青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「よせ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~よかろ よかろ~ ~よき よき~ ~よく よく~ よけい~ ~よこした ~よし よし~
よせ~
よそ~ よっぽど~ ~よほど よほど~ ~より より~ ~よる よる~ ~よれ よれ~

「よせ~」 1766, 19ppm, 6021位

▼ よせ~ (1023, 57.9%)

27 いた 23 来た 16 きた 10 くるの, 来て 9 何か 8 いる, くる, それを 7 きて, 自分の 6 いった 5 いること, きました, はかへ, 來る, 来る

4 [12件] ある, おいて, さ, みた, みると, ゐた, ゐる, 云った, 笑った, 置いて, 行った, 見ると

3 [13件] いたが, いたの, いるよう, きたとき, くる波, なにごとか, 二三杯は, 何事か, 囁くよう, 外を, 私たちの, 笑つた, 自分を

2 [55件] いう, います, いると, いる伸子, いる者, おいてから, おかれて, おります, きたが, くるよう, くれたの, くれと, ささやいた, ささやくよう, そこに, その陰, ぢつと, なにかささやきました, ひそかに, ゆく, ゆくと, 中の, 佇んで, 何事かを, 來て, 十粒に, 居る, 彼の, 彼女の, 怖がる様子, 手を, 来し君, 来たが, 来たその, 来たの, 来たり, 来ると, 来るよう, 次の, 物を, 眺めて, 私の, 私は, 積み重ねて, 立つて, 笑って, 置いた, 自分も, 見た, 見て, 言った, 訊いた, 訊ねた, 避けなければ, 頬ずりを

1 [662件 抜粋] あいつに, あいびき, あちこちで, あった, あったね, あまく胸, あらためてその, あるか, いくと, いく見えぬ千鶴子, いたから, いたし, いたそれら, いただければ, いたひとり, いたろうし, いたシャツ姿, いた思い, いた愛, いた日向, いた者, いて, いとうら安の, いまいましそう, いましたゆえ, いますが, いら, いらっしゃいました, いるいずれ, いるか, いるそこ, いるであろうか, いるでは, いるところ, いるにも, いるの, いるばかり, いるもの, いるサナトリウム, いる内, いる千鶴子, いる女, いる新田先生, いる浪人, いる當, いる者全部, いる自称珍客様, いろいろと, うつむき勝, おいた, おいただき, おきます, おき半分ごろ, おこうと, おさえた声, おばかさんね, おまけに, およみ, おる, おる船木頼春, お手ずから, かれの, きいて, きたから, きたもの, きたよう, きた妙達, きつつ, きては, ぎらり秋水, ください, くちづけした, くまいもの, くること, くるとき, くるので, くるん, くる不安, くる会社, くる六人, くる大, くる季節, くる検使舟, くる海, くる淡, くる集団間接撮影, くれた, くれたもの, くれる人, ぐっと丸わげ, こうヒソヒソささやきあっ, こう告げた, ここで, こないよう, この町, この頃, こられたので, これが, ごつん, さう, ささやいて, ささやき声で, ささやくと, ささやくの, さらにそれ, しかし態度, しきりと, しきりに自分, したたかそれ, しばらくこの, しばらく考えこむ, しまいには, しまいましたので, しまり屋は, しょっちゅうお, じいつと, じっと窺っ, じっと聞い, すぐ自分, すゝめに, せかせかと, せっせとほつれ, そっと訊ねた, そとを, そのかげ, そのこと, そのまま息, その上, その光る, その墓所, その手帳, その端, その肩, その腕, その額, それで, それは, そんなこと, たび, たんと遊ばっし, ちらりと見眺めた, つつむ法, ときどきなだめ, とまる鳩, なにやら叫ん, にっと笑っ, にやにやと, ねた, のめる仕掛, はいあがるよう, ひそひそと, ひそひそ囁い, ひそひそ話を, ふくろだ, ふるえて, ほめたたえそこ, またぐっすり, まち子の, みせる, みたところ, みたら今, みな殺しに, めいめいが, もう何, もらいたい, もらうこと, もらへるかと, やさしき風, やすむ, やつた, やり鉛筆, ゆくの, ゆく絵, ゆく運命, よき大将, よく見る, ゐたため, ゐました, ゐるから, ゐるの, ゐる京都, エッゲなる, エミイの, カラ, ゴリラの, ジムに, ジロジロと, トロッコの, ニッコリ笑いかける, ヒソヒソと, ホトホトと, ポケットへ, ムンズリと, レンズを, 一こと, 一しよ, 一座の, 一心に神仏, 一服すっ, 一服やり, 一泊した, 一盞献じました, 一語も, 丁度仏さん, 万端因循に, 三宝の, 下さりましたら, 並べてある, 並んで, 予診を, 事を, 二つの, 二段に, 云うた妾, 五月蠅いほど, 今は, 仏性は, 仔細に, 仕事の, 仕事を, 仮面披露に, 伸子が, 佐渡と, 体の, 何やら囁い, 何やら話しあっ, 何処か, 何気なく打ちのぞい, 何物かを, 使つたら, 來或, 信長が, 倩, 兄の, 其の溝, 其処に, 内のけ, 別荘内に, 力説した, 動かずおそれて, 包みを, 化けの皮を, 北の, 千穂子は, 参りまする, 取り縋って, 口を, 叫んだ, 右左に, 呉れるよう, 呼びつづけたが, 呼吸も, 哥まろの, 問ひた, 嘲う如く揶揄, 困つたよう, 坐って, 垢じみた, 墨を, 壁に, 声を, 夜更けまで, 大きく笑いました, 大きな書棚, 大きな長い, 天狗天狗と, 奇怪な, 妹に, 威猛だ, 学生を, 宇宙電話で, 宥め賺しますと, 密談し, 密談の, 寝そべりながら, 寝ながら, 寝れば, 寢たるに, 小さいふるえた, 小さな味醂, 少し体, 少し躊躇, 尚手, 居た隣, 居りました, 居る顔, 巣の, 巻紙を, 帆村は, 庄次郎の, 座興を, 庭へ, 引つかむには, 張の, 彼が, 微笑した, 徳川どのと, 心配し, 必ず涙, 怖しい, 急ごしらえの, 怪紳士の, 恐ろしいことば, 息を, 悲しき秋, 意見を, 慰めた, 懐中時計を, 戯れ太陽, 手で, 手帳を, 打ちながめ同じ, 抗辯, 抽斗の, 拾って, 掛けた, 揺られながら, 擽ったい顔, 故人蘭渓の, 教を, 敵の, 敷いた褥, 文字を, 新しい机, 新兵衛餅, 新聞を, 明日と, 昔から, 晩飯を, 更に何事, 更紗の, 書面を, 末子の, 本人なる, 来いよ, 来ました, 来ます, 来ますから, 来るかも, 来るごと, 来るたび, 来るでしょう, 来る一つ, 来る不幸, 来る外界, 来る惧, 来る方向, 来る様, 来る濃霧, 来る言葉, 来始めた熱気, 東大で, 枕のか, 枕屏風が, 横を, 次郎の, 止って, 武蔵の, 歯ぐきを, 気が, 気付かれぬよう, 気味の, 氣が, 泣き入りました, 浪うつ鬣の, 淀へ, 清水を, 渋読する, 漁師に, 激しく頭, 火の, 火事装束に, 焚く, 焚くけ, 無実の, 熱燗を, 父親と, 猫や, 猫撫声で, 理論的に, 生けるが, 生死の, 畳一畳の, 白い歯, 盃の, 相手の, 相談し, 相談も, 眞鍋の, 真剣らしい, 真言秘密九字の, 眼から, 眼を, 石川淳の, 神戸の, 禮拜する, 禿筆の, 秋陽の, 積重ねて, 窓の, 竈には, 立ちどまった, 立ちました, 立って, 立つと, 立てて, 笑いながら, 笑う, 笑つたわ, 笑つてゐる, 笑ひ, 笑ひつ, 筆先を, 紅緒を, 納涼の, 細い細い声, 繃帯へ, 繰り返し繰り返し, 繰返しきかせ, 置かれて, 置く方, 考えこんだ, 考えたよう, 考えた力, 考えて, 耳打ちした, 聞き耳を, 肖像を, 腹を, 膝に, 舌の, 色々の, 苗を, 若い女, 苦笑ひ, 茶の, 菓子など, 薄暗く覆い, 藁ぶき, 行きこう, 行き生地獄, 行く動作, 行く自分, 複製を, 褥の, 西片町に, 見ても, 見る人, 見れば, 覗きあつ, 親子は, 観たり, 計った, 討取るつもり, 試驗の, 話したこと, 語って, 誤魔化して, 読書, 赤子は, 趣好を, 踊って, 身を, 転がさないよう, 軽く打粉, 近々とそれ, 返答を, 逆立ちあって, 通ひ, 遙かに, 遠くを, 遠来の, 部屋の, 酒も, 酒宴を, 酒蔵を, 重吉への, 錨を, 長平の, 長火鉢が, 阿賀妻は, 隠して, 集中した, 雨の, 鞍上に, 音も, 順を, 顔を, 顔色を, 飛ぶ老, 食って, 食べながら, 食卓に, 首を, 首尾よく, 香を, 駒井さんや, 高々と, 黄な, 鼻へ

▼ よせ~ (87, 4.9%)

37 いいのに 11 よいのに, よかった 5 よいの 3 いいの, いいのにと 2 いいに, 好いのに

1 [13件] いい, いいぢ, いいにという, いいになあ, いいのよ, えいのん, こっちの, み水, 善いと, 善いのに, 善かった, 好いに, 好かつ

▼ よせ~ (72, 4.1%)

462 いおれ

1 [24件] いおい, いおら, いお通夜, いこんな大きな, いじいさん, いてめえ, いと, いねえ, いよせ, い与八さん, い乃公, い叔父, い圓太郎, い宣伝は, い悪い, い担ぐの, い文明, い於市, い気持, い竹, い自分, い見っとも, い見つとも, い阿能

▼ よせながら~ (56, 3.2%)

3 云った 2 いった

1 [51件] ううーむ, うすぐらくにたりと, お咲, この急激, さしのぞく, その家, その様子, なにやらこまごまと, まずその, よくよくその, サト子は, ジロと, ニヤリニヤリと, フリート街の, 伝票を, 何事か, 光る眼, 分析台の, 南の, 叫んだ, 唇を, 地に, 声を, 夜明けの, 娘の, 宮内庁の, 帯の, 彼は, 後から, 怺えられ, 懷かし, 昨日何本めの, 机に, 煙草を, 目を, 私の, 立ち上つた, 笑った, 糸蝋燭の, 聞いて, 肉汁を, 自分の, 花莚の, 見すかすと, 見て, 言いました, 言つた, 訊いた, 訊きました, 訴えるよう, 闇を

▼ よせ~ (47, 2.7%)

3 いっても, 云うの 2 いうのに, 何べ, 言うの, 言った, 言って

1 [31件] いうから, いつて, いふと, 一喝した, 一言云つた, 云うのに, 云えば, 云ったら, 云って, 云っても, 云つてる, 云ふ, 云や, 似た気味, 兄に, 忠告する, 思いつつも, 慎重に, 申すに, 被告を, 言いおった故, 言いやすけんど, 言うのに, 言ったが, 言ったん, 言った口調, 言っても, 言つた, 言つたら, 言つて止め, 言へば

▼ よせ~ (30, 1.7%)

2 せっ, よせよ, ハイで

1 [24件] あれおれ, あんまり可哀相, おい, おいあんな, おどかすの, こいつの, そんな悲し, そんな真似, なんぼ孫, はずかしいよ, ばかばかしい, もうよせ, もしぶたれ, よく山の上, よけいな, よせよせ, 万吉, 万吉その, 人の, 危い, 大きなこえ, 大坂は, 聞かれるぜ, 行こうよ

▼ よせよせ~ (22, 1.2%)

1 [22件] うなるなあ, お前が, ぐらい野次っ, そんな強がり, そんな馬鹿, という, という内心, とも言わなけれ, と言った, もう, ハルク, 今は, 今松, 喧嘩口論すべからず, 大九郎, 婿に, 弓なんぞ, 手前なんかに, 打捨, 提灯で, 生殺, 麻布ほど

▼ よせたり~ (20, 1.1%)

5 して 2 ともかく印象

1 [13件] しかつめらしい陰気, するよう, その中, 引いたり, 我また, 氷袋を, 海軍や, 渚の, 眼を, 裏絵を, 複雑な, 遠ざけたり, 鋭い歯

▼ よせては~ (19, 1.1%)

1 [19件] かえす島, かえす波, くれない, くろけ, こないで, ひと握りひと握り打, また歩いた, 中の, 人妻娘を, 六万余騎の, 大砲の, 巻き上げるの, 引く景色, 時々和歌, 来て, 泊り泊りし, 流れて, 返して, 飲料水を

▼ よせその~ (13, 0.7%)

2 夜から

1 [11件] うちの, お相手, ためには, ひたいに, やや蒼白, 上に, 日の, 柔かい羽根, 皺に, 竣工の, 角の

▼ よせ~ (13, 0.7%)

3 ところに 1 そばを, ついた表玄関, やうな, 一手つつと, 下から, 庇の, 扉が, 櫓を, 箪笥に, 縞を

▼ よせ~ (10, 0.6%)

4 重かつ 1 あって, あつて, きには, つき出て, 始まってるとよ, 重かった

▼ よせそんな~ (8, 0.5%)

2 ことは 1 ことつまんない, つまらんこと, 卑俗な, 強がりは, 話は, 馬鹿な

▼ よせという~ (8, 0.5%)

1 のである, のです, まさしくファッショそのもの, んだ, 内心の, 命令だ, 意味か, 間の

▼ よせそれ~ (5, 0.3%)

1 にひきつづい, はらしゃめん, は重吉, をじ, を背中合わせ

▼ よせ~ (5, 0.3%)

1 かじりついて, そなえて, なったあの, 参ろうか, 謡を

▼ よせ~ (5, 0.3%)

3 して 1 喰わせた, 聞いたの

▼ よせてから~ (4, 0.2%)

1 そのま, でなければ, 前こごみ, 賓客の

▼ よせない~ (4, 0.2%)

1 ことに, し自分, つもりだ, 怪力線網が

▼ よせ~ (4, 0.2%)

2 くばせしながら 1 をとぢ, をよから

▼ よせ~ (4, 0.2%)

1 が名物, でも何, でも作りましょう, の夕飯

▼ よせ~ (3, 0.2%)

2 へす美しい 1 へす洞あな

▼ よせ~ (3, 0.2%)

1 うも, へし, アずっと

▼ よせって~ (3, 0.2%)

1 家の, 神様の, 言うん

▼ よせつつ~ (3, 0.2%)

1 あった, なほ鳥渡の, 前日の

▼ よせとも~ (3, 0.2%)

1 言えない, 言えないので, 言わなければ

▼ よせなべ~ (3, 0.2%)

1 が二人前六十銭, に酒, のつゆ

▼ よせ~ (3, 0.2%)

1 の手, は議論, 松あの

▼ よせ~ (3, 0.2%)

1 に何, の呼吸, の髪

▼ よせ書き~ (3, 0.2%)

1 の三頁め, の中, をし

▼ よせあつめ~ (2, 0.1%)

1 て来た, で余り

▼ よせあつめた~ (2, 0.1%)

1 のでしょう, 金を

▼ よせお前~ (2, 0.1%)

1 が一寸, のおやじ

▼ よせがき~ (2, 0.1%)

1 だった, をありがとう

▼ よせこの~ (2, 0.1%)

1 夜の, 泥棒は

▼ よせそして~ (2, 0.1%)

1 あのよう, グッと

▼ よせ~ (2, 0.1%)

1 お粂, べらぼうめ

▼ よせても~ (2, 0.1%)

1 すぐその, まだ小児

▼ よせといった~ (2, 0.1%)

2 のだ

▼ よせとは~ (2, 0.1%)

1 いわぬ, 言えまいおれ

▼ よせにせもの~ (2, 0.1%)

2 だから

▼ よせには~ (2, 0.1%)

1 ならないの, ガラスのと

▼ よせばいいん~ (2, 0.1%)

2

▼ よせばよ~ (2, 0.1%)

2 かつた

▼ よせまた~ (2, 0.1%)

1 その狂乱, わが目

▼ よせまるで~ (2, 0.1%)

1 じぶん, 長いこと

▼ よせもの~ (2, 0.1%)

1 のと, 細工の

▼ よせ~ (2, 0.1%)

1 たら, と京吉

▼ よせドン百姓~ (2, 0.1%)

2

▼ よせ~ (2, 0.1%)

1 かささやいた, か小声

▼ よせ冗談~ (2, 0.1%)

2

▼ よせ~ (2, 0.1%)

1 を押え, を閉じ

▼ よせ~ (2, 0.1%)

1 が抜け, のこしらえた

▼ よせ~ (2, 0.1%)

1 で二十七年前, のエハガキ

▼ よせ~ (2, 0.1%)

1 であり脆, ですもろい

▼ よせ植え~ (2, 0.1%)

1 どんなかしら, はいかが

▼ よせ~ (2, 0.1%)

1 は全身, は聞きたく

▼ よせ集め~ (2, 0.1%)

1 てみ, と考え

▼ よせ集めた~ (2, 0.1%)

1 知力が, 醜悪な

▼1* [222件]

よせつけに, よせあたりはばかるひそひそ, よせあの話は, よせあぶないぞ, よせあれは見かけ, よせいたずらするなよ, よせいっしょになっ, よせでを, よせうなるなあ, よせおまえがわるい, よせおりからの山, よせかたなの, よせからわざと見える, よせがたしと, よせがちであるが, よせがぶりと噛みついた, よせて穿ち, よせきっと無事に, よせぎれがちりめんだの紬, よせぎれの色がかわっ, よせぐらい野次っても, よせけん磯を, よせこれを殺し, よせこんど最年長者の小笠原老人, よせさいぜん鉄砲の, よせさらさらと文言, よせざまパッと, よせざま引きぬこうと, よせしきりに気を, よせしばらくはなにかしきりに, よせしばらくなにかささやいて, よせじゃ魂よせじゃ, よせそうしてなだめるよう, よせそちの幼少, よせそれから江戸へ, よせそ茅淳の海, よせたれば高津, よせってのにもすの, よせってばあ悪い, よせってばなまあ, よせっ放しだが, よせてかッと, よせての成政の, よせてものおもふ, よせといふ勢ひで義雄は, よせとか怒鳴り散らされて, よせときどき遠い鈍い底唸り, よせとつたん, よせとにかくはいって, よせとんでもない奴ら, よせなおも鳴りひびく怪時計, よせなにする, よせなまりのある, よせにんにく灸で眠った, よせひそかに売り貯え, よせひとつに成りつるなりけり, よせぴたりとより添っ, よせふたたびそれと, よせふと申して, よせふふふと笑った, よせぶりですね, よせ行くと, よせへはたびたび馬, よせむずかしい顔を, よせ退屈した, よせもうよいよ, よせやいとせせら笑つて, よせやめろと長, よせやや唐突に, よせよせいたづらする, よせよせいたずらするなよ, よせよせじつと眺められ, よせよせ恍けるな, よせアラスカで食事, よせこの阿, よせガラスの内, よせギュッと唇, よせスミ子ちゃんのおかあさん, よせチャブ台を長火鉢, よせツ戯談じやねえ, よせナースチャはその, よせペンを取り上げた, よせボソボソとなにごと, よせポロポロと一生, よせ一人一人取り調べること, よせ一日も早く, よせ一気に攻め落さんと, よせ三人がかりで箸, よせ三十年来欠かしたこと, よせ三軒目のうち, よせ上方はいかぬ, よせ不自然な苦い, よせ丞相より親しく, よせ両手でギュッ, よせには私, よせ久美子の顔, よせ乍ら言った, よせ二人で帆村, よせの無事, よせ五体をちぢめた, よせ今度は息子, よせ今日も独坐, よせ佇みて, よせ何だか気を, よせ何やら読書を, よせ何気なくマッチを, よせり, よせは手前達, よせ其處でうらぶれた, よせ其間から身, よせ冷たいその感觸, よせ切れの集まった, よせ台本と睨み合せ, よせ同時に無産階級芸術論も, よせ唐崎辺へつけ, よせ喧嘩口論すべからず, よせをすり, よせ九郎, よせ大きな黒眼鏡を, よせ好きな煙草, よせ好学の志, よせ婿にゆく, よせ嬉しそうだった, よせ子どものもじゃもじゃ, よせの手, よせの中, よせ小さくまるめて, よせ小首をかしげ, よせ山陰の諸, よせ岸本とマダム, よせが胸中, よせ巻紙をひろげ, よせ布細工の日, よせの玉体, よせがほどけ, よせなんぞよしや, よせ従順なの, よせのため, よせ恐る恐るそれを, よせ愚劣な歌, よせによって高まる, よせ懐炉を入れなどす, よせ我々の衣類, よせにかける, よせ手下の下, よせ手前なんかに歯, よせ手袋を脱ぎ, よせ捨って, よせ掛けていつ, よせ提灯で足許, よせ教訓した, よせ文句の文字, よせに伸子, よせをし, よせ日ごろ愛用する, よせ早口で言った, よせ明白にこの, よせの日, よせ時々愉快の, よせ暴力はいかん, よせ書籍やノオト, よせ朝食がすんだ, よせ木細工の衒学, よせにし, よせから二人, よせ武蔵疲れるだけじゃぞ, よせをそろえ, よせ殆ど眼を, よせ母親の乗りこむ, よせかもしれない, よせのどくがった, よせ永い道中で, よせのおも, よせ洋上一面に金光, よせちかく守護, よせ漁獵の爲, よせ無意味に矢代, よせ現実に対する階級的直視, よせ殺は, よせ畜生気の故, よせ白鳥をおどかし, よせ目玉をグルグル, よせ真名古の腕, よせを丸く, よせ知恵をしぼっ, よせ秀吉の蹉跌, よせから手, よせ端午の節句, よせ義経の司令, よせをすぼめた, よせが浮い, よせ自分たちの同情者, よせ自動車の前部, よせ自室のカギ, よせ舌打ちしながら, よせ芝居はと鼻, よせ公卿の, よせ苦しそうに, よせ菓子なんて食, よせ蓐中にてこれ, よせを調合, よせ藤沢やめて, よせ虫持じゃア, よせ血眼になっ, よせ衣服を与え, よせ之犯罪, よせ視線をそらす, よせ詳しく聞いて, よせ躊躇ったが思い切った, よせ軽侮に耐えない, よせ返して来た, よせ返すのみ干潮, よせ返る大きな音, よせ逃亡をすすめる, よせ重き恩賞を, よせから闇, よせを後手, よせを皺, よせ飽和した満足感, よせするところ, よせ麻布ほど狐, よせ鼻腔と眉