青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「られる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

らしく~ ~られ られ~ られず~ ~られた られた~ られない~ られなかった~ られぬ~ ~られる
られる~
らん~ ~り り~ りき~ ~りっぱ りっぱ~ ~りました ~ります ~る る~

「られる~」 27766, 300ppm, 322位

▼ られる~ (4702, 16.9%)

893 である 205182 です 149 であった 140 では 123 であります 97 だった 80 であるが 62 でした 54 だが 52 だから 49 だと 4333 ですが 31 であるから 25 ですか 24 でございます, は 22 であって, でなければ 19 がいや, が嫌 18 であろう 17 でありますが, でしょう 16 だろう, ですから, を恐れ 15 だという 13 はこの, はただ, は当然, を感じた, を見 12 だそう 11 だつた, でありました 10 が厭, はそれ, を恐れる, を見た 9 が常, じゃ, だよ, であったが, でしょうか, はいや, は何, を待っ, を待つ 8 が当然, が普通, だろうか, だろうと, ですよ, は彼 7 かと思う, が恥, であろうと, でも, で御座います, はその, は厭, は自分

6 [11件] かね, がつね, が一番, であると, であろうか, ね, はお, はやはり, は全く, をひどく, を見る

5 [20件] かしら, かそれ, かもしれない, が例, が辛い, さ, だな, だらう, ぢや, であったから, でありまして, はあなた, は今日, は此頃, もまた, も厭, よ, を感じる, を知らず, を私

4 [30件] かと思っ, が不思議, が大, が好き, が癪, が私, だからね, ださ, だとは, でありますから, であるか, ですね, と同じ, に驚い, はこれ, はどう, は勿論, は嫌, は私, もある, もいや, もその, も当然, も悪く, も無理, を厭, を厭う, を常, を感じ, を憚

3 [45件] がいやさ, がその, がとても, がフシギ, が今日, が何, が怖い, が気, が習慣, が自然, が辛く, だけれども, だし, だったが, だとも, であろうかと, ですもの, はあの, はいつ, はうれしい, はそこ, はむしろ, はもちろん, はイヤ, は人間, は固, は女, は実は, は常に, は確か, は自然, は非常, は面白く, もこの, もこれ, をお, をじっと, を何, を厭っ, を怖, を恥, を普通, を知っ, を聞く, を覚えた

2 [174件] かい, かそれとも, かということ, かというよう, かと不思議, かと思いました, かなあ, かはっきり, かも知れぬ, かわからない, が, があたりまえ, がうれしい, がお, がおそろしい, がきまり, がこの, がとてもとても, がなら, がイヤ, が不愉快, が何より, が厭さ, が常識, が怖, が恐ろし, が恐ろしかっ, が恥し, が恥しい, が楽しみ, が氏, が気まり, が沢山, が苦しく, が苦痛, が非常, じゃない, じゃないです, だからと, だからな, だといふ, だね, だらうか, だらうと, であり従って, であるけれども, であろうが, でございました, でございますか, でしょうが, でしょうね, ですからね, ですと, ですな, でなく歴史的, と共に一言, と同様, に何, に反し, に堪えなかった, に辟易, に驚いた, はあまりに, はあるいは, はいい, はうれしく, はお前, はかえって, はこんな, はさすが, はそういう, はつまり, はどういう, はなおさら, はなぜ, はまだ, はむしろ当然, はもう, はやり切れない, はよい, はわたし, は一人, は不思議, は不愉快, は主人, は事実, は人生, は他, は何ゆえ, は何故, は余り, は前庭, は単なる, は可, は土地, は夫, は嫌い, は嬉しい, は実に, は尤も, は幸福, は当り前, は御, は心, は性的生活, は情ない, は愉快, は新た, は時々, は普通, は染五郎, は死, は江戸, は決して, は無理, は珍しい, は甚だ, は生れ, は男, は精神, は糸すすき, は至極, は誰, は辛い, は閉口, ほかない, ほかなく, もお, もこんな, もそこ, もそれ, もよし, も事実, も厭う, も嫌, も尤, も怖, も業腹, も構わず, も自由, も遠い, をいやがる, をおも, をこの, をとても, をふり, をふりき, をぼく, を好まぬ, を嫌, を嫌がっ, を嫌った, を当然, を待った, を快く, を恥ずかしく, を振り切っ, を振切っ, を断つ, を最も, を末造, を欲, を無理, を知つて, を聞い, を聞いた, を自分, を辞し, を遺憾, を防ぐ, を非常, を面白, んや, 恥かしい

1 [1146件 抜粋] いやだ, かさっぱり, かちょっと, かという, かとふしぎ, かとも考え, かと云う, かと彼, かと感じ, かと私, かと閉じた, かどうにも, かなと疑え, かはじめて, かは知らない, かほとんど, かもしれません, かもわからなかつた, かや, かわからなかった, かを考えた, か一般に, か予想, か医者, か古い, か多少, か或は, か私, か誰, がある, がいけない, がうらめしい, がうれしかっ, がおもしろい, がかすか, がきらひで, がこわく, がさすが, がしきたり, がすめ, がたまらなく口惜しい, がつく, がつらい, がつらくっ, がどん, がな, がならひであり, がほんとう, がもったいなく, がオチ, がチース, がハイドン, が一世一代, が一層, が一番禁物, が上策, が不満, が人形, が今, が僕, が分った, が切ない, が前, が却, が口惜しい, が可, が可笑しい, が唯, が天, が妙, が嫌い, が嬉しい, が守人, が幾そう倍, が彼, が心外, が心配, が怖かっ, が恐し, が恥ずかし, が悪い, が愉し, が懷, が我々, が明らか, が最も, が欣, が正二郎, が気に入らない, が気味が悪い, が注意, が煩い, が理想的, が皆んな, が真宗, が穏当, が精, が羞, が腹立, が苦しかっ, が街頭, が見える, が訳, が認められる, が辛, が遺憾, が面倒, が飲料水, さえ好かなかった, さえ苦しい, じゃから, じゃなくっ, すら恥ずかしい, だかは, だからなあ, だがのう, だけども, だけれど, だったかしら, だったら見るもの, だつたら, だらうが, だろうかという, だろうという, だろう乎, だ安息, だ急げ急げと, であったら自分, でありこれ, でありそして, でありましょうか, であり全, であり時代的, であり直観的, であるかも, であるこんな, であるらしい, である他, である宮廷, である漸く, である私, であろう声, でございましょう, でございますな, でござろう, ですからねえ, ですけども, ですその, です叩き出した一個, でないならば, でなくむしろ物, でも恐れる, とおさな, とちがい, とでいくらか, とでは大きな, とどっち, とは思わず, とを思ひ合せ, と一所, と十数年前最初, と家庭, と少年少女, と母, と自分, と阿, ならいちばん, ならせめて, ならよろしゅう, なら我慢, なら雜作, なんか忘れ, にお, にと考え, には, にはどうにも, には多少, には彼, には理由, には閉口, にもかかわらず, にも一理, に儲けない, に堪へなかつた, に対して奏上, に弱っ, に彼女, に比べ, に異ならぬ, に相違, に適し, ねきっと, のしり, はあながち, はありがたい, はある, はいかにも, はいつもうっかり, はいわゆる, はおそらく, はおびただしい, はかうした, はかならず, はかの, はここ, はご, はすき, はすこぶる, はせつな, はそちらさま, はそれほど, はたしかに, はたぶん, はだから, はちよ, はとうてい, はどんな, はなおなお, ははかない, ははずかしい, はひとり兄ドミトリイ, はほんとう, はぼく, はまさに, はまた, はみなわれわれ, はもってのほか, はやむをえなかっ, はわかっ, はわれら家来, はアガサ・クリスチイ, はカルシウム, はドイツ軍, はプロレタリア文明, はミーチャン, はヨーロッパ, はルル公爵, は一千人, は一方, は一般, は一言, は上, は不満, は両方, は主観的傾向, は云う, は今, は仕合わせ, は以上四つ, は何とも, は何時, は余り栄, は信仰, は偶然性, は像, は優し, は光明, は兎角, は冬期, は初めて, は前例, は勿體, は十分, は厳酷, は取り, は叶わない, は啓蒙活動, は喜び, は困ります, は堪らなく, は境遇, は大きに, は大和, は大衆小説, は天下, は奇妙, は好まない, は妙, は学力低下, は安治川, は宦官的内訌, は対等, は小さな, は少く, は少女, は山道, は已む, は平次, は弁, は当, は彼等, は後家暮し, は徳川時代, は必ず, は忌, は怖かっ, は恒, は愁い, は我々, は戯れらしく, は抽斎, は支那民譚, は放, は政治上, は敵, は文字上, は文藝家, は既定, は日本, は春, は有史前後, は本, は本望, は来るべき, は極めて, は止む, は正に, は死ぬ, は毎, は気味, は水, は治六, は活版, は無論, は特別, は王様, は珍しく, は現在日本人, は理由, は生, は生産, は男子, は癪, は目, は眼前, は知つて, は社会, は神様, は竹童, は約束, は結構, は老人, は背後, は自己, は自然秩序, は至極当然, は若湯, は苦しい, は茶道具, は薄気味, は褒めた, は誉れ, は足守川, は迷惑至極, は運, は遺品, は部分, は醸造業, は鈴子, は降り, は難い, は面白い, は鮭, まず, もあなた, もあんばい, もいい, もいかん, もお前さま, もこ, もこの世限り, もとりつく, もみんな母親, もゆうべ女, もわし, も一家, も不本意, も主として, も今, も伊那, も何となく, も余儀ない, も先生, も冒涜, も単に, も古今, も堪らない, も妙, も少く, も当世, も待たず, も心, も必然, も恰好, も惡, も本当に, も楽しみ, も残念, も殿, も気に入った, も泰軒先生, も理由, も矢張り暗黒, も聞かず, も至極, も苦しかっ, も触れられる, も辛い, も道理, も開港場, も面倒, やら, よりも気持, を, をいとっ, をおそれ, をきらってる, をこわがっ, をさけ, をすこぶる, をそりゃ, をひと, をふりはなし, をみた, をむり, をよろこん, をわざと, をジッ, を不合理, を伺います, を先刻, を免れん, を却って, を可, を喜んだ, を大坪, を大層, を妨げる, を嫉ん, を嫌う, を嬉しく, を少し, を山田, を常例, を幸い, を幸福, を彼女, を待ちかね, を待つてる, を待とう, を心配, を恐, を恐れた, を恥かし, を恨ん, を悪, を感じました, を慣わし, を我慢, を折々, を拒ぐことが出來, を振払った, を救つて, を昔彼, を時々, を止め, を残念, を気づかっ, を汗, を満足, を甚だ, を目前, を真に, を知った, を笑っ, を經驗, を羨ましく, を聞きつけた, を自慢, を見たい, を見ます, を見兼ねた, を見送る, を覚える, を覺悟, を諫め, を逆, を避けた, を避けよう, を防止, を面倒く, を首, んとは, ん嫌がってる, ん心配, 云い争い, 余儀なきに, 御同感, 来歴を, 運命に

▼ られるよう~ (2256, 8.1%)

235 になった 163 になっ 99 な気 72 になる 63 なこと 58 にし 41 なもの 36 になりました 23 な心持 22 になり 18 である 16 な気持, に 15 な事 13 な感じ, に思う 12 にその 11 だった, です 10 になれ 9 であった, にする 8 だ, ですが, な, な場合, な心地, な思い, な時 7 では, にした, になつ, に思った, に感じた, に見える 6 でした, なその, なそんな, にお, になりたい, に思われた, に苦しく

5 [11件] だが, であります, でも, なところ, なの, な不安, な心配, な苦し, になるであろう, に出来, に思われる

4 [11件] だと, な声, な機会, な社会, になったら, に彼, に思われ, に思われます, に感ずる, に用意, に私

3 [32件] であるが, ですね, なあの, なそういう, な事件, な人, な人物, な作品, な力, な大きな, な女, な工合, な心もち, な性質, な時代, な気もち, な男, な顔, におなり, にこの, にしたい, にならなけれ, にもなっ, に仕組ん, に努力, に心, に感じ, に成った, に胸, に自分, に苦しかっ, に見えた

2 [87件] だし, で, ですから, ですの, で気, ないかにも, なこの, なそれ, なただ, なヘマ, な一種, な不気味, な人間, な位置, な何, な具合, な危険, な変, な夜, な夢, な奇妙, な家, な小さい, な弱, な弱い, な形, な御, な恐ろしい, な恐怖, な恰好, な悪戯, な持続, な晩, な書物, な模様, な毀誉褒貶, な気分, な気味, な気持ち, な点, な焦躁, な物, な状態, な目, な真, な真理, な種類, な立場, な筋, な言葉, な記事, な身の上, な音, な風, な風習, な高い, にある, にされ, にしてやる, にそわそわ, になるだろう, にも思えた, にやっ, にゾッと, にドア, に人間, に地面, に少し, に彼女, に思えた, に思っ, に感じる, に成っ, に書い, に次, に気, に生き, に痛い, に眠く, に神様, に福太郎, に窓, に考え, に至急, に苦しい, に足, に身

1 [782件 抜粋] されたい事, じゃどう, じゃなく, それとなく計らっ, だったらどう, であったが, であつ, でありヤマト, でいい, でいいたい事, でこの, でございます, でさえ, でさよう, でしたら私, でしょう, でそして, でたとえば, でなんとも, でほか, でわたし, で不愉快, で今, で又, で堪えられなかった, で変, で快い, で思うよう, で愁, で時々ふっと, で気持ち, で永く, で縁側, で耳, で苦しい, で近づきたくなり, で逸子, なああ, なあたらしい, なありさ, なあんな, ないい, ないたましく, ないとし, ないらいら, なお, なかすか, なくやし, なころ, なしめつけられるよう, なそう, なそれでいて, なたいへん, などう, などじ, ななに, なふう, なへま, なまた, なまだ, なものの, なもん, ならお前さん, なら僕, なら腕, なアンバイ式, なザッヘ, なスポーツ感情, なトリック, なヤクザ, な一つ, な一定, な一間半, な下着, な不快さ, な不愉快, な世の中, な世界的水準, な主体, な事情, な事態, な事物, な人たち, な人生, な人相, な低級ギャング性, な侮辱, な便利, な俳句, な俺, な傾き, な兄さん, な内省的, な冷さ, な切な, な刑罰, な刹那, な功名, な動物的喉笛, な十分安心, な半, な危, な厭, な取極, な口調, な可愛らし, な名, な名案, な味, な哀れ, な品, な善さん, な噂, な土間, な圧力, な塩梅, な境遇, な大, な奇蹟, な女たち, な威圧, な婦人, な子供, な存在, な学生, な定義, な客観, な寒, な寒風, な小さな, な小型, な峠, な工夫, な平板, な幸福そう, な床几, な弱気, な弱点, な強い, な強迫, な形態, な徳望, な心, な心理, な忙し, な思, な恥, な息ぐるし, な息苦し, な悪い, な悲しみ, な惧, な想い, な愛し, な慌しい, な或, な戦慄, な手段, な手軽, な政治的, な文句, な方一人, な日, な早熟, な昔, な暴風, な有様, な本, な板囲い, な果報, な様子, な機, な欠点, な死に方, な氣, な泡, な注意, な深い, な淵叢, な温かい涙ぐまし, な烈しい, な無, な焦慮, な熱い, な犇, な狡猾, な現代式, な現象, な生産場面, な疲労, な痛, な白雲, な目付, な相手, な真実, な眼付, な石, な科学, な積極的, な空気, な筆致, な素朴さ, な罪人, な美文体, な美術, な老人連, な考えかた, な聴衆, な背筋, な胸苦しい, な腕前, な良い, な芸, な芸術的創造, な苦悩, な苦痛, な華奢, な蒲団, な蝋炬火, な行軍, な表情, な要領, な見っとも, な覚え, な訳, な誘惑, な調子, な講義, な豊か, な豪華さ, な資格, な趣向, な身体, な身構え, な透明, な速度, な遅れた自尊心, な過去, な道, な道楽者, な都合, な重苦しい, な鈍い, な長い, な防毒面, な陰気, な陶酔感, な隙, な静けさ, な鞄, な頭脳, にあし音, にあと, にあわただしく, にいたい, にいっ, にいや, にうしろ姿, にかく, にかすか, にかべをつたっ, にきめ, にくら, にこう, にこれ, にさえなっ, にさえなる, にさえ見える, にさき, にさらさら, にされる, にしてやらね, にしてやりたい, にしなけれ, にじゃ, にすれ, にせまい, にぜひとも, にそういう, にそうした, にそして, にその後, につくっ, にでき, にできる, にという具合, にという切実, にとしてやる, にとちゃんと, にと下降, にと久助, にと云う, にと希望, にと思う, にと末, にと母, にと申, にと身, にと開け放し, にな, になさった, になったらしい, になったれ, にならない, になられました, になりだした, になります, になり果てた, にね, にはかつ, にはなった, にはならない, にべらべら, にまた, にまでなっ, にみんな, にむしろ, にもう, にもなった, にもなり, にもなるだろう, にも思え, にも見える, にやってくる, によい, によく, にギン, にクリストフ, にサッと, にスタスタ, にスワ, にハッキリ, にパン, にフラフラ, にフワリ, にボイラー, にロンドン条約, に一日, に一種, に三, に下, に不潔, に之, に人々, に今, に仕向けられ, に仕向けられた, に他, に仮睡, に体, に何故, に働かず, に内, に再び, に出口, に出来てる, に切っ, に切ない, に力, に助け, に動きだした, に勝負, に千種殿, に半ば無意識, に半分うしろ, に反対側, に取り成し, に叙述方法, に吹雪, に呻い, に哀しく, に唯物論, に園絵, に土地, に城, に声, に変っ, に大事, に女性, に妻, に妾, に威丈高, に子供, に客観的, に家, に家々, に寄り合い, に山, に島原, に工夫, に希望, に平均的, に座, に弥助, に当分, に御簾, に忙しい, に思いました, に思うなら, に思えます, に急い, に恐かっ, に悪寒, に感じます, に感ぜられる, に成りました, に扇風機, に手許, に手配, に拝, に描きたい, に数, に敵陣, に文芸上, に新た, に日本主義, に昔, に書かれ, に本篇, に村, に柱, に柳容堂, に椅子, に極端, に歩, に歩み寄る, に毎日毎日全力, に氷上, に流れ, に淋しい, に溶け, に演壇, に無, に燈, に物理的, に特に, に現実, に生物界, に異様, に痛み, に痛んだ, に目, に相成りました, に眠り, に着物, に知能, に磯五, に祈った, に私共, に稍急, に空中, に立っ, に第, に答えよう, に精神, に経験論, に結婚, に緊張, に繋い, に自然, に自身, に舞台, に苦しん, に苦痛, に蛇男, に行動, に襲っ, に要請, に見えます, に見入っ, に見受けられた, に視線, に覚え, に観賞物, に計らいましょう, に訓練, に読みはじめた, に警戒, に跳, に軍服, に近く, に速断, に都合, に酒, に金釦, に長, に階段, に雑誌, に難民, に電極板, に電車, に鞍, に願っ, に高まった, に鬢, ねがう, よ, 救って, 相定, 祈る

▼ られること~ (2170, 7.8%)

140 になった 69 になる 51 になっ 49 がある 33 である 32 が出来る, もある 24 では, となった 22 になり, はない 21 になつ, になりました 20 が多い, であろう 16 もあった 15 ができる, のない 13 がない, もなく 12 があった 11 があっ, であった 10 と思う, によつて, を希望 9 だろう, なしに, を知っ 8 ができ, が多く, が必要 7 がなかっ, が出来ない, が多かっ, だった, となる, なの, は

6 [11件] ができない, が出, だ, だと, でしょう, となり, と思います, なくし, になつて, はありません, を怖

5 [14件] があります, であって, であらう, であろうと, になろう, の方, はその, は出来ない, もできない, もない, もなかっ, を必要, を恐れる, を望ん

4 [19件] か, があつ, があり, がしばしば, が出来, が可能, であります, でも, になつたの, になるだろう, によってその, はある, は事実, は何, は当然, は決して, は私, もあろう, を恐れ

3 [34件] ができず, ができるであろう, がなく, がよく, がわかりました, が出来ず, が出来た, さえあった, だし, だらう, だろうと, であつ, であるが, であると, です, でせう, でなければ, となりました, と思ふ, になるであろう, はあり得ない, はなかっ, は彼, は我々, は疑い, は知っ, もあり, もあるまい, もまた, を厭う, を思う, を欲する, を甘受, を非常

2 [108件] がありません, がそれ, ができた, ができよう, ができるであらう, がひどく, がわかっ, が不可能, が出来なかった, が出来るであろう, が分った, が少なく, が屡々, が極めて, が肝要, が非常, さえある, だったが, だろうか, であ, であろうからと, でした, ですが, でない, といえ, となっ, となるであろう, とはなった, と信じ, と思っ, など書き添えられ, にある, になったら, になりましょう, になるらしい, になれ, には馴れ, にもなった, にもなる, にも意味, によって初めて, によって始めて, によって少し, によって知識, による以外, に基い, に定, に抵抗, に満足, のある, のなかっ, の出, の多い, の恐怖, の由, はあっ, はいう, はこの, はすべて, はちょうど, はまことに, はまったく, はまれ, はめったに, はもとより, は不可能, は今, は実に, は後, は従来, は明らか, は火, は自然, は起り得ない, は非常, への怖, もあつ, もありました, もあります, もあるだろう, も出来る, も多い, も屡々, も想像, も附言, やら, をうれしく, をかく, を伸子, を喜ぶ, を嫌う, を心配, を惧, を意味, を指す, を望む, を望んだ, を期待, を欲, を求め, を率直, を疑わない, を目標, を知る, を示し, を私, を聞い, を要求

1 [824件 抜粋] あたかも用, あるは, あるひは, かそれら, かと心細く, かと思った, かと畏怖, かと言, かと言わなけれ, からどんな, からも察せられる, から免れよう, から胸, か寝顔, があったら, があるであろう, がいけない, がいろいろ, がきょう一日, がございます, がさも, ができたであろう, ができなかった, ができぬ, がどうにも, がどれ, がなかつた, がなくなっ, がはつきり, がら, がわかった, がガラツ八, が一番, が不安, が不思議, が伸子, が余り屡々, が出来たら, が出来るだろう, が分かっ, が分る, が厭, が問題, が堪えられない, が多, が少い, が少ない, が度々, が強者, が必至, が急, が恐ろしく, が恥ずかしい, が恨めしく, が明らか, が望ましい, が本意, が殆ど, が法律, が無い, が甚だ, が痛切, が絶対必要, が習慣, が肝心, が見られる, が見る, が証明, が遅く, こそ永遠, こそ第, さえあります, さえしばしば, さえたまらない, さえもない, さえ不愉快, さえ疑われる, しか出来ない, しばしばだった, しばしばという, じゃねえ, じゃろう, そうしてその, そのこと, その事自体, ぞ, だから, だが, だけだ, だけには案外, だけに夢中, だけは大体, だけは真平, だけを述べる, だったし, だとは, だらうか, だらうなどと, であったから, であったと, でありながら, でありましょう, であり六法全書, であるため, であるとか, であろうが, でいずれ, でこの, でござろう, でさえも, でしょうか, ですからね, でその, でそれ, でないと, で乳母たち, で人々, で御座いましょう, で有っ, としか考えられぬ, として受動的, とぞんじます, となります, と予期, と二千四百円ベース, と信じます, と共鳴, と存じます, と思い, と思ひます, と思われる, と相, と豫期, と齟齬, なくただ, なくまた, なく初心, なく危く, なく又, なく我々, なく直接端的, なく真に, なく自己, なく親しい二, なしという, なぞあり, なぞは少し, などはすこしも, などは地方, などは忘れ, などは有り得ない, などもあり, などを聞いた, など決して, なんかちっとも, にあてはまる, においてその, にした, について君, になったらしい, になりまし, になりましたら, にのみ役立っ, にはこの, には勿論, には意味, には我慢, にひるまない, にもなるであろう, にも理由, にも返辞, によってで, によってのみ真, によって一家, によって二人, によって云う, によって初めて最も, によって却, によって又, によって同志小林, によって女, によって姫君, によって我々, によって歴史科学的統一, によって生き, によって知覚, によって自身, によって芸術, によつて利用, によつて可能, によつて山上, によつて謂, によりそして, に一種, に依っ, に努め, に同意, に堪え得なかった, に外, に嫌悪, に対しては皆, に対してまるで, に対して余り, に対して私たち, に対して自分, に微か, に心配, に慣れ, に懲り, に懸, に成つた, に気がつき, に気付いた, に決められた, に深い, に物珍し, に興味, に誰, に過ぎない, のうち, のきびし, のできる, のみでございまする, の不自然, の僭越, の出来た, の厭, の多く, の少い, の少なく, の悦び, の機会, の淋し, の無い, の矛盾, の第, の腹立たし, の苦痛, の非, はあたかも, はありがたい, はありませんでした, はあり得ないであろう, はあるまい, はいくら, はいらぬ, はいろいろ, はおおわれぬ, はかつて, はかへす, はこういう, はこれ, はこれら, はさらに, はずいぶん, はそういう, はそれだけ, はそれ自体, はそれ自身発見, はただ, はたった, はできない, はとても, はとにかく余り, はどういう, はないだらう, はないでしょう, はなかつた, ははっきり, はひとり, はまず, はまぬがれる, はむろん, はもはや, はゆうべ, はよく, はモデル, はライエル氏, は一ツ, は世に, は世界, は二つ, は人形, は人間, は何でも, は何年, は作者, は俊亮, は光秀方, は全体, は出来, は出来なかった, は出来得る, は前述の, は十分覚悟, は半蔵, は取り, は古史, は同じ, は吾人, は四つ, は土質, は天王星, は嫉ましく, は安らか, は実際, は容易, は尊い, は少い, は少し, は平気, は心外, は必ずしも, は思想, は思想上, は恥しく, は感興, は手足, は文藝家自身, は新田義貞, は日本, は望み得られなかった, は本当に, は梟, は此際, は毎度, は江戸時代, は海亀, は滅多に, は無い, は無常, は無念, は猿猴, は甚だ, は生活, は直ちに, は私たち, は稀, は第, は答えましょう, は答えよう, は能, は自, は自分, は覚悟, は詩, は調和協力, は論, は避けられない, は錐, ばかりだ, ばかりを考えてる, またこの, もあっ, もあったろう, もあり得た, もあるらしい, もあれ, もこれ, もし, もすくなく, もたびたび, もできる, もなかつた, もなくなる, もなし, もなにか, もなる, もなん, もわかった, も一応, も三郎, も事実, も分った, も十分私, も問題, も多かっ, も多く, も少く, も希, も待たず, も悲しい, も時として, も曽, も無償, も珍しい, も疑はれる, も知っ, も知つて, も致し方, も苦痛, も認めざる, も面白く, やうち, やらとかよう, を, をあれ, をいく分, をいった, をいやがった, をいやがる, をおそれ, をお話し, をきらつ, をこれ, をさけよう, をすすめます, をそれ以上, をたいへん, をだめ, をつたえよう, をのぞい, をひどく, をわすれ, をアケスケ, を一番, を不快, を主張, を今, を伊沢, を何, を俟, を信じ, を信じます, を信じる, を個人的希望, を免れません, を切に, を前, を取るべし, を否定, を告げた, を好まない, を好ん, を妨げる, を学校, を屡々, を強制, を彼女, を待望, を御存じ, を心から, を志願, を忘れた, を思い出さね, を思った, を怠られなかった, を恐ろしい, を悲しく, を惜しまね, を感じます, を憎悪, を懼, を承諾, を拒ん, を指し示す, を教, を暗記, を望み, を望みます, を期し, を歓迎, を死ぬ, を気, を求めた, を池田, を生き, を發見, を眞, を知った, を知り, を確信, を約束, を經驗, を羞, を考へなかつた, を自ら, を自然界, を要しない, を要する, を見つけた, を覺, を言, を許され, を許される, を証拠立てる, を語っ, を身震い, を辞さなかった, を選ぶ, を避けた, を避けなけれ, を願う, を願った, 余りに遅, 多き古代人, 多し自分, 必ずしも悪徳, 生きて, 誠にもっ

▼ られる~ (2057, 7.4%)

54 いふこと 53 すれば 38 思う 23 云ふ 22 彼は 20 思って 19 私は 18 いふの 15 思うの 14 いうので 13 思います 10 云うの 9 彼女は 8 云うこと 7 すると, 云ふこ, 思ふ, 思ふの, 言ふ 6 いふので, いふ事, お思い, すぐに, 云う事 5 思うと, 思つた, 思ひます, 考えられる

4 [13件] いけないから, こんどは, そこに, それが, それに, それを, 仮定すれ, 八五郎は, 困るから, 妙に, 思うが, 思った, 非常に

3 [31件] いうだけ, いうだけの, いって, いっても, いふもの, さすがに, したらそれ, 一も, 一緒に, 云う, 云った, 云って, 何か, 信じて, 僕は, 同じよう, 同一の, 同時にまた, 困るので, 困るん, 大変だ, 思うん, 急に, 申して, 私も, 聞いた時, 自分の, 見えて, 言って, 逆に, 顔を

2 [128件] あとが, あなたは, あの人, いいの, いいん, いう, いうから, いうところ, いうのに, いうまでの, いうより, いうよりは, いうよりも, いけないと, いそいで, いふ, いやだ, うるさいから, うるさいぜ, おもう, お染, お由利, お酒, この上, さう, して, すつかり, するならば, そこだけは, そこには, そのまま走っ, そのツボ, その二倍, その夜, ちょっとその, ちょっと困る, ちよつと, でも思, なると, また新, わたくしも, われわれは, 一度見た, 一言も, 不思議に, 主人から, 主人は, 二階に, 云うもの, 云うよう, 云う意識, 人々は, 人の, 仕方なし, 他人は, 会葬者も, 何も, 俄かに, 信じます, 信ずる, 信一郎の, 信一郎は, 其限です, 勝彦は, 十八娘の, 半分は, 口も, 同時に価格, 同時に俳優, 同時に第, 告げた, 周平は, 問は, 困りますから, 大變, 天気の, 存じまして, 存じます, 平次ほどの, 彼等は, 思い, 思いました, 思いますが, 思うか, 思えば, 思ったから, 思ひますか, 思ひますが, 思ふか, 悪いから, 惡いから, 新鮮な, 方々から, 極りが, 死にます, 気の毒な, 泥棒や, 混乱する, 申すもの, 直ぐに, 直ちに消費, 矢庭に, 知った時, 私が, 私には, 答えて, 考えた, 考えて, 考えられるの, 考える, 聞いて, 聞いては, 自分でも, 自分も, 船は, 虎之, 虔十は, 見える, 見越して, 言うの, 誰だって, 誰も, 酒に, 長い間自分一人, 面倒だ, 面倒です, 飛躍した, 魂を

1 [1255件 抜粋] あいつは, あたし困る, あたり近所の, あとは, あの離屋, ある, あるなれば, いいと, いいのに, いうくらいの, いうだけに, いうならもう断じて, いう所, いきなり手, いけないいけないと, いささか窮するでしょう, いつて, いつもの, いはは, いふに, いふ筈, いんきな, うるさいと, うわさに, おせき, おのずから空虚, おもった, おらな, お互, お庄, お次は, かえって何だか頼り, かえって恐ろしい, かかる騎士, かなり人目, きけば, きまり悪い, くわっと睨めつけ, ここでも, こちらは, こっちは, この三人, この建物, これからの, ごちゃごちゃし, さも何処, さらに鶴嘴, したならば, したら, したらその, したらむしろ, したら四郎, したら結果, しばしばいっそういらだち, しまひ, じつにやり, すぐお, すぐにまたころりとまいって, すぐ横, すぐ気, すこしおじけづいた, すっかり参っ, する, ずんずんお, せなか, そこから, そこを, そのあまり, そのま, そのまま両手, その下, その像, その天理, その強健, その手紙, その時, その物, その翌, その莫大, その顔, それとは, それは, たいがい男の, たいていは, たしかにこの, ただちに前橋, たのしみに, たまらないからね, たまらなく欲しいよう, だしぬけに, ちょうどあの, ちょっと受け留め, ついにロオペ博士, つい細かい, つまみ喰, とてもいや, どうしていい, どうにも, どこに, どんなに気, どんな孝行息子, なかなか隙, なったんで, なにかグイ, なりゃ何ん, なんだか此, にこにこ笑い, はなはだ迷, ひがみ心, ひょっこりと, びっくりし, ふっと冷たい, ふるえあがったもの, へなへなと, ほりであります, ほんとに魂, ぽーん, まずい, またとんでも, また俺, また首, まったく困る, みえて, みんなは, むせちゃうよ, もうすっかり高上り, もうパーシウス, もう千草姫, もう尋常, もう疑う, やがて唇, よい, よくない, りっぱに, わかってるとき, わたしだって, わめきたてて, われわれには, アッと, エキス分は, カシの, ガラツ八はた, クリストフは, コーヒーの, ジョンは, ゾーッとして, チェホフの, ツイぞっと, ツイ涙聲にな, バカを, フッと, ブロムは, ベッドが, ホクホクし, マルクス主義では, 一ぺんで, 一堪り, 一度で, 一郎は, 三造は, 不平満々ながら, 不破の, 久保田さんは, 九十五パーセント負ける, 事だ, 事難渋だ, 二の句が, 二人は, 云, 云うから, 云う人, 云う場合, 云う皆, 云う至極, 云う風, 云ったの, 云つて促が, 云ひ, 云われて, 五分も, 京都には, 人は, 人心地も, 今に御, 今年の, 今日の, 仏教婦人会の, 仕様が, 他愛も, 仮定した, 仰有るの, 仲間は, 何がなしいい, 何だか恥ずかしく, 何という, 何とも面目次第, 何日も, 何時までも, 侍の, 保治は, 信じたから, 信雄も, 俺が, 偽の, 傘屋へ, 僧都にも, 先生一寸首を, 八つ雷, 八五郎の, 共にかよう, 共同も, 其人に, 兼實は, 冷かな, 凄味が, 初めて罪人, 初め鼻で, 前夜からの, 力は, 動かなくなると, 十人ばかりの, 午後の, 南雲老人夫妻下枝さんツボ平, 即座に, 却ってどちら, 厭, 又天地, 反動的勇気に, 反抗の, 口から, 可いんだ, 合唱が, 同じき, 同じやう, 同じ桃子, 同君は, 同時にいくらお金, 同時にそうした, 同時にそれだけ彼等, 同時にフチ, 同時に世, 同時に他面, 同時に千次郎, 同時に土佐, 同時に家捜し, 同時に彼ら, 同時に撲りつけられた, 同時に木村伊勢守, 同時に波, 同時に物質的, 同時に突然絶え, 同時に自然, 同様な, 同等の, 否とに, 咲子も, 器の, 因業を, 困ること, 図に, 堪えかねたか, 変な, 大に, 大人も, 大変苦しく, 大抵の, 天女が, 太田静子さんの, 女は, 好いの, 妻らしい, 姜維は, 嫌です, 嬉しさ, 学校を, 実にタヨリ, 実際私, 寺田は, 小松屋の, 少し不都合, 少なくとも或, 尚更意地, 帷幕の, 庭の, 当り障りの, 彼の, 彼女たちは, 往々同, 後には, 御主人, 心も, 心配な, 必ず落莫, 忽ち跳ね起き, 思いこむの, 思いの, 思いますわ, 思うかね, 思うたびごと, 思うばかばかしい, 思うよう, 思う人, 思えた, 思ったこと, 思ったの, 思ったら間違い, 思っては, 思つ, 思つた出鼻を, 思つてゐる, 思つて三日間飼ふ, 思はれて, 思ひますから, 思ふがな, 思ふわ, 思わず手, 思わない, 思われる, 恐れる, 恥かしい, 恥ずかしい野蛮, 悦んで, 悲観が, 感心な, 慌てて, 憤りに, 我慢が, 戰慄した, 手紙は, 折々ぞっとする, 折角ガラツ八, 擽られる様, 支倉自身さえも, 断つた, 族長, 日頃の, 早苗は, 春に, 時も, 更に一段と膨脹, 曹操は, 最早争う, 期待された, 李楽は, 村田が, 松風の, 案外に, 楽に, 機関銃に, 次第に市民, 正季には, 正直な, 歳などは, 死ぬ方, 残念だ, 殺されますから, 母親や, 気が, 気力の, 気違いの, 決して助け, 決して自分, 沈勇な, 河原の, 流石の, 浮ぶ瀬, 清々する, 清逸は, 渦巻いた工女, 演出者が, 無理にも, 煙の, 熱すぎる, 父善助は, 犬ころし, 猛然として, 玄白も, 理由も, 生皮を, 申しましたから, 申分なく, 男子は, 痛いが, 癪に, 皆その, 益々あわて, 直ぐに一つ, 直ぐもうそれ, 直にその, 相手を, 真っ赧, 真剣に, 睨められた方, 矢張りお, 知らねば, 短い受け答え, 確信する, 社会に, 神経衰弱的傾向を, 禰宜の, 私達を, 稚い龍子, 突き手が, 窮し, 立所に, 笑い度くなる, 第一, 等しく, 答えに, 米が, 粒の, 納屋の, 細長い棒, 結論するであらう, 絶対の, 総身が, 缶詰の, 義理にも, 考えたため, 考えられて, 考えられねば, 考えること, 考える事, 考へる, 耳まで, 聞いたから, 聞いたとき, 聞いたら姉さん, 聞きましたか, 聞くと, 背すじが, 背後に, 腹が, 臆病窓に, 自分は, 自己の, 舌を, 船頭は, 良い心持, 芝生に, 花山院に, 若者は, 苦い顔, 菌が, 落着い, 蒲團を, 薄れながらも, 蘇生を, 蟹は, 血液中の, 見えいちいち, 見られても, 見詰められた者, 覚一は, 親類一同薄気味わるく, 言いあてられるほど, 言う, 言うと, 言うん, 言っても, 言つて父さんは, 言ふこ, 言ふべきだ, 言葉少なに, 話す張合い, 誰でも, 議場に, 豚は, 質が, 赤くならず, 越前守は, 跳ねつける勇気, 身が, 身に, 辰代の, 返す言葉, 迷信非, 逃げようとして, 道庵先生いささか, 都合が, 金六は, 針の, 鎖でも, 長く続けさせね, 間もなく堤, 間もなく正気, 附近で, 階子から, 雪解の, 震動が, 頓には, 頭から, 顔が, 飛び上るの, 驚いたの, 驚かないで, 體裁が, 高一, 鶏は, 麻裏草履の

▼ られるもの~ (1642, 5.9%)

260 では 8367 である 40 でも 29 がある 24 だと 23 ですか 20 でない 18 だ, はない 16 じゃない 12 ならば 11 であること, と思っ 10 であると, ですから, なの 9 だから 8 だった, であって, であろうか 7 かどう, かね, であります, であるが, であるという, です, でないこと, のよう, もある 6 があった, だが, だという, だろうか, でないと, でなければ 5 かい, であった, であつ, と信じ, は何

4 [13件] が, があっ, があります, が多い, であるから, であるといふ, でせう, ならその, なら逃げて, になる, はこの, は一つ, らしい

3 [18件] かな, があり, がありました, が減少, じゃあない, でありまして, である以上, でしょうか, でないから, でないが, と仮定, と思う, には鳥目二百銅, の中, はただ, は全く, は単に, は私

2 [55件] かと瑠璃子, が存在, が実は, が非常, こそその, じゃ, じゃありません, ぞ, だけでも相, だけでも相当, だとは, でありますから, であり精神病, であるか, である故に, であろうと, でしょう, でたとえば, でないという, でないの, でなくて, でなくては, で現に, とすれ, との關係, と考え, と考へたらしい, と考へる, と見え, と見なけれ, と觀, ならなん, なら何とか, なら助けて, なら受けて, にし, に多く, の数, はその, はなかっ, は一層, は増加, は実は, は概ね, は決して, は高々, もありました, も出来る, も時, を, を不明瞭, を堆積, を選ん, を黙っ, 或は又

1 [607件 抜粋] ありふれて, いわば彼, かいられない, かおいら, かこんな, かしらねえ, かそれ, かってふい, かという限界, かという顔, かという風, かといった態度, かとその, かとむち打たれる, かとも疑った, かと一同, かと云っ, かと吾輩, かと思, かと思う, かと思った, かと感心, かと抗議, かと歎, かと私, かと錢形平次, かながめられない, かね今度, かほとんど, かまた, かやっ, から実際, かナア, か三十人, か下卑なさん, か今, か俺, か全然, か夕方, か如何, か想像, か昨日, か知らん, か神, か私, か胆力, か見られない, か見る, か験し, があったろう, がありましょう, があり得よう, があるだらう, があるだろう, がいい, がいくら, がかく, がきわめてわずか, がございまし, がその, がそれぞれ, がどれ, がない, がなかっ, がなく, がもしも真に, が一体発, が一般的, が与えられる, が九州, が今朝, が何, が何事, が兩者, が其, が十人, が否定, が善き, が増加, が大分, が好き, が実際, が彼, が愛する, が我邦, が戯曲, が数, が残っ, が毎日三通話, が毎日四通話, が流動, が流行, が珊瑚, が痞, が発見, が相当, が自分一人, が見出されます, が豊, が附い, が随分, こそ災難, さえある, じゃあねえ, じゃありますまい, じゃありゃしない, じゃなかった, じゃ無え, すなわち豊か, すなわち都市, だからね, だけが物質, だけに明治末期以来, だけを極めて, だこれから, だせめて, だったならばと, だったらそんな, だったら今度, だったら選んだ後, だとの, だなあ, だね, だよ, だろうが, だ人, だ位, だ何, であ, であっても, であなた, であり, でありそこ, でありましょう, でありシャーマン, であり他方, であり即ち, であり又, であり得ぬに, であり混乱, であり自己自身, であり自己表現的, であるかといふ, であるけれども, であるとの, であるならば, であるなら厭, であるに, である故, であればこそ, であろう, であろうが, でございます, でございますから, ですかね, ですからね, ですって, でそれ自身法, でただ, でないなどと, でないに, でない上, でない用いない忠告, でない絶体絶命, でない限り凡て, でなかった, でなくこれ, でなくやはり, でなく与えられたお, でなく掛算割算, でなく突差, でなく論理, でなけれ, でなけれど, ではござりませぬ, でまた, でハイドン, で今, で他, で以, で全く, で声, で多く, で太宰, で市場, で新制大学, で時, で朝鮮風, で松竹梅その他, で此代表的, で満足, で無い, で無い唯, で爺, で白山, で私, で科学者, といえ, といふ風, とおもっ, とが一, とした, としたら, としっかり, としてしか描き出せなかった, としてしか理解, としての自分, としては宝貝, としてゆっくり, としてスピノザ, として南宋時代, として取扱われ, として待ちかまえ, として感じられ, として法律, として現われる, として穏, として考, として避け, とする, とするなら, とせ, となる, とのみ思ふ, との手がかり, との考, との連関そのもの, とは思えなかった, とは思っ, とは思はれない, とは思われない, とは期待, とは自らそこ, とは限らず, とばかり思っ, とほとんど, とも知れなかった, とわれわれ, と一途, と云い得る, と云え, と人々, と信じた, と信ず, と単純, と同様, と安心, と思います, と思い諦め, と思い込み, と思ひます, と推量, と早合点, と昔, と有る, と決めこん, と考えられる, と考える, と考へ, と見, と覚悟, と通例, なぞがそれから, など殆ど, なら, ならつかまえて, ならどんなに, ならね, ならの, ならもはやぜひ, ならやって, ならわし, ならリンゲル氏液, なら一刻, なら世, なら世の中, なら人, なら伯夷, なら何, なら信じようと, なら出て, なら分けて, なら半兵衛, なら恰も, なら慰めたいという, なら捨てて, なら死地, なら猫, なら生きて, なら翻訳, なら自分, なら見せて, なら見たいと, なら誰, なら越えて, なら金持, なら鉱物, なれば, なんかありやしません, なんか持ってる, に, においてさ, にした, にしたがう, にしまし, にする, にせよ, になっ, になった, になるだらう, には, にはなり, には何処, には内在論者, には感じられる, には銅, にも, によつて充, に事, に二つ, に共通, に尚, に越え, に適用, に随, ね, のある, のうち, のこと, のご, のほう, のほか, の一つ一つ, の世界, の二倍, の内容, の基本, の基本的, の多く, の寂し, の悲し, の水先案内者, の目方, の過去, はありませんでした, はいう, はいつも, はいづれ, はかなり, はたとえ, ははや, はひとしく, はみな, はもっとも, はもはや, はやはり, はろくに, はプロレタリア, は上記, は中, は主として, は事実, は二つ, は人々, は人類, は今, は何かと, は兎, は其詞章, は凡て一般者, は出来る, は利用, は十一着, は十月, は単なる, は単調, は取り, は唯, は国防義金, は堀, は大, は大体次, は大気, は大臣, は夫, は奪われ, は学問, は實際, は寧ろ, は対立, は専務, は少ない, は属性, は岩, は当然, は後嗣, は心理学者, は必ずしも, は悉く, は我々, は文化主義, は日本, は普通民, は最も, は最初, は本質, は東スペイン, は正法時, は此三種, は歴史, は歴史的, は歴史的個人的, は残つて, は民間的, は海, は漢代, は点, は無かっ, は物体, は琵琶僧, は甚だ, は生死, は痛切, は盛ん, は神, は秘すべき, は稍違つた形, は築, は自分, は自由さ, は色々, は芸術品, は苦難, は行, は行為的, は見ない, は記号, は資本主義, は軽便, は道中, ばかりが多い, ばかりであっ, ばかりでなく, へとゆきます, への要求, もあり, もあろう, もそのもの, もただ, もできた, もない, も他, も少なく, も無限, も迎える, やお, やらまた, やら方角, よくその, よりも遙, より却って, らし, らしく思はれたから, をいい, をいう, をくさらせ, をこれ等, をと千枝太郎, をと思へ, をどんなに, をもたなけれ, を一つ二つここ, を作, を列挙, を受ける, を告げ, を好んで, を尊び, を恐し, を感じ, を感じた, を批判, を挙げる, を推薦, を毀し, を比較, を求める, を汗, を眼, を私, を童話, を苦心, を親切, を辞儀, 以外に, 作ること, 大方無気力, 形作られるもの, 着て, 見慣れて

▼ られる~ (684, 2.5%)

13 それは 12 これは 10 併し 8 それが, ために 6 ままに, よい 4 いい, しかしこの, しかしその, それと, よろしい, 私は 3 それに, それを, 実際は, 早いか, 私には

2 [32件] この人, この頃, これも, これらが, これを, そのよう, その中, その全体, その結果, それにも, それも, それ以上は, どうだろう, またそれ, やはり詩, よいかと, 一つは, 一例を, 一方には, 何か, 如く顧みねども, 宜い, 当人に, 後者では, 心の, 日本の, 明治の, 是は, 此とても, 煙草は, 石の, 私の

1 [518件 抜粋] ああ崩し, あの真紀子さん, あはれ今度の, いいしかし, いいであろう, いいです, いいと, いかになん, いくらかこんな, いずれに, いったいどうした, いっぽうには, いつ何時, いまだ御, いやだ, おまえの, おもな, お前にばかり, お弟子さん達, お直, かく権威, かなわないの, かの老婆, くろうとには, こ, こいつァ, こうした受難, ここに, ここは, こちらで, ことしは, この, このたび, この二つとも, この句の, この場合, この天与, この家, この小説, この山奥, この思想, この盆踊唄, この統一, この象徴性, この長兄, この長持, この際, これと, これについては, これより, これらについては, これを以て, これ亦, こんな小さい, こんな美しい, ごとき青山高徳寺境内, ご辺, さてこれ, さてそれ, さて何故, さて手, さもなければその, さもなければ肩身, さらに丙, さらに今, さりとて是, さるし, さればとて, しかしそういう, しかしそれ, しかしそんなにいちいち, しかしもし, しかしわたし, しかしキリシタン, しかし二人, しかし二十世紀, しかし君, しかし多角形, しかし感情, しかし民間, しかし笑っ, しかし院内, しかし革命, しかもその, しかも今, しかも実際, しかも瓢箪, しづごゝろとよむ方, じつはただ, すでにあの, ずずッ, そういうオカルティズム作家, そういう中, そういう先生, そういう平和, そういう月並, そういう無能, そうする, そう目安, そこまで, そっちには, そのかわり時間, そのそぶり, そのたびごと, そのため, そのほか, その事情, その以外, その出演者, その前, その創業, その四, その土地, その場, その場合, その宗教上, その実, その年々, その後欧州や, その御, その急速, その文字, その時分, その暗い, その柱, その沙漠, その浪曼主義, その獣, その米, その細分, その罪過, その職業上彼ら, その背後, その葉, その虚無僧ふたり, その記念, その雰囲気, それだけ, それだけならこつち, それであっ, それでいてまだ, それでは登場人物, それでもなかなか, それでよろしく, それについては, それには, それに対する, そればかり, それほどの, それよりも, それらの, それ以後の, そんな兇器, たとえばごく, ためである, ためでも, とにかくかう, どうしたら, どうしてそれ, どうして中, どうじゃ, どうもその, どうもそれ, どう考え, どこかに, どっちかと, どの答え, どれだけまで, どんな理由, なおそれ以上, なお私たち, なかでも婚姻, なかなか精力的, なぜ困る, なるべく混乱, なんと, はつきりした, ひそかに, ひとり意外, ほんとうに, ぼくの, また同時に, また往々, また頼り, ままにな, まままず, まま老婆の, まま腰を, まま長火鉢の, まま開戸, みひらいたまま, みんな自分の, もうその, もしそうなら, もしそうなれ, もし孔子, もし隣家, もつと, やはり中間, やはり定, やはり春, よいでしょう, よい大きな, よかろう, よく公園, よく考へれ, よく聞い, よろしかろう, わたくしは, われらの, われわれの, アラスカは, イデオロギーは, ウサギや, カーンと, キンサンジコは, クラインは, ダンスぎらいで一生通す, チュニスとか, ドイツで, ドイツの, ドストイェフスキーは, ナーニ本性は, ホッブス, ヤマト朝廷の, ラジオが, 一とか, 一体どこ, 一体一億円の, 一切の, 一応彼, 一本とか, 一本も, 一種特別な, 一転し, 一面から, 一面の, 三十二三である, 下着なし, 不躾に, 丑の日寅の, 世間からは, 中には, 主として馬, 久女の, 之が, 乳母の, 事実当時の, 事態が, 五時六時頃に, 人影は, 人間の, 今に何, 今の, 今やその, 今云う, 今年から, 今日まで, 他方においては, 仮りに, 仲間ぢや, 何ぞした, 何と, 何という, 何よりも, 何らかの意義, 何処までも, 何分にも, 何年か, 便宜であろう, 俊敏で, 信仰浅き, 働きよい, 僕は, 僕も, 儘に, 先ず前, 兎に, 全体の, 其が, 其すべてを, 其の間, 其も, 其他の, 其処には, 其処の, 其系統に, 其詳なる, 具体的論理の, 出来上つた, 初日が, 別に商売, 制作に, 前田家本は, 勘違いさせ, 勿論それ, 北派の, 北海道時代ことに, 単位を以て, 厭だ, 又一方貴族, 又万葉巻一, 又極めて, 古事記の, 古代においては, 同時に著しく, 單純に, 四五年以前或, 困難という, 土人と, 執政中の, 多く常に, 大きいの, 大体に, 大勢は, 大都会, 天気が, 奄美の, 女好きな, 女性の, 如きは, 如きフランス唯物論, 如くである, 如くに, 如く極めて, 如し, 如何いふ, 如何に, 妙心寺系の, 委しいこと, 姫の, 威厳は, 宜しい, 宜しからう, 実さんの, 実はさ, 実は犯人, 実在は, 実際かれ, 実際に, 実際には, 実際の, 実際俳句, 客觀的事實の, 家持あたりを, 寄らないで, 寺の, 小学校の, 小生から, 小角が, 小間使が, 少年の, 島では, 川路に, 師直と, 年代が, 廿五歳で, 当時の, 形而上学的問題においては, 後に, 後宇多天皇, 後者に, 御自身, 御辺, 快闊という, 悲しいの, 意識乃至, 我国では, 或いはもっと, 或はさ, 所詮良い, 所謂鶴首としての, 扨て, 持立ての, 支那人へ, 政府の, 政治的に, 故たとえ, 故である, 故にいつも, 故にもしも, 故にハセツカベ, 故に久光公, 故に却って, 故に彼ら, 故に無, 故に理解, 敦忠も, 数は, 文中に, 断案は, 斯く申す, 新聞配達の, 日中なら, 明治江戸川風俗絵巻の, 春の, 是が, 是なども, 是にも, 普段わすれ, 普通であろう, 普通の, 晶子さんの, 暫時の, 最もよくまとまっ, 最も有効, 最初に, 最初は, 木に, 木鼠小僧は, 未だ, 本来の, 村や, 東京の, 東北地方の, 果してこの, 果して当, 果実が, 森田氏の, 正確には, 此には, 此は, 此熟語法は, 武人と, 殊に前半, 殊勝らしく, 気安いよう, 浅虫家の, 浴客中に, 海を, 深い哲学的教養, 無理にも, 無私というは, 然しこの, 然しつら, 然し元, 然し野外, 熟れて, 熱の, 理性は, 皮膚の, 目下古橋一人であり, 直接に, 真の, 知命の, 砲門附近の, 確かでない, 神秘には, 私にと, 私も, 科学と, 突破し, 総てが, 群集にとっては, 翁が, 肝臓先生の, 脚が, 自分は, 自然のみ, 興味が, 舞台の, 良き国将, 花袋は, 若いあなた, 若しこの, 茲にも, 落ちでしょう, 藪の, 表現が, 裏では, 西洋の, 西目だ, 見違, 記, 試みに, 詳しいこと, 語って, 論文に, 負ければ, 貴方の, 質店の, 足利時代の, 足利義輝時代には, 近代の, 近頃は, 道徳の, 違った種類, 遺憾で, 重力の, 鑿説に, 長い史眼, 陳列品に, 非常に, 面倒で, 革命の, 頭で, 頼めば, 飯島の, 魚類は, 鰐に

▼ られるやう~ (597, 2.2%)

92 になつ 21 なこと 18 な気 14 な事 12 にし, になる 11 にな 10 な氣 8 になりました 7 である, な心持 6 な気持, に, になり 5 な人, に思はれる 4 だつた, で時々, なもの, な刹那, な畏, に思ふ

3 [11件] だから, であつ, なの, ならお, な心地, な感じ, な気持ち, な氣持, にお, に要請, 心がけて

2 [24件] だが, だけれど, ですが, な, なお, なさ, なそれ, な印象, な君, な場合, な大, な怖い, な気味, な生活, な脚本, にその, になりたい, になります, になるだらう, に働かず, に思, に思つて, に成る, に見える

1 [252件] こんこんと, すすめる, だ, だった, だつたが, だつたらやめて, で, であり且つ, であるけれど, でございますが, です, でせう, でなかつた, では, でまことに, でも, でゐ, で声, で私, で縁側, なあくまでサラリと, なあわ, なことぢ, なこの, なしつとりした, なしめつけられるやう, なそぶり, なところ, なひどく, なふう, なま, なもん, ならば, なんぢ, なセカセカ, なヘマ, な一種, な上, な不安, な不平, な不思議, な人物, な人間, な作, な作品, な僥倖, な冷, な劇場, な卑俗劇, な古風, な味, な呻き声, な呻き聲, な嘔吐感, な図書館, な垢, な声, な夢, な娘, な子供, な字, な宿, な寂しく, な工合, な工夫, な弱々しい, な強い, な形, な心, な心持ち, な心配, な思, な思ひで, な急所, な性格, な恍惚, な恐ろしい, な悲し, な情景, な愚かさ, な感動, な慌しい, な懶い, な手ぬるい, な日, な日常生活, な時, な時期, な暖かい, な暗, な機, な此頃, な死に方, な毎朝, な毒婦, な気もち, な気安, な氣安さ, な決して, な決断力, な浅, な物, な犇, な狭い, な理由, な疼きを, な病氣, な相談, な筆跡, な細か, な結果, な美人, な聲, な腹, な色々, な芝居, な芝生, な花瓶, な芸術運動, な落ちつき, な落度, な行動, な街頭, な裝置, な視線, な調子, な質素, な贅, な身心, な輝, な過去, な部屋, な醜い, な金, な間柄, な陰氣, な陰鬱, な集, な静かさ, な鳥, にあまりに, にあれ, にあわただしく, にいつ, にぐんぐん, にこれ, にされ, にした, にしたい, にしよう, にする, にせられた, にそして, にた, にぢ, にとも考へ, にと思つて, にと望んだ, になった, になつかしく, になつたこ, にならなく, になるでせう, になんだか, にはなつた, には出やしません, には演ぜられない, にも感ずる, にやがて, にイワ, にサツ, にゾロゾロ, にボウ, に一つ一つケース, に一人一人, に不愉快さうに言, に五年, に仕掛け, に入, に全身, に兵庫, に其處, に冬, に出来, に副詞, に加工貯蔵, に努力, に口繩坂, に和ん, に唸りました, に寝台, に川路, に平次, に引つ越し, に彼女, に後, に心配, に思はれ, に思はれた, に思ひました, に思へ, に愛情, に感じ, に感じた, に感じました, に成れ, に支度, に散つ, に日本, に日本人, に暗い, に書け, に最後, に期待, に極端, に次第に, に止まず, に歩み寄る, に淋し, に火, に眠く, に硬, に祈っ, に私, に笑つた, に精神, に系図屋, に縱横, に考へ, に聞いた, に胸, に自己, に自然, に苦しく, に行き悩む, に表示, に裏, に裾模様, に要, に見えた, に見物, に見詰めた, に計, に認識, に辛, に近づい, に釘, に露出, に靜かに目, に飛ん, に馴れ, またじっと

▼ られるという~ (549, 2.0%)

65 ことは 29 のは 28 ような 27 ことを 21 ことが 16 ことに 9 ものだ 8 ことも, ので, のである 7 ことだ, ことである, のが 6 ことで, ものです 5 のも 4 ことであった, のであった, わけで

3 [11件] こと, ことの, わけです, わけな, 事である, 事は, 意味で, 意味に, 点である, 点に, 風で

2 [18件] ことだった, のだ, のだろう, のです, ふうに, わけである, わけには, わけの, 事が, 事です, 信念を, 気が, 点が, 点で, 理由も, 種類の, 考えから, 話を

1 [211件] あるクリスマス, あんな結構, うわさを, お体, お話である, かの矛盾, こうした御, ことさ, ことすなわち, ことだけ, ことだけは, ことでございます, ことでした, ことと, こととの, ことな, ことなどを, ことについて, ことには, ことまた, ことや, ことより, こと私の, こと触れられる, この詞, これも, その, なかなかの, のか, のさ, のであります, のと, のを, ひどいこと, みごとな, めぐり合わせに, ものさ, ものじゃ, もので, ものである, ものも, もんだ, ように, わけさ, わけだ, んだ, んだろう, んです, 一挙両得, 三留野の, 不安で, 世にも不思議, 予告が, 予言と, 事に, 事において, 事にも, 事を, 事実が, 事実そのものが, 事実であり, 事実の, 事実は, 事情と, 事情によって, 事情は, 事情も, 事態に, 事自身には, 云い難い, 人が, 人や, 人間が, 今日の, 仕組みである, 仕組みに, 代物では, 件である, 伝説的の, 体に, 便利な, 便宜が, 信仰この, 側面から, 光景を, 入水死, 凄い耐圧力, 処から, 利便が, 劇が, 効果を, 危険を, 名誉で無い, 噂が, 噂じゃが, 噂であった, 噂も, 器用さに, 場合には, 場合は, 大きな広告, 大騒動, 奇瑞の, 奴だ, 実に奇怪, 実に疾風迅雷式, 寸法に, 専らの, 小気味よさ, 工合でも, 希望が, 帰り道まで, 弱い尻, 強い希望, 強さ, 役得が, 従価二割の, 心境は, 心配でも, 心配に, 心配も, 思いがけない結果, 恐れから, 恥辱が, 悲劇も, 悲運に, 情報が, 惨憺さ, 意味であろう, 意味において, 意地わる, 感じが, 捨鉢な, 文字通りの, 新聞を, 方々が, 日が, 時代では, 最後の, 有様だった, 有様で, 有様であった, 期待が, 条件が, 枕, 格別の, 楽しみが, 様な, 様子で, 次第でしょう, 歴史の, 段どり, 気持の, 満足の, 点から, 点だけは, 点は, 点を, 特別の, 特権を, 状態に, 状態にまで, 状況に, 現実も, 現実を, 皮肉な, 盛況でした, 真名古, 確信に, 程の, 程度だろう, 程度では, 程度に, 程度の, 笑止な, 結果に, 考えおよび, 考えである, 考が, 考も, 自然科学的の, 自虐の, 苦しい事情, 見込が, 見込で, 言い伝えだけは, 言葉も, 計画にたいして, 計算は, 訳だ, 訳でしょう, 訳な, 訳の, 訳合か, 証拠です, 評ばんでした, 話で, 話であった, 説はとに, 論者である, 貧民の, 身幅と, 運命に, 関係を, 闇中錯覚の, 非人間的, 風な, 風に, 飛行島, 馬鹿な, 高札まで

▼ られる~ (398, 1.4%)

29 相違ない 23 しても 21 違いない 17 至った 16 ちがいない 15 きまって, 至ったの 10 過ぎない 8 至つた, 違ひない 4 すぎない, 反して, 至ったもの, 至るの 3 お名, つけて, 何なり, 到った, 決まって, 至ったか, 至りました, 至るであろう

2 [25件] いたった, きまつて, せよそれ, つけても, はい今行, 及んで, 当って, 当つて, 思ふま, 恰好の, 極っ, 極まつ, 決って, 決つてゐる, 相違ありません, 相違なかっ, 至ったが, 至ったその, 至った原因, 至つては, 至る, 過ぎないと, 過ぎなかった, 過ぎぬ, 違いなかった

1 [146件] いたったあの, いたったこれ, いたった時, いたった特殊, いたって, いたり, いっそう困難, およんで, かかわらずあえて, かかわらず今, かかわらず他方, きまってるから, きまってるじゃ, きまって居る, こしたこと, した所, しろそれ, しろ時代, すぎず, せよなほ, せよソヴェト社会, せよ完了的, せよ政治, せよ概して, せよ現実, せよ相手, ちが, ちがいあるまい, ちがいなく, はきまつて, ひきかえて, ふさわしいの, ふさわしい人, ふさわしい人物, ふさわしく今日, 一層困難, 不思議は, 他ならない, 任せて, 価するだけの, 価する句, 値いする, 値して, 値するもの, 先立ちすでに, 到っては, 到らなかつたで, 十分な, 及ばなかった, 及び大久保一翁, 及んでは, 反しケイ女史, 反し歴史的, 外ならない, 好都合であった, 妾は, 完全な, 定まってるよ, 定まつ, 對し, 就いては, 当っては, 当り日本, 当り蒙る不, 從つて爲替相場は, 從つて育つ, 思ふまま, 慣れて, 拘はらず何時の間にか, 拘らず容易, 方って, 於て, 於てを, 極ってる, 極つて, 止まるだろう, 比例し, 決ってるん, 決つて居ります, 無理は, 相当するだろう, 相当の, 相違は, 至ったかの, 至ったから, 至ったこと, 至ったため, 至ったでは, 至ったに, 至ったので, 至った動機如何, 至った変化, 至った夢, 至った後, 至った為, 至った狂暴, 至った理由, 至った結果, 至った訳, 至って, 至っては, 至っても, 至って来た, 至つたといふ, 至つたのである, 至つた來歴を, 至つた満, 至つた用意の, 至つても, 至つて初めて, 至つて寿詞を, 至らず名, 至らないであろうか, 至らなかったまで, 至りそれ, 至るであらう, 至るであろうそうして, 至るであろうという, 至るべきこと, 至るまでの, 至るも, 至るもの, 至るやも, 至るよう, 至ろうも, 足るもの, 近い時刻, 近くな, 過ぎずそこで, 過ぎず第, 過ぎないだろう, 過ぎないであろう, 過ぎないならば, 過ぎない時, 過ぎなかったが, 過ぎぬこと, 過ぎまい, 過ぎません, 違いありませぬ, 違いありません, 違いありませんでした, 違いねえ, 違いは, 違ない, 隨つてわき役が, 隨て

▼ られるので~ (389, 1.4%)

67 あつた 11 あつて 4 あらう, あらうか 3 ござります, 私たちも

2 [14件] あらうが, せう, 一文無しの, 仄り, 何かと思, 僕は, 出来る品物, 少し気味が悪い, 弱るよ, 彼は, 彼女は, 私は, 私も, 絵を

1 [269件] あたかも自ら, あつたさうだ, あつて自力, あの時, ある時, いいこと, いつか心の, いつまでも, いつもほめられる, いままでにも, いやに, おくみ, お母さんも, お角, ここで, このこと, この世には, この学, この理由, この鳥形, これから行っ, これも, これらの, これを, こんな高い, ござりまする, さえなかったならば, さほど, しかたなし, して, してね, しよう, すぐ満腹, せうか, そこの, そのうち最も影響力, その一つ, その下流, その何れ, その供養, その価格, その場, その朝, その松, その結果, それには, それよりも, それらの, それらを, それを, そんなの, たいした不便, たうとう, ただ山城蟹旛寺, だんだん眼界, ちょっと彼, ついつい足, つい入っ, つかれちっとも, ときおり私, とても抜けだす, とにかく弦, とびだしたい心, ともかくこれ, どうする, どこかに, どの人も, どの位気, なお頑張った, なかなか面白かっ, なだれが, なるべく目立たぬ, はじめて松樹国, はなはだ困却, はやり切れないと, ひどくと, ひどく感心, まあお, まあ大目, また土地, みんなし, もし今後中央公論, やがてお, やめる事, ゆっくり食事, ようし向, よその, よほど楽, よんどころなく前, わたくしは, ヒッパルス風とも, 一例として, 一冊の, 一日に, 一緒の, 万一の, 三韓よりも, 世間には, 乳母は, 予の, 二つ年上に, 二つ返辞という, 二十や, 些く, 京都に, 今の, 今更何, 仲間じゅうでの, 伸子は, 体操など, 何も, 何んとも, 其の編纂, 其れ, 其処を, 加多, 助かる, 十二箇月間続かなけれ, 千枝太郎は, 単に見もの, 即ち谷中村破壊費用総計四十八万円, 又八は, 古来万葉の, 可なり, 同時に二カ所, 名高い, 向島中の, 吹き上げるの, 和尚さんは, 唯その間, 商人は, 喜びました, 喜兵衛は, 困って, 土の, 土地の, 坊ちやん, 墓参を, 大いに幸い, 大分難色が, 太左衞門は, 夫に, 女の, 好都合です, 妓等は, 嫌でも, 完成された, 客に, 客の, 寧ろ徒歩, 小さな木槌, 尚侍は, 幕, 平生と, 年内に, 幾分しどろ, 弾を, 彼の, 後で犯人, 御主人, 心うれしく, 心に, 心配な, 必ずしもこれ, 怏々として, 思い切って, 恐らくこの, 息子殿の, 悲鳴を, 成績は, 我々は, 或る, 或時, 戦国の, 才之, 扱ひ, 支那人の, 斬り了, 日本から, 日本が, 旧来の, 早婚の, 時々休んだ, 最も重宝, 最後の, 有った, 有無なく, 有難迷惑に, 本篇の, 村落や, 楽しんで, 横様に, 此を, 武蔵は, 歳旦の, 死亡率は, 殆ん, 母は, 比較的清潔, 気味が悪くない, 気温が, 氷冠の, 永い, 満足だった, 漫然と上方, 片側だけ, 牧師補が, 狼が, 珍らしく, 珍重がられた, 現に警察当局, 現存の, 理論乃至, 畑では, 百貨店の, 相互の, 研究には, 社交の, 神と, 私が, 私の, 私達は, 秋と, 移民が, 稚いうち, 立派な, 竹ざおなどを, 筆者は, 節日という, 紅白の, 終ひ, 結構だ, 縁へ, 聴く者, 自分の, 自然と, 自然に, 自然気が, 自覚された, 芝居へ, 花粉は, 薙鎌と, 西岡は, 解ったの, 話は, 読もうと, 誰も, 誰もが, 負けた方, 身を, 退っぴき, 進退の, 遂に筆硯, 重さ, 鋳金の, 長八も, 長州に, 閉口した, 陸の, 階段を, 随分いや, 難儀します, 露伴先生は, 非常に, 類の, 鳥も, 鶏は, 黙って, 龍子も

▼ られる~ (370, 1.3%)

46 どうか 16 どうかは 7 どうかと 6 わからない 5 どうかを 4 どうかという, どうかも, どうだ, カフェに 3 それは, どうかといふ, わからなかった, 否か, 否かは, 知れたもの

2 [17件] あらせられぬか, どうかが, どうかわかりません, どちらか, またこの, わかったもの, 主殺し, 何う, 分ったもん, 判らない, 少しも, 少年の, 明らかに, 知らないが, 知らぬが, 知れないと, 私には

1 [222件] あなたにも, あの化物, あらかじめ知っ, あるいはほとんど, あるいは何処, あるいは採点, あるいは袋叩き, あるひ, いかにし, いま途方に, いられないか, いられないくらい, いられぬか, いられねえか, うまく着い, え, え其儘鳴り, おしえて, おぼつかない, お受け, お巡りさんに, お手討, きこう, ぎりいたるところにおびただしく咲き誇っ, この雪, ご好意, さもなければ死ぬ, さ何, ざあっとその状況を, しないでは, しれないし, しれない乾いた動かない空気, しれぬと, しれねえ, しれません, すなわち季, すると, するならば, するの, するよう, せっかく逃げ出し, そいつは, そうでなけれ, そのこと, そのど, その実験, その暇, その根本, その点, その見当, それだけが, それともすぐ, それともぴすとるで, それとも人, それとも十日, それについて, それより, つぶしに, であった, である, であるが, でそれ, どうかし, どうかっていう, どうかに, どうかについて, どうかの, どうかわかった, どうかわかりまし, どうか分らない, どうか分りません, どうか危ぶん, どうです, ないしは途中, なにしろ大勢, はじめてお, ほとんどそれ, まずお待ち, またはせられるべき, またはただ一回, または人, または少量, または贈与, また一方, また警視庁, まだ見当, もうこゑを, わからないきっと, わからないので, わからないのみ, わからない危険, わからない森, わからなくな, わからねえといふ, わかりませぬが, わかりません, わかりゃしないじゃ, わかるでしょう, クレエゲル君落ち着い, フランス仕込みの, 一刻も, 一度でも, 一思いに, 上樣の, 不幸に, 不思議でならぬ, 世に公, 両者を, 事実熊谷と, 二つの, 人々によって, 人を, 付けられぬかの, 代りが, 休職を, 但しは, 何かは, 何れただでは, 何事も, 僕は, 全く不思議, 全く見当, 出られぬか, 分からぬ危急, 分らないから, 分らないこと, 分らないじゃ, 分らないの, 分らない由, 分らなかったの, 分りゃしない, 切られるか, 判らないと, 判らないので, 化けられるか, 又は恩恵, 又ファシズム, 又ルポルタージュ, 又何時, 叩きの, 否かについては, 否かも, 否かを, 噛みつかれるかと, 固より, 場末へ, 大いに興味, 宅へ, 安ん, 寝られないか, 将軍様を, 尋ねて, 師匠に, 当然人間, 後を, 従って, 得られぬかが, 御寛大, 怪しくなっ, 感ずるか, 或は何処, 或は党派的, 或は温く, 拙者知らぬ, 教えて, 散々汽車の, 整へ, 明後日挙げられる, 明日捨てられる, 未来に, 柳沢には, 梁川などは, 武郎君の, 死を, 死んで, 氣味が, 滅亡を, 炙られるか, 獣人どもに, 甚だ漠然たる, 生きる術, 疑わしい, 疑問で, 皆目見当が, 相談しよう, 知って, 知ら, 知らといふ, 知らん, 知らんか, 知らんと, 知れたもん, 知れない, 知れないから, 知れないが, 知れないの, 知れぬが, 知れんそれゆえ, 私は, 競争を, 第二, 純粋な, 結婚せず, 続けられないか, 自らあく, 自分で, 自発的に, 芸娼院の, 蘭丸に, 西洋の, 見られないか, 見るの, 見当が, 見当も, 解らない, 解りませんでしたので, 計り知れなかつた, 貴様あ, 追放仰付けられる, 遁れられない, 関取承りたい, 鷹に

▼ られるから~ (300, 1.1%)

78 である 2015 です 7 であります 3 であって, であろう, では 2 おもしろい, して, であった, でありそして, であるか, でしょう, 其心配も, 私が, 私は

1 [153件] あとに, あとは, あの赤い, あんな味, い, いい, いま代る, おあがり, おそくなっ, おとなしいと, お呼びに, お強い, お縁先, ここに, ここには, このよう, これは, これも, こんな変, ご本宅, さてクビ, すでにその, するが, そういうこと, そうなるとバット, そこで, その, そのへん, その市場価格, その心配, その折り, その詞句, それが, それでおれ, それで穴, それを, それを以て, ただもう, だが, ださうです, だった, だつた, だめな, だろうなどと, で, であつ, であり一, であり商品, であるが, であること, であると, であろうか, でしょうか, でそれ, でなければ, で我ら, で此, とても嬉しい, どうしたら, なん, なんだ, まあ殺した, みんな馬鹿の, もうゆかない, ようございました, より良い, オーカミイナリの, ランプ室の, 一層嬉しかっ, 一般にその, 丁寧に, 之によ, 人は, 今しばらく, 今度の, 仕合せだ, 仕方が, 付けた名, 伝能因所持本の, 何も, 僕が, 光の, 入口を, 内々は, 円が, 出来ない, 出来るだけ, 別に珍しい, 勘当した, 可哀想だ, 同一物, 單に, 地上で, 塩梅が, 墓参を, 売卜者に, 夏の, 大丈夫だ, 大寺源十郎に, 太陽崇拜に, 女五の, 嫌だ, 審議会の, 少なくも完成, 岩魚釣や, 常に天, 平気でした, 幾分落着, 彼は, 従つて中根以下の, 必死に, 慌てふためく, 才覚を, 捨てたもの, 新吉は, 明日午過ぎお, 時間は, 本や, 村方一同は, 枉げて, 極秘の, 此に, 気を, 消息が, 涼しくって, 然う, 用心しなく, 田より, 画として, 益々もっ, 省く, 私しきが, 羞かしい, 職業に, 自分には, 艇は, 西の, 覚悟を, 誰にも, 論証され得ない, 足るか, 野営地として, 鍋は, 関うまい, 院の, 電話で, 非常の, 面白いと, 食べて, 高いと, 鬼に, 魅力すなわち, 鶉の

▼ られるところ~ (294, 1.1%)

10 である 8 がある, のもの 7 だった 6 が多い 5 がない 4 があった, があつ, であった 3 が多かっ, が無かっ, だと, であるが, でした, です, にある, の, もありました, もない

2 [20件] からその, からそれ, があっ, がなかっ, が多々, が少なく, が非常, だ, だが, であつ, によれ, のあった, の一つ, の或, の芸術家, はない, まで来, まで来た, もあつ, を見る

1 [168件] あまりに少い, からいつだれ, からかく, からさ, からまた, からみ, から一見人, から何時, から考えかた, から見, があらう, がありました, があるだらう, があろう, がございましょう, がそして, がなく, が君, が多, が多く, が如何にも, が彼, が時代, が有らう, が転ずる, が随分, が面白い, さ, じゃございません, じゃない, そしてその, だから, だけ真似, だったら晴天, だったん, だった時, だろうか, であったと, であったとも, であったよく, であったろうが, であらう, でありません, でしたよ, でないと, でなかった, ではある, ではなかっ, では無い, では辯證法, で一番, で本丸, で見聞き, とかいうよう, とかそんな, とて之, となり, となりました, と同じ, と思つて, なく人間, なく更に, なく語られ, などへ行きたくなくなった, なの, なら, なら入れるはず, なんか日本そっくり, なんざア, なんてある, にいわゆる, においてある, にすべて, にその, になん, にねうち, には何処, には豐, による, に一種, に一致, に人間探求, に俳句, に存する, に庵, に成立, に打, に文学, に歴史, に胚胎, に親, のある, のこの, のギリシャ建築, のシャッシャッ, の一課題, の二つ, の傾向, の利休, の和歌, の多い, の少ない, の己, の幾多, の彼, の此, の火口壁, の甲州, の系列的, の視覚, の観念, の觀念, の資金, の釈迦牟尼仏, の閣下, はほとんど, はもちろん, は一向, は一応, は君, は土牢, は少く, は後者, は求心的, は涙, は無い, は真理, は見た, へあの, へかけこん, へひよ, へ出る, へ按察使大納言家, へ真黒く, へ行, まことに可憐, まことに驚歎, まであしらっ, までいっ, まですゝん, までそうっと, までは逃げ, まで出たい, まで切り抜け, まで迫り合い, まで逃げ, もあった, もあり, もあります, もなかっ, もなく, も多かっ, や月世界, よ, をいくら, をお, をみる, をわざと, をわずか, を一日日, を助け, を御覧, を拝見, を格別, を青坊主, 少し, 少なくなかった, 迄は堪え

▼ られる~ (292, 1.1%)

27 になった 15 がある 14 になつ 9 になる, もある 7 である 5 であらう, になり 4 になっ, になりました 3 があっ, があった, でも, となり, になつて

2 [11件] が, があります, が余り, が多, であります, であるが, はその, はない, は無い, は私, を私

1 [156件] かとふり, かと受け合われない, から免れた, から考え, か一目, か其, か奥さん, があつ, ができなかった, がない, が一番, が不思議, が何となく, が何より, が何度, が出来た, が少なかっ, が必要, が怖い, が恐かっ, が無い, が甚だ, が私, が胸, が避けられなかつた, だから, だが, だけが罪, だらうと, だろう, で, であるから, であろう, であろう其他, でございましょう, でしょうか, でそれ以外, でないの, でなかつた, では, となっ, となった, となつ, となつたの, と予期, と信じます, と思う, と考えた, なくその, なしに, なぞはない, などあっ, なの, にある, になつた, になつたの, になります, になるだらう, にはなれ, には殆ど少し, にほぼ, にもなった, によってこれ, によつて, に使, に変りました, に対して抵抗, に対する恐怖, に就い, に尽力, に忙しい, に成つて, に成功, に立ち到った, ね, のあつ, のない, のやう, の代り, の多い, の嫌ひな性分, の様, はありません, はあるまい, はいふ, はきっと, はちょっと, は一丁, は三浦, は云, は何より, は其例, は出来ない, は困る, は心苦しい, は必定, は我々箱庭, は我家, は日本, は昔日, は最大, は母親, は滅多, は無論, は稀, は第, は義男, は言, ばかりで, もあっ, もあり, もありましょう, もあるまい, もあれ, もございませんでした, もなく, もなくなれ, もや, も出来なかつた, も堪へられる, も好みませんでした, も少く, も度々, も時に, も有る, も無から, を, をお前, をどうしても, をほんとう, をやめしめる, を信ずる, を免れ, を前, を勧告, を厭, を心配, を怖, を思へ, を恐れ, を恐れる, を授けない, を望ん, を氣, を目標, を相当, を知っ, を確信, を祈りましょう, を立証, を考える, を臆, を話した, 何時も何時, 程困る, 薄かつ

▼ られるかも~ (290, 1.0%)

61 知れない 29 しれない 23 知れないが 15 しれないが 14 知れないと 10 しれないと, 知れぬ 7 しれません 6 知れないの, 知れぬが, 知れぬと 5 しれないの, 知れません 4 知れませんが 3 知れないよ, 知れませぬが, 知れん, 知れんと

2 [12件] しれないぞ, しれないという, しれぬ, しれぬと, しれねえ, 知らぬが, 知れないけれども, 知れないし, 知れないぜ, 知れないという, 知れぬという, 知れんが

1 [53件] しれずまたは, しれないから, しれないけれども, しれないこと, しれないし, しれないつて, しれないなんて, しれないので, しれないわ, しれない安心, しれない紙, しれない虞, しれぬ姉, しれませんが, しれませんね, しれませんよ, しれん, しれんが, しれんぞ, しれんだが, しれんな, ついでに, とより不明, わからない, わからないから, わかりません, 知らないが, 知らぬ, 知れず東京市中, 知れないくらいの, 知れないけれどね, 知れないといふ, 知れないなどという, 知れないので, 知れないのに, 知れないわ, 知れない信仰, 知れない大, 知れない救助, 知れない絶対的真理, 知れない若しくは, 知れない虞, 知れない身, 知れなかった, 知れぬなど, 知れぬ仮定, 知れぬ見込み, 知れませぬぞ, 知れませねど, 知れませんがね, 知れませんので, 知れんから, 計り知れない

▼ られる~ (233, 0.8%)

4425 だから 19 です 13 ですか 11 だよ 7 じゃない, だもの 6 だからな, だろう 5 でしょう, ですから, ですもの 4 ですって, ですよ 3 じゃ, だが, だぜ, だな, ですな, ですね, では 2 だか, だそう, だね, ですが

1 [43件] さ, じゃあ, じゃないでしょう, じゃないです, じゃなかった, だからという, だからね, だからねえ, だがなあ, だぐらいに, だけれども, だし, だぞ, だつて, だと, だとさ, だとは, だねえ, だらう, だろうか, だろうなあ, だろうね, だわ, だ悪い, でございます, でしょうか, でしょうな, でしょうね, ですからな, ですからね, ですがね, ですけれど, ですの, ですのね, ですのよ, です僕, ならあんた, ならそろそろ, なら何処, なら金剛石, なんかって, ね, やもん

▼ られるだけ~ (221, 0.8%)

15 である 6 では 5 だ, です 4 であった, であって, 逃げて 3 だった, だつた, 生きて, 縮めて, 避けたい, 集めて 2 こらえて, ささえようと, でその, でそれ, なの, 寝かして, 甘えて, 生きようと, 考えて, 食べて

1 [140件] あって, あつめましょうよ, ありったけの, いいと, いて, いようと, いる方針, いろいろの, くれて, この世の中, この手, すべしすれば, たくしこみました, たっぷりした, だから, だつて, だと, で, であったが, でありそこで, であり實, であるから, であるが, でいつか十四日, でさて, でそこ, でその他, でそれ以上のち, でたまたま, でやかましい, でよい, でよかっ, で両者間, で人, で他, で他日, で何, で地上, で地名, で宮廷, で将来, で村田, で穴, で自分, で足許, で近来, どん底まで, なまける工夫, ならまだ, ならよい, のがれるつもり, ひろげて, ほんとうの, ますます頑強, まだしも子供, イワシが, ジッと, 下げて, 下等な, 人を, 人數を, 伸びるとでも, 低く下げ, 何となく楽しみ, 借りた, 借りて, 借り放題, 借入れさせ軍費, 入れて, 勤めようと, 反對, 古い日記類, 吠えろと, 含めるつもり, 問い尽した, 喰い止めて, 堕落する, 堪えさせて, 堪えた, 大勢の, 寝れば, 引き受ける, 引き寄せて, 弛め犬, 弱い心, 彼地に, 我慢なさい, 戰爭は, 抑へよ, 押込んだ, 持上げられても, 捨てる, 換えて, 擴げて, 本陣の, 根気よい, 活て, 深くひろく考え, 烈しい強い悲痛, 生きたいん, 生きたい生, 生きつづけたい, 生きましょうね, 生きるそして, 生きるだらう, 生きる安心決定, 生き国, 用いるぐらいに, 痩せたといふ, 確かめて, 結構な, 罰せられなさるだけの, 脱線したらしい, 腕の, 苛められて, 苦しめて, 荒れて, 落ちて, 行き内側方面, 褒めた, 親戚や, 詰まつて, 詰めこんで, 調べて, 責められよう, 踏みつけられるの, 軽くし, 追いつめて, 逃げなさいいま, 逃げのびましたが, 逃げやう, 逃げるに, 逃げるよう, 逃れなくては, 避けたいと, 避けなければ, 金を, 頭下げ, 顔を, 駈けて

▼ られる~ (210, 0.8%)

71 になつ 16 になった 14 になる 6 になり 5 にな 4 なこと, な事, な気, にもなつ 3 だ, な心持, な気持, にし, になっ 2 であった, である, なもの, になりたい, に感じ

1 [57件] が明, だ恐ろしい, であるが, であれ, ですが, でならなかった, でならなかつた, でも有った, で中, で吾, で忘, ないや, なきが, なつまらない, なわけ, な人外境, な場合, な声, な妾, な家筋, な形, な心地, な思い, な思慕, な怪しから, な状, な病的, な痛み, な目, な立場, な素振り, な職, な親切, な誠に, な音, に, にきっ, にする, にその, にと努力, にもな, に台, に堪へられぬ, に少し, に彼, に思えた, に思ひ, に急ぎ, に感じた, に成つた, に歌全体, に私, に行きすぎた, に見える, に見物, を神様たち, 気張って

▼ られるわけ~ (201, 0.7%)

25 である 23 はない 21 のもの 1312 がない 10 です 9 では 7 もない 5 だった, でも, はありません 4 であるが, なの 3 だが, は無い 2 がなかっ, だから, だな, であります, でメダル, で曲者, のもん, もありません

1 [36件] がありません, がある, さ, じゃない, だね, だわねえ, であった, であって, であつ, であるの, でございますが, でしょうね, ですから, でまあ, で団子坂方面, で国体, で従って, で此, で温健, なので, なのね, になる, にはいかない, にはゆかない, ね, はここ, はしいて, はなかっ, はなかろう, はなく, はねえだ, はまず, は立派, もなかっ, もなく, よ

▼ られる~ (195, 0.7%)

5 がある 4 が來, が来た 3 が来る, である, に私, はわたくし 2 がくる, が来, ではない, ではなく, にあの, にはその, にはそれ, はそれ, はない

1 [152件] あまりに隔たり, いつもよく, かかる数学, からわかっ, から伝つた, があった, がありえ, があるであろう, があれ, がきた, がとうとう, がまもなく, が少, が来なけれ, が来ました, が来よう, が来るだろう, が自分, このこと, この統一, この鳩穴, するよう, その一タッチ一タッチ, その性質, その様式, その法則, だ, だから, だけ彼女, だけ極めて, だった, だろう心から, であったし, であり從つてそこ, であるという, でしょう, です, でないと, でなければ, でもあった, でもその, でもそれ, でもつい, でもない, でも私, でも細かい, というの, とでは目的がち, などには右近, などはまるで, にあまり, にいつも, にいる, においてのみ平価, にこそ人間らしい, にすでに, になっ, になつて一, になる, にはいつ, にはきわめて, にはくくくく, にはボート, には余計, には作品, には又, には如何なる, には小腰, には巫女, には心から, には此, には殊に, には謙さん, には透明, には速, には難破, にまず, にもきまって, にも源氏, にゃ僕, にや捕縄の, にバツク, に儲け, に其, に其の, に出す, に取り立て, に嘔吐, に地面, に御, に必ず, に最も, に異様, に竜, に蒲団, に誰, に限る, に随伴, に鞄, のこと, のふだん, のやはり, の事, の仕打ち, の元締, の心持ち, の方法, の机, の根源的姿, の歩み, の馬, はいつ, はいつも, はもう, はやがて, はよい, はソ, は一種, は人生, は全く, は十分思い, は即ち, は大層, は女, は新, は涙, は胃袋, は自分, は見られる, は遠から, は非常, ひょっとしたらこんな, または原料下落, までは人間, まで待とう, も, もあった, もあつ, もある, もいつも, もこれ, も予め, も気味が悪く, を待つ, を迎え, 一心に念仏, 何とで, 初めて理解, 即ち事実, 即ち無, 少なくとも主観的, 言って

▼ られるはず~ (164, 0.6%)

28 はない 16 がない, である 8 もない 6 だ, のもの 5 はありません 4 がなかっ, だと 3 がありません, だった, であるが, です, なの, のない, はなかっ, もなかっ, もなく 2 だから, だつた, であったが, の湯具, は万, もありません, もなし

1 [30件] がありませんでした, がある, だし, だったが, だった空室, だという, だもの, で, であった, であること, であるのに, ですが, でその, では, ないさかい, なん, なんで, の, のが, のこと, のところ, のなかっ, の疑問, の過去, の部分, はありませぬ, はございますまい, はござんせん, はなかろう, はなく

▼ られる場合~ (156, 0.6%)

8 がある, が多い 6 ではない 5 もある 3 が多かっ, じゃない, である, は決して 2 があり, は少ない, もない

1 [111件] かわ, があっ, がしばしば, がない, がなかっ, がまれ, が之, が多く, が実は, が少く, が少なかっ, が屡々, が往々, が必ず, が現行盗, が考へられる, が非常, さう, さえ少なく, じゃある, じゃねえ, その訳語, だったが, だつて, つまり意識, であっては, であっても, でない, でないから, でないの, ではなし, では無かっ, でもない, とがある, とくにとく, と夫, と意志的, と違っ, なら兎, に, において乃至, にきまつ, にその, にどうか, になっ, にはこの, にはこれら, にはその, にはなん, には之, には二つ以上, には何, には何百倍幸福, には力, には労賃, には単なる, には地代, には子供心, には対称, には小規模, には文化, には死刑, には特にますます, には直ちに, には稀, には絞める, には認識, には風俗, にもさう, にもなお, にも穀物, にも等しく, によれ, に何とか, に同じ, に必要, に殊に, に発する, のこと, のその, の外, の多く, の方, の法則, はその, はたとえば, はない, は世論, は初春, は即位式, は多く, は多く一度, は天下初春, は夫, は女性, は必ず続々, は恐らく, は極めて, は高熱, もあった, もう少し位, もなかなか, も少く, も少ない, も少なく, よりも多数, を他, を想定, を数多く, 然しながら如何, 特に重要性

▼ られる~ (151, 0.5%)

23 はない 11 だ, である 9 がない 6 のもの, もない, もなく 4 だと, です, ですが 3 だが, であった, であります, はありません, はなかっ, は無い 2 がなかっ, であるから, になつて, もありません, もなかつた

1 [39件] がありません, がご, がなかつた, がねえ, が無い, じゃ, だけれども, だった, だったが, だったこと, だった一ノ関, だつた, だのに, だよ, であったと, であり千余年, であるが, でした, でしたが, ですよ, では, で二月十日ごろ, で容易, なの, なん, のところ, のない, のなかっ, の山, の船長室, の言葉, の長い, はござらぬ, はないだろう, はないです, はないとお, もございません, も無い, 無いですが

▼ られる~ (142, 0.5%)

3 それに 2 又これ, 大いによろしい

1 [135件] あこがれの, あるいは伊藤, おしずか, おりゅう, お次さんの, お金も, ぐずついて, この人, これが, これ以上は, さらにまた, すべて彼女の, するから, そういうもの, そこには, そのうえこ, その搗き砕け, それからまた現に, それから怠け, それが, それらの, たまたま休み, とてもかなは, またある程度, またこれ, またその, または袖口, また井上, また何, また係り, また右, また実際, また成層圏, また村重自身, みんな戸外に, もううんざり仕切っ, もしまた, よし始まっ, カギを, 三郎も, 不自由である, 世話に, 二つや, 二度目は, 今も, 今度一緒に, 何か, 個人個人も, 先生の, 円タクも, 出品の, 労働者とか, 勝ち得られる, 単に名前, 又この, 又その, 又それ, 又そんな, 又は少なくとも, 又夫, 又或, 又春さき雪, 又曙覧, 吉田氏自身も, 吉里さんは, 商売の, 土地の, 売れ工合, 天皇親政の, 女だけの, 女子は, 妓たちの, 威張って, 孝明天皇も, 宏ちゃんも, 実際の, 客観の, 寒い晩, 幕府は, 幾時の, 彼の, 後者の, 徒渉も, 御自分, 我ま, 或いはこの, 或いは石, 或は黒潮, 教師には, 文学者の, 日には, 書けも, 月の, 森や, 次に人的資本それ自身, 殊に白髪, 気の, 滑沢, 無料の, 無用のという, 煙草が, 犯者を, 狩猟用としては, 猿楽能楽にも, 現に変り, 現今詩人達が, 現在科学教育として, 現実諸, 生れたもの, 男を, 病人も, 皮は, 直ぐ奧, 相當, 真佐子を, 砂利を, 第一親分, 聖武天皇は, 自分が, 自分で, 自分でも, 若い者, 苦労と, 蔵の, 衆で, 見たいもの, 記録も, 議会傍聴という, 質問の, 道徳と, 頭を, 食えないとも, 食ふ, 高松城は, 魯迅の

▼ られるかと~ (104, 0.4%)

6 思う, 思うて 5 いうと, 思うと 3 いえば 2 いうに, 思います, 思って, 私は

1 [71件] いじらしい, いふと, いへば, おぼえた時, こういう点, さまざまに, しきりに工夫, じッ, その夜, たづね, はねつけた, ひやひやし, びくびくし, ふと思っ, まるで自分, みずから疑う, みんな恟々し, わざわざ寝入ろう, 一身に, 主水正, 云うと, 云うに, 云う事, 云う肚, 云ふ, 云ふこ, 君方は, 問うた, 夢中に, 存じて, 尋ねれば, 待ち設けた私, 思いの, 思いましたよ, 思いやっただけで, 思うの, 思うほどの, 思う心, 思う白い, 思ったら名古屋, 思ってね, 思つたから, 思はれるまで, 思ひましたが, 思ひます, 思ふ, 思ふだけ, 思ふと, 思ふの, 思ふほど, 思へば, 思われこれ, 思われるが, 思われるほど, 斯う, 本国寺の, 気が, 気を, 犇, 申しますと, 疑われるばかり, 秋山は, 考へると, 聞いたらえ, 胸を, 興味を, 被仰る, 覚束ない, 訊いたので, 身構えさえ, 非常に

▼ られるだけの~ (101, 0.4%)

3 ものは, ものを, 事を, 資格が, 金を 2 ことが, ことは, ことを, 力は, 力を, 因縁が, 自信が, 船を, 金が

1 [68件] ある物, お弄品, ご馳走を, もっと高い, ものか, ものが, ものだ, パン食通は, 事は, 何事か, 余裕が, 余裕に, 価値の, 信仰的根柢が, 信用を, 充分な, 分を, 分量では, 勢力を, 命を, 器具を, 器度, 境界には, 存在である, 実質を, 幅の, 広さ, 微かな, 感能が, 扶養を, 文献を, 文芸批評家が, 方々は, 方法を, 明瞭な, 時代を, 机と, 機会を, 熱さ, 熱情を, 物質は, 特色を, 狭さ, 発達を, 研究論文を, 確乎と, 程度には, 空間を, 給料は, 自動車を, 荷物を, 薬味を, 衣類を, 親しみを, 設備を, 設計書袋の, 超時間性, 酒を, 酸素を, 金額かね, 雑言を, 非常に, 食べる物, 食欲に対する, 食物で, 騒々しい荒々しい音, 高聲, 魅力の

▼ られる~ (97, 0.3%)

3 もある 2 がある, があるなら, がよい, がよろしい, が多かっ, じゃ, では, なの, は苦しめられる, へ行きたい

1 [74件] から時々, があったら, がいくら, がうれしい, がおられる, がそんな, がたのしい, がどれ, がより, がドレ位, がモット, が一人ぽっち, が因果, が奥さん, が好き, が彼, が悪人, が有り難い, が有利, が望ましい, が正しい, が災難, が結局気楽, が若い, が都合, が随分, だ, だが, だと, って例外, でありましたから, であること, です, で退治, というの, と得られない, ならいくら, なん, にちよ, になっ, にまわる, に一言, のお, のもの, のやう, の姿, の役割, の役者, の意識, の気持, の誰, はそう, はとっくに, はどういう, はない, はみんな僕, は定めし, は拙著, は極, は澤山, は珍, は眠らせ, へ向い, もあります, もへと, もまだまだ, もわからねえ, も多かろ, も安心, も心得た, も次第に, も間拔, をお, をわたし共

▼ られるばかり~ (95, 0.3%)

9 では 8 です 7 だ, だった, である 5 でした 3 であった, 朝起まし 2 だが, だつた, だと, であつ, であります, でなく俺, でなく制度

1 [32件] かえって自分, そのうえ母, だからね, だね, で, であったもの, ですか, ですぞ, でその, でどう, でなくこの, でなくしだいに, でなくそういう, でなくそこ, でなくその, でなくそれ, でなくむしろ, でなく主部, でなく何となく, でなく教諭, でなく時に, でなく普通, でなく端っこ, でも, で一向にパッ, で到底ろくたま, で御座いました, で朦朧, で美, なので, な土, 身に

▼ られるまま~ (94, 0.3%)

3 に私 2 に, にただ, になっ, に自分

1 [83件] お光, しばらくここ, ずるずると, ついいい, にいろんな, にお, におとなしく, にこの, にこまやか, にしつこい, にそちら, にその, にはつ, にぼく, にやっと, によく, にウカウカ, にケーベル博士, に一晩, に三たび, に上つて, に二枚, に仏壇, に任せる, に作った, に北村, に十万八ルーブリ, に千代子, に千倉屋, に四五杯続けざま, に多少, に大, に奥まった, に女王, に幕, に座敷, に彦太郎, に彼, に御, に怖, に怪量, に手, に持参, に採, に推戴, に掴ん, に来賓席, に杯, に柄香炉, に歩い, に泊まろう, に泊り込んだ, に滞在, に炉辺, に目, に竹川忠義, に素直, に結婚, に船中, に草鞋, に裏手, に話, に話した, に読み, に身, に辱められ, に郷里, に酒, に長, に飲ん, に馬, に馬上, に駄賃馬, に駆け回っ, に高, の生活, の生産物, 一先ず山, 尋ねた, 書かれる場合, 泊って, 約十歩, 腰かけて

▼ られるほど~ (93, 0.3%)

5 であった 43 である 2 だった, でした, みぬま, 今の, 偉くない, 明るかった

1 [69件] いよいよすね, いよいよ放心, お楽, お目, お目出度く, お雪, からだ, がもの, このよう, しかおるまい, しかなかっ, その昔, その自由, その顔色, それほど頑丈, そんなにしずか, そんなに貧窮, だったから, だったと, だつた, つい後ろ, であります, でこれ, です, では, で其頃, で言わなければ, なまやさしい女, ならいッそこ, なんだか恐ろしく, な偶像的人格, な家, な戸, な武士, な狭, の透き通る, まだほんとう, ま近, やせて, ゆっくりアストージェンカ, よく似た, 一層いきり立っ, 一方撫子, 久慈は, 似て, 何かで, 大きくなる, 大まじめ, 大仕, 少なそう, 広い入口, 強くなれる, 強くも, 彼女は, 彼女を, 徹頭徹尾冷酷そのもの, 慕わしかった, 描いて, 明るい, 暗いところ, 淋しかつ, 淡々と, 痩せて, 結び合せて, 衰え果てた人, 辛いこと, 追いたくなるの, 鋭い艶艶, 鋭くなっ

▼ られる~ (90, 0.3%)

2 であったから, ではない, なん, は神

1 [82件] か, があっ, がある, があるだろう, がいない, がずいぶん, がその, がない, が一人, が不思議そう, が人間, が多い, が幾ら, が時々, が本当に, が浪人, が船のり, が見当らなかった, が賓客, が飛鳥時代以後, だ, だが, だし, だつた, であつ, でありました, であるからと, であると, でなければ, とか悪く, とその, とてはこの, との二つ, との精神, とは一身同体, と思え, と物, なの, ならば, にとっては私, になっ, になりとうございます, になれ, に向っ, に拠っ, に私, に自ら, に違い, の世, の中, の反感, の姿, の心持, の見ぬ, の負担, の足跡, の邸, はある, はいないであろう, はそれ, はだれ, は三十萬餘, は作らない, は信じる, は兎, は少ない, は幸福, は彼, は馬鹿, ばかりで, へは手紙, またはながい, もあり, もあります, もある, もあるだらう, もあるであろう, もこうした, や物, らしい, らしゅうございます, 愛したい丈

▼ られるため~ (82, 0.3%)

2 であった, である, にはいかなる, にはそのもの, にはそれ, に作る

1 [70件] かもわかりません, か復一, だったらどんな, だと, であったの, であろう, と思います, ならわざわざ, にあるいは, にいかばかり, にくわしく, にこの, にその, には, にはいかに, にはより, には中位派, には作家そのもの, には先決, には力, には客観, には数えられる, には時間, には蓋し, には逆, には運ばれたる, にばかり運ばれ, にほとんど, にも相手, にわざと, にイエルサレム, に一消費者, に両国, に他, に働い, に却って, に向う, に多少, に市民射撃隊, に後, に御簾, に或, に文明開化, に書かれた, に来た, に派遣, に深い, に甚だ, に生き, に生れ, に生れてる, に生命, に相互, に私, に結合, に自分, に製造業, に語るあたわざる, に豆腐屋油屋, に負けたくない, に雰囲気全体, に養, に駆け, のあらゆる, のもの, の供養, の努力, の同棲者, の結っ, よりも見られる

▼ られるもん~ (78, 0.3%)

2413 ですか 7 じゃない 3 かい, じゃねえ, でも 2 かえ, じゃありません, じゃござん, です

1 [17件] か今度ア物見遊山, けえ, じゃあない, じゃねえだ, じゃア, じゃアありまへん, じゃ御座んせん, じや, だ, だと, だなと, だね, でない, でなし, では, で学校, なの

▼ られる~ (74, 0.3%)

5 では 3 が他 2 のみがある, は, は強い

1 [60件] か, があっ, があれ, がだんだん, がなかっ, がなかつた, が二人, が二種, が山, が減った, が減少, が相つぎ, が鑑札, こそ災難, だが, だけが鞭, でない左, として即ち, とのそれ, とはじめ, とは常にぴったり, と成り, と酒色, なら, なら助けて, なら見せますけれど, にとっては死ぬ, にとっては生命, には先づ自殺, には金, のほう, のほとんど, の中, の古い, の女房, の悲痛, の称呼, の遺骨, はいない, はない, はなかっ, はやはり, はゐない, は何となく, は天子, は必ら, は誰, は逃げ, は骨折損, もあれ, もいかなる, もしばらく, もともに, もひとしく, も欲しい, も泣き, よりも一層, より重い, を見, 常に善玉

▼ られるとは~ (70, 0.3%)

2 どうした, なんという, 不思議な, 知らずに

1 [62件] いい切れないところ, いえしかも, いえずことに, いえません, いえ私, いささか心外, いったい何事, いって, いへしかも, いへ私, おかしいじゃ, かぎらない, このとき旦那様, これだ, 云い条, 何と言つて, 何を, 何者であろう, 信じませんでした, 個体が, 光栄の, 全然思わない, 公理によって, 到底思へない, 夢にも期待, 天道さまにも, 如何なるお, 実に父, 常人として, 年甲斐も, 心外だろう, 思いませぬ, 思いませんね, 思いも, 思ったが, 思って, 思わなかった, 思わなかったよ, 思わぬので, 思われないの, 思われなかった, 思われん, 恨めしいこと, 想像し得なかった, 意識に, 感じなかった, 日頃の, 期待し, 気がつかなかった, 異って, 異な, 知らず馬鹿, 知りながら, 考えにくい, 考えられません, 考へられない, 自然の, 言えないと, 近ごろもっ, 限つて居らない, 限らないから, 限らないし

▼ られる~ (68, 0.2%)

4 のもの 3 にある 2 がある, が多かっ, になる

1 [55件] から単に, から呪言中, から来る, から見る, が多い, が既に, だ, だから, だが, だった去年汝, だなと, である, ではない, に, には即ち, には必ず, にまで展開, にも最近, によく, による, によれ, に外, のそうして, の一番, の一群, の一般的方法, の先天的直観, の合理的, の国史教育, の多く, の建物, の所謂世界観, の所謂人間的, の手続き, の文芸批評, の方法概念, の概念, の現象, の理性, の規定, の観察, の認識論的範疇, の論理学, はなかつたらう, は高天, へこの, へ下りよう, へ行きたい, もあった, もある, をね, をみる, を小児衆, を日本人, を言

▼ られるほどの~ (67, 0.2%)

3 暗さ 2 ことである, ひどいめ, もので, 世の中に

1 [56件] うごめきを, しずかさだった, せまいもの, ものが, ものであれ, ものと, ものは, ものを, 不徳が, 事情は, 人が, 仕事を, 仲に, 何か, 僅かな, 功績の, 包容力の, 口を, 名品と, 大きな穴, 大小と, 大科学者, 大金な, 太い大, 女では, 実が, 少額である, 幼ない, 底深い, 彼であり, 心掛けでも, 応答で, 恍惚たる, 手きびし, 持て方, 敵が, 棺であります, 極悪, 深さ, 燈火が, 状態では, 病気を, 白い輪, 私では, 素養の, 美も, 至つて静的な, 苦心と, 身の上であったなら, 運動は, 閑人じゃ, 閑人だった, 難問である, 顔も, 黄昏では, 黒い穴

▼ られるその~ (63, 0.2%)

2 外貌からは, 山は, 言葉が

1 [57件] いとま, お茶漬, ことだけが, たびごとに, ためにか, とき鳥の, のんきさは, ような, 一日は, 上に, 上成経康頼らの, 上昨夜の, 人の, 人は, 公園は, 名高いセルギウス, 商品の, 地盤では, 変化は, 子は, 席の, 帳場に, 幸福, 幸福な, 意味では, 感動で, 手で, 数で, 方今の, 時代が, 松原には, 根拠が, 桜の, 火一つで, 点に, 為かも, 特徴である, 男は, 盲人の, 眼が, 眼つきに, 眼には, 眼を, 眼眸は, 瞬間から, 瞬間まで, 瞬間までは, 種の, 竿を, 群れそれ, 若い奥さん, 行儀の, 詩独特の, 超時代的, 運命は, 音の, 鯉の

▼ られる~ (63, 0.2%)

4 から何 32 だった, で舞台, もなかっ

1 [50件] から君, から意義, から神祇, があったら, がある, だけは取り除ける, であった, であったから, でありますから, であろうと, です, ですから, ではない, ではなかっ, にある, によれ, に社会, に行為的直観, のもの, の名, の拍節, の既に, の租税, の財貨, の鏡, はあらかたもう, はその, はどこ, はみや, はみんな人, は何事, は各, は大人, は宮廷, は少し, は甚だ, は痛い, へ所, へ誰, まではとただ, まで手, まで来, まで逃げましょう, もあった, もあります, もない, をむざむざ, を死ん, を自動車, を見た

▼ られるといふ~ (62, 0.2%)

9 やうな 3 入水死 2 こ, 有樣, 話の, 話を, 風な

1 [40件] あなかしこ, その仲間, ふうにまで, 一つの, 一事より, 一行が, 不安は, 世界が, 事も, 事実に, 人は, 信念に, 利便を, 噂である, 安心と, 専らの, 引き返して, 心持が, 心配も, 思想, 意味, 意味です, 意味の, 感じが, 機械な, 氣が, 満足が, 滑達な, 特殊な, 現象が, 理論は, 程度に, 種類の, 結果は, 見解から, 話は, 途を, 騒ぎまで, 騷ぎだ本人は, 魔法の

▼ られるとき~ (61, 0.2%)

2 はつねに, 初めてその

1 [57件] ああいう, いかにし, いてたもの, がある, がミス, このもの, この貯蔵貨幣, その最奥, だけがほんとう, ではなかっ, でも私, という, どうにもこうにも, にいかに, にこの, にこんな, にそう, になにか, にのみ民衆, にはいろいろ, にはさらにいっそう, にはその, にはそれ, にはもっとも, には坊ちやん, には更に一層, には自分, には馬糞, に取引所, に課税, に養われるべき, のあいさつ, のつら, の息づまらん, の間, は, はいつ, はいつも, はその, はそれ, は彼ら, は後, は恐るべき, は血, は阿鼻叫喚, または卵, まったとき, もある, もお湯, もはずかしかっ, も微笑ん, も泣かなかつた, 最も鋭く, 私すなは, 行くの, 酷い目, 食べるという

▼ られるけれども~ (58, 0.2%)

2 それは, 困らせられる部分, 私は

1 [52件] いい方, いかに実子, ことわること, この句, この混乱, これは, しかしそれ, しかしもし, しかし産児, しかし農業, しかも彼ら, そういう私, そこを, その他の, その提灯, その時, その観察, それと, どうしてもスローモーション, また直ぐ, むしろ自分, もう一つ, 一つには, 不可能を, 今から, 右の, 唯人間, 四圍の, 天下の, 天王寺海浜の, 実は下僚, 実は関白殿, 実を, 実際は, 平和の, 応援団の, 思わぬところ, 新人発見の, 果してそうであろう, 此は, 無条件に, 然しかう, 第十項目, 船乗り民族でない, 英領インドでは, 衣服の, 跡から, 身体という, 通過させる, 需要は, 頭も, 鳥の

▼ られる~ (58, 0.2%)

24 せう 9 あらうが 6 せうか 3 あらうし, せうが 2 あらうけれども

1 [11件] あらう, あらうなどと, あらう事柄, あらう故, あらう西洋映画, せうから, せうからね, せうけれども, せうな, せうね, せうよ

▼ られる~ (58, 0.2%)

4 の物 2 の喫煙家

1 [52件] お久美さん, きつく弾く, こってりと, この町, だったので, であった, であつ, である, でもなかつた, なこと, ならわし, な抽斗, な未, になつ, になつて, に大, に思い入った, に日本, に近い, のがよい, のもの, の事, の余裕, の内容, の冬, の名手, の味, の境涯, の大きな, の好い, の山, の数, の方, の疎, の目量, の酒飲み, の隙間, の馬鹿, ひかへ, またそれ, も開い, 否應, 大い, 小さいもの, 怖気立ち三合, 烈しく湧き上る, 練れた人間, 美しい花畑, 苛められ, 若くも, 見詰めて, 透いて

▼ られる~ (55, 0.2%)

5 の来る 2 が来ました, が近づき, のある, は来る, を待つ

1 [40件] があったなら, があったら, があり, がいつ, がくる, がようやく, が幾日, が来る, だ, だったけれど, であった, となれ, などは御, にその, になっ, になつて, のこと, の不安, の出前, の夕方, の夕暮方, の来た, の来べき, の来らん, はきた, は幾日, は早晩, は時代, は来るであろう, まで私, もありました, もある, もめずらしく, も来る, よりひそか, を一日, を待っ, を想, を期待, を迎えた

▼ られる~ (55, 0.2%)

8 である, では, のもの 3 がない, です, はない 2 でも

1 [20件] がありません, けでない, さ, であります, でありますから, であろうと, でいずれ, でございます, でして, ですが, ですもの, でもなかつた, で信徒, で私ども, なの, には行くまい, は到底, は御座いません, は無い, も無い

▼ られるのに~ (52, 0.2%)

4 古いほど

1 [48件] あいつは, あの日観, こういうとき, こちらでは, こちらは, この男, これは, すぐその, せんせ, とにかくこういう, ともすると的外れ, どうしてなかなかその, どうして動物, ひよい, もったいない, 一々ゾツ, 一體何んだつ, 今は, 他ならない, 善い物, 声を, 家康は, 岬の, 心づくよう, 忍びない, 悪質の, 手紙なんか, 新ちゃんは, 東洋婦人会長の, 林野の, 此は, 氣附き, 漸く不安, 漸と, 私だけが, 私は, 筒先係の, 背の, 自分だけが, 興味を, 色々特徴, 賤ヶ嶽の, 逢ひたい, 違ひございません, 違ひない, 酒場の, 長には, 默つて二た

▼ られるまで~ (51, 0.2%)

2 知らずに

1 [49件] いっこうに, いやせめて, お待ちし, このよう, しばしこれ, そこへ, つづいた, であって, どこに, ぶきみ, やせて, よき沈黙, ガラス張りの, 一向知らなかった, 世々代々忘れぬ, 何ぼ, 何年でも, 勉強する, 半月の, 安心し, 少しも, 年々三百円ずつを, 年々三百圓づつを, 彼女の, 彼等が, 待ちませう, 待つよりは, 懇意に, 持出されたこと, 数限りなく, 整理せられた, 日本の, 林の, 根気に, 死骸を, 気がつかないの, 漕ぎ付けた, 無二無三に, 物蔭に, 發達した, 神奈川に, 私が, 秋川家の, 耐へる, 荷物と, 行軍を, 請願運動を, 貧しい陶器工, 遺憾ながら

▼ られる~ (50, 0.2%)

5 であります 2 だ, である, ならば, のこと, のもの

1 [35件] あの殺人事件, だから, だった, だつた, であった, であつ, であり平安朝, であるから, であるが, です, ですから, で容易, なの, なら死んだ方, にし, にばらつ, にまでさ, にまで二人, に忘れられた, に挨拶, に私, に近く, のつまらない, のところ, の了見, の事, の女, の温度, の湯, はたっぷり, は仕方, は冥加税, ひ相手, 大あばれ, 慣れ切った道

▼ られる理由~ (50, 0.2%)

10 がある 5 はない 2 がない, が出, の一つ, もある, も出

1 [25件] があった, があるであろう, がかいもく, が之, が考えられなかった, が色々, が茲, だと, です, ならびに真, について, にもなつ, の一部, はあり得ないであろう, はある, はあるであろう, はこの, はこれ, はなかつた, はよく, は之, は問題, もそういう, もない, もまた

▼ られるくらい~ (45, 0.2%)

3 である, です, ですから 2 だから, ならこんな

1 [32件] だ, だった, であるから, でなければ, なもの, ならいっそ, ならこんなに, ならだまって, ならば, ならむしろ, ならもともと, なら何, なら女, なら妾, な人物, な包み, な夫, な考え, 乱れた脈, 人間恐ろしい, 今の, 古壁, 土地では, 大きくは, 大衆は, 好い事, 揺れるという, 澄み渡った波, 真面目な, 短命だった, 肯いた, 透いで

▼ られるには~ (45, 0.2%)

2 その中心, 何か, 相違ない, 違ひない

1 [37件] あまりに勿体ない, あまりに自分, およばない, きまって, させられましたが, そちは, それだけの, ただ自分, つけられるが, また史実, もう二十年, やはりよせられる, クサクサする, 余りに馬鹿, 到って, 到らなかったらしい, 単なる思い付き, 及びませんよ, 夫れ, 御勢, 教えられたけれど, 時代が, 時間が, 条件が, 満場一致という, 物そのものが, 独創天心流には, 生活上の, 甲羅を, 皇御, 相違ありません, 確かに, 種々な, 至らなかったに, 過ぎた問題, 違いない, 違無い

▼ られるのみ~ (42, 0.2%)

3 である 2 だ, であった, であると, ならずまた, ならず更に

1 [29件] だが, だった, で, であ, であったから, でございます, でなくさらに, でなくその, でなくまた, でなく日常, では, で両親, で国民, ならずその, ならずむしろ, ならずよしや, ならず事件そのもの, ならず宵, ならず形, ならず政治的制度, ならず昔日, ならず是, ならず海, ならず消費, ならず現在, ならず社会主義政党, ならず自己自身, ならず興国期, ならず霊異記

▼ られる限り~ (42, 0.2%)

4 の方々 3 に於

1 [35件] いかなる人類, が直観形式, その当時, では, では例, なき摂理, においては生物學的, のあらゆる, のいかなる, のもの, の任意, の古い, の問題, の形, の恥, の教育, の昔, の最低, の概念, の残虐, の現実, の者, の花, の音, は刻下, は大分, は生きなけれ, もう何事, 之によっては解析, 小さい最後, 少くとも, 見届けて, 読んだの, 進むで, 避けた方

▼ られる~ (40, 0.1%)

5 それも 4 それが 2 六では

1 [29件] かただ, ことばにも, こぼれは, それの, ひら様以外, 人では, 住居である, 兄さまは, 友達に, 友達の, 増には, 声が, 姿を, 孃さんが, 家柄で, 手軽な, 棺に, 歳と, 気持ちも, 濠の, 目出度い人間, 石の, 稚子はん, 経は, 考えじゃな, 言葉は, 通の, 酒とか, 顔を

▼ られる~ (40, 0.1%)

12 がした 8 がする 6 がし 2 がいたします, がします 1 がされた, がしました, で, にさえなった, はしなかった, は無い, もいたします, もする, 遣は, 遣ひも

▼ られるまでは~ (38, 0.1%)

1 [38件] あなたとは, お前は, お父さんの, この一つ, この怪物, さぞ悲しい, しばらくの, そこに, そのみじめさ, その価値, その自然価格, とりも, また新, まだ退屈, やはり浮浪民, わが国において, エサに, 一般に, 下層階級は, 人は, 何人と, 具体的な, 叔父真家桂斎という, 増加せる, 島津氏の, 押し詰めそれから, 消費を, 私にも, 約二十有餘年間, 絶対に, 自ら先に, 葉子は, 蕎麥屋牛鍋屋の, 調和と, 長歌, 隠れて, 露西亜の, 食ふ

▼ られる心配~ (38, 0.1%)

7 はない 4 もない 3 がある, はなかっ

1 [21件] から免れ, がなかっ, がなく, が無くなる, ない一瞥, なぞこれから, なんかありゃしない, なんかありやしない, のなかっ, はありません, はさらに, はなくなりました, はなし, は恐らく, は比較的, までし, もあります, もある, もなく, もまず, よりも一人身

▼ られるそう~ (37, 0.1%)

8 です 5 である 3 であるが 2 だ, だから, ですが, では

1 [13件] かと思う, だが, だという, で, であります, でございます, でした, ですから, で喜びます, で私, で馬, 思うとき, 急くなよ

▼ られるだけは~ (37, 0.1%)

6 生きて 2 逃げた方

1 [29件] お目, つとめたの, 堪えて, 尾けて, 建てて, 弁じた, 採入れるが, 生きたいの, 生きやう, 生きやう草萠, 生きよう, 生きようすべて, 生きようと, 生き延びるの, 突き止めて, 立派に, 答えますから, 落ち延びようと, 見たが, 詰めたの, 逃げましょうよ, 逃げるつもり, 遁が, 遁れ, 避けた方, 避けて, 避けます, 隱れ, 集めて

▼ られるとも~ (37, 0.1%)

2 なく始めた寝る, 云える, 申譯の

1 [31件] あの民衆, ありますよ, いへるの, いわれて, さらに語られた, ないその, なくマッチ工場, なく一人, なく平次, なく忘れられかけ, なく感ぜられる, なく捨てられ, なく謂, 云へる, 勝手に, 思えずなぜ, 思つてゐなかつたらう, 思はなかつたが, 思わず佇ん, 思われませんからね, 書いて, 書いてないところ, 測られないそんな, 申訳の, 知らないで, 知れない, 考えられるの, 考えられるよう, 聞かずこの, 言えましょう, 限らないの

▼ られる必要~ (37, 0.1%)

16 がある 2 は毫も, もない

1 [17件] があっ, があった, があり, がない, が何処, が出, などは元, なんかあろう, はありません, はなかっ, はなくなった, は少し, は昔, もあった, もないでしょう, をもたないらしかった, を有

▼ られると共に~ (36, 0.1%)

1 [36件] かつては, このやう, そこに, その各, その成果, その物, その詞章, みえも, われの, 一種の, 一面に, 下し置かれた, 中国の, 仏寺の, 他方に, 内容的には, 又もやきゃ, 又同じく, 同時に又, 城太郎の, 彼等の, 従来回抱し, 文化の, 文学は, 日本文学の, 発展の, 神自身に, 私達は, 終焉の, 自分の, 著しく心強い感, 虚説妄説が, 運命に, 邑落の, 鋳銭司を, 駕籠屋共は

▼ られるよりも~ (36, 0.1%)

2 遥かに

1 [34件] いっそあなたさま, うれしいので, かまわずわたし, これは, ずっと以前, そっと触れない, それから, ただそのまま, どれほど嬉しかっ, はるかに, コロリで, ショックを, 両者の, 仁慈ある, 以前から, 低い結婚率, 傷けられる, 優しだ, 女軽業の, 実は非常, 幾倍か, 彼の, 愛されとうございました, 或る, 極めてより, 殺されて, 気が, 流行病の, 笑われる方, 腹を, 自我みずからによって, 興味の, 遙かに, 頭を

▼ られる~ (36, 0.1%)

2 でへどを吐く

1 [34件] に, にいち早く, にいったん, にいろんな, にそっと, にそれ, にそれら, にたっぷり, にちゃんと, にはさ, にま, にめちや, に主人, に人, に出, に小使室, に抜け出, に掃く, に早く, に検討, に檢討, に殺され, に王城, に相談, に考へ, に證據, に飛ん, に首, の事, の日, の晩, の桶, の縁側, までのラザルス

▼ られる~ (36, 0.1%)

4 である 3 がある 2 だ, にある, もある

1 [23件] から癩病, がディレッタント, が二つ, が何処, が優れ, が全然, が在る, が多い, でも, でテーマ, にわざわざ, に強い, に恐らく, に於, に運命, はない, は次, は監督, もあった, も実は, をどっさり, を利用, を大体

▼ られるより~ (34, 0.1%)

2 ほかは, 外に

1 [30件] あたくし, それは, どんなにい, まだしも沖, もう少しは, 一そ一思いに, 一と, 以前労働問題の, 何百年も, 余程面白い, 先に, 兵を, 勘当の, 同性の, 外は, 小野の, 尚辛い, 幸福でした, 思い切って, 情ない辛いこと, 惚れる方, 文三には, 私が, 細々一々実際について, 苦しいの, 葉ちゃん一人に, 見られるが, 辛い, 遥かに, 高い価格

▼ られる~ (34, 0.1%)

4 になる 3 になつ 2 な氣, になつて

1 [23件] ではなく, なこと, なたとへ, な不安, な天氣, な心地, な心持, な悔辱, な男, な精確, な自分, な誹笑, にそして, になつた, になつたの, になつた上, になられた, にまで成つた, に仕ない, に思ひ, に思ふ, に此一語, に鳴り渡り

▼ られる~ (34, 0.1%)

32 かね構, では

1 [27件] かね搆, がもつ, が落ち, でありながら, であるが, であろう, での最古, でも, とが一つ, との間, と交換, ならば, には楢, に即する, のすべて, のない, の中, の本質, の生産様式, はすく, はすべて稀少, はまた, は何ん, は鉢, は魚, も稀, を差し上げる

▼ られるかの~ (33, 0.1%)

10 ように 2 やうに

1 [21件] ごとき幻覚, ごとく気遣って, もろもろの, やうな, ようだった, ようであった, ようである, ような, エリオットの, チエホフの, 何れか, 処置を, 問いも, 問題だ, 問題に, 女に, 奴隷の, 如き外觀, 如く思はれる, 決戦を, 獰猛な

▼ られるかを~ (32, 0.1%)

2 探究いたします, 私が, 考えて

1 [26件] あれか, いっそう注意深く, きいて, 一層注意深く, 今まで, 他の, 思った, 検討する, 決する瞬間, 疑った, 知らんの, 知ること, 研究し, 研究の, 示そうと, 私は, 考えないもの, 考へつ, 見た, 見よう, 見る遊戯, 見れば, 計算した, 説明する, 調べ同じ, 身を以て

▼ られる程度~ (31, 0.1%)

4 のもの 3 のこと

1 [24件] だが, だけれども, だと, で笠間由子, に, にお客, にできた, にはなったらしい, によつて, に客, に歴史, のもっとも, の健やか, の光彩, の少量, の心的現象, の慾望, の日本, の疲労, の素養, の良, の設備, を異に, 又そういう

▼ られるあの~ (30, 0.1%)

1 [30件] いとも繊細, ひつそりした, 初代の, 卑劣な, 古雅の, 右翼の, 壺金銀が, 女性的な, 山々の, 幸福だった, 幾らか気違い, 怪異な, 恐ろしい伝説, 惨めな縋る, 昔ふうの, 暖かい言うべからざる, 枯淡とか, 流言蜚語とかを, 清浄な, 物寂びた, 特徴的な, 生命の, 生物の, 町の, 病的な, 美麗繊細極まる, 船も, 花やかな, 草花るいを, 青色をさえ

▼ られる結果~ (30, 0.1%)

3 になる 2 が生ずるであろう, となり, になった, になり

1 [19件] いつしか物持筋, が全く, であった, として, として使用量, として四五年, となった, とならなかった, と少しも, になりまし, になりました, はあるいは, は免れ得なかった, をひき起し, を待つ, を生ずる, を生むで, 却って当然の, 起る病気

▼ られるかという~ (29, 0.1%)

5 ことは, ことを 2 ことです

1 [17件] ことからの, ことが, ことでした, ことと, ことの, ことばかり, その形式, ように, 事が, 哲学的方法が, 噂も, 弟に対して, 思いばかり, 理由は, 疑問, 疑念が, 重大な

▼ られる世界~ (29, 0.1%)

6 でなければ 2 ではない, の実在, もある, 新秩序

1 [15件] から外, だと, である, である即ち, ではある, でもない, には生産, の意識面的形成, はない, はガラス, は一番, は一般的, は何処, は私, を感じる

▼ られるこの~ (28, 0.1%)

3 種の

1 [25件] ところいやに, ものそれは, わたしが, ピュタゴラスの, 一つの, 云ひ, 人の, 偉大な, 問いなる, 国に, 城だ, 女王とも, 山々の, 性質こそ, 悲しむべしと, 持薬で, 日本型文化躍進の, 歴史的社会の, 町の, 空虚は, 簡単な, 自然科学的世界は, 興味ある, 芍薬の, 輕蔑に

▼ られる場所~ (28, 0.1%)

2 である, ではない

1 [24件] があつ, があるだろう, がない, が見つかる, だったの, で見る, で阿賀妻, として家庭, なの, なので, ならどこ, によっては平生, はあるまい, はここ, は刻々, は東京以外, は歌垣, へやられ, へ足, もある, もあるまい, も多く, をみつけ, を部下

▼ られる~ (28, 0.1%)

2 である, ではなかっ, の方

1 [22件] だ, だとしか, だらうか, って, であった, であつ, であるから, ではない, としての抗議, と申します, なん, のひと, のシャーマン, の一団, の仕事, の様, の風俗, の髪, は一人, は普通, も家, を殿様

▼ られる言葉~ (28, 0.1%)

2 だ, だと

1 [24件] であります, である, でしたが, です, ですね, といふもの, となつ, となり, などに私, なの, なら何でも, にいつも, にほんの, のほか, のやう, の中, の効果, はなく, はもはや, もいつ, もごく, を聞く, を見たかつた, 即天

▼ られるよりは~ (27, 0.1%)

2 独身で

1 [25件] あの女, このオルガ, ずっとまし, その方, ひとりで, まだしも三つ, むしろ土地, むしろ己, 一日でも, 余程生還, 反って, 反つて, 宮が, 寧ろ与えられた, 寿女は, 思い切って, 教えを, 斯く討論, 有利である, 海へでも, 聞かないで, 自分の, 蜜蜂を, 遥かに, 電車に

▼ られる機会~ (27, 0.1%)

2 は非常

1 [25件] があまりに, がある, がちょいちょい, がなかっ, がなく, がやって来た, が乏しかっ, が出来た, が創作家, が多, が多かっ, が少ない, さえあれ, でも与へられなけれ, となった, になつ, に出遇った, に恵まれた, はついに, はない, はなかっ, もあろう, をうかがっ, を作り, を待った

▼ られる一つ~ (26, 0.1%)

4 の異 2 の誘惑

1 [20件] のこと, のもの, のタッチ, の可能性, の商品, の大きな, の心境, の插話, の援助, の根拠, の楽劇, の民族, の活, の現状, の科学的, の策, の絵, の解釈, の雲行き, の驚異

▼ られるなんて~ (25, 0.1%)

2 ことが

1 [23件] いうだけでも, いふこと, いやだ, きみは, ことあ, こんな名誉, さっきのは, そう言っ, だらしが, なにが, まるでききわけ, やりきれない, 不思議な, 事は, 二十面相とも, 云うこと, 何とそれ, 変ね, 大喜び, 聞いたので, 自分の, 頼りねえ, 馬鹿に

▼ られるけれど~ (24, 0.1%)

2 さて其景色, それは

1 [20件] あの頃, あんなこと, お前さんみたいな, この金堂, そうでも, それならこの同じ, それらも, なにやら大船映画, チーズどう, 二つを, 僕は, 子供を, 家具調度一式琉球とか, 性食渾然と, 映画は, 病後の, 神楽坂では, 米友のは, 難有, 雷同し

▼ られるそれ~ (24, 0.1%)

1 [24件] からの可能性, が, がジンテージス, が普通, が最初, が空間表象, だけが目的, でなければ, との間, と同様, にはお, には容易, に長い, のよう, はうれしい, はこれら三つ, はしかし, はすでに, はちっともいと, は私, は素質境遇, も緑平老, を自己, を馬子

▼ られる~ (24, 0.1%)

2 立派で

1 [22件] おろか著述する, この力, こほろぎである, すなの, ただ人では, コムミユニズムや, 一通りの, 万人の, 免れなかった, 園樣の, 如何かと, 御無体, 心外なり, 必定その, 必定其時自分が, 普賢に, 知れたこと, 知れた事, 知れて, 義務として, 言うまでもないから, 近ごろ自ら皇帝と

▼ られるとか~ (23, 0.1%)

2 我々の

1 [21件] あるいはお, ここに, これを, ご身分, どうかとか, なくなるとかいう, ひどい損, ーっと, 何んと, 党派的な, 刀で, 別れられないとか, 尻尾位は, 望遠鏡の, 特殊が, 特選の, 純粋な, 總て, 義理が, 謂ふなら, 銀の

▼ られる恐れ~ (23, 0.1%)

7 がある 3 があった, もなく 2 もある 1 があり, があります, が有る, なしと, などであった, はなかっ, は少ない, もない

▼ られる時代~ (23, 0.1%)

2 が来た

1 [21件] がそろそろ, がやってくる, が歴史的, さえ生ぜしめた, でありその後, でないという, ではない, でも恋, といふ意味, となっ, となる, にあ, になつて, になる, には通人, にも地方領主, に到達, に左団次一行, に来, は隨分, も来ない

▼ られる人間~ (22, 0.1%)

2 の労働, の支持

1 [18件] かあるだろう, がひとり, が多数, が手, が死んだ, でありたくないと, であるから, でないことよう, でない髀肉, なん, にとって代表的, の内面生活, の奇遇, の愛欲, の生, の距離, はあるまい, も同

▼ られる~ (22, 0.1%)

3 になる 2 であつ

1 [17件] お目, から強く, から空, から肉體, から誰, がちやう, だったから, であったか, でしたが, になっ, にはかれ, にはその, には四月, の時期, は, は影, 御乗用

▼ られる資本~ (21, 0.1%)

1 [21件] が一〇, が一百万磅, が七二〇磅, が固定資本, が大, が生産的労働, には加えない, に対する高い, の一部分, の分量, の利潤, の耐久力, の諸, はこの, はその, はない, は増加, は減少, もまた, を増加, を減ぜしめる

▼ られる部分~ (21, 0.1%)

2 で魅力, はこれ, を増減

1 [15件] がある, がこの, がどういう, が増加, が多い, だけを切りとっ, だったの, でありそして, である, で恐らく, に対しては多額, は減少, をより, を抽出, を表わす

▼ られるじゃ~ (20, 0.1%)

8 ありませんか, ないか 1 ないの, ねえか, アない, 有ません

▼ られるとしても~ (20, 0.1%)

1 [20件] この存在, この最後, その平均人口, たしかな, または彼ら, わたしの, ジッと, 一方の, 上述の, 人間の, 其は, 前に, 如何に, 心の, 消費量に, 焼けたもの, 相手を, 私は, 非常に, 高い労賃

▼ られる~ (20, 0.1%)

1 [20件] が, が仕合せさ, と拝察, にあ, にそれ, に幾たび, に復活, に次第に, に無意識, に私たち, はいかに, はその, はよろしい, は下, は人間, は山, は日本人, は海, も二人, も私

▼ られるつもり~ (19, 0.1%)

2 なの

1 [17件] か, かどちら, だが, だがと, だったので, だろうが, だろうなどと, であったらしい, であつ, でいた, でしょうが, ですか, でセント・ペテルスプルク, などはちっとも, ならわたし, の私, らしく平気

▼ られるにも~ (19, 0.1%)

2 程が

1 [17件] いい加減うんざりさせられる, かかわらず, かかわらずこの, かかわらずその, かかわらず他, かかわらず妹, かかわらず現在, せよた, せよま, 及ばない, 拘らず, 拘らずそれ, 拘らず実は, 拘らず必ずしも, 拘らず有, 拘わらず自然, 誹られるにも

▼ られる~ (19, 0.1%)

3 否や

1 [16件] いよいよ人知れず後悔, うだつたら, おまへ, さきであります, その後一日々, たちまち兵権, もはやじたばたせず, テナルディエは, 一夜に, 右手は, 否や持っ, 待って, 忽ち如何, 枚数期日など, 歌川家が, 貸借は

▼ られるとともに~ (18, 0.1%)

1 [18件] これこそ, またこの, また全体, また完全, 一方には, 他面において, 反省させられ, 單に, 思わずいった, 慰撫された, 成立つ他者性, 殆ど無限, 民心は, 生花も, 皆で, 神は, 素人の, 薫を

▼ られるほどに~ (18, 0.1%)

2 なって

1 [16件] おた, かかって, なった, ひとまずそれ, わたしの, 出来ます, 双方ともに, 建て詰んで, 捩れて, 澄んで, 無意義でも, 熊という, 経験上熟知され, 縮図と, 若い二十歳ごろ, 鮮かに

▼ られる~ (18, 0.1%)

2 でしかない

1 [16件] が二人, たる物, である事, でなかったこと, でね, でもなかっ, としか見えなかった, とまだ, とみえる, と云います, と云う, なん, は一人, は好き勝手, は意気地, を征服

▼ られる自分~ (18, 0.1%)

2 の姿, の心

1 [14件] じゃない, だのに, であるとは, の事, の口許, の国, の立場, の身, の頑丈, の頭, の顔, もその, を恥ずかしく, を意識

▼ られる身分~ (18, 0.1%)

3 である 2 じゃない, ではない

1 [11件] だし, でなくましてや, でもない, でもなかっ, でもなけれ, となった, なら誰, になった, になりたい, になる, の者

▼ られるうち~ (17, 0.1%)

2 はまだ

1 [15件] が人間, が花, そのとき後, にあの, にその, にはいくらか, に今, に腹, のせて, はし, はまだまだ, はアスピリン, は楽, は貧乏, は飲まない

▼ られるまでも~ (17, 0.1%)

1 [17件] ないのに, なくそう, なく各, なく嫁, なく左大臣, なく師直, なく彼, なく怪物, なく新聞社, なく源吉, なく細り, なく自ら, なく警官隊, なく酔ざめのほしかったところなので, 一度は, 何は, 膝に

▼ られる~ (17, 0.1%)

2 恥か

1 [15件] あり遠い, いられないも, よし一連, ンか, 一度いふなら, 今も, 同様で, 同然だ, 同然である, 尤である, 皆その, 知れないが, 知れんと, 苦しいから, 遂げられぬも

▼ られる~ (17, 0.1%)

2 振はなすとて

1 [15件] まぬがれぬであろう, 免かれるであらう, 厭うから, 厭う人, 口惜しと, 好まずという, 左の, 常と, 幸いに, 待たず先方, 恐れると, 悲しんで, 振放すとて, 見られい, 見るも

▼ られる人々~ (17, 0.1%)

3 の生活 2 よりも虐げる

1 [12件] からは寿詞即, から破落戸, が坐っ, だつた, であっては, のその, のまとも, は何, へ日々, まで西域, ももし, をいう

▼ られる意味~ (17, 0.1%)

1 [17件] がわかる, である, での, ではロゴス的, でイギリス, で作文的, で煤煙征伐, で真実, とは多少, は, はそこ, は勿論, は十分, もあつ, も亦, をもつ, を理解

▼ られるたび~ (16, 0.1%)

2 にお初

1 [14件] にあの, にいくらか, にしゃちこ張っ, にその, にまた, に印度人, に寺田先生, に惣八郎, に泳ぐ, に犬, に痛い, に相当, に耕吉, に身体

▼ られるまでに~ (16, 0.1%)

2 なった, なったの

1 [12件] なって, なっても, わたしは, 今日までの, 修行を, 心安立の, 或る, 散散の, 日本の, 船底の, 血色が, 進んで

▼ られる~ (16, 0.1%)

2

1 [14件] けだ, けの生徒, けの隠し袋, け図々しい, け暴れ, であった, でありますけれども, である, である割, でも苦しい, のもの, の人数, 感じられる丈, 褒めちぎりますでしょう

▼ られる問題~ (16, 0.1%)

3 であります, ではない 1 がある, が三つ, だ古く, である, であろうと, でないこと, なの, に, はそば, はない

▼ られる~ (16, 0.1%)

2 に自動車

1 [14件] にかの, にくすぐったがった, にこの, にじっと, にますます, に困った, に堪らなく, に岸本, に弟, に直吉, に私, に襤褸, に驚嘆, も一入

▼ られる思い~ (16, 0.1%)

5 だった 2 がした, がする 1 がしない, だ, でした, でなおも, ではらはら, で老, とが一つ

▼ られる性質~ (16, 0.1%)

5 のもの

1 [11件] すなわち他, である, で日曜日, の作品, の品物, の女, の惧, の男, をもっ, を多分, を持つ

▼ られる現象~ (16, 0.1%)

4 である

1 [12件] だ, でありましょうか, であります, であるかも, であるから, であるが, であるの, であろう, でございまする, ではある, は政治, を捕え

▼ られる種類~ (16, 0.1%)

7 のもの 2 の女 1 であります, のこと, の人間的徳義心, の対立, の新聞, の総括的雰囲気, の美

▼ られる通り~ (16, 0.1%)

3 である

1 [13件] こういっ, で鯉魚, にし, にそのうち, に拙者, に話, の乞食坊主, の有様, の無残, の甚だ, の破滅, の賞め言葉, 実際に

▼ られる危険~ (15, 0.1%)

4 がある

1 [11件] があった, が多分, が色々, にさらされたく, のない, はない, はなかっ, は資本主義社会, もあり, をも顧みなかった, を克服

▼ られる~ (15, 0.1%)

3 がした

1 [12件] がきこえ, がし, がしました, が珊, が聞えた, だのに, にやう, によって表わされる, に一同, もかなり, をただ, を聞き

▼ られるかは~ (14, 0.1%)

1 [14件] ちゃんと定まっ, わからないが, 両者が, 兩者が, 具体的には, 分りませんが, 存ぜぬが, 学問の, 最近の, 本論各項で, 歴史的に, 疑わしい, 私共の, 自分の

▼ られるくらいの~ (14, 0.1%)

1 [14件] ことは, ものだった, ものでありましょう, ものである, 事は, 大きさ, 子猫であった, 小さい池, 広さ, 比較的に, 番狂わせである, 評判に, 頭だ, 高さ

▼ られるとの~ (14, 0.1%)

2 ことで, ことであります, 事である 1 ことだ, ことである, ことでございます, 事, 事で, 事の, 境を, 解釈に

▼ られる一種~ (14, 0.1%)

2 の悟り

1 [12件] の, のよろこび, のプロレタリア, の不自然, の世故, の労働者, の屈辱的, の感覚, の深い, の疲労感, の険し, の馴染

▼ られる~ (14, 0.1%)

2 があるなら, の一つ, の味方 1 が実現, でありました, である, では積極的妨げ, ということ, との間, においては流入, の人口

▼ られる~ (14, 0.1%)

1 [14件] さと, なる奨励, 不幸に, 家族の, 巌山の根を, 庄屋の, 新聞や, 旦那の, 町人平, 百姓の, 芸術家と, 装飾塔だ, 規模の, 醸造場は

▼ られる~ (14, 0.1%)

2 がみんな, はない 1 さ, だ, だがと, だけはみんな, でないから, になっ, はいないだろう, はべらぼう, は悪人, もあつ

▼ られる~ (14, 0.1%)

2 がある

1 [12件] がまだ, である, ではない, にどこ, による, の方, は私はじめ, は金殿, もなかには, も全然, をし, を聞いた

▼ られる~ (14, 0.1%)

2 制度の

1 [12件] 内容と共に, 問題が, 問題について, 団体の, 将が, 形式を, 概念は, 現象は, 生産用役が, 自然科学を, 設備の, 道具

▼ られるすべて~ (13, 0.0%)

4 のもの 3 の物 1 のナンセンス, の仕事, の社会的富, の美, の貨物, を知られ

▼ られる以上~ (13, 0.0%)

1 [13件] なにか秘密, にそれ, に一方, に今一つ特殊, に愛した, のもの, の無茶, の苦痛, はこいつ, は例えば, は最も屡々, は特色, 只大意

▼ られる傾向~ (13, 0.0%)

4 がある 1 があっ, があった, があり, があります, が見える, さえも生じた, だから, であつ, ではない

▼ られる~ (13, 0.0%)

1 [13件] 主人の, 主君に, 定めであった, 性格や, 恩は, 意見も, 慈悲が, 様子だ, 決意よ, 言葉とも, 言葉は, 遺言が, 隠居さまが

▼ られる所以~ (13, 0.0%)

5 である 2 が之 1 から云う, がある, であった, なの, はここ, は畢竟

▼ られる方々~ (13, 0.0%)

1 [13件] が伊勢, が打ち壊し, である, ではある, にはこの, に對, の中, の命, の御, の方, の間, は私, は西域

▼ られる~ (13, 0.0%)

4 でおれ 1 だからね, であります, でそれ, で形式, の場合, の意味, は当然愈, は訣つて, を一括

▼ られる資格~ (13, 0.0%)

2 は十分

1 [11件] と自信, なきのみか, なしとして, などはまるで, など自分, のある, はない, もあり, もある, をそなえ, を持つ

▼ られる~ (13, 0.0%)

1 [13件] があ, があった, があつ, が一方, が出, が生じ, だが, だった, であったが, に処女地, は窺えなかった, もなかっ, も行

▼ られるあなた~ (12, 0.0%)

1 [12件] からいろ, だけが御, なもん, に, にはその, には私, のお, のす, の国語, の気持ち, を見, 御自身

▼ られるあらゆる~ (12, 0.0%)

2 ことは, ものは 1 ものの, 文学者たちの, 租税は, 秩序や, 窒素とが, 賞讃を, 辱か, 辱しめと

▼ られるごと~ (12, 0.0%)

1 [12件] にかならず, にしずか, にその, にジリジリ, に口, に地代, に建設途上, に彼, に目, に自然淘汰説, に隙間, に非常

▼ られる~ (12, 0.0%)

2 うであるが 1 うした, うしてさ, うだが, うだけれども, うですけど, うでその, うナ, う云, へ肩身, みに

▼ られるだけに~ (12, 0.0%)

1 [12件] お氣, そして好き, その場かぎり, どうせ老父, りよは, 三四度も, 何となく捨て, 哀悼の, 気象に, 私と, 私に, 頭が

▼ られる事実~ (12, 0.0%)

4 である 1 がある, が間, であり又, であるが, である三里あまり, です, は方程式, は遺憾

▼ られる仕事~ (12, 0.0%)

2 なの, をする 1 がどこ, がなかっ, が如何, が如何に, とでも云, に従事, の実質, はない

▼ られる~ (12, 0.0%)

2 はない 1 からの圧力, ないらしい, に歴史的, の人, の多く, の諸, はないだろう, はなかっ, はめったに, への愛情

▼ られる~ (12, 0.0%)

2 ですけれども, はよく 1 がいくつ, であった, であったが, であるという, で珍しく, の, の不遜, の世界観

▼ られる気持~ (12, 0.0%)

2 ではなかっ, になる 1 がする, だった, であつ, なの, にもなっ, に迫られ, は悪く, をだ

▼ られる~ (12, 0.0%)

1 [12件] が五体, でさえこれ, の上, の今, の哀願, の執拗, の持論, の身心, は思ひ, は歩かなく, は段々, は縛られ

▼ られる~ (12, 0.0%)

4 がある 1 があった, があり, が多く, のあった, のある, もある, もない, も多々

▼ られる~ (12, 0.0%)

5 れが 2 がある 1 がない, さえもある, なしに, もある, れも

▼ られる~ (12, 0.0%)

2 に等しい 1 が減少, によって充, の合計, の等価値, は決定, は相, を与え, を未知数, を示す, を超過

▼ られるかぎり~ (11, 0.0%)

2 の雑木 1 かかる意味, その注意, のありとあらゆる, の自分, は, は姿, は生き, 広く古え, 生きて

▼ られるといった~ (11, 0.0%)

2 ふうに, ような 1 ブランキの, 塩梅に, 女性を, 年頃だ, 形に, 按配で, 様式である

▼ られるばかりに~ (11, 0.0%)

3 なって 2 なった 1 この暑い, して, 仕上がつて, 和歌を, 旅の, 用意し

▼ られるまでの~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの悩ましい, いきさつは, ことな, その過程, 中間期間に, 事である, 二二カ月間に, 五日間と, 途中の, 過程は, 間を

▼ られる傾き~ (11, 0.0%)

5 がある 1 があつ, がつよく, が出, が多く, が支配的, になった

▼ られる~ (11, 0.0%)

1 [11件] にせなけれ, に五箱, に京, に太郎岬, に彼, に為吉, に父, に筵, に苦行, に靴磨き, 買った別荘地

▼ られる~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, が自分, だと, と同, に抵抗, の味, の方, の蓄積, はある, を予定, を貯

▼ られる~ (11, 0.0%)

1 [11件] からが既によほど, がおごそか, が多い, だった, で蜂谷, というの, のこと, の様子, の美しい, もなかっ, を一方

▼ られる心持~ (11, 0.0%)

1 [11件] がする, がつくられ, が多喜子, です, で疊, とは大きな, になりました, は目白時代, もなし, を評し, 固く脣

▼ られる感じ~ (11, 0.0%)

2 なの 1 がした, であった, でしたよ, ではない, ではなかっ, と違っ, の中, は去らなかった, は去らなかつた

▼ られる~ (11, 0.0%)

1 [11件] ではない, ではなし, で無いけれど, となりました, とはなっ, と思う, になっ, になった, になつ, のまわり, を旅

▼ られる~ (11, 0.0%)

2 はない 1 がある, が開かれ, でもなく, と云え, ならば, はござる, を断たれ, を案内, を通る

▼ られる道理~ (11, 0.0%)

3 がない, はありません, はない 1 だから, は昔

▼ られる~ (11, 0.0%)

1 [11件] だった, だったので, でないさ, でもあり, と云い, に今, に抵抗, に自ら, は其, も特に, 別に奥向き

▼ られるまでには~ (10, 0.0%)

1 いろいろの, かなりの, さらに多く, また十年, 七年立ち, 十年の, 朝早くから, 相当の, 至って, 至らなかったが

▼ られる以前~ (10, 0.0%)

2 に容易 1 から死ん, にすでに, に已に, に影響, に易介, のお, は占, もしくはそれ以後

▼ られる原因~ (10, 0.0%)

2 になつて, の一つ 1 であった, とはなった, についてはなお, の中, はいくつ, は旅行

▼ られる~ (10, 0.0%)

4 はない 1 ないと, に古典, の現実, はありません, はなかっ, は無い

▼ られる~ (10, 0.0%)

1 が主, が人格化, で大, とかどう, となりました, との関係, になつ, にもなっ, に引きなおせ, はある

▼ られる~ (10, 0.0%)

1 から云え, であった, ではない, には私, に計っ, の宿, の心, の真情, の頭, の魅力

▼ られる心地~ (10, 0.0%)

6 がした 3 がする 1 がし

▼ られる~ (10, 0.0%)

2 だ, だが 1 がなかつた, だと, である, で一先づ天, なの, もない

▼ られるころ~ (9, 0.0%)

2 となれ 1 ある朝, からは特に, にそれら, には御一新, には櫻花, には諏訪藩, は主

▼ られるとして~ (9, 0.0%)

1 さてその, それが, ですよ, 之を, 二人ともが, 教案を, 来たの, 続いて, 見ても

▼ られるどころ~ (9, 0.0%)

5 では 1 か, じゃない, の話, やありません

▼ られる代り~ (9, 0.0%)

1 にこの, にその, につまり, には櫟, に両者, に存在, に引き返, に新, もっと苦しまなけれ

▼ られる~ (9, 0.0%)

1 かがある, かの可能, かの権利, かやりたく, か優しい, か抽象的, か無い, か神秘的, を食べ

▼ られる場面~ (9, 0.0%)

2 が出る 1 があります, がそれぞれ, がどれ, が書い, ではなかっ, はセリフ, を眼

▼ られる多く~ (9, 0.0%)

1 のブルジョア哲学, の作品, の同志的批判, の問題, の場合, の美しい, の要素, の試練, の鳥

▼ られる子供~ (9, 0.0%)

1 っぽい理窟, っぽい表情, と奥さん, に悪口雑言, のよう, の手, の数, の様, は寒中

▼ られる幸福~ (9, 0.0%)

1 がなかったろう, です, のため, の全, の意識, の讃歌, または窮乏, を失った, を覚え

▼ られる時それ~ (9, 0.0%)

1 がとり, がモデル, が人間的労働力, が普通, が物理的世界, が生命, は人間, は経験的, を可能

▼ られる時期~ (9, 0.0%)

2 もある, もあれ 1 が彼清水, が来るだろう, であるから, ではない, に於

▼ られる~ (9, 0.0%)

1 であった, である, で有る, なの, にする, にはつみ捨てられた, には律文, にイエルサレム, に在る

▼ られる生産物~ (9, 0.0%)

2 の価格 1 とあらゆる, の不平等, の分量, の差違, の種々, は狩猟, を自分

▼ られる~ (9, 0.0%)

1 があった, があつ, であられる, である, と合一, は此側, は絶対矛盾的自己同一的, もあつ, 異思想

▼ られる範囲~ (9, 0.0%)

1 がせばめられる, しか見当, では早稲, で最大, に於, に限り, のもの, の長, は少数

▼ られる習慣~ (9, 0.0%)

1 が出来た, だった, であったか, なの, になっ, になつて, の宣命, をつけられ, を持っ

▼ られる覚え~ (9, 0.0%)

3 はない 2 は無い 1 がない, はありましねえだ, は更に, もなおさら

▼ られるだけでも~ (8, 0.0%)

1 ハレードナチモアハウススイフトダニエル, 兄には, 厭ぢや, 好いと, 得な, 御不快, 御主人, 恥ずかしくて

▼ られる~ (8, 0.0%)

8 やない

▼ られるとおり~ (8, 0.0%)

2 である 1 しだいに荒廃, その階段, にしてやった, に鞄, のこと, の住居

▼ られるなど~ (8, 0.0%)

2 自分の 1 まったく壮者, みなお蔭による, 天皇後醍醐の, 往々圧迫, 理由の, 甚だ心外

▼ られるふし~ (8, 0.0%)

2 もある 1 がある, が多い, が多かっ, はどこ, もあり, もなく

▼ られるものの~ (8, 0.0%)

1 とんとその, なまじ二人, 又なにがし, 如きいずれ, 実際に, 獲物が, 証拠が, 長い間

▼ られる世の中~ (8, 0.0%)

1 が近づい, だから, である, では殺人罪, になつた, になる, に人間, に効

▼ られる作家~ (8, 0.0%)

2 の作品 1 が可, そういう大家ぶり, の自信, の興味, は相当, や作品

▼ られる~ (8, 0.0%)

4 には十分 1 から見, に席, の性格, の自惚れ

▼ られる~ (8, 0.0%)

2 にはどんな 1 からの声, でも親達, にどう, に押さ, に縁, 反石刀

▼ られる労働~ (8, 0.0%)

2 の分量 1 がより, と比較, と資本, の各, は他, 及び資本

▼ られる即ち~ (8, 0.0%)

1 それは, 単に思惟的, 合目的的と, 大量的, 意識面が, 政治的君主としての, 数学的である, 此姿勢だ

▼ られる唯一~ (8, 0.0%)

2 のもの, の手段 1 のこと, の瑕, の読み方, の間違い

▼ られる存在~ (8, 0.0%)

2 ではない 1 であるかの, という哲学的範疇, にきまった, の一般的, は果して, よりも観念

▼ られる~ (8, 0.0%)

2 の中 1 だ, に対して可, の南限, はこの, は東京, もあり

▼ られる方法~ (8, 0.0%)

1 が三つ, である, なので, の単なる, の簡単, はない, は全然, を考え

▼ られる望み~ (8, 0.0%)

2 がある, がない, もない 1 はなく, もなく

▼ られる~ (8, 0.0%)

1 にずしんず, にわたし, に喜悦, に必其詞章, に盗賊, に私, に隙間, に高まる

▼ られる気遣い~ (8, 0.0%)

4 はない 1 がある, はありません, はなく, もなく

▼ られる生活~ (8, 0.0%)

1 がその, のあれこれ, の事, の常識, はし, は惨め, への嫌悪, を示した

▼ られる立場~ (8, 0.0%)

1 でなければ, にある, にいた, にいる, にもあった, にゐた, に於, のもの

▼ られる~ (8, 0.0%)

4 一の 2 二の 1 三幕などを, 二段の

▼ られる自信~ (8, 0.0%)

2 があるなら 1 がある, がついた, がついてる, がつく, はなかっ, を彼

▼ られる苦し~ (8, 0.0%)

2 さよりも, さを 1 さから, さとで, さに, さも

▼ られる運命~ (8, 0.0%)

1 だったから, となった, にある, におかれなけれ, に在る, に対してはそれ, をさらり, を持っ

▼ られる食物~ (8, 0.0%)

3 の量 1 が馬, に正比例, に比例, の名, の平均量

▼ られるそして~ (7, 0.0%)

1 これに, さうい, そのワイア, まだ且つて, 片手の, 立場は, 述べ得られないだけ

▼ られるたんび~ (7, 0.0%)

2 に厭 1 に, にひい, に彼, に笹村, に隙

▼ られるどんな~ (7, 0.0%)

1 お眼, 女に対しても, 妨害も, 情熱も, 敬意をも, 物よりも, 貴重な

▼ られるほか~ (7, 0.0%)

2 また新しい 1 あるまい, なかった, に一方, はありません, は意味

▼ られるやら~ (7, 0.0%)

2 毒蛇に 1 まだ未定, 分ったもの, 大騒ぎであった, 湯を, 自信を

▼ られるんぢ~ (7, 0.0%)

3 やない 2 やありません, や無い

▼ られる~ (7, 0.0%)

1 にまだ, に内藤夫人, に切つて, に彼女, に皆, に自, の空地

▼ られる二つ~ (7, 0.0%)

1 の作品, の塚, の暗い, の特色, の立場, の要素, の魂

▼ られる利益~ (7, 0.0%)

1 で学者, に十分気附, の見込, は当然, は想像, を利用, を相殺

▼ られる向き~ (7, 0.0%)

2 の編輯者, へ果して 1 にも往々, もある, も多い

▼ られる土地~ (7, 0.0%)

1 がある, がない, が多く, などはこの, は多い, は荊州, もあり

▼ られる~ (7, 0.0%)

2 を見 1 であろう, には苦しめられる, も現実的, をみ, を見た

▼ られる始末~ (7, 0.0%)

3 であつ 2 であった 1 じゃない, だつた

▼ られる姿~ (7, 0.0%)

1 が眼, が見えた, だった, である, ではない, を全く, を目

▼ られる対象~ (7, 0.0%)

2 は勿論 1 が自分, こそ差別, であるわけ, としての異性, をこの世

▼ られる時間~ (7, 0.0%)

1 がな, が一日, に必ず, の点, は新聞小説, をとろう, を計らっ

▼ られる様子~ (7, 0.0%)

1 であった, であるが, です, ですし, はなかっ, もない, をただ

▼ られる状態~ (7, 0.0%)

1 ではない, なの, にあった, にある, におかれ, によって向う側, は個個

▼ られる~ (7, 0.0%)

2 です 1 おめでたう存じます, おめでとう存じます, その節, であるから, はない

▼ られる租税~ (7, 0.0%)

1 がどう, に堪える, に対する第, の形, はすべて地主, は耕作, は貨幣

▼ られる見込み~ (7, 0.0%)

2 があら, がある 1 があれ, なんかちょっと, もなく

▼ られるある~ (6, 0.0%)

1 不可思議な, 不思議な, 悲劇的な, 社では, 経済団体の, 限られた空間

▼ られるいろいろ~ (6, 0.0%)

1 さまざまの, な可能性, な家風, の事情, の小さな, の理由

▼ られるかといふ~ (6, 0.0%)

1 ことが, ことと, ことに, ことをも, 事も, 点に

▼ られるからと~ (6, 0.0%)

1 いうので, いった, いって, 云っても, 思って, 言って

▼ られるくら~ (6, 0.0%)

2 ゐで 1 ゐが, ゐなもの, ゐなら私, ゐは

▼ られるそこ~ (6, 0.0%)

1 にある, に不可解, に可能, に私共, へ家来, へ柔かく

▼ られるだけで~ (6, 0.0%)

1 あつた, この人, 一向花々しい, 桃色と, 物足りない, 見つけもの

▼ られるんで~ (6, 0.0%)

1 げさあ, せうか, 大いに辟易, 大抵は, 自然足も, 逃げ出さうとでも

▼ られる一切~ (6, 0.0%)

3 のもの 2 の労働 1 の価値

▼ られる一方~ (6, 0.0%)

1 からすぐ, であったが, であったそう, でいた, で此等, で矢張

▼ られる~ (6, 0.0%)

1 でもっとも, で活氣, には到底, にも個人個人, にも従来, にスサノヲ

▼ られる代物~ (6, 0.0%)

3 ではない 1 が一つ, じゃねえ, でもなし

▼ られる位置~ (6, 0.0%)

1 において二人, になった, にゐた, に主任, に立つ, を与え

▼ られる作品~ (6, 0.0%)

1 が一篇, だった, である, であるが, でも以上三つ, の中

▼ られる価値~ (6, 0.0%)

1 があった, がある, があるだらう, が姫君, について論じ, を看過

▼ られる先生~ (6, 0.0%)

1 としてはせめて, にはがんりき, の熱情, の生活, はみな, をよく

▼ られる叔母~ (6, 0.0%)

5 御は 1 がこう

▼ られる境遇~ (6, 0.0%)

1 からは逃げよう, が与えられ, でもない, に落ちつく, に陥ち, の格式ばった窮屈さ

▼ られる女性~ (6, 0.0%)

1 が六十パーセント, が浮世, との交際, などはその, にとっても驚くべき, の生活

▼ られる実在~ (6, 0.0%)

1 でなければ, の原理, はすなわち, もあり, もある, 第二

▼ られる~ (6, 0.0%)

1 がなく, が存在, というの, となった, に入, もあつ

▼ られる~ (6, 0.0%)

4 れが 1 れは, れも

▼ られる感情~ (6, 0.0%)

1 ではなかつた, はかえって漠然と, は私, は興味, をその, を私

▼ られる~ (6, 0.0%)

1 である, にこの, に左様, に生産物, に自己, に過去

▼ られる条件~ (6, 0.0%)

1 が加わります, としてある, はある, は操作, をつくり出し, を見出し

▼ られる模様~ (6, 0.0%)

4 であります 1 でございましたので, への驚き

▼ られる~ (6, 0.0%)

1 そしてその後, つまり, であ, です, もある, を解釈

▼ られる~ (6, 0.0%)

21 が来た, のもの, ばかりはいや, をまっ

▼ られる相手~ (6, 0.0%)

1 でなかった, ではない, と相手, の言葉, は誰, も生き物

▼ られる知識~ (6, 0.0%)

1 だから, である, であるの, はいろいろ, を木下さん, を蓄積

▼ られる社会~ (6, 0.0%)

1 から私, の上部構造, の条件, の範囲, の表現, を

▼ られる芝居~ (6, 0.0%)

1 きける音楽会, です, というもの, は一つ, をやらう, を見た

▼ られる若い~ (6, 0.0%)

2 娘が 1 ものにはと, 人々の, 男も, 者は

▼ られる見込~ (6, 0.0%)

2 のある 1 がある, がない, である, はついた

▼ られる~ (6, 0.0%)

2 ではない 1 じゃありません, というもの, はない, は愛人

▼ られるお方~ (5, 0.0%)

1 がその, でございました, です, ですよ, ではござらぬ

▼ られるかに~ (5, 0.0%)

1 来る, 相当興味ある, 至って, 興味を, 見えて

▼ られるぐらい~ (5, 0.0%)

1 でこれ, なもの, ならまだ, コンディションに, 興ざめること

▼ られる~ (5, 0.0%)

5

▼ られるこれ~ (5, 0.0%)

1 が, では黒旋風, に反し, は話し, は食べられない

▼ られるこんな~ (5, 0.0%)

1 ものや, モトウが, 奴が, 所に, 約束じゃ

▼ られるせい~ (5, 0.0%)

1 かくるり, かその, か褐色, であろう薄茶色, ばかりで

▼ られるつて~ (5, 0.0%)

2 いふこと 1 いふ気, いふ點, まあね

▼ られるどころか~ (5, 0.0%)

1 かえって大きい, この時, 却って強い, 反つて, 大勢に

▼ られるほう~ (5, 0.0%)

2 の期間 1 がうれしい, が賢明, は見当

▼ られるもんぢ~ (5, 0.0%)

3 やない 1 やありません, やな

▼ られるゆえ~ (5, 0.0%)

1 しかとは, である, なお一度, に生きた, 或いはとも

▼ られる人物~ (5, 0.0%)

1 のうち, の感情, は夫, ほど恐ろしい, やそんな

▼ られる人生~ (5, 0.0%)

1 からの濃厚, の不思議さ, の花盛り, は救い, を計画

▼ られる今日~ (5, 0.0%)

1 でもなし, でも旧態, という現在, において特に, は主従

▼ られる余地~ (5, 0.0%)

2 がある 1 が殆, はただ, はない

▼ られる収入~ (5, 0.0%)

1 である, によって代えられる, のみで, またはこれら収入, を生産

▼ られる可能性~ (5, 0.0%)

1 がある, が出来, に立っ, を持っ, を有

▼ られる喜び~ (5, 0.0%)

1 から愛する, である, のあまり, を求め, を皆

▼ られる因縁~ (5, 0.0%)

1 がない, が全く, であるかも, はない, もない

▼ られる地方~ (5, 0.0%)

1 が多い, が相応, でないぐらいの, ではない, もあり

▼ られる壮観~ (5, 0.0%)

2 は丁度 1 であった, といふもの, は煙花

▼ られる彼女~ (5, 0.0%)

1 が常, の姿, の眼付, の神経質, は泣き出さない

▼ られる~ (5, 0.0%)

5 れが

▼ られる~ (5, 0.0%)

1 と解せられる, の力, の行, ほど一方, を感じる

▼ られる~ (5, 0.0%)

1 ること, る動物, る役割, る部分, 種の

▼ られる景色~ (5, 0.0%)

1 であったが, であるだけに, であるので, など印象, は愛野

▼ られる殿下~ (5, 0.0%)

1 があと, と二階, には歯固め, の台覧, の気高く

▼ られる用意~ (5, 0.0%)

1 さえし, の何一つ, はもう, をし, をする

▼ られる素質~ (5, 0.0%)

2 を持つ 1 を備え, を欠い, を示し

▼ られる経験~ (5, 0.0%)

2 を嘗て 1 がたび, でなくて, を繰返した

▼ られる羽目~ (5, 0.0%)

2 になった 1 となった, におちいった, に陥つた

▼ られる~ (5, 0.0%)

1 がある, には目的論的論證, の祕密, まで走つ, を泊め

▼ られる身の上~ (5, 0.0%)

1 だ殊に, ではない, ではなかっ, では有りません, よしんば大夫

▼ られる~ (5, 0.0%)

1 一向知らなかつた, 古事記に, 四時間の, 踊って, 開けつ放しに

▼ られる~ (5, 0.0%)

1 じゃァねえ, ではない, でもある, の唯一, を当然

▼ られる関係~ (5, 0.0%)

1 から昔, であって, である, のまま, は一種

▼ られる~ (5, 0.0%)

1 のしづけ, の全, の峠, の結晶, を照

▼ られるかい~ (4, 0.0%)

1 お前さん無理を, な, や吸物, られないの

▼ られるかしらと~ (4, 0.0%)

1 不思議に, 思つた, 自分で, 言ふ

▼ られるきり~ (4, 0.0%)

1 だった, であった, で伸子, なん

▼ られるくせ~ (4, 0.0%)

2 に神様 1 に不利, に遊びたがる

▼ られるくらいに~ (4, 0.0%)

1 して, 家に, 慣らして, 潮流から

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 容子だった, 様子でございます, 武運の, 老人が

▼ られるそんな~ (4, 0.0%)

1 ことは, 事を, 便利この, 話

▼ られるとでも~ (4, 0.0%)

1 云わなければ, 思ったかも, 思ったの, 思ったらしくいきなり

▼ られるなどは~ (4, 0.0%)

1 余りにも, 嘘と, 常々の, 逃げ出す以外

▼ られるのさ~ (4, 0.0%)

1 へたまらない, へひどく, へ好まなかつた, へ嫌ひな位

▼ られるひと~ (4, 0.0%)

1 だと, のねがひ, のひびき, は迷惑

▼ られるまた~ (4, 0.0%)

1 画の, 色, 逆に, 避けなければ

▼ られるフシ~ (4, 0.0%)

3 がある 1 が多い

▼ られる一人~ (4, 0.0%)

1 であること, と見える, の不思議, の處女

▼ られる一面~ (4, 0.0%)

1 に薄, の砂煙, はある, もあった

▼ られる上野氏~ (4, 0.0%)

4 の物

▼ られる予定~ (4, 0.0%)

21 があった, です

▼ られる事柄~ (4, 0.0%)

1 であって, であるが, でも何, によりまたあるいは

▼ られる人達~ (4, 0.0%)

1 から見, であらう, のお, の裏面

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 の尚, の日々, は首くくり, までの例

▼ られる~ (4, 0.0%)

2 種類の 1 生産物に対して, 精神機能の

▼ られる写真~ (4, 0.0%)

1 ではある, を見た, を覚え, を鏡台

▼ られる~ (4, 0.0%)

2 である 1 だ, だと

▼ られる商品~ (4, 0.0%)

1 の名称, の所有量, の量, は充

▼ られる坊ちやん~ (4, 0.0%)

1 の寝顔, の着物, を後, を抱く

▼ られる基金~ (4, 0.0%)

1 の増加率, は土地, をかく, 及びそれ

▼ られる場合ぢ~ (4, 0.0%)

3 やない 1 やあり

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 だった, の小, はもっとも, は何と

▼ られる大きな~ (4, 0.0%)

1 やつで, 六角の, 原因に, 泥坊芝居の

▼ られる奇怪~ (4, 0.0%)

2 な世界 1 な現象, な背徳行為

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 か, である, は少く, を殺し

▼ られる婦人~ (4, 0.0%)

1 であった, の一人, の投票, も笑い出し

▼ られる嬉し~ (4, 0.0%)

2 さを 1 さに, さは

▼ られる小さな~ (4, 0.0%)

1 婦人たちの, 独立会館が, 茸が, 鞄が

▼ られる少年~ (4, 0.0%)

1 だった, ではなかっ, のよう, は決して

▼ られる度毎~ (4, 0.0%)

1 にへし折れた, に一家, に脹れ上っ, に道庵

▼ られる御方~ (4, 0.0%)

1 が美濃, でありませう, のよう, の御

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 も突詰める, やすさ, を感じ, 易さ

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 あり題材, があった, がした, により

▼ られる手紙~ (4, 0.0%)

1 であった, のかける, の文字, を期待

▼ られる~ (4, 0.0%)

2 ではない 1 のすべて, は極めて

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 が諸, の弾圧, の悪, の砲火

▼ られる文章~ (4, 0.0%)

1 にもあらわれ, は実際, をどこ, を見

▼ られる料理~ (4, 0.0%)

1 の数々, の鋳型, はない, を片っぱし

▼ られる方向~ (4, 0.0%)

1 が社会主義, に向っ, へ編輯, より投げる

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 からの形式, の三井寺, の恋人, の西日

▼ られる時分~ (4, 0.0%)

1 から旦那, にはちゃんと, には地名, には売れ高

▼ られる次第~ (4, 0.0%)

1 であった, であつ, である, のもの

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 おふれ, じゃありません, ではない, になる

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 であった, と生ませられない, の愛, へ自分

▼ られる~ (4, 0.0%)

2 がし 1 がした, でゐやがる

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 が群衆, にも同じく, に溺れる, も飲める

▼ られる漂流物~ (4, 0.0%)

2 の量 1 のやう, のよう

▼ られる~ (4, 0.0%)

2 異が 1 である, 働くこと

▼ られる種々~ (4, 0.0%)

1 のこと, の主張, の物語, 雑多な

▼ られる~ (4, 0.0%)

2 は無心, は驚くべき

▼ られる自然~ (4, 0.0%)

2 の勢い 1 のいたわる, の時間

▼ られる自由~ (4, 0.0%)

1 がある, と考えられる, な地位, もない

▼ られる視線~ (4, 0.0%)

2 を痛 1 はなお, を避け

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 そのままで, と見るべきで, に合せる, よりは臣下

▼ られる身体~ (4, 0.0%)

2 じゃない 1 でないに, になりたい

▼ られる迄は~ (4, 0.0%)

1 さながら自分, その場, 殆ど公表されない, 葛原勾当その

▼ られる都会~ (4, 0.0%)

2 の陋巷 1 であるが, のどよめき

▼ られる音楽~ (4, 0.0%)

1 の大, の容量, も特に, や花火

▼ られる~ (4, 0.0%)

1 がなかっ, の使用上, はどれ, はなみ

▼ られる~ (4, 0.0%)

2 よりはつかまえられない, よりはつかまへられない

▼ られるあたり~ (3, 0.0%)

1 は病中, まで行つて, まで道

▼ られるいかなる~ (3, 0.0%)

1 場合にも, 美しいもの, 貨物をも

▼ られるお前~ (3, 0.0%)

1 こそ鬼, じゃない, の為

▼ られるかが~ (3, 0.0%)

1 明かに, 明らかに, 知りたくて

▼ られるかぎりそれ~ (3, 0.0%)

1 が真, は稀, は自ら

▼ られるかをも~ (3, 0.0%)

1 仲間たちから, 知って, 知つてゐる

▼ られるけど~ (3, 0.0%)

1 お姉さん, そんなこと, 女は

▼ られることば~ (3, 0.0%)

1 だと, です, は十方

▼ られるこれら~ (3, 0.0%)

3 の商品

▼ られるそこで~ (3, 0.0%)

1 この今日, わたしも, オーエンは

▼ られるぞと~ (3, 0.0%)

1 かんづいたので, 心中で, 期待で

▼ られるたち~ (3, 0.0%)

2 の男 1

▼ られるだけを~ (3, 0.0%)

1 受けむとする, 得れば, 與へ

▼ られるって~ (3, 0.0%)

1 ことは, どういうん, 云いますからね

▼ られるつまり~ (3, 0.0%)

1 ヘーゲル的な, 人格の, 人間性を

▼ られるなり~ (3, 0.0%)

1 して, に先入観, またはひょっと

▼ られるに対して~ (3, 0.0%)

1 二十二歳の, 生は, 若い監督

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 うちの, この発信者の, 胃袋が

▼ られるまにまに~ (3, 0.0%)

1 熱い紅茶, 細巻, 買収し

▼ られるみたい~ (3, 0.0%)

1 で, に勢い, に愛された

▼ られるもう~ (3, 0.0%)

2 一つの 1 一品

▼ られるものそれ~ (3, 0.0%)

1 が口, のみが私, は云う

▼ られるものぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やありません

▼ られるゆえん~ (3, 0.0%)

1 である, であること, はなに

▼ られるよと~ (3, 0.0%)

2 云ったら田 1 戯れたので

▼ られるよりか~ (3, 0.0%)

1 かえってあの世, その方, どれほどここ

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 だから, だつたらこんなに, で二人とも業

▼ られる不安~ (3, 0.0%)

1 とでもいう, にも堪え, やまた

▼ られる主上~ (3, 0.0%)

1 の御, を諫めよう, 並びに其外

▼ られる事件~ (3, 0.0%)

1 があった, ではありません, ではすでに

▼ られる享楽~ (3, 0.0%)

1 であり力, に対して五磅, はこよなく楽しい

▼ られる仕掛け~ (3, 0.0%)

1 があり, になっ, になつ

▼ られる仕組み~ (3, 0.0%)

1 だった, となっ, になっ

▼ られる以外~ (3, 0.0%)

1 にうつくしい, の人間, は誰

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 がまえ, であった, の表現

▼ られる侮辱~ (3, 0.0%)

1 ことにミウーソフ, の最大, も女

▼ られる便利~ (3, 0.0%)

1 がある, で実質的, は多大

▼ られる便宜~ (3, 0.0%)

1 がある, により工業品, を得

▼ られる個所~ (3, 0.0%)

2 もある 1 は明らか

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 にあ, に兄さん, を通っ

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 がやつ, の感, はこの

▼ られる光栄~ (3, 0.0%)

1 をも幸運, を夢見, を担った

▼ られる分外~ (3, 0.0%)

2 の欲さ 1 の慾さ

▼ られる分量~ (3, 0.0%)

1 が同一, には限り, を減少

▼ られる可能~ (3, 0.0%)

1 がない, が見出されるだろう, のある

▼ られる同じ~ (3, 0.0%)

1 欣びでもありまた, 部屋の, 部屋へ

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 であります, では無く, は

▼ られる固定資本~ (3, 0.0%)

1 すなわち蓄積労働, とそれ, との耐久力

▼ られる好い~ (3, 0.0%)

1 お顧客, 心持が, 日和であった

▼ られる少し~ (3, 0.0%)

1 前お, 前に, 前の

▼ られる工夫~ (3, 0.0%)

1 があります, はない, をし

▼ られる市場~ (3, 0.0%)

1 における生産, における貨幣量, を想像

▼ られる希望~ (3, 0.0%)

1 がある, がまつたくない, をもっ

▼ られる平凡~ (3, 0.0%)

1 な四十男, な貴婦人, な農村

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 だのに, でもなかっ, になる

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 のもの, の底, 知れぬ妖気

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 さは, さを, つい調子

▼ られる強い~ (3, 0.0%)

1 女だ, 忍耐心を, 衝動が

▼ られる形式~ (3, 0.0%)

1 であるのみ, と内容, のもの

▼ られる微妙~ (3, 0.0%)

1 な世界, な有機的関係, な諧和

▼ られる微笑~ (3, 0.0%)

1 は全く, を俺, を浮べ

▼ られる必然性~ (3, 0.0%)

1 とロマンティシズム, をもっ, を説明

▼ られる性格~ (3, 0.0%)

1 が今日, ではない, は可能性

▼ られる恰好~ (3, 0.0%)

1 な散策地, の巌石, の相手

▼ られる悲劇~ (3, 0.0%)

1 の主題, の構造, は起こらなかった

▼ られる想い~ (3, 0.0%)

2 で直ぐ 1

▼ られる愛情~ (3, 0.0%)

2 は男 1 と反撥

▼ られる感覚~ (3, 0.0%)

1 だ, であるらしいと, の積極化

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 がある, はない, もありません

▼ られる成果~ (3, 0.0%)

1 が自己, をむしろ, を羨望

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 でつまり, はどこ, 振も

▼ られる抑圧~ (3, 0.0%)

1 とその, となり, となる

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 から厚生省, もあります, を失っ

▼ られる支那人~ (3, 0.0%)

1 の間, はどう, を警察

▼ られる数学~ (3, 0.0%)

1 の中, の時, の部門

▼ られる文字~ (3, 0.0%)

1 であって, の知識, は必然的

▼ られる文学~ (3, 0.0%)

1 と科学, の真実性, をもとめ

▼ られる時刻~ (3, 0.0%)

1 だ, だった, になる

▼ られる時私~ (3, 0.0%)

1 の胸, はこう, は簡潔

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 であった, でご, で母

▼ られる最上~ (3, 0.0%)

1 の方法, の物, の美味

▼ られる最大~ (3, 0.0%)

1 の欠点, の苦しみ, の音

▼ られる最後~ (3, 0.0%)

1 にその, の一幕, の単位

▼ られる有様~ (3, 0.0%)

1 だったの, であつ, を見たくなかった

▼ られる根拠~ (3, 0.0%)

1 はある, は以上, は何れ

▼ られる様々~ (3, 0.0%)

1 な創意, の材料, の矛盾

▼ られる機會~ (3, 0.0%)

1 があつ, で出雲の神樣, なの

▼ られる気持ち~ (3, 0.0%)

1 がした, になっ, になりました

▼ られる法則~ (3, 0.0%)

1 が今日これ, の科学的形式, は一定

▼ られる特色~ (3, 0.0%)

1 であります, の一つ, は著者達

▼ られる~ (3, 0.0%)

2 野神社の 1 さの

▼ られる玄関~ (3, 0.0%)

1 の外, の戸, の松

▼ られる理論~ (3, 0.0%)

1 は多く, は疑い, を利用

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 の屋根, はない, や灯

▼ られる異常~ (3, 0.0%)

1 な美し, な雰圍氣, の死亡

▼ られる疑問~ (3, 0.0%)

2 である 1

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 となり, はない, もなかっ

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 だ, にさえ心, に出遇っ

▼ られる着物~ (3, 0.0%)

1 についた, は一枚, や羽織

▼ られる瞬間~ (3, 0.0%)

1 がある, の心持, は深い

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 は率, をこの, を納めねい

▼ られる積り~ (3, 0.0%)

1 か, ですと, で敢然と

▼ られる~ (3, 0.0%)

2 の色 1 に張りつめた

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 からかなた, から吹き込む, の硝子窓

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 ではございませぬ, というもの, は活きた

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 がある, のもの, もある

▼ られる粗生生産物~ (3, 0.0%)

1 が何ら, の絶対量, は一二

▼ られる精神~ (3, 0.0%)

1 というの, もわかり, をも含め

▼ られる精霊~ (3, 0.0%)

1 がさ, は多く, は常に

▼ られる~ (3, 0.0%)

3 が動かなく

▼ られる縁談~ (3, 0.0%)

1 ではない, は先, を振り向き

▼ られる美し~ (3, 0.0%)

2 さで 1 さは

▼ られる考え~ (3, 0.0%)

1 のある, もあった, もない

▼ られる職業~ (3, 0.0%)

1 たとえば小売商, では無い, はどんな

▼ られる興味~ (3, 0.0%)

1 と文学, ふかい歴史的要素, 深い問題

▼ られる舞台~ (3, 0.0%)

1 の上, はいずれ, や茶番

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 が幾度, の数, は此石楠

▼ られる苦しみ~ (3, 0.0%)

2 があるであろう 1 を多く

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 と食べられない, にクグ, は籠

▼ られる著しい~ (3, 0.0%)

2 長所の 1 差別は

▼ られる要素~ (3, 0.0%)

1 である, で一ぱい, は幾何学

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 が多く, の傍, の問題

▼ られる詞章~ (3, 0.0%)

1 として断篇化, の如き, は元

▼ られる貨物~ (3, 0.0%)

1 の価値, の比較的, の相対価格

▼ られる賞讚~ (3, 0.0%)

1 ではなかっ, や批判, よりも常に

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 だつた, でない, でもなし

▼ られる迄に~ (3, 0.0%)

1 一時間は, 至った, 至らなかったの

▼ られる運動~ (3, 0.0%)

1 に抵抗, の微妙さ, の決定要因

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 い死魚の, さの, なる傾向

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 が論難, のよう, の球

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 の金銀, は下宿, は掩

▼ られる限りそれ~ (3, 0.0%)

1 は存在, は相, は相対的

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 がある, のある, はあった

▼ られる雰囲気~ (3, 0.0%)

2 がある 1 の中

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 ができる, はどれ, を意味

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 で最も, の一つ, の感覚

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 であった, である, はせいぜい

▼ られる~ (3, 0.0%)

1 から推し, では過分, や反省

▼ られるあいだ~ (2, 0.0%)

1 に蓮華, 決まって

▼ られる~ (2, 0.0%)

2 はゆる

▼ られるいや~ (2, 0.0%)

1 な月, むしろ自分自身

▼ られるいろんな~ (2, 0.0%)

1 ものを, 考えや

▼ られるいわれ~ (2, 0.0%)

1 はない, は絶対

▼ られるうれし~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ られるおれ~ (2, 0.0%)

1 がよう, よりもほめる

▼ られるお前さん~ (2, 0.0%)

1 はしあわせ, はほんとう

▼ られるお母さん~ (2, 0.0%)

1 の影, はどっさり

▼ られるかしら~ (2, 0.0%)

1 つてね, んという

▼ られるからこそ~ (2, 0.0%)

1 問題と, 嬉しいの

▼ られるからばかり~ (2, 0.0%)

2 では

▼ られるきのこ~ (2, 0.0%)

1 と全く, と毒

▼ られるくらいにまで~ (2, 0.0%)

1 なって, 頭を

▼ られるぐらいに~ (2, 0.0%)

1 追い迫り二日間, 開けそこ

▼ られるぐらいは~ (2, 0.0%)

1 仕方が, 知りぬいて

▼ られるこういう~ (2, 0.0%)

1 モティーヴの, 恐怖心理も

▼ られることこれ~ (2, 0.0%)

1 が僕, より甚だしき

▼ られること必定~ (2, 0.0%)

2 であります

▼ られるこれら商品~ (2, 0.0%)

2 の量

▼ られるしか~ (2, 0.0%)

1 ありません, ないの

▼ られるしかし~ (2, 0.0%)

1 わたくしは, 決してさうで

▼ られるしかも~ (2, 0.0%)

1 その敵, 壁の

▼ られるしろ~ (2, 0.0%)

1 ものじゃ, もので

▼ られるすこし~ (2, 0.0%)

1 まえわずか, 熱が

▼ られるそれから~ (2, 0.0%)

1 以後別々に, 塀の

▼ られるそれだけ~ (2, 0.0%)

1 なもの, はまちがい

▼ られるそれら~ (2, 0.0%)

1 の各々, の憐れ

▼ られるとかと~ (2, 0.0%)

2 話を

▼ られるときまり~ (2, 0.0%)

2 が悪い

▼ られるとき彼~ (2, 0.0%)

1 が一般人間性, はむしろ

▼ られるとすら~ (2, 0.0%)

1 敢えて申し, 敢へて

▼ られるどう~ (2, 0.0%)

1 考えても, 考へても

▼ られるどうか~ (2, 0.0%)

1 わしの, 皆一緒に

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 考えても, 追附参上

▼ られるなどと~ (2, 0.0%)

1 思うん, 考えて

▼ られるなどの~ (2, 0.0%)

1 結末で, 試しを

▼ られるなども~ (2, 0.0%)

1 今日の, 他の

▼ られるなん~ (2, 0.0%)

1 か, かよりどんなに

▼ られるにつれ~ (2, 0.0%)

1 堪えられなくなって, 疲れに

▼ られるにつれて~ (2, 0.0%)

1 しんから, 発散させ

▼ られるに従って~ (2, 0.0%)

1 国語の, 夫と

▼ られるのいや~ (2, 0.0%)

1 だから, です

▼ られるのみか~ (2, 0.0%)

1 呉船に, 家に

▼ られるばかりか~ (2, 0.0%)

1 その隼, 彼らを

▼ られるばかりで~ (2, 0.0%)

1 満足すべきで, 病気に

▼ られるふしぎ~ (2, 0.0%)

1 なほど, なやつ

▼ られるぶん~ (2, 0.0%)

1 には, にゃかまわねえが

▼ られるほど脂肪~ (2, 0.0%)

1 づいた丸い厚い, の少い人

▼ られるまことに~ (2, 0.0%)

1 ありがたいお札, 慨かわしき

▼ られるまま客間~ (2, 0.0%)

2 に腰

▼ られるもの之~ (2, 0.0%)

1 は一面, を吾

▼ られるもの裏手~ (2, 0.0%)

2 の暗き

▼ られるやいなや~ (2, 0.0%)

1 機械も, 物見高い都雀

▼ られるやうぢ~ (2, 0.0%)

1 やが, や全く

▼ られるやたら~ (2, 0.0%)

1 こたらと, に先

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 牢頭, 知つてゐる

▼ られるよい~ (2, 0.0%)

1 口実を, 素質は

▼ られるよりはと~ (2, 0.0%)

1 その後から, 弟の

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 あんたも, 私歌劇女優に

▼ られるわが~ (2, 0.0%)

1 師ギヨ・ゴルジュウ大, 武力の

▼ られるわよ~ (2, 0.0%)

1 きっと, 私歌劇女優に

▼ られるわれわれ~ (2, 0.0%)

1 でもない, の目方

▼ られるカント~ (2, 0.0%)

1 のそれ等々, はイギリス

▼ られるスピノザ~ (2, 0.0%)

1 さえが実体概念, の規定

▼ られるセザンヌ式~ (2, 0.0%)

1 の切り通し道, の切通し道

▼ られるチャンス~ (2, 0.0%)

1 が開ける, は少ない

▼ られるテーマ~ (2, 0.0%)

1 の一つ, も亦

▼ られるリズム~ (2, 0.0%)

1 がある, が無い

▼ られる一二年前~ (2, 0.0%)

2 に何

▼ られる一日~ (2, 0.0%)

1 のバター, の酔気

▼ られる一番~ (2, 0.0%)

1 古い骨, 大きな不平

▼ られる一角~ (2, 0.0%)

1 でございました, に位置

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 潔きは, 落難攻の

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 になつて, のなか

▼ られる主部~ (2, 0.0%)

1 が其後, を離れた

▼ られる事情~ (2, 0.0%)

1 にもなります, により時

▼ られる事物~ (2, 0.0%)

1 であると, とそれ

▼ られる二人~ (2, 0.0%)

1 の厚化粧, の友情

▼ られる二種~ (2, 0.0%)

1 の女, の文芸上

▼ られる交渉~ (2, 0.0%)

2 の仕方

▼ られる仕掛~ (2, 0.0%)

1 にし, になっ

▼ られる令名~ (2, 0.0%)

2 高き閣下

▼ られる仮定~ (2, 0.0%)

1 のもと, の意味

▼ られる伝染性熱病~ (2, 0.0%)

2 の原因

▼ られる位丈夫~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ られる何物~ (2, 0.0%)

1 もなかっ, もなかつた

▼ られる余裕~ (2, 0.0%)

1 があった, がある

▼ られる作者~ (2, 0.0%)

1 こそ脚本, の異常

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 しあなた, し断定

▼ られる信一郎~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ られる信念~ (2, 0.0%)

1 の麻痺, や思想

▼ られる俳優~ (2, 0.0%)

1 の徒, の顔

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 ではない, を酷い

▼ られる偉大~ (2, 0.0%)

1 な作家, な営み

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 ではありません, でもあった

▼ られる儀式~ (2, 0.0%)

1 がある, を境

▼ られる兄さん~ (2, 0.0%)

1 どうぞ弟, のこと

▼ られる光景~ (2, 0.0%)

1 ではない, を見た

▼ られる八十軒長屋~ (2, 0.0%)

1 である, の路地

▼ られる共通~ (2, 0.0%)

1 ないくつ, な風俗的特徴

▼ られる其度毎~ (2, 0.0%)

2 に注意

▼ られる冴え~ (2, 0.0%)

2 たる美

▼ られる出生~ (2, 0.0%)

1 の結婚, の超過

▼ られる切な~ (2, 0.0%)

1 さで, さである

▼ られる刑罰~ (2, 0.0%)

1 は恐し, を受けれ

▼ られる利用~ (2, 0.0%)

2 の最大

▼ られる刹那~ (2, 0.0%)

1 を思う, 思わず目

▼ られる前提~ (2, 0.0%)

1 であると, と見るべきである

▼ られる努力~ (2, 0.0%)

1 であって, にも実に

▼ られる労働量~ (2, 0.0%)

1 には比例, に比例

▼ られる動機~ (2, 0.0%)

1 によって行為, は依然として

▼ られる動物~ (2, 0.0%)

1 は岩国, よ

▼ られる南アルプス~ (2, 0.0%)

2 の山頂

▼ られる博士~ (2, 0.0%)

1 が珍しく, は相

▼ られる危険性~ (2, 0.0%)

1 があった, を多分

▼ られる原料~ (2, 0.0%)

1 を人間, を増加

▼ られる友人~ (2, 0.0%)

1 がどんな, が一人

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 がある, が表口

▼ られる古い~ (2, 0.0%)

1 事件を, 精神が

▼ られる各種~ (2, 0.0%)

1 の結晶, の電波信号

▼ られる名前~ (2, 0.0%)

1 じゃなかった, でしたかな

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 だろうか, にきまつ

▼ られる品物~ (2, 0.0%)

1 が種類, はなかなか

▼ られる商売~ (2, 0.0%)

1 でありました, よ

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 が三つ, が四つ

▼ られる土地資本人的資本動産資本~ (2, 0.0%)

2 によって再

▼ られる地層~ (2, 0.0%)

1 で成立ち, で成立っ

▼ られる地点~ (2, 0.0%)

1 へ来る, を捜し

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 と煙草, を予想

▼ られる場合私~ (2, 0.0%)

1 はなん, は法

▼ られる境地~ (2, 0.0%)

1 その境地, であろうと

▼ られる変化~ (2, 0.0%)

1 は吾, は神名

▼ られる外來~ (2, 0.0%)

2 の刺戟

▼ られる多種多様~ (2, 0.0%)

2 な変化

▼ られる天下~ (2, 0.0%)

1 のため, の婦人

▼ られる太子~ (2, 0.0%)

1 の姿, やシャア

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 の血まみれ, の遁辞

▼ られる夫人~ (2, 0.0%)

1 の留守中, や子供たち

▼ られる女房~ (2, 0.0%)

1 この中将, の範囲

▼ られる奴隷~ (2, 0.0%)

1 になりたくないなら, の様

▼ られる如く~ (2, 0.0%)

1 に死亡, に農場

▼ られる姫君~ (2, 0.0%)

1 が保護者, であったが

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 との関係, などもあった

▼ られる子路~ (2, 0.0%)

2 が描かれ

▼ られる孔雀歯朶~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ られる宇宙~ (2, 0.0%)

1 の部分内, 本體

▼ られる安宅さん~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ られる安房上総~ (2, 0.0%)

2 の山影

▼ られる実例~ (2, 0.0%)

1 が多い, が数

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, なので

▼ られる家庭~ (2, 0.0%)

1 に育った, の不平

▼ られる宿命~ (2, 0.0%)

1 になっ, を負わされ

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 の生産, の量

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 だ, ではなく

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 じんまりした, 光の

▼ られる屋根~ (2, 0.0%)

2 の上部

▼ られる川辺みさ子~ (2, 0.0%)

1 の病状, の訴えよう

▼ られる巨大~ (2, 0.0%)

1 なエネルギー, な意義

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 だけしか感じなかった, のよう

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 しかなかつた, を心得

▼ られる帳簿~ (2, 0.0%)

1 は元帳, は日記帳

▼ られる常識~ (2, 0.0%)

1 は通俗的, も満足

▼ られる平和~ (2, 0.0%)

1 な島々, の顔

▼ られる年々~ (2, 0.0%)

1 の増加, の災害

▼ られる年齢~ (2, 0.0%)

1 に私, の発育

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 はきわめて, も必要

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 がある, もある

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 もない, 体の

▼ られる当然~ (2, 0.0%)

1 の悲しみ, の運命

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 が茂七, で首

▼ られる彼ら~ (2, 0.0%)

1 の生活, は大きい

▼ られる心境~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, を獲得

▼ られる心組~ (2, 0.0%)

1 からはこれ, でなければ

▼ られる必然的~ (2, 0.0%)

1 な構成法, な飛躍

▼ られる忍苦~ (2, 0.0%)

2 と耐乏

▼ られる快感~ (2, 0.0%)

1 は何もの, を最後

▼ られる~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 に弱い, のこと

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 が書い, であったかと

▼ られる恐怖~ (2, 0.0%)

1 からようやく, とは別に

▼ られる悲しみ~ (2, 0.0%)

1 から彼女ら, を過ぎつ

▼ られる意見~ (2, 0.0%)

1 も民間, を押しかえした

▼ られる意識~ (2, 0.0%)

1 がある, は個人的

▼ られる意識面~ (2, 0.0%)

1 においては世界, を含む

▼ られる慰め~ (2, 0.0%)

1 はない, を得る

▼ られる批判~ (2, 0.0%)

1 の仕方, を摂取

▼ られる批難~ (2, 0.0%)

1 の多けれ, はそれ

▼ られる摩擦~ (2, 0.0%)

1 と考へられる, はなる

▼ られる支倉~ (2, 0.0%)

1 はいつ, は身

▼ られる支度~ (2, 0.0%)

1 をし, を整え

▼ られる救済~ (2, 0.0%)

1 が僅少, の効果

▼ られる教育~ (2, 0.0%)

1 というもの, によつて

▼ られる整頓~ (2, 0.0%)

2 し理想化

▼ られる文体~ (2, 0.0%)

2 が出来る

▼ られる新しい~ (2, 0.0%)

1 人民的自己という, 価値だけ

▼ られる日本~ (2, 0.0%)

1 の庭, の風俗

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 お約束, の綸旨

▼ られる時そこ~ (2, 0.0%)

1 に事実決定, に求められる

▼ られる時器~ (2, 0.0%)

2 は活

▼ られる時彼~ (2, 0.0%)

1 は泣いた, は洋筆

▼ られる時機~ (2, 0.0%)

1 が來, を待つ

▼ られる時自分~ (2, 0.0%)

1 の仕事, は更に

▼ られる普通~ (2, 0.0%)

1 の向日現象, の灌木

▼ られる普遍性~ (2, 0.0%)

1 ある必至, で之

▼ られる普遍的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な連絡

▼ られる最初~ (2, 0.0%)

1 である, の資本

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 たらしめて, なるにも

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 が来た, であらう

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 の現われ, はない

▼ られる期待~ (2, 0.0%)

1 で作られ, はもち

▼ られる未来~ (2, 0.0%)

1 とも思へなかつた, を建設

▼ られる材料~ (2, 0.0%)

1 が惜しい, を基礎

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 の人, は今

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 だけを片端, をふだん

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 がばたん, の壁

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, でない

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 学者は, 律師に

▼ られる根源~ (2, 0.0%)

2 である

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 になる, の実

▼ られる梯子~ (2, 0.0%)

1 なら俺, もあります

▼ られる椅子~ (2, 0.0%)

1 のところ, の足

▼ られる極めて~ (2, 0.0%)

2 豊かな

▼ られる極端~ (2, 0.0%)

1 な場合, な謙遜

▼ られる樣子~ (2, 0.0%)

1 でした, です

▼ られる権利~ (2, 0.0%)

1 はお, は毛頭ない

▼ られる機縁~ (2, 0.0%)

1 がない, となつ

▼ られる欠点~ (2, 0.0%)

1 なら改めるからって, は余りに

▼ られる欲望~ (2, 0.0%)

1 の普遍性, の最後

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 の町, の瞬間

▼ られる武器~ (2, 0.0%)

1 なの, はゆがんだ

▼ られる歴史~ (2, 0.0%)

1 の動き, の現実

▼ られる死亡率~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の低減

▼ られる殿~ (2, 0.0%)

1 にさえろくろく, のお

▼ られる比例~ (2, 0.0%)

1 が大きけれ, は大

▼ られる民謡~ (2, 0.0%)

1 の常用句, の言葉

▼ られる気配~ (2, 0.0%)

1 がした, になる

▼ られる水流~ (2, 0.0%)

1 によって消滅, の太

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 が成立ち, として成立つ

▼ られる江戸~ (2, 0.0%)

1 にもさてと, の名残り

▼ られる法律~ (2, 0.0%)

1 でありこの, はわれわれ

▼ られる洗吉さん~ (2, 0.0%)

1 と話した, に言

▼ られる洞穴~ (2, 0.0%)

1 があります, や深淵

▼ られる流通貨幣~ (2, 0.0%)

1 は企業者, は消費者

▼ られる深刻~ (2, 0.0%)

1 なシンミリ, な文

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 のよう, の方

▼ られる満足~ (2, 0.0%)

2 を表わす

▼ られる灯火~ (2, 0.0%)

1 のきらめき, のこと

▼ られる無心~ (2, 0.0%)

1 である, の豊か

▼ られる無限~ (2, 0.0%)

1 に広い, の深

▼ られる然し~ (2, 0.0%)

2 あるところ

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 にも電気, の高

▼ られる熱湯~ (2, 0.0%)

1 のよう, を待ち

▼ られる父親~ (2, 0.0%)

1 の注意, を力

▼ られる牧牛~ (2, 0.0%)

2 の少女

▼ られる特典~ (2, 0.0%)

1 があった, ではない

▼ られる特徴~ (2, 0.0%)

1 があった, をそれぞれ

▼ られる犠牲~ (2, 0.0%)

1 か何, は生きた

▼ られる現在~ (2, 0.0%)

1 であり永遠, の境遇

▼ られる現実~ (2, 0.0%)

1 の一つ一つ, の生産物

▼ られる理窟~ (2, 0.0%)

1 だという, になる

▼ られる生産物量~ (2, 0.0%)

1 に正確, の差違

▼ られる田地持~ (2, 0.0%)

2 で父作松

▼ られる病気~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, でこの

▼ られる痛み~ (2, 0.0%)

2 を覚えた

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 があった, に

▼ られる直前~ (2, 0.0%)

1 にいる, まで最近

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 の価格, 実在である

▼ られる矛盾~ (2, 0.0%)

1 の中, を嘗めるであろう

▼ られる神棚~ (2, 0.0%)

1 の灯, へ目

▼ られる神秘~ (2, 0.0%)

1 な幻像, の制約

▼ られる私たち~ (2, 0.0%)

1 はむしろ, を見出そう

▼ られる科白~ (2, 0.0%)

1 だつたらと, なり景色

▼ られる程僕~ (2, 0.0%)

1 は彼, も修業

▼ られる程彼~ (2, 0.0%)

1 は物覚え, は自身

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 にし, になる

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 か, はねえだ

▼ られる立派~ (2, 0.0%)

1 な士分, な証拠

▼ られる竪穴~ (2, 0.0%)

1 である, とその

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 あげて, の権利

▼ られる粉雪~ (2, 0.0%)

2 という言葉

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 が動かなく, が動かなくなった

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 とはあまりに, 之丞様

▼ られる結婚~ (2, 0.0%)

1 が証明, に盲従

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 と最初, の成績品

▼ られる罪人~ (2, 0.0%)

1 が万一, の様

▼ られる群集~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ られる義理~ (2, 0.0%)

1 ではございません, はねえ

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 作家たちの, 夫人が

▼ られる考説~ (2, 0.0%)

1 が概ね, のうち

▼ られる背景~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ られる自分自身~ (2, 0.0%)

1 の姿, を疑らざる

▼ られる自動車~ (2, 0.0%)

1 がずらりと, を断り

▼ られる自己~ (2, 0.0%)

1 は類概念, を見出さず

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 にさ, の淺

▼ られる若々し~ (2, 0.0%)

1 さ, さがも

▼ られる若干~ (2, 0.0%)

1 の特色, の誹謗

▼ られる若者~ (2, 0.0%)

1 が心, でした

▼ られる苦悩~ (2, 0.0%)

1 の中, の時代

▼ られる苦痛~ (2, 0.0%)

1 は訴えれ, を経なけれ

▼ られる葛岡~ (2, 0.0%)

1 がいる, の家族

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 であったから, では

▼ られる行事~ (2, 0.0%)

1 があり, となる

▼ られる~ (2, 0.0%)

2 を教え

▼ られる表情~ (2, 0.0%)

1 であったの, をうかべ

▼ られる表象~ (2, 0.0%)

1 と一致, の結合

▼ られる観念~ (2, 0.0%)

1 が木曾入洛, はここ

▼ られる計算~ (2, 0.0%)

1 である, になっ

▼ られる記事~ (2, 0.0%)

1 から摘要, をよんだ

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 りである, りでなく恐らく最早

▼ られる訳ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やなく

▼ られる証拠~ (2, 0.0%)

1 だ, だと

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 の孤独高尚, もつぶれない

▼ られる調子~ (2, 0.0%)

1 でいった, でポリニャーク

▼ られる調法~ (2, 0.0%)

2 な男

▼ られる豊か~ (2, 0.0%)

2 な質

▼ られる貴重~ (2, 0.0%)

1 な煙草, な素質

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 である, でその

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 である, へ冷たい

▼ られる辛らさ~ (2, 0.0%)

1 にた, にとうとう

▼ られる迄には~ (2, 0.0%)

1 どんなにいろんな, よほどの

▼ られる迄の~ (2, 0.0%)

1 あの二三分間, 事が

▼ られる迄も~ (2, 0.0%)

1 なく泣き, なく私

▼ られる通り彼~ (2, 0.0%)

1 の自白, は真心

▼ られる通有~ (2, 0.0%)

1 の欠点, の欠陥

▼ られる過去~ (2, 0.0%)

1 がどの, の世

▼ られる道筋~ (2, 0.0%)

1 がある, で女

▼ られる部屋~ (2, 0.0%)

2 が欲しい

▼ られる部類~ (2, 0.0%)

1 の人種, の通俗劇

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 の香, を辞退

▼ られる鉄片~ (2, 0.0%)

1 のよう, の速度

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 なぞに来, はなかっ

▼ られる関心~ (2, 0.0%)

2 の性質

▼ られる隆起~ (2, 0.0%)

1 なの, は激烈

▼ られる集団~ (2, 0.0%)

1 の中, の思慮

▼ られる青年~ (2, 0.0%)

1 の口, の天下

▼ られる静か~ (2, 0.0%)

1 な姿, な画材

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 人間的強力や, 実際的

▼ られる面白~ (2, 0.0%)

1 さに, さ可愛

▼ られる音声~ (2, 0.0%)

1 でしょう, も単に

▼ られる音楽家~ (2, 0.0%)

2 です

▼ られる順序~ (2, 0.0%)

1 となる, に於

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 だと, です

▼ られる風景~ (2, 0.0%)

1 でした, は毎日

▼ られる食料~ (2, 0.0%)

1 の補助, は湖水

▼ られる~ (2, 0.0%)

1 の身の上, 臭い浜

▼ られる黒部川~ (2, 0.0%)

1 の岩魚, を幾度

▼1* [2448件]

られるあたかも女でなく, られるあたり私は百, られるあてもない, られるあなぐらの風窓, られるあなたがたに向っ, られるあなた様はどう, られるあの同じ軍刀で, られるあまりだんだん朦朧, られるあまりに御聡明, られるあまり心が凶暴, られるあやか夫人, られるありありとした, られるあるいはもっと正しく, られるあれや之, られるいい平が, られるいかがわしい一冊の, られるいきさつを北風, られるいくつかの万葉仮名, られるいすを程よい, られるいちいちの質問, られるいのちをもっと, られるうち先生の名, られるえらい方は, られるおいしい蜜柑は, られるおいしからうぞ, られるおおみたから, られるおかみさんが善根宿, られるおじいさんの姿, られるおつもりらしい, られるおのが果, られるおまえに唯一肉身, られるおもしろい現象も, られるお上の軍, られるお初ではない, られるお嬢さんの卒業, られるお歴々に至る, られるお菓子の綿, られるお話を聞い, られるお金の儲かる, られるかいへへんだ, られるかぎりすべての人々, られるかぎり真なるもの, られるかぎり私どもは何人, られるかさじゃァねえ, られるかしらなどと考える, られるかたがある, られるかってことは, られるかつてそれや, られるかてえんだ, られるかではなくして, られるかとさえ思って, られるかとでも思って, られるかとの御尋ね, られるかともあさましく腹立たしかった, られるかなア, られるかなああなたが, られるかなと平常は, られるかなどといふ生ぬるいもの, られるかなどには無頓着で居られ, られるかについては夫, られるかによって色々に, られるかによるのであります, られるかまたはある, られるかも疑問である, られるからかも知れませんが, られるからって鼻が, られるからというのは, られるからとて医者に, られるからに外ならない, られるからには降参ときま, られるからのことである, られるからは分からず屋, られるがんりきの方, られるきょう男女学生のアルバイト率, られるくだりがある, られるくやしい結果に, られるくらいが落ちさ, られるくらいな大きな字, られるくらいにはなるだろう, られるくらいはあったはず, られるぐらいなところが落ち, られるぐらいの小さい高地, られるぐらゐ平気ぢやない, られるここちがする, られるこころもち涙ぐむこころもちそういう感傷, られるこそ策の, られることおねがい申します, られることぢやない, られること二度もう我慢, られること人に褒めそやされる, られること余まりに遅, られること六十八年いまも横浜, られること円筒状は遠く, られること切りでとう, られること受合のもの, られること四十五篇エリザベス朝の古典, られること宿の気, られること寝床も墓, られること焼岳が盛ん, られること等ありろくな, られること間違いがない, られるこの世の外, られるこの同じ曲線の, られるこの大きな変動が, られるこれ自然の勢い, られるこんもり繁つた山々は, られるごく古いとともに, られるさいにも, られるさえ朝夕もったいない, られるさけいにがある, られるさすがに雲仙名物, られるさて慰められて, られるさまざまな使命, られるしずかな熱帯林, られるしなの木, られるしなどいろいろと, られるがた, られるすき一つなかった, られるすぐ前までは, られるすなわち一である, られるせわしなさでいろんな, られるぜんぶの結晶, られるなたの, られるそういう呼び名を, られるそしてそこで手錠を, られるそそうのない, られるそのものにこれら, られるそばの事, られるそれで以て, られるそれ旅籠を下し, られるぞという惧れ, られるたそがれのひととき, られるたつた一つ, られるたびたび殆毎夜往き, られるたましいとは, られるためこれが必然的, られるためソヴェト映画の主題, られるため一つは粘液質, られるため屠殺場へ曳かれ, られるため歌舞伎劇の本質的, られるため毎日上等の食物, られるため爪に火, られるため私の喉, られるだれにも気, られるちょっと前位, られるちよつとした, られるついでに, られるつぎの犠牲者, られるつていふほど日本人, られるつぶてを避けよう, られるつらさなどという, られるつれ煙突掃除を余計, られるとあるのじゃ, られるというは神は, られるといふは純眞, られるといふものぢや, られるとおりキュリー夫妻が世間, られるとおりソヴェト社会が人類, られるとおり何事も無駄, られるとおり晶子は一葉, られるとおり武運拙なく, られるとおり郊外の屋根屋根, られるとかいうことを, られるとかへつて我意が, られるときこれをひとつひとつ, られるときそこに湧く, られるときそれが建設的, られるときそれらは資本, られるときつや子はきまり, られるときクロード・モネのところ, られるときブランカはどんなに, られるとき主体に関係付けられる, られるとき伸子は猛烈, られるとき何んとそれ, られるとき供をし, られるとき傲慢な心, られるとき南洋の一孤島, られるとき収入となる, られるとき峠越して, られるとき彼らははたして, られるとき必死に抵抗, られるとき我々に対して命令, られるとき批判の精神, られるとき日の沈む, られるとき松葉で眼, られるとき死人の顔, られるとき民間アカデミズムの擡頭, られるとき私すなわち思惟, られるとき秘蔵して, られるとき観賞者にとつて, られるとき資本であり食用, られるところぢやありません, られるところはずゐぶん, られるところ去年四月改元になった, られるところ寡くなかつた, られるところ重々御尤も, られるとしか感じられないの, られるとてまえも, られるとにらいか, られるとばかり思って, られるとほどもなく男の子一人, られるどこやあれ, られるどなたかが腰, られるどのような, られるなかでこらえ切れなくなった, られるながらふでは, られるなぞ何処へ往, られるなつかしい季節の, られるなと思います, られるなという見込が, られるなどといふことは, られるなどとは私にと, られるなよ毛唐の, られるなよといったはず, られるなるほど法律が, られるなんか僕ごめんだ, られるなんぞは開け行く世, られるにおいてはここに, られるにおいてをやといは, られるにしか値しない大衆, られるについての祝宴である, られるについてはいろいろな, られるにつけ啓三への, られるによってである, られるにより二つとも, られるに当たって最も目, られるに従いその基礎, られるに際し斯くは, られるのでかへつて困る, られるのでね誠に立度, られるのみで果しが, られるのみにてここに, られるのりとなる大, られるのろさで, られるの厭なこったわ, られるはず本質的な違い, られるはっきりとした, られるはとくると, られるはりぬきの風呂, られるあいが, られるばかりが能じゃ, られるばかりと思いたまえ, られるばかりのようです, られるふうに書い, られるへんそうの名人, られるかりしを, られるほか人間の思想, られるほか安心して, られるほどあなたの生活, られるほどお祖母さんとしては自分, られるほどお金がほしい, られるほどこちらが腫物, られるほどぜいたくなうち, られるほどそのものの運命, られるほどそれを肥料, られるほどのんきな気持, られるほどひろ子は母, られるほどほかの連中, られるほどまばらにきらきら, られるほどもうろくはし, られるほどもやもやと明るく, られるほどダメな男, られるほどテキパキして, られるほど一生懸命に私, られるほど一種の殺気, られるほど不具なもの, られるほど両の腕, られるほど依怙地になった, られるほど修養を積み, られるほど全身にちら, られるほど危急が全, られるほど執拗な挙動, られるほど変相を見せられたい, られるほど奢りも増長, られるほど女の心, られるほど実が入りません, られるほど容易なこと, られるほど平素あまり寝たこと, られるほど息が小さい, られるほど悲惨な事, られるほど意気に出来てりゃ, られるほど戒慎するところ, られるほど手軽な名, られるほど明白な事実, られるほど曹操は甘い, られるほど有名だった, られるほど決定的なモメント, られるほど無垢な生活, られるほど無知では, られるほど瑣末な神経, られるほど生産的に用いられ得ない, られるほど稀であった, られるほど節目のある, られるほど腹の立つ, られるほど自分の見え坊, られるほど苦痛は感じ, られるほど蔦はその, られるほど軽焼は益々, られるほど重大な事, られるほど隈なく狭い横町, られるほど非常に慣れ近づく, られるほんとに拳固だ, られるぼくらは思え, られるも待たず, られるまたはくわえられるであろう政治的, られるまだ悟らないから, られるまつりがあらゆる, られるまでになつてゐた, られるまでを待つ間, られるまねをし, られるままその後も暇, られるままふたりともだんまり, られるまま倉皇として帰っ, られるまま千鶴子や久慈, られるまま小姓の前髪, られるまま座敷をかえ, られるまま朝の稽古通い, られるまま朱乙温泉一泊と腹, られるまま猪口を手, られるまま祖母の室, られるまま英語のいろんな, られるまま見物に来た, られるまま輿を青芒, られるまま近くの自宅, られるまま酒を飲みました, られるまま金儲けをはかった, られるまま長谷川はやっ, られるまま養女にやり, られるまま駅前の丸源, られるまま黙然それに着座, られるめずらしい下界の, られるもう一寸何かという, られるもちろん触って, られるもったいない身分で, られるものたちもほとんど, られるもの云はば泡沫, られるもの他は働きかける, られるもの十余万人を数える, られるもの十全なる知識, られるもの等のと同, られるもの自身が生活実践, られるもの言いでもなかっ, られるもろもろの好い, られるもんじゃなし, られるやう凡ゆる機会, られるやう若干の考慮, られるやからは技能未熟の, られるやもはかり難い, られるやり方で大胆, られるゆえ山の一庵, られるゆたかさね, られるゆゑおまへの, られるゆゑ客體面の凹凸波動, られるようすはなかっ, られるようそれは私, られるようどこか材料, られるようぼくからも祈ります, られるようドュフランにその, られるよう上へ上申, られるよう商売道の原則, られるよう心身を錬り, られるよう此段照会におよびます, られるよう海に向かった, られるよう神さまにおねがい, られるよう重盛が計ろう, られるよりもと思って, られるよろず吉原千の, られるわけぢやあるまい, られるわたしはたよりなぎさ, られるわと又いずこより, られるわよね一しょに, られるわれらの戦列, られるアイルランド文芸座のため, られるアイルランド駐屯軍のなか, られるアヘまたはニヘ, られるアメリカ追従外交を展開, られるアルセーヌ・ルパンが発明, られるイエスとは何, られるイタクラという一種, られるイデア彫塑的なエイドス, られるイデオロギー論に対しては恰も, られるイメエジの効果, られるイヴァンを描いた, られるイヴアンを描いた, られるウィティシズムの類例, られるウニの卵, られるウマヤドの皇子, られるエネルギーがずっと, られるオキクルミやサマイクル, られるオッペルト自身が臆面, られるオーバーをお召, られるカウカサス猶太人迫害中, られるカキに育つ, られるカソリック風な御堂, られるカッフエなんていう, られるカノンやコード, られるカーキ色の羅紗, られるガラスの棺, られるキッカケをこしらえ, られるキングス・ベイの真白, られるギャップが素朴, られるクライは彼, られるクリティシズムと創作, られるゲーテの言葉, られるコプリー賞牌が授与, られるゴム製品がある, られるサミユル博士搭乗の, られるサン・ジェルマン伯のこと, られるシャツ結わえられたリボン, られるスケッチさえもっ, られるスミレである, られるスルメのやう, られるソクラテスは学者, られるタイプである, られるタチであった, られるて, られるテナーで非常, られるテニソンが自分, られるテープの暴風, られるドイツ哲学などに多く, られる主義者だろう, られるナオミの肌, られるナポリ湾をも引くる, られるナンセンスの極致, られるニヒリズムはこれ, られるニライの大, られるノオブリイな顔, られるバッハのもの, られるバーサッドはお, られるパリーは見る, られるヒューマニズム論は自然, られるフィッシャー流の貨幣数量説, られるフィリップ殿下にお, られるフランス人は感覚的, られるプレハーノフデボーリンの理論的影響, られるプロヘット飲食店で晩餐, られるプロレタリア科学にあっ, られるヘンゼルにはいちばん, られるホテルもない, られるボートを見てる, られるマキアヴェリの言, られるマクドナルド博士の歓声, られるマコは彼, られるマストリリの英雄的, られるマトラ博物館の仏坐像, られるマルクシズム理論との関係, られるモトになる, られるモメントの問題, られるヨオロッパの他, られるヨッちやん母娘, られるリアルなもの, られるリキュールのコップ, られるロクローは病人, られるロシアとロシア人, られるワイと安心, られるヴァイオリンの弦, られるの理想, られる一つ一つの音, られる一俗人としての弱, られる一八〇クヲタアは七二〇磅, られる一八歳の青年八〇, られる一分野を開い, られる一切経一切経を写す, られる一刹那である, られる一区域であること, られる一国民なり或, られる一定の形態, られる一定部署を意味, られる一定量の肥料, られる一対の一つ, られる一挙両得だという, られる一文に, られる一方個人としては時に, られる一方的な言葉, られる一方社会的関心の一つ, られる一方都会人と所謂, られる一日一日では, られる一本の矢, られる一様の警告, られる一歩半歩, られる一番複雑な内容, られる一瞬前に彼, られる一短所は謹厳自ら, られる一種独特な性格, られる一等車をさけ, られる一節がある, られる一篇がある, られる一群の顔ぶれ, られる一般問題になっ, られる一軒が羨ましい, られる一週間前に東京, られる一部の重臣側, られる一間の外, られる丁度境遇の, られる万事を死滅, られる万物がすべて種子, られる万葉精神と私たち一般人, られる万葉集の多く, られる丈それだけ俺, られる丈問ひ尽した, られる丈私も苦しむ, られる丈自由に落, られる丈蓄へて矢張さつき, られる三つの特徴, られる三人の旗本, られる三分利付公債の量, られる三千五百石の直, られる三味や撥, られる三商品のそれぞれ, られる三好屋の隱居, られる三月堂中の乾漆諸像, られる三木清のこと, られる三条西家の収入, られる三百石の御, られる三角州をつくる, られる三輪空寂は理想, られる上収入と云っ, られる下層階級者に同情, られる下等な学校仲間, られる不便をかこった, られる不可解な変化, られる不名誉ももう少し, られる不幸を痛感, られる不当な労働, られる不眠の夜, られる不良だなどと, られる世人の疑惑, られる世界経済の波, られる世間への不, られる世間的な快楽, られるの上, られる中わたくしはやがて, られる中宮の御, られる中小の小売屋, られる中尾氏などのこと, られる丸々とした, られる主要な要素, られる主観と客観, られる主食の相対量, られる久良伎翁にサボタージュ呪咀, られる久邇宮朝彦親王との関係, られる乞食の風采, られる乱暴も慰むる, られるの感触, られる亂暴も慰むる, られる了簡が一番日本, られる予想はし, られる予算のうち, られる事さへあつ, られる事例が稀, られる事実真理を事実解釈, られる事宮方へ行き合う, られる事實である, られる事自体が妬ましい, られる二十五年前の事, られる二千四百人分あまりの食事, られる二年前に温, られる二度添どのもある, られるは, られる五ルーブルの食事, られる五ヵ年計画についてどの, られる五世紀のはじめ, られる五六月の交, られる五円という小額, られる五官を具, られる五月日本のいさぎよ, られる五百余名の人々, られる五色の糸, られる五路の作戦, られる井戸は固く, られる些末的な或は, られる亡者や火, られる享楽人は一定, られる京大経済学部の教授会, られる京都が何故, られる亭主を持っ, られる人たちをも価値, られる人ぢやない, られる人のを聴い, られる人並みな恋, られる人口増加へ向かっ, られる人工地震波で測っ, られる人形の所作, られる人影はなかっ, られる人数は増加, られる人柄であつ, られる人物弓之助にとっては叔父, られる人種もあれ, られる人足に交, られる人間ぢやありません, られる人間像とあと, られる人間性を主題, られる人間釈迦あるいはその, られる人頭税から生ずる, られる人類生存方法の変更, られると綴じ紙, られる仁科は素子, られる仁者である, られる仁術となる, られる仄かな微笑, られる今宵の空, られる今更のやう, られる今私は窃盗, られる仏教に於, られる仏陀ということ, られる仕儀となった, られる仕合わせなどを話し, られる仕掛位は拵, られる仕方である, られる仕組になつ, られる他人しだいによるの, られる他者性も跡, られる以上すべての努力, られる以上それに協力, られる以上どこまでも自己, られる以上われは常住日夜, られる以上オシラ神の名義, られる以上万之助様, られる以上感情の論理, られる以上文芸の夫, られる以上普通の軽薄, られる以上曲率が零, られる以前合法的に隠匿, られる以前雛にもやはり, られる小屋めいた, られる仲間なので, られるに女房, られる任務を負わせられ, られる企業に於ける, られる伊三郎さんが野ら番, られる伊弉冉尊を重く, られる伊藤述史君に會, られる伏見若宮殿下の一行, られる休憩室の籐椅子, られる会所の宿役人仲間, られる会社の方, られる伝統が未だになお, られる伝説の多い, られる伯母さんや從兄さん, られる伯爵の所有地, られる伯父と小さい, られる位いにし, られる位ひなら死んだ方, られる位ひなら僕はお前, られる位イヤに静か, られる位健康だが, られる位山の記事, られる位微妙なもの, られる位気軽な良寛, られる住吉の高, られる住宅街である, られる佐々木喜善君の報告, られる佐助は次に, られる佐藤さんはにこ, られる体言がやはり, られる体質だ, られる体験を持たない, られる何しろお家まで, られる何と当今の, られる何堂の菓子, られる何時代というの, られる余り面白いので, られる余暇を舞, られる作用と形, られるさで, られる使いもまれ, られる使者をのざき使ひといふ, られるがある, られる供給量最大の場合, られる価格を指示, られる侮蔑にたいして無駄, られる侮辱的なの, られる係蹄に自分, られる俊乗の難儀, られる保証が立て, られる信仰は生きてる, られる信長様の業, られる修行がつい, られるも何れ, られる個々の感覚, られる候補者もある, られる値打はあったであろう, られる偃城の後方, られる偉人であるから, られる健康さは用, られる側面を記録, られる偶然性とが単純, られる傀儡子が淡路, られる傑作の一つ, られる債券の消化, られる傾さへある, られる僅少な給料, られる僕らまでを不愉快, られるがあろう, られる僧形の者, られる價値の上下, られる儘川原の中, られる優しい呼吸づかい, られる優待せられるこれ自然, られる元気であった, られるの性格, られるに私, られる先々代の圓蔵, られるの画布, られる光悦においてもそう, られる光明のよう, られる光明皇后と御, られる克己忍辱慈愛の実行, られる党派とか政略, られる全体性を, られる八ツ橋の景色, られる公使らの随行員, られる公式という言葉, られる公役の船方, られる公案である, られる公理なの, られる公衆が公衆, られる六十五石なぞは問題, られる六波羅におかれ, られる六角卓の様式, られる六角板は非常, られる共有の欠点, られる共産食堂をいたる, られる兵学家の一人, られる兵馬の腹, られる其の著作に, られる其処には山, られる其日の仕事, られる典型的なもの, られる内乱と又, られる内在律の有無, られる内約があった, られる円くて白い, られる円上の最も, られる円形の塔, られる冥加として百文, られる冬外套の下, られる冴子のエスプリ, られる冷たいがしかし, られる冷やかさに用心, られる冷笑癖や狡猾さ, られる冷酷さはなにか, られる凄い眸を, られる凡ての美, られる処世理論でねちねち, られる出口の辺, られる出来ごとでもない, られる出来事にぶつかった, られる出板物の範囲, られる出生対死亡の比率, られる出雲路の道祖, られるは差支, られる切り戸口の傍ら, られる刑事の中, られる初冬の町, られる初舞台が, られる利得と全く同じく, られる利潤と等しから, られる到頭村で, られる刺戟はそういう, られる前どこに何, られる前兆でなくては, られる前後に暫く, られる前日に十首, られる前総領の藤十郎, られる剣呑な季節, られる剣術の精神的深化, られる割合が大きけれ, られるでないこと, られる創作へ接合, られる創作衝動を画布, られる劇団の本拠, られる劇壇の指揮者, られる劇的の濶歩, られる力学的内容は凡て, られる加州の士卒, られる加茂はここ, られる助教授でと紹介, られる助言の実現努力, られるし批評, られる労銀は何, られる動物的磁気に近い, られる動産資本及び事故, られるで水, られる勤労婦人をもついに, られるが二つ, られる化物ぢやありません, られる北光の現象, られる北山宮と云う, られる区別である, られる医師の前島さん, られる十二代将軍義晴の天文十一年, られる十二代將軍義晴の天文十一年, られる十分な機会, られる十数家の公卿, られる十日ほど立っ, られる千人風呂を二人, られる千住道を蛾, られる千鶴子の力, られる卑屈な若, られるに腰, られる南方の肥沃, られる南方沙漠の生活, られる単なる快感の, られる単純な美し, られる単語熟字で訳語, られる博物館はかうした, られる印刷物やそういう, られる印刷職工そういう者ら, られる印度に於, られる印象と矛盾, られる危さが多い, られるというよう, られる厚ぼったい肉附や, られる原則に対しどういう, られる原型的と模像的, られる原始時代には深山幽谷, られる原料品例えば種子, られるな連想, られる厭世主義よりも寧ろ, られる厳重な後方, られる友だちの手紙, られる友人たちは決して, られる友情よりも由吉, られる反対性は彼, られる反証をあげ, られる取って置きの金色照明, られる受用を程, られる口惜い切な, られる古来からの反乱, られる叫びはなく, られる叫喚をきかなけれ, られるく集まって, られる可哀そうな落窪, られる可能性與へられたる, られる右等の徒輩, られる分野の, られる各種形態のファシズム, られる合計量を価格, られる合間小学を五ヵ月, られる吉田磯吉という強力, られる同性というなら, られる同情の言葉, られる同様の資本, られる同道して, られる名主の職, られる名将武田信玄だ, られる名称かと日本, られる名詞によつて伴, られる名誉の御, られるの宮, られるもあらう, られるがこの, られる吸筒も開けられる, られるが日本, られる呉服屋の店頭, られる周囲の社会, られる呪詞呪法の助勢, られるの物, られる呼名で報道, られる和尚のめった打ち, られる和尚様隣村に法事, られる和歌数首と俳句, られる哀れな境遇, られる哲学が論理, られる唐岬の滝, られる唐物のすべて, られる唐突な, られる唯ひとりの姉, られる唯一人の娘さん, られる商売上の取引, られる問いではない, られる啓蒙と歴史上, られるのため, られる善い意味では, られる善玉としては, られる嘆きであつ, られる嘗ては誰, られるに言い, られる器具及び機械, られる器械に就い, られる器物はない, られる囚人の中, られる四ヵ月の有給休暇, られる四世紀の終, られる四人だけなら, られる四囲からの感覚, られる四月初旬の午後, られる回数は栄介, られるになる, られる因果性と何処, られる因習的な暗, られる団体に加わっ, られる困難が克服, られるじゃァねえッ, られる固い顔だった, られる国家老の出た, られる国民ならおそらく, られる国民的資本の比例, られる国民皆兵主義に呼応, られる国立劇場の諸, られる国語の理想, られる園長先生の御, られる土井殿井伊殿酒井殿も御, られる土地みたいにへん, られる土足の下, られる土間の板, られる圧力が極限, られる地上の特権, られる地位にある, られる地方生活者の時代, られる地理學上の事項, られる地盤がある, られる地租はその, られる城太郎かも知れない, られるとなった, られる基地だったん, られる堂島に最近, られる報償はそれから, られる報酬によって左右, られる場内の空気, られる場合こちらの心持, られる場合そこには著しく, られる場合凡ての報道記事, られる場合文学はただ, られる場所ぢやねえ, られるを五つ, られる塩梅の何ん, られる塩野の性質, られる墓地のこと, られる墨汁の色々, られる墾田功労に依, られる士分の方々, られる壯觀は煙花, られる壱岐沖の常陸丸遭難, られるな自覚, られる変換群をいう, られるなんぞ涼しい, られる夏冬ともにくすぶり返っ, られる夕方に庭, られる夕飯を取り囲ん, られる外国作家の作品翻訳, られる外界の現実, られる衆概念に, られる多少とも理論的, られる多数の方方, られる多方面な調査, られる夜景は随分, られる大きい意味を, られる大事な時, られる大切な道しるべ, られる大国主の情詩, られる大変丁寧にやっ, られる大学生十人を召した, られる大官が来, られる大小様々の素材, られる大小無数の沼湖, られる大川筋の賑わい, られる大工は職人, られる大数法則の一応用, られる大木の幹, られる大概の事, られる大気の辛辣さ新鮮さ, られる大津絵と大津絵, られる大物の意味, られる大磯にも似た, られる大納言の廻り, られる大衆小説家の小説, られる大量の切符, られる大雨のザッ, られる天平時代の仏教, られる天才者が毒薬, られる天日鷲命の本国, られる天武持統の両御, られる天武紀十年三月の, られる天然痘は時に, られる天然真珠の如き, られる天皇が絶対最強, られる天祿であり, られる太子殿下のお, られる太陽の光, られる失恋の噂, られる失業や女子学生, られる奈良朝よりももつ, られる契機ともならなかつた, られる奥さんも共に, られる奥上州の国境山脈, られる女たちのこれ, られる女子は学校, られる女王様のお, られる女給の生活, られる奴等その先祖, られる好もしい短篇である, られる好奇心に相違, られるの一軒, られる姫宮をよく, られる娯楽は多く, られる婚期がもはや, られる婦人連が私, られる嫂さんというその, られる嬉しいことである, られる子供だましの宣伝物, られる孤蝶子とはうらうえ, られる学力は旧主, られる学問なるもの, られる学殖遊蕩ともに誉れ, られる学派はすべて, られる学生は男女, られる学生教師は学校当局, られる学習課程のうえ, られる学者がた, られる学者たちばかりであった, られる学術的の雑誌, られる学説は月空, られる絵本の, られる安全な場所, られるの襄公, られる宋書記載の国書, られる宗像博士に犯人捜査, られる宗教や道徳, られる宗教的法悦とを合一, られる官吏たちの見聞, られるりであった, られる宝刀の為す, られる宝寺城の丸太足場, られる実力はなく, られる実在性のほか, られる実在認識の形式, られる実用国際語も英語, られる実践力となる, られる実際の空気, られる実験動物が無, られる実験的事実から推し, られるがある, られる客仁に取っ, られる客観主義とは詩, られる宣命には同じ, られるの御, られる宮廷の臨時詞章, られる宮殿へまいりました, られる宰相のおん供, られる宰相伊豆守のお, られる家々のこと, られる家内の者共, られる家屋の全焼全壊, られる家庭生活の気分, られる家柄であるが, られる容貌と毛皮, られる宿根性の花草, られる寂しい秋の, られる寛大の気性, られる寝道具は皆, られる在性, られる實驗物理學の論文, られる寺田さんたちとがこうして, られる寺院が, られる対岸の火災, られる対手ではあるまい, られる対照もわたし, られる対立は根本的, られる寿平次に比べる, られる封戸の数, られる専門家の作品, られる専門領域の総動員, られる将門の娘瀧夜叉姫, られる尊嚴盛大の文章, られる尊圓法親王が書, られる尊敬や名誉, られる尊親に朝覲行幸, られる對象を我々, られる小ささしか, られる小さい店だ, られる小僧の視線, られる小切手でさ, られる小室もあった, られる小屋でもあれ, られる小川だつた, られる小川代議士の声, られる小川君の奥さん, られる小脇差の切ッ, られる小西行長の最期, られる小説の映画化, られる小豆のよう, られる小遣いでやっ, られる小額の銅貨, られる少なくともそういうこと, られる少年たちを小僧, られる少年太子の身の上, られる少数のより, られる紀元後二三世紀頃に, られる屈辱的な役目, られる展開のため, られる山の神の遙拝, られる山城国乙訓郡にある, られる山本五十六大將, られる山田さんてえ人, られる山野をうしろ, られる山麓はちょっと, られるなどの落着き払つた仕事, られるがあり, られるのあたり, られる岸浪百艸居翁の研究, られるという峠, られる峡谷の一部落, られるであるだろうと, られるはますます, られる巌穴がありました, られる川合玉堂翁がよく, られる川崎の鉱山研究所, られる川田氏の説, られる工合だった, られる工業中心主義は絶対, られる工藝は今, られる工藝的美は少し, られる左券を握つ, られる巫女が風の神, られる己達でもあるまい, られる巻雲はかなり, られる市場換言すれば, られるの一種, られるの異, られる席上でわたくし, られる常世のまれびと, られる常用形式をなし, られる常盤樹の新, られる常識的な比喩, られる帽子もある, られる幕士のひとり, られる平均寿命でさえ二九・五年, られる平均的分量に最も, られる平安朝の文化, られる平次では, られる平等な地租, られる年ごろに達する, られる年増だったが, られる年紀は取る, られる年貢高税, られる年限そしてその, られる年頃のともがら, られるひを, られる幸子が羨し, られる幸福以上の何もの, られるが今目, られる幼い子の, られる幼児の心, られる幾つもの書物, られる広い坦道を, られる広漠たる平野, られる度ごとに私, られる度びに病人, られる度数を意味, られる度數の多い, られる座ぶとんを押しやり, られる廃娼説の正しい, られるい部屋, られる建築の手法, られる建築物との関係, られる廻し合羽やがてトンビ, られる弁信さんは果報, られる弁当には親切, られる弁明がなん, られるがあり, られる弊害が顕著, られる引出物の名称, られる引札を煩, られる弱い生徒が, られる弱味を有つて, られる弱点ともなる, られる張子の御, られる強制が或, られる強力なお, られる強烈な精神, られる強震が実際, られる当人があまりに, られる当局者や多く, られる当面の問題, られる形さへ出, られる形容詞で鼻, られる形跡だから, られる役割なん, られる役目だったの, られる彼岸生活の憧憬, られる往生は, られる径二尺の縁, られるの中納言, られる後ろ姿が見える, られる後北条氏が馬具細工, られる後方の設備, られる後醍醐天皇がた, られる従来はもっと, られる御殿女中風な圧迫, られる御蔭に独り農民, られる御詠歌というもの, られる微粒状のいわゆる, られるの存在, られる徳川家康すらその, られる徳川時代に社会秩序, られる徹底した無, られる心それについて, られる心持子を庇っ, られる心理をえがいた, られる心理的といふこと, られる心算で居る, られる心細いの一念, られる心遣いが私, られる必殺の一撃, られる忘却の花, られる忠次の窟, られる忠言その他とはおのずから, られる怒りであること, られる思いやりのない, られる思い出と矜持, られる思入で立つ, られる思召しが, られる思惟の自律性, られる思想が大切, られる思想劇に向つたもの, られる思想的訓練が実際, られる性分でありながら, られる性情からいや, られる性質思慮の細か, られる怪力を持っ, られる怪力線とか殺人光線, られる怪物です, られる恐るべき怪美人, られる恐ろしさから, られる恐ろしい運命の, られる恨みがましい, られる恩典の大, られる恩寵なの, られる患者さん方に親しく, られる悦びがだめ, られる結果を, られる悪夢にとりつかれた, られる悲しさから, られる悲しい叫びが, られる悲哀と借家, られる悲歎悲痛な恢復, られる情なさ, られる情意内容は単なる, られる情感のうち, られる情景の変化, られる情熱をもっ, られる情緒を実に, られる情調に耽る, られる意地惡な面白味, られる意外の遊戯的, られる愚人の惱, られる愛それをもう, られる愛国的乃至は, られる愛国運動事情の根本特色, られる愛着の強, られる感じ逆に云え, られる感傷がかくせなかった, られる感動の美し, られる感化はまた, られる感受性は現実, られる感味で万葉, られる感性は古来, られる感情そのものがもう, られる感謝も己, られるのにわか, られる態度も正しい, られる慣わしであった, られる慣例の詞章, られる慰藉によって償われる, られる慶喜に此, られる憂いがなかっ, られる憂き世の中では, られる憂目をみた, られる憎しみに対する反抗, られる憐れな生活, られる憲政党の態度, られる憲法が極度, られる懐しい東京の, られる懐疑の特質, られる懶うさを, られる成功を收め, られる成績品展覧会に出品, られる成金趣味が大阪, られる我そのものがすでに, られる我国の土地, られる我文壇の貧弱さ, られる我身を我と, られる戦争に反対, られる戦争そのものこそ絶滅, られる戦争必勝説に感化, られる戦備をととのえ, られる戦前戦後における島人ら, られる所作であったら真似, られる所有物であったもの, られる所謂ファシズムの台頭, られる所謂天つのりとの, られる所謂定常状態のみが許される, られる所謂家庭らしい秩序, られる所謂日本的美という特殊性, られるがあり, られる手がかりとしてはわずか, られる手入らずの処女, られる手口のひとつ, られる手廻しぶりに道庵, られる手段を取っ, られる手法であろうが, られる手法画面の中央, られる手甲脚絆をつけ, られる手筈になった, られる才能ではなく, られる技法又は手法, られる技術家の, られる抒情詩ではある, られる折柄ではある, られる押川夫人などこういう, られる押韻律の文章, られる拍子に仏様, られる拘束を意味, られる持ち運びの面倒, られる指導観念のある, られる挽歌であった, られる捕虜になる, られるの感じ, られる掛小屋だの露店, られる掛念も起らない, られるがきびしく, られる探偵小説へ表現, られる接尾語の外, られる推古時代の仏教, られる推定は全く, られる推移の手段, られる揶揄と好意, られる操作である, られる支持と批難, られる支那文学に就い, られる支那楽のよう, られる支配階級の不法, られる攻撃に関し軽蔑的, られる放心偏執矯激の傾向, られる政治家が悉く, られる故のちにゆずり, られる故説明の便宜上, られる教会だと, られる教壇の前, られる教学も存する, られる教師があり, られる教育家の不心得, られる教育状態にある, られる教養というもの, られる敬語法では上, られる数々の現象, られる数字を超過, られる数羽の家鴨, られる敵将の首, られる文句の見え, られる文学精神とか精進, られる文芸なんてどう, られる文芸復興の呼び声, られる文鎮の上, られる料理場もあり, られる断層のよう, られるらしい価値, られる新たな幸福, られる新旧思想の衝突, られる新聞紙は思想, られる新聞記者は押しかけるで, られる方右足を昆布卷, られる方式ではなかっ, られる方法私小説における私, られる方針はいろんな, られる方針さへ定まれ, られる施設温情主義妥協主義の実施, られる旅程に四日, られる旅籠宿や小商い, られる旋風の特性, られる日これを記す, られる日本人の人間, られる日本人独特の筋肉, られる日本劇は此, られる日本外交官の表情, られる日本憲法を一目, られる日野の二朝臣, られる日限が来たら, られる旦那様をみつけた, られる資本と, られる旧套な生活, られる早くお前の, られる早処女の労働, られる早繩の下, られる明るい往来のむ, られる明智勢もその, られる明治十七八年ごろの鹿, られるの世界, られる映画は自分, られる昨今である, られる是等の含蓄, られる時がらくたは何処, られる時この世と絶縁, られる時ぢやない, られる時イエどうも致しません, られる時ロバチェーフスキー・ボーヤイの幾何学, られる時三十幾年前すでに鳥居博士, られる時下男というもの, られる時世界が一つ, られる時人は個人的限界, られる時人々は弁証法, られる時人間の一番大切, られる時候でもなく, られる時僕等学生は厳か, られる時先刻の鰌, られる時其處には凝然, られる時前者のそれ, られる時勢ではない, られる時博士の威厳, られる時原則としては何, られる時同一の概念, られる時啓蒙期的啓蒙の例, られる時大抵の教訓, られる時威能の父文蔵, られる時子供達の享楽, られる時局追随的な態度, られる時座標はもはや, られる時彼等は生死, られる時戸棚の方, られる時次の決戦戦争, られる時河に落っこちる, られる時狂気のよう, られる時生の享受, られる時生存して, られる時留學生の方々, られる時番人の目, られる時発生する, られる時社会は正しい, られる時節である, られる時花を拾っ, られる時誰がこれ, られる時道具屋がめじ, られる時部内の高等官一同, られる時金吾がひそか, られる時鐘の内部, られる時間関係がかなり, られる時馬丁が馬, られる晩餐の話, られるがあらわれた, られる晴着をき, られる智者である, られるが来る, られるもほとんど, られる暇人が必要, られる赤色の, られる暗い影が, られる暗がりへ沈める, られる暗くてだだっ広い, られる暗示に導かれ, られる暗示的効果は多い, られる暴圧とそれ, られる暴風雨はどうしても, られるに宮, られる曲線ではある, られる書き方が他, られる書式は最初, られる最高の名誉, られる月旦とか人物評論, られる有力な寵姫, られる有形の世界, られるはちぢむ, られる服膺主義にも苦しむ, られる服装をし, られるがある, られる朝日の光り, られるの枝, られる木戸も隙間, られる木材の量, られる木皿や高坏, られる居翁すら, られる本能がある, られる札幌から国策パルプ, られる材料収集の手段, られる村村を探し, られる条約上の理由, られる東京がいかにも, られる東京市の壮観, られる東国の御方, られる東国風である, られる東洋放送の宇野久美子さん, られるが主, られる枕もとに三匹, られる林信助さんその次に, られる林田この三人, られる果物は躯, られる果物リンゴと思いつき, られる枝川であります, られる柄ぢやありません, られる染色体というもの, られる染附に太刀打ち, られる柔かい着もの, られる柔和の情感, られる柔順な態度, られる柳里恭に近い, られるや枯枝, られる柿本人麿があり, られる栄華をも捨て切っ, られる栄養価値は問題, られる根本の理由, られる根本概念との連関, られる根本的な一欲望, られる根本的運動の代表的, られる根津右衛門の名, られる格子戸に人, られる案内をなん, られるにも去年, られる桟はしがあっ, られる梅原秀次さんを特に, られる棚田さんの, られる森林の悲鳴, られる森立名さんとお話, られる植民地や属国, られる楠木殿が持明院統, られる極りの悪, られる楽しさそれらを, られる楽器と結合, られる概念の間, られる構想力はロゴス, られる構成の共通, られる様子われわれもひとつ, られる樂しみであること, られる標木の名, られる模写理論の代り, られる模型的な完全市, られる模樣が變, られる横柄な態度, られるではない, られる樹氷は非常, られる橄欖の樹, られるはちょっと, られるは菊, られるを得た, られる機械である, られる機用を備え, られる權利を持つ, られる歌川家の財産関係, られる歓びには縁, られる歓待の辛, られる歓楽の絶頂, られる止め度もない, られる正しい秩序は, られる正確なる光, られる此んなもの, られる此宿の子, られる此時金港堂の編輯, られる武官達が時代, られる武家自体からの腐敗, られる武芸者のいかめし, られるをやりはじめた, られる歴代の天皇, られる歴史的事実の記載, られる歴史的段階に立っ, られる歴史的過程に対応, られる歴史社会的事実に吾, られるに対する観念, られる死刑囚の気持, られるんど, られる残虐痛苦に対してますます, られる段取りになる, られる段階では決して, られる殺人中最も遠距離, られる殿堂鉄の扉, られる殿樣の御, られる殿舎を廻つて, られる母乳のにおい, られる母親絶えず喧嘩口論, られる毎月一定の金額, られるではない, られる比率によって見積るなら, られるを強い, られる民主主義文学の主体, られる民俗学と言, られる民心へのコケ, られる気がかりよりいくら, られる気分だけを主観的, られる気安さを, られる気持ちよさを, られる気色に見えた, られる気重な気分, られる気風とは反対, られる氣持だつた, られる氣持ちはみ, られる氣運に向つたこと, られる氣遣いはない, られる水っぽい眼堀大主, られる水力電気がまた, られる水墨の妙味, られる水府お館, られる水溜りにヂヤブヂヤブ, られる水田の分, られる水素原子模型の提唱, られる水蒸気はいまだに, られる永井荷風氏の, られる永遠不変な関係, られるも今に, られる求道者の愛, られる江戸歌舞伎の常套的作劇法, られる池田での生活, られる池田新太郎少将に見られる, られる沖田山南原田井上永倉らといった手合, られる沖縄の島々, られる沖釣に行つて, られる河伯と結びつけ, られる河沿いの家, られるの水, られるおよび法, られる法律的権利は最も, られる法橋殿にお目にかかり, られる泥土を一人, られる泥炭地や砂地, られる注意で, られる泰二君なの, られる洋化とも違う, られる洋室付の貸家, られる洋館に好ん, られる津田から出立, られる活板時代であるから, られる猿しい, られる浦住まいはもっと, られる浮世だ, られる浮彫です, られる浮目を見なけれ, られる浮舟の君, られる浴室へをどりこみ, られるが待つ, られる海図をわっ, られる海鼠釉が主, られる消費の目的物, られる消費目的物及び原料, られる淡い心置きを, られる深い愛情の, られる混雑方ではなかっ, られる清川純の訪問, られる清純なもの, られる清逸だけれども, られる渡洋潜水艦隊の捜査, られるの上, られる湖水のよう, られる満々たる征服慾, られる源氏であったから, られる準備は平一郎, られる滑稽な時代, られる滝山を疑う, られる演劇の立場, られるの高祖, られる漫画を描い, られる漱石や鴎外, られる激しい幻影という, られる激励の言葉, られる激情の強い, られる濁音の仮名二十, られるである, られるの年占, られる火勢を避, られる火鉢がなつかしく, られる灰白色の塊, られる災害は全力, られる炬燵です, られる炭俵だけだった, られる点彼が事実, られる為無自覚の偽善, られる為犠牲となるべき, られるも昔, られる価値な, られる無念は謂, られる無用の皿数, られる無色の現在, られる無限小量ずつあるいは, られる焦慮と執着, られる煉瓦色の獄衣, られる煎茶抹茶および掩茶, られる煩わしさの, られる熔鉱炉であって, られる熟練や創意, られる熱烈な外国行き, られる熱病のよう, られるに自分, られるの後姿, られる爽かさに変っ, られる爽快な気分, られる爾雅を基礎, られる片隅もあり, られる物おとが小屋, られる物体の接近, られる物数寄もない, られる物語の事実, られる物質だけに満足, られる物静かな誇り, られる物音がした, られる物騒の極, られる特別の照明, られる特定労働を有効, られる特殊の関係, られる特殊事情に基け, られる特殊稼業なの, られる特産物であります, られる特異な色彩, られる特質を持つ, られる特長である, られるのよう, られる犯罪方法の分類, られる状態ぢやない, られる独自の性格, られる狭義の資本, られる狼藉がありまし, られるがわし, られる猪油鹿角鳥羽の類, られる猿人などは五十萬年, られる獣性とでも云う, られる獲物はアラビア人, られる玄妙不思議な合致, られるである, られるではない, られる玉串はうず, られる玉鬘はこの, られる王子をお, られる實の, られる現代の必然性, られる球根につづい, られる理くつはなかつた, られる理屈のもの, られる理性或いはロゴス, られる理想化もあっ, られる理想的な音楽, られる理智の批判, られる理解は非, られる理論機関はかの, られる環境のなか, られる瓦屋根は全く, られるちよろい田舎青年, られる甚だ有難からぬ, られる生きものの人面, られる生命の灯, られる生命現象はどの, られる生徒がありました, られる生御魂が, られる生活上のいろいろ, られる生活必需品の欠乏, られる生活気分の疎隔, られる生理学教室の三階, られる生産的労働量の増加, られる生真面目な表情, られる生籬だった, られる生粋なハイカラ, られる産衣なるもの, られる用具の力, られる用向にも随分, られる用役がある, られる用意さへし, られる田丸さんの話, られる由ひそかに承っ, られる由縁のある, られる男女の子供, られる男性と言, られる男爵はお, られる画家は他, られる画家眞山孝治さんの画題, られる當時の文壇, られる畸形は非常, られる疫病除けの, られる病人は大丈夫, られる病女は誰, られる症状である, られる痘痕の銘, られるさは, られる発声漫画などはこの, られる発端であった, られる登山ハイキング運動と娯楽, られる白鞘の短刀, られる百合子に羨望, られる百姓ほど苦しい, られる百姓どもの喧嘩, られる百貨店の経営法, られる皆さんが石油, られる皆さん方に接し得られました, られる皆亭主の不心得, られる皇后にいった, られる皇太子様は同じく, られる皇女が御, られる皇軍將士への慰問袋, られる皿屋敷の幽霊, られるを一息, られる盆画なんぞ止, られる盛装の体, られる監房なの, られる監視と取り締まり, られるで冷, られる目明しだという, られる目標が立った, られる目的概念は科学, られる目算であられた, られる目黒の一地点, られる直接の經驗, られる直接敵を撃滅, られる直観の形式, られる相互否定的対立以上のもの, られる相互決定はこの, られる相当大きな花壺, られる相手方の詩句, られる相模灘をよぎ, られる相貌のま, られる省筆法と對象, られる県官の赴任, られる真名古捜査課長, られる真摯な運動, られる真犯人の焦り, られる眼玉で伸子, られるに宿し, られる瞽女が語り歩いた, られる知的快感の実体, られる知的直観を力説, られる知識学が知識社会学, られる短篇ものよりもずっと, られる短篇小説のみで, られるのある, られる石台が三つ四つ, られる石敷のがらん, られる石段があっ, られる石灰と籾殻, られる石窖の中, られる石童丸の語り物, られる石組み様のもの, られるから陽炎, られる研究の対象, られる研究所での収穫, られる砲門も八月十日, られる破壊に対して抵抗, られる硬い肉の, られるの水, られる確かにこれ, られる確信があり, られる確実さそれを存在, られるの間, られる礼服とを見立て, られる大党, られる社会的争闘は争闘, られる社会的富の種類, られる社会的欲望すなわち公的利用, られる社会的要素から遊離, られる社会科学というもの, られる社会認識あるいは社会観, られる祈祷のほか, られる祖母が用事, られる祝い事はなるべく, られる神戸照子さんの手記, られる神木及び, られる神経質な注視, られる神語は律文, られる神謡の形式, られる票数が赤インキ, られる祭場に熊, られる福原君と行, られる福太郎であった, られる福慈の神, られるの季節, られる秋草の音, られる科学方法論は結局科学自身, られる秘密のぬけ, られる租税部分が引き出される, られる秩序であるが, られる程いつか姉が私, られる程ヘマではない, られる程一心だった, られる程体中が震, られる程余計に丑松, られる程其に続く, られる程否応なく私, られる程困難なもの, られる程堕落もし, られる程大衆の創意性, られる程巧に真面目, られる程有名な歌, られる程此の尊い, られる程真青だった, られる程私はひしひし, られる程稀有の良質, られる程耄碌はしない, られる程胸をどきつかせ, られる程自分を惨め, られる程言葉通り肌に沁みる, られる穀物の分量, られる穴口がある, られる空気とその, られる空気帆船の帆, られる空虚さであった, られる空間の規範性, られる突飛なる新興芸術, られる窮極の根拠, られる立見席もあり, られる童話的挙措である, られるを開いた, られる競漕の経歴談, られる流し分銅, られる竹越三叉さんや先年, られるにしかすぎない, られる筆捨の溪, られる等禁令禁止相次ぐ有様, られる等額の資本, られる筋合であります, られる筋合いはない, られる筋肉の生動, られるについて論理的, られる箇条であった, られる算術の復習, られるやトランク, られる範疇としてこの, られる篤実な学者, られる簡単な落し金式, られるのまわり, られる籠玉は此意味, られる粗末な機械, られる粗生原料品機械食物船舶等の分量, られる精神状態の均衡, られる精神現象の複雑さ, られる精神能力によって運ばれる, られる精鋭なもの, られる紀伊熊野川沿岸の正月, られるが回し, られるがある, られる素人の手づくり, られる素子もともども, られる素振りさえ見せ, られる素朴な英雄主義, られる素材とは全く, られる素直さのみが分る, られる素量説のごとき, られる細君は仕合せ, られる細長い大工の, られるだった, られるは宝玉, られる経木織でありましょう, られる経済学は二つ, られる結合の部分, られる結婚生活の破綻, られる結晶がぜんぶ針状結晶, られる結果それは往々, られる結果彼らはますます, られる結果彼女たちのますます, られる結果経済学上殊に分配論上, られる結果騰貴すると, られる結論でそれなら, られる絵馬であること, られる絶対は真, られる絶対最高の社会的秩序, られる絶対矛盾的自己同一の世界, られるの裾, られる經驗的事實としての囘想, られる經驗論とそれ以前, られる緊急の処置, られる爆撃雷撃の, られる練習の課題, られるが有りません, られる縁側に椅子, られる繊維布生産の用, られる繪はがきの現, られる罪悪かも知れない, られる罷免される, られるしさ, られる義務はない, られる義太夫のさわり, られる羽織だが, られるであったから, られる習いであった風の神退治, られる習俗をもっ, られる習性などが養われ, られる習慣現代の人, られる習練がいります, られる翻訳劇の観客, られる翻訳英国劇は英国, られる老人だつた, られる老優の楽屋, られる老婢がその, られる老木の枝垂, られる老樹は庭, られる者四人を数珠ツナギ, られる者将棋倒しになる, られる耕作の経験, られる耕地が何と, られる耶馬台の国, られる聖代の民, られる聖母の糸, られる聡明な皆さん, られるのやう, られる肉體を抱き上げる, られる肝心の道, られる肝臓の破裂, られる肢体は様子, られる肥料により常に, られるを起し, られる背後の馬, られる能力をもっ, られる脚本は如何, られる腐臭にみちた, られる腑甲斐ない自分, られるの力, られる腹癒せに今日, られる膂力と習練, られる自国文を読む, られる自在な表情, られる自在鉤であります, られる自尊心のため, られる自殺である, られる自然科学の歴史性, られる自由競争の原理, られる自覚だ, られる至って重要な, られる興行物になっ, られるを追っかけ, られる良い友達を, られる良人の仕合せ, られる良寛といふお, られる艱難を征服, られる色々の文字, られる色香いやまだ, られると実益, られる花やかな香気, られる花束はつよい芳し, られるじゃねえッ, られる芸子もあれ, られる芸術家の芸術家的矛盾, られる先生, られる若し同姓の, られる若君を見失った, られる若者たちだった, られる苦しい気が, られる苦し紛れに主人, られる苦力らが憎らしい, られる苦労にはあたし, られるの中, られる茂太郎では, られるとした, られる茶人のよう, られる茶器を見られ, られる茶室の建築, られる茶店で私, られる茶番狂言ぢやありません, られる草木の影, られる草根を摘み集め, られる草馬にも同じ, られる菓子も初め, られる菜漬はほん, られる菩薩像はおもえ, られる落胆に靴音, られる落語家手合いは描写, られる葉子でないこと, られる著作が一八七一年, られる著名な人物, られるなどの茂つた小径, られる蒐集品にも何, られる蒸し暑い日の, られる蒸し風呂で出る, られる蒼ざめた痿黄病的な症状, られる蕃拉布は日進堂さん, られる薄情さに変っ, られる薄暗い母屋を, られる薬湯を見, られる藝術はない, られる藤浦富太郎氏はかつて, られる虎間先生の前, られるを作る, られるの豊か, られる蝸牛の数, られるとぶ, られるの香い, られる行動の理窟, られる術語ではない, られるの女, られる街道へ時々, られる衝撃を計算, られる衝立の陰, られる衣類の形, られる表情心理であるけれども, られる表現であります, られる衰頽と気力, られる裁判にし, られる装束榎も亦, られる装飾列車によってなされる, られる裏木戸へ内外, られる西側の小高い, られる西洋の思想, られる西洋人は仮装行列, られる西洋映画の大, られる要素自身が予め, られる見えない敵意, られる見事な十箇, られる見返り輸入品の量, られる規則を導き出すであろう, られる視野は六哩四方, られる覚悟だという, られる親切に対して感謝, られる親友クラウヂウス・パシヤ夫人で此, られる観察例えば高速度撮影, られる観念的危機に引き直し, られる観念論的な足りな, られる解脱を意味, られる解脱境は恐らく, られる解釈学に於, られる言わば規則正しい像, られる言葉づかいや声, られる言語は全然, られる計画がある, られるは質素, られる記録の正確さ, られる証券の売買, られる証悟は動かし, られる詐欺師の言, られる詔旨に其大国, られる詔書が分化, られる詩歌の類, られる話写真屋も商売, られる話技術が極めて, られる話題のテーマ, られる認識理論でさ, られる認識論と較べ, られる誓願があつ, られる誘いのまま, られる誘惑の一つ, られる誠実の調子, られる誠意を砂中, られる誤聞を一々, られると私, られる説経用の詞章, られる読経の初め, られる読者は定め, られる課題であると, られる誹謗を蒙った, られる調はない, られる調べはスラ, られるを前々, られる論文に接続, られる論理形態は意識, られる論理的実在の哲学, られる諸々の事物, られる諸君は数えません, られる諸点はある, られるは, られるの解決, られる講義も行われ, られるの一字, られる證據がある, られる識者は何卒, られる譬喩としての方向, られるはない, られる護謨製の長靴, られる護身よりも攻撃, られる谷崎さんあたりの所謂美文, られる谷間の傾斜, られる豆みたいに府民, られる豊饒について長い, られるも間, られる象徴のよう, られる豪華版の東海道道中, られる豫定であつ, られる負傷兵は, られる負担を明瞭, られる財産がある, られる貧しい農家の, られる貧困と窮乏, られる貧民自身にとっては必ずしも, られる貧農ならこの, られる貨幣でコーヒー, られる貯蓄貨幣は消費者, られる貴い四天王が, られる貴兄には一日, られる貴公子はひとり赤地, られる貴族的な茶人趣味, られる賀正事に天子, られる賃金労働者は僅か, られる賃銀は甚, られる資力と都合, られる資料で出雲大社, られる資本主義社会に於ける, られる資本全部が増加, られる資本部分から得られる, られる資質であつ, られるの死骸, られる賞等三つ四つ記憶して, られる賠償は誠に, られる賢明な犧牲, られる質問でもある, られる赤い芥子の, られる赤インクのカギ, られる赤旗は十本, られる赭土色の持主, られる趣味の如何, られる距離がおそろしく, られる距離感に戻っ, られる跡継よ, られる身体ぢやない, られる身拵え二本差の浪人伝法, られる身體ではございません, られるは或は, られる車夫の女房, られる軍事的な初歩訓練, られる軍記物の類い, られる軍隊のよう, られる輝きとかなり, られるに対しては東京, られる辛抱が必要, られる農家風の土間, られる農村労働力の忍耐力, られる農間の一風物, られるさに, られる近代人は拱手傍観, られる近代的伝説製造業者の造つた架空, られる近江の草野, られる近道をいそぎだした, られる返事の裏, られる追い込み牢でありますが, られる逆風を感じ, られるはない, られる途すがら立寄られた横山博士, られる途中で死し, られる通りここには親切, られる通りこれを切り取, られる通り人物論が比率, られる通り人間が普通, られる通り俗世間を遁, られる通り千生はよくよく, られる通り卓子に据わっ, られる通り厳粛だと, られる通り小山内氏一個の仕事, られる通り思想と行為, られる通り意気ケンコウ闘志満々早くも, られる通り日本共産党の同情者, られる通り校舍は新築, られる通り私の身体, られる通り貧乏でそのうえ, られる通弊である, られる通路を用意, られる逞しい銅色の, られる連中からすぐっ, られる連山に分れ, られる連続的な事件, られる連衆があつ, られる進歩は秩序, られる進発の合図, られる逸話によつて, られる遊び道具これを子ども, られる遊星に行った, られる遊芸人にも似た, られる運動変化の原因, られる運命的状態であ, られる過渡的症状でありませう, られる道すがらも桜草, られる道のりである, られる道具や器具, られる道具それが船, られる道庵先生の人徳, られる道徳に大した, られる道行を知らしめる, られる遠い神代の, られる遠景をおもんばか, られる適当な理由, られる適応の性質, られる選手の腐敗ぶり, られる遺憾な傾向, られる遺骨の一部, られる邪悪な微笑, られる部下を何人, られる部分的市場に分れる, られる部屋つきです, られる部面である文化領域, られる郷土詩美ある歎, られるには住ん, られる都会のと違っ, られる都合ならば, られる酒杯と向け, られる酔狂な方, られる重い通行税である, られる重力は要するに, られる重大なこと, られる重荷を背負つて他人, られる重要な時期, られる重詰の御馳走, られるの草, られる野村の村雨, られる野生の草, られる野草の實驗, られる野菜ばかりぢ, られる野菜みたいなもの, られる金博士がとつぜん, られる金属よりは遙かに後, られる金襴地の小袋, られる金銀二金属の問題, られる金額とか子供達, られる釘みたいにぞろぞろ, られるです, られる釣竿の先, られる銃剣を打ち落とし, られるや石, られるで君, られる鋭い感覚を, られる鋭くてむき出し, られる錢形の親分さん, られる錯覚のスリル, られるを持っ, られるを一心に, られる鐘型の風変り, られる鐵片のやう, られるさの, られる長い橋も, られる長唄や清元, られる長良川博士の前, られる門人だけあっ, られるてられるがい, られる開っ放しの夜, られる閑人などはない, られる間いつまでも夢, られる間がら故此処, られる間もなく突きは, られる間彼等は静粛, られる間接的な感情, られる間衆は子供, られる間隙もしくは飛躍, られるの思索, られる関係上ブッ倒れるまで, られる関係上自然と風向き, られる阿賀妻の注意, られる附加的価格は製造業, られる附加的労働により価値, られる限りそれ自身仮説的なもの, られる限りそれ自身假説的なもの, られる限りのとに角文学的真理探究, られる限りモダーニズムは行き詰る, られる限り三度の繰り返し, られる限り不純だから, られる限り交換価値は自由競争, られる限り今日既に廢つて, られる限り何と云っ, られる限り信をおき, られる限り夫は全く, られる限り存在はつねに, られる限り富山の佐々成政, られる限り御機嫌よく生き, られる限り演劇としての本質, られる限り結局決定し得ないこと, られる限り自然に屬, られる限り運動は甲, られる限界に縮め, られる限界性への反作用, られる陛下に保護, られる陳列は非常, られる陸軍少佐が不思議, られるに今日, られる陽気な時候, られる階級的連帯性の上, られる障子ではない, られる隠語だと, られる雅致が少量, られる雅韻はいかに, られる雑器の多く, られる雑用を美女, られる雑種児にし, られる雑草を選りわけ, られる雑誌はあすこ, られるの音, られるも同じ, られる雲粒付きの針, られる電燈がガラン, られる需要曲線すなわち価値尺度財, られる霊物にも生, られる霧氷の場合, られるよりも少し, られる露西亜の暗闇, られる露路のよう, られる青い灯が, られる青年たちもいる, られる青空を見上げる, られる青黒い大きい汚点が, られる静けさと秩序, られる静寂な生活, られる静止的な形, られる靜かに後を跟, られる非難は当時, られる面ぢやね, られる鞍作の止利, られる音楽堂の燈火, られる音楽者のいない, られる音色である, られる響きを感じた, られる頃合だつた, られるを記入, られる順番ももう決して, られる領分での一等, られるの人, られる頭蓋骨折があり, られる頼朝が狩場, られる頼母しい友人, られる題材であり作風, られる額以上ではない, られる顏ぢやねえ, られる顔回をはじめ, られるである, られる類いのもの, られる類ひであつて, られる風呂でも出来る, られる風姿ではない, られる風格が備わっ, られる風流の持主, られる風習がある, られる風船を一つ, られる風評に対してロシア, られる颯爽たる様, られる飛行将校にすらなろう, られる飛行機墜落事故の継起, られる飛行機製作所の本館, られる食事となった, られる食品で恰度ニューイングランド人, られる食国政に関する詞章, られる食堂の戸口, られる食物収獲として, られるや団子, られる飯その他あらゆる物, られる養母の方, られる餘地が出, られる首飾を手, られるであった, られる馬具についても言い添えるべきでありましょう, られる馬内侍という女, られる馬車の中, られる馬車馬で吾, られる馬鹿らしさには, られる駿河町の今, られる騒々しい音楽に, られる骨組みの堅固さ, られる骨董店の英山, られる骰子ころの音, られる縁先の, られる高低も移り変りまし, られる高熱地球が一箇, られる高等師範学校との関係, られるであった, られる魅惑的な和風, られるのやう, られる鷹匠はあまり, られる鷹狩装束のよう, られる麗人が直ちに, られる麻薬の痺れ, られると白, られる黒い門の, られるみ方, られるのよう, られる鼠矢が五粒, られるの微妙, られるの字