青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「らい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

よろこび~ よろこん~ ~よろしい よろしい~ ~よろしく よろしく~ ~よん よん~ ~ら ら~
らい~
らく~ ~らし らし~ ~らしい らしい~ ~らしかった ~らしく らしく~ ~られ られ~

「らい~」 1085, 12ppm, 9324位

▼ らい~ (165, 15.2%)

5 子が 3 ように, 子という, 子は 2 くせに, 中には, 家に, 方も, 柏どもが, 義理人情に, 道は

1 [137件] あとで, いただく神, いでたちの, お城, お方の, かたちで, ことが, ことばが, すがた, ために, だつた, つわ, ですけれど, ない心, なやみでありわけて, まじった心, またその, まん中で, もっとも恥, ものの, ようである, ような, ようにも, ガスコ氏いや, ブラブラ病いに, 一つだった, 一つ二つが, 一人が, 一分とやらを, 下に, 中で, 中でも, 中に, 中央に, 亡骸を, 人と, 人魚の, 仕業だ, 令嬢も, 何処が, 兄者の, 六波羅政庁の, 前身が, 口癖だ, 吉凶から, 名にかけて, 味方は, 問いに, 嗜みの, 場合や, 声が, 多少行程, 大主, 妻だ, 始末を, 姿は, 姿勢に, 娘です, 娘という, 子, 子か, 子そう, 子だ, 子だろう, 子であった, 子である, 子に, 子の, 子より, 家がら, 射とめた人魚, 尋ね方, 小姓なんか, 屍骸を, 廃れか, 当を, 当日に, 彗星よりも, 後ろ姿には, 御奉公, 微行姿です, 必要は, 恥でございます, 情けで, 感情などからは, 手拭を, 数も, 數も, 方は, 日に, 日本の, 本懐だ, 本望であった, 柊は, 死ぬ身, 気持で, 水に, 水を, 湘南の, 湯を, 潔しと, 物見の, 王は, 町の, 眼つきを, 矢が, 礼儀なれ, 程を, 程度の, 種に, 立場は, 筈は, 絃の, 縁が, 美しさ, 老人の, 背なかを, 色も, 規則正しい振動, 言い分を, 言だった, 車並べり, 道, 道に, 道一生涯の, 部屋では, 門出あたりまえな, 間に, 難局も, 面は, 音が, 頬を, 頭陀行, 風を, 飯を, 首二つを, 鳥かな

▼ らい~ (148, 13.6%)

17 して 3 した, しながら, もって 2 したり, しました, すると, するの, するよう, つけて, 含んで, 持って, 見て

1 [104件] あそばされた, いたしました, いたします, うかべて, うかべながら, うなった, うらぎるなんて, お願い申し, ごっちゃに, さげて, させて, されるの, し, しおもむろに, したという, したなども, したよう, しては, しましたので, しましては, します, しようと, するこえが, するつもり, するならイタリイ, するにも, する者, すれば, せずに, そこへ, その儘, つけた, つつしみはく呼吸, どう解釈, なさいましょうね, なすった上, ふくんだ微, みおろして, もらし, やって, やめるという, やりましたので, よして, 一つし, 一時に, 中心に, 乞い宿直が, 二つ三つし, 云い聞かせると, 仰いで, 余りなお, 借りて, 先頭に, 出して, 取りおきましたこと, 叙べた, 叙べたものでありました, 和らげるもの, 喜んで, 喰わせたり, 四方の, 多分に, 始終ひきつけ, 定めて, 察したもの, 尋ねて, 帯びた微笑, 待ちおりまする, 志して, 恨んで, 抱いた, 捨てて, 救って, 曝しもの, 正確に, 求めた, 泊めて, 洩らす者, 浮べた顔, 為せりこれ, 犯させまいとして, 理解する, 眺めて, 破って, 示して, 立体走査する, 置いて, 罷めて, 聞いて, 聞きまして, 脅迫する, 致して, 葉子は, 見せて, 見出すと, 覚ゆる, 許さなかった, 載せた洗面台, 電気的方法によって, 頼んで, 願います, 食うこと, 食わされた, 養うこと

▼ らい~ (67, 6.2%)

3 水を 2 繊細くみえた

1 [62件] いじめられて, きて, きまって, くらべて, くると, ごまかして, さしうつ向いた, さらわせて, して, しては, するからね, たたえられた昇汞水, ちがいない, つけお, なったの, なったもの, なった御, なって, なっては, なりいばること, なりたいの, なりましたよ, なりますので, なること, なるだろう, なると, なれと, なれよ, まじまじと, みな遣っ, ゆくこと, よった結果, わたしを, ツイ騙され, 不愉快だった, 会いました, 作って, 化けて, 取り立てて, 向って, 囲まれて, 心配し, 思って, 成るか, 支えられました, 暫時の, 来た, 来たの, 東京が, 止まって, 浸して, 無体な, 申されました, 行くから, 行くね, 見えたフランケンシュタイン, 転じなくとも, 近くしたがって, 醜い女, 間違いなかったろう, 限られた, 騙されて

▼ らい~ (66, 6.1%)

1 [66件] あるぞと, いいました, いっこう無遠慮, いるぞと, おこって, お侍, きたないもの, こういう変化, こなごなに, こわいな, さも元気, しないであろうと, しなかった, すぐ駈けもどっ, そこで今, その言葉, それが, それを, どうして, どけへ, なんだかばかばかしく, ふところから, もう占めた, もう縁, もとよりもっと上, やはり道場, よろこばしげ, ハッと, 人を, 何かと御, 何の, 何者である, 例外なし, 先に, 冗談に, 出来かねまする, 刀を, 千両函を, 多いよう, 大喜び, 妖艶な, 左に, 引っ立てて, 御岳山へ, 御禁制, 思いのほかに, 恋しあう, 感嘆し, 扇を, 手ぶり身まねを以て, 手裏剣を, 旗本の, 木標の, 残り惜しげに, 燧石の, 疑いも, 睡魔に, 立ち上りどてら, 舟の, 草鞋を, 評判が, 起き上る気力, 轡の, 道場の, 銀扇を, 鼠一匹を

▼ らい~ (63, 5.8%)

2 あるの, わるくなっ

1 [59件] ありそう, あるという, あるよ, いい獲物, いちばんえらい, おいでに, おこっては, お百姓, きらいじゃと, きりころす, くれた紹介状, この春, さえぎったが, さして見えた, たとえ全く知らない, ちっとも無い, できて, できるの, なかった, はつきりし, ひとり走っ, ほしいからね, シッカと, ピタリと, 下から, 主君から, 主君に, 出来て, 出来る, 初めてゾッ, 原因し, 因で, 堤上を, 夜中に, 威猛高に, 家の子を, 左の, 延びたと, 当てたん, 微行で, 戦争に, 戦場でも, 戦果に, 手を, 来て, 来ました, 死んで, 滅多に, 現われて, 相手の, 知れ, 肝心で, 船中料理の, 袖なし, 覗く日, 豊後自身の, 附こうと, 静かな, 願いたいの

▼ らい~ (61, 5.6%)

42 かお茶, せう, 何と, 行くの

1 [49件] あらう, いか, いって, いる小禽, かあいつ, か嬢, か爺, ここは, このきわ, すぐ男, その眼, でかしたこと, どういたします, どうしよう, どうする, どう仕りましょう, なるもの, はござりませぬ, わざと目的地, ゐた, 両様の, 公けに, 処さ来る, 出来したこと, 南の, 取って, 大谷の, 如何いたしましょう, 娶ったの, 嫩芽地上に, 居る, 居る事, 幾たびか, 彼の, 御堂の, 手に, 早う天狗出し, 来た, 来たの, 来る, 梵語研究室に, 父弾正の, 片時の, 看護婦が, 行った, 見える, 遠くの, 首尾よく, 鳴つて

▼ らい~ (56, 5.2%)

2 せずに, なく乳房

1 [52件] あえず一もと, あまりに大きかっ, いた, くふう, しなかった, しなくなって, し一家, すみお, せず, せずにこり, せず左馬介, せず手, なかった, なくお, なくさまよい歩い, なくその, なくそれら, なくザッ, なくダッ, なく云った, なく光春, なく奪われ, なく断言, なく新聞記者, なく番頭, なく真っ, なく真直, なく自然, なく裏戸, なく誰, なく道誉, なしに, ふところぐあいがよくないとみえて一しょう, また宿, みせず強く, やがてこの, ゆるされない中, 交じって, 作為の, 同じく後ろ, 従僕も, 持たなかった, 殆ど余す, 消えて, 済まぬと, 百姓も, 眼に, 私は, 薫は, 見えなかった, 見えん, 解けました

▼ らい~ (28, 2.6%)

7 ないは 4 ないから, ないの 3 ないへ 2 ない 1 ないが, ないと, ないに, ないを, ないをも, ない以上, わからないと, 言うて

▼ らい~ (20, 1.8%)

2 てし, と思いました, ように

1 [14件] からね, から嘘, がその, ぞ, とみえ, とも思えた, と限った, どうにか形, な, なと思っ, よ, 息も, 溜息が, 理会から

▼ らい~ (13, 1.2%)

2 思い申

1 [11件] いうが, しょうして, よろこびを, 乱暴な, 同じ語, 心遣, 心遣いと, 思ったから, 思われる人品, 百姓つまり兵農の, 百姓とが

▼ らいおん~ (12, 1.1%)

2 はぽ 1 がい, がいま, がねそべっ, がまえ, だったの, です, などいる, にくわれ, のくびがぬけてしまったのです, はいない

▼ らいたち~ (12, 1.1%)

1 [12件] がつき従っ, がはいっ, が早く, じゃありません, です, ですから, のうち, の声, は, は山家, をはじめ, を町かた

▼ らい~ (11, 1.0%)

1 [11件] ことは, のだ, ものだった, もので, ものです, もんだ, 手附き, 程度に, 細々した, 舁夫だ, 道徳的良心を

▼ らいという~ (9, 0.8%)

1 のは, ものは, やつは, 者の, 言葉は, 遊民に, 遊民は, 遊民を, 階級の

▼ らいでも~ (8, 0.7%)

1 いい, されたなら何千万, ないもの, よい, 何でも, 居を, 皆な, 起きる時

▼ らい~ (8, 0.7%)

1 がし, が源十郎, が聞えました, が聞こえ, である, は思いがけなく, をきかせました, を投げつけ

▼ らいでは~ (7, 0.6%)

1 おきません, ないけれども, ないと, 居られま, 座敷が, 無かった, 相手の

▼ らい~ (7, 0.6%)

1 が得物, の中, の争い, の名, の面, は反対, もみな手綱

▼ らい~ (6, 0.6%)

1 が, て, てカツレツ, て警部, ながら仏壇, 真経には

▼ らいども~ (6, 0.6%)

1 と事, にまけない, の籍, は腐り, は陣頭, まで羽柴家

▼ らいながら~ (6, 0.6%)

1 ぼそぼそと, 三和土の, 出て, 応えた, 日本国中を, 王允の

▼ らい~ (6, 0.6%)

2 が四五人 1 が入りこん, じゃの気, でありますので, の揉みり

▼ らいとして~ (5, 0.5%)

1 いと盛ん, すでに月, 何を, 終って, 表面上は

▼ らいもの~ (5, 0.5%)

2 だね 1 であるの, に成つた相, はまだ

▼ らい~ (5, 0.5%)

1 うれしさ, だ, よ, 候うべき彼, 弱気の

▼ らいらし~ (5, 0.5%)

1 ちゃいけません, って, ってもいい, って下す, てくださいまし

▼ らい~ (5, 0.5%)

2 を言つて 1 の一つ, の数々, を聞かされる

▼ らい~ (5, 0.5%)

3 と思ふ 1 だと, に成った

▼ らいから~ (4, 0.4%)

1 じゃ, であった, 彼女は, 秘密が

▼ らいには~ (4, 0.4%)

1 なれませんでした, 士族としての, 時計が, 甘酒を

▼ らいらしった~ (4, 0.4%)

2 でいい, の

▼ らい~ (4, 0.4%)

1 でございます, と深い, ならば, のお

▼ らい~ (3, 0.3%)

3 は又

▼ らいたり~ (3, 0.3%)

1 つく時, 琵琶少尉の, 碌でも

▼ らいとの~ (3, 0.3%)

1 応待蓄音器の, 間に, 間を

▼ らいとは~ (3, 0.3%)

1 いいながら, そんなもの, ちっとばかり

▼ らいとも~ (3, 0.3%)

1 分りは, 町人とも, 陽気である

▼ らいなど~ (3, 0.3%)

1 しないで, はやゆるし, 無用

▼ らいにて~ (3, 0.3%)

1 登城させ, 行くや, 鉤を

▼ らいみたい~ (3, 0.3%)

2 に見える 1 な色

▼ らい~ (3, 0.3%)

1 でないお方, ではない, の男

▼ らい姿~ (3, 0.3%)

1 が黒く, であります, でない棒

▼ らい集い~ (3, 0.3%)

1 でござったか, の座, の御酒

▼ らいうん~ (2, 0.2%)

1 と何, は來

▼ らいおんの~ (2, 0.2%)

2 かわをき

▼ らいがち~ (2, 0.2%)

1 だ, な視線

▼ らいする~ (2, 0.2%)

1 とともに裁判所, 声が

▼ らいすゞ~ (2, 0.2%)

1 でよい, 或は媛

▼ らいそこ~ (2, 0.2%)

2 もい

▼ らいたつ~ (2, 0.2%)

1 て又, て構

▼ らいつつ~ (2, 0.2%)

1 この内, 大きな溜息

▼ らい~ (2, 0.2%)

1 秋の, 空の

▼ らいであった~ (2, 0.2%)

1 のか, ゼルビノは

▼ らいである~ (2, 0.2%)

1 ことが, さのみ

▼ らいなく~ (2, 0.2%)

1 老人も, 被われて

▼ らいにも~ (2, 0.2%)

1 世辞やら, 折々通りがかり

▼ らいによる~ (2, 0.2%)

1 ことでございました, ものです

▼ らい~ (2, 0.2%)

1 でて, 穴を

▼ らいまで~ (2, 0.2%)

1 ころして, して

▼ らいまでが~ (2, 0.2%)

1 がんがん鳴っ, なんとなくこの

▼ らいらしい~ (2, 0.2%)

1 一生涯の, 真似を

▼ らいらした~ (2, 0.2%)

2 んです

▼ らい~ (2, 0.2%)

1 にぬられた, や浅黄のれん

▼ らい~ (2, 0.2%)

1 ですよ, どくんなれや

▼ らい~ (2, 0.2%)

1 が四五十人, はみな元気

▼ らい奉公~ (2, 0.2%)

1 のしきたり, の眼目

▼ らい思ひ~ (2, 0.2%)

1 にお, を知る

▼ らい~ (2, 0.2%)

1 には揺りうごく, をながめ

▼ らい稼業~ (2, 0.2%)

1 をつづけ, を廃業

▼ らい編輯室~ (2, 0.2%)

1 で無心, に一日

▼ らい部屋~ (2, 0.2%)

1 に又四郎, の者

▼ らい~ (2, 0.2%)

2 にあてられ

▼1* [163件]

らいいや分って, らいえいごう声, らいかにも滑らかで, らいがたの焼香, らいがべぢゃぃ, らいぎみに外国語, らいぐらいには行かねば, らいことも多, らいこの目で, らいこれを排斥, らいさらしの六尺, らいざらいの力, らいしきりに兵糧を, らいしたと云う, らいじゃたった焼, らいすけと言, らいすゞ媛と言, らいせんならん, らいそれを採り入れ, らいたければ私, らいたたいて近所近辺, らいだけじゃアない, らいだけはせめて千鶴子, らいだったのである, らいちんちじゅう目, らいぱいの, らいつても早く, らいつといで, らいであって感覚的, らいでありましょうかい, らいであり曇りを捨ておけない, らいであろうかとも思われ, らいでしたから考えました, らいでしょうか, らいですからね, らいでねえ急の, らいでんニ転ジテ十一年ヲココニ送, らいで無ければいけない, らいというは神楽坂路考と, らいとうの衛門, らいところですネ, らいとしてかの田畠を以て, らいとしての鍛錬だ, らいどにおしよけて, らいなどは無視し, らいなどをすえつけて, らいならむしろ海上, らいなれば人々, らいなんぞはまさにそれ, らいにてはそうである, らいによっておとよは, らいに対して頭を, らいに対するかないは, らいねんの春ゆきどけ, らいははいる古風, らいばかり多い, らいひとが存外, らいひとく折は, らいほど京女に, らいましたから続い, らいまた来たるべき年, らいもんだ, らいようございました, らいらしくはっきりと, らいをかくるなどは, らい一つせず六兵衛, らい上げられたかと思われる, らい世の中にこんなに, らい世界はない, らい世界全体の社会主義化, らい乍ら入って, らい二人に乳母, らい人士のみが小さな, らい仕事をし, らい以上の奴隷生活, らい伝右衛門の軽傷, らい六波羅には武士, らい六波羅失陥の噂, らい冬空を映した, らい出来事が起る, らい十騎ばかり小姓四人, らいた, らいな予感, らいの上, らい哀しみを覚ぼえる, らいへ葬られる, らいは必, らい土地だけれど, らい声虔十はびっくり, らい変化は, らいが落ち, らい子どものせいじん, らい宇津木兵馬様であるやらないやらは, らい寝食もわすれ, らい左右二列にわかれ, らい廊下に濡れ, らい弁慶縞でがらり, らいにもなっ, らい隠居さんは, らいで, らい忍耐一人の子供, らいの復活, らい惨い人間が, らい感触によって絶えず, らいれ転がるよう, らいも博多, らい日本のあらゆる, らい時勢に生産, らい有縁無縁を問わず, らい望んで寄手, らい末路が突きつめた, らい来ついで, らい来る風客という, らい来るべき段取りであった, らい松千代の身命, らい板ばさみになつ, らい森陰が現れる, らい権式で其の, らい武士の洞院左膳, らいの姿, らいの毛布, らいも見えない, らいも山々, らい流れに似た, らいとともにまた, らい深い娘の, らい淵辺伊賀守義博と申しまする, らい混乱が陰, らい港市に開業, らい濁つた重い心, らい濁りがある, らい灰色の冬空, らい無気力なこの, らい申しております, らい申すにつけ, らい畜生めが, らい異常なうごきが, らい當今ではちと, らい真似はとても, らい矢代勝介伴太郎左衛門兄弟村田吉五などはそこ, らい石壁によせかけた, らい秘密の部屋, らい系統の語, らいの人たち, らい紳士を指さし, らい織部清治はあくる日, らい置いたのだ, らい自体には反感, らい苛責だつた, らい衆うちの兄さん, らい衣笠のお, らい試錬でも堪え抜く, らい賞する一方には, らい運命だ, らいのため, らい酔って弟, らい長くつづいたこの, らい除けて文三, らい雛みたいにいや, らい静かな水, らいは山崎庄兵衛, らいの勇ましい, らいの黒パン