青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「やめ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~やっと やっと~ ~やっぱり やっぱり~ ~やつ やつ~ ~やはり やはり~ やみ~ ~やめ
やめ~
~やや やや~ ~やらう ~やり やり~ ~やりたい やりたい~ ~やりました ~やり方 やり方~

「やめ~」 2817, 29ppm, 4019位

▼ やめ~ (1944, 69.0%)

104 しまった 33 下さい 30 しまって 28 しまつ 25 くれ, しまいました 18 くれと, しまったの 16 ください 14 しまう 10 耳を 9 おくれ, もらいたい 8 いた, しまうの 7 他の 5 いる, おこう, しまえば, しまったん, しまつて, それを 4 しまいます, しまえ, しまったが, しまったという, その代り, どうする, もらおう, ゐた, 家に, 欲しい

3 [29件] いただきましょう, いただく, いました, おいて, おかう, おきましょう, おく, かえる, くれよ, しまうに, しまうよう, そこらを, ちょうだい, っ, ほしい, もらいましょう, 一斉に, 云いました, 今度は, 仕舞う, 呉れと, 彼女の, 急に, 新聞屋に, 来た, 私の, 自分の, 言った, 顔を

2 [99件] あがって, あなたの, いたが, いつもの, いると, おきなさい, おきます, おくれよコツプ酒, おしまいに, くちを, くれないか, くれないかね, くれやめて, これに, こんなこと, しずかに, しまいただ, しまいましたが, しまえと, しまえッ, しまおう, しまおうと, しまったこと, しまったと, しまったので, しまっては, しまひました, しまふ, しまふと, しまふの, しまへ, じっと娘, じっと虔十, その方, それから, ほかに, ぼんやりと, まじめに, みんな手拭の, むしろあらゆる, もっと面白い, もとの, もらうこと, もらって, レンゲさんの, 一つの, 一寸顔を, 一行を, 下さいよ, 下さらない, 下され, 了った, 了ふ, 五歳の, 今は, 何か, 冠って, 出て, 別な, 反対党に, 叔父の, 君の, 呉れ, 地方官の, 声楽に, 外の, 女は, 娘の, 家の, 家へ, 寒い京都, 専心に, 帰って, 座を, 弟の, 怠惰に, 恐る, 故郷へ, 本当の, 来て, 東京に, 東京へ, 森の, 横にな, 次へ, 欲しいと, 煙草を, 百姓に, 私たちの, 私に, 私は, 精神の, 職工に, 船を, 茫然と, 見て, 言いました, 雛形に, 高座へ

1 [1227件 抜粋] あおむきに, あても, あなたは, あの様, いいか, いいの, いそいで, いたかも, いただきたいですね, いただきたいん, いたの, いた事も, いた扇, いちように, いっそ三味線, いって, いつでも, いつ誰, いなかったら罰, いるかも, いるわ, いる弟, いろいろ旅, うっとりみとれます, えもん, おいても, おきますわ, おくか, おくといふ, おくれと, おくれよやめて, おく叙述, おこうか, おしまひ, おったらこんな, おまけに, おります, お前と, お呉れ, お父つぁん, お芳, かいまきの, かえって来た, きつく云え, きみ子さんの, くださいと, くちびるを, くるりと, くれせいしゅく, くれといったじゃ, くれない, くれないと, くれもう, くれるの, くれ我, くれ給, ぐるっとデストゥパーゴ, こうやっ, こちらへ, こっちへ, このきらびやか, このまま, この堀川, これからどうなる, これから起ころう, こんどは, ごはんに, ご病気, さがし木の下, さっそく家, さて私たち, しおからい石灰分, しばらくだまっ, しばらく大根, しばらく考え, しばらく聞き耳, しまいこの, しまいなさいって, しまいますよ, しまい改めて, しまい毎日, しまい西洋館, しまい金港堂, しまうか, しまうが, しまうた, しまうつもり, しまうでしょうよ, しまうもの, しまうわけ, しまえという, しまえ商売, しまったけれど, しまったばかり, しまったよう, しまったマヤコフスキー, しまった人々, しまってから, しまってよ, しまつたのである, しまつた後も, しまつて名古屋の, しまつて魚や, しまひ, しまひお客様, しまひなさいよ, しまふがい, しまふわけ, しまへよ, しゅうと鋭く, し雪こ, じっとそれ, じっと宇乃, じみち, じろりと二人, すぐに, すぐ畳, すっかりまじめ, せがれの, ぜひぜひこの, そこの, そっと声, そのかわり, そのまま手近, その偽物, その日, その療養, その議論, それまで, ただこう, ただ大菩薩峠, ただ石, だいがくを, ちょうだいね, ちょっと考えこんだ, つかつかと, てめえから, とある一方, とんで, どうしたら, どこか, どこかへ, どっかから, なにごとも, なんでも, にっと笑った, ぬれた手, ひたと眼, ぴんと反っ, ふたたび東京, ふり向いた, ほしいと, ほしいわ, ぼんやりそれ, まあ, まじまじと, まず頭, またもとの, また初, また追いかけた, まつすぐ, みたら, みんなに, もう議場, もっと儲かる, もつて, もらいたいと, もらいたいな, もらいたかった, もらいもう, もらうところ, もらえぬか, もらひたい, やけ酒を, やはり大和屋, やめて, やる, やるわ, ゆっくり喋る, よく尊氏, わが前, ゐたの, ゐないと, ゐると, アホートヌイの, エッ, オルガンの, オーデコロン下着など, サラダ油マゾラを, チラと, ドン, バアーの, ヒゲ剃り, ビラと, ブランドが, ポタリと, ムシロの, ランプを, レース用の, ヴァイオリンを, 一夜湯浴みす, 一度に, 一時三浦環の, 一路宮崎まで, 三人で, 三味線の, 上を, 上海へ, 上酒の, 下さいつつ連れて, 下さいどうか, 下さいまし, 下さいませ, 下さい待って, 下さりませ, 下されやめて, 下で, 不安そうな, 不興げな, 両側で, 丸めた紙, 九大の, 了うたんどす, 了つた手帖も, 事務員に, 二時過ぎまで, 交代に, 人形の, 今日正式に, 仕舞ってからも, 他国に, 以上の, 仲好く, 伊東とも, 休らふ, 休養しよう, 伝書ばとに, 体裁から, 何が, 何も, 何処かへ, 作品に, 來ない, 俳諧の, 健康に, 働いた分, 僕は, 優遇によって, 先生の, 入って, 入浴し, 全然区別, 其の場, 其處だけに, 再びもと, 再び自分, 出京, 前の, 力三の, 労働者の, 動き出した蜘蛛, 十二銭の, 南洋に, 即刻ご, 又あるきまわった, 友人の, 受話器を, 口の, 只今は, 台所の, 名前は, 呆然と, 呉れたらい, 咳を, 商売人に, 嚔を, 囲炉裏の, 地道な, 坑夫は, 壁の, 声を, 外へ, 大いに働くべし, 大きな机, 大学の, 大胆に, 夫と, 奉公に, 女と, 好奇心と, 姿を, 娘三人と, 宇宙そのものが, 宝塚の, 実家へも, 宿へ, 寝たままセエラ, 寝ろと, 寝室には, 専ら種子, 専門学校に, 小そう, 小作人まかせに, 小説の, 小説家に, 少しでも, 尾山は, 居るし, 山を, 川の, 市子を, 席に, 帰りました, 帰るよ, 帰ろうという, 帰ろと, 帰藩させ, 年を, 広田先生の, 床を, 座敷を, 弁士に, 弁護士さんの, 引つこんで, 引込むと, 影だけ, 彼の, 後ゴーリキイは, 御一所, 心配そうに, 志願し, 思わず顔, 恥ぢば, 息子の, 愛想の, 我々の, 戰場の, 戸袋の, 扉わきの, 手持無沙汰で, 押入から, 改めて史伝, 放心状態で, 政治家に, 教師に, 文学の, 文科に, 新しい仕事, 新坊, 旗亭へ, 日活へ, 旧友, 早くアメリカ, 早く中, 早く寝れ, 早速索敵戦隊長, 明日の, 明治時代上州高崎に, 時々放言, 暁声社という, 暫く応対, 朝から, 末っ子や, 村長に, 来たところ, 東京市長に, 東発の, 松竹会社の, 棒を, 横浜へ, 次郎の, 欲しいとも, 此の, 歩きだした, 歩く俊和尚上洛中, 殴られても, 母代りに, 氏の, 気味の, 江戸へ, 法律の, 注意する, 流しを, 涙に, 清酒や, 満洲, 準備に, 煙草の, 燃え残り, 牝の, 狐に, 現在は, 理研と, 琴を, 田は, 申しました, 町の, 町人に, 白痴の, 皆と, 盥の, 眞面目にな, 真空球に, 眠つてゐる, 眺めた, 瞑目した, 石屋の, 神楽坂へ, 福井へ, 稼ぎに, 突然, 窓ぎわに, 立ちあがりながら, 立ちどまったまま, 立ち上らうと, 立ち上ろうと, 立つて, 立去った, 笑いながら, 簡単服の, 精いっぱいの, 純農民, 終日独居ぼんやりし, 結婚する, 絵具を, 締りを, 縁側に, 置かうと, 置きます, 置こうと, 老人の, 聞いて, 聞耳を, 背広を, 胸の, 自分が, 自己以外の, 自活しよう, 船宿に, 艇内に, 花柳界や, 芸人に, 英語ばかり, 荷物と, 衆人忽ちに, 行動の, 行担島へ, 裂け目の, 裾に, 見たが, 見た酒, 見物, 親元へ, 言いつかったとおり, 言葉を, 詩に, 語調を, 講義を, 護送船団編制に, 財産の, 貰いたいこと, 貰うこと, 貰えましょう, 貰ひ, 貰わなければ, 買いたて, 足袋職人, 路上を, 軍務に, 転業する, 辻堂海岸に, 逃げちゃったじゃ, 速成の, 運動場の, 道場の, 部屋に, 都市も, 野村と, 金城へ, 鉱山に, 鋤鍬を, 鍛冶屋の, 長い袖, 門の, 陰鬱に, 陸路を, 階段の, 隣室から, 雷門まで, 面白くしましょう, 鞍に, 頂くぐらい, 頂戴そんな, 頷きました, 飛んで, 飯を, 飲み薬, 魚釣に, 黍畑の, 黙って

▼ やめ~ (382, 13.6%)

92 して 44 した 20 しよう 13 なった 12 なって 7 しました, する 6 しましょう, しようと, するが 5 なった方, なりました 4 いたします, なったの, なったほう, なると, なるの 3 したの, しましょうね, しましょうよ, し給え, なるべく然る

2 [15件] いたしました, いたしましょう, したい, したほう, したん, します, しようかしら, しろ, し給, せい, せば, なったが, なったそう, なる, なるん

1 [94件] いたしまして, いたしましょうね, いたしましょうホラ, いたせ, おしよ, けり, したが, したくなった, したこと, したさ, しただけど, したという, したら, したらしかった, したらどう, したわけ, した方, しては, しても, してネ, しといて, しとき, しなければ, しなさい, しなさいな, しますよ, しやれ, しようかと, しようかな, しようや, しようよ, しろい, しろよ, しろ小, しアッタシイ, し家, し起きると, すべえ, するかと, するだけ, するつもり, すると, するの, するのよ, するよう, する方針, する者, せねば, せられい, なさいまし, なさいよ, なったこと, なったと, なったので, なったよう, なったらまわしますという, なったら如何, なったんで, なっては, なつた, なつてる, ならない, ならないでしょう, ならないと, ならない方, ならない点, ならなくちゃ, ならぬと, なりませぬか, なりません, なりませんその, なり僕, なり自分, なり部屋, なること, なるそう, なるならなん, なるに, なるもの, なるやう, なるよう, なるようおすすめ, なる理由, なる由, なれぬの, 心ひか, 手弱女など, 決定いたしました, 致して, 致しまして, 致しましょう, 致します, 致しませう, 遊ばされませ

▼ やめても~ (35, 1.2%)

2 いい, 生活が

1 [31件] あなたいらっしゃる, あなたと, い, いいかと, いいと, いいなどと, いいのよ, いいよ, いいわね, すぐに, すぐまた, せめてお針, その方, その音, つと上品, よい, よかろう, よろしい, よろしいです, らは, 二十五日に, 力は, 困るッ, 好い, 好いが, 年二百ポンドの, 村農会長消防組頭いや, 東京へ, 構わないが, 父の, 金には

▼ やめてから~ (22, 0.8%)

1 [22件] いつも奥の院, だつて, のちに, めきめき肥つた額, やって, 七八年間洋服という, 五六年に, 京都へ, 使って, 侍医頭と, 僅か四五年あと, 夫婦づれで, 家の, 容貌も, 小田急が, 後の, 或る, 文学に, 祖母と, 若い者, 鍼灸屋に, 長の

▼ やめたり~ (19, 0.7%)

2 して

1 [17件] した, したが, したそう, した七八枚分, しては, しながら, なんかしない, また泣きだし, サボったり, 会合に, 兄が, 後ろを, 徹夜なんかの, 早退けし, 用事で, 舞台の, 飛ばして

▼ やめては~ (14, 0.5%)

1 [14件] いかぬと, いると, どうだ, どうです, ならなかったの, ならん, もう生き, 参右衛門は, 器用に, 折角の, 時々涼しい, 暖かそう, 本を, 熱心に

▼ やめ~ (12, 0.4%)

1 [12件] ことに, たを, まどひ, 側に, 合図が, 方が, 書いた仮名文字, 玉手さしかへ, 紅きくちびる, 色に, 袖に, 譽と

▼ やめ~ (12, 0.4%)

2 しない 1 したが, しないで, しないもの, しなかった, しまい, しますまい, せんよ, 彼が, 面変りせず死ぬ, 頭髮おろしぬ

▼ やめ~ (11, 0.4%)

1 [11件] いたしても, いわれて, くれよ, する, なったので, なったり, なり往来, ほしわ, 云う, 云う訳, 決定しました

▼ やめたま~ (9, 0.3%)

62 へと四三 1 へとのみ言

▼ やめちゃ~ (8, 0.3%)

1 いけないか, いたいとかね, いなさい, なお困ります, 一生やら, 人情に, 仏作って, 受け

▼ やめ~ (8, 0.3%)

2 またこ 1 よろしいの, 其の中, 名殘, 忘れるの, 猛烈の, 雪に

▼ やめ~ (6, 0.2%)

1 うして, されたやめた最初, された時, した, したがい, したの

▼ やめよう~ (6, 0.2%)

2 ではない, 思うん 1 ではありません, もない

▼ やめ~ (5, 0.2%)

1 こんなこと, という話, と云った, と放っ, やめだ

▼ やめまた~ (5, 0.2%)

1 ざわざわと, 使主の, 思い出したよう, 身体を, 飛ぼうとして

▼ やめてしも~ (4, 0.1%)

1 うた, うた屋に, たら生きてる甲斐, ふたり

▼ やめ~ (4, 0.1%)

1 けれで, これを, はござりますまい, よかった

▼ やめ~ (4, 0.1%)

1 さりませ, の, はれお, はれそれ

▼ やめ~ (4, 0.1%)

1 しないかわり, しないもの, せずさうかと, できんし

▼ やめ~ (4, 0.1%)

1 みなここには, れば, 手弱女の, 潮汲みの

▼ やめ~ (4, 0.1%)

1 に静思, の顔, はあたり, を見知っ

▼ やめ煙草~ (4, 0.1%)

1 の残り, もひかえ, もへらし, をつけ

▼ やめ~ (4, 0.1%)

21 へツ, へ演説

▼ やめそして~ (3, 0.1%)

1 再生に, 早くわけ, 言った

▼ やめてからも~ (3, 0.1%)

1 二日間ぐらいは, 出入りを, 勝手放題の

▼ やめてと~ (3, 0.1%)

1 ぼとぼとそれから, 云った電報, 手を

▼ やめ~ (3, 0.1%)

2 と思ひます 1 としない

▼ やめ~ (2, 0.1%)

2 やめ

▼ やめ~ (2, 0.1%)

1 よかろう, 出かかつたらせめて

▼ やめくら~ (2, 0.1%)

1 に会う, の旅行

▼ やめこれから~ (2, 0.1%)

1 先は, 順々と

▼ やめ~ (2, 0.1%)

2 ちやくるま

▼ やめさえ~ (2, 0.1%)

1 しなければ, すれば

▼ やめそう~ (2, 0.1%)

1 もない, もなかっ

▼ やめその~ (2, 0.1%)

1 かわり手紙を, 代りに

▼ やめただ~ (2, 0.1%)

1 二冊目の, 禿げた書類

▼ やめつら~ (2, 0.1%)

2

▼ やめてか~ (2, 0.1%)

1 はりに, やうな

▼ やめてさ~ (2, 0.1%)

1 ういふ, からだに

▼ やめてよ~ (2, 0.1%)

1 そんな詰んない, 私が

▼ やめでしょう~ (2, 0.1%)

1 が, し

▼ やめとして~ (2, 0.1%)

1 とにかく戦争, 時にてめえ今夜

▼ やめなよ~ (2, 0.1%)

1 もう, 爺つ

▼ やめにくい~ (2, 0.1%)

1 が酒, といふまつたく

▼ やめにな~ (2, 0.1%)

1 つた後の, つて此頃では

▼ やめ~ (2, 0.1%)

1 ぼろしは, ーす

▼ やめむと~ (2, 0.1%)

1 は思へ, 思ひつつ

▼ やめもっぱら~ (2, 0.1%)

2 バスの

▼ やめやう~ (2, 0.1%)

1 ともしない, と思つて

▼ やめ一せい~ (2, 0.1%)

1 にこちら, に彼

▼ やめ二人~ (2, 0.1%)

1 やめして, やめだん

▼ やめ~ (2, 0.1%)

1 ではわづか, は心

▼ やめ今度~ (2, 0.1%)

1 はよみかけ, はコムパクト

▼ やめ~ (2, 0.1%)

1 をあい, を閉ざし

▼ やめ~ (2, 0.1%)

1 に引き込みて, を飛び出す

▼ やめ少し~ (2, 0.1%)

1 も急ごう, 体を

▼ やめ新しく~ (2, 0.1%)

1 勤めの, 運びこまれたあついスープを

▼ やめ~ (2, 0.1%)

1 だったの, らしくて

▼ やめ~ (2, 0.1%)

2 にならべ

▼ やめ~ (2, 0.1%)

1 が三十, を叱らない

▼ やめ自分~ (2, 0.1%)

1 を去る, 何だかフキゲン

▼1* [207件]

やめあたかも悪風の, やめあの大きな舞台の, やめあらゆる新しい行, やめいい子だ, やめいま勤めて, やめいろんな質問を, やめうしがあそん, やめおじぎをした, やめおそい夕御飯と, やめ誰も, やめがたい私は, やめくさつたわ, やめけげんそうに次郎, やめこれがすめ, やめこんどは片手, やめさも悲しげ, やめざらむ汝のひとり, やめそこに倒れ伏し, やめそっと小窓, やめその他一切の会社, やめそれから松年塾へ, やめそんなに欲しければ, やめちゃへッ, やめちやめちやの惣潰れ打つて, やめつかつかと寄っ, やめつきあいの遊び, やめてかの女の, やめてからというものは, やめてからのことだ, やめてからはローランが, やめてしもてお道, やめてずつと田舎で, やめてでも用意し, やめてね伯父さんが, やめとにかく行かなければ, やめながら言った, やめなとぞおもへしかは, やめなどもさうである, やめねえ君, やめねがいたいのです, やめのりを大塚, やめはっきり決心しろ, やめひでりあめ, やめふしぎそうな顔付き, やめふたたび相剋の, やめまだ寝たり, やめ易しと, やめむといひて菖蒲の方, やめむと下思ふらしき, やめむアカイアの武勇, やめむ彼らのある, やめむ晝酒せんもなし, やめむ鬪爭は彼ら, やめやうぢやありません, やめウイを二三杯, やめカルタの端, やめカルルスバード行の予定, やめグーッとかまく, やめサン・スュルピス会堂を見捨て, やめショパンをよむ, やめジャンさんというの, やめタバコもやめ, やめトランクを提げた, やめトルストイ博物館へ行く, やめニキーツキーにスピリト, やめハンカチで鼻, やめパトロクロスの武裝, やめパン焼工場で働かね, やめペンは指, やめマリユスをすくました, やめラジオをかけ, やめリスを籠, やめ一二氏の言わぬ, やめ一人は起き上っ, やめ一先ずそこで, やめ一向商業を, やめ一夫さんを呼ん, やめ一躍有閑夫人めいた, やめ下らないもっとおだやか, やめ両刀をなくした, やめ両手を揉み合せ, やめ中華人民共和国との国交, やめ九鬼隆一氏がその後, やめ二ヶ月後にあった, やめ二首を清書, やめ互いに顔を, やめ五郎を見上げた, やめ人間並みに天下, やめ今のは山谷, やめ今日はよっぽど, やめ仕事をやめ, やめ休息の時間, やめ休暇が終る, やめかに耳, やめは侍, やめへと宣, やめを専ら, やめの尻尾, やめ公武一体のす, やめ六五年には王立協会, やめ兵糧なとつかえ, やめ其処此処と残した, やめ再び誦経を, やめ写真帳の中, やめ力いっぱい血走った眼, やめた時, やめ南九州のセールスマン, やめ量と, やめ友人の伯父, やめ受信機の方, やめ申候, やめ号令をかける, やめ六四年には, やめに甲乙丙丁, やめ四ツ目屋の新, やめ国民服とか絹糸, やめの天守閣, やめ夜分もローソク, やめ湯呑は, やめ大いに社会性の, やめ大きな声で, やめ太い指で, やめ好きな花, やめはうた, やめ連の, やめ家畜飼養をやっ, やめ小杉と云う, やめを観, やめ山野の外, やめ左右をみ, やめ平常意識に, やめ廊下づたいに視線を走らせ, やめ張世之が代, やめ役人は役人, やめ彼女と眼, やめの半分, やめ従って人格でも, やめ心理で動い, やめ必要な紙, やめ応仁の乱, やめ戦争が果して, やめ手提をそこ, やめ改めてまた, やめなくし, やめ文献を集め始める, やめ日参を思ひ, やめ普通の農家, やめ暫くその辺, やめ更に深く更に, やめ検温しました, やめとは思はぬ, やめ次郎のまえ, やめふを, やめ死罪も一等, やめ母上達の迎え, やめ気違いみたいじゃない, やめ江戸引払いにて, やめ深い好奇心に, やめ深山研究室の中, やめの音, やめ炭坑へ新しい, やめ片手に槌, やめ現在まで文学, やめ理詰めで行こう, やめ生真面目な顔, やめ産児制限をやり, やめ用事があっ, やめ田舎へひっこん, やめ番茶のみのむ, やめ直立不動の姿勢, やめかわらず横浜, やめを輝かし, やめ眼鏡をとりあげ, やめ破産が到来, やめ私どもは共和政治, やめ秘蔵の幻燈器械, やめのほう, やめを投じ, やめかかる幽う, やめ細い道を, やめ紳士とともにあたふた, やめの辰五郎, やめひかけの, やめ考えをやめ, やめ耐火耐震防空の強か, やめ職業につく, やめや天蓋, やめ葉子をとりまい, やめ著述に専念, やめ薬種商をひらい, やめ藪下のうち, やめ蛾次郎のほう, やめ裁縫の稽古, やめも言わず, やめ踊り手も踊り, やめ踊師匠となりし, やめ車夫になり, やめ道具を取っ, やめ野田沢子とも別れ, やめを閉じ, やめ降参したの, やめ難いものである, やめ電車のステーション, やめ頭部を低く, やめの汗, やめをあげた, やめ馬車屋は村