌の, 感投詞を, 我々と, 我を, 我慢した, 戦線に, 戸外に, 扉の, 打合せなかつたこと, 投げつけたので, 抱く苦しい, 抽象的な, 指示する, 探偵しよう, 控えて, 描いた圖解, 描かんと, 擽られるおも, 政界の, 散漫なる, 數へる, 文官試驗を, 新しい道, 新進作家を, 旗挙げ, 日本人に, 昔の, 時の, 時間の, 暴れ出し玄関, 書いたの, 書かれたもの, 書かれ熱情, 書き誌, 最優等, 有耶無耶の, 木挽町で, 本會場, 来いだ, 来たが, 来たり, 来た女らしく, 来た為, 来てを, 来ましたから, 来ること, 来るわ, 東京へ, 枕に, 柱と, 構えて, 模範的人間と, 橇の, 止んだ, 正親町天皇の, 武江年表を, 歩き女, 歴史と, 歴史的發展の, 死ぬやう, 殴つたらしいな, 民百姓を, 永劫に, 沈んだ處, 泊りこみのみならずそれ, 泳いだり, 流れ込む遠い深, 海外で, 消える, 測つたもの, 湯とも, 滑稽の, 演説の, 漸く意志, 灰色を, 無理に, 然るべきだ, 燃えひらめいたので, 片頬, 特にこの, 犬共に, 獲得しなけれ, 現れるもの, 現實, 甘んじて, 生きる道, 生れた人, 生れた闊達, 生長し来りぬ, 由子の, 町子の, 當らね, 疾くシーボルト, 發足した, 盛り花の, 盲目的に, 相應, 眞理を, 眠つてし, 眺めること, 眼前に, 矜り, 知られる論理的概念, 石にか, 磨きを, 示すこと, 祖先の, 私によ, 稱せられる, 突撃し, 立ちのぼる香煙, 立体的な, 第一, 簡潔に, 約束された, 素質あり, 終るしたが, 組織されたる, 結婚した, 絶えず此, 編成した, 總括する, 老婆の, 聞いた, 聞く, 職業として, 胸に, 脳天どやされます, 臨むこと, 自他共に, 自分を, 自治生活を, 自研ぐ, 船会社へ, 花片や, 苦しみを, 藤子にだけ, 虎視眈々知らない, 行かうかしらん, 行かぬといふ, 行きますよ, 行くだらうと, 行くはずみ, 行けば, 行つた二杯目の, 行つてすぐ, 行つて各国の, 行つて息を, 行つて見せました, 行はれた, 表現され, 表現なりと, 補ひ, 要求せられる, 見えて, 見なければ, 見られて, 見ること, 見る人, 見直したいの, 視られるやう, 言える学生, 言ふ, 訪ねて, 話すの, 認じ, 誘惑しよう, 語られても, 語り得た唯一, 読みつ, 読んだ農民文学, 諷したもの, 證言できる, 讀んだの, 貧乏した, 貴しと, 質素である, 足もとを, 踏切を, 身延に, 輕井澤の, 迎へられた, 迫つたことは, 迫られても, 追つて, 逆卷き流れゆく, 通俗性と, 造られたもの, 進みそれ, 進んで, 遊興なし, 道の, 遠い距離, 還元し, 酒を, 量りし, 長閑な, 開拓仕り, 阿呆らしい, 隣室へ, 難ずる者, 静かに, 音楽は, 顔を, 食事する, 香ばしからぬ, 駿介には, 高々と, 魂と

▼ もつ~ (3872, 30.2%)

24 もつと 22 何か 17 他の 16 いふこと 15 別の, 正確に 14 大事な 13 ほかに, 具体的に, 別な 12 根本的な 10 大切な 9 すれば, 多くの 8 上手に, 外の, 本質的な, 正直に, 複雑な, 適切に, 重大な 7 廣い, 立派な, 自分の, 遊んで 6 先き, 怖ろ, 根本的に, 自由な, 遠くへ, 静かに

5 [14件] はつきりした, ひどい, ゆつくり, 切実な, 大きな声, 彼の, 惡い, 物に, 精神的な, 考へて, 自由に, 違つた, 適切な, 面白いこと

4 [33件] ひどいこと, ほかの, 上の, 他に, 具體的に, 切実に, 切實な, 前から, 前に, 前の, 厳粛な, 古くから, 合理的に, 多勢の, 大膽, 廬に, 強烈な, 悪いこと, 手入れが, 日ざらし, 気楽に, 氣を, 痛切に, 真剣に, 端的に, 細やかな, 綺麗に, 自分を, 自然な, 進んで, 適当な, 面白いもの, 高い静寂

3 [73件] あるぞ, いろ, いろんなこと, きれぬ絲, ずうつと, もつとよ, ゆつ, よく知る, わるい猛, 一人ぼつち, 優れた男ぶり, 先の, 具体的な, 厳密な, 堂々と, 外に, 多かつ, 大きく, 大きくなれ, 大胆に, 奥の, 好いの, 完全な, 屡さう, 後の, 心の, 心を, 念入りに, 思われる, 日本の, 早く, 早くに, 明確に, 時代の, 根本の, 極端に, 氣の, 沢山の, 深い, 深いところ, 深いもつ, 深いもの, 深刻な, 漠然とした, 率直に, 皮肉に, 直接に, 真面目な, 私に, 私の, 私は, 積極的な, 積極的に, 簡単な, 簡単に, 簡單に, 純粋な, 素直に, 自信を, 自然に, 自由で, 落着い, 親密な, 話して, 足を, 身に, 遠くに, 適確に, 離れて, 静かな, 非常に, 面白い事, 鷹揚に

2 [263件] あつち, あつて, あの人, あの方, ある, あるかも, い, いいの, いただいても, うぶな, きかして, くれと, こちらへ, さきの, しかつめらしい顏, しつかりして, しつかりやつ, しなやかに, しんみりと, すべてを, そこに, そばへ, それに, それを, ちやんと, どうかし, どうかした, はつきり言ふと, ひどいの, ひどかつ, ひどくなる, ふけて, ふさは, ほがら, ゆつくり歩い, よい物, よい生活, よくお, よく知り, よく見よう, よく見る, わるいこと, われわれの, ズッと, ノーブルな, ハイカラに, ハツキリ知らし, 上にも, 上等な, 下々の, 不思議な, 世間的の, 乱暴な, 人に, 人間性の, 他を, 以上の, 俺は, 偉大な, 健全に, 元気を, 元氣, 充ち張つて, 先に, 先へ, 先を, 内的な, 冷いものを, 判り易く, 前, 効果が, 北に, 卑しいもの, 卑近な, 古いと, 古いところ, 古い時代, 可愛い, 可愛が, 右, 同時にその, 向ふ, 善い物, 困ること, 声高に, 変つた話を, 外へ, 大きい子供, 大きかつ, 大きくな, 大きくなつたら, 大きなところ, 大きなの, 大袈裟に, 奇妙な, 奧へ, 寄つて御, 寄つて御覧じ, 寢か, 小さい声, 小さい金色, 山の, 山奥へ, 己れ, 平均にね, 平靜な, 幸福だ, 幸福な, 幸福に, 広い, 広い意味, 広い範囲, 広くもつ, 広大な, 廣大な, 建て込んで, 強かつた, 強く, 強くもつ, 強くよ, 徹底的に, 心理的な, 快活に, 思います, 思ひ切つて品, 急が, 悪い事, 悲しいこと, 情ないもの, 愉快に, 意地の, 愛して, 慌てて, 我々には, 手短かな, 手近な, 掬つて食べよう, 搗いて, 文化的な, 新鮮に, 方面を, 早くこの, 早くなぜ, 早く來, 早く帰つて, 早く気, 早く知らせ, 明らかに, 時間の, 智慧を, 有るも, 有力な, 有効に, 本当な, 本格的な, 本気に, 本當, 本能的な, 柔かで, 根柢の, 極端な, 楽に, 此方に, 此方へ, 残酷に, 毛並みの, 毛竝みのよい, 気の毒な, 気を, 決定的な, 沢山に, 注意を, 活きて, 涯かに, 深い意味, 深い處, 深く考へ, 清らかな, 温かい脂ツ, 温かな, 演劇的要素の, 激しい言葉, 烈しい勢, 無いかと, 無慈悲な, 猛烈で, 現實的, 甚い, 生きて, 生活の, 盛んに, 直接的な, 相手を, 真実な, 眼に, 石を, 研究し, 穏やかな, 突つこん, 突込ん, 突込んだ, 素晴しい, 素朴な, 細かに, 綜合的な, 緊急な, 美しい色, 美しい色彩, 美しくある, 美しくて, 美しくもつ, 聲高に, 自分で, 色々の, 芸術的な, 若い人達, 苦しまなければ, 落付い, 落着いた, 複雑かぎりなき, 複雑で, 複雜で, 複雜な, 話を, 詳しくいふ, 詳しく言, 詳しく説明, 調べて, 變つた話を, 豊かな, 豐富な, 貧乏な, 赤井と, 身の, 身近かな, 近いところ, 近くに, 近くへ, 退れ, 遙かに, 遠い, 遠くまで, 遠くを, 適切には, 適當な, 都合の, 重要な, 金持に, 長いの, 関係が, 降つて, 降れ, 離れたところ, 頑張つて, 頭を, 顔の, 食べて, 馬鹿だつたせゐ, 高い, 高いところ, 高尚な, 高級な, 鮮新で

1 [2603件 抜粋] ああし, あつさ, あの旅, ありますかね, あると, いいとこ, いい加減に, いう, いけないこと, いたはつ, いふもの, いわれる変装, うまいもの, うまく剃らん, うんと高く, おいしいけれども, おほ, お声, お母さんは, お蹴り, お飲み, かたぎな, きれぬ糸, くつろいだ自然, くわしく調べた, こころもちを, この本, さういふ風, さびしく, ざらざらした, したらそれ, しつかりしたもの, しつかり確かめなけりや, しやりしやりしたもつと, すぐれた人材, すらりと, その上, その比喩, それよりも, たくさんあるらしい, たのしい, だめな, つきつめた事, でかい石, とれるで, どうにかなる, どしや, なけ, なにか思, なんとかお母さま, のみ込みたいと, はつきりと, はつきり歌へ, はやく歩け, ひどい世界, ひどい憂欝さ, ひどくなつ, ひろいもの, ぴゅうと風を, ふざけて, べつな, まづい, みんな騒がない, もちよい, もつともつと緊張, やさしくする, ゆとりが, よい批評, よい足場, よくそれ等, よく似合, よく思へ, よく火, よく考へたい, よく見きはめ, よく調べ, よく開拓, わがままで, わるい, ゐたつて, ウンと, ジカな, スローモーションで, テンポを, ハツキリと, ブルジユワである, マジメに, ユックリと, 一体に, 一般的な, 丈夫に, 上よ, 上方へと, 下手だ, 不幸だ, 不振であり, 不純な, 世間が, 主人公を, 乗つて, 云うこと, 云つてや, 人を, 人柄が, 人間くさい, 人間本能の, 仔細に, 仕合せに, 以前恐らく, 仲よくなる, 会ふ, 低い聲, 住心地の, 何かを, 何とか有, 何物か, 作者の, 便宜的の, 信ずべきはず, 偉いこの, 健康性を, 僅かな, 僕は, 優しいひと, 優しくし, 充分な, 先まで, 入らつし, 六づかしい, 典型的な, 冗談口を, 冷酷に, 凄じい駅長, 処女で, 出鱈目な, 切ないこと, 利き目, 前へ, 創造者に, 力一杯つかん, 助平な, 勇敢だ, 勉強する, 勢ひ, 北方の, 卑屈な, 単純に, 厄介な, 原形に, 厳しく彼女, 叔母に対して, 口に, 古い傳説, 古い歴史, 古い神道, 古く形容詞, 古く這入, 古代のに, 可愛がる, 各自の, 同情の, 同胞の, 向うへ, 吟味を, 呪へ, 哲學人らし, 善い遺産, 單純な, 困つて, 國語, 地理的環境や, 堂々たる形式, 増やすの, 変化が, 多い, 多いに, 多数の, 大きいこと, 大きい山水, 大きくし, 大きく廣, 大きな, 大きな世界, 大きな原因, 大きな希望, 大きな意志, 大きな時代的苦惱, 大きな物, 大きな竜, 大きな買物, 大きや, 大人と, 大勢臺所に, 天つ, 太い蔓, 奈様か, 奥深いところ, 女らしい心がけ, 好い役, 好い衣食, 好評な, 妥協の, 委しい私達, 嫌な, 子供つ, 學問的に, 安心な, 実力発揮の, 宮沢の, 寂しくなれ, 寒い日, 實感に, 尊い神, 小さいつてどれ位, 小さい島, 小さくて, 小さな聲, 少なく石, 山ふかい, 岩乘に, 巧みに, 巻き付けるの, 常識的に, 平凡にも, 年若だつたら, 幾らでも, 広い地域, 広い眼界, 広い言語技術, 広く国語科, 広く考へ, 度々お出で, 廉くも出來る, 引下げること, 弱くて, 強いはたらき, 強い意味, 強い程度, 強くならなけれ, 強く出, 強く犇, 弾いて, 形を, 彼が, 待ちま, 後に印象的, 微々たる囁き, 徹底できない, 快心, 思ひも, 恍惚した, 恐ろしいの, 恟々と, 悠くりもつと, 悧好な, 悪くなる, 悲しくもつ, 悲痛な, 惡人に, 意外な, 愛する嬉しい, 感激が, 慘憺たる, 懷か, 我々を, 手を, 手軽な, 打ち融けた話しぶり, 技倆を, 拝見したい, 探して, 擴げたかつた, 教育の, 整理が, 斑點の, 新しい考, 新式だ, 旅が, 日本人を, 早い時代, 早くあそこ, 早くから行, 早くその, 早く云わなかつた, 早く出す, 早く学問, 早く救援, 早く来よう, 早く此処, 早く目, 早く言わない, 早く起らなかつた, 昂然たる, 明るく見える, 春たけ, 時局に, 晴れ晴れした, 暗い部屋がい, 書かう, 書き流す態, 有力に, 有機的な, 未練らしくはなした, 本式の, 机上の, 東京に, 根強いもの, 根深く進ん, 楽しくなるだらう, 楽観的で, 樹立の, 歌が, 歓喜に, 正しい理由, 此が, 此処は, 歩くんぢ, 死人の, 気が, 気まぐれに, 気持を, 氣紛れに, 永遠性の, 汚れて, 沈靜な, 沢山書きたい, 治療したら, 波が, 泣せず, 洗煉された, 活溌に, 深いしかし, 深い事情, 深い心持, 深い気持, 深い透徹, 深く両性, 深く探り, 深く沈み込む, 深く行渡らね, 深刻に, 混沌と, 温かだ, 溯つて源氏あたり, 滿足だつたら, 漢文流に, 激しいそして, 激しく僕, 濃い形, 火に, 烈しい度合ひで, 無人な, 無神経な, 熱くし, 爽やかな, 物凄い檀家総代, 狡さうに, 猛烈だ, 獨立獨行で, 現代的な, 現金が, 理解が, 甚だしくよごれた, 生き永ら, 生活實感に, 申しますと, 町から, 疲れ切つて, 痛ましいの, 白いもの, 皆んなうまく, 目覺ましい, 眞劍な, 真剣で, 眠つておいで, 睦まじくなるべき, 短いもの, 短く簡略, 砕けりやい, 確りしなくち, 神に, 神聖視され, 科學的合理性の, 穏かに, 空氣の, 立ち入つた考, 第一義的な, 簡明で, 粗朴, 系統的な, 素早く何故, 素直で, 細く水はちよろちよろ, 統一し, 継続的に, 続けろ, 緊要な, 繼續し, 美しいそして, 美しいもつ, 美しい立派, 美しくなる, 美人でなく, 考へ, 考へなければ, 考へられ得る社會的身體, 聡明な, 肝心だ, 背の, 能動的に, 腰を, 自分, 自己といふ, 自然の, 自由な考へ, 良い分別, 良い聟, 色んな音, 芸術式に, 若い中, 若く見える, 苦しか, 草が, 菊池さん自身は, 華奢な, 著しいこと, 蔭の, 血みどろに, 行はれ, 複雑し, 西洋劇を, 見た儘, 見栄えが, 親しくもつ, 親切に, 解りやすい, 言つて見れ, 言へ, 訊きたい氣, 詩的でない, 詳しい批評, 詳しい説明, 詳しく云え, 詳しく紹介, 詳しく訊かう, 詳しく鮮, 認めて, 読むべきもの, 論語を, 證據が, 豪いや, 貴族的に, 賣れます, 超地方的, 身分相応な, 軽く, 輕い, 辛抱し, 近いと, 近く出, 近よ, 迫力の, 通俗的な, 速く馳, 進んだ交渉, 道化ろと, 違うたもの, 違つた話し方で, 遠い旅だと, 遠く思, 遥に, 邪惡な, 酷いだらう, 醜いもつ, 重い病気, 重傷者が, 金持の, 鋭い物, 鋭く細か, 長い語, 長くつて, 長く生き, 閑地に, 陰惨な, 離れた位置, 露骨な, 靜止した, 面白いところ, 面白くなる, 頭の, 食べたいと, 飲んで, 驚いたこと, 驚ろくべき, 高い人類, 高い方, 高く売れ, 高價, 高遠な, 黒つ

▼ もつこと~ (367, 2.9%)

19 ができる 17 になった 11 ができた 10 ができない 8 が出, が出来る, になる 4 ができなかった, が出来ない, である, にした, になり, のできない, の出来る, はできない 3 ができず, になっ, になつ, の出来た, は出来ない

2 [21件] がある, ができ, ができないなら, ができなかつた, が出来, が大切, だらう, となった, となる, となるであろう, にさ, になるでしょう, によってはじめて, に本能的, のできなかった, のできる, は一般, を, を心から, を禁じた, を証明

1 [197件] ありませんよ, からが無理, から始め, から教わった, から来る, があ, があっ, がありました, があるなら, がお, がかなうでしょう, がしかた, ができなくなり, ができぬ, ができました, ができましょう, ができます, ができません, ができるでしょう, がない, がなかっ, がなけれ, がわかった, が一寸, が不可能, が人間, が出来なく, が出来なくなった, が出来ぬ, が出来るであろう, が出来ん, が嫌, が屡々, が必要, が深く, が確め, が稀有, が非常, この二つ, さえも重吉, じゃ, すら小学生, すら許されない, だ, だから, だけでなく, だと, だといふ, だな, ちょうど地球, でありこの, であり何, であると, であろう, ですよ, でなく, では, でもうすでに, で女, とである, とはどうしても, とは別, とは矛盾, と思えます, と想像, なくその, なく与えあう, なしに, なんて一番, にある, において西巻, にします, にならない, になりました, になります, にはまだ, にもっともっと, によってかれ, によってそれ, によってより, によって何ぴとも損, によって個体, によって問題, によつて, に何, に依つ, に対して遺憾, に心がけた, に馴れ, のある, のうち, のほう, の出来ない, の奨励, の必要, の意味, の負担, はあり得る, はある, はこ, はこの, はちやう, はできぬ, はできません, はどうにも, はなんら, ははじめ, はま, はまことに, はまさに, はよい, は一層, は不可能, は不幸, は伸子, は何, は俳句道, は出来ず, は出来なかったであろう, は出来ぬ, は困難, は夙に, は大した, は嫌, は少し, は已む, は必要, は愚か, は慥か, は断じて, は滅多, は父, は物, は生き, は空しい, は許さない, は許さん, は証明, は語っ, もある, もできる, もないだろう, もなかっ, もよろしい, も不可能, も出来ん, も可能, も叶わず, も彼, も恐ろしい, も極めて, も無常, も針, も難しい, よね, をここ, をしない, をば見逃す, をよろこばれました, をスウェデンボルク, をスパイ, を三ツ子, を人生的, を伸子, を取り出し, を否む, を大抵, を子供たち, を市民, を希望, を彼, を得意, を忘れ, を恥, を悪, を愛した, を指摘, を教, を理解, を痛感, を矜, を示し, を示した, を示す, を要求, を許さなかった, を許されず, を許されない, を許せなかった, を証拠立てる, を誇りげ, を認めざる, を誰, を避け, を銘記, 少なくしかも, 覚えてて

▼ もつもの~ (309, 2.4%)

26 である 18 では 17 であること 96 だと, だという, であるかという, でなければ 5 であるという, です 4 であるから, であるが, であると, は 3 であった, であり一, でないこと, ならば, の肉体

2 [15件] があろう, だった, であるか, であるのに, であろうか, でも, で私, との二つ, とロック, と思はれる, と見, なの, にし, になる, 以外に

1 [144件] あにただ, かそれ, かという点, かという評価, かまた, かを書く, かを知っ, か正直, か疑問, が, がある, がいる, がない, がひとつ, が一囘以上, が九州, が各々三字以上, だから, だからね, だが, だとは, だろうと, であったと, であって, であつ, でありそこ, であります, でありますが, でありません, であり甲, であり社会, であるかを, であるけれども, であるとか, であるとも, である以上, であれば, であろうと, でこれ, でしたろう, ですが, でその, でないから, でないならば, でなかったこと, でもあった, でイプセン, で天皇陛下, とあっ, とし, としてその, としてそれ, として受けとった, として大量的, として好ん, として幅, として待望, として必ずしも, として悠々, として描い, として登場, として私たち, として素子, として経験, として考え, として表現的, として許す, として評価, として読むべきで, とする, となっ, とはならなかった, とは夢, とみえる, ともたざる, と云わなけれ, と同じ, と思う, と思はれた, と想定, と成っ, と確信, と私, と考え, と考える, と考え得よう, と考え得られ, と考へられる, なのに, ならその, にあらず, にけっして, にことたれり, にすぎない, にち, にはもつ, にひとつ, に傾い, に外, に非, のこと, のする, のやう, のよう, の一人, の住む, の圧力, の容易, の少なく, の必然, の怠慢, の美, はこれ, はさ, はつねに, はない, はまた, はマルクス, は今日日本, は同一, は妹, は学生自身, は教区, は松島正五郎, は検察官, は誠に, ばかりであった, ばかりでなく, もあり, もある, もなく, もまた, も反感, も好意, らしいよう, らしく私たち二三人, を, をそれ, を各々五種づゝ, を吾, を惹きつける, を或, を第, 又はもたう

▼ もつよう~ (178, 1.4%)

62 になった 16 になっ 13 になる 11 になり 7 になりました 3 に思われる 2 なの, にし, にしよう, になるであろう, になるでしょう, になれ

1 [54件] すもないので, だ, だった, なある物, なこと, なことさら, なもの, な不安, な人, な勤労心, な反, な大きい大きい, な建物, な恰好, な政治, な村, な気, な男, な眉, な知人, な石, な者, な自由, な要素, な遊星系, に, にあるいは, にされる, にした, にすすめろ, にする, にそう, にと伸子, になったら, になつ, になられた, になりたい, になるだろう, にもし, にレンズ, に二人, に作られ, に円筒形, に創られた, に受け取られる, に吹き落ち, に扱われ, に柄, に祈っ, に考えられ, に造られた, に飛躍, に鳥, よく云っ

▼ もつ~ (159, 1.2%)

23 である 6 であるから 54 でなければ 3 か, だが, であった, です, はその 2 が普通, だらうか, であります, であるが, でも, は自然

1 [94件] かさっぱり, かその, かということ, か解らない, が今, が公卿心理, が匹夫下郎, が好き, が嫌い, が当然, が新しい, が本来, ことで, ことや, だから, だけれども, だと, だろう, だろうかと, だろうねと, つぴき, であったこと, であっては, でありまして, でありますが, であるか, であること, であれば, であろう, でしょう, では, と並べ, ならどんなに, にさえそう, にねえ, に小指, はあたりまえ, はこの, はそれ, はどんなに, はむすこ, はむろん, はもとより, はアメリカ, はデモン, は一〇・三〇, は事實, は勿論, は十分, は同じ, は君, は土地, は土地生まれ, は地球上, は当り前, は当然, は心配, は必ずしも, は朕, は林町, は案外, は止さう, は爰, は父兄, は當然, は眼皮, は能楽唯一, は自分, は自分自身, は言うまでもない, は許されない, は誰, は遠望, は間違っ, もいい, もそこ, もよかろ, もオレ, も着物, も金, よ, ように, を佳, を忘れ, を条件, を示すであろう, を私, を許し得ないらしかった, を誇り, を通則, 中から, 権利が, 権利を, 眼にこそ

▼ もつという~ (59, 0.5%)

13 ことは 5 ことが 4 ことである, ような 3 ことに, ことの, ことを, のは

1 [21件] ことこの, ことすら, ことだ, ことでしょう, ことでなけれ, のだろう, わけじゃ, わけで, わけには, ハッキリした, 事から, 事は, 作用及び, 前代未聞の, 気風を, 独特さも, 男です, 科学論の, 結果に, 蓋然性は, 観念でも

▼ もつ~ (59, 0.5%)

5 しても, 至つた 3 至るの 2 すぎない, ちがいない, 至つたのは, 至るか

1 [38件] いたったという, いたったについては, いたったの, いたって, いたつたわたくし, いたつた存在, いたるその, すぎぬ, せよ反感, ふさわしい夢, 到ってから, 必要な, 拘はらず少く, 拘らず芸術的価値, 止まるという, 止まるといふ, 火が, 相違ない, 至った, 至ったか, 至ったこと, 至ったその, 至ったの, 至ったガールフレンド, 至った一夜, 至って, 至らざる処女地, 至らない, 至らないといふ, 至らなかったマルクス青年, 至りこれ, 至るだろう, 至るもの, 起因する, 過ぎない, 過ぎぬと, 違いない, 限る

▼ もつたい~ (57, 0.4%)

13 なし 8 なくも 5 ないな 3 ない, なくて, をつけ 2 ないわ, もない

1 [18件] ないが, ないくらい, ないなあと, ないね, ないも, ない不動樣, ない仕合せ, ない手蹟ぢ, ない杖, ない殺し, ない程, ない美人, ない言草, ない話, をつける, 無い事, 無い場所, 無い程

▼ もつ~ (48, 0.4%)

1 [48件] があるなら, がいなかったらしい, が一人, が内容, が反対, が多く, が病気, が統計的, が自分, が西洋, であるが, であると, でだから, ではない, でもそれぞれ, でボーア, との相違, とは創られた, とも見えず, には一読, にも選者, に斯, に限っ, のあくび, のたま, の場合, の気持, の腕しだい, の誰, の足音, の非常, は, はあつ, はまた, はデンマーク人クローマン, はボイコット, は人間, は勿論, は幸福, は恐らく, もあります, もあるだらう, もこのごろ, もひそみ, もゐなく, や感じ, をさし, を私

▼ もつ~ (39, 0.3%)

4 のである 2 のは, やうな

1 [31件] からである, からよ, が, がいま, がもはや, が何, が併, けれどもかもじ, こと, ことだつた, ことは, だけでも暑, だけでも胸, ときは, ので, のです, ので簡単, のに, のにその, ものの何しろ, ものは, んです, 人々は, 佳作に, 小さな牧場, 昔一緒に, 時はじめて, 時俺は, 瞬間また, 藤岡のから, 頭痛が

▼ もつとも~ (39, 0.3%)

3 です 2 これまでに, ごもつ, 洗煉された, 軽蔑すべき

1 [28件] それ以前に, だと, でご, でございます, ですが, でも, なり, には思ひ, に思はれた, はなやかな, 仲善かりし, 危い, 困つたな, 大なる, 天も, 奧深い, 好感の, 怒る点, 思われる, 愼みたい事がらは, 憎惡, 文化的な, 日に, 激しい憧れ, 烈しくなる, 直截な, 精密な, 豊かで

▼ もつ~ (39, 0.3%)

3 はいない

1 [36件] が多かっ, が彼ら, が殺し, が自然, ぐらいであった, だけが相, であること, でも, で彼, ということ, と保守旧法, と同化, なども自身, にちがい, に分, に殺められた, に聞かせる, の中, の子孫, の心, の悪罵, の至って, はいなくなった, はない, はまた, はやはり, は幾ら, は敵, は無い, もいるであろう, も少く, も少ない, も少なく, も朕, を崇敬, 特に胃腸病

▼ もつとは~ (38, 0.3%)

24 つきり 2 いえ時代

1 [12件] いえそれら, しやぎ, つきりお, つきり事情, つきり云, つきり知つて, つきり言つて, やくから, 云え大局, 正しい, 言われない, 限らない

▼ もつやう~ (36, 0.3%)

11 になつ 4 にな 2 になる

1 [19件] で, な, なの, な人, な光沢, な均斉, な形, な眞面目, な舊式, にです, にとられ, になり, になるであらう, になれない, に努め, に勉強, に導く, に習慣, に聞える

▼ もつては~ (34, 0.3%)

4 いつて 3 ひつて 2 ゐないこと

1 [25件] いないん, いるけれども, かくの, ならない, ならぬ人間, ゐない, ゐないだらうかといふ, ゐないの, ゐないのみ, ゐなかつたから, ゐなかつたが, ゐませうが, ゐられなくな, ゐるが, 基礎付けられず, 如何に, 居つたが, 我々は, 手を, 目覚めなかつた, 考へられず却, 聞くこと, 能く, 解釈し, 解釋し

▼ もつ~ (31, 0.2%)

2 いい, せずに, 二分酒ポートワイン泡盛ウイスキーなど, 人間を

1 [23件] あるので, あるん, これを, ごとくに, せず肉迫, せぬ名人芸, せぬ頻度, それは, ふよろしく, またきた, むくむくと, やはり人間, よい, ように, 人間のは, 今は, 四年目から, 憎くけれ, 故にあたかも, 武力の, 死亡を, 身体の, 鬼頭巾で

▼ もつとずつと~ (28, 0.2%)

1 [28件] お敷き, ゆつ, ゆとりが, 人數が, 内へ, 古くから, 可愛が, 向うに, 多くな, 多くなる, 多く生きる, 大衆との, 意味の, 慾張る, 明らかに, 殖えるに, 永い間, 汚くし, 沢山ある, 深い捺印, 賢明な裁き, 赤かつ, 近い所, 近しくなつ, 違つた風にな, 重い重い音, 靈感に, 高尚な

▼ もつ~ (28, 0.2%)

2 て, ら坂に

1 [24件] にはい, にゆるされず, にわびし, に一軒, に充實, に効果, に匙, に斷, に汝, に沈む, に無駄, に病, に知らず, に破綻, のとこ, の寄る, ほろりと, ゆびもたたぬ, クラ, ハリキる, リアルに, 突き落す, 苦しくつて, 鼻唄が

▼ もつところ~ (26, 0.2%)

2 の人間

1 [24件] からくる迂, からその, だった, では發明, で日光, に歴史, の, のおのれみずから, のその, のもの, のオルガナイズ, のペーソス, の同じ, の名作, の愛情, の精神的, の芝居, の茫然自失さ, の詩形自身, の認識能力, はない, は又, まで行かない, もあっ

▼ もつても~ (24, 0.2%)

2 我国に, 無実の, 犯すべきほどの, 越後の

1 [16件] さむづかしいな, その反, どつて, なほ説き明かし, やはり巨人, わかるし, 少しも, 成立する, 所詮は, 明らかである, 絶對的な, 肉情を, 見るほど, 解る, 語根名詞説を, 誰ひとりとして

▼ もつ人々~ (24, 0.2%)

2 なの

1 [22件] がこの, がもし, がスワデシ, が支那, だ, だけの安心, というもの, なるか, においても智能, によって創られた, に実にしばし, のこと, の層, の手, はアメリカ, は危険, は異口同音, やこれら, を包括, を含め, を石, 両大使

▼ もつての~ (20, 0.2%)

5 外の 2 ほかの

1 [13件] それが, ほかで, ほか匠作この, レクラミーレン英語で, 他だ, 他ぢ, 他です, 他ばかな, 信仰を, 呪ひ, 外だ, 絶対的な, 表現であり

▼ もつ~ (18, 0.1%)

2 どうか, ふなれ, 否かは

1 [12件] それも, どうかを, ないさ, ない巧みさ, ない想像, ない肉薄, なんだ, ふぐらゐ, みたい目つきに, 反動的な, 船岡にも, 試して

▼ もつ~ (18, 0.1%)

2 を後

1 [16件] から自分, がふるえ, がブルブル, でいじくっ, で葭屏風, に鍬, のうへを白墨だらけ, のブルブル, の品, は硬, もあぶない, もそぞろ, よりすべら, をさげ, をはこび, を把

▼ もつ意味~ (17, 0.1%)

1 [17件] がどれほど, がまた, である, という点, とは同じ, とは専ら, なの, についてはなん, に就い, の, の衝動, の解釈, はどの, は日本, や値打, を処理, を分析

▼ もつ~ (16, 0.1%)

2 ですか, としてゐる

1 [12件] だ, だと, だね, ですって, とした, として知らぬ, とも答えなかった, ぼでも, ぼの, ぼも, 出して, 曲るし役

▼ もつ~ (16, 0.1%)

2 が出

1 [14件] ができた, ができたら, が出来なかつた, が出来る, だよ, であつ, になった, になる, によって成立つ, の出来る, は出来た, は出来なかった, も有りうるであろう, を禁じ得無いでゐる

▼ もつわけ~ (15, 0.1%)

2 です, にはいかない

1 [11件] だが, だし, でなく一般庶民, では, にはいかなかった, にはいきません, にはいきませんでした, にはゆかなくなる, にもいかん, にも行かない, に行きません

▼ もつ人間~ (15, 0.1%)

1 [15件] がまた, が小説, であり女, としてかかれ, として生き, となる, に対する彼ら, に對, のよう, の生活, の間, はばかること, は鬼, もなく, よりも純粋

▼ もつ~ (15, 0.1%)

1 [15件] が出, であるからこその, ではなかつた, として描かれ, とは五十歩百歩, ならあゝ, になった, には男, の生活, の香, はいくらか, はいわばもっと, はそう, はそんなに, は当然

▼ もつ~ (14, 0.1%)

1 [14件] いれると, しらべろと, つくって, つけて, もって, 入れかえて, 入れるところ, 呉れるはなし, 山と, 持つて, 積んで, 箸の, 運ぶ, 食ふ

▼ もつ必要~ (14, 0.1%)

4 がある 2 がない 1 があらう, のため, のない, はない, はなかっ, はもちろん, を感じ, を生じ

▼ もつたり~ (13, 0.1%)

6 して 1 した事, しては, しましたわ, んだ, 子供を, 批評を, 親しくなる

▼ もつため~ (12, 0.1%)

1 [12件] でありまた, には, には判断, には現在, にもいづれ, に人, に今日, に伝道師的, に少なくも, に民主的, の努力, の識

▼ もつ一つ~ (12, 0.1%)

1 [12件] の, の力, の場合, の巨大, の彷徨, の性質, の指向, の特徴, の資格, の趣味, の集団, の面

▼ もつかという~ (11, 0.1%)

4 ことを 2 ことよりは 1 ことが, ことこそ, ことは, ことも, ところまで

▼ もつその~ (11, 0.1%)

1 [11件] ために, ような, 兵器の, 平和建設の, 弱点を, 当時に, 樹木の, 羞恥の, 色の, 関西風の, 風土性を

▼ もつといふ~ (11, 0.1%)

3 やうな 1 事実を, 口実の, 建前の, 当然な, 意味が, 意味さへ, 異例を, 風に

▼ もつ~ (11, 0.1%)

1 [11件] がかく, がどうしてほとんど, さ, でこんど, で自分とわ, になる, のこと, の側, の性的放縦, は一切, への甘える

▼ もつかと~ (10, 0.1%)

1 いえば, 云うこと, 云ふ, 思えば, 思って, 思つて話した, 思われるほど冷, 思われるよう, 想像する, 言ふ

▼ もつこの~ (10, 0.1%)

1 いきいきした, セミ・ブレン・トラスト組織に, 二つの, 人買い船の, 大店の, 書物の, 現象に, 要求によって, 都会は, 雄猫の

▼ もつ作家~ (10, 0.1%)

1 であった, ですね, として着目, の一人, の名, の第, の良心, もあり, やグループ, をパプツチキ

▼ もつ~ (10, 0.1%)

1 としてもこの, として以後, のさもさも, のすべて, のなやみ, の境遇, の心, の習い, は急い, は誇張

▼ もつあの~ (9, 0.1%)

1 すばらしい原始, 大発明, 明るい浮きうき, 汲めども, 特殊な, 男でも, 瘢痕の, 艶美な, 長いくちばし

▼ もつかの~ (9, 0.1%)

3 ように 2 まの 1 むかして, やうな, 如き印象, 普遍性を

▼ もつので~ (9, 0.1%)

2 あらうか 1 あつて, あらう, せう, そうたびたびは, とくにつけ加え, なからう, 深ければ

▼ もつ作品~ (9, 0.1%)

1 がある, が与えられ, が生まれはじめた, その次, であった, であり事実下層社会, であると, であるに, をも書かせ

▼ もつ商品~ (9, 0.1%)

4 との交換 1 と不連続曲線, と不連続的欲望曲線, と同じく, と連続曲線, の場合

▼ もつ場合~ (9, 0.1%)

1 がある, が多く, が少く, とヘブライ民族, には全然, の, のみだ, の大切, は諷刺そのもの

▼ もつ~ (9, 0.1%)

1 が千浪, だ, でなくとも, ではない, となつて, なので, ならぬに, になっ, には

▼ もつだけ~ (8, 0.1%)

1 ああちゃん, だ, であって, でこの, でどう, では, で或は, 頭が

▼ もつ~ (8, 0.1%)

1 かふだろう, こんだよう, ついた, つく, つくよう, つこうじゃ, てたらうんと, 立ちつくして

▼ もつ~ (8, 0.1%)

1 五十銭銀貨は, 作家にまで, 国民を, 坂城へ, 文集が, 新聞が, 規模なある, 都会浪花の

▼ もつ忠善~ (8, 0.1%)

1 から献納, の次子, はじっと, はすでに, はその, はみよ, は三河, もひじょうに

▼ もつ性格~ (8, 0.1%)

2 の一つ, は特殊 1 こそ永遠, の然, はすべて, は本当は

▼ もつ魅力~ (8, 0.1%)

2 にも打たれる 1 が如何, が発散, です, の一つ, は殆ど半減, よりも若輩

▼ もつから~ (7, 0.1%)

1 いけないのよ, ほまちに, 三百万円も, 周りを, 永遠である, 詩という, 軍事的な

▼ もつなんて~ (7, 0.1%)

1 いうこと, いったい何, 卑しいわ, 国際記録にも, 変てこな, 考えても, 誠に不思議さ

▼ もつぱら~ (7, 0.1%)

1 なので, の評判, 与へられたワク, 御ところ, 故二品禅室さま, 故右大将家幕府, 飲みませう

▼ もつほどの~ (7, 0.1%)

1 いまの, せっぱつまった願い, ものが, ものは, コールタールが, 人間なら, 頭の

▼ もつ問題~ (7, 0.1%)

2 でもなく 1 である, ではなくなる, となっ, のこと, は全く

▼ もつ美し~ (7, 0.1%)

2 さが 1 さとして, さに, さには, さを, さ威容圧力などを

▼ もつ若い~ (7, 0.1%)

1 世代は, 人々が, 女は, 妻の, 娘ら君の, 娘ら春の, 母親である

▼ もつだけの~ (6, 0.0%)

1 おのれ自身の, ものから, ものに, 余裕が, 余裕を, 力が

▼ もつ~ (6, 0.0%)

1 あり自動車, そっくりとり上げられ, ないが, ものどもが, 動かしましょう, 楊柳

▼ もつはず~ (6, 0.0%)

2 である 1 がなかっ, だ, だという, の若手

▼ もつばかり~ (6, 0.0%)

1 であると, でなくまた, でなく現実, でなく言うこと, で仲間, 来たのに

▼ もつひと~ (6, 0.0%)

1 が出, だった, の出, の心, びとの, もある

▼ もつ入れ~ (6, 0.0%)

4 のふた 2 の中

▼ もつ~ (6, 0.0%)

1 がある, にある, のバランス, の現われ, は, は離れ

▼ もつ宿命~ (6, 0.0%)

2 の人 1 と同時に, の傷, の底, は何

▼ もつ性質~ (6, 0.0%)

1 から見, であり無償, である, に外, の一つ一つ, をふくん

▼ もつ意識~ (6, 0.0%)

1 から出発, という概念, なの, に限られない, は全く, も実は

▼ もつ日本~ (6, 0.0%)

1 で唯一, の作家, の君主, の声楽家, の民主戦線, の陶磁器

▼ もつ母親~ (6, 0.0%)

1 とその, にとって忘れられ, のすき, の方, の解雇, はもう

▼ もつ~ (6, 0.0%)

1 についての関心, に相, のうち, は批判, を掴み得る, を深く

▼ もつあらゆる~ (5, 0.0%)

1 ずるさ, ものの, 医院の, 問題を, 文化的特質の

▼ もつかを~ (5, 0.0%)

1 しみじみと, 人民生活の, 知り得るであろう, 考えて, 見究めるだけは

▼ もつとか~ (5, 0.0%)

1 いうもの, うして, けがへの, さう, ひねくれて

▼ もつとき~ (5, 0.0%)

1 うくつ, だけ武士言葉, に取りかえた, のよう, はと思っ

▼ もつとく~ (5, 0.0%)

3 はしく 1 はしい, はしくいへ

▼ もつとよ~ (5, 0.0%)

2 かつた 1 あなた私あなたを, うく辛抱, もつと

▼ もつには~ (5, 0.0%)

1 あまりに清浄, よほどな, 余りに若, 年が, 相違ない

▼ もつひとつ~ (5, 0.0%)

2 のせつなる情緒 1 の兵法, の切, の宗教

▼ もつほど~ (5, 0.0%)

1 だから, ならいっそ, 利用が, 悪人でも, 空気が

▼ もつまでに~ (5, 0.0%)

1 なった, なるには, 成長し, 成長した, 達して

▼ もつ二人~ (5, 0.0%)

2 の男 1 が先ず, の女, の女性

▼ もつ~ (5, 0.0%)

1 のもの, の必然性, の標準, の歴史, の理論

▼ もつ国民~ (5, 0.0%)

1 が他, が高い, といふこと, にとって耐えがたい, の顔

▼ もつ大きな~ (5, 0.0%)

1 つとめを, サーカスは, 力を, 特権である, 理由の

▼ もつ希望~ (5, 0.0%)

1 と疑ひから出, と苦しみ, のやう, や要求, をもえ立たせた

▼ もつ~ (5, 0.0%)

1 がもし, であるだけ, はなんだか, はわざと, は夫人

▼ もつ必然性~ (5, 0.0%)

1 によって限定, に基く, はこうした, は全く, を検証

▼ もつ意義~ (5, 0.0%)

1 さえが意味, と限界, はそれ, はまことに, を十分

▼ もつ最も~ (5, 0.0%)

1 善きもの, 大いなる偉力, 大いなる意義, 森厳な, 観念的な

▼ もつ有名~ (5, 0.0%)

2 な巫女 1 な探検家マルモ, な野球新聞, な青年探偵

▼ もつ~ (5, 0.0%)

1 がしなかった, の利き, の小さい, はない, は無え

▼ もつ理由~ (5, 0.0%)

1 が十分, が自分たち, はよく, もない, を知らない

▼ もつ~ (4, 0.0%)

1 十夜の, 十夜を, 米を, 艶と

▼ もつかも~ (4, 0.0%)

1 しれない, しれぬ脚力, 知って, 知れないなどと

▼ もつこう~ (4, 0.0%)

1 としない, と存じまし, 我とても, 等は

▼ もつ~ (4, 0.0%)

3 りと 1 の談判

▼ もつそう~ (4, 0.0%)

3 飯たべ 1 ですから

▼ もつてつ~ (4, 0.0%)

1 かへば決して, た, てくれる, てやりませう

▼ もつ~ (4, 0.0%)

1 あらうが, あらうし, そだてられたン, 見たの

▼ もつとお~ (4, 0.0%)

4 つぴらいた平野

▼ もつとど~ (4, 0.0%)

2 つしり 1 つさり用意, つさり薬

▼ もつともと~ (4, 0.0%)

1 ひたすらに, 思ひますが, 私も, 聞かねば

▼ もつのみ~ (4, 0.0%)

2 である 1 でなくその他, で二つ

▼ もつより~ (4, 0.0%)

1 いつも感性的, ほかに, よい素質, 先に

▼ もつ一人~ (4, 0.0%)

1 の人間, の友, の女性, の男

▼ もつ人たち~ (4, 0.0%)

1 が始め, が探したら, はたしかに, へはいささか

▼ もつ今日~ (4, 0.0%)

1 のインテリゲンツィア, の文学, の諸, や明日

▼ もつ女性~ (4, 0.0%)

1 でもつまるところ, の全貌, の苦悩, を愛する

▼ もつ~ (4, 0.0%)

1 とききし, にはまことに, に秋問, は正しい

▼ もつ~ (4, 0.0%)

1 だろう, である, は一度, 若いころ

▼ もつ感情~ (4, 0.0%)

1 というもの, のうち, の近, への影響

▼ もつ感銘~ (4, 0.0%)

1 が深, が深まった, によって読者, によつて読者

▼ もつ~ (4, 0.0%)

1 の商品, の理念的価格, の眞, の真言

▼ もつ文学者~ (4, 0.0%)

1 でもその, の頭脳, は思想家, は過去五年

▼ もつ~ (4, 0.0%)

1 事実です, 元素を, 思想であっ, 思想の

▼ もつ最大~ (4, 0.0%)

1 な人間的, の利益, の妖気, の魅力

▼ もつ~ (4, 0.0%)

1 な事件, になっ, になつ, にもな

▼ もつ特徴~ (4, 0.0%)

2 だけを浮き立たせ 1 はこれら, は自分

▼ もつ特有~ (4, 0.0%)

1 な二重性, な炎, の機能, の美

▼ もつ特殊~ (4, 0.0%)

2 な積極性 1 な無頼性, の魅惑

▼ もつ独特~ (4, 0.0%)

2 の文章 1 な世界, の学問性

▼ もつ社会性~ (4, 0.0%)

1 に就い, のひろ, の本質, を看

▼ もつ素朴~ (4, 0.0%)

2 な外貌 1 な妻, な情熱

▼ もつ自分~ (4, 0.0%)

1 である, のその, の責任, を捨てなけれ

▼ もつ自由~ (4, 0.0%)

1 であって, に重心, の芸術, へのもがき

▼ もつ言葉~ (4, 0.0%)

1 である, なの, のよう, や思想

▼ もつ~ (4, 0.0%)

1 でそれ, の下役共, の痛, は冬吉

▼ もつ~ (3, 0.0%)

2 加へ 1 加へて

▼ もつけれども~ (3, 0.0%)

1 その味, 一つの, 目的そのものでは

▼ もつすべて~ (3, 0.0%)

1 から時間的, の人々, の魅力

▼ もつたより~ (3, 0.0%)

1 早かつ, 早くて, 良い娘

▼ もつたん~ (3, 0.0%)

1 だ, だが, だらう

▼ もつてか~ (3, 0.0%)

2 へること 1 とうの

▼ もつてかへ~ (3, 0.0%)

1 つた, つたらお母さん, つてくれなかつた

▼ もつてさ~ (3, 0.0%)

1 う思はず, う答, つまり

▼ もつとと~ (3, 0.0%)

1 つくり考へて, ほい氣, 唄を

▼ もつとともに~ (3, 0.0%)

1 しかも何もの, フランス人の, 責任を

▼ もつと共に~ (3, 0.0%)

1 一般大衆の, 外国製の, 存在の

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 きの, めが, めは

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 ぐい, ぐひ, ぐひを

▼ もつもん~ (3, 0.0%)

1 じゃァない, だ, だと

▼ もつよりも~ (3, 0.0%)

1 寧ろ自分, 情報行動の, 角帯でも

▼ もつイデオロギー性~ (3, 0.0%)

1 が他, をば経済関係, を自覚

▼ もつ一種~ (3, 0.0%)

1 の寛大さ, の牽引力, の神聖

▼ もつ世界~ (3, 0.0%)

1 である, と自分ら, は下谷

▼ もつ人物~ (3, 0.0%)

1 が実は, は先ず, は徳川どの

▼ もつ以上~ (3, 0.0%)

1 は自分, 或は自然, 飽くまでも物質

▼ もつ価値~ (3, 0.0%)

1 などについては相当, にある, の貨幣化

▼ もつ個性~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれる, の概念, を多少なりとも

▼ もつ内容~ (3, 0.0%)

1 の懺悔, を別にどう, を無制限

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 で八百万, となった, は例外

▼ もつ土地~ (3, 0.0%)

1 が非常, をつたい, を経営

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 である処, とはその, の苦悩

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 です, はその, らしいかえって

▼ もつ婦人~ (3, 0.0%)

1 が四十年近い間, というの, もある

▼ もつ存在~ (3, 0.0%)

1 であるかという, であるからこそ, であること

▼ もつ客観的~ (3, 0.0%)

1 な合目的性, な方向量, な硬質性

▼ もつ小説~ (3, 0.0%)

1 というもの, とし, にどうにか

▼ もつ幸福~ (3, 0.0%)

1 である, にある, にまだ

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 さこれは, さのみ, さ大き

▼ もつ思想~ (3, 0.0%)

1 でクレミュウ, へどういう, や作味

▼ もつ意志~ (3, 0.0%)

1 がない, なの, のやう

▼ もつ教養~ (3, 0.0%)

1 の最高峰, や気品, を教養

▼ もつ時代~ (3, 0.0%)

1 だったが, の大きい, の性格

▼ もつ本質~ (3, 0.0%)

1 が云い表わされる, はかはらない, を明瞭

▼ もつ条件~ (3, 0.0%)

1 から出発, が要約, や何

▼ もつ欲望~ (3, 0.0%)

2 の外延 1 はその

▼ もつ気持~ (3, 0.0%)

1 が判らぬ, になった, もなお

▼ もつ深い~ (3, 0.0%)

1 喜びと, 意味であり, 意味を

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 であるという, で他, に於

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 が逆境, に贈った, はかなり

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 はみな磁性, もある, 哀しい哀感

▼ もつ特異~ (3, 0.0%)

1 の妖しい美し, の点, の獨立

▼ もつ現実~ (3, 0.0%)

2 に立脚 1 の意識

▼ もつ現実性~ (3, 0.0%)

1 ではなく, に外, を抛棄

▼ もつ異常~ (3, 0.0%)

2 に鋭敏 1 な工藝的

▼ もつ真実~ (3, 0.0%)

2 らしさ 1 のよう

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 だろう, は中, を動かし

▼ もつ社会的~ (3, 0.0%)

2 な役割 1 な興味

▼ もつ秩序~ (3, 0.0%)

1 と法則, と線, をかち得た

▼ もつ立場~ (3, 0.0%)

1 と立場, に立たう, に立とう

▼ もつ~ (3, 0.0%)

2 三の 1 一の

▼ もつ興味~ (3, 0.0%)

1 のやう, の角度, も一つ

▼ もつ複雑~ (3, 0.0%)

2 な関心 1 な言語

▼ もつ重大~ (3, 0.0%)

2 な意味 1 なもの

▼ もつ青年~ (3, 0.0%)

1 であったこと, である, の実に

▼ もつ~ (3, 0.0%)

1 に似合わない, はときには, は温室

▼ もつある~ (2, 0.0%)

1 一般法則が, 種の

▼ もついたましい美し~ (2, 0.0%)

2 さの

▼ もつかは~ (2, 0.0%)

1 すでにクルト, 一概には

▼ もつかま~ (2, 0.0%)

1 へたかつた, へて来よう

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 も千兩箱, をかつい

▼ もつこく~ (2, 0.0%)

1 がある, 等の

▼ もつここ~ (2, 0.0%)

1 ではそれ, の門

▼ もつことそこ~ (2, 0.0%)

1 にある, に人間

▼ もつこと甥~ (2, 0.0%)

2 のすすめる

▼ もつこれら~ (2, 0.0%)

1 の人々, の作家たち

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 いつまで, 大好きな

▼ もつしかし~ (2, 0.0%)

1 とにかくそこ, 最後には

▼ もつそして~ (2, 0.0%)

1 このやう, 水の

▼ もつたか~ (2, 0.0%)

1 はい, は想像

▼ もつたこ~ (2, 0.0%)

2 とそして

▼ もつだった~ (2, 0.0%)

1 にちがい, んだろう

▼ もつちや~ (2, 0.0%)

1 いけないよ, ゐるん

▼ もつつもり~ (2, 0.0%)

1 でも, はない

▼ もつてかの~ (2, 0.0%)

2 国の

▼ もつてけ~ (2, 0.0%)

1 えつて鮨桶, へるめい

▼ もつてでも~ (2, 0.0%)

1 どこまでも, 楽に

▼ もつてと~ (2, 0.0%)

1 又足, 言ふ

▼ もつてなど~ (2, 0.0%)

1 さすつたこと, ゐさうに

▼ もつてのみ~ (2, 0.0%)

1 もともとはじめて悟性, 理解され得る

▼ もつとが~ (2, 0.0%)

1 つとに, つとに叩けや

▼ もつとしても~ (2, 0.0%)

1 この薬瓶, フランスは

▼ もつとの~ (2, 0.0%)

1 ことで, 努力を

▼ もつどんな~ (2, 0.0%)

1 好ましさ, 確信だって

▼ もつにも~ (2, 0.0%)

1 そこに, もっと悧巧

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 であった, であるが

▼ もつぱら彼~ (2, 0.0%)

1 が芥川家, の境遇

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 の膝, 穿きたる姉

▼ もつまり~ (2, 0.0%)

1 はそれで, 同じ意見

▼ もつ~ (2, 0.0%)

2 否や

▼ もつゆえん~ (2, 0.0%)

1 である, であろうと

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 まだこの, 久保さん

▼ もつよい~ (2, 0.0%)

1 影響を, 武運に

▼ もつよく~ (2, 0.0%)

1 引いて, 影響した

▼ もつらし~ (2, 0.0%)

1 お高頭巾, 明日の

▼ もつイデオロギイ~ (2, 0.0%)

2 によつて決定

▼ もつイデオロギー~ (2, 0.0%)

1 ではある, にはと角

▼ もつムード以外~ (2, 0.0%)

2 の生活的悲鳴

▼ もつリアリテ~ (2, 0.0%)

1 と比べ, はセザンヌ

▼ もつリアリティー~ (2, 0.0%)

1 をもっと, を理解

▼ もつ世界観~ (2, 0.0%)

1 である, の体系化

▼ もつ中国~ (2, 0.0%)

1 が中華人民共和国, では古く

▼ もつ主題~ (2, 0.0%)

1 なの, の大きい

▼ もつ事実~ (2, 0.0%)

1 なの, はその

▼ もつ事柄~ (2, 0.0%)

1 が多く, であったの

▼ もつ人間たち~ (2, 0.0%)

1 が, であふれ

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 のこの, の虚

▼ もつ仕事~ (2, 0.0%)

1 にもまだ, に与えられる

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の俳優

▼ もつ使命~ (2, 0.0%)

1 の容易, の晩鐘

▼ もつ健康~ (2, 0.0%)

1 と職分, な少女

▼ もつ優秀~ (2, 0.0%)

1 なる思想, な探偵

▼ もつ利用~ (2, 0.0%)

2 または欲望曲線

▼ もつ効果~ (2, 0.0%)

1 が消され, が生じ

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 なり皮相, なり露悪的

▼ もつ唯一~ (2, 0.0%)

1 のこと, の人物ミネ

▼ もつ善良~ (2, 0.0%)

2 の味

▼ もつ喜悦~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ もつ固有~ (2, 0.0%)

1 な性質, に稀薄

▼ もつ國家~ (2, 0.0%)

1 にはなれない, を破滅

▼ もつ地球~ (2, 0.0%)

1 がくだけ, がここ

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 がそこ, だった

▼ もつ変装~ (2, 0.0%)

1 の名人, の大

▼ もつ夜叉矛~ (2, 0.0%)

2 もてる

▼ もつ女支配者~ (2, 0.0%)

2 の威厳

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 が敏捷, でのうて

▼ もつ婦人作家~ (2, 0.0%)

1 がある, として重き

▼ もつ学問性~ (2, 0.0%)

1 となっ, の区別

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 の父, を建てる

▼ もつ宿命的~ (2, 0.0%)

1 な呪い, な暗影

▼ もつ小形~ (2, 0.0%)

2 の杯

▼ もつ平凡~ (2, 0.0%)

1 な弱点, な情熱

▼ もつ年齢~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ もつ底力~ (2, 0.0%)

1 があらわれる, はなんと

▼ もつ当然~ (2, 0.0%)

1 の陥ち入る, 世に

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 は第一義, を引き受けた

▼ もつ彼女~ (2, 0.0%)

1 ではあります, に娼婦

▼ もつ心情~ (2, 0.0%)

1 がそれ, である

▼ もつ情趣~ (2, 0.0%)

1 はさらに, を次

▼ もつ感傷~ (2, 0.0%)

1 に倦み, に狂

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 る一定, る成分

▼ もつ所以~ (2, 0.0%)

1 である, はその

▼ もつ持ち味~ (2, 0.0%)

1 が出ませぬ, をそのまま

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 この上なくも, に薄墨

▼ もつ政党~ (2, 0.0%)

2 を選ぶ

▼ もつ文化~ (2, 0.0%)

1 が優れた, は少数者

▼ もつ文芸思潮~ (2, 0.0%)

1 というもの, の崩壊

▼ もつ新鮮~ (2, 0.0%)

1 な血, な道徳

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 が負け, は矢代先生

▼ もつ明白さ~ (2, 0.0%)

1 である, ではなくし

▼ もつ普遍的~ (2, 0.0%)

1 な概念, な精神能力

▼ もつ根性~ (2, 0.0%)

1 がオレ, だ

▼ もつ概念~ (2, 0.0%)

1 でないであろうか, とかなえ

▼ もつ機能~ (2, 0.0%)

1 が存する, に従っ

▼ もつ歴史的~ (2, 0.0%)

1 に必然, 諸契機

▼ もつ民主主義~ (2, 0.0%)

1 の前途, を欲

▼ もつ法案~ (2, 0.0%)

1 である, は今後

▼ もつ流れ~ (2, 0.0%)

1 がつよく, のよう

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 さう, をお

▼ もつ父親~ (2, 0.0%)

1 のかう, のところ

▼ もつ特権~ (2, 0.0%)

1 であると, を奪う

▼ もつ特色~ (2, 0.0%)

1 から研究, のある

▼ もつ率直性~ (2, 0.0%)

1 でもっ, に取りすがった

▼ もつ現象~ (2, 0.0%)

1 だと, との物質的射影関係

▼ もつ生命~ (2, 0.0%)

1 でなければ, に秘められた

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 のうち, の美

▼ もつ真実味~ (2, 0.0%)

2 にうたれ

▼ もつ矛盾~ (2, 0.0%)

1 にぶつかっ, の発生原因

▼ もつ社会~ (2, 0.0%)

1 の出来事, の概念

▼ もつ神秘性~ (2, 0.0%)

1 を解消, 非科学性

▼ もつ神聖~ (2, 0.0%)

2 な美し

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 が私, は小

▼ もつ科学的世界~ (2, 0.0%)

1 である, の基礎

▼ もつ秘密~ (2, 0.0%)

1 に対してヘーゲル, の摘出

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 にも, の総て

▼ もつ程度~ (2, 0.0%)

1 によつて, の知慧

▼ もつ積極性~ (2, 0.0%)

1 が問題, を問題

▼ もつ~ (2, 0.0%)

2 にせ

▼ もつ結婚~ (2, 0.0%)

1 まえの, まへの

▼ もつ結果~ (2, 0.0%)

1 である, を来し

▼ もつ綿雲~ (2, 0.0%)

2 のおのれ

▼ もつ美しく~ (2, 0.0%)

1 死にたいという, 立派な

▼ もつ脚本~ (2, 0.0%)

1 だ, の選択

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 のいつも, の弱味

▼ もつ自我~ (2, 0.0%)

1 の内容, の本質

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 ではもう, と油絵具

▼ もつ芸術家~ (2, 0.0%)

2 である

▼ もつ行動~ (2, 0.0%)

1 との関係, を吾

▼ もつ表現~ (2, 0.0%)

1 としてのジャーナリスティック, のよう

▼ もつ規定~ (2, 0.0%)

1 ではなく, をも指摘

▼ もつ記憶~ (2, 0.0%)

1 はおそろしい, をなるべく

▼ もつ誇り~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を文学座

▼ もつ読者~ (2, 0.0%)

1 にとつ, には十分の満足

▼ もつ調子~ (2, 0.0%)

1 とすこし, のもの

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 理論の, 観念に対して

▼ もつ警官~ (2, 0.0%)

2 への多少

▼ もつ資格~ (2, 0.0%)

1 がない, のない

▼ もつ運命~ (2, 0.0%)

1 がこんな, とも云

▼ もつ限り~ (2, 0.0%)

1 においてとくに, やはり神聖

▼ もつ雑誌~ (2, 0.0%)

1 ではある, も発行

▼ もつ青春~ (2, 0.0%)

1 にむしろ, は私

▼ もつ静かさ~ (2, 0.0%)

1 で頻りに, の中

▼ もつ~ (2, 0.0%)

1 がうすれ, に吹きなぐられ

▼ もつ魅惑~ (2, 0.0%)

1 がで, に蠱

▼1* [1094件]

もつあくどい凄味が, もつあめのこぬ, もつありげな, もつありとあらゆる屬性, もつあんな妍雅な, もついい香いと, もついくつもの課題, もついちやゐない, もついろいろな縁故関係, もつうごもちの, もつうわべの牙, もつおごそかさ他のもの, もつおごりたかぶった多様性, もつおのづから, もつおもしろさや, もつお互いの間, もつかいでも, もつかお判りでしょう, もつかがその学者, もつかぎりにおいて生き, もつかしらぬが, もつかたづけをする, もつかつちやあ, もつかで見めぐるにぞ, もつかといふことを, もつかないきれぎれな聲で, もつかについて物理的説明は, もつかへやしませんぜ, もつかへをもとめず, もつかまさんならン, もつからと銀子に, もつかんで飛び出し, もつかん事で御, もつがんと欲するなれ, もつきょうの政治, もつぎはぎも目立たないもの, もつぎほのないような顔をし, もつくしきまでの, もつくせにちょい, もつくだから苟め, もつくらいならお客, もつくらいの比較的長い, もつくらいまでのところしか, もつくろいによってそれ, もつぐらい歓迎すべき, もつことこれが人間それ自身, もつこと社会的に決定, もつこと私以上に甚, もつこと自身が婦人, もつこれを書き遺す, もつさと引つ張つて, もつさまの御, もつさりして居る, もつしら梅の花, もつすばらしい滑稽味を, もつすべは知らず, もつに, もつそうしたアイロニーや, もつそちらに向っ, もつその他すべての資質, もつそよ風の疾風吹雪, もつそりそこに突, もつそり突つ立つて, もつそり突立つてゐて, もつそれぞれ一州を有っ, もつそれらと交錯, もつオ, もつたかはりに流し込み, もつたか否かはわからぬ, もつたしなみとか江戸, もつただしそういう芸当, もつたつていうこと, もつたびに彼, もつたら謝罪つて置け, もつたりと凭れて, もつたわけぢや, もつだがこっちからは, もつだけにまだ折竹, もつだけをのせ大川, もつだろうか, もつちやの末は拳, もつちよむ山だと, もつつめたさを, もつていうわけじ, もつておもてへ飛びだしました, もつてかぞへても, もつてから今日まで, もつてきびしい非難を, もつてこ粟餅もつてこ, もつてしか本を, もつてすら他の, もつてつたんぢや母アさん, もつてつづくりでもしさう, もつてな弱いもの, もつてばかりゐては, もつてもをりません, もつてやしないか, もつてよりも存在論的な, もつてるずら, もつてわづかに, もつてをごり, もつてんのか, もつてヨ暗エ血色, もつとからかはれ侮蔑, もつときらひなので砂糖, もつとき其は屡, もつとき甲斐の出し, もつとさかのぼつ, もつとつたんやが, もつとともしく暮して, もつとになるかも, もつともの願ひなり, もつとやはらかい, もつとをかしいや, もつどころか全人格, もつながいからだの, もつなくような, もつなどというと, もつなどは甚だ不可解, もつなにものも匹敵, もつなみも俺達, もつなを貰おうと, もつにあたって図書館に対して, もつについてこッちの女中に, もつにゃもった, もつに対して雉子などは, もつねつて見, もつの揃つた硝子戸に突当, もつばかりか一族の, もつばらに知りぬ, もつぱさぱさした毛, もつぱらあなたが平定した國, もつぱらくはしく書かれて, もつぱらそれに終始する, もつぱらでございまして武勇に於い, もつぱらなるこそ正覚のたより, もつぱらにすることによつて精神の統一, もつぱらわたしの魂としてわたし, もつぱらアタクシ将来の大望, もつぱらガーゼを取, もつぱらキリのほう, もつぱらコック氏のカンカラカン, もつぱらコンシャアル氏の案内役, もつぱらパンパンと共同戦線, もつぱら一家の隆盛, もつぱら今夕の豪遊, もつぱら勝負の悪鬼, もつぱら呉八段の対局料, もつぱら在来の印刷, もつぱら夜の王様, もつぱら天下の闇屋さん, もつぱら奇景の探勝, もつぱら女を口説い, もつぱら対局者の対局態度, もつぱら帝紀によつて, もつぱら情痴作家と云, もつぱら愛情によつて, もつぱら支配階級の利益, もつぱら敬遠主義だ, もつぱら新手できますよ, もつぱら新造の御, もつぱら歐米全體, もつぱら此川筋へ出漁, もつぱら死相を見つめ, もつぱら水風呂のせゐだ, もつぱら江戸大傳馬町, もつぱら父の仇, もつぱら理論や精神, もつぱら畸形的なものそれ自身, もつぱら自分を救, もつぱら自得するところ, もつぱら色気です, もつぱら蟇口に狙, もつぱら貴島にとりつい, もつぱら酒である, もつぱら金のため, もつぱら音楽のあら, もつぱら馬小屋からの落ち武者, もつひき緊った唇つき, もつひと握りの人, もつひびきがある, もつひまさえ無い, もつひ忘れ心が, もつふかい味わいが, もつふしぎな魅力, もつぺと称へる裁着やう, もつほうの手, もつほとんど一切の, もつほどになった, もつほんとうの考証家, もつまじきは因縁, もつまでにはなかなかの, もつまめな親切, もつめど実の房ごと, もつ寄越すが, もつもっとも大きな文献的価値, もつものたちが政治, もつもの保守的要素をもつ, もつもの生け垣に多い, もつもの皆無であり現在, もつやからにたいしても恐るる, もつに見おぼえ, もつらむや八つうたば八とせ, もつりっぱな精神, もつわれわれ日本民族は他, もつわれ京の姉, もつをときよと, もつアジヤの国, もつイエニーとこの, もつイギリスが最も, もつイギリス艦隊とが南太平洋, もつイデオロギー自身の論理上, もつイメェジといふもの, もつイメージテキサスの西部, もつインチキ性であるが, もつウィーンは最近社会主義, もつウイルソン山天文台に知らせ, もつエゴイズムを否定, もつカテゴリーから見, もつカフカの文学, もつカンテラは星型模様, もつキュナード汽船がことに, もつギルド社会主義者ですら, もつクロッカーの前, もつシナのことば, もつジオニストのため, もつジャーナリズム機能の社会的普遍性, もつスカンヂナヴィア的要素をもつ, もつスタイルを連想, もつスパイの通信, もつスリルとサスペンス, もつタクミ一族が居合せた, もつダムをまだ, もつチェルヌイシェフスキーなどがシチェードリン, もつ走つた, もつニャーニャという言葉, もつニュアンスにしろ, もつノートルダムの怪獣, もつハツキリとしてゐる, もつバルザックの作家活動, もつパラドックスとして披露, もつヒューマニティーの課題, もつファシストによって今日, もつファンテジイの一面, もつファーミントン・プランのごとき, もつフランシスコ会でポーランド人, もつフランシスコ会ドミニコ会オグスチノ会は日本伝道, もつフランスであるから, もつブルジョア民主主義革命の到来, もつプロレタリア作家が遠く, もつポピュラリティイである, もつマキシモヴィッチ氏を遠く, もつマンネリズムのため, もつムッスルマン族の大衆, もつモグラがある, もつユリウスの娘ケーテ, もつユーモアの為め, もつリアリストであるならば, もつリアリズムでしょうねえ, もつリズムが, もつリリカルなポエジイ, もつレストランやカフエ, もつ一九五〇年にふさわしい, もつ一個人として理解, もつ一因である, もつ一定した咆哮, もつ一性格の下, もつ一日こそ永遠, もつ一枚の鏡, もつ一派の人々, もつ一現象であった, もつ一番原始的な素朴, もつ一番文明の踊り, もつ一私人が, もつ一種不可思議な迷宮, もつ一群の物質, もつ一脈の悲壮味, もつ一般人それからまじめ, もつ一般性や通俗性, もつ一般的な科学的, もつ一軒の家, もつ一郎の両, もつ一部の婦人たち, もつ一部少数の人たち, もつ一面の美し, もつ万年筆型の懐中電灯, もつ三界有庵の人, もつ上部に対する弱, もつ真面目という, もつ不健全性ではない, もつ不吉なもの, もつ不完全さにある, もつ不思議な香気, もつ不朽なもの, もつ不逞な安定感, もつ不運な暗, もつ不道徳だと, もつ世界一流の陸海軍国, もつ両親の苦慮, もつ両面を私, もつ中啓で跳ね上げる, もつ中橋英太郎であった, もつ中華の禅僧たち, もつ中華人民共和国の誕生, もつ中野重治とそこ, もつ主体ではある, もつ主君として老公, もつ主観性は決して単に, もつ主観論を脱する, もつ主題音楽として非常, もつ事がらであったと, もつ事件であるか, もつ事務所街がかたまっ, もつ事實がその, もつ二つの, もつ二万余の兵馬, もつ二葉亭は, もつ云いしれずなつかしい心像, もつ五台山の頂上, もつ井上一郎君とすこし, もつ人々以外は一般, もつ人人が努力, もつ人彼は野々宮, もつ人愛の持ちあえる, もつ人文地理のよう, もつ人柄を結びつけれ, もつ人気という, もつ人種だといふ, もつ人達のいる, もつ人間らしい強力な, もつ人間的弱点かそれとも, もつ人間知識ではほんの, もつ人間苦解脱の悲願, もつ以外なんの得る, もつ仮面は何処, もつ企画性である, もつ伊吹未亡人を中央, もつ伊藤民部兼大蔵少輔, もつ伝奇的興味がいかにも, もつ伝宣者の詞, もつ伝統の内, もつ低い木々の, もつ住民が住ん, もつ体系ではない, もつ体験なの, もつかの変化, もつ何ものかを感じた, もつ何やら息づまるやう, もつを誤解, もつ余地がない, もつ余裕を与えない, もつ作事のこと, もつ作家たちの間, もつ作家バルビュスこのマルチネ, もつ作者の短篇小説集, もつ使者のもと, もつの論文集, もつ価値内容は之, もつな善意, もつ信仰から出た, もつ信仰的な象徴, もつ信玄が茶臼山, もつ俳優が鋭い, もつはその, もつ偉力はまだ, もつ健全にある, もつ健康さが, もつという字, もつましさ, もつ傾きの方, もつ傾向を作つた, もつでまた, もつの妻, もつ僧団勢力がある, もつ優しい面が, もつ元素を原子量, もつの苦悩, もつ充分な意味, もつ先例の集積, もつ先生はすなわち, もつを出す, もつ全的芸術現象をこそ芸術, もつ兩義性に關係, もつ兩親は心配, もつ公園での観光客, もつ公式を取り出す, もつ六七ロッド平方の塚, もつ共産主義作家であったこと, もつ共通の野卑, もつ具体的な意義, もつ内容的原理にぞくする, もつ内容的弁証法を採る, もつ内的な問題, もつ円い切り目を, もつの空, もつ准后の子, もつ処女のうつくし, もつ出来上った内容, もつ切ない心の, もつ切実さが感じられない, もつ切迫感が宇治, もつ初瀬を羨む, もつの讀者, もつ別々の年, もつ利己心を活用, もつ制約の為, もつ制限の故に, もつ前人たちの累積, もつ前後の他愛, もつ創作が発表, もつ劔沢の流れ, もつ力学が無意識, もつ力強さを, もつ労働者階級の文学, もつ勇士の一人, もつ動物じゃありません, もつ動物学上の意義, もつ勝敗の期待感, もつ勤人たちの波, もつ勤労階級であるという, もつ勤勉をふるい起こす, もつ勾配に順, もつ匂いにくるまれ, もつ包括的な性質, もつ北沢の雪, もつ医者がなかっ, もつ千何百年の石碑, もつ卑小さに現実, もつ卓越した美, もつ協会を脱退, もつ単位としての可能性, もつ単調な蝋, もつ危険性は相対性理論, もつ即ちいつも他者, もつ厚い上衣が, もつ原始味などは全く, もつ厳密性を与へる, もつ厳粛さを欠い, もつ信長の, もつ反復性である, もつ反省の能力, もつ受難の相, もつ古典なの, もつ古典的で優美, もつ古来の情愛, もつ可能の点, もつ史的唯物論は所謂自然弁証法, もつ合理性によってさばける, もつ合目的性は或, もつ吉良氏が落ちぶれ, もつの男, もつ名山だからと, もつ名橋はこの, もつ吏務の面, もつ否定の方面, もつ味方なの, もつ呼び声であつ, もつ呼吸はすでに, もつの味, もつ和やかなもの, もつ哲学史叙述としての水準, もつ哲学的な又, もつ哲学的意義の要点, もつ唯一性と単一性, もつ喫茶店である, もつ器物を拾, もつがお金, もつ四つの堂, もつ四季の風物, もつ四百万冊の本, もつ因習の醸す, もつ団長です, もつ困難がその, もつ国々では, もつ国土又は領土, もつ国民生活のその, もつ国際的体系はもはや, もつ國民的な又, もつ圧迫感を黒い, もつ地の利と士風, もつ地名でもない, もつ地方民族劇の道化味, もつ坂東骨の盛綱, もつ執拗性がある, もつ基礎テーマでありソヴィエート, もつ場合患者はそれ, もつ境遇のもの, もつ壮年者の間, もつ壮烈以外に壮烈, もつ壮重な美し, もつ売春宿ホテル・ノルジスカの横ばら, もつな爛れ, もつばえ, もつ外延利用すなわち所有者, もつ多様の性質, もつのせつな, もつ大きい島であっ, もつ大らかな生命, もつ大切な美し, もつ大学の校友, もつ大尉の手, もつ大抵の人間, もつ大江の水, もつ大神のうしはく国, もつ大衆性にカットカット, もつ大衆性それ自身が又, もつ大衆通俗雑誌や新聞, もつ大賀であった, もつ天使で聖ジヨージ, もつ天王の, もつ天金の本, もつ夫人をもっ, もつ夫婦ほど事, もつ奇蹟のひとつ, もつ奉行与力たるわれ, もつ女房たちもあっ, もつの癖, もつ如意輪観音と虚空蔵菩薩, もつ妄動する愚衆, もつ妖しさ美し, もつは海軍軍人, もつ妻たちはどんなに, もつ姿をみごと, もつ威厳ある図書館, もつ威嚇的なもの, もつ娯楽性が米, もつ婦人作家たちを前線慰問, もつ婦人労働者を殆ど, もつ婦人連に問題, もつ媒介者は個別化原理, もつ嫉妬だという, もつ子らがこの, もつ子供だったらやはり, もつ子供たちが成長, もつ子等もある, もつ字句を引い, もつ学問を, もつ学生であるの, もつ学術の形, もつ学説を提出, もつ宇宙であって, もつ宇宙観の大き, もつ安易さは反, もつ宝物の一つ, もつ実証性の特異, もつ家あらしも, もつ家どなり春先といふに寒き, もつ家家の人, もつ寄席の芸, もつの半分, もつ対立の始祖, もつ対象の前, もつ小吏も多い, もつ小屋の中, もつ小林多喜二を否定的, もつ小林秀雄が大, もつ小間使に教えられた, もつ少女とはでは, もつ少女ジュヌヴィエヴが第, もつ少数の人びと, もつ尾花をみな, もつのこり, もつ屈従の民, もつ屈辱感を除去, もつ屋根屋根の面白, もつ山口が先頭, もつを瞥見, もつ島々において著しかっ, もつ巍然たる威容, もつ工人が数, もつ工藝を対象, もつ巨大な力, もつ市井的な特色, もつ帝都に戻る, もつ常識性は専門性, もつ平均性はそれ, もつ年々新しき発見, もつ幻惑で距離, もつけさよ, もつ底氣味の惡, もつ廣さ大きさ, もつ廣義な愛情, もつ廬舎那仏と千手観音, もつ建設派新官僚, もつ弁証法の意義, もつ弁証法的対立は往々, もつ弓絃にふれ, もつ強味と弱点, もつ形式的原理にぞくし, もつ形態で発露, もつ役員全部が老中安藤重行, もつ役着物をきせる役, もつ彼一流の毒舌的, もつ後醍醐の帝座, もつ徐庶があり, もつ神体だ, もつ微妙心はそこ, もつ微笑である, もつ心もちではない, もつ心境は少し, もつ心持はこう, もつ心持ちです, もつ心理的コンプレックスの文学, もつ必然的なもの, もつ忘却力がここ, もつ忙しい家庭では, もつ忠実な臣イワン, もつ快感の構造, もつ思想知識になっ, もつ思索の不備, もつ性慾はたとへば, もつ性格気品のあんなに, もつ性癖だつた, もつ怪人が高い, もつ恐怖を主張, もつ恐竜型潜水艦の威力, もつ患者の悪口, もつ悲劇的快さ, もつ悲劇的別離をのぞい, もつ情熱的な恋, もつ惰性故に漫然と, もつ想像の翼, もつ愉悦の中, もつではない, もつ愛情を理解, もつ感能がぼく, もつ憂愁をふくん, もつ懐しさには, もつ成人の読物, もつ成長しようと, もつ及び自然的人間情緒, もつ我等が指標, もつ戦争反対の作品, もつ戯れが考, もつ戯曲の生産, もつ手がかりよりも決して, もつ手毬くらいの大き, もつ才能とが一つ, もつ批判力文学的認識の真理能力, もつ技師君は鶏卵, もつ技術への興味, もつ技術性が自然科学, もつ把握しがたい, もつ抱負のある, もつ抵抗力は要するに, もつ拡がりや深, もつ指導者とその, もつ指環のすべて, もつ揺籃の唄, もつ支那學者でも猶, もつ政治力はゴーゴー, もつときどき変調, もつ教導性として場合, もつ教育的意義はこの, もつ数々の驚嘆, もつ数量的な表現, もつ文化人が少なくとも, もつ文化科学に新しい, もつ文化能力を抹殺, もつ文字友はなんだか, もつ文学団体というもの, もつ文学国民の愛する, もつ文学活動家により, もつ文学的価値の大きい, もつ文学的表象の翼, もつ文学表現の形式, もつ文章などだけはそれ, もつうした, もつ新しい生命にたいして, もつ新たなる人間, もつ新田足利両者の国情, もつ新聞の劇評, もつ新鮮さを失ふ, もつ方向そのものである, もつ方向づけのよう, もつ方法をとった, もつ旗本の代理, もつも遠く, もつ日々の身辺的, もつ日当りの良い, もつ日本固有の独特, もつ日本的な, もつ昌造のやう, もつ明暗の強弱, もつの小雨, もつ時計には卵黄色, もつ普遍性に摂取包含, もつ普遍的欲望すなわち五欲そのもの, もつもなかっ, もつい感情, もつ暗示の魅力, もつ曲者であったやも, もつ書斎を建て, もつ最初の手引き, もつ最高の感激性, もつの名所, もつ有効利用を表わす, もつ有能さは知能, もつ朝鮮がその, もつ未熟さ薄弱さとして高み, もつ未開とのコントラスト, もつというもの, もつ本当の必然性, もつ本来の甘味, もつ本能的なその, もつの富農, もつ東亞諸民族相携えて, もつ東京でも一, もつ林町辺の地形, もつ枯淡なさび, もつ柿丘はなに, もつ柿崎六郎兵衛という者, もつ栄三郎には咽喉, もつ格蘭得火太立旅館の老, もつ桎梏は永久, もつ桐生はおのずから, もつの片面, もつ森厳な風格, もつ楕円形を描い, もつ楽器のそれぞれ, もつ構成のすばらしさ, もつ構造はそれ, もつ標語である, もつ横町のすべて, もつとの類似, もつ樹木巌石の所在地, もつ樺桜の持味, もつ橋本氏のやう, もつ機械の美し, もつ機械主義とソヴィエート, もつ機械作用や関数関係, もつ機械文明を模倣, もつ機械的組織がこの, もつ機能それらはいかなる, もつ權利基本的人權を尊び, もつ欠点を踏み台, もつ欠陥を多少, もつ欣びその偶然, もつも生れた, もつ歌曲になり得る, もつ歓びをつよく, もつ歓喜と悲哀, もつ正当な手続, もつ武士の八十余騎, もつ歴史及び時事, もつ歴史家羽仁五郎とシントーイスト, もつ歴史的意義が解釈, もつ歴史的關心を基礎, もつ歴史的限定自身が自然科学, もつでないという, もつの故, もつ母子ではない, もつなの, もつ毛利圏内に入る, もつも機, もつ民主主義擁護同盟は組織, もつ民主的詩人壺井繁治中国における新しい, もつ民衆は罪, もつ民衆性を自覚, もつ気紛れそこにブルジョワジー, もつ氣格を受けいれる, もつ水準より低かっ, もつ永続性はほんとう, もつを吸う, もつ決心をした, もつ汽艇のよう, もつ注意であった, もつ洋学者で同時に, もつ活動でありまた, もつ淋しさをも, もつ黄色の, もつさある, もつ深刻な理由, もつ深緑の葉, もつ清潔さは微塵, もつ清純なもの, もつ溜り水として残った, もつ漁師街がある, もつ演劇取締の手段, もつ漠然とした感じ, もつ瀬戸家は代々タイ七, もつだ, もつ為政者が単なる, もつ規則性, もつ無垢さの面白, もつ無心であり素直, もつ無言の黒い, もつのよう, もつ物質らしい意義, もつ物質性が存在論的断面, もつ特別の要求, もつ特殊事情を失っ, もつ特殊性が悟性概念, もつ特質や制約, もつ独善的姿もない, もつ猟夫であった, もつ率直なる報告, もつ段階に, もつ現世的な生活力, もつ現代から除外, もつ現代巴里人の涙, もつ現在としてで, もつ理想と性格, もつ理智は獲得, もつ理論の形式, もつ甘味は珍奇美味, もつ甘美な暈, もつ生きものという最大, もつ生き物めいた妖怪, もつ生活力だから, もつ生活様式の方, もつ生活法などをむやみ, もつ生理学者のうち, もつ生産力が発達, もつ生産用役のある, もつ生粋のす, もつ用紙割当事務庁というもの, もつ田舍がすぐ, もつ男たちたとえばわが子, もつ男女であるという, もつ男子は夜警, もつ男教団内部に於ける, もつ男達は千世子, もつであり町, もつ番ぢやな, もつ疑いと同じ, もつのため, もつ発生条件の問題, もつ白花を着ける, もつの黒い, もつ百合花のうへ, もつ皮肉屋である, もつ枯れた声, もつ盟いは水戸, もつ監督を立てたい, もつのふち, もつ盲目な力感, もつ直接性では夫, もつ直次の妻, もつ省察法であったという, もつ真に実践的な, もつ真似をし, もつ真情と細か, もつ真理意識と虚偽意識, もつ矛盾明々白々な破綻, もつりは, もつ編集, もつ短い時期の, もつの土台, もつ研究または行動, もつ破片を見た, もつ確実さと人間性, もつ社会不安に限らず, もつ社会事相に敏速, もつ社会劇の縮図, もつ社会性階級性について語った, もつ社会概念であるが, もつ社会的性質が一部, もつ社会的機能の意義, もつ社會的な使命, もつでもある, もつ神さびた感じその, もつ神女ヘーレー高らかに, もつ神社があった, もつ神秘と危険, もつ神秘さを与, もつ秀吉を前, もつ私たちはその後, もつ私人間が誰, もつ私小説について自我, もつ秋草はその, もつ科学力に魅せられ, もつ科学者だった, もつ科学者ソーンダイクの実験室, もつ秘封でもあるらしかった, もつ種族だから, もつの泣きたく, もつ空間も時間, もつ空間的性格がある, もつ竹内被告の二つ, もつ筆者が画壇事情, もつである, もつ節独特の稟質, もつ範疇性や直観性, もつ粗野で原始的, もつ精神を伝えなけれ, もつ精神力のすべて, もつ精神的性格を表わす, もつ純真な心, もつ紙入れとはちがっ, もつ素振りもない, もつ素晴らしい忍耐は, もつ素朴さに感動, もつ細かい眼で, もつ組織性数学性力学性に関連, もつ組織的な無意識的虚偽, もつ経済力を転用, もつ経験をした, もつ結婚家庭生活と仕事, もつ結婚離婚親権財産権などの条項, もつ結果国家の方針, もつ絢爛な文化, もつ統制などが之, もつ統計性とはその, もつ総ての一時性, もつの暗い, もつ縁かいなと, もつ美しい色や, もつ美少女のごとく, もつ美果を自ら, もつ美肴である, もつ義務を感じられない, もつ義経を彼ら, もつ老朽したのりもの, もつ者文学を文学, もつ職業はひと, もつ職業的階級が知識人, もつ職業組合は本質, もつに力, もつ肯定の方面, もつ育児の知識, もつぶくろ, もつ能動的機能によって暗示, もつ腐れ縁も恐れ, もつ腐儒者の悪, もつ自然現象の一つ, もつ自然科学者でありしかも, もつ自由主義ではない, もつ自由出版協会は次第に, もつ自負心の刺戟, もつ興奮や誇張感, もつ舞台の影像, もつ船舶業者は本気, もつさは, もつ色彩にふさわしい, もつ花酢漿も京都, もつ芸術味と興味, もつ芸術的技術で書かれなけれ, もつ若者だった, もつ苦しみとともにこれ, もつ苦悩が伴います, もつ苦痛からこれ, もつ草木もあれ, もつ荒野雷雲三週間つづいて, もつ落語団体がそこ, もつ著作者としての組合, もつ蒼然たる陰翳, もつ虚偽というもの, もつ虚栄心を知らない, もつの行衛, もつ蛇砲及び臼砲, もつ蛾次郎である, もつ蜂須賀家がその, もつ取草, もつ血縁的な小, もつ行動性という点, もつ行政権をこの, もつ衛星をつくる, もつ表象であるとして, もつ裳裾の感じ, もつ複雑無限な人生, もつ西蔵仏教の基, もつ見方でしか物, もつ見知らぬ街が, もつ親しみに於い, もつ親たちはこういう, もつ親幾人に仇敵, もつ親心を自身, もつ観察と推理, もつ観衆を代表, もつ計画的な良, もつ記事としての魅力, もつ記録文学がいく, もつである, もつ証拠だ, もつ証書などでどんなに, もつ評者金井紫雲氏は郷倉氏, もつ評論家が作家, もつ詩味などに共鳴, もつ詩譚は一つ一つ, もつ誇大性や断定性, もつ誘惑に負け, もつの割合, もつ語感の言葉, もつ誤りのない, もつである, もつ調和ハーモニー響きあいを肉体全体, もつ論点とを互に, もつ論理としての意義, もつ論理的機能が自然科学, もつ諦観的な語感, もつ諷刺劇として私, もつ諸君の手, もつ議員も起っ, もつの味, もつ豊かな感じ, もつ豊醇な年増美, もつ豊饒な感じ, もつ貞潔な甘, もつ貫禄といふもの, もつ貴族が自分, もつひに, もつ賄賂好きな役人, もつ質的な効果, もつ趣きには注意, もつ趣味と精神状態, もつ足オヽお前の留守, もつ身体ではない, もつ軍事評論という観念, もつ軽快な華美, もつ輝かしさ瞬間の, もつ輸入部の次長, もつ農村小説でも規模, もつ近代味の誘惑, もつ近代的要素にも優れ, もつ近来稀な魅力, もつ近頃有益な刊行物, もつ迫力に頬, もつ透察はこの, もつ透察自身によっては自覚, もつ透明な神秘, もつ通念だと, もつ逞しい力は, もつ連中がゾロゾロ, もつ進歩的な人々, もつ運動を指す, もつ道徳的原因と考え得よう, もつ違憲立法審査權などの重要, もつ遠い任務を, もつ遥かな悲し, もつ選挙権の行使, もつ部署であり所管, もつ重篤な患者, もつ重要な特質, もつ野心作と取り組んだ, もつ金銀の閃光, もつ鋭いにがい魅力に対して, もつ長い氷片で, もつ長所と弱点, もつ閑寂な住宅地気分, もつ関係を研究, もつ閨秀作家たちの奮起, もつ闘争本能この闘争本能, もつ限界を明, もつ陰影感を深める, もつ陶磁器が発達, もつ隅々までの数学, もつ階級の人々, もつ随筆の流行, もつ障害がある, もつ隻眼隻手の客丹下左膳, もつ集団性であり組織性, もつ集団的芸術を約束, もつ集団的音楽はこの, もつ集団農場の組織, もつ雑誌発行の事務, もつ雰囲気は既に, もつ電器会社に夏休み, もつ電池の十組, もつ電磁場である, もつ電磁波を輻射, もつ電車のいま, もつ需要はいかなる, もつ露人の家, もつ露米會社は北氷洋, もつの外, もつ青いそらうつくしい, もつ青白い瓦斯燈が, もつ静かな緑色, もつ静粛なけれども, もつ静謐である, もつ非常に大きな, もつ革命的大衆の, もつ鞘つきナイフはそんなに, もつ音楽面が可, もつ韻律といふもの, もつになる, もつ頃排日問題は自然, もつがある, もつ頽廢した文人, もつ風格は常に, もつ飯茶碗のなか, もつ香気にまで高めやう, もつ高い誇りも, もつ高瀬氏をつい無き, もつ髪刈人は蚊, もつもこの, もつ魔法のやう, もつ鮮新無比の感覺, もつがきっと, もつの小さい, もつ黒髪も美しけれ, もつのつけ, もつ龍造寺主計