青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「やう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~もらっ もらっ~ ~もらった もらった~ ~もん もん~ ~や や~ やい~ ~やう
やう~
~やがて やがて~ やく~ ~やさしい やさしい~ やさしく~ ~やすい やすい~ やたら~ ~やっ

「やう~」 95121, 985ppm, 87位

▼ やう~ (44949, 47.3%)

2005 して 1618 なつた 1264 なつて 346 見えた 345 思はれた 308 思はれる 247 云つた 226 思ふ 215 見える 214 言つた 191 なりました, 思つた 189 思はれて 166 なる 146 した 121 さへ 117 なつたの 106 私の 100 私は 93 自分の 92 思へた 90 見えて 88 感じた 87 眼を 79 なるの, 彼の 78 なると 71 彼は, 考へて, 首を 70 顔を 60 見えるの 59 口を, 思ひます, 思ふの, 飛んで 55 言ふ, 頭を 54 いつた 53 思はれるの 52 しながら 50 なれば, 消えて 49 おも, 感じて 48 そつと, 思はれます 47 それを, よつて, 成つた 46 思へる 44 出來, 見えました 42 思つてゐる, 私を 41 なって 40 見えるが, 覚えて 39 立つて 38 するの 37 思ひました, 手を 35 云ふ, 歩いて, 見て, 身を 34 する, 呟いた, 書いて 33 やつて, 坐つて, 感じられた, 静かに 32 しなければ, 流れて, 目を 31 すること, た, 僕の, 出て, 彼女の, 思はれました, 思ふが 30 出来て, 声を, 答へ, 聞えて 29 なった, 見えたの, 言ひ 28 さう, 思へて, 肩を 27 思つてゐた 26 おもへた, なつたら, なツ 25 すると, 私には, 聞えた 24 私が, 考へられて, 黙つて 23 思はれたの, 思はれるが, 笑つた, 言ひました, 輝いて, 顏を 22 彼女は, 感ぜられた, 胸を, 響いた, 頭の 21 じつと, 人の, 何の, 可愛が, 足を 20 斯う, 泣いて, 私に, 聞いて, 自分を 19 いふ, ぢつと, なるだらう, 大事に, 彼を, 気を, 生きて, 記憶し, 走つて 18 しました, なるもの, 一つの, 云ひました, 動いて, 叫んだ, 急に

17 [17件] したの, 両手を, 人間の, 何も, 光つてゐる, 思はれるから, 思ひましたが, 暮して, 真つ, 聲を, 腕を, 腰を, 落ちて, 覺えた, 覺えて, 靜かに, 頼んで

16 [13件] ちよつと, なりぬ, 平次の, 思つて居る, 感じる, 感ぜられる, 笑ひ, 置いて, 美しかつ, 胸の, 言つてゐた, 言はれ, 話して

15 [22件] いつて, お願, かう云, そこに, そんなこと, なること, はつきりと, 努めて, 叫んで, 外へ, 心に, 思はれたが, 思はれたので, 息を, 成りました, 眼の, 窓の, 綺麗に, 考へられる, 見えるので, 見せかけて, 響いて

14 [16件] いつまでも, すれば, ならなければ, なるかも, ぼんやりし, 多くの, 心を, 感じられる, 持つて, 空を, 耳を, 聞える, 見えます, 話を, 飛び込んで, 飛込んで

13 [19件] かう言, したが, 依つて, 僕は, 光つてゐた, 女の, 感じたの, 此の, 死んで, 水の, 物を, 見えること, 見た, 言葉を, 訊いた, 記憶する, 部屋の, 静かな, 非常に

12 [24件] おぼえて, したい, したり, しようと, なります, みえた, 云つ, 云ひ, 冷い, 喜んで, 彼に, 思はれるので, 思へるの, 教へ, 日本の, 氣が, 燃えて, 疲れて, 積んで, 美しい, 自分が, 自分で, 見えたが, 頼んだ

11 [32件] さ, それは, できて, なつたり, なりましたが, ぼんやりと, みえる, 並んで, 人を, 他の, 何か, 口の, 小さくな, 平次は, 彼女を, 彼等の, 心の, 思はる, 痩せて, 真赤に, 眺めて, 立派な, 考へた, 聞えるが, 自由に, 見えたり, 見えるけれども, 言つ, 言つてゐる, 静かで, 飛び出して, 鼻を

10 [33件] おつ, おもふ, からだを, したいと, しつとり, しては, すべての, せねば, それが, つ, サツと, パツと, 人が, 人に, 夫人の, 宙に, 心得て, 思はれ出した, 慌てて, 横に, 氣を, 浮いて, 涙を, 生々と, 眉を, 瞳を, 立ち上つた, 綺麗だ, 見えますが, 見せて, 進んで, 階段を, 顫へて

9 [51件] あたりを, いふの, したいもの, するには, ちら, なり, なりそれ, なるから, なるだらうと, なるであらう, なるまで, ひつそりし, ほつと, 二人は, 伸びて, 体を, 働いて, 僕を, 光つた, 動かなかつた, 咲いて, 喜んだ, 妙に, 姿を, 娘の, 床の, 心掛けて, 思はれたから, 思ひながら, 感ずる, 慌て, 我々の, 散つて, 相手の, 眞つ, 私も, 突つ立つ, 笑つて, 考へ, 考へること, 要請する, 見えたので, 言はれる, 語を, 赤くな, 身体を, 遊びに, 重かつ, 降りて, 音を, 黙りこくつて

8 [57件] あつた, あれ, さう言, してあつ, しても, しよう, すつと, するが, なさい, なつたんだ, なりたいと, なるといふ, 云った, 仕向けて, 努めた, 動かして, 呟いて, 固くな, 夜の, 子供の, 岩窟の, 平次と, 微かに, 微笑し, 心がけて, 思はれること, 思ふん, 急いで, 感じました, 成るの, 或る, 手の, 拵へ, 枝を, 水を, 沈んで, 注意し, 男の, 眺められた, 眼に, 祈つて, 私たちには, 考へるの, 聞いた, 胸に, 自分も, 色々の, 見えても, 見えながら, 見えるん, 訊ねた, 身に, 道を, 降つて, 静かだつた, 靜かで, 鼻の

7 [83件] いひました, こ, こつそり, さうし, されて, した方, してを, しや, するから, するため, するん, その場, なつてる, なりさ, なりたい, なるので, ふくらんで, わしの, ホツと, 丁寧に, 二人の, 云つて, 何でも, 倒れて, 僕も, 冷く, 前へ, 堅くな, 大切に, 山の, 平べつ, 平次を, 彼には, 快活に, 思つて居た, 思はれるけれども, 思ひますが, 思ひ出された, 思ひ込んで, 思ふと, 悲しさ, 感ずるの, 戸を, 手に, 机の, 正確に, 海の, 深々と, 澄んで, 火の, 父の, 独りで, 生れて, 用心し, 白い歯, 真紅に, 眼が, 空に, 空中に, 笑ひ出した, 笑ふ, 綺麗な, 聞えるかも, 胸が, 自分に, 自然に, 花の, 覺え, 言ふと, 誰も, 走つた, 返事を, 闇の, 雨が, 青年は, 靜か, 面を, 頤を, 頬を, 願ひます, 風に, 鮮やかに, 鳴いて

6 [128件] あたりの, あなたの, あわて, あわてて, いつもの, いろいろな, いろいろの, お前の, かう言つて, かすかに, きつと, こちらを, これらの, これを, します, しろ, すつかり, そのやう, その顏, たわいも, とりとめも, なつたらしい, ならねば, なりその, なりましたの, なりやがて, なるが, なるでせう, なるん, なれと, ひつそりと, ふは, 一度に, 一種の, 下の, 不思議な, 世間の, 両腕, 乾いて, 云つてゐた, 云つてゐる, 云はれ, 云ひ放つた, 人生の, 今の, 今日の, 來る, 光つて居る, 入つて來, 入口の, 冷えて, 冷たくな, 呟きながら, 唇を, 地面に, 変な, 外に, 夫の, 奇妙な, 女に, 妻を, 存候, 家の, 家を, 少しも, 幾度か, 店の, 彼が, 彼等は, 後へ, 思つ, 思はれたり, 思ふ人, 悠々と, 感じるの, 成つて居た, 成れば, 手紙を, 手足を, 振舞ふ, 教へて, 明るかつ, 昔の, 書かれて, 書く, 月の, 朝から, 次の, 水が, 水に, 浮んで, 渦巻いて, 溶けて, 無数の, 熱くなつた, 現れて, 瑠璃子は, 生活の, 用意し, 畳の, 皆の, 目の, 眠つてゐた, 眠つてゐる, 笑ひました, 純粹, 考へられた, 耳の, 肉が, 腹を, 落着い, 街の, 見えると, 見えるもの, 見られた, 見上げて, 見受けられた, 言ひ出した, 誤解し, 調子を, 述べて, 酒を, 酔つ, 重い, 風の, 飛びあがつた, 飛び散つて, 馳け

5 [200件] あなたに, あんぐり口を, うつとりと, うづく, おどおどし, おもつ, きこえる, くつきりと, こは, これは, こんな事, さう云, させて, さつ, したので, したもの, しませう, すたすたと, するさ, する必要, そこらを, その女, その日, それに, ぞろぞろと, だらりと, ちやんと, ぢつ, といつて, どうかする, なつたんです, ならば, なりて, なりながら, なりまして, なりまた, なり私, なるか, なるまでには, なるよ, ひよい, びつくりし, ふはり, ふわふわと, ぼうと, ぽかんとし, ぽつ, みえて, わたくしの, わたしの, ツて, ピタリと, 一つ, 一時に, 一生懸命に, 下から, 下りて, 二階の, 云ふと, 人々の, 今は, 今度は, 今日も, 仕事を, 仕掛けて, 仕組んで, 僕には, 兄の, 先に, 光つて見えた, 入つて, 全身に, 兩手を, 其処に, 其處に, 出来るだけ, 力なく, 力を, 動いた, 動かない, 勢よく, 去つて, 君の, 固まつて, 土の, 家に, 小腰を, 小首を, 尻つ, 左の, 巧みに, 席を, 平気で, 幾度も, 庭へ, 微笑を, 怖ろ, 思はせて, 思はれると, 思ふから, 思へたの, 思へたので, 思へます, 思へるが, 思へるので, 想へる, 愛して, 感じたので, 感じられたの, 感じられて, 成つてから, 扉を, 手際よく, 扱はれ, 振舞ひ, 描いて, 描かれて, 擴が, 新鮮で, 日が, 晴れて, 横た, 次々と, 此方を, 殺されて, 殺して, 気取つて, 泡を, 泣きだした, 涙が, 湧いて, 溜息を, 熱心に, 父母の, 片手を, 物の, 狹い, 瑠璃子の, 生命の, 申して, 畑の, 白くな, 白眼を, 目に, 眺めた, 私たちは, 私達の, 私達は, 積まれて, 空つ, 空へ, 空中を, 答へる, 縁側に, 繰り返した, 繰り返して, 考へたの, 考へられます, 考へる, 耳に, 聞えたの, 聞えました, 聽える, 膝を, 自分は, 色を, 茫然と, 草の, 落着いた, 血が, 見えたん, 見えるかも, 見られて, 覗いて, 言ひます, 言へば, 話した, 語つた, 語つてゐる, 説いて, 説明し, 謂ツて, 赤かつ, 走って, 身も, 身体が, 身動きも, 車の, 輕く, 逃げて, 造られて, 附け加, 震へて, 青ざめて, 頭から, 頭が, 頭へ, 願ひたい, 鮮かに, 鳥の

4 [331件] あせつて, あの人, ありたい, いそいそと, いへば, いろ, うなづいて, うね, お前を, かれの, きこえた, きら, きらきらと, くるくると, くツ, これも, さうい, したらどう, したん, しづかに, してから, しびれて, しやべ, しんとして, するといふ, する爲, すゝめた, そこの, そこを, その人, その時, その男, それぞれの, それらの, たかつて, たつて, だ, つぶやいた, である, とんで, どこか, なさる外, ならうと, ならんで, なりお, なりましたから, なるため, なるに, のどを, のびて, のんびりと, ばら, ひら, ひるが, ぴたりと, ふつと, ふるへて, ふるへる, ほぐれて, ほんた, ぼんやりした, ぼんやりとして, また, まつすぐ, まつ黒, まん, みんなが, むやみに, もつと, もてはやされた, ゆつくり, ガラツ八は, キラキラと, ゾツと, ヒラヒラと, フラ, ヘタヘタと, ホッと, 一と, 一寸した, 一斉に, 一本の, 下に, 不快な, 丑松を, 世界を, 世話を, 二つの, 二人で, 二人とも, 二階から, 京都の, 人は, 仕向けたの, 仕組まれて, 仰る, 仲が, 例の, 信じて, 信一郎の, 俺の, 俺は, 元の, 先生の, 光つ, 八五郎の, 八五郎は, 冴えて, 冷たかつた, 凡ての, 出るばかりに, 前に, 動かずに, 動くもの, 勧めて, 取つて, 口に, 口笛を, 口走つた, 叫びました, 右の, 命じた, 咲いても, 咲き出して, 哄笑した, 嚴重に, 四辺を, 坐して, 夏の, 多勢の, 夢中に, 天井を, 女は, 女を, 姫は, 娘を, 子供が, 子古, 客の, 家人らを, 寄せて, 寒さ, 寝床の, 寢て, 寸を, 少年の, 尻尾を, 平次に, 幸福に, 延びて, 引いて, 彼も, 彼女が, 彼女に, 後の, 御自分, 心が, 心は, 忍び込んで, 念を, 忽一度に, 怒つて, 怒鳴つた, 思つたから, 思つたのです, 思つたのも, 思はれだした, 思ひましたので, 思ふて, 思ふので, 思ふもの, 思へたから, 思へるから, 恍惚として, 悲しげ, 想はれた, 感じたが, 感じること, 成つてからは, 成つて居る, 成らうとは, 扉の, 手もとに, 手股から, 指の, 指を, 掌を, 斯んな, 映つた, 春の, 時代の, 暗かつ, 暗の, 書くこと, 朧ろにな, 木の, 杖を, 森の, 椅子の, 横を, 欄干に, 此も, 此世に, 歩いた, 母の, 汚れて, 泣く, 泣くの, 注意は, 泳ぐやう, 浮かんで, 深碧, 清しく見ひらいた, 漂うて, 火を, 無邪気に, 熱かつ, 父は, 父親の, 爽, 現はれ, 男に, 男は, 町内の, 疲れ切つて, 白い, 皺くち, 相手を, 眞赤に, 真赤な, 眼も, 着て, 着物を, 砂の, 確かに, 私にも, 立ちあがつて, 立ちすくんで, 第一, 筆を, 節を, 素直に, 細い眼, 細くて, 細工を, 続いて, 繋つて暫らくは, 翼を, 老女は, 考へがち, 聞えますが, 聳えて, 聽いた, 聽きました, 肩で, 育つの, 背を, 脚を, 膝に, 自然の, 色の, 艶, 茜色に, 草を, 荒れ狂, 葉裏を, 藤原の, 虚しい空間, 血の, 見えなくなつ, 見えますね, 見えますよ, 見えまた, 見えようが, 見えるその, 見えるでは, 見ま, 見る, 見上げた, 見受けられる, 覚え候, 覚ゆる, 覺える, 解けて, 解釈し, 解釈する, 語り進んだ姥, 読んで, 豊かに, 走つて行, 走りました, 走り出した, 起つて, 足が, 足音を, 身の, 身體を, 輕い, 轉が, 近づいて, 透きと, 這入つて, 速かに, 過ぎて, 郎女の, 部屋を, 長い間, 長く, 閃いて, 開いて, 隣りの, 雌の, 雪が, 靜に, 音も, 響く, 頭に, 頼む, 頼むよ, 頼りない, 額を, 顔中を, 願ふ, 顫へ, 風が, 馬に, 驅け, 髯を, 鮮明な, 黒, 黒ずんで

3 [721件 抜粋] あけて, あたしの, あたりは, あつさ, あとを, あなたが, あらは, ある時, いたして, いぢ, いつでも, いひながら, いふと, うしろから, うじや, うん, おど, おふし, お世話に, お互, お急きた, お涌, お駒, お鳥, かう云つて, かけて, かすかな, からびて, きよと, くるりと, ぐる, この女, この男, こみあげて, ころが, こんなこと, さう云つて, さう答, さつと, さへも, したま, してかの, してと, しなきや, しなくては, しる, じつとして, すうと, すきと, すや, するか, するので, する事, せい, せよ, せよと, そしてそれ, そしてもつ, その中, その儘, その後に, その方, その白い, それも, そろそろと, たのむ, たよりなく, ついて, つれて, とぐろを, ながれて, なくて, なつたなら, ならう, なりこの, なりしまひ, なりては, なりましたけれども, なり中, なり更に, なり自分, なるとは, なるまでは, なる筈, なる迄, のしか, はつと, ひとつの, ほんのりと, ぽつりぽつりと, まみを, みえるかも, ものを, やさしかつ, やつと, わいて, わざ, わたしは, わたしも, われわれは, カラカラと, キスを, キラ, ハツと, ハツキリと, ホツとして, ランプの, 一人で, 一心に, 一方の, 一枚の, 一段と声, 一面に, 丈夫に, 上体を, 不氣味, 世の中の, 世間では, 両手で, 両脚を, 並べて, 丸くな, 主人の, 之を, 乱れて, 亂れ, 二階へ, 云は, 亥之は, 人々が, 今まで, 今日から, 仕向けたと, 仰せ下, 仰山に, 低声, 何が, 何処か, 何度も, 何時までも, 使はれ, 來た, 僅かに, 僅に, 元気よく, 光って, 光を, 入口に, 入口へ, 兩手で, 八五郎が, 其処へ, 其白い, 冷えきつ, 凝つと, 凝ツ, 列んで, 利巧で, 削つて, 前の, 力ちやん, 力の, 努力した, 努力する, 動きも, 勝平は, 勢ひ, 印度の, 厭はれ, 反りかへ, 取り扱, 口が, 口もとを, 叫びながら, 吃驚した, 同じこと, 向ふ, 呟いだ, 呟く, 味は, 呼吸を, 唸つた, 唾を, 喘いで, 單に, 嘆息した, 器用な, 囁いて, 圓く, 坐つたま, 声高く, 変つた, 大きくな, 大きな聲, 大層らしい物, 天を, 奧の, 女中が, 姿勢を, 嬉しかつ, 子供を, 安心し, 宙を, 室内を, 寂として, 寄り添つて, 寒かつ, 導いて, 小さく見えた, 小さく見える, 小針の, 少しの, 尖つて, 山陰などに, 川を, 左右に, 己れ, 常にその, 平あやまり, 平然として, 年をば, 座敷の, 庭に, 廊下を, 廣く, 延ばして, 影の, 彼れ, 後ろに, 従順に, 御平癒, 微動も, 微笑んだ, 心がけたら宜, 心懸ける, 忙が, 思つたのは, 思つてそれを, 思つては, 思はるれど, 思はれぬは, 思はれるし, 思はれるところ, 思はれるのに, 思ひこんで, 思ひなして, 思ひ出されます, 思ひ出して, 思ひ違, 思ふかも, 思ふであらう, 思ふ事, 思へたり, 恋を, 恐れて, 息子の, 悠長な, 惡く, 想はれ, 想像された, 意地悪く, 意識の, 感じます, 感じられたが, 感ぜられるの, 感ぜられるので, 成つたは, 成つたを, 成つて居ました, 成りぬ人波, 成りませうちつと, 我々が, 我等の, 扱つてゐる, 折返し折返し髷形, 押し黙つて, 拡げて, 拳を, 振舞つた, 振舞つてゐる, 提灯を, 搜し, 支那の, 敢て, 文化の, 斜に, 斜めに, 新らしい, 新劇の, 新聞を, 新鮮な, 早く締, 明らかに, 映つて, 晴やかに, 暑かつ, 暖かい日, 暖かで, 暖く, 暫らくは, 曲げて, 書いた, 書いたもの, 書けと, 最後の, 朦朧と, 本當, 東京の, 枕の, 柔い, 柔かに, 森と, 椅子に, 椅子を, 残つてゐる, 殘つてゐた, 気が, 水の上を, 沈黙し, 沸か, 沼の, 泣きじや, 泣きながら, 注意した, 浮, 淋しかつ, 淡々と, 湧き立つて, 湯気を, 溢れて, 滑つこい, 滑らかで, 点頭いた, 為て, 無意識に, 無智, 無言の, 無邪氣, 無雑作, 煌い, 熱狂し, 爽やかに, 爽快な, 物言はず行け, 猫の, 現れた, 現實, 瑠璃子を, 生れついたは, 由つては, 甲羅は, 男と, 町, 町の, 疊の, 白, 白い顏, 白壁の, 直吉は, 眞暗, 眞白な, 真白な, 真白に, 真直に, 真面目な, 真面目に, 眺めたり, 眺られ, 硬くな, 礼を, 私から, 私と, 科を, 空想の, 空気の, 窓から, 窓を, 立たせて, 立ちあがりました, 竹の, 笑つたが, 笑つてゐた, 答えた, 粗末な, 細かな, 細く白き手, 縁側の, 繊細に, 繰返して, 罵つた, 美奈子は, 考へたもの, 考へながら, 考へます, 考へられますが, 聞えます, 聞えるけれど, 聞えるし, 肥つてゐる, 肩に, 腕組みを, 腰の, 腹に, 膨れて, 自然で, 自然を, 自由な, 舌の, 舌を, 芝居を, 芥川の, 若人たちが, 苦しかつ, 茶利ばかり, 荒れて, 荒尾は, 蒼白きが, 蓋を, 處, 血を, 袖の, 裂けて, 襲つて来る, 見えたから, 見えたと, 見えながらも, 見えなくな, 見えますか, 見えるから, 見える森, 見える遠い, 見せかけたの, 見ること, 見事な, 見受けました, 見受けられました, 角袖外套か, 言つてお, 言は, 言ひつけた, 言ふかと, 訊きました, 設備を, 詩を, 話しました, 説明した, 読む, 貫一は, 赤くなつた, 赤くなる, 起ちあ, 足の, 足音も, 転が, 軽やかに, 軽快に, 迎へ, 近代の, 追つ, 透明で, 透明な, 連れて, 過ぎた, 遠くの, 酒が, 金が, 金銭に, 鈍く光つて, 長かつ, 開けて, 隱し, 集まつ, 雨の, 雨は, 雪の, 雪を, 電話を, 震は, 露は, 静に, 静まつ, 靜かな, 響くかも, 頭と, 頸を, 頼むぜ, 顔の, 願ひまする, 風引かう, 飛び出します, 食べる, 食事を, 餘り, 首に, 首肯いて, 駅の, 髮を, 黒い, 黒かつ, 鼠色の

2 [2186件 抜粋] あがらないらしい, あどけない法螺, あらはれて, ありの, あれと, いそいで, いつたので, いふので, いろいろ夢, うたひます, うなだれて, うまれて, うろうろし, おせい, おね, おりて, お六, お前は, お幸, お祈りを, お花, かう思, かつと, かんと, きついん, きれいな, くつつい, ここで, こつちへ, この二人, こまかに, ごろごろと, さちよは, しいんとした, したならば, しつかりと, してやらう, しなくちや, しましたが, しやう, し給, すいて, すべし, すらりと, するわ, そ, そつぽ, その乞食達, その手, その足, そは, たぐるやう, たよりない, ち, ちらと, つけ足した, つんとわき, ともり子供ら, どし, なくの, なったが, なつたことも, なつてた, ならないので, なりしなり, なりつ, なりますが, なり一方, なり昔, なるつて, なるまでの, なるわけ, なれり, ぬれて, はげまして, はたはたと, はつとして, ひかる雁, ひそんで, ひとりで, ひろが, ふうと, ふらついて, ふわ, ぶらりとやつ, ぺしやんこになつて居た, ほの, ぼやいた, まじまじと, まっ黒な, まるまると, みえるの, むくんで, もつて, もの, やはり拜まれ, よいと, よく見, よろこんで, わしは, われわれの, ウラウラと, キヤツ, ギヨツと, コーヒーを, スツ飛ん, ダラシなく, ニイチェの, ハタと, パンの, ピヨコリと, フランス語を, ポプラの, ユラユラと, 一人, 一匹の, 一寸首を, 一氣に, 一瞬の, 三人の, 上流の, 下向きに, 不機嫌な, 世間に, 両眼, 乱暴に, 二人を, 云つてゐ, 互ひ, 人家の, 人眼を, 今でも, 今日に, 仕向けたん, 他物を, 仰つて, 仲間の, 伝は, 低く呟いた, 何人かの, 何時でも, 作品の, 使用する, 俯向にな, 倒れか, 偉大な, 傍で, 僕等の, 先へ, 光つてゐました, 光る, 入ると, 其處へ, 円くて, 冷かに, 冷たい珠, 冷やかな, 凡人たらざる, 出来る丈, 刈って, 剃刀を, 力が, 動かないで, 動物と, 勝手に, 十分に, 単調を, 厭な, 又海, 反芻し, 取扱ひ, 口も, 叫びましたので, 可細い, 合図した, 同じもの, 向うの, 呆ん, 呑氣に, 呼びかけた, 咲く, 唐突に, 啖呵を, 喉の, 嗚咽が, 四つん, 四本の, 固くなつ, 地獄の, 垂れ下, 塩からい, 壁を, 夕方の, 夢に, 大きく開け, 大幅の, 大野の, 太陽を, 女々しくな, 女王が, 威張つて, 嬉しさ, 存在し, 定められて, 宵の, 宿命づけられ, 寝入, 将軍家を, 小さいけれども, 小さな茶室, 小柄で, 小聲, 少しばかり, 尻を, 山で, 岩の, 川の, 工夫し, 差覗く, 巻煙草を, 幕の, 平和な, 幸福な, 床に, 廻転し, 引揚げ, 強かつ, 強烈な, 彼女と, 彼等から, 後ろから, 從つた, 御馳走に, 徹底的に, 心掛けねば, 必ず両面, 思った, 思つた時鋭い, 思つてゐるらしい, 思はず, 思はなければ, 思はれたらしい, 思はれますが, 思はれるその, 思はれ世間, 思ひあ, 思ひ出されて, 思ひ自分, 思へたが, 怪訝な, 息が, 悲嘆の, 想はれる, 惶て, 意気地の, 愛情の, 感じられました, 感覚を, 憂欝だつた, 懸つて, 成つてゐた, 成りましたら度々, 或ひ, 所謂, 手と, 手配し, 扱は, 抑制なく, 抱へ, 拡がつた, 振つて, 捲いて, 握られて, 敏感な, 散ば, 敬ひ, 敷居の, 文字の, 旗を, 日本語を, 昇つて行く, 明瞭に, 映じた, 昼寝を, 暗示し, 暫くの, 書けて, 月夜の, 木を, 朱雀大路を, 東京へ, 枝に, 柔順に, 栄蔵には, 根を, 極めて丁寧, 槍を, 横は, 櫻の, 歌を, 此方に, 歪んで, 歸つた, 死骸を, 殘つてゐる, 母と, 民子は, 氣の, 永年の, 沈默し, 河を, 波に, 泣き出したの, 注意ぶ, 流れる, 浪の, 消えたん, 涙の, 淡く吹奏者, 清浄な, 温和し, 満ち渡つて, 演劇の, 澤山の, 激しく息, 濡れた顏, 火鉢の, 烈しい生活, 無心に, 無暗に, 無言に, 無限に, 照子の, 熱い涙, 燒けて, 牧草と, 特別に, 狸が, 獨り, 王様の, 理想化し, 甘いもの, 生気の, 申すの, 町役人に, 疊へ, 痛切に, 白い白鳥, 白い頬, 百姓は, 皮膚が, 盛りあがつた, 直ぐに, 相成候心, 眞面目な, 真暗に, 真青な, 眩ゆく, 眼で, 睡い, 砂や, 硝子の, 祈りの, 神を, 神経質で, 種々な, 空虚に, 突出て, 窺はれます, 立ちは, 立つたまま, 竝んで, 笑ひだした, 簡單に, 紅くなつた, 紛々と, 紫ばんだ, 細くし, 結んで, 続いた, 綺麗です, 縁の, 繰返した, 罵り合, 美しいもの, 美奈子に, 習慣的な, 考へては, 考へられてを, 耳も, 聞えたので, 聞き候, 聞ゆる, 聽えます, 背後を, 脚が, 脹れ上つて, 腰をか, 臆病な, 自信を, 自己を, 自然と, 致してを, 舞ふ, 色白で, 苔蒸し, 苦痛を, 茂つてゐる, 草地の, 荷物を, 落ちる, 蒼ざめた, 蘇つてくる, 蟻にも, 行きま, 衝と, 表通りに, 袂を, 襖を, 見うけました, 見えたかも, 見えは, 見えるだけ, 見えるところ, 見える人物, 見える彼, 見え出した, 見せかけるため, 見つめて, 見ゆ, 見られるが, 見受けます, 視凝め, 覚えたり, 觀測所の, 言つたといふ, 言つてその, 言つて居た, 言はずとも, 言ひつける, 言問の, 計つて, 記して, 話の, 語りはじめた, 誤解する, 誰を, 象の, 赤いの, 赤くしだし, 走れたの, 足跡が, 跳ねあがり折柄通, 躍りながら, 身構へ, 軟く, 近代人の, 追ひかけ, 通りすぎて, 造られたり, 遅くまで, 道に, 遲くまで, 都会の, 醜悪な, 重くしなだれ, 鋭い, 鏡の, 長くぼんやり, 閃めい, 間十間ばかり, 降りしきつて, 隈なく, 雑沓の, 雨戸に, 霧の, 青いの, 青年に, 靜な, 靡いて, 響が, 響くが, 頓狂な, 頻に, 額の, 顫はせ, 飛びました, 飛び廻つて, 食べること, 首の, 馴, 駈け出さうと, 驀進し, 驚ろき慌て, 高いところ, 髪が, 鳥右ヱ門の, 鳴つて, 黄色な, 黙って

1 [19004件 抜粋] ああし, あちらに, あの岸, あらゆるもの, あれが, いかにも期待, いつかもう, いつも地, いふてはを, うかんで, うつすらとして, うらうら櫻, おし黙りそのまま, おなじ時間, おんつ, お婆さんの, お神樂, かういつた時主人, かき亂, かぶき, きいきい騒い, きめて, ぎつしり咲きほうけ, くまどられ情慾, ぐつと胸を, こしらえた竹, この世の中, この書物, この雪, こんな消毒衣, さう言つて仕舞, さながら憑物, しかお, したらいい, しつかり抱きついて, しとりますが, しまつて固, し乍ら, じいんとしびれ, すぐと, すばやく駈け, するやう, ずうツ, そぎ立つた山頂, そっちを, その仕切, その小剣, その漁夫, その若い, その音楽的, それとは, たいして取, たなびいて, だらしなくなりかける, ちよいちよいその, つくねんと立つ, つぶやきました, つんとした, とうとう筐, とりさつて, どちらかと, ながく尾, なった水, なつちやもう, ならしめよです, なりきん自身, なりましたと, なり不足, なり商科大学, なり新しい, なり而, なるこたア, なる一派, なれる恵まれた職業, ぬけ出て, はかない夢, はなつた, ぱたぱた光っ, ひつぱたく, ひよつくり頭, ぴつたり分けた, ふざけたこと, ふるへをの, ぷつつりと斷わ, ほつつき歩いたこと, ぼんやりとも, まがりくねつて, また切に, また開國當時, まつ黒く, みえるけれども, みんな力ない, めざましく生き返る, もう黙, もどかしく待たれた, やさしくふるへる, やられて, ゆらりと落ち, よく聞えます, わがま, わたしに, アラスカや, カリツ, ギタアの, ゲタゲタと, シェークスピア戲曲の, スモオキング・ルウムで, チンマリと, ドカ, ハツキリした, ヒヨツコリ戻, フンワリと, ペチヤ, ポーチの, ヤグラの, 一々街道, 一人暗く, 一寸変, 一日々, 一番縁側の, 一足後へ, 万端ま, 上げ下げし, 下りたいと, 不思議なる, 世話し, 中番頭, 乘合馬車の, 亂暴に, 二三度首を, 云つたなら, 云つて微笑で, 云ひ足した, 交番を, 人通りが, 今後の, 仕向ける必要, 以為つてゐる, 伐り仆, 伸びを, 低俗な, 何となく得意気, 何処の, 佗しか, 使は, 信ぜられた, 俺には, 偏見を, 傲然として, 優しい寂, 元町通りの, 光らせて, 児童を, 全く自己, 八五郎に, 其の日, 其處から, 円く囲む, 冷かな, 冷つこい, 凋ましめよ, 出かけて, 出来る丈自分, 切れて, 別に, 刻々新しい, 劇く, 努めませう, 勉強し, 動く二本, 勧めも, 區別される, 半ばためらひ, 南北は, 厚く氷つて, 又ゴクリ, 友伯父さんは, 取り残された極, 受取一通で, 古く神道家, 只窒息, 可笑しがつた, 吉雄流の, 向うがはの, 吹いて, 呆氣に, 味気なく思ひ返される, 命令し, 哄笑する, 啀み, 喚き立てずに, 嘗つてプルウストの, 四十を, 固い仮面, 圓盤投げ, 地平線まで, 垢と, 堅く彼等, 壁から, 夕暮時分に, 夜, 大きくては, 大きな注射針, 大地の, 大衆化し, 太, 夾竹桃が, 奴隷を, 姉を, 婦人は, 子供心に, 学術, 定つた型, 家中へ, 寂しく聞える, 寒い, 寡黙で, 将棋は, 小さい筵帆, 小さな桐, 小池が, 少しづつ路上, 尖つた顔, 屋根さへ, 山野に, 嵩にか, 巧く, 希望の, 平つたく, 平靜な, 幾らか殘つて, 底光りの, 廣が, 引く, 引込みました, 張り切つたもの, 強ひられ, 彩色する, 往復する, 得られなくても, 御輕蔑, 心にも, 心易く, 忙がしか, 忽ちその, 怖がるの, 思つてまじまじ, 思つて父親が, 思はれたお, 思はれるだけ, 思はれる點, 思ひすぐ, 思ひむしろ, 思ひ泛べた, 思ふはうが, 思へるよ, 急ぎながら, 恐ろしく思ひました, 悔しかつ, 悲しく又, 惱めば, 意気地なし, 感じさせて, 感じられるあの, 感ぜられる宇宙, 慌しく其の, 憂かる己, 懐紙に, 成つてふわ, 成るたけ威厳, 我鳴り立て, 戯曲作家として, 手は, 手触, 扱つてやらう, 投付けられ僅か, 押し込まれて, 拭き取つて, 振り上げた手, 据ゑたものは相応に, 探究の, 揃つてゐる, 揺れる椽側, 擧げたので, 放送ニユースの, 散りこぼれて, 敷石や, 斎藤清二郎も, 新畫, 日々力を, 早くこの, 明くな, 明晰に, 昨日までの, 時時その, 晴れ渡る日, 暗がりの, 暮しがちな, 曲者の, 書き付けて, 會ふ, 望ましい稽古事, 木柵を, 杖は, 果は, 柳屋の, 梢の, 楫を, 様々な, 橙紅色を, 歌ひ, 此場の, 歩み寄るので, 死後の, 殺されたもの, 毎日其を, 気ぜ, 氣中に, 水蒸気が, 江戸へ, 沈着で, 泡立ツて, 泣き声を, 洋行以前の, 流れはじめた, 浮く, 海面から, 涼しくも, 深く入る, 清方ゑがく円朝の, 温める, 源吉の, 滴りが, 潤ひ, 激しい生命, 濃く深いもの, 灰色にな, 烏頂天と, 無気味で, 然し言葉, 照子は, 熱した身体中, 爐の, 牢舎致された, 物資が, 狂ひ回つた, 猛々しく落葉, 珊瑚樹の, 琴といふ, 生々しく熱かつ, 生垣に, 用心するであらう, 男の子の, 番人を, 疲れた銃身, 痙攣した, 痩せ細らせたもの, 白々しく止つて, 白い裸身, 白く眼, 皆逃げ出し, 目つける, 直しましたん, 眞ん中に, 真蒼, 眺めそれから, 着飾つて, 矢張自然が, 砂と, 確信の, 神妙な, 私はつ, 程の, 穢いもの, 空洞な, 突ツ立ツて, 窮屈な, 立ち登る湯氣, 立者の, 笑ひつ, 答へてから, 粉々にな, 紅白の, 素直です, 細つこい, 結ばれたが, 絶えずその同じ, 綱梯子がか, 縁だけ, 繁つて香し, 置き直し, 美しい海岸, 美しく気高い処女, 義太夫席の, 翼賛会文化部の, 考へましたので, 考へる機械的, 聞えましたよ, 聞こえたぢ, 肉体も, 育てられたお, 脇から, 腹這いにな, 自分以下三人の, 自由が, 舐めるみて, 良心の, 芥川龍之, 苛責られる, 苦しくなつた, 茎を, 荒涼として, 萬七と, 落葉に, 蒼染ん, 薄くぬ, 薔薇を, 虫が, 血だらけな, 行交ふ, 表示され, 裏門の, 襷にな, 見えたけれど, 見えるあの, 見える何となく, 見える裏口, 見せかけるとき, 見へたが, 見入つてゐた, 見知らない酒場, 覚えた, 親子夫婦睦まじ, 解體し, 言つても, 言つて英吉利生れの, 言ひ残した, 訂正すべき, 記録に, 話しは, 語りながら, 読んだ, 論理を, 議事堂の, 豪語し, 貴重な, 赤い眼, 赦免状の, 起ち上がりました, 跨いで, 踏台に, 身すぼらしく見えるだらう, 軋んで, 軽く不思議, 輪を, 近寄つて, 追つて, 逃げられるもの, 途切れて, 通過ぎる, 逼ひ出さず, 道, 遠く駒ヶ岳, 避けるの, 酒精と, 重々しく呟く, 重苦しい感じ, 金魚の, 鉈で, 鋭く静か, 鐘の, 長く寢, 閉ざされた, 間拔けな, 降りかかる, 陰気に, 障つた, 雑つて入, 雲雀の, 霙が, 青く藍, 靜かな中の, 鞭撻の, 頑張つて, 頼みます, 顕れたり, 颯爽たる, 飛び起きた, 飛込んだもの, 飯を, 馬には, 駆け衝, 騷ぎ出しました, 體がも, 高低し, 鮮やかだつた, 鳴り出した, 黄いろに, 黒味が, 黙つて荷物

▼ やう~ (36699, 38.6%)

1466 気が 872 氣が 565 もので 560 ことを 483 ものが 444 ことは 389 ものを 344 ものだ 302 ことが 261 顔を 230 顏を 224 ものである 220 事を 203 ものは 182 調子で 167 事は 145 ことも 138 事が 131 心持が 118 気持で 112 気も 111 声で 106 ものに 102 感じが 100 声を 99 心持で 94 氣も 90 ものです 88 ことに 87 ところが 84 もの 83 のが 77 ことで 75 ものも, 気持が 66 音が 65 気持に 64 恰好を, 笑ひ, 音を 63 ものだつた, 眼を, 表情を 60 事も 59 心持に 55 恰好で 54 形に, 聲で, 言葉を 53 意味の 52 形を 49 感じの, 氣持で 48 のは 46 人が, 聲を 44 口調で, 話を 43 わけで 42 ものぢや 41 事に 40 ところに, 一種の, 不思議な, 妙な, 色を 39 感じで 38 もんだ, 態度を, 風に 37 風を 36 ところも, ものの, 感じを, 氣持が 35 心の, 態度で 34 さう, 心地が 33 人は, 声が, 女の, 美しさ 32 形で 31 場合には, 微笑を 30 ところは, 印象を, 気に, 物を 29 ものな, 女が, 氣持に 28 人の, 口を, 様子で, 生活を 27 のも, 気の, 氣の, 真似を, 眼つきを, 種類の, 立派な 26 場合が, 寂しさ, 形の, 心持にな, 氣に 25 のを, 物の, 男が, 眼で 24 ものと, 心もちが, 次第で, 眼つきで, 者は 23 ものでした, 意味で, 手紙を, 気さへ, 男の, 顔つきで 22 ところを, ものさ, 一つの, 人間は, 位置に, 心持を, 性質の, 静かな, 顏で 21 ところで, 事で, 人も, 表情で, 言葉が, 訳で, 返事を 20 人間の, 変な, 工合に, 涙が, 自分の, 言葉で, 話が, 譯で 19 人を, 場合に, 女は, 気持を, 男で, 男は, 目に, 言葉は 18 人に, 勢で, 時には, 目を, 眼付を, 聲が, 視線を 17 ことばかり, のです, 人間が, 夢を, 女を, 姿を, 有樣, 気持だつた, 淋しさ, 雲が

16 [15件] のだ, ものまで, 人で, 人間に, 女に, 姿で, 心で, 心地で, 恰好に, 物が, 私の, 結果に, 綺麗な, 色の, 顔で

15 [14件] つもりで, 心を, 悲しさ, 感じだつた, 日が, 時が, 様子を, 樣子を, 歌を, 状態に, 親しさ, 錯覚を, 顔つきを, 顔付を

14 [16件] ところへ, ものであります, ものには, ものばかり, 匂ひ, 奴は, 家が, 心持でした, 悲しいやう, 態度に, 所に, 気持ちで, 者に, 薔薇の, 言ひ, 雨が

13 [22件] ものにも, 事件が, 仕事を, 何か, 冷い, 奇妙な, 女で, 妙に, 寒さ, 息を, 手つきで, 文句を, 時に, 気分に, 気持にな, 気持の, 氣持だつた, 男では, 痛さ, 胸の, 話で, 話も

12 [25件] ふりを, もんで, わけには, 傾向が, 冷たさ, 処が, 切なさ, 姿に, 姿勢を, 容子を, 微かな, 怖ろ, 文句が, 気にな, 気分で, 状態で, 現象が, 男に, 眼の, 者が, 表情が, 言葉の, 變な, 頭を, 風が

11 [35件] ことの, ところから, ところだ, 具合に, 力を, 口吻で, 声だつた, 始末で, 姿勢で, 形にな, 彼の, 御様子, 心に, 心持です, 心持も, 悲鳴を, 感じである, 或る, 所が, 手を, 方は, 有様で, 気持も, 氣さへ, 氣持にな, 物は, 男を, 目付を, 眞似, 者で, 色に, 記憶が, 陰鬱な, 靜かな, 風で

10 [39件] ことにな, ことにも, それで, ものから, ものとして, ものにな, もんです, んです, 人々の, 人間を, 口吻を, 家の, 容子で, 惡い, 意味を, 感が, 感じだ, 所へ, 方に, 樣子で, 気で, 氣で, 生活の, 男だ, 目つきで, 目で, 眼ざし, 瞳を, 考へを, 色が, 花が, 花の, 親しみを, 言葉も, 調子が, 調子に, 雨の, 頭の, 顏つきで

9 [46件] こと, ことまで, それは, ものだらう, 二つの, 人では, 人物は, 作品を, 光が, 光を, 古風な, 問題を, 場合は, 場合も, 境遇に, 奴が, 姿の, 心が, 心もちで, 心持だ, 心持は, 思想を, 感じも, 感想を, 手つきを, 方が, 時代に, 此の, 気は, 氣にな, 氣持ちで, 痛みを, 白い雲, 笑顔を, 自分を, 芝居を, 詩を, 話だ, 調子を, 身構へで, 道を, 雲の, 顏つきを, 顔し, 風の, 騷ぎだ

8 [60件] あなたの, かつかう, ことぢや, ところであつ, ものでなく, ものなら, 不愉快な, 中に, 事さへ, 人だ, 人でした, 人でも, 人と, 人物が, 人間では, 作品が, 処に, 力が, 単純な, 厭な, 口もとを, 夏の, 大きさ, 娘が, 娘でした, 嬉しさ, 底の, 恰好の, 惨めな, 意味に, 感じです, 感じに, 振りを, 日に, 日の, 日本の, 明るさ, 涙を, 激しさ, 男です, 異樣, 皮肉な, 眼が, 空に, 空気の, 考へは, 言葉に, 訳な, 調子の, 足どりで, 運命に, 面白さ, 響が, 響きが, 顏に, 顔が, 顔だ, 顔に, 顔の, 馬鹿な

7 [78件] いやな, かたちで, ことさへ, さうし, ので, わけでございます, をかし, んだ, 一人の, 不安が, 不安な, 不安を, 事の, 事ばかり, 事情が, 二人の, 人, 人間ぢや, 仕事に, 何の, 光景を, 其様な, 具合で, 冬の, 口元を, 地位に, 大きな声, 大それた, 女だ, 女ぢ, 女には, 娘の, 子供の, 家を, 小雨が, 幼稚な, 影が, 心は, 心地に, 心持ちで, 意味が, 感じは, 感動を, 所で, 文章を, 方法で, 昔の, 春の, 時でも, 時は, 暮しを, 格好で, 様子が, 気持は, 気配が, 氣持ちが, 派手な, 物で, 理由で, 生活が, 目つきを, 真つ, 眼に, 空虚な, 立場に, 簡單な, 素振, 素振りを, 考へが, 者を, 腕を, 花を, 話は, 速さ, 部屋に, 錯覚に, 雪が, 風も

6 [98件] ことであります, ことばかりを, のや, はつきりした, ものかも, ものであり, ものでない, ものや, ものらしい, もんぢや, 三味の, 不安に, 事件に, 人ぢや, 人達が, 人間で, 作が, 例が, 優しさ, 冷酷な, 勢ひ, 句を, 叫びを, 呑氣な, 地味な, 場合でも, 声である, 女です, 女では, 姿である, 娘です, 安心を, 岩の, 工合で, 巨大な, 己れ, 平凡な, 幸福な, 形が, 役目を, 彼女の, 御容子, 心地にな, 心地も, 心持である, 心細さ, 快感を, 性格の, 悲しみを, 悲鳴が, 感じ, 感情を, 態度は, 所は, 挨拶を, 方で, 日も, 時も, 月が, 松の, 格好を, 母の, 気分を, 気持ちに, 気持にも, 氣分に, 氣勢が, 氣持を, 汗が, 煙の, 爽快な, 物語を, 物音が, 状態が, 猛烈な, 男も, 眼附を, 空の, 結果を, 色で, 苦しさ, 苦しみを, 苦痛を, 衝動を, 表現を, 話の, 質問を, 贅沢な, 足を, 錯覺を, 長閑な, 間の, 青年が, 音は, 頼りない, 顏だ, 顔付で, 風は

5 [164件] からだ, ことだ, ちよつと, ところだつた, にほひ, へんな, ぼんやりした, もどかしさ, ものさへ, ものより, わけさ, わけです, ケチな, 不安と, 不幸な, 不快な, 不気味な, 事には, 事実が, 事情で, 仕事が, 仕事は, 何物も, 佗しい, 作品は, 作家は, 例は, 例を, 処だ, 劇しい, 力の, 匂が, 原始的な, 句が, 味を, 唇を, 問題に, 噂が, 国では, 型の, 場所で, 声だ, 声に, 大声で, 大變, 女でした, 女も, 奴の, 好い男, 娘で, 嬉しいやう, 安易な, 家で, 家は, 廣い, 建物で, 建物の, 強さ, 形である, 形にも, 心にな, 心もちに, 心持, 忙しさ, 恐怖を, 息苦しさ, 悲痛な, 意識は, 感激が, 感銘を, 態度の, 所も, 手付きを, 手附を, 文章が, 新鮮な, 方法を, 日で, 日には, 時代が, 時代の, 暑さ, 暗闇の, 本を, 様子も, 機会は, 次第でございます, 気にも, 気もちで, 気持ちが, 氣にも, 氣もちに, 氣持も, 水が, 汗を, 沈默が, 波を, 淺ましい, 溜息を, 点が, 点に, 無いやう, 無氣味, 煙が, 熱さ, 父の, 犬の, 状を, 状態な, 状態を, 現實, 生優しい, 男, 男でした, 男には, 異様な, 當時の, 眞面目な, 真面目な, 空を, 簡単な, 精神の, 素直な, 細い眼, 美しい女, 考へに, 聲に, 腹の, 自然な, 興味を, 處が, 表情だつた, 表情の, 表情は, 複雑な, 観を, 訳には, 話である, 話です, 誇りを, 説明を, 賑やかな, 趣が, 身構へを, 輕い, 透明な, 過去の, 部屋の, 重さ, 闇の, 雪の, 青年の, 面持で, 音だ, 顏が, 顏し, 顏です, 顏付を, 顔も, 風景を, 騷ぎです, 骨の, 鳥の, 鼻を

4 [294件] うれしさ, お孃さん, お気持, お辭儀, きれいな, ことから, ことだけ, ことでなく, ことにでも, ことをも, しぐさで, それらの, そんな惡, ときに, ところでは, ところでも, ところの, なつかしさ, はめに, ふうで, ふうを, ものだけ, ものでありまし, ものでなけれ, ものでも, ものにまで, もののさ, ものまでが, もんや, わけだ, わけで御座います, 下手な, 不快を, 不自由な, 世の中にな, 中年の, 乱暴な, 事まで, 事情に, 云ひ, 交渉の, 人々が, 人たちでは, 人でなく, 人柄では, 人間でも, 人間には, 仕組に, 他愛も, 何物かが, 作を, 作用を, 例も, 元氣, 兄の, 光の, 光景が, 冷淡な, 冷笑を, 冷静な, 初心な, 刹那を, 努力を, 卑俗な, 卑劣な, 印象が, 危殆な, 危険を, 厄介な, 反感を, 口の, 句も, 叫び声を, 叫び聲を, 可愛らしい娘, 名を, 吐息を, 味の, 味は, 哀れな, 問題の, 問題は, 喙が, 單純な, 噂を, 土の, 場合にも, 場所が, 場所を, 境遇の, 声と, 声な, 声も, 変に, 夜の, 夢に, 大きな口, 大男で, 太い声, 女だつた, 奴だ, 奴を, 妄想に, 姿が, 娘に, 娘を, 婆が, 媼が, 子供らしい, 字で, 孤独を, 家も, 家庭の, 少年が, 工合だ, 工合である, 工夫を, 平易な, 強烈な, 形式に, 微妙な, 微風が, 心と, 心も, 心持だつた, 心持には, 心持の, 心掛の, 心配は, 怖れ, 性格と, 恐ろしさ, 恰好だつた, 悠長な, 情景が, 想ひ, 意地の, 愚かな, 感情が, 感情に, 感情の, 感慨を, 態度が, 態度である, 所では, 所を, 手で, 手に, 手の, 手付を, 批評を, 支那の, 文化の, 文章は, 方ぢや, 日は, 時代には, 景色を, 暗さ, 月夜に, 服を, 朝の, 木の, 柔和な, 様子でした, 様子は, 樣子が, 樣子だつた, 樣子は, 機會が, 機會は, 次第だ, 次第である, 歌である, 残酷な, 気の毒な, 気分が, 気持だ, 気持でした, 気持です, 氣を, 水の, 江戸の, 消極的な, 淋しいやう, 深い溜め息, 火の, 無邪気な, 熱心さで, 特別な, 生活に, 生活は, 男ぢや, 畏さ, 畏しい, 異常な, 白いもの, 白い歯, 皮肉を, 皺が, 目し, 目附を, 相好が, 眉の, 真赤な, 眼と, 眼付で, 私を, 秋の, 積りで, 穴が, 空想を, 空氣が, 空氣の, 素振りで, 素晴しい, 絵を, 緑の, 緑色の, 美しい声, 美しい娘, 美女が, 羞恥を, 考を, 者にも, 者の, 而も, 耳の, 胸を, 胸苦しさ, 自由な, 臭ひ, 興奮は, 色々な, 若い人, 若葉の, 苦笑を, 葉の, 虫の, 血を, 行爲を, 衝動に, 表情に, 覺え, 言動を, 記事が, 記事を, 詞に, 話に, 調子, 調子だ, 調子である, 調子です, 譯な, 貌を, 賤しい, 足つきを, 足取で, 足音が, 足音を, 身に, 身体を, 身振, 輝きは, 途方も, 遊びを, 運命を, 都會の, 重苦しさ, 野郎は, 銀の, 陰氣な, 雲を, 電燈の, 霧が, 面を, 靴を, 響を, 顏の, 顏色を, 顏附を, 顔は, 顔色を, 類である, 風でした, 首を, 香が, 馬鹿, 馬鹿に, 騒ぎで, 騷ぎでした, 鮮やかな, 黒い影, 點は

3 [554件 抜粋] お世辭, お方に, お由良ぢ, お言葉, お話を, かたちに, かたちにな, かたちを, かなしいやう, きらびやかな, けはひ, ことな, ことなら, ことについては, このふらふら, さえ, そんなこと, そんな大, たよりない, たわいも, ときには, ところです, ところまで, にほ, のである, のでございます, ので御座います, のとも, のの, のばかり, ひつそりした, ふしも, ぶつきら, ものかと, ものでありました, ものでございます, ものとは, ものについて, ものね, ものばかりが, ものばかりを, ものよ, やり方を, わけな, わけに, わらひ, んぢや, グロテスクな, シヨツクを, センチメンタルな, タイプの, ポカンと, ロマンチツクな, 一本の, 一節が, 一脈の, 一途な, 一面の, 丁寧な, 上品な, 不仕合せな, 不機嫌な, 不氣味, 不自然な, 世になつ, 世界が, 世界を, 事から, 事な, 事なさらず, 事實が, 事實の, 事情から, 事情を, 事柄が, 事柄を, 云は, 人である, 人な, 人や, 人物で, 人物を, 人達を, 人間だ, 仕事の, 仕方で, 仕方に, 仕草を, 体の, 何とも云, 作家の, 侮辱を, 偉大なる, 傾きが, 先生は, 光沢の, 光沢を, 光線が, 内容の, 円い頭, 処へ, 処を, 出来事を, 別品さむ, 力は, 動作で, 匂の, 卑怯な, 単純さと, 単調な, 印象は, 危い, 厚ぽつたい, 厳めしい, 口は, 口調を, 名が, 名状すべからざる, 君の, 呑気な, 味が, 呼吸を, 咳を, 品物を, 哄笑が, 唇に, 商売を, 商賣, 問題では, 問題も, 善良な, 喝采を, 嘘を, 噂の, 噂も, 嚴重な, 固苦しさ, 土地の, 堅い線, 場合, 場合では, 場合を, 場面は, 場面を, 声の, 多くの, 大きな聲, 大勢の, 大欠伸, 大袈裟な, 太陽が, 失望を, 奇声を, 女性を, 好奇心を, 妻を, 始末である, 始末な, 娘だ, 媚を, 嫉妬を, 存在の, 孤独の, 安堵を, 家々の, 家です, 容子は, 寂寥に, 小心な, 小男は, 小粒の, 小部屋, 少女の, 山に, 山中の, 工合だつた, 平次の, 年を, 幸福を, 底力が, 庭の, 役を, 彼等の, 得体の, 御身分, 心では, 心とで, 心には, 心境を, 心持さへ, 心當り, 心細い思ひ, 快さ, 快感が, 怒りが, 思が, 思想に, 恍惚の, 恐い顔, 恐しい, 息の, 恰好ぢや, 恰好は, 悦びを, 情けないやう, 情景の, 惡黨は, 愉快な, 意味から, 意味において, 意気地の, 意識を, 愚を, 愛を, 感じでした, 感じな, 感も, 感傷に, 感覚を, 感触を, 態度だつた, 慾望が, 懐しさ, 我が如き, 我れ, 我儘な, 我良人の, 手は, 手合は, 手合も, 手段に, 手段を, 扱ひ, 批評は, 抽象風な, 拍手, 指の, 挿話を, 接吻を, 救ひ, 敬虔な, 文体で, 文句だ, 文句も, 文字を, 文章の, 方だ, 方です, 方と, 方な, 方法が, 日和で, 早さ, 明るい月夜, 春が, 時にも, 時代は, 時間の, 時間を, 普通の, 景色なれ, 景色は, 晴々しい, 暢気な, 月並な, 有様だつた, 有様に, 朋輩の, 服装を, 服裝を, 枝を, 柔らかな, 格が, 格構で, 極度の, 様子でも, 樂しい, 機會に, 次第です, 歌が, 止め度も, 死を, 殺風景な, 気分にも, 気味が, 気味の, 気性の, 気持さへ, 気持である, 気持でも, 気持な, 気持には, 氣分にも, 氣持ちに, 氣持でも, 氣持の, 氣樂な, 水を, 水色の, 水面に, 汗の, 泣き声が, 注意を, 流行の, 浮, 涼しさ, 淡さ, 深い, 清らかな, 清潔な, 滑稽な, 漠然とした, 澁い, 火が, 火花を, 灯が, 焔が, 無智, 無気味な, 無理を, 無限の, 熱の, 熱心な, 爲事は, 爽, 爽やかな, 物に, 物凄い音, 物語の, 狸の, 珍らしい, 理由を, 生活で, 生活も, 生涯を, 男でございました, 男と, 男や, 疲れが, 痘痕づら, 癖が, 白々しさ, 白い顔, 皺を, 目つきし, 目付し, 目附で, 相を, 眞黒な, 真の, 真似は, 眼つきに, 眼は, 眼差で, 眼附で, 瞬間が, 瞳が, 程度に, 空気が, 窓から, 笑ひでも, 笑を, 笑顏を, 笑顔で, 筆致で, 筋は, 精悍な, 約束さとて, 素朴な, 紫色の, 細露路雨が, 結果が, 結構な, 經驗は, 緊張が, 緋の, 線ばかりが, 罪の, 罪を, 美人を, 羽目に, 羽目にな, 習しも, 考へから, 考への, 肌の, 背の, 脆弱な, 脚本を, 腕は, 腥の, 腸の, 腹を, 自分に, 舌を, 船は, 良い娘, 色々の, 色彩と, 芝居が, 花に, 苦しいやう, 苦悶が, 草の, 荒つ, 荒涼と, 華奢な, 落着いた, 葉が, 蒼黒い, 處を, 蜂の, 行ひ, 表情である, 表情にも, 要求を, 要素を, 見事な, 見方は, 見方を, 親類は, 言葉である, 評判の, 詩が, 話, 誘惑を, 語気で, 誤解を, 調子だつた, 談話が, 譯である, 議論が, 議論は, 變に, 貧乏な, 貧乏は, 貧苦の, 質の, 足の, 足取, 身分の, 身振りを, 身體を, 軽率な, 速力で, 連中も, 運の, 運動を, 運命の, 道が, 遠さ, 遥かな思ひ, 部屋で, 都合に, 重大な, 野心は, 金の, 鈍感な, 鋭さが, 錯覚さへ, 錯覺に, 間拔け, 関係で, 關係が, 陰謀を, 隙間が, 雷鳴が, 青い顔, 青白い顏, 青白い顔, 青葉の, 静けさを, 非凡の, 非常に, 非道な, 面持ちで, 音で, 音に, 領域が, 頬のうへに, 頬を, 頭が, 顏は, 顏も, 顔してる, 顔な, 顔付も, 風だ, 風である, 颯爽たる, 馬の, 馬鹿は, 騒ぎに, 騷ぎ, 騷ぎを, 驚きを, 魔でも, 鹿爪らしい, 黒い服, 鼾を

2 [1683件 抜粋] ああいふ, あつけない, いは, いやまるで, えらい人, おでん屋は, お世辞, お声, お手紙, お染, お部屋, かぐはしい海草, かつこう, きつかけ, ぎごちない, けがらは, ことだつた, ことです, こと以外に, この頃, さかんな, ざまを, しなやかな, しんみりした, すばらしい紫, せつなさ, その吉凶, そぶりで, それほどの, そんな男, たあいも, だらしの, つめたさ, ところである, とてもよい, どんより, にこ, のよ, は先樣, ひどい目, ぽつてりした, また怖, もつとも日常的, ものであるだらう, ものの人, もの口笛や, もンぢ, やつが, やるせなさ, わけでし, をのの, サモしい, ツンと, ハイカラな, マヽを, ワラヒ声を, 一抹の, 一矢を, 一連の, 三軒長屋が, 不作法な, 不器用な, 不正な, 不細工な, 世の中に, 中老人で, 乱暴を, 予感が, 事, 事にて, 事実を, 事柄は, 些細な, 人です, 人柄です, 人物の, 人達で, 人間である, 人間な, 仕儀で, 他の, 仲にな, 伝説は, 低い声, 体臭を, 何やら朦朧, 何等の, 作品では, 作品も, 使ひ, 侘びし, 信頼と, 傑れた, 傾に, 僞物を, 先生が, 光や, 八五郎の, 円い顔, 冷たい秋, 凄じい見物, 凉しい, 処で, 刀樹の, 剛健な, 力と, 効果を, 動作を, 勢ひで止め度なく, 匂乃至, 半間な, 危険は, 原現象, 厳しさ, 反射を, 口つきで, 口ぶりで, 口惜しさ, 口許を, 古めかしさ, 句許りである, 叮嚀な, 可憐な, 各々の, 名で, 名前の, 周囲の, 和やかな, 哲学の, 唇で, 啖呵を, 喜びの, 嘆息を, 四肢と, 圖どりである, 土地柄には, 型ち, 堕落した, 場合にでも, 場所も, 境地で, 声では, 夕雲に, 外觀を, 夢の, 大きな姿, 大きな杉, 大きな黒い, 大切な, 大年増, 大樽, 大胯, 太陽の, 失敗を, 奇々怪々な, 奇麗な, 奥の, 女, 女な, 女ばかり, 女性の, 奴, 奴に, 妖しくも, 始末では, 姿態を, 婆さんと, 子だ, 子供だ, 字體で, 孤獨の, 安ツ, 安心した, 実にも, 室内の, 家でした, 家庭的な, 容貌を, 寂しい遣, 寒いやう, 實が, 小さなもの, 小供, 小細工は, 小蟹共, 小説の, 小魚, 少年の, 山が, 山を, 崇高な, 工合ひなのである, 巧妙な, 常識的な, 平静な, 年寄に, 幻が, 幻覚と, 幾組もの, 店が, 建物が, 弱い心, 形だ, 形な, 影の, 影像を, 後姿を, 得體の, 御意で, 御話, 微細な, 徹底した, 心もちを, 心地だ, 心安さ, 心残りが, 忰の, 怖いやう, 思想は, 怠惰な, 性急で, 怪しげな, 恋愛の, 恐怖に, 息子が, 恰好にな, 悪臭を, 悲劇的な, 情を, 惧れ, 想像を, 意味である, 意味における, 意気な, 愚な, 愛の, 愛情と, 感傷的の, 感情や, 感覺が, 慘たらしい, 憐憫の, 我儘を, 或物, 戰慄が, 所な, 手拭を, 手紙が, 手附き, 抜きさしの, 拳で, 指を, 掌を, 文字の, 断定は, 方も, 旅人も, 日である, 日を, 日本人の, 昔なつかしい, 時その, 時代で, 時代を, 晴れやかな, 暁ちかく, 暗澹たる, 最近の, 有様である, 有様な, 期間が, 本がは, 朱を, 村に, 条件や, 柔らかさ, 根の, 格構の, 楽しさ, 構へに, 様を, 様子では, 様子の, 樣子も, 樹の, 機会を, 欠伸を, 次第でございました, 歎き, 残虐な, 毒の, 気など, 気ま, 気分と, 気味悪さ, 気持, 気配に, 氣は, 氣分で, 氣持だ, 氣持は, 水彩画と, 汽車の, 沈黙が, 波が, 活気を, 海岸の, 深い山, 深山の, 清純な, 温順を, 滋味を, 演劇は, 激情が, 火を, 烈しい嫉妬, 無數, 無表情で, 焦燥と, 熊沢蕃山や, 熱を, 爆音が, 物さ, 物好きな, 物語に, 物靜かな, 特殊の, 状態だつた, 状態は, 獰惡な, 現象は, 理由から, 理論を, 甘い考, 甘美な, 生の, 生活力, 男だつた, 男にと, 町の, 畑の, 疼痛が, 病的な, 痛みは, 癖を, 白い二本, 白い汁, 百姓の, 盛子の, 目付で, 目附き, 相槌を, 眞面目さう, 眠りの, 眼はしの, 眼光を, 瞳の, 石の, 碧い, 神である, 私には, 秘密を, 穂が, 穴の, 空想が, 窮屈な, 童話の, 笑ひです, 筆觸は, 答を, 粗末な, 純情な, 純然たる, 素人の, 素足で, 細い糸, 紺の, 結果にな, 絵である, 緩やかな, 美い, 美しい色彩, 美声で, 義務と, 老人は, 老松, 考へ, 者も, 肉体を, 肌合の, 肩幅の, 脚を, 腕で, 腹立たしさ, 自ら欺く, 自問自答を, 臭氣を, 興奮した, 船が, 良い男, 良秀は, 色な, 色合に, 色若衆が, 芝居に, 芝居も, 花やかな, 芸当が, 若い女, 若葉ほど, 苦しみが, 苦悶に, 茶の, 荒々しさ, 葉海綿の, 蒲団が, 薄桃色, 薬を, 處は, 蜘蛛の, 街を, 袖格子が, 褐色の, 覚えが, 親しみの, 言葉です, 言葉によ, 訓戒は, 訳でした, 詩に, 詩人の, 話な, 語調で, 調子から, 講釈を, 譯だ, 譯に, 豐かな, 貧しいしかし, 責任の, 賑は, 赤いもの, 赤ん坊の, 跡が, 身ぶりを, 身持の, 身狹乳母に, 返辞を, 逆な, 速度で, 遊戯に, 過去を, 道化た, 酒だ, 酔ひに, 重つ, 野蛮な, 量の, 鉢植の, 鋭い聲, 錯覚で, 長い髯, 間柄に, 關係に, 陶酔を, 陽炎が, 雨も, 雰囲気に, 雲に, 青い光, 青い色, 青白い光, 静けさは, 靜かさが, 面白くも, 音の, 響きで, 頑疾が, 領域へ, 頭は, 額の, 顏つきし, 顏付で, 顔付だつた, 顔貌を, 風味の, 風采で, 食物的な, 香を, 馬鹿気た, 駿介に, 騒動だ, 驚きで, 體の, 高言が, 鬱勃たる, 鱗の, 鷹揚な, 黄色く重くるしいどこ, 黒味の

1 [12533件 抜粋] あ, あぢきない生活, あの赤, ある場末, いいお天気, いやもっと, うつたう, おすゑ, お上品, お夏, お方たちが, お笑, お醫者, か弱いもの, くだらない小説, けれども同情, ことに迄, こと言っ, この歌, これの, さうかと云つて皆, しいんとした諦め, すが, ずつと昔, そして晩春, その中, その悲しい美しい, その臆病, それ程でも, そんな單一, そんな書物, たいそう優しい, つぎ目つぎ目に, つもりな, ときも, ところへは, どっと起る, なまやさしいこと, のであらう, のどから, はしたない事, ひけめに, ひどく幼稚, ふてぶてしさ, まあざつとそんな意味, また幾分, まるで不感症, むくむくした, ものある, ものだった, ものなどを, ものの恁いふ都會, もの即ち, もんか, ややこしい理由, よさ, わりに, アポテオズで, オペラ, キイ, ゲツプを, シユーツといふ, タイプです, トゲトゲと, ノンベイ, ヒヨロヒヨロの, プランが, ミスティックな, ラマ仏でしか, 一丈に, 一所懸命な, 一片の, 一種嫌な, 一言, 三千尺ほどの, 上手なかくれ, 不二が, 不安で, 不態, 不甲斐なさ, 不道徳な, 世故に, 中世騎士の, 主義に対する, 亂る, 事なら, 事勿れ主義に, 事業に, 二点を, 交通不便な, 人たちが, 人並は, 人物にな, 人里の, 今日と, 仕組みが, 会合の, 低い平, 何かしらが, 何事にも, 余韻が, 作者の, 俗な考へ, 俳諧に, 偉大の, 催しに, 像そして, 優しい娘, 充実した, 光芒を, 全身的な, 六疊の, 具合にな, 円筒を, 冷たい処, 冷酷さで, 凄まじい渦巻状, 処置で, 出来事の, 切実さで, 利口な, 前夜の, 剽逸な, 努力的な, 動きに, 勢ひである, 匂だ, 千三ツ屋が, 卑下も, 単純さで, 危惧を, 原則で, 厳粛を, 友情を, 取立てを, 口吻であれ, 口調です, 古典古語に, 叫聲なども, 台辞が, 名刹に, 向きに, 味だつた, 咆え, 品も, 唸り声の, 善いやう, 喝采で, 嘴も, 四角い長いもの, 図柄で, 圖圖しい, 圧しつぶされた, 坊ちやんが, 堅いもの, 場内一帶の, 場所だつた, 境界が, 声でも, 夕焼けた, 多才な, 夢で, 大きい深刻, 大きな容貌魁偉, 大きな甲虫, 大きな革, 大入り, 大層な, 大海と, 大苦艱, 大顆, 天稟の, 夫人と, 奇聲を, 女の子や, 女達が, 好い滑稽, 妖しく艶, 始末と, 威厳を, 婦人だ, 嫌味ツたらしい, 子供二三十人が, 存在即ち, 学者は, 安心な, 官能を以て, 客の, 家の子郎黨は, 容貌それに, 寂寞を, 寒気が, 實験室で, 専門的な, 小さい店, 小さな家, 小さな谷川, 小壺, 小男が, 小説へ, 少し狡猾, 尾を, 山や, 山麓の, 崖に, 巧者な, 希臘人たち乃至, 平凡の, 年が, 年齢の, 幼虫の, 広場へ, 座敷である, 廻文が, 弱むしぢゃありませんから, 強い神経, 当惑の, 形式關係に, 役である, 往き方の, 得難い融合, 御用なら, 微笑の, 心もとなさ, 心持だつたせゐ, 心構ひ, 必ずしも受動的, 快さだつた, 思である, 性急な, 怪奇美に, 恐ろしい打撃, 恐怖感に, 恰幅だ, 悩ましさ, 悲しい気, 情勢では, 惡く苦い, 想が, 意地わるな, 意見を, 愛な, 感じにも, 感覺の, 慎重さで, 憎悪である, 懐疑論を, 我儘者の, 戯曲に, 所の, 手の平に, 手柄を, 手附で, 技巧が, 押しつけがましいもの, 指には, 掛声を, 損な, 政治的封建性も, 教訓を, 文化建築を, 文章だ, 新しい書物, 斷片的な, 施設及び, 日でした, 日本アルプスの, 昂奮と, 明察に, 時さ, 時局に, 晩秋の, 暖い, 暗い詩, 暴君ばかり, 書出しの, 會話同じ, 有能な, 朝凪の, 木村の, 本で, 村について, 松茸の, 柄でも, 根が, 案外專門的, 植棄てた, 極端に, 様子です, 模範劇場及び, 橋綺麗な, 權利など, 歓びを, 此童顔の, 歴史に, 殺しに, 比喩の, 気むづかしい顔を, 気品は, 気振り, 気難かしい, 氣味を, 氣振は, 水柱が, 汗と, 汽笛も, 河童の, 波音である, 洋風建築公園の, 浄さと, 浴場の, 涙はらはら, 淋しげ, 深い優しさ, 深い路地, 淺間な, 渠の, 湯気を, 滑稽が, 潰け, 激しい祈り, 濕つ, 灰白色の, 烈しい感情, 無惨な, 無益の, 無駄な, 煩ひ, 熱情と, 父では, 片隅の, 物優し, 物持で, 物騷な, 状態でなけれ, 狡さ, 猛将, 獨特の, 現在の, 理論家に, 甘い柿, 生きかたまでも, 生殖器に, 生物しり, 田池の, 男といふ, 町は, 畜生の, 當惑を, 病気で, 痛ましさ, 発音を, 白い温室, 白定鼎を, 百姓も, 盆地しかも, 目出度い影響, 直觀, 眞空な, 眠気が, 眼付きで, 睡眠で, 知己に, 石碑も, 碧空は, 社長専属の, 禍が, 科學者らしい, 穉い, 空怖し, 空虚さを, 立場から, 笑ひである, 筋の, 簪を, 糊の, 紅味を, 紙壁な, 素質も, 細い霰, 組み立を, 結果も, 經た, 総毛皮, 縹渺たる, 罰の, 美しい指, 美しい西洋風, 美男が, 羽左衛門, 翼の, 老紳士, 者な, 聲それは, 肉が, 肥つた月が, 胸に, 脚の, 腰抜に, 自主性の, 自意識過剰に, 自責の, 舌つ, 良い人, 色合青味を, 芝居つまり, 花片が, 若々しい活き活き, 若ものを, 苦しいさびしい思ひ, 苦味走つた, 茶色の, 荒涼たる心事, 華楊の, 落着き拂つた, 蒼ざめた疾走だけしか, 蕾を, 薄暗さ, 藁葺の, 處へと, 虫喰板に, 蠅に, 行列は, 衝動すら, 被造物, 裾が, 見事さ, 覚悟が, 親類も, 角張つた形を, 言葉には, 記憶, 評し, 詩情の, 話声を, 語も, 説明とも, 諧謔味を, 譯ぢや, 豊かな, 貧乏人が, 買手が, 赤いひがん, 赤い錢入, 赭牛の, 足先の, 踏板も, 身支度を, 車の, 軽快さが, 轢死を, 近代航海探, 追はれる思ひ, 通詞に, 遁げても, 過失に, 遠い昔, 部厚, 酒で, 醜い男, 重患でも, 野郎かも, 釜から, 鈴の, 鋭い光り, 錯雜した, 長い息, 長方形の, 間にも, 關聯は, 陽射しを, 隣の, 雑木林こんな, 雨ばかり, 電光が, 青々した, 青寶玉と, 静かさに, 非力な, 面白いこと, 音でした, 響です, 頭から, 顏いろ, 顏附に, 顔女は, 風には, 風景の, 風韻を, 飾つた文字を, 香水が, 騒ぎの, 驚き方を, 高い峰, 高笑ひ, 魂だけを, 鳥や, 黄色い大きな, 黒人のは, 鼻

▼ やう~ (2252, 2.4%)

637 あつた 98 もある 59 もあり 51 もあつ 29 はある 26 もあります 21 ゐて 19 はない 16 はなく 15 あつて 12 もなく 11 せう 8 は駄目, 私は 7 はなかつた 6 あつたの, はありません, もありました, もない 5 ござります, それが, は, へエ, 妙に, 気が, 氣が, 氣味が, 然も 4 あらう, その実, はあつ, 實は, 時々ふつ, 韓織

3 [22件] あつたら, あらうと, これは, ござりまする, さへ, はこれ, はそれ, は困る, は無し, まいらし, もやはり, ゆき子は, ゐながら, ゐら, をかしい, 仕方が, 少しも, 御座ります, 恐れ入りますが, 氣持が, 自分の, 面白い

2 [49件] うれしかつ, これで, せうか, ちよつと, どうも唯見, どう云, なりませぬ, ね, はあります, はありませんでした, はいけない, はお, はとても, は全く, は男, は誰, は鴻池家, まご, もありません, もあり聞こえない, もあれ, もいざ, もお, も実は, も若い, わけが, チヨツと, 他の, 何か, 何とも言, 何も, 何んと, 僕は, 可哀, 大きな花火, 女の, 実はさ, 実はそれほど, 実は複雑, 御座りやす, 愛嬌が, 氣の, 癪に, 而も, 血の, 見つとも, 見知らぬ若い, 足が, 餘り

1 [978件 抜粋] ああいふ音, あつたがねい, あつたらう, あつた太平洋, あつた顏, あつと, あとは, あの人自身, あの片隅, あらうやう, い, いかつた, いくらか娘, いくら襖, いけない, いたくも, いつに, いやだ, うつかりする, おつくう, おもしろい人, お互に, お恥, お町等, か, がく, がす, このやう, この家, この病室, この若い, これを, こんな時家出, ごぜえます, さあはあそんだ, さうなる, さぞ何彼と言, さつきから, さどうぞもうひとつ, しかなかつた, しかも心肝, しかも雪空, しばらく默つて, じつはおよそ, せまい, そして奇しき, そのくせ窓外, そのね, その上世, その元, その廻り灯籠, その思想, その時, その毒々しく赤い, その点, その目, その赤褐色, その都度自分, そりや, それから暫く, それから若旦那, それでゐ, それに, それは, それを, たしなみが, ただ将軍家, たとへば時雨, たよりない, ちよいと, つまらない, ですから内, とても日本人, とても村, とりとめが, とんと思ひ出せぬ, どうしても何, どうする, どうにもかな, どうにも首, どうも羨ましい, どうやら徳利, どこにか, どんなに嬉し, な, なかなか苦心, なにか相談, はあ, はあきうど冥利, はあり, はあれ, はいつ, はお上, はこれから, はございません, はじめは, はその, はだめ, はつきりしてなかつた, はつきりは, はと云, はならぬ, はまことに, はまだまだ, はやり切れない, はわたし, はチト, は一人前, は一筋繩, は中田屋さん, は人, は何, は俺, は先生, は同じ, は坂, は如何, は家, は小幡, は少し, は御, は御座いませんでした, は心細い, は手ぬかり, は折角, は掛り合, は朝, は楽しい, は此先, は無, は画才, は私たち, は繁, は自分, は蝸牛, は親類, は辯解, は面白い, ばかな, ひどく気, ふつと, へツ, ほろりと, まことに濟, まごまごする, また不, まだなか, まだ三十五氏, まだ高い, まるで見つ, みんないざ, むつと, もあ, もあの, もあるだ, もう少し位, もこれ, もしやう, もすぐ, もその, もそれくら, もなし, もまだ, もやつぱり, もタバコ, も下司, も中, も二本差, も人間一人, も何となく, も内儀さん, も利助, も十手, も困る, も大廻り, も女, も子, も存外, も岡, も広い, も弱い, も手落ち, も最早, も本質, も極めて, も永い, も無し, も物, も百姓, も矢張, も矢張り至極, も馬車, やつぱり一段上の, よく見れ, ろくに三度, わにみたいなど, をかし, イマイマしい, サブシの, ソイアブラメイカイワシなどの, ドルフはぞ, ビリ, ヘンだ, リンカクが, 一つも, 一倍陰氣で, 一度も, 一時の, 一疋も, 三百六十坪ある, 下總, 不幸だつた, 不愉快で, 不気味に, 且つ白羽二重, 且つ近い, 世の, 世間の, 世間樣に, 中から, 主人の, 事実を, 二三ヶ所膏藥を, 二十三十の, 二十歳の, 二念なく, 云ひ, 五十年配の, 亡者が, 人生は, 今夜の, 今度いつしよ, 仏壇に, 似て, 佐渡で, 何だか逢, 何となく氣, 何とも其の, 何に, 何ひとつ素通りの, 何やら手拭, 何んとか, 何時でも, 余り好い, 修正の, 側へ, 優しいどころか, 兄たちと, 光にからか, 全く呆れ果てた, 兩脚の, 其のま, 其の忙, 其實虐待する, 其處を, 内実は, 凄かつ, 出勤前の, 初めての, 別けて, 動かしやう, 厭に, 去年の, 又左衞門, 又無, 口を, 口惜しい, 可愛がる, 可憐だ, 右手の, 各部に, 同時に又, 唯わけ, 喉が, 喰ひ足りなかつたらう, 四十九日が, 地球上は, 壁が, 変だ, 変な, 夕方蓋を, 外に, 外を, 多分木戸, 夢の, 大きいもの, 大胆不敵な, 大騒ぎに, 奥さんも, 女入道に, 妻を, 嫁きおくれだ, 子供の, 宇津は, 宏大なる, 宜しい筈, 実はない, 実はわからない, 実は反感, 実は極めて, 実は痛切, 実は読む, 客に, 家内が, 寂しいが, 寢返り, 小さく小さいやう, 小べりへ, 小柄な, 少々癪, 少し不, 少し異風, 尤も夢中, 岸に, 島根県史などを, 帽子に, 平次と, 年盛りの, 店中の, 廊下の, 彼は, 彼女自身の, 後肢の, 心たかまる, 心持が, 心着く, 心細いの, 心細くいかにも, 心苦しいが, 忌々しい, 怜悧で, 思想風尚も, 恐しかつ, 恥しい拙い役者, 悪いやう, 情無い, 惡いが俺は, 惡う御座います, 惱ましく, 感傷的な, 慚愧赤面する, 懐しい, 戦争中や, 手の, 手は, 手足の, 抑揚あり, 文官懲戒令で, 斯うし, 日没の, 旦那樣だけは, 早くお許し, 昌造や, 昨夜も, 昨日あたりから, 是も, 時代を, 暗くうすら寒い感じ, 更に小さい, 最早寸毫, 有つた, 本人に, 来月中旬には, 松が, 果敢なく哀, 柳橋の, 案外みんな内々, 案外底意地, 極めて淺薄, 極りが, 榎長者の, 横顔が, 此の, 歩けやしない, 母屋から, 母親の, 気も, 気持が, 氣持ちが, 水の, 決して偶然, 泊つてゆけ, 浪人の, 済まないけど, 源氏物語の, 濟ま, 無くて, 無し, 無理な, 然し実際, 熟と, 物が, 物腰が, 狭いお, 狭まい, 狹まい, 玉の輿に, 現に一緒, 甚だお, 甚だたより, 甚だ似, 生き, 申しわけが, 男児らしうも無い話し, 番附面では, 疚しいので, 白い皮膚, 白かつ, 直吉は, 眞珠太夫が, 眼は, 矛盾しない, 矢鱈に, 短かく, 硝子洋卓も, 神殿の, 私が, 私には, 私はた, 私も, 私達は, 空氣は, 立派で, 第一回, 節々に, 粗末な, 紡錘は, 絵に対しては, 縁が, 縁側から, 翌る, 老爺と, 聊斎志異の, 聲だけ, 肉づき, 肝心の, 胆が, 胸が, 自分でも, 自然斯う, 舊用語例に, 色気といふ, 花川戸の, 茂七を, 草やぶの, 落付かれなかつた, 蒼ざめてゐるのね, 蘆荻も, 血を, 複雑であり, 西國の, 要心深く巾, 見物し, 親しめないその, 角力見物に, 訣らない, 話は, 誰にとも, 誰も, 譬にも, 貧乏人の, 赫と, 足に, 踊り子だ, 身に, 身も, 身体中の, 身體の, 軽蔑したく, 迎へに, 近所の, 返事が, 途方に, 通じ憎, 邪魔に, 野がけ道の, 鋭い眼, 鏡は, 長い恐らくは, 長くも, 限りなき, 隆吉はしやく, 雨戸の, 雪もよ, 雲も, 霖雨の, 面白いから, 面白くない, 頭の, 頼りなげ, 頼母しい, 顏は, 風でも, 飛でも, 首の, 馬が, 馬鹿馬鹿の, 鬱陶しくなつ, 黒い眼鏡, 鼻は

▼ やう~ (1526, 1.6%)

13694873428 から 1716 がそれ 1514 がその, が私 11 がこれ, つた 10 と云, と言 9 があれ, ぞ 8 がお前, が何 7 がこの, といふ, と思つて 6 があの, つたと, と云つて, わね 5 がしかし, がね, が今, けれど, と言つて, な八 4 がこ, がそれでも, が俺, が昔, が此, しまた, つた小, と, とでも申しませう, 私は

3 [20件] からお, からである, があんな, がさ, が僕, が定, が実は, が実際, が誰, けど, けれども, し, つたから, といへ, と思, と思ひ, と思ふ, なと見知り, などと相槌, ね親分

2 [70件] からいかに, からいづれ, からおれ, からさ, からさぞ, からもう, から今, から俺, から君, から大した, から明日, がお, がお前さん, がそれでは, がそんな, がちよ, がどう, がどうも, がまあ, がやはら, がやはり, がよく, が一つ, が人, が人格, が今度, が何處, が其, が匕首, が大, が少し, が山, が彼, が本, が此間, が決して, が男, が若し, が蟻, が言葉, けれどあの, けれど私, しその, しそれに, し又, それは, つたのだ, つて, て, といつた, とお爺さん, とか申しまし, とこの, とも思ひました, とよく, と庄兵衞, と形容, と感心, と申し, と聲, と見, と谷村, なあ, な何, ねえ, の, よ本, んを, 僞善の, 彼は

1 [680件 抜粋] あ, ありがたい, あゝあゝあれ, いつぞやは, いといふ, いは, いよ, おまへの, おめえさ, お前は, からあの, からあれ, からいつ, からか, からこいつ, からこの, からし, からその間, からだ, からつまらない, からといふ説, からと母親, からと私, からどこ, からね, からねあの, からねえ, からまた, からゲエル民族, からサツサ, から今に, から今日, から何ん, から兎, から入, から凡そ, から動い, から午後, から姐, から委員会, から小林習之進, から庭, から当分口, から御新造, から持つ, から摘草, から時々, から歌集, から此分ぢ, から歸つて, から氣, から江柄三七郎, から無色, から物盜, から生垣, から病院, から私, から結構, から衛生的, から親分, から近い, から逃げられる, から鋸, があいつ片目, があと, があまり, があれ丈, があんまり, がいかにもまだ, がいつたい, がいづれ, がうぬぼれ, がおれ, がお前達, がかうし, がきつ, がこいつ, がここいら, がこちら, がことに, がこんなに, がすぐ, がその後, がそり, がそん, がただ, がといつ, がとふと, がと思ひ, がと手, がどこ, がなるほど, がなんだか, がな譬へば, がね私, がひどく, がまだ, がまだしも, がまだなかなか, がもう多分, がもし, がわたし, がコツプ, がテオドラ夫人, がピュウ, が一たい何, が一人前, が一國, が一寸, が一般, が一體, が一體何, が万が一, が不思議, が世間, が事実, が二人, が他, が伊八, が何しろ, が何だか, が何処, が何所, が何時, が併, が例へば, が傷, が兄, が先づ猛獣狩, が先づ話, が兜屋, が其処, が別, が前, が前後, が午前, が向, が向う, が和臭といつて, が商, が四五人, が堀内氏, が外, が外套二枚ぢ, が大体右, が大体木, が女丈夫, が女流教育家, が姉, が姑蘇城外, が婆アさん相, が安けれ, が実に, が家, が容貌姿態, が将来, が小牧, が尤も, が平常, が幾太郎, が引導一つ, が彼奴, が彼等, が御, が急, が怪談, が悲しい, が我等, が或, が戸, が所詮, が手前, が打ち明け, が折, が拇指, が教主釋尊像, が敵, が映画, が昨夜, が時々, が暫く, が暫らく身, が最近, が本人, が松, が根柢的, が桶, が極めて, が此甜瓜, が此私, が此處, が母家, が民族, が気, が氣, が水當, が求められた, が江戸中, が決してさ, が油斷, が活字, が海, が渠, が烏谷, が然し, が特別, が特筆大書, が現代, が甚太爺, が男同士, が痛, が百兩, が相, が眞, が眺め, が着後, が神号於義也嘉茂慧, が窓, が精, が結局, が結局どちら, が縁談, が耳, が職人, が舅, が行儀, が見, が親しむ, が解つて, が詩人, が話, が読み, が讀み, が貝殻, が身, が農民, が近頃, が遂に, が違, が金杉君, が長吉, が雪, が電燈, が頑迷, が飛び起き, が飲む, が高橋新吉, が鶏, が鸚鵡, けどこれ, けどさうな, けどほんとう, けど痩せ, けど親御さんたち, けれどあと, けれどお前, けれどご, けれどそこ, けれどもう, けれどもこの, けれどもやはり, けれども一方, けれども人一倍, けれども十圓, けれども嘉吉, けれども大間違, けれども心, けれども明治末, けれども飛ん, けれどやつぱり, けれど一体, けれど出, けれど出来る, けれど古, けれど女, けれど実は, けれど平, けれど此, けれど決して, けれど活社會, けれど第三者, けれど腕, けれど飯, げつと, こ, これでは, これも, さ, しかしこれ, しこちら, しこれから, しそろそろ, しちよい, しどうしても, しにごり江, しひがみでない, しゆるんだ, しわく, しわたし, し乾いた, し俺, し家, し平素渇望, し忠実, し悪い, し水産物, し沖縄, し留守番, し自分, し若い, し蕗子, し貴女さ, ぜと教, ぜ妻, ぜ恐しく, そ, そして睡れない, そして身心, そのうち, その名前, その薄い, ぞい, っけぁ, つけが, つけぞ, つけな, つけの, つたあれぢや, つたが, つたそして, つたとでも, つたのが, つたミシン機の, つた加野は, つた呵々, つた小娘は, つた山崎が, つた左右の, つた日中は, つた残念な, つた沢は, つた片々が, つた長い, つた関係者以外には, つてのは, つて思つた, てえ, でな, でもう, といはれた, といひだす, といふくら, といふ話, といふ話ぢ, とお, とか又は, とか形容, とか酔払, とか醉拂, ところで, とて, との説, とは言つて, とひそひそ, とひどく, とひやかし, ともいへ, ともいへる, とも言つて, と一郎, と三藏, と云つて吐息, と云つて笑, と人, と仰有る, と何, と叔父さん, と告げた, と嘲つた, と困る, と夙く, と大, と好い, と存じました, と従弟, と思つたの, と思つた時, と思つてごらん, と思ひついた, と思へ, と思召すか, と憎, と批評, と斯, と書い, と有難い, と歩けん, と気が付いた, と満悦, と申します, と疑ふ, と皮肉, と笑, と考へた, と考へます, と聞く, と自負, と裏木戸, と見惚れ, と規則, と言っ, と言つた, と言つた江戸, と言つて自分, と評した, と誰, と遣り切れない, と隣室, なえ, なさては, なそれから, なとふと, なと定めし, なと彼, など, などととんでも, などと云つて紹介, などと言つて, などと露骨, なは, なんて話す, なア, な上体, な又, な女手, な脱せたら, な芳村, な雪見, ねいくら, ねそれ, ねと言, ねむくなる, ね今夜, ね君, のにと思ふ, のに向つた背戸庭, またこの, もう一つ, もう青葉, ものなあ, もの若い, よお, よなどとガランドウ, わあの, わい, んに, んばつかし, チップなど, ツせ, ナ少し, 一寸考へる, 三八九最初の, 主観的には, 事物に対して, 二人が, 二人は, 今日は, 何時でも, 例へば英人, 俺も, 傷痕に, 可哀想に, 君口を, 唯の, 妓は, 婆又は, 少し休ん, 店中の, 怖いなんツ, 怪我でも, 憎い油虫, 手前ンと, 明朝たばこ銭でも, 昨夜の, 椿の, 此處は, 此處へ, 火打箱か, 猪之, 第一美人照り, 終日炬燵に, 絵画は, 美人画家希望, 考ふべし, 臭いと, 落着い, 鏡が, 隨て, 風呂場は, 首を

▼ やう~ (881, 0.9%)

50 云ふ 47 すると 35 した 24 する 23 するの 22 思つた 14 するので 13 したが 11 思ふ 10 したの 9 思ふの 8 するもの 7 した時, 言ふ 6 すること, すれば, 思って, 思つてゐる 5 したり, しなかつた, しました, しましたが, 思ふと, 思ふ事, 決心した 4 したところ, するには, する時, せずに, 努力した, 思つて

3 [19件] したとき, しながら, する人, する努力, する心, する者, そんなこと, 云つたら, 云ひ出した, 力めた, 努めて, 思つてゐた, 思ひましたけれど, 思ひます, 思ツて, 構は, 考へた, 考へたの, 考へて

2 [42件] いつたらありません, いふので, しかけるの, したか, したから, したけれども, したつて, したと, したので, したら, したらしい, した人, した所, するから, するとき, するん, する気持, する自分, どうし, 仰しやつ, 企てたの, 存じます, 平気で, 御沙汰にな, 心を, 思った, 思つたです, 思つてよ, 思ひました, 思ふが, 思ふたれど, 思ふもの, 思へば, 急つて, 放つ, 決心する, 焼かれやう, 私は, 考へるの, 自分の, 致しますと, 試みた

1 [377件] あせつた, あせるところ, あとから, ある夜お茶, いつたらありませんでした, いふこと, いふに, いふん, うしやうがく一門亡魂とんしよう菩提, お前の, お思ひ, きめちやつたの, この声, さう昨夜, しかけたか, しかけて, しかけてから, しすぎるよ, したこと, したつて駄目, したもの, したらしいが, したら三千代, したん, した一日, した丈, した仏蘭西人, した処, した程, した苦痛, した處, した運動, して, しとかく, しない, しないため, しない一つ, しない心, しない思ひせま, しなかつたの, しなかつたらいきなり, しますが, しますと, しや, し二本, し或は, し日毎, し次第に, し若い, するが, するだけ, するでは, するに, するは, するやう, するよりも, するらしい, するらしい壺, するわけ, するロスタン, する丁度, する上, する不気味さ, する中, する主人, する人々, する人達, する仏教, する仕方, する作家, する処, する制裁, する刹那, する前, する努め, する夏, する大師, する女, する妻, する始末, する娘, する子供, する度, する彼, する心持, する恰も, する態度, する文学上, する時刻, する曇天, する最後, する未來, する根本的, する様, する樣, する気, する気配, する海洋, する渦, する生きがたい, する百姓生活, する着物, する程, する終り, する結果, する聞けば, する肯定, する腰抜, する膝, する自分本位, する色蒼ざめた切迫感, する芸, する薄明, する處, する蜆貝みんな口, する試練, する説, する足, する跡, する間際, する陳腐, する際, する頃, する頭, する顔付, する風情, する馬, すればこそ, せずそこ, せずには, せず国民教育, せず專ら柳暗花明, せず静か, せぬ, せぬ又, せぬ左門, それが, それでやつ, それまで, そんな事, ぞんじまして, とても底, どうしよう, なさるあなた, なさるので, ならば, はたから, ひどい苦労, ふと気がついた, もんは, ネクタイの, 下駄を, 予期し, 云ったらございません, 云ったらもうとても, 云つたのを, 云つた切口を, 云つた意氣込みで, 云はれた, 云ふこ, 云ふもんだ, 云ふんです, 人目に, 企だ, 企てた, 企てながら, 企むかに, 企らんで, 企んで, 企圖て, 何しよう, 何んで, 余計な, 來た, 僕は, 兄さんは, 全く無頓着, 其儘突立つて志村の, 决心しました, 力めたもの, 力めて, 努めさ, 努めすら, 努めながら, 努めると, 努める様, 努める程, 勤めて, 千八百六十三年に, 又退つた, 取ま, 図り女, 執着し, 夢みた人, 妻に対する, 嬉しくも, 存じましたの, 存じ候, 存候, 射た矢, 射ました, 射るアガメムノーン, 射る射られて, 射放しました, 尊敬され, 尋ねた, 少々位, 少しく角張りかかる, 少しく足, 島の内に, 左門は, 帯揚げを, 平気よ, 当人の, 彼の, 彼は, 待つてを, 後醍醐帝から, 心には, 心掛けて, 志す人々, 念う, 思った事, 思ってるの, 思つたが, 思つたつ, 思つたの, 思つたのだ, 思つたのである, 思つたのです, 思つたので御座いました, 思つたのに, 思つた位で, 思つた其うつくしい, 思つておいでな, 思つてさう, 思つてた, 思つてたんでした, 思つてつい, 思つてね, 思つてまた, 思つても, 思つてもがいた, 思つてる, 思つてゐない, 思つて一緒に, 思つて其様に, 思つて切符まで, 思つて午前に, 思つて学校へ, 思つて家内に, 思つて居ります, 思つて左右へ, 思つて彼は, 思つて段々, 思つて自分では, 思つて蒸し返さした, 思つて谷間へ, 思つて買つた采だつた, 思つて走りかけた, 思はない, 思はないでも, 思はないよ, 思はない者, 思はぬでも, 思ひだした, 思ひついたの, 思ひましたけれども, 思ひまして, 思ひますの, 思ひ俄, 思ふから, 思ふたから, 思ふたが, 思ふたけれど, 思ふたので, 思ふて, 思ふてか, 思ふても, 思ふならその, 思ふなら俺, 思ふほど, 思ふん, 思ふ小説, 思ふ矢先, 思ふ者, 思ふ行乞, 思ツた, 思ツても, 悶け, 感心され, 懇切に, 我も, 打つ, 投げ飛ばしアートレ, 拍手を, 掛つてゐる, 斯う, 既にその, 書いて, 期して, 木村重吉は, 本当で, 来たら素敵, 案外の, 構まう, 横浜の, 此事が, 此様お, 殺されやう, 深く心, 深く決心, 濟し, 為た, 為るならば, 焦せりぬいて, 焦るから, 由子は, 申しこんだ, 申したの, 申し出た男, 発心を, 盟つたのだ, 眼を, 磯五郎の, 祈願を, 神樣に, 私が, 私の, 種々考へた, 窃に, 立戻れ, 筆に, 答へる, 紅葉自身が, 細い路地, 結婚しよう, 織り出した反物, 考へ, 考へました, 考へますが, 考へられる方, 考へるそこで, 聞に, 苦心する, 苦心を, 血肉の, 行さへ, 覚悟した, 言つた, 言つたら, 言つた性の, 言つた相手は, 言て, 言はれるだらう, 言ふからには, 言ふと, 言ふも, 言ふ頭で, 試みたに, 試みた事, 試みて, 試みる, 試みるの, 試みる僕達, 試みる様, 誰も, 論戦の, 諸国の, 蹴られやう, 辰子は, 重ねかけて, 釘を, 附纒ひ, 類似し, 騙されやう, 骨折て

▼ やう~ (714, 0.8%)

101 ない 60 ありません 37 なかつた 22 ないの 21 無い 20 なかつたの 14 ないから 13 ないと 12 ないので 10 ないぢ, ないん 9 ないさ, ないで 7 ないわ 5 ありませんよ, ないな, ないもの 4 ありませんね, あるもの, ないといふ

3 [18件] ありさうな, ありませんでした, あるだらう, あるまい, ございませぬ, ございません, ないが, ないやう, ないよ, なくな, ねえな, ねえん, 可笑しいとて, 御座りませぬ, 無いので, 無いん, 無かつ, 空車の

2 [26件] あらう, ある, あるだらうよ, あるもん, それは, ないこと, ないことぢ, ないぜ, ないため, ないだらう, ないね, ないねえ, なかった, なかつたので, なくて, ねえから, 人の, 御座いません, 惡い, 無いから, 無いぢ, 無いの, 自分は, 荒くて, 變だ, 足りないから

1 [236件] あせんから, あせん何, あつた, あつたらう, あらうから, あらうとは, あらうとも, あらうまさか, あらうもの, あります, ありますが, ありますね, ありませんからな, ありませんしね, ありませんぜ, ありませんですね, ありませんな, ありませんわ, ありません二つ三つ慰め, ありや, あり始めようと, あるかい, あるが, あるだ, あるだよ, あると, あるのに, あるまいいつそ, あるめいけど, あるもんけい, あんまり不思議, あんまり變つて, いくらか気, いけないん, いけなかったか, うまいから, うまいやう, おそいと, お幸せといへ, かれこれ云, これまでには, ございませんでせう, ございませんわ, ござない, さ皮, ために, だ呼吸, とにかく花弁, どうし, どうにもなる, どうも腑, どこか, ないおとうさん, ないからね, ないくら, ないし, ないしばらく, ないた, ないつて, ないつて思, ないところ, ないなら, ないのう, ないのでね, ないのね, ないのよ, ないばかり, ないほど, ないもん, ないらし, ないわい, ないガラツ八, ないハハハ, ない何とか, ない冗談云, ない婆, ない愉快, ない拙者, ない様子, ない水, ない目下, ない破るべし, ない長さ, なかつたから, なかつたが, なかつたけれど, なかつたとの, なかつた盛夏, なからう, なくせいぜい, なくつて, なくなつ, なくなつた, なくなります, なくなる, なく慰めやう, なく野薔薇, なさ, な其, ねえだ, ねえだよ, ねえなあ, ねえへ, ねえや, ひどいやう, ひどく不器用, ひどく近所, ふいと, まだ足りない, まるつ, もっときれい, もっと経済, もつと, よろしいばかり, わるいと, ゐまいが, 一向係はず平気, 一番ひど, 一通りぢや, 一風変つてゐる, 上手で, 下手な, 不味いから, 今に, 仰山である, 何と十兵衞斯, 何も, 何を以て, 何んとしても, 余り無遠慮, 來た, 其重なる, 出來, 判らない, 到底亡ぼされる如き, 勝手な, 可笑しいの, 合ふか見, 同じに, 唯事ぢや, 地震か, 声を, 多いぞ, 多かツた, 多すぎる, 夢に, 大變, 大體, 奈何だ, 奥様の, 好すぎる, 如何にも億劫, 如何にも常例, 対すまいが, 尋常ぢや, 少くそれ, 少しひど, 少し出, 少し早, 少し早う, 少し淺薄, 少し荒, 少なかつた, 屋と, 島の, 己の, 後生お, 思ひやられます, 思ひ通り, 思ひ遣られるので, 思ふさま, 恵まうが, 悪いと, 悪いもつ, 悪かった, 悪ければ, 惡いから, 惡いんだ, 惡かつ, 惡く, 感動しまい, 慾張と, 早いと, 早すぎ, 明後日は, 有さうなもの, 有りさうな, 棄てられやう, 此の, 歸つて來やうが, 氣に, 氣にも, 注意を, 無いが, 無いで, 無いといふ, 無いよ, 無いネ, 無えちふ, 無くて, 無くては, 無くな, 甚だしいので, 瞭然と, 私には, 私は, 稍, 突拍子も, 立つて, 等分でない, 細かくなつた, 組合で, 聲を, 腰拔と, 自然と, 荒い上, 荒過ぎる, 要するにやはり近代, 認めまいが, 謂はば, 變つてゐる, 足りないやう, 足りなかつたん, 軽率だった, 遅いといふ, 過ぎたから, 違つて居ます, 違つて居ります, 遲いと, 遲か, 遲かつ, 長續, 陋いと, 離れて, 餘り, 駄目です

▼ やうです~ (677, 0.7%)

107624823 から 221613 がそれ 8 か, がその 7 がお, が私 5 がこの, がこれ, が僕, けれど 4 があの, がさ, が平次, もの 3 があなた, がでも, がね, が今, が何, ね親分

2 [23件] からね, からもう, から失礼, から御, があれ, がこ, がさて, がしかし, がそれでも, がどうも, が事件, が何處, が八五郎, が大した, が夫, が実際, が少し, が斯, が近頃, が間もなく, しその, ね嫌, わね

1 [256件] かな, かまあ, からいづれ, からこれ, からこれから, からさつき, からその, からともかく, からどうか, からどうして, からどうせ, からな, からもう少し, からわたくし, から一應申, から今, から佛樣, から其所, から出掛け, から即刻修理, から埃溜, から外, から大工, から奈何いふ, から婆さん, から幾ら毆つて下, から彼所, から止めませう, から段々, から江戸中, から矢張貴方, から私, から聞き, から腰掛け, から諦め, から間違, から隨分氣, から駄目, があんまり, があゝ, がい, がいづれ, がお松, がお父さん, がお腹, がお隣, がこちら, がさすが, がしつかりし, がずいぶん, がそれだけ, がたつた, がとうとう, がとにかく, がどう, がどんな, がなあ, がなその, がねえ, がまだ, がもう, がやはり, がよく, がアルコール, がイワン君, がキヤノンさん, がニイチェ, がヒヨロヒヨロ, がフランス, が一つ, が一家, が上がり込ん, が不意, が事実, が伜, が何年, が何時の間に, が何時も, が併, が俳優, が借金, が兄, が先生, が先達樣, が全体, が其處, が其邊, が典型的, が別に, が前々, が勤労, が却, が吉原, が四方, が墨子, が夏空, が夜中, が大, が女房, が姉, が姉さん, が實, が小, が山羊, が岡田村, が座持, が引越し, が当時西洋, が彼女, が後, が御, が心持, が思はぬ, が恐ろしく, が成, が手代, が手堅い, が文政年中鳥海山, が日本, が日本人, が昨夜受取つた手紙, が晝, が暫く, が本, が柳屋, が梁, が武家, が段々, が氣性, が江戸, が沿線, が演劇, が火水, が燃え, が物事, が生れ, が生憎, が病氣, が皆, が矢張木, が私たち, が競争, が結局あれ, が絵, が聲變, が肉感的, が至つて無口, が舞臺, が色, が芥川さん, が蒙, が行先, が見, が話, が貴方, が路地, が身仕舞, が追, が道, が遠から, が那処, が金, が金費, が釣り込み, が銀さん, が長い, が関西, が非人小屋, が非凡, が養, けれどあれ, けれどうち, けれどかう, けれどその, けれどもお, けれどもそれ, けれどもた, けれども君, けれども子供たち, けれども我々, けれども是, けれども私たち, けれど今日, けれど何, けれど決してさ, こ, この地図, し, しこれから, しまた, し私, し私達, するとあつ, ぜ, ぜ親分, そして此方, その大, それつ, それに, でも私, と, とだけ言, とにこり, とも, と低く, なま, なエヘヽヽ表, な大きい, ねあなた, ねあの, ねえ, ねお, ねこれ, ねしかし, ねと友, ねと私, ね刄物, ね太夫, ね江戸, の, のに何, ひどく氣味, また貴方, まるで私, ものいひ, もの町内の, もの降る, もの隨分諸方から, よあゝ, よまさか, よもつ, よオホ, よ少し, よ恐ろしい強い, よ私達, よ隣, よ頭痛, わ活版, ネどうか, 三郎郎當, 何と云, 全く, 其邊で, 別項西川生の, 唐臼を, 囚人の, 坊ちやんと, 尤も下男, 採決を, 暇の, 簡単に, 花嫁花婿と, 鍵穴からは, 雜誌の, 騷ぎが, 黒い幌

▼ やうやく~ (581, 0.6%)

7 自分の 5 私は 3 のこと, 手を, 気を, 眼鏡を

2 [24件] これに, それが, それを, の事で, わかつ, ベックを, 三八九の, 夜が, 姿を, 小遣を, 少しわかつ, 彼等の, 我に, 明るくなつた, 暮れて, 気が, 浜松の, 現はれた, 眼を, 自然の, 花茗荷が, 雨にな, 頭を, 黄昏の

1 [509件 抜粋] あなたが, ある一人, ある落着き, あれだけの, いくらか, いささか我, おかげで, おれの, お前に, お経, かすかな, かの女, こ, ここまで, こちらに, このさびしい, この怪男子, この邸, これだけの, これを, さうし, しどろもどろに, そこで, そこを, そして記憶, そのネステレンコ, その大, その指, その萎びた, その足跡, その跫音, その邊, その長屋, その馬, それぞれの, それと, それに, できか, とつておき, とはしだいに, と村, なでしこ一袋を, に呼び, のこと立上つたの, はじまつた, はっと飛んだ, はつきり分かつた, ふきの, ぼけて, また一転化, まとめ終り, みんなの, や, よい雨, わが国の, わけが, わたしは, をさ, をさまった, アカデミイの, ウヂヂに, コツプ酒一杯なでしこ一袋に, コモヒも, シヨウチユウ一杯ひつかけ, スヰッチを, テラスに, ビールに, ホッと, ホテルの, モオリスの, モスコオ芸術座が此の, モックリ起き, ラシイヌの, ロシアの, 一つの, 一つ其聲を, 一つ桃色の, 一の, 一二枚出はじめる, 一人に, 一人の, 一人前の, 一人前弱にしか, 一人立ちし, 一升罎が, 一念を, 一時過ぎに, 一杯だ, 一杯を, 一段落を, 一畝だけ, 一篇書きあげ, 一軒の, 一部の, 一里あまり, 七八人並べる, 万事が, 三十に, 三十九, 三十分前ばかりに, 三千噸の, 三句, 三年目に, 三番目の, 上つてから, 上へ, 上気せ, 不在と, 不安を, 世に, 中也も, 主婦を, 乘込んだ, 二三杯の, 二人の, 二人を, 二十二といふ, 二十銭捻出した, 二尺ほど, 二時にな, 二歳に, 二番町の, 五十枚くらゐ, 井戸に, 亜麻の, 京を, 人々に, 人々の, 今日が, 今日この, 今日も, 今日御用に, 仔羊一匹を, 会場に, 伴直人の, 体の, 作業が, 例の, 信債の, 傾きはじめ枝は, 像が, 僕の, 僕達三人は, 元気づい, 元氣, 先生は, 全滅せしめる, 六階, 其椅子に, 其處から, 出來た, 出来上つたばかり, 出来上つたビルデング, 出立藤井さんに, 切りひらい, 切支丹の, 刻煙草を, 前の, 劇文学なる, 力を, 助かつ, 動き且つ, 動悸治まり, 勘當が, 化粧を, 北光居を, 北海道から, 十三歳次郎は, 十二歳でした, 十二歳に, 十兵衞が, 十銭といふ, 半切四枚を, 半時間, 南へ, 厄を, 収入の, 口を, 句が, 句集壱部代入手さ, 合点が, 名案を, 君に, 君を, 吹雪が, 呼吸を, 商人の, 喉頭を, 地下足袋を, 地平さんの, 地平線の, 坊ちやんを, 声が, 声の, 声を, 変態といふ, 変態的一例としての, 夕方の, 夕暮の, 外に, 外へ, 多くなり, 夜に, 大山君に, 大體, 学校にも, 学校当局の, 安い宿, 安堵した, 安定しかけた, 安心し, 安心した, 完成を, 実にいや, 宦官の, 家に, 家にか, 家へ, 家族の, 富山館といふ, 察する, 寢室の, 封建的な, 小山を, 小海駅こ, 小舟が, 小郡, 少しばかり, 届け来る, 山毛欅の, 岩屋に, 岸に, 巡査の, 左門の, 巨き, 帰つてきた, 帰つて来た, 帰り来りぬ, 帰宅樹明君来庵テル坊も, 帰庵, 帰途について, 平凡であり得た, 平和の, 平静す, 平静を, 年号のみ, 幸福と, 廏に, 建立しかけた, 引上げて, 彼が, 彼と, 彼の, 彼は, 彼女を, 彼等は, 往来を, 御生前, 御輿を, 復活し, 徳利が, 心に, 心の, 心を, 意識を, 愚郎居を, 憶ひ出した, 成功しはじめる, 我が娘, 我れ, 我心, 戸を, 戸隠の, 所謂演劇学者らの, 扉の, 手に, 手紙が, 手紙を, 抑へ, 捉へ, 捉ま, 据ゑ得る, 捻出した, 探りあてた, 揺籃の, 政党内閣と, 教へ, 數世紀前に, 文債書債を, 文芸雑誌といふ, 斯んな, 新進作家として, 斷つた, 旅に, 日本から, 明かにな, 明けゆく, 星城子居を, 昨日の, 晴と, 暖かに, 暖まつ, 暮れか, 最后, 最終の, 最終電車に, 朝が, 朝の, 木の間を, 本格的に, 本能が, 本質的な, 来庵, 東京を, 松原を, 梅軒を, 森町に, 椅子に, 樹明君に, 正気づいた, 正気に, 正気にか, 正気にかへ, 正真正銘皮膚の, 此処へ, 歸つて來る, 歸途に, 残つた, 母も, 母親の, 毛の, 気付いた, 永い日, 汽車の, 沓掛に, 治つたと, 洋画材料で, 浮世絵が, 海に, 海の, 海を, 涙を, 深く木の葉, 深まつ, 測定された, 満開に, 溜池の, 演劇の, 火といふ, 無用の, 煙草焼酎に, 燈り, 独言によつ, 王様を, 現代劇の, 現実の, 理解し出した, 甘さ, 生て, 生れはじめて, 田植が, 田町を, 男子に対する, 畑らしく, 畳へ, 疲労の, 疲労困憊と, 疲勞を, 痔が, 盛んに, 目的地に, 相手を, 眉根を, 眞中へ, 真顔に, 眠つた, 瞳を, 知つた, 知つたのだ, 砂丘へ, 碧童の, 福江に, 私といふ, 私に, 私の, 私本来の, 秋で, 秋は, 窓から, 立ち上つたのである, 立上る, 章助の, 笑ひ, 笑ひ止んだ, 第三句集, 箱根を, 米と, 米一升捻出した, 米一杯半と, 約束通り澄太君に, 納得し, 納得大いに, 終りに, 終局に, 終止符らしき, 結びながら, 緩くはては全く, 繁くなり行く, 老いに, 老人の, 老司の, 聖經に, 肉体を, 肥前に, 肥料も, 肩の, 胃袋に, 脱稿した, 臥床を, 自分が, 自分で, 自分らしい, 自分を, 自覺, 興奮し, 船を, 花つけ, 芸術的存在と, 若水居を, 落付きました, 葡萄の, 蒼空に, 薄墨に, 藪椿を, 蟹が, 街に, 街へ, 衰へ, 裏へ, 裾を, 襖を, 西日の, 見えし, 見物し, 親の, 覺えた, 解放され, 言葉を, 訳が, 読みを, 諸将, 譲葉の, 貰つた一杯の, 貴族社會の, 賀状のかへ, 赤くかすみ来り, 足が, 足もとを, 路傍に, 路易は, 蹉, 転一歩した, 近まつ, 近代的な, 這ひ込んだ, 通つた, 逢つた共に, 逼り, 部屋の, 部屋へ, 酒場の, 酔心を, 里に, 重くな, 金は, 金州行を, 長い, 長野市の, 隣席の, 雑魚一尾釣りあげた, 雨季が, 雲が, 露命を, 霽れ, 青衣子居を, 静止した, 頂上に, 頭痛も, 顔を, 顛倒しけれ, 風雨が, 飮んで, 養狐場の, 首を, 香水使用の, 骨に, 魂の, 鳥小屋を, 麥藁帽子を, 黄味の

▼ やうにも~ (557, 0.6%)

35 思はれた 31 見えた 27 見える 23 思はれる 12 思つた 11 思はれて 9 なつた, 思へた 7 感じられた, 見えるが 6 思はれます, 思はれるが, 見えました 5 思はれるので, 思ふ, 考へられた, 見えて 4 思はれたが, 思はれますが, 思へる, 思へるの, 考へられて, 見えなかつた

3 [16件] とれる, ないお力, なつたの, 思はれるの, 思ひます, 思ひますが, 思ふが, 思ふの, 思へたが, 思へて, 書いて, 無い父親, 考へられるの, 見えるの, 覚ゆる, 重箱から

2 [22件] なく我, なる, 出來, 思つて居た, 思はれたので, 思はれまた, 思はれるし, 思はれ又, 思ひました, 思ひましたが, 思へます, 考へられる, 考へられ私, 聞えた, 聞える, 見うけましたが, 見えたから, 見えゆらゆら, 見えるわね, 見ゆるもの, 見られる, 覚えて

1 [232件] あせて, あつた, あつて, あらず頗る, あり一方, ある, あるし, あるしかし, あるひは, あるべし, いろいろある, おもはれ, おもへた, きいて, ききなされる節, きらめいて, ぐつてしまつた, けむって, この眞心, ごまかすつもり, じ, せよ暮し, たと, ぢ, でるに, とれるが, とれること, どれが, なかなか凝つた, なく我まま至極, なつて, ならう, なり腹, なるの, なれば, ひい, ひとりの, ふる, またある, またこれ, またコンパス, また悲劇, また現在, また非常, また養, みえた, みえてた, みえるが, よるが, 一度あの, 不必要, 不思議な, 不足は, 世話なし, 云うて, 伝へられて, 作らず, 使はれ, 候はば, 力みやう, 又そんな, 取られよう, 取り除けられない彼, 取れた, 取れます, 取れるが, 取れるけれども, 取れるの, 受けとれるの, 受取れた, 可愛想, 啼く, 存候, 少し空恐ろし, 己を, 引けるやう, 彼には, 彼は, 御ち, 心を, 忍び難, 思つて見た, 思はせるの, 思はれお, 思はれさうかと, 思はれない, 思はれました, 思はれましたが, 思はれますの, 思はれようが, 思はれるけれど, 思はれるけれども, 思はれること, 思はれるほど, 思はれるもの, 思はれる今に, 思はれる声, 思はれる是, 思はれ候, 思ひましたけれども, 思ひますので, 思ひ候, 思ひ誇り, 思ふとにかくこれから, 思ふなど, 思ふやう, 思ふ自, 思へぬから, 思へねえからよ, 思へば, 思へまた, 思へるが, 思へるし, 思へるでは, 思へるので, 思へるわ, 思ツた, 悲き, 想はれ, 感じさ, 感じた, 感じたが, 感じたの, 感じたので, 感じて, 感じられて, 感じられる, 感じられるけれども, 感じられ其の, 感じる, 感じ五十, 感じ出した, 感ずる, 感ぜら, 感ぜられた, 感ぜられて, 感ぜられるので, 慰められるぢ, 打萎れ, 拵へ, 暗い, 楽しい休息, 正三, 水の, 池の, 泣きました, 泣き入りぬ, 泣くこと, 深くなる, 無い今日, 當る, 白, 直行を, 相成申候, 私には, 答えること, 縛る當, 考へた, 考へて, 考へまた, 考へられそれ, 考へられます, 考へられますが, 考へられ勝ち, 考へられ言葉, 考へるやう, 聞いたが, 聞えなかつた, 聞えました, 聞えますし, 聞えまた, 聞える答, 聞える話, 聞え大, 聞え時として, 聞き取れる, 聞こえるが, 聲が, 聽えた, 自分を, 自然に対しては, 自負した, 行かなくなつ, 見えたの, 見えないこと, 見えないほど, 見えぬ, 見えべ, 見えます, 見えますけれども, 見えまた, 見えるから, 見えるけれど, 見えるだらう, 見えるで, 見えるであらう, 見えるので, 見える彼, 見える淡い, 見える物, 見える群青, 見える色, 見えれば, 見え哀願, 見え夫婦, 見ゆる, 見ゆるけれど, 見ら, 見られた, 見られますが, 見られるし, 見られるだらう, 見受けられましたが, 見掛けられる, 覗かれた, 覚えたが, 覚え申候, 覚ゆ, 親しみ深く, 言つてゐる, 言へる, 話された, 變ぜ, 辷りこみは, 近所は, 金を, 錯覚した, 間違ひ, 離れること, 難が, 頼み難く, 飜つて考へ

▼ やう~ (483, 0.5%)

59 ありません 27 なかつた 24 ない 13 ないの 7 無かつ 6 無い 5 ないが, ないこと, なかつたの 4 ございません, ないので, ないもの, ない程, なくさやか, 御座いません

3 [12件] ありませんが, ありませんでした, ありませんよ, ないから, ないで, ないと, ないほど, ないやう, ないん, ない位, ない考, なし

2 [22件] あつた, あらう, あらざりしかど, ある, あるまい, ないその, ないぢ, ないほどの, ない不思議, ない事, なかつたが, なかつたん, なく只, なく平次, 分らず唯々こ, 大變, 滿更でない, 無いから, 無い彼, 知らないで, 知れない, 知れぬ

1 [228件] あらうと, あらうに, あらうにと, あらうもの, あらぬを, あり, あります, ありますが, ありませう, ありませうから, ありませぬ, ありませんでしたが, ありまん, あるだらう, あるとしても, あるの, あるもの, あるわけ, いづれあと, ぐんと良い, こじつけやう, ございませんでした, ござない, ござんす, ござんせん, した廿年, どう考へ, ないう, ないお, ないかといふ, ないきれい, ないこれら愛国的ヴァガボンド, ないといふ, ないほどに, ないわ, ないわけ, ないクェイカー教徒, ない不安, ない人物, ない倦怠, ない凄まじい破局, ない可愛ゆい, ない哀愁, ない大きな, ない大昔, ない嬌笑, ない孤独, ない安い價格, ない安さ, ない安堵, ない宏大, ない必死, ない悲みと不安, ない情勢, ない惨憺, ない憤懣, ない懶い心, ない我利, ない新聞, ない日本, ない旦那, ない暗い憂鬱, ない有難い仕合せ, ない氣持, ない法悦, ない混亂, ない激烈, ない無残, ない狂暴, ない狹, ない生活, ない痛々しい姿, ない痛々しい艶, ない痛々しさ, ない私, ない秘か, ない筈, ない美くしいそ, ない美しい魔女, ない腹立たしさ, ない艶美, ない茶立虫, ない表現, ない複雜, ない豫感, ない醜い姿, ない霊魂, ない霹靂, ない静けさ, ない鬱憤, ない魅力, ない麗かさ, なかつたかといふ, なかつたこと, なかつたので, なかつたまで, なかつたもの, なかつたらうと, なき, なき果, なく, なくい, なくお, なくその間, なくそれ自身, なくただ, なくても, なくな, なくなつ, なくなつた, なくなる, なくは, なくぼく, なくよ, なくわけても, なくズブリ, なく不思議, なく世間並, なく二目, なく仇, なく今, なく優しげ, なく八五郎, なく其儘, なく冷, なく凄まじい媚態, なく口, なく口惜しかつ, なく可, なく可愛らしい眉, なく可笑しくて, なく呆然, なく妻, なく実に, なく心丈夫, なく忍びやか, なく快適, なく悲しかつ, なく惨め, なく惱, なく感動, なく憂鬱, なく放つ, なく有難く思, なく枕, なく止つて, なく歪んだ, なく涙, なく爽快, なく物凄まじい觀物, なく物哀れ, なく病的, なく痛々しいのに, なく策, なく絢, なく綺麗, なく美しいの, なく美味, なく聽, なく興奮, なく舞臺, なく苦笑, なく行きなやまなけれ, なく足, なく遥か, なく醜怪, なく醫者, なく靜, なく非, なく靱, なく顏, なけれど, なければ, なし何様, なし南北, なし自分, ひど過ぎます, まるで小鳥みたい, やうも, よくすべて, わからないが, 一段猛烈を, 並々でなく, 並大抵で, 亦なかつた, 入りやう, 分らず唯々, 効, 卒中や, 大したもの, 宜しくて, 少いぢ, 御座りません, 思ひの, 手堅く先々, 有らんなど, 栗も, 江戸一番で, 無いあの, 無い事, 無い悲愴, 無い日, 無い爛死蛇, 無い程, 無い訳, 無い魅力, 無かりけれ, 無きに, 無きにと, 無くあはれ, 無く豆, 無く越前屋, 無けれど, 無之, 無之まま一字金一円, 無之候, 相談と, 眉ずみの, 知らで唯, 知らぬ接する人, 知らぬ者, 知れず, 知れぬだ, 知れません次郎さん, 筋の, 良いが, 良い女中頭, 覚え土地

▼ やう~ (444, 0.5%)

9 事は 8 ものを 5 ない寂しさ 4 ないこと, ないもの, ない美しさ

3 [16件] が百人中間, ことを, ない, ない不快, ない心持, ない氣持, ない混亂, ない疲労, ない絶望, ない輝き, ものが, 世渡りを, 事を, 人なれ, 大事にでも, 心懸け

2 [34件] ないお, ないところ, ないの, ないのに, ない不, ない不吉, ない不思議, ない事件, ない大きな, ない幸福, ない心, ない恐ろしさ, ない愉快, ない憂鬱, ない横道者, ない混乱, ない物凄さ, ない疲勞, ない程, ない空虚, ない自己嫌悪, ない苦痛, ない表情, ない顏, もので, ものに, ものは, 名をや, 數, 料理つかまつり, 月の, 物を, 病美人顏にも, 笑を

1 [294件] い, おん真似は, お染, かねえ, ことあらん, ことが, ことどう, ことは, こと候とも, こと樂しく富める, こと歌はれ, たくはへは, たくみは, つらき恥目, できる紅庵, と云, ないあひるさん, ないかう, ないくら, ないさし, ないじめじめ, ないそんな, ないなつかしい草, ないばか, ないほど, ないみなぎる, ないもん, ないやくざ男, ないやくざ者, ないやつ, ないらしい, ないヒッパク, ない三太郎, ない不安, ない事, ない人, ない企, ない作品, ない侘しさ, ない兇賊團, ない凄じい, ない凝視, ない努力, ない勢ひだつたの, ない博士, ない厭, ない厭惡, ない又, ない取, ない口惜しい腹立たしい気持ち, ない口惜しさ, ない呪, ない哀しい顔付, ない品, ない問題, ない啼き, ない嚴, ない困惑, ない困難, ない夏, ない大事, ない失望, ない女, ない女ども, ない奴, ない奴ぢ, ない妖しい思ひ, ない娘, ない嫌悪, ない嬉しさ, ない子供, ない安, ない屈辱, ない岡, ない幽遠, ない後ろ姿, ない微妙, ない徳利野郎, ない心地, ない心強さ, ない快い静かさ, ない恐ろしい哀傷, ない悦び, ない悪臭, ない悲しい顔, ない情けない悲しい思ひ, ない情勢つて言葉, ない惡戯, ない愉しさ, ない意外, ない感情, ない感激, ない態度, ない慰め, ない憂悶, ない憂欝, ない擽, ない方, ない方たち, ない有, ない有様, ない業病, ない樣, ない正文, ない残虐, ない気味, ない氣, ない氣味, ない汚辱, ない泥濘, ない淋しさ, ない深いつつましいためいき, ない深いもの陰, ない深い溜息, ない深切, ない混沌, ない淺草公園, ない温かい氣持, ない満ち足りた, ない激動, ない濟, ない無, ない特別, ない特異, ない理窟, ない生活, ない癖, ない目印, ない眼, ない破局, ない破落戸野郎め, ない私, ない秘密, ない紫色, ない美しいリズム, ない美しい小さいタナグラ人形, ない羞恥, ない者, ない聲, ない自惚れ, ない色, ない苦しそう, ない落莫, ない血, ない衝動, ない装置, ない複雜, ない親しさ, ない解釋, ない調和, ない謎, ない豊満, ない豫感, ない貴方, ない醜惡怪奇, ない重くるしい仕事, ない陰惨, ない面白さ, ない馬鹿笑, ない魅力, なく汚れた, はかなき, ふるまひ, ませた好い, ものある, ものから, ものなど, ものなり, ものにて, もの存続いたし, もの御前に, もの漂ひ, やうな, よくない, わけで, 一々を, 一種の, 並大抵では, 予想話だ, 事が, 事で, 事ども, 事なかるべし, 事にも, 事例ある, 事所々に, 事更に, 事有之, 事漸く, 五つの, 人々の, 人々を, 人を, 仕儀に, 体系以前の, 例も, 優き, 剽軽な, 厭ふべき, 哀しみ, 品さだめし, 善からぬ, 地点で, 場合には, 夕の, 大船を, 実が, 実よ, 少いの, 形にて, 形容を, 影を, 御恨, 心とは, 心地いたし, 心地が, 心地致し, 心理かは, 思ひありき長吉, 思立も, 恐ろしさ, 情に, 情を, 惘れ顏, 惘れ顔, 意味ぢゃ, 意味は, 感じ, 感じだ, 所なれ, 持主でした, 数々を, 數理である, 文も, 斯うし, 曲と, 机あら, 柱時計は, 格子が, 次第万事打明け, 歌を, 気色にて, 氣ぶりも, 池の, 無い, 無いこと, 無いと, 無いの, 無いもの, 無い不思議, 無い世界, 無い危機, 無い奴, 無い心地, 無い思, 無い恐ろしい破局, 無い恐怖, 無い情慾, 無い政府, 無い火, 無い男, 無い痕, 無い笑, 無い素晴らしい均斉美, 物の, 物も, 物もて, 画を, 異常な, 病美人顔にも, 筒に, 節には, 米なら, 細くすずしきにて, 者に, 股引を, 良いこと, 芝生の, 苦き思, 英雄収攬術には, 英雄收攬術には, 虚偽にぞ, 言葉をも, 詰らぬ事, 話を, 足りないほか, 足りない頭, 道に, 鈍き響, 難義, 面もちいと, 面色にて, 頭を, 顔したる

▼ やうにと~ (439, 0.5%)

21 云ふ 8 云つた 6 まつて 5 書いて 4 祈つて, 私が, 言ふ 3 努めて, 心掛けて, 思つた, 祈られぬ, 私に, 私を, 言つ, 言はれ

2 [27件] いふこと, いふので, お願, すゝめて, それを, たつての, はじめから, 云はれ, 云はれた, 勧めて, 命じた, 嚴重に, 御云, 心掛けるが, 心配し, 思ふの, 折入, 気を, 祈らずには, 素知らぬ振り, 言つた, 言つて来た, 言ひ付けた, 部屋の, 頼まれて, 願ひ, 願ふ

1 [309件] あらゆるもの, いつて, いつも心配, いとも經濟的, いひたい, いひたい位, いひつけたり, いひました, いふの, いふよりは, いまさらの, お供の, お電話, お頼み, かうして, くれぐれも頼んだ, この名, さういつて, さう言, さまざまに, したためて, しながら, すべき一事, すべての, するの, すゝめた, せがんだ, そつと, その祈り, それにも, そればかり, それらの, ぞんじたて, つてし, へどもどし, ほくひろがる, ほざかる, ほつた谷町, ほりすぎた, ぼくは, ぼとぼと川崎, また催促, まねいて, よく工夫, スタンレーは, ニキタに, マスクなども, 一瞬の, 七月二十日大坂へ, 三人から, 三谷が, 中屋から, 主人からの, 争つたのである, 二つの, 云つ, 云つたで, 云つてやつた, 云つて不, 云つて來て, 云つて来, 云つて来た, 云つて花屋の, 云は, 云はれました, 云ひ, 云ひつけ, 云ふと, 云ふより, 云へば, 人民の, 今にも云, 今朝も, 仰しやつ, 仰せられた, 仰ったので, 仰つし, 仰聞かされ候, 伯父の, 何と, 何の, 何度も, 何處で, 何遍も, 使が, 使ひ, 倉田が, 八丁堀の, 八五郎に, 其所へ, 冀へる如く, 内々祈つ, 内々聽いた, 再び停車場, 再三伜, 再三駄目, 出発を, 切望し, 刑事に, 力めながら, 努めた時, 努め學校, 勉めた, 勤められて, 勧めた, 勧められるので, 勸めます, 勸めも, 南無大師遍照金剛, 取計らふの, 只管天に, 叫んだ, 吩付か, 咳も, 執こく, 堅く申しつけ, 変り色の, 大きい甜瓜, 太夫元へね, 好く後, 妹が, 姉夫婦から, 娘の, 安川は, 家族に, 宿役人からも, 山から, 工夫せられた, 常にこまかい, 帽子の, 平次自身にも, 幾度も, 引き止めた, 彼女は, 彼等に, 御供へ, 心がけて, 心を, 心懸ける, 心掛けた, 心掛けたならば, 心掛けぬからの, 心掛けねば, 心掛けませう, 心掛けるの, 心掛ける人, 心掛け申候, 心私かに, 忙しく走り, 念じて, 念じながら, 思つて, 思つてお前の, 思つてそつとこ, 思つてね, 思つてわざわざ, 思つてゐます, 思つて一つでも, 思つて今まで, 思つて単に, 思つて大, 思つて子供に, 思つて有り, 思つて毎日宅の, 思つて自分の, 思つて見物に, 思ひの, 思ひはかられ寒から, 思ひまして, 思ひます, 恐ろしく念, 息を, 恵んで, 慰めて, 懷爐を, 我儘を, 我子の, 戸外で, 手渡します, 招きが, 招待状を, 持たせて, 指圖を, 教へて, 斯う, 日本橋の, 月を, 有仰つ, 望まれて, 望んだので, 望んだ人間, 朝に, 朝早く, 期待する, 東京駅に, 松尾が, 格別の, 楢雄に, 極めて親切, 檀那寺に, 歎願し, 歎願する, 正直に, 殿樣以ての外の, 母に, 気前よく, 沈默の, 泣いて, 注意され, 注意し, 注意しなかつたら, 浦子に, 深く見つめ, 熱心に, 父にも, 父は, 父を, 爺は, 特に母, 用心し, 申しました, 申しましたので, 申します, 申しますと, 申し上げるの, 申し渡され候, 申す事, 申上げたら, 申付けました, 男は, 男を, 留意し, 百姓衆が, 皆に, 目くばせ, 祈った, 祈つた効, 祈り望む, 祝福する, 神さまに, 神に, 禍殃を, 私は, 秋山伊織へ, 約束を, 結び文, 綿も, 縋りつくやう, 繪葉書を, 義塾の, 考へて, 考へながら, 自ら努力し, 自分に, 自分の, 自嘲した, 色々と, 色々云, 苦心し, 衷心から, 西洋料理へ, 親切に, 親類達の, 言うて, 言つただけ, 言つたら, 言つた厚情な, 言つてみかどが, 言つてゐた, 言つて呉れた, 言つて置い, 言つて置いた, 言つて鱈腹飲ん, 言はれた, 言ひ, 言ひまし, 言ひ付け, 言ひ含め, 言ひ聴かせ, 言ふだ, 言ふん, 訓示を, 詩稿の, 話して, 話しを, 話の, 話を, 諭して, 贈り遣りしこと, 足を, 足許に, 跫音を, 車夫に, 軽い軽い祈り, 進言した, 酒屋の, 醫者は, 頸巻なぞ, 頼まれ私, 頼みましたが, 頼みますジエィン, 頼んだ, 頼んで, 願つてゐた, 願を, 飢ゑ細, 首を, 骨折つたのである, 鳴

▼ やうである~ (261, 0.3%)

12 が, が私 9 がこれ, がしかし, がそれ 8 がこの 6 がその 5 がそれでも 3 がそれだけに, が実は, が実際, が實

2 [16件] からこの, があの, があれ, がそして, がただ, がどう, がなか, が今, が何, が僕, が其, が彼, が支那, が自分, けれどもさ, それは

1 [147件] あさましい事実, からしかし, からそつ, から寧ろ, から序乍ら書き加, から新協劇団, から玄關, から説明, から読者, から養子, がある, がお, がかの子, がここ, がさすが, がさらに, がしばらく, がする, がずつと飛ん, がその後, がそれだけ, がたま, がとにかく, がとに角, がともかく, がどこ, がなにしろ, がなる, がなんだか, がひつ, がもう一度, がやがて, がやや, がわが, がわたくし, がイワナ, がキリスト精神, がドイツ, が一方, が一時, が上部, が之, が予, が事実, が事實, が人さし指, が今日, が今日我々, が他方, が仮に, が元, が先生, が全, が其の, が内田百間氏, が別に, が卒業後, が卒業後肋膜, が古く, が古今, が古書, が史記殷本紀, が各, が和尚, が四庫提要, が大体, が家康, が小説家, が当今, が御, が恐らく, が愚か, が或, が文芸殊, が智力, が暫く, が本人, が果して, が棄て, が此語, が然し, が現実, が登り, が筆者, が結局, が聞く, が興行者, が芸者たち, が若い, が表現派, が見別ける, が話, が詳らか, が諸家, が長慶太神宮, が順番制度, が高級, が鳥取, けれどごとごとごと, けれどもこれ, けれども今日, けれども其の, けれども其論説, けれども要するに, けれど後者, けれど此等, けれど若し, けれど読み, ことに, ことは, ことを, しさ, し加, それに, ぞ, だがこ, だが才人, といふ, とも云, と思つたの, と思へた, と申しましたら, のだ, のに, のを, ふと見る, まして令孃, また世間, 一日歩かなけれ, 一枚の, 云云, 低い所, 何だか嫌, 女子の, 孰れ, 山の, 彼の, 愉快な, 手近には, 早く旅, 明日の, 森白甫氏の, 殊に獨逸, 気分の, 私いま兄上に, 私には, 而し

▼ やうには~ (219, 0.2%)

5 いつて 4 しない, 取計, 行かない, 見えなかつた 3 して, しないから, 出來, 動いて, 計はれぬ 2 ゆかない, 受取れなかつた, 笑へ, 見えても, 見えないので, 見えなかつたけれども

1 [171件] あとから, いかないが, いかないだらう, いかないで, いかないに, いはれほのめく, してやらない, してを, しないよ, しない積り, しない言, しましたけれども, せぬ, せん, そして北, ちつとも, ぢきだした, つきり現, づかしさうな, づして暖簾の, づんで千登世の, づんで座席から, てきぱきと, できませんもの, どうしてもなりたくない, なさらなかつたの, なさりやせん, ならずふはり, ならないし, ならないらしいが, ならない多分, ならぬと, ならぬもの, なりし, なり給, なるし, なれば, ひずりながら, ひつて, びこつてそのまま今日に, びこつて人類を, みえない, ゆかないのよ, ゐなかつた, エドツコでも, コセつかず, 云うたんぢ, 云ひつるなり, 伺つてを, 何處へも, 使用せられ, 候へども, 働けは, 入つ, 出やしません, 出来がたい, 出来て, 動きさうに, 參りません, 呑み込めない頼り, 外へ, 姉の, 娘の, 平次も, 引けさ, 彼の, 御返事が, 怒らなかつた, 思つてゐた, 思はないで, 思はなかつたかな, 思はなかつたほど, 思はれない, 思はれないから, 思はれなくなつ, 思はれぬが, 思はれまいて, 思はれるが, 思ひ候, 思ふが, 思ふもの, 思へない, 思へませんでした, 恐ろしくない, 恥しがるまい, 想像し, 愛でず少女, 感じて, 手足が, 振はず, 振る舞, 捌けなかつたが, 捗らない, 捗らなかつたの, 推し量り知られること, 整然と, 早く乾かない, 書いて, 書き出しは, 書くつもり, 書けなかつたと, 樂しみきれません, 正宗氏には, 歩けませんでした, 決してお前, 決して願, 注射出来ない, 流れなくな, 消えないで, 演ぜられないに, 為ねえからせえ, 燃えない炎, 理解し, 生きて, 癒えなかつた, 眺めて, 祝ひ得ない, 私も, 立騒がず, 笑ふこ, 筆が, 組めるもの, 総体的に, 美容院經營の, 考へなかつた, 考へられたけれども, 考へられて, 聞きましたが, 苦しくない, 行かずそれ, 行かないこと, 行かないと, 行かないもの, 行かなかつた, 行かなくとも, 行かぬ, 行かぬとも, 行かぬなり, 行かぬ其苦心, 行きませんでした, 行きませんや, 裁き切れない, 裏返しに, 見えずすくなくとも, 見えず空々しく, 見えて, 見えないが, 見えないで, 見えないの, 見えなかつたですよ, 見えなくな, 見えぬの, 見えますがね, 見えますまいが, 見えるけれども, 見せかけて, 見過されざるべし, 計はう, 計はれない, 計はん, 計らは, 訪問する, 読めなかつたらう, 透きと, 通らない世界, 鍛冶屋の, 隣人を, 青ざめず, 飲めないが, 高くも, 鳴らぬので

▼ やう~ (219, 0.2%)

44 ありません 25 ない 6 無かつ 4 ありませんよ, なかつた, なかつたの, 大變 3 あるまい, どうだ, ないぢ, ないの, 無い 2 ありませんでした, ございません, ないから, ないが, ないといふ, なし

1 [101件] あくまでも旧式, あらで, あるべき筈, あるまいよ, あるめ, あんまり大袈裟, いろいろあるべし, お艶, この世の, これも, しないで, しないの, ずゐぶん下手, せず, それらの, ちよつと, どうした, ないかね, ないかも, ないぜ, ないと, ないもの, ないよ, ない戒律上, なう暫く, なかつたが, なかつたん, なからうかと, なく, なく從つて俳句, なく拠, なけれど, ねえが, ひどいもん, ぼくの, まだ一部, よく無い, 一と, 一向つまりません, 一層事もなげ, 一般は, 一通りでなかつた, 並大抵では, 些と, 亭主の, 他所乍ら師匠の, 何ぢや, 先代塩原の, 全く一通り, 全く印度の, 去年水上瀧太郎君に, 向島一帶を, 大したこと, 大袈裟でした, 太助や, 夫より, 奥様と, 如何だ, 如何など, 如何にも簡單, 尋常で, 少しも, 幾らでも, 御座いません, 心細くさ, 恋情の, 手軽に, 拔群で, 春の, 有難いけれど, 某は, 此の, 決して良い, 無いが, 無いこと, 無いす, 無いその, 無いだ, 無いで, 無いと, 無いとか, 無いな, 無いの, 無い山, 無い阿, 無しサ, 熟柿落ちようとして, 猛獸, 目ざましいと, 眞劍でした, 知らないして, 知らぬけれど, 知るとき, 良いの, 良い方, 草や, 見る眼, 見事でした, 近頃殿樣直, 醜くとも, 鏑木さんは

▼ やう~ (198, 0.2%)

53 やない 2018 やありません 10 やが 4 やな, やア 3 やし, やなかつた, やね, や油斷, や錢形 2 やあ, やございません, やどうせ, や無い, や駄目

1 [64件] やあなかつた, やあなた, やあの, やあまあ, やあんめ, やお前, やお玉さん, やから, やがナ, やが仏説, やが嘘ぢ, やけれど, やけれども, やこの, やさ, やその, やそれ, やと言つた, やなか, やなく, やねえ, やもう, やよく, やらう, やゐる, や一生涯頭, や下手人, や世話ア, や主人, や他, や偶, や全く, や可哀想, や善人, や喜三太, や困る, や大した, や好い, や宗次郎坊主, や家, や引つ, や心細い, や成, や手前たち, や拜見, や有りません, や案山子, や江戸, や相, や私, や綺麗, や良く, や詰まらなかつた, や諸君, や逢引, や錢箱, や間違, や附き, や隨分癪, や雨, や餘, や馬鹿, や鬼, ァ

▼ やうなる~ (166, 0.2%)

3 お縫, に我, 中に, 情なき思ひ

2 [11件] おも, ことを, は此娘, もの, も事あら立, も威嚴, をしばし, 子供の, 悠かな, 眼の, 雨近き

1 [132件] うすもの, おん脚をば, が實, が小さく, が月星, が殊に, が現, が自ら水分, きのふ今日うき, ことのみ, ことのみをぞ, ことも, この事實, さまなり, せん香を, その千年, にいつ, に烈火, に益, に雨戸あけ, に頬, は, はこの, は即ち, もうら淋しく, もこ, ものあり, ものは, もの又, もの養子にても, も事, も威厳, をちか, をなほ, をり, を一日二日, を見, バタなんぞ, 事いふとにも, 事で, 事のみ, 事は, 事をば, 二つの, 人生に, 仔細にて, 位置に, 位置を, 例なく, 便りありたるや, 働きを, 僧とこそ, 処も, 功を, 叫びご, 君に, 善き聲, 坂下の, 声し, 声にて, 声立て, 多摩川や, 多聞博通の, 姿し, 學問の, 寒さ, 対照の, 彼の, 心も, 心地す, 心地にて, 心地やせん, 心地致され, 思も, 怪しき雜音, 情起りぬ, 意の, 所へ, 手などを, 旅の, 日は, 時天の, 月の, 材料が, 楽を, 次第を, 歌に, 残暑の, 海面も, 涙の, 牝馬二匹を, 物中に, 玉川や, 生垣建続きたる, 男子挙げた, 畫を, 畸形と, 白雪の, 目付を, 着物着たる, 私すら, 種子を, 穴を, 笠冠り, 素振, 縁狭き, 美しき軍服, 考へ, 者に, 者居る, 者鰭と, 聲頻りに, 花の, 虞な, 行なき, 街道にて, 言葉を, 詞は, 詞我を, 詰問を, 調子にて, 身体に, 野趣も, 雨の, 雨降りぬ, 雪の, 音を, 頬に, 頬を, 顔付にて, 風体を, 饗應すべし

▼ やう~ (152, 0.2%)

35 して 6 した, するの 5 したの, しながら, する 4 します 3 すると 2 待ちました, 感心する, 見て, 言へば

1 [75件] あたへるの, いた, いへば, おれに, この凪, されちや, されて, したこと, したさ, したぜ, したと, したなら返り血, した女, した爲, した筈, した詞, しちや, してたや, しては, しなければ, しました, しや, し井戸, するかも, するぢ, するで, するな, するので, するのに, するやう, する人, する男, する筈, する野ら, する齋藤健太, なさいます, ねずみさんから, やつて, 丁子屋善兵衞に, 今更, 假り, 初瀬は, 地図に, 大海人, 妬んで, 川から, 差控へて, 底に, 待ちます, 待つて, 待つの, 待つ外, 恋の, 感じあつ, 持ちながら, 振りまきます, 暑き日, 測り兼ねて, 為る, 申上げる, 眺めて, 知らなかつたの, 知らぬから, 細君は, 自慢する, 見たい, 見ました, 見ますと, 見よ, 見るばかり, 見るより, 見んと, 見んもの, 見破られは, 變だ

▼ やうな思ひ~ (144, 0.2%)

27 がした 12 がする 9 がし, をし 7 であつ 5 もした, をした 4 がけない 2 すらした

1 [64件] あが, から時に, がされる, がしました, がずん, がとりとめ, が私, が胸, つきが, でそれにしても, ででもある, でとり縋つ, ではら, でまた, でもゐた, で云, で伊庭, で元, で凝視, で固く, で夢見, で尚, で座敷, で彼等, で心, で捨てられた, で深水, で眼, で私, で聴い, で車, とが一緒, にうとうと, になる, にふけつた, に打たれ, に打たれた, に打たれる, に襲, のする, のみが共通, はなくなりました, もし, もする, もなかつた, をいたします, をさされる, をさせ, をさせられた, をさせる, をする, を一年, を圭一郎, を彼, を抱い, を正しく, 上つた考へは, 入れと, 入れも, 出が, 出に, 出の, 出を, 切りは

▼ やうとして~ (106, 0.1%)

11 ゐるの 7 ゐる 3 ゐるところ 2 ゐた, ゐたの, ゐると, 居ましたといふ, 急いで

1 [75件] ことさらに, つ, ひざを, みたり, やるせない程, ゐたが, ゐた人気, ゐた注意, ゐましたといふ, ゐら, ゐるが, ゐるくせ, ゐること, ゐるな, ゐるに, ゐるにもか, ゐるので, ゐるのに, ゐるもの, ゐるやう, ゐるらしかつ, ゐるん, ゐる事, ゐる人, ゐる内容, ゐる女, ゐる娘たち, ゐる所, ゐる習俗, ゐる配達夫, 中の, 今度は, 其の年, 其の眼, 其の頭, 努力し, 十に, 及ばなかったこの, 周圍を, 咽喉と, 壇上で, 容積重量を, 居た, 居た処, 居る, 居るので, 居給ふ, 店の, 彼れ, 御自身, 愉快さうにな, 愛ちやんに, 態とらしい微笑, 戻つて, 振挙げた手, 揮上げた, 既にその, 既に其言葉, 此の, 死んで, 殊更に, 氣遣は, 海岸の, 消え入るやう, 澄江は, 直ちに數多, 眞直ぐ, 私の, 種々な, 究竟我々が, 結局何事も, 身は, 鐵の, 門柱に, 龕燈を

▼ やうといふ~ (100, 0.1%)

4 ものは 3 のだ, ので, やうな, んだ 2 のか, のは, もんだ, 樣な, 氣にな, 氣風なれ

1 [72件] ことである, ことは, つもりで, ではなし, のが, のである, ものだ, ものである, ものを, もんじや, んで, んです, 三月の, 事に, 事は, 人との, 企だ, 僕の, 僥倖党だ, 先づ押しも, 先生が, 典型的な, 処予て, 出版書肆の, 場合に, 奮発心が, 好奇心は, 家居です, 少年の, 弟子を, 御腹, 心が, 意志は, 意志強壮な, 愛着心は, 態度を, 或日の出來事, 押し詰つた日, 昔の, 時で, 時です, 時分でした, 時分まだ, 有様でありました, 様に, 気にな, 気持に, 気風なれ, 氣でも, 氣も, 片手間に, 翼賛会の, 考は, 考へが, 考へは, 考へを, 腹である, 自然派が, 船頭の, 言葉は, 話は, 議も, 身である, 輩ぢや, 連中である, 連中の, 野心や, 野心を, 間隙に, 青年の, 頃な, 鼻息

▼ やうなら~ (95, 0.1%)

3 お目出度, 少々持ち合せ 2 さやう, と言, 御機嫌よう, 教育なんて, 私は

1 [79件] あすこで, あたし女優にな, お世話に, お出なさい, お前の, お婆さんを, お寐, お暇, ここを, さう, そこの, その人, それだけの, それは, つて申しあげる, ではその, と云, と良寛さん, どこへでも, ばあの, ばいつ, ばもう, ば三八九送料, ば古代, ば明日, ば私, ば行つて, まだ脈, みんな, むしろ語らぬ, む人を, もう, よ, わざ, をした, イツソ来ぬ, デイック, ナー, ハンナ, ハーリャ, レヴコー, 以後御, 何も, 何処へ, 僕は, 別嬪さん, 又めぐり, 坊ちやん, 好文堂の, 彼女の, 御機嫌よろし, 御機嫌宜し, 必ず心配, 我慢を, 早く医者, 明日にでも, 構はずと, 構はず縛つて來い, 此上も, 永久に, 渠自身にも, 火の, 牧師どの, 盛岡か, 私だつ, 私も, 立派に, 竹槍で, 縁談も, 考へ, 自分が, 芝居は, 褞袍に, 貴女には, 隣室でも, 隨分うるさく, 革紐と, 飯を, 飽迄も

▼ やうでございます~ (92, 0.1%)

20149432 が丁度, が私, の, わ

1 [34件] かそれでは, から, からさつき, から又の日, があ, があれ, がお, がけれども, がそれ, がどちら, がまことに, がやつぱり熱, がわたくし, がわたくし共, が何せ, が全く, が確か三十円, が私たち, けれど, けれどそれなら, しなんと, とも真実, どういたした, な此, ねえ, ねさもなければ, ねー, のね蘆, のよ, もの, よ年紀四十, わね, リンゴには, 七百萬兩が

▼ やうとは~ (90, 0.1%)

4 しないで, しなかつた

2 [11件] しない, せずに, 思はない, 思はれない, 思はれなかつた, 思はれません, 思ひません, 思へない, 思へなかつた, 意外で, 考へられない

1 [60件] これに, これは, さすがの, して, しないの, しないもの, しなかつたので, しませんでした, せず故意, せず男, せず表面, せぬ, どうしても思ふ, どうも考へ, ゆめ思はない, ゆめ更, 丸で, 云へ, 何人も, 僕夢にも, 全く思はない, 全く思ひ, 全く意外, 呆れ果, 夢にも思ひ, 夢にも思ふ, 夢想だ, 存じませぬ, 実に意外, 容易に, 寧ろ意外, 思つてゐない, 思はないからね, 思はないの, 思はないわ, 思はなかつた, 思はなかつたと, 思はなかつたので, 思はれぬ, 思ひがけ, 思ひませねど, 思ひませんでした, 思ひも, 思ふて, 想ひ到らなかつた, 気が, 決してしない, 決して願, 猶更懸念, 知らず誠に, 私は, 考へぬ, 自分でも, 自分はじめ恐らく, 虫の, 誰しも, 誰に, 誰一人思へる, 違つて調子のととの, 錢形平次も

▼ やう~ (90, 0.1%)

41 くにし 32 ある, かたちまでが, くに, なも

1 [38件] おまへん, くいたづら, くいましめ, くうら, くすぐれたれば, くにこの世かかり, くに人ら帰る, くに口の, くに建て合はせ, くに拾ひ歩める, くに日を, くに書きお, くに機嫌とり直しぬ, くに止つ, くに気を, くに涙を, くに火を, くに畳と, くに秋の, くに立上り辻車の, くに自らを, くに起こし, くに辞し去りたる, くに酒倉へ, くに開け, くに龍然, くまことの, けどおら, でゆ, と受け, と心, ど, ないか, 僧侶に, 卑下し過ぎる, 掛布團の, 置いて, 顎の

▼ やうでした~ (85, 0.1%)

1094 がやがて 3 がそれ, な 2 が間もなく, ね

1 [52件] か, かね, から, からだんだん, から今度, から急い, から濱町, から顏, がおしまひ仕方, がこつ, がすぐ, がその, がそれだけに, がた, がでも, がね, がひ, がひどく, がふと, がまだ, がより江, が一番温和, が俊坊, が唯, が四方, が大, が大抵, が女房, が実は, が川向う, が忘れ物, が性急, が惚れ, が次, が此春あたり, が相, が私, が結局わたくし, が袖, が黒い, けど不, けれどその, けれどもすぐ, そして愛する, つけでも, な案外, な歸, もの, わ, 尤も揃つて風邪, 年は, 眞つ

▼ やうにしか~ (66, 0.1%)

7 見えない 3 思はれない, 思へなかつた 2 ならないの, 聞えない

1 [49件] このあたり, ならないと, ならないわ, ならぬの, ならねえからな, ぼくには, みえない瞬間, 作用しない, 僕の, 入つて, 女を, 思つてゐなかつた, 思はれないがなあ, 思はれないで, 思はれないのに, 思はれなかつた, 思はれなかつたが, 思はれなかつたの, 思はれねえがなあ, 思はれませんね, 思へない, 思へないの, 思へないので, 思へないのよ, 思へません, 感じなかつた, 成らぬとの, 成りませんからのう, 振舞は, 書けないわけ, 歩けない, 浸み出て, 生きられぬ私, 考へて, 考へられず又, 考へられて, 考へられない, 考へられなかつた, 考へられなくなるので, 考へられぬ蝉, 考へられません, 考へること, 聞えて, 見えないこと, 見なかつた, 記憶する, 詩に, 語ること, 開かれて

▼ やうとも~ (53, 0.1%)

4 しなかつた 3 思はないと, 思ふが 2 しない, せずに, 人として, 御勝手

1 [35件] ええどうせ, しないのに, しない彼, しない此時, せず今度, せず南, せぬので, せられない, その根強, よまうとは, 一切無, 不相変, 主張しかねた, 云へ, 今迄, 其結果は, 変へられ, 如何で, 彼の, 御苦勞樣, 思はなかつたは, 思はなければ, 思はれず, 思はれない, 思はれなかつた, 思ふの, 數萬の, 柳は, 然し空知川, 考へられない, 自分だけは, 自分に, 船員ならぬ, 試みまい, 非道な

▼ やうにて~ (42, 0.0%)

3 お前は, 私が 2 何事を, 手すりめきたる

1 [32件] あるじしたり, うれしからず悲しき, げに自然, さしも目覚, さてはか, ソー甲田さんツて, 人に, 何となく憐れ気, 全く一時, 化粧なども, 夜の目も, 姿甚だ, 屑から, 幾度も, 庭樹の, 後暗くはた, 怖らしき, 悲しからず, 振舞など, 明けに, 月も, 深き山, 漫寒き, 白雲点頭すべき, 眼きらめき, 誠に御, 近き庭, 逸れど, 郎党どもみな落ち失せ, 面白くならぬ, 馬の, 鼻の

▼ やうにといふ~ (42, 0.0%)

2 主人の

1 [40件] お母さまの, お言葉, お話でした, ことで, ことです, ことを, さそひの, た, のが, やうな, んです, 勝手務めの, 反省を, 句が, 合圖な, 妻の, 座の, 御言葉, 心がけな, 忠告の, 意味だ, 意識的な, 手振, 手紙が, 手紙を, 指図だ, 文面で, 望みが, 母の, 用心だけは, 秀吉の, 考へで, 言傳を, 言葉が, 言葉の, 話で, 配慮の, 頼みである, 願ひ, 風にも

▼ やうねえ~ (39, 0.0%)

2 んだ

1 [37件] いや勿體, うん, から, からさ, からなんて云, からよ, から朝, から當藥, かんな, かんなそんぢや, が, しまさか, ぞ, ぞ俺ら, ぞ斷つて, つて云つたぞう, なえ, などうして, なんてそれから, な俺ら壯, のさな, のよ, ものよ, もの俺ら此處へ, やうだ, よ, よう, よ先刻, よ文久錢, んでさ, んです, 伯母さんお, 佛は, 勘次等懷工合え, 此等がな, 此等ようま, 田耕え

▼ やうであります~ (38, 0.0%)

3 が私

1 [35件] あなたの, が, がここ, がこれ, がさ, がその, がそれ, がともかく, が一つ, が一体, が一向, が何れ, が併, が其の, が其時, が善惡, が如何, が少く, が支那人, が新劇, が時に, が此等, が民間, が演劇, が理論上, が綺麗, が羅馬時代, が進んだ, が遣唐使, が金剛智三藏, けれども其の, けれども能, さう, ので私, 即ち花園天皇

▼ やうなれ~ (35, 0.0%)

3 ど唯 2 つきと, ど今日, ど口, ど極めて, ばその, ば船

1 [20件] どこの, どその, どはた, ども荒木又右衛門, ど一たび人, ど外, ど後立山, ど惜し, ど此歌, ど蔭, ど誰, ばおのれ, ばここ, ばのぞみ, ばよしなき, ばわかれ, ばわが, ば人さき, ば何ごと, ば私

▼ やう~ (35, 0.0%)

16 はない 4 はありません 2 がありません, がない, もありません, もなかつた 1 がございません, が無い, のない, のもの, はなかつた, はなく, は無い

▼ やう~ (34, 0.0%)

7 を見 5 であつ 2 が見えた, をみ, 茜色に

1 [16件] がよく, が心, が自分, にとま, の娘, は決して, もありません, もし, をうか, をじ, をじろじろ, を窺, を聽, を見よう, 男の, 疾翔大力これを

▼ やうな考へ~ (28, 0.0%)

8 方は 3 方の, 方を 2 方から, 方で, 方とは 1 てゐない, 方からでも, 方である, 方では, 方と, 方には, 方に対して, 方生き方を

▼ やうであり~ (26, 0.0%)

1 [26件] ながらきびしく深い, ながらも末座, ながら内部, ながら実は, のま, キザである, 一足は, 不思議な, 且つこれ, 二度目は, 何処を, 又同時に, 又頼り, 史記本傳の, 同年末には, 唯少し異, 場合によ, 変な, 寧ろその, 得なく, 或る, 敵の, 旅空のせゐ, 日本語発達の, 此処では, 第四

▼ やう~ (24, 0.0%)

3 まあ幾歳

1 [21件] お, お役所, お母さんに, かうし, しまいかと, しらむ, はた如何なる, みんな一緒に, やうの, ランチを, 乃至それでも不足, 井上を, 出掛けまいかの, 嗣子ぢや, 大師の, 思へば, 死なうか, 父に, 瓦斯管を, 生きたから, 首を

▼ やうだつた~ (23, 0.0%)

2 がこれ

1 [21件] から無理, がおめおめ, がしかし, がその, がそれ, がよく, が又, が奴等, が後者, が暫く, が未だ, が然し, が痩せ, が酒, けれども居眠り, ぜ, ね, ねといつた, よ, よは, わ

▼ やうだつたら~ (21, 0.0%)

2 俺は

1 [19件] おしまひ, お酒, こ, すぐつれ, すぐに, そのまま飼ひつ, その女, それが, それこそ, ちよつと, といふ, 何時かの, 十分に, 女を, 必ずしもドイツ, 既う, 昼の, 筆一本で, Oは

▼ やうなり~ (20, 0.0%)

3 兄といへる, 御新造は 2 しに

1 [12件] かねて一大事業, さり, と, とそれ, とて梶棒, と人騷がせ, と思ふ, と首, 嬉しやと, 行きしは, 金銀用度も, 風の音さへ

▼ やうもの~ (20, 0.0%)

2 ならそれ

1 [18件] か, ならきつ, ならひどい, なら其の, なら呼吸, なら家, なら屹度猫, なら必ず, なら忽ち, なら恐い, なら此武村新八, なら母親, なら眞赤, なら腹, なら鳥, に, を, 一つ穴の

▼ やうにとの~ (18, 0.0%)

3 お言葉, ことで

1 [12件] お言伝さ, お話で, ことでした, ことをも, 事だつた, 事で, 使である, 口上です, 心しらひでは, 思召で, 意味から, 意味である

▼ やうかと~ (17, 0.0%)

2 思つてゐる

1 [15件] いつたやう, いふこと, それを, 云ふかと, 少々腹立たしく, 思つてゐた, 思はれる程, 思ふと, 思ふの, 旅行案内など, 煩悶する, 耳を, 言ひだし, 途方に, 風呂屋の

▼ やう~ (16, 0.0%)

2 願ひいたします, 願ひ申し上げます

1 [12件] つかれの, ねがひいた, ねがひしたい, ひめある, 勧めするなどと, 勧め申す為, 取計, 待遠う, 由の, 願ひ, 願ひで御座います, 願ひ申しました

▼ やうない~ (16, 0.0%)

2 ぢらし, ぢらしい

1 [12件] ぢけたやうな, でたち, とあさましい, ときめきに, とま, ら, ろ, ろが, ろとが, ろの, 僕は, 破局への

▼ やう~ (16, 0.0%)

5 真似で, 真似に 2 眞似 1 眞似で, 真似と, 真似も, 真似を

▼ やうにすら~ (15, 0.0%)

3 思はれた

1 [12件] かれは, ときどき思へる, なつた, 卓一は, 思はれたの, 笑へ, 考へる, 考へるやう, 見えた, 見える, 見えるの, 言つてゐる

▼ やうから~ (14, 0.0%)

1 [14件] その時, つて聞きました, みえたぞうさん, ゆつくり, 中床, 乞食, 取つて, 子細の, 微々たる平民新聞, 更にお飾り, 木片に, 百と, 言へば, 辞儀の

▼ やうでない~ (14, 0.0%)

3 のは

1 [11件] から涙ぐましい, ことも, ことを, で家, とおいしく, と云, どうま, の, もっとごまかし, ものが, 方と

▼ やうで御座います~ (14, 0.0%)

42 から 1 が, が御, が貴方, けれど私, ね, ものその, よ, 別にお供

▼ やうだい~ (13, 0.0%)

1 [13件] が一人減, だ, なの, に捨てられ, に遣つた, のうち, のやう, の中, の外, の手, は, はそんな, は午後二時頃

▼ やうなき~ (13, 0.0%)

1 [13件] ざはしがとびかひ, たいな, はめて, よとんと, を察し給, 今日の, 如き情, 幸なりと, 幸を, 物取り出で, 貨と, 部屋の, 難有

▼ やうなおも~ (12, 0.0%)

3 ひが, ひに 1 ざしの, ひで, ひであるのみ, ひでした, ひを, ひ入れ

▼ やうなし~ (12, 0.0%)

2 をらしい 1 かけも, つかりした腕, つつこい, つとりした色, つぽ, ほからとんぼ, やがれツ聲, やがれ声, ダンテが, 方に

▼ やうにが~ (12, 0.0%)

2 つ, つしり 1 たびしと, つかりして, つくりと, つくりとして, つくり一礼, むしやらな女, むしやらに, 予期し

▼ やうにぞ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ありける, うつと, おぼゆる, つくりと, つとした, つとして, つと寒, つと身, ろ, ッと, 聞えたる, 見ゆる

▼ やうにの~ (12, 0.0%)

4 つそり 2 つしのつしと 1 そり, つぽ, ぼつた, ぼつて, ツと, 給ふ

▼ やう~ (11, 0.0%)

1 [11件] て, てけつ, ては駄目, てみたい, またそれ, また死なう, 俳優も, 従つて, 或ひ, 楽も, 鑑賞點は

▼ やうでなけれ~ (11, 0.0%)

3 ばならない, ばならぬ 2 ばいけない 1 ば人生, ば生活, ば行乞流浪

▼ やうな冷めたい~ (11, 0.0%)

2 笑ひ 1 ものに, ものを, 張りを, 感じや, 態度を, 批判が, 湿気を, 無表情が, 風が

▼ やうについて~ (11, 0.0%)

4 ゐました 1 どう考へ, ゐた, ゐた針, ゐるから, ゐる子供, 神寂びた, 行つた

▼ やうでございました~ (10, 0.0%)

2 か, が弟 1 かそれ, からお, がお, が以前, が私たち, ので

▼ やうにでも~ (10, 0.0%)

2 なれば 1 してやらうと, なつたら, なると, 云へる, 心掛けたら好から, 曲つ, 死にたい私, 裁いて

▼ やう~ (9, 0.0%)

3 うならば 2 うして 1 うしたら, うだといふ, う言, やう

▼ やうその~ (9, 0.0%)

1 たびに, 一條は, 代り奥様の, 働きが, 全力を, 堪忍も, 息は, 空間を, 筋の

▼ やうでしたら~ (9, 0.0%)

1 あなたは, また何, 今の, 何とか此奴, 川村の, 是非御, 當分こちらへ, 私の, 貴方が

▼ やうなく~ (9, 0.0%)

2 すぐつたい 1 さしつけるやう, すんだ色, 不快に, 凄絶又, 江戸一番の, 特に韓国皇帝, 特に韓國皇帝

▼ やうな破~ (9, 0.0%)

5 目に 1 壞と, 家なりとも, 目にばかり, 目にも

▼ やうにか~ (9, 0.0%)

2 かつてゐる, やうな 1 ういつて雲, うじめ, それとも好き, ぢりつく, やうに

▼ やうにに~ (9, 0.0%)

51 つと笑, つと笑つた, はかに, ほふから

▼ やう~ (9, 0.0%)

1 先祖其角の, 努力下さい, 案内を, 注意下さい, 用心, 用心くだされたく, 約束ありたく, 遺言遊ばされた, 頼所謂口銭も

▼ やうけれど~ (8, 0.0%)

3 親の 2 相手の 1 そつくり, 折れて, 獣で

▼ やうさん~ (8, 0.0%)

21 と乗込ん, にもらつた, のお, は, はお, はよい

▼ やうにや~ (8, 0.0%)

2 はらかい, はらかくて 1 ある, はらかに, ツて, 行かねえや

▼ やうにを~ (8, 0.0%)

1 えつし, かしな, さまる, しみなげきました, ちついて, どらせても, めき叫んで, りを

▼ やう好み~ (8, 0.0%)

1 ですね, で太田屋, で無理, で貰, で貰つた, の主人五郎次郎, の源吉, や浮氣心

▼ やう自慢~ (8, 0.0%)

1 が嵩じた, が昂じ, で, で客, で男, の女, の娘, もあそこ

▼ やうとしても~ (7, 0.0%)

1 さう, しかも滅ぼされず, 出来ませんでした, 忘る, 忘れられない, 結局やつぱり徒労な, 見られぬが

▼ やうとの~ (7, 0.0%)

3 心配りも 1 いましめの, 勧告を, 望みぢや, 極めて御

▼ やうなお~ (7, 0.0%)

2 つと來い 1 つと来いなら, ほきい眼, ほどかな氣分, ほ水, まへ

▼ やうなとりとめ~ (7, 0.0%)

4 もない 3 のない

▼ やうな仕~ (7, 0.0%)

2 末, 義で 1 末に, 末にな, 樣の

▼ やうな光り~ (7, 0.0%)

1 が流れ, のけんらん, をもつ, を失つた眼, を帯び, を放つた, を送り

▼ やうな見~ (7, 0.0%)

2 得を, 當違ひ 1 つきから, 樣によ, 窄らしい

▼ やう努力~ (7, 0.0%)

1 しそして, した, したいと, したい云々, しなければ, すべきであらう, するから

▼ やうだった~ (6, 0.0%)

1 が仕方, が白紙状態, けれどなかなか, との話, ね, 久しぶりで

▼ やうでし~ (6, 0.0%)

1 てその, てな, てなあ, てねえ窮屈, て重, まひには

▼ やうでなく~ (6, 0.0%)

1 ては, ては活気, 何も, 冷ん, 商人なんて, 歩道は

▼ やうなあり~ (6, 0.0%)

2 樣だ 1 さまが, 様だ, 様と, 様な

▼ やうなう~ (6, 0.0%)

2 すらあかり 1 しろすがた, と, はさが, 鳴りを

▼ やうなりし~ (6, 0.0%)

1 が, が今朝, が何もの, が耳もと近く, ほどを思ひいづれ, 故なるべし

▼ やうな乾いた~ (6, 0.0%)

1 お月様, 声で, 家の, 秋で, 空を, 麻繩では

▼ やうな呻き~ (6, 0.0%)

2 声を 1 を最後, 声が, 声に, 聲に

▼ やうな疼き~ (6, 0.0%)

2 をおぼえた, を覚えた, を覺

▼ やうな話し~ (6, 0.0%)

1 になつ, をした, 振りだ, 振りです, 振りの, 聲が

▼ やうな馬鹿げた~ (6, 0.0%)

2 観客には 1 ことも, 大仕掛, 意見に, 気持で

▼ やうにつけ~ (6, 0.0%)

5 加へ 1 加へて

▼ やうにど~ (6, 0.0%)

1 ちとも, つと一條, つと來, つと沸きあがつた, つと涙, つと迸つた

▼ やうばん~ (6, 0.0%)

1 がなほ, で大, になつ, になつて, にはめし, を聞い

▼ やうふく~ (6, 0.0%)

1 のうへへばらまきました, のした, をぬふ, をはふりだし, を一, ブラッシで

▼ やう~ (6, 0.0%)

1 では二つ, では何, のうち, の悪戯, は世, まで通り一處

▼ やう心がけ~ (6, 0.0%)

2 てお, て居りまする 1 ておくれ, ておりまする

▼ やう自分~ (6, 0.0%)

3 に言 1 の技術, の生活, の脇差

▼ やうこと~ (5, 0.0%)

3 なしに 1 なし再び, もあり

▼ やうそれ~ (5, 0.0%)

1 がまた, が何, なれば, は何方, をあ

▼ やう~ (5, 0.0%)

21 もので, 印象を, 気が

▼ やうでも~ (5, 0.0%)

1 なかつた, なかつたが, ゐまい, 仕合せな, 好いて

▼ やうとか~ (5, 0.0%)

1 まふこ, 勝たうとか, 形を, 心配させ, 此処で

▼ やうなある~ (5, 0.0%)

1 かなき, ものが, 束縛を, 考へが, 運命的な

▼ やうなた~ (5, 0.0%)

21 かびしやな気持, まりが, をやめ

▼ やうなど~ (5, 0.0%)

1 しや, ぢぢや, ぢにも, ところどころ語る, 宣命系統の

▼ やうな捕~ (5, 0.0%)

3 へどころ 1 へがたい, 繩

▼ やうな解らない~ (5, 0.0%)

3 やうな 1 ことを, ものが

▼ やうにから~ (5, 0.0%)

1 かつてゐる, だ中, つぽ, まつて, 意久地が

▼ やうにね~ (5, 0.0%)

2 うちの 1 ぢくれ, ぢり殺し, ぢれた

▼ やうにもな~ (5, 0.0%)

2 つてゐる 1 つてゐた, つて來た, つて行つたので

▼ やう一つ~ (5, 0.0%)

1 さねやり, では私, で損, の指導方針, 知らない野人

▼ やう思はれ~ (5, 0.0%)

3 て我が 1 てならない, まゐ

▼ やう~ (5, 0.0%)

1 が善く, が若し, にも目, の父母, は昼間

▼ やう良し~ (5, 0.0%)

1 ですが, でその, で悧發, で駒込小町, の下女

▼ やうある~ (4, 0.0%)

2 もんか, もんぢや

▼ やうかとも~ (4, 0.0%)

1 思つた, 思つたのです, 思つて見まし, 思ふの

▼ やうじん~ (4, 0.0%)

1 のなか, の如き, は三个日, を実行

▼ やうだらう~ (4, 0.0%)

21 イーの, 此方は

▼ やう~ (4, 0.0%)

2 ありませんわ, のは

▼ やうですつ~ (4, 0.0%)

2 ぽんたいまい 1 きりと, と立ち切れない

▼ やうで無い~ (4, 0.0%)

2 のは 1 とわかつた, やうで

▼ やうとて~ (4, 0.0%)

3 雷神虎が 1 相談する

▼ やうなつまらぬ~ (4, 0.0%)

2 事を 1 理由から, 私生活を

▼ やうな呟き~ (4, 0.0%)

1 の煙り, を上げ, を洩らした, 言に

▼ やうな感じ~ (4, 0.0%)

4 さへ

▼ やうな死に~ (4, 0.0%)

4 方を

▼ やうな気取つた~ (4, 0.0%)

1 恰好で, 暮しを, 様子で, 言葉で

▼ やうな落ちついた~ (4, 0.0%)

1 御態度, 微笑で, 快さ, 気持を

▼ やうにつつ~ (4, 0.0%)

2 立つて 1 ぱつた梢にも, ぱつて

▼ やうにばかり~ (4, 0.0%)

1 おも, して, 言ひなさるから, 讀んで

▼ やうによつ~ (4, 0.0%)

2 這ひ 1 ちやァ, てい

▼ やうやく起き~ (4, 0.0%)

1 てきた, て昼飯, て近傍, 上つて深呼吸を

▼ やうやつ~ (4, 0.0%)

1 たわ, とこの, と持ちこたへ, と襟

▼ やう~ (4, 0.0%)

2 はしき, はしく

▼ やう~ (4, 0.0%)

1 が好い, に肖, の音, べん

▼ やう~ (4, 0.0%)

4 にはりたる

▼ やう見まね~ (4, 0.0%)

1 でだ, で靜子, に手, に縄

▼ やうかしら~ (3, 0.0%)

2 もう一年 1 それとももう

▼ やうくれぐれも~ (3, 0.0%)

1 御願ひ, 念じ上候, 願上参らせ

▼ やうしろ~ (3, 0.0%)

1 に絶えず, をすっかり, を見せ

▼ やう~ (3, 0.0%)

1 やうと, やうを, や俺

▼ やうそこ~ (3, 0.0%)

1 からかまた, からかまたは, に私たち

▼ やうそして~ (3, 0.0%)

1 僕達は, 其の意味, 安易と

▼ やうそつ~ (3, 0.0%)

1 と庭, と挨拶, と滑らせ

▼ やうだに~ (3, 0.0%)

3 見すてられちま

▼ やうでありまし~ (3, 0.0%)

1 て, てもともとこんなに, て都会

▼ やうでいらつ~ (3, 0.0%)

2 しやいます 1 しやる

▼ やうでございませう~ (3, 0.0%)

1 か, とも, とも成

▼ やうで歩く~ (3, 0.0%)

1 ことが, に氣持, のは

▼ やうとでも~ (3, 0.0%)

1 するが, するやう, すれば

▼ やうないひ~ (3, 0.0%)

1 かたを, 方で, 譯を

▼ やうない畏し~ (3, 0.0%)

3 さと

▼ やうなかう~ (3, 0.0%)

1 いふ国家の, いふ手下とう, 云ふ

▼ やうなけしかけ~ (3, 0.0%)

3 詞は

▼ やうなどとは~ (3, 0.0%)

1 夢にも思ひません, 夢にも思へない, 決して思つて

▼ やうなはにかんだ~ (3, 0.0%)

2 表情を 1 容子は

▼ やうなひ~ (3, 0.0%)

1 げに, さで, さを

▼ やうなほつ~ (3, 0.0%)

3 とした

▼ やうな傾が~ (3, 0.0%)

1 あつた, あるの, 有つて

▼ やうな冷めた~ (3, 0.0%)

2 さを 1 さだつた

▼ やうな取~ (3, 0.0%)

1 つて置き, なしこれ, 越苦勞まで

▼ やうな堪らぬ~ (3, 0.0%)

3 冷汗に

▼ やうな憤り~ (3, 0.0%)

1 さへ, を感じた, を感じないで

▼ やうな振~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をする

▼ やうな暮し~ (3, 0.0%)

3 方を

▼ やうな汚れた~ (3, 0.0%)

1 ものにと, 世に, 花を

▼ やうな沈んだ~ (3, 0.0%)

1 ところも, 声で, 顔を

▼ やうな澄んだ~ (3, 0.0%)

1 あなたの, おつとりした, 神々しさ

▼ やうな生きた~ (3, 0.0%)

1 ものを, 力で, 新鮮な

▼ やうな疑~ (3, 0.0%)

1 はしい, ひもあるだらう, 惧の

▼ やうな苛立たし~ (3, 0.0%)

1 さが, さに, さを

▼ やうな荒んだ~ (3, 0.0%)

2 放蕩者は 1 暗い生活

▼ やうな見る~ (3, 0.0%)

2 影も 1 かげも

▼ やうな詰らぬ~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 考へを

▼ やうな遣~ (3, 0.0%)

1 瀬な, 瀬なげ, 瀬の

▼ やうな飛び~ (3, 0.0%)

1 きり上等の, 方を, 雲だ

▼ やうにとも~ (3, 0.0%)

1 ある, 考へて, 願つてゐた

▼ やうにとり~ (3, 0.0%)

1 あしらふ, 卷いて, 済して

▼ やうにな~ (3, 0.0%)

1 あんな深切, だれること, 君ひとつそこは

▼ やうねが~ (3, 0.0%)

2 ひ上 1 ひたい

▼ やうばい~ (3, 0.0%)

1 で白髯, をし, を何十年

▼ やう~ (3, 0.0%)

1 う, うふれう, とんで

▼ やうほどに~ (3, 0.0%)

3 骨を

▼ やうやくた~ (3, 0.0%)

2 づねあててかなかな 1 づねあてた家で

▼ やうやくほつ~ (3, 0.0%)

3 とした

▼ やう~ (3, 0.0%)

1 それで玄関, アハヽヽと, 一足さきへ

▼ やうより~ (3, 0.0%)

1 夏は, 外で, 我から

▼ やう~ (3, 0.0%)

2 安し勢 1 に絵

▼ やう一切~ (3, 0.0%)

3 この身

▼ やう亥之~ (3, 0.0%)

3 が行末

▼ やう出入り~ (3, 0.0%)

3 の者

▼ やう~ (3, 0.0%)

1 へんに, 不機嫌で, 劇場頭取市川左団次

▼ やう彼等~ (3, 0.0%)

1 はどんな, は耳, をあしら

▼ やう心がけます~ (3, 0.0%)

3 ほどに一生一人

▼ やう~ (3, 0.0%)

1 に取る, の振りやう, 踊り御

▼ やう注意~ (3, 0.0%)

1 ありたし, した, して

▼ やう淋しく~ (3, 0.0%)

3 成りて

▼ やう~ (3, 0.0%)

3 を何

▼ やう覚え~ (3, 0.0%)

1 て失意, て快し, 候

▼ やう訓ん~ (3, 0.0%)

3 だもの

▼ やう~ (3, 0.0%)

1 はれるかも, ひます, ふので

▼ やうあの~ (2, 0.0%)

1 ピエロオの, 橋を

▼ やうありやし~ (2, 0.0%)

1 ねえ, ねえや本

▼ やうあんめえな~ (2, 0.0%)

1 よきは, 汚れても

▼ やうあゝ~ (2, 0.0%)

2 可愛さうな事

▼ やうかん~ (2, 0.0%)

1 がついた, を食べ

▼ やうがま~ (2, 0.0%)

1 づいんだ, づかつたいかにも

▼ やうけれども~ (2, 0.0%)

1 あれだけの, 何しろ病傷兵

▼ やうけんめい~ (2, 0.0%)

1 にコツ, に声

▼ やうこいつ~ (2, 0.0%)

1 はたまらない, ばかりさげられ

▼ やうこの~ (2, 0.0%)

1 問題は, 手紙

▼ やうこれ~ (2, 0.0%)

1 だけはくれぐれも, に就

▼ やうじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないね, 御座いませんか

▼ やうすでした~ (2, 0.0%)

2 が眼

▼ やうする~ (2, 0.0%)

1 ときは, とのこと

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 沙魚が, 眞赤な

▼ やうたつ~ (2, 0.0%)

1 てなめられない, て離れられる

▼ やうたのん~ (2, 0.0%)

1 でおいた, で引さがり

▼ やうため~ (2, 0.0%)

1 か声, であつ

▼ やうだい三人~ (2, 0.0%)

1 が顔, とも眼鏡

▼ やうだし~ (2, 0.0%)

2

▼ やうだつ~ (2, 0.0%)

1 たりし, たり枯木

▼ やうであらう~ (2, 0.0%)

1 か, かと思ひ

▼ やうでありました~ (2, 0.0%)

1 がすでに, のでトロちやん

▼ やうでございまし~ (2, 0.0%)

1 てそれ以来, て栄西さま

▼ やうでもつ~ (2, 0.0%)

1 と各自, と穏やか

▼ やうで御座いました~ (2, 0.0%)

1 かちつ, が店

▼ やうといふは~ (2, 0.0%)

1 奧の, 日本人の

▼ やうとしては~ (2, 0.0%)

1 希望の, 男の

▼ やうとまで~ (2, 0.0%)

1 信じて, 言ふ

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 ぢやう, ぢやうど

▼ やうどう~ (2, 0.0%)

1 したん, 云ふ

▼ やうどす~ (2, 0.0%)

2

▼ やうなあせり~ (2, 0.0%)

1 かたで, 方を

▼ やうなありふれた~ (2, 0.0%)

1 問ひ, 町人根性でのみ

▼ やうないた~ (2, 0.0%)

1 づらみたい, づら好き

▼ やうないは~ (2, 0.0%)

1 ば非常, ば革命

▼ やうなおせつ~ (2, 0.0%)

1 かいな, かいな顔を

▼ やうなおどけた~ (2, 0.0%)

1 やうな, 丸い鼻さき

▼ やうなおもむきで~ (2, 0.0%)

1 まるきり意味, 渦巻の

▼ やうなかずかず~ (2, 0.0%)

2 の恥辱

▼ やうなかれ~ (2, 0.0%)

1 の水, 等の

▼ やうながら~ (2, 0.0%)

1 あまり長事故ま, 唯今にも

▼ やうなきらめき~ (2, 0.0%)

1 がくるくる, を宿した

▼ やうなしつかりした~ (2, 0.0%)

1 やうな, 理智の

▼ やうなす~ (2, 0.0%)

1 がたが, がたを

▼ やうなぞ~ (2, 0.0%)

1 た, めきが

▼ やうなぞとは~ (2, 0.0%)

1 夢にも, 考へなかつた

▼ やうなだ~ (2, 0.0%)

1 み聲, んだら

▼ やうなちつ~ (2, 0.0%)

1 とも情味, とも落ちつい

▼ やうなちひ~ (2, 0.0%)

2 さな

▼ やうなどと~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 變り

▼ やうなどは~ (2, 0.0%)

1 中年過ぎの, 見られたもの

▼ やうなひねくれ~ (2, 0.0%)

1 者にも, 者は

▼ やうなひびき~ (2, 0.0%)

1 でものいふ女ら, を持つ

▼ やうなもつ~ (2, 0.0%)

1 と幾日, と納得

▼ やうなりけれ~ (2, 0.0%)

1 ば早く, ば物

▼ やうなりしも~ (2, 0.0%)

2 次第に底

▼ やうなんて~ (2, 0.0%)

1 さう, 思つ

▼ やうな下らぬ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 考を

▼ やうな世離れた~ (2, 0.0%)

1 ところ, 感じを

▼ やうな優れた~ (2, 0.0%)

1 歌人でも, 理解と

▼ やうな冴えた~ (2, 0.0%)

1 声で, 白さ

▼ やうな分らない~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ やうな判らねえ~ (2, 0.0%)

1 やうな, 話だ

▼ やうな古びた~ (2, 0.0%)

1 オリイヴ色の, ペンキ塗りの

▼ やうな啜り~ (2, 0.0%)

2 泣きを

▼ やうな嘲り~ (2, 0.0%)

2 を受けなかつた

▼ やうな困~ (2, 0.0%)

1 つた顔を, つて赤面した

▼ やうな坐り~ (2, 0.0%)

1 方で, 方を

▼ やうな威張り~ (2, 0.0%)

1 かへつた態度, 方で

▼ やうな干からびた~ (2, 0.0%)

1 貧相な, 顔に

▼ やうな強がり~ (2, 0.0%)

1 がそこ, や自制

▼ やうな役に立たず~ (2, 0.0%)

1 ぢや, は生れ

▼ やうな思はせ~ (2, 0.0%)

1 振り, 振りな

▼ やうな息づかひ~ (2, 0.0%)

1 が今にも, が絞め殺す

▼ やうな悲しむべき~ (2, 0.0%)

1 事態を, 現象が

▼ やうな愛すべき~ (2, 0.0%)

1 人で, 技術者も

▼ やうな打ち解けた~ (2, 0.0%)

1 やうな, 調子で

▼ やうな掠れた~ (2, 0.0%)

1 声を, 聲で

▼ やうな擽つたい~ (2, 0.0%)

1 やうな, 空氣です

▼ やうな有りふれた~ (2, 0.0%)

1 塀破りとの, 日本人が

▼ やうな歩き~ (2, 0.0%)

1 にくい足もと, 方を

▼ やうな活きた~ (2, 0.0%)

1 歴史のかず, 混沌から

▼ やうな浮かない~ (2, 0.0%)

1 気分に, 氣分に

▼ やうな浮ついた~ (2, 0.0%)

1 妙な, 眞似

▼ やうな澄まし~ (2, 0.0%)

1 屋に, 方で

▼ やうな澄ました~ (2, 0.0%)

2 無表情な

▼ やうな濁つた~ (2, 0.0%)

1 涙が, 言ひ

▼ やうな煙り~ (2, 0.0%)

1 が漂, になつて

▼ やうな疑ひ~ (2, 0.0%)

1 に落ちこん, の目

▼ やうな疲れた~ (2, 0.0%)

1 かすかな, 風情が

▼ やうな痩せ~ (2, 0.0%)

1 方で, 衰へ

▼ やうな痩せた~ (2, 0.0%)

1 体躯を, 顏が

▼ やうな目ざし~ (2, 0.0%)

1 で丈, と

▼ やうな知らない~ (2, 0.0%)

1 やうな, 道を

▼ やうな破れた~ (2, 0.0%)

1 着物を, 風琴の

▼ やうな穿つた~ (2, 0.0%)

1 噂が, 調子で

▼ やうな繰~ (2, 0.0%)

1 言が, 言を

▼ やうな羽ばたき~ (2, 0.0%)

2 をたて

▼ やうな苛立ち~ (2, 0.0%)

1 を覚えず, を覚えた

▼ やうな血走つた~ (2, 0.0%)

2 眼と

▼ やうな褪めた~ (2, 0.0%)

1 朱色の, 緑色に

▼ やうな見え透いた~ (2, 0.0%)

1 お世辞, お世辭

▼ やうな見た~ (2, 0.0%)

1 ばかりでもおいし, 眼に

▼ やうな詰らない~ (2, 0.0%)

1 もので, やうな

▼ やうな踊り~ (2, 0.0%)

2 方を

▼ やうな返~ (2, 0.0%)

2 辭を

▼ やうな遣り~ (2, 0.0%)

2 方で

▼ やうな阿~ (2, 0.0%)

1 婆摺れ, 父さんに

▼ やうな隠れた~ (2, 0.0%)

1 人物を, 大人物が

▼ やうな鳴~ (2, 0.0%)

1 声だ, 聲は

▼ やうにかけ~ (2, 0.0%)

1 まはつ, まはるの

▼ やうにかの~ (2, 0.0%)

2 女の

▼ やうにかは~ (2, 0.0%)

1 いがつてる, いがつてゐた

▼ やうにずつと~ (2, 0.0%)

1 後年の, 見通した

▼ やうにだけは~ (2, 0.0%)

1 感じたが, 考へますが

▼ やうにで~ (2, 0.0%)

1 つかいの, つかい撞木

▼ やうにとか~ (2, 0.0%)

1 何んとか, 全員火の玉とか

▼ やうになど~ (2, 0.0%)

1 奇妙な, 自ら實演し

▼ やうにはから~ (2, 0.0%)

1 つて戴けるなら, ふから私に

▼ やうにぶ~ (2, 0.0%)

1 あいそに, ざまな

▼ やうにまで~ (2, 0.0%)

1 なつて, 思はなければ

▼ やうによ~ (2, 0.0%)

1 かつた, こたはつ

▼ やうにわ~ (2, 0.0%)

1 つといふ, ツと

▼ やうのね~ (2, 0.0%)

1 え仕事, え奴

▼ やうひたすら~ (2, 0.0%)

1 念じるの, 直行に

▼ やうふくやさん~ (2, 0.0%)

1 がありました, になりました

▼ やうほんとに~ (2, 0.0%)

1 嫌な, 学校の

▼ やうみんな~ (2, 0.0%)

1 の声, 無くな

▼ やう~ (2, 0.0%)

2 のさかり

▼ やうめん~ (2, 0.0%)

1 な性質, に坐

▼ やうやく乾いた~ (2, 0.0%)

1 ばかりのこまか, 血いろ

▼ やうやく分る~ (2, 0.0%)

1 のだ, やうな

▼ やうやく晴れ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て夕方

▼ やうやく癒え~ (2, 0.0%)

1 て心, て来る

▼ やうやく落ちついた~ (2, 0.0%)

1 やうに, 過去の

▼ やうやく見つけた~ (2, 0.0%)

1 利八は, 蕗の

▼ やう一日~ (2, 0.0%)

1 に六弗, も早く

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 に在る, の為

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 ああし, と思ふ

▼ やう~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ やう今日~ (2, 0.0%)

1 にし, も御

▼ やう今朝~ (2, 0.0%)

2 よりのお

▼ やう何處~ (2, 0.0%)

2 やら寢顏

▼ やう努めなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばいけなかつた, ばならぬ

▼ やう即ち~ (2, 0.0%)

1 何所までも, 敵を

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 其の望み通り何ん, 読みやすい

▼ やう希望~ (2, 0.0%)

1 する, するもの

▼ やう心せよ~ (2, 0.0%)

1 とのみい, と讀む

▼ やう心掛~ (2, 0.0%)

1 くべき所, くるとき

▼ やう心掛け~ (2, 0.0%)

1 てくれる, てゐる

▼ やう思ひ~ (2, 0.0%)

1 候ひぬ, 做さる

▼ やう成し~ (2, 0.0%)

2 その下駄

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 にさる, を自由

▼ やう我が~ (2, 0.0%)

1 尊敬する, 此の

▼ やう我母~ (2, 0.0%)

2 は余

▼ やう我身~ (2, 0.0%)

2 が頓死

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 ににはとり, に向

▼ やう是非~ (2, 0.0%)

1 とも取り急い, 見たい

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 は天狗礫, もまた

▼ やう母様~ (2, 0.0%)

1 にもいふ, ねこ

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 かも計られぬ, をつけさせた

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 に入る, の塞ぐ

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 てやりたく, にお話

▼ やう烟草~ (2, 0.0%)

1 の録さん, やの録さん

▼ やう無き~ (2, 0.0%)

1 心の, 累と

▼ やう無く~ (2, 0.0%)

1 なつちやつたんだ, 肩状優う

▼ やう生き~ (2, 0.0%)

1 てゐる, やうとして

▼ やう用心~ (2, 0.0%)

1 して, せねば

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 をり, 上げますと

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 もあてられた, も當

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 なり候事, 見え候

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 つかりした女, と抑

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 つてを, 上候

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 に負, の搖

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 いて, べくその

▼ やう致したく~ (2, 0.0%)

2

▼ やう致しまする~ (2, 0.0%)

1 とお前, と殿様

▼ やう若し~ (2, 0.0%)

1 や自分, 其爲めに

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 はせた, ひつけて

▼ やう記憶~ (2, 0.0%)

2 して

▼ やう道理~ (2, 0.0%)

1 が無い, はございません

▼ やう遠い~ (2, 0.0%)

1 土地へも, 海風に

▼ やう郵便爲替~ (2, 0.0%)

2 にて證書面の

▼ やう陰ながら~ (2, 0.0%)

1 卑怯者の, 贔屓に

▼ やう頼み~ (2, 0.0%)

1 ければ, に行く

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 を入れ, を叩き

▼ やう~ (2, 0.0%)

1 の雨, はつか

▼1* [1037件]

やうああ可愛さうな事, やうあかるくするため, やうあそばして, やうあたりはしん, やうあなたには阿久津君, やうあなたそれ御存知なの, やうあらむや, やうあらじとし, やうありと覚え, やうありあんせんね, やうありたいと念じ, やうありやしねえなんてな獨, やうあるまいが少し, やうあれかこれ, やうあれ彼處に迎, やうあんたはさ, やうあんめえな俺れまあ, やういでその息の根, やういでいで己, やういにじぶんの, やういまにも穴が, やういま仄かに記憶, やううちころしてやる, やううつかり物, やうおまへんぜ, やうおまけに人, やうお前にも料簡, やうお家を大事, やうかたく双方ともに, やうかたじけねえといふ, やうかつて此座敷迄, やうかといふ點に, やうかとしてゐし一大事, やうかとて問ひかける, やうかなと思ひ乍ら彼, やうかなどと其様な, やうかの深慮に, やうかはりて, やうからがいら, やうからと嘘か, やうかるかやなでしこ, やうかれくさのい, やうかん色の黒木綿, やうがねえ自分の, やうがねえのよな, やうがはに紫の, やうがはには一かかへも, やうきたる波に, やうきんいろメタル, やうくらゐは, やうぐいがもう六七匹も入っ, やうぐいはその群までも細長く, やうぐつすり睡れるだらう, やうけむりのやう楢夫, やうことにそのあし, やうこんこんといさめられた, やうらう, やうごく複雑な, やうごろう, やうさせたいと思つて, やうさぞやお耳, やうさやう, やうしたいと思ひ返した, やうしっかりすべし, やうしん流の按摩, やうじみと言つたの, やうじやね, やうすご味を帯び, やうすさへありません, やうすすめてくれた, やうすだがこちら, やうすだつたがお, やうすで前こごみ, やうすですがその, やうすなのでございます, やうすもすつかり変つた, やうそこでこちと, やうそれからあれ魚吉, やうそれでも夫婦仲は, やうぞと顔を, やうたくれながらこの, やうただバルザックは, やうたのむラヂオで, やうだあるならもうすこし飲みたいです, やうだいたちが故郷, やうだいづれで徒党, やうだい中で私ひとり, やうだい喧嘩の大半, やうだい達もわたくし, やうだから私は, やうだけあな, やうださうだから望め, やうださうで奧の, やうだたもさ, やうだつたらちつとも気, やうだつたらやめて來, やうだとりとめもない悩まし, やうだもつとゆ, やうだら身體は, やうだ寝覚は, やうだ戻つてくる, やうだ明けてやれ, やうだ歩いたり考へ, やうだ溢れてこぼれる, やうだ見たやうだ, やうだ見ろどうした, やうだ観てゐ, やうだ飛んだ面白い仕事, やうちよいと顔, やうつかりすつと損物, やうつと射て, やうつまらぬ妻を, やうでありたいと思ふ, やうでありませうそして私, やうであり作ら誰とも, やうであるして見る, やうであるだん, やうであるならば諸, やうである如く彼等の, やうである歩くことは, やうでうら枯れた中にも, やうでげすが, やうでしつかりした容貌である, やうでしつくりしませんが要するに, やうでじつと見つめち, やうでじやらじやらされ, やうでたとへやう, やうでだん, やうでちつともかはいらしい, やうでなかつたら何うなる, やうでなくしつかりしてゐた, やうでなく聞かせるやうに, やうでならなかつたのである, やうでならんのが, やうでなる程と, やうでねえか, やうではござりまするが命, やうでふは, やうでやすがもう, やうでゐても起つ, やうで乗つてゐる, やうで仰向に, やうで出すとか出る, やうで分らず本当に消化, やうで分らないのも, やうで吸取紙は, やうで周章て見たり途切れ, やうで堪へずには居られなかつた, やうで御座いまして私, やうで御座いまするが御前, やうで御座いませうとも, やうで思ひの外眼, やうで思ひ切つてせね, やうで成らないんです, やうで歪んだ姿態と共に, やうで死んで了つた, やうで沈んだやうで, やうで生きてゐる, やうで申すも憚つて控, やうで聞いてゐ, やうで見やうに, やうで見すぼらしく哀れに, やうで見つともない, やうで見渡す限り氷と, やうで訊き出しやうも, やうで讀むたびに, やうで起きる決心が, やうで足掻きながら懸命, やうで踏まば踏め, やうで進むに伴, やうで隣り町に, やうといふも變なく, やうとおもふ, やうとおつしやる, やうとかいふ野心が, やうとしましたらそのなか, やうとたんのメタル, やうとちつともかま, やうとのみ隙を, やうともしてみなかつた, やうどうしてくれよう, やうどうもあの幟, やうなあきれ顔を, やうなあけつぴろげた方法な, やうなあげやうを, やうなあつかひかたを, やうなあてこすりが交, やうなあぶら汗が, やうないこぢな, やうないへば去年, やうないりまじつた心持で, やうないろのと, やうない深いつ, やうない苦しさ, やうなうめくやうな, やうなうら懐かしい気持ち, やうなうらぶれ果てた生活に, やうなうるほひのある, やうなうるみを籠め, やうなうろたえ気味で, やうなえれえ放蕩, やうなおしやれを人, やうなおちつきが, やうなおちついた明るい気持ち, やうなおちつきで芸人だ, やうなおびえを富岡, やうなかくれた贔屓も, やうなかげろふが散り, やうなかれきつたまことに, やうなかんじがされ, やうなきいてゐる, やうなきはめて自然, やうなくすぐるやうな, やうなくたびれかたで, やうなくだらぬものまで, やうなくれなゐ, やうなく怖しかつた, やうなく愛らしかりしに, やうなく長い疲れの, やうなければせん方, やうなけんどんなやう, やうなこしらへ, やうなこたあしねえ, やうなこぼれやすい花, やうなこみ入つた事情, やうなこんでもやる気, やうなこんがらがりを發見, やうなごうごうした, やうなさうでないやうな, やうなさげすむやうな, やうなさしあたつての, やうなさしせまつた異常な, やうなさばけた態度で, やうなさわぎを止めなかつた, やうなざわめく音が, やうなしかめつ面を, やうなしくじりをし, やうなしたくないやうな, やうなしないやうな, やうなしめった静かな, やうなしめつぽい声, やうなしめつけられるやうな, やうなしめりを含むでゐた, やうなしよんぼりした顔を, やうなじつくりと腰, やうなじれじれした雨である, やうなすえたやうな, やうなすぎ去る影の, やうなすぐれた能役者に, やうなすつきりした, やうなすまなさを, やうなすまないやうな, やうなせきたてられる気持に, やうなそそつかしやと二種, やうなたしなみの良い, やうなたつぷりした表情が, やうなだしぬけの問, やうなつひした楽しい心地, やうなづきんづきんする, やうなてれた顔で, やうなとぼけたところが, やうなとりのぼせた思ひがまつたくなかつた, やうなどから夜半前, やうなどが一と, やうなどといふ利いた風, やうななされ方ゆゑした, やうななつかしみとやはら, やうなならんやうな, やうなのせ本當, やうなはなれ難い心持, やうなはにかみ方で, やうなひからびた頬骨の, やうなひかりあるあなたの, やうなひがみがし, やうなひねくれたそして近代科學, やうなふくらみをもつ, やうなふざけた話だ, やうなふるまひな, やうなふるつたものだ, やうなぶしつけを, やうなまじり合つたアナクロニズムを, やうなまたさうでないやうな, やうなまつたく空虚な, やうなまりのメタル, やうなみかけ倒しな人, やうなみれんは持つまい, やうなむせかへる, やうなもつたいない事なんでした, やうなやり損ひ, やうなよるべな, やうなよろこびやうを, やうなら剃り落してしまへ, やうなりあるな誠実感に, やうなるありさま, やうなるべきをも彼, やうなるべく早う拙僧ひとり, やうなる光り有てる, やうなゐても立つ, やうなゐないやうな, やうなんとそんなこと, やうな与へかた, やうな世馴れた口調で, やうな並外れて馴れ馴れしい, やうな任せ切つた心持で, やうな企みをなされる, やうな似たりよつたりの顔付, やうな依怙の, やうな僻みの強い, やうな冷えた笑ひ, やうな凍つた河水に, やうな凍て方だ, やうな凹みを拵, やうな分からないやうな, やうな分らぬことを, やうな刈り倒された草の, やうな列んでない, やうな判らないやうな, やうな利かぬ気の, やうな刺すやうな, やうな力んだおもひで, やうな励ましまで述べ, やうな効かない藥では, やうな動く舞台といふ, やうな勝れた人物でも, やうな反り返つてひよろながい, やうな取り扱ひ, やうな取済ました面魂で, やうな受取りかたで, やうな古ぼけた汽船が, やうな古るめかしく從つて冗談めい, やうな叱るやうな, やうな吃り方で, やうな名づけやうの, やうな吼えるやうな, やうな周章てたやうな, やうな唸が聞える, やうな唸り方も, やうな啼き聲を, やうな喚き合ひ, やうな喜んだ姿は, やうな嗄れ声で, やうな嘲けるやうな, やうな噎び唏き, やうな噛んで吐き出し, やうな回り方を, やうな困つた夢に, やうな図抜けて大きな, やうな図抜けた強い意志, やうな固まつた概念の, やうな在り得べくもない, やうな堪へ難い不快感, やうな堪らない味を, やうな大人びた子供は, やうな嫉ましいやうな, やうな嬲るやうな, やうな尖のとが, やうな尖つた屋根越後獅子の, やうな居ないやうな, やうな帰し方を, やうな帰り方で, やうな干乾びた人間の, やうな引つ掻きのやう, やうな役に立つのだ, やうな待たれぬやうな, やうな待ち受けた樣子で, やうな後ずさりで自分の, やうな得ないやうな, やうな心づかひをした, やうな心得てゐる, やうな忘れたやうな, やうな怒恚れる, やうな怒つたやうな, やうな怒る可き, やうな思ひきつた業を, やうな思ひして何となく, やうな思ひだつたと, やうな思ひである単なる真面目気, やうな思ひでかへり見ないわけには, やうな思ひ思ひに風變, やうな思ひ詰めた心持で, やうな思へば遥か, やうな怯えをもつた, やうな怯えた色が, やうな恐る可き, やうな息づまる瞬間を, やうな惚れ方を, やうな慣れて知らず, やうな慣れた眼付で, やうな憂ひに充ち, やうな憐れむべき顔に, やうな憑かれた浮気を, やうな憤と恋人, やうな憤ろしいやうな, やうな憧れに炎, やうな打ち開け話も, やうな打つちやり, やうな打てば音, やうな投げ出したやうな, やうな折返したお糸, やうな押付けられた気分が, やうな拗者を, やうな拠りどころない, やうな捨てがたい胸, やうな掠めた声で, やうな描き方と共に, やうな握り方で, やうな改まつた冷めたい, やうな放たれたやうな, やうな散る氣の, やうな晴れた空が, やうな曇り日の, やうな曲りくねつた露路が, やうな有れば有る, やうな果しのない, やうな枯れかたな, やうな棄て去られ忘れ去られたみじめな, やうな歪んだ表情で, やうな死にたくなるやうな, やうな死に切つた静けさの, やうな殺氣立つた跫音が, やうな気どつた足どりの, やうな気取つた声で, やうな沈んで行く, やうな泣き方を, やうな泣き出したいやうなしかめつ, やうな泣くやうな, やうな洒落たことは, やうな洒落れた短剣を, やうな活き返つた喜びを, やうな浮かぬ顔を, やうな混み入つた連中, やうな温めるやうな, やうな測り知れぬ人を, やうな湿つぽく薄ら寒い朝, やうな滑り方を, やうな澄んだ冴えた声で, やうな澱んだ流れに, やうな濁つた色の, やうな濡れた目で, やうな灼け爛れた真赤な, やうな焦立しい思ひ, やうな焦つたい苛, やうな煮団子を, やうな煮えきらぬ態度は, やうな燃える眼は, やうな犯しがたい紳士, やうな痩せこけた女が, やうな白けた色を, やうな目立たぬところへ, やうな知らぬやうな, やうな稼ぐ一方の, やうな空けたやうに, やうな空とぼけた顔おや, やうな突きつめた顔で, やうな突き放された冷めたさを, やうな窘めるやうな, やうな窶れと憂ひ, やうな立ちのぼりがあつ, やうな竦む思ひを感じつづけた, やうな笑ましげな, やうな締め切られた家で, やうな纏まらない心持を, やうな罵聲が, やうな罵り合ひ, やうな群がりであつた, やうな老いぼれのこれから, やうな老けかたで, やうな老けた舌つ, やうな老ぼれの傍, やうな聞いたことも, やうな聞きての役, やうな脅えきつた, やうな腫れた自分の, やうな膨らみの上, やうな膨らんだ花が, やうな膨れ上つた顔つきを, やうな自惚れ家だ, やうな興ざめを持つ, やうな苦りきつた私に, やうな荒れてゐる, やうな荒れきつた村です, やうな荒れさびた浜だつた, やうな荒れた筆は, やうな荒れ果てた建物でした, やうな落した煙管の, やうな落ちつかない眼色を, やうな落ちぶれかたの, やうな落着けない興奮した, やうな蔑みの意味, やうな行き届いた人の, やうな行詰つた心持が, やうな褒められ方は, やうな見える事業を, やうな見すぼらしい姿を, やうな見せ藥とも, やうな見上げるやうな, やうな解らぬやうな, やうな計り方を, やうな訊き方な, やうな誇と美し, やうな誇りさへ, やうな誘ひ出されるやうな, やうな誤つた観念から, やうな誤つた考へがは, やうな誤魔化しが大, やうな読みにくい文字, やうな論じ方を, やうな諦めとも捨鉢, やうな負けてはなるまい, やうな賣店の, やうな賣れツ子では, やうな赤らんだ塊り, やうな身じろぎも恐しく, やうな輝くばかりの美し, やうな這入つては, やうな進んだ文章に, やうな閉めきつた離屋の, やうな開いた口が, やうな降り方を, やうな霞んだ眉も, やうな青んぶくれで脆弱さうだつた, やうな頷き方である, やうな頼り無さ, やうな顰めた顔を, やうな飛んでも無い, やうな飛んだ妄想に, やうな飲んだくれ連中に, やうな飲んだくれだが後悔, やうな饐えたにほひ, やうな驚く可き, やうな黄ばんだ葉が, やうにかばひながら, やうにかへつてその, やうにけづり立つた, やうにけはしく女, やうにげつそり嫌ひで余り, やうにこそおもは, やうにさえざえして来る, やうにせがねメタル, やうにぜつたいに, やうにぞをる, やうにだの煮え過ぎないやう, やうにては小便桶が, やうにとがつてゐる, やうにとて持つて, やうにととのつた小, やうにとは父は, やうにとばかり考へて, やうにとりはして, やうになあしらひ, やうになんぞといつては, やうになんぞといへば, やうにのみ思はれた, やうにははあと深く, やうにばたつと, やうにばかりもいかないこと, やうにへだての, やうにべんきやう, やうにものほしげ, やうに対し今更ながら, やうえと思つて夜ツぴてうつぶになツ, やうねえだよ, やうねえなそんぢや, やうねのかげが, やうのせかいの, やうのせゐだといふ, やうはずがない, やうはや十年あまりを, やうばかりはして, やうばつからうん, やうひそかにやつ, やうひとつだ, やうふくやのひつじさん, やうほどにも単純でも, やうほら新聞の, やうまことに引く手あまたでは, やうまさに八五郎一言も, やうまし國原, やうまたじっと眼, やうまだ其の妻君, やうまちす, やうまつ直ぐに仰, やうまで煮えきらないやう, やうまめならざる時, やうもうされてをります, やうもななえに, やうもねえなんの, やうもんの意味, やうやうに知る, やうやがて不安の, やうやくいひ思ひ切つて左の, やうやくおちつけて茶, やうやくかういふ信念に, やうやくころがることを, やうやくたらたらと頬, やうやくとってしまった, やうやくはなされた時に, やうやくひかさつてきた, やうやくほつと息, やうやくほぐれかけたが飯田, やうやくめぐり遇つたと, やうやく亡ぼして兄さん, やうやく出て來, やうやく出すことに, やうやく分つて叫んだ, やうやく去りてわれ獨, やうやく参りました何う, やうやく古びた竹の, やうやく和らげられてゐた, やうやく噛みころしたところへ, やうやく定められた饗宴の, やうやく思ひあきらめたりと覺, やうやく思ひきつて街の, やうやく思ひだしたやうに, やうやく思ひ出したらしく二三度うなづき, やうやく思ひ切りてハイ, やうやく思ひ止らせたといふ話, やうやく感じて來, やうやく慣れて南国, やうやく捜し出しましたよ, やうやく掘り当てられたすこぶる古風, やうやく擦れ違ふこ, やうやく旅立つことが, やうやく晴れた今夜は, やうやく晴れわたつた日本晴だつた, やうやく暮れるころに, やうやく更けゆくに, やうやく書きあげて発送, やうやく来たものだつた, やうやく歩けるやうに, やうやく殺氣立つ, やうやく気づいてをります, やうやく泣きじゃくるだけになりました, やうやく済んださうですがネ, やうやく燃えあがればお, やうやく疲れて來, やうやく癒えたころ程近い, やうやく癒えぬとおも, やうやく登りつくしていそい, やうやく登り得た時初めて, やうやく白んで来た, やうやく目指した現場へ, やうやく眠りかけようとします, やうやく眠れる涼しさ, やうやく睡つたが私, やうやく睡れたらすてきに, やうやく破つたばかりの白, やうやく破れて秋, やうやく立つて火鉢, やうやく老いるとも駁氣, やうやく聞きと, やうやく色づくのだ, やうやく芽ぶいたしようが, やうやく苛立つて來, やうやく落ちつきますと同時に, やうやく落ち着いたやうに, やうやく薄らいだやうな, やうやく見えず除夜詣, やうやく見えたのは, やうやく見つけて牛小屋, やうやく見つけだした一室といふ, やうやく親しむ気分に, やうやく諦めて庭, やうやく諦めたのであらう, やうやく賺してつれ, やうやく起き出でて楊枝, やうやく辿りつきほつとして體, やうやく近づけば小さ, やうやく通れるくらゐ, やうやく運び出された長持はと, やうやく遠ざかりゆくを見やりつ, やうやく酬いられて今, やうやく釣り込まれたまひ, やうやく開かうとしてゐる, やうやく開けたのに, やうやく飛べるやうに, やうやく飲み合つた, やうやく馴れて来た, やうやく駈け来りたる下女三人, やうやく黙壺居を, やうやけにならぬ, やうやをれ悪僧其処, やうつくりして, やうゆらゆらと風, やうよくなつき分けて, やうよしで娘, やうら門の外, やう葉火に, やうれひのつくづく, やうざとさはいふならむと一た, やうわけがない, やうわたくしにすゝめ, やうわらはが手, やうわれわれは切に, やうをば太夫へ, やうをも知らざるにて, やうアレンヂすれば, やうイヤだつたら直ぐ, やうとしばしば, やうカットする由, やうコーヒーを飲む, やうて, やうフチも母, やうホラこの間申しました松村さん, やうマルマンは嚴命, やうラフオンテーンの物語, やうと晩, やう一ツ知らずに過ごし, やう一人娘のやう, やう一人拔け二人拔, やう一番上の外套, やう一間ばかり間隔, やう丁度炊いて, やう三百六十だらう, やう三輪の親分, やうから押しつけ遣る, やう上手に, やうだらない遠慮, やう不自然に附与, やう且つ破れ且つ, やう中村さんの家, やう乃公だけは是非, やう九州から四国, やうのふくらみ, やうに依頼, やう事無しに笑顏, やう二人のからだ, やうの妻, やう人心安定のため, やう人通りのない, やう仕掛けてあつ, やう以上に人, やう仰せられやがて御, やう仰出され将軍家は, やう仰出されましてこの, やうの鰐鮫, やう何で生れたので, やう何とも云へ, やう何れにし, やう何処やら寝顔, やう作事奉行に申渡せ, やう作者が誘導的, やうし一度, やう例へば内閣直属の, やうに果, やうに考へられ, やうが殺した, やう倒れては遁げ, やう候やうと存候, やうは早く, やう働かなくとも濟むや, やう先づそれを基礎にし, やうに草履, やう篇の, やう全く氣の, やう兩替屋の主人, やう八犬伝は父, やう六道の辻, やう其翌日ヘロ, やうして, やうじき御, やうゆる機会, やう出来るだけ気, やう切に当局の, やう切れ目正しくつい, やうが入, やう髮姿が, やうに成, やう助かるまい此処で, やう努めて戴かんけれ, やう努めるのでなけれ, やう勧めてゐた, やう化粧の濃, やう北原さんに手紙, やう十人が拝領, やう十分に明瞭, やう却つて遠くの方, やう去年も一昨年, やう叔父とこからはそれだけ, やう計ひま, やう取計らひ申すべく不知とは, やう致, やう吾等去年音にき, やう周囲のうつり, やう命じたのである, やう唸りを発し, やう喧しいからな, やうは感じ, やう四百にち, やう四郎兵衛尉をし, やう国家が夙に, やう基督が世, やう堤防だの石垣, やうでね, やう大きな翼だ, やう大波の寄せ, やうも遠く, やう天守の下, やうをたのしみ, やう申上候事, やう奉公人の扱, やうは今宵, やう婆さんも心配, やうは少, やう嬉しいネー私が, やうます, やう存ぜられ候, やうの倅, やう安倍仲麿がこの, やうなどのゐる, やう客観性を平衡, やう密密豫審を, やう寝る方が, やう寸毫の違ひも, やう尋常ならず, やう導かうなど, やう小笠原章二郎が骨, やう少い人を悟せ, やう少しは休息, やう尽力を求める, やう山一杯にかんかん, やう巌陰を出た, やう工夫されたこと, やうを立たう, やう幕府の守護人, やう平に御願申上げます, やう座蒲圃を敷い, やう廓暮しの疲れやう, やう弁護士になる, やう弱々しくかうつぶやいた, やうひて, やうに如何なる, やう彼女はせいぜい, やう徑十町を距, やう得心させて, やう御利益を偏, やう御意なされ候, やう御願ひ申します, やうを引き立て, やう心得て出頭, やう心掛けねばならぬ, やう心配して, やう思はるれどもその, やう思ひますのでございます, やう悪い事は, やうなる酒, やう慎重な態度, やう慫慂を受け, やう懲りもない, やう手紙書く, やう手配なすべしと, やうも檜垣, やう抜けやうとして, やう指令すれば, やう捌き玉ひ末, やう掻撫でながら, やう故意ならずとも, やう敏活の手段, やう散らさない男と, やう文芸家協会へ交渉, やう料理番に申, やう日頃註文致をり, やう早くも乾いた, やう早起きで一方, やうかに見べし, やう明日から山, やう明朝はみんな, やう昔綺麗な乙女達, やうの末, やう書いてくれ, やう最も便利な, やう最短距離の心得, やうの光, やう有りと油断, やう朝鮮にかけあ, やうのかげ, やう木の根でもあれ, やうで両, やう東向の部屋, やう果実の実る, やう柔かい頬から, やうから言, やう格子先へ群, やう案内する老母, やう梅連翹桃木蘭藤山吹牡丹芍薬と順々, やう楢夫はひどく, やうで吉川町, やうもない, やう次第に洗錬, やうへる和歌, やう此処を去る, やう此條王鬼に, やうへは其, やう毒蛇のやう, やう気高く構へ, やうも作らう, やう河竹新七のその, やうの主, やう活動いたします, やう浅まなる心, やう浮氣で陽氣, やうのほか, やう清左衞門身に代, やう漸くわかりましたよ, やう為めではなかつた, やう烟草屋の録さん, やうけれどこの, やう無い快感が, やう無意識の間, やう無理矢理出家せしめ一方, やう然し宮様は, やう然るべき機関に, やう牽強したなどは, やうも蟇, やう現代の年少詩人, やう理由もなく, やうへ給, やう申したき意志に, やう申しましたやうに, やう申し遣はし, やうてもない, やうがはれ, やう病人が病名, やう白くなりますやう, やう百方手を廻し, やうで一処, やう皮膚の中, やう盡力した, やうかに申された, やう直接話しかけて, やうも赤く, やう着物に血, やう知らぬまに, やうのやう, やう砂地に立つて, やう祈つてゐる, やう祈り居り候, やうかけて, やう神官僧侶も新聞記者, やう私らも樂すぎ, やう私一介の馬鹿, やう穴だらけで炉, やう高き梢, やう空知太から空知川, やう立処に坊主, やう立派な不具, やう糸巻はコトコト, やう約束したで, やう細心に骨折つて, やう細腰を捩り, やうと金, やう緑平老にでも, やう編成されること, やう美しい目を, やう義盛さまからの重ね, やう習慣づけた, やう裂けて, やう考へられてゐた, やうらしい悟つたこと, やうして, やう聊か老婆心を, やう聞真似に発句狂歌, やうを噛み, やう聴き真似で, やう肉汁にはそれ, やうが翼, やうの麻袋, やう自らも犯さぬ, やう自由な明快, やう自身の生命, やう至急お取り, やう與吉の家, やうでしたよ, やうのつゆ, やう艶氣のない, やう若干の考慮, やう若殿様に御, やう草萠ゆる, やうながら切に, やう藪柑子のやう, やう蝋燭の明り, やう行つて来た上, やうよこ山, やう表面を粧, やうに赤十字, やう裏口からサッと, やう見受けられ余は, やう規尺の取り, やう親しみ易い, やう親分今日は何處, やうえ候, やう言つて貰ひたくねえ, やう言傅をお, やう言葉の順序, やう訓令を発し, やう詔勅を下し, やうとも思はれぬ, やうを進めたい, やう話し十円渡し, やう認め置き申候, やう説得方を願, やう説明されねば, やうだつて, やう警戒を厳, やう豫め備へしむる, やう責任を以てその, やう貴兄より御, やう起きてるんです, やう農民組合の先生さ, やう返事を賜, やうは御, やう遊んでゐる, やう遠くより次第に, やう那樣疑でも起されたら, やう部屋の中空, やう郵便為替にて証書面の, やう都合がよけれ, やう重く沈んだ氣合, やう鉄瓶点て, やうみて, やう長雨にでもなります, やう間違ひもありません, やうの方, やう階級鬪爭を鈍, やう露地は打水, やう頂上には小さな, やう頼まれた仕立ものを, やう頼んでおいた, やう頼んだとある, やう顧みて打, やう風聞致し候, やう餘儀なくされた, やう近くまで, やう高く啼いて, やうを全部, やうも飛ば, やうの低