青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「らん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~られ られ~ られず~ ~られた られた~ られない~ られなかった~ られぬ~ ~られる られる~
らん~
~り り~ りき~ ~りっぱ りっぱ~ ~りました ~ります ~る る~ るべき~

「らん~」 1612, 17ppm, 6549位

▼ らん~ (282, 17.5%)

95 した眼, して, するを, する時 4 するの, するもの, 光って, 眼を

2 [18件] かがやいて, かがやく目, した, したもの, した光, すること, するところ, するに, する革命, 云う, 云ふ, 光った, 入ろうよ, 大石田といふ, 燃える眼, 輝きを, 音が, 飛び込めば

1 [201件] あかん, あせれども, あはれに, いいだした, いうに, いかんぞ, いひ出, いふ, いふに, いろいろと, うばで, おもう人, おもて, お體, かがやきぐるぐる, かがやきました, かがやくまっ青, かがやく両, かがやく二つ, かがやく大きな, かがやく眸, かがやく眼, きらめく巨大, させ全身, さるを, したこと, したの, した刀, した天, した太陽, した室, した時代, した輝き, した金, しつつ, し彼, し既に, し給, すこの, すと, すると, するとき, するなど, するなれば, するものの, するギベルリニ, する一切兇悪, する及び, する快晴, する時所佩, する様, する気, する気勢, する白痴漢, する處, する雄, する頃, する黄色, すれど, す交通, す我, す見よ, せしこと, せしは, せしメエルハイム, せり何ぞ更に, そのなか, そのまなこ, その不, ついて, つく手, なん, にげだしました, ふる, みな眼を, みひらき給うかに, もえるの, クロステル巷の, ジャンボーは, ッ蒲団に, 下に, 両眼, 云うたさうです, 云う馬, 云つて見, 人を, 企てたこと, 元気であった, 光つた眼で, 光つてゐる, 光らして, 光らせて, 光らせ羽ばたきして, 光り腕力, 光るわ, 光る二つ, 光る眼, 入らうよ, 其処此処の, 冠つてその, 動物的な, 北へ, 向けられた, 吹きつける, 哀なり, 哀れなり, 困りま, 外を, 大きく見つめ, 大鐘が, 如何し, 子ープルス港から, 存じ候, 存ぜし処, 害意に, 巨大な, 弦月丸に, 心を, 念ずるや, 思いだしたよう, 思いはなはだしき, 思います, 思いまず, 思うたの, 思ひきや, 思ひしが, 思ひますの, 思ひ設けし程, 思ふは, 怪光を, 憐なり, 憤ったの, 懐を, 日は, 昇るそれ, 明るい実に, 映え渡つてゐます, 時を, 曲玉の, 果てしなくとぶ, 欲し, 欲したる者, 欲するところ, 欲するの, 欲するを, 欲する所, 欲すれ, 欲わば, 気味の, 氣味惡き, 活気を, 火を, 為しは, 為るか, 為るなりけり, 為るに, 為るを, 熱心に, 燃えるよう, 燃ゆる, 獄中を, 申しまするゆえ, 當夜十一時半拔錨の, 目を, 睨め廻した, 研いで, 硬直し, 空に, 空中戦, 窺ふ有り, 競ひ立つた, 縛るぞ, 縞目の, 群峰の, 耀かしながら, 考へるより, 茶わんが, 見すえたまま一語, 見る者, 見縊られます, 覚えず全身粟生, 覚悟し, 言おうか, 言ひましたら, 踵を, 輝いた, 輝いて, 輝かして, 輝きだした, 輝きまるで, 輝き出すの, 輝くと, 金色に, 銅の, 鋭い輝き, 鐘を, 降りしきる雪, 願ひ居りし, 食事の, 騒いで, 點け

▼ らん~ (103, 6.4%)

11 いるの 4 ゐた 2 いた, いる, いること, いるという, ゐるの, 来るの, 近所の

1 [74件] いたした放火, いたの, いたわけ, いたブルジョア帝国主義者ども, いながら, いましたの, いますが, いらつし, いるか, いるかと, いるか分りませんでした, いるよう, いるわ, いるん, いるスジミチ, いる人物, いる天気, いる稀代, いる空想, うなずいた, うなだれた, おられるから, お糸, かかる, しずかに, しまいました, せう, せうから, どこかへ, なあ, ならぬ故, ゐたので, ゐる, ゐるか, ゐるといふ, ゐるやう, ゐる人, イスパニヤ皇后を, 一段とまた, 丹右衞門を, 了います, 何か, 俯向いた, 困るね, 外に, 居た梟傑, 居るか, 居ると, 居るに, 居るの, 居る奴, 彼を, 思い切りのめった, 早よう, 春を, 朝から, 朧気に, 来だんだん, 来ました, 来るまでは, 来るよう, 林の, 父を, 白みの, 相手の, 眼を, 突張り通した, 胸を, 舞おうなぞとは, 行く夫, 見えた, 親分さんの, 軍夫長で, 鏡など

▼ らんらん~ (103, 6.4%)

8 とかがやく 7 とした 3 たる眼, とし, とその, と燃える, と眼 2 たる太陽, たる眼光, と, とかがやい, と光っ, と光らせ, と光る, と輝き

1 [57件] たるかれの, たるもの, たる力こぶ, たる双眸, たる太陽一つ, たる底光, たる日輪, たる目, たる眸, とかがやき, ときらめく, として全く, として前, として怪しい, として異様, として異状, として眸, として落ちむとする日, とみひらき給う, ともえ, ともえる, と両, と人, と元気, と光った, と光つた眼, と光つて, と光らし, と光り, と吹きつける, と害意, と巨大, と怪光, と日, と昇る, と活気, と火, と燃, と獄中, と目, と睨め廻した, と硬直, と空中戦, と群峰, と耀かし, と言おう, と輝い, と輝いた, と輝かし, と輝きだした, と輝き出す, と輝く, と鋭い, と降りしきる, と點, な眼, の闘牛楽

▼ らん~ (82, 5.1%)

8 花が 4 花の 3 です 2 ぢや, 実を, 花を, 鉢を, 音も

1 [57件] あるところ, おしとねが, かいなあ, かね, が, じゃから, じゃったか, じゃな, じゃ万事私, だ, だで, だに, だよ, ぢやろ, ですよ, です彼奴, とおりずぶ濡れの, は厄介, ほかに, ようすを, ような, よりを, 上下の, 中から, 丸帯少し, 丸帶少し, 光の, 前に, 妙薬あり, 実ぃ, 実です, 実も, 小さい鉢, 帽子は, 幕が, 後ハ安田順蔵大兄の, 御袈裟かをり, 懐紙を, 林の, 根もとには, 根本に, 武者羽織を, 白い花, 砂や, 翡翠の, 花, 花など, 花などが, 袈裟を, 通りの, 通りオオコワイと, 通り封筒には, 鉢, 鉢に, 闘牛楽, 陣羽織かぶ, 香いだ

▼ らんぼう~ (80, 5.0%)

12 なこと 4 をする 3 だね 2 だが, です, なことば, な事, な口, な火星人, はさせない

1 [47件] がはじまる, きわまる黄いろい, じゃありません, だと, でみんな, でも柔道三段, とそして, ないやしい, なすっちゃ, なだだっ子, なの, なまね, なむごたらしい, なやり方, なる異人, な大きな, な大波, な奴, な市民たち, な手さぐり字, な男, な考え, な話, にいいました, におしのけ, にかっぱらっちまえ, にそれ, につきとばそう, になっ, になった, にひきあけ, にもほどがある, にも子供たち, にも衛兵, にゆさぶる, に床, に引きさい, に投げだされる, のよう, はしない, はよし, は泰平, ばかりいたし, らしいね, をし, をはたらい, を働かせ

▼ らん~ (78, 4.8%)

3 のであった, 顔を 2 が万一, な, のは, のを, ものです, ような, 横腹を, 顔が

1 [56件] か平次, か眩, がそれ, が気の毒, が然し, ことで, ことな, その殺人罪, その顏, つたのだ, という見, ところへ, ともなく, のが, のじゃ, のだ, のだらう, ので, のでした, のです, のでせう, のなら, ものだ, ものと, よ, ようであった, わけで, わけです, 不義なら, 二十前後の, 人は, 仕事だ, 仕事と, 伸子の, 千鶴子の, 奴が, 山の, 明るい父, 殺しなら, 殺しは, 気高い顔, 白桃の, 瞼から, 筋書き通り殺した, 莖を, 葉に, 蕗屋の, 訳だ, 訳であります, 訳です, 逃亡手段とは, 頃の, 頬に, 顔で, 顔に, 顔の

▼ らん~ (35, 2.2%)

3 なって 2 なつた, なると

1 [28件] いと序で, おとし入れて, して, なったこと, なったと, なったに, なったらさぞ, なった方, なやんで, ならずとも, ならない, ならぬから, なりましたか, なりましたが, なるの, なる方, なる様子, なる気, もどりますが, ゅういたし岐阜の, ゅうなされましたなら濃, 入れましょう, 入候, 向かって, 換えたという, 旨からぬ, 桓武天皇の, 興味を

▼ らんかん~ (31, 1.9%)

2 の間

1 [29件] かららん, から植民地英語, から身, があっ, だけ, として山以外, として暗い, として輝き, に, にささえた, にしがみついた, には雨粒, にもたせ, にもたれ, によっかかっ, によりかかっ, に二つ, に飾られ, のところ, のわき, の下, の橋, の陰画, まで濡らした, や, らしいもの, を乗りこし, を二三度両手, を二三度兩手

▼ らんこと~ (30, 1.9%)

1 [30件] で厶, になるだ, のせめて, の願, はない, は今, は寔, も復, も恥かし, を, をいい出した, をば今年, をものわかり, をも願はず, を人, を冀う, を勸むる膽なかりき, を勸め, を命ずべし, を希望, を待ち, を待つ, を思い, を思ひ, を恐れ, を我, を欲する, を許し給え, を賢者, を願

▼ らんとして~ (29, 1.8%)

1 [29件] すでに殺気, ふと角, ゐる時, 一抹の, 人に, 人を, 何の, 全くの, 前には, 射るよう, 怪しい光, 沈んで, 洲に, 燦き, 異様な, 異状なる, 白樺の, 百花の, 真紅に, 眸を, 空中に, 草一本も, 落ちむとする日の, 見えるかと, 計られたの, 輝きを, 遠き山里, 金色の, 頻りにあせる

▼ らんたる~ (28, 1.7%)

3 金色の 2 太陽の

1 [23件] ものは, ものを, 力こぶを, 双眸を, 壁画の, 夢に, 太陽一つを, 底光を, 日輪の, 渦を, 目を, 眸の, 眼の, 眼を, 眼をと, 眼光, 眼光を, 秋の, 美光の, 金鎖を, 門や, 陽は, 隻眼の

▼ らん~ (28, 1.7%)

2 だ, を祈る

1 [24件] がアトカラアトカラ持, が発覚, が起った, だよ, ちゃ見合, であるから, で一体, で医者, どうか国家老, にてお, に努力, に決めとる, をと, をと呪願, を信じ, を切望, を恐るるなり, を愧ぢ, を日夜, を望む, を望ん, を熱望, を策した, 如何にも口惜しく

▼ らん~ (18, 1.1%)

1 [18件] いで立處, うじや, おもとが, からめ手は, この堂々, です, 世界は, 事実は, 他は, 例の, 其後は, 女装変形の, 新参者は, 日本では, 生木生草を, 私自身が, 賊の, 車夫の

▼ らんやう~ (18, 1.1%)

2 にお, もなし

1 [14件] ですな, なるに, になつ, にも打, に勇み, に四辺, に彼, に思做さ, に西筋, に語りぬ, に起り, に願, の気色, 覚えて

▼ らん~ (17, 1.1%)

4 らんがらんと

1 [13件] おこりました, ためだ, ために, らん, らんいわし, らん云わし, 何時も御, 書物は, 流行し, 為に, 爲めに, 自分らが, 鳴り渡る間

▼ らん~ (17, 1.1%)

1 [17件] そこへ, たずねて, 候ひ, 入れて, 取っては, 引き抜いて, 後に, 恐る, 探しに, 探すため, 数え尽くして, 求めるという, 肩から, 見ること, 見ると, 避けよと, 除くと

▼ らん~ (15, 0.9%)

2 に身代

1 [13件] にそれ, にたんと, になにやら, にひつくり返, にポケット, に代, に兄弟, に大いに, に年, に晩, に独活, に眠っ, をくぐっ

▼ らん~ (14, 0.9%)

1 [14件] いいました, さもゆったりと, また来年, まだつづい, 一時間の, 何らの, 口惜し, 困難ならぬ, 扨置い, 汝が, 第二段, 答えました, 葡萄牙国民唯一の, 長い橋

▼ らんでも~ (13, 0.8%)

2 可い, 宜い 1 いいさ, いいよして, いい壊されるの, え, 好い, 好え僕, 宜しいよ, 差支えない, 構わんですかい

▼ らん~ (12, 0.7%)

1 [12件] ゅうだよ, ゅうという, ゅうなんか, ゅうの, ゅうのうたをつくりました, ゅうのおじさん, ゅうのことなんか気が, ゅうの目の, ゅうは, ゅうはどんなに悲しかっ, ゅう暦扇子奥州斎川孫太郎虫河豚の, ゅう花緒風鈴

▼ らんには~ (12, 0.7%)

1 [12件] いずれも, そは, 主人は, 人生は, 今しがた畦道を, 何故に, 余り聡明, 余所, 其間無限の, 我輩は, 甘んじて, 隅田川を

▼ らんじゃ~ (11, 0.7%)

3 ないか 2 らん, らんと 1 らんじゃ, らんという, らんと共に, らんを

▼ らん~ (10, 0.6%)

1 え, つたのが, なれど, ひもな, ッこの, 南海に, 否是, 紀の, 越後表にも, 迷うて

▼ らんよう~ (10, 0.6%)

2 になっ 1 な奴, にその, になりまし, になる, に吹く, に息巻き, に種々, に願います

▼ らん~ (10, 0.6%)

1 こそさながら, にはた, に山里, に見せ, の心, は必ら, ばかりだ, や, を, をば覚無し

▼ らん~ (9, 0.6%)

3 は人間 1 が起きん, ぞと教えまつりき, の娘, はこっち向け, は我, を集め

▼ らんから~ (7, 0.4%)

1 いいけど, おらんと, くよ, その中, 早く出る, 練習の, 酒を

▼ らんなさい~ (7, 0.4%)

2 な本 1 かしの, と葉巻, 熱くなっ, 神も, 青い生命

▼ らんぼうする~ (7, 0.4%)

21 から, からさ, なしかた, 気は, 相手に

▼ らん~ (7, 0.4%)

1 この手, 人の, 此の, 物憂かるべく, 知るべからず, 知れず, 絲瓜も

▼ らんという~ (6, 0.4%)

2 音が 1 いでたち, ことが, んだ, 状態の

▼ らん~ (6, 0.4%)

21 あの放蕩山人, 此う, 無意義だ, 眼を

▼ らん~ (6, 0.4%)

2 危なし店先 1 がつく, の黄色い, は消, を頼り

▼ らんぼう者~ (6, 0.4%)

1 であること, のいない, のよう, のトラ十, の曲芸師丁野十助, を撃ち倒した

▼ らん~ (6, 0.4%)

4 の小 1 の彫刻, や天井

▼ らん~ (6, 0.4%)

1 に其膝, に汝ら, の來, の沐浴, は, は青銅

▼ らんさん~ (5, 0.3%)

1 が三十余り, と云う, と言つて, の事, の天

▼ らんとて~ (5, 0.3%)

2 甲斐なき 1 アヴェンティヌスの, 御衣を, 立上り玄關で

▼ らん~ (5, 0.3%)

2 うもの 1 うぢ, うの, うは

▼ らん~ (5, 0.3%)

2 がええ, ですね 1 なの

▼ らんがらんと~ (4, 0.2%)

2 振りました 1 ひ, ひびき黄金

▼ らん~ (4, 0.2%)

1 ている, てちよ, また第, 僕は

▼ らんため~ (4, 0.2%)

1 このひそか, なりされど, に猶, またかしこ

▼ らん~ (4, 0.2%)

3 やない 1 やららん

▼ らんばかり~ (4, 0.2%)

1 で老, 壮だった, 左へ, 幾十枚かの

▼ らんばかりに~ (4, 0.2%)

1 して, はや駕籠, 小さく縮こまっ, 苦しい日頃

▼ らんばかりの~ (4, 0.2%)

1 かなしみと, ダイヤ碧玉紅宝石中には, 凄まじい形相, 古代アラビヤンナイトの

▼ らんもの~ (4, 0.2%)

1 だからナ, と見える, を, を和睦

▼ らん心地~ (4, 0.2%)

2 して 1 すなり, せらるるなりけり

▼ らん~ (4, 0.2%)

1 だ, で怠けとっ, は三十円, をお

▼ らんかと~ (3, 0.2%)

1 推量仕つ, 案じ候, 言われた

▼ らん~ (3, 0.2%)

21 や知らんげ

▼ らんとお~ (3, 0.2%)

1 もひし, もひやりぬ, もふ

▼ らんところ~ (3, 0.2%)

1 だらうが, でちっと, で出来

▼ らんとの~ (3, 0.2%)

1 ことに, わがつよき, 計畫

▼ らんとは~ (3, 0.2%)

1 人々の, 考へられん, 限らない

▼ らんどる~ (3, 0.2%)

1 ごとある, ぞなもし, んです

▼ らんなど~ (3, 0.2%)

1 愚なる, 打返しその, 打返し其むかし

▼ らんなら~ (3, 0.2%)

1 んのや, ん思てる, 何でその

▼ らんねえ~ (3, 0.2%)

1 から時々, もんだかんな, んでさ此

▼ らん~ (3, 0.2%)

1 ぺんきが白ぢや, ハヽヽヽ, 相手が

▼ らんよりは~ (3, 0.2%)

1 人を, 寧ろ意, 知らぬ他郷

▼ らん~ (3, 0.2%)

1 がひらかれ, でフランス, に出品

▼ らん~ (3, 0.2%)

3 に今日品切れ

▼ らん~ (3, 0.2%)

2 が手 1 よりもわれ

▼ らん~ (3, 0.2%)

2 はと流石 1 の世

▼ らん~ (3, 0.2%)

2 して 1 しつつ

▼ らん~ (3, 0.2%)

2 には君 1 が來

▼ らん~ (3, 0.2%)

2 のやう 1 な云

▼ らん~ (3, 0.2%)

2 をし 1 である

▼ らんいざ~ (2, 0.1%)

1 留めん, 行きて

▼ らんうつくしく面白く清く尊く~ (2, 0.1%)

2 さながら天上

▼ らんかな~ (2, 0.1%)

2 けれ抔

▼ らんきょう~ (2, 0.1%)

1 というの, と梅

▼ らんこの~ (2, 0.1%)

1 妖邪お, 鬼神お

▼ らんさて~ (2, 0.1%)

2 も心

▼ らんさらず~ (2, 0.1%)

1 ば悪名, ば惡名

▼ らんずる~ (2, 0.1%)

1 や, 根ざしが

▼ らんだり~ (2, 0.1%)

2 力んだり

▼ らんです~ (2, 0.1%)

1 が, よ

▼ らんといふ~ (2, 0.1%)

1 のだ, 罪が

▼ らんとこ~ (2, 0.1%)

1 に塊有, へ來

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 えつちんだ, え處

▼ らんので~ (2, 0.1%)

1 そのあと, 淋しか

▼ らんぷの下~ (2, 0.1%)

2 を少し

▼ らん~ (2, 0.1%)

2 おやぼ

▼ らんぼうし~ (2, 0.1%)

1 ては困る, 給うな

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 らんちやらんぽ, らんと

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 えつて云つた, えつて云つたの

▼ らんわが~ (2, 0.1%)

1 妻に, 心泣き

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 この傾向, この期

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 は昔, も尚

▼ らん~ (2, 0.1%)

2 もなき

▼ らん母御~ (2, 0.1%)

1 は世辞上手, は世辭上手

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 におさるる, を持

▼ らん百年~ (2, 0.1%)

2 の悶

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 って何, にあいまし

▼ らん総じて~ (2, 0.1%)

2 もて存知

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 ではあります, を犯した

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 ちかき, を待つ

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 でかくまった, で煙草

▼ らん~ (2, 0.1%)

1 ひきて, 曳きて

▼1* [269件]

らんほんだら, らんあけの春, らんあま船に乗りおくれじ, らんあんなにして, らんいわして烏, らんかげ思ひやるも, らんかたがたに心, らんかといふ誘引です, らんかねも驚かすべし, らんかは能く, らんかも知れんが, らんかをも能く, らんかんみたいな形, らんがな何事を, らんがの下谷に, らんきようも悪く, らんのふた, らんくろ髪山の, らんぐい歯を見せさせ, らんぐんのちまたのことゝて生死のほど, らんうるさいこと, らんけに困っとる, らんこういう形式上の, らんこと時頼が今生, らんごくなところ, らんごとになっ, らんさける間も, らんさまの石, らんさまつて何, らんさるを卑賤しき營業, らんしかれども吾輩, らんしたようである, らんしよふにん, らんほしう, らんじさせぞしける, らんすぐそれだ, らんすべなし, らんする人波を, らん気勢激しき, らんずる如くに見え, らんそうどす, らんその松任より, らんそら耳かもし, らんそれで又何日慰めらるる, らんそれ雪は鵞毛, らんなし, らんたつの銘撰, らんためナポリを出, らんため祈りにより, らんため罪を淨むる者, らんたるかれの生命力, らんだから僕は, らんだ飛んでもない, らんちうをその, らんちの嬶が目, らんちやらんぽらん, らんつうたら, らんおかあさんが, らんでから風の, らんでのお陀仏様, らんではないか, らんでやがるの, らんでをり笑つた時, らんといったのは, らんといふのほか何をも, らんとおいとくれやすいう, らんときは則, らんとぞ思ふ僧, らんとばかりに悶ゆるなり, らんともえかがやい, らんと共に余の, らんどんどと鳴っ, らんなさいませあの弟君, らんなされましてき, らんなされましたときは, らんなすって下さいまし, らんなってまだ, らんについて無関心, らんになつてに, らんにやなるまいが, らんによって諸々の, らんねえだよから笑止, らんねえなんてしらば, らんねえよ其れ, らんはとに角, らんびきにいたし, らんぷが間もなく持ち出された, らんぷと杉の葉, らんぷのやうに点つてる, らんぷの顔からその, らんぷや行燈の下, らんぷをつけことことと晩飯, らんぷ息づみ曇る, らんべの重さ, らんほど好きん, らんほどぞはかなき, らんぼうさも急, らんぼうもののぞうさん, らんまして嬉しさ, らんまた地獄に, らんまつたくの燻し出しだ, らん代を, らんみゃくです, らんもんだから, らんやの行動に, らんやらうし熊吉なんか, らんよそへつつ眺むる月, らんよ, らんらん四面に構えた, らんとは, らんをばいと効, らんトロイアの禍難, らんニハよしなき也, らんパナマの山, らんラヴレターをかい, らん一人ぞ惑, らん三とせになりぬ, らん下されて小生, らん不憫やお, らん予言のよう, らん云わして烏, らん五月雨の空, らん人ララならでは, らん人間である, らん今日まで知らで, らん今更にくくこそ, らん今朝の秋雲, らん仕事だと, らん会場にきらびやか, らん光り光りてあきらか, らん其樣な仰せ, らん冶郎蕩児の魂魄, らんじゃったが, らんでございます, らん判然らんで突張り, らんに事件, らん劇しき毒に中りたる, らん勉強しろこら, らん動物だけれども, らん動物さふう, らん勝手元に菜切庖丁, らんひ恐ろしく, らん匂いがする, らん十一月の月, らん十字の上, らん半ば欠けたる月, らん原因ではなく, らん去ぬる春の, らん机の, らん合点ゆかず恐しかりける事, らん同僚を, らんも斯く, らん吾肩書に官爵, らんの人間ども, らんでそれ, らんに非, らん四面に構えた, らんはない, らんがした, らん厦も, らん大廈も高楼, らん天津日国に, らんを持つ, らんの胴, らんよ, らん奴等でな, らん宇治の橋姫, らんを求むる, らん宿ぞ悲しき, らんで他, らんの桜, らんにも似たる, らん島里は春, らん差図を与え, らん常に彼處に, らんだに終に, らんはアルゴス, らん彼岸遠からじ, らんゆるりなされ, らんのほどやや, らん思えば法廷, らん思ひ出でも, らん思ひやる袖うち濡らし, らん思ふさへ, らん恩情永く隔り, らん惱亂する, らんはあらじ, らん所々にてものたま, らん手爾葉の結尾, らん見ぬさき, らんにとて勧進, らん新星の, らん旅人の, らん明後日も, らんに知られぬ, らん時わが家の戸, らんの声, らん綴れる吾誠, らんすめば, らん之の子, らん望月の関, らんの声, らん東雲の, らん森々として死, らんが死んだ, らん横道者もあります, らん死出のやま, らん殊更寒い昨夜, らんわが槍, らん汝待ち日々に希望, らん泊まりをし, らん浅茅生の宿, らん浪子は目, らん濡羽の黒髮, らん煙して, らんに茲, らん犯せる罪の, らん狩りにだに, らん獄屋の友, らんの音, らんを乞え, らん由無かりし故に, らん畜生に讐, らんさえ敷け, らん病が買ひ候はん, らん目科の耳, らん研究法をしなく, らんの声, らん秋風にかりかり, らん程のもの一人として, らんに鋏, らん紅筆の, らん絶対に癒らん, らんが身, らんして, らんを, らんれへん, らん與らん與れへん, らんの瞳, らんのみ茂り, らん若き男女の, らん若者あり, らん苦心が積み重なっ, らんにかわる, らん薄曇りに目, らん藻西太郎は意外, らんなくなり前, らん表現ですね, らん見るままに, らん覺束なし, らんはぬお, らん計り見るから忽ち, らん詩人も唯一, らんなん, らん論爭は起らず, らんでございますが, らん車屋に空車, らん転げまわる少年たちは, らんしたの, らん畦の, らん金吾はこれ, らんの音, らん間アに暗示, らん深き路, らんかに青雲, らん面色して, らん願おうと存じ, らん風情さすが覚悟, らん鶯来啼く我