青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「やたら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~やう やう~ ~やがて やがて~ やく~ ~やさしい やさしい~ やさしく~ ~やすい やすい~
やたら~
~やっ やっ~ ~やった やった~ ~やって来 やって来~ ~やって来た やって来た~ ~やっと やっと~

「やたら~」 1126, 12ppm, 9342位

▼ やたら~ (994, 88.3%)

12 煙草を 7 酒を 6 人の, 接吻し 5 そこらを, 出て, 気に 4 人を, 手を, 水を, 涙を 3 妊娠する, 接吻した, 本を, 歩いた, 煙草が, 腹が, 自分を, 飲んで

2 [49件] うれしかった, そこい, そこらじゅうを, そこらの, それを, もち出し, ものを, ピストルを, 世話を, 人が, 人間を, 仕事が, 他人の, 仰山に, 何か, 写真を, 刀を, 吸った, 咳を, 唾を, 啼く, 多い, 彷徨した, 後の, 忙しくて, 振りまわして, 歩いて, 気を, 激昂し, 痒くて, 発射した, 目に, 相手の, 私を, 積んで, 自分に, 花を, 裸体を, 西洋文明の, 連発する, 遠慮し, 部屋の, 金銀珊瑚綾錦の, 頭を, 顔の, 顔を, 食った, 食って, 飲む

1 [810件 抜粋] あおりつけて, あって, あとから, ありすぎる, あるもの, あるもんじゃ, あわてる, いえどう, いじめつけられ口, いやな, いやに, いるもの, いる茅屋, うつした, うれしげ, うろうろし, うろつき廻りそこら, おそれて, おなじ接続詞, お好み焼屋, お引っ張り, お琴, お茶をの, お辞儀を, お金を, かかる主観, かきなぐりながら, かけずり回りながら, からく煮込んだ, かんしゃくが, がんがん騒い, くべるもん, ぐうぐう眠っ, げらげら笑っ, この, このシャッタ, この綱, この言葉, これを, こわくて, さがし回るん, さらけだされては, しきって, した, しゃべったが, しゃべりだした, しゃべり散らしたこと, しゃべる, しらない, しッ, すくい上げ荷桶, すすめた, すするの, すれてる事, せき立った気, そこへ, そこらに, そして不当, そのお, その真似, その辺, たたきながら, たたきのめされて, ただわいせつ, ださなくなっただけでも, ちょうどそこ, つかんでは, つみ重ねられてるため, てんでの, でる, なぐりつけた, なさけぶかくされ, ねずみを, のびる, のんだくれに, はしゃいで, はしやぎ出した, はびこるその, はびこる荒地野菊, ひがむので, ひっくり返しながら, ひらひらし, ふえたと, ふかして, ふりまわしたがる衒気, ふりまわし若い, ぶちこわして, べらべら饒舌, ほかの, ほめたて, ぼくへ, ぼりぼり噛んだ, みっともないもの, もがきたいの, もくもくし, やりながら, よかった, わきへ, わびしい, アンダーラインを, オメデトウという, ガチヤ, キャンプが, コップ酒を, ゴミダメの, スキーの, ツベコベ世辞愛嬌を, トンカントンカンと, ナポレオンや, ノボセタリし, ノートを, バラバラと, ヒキツケを, ピンシヤンする, プンプン怒っ, ベタベタからん, ペンを, マア坊が, マッチを, ヤポウネツ・ヤポンツァ, リュック, リンを, 上らなかったの, 上品ぶった, 不安ばかりが, 不平を, 丑松は, 並べ立てた店, 並んでる紙片, 乱戦乱闘してやろう, 乾く, 事々しく扱われ論じられ, 交際し, 人と, 人形が, 人間どもが, 今斯, 会議が, 伸びる草, 伸縮したなら, 何, 何にでも, 使う先生, 使っちゃ, 使って, 保名を, 停っては, 備えつけた, 傷つけて, 僕の, 先を, 光る, 免職に, 入れて, 兵馬の, 出した覚え, 出た, 出る事, 出会う子供たち, 切り刻んだもの, 刑罰を, 刺される, 刺戟する, 割りきりすぎる, 動いた, 動かさない眼, 動かない人, 十人並の, 十八文十八文と, 卓を, 危険に, 厳しい調子, 取出して, 取込むこと, 口ばた, 口を, 口笛を, 叩きました, 叩くし, 可愛と, 右や, 名物として, 吐くの, 吠えて, 吸って, 吹かし時々, 告白し, 咲きだした, 咳ばらいを, 品が, 唸るやつ, 喇叭が, 喋りたがったが, 嘆息し, 噴霧を, 囲り, 固そう, 土が, 地へ, 塗り消し, 声を, 売らない方, 変える所, 変装し, 変調な, 外国人の, 多い青い菜っぱ, 多くなった, 多く朝子, 大きく口, 大きな杉, 大け, 大げさな, 大声を, 大木が, 大福帳を, 天下国家ばかり, 天性の, 天誅ぐらい, 失くす, 奇麗な, 女に, 女子に, 妊娠ばかり, 威張って, 威張り散し, 嬉しき也, 子供ばかり, 子供を, 官位の, 家の, 家も, 審美的な, 寸法を, 小さい手, 小さい目鼻, 小さくなく, 小便が, 小憎らしくなっ, 小石を, 屁が, 屋敷うちの人に, 島村さんに, 川底に, 川窪を, 常人の, 幾本も, 広々として, 廻して, 弁解する, 引っかきました, 引越したいと, 強くて, 彼女へ, 待たせたと, 得意の, 御機嫌, 心配した, 怒りっぽく, 怒鳴り返して, 怖くて, 思い出される, 思って, 怪しげな, 恋を, 恋文を, 愉快に, 愛撫の, 感じるもの, 憤ろしい気持, 憤慨し, 扇子を, 手には, 手紙を, 打ちだしたの, 打ちつけて, 打ったり, 投げつけるほど, 投げ込みながら, 抱くので, 拭いた, 挨拶してる, 振りまくでは, 振りまわしただけ, 接吻され, 掻きまわして, 撒きちらした, 撮しまわる, 文学団体の, 文章の, 新らしい, 新聞人たちに, 旅に, 日本の, 日本を, 昔の, 更かして, 書かせた, 有りやがったん, 有り難くなっ, 木を, 本の, 札びらを, 杯を, 東京の, 松ばかり, 棄てるわけ, 植込んだ, 樹木を, 欠伸を, 欲くなる, 歌いだした, 歡聲を, 歩きま, 歩きまわった, 歩きまわるかするばかり, 歩き廻った, 歩き廻って, 歩き廻ってたもの, 殴りつけた, 殴りつけ始めた, 気むずかしいこと, 気忙しなく, 水をの, 汗ばかり, 江戸訛を, 沢山な, 河豚が, 治郎吉を, 泣きたかったの, 注ぎかける同情心, 泳ぎ出した, 活動する, 浮いて, 淋しいとか, 淋しく思われ, 深いので, 清子を, 溜息を, 溝の, 激し, 濡らすの, 火箸で, 焚かせて, 無節度, 煎餅を, 煙草ばかり, 煩瑣で, 爆発させられた, 爪を, 物を, 物音を, 特筆大書され, 犬ばかりが, 犯人を, 猛りたって, 甘やかすの, 生きたいと, 生み出してばかり, 用いて, 用を, 男の, 畑の, 異常な, 疾走し, 病気に, 痛飲した, 発動させ, 発達した, 目先の, 目立つの, 眉を, 真似を, 眠い, 眠かった, 眼に, 着きまとう, 短刀を, 砲先の, 神様に, 空を, 空想した, 突き斬ったの, 突っかかって, 窓の, 笑わせる, 節約の, 糸瓜が, 絵を, 絶望的な, 綺麗に, 線路に, 美しくは, 美食を, 羽ばたきを, 脣を, 腕力を, 腹立たしくなり, 自分の, 自由なぞ, 興がるの, 舞踏会を, 良寛さんの, 芽ぶいて, 茨の, 荒くつて, 莨を, 落首を, 薬を, 虫が, 螫す, 行くから, 行くと, 行をかへて, 見える, 見せつけた, 言いたてながら, 言葉を, 訊ねあるいて, 話しかけ葡萄酒, 話したくなって, 話の, 読み散らしながら, 読んで, 読者の, 誰とでも, 論議ばかり, 謝ってばかり, 謝罪られ, 貝を, 貯蓄ばかり, 貴方が, 買ふ, 資本金七万円五万円という, 赤煉瓦の, 走り廻つた, 起る, 跳ね飛ばした, 踊り狂つてゐた, 踏み分けて, 転んで, 近親を, 追ひつめ, 逃げ腰の, 通がる男, 速力を, 連発した, 進軍ラッパを, 道を, 道義とか, 都会化させる, 酒が, 重ねて, 野菜が, 量が, 金を, 金口を, 釣瓶を, 銚子を, 長い, 長い裳裾, 長生を, 院中や, 電車の, 露国の, 青く高く立っ, 靴墨を, 音楽が, 音楽に, 頬張る愚鈍, 頭へ, 額部を, 飛ぶわけ, 飛車角の, 食い酒, 食ってばかり, 食べたり, 食物店ばかりが, 飲まされて, 飲みましたので, 飲んだ, 飲んだので, 餌を, 饒舌っ, 饒舌ってる, 饒舌りちらした, 饒舌り続ける, 首を, 馬の, 駆けて, 騒々しがる, 騒ぎたてたもん, 高いところ, 高くなけれ, 魚が, 鴉なき, 鹿柴みたいな, 黄いろい粉, 黒い物, 鼻の

▼ やたら~ (53, 4.7%)

2 人の, 女を, 砥粉を

1 [47件] あった, お辞儀だ, からみつき仔馬, なで回したため, はげしいもう, はびこって, ぶつかって, むづかしくてげび, センチな, 不可能不可解の, 仏人の, 仲間ぼめし, 作中に, 光りだした, 出るので, 力を, 口を, 口説いて, 変化する, 女子大を, 巡査と, 幼稚な, 忙しくって, 拳固で, 敵愾心を, 文士の, 日本の, 棄てなかった, 椿の, 歩き廻って, 温暖地へ, 滑って, 無頓着に, 現われ江戸前, 用事を, 私を, 空中へ, 精神が, 聴いて, 自分と, 蒔絵の, 蒸気を, 讃美し, 買いもとめた, 買う者, 飲んで, 騒ぎはじめた

▼ やたらむしょうに~ (7, 0.6%)

1 あの鯖, かんしゃくを, 嬉しくなっ, 手紙を, 旅行に, 突いたが, 読書した

▼ やたら無性に~ (5, 0.4%)

1 お金が, 両手で, 墨汁へ, 恋いしくなった, 涙を

▼ やたら~ (4, 0.4%)

1 のである, 恋しさ, 所へ, 質問や

▼ やたらには~ (4, 0.4%)

1 いって, 呑まれぬわけ, 漁獲まかりならぬ, 買うまいと

▼ やたらむやみ~ (2, 0.2%)

1 に喝采, に歩い

▼ やたら~ (2, 0.2%)

1 の味い, を描いた

▼1* [55件]

やたらいって大事, やたらいふんでえらい, やたらお母さんお母さんとかさねて, やたらかけて土, やたらこたらとほめられる, やたらされないという安心, やたらそこらへんに, やたらの意, やたらつかう癖は, やたらどなってしまった, やたらにがなりたてて, やたらにたてながらクリストフ, やたらにてふちよが, やたらにとりちらかして, やたらむきになった, やたらむしゃに肘, やたらむしょうにすっきりした, やたらむたらに書きまくった, やたらめっぽうに自身, やたらわが身の悲劇, やたらインキを滲ませ, やたらサインをさせられる, やたら一面です, やたらやたら碌, やたら凸凹した狹, やたらを入れすぎ, やたら多くないし, やたら寒いのに豚汁, やたら小女にまで威張り散らし, やたら干渉し自分, やたらに浮ぶ, やたら悲壮がりいのち, やたら感歎すること, やたらをた, やたら抜くやら僕, やたら拍手する, やたら早く眼が, やたら暴徒の数, やたら欲しくて歌った, やたら母親を罵り散し, やたら沢山聞いて, やたら無性に陳べ立て, やたら無精にかきまわす, やたらへたる, やたら生産し金力, やたらでもない, やたらを言, やたらに銃劔, やたらが立った, やたらふや, やたら辛いダシの, やたらをかけ, やたら長いので困る, やたら難しい言葉を, やたら飲みをし