青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「もっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

もし~ もしか~ もしくは~ もしも~ もしや~ ~もち もち~ ~もちろん もちろん~ ~もっ
もっ~
~もった もった~ ~もっと もっと~ ~もっとも もっとも~ ~もつ もつ~ ~もて もて~

「もっ~」 25830, 248ppm, 389位

▼ もっ~ (25366, 98.2%)

982 いる 754 いた 440 いるの 357 いて 255 来て 208 きて 204 いること 168 これを 154 しても 143 いると 129 いたの 122 いるもの 113 いるという 108 すれば 96 いない, いるよう 88 来た 86 います 84 いなかった 82 行って 78 いって 68 それを 64 いるから 63 いたが 60 いるか 57 いました, いるが, 自分の 55 いる人, して 52 いるので 50 これに 49 いった, きた, 彼の 46 いるかという, いるん, しては 42 彼を 40 いないの 39 いたこと, いたので 36 私の 32 いないこと, 人を, 任じて, 生きて 31 いたもの, 来る 30 いても, いるわけ, くる 29 いたから, いたと, いないという, 出て, 居る, 彼は 27 いるに, した, 行った 26 いるし, それに 25 いなければ 24 私は 23 見ると 22 いたよう, 生れて 21 いるところ, きたの, 居た 20 いるとは, きました, 帰って, 立って 19 いないと, ゆく, 居ります, 来たの 18 いたし, いる女, いる者, くるの, すること, 自己の 17 いないよう, いるかも, いるだけ, いるのに, いれば, したの, やって, 人に, 来いの, 眺めて 16 いたという, しなければ, 日本の, 第一, 自ら任じ, 見て 15 いながら, いるこの, いるため, す, する, 他の, 彼らの 14 いなかったの, いません, いる人々, って, 私を, 答えた, 見れば 13 人間の, 描かれて, 歩いて, 行くと, 身を

12 [13件] いたに, いる人間, おいで, おります, おる, くること, ここに, その人, それらの, わたしの, 呼ばれて, 来い, 迎えられた

11 [12件] いましたが, するの, そこに, ゆくと, 彼に, 彼女は, 来ました, 私に, 自分を, 行くこと, 語って, 静かに

10 [22件] いきました, いくの, いないから, いますが, いるかと, いるはず, いるものの, するも, せば, なり, はいって, 世界の, 云った, 何か, 僕の, 当時の, 彼女の, 待って, 暮して, 次の, 現れて, 社会の

9 [26件] いたん, いっても, いないもの, いるかを, いるけれども, いるその, いるだろうか, いる場合, これらの, では, 人の, 人間を, 今の, 今日の, 天下の, 彼が, 心を, 敵の, 書いて, 来るの, 毒を, 示して, 私が, 行く, 見られて, 言った

8 [31件] あなたの, いえば, いたわけ, いないらしかった, いますから, いるであろう, いる彼, いる意味, いる点, するに, それが, みると, ゆくの, われわれの, 一種の, 世に, 世の, 事を, 人生の, 他を, 入って, 嚆矢と, 国家の, 敵を, 文明の, 書かれて, 来たり, 現われて, 知られて, 臨んで, 進んで

7 [51件] いそう, いたかという, いないが, いなかったが, いなかったので, いようとは, いらっしゃるの, いるだろう, いる事, いる手, いる方, いる日本, いる男, おのれの, くるよう, ここへ, しその, すべての, するならば, その名, みずから任じ, ものを, 一つの, 世を, 人類の, 今日に, 他人の, 他人を, 働いて, 右の, 君の, 国を, 天下を, 容易に, 左の, 彼女を, 満たされて, 物を, 現れた, 相手を, 真の, 自任し, 自分は, 自身の, 行ったの, 行われて, 見ても, 読んだ, 読者の, 足れりと, 迫って

6 [44件] いくこと, いたため, いた人, いないん, いなかったこと, いますよ, いるお, いるかの, いるだけの, いるとも, いるらしい, いる地主, いる若い, おりました, くると, したこと, するが, するは, それは, ながめて, ひそかに, みれば, 一の, 世界に, 二つの, 人は, 人生を, 例の, 先に, 名を, 周囲を, 呼んで, 唯一の, 居て, 彼らを, 政府に, 敵に, 来たもの, 満足する, 相手の, 知って, 考えて, 迎えに, 鳴って

5 [83件] いたところ, いたにも, いたらしい, いたり, いったの, いなくて, いなくては, いられるの, いるからと, いるすべて, いるそう, いるだけに, いるって, いるつもり, いるでしょう, いるならば, いるよ, いる一つ, いる人たち, いる力, いる女性, いる婦人, いる条件, いる知識, いる私, いる自分, いろいろの, おりまた, お相手, きたもの, この国, これが, これと, さっきから, すべてを, その時, である, やってきて, ゆきます, ゆくこと, より多く, 上って, 事に, 二人の, 二人を, 人心を, 人民の, 今も, 何の, 何を, 動いて, 口を, 命を, 国教と, 天下に, 始まって, 家を, 居るもの, 居る人, 心に, 心の, 接して, 書いたもの, 本と, 来ること, 業と, 物の, 生まれて, 私たちの, 結ばれて, 聞えて, 自から, 行かれて, 言えば, 訪ねて, 話して, 語られて, 説明する, 読んで, 論ずれば, 遠くから, 金を, 頭を

4 [146件] あがって, いくと, いただろう, いたのに, いた人々, いては, いないし, いなかったから, いなかったと, いませんでした, いよう, いらっしゃる, いるあらゆる, いるくせ, いるそれ, いるであろうか, いるね, いるのね, いるやつ, いるらしいの, いるらしかった, いる作家, いる文化, いる時, いる筈, いる諸, おりその, おりて, おるもの, おれは, かれら, きいて, きたが, きたり, きても, きます, これへ, し, しきりと, しましても, しまった, すると, せねば, せんと, その国, それらを, なんじ, まいりました, みられて, もどって, やって来た, ゆきながら, ゆこうと, より大, われらの, モスク, 一国の, 不幸な, 世界を, 云って, 人民に, 他人に, 任ずる, 伝えられて, 使いに, 価値の, 僕を, 充満し, 先生の, 全国の, 分らない, 君に, 大なる, 天の, 天地の, 女の, 妻を, 対して, 将来の, 居ます, 居るか, 居るん, 居る事, 己の, 床を, 彼自身の, 心と, 思想の, 感じて, 我々の, 我々を, 戻って, 打って, 描いて, 日本を, 最上の, 有名な, 来いである, 来たが, 来たので, 来ます, 来ると, 民を, 水を, 火を, 物質の, 現わし, 生活の, 目的と, 眺めた, 眼を, 眼前に, 社会に, 社会を, 神を, 答えて, 終始し, 終始した, 考うれ, 考えた, 考えられて, 聞いた, 聞いて, 自分に, 自然と, 自然に, 自然の, 自然を, 自由に, 行かなければ, 行きます, 行くの, 行けば, 複雑な, 見えて, 話した, 話を, 誇って, 誇りと, 貧乏退治の, 迎えた, 迎えて, 迎えられたの, 降りて, 顔を, 黙って

3 [311件] ああいう, あの女, あらわれて, あるもの, いきながら, いきます, いく, いくという, いけ, いこうと, いたお, いたかを, いたけれど, いたとしても, いたならば, いた思想, いた者, いっさいの, いったもの, いったよう, いつでも, いてね, いないため, いないで, いないのに, いない人々, いない人間, いない私, いない者, いなかったし, いなくても, いは, いますか, いますね, いらっしゃるでしょう, いられる, いるかが, いるかは, いるからこそ, いるじゃ, いるそして, いるでは, いるもん, いるらしいが, いるらしいこと, いるらしいと, いる人達, いる以上, いる問題, いる大, いる婦人たち, いる性質, いる感覚, いる日本國民, いる最大, いる様々, いる生活, いる素子, おもて, おりましたが, おりますし, おるの, お城, お目, かいて, かえって来た, かえりました, かばって, かれを, きなさい, くるか, くるから, くるといったねえ, くるので, くれて, こっちへ, こっちを, この事件, この問題, この大, この女, この新, この書, この民, この男, こようか, これは, これまで, さえぎった, したたかに, したもの, したり, しまた, すすんで, すべきであると, するという, するもの, その日, その癖, その研究, その話, そらを, そんなこと, たって, ついて, なるか, みても, ゆかねば, ゆきました, ゆくという, よしと, わたしに, わたしは, わたしを, われに, われわれが, ゐた, グッと, 一度も, 一挙に, 丁寧に, 万事を, 上がって, 下さい, 下に, 世に立つ, 之を, 人々を, 人民を, 人生に, 人間は, 今は, 今度の, 伸子は, 信長に, 信長の, 健康を, 兄の, 全知全能の, 兵を, 具体的に, 出かけて, 労を, 勝ってる佳作, 勝敗を, 十分に, 単純に, 博士の, 厳重に, 参りました, 参ります, 叔父の, 各, 同じよう, 同一の, 名あり, 名ある, 君を, 吾, 呼ぶこと, 商業を, 土を, 地位を, 埋めて, 増加する, 声を, 夏の, 大衆の, 天を, 如何と, 如何に, 妙な, 妻子を, 始まる, 始めと, 姿を, 子供を, 存在し, 学者の, 完全に, 家々の, 家に, 家の, 尋ねて, 居ない, 居ると, 居るの, 屋根を, 左様な, 己を, 帰った, 庭へ, 彼と, 彼女に, 彼奴を, 待ち受けて, 従来の, 御交際, 必死に, 急いで, 急を, 意識の, 成り立って, 我らの, 所感を, 手に, 手を, 扱われて, 推すこと, 攻めて, 政治の, 文化の, 文学に, 新たな, 明らかに, 時の, 智見を, 最初と, 未来を, 来させて, 来たと, 来たん, 来た国, 来なければ, 来るには, 来る筈, 東京へ, 歌を, 歴史を, 死の, 死を, 残って, 殿の, 母の, 気を, 水に, 流れて, 渡世と, 満たされた, 無理に, 父と, 牧場の, 玄徳を, 現在の, 理想と, 生きようと, 生を, 生活し, 生涯の, 生産された, 甦って, 目せらる, 目に, 目的を, 相対する, 眺めたの, 示した, 私たちは, 称せられて, 種々の, 穴の, 笹の, 簡単に, 精神の, 結んで, 縁側へ, 而も, 耳を, 聴いて, 職業と, 胸に, 自分が, 自分自身を, 自国の, 自己を, 自由を, 船を, 花を, 芸術の, 芸術を, 英国の, 葉子の, 衆を, 衆生を, 行きました, 表現され, 見るよう, 観て, 解らない, 解釈すべからざる, 言い現, 言を, 証明する, 語ること, 貧弱なる, 迎えられて, 追いかけて, 這入って, 遊びに, 運動を, 道の, 適当に, 邦家の, 酒を, 門の, 陶器を, 階段を, 飛び出して, 食と, 食事を, 鼻の

2 [1055件 抜粋] あしざまに, あたりを, あなたは, あらゆるもの, あらわれる, ある種, い, いかなければ, いかれて, いくもの, いたあの, いたか, いたこの, いたその, いたとき, いたはず, いたらあの, いた一銭銅貨, いた別荘, いた懐中電灯, いた時代, いた矛盾, いた私, いちゃあ, いったその, いつまでも, いないじゃ, いないとは, いないわけ, いない伸子, いない彼ら, いない方, いない男, いなかったため, いなかった私, いらっしゃるから, いられたこと, いるあこがれ, いるある, いるいろいろ, いるおとな, いるけれど, いるしかも, いるただ一つ, いるだろうと, いるとか, いるとしても, いると共に, いるなり, いるのみ, いるほんとう, いるわ, いるペン, いる一部, いる人種, いる作者, いる信仰, いる全体, いる唯一, いる国, いる大きな, いる婦人作家, いる実力, いる家庭, いる小さい, いる役割, いる心持ち, いる或は, いる才能, いる星, いる母, いる理由, いる生命, いる生徒, いる美術品, いる自由, いる証拠, いる道具, いわしめれば, えねえ, おいでの, おこたえ, おったが, おのが, おられたが, おられたの, おられるという, おりますが, お前を, お示し, お迎えに, かえって来る, かかって, かくまで, かんかんと, きたお, きたと, きたまえ, きたん, きた時, きましたよ, くくり頭痛, くれば, こういわせた, こう思った, こさせた, こさせると, ことさらに, このこと, この世を, この二人, この仕事, この子, この挙, この種, この部分, これだけ, さきに, さよう, しかつ, しかも明るい, しこれ, したいと, したりと, しない, しようと, すがた, すっかり手心, すべから, すべし, するでなければ, するのみ, する時, する詫び, そういう, そうと, そこを, そのままに, その人気, その問題, その悟性, その本, その消息, その発達, その結果, その装置, その通り, それと, それへ, たて籠っ, ちょっと渋皮, つづけて, であった, でて, どうしても, ながめた, なるべく多く, にげて, はねあがりました, ひとりで, ぼくらの, まざまざと, ますもの, また出, まともに, まわって, むかえて, やって来たの, ゆきたい小説, ゆけること, よみました, よろこんで, わが邦, わしを, わたくしを, われわれは, ガンと, グルグル巻き, ゴーリキイは, ナースチャは, プロレタリア作家の, ロシアの, 一世を, 一切の, 一方から, 一族と, 一行を, 一身一家の, 一部に, 万民を, 三人の, 三蔵の, 上へ, 下の, 下等な, 不意に, 世の中に, 世道人心を, 中央にて, 主人の, 予が, 二者を, 云われて, 交わって, 人々に, 人事の, 人類に, 今ここに, 今度は, 仏像を, 仔細に, 仕事に, 任じたり, 任ずるの, 体験した, 作用し, 価格が, 信を, 個人の, 僅に, 働きそして, 僕は, 充たされるであろう, 全体の, 全軍, 公の, 六尺の, 円満に, 出かけたの, 判らない, 別れを, 前の, 勉強し, 包まれて, 北条の, 印象に, 叙述され, 口に, 可能を, 右に, 各地に, 向うの, 君は, 吾人の, 告げて, 呼ぶよう, 哲学の, 喜び迎え, 囲繞し, 国民の, 土地の, 地球の, 地面を, 埋まって, 填充, 増加し, 変化の, 外国の, 夜も, 大切な, 大方の, 大海の, 天文学を, 天職と, 女が, 好意を, 妻籠の, 始まったという, 始めるところ, 子の, 字を, 学問と, 学校の, 守って, 宗則と, 宙に, 実隆を, 家老の, 対しても, 対抗し, 将来を, 小生の, 少年の, 居たと, 居りますから, 居るが, 居る私, 山の, 巧みに, 巻端に, 常識の, 幸福と, 店の, 座敷に, 弘く, 強力に, 彼らに, 往っても, 律しようと, 後から, 御恩, 必然的に, 忠直卿に, 怒って, 思った, 悪に, 愚民の, 愛と, 感じたの, 成立し, 我が民, 戦うの, 戸を, 手が, 抱擁し, 押して, 挑戦した, 振り返った, 接した, 推せば, 描いたもの, 描け, 放って, 政界の, 教育の, 敵地に, 文明を, 新を, 日本じゅうに, 早くも, 昔の, 時代を, 書かれたもの, 書かれたり, 書く, 曹操の, 最終の, 朝廷の, 本願と, 来いだと, 来さえ, 来たのに, 来ても, 来ましょうか, 来ますよ, 来るお, 来るん, 東洋の, 林町へ, 森に, 楽しみと, 次から, 正反対の, 歴史の, 母と, 民間の, 氷の, 沈黙の, 法律を, 活動し, 淵の, 渡世を, 測るの, 演じて, 無上の, 無知なる, 熱心に, 父母に, 独立の, 現実の, 現時の, 理解され, 甘んずるのみ, 生き通過, 生の, 生れた, 生死の, 生活を, 田舎の, 甲板に, 申して, 申し上げにくい, 男を, 番を, 発展し, 百万の, 盛り上っ, 相互の, 相談する, 真に幽霊, 真面目な, 眺め暮し, 知らされた, 知らない, 研究する, 確かに, 礼拝し, 祖国の, 神様も, 祭典を, 秀吉の, 私たちが, 私達は, 科学的な, 積極的に, 突進し, 立ち現れ, 立つ国, 答えずに, 範と, 精神を, 終った, 終りを, 終始する, 経験した, 絶対の, 続いて, 繁栄し, 置かれて, 習慣と, 聞えた人, 聳えて, 胸を, 腹を, 臨まなくては, 臨んだの, 自ら任じた, 自分で, 自分以外の, 自負し, 良心を, 花の, 若者の, 荊州を, 蔽われて, 蜀を, 衆議を, 行かれそう, 行きますよ, 行くよう, 行こうと, 行った方, 行っても, 行動し, 行方が, 衣服を, 表現される, 裁判を, 覆面を, 見たり, 見つめて, 見るとき, 見るの, 見守って, 見送って, 観察した, 言って, 記されて, 認めた, 認めること, 説かれて, 説明し得る, 読まれるの, 読んだこと, 調べて, 諸国を, 谷へ, 責めを, 走って, 身体に, 農業の, 迎えら, 近づいて, 近所の, 迷信と, 送って, 逃れて, 進めば, 運営され, 道に, 適当な, 酬ゆるであろう, 釣竿を, 長安の, 関係し, 闘って, 陣頭に, 難を, 電車で, 静かな, 面の, 響いて, 頭の, 食物の, 飯が, 首を, 骨を, 鬼を, 魚を, 鳴るこの

1 [12283件 抜粋] ああした, あたかも画面全体, あの人, あらゆる歓楽, ある, あんなふうになっ, いかにも堂々と, いきなり寝顔, いけば, いそぎ足で, いたそれ, いたやどりぎ, いたら彼女, いたヤマト, いた古い, いた役, いた様々, いた種, いた銃, いったり, いないからこそ, いないらしい自分, いない日本, いなかったん, いますので, いよいよ難攻不落, いられないと, いるうち, いるこんな, いるとき文学, いるほう, いるらしくまことに, いるコーリャ, いる一清道人, いる人生, いる僕, いる効力, いる四十人, いる夫, いる少なくも, いる思い, いる指先, いる日本民族, いる桟敷, いる洋画, いる瓦, いる社会機構, いる職務, いる話したいこと, いる金高, いる風, いわゆる不覚作用, うちやぶり外, えねえ話, おこなわれて, おった人物, おもむろに彼, おられ五百羅漢製作, おります信仰, おり或, おる深い, お前さんという, お救い, お膳, かいへ, かえって得意, かかれた作品, かなり大きく, きたか, きた五万五千斤, きって, きわめて一般的, くるつもり, くれよ, こういう具合, こさせようと, こない鴉, このニャートン駅, この代表者, この堺, この幻影, この泥棒君, この縦横無尽, この野小屋, こようとしても, こんな事, ご精, さらって, しかもその, しそれ, した真意, します, し嫉妬, じっとこの, すぐ皮膚, すでに認められた, するとは, する問い, する表現手段, せよ, そうでない, そして来る, そのみごと, その二人, その動作, その地名, その室, その後方, その方, その永眠, その着想, その草, その部屋, その騒擾, たいした才能, ただちに君, たびたび行く, ちと過せ, つきあいに, つなぎ走, といたの, どうしてこの, どどどどっと, なかなかはいれない, なして, なる女丈夫アサリ女史, のぞきあるいは, はじまり女帝三代, はねかえしながら, ひどい押し合い, ふたたび幹事, べたスジを, まあこの, まず往還, また建物, まるで陶器人形みたい, みずから言った, みられたもの, むすばれて, もし二つ, やけ跡から, やらせて, ゆかずに, ゆき便, ゆくゆく彼ら, ゆこうとして, よくこの, よって, らっしゃるそう, わが富, わずか百人, ゐるため, アーアーと, カリバンを, クリスチャン, サボナから, スパナーを, ツイと, ニキーチナさんの, パンが, プスリプスリと, マストの, モンラムを, ロンドン日本料理店献立表を, 一丈六尺四方の, 一千クヲタアの, 一局の, 一抉り与え, 一段一段足掛けを, 一続きに, 一隅の, 三〇分の一と, 上った, 上野城の, 不安も, 世にその, 世界普通の, 両手足, 中心と, 久田の, 予告の, 二三枚は, 二賊を, 互につながり合っ, 交わるべきである, 人口の, 人間へ, 今日を, 仕事を, 代議政の, 任じる吉岡道場, 任ずる伝六親方が, 伊那地方に, 伝承せられ, 体として, 何らの, 作った三つ, 作用する, 供を, 信孝公を, 偉いこと, 傷いた, 優しくしかし, 充実したる, 免かれる, 全体として, 公共団体より, 共犯の, 内職に, 冬宮の, 出かけるという, 出現する, 切り抜かせ不器用, 別な, 刺しちがえ, 剣前に, 功成り, 労賃の, 動く限り, 勤労し, 北海道の, 十八歳から, 半年あまりに, 博技と, 原始民の, 友人達を, 取り扱わなければ, 受合うよ, 叩いたり, 右へ, 合点が, 同人の, 名越殿小屋へ, 吹き出された人間, 周章狼狽き, 呼ばれるの, 咬み殺すとは, 商売を, 喜平は, 囁いた, 囲み自身, 国家間に, 圧迫しよう, 垣そとにて, 執拗に, 報告した, 壁紙の, 夕食も, 夜明けまで, 大さ, 大学は, 大衆を, 天井と, 天雷神の, 奉行越前守に, 女地主, 妊娠の, 始められた, 婦人の, 孔明からは, 孫権を, 完全な, 実世間, 客人用の, 家中の, 寄せ算かけ算を, 対した, 封建的に, 尊王抑, 小林君の, 少女を, 居た人々, 居られたらあの, 居るだろう, 居る馬鹿, 山岡に, 巌壁を, 巴里密航の, 帯びて, 帰る金, 幕府側に, 幹から, 広間の, 延びて, 引き継がれなかったらこの, 張出し耳は, 当ったところ, 当然に, 彼ジャヴェルは, 待機し, 徐々に深, 御他言, 御用きき, 心中ひそかに, 必要な, 快楽そのものの, 思い浮ぶよう, 怪しいと, 恭しく祭壇, 悪魔の, 意気すこぶる, 愛撫せらるる, 慈父の, 懸命に, 我らを, 戦って, 戴かなければ, 手性が, 払い難い, 折々何事, 押しまわしたり, 拝見した, 挫く, 探るとき, 推定した, 描くところ, 撃ち殺されるわけ, 支配さるる, 政事の, 故郷と, 教祖蘇生の, 敵は, 文雅の, 新しい日本, 新皇将門, 日の, 日輪を, 明るく賢く快活, 映画に, 時勢の, 暮すの, 書かれたその, 書物を, 最後に, 服型一つの, 木片を, 本来円き, 来いだが, 来たさわぎを, 来た二匹, 来た紅茶, 来ながら, 来るか, 来る方, 東洋医学の, 枝を, 案内し, 極めて正当, 模範監獄の, 次第に削られ, 正月と, 武芸の, 歩行に, 死んで, 殺す相手, 毎日見, 気が, 永い間, 決定せし, 河の, 法然に, 洲股に, 流石に, 消そうと, 清く正しく, 港口へ, 満足すべし, 演じつつ, 火に, 無二無三と, 然るべきだ, 熱語を, 牢鞘を, 特使を, 猛烈に, 王道の, 現代哲学の, 理説の, 生きはじめ私, 生まれた私, 生れ従って, 用事を, 申し上ぐべきはずに, 町から, 疾く首, 発表する, 百憂, 益満を, 目前に, 直線に, 相見る, 真理と, 着々進行, 知らるるは, 知る態度, 砂を, 確実に, 社会悪を, 神体と, 秀でて, 科学者本来の, 究明すべき, 突撃する, 立ちます, 立上った, 第一戦, 答えの, 簡明に, 紅葉する, 終りました, 組織される, 結べば, 継がせよ, 総攻撃, 縷々訴え, 置換えること, 義務を, 考え, 耕作され得, 聞き耳を, 肉づけられたる, 胴田貫の, 脱するの, 臨み第, 自ら実視せる, 自働販売器, 自然が, 致富の, 良き田園, 若い牧師, 英王へ, 萩乃さまを, 蔦代を, 蘇民将来子孫の, 蠅男の, 行かれる事, 行くに, 行ったお握り, 行なわるるところ, 行進に, 衰替の, 補給し, 西洋画の, 見た者, 見ること, 見物人を, 視察し, 角, 言い渡した, 計画を, 訪れて, 証と, 話が, 誇る家がら, 語られた梁川, 説いたところ, 説諭を, 読んだ本, 談林派の, 諭しそれでもなお, 講義の, 豪商へ, 貫かれて, 貴辺, 賞せらる, 赤く黄金色, 趣旨と, 踏んで, 軍用道路の, 轡を, 迎えられるだろう第, 返されるもの, 追いかけそれ, 退治し, 透間を通して, 連ねられ相寄って, 進んだ人, 運り, 道庵先生の, 遮断する, 郷党の, 酬おう, 金剛山に, 錠前を, 長く生きた, 開封され, 阻止し, 隊長の, 難ぜられるはず, 青木を, 鞭撻された, 頭文字でも, 願はく, 飛鳥の, 飾られた舞台, 駁す才弁, 高座に, 魔物他生への, 鳴る博士, 黄色に

▼ もっては~ (119, 0.5%)

16 いなかった 11 いない 7 いたが 5 いなかったが 4 いません, いるが 2 いないの, いないので, しない, ならない

1 [64件] いい難い, いけないわ, いけないん, いずただ, いた, いたけれど, いたけれども, いないが, いないけれども, いないそう, いないだろうか, いないつまらぬ人間, いないで, いないという, いないに, いないん, いなかったから, いなかったし, いまい, いまいか, いるけれども, いると, いるものの, きた, さすがなお, しないと, しなかった, だかに, もうどうにも, ゆくけれども, よく穿らんこと, プロレタリア文学の, 償いがたい, 内管領, 到底城中, 到底解決, 嗅げない, 国府津で, 増加し得ない, 天下の, 忠臣の, 想像されない, 意思の, 成り立たぬ, 断じて計る, 明らかに, 測り難い, 源太様に, 現わせ, 生きられない, 直ちに身, 知れない, 罪に, 表わすこと, 表現しきれない, 覚れない, 観えない, 観察し得ない, 購買され得ないであろう, 迎えて, 迫って, 金貨は, 防ぐこと, 難しい

▼ もっても~ (70, 0.3%)

2

1 [68件] いいと, いた, いたの, いなかった, いられないよう, いるよう, おれを, お告げせず, お守りが, お諫め, この恐慌, ご意見, しないのに, しない感情, ずっと我慢, そこを, その時日, それに, それには, それを, ついに噴水, つかめる性質, どうしてもぬけだす, どこか, どんな生き方, なお云い足りない, なお勝てぬ, やる, 世論の, 之に, 争う術, 二十九日又, 償いきれぬもの, 償いきれぬ聟, 償うこと, 公儀の, 分かること, 制御する, 動かすこと, 口紅を, 古い譬え, 察すること, 当時における, 彼女の, 必らず, 或る, 抑圧すべからざる, 拒もうと, 捕まらないと, 救うこと, 断れず母子, 明らかである, 明日いっぱいでしょう, 猶自身, 理屈では, 直に忘れ, 知られる, 知れよう, 確と, 社会の, 良く装備, 裁くこと, 覆すこと, 解明する, 解決は, 負けいくさに, 非常に, 頑として動かし得ない

▼ もったり~ (47, 0.2%)

13 して 2 した

1 [32件] いろいろ人生, こまかく質問, したらきっと, した声, した女学生, しては, すること, するもの, するよう, する人民委員, だんだん勉強, まちがった考え, んだ, ギターを, タクシーを, 不安を, 口笛を, 喧嘩と, 外国小説を, 忙が, 手内職など, 手拭を, 批評し, 柿が, 狎れがたい, 白痴もっ, 線香を, 義務を, 花の, 贅沢三昧を, 赤坊が, 黒い大

▼ もっけの~ (34, 0.1%)

5 倖いだ 2 倖せ, 幸と, 幸に

1 [23件] ことだ, さいわい, さいわいだった, さいわいと, さいわいという, 仕合わせという, 倖い, 倖いかも, 倖いだった, 倖いに, 倖いには, 倖せだ, 倖だ, 倖に, 幸あんな, 幸じゃ, 幸であった, 幸である, 幸という, 急所に, 機会と, 道連れだ, 顔を

▼ もっての~ (22, 0.1%)

2 謝罪と

1 [20件] お指図, ごとくこの, ゆえなり, ゆえに, 他だ, 他は, 大侵攻, 小夜子サン帰京見舞の, 御寸法, 戯れとを, 挙動と, 気を, 沈黙, 経営のみを, 経験の, 結合が, 苦労なら, 話が, 迎えであった, 関係から

▼ もっくり~ (10, 0.0%)

2 けっちゃべっかっこ 1 した山, とこの, とした, として帰っ, と着込ん, ふくれた胸, 起き上ったが, 起き上って

▼ もっくりさん~ (9, 0.0%)

5 のお 2 はだんだん 1 てだれ, のむかしばなし

▼ もっ~ (9, 0.0%)

1 で担い, にすがっ, に入れ, に土, へ棒, をわき, を入れ, を担いだ, を持っ

▼ もってのみ~ (8, 0.0%)

1 この筋, もともとはじめて悟性, スポーツの, 人に, 初めて描かれ得る, 存在しうる, 満たされて, 真実の

▼ もってか~ (7, 0.0%)

1 ずいぶん憎がっ, とうの, レオンデュマは, ーんと, 男の, 葵累代の, 酬いん

▼ もっそう~ (6, 0.0%)

1 桶に, 長屋に, 長屋の, 飯だ, 飯でも, 飯も

▼ もっそり~ (6, 0.0%)

1 とした, と倒れ, と歩いた, と膝, と身, 進む

▼ もっちゃ~ (6, 0.0%)

4 いません 1 いないけど, ァ折角

▼ もっていう~ (6, 0.0%)

1 ことは, その荘重, のであった, のである, 事が, 感情の

▼ もってから~ (6, 0.0%)

1 おせえちゃ, まだ間, 大勢様の, 奈良へでも, 殆ん, 負けちゃって

▼ もっとも~ (6, 0.0%)

1 あまり空, これも, さびしいわき道, ハッキリした, 彼は, 最近は

▼ もってさえ~ (5, 0.0%)

1 いた, いれば, 旅に, 私は, 言った

▼ もっともと~ (5, 0.0%)

1 思うから, 思うと, 思う者, 思えば, 首肯くだろう

▼ もっけも~ (4, 0.0%)

1 ないこと, ない品, ねえこと, ねえところ

▼ もってでも~ (4, 0.0%)

3 いるよう 1 いるらしい青年

▼ もってや~ (4, 0.0%)

1 がら, しない, しないよ, しない自分

▼ もっとおく~ (4, 0.0%)

2 のほう 1 の方, までつれこん

▼ もっけな~ (3, 0.0%)

2 顔を 1 場所へ

▼ もったま~ (3, 0.0%)

1 の太い, は大きい, を強く

▼ もったりと~ (3, 0.0%)

1 かかった, した生, 凭れて

▼ もってこそ~ (3, 0.0%)

1 おるが, 生きるはりあい, 表わし得ようけれども

▼ もってしか~ (3, 0.0%)

1 涙は, 芸術の, 購い得ない

▼ もってすら~ (3, 0.0%)

1 充分には, 曹操には, 行われること

▼ もってと~ (3, 0.0%)

1 彼は, 言うの, 言われたの

▼ もっ~ (3, 0.0%)

1 ない事, らしい理窟, をつけ

▼ もっこと~ (2, 0.0%)

1 くわで腕, になった

▼ もってからに~ (2, 0.0%)

1 此の, 母親に

▼ もってからも~ (2, 0.0%)

1 よく面倒, 峯子の

▼ もっ~ (2, 0.0%)

1 云って, 言ったの

▼ もっ立尻~ (2, 0.0%)

1 の様子, を浮かし

▼1* [33件]

もっこから垂らした足, もっこくやの, もっこのような, もっさあアー, もっそり突立って, もったかきわりの, もったって威張るん, もっちゃの末は, もっちょるなら話, もっていうか愛情を, もっていたかれはそんな, もってかぞうるほど, もってからの心得としては, もってけしからぬ次第, もってさえも巡査に, もってちゃあんと, もってということは, もってとかそういう驚き, もってとはいえひどく, もってなえらい不足, もってにしろもの, もってねよく研究, もってばかりいたの, もってわーっと, もってをはりたり, もっときのまま, もっとろくでもない, もっぱらかれらのふところを財源とし, もっぱらでござりましたがいけだ勝, もっぱらとすというもの正にこれ, もっぱらにしておいでになるのだからそれだけでも資格, もっぱらもてはやしたことでござりますからさだめし旦那さま, もっ穿きたる姉