青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「らく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

よろこん~ ~よろしい よろしい~ ~よろしく よろしく~ ~よん よん~ ~ら ら~ らい~
らく~
~らし らし~ ~らしい らしい~ ~らしかった ~らしく らしく~ ~られ られ~ られず~

「らく~」 2716, 29ppm, 3997位

▼ らく~ (386, 14.2%)

10 言葉も 5 その評判, 外に, 茫然と, 馬の 4 茫然として 3 口が, 口も, 呆氣に, 唯茫然, 彼は

2 [37件] その哀艶, その門前, それを, 両手を, 二の句が, 何にも, 何も, 何んの, 信一郎の, 凝然見, 夫人の, 失神した, 強い緊張, 彼が, 我を, 手の, 払つても, 拂つても, 明日の, 未だ之, 沈黙が, 父の, 物も, 生くる, 相対し, 眼が, 眼を, 見詰めて, 言葉が, 語に, 誰もが, 赤松の, 返事が, 開いた口, 開いて, 階段を, 顔を

1 [263件] あいた口, あったけれども, うんがの, おれの, おん身は, おん身はか, お待ちしました, かの如来大慈大悲, かんじんな, きり出し兼ねた樣子, きり出し兼ねて, ここらを, この原文, この左膳, この袷, この際, これも, これ龍宮の, しゃがんで, すべての, その人, その伝, その噂, その情熱, その新鮮さ, その月日, その米俵巻絹世, その紙幅, それでも我慢, それに, ただ努め, たまの, ついに阿波, つい先の日, どうの, どちらも, むづかしい字を, らくだが, わたくしは, われ未だ, ゲルトが, ノタ打ち廻りました, フトお, ボンヤリし, 一と, 一切が, 一室に, 一方の, 一時的の, 七十位だらう, 中入りに, 中宮天極の, 予の, 人々猶, 人氣の, 人間の, 今, 今ぞ, 今日を, 他愛も, 以前より, 伊豆の, 何人生きのこる, 作者の, 停める者, 偸食の, 元日気分との, 兄へ, 先生を, 全体の, 兵少なく, 其の叙, 其の微, 其名を, 冷酷な, 凝然として, 出来るだけ, 切出し兼ね, 判断に, 勉めよ昔漢高, 動きも, 口さえ, 口さへ, 同じ名, 君未だ, 吸わなかったが, 吾人の, 命が, 唸つて, 啜り泣きの, 国民性を, 夜の, 夢が, 夢見る心地, 天津教も, 天魔波旬の, 嫌ひだ, 嬉し泣きに, 存在し, 安全だった, 宋代の, 宝石を, 実扶的利亜, 寄付く者, 少しく古今, 平常の, 広寒清虚, 座に, 庭草の, 庭裏ただの, 庵室の, 引く所, 彼には, 後が, 後を, 心医と, 応真若, 快便, 快活な, 念じて, 怖がつて, 恍然として, 恐ろしい混亂, 息を, 悲しそう, 悲歎と, 想像にも, 所期の, 手を, 手放しで, 払っても, 挨拶に, 揉み合, 敵味方必死と, 斉泰黄子澄の, 日向の, 昔国中の, 暇で, 暫くする, 書を, 杏所には, 来るで, 梅花は, 榛軒は, 樊半山に, 橋立川の, 機械は, 止まなかった, 此事件に, 此言に, 歸つて來ません, 死物狂いで, 残虐を, 氷の, 永遠の, 汝とつがず, 江戸へ, 江戸中を, 沙汰止みで, 泊り込みの, 泣いて, 泣き出しさうな, 泣き沈んで, 浩の, 涙ぐましく俥, 涙も, 涙を, 淀む行列, 淋しい道, 淡島様の, 渦を, 満足に, 潔く, 焼けた材木, 煙草の, 物をも, 獣が, 玄関へ, 玉の, 発見した, 白樺の, 皆空家であった, 目守りたりけり, 目白の, 相与, 眞つ, 眩ゆき, 眺め入りました, 眼の, 睨み据ゑて口も, 知って, 石崇を, 祝言どころの, 私の, 私は, 私も, 私自身が, 秘密である, 立ち竦みました, 立去らぬ, 節遲き, 紅涙の, 義務感という, 耳を, 自ら知る, 自分の, 自分を, 良い師, 花道で, 苦業者こそ, 荒い息, 萌ゆる, 薄れて, 虚無の, 袖を, 裏の, 裏へなど, 要路に, 見て, 見當, 言わば自業自得, 許せ, 話とぎれ, 誰も, 資料乏しく, 起き上がれなかつた, 起き上る気力, 起き上れません, 踏台の, 身を, 身心が, 辮髪が, 辯解の, 辻斬の, 迷つた樣子です, 迷つて居る, 通篇儒生の, 道は, 道化た, 遠慮し, 酒が, 醫家方術家等の, 金婚式を, 闇と, 陛下深, 陳が, 静まらなかった, 静まらなかつた, 靜かに, 音楽の, 頃者内幟の, 頭を, 顏も, 顔見合せ, 飲むまい飲みたくも, 驕るもの, 髪が, 鬱陶しい沈默, 鳴りも, 默つて潮時を, 默りこくつて, 黙って, 鼻をも

▼ らく~ (191, 7.0%)

20 間は 5 間その, 間に 4 あいだは 3 後には, 辛抱だ, 間を

2 [14件] お別れ, と何方, ながき朝夜, も可, 伴侶たるべき, 後いつか胃の, 後僕の, 間また, 間信一郎は, 間天井と, 間本当に, 間興味の, 間言葉を, 間近づい

1 [120件] あいだ口を, あいだ眺め, あいだ見, あいだ輾転反側し, あいだ静かである, あひだためらつて, うちに, こと私の, こむといふ, さわぎのさいちゅうアッ, だ, である, です, は野暮, ものでございまし, も一國, やうに, やりそう, ゆくす, を自慢, 事でした, 事件の, 冬を, 別れであった, 声, 妙音鳥も, 字なりに, 安しとかもよ, 家へ, 寂しごころ, 島の, 後, 後の, 後井上玄蕃は, 後姿を, 念仏, 恋, 恋みたいね, 我慢だ, 我慢を, 我日本の, 手に, 持つて, 旅に, 時間が, 暇を, 暇乞を, 末を, 格である, 気まぐれな, 汚なき姿, 注意で, 滞英, 猶豫, 瞼は, 聞此家に, 肩に, 謹愼を, 辛棒だ, 連多く, 道ハ戦する, 閑日月を, 間, 間あがった, 間あたりを, 間あの, 間お, 間お前さんが, 間お待ち下さる, 間この, 間じっと, 間すべての, 間そんな, 間だ, 間だまつ, 間で, 間という, 間どう, 間オクサーナは, 間モモと, 間二人の, 間仕事に, 間何處に, 間何處にも, 間八五郎に, 間八五郎は, 間八五郎親分に, 間口惜し, 間四十年見なれた, 間外相を, 間夜の目も, 間大きな, 間寿美子の, 間平次は, 間彼等は, 間御, 間懐し, 間本所の, 間熱る, 間犬を, 間生き, 間皆は, 間真面目顔に, 間眼まぐろしく, 間神田と, 間粘, 間縄を, 間胸に, 間臥ながら, 間船は, 間苦しい, 間見, 間誰も, 間貸して, 間起ち, 間釘付けに, 間颱風の, 間黙然として, 齡にも, 齢にも

▼ らく~ (128, 4.7%)

6 て, てから 5 て北の方, て四五人 3 て再び, て出 2 てから沈黙, てくる, て信一郎, て又, て戻, て発作, て神尾主膳, て馬賊

1 [84件] てうなだれた, ておいた, てからさく子, てからだった, てからやっと, てから一匹産落し, てから再び, てから単行本, てから帰っ, てから帰つて, てから急激, てから源右衞門, てから矢張り無言, てくれません, てすやすや, てみせる, てもらう, てやつ, てアラ, てカンテラ, てコンクリート, てコンラ, てパチパチ, てリグレイ印, て一人, て両脚, て中村係長, て主任, て今の, て伯母さん, て先つき妹, て兵卒, て其形影, て友, て取出し, て只一人, て台所, て夕焼け, て大島, て夫人, て妻, て姿, て宇宙怪人, て家, て家中, て小さい, て山彦, て年老いた, て彼, て後藤, て忠作, て思ひ直した, て或, て扉, て打越金, て按摩, て旅, て昇, て杉浦, て来, て来た, て横, て櫓, て歸つて來, て漸, て狐, て町, て眉, て立帰り, て紀, て縁側, て訊ねた, て足音, て踊り草臥れ, て轟然, て闇, て雨, て雪子, て霧, て静か, て顔, て高, ながら帰京, 柘榴の

▼ らくする~ (85, 3.1%)

4 うちに 3 とまた, と平次, と彼 2 とお, と八五郎, と太い渋い

1 [66件] がいい, とあの, とこつち, とそこ, とその, とそれ, とど, とどこ, とまわり, とガラツ八, とコトコト, とボンヤリ, とワツ, と一人, と一同, と一寸法師, と一時鎮静, と下, と五郎助, と仁右衛門, と今度, と何, と何やら, と何時の間にか, と信之, と六角, と再び, と動亂, と叔母さん, と合圖, と圭一郎, と場内, と大膳正, と女, と女中, と女主人, と山崎氏, と復, と必死, と思い切った, と恐ろしく, と患者, と支那蕎麥屋, と梯子段, と水だらけ, と沼南, と淋し, と疾風, と縁側, と自分, と豊年, と赤羽, と道, と部屋, と醉, と金之助, と鍋, と階下, と音, と魔子, と麓, んだい, 中に, 内に, 刑事の, 頽嵐と

▼ らく~ (50, 1.8%)

5 んです 2 んだ, 気持で

1 [41件] うたを, ことだが, だけ, だけにきよ, のかも, ので, のである, ので嬉しい, ので行く, のね, もの, わけだ, ンでございます, 中流人的文学とは, 今までの, 会合などでは, 体つきに, 処の, 姿勢に, 席に, 当座の, 感じだった, 所は, 方である, 旅の, 旅を, 時には, 暮しを, 気もちで, 気もちに, 気分で, 気持ちで, 気持に, 気持も, 点から, 稼業は, 身分に, 連中を, 道を, 道好きな, 雰囲気を

▼ らく~ (49, 1.8%)

3 なって 2 して

1 [44件] おいで, くらさうでは, ぐっすりおよっ, させて, したまえ, すること, するため, すわったら, その日, ついて, なった, なったが, なったので, なったよう, なった青江三空曹, ならざりじつと, ならなかった, なられた, なるけ, なると, なれるもん, ねられる, ものを, やる, 働き彫刻師, 出る次, 出来るが, 口説いたり, 娯樂の, 就いて, 接して, 散読, 暮して, 暮らして, 服み, 死なせて, 浮いてるん, 済ませると, 至つた, 行くかも, 表わされる, 話の, 責任を, 遊ぶ渡辺

▼ らく~ (47, 1.7%)

5 山は 4 あつた 32 亭主と, 人の

1 [31件] あっちに, ええけん, かねて, げす, ことごとく手, とても嬉しい, ひととおり背後を, また柳橋, よた, カッポウ着を, 一二年も, 一同の, 不覚にも, 何も, 参るか, 味覚の, 大学へ, 嵐の, 快適な, 急いで, 愛だの, 日本が, 朝から, 歯を, 気が, 気持がい, 知るが, 立憲政治の, 良い, 調度や, 逃げ帰って

▼ らく~ (33, 1.2%)

2 明りたのめ

1 [31件] いかせる, うけたもの, させて, したいと, して, し金まわり, する, するひま, たぎる湯玉, つけた, とったこと, とらせなければ, とり地下道, とること, はじめたの, はじめたらすぐ, みよ, 下心には, 卵に, 呼ぶこと, 幽かに, 心慄へ, 歌つて門に, 灯に, 知らに, 見せつけられると, 見たの, 見て, 見ると, 見れば, 貴重な

▼ らく~ (26, 1.0%)

10 安らかなる 3 あらう困つた中 2 離れずに

1 [11件] うれし, ぐもぐとやって泥だらけに, ぼんやりし, わたくしは, 休むこと, 安からなく, 幽かな, 爰を, 身辺を, 鍋を, 長閑に

▼ らく~ (20, 0.7%)

2 もと古りし

1 [18件] おどおどし, き帖, させたいと, ただの, ついて, どのくらい, コサツク帽を, テーブルを, 一日に, 一過の, 全然とれなくなった, 名刺を, 教わったもの, 派手な, 玄関に, 現はれる, 立つて, 電球を

▼ らくこの~ (18, 0.7%)

1 [18件] 假説を, 凄じ, 列記の, 哀れな, 国民は, 場の, 娘が, 平次に, 座敷牢の, 建築よりも, 日露両国を, 淡路島の, 界隈に, 竜女半月中三日斎法を, 道場を, 部屋で, 顧みられなかった旧, 飛上がりな

▼ らく~ (18, 0.7%)

4 を閉ぢ 3 も利けなかった

1 [11件] が有ったら, のあたり, も利け, も利けず, も利けません, も塞がりません, を利く, を噤ん, を噤んだ, を緘, を閉じた

▼ らく~ (16, 0.6%)

2 すれば, 申す

1 [12件] いいもはや, 入れ違, 否と, 命けた, 奏す, 悦子とは, 相なった, 窓の, 義雄と, 西洋窓の, 見えます, 遠くの

▼ らく考え~ (15, 0.6%)

5 ていた 3 て居た, て居りました 21 ている, て居る

▼ らくお待ち~ (14, 0.5%)

2 を, 下さい, 下さいまし 1 をと言っ, を願, を願います, 下さいお話, 下さいな, 下さいますやう, 下さい直ぐ, 下されたい

▼ らくその~ (13, 0.5%)

1 [13件] 不快な, 中に, 中を, 交親に, 人は, 写真を, 前の, 年その, 意味を, 男を, 術に, 額面に, 顏を

▼ らく待っ~ (13, 0.5%)

2 ていた, ている 1 て, てい, ていただけない, ていなけれ, てくれ, てみ, てみる, て下さい, て居た

▼ らく無言~ (13, 0.5%)

2 のま

1 [11件] でい, でゐる, で呼吸, で川岸, で睨め合っ, で見, で車中, で部屋, で酒井, のエキスタシー, の睨み合い

▼ らく黙っ~ (13, 0.5%)

8 ていた 1 ていらし, てすれ違う, て居た, て歩いた, て進む

▼ らくでは~ (12, 0.4%)

4 なかった 2 ない 1 あつた, すべも, ないが, ないので, 尋常な, 襖を

▼ らく~ (11, 0.4%)

3 の間 1 が繁っ, にも思われる, の中, の小道, の影, の茂み, の蔭, を警部

▼ らく樣子~ (11, 0.4%)

7 を見る 3 を見 1 が見たい

▼ らく默つて~ (11, 0.4%)

2 居りましたが 1 ながめて, なよ, ゐた, ゐたが, ゐて, ゐてから, 居たが, 歩きました, 見て

▼ らく~ (10, 0.4%)

2 見えに 1 かくまいなすって, 孃さんを, 庭で, 忘れかえ, 暇を, 糸の, 雪にも, 預り申します

▼ らく~ (10, 0.4%)

5 を詰める 1 を休めた, を入れました, を吐く, を吹返, を呑ん

▼ らく立っ~ (10, 0.4%)

4 て見 1 てい, ていた, ていました, てから三代目桜田治助, て景色, て様子

▼ らく經つて~ (10, 0.4%)

2 から 1 からで, からまた, から爲五郎, から物音, から離屋, もひつそり, 淋しく歸つて, 漸く引上げ

▼ らく待つ~ (9, 0.3%)

1 ておく, てくれ, てもらつ, てもらひた, てゐた, てゐる, て下さい, て下さいません, やうに

▼ らく~ (9, 0.3%)

2 辛抱し 1 厄介に, 待ち下さいまし, 待ち下され, 滯在の, 祈りめいたこと, 遠慮を, 邊の

▼ らく此處~ (9, 0.3%)

1 で待つ, に居, に居る, へは誰, へ泊つて, へ泊め, へ置いた, を動きたく, を頼む

▼ らく~ (9, 0.3%)

2 をつぶっ 1 と眼, に映つた, をつぶつて筵, を丸く, を廻し, を瞑っ, を離さず

▼ らく経っ~ (9, 0.3%)

1 てから, てからその, てから冷, てから女, てから母親, てから見る, て夜, て帰っ, て椿岳

▼ らくした~ (8, 0.3%)

1 ことそれを, のでいまごろ, のです, ままの, んです, 二十面相に, 後には, 時に

▼ らく~ (8, 0.3%)

3 いて 1 きて, きても, き上, くと, くとして

▼ らく~ (8, 0.3%)

2 はのぞい 1 が隱, に任せ, のドグマ, は坊さん, を佇ませた, を見凝

▼ らく~ (8, 0.3%)

2 ていた 1 てい, ておい, てゐた, てゐる, て居ました, て廻った

▼ らくそこ~ (7, 0.3%)

2 に立 1 でわが, に憩, に立っ, に立つ, に隠匿

▼ らく~ (7, 0.3%)

41 と思ふ, な, よこの

▼ らく休ん~ (7, 0.3%)

2 でいた 1 でいる, で参りましょう, で居る, で帰りましょう, で鯊

▼ らく~ (7, 0.3%)

2 の頭 1 の職, の若年時代, はいかにも, は動かず, れの

▼ らく~ (7, 0.3%)

2 にならない, になる 1 がつかなかった, にはなれない, を失つた様

▼ らく考へ~ (7, 0.3%)

2 てゐる, て居りました 1 てからいひました, てゐた, て見る

▼ らく行く~ (7, 0.3%)

1 とちよろ, と博士, と又, と宿屋, と急, と石段, と穴

▼ らく~ (7, 0.3%)

4 をおい 1 ごつきヤツ, もない, を置い

▼ らくがき~ (6, 0.2%)

1 が必ず, の数, の木皿, の蟹, をした, を見た

▼ らくこれ~ (6, 0.2%)

1 にお待ち, はどうも誠にどうも, は大発見, を悉く, を日本旅行者, 全く老

▼ らくそれ~ (6, 0.2%)

2 を見詰め 1 でお待ち, をおもちゃ, を搖, を見比べ

▼ らくたっ~ (6, 0.2%)

1 て, て両国橋, て主人, て彼, て気がついた, て継穂

▼ らく~ (6, 0.2%)

2 れを 1 に幻惑, を他日, を論ぜん, を龍

▼ らく措き~ (6, 0.2%)

2 て論ぜざる 1 て余, て猶少し, 古書の, 現に私

▼ らく~ (6, 0.2%)

2 れ乗ず可, れ乘 1 れ我国, れ我國

▼ らく~ (6, 0.2%)

1 があつ, が來, その創作, の鐘, は經, を経

▼ らく立つ~ (6, 0.2%)

2 て考へました, とまた 1 てゐた, て見

▼ らく~ (6, 0.2%)

3 つてゐた 1 つて居た, つて歩いた, つて聞い

▼ らくおだ~ (5, 0.2%)

5 やんで

▼ らくこと~ (5, 0.2%)

1 そのこと, でその, になった, になつ, もできない

▼ らく~ (5, 0.2%)

1 まことに年寄向, みぞれ, 仕方が, 為様が, 触りの

▼ らくでも~ (5, 0.2%)

1 いい自分, お上の, お勤, こ, 文明人の

▼ らくによって~ (5, 0.2%)

1 六人の, 明智探偵と, 松本市の, 犯人が, 空の

▼ らく~ (5, 0.2%)

2 いちくわ 1 いちぎやうぎやうぎやうちよツちよツちよツ, いちちよツちよツで, ばらで

▼ らく~ (5, 0.2%)

2 は抜目, を肯 1 ができる

▼ らく~ (5, 0.2%)

1 から私, に君, に死んだ, のアーサー, の算盤

▼ らく~ (5, 0.2%)

5 のそよぎ

▼ らく幾本~ (5, 0.2%)

5 とも知れぬ

▼ らく思案~ (5, 0.2%)

1 して, に暮れ, に迷, の体, をする

▼ らく~ (5, 0.2%)

2 れは 1 に及ぶ, を忘れ, 今善法

▼ らく撲たれた~ (5, 0.2%)

4 やうに 1 ように

▼ らく書き~ (5, 0.2%)

1 がし, が一つ, に注意, はほんとう, を見

▼ らく~ (5, 0.2%)

1 に沈んだ, の流れ, へ漬け, を打った, を飲ん

▼ らく眺め~ (5, 0.2%)

2 ていた 1 て居た, て居り, て居りました

▼ らく絶え~ (5, 0.2%)

5 て居た

▼ らく~ (5, 0.2%)

3 ちました 1 つとお, つと細身

▼ らく~ (5, 0.2%)

1 いたが, いたと, いて, きました, くと

▼ らく~ (5, 0.2%)

1 へこん, へさせ, へ込みました, へ込ん, 込んで

▼ らく茫然~ (5, 0.2%)

1 たり, として居る, として机, として脳, と坐っ

▼ らく言葉~ (5, 0.2%)

1 がなかつた, が絶えました, が途絶えた, を切った, を途切

▼ らく貴族たち~ (5, 0.2%)

5 の間

▼ らくから~ (4, 0.1%)

1 である, でしょう, 芙美ちゃん元気を, 言っても

▼ らくここ~ (4, 0.1%)

1 に留まるべし急ぎ, に留守, に落ちつい, に遊ん

▼ らくたつ~ (4, 0.1%)

1 て彼, て私, と三人, と弟

▼ らくなった~ (4, 0.1%)

1 のでそっと, ような, 様に, 谷を

▼ らくふつ~ (4, 0.1%)

4 とさう考へた

▼ らくぼんやり~ (4, 0.1%)

2 と咲き乱れ 1 した, と佇立

▼ らく~ (4, 0.1%)

1 が高じ, と更ける, もしなくなっ, を以て暗に

▼ らく二人~ (4, 0.1%)

1 の無邪気, の風体, は窓, は黙っ

▼ らく~ (4, 0.1%)

1 が絶え, の心, は神, を避け

▼ らく休息~ (4, 0.1%)

1 させて, した上, して, せよさ

▼ らく~ (4, 0.1%)

2 はなかつた 1 つたこと, はない

▼ らく佇ん~ (4, 0.1%)

1 でいた, でいました, でやがて, で引きかえし

▼ らく~ (4, 0.1%)

1 かの返事, の判断, の詞, も云わず

▼ らく寂し~ (4, 0.1%)

4 かつた

▼ らく平次~ (4, 0.1%)

1 と八五郎, はどうして, は靜觀, を保養

▼ らく我慢~ (4, 0.1%)

2 して 1 しろよ, なすつて

▼ らく~ (4, 0.1%)

4 絶えて

▼ らく歩い~ (4, 0.1%)

2 てゐる 1 ている, て一寸

▼ らく沈黙~ (4, 0.1%)

2 が続いた 1 に耽っ, を保つた

▼ らく滞在~ (4, 0.1%)

3 して 1 する事

▼ らく留め置かれる~ (4, 0.1%)

4 ことに

▼ らく疾翔大力疾翔大力~ (4, 0.1%)

4 ただ我等

▼ らく経つ~ (4, 0.1%)

1 てからまるで, て犯人, と乞食, と今度

▼ らく~ (4, 0.1%)

1 に夢中, は絶えた, をし, を中絶

▼ らく~ (4, 0.1%)

2 を隱 1 を寄せる, を潜め

▼ らく静か~ (4, 0.1%)

2 にし 1 であらう, で秋

▼ らくあの~ (3, 0.1%)

1 声を, 娘を, 家を

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 は大人, は資本家, ふらく

▼ らくだった~ (3, 0.1%)

1 とは思いません, なア, ねどこ

▼ らくだまっ~ (3, 0.1%)

2 ていた 1 て小沢

▼ らくでした~ (3, 0.1%)

1 がつぎ, ね, ねえ

▼ らくながめ~ (3, 0.1%)

2 ていた 1 ていました

▼ らくまた~ (3, 0.1%)

2 無言で 1 荒涼たる新潟

▼ らくもじもじ~ (3, 0.1%)

3 して

▼ らくもの~ (3, 0.1%)

1 はオンチ, をいわなかった, を云う

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 たちまち空し, つてゐる, 岸打つ

▼ らく一緒~ (3, 0.1%)

1 にゐ, に崖, に歩く

▼ らく人間~ (3, 0.1%)

1 がもっと, が安心, はいかに

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 の大名, の者, 國を

▼ らく其処~ (3, 0.1%)

2 に佇立 1 でコト

▼ らく其處~ (3, 0.1%)

1 で聞け, に御, を貸し

▼ らく~ (3, 0.1%)

2 ツと 1 乎彼女を

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 と汝, は汝等, 一度天下

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 するは, の冴え, の花

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 を床, を放せねえ, を膝

▼ らく措い~ (3, 0.1%)

1 て語らない, て論ぜざる, て論ぜず

▼ らく文三~ (3, 0.1%)

1 がシケジケ, の容子, を疾視

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 はない, はれないと, は無い

▼ らく様子~ (3, 0.1%)

1 をうかがっ, を見, を見る

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 の右, の思ひ, は誰

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 らず, らずん, りそ

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 をつぶっ, をつぶらせ, を離した

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 上ろうと, 佇って, 止って

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 一の, 十五議会の, 十五議會の

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 であったという, にはやはり, の集まり

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 を澄まし, を貸し, 傾けて

▼ らく自分~ (3, 0.1%)

1 の三四ヶ月以前, の挫けた, を外

▼ らく見えなかつた~ (3, 0.1%)

3 ぢや

▼ らく見詰め~ (3, 0.1%)

2 てから急 1 てゐる

▼ らく~ (3, 0.1%)

1 で川底, をとめ, を遠のく

▼ らく躊躇~ (3, 0.1%)

1 した, した伯爵, して

▼ らく辛抱~ (3, 0.1%)

3 して

▼ らく遠慮~ (3, 0.1%)

3 して

▼ らく韜晦~ (3, 0.1%)

3 して

▼ らく默祷~ (3, 0.1%)

1 の後, をし, を續

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 つて曰く御, つて松子は

▼ らくかう~ (2, 0.1%)

1 いふ人々の, 言つ

▼ らくしよ~ (2, 0.1%)

2 しも

▼ らくそのまま~ (2, 0.1%)

1 にしとい, 横向きに

▼ らくである~ (2, 0.1%)

1 やうな, 代りに

▼ らくです~ (2, 0.1%)

1 からさしも, よ下坂

▼ らくなっ~ (2, 0.1%)

1 ていました, て来た

▼ らくなら~ (2, 0.1%)

2 生活以上の

▼ らくにも~ (2, 0.1%)

1 あそびにも, 遊ぶにも

▼ らくので~ (2, 0.1%)

1 修業に, 元から

▼ らくみまし~ (2, 0.1%)

2 の屋

▼ らくらしい~ (2, 0.1%)

1 ので寄付, 趣であった

▼ らくゴトゴト~ (2, 0.1%)

1 さして, やつて

▼ らく一人~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ らく両人~ (2, 0.1%)

1 は睨み合っ, は黙っ

▼ らく交際~ (2, 0.1%)

1 が途絶え, して

▼ らく人々~ (2, 0.1%)

1 に対して私, の寝息

▼ らく今度~ (2, 0.1%)

1 こそは一挙, こそは一擧

▼ らく何處~ (2, 0.1%)

1 かへやつ, へも出られない

▼ らく借りる~ (2, 0.1%)

1 ことに, ぞ

▼ らく八五郎~ (2, 0.1%)

1 を泊め, を泊らせる

▼ らく其の~ (2, 0.1%)

1 ちらしを, ダッジを

▼ らく其材木~ (2, 0.1%)

2 の端

▼ らく別れ~ (2, 0.1%)

2 ともない

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 に突っ, の家

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 なし, へ出ない

▼ らく天下~ (2, 0.1%)

1 の大, の絶景

▼ らく姿~ (2, 0.1%)

1 を見せない, を見せなかつた

▼ らく寢付け~ (2, 0.1%)

2 なくて

▼ らく小首~ (2, 0.1%)

1 をかしげ, を傾げました

▼ らく幸内~ (2, 0.1%)

1 の姿, の行く

▼ らく廊下~ (2, 0.1%)

1 を幾曲りか, を逃げ

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 つた, 庵に

▼ らく往来~ (2, 0.1%)

2 なし

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 で發病, に意識

▼ らく思へ~ (2, 0.1%)

2

▼ らく悲しい~ (2, 0.1%)

1 月日を, 有様である

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 ひは, る夜學校

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 吟じて, 護り居けるが

▼ らく措く~ (2, 0.1%)

2 も内務次官

▼ らく政治的設題~ (2, 0.1%)

2 として之

▼ らく政界~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ らく散歩~ (2, 0.1%)

2 して

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 にたゆ, にたゆたった

▼ らく~ (2, 0.1%)

2 が方便

▼ らく~ (2, 0.1%)

2 の顔

▼ らく~ (2, 0.1%)

2 ッて

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 に楔, の蔭

▼ らく杜絶~ (2, 0.1%)

1 えてゐた, れて

▼ らく東京~ (2, 0.1%)

2 を離れる

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 になつて, になる

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 が続いた, に論ぜず

▼ らく此処~ (2, 0.1%)

1 で待っ, へ掛けたまえ

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 に沈み居たる, に沈ん

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 から云, から云え

▼ らく無駄話~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ らく相対~ (2, 0.1%)

2 して

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 の上, の如く動かなかった

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 と海, を見

▼ らく立在~ (2, 0.1%)

1 でいた, での談話

▼ らく絶句~ (2, 0.1%)

2 して

▼ らく緊張~ (2, 0.1%)

1 した沈黙, し切つた

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 を出さなかつた, を呑みました

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 をかけ, を落ちつけた

▼ らく自由~ (2, 0.1%)

1 に調べ, を味

▼ らく舞台~ (2, 0.1%)

1 に引き入れられ, は空虚

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 に乘, の中

▼ らく良平~ (2, 0.1%)

1 を語, を語った

▼ らく~ (2, 0.1%)

2 で聴かせ

▼ らく華族~ (2, 0.1%)

2 の腐敗今日

▼ らく葉山~ (2, 0.1%)

1 へでも行っ, へでも行つて

▼ らく行っ~ (2, 0.1%)

1 てまた, て見た

▼ らく見上げ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ らく話し~ (2, 0.1%)

1 てから街, て居た

▼ らく話した~ (2, 0.1%)

1 何となし, 十一銭の

▼ らく~ (2, 0.1%)

2 を切

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 にもあ, も何

▼ らく論ぜず~ (2, 0.1%)

1 すべて適度の, として世上

▼ らく貴族院~ (2, 0.1%)

1 を匡, を匡濟

▼ らく貸し~ (2, 0.1%)

1 てくれ, てもらいたい

▼ らく走り~ (2, 0.1%)

1 に走り, 往来の

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 の中, 嘶いて

▼ らく辛棒~ (2, 0.1%)

1 しなさいと, の具合

▼ らく返事~ (2, 0.1%)

1 をしなかった, をしなかつた

▼ らく逡巡~ (2, 0.1%)

1 った, った後

▼ らく邪魔~ (2, 0.1%)

2 をする

▼ らく~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ らく~ (2, 0.1%)

2 が絶えた

▼ らく預かっ~ (2, 0.1%)

1 ておく, て上げよう

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 を上げません, を傾け

▼ らく頼む~ (2, 0.1%)

2

▼ らく~ (2, 0.1%)

2 を見せなかつた

▼ らく~ (2, 0.1%)

1 つて, り込んで

▼1* [768件]

らくああかくの, らくあきれていた, らくあしらひ, らくあそこのところ, らくあてに書き, らくあんべよ, らくいかなる時に, らくいたましく聞こえた, らくいやな日向ぼこ, らくうくうとない, らくうとうとした, らくおしやべり, らくおやじを檻, らくおれの顔, らくお茶と煙草, らくお許しを願, らくお話して, らくお預けとして長禄, らくかがやきて, らくかつてその女, らくかの女の, らくからでせう, らくがたがたやって, らくきいてゐる, らくことになつて, らくこれ人の道, らくこんな酔興な, らくごそごそやって, らくさき飯ながらほかほか, らくさせたのは, らくさせるつもりだらう, らくさつかくで, らくさんが自分, らくさ雛菊それから紫蘭, らくざぶと浪をかぶっ, らくしかなし, らくしたら多年の, らくしないで小さな, らくしやしませんか, らくしようと思っ, らくし好しも, らくつと私, らくじっとして, らくじつとしてゐなけれ, らくするではありません, らくせつぱ詰つて来るとね, らくそうに眠っ, らくそうさしとい, らくそこで気の, らくそして汚なかつた, らくたじろぎましたがやがて, らくたじろぐと見えた, らくただ寂しい微笑, らくただうちはを使つて, らくたちましてから突然, らくたゆむ隙が, らくたより無ささうに, らくだけで本一冊, らくだしをした, らくだろうか, らくつとして, らくついた時明智が, らくつづいて呉れる, らくつづきそれからおもむろに次々, らくづですをつく, らくでありまた氣もち, らくでがしたね, らくとある光の, らくという立派さ一寸と, らくとしていられるという, らくとも暫時の, らくとやらへはいけまいと, らくどうかこの娘, らくどしたなア, らくなあ働らくことその, らくなかったに, らくなどのく延言, らくなどには一言も, らくなどは舞台では, らくなにしかも汝, らくなるのだ, らくなれど身體, らくにはいって, らくのくではない, らくのすが, らくはのそりの, らくばかりである, らくふっとそう考えたきり, らくふるえながら佇ん, らくぶりで弟, らくつづきこつちの路, らくへはいけぬぞよ, らくべく余儀なくされた, らくぽかんと突っ立っ, らくまいと, らくまごまごした末, らくまさに隣国嬪, らくまじる豆蓼の, らくみちやん, らくもぐもぐと黙, らくように, らくよく死すべきもの, らくよそであったろう, らくら者だと, らくるいのたね, らくわが心はも, らくわが家貧窮して, らくわれ昔願あり千身, らくわんぬきを, らくアウグスチヌスやアダム, らくアキリュウスの屈辱, らくアグネスの家, らくアララット山の蛇, らくウイホドヌイだってそこ, らくウロウロしてを, らくエゴノキ科のチサノキ, らくオデッサあたりに転地, らくカングッた, らくガヂヤガチヤやつて, らくガルスワーシーの日本, らくキャッキャッと逃, らくクワツと赤く, らくシルヴィオの父, らくジッと佇ん, らくソーダ水などに喉, らくチチコフの顔, らくヂツとして物, らくついたと, らく附いたんぢ, らくドナウに沿う, らくピシアスとデイモン, らくブルと一緒, らくペンを休め, らくヴァイオリンをいじくり廻し, らく一つ残念なこと, らく一朝君に先だち, らく一週内に砂, らく三味線と笛, らく三島明神の裏, らく上方へでも行つて修業, らく下駄を引ず, らく不思議さうに四方を眺め, らく不満なの, らく不自由をし, らく世界に生れ, らく世話になつ, らく世間の判断, らく両方でだまつて, らくの樣子, らく中心を取っ, らく中隊長の傍, らく主家を横領, らく乾いていた, らく乾燥バナナの中, らく二の句がつげません, らくひに, らく京都に住ん, らく人インドの岸, らく人力既に尽し, らく人智の得, らく人生と人生, らく人界に止まり, らく人知れず懸想し, らく人魚のやう, らく仏鉢は直に, らくて秋夜, らく以上は石, らく休ませてやりなせ, らく休ませた上番頭から, らく休みたいつて言つて居た, らく休刊を続けし, らく休養すること, らく会ったことが, らく会心の作, らく会談それから街, らく伝播説をば一個, らく佇立って四辺, らく何ぞ汝飲食を, らく何やらやつて, らく何やらゴソゴソ作業を, らくの都門, らく余事として彼, らく余焔の冷める, らく便りもしない, らく保護して, らく保養をさせ, らく俯向いて, らく俺達がゐる, らく借りて行く, らく倭文手纏賤しき我が, らく滯し, らく停まつて呼吸, らく停電いたすそう, らく傍観して, らくは固, らくの部屋, らく先生にとっても生涯, らく免れてゐた, らく児玉旗山の塾, らく入院して, らく其信ずる所の何たる, らく其儘に立ち尽した, らく其家で暮し, らく其手を, らく其方を見, らく其袋を眺め, らく其邊中を探し, らく内儀のお, らく内縁を結ぶ, らく内行の不, らく写実小説は文学独立論, らく冥目して, らく冷飯を食つて, らく凝視めてホッ, らく出たやうだ, らく別荘へ置い, らく制する有様である, らく前線に出, らく動かないで下さい, らく動智は分たれず, らく動静を窺っ, らく北平に還りて, らく十年を待たずし, らく半年くらいしか男, らく厄介になる, らく庭の, らく去りも敢, らく對だ, らく反対だし, らく取りとめない雑談を, らく取払われるのである, らく取扱い瀕死の, らく古屋敷の中, らく叩いたり呼ん, らく叫び曰ふ, らく諸炭坑, らく右馬の頭, らく同じやうに, らく同情の眼蓋, らくは言, らくは英敏, らく吾が學變に, らく吾夫こそ当時恋, らく吾牛を殺さん, らく呆れたように, らく呆気に取られ, らく呆然として居りました, らく周囲の友だち, らく呻吟しましたが, らくを御, らく和助さんや新, らく和漢三才圖會に従, らくを噛みます, らく唖然とした, らくつて居ました, らく唸っていた, らく問はず催馬楽も平家物語, らく問はず古来の女子参政権論者, らく問題外として単に, らく四方の靜, らく回祖天に登る, らくへ帰っ, らく国民性即ち国民, らく土塀の傍, らく地上の文章, らく執拗な眼つき, らく場合なりとか, らく塲景の精不精, らく多摩川に沿うた, らく覺あり, らく大いに懲創を, らく大名だそう, らく大神ムーラムーラ創世に多く, らく太吉は熱心, らく太鼓だけで踊, らく奉公人や子分, らく奧座敷の違, らくが子供, らく女志士として語らしめ, らく女慾にかけても異常, らく女達を追い廻し, らくの来る, らくにあるいは, らく官途に韜晦, らくを出よう, らく室内はヒツソリ, らく宰相君の今日, らくの周囲, らく寂しかった山, らく寄寓して, らくて居れ, らく寝つき病気に, らく寝ますの, らく寢卷と布團, らく寺町の闇市, らく対談があったらしく, らく将軍西国より御, らく尊者最期に踏ん, らく小さくなつて引, らく小鳥がさっぱり, らく少なく恋ふらく, らく少年と共に郊外, らくてイボギンヌ, らく居つたのです, らく居られたことに, らく山媛の我, らく山路を進ん, らく島人の中, らくに臨んだ, らく川手氏の影身, らく巡査ほど憐れ者, らく差上げたこの蒼白, らく差上げたならば何ん, らくんで空しき, らく巻煙草を口, らく市三の脇, らく市会議員をやつ, らく帝国をし, らく帝國をし, らく斯く目, らく帰ってこない, らく帰らない家も, らくの陰, らくぐを, らく平坦なるもの, らく里子の, らく広く見えて, らくを見, らく店火鉢の前, らくをはづしましたが, らくの騷ぎ, らくして, らく引きつけるあの目つき, らくの遺骨, らく張る氣を, らく見れば, らく彼女に逢えなかった, らく彼等は無言, らく往來は靜, らく待たされて若い, らく待たされた後ようやく, らく待たした事だろう, らく待て俺に, らく待ッてい, らく後日の研究, らく後考を俟, らく後賢の研究, らく従類多く讐敵, らく得意の綺麗, らく徳三郎が預かり, らく忍んで來, らくを得ない, らく忘れてゐた, らくへば, らく念入りに見, らく勾配な, らく急いで退場, らく怪訝そうに見つめ, らく恐ろしい沈黙が, らくに報ずる, らく情勢の推移, らく情況を確かめた, らく意地悪ろく腹黒き, らくしも, らく愛けらくさ寝, らく感嘆して, らく感慨に耽りました, らく成るま, らく成行を見よう, らく我此船を押し流さ, らく我等をし, らく我足迅く心驍勇, らく戸外に佇立, らくつて來ない, らく手の平を打ち続けた, らく手傳つて佛樣の始末, らく手入れをしなかった, らく手持無沙汰と云う, らく手間取つて店口へバア, らく手間取るうちに, らく打しおれた後姿を, らく扱ってはいかん, らくに於, らく投げやりにし, らくんでから靜, らく拜見したい, らく振りの天気, らく掛かりそうな, らく探してゐる, らく探したがとうとう, らく措け凡そ何人か, らく揺られてゐた, らく撫然たり, らくき廻したの, らく支那の子供, らく放つて置く, らく放浪して, らく政友会総裁たるもの, らく政友會總裁たるもの, らく政変を待つ, らく政變を待つ, らくらに, らく教員をし, らく文壇を彷徨, らく文字は目, らく文展開催期間中に発行, らく文箱を隣室, らく文通が絶え, らく断念せざる可, らくうして, らく斯んな遊び, らく六の, らく新吉の顔, らく斷念せざる可, らく方角を考え, らくの話, らく旅廻りをしなけれ, らく旅行中の話, らくはボツカチヨオ涙, らく時刻を移し, らく時機を待ちくれよ, らく普通脳力を有する, らく暗い天井を, らく暢気にし, らく暮して見, らく暮らすのも, らく曲者はため, らく書き連ねる問題は, らく未來の立憲大臣, らく未来の立憲大臣, らく杜氏と押問答, らくてから振り, らく杵太郎さんに伺ひたい, らくの蔭, らく松島氏の顔, らく梅樹は得る, らく棄て難い, らくの闇, らく椅子のはし, らく楢雄の顔, らく楽屋に休憩, らくな曇りつ, らく横浜埋立事件に関して星氏, らく横濱埋立事件に關, らくの瞬間, らく欧羅巴に在らし, らく歔欷をつ, らく正成である, らく正本に従う, らく此二書こそ露伴, らく此守袋を豫, らく此寮へ留まつ, らく此方にてお待ち, らく此河の, らく此饒舌の大, らくを駐, らく歩かなかつたのでさすが, らく歩けそうに, らくりたくないし, らくのよう, らく死人の顔, らく母家へ行つて, らく母親の面影, らく毎日一桶ずつ運ぶ, らく毎月二十日にロチ, らく気付かぬうちに, らく気分を変えさせます, らく気息をつきました, らくを轉, らく氣拔けのした, らく水中に爭, らく水戸と堀田, らく水車が轟々たる, らく水際に歩, らく汝せんはこの, らく江戸の水, らく決して然らず, らく沈みこんでいた, らく沈吟したが, らくのよう, らく泊めてくれない, らくの音, らく泥試合を続けた, らく泳がして置く, らく洋杖をどう, らく洋行して, らく洗ってくれた, らく海水深庭三百三十六万里世界中の民, らく海道筋をごろつい, らく消えるよ思ふ, らく消息不明であった遠征将軍, らく深々として鬼洞, らくに沿う, らくの方, らく湧きましたが諦め, らく湯島に圍, らく源叔父今はいかん, らく滯在する, らく濡れるばかりで, らくが人間, らく灰燼の中, らく為すところを, らく烏有先生に代り, らく烟草を吹かし, らく二斎の, らく無事な日, らく無沙汰をした, らく無言稍あッて, らく煮ると林檎, らく煮詰めてドロドロ, らく祈黙祷, らく御さん, らく父君は島流し, らく片意地らしい彦太郎, らく片折戸に香月, らくも言わず, らく物価必ず騰貴, らく物珍らしげに当て, らく物珍しい眼を, らく猛烈な水, らく獅子座彼処にあり, らく生物学には大して, らく田端に静養, らく男らはそれ, らく留む悴竹の姿, らく異常な緊張, らく當つたのは, らく発表を見, らく盛りだと, らくにかじりつい, らく助と, らく並んで, らく相乖離して, らく相手の顔, らく眺めたくそこですぐ, らく睨み合ふうち, らく瞑目しつ, らくてから, らく知らん顏を, らく石疊の上, らく研究をする, らく打つ浪, らくつたのが, らく祈念を凝し, らくは陰陽, らく神そのものの觀想, らく神前にねかせ, らく神輿をあげない, らく私たちの周り, らく私達の持つ, らくらしくない気分, らく秋田を待たせ, らく秘して人, らくだ, らく積りだ, らく空気中を振り廻し, らくつ立つて, らくに凭, らく立ち淀みました, らく立ち會つて, らく立ち止つて見送る, らく立ち止まって見送る, らく立ち竦みましたが十手, らく立ち話して, らく立てから同じ, らく等その他迷信的の薬物, らくに乗っ, らくつて居りました, らくもない, らくに拠つて, らく紅顔の少年, らく紳士的に争った, らくの済む, らく絶大の景色, らく絶頂の石, らく經つて一件も落着, らく經つて先代の旦那樣, らく經つて八五郎は恐る, らく經つて岩井町の桃谷鬼一郎, らく經つて平次は外, らく經つて庭石の上, らく經つて我慢が出, らく經つて會心の笑み, らく經つて母屋の廣間, らく經つて氣がつく, らく經つて煙草か何ん, らく經つて笹野新三郎は言, らく經つて部屋へ引, らく經つて香之助, らくの下, らく縁側に立つ, らく縺れ合っていました, らく置きて論ぜず, らく義務を負う, らく義雄を待たせた, らく翁屋へ手傳, らく僧の, らく考えた後, らく考へる姿で, らく耳目の慾, らく聞いていらっしゃい, らく聞かれねぇかと思う, らく肉体にこもる, らく胤一つの兄弟, らくがどきどき, らく能者筆を択ばず, らく脅えきつた, らくを拱い, らく腕組みして, らくをつぶし, らく自己といふもの, らく自活の道, らく至粋は極致, らく舞臺は道化, らく苦しそうに, らくんやりと坐つ, らく荷物を下し, らく萬七兄哥に樂, らく蒲団をかぶっ, らく薄れゆく夕明りを, らく薄紫色の煙, らく掻いて, らくと蛇, らく虎毎も我生処種姓形色力勢皆師子, らく虎汝暫く待て, らくと螢, らく行った時に, らく行乞の旅, らく行手を見定め, らく行方を晦, らく衛戍病院で勤務, らく表立った張り合いがありませんでした, らく西の空, らく西比利亜に滞留, らく西角井君と二人分, らく見あげ見おろすのであった, らく見えないことが, らく見えませんでしたが少し, らく見つめてゐた, らく見ぬふりを, らく見ることが, らく見合せ何にでも, らく見張つてゐる, らく見惚れたほどの美しい, らく見物したそして, らく見込んでいた, らく見送っておった, らく見送るともなく, らく親子は稲, らく言い争っていた, らく言い詰っていた, らく言い馴れて後, らく訊かずに置い, らく記して後, らくという観念, らく詩人が空想, らく詮議を見合, らく話し込んで自室, らく話す近々一杯, らくして, らく説くを休めよ, らく読書新聞がきた, らく読者も気らく, らく調べてをりました, らく談話が断絶, らく論ぜぬことに, らく論外として置い, らくに住, らく謹慎して, らく之助, らく象山畢竟洋学, らく赤き寺の, らく赤し掻きわけ, らく赤城に遊ぶ, らく起き上ることが, らく起き上れないでいた, らく起臥を共に, らく跛行になっ, らく路地に入れ, らく踏みとどまつて見, らくの下, らく輝きにけれ, らく返答ができない, らく逗留して, らく造化の祕密, らく造物主人魂を石, らくへまい, らく逢はずに居る, らく拙なく, らく多数く, らく遠ざかって居た, らく遠ざからなければならない, らく遠ざけてゐなけれ, らく遠方へ氣, らく避けて言はず, らく郎女様のお, らく部屋を開け, らく都門熱閙の地, らく酔ひ心地にならなかつた, らくつ苦しい, らく重っ苦しい沈黙, らくに咲ける, らく金貨をい, らく釣れば釣り, らくを賣, らく鉄砲を打っ, らく鉱毒問題或は大, らく銀行の石段, らく銘々のこと, らく鏑木さんの思慕, らくは又, らく鑛毒問題或は大, らく閉鎖された, らく開いた口が, らく閑天地を求め, らく障子の月かげ, らく隠して置い, らく隠棲して, らくの御, らく離れて立っ, らく離慾の寂靜, らく雨宿りして, らくが途絶えた, らく雲雀のうた, らく電柱の蔭, らく青空を見つめ, らく静まり返ってい, らく静山のよう, らく非もし, らく音すなり竹立て, らくにさめ, らくをめくっ, らく預かることに, らく預けておこう, らく預けられ升た, らく預つて考へ, らくをそらし, らく願念寺に泊り込ん, らくに吹かれ, らく風呂場の棚, らく飲まない飲まうにも飲めない, らく飲めないことに, らく飼い置いた白い牡鶏, らくを傾げ, らくをとどめる, らく馳せてイワン, らくいだ, らく高き城樓の, らくは気血, らく魅入られるように, らくの糸, らく魔軍鳥形を作, らく鰍沢の町, らくを鎮めた, らく鵠立でい, らく鷺太郎はその, らく麗しき壮夫の, らく黄泉神と論, らく黒雲五人男の眼, らく默つてジラして, らく默つて歩き續けました, らく默つて突ツ立つて, らく黙してしまった, らく黙ったまま砂地を, らく黙ってたのち煙草の, らく黙り込んでいた, らく黙然として何, らく黙考して