青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「りき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~られた られた~ られない~ られなかった~ られぬ~ ~られる られる~ らん~ ~り り~
りき~
~りっぱ りっぱ~ ~りました ~ります ~る る~ るべき~ ~るる るる~ ~れ

「りき~」 1190, 13ppm, 8559位

▼ りき~ (463, 38.9%)

38 百は 30 百蔵は 26 百が 25 百の 21 百蔵が 13 百蔵という 10 百蔵と 8 百蔵を 7 百も, 百を, 百蔵の 6 百という 5 ために, 百蔵であります 4 手から, 方は, 百と, 百蔵, 百蔵である, 百蔵も, 野郎は 3 傍へ, 百でありました, 百蔵で, 百蔵なる, 親分様でございました, 野郎が, 面を

2 [20件] あとを, ことが, ことを, やくざ野郎に, 前で, 奴が, 姿は, 家に, 手を, 百であります, 百に, 百様へ, 百蔵だ, 百蔵でありました, 百蔵です, 百蔵とても, 百蔵に, 胸が, 腕の, 面が

1 [166件] いい廻し, いたずらだ, お歯, がの字, ことと, こともしや, こと早く, さらし, ところへ, ねぶみ, やくざ野郎から, やくざ野郎は, やったよう, ような, ようなのぼせ, 上へ, 両盗, 予想通りお, 人相や, 会話, 住居右側は, 何と, 傍で, 傍に, 兄いとも, 兄さん, 兄さんが, 兄さんを, 再調べ, 出動する, 前へ, 危急と, 右の, 合羽の, 君へ, 周囲で, 地声では, 声, 声でありました, 声の, 奴いつも, 奴その, 奴に, 奴の, 奴は, 奴めが, 奴今頃は, 姿が, 家から, 家の, 小手を, 年貢を, 後ろへ, 後ろ姿を, 心持では, 心根が, 怪足力を, 意地で, 意地です, 手が, 手へ, 持って, 敏捷を, 方で, 方の, 方へ, 方も, 案内ぶりによって, 横合いから, 横面を, 歩きぶりは, 沽券が, 沽券に, 注進を, 片腕, 甚だけち, 男が, 男を, 痛そう, 百, 百から, 百がいようとも, 百だ, 百ちゃんの, 百てえ, 百である, 百でございます, 百でござんす, 百です, 百でなけれ, 百といった, 百とも, 百とやら, 百とやらから, 百とやらの, 百とやらも, 百な, 百などは, 百なる, 百なんぞも, 百にでも, 百には, 百や, 百以上だ, 百御, 百蔵でございます, 百蔵でした, 百蔵でも, 百蔵といった, 百蔵なら, 百蔵なりに, 百蔵宇治山田の, 目が, 目には, 目は, 目安では, 相手に, 眼が, 眼と, 眼の, 眼は, 眼前咫尺の, 知恵で, 立場から, 第六感で, 精根が, 縄目を, 耳には, 耳の, 耳へ, 肩から, 背中へ, 胸の, 胸倉を, 腕を, 膝を, 行先を, 袖を, 親分様で, 言うこと, 言葉を, 言葉尻が, 譫言は, 身に, 身体が, 身体も, 身体を, 逃げっぷり, 運試し兄貴また, 野郎などは, 野郎の, 野郎も, 野郎を, 野郎女には, 鑑定を, 隠れた楢, 面に, 面の, 面も, 頭へ, 風向きが, 飛んだ方, 駕籠だけは, 鼻が, 鼻は, 鼻先で

▼ りき~ (208, 17.5%)

6 お絹 5 それを 3 こう言っ, それと, 早くも 2 こんなこと, 先を, 片手を, 額を

1 [180件] あわてて, いささか予想, いささか悄気, いつのまにか馬場, いよいよテレ, いよいよ得意, いよいよ樽, うとうとし, お角, がんりきの, こういっ, こう見え, ここで, このこと, この時, この点, この連中, これまた, こんなふう, さあらぬ, さすがに, そこで, そこで得意, そこは, そのかた, その左, その手首, その提げ, その横道, その片手, その男, その粒, その脚絆, その蝋燭, その袖, その鍬, それだけしか, それでも青地錦, そんなどころ, そんなふうに見, そーっと, たじろぎながら, たまらなくなっ, ついと飛び退いた, ついにそこ, とても手首, どこかで, どこへ, どっちへ, なお得意, なぜか, なにげなく, なにも, なれなれしく, なんとなくまぶしく, のろまの, ひきつづいて, またし, またギクッ, また飛ん, まだ心, もう苦しく, もう起き上っ, やはり用心, ややかさ, やや失望, やや暫くあと, やや遠く, やりませんよ, よくその, わざとらしい身ぶるい, わざとらしく一樽, カンテラを, コロリと, ツイと, ニヤリニヤリと, モウ占めた, 一層と, 両手の, 今度は, 何か, 何かと, 何に, 何者にか, 例の, 便所へ, 出しかけた財布, 刀を, 前よりも, 力み返る, 加勢の, 勝手が, 南条の, 南条五十嵐らに, 取りすまして, 口の, 呆れて, 商売柄で, 噛んで, 垣根を, 執念深くお松, 大あくび, 姿を, 宙を, 尋ねられて, 少々興醒め, 少年の, 峠道を, 左の, 席の, 帰ったか, 帰って, 平手で, 座を, 引続い, 強いて, 往来の, 御大相な, 御機嫌を, 御覧の, 思い出しては, 意気込んで, 手を, 手拭を, 投げ出すよう, 抱え込んで, 挨拶を, 斬り落された切口, 早速紙, 暇を, 木の, 案内を, 楢の, 江戸方面は, 火鉢の, 炉辺に, 焚火に, 燃えさしの, 片一方の, 物狂わしい, 皮肉な, 盗むよう, 盲目じゃ, 相変らず, 眼の, 社前の, 窓から, 竜之, 笠越しに, 細かな, 結句これ, 縁の, 胡坐を, 脚絆の, 腕が, 腰に, 腹這いながら, 自分が, 自分を, 舌を, 苦笑いを, 茂太郎の, 血塗れに, 起き上って, 足を, 辰巳あがり, 迎えに, 逃げ出して, 途中いろいろ, 途中から, 速足を, 遽に, 部屋の, 金で, 長火鉢の, 頻りに焚火, 額へ, 首を, 驚いて, 骨無し同様な

▼ りき~ (107, 9.0%)

2 お絹, この馬子, ついて, 受取って, 言いました, 言う

1 [95件] あの通り気, いい心持, いただきてえん, いよいよ乗, いるはず, お松を, お角, こういう返事, こう言っ, ここで, ここに, このところ, こんなこと, しかく狼狽, それほどに, たった今危険状態, なぜ自分, はじめて感心, ひどく疑, ぽんぽん言っ, またテレ, また思いきっ, また猪口, また駄目, やって来たぜ, カンテラを, ゾッと立ち尽し, テレも, ニッと, ハタと, ポカンと, ムズが, 一人舞台で, 一言も, 不審がる, 仰向けに, 先に, 再吟味, 出て, 動けなくなった時分, 北へ, 南へ, 及ばずながら, 吃驚し, 呆れたほどに, 呼びかけたので, 唖然として, 唾を, 地上で, 夜更け, 小腰を, 少し吃驚, 差置いた青地錦, 待って, 忍び込んで, 思わず慄, 怪訝と, 意地に, 愚痴を, 昨夜の, 来たか, 根岸の, 梯子段を, 橋の, 焼きもちを, 猫撫声で, 甘ったるい返事, 甚だしく狼狽, 石垣の, 素早く身, 結びかけた, 続けます, 縦横無尽に, 考えました, 胸を, 腰を, 腹を, 自分に対して, 自暴半分で, 苦い顔, 荒っぽい声, 言うには, 講釈を, 通って, 違いまさあ, 違います, 違いますよ, 遠慮なく高笑い, 長いの, 附添う, 隠居のしもべを, 音を, 頂戴し, 飛び上ったの, 黙って

▼ りき~ (42, 3.5%)

3 お角, 七兵衛が

1 [36件] あの後家様, いう, いって, いふ, いふべきなりき汝, おぼ, きては, それと, なり, のろまの, やまの, やらいうならず者, 一緒に, 七兵衛, 三人は, 二つ名前の, 二人が, 伝ふ, 何とやらの, 別れて, 同じよう, 向き合って, 告げむ人の, 旅の, 本格に, 米友とは, 美少年は, 老ぞ, 聞きつ, 見込んで, 覚ゆ, 言い出して, 言って, 言へ, 連れに, 違って

▼ りき~ (40, 3.4%)

2 見込んで

1 [38件] ああまで, おびえさせたので, がんりきと, がんりきとして, この宿, つばき, ながめて, ばかに, テレさせ, 促せば, 先登に, 出し抜いて, 初め南条の, 助けに, 取って, 取押えようと, 呼び出して, 呼ぶ途端, 咎めたよう, 小突き廻したりなんぞ, 引捕ろうと, 引据えた, 得ただけ, 怖れない, 招ぐ, 探しに, 控えさせて, 横の, 煽てては, 睨めて, 罵ったの, 見直せあの, 調戯っ, 追い立てたその, 追い飛ばした馬子, 遊ばせて, 遮二無二自分, 頼んだもの

▼ りき~ (35, 2.9%)

2 のろまも

1 [33件] あきらめたの, いやいやながらそれ, おかしく思い, ここらが, このまま, これには, さいぜんの, その事, それを, ちっとん, なくよしないぎりをおたてになってあえなくおはてになりましたのは, なれなれしいが, なんだかムズ, ばかばかしさ, ほとほと面負け, やっぱり畳, やりきれない, デンコウも, 全く閉口, 動き出さなければ, 呆れ返って, 喜んで, 堪らないが, 怖毛, 意地だ, 改まって, 暫らく口を, 焼が, 眼が, 苦笑いを, 降参した, 驚いたが, 驚くお

▼ りき~ (25, 2.1%)

1 [25件] あてがう, くれて, こう言われ, こう言われた, なって, ならぬと, なりまして, なるの, 出し抜かれて, 判断が, 取られて, 問いかけました, 引摺られる, 惚れては, 戻って, 授けたもの, 水を, 焚きつけられて, 留守の, 組みついて, 聞えるじゃ, 脂下られ, 限ったこと, 頼みました, 顎で

▼ りきという~ (14, 1.2%)

1 [14件] あつらえ向き, やくざ者を, やくざ野郎は, やつあんな, イケすかない, 兄さんよ, 奴ぐらい, 奴は, 奴を, 気味の, 渾名が, 男でも, 男と, 男との

▼ りきって~ (13, 1.1%)

1 [13件] いた, いて, いないところ, いないの, いない手, いる生命, ひとりで, ゴロリと, 今にも, 多忙を, 総監の, 門口から, 骨を

▼ りきから~ (6, 0.5%)

1 いくらかの, いま忍び込んだ, こう言っ, この動議, バクチ術の, 剥ぎ取った着物

▼ りき~ (6, 0.5%)

1 から一番飛騨, がんりきの, と思う, 一番その, 百だ, 百蔵だ

▼ りきほどの~ (6, 0.5%)

3 者が 1 ものが, 男が, 眼力で

▼ りきとしては~ (5, 0.4%)

1 のろまを, 国境を, 子供相手に, 神妙な, 首尾よく

▼ りきとは~ (5, 0.4%)

2 がんりきが 1 こんな問答, 炉を, 甲府の

▼ りき~ (5, 0.4%)

1 から想像, に命じ, の夫婦神, の親神, は沖縄本島

▼ りき一人~ (5, 0.4%)

1 だけを打ち倒した, だけを狙わない, の面, を射, を隠し

▼ りき貴様~ (5, 0.4%)

1 にはそんな, に少し, はこの間, は南条, も忍び

▼ りきつた而~ (4, 0.3%)

3 も今 1 も活き出した

▼ りきといふ~ (4, 0.3%)

1 やうも, ミカエル, 玉裳御, 説の

▼ りきまた~ (4, 0.3%)

1 われ答へで, 女あたかも, 我いまも, 汝の

▼ りき~ (4, 0.3%)

1 ないお, ないころ, ないの, ない風

▼ りき~ (4, 0.3%)

2 れ今に 1 れ単に, れ單

▼ りきされど~ (3, 0.3%)

1 師彼に, 彼は, 彼處れ

▼ りきさん~ (3, 0.3%)

1 だなあ, でやっ, の家

▼ りきつて~ (3, 0.3%)

1 ゐたよ, ゐなさるくら, ゐる直子

▼ りき~ (3, 0.3%)

2 七兵衛が 1 お糸どころ

▼ りき~ (3, 0.3%)

1 まではと寝かせ, まで充分, まで養生

▼ りき七月十六日~ (3, 0.3%)

3 の夜

▼ りきあゝ~ (2, 0.2%)

1 寡と, 尊き清き良心

▼ りきおれ~ (2, 0.2%)

1 がこうして, を知ってる

▼ りき~ (2, 0.2%)

1 はた, は低き

▼ りきさる~ (2, 0.2%)

1 ほどに此, をことし

▼ りきそち~ (2, 0.2%)

1 はどこ, は妙

▼ りきつた~ (2, 0.2%)

1 もので, 良い年増

▼ りき~ (2, 0.2%)

1 太古さながら, 家に

▼ りき~ (2, 0.2%)

1 かりること, げすな

▼ りきとが~ (2, 0.2%)

1 疾風の, 途中の

▼ りきとやらが~ (2, 0.2%)

1 甲州者で, 覘った

▼ りきもし~ (2, 0.2%)

1 彼等をかぞへ, 貴様が

▼ りき一方~ (2, 0.2%)

2 に於

▼ りき今や~ (2, 0.2%)

2 閣下は

▼ りき~ (2, 0.2%)

2 れも

▼ りき彼等~ (2, 0.2%)

2 は豈再び

▼ りき~ (2, 0.2%)

2 に於

▼ りき~ (2, 0.2%)

2 は十五

▼ りき特に~ (2, 0.2%)

2 尾崎氏の

▼ りき~ (2, 0.2%)

2 して

▼ りき蓋し~ (2, 0.2%)

1 初期議会は, 初期議會は

▼1* [122件]

りきあの女が, りきありとは全く, りきて居, りきいらど歯ぁみがぐ, りきいりと親, りきうつくしの友西の京, りき絹の, りきお前の捜し, りきかかることは, りきかなしき心, りきがちゃあんと, りきやま, りきける時に, りきけんだれきげりやの, りきこれこの古帽先生, りきは, りきさん天竜寺の一件, りきざむくらゐはいと易い, りき栗鼠の, りきしか爲さば最後の, りきしかして二論派は, りきじゃあございませんその, りきすっかり有卦に, りきすべてに辛き, りきはその, りきそう易く言う, りきそこで兜を, りきその熱さ, りきそれでは抵当の, りきたったまっ黒な, りきたりて, りきたるを見る, りきだけが当の相手, りきだけに窮命を, りきだけへ矢先を, りきだけを鳥沢へ, りきちょっと待って, りきつた所謂ばらけ髪, りきつた非凡の美色, りきつた面倒なもの, りきつて幾枚かの下図, りきつて申分なく媚態的, りきつて門口から我, りきては漸くその, りきでなくて米友, りきではございますけれど, りきでもありませんから, りきといへる月, りきといふはこ, りきとして目星を, りきとしても浮びきれない, りきともあるべき者, りきなども素敵な, りきならここらで, りきなるやくざ野郎を, りきなんてそんな名, りきにはできませんな, りきのやまなんで, りきひとりは垂井, りき耳打ちを, りきまして手入らずの, りきを囮, りきやう鼠の雨, りきふの, りきゆえに鄙事に, りきょの名から来, りきょも其処から来た, りきらしくやや年, りきとんぼです, りきれない自分の, りきれなかつたのでございます, りきれぬ蚕豆, りきわが筆少しく, りきをさえ取って, りきシャリキもちろん, りきた論サ, りき一夕お通, りき三橋といふ所, りきに反し, りき亡きを繼ぎたる將, りきはジリジリ, りき他人の詞, りき先生は一向, りき己れ, りき名代の腕, りき嗅ぎつけて嫉妬, りきの野, りき人數なら, りき大王と朝廷, りき実はお前を, りき宿に案内しま, りき少主予が, りき尾張名古屋の金, りきが來, りきれど, りき平生アヌンチヤタが歌うたふ, りきは世, りき彼これに心, りき御苦労さまだその, りき成りたらむには, りきも亦, りきから欄干, りき故に多く鄙事を, りきの細格子, りき昨夜のあの, りきなる哉松澤, りき時間はどんな, りきていた, りきの花心, りき法事をせず, りき海風つよく我身, りき生涯の不覚, りき直伝の胆吹留守師団, りきの血, りき自身もまた, りき若しほかに, りき苦みき, りきゆ, りき豊太閤の, りき鑑真和尚のこの, りきにおぼめく, りきの患者