青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「らし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

よろしい~ ~よろしく よろしく~ ~よん よん~ ~ら ら~ らい~ らく~ ~らし
らし~
~らしい らしい~ ~らしかった ~らしく らしく~ ~られ られ~ られず~ ~られた られた~

「らし~」 3299, 36ppm, 3277位

▼ らしかつ~ (922, 27.9%)

738107 たが 15 たので 14 たの 5 たから 3 たと 2 たけれども, ただまつて, たのに

1 [34件] たかな, たかね, たからね, たけど, たけれど, たこと, たせゐか, たぜ, たそれでも, たぞ, たぢ, たで, たですな, たといへ, たほど, たほどの, たよ, たらミシン, たわけ, たんだ, た事, た以前, た別荘風, た子供たち, た彼, た故, た映畫, た時代, た樹, た洋菓子, た電気花火, た頃, た黒革, 生殖能力を

▼ らし~ (550, 16.7%)

8 がある 6 うに眺め 5 があつ 4 が十分, が妙, のある 3 があります, がよく, だ, に思ひ, を失っ, を感じた

2 [40件] があっ, があり, がこの, が人, が恥しい, が根柢的, が溢れ, が確立, だと, であるが, に似ず, に暫く, に紛れ, のうち, のぬけない, の一例, の全て, の拔, の故に, の本質, はこの, はない, は尚, は此, は深まる, は絶対的, も生れ, をこんな, を備え, を失う, を帯び, を復讐, を感じる, を我物, を求める, を痛感, を自分, を見つける, タツチの, 嘲笑し

1 [421件] うです, うに, うにい, うにきよろづき, うにし, うにその, うにのぞき, うにザポロージェ人達を, うに五十銭銀貨三枚を, うに五十錢銀貨三枚を, うに僕を, うに家の, うに息を, うに指さきで, うに樹かげに, うに沢山召し, うに火を, うに目を, うに立つ, うに笑ひかける見知つた, うに義雄の, うに見, うに見た, うに見つめ, うに見詰め, うに覗い, うに話す, うに身體を, うに首を, うに駈け, うに龍子の, からある, からただ, からであろう, からという, からよく, からミチェンコ, から世, から来る, から踏みださぬ, から騒がれ, があった, がいや, がくっきり, がど, がなかっ, がなく, がなくなっ, がひどく, がまだ, がむしろ, が一つ, が一層はっきり, が久しく, が今, が伸子, が先, が出, が分らない, が去った, が取柄, が口惜しく, が可笑しい, が失せない, が好感, が嫌, が嫌い, が少し, が平次, が強く, が感じられた, が手伝っ, が手伝った, が抜けきらない, が早, が残つて, が氣, が流れ, が消え, が測定, が生々, が生れる, が町, が異様, が皆無, が目立っ, が窺, が絶えず, が込み上げ, が過ぎる, が邸内一パイ, が隠されず, が隠せ, が隱, が顔, こそ現状不満, さえ持っ, さえ無けれ, さえ背, そのいのち, それによ, だが, だけで立ちゆく, だけに心, で, であった, である, であろう思わず, でうち, でございまして, でしかない, です, ですぐ, で一杯, で其処, で悌二, で持ってる, で描い, で新, で明るみ, で明日, で曲者, で本因坊戦, で着物, で知っ, で私, で種々, で美事, で衆凡, で袋, で返事, で魅力, というもの, という風, といふもの, とおとろえ, とおなじ, とか明る, とか革新さ, とが目, として一緒, とともにまた, とどこ, とを与えね, とを吾, とを喪っ, とを有っ, とを自分, とを齎す, と一つ, と人間らし, と労働, と堕落, と学生, と愛惜, と憧憬, と気味悪, と汚れ, と直接, と稚拙, と素朴, と落着き, と解し, と貧乏, など, などが皆, などはもう, などは微塵, などは物腰, など晴々, に, にあと, にある, にいささか, にうっとり, にうんざり, にかく, にその, にそれ, にたかる, にだんだん, につけ汝, にはどこ, には何, には違, には違い, にひかれる, にひどく, にほろにが, にみち, にむっと, にも似ず, にも惹かれた, によって毒, によって逆, によつて, によつて毒, によつて逆, にウンザリ, に事寄せ, に係っ, に信頼, に出, に出会, に制約, に却つて私達, に同情, に呆気, に圧倒, に堕した, に帽, に後, に思はず, に思わず, に打たれ, に描いた, に描く, に早速, に曠野, に欠伸, に欺かれかけた, に気がつい, に気がついた, に混, に満ちた, に無理, に生理的, に用, に申分, に目, に相当, に私たち, に絆され, に群れ, に自分たち, に自然, に興, に負け, に身ぶるい, に近づい, に近づいた, に近づく, に闇, に顫, のおかげ, のかぎり, のこもった, のため, のまじりあった, のまだ, のみがあった, のみが与え得る, のよう, の一つ, の中, の似合, の似合わない, の余り, の入りまじった, の入れ, の内容, の制約, の加わった, の印象, の外面, の多分, の好奇心, の愛, の抜け切れない, の本然性, の満ちた, の溢れた, の為, の籠つた言葉, の美, の要求, の重荷, はありません, はある, はおも, はすっかり, はすでに, はもちろん, はアッ, は一つ, は一部, は中国, は主として, は他, は何ん, は充分, は全然, は前, は各, は報告, は少し, は感ぜられず, は拔, は敗戦, は明日, は気付い, は相, は私, は科学, は自分, は藤原威夫, は近所, は非凡, むなしさ, もない, も佐吉, も味つて, も大いに, も思わせます, も板, も濃く, も童, も馴れ, や好奇心, や小, わが慾念, を, をあこがれ, をいわゆる, をからかつて, をこう, をさえ感じた, をし, をしみじみ, をそこ, をそのまま, をたたえ, をはっきり, をもとめる, をも失, をも失っ, をも輝かし, をよけい, をモティフ, を以て急, を以て法則, を保護, を充分味, を共通, を加えた, を取り戻し, を受入れ, を否定, を土台, を増し, を増した, を増す, を売り物, を外人, を多分, を夢, を失い, を失はない, を失ひ, を失ふ, を失わない, を威嚇, を平次, を思いだし, を急, を意識, を愛する, を感じ, を感じさせる, を感じないで, を感じなくなった, を感ずる, を感ぜず, を持ち, を持ち合わせ, を持つ, を描い, を描く, を摸, を此, を消し去った, を獲得, を疎ましく, を知っ, を知り, を示す, を端的, を答え, を精一杯, を紫, を良く, を見, を見る, を調, を調える, を賦与, を起させる, を超越, を身, を追求, 不愍さ, 何といふ, 大嵐など, 女の, 女らしさ, 愛づべき魂では, 或いはどこ, 或は先生, 手際よ, 母に, 母らし, 浅ましさ, 無意味さ君は, 瑞々しさ, 程恐るべき, 美しいもの, 美しさ, 而も, 薄汚さ, 辛棒づよさが出, 頭の

▼ らし~ (526, 15.9%)

18 下さい 13 いた 11 きた 8 来た 7 おいて 6 ある, ゐた 4 ください, ゐるの 3 いたが, いる, いるの, くださいまし, 了ふ, 居る, 私は

2 [30件] あって, あるので, いて, いるので, いるよう, いる私, お一人, これに, しまった, しまつ, その赤猪子, ちょうだいね, またおい, もらって, やつとけふ, 下さいまし, 下さっても, 五里四方の, 君兪の, 威儀を, 居たが, 居るん, 怒りっぽく, 本丸の, 樂と, 永久の, 置いて, 見た, 近くは, 頂戴

1 [368件] ああまた, あたりを, あの小山くん, ありそれ, あるいて, あるが, あるせい, あるだけ, あるの, ある注連, ある竹垣, ある築, いいかげんへこたれた, いい頃, いただきたいと, いただこうと, いたでは, いたと, いたの, いたばかり, いと奧, いらるるよう, いるかの, いると, いるという, いるばかり, いるもの, いるん, いるゴロツキ, いる三抱え, いる事, いる大将, いる菩提樹, いる誤謬, おいたらいい, おきました, おくれ毛を, お前は, お年寄り, お母さまが, お玄関傍, お腹を, かくて, かまわないの, くださいまいりましょう, くださいましたそう, くださいましよ, くださいますならすぐ, くだされたらお, くだされたらすぐ, くだされば, くつきり見え, くる, くるなどという, くるん, くる各種, くれって, くれと, くれよう, くれる, くれるの, くれ受取りの, この絶大, こら, これからすぐに, これだけの, これを, さっぱりし, ざんぶとばかり濁流箭の, しきりに下り, しまう, しまったが, しまった年増おんな, しまはぬやう, じっと西行, じぶんたち, そうしてすまし, そこから, そこに, そこへは, そのこと, そのせい, その人, その折, その方, その男, その話, それで, それでいて子供, それで好い, それで御, それを, そ知らぬ顔を, たおれた通行人, ちょうだい, つぎ合わそう, なかなかここ, ふいと, ふいは, ほという, ほんとうに, ほんとによかっ, また言葉, みた, みんな持っ, もうお, もう六十歳以上, もと来た, もらいます, もらうぞ, やった, やつて, やりたい, やれ, やれといふ, やれ腹いせ, ゆくおみやげ, よこした, わざ, わざわざ出かけ, ゐた事, ゐながら, ゐます, ゐる, ゐると, ゐるほど, ゐるもの, ゐる中, ゐる山, ゐる崖, ゐる感じ, ゐる文明, ゐる蜒蜿, ゐる言葉, アムブロシアの, カーキ色服に, スパーニアに, テーブルに, フォサトゥムと, ベアトリーチェを, ポツケツトに, 一ことも, 一人の, 一目で, 一躍檻外, 三吉の, 三尺の, 下さいって, 下さいね, 下さいました, 下さいましたの, 下さいましと, 下さい室, 下さい憲兵さん, 下さったのね, 下さらないと, 下さる, 下さるだけ, 下されば, 下すって, 下すつて, 並木の, 中に, 之を, 乾いたところ, 了う, 了おうとする, 了つたのです, 了わ, 予の, 二歩三歩帰りかけた, 二階の, 人の, 人を, 人払いの, 仇は, 今度上海へ, 他人の, 休まして, 体の, 何とも仰, 何等人工, 作りたる矢の根形, 來る, 倭建の, 側に, 傀儡師の, 入口の, 再び吾人, 再び寄せた, 冠木門が, 切取った上, 前には, 前の, 剰余あった, 剰余あつ, 匂を, 却ってこちら, 厩には, 去り乍ら, 取る方法, 口を, 古びた祠, 只一口に, 叫び逐ふ, 右の, 呉れた, 呉れと, 呻りたる, 唄ったほど, 唄つたほど, 唇を, 善く琢, 四方から, 四方を, 国に, 売りたがって, 外獣に, 夜の, 夜昼を, 夜通し一人を, 奔走努力し, 奥様と, 好んで, 威嚇する, 嫂さまと, 客が, 室内を, 家々を, 寒月が, 實は, 将来を, 居ります, 居りますこまつたこと, 居るとも, 居るらしく見える, 居る者, 山を, 巧みに, 平坦に, 幽な, 強請始めなすった, 彼方の, 後ろへ, 後纜を, 御退屈, 復奏し, 忍び返しを, 快を, 悪い刺戟, 懊らし抜い, 我らの, 或はこ, 手を, 拂ひ落す, 掃除を, 掴まう, 斯かる, 於いて, 時々ほほほ, 木戸も, 木津さんの, 本丸が, 本当にうれしゅう, 本当に吃驚, 本当に潔白, 来たが, 来たもの, 来たん, 来て, 林の, 桃子は, 極りわる, 次郎が, 止まむとせば, 正路を, 歩いた, 死なして, 母に, 母の, 沈み行く樣, 河の, 浅草の, 浮, 海の, 濠を, 炬燵を, 点在し, 熱の, 物語り怖気, 犬と, 猛攻また, 玉子の, 理に, 生れたお家, 用心する, 皆の, 相視る, 眼を, 瞬きも, 石垣高く, 碧玉を, 磨き上げられた僕等, 福太郎の, 私が, 私たちを, 私に, 私も, 秩父の, 立ち上りなさった, 立ち少し, 立って, 竜之, 縁側に, 置く, 置くばかり, 羅宇の, 聞いて, 背中が, 腹の中から, 自分で, 自分の, 船に, 草のみ, 萌黄まじり, 落第なら, 蒼くな, 薄化粧は, 行くと, 裸に, 見せる, 見たらよい, 見て, 見張って, 詔り, 貰つ, 貰ひたい, 贅澤に, 走り廻っ, 跳び込んで, 躍り出た巨大, 身を, 逆巻く波間, 進む拜殿, 避けると, 還る, 鎬を, 長安に, 間接に, 防ぎます, 静かに, 面白いこと, 頂いて, 頂きたいん, 頂きました, 頂き度, 頂けないでございましょうか, 頂けます時, 頂へと, 頂戴な, 頂戴ね, 飛込みにか, 飛込もうと, 餌を, 首肯いた, 馬忠の, 高見で, 鳴りはじめたとき

▼ らしって~ (133, 4.0%)

7 下すった 3 下さい 2 お前が, お前の, ください, 下すっても, 頂戴

1 [113件] あなたが, あなたは, いた, いただけましょうかしら, いつでも, いろいろな, おじさま死ん, およって, おんえ, お下屋敷, お二人, お寒く, お待ち下され, お心, お足元, お風呂, お風邪, くださいませば, くださらないのに, ごらんに, ご存じない, しきりに何だか書い, しょざいなくおくらしなされましては, そういうお, そこへ, そのおぼしめし, そのお方, そのこと, そのとき, その三つ, その御, それみた, それを, たべ物, ちっとも御, ちょうだい, ちょうだいね, ちょうだいよ, ついこの間, とうとうそこ, ときどき風流, なかなかな, なにかちょっとした, はやいう, ひと晩とまっ, ほんとうに, まだ一枚, みんなを, むっつりと, めしあがれヨー, めったに人, もう宜しゅう, よくおでき, わたしの, わたしも, ミンチン先生と, 一つ召上っ, 七日の, 三由屋で, 下さいましよ, 下さいませ, 下さるの, 下すって, 今の, 今夜中に, 今日で, 何か, 何くれと, 何を, 例えば職工たち, 傷の, 先生は, 全く気持, 大人しく見物, 天下を, 好い事, 彼方此方と, 御加勢, 御存じなかっ, 御寂しく, 御自分, 御覧じろ, 御覧なさい, 御覧なさいまし, 御覧遊ばせ, 御頼み, 急に, 恍惚なすった, 手仕事に, 暫く上人, 楠殿も, 歯医者の, 気乗りが, 沢山お, 沫が, 海の, 煙草でも, 燈火に, 病気は, 目の, 知らないの, 祖母様に, 私が, 私の, 箒の, 翌年には, 色々の, 見て, 見ては, 貧者の, 過失だ, 頓死なすった, 顔を

▼ らしそう~ (123, 3.7%)

11 に眺め 6 に見 53 な顔, にこの 2 な眼, にその, に云う, に佐代子, に茶碗, に見詰め, に覗い, に近寄っ, に顔

1 [77件] なまた, な型, な恐れて, な様子, な眼つき, な眼付き, な視線, な語気, な顔つき, にあたり, にきょろきょろあたり, にこの大きな, にじっと, にじろじろ, にそこ, にそこら, にそれ, にそれら, にとりまいた, にながめ, にみつめた, にキューピスさん, にキョロキョロ, にスウィッチ, に一匹, に世の中, に亀たち, に五人, に伝えられた, に凝っ, に取巻く, に四方, に報道, に外国人, に室, に小屋, に山, に彼, に待受けてる, に息, に感服, に時計, に暫く, に書くまい, に朋子, に毎日普請場, に男, に白い, に眺めた, に眺めました, に眺める, に眺め入った, に眺め出し, に眺め始めました, に眼, に睨め, に窓, に立ち停まった, に立ち騒い, に而, に耳, に聖水盤, に舞妓, に英語名前, に蔦子, に見つめ, に見廻した, に覗きこん, に覗く, に訊き始めた, に訊く, に話し合っ, に調べる, に車, に辺り, に鮨折, に黄色い

▼ らし~ (64, 1.9%)

3 鳴海の 2 中を, 名人と

1 [57件] うえで, おそろいの, しようがなかった, ない口調, はやも, ふき始める, ふく季節と, ような, ように, 半纒一枚, 印籠は, 吹きすさぶ夜, 吹きすさんで, 吹きに, 堤である, 境内には, 声, 声は, 帯の, 幕を, 強く吹い, 手を, 提燈との, 数寄を, 方様や, 日蔭の, 時自宅の, 木綿物です, 木綿物を, 枝に, 模様の, 模樣も, 樣なる, 浮氣もの, 烈しい声, 烈しかった, 煙管である, 番茶を, 盲縞の, 種と, 精巧を, 紫紺の, 紺の, 絣よれよれの, 縞目も, 背戸に, 蒔絵印籠, 蒔絵印籠は, 行方も, 身を, 車路ぞ, 道中この, 部屋着を, 錦絵を, 音, 音も, 風に

▼ らしげに~ (56, 1.7%)

2 好い気味, 室内を, 爺いさん, 眺めた, 言はれ

1 [46件] いろんな形, お眺め, この父子, これら男子青年の, さし覗き數丈の, しかも自分, 中津を, 云つた, 仏蘭西婦人が, 児太郎には, 取り上げたお, 叫んだ, 向ひ, 喚いて, 嗅ぎまわして, 四辺を, 小首を, 廊下に, 彼女と, 後に, 微笑を, 拝んだが, 拝見し, 根元から, 眺めること, 瞻つたのは, 碧水を, 窓外の, 考えた, 藤の, 見た, 見まわし, 見下ろしたまま, 見入らない訳, 見廻した, 見物し, 見詰む, 言い囃さるるは, 話して, 迎えられました, 追うて, 道具箱を, 那れ, 鎖された窓, 門の, 黄色い小さい函

▼ らし~ (31, 0.9%)

2 つた, つて居た

1 [27件] あまりに寒, しずかに, つたらう, つてあちらこちらの, つてるが, つてゐた, つて保存し, つて又, つて喜んだ, つて尊敬する, つて数日の, つて附近の, つて順ぐりに, できない, ふいて, サーと, 十ばかり, 吹いたとて, 吹いて, 吹きすさむ, 吹きぬけるよう, 吹く, 吹く或, 欲しいと, 欲しくて, 目を, 萩や

▼ らしむる所~ (30, 0.9%)

3 である 2 なり, にし

1 [23件] か譯者, か頭, がある, だが, だね, であ, であった, であったよう, であらう, でありませうが, であろう, であろうか, でしょう私, とでわたし, とはいえ, ならん, なりと言わざる, なるが, なるべしと, にいれ, によって実践, に歸, に相違

▼ らしっても~ (23, 0.7%)

2 いいわ

1 [21件] いきなりここ, お毒, お酒, このお子さま, びっくりなすっ, びっくりは, まだご, わたしの, 一歩裏へ, 僕たちに, 少しする, 少し我慢, 御国からは, 御隠居, 手を, 折合が, 晴れて, 村中の, 皮膚は, 落ちつけっこありませんわと, 面白いこと

▼ らしながら~ (20, 0.6%)

1 [20件] いくら頼ん, いそいで, いちも, おずおずと, ののしった, マンハイムは, 七日の, 二三回まわった, 今も, 北進せよ, 四五百メートル先の, 念を, 我先にと, 日向ぼっこを, 正勝, 毎日麻布林念寺前の, 濁聲, 自分の, 言った, 降りて

▼ らし~ (19, 0.6%)

2 いて

1 [17件] いってね, いふに, かねて思へ, したもの, しない, するも, なりぬ蝸牛, なると, 云う数寄, 思はる, 成す秋, 見つその, 見て, 見入りて, 見入れば, 言う者, 違て

▼ らし~ (19, 0.6%)

1 [19件] お高さま今日, つた, ムク犬が, 何に, 何風に, 十兵衞が, 向うから, 大月玄蕃柳原土手では, 宇治山田の, 寂しや, 文角ぬ, 水品陣十郎我等兄妹を, 瀧口此程より, 石川五右衛門殿, 聯合艦隊, 臼や, 裸男が, 醤買石であった, 雀どの

▼ らし~ (18, 0.5%)

2 持って, 食うもの

1 [14件] きかしゃがらあ, したらどう, すりこんで, やって, 大いに怖, 子供達に, 少しずつ, 思いきりよく, 恐れるよう, 日が, 砂利すく, 立てつづけに, 買ったり, 買って

▼ らし~ (17, 0.5%)

2 な視線

1 [15件] だった, な又, な受動性, な可, な声, な扮飾, な様子, な男, な目, な眼, な眼差, な色合, な風情, のない, もなく

▼ らしつたの~ (16, 0.5%)

2 が思はず知らず, ですもの, よ 1 かと思つたの, でございませう, ですか, ですから, でネ, にネー, は, はお, を私, を見た

▼ らしつて~ (15, 0.5%)

3

1 [12件] あんまりお目にかかる, いいので, からあなた, は, はいけない, はきり, は分りません, まあ皆さん, またお母さん, もこの, も周囲, も真底

▼ らしても~ (14, 0.4%)

1 [14件] あなた, あんなに可愛, しかるべき程度, しのぎよい, しばらくは, よいでしょう, 他に, 何の, 戦争の, 決して可笑しい, 直ぐに, 相手の, 私に, 関は

▼ らし~ (14, 0.4%)

1 [14件] させい, して, するの, なって, なるの, なる歌, まぎれ消, 出た, 吹かれて, 吹かれ戦闘, 吹きあは, 思い立ちけり神, 来て, 白髪かきたれ来る

▼ らしたり~ (11, 0.3%)

2 した 1 したいん, したと, したの, して, し御, 急に, 殴り合わしたり, 淋しかったり, 鬚を

▼ らしむる~ (11, 0.3%)

1 [11件] に一樹, に因る, に由る, に至る, に足らん, のみである, はこの, も, を悟り, を知れ, 如く見えたり

▼ らし~ (11, 0.3%)

2 たん 1 たじゃ, たら, たらどう, たらまた, たら何時の間にか, た自分, ちゃおさ, て, てよ

▼ らし~ (10, 0.3%)

3 沈んで 2 見えて 1 もない, 包み隠さずして, 生きて, 見せられた覚え, 飾った店附

▼ らしっては~ (10, 0.3%)

1 いけませんよ, お召が, かえって, それこそ, 分りません, 厭, 困ります何処, 話しも, 誰でも, 間代を

▼ らしめん~ (10, 0.3%)

3 とする 1 とし, とす, とするなり, とて, と欲, と欲す, と蓋し

▼ らし~ (10, 0.3%)

1 な人形, な微笑, にもの, に寄り, に此状, に江戸児, に眺め, に街頭, に見送っ, に面

▼ らしくも~ (9, 0.3%)

4 ねえ 1 うれしくも, ねえと, ねえと言う, ねえ未練, ねえ鉄砲

▼ らしつた~ (9, 0.3%)

1 からお喋り, じや, でせう, では, と一遍, と見え, と言, ばかりです, 御本

▼ らし~ (9, 0.3%)

2 に左 1 な主題, にこの, にし, に乗合, に其周圍, に眺め, に見

▼ らしけれど~ (7, 0.2%)

2 何にも, 御寵愛 1 いかにも脊, 実は荒廃, 気がついて

▼ らしめし~ (7, 0.2%)

1 に過ぎず, はわが, は乃ち彼等, は何, も一向さらに, を以て太祖, を忘れし

▼ らしくさう~ (6, 0.2%)

4 言ふ 1 いふ恐ろしい, 言ふと

▼ らしその~ (5, 0.2%)

1 ためだった, 二本の, 先を, 幅は, 梢に

▼ らしてから~ (5, 0.2%)

3 油火の 1 はっきりし, 殊にそうな

▼ らし~ (5, 0.2%)

1 はやらず心, わたしどもの, 其智勇絶倫に, 烈しいもの, 蜜柑と

▼ らし~ (5, 0.2%)

1 へんか, へんぜ, へんの, 菊は, 青くも

▼ らしむる所以~ (5, 0.2%)

2 のもの 1 だと, であろう, ではあるまい

▼ らし~ (5, 0.2%)

1 りて, り集會, るもの, る使命述, る我

▼ らし~ (5, 0.2%)

5 の中の島

▼ らし物好き~ (5, 0.2%)

1 であったから, で駒形, の愚慢病, の文明開化人, の椿岳

▼ らしちゃ~ (4, 0.1%)

2 いけません 1 済まないじゃ, 間違いだ

▼ らしつつ~ (4, 0.1%)

1 あるという, しかし誰, 出してたうべし羊羹, 彳んで

▼ らしては~ (4, 0.1%)

1 いるが, ならぬのみか, 下さいますまい, 打消して

▼ らしまた~ (4, 0.1%)

1 めぐまるゝによりて喜び多し, 叔父の, 山道を, 東南へ

▼ らしむる処~ (4, 0.1%)

1 か訳者, でもございましょう, で親子諸共, ならん歟

▼ らし~ (4, 0.1%)

3 です 1 からほっと

▼ らし~ (4, 0.1%)

1 て, ていつぞや, ても此, てよ

▼ らし~ (4, 0.1%)

4 のみな

▼ らしさとは~ (3, 0.1%)

1 そのやう, 全く別, 私の

▼ らしたる~ (3, 0.1%)

1 が如き, のみにて糞壺, は不幸

▼ らしってから~ (3, 0.1%)

1 いつもの, もうよっぽど, 今日で

▼ らしてあつ~ (3, 0.1%)

21 て部屋部屋

▼ らしとても~ (3, 0.1%)

2 子は 1 振か

▼ らし~ (3, 0.1%)

1 の上っ張り, の古, の胴羽織

▼ らし~ (3, 0.1%)

1 つと, なりずむに囚, なりずむの訳

▼ らしよく~ (3, 0.1%)

2 そよぎつつ 1 生ましけり

▼ らし四方~ (3, 0.1%)

2 の中央 1 に六門

▼ らし~ (3, 0.1%)

2 吹き立つ春さき 1 は明し

▼ らし目隠し~ (3, 0.1%)

3 に枳殻

▼ らしあや~ (2, 0.1%)

2 に愛し

▼ らしいくら~ (2, 0.1%)

1 ゐ沢山, ゐ素直

▼ らしいま~ (2, 0.1%)

1 づい遣り方, まで力紙

▼ らし~ (2, 0.1%)

1 つた, ッた

▼ らしくし~ (2, 0.1%)

1 やくり, をれ

▼ らしさうな~ (2, 0.1%)

1 ことを, 顔付を

▼ らしたま~ (2, 0.1%)

1 くしげ二上山に, ひぬ

▼ らしちや~ (2, 0.1%)

1 ならねエ, 済まないぢ

▼ らしつたな~ (2, 0.1%)

1 梨枝子と, 檀那

▼ らしつた遣戸~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ らしてさ~ (2, 0.1%)

1 往生した, 心臓や

▼ らしとて~ (2, 0.1%)

1 ぬきと, わざわざゆきし

▼ らしとは~ (2, 0.1%)

1 このこと, 本此世

▼ らしとや~ (2, 0.1%)

2 思へばか

▼ らし~ (2, 0.1%)

1 さ, 話さ

▼ らしむべ~ (2, 0.1%)

1 し知らしむべ, し而

▼ らしむるためには百姓~ (2, 0.1%)

2 を柔順

▼ らしむるところと~ (2, 0.1%)

1 考えられも, 諦めるより

▼ らしむるところとして~ (2, 0.1%)

1 まずよろしい, まづよろしいが

▼ らしむるところにして~ (2, 0.1%)

1 その趣, また事柄

▼ らしむるところにて~ (2, 0.1%)

1 その人, その罪一個

▼ らしむるの~ (2, 0.1%)

2 である

▼ らしむる事~ (2, 0.1%)

1 なし, に定め

▼ らしもの~ (2, 0.1%)

1 とみえ, になった

▼ らしやつ~ (2, 0.1%)

1 た, たかね

▼ らしん儀~ (2, 0.1%)

1 のとりつけ, の表

▼ らし~ (2, 0.1%)

2 のひと

▼ らし~ (2, 0.1%)

2 を説く

▼ らし~ (2, 0.1%)

2 は涼し

▼ らし初め~ (2, 0.1%)

1 たので, 突然精神

▼ らし医師~ (2, 0.1%)

1 を迎, を迎えよ

▼ らし向山~ (2, 0.1%)

2 の地震

▼ らし~ (2, 0.1%)

1 をもっ, を自分

▼ らし~ (2, 0.1%)

1 おろおろに, たけき

▼ らし~ (2, 0.1%)

2 のふけ

▼ らし天づたふ日笠~ (2, 0.1%)

2 の浦

▼ らし子ら~ (2, 0.1%)

1 が円ら眼, が圓ら眼

▼ らし~ (2, 0.1%)

1 の峠嶮峻, の際

▼ らし~ (2, 0.1%)

1 によってその, をする

▼ らし春野~ (2, 0.1%)

2 の菟芽子

▼ らし~ (2, 0.1%)

1 を咬み鳴らし, を喰いしばっ

▼ らし~ (2, 0.1%)

1 り今や現に, る命

▼ らし物喰~ (2, 0.1%)

2 ひの

▼ らし~ (2, 0.1%)

2 にさす

▼ らし白妙~ (2, 0.1%)

1 のところてんぐ, の衣

▼ らし目隱~ (2, 0.1%)

2 しに

▼ らし真木山~ (2, 0.1%)

1 のこの, や隣る

▼ らし草分~ (2, 0.1%)

2 きに

▼ らし~ (2, 0.1%)

2 の戸の

▼ らし~ (2, 0.1%)

2 がねのきこ

▼ らし餅搗き~ (2, 0.1%)

2 をる

▼ らし~ (2, 0.1%)

2 の小

▼1* [360件]

らしあるいは書物をも, らしいすが, らしいそぶりをみせる, らしいにしへもしかなれ, らしいやらし, らしえらばって, らしまつせ, らしおやという顔, らしお高頭巾を, らしかく坐しき天皇, らしがたき心地が, らしくぐつと押える, らしくさし向いに, らしくし生活に追われ, らしくじつくりこれ, らしくつきこんだハンカチ, らしくめとつた後妻, らしくもこと新しくも, らしくも一葉は島田髷, らしくも一面の銀世界, らしくも二階の食堂, らしくも口も共に, らしくも病秋兎死君から, らしけど友田は, らしげにしばらく眺めて, らしげにじいっと桃の, らしげにじろじろ見るの, らしげにちらと客, らしげに当てどもなく, らしこのきり雨を, らしささへなけれ, らしさと云われて, らしさというのが, らしされども其聲, らしさ横溢のもの, らししのすすき招く袂, らししょうがふきのとう, らしぎてはづかしいや, らしすがすがし唐黍の, らしそして山気は, らしそのものとともに忘, らしその後から中江, らしその間には用水堀, らしそれのない, らしただ一枚の, らしたってね, らしたらしくエリの, らしたる電火的革命家も今, らしたんぢやない, らしっけえ団子, らしったらしいのね, らしってからというもの, らしってさそれが, らしってねみんなを, らしってのお話しに, らしつたお母さまつてお聴き, らしつたぢやありません, らしつた払増しが余り, らしつた時からご, らしつた樣子で私, らしつた男の友人, らしつた訳もそれで, らしつてお通夜をなすつ, らしつてそれが今, らしつてちくッと南京蟲, らしつて一日とて油斷, らしつて小石川のお, らしつて帰りに新宿, らしつて平生の通り聴, らしつて朝おつ, らしてというわけには, らしてはと勧めました, らしでもやつて, らしとある旅人が, らしという型の, らしといふ石が, らしとこそ歎きしか, らしながらも正面の, らしなく消光し, らしなどして, らしにて暖炉の, らしびをより出し, らしふつうの町人, らしふりつぐ雨, らしほとんど舷に, らしまだいねで, らし包みて, らしむにやむにやとお口の内, らしむるかは不明であるが, らしむるからではなくて自分の生, らしむるからで桐棺三寸衣裳三領が古, らしむるか他の何, らしむるか記性が然, らしむるが為に戦はし, らしむることをもって己れの, らしむること勿れ我記念, らしむるぞや又若し, らしむるためと知らずや, らしむるとおりに王党で僧侶派, らしむるところいわばその, らしむるところかそれとも浄魔秘経, らしむるところか谷を埋め, らしむるところだった私は有明荘, らしむるところだと云えないだろうか, らしむるところであつて直ちに個人, らしむるところでありしかも彼, らしむるところでありまして申そうに感激, らしむるところであるから如何ともする, らしむるところで人類共通の一般習性, らしむるところで我々のあげつらうべき, らしむるところとしてまづ御身を責められ, らしむるところとでわたしは従来自分, らしむるところとは申しながら, らしむるところとは言へその, らしむるところと大雑把に一言, らしむるところにて人力にあらず, らしむるところ一度は陥るべき, らしむるところ人民字を知る, らしむるに宜しきを, らしむるにあらざるに似たり, らしむるにはあらずして皆な天命神意, らしむるには余りあること, らしむるによつて來ると, らしむるのかも知れない, らしむるので有らうか, らしむるのであらうと併し是, らしむるのであるから古ならば, らしむるのであろうと思う, らしむるのでは無いやう, らしむるので心理の然, らしむるので生理の所攝, らしむるものである, らしむるものあってかと驚かされた, らしむるものであって両岸, らしむるものであるから織田有楽の工夫, らしむるものにあらざるも朝に暮, らしむるものも利秋である, らしむるもの一にこの, らしむるもの前方溪の通ずる, らしむるやう造りたるもの, らしむるゆえんのものはロンバード街の貨幣市場, らしむる原因であるという, らしむる實情がない, らしむる徳川征夷大将軍も一, らしむる所これを待遇, らしむる所一歩を進め, らしむる所教權の統一, らしむる所腐敗の極度, らしむる所自分ながら又, らしむる汝の願, らしむる活滑なる器度, らしむる牙城となる, らしむる等実に奇々怪々, らしむる経世的器度においては阿部, らしむる結果になっ, らしむる鏡なれは, らしたること, らしめしものと見, らしめばやと外目, らしめんことを説き, らしめんためこの河, らしめん事を欲, らしめ急に球, らしめ給ひぬ, らしめ給ふところであ, らししない輕, らしゃった時祖母さんがあんな, らしゃなどが煙にまじっ, らしゃめんというけれどいかに西洋人, らしゃめんなんて悪口を言う, らしゃめんにするとって私を横浜, らしゃめんにでも仕立てて, らしゃめんにもなかなか先方に好み, らしゃめんの口を一つ, らしゃめん向きに出来, らしゃるうちに来たん, らしゃるのね通りからそれ, らしやじつと此方, らしゅうござりましてほかの人たちはその, らしゅうござんしたから正体が分っ, らしゅうござんすぞね奥さん乳の出る, らしわが素膚なる, らしがッ, らしツたんでせう, らしレーニンは之, らし一〇キロあまりで着いた, らし一人がその, らし一度に躍りあがる, らし一房くださいと, らし一間ばかりの細い, らし一面の市外, らし七草の里, らし滴らしの, らし中腹には迷路, らし五千の兵, らし五間十間ぐらいの距離, らし交際を広く, らし今日の人, らしから余り影響, らし居る雲, らし何ごとも望み, らし何一つ成らぬという, らし侍婢に命下し洗, らし俯伏して, らし俸給を定規, らしへばそ, らし六波羅中も戦争以外何, らしの海鳴り, らし冷たい寒ながらにかに, らし勝手な節, らし勝頼公のお, らし十六日には長駆, らし厚硝子の大, らしな, らしに泡, らしも然, らし古き像にて, らし吊り橋をわたし, らし味方の頽勢, らしを寵辱, らし和親貿易条約のため, らし四度にいたり, らし土塀の外, らしのぼり来し, らし報酬の多寡, らしの上, らしの中, らしされば, らし夕さりくれば, らし夕づつのかげを見よ, らし夕狩に今, らし外山なるまさき, らし大根おろしと言, らしつ袖, らし天下をし, らし太股を現す, らし奴等は祈る, らしには十余人, らし安兵衛はお, らし安兵衞はお, らし貧しきに, らし尊氏の本営, らし小夜ふけて, らし小屋掛を造つて居, らし小林に刈ら, らし山襞の赭, らし山鳩の栖処, らし左門の方, らしに蓋, らし年頭の回礼, らし広き汐騒, らし廊下で繋い, らしわされる, らし彼大臣一人の外, らし彼等は二週間定, らし執らしの, らしを労し, らし悠然と床几に, らし愚痴がのませる, らし或はうごくに, らしを固め, らしにペン, らしそれに, らし数多い白堊の, らしを経り, らし日向辺の物, らし易いものだ, らし昨夜よりはいくらか, らしを法, らし暮猟に今, らしに出で, らし木の間洩る月, らしの若い衆, らし来訪せられし時, らし東西四里半南北はごく, らしに縋り, らしでも植え, らし棒杭を立て, らしの音, らしをきけ, らし正義の観念, らしと彼, らし此事果れば, らし此邊凡て燃石なりとあり, らし毛氈を敷い, らし気まぐれに乗った, らしに此状, らしに臨んだ, らし注射を打たなけれ, らし浅間はわかず, らし温泉の山, らし滋賀の唐崎, らし灯の, らしあがりしきり, らしゐるこゑ, らし猛犬を餌, らし猿その他の動物, らし玉うの類なり, らし王者は山上, らし由布のかきくもり, らしとも申される, らし病人の, らし白梅の盛りなるらし, らしの, らしに左, らしすべきを, らし眞木山や隣る, らし着物買って, らしの橋, らしもそこ, らしに浮き, らしをぽっと, らし竹帚にてその, らしの葉むら, らし筑波おろしそういう, らし細事を推し, らしの風呂敷, らしたけき, らしを聳, らしを引い, らしよごれ鼻, らし自然に他, らしがある, らし芽独活ほりつつ, らし芽立湿れり, らし若しくは技人を, らしの葉, らし草負ひて, らし蒼白な顔, らしなどを窓, らし藁屋根の庇, らしを視る, らし虚飾を剥がれず, らし蝦夷松疎く雲, らしをほし, らし貴公子は狩獵, らし赤うなる, らし赤くてお, らし農夫は鋤, らしに彼, らし遊女薄雪をし, らしと小児, らし酸漿市の戻り, らしの夜寒, らし陶土のパイプ, らし階級對立を調停, らし雁が音の聞, らし難いからです, らしのこる, らしり来る, らし濃し, らし青き空見る, らし青海の簾, らしの浦, らし立てて, らしに眺めた, らし飯酒を供え, らしを燒, らし高い櫓を, らし鳴りをひそめ