青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「また~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まする~ ~まず まず~ ませ~ ませう~ ませぬ~ ~ません ません~ ませんでした~ ~また
また~
または~ ~まだ まだ~ まだまだ~ まっ~ まっすぐ~ ~まったく まったく~ ~まつ まつ~

「また~」 139219, 1292ppm, 66位

▼ またその~ (4097, 2.9%)

41 ような 37 上に 28 ために, 人の 24 うちに 20 時の 19 中に 17 ように 13 ほかの, 例に, 次の 12 反対に, 必要も, 日の 11 中の, 方へ 10 方が 9 うちには, ことを, 外に, 家の 8 つぎの, 人を, 時に, 男が, 頃の 7 ほかに, 上を, 事を, 手を, 話を, 通りで, 頃に

6 [11件] ことが, ことに, ほかにも, やうな, 中には, 中へ, 人が, 傍に, 前に, 声を, 翌日も

5 [21件] うしろには, おかげで, ころの, なかには, やうに, 上の, 下に, 下の, 中でも, 先に, 反対の, 反對, 場に, 女の, 子の, 方面の, 日は, 次には, 足で, 辺を, 頃は

4 [18件] ことは, 一つである, 一方では, 人は, 先の, 名を, 女が, 影響を, 心を, 時で, 時は, 神に, 神の, 船を, 辺の, 隣りの, 頃から, 首を

3 [70件] あとで, あとに, あとを, ことの, ときの, ときは, ほうの, ま, 一つの, 上から, 上で, 上へ, 下には, 中から, 中で, 中を, 事実を, 二つが, 人たちの, 人に, 代りに, 以前の, 内に, 前の, 力を, 半面には, 原因を, 国の, 声は, 女は, 妹の, 家に, 家を, 山の上に, 岩の, 年の, 弟の, 手で, 折の, 方を, 日には, 時だ, 時代の, 晩の, 木に, 水を, 点で, 点に, 然る, 生活を, 男の, 男は, 男を, 眼の, 眼を, 窓の, 結果として, 翌年には, 翌日の, 翌晩も, 考えを, 者の, 背を, 裏を, 言葉が, 話が, 跡を, 辺に, 通りに, 顔を

2 [227件] あくる日も, あとから, あと自分の, うしろに, うちにおいては, うちの, ぐるりには, ことから, ことで, ことと, ことによって, ころは, すべての, すべてを, そばに, ためと, ためには, つもりで, ときに, となりは, なかに, ひとの, ほうが, ほうへ, ようにも, わきに, 一つであった, 一つです, 一人だった, 一人一人が, 一方に, 一点, 一点に, 主君に, 事件が, 二つの, 人々の, 人と, 人物の, 人物を, 仕事の, 仲間の, 住持の, 作品を, 使いを, 使命を, 例外では, 個々の, 先にも, 先を, 光は, 全人格, 内, 分量も, 力が, 労を, 半生の, 南は, 危険を, 友人を, 反対も, 叢書の, 叫び声に, 右の, 名に, 名前の, 周囲に, 周囲の, 喜びの, 噂を, 回転の, 国家の, 國より, 國を, 地に関する, 地方の, 場合の, 声が, 声の, 変化の, 夢に, 大國の, 天の, 太刀を, 奥に, 妹と, 妻に, 子は, 子供の, 存在の, 存在を, 室に, 家から, 家族も, 将来の, 少女に, 山の, 山ふところの, 幕府の, 年に, 底に, 庭の, 弟子に, 弟子の, 当時の, 影響が, 後ろに, 御名を, 志を, 快味, 性質を, 意を, 意味を, 愚を, 戦争の, 手の, 手紙を, 故に, 故にこそ, 数に, 方で, 方に, 方の, 方も, 方針で, 日が, 日その, 昔の, 時が, 時こそ, 時には, 時代に, 時代固有の, 時分もしも, 時期も, 晩は, 智恵を, 暇も, 本の, 材料が, 材料の, 柄でも, 柱が, 権力を, 横に, 樹の, 次ぎには, 次ぎの, 歌は, 武器を, 死骸を, 母の, 海の, 渦中に, 犬の, 状態の, 理あり, 生活は, 生産に, 用法を, 画を, 皮肉な, 目ぼしい, 目を, 目的の, 眼は, 瞬間に, 研究の, 第二, 答も, 箇々の, 紙片を, 結果は, 続きを, 罪を, 翌る, 者は, 肉を, 背後に, 腰の, 自分の, 舞台を, 色の, 色を, 葉が, 葉は, 表現の, 表衣, 裏が, 親が, 親の, 観念を, 觀念を, 言を, 言葉に, 言葉の, 言葉を, 記述が, 話の, 議論の, 足が, 身に, 身は, 身を, 辺りの, 逆に, 逆も, 途中で, 通りだ, 連中の, 金も, 金を, 鐘の, 附近に, 限りにおいて, 隅に, 隣りに, 難かし, 難渋の, 雰囲気の, 靄の, 革命的思想の, 音を, 響きの, 顔には, 高さ, 魏を

1 [2744件 抜粋] あいだに, あくる日は, あとへ, いずれにも, うちにと, おあにいさま, お二人, お墓, お臀, お連れ, かべをつたっ, くらいの事, ぐらいのこと, こっちが, ころ以上に, ころ起った, さきへ, しおらしいす, すぐ次にやっぱり柏木, すべてが, たけよりも, ため禍を, つぎからも, てはじめ, ときで, とき供の, とき組ん, とびら, なつかしい水鶏, のち曙山さんの, はてに, ひとつや, ひびわれの, へやの, ほかひとは, まわりに, もやし具合おこし具合で, ようでありうる, わずらわしさ, エネルギーも, ギセイにおいて, ステッキを, テントの, バラツク飮食店に, フランス女は, マリー・ロジェエに関してだけ, リストの, 一つだった, 一つは, 一カ月余の, 一人なりき, 一団の, 一度一度が, 一日という, 一法かと, 一線の, 一部分だけが, 三としては, 上には, 上老人から, 下へ, 下落が, 不安の, 世上の, 丘の, 両親には, 中より, 中自, 主人が, 乞食の, 争闘場裡である, 事件の, 事柄よりは, 二三日という, 二子, 五慾の, 人々に, 人体は, 人口の, 人数の, 人自身にも, 仔猫は, 仕立形むづかしきもの故, 代価が, 以外に, 以西にも, 任受の, 会社が, 伝統に, 住宅の, 体の, 余勢で, 作品にも, 使に, 例の, 依頼状によって, 便宜も, 信念は, 個人的な, 傍から, 傍らに, 僧侶の, 兄だ, 先きの遠い, 先君が, 光景について, 兜の, 全力を, 兵を, 内にて, 内部の, 冷たい瞳, 出来方, 分化の, 初五字, 別家へ, 刹那に, 前列で, 前日から, 割合多き, 功を, 功罪についても, 効目が, 動かしかた, 動機が, 包みは, 十個の, 半数ほどが, 博識などを, 原図を, 友だちは, 反対だ, 反応も, 取り扱い方も, 口真似を, 古ピアノ, 可能限度まで, 各種族の, 名も, 名称においても, 后の, 告白を, 味噌漬は, 和の, 哲学観とから, 問題も, 嘲るよう, 四角い踏瓦, 図面には, 国民の, 土地の, 地下に, 地方だけに, 坂を, 城下から, 報いを, 場合だけ, 境地で, 壓力測量機が, 壻を, 外で, 多い処, 夜と, 大が, 大塔, 大敵と, 大観を, 天皇的書体には, 夫人, 奔流は, 奥へ, 女らしい自負心, 女豪傑の, 好意の, 妹をも, 妻のちからも, 姿で, 威光を, 婆さんは, 婿だ, 嬉し野, 子へと, 子孫の, 孤君その, 孫娘に, 定の, 実施の, 実験が, 客を, 害と, 家族たちにも, 家臣たちの, 富が, 寝台は, 対価以上に, 将来が, 小壺, 小石が, 少年と, 居住地名を, 展開を, 山人の, 岩盤の, 崩壊産物, 巣には, 左翼を, 市毛甚之丞の, 席で, 幕間が, 年には, 幸福な, 広い部屋, 床の, 店へ, 庭から, 弁解する, 弟小石比賣, 強力にも, 当座は, 当時日常の, 形態の, 影響なし, 待ち伏せの, 御夫人, 御羽織, 微衷を, 心中を, 心棒を, 必然の, 志望する, 思惟活動即ち, 思索と, 性質にも, 恋が, 恐ろしい内側, 悦びの, 悪夢が, 悲惨なる, 惨烈さを, 意外な, 意義という, 愛人だ, 愛想笑いにたいして, 感情も, 慓悍な, 成分は, 戰爭の, 扉を, 手下で, 手紙では, 才能とか, 技を, 折扈従の, 押丁が, 指導と, 捜査法とを, 揆を, 搦め手, 改良した, 政黨組織は, 敗北も, 数を, 數は, 文殊が, 断念し切れない, 新時代, 新郎な, 方は, 方角へ, 旗をも, 日だ, 日返り忠し, 映寫機, 時という, 時今年も, 時以来僕は, 時分の, 時四時だった, 時決定され, 時間も, 暗いかずかず, 曝しの, 書簡なども, 最も有力, 服を, 木と, 本を, 本質によ, 杞憂の, 東郡をも, 根なる, 根本には, 根源の, 梢に, 椅子が, 業績として, 様子は, 権威を, 橋に, 櫃には, 次のを, 歌詞にも, 正否を, 歴史を, 死体を, 残忍性においても, 母に, 母親から, 民意を, 気力を, 気絶から, 水戸学の, 氷羽州比賣, 決心が, 泉ばかり, 泡が, 洗濯屋の, 流行を, 浮かれ人, 海藻や, 淋しい事, 混雑を, 温和さが, 満州へまで, 滓を, 潮水の, 火柱は, 点景の, 無名従軍画家も, 無盡, 煙を, 父に, 父親の, 物の, 特に勲功, 特異なる, 狐の, 狭い空地, 珊瑚礁の, 現実の, 理論の, 生ける屍, 生存の, 生活に, 生産率に, 用意に, 申口を, 男に, 町の, 畫に, 病院の, 療法の, 登るに, 白川とやらも, 皮肉を, 監督者たる, 目的には, 直後奇怪至極にも, 眉は, 眠りの, 眼玉は, 矢河枝比賣, 石に, 研究には, 社会では, 神経現象は, 私の, 称呼をも, 稔りを, 穴から, 窶れ果てた血の気, 童子人形の, 筆勢に, 答に, 粉末も, 精神力は, 紅顔の, 素質に, 終期には, 結合の, 結果で, 絵が, 続きとして, 編集方法が, 縁談の, 缺點を, 羊たちが, 美しい白猫, 羨ましさ, 翌年北米合衆国の, 翌日次第に, 翌朝碇泊所に, 老臣の, 考証研究の, 聯合の, 職業が, 肚の, 肺病が, 胸に, 脇腹から, 腰を, 臍より, 自然価格が, 興味も, 舞台姿も, 良い性格, 色が, 芸術の, 苦の, 英雄が, 草原から, 萱山の, 著書, 蓮華の, 薬を, 蘭書で, 蜜柑に, 行列の, 表情は, 被害も, 製造所なども, 要求通りその, 覚悟の, 親類の, 解釈とても, 計算が, 記録が, 訳書の, 試煉の, 話しかたが, 誘惑の, 誤りを, 読み方に関しては, 論という, 諸国の, 議員たちの, 責めは, 貶称意味が, 赤ン坊の, 起原を, 趣味は, 足袋を, 跪拝に, 身の, 身體には, 輪の, 農民等と, 近いところ, 近親朋友同志あるいは, 迷信に, 逃げる軍, 途上に, 通りだった, 通りでございます, 通り一仏性が, 速度と, 進展によって, 運命を, 道すがら横手遥, 違う訣, 遥かな, 遺愛の, 邸の, 郷里たる, 配下に, 醜さ, 量が, 釣り合いの, 鉤をも, 鋭さが, 鍵を, 長く生き, 長虫な, 開発であった, 閨を, 附近の, 陥穽は, 際である, 隣の, 雉子還らず, 難儀な, 電車や, 青年と, 面目を, 靴を, 音声も, 頃では, 順に一しょ, 頬冠り, 題以外に, 顏を, 願望の, 風景の, 食品鑑定が, 首領が, 騒ぎの, 體に, 髭が, 鳥を, 麦藁帽が

▼ またこの~ (2044, 1.5%)

23 ような 15 次に 11 人の 10 ように 9 前の, 種の 8 時代の, 次の 7 例に, 地方の, 家の, 日の 6 ことを, 上も, 二つの, 人に, 地に, 家に, 御世に, 男は, 頃の 5 やうな, 人は, 問題は, 日を 4 ことについて, ことの, たびの, 問題を, 国が, 土地に

3 [35件] あたりの, ことは, すべての, 上に, 不幸な, 不思議な, 世の中に, 事件の, 二人の, 人を, 作は, 国に, 城の, 女は, 女性の, 家には, 家を, 年に, 性質を, 手紙を, 方が, 時に, 本を, 村の, 樹の, 歌の, 私の, 言葉は, 言葉を, 話を, 道を, 部屋に, 類に, 類の, 鳥を

2 [115件] お爺さんには, しるしが, たびは, たびも, ときも, とし, ひとの, ほかに, やうに, グロテスクの, ダムの, 一句を, 一歩一歩増大せられる, 一種の, 上なく, 不決定, 世界を, 中で, 事に, 事実の, 事実を, 人たちが, 人たちの, 作をも, 作品を, 俗語中の, 像は, 先見つかっ, 国の, 国へ, 国内における, 土を, 土地の, 地方を, 場合私が, 場所へ, 女が, 子に, 室の, 家でも, 家は, 家へ, 宿へ, 寺には, 小菊が, 小都市, 山に, 山の, 島で, 島の, 度は, 弊に, 推測を, 数年来市区改正と, 方の, 方面の, 旅の, 時代である, 時分であろう, 時分は, 書を, 最後の, 木の, 本の, 機を, 次に伺います, 次に来よう, 次ね, 歌が, 歌に, 池の, 法を, 温泉地に, 湖の, 点から, 点に, 点において, 物語を, 犬の, 現在の, 理に, 田中正造は, 男が, 男の, 町に, 界隈の, 真理を, 眼で, 石の, 節は, 精神が, 精神の, 素朴な, 自然に対する, 自然は, 芸術家の, 苦痛に, 草を, 荷物を, 葷菜のみが, 複雑な, 言種が, 言葉の, 語を, 説を, 辺で, 辺の, 近所へ, 都の, 関係の, 雑誌の, 雲が, 頃から, 頃であった, 鹽の

1 [1490件 抜粋] あいだと, あいだ城外へ, あたりには, あらしの, うえの, えたいの, おばさんも, おわびを, お守護, お美しい, お邸, かたの, くらいの大き, くらいよく, ことある, ことと, ことには, ころの, さい全, しゃれた長, だん, つぎにしてちやうだい, つやが, ときこの, とき人々は, ところを, ところ道筋と, なやめる, ひととは, へんの, ま, ままで, まま帰らね, み仏, ものに, ようなやぶにらみ, わたしたちが, アパートの, イズムに, エーテルを, ガレージの, コスモスの, サヴォイ・ホテルの, チンピラに, ネパール国に, ハガキだ, ピンから, ホコから, マドロスの, ロウモン街の, 一室の, 一年ばかりは, 一族の, 一期にたいする, 一番後の, 一藝に, 七十余齢の, 三つが, 三つ叉に, 三井田の, 三周忌さえ, 上お前が, 上会っ, 上菊子の, 下総豊田へ, 不同不二の, 不快な, 世の中の, 世界の, 世話を, 両様の, 中に, 中学生という, 九年間少し, 亀の, 予感が, 事から, 事の, 事件では, 事件を, 事柄を, 二つは, 二三日以来お, 二人をも, 二派の, 二者の, 五編も, 交換者に対する, 人々を, 人が, 人でなけれ, 人形の, 人格を, 人物ほど, 人達の, 仕事に, 他に, 付近には, 以後の, 企業を, 会全体に対しても, 位の, 体積の, 作の, 作家に, 作者の, 供物ばかりは, 信念こそ, 俺が, 偃松が, 傾向が, 儀十郎だ, 優雅と, 先こんな, 先生は, 光によつ, 兜や, 公民権が, 兵備を, 内皮を, 写真に対して, 冬の, 分割案を, 刑に, 別室こは, 前どんな, 剥落の, 力に, 動物は, 化物屋敷の, 半兵衛が, 危さの, 原因により, 友人の, 取調の, 古き地点, 合流した, 同類なら, 和尚が, 和睦の, 唄の, 商売には, 問題に関する, 善信の, 四角な, 国で, 国人の, 國體に, 土地には, 地にて, 地へ, 地方では, 地方へ, 地方第, 地面の, 基礎によ, 場合に, 境遇の, 変化に, 夏艸に, 外挿絵の, 多数の, 夜一人の, 夜宿を, 大事の, 大勢の, 大妖怪, 大磯で, 大西洋へ, 大道に従って, 天には, 失態が, 奇遇を, 奨励金が, 女に, 女性を, 好くない, 妖婆アダムウイッチの, 姉弟に, 娑婆に, 娘の, 婦人問題に, 子の, 子飼ひ, 季麿秀才は, 学校へ, 宗教の, 実体を, 実験に, 室で, 室内に, 家であった, 容易に, 寄書欄から, 寒い国, 實踐哲學そのものの, 対話に, 小さいお, 小次郎も, 小紅亭, 少女に, 少年は, 屋敷そのものにも, 山塞へ, 山里に, 島から, 川の, 工事場そのものが, 差を, 市第, 師の, 帯屋小路から, 平和的盛事を, 平野を, 年の, 年一月四日に, 年十一月二十八日に, 年本所緑町の, 幼いもの, 広い海, 広間を, 店は, 庭に, 建設物が, 弓は, 弥陀画像についても, 形を, 役者の, 後ち, 後の, 後熱が, 御依頼, 御新造様なら, 徴兵の, 志向と, 思いは, 性情による, 恐慌の, 悪魔の, 悲しみを, 意に, 意味では, 意味を, 意義を, 愛嬌に対して, 感応作用を, 感覚物として, 懐中電燈は, 我儘な, 戦場に, 戯曲なる, 所有量の, 手紙が, 手紙をも, 技芸の, 招聘が, 掲示破棄者に, 改良の, 教えを, 数日腹に, 數日間は, 文化的自由主義の, 新しい愛人, 新社会, 新聞には, 方は, 方法も, 旅行の, 旗を, 日にも, 日をもって, 日出逢う, 日曜日の, 日途中から, 日頃聞きたい, 昌幸からも, 昔の, 映画が, 春には, 時, 時において, 時は, 時代に, 時代以前に, 時以後前日と, 時分まで, 時期に, 時計の, 時非常に, 晩の, 晴れた日, 暴女王に, 書には, 書面と, 月には, 有名な, 朝早く, 木の葉が, 木小屋に, 本尊の, 机上に, 村から, 村一番の, 松を, 果し状と, 柴進を, 校の, 格言を, 棒立ち歩きに, 森の, 楽器が, 標品整理には, 機械装置を, 橿原という, 欠陥を, 次ぎ来ますからね, 次という, 次にねがいます, 次に僕, 欧州の, 正午に, 母が, 民族の, 気持など, 江戸中が, 汽船の, 泉親平に, 法律の, 洒落に, 流儀を, 浪人者が, 海岸線は, 消えた太陽, 清水を, 温泉の, 港を, 潜り戸は, 瀟洒な, 災難じゃ, 無我夢中の, 焼け残りの, 熱的死の, 物思ひ, 物語に, 特派員の, 犬が, 猟犬の, 猿どもの, 王が, 現象を, 理の, 理想郷を, 理解が, 田舎の, 男である, 男も, 町内の, 當時の, 疲労と, 病院を, 白雲の, 百物語の, 目には, 相手が, 相違が, 真剣勝負さっそく, 真暗な, 眼に, 瞬間の, 矢部青年も, 石壁法中にも, 研究であった, 碑の, 社会において, 社會において, 神ならず, 祭典が, 私を, 科学的方法によって, 秩父屋の, 種族は, 種類の, 積雲の, 空席を, 窓からは, 競争相手, 符牒を, 箱なりに, 範疇を, 精神によって, 素性の, 組合長は, 結果としては, 絵が, 絶対的信用価値ある, 総費用, 縁談は, 罷工中の, 美しい海, 群に, 義なり, 老人は, 老婆の, 考えが, 者と, 肉體の, 自然科学は, 自身の, 般の, 船員たちの, 芝居の, 花が, 花の, 芽が, 苦の, 茶碗の, 草庵に, 荒墓, 菩提樹は, 葉柄を, 藥袋も, 虚榮心までが, 蜂の巣の, 行決死せざれ, 街, 表わし方, 製造家たるの, 見えない猫, 視線方向の, 親鸞の, 言を, 言葉であった, 記録の, 試練によって, 話とも, 語が, 説に対して, 講演が, 豪傑が, 質朴な, 趣味を, 距離は, 身に, 車が, 輝高の, 農家を, 辺に, 辺まで, 近傍を, 退屈な, 通りの, 通り捕われ, 通有癖に, 運転手が, 道にも, 道中の, 道得に, 道誉へ, 還りの, 邸には, 部屋から, 郷土特有の, 重大な, 野邊に, 金額中の, 鐶には, 長編が, 開展の, 闇に, 陰欝な, 随筆を, 際この, 際に, 際妻や, 際越前河口の, 離座敷の, 雪男の, 霊魂い, 青年に, 革新的気分と, 音一の, 韻律の, 頃そういった, 頃は, 頃フランスには, 頃劇や, 頃自動車の, 顔は, 願ひあれ, 類であった, 類では, 類なるべし, 食物の, 飾り物を, 首領は, 馬を, 騒ぎに, 高山まで, 鳥越から, 鹿遊びの

▼ またそれ~ (1723, 1.2%)

17 と同時に 10 がため 9 を見 8 と同じ 7 がし, と反対 6 だ, とは反対, は同時に, を自分 5 がこの, である, でいい, によつて, に劣らず, は私, は自分, を 4 でなければ, はその, はただ

3 [29件] から少し, がいつ, が人, が何, が自分, だけに一層, でよい, とは別に, に反し, に合せ, に応じた, に答え, はそれ, は何, は当然, ばかりで, をお, をよい, を下, を他, を口, を意識, を手, を支配, を知っ, を知らない, を考え, を聞く, を隠そう

2 [109件] か, かといっ, からこしらえた, が, があった, がいかに, がいくつ, がいよいよ, がご, がどう, がどういう, がどんな, が一番, が事実, が人間, が今, が動かされ得る, が単に, が可能, が当然, が必要, が果して, が私, が非常, くらいのこと, だから, だからこそ, だけでなく, とは別, とは逆, と共に自己, と同様, と関連, について私, にふさわしい, にもかかわらず, にも増し, にも常に, によって刺激, に伴, に伴う, に劣らぬ, に同調, に呼応, に就い, に応じ, に次いで, に満足, に相, に続いた, に興味, に過ぎない, に関連, に附随, に類した, はあの, はしばしば, は人間, は何らかの, は千角形, は嘘, は困る, は彼女, は決して, は猪, は生産物, は神そのもの, は精神, は翳り, ばかりでない, への意慾, までうとうと, よりも澄ん, をあの, をいう, をし, をどう, をひそか, をもっと, をやがて, を使う, を信じ, を利用, を取り, を取り上げ, を可能, を嘗め, を基, を実行, を尊重, を感ずる, を憤慨, を抑え, を楽しみ, を横, を欲, を発見, を私, を維持, を繰り返し, を聞い, を肴, を背景, を胸, を裏書, を要求, を見た, を言う, を飲んだ

1 [1284件 抜粋] いぜんに, かと云っ, かよく, からさらに, からその, からのあす, からのこと, からはこの, から一段下, から三年, から先, から八十年後, から南, から地上, から岐, から思い付いた, から机, から橋, から生まれ, から逃げる, から飽きる, があの, がいい, がお, がかつて, がきっと, がすぐ, がすでに, がたのしい, がてがら次第, がない, がなけれ, がはたらく, がほとんど, がめだか, がゆえに, がよろしい, がマラッカ, が一定, が一掃, が不思議, が不意, が世間, が乃ち死, が交響楽, が何かと, が余りに, が六方者道場, が再燃, が出来れ, が分れ, が削られ, が十一時, が即座, が右, が唐, が国, が坐, が増加, が奥, が好, が妙, が始まった, が定規, が客観的, が崩れる, が広く, が形, が後世, が必ずしも, が恥し, が悪く, が文化的意義, が日本, が昔, が最も, が本, が本質, が極めて, が止み, が正真, が母上, が永く, が消え, が無けれ, が父, が王道, が生涯, が男親, が皇海山, が目前, が祖先たち, が私たち, が穏, が精密, が結局, が美, が考へられぬ, が肯定, が蛾次郎, が西洋, が見る, が許されない, が豫期, が起因, が運動, が道鏡, が重なっ, が間近, が韻律, が高, くらい甘く, だけずつを一口当り, だけである, だけで足りる, だけに面白く, だけ露骨, だって構わねえ, であった, でい, でこそ人間生活, でどうして, でなくっても, でめんどう, で一つ, で云う, で充分, で安心, で持っ, で旅, で正月, で私, で親, で退く, というの, として伸子, とともに一方, とともに職能, とはあまりに, とは違う, とほとんど同時に, とよく, と似, と共に, と共に芸術的統一, と前, と幾らか, と思い定めぬ, と知った, と質, ならば, にあま, にいたします, において後続, にかかり, にさしこまれ, につい, についてそれ, について人, について宮, について行われる, につけくわえられ, につながる, につれて刻み畳まれた, につれて支柱, にはいろ, にはこういう, には人, には別に, には多分, には旗太郎以下津多子, には法水, には生徒, には答えなかった, には頓着, にほかならない, にもの, にも拘らず, にも競争者, によってその, によってのみである, によって変り, によって岸内閣, によって残存, によって自分, によって規約, にわざとらしく, に乗じ, に乗り移る, に仕こまれた, に付帯, に伴っ, に似た, に倣った, に先だつ, に共通, に内在, に努力, に匹敵, に反対, に叛, に向いあっ, に和, に執すれ, に増長, に対してこっち, に対して力, に対して由来, に対応, に尾, に従って作る, に心, に惹かれ, に慣, に支払う, に文字盤, に暈, に比例, に気がつかなかった, に気づいた, に添っ, に狂的, に目, に相違, に移っ, に続い, に續, に被, に見惚れた如く, に調子, に輪, に返っ, に酌, に飛びかかった, のすぐ, のため, のよく, の再び, の受け入れ態勢, の基礎, の存在的規定, の後, の正しき, の深, の真似, の裏切られる, はあなた, はありあわせ, はいつも, はおそらく, はきき取れぬ, はこの世, はすでに, はそれで, はちょうつがい, はどこ, はなんらかの, はゆるされ, はニワウメ, はプロレタリア解放, は一番, は不可能, は与えられる, は予防, は事実, は二十五菩薩来迎図, は互に, は人間以下, は何等, は個人的, は充分, は凭, は劣等, は厭, は名誉心, は国民文化, は好意, は宣教師たち, は工学方面, は常に, は強く, は思いがけなく, は悩み, は日常, は明治, は曾根少佐, は林冲, は漠然と, は無花果, は男爵, は磨き上げた, は美的, は自由詩, は見えなく, は詩, は野蛮状態以上, は雲, へ, への信頼, へ目, までお, までに思わっし, までの言語, までは自覚, ももどかしく, も全く, も楽しみ, も程度問題, よりもまた, よりも動かし, よりも大きな, よりも真珠, より他, より前, より外, より少なくとも, より時代, より高い, らしい人物, らしき痕, をいかに, をいただい, をいろいろ, をうやうやしく, をおろしました, をかりに, をくり返し, をこれ, をご存じ, をさえ止めよう, をしまった, をじっと, をつかった, をつたっ, をとりかこむ, をどうして, をなし遂げる, をなだめ, をひやかす, をほんとう, をま, をみかどの, をもっ, をもどし, をも同じ, をやむを得ない, をよく, をわたし, をテーブル, を一人, を一生涯, を下し, を不可, を丹念, を乗り越え, を云いつけた, を享楽, を他人, を何とも, を侮り, を俎, を倒す, を先刻, を兵馬, を再現, を出した, を別, を刺激, を動かそう, を十分低廉, を反対, を取りまく, を取り出し, を取巻い, を受け, を受け取っ, を合目的的世界, を味, を唯一, を問い, を喜ん, を喫, を囲む, を壊した, を大いに, を大人, を奈良井, を好む, を如何, を始めた, を守る, を実現, を封じる, を尻目, を建国, を引き抜く, を弦, を強要, を役者, を待, を徹底的, を快く, を思い出し, を思わなけれ, を怪しみうたがう, を悲憐, を愉快, を感じた, を憎んだ, を戴い, を打ち消し, を打消す, を押し, を拡げ, を拾, を持っ, を指導, を排斥, を描かず, を握った, を支持, を救治, を敵, を普遍, を曼陀羅華, を有利, を望む, を本当に, を材料, を楽しむ, を機会, を死ぬ, を殺す, を決行, を流行, を消化, を濃く, を火箸, を無理, を無関係, を片々, を理解, を癒し, を眺むるものも, を瞑った, を知ってる, を知り, を砂利, を示した, を祈っ, を立派, を素直, を総合, を縫っ, を繰返し, を考えた, を聞き入れなかった, を聴こう, を腹勘定, を舐める, を蘇鉄, を行燈, を袖畳み, を見かけ, を見つけ, を見つめた, を見物, を覚えたろう, を言っ, を許した, を証明, を話し出した, を詳しく, を語り合う, を説明, を読む, を読んだ, を誰, を買った, を超えた, を踏みしめ踏みしめ登っ, を迎えた, を追求, を逃れる, を通じさせない, を通じて美しき, を遂行, を避けたい, を鉄則, を開ら, を防ぐ, を障子, を離そう, を面白, を顔, を飛びつく, を高め, を黙っ, 疑ご, 迄み

▼ また~ (1179, 0.8%)

21 の心, の方 12 は私 10 と同じ, はその 7 の顔, はこの 6 がその, のため, の胸, は或 5 がこの, が自分, とし, のうち, のこの, のよう, の家, の眼, は

4 [12件] が, がこれ, がそれ, が私, の側, の妻, の書き物, の頭, はすべて, は日本, は自分, を維持

3 [12件] があなた, と同様, にし, のほう, の事, の兄, の収入, の意見, の父, の記憶, はある, は人

2 [103件] かに抱い, があの, がお, がここ, がそんな, が可能, が嘗て, が彼, が思惟, が或, が明晰, が這, が過つ, でお前, でやがて, とあなた, としまし, と並ん, においても私, にとつて, にはあなた, に対してさしのべ, に欠け, に生, に缺, に訊ねる, のここ, のこと, のこれ, のこんな, のそうした, のところ, のやう, の一つ, の企て, の個性, の前, の口, の室, の御, の教え, の新, の求め, の無知, の理想, の生活, の病気, の知っ, の知らない, の知人, の立つ, の精神, の経験, の罪, の考, の考え, の耳, の薔薇, の親族, の部屋, の郷里, の魂, はあの, はこれら, はつねに, はどの, はひと, はもちろん, は今, は余, は信仰, は優れた, は光, は十分, は夢, は失敗, は子供, は存, は心, は想像, は最近二つ, は次, は歎, は決して, は注意, は無限, は神, は精神, は自然, は草木, は蟻一疋, は閻魔, は餘, もこの, も何, よりも一そう情熱的, をし, を作り出す, を悩ましはじめる, を疑っ, を知っ, を非常, を驚かした

1 [732件 抜粋] から主人, から忘, から若, から進ん, がいい, がいきなり, がいなくなっ, がいろんな, がかつて, がきき返します, がすべて製作, がそう, がつ, がどんな, がはなし, がよい, がゐなくなれ, がオペラ歌手, がカルカッタ, が一年間講義, が不可, が五千ルーブリ寄附, が五年, が今日, が伺っ, が体育, が傍, が初めて, が勉強, が勝ちました, が君, が外国, が夢中, が大学, が妻, が宝塚歌劇, が小説, が左, が常磐津, が彼女, が御, が思わず, が感じ, が手柄, が承っ, が持つ, が敗血症, が既に, が日, が是非, が時に, が最初権利, が机, が来る, が楽天地, が法科, が煙草好き, が生き返っ, が知らせ, が神, が第, が紹介, が行っ, が見物, が越後, が通り, が間接, が陰気, が頬杖, が頼まれ, が顔, そっくりの, だけが久子さま, だけの真実, だけの蒐集, だって学業, でいつも, でますます, でもありません, で近頃, で青木, という人間形成, といっしょ, としては漱石氏, との間, とは反対, とみ, とも話, とメリー, と並んだ, と別れ, と周信さん, なぞの遠く, などに胡魔化, なりへ一応, なりへ一應其歌, にあう, にいちばん, にいっそう, にしろ, にそっくり, にそんな, にとってはかかる, にとっては切腹, にとっては彼女, にとっては淋しい, にとっても全く, にとって痛切, にとって相当, にとりましてもな, にはこの世, にはその, にはちょっと, にはなつかしい, にはスフィンクス, には不可解, には嬉しゅう, には子, には愉し, には死ぬ, には身, にまでも, にも大変都合, にも存分, にも父方, にも話, にオカンムリ, にヤケ酒, に一層, に似つ, に何ん, に兄, に冷たい, に口, に同情, に対してさう, に対して偏見, に対する好意, に対する汝, に少し, に序文, に手, に揶揄半分, に數ヶ月前プルウスト, に期待, に本能, に母, に然, に窃, に聞かせる, に落着, に葉書, に飽きなかつた, に飽きるであろう, のあす, のいい気, のいま, のおじさん達, のかたはら, のからだ, のきらい, のしんみり, のすべて, のそれ, のたのんだ, のひそか, のふところ, のみじめさ, のよく, のわき, のネクタイ, のホワイトシャツ, の上, の下宿, の不注意, の世話, の両親, の中, の二つ, の交わり, の人格, の今, の介入, の仲間, の伯父, の体験, の信仰, の働き, の先夜, の先輩友人等, の内部, の助手, の勉強, の医者, の十余年間, の厭わしく, の友情, の同情者, の周囲, の命, の商魂, の国許, の場合速水先生, の境遇, の大, の奉職, の好き, の好み, の実際, の客, の家の上, の少年時代, の希望, の幻想, の幼時, の庭, の彫刻, の從姉妹たち, の御馬, の思い余っ, の思想, の性格, の恩人, の恩師渡辺海旭上人, の悦び, の想像, の抵抗, の拙い, の推賞, の敍情詩, の数多き, の新しい, の暮らしむき, の書いた, の曾, の最も, の未来, の来訪, の東京日本語, の極楽, の歩きぶり, の死後機会, の母, の気, の気に入りませんでした, の流儀, の淋しい, の爲, の父兼松, の現在, の理屈, の理性, の生れた, の生涯, の甥, の疑い, の監房, の監督, の目撃, の真, の眼前, の着物, の祖先, の空想, の立っ, の納得, の純粋さ, の終, の老, の考へた, の肉体, の脊丈, の自信, の興味, の色紙, の苦手, の苦痛, の藝術, の處, の血脈, の袖, の裡, の親しい, の観察, の詩, の説, の變化, の足, の身の代, の身上, の述べ来った, の進まなかった, の過去, の道樂, の遠い, の都会生活, の酒飲み相手, の間違, の限られた, の青年期, の髮, はいつも, はいろいろ, はおそらく, はお前, はお宮, はこういう, はここ, はさ, はさっき, はすこしも, はせがれ, はそういう, はそこ, はそれ等, はた, はたつた, はたよっ, はとき, はとつぜん, はどういう, はどこ, はどんな, はひたむき, はひとり, はもう, はもの思い, はよく, はアメリカ, はグレイス・プウル, はツル, はフォスカ, はベルグソン, は三度目, は上, は世人, は中篇, は事毎, は二度, は二月二十五日, は五尺六寸五分, は京都, は他人, は仲間, は何, は何時, は健脚家, は党, は別に, は利害感, は前途, は助かりました, は労賃, は勇氣, は叔父, は只, は可愛, は唸つた, は噂, は外国, は多少, は大事, は大臣, は太郎, は学者, は実体, は小鳥, は幌無し, は幸運, は幼少, は彼, は後で, は思い出し, は思った, は思ひます, は恋, は愛する, は懺悔文, は扉, は支那, は敏感, は新, は日本語, は書物, は朝, は本場, は来, は欲望, は歓声, は死んだ, は毒薬, は気, は江ノ島, は泣いた, は激しい, は無意識, は煙草, は父, は物體的, は甘党, は甲板, は病気, は眠り, は知った, は知りません, は確信, は社会主義, は空しい, は立ち上りました, は総て, は緑色, は考える, は自転車, は蟻一ぴき, は複雑, は見た, は見まい, は言った, は話しました, は諸君, は貴下, は身体, は酒, は釣れた, は非常, は面紗, は首肯, は鷄二, ばかりでなく, ひとりのち, への情誼, まで招い, もあの, もかく, もその, もそれ, もそれほど, もみんな, もアメリカ, も一部分, も今, も住山三十年, も余り, も再び, も国民歌謡, も夫, も師匠, も弁明, も楽, も永い, も睡入られなかつた, も笑い, も輪番, も離れ島, も驚き, や姉, よりもずっと, よりもっと, より二つ上, をいじめよう, をおよ, をここ, をさびしい, をどう, をひどく, をほんの, をまごつかせた, を乗せた, を使, を侘びしがらせた, を信じ, を創造, を叱りつけた, を同じ, を好き, を幻滅, を怒らす, を愛し, を択ん, を抱い, を撃っ, を最初日本, を社会, を突き出し, を縛, を苦しませた, を見る, を見覚え, を覚え, を許し, を誘, を迫害, を通じて国家, を遁, を避け, を隠した, を駆りたて, 共特有, 共聴衆, 生兒

▼ また~ (1062, 0.8%)

9 の心 7 の, の前, の方, の胸, は自分, れの 6 と同じ, のため, の目, の眼, の頭, の顔, は 5 はその, は呟いた 4 がこの, のほう, の子供, はこの, は考えた

3 [12件] に向っ, のその, の一身, の妻, の性格, の母, の身, の額, はかつて, は他, は私, を愛し

2 [52件] がその, が好ん, が得る, が自分, に会う, のこと, のもと, の上, の中, の事, の仕事, の作品, の側, の友, の名前, の国, の地, の大きな, の女, の姿, の愛する, の手首, の生活, の目的地, の着想, の耳, の血管, の言葉, の説, はいう, はお, はこう, はこういう, はそれ, はひとり, はドイツ, は云, は云った, は今, は呼んだ, は家, は幾度, は思う, は思った, は書きだし, は歩き出した, は熱心, は目, は自ら, は言った, をながめた, を救う

1 [799件 抜粋] からその, から先手, から弓矢, から離れ, から離れる, が, があの, がいなくなれ, がすっかり, がそれ, がつい, がどんな, がながめ, がみすぼらしい, がみずから自慢, がもし, がよしや, がエジプト人, がザヴィエル, がベートーヴェン, が一派一流, が中国九州, が中学教師, が二度目, が云った, が今や最も, が仕出, が低い, が何, が偉い, が其武具, が前後, が劇場, が厚母伯爵家, が反, が同じ, が問わず語らず, が土曜, が変った, が夕方幾時間, が多年垂涎, が大いに, が天, が学校, が少し, が常用, が復活, が心事, が扉, が排日運動, が数か月来, が敵呼ばわり, が来る, が残した, が殺さなかった, が気取っ, が永久的収入, が海外, が片腕, が物, が狂人, が現在, が痩せ, が研究, が社交界, が私, が箒, が英國, が見物人, が言, が訊く, が詩, が赴任, が運搬自在, が金, が颯爽, であった, でこ, としてはこの, とても仕事, との最後, と一緒, と共に降参, と同, と同じく, と同様, と彼, と教派, と直接, と義経, と藤房, と話し, にあつまっ, においては一箇, にこの, にそんな, にだけは比較的, にとっては一種名状, にとって有利, にとって耳馴れた, にとつて真理, にならっ, にはぐずだ, にはだれ, にはもっと, には何とも, には只事, には好ましい, には彼, には猫, には自由, にふりかかっ, にみつがれ, にピアノ, にファンテジスト, に一層, に一縷, に入れ知恵, に力強い, に劣らぬ, に対して一種, に対して無, に対する中尉, に対する腹立たし, に對, に從つて默, に心苦しい, に手伝っ, に授け, に新しい, に現われた, に生きる, に答えなけれ, に見せしめ, に言った, に近づい, に道, に酷似, のいふ, のいまだ, のいわゆる, のうち, のくちびる, のこのごろ, のす, のする, のなか, のはなし, のまえ, のよい, のケーニヒスベルク, のコスモポリタン, のニセ札, のパトス, のブランコ, の一撃, の一枚岩, の三友, の下風, の主, の京都弁, の人々, の人生観, の人生觀, の今, の他, の仮, の使命, の信念, の俳句, の兄, の先生, の全, の全巻, の兵糧運送, の内心, の冷静, の利益, の制服, の動作, の十月ザクラ, の千早籠城時代, の卓越, の友英豪, の叔母, の取調べ, の受, の同情, の周囲, の問, の國, の墜落後機関車, の外遊, の多感, の夢, の天使, の天質, の好ん, の好奇心, の如くなりき, の姉妹, の子, の室, の家, の宿泊, の寒い, の専断的, の局部, の居間, の左右, の弟, の弱い, の当時, の待っ, の後日, の忿怒, の思想, の息, の悩まされた, の意中, の意見, の愛, の態度, の憧憬, の所論中, の手もと, の手下, の手紙, の手足, の才能, の拙, の指先, の挿入, の支那, の敵, の暴威, の最後, の柄, の極, の歓心, の歩き振り, の死, の気, の気性, の氣難, の法孫, の流される, の消えかかった, の消息, の温良, の為め, の熱し, の父, の犠牲, の狡, の猫, の玄関先, の生まれ, の生まれつき, の白い, の白面, の皮肉, の目的, の直筆, の真理, の真面目, の着物, の知性, の石, の神妙, の神経, の空い, の競争者, の精神上, の美しい, の義歯, の考え, の職業, の肩, の背後, の胸底, の脊骨, の腹, の腹の中, の自由, の舌, の若い, の萎靡, の著作, の血, の衣鉢, の袖, の見なれ, の見ん, の見晴らし場, の視線, の許し, の詩, の詩魂, の話, の話し, の読書, の論敵ら, の論文, の豪い, の豪勢, の財貨, の超, の足もと, の身の上話, の身体, の道, の部下, の金谷, の鑑画, の電文, の音楽, の頸, の頽廃, の風体, の飛騨行き, の魂, の黙想, はあたえられた, はあわただしく, はいかなる, はかなり, はからだ, はこれ, はすばらしい, はすべて自分, はそういう, はそれっきり, はためらい, はどう, はどこ, はひどい, はほか, はほんの, はもぢ, はもと, はイギリス, はカイミアラ, はカトリック派, はパリー, はパン, はホオマア, はモンフェルメイュ, はラテン華麗体, は一家, は一層, は上等, は中学, は二ヶ月, は二人, は人, は今度, は今日一張羅, は何やら, は俳句, は充実, は内政, は別, は刻苦精励, は前夜, は勇気, は医学, は千ドル, は半分人間, は右, は嗅ぎ煙草, は地獄, は外, は大, は大蔵省印, は太陽, は好ん, は子供たち, は寝台, は少女, は居酒屋, は岸伝, は工場, は引き返した, は彼女, は微笑み, は心ひそか, は念入り, は思い出す, は思い直す, は思ひ出した, は情熱, は想う, は或は, は戸籍, は手綱, は掘り, は撃鉄, は新左衛門, は旅, は日本, は明るい, は時, は時として, は暖炉棚, は最も, は未明, は枯淡, は楽匠, は樫, は機会, は次郎, は此処, は民衆, は沁, は法律, は溌, は無, は物事, は犯罪史, は理性, は病棟, は盗まれた, は神, は窓, は窮窟, は精錬, は素人考古学者, は美術史家, は考える, は聞く, は胸中, は膝, は自然, は落ちつけた, は血統, は言っ, は話, は贈物, は辰子, は運, は野原, は長く, は雪, は非常, は鞄, は首相, は駈け込んだ, ひとり残っ, ほどに自己, ほどの老年, ほど敏活, ほど果敢, もその後, もよく, も萬更, や金吾, よりは確, らしいの, らしい義, らしくも, れに, を, をぎょっと, をこ, をし, をそのまま, をつかまえ, をほとんど, をよく, を凝視, を動かした, を勢力, を囚, を圧倒, を尾, を強請る, を当の, を待ちはじめた, を御, を愛した, を感心, を慰むるごとく, を捕え, を排し, を本当, を死に導いた, を殺す, を特に, を現実, を田舍, を目がけ, を睨んだ, を肯定, を襲った, を見上げた, を認め, を迎, を追って, を通して世

▼ また自分~ (952, 0.7%)

15 の家 13 の心 8 のため, の部屋 7 の室, の方 6 のこと, のところ, のよう 5 で自分, の中, の手 4 と同じ, の仕事, の妻, の生活, の胸, はその

3 [14件] にし, のやう, の作品, の前, の子, の机, の父, の生んだ, の良心, の言葉, の身, の頭, の顔, を見

2 [56件] がこの, がそこ, がその, がそれほど, が嬶, が実際, が無謀, が病気, が罠, でもそう, で作った, で作り出した, で帰っ, で手紙, で相手, と自分, に呟いた, に満足, のうしろ, のお, のこの, の不, の事, の体, の側, の兄, の内心, の分, の口, の名, の国, の寝床, の弟, の志, の恋, の所, の村, の来, の物, の知ってる, の義務, の耳, の背, の膝, の話, の足, の身体, の道, の郷里, の額, の飯, はあの, はこの, は何, も, もその

1 [683件 抜粋] からこう, からひと, からやぶった, からより, から云っ, から口, から渠, から窺う, から見て取られた, から話, があっ, があなた, があの, がいかに, がいけ, がいらいら, がおぶっ, がかまわず, がしばしば, がだれ, がどう, がどの, がどんなに, がなにか, がのろま, がみめよく, がやり, がキリシタン, がセラ大学, が一介, が一生懸命, が世間, が二等客車, が人生, が今にも, が何と, が來, が先刻, が先頭, が凡俗, が叔父, が受け, が吉水, が女房, が好く, が子供, が帰らない, が底抜け, が御, が心から, が恋, が或, が手伝った, が改良, が文献, が昔大事, が昔畑仕事, が有毒, が本分, が正確, が死ぬ, が死んだ, が母, が済まない, が源三, が犠牲, が男爵, が看病, が眠っ, が知る, が立て, が約束, が組合, が聞き違え, が臨終, が興味, が言わん, が身, が酋長, が長い, が附く, が飛ぶ, が飯綱二十法, こそ世界, さえ勉強, だけが悪い, だけで行く, だけのしるし付け, だけの趣好, でうち, ではしなく, では十分, でもさう思ひ込まう, でもしば, でもその, でも何, でも周囲, でも気, でも気づかない, でも満足, でも笑い, でも観測, でも読取り, でツツ, で働い, で公言, で助け, で博士, で吟味, で木の実, で気, で琵琶, で申し上げました, で疑問, で省み, で稼げ, で稼業, で考え, で考えなけれ, で見た, で解剖, で試み, で追い戻し, で都合, で食う, で餌, と, というもの, という者, といっしょ, とさだ子, としての何, としてはかや, としても女, としても如上, としても急い, とともに黄信, とは異なる, と久松, と同じく, と同等, と権叔父, と武蔵, と竹童, ながら書き上げた, ながら驚く, などもじつは, にいつ, にきわめて, にさまざま, にそんな, についての説明, にとっては三十余年前, にとって深, にとつて, にはこれ以上, には宿, には彼, には自分, には至って, にふりかかっ, にもう, にもその, にも或, にも抱い, にも済む, にも辻, に不利, に不可解, に伝道, に似合う, に向, に向かっ, に向っ, に安次, に宛, に対しておなじ, に対して繕う, に對, に帰る, に才能, に抵抗, に期する, に気, に涙, に突当っ, に自由, に親しい, に言い聞かせた, に責めた, に追手, に連れ, に閉じこもっ, に隠れ, に頽勢挽回, のいった, のいまだかつて, のいる, のうけた, のうまれた, のお母さん, のかわいい, のくるしみ, のことば, のこれ, のされた, のしいて, のす, のせっかく, のその, のたま, のだった, のなか, のほう, のまえ, のみならず, のめざし, のやりかけ, のようす, のゐない, のハイカラ, のベット, のベッド, の一生, の下宿, の不利益, の不遇, の両手, の主張, の今, の企て, の体験, の作品中, の作物, の俸給, の傍, の元, の児, の全力, の内部, の冷た, の出した, の分限, の分隊, の利益, の創造力, の力, の助けた, の努力, の務め, の卑し, の取り前, の受持, の句, の右馬允昇進, の吉野村, の唸り声, の問題, の善い, の場合, の墓穴, の夕食, の夢想, の女子, の女房子女, の好き, の好み, の妹, の姉, の姓名, の娘達, の婚約, の子供, の子供ら, の子分, の実際, の害, の家族, の寝小便, の寢臺, の専攻, の居所, の属する, の師, の席, の年取っ, の幼く悲しい, の店, の弟子, の当惑, の影, の心境, の心持, の快楽, の思想, の思慮, の性質, の恥, の息子, の悩み, の想念, の意見, の愛した, の愛する, の感じ, の憎から, の懐, の成長, の所為, の手前, の技倆, の持っ, の持ツ, の損得, の撥, の支え, の敬愛, の敵, の文学, の昔話, の智恵, の書いた, の書く, の書斎, の最期, の月給ぬき, の望まない, の未熟, の本質, の杯, の次, の歌, の気に入った, の気持ち, の気紛れ, の演奏, の演説集, の潔白, の熱心, の父母, の片隅, の独り子, の理想, の生き方, の生れた, の生れつき, の用いた, の田舎, の病室, の皿, の監督, の目指した, の真価, の眼前, の知った, の知人, の知識, の社会的, の稽古, の窓, の立場, の立派, の精神, の経験, の結婚, の罪悪, の習作, の考, の職業, の肉親, の背負い, の脣, の脳髄, の腹の中, の自, の自尊心, の花壇, の芸, の若々しい, の著作, の藝能, の行く, の衰老, の裡, の見かけ, の見る, の親, の解し, の言う, の許され, の調子, の財産, の貧民, の責任, の買物, の身内, の車台, の辿るべき, の遊び, の運命, の邸, の金銭, の鐵, の長所, の霊, の頭脳, の食, の食物, の飼鳥, の馬鹿げた, の體, はお, はこれ, はこれから, はしっかり, はそんな, はよけい, はジャン・ヴァルジャン, は世界じゅう, は中, は他人, は何ん, は六冊物, は尊敬, は幸福, は心, は恋, は永久, は洗骨, は深井, は熱烈, は肉親たち, は腕, は自分, は芸術家, は見廻し, は言うべきであろう, は読書, は銀座, へのいいわけ, への意地, へも返っ, へ来た, へ色, ほど音楽, もいつ, もうちあけ, もこれ, もこんなに, ももつれ合っ, も一種, も世の中, も両親, も利子, も各, も変, も心残り, も欺けない, も母, も気, も濡れ, も生きるよろこび, も生れ, も負けた, も骨折り損, よりかずつと若い, よりも先, よりも逞しい, より偉大, をあさましく, をあやまらせた, をさげすむ, をみつめ, をもみずから知識者, をも含む, を余り, を侮辱, を叱っ, を呼ん, を哀れむ, を底, を弁護, を彼, を悲しくやるせなく, を愛し, を懐かしく, を打ち, を抑えられない, を措い, を支持, を改良, を教育, を此処, を犬, を知っ, を親, を調戯, を責め, を造った, を首領

▼ また~ (927, 0.7%)

34 目に 9 眼に, 邪魔に 8 目にか 7 酒を 6 銀様の 5 めえ, 帰りに, 延の 4 伺いする, 艶の 3 君さんの, 君で, 庭へ, 志保の, 粂と, 絹の, 角の, 貞さんの

2 [56件] きまりの, げんが, とうさま, ぬしの, ねんねです, はじめに, ひまの, ほぜ, もてへ, 三輪の, 互の, 京が, 人形の, 会いしましょう, 伺いします, 使者が, 内儀も, 勝手に, 勢の, 友達に, 君さんと, 味方の, 姉様は, 宅へ, 対手が, 屋敷から, 屋敷の, 屋敷行だ, 店の, 延に, 指図を, 日さまが, 梅と, 楽しみな, 民に, 滝の, 照さんは, 父様と, 父様に, 社の, 秀が, 立ち寄りください, 考えが, 菊は, 葉が, 葬式や, 蝶に, 訪ねしましょう, 説教を, 近いうち, 鈴さんに, 銀の, 銀様と, 銀様という, 附の, 頭が

1 [695件 抜粋] あとが, あにいさまの, いそがしいところ, いそなんぞに, うちで, うちへ, えいは, かくに, かくは, かねが, かぶ三銭, かみさんから, かみさんは, かみさんも, かめか, きえさんの, きくさんが, きみを, ぎんさんの, くにと, けいこを, けいちゃんの, げんきに, げんの, げんは, こよが, さそいして, しずが, しょうさんは, しろんぼなどという, すえを, せいが, せいとの, せい様が, せい様の, そる, たあ, たがい, たよりを, ちょっかいを, つし, つねという, つぱじめたね, つゆの, つらくて, てがら, てんたらを, とぎばなし, とらと, ない年, ぬかりあるな, ぬし達, ねだりかい, のぶの, のぶサンを, のぼりさんの, のろけでござんすか, のろけ騒動, はなが, はやうを, はるという, ばばで, ばばに, ひがみですか, ひざに, ひまを, ほきな, ほとも, ほ吹き降り, ほ雨, まいも, まんが井という, まんが言う, まんまの, みのの, みやと, みやの, みやを, めえらし, もひ, もひいで, やりに, ゆうさまからも, ゆうさんが, ようさんが, ようさんとも, よろこびを, よろしい日, わかれに, スマさんと, ツか, ハガキ下さっ, 一人で, 七の, 三輪が, 下げに, 世話人と, 世辞に, 世辞を, 主は, 二人その, 二人とも, 云いだね, 互と, 互に眼, 互に知り合う, 互に話, 互ひ, 亡くなりに, 人の, 人形などを, 人形を, 仲間入りを, 休みすン, 休息なさい, 会いしましたね, 会いしましよう, 会いする時, 会いできますか, 会いできるでしょう, 会い出来るやら, 会い申しますから, 伺いし, 伺いしたい, 伺い致します, 住居とは, 体が, 体を, 作が, 作には, 侍の, 俊の, 倉の, 兄さんも, 兄様が, 光さんに, 光と, 光は, 八重ツ子がら御馳走に, 兼を, 出かい, 出なさい, 出よ, 出掛けに, 出迎いで, 別れに, 加久の, 加減が, 務めさして, 勢, 化か, 医師の, 医者でも, 十夜にでも, 千絵が, 千絵は, 千絵様の, 午近く, 厄介を, 友だちと, 友だちに, 友達か, 友達です, 友達の, 取次ぎ出来ぬという, 受けに, 台所の, 叱りでござんすか, 向うの, 君どのも, 君の, 味方も, 呼びだしが, 咳を, 喋舌りか, 喜乃の, 囃子の, 困り遊ばさア, 国さんと, 土産の, 土産沢山, 坊ちゃ, 城の, 城を, 墓の, 墓場へ, 夏が, 夏さんの, 夕飯の, 天気に, 奉行さまじゃ, 奉行直筆の, 妃さまの, 妃には, 姉さんとしての, 姉さんに, 姉さんや, 姑に, 姑の, 嫁に, 嫁入りの, 嬢さまに, 孃さんを, 客人を, 寄り, 寄りやす, 寄んなさいナ, 察しを, 寿司買つて来ちやつた, 小姓の, 小納戸頭という, 小言な, 小遣いに, 就に, 屋敷だ, 屋敷を, 島からも, 島ちゃんが, 島の, 島を, 市さまの, 師の, 師匠さん自身の, 師匠の, 席へ, 帰りの, 帰りは, 年頃は, 幸さんを, 庄と, 店で, 店を, 庭から, 庭めぐりをはじめだしました, 延で, 延より, 延を, 弁当を, 役に立つこと, 役に立つわけ, 役人としては, 役所式に, 役所式の, 徳が, 心を, 忘れ物だ, 快くお納め, 怒りなさるだろう, 思いに, 思い返しに, 怨みで, 怪我でも, 恥ずかしくて, 悲しかった, 悲しみが, 情深い貴女様, 愛し遊ばされ, 憐れみか, 房に, 手ずからなお, 手に, 手むかい, 手もとへ, 手厚い御, 手柄の, 手狭である, 手紙で, 手紙でも, 手紙も, 手紙致します, 手軽にゃ, 手際も, 拂箱を, 振舞酒に, 政さんが, 政の, 料理を, 旗本の, 旗本やら, 日さんに, 日さんへ, 日和も, 明りが, 春どんが, 時から, 時に, 時儀などを, 晝から, 暇が, 書きもので, 月様の, 望みなら, 杉が, 杉の, 杉婆は, 柳の, 柳は, 梶の, 楽み, 榮の, 歌いに, 歌い遊ばされた歌, 歌い遊ばされました御歌, 止めか, 残しなすったのね, 民だ, 民で, 気の毒でした, 気の毒な, 汁粉をね, 江戸の, 江戸へ, 浜が, 浜の, 清ちゃんが, 濠や, 照も, 煩らいに, 熊は, 燕の, 父アんは, 父上でも, 狂い遊ばし, 猿を, 珍しい, 生みした姫宮, 町の, 留さん, 留守番し, 留守番に, 目こぼし, 目ざめに, 目の, 直が, 眠りに, 石を, 砂糖, 祖母さまの, 神楽座一座の, 祭りが, 秀から, 秀でそれ, 秀と, 稲が, 稻荷さまの, 箸の, 節句に, 篠は, 米なども, 米の, 粂こそ, 粂を, 粥を, 糸に, 紋に, 紙幣を, 経, 経を, 給仕役を, 絹によって, 絹一行について, 綱を, 線香代の, 美しいの, 美夜ちゃんも, 羽織が, 考えも, 耳障り, 能天覧が, 腰元第, 膝を, 船に, 色には, 色は, 艶仕込みの, 芋を, 花が, 花すこし, 花見や, 芳の, 芳のて, 若いのに, 若い旅, 苦しみの, 草紙の, 荷物か, 菊ちゃんが, 菊ちゃんに, 菊ちゃんの, 葉の, 葉書が, 蓮さんを, 蔵らしく, 薬を, 藤という, 藤の, 蘭さんの, 蝶を, 袖とは, 袖の, 袖へ, 襟でも, 見せくださいました御幸, 見のがしある, 見舞いくださいます, 角さんとしても, 角さんに, 角さんの, 角を, 訊ねの, 訓え, 訪ねください, 訪ねしませうと, 訪ねすると, 訪ね申, 訪ね申しますゆえ, 許し下さいなどと, 話合いで, 話合いも, 詳しいの, 説教か, 説教が, 調べが, 調べです, 談義, 講釈だ, 護申し, 豊さんが, 豊の, 豊を, 買いに, 賽銭でも, 贈物を, 身の上も, 身体が, 軽々しい, 辺は, 辻の, 逃げに, 通さんの, 通に対しても, 通りです, 通を, 逢いすること, 逢いする時, 逢い出来ますわね, 逢い申して, 逢い申すこと, 連れの, 連れ様はとも, 遊びに, 遊びの, 道楽に, 還りにな, 邪魔します, 邪魔を, 部屋の, 酌を, 酒でしょう, 酒でも, 酒という, 醋を, 醤油の, 重が, 重には, 重の, 金持ちに, 釜の, 銀様が, 銀様に, 銀様にとって, 銀様を, 銚子が, 銚子を, 附添の, 隣りの, 雪の, 雪伯母が, 静かに, 面を, 頂戴物を, 頼みしたの, 題目に, 顔も, 願いいたしま, 館様からも, 饒舌を, 首尾が, 香代ちやん, 駒の, 高という, 高どのの, 髪の, 魚の, 鳥が, 鳥さんが, 鳥の, 鳥をも, 鳥目を, 鷲様が

▼ また~ (896, 0.6%)

32 ても 14 てもその 12 てもあの, ても私, ても自分 10 ても彼 9 てもこの, てもふしぎ 8 てもお, てもどこ 7 てもおそろしい, てもここ, ても例, ても恐ろしい 6 ても魔法 5 ても同じ, ても大, ても彼女 4 てもこんな, てもギョッ, ても一つ, ても人, ても気, ても煙

3 [14件] てもいや, てもじつに, てもそこ, てもまた, てもパッ, ても人々, ても今, ても何, ても声, ても女, ても家, ても葉子, ても賊, ても首

2 [36件] てもえたい, てもご, てもさも, てもそんな, てもとつぜん, てもど, てもにせもの, てもまっ, てもみょう, てもわたし, てもアッ, てもコツコツ, ても一羽, ても僕, ても同様, ても哀れ, ても大声, ても太い, ても左, ても忍術, ても思う, ても憂鬱, ても明智, ても昨夜, ても泣き出し, ても涙, ても男, ても目, ても眼, ても笑つて, ても美しい, ても羞恥心, ても胸, ても辻斬, ても迷惑, ても頭

1 [583件 抜粋] おのある, ごとを, ぜんに, たり, っきりなく, づまりかへりました, ていない, てはあくどく, ては丹念, ては怒, ては電光, ては電気, てもあいつ, てもあたり, てもあっけ, てもあと足, てもあやしい, てもありあり, てもありえない, てもありし, てもあわてふためい, てもいくつ, てもいちめんぬかるみ, てもいっそう, てもうたて, てもうち, てもうつつ, てもえ, てもおずおず, てもおせっかい, てもおとうさん, てもおとな, てもおどり出した, てもおなじ, てもお嬢さん, てもお見舞, てもお辞儀, てもかいくぐっ, てもかえ, てもかすか, てもからだ, てもがんりき, てもぐさり, てもぐんぐん, てもこう, てもこういう, てもこちら, てもこども, てもこの間, てもこれ, てもさ, てもさう, てもさっきチラ, てもさまざま, てもしばしば, てもじ, てもすぐ, てもすっかり, てもそっくり, てもそっと, てもそれ火事, てもたしか, てもただならぬ, てもたった, てもだらし, てもちぐはぐ, てもちらちら, てもついついこう, てもつんと, てもとほう, てもとんぼ, てもどう, てもどうも, てもなんだか, てもにぎりこぶしをふりまわして, てもにっこり, てもねらった, てもの九死一生, てもの慣例, てもはっ, てもはっきり, てもはら, てもばん, てもひ, てもひざ, てもひとつ, てもひめい, てもふい, てもふと, てもふところ, てもほととぎす, てもぼうぜんと, てもま, てもみごと, てもむこう, てもむす, てもむなしく, てもめんくらわなけれ, てもやつ, てもよく, てもわけ, てもわけなく解かれ, てもわれる, てもウワン, てもカアッ, てもカフェ・アフロディテ, てもガタゴト, てもキューッ, てもギャッ, てもゴロリ, てもゴング, てもサメザメ, てもセエラ, てもダダーッ, てもチカッ, てもチンピラめ, てもツ, てもテレ加減, てもドーン, てもニヤニヤ, てもハッ, てもハムレット, てもピョンピョン, てもフョードル・パーヴロヴィッチ, てもマルセーユ人, てもマンホール, てもモール人, てもラスコーリニコフ, てもラッパ, てもルージン, ても一, ても一しきり, ても一そう赤面, ても一個, ても一分, ても一同, ても一歩前, ても一箇, ても三, ても三人, ても三人連れ, ても三国, ても上, ても上野介, ても不二夫君, ても不倶戴天, ても不可能事, ても不器用, ても不思議, ても不意, ても不覚, ても世話だんまり, ても中, ても中川様, ても乗換, ても二つ三つ, ても井上君, ても亡霊, ても京, ても人形部屋, ても人間, ても人間消失事件, ても今夜, ても今日, ても以前, ても仰天, ても伊太夫, ても低い, ても何故, ても例えば, ても侮辱, ても俄, ても俺, ても元, ても兄, ても兄者, ても入口, ても公爵, ても兵助, ても兵粮, ても冗談, ても凍りついた, ても出, ても出しぬかれました, ても利根, ても力, ても加室巡査, ても勿体らしく, ても南, ても博士, ても原田たけ子宛, ても反動, ても口, ても口金, ても古い, ても古く, ても右手, ても右足, ても各, ても向う, ても向こう, ても君, ても呆ッ気, ても周瑜, ても呪, ても味わう, ても味方, ても唇, ても喜楽, ても喧々囂々, ても喰, ても嘲罵, ても四円なにがし, ても四方八方, ても土間, ても地, ても埋もれ, ても堪え, ても塩, ても壁伝い, ても夜半, ても夢, ても大震災, ても天下, ても太, ても夫, ても失敗, ても失望, ても奇異, ても女たち, ても女性, ても女道楽, ても婿, ても嬉しい, ても子供, ても孝ちゃん, ても学生, ても学者, ても安斎十郎兵衛嘉兼, ても完全, ても宗藩, ても実質的, ても家庭, ても宿怨, ても対岸, ても対策案, ても小, ても小幡, ても小日向水道町, ても小林君, ても小細工, ても小説, ても小雨, ても少年, ても居た, ても山, ても帯, ても幻, ても幼い, ても幼少, ても広い, ても底, ても庫, ても引合い, ても弟子入り, ても後ろ, ても後家さん, ても御, ても御飯, ても徹底的, ても心から, ても心細, ても心配, ても忌まわしい, ても忌まわしく, ても忙しい, ても思いがけず, ても思い起した, ても思はぬ, ても悪, ても悪たれ, ても情熱, ても想像, ても意外, ても意識, ても愕, ても愚劣, ても懲り, ても我田引水, ても戻っ, ても持ちあがり, ても持っ, ても掴, ても故郷, ても数千, ても文字どおり堰, ても斎藤一, ても料理, ても方々, ても早い, ても昔, ても星, ても昨日, ても時, ても時間, ても暫し, ても有, ても木下杢太郎, ても東道, ても板戸, ても枕, ても根こそぎ, ても桂庵, ても椅子, ても様々, ても標準語, ても橋上, ても歎願運動, ても此, ても死骸, ても殺人, ても母, ても毎夜, ても気まぐれ, ても気持, ても気障り, ても氣分, ても汐巻沖, ても江戸人種, ても沈黙, ても河沿い, ても油断, ても泡, ても波蘭, ても泪, ても洪水, ても海面, ても消えうせ, ても消え失せ, ても涙いっぱい, ても淋し, ても湧きくる, ても源三郎様, ても源氏, ても滝, ても漂浪性, ても激情, ても激越, ても濃い, ても火災, ても灰色, ても炭火, ても無念, ても無駄骨, ても煖房, ても煙草盆, ても熊, ても父親, ても片手, ても独言, ても猫, ても獅噛, ても獅子岩, ても玄關拂い, ても珍しい, ても田原家, ても田畑, ても申す, ても町, ても町内中, ても異様, ても疑惑, ても疲れ, ても白い, ても白墨, ても白雲, ても百万遍, ても盃, ても目頭, ても盲法師, ても眉, ても真佐子, ても真向, ても眩暈いが, ても眼瞼, ても知つて, ても短気, ても石, ても私たち, ても私自身, ても稀代, ても稼げ, ても空中飛行, ても窓越し, ても窕子, ても笑いだした, ても笑うた, ても第, ても紅, ても紙, ても絶好, ても繰返される, ても繰返し, ても置き放され, ても聖母マリア, ても聞き, ても肉体, ても腹, ても臆病, ても臆病そう, ても自動電話, ても興奮, ても舞台裏, ても良人, ても芸術, ても苦しい, ても茂少年, ても荒々しい, ても莫大, ても蒸し風呂, ても蚊帳, ても蛸, ても蜀将張嶷, ても行先, ても衝突, ても西門慶, ても解き, ても言う, ても言わし, ても話題, ても説法, ても誰, ても警官たち, ても賑しき音頭, ても賢しげ, ても足, ても足許, ても身体, ても軽率, ても辺り, ても近く, ても近ごろ, ても近頃流行, ても逃げる, ても連合軍司令部, ても連銭葦毛, ても進一君, ても運命, ても過ぎし, ても違う, ても遠ざかっ, ても遣る, ても野郎, ても金, ても鈴慕, ても鋭いうさん臭, ても鍛冶屋, ても鎧櫃, ても鏡, ても長秀, ても閑枝, ても阿賀妻謙, ても降出したらしい, ても除名, ても陶酔, ても障子, ても隻頬, ても雑談, ても雨, ても電灯, ても電話, ても電車, ても霧, ても面, ても韃靼人, ても順位戦, ても顎, ても顔, ても風, ても馬子, ても馬車, ても騒々しい, ても騒然と, ても驚くべき, ても骸骨男, ても高村, ても高氏, ても鬱蒼, ても魔術, ても鮮やか, ても鷦鷯, ても麻の葉, ても黒い, ても鼠, ても鼻頭, ほらしく, まひは, ゃっ面を, ーんとして, 終せなけれ

▼ また~ (874, 0.6%)

17 のため 10 とした 8 か新しい, しに, でもない 7 をし 6 かいい 5 かあった, かにつけ, とし 4 か変った, か考え, か言っ, といふこと, をおっしゃる

3 [26件] うして, か, かある, かそう, かほか, から何, か事件, か云, か云っ, か他, か出, か別, か悪口, か言, か言おう, の必要, の木, の用, の由, の目的, も彼, をか云はん, をか言わん, をしでかす, をする, んなに

2 [59件] うか, う云, う云う, かあらん, かこの, かそれ, かに紛れ, かのついで, かの原因, かの希望, かの形, かの役に立つ, かの機会, かむずかしい, かわけ, かを思い出した, か云い, か云われる, か問, か始め, か忘れ, か怒れる, か思いついた, か悪, か悪い, か悲しい, か揮, か暗く, か気, か深い, か物音, か知ら, か私, か考, か言い出す, か途方, か重大, か面白い, がゆえに, が故に, といふつつまし, とはなし, と思っ, のかの, のこと, の不思議, の役, の飾り, の魂胆, べん, も為, も知らない, よりも強く, をかいわんや, をか言はん, をやる, を云, を言, を附け足さん

1 [579件 抜粋] ういふ風, うした, うなす, うなって, かあっ, かありました, かい, かいい出すだろう, かいい続けよう, かいう, かいっ, かおこりやしない, かおむつ, かおれ, かお前, かお気, かがヒョイッ, かが何とか, かが多, かが挿しこまれ, かが起った, かが足, かききたい, かくどくど, かこそ, かこちら, かこないだ, かござった, かさう, かさっぱり, かしなけれ, かじっと, かそろそろ, かそんな, かつぶやいた, かでこの, かといえ, かと言っ, かなけれ, かにお世話, かにしたくなる, かにぶつかっ, かに彼, かに怯え, かに感奮, かに甦ろう, かに興味, かに醒ました, かねだる, かのおり, かのがれる, かのこと, かの事情, かの仕掛, かの偶発事, かの利便, かの功徳, かの参考, かの合図, かの命令, かの始末, かの小言, かの影, かの役, かの御用, かの心づかい, かの必要, かの折宿望, かの拍子, かの機, かの用事, かの相談, かの空想, かの美術書, かの聽, かの褒美, かの趣, かの部屋, かの防ぎ, かはじめた, かへ話, かむづかしい, かもって, かもっと, かやっ, かやった, かよい, かよくよく, から来る, かを乞い, かを何かと, かを取り上げたらしい, かを嗅ぎ出そう, かを思いついた, かを思ひ出した, かを悲しむであらう, かを持っ, かを描く, かを教, かを減ずる, かを訪う, かを食べさせられ, かアッ, かドジ, かハズミ, か三池信託あたり, か不足, か了見, か争ひで, か事, か云い出した, か云うた, か云つた, か云つて來, か人, か仕出, か仕出かしやがった, か何, か偵察機, か兄さん, か入れる, か出たら, か出来事, か初, か初まる, か厄介, か反対, か叔母さん, か口, か叫ぼう, か同情, か喚きました, か喫, か嗅ぎ出し, か地位, か変, か多, か大, か大声, か始まった, か始まるだらう, か始まるでしょう, か始めた, か孔明, か小細工, か少し, か尾鰭, か幻想, か底, か役人, か彼, か御礼, か微か, か怒鳴っ, か怒鳴り出した, か思いだし, か思い付く, か思い直し, か思い直した, か思ひ付いた, か怨霊, か怪しい, か怪物, か恥辱, か恩, か恩惠, か悪戯, か惡戯, か想い出, か意見, か感応, か憑, か我々, か戴いた, か担いできやがった, か捏造ゴシツプ, か掘り出しもの, か掻きむしる, か擬音的, か擽られる, か政治上, か新, か明日, か書かず, か曹操, か来る, か林田, か機嫌, か気がかり, か氣, か水, か水中, か演, か煩い, か用事, か疑ひ, か白, か盗られます, か相当, か相談, か祈祷, か私以上, か稼ぐ, か突発, か策, か粗相, か素晴らしい, か細工, か縁談, か縮尻, か考え込ん, か考え込んだ, か自分, か行違い, か複雑, か見える, か見せる, か見つけた, か見つけたい, か言いかけた, か言い出そう, か言われ, か言われる, か言葉, か計画, か詐わり, か話しかけよう, か話し出し, か説明, か読本, か起こっ, か起こる, か起った, か起ります, か身の上, か近所, か送っ, か通知, か連絡, か逸早く, か道化, か違, か鋏, か鍛えられる, か雷, か非常, か面白, か風向き, か食う, か饒舌, か騒ぎ出した, か鬱ぎ込ん, がおっ, がそう, がそこ, がため, が不都合, が何, が何やら, が価値, が因, が彼, が植え, が気, が自分, が自己, が良書, が逆, が間違え, ぐずっちょ, した事, だ, だってあんな, だってこんな, だって今日, だって戦, だって早く, だって私, だって私たち, だって遠まわし, だって金庫爆破, て待たせ, でございませうけれど, でしょうと, でもおわ, でもしてやりたい, でもなき, でも彼, でも打明けられる, でも知っ, といういやらしい, というおとなしい, ということ, というほ, というキザたっぷり, という一風, という不思議, という事, という便利, という冷たい, という取っ, という大胆, という奇遇, という心, という恐し, という恐ろしい, という毒々しい, という沁, という深刻, という無力, という無惨, という無意味さ, という素晴らしい, という脅喝的, という蒼い, という評, という身, という造化, という骨, という高, といふなごやかさ, といふわけ, といふ上天気, といふ夕べ, といふ大きな, といふ富士山, といふ愚か, といふ抱擁, といふ皮肉, といふ見物, といわれる, とこの, とする, ともいおうよう, と云っ, と悲しく, と美しい, と親しい, なりと, にいたす, にか嗅ぎつけ, にか良い, になった, になる, ににる, にもかへがたい, にもしない, にもわかりません, にも感激, にも描いてない, にも気, にも知らないらしく, にも起らない, によってその, によりてかく, に動かされてる, に向っ, に感じた, に興, に譬えよう, に賛成, のいたずら, のお, のけむり, のことだい, のためだい, のつもり, のぼろ, のやう, のウダ, の不便不足, の仕事, の催し, の制限, の因果, の妨, の嫌悪, の得, の御用, の徳, の急用, の怨み, の怪しい, の意趣, の感想, の感興, の憚, の手応, の挨拶, の掛念, の新聞, の望, の本, の様, の権利, の武門, の爲, の理由, の生立, の用意, の疑ひ, の矛盾, の罪, の能, の表情, の訳, の話す, の趣, の辨, の道, の遠慮なく, の顧慮, の駆け込み訴訟, べん議会, ほど食物, もいう, もいわなかった, もここ, もない, もなかっ, もイギリス, も云わない, も云わなくなった, も向う面, も告げなかった, も娘, も書きたくなかった, も母, も知っ, も見, も見てない, も言わず, も起らない, よりは旦那, よりは自分, よりもいちばん, よりもたい, よりもわたし, よりも人間, よりも嬉しき, よりも持っ, よりも自由, よりも行軍, をいう, をおせ, をおちつい, をお喋り, をかなしむ, をか恐れん, をか懼れん, をか描かん, をか望まん, をか為さん, をか警めむと為, をさう, をさせ, をした, をしでかすまい, をしよう, をそう, をそんなに, をどう, をなし得る, をにやにや, をはじめる, をぼや, をもっ, をも言, をやっ, を云い出す, を仰せられまする, を君, を学ぼう, を守る, を完了, を思い出した, を成, を書い, を為すべき, を為すべきである, を爲, を痩我慢, を知っ, を知らない, を考えついた, を言い出した, を言い出す, を言おう, を言っ, を言ってる, を言わ, を証拠, を読み, を赤く, を間違えた, んな, んなに妻, んなに立派, んなに耻, 千万何億クローネ

▼ またこれ~ (843, 0.6%)

14 と同じ 9 がため 7 と反対 6 に反し 4 がその, なるは, に応じ, を巨, を見る

3 [15件] だ, と同時に, と同様, と逆, なる念い, におる, に劣らず, に同じ, に相当, に類する, も同じ, を信ずる, を知る, を見, を証明

2 [40件] あるが, が, が最後, くらいな, だけの条件, である, とは反対, なきに, に他, に伴, に副, に應, に準じた, に類した, ほど力, ほど手入れ, ほど深刻, まで多く, まで自分, もやはり, を, をもっ, を一つ, を三版, を企てる, を信じる, を借り, を口, を大, を失う, を子孫, を実行, を審, を専門的, を応用, を海, を知り, を自分, を裏書, を許し

1 [662件 抜粋] ありその, ある, があった, がある, がいい, がお前, がすべて, がためなり, がどう, がまことに当然, がゆゑよしを問, がハタ, が一因, が三人, が仏教, が使用, が先生, が動機, が受ける, が后腹, が周圍, が多く, が大いに, が大きに, が娘, が子供たち, が当然, が思いきり, が怪塔王, が成功, が支配, が文壇, が日本人, が暗い, が最, が最初, が為, が猩々, が真実, が第, が筑波地方, が背景, が許し, が貴僧, が運行, が隣, が雷洋丸, くらい自分, た準じて, だけでも女性, だけで足る, だけの事, だけの備え, だけの距離, だけの金, だけも一仕事, だけを切取っ, だけを問題, だそうさ, であった, でい, でこそ芝居, でしょう, ですから, では送り狼, でみる, でもし, でオレ, で一日, で一段落, で何, で勉強, で叱られる, で蒐集そのもの, で親兄弟, で鋲, といっ, といつ, としてお, となり, とはべつに, とは反, とは正に, とは逆, とは遠く, と似た, と共にこの世, と共に我, と別, と同, と同一, と同等, と大同小異, と夫婦関係, と少し, と正, と正反対, と正確, と純粋経験, と関聯, なしには, なる蟇, なる髯男, にいる, にしたがい, にそそられ, につけ込ん, にならされ, には害, にふさ, にみ, にもやはり, にも増し, にも黙っ, によった, によっていくらか, によっても御息所, によって乳房状積雲, によって光明, によって直ちに, によりて, によりてその, によりて安, によりて彼, によりて我等, によりて流矢, によりて都鄙, により富士, にエチオピア, に乗じ, に伴い, に似, に依, に依っ, に依頼すべ, に倣っ, に做, に傚, に入り, に入る, に加, に包含, に匹敵, に同化, に同意, に向かっ, に告ぐる, に外, に対して, に対しては別に, に対して説, に対し六, に対し純, に対する著者, に帰せし, に影響, に從つて國力, に心酔, に必要, に接近, に携わった, に死す, に浮かれ立っ, に準じ, に移住, に等しき, に花, に花紺青, に螫, に要する, に論及, に赴く, に近づく, に逆らう, に連繋, に過, に適する, に配する, に関する法律上, に関連, に關聯, に類す, に類似, に飛びつく, のため, の島根, は, はある, はいか, はいかな, はいつも, はおれ, はきわめて, はごく, はその, はちと, はどう, はどういう, はほんの, はまことに, はまるで, はまんざら, はみんな, はヨーロッパ, は今朝, は個人, は北京大名府, は受けとった, は右門, は吾, は喧嘩, は場違ひな話, は大, は夫人, は失礼, は少々, は彼, は後, は或, は戦ひつ, は放射能物質, は既に, は日本, は昔, は殆, は母, は氷島, は濃やか, は猫頭竹, は男, は眼ちげ, は私近ごろ, は窮極, は筑紫びらき, は自分, は藤沢, は蛾, は貴族, は防人, は雄々しい, は面目, は餅, ばかりの採録, へ, へおい, へも参った, へ向っ, へ呼びつけられ, へ来, へ臨む, ほどぜいたく, ほどに思い込ん, ほどはげしい, ほどまでに一時, ほどまでに晦冥, ほど多く, ほど大きな, ほど当時, ほど意外, ほど斬新奇抜, ほど普通, ほど深い, ほど無慾, ほど礼節, ほど組織立つ, ほど自然, ほど親しく, まであった, まであらゆる, までし, まですでに, までどの, までにない, までにはなかっ, までに書いた, までに見た, までの例, までの所謂, までの炭薪奉行, までの被害, までは自分, までもかつて, まで大いに, まで法王, まで経験, まで見本, まで話した, まで通り, も, もその, もやむを得ず, もアメリカ, も似た, も何, も家, も徳川, も想像以上, も新聞, も竜宮, も足らぬ, も鏑木さん, も龍宮, よりさき父出発, よりは滝谷, よりももっと, より以上, より先貞観八年五月, より十三マイル, より大きい, より希望, より熱き, をあげる, をあら, をいかん, をおい, をおよそ, をかくす, をくわえ, をしない, をその, をただ, をただただ, をたとえ, をつぎ, をつくれる, をとどむる, をなす, をなんとか, をのがるる, をば言うまでもなく, をやる, をよい, をアカゴンボ, をインゲンマメ, をノスタルジア, をマムト, をムカシヨモギ一名ヤナギヨモギ一名ウタヨモギ, をモデル, を一書, を一般化, を万葉巻, を上演, を世話, を人文研究史上, を他人, を以て土地, を以て終る, を伴う, を使う, を促し, を促した, を修得, を俳句界全体, を借受, を兄, を全く, を共同利用, を処理, を分ち, を列挙, を劃くに利益, を助けた, を千把, を取りまとめる, を取り戻さん, を受け売り, を否, を味わっ, を啖, を国侍, を地理上, を基礎, を大きく, を大事, を大層, を奪, を如何, を如何なる, を妖怪, を嫌悪, を守る, を完成, を容れ, を容れず, を封切る, を尊敬, を尋ねられない, を少し, を山蚓, を左, を店員全体, を征伏, を得るごとく, を得ん, を御する, を心配, を思い, を怪しまず, を愉快, を愛護, を承諾, を拉し来っ, を拒む, を持っ, を持つ, を挿, を捻れ, を掃い, を授刀舎人, を排斥, を採用, を探さした, を推し, を支配, を改良, を放す, を教育, を敬, を文学的, を明, を時代, を暁らざる, を服し, を桜, を棄て, を正す, を正月, を比較, を法花会式, を漏れ聞き, を演繹, を為さん, を為し, を為し得ぬ, を照す, を熊野川, を父, を狐憑き, を独立, を理想化, を畏, を疑う, を盗まれぬ, を相対可知的, を真似, を着く, を破る, を祈念, を称し, を米比流, を粗略, を精神病理, を継ぎ合わせ, を翻訳, を考察, を聞い, を自由, を興味, を蘆刈り, を覆い隠すべき, を見棄てる, を視る, を言っ, を言わせ, を記す, を試むる, を認め, を認めざる, を読ん, を調節, を諒, を貰う, を買い求め, を買う, を越, を趙太爺, を趣味的芸術的, を輸入, を辞する, を返す, を追い出だす, を造った, を造ったる, を運ぶ, を過り, を適当, を遺物, を重要視, を録す, を長く, を階級問題, を隠, を隣, を風土的, を食うあり, を食す, を餌, を黒, 入れて, 迄習慣的

▼ またある~ (841, 0.6%)

114 時は 64 ときは 62 者は 55 ものは 25 人は 13 時には 12 ところでは 1110 日の 7 意味では, 種の 6 他の, 場合には, 日は 5 一つの, 人が, 学者は 4 地方では, 場所では, 意味において 3 一人は, 人々は, 人から, 人の, 日には, 時の, 晩は, 者らは, 部分は

2 [33件] ときには, のです, ものの, 丘には, 丘は, 人には, 人より, 作家は, 国が, 場合に, 場合は, 大名が, 夫人は, 島の, 年の, 年は, 意味から, 意味で, 日私は, 時彼は, 時松島にて, 有名な, 期間では, 歴史家の, 点で, 点まで, 物は, 特殊の, 種族は, 者が, 評家は, 詩人は, 雑誌に

1 [323件] お友だち, お母さんは, かいな, かい怪しから, かぎりの, かなき, かなし何, がまま, という現実, といたしまし, といっ, とかと云う, ときこんな, ときその, ときに, ときケーは, ときスズキを, とき倪雲林の, とき劇場の, とき天皇は, とき宇宙系中で, とき盲目の, とき紙幣贋造団が, ところから, ところなどは, ところに, ところまで, としたら, とでも云う, ともいへよう, と仮定, のであつ, のである, はずであります, ひとりは, もぐりの, もので, ものを, よ, わけである, んだ, んです, タイプを, 一人が, 一団は, 一定の, 一方には, 一流の, 一種の, 一説には, 一説の, 事を, 事情を, 事柄に, 亡霊の, 人々に, 人々にとっては, 人々には, 人々によ, 人々の, 人々を, 人ことさら, 人たちにとっては, 人に, 人にとっては, 人によって, 人も, 人夢に, 人小野蘭山先生に, 人物のか, 人蜂の, 人達は, 令夫人は, 作は, 先輩の, 党派の, 兵は, 円顔の, 処に, 分量の, 別の, 勉強の, 動物学者の, 医学博士は, 博物館は, 友人の, 友人は, 句などは, 句は, 名状し, 商人は, 商店に, 四つ辻で, 国は, 国を, 圓形の, 土地では, 地方に, 地方には, 地方の, 堕落派の, 夏の, 夏ドイツの, 夕方御飯を, 夜に, 夜の, 夜は, 夜叔母が, 夜同家表二階の, 夜私は, 大きな柱, 大師に, 女が, 女に, 妻の, 妻は, 妾の, 娼妓は, 学校で, 学者から, 学者の, 學者は, 宮女は, 宴会で, 家では, 家に, 家の, 家は, 家へ, 寄宿生の, 富商は, 富農の, 尊い仏様, 小学校の, 小料理屋に, 少女が, 少数の, 山の端へ, 常識家の, 年齢に, 座談会で, 微妙な, 心は, 性格は, 患者によっては, 意味に, 所から, 所では, 所には, 折は, 折司馬懿仲達が, 探検隊員は, 日ある, 日おや, 日この, 日そこに, 日なぞは, 日偶然に, 日君が, 日地下鉄から, 日奥さんから, 日学校で, 日山の, 日庭に, 日彼の, 日彼は, 日彼女が, 日春風の, 日本食堂で, 日正作が, 日湯川老人が, 日父が, 日矢代の, 日私の, 時, 時ある, 時かたちん, 時その, 時それは, 時に, 時ふと, 時クールフェーラックは, 時ロンドンの, 時三司官に, 時三太を, 時亜米利加の, 時代には, 時代の, 時先日なくなられた, 時冬の, 時出直してらつ, 時千人の, 時友人の, 時大津の, 時天皇いでまし, 時天皇葛城の, 時天皇葛城山に, 時天皇豐の, 時太子は, 時孔子は, 時学校の, 時学校出の, 時家内が, 時彼が, 時彼女は, 時日本の, 時期の, 時水牛の, 時浙西に, 時源吉爺さんは, 時矢田部氏の, 時私は, 時義家が, 時義家は, 時自分に, 時花壇の, 時葉子の, 時街路を, 時訊ねた, 時話の, 時貧乏な, 時野原へ, 時間内に, 時須利耶さまは, 曲線が, 書に, 朝の, 朝家の, 期間には, 期間の, 期間は, 村では, 東京の, 板が, 校長さんは, 模範村に, 橋の, 武士が, 母親は, 比は, 気の, 沼原地に, 海港都市では, 淫奔な, 温度では, 漁夫は, 漁船は, 点においては, 点は, 無名氏よりの, 父兄は, 物を, 特別な, 特別の, 特定の, 特殊な, 狩人が, 猫は, 生命保険の, 田地は, 甲地方の, 男は, 町または, 留学生の, 痕は, 白色黴の, 百姓の, 盲目の, 瞬間に, 瞬間には, 瞬間は, 知己からも, 硝子店の, 確実な, 種族には, 種類の, 章句に, 箇所では, 精力家努力家で, 終りが, 経験を, 繁華な, 者からは, 者とは, 職業に, 職業の, 胸苦しさ, 脱漏は, 臆病なる, 自然物が, 花は, 若い夫人, 若旦那は, 草が, 草は, 虫では, 観方, 角力の, 解説者は, 詩人にとって, 説では, 論者は, 貨物例えば, 貴婦人下女に, 賤の, 車は, 輪では, 通りでは, 道士は, 道理も, 部分においては, 部屋は, 部類の, 金持の, 長者の, 間は, 関係団体の, 限度内では, 雌の, 雨の, 音楽家らは, 髪結いは, 點では

▼ また~ (643, 0.5%)

13 の人 11 の日 10 である, なもの, のところ, の方 9 だ, のもの, の問題 8 のこと 7 なこと, の話 6 なところ, の意味 5 なの, の一人, の方面, の時, の機会 4 であった, です, の声, の方法, の考え, の趣, の趣き

3 [14件] だがね, だと, だよ, で, なとき, のとき, の一つ, の例, の新しい, の男, の美し, の角度, 問題だ, 問題である

2 [37件] だな, だね, であつ, でした, ですが, な感慨, な疑問, な美し, な考え, な話, な鳥, に書く, の, の一羽, の事, の事務員, の効果, の名, の噂, の場合, の場所, の大きな, の女, の小屋, の扉, の方角, の楽譜, の沈静, の物, の理由, の瞬間, の興味, の船, の藪, の衝撃, の音, 趣を

1 [349件] した渦巻き, じゃ, じゃない, たなければ, だから, だからね, だつたの, だなどと, だもの, だんで, であらう, であります, であるが, でお父さん, でございまして, でございます, でございますあゝ, でございますけれど, でございますね, でしたから, でそれ, で余り, で作品, で加, で相手, で落語, で蝶ちゃん, なある物, なある男, なこゑ, なひと, なやつ, なやりかた, なよい, なるを, なん, なキイ, なコッペ先生, な三十五六, な上っぱり, な不可抗的エネルギー, な不意, な世界, な乗物, な事, な人, な仕事, な他山の石, な似合った存在, な何物, な余り, な作品, な処方, な厳粛, な取扱い, な号令, な号外, な名, な吟味方法, な味わい, な品, な品物, な問題, な噂, な声, な家, な小, な尺度, な居心地, な島, な建物, な形, な心持, な忘, な悲しい, な意味あい, な感情, な感想, な憂鬱, な懷かし味, な成長, な或, な抽斗, な文学, な新しい, な日, な時, な時間, な暮し, な森厳, な機会, な機関銃, な死, な涙, な狂気沙汰, な珍, な理由, な男, な畜生, な知恵, な社員, な空氣, な紅い, な美味, な者, な聲, な興味, な苦しみ, な苦悩, な蟻, な表情, な観点, な角度, な話し方, な説, な豐, な賃銀標準, な趣き, な踊, な遊戲, な道, な面, な頑童共, な顔, な風, にいただきます, にし, にとがめる, に働く, に記すべし, に認めたる, に説く, に迎え, のいい, のいろいろ, のかなり異常, のきまった, のくさり, のぐうぐうという音, のこえだった, のことば, のこの, のそして, のつっかい棒, のでしかも, のといっ, のとなり村, のひと, のひとり, のほう, のまる, のまるで, のもっと, のやはり真に, のわけ, のわな, のエスキモー犬, のカンバス, のコップ, のテーブル, のトリック, のニュース, のネタ, のハンデイキヤップ, のプラン, のベルト, の一人物, の一手, の一書, の一枚, の一角, の一隅, の一面, の一風, の上原さん, の不安, の不憫さ, の二人, の人達, の人間, の今度, の伝え, の何者, の作家, の侮辱, の俵, の傷病者, の先生方, の兵器, の冒険談, の処, の出邸, の分類法, の初恋, の劇薬, の力, の勢い, の博物館, の原因, の友人宅, の友達, の取扱い, の台, の同じ, の味, の図, の国, の土地, の土塊, の型, の壜, の声援, の変, の変光星, の夜, の女優髷, の妄想, の妖精, の子, の子供, の学会, の家, の寂し, の専門科目, の小うるさい, の屏風, の山嶽, の岩角, の席, の幽霊ども, の広い, の座敷, の庭, の廊下, の弟子, の弾んだ, の形, の影, の心持, の心配, の思出, の怪人物, の恐怖, の患者, の悲鳴, の情報, の感動, の感慨, の憐れさ, の所, の手段, の文字, の新, の書物, の望み, の本, の枝, の栄養媒体, の森, の機會, の次元, の殺人, の殺人事件, の消閑法, の涙, の火, の爬虫獣, の父ちゃん, の片, の犬, の現実, の現象, の用, の町, の画帳一冊, の異, の発見, の發見, の相談所, の社会, の空氣, の立場, の立文, の第, の箱, の紙, の紙芝居, の組, の耕地, の肉体, の腹, の自分たち二人, の自転車乗り, の興趣, の若い, の苦労, の茎, の茶碗, の蝋燭, の街道, の親しみ, の観, の言, の言い方, の言葉, の記事, の説, の説明, の警報灯, の警官, の警官隊, の谿谷, の資料, の趣向, の車, の近所, の逃亡手段, の連想, の遊星, の道, の部屋, の醫學生, の金魚屋, の鎖, の閂, の降伏人, の隅, の隙間, の隠れ場所, の離れた, の霊, の面, の頁, の馬車, の黒影, よ, らしい, 問題であろう, 問題に, 本河原巻物と, 樣の, 答の, 簡一封認め, 莊の, 莊へ, 行に, 話だ, 趣だ, 趣な

▼ また同じ~ (611, 0.4%)

63 ような 54 ように 36 ことを 16 事を 11 やうな 10 ことが 8 である, やうに 7 言葉を 5 声が, 道を 4 ことである 3 ことで, 仕方で, 作者の, 方向に, 時刻に, 村の, 頃に

2 [23件] からず, ことです, さまにて, ところへ, クレヴァスに, 事の, 人の, 問を, 問題を, 大きさ, 子供の, 家に, 戦慄の, 月の, 様な, 様に, 理由から, 理由によって, 町に, 矛盾に, 箇所に, 運命を, 頃の

1 [317件] お邸, かもしれない, くらいに自分, ぐらいの不安定, ことだ, ことだった, ことなら, ことの, ことばを, こと三の, ころ, ころ小, ころ隣の, せりふか, だ, だけの距離, だった, だったの, であった, であつ, でありました, であろう, でした, ですがね, でそれ, でないとも, でなくあるいは, で毛, とこに, ところで, なかま, なので, ものが, ものだった, ものを, やうなる, ょうなグルグル, ようだ, ようで, ようであった, ような擦り, ような枯れた, ような荒みきった, アレトを, オウィディウスの, コースを, テーマが, テーマの, フランス文学に, ホテルに, レーノルズの, 一高教師であった, 世界を, 乙でも, 事が, 事である, 事柄を, 二十九日には, 人ある, 人から, 人が, 人であった, 人である, 人でも, 人間でも, 人間仲間の, 仕事を, 仮定が, 仲間の, 伊豆へ, 会津人の, 位の, 作戦が, 信長であった, 俥で, 倉光君の, 個所を, 傾向を, 働くなら人, 働により, 儀式で, 元禄の, 兆候が, 八の, 八月に, 六時間中にも, 冒険を, 処に, 処へ, 処を, 処法でも, 刻限天王寺表の, 効用を, 勤の, 印の, 原理によって, 口から, 口調であった, 号令を, 名で, 含み笑いが, 呼び方, 命中を, 品を, 問いを, 囚人の, 国でも, 国の, 国苗木領の, 土地の, 地の, 地方でも, 地方の, 場所から, 場所で, 場所でも, 塔内に, 増鏡の, 声で, 声同じ, 大臣と, 天皇の, 失望を, 女が, 女と, 姿の, 婦人の, 季節の, 学院の, 室に, 宮川茅野雄を, 家から, 家の, 寄宿舎に, 小径を, 小麦に対して, 屋上庭園から, 属の, 山で, 山に, 山中に, 島に, 川でも, 州の, 工事場での, 巻に, 巻十一には, 帳面に, 年に, 幻が, 延喜八年の, 弁護士の, 形に, 御事情, 心で, 思いでありました, 思いに, 思想でも, 性質において, 患者の, 悪い道, 悪虐, 悲運に, 意味で, 意味において, 意味の, 意見であった, 態度で, 態度を, 所から, 所を, 所作を, 手紙の, 手紙を, 打ち勝ちがたい, 文字の, 文字を, 新聞の, 新聞雑誌の, 方を, 方向へ, 方法で, 方角から, 旅亭に, 日が, 日に, 日の, 日本の, 旧噴火口, 映画で, 時代の, 景色を, 暖い, 書に, 書斎に, 書物の, 木曜会の, 本に, 村大字青柳字室尾の, 条件の, 栄誉を, 桔梗屋から, 構内には, 樣な, 樣に, 欠伸を, 歩みを, 死ぬるなら, 母の, 気山の, 気構え同じ, 水勢であっ, 水郷と, 池を, 汽車に, 沼へ, 泣くには, 津浪の, 流水にても, 清衡の, 滿浦鎭へ, 王から, 現象を, 理由で, 理由によ, 由来を, 男の, 町で, 町内の, 病院に, 盗人でも, 盲目か, 相談を, 真上氏は, 矢坪を, 矢所をぞ, 知識的作用であっ, 神に, 程度に, 種の, 種類であります, 種類の, 章の, 第四巻, 策に, 策を, 篇に, 紅葉館の, 細川藩の, 結果を, 総体を, 線の, 線路上に, 美果を, 習わしを, 者と, 臣が, 臣の, 船で, 船乗りでも, 船頭小屋の, 艇内で, 著者の, 裏道づたいに共同の, 褐色の, 西郷が, 観測を, 言を, 言葉が, 試験を, 語だった, 語で, 語部の, 誤算が, 調子で, 質問で, 質問を, 趣味でも, 趣旨である, 距離に, 距離の, 車でもとの, 車の, 車室に, 輪の, 速度で, 連中では, 遊びであった, 運命に, 道理だ, 郡岩田の, 銃眼から, 長屋の, 長崎に, 長崎通詞の, 限られた区域, 階段を, 隕石の, 雑誌に, 電車に, 霧の, 青春の, 青森県人に, 音を, 頃美濃とは, 項に, 題ばかり, 題目で, 題目に, 食堂で, 馬車に, 駕籠を, 驚風に, 高いところ, 魚を, 點で, 鼈甲を

▼ また一方~ (608, 0.4%)

9 から考える 8 ではその 7 からいえ, より見れ 6 では 4 から云え, ではそういう, にはその, にはそれ, に於い 3 からいう, から云, から考え, から見る, ではこういう, では道江, に於

2 [28件] から, からいへ, から声, から考へる, から解釈, から言え, ではある, ではこの, ではそれ, ではロンドン夫妻, では彼女, では自分, で自然, においては空想, において芸術家, にそれ, にはこの, にはこんな, には学問, には日本, には死んだ, の壁, の山, の手, の男, の足, はその, より言え

1 [474件] あまり奇怪, あること, あんなに熱心, いずれに, いろいろな, おめおめと, お松は, お角さん, かの女, からいっ, からいつ, からいふ, からはその, からは部落民, からは鉱業, からみる, からソレ, から不意, から云う, から客観, から申します, から突い, から考へ, から薙刀, から見, から見れ, から鼓, が離座敷, くずおれた心, くだんの, こういう立場, この仮定, この同じ心理, この探検, この文章, この日, この日本語, これだけ, さう, その, その前日, その姉妹, その手紙, それを, たとえ飼鳥, だけ死ねる, で, であまりに, でこの, でこれら, でこんな, ではあながち, ではあまり, ではいひしれぬ, ではおそらく, ではかねて, ではきたない, ではきわめて, ではこう, ではこの同じ, ではこれ, ではこれら, ではそうした, ではそろそろ, ではだれ, ではどうしても, でははじめ, ではまさか, ではまめやか, ではみじめさ, ではもうす, ではもう一度, ではもっと, ではやはりまだ, ではよく, ではオランダ, ではクリストフ, では一日, では一種, では不, では不思議, では世にも, では人口, では人類, では他, では何, では何ひとつ, では俗人, では俳諧, では偽筆, では先生, では先着, では内心, では凋落, では劇場, では劇的分子, では勝ち気, では南洋セレベス, では召出された, では同じく, では同時に, では否み切れなかった, では否み切れなかつた, では善悪, では国民科学研究所, では変, では多忙, では夢, では大将, では大尽, では女, では女中, では家, では小, では小学教員, では平行山脈, では幾度, では建物, では彼, では恥しく, では恭一, では悲しい, では拙者, では捨てよう, では捲きあがっ, では新聞雑誌, では木戸, では未来, では本来中間階級, では権力, では毫も, では流行, では漁業航海, では演出家, では火災伝播, では田丸先生, では皮肉, では相当, では知らない, では知識, では私, では科学的, では純理的, では経済的, では絶えず, では自説, では良心, では裏切られた, では親子, では観測仕事, では誰それ, では警視庁, では赤ん坊, では遺伝, では量的, では防火, では風俗画, では鼻, でウォーラストン, で不易, で伝統的, で何となく, で前記, で剣, で同じ, で多年手塩, で大, で天体, で弘, で彼, で彼ら, で歴史, で考える, で自分, で自然界, で西鶴型, で遊星, とんぼの, どこかで, どのくらい, なにや, にあっ, にあの, にうじ, においてあまりに, においてたいへん, においては主要, においては我々, においては本当, においては牛馬, においては西欧, においては関孝和, においては電磁気廻転, においてわが国古来, においてわれわれ, において人生, において対岸, において支配人, において数学, において漫画家, において相対主義論者, において社會主義者, にその, にそんな, にたとえば, にはあれ, にはいかさま, にはかう, にはこう, にはここ, にはこれ, にはそうそう, にはそのある, にはそれら, にはたくさん, にはたとい, にはともかく, にはどう, にはなぜ, にはひどく, にはふだん, にはまだよく, にはイギリス法律, にはエタ仲間, にはエヂプト, にはカルヴェル, にはフランス法, にはロシア革命, には一座, には上士, には不安, には不消化物, には世阿弥, には中央, には五代乱離, には人, には仲間, には体面上卑吝, には何事, には個人, には僕, には分化発展, には列, には加害者, には動物学, には千葉, には反対, には古く, には圧迫, には大きな, には大した, には奇事異聞ふう, には奸智, には孝助, には小学, には少数, には平気, には幾千万円, には庭, には慾心, には描かう, には播重, には教員, には文化史, には文芸, には新, には暗い, には最初内使, には本, には本家, には槍, には武士, には物質上, には申しわけ, には相州荻野山中, には眼, には石, には破竹, には神社境内, には至難, には親方, には諸家, には譜代以外, には財力, には頗る, には飲む, には馴れない, には黒鍬, にもっと, にやさしい, にクク, にソヴェト, に一茶, に享楽階級, に付け木, に同氏, に家庭, に寺田寅彦博士, に対, に小刀, に少年文学, に我が国, に批評界, に早く, に極めて, に楽しむ, に滑り, に種族, に絶えず, に船, に被, に非常, のこれら小麦, のは, のほう, のやる, のわが, のベンチ, の住民, の側, の喜平次, の団十郎, の国, の女, の学者, の徳大寺様, の心, の改新的, の木蔭, の森, の森陰, の椀, の法水, の湯槽, の片隅, の王倫, の直義, の稲叢, の糸, の腕, の膏薬売り, の臣下, の臺, の花, の逆流, の道, の門, の隊, の黒装束, の鼻, は, はいわく, ははるか, はもう, は尾瀬沼, は底なし, は旧, は東門街道, は湖, は雄松, は飛鳥, へかしげ, へ相談, ほっとした, ますますいら立ち, も会わせ, も持っ, やれやれと, よりいう, よりこれ, より婦人, より考え, より考えれ, より見, より論ずれ, を七つケンズイ, を引き立てる, カムポスも, ジュウル・ルメエトルの, ジーグフリードの, ブルタアニュを, ベルリンでは, ボートルレ少年の, ルパンも, 一日も, 下級の, 世間話として, 久保田万太郎の, 人懐つ, 人間の, 他に, 以下各巻に, 伯父が, 余り独断的に, 先入に, 八幡と, 判事の, 劇的美の, 労働者に, 千登世の, 却, 原始的の, 吾人は, 土師部の, 地形の, 城外十里の, 大衆に, 女性として, 好ましくない, 如何なる演劇, 子供の, 家庭的にも, 寺の, 小説を, 山口珪次君の, 巨石の, 強い好奇心, 強健な, 彼は, 彼自身の, 性交年齢に, 恐怖の, 挙式の, 教育は, 数奇の, 斯様な, 旅僧の, 日本の, 最近に, 東京に, 極めて卑近, 極めて高く, 殺されたなら殺されたって, 毒瓦斯の, 水晶山でも, 法水にも, 津軽家にては, 海岸に, 湖水を, 無学で, 玄徳が, 玄徳は, 珍しくない, 発火鉛, 相対性理論の, 研究者の, 秀子の, 私は, 米友としても, 精神生活を, 純然たる, 純粋の, 美の, 自分は, 興行者及び, 舳の, 芸術的に, 西の, 観音力の, 言葉に, 警官の, 議論は, 趙雲は, 身体に, 身体的に, 逆に, 銀子にとって, 隕石中には, 韓馥へも, 音楽文化協会の, 題材を, 食事を, 高速度な, 高麗の

▼ また~ (563, 0.4%)

4 声を, 敵の 3 あはめ, 一つの, 以前の, 呟いた, 手を, 昔の, 次の, 石を

2 [18件] いちん, ソロリと, ヒヤリと, 一団の, 出て, 呻くよう, 大変な, 女の, 意外な, 懐中へ, 沈黙した, 王氏の, 笑声が, 繰返して, 逢ふべき, 離婚した, 静かに, 頭を

1 [495件] あけし時, あっと魂消ました, あの漂茫, あの金袋, あらば, いい合わした, いぜんの, いちど金剛山の, いちど隠岐, いっさん, いった, いったが, いつもの, うっとりと, うらぶれの, おうむ返しに, おせいと, お世辞, かくての, かく言っ, かなりよくなり, かりがねの, がやがやしはじめました, がらりと, きけかし, くだらぬ方, くるくるコマ鼠, ぐちに, けしかけるよう, こうしたこと, こう呻い, こえを, こたへぬ, この地, この奇怪, この麒麟児, こぼれぬ, こんどは, こんな草深い, ごまかすやう, さかんな, さびしさに, しさうでなければ, しばらく黙り, じっと見た, じっと見守った, じりじりと, すこしずつ, ずるずる辷っ, そのお客, その云う, その時足音, たちのぼる煤煙, たまらなくなっ, だらしねえ, ちぢこまる, ちっ, ちっちっちっと, ついに宋江, つづけざま, つぶやいた, とどほり眞, とどろきワーッ, どうしても逃れられない, どこかで, どつて來, どよめきが, ないよう, ない似合わしい, ない品, なし, ぬすっと, はげまし合って, ひじ枕で, ひとつ甘, ひとつ言いたした, ひとりの, ひとり後ろに, ひと本見出し, びっくりした, ふえその, ふと彼女, ふりくるさみだれ, ぽかんとなる, まっしぐらに, むす子, むっくり頭, もぐって, もつれて, もとの, もとへと, やすまなければ, やって来て, ゆらゆら触角, ゆる子, よろけて, よろめいた, わざわざ小泉さん, アリアリと, カッサパ仏陀の, カラカラと, ガンたちの, クックッと, グッタリと, グルグルと, コルマックの, ゴロリと, シャツの, ジャラーンと, ジリジリと, スルスルと, ゾッとした, ドキン, ニヤニヤし, ハッキリ声, ハラハラと, ヒッシと, ブツリと, プロウブスの, ポケットから, 一つは, 一人が, 一人は, 一匹投げつけた, 一同が, 一座を, 一方の, 一群の, 一般的に, 一足さがった, 一足踏み出し, 一部の, 一隊は, 丁寧な, 三菱炭積機が, 上尾を, 上洛を, 不安の, 不思議な, 不思議や, 不意に, 不景気の, 両足を, 中川様の, 二つに, 二間ばかり, 云って, 五六歩逃げ, 五月蠅く, 京都は, 人通りの, 仁右衛門叫び声を, 今日の, 以前に, 來た, 來て, 俄かに, 俊基にとって, 信長からの, 倒れて, 借りるつもり, 元気を, 先へ, 先刻の, 公債租税の, 公儀の, 兵庫の, 兵馬と, 其処に, 其方は, 凶作が, 凶報でございました, 出た小, 出づ都, 出ました三角野郎, 出来たもの, 初めに, 前にも, 前の, 半分ずつ, 卓上は, 南へ, 参られるよう, 友田の, 双方睨み合った, 取りつく島, 取り残された, 取り逃がすこと, 受け取りそこねて, 口の, 叫び出した, 叫んだ, 右の, 右へ, 各家族, 同じく中段, 同じ運命, 同一の, 君子宋江に, 吹きしきるアレト, 呟きながら, 呪詛を, 味方の, 哄笑, 哄笑した, 商家が, 喜楽の, 嘆く一絃琴, 嘆息せず, 噂が, 囁いた, 囁いたが, 囃子の, 図を, 土藏から, 増大した, 外へ, 外出し, 多勢に, 夜っぴて猟, 夜と, 夜風に, 大串を, 大和の, 大喝し, 大挙し, 大笑いに, 大雷雨, 大音に, 天平の, 太陽を, 失敗した, 失策ッた, 女房の, 好まざる表面, 妾の, 姜叙の, 姥は, 宵に, 宿料に, 寂しく笑った, 寄せ來, 小刻みに, 小穴さんの, 小野の, 少し何とか言, 少し何とか言方, 岩の, 岩倉谷に, 崩れ立つ味方, 帝の, 帰るか, 干渉を, 広太郎, 広間の, 床に, 府中の, 度胆を, 引き下して, 彼の, 徐栄の, 得意そうな, 復縁を, 微笑した, 徳川氏の, 忘れつこれ, 快く呼び入れた, 念入りに, 思い出させるなどは, 思い返して, 思った, 思わず呟いた, 急き立てられると, 急は, 性急飛び立ち上がり, 怪物に, 恍惚り, 恐るべきもの, 恐縮らしい, 息詰まるよう, 悠々と, 悠々として, 悪くなった, 悲痛の, 想像の, 意外こちらは, 意外の, 感嘆し, 憎まれ者, 戦勝に, 手品師の, 手紙の, 打ちのめされ踏みにじられて, 押し寄せて, 拠るところ, 拡張を, 持彦の, 振りほどかれた, 掘り出した, 掴まった, 撃退され, 操りかえし昨夜, 改元, 放して, 放せば, 放たれた気分, 政権欲と, 文醜, 斬り付ける, 新手を, 旅する, 旅中の, 旅廻りを, 明け暮れ見る, 昏睡に, 昨夜は, 昨日と, 晩には, 晴れた嵐, 暫く沈黙, 書きつけた, 曹操の, 木の間を, 木立の, 木葉の, 机の, 来て, 松と, 枕の, 桜山に, 森林が, 正造に従って, 此時わが, 歩き出した, 死霊の, 殉死の, 毎夜の, 気色ばんで, 永遠の, 沈黙が, 泣かせぬ, 泣きいるの, 泣きたくなります, 泣きました, 泣きむせび悲しみました, 泣き声で, 泣くえ, 泣くの, 洩らしたが, 流浪を, 浪人の, 浮木は, 消えそう, 消ぬ, 涙が, 涙ぐんで, 涙を, 淡路の, 深い昏睡, 湧き起る, 湧き起る爆笑, 源氏の, 演説会の, 無意味に, 無為に, 無言で, 無邪気に, 煙りを, 燃え恋いわたる, 爆発の, 狂暴なる, 狐に, 猛烈に, 猛然と揺り起こし, 玄徳と, 現われて, 生るる, 甲府へ, 甲府まで, 町へと, 病院の, 皮肉な, 皮肉に, 目さめぬ, 眠り出した, 眼を, 瞑目した, 短冊を, 空を, 突きだす, 突然に, 突然高笑い, 窓へ, 立ちどまって, 立上がって, 立上り門幕を, 竜之, 笑いおる, 笑いだして, 笑ったが, 精根次第に, 縁側へ, 縋りつくよう, 縋りつく婦女子, 繰り返して, 老人の, 考え込んだ, 耳傾け, 耳傾けた, 聞かれぬ, 聞こえる水調子, 聴き耳, 聴くそ, 肩を, 胆を, 胸の, 自然に, 舌うちを, 苦笑を, 茅野雄を, 茫然と, 蒲殿との, 表で, 裏切られたから, 西の, 見せ物に, 見む志賀, 見入ったが, 覚えて, 訊き出した, 話を, 誘って, 負けて, 足を, 躊躇した, 躍り上って, 辷って, 迎えに, 近寄りましたは, 返して, 返答に, 追うこと二十余里, 逃がしたな, 逃げました, 逃げるか, 逃げ出しの, 逃げ腰に, 途中で, 途切れ途切れに, 逢った, 逢はめやも, 逢引らしい, 逢見ん, 進退きわまっ, 遇はむ, 遊ばん, 道に, 道人口上を, 道人思い出話, 違勅を, 部屋の, 重大な, 金五郎に, 鈴江は, 銅兵衛わめき立てる, 鏘然と, 鏘然太刀音が, 長く唸っ, 開いたもの, 間髪を, 闇中に, 難題を, 電波探知機の, 霧を, 露路へ, 静寂の, 鞭を, 音せり, 響き渡る鉄砲, 響く柔, 頓首膝行の, 額を, 風, 飛び上って, 飛び返り袖, 馬上へ, 馬淵義綱田上正氏などの, 駈け来る蹄, 騙されるやう, 騙しの, 驚いた, 鬼火の, 鳴き立つ, 黒く痩せた, 鼓が

▼ また一つ~ (559, 0.4%)

7 の, の新しい 6 の大きな 5 の力 4 のもの, の事件 3 の不思議, の仕事, の問題, の大, の大きい, の新, の楽しみ, の疑問, の騒ぎ

2 [38件] ある, である, ではいけません, には, にはその, にはわが, には主として, のセンチメンタリズム, のトリック, の人影, の他, の例, の別, の告白文学, の声, の変化, の川, の心配, の思い出, の怪異, の憤り, の文化, の旅, の歴史, の水平運動, の沼, の物影, の生活, の窓, の考え, の見方, の面白い, の顔, の魅力, は文字, ふえて, 考えると, 頬張る

1 [423件] あった, あつた, あらわれた, いいつけること, うなずいたが, からかっ, が, ぐらいはかなり, この群生動物, こんなこと, さらにまた, した, その熊ん蜂, それからまた一つ, それからやあ, ちくりとやられた, づきの, であったが, であるとも, でいく人, できたの, です, とあらわれ, とし, として算, とつかみとりました, とつぎつぎ, ととめ, とひらめき過ぎ, とよっ, とシャツ一枚, と夥しく, と建てられる, と張られました, と消えました, ならず一方, にこれ, になっ, になる, になるなら, にはいきなり, にはいささか, にはいわゆる, にはうしろ髪, にはこれ, にはそこ, にはただ, にはやがて, にはわが家, にはインド, にはシルヴァー, にはボンヤリ, にはマッグ, には不意, には世の中全体, には世故, には人間, には僕, には兄, には先輩諸家, には加瀬谷部隊長, には吉弥, には君たち劣等, には哲学思想, には四畳半, には大毎慈善団, には学期試験, には実際, には年, には年輩, には幸子, には当時他, には彼, には忠告, には恋する, には所在, には打っ, には支柱, には日暮, には是, には時世のち, には時代, には本, には東京市民, には母, には津多子夫人, には病的, には石川先生, には石工, には研成学院, には私, には織田家, には義雄, には若, には西洋人, には足利時代, には足尾銅山, には郷党, には酒, にゃ焼い, にアカアカザ, に偶中, に収縮, に絡げ, のお手本, のがらん, のこの, のさびしい, のでき, のふしぎ, のまちがい, のよい, のよろこび, のわが, のイズム, のイデオロギー, のセンセーション, のバッジ, のポオズ, のモデイフイカチヨン, のレビュー的随感録, の三角洲, の下り, の下手, の不審, の世界, の事実, の事情, の事業, の交通, の人格構成, の人生修行, の今, の仮面, の余儀な, の作家, の便宜上, の修練, の健全, の公園, の冒険, の冒険味, の写真, の凝り方, の出発, の函, の制限, の功徳, の危険, の原因, の同じ, の同名, の吟声, の呪詛, の品種, の国家, の地名, の坂, の型, の城, の場面, の塊, の塵, の境, の変った, の夢, の大事, の天意みたい, の天才, の女, の字, の安心感, の封筒, の小さな, の山脈, の山路, の嶺, の工夫, の常世, の年越, の幻影, の幼き, の座敷, の弱点, の影, の役目, の御簾, の心, の思い, の恋愛, の恒星, の悪策, の悲報, の情景, の想像, の感じ, の感想, の態度, の慰め, の戦後病, の戸, の戸敲き, の扉, の手掛り, の手柄, の手薄, の技術, の抽斗, の改革, の政党, の教訓, の敬語, の敵, の文化的発達, の新た, の方向, の日本, の時, の晴雨計, の智恵, の曲線, の未, の村, の東方, の根本的, の森, の楽, の橋, の歴史的, の歴然たる, の殺生, の気体, の流言, の清浄木, の溝, の潜り戸, の火山系, の火山脈, の炉, の片側町, の牢獄, の物語, の狩集, の珍しい, の理由, の生きもの, の異名, の疑い, の瘤, の発見, の破, の破壊, の社会事業, の祝い棒, の神送り, の神隠し, の祭典, の空想, の立合, の立派, の筋, の簑笠, の紛擾, の組, の縁, の罪, の美しき, の美点, の考, の肝要, の腰折, の臨時, の自分, の自己, の自然, の自由, の興味, の芸事, の虎, の表, の見のがし, の見物, の角砂糖, の解釈, の言語一つ, の訳本, の訴え, の証跡, の誤り, の議論, の護法, の谷, の象, の財産, の赤い, の車, の転機, の輝かしい, の迷い, の遊び, の過程, の避難所, の部屋, の都府, の重い, の重心, の錯覚, の門, の関, の阿, の難儀, の難問題, の難所, の難関, の雲, の青い, の面, の風景, の館址, の首, の魔, の黒い, は, はこの, はそこ, はそんな, はつ, は元来科学主義, は別, は大方, は性, は意志, は昼間, は歴史, は江戸, は羽ばたき, は色, は通行人, ふえたそして, ふえたの, ぽたりと, またまた一つ, また一つ, もしかしてあの, もない, も考え, や二つ, わかるの, を烏, を誘い出す, を迎え, グッもう一つの, 下ろした筈, 低く頭, 入りました, 出て, 出来た, 剥がれたと, 加わったこと, 加わって, 取ったそうすると, 受けさせて, 口惜しがらせ, 増えたこと, 増えたの, 増えたわけ, 売れて, 大きいの, 大きくなりました, 大きくゆれた, 大きなうねり, 失われた, 崩れるよう, 平たい箱, 弾いた, 得ましたよ, 御霊廟, 忘れて, 思いだしたけれど, 思い出した, 悟ったの, 打たれるよりもと, 打ち, 拾うて, 摘まむと, 新しいフランス譯, 新しい事件, 新しい切り炭, 新しい判決例, 欲しいもの, 殖えた, 殖えたの, 殖えたわけ, 殖えて, 殖えでも, 気がついたこと, 流れて, 消えぬ, 深い太息, 深い溜息, 減ってるぞ, 珍しいもの, 生まれて, 生れたよう, 生れようと, 白い峰, 突きましたから, 細く成る, 落して, 落ちた, 記し付くべき事, 間違えば, 頬張り, 頼みますよ, 願いましょうかな, 颯と冷, 飛びだした, 食べた, 飲んだ, 鳴った, 鳴ると, 鳴るの, 黒い影

▼ またあの~ (516, 0.4%)

7 人が 6 人の 5 子は 4 ような, 人は, 人を, 子の, 方が 3 人も, 女が, 女も, 方は, 時と, 時の, 晩の, 男が

2 [20件] いやな, ふしぎなよろこびの感覚に, ように, 七月三日の, 不思議な, 人と, 声が, 奇妙な, 女と, 女の, 姫の, 山の, 怖ろ, 手を, 時に, 森の, 犬猿雉の, 男と, 男は, 辺の

1 [414件] うれしい苦労, おえら, おさんの, おしだって, おそろしいやつ, おっさんの, お嬢さんの, お山に, お店, お方が, お祭り, お袋が, お酒飮みのお爺さん, お酒飲み, お鈴, きたないやつ, くだらない半分, くらいよく, ぐらいスバシッコイ奴, ことか, こわいお婆さん, ざらざらした, じめじめした, すごいあらし, ずうずうしさ, せかせかした, ぞっとする, ちんば, とおりすばらしい, とおりの, ときを, とくとくという, なつかしいお嬢さん, なつかしい一人, なつかしい竜宮, なつかしい龍宮, にせ猿, はり金を, ひとの, ひとも, びっこの馬は, ほのかな, まっ白な, まま続け, みずてん, やぶへ, やわらかな, ゆうれい, ゆがんだよう, よごれで, アンゼラスの, イェレミーアスが, イヒヒヒヒの, オパール色の, カイダーノフ先生に, キキーッといふ, ゲエテの, ステパン・ミハイロヴィチという, センチメンタルで, チビ助に, チンピラに, テナルディエ一家の, ドイツ種の, パスカルや, ヒステリックな, フラム・フリスタの, ペラダンの, ボイルが, ボス共と, マタ, マドロスの, メダルを, ユヱに, ヨットが, ヨーロッパの, ラズーミヒン君の, 一族の, 一行の, 三斎隠居の, 三郎兵衛が, 上人が, 不安な, 不屈な, 乞食坊主が, 乱暴者が, 事だろう, 事を, 事件を, 二人の, 二年以前の, 五兵衛さんの, 五輪書の, 人たちに, 人たちの, 人たちは, 人たちも, 人だって, 人とより, 人に, 人びとの, 人同様私も, 人形を, 人自身は, 以前の, 伝記としては, 伸子という, 位嫉妬深い, 何とかいう, 何時も, 供頭の, 倪, 偉大な, 優い, 兄んちゃんの, 先生でしょう, 児も, 入口で, 公爵の, 兵隊が, 兵馬さんを, 刀へ, 前日の, 助勢を, 動きの, 十七歳の, 厭は, 友人の, 友田喜造という, 口重そうな, 古めかしい琵琶, 古雅な, 召使いの, 司馬道場の, 君の, 呪わしいグリーン, 問題を, 啼き声, 喜代子までが, 器用さ鋭さ愛らし, 図を, 土地へ, 坊さんが, 坊の, 夜東京での, 夢だった, 夢の, 夢を, 大伝馬町辺, 大学生の, 大森の, 大鷲が, 夫の, 失神の, 奇儒が, 奇怪な, 奇矯変態の, 奇跡までがね, 奈良へ, 奧さんが, 女たちが, 女だ, 女で, 女との, 女に, 女にも, 女の子が, 女を, 女事務員に, 女房どもか, 女髪結の, 奴民子が, 妖怪に, 娘っ子どもが, 娘とは, 婦人の, 子から, 子が, 子だ, 子に, 子にも, 子供は, 字を, 学者の, 客好きな, 宮の, 家に, 家へ, 家を, 少年と, 尺八を, 山国で, 山脈の, 島から, 崖の, 巌に, 巫女の, 幅の, 平凡を, 平次めが, 年配で, 年頃には, 廊下に, 建物の, 強もての, 当時の, 当時読み下せなかつた, 御新造が, 御老女, 御門あたりに, 忠臣義士の, 性慾とやらも, 性格俳優の, 怪しい物, 怪しい音, 怪鳥の, 恢復期の, 恥かしい, 悪党を, 情死以前の, 戸が, 手紙に, 手紙を, 才気も, 承久年間, 押込みが, 拓務大蔵といふ, 採炭場に, 擒人の, 文章を, 新聞やの, 方で, 方に, 方の, 日の, 日本武尊の, 日記の, 明るい快活, 時あの, 時から, 時たまたま, 時ちら, 時は, 時代に, 時代の, 時分いろいろ, 時分は, 時大蔵から, 時更に, 時胸を, 時里虹は, 時金蔵を, 晩に, 智慧の, 暁の, 暗いところ, 有名な, 有馬に, 木の下に, 東洋に, 柔かな, 柱を, 柳の, 桃色カードの, 案内の, 梟めが, 森かげへ, 横町を, 次の, 正覚橋の, 残りを, 殺人の, 気味の, 気狂いが, 氣違ひ, 永い居残り, 汽車に, 洞中に, 浅間しい, 浪音の, 浮世の, 渚での, 湿った小径, 漢, 火にまで, 火の番の, 無気味な, 無造作な, 煩悩夜盗が, 燃える, 燃え終わりの, 牛飼の, 物語が, 犬めが, 犬を, 理想家の, 生温いいや, 田舎ダンディと, 男に, 男も, 男色の, 町の, 町人に, 畜生めどこへ, 番附の, 病苦が, 癖を, 白痴に, 目で, 目に, 眉楼頭, 眞珠の, 真珠の, 真珠は, 石屋にでも, 石河岸で, 破壊された, 空の, 空蝉の, 端倪すべからざるあそび, 竹林の, 節には, 糠, 紅い麦藁帽子, 細みを, 細工入りの, 絵を, 縁談な, 置座にて, 美しい看護婦, 美しい鈴子夫人, 羽を, 老人が, 老婆が, 肌ざわり搗き, 肖像画の, 背の, 自殺の, 船が, 船を, 船長様の, 色の, 花火という, 花火といふ, 若い商人, 若輩の, 苦しげ, 苦労性の, 草鞋なんぞが, 華やかな, 萬葉時代で, 薄青い, 薬が, 藁ボテの, 藪の, 藪医者の, 虎が, 蛇が, 血の, 行届いた人, 行方不明に, 行方不明の, 裏町へ, 見世物へ, 観音様が, 訂正の, 誓紙は, 豪傑が, 貞雄君が, 赤色金属藻の, 跛行どのが, 身代を, 辛いこと, 辺でも, 辻馬車は, 迷宮の, 通行人が, 連中が, 遠い国々, 遠い道, 遺言書の, 酒壺を, 野の, 野分の, 金魚売り, 鈴が, 鎌倉から, 鎧櫃の, 長野の, 開墓に, 降昇場, 隻眼隻腕の, 雀だ, 雲だ, 霧が, 青年に, 青年の, 青服の, 青木と, 頃に, 顏を, 風の, 養母という, 首を, 馭者が, 高いストーヴ, 鳥が, 鳥を, 鶏の, 鷲の, 黒い鳥, 黒の, 黒猫の, 鼻だ, 龍雄めに

▼ また~ (499, 0.4%)

16 の人々 15 の一人, の者 13 のもの, の人 7 のある, の地方, の方面 6 のが, の場所, の時 5 のこと, の一方, の一面, の女 4 に類, の一つ, の一部, の方 3 に原因, の一群, の二人, の家, の意味, の日, の村, の男, の種類, の部分

2 [28件] にあらざる, に人, に何, に求むべからず, に考, の一将, の一日, の事情, の分派, の半分, の同じ, の器物, の国, の場合, の学者, の完全性, の所, の木, の本, の点, の理由, の神, の組織, の者たち, の者ら, の諸, の非常, の頁

1 [266件] からの刺戟, からも聴いた, から供給, から侵略, から嗾かす者, から来, から物, から瓦斯, が依然として, が命, では実, で御馳走, で製糸所, なの, にある, にあるべく, にいろいろ, にいろんな, にこれ, にても製作, になけれ, には血引き, にもつ, にも一致, にも同, にも長田秋濤, にピアノ, に別, に取るべき, に口, に向っ, に困難, に度学, に求められぬ, に犯されずし, に発表, に目的, に相談, に相談相手, に移る, に移居, に立錐, に第, に精巧, に考えね, に處分, に評, に誠実, に譲られた, に間借り, に頼む, の, のいろいろ, のおり, のくだらない, のずつと重大, のたくさん, のため, のと, のどの, のほう, のもっともっと, のを, のコイル, のテント, の一作洲崎弁天海上眺望, の一例, の一個所, の一匹, の一半, の一台, の一名, の一団, の一新生面, の一派, の一種, の一部隊, の不安, の中心地, の事, の二, の二高出身, の人ら, の人達, の人間, の作家, の例, の個々, の側, の側面, の兄弟学科, の先生, の光, の党員達, の入江, の冒険者, の処, の別荘, の力, の動物, の半面, の友人ら, の受造者, の口, の名前, の名称, の呼び掛け, の品, の唄, の商売, の問題, の器官, の四本, の国々, の土地, の地獄, の埒, の場處, の境遇, の多く, の夜叉, の好者, の娯楽, の婦人, の子供たち, の季節, の学問, の宗教, の宗派, の客, の封, の専門, の小学校, の巨大, の年, の幸, の幻, の店員, の弟子達, の彩画, の役目, の後, の怪物, の悲惨, の愛, の感情, の或, の戦場, の手, の政論派, の教養, の文学, の文明, の料理屋, の新聞, の方々, の方法, の星雲, の時期, の暗雲, の書, の書いた, の書生, の有志ら, の松林, の枝枝, の標, の樹, の機会, の歌, の沢山, の注意, の海岸, の海洋, の漁船, の漢学者, の燭, の物, の物語, の特殊, の用事, の町はずれ, の畜通り, の異常現象, の病室, の病気, の病院, の知らない, の石, の禾本, の科, の科学国, の穴, の章, の組, の線, の縁, の縁談, の義務, の能力, の自由精神, の舷, の船, の芸術家, の蛙, の蜂共, の袂, の被告, の要素, の見物人, の観念, の触覚的性質, の觸覺的性質, の評家, の誰, の谿谷, の足, の運動, の道, の違った, の部将, の重要, の釣, の鉄, の長者, の難関, の音, の音楽家ら, の類似, の魚, の鳥獣, の鳴き声, へ仕官, へ熱, へ移さなけれ, へ移った, へ行っ, へ行つて, へ逸らす, より伝来, より奪う, より然, をいう, を屈伏, を強制, を待っ, を招いた, を探し, を探した, を省, を罵詈呵責, を自己, を請はず, を駆り立てん, 人事みたいに, 処から, 大字の, 巳吉の, 方面へも, 日オランダ以外と, 日口の, 民族解放の, 流派を, 犬種との, 種の, 藩の

▼ またすぐ~ (451, 0.3%)

75 眼を 4 にそれ, に出 3 じぶん, に顔, 出て, 後から, 旅に, 晴れる, 次の, 眼の

2 [15件] あとの, お別れ, ここで, に以前, もとの, 以前の, 彼女は, 往来に, 戻って, 汗に, 目を, 縁に, 見つけて, 近くあまたの, 近くの

1 [377件] あがって, あけて, あとから, あとで, あとを, あの子, あの方, いけない, いやに, うしろに, うち消す, おいでよ, おこるの, お城, お越しくださる, きた, こ, ここから, ここに, この恐怖政治, この母, ごほん, さきに, しめて, そこから, そこらの, その下, その小さな翼, その後で, その心, その機, その瀕死, その袂, そばに, そりを, つぶって, でかけて, とべつ, とカピ, どこか, どこへ, にいい, にいいつづけた, にいけなくなる, にいっそう, にいつも, にいま, にえ, にお, にかかる, にがっくり, にこうした, にこんど, にさ, にじくじく, にその, にそんな, につかまえる, にぬすん, にひき続い, にもう, にもできる, にやって来た, にカッ, にノビノビ, にヒステリー的, にピッタリ, にポン, に一枚, に三人, に五郎蔵, に仕事, に会おう, に作業, に例, に傍, に光, に冷笑, に出かける, に出る, に切り戸, に初める, に取りくずさなけれ, に口, に商, に坐っ, に変わった, に室, に寝, に寝床, に就職, に川風, に帰っ, に帰ろう, に床几, に引い, に引き抜いた, に弾正橋, に御所, に微行, に忙し, に思い直し, に息, に戻っ, に持っ, に指, に晩飯, に暮れ, に朝霧, に森蔭, に植込, に様子, に次, に歌, に止まった, に死ぬ, に消え, に涙ぐん, に無名, に現われ, に痩せた, に目ざめ, に目上, に真面目, に真顔, に眠り, に眼, に睡むそう, に移転, に立ちあがった, に第, に考えなおさず, に聞こえ, に胸, に腐っ, に腰, に自分, に蝋燭火, に裏, に裸, に見出され, に諦めます, に蹴とばされた, に迎い, に通り過ぎた, に違っ, に金, に閉ざさるる, に阿弥陀, に頭, に飛び去っ, に飛び揚がっ, に飛ん, に飽き, に黙っ, はいって, はじめられたの, ひきかえすん, ひっくり返されるに, べつな, ほかへ, まいります, みんなと, もどって, やってきます, やって来ますよ, やり直しつていう, ゆるやかに, わるくなる, スッと, バタ, ムチが, 一同を, 一波の, 三年後の, 三段隊が, 上げ潮へ, 上りますが, 上洛の, 上海へ, 下に, 下の, 下りて, 下を, 中から, 中国の, 中国女学生たちは, 乱を, 事務室に, 二階に, 二階へ, 会えようもの, 会えるじゃ, 会えるのね, 会おう, 何か, 何を, 使ったん, 停る, 元の, 先へ, 出かけて, 出掛けて, 出掛けるから, 出直して, 別の, 勝家の, 勤務に, 北進の, 南方の, 口を, 叫んだ, 右へ, 同じ京浜国道, 同じ口上, 同様に, 向うを, 向き直って, 向こうに, 向ふ, 君に, 味方と, 坐り直し玄関, 城門を, 声を, 夕食を, 夢を, 夢現の, 大きい花籠, 大臣の, 嫌悪と, 宙を, 寝ました, 寝るつもり, 寝床には, 寝所へ, 小声と, 居室に, 山崎へ, 岐阜の, 市に, 席を, 帰って, 帰りますが, 帰るもの, 帰陣し, 常識化し, 引き返して, 弥次馬が, 弱まって, 張順の, 役署からは, 彼は, 彼女の, 従卒に, 御帰途, 忘れて, 恭一の, 憂鬱に, 戦野に, 戦闘に, 戦陣には, 戸を, 披い, 播磨守へ, 新武器, 旅の, 日蔭の, 早駕籠, 晴れた, 晴れ晴れとして, 曇る, 本丸へ, 本陣を, 村の, 来て, 来ても, 来ますから, 東京に, 枕に, 椅子に, 横の, 次ぎに, 武士に, 毒舌の, 沖合の, 泣顔に, 消えさって, 消える鳴れ汽笛, 消されて, 涙を, 深川の, 清江に, 清洲へ, 湧き止む, 火が, 焼けちまうん, 熱心に, 生き飽いて, 登りかかる箇所, 眠りに, 眼は, 瞼を, 知られないうち, 石焼豆腐へ, 破けますね, 礼状を, 秀吉の, 私の, 穴の, 空を, 立ち上がって, 立ち停った, 竜泉寺の, 細工場の, 絵筆を, 絶え入ること幾度, 絶れ, 罅がは, 翌未明, 考えられて, 腕が, 腕ききの, 腰を, 自分を, 舟は, 船にか, 草履を, 落ちこむよう, 行かなくちゃ, 行くよ, 裏口へ, 補布を, 西下を, 見ること, 視線を, 視野を, 覗きに, 買いたくなるん, 走って, 起きて, 路地の, 軍を, 辞書に, 辻を, 近くに, 近くにも, 返書を, 追いかけて, 逆に, 進む, 遠のく, 還って, 重い鞄, 鈍く澱ん, 閉じるの, 降りて, 降ろすと, 陸路を, 階段を, 隙間を, 電話で, 静かに, 静に, 顔が, 風雲の, 飛び上つた瞬間, 飛出す始末, 食う, 食卓の, 飲みほした, 首を, 首領の, 駄目に, 高時の, 麓へ, 黒髪の

▼ また~ (370, 0.3%)

9 の心 6 の世 5 をし 4 を殺す 3 と人, と話, の知る

2 [26件] からそう, がこの, が傷, が来, が誰, が音楽, である, なり, による, に向っ, のこれ, の前, の口, の声, の手, の波, の生活, の目, の眼, の耳, の見ない, の頭, の魂, は自分, は革命家等, を入れ

1 [285件] からいえ, からもそういう, からもその, から借金, から先生, から失敗, から影響, から忘れられる, から損, から笑いもの, から笑われる, から聞かせ, から見物, が, がいつ, がたくさん, がない, がばか, が亡くなっ, が來, が元, が出, が切られ, が喜んでる, が地獄, が変っちゃったらしい, が居らない, が引い, が急病, が我が, が教える, が横, が病気見舞, が群, が自分, が自然, が蛇, が許し, が譏る, が通ろう, が違う, が集団的行動, だか, で充満, というもの, という生物, といふもの, としての全体, として尊く, として当然, と一つ, と和解, と喧嘩, と物, と討論, と話し, と話す, と語る, と議論, と連立っ, なつっこいとは, に, にあっ, にあわれまれ, にいささか, にからかわれる, にこれ, にさらわれ, にし, にすらせた, になにか, にみする, にも, にもその, にも云えぬ, にも実に, にも涙, にも説く, にも違った, にやる, によってあけび, によってはいかにも, によってはアケビ, によってはフィデルコ, によっては世間, によってゴウロ, によって言, によつて, によらず, により, にラビ, に与うる, に仕事, に任せ, に会, に依, に勝手, に勧められ, に厭かれる, に厳粛, に向かっ, に呼ばれ, に好かれる, に嫌われ, に対してしたくない, に対する悪意, に尋ね, に就い, に帰す, に引かるる, に忠告, に抜きん出, に接する, に教えた, に盗られ, に示す, に突き当る, に置き捨て, に耳, に聞かれ, に見られたくなかった, に見られる, に言えない, に話す, に話すべき, に誇らん, に語り得ない, に誤解, に貸し, に踏まれ, に辛し, に金, に雇われ, に頼まれた, のこころ, のこと, のしんぞう, のそれ, のたすけ, のため, のもと, の一人, の不審, の中, の予期, の企て, の伝, の体, の修養, の個性, の先, の内密, の告ぐる, の噂, の国, の多く, の大小, の天性, の天然, の夫人, の女, の姿, の子, の子供, の容貌, の屠殺, の師, の常, の幸福, の影, の性, の想像, の感覺, の文学, の昇降, の書, の望む, の死, の死に目, の為, の犬, の異なる, の神経, の移住, の精神, の老, の背, の華, の行動, の衣服, の見識, の視線, の親切, の言, の言う, の言葉, の言語, の話し声, の論文, の足音, の身心, の軒, の軽蔑, の近づかぬ, の遊楽, の道, の間, の頼み, の顔, の顔色, の香い, はおよそ, は一つ, は個人主義, は宗教, は私, は笑っ, は第, は靈界, もいない, もしくは女, も自分, や諸, よりも一倍, より忠告, より牧野老台, らしいが, をじろじろ, をその, をたずねない, をなつけ, をもっ, をもとがめません, をも欺かざるなり, をも超えた, をも食べさせ, をやっ, を不純, を五, を介し, を倦まさない, を動かし, を動かす, を十分威嚇, を威し, を射るごとき, を導い, を導く, を引き寄せ得られた, を待つ, を御, を怒らした, を怖, を思ふ, を慰めん, を担ぐ, を掻きわけ, を損ね, を斬っ, を斬りたくなった, を欺く, を殺します, を殺すべし, を毒する, を泣かせたでしょう, を漁る, を窒息, を笑わせ, を粘土, を脅かす, を見返す, を討たね, を誤る, を軽, を造る, を遣り, を陥るる, を雇っ, を騙さう, を驚かす, 待つ部屋, 怖がらせを, 殺す見えないお, 知れぬ反撥心, 知れぬ死

▼ またそう~ (364, 0.3%)

14 である 11 でなければ 9 であった 8 すること, だ, でもない, 信じて 7 では, でも 5 だった, なの, 思った 4 して, しなければ, なると, 思って

3 [11件] いって, かといっ, であったの, です, でないよう, でない場合, でなくては, なくては, なって, 考えること, 言って

2 [17件] かと云っ, しても, するの, であります, でなくても, でもしなけれ, とばかり判断, なければ, なったの, も思った, 云った, 云って, 呟いた, 思うと, 思っても, 思われても, 言った

1 [186件] あって, ありたいもの, あるの, あるべきが, あるべきだと, あるべきであるの, あるべき筈, あろうこと, いうて, いうの, いうのに, いわれてから, おしつけに, かとおもう, かと思え, かも知れない, させぬもの, させるよう, したからと, しては, してまで, してやるつもり, してやるの, しなくちゃ, します, しようと, じゃなかった, すてたもの, するにも, する必要, すれば, せずには, せねば, たいした身の上, だが, だし, だったの, だったらあと, だと, であったかも, であったという, であったらしい, であって, であってこそ, であっては, でありたいと, であるから, であるからと, であるが, であるそう, であると, であるに, であるの, であろう, であろうが, ですかと, でないと, でないとき, でないとも, でないらしくも, でない人, でない気性, でなくっちゃ, でなくとも, でなく妖怪, でなく思える点, でなく真実, でもし, でもないです, としかほか, とばかり信じ切っ, と思う, ながくつづく, なくとも, なったら君達, なってこそ, なっては, なっても, なりかかって, なり得ねば, なり得るもの, なるに, なるべきいろいろ, なるまでの, なん, なんで, にもならず, はならぬ, ばかり行かぬ, までにはなさらぬ, までにはならない, もできず, もなれ, も云った, も考え, も行かない, も言った, らしくも, 云いこんど, 云いわたしてから, 云うこと, 云うもの, 云う人, 云う大きな, 云う妹, 云う怖, 云う時, 云う現象, 云う臆病もの, 云ったけれども, 云っても, 云われては, 云われても, 他人に, 何も, 作太郎を, 信じたの, 働くこと, 僻んで, 努めるつもり, 努力する, 口に, 叫び少年, 叫ぶと, 呼ばれる, 呼びかけた, 執こく, 多くの, 多勢の, 大きな物, 大観し, 威張れた義理, 小声で, 怒鳴った, 思いたくも, 思いました, 思い出しました, 思うの, 思うらしくあるいは, 思うん, 思ったからこそ, 思ったに, 思ったので, 思ったらしく手, 思わずには, 思わせる資質, 思わないでは, 思われるの, 急に, 急には, 感ずること, 慌しい挨拶, 憎みをも, 早く知恵, 機智を, 気を, 疑うの, 真面目な, 知的の, 礼儀を, 答えざるを, 簡単に, 考えて, 考えるの, 考えるほか, 聞いただけ, 自認も, 苦しいとは, 行かなくなりましたわ, 見なくては, 見ること, 覚悟した, 解釈された, 言う不愉快, 言えば, 言ったよう, 言った男, 言われたため, 言われて, 訊くの, 認めるべきであると, 語って, 説明した, 軽々しく刀, 遽かに, 飛び歩かなければ

▼ また一人~ (363, 0.3%)

1510 の女 8 の男 6 出て 5 が云った 4 の娘 3 の子供, の老人, 続いて

2 [28件] がいう, がいった, がその, がそれ, が云, が傍, が同じ, で歩い, で立腹, と六人, と奪, と落伍, になっ, の侍, の少女, の折助, の掛り人, の日本, の男の子, の美女, の若者, の青年, は, また明晩, 来た, 死にましたぜ, 生れた, 立った

1 [250件] あらわれた, あり, あわてて, いた, いつのまにか闇黒, おとなしく銭勘定, かえる昼, かかって, があわただしく, がいいました, がいつた, がくすり, がさけびます, がさけんだ, がしみじみ, がたずねた, がま, がむくり, がやり出した, がストーブ, が一日, が乗り出した, が云い出した, が他, が冷かす, が列, が叫ぶ, が叫んだ, が呼びかけた, が岩, が工夫, が抗議, が捉, が朱, が白扇, が立ち上った, が罵った, が興る, が言, が言い出した, が言っ, が訊ねた, が走せ, が足, が追い縋った, が附け, が飛び, が飛び出し, が駈け出し, が麦藁帽, きったぞ, きて, この石川家, じくじくと, ずつべつに, そして第, そっと御門, その状貌, だけのけ者, だけ先, だぞ, だんだんあと, つづいた, でお, でおかしく, でこそこそ, でその, でそんな, でつけ, でぽつねんと, でもって暮らし, でも弟子, でやってき, でやって来た, でゆすぶり始めた, で上海, で両親, で大, で帰つて行, で帰りました, で帰朝, で心細い, で感, で東京, で楽し, で橇, で歸つて, で淋し, で登っ, で秋川家, で考えつづけた, で酒, で食堂, で飯, とおき, として其間, とても愛嬌, となつて月, と声, と奪い去られた, と次ぎ次ぎに, と追い追い, と顏, になりました, になる, の, のおじいさん, のお客, のこった, のこと, のこれ, ののらくら, のよい, のピコアゾー, の下僕, の事, の人間, の仲居, の佐官, の例外, の侍息, の兄, の六部, の刑事, の別, の加勢, の労働者, の勇者, の友人, の叫声, の坑夫, の変り者, の妖怪, の婦人, の子, の学生, の客, の小さい, の少年, の尼, の巡査, の店員, の弟, の従者, の指導者, の旅, の旅人, の旅人来, の昔, の時, の本多弥八郎正信, の法師, の犠牲, の生徒, の甥, の異, の給仕, の美人, の老, の者, の聖者, の芸妓, の若党, の覆面, の親しい, の跫音, の辻番, の通行人, の露西亜女, の露西亞女, の青白い, はあんまり, はさびしい, はすっと, はその, は伴, は例, は十八公麿, は大股, は幾日目, は旅行中宿屋, は昨日途中, は空, は英語, ふえた, ふえたから, ふえられては, へせわしなく, ぼッ, また一人, また三, まばゆいばかりな, もう一人, も帰らなかった, やってきた, やつて, やはり何, や二人, ようやく歩き始めた, わからないお方, をあざやか, をいつも, を加えた, を増し, を後ろ袈裟, を捉ら, を豪放, 入って, 入つて來, 出た, 加わったと, 加わり終, 取り残された, 叫びました, 同じよう, 同じ姿, 増すだけ, 大きな疑い, 小さいの, 少しとんま, 引返しました, 御主人, 戻り二人, 攫われて, 放り出されて, 斬った, 斬って, 斬られたと, 断りました, 来たよ, 来ました, 来り憩い汝, 死んで, 殖えたので, 殖える, 殺された, 殺しその, 殺すという, 殺った, 減り二人, 立ちました, 立つ擂粉木, 組みついた, 美しい娘, 貧しい友達, 連れて, 離れて, 飛び込んで, 飛ぶよう, 黒い衣

▼ またそこ~ (350, 0.3%)

8 にある 4 へ戻っ 3 いら, にいた, を出

2 [15件] から出, にいる, においてほど人情, につけ込ん, にはいろいろ, に到る, に特殊, の家, へ行く, へ行っ, へ行った, までいっ, までの通路, を出た, を色々

1 [299件] からというよう, からはなに一つ, からは新しい, からもんく, からも北山, からよそ, からワイシャツ, から一人, から下, から僅四, から千種万様, から南スマトラ, から地面, から女, から幾本目, から彷徨い出なけれ, から搬出, から改めて, から歩きました, から消え, から生れ, から生れる, から発生, から百メートル, から皇室, から腐り, から見続けた, から親鸞, から遠く, から部屋, から野菜, から離れ, から飛び出し, がかげる, が一番大切, が何とも, でこう, でこそ彼, でこそ怒り, では事實, では天吹, では頻々, でまったく, でも宋江, でも柱, でも特種料, でわっ, でコンクリート, で一, で一つ見当, で中, で二の句, で互いに, で停る, で呉, で多く, で悪事, で振り返っ, で新た, で盃, で眠った, で磊落, で立体的, で笑っ, で考えこんだ, で考え込んだ, で自分, で血ばしった, で起った, で躊躇おう, で躓いた, で酒, で風, で食う, で驚ろか, と交通, なる生ける魂, にあっ, にあった, にあり, にうずくまりました, におかれ, におられる, にか, にかれ, にこそ人間, にごろりと, にそう, にねそべっ, にはあの, にはある, にはいっ, にはこの, にはしかるべき, にはそこ, にはなにか, にははと, にはひとりでに, には一人, には一面, には人, には何, には全く, には別, には多少, には常陸方, には幅六尺, には彼, には恋人, には抱一, には抽象的, には深い, には特別, には着衣, には見えない, には退屈, にひとり, にへたへた, にべつ, にみなぎる, にもある, にもガラス, にも有る, にも熱, により, に一人, に一種, に云, に人生, に他, に住む, に住ん, に倒れ, に共通, に出, に出入り, に参籠, に同年輩, に在った, に在る, に夥しい, に大きな, に安住, に帰っ, に廿, に弱点, に彼ら, に心, に悩み, に憶測, に戸口, に扉, に描き出され, に文化, に施された, に日本文化, に昔, に来, に桎梏, に横, に止まっ, に武蔵画, に死ん, に民族的英雄, に気が付かなかった, に法水独特, に演劇, に現, に現れ, に現れる, に現われた, に目, に知らず, に石, に祈念, に神, に立っ, に終る, に自, に自然, に落ち, に蒐集, に蔵, に行く, に計画, に詣でし, に認識論そのもの, に跼んで, に転, に近い, に近く寄つて, に逍遙, に違, に鎮まる, に限定, に集った, に集まった, のお, のかみさん, のもの, の主人, の二階, の傾斜, の婢女, の学校, の寺, の従業員, の暗闇, の欅, の湊川小学校, の秘密, の秩序, の縁, の蜜豆, の豊麗, の辻, の門, の障子, はなんと, はよく, は活動小屋, は湿った, は色道, は見えない, は高い, へいっ, へくる, へすわり直した, へすわる, へだらし, へやってき, へやって来た, へやつ, へ一つ, へ俯伏, へ出, へ取って返し, へ四, へ因縁, へ坐った, へ坐りこん, へ坐りなおした, へ坐り込む, へ帰っ, へ帰りたい, へ引っ込ん, へ望み, へ来, へ来ました, へ流され, へ消え, へ納め, へ置き, へ考え, へ腰, へ舞い戻っ, へ行子, へ襲, へ訪ね, へ返っ, へ這いこんだ, へ這入っ, へ還っ, へ隠す, へ電話, までそこ, までつき合っ, までで, までの往き帰り秋草, まではいわず, までゆけ, まで修正, まで気, まで火, まで私, まで突っこんだ, まで至らしめない, まで行つて, まで論理, より少し, をとおし, を一刻, を動きだした, を去っ, を去りました, を歩み去った, を狙っ, を立っ, を落ちのびた, を行く, を西, を見抜い, を買, を足, を通った, を離れ, を飛び出し, を鹹湖, 締めてしも

▼ また~ (349, 0.3%)

44 る時 32 る者 21 時は 13 るとき, る人 12 るもの 11 る日 10 者は 7 る意味 6 人は 5 る晩 4 るは, る夜 3 る一人, る人々

2 [13件] る一部, る学者, る家, る朝, る点, る物, る種, る船, る頁, 器分即ち, 場合には, 女は, 物は

1 [135件] ときディオニシアスは, はさうである, ひは, ものは, る, るいみ, るところ, るフランス人, る一つ, る不安, る二百枚以上, る人たち, る人間的, る作品, る傾向, る処, る制限, る友人, る古く, る問題, る国, る場合, る場所, る夏, る多く, る夜私, る大きな, る大家, る婦人雑誌, る子供, る山, る島, る年, る幻覚, る店, る店屋, る性的生活, る患者等, る悲痛, る感情, る所, る手紙, る批評家, る折, る抱擁, る文章, る日わが家, る日川越し, る日彼, る日曜日, る日海上, る時代, る時店先, る時弟子, る時期, る有名, る朝高田馬場, る期間, る本, る極限, る楽屋, る模範村, る欠陥, る歴史上, る炭坑, る特別, る田舎, る疑惑, る痕跡, る秋, る空間, る統一, る英国人, る街, る評論家, る説に, る超越的, る身分, る連中, る部屋, る量, る雨, る音, る音韻, る魅力, る鵞鳥, る點, 一夏の, 事情が, 人たちが, 人にとっては, 人には, 人申しける, 冬万作が, 処の, 問も, 夕方女は, 夜非常に, 宵は, 意味に, 新聞社へ, 日この, 日すゞちやんを, 日の, 日来た, 日海, 日舅が, 時ある, 時には, 時万作が, 時健康状態で, 時分に, 時天皇遊行し, 時女王が, 時市中より, 時私の, 時積む, 晩私は, 本には, 村の, 条件の, 極端なる, 点より, 物が, 物を, 男は, 直覚論者は, 看護婦が, 程度まで, 若者が, 調和が, 論者は, 諸君よりは, 貴族が, 郵便局長は

▼ またここ~ (341, 0.2%)

9 へ来 7 へ帰っ 6 へ戻っ 4 に, へ来る 3 ではその, にいる, へもどっ, へやってくる, へ来た

2 [15件] から引き出され得る, では問題, で自分, で話, には, にひと, に一つ, に彼, に至っ, のお, へおいで, へ何, へ來, を出, を通る

1 [266件] からほか, からもっと, から何処, から多数, から家, から急, から未だ少し, から逆戻り, がそれほど, が安全, が徳川家, だけの秘語, で, であう, でいう, でいっそう, でいやらしい, でうるさい, でお目にかかる, でくりかえされ, でけたたましい, でこの, でこんな, でじいッ, でそっくり, でその, でどんでん返し, では利用, では博士, でもいつ, でもこう, でもそれ, でもまた, でもドゥーネチカ, でも同じ, でも問題, でも大事, でも感服, でも架空, でも泣かれ, でも異説, でも老母, でも腹, でも責任, でも釣り自慢, でも駈けだす, でよけい, でガラリ, でベッド, で一日, で一番自分, で人間, で会える, で何, で何者, で作られた, で作る, で俳句, で働い, で兵庫, で取り逃がしたなら, で同じ, で同時に, で喫茶店, で声, で大きな, で大勢, で大声, で失策つて, で引用, で待伏せ, で思い出し, で悲しまれる, で断わっ, で日影, で落ち合えます, で視野, で距離感, で辛い, で逢う, とは違った, と麓, にあった, にあります, にある, にあるべし, にいます, にお, において蹉, においで, におられる, におわす, にかの, にぐづ, にこれ, にできた, にのみ機械, にはその, にはまい, には割愛, には弥陀, には無名, には神棚, には霊妙, にひかえ, にほかならず, にも, にもあった, にもう, にも一ツ, にも一人, にも一団, にも無数, にも長居, にも降り, にエベネゼル, にラップ, に一大事, に一枝, に一考, に一論, に三年, に不思議, に人, に今度, に他, に住む, に例示, に供長家, に入る, に入れ, に出, に同じ, に咲いた, に在る, に天祐, に妾, に存する, に実父, に少し, に居, に差し迫った, に帰, に建てられぬ, に怪しい, に意味, に成る, に戦力, に戻っ, に戻る, に招かれ, に持っ, に掲げる, に改版, に来, に来かかりし, に死ん, に求めね, に溜っ, に生命, に着眼, に移さるる, に立て, に立とう, に縁, に置い, に聞く, に自分, に至る, に至れ, に興がる, に複写, に観察, に言う, に許された, に詣で, に語る, に論じ, に集る, に霊界, に黄祖, のみは庭園, のルクレチウス, の主人, の入口, の八幡宮, の北条家, の土, の地点, の場所, の家庭, の当主, の戦場, の抜穴, の生活, の空気, の端舟, の資金, の軒, の郷, の釣り舟, の長陣, の陣門, はいったい, はそういう, はその, はなんと, は不, は信忠, は尾根, は松尾, は江戸, は聞達, は自分, へおい, へかの, へつれ, への書状, へも, へも出, へも来る, へコンマ, へ一遍, へ会い, へ住む, へ入り込んだ, へ入るなら, へ入れる, へ出直し, へ取次, へ寄っ, へ帰る, へ攀じ登っ, へ散々, へ来い, へ来ねえ, へ来ます, へ突ッ, へ立ち寄ります, へ考え, へ舞い戻っ, へ訪ね, へ趙雲, へ迂回, ほど高, までつれ, までのいきさつ, までの山坂, までやりかけ, まで剋, まで押し, まで来, まで舞い戻っ, まで騎, も闇市, よりメキシコ湾, をい, をいかにも, をさまよい出で, を措い, を文章, を立ち, を見舞った, を逃げ出した, を通りかかっ, を遁

▼ またそんな~ (316, 0.2%)

53 ことを 16 事を 11 ことが, ことは 7 ものを 6 風に 3 ことで, ものが, ものに, 事は, 物を 2 お話なら, こと, ことの, ことも, 事が, 意味では, 暇も, 気が, 気に, 真似を

1 [177件] いひ掛りしまいまで, おとなの, かるはずみ, けち九郎兵衛が, こという, ことお, ことから, ことだろう, ことであろう, ことに, ことにまで, こと一つを, こと云つて厭ね, こと仰し, こと仰言った, ころの, ささやき声が, しおらしい年齢, つまらないこと, つまらないもの, つまらねえこと, でいて, でも, とこ, ところで, ところなぞへ, なかに, はしたないこと, ふうで, ふうな, ぺたつくような調子の, ほかの, むごい子ども殺し, むちゃな, もう言うまい, もったいね, ものだ, もので, ものであった, ものな, ものには, ものの, ものは, やわな, ような, よけいな, わからずやを, ゴシップを, 一種の, 一面が, 下品な, 不愉快は, 世話しない, 中でも, 乱暴な, 予想も, 事きく, 些事にも, 亡兆が, 人が, 人たちが, 人と, 人びとの, 人を, 人物の, 人間なら, 人間の, 仰山な, 伯父は, 例を, 俗習家に, 元気も, 入用も, 具合だった, 冷かしを, 処で, 勇気も, 原稿も, 古いこと, 哲学を, 問いを, 問題において, 喧嘩を, 噂が, 噂を, 圖を, 場合に, 夜に, 大怪我, 夫婦離れ離れの, 奴等の, 好い処, 妙な, 姿で, 娘を, 子供の, 守時でも, 宮司さまの, 帽子を, 建築物の, 弱音を, 形の, 役にも, 御厄介, 御意では, 御笑談, 必要も, 怖いもの, 恍惚の, 恰好で, 悪意は, 情けないこと, 惡い, 意味でなくっ, 愚かしい暴虐, 態度に, 慾張つたことを, 所だろう, 所を, 振られど, 政策によって, 文章に, 断片的な, 昨日の, 時代に, 時刻に, 歌を, 気は, 気も, 気力も, 気持ちは, 泣き言は, 渋いこと, 無茶を, 無謀な, 煩わしいこと, 熱は, 牛みたいに, 物に, 狂気じみた, 狐の, 理由も, 用事も, 異常な, 皮肉を, 眼の, 箆棒な, 簡単な, 考えを, 考え方は, 者を, 職業や, 自信を, 興味も, 蒼い顔, 薄情な, 街角を, 裏が, 親切な, 言葉が, 言葉では, 訂正を, 記憶が, 話が, 詳しい話なぞ, 貴い金, 贅沢, 輕い, 途方も, 遊蕩児に, 邪推を, 金を, 隙の, 隙を, 雅量を, 食物を, 駄目よ

▼ また~ (316, 0.2%)

25 あるまい 18 あろうか 6 あるもの 5 あるでしょうか, あるまいと 4 あらうか, あるか, あろうとは, この世に 3 ありません, あるだろうか, あるであろうか, あろうかと, 得がたい, 得られない機会, 得難い, 有之間敷, 無之候, 言ふ

2 [13件] あらうかと, あるだろうかと, あるもん, いっても, いふこと, びらを, まって, もって, 世の中に, 他に, 手に, 此世に, 還らむ

1 [185件] ありましょうか, ありますまいが, ありますまい然し, ありませんでした, あり得ること, あるだらうか, あるだらうかと, あるであらうか, あるでせうか, あるべくも, あるまいかと, あるまい刈られた毛, あるまい動物園, あるまじき名品, あるまじき重要, あるまじと, あるものぢ, あるわけ, あるバー, ある可, あれへん, あろうたア, あろうとも, あんなこ, いいなさって, いうと, いうわけ, いって, いないと, うちとめぬ, うるさく女王, おっしゃるの, おり一遍, お目, お目もじも, かえるすべ, かかる山, かせるべきもの, がったの, くいでも, こしへの, この世で, この世の中, この犬, ころがら容易, こんないい, ございましょうか, しちゃ, しつき飢ゑ, しよう, しらべなかった, その町, そんなよう, たくらむな, ためしが, できまい, ないで, ねえだろうよ, ねえん, びあがつて行く, びらは, ほかに, ぼけた面, ぼけた顔つき, ぼけて, ぼけるの, ぼけるよう, ぼとぼとつかれた, ぼとぼとのめり, ぼとぼと堤, ぼとぼと杖, ぼとぼと河原, めども, やってくるだろうか, んから, んきょう口を, んだ, んだり, んで, アカイアの, ツ組み合ひ, 世に, 世になから, 世間に, 久能は, 二つありゃしない, 二人いまい, 云っちゃ, 云つたつ, 云はれた, 云ふ, 五十四帖を, 使用される, 來ない, 優劣を, 再びお目にかかる, 再びこの, 再び世, 再び出会う, 再び大, 再び帰っ, 再び得られぬ, 再建する, 出て, 列王を, 卑しい愛嬌, 去っては, 取り返しの, 叱られる, 同じ事, 啼かうと, 外には, 居られようか, 帰らじ, 帰らない旅路, 延引さすべき, 彼は, 得がたい尊い心友, 得がたい機会, 得がたい良い得意先, 得がたき人形, 得られそう, 得られぬ, 得られぬ快い, 得難き宝玉, 得難き忠臣, 得難き記念標品, 御両親, 御座いましょうか, 忘れられないよう, 恨みを, 懷か, 戦争の, 持つまいに, 持てない一命, 有らうか, 有りや, 有るもの, 有ろうかと, 来ないだらう, 歸つて來ない, 歸り, 無いくらいに, 無いの, 無い上首尾, 無い処, 無い大, 無かつ, 無き夜, 爲し得ざる, 現場を, 生れて, 生れ得ない世, 申したいが, 申して, 眺められるだらうか, 称する二人, 稱する, 立ちあがりは, 立歸る, 立続け, 笑わなかった, 聴かれなくな, 菊を, 見たくは, 見られそう, 見られない味, 見られぬよう, 見られぬ真剣勝負, 見られまい, 見ること, 言って, 言つ, 言ひ残し, 誰も, 謂わっしゃるか, 足を, 近寄らうとも, 逃げ出す機会, 逃出す, 邂逅わ, 類が, 類の, 首に, 高徳は

▼ また彼女~ (316, 0.2%)

8 の心 5 の方 4 は彼, は私 3 がその, の肉体, はその, は自分, を愛し, を見 2 が平気, に会い, のこと, のため, のところ, のもと, の家, の店, は柚木

1 [259件] から一通, から嗤, から手紙, が, がいつも, がこの, がすべて, がぜん, がちょっと, がなぜ, がもう, がアンナ・セルゲーヴナ, が今, が体, が前, が剥い, が含月荘, が咲二, が妹, が家, が彼, が悔い改め, が意識的, が来る, が歌いさざめく, が死んだ, が眼, が短い, が私, が荘家, が表面, が駅, さえその, とし, との応対, との或, と共に, と同じ, と恒雄, と自分, と語っ, と隔てなく話す, に, にいつ, にとがむべ, にとっても, にとってもそう, にとつて, になく, にはなんとも, には一人, には不満, には他, には男やもめ, には異様, にひどく, にもそうした, によく, に会った, に再び, に取っ, に回復, に尋ねたい, に引ずられる, に惹きつけられ, に打ち明けたくっ, に援, に特有, に賠償, の, のいう, のいた, のいわゆる, のうち, のかくし切れない, のかすか, のかたわら, のそば, のたてる, のほしい, のものう, のやう, のやつれた, のりっぱ, の一切, の一生, の不幸, の中, の乳房, の亭主, の人となり, の今, の何, の作品, の信念, の健康, の側, の傍, の内心, の半生, の去った, の友, の口, の唇もと, の声, の変痴気趣味, の夜着, の夢, の妄想, の子供, の実力, の居間, の弾力, の心臓, の思う, の性格, の悔恨, の悶え, の愛, の拒絶, の椅子, の楚々たる, の歓心, の死, の気性, の泣き声, の熱い, の父親, の環境, の生き, の生れた, の生活, の癖, の知つて, の称讃, の空想, の笑, の笑い, の精神世界, の純真さ, の結婚後, の缺點, の習慣, の耳, の肩, の背, の腹の中, の若い, の苦しみ, の落書, の表情, の言, の言葉, の話, の趣味, の足早, の身の上, の過去, の醜, の金髪, の雑談, の頬, の頭, の顔, の髪, は, はあ, はあやまる, はある, はいかにじっと, はいつか道, はうやうやしく, はお, はかがみ込んだ, はこの, はこの間一人, はしきりに, はそれ, はだれ, はジル, はデパート, はドイツ, はドクトル・シャロック, はフラシ天, は二階, は云った, は今, は余計, は再び, は千葉, は向う, は呼び出された, は屡々, は彼女, は彼等, は思う, は思ひ返し, は恋しい, は感傷的, は扉, は既に, は時, は書架, は椅子, は殆, は氣, は浜辺, は滅多, は濡れた, は犬, は理性, は理解, は相, は立ち上がり足, は笑い出した, は素直, は美しい, は育ち, は腹, は自ら, は自分自身, は自殺, は言う, は読んだ, は貞淑善良, は賛辞, は身, は身内, は迷い始めた, へも, もそのまま, もそれ, もだれ, も彼, も明らか, も自分, も良人, をじらし始めた, をたずね, をながめ, をながめた, を前, を呼ぶ, を恐れ, を想いました, を慕っ, を救う, を新しい, を相手, を膝, を自分, を苦しめた, を見かけた, を見たくなった, を見られる, を迫害, を追いかけ, を追窮, を遊ばせる

▼ またもと~ (300, 0.2%)

42 のよう 12 のところ 9 の通り 8 の席 6 のとおり, の座, の静けさ 5 のごとく 4 の所, の道, の静寂 3 のやう, の人間, の闇

2 [15件] の, のまま, の人間界, の人魚, の位置, の古巣, の場所, の姿, の小屋, の座敷, の生活, の穴, の葛卷氏, の静かさ, へ戻した

1 [155件] からのサガリ居所, きた道を, きた道路, どほり, にもどっ, にもどる, に戻りまし, に返っ, のあやめ, のいす, のいつ, のうすぐらい, のお, のからだ, のくらやみ, のす, のすねた, のてんじょう, のまっ, のめくら, のショウバイ, のシーン, のチャブ台, のドア, のドイツ, のモクアミ, の一塊, の二階, の五人, の五条口, の人形, の人間自ら, の伊予橋, の伴大次郎, の体裁, の佗びしい我, の俗骨, の俺, の冷めたい, の処, の勝手口, の商売, の土橋, の埠頭, の堤草, の報知新聞記者, の塀, の墨, の夜番, の大きな, の姿勢, の客間, の室, の家, の小船, の山猿, の山路, の岩陰, の平静, の平面, の幽, の広々, の廃坑, の建物, の形, の彫像, の快適, の憂鬱, の持主, の方, の映写室, の暗い, の暗闇, の暗黒, の書斎, の月, の木蔭, の机, の村, の東通, の柴田勝家, の森, の椅子, の水亭, の沈黙, の清楚, の漢学, の狂人, の猜疑心, の獅子岩, の生れた, の田舎住居, の留置場, の百個, の百姓女, の石, の研究的態度, の磊落, の窮屈, の竜城, の箱, の純, の緊張, の腰掛け, の自, の自然, の興味, の芝生, の苦虫, の茶の間あたり, の藁束, の裁判所, の西洋館, の赤, の赤湾, の路次, の退屈, の通り枕, の通り横, の部屋, の野原, の鉢の子, の銀三, の銀行, の鍋, の鏃鍛冶, の鏡, の鐘, の陰気さ, の障子, の電車道, の青, の静か, の静平, の魔人, の黙然, はいい, はじじい, は乞食, は染物業, は純潔, へとん, へ入れ, へ向い, へ帰る, へ引っ込ん, へ引返した, へ戻り, へ棄て, へ歸つて來, へ返る, 来たほう, 来た小径, 来た道, 良人に

▼ またどこ~ (287, 0.2%)

8 からともなく 5 へ行っ 4 かへ出, かへ行っ 3 からかしました, へともなく 2 かでお, かへいっ, かへ出かけ, からか, からかかすか, の国

1 [248件] かあたし, かからはいっ, かしら日本, かそこ, かそんな, かであの, かであばれ, かでいきどまり, かでかなり, かではふと, かではわあ, かでぼうぼう, かでめぐり, かで丁半, かで七面鳥, かで会う, かで会える, かで出くわす, かで嗤, かで小鼓, かで廻り, かで新, かで新規蒔直, かで會, かで滝, かで狛笛, かで繋がれ, かで美しく, かで聞い, かで見た, かで逢う, かで酔いつぶれ, かで飲ん, かなあに僕, かにできた, かには月, かにひっかかっ, かにほっと, かに一寸, かに不満, かに人, かに引っかかっ, かに戸, かに潜ん, かに火星人, かに発見, かに聖教, かに行く, かに象, かに迷子, かに違った, かに食いつく, かのお, かのポケット, かの偽, かの劇場, かの古道具屋, かの子供, かの小, かの庭鳥, かの書塵, かの海上, かの牢, かの監獄, かの納屋, かの軒下, かの野ヅラ, かの飼い犬, かへ, かへあそび, かへいつ, かへおい, かへかき消え, かへか立ち去った, かへ入られるだろう, かへ出かけよう, かへ出たい, かへ出掛ける, かへ姿, かへ宿替え, かへ寄り道, かへ寄る, かへ寺宝, かへ帽子, かへ廻っ, かへ引っ越さなけれ, かへ引っ越し, かへ急い, かへ旅行, かへ流れ出, かへ消え, かへ甲羅, かへ移る, かへ立ち退い, かへ立っ, かへ行, かへ行っちまう, かへ転々, かへ逃げたい, かへ飛び去っ, かへ飛ん, かほか, からかのお, からかやれ, からかユダヤ人ども, からか一本, からか出, からか別, からか吹い, からか帰つて, からか手, からか現われ, からか現われた, からか竹ざお, からか聞きだし, からか酒菰, からこの, からどの, からも発見, から来る, から海水, から盜, かを踏みぬいた, かユダヤ人, か一処, か世界, か偉い, か剽きん, か吐雲斎, か外, か思はざる, か思わざる, か抜け, か深い, か物足りない, か自分, か裏店, か近く, か近所, か釘, がどう, がどんな, がよくっ, が悪い, が面白い, ぞ旅, ぞ長旅, でかは問題, でこれ以上, でその, でそんな, でどうして, でもかれ, でもその, でも見える, で得た, で稼ぎ出そう, といふこと, とどこ, ともなく, ともなく立ち去った, とも知れず飛び去っ, にあの, にありや, にい, にいよう, にお, にその, にでも新しい, にどんな, にもあるまい, にもす, にもその, にもそれ以上, にも他, にも止まらなかった, にも犯罪, にも病人, にも看, に人生, に私, に行っ, に隠れ, に高らか, のうち, のすき, の使者, の化物, の好事, の殿様, の猫, の社会, の繋, の谷, の部隊, へいく, へいらっし, へいらっしゃる, へかい, へかいらっしゃる, へか出, へか奉公, へか飛び去っ, へさして, へでも兵力, へでも自由, へとなく, へともなく消え去つた, へと暗, へなり, へも帰らない, へゆく, へ使おう, へ向かっ, へ帰る, へ旅立ち, へ行かず, へ行く, へ行こう, へ行った, へ行ったら, までうそ, までがデモクリトス, までもこい, までもと, までもとん, までも一つ, までも人生, までも優雅, までも普遍的, までも柔和, までも歩きつ, までも気苦労, までも関東, までも雪, までわれわれ, まで募っ, まで必要, まで漕い, まで自分, もかしこ, やらで, やらにただ, やらに小気味よき, やらに愛嬌, やら仄か, を内膳課, を歩い

▼ また~ (285, 0.2%)

43 の日 37 のよう 8 のやう 6 の年 4 のこと, の者 3 の代, の室, の小児, の晩, の部屋

2 [20件] から次, の, のなれ, の一作, の一室, の人, の夜, の如き, の如く, の山, の島, の店, の新しい, の時, の時代, の村, の水蒸気, の瞬間, の花, の駅

1 [128件] こそはゆゆしい, なる一本, なる張遼, なる敵艇, なる皿, なる連載, のが, のしげみ, のもの, のやつ, のイズム, のホクチ, のママ, の一か月, の一つ, の一偈, の一冊, の一册, の一句切り, の一山, の一廻り中, の一標, の一群れ, の一隊, の世, の丸薬, の二, の五十年後, の仕事, の使い, の便り, の信号, の停車場, の処, の出陣, の初心, の勝負, の原子弾炸裂音, の収穫, の受験, の命令, の喧嘩, の四隻, の土地, の声, の大, の大地, の子, の子供, の客, の家, の小石, の小説, の岩, の市, の式, の想卵, の戦, の戦争, の指令, の撥音, の文字, の新手, の日泊つた宿, の早馬, の晩電燈, の暁, の来る, の柱, の様, の機会, の檜葉, の死骸, の残った, の氣懸, の沃度フォルム, の河内, の浪, の炬燵, の点, の爆弾, の申付け, の男, の男の子, の町内, の発展, の発明, の目, の種蒔きの用意, の種類, の空想, の窓, の総, の繃帯, の背中, の胸突き, の自動車, の興味, の興行, の荒天, の角, の話, の調子, の車, の軌道, の軍用列車, の適当, の録音, の門, の関係, の階段, の電車, の震動, の音楽浴, の頁, の香づつみをひらく, の骰, の高い, の點, は弟, へ, へうつった, を探す, を読みつづける, 年度よりは, 弟の, 郎からは, 郎の

▼ また~ (278, 0.2%)

35 のよう 10 のところ 9 の場所, の通り 8 のやう 4 の所, の路 3 の位置, の椅子

2 [15件] に戻り, のごとく, のと, のとおり, の処女, の古巣, の席, の座, の根, の深い, の道, の静寂, の鞘, 寇の, 豊を

1 [163件] い戻ろうと, となり, となり明と, どおりに, どおりの, どおりぼやけ, どおり来, にかえった, にかえる, にかへる如く, にほろぼされた, に帰ろう, に戻し, に戻った, に返った, のあの, のお, のおっ, のお寺, のこの世, のぬくぬく, のほう, のまま, のみじめ, のポケット, のモクアミ, のリズム, の七, の中国人, の丸ビル前, の主人, の人形, の仕事, の住み, の備中熊山, の処, の原稿, の厠, の同じ, の哭き, の夕闇, の夢, の大洋, の天, の奥様, の如く, の如く落ち, の姿, の姿勢, の孤児, の室, の寂しい, の寿座, の小男, の局, の居間, の岸, の座敷, の座敷牢, の座蒲団, の弁天堂, の形, の応接室, の懐, の懐中, の懐手, の押入れ, の探偵小説, の旅易者, の日本, の明る, の時代, の暖炉, の暗黒, の書類, の机, の杢阿弥, の東, の枕, の枝, の梁, の梯子, の様, の水, の水司又市, の池, の沈黙, の河原, の派出所, の浮かぬ, の清澄, の漁村, の熊本藩主細川護成氏, の犬, の狐, の生活, の病人, の百姓, の百貨店, の真, の石垣, の神楽坂, の穴, の空隙, の窓際, の籠, の粗末, の糸, の経机, の緊張, の自分, の船首, の菊, の落著, の藤村家, の蟹江城, の許婚, の貧しい, の賤ヶ嶽, の輪郭, の通り口, の通り横, の通り電報, の通り音, の速度, の連隊, の闇, の陽気, の雪, の零, の霧, の静, の静けさ, の顔貌, の鮮, は, は人間, は右, は院, へもどりつし, へ完全, へ引返し, へ戻し, へ戻す, へ戻り始めた, へ返る, へ還っ, よりそのまま, より武辺, 亀天正以前の, 亨元年の, 來が, 寛君の, 帝が, 慶二年には, 暦二年の, 来た方, 来た道, 桶の, 気づきました, 氣よく, 氣を, 贇の

▼ また~ (266, 0.2%)

6 のごとく 5 の, の通り 4 のお, の如く 3 によって例, の手, の男, の癖

2 [13件] によって庭, のよう, の三百, の下駄, の八五郎, の坂井, の堀田, の御定, の活動写真, の病気, の芝居, の若者, の調子

1 [204件] になっ, になつ, になります, によっての御定, によって井戸端会議, によって少し, によって徳さん, によって満州国, によって耕書堂, によって蘇峰, によって見当違い, によって足, によって非常, によつて二三ヶ所, によつて学校教育, により物足りなかっ, のあの, のいたずら, のいまわしい, のおしゃべり, のおどしだ, のおなか, のお前, のお喋り, のお気に入り, のお父さん, のかわいい, のぐらいで土地, のこと, のご, のせんさく好き, のとおり, のとおり無口, のにっと, のひ, のひょうきん者, のふしぎ, のぼんやり, のもの, のものぐさ, のやう, のやつ, のわめきだった, のわる, のアトリエ, のアルベルツス・マグヌス, のクリーム色, のシャワー, のヒステリー, のプラトニック, のポンプ, のルンペン君, のロマンチック, の三つ, の三郎, の不愉快, の与八, の事, の二人, の二等室, の亜欧堂風, の人物, の件, の余計, の倉庫, の兄, の兵部, の写実主義者, の冷たい, の出鱈目, の剃刀, の副官, の化物畠, の北見博士, の千両, の厭, の口, の可憐, の呪文, の呼びかけ, の商売, の喘息, の執拗, の声, の夏, の外人, の多代子さん, の大きな, の大蔵大臣, の太陽, の奴等, の好奇, の好奇心満足主義, の姙娠, の子供, の学校, の官女, の室, の宦官ども, の家相, の小, の小さな, の岩, の平, の廻り, の弟, の張りつめ, の役人連中, の往來, の御, の微笑, の心, の性悪, の怪しげ, の怪音, の恋歌, の悟り, の悪ふざけ, の意地わる, の感傷, の慰め文句, の成駒屋, の我, の所, の手段, の折檻, の持病, の放心癖, の日, の日参, の木, の殺人狂, の殿, の沼, の沼地, の泥臭い生温, の瀬戸物, の火事, の無茶苦茶, の父一流, の片隅, の物凄い, の物知り, の物置, の珍本, の甲虫, の画, の疑問, の病, の病い, の発作, の白い, の百人一首, の皮肉, の眼玉, の知覚, の神算鬼謀, の福本日南, の秘密政治, の笑い, の筆法, の紳士, の縮れた, の老婆, の聖書, の脳貧血, の芸当, の茶番, の荒い, の荷物, の蕎麦屋, の衝撃, の袴, の誤り, の論法, の謎, の貴族, の身贔負, の軍部パンフレット, の通り系図, の通り長湯, の連中, の道庵先生, の遲, の醒ヶ井側, の金杉, の針金, の鏡像, の門亡者, の関東切つて, の陰氣, の雪, の雪路, の青, の青筋, の青虫, の頑固, の頭巾, の魔雲, の鳥, の鹿ヶ谷, へその, をもつ, を変えね

▼ また~ (264, 0.2%)

12 の中 9 の奥 8 を越え 3 がある, の山城, の間, を踰

2 [14件] ある方, だ, にかこまれた, に九曲, に入った, の姿, の家, の小屋, の山城川, の方, の近く, の道, の高み, をこえ

1 [195件] あひ, かい, からもいろいろ, から下り, から農作, から鬼怒沼山あたり, か野原, が, があつ, がつづい, がつづく, が両方, が目路, が見えた, が赤く, が重っ, が重なる, が重畳, が阻め, じゃございません, そして屋根, だが, であらゆる, である, である浅間, でございまして, ですね, でその, ではおいしげる, でりょうをなさるのがそれはそれはお得意, で春, で泊る, で草, で街道, で非常, という言葉, という風景, と云, と山, と言え, と谷川, にかかった, にかこまれ, にさり, についてもいう, には悉く, にゆけ, に働く, に充てる, に入ります, に入り来, に向っ, に外, に帰っ, に帰った, に引きかえし, に柴刈り, に沿う, に登る, に相当, に真っ赤, に精しい, に聞く, に行きはじめた, に近づいた, に降った, に離れ, に駈登っ, に鳴い, のあなた, のえんえん, のおばさん, のさくら, のつらなり, のはや, のふもと, のみどり, のやう, のよう, の信心, の僻村, の匂, の北部内地, の名, の地方, の声, の大, の如く横たわっ, の娘, の子, の山続き, の山路, の折り重なった, の新鮮, の景観, の林, の深い, の深く, の炉辺, の獣, の生活, の甲斐, の秘奥, の空, の自然, の舊道, の芽ぶく, の荒くれ, の行きずり, の記事, の辺境, の連続, の遠く, の重なる, の重畳, の鐘, の長い, の間道, の難, の難路, の難路退却, の雪, の青, の青葉, の音響, の頂上, の頭, の風景, の高原地, の麓, の黒っぽい, は, は中, は冬, は加能越三ヵ国, は当然, ばかり, ばかり山嶽重畳, へお, へてつだい, へはいった, へやっ, へ往, へ戻っ, へ戻らせる, へ歸, へ登っ, へ続く, へ行きます, へ行っ, へ返った, へ追, また山, も, も墨一色, も挙げてない, も東, や原野, や森, や海, をお, をおこえな, をおり, をわけ, を下っ, を下らね, を下り, を下りはじめた, を下りました, を伝い, を山, を引っ掻く, を捜し求め, を攀じ, を登り, を荒し, を見た, を見る, を越える, を越した, を越したら, を跋渉, を踏み越え, を迂回, を遥, を降っ, を降り始めた, を除雪, を震, 之助, 之助さん, 多きイトウメー, 次第に峰, 皆松并雜木, 直ぐ前

▼ また少し~ (259, 0.2%)

3 行くと

2 [15件] おくれて, たつと, ばかり変っ, もその, 別な, 歩いては, 気が, 眉毛を, 経つと, 綺麗過ぎました, 考へ, 行って, 行っては, 遅くなる, 間を

1 [226件] あがったし, お出でなすっ, お加減, お悪い, お歩き, お話いたしませう, かえて, きげん, ぐらい感じ, ぐらい熱, こみ入って, さびしくなった, さびしくも, しか歩い, ずついろいろ, ずつかげりはじめた, ずつしかし, ずつずれ, ずつその, ずつで, ずつの作りかえ, ずつ仕事, ずつ冴え, ずつ前, ずつ成長, ずつ混ぜ, ずつ色調, ずつ足, そばへ, ちがいまする, ちがった場所, ちがった感覚, ちがった方面, つ, つめ寄っ, づつこの顔から, づつなら健康劑にな, づつ考へ, でい, では, でも人, でも他, でも戦が休む, でも自分, でも自己弁解, に, のあいだ急, のん, の先, の牛乳, の自慢, の論證, の重み, の風, はいい, は同情, は天文, は怖い, は時世論, は気, は気味, は無理, は眼, は自分, は詩, は違った, ばかりちがっ, ばかり動揺, ばかり喋舌, ばかり後, ばかり後ろ, ばかり萱, ばかり退り, ばかり食べ, ほらを, むくんで, もおのれ, もそんな, ものを, もトゥールヌフォール, も不思議, も似, も出られない, も厭わしく, も変らない, も後, も悔い, も母, も良く, も變ら, も音, も音響, も顧慮, ゃアそこで, コジれだし, 上手の, 下ったけれども, 下って, 下りると, 下ると, 不安に, 二の足を, 休んで, 休息する, 会ひたいと, 低く三四声, 低く降りすぎた, 働いて, 出て, 分別が, 別の, 前に, 前の, 力を, 動き出したかと, 北へ, 反対し, 命も, 土を, 城下の, 増した, 増して, 変って, 変てこに, 好くない, 寒くなった, 寒さ, 寒気が, 小さい字, 小さく枕半弓, 小説を, 山を, 引いて, 強く降り出し, 後から, 後ずさり気味, 後廻しに, 後退した, 御安値, 御病気, 御面倒, 心持が, 忙しくなった, 念入りの, 怪しいらしい, 怪しくなり, 感の, 戻って, 持って, 接近した, 昇つた, 時間が, 暗くなる, 書きすすめて, 来た夜, 来て, 枕の, 極端な, 歩いて, 歩きますと, 歩くと, 歪む, 歯が, 残って, 気の毒に, 気分の, 煮て, 煮ます, 燻しましょうか, 物騒に, 疑問です, 痩せましたけど, 登って, 白髪が, 目を, 程經て, 種類が, 突き込んで, 簡單で, 経ってから, 続いた, 考えさせられたこと, 考えて, 考へるやう, 耳が, 胡散そう, 胸が, 脱線では, 膿み出したまでの, 自慢に, 興を, 落ち着いて, 蒸して, 行つては, 褒めて, 見ない間, 話が, 話しこんで, 話して, 読みつづける, 調子づいたと, 變つた, 變つてゐた, 變ツた, 起き上がる王, 趣の, 足を, 躊躇しかけた, 這い登って, 進んで, 遅れたので, 違って, 酒を, 重々しげ, 野原が, 長く起き, 降つて來, 隔て, 離れた所, 離れた斜面, 頭が, 風が, 飲んで, 驚いた, 驚きました, 高い

▼ また~ (249, 0.2%)

7 變な 6 多数の 5 へんな 3 なり, 地震が

2 [13件] いそぎで, なるかな, なるもの, 多数を以て, 欠伸を, 膽に, 自然の, 蝶へ, 變です, 變に, 部分の, 酒を, 騒動に

1 [199件] あらしの, あわてに, いびきを, けなことばツ, さわぎです, さわぎに, ぜい, そうお, そうそれ, そうよい, それた百両, たぐさ, ていは, ならず, ならずや, なりと, なる便利, なる労働需要, なる危険, なる土地資源, なる常識, なる意味, なる愚者, なる損害, なる池, なる満足, なる疑問, なる経験, なる美点, なる肥沃度, なる誤り, なる輿論, にその, に信じ, に其当, に厚意, に吾人, に山容, に敬服, に柔らか, に注意, に然, に短縮せり, に称賛, に論理的, に體大, の交際嫌, の貧窮, ひなる感化, ひに, びらに, へんだった, へんだろう, へんに, へん月が, まごつき, トランクを, 事件が, 事件だ, 事件を, 仕事を, 先生に, 先輩の, 公爵が, 六の, 円形の, 凶作の, 利根を, 劇場を, 功名を, 危機とも, 厦高楼を, 受け, 古墳の, 叱言, 否定である, 吹雪に, 唐田という, 喜びを, 喝采, 喧嘩は, 喧嘩を, 嘗きこしめす, 噴火が, 地主だ, 地主の, 地震で, 地震でも, 地震によって, 地震による, 地震も, 地震後の, 地震落雷など, 坂にも, 坂の, 塔の, 変化を, 外套を, 多数に, 天使が, 太法師とも, 失敗を, 奮発で, 婚式記念郵便切手の, 学者たるべき, 宇宙をも, 宝二年の, 宮司の, 審問官が, 将家からも, 将軍である, 山津見の, 川端の, 床の, 庭園なら, 彦の, 思想を, 怪我を, 恥辱である, 恩を, 悦びで, 懸りに, 成功さ, 掃除ほど, 政治家でなく, 日本史大系などにも, 日本正義党か, 村田伝内は, 東亜の, 歌所の, 歴史家に, 殿様が, 殿様には, 毘古の, 氣中に, 江沢に, 洪水によって, 洪水の, 洪水を, 海軍を, 混乱に, 演説会という, 激昂の, 火事が, 火鉢の, 熱を, 爆発を, 爆音, 町人の, 監督神学博士の, 眞面目に, 真面目に, 眼とも, 祈祷会である, 笑ひ, 笑暫し, 笹の, 納言光貞卿の, 納言光貞卿は, 結, 縮尻を, 繁昌であった, 聲に, 自然だ, 自然をも, 菩薩行の, 蔵屋敷の, 虚の, 蛾が, 蟻が, 規模な, 規模の, 規模地震の, 親分の, 觀すれ, 評判であろう, 試験が, 誤謬である, 講堂や, 變で, 變よく, 變出んだ, 豪傑で, 迂回し, 部隊の, 都督陸遜, 量的な, 金儲けと, 鏡も, 陽より, 雷雨で, 音を, 頭痛中に, 馬鹿先生の, 駆けに, 駈けサッとふたたび, 騒動が, 騷動にな, 高の

▼ またこんな~ (235, 0.2%)

33 ことを 21 ことも 9 話も 6 ことが 5 ところに, 事も, 事を 4 ことで 3 ことに, 考えが

2 [14件] いい時候, ところで, ところへ, ふうに, 事が, 処へ, 悪い陽気, 機会が, 言葉も, 記事を, 話を, 部屋には, 風に, 馬鹿な

1 [113件] ありさ, いやな, おかしい話, ぐうたらな, こという, ささやかな, たびごとには, とこで, ところから, ところにと, ところまで, ところも, のも, はしたない声, ふうな, べろべろいや, ものから, やっかいな, ように, チッポケな, ラジオが, ワックスを, 一説も, 不思議を, 世界を, 九州くんだりへ, 事に, 人おどし, 人垣を, 人間も, 会話を, 例も, 処に, 処へも, 出来事も, 化物が, 口小言を, 句が, 命令が, 品を, 問答を, 噂でも, 土地に, 場合に際しても, 場合も, 大戰爭, 奇妙な, 妖しく美しく青春, 嬉しい里, 家は, 山奥に, 山村に, 島だ, 嵐の, 年齢で, 広い馬場, 形の, 恐怖え, 悪戯を, 悲惨な, 意地惡を, 所で, 所に, 所へ, 所まで, 手紙を, 扱ひ, 挨拶が, 文字が, 新遊戯術, 旅先で, 日に, 明るい気さく, 昔話の, 本を, 歌が, 歌も, 毒々しい花, 気味の, 気障, 洒落た古, 海が, 混濁の, 温泉を, 無愛想な, 物を, 物語を, 甘い雑録, 田舎へ, 男の, 疑ひが, 皮肉を, 相談に, 石を, 石片の, 罪を, 蔭口を, 處へ, 謀叛人の, 趣意不明なる, 足跡を, 道を, 都合の, 長たらしい意見手紙, 間違いの, 降るなか, 際に, 雨降りに, 雷同的な, 風で, 風な, 風にも, 骨折が

▼ また~ (233, 0.2%)

8 のよう 4 になっ 3 にし, の世, もなお 2 では自分, となっ, のところ, の京都, の場合, の自分, 松は

1 [198件] いう斎藤父子, いつも難しい, うった弾丸, から一〇〇年以前, から五, から先, から屈伸法, この大空艇, じぶん急, そんなこと, だって一人, だつて, であるところ, ではその, では利得主義, では資本家, では金銭, でもそこ, でもその, でもできる, でもまだ, でも人々, でも感, でも接触, でも覗く, でも貰っ, とおなじ, とりかかって, とりつつ, と昔, ないに, なおきわめて, なお人類未知, なお剣, なほ昔の, に徳川, のいわゆる, のびのびと, のほど, のま, のまま, のやう, のアイヌ, のゼリー, のロシア, のワルトン, の世にも, の世事, の世界, の世相, の人たち, の伽藍, の侍従長, の判断, の千鶴子, の厭, の境遇, の姑達, の学者, の山木元吉, の我が, の所天, の教育, の文学者連中, の日本画, の旧, の時節, の最も, の朋友, の本陣, の残った, の洋学者流, の混沌, の物理, の物理学, の矢代, の若い, の荒城, の葉石, の辛い, の近代嬢, はお, はおの, はその, はそれほど, はのっぴき, は一戸, は党籍, は入る, は全く, は再び, は動かぬ, は医師, は如何なる, は学校, は宿, は導流柵, は廃墟, は志毘, は文字どおり疾風迅雷, は略する, は絶えたる, は間人, までうち, までから私, までつぎこんだ, までとおなじ, までとても, までどおり, までに比べ, までに読んだ, までのよう, までの合戦, までの教育, までの格闘, までの自分, までの話, まではまだ, までは目上, までよりは一そう公平, までよりもっと, まで以上, まで全く, まで其等, まで大きかっ, まで彼, まで晴朗, まで発見, まで知らなかった, まで経, まで考へた, まで芝居, まで見た, まで試された, まで通り一切手紙, まで食気, もって, もである, もまだ, も九州, も古ぼけ, も同じ, も多く, も存する, も尚, も白状, も聽, も路傍, やり過ごした冬, よりは芸術的好尚, よりも思いきった, より三十年前, より五十二年前, わざわざ竹見, を去る, パールとか, 一度背負わされ, 三人の, 世界に, 云つた聖人の, 初めてこんな, 囘の, 囘樺太に, 大坂城, 大野村に, 始まった症状, 少し方針, 少し根気, 帰って, 引証したる, 悶えの, 我が春秋, 手伝って, 既にこの, 明るかった, 松という, 松も, 樣の, 残り餌を, 法界坊の, 物語から, 現にある, 現に歩い, 現在の, 監獄に, 直ぐ默つて, 直に饂飩饗つて, 競って, 考えずには, 見た姿, 見る土竈, 見る顔, 迄の, 迄の所, 迄の目覚めなかった, 迄何, 述べたフィゾー, 非常な

▼ また~ (232, 0.2%)

4 邪魔に 3 厄介に, 相談に, 縁が, 自身の 2 出掛です, 常の, 当家の, 自身は, 迷惑を

1 [206件] せらるる事, ところの, ところへ, ところ方に, ゆっくりね, りょうけんもおありになりはしないかと, 一家の, 一族あまさぬ, 一緒に, 丁寧にも, 下問にも, 世話を, 両所には, 両親様の, 主人が, 主人の, 主君への, 主君へも, 二方の, 互に認め合わなけれ, 亭とも, 亭主の, 亭主殿を, 仕官の, 代りを, 令嬢と, 使い道が, 使用の, 修法を, 傾きと, 兄君孫策様の, 典医を, 再考も, 出で下さい, 出下すつたさうでしたが, 出府で, 出陣か, 出陣ください, 別宅の, 勅使が, 勉強, 厄介で, 厄介を, 厚志は, 友達の, 同情も, 同意を, 同様, 同様に, 同輩の, 善鬼様などと, 器用でいらっしゃる, 嚢を, 在宅の, 城代公用方の, 城内への, 城門まで, 夏さんを, 大典の, 奉公だろう, 奉公の, 好きな, 好意を, 姉宮に, 嫁に, 子息たちをも, 子息の, 守護の, 定例に, 定番の, 宝物の, 客が, 客に, 客様だ, 客様など, 家来の, 家来衆が, 家来衆に, 寄, 寄り, 寺へ, 小人五人御, 希望なら, 年齡も, 広大崩れた, 弟子達の, 当人たちも, 当人も, 当家へも, 後室さまは, 從者の, 心証を, 心配な, 志の, 意見を, 所内の, 手本と, 承知の, 承知のと, 承知を, 承諾さへ, 抗弁に, 持病が, 挨拶だ, 支援を, 政治の, 旗は, 普請でも, 暇を, 本かい, 本を, 本人が, 本尊十羅刹に, 本心から, 林軍の, 案内だ, 機嫌が, 機嫌だ, 機嫌に, 機嫌の, 機嫌ようの, 機嫌を, 機嫌伺いに, 正月らしい, 歴々の, 母さんに, 母様に, 気性の, 気色を, 燈明の, 父さんの, 爺さんも, 猟以来ご, 用事でも, 用人を, 異存これある, 発向の, 百度を, 目にか, 相談, 相談します, 相談する, 相談だ, 相談を, 相談事が, 眼の, 着の, 短刀をも, 祖神社に, 神燈を, 神籤を, 神馬なんかに, 米と, 米の, 紹介し, 維新後の, 縫さんの, 署名入りの, 老中の, 老台その他十名ほどの, 老女様にも, 自分の, 自分は, 自分を, 舎弟の, 舎弟様付と, 舎弟紋之, 苦難に, 藤さんという, 褒美かな, 襲職以来伊勢内外宮を, 親切な, 親切に, 訪問を, 評議に, 話を, 説法です, 諱の, 質素の, 贔屓に, 身分を, 車の, 軍も, 辺の, 運の, 遠慮された, 遺族がたには, 遺族の, 部屋住の, 重役方に, 重役方も, 金でも, 長子の, 陳述の, 隠家, 隠居させる, 隠居様の, 隣の, 隱居樣の, 音聲まで, 領主なる, 領内の, 食事を, 鬘に, 鬮なども, 鶏を

▼ また~ (232, 0.2%)

4 だつて 3 か, か来た 2 かが云った, かその, からともなく, か駆け, が見, も彼, も自分, を憎む

1 [206件] いうと, かある, かお参り, かが, かがいった, かがこんな, かがその, かがそれ, かがやって来る, かがジャマ, かが來, かが呼びかける, かが怒鳴った, かが此処, かが私, かが結婚式, かが風, かこれ, かたずね, かといっしょ, かと朝っぱら, かと結婚, かと間違, かにうんと, かにそれ, かに取り縋っ, かに合図, かに売る, かに好意, かに密告, かに引廻, かに持っ, かに捉, かに気づかれ, かに盗み出され, かに見つめられ, かに貰っ, かのところ, かのボオイ, かの笑み, かの血, かの論文中, かの足元, かの餓鬼, かほか, かもっと確り, かもつと, かやって来た, かやられた, かよこす, からでも愛される, からと云う, からも好かれ, から怨まれる, かわからぬ, かわざわざ, かを, かを取捉えてる, かを殺す, かを非難, かウロウロ, か二人家, か今夜, か他人, か作者好き, か台所, か呑ん, か呼び, か呼ぶ, か地元, か妙, か始終, か居, か引っ張っ, か徳島城, か意外, か我, か戦争, か扉, か持ッ, か殺し, か泊り客, か洗面所, か物好き, か聞い, か聞えた, か腹, か臨時, か芳公, か陣幕, か餌, が, があんな, がお前, がこの, がご, がそういう, がやる, が云おう, が何ん, が何時のまに, が司令官, が告げた, が天才, が尋ね, が感じなかった, が持っ, が自分, が芥川, が見ない, が言い出した, が防ぎ得よう, しもが疑問, ぞ来た, ぞ来ました, ぞ死んだ, だってそれ, だって彼ら, でもが迂闊, でも一々, でも刀剣, でも外国, でも実行, でも忍びやか, でも日本, でも読む, でも食慾, とてこんな, とて變ら, とでも一緒, とどんな, とはなす, とも話, とエレーナ, と契らん, と誰, なりや我等汝, にか告げん, にか罵られた, にした, にたのむべき, にだってでき, にでも出来る, にということ, にともなく, にも, にもそれ, にも信頼, にも疵, にも真似, によって描かれた, にわかっ, に向っ, に対して, に憚, に我がこの, に聞いた, に話し, の仕業, の作った, の国, の姿, の罪, の部隊, もいない, もお客さん, もがわが, もが全く, もこの, もこれ, もそうした, もなん, もわたし, も外, も怪しまない, も来なかつた, も知る, も私, も見, やらがや, やらが入っ, やらが咳払, やらが声, やらが愚痴ッ, やらが慌て, やらが真面目さうに云, やら得体, よりも大きな, よりも小寺政職, より深く, より高い, れか, れと共に, れにも, れも, れを, をし, をたのむべき, をでも赦したかった, をとがむべ, をセント・ジヨーン, を憎み, を有罪, を見, を頼むべき, 刈るとも

▼ また新しい~ (228, 0.2%)

6 のを 5 驚きに 3 涙が, 涙に, 涙を

2 [18件] どんな事件, のが, ものが, ものを, マッチを, 一つの, 問題を, 噂が, 女に, 当惑に, 感動を, 煙草に, 疑問が, 縁談を, 職業を, 話題で, 面が, 首が

1 [172件] ことに, ぼうけ, もので, ものについても, ものの, もの新しい, やりかた, テープを, マッチに, リアリズムに対する, 一人を, 一戦法を, 一日の, 一杯が, 一棟が, 一組の, 三年生の, 上り坂に, 上衣を, 不仕合, 不安を, 不安をも, 不正を, 世帯の, 事件を, 人工原子かも, 人物の, 今日の, 仕事が, 侵入者が, 借金を, 傑作が, 光栄の, 入牢が, 冬が, 出来事が, 刑事が, 別の, 刺戟を, 創造の, 力で, 危機が, 古典人を, 名物に, 問題に, 図案の, 土地を, 地が, 執着, 執着を, 報告か, 報告の, 大きな謎, 女を, 婦人の, 客が, 客たちの, 家庭の, 小説を, 局面を, 工夫を, 帆が, 希望を, 年を, 店が, 弾力が, 形で, 心の, 心持の, 心配が, 思想が, 恐怖が, 悲しみに, 悲しみを, 情報を, 情熱を, 意味を, 愛を, 愛人を, 感じが, 憤りが, 憤りさえ, 戦争を, 拍手の, 探偵の, 握り飯が, 效果が, 方面を, 旅に, 昔の, 春が, 智恵が, 朗み, 木の, 杯を, 枯草の, 柳の, 根を, 根拠によって, 根據によ, 案が, 森が, 機運が, 死人の, 水を, 汽車に, 泪を, 活動を, 活気の, 港に, 湯を, 災厄が, 焔が, 煙が, 煩悶とな, 物思いを, 現實, 生活に, 生活の, 生活への, 生活も, 生活を, 生活源泉が, 画絹の, 畑に, 番附を, 疑問も, 病が, 痛みを, 発見を, 皇帝が, 目的地へ, 箸を, 精力を, 紅絹の, 紙包みが, 組合せを, 経験を, 結婚を, 緘黙, 線香に, 羅宇竹を, 老人いじめの, 職制の, 腹巻襦袢縞脚絆すべて垢一つない, 船隊を, 色が, 芝生が, 花環を, 花瓶が, 苦労でも, 苦労も, 草を, 薬も, 血潮が, 行くて, 証拠が, 試験です, 話題が, 語彙を, 論文集を, 資料が, 道徳や, 都府と, 重職の, 鍵の, 開墾地に, 青雲を, 面倒が, 驚きを, 鳥打帽と, 黒船と

▼ また~ (223, 0.2%)

9 を閉じ, を閉じた 8 を伏せ 7 の前 6 を伏せた 5 をつぶっ, をつむった, を開いた 4 をそら, をそらし, をつぶった, を開け 3 をやった, を上げ, を転じ, を閉ぢ, を開い

2 [16件] がしら, で笑った, に見える, の下, の中, をさまし, をそらした, をつぶつて, をつぶりました, をつぶる, をつむっ, をぬぐった, を見開きました, を醒す, を開きました, を開く

1 [106件] かくし, がくらみ, がさめ, がさめました, がちらつい, がまわっ, が据, が昏, が狂った, が現われ, が痛み出し, が良かっ, が見えなくなった, が見えなくなり, が見えぬ, が覚めた, が醒め, で見る, とづれば, と眼, にうつり, にかど, にしみ, にふくむ, に見え, のあたり死, のぎょろりと, のくり玉, のぱつちりした娘さん, のふち, のまえ, のまわり, の玉, の皮, の縁, の色, もとまらぬ, も及ばない, も良い, や鼻, をあいた, をあき, をあけ, をあけた, をあける, をうるまし, をおちつかなく動かし, をかへし, をきらめかせ, をくるくる, をこすっ, をさまされた, をそばめた, をそらさず, をそらす, をつぶろう, をつむり, をとじ, をとぢ, をぱちくり, をぱちりと, をふさい, をふせ, をみはっ, をもと, をやつ, をクリクリ, を乱さぬ, を伏せました, を俯せた, を刺す, を剥いた, を双眼鏡, を向う, を地上, を地面, を庭, を庭園, を押え, を拭いた, を挙げ, を楽, を潰, を牡蠣船, を眠っ, を瞑つ, を紙, を落し, を蒼白い, を見交わし, を見張った, を見開いた, を覚した, を覚まさせまい, を覚ます, を覚ますだろう, を輝かせ, を閉, を閉じました, を閉じる, を開かなけれ, を開けた, を階下, 差す讐敵, 立つこと, 覆して

▼ また人間~ (221, 0.2%)

7 の心 4 というもの 3 の姿, の顔

2 [17件] がこの, が人間, としての先生, と人間, につかまっ, になれる, の仲間, の価値, の問題, の女, の意志, の眼, の知恵, の苦しみ, の観想的態度, は, を救

1 [170件] かな, がい, がいる, がそういう, がそそっかしい, がだます, が一つ, が今度, が年, が殖え, が生まれながら, が病, が着た, が破壊, が鉄砲, が降り, が集まっ, だ, だけについていう, だけの持つ, だけを知っ, であった, であります, である, であると, である以上, である以上個人, です, でない動物, といふもの, としてさらに, としての厳し, としての娯楽, としての自分, としての進化, として他, として少し, として此一面, と同, と犬, と相違, と自然, において優越, にしました, にそれ, にとっては強敵, にも五官以上, によく, によってやめさせられなけれ, によって作られる, による物, に十二分の経済的満足, に変化, に対する愛, に対する教養, に当て嵌めるなら, に必要, に於, に許された, のいたずら子, のかたち, のこれ, のすぐれた, のほか, のほんとう, のわれわれ, の一人, の世智, の交際, の人間, の何, の何もの, の力, の十倍, の呻く, の呼気, の品位, の地上, の声, の夢, の大, の存在, の存在解釋, の工藝, の形, の形成作用, の影響, の性格, の性質, の愁, の愛, の批判, の教養, の斧鉞, の新, の方, の最も, の歌声, の歴史, の灰神楽, の為し得る, の無, の現れる, の生き, の生活, の産屋, の産屋生活, の發展史, の目的, の知力, の知識, の社会生活, の神, の経験, の罪悪, の美し, の考える, の肉, の胎児, の脳味噌, の行為, の表裏反覆, の親切, の言語, の認識, の贅澤, の踏み台, の通念, の運命, の道徳, の醜い, の重要, の間, の集落, の雌, の霊魂, の非, はいつ, はこう, はしばしば, はそういう, はただ, は何事, は何故, は動物, は形成的世界, は必ずしも, は悲しい, は指, は次, は水, は美, は老少不定, は身体, は身體, ほど卑しく汚らわしく, もまるで, や動物, を変え, を失格, を待っ, を怖, を憤る, を揶揄, を救う, を樂, を殺すだろう, を生き埋め, を粗雑, を誇る

▼ また~ (220, 0.2%)

25 のよう 7 と同じ 6 に言った 5 に述べた, のところ 3 の年, の日, の通り 2 と同様, に, にのべた, にも言った, のごとし, のやう, の文章, の瘤

1 [147件] いう通り元気, からある, から常に, から組み立て, とはちがった, とは違った, と同じく, と変らなかった, なる山, にあった, にある, にいう, にいえるごとく, にいつた, にいるべき, にのめつ, には下士, にまさる, にまわっ, にもきた, にもどっ, にもどった, にも劣らず, にも勝る, にも増し, にも引用, にも言, に云った, に会った, に倍, に倒れる, に出, に待った, に情けなく, に戻っ, に戻る, に指摘, に挙げた, に控えた, に書いた, に来た, に残し, に猴, に発射, に草案中, に蜂須賀勢, に見えた, に言つた, に追いかけた, に進ん, に遊んだ, のご, のごとく叫んだ, のじ, のたより, のと, のとおり, のとき, の一刀, の三つ, の二人, の人, の人たち, の代, の作, の先祖, の労働, の吉岡, の地点, の報いし, の夜, の天子様, の好奇心, の如く, の如し, の姿勢, の子供, の宵, の少年, の山, の岸, の憎悪, の所, の支那人, の方角, の晩, の森, の植込み, の氷屋, の浴場, の珈琲, の皮肉, の耶蘇, の葉書, の藪入, の話題, の鉄如意, の陸前下新田, の雑具部屋, の面会, の頽廢期間, の風呂敷, の馬車, は海, へのめっ, へは出, へ倒れた, へ出た, へ向き直る, へ屈ん, へ戻っ, へ押し出された, へ突き出した, へ進み出, へ進む, までずっと, むきに, よりはいっそう, よりは少し, よりは忙しく, よりもいっそう, よりもひどく, よりもまして, よりも大きく, より一そう, より脹れ, を望み, を見れ, 世紀前半の, 九後三の, 二囘の, 以て, 内務大臣山本達雄氏が, 出種市村の, 参議の, 句との, 句に, 大臣の, 巻以来同様の, 市長池上が, 引御老女衆記に, 掛で, 時代の, 法山とは, 薬師とも, 説明した, 陰の

▼ また同時に~ (215, 0.2%)

5 それが 4 自分の 3 一つの 2 すべての, それらの, それを, 他人の, 彼は, 彼を, 私は, 種々の

1 [187件] あのよう, あの怪物, あらゆる危険, あらゆる生ける, あるひとつ, ある不足, ある所, いは, おれという, かれの, ことの, このうえ話, このこと, この詩型, この辺, これが, これは, これらの, これを, そういう派手やか, そのいずれ, そのとき, そのめぐりあった, その人, その作品, その働い, その外的表現, その思い出, その最も, その病院, それは, それらに, どこか, どんな専門, ほどよい, みずから識らずして, めいめいは, われわれ, われわれは, オリヴィエの, フランス人で, フランス人の, 一種の, 世界中の, 両端の, 久延毘古の, 人間を, 人類が, 人類の, 今日の, 今日私たちが, 仏国近代劇の, 他の, 何でも, 健全なる, 僕の, 僕は, 優しい所, 光に, 光栄も, 八方の, 切腹した, 利害の, 勇敢にも, 十分支那の, 単なる些末主義, 単純なる, 友人らの, 双方の, 吉祥天女が, 同じ批評家, 同情せず, 命令に, 啼音の, 國會は, 地下茎すなわち, 多分に, 多分の, 大いなる一つ, 大地主, 大氾濫, 大衆運動の, 天の, 太陽が, 女性全体の, 好奇心とを, 好意を, 始めるの, 孝心ぶ, 安心させる, 将来の, 帝国臣民である, 建設され, 弁証法の, 引続い, 彼から, 彼が, 彼の, 彼女の, 彼女を, 彼等が, 後天的な, 従来の, 必要の, 恐ろしい生物, 悔悛者だった, 慰められる, 成長し, 戦闘も, 投げること, 掲載され出した, 救われたよう, 敗訴者として, 文化的に, 文学的創作の, 料理人頭であっ, 新しいこと, 新しい劇作家, 日本と, 日本の, 日本映画の, 春から, 時代の, 最大罪悪たる, 最後の, 東京語が, 歴史を, 氏の, 民衆の, 氷結と, 永い歴史, 永く満, 消える数, 深遠な, 物語の, 狡猾で, 獰猛と, 理屈で, 男爵後藤新平氏の, 発達し, 真理として, 真赤に, 着物が, 神への, 私の, 科学の, 科学史上に, 秘密の, 米友が, 純情の, 純文学の, 老人らしい, 肝心の, 脚本演技を通じて, 腹の, 自らそれに, 自分が, 自分では, 自分を, 自分達の, 自然の, 芸術的製作への, 英米人の, 行くの, 行は, 行わねば, 袈裟を, 解るよう, 解剖し, 言葉の, 認めない訳, 語によっては, 読書の, 誰の, 貪るよう, 足早に, 蹴返すよう, 身辺の, 追放された, 進歩し, 過程の, 酸素水素等の, 陣刀を, 随伴し, 雪を, 青磁にも, 鴎外の

▼ またよく~ (214, 0.2%)

8 考えて 5 似て 4 見ると

2 [12件] あのお料理, これを, したもの, それを, ないこと, なる, 人の, 啼くもの, 天下の, 摺って, 気を, 読書し

1 [173件] あきらめて, ある例, いいました, いい娘さん, いうこと, いう夢想, いためて, お報せ, お話を, かきまわす, かき廻して, かやつり草を, きき取れぬ金さん, ここまで, この事, この使い, この家, この獣, ご相談, すべて未来に, そうした情愁, その楽器, その穩さ, たずねて, なったらくるわね, なってよ, なつた, なること, ねえ了見, ねえ立ってる, はずむよう, は分らない, ひとを, ふざけたり, みがき抜かれ, みる実例, わがかく, 一個人において, 一同の, 一芸一能を, 三四郎の, 不老不死の, 乱れた蕊, 事物を, 云は, 人と, 人にも, 人を, 人心の, 人智の, 休養させ, 似あうし, 似たはず, 似たもの, 似合いました, 似合うこと, 似合った, 似合って, 俗にも, 働く強い, 光る黒い, 兵の, 凍らされて, 前途を, 士を, 姉を, 子供の, 学んで, 実らなかったと, 崇を, 己が, 当てはまる, 彼らに, 御承知, 思って, 思われるの, 想像された, 慣れ親しんだロオラ, 懺悔が, 抗戦した, 描かれて, 描けて, 摺ったもの, 摺り混ぜます, 教えを, 敵国の, 旗艦を, 旨い事, 昔の, 晴れたあたたかい, 朝晩など, 来たり, 杯を, 歌を, 母に, 母の, 氣を, 河岸へ, 法典を, 泡立ます, 泣いた, 泣くひと, 洛内の, 活かす, 漏るもの, 為世の, 煉って, 煉り合せます, 煮ても, 熟れて, 物を, 現在をも, 甲社で, 申しますから, 疲れて, 癒るです, 発達した, 監督し, 眠りに, 知って, 知つてゐる, 知り抜いて, 知者を, 神に, 私の, 程近い, 終りまで, 経済世界を, 縁側の, 考えては, 考えられた分量, 考え直して, 考へるよう, 聞いて, 聴える, 肥大した, 肯綮に, 腹の中を, 自分の, 自分を, 自国人と, 自然の, 花を, 萬物を, 蜜柑を, 行き逢った, 袂を, 見て, 見ました, 見れば, 見直しますと, 覚えても, 言った人間, 言って, 許し給う, 註釈し, 話し合いましょう, 語った, 調べて, 談合も, 謙遜の, 貸しても, 身を, 辰野隆氏からも, 迷う, 部下を, 部落民の, 釣り合って, 釣合を, 長常の, 飛び込んだもの, 馴れて, 鬱血を

▼ またどう~ (213, 0.2%)

29 したこと 18 したわけ 8 したの 7 したという 6 したん 5 いふわけ, したもの 4 した事, した仔細, なるか, やって 3 すること, であらう, にでもなる, 考えても 2 あっても, したと, したんだい, した理由, した訳, しようとも, しようも, でもいい, と後, にでもし

1 [87件] いふの, いふん, いふ場合, いふ手段, いふ滑稽, いふ縁故関係, いふ譯, いふ風に, かと思いまし, されようと, したいんねんか, したうかつ者, したお, したかご, したご, したって, したといふ, したはずみ, したらにげられるであろうか, したらよから, したら剣聖, したら生死, したろうか, したんで, した因縁, した子細, した風変り, すべきか, する気, する訳, だってもよい, だらう樹明君加入, であったろうか, であろと, でがす, でしょう, でしょう大きな, でも, でもい, でも厭, でも構わない, でも言える, とかした, とで, ともしよう, ともする, ともなる, と吹い, なさるので, なったかと, なったの, なって, なること, なるの, なるもの, にでもします, にでも処分, にでも始末, にでも方法, にでも申しわけ, 云ういんねんか, 云うもの, 云うわけ, 云う筋, 云う訳, 云ふ, 変わるか, 心を, 怺え, 憤っても, 振舞っても, 料理しよう, 書くの, 武蔵を, 気が, 生涯する, 繋争した, 纏めようか, 考えたもの, 考へても, 自分を, 言ふつも, 諭して, 變る, 遊ばして, 間違えたか, 高まって

▼ またどんな~ (207, 0.1%)

12 ことを 6 ことが 4 ふうに 3 ことで, 事で, 目に, 風に 2 わけで, 事が, 場合でも, 嫌疑で, 性質の, 恐ろしい目, 理由で

1 [159件] いい子, いい目, お祈りを, お薬, からくりに, ことであろう, ことでございます, ことに, ことにも, ごようす, ご用で, さしさわりが, さわぎを, じめじめした, ときにでも, ところかと, ところに, ところへ, なりを, ふうで, ふうには, まちがいが, まちがった物, むちゃな, ものであったであろう, ものでしょう, ものの, 下等な, 不了簡, 不幸な, 不思議な, 不潔な, 事に, 事の, 事を, 事情が, 五月蠅い, 人であった, 人を, 人物に, 人生が, 人間であっ, 人間でも, 仇を, 仔細が, 仕事でも, 係りあいが, 係累を, 修繕を, 偽映, 働きでも, 光に, 六ヶ敷い, 冷湿, 出世でも, 力ない, 労力が, 卑屈にも, 危険が, 同類が, 呪詛が, 品に, 善い事, 堕落した, 場合に, 場合にも, 場面が, 境遇に, 変わったこと, 夢想の, 大しけ, 大事に, 大将首を, 大義を, 嬉しさ, 子供をも, 容貌を, 宿業を, 強い風, 弾みで, 形を, 形象も, 心持で, 思いがけないこと, 急用が, 想像した, 意味の, 戦争に, 手近な, 抜け道を, 教養を, 料理かと, 方を, 方法で, 方法でも, 旨い話, 時刻に, 暗い道, 木や, 条件が, 様子を, 権力者の, 機会にでも, 気候風土にも, 気持で, 波瀾が, 淫婦の, 深い山, 災難が, 無態, 無茶な, 物で, 物事に, 犯罪の, 状態で, 珍らしい, 環境や, 生活を, 用件で, 申し出を, 目的で, 相手にでも, 眼に, 短時間でも, 科學や, 秘密が, 空っ下手にも, 突拍子も, 純情が, 細かいところ, 経済の, 結果に, 良くない, 苦痛の, 見つけられて, 言葉で, 訳合いか, 評判を, 詭弁を, 説明を, 読み方で, 調子の, 警固の, 豪強や, 貧しい土地, 質問を, 運命に, 道を, 都合で, 重賞, 金の, 金持の, 間違いが, 陶器を, 面倒が, 顔なさる, 顔の, 馬でも, 騒動を

▼ また~ (206, 0.1%)

10 の声 3 のこと, のところ, の人, の児, の手, 学校の

2 [14件] が出, が来た, にひっかかる, に振られた, に眼, の事, の家, の影, の悲鳴, の方, の話, の身, は男, 伴の

1 [150件] あたかも歎, か, がにっこり, が云った, が側目, が出る, が変, が女, が専ら, が必死, が感情, が深く, が独立心, が真, が罪, だから, だけで, だけにそれ, だつた, だろう, であるが, でお父つぁん, でせい高, でその, でも可, で乗車, といふもの, としての交際, としての敏感さ, として友, として考えさせられる, とのなまなましい, とは思われず, とも思へぬ, なかるべからず, にとっては夜々, にとって影, にとって染, にとつて影, になっ, には好もしい, にへん, にもそれ, によみがえった, に凝っ, に向っ, に変装, に好かれる, に対する恋, に征服, に戯言, に要求, に触れない, に言いつけ, のいう, のいる, のおろおろ, のこちら, のひと, のやう, のヒステリイ, のミカド, の中, の云った, の作家, の側, の働い, の力, の厄, の反対, の叫び声, の噂, の姿, の帰っ, の心, の患者, の悪口, の愚痴話, の所, の持っ, の捨て, の樣子, の欲求, の歸つて來, の狡, の狭い, の理性, の生命, の眼, の神秘, の笑い声, の簪, の精神, の細っ, の結髪, の美貌, の肉体, の背, の腕, の自尊心, の裸体, の許, の非常, の頭髪, の顔, の髪, の髪の毛, はいった, は云, は人, は他, は呼んだ, は夜ッぴて金吾様, は妊娠三ヶ月, は子供, は家, は彼, は或, は救われない, は来た, は殘, は男性, は羞恥, は花形, は詩人, ばかりの家, ほど宛, より大事, をこんな, を外し, を恨めし, を恨んだ, を愛し, を揺, を殺す, を聘, を追って, ラヴィーナとともに, 同士で, 同士の, 同士らしいひそ, 商人が, 子供らの, 学校出え出え, 將の, 秘書の, 軽業の, 陰と, 雛を, 髪結が

▼ また二人~ (195, 0.1%)

4 の男, の間 3 の番兵

2 [14件] して, でのんびり, で話そう, に共通, の中, の同伴者, の女, の方, の様子, の若者, の話, の関係, は顔, は黙り込んだ

1 [156件] おそろいでキャラメル, からは頭, から放れ, か三人, がきっと, がその, がひそひそ, が余り, が剣, が声, が奥歯, が来, が相, が種々, が耳, が見なれた, が顏色, が餘, ずつ子どもたち, てよう喧嘩, でうち, でこの, でどこ, で二階, で仲, で何とか, で使いましょう, で出, で合わせ, で喧嘩, で屋外, で庭, で徳富蘆花, で散歩, で歩い, としては味わおう, としてもこの, ともどうにも, ともよく, とも彼, とも無言, とも突, とも黙った, などに注意, ならんで, にこう, にささやい, にその, には, にはおもしろく, にむかい, に云った, に向っ, に通じません, のいる, のさき, のほう, のキリスト教徒, の上, の交遊, の人間, の傍, の兵士, の反逆者, の呼吸, の善良さ, の境地, の女性, の娘, の婢, の婦人, の子供, の存在, の客臣, の小娘, の希望, の年上, の幼子, の心, の意地悪女, の愛, の所, の手, の文筆労働者, の新しい, の気質, の漁夫, の監督, の神さま, の肉体的関係, の製造業者, の身の上, の身体, の青年, の頭, の顔, はあわれるだろう, はいずれ, はいっしょ, はこの, はしばらく, はそう, はそこ, はその, はそれだけ, はどちら, は並ん, は争った, は位, は先刻, は前, は勝負, は同じ, は夫, は子供, は安次, は川原, は床, は放浪生活, は昏, は暫く, は桜田本郷町, は歩い, は汽車, は沈黙, は無音, は登り降りしつづけた, は私, は笑, は荷物, は逢えた, は默, は默つて耳, は黙っ, ばかりの山路, へむかい, また三人, まだ滴, までも出雲地方, もいらつ, や三人, をじろり, をクリストフ, を促し, を呼び止めた, を家, を当惑, を見舞っ, を追いかけました, 入って, 入つて來, 出た, 切り込んで, 取りついて, 来て, 逢う時

▼ また~ (195, 0.1%)

30 て来, て来た 17 て行った 12 て来る 11 てくる 8 て行く 7 てきた 6 てき 5 て來 3 ていった, て往, て来ました 2 ていっ, て来なけれ, て来ます, て行, て行こう, て行っ, で去る, ようも, 來る

1 [42件] そうにも, たりし, たり入っ, づやや, ていく, てお出で, てきました, てこなき, てしまう, てもらおう, てゆき, てゆく, て並んでる, て前来, て去る, て参りました, て失しょう, て来たら, て来られ, て薪, て行き, て行きました, て行ったです, て行つた, て行つた朝, て言っ, て貰わなけれ, て長田, て魅, でゆきし, で來, で来り, にくくなる, 京した, 京る, 來た, 來るなら, 來心から, 歩行か, 發し, 發する, 逢ふこ

▼ またあなた~ (193, 0.1%)

5 のお 4 のため, のよう 3 のところ 2 がお, が持っ, です, のこと, の方, は私

1 [165件] からあやしい, からこんな, から離れなけれ, があらかじめ, がかけ出した, がごらん, がそう, がそうして, がた, がどうしても, がどんなに, がひどく, がウェッシントン夫人, が一番, が他, が何處, が働い, が僕, が因縁, が大, が夫人, が好き, が御, が忰宛, が忽ち, が感じ, が技術者以外, が狐, が知っ, が禅, が私, が私氣, が草案, が落っこち, が言われない, が誰, こそこの, そんなこと, だってあなた, でもありません, で七年, という友, とは年齢, とは氣, とよく, とわたし, と仲よく, と恋愛生活, と結ばれよう, と見知らない, にお目にかかりたく, にかッ, にき, にし, にそっと, にたいして質問, についてはわたし, にとっても思いがけない, にとつて人生, になり, にふ, にむかっ, にもある, にもこの, に会おう, に命, に変装, に愉快, に気付かれない, に申, に贔屓, に逢, に逢う, に逢える, のいろいろ, のご, のどんな, の中, の主人, の事, の亡夫, の傍, の判断, の名前, の味方, の大声叱咤, の家, の属し, の後, の思ふ, の情, の所, の手, の手紙, の昔話, の最後, の烱眼, の社会上, の神経, の窓, の立場, の言う, の話, の誓, の身, の運命, の顏, は, はあたし, はあまり, はお, はお笑い, はこの, はさっきとかげ, はそんな, はだまっ, はどういう, はもしか, はわたし, は不愉快, は中学時代, は仙台, は古い, は宿, は御, は急, は恥, は感じるだらう, は抗議, は気持, は氣持, は私達, は立場, は笑っ, は雨, へお尋ね, へも兄弟, へ自身, ほど誤解, またすぐ, までが皆, もお出で, もその, もみっちり, もわたくし, も知らぬ, も私, よりほか, をあの, をあんなに, をもついに, をも救っ, を尾行, を引き入れ, を彼女, を御, を心から, を思っ, を愛する, を本当に, を注意, を焦慮, を見た, を訪ねよう, 御自身

▼ また~ (188, 0.1%)

5 に思い出した 3 に, にお, に元気, に悲しく

2 [16件] なこと, な用件, にこっち, にそんな, にはげしく, に不安, に何, に声, に家, に底, に恋, に意地, に気, に深く, に湧き, に雲

1 [139件] がしく, がしくなっ, ぎゆけり, ですな, なもの, なる塲所, な仕事, な坂路, にかなしくっ, にかん子, にがくがく, にき, にことば, にこの, にこれ, にすぐ, にせかせか, にその, になる, ににぎやか, にねむたく, には除けまい, には雨風, にひき返し, にまた, にまっか, にむらむら, にもと, にも一つ, によせ, にわるく, にスピード, にプーイ, に上方, に上機嫌, に人, に伝六, に低く, に作り笑い, に信仰心, に光, に兵馬, に前, に去つ, に叔父, に右, に変, に変わっ, に大水, に女らしい, に妙, に嬉しく, に子細, に寒く, に山女魚, に左, に市野さん, に座, に引返そう, に彼, に彼方此方, に応ずる, に思い直し, に思ひたつ, に悲し, に憎らしく, に懐しく, に昔, に春, に晴々, に暇, に暗く, に曇っ, に曇った, に机, に模様, に横町, に止ん, に沈ませ, に法然頭, に流, に涙, に淋しく, に滅び, に激しく, に焦り出し, に生真面目, に痙攣的, に痛ん, に白い, に百両, に盛り返し, に真暗, に真面目, に眼, に私, に科学的色彩, に笑いだし, に結婚, に羽島さん, に老婆, に考え直し, に考え込ん, に聞えなくなっ, に脱落, に自分, に舌打ち, に舵, に色模様, に苛, に表, に視線, に話題, に調子, に責任, に賑やか, に足, に踏まれた, に逆戻り, に途中, に重く, に開け, に降り出す, に険しい, に陽, に雨, に青白く, に静か, に頭, に馬田, に駆け出す, に高まった, に黙っ, を告げ, を知っ, を見, 角度に, 込むよ, 速度で

▼ また~ (182, 0.1%)

4 の方 3 のこと, の妻

2 [12件] だつて, の, のお父さん, のところ, の事, の家, の心, の責任, の顔, はその, は迷, を驚かせた

1 [148件] からの愛, からも話した, が, がさっき, がそこ, がのこのこ, がドミトリイ, がフランス, が中学五年間, が今, が何, が君, が唾棄, が固から, が子ども百八十神, が愛した, が昼, が桂, が水, が求めるなら, が父, が直接話, が腹, が行っ, だけに自信, で至極, とは互先, と絶つ, と青木, にし, にたいする愛, にとって必要, にとって数時間, にとって頗る, にとつて, にとつて数時間, には不快, には悲しい, には愉快, には残忍, には考えられ, には花束, には込入った, に同じ, に向, に寄られたら, に対する, に紙腔琴, に聞かせた, に芥川, のおふくろ, のからかい気, のほう, のまこと, のもの, のやう, のよう, のクシヤミ, の一部的説明, の上, の主義, の体, の兄弟, の力, の功名, の勧告, の命, の嘴, の夜, の大望, の如き, の寄留地, の小学時代, の小説, の幸福, の心眼, の心臟, の悪口, の態度, の所, の書斎, の本望, の横, の母, の毒舌, の気に入る, の気持, の着る, の知人, の臀部, の行手, の見た, の観察, の身辺, の長広舌, は, はあの, はあまり, はいつ, はかく, はかつて, はこちら, はしよう, はだまっ, はなんだか, はむしろ, は一日, は不, は二三日前, は五年前, は他, は何, は卓子, は君, は呆然, は実際, は思う, は思った, は怪物, は悟った, は悲しい, は昔, は来よう, は沢子, は田中咄哉州, は知っ, は知り合い, は自分, は自尊心, は芥川, は醫者, ほど彼女, もあんなに, もいま死, もこの世, も君, も必ずしも, も考へ, も苛められる, も詩, より墨, をこちら, をなぶる, を信頼, を憫, を抱きしめる, を理解, を見られる

▼ また実際~ (182, 0.1%)

2 それは, それらの, に彼, に於, 問題として, 的で, 私は, 紫玉は

1 [166件] あった事, あの男, ある人, いかなる怪談, いかなる観察, お君さん, お島婆さん, きれてる品物, こういう場合, ここは, この島, この火事, この論法, これが, そういうこと, そうかも, そのお, そのこと, そのとおり, その例, その動機, その場, その男, その社会, その要求, その通り, その間は, その頃, それより, それを, そんなもの, たどって, できも, にあ, にある, にいく, においてそういう, においては必ずしも, においてもこれら, においても事, にさ, にそう, にその, にその頃, にそれ, にはこういう, にほんとう, にもいろいろ, にも低湿地, にも使用, にも恥しい, にも雨, にやっ, に危険, に夢, に工場, に当たっ, に徴, に我々, に日本, に早く, に昨今, に書かず, に照らし, に生活, に穢い, に糸, に老境, に職業, に行なわれた, に見られ, に近頃, に鳴った, のところ, の上, の俳句, の問題, の姿, の家庭, の手続き, の症状, の話, ふり向くこと, もその, やむをえなかった, やむを得ざる次第, よりも七八歳, コゼットまでが, トニオ・クレエゲルが, ドイツは, フランス大使の, モルトケも, ランプの, ヴィユウ・コロンビエ座の, 一円の, 三日目の, 上その間何ら, 上にも, 上故障も, 不衛生極まる, 二十幾つに, 人口が, 人間には, 今日の, 仕かた, 仲間の, 劉備の, 問題に, 国外には, 国家の, 地位を, 地方の, 多くの, 多数は, 夫人が, 好い物, 妻が, 嫌忌すべき, 宮地君は, 家でありました, 小作した, 幾百幾千の, 弊害百出し, 役に立たないに, 彼は, 彼等の, 必要以外な, 思い出したの, 恩恵に, 愛と, 我々は, 担任以外の, 支払うであろうが, 数年の, 斜とも, 方々で, 昼間は, 時と共に, 時の, 書いても, 有効なる, 杖とも, 構っちゃ, 欧羅巴の, 死ななくても, 母の, 永久的施策として, 渡辺君の, 特別緊急な捜し, 王妃が, 現代の, 男の, 疑問の, 白の, 科学者たちに, 税関の, 腹案を, 自分が, 著しき効験, 行動の, 見当を, 誰しも, 酒が, 陥っても, 音曲にも, 驚いた

▼ またいろいろ~ (181, 0.1%)

4 なこと 3 な人, の事情, 御厄介 2 の, の人, の噂, の意味, の新, の物質, の話, 世話に, 話された

1 [150件] お世話に, お話が, きいて, その娘, それに関しての, である一人, で一本, とうまい, とお話, とお釈迦様, とその, とだらし, と一旦, と事情, と力, と思, と思い合わせ, と理由, と話そう, と質問, なおもしろい, なビラ, な事, な公式, な刺戟, な喜悲劇, な団体, な国家, な場合, な学閥, な実験, な山荘, な底意, な形, な想像, な意味, な手段, な技巧, な方向, な消息, な深, な点, な物, な珍しい, な男, な疑問, な知識, な研究者間, な自然, な草, な薬, な表情, な規約, な計画, な試作, な議論, な趣味, な通行人, な遊戯, な過去, な関係, な雑念, な雑誌, な音, な額, にかえ, に分化, に変化, に親切, に識別, のあそび, のあつまりで, のこんた, のばあい, のむつかしい, のスペクトル, の下物, の人たち, の他, の余儀ない, の内容, の厭, の団員中, の変化, の好い, の姿, の宝石類, の実験的研究, の小さな, の巷, の形, の悪魔, の想像説, の意義, の方, の方面, の条件, の模様, の機会, の武器, の珍しい, の理論, の異名, の皮膚, の磁石, の紅, の考え, の考え胸, の職工, の肝煎り, の臆説, の自由, の薬, の解釈, の言い伝え, の言い方, の説, の鉄砲, の防禦物, の雑談, の飛ん, ものの, 下相談を, 不審を, 世話を, 世間も, 人間の, 何が, 変わった相, 妙な, 将来の, 御心配, 思い起して, 悲惨な, 批評が, 教えられて, 新聞社を, 日本の, 段等が, 洗濯物が, 無理の, 珍しいこと, 若いもの, 観察した, 買物を, 転変が, 配慮ありがとう, 錯雑した, 長短が, 階級が

▼ また非常~ (181, 0.1%)

3 に多く 2 なもの, な美人, な鼾, に喉, に大きな, に尊い, に立派, に興味, に豊富

1 [160件] な, なお, なる危険, なセンセーション, な事業, な人気, な仕事, な労作, な勢い, な勢ひで蔓, な哀感, な困難, な変動, な大入, な失望, な心配事, な損害, な教訓, な歓び, な清潔さ, な無口, な熱, な熱望, な病人, な秀才, な美男子, な腕力, な自由主義, な興味, な誘惑上手, な走り書, な速度, な酒飲み, な非難, にい, にお, にお洒落, にきたならしい, にきまり, にくわしい, にすき, にたくさん, にだい, になまぐさい, にはなし, にはにかみ屋, にひどく, にひょろひょろ, にまじめ, にみずみずしい, にむつかしい, によい, によく, にロシア, に下等, に主観的, に人, に仲, に似合いまし, に何, に佳い, に優れた, に別個, に助ける, に動揺, に勤勉, に危険, に厳しい, に厳格, に厳然, に可愛らしく, に可笑し, に可笑しく, に困難, に変化, に多量, に大きく, に妙, に子供, に寒く, に尊敬, に巧み, に巧妙, に幼稚, に幽霊, に広い, に広く, に広大, に後悔, に微妙, に心, に恐れ, に恐ろしく, に恐縮, に悪びれた, に愉快, に意志, に愛嬌, に才子, に揺れ, に明瞭, に曖昧, に有名, に楽, に楽しかっ, に気, に気持, に氣味, に活発, に活躍, に淋し, に深い, に深く, に率直, に生きる, に男性的, に目だつ, に神経過敏, に種類, に粗末, に純粋, に素直, に細密, に美しい, に聞きたい, に臆病, に自然, に色っぽい, に苦労, に落著, に薄暗い, に複雑, に要約, に見識, に親切, に評判, に話好き, に賢い, に違った, に都合, に重々しい, に重要, に長く, に険悪, に静か, に面白い, に面白く, に頑固, に飽き, に饒舌, に香, に騒々しい, に高い, に高く, に高価, に高度, に高遠, に鮮, の歓楽, の辛抱

▼ また今日~ (178, 0.1%)

6 のよう 3 にあり 2 に限っ, のいわゆる, のやう, の好い, の社会, もその, も駄目

1 [155件] あの着物, ありては, あるゆえん, かかれて, からは想像, から熱い, から考え, から見, くれること, この時節柄, この漱石的, この軽井沢, これから甚内, そんな事, ただちに実行, っからは, でこそこういう, ではおそらく, ではもはや, では一般人民殆ど肉食, では僕等, では全く, では内地人, では廃止, では諸処, でもあ, でもなお, でも所詮, でも純白無邪気, というきょう, といえ, とて美濃, となっ, と言えよ, なお努力, に或は, に至る, に限つて, のいろいろ, のお礼, のごとき, のぶったくりな, の下駄, の仕事, の任務, の佐々木道誉, の制度, の君, の問題, の大河, の如き, の如く, の学理, の学生, の家族生活, の建築, の思想界, の急務, の想像, の意味, の支那, の文明説, の新, の朝日, の此, の波, の無味, の生活, の社会機構, の社會主義, の私, の空閑地, の自分, の花祭り, の若い, の葛卷, の衰微, の試み, の試合, は, はあぶない, はあり, はそうした, はそれ, はたいへん, はどうして, はまるで, は二人, は五円, は今日, は何, は例, は出勤時間, は探偵, は旅びと, は早く, は机, は毛利家, は火薬庫, は立派, は老, は躯, ほどたくさん, ほど甚, まであっ, までお知らせ, までその, までそんな, までの不完全, までの新劇, までの社會, までの資料, まで俳優道徳, まで出入, まで多少, まで日曜休業, まで暴利, まで真に, も, もあの, もお, もくるであろう, もここ, もなお, もわれら, も上野, も五号, も俺, も出, も半日, も友達, も同じ, も存在, も帰られません, も心, も忍入り, も忘れちゃった, も恐らく, も新九郎, も暮れ, も服むのをお, も朝, も此裏, も牝牛, も聖光院, も訪れたなら, も電車, も風, よりも騰る, 伺いましたよう, 往々宗教, 正倉院, 残って, 現に各国, 立ち帰って

▼ また~ (176, 0.1%)

2 なる感興, らしく原稿紙, らしく好い, 介の, 兵衛の, 時代の, 田方の, 発明の

1 [160件] ならん, なる, なるを, なるインケン, なる夢, なる眼, な涙, な見方, に, にし, にした, に作り行く, に卯の花, に失敗, に妙, に對岸, に思い出し, に浮世絵蒐集, に涙ぐん, に自然, に舞, に註文, に調えた, に青く, びいどろ学士にかへ, らしい, らしいおかし, らしいもの, らしいフラウ, らしい七歳, らしい不, らしい不安, らしい事, らしい事業, らしい人々, らしい人気, らしい分業事実, らしい勇気, らしい印刷物, らしい反物, らしい國, らしい土地, らしい外, らしい奇蹟, らしい姿, らしい小言, らしい山, らしい形, らしい愛情, らしい懸念, らしい文化, らしい植木, らしい次, らしい段階, らしい涙, らしい淡, らしい濃い, らしい男, らしい秋, らしい競争者, らしい紙幣, らしい線香, らしい色々, らしい苦痛, らしい著書, らしい蝋燭, らしい話, らしい誤解, らしい転機, らしい迷信, らしい道, らしい都市, らしい金口, らしい關係, らしい香, らしき悲報, らしき謎, らしき酒, らしくそんな, らしく一組, らしく京都, らしく他人, らしく喚びさまされて, らしく彼, らしく後任, らしく復習, らしく涙, らしく瀧澤鎭彦幸堂得知, らしく皆, らしく盛ん, らしく素晴らしい, らしく考え出した, らしく胸, らしく萌した, らしく貯めに, らしく顫, らしく飯盛附近, らしゅう生れ変って, プラトーン派を通じて, 世帯である, 世界の, 事件で, 五兵衛の, 作家では, 借款を, 八に, 六の, 判官資行どのを, 劇団が, 加入者が, 友を, 収入は, 古今集に, 古今集や, 吉を, 問題を, 女御が, 宗教の, 客が, 家庭を, 寮が, 平民という, 後生の, 思想ことに, 文明の, 日本文学会と, 日本文学作品コンクールが, 時代に, 時代劇を, 朝廷の, 東洋文化についての, 様の, 泉を, 法主様と, 浄瑠璃が, 温泉は, 物に, 王や, 生産物が, 産児の, 発売品等の, 発見の, 發明の, 知識を, 石器時代の, 社会構成の, 科の, 羅との, 羅の, 羅人が, 羅人ま, 義眞言宗では, 芸術の, 苗が, 苗の, 蔵は, 藥師寺唐招提寺の, 見識を, 資本から, 資本の

▼ また~ (175, 0.1%)

8 の上, を下げた 6 の中, を垂れた 5 を枕 3 から水, をもたげ, を上げ, を上げた, を垂れ

2 [17件] に浮かんだ, に浮ん, のうしろ, のゼンマイ, の悪い, の毛, の頂辺, はみな, をあげ, をもたげる, を下げ, を下げました, を振っ, を振った, を掻い, を掻いた, を掻き

1 [93件] からつめたい, からザブリ, から一枚, から不, から人生, から認めよう, から読み直し, から顎, がかっと, がきんきん, がぐらぐら, がふらふら, がよく, が冴え, が変, が悪い, が悪く, が痛む, が痛ん, が自然, が落ちる, が重い, ですか, では考え, でも痛む, と前, と腕, と骨, にはこの大きな, には立派, によみがえっ, に入っ, に入れとかなく, に浮かべ, に浮かん, に疵二三ヶ所, に腫物, に閃く, のいい, のない, のボケヌ間, の先, の半分, の成熟, の鈍い, の頂, はねを, は氣味, へのせた, もいい, や腸, をいつも, をおろし, をかいた, をかかえこん, をかかへた, をこすりつける, をさげ, をさげた, をさげる, をだした, をひねった, をぴたり, をふる, をめちゃめちゃ, をもて, をペコン, をマリユス, を下し, を出し, を出しかける, を出した, を出す, を剃, を動かす, を占めてる, を右, を彼, を打ち振った, を押さえられ, を持ちあげ, を持ち上げた, を持上げ, を振つ, を振つた, を振り出した, を掻かれた, を擡げ出した, を窓, を蓆, を返し, を高く, 無慚

▼ またしばらく~ (171, 0.1%)

16 すると 14 して 9 黙って 8 の間 6 考えて 4 行きますと 3 行くと 2 たつと, の留守, 眼を, 静かに

1 [103件] あたりの, おじさんの, お参りも, お城, ここでも, これ, しずかに, してから, しての, すすみますと, せば, そちにも, その新, たって, たつて, だまって, なの, に絶えん, のあいだ, のあいだ虚無, の別れ, の沈黙, の道のり, の間悪口, はお, はお目にかかりません, はじっと, は他, は無言, は立ち止まっ, は飢, ふたりは, カラフトを, 二人の, 二人は, 仕事を, 会話が, 佇んだ, 何処かの, 例の, 別れると, 厄介に, 双眼鏡を, 口を, 右を, 噛んで, 夕焼の, 外が, 夜なべを, 天井を, 妻籠へは, 寂寥だった, 対坐の, 小説から, 山へ, 巨人の, 弘子と, 待って, 御無沙汰いたしました, 忙しいで, 息を, 息子の, 手持ちぶさたに, 手首に, 教室が, 文雄の, 旅の, 旅行に, 日数が, 時が, 暗黒であります, 木之, 歩いては, 歩くと, 江戸を, 沈思した, 沈默が, 沈默した, 沈黙が, 沈黙です, 泣きくずれました, 泣きつづけた, 深夜の, 溶け合わない気もち, 睨み合って, 石に, 経ってから, 経つと, 耳を, 腰を, 自分の, 行って, 言葉を, 詩人に, 途絶えて, 逢う事, 逢えないかも, 過マンガン酸加里, 闇空を, 頼むよ, 額を, 黙された, 黙り込んだ

▼ また~ (164, 0.1%)

13 を開いた 9 を出した 5 の中, をつぐんだ, を噤ん 4 を揃え 3 のうち, を, を利き出した, を噤んだ, を開い, を開く, 籠る

2 [12件] から血, のまわり, をあい, をひらいた, を出しました, を出す, を尖らし, を結ん, を緘し, を閉じ, を閉じた, を開こう

1 [78件] うつしに, おもたげに, から出まかせ, がすべっ, が出過ぎました, が利けなくなった, だけを動かし, では話, でシービビ, で食, と鼻, にあてました, にされ, には語りきれぬ, に今一つ, に出, に出し, に出す, に吸い入れる, に啣, に自由主義, に自重, に觸, のうまい, のついた, のなか, の不自由, の内, の前, の端, の脇, ばし, へ出した, へ持っ, も開ら, をいれた, をき, をきい, をきいた, をきかしめず, をきかなかった, をきき出し, をきくべき, をきけ, をきった, をそえた, をそろえ, をだし, をつい, をつぐみ, をとがらし, をとんがらし, をひらきました, をもぐもぐ, を傷めるだろ, を出さず, を出し, を出します, を切, を切っ, を利いた, を利かず, を利き出しました, を利き合った, を噤みました, を手巾, を挟む, を挟ん, を明け, を片方, を突い, を緘, を緘ぐ, を繼, を閉じました, を開かぬ, を開けた, 惜しまれるの

▼ また~ (164, 0.1%)

31 二の 17 三の 11 二に 6 一の 4 二には, 二等地の 3 二第 2 一等の, 三には, 三刷を, 二については, 二は, 五の

1 [76件] 一そうする, 一に, 一には, 一ナポレオンは, 一人じゃ, 一位と, 一回の, 一図の, 一字から, 一次の, 一次世界大戦の, 一次大戦の, 一次欧州大戦中に, 一等地の, 一節に, 一級及び, 一詩集, 一課という, 一足場が, 一金だらう, 七の, 七巻までを, 七軍を, 三に, 三は, 三例に, 三問題に対しては, 三回の, 三度目の, 三次の, 三版で, 三種の, 三等地よりも, 三聯は, 三部と, 九図の, 九年の, 二, 二が, 二としては, 二に対しても, 二位の, 二句, 二号の, 二回目の, 二巻の, 二幕目の, 二日目の, 二期より, 二次原因の, 二次欧州大戦に, 二段に, 二流三流の, 二版と, 二百十七段で, 二等地に対して, 二等地に対しては, 二級の, 二軍の, 二軍は, 五斥候隊が, 八章では, 六条全集うんぬんの, 十一度目の, 十三潜水戦隊は, 十九世紀の, 十八願は, 四には, 四の, 四十二節に, 四斥候隊の, 四次第, 四路は, 四軍は, 四階級の, 百十二段に

▼ またいつも~ (160, 0.1%)

28 のよう 4 の癖 3 の伝 2 の, のやう, のを

1 [119件] ああいった, あつた, うまくゆく, おじいさんが, おぬ, ご年始状, その傍, そばに, ただセミョン・イワーノヴィッチ, と同じ, になく, のお, のお株, のお話, のお金, のかがやき, のかたまり, のが, のこと, のご, のしづけさ, のその道, のだらだら, のとおり, のにくにくしい, のむかし語り, のカフェー, の不安, の例, の剛情, の十八番, の反感, の古着, の同じ, の君, の場所, の小平太, の幻想, の彼, の御, の念い, の思い, の悪態, の感, の我意, の所, の持病, の昔話, の木の根, の歯, の気まま, の温顔, の無頓着, の王四, の用心深い, の病, の癇癪, の空想, の粗相, の素謡, の綺麗, の藤棚, の親父, の議論, の豫定, の趣味, の路, の通り私, の通り膝, の道, の部屋掃除, の非難, の鶏, の鼻, はだれ, は必ず, は総, みたいに, やさしいお父さん, よりおとなし, よりしわ, よりよっぽど風むき, キチヨウメンで, ギクシャク張りつめ, 代弁者に, 何かの, 同じやう, 同じ所, 同室の, 和気と, 坐って, 夜中に, 太陽を, 好んで, 宗教的詐欺師どもの, 尊氏は, 影の, 待ちがい, 柔和な, 毎年出水の, 洋装ばかり, 用いられて, 私が, 肥って, 自分の, 自然の, 苦労に, 融け合って, 親房の, 買いつけの, 赤い帽子, 辛い使い, 退庁の, 金鵄勲章の, 鞍にばかり, 音が, 食通大得意という, 鳴尾君の, 黙って

▼ また彼ら~ (160, 0.1%)

4 の中 2 がその, には他人, に劣らぬ, のうち, の手, の親しい, は, は一日

1 [140件] から断然, があの, がなした, がクリストフ, が一人, が一分の後, が十七世紀風, が同じ, が土星, が大和飛鳥, が奴隷, が尊氏, が山の手, が往年, が我々, が手, が旅稼ぎ, が最後, が特別, が相当, が腹だつ, が自分, が諸国, が金鼓, が驚くべく, こそもっとも, だけの, とともに飲ん, と同様, と行動, にたいする尊敬, にとっては彼, には, にはいわゆる, には陣中, に対し自分, に抱く, に敗北, に窘め, に負う, のうち勇気, のけっして, のごとく, のし, のため, のなし得ない, のもと, のもの, のキリシタン憎悪, の上, の五パアセント, の人格, の仲間, の住居, の体臭, の健康, の傍, の前, の口碑, の司教, の同胞ら, の大, の天国, の好き, の妻, の姿, の子供, の存在, の幾人, の必死, の性格, の意味, の戦争, の才能, の救済改善, の本望, の歌, の沈黙, の注意, の滞在, の父母妻子, の牙, の生命, の生活様式, の畜群, の社会, の絵, の群棲場, の職務, の芸術, の芸術家ら, の虚偽, の行動, の要らない, の観物, の言葉, の言葉の, の風習, の首領, はあの, はその, はもちろん, はフランス, はベルニス修道院長, は一つ, は一人, は一方, は仲間同士, は何, は同じ, は同時に, は地上生活, は女学生上がり, は己, は彼, は彼ら, は才知, は正月, は決して, は渠, は無力, は熊, は眼前, は自分, は製造業者, は話し出した, もたま, も時, よりも散文的, をし, をもって日本画, を予, を今, を引きずっ, を憐, を欺く, を特別, を真実, を親切, を解放

▼ また同様~ (159, 0.1%)

24 である 5 のこと 4 であった 3 であって 2 だ, であります, でした, なこと

1 [115件] いちはやく姿, だと, だという, であったと, であったの, であの, であり, であり主観主義, であり彼等, であり支那学, であるかも, であるから, であるが, であるこの, であるとか, であるはず, である故, であろう, です, でなければ, でやはり, で一番元老, で二人, で今日, で千秋万歳法師, で家具, で政治家, で為, で見物客, とすれ, なの, なもの, なる原因, な偉い, な効果, な寄附状, な形状, な手段, な気持, な源平混成軍, な現象, な生活, な疑い, な研究, な被害, な規則正し, な議論, に, にいえる, にここ, にこれら, にし, にて埒, にわかる, にわたし, に二音, に仲裁会, に俗衆, に信ずる, に労働者, に古い, に合理化, に大熊星座, に少し, に弱く, に彼, に憶測, に支那人自身, に早く, に時, に時間, に欠点, に正しい, に死んだ, に浅く, に疑わしい, に百名, に真実, に脱, に薄弱, に薦, に透明, に重んじなかった, に金, に金庫, に鼓膜, のもの, の不安, の事, の例, の傾向, の分化作用, の場合, の境地, の声, の姿, の意味, の意見, の意識, の感慨, の感違い, の手数, の歎, の火, の相撲連, の穀物, の観, の記念, の誤謬, の説明法, の運命, の錯覚, の関係, 決まって, 清い水

▼ また~ (159, 0.1%)

5 から後 4 の方 3 がへり, にしよう 2 から, からすぐ, から来た, から歩い, に書く, に残った, の人, 漢の

1 [128件] からぐんぐん, からここ, からこの, からその, からつける, からどんな, から一人, から出, から別に, から呼びとめられた, から思いえた, から敬太郎, から涙, から生じ, から聞かし, から自分, から蓑笠, から言葉, から追手, から連, から金右衞門, から鎧武者, から長い, から降り, から駆, から騎馬, がえり, が困る, だ, では鬱がなけれ, にあげましょう, にいう, にし, にその, にてこれ, になっ, になり, になれ, にはか, にはかの, にはついに, には六丁六甲, には友達, には国上, には梁山泊, には火葬, には硝石製造会社, には諸, にもう, にも出来る, にカント, にタンテイ, にチベット, にノーマ号, に五弓雪窓, に作っ, に來, に光学, に再び, に再説, に出, に平, に戻し, に折, に来るだ, に根, に正成, に生れ変っ, に繰返された, に自分, に至って, に莫逆, に見る如く, に説くごとき, に賜わる, に述べよう, に追懐, のいたずら, のもの, のれい, のペエジ, の世, の事, の例, の大正時代, の指, の文士直木三十五, の日, の時代, の汽車, の痴話, の皿, の苦心, の論文, は森, は消え, は静か, へさがりました, へどこ, へもどし, へ下がっ, へ引き, へ引き返した, へ引き返す, へ引つ返し, へ戻し, へ戻っ, へ鋤き返そう, ほどに頂きましょう, ほどね, までも知識社会, も見ず, をふりかえっ, を振り, を振返り, を注いだ, を読みたい, を追, を追いかけ, を追う, を追った, を追って, 堂から, 庭林中の, 拾遺集読人知らずの, 漢書に, 閣へ, 飛びに

▼ また大きな~ (158, 0.1%)

14 声を 12 声で 3 悲哀も 2 ものを, 口を, 地所を, 戦争が, 石を, 聲で, 谷について, 黴菌の

1 [113件] あくびを, ありが, うねりが, くさめ, くしゃみを, こえを, のが, まっかな口, ものだ, ものと, やなぎ, バスで, ヒントを, ビフテキが, ベコニアの, 一筋を, 下り坂にも, 丸を, 事実である, 二階建が, 仕事を, 体を, 価格の, 光が, 勉強に, 卓子の, 危期が, 古い蔓, 合戦に, 問題に, 困難に, 圖體で, 地主で, 埋立て, 壁見たいな, 声, 声が, 声である, 大理石を, 失意を, 失望と, 失策を, 岩と, 岩石が, 平原, 息と共に, 戦慄が, 手を, 掌の, 方の, 期待であった, 木の, 本棚が, 柿の, 梨をど, 森が, 楽しみの, 水かきで, 池が, 池に, 溜息を, 潮流の, 濠が, 牡丹の, 犠牲を, 犬が, 犬の, 猟奇心を, 瓦を, 生きた組織, 生と, 白い蛾, 真赤な, 眼で, 眼玉を, 石へ, 穴が, 窯の, 竹藪が, 竹藪で, 紙入れを, 細長い魚, 結晶の, 義務でも, 聲が, 聲を, 花が, 花を, 茶わんでも, 荷物の, 落し穴も, 蛋白石の, 蝸牛だ, 衝動を, 親を, 覺悟を, 詩の, 責任が, 賑やかな, 足掻を, 転換を, 農業奨励により, 運命の, 邸を, 都会と, 鏈が, 阻害が, 霊泉が, 領地の, 食卓の, 魅力だった, 鳥の, 黒い太い烟突

▼ また~ (157, 0.1%)

4 の事, や母 3 のこと, の家

2 [15件] が兄, が歿, が興奮, と同じ, と母, と私, のいわゆる, の前, の夢, の実家, の弟, の愛, の肩, はその, や兄

1 [113件] あり母, からも時々, か母, が, がいつ, がいる, がこの, がその, が云, が口, が山本芳翠さん, が徳川氏, が捜し当て, が楽し, が気の毒, が深く, が達者, が遠く, たるその, として良人, と主筋, と反対党, と子, と甚内, にきき, にこんな, にならっ, にまさる, にも僕, にも少年, によろこん, に取捕まつ, に問, に対する例, に捨てられ, に教, に気の毒, に煙管, に輪, に近づき, の, のかたき, のこの, のごとく, のため, の亡くなった, の伊太夫, の但馬守, の傍, の勧農, の又右衛門, の名, の在世中, の如水, の容太郎, の寝, の心, の性質, の悩み, の意見, の感情, の慈悲, の所, の手紙, の教えた, の方, の時政, の様子, の気持ち, の生活ぶりそのもの, の病, の眼, の経営, の聖旨, の腹, の葬式, の話, の語物, の論理, の讐, の軍服, の轉勤, の遺愛, の遺産, の遺骸, の都合上, の首, の骨, はお, はよく, はネーリュウス, は云, は別, は型録, は多く江戸, は山国, は私, は訊問, は静か, は非常, へ, もこの, もない, や妻子, や松之助, をし, を失っ, を失つて, を尋ね, を愛し, を異に, を見, を見た

▼ またそういう~ (156, 0.1%)

10 ことを 4 ふうに, ものが 3 ことが, ことの 2 ものを, 事が, 希望を, 風に

1 [124件] おまえたちは, お伽噺を, からだでは, こころもちだけを, ことに, ことは, ことも, そしてそれ, ときである, ときは, ところの, のに, はる子の, ものである, ものとしての, ものに, やり方で, インテリゲンチャの, ベイなどの, リッペヴェフゼル自身も, 事は, 交り, 人々が, 人々に, 人が, 人こそ, 人たちの, 人を, 人達に, 人間が, 仕事は, 例が, 信念を, 個々の, 傍若無人ぶりを, 公人的の, 凜乎たる, 分化の, 努力には, 匂いは, 口実は, 固定した, 土地が, 圧縮が, 場合に, 場合は, 境遇の, 奢侈ぜいたく品を, 女たちは, 女壮士の, 奴で, 好みを, 婦人に, 安易な, 実例は, 客を, 年齢も, 御道楽, 心持とも, 忠実な, 性情を, 性質であれ, 悪い条件, 悪人が, 想像を, 想像説を, 意味で, 意味での, 意味に, 意見を, 描破は, 断言を, 方法で, 時で, 時にでも, 時には, 時代じゃ, 木材で, 本能を, 材料の, 概念を, 様子を, 機会も, 武名とは, 武将は, 気にも, 気持ちにばかり, 決意を, 滑か, 漂浪の, 点が, 父をも, 物で, 物を, 狂信者と, 独創的な, 現地には, 用心には, 異教の, 真心の, 瞬間的な, 石でなけれ, 神謡や, 程度に, 素地を, 素振, 素振りを, 習慣に, 考えは, 考えを, 見苦しい晩婚, 親たちが, 証言を, 語も, 遍歴者の, 道幅の, 達人は, 都でも, 長官でも, 雑誌に, 非常の, 非難を, 音楽の, 餞別を

▼ またもし~ (156, 0.1%)

11 それが 4 君が, 私が 3 他の 2 これが, これに, これらの, その人, 一八七一年の, 彼が, 彼の

1 [120件] あたくし, あなた方が, ある期間, お側室, お角, かかる基金, この時期, この言葉, これら二商品の, すべての, そのお, その反対, その国, その社長, その約束, その結果, その資本, それも, なんらかの意味, ほんととしても, ぼくらが, よかったら, わしと, わたしの, ウォーレスや, シナの, チョコに, デトレフ・フォン・フライシェル首席中尉と, トゥーンの, パンが, ピエル・ペッティナーイオその, 一歩を, 一特定国の, 一言言いかけたら, 下手に, 世界じゅうの, 両者が, 予に, 予防的妨げが, 二人が, 以上の, 例えば彼, 刑事が, 千数百年前に, 各人が, 吝嗇家は, 国富が, 大きさ, 大盲谷, 奥さんが, 子の, 子爵の, 実体が, 実験の, 家康が, 實を, 寿命の, 工業労働者のみの, 帽子製造業者が, 幸いに, 幸に, 建物及び, 彼女が, 彼女と, 彼等が, 後に, 徑一のみ, 従来ある, 必要な, 思い出すこと, 怪声の, 我々が, 手旗が, 摩利信乃法師の, 新田に, 旅宿へ, 明らかなる, 曹操が, 本人が, 村重が, 楠木へ, 死なら, 死亡率が, 殘らば, 母が, 氏神の, 汝心を, 災害を, 父が, 狩猟家が, 狭山で, 痛手を, 癩者の, 直線と, 社會科學の, 私という, 細君が, 胃と, 自然描写に, 船の, 蓄音機の, 裏切り者の, 規則にも, 觸れず, 話したくないこと, 語り方, 誰かが, 誰彼の, 貴方が, 醫者の, 里村千代なら, 鉄人, 銀之丞から, 間接税の, 闘いを, 霊が, 霊魂なる, 霊魂果たして, 高位に, 鹿は

▼ また日本~ (156, 0.1%)

3 の社会 2 ではとても, の国, の学者, の文化, の無名作家, の現在, の雪国

1 [139件] からはわざわざ, からもその, からわざわざ, から芝居, が最も, だね, でこの, では, では初めて, では夢にも, では料理, では明治時代, では見られない, でもその, でもちよ, でも古く, でも大和辺, でも戦後, でも政党, でも財, で作つた鏡, で作られた, で広く, で榛, で翻訳, で見受ける, とか支那, とちがっ, との関係, とも二千年来, と同じく, と外国, と支那, と異なり, と西洋, ならば, における同じ, における変動, にては貧家の子, にとつて近代醫學, にのみあっ, にはあまり, には少ない, にも相当, に伝わっ, に來, に入っ, に対しては今日, に對, に帰り, に特有, に生れるべき, に陶器, の, のお, のため, のモザイック的景観, の一人民, の三味線, の上代, の亭主族, の人, の仏像仏具, の作家, の内地, の初夏, の北, の南国, の古墳, の各, の国情, の國, の外務省, の多く, の大, の女性, の学界, の定家卿, の室内装飾法, の将軍, の小麦, の工業, の平面的, の建国, の恩, の悲劇的, の戦国時代, の支配機構, の政治, の政治家, の救うべからざる, の文壇, の文明, の明治時代, の昔ながら, の果物, の森鴎外, の歌舞伎, の殉教者中, の民間文芸, の浮世絵芸術, の潜水艦, の物, の狼, の田舎, の画, の着物, の社会発展, の神道, の精神史, の紙幣, の絵, の絵本類, の貴族代表, の赤坊, の農民, の重大, の陸地測量部, の青年, の風景, はおろか西洋諸国, はその, は島國, は新, は玄関口, へ向っ, へ帰りたくなった, へ帰ります, へ持つ, へ歸, へ皈, へ行った, よりも十層倍, より移植, を以て, を離れ, を離れる, 全国民, 紡が四つ

▼ また格別~ (156, 0.1%)

14 である 12 なもの 87 のもの 5 であつ, です 3 じゃ, だつた, でした 2 だった, で, であった, でありました, ですがね, なもん, のよう, の味, の御, の相違

1 [76件] じゃぞ, だからな, だけれど, だぞ, だってえ, だと, だな, だなあ, だねえ, だよ, であらう, であります, であれど, であろう, でいま, でご, でございまして, ですな, ですね, ですよ, でその, でたとい, でね, でほん, で何處, で御座いますよ, で手, で承知, で文字, で殊に, で私, で表通り, で高い, と見, と見え, なあの, なおもしろ, なりしかばついに, なん, な味, な品, な因縁, な敬意, な趣, な風情, な風流, においし, に偉い, に可笑しい, に嬉しい, に慕っ, に熱心, のこと, のやう, の世界, の事, の喜び, の心, の手際, の景色, の無気味さ, の用意, の義理人情, の賑, の趣き, の風味, の風情, の風韻, ほとんど日光, まず目黒, 何とも申されません, 前とは, 減った訳, 美しいで, 美味いという, 違ったもん

▼ また~ (155, 0.1%)

6 ことに, 機会に 5 機会を 4 妾の 3 あいだを, そりの, 御名は, 時節を

2 [12件] お越しを, ご縁, そりと, つそり, チャンスを, 下を, 世に, 会合を, 半分は, 夕日に, 折に, 槍の

1 [98件] あいだに, あいびき, あたりから, おついで, お会い, お出, お出でを, お前様の, お名, お沙汰, お爺さんが, お登り, お移りを, こ, このこと, そり, たばってるという, たりつく, ついでの, つしのつしと, つそりめ, つそり奴, つぴき, ときで, とき東照宮家康公侍臣に, ところが, ひもを, みなおして, よい機会, よには, んこう, んべりだらり, ん氣すぎる, 一枚は, 一羽が, 一羽は, 一面である, 下から, 世は, 世までは, 丸木船を, 事に, 人小またの, 代りに, 例に, 入来を, 再会に, 再会は, 凝血を, 出水, 出陣と, 別の, 半は, 変が, 変でも, 大事を, 大通へ, 天國, 宿, 對に, 年には, 年の, 復讐を, 懊悩の, 戦いに, 手紙には, 折, 折と, 折も, 折りも, 折を, 按司テダの, 捨て場所, 方に, 時いつか思ひ出せる, 時だ, 時にと, 時スエコを, 時節が, 暁より, 朝, 機などは, 機を, 機会には, 機会まで, 機會を, 異名を, 筆間茶話の, 考えを, 若者達が, 通り名を, 逢夜を, 逢瀬この世にて, 逢瀬の, 逢瀬を, 長槍, 電車線を, 飛報には

▼ またもう~ (155, 0.1%)

20 一つの 8 一人の 6 一つは 5 一人は 2 ひとりの, 一つ, 一つ別の, 一名の

1 [108件] いちどその, いちどカイに, いちどパチ, いちど水戸へも, いちど空の, いっぺんこう, いっぺん囃子を, いらないと, お一ト方, お目にかかるまいと, そこに, それではこの, ひとつこんな, ひとつごろんと, ひとつには, ひとつ上から, ひとりこどもが, ひとりと, ひとりのっ, ひとりまた, ひとり変り種が, やむや, 一ついかにも, 一つからは, 一つが, 一つこれに, 一つのには, 一つべつな, 一つもう, 一つブウス氏の, 一つ事に, 一つ他の, 一つ僕らの, 一つ先に, 一つ函が, 一つ前から, 一つ前の, 一つ十二歳の, 一つ友情という, 一つ吃驚する, 一つ同じ, 一つ問題と, 一つ大変な, 一つ新しく素晴らしい, 一つ新たな, 一つ武蔵を, 一つ活を, 一つ渓流から, 一つ白い, 一つ私の, 一つ綿羊の, 一つ読本の, 一つ電車へ, 一と, 一ど, 一ぺん, 一ぺんよく, 一ぺん初五を, 一人お, 一人が, 一人たのもしい, 一人船橋あたりに, 一名は, 一図は, 一杯, 一杯ぐっと, 一案引き出し, 一歩突つ込ん, 一歩進め, 一発の, 一組は, 一言つけ加える, 一詩を, 一遍パラパラ, 一遍同じ, 一遍学生時代に, 一遍押す, 一遍立ち帰った, 一遍軽い, 一間を, 一面の, 一頭の, 世帯じまいを, 何にも, 十年も, 天下の, 妻の, 子供では, 宥められて, 寝床へ, 店を, 忘れて, 恐ろしいから, 手遅れに, 更け沈んだ時刻, 死ぬの, 母に, 状勢を, 綿が, 自分の, 自分も, 般若の, 花の, 試驗も, 話しあいでも, 話すこと, 賣り拂, 遠い遠い過ぎた

▼ また来る~ (151, 0.1%)

156 がいい, と云っ 5 といっ 4 かもしれない 3 から, ことに, ぜ, ぞ, ように, わ

2 [12件] かと思う, かも知れない, かも知れません, からと云っ, がら, そうです, と約束, と言っ, の, ような, んでしょう, んや

1 [73件] かと聞く, かどう, からそれ, からといっ, からと約束, からな坊, からね頼んだ, から其時, がね父さん, けれども用, ことを, ぜといっ, そういっ, ぞおさらば, たってそりゃ, って, って御, つもりです, と, といいのこした, という, という青年, といった五通神, とし, とその, とはっきり, とは云つて, と云, と云い, と云う, と云った, と云つた所, と仙人彼, と行つて, と被, と途中, なんて死神, に極, に相違, に違, のかしら, ので六月, のも, のよ, のを, は, はずにも, またあと, までは, もので, ようなら, ようにも, よそら, よちょいちょい, よと言っ, よなどと言われた, わよ, 事を, 二十二日より, 再び引返せり, 平時なら, 年にも, 年も, 故その, 日も, 春に, 時, 時に, 時代の, 時節を, 程に, 積りだろう, 訳で

▼ またこう~ (147, 0.1%)

8 いった 6 もいう 4 も云った, も思った, も言った, 言った 3 云った, 言いました, 言って 2 いいながら, いって, なっては, も云っ, も書い, も考えた, やって, 思った, 考えて

1 [90件] いいだされた嬉し, いいました, いえば, いった事件, お腹の, させたこと, しても, しゃくうよう, すれば, であった, なったら何もかも, なって, なってからが, なる, なると, なるまでには, まで徹底的, まで改まっ, まで男, もいいやがった, もいっ, もいわれる, もこの, も云われるであろう, も思っ, も思われる, も想像, も意見, も書いた, も考えられる, も考える, も言いました, も言えるだろう, も言っ, も言われた, 世間を, 乱れた気持, 云いかけて, 云いながら, 云いました, 云い足した, 云うこと, 云う男, 云う疎, 云って, 云わせた, 切りだしたが, 及び腰に, 口を, 叫ぶ声, 号令を, 呟いて, 呼びかけた, 呼んで, 尋ねずには, 怒られる訳, 思うん, 思ったの, 急を, 感じた, 時勢が, 書いた, 書き添えて, 書けばこそ, 構える型, 答えた, 答えよう, 籠ったので, 繰り返した, 繰り返しましたが, 考えた, 考えました, 考えること, 解すれば, 言いだしました, 言うの, 言わせたもの, 言われること, 訊いた, 訊ねた, 訊ねたと, 託った, 詰るであろう, 貰ってばかり, 辟易し, 進言した, 鉄火が, 附け加えて, 非難する, 響いた

▼ またかく~ (146, 0.1%)

15 の如く 13 のごとき, の如き, の如し 12 のごとし 6 のごとく 4 の如くなりき 3 のごとくなりき 2 こそ有るべけれ, のご, のごとくなるべし, の如くなるべし

1 [59件] あるべき天下, いうも, いう義平太, いう高氏, おしはかりて, お供, か, てあり, てありけり, ては, てわが, て労働者, て国, て坐れり, て彼, て日本化, て自滅, なしき, なせる, なむ, のごと, のごとくいわん, のごとくし, のごとくする, のごとくならね, の如く存在, はひそか, は臣洪信, までにその, までに物, まで全国, みずながしと, も余す, も多く, も深刻, も異なれる, も締り, も親しく, も音曲師, やあらむ, 云ふ, 信ず, 大いなる不和, 大いなる光, 大いなる群飛, 大切な, 富を, 思考えた, 恐る, 抱きて, 最小さき, 東京滞在の, 此等を, 淺く, 真直な, 知と, 祈る所以, 虜囚の, 選定された

▼ またあと~ (140, 0.1%)

115 でね 3 でゆっくり 2 からあと, から外国人, でお話, でねえ, で聞く, に残った, へ引っ返し, へ戻っ, もどりを

1 [103件] からおなじ, からお金入れ, からその, からぞろ, からぞろぞろ, からで, からといったきり長火鉢, からと入れ, からの一群れ, からわかった, から別, から書けない, から来た, から来よう, から来る, から発火坑, から白髪, から遊ばう, が, が切れ, が脹れる, であそび, であの, でお, でお目にかかっ, でお金, できた市警, でそんな, でだれ, でときどき, でどうにか, でどんな, でなんとか, でもう一度, でゆ, でゆるり, でよく, でわかった, でわかります, でスペイン, で二人, で姉さん, で御, で思い出されたら, で思い返しました, で悪く, で書く, で来ます, で泥, で申, で細君, で考え出そう, で聴こう, で言った, で訊く, で話し, で話しする, で話します, で詳しく, で買いもどせ, で逢います, で遊ぼう, で食べましょう, にし, になっ, になん, には小牛, に残る, に法華経, に白人, に説き廻つた, のこと, の分別, の大, の方, の波, の者, はし, は死んだ, へ, へもどった, へ引き返しましょう, へ戻った, へ戻る, へ退く, もどりした, もどりしたの, もどりだ, をおいかけ, をつぎ, をつけ, をつけた, を借りた, を引い, を振り, を追いかけました, を追う, を追っかけました, を追って, を造ろう, を酒屋, を鎖す, を高笑

▼ また~ (138, 0.1%)

16 の中 5 へ帰っ 3 の者, を出た

2 [13件] に帰っ, に帰った, のため, のほう, の人たち, の前, の御, へ歸つて, もある, もない, を出, を離れ, を飛び出した

1 [85件] から逃げ出し始めた, ができ上がりました, がなけれ, が倒れた, が賑, でも上役, で僕, で勉強, で友達たち, なく禄, にいる, について新しい, にのこし, にぶらぶら, によってその, によって色々, により, に入った, に妻子, に居る, に帰りつい, に戻った, に置け, に連れ帰され, に連れ帰られました, に飼っ, のうしろ, のこと, のなか, のならび, のはなし, のもの, の主, の人, の人々, の人達, の内, の勇, の周囲, の客, の広大, の暮し向き, の財産, の近く, の近所, は分る, は真宗, は裳脱の, へかへつて, へつれ, へとつて, へはいっ, へもどっ, へ入れ, へ帰り, へ帰る, へ帰るだらう, へ帰ろう, へ引き戻さなけれ, へ戻っ, へ来た, へ相談, へ連れ, まで帰りつかない, も焼けなかったら, も見受ける, も雪, をあけ, をあける, をでる, をとびだし, を借りれ, を変ろう, を外, を持つ, を挙げ, を捜し, を探し, を構, を潰す, を留守, を脱, を辞し, を開け, 思ふ時川下

▼ またいつ~ (137, 0.1%)

10 の日 6 しよに 3 となく, になく 2 だったか, の時代, 頃から

1 [109件] あうべきやを, いかなる形, いつも乱暴, からこんな, からとなく, からともなく, この飛騨, たん物を, だか, だって江戸, だって逢いたい, てみたら, であったか, であったという, でもいます, でもお, でもそう, でもそこ, でもその, でもどうぞ, でももらい, でもヤマメ, でも人, でも会え, でも別, でも呼応, でも封建的社會主義, でも短く, でも自分, でも買, という時, とはなく, どこかの, どこで, どんなこと, どんな夕立, にない, になく怖, のこと, のとき, の世, の夜, の日機会, はじまったか, ぶり返すかも, までたつ, までもお, までもかかっ, までもここ, までもこの, までもそう, までも取りつき, までも変らぬ, までも妻, までも忘れる, までも或いは, までも旧態, までも洟, までも眺め, までも自分, までも衡, までも黙りこん, までやっ, 一緒に, 不孝という, 乳を, 会えるか, 会えるかと, 何時鼻唄を, 來る, 先方から, 先生の, 円く崩れ出さない, 再びあうべき, 危急を, 同じ運命, 噴き出すか, 変わったもの, 変化が, 寝返るやらも, 巡って, 帰り来て, 帰るか, 恋しいお, 来たか, 来たの, 来るか, 東京大阪に, 根が, 正中ノ, 此の, 死ぬか, 死んでも, 浜松へ, 立ち消えに, 結婚できる, 行っても, 見て, 見ても, 警官隊が, 逢うか, 逢はれる, 逢われるか, 逢われること, 遇われるやらと, 陸地に, 頃からか, 頃歿した, 頃終った

▼ またほか~ (137, 0.1%)

5 の人 4 のこと 3 の人たち, の家 2 にもいろいろ, の一人, の客, の鉄砲, へ行っ

1 [112件] から奥さま, から頼み, に, にそれ, にも一名, にやる, に一人, に二つ, に仕事, に寝る, に席, に理由, に米国コロンビア大学師範科, に誰, のいく, のお歌, のちょう, のところ, のどんな, のねこたち, のばら, のひとり, のま, のもの, のや, のボーイ, の一つ, の一名, の一頭, の七歳, の三つ, の下宿人, の不, の不思議, の事, の二三, の二人, の人々, の他人, の例, の僚艇, の内幕話, の写真師, の名, の商店, の四, の國, の國務大臣, の土地, の多く, の女, の女の子, の女人たち, の子, の字義, の学問, の学校, の寺院, の局, の岩, の工夫たち, の座敷, の影, の御家人並, の意味, の意見, の搾取者, の方, の方々, の日, の星, の木, の木立, の村, の森, の機会, の汚れた, の理由, の男, の町, の百姓, の真理, の絶壁, の縁類, の舟, の船, の船員ら, の色々, の薬品, の處, の蛾, の話, の誰, の諸兄, の諸声, の車, の連中, の道, の部分, の酌人, の金銀緞匹, の頁, の馬, の魚たち, の鳥, へも一応, へ巣, へ手伝い, を探す, を探せ, を搜, を歩い

▼ また一種~ (137, 0.1%)

3 の, の不安 2 のタブー, の別れ, の噂, の大, の女難, の特殊民, の美, の興味, の豪傑, の趣

1 [111件] くすぐったそう, ではない, のお, のご, のなつかしみ, のもの, のオコナイ, のカルタ遊び, のセンセーション, のユニヴァーシティ, の不思議, の世界, の主人, の他, の伝道者, の作曲者, の修養, の偶像, の偽論, の僻説たる, の儀礼, の冒険的興味, の凄, の制作, の力, の効果, の勇気, の勇者, の味, の善玉悪玉, の困難, の型, の変人, の変態性慾者, の奇術的興味, の女傑, の好奇心, の妖怪, の宅神, の官庁気分, の実験, の屠, の弛み, の弥勒出世, の強, の微笑, の心, の心理的畸形, の思い, の怪物, の恐怖, の恐怖観念, の悲観論, の情, の情感, の意地, の愛, の慰藉, の憐憫, の技法, の摂取型, の文学, の日本料理, の暗, の暗殺, の暴君, の果敢ない, の楽し, の楽天的, の歌, の歌垣, の水平運動, の水晶凝視, の狂喜的, の理由, の眠け, の瞑想家, の神人寺賤, の神婚説話, の純粋経験, の経綸, の結集, の緊張, の群衆心理, の自尊心, の芸, の苦悶, の英雄崇拝者, の親しい, の親切, の論者, の護法, の責任, の趣味, の遊戯, の青葉, の風変り, の風趣, の高雅さ, の魅力, の魅惑, はてしがない, 不能力, 云うに, 全く違った, 変ったなまり, 得難い興味, 違った味, 違った温かい, 頼もしい眺め, 魅するが

▼ また多く~ (137, 0.1%)

13 の人 5 の場合 3 の人々, は余 2 この辺, の仲間, の困難, の神たち, の者

1 [103件] あった, いるよう, この縁起, てはならない, とどまるやう, とどまるよう, のあえ物類, のもっとも, のアニリン色素, の人たち, の人夫, の人文的事業, の人間, の他人, の伝説, の例, の供, の偽装浮浪者, の僧侶, の兵士, の利, の同志, の国, の地方, の場所, の太陽, の女人たち, の家庭, の家臣, の小, の山川草木, の工場, の弟子, の弟子達, の弱点, の影, の後ろ楯, の恋人, の恒星, の手, の教師達, の数学教科書, の新た, の旗下, の既婚者等, の星, の未来, の機械論者, の歌, の殿上役人, の河, の深き, の物理学者, の犬, の独断家, の獨斷家, の現代人, の男, の男性, の百姓, の真理, の社, の神, の神人, の科学者, の聴衆, の背徳漢, の苦労, の親しい, の訂正, の詩, の誤解, の農村, の部門, の醜, の鉄片, の電子系順列, の魂, の魂の, の鹿, はこれ, はそこ, は一つ, は世に, は予見, は勢い, は単に, は問はず席, は戻っ, は洗骨, は滝壺, は神, は経営, は読ん, は離散零落, を子供, を学び得た, を見ず, チリ国極, 含まれて, 愛情を, 描かずば, 行われた

▼ また~ (136, 0.1%)

4 のせい, を取り直し 3 が変, になる, を変え

2 [11件] おくれが, が変った, が揃った, になっ, のぬけた, の利かない, をとりなおし, をとり直し, を変, を悪く, を落ちつけたらしく

1 [97件] おいたつ心, があせっ, がおかしく, がかわっ, がかわった, がかわります, がきかぬ, がへん, がもめる, がゆるん, が付いたら教え, が向け, が変っ, が変らない, が変らん, が変る, が変わっ, が折れ, が暗く, が気, が狂, が狂い, が短い, が置けない, が腐っ, が転倒, が迷っ, が遠く, でも狂う, にいつた, にかかり, にかかり出した, にかかる, にかけた, にしない, になりだした, になりました, になり出した, になり出す, にも止めない, に喰, に懸ける, に掛け, のかわらない, のきくたち, のついた, のどく, のどくがる, のむく, の向く, の多い, の小さい, の弱い, の強い, の早い, の滅入る, の知れない, の立った, の荒い, の長, の隔, の静まる, むつかしくなりました, もくるわしく, も付かなかった, も変, も変っ, も急い, をうしなっ, をきかし, をつけよう, をとりなおした, をまわされやしない, をもませるで, をもまなけれ, をもみ始めた, を取, を取りなおし, を取りなおした, を取り直しまし, を取直し, を吐け, を変えた, を失っ, を失った, を引立て, を抜かれ, を揉む, を更, を焦っ, を腐らし, を腐らした, を落ちつける, を負った, を魂, 懈そう, 長く救い

▼ また~ (134, 0.1%)

5 を伏せ, を見合せた 4 をあげ, を赤く 3 を上げる, を出し, を出した, を出す, を赧

2 [11件] に袖, は出, をしかめ, を上げ, を上げた, を外, を染め, を背け, を見る, を見合せました, を見合わせた

1 [79件] いろや, からはなし, から首, がさす, が六つ, が合う, が映った, だけは知っ, にあてた, ににじみだし, にも手, にも覚え, に垂れ下る, に於い, に現われる, の向, の諸, の赤く, の連続, の鈴なり, の黄いろい, は稲川, へ白く, もかなしき, も上げなかつた, も透きとおる, をあかく, をあげた, をあわせた, をこころもち本尊, をそむけられた, をだし, をのぞかせる, をふせた, をふつ, をみあわせ, をゆすっ, を上, を伏せた, を半分, を合せました, を向けなおした, を外らした, を引っ, を手, を押しつけた, を拭いた, を振った, を掩, を曇らせた, を染めた, を正面, を歪めた, を洗っ, を濡らした, を真赤, を突き合せ, を舞台, を見あわせ, を見あわせた, を見あわせました, を見せ, を見せた, を見た, を見合せ, を見合っ, を見合った, を赤め, を赤めた, を赤らめ, を赧め, を赧らめ, を起し, を顰め, を顰めた, を顰める, 出す, 利きであったの, 見たり

▼ また最も~ (133, 0.1%)

3 重要な 2 明晰で, 立派な, 自由な, 錯雑し

1 [122件] あくどく揶揄, うまいと, おしゃれらしくなく, すぐれた説明, むづかしいところなのだろう, インテイメイトな, プラトニツクな, 不安全, 与りて, 乱暴な, 予とも, 人間的に, 信頼された, 優るもの, 優秀なる, 優良なる, 優越なる, 優雅な, 全過程, 公平な, 内部に, 円滑に, 勇ましきもの, 勇敢な, 卑劣な, 厄介な, 取り扱いがたい, 商業的な, 困難な, 困難なる, 国民に対して, 基本的な, 変化に, 多数の, 大に, 大切な, 大切に, 大規模, 奇妙不可思議で, 好むところ, 安全な, 実用的な, 客観的な, 容易なる, 容赦すべき, 専門的な, 小さい小さい虫, 小破片すなわち, 巧に, 己の, 幸福でも, 廢れた, 弊の, 弱きもの, 強調された, 心ゆく楽しみ, 忌な, 快心, 怖ろ, 恐ろしい犯罪, 恐ろしい癇癪, 悪くした, 悲しげ, 情趣深き, 愛して, 愛する男, 愛せられるの, 斬新な, 早く現われた, 明白な, 普通な, 有力に, 楽しい事, 正しい態度, 正当な, 正直であるべき, 水深が, 流行ったの, 浄瑠璃を, 深き考察, 深刻に, 清冽で, 温かい所, 潔白な, 火の, 甚だしく風水害, 疑わしい人間, 登り難い, 盛んなる, 着実な, 神秘的な, 精巧なる, 精微な, 精根を, 系統的な, 純粋でも, 素朴な, 美しい夢想, 自然の, 自然的に, 興味が, 興味深く古河黙阿弥, 苦痛な, 著しき一例, 著しく不義, 行い難い, 賢く優れた, 賢明な, 賢明なる, 身近かな, 近き貿易港, 近代的に, 退屈だ, 過激なる, 都合の, 醜態を, 鑑賞すべき, 非難多き, 頑固そうに, 馬鹿げたもの, 高尚な, 高揚された

▼ また~ (131, 0.1%)

4 を出し 3 を拍, を振った 2 に手, をたたい, をのべ, をやすめ, を入れ, を取りあっ, を差し出し, を支, を浮かぶるなり

1 [103件] から逸し, がない, がハタハタ, でなに, では持ちきれない, で遮つ, で顔, とか足, なづけ難い, にした, にしなけれ, にとって見る, にとる, には其等, にもつい, に余る, に取っ, に取った, に取ろう, に墨, に帰る, に結び, のつけられない, のとどく, のやり場, の上, の中, の書物越し, の着け, の運動, はある, もつけられぬ, もなく, や足, をあげ, をあげました, をあたためる, をうしろ, をうち, をかけた, をかし, をこすりはじめた, をこの, をさしのべ, をたたく, をつかえ直した, をつなぎ合っ, をとっ, をのばし, をばたばた, をぱっと, をひつ, をやくも, をポケット, を下すべき, を代え, を伸ばさう, を伸ばした, を伸べ, を働かしはじめた, を出した, を取, を取り合った, を叩い, を叩いた, を合せ, を咬まれた, を変え, を大きく, を左右, を延ばし, を引い, を引き合っ, を引く, を引っこめました, を引込め, を引込めた, を拍つて快哉, を拡げ, を持った, を振っ, を振り, を振り廻し, を振り放し, を換え, を揮った, を敲こう, を施す, を曳い, を曳かれ, を洗っ, を洗った, を空し, を突っ込んだ, を緩く, を繋ぎ合っ, を胸上, を膝, を顎, を鳥足, 振口, 擦れて, 離しては

▼ また別に~ (129, 0.1%)

3 人を, 何か 2 なる

1 [121件] あるとい, いつか夜大変に, うちには, お好み, お話を, かぜの, げんげんの, この日, さっき雑誌の, その死んだ, それだけは, それと, ぶるつと, わたしが, カラフトイワナと, ザアッという, ザアッといふ, マンの, 一ヶ所マオカの, 一棟すばらしく, 一艘彩色を, 七宝で, 三つの, 三十一文字一首を, 下受け, 二つの, 二年近く暮らしました, 人が, 今すぐ, 仕事も, 他の, 何かしら, 何といふ, 何の, 作りますから, 侍中の, 俳優の, 僵尸とか, 元からの, 八五郎の, 出して, 初松魚, 前安東取引所長太田秀次郎氏, 取つて, 同じ年, 呑気で, 因縁とも, 外務省と, 大水上, 夫ある, 女が, 女という, 学校船あり, 宇和島人の, 宿を, 寺を, 山和尚という, 広さ二丈, 彼女に対して, 思うらしい様子, 性の, 怪塔ロケットに, 抵抗を, 指定神社すなわち, 斯んな, 新しい結合, 新らしい, 昔の, 書き出したの, 有難味が, 棚を, 歌人, 歩兵隊を, 残肴を, 氣にも, 求むべきの, 求めなければ, 浜弓場または, 深い苦痛, 深く腹, 然るべき事情, 熱を, 独占の, 理が, 異存の, 私が, 穢れを, 空腹をも, 第三, 答術を, 算所の, 紫雲英の, 組頭や, 絵画の, 美装したる, 老子の, 考えが, 考ふべきなり, 能工夫あり, 自然に, 舟を, 色つ, 芝區三田聖坂功運寺にも, 若けえ, 虞る, 西日をよ, 見事な, 記録上聊信ずる所あり, 話題が, 詳論する, 語原が, 説を, 読書の, 論ぜざるべからず, 論述する, 財源を, 身ぶるいが, 連絡が, 長者町に, 陸行一月の, 面白いの

▼ また~ (129, 0.1%)

13 なこと 6 なもの 4 なところ, な事 3 なん, に気 2 では, なり, なんで, にその, に冷たい, に胸, ね

1 [82件] じゃ, じゃない, だなと, なかっこう, ななぞ, なの, なひっかかりで右門, なふう, なやつ, ならずや, ならむ, なイキサツ, な倍音, な処, な因縁, な報告, な声, な手紙, な敵, な格好, な気, な気配, な癖, な看板, な社会観, な精神作用, な緞帳, な考え, な聯想, な腹立たし, な複雑, な見透かせない心, な話, な趣味, な足つき, な返辞, な道樂, な関係, な面, にうかびぬ, にうるん, におと, にぎごち, につましかっ, にはにかんだ, にひっそり, にふさい, にオドロ, に人肌, に仲, に冷, に口, に向う, に君, に四人, に大切, に寂し, に常に, に強い, に彼, に御家人, に心細くひどく, に息苦しい, に悲し, に意地, に憂欝, に暑苦しい, に本間さん, に此洋品店, に甘, に白茶け, に皮肉, に真剣, に眼, に砕けた, に笑い出しまし, に薄寒, に裏切られ, に難, に頭, に食い違っ, に食もの

▼ またかの~ (128, 0.1%)

8 女の 4 女は 3 夕べ大臣に, 女に, 女を, 生を 2 偉大な, 夜の, 大皿に, 女と, 有名なる

1 [94件] お関, すかんぽが, ふたりの, アラビア人の, エットレの, キチガイが, マジナイの, ワビスケ・ベニワビスケ・コチョウワビスケなども, 一覚を, 上書建白を, 世に, 世界大戦も, 中世期に, 丹下左膳と, 丹下左膳は, 人相見もしくは, 伯夷叔斉は, 佐々木道誉の, 六角シェバリエー, 十人の, 卑猥なる, 君の, 呼石の, 品を, 哲学者プロタゴラス, 善光寺地震の, 喜べる魂等, 四十面相と, 国法務大臣徐洪範は, 国香や, 地には, 塀際に, 夢が, 天女の, 女が, 女に対して, 女相應の, 如く完全, 室内の, 家庭の, 少女との, 峰丹波と, 巨人的天才レオナルド・ダ・ヴィンチ, 巨星アルクトゥルスの, 平家納經といふ, 弁証法をも, 征服の, 律僧や, 悠々たる, 有名な, 根本的には, 楯を, 池や, 洋学者流の, 浦塩斯徳に, 海に, 渡り鳥や, 烏啼天駆, 焼きかが, 狭い運河, 猶太神話, 生産世界なる, 盜人の, 短髪の, 磯五の, 筍掘りが, 緋カンザクラ, 美しき看護婦ドルス嬢, 群の, 翁の, 老人の, 者生き, 膨る, 自動車の, 若者に, 苦患の, 英文読本を, 茶店の, 螺状星雲は, 観世音菩薩の, 詩人の, 誠実なる, 車軸, 釣り橋の, 鉄道唱歌とか, 鎧竜宮より, 限界效用説を, 雅之を, 雑居房の, 雜居房の, 青き道, 風習説によりて, 鬼眼の, 黄金の

▼ また東京~ (128, 0.1%)

6 へ出 4 へ帰っ, へ帰った 3 に帰っ, へ戻っ 2 に出る, の人, の兄, の近く, へ出る, へ帰る, へ来たら, へ舞い戻っ

1 [92件] および横浜, から呼び寄せます, から従い, から訪ね, から遊び, が戀, それから結婚十四年目, だもう間もなく, だ東京, で, でなくては, で新年, で逢, といつ, とは別, に, にする, にては電話, にて花柳, には行なわれ, にまい戻り, にめっきり, にゐ, に住む, に入っ, に出た, に帰つて, に廻っ, に戻つ, に持っ, に来たろう, に歸つて田端, に移つてアパート, に移住, に置いてなかったなら, に舞, に舞い戻っ, のこと, の下宿先, の下町, の冬, の初冬, の妻子, の宿屋, の新橋, の方, の早稲田, の様, の王子, の町, の自宅, の附近, の麻布, は空襲, は美しい, へいらっしゃる, へくる, へこんど, へでも遊び, へといかばかり, へひきかえした, へもどっ, へ一往来, へ出かけ, へ出かけなけれ, へ出た, へ出ました, へ出よう, へ出られる, へ帰らなけれ, へ帰らね, へ引っ越し, へ戻, へ戻つ, へ戻りたい, へ持つ, へ掛合っ, へ来, へ歸つて, へ着し, へ移つて, へ舞い戻った, へ舞い戻る, へ舞ひも, へ行きます, へ行つて來, へ請願, へ逃げ出す, らしくないしめり氣, を立ち去ります, を背景, を見

▼ また明日~ (126, 0.1%)

6 の朝 5 のこと 43 の晩 2 でもお, になれ, の日, は大, もあら, 出直して, 来て

1 [94件] ああしたとこ, いって, うんともうけ, おき, か, から, から当, から朝, から次, から紙芝居, から自分, がやってくる, が御破算, が無い, くると, この部屋, じゃねえ次, ださよなら, でもおいで, でもここ, でもやって来, でも伺おう, でも取り, でも執り, という日, にし, にしよう, にする, につづい, にでも, にでもあがります, にでもあれ, にでもし, にでもまいる, にでもやってきます, にでも來, にでも取り, にでも来, にでも来給え, にでも見舞う, にも, にもうかがいまし, に処し, に延びた, ねえあんまり, のいまごろ, の今頃, の仕事, の夜, の太陽, の戦, の打合せ, の散歩, の文化, の新しい, の新聞, の狩猟, の食い物, の鴎外, はある, はひどく, は大阪行, は寝, は微行, は珍, への大きな, も会おう, も水撒, も現金払い, も繰返す, ゆっくり話, わざわざ出掛ける, ゐら, んめんそー, 会おな, 入る口, 出なおして, 呼び出されるという, 呼ぼう, 引っ張り出しに, 御案内, 担いで, 来ます, 来ますとさ, 来るわけ, 究めたいと, 聞こう, 色々と, 見に, 訪ねる約束, 買って, 逢いましょう, 逢うこと, 頼みます

▼ また~ (125, 0.1%)

6 の前 4 かくし, を閉じ 3 をつぶった, を開いた 2 が覚め, が覺め, に立つ, も届かぬ, をあい, をお, をとじ, をとぢ, を細く

1 [87件] からも一筋, がさえた, が冴えだし, が回り, が見えなくなった, が見えぬ, が閉じた, じるしの, で叱る, で眺め, にうつり出し, にこそ浮べ, についた, についてその, にもかけ, にもする, にも見あまる, に映った, に映りはじめ, に涙, に物, に見えぬ, に見える, に見ゆる, のさめる, のまえ, の一方, の中, の学問, の粗い, の色, はたとえば, は離せなかった, ばたき, まぜを, もくらむ, もその, もよく, も醒める, を, をあけた, をいからせ, をくしゃくしゃ, をさまし, をさました, をしばたたきはじめました, をそらし, をつぶる, をとざし, をとめ, をぱちくり, をひらいた, をふさい, をみはる, をやる, をクリクリ, をパチパチ, を上げ, を上げよう, を下, を下界, を丸く, を伏せ, を伏せた, を使い, を光らし, を凝らし, を押さえ, を擧げた, を放さず, を洗っ, を王子, を皿, を舞台, を落とし, を血走らせ, を見かわしました, を見合わせ, を覚した, を覚まし, を覚ました, を閉じた, を開き, を開く, を開ける, を閑, 暗縞

▼ また不思議~ (124, 0.1%)

15 なこと 7 なもの 5 な事 3 だと, なほど, に思った 2 だ, です, では, でもない, と, な力, な夢, な魅力, に皆

1 [70件] があった, がるよう, であつ, である, でなりませんでした, でもあった, でも起り, とどちら, とは申されぬ, とも思わぬ, と花, な, なくらい, なの, なほどに, なほどの, なもん, なん, なテナー, な一個, な一画, な嘯くよう, な嫉妬, な安, な安定感, な心持, な感, な新, な方法, な犯罪者, な目, な興味, な芸術品, な話, な鏡, な顛倒, におれ, にお客, にこの, にはっきり, にもよく, にもギョクポ・ペブ, にもジャヴェル, にも思っ, にも清太郎, にも生き, にも蛇, に丈夫, に人さま, に北国, に妙, に存じられ, に家, に心, に思う, に思われる, に情熱, に感じた, に感ずる, に新しい, に浅葱, に町内, に癒, に貝蛸, に赤い, ね, の一つ, の力, の因縁, や死人

▼ また~ (124, 0.1%)

12 の中 5 のうち 3 の底 2 ある者, のなか, の奥, の隅, をとり直し, を取直し

1 [92件] あるを, ある将, から十, から喜ん, から朝廷, がしんみり, が乱れよう, が動く, が向いた, が変りました, が変る, が朗らか, が楽しく, が浮ついた, が迷, きいた若者, で叫んだ, ときめかせて, にある, にいだく, にしみなけれ, にそう, にふり, にもない, に二三分の余裕, に印象, に問うた, に天, に思った, に掛け, に沁みた, に沁み落ち, に満, に苦悩, に誇る, に足らない, に関せざる, のうちの人, のすみ, のずつと奥, のひかれる, の一方, の一部, の一隅, の位置, の修行, の優しい, の内, の声, の平静, の憂, の本質, の栄養, の涙, の涼し, の片隅, の端, の耳, の自由, の解らない, は疾風, ぼそく, ゆかしに, より神, をおののかせる, をかすめ, をそそられた, をなぐさめ, をなやましはじめました, をひかれた, をやわらげ, を万, を不可思議, を乱された, を力づけ, を動かされた, を占領, を向け, を女, を惹く, を改良, を楽しく, を殖産工業, を用い, を痛ましめ, を置かで, 優しき母, 悲しく, 懸りなり一度家, 有る人, 着きぬ, 苦き御

▼ また~ (124, 0.1%)

6 の上 3 か, を飲んだ 2 だ, のこと, をついで, をなみなみと, を飲みだした, を飲みはじめた, を飲ん

1 [98件] かい, か女, がいる, がすき, がほしく, がわい, が始ま, が美味かっ, そしてまた四有三居, だあまり, だけで, だってまるで, だシヤン, でお召物, でも飲まず, でも飲ん, でも飲んだ, で殺し, となった, とビール, と歌, と肴, と間違え, にする, にでも酔っ, になった, になる, によく, に使い, のうま, のすすみだした, のせゐだと, のみみたい, のめるかな, のよう, の一升徳利, の中, の余勢, の入, の好き, の害, の店, の興, はうまい, は嫌い, ばかり食らっ, への強い, もあり, ものまん, もり, も厭, も飲まずし, も飲まない, も飲む, やアブサント, や水, よりも玉, よ酒, を, をくらっ, をすすめる, をつぎ, をつぎ出した, をとくとく, をとっ, をのみました, をのみ初めた, をのむ, をのんだ, をはずませる, を出し得べし, を初め, を取っ, を取り寄せ, を呑む, を呷った, を呼び, を命じ, を啜った, を始めた, を所望, を持ちこんだ, を注い, を注がせ, を注文, を満々, を無, を釀, を食ら, を飮ん, を飲み, を飲みたくなった, を飲む, を飲むであらう, を飲むべし, を飲もう, を飲んでる, 売り男

▼ また子供~ (122, 0.1%)

10 のよう 4 のため, の時分 3 といふもの 2 が生れる, のこと, の成長, の靴下, らしい失望

1 [91件] から初めて, がいまし, がおれ, ができるだろう, ができれ, がやつ, が出, が大好き, が学校, が幾人, が最も, が烟草, が生まれる, が芝生, が見習い, が誰, が途中, が頭, が駄々, だけ引き取っ, だったの, であったが, で苦労, という心持, としか話, として生れた, と一緒, にたよらず, にまで好い, にもて, にも時々, にも適しなかった, に対する愛情, に對, に愛せられてる, のあと, のある, のおり, のとき, の中, の咽喉, の差す, の平生, の影, の忘恩, の手, の教育, の数, の方, の本然的, の空想, の育つ, の顔, の養育, はそれ, はチビ, は好き, へ縫っ, までばか, までも逗留, まで啖, もない, も悦ん, も然, も貧乏, や旅人, らしいこと, らしいわがまま, らしい服装, らしい真顔, わざと思えない, をかえりみた, をこき使っ, をこしらえ, をつれ, をピアノ, を其処, を嚇す, を寝かし, を放っとい, を生む, を産み初めました, を産み落とした, を産む, を産ん, を突き着けられた, を育てる, を背負っ, を胎ん, を負っ, を連れ

▼ また実に~ (122, 0.1%)

3 止むを 2 おびただしいもの, 不思議な, 人間及び, 秋の

1 [111件] おいしいやわらかいお, おちついて, おどろくべき大食人種, おもしろい書, かくの, かなしむべきもの, かわいらしいあいきょう者, ここから, ここに, この二人, この要素, この間に, そこに, その民族, その象徴, その頃, それが, それに, なつかしい追憶, は小癪, ひどいぼろ, もって, もと浮浪, やさしいところ, よい, 一大責任を, 一種の, 一等国たる, 一通りで, 三年目五年目に, 世界の, 世話の, 乱暴で, 人を, 仏菩薩に, 仕合わせの, 何らかの神, 余輩の, 俘囚を, 先代の, 其のもの, 凡庸な, 化学でも, 厄介な, 同情すべきで, 同族ならざるべからず, 困難であった, 変って, 変てこな, 多い, 多くの, 多岐を, 多方面で, 大い, 大きなもの, 天下一品の, 客観的実在が, 巧みに, 延焼区域を, 当時の, 彼が, 彼の, 彼れ, 心ゆくばかり, 必然的存在が, 思いがけない滑稽, 想像に, 意識本来の, 愛想の, 我等を, 昔の, 月並な, 有効に, 様々な, 正確である, 此処に, 武士すなわち, 死刑を, 深みの, 物凄い雷鳴, 珍な, 珍らしく, 画期的で, 盛大である, 相殺され, 社会の, 私は, 突拍子も, 立派な, 節度を, 簡単で, 純朴です, 素晴らしいもの, 綾子も, 自然だ, 興味ある, 蜀の, 複雑な, 諸君が, 近代的無産者的基礎経験の, 適切な, 長者らしい, 陸奥, 非人法師であった, 面白い例題, 面白い看, 面白くない, 音楽そのものの, 驚くべききたない, 驚くべく非, 高飛車で

▼ また~ (121, 0.1%)

9 だん 5 とし 4 と月 2 から十, としきり, と声, の幸, の統一, も二, 返筋道

1 [89件] かえりして, かたまりに, からげ帰り, から出直す, が出る, しゃくりしたと, しよにかへ, すくいするためふり, すくいの, であります, としきりしゃくり上げました, とほり, とま, と口, と囀, と寝入りした, と廻り, と息, と揉めだった, と旗, と晩ぐらゐ, と波瀾, と渡り, と皮, と目, と苦心, と通り, と頻り走, と騒ぎ, と騒動, と骨折らせられる, どに湖水, にし, にじり膝行, にはその, には伝播, には凡そ, にキヨマサニンジン, ねむりしたそう, の, のうる, の僧侶, の全, の凛乎, の別, の前提, の原因, の巫女, の思ひ, の思想, の性質, の慰藉, の故障, の法, の発起者, の直角, の社會的地位, の空想, の義仲, の聲, の見解たる, の趣, の趣たる, の運命, の非, はねしようと, は彼處, は所, は此雨, は精神, ぽうを, むれ粉末, もめもめそう, もめもめたあと, も干支, を知つて十, を討ちます, ノ井兵部, 削りうすく, 孵り他, 寝入りすると, 小孤城, 当当てられ, 快なり, 掬い掬った, 握の, 絞りに, 骨折りしなければ, 骨折りを

▼ また~ (121, 0.1%)

3 の方, の顔 2 が私, なる人, の本能的, や姉

1 [107件] から借りた, から手紙, から殴られなけれ, から見たら, か他人, がもう, が仕事, が先だって彼, が声, が少女時代, が必ず, が怒り出した, が教え, が昨夜, が曾, が止る, が気, であった, でもあ, で先生, としてのいろいろ, として女, として接すべきである, と一しょ, と兄夫婦, と大分, と妹, と私達子供ら, なるお方, なる自然, については継子, にてお, になつてしまつて, には大政所, にももし, に云っ, に劣らぬ, に及ぶ, に対してもしきりに, に対して何とも, に抱かれた, に池上, に色情, に語れる, に限らず, のお, のかた, のこと, のした, のその, のところ, のよう, の一枝, の不幸, の乳, の事, の側, の傍, の声, の妹オケツ姫, の姿, の婚礼, の小言, の心, の悲哀, の愁, の手, の手紙, の批評, の持参金, の泣く, の留守, の病室内, の神, の禅尼, の胸, の話, の認印, の身, の遺伝, の関心事, はあんな, はこの, はその, はそれきり, はひどく, はぼく, は病身, は祖母, は義兄, は語, は誰, への手紙, へ手紙, もわたくし, やら卯木, や妻子, や岡田, や弟妹たち, や細君, らしい本能, らしくは, をはじめ, を制止, を呼寄せよう, を失い, を養う

▼ また~ (119, 0.1%)

10 の中 5 に落ちました 2 がたま, くぐりうち, に青い, の底, をつぎました, を打つた

1 [92件] ある所, がころころ, がない, がはねた, が出, が出る, が出れ, が多く, が止まりました, が溜まっ, が無くなる, が被さっ, が青い, くぐる, ぜめ, である, でひと, でもどし, と油, と砂, などの用意, におぼれよう, にさら, にその, につれ, に乏しい, に持っ, に流れ去る, に浮ぶ, に落つる, のきれい, のごとき, のさては, のしたたる, のなか, のはじめ, のほう, のよう, の奧多摩, の東京, の泡だつ, の温度, の無為, の精, の絶海, の綾, の茫々, の見える, の辺, の連続, の面, の音あら, はもの, は紺碧, へ投げ入れさせ, へ落し, もある, や牛乳, をあたため, をかけた, をかぶっ, をがぶがぶ, をくぐっ, をごく, をすすった, をそそぎました, をはね, をぶっ, をわたる, を入れ, を切りました, を加, を取り, を吹っかけ, を呑む, を少なく, を抜け, を持っ, を撒く, を浴びせられた, を浴びた, を浴びる, を渉, を渉ら, を渡り, を濁し, を灌ぎなどして, を見る, を送る, を遥か, を飲ませない, 欲しき時管

▼ またたくま~ (117, 0.1%)

6 にその 2 だった, に四

1 [107件] さそく, と思う, と思ふ, にあの, におり, にかけ降りる, にこうもり男, にこの, にこれ, にしばられ, にすぐ, にすっかり, にすべり降りた, にたこ, にたっ, にちかづい, になくなっ, にはずした, にべつ, にほころん, にみごと, にやっ, にアラジン, にシゲキ, にヘクザ館, にヘリコプター, に一つ, に一人, に一兵, に一尾, に七, に三人, に二, に二つ, に二百万三百万, に備中, に光剣, に全部, に十ぴき以上, に半, に名主晁蓋, に四首, に地上何百メートル, に太政大臣, に奈良, に守口, に宝塔仙館, に家, に小林君, に岐阜城, に岡崎, に布陣, に帷幕, に平和湖, に年, に引返し, に影, に彼, に忘れられ, に戻っ, に打ち落とし, に折れ, に持ちきれない, に数人, に数升, に早, に明智探偵, に時, に暗闇, に本営, に村じゅう, に死者, に波, に洛陽, に無料, に牛輔, に甲府, に発展, に監視, に目的, に知れわたり, に石垣, に秩序, に突破, に笑い消し, に終り, に船, に船中, に菰, に落城, に襲撃者, に走破, に軽井沢, に遠ざかり, に部屋, に部屋替え, に酒, に野中, に錠, に闇, に陥ち, に陥ちれ, に隣県, に集団, に飲み干し, に首, に駈けちぢめた

▼ また自然~ (117, 0.1%)

5 である 3 の勢, の道理 2 でないと, なこと, の成りゆき, の成行, の理, の美しい, の順序, はこれら苦痛

1 [90件] からも罰せられる, すぎる漠然たる, そうし, そうする, そうなった, その気, だろう, であると, である気, でもある, といふもの, とそれ, と偶然, と共に青青, と彼, と御, と格, と父, と矢代, と社会, と神, と高い, と黙っ, なの, な動的, にある, にしずか, にそっち, にその, にそれ, にそれだけ, にとまっ, にも対抗, によ, によって教えられた, に動揺, に即した, に叛, に外, に対する素直さ, に對, に普通民, に木, に死ぬ, に満てり, に滑稽, に物, に生えた, に私, に蛮語, に裂け, に誰, に足, に連句, に重く, に面し, に頭, のまま, の一部, の中, の事実, の人情, の偶属, の傾向, の儘, の勢ひで, の吐息, の成行き, の数, の法則, の消長, の粗生, の結果, の苛酷, の變形, の趣, の趨勢, の運行, の野山, の驚異, はいかなる, は必ず, への肉薄, をも歳月, をも観察, を前, を想像, を荒すであろう, 善い感化, 過ぎる長旅

▼ また~ (116, 0.1%)

6 だ, の中 4 となつ, となる, の日 3 が降っ, の降る, の音 2 が降った, が降る, となった, と和み注げり, なり, になった, をつい

1 [69件] か, かなだいぶ, がこまかい, がさっと, がぱらつき始め, がふりだした, がふる, が出ました, が大降り, が強く, が来た, が来る, が激しく, が繁, が落ち, が追いかけ, が降りだした, が降りつづく, が降り出した, が降れ, だうそ寒い, だが, だ世間師, であった, であつ, であらう, でも降っ, で墨田, となり, と来ら, と枕, と突然, につけ, にでもなる, になっ, になつ, になつた, にならず, にならん, になり, になりました, になる, にぬれた, にびっしょり, に忍び入る, に戯れる, のあと, のなか, のショボショボ, の如し, の糸, の近い, の降った, は二階, は朝, は銀色, ばかりが好く, ふる, ふるならふり, もよひ, や天気, や泥濘, よいかな, らしいな, らしいね, らしい嫌々, をきく, を気遣っ, を降らし

▼ またわたし~ (115, 0.1%)

2 に出来る, の胸, はその, も是

1 [107件] から代金, か造った, があなた, がいつも, がきっと, がどうして時々, がジョリクール, が前, が好き, が彼女, が悪い, が打ち返し, が推測, が直接, が茶化し, で自分, というお婆さん, という人間, とし, とした, と同様, などのよう, にし, にとっていちばん血, にとってもやはり, にはただ, に不足, に優しく, に庭, に附, のからだ, のする, のため, のだいじ, のときみたい, のところ, のもの, のドレス一枚買, の一家, の光, の刃金, の前, の勇気, の勉強, の地位, の好物, の妻, の家, の希望, の成就, の所有, の手, の持出した, の方, の時代, の最初, の泣きたい, の申しあげよう, の神聖, の自我, の行く, の見た, の言葉, の財布, の身, の頭, は, はあの, はいい, はささやきました, はゴルゴタ, は不覚, は凩, は出かけました, は出たら, は帆, は昔, は月, は未定稿, は滑稽, は知っ, は私立大学, は翌日, は自分, は親方, は飛天夜叉, は驚いた, への欺き, もあらゆる, もこの, もバルブレン, も追及, をいちばん, をうっちゃっ, をかつぐ, をさぐり, を売る, を引張り出す, を愛する, を欺, を求める, を泊らせる, を知っ, を苦しまさせない, を見た, を見上げ, を起こした

▼ また~ (115, 0.1%)

3 の家 2 がそれ, に於い, のご, のところ

1 [104件] から助けられる, から金, がこ, がこれから, がそんな, が何, が俺, が僕, が助手, が四季, が引張出した, が御, が新, が来たら, が背, が胸ひも, が胸衣, が若し, が遙, こそ過去, だ, で君, で自分, で非常, といっしょ, とおなじ, とかうし, とし, と争う, と僕, と共に死, と同じ, にいつ, にし, にせよ, にたよりたい, につくし, には, には理解, にも, に依頼, に対し好意, に対するいやみ, に対する彼女, に注意, に激, に無, に羨ん, に逢いたくなった, の, のいわゆる, のおかげ, のかよふところ, のからだ, のすすめ, のなき, のやう, のよう, の人物, の助手, の十八番, の奇妙, の姉妹がた, の将来, の所, の持っ, の方, の無愛想, の病的精神狂乱, の相, の細君, の美点, の背中, の論理癖, の邪魔, はこの, は一つ二つ, は余, は作曲, は君, は君一人, は左傾, は悲し, は東京, は次, は無き, は矢代, への手紙, もきた, もキリスト教徒, も何, も見ただろう, よりお, を助け得ず, を失ひ, を小僧, を惜しむ, を措い, を擁, を攻撃, を欺く, を見じ, を見るべき, 知るや

▼ また決して~ (113, 0.1%)

2 それらの, それを, 幽霊あり, 無性でも

1 [105件] あっては, ありがたからぬ, あろうとは, いたしません, いたずらが, この有形, そういう方法, そんなこと, たいした勉強家, つらい労働, ばかに, わが日本, わるくは, ボウイにも, 一朝一夕にて, 一様でない, 不仁者の, 不可能で, 不合理で, 不自然で, 不自然な, 世の, 予言者でも, 事実では, 人後に, 人材に, 人類の, 他の, 他へ, 休息なき, 偶然では, 偶然に, 六十や, 凡物で, 出來, 分かるもの, 到達する, 勅願とか, 十分に, 夢みて, 奇と, 完全な, 尊王愛国の, 少からず, 少からん, 少なからぬ, 少なくない, 少なくないだろう, 尠なから, 平穏で, 幸福である, 形式的な, 彼の, 彼女と, 従前の, 御旗楯無の, 微笑みも, 忘れも, 感覚的な, 感覺的な, 憂鬱でない, 拝受者が, 方言とは, 書きたくは, 次代の, 民衆を, 江戸時代以後に, 浅少と, 深い感情, 無謀の, 疑うべからず, 疑われぬ道理, 疑われませぬ, 疑を, 磨らないもの, 私の, 稀で, 穏かな, 穢れて, 立派な, 策なき, 絵画的造形性を, 罪悪の, 美なる, 老年に, 臆病者に, 自分で, 自分は, 自殺する, 藤原時代そのまま, 言えなかった, 訊ねたくは, 許すまじと, 許そうとも, 誇張では, 諦めない執拗, 豊富で, 軽蔑すべきで, 軽薄な, 輕薄に, 金持でも, 閏土の, 間違うまじきもの, 難きこと, 鶏とは

▼ また一面~ (112, 0.1%)

5 に於 4 から見れ 3 では, の鏡 2 にはこの, には実に, の草

1 [91件] お優しい, からいえ, から云, から云う, から云え, から申します, から考へれ, から見る, から観察, から觀, から言え, ぐしやぐしや汚い, こういう秘密, その程度, でその, に, にいかに, において, においてはあれ, においてはせっかく, においてはそうした, においては大いに, においては常設館, においては日本人固有, において人情, において俳諧, において必然的, において柿丘, にぬれ, には, にはこうした, にはさがし, にはそれ, にはただ, にはだんだん, にはとんでも, にはひどく, にはシュテッヘ、艇長, にはマリオ高等農学校, には与し, には世間, には今, には今夜, には何, には信長, には兄, には台所, には地球上, には天来, には学者, には小気味よく, には当時, には彼, には従来, には情, には来, には楽しい, には欝, には氷河, には海道その他, には熾烈, には狂熱的, には純正美術, には聯想, には臆病, には自分, には蜀, には謙虚, にひろがり, に労作主義, に大書, に於い, に無名, に田畑, に眞白, に真白, に純潔, に紫薔薇色, に聞くべき, の, のそうした, の沙, の琴, の目的, の真理, の真理たる, の紅葉, の芝生, 分るか, 浮ばせる水, 甚だ悲痛

▼ また~ (112, 0.1%)

7 をあげ 4 をかけた, を合わせ, を立て 3 がした, がしました, がする, をひそめ, を張り上げ 2 をそろえ, をたて, をふるわせ, を低め, を張りあげ, 立てぬ

1 [66件] あらためて泣く, かぎりここ, かぎりここだく, があった, がいい, がちがっ, が呼んだ, が変, が掛つた, が曇っ, が聞え, が聞こえた, が響い, が響く, が高い, だけで満足, で機嫌, になまめいた, にならない, に出し, の尻上り, ひくく白いダァリヤ, までも細々, もそして, もなし, も大きかっ, も聞く, も聞こえない, をあげた, をあららげ, をおかけ, をかけ, をかけました, をかけられた, をかける, をからし, をくもらし, をころし, をそろ, をだし, をはっ, をはりあげ, をはりあげる, をひめ, を上げた, を並, を低めた, を出し, を和らげ, を大きく, を張りあげる, を掛ける, を揃, を揃え, を放っ, を秘め, を立てた, を絞った, を落し, を限り, を高う, 低くつづけ, 継がずどしやぶりの, 高く吠え, 高く嘲い返した, 高く笑っ

▼ また~ (111, 0.1%)

7 の存在 3 の恩惠

2 [12件] がつねに最も, が私, について私, に依存, のお, のこと, の姿, の或, の本質, は我々, は欺瞞者, を祭る

1 [77件] かまことに, からくる, か魔物, が人, だ沒, であり悪魔, ではない, とか愛, と人, と呼ばれる, と悪魔, ならぬ身, にその, にたいする誓文, について証明, について證明, には生, にふさ, にふさわしく, にも見離された, によって出発, に仕え, に仕える, に似る, に向かい, に対し, に対してこぶし, に対して恨み, に対して犯した, に憐, に救われ, に背き得ざる, のわが, の人, の人間, の代理, の余, の全知, の口, の名, の唯一, の天地, の如く, の如くならず, の如し, の子, の子たち, の性格, の恩恵, の所有, の掟, の摂理, の攝理, の權能, の無限, の製作, の観念, の觀念, の貧者, は万物, は人, は美しき, は霧, は静, への祈り, よりもなお, より出, より眞, を同じ, を媒介, を悦ばせたい, を抽象的, を滅尽, を育む, を譏りし, を讃, 怒れば

▼ また一層~ (110, 0.1%)

2 であった, の人気, の光彩, 烈しくなった, 甚だしいもの

1 [100件] あざやかな, いましがた, おかしくなっ, おびえた, かあ, かんじも, ここらで, こわいで, それから, たちが, であつ, であります, でございました, で岡君, どえらい, に光っ, のさばるの, のすさまじさ, のんきに, の人出, の價値, の危険分子, の味わい, の夢心地, の大, の憤怒, の段階, の熱心, の猴智恵, の疲労, の發展, の窮乏, の苦心, ひどい, ほつと, ややこしゅうござります, ヒドイことを, メランコリックな, 丁寧に, 上の, 不安な, 不思議に, 不規則なり, 今日いう, 低く飛ん, 力を, 可笑しいので, 困難なり, 地を, 変って, 変化の, 大きくなつ, 大きくなる, 寒くなっ, 小さいこと, 引たつ, 引立って, 弱つて, 強く来る, 強靭な, 彼に, 彼は, 思いだす, 悔やまれるの, 憂鬱に, 明證的に, 朝の, 民俗藝術の, 気持が, 泣きだしました, 消極的である, 深い紫紺, 深く洞觀, 激しくなっ, 激しくなる, 濃い色, 煩悶の, 熾烈と, 物識りに, 甚しい, 白く青く美, 眉を, 秀韻を, 私の, 端的に, 緊張した, 聲を, 膨れます, 膨れ上って, 自然科学に, 若いのに, 親しみが, 赭く, 速力を, 静けさも, 面倒な, 面白い歌, 面白くした, 魅力が, 鶯の

▼ また新た~ (110, 0.1%)

2 な, なるの, に種々

1 [104件] ないけにへを, なその大きな, なもの, なより, なる一段, なる世, なる収入, なる変化, なる妻, なる希望, なる心配, なる必要, なる愕, なる感情, なる我, なる栽培, なる爆発, なる知識, なる穀物, なる自白, なる蟻の塔, なる赤面, なる長篇小説, なる間食, なる驚き, な事件, な信念, な出発点, な夜, な契約, な屈辱感, な展開, な工合, な引っ込んだ角, な心配, な性慾, な恐怖, な情報, な想念, な暴力, な朝廷, な民衆, な気勢, な注意, な深い, な渓, な紙, な結晶軸, な緊張, な苦しみ, な軍命, な驚き, に, にお, にかう, にした, につぎ足しましただ, になった, にはっきり, に一代, に一本, に他, に信号旗, に出版, に分, に同じ, に同盟, に問題, に四百余名, に多く, に始まった, に官吏抗拒事件, に宮本武蔵, に小判, に少し, に弁護士, に得たる, に御, に心配, に恐怖, に憎悪, に成り立とう, に批評家, に書い, に梯子段, に気が付い, に水, に決心, に泣始め升, に注い, に流れはじめた, に激しく, に生き, に生まれる, に私, に筋, に策, に結ばれ, に詩人繍腸, に講員, に起こる, に進ん, に邸宅, に鐚

▼ また~ (109, 0.1%)

12 のよう 3 の人 2 から, のこと, のやう, の事, は世界

1 [84件] ある絵かき, からありきたった, からこの, からの母, からの病気, からの趣味, から不文律, から天下, から天皇, から或, から自然, かわらぬ趣, が思われます, この大神, しは, その女, その村, だってありゃしなかった, と違っ, なつかしい民間信仰, にかへって圓, に変っ, に戻った, のお, のごとく, のなり, のようす, のガス寒暖計, のロプ・ノール, の主人, の儒者, の先覚者, の六条院, の哲学者, の唖, の商人, の垣内, の如くなる能わず, の宮廷, の家族生活, の少女たち, の平穏, の庄屋時代, の建築, の弁信, の役所, の恋人, の息吹, の惚氣, の懐しい, の懐疑, の放, の教則本, の日本, の日陰, の書物, の朋輩, の殿様, の民族移住, の病, の病い, の稲岡荘, の素姓, の通り, の金掘り, の風, はずいぶん, はそこ, はスバシリ, はユリ, は僅, は兵舎, は名物, は実に, は彼, は晩酌, は百姓, は階級制度, を書け, を言い出し, 怖れた, 新羅, 栄えて, 用いられなかった音

▼ またそれら~ (108, 0.1%)

4 のもの 2 の人々, の歌, の者, の言葉, の青年, は負

1 [92件] から教えられる, がいかなる, がおとろえきった, が眞, が真, たがい, と一緒, にまみれた, に近づく, のすべて, のところ, のなか, のはなし, のりっぱ, の一人一人, の一族門葉, の不自由さ, の中, の主張, の事件, の事実, の事物, の人, の人びと, の人物, の住民たち, の傷, の兵士, の出来事, の動物, の原因, の友, の品, の哲学者, の地層, の多く, の女子, の婦人, の学生, の家来, の小さな, の少年, の山, の島蔭, の店, の性癖, の戦利品中, の手柄, の敗退軍, の文化力, の文化形態相互, の料理法, の新, の時代, の気持, の注文, の熱心, の物, の特色, の生活, の発見以外, の相続, の破れめ, の破屋, の社会制度, の神謡, の種々, の立体的, の箇条, の組みあわせ, の纏綿, の船, の草木, の要素, の観念, の觀念, の諸, の辻, の通路, の過去, の部将, の郭外, の鏡, の階級, の頭, はすべて産業, はユーモラス, は互に, は稀少, をみんな, を担い, を探し求める

▼ また~ (106, 0.1%)

2 亭の, 供の, 戻りし, 格子から, 椅の, 父さんの, 粋な, 聲で, 藩の

1 [88件] あきんどが, えん自身にも, かなりけれ, が大, き方, くなっ, せえ, っぴどく私, つぽ, ながら河内, なれば, べやがあった, やかな一戸, ヂンマリと, バシマとも, ブルジョア的, 一世紀を, 一時間の, 一条まで, 一里ほど, 丘の, 亜細亜より, 仏の, 供でも, 僕と, 兒に, 六に, 兵衛を, 別荘松灯台を, 利に, 十郎は, 向いで, 商人の, 噺の, 因大, 図書館司書の, 圓太様と, 奇用で, 女郎狐に, 學校時代に, 官員とも, 峯である, 嶼の, 引き出しから, 扇を, 才子の, 提灯に, 文治と, 時フラ, 時間づつしかお目に, 李広花栄も, 松原は, 枝に, 枝を, 櫓円屋根その他の, 民の, 河豚である, 法師という, 湊に, 溝が, 点の, 猫で, 猫どもが, 突きに, 窓の, 竹や, 箱が, 箱を, 粋だ, 糸が, 羊の, 羊は, 自在庵と, 舞台が, 船渠が, 芋という, 蓮主人と, 蘇学士が, 衝くやう, 走って, 足に, 郡を, 鐘からは, 阿弥陀堂を, 降に, 雨ふりつづき, 魚は, 魚を

▼ また戻っ~ (106, 0.1%)

26 て来 15 て来た 12 てき 10 てきた, て来る 4 てくる 3 て来ました 2 ていらっしゃる, て来ない

1 [22件] たりした, てい, ていらし, ている, ておい, てきたくなったら, てこなけれ, てたちまち, てみえた, てみたくなりました, てもらう, てゆく, て同じ, て往復, て来ただろう, て来ちゃった, て来られた, て来るでしょう, て柳島, て河岸, て行っ, て道誉

▼ また~ (105, 0.1%)

14 歩いて 4 しよう 2 あるいて, かけて, こ, して, なったところ, なって, のしの, わかれて, 歩いた, 歩きながら

1 [67件] あちこち歩き回っ, あるの, かかって, かけたつもり, かけた色道修業, かまんが, ぎやかなとほくの都の, くくりつけて, ごつて, ごみが, さしはさみおきたる炬, さしはさみて, さばいて, しましょう, しましょうか, しますわ, しよう床, しろ, すたすたと, する, ずしりずしりと, つこりして, とっとと歩け, なった大きな, はさみながら, はさんで, ひなめと, また階段, やってきて, やっと笑った, やつと, ゅうと出, ょろりと隠れ, わかれました, わかれ一方, わかれ右手, ベッドに, 出て, 割れその, 右手の, 外輪だった, 室を, 寝室へ, 岐れ, 棚という, 森の, 横切つて, 歩いた証拠, 歩きだした, 歩きましたが, 歩き回った, 歩くの, 歩けば, 歩むの, 歩数を, 登りながら, 百歩ばかり, 立ち去つて, 腕を, 自分を, 致しましょう, 足を, 近づいて, 追いかけて, 進んで, 道を, 電話の

▼ またべつ~ (104, 0.1%)

4 だ, な意味 2 な者, のところ, の声

1 [90件] さ, だからね, だが, である, として, としてもとにかく, と見える, なご, なもの, な一団, な一峰, な一手, な一船隊, な一面, な三方, な侍, な健気さ, な声, な大難, な天地, な女, な所, な書, な機会, な清水, な理, な痛ましい, な籠, な組, な美味, な老臣, な興味, な興趣, な苦痛, な藤房像, な計, な辻, な降人, な顔, の, のうわさ, のおく, のおそろし, のおそろしい, のおどろき, のくゎくこう, のこわ, のすみ, のてがある, のとき, のふしぎ, のほう, のもの, のやつ, のらっきょう, のチンピラ, の一人, の丘, の乗りもの, の二隊, の人たち, の味, の嘆き, の女, の妖精, の家臣, の工夫, の心配, の手, の故障, の方角, の日, の日済し貸し, の昔話, の枝, の歌, の浴衣, の物語, の町, の病院, の短い, の者, の自動車, の船, の親, の親戚, の話, の部下, の顔, の飛札

▼ また~ (104, 0.1%)

7 ている, てくれ 6 てね 5 て下さい 4 てください 3 て, てもいい, まっさ 2 ておくれ, てくれる, てまた, てみ, て俺, て見る

1 [54件] そうであった, たりておもむろに, てい, ていうこと, ていた, てえる, ておくれだろう, ておられる, てくれた, てし, てそっと, てなぜ, てねくよくよ, てはかなわない, ては引きかえす, ては花, てみた, てみましょう, てみる, てもらう, てもらおう, てやる, てよ, て下さいます, て下さらなけれ, て下さる, て下さるでしょう, て住まれる, て君, て呉れ, て告げた, て啼いた, て旨い, て見, て見ませう, て親類, て診よう, て話, て賜れ, て重, て食う, て食べ, な, なんした, まあす, まさ, むと思ひつ, む時代の, む秋の, め, もしなかった, やあがった, ようも, 庵無駄話一くさりで

▼ また~ (104, 0.1%)

5 の底, の方 3 のほう, の上, の水, の潮, へ飛び込ん 2 と空, になっ, の中

1 [73件] からの潮風, からやって来, から上がった, から入っ, から来, から湧き起る, がある, が荒れ, が荒れだし, が荒れだした, そして四日目, つ辺, というもの, とか川, と分れ, と地, にある, にもよく, に出, に出る, に向っ, に妨げられ, に接し, に臨んだ, に自然, に行く, のあちら, のあなた, のごとく, のつよい, のなか, の下, の中層, の向う, の如く, の彼方, の押し, の浄土, の男, の話, は右舷全体, は天然, は河, へお, へし, へでも飛びこむ, へもどった, へも行かれなく, へ乗り出し, へ乗り出しました, へ出, へ出よう, へ定められた, へ帰る, へ没入, へ突込み, へ行く, へ鯛釣り, べへ出, まで飲み干さう, より近く, をながめ, をわたっ, を制する, を望む, を渡っ, を渡つて歸つて, を漂う, を眺め, を眺めた, を見る, 近い街, 近くなる

▼ またこれら~ (102, 0.1%)

5 のもの 3 の墓

2 [13件] に脈々と, の三つ, の事, の二つ, の原則, の問題, の塔, の建物, の歌, の誤謬, の諸, の運動, の部分

1 [68件] が偶然, と三一, と流れあっ, に反対, に就い, の, のうち通例以上, のおのおの, のこと, のため, の一種, の中, の主, の事実, の交換者, の人, の人たち, の人人, の人質, の作品, の俗衆, の原因, の古墳, の品々, の国, の地, の孔子, の家族, の岩石, の幽霊, の慣習, の旅, の星, の時代, の森林, の機関, の洞窟, の浮浪民, の渡り鳥, の無意識運動, の無数, の球, の町, の窓, の者, の職業, の落穴, の表, の製造財貨, の解法, の計算, の語, の語彙, の諸国, の豊か, の貴族, の連続的, の間, の関係, の需要曲線, の静調, の音, の音楽会, の順次, の高楼, は子音転換, をも知り, を企業者勘定

▼ また~ (101, 0.1%)

14 うした 12 ういふ 5 ーっと 4 うして 3 うだつた, う云, ような, ッと 2 あらぬ態, うでも

1 [50件] あっと吹きかけ, あらぬ体, あらぬ態度, いぜんの, ういふところ, ういふ時, ういふ準備, ういふ約束, ういふ風, うした引つ, うしても, うせずには, うせねば, うだと, うであるやう, うでなければ, うなると, うなるべきだ, うなれば, うばかりとは, うばかりも, う呼ぶ, う大きい, う手, う言, おを, か立ち, さしもしねえ, さらの, つさ, つと, なりさ, にあらじ, にあらず, のみに愉快, のみ他, びしいよこちょうへ来る, びしくなるのはきまつてゐる, びしげな花を, びしさうにひとり口笛を, ぶに, ぶらひ給, ほどに生命, ほどに繁華, までに名, までの落度, もゆかいらしく笑いだしました, も堪らない, も無邪気, も狂わし

▼ また以前~ (100, 0.1%)

18 のよう 7 のやう 4 と同じ 3 と同一 2 のところ, の場所, の如く, よくやつ

1 [60件] からいた, から私, とはちがう, と同様, にかえって, にくらべる, には欠乏, に倍, に変らぬ, に戻, のお花畑, のご, のごとく, のつきあい仲間, のとおり, のやり口, の下宿生活, の主人, の信仰, の入口, の勤め, の厩, の同情, の土屋総蔵, の場合, の姿勢, の山, の席, の常闇, の座, の所, の東京, の母子差し向い, の気持, の沈黙, の浅草, の潁川地方, の物置, の疑ひ, の病気, の病院, の縁側, の襦袢ひとつ, の見物席, の親しみ, の調子, の諸, の賜暇問題, の質問, の通り何処, の隠れん坊, の黄色い, よりは倹約家, よりは著しい, よりもひときわ, よりもますます, よりも増した, よりも鋭く, より頻繁, 好まざりし物

▼ またこういう~ (98, 0.1%)

8 ことも 6 ことを 4 ことに 3 話も 2 ことが, 事も, 事を, 人が, 者も, 際に, 風に

1 [63件] おはなし, ところから, のが, のです, のも, ものを, わけと, 事が, 事実も, 事実を, 人たちは, 人に, 仙女までが, 仮説が, 先生自身の, 出来事が, 切実な, 危険さも, 反対の, 句が, 品を, 問題が, 噂は, 場所に, 境遇の, 大勢の, 妻には, 宗教家を, 富貴の, 島々に, 形の, 後で, 御主人, 思念にも, 意味で, 放電現象が, 方面においても, 方面の, 時に, 時間を, 橋の, 歓待の, 為政者の, 物を, 特別な, 理由も, 種類の, 空気も, 考えも, 者が, 英雄たちの, 行事から, 見方を, 解釈の, 話を, 質問が, 際にも, 難儀をも, 雰囲気の, 静な, 順序で, 風説も, 魔芸にかけては

▼ また~ (98, 0.1%)

7 になる 5 が来た 3 になっ 2 が来る, ともなれ, の明けぬ, はに, も熟睡, 明けて, 籠りする人々

1 [69件] おそくなる, おそくまで, おそくまでか, があけ, がふける, が來, が明け, が明けた, が明ける, こそ更かす, であるやう, で寒, とて, となった, と昼, など炉, に, にでも話し, になるでせう, に入, に入っ, に入る, に入れ, の, のあける, のともし, のもの, の中, の交響曲, の仕舞風呂, の匂い, の場合, の大空, の宴, の寝床, の恐ろしい忌わしい惨, の悪魔, の更ける, の村, の汽車, の海岸, の町, の眼, の立番, の踊, の遠く, の集議, の齋戒, はこれ, はなるべく, はに胸, はウドン, は午前二時頃, は同じ, は彼等, は短い, も次第に, も睡らず, も知らず, を徹し, を迎, を迎える, 徹し飲み明かしなさるの, 眠って, 眠ること, 被引かつ, 遅いので, 遅くなる, 遅くやって来る

▼ また~ (98, 0.1%)

4 をし, を始めた 3 が別, をつづけた 2 が長く, の種, の結末, をあと, をした, をする, をつづけました, を変えた, を続ける

1 [66件] がありゃ, がある, がいろいろ, がこんなに, がしたい, がそれちまった, がちがう, がはじまった, がはじまる, がはずみ, がひどく, がもちあがつた, がやかましい, が何とか, が八重, が出来た, が変っ, が少し, が激し, が結論, が耳, が途切れ, が途切れます, が途絶え, が途絶えた, が違, が違ふさ, ごえが, じゃ, においで, にはいろいろ, にも聞いた, に来る, に花, のうまい, のし, の役割, の糸, の続き, の緒口, の長い, はいくら, はもどり, は一転, は優雅, は違う, は飛びます, もあった, も具体的, をしだす, をやり直す, を中断, を初め, を取っ, を変え, を戻す, を打ち切りました, を社会生活, を続け, を続けました, を続け始めた, を聞いた, を詰らした, を長くおもしろく, を面白く, 続けるの

▼ またどうして~ (97, 0.1%)

4 です 3 こんなところ 2 このよう, それが, そんなこと, だい

1 [82件] あなたは, あのよう, あの人, あの女, あんな大きな箱, あんな獣, いいか, いいかも, いながらに, いまは, お蝶, お通い, かと尋ね, かな, ここで, ここへ, この兼好, この災難, さ, さ可哀そう, じゃ, そういう事, そこへ, そのあと, それを, そんなもの, そんな事, そんな人間, だね, だろうか, でございます, でしょう, でしょうか, なん, ね, もわからぬ, やつて, わかるん, ピストルで, 事の, 今日の, 今日は, 住まれよう, 何が, 俺が, 僕を, 去年の, 同じ所, 囲みを, 女房という, 學生さんが, 屋根の, 崋山の, 彼が, 彼女が, 急に, 打ち明けなければ, 月の, 未知の, 次の, 正しき美, 此処へ, 殺されたの, 気に, 消えた馬鹿, 深山の, 無数の, 留置場などへ, 発生した, 知ってじゃ, 自分が, 自分の, 舟木の, 色めきたたずに, 若宮さんが, 落っこちそう, 行ったん, 記憶喪失症に, 道庵が, 釘勘が, 骨太の, 鳴らずに

▼ また~ (93, 0.1%)

8 に出, へ出 4 へ出た 2 で二人, にある, のどんな, の奴, の戸, の月, へ出よう, へ出直し

1 [57件] からきた, からでも錐, からもこれ, から春日, から火星, から見える, から閂, でもかくれない, でも禁酒, で仕事, で呼び声, なる敵, にさまよい出, にもあり, に三〇〇人以上, に二つ, に出かけ, に出され, に出た, に出る, に厄介, に宿る, に広い, に摘出, に歌, に特に, に苦労, に行くべき, に遊ん, に降り, に飛び出した, の世界, の乞食, の兵, の参考品, の同志, の場所, の庭, の敵, の斎会, の方, の時, の本能寺界隈, の用, の級, の話, の話題, の雛形娘, の顧客先, は無気味, へ何, へ出なけれ, へ出る, へ跳ね出し, へ転び出し, を呼び歩く, を見

▼ またどういう~ (92, 0.1%)

15 わけで 3 ことが, ふうに, わけだ 2 いきさつで, ものか, わけです, 気持で

1 [60件] かげんか, ことで, ことでございましょう, ことでございます, ことに, ことを, ご身分, ときに, ところへ, わけか, わけかね, わけじゃ, わけでございます, わけでしょう, わけでの, わけな, 不意の, 仔細かな, 仔細が, 制度か, 動物かと, 反応を, 名目であった, 変化を, 女が, 害を, 工夫で, 役所かね, 径路で, 御用向きで, 心持で, 必要が, 思いも, 意味でしょう, 意味です, 意味を, 方でいらっしゃいます, 方面から, 時に, 時世には, 構えを, 機会から, 次第で, 狼藉が, 理由かしらない, 種類の, 経歴の, 経路を, 考えを, 聯絡を, 薬が, 言葉の, 訳かと, 訳かね, 訳だ, 訳です, 訳な, 訳や, 資格で, 足取りを

▼ また暫く~ (92, 0.1%)

13 して 7 すると 4 黙って 3 してから 2 あって, 出られないと, 沈默が, 黙つて

1 [57件] あなたに, お城, この崇高, その横, たつてから, たつと, だまりこみ祖父ちゃん, のあいだ, の後, の後もと, の間, の間人家, は無言, は高等学校時代, は黙った, ぼくたちを, ぼんやりと, ダンサーを, 休むという, 会えないね, 何か, 何も, 何事かを, 其処で, 写真を, 加久平の, 嗅ぎまわりそれから, 大使館で, 平地に, 彼の, 彼女に, 待って, 後方に, 時間を, 月を, 机の, 森が, 歩いて, 沈黙した, 沈黙の, 海が, 無言でした, 煮詰めます, 登りつめたころ, 空家に, 経って, 経つた或, 考えて, 考へ, 花壇の, 蒸します, 藤枝の, 読書する, 途拍子も, 銀行に, 黙った, 黙つた

▼ また更に~ (92, 0.1%)

2 他の, 十よ, 為永春水の, 腹が

1 [84件] あたりを, うつくしい花束, このもの, その左, その顔, それが, それを, ひろ子の, わが身に, 一つの, 一変し, 一座を, 一歩進んだ, 一歩険悪化した, 一部分は, 下っての, 下の, 予を, 云はれぬ, 交換と, 倍率の, 値切りたおして, 全体の, 八十島過ぎ, 別の, 十年の, 古い道, 問ふ, 喫驚し, 大きな声, 小夜を, 小腰を, 局面を, 彼女は, 心理の, 快楽は, 怒り立っ, 怖るべき, 思直し, 恨めしいあの, 愕いた, 感傷が, 折り返して, 振い立った, 数年に, 数年も, 新しい問題, 新しい疑惑, 新たな, 新作した, 日頃人気の, 時としては, 更新し, 月日が, 根本なる, 涙を, 清潔に, 渋く枯れ, 激しい一斉射撃, 無数の, 甘言に, 目盛盤を, 知らぬ世, 私に, 私には, 私は, 稽古を, 空想が, 第五期, 精進の, 繰返して, 美しからむ, 群衆から, 考へて, 胸の, 自分の, 蟋蟀の, 進んで, 響動き立ツて, 頑強な, 顧みると, 騰貴す, 驚くべき数量, 高い見地

▼ また我々~ (91, 0.1%)

4 の生 3 はこの 2 の太陽, は, は物

1 [78件] がさき, がつくっ, が二つ, が他人, が同じ, が川, が彼ら, が必要, が良心, が色々, が見つけた, が越した, が首尾, とても相互, にいっさい干渉, にその, に来られない, のいう, のいふ, のいわゆる, の一部, の予期, の事實的時間, の今日, の住む, の使っ, の依頼者, の信仰, の先祖, の判斷, の力, の友人中, の同志, の大, の学問, の家, の後, の思惟, の意識現象, の文学, の日本, の民間, の為, の理解, の環境, の社会組織, の自然, の自然観, の行為, の行爲, の観念, の觀念, の認識, の財布, の身, の身体, の通っ, はあえて, はこれ, はさ, はもちろん, は単に, は平安朝, は時々, は普通, は村, は極めて, は歴史的時間, は永遠, は田舎出, は肥満, は講演, は高尚, も昔, よりも数十倍娯楽道楽, をし, を知らぬ, を訪ね

▼ また静か~ (89, 0.1%)

7 になった 5 になり 4 になる 2 にその, になっ, になりました, に話

1 [65件] であった, であつ, である, であるの, ですから, なうれしい, なもの, なる書斎, な勇気, な声, な平和, な手機, な日, な時, な朝, な深い, な顔付, に, にいいました, にさがっ, にしまりました, につづけだした, になつ, になります, にもの, にわが身, にベッド, に元, に坐っ, に奥, に女, に寂しい, に岐阜, に引き分けられた, に扉, に書き, に板戸, に楓, に櫓, に歩い, に歩き出した, に歩き出しました, に病床, に眠っ, に瞑想, に祖母, に立ち去っ, に笑った, に続けた, に縮小, に群がっ, に胸, に落ち, に見つめ, に言葉, に話しだした, に話し合わなけれ, に身, に進行, に閉まつ, に開いた, に降, に障子, に風, に首

▼ またお前~ (88, 0.1%)

3 のため 2 のところ, の名, は

1 [79件] おっ母, から毎日毎日, があの, がお前自身, がそういう, が何, が余計, が命がけ, が強い, が急, が斯様, が柔かい, が死ぬ, が見世物, が買い占める, が追い出され, が電話, だけの姿, だって, だってそう, つまらねえ細工物, でも尾, という女, にあたった, にいじめられ, にし, にわたし, に叱られる, に向っ, に知れない, に聞い, に聴かせたくない, に逢いたい, に逢おう, のいう, のよう, の主人, の云う, の出幕, の厄介, の厭, の嫌, の心根, の方, の父, の生死, の異教, の祖父さんみたい, の答えた, の耳元, の言う, の訴, の身, はあの, はいつも, はもっと, は俺, は口笛, は泣い, は真, は縮尻, は言った, は逃げる, は野宮, ほど私, までもつまらん, もあれ, もそう, も傷つかず, も意氣地, も治平殿方, を喰物, を女房, を恐れてるだ, を責める, 何やら大, 来たの, 知ってるだろう弓, 言う気

▼ また~ (88, 0.1%)

4 の風 2 かこの間, だと, のリンゴ, 送れか

1 [76件] がある, がおそろしく, がかかる, がなくなりゃ, がほしかっ, が取れる, が要らぬ, が足りない, じゃない, だけ送っ, だ金, である, でしょう, ではありません, でもひねつ, と権力, なぞ持っ, なんぞはだまっ, にしよう, になっ, になれる, に代える, に執着, のおもしろ, のこと, のため, のはいる, のほう, の不足, の借り手, の包み, の工面, の布地, の必要, の持主, の無心, の盞, の絃, の話, の話なぞ, はどう, はどっさり, はもとより, は外国, は払う, は払わず, は金, も是, も無けれ, や紫, をくれ, をせびり, をねだり, をひっこめる, をもっ, をもらった, を与える, を儲け, を取られる, を取り, を巻きいた, を強, を払う, を欲し, を沢山, を渡さなかった, を調べ, を貯え, を貰い, を貰っ, を貸し, を金, 出して, 御紋, 放れも, 鋳塚

▼ また~ (88, 0.1%)

6 の中 4 が降っ 3 だ, のよう 2 が降り出した, の深い, の越路

1 [66件] ある山々, か, がずり下り, がちらちら, がふる, がスキー, が尺余, が解ける, が銀, が降りださない, が降る, が降るでしょう, が降るでせう, が飛ん, ちらちら, でしょう, ですぜの, でも降つ, でも降りかかり, となり, と申す, ならし, にでも成る, にとじこめられ, になっ, になりました, になるでしょう, にも負ける, に雨, のある, のかきのけ, のしずれる, のため, のちらつく, のなか, の一本道, の上, の丘, の夜, の孔, の季節, の山, の時, の洞穴, の研究, の路, の連続, の降つ, の降り出す, の降る, は資源, は降っ, までもああ, もよひ, も一向, よりも純, らしいまた, を冒し, を受け, を喰い喰い進みました, を踰, を蹴っ, を除き, 崩れて, 崩れる, 痩せた木

▼ また黙っ~ (88, 0.1%)

24 てしまった 4 て歩いた 2 ていた, ている, てしまう, てその, て歩い, て首

1 [48件] てあるいた, てあるきだしました, てあるき出した, てうす暗い, てさえいれ, てしまいました, てしまっ, てすたすた, てはいられぬ, てまじまじ, てもいたい, て一二間, て下, て両手, て二, て何, て出, て別れ別れ, て南, て各々, て四, て坐っ, て天井, て家, て少し, て居らっされ, て彼, て抱い, て文銭, て歩きつづけた, て歩き出した, て殴られ, て河上, て消費, て渡し, て煙草, て畑, て眺め, て眼, て空, て箸, て考え, て菓子皿, て見, て身分相当, て部屋, て霜解け, て顔

▼ またいい~ (87, 0.1%)

6 気に 3 心持に 2 ことも, ところがあ, のだ, のを, わ, んだ

1 [66件] おりも, お月夜, ことかも, ことが, ことに, こと幸いに, じゃありません, だろう, でさあ, ところさ, ところを, と思った, の, もいっ, もしない, ものが, ものこしらえたら, ものばかり, ものを, もの持っ, ようの, ようも, んです, 一年を, 事も, 事を, 人に, 代わりを, 兆候とは, 共にこの, 分別も, 劇団を, 匂いが, 友だちが, 家の, 寝息で, 心持ちの, 心掛けだ, 感じを, 折に, 日が, 日も, 時が, 智慧が, 機が, 機嫌に, 気で, 気味だ, 気持で, 気持に, 気持にも, 物引っかけ, 男ときてる, 男な, 目が, 相手でも, 相手を, 着物を, 絵かきを, 花魁が, 芽を, 葉巻を, 言葉で, 足した, 鉄に, 陶器が

▼ また新しく~ (87, 0.1%)

3 なった, 涙が 2 ウドンを, 喧嘩を

1 [77件] おかきなさい, お加え, お竹, お酒, そうした最後, そこに, その匂い, つねに兇行, どつと, なにかの, ひとつの, ぴくりぴくりと, まのあたり述べた, よみがえって, 一本つけ, 七百坪とかの, 二百年位に, 云ひだすだらう, 人人が, 人形の, 今目の, 仕事に, 作りだして, 作り添えて, 作ること, 作るので, 俳諧師の, 全身を, 出されてを, 勉強し, 勢いを, 叫び出し, 呼び起こしたの, 命令したい, 変ったから, 始って, 始まったよう, 始まらうとして, 始ろうと, 威張りたて, 建設を, 弟子と, 心に, 思いきわめた, 思いだされた, 思い出した, 思い出しながら, 悪口の, 採鉱坑道の, 望を, 泣きくずれた, 湧き上がるの, 熱心に, 生れる発展, 甦って, 皆の, 眼の, 社会から, 私を, 移り転じて, 糊を, 胸に, 自分の, 行くと, 認められて, 語りだした, 談判を, 買うこと, 起った, 酒や, 開けて, 開墾を, 開拓しなく, 響いた, 頬を, 顔を, 類推できる

▼ また~ (86, 0.1%)

8 の方 2 のよう, の平手, の御, の橋詰, へライン遊園地, へ曲っ

1 [66件] が運慶尊, て, と左, と関聯, なる方, に, にあげた, にいった, にし, には競馬場, に合わせる, に岐, に左, に折れ, に折れる, に捻る, に曲つて, に述べたる, に進め, の, のごとき, のもの, のアクタ, のヒョウ, のヒルガオ, のホド, のリンゴ, の二つ, の低, の価格, の向う脛, の地震, の大阪朝日新聞社, の如き, の如く, の尾根, の手, の朝廷, の様, の横丁, の武者修行, の比率, の理由, の理解, の考え, の耳, の袖, の見解, の議論, の雑種, へあせっ, へと走, へと静か, へはいつ, へまがる, へ向け, へ廻り込む, へ折れ, へ折れた, へ折れる, へ曲がる, へ曲る, へ降りきった, を向き, を見, 少弁源相職

▼ また相当~ (86, 0.1%)

2 に古色, に長い, の遠慮

1 [80件] して, なもん, なインテリ, な学習能力, な家, な富豪, な法要, な見識, な金持, な騒ぎ, にうるさい, に使う, に保たれ, に利益, に咯血, に困苦欠乏, に暑苦しい, に暗い, に有為, に痛い, に稽古, に腹, に苦労, に親切気, に通行, に高く, のこと, のなり, のみやげ物, のコク, の事情, の云草, の仕立て, の使い道, の使命, の凄味, の功名手柄, の反響, の古書, の味, の官, の対抗策, の店, の意気張りずく, の慢心, の成績, の手段方法, の数, の敵, の日数, の曲者, の条件, の業績, の権利, の深味, の理解, の用心, の盛衰栄枯, の知恵者, の礼, の考え, の興味, の色男, の補助, の論拠, の謀叛気, の費用, の資金, の身許引受人, の進出, の達人, の野心家, 人気の, 優れた理論家, 厳重な, 古い歴史, 困難であらう, 曰くつきらしい, 来客が, 腕の

▼ またひとり~ (85, 0.1%)

3 の少年, の若い 2 の原住民, の女, は脾腹, ぼっちに, 幽室

1 [69件] いちゃつきいちゃついて, いふこ, いよ, が, があれ, がほかの, がギロチン, が低く, が出, が拾っ, が指さし, が言った, が跳びかかる, でえ, でここ, でご, でオデオン座, で内田, で動きだし, で山の上, で無名沼, で燥, で眠れる, で箒, で顔, になった, になります, になる, のくっ, のそっと, の人影, の人物, の他, の叔父, の奴, の子供, の子分, の後援者, の桔梗, の生徒, の男, の競争者, の老婆, の老媼, の顔役, の鼓手, はその, はガヴィルレ, はグルニエ・サン・ラザール街, は先頃父, は川, は朱柄九尺, は水, は肉, ひたひた尾, ぼっちなの, も, よがりの, 今日の, 出て, 寒さ, 減るの, 秀吉だけの, 若い女, 言った, 追いかけて, 野暮な, 駆けより, 駈けて

▼ またわが~ (84, 0.1%)

2 君の, 心の

1 [80件] いへる圓, こ, こころひとに, ほうに, 一夫多妻の, 一身は, 三歳の, 主人ほどの, 了解し得たる, 伝六の, 体散じ, 体死し, 使ふ, 兄弟に, 先祖達と, 全く燃えつ, 兵法の, 凡ての, 北海において, 右にて, 同種族, 名による, 四組みの, 国風に, 妻と, 姿も, 娘への, 将士だけの, 将来の, 常に, 心を, 心根を, 心霊の, 想を, 意に, 愛もて, 手を, 教への, 旗本に, 日本の, 旨も, 昔話の, 昭和遊撃隊も, 本宮は, 歳末の, 死かく, 殿の, 母の, 水藩の, 汝と共に, 汝を, 海底要塞が, 淑女の, 淑女は, 爺よ, 物は, 物産貨物をば, 特に早かり, 用ゐ, 目いよ, 目には, 目を, 石器時代遺物に, 経験に, 織田軍は, 考えの, 肉乏し, 腕に, 誓ひ, 足元を, 軍律に, 邦いわゆる, 邦に, 邦は, 部下も, 隣に, 面貌も, 顏は, 默し, 黨與の

▼ また彼等~ (84, 0.1%)

3 の生活 2 が刈り直さなけれ, のうち, の住ん

1 [75件] がその, がやって来, が一歩此, が下界, が互に, が今日, が代表, が土, が如何, が子供, が立っ, が自分, でなかなか, と共に十字架, と等しけれ, にとって永住, には最も, に射, に私, に與, に親しみ, に言わせれ, に逢っ, のあらゆる, のこと, の中, の人生観, の個人的, の凡て, の創始, の商品, の問題, の女, の宗教, の屋根, の心証, の思惟, の慰み相手, の抑えつけ, の折々, の日用品, の決意, の活動, の犬, の理智, の社会, の私的生活, の裡, の親達, の賢い, の跡, の選, の陰謀, の隣人さ, の顔, はいつも, はいろんな, はご, はすべて民心, は一切, は一樣, は互, は他人, は君等, は大きな, は彼等, は渡り者, は経済制度, は經濟制度, は腕, を大いに, を安心, を幸福, を忘れる, を救わん

▼ また何処~ (83, 0.1%)

3 からともなく 2 かへ行く, かへ行った, から出, にも私たち, へともなく

1 [70件] かから女, かしら話, かでお, かでは, かでホッ, かで出征, かで君, かで媾曳, かで逢, かで雪, かのお, かのコンクリ, かの地主, かの甲板, かの道, かの部屋, かの鮨屋, かへとびだし, かへ出かける, かへ出掛ける, かへ姿, かへ移る, かへ行きましょう, かへ運び去られる, かへ隠れね, かへ飛び去っ, かへ飛ん, からか現われた, からか縁, からか羊歯, からか跫音, からともなし, か他, か別, か嘲ける, か異状, か若々しい, か飲み歩く, が故郷, ぞで盗ん, ででも出来ます, でどう, でも会ひも, で伺っ, にある, にでもみんな, にもいない, に向, に徂, のお姫様, の国, の山の端, へかえる, へか消え去るなり, へか行, へか行っ, へも行かない, へ向っ, へ行く, へ行っ, へ行った, へ連れ, までもかかる, までも作られた, までも我々, までも結び附く, までも絶対矛盾的自己同一的世界, まで拡がっ, まで行つて, やらで

▼ また来た~ (83, 0.1%)

116 な, のか 4 ぞ, よ 3 のかと 2 ね, のです, わよ

1 [43件] あゝ怖, かえ, かという眼付, かとゾーッ, かと思った, から谷中, がその, ことを, すげなく断つた, ぜ, ぜ三助さん, ぜ按摩, そうであった, ぞ落とした, ために, つて, ときに, と思っ, なこんど, なと呟く, ね小, のあんた, のかい, のさ, のだ, のだろう, のでございます, のと, よあの, ようです, わね, わよご, わよ怖い, んか, んだい, んです, ナ与, ボロ自動車, 何んだ, 時の, 時を, 煩い煩いッ, 道を

▼ またわれわれ~ (82, 0.1%)

2 が思っ, のため, は現に

1 [76件] が, がほんとに, がアザラシ半島, が主君, が川, が悲しい, が正しき, が死期, が満足, が生活, が自ら恃むところある所以, が連句修業, が音楽, とだいたい, と同じ, と結ばなけれ, におもしろい, にとって有益, にもこういう, に味方, に対して意味価値, に次, に知識的, のすでに, のすべて, のもっ, のもの, の一部, の予備知識, の人生観社会観, の今ひとつ, の仏蘭西語, の住む, の体面, の切, の前, の境遇, の大兵, の天皇, の心頭, の戦備, の文章, の時代, の楽しみ, の現実, の生命, の祖先, の科学的想像力, の精神, の考え方, の耳もと, の育児, の足音, の雲, の頭脳, の魂, はいかなる, はそんなに, はどれ, はなに, はもう一度, は人間, は彼, は徳川時代, は思いがけぬ, は感じ, は承知, は漠然と, は物象, は音, をおそろし, を生活様式, を訝かしがらせる, を食い荒らした, 如き両刀, 遺弟

▼ また帰っ~ (82, 0.1%)

15 てくる 14 て来 11 て来る 10 て来た 5 てきた 3 てき 2 てきます, て来るだろう

1 [20件] ていらし, ている, てくるだろう, てこられたら, てしまわれる, てまた, てみ, てゆく, てらっしゃい, て仕事, て参ります, て席, て来たです, て来なかった, て来なさい, て来ました, て来ましょう, て来よう, て来られる, て見れ

▼ またさらに~ (81, 0.1%)

3 汝に 2 下へ, 高音を

1 [74件] ある場合, あれと, この世に, この独坐, すくない意味, その仏壇, その外廓, その徴候, その次, それから, それが, なまめかしい朱, は義貞, より高い, 一の, 一変し, 事を, 二カ月間の, 二十年を, 二千余円を, 二親の, 五分間たった, 仰天した, 健康です, 偵察機に, 分かれば, 力ある, 原さんは, 吉野ユリ宝来寺ユリ多, 周密なる, 呼べど, 奇怪, 女性であった, 嬰児笑ふ, 宮廷との, 寂しい心地, 小さな部族, 幸な, 広く社会, 強く正直, 心を, 忠なき, 恐ろしい緊張, 感慨を, 懺悔の, 拡まっ, 日を, 早かった, 書き直さなければ, 望むこと, 望む所, 歌および, 武蔵の, 特別な, 甚しき, 登る一層, 目を, 砕けて, 私は, 第二, 細かく分たれね, 若干の, 蒼くなり, 西にと, 語れ, 諸塁, 近代性の, 迷ったと, 運だ, 違った気持, 針を, 韻語を, 顔を, 鹿島神宮の

▼ また~ (81, 0.1%)

9 のよう 8 の中 6 を見た 3 か, のやう, をみ, を見る 2 のま, をみた, を見

1 [40件] かとばかり歓ん, からさめた, から醒めた, がさまされた, がやってき, が来る, そのままを, であったの, であらしめ, でなく突然, でもっ, でもみた, でも見, ともまったく, と無念無想, と称する, ならず, にかよわせましょう, にて疾病, にはいった, にまで見た, にみた, に入っ, に終らせたくない, に襲われ, に連続, のこと, のやつ, の作用, の合間, の国, の様, の話, よりもたかく, らしくも, をみたる, をみました, をみる, を気, を追

▼ また考え~ (80, 0.1%)

16 てみる 5 ていた 4 て, ている, て見る 3 がある, て見れ 2 てみれ

1 [39件] あれは, がありましょう, がどう, が変った, たりした, つつある, ていました, てごちそうさま, てて, てできる, てはならぬ, てまた, てみ, てみた, てみます, てもいい, てもいなかった, てもう, てもらい, ても参りました, て光悦, て溜息, て独り, て老婆, て見ます, ながら起ちあがりました, にふけった, に沈ん, に沈んだ, のあらわれ, のとおり, もしなかった, も変わるだろう, も纏まっ, をかえ, をつづける, を働かせはじめる, を変えた, 明かした

▼ またいつか~ (79, 0.1%)

6 のよう 3 の時, は 2 うとうとします, くるだらあずに, のお

1 [61件] お会, お会い致しましょう, お目, お目にかかって, お目にかかろう, お訪ねしましょう, かういふこと, きっと会う, きっと出直し, きっと殺され, ぐっすり寝入っ, この次ぎ, この空, こんなん, そのうち, その中, その時々, ね, のその, のやり損ない, のジーナ, の下河原, の催, の狂人, の百姓, はきっと, はそれ, はなくなっちまう, は冷却, は変じ行く, は当人, は忠平公, は深川, ふたたびあわれる, みそなはす, みむ, みん, ゆっくりした, よ, 会いたいと, 会おう, 会おうぜ, 再び会える, 出直したらいい, 同じよう, 好い機会, 寄せて, 御恩返し, 戻って, 来るだらあずに, 歩きだして, 申し上げましょう, 異り, 知らない間, 知れぬ日, 見て, 訪ねて, 話します, 話そうよ, 重苦しい眠り, 離れ去って

▼ また世間~ (79, 0.1%)

3 へ出 2 でもそれ, の人, の人々, の人たち, の噂

1 [66件] から見, がよく, であるが, でなければ, ではよく, では言う, でもさう, でも案外, でも磊落, で会える, で毒, で烏, で茶道, で言う, にありふれた, にては人, にはまぐれ当り, には鍛冶屋, にひろまっ, にも求めず, にマジナイ, に事, に人魂, に伝えられた, に伝わっ, に対する見, に左, に左様, に広がりました, に批難, に用, に都合, のいず, のうわさ, のやつら, の十目十指, の圧迫, の声, の好み, の差別待遇, の所謂, の法, の無明, の眼, の知る, の義理, の者, の耳目, の虚偽, の評判, の説, の雑誌, の騒ぎ, はなんとなく, は大仰, は将軍, や人, や人間, や役人, をあっ, をさわがせる, をも甘く, を騒がし, 委しく記せる, 知りの, 見ずの

▼ また事実~ (79, 0.1%)

9 である 3 だった 2 さう, その通り, であると

1 [61件] お君, お飲物, から申し, かわっても, がいつも, が示す如く, この両方, この道, さうである, すること, せうだつ, そうし, そうなっ, そのころ, そのよう, その不合理, その御堂, そんなこと, そんな場合, たちどころに, だ, だったの, だろう, であ, であった, であつ, であり現在, であるという, であろう, でもある, でもし, としてもいわば, としても日本人, として各, として存在, として考えられ, なの, なので, なり, なりよって, においてしばしば, においてその, においてももし, においても大, にし, に於い, に現, に近い, は竹童, は陸地, まかなっただけの, を度外視, 大いに買っ, 時による, 最も簡単, 死んだと, 泊って, 素晴らしい美人, 背負い籠, 行かれも, 飲めようと

▼ またちょっと~ (78, 0.1%)

4 口を 2 糸を, 見ると, 間を, 黙って

1 [66件] あぐらの, ことばを, その当時, です, どよめいた, の間, ばかり奇妙, ばかり赭, ふめるん, やそっと, シインと, テラされました, 不審を, 不快な, 億劫な, 出しかけて, 出て, 出るの, 力を, 動かずに, 因果噺めいた, 小首を, 帰って, 座敷へ, 息を, 愉快を, 感情を, 旅を, 旅行に, 日本に, 普通以上に, 暗くなる, 書物を, 機械場へ, 沈黙が, 浮気っぽい, 片手を, 珍しい猫, 留守に, 異様にも, 疑ったが, 眼を, 眼瞼を, 立ちどまって, 筆を, 考えた, 考えただけ, 考えて, 考えると, 腰を, 自分は, 花田と, 血を, 見たの, 見つからない, 言葉が, 言葉を, 足を, 躊躇した, 身じろぎした, 身体を, 迷わされた, 酒を, 頭巾の, 鬼子母神さまへ, 黙ったが

▼ また今度~ (78, 0.1%)

3 のこと 2 にし, にしよう, にする, の事件, 買うて

1 [65件] あの娘, いる新しい, お目にかかります, きて, こそはボロ, だ, だよ, つけるが, といったよう, といふこと, ね, のうめ合せ, の世にも, の事, の二千六百年記念, の会, の叩き, の召集, の場合, の大学様, の折, の楽しみ, の機会, の田原, の道中, はあなた, はお, はかなり, はこうして, はここ, はこの, はちょっと, はよほど, はサンフランシスコ, は一番どこ, は九, は今, は兄, は勝手口, は南京, は婦人連, は左, は思いきっ, は明後日, は橋亭, は母親, は水兵, は皆, は身体, は通常道會, は長い, は駕籠, もこの, も何, も成功, も支払わなけれ, も昼食, も父親, も聞きとれない, も都合, ゆくと, 上るかも, 差上げるとして, 話すこと, 逢おうと

▼ また改めて~ (78, 0.1%)

2 口上言い

1 [76件] いは, お伝えしなけりゃならない, お伺い致そう, お目にかかります, お礼の, お話し申しましょう, お越しの, この月, これを, ご拝謁, しめ縄を, そこが, その使い, まいると, ルビ付に, 一冊と, 不安な, 会います, 会って, 伯父に, 何か, 僕の, 先生の, 光子さんの, 公言する, 出会おうとは, 出直さうと, 出直して, 参集すべし, 叔母に, 口子を, 士官に, 契約される, 始末を, 岩倉三位の, 師の, 彼女に, 従妹の, 御意を, 御気分, 思う, 指を, 挿入する, 新九郎へ, 新吉を, 書きはじめるうち, 書き送ります, 来るが, 柳田平治に, 歳月が, 溝口伊予と, 澄太君の, 点検する, 熱い銚子, 王子服と, 申上げる, 町の, 皆に, 答えました, 細君の, 聴くとして, 致すと, 致すとして, 行なわせて, 装飾的な, 覚りました, 話して, 話すこと, 詳しく書く, 論ずるに, 謝意を, 踊り直しにか, 連れの, 面を, 頼みに, 鶴ヶ岡へ

▼ またしばしば~ (77, 0.1%)

3 自分の 2 お兼, 橋の

1 [70件] あった事, ある, くらべ見つ, この目的, さうなつ, その契約, たとえば日本, だったけれども, の奇襲, まぼろし, もって, ゆきづまった, よそから, よその, ハステラーに, 一方の, 人から, 人生の, 他の, 仲密夫人に, 刑罰の, 刺繍が, 叛乱将校の, 吉原に, 商業界における, 墓所を, 夢の, 実現する, 家の, 彼は, 彼女は, 往診の, 扇面に, 技術を, 断食した, 新たなる, 施米や, 未開, 来はじめた, 柔和で, 武士に, 武蔵の, 減少せしめなけれ, 熊野の, 牛若, 犬や, 獄窓に, 玄妙中の, 用いられたの, 相手の, 相殺され, 真実である, 窪川鶴次郎氏の, 結婚まで, 聴者を, 衰えた, 見かけるありふれた品, 見られる事実, 起きては, 趣味品という, 身の, 近隣地方の, 部落内に, 酔払いも, 鞭を, 音曲の, 音調の, 騎手が, 鬼と, 鼠色の

▼ またその後~ (77, 0.1%)

2 に来る

1 [75件] から, からしかし, からつい, からどんどん, からの, からふっくら, から信繁, から同じ, から尾, から後, から自分, から重, から黒い, この問題, その男, だつたが, であれ恋愛, で帯, で獣医, と称する, どうなった, にい, においてただちに, においてもフランス, においても当の, について白扇, について行った, につけ, には船長, にもたびたび, にもほとんど, にもやはり, にゲー・ルーサック, に來, に出, に従った, に至っ, に行われた, に衰えた, のお松, のこと, のようす, のコロラド河流域, の上杉家, の乱世, の党, の反動政治, の四十年余, の圓いところ, の土肥, の報告, の大きい, の年, の彼, の或, の日本文学, の消息, の状態, の生活, の話, の諷謡, は急落, へキチン, まもなく天平元年四月百官, もしばらく, もインド, も一, も同じ, も折々, も毛利方, も王, を追, を追い縋らう, 少しく健康, 思い切った仏教弾圧

▼ またひどく~ (77, 0.1%)

2 かわって, なって, 吹いた, 悪くも

1 [69件] あおざめて, おくてだった, おしんが, おとなびた印象, お似合いでない, がんじ, きらう, くたぶれたらしい足, だまりこんで, なぐりました, なった, なり且, なるの, ひょろついて, ふけて, ぶあいそ, まじめな, やせましたねえ, 不審でした, 不精な, 世間に, 仙台の, 冷えるよう, 変った人, 変って, 大声である, 奮発した, 孤独を, 屈託なさっ, 峻烈な, 彼の, 怒りっぽく, 情熱的魅惑的にも, 愉快だった, 感傷的な, 感心した, 慧であった, 昂奮し, 枯れきったもん, 横の, 機嫌の, 気が, 気の, 気の毒らしく, 泣きだした, 濃くて, 火傷を, 無情な, 無邪気で, 煙草が, 照りつける, 特徴の, 疲れた, 痛み始めたよ, 笑った, 純情な, 細いので, 臆病で, 荒れ寂びて, 蠱惑な, 評判の, 貧乏でした, 退屈し, 降り出して, 青白い, 静かな, 頑冥な, 驚かされた, 高飛車だった

▼ また~ (77, 0.1%)

4 に立っ 3 を越された 2 きに, きを, に立つ, の方

1 [62件] きで好い, きの, きの算筆のみに, だ, づ何等かの, づ北支那を, づ認識の, と同じ, にいた, にいった, にいやがる, にずんずん, には女中, には後醍醐, には神田氏, にわが, に亡, に出た, に山, に息州, に政府, に書いた, に櫟林, に立った, に金, の, のささやか, のとがつた, のやう, のよう, の仕事, の如く手, の小石, の文字, の者, の電車, へたっ, へと進んだ, へゆく, へよっ, へ先, へ出, へ延ばした, へ急いだ, へ歩いた, へ歩き出した, へ立っ, へ行く, へ行つて, へ走り出した, へ進んだ, ほどの十万人, ほどの軽やか, ほどの静か, をつづけました, を争っ, を急ぐ, を続けた, を続けよう, を読み続ける, 廻りを, 知れぬ囚人輿

▼ また~ (77, 0.1%)

3 と女 2 ができた, の方, の神, の顔, は男, も女

1 [62件] がしくしく, がそういう, がその, が呼ぶ, が問いかけた, が女, が思っ, が殿様扱い, が苦しむ, が風呂敷包み, だけに話, てえ, であったら, である素志, ではない, といい, と男, と違っ, にとってきょう, にとつて, にはわざ, に任せ, に反射, に対する怒り, に接吻, に棄てられ, に着せる, のけわしい, のみすぼらしい, のやう, のよう, の世界, の中, の人, の側, の僻, の兄弟, の品位, の影, の心, の愛, の懐中紙, の教師, の濡, の目, の眼, の罪人, の赤裸趣味, の顏色, の首筋, はこの, はなぜ, は一婦, は身勝手, ばかりが散歩, ばかりで, や女, をひく, を取り殺した, を呪い通さね, を引張る, を探し

▼ また時に~ (76, 0.1%)

8 よると 3 はその 2 応じて

1 [63件] これを, は, はいがぐり頭, はいくら, はおそろしく, はお気, はこの, はじつに, はそれ, はそれ等, はなぐさみ, ははだし, はほとんど, はほんとに, はほんの, はもう, はもっと, はもと, はやはり, はわが, はわざと, はコゼット, は不安そう, は二三戸, は全く, は別, は別々, は化ける, は同, は夢中, は大きな, は導かれる, は崖, は彼ら, は彼女, は意趣返し, は慈悲, は楠正成たち, は澄み返った, は狸, は自分, は茅屋, は谷川, は運, は驚くべき, よつて, よりて, より一様, より少い, よれば, 一八シリングまたは, 不可能である, 俳句の, 取っての, 取りては, 合宿所の, 声を, 応じては, 或は車, 細民部落と, 遥かに, 銀であり, 陶酔の

▼ また~ (76, 0.1%)

9 をおろし, をおろした 3 をおろす, を下した, を下ろし 2 までもある, をかがめ, をかけ, をかけた, を下ろした, を卸した, を据え

1 [35件] が痛く, が脱, が自然, なるは, にさした, には一刀, に下げた, のつがい, をおちつけ, をおちつけた, をおろそう, をくだき, をこごめかけ, をすえ, をすえかける, をたたい, をつい, を下させた, を下し, を下す, を使う, を屈め, を引く, を懸け, を折られ, を抜く, を振り, を据えた, を据える, を掛け, を浮かせ, を落, を落ちつけた, を落着け, を落着けた

▼ また~ (75, 0.1%)

3 に乗っ 2 にのっ, のいななき, の上, や驢, をすすめ

1 [62件] からおり, から落ちた, が前, が嘶いた, が山, が廻つて, でそれ, で帰る, で水, といえ, についた, にも乗る, に上り, に上る, に乗せ, に乗った, に乗らね, に乗り, に乗る, に乘つて三里十何丁, に積みのせ, に跨がり, に跨っ, に騎, のごとく食べちらす, のやう, のわき, の一匹, の口, の可愛い, の周囲, の好き, の左右, の手綱, の良い, の轡, の陰, の頭, の鳴, やも作らなけれ, や駕籠, をとばし, をめぐらし, を与え, を並べ, を乗り下げた, を供え, を冷し, を多く, を捨て, を止めた, を求め, を洗い始めた, を牽い, を走らせました, を踏み止め, を躍らせ, を追いました, を雇うた, を飛ばし出した, 之山以来, 騰の

▼ また全く~ (74, 0.1%)

3 別な, 別の 2 異った

1 [66件] これら諸, そういう推算, その反対, その通り, それを, ちがった作用, の他人, の沈默, の白紙, の親切, の誤り, らしゅうございますからね, インド風の, 不信仰, 九十九里とは, 人の, 人手に, 人生に対する, 人間が, 以上の, 以前の, 休止し, 偶然暗合ばかりに, 免れんこと, 別個の, 動機不明に, 反対の, 同じである, 同一なり, 同様な, 呪文を, 商売を, 女優問題は, 存在し, 左様でし, 形を, 形式的な, 思いがけぬところ, 新らしくなる, 新奇の, 新聞に, 普通の, 柄行を, 此処とは, 死の, 気が付かないよう, 無関係で, 無関心, 画興詩情なし, 異って, 異る, 純真である, 縁も, 縁故も, 考え難い, 自由なり, 芳さんの, 行方不明でありました, 見えざるもの, 見ないで, 見当の, 透明なる, 違った構造, 釣合という, 関係が, 静かな

▼ また~ (74, 0.1%)

12 なこと 4 な男 3 な事 2 なもの, な噂, な気, な物, な顔, になっ

1 [43件] だわ, つた, ですね, な, なと, なところ, なのに, なん, な不安, な人, な体つき, な声, な奴, な宣伝, な廻り気, な患者, な意見, な時, な気持ち, な理窟, な者, な見当, な野武士, な錯覚, な雨, に, にぎらぎら, にごつごつ, にも感じました, に幽霊, に彼, に急い, に武士, に気, に特別, に笑い出した, に臆病, に茫漠, に赤い, に赤く, に頭, を聞い, 若め

▼ また特に~ (74, 0.1%)

2 その表現性, 彼の, 武蔵の

1 [68件] このやう, この満月寺, これが, これらの, その対外的意義, その後に, その歴代, それを, どういう点, はしゃぎも, わたしの, エムデン博士, ガリレオの, キリスト教の, ジャン, ソビエトの, ビデリットの, フィルムの, フロレンスの, 世話し, 主観を, 主観派と, 何等の, 余を, 倹約し, 写真が, 力量抜群の, 危険な, 合議者間に, 命じて, 大和の, 孤島や, 弁舌の, 強く揺れる, 彼が, 後者の, 忙しく利益, 愚かな, 教養以上に, 敬神の, 数学の, 文体の, 杉檜の, 根バナという, 法律の, 注意を, 浦上の, 海を, 深し, 秀吉が, 科学者からは, 紛れも, 腕輪には, 自己完成を, 著しかった, 虎に, 衝撃を, 規則正しくすなわち, 記して, 評論し, 論議される, 諮ろうとも, 踏み荒された所, 連續性を, 間歇的な, 際立った印象, 頬にも, 頸飾りだけに

▼ また~ (74, 0.1%)

4 が吹い, のよう, の吹く 3 に吹かれ, の強い 2 が出た, が吹く, のやう, の如く, を引き

1 [46件] があっ, がで, がど, がはり, がみんな一語, が出, が吹きだした, が来, が来ました, が舟, が落ち, が速度, とお, と夜, と霧雨, にあ, に似, に傾く, に向, に托し, に楊, に漂う, のあたる, のごとく出, のため, のない, の中, の便り, の吹い, の寒い, の工合, の方, の方向, の日, の狂う, は海岸, ふきて, もよく, も吹かない, も著しく, よけにした, よ光, をいと, を慕っ, を起こす, 騒ぐ谷

▼ またこれから~ (73, 0.1%)

4 先も 2 さきも, どこへ, 先の, 嫁に, 読みます

1 [59件] あなたに, いく日一滴の, うちの, おころうと, かかって, この子供, さき出発せられる, どんなもの, の千年, の日本, の演出者, の道のり, の長い, の食事, は一品, は事故, は退屈, は長く, みて, もさういふ傾向, もする, もそう, もどれ, もやはり, も何度, も持ちつづけ, も此の世, も立派, も遠く, わけ入, ドイツ移住民の, 一人で, 下宿屋に, 世の中へ, 何か, 作った固有名詞, 兄を, 各社の, 君にも, 奥は, 嫁ぐ身, 宮の, 帰って, 幾千年の, 幾年生きる, 後の, 御勉強, 我等の, 戦地へ, 旅を, 歸つてしなけれ, 毅然として, 油を, 泥坊を, 生もうと, 白山へ, 行かんならん, 誰に, 長い旅

▼ まただれ~ (73, 0.1%)

2 かいいました, かきた, もいない, も自分

1 [65件] かが, かがいいました, かがこう, かがさけびました, かがさまざま, かが言った, かが難問, かこの, かたもと, かだます, かと思ったら, かにしかられ, かに話しかける, かのからだ, かの作, かの過去帳中, からも追いたてられ, から創られた, から救われた, かをだます, か僕, か新しい, がいう, がその, がその後, が潜水将校リーロフ, でも呼ぶ, でも彼女, といっ, にたいしてもなんら, にたいしても愛惜, にも, にも似, にも嫉妬, にも挑戦, にも聞こえぬ, にも認められず, によってどうして, によって城, に何者, に対してもしんせつ, のため, の出品, の前, の手助け, の有, もかつて, もがそれ, もが肯定, もそう, もそういう, もそこ, もそれ, もほんとに, ももう, も島, も彼, も彼女, も彼自身, も犬殺し, も畜犬票, も読もう, よりも兄さん, をも恨まなかった, 一人タラカン王の

▼ またなかなか~ (73, 0.1%)

1 [73件] いいもの, いいもん, うまい, うまいです, うまいので, うまいよう, うまく盗まれた, しゃれ者, すすまないの, ために, ちょうほう命令どおり意を, です, なこと, にあなどり, にうれしい, にがら相当, になつかしい, に口, に恨み, に捨て, に難しく, のこと, のちゃっかり, の別嬪, の学者, の美人, の苦労人, の馬鹿者, の骨折りであります, やかましい山男, やってこないとき, やりよるじゃ, 仕事の, 侮られん, 侮りがたい, 凝つたもの, 出て, 出来ないもの, 勢力を, 厄介で, 味わい切れぬ意味, 困難な, 多かった, 好奇心の, 少くない, 尽きそう, 心理的で, 愉しいの, 愛くるしくも, 捨て難い, 注意し, 洒落てる, 物に, 盛んなる, 秀抜な, 精悍な, 美人が, 考へても, 聞きもの, 腕が, 表面は, 複雑な, 賢い方法, 賢明でも, 趣き深い, 返答の, 進取の, 面倒な, 面白いです, 面白いもの, 面白い話, 食えないところ, 骨が

▼ また~ (73, 0.1%)

5 には 3 の君 2 には何, に入っ

1 [61件] から, から声, から電波, くらいの場所, ぐらいの健康, でトロ, にはうしろ, にはそれ, にはそれでも, にはどっち, にはもう少し, にはゆうべ限り六波羅方, にはよく, にはガリレイ, には二人, には別, には問題, には変, には大, には実際, には家族中, には形式, には我知らず騷ぎ, には振り向き, には攘夷, には数壺, には死者, には永久, には特に, には神仏, には粘土, には紺, には美術学校入学, には自分, には自分自身, には苦痛, には見, には酔っ, には雄, には非常, には頓狂, に入った, に幾たて, に駒, へはいっ, へはいった, へ入, へ入った, へ入れ, へ潜ん, へ這入っ, ほどを射た, を合乗, 國藥材と, 姉ちゃんが, 學時代の, 房を, 折れに, 歐に, 禪寺へ, 領八幡様の

▼ また大いに~ (73, 0.1%)

1 [73件] かわって, この地, その傾向, その必要, よいこと, 乱れるかも, 事情が, 事面倒と, 京洛の, 人の, 人間的欲望の, 儲けて, 助けと, 動かせる, 反省すべき, 啓発される, 喜んだ, 喜んで, 増加され, 変ったところ, 大切な, 天下の, 天意に, 学問に, 実, 家名を, 尖り出て, 差う, 幽趣, 弱って, 後悔も, 必要な, 悦んで, 悲しがっ, 愉快な, 意義の, 感動させられ, 感心し, 戒むべき, 排斥せられ, 文章を, 旅の, 景気を, 本を, 殊なる, 母の, 民間に, 泣くの, 注目すべき, 狂い出した, 異なるところ, 疑わなければ, 発展し, 発達した, 相違が, 神霊の, 笑った, 繁殖した, 肝要だった, 自分の, 英気を, 藩政改革を, 行わる, 西班牙的な, 観るに, 趣の, 趣を, 進歩した, 違ふ, 酔って, 風習を, 食う, 飲めるよう

▼ また最後~ (73, 0.1%)

2 かも知れません, であった, にある, に何故, に彼, に私, のもの

1 [59件] だったの, であっただけに, であつ, であるかの, であるところ, ではないだろう, で無論, として会った, におもちゃ, にこういう, になつ, には宛ら, には欲求, にもう一度, にも自然, に不可解, に四郎, に奥女中, に意気悄沈, に手許, に繰り返し, に認め合う, に関興, に霊感, のいのち, のたのみ, の一九一八年, の一人, の一銭, の上京, の判決決定, の到着点, の印象, の幕, の弦四重奏曲, の弾, の文事, の日, の望み, の本当, の決戦, の理由, の稲株, の立場, の絶対的, の自由, の航海記, の表現, の言葉, の記念, の隠れ家, の露西亜人, の面会, までこの, までの目標, まで取り残された, まで右門, まで奮戦, まで闘い抜く

▼ また~ (73, 0.1%)

3 の下, を早めた, を止め, を返し 2 あがらず, にまかせ, をもっ, をゆるめ, を止めた, を運ぶ

1 [49件] あがらざるを, から頭, がつきゃ, が妙, が自, が重く, といっ, にできたる, にもしっかり, に豆, のウラ, の伸び, の早い, の痛手, の裏, は氷雪, へぴたり, をあげ, をかわるがわる, をすべらせた, をとめた, をはやめ, をふみ出す, をむずむず, をむやみ, をもて, を上げたなら, を休めさせ, を停め, を停めた, を先, を入れた, を向け, を向け出した, を回らし, を地面, を引っ込ませる, を引っ込め, を掬った, を早めだした, を洗い出した, を縛った, を縛る, を踏み締め, を返した, を返す, を運んだ, を隠そう, 探り試みたの

▼ また長い~ (73, 0.1%)

4 沈黙が 2 んです, 月日が, 間な, 間見ず

1 [61件] あいだおとずれる, ことかかりました, こともくろん, こと後頭部を, こと歩い, こと沈黙が, こと相談が, こと笑ひ, こと黙, と思った, のは, ものであったろう, オーバーを, プラットフォオムの, 会話が, 初夏の, 前から, 嘆息が, 坂を, 実の, 小説でも, 小説の, 年月, 年月の, 年月を, 年月をも, 御一生, 捕虜生活中にも, 旅でありました, 時が, 時間が, 月日は, 橋を, 汽車旅に, 波路を, 町を, 矢来に, 石段を, 石甃を, 自分の, 袖を, 説教が, 進化を, 部屋の, 間かかっ, 間じっと, 間の, 間勉強で, 間口へ, 間四位の, 間坐り込んだ, 間感歎し, 間石の, 間私を, 間脉膊を, 間見守っ, 隔てない抱擁, 雪渓が, 面と, 鞭を, 駅路の

▼ またかかる~ (72, 0.1%)

2 ものとして, ものの, 主を, 位置に

1 [64件] ことに, ことは, ことも, まじめに, ものとしての, ものに, 不健全なる, 不合理不思議を, 主観的精神に, 事情を, 人々を, 人が, 人とは, 人物を, 人間も, 作用を, 例が, 傾向による, 出生率の, 制限が, 力を, 善根功徳人が, 困窮の, 国に, 場所では, 変化が, 夜かれ, 好人物も, 山家へ, 悪徒, 悲しみを, 意味を, 愛は, 日にこそ, 普汎的, 本来の, 比率は, 特種の, 現実性の, 理解の, 異常な, 畸形の, 目的を以て, 知覚の, 知覺の, 研究によって, 科学的な, 立場に, 美が, 美に, 習慣を, 考えかたは, 能ある, 観念の, 観念は, 觀念の, 觀念は, 資本用途によって, 軍廷において, 連中の, 醜態を, 風潮が, 食堂が, 騒動を

▼ またこちら~ (72, 0.1%)

2 へ出, を見

1 [68件] からあちら, からお, からそこ, からのお, からも同じ, からも外國人, からも書面, からも語るべき, から切り出す, から問いただせる, から夜, から手紙, が一層, が強けれ, が怖がっ, が恥, が春, が望水楼, じゃ一騒ぎ, では詰らない, でも与える, で冬, で膠, にあゝ, にてがら, には八人, にもどっ, に向き直り, に待, に後戻り, に来る, に無限, のおじいさん, のたより, の人, の仕事, の岸, の水, の牛乳代, の窓, の竹棒, の脊, の言伝, の誰, の谷, の顏, はお, は燕作, へお出で, へとて奥まりたる, へも客, へやってき, へやってきました, へ向かっ, へ戻っ, へ歸つて來, へ立返っ, へ舞い戻っ, へ飛びのいた, もよく, も麦畑, をじ, を同様, を排斥, を眺め, を眼鏡越し, を見あげ, を見つめ

▼ また~ (72, 0.1%)

4 のまわり 2 を屈め, を起こし

1 [64件] いちじるしく肥ゆ, が竦んだ, じまひ, その分, にあまる, にしみる, につけ, につけました, には銀襴, に上る, に心地好し, に沁み, に添, に着くる, のくるしみ, のさばきみごと, のたけ二マイル, の嫌疑, の拙な, の振, の振り, の病, の羞, の軽い, の防衛本能, は一見, も世, をうちつけ, をかがめ, をかがめた, をかへし, をその, をひるがえし, をめぐらし, をもだえ, をも曲げざりき, を以て実行, を仰向け, を任した, を動かした, を包んだ, を委ねた, を守る, を差し出す, を座, を投げた, を投げる, を掬, を揉ん, を沈め, を没しる, を真, を落した, を落着け, を起こそう, を起し, を起した, を起す, を返し, を逆, を逆さま, を隠す, を震わした, を顧み

▼ またかれ~ (71, 0.1%)

5 らの 4 らを 3 らは 2 らが, らに

1 [55件] が伊兵衛, が商館, が日常, が甦生, くさ, としてもいつか, に即, に命じ, のいま, のいみ, のよう, の不思議, の人間, の体, の供, の信ずる, の内奥, の力, の強靱, の性格, の恋愛, の書, の望み, の朝倉先生, の深い, の軽い, の過失, の部屋, の錯覚, はおそろしい, はしばしば, はまじめ, はよく, は一個, は一道, は何人, は全国, は凛々, は年, は新聞, は決して, は立ち止まった, は箇, は自分, は自己, らには, ら腹心の, をすくう, を一族, を苦しめる, を離さない, を離れず, 等の, 等らしい, 自身も

▼ また~ (71, 0.1%)

238 りである 2 りだ, り彼

1 [36件] うあるべき, ういう病, うして, うでも, か思へり, か認め, か認められ, するを, す虎, せらる, のみ厭わね, らざるを, らずして, らん, らんと, りさ, りさいきん, りされど, りしかして, りであった, りで其の, りで彼, りで支那, りで面, りと, りといった, りとの, り世界, り余, り芸, り西部劇, り記者, り誰人, り間部要撃血誓, るもの, る類

▼ また現在~ (71, 0.1%)

2 の物理学

1 [69件] ああいう, いかなる非, こうしなけれ, この眼前, すでにおくれ, すでに田, その冒険, その言語, であると, では婿舅, では皇太后派, では音楽, でもその, で未来, とはよほど, にいたる, においても努力, にすなわち, に逆もどり, のこと, のところこれ, のわが, のわれわれ, のソビエット, の不満, の世, の世界, の事実, の事實, の二葉屋, の人間, の作品, の再婚, の出処進退, の劇団, の収穫, の地名, の地震計, の境涯, の境遇, の夫, の島言葉, の彼, の日本演劇, の時代, の状況, の王, の疑惑, の皇室典範, の研究法, の空虚, の聖降誕祭, の自己, の財産, の身の上, の進歩, の魅力, は火, ほとんど自分, まさにある, もしくは将来, も引続き, も当局, や過去, を発見, 使って, 如何なる価値, 学べる人間, 立たされて

▼ また言葉~ (71, 0.1%)

5 をついで 4 をつづけ 2 では到底, をかけた, をついだ, を切っ, を継ぎ足した, を続け, を続けた

1 [48件] がつげた, がとだえました, がぽつんと, がよく, が日本語, が明快, が絶えました, が自分, が途切れた, だけに珠, であるさらに, でもない, といふこと, と云, にし, には尽くせない, に力, のつぎ端, の不足, の称呼, の調子, はそれ, はとぎれ, は元来, は純粋, もすく, をかけました, をかける, をつづけた, をつづける, をとぎらした, をひるがえし, を亂, を交す, を出さう, を切った, を切り, を失わない, を投げた, を掛け合い, を改め, を改めて, を易, を添えね, を継い, を継いだ, を重ねる, を長く

▼ またかと~ (70, 0.1%)

10 思って 3 おもって, 思いながら, 思った 2 いって, 思う, 思うと

1 [45件] いうので, いひて, いわぬばかりに, うるそう, おどろきいそいで, おののいたもの, お驚き, こぼすけれども, その要件, ほほえましくなった, もうだれ, クスクス笑った, ゴーシュは, 云う具合, 云は, 云ふ, 云わずに, 人に, 初めの, 初めは, 存じたの, 思いましたが, 思いますが, 思うこと, 思うでしょうが, 思うとしても, 思うほど, 思うよう, 思ったが, 思ひますほど, 思ふけれどね, 思わずど, 思われるほど, 泣いて, 私は, 笑いますぞ, 精神状態が, 苦笑いし, 言いたげに, 言うほど, 言った調子, 言って, 言わるる大吉, 言わんばかりに, 驚いて

▼ また一段と~ (70, 0.1%)

4 声を 2 お綺麗, 凄くな

1 [62件] うなりごえ, くわツ, その決意, たかく動悸, ねえ, ひどい, ひびが, へりくだって, よいの, 下手に, 不気味です, 乗り出しました, 光を, 出色の, 判然するだろう, 加わって, 勇気を, 地下戦車の, 壮快だ, 声が, 声張り揚げ, 奇妙不可思議な, 奥まった部屋, 尋ねにくく, 引立って, 形が, 御上達, 微妙の, 悠長な, 我々の, 持ちが, 旨いし, 早くなった, 暑いよう, 気取って, 淋しい退屈, 深いわけ, 深い所, 深まるであろう, 無理解者, 目ざましくなりました, 祖先の, 究め難く, 罪が, 美しくはなやか, 肩身の, 落ちて, 見じめ, 調子を, 豪勢を, 赤くなっ, 趣向を, 輝かしく暗いけれど, 酒の, 際立って, 面白いで, 面白かった, 頓狂な, 頼もしいこと, 飛躍を, 高くなっ, 高くなった

▼ また向う~ (70, 0.1%)

5 を向い 2 へ, をむい, をむいた

1 [59件] からただ一人, からは変らず, からも全部, からやって来る, から働き掛けられる, から容子, から渡っ, から相談, から自分達, から話した, が自分, でお, でも待ち受け, でも捜し, でも自分, で自分, で誰, にある, にいる, にし, にで, には, には夜霧, に三本, に信用, に入っ, に砂, に薄, に霧, のひろい, の壁, の声, の山, の山脈, の岡, の峰, の断崖, の方, の木の下, の村, の男, の町, の町角, の話, の誤り, の赤煉瓦, へいく, へかえって, へだらだら, へも調査, へ引ッ, へ戻りたくなる, へ戻りました, へ登っ, へ着い, へ続い, へ飛ん, むきに, も石

▼ また意外~ (70, 0.1%)

4 なこと 3 である 2 だった, な返事, にも意外

1 [57件] だったの, だと, だという, であった, であつ, でした, です道, でも, でもあり, でもあろう, で墓掘り人, なほど, なるご, なる寂しい, なる美観, な人, な儲け物, な光景, な兵変, な反証, な問い, な天くだり, な好運, な思い, な振動, な時, な西洋人, な話, な足音, な辺, にも, にもかく, にも二十年来, にも千代子, にも感じ, に及第, に大きく, に学問, に得られよう, に思つた, に早く, に有難い, に歌詞, に活溌, に混み合っ, に衝, に面白い, のこと, のところ, の一ツ, の呼びかけ, の失敗, の成功, の早起き, の知己, の衝動, の話

▼ またすべて~ (69, 0.0%)

10 の人 2 のもの, の人々, の人民, の愛, の社会的富

1 [49件] があった, がその, がよろしき, が変わった, が皆, が終わっ, であったと, である, の事, の事情, の人間, の働き, の危険, の否定, の国, の大臣高官, の弱点, の彼, の感覚, の所, の新, の方面, の時代, の牌, の物体, の物體, の生命, の生計, の発見, の科学者, の租税, の稀少, の純粋, の結晶, の行爲, の被, の製造貨物, の詞華集, の青年, の高等官吏, は消え失せ, を包む, を受けたであろう, を受け容れる, を小さな, を得ん, を暴露, を甘受, を考量

▼ またなぜ~ (69, 0.0%)

4 でございますな, です, ですか 32 か, だか, ね, 彼は, 彼女は

1 [44件] おれを, かその, かなら, こんなもの, さえの, そのとき彼女, その岡本, そんな不思議, そんな隅っこ, たわむれた, だと, でございましたな, でございます, でございますの, ですと, ですね, に, にかわからない, にこれ, に不可能, みんなが, われを, 他の, 傍に, 冗談とか, 嘘を, 大津絵が, 彼が, 彼らに, 彼ら二人が, 後代の, 従卒たちが, 心理的研究様子珍奇などと, 最後は, 止めるの, 正成が, 現在し, 笑うかも, 自殺を, 芸も, 複数形の, 逃れねば, 逢ひたい, 黙って

▼ また二つ~ (69, 0.0%)

4 の車輪 3 のもの 2 に分かれる, に切ります, の時代, の通船

1 [54件] あり北側, かと思, が一緒, ずついる, ずつに切っ, ともあたらしい, とも子供, とも白い, にはお, にはその, には公衆, には唯, には大衆心理, には幼少, には朝廷, には歌舞伎劇, には爆死, には自分, には若年者, にわかれました, に入れまじった, に分かれたら, に分け, に分れ, に引裂かれ, に疊, の事柄, の姿, の容器, の島, の常設館, の平行線, の意味, の態度, の方程式, の猫, の石, の脚, の花輪, の薔薇, の蜜柑, の蜻蛉, の話, の階級, の青い, ばかり先, ばかり横, ばかり踊っ, もなくなっ, やったら食べた, を, を執っ, 借りるという, 出して

▼ また再び~ (69, 0.0%)

2 もとの, 相擁

1 [65件] かけ出した, しゃーいしゃー, そういう悲喜劇, そこに, その影, われわれの, 人口を, 何ものも, 作家に, 出られる見込, 出雲へ, 千二少年の, 可能であらう, 同じ災い, 呼び集められて, 場に, 声を, 外からの, 夙やく, 天上の, 始まらんと, 宮の前へ, 富士の, 帰りきたらん, 忘れようと, 意趣返しでも, 戦さを, 戦争に, 戻っては, 振り向けられたかの, 断ち切れて, 新らしい, 旅衣を, 日本という, 明るくなった, 昔の, 来るまじき奇縁, 東口に, 構成され, 民主化の, 浮き上って, 独占資本的な, 疑わねば, 相見えよう, 社会生活の, 神道を, 第一番, 組み立てる, 肩掛けに, 背鰭を, 見いだしたよう, 見ること, 見物に, 詳しく話し返す, 起きなかったの, 起るの, 過ちを, 鉄骨ビルから, 隊長は, 青竹十文字に, 靜な, 顔を, 風に, 首を, 高くくり返された

▼ また若い~ (69, 0.0%)

5 女の 2 人に, 人は, 女に, 巡査が, 時から

1 [54件] お嬢さんの, ころたいした, ころ心に, ころ百間先生は, ときの, のが, の同士, ものたちも, ものの, 中学生諸君にとっては, 主人の, 仲間の, 同士では, 女中を, 女優, 娘たちは, 娘たちを, 娘の, 婦人が, 婦人です, 婦人も, 子らに, 学士が, 学徒が, 安楽房の, 少女の, 巡査も, 年齢の, 恋人達にとっては, 文学者間には, 方が, 時に, 時は, 時分山へ, 生命を, 男が, 男と, 男の, 男女の, 男性な, 男性の, 看護婦の, 神尾主膳は, 者の, 者を, 者共を, 蔓が, 読者たちに, 読者に, 門人の, 頃から, 頃とて, 顔が, 駒井能登守の

▼ また~ (69, 0.0%)

32 に理智, に聖書

1 [62件] せ上ったカ氏, だった, にあの, にいえ, にいや, にかえって, にこういう, にこの, にこんど, にすべて, にその, につ, にどうせ, になつ, にねばっ, にふかい, にもと, にヨーロッパ, に云, に何ん, に作者, に利用, に動きだした, に動物, に執着, に天地返し, に女, に存在, に彼, に彼ら, に思想, に戻っ, に新, に時代, に服装, に極, に歌舞伎芝居, に歩い, に歴史的生命, に毎日酒, に氷そのもの, に物体, に物體, に狂人, に現代文学, に皆, に矛盾的自己同一的, に知性, に私, に糀町, に能狂言, に行った, に言え, に面, に頁, の文章, の方向, まく浪, 上しすぎてる, 回すと, 戻しとは, 返し

▼ また同じく~ (68, 0.0%)

2 大なる

1 [66件] お揃い, この学, この意味, この糸, その馬, なにも, はるかに, エタよ, オスロ大学の, カロリー計算と, ガマズミの, キリスト教への, ジロリと, スイートで, バタ茶で, 一時雅楽は, 一生世を, 万沢の, 三保の松原の, 不自然な, 佐々木博士の, 儂に, 勾引か, 厭な, 善悪両様に, 国津神の, 地耳を, 壬申であった, 大儀そうに, 大阪に, 孟宗竹の, 思うゆえ, 愚蒙, 愛し合わなければ, 感じ, 推古時代の, 散逸し, 敵と, 敵方の, 新聞紙を, 明治二十年頃小岩村江戸川寄りの, 明治十二年長谷川泰訳の, 明治十年六月上の, 有名な, 本相を, 椅子に, 樹の, 歌劇の, 死に関する, 気が, 気を, 河原者と, 発する, 真理の, 祖父の, 神戸の, 美しい, 自由に, 貝十郎がと, 買ったばかりで, 重い病, 金竜山から, 銅製めっきの, 黒川博士の, 黒石を, 黙って

▼ また~ (68, 0.0%)

4 のほう 3 の方 2 があっ, に引出し, のさざんくわ, の中, の樹, の清水, の隅

1 [47件] から帰, で竹, におりる, になっ, になつて, には蝶, にも宝石, にトマト, に下りた, に下り立ち, に出, に葡萄, に見出せるだろう, に這入っ, に餌, のあなたこ, のうち, のツバキ, の一隅, の井戸, の仕事, の先, の内, の垣根, の幾所, の怪しい, の景色, の桜, の樹木, の花, の草, の面, の高い, へ下り, へ下りた, へ出, へ向っ, へ戻っ, まで響く, もつい, をとおっ, を山野, を掘つ, を暫く, を眺める, を荒す, を迂曲

▼ また時には~ (68, 0.0%)

2 それを

1 [66件] いつに, かねて, こっちから, そつち, その他諸, それらに, ちやうど今この, われわれの, アラビア語か, 一つの, 一年中この, 一致融合し, 世間の, 乱れた蜘蛛, 五日七日くらいの, 人身をも, 何か, 先生は, 全篇, 兵士たちの, 四川や, 国王の, 大人からも, 嫌悪すべき, 小休止, 少年の, 居所から, 店へ, 度の, 彼等を, 御門から, 恋の, 恩を, 意志に, 意趣が, 戸外の, 才智と, 林の, 母親や, 汁粉の, 淫奔な, 潺湲と, 狸の, 猥褻な, 生産において, 田から, 神様とまでも, 窓際の, 素敵な, 網代車に, 緑の, 自分で, 自分を, 行つても, 表返しに, 衰へ, 西の京の, 西洋の, 話しも, 費用が, 退屈し, 重複した, 雌の, 雨が, 零余子を, 饒舌な

▼ またいかに~ (67, 0.0%)

7 して 2 せば, 有力で, 運の

1 [54件] うまそう, これに, してと, してという, そこに, その実現, その性質, その細緻, と二倍, はげしい日本愛, 九十九折なす, 事情を, 互ひ, 人間は, 他人が, 伊達家の, 何でも, 信長が, 児童文学の, 名刀なりとも, 呂布でも, 喜び進みて, 多くの, 大人の, 失敗しよう, 好奇心が, 容易に, 広い屋敷内, 彼の, 彼らに, 徒労である, 心の, 忠実なる, 情緒に, 惡しき場合にても, 惨めな, 戦乱でも, 暗示的で, 本文の, 毛唐だって, 無教育, 牝牛や, 狂人であっ, 狭い境内, 社会の, 自ら制し, 自暴自棄に, 英国労働内閣首相であり, 行く先々, 解剖的に, 議論が, 賢く祖国, 達し難き, 野心が

▼ またおそらく~ (67, 0.0%)

3 他の 2 将来も, 彼は

1 [60件] おいしい御馳走, おまえほど, この先二度, この神, この謎, これに, すべてを, その激越, それが, それは, それよりも, つかみ得なかった幸福, どの窓, みずからも, めったには, オリヴィエが, クリストフの, ニウトンが, ポータブルの, 不健康な, 世界じゅうの, 世界に, 仕事の, 住民は, 偉大な, 先週に, 光栄の, 凶年も, 前に, 化け物の, 向こうに, 国内市場に, 夕暮れに, 妨げないが, 娘も, 彼には, 彼女が, 彼女は, 得るであろう, 志も, 思惟によっては, 我々は, 映画監督には, 最後でも, 樺細工に, 気づかれること, 法定率が, 温情なんかは, 激越な, 現代の, 病院への, 皆の, 私は, 私を, 自分自身でも, 言葉を, 豚や, 近日には, 過大であろう, 高氏を

▼ またなんと~ (67, 0.0%)

4 いうこと, したこと 2 かして

1 [57件] いうおそろしい, いうか, いうし, いうむくいかた, いうめざましい, いうわけ, いう不注意, いう傷心, いう厳重, いう変った男, いう夢, いう大胆, いう奇妙, いう悲惨, いう気さく, いう汚れよう, いう深い, いう温かい, いう澄んで, いう無, いう爽快, いう画家, いう皮肉, いう素朴, いう美し, いう陰惨低劣, いう陰気, いう静けさ, いう鮮, いたんで, いっても, いふ, いふ変り方, いふ深い, いふ苦しみ, いふ變つた男, いふ陰氣, いふ鼻, かいい方法, かすらい, かするぜ, したもの, した無気力さ, しようとて, でも, なくさっき水の上, なく父親, もいわない, も言われない, 人真似を, 僕の, 喩えようも, 夢の, 威勢の, 恐ろしくしゃべる, 数多くの, 暗くしなびきっ

▼ また仕事~ (67, 0.0%)

4 にかかった 3 をし 2 にかかる, にとりかかった, の上, の性質, の方

1 [50件] かと思い, ができる, がふえました, でもしよう, とせね, にかかつ, にかからね, にかかり, にかかろう, にとりかかり, にとりかかる, にものりうつれ, に出かけ, に出た, に取, に取りかかった, に取り掛かる, に夢中, に慣れ切つ, に掛らう, に没頭, に熱心, に関係, のうえ, のひま, の合間, の忙し, の息抜き, の手, の方向, の本拠, の種類, の続き, の針, への満足, もし, も洋法, をしだした, をつづけた, をつづけました, をつづけます, をはじめ, をはじめる, を受ける, を含めた, を始め, を始めよう, を始める, を續けた, を自由

▼ また~ (67, 0.0%)

4 が暮れ 3 が暮れる, をあらためて, を改めて 2 がくれ, にあらた, のカン, の短い, をおい

1 [44件] がさしまし, がたつ, が出, が出る, が日, が暮れたら, が照る, が照ろう, が瞽, が経っ, が経った, が経つ, が落ちかかっ, が遅れる, にまし, によっては馬力, に五, に何度, に幾度, に数回, に新た, に歸, に焦, のあたった, のよく, の光, の昇らぬ, の暮, の暮れがた, の暮れ方, の照る, の眼, の神, の経つ, の輝く, は既に, もたつ, をふる, を忍び, を決め, を渡れるなり, を算, を送り, 満両国

▼ またあらゆる~ (66, 0.0%)

3 国の 2 ものを, 場合に, 方面から

1 [57件] ところに, ものが, ものごとが, ものは, キリスト教国も, スポーツを, 主観芸術の, 人口減少の, 人種の, 人間の, 作品は, 偉大な, 側から, 党派を, 兵具を, 危害から, 古典的楽匠らによって, 哲學研究者に, 国々あらゆる, 国では, 地位の, 外国種の, 天然ないし, 好意を, 存在を, 密偵が, 微妙な, 思索の, 手段の, 手段を, 文化面の, 時代の, 暴動は, 栄華を, 毒手を, 民衆の, 水路を, 点で, 現象に, 生命の, 生活の, 神に, 科学的考察にも, 種族が, 種類あらゆる, 種類の, 職業者の, 芸術の, 苦痛も, 萎微沈滞の, 観念論に対して, 觀念論に, 詩形全体にわたって, 責任と, 野蛮が, 階級の, 面に

▼ またなにか~ (66, 0.0%)

2 あったん

1 [64件] あったの, いいがかり, いたずらし, いたづら, いって, いやがらせを, うるさいこと, おとぎ, おとどけする, おもしろいもよおし, おもしろい実験, お訊ね, その家, たくらんで, ためらうよう, とあの, とあれ, とお, と立ち働く, ねだる積り, のお, の場合, の拍子, の本, の波瀾, の碑, の過ぎる, はじめたらしい, ほかの, ぼくの, まちがいが, やったの, 云うかと, 云おうと, 云ひだし, 仕掛けて, 企らんで, 分りますよ, 別の, 口に, 困ったこと, 奇妙な, 始めるつもり, 強く脅迫, 心を, 心配な, 思いがけないよう, 思い直した風, 恐ろしく危険, 悪だ, 手に, 投げつけた, 拾ひものが, 掴んで, 新吉, 為めに, 紀州の, 考えて, 聞きだしたの, 聞きだすこと, 腹を, 見つけたら知らせて, 見立てて, 頼みに

▼ また先生~ (66, 0.0%)

2 に見せる, のお

1 [62件] がこられる, がなんと, がふと, が俳句漢詩, が先, が大阪, が好き, が始まった, だ, だなんて, でもある, としてももう少し, と一緒, と共に早川夫人, と同じ, と呼ぶ, と弟子, にお目にかかる, になっ, にも黙, に会いたくなった, に会った, に子弟, に対してはもと, のいう, のお母さん, のため, のとこ, の代赭色, の作品, の例, の全, の創刊, の助手, の口, の同僚, の墓上涙, の家, の思索日記, の意見, の手紙, の提唱, の教, の方, の最後, の留守中, の癇癖, の眼, の胸, の親切, の訃音, の顔, は, はうまく, は依然として, は夏目先生, は大の字, は時に手ずから, は終に, ほど人間, を訪問, 淡生涯

▼ また単に~ (66, 0.0%)

2 個人の

1 [64件] ある限られた思想, おしの, これらの, その一部分, その物, スズメとだけ, ツルクシとも, ノヴェルの, 一つの, 一人が, 一幅わが, 不正確である, 主体的に, 主観的な, 伝説に, 低労賃, 個人若く, 光に, 勇気を, 受動的観照の, 古いから, 四旬節の, 大公爵夫妻, 婦人が, 客観的な, 山々の, 彼自身の, 思弁的に, 思想の, 感情のみを, 感想として, 或る, 手を, 普通に, 気持の, 汝の, 河岸の, 活発で, 海帯とも, 漁業の, 生物学者生理学者のみ, 白点を, 百の, 盲目的感情でも, 空想の, 結婚を, 聞かれたばかり, 脳髄が, 自分の, 自己の, 自己享楽の, 色や, 花からばかり, 芸術作品としての, 芸術的な, 藕とも, 行数の, 行為を, 衝動的にか, 超越的な, 運動を, 道徳的万物の, 醤油を, 集合する

▼ また反対~ (66, 0.0%)

3 にそれ 2 の側, の方向

1 [59件] が出る, した, し始めた, するじゃろうな, する者, ながら横山, な意味, に, にあった, にいかにも, にいつ, にがっくり, にこの, にとんでも, にどこ, にもし, にも取つた, にロマン・ロオラン, に一度, に一文, に不満, に両側, に何となく, に向う, に呪わしい, に四, に夫, に女子, に女性, に感傷, に時に, に最大, に有頂天, に気合い, に爽やか, に甲, に男親, に競馬, に笑い出した, に腕, に落ち, に落語, に衰微, に記録文書, に資本, に逆境, に酸素, に随筆, に零細, に電流, に非常, の位地, の場合, の時, の極端, の片側, の隅, の電車, を唱えた

▼ また当然~ (66, 0.0%)

3 なこと, のよう 2 である, でした, のこと, のやう

1 [52件] いつかは, この相, その子, それは, だという, であらう, であります, であると, であるの, であるよう, でなければ, では, とうなづかれます, と感じ, なの, な事, な家憲, な帰結, な求道精神, な経路, に単なる, に城塞化, のいはれ, のなりゆきである, の事, の帰趨, の成行, の理, の結果, の行動, の言, の話, ホテルに, 下, 六波羅探題の, 国民現在の, 始末が, 思いあきらめなけりゃならない, 民族の, 独創力に, 白雲は, 秘密が, 米友が, 精神的には, 考えられること, 自分の, 行動を, 覚悟すべき, 認めなければ, 越中守宗孝の, 過ぎる程, 高圧的な

▼ また~ (66, 0.0%)

15 とする 3 あって, を同じ 2 ありて, が来, によっては, の滅

1 [37件] あっては, あり, がたつ, がたて, が立った, が過, が過ぎた, たって, というもの, と場合, ならぬ時刻, ならぬ鉄砲, にとっての薬石, にとって研究上必要, によっては九州, のたつ, の人々, の人心, の尺度, の幕府, の慈円僧正, の本, の深い, の終局, の進む, の限界, は遠い, もある, もちょうど, も時, をうかがっ, を措かず, を改めて, を経たなら, 折り氷, 未だ至らざる, 経て

▼ また普通~ (66, 0.0%)

3 の人, の人間 2 では, の女

1 [56件] お抱え, じゃありませんでした, とは違っ, にいっ, にいわゆる, にはその, には微, には意識, には料理, にシシ, に歴史, に比べる, に甘党, に答え, に考えたら, に行わるる, のうち, のガス態, のコロッケー, のバタ屋, の乞い, の予想, の人民, の令嬢, の俗人, の健全, の凧, の土地, の場合, の塵埃, の大き, の婦人, の宗教家, の家庭, の対照, の彼, の微笑, の日本料理屋, の松明, の標準里, の歩み, の法師, の潜水艦艇, の眼二つ, の硝子, の経験, の芸術家, の荷船, の行商, の観察者, の観衆, の調子, の賑, の顕微鏡, の食事, は磁器

▼ また他人~ (65, 0.0%)

3 の物 2 が見, のため, のよう

1 [56件] から侮辱, から愛せられよう, がこの, がその, が偽, が努めた, が氏, においておや, におしつける, にそう, にたいしてももはや, についてもそれ, についても見聞, にない, には示さぬ, にも仕返し, にも自分, に危害, に奉仕, に対しては寛大, に対しても貧乏, に対して種々, に聞かそう, に逢っ, のあらそい, のいう, のうち, のこと, の中, の仕業, の反映, の安眠, の家, の寢ごと, の思いつき, の感情, の成功, の所, の権義, の気に入っ, の無意識, の生命, の生活, の胸, の自然物, の説, はそんな, へもしない, も了解, よりも始末, を不幸, を人, を恨ん, を教育, を欺かざる, を話

▼ また出直し~ (65, 0.0%)

9 て来る 7 て来 4 てくる, て来よう 2 て参る, て来た, て来ます, て行け

1 [33件] か, てあの, ておい, てき, てこい, てこの, てこよう, てごらん, て仔細, て伺いましょう, て伺います, て伺う, て何, て参りましょう, て外部, て大いに, て尾張名古屋, て差止め, て押し, て昼, て来さっし, て来ましょう, て来やれ, て来るだろう, て白山街道, て行きました, て行っ, て行った, て貰いたい, て頼む, ということ, の已むなき仕儀, を致そう

▼ また~ (65, 0.0%)

6 の中 2 のあたり, へぎゅっと

1 [55件] がお, がきりきり, がつまつた, がどきどき, がどきん, がむかつき, が嬉し, が悪く, が暗く, が痛んだ, が轟い, が込みあげ, が重く, が鳴った, が鳴りだした, さわぎした, そそられる女, にいろんな, にくりかえし, にひかり, にむすぼれつ, に一物, に塗る, に届く, に憐れ, に抱き上げた, に来, に止っ, に浮びぬ, に浮ぶ, に浮ん, に浮んだ, に燃えたっ, に痛みあり, のうち, のときめき, のところ, のむかつく, の奥, の毛, の轟く, へ注射, をうつ, をくずし, をつい, をつかれた, を反らし, を反らす, を抑え, を痛めました, を絞っ, を衝かれる, を衝く憤り, を針, クソわるい

▼ またいかなる~ (64, 0.0%)

2 困難が, 理由で

1 [60件] お歓び, お胸, お隔て, ことが, ものも, わけで, 事ぞ, 事情から, 事物に, 人が, 人を, 人間も, 他国の, 力によ, 力によって, 名を以て, 善行でも, 因縁で, 国も, 地方にも, 場合でも, 場合にも, 変を, 好餌を, 子細で, 実用心理学教科書よりも, 小事に対しても, 崇高な, 巧みさ, 役者の, 必要あり, 怪しき事, 意志にても, 意恨で, 意識の, 態度方法で, 手段にて, 政府にも, 敵をも, 方法で, 方面より, 時代に, 条件にも, 汎神論であっ, 点で, 珍しい話, 男も, 町を, 盗賊にても, 空中魚雷なりとも, 細目までを, 罪を, 虐わが身に, 計算法によって, 身分の, 過失である, 道筋を, 非再建論者, 高山へも, 高山積雪の

▼ また~ (64, 0.0%)

3 はわが 2 と共に跪, に曰

1 [57件] から公綱, が乗る, が住むべき, が砕く, この時, すみ憂く, ながらお, に, にいひける, にかへり, にこの, にならえ, には命じたまわず, にヂュウス, に接吻, に由らず, に着し, に累, に請, に返つ, に返つた, に返りました, に返れる, に還つた, のかく, のしばし, の力, はきく, はこの, はさき, はその, はガニメーデ, は今宵, は他, は凡て, は受け負う, は受負, も居, れ息, をいかに, をその, をひけり, を他, を以て迎えなけれ, を力, を喚び起す, を愛せざる, を昔, を照, を背負い, を迎, を遠き, を高う, 亦紅, 何ぞ故, 知らず彼女, 自から

▼ また時として~ (64, 0.0%)

2 は, は心ひそか, は政府, は無遠慮

1 [56件] きつい眼眸, それに対して, それは, それを, はいや, はお, はじっと, はそんな, はチダマ, は不利, は不謹慎, は二人, は公徳, は兼用, は左様, は救われ, は敵視, は旧時, は暗に, は案内者, は正木, は死人, は死後喪, は火, は疑い, は病気災難等, は真剣, は真暗, は空, は自ら知らず, は誤解, は赤, は郎, は雪, 人間の, 優れたる家相学者, 動を, 同様な, 向こう河岸, 唯だ, 地頭を, 夫として, 子供たちが, 強くあるべき, 悪魔の, 我々から, 数株の, 武者幽霊の, 浮世絵とも, 犬に, 登りかけた坂, 耕地にも, 自分自身を, 複雑な, 酒の, 非常に

▼ また~ (64, 0.0%)

2 が暗く, だという, の方, の色, へ飛び立ち翔る, もよう, を眺めた, を見た

1 [48件] が曇っ, が赤い, しからず万暦, だと, つぽ, つ尻, つ腹, であろうおれ, にうかぶ, にそびえ, にはねあがっ, には空, には蜃気楼, にも不思議, にも寒い, に上がるた, に囚われ, に手, に散っ, に白い, に跳ね返っ, に黒い, の下, の悲劇, の言葉, の銚子, の青, は曇つて, は曇り, は蒼く, へ上っ, へ翔け上がる, へ舞い上っ, へ躍り上った, へ飛びあがっ, ゆく靈, より下り, をはて, を仰げ, を切っ, を暗闇, を見あげ, を見つめ, を見ました, を見上げ, を見上げました, を返す, 高く舞

▼ また~ (64, 0.0%)

3 を歩き 2 がある, の行く, の間隔, をすすん, を横切っ, を歩い, を若い

1 [47件] から離れ, がふたつ, が裏道, が通る, が開け, くさして, で人, になっ, にはずれた, には大穴, に出た, に打ちあげられた, に死したる, に迷っ, の上, の中央, の兩側, の明く, の真ん中, の邪げ, の順序, はカラカラ, は拓けよう, は江, へとびだし, もわからなく, も開けるだろう, をさぐった, をすすまね, をつづけた, をとつ, をわけ, を妨げられ, を後, を急い, を教, を教え, を歩きだした, を江戸, を河, を示され, を行く, を見, を譲っ, を開く, 得あるなり, 無殿

▼ また遠く~ (64, 0.0%)

3 からあの, 離れて 2 の風

1 [56件] から, からおん身, からその, からだ, からばらばら, からも註文, から来, から相当, から近づい, きこえたかと, この世を, この山中, して, その代表者, ででも自分, で盲人, で遊ん, で野生, どこかへ, なって, なりいつ, なる, なる南無阿弥陀仏コハ, にい, には雑然と, のほう, の方, の鏡, の雲, は上州三国, は谷城あたり, は高麗百済, ひと世へだて, へ人, へ行, へ行った, へ逃げ, へ運んだ, まで乗っ, まで歩かなけれ, も思わね, より木炭, 世間を, 久米島等へ, 入江を, 別れて, 南の, 地平には, 山麓に, 心掛けた, 思える心持, 打ちあげる高射砲, 海外にも, 筑州の, 萩の, 遠方からの

▼ またあまりに~ (63, 0.0%)

1 [63件] いい過ぎては, お客の, ごちゃ, とっぴすぎる, はかない凡情, もけろりと, もほんとう, も大まか, も意氣地, も海, も痛々しい, も穏やか, も虐, も適当, も醜く, も長い, わずらわしき些末, わるく俗化, 不思議な, 仏像ばかり, 他愛が, 儚い, 単調に, 執拗だ, 多い文壇, 多岐に, 寂しいもの, 寂寞なる, 少ないの, 少年的な, 平凡だつた, 心臓は, 思いがけない言葉, 恐ろしい恋, 恐縮な, 悲しがりまし, 意気地の, 意義の, 放恣な, 敏感すぎる, 明るかつ, 月並に, 有名であり, 木石の, 枯淡なる, 無心である, 生硬と, 痛々しい容貌, 白々しい放埒, 短く感じられた, 簡単である, 精神的でな, 美しい完全, 肯定に, 脅かされたため, 芝居が, 軽すぎ, 遠慮がちな, 酷うございます, 長閑に, 非凡過ぎる, 馬鹿げたこと, 高尚過ぎた

▼ またあんな~ (63, 0.0%)

7 ことを 3 ことに, 事を 2 ことばっかり, こと言や, ものを

1 [44件] いたずらを, いれずみ, こという, こともう, ちがったほう, とこに, とこを, めに, よけいな, イカモノを, 不思議な, 事, 事は, 善人を, 女と, 女ッ子と, 子供を, 小憎らしいこと, 山間の, 度は, 度はずれの, 忠義な, 悪いこと, 所で, 昔の, 気の, 浅い処, 浮気な, 無慈悲な, 無理を, 男が, 男に, 結果も, 老人の, 者が, 苦しい生活, 襞が, 解らないこと, 話を, 軽挙を, 雲が, 青い泥, 風で, 風に

▼ また多少~ (63, 0.0%)

2 の原因, の感慨

1 [59件] この分子, それを, とも不祥, のスペクタクル的要素, のヒステリー, の不安, の利益, の嗟嘆, の因縁, の心, の想像, の意気張り, の意義, の感, の損害, の昔, の未練, の特権, の理由, の経画, の考え, の興味, の身びいき, の醜悪, の閑, は久しく, は俗世間, は時勢, は楽しめない, は農業, われわれを, プウルキインの, 一般の, 出来ました, 困ったよう, 妬んで, 威嚇的な, 安心を, 復活しつ, 恐れながらも, 恥じ入ったよう, 戦略眼の, 捨て難い, 暇が, 極まり悪く, 気の毒にも, 気を, 気味悪い皮膚, 滑稽な, 生活までも, 疲労を, 発達も, 知了する, 神経衰弱の, 認められて, 違いますが, 重きを, 関係者に, 風流を

▼ またどんなに~ (62, 0.0%)

2 彼らの

1 [60件] あなたを, あの人, あの女, いい顔, うれしかったでありましょう, うれしかったでしょう, おかしいこと, お怒り, お恥ずかしい, か小さく, か怒号, か苦しみ, この生, その書かう, その農業, それが, それを, でも, にぎやかな, ひかえ目, 不安定で, 不思議な, 世間の, 二人が, 人好きの, 困って, 大事がられ, 嫌が, 尾張あたりの, 希望に, 平凡に, 幸福だ, 忙しい時, 愚劣な, 感銘の, 憎々しい存在, 改良を, 旅へ, 暑くても, 楽しい日々, 注意し, 涙が, 深く静寂, 熱烈な, 甘い手紙, 美しいな, 美しい姿, 胆に, 自分自身を, 苦労を, 表現の, 貧しくても, 貴方は, 賤しい, 賤しまれる, 近いかという, 長く会わなかった, 雨や, 面倒な, 頑張っても

▼ またなん~ (62, 0.0%)

10 のため 3 だってこんな 2 だよ, の役, の肩書, の返事

1 [41件] たる壮烈, だっておれ, だってかた, だってさっき社会主義者, だってそう, だって千両, だって張, だって急, だって昨夜ヴェリチャーニノフ, だって本当, だって枝, だって見, だつて, だ近頃, であっても, です, でもかでも聞い, でもない, でももの, でも欲しい, でも背負う, にもはいらぬ, のまね, の効果, の反響, の取り柄, の因縁, の妨害的, の必要, の意味, の慰安, の為, の用, の粗相, の茶番, の話, の踊り, の邪心, の関係, べん, や知らん

▼ またみんな~ (62, 0.0%)

3 の方 2 が迎合, で

1 [55件] からやさしい, から別れ, から愛され, から愛せられ, がおれ, がそれ, がどっと, がどつと, がドツ, が一つところ, が信仰, が待ちかね, が晴れ, が楽しく, が笑いだした, が笑った, が茶の間, が騒い, つまらないし, でやっつけろ, で気, とこうして, と同じ, と同じく, と違う, どうだろう, につぎました, に会, に作っ, に命令, に迷惑, のおかげ, のところ, のど, の先, の注目, の目, の足どり, はむき, は一しょ, は仮, は小鳥, は水, を呼びつけ, を玩具, を連れ, を集める, 一心に自分, 判っちゃ, 大いに騒ぐ, 忘れて, 申し合わせたよう, 見えました, 騒ぎ出しました, 黙って

▼ また~ (62, 0.0%)

4 時代の 3 樣である, 樣に

1 [52件] き繰言, じいとは, じい息を, じい断崖で, じきなり, じき夜に, 一事を, 一人が, 一人でも, 一年同, 一時刻に, 一様なる, 一民族の, 一物の, 一理由によ, 一系統の, 一耐久力の, 一運命に, 世紀の, 会とも, 八年七月の, 六年一月発行の, 刻である, 台からは, 君も, 図中, 國で, 巧の, 巻に, 帝の, 性質の, 文書中に, 時刻的である, 書巻八志太郡葉梨村大字中藪田の, 朝, 樣の, 目的の, 県の, 県人に, 科の, 穴の, 篇の, 紀吉野の, 編に, 翁の, 翁経営の, 藩の, 誌上, 郡江崎村の, 郡高田村は, 部類の, 項に

▼ また喧嘩~ (62, 0.0%)

4 になる 3 したの, になっ, をし, をした 2 か, かな, に花, をしはじめた, を吹かけられる

1 [36件] あ初める, かい, かえ, かっ, か畜生, がはじまる, が何年, が始まらなけれ, しさうな, したな, したん, してるわ, だ, だね, です中学, でもし, でもした, でもはじめた, ならば, なんかもしやしません, にかけてはほとんど, のはじまりで, の事, の仕返し, の仲裁, ばかりだろう, も起らず, らしいぞ, をしなく, をしました, をしよう, をする, をすれ, を吹きかけ, を売り, を押

▼ また学校~ (62, 0.0%)

5 へ行く 2 の帰り

1 [55件] が主催, が初, が困るだろう, ですか, では受持, でもきみ, で号令, で旗, で講義, として深く, と家庭, にい, における自分, に呼び, に残ッ, に縁遠い, に通い出した, に通い始めた, に通う, の作文, の先生, の図画, の学芸会, の態度, の教員, の教育方針, の方, の為, の生徒たち, の窓, の衛生, の裏庭, の課業, へいかなけれ, へいっ, へいっしょ, へはいっ, へもどっ, へ上がる, へ入る, へ入れる, へ出, へ帰っ, へ行っ, へ行った, へ通うべき, へ通っ, へ通わね, も学校, も早く, より少々, を休み, を休んだ, を出る, を教

▼ また~ (62, 0.0%)

5 が出 3 をこぼし, をこぼした 2 がこぼれ, が出た, をお, をこぼす, をたたえ, を新た

1 [39件] がうかん, がこみ上げ, がすじ, がでた, がポロポロ, が出さう, が出る, が流れ, が流れた, が湧い, が溜っ, である, でくもっ, という厄介もの, とともに言ふところ, ながらに花嫁, になっ, になり, に咽び, に曇る, に沾ん, に溺れ, に濡れた, に目, の出る, の海, の頬, をこぼしはじめた, をそそり, をためた, を一ぱい, を出した, を尊ぶ, を拭く, を拭った, を泛, を流し, を落とし, 含んで

▼ またあるいは~ (61, 0.0%)

1 [61件] あの囀り, そうな, そなた, その一人, その中幕以後, その女子, その政府, その職人, その郷里, ほとんどゲルマン, まったく新しい, オゾンによる, カサを, ススは, デンマークに, ヤブランでも, 一方の, 一解釈かも, 人の, 何を, 儒教思想による, 原野にも, 同じ困難, 売買繁劇の, 多くの, 大字何, 天下の, 寒緋桜とも, 小人姦夫が, 彼の, 性格その他について, 技巧上に, 故障でもと, 数年において, 曰く武士は, 本年一月二十六日プロシア国国会において, 歴史の, 毒を, 池沼幽, 法律には, 法律経済の, 活溌軽躁に, 深奥なる, 湿った山路, 無情な, 物事に, 画面の, 畔田翠山の, 私を, 空室の, 窓の, 第十八世紀, 純粋なる, 自然の, 説を, 身分制度にたいする, 障子や, 零落し, 音に, 風呂に, 骨相学と

▼ またどの~ (61, 0.0%)

9 ような 3 やうに, ように 2 やうな, 作品の, 点から, 神を

1 [38件] くらいかの時, くらいたった, くらいの程度, くらい信用, くらい知っ, ひとも, へやからか, よな, 位した, 位の, 位他人に, 位恐ろしい, 俳優に, 個所と, 国民よりも, 地方でも, 室にも, 家には, 家も, 小説に対して, 島の, 方面からも, 映画にも, 曲の, 爺さんだ, 犬も, 程度に, 程度にまで, 程度の, 程度まで, 程度までを, 立場を, 草の, 賊が, 辺へ, 部分が, 部分を, 顔さげ

▼ また~ (61, 0.0%)

3 に聞く 2 のそば, をすまし, を傾けた, を傾ける, を澄ました

1 [48件] ある蛇, がほか, だけに気, というべき, にする, についた, についてる, について寝つかれなかった, につく, にとまっ, に入, に入ったらしい, に手, に環, に通, のぐあいはどうかと, のところ, のはた, の下, の中, の療治, の聞こえない, の記憶, の遠い, は絶えず, へという経路, へ入れよう, まで口, もない, もなき, も二重, も少し, も尾, をかいた, をくすぐる, をすました, をすましました, をすます, をそばだて, をた, をたてた, をソッ, を刺しました, を劈く, を澄まし, を澄ませ, を立てる, を鳩

▼ また~ (61, 0.0%)

7 を振った 4 をかしげ 2 の具合, を垂れ, を突, を縮めた

1 [42件] がのぞい, が床の間, が生え, が落ちる, だけ小, でも縊, のない, の動作, の左右, の後, の方, の春, をかしげた, をこっち, をすくめた, をたれ, をたれた, をちぢめ, をねぢ, をひっ込めた, をひねっ, をふる, を元, を出した, を出しました, を向け直した, を建て直した, を引き込めた, を引っ込め, を拾い上げた, を持ちあげ, を挙げ, を振つた, を捻じられる, を斬られた, を毛布, を突き出し, を窓, を絞められ, を肩, 垂れて, 振りました

▼ またひと~ (60, 0.0%)

2 は絶望, まはり, まわり大きく

1 [54件] いくさ, いろは勢を, かどの, があるけ, がいる, が笑った, きれ取ったびっくり, くさり講演に, こすりした, たまりも, てがらちょうだい, にうまれ, にとつて, にまじらひ, ねいり話声, ねむり貪らん, の場合, の怒り, の眼, の秘密, の身, の顔, は, はシェクスピヤ, はシュペングラー, は我々, ひらふくらみかけるつぼみ, びとの, まはりひと, もめあった, を笑わせ, 冬じゅうフランス語を, 刻, 塊が, 太刀ずつ, 工夫要る, 思いに, 揉めしたのち, 揺れし, 揺れも, 流れの, 災難であろう, 箸口へ, 纏めに, 群れが, 苦労です, 鍬土を, 際高く, 騒ぎだ, 騒ぎで, 騒ぎ出来し, 騒動, 騒動おこりました, 騒動が

▼ また人生~ (60, 0.0%)

2 においては何事, の一部, の必要事

1 [54件] から眼, というもの, という複雑, にあこがれた, にある, において数多, にとっては重大, にとって最も, にはどうしてこう, には遊戯, に享楽, に大, に對, に社会的価値, のあらゆる, のすべて, の一大悲哀, の一敗北者, の一断面, の一部分, の一面, の偶然事, の公約数的, の出来事, の喜怒哀楽, の実際, の岐路, の常, の幸福, の心細, の戦争, の手ほどき, の最も, の最初, の歴史, の理想, の秘機, の穏健, の至情, の苦しみ, の行路, の諸, の運命, の過程, の重大, は夢見心地, は私, も世間, をいとわしい, をそう, をたのしん, を呼吸, を脅かす, を計算

▼ また大変~ (60, 0.0%)

54 なこと 3 なもの 2 なの

1 [46件] か, かい, かいどこ, かい八, か今度, だった, である, でこれ, でしてねえ, です, で三枚橋, で早く, で汗, で流行妓, なさわぎだ, なところ, な人だかり, な光景, な処, な危険, な女, な山道, な悪漢, な混雑, な評判, な野郎, な騒動, な驚き, に喜んだ, に御, に悩みます, に肥っ, に込み入った, の人気役者, の売, の売物, の大安売, の憑き物, の憑物, よいところ, よく働くらしい, よろしいので, 笑われた, 老けて, 赤いもん, 長いこと

▼ また~ (60, 0.0%)

16 の外 6 の下 2 に凭, のところ, の所, を開け

1 [30件] から往来, から月, から白い, から立ちさっ, から見える, がある, という窓, にも完全, に凭りか, に向い, に向かわん, に寄っ, に寄った, に手, のほう, の向こう, の數, の方, の明る, は埃, へ現われた, へ行っ, もありません, をしめた, を打つ, を細め, を閉, を開いた, 皆カーテン, 青き建築

▼ また~ (60, 0.0%)

4 に乗っ 2 に乗った, に乗る, の中

1 [50件] からぬけた, がけわしい, が一艘, が出, が出た, が直, が跳び上る, が通ります, が進水, で一はたらき, で戻っ, で金沙灘, と言う, にも乗らなけれ, に乗, に乗せ, に乗つ, に乗りました, に乗り込む, に乗り込んだ, に乗れたら, に乘つて, に似る, に対, に戻っ, に残る, に満つ, の, の上, の両側, の出, の推進, の甲板, はかた足, へ乗れたら, まで漕い, よいの, をかえ, をだし, をなくした, を出し, を出した, を出す, を半分途, を安定, を川, を漕ぎよせ, を繋い, を繋いだ, を雇う

▼ また~ (59, 0.0%)

2 の勤め先, の顔, や子, よ焙じ

1 [51件] がわざとらしい, が今, が信仰放棄, が小生, が書い, であるエリザベート, という人, としての彼女, との合奏, と話しあえ, にし, にとっても同様, にふり向い, にもふさわしく, に対して妾, に邪げ, のある, のいる, のま, のゐる, の不貞, の両手, の借金, の健康, の傍, の前, の双, の呼ぶ, の弟, の心, の意見, の死, の殺害, の牧, の身体, の道, は泣いた, へ戻つ, もなく, や母, より君, らしい女, をかわいがりました, をもち, を呼び戻した, を喪っ, を喪つて, を喪つて仕方, を奪った, を子, を戒め

▼ また~ (59, 0.0%)

4 が来ます, になる 2 がめぐっ, が帰つて, が来, のかた, の日, を迎

1 [39件] および菊, から秋, がくる, がめぐつてまいりました, がやって来る, じゃのう, だ夜, といそしめ, となり, となりました, と一緒, と云う, にでもなったら, になった, になったら, になつて, になりました, になります, に新芽, に有り, に若やぐ, のため, のめでた, の午, の始め, の復活, の未明, の色, の訪れ, の雨, の霞, は来る, は花, は花咲き, らしい景色, らしい水, らしい笑, らしい電灯, をぞ思ふ

▼ また~ (59, 0.0%)

3 當の 2 を読み出した

1 [54件] か, から受ける, そのものに対する, でも読みました, にはねずみ, には代え, に眼, に読入, のごとく, の古郷, の形, の方, の芸者, の表紙, の鐘, もよく, も讀ん, をお, をかい, をよみはじめました, をよみました, をよむ, を上, を他人, を取り上げた, を売る, を山, を書く, を見だし, を読みはじめました, を読み始めた, を読ん, を讀み始め, を送っ, を送つ, を閉ぢ, 來假定である, 來天體の, 來自己における, 問題に, 國支那人の, 居とも, 居宣長の, 居宣長は, 居宣長翁も, 序文の, 當です, 花道へ, 號の, 街道に, 読みさ, 議会へも, 辞典に, 阿弥光悦とも

▼ また私たち~ (59, 0.0%)

3 はその 2 の空

1 [54件] がここ, がこの, が上野駅, が学問芸術, が愛する, が気, が知らない, が租税, としては頭山翁, と炉辺, にいたしまし, にし, にとっては非常, にはわからぬ, には別に, には考え, には説明, には面白い, のよう, の体, の家, の平和, の恐怖, の悪口, の方, の最初, の現世, の生活, の目, の知りたい, の考える, の見のがし, の郎党, はあらゆる, はいつも, はしばらく, はヴェリチャーニノフ氏, は先生, は平壌, は幾人, は愛する, は直接, は知らずしらず, は第, は逢った, は高原, をおい, をひき附け, を押し進め, を火, を考えさせる, を讃, を軽蔑, を運ん

▼ またあれ~ (58, 0.0%)

2 ほどの大

1 [56件] かこれ, からお前さん, からのこの, から巧, が來, が大, が始まる, が来る, が表現派, くらいのが来た, だ, だけの卓見, だけの手紙, だけの権式, だけの機会, だけ大勢, だけ居た盗, だけ注意, でいい, でよかっ, で思いがけない, と同じ, ならば, なりに露悪家, にとって生き, には十年, にも心, に乘, に馬, の墓, の書きました, はどう, は四月, は日本人, ばなり, ば公園, ば落日, ほどなお, ほどながい, ほどの人, ほど一道, ほど冷たい, ほど大切, ほど妖しい, ほど御, ほど思いこん, ほど濃, ほど熱心, ほど葛岡, ほど躁, までの道中, をやってる, を一々, を聞かされ, を見る, 以来は

▼ またさっき~ (58, 0.0%)

9 のよう 3 と同じ, の方, の話

1 [40件] お燕, からばか, から山門, この門, で懲り, のお, のかくれ, のしおり, の不快, の倍, の取次, の団子屋, の大, の妹, の小人, の小次郎, の岸, の待合室, の微, の悪い, の悪者ども, の慧敏, の様, の求めむさぼる, の父, の男, の男たち, の街道, の見知らぬ, の議論, の返事, の金時計, の鑑識課員, の頬髭, の魔法, みつけた隅っこ, も云うた, も想い耽った, 見降した女中, 話しましたよう

▼ また何故~ (58, 0.0%)

5 でご 3 です, にこの 2 でございます, でございますな, にです

1 [41件] あの小舎, あの狂婆, が初, これほど, こんな家, その様, それが, だ, だい, だえ, であろうな, でございましょう, でございましょうか, でございますの, でござるかな, でしょう, にかく, にこ, にございます, にそれ, にな, に一日, に人間, に今, に刺し殺されなけれ, に労働, に天一坊, に愛せられたる, に損害, に準, に皇室, に貴方, に選り, ね, 今彼は, 今朝彼女が, 君は, 忍術家を, 現場の, 私が, 結婚なぞした

▼ また~ (58, 0.0%)

6 に出た 3 をつづける 2 に出る, の空, は人間, へ出, へ出る

1 [39件] かせぎに, から帰っ, から旅, するもの, だ, にいかれる, にかかっ, にばかり暮し, に上りました, に出でよう, に出ました, に出ましょう, に出よう, に出掛けなけれ, に立っ, に馴れ, のこと, のたより, のヱピソード, の先, の日, の試み, の途中, は長い, へお, へ出た, へ出ました, へ出掛けた, へ姿見, へ逃げ出した, をかさね, をしよう, をする, をせ, をつづけました, を想うであろう, を空想, を続け, 臭い寝台

▼ また時々~ (58, 0.0%)

2 訪ねて

1 [56件] いろいろな, おいは, お志保, それを, には喧嘩なぞ, には翅, のひきつる, の手伝い, はそれ, はふい, はツクツクボウシ, は南磧, は口出し, は夫人, は庚申講, は手, は自分, は舷牆, は船, は路傍, は逢, 一尺もの, 一座の, 三越へ, 云つて見ず, 作詩をも, 先生の, 冷たい風, 参ります, 嗄がれ声で, 塩を, 夜中に, 妻と, 実隆の, 尾撃し, 扉に, 曇つて竹の, 木の根の, 本でも, 涼しすぎる, 濾過しない, 爆裂彈の, 痛いお, 発作の, 自分の, 自転車で, 花を, 血を, 行って, 親戚などから, 訳の, 誰も, 起きては, 這入り難い, 鎖から, 頓狂な

▼ またかつて~ (57, 0.0%)

2 はいや, はその

1 [53件] あったこと, あったと, いたこと, このあたり, そんな歌, の千早籠城, の史, の日本, の水分, の洛陽, の相手, はかれ, はぼく, は同, は小次郎将門, は源護一族, は犬, は皆, は頻々, 一度でも, 一度も, 万年筆を, 中国に, 京城に, 人あり, 同様であった, 吟行の, 嘘を, 存在した, 存在しなかった, 尊氏は, 川童の, 彼は, 愛した男, 感じた事, 教会堂に, 暑月, 松雲が, 林冲を, 汝を, 流行児で, 父親が, 私たちの, 私に, 私の, 竹童が, 経験した, 能登の, 苦しい顔色, 藤原博士が, 見ざる陣形, 誰も, 鬼神の

▼ またわたくし~ (57, 0.0%)

2 ははたけ, をこっそり

1 [53件] が好き, が飽き, と同じ, なの, にし, につきまとっ, にはまだ, には明治, には溝, には生き, に導母, に言いました, に運, のただ一人, のどんな, のなか, のなき, の友達, の妹, の嫉妬, の子, の子ども, の幸福, の推定, の望み, の父, の父大國主, の生き, の眼, の荷物, の身, の過去, の酔うた, はど, は京, は女, は巽, は殿さま, は自分, へも筑前, もその, もつい, もまごつかない, も初め, も訪ね, わかりますのよ, を, をお, をこつ, をとらう, を愛しました, を来訪, を窃か

▼ また~ (57, 0.0%)

7 の方 3 のほう, の間 2 から娘

1 [42件] からか庭先, でお, では儲かる, で地蔵, で塗籠, とそこ, に, にあっ, には下駄, には他人, に入っ, に引込んだ, に部屋, に飛び込ん, のおん方, のずっと, の内緒, の奥, の居間, の屍室, の扉, の棟, の洞窟, の監房, の者, の調度品, の部屋部屋, ふかき朴, へいった, へも聞こえる, へ入っ, へ去, へ奥, へ姿, へ引込む, へ引込ん, へ引返した, へ相談, へ行きました, へ進む, へ隠れ, へ駆け込んだ

▼ また極めて~ (57, 0.0%)

2 原始的な, 多い, 狭いの, 私の

1 [49件] あり合わせな, しぜん, しめやかな, めずらしいこと, 不思議な, 不思議なる, 不純なるべき, 主観的な, 人形らしく, 似つかわしくない取合わせであった, 写生に, 古風な, 大ざっぱな, 小さいもの, 小乗的な, 少数の, 巧妙な, 平明な, 徐々と, 念入りな, 損害の, 摩訶不思議な, 早く彼, 暗鬱な, 有益である, 望ましいわけ, 歓迎も, 殺伐で, 清い, 無事であります, 用心深い人, 疎なる, 真剣な, 真剣に, 神経的な, 立派な, 簡単でした, 簡単な, 美しい蝶, 肉感的である, 興味が, 謙遜であっ, 趣味ある, 重要で, 重要な, 陰深, 靜かで, 面白い問題, 高度の

▼ また一度~ (56, 0.0%)

1 [56件] かう云, こちらを, この五台山下, さうし, すわり込むと, で当る, ときかせ, とめた文字, などは遥か千葉, に声, に多量, に笑った, に笑つた, に聞え, はくぐられた, はこの, はそこ, はやはり, はツイ先日, は心, は田口卯吉, は脱走兵, は自分, は講堂, は金眸, は風景画家広重, び横へ, び獄舎を, もう一度, もう一度と, やりそれから, や二度行つて, ドームへ, 京都に, 仲に, 倒れたもの, 呼びとめて, 堕落し, 大連で, 山に, 微な, 思いつけば, 接近した, 村へ, 来て, 歌を, 毒を, 沈めた, 深き恋愛, 煮返すと, 経験した, 行って, 行つて来る, 講義に, 路傍まで, 部屋の

▼ また~ (55, 0.0%)

21 つた 14 ひました 32 ひたいこと

1 [15件] うてる, える, く匹夫匹婦, ひぬ, ひやがるん, ひ出さば, ひ合つて, ひ消して, ふこと, ふまで, ふ昨夜私, ふ気, ふ鏡子, 出した, 合せたよう

▼ また~ (55, 0.0%)

4 の方 3 の手 2 のよう, の目, りの

1 [42件] う胸, からねらう, から右, から小さな, すべし, すれば, にかたむき, にて我, にむかへり, にも這入った, にゆき, に一沢, に初版, に持つ, に曲っ, に聞こえ, に追っ, のごとく吟ぜり, のみを辿っ, の下腹, の如き, の御, の掌, の柱, の眼, の耳, の肩, の谷, の頬, へ九十度, へ切れ, へ取って返さなけれ, へ四尺, へ折れた, へ抜け, へ曲がっ, へ曲がり, へ曲っ, へ曲つて, へ落, へ行く, より同

▼ また直ぐ~ (55, 0.0%)

2 次ぎの, 母と, 言葉を

1 [49件] あとから, さま旅行鞄を, そのあと, その跡, だったよう, ともと, と訊問, なくなって, に三角帽, に今, に佐太郎, に几, に出かけなけれ, に別, に始まる, に来ます, に眼, に窓掛, に赦罪, に近, に降り, のところ, 他国へ, 仲直りを, 伸びて, 來る, 前の, 夏休みの, 外出なさいました, 宮崎に, 寝たくなる時, 岩の上へ, 引越に, 彼女に, 快癒する, 感激し, 戻ります, 次の, 止んだいやに, 氣を, 水の, 眼を, 笑ひ, 羅府へ, 藤島さんへ, 逢う, 鉤を, 飽かれるといふ, 餌を

▼ また自ら~ (55, 0.0%)

2 の衣, 言った, 進んで

1 [49件] いへるごとく犯せる罪, その性命, なすところ, なる庭園, な円み, にきえ, にも与へられる, のこの, の作業, の卑し, の懺悔劇, の生活, の階級的支配權, は知らぬ, まさに消, もああ, もそれ, も出掛けた, も判断, も夫, も恃みい, も意識, も興味, を傷める, を欺く, 信ずるところ, 卑しい者, 卑しくなる, 名乗るところ, 変って, 尋ねた, 少しも, 急ぐべし, 恥じたもの, 或る, 戦いたい欲望, 持するところ, 望んで, 生きゆく道, 異った, 立って, 苛立ってるという, 葬って, 見るところ, 誘われ人, 軽んぜんと, 退いて, 違うの, 高きを以て

▼ また必ず~ (54, 0.0%)

2

1 [52件] お前の, お立ち寄りくださるでしょう, かかること, この孔明, この類, すすんで, その挙, それが, の樣, まいります, 一事業を, 一村一村を, 不服を, 世の常ならぬ, 久左衛門が, 九十に, 何処かに, 僕の, 前人未, 君家を, 呂布が, 唯物論者は, 地学的に, 多かる, 多かるべき, 多大の, 夜寒の, 大なるべし, 大に, 彼以上熱心に, 旅先から, 柵を, 栽培せられた, 桃色か, 植物の, 法律が, 片足を, 独裁専制主義者である, 現今の, 男子の, 相当の, 破れるに, 立ち寄るからと, 素手で, 繁栄ならざる, 自分に, 自己を, 若干の, 貧しき者, 返して, 鎌倉へ, 陥るべく自然

▼ また~ (54, 0.0%)

13 になっ 6 になった 3 を向い 2 になつ, になる

1 [28件] から口, から杜, から遮った, たはつ, なぐりに, なぐりの, にし, にたなびい, になつて, にならなけれ, になり, になりたくなりました, になれ, にほそながく, に倒れ, に払った, に長い, に飛ん, の方, の果物屋, の柵, へそれ, へ押しやられ, へ振られた, をむい, を向いた, を向き, を見

▼ また~ (54, 0.0%)

4 のよう 2 のついた, のやう, の中

1 [44件] あり熾れりと, があがった, がついた, がはいっ, が乏しく, が強, となっ, なす身熱, にかけ, にかけてアク, にくべる, にて物, に焼け, のご, のつく, のところ, のひかり, の前, の廻り, の柱, の海, の消えた, の鞠, へかけ, へかけなけれ, をいたし, をおかし下さい, をおそれ, をたい, をふいた, を付けよう, を付けれ, を以て蠍, を呼ん, を咥, を噴く, を孕む, を放っ, を点け, を焚く, を用, を移し, を窃め, を避け

▼ また当時~ (53, 0.0%)

2 の事, の官職名, の諸

1 [47件] この種, であった, にあっ, において秀吉, における火山作用活動, に於, に輝い, の, のどこ, のまあ, のバーガンジー人, の世界全体, の十八大通, の名僧大愚, の天皇, の如き, の容子, の少年, の己, の彼, の思想, の新聞紙, の日本, の歌, の武者輩, の武門, の民間, の池田蔵相, の病院, の目付, の立法者, の縦隊戦術, の美術界, の自由党員, の著述, の詩壇, の質屋, の辞書, の高倉帝, は仏教興隆時代, は初, は塞外, は誰, ほとんどフランス, よく常用, 多少精神力, 思う存分

▼ また~ (53, 0.0%)

1 [53件] からで, が多い, が捨て去った, が現われた, が襲っ, とよび合う, と戦い刀, にし, にすれ, にたいしてまでもとくに, にねらわれ, にまでも打ち明ける, にまわる, に乗ぜられる, に向かい行く, に囲まれましょう, のふところ, のゲリラ戦術, の中, の乗ずる, の備え, の動き, の大軍, の密偵長, の強味, の援護, の攻撃, の槍避, の様子, の櫓, の正体, の目, の砲塁, の砲撃, の細川, の落した, の行き過ぎる, の趙雲, の運動量, の降, の隠密, は新しく, は木村半兵衛, もおめおめ, も多い, も察し, や無情, をよく, を作り, を愛すべし, を投げとばしました, を斃, を知つて

▼ また相手~ (53, 0.0%)

2 にする, の人

1 [49件] から助け, から発射, がなにか, が妙, が相手, が答えた, が蹴爪, として呼び, にされ, になっ, になる, には不足, にも罪, に優越感, に飛びかかっ, のところ, のテーブル, の商品, の堀, の奴等, の役者, の心, の服, の死, の目の玉, の目鼻立ち, の術, の財産, の酔う, の鋭鋒, の頬, はよう, へも, へ掴みかかった, へ眼, もあろう, も聞いた, をする, をどう, を仇, を促した, を変え, を引き寄せる, を恨み, を愛してるらしい, を打ち返し, を見つめた, を軽蔑, を馬鹿

▼ また~ (53, 0.0%)

4 が咲く 2 のよう, の中, の咲く, を散らす, 散里

1 [39件] いろの, から人, が三つ, さきぬ花, だの線香, ちゃんと狂い出した, でか, と思われた, と散る, なきも, なき桜, なし, につい, に単葉, に大小, に満ちた, のさい, のま, の上, の匂, の咲い, の拱廊, の散る, の鉢, の館, はしずんだ, は搗き砕い, は早く, は美麗, は誰, も葉, をつけ, を上, を咲かせる, を培, を摘みゐ, を植えず, を正式, を添える

▼ また~ (53, 0.0%)

4 に来 3 てい 2 けむかも, ていた, て居ら, に来る, に行った

1 [36件] かたによ, かへせ, がほし, ぎたなく投げられた, たり, たり聞い, ていない, ている, てお貰い, てはならない, てはならぬ, てもいない, ても紹介, ても見ない, てゐ, て居ります, て旅, て来る, にき, にきた, にくる, にゆきました, に來むぞ此處, に出ましょう, に行こう, に行っ, むとおもふ心を, むとは, もしない, も知らぬ, やうに, ように, 張が, 得も, 樣によ, 違いを

▼ またそれだけ~ (52, 0.0%)

4 の理由 2 のもの, 自分の

1 [44件] お芳, かってみたい, かれは, その思惑, ならば, のあつかまし, のこと, のもったいない, のエネルギー, の事情, の余力, の信頼, の修養, の思案, の準備, の理窟, の社会的必然, の老巧さ, の興味, の親しみ, の話, の責任, の資格, の金, よい, 下界の, 他方も, 力が, 効果を, 多く元禄時代, 多く心配, 悲しみが, 故人の, 枝葉を, 物が, 特別の, 独特な, 獨自な, 興味も, 艱難の, 薄っぺらさも, 註釋の, 調子の, 身を

▼ また京都~ (52, 0.0%)

2 にある, の方

1 [48件] から何, が執拗, そのほか遠国, である, でなければ, では素姓, では麩屋町, で親鸞, にいた, における合体派, にすら多く, にでも行っ, には諸, に向っ, に帰っ, に接した, に於い, に来, に来た, に逆戻り, の, のはう, の人, の八神殿以来, の六角堂, の恩賜京都博物館, の東北, の町, の街, の西北, は勤皇, へ, へお越し, へき, へは由吉一行, へひっ返す, へやって来た, へ向っ, へ帰る, へ往く, へ行, へ行きましょう, へ行く, へ行っ, まで揺っ, らしい情緒, を主, を追放

▼ また人々~ (52, 0.0%)

2 をなつかしんだ

1 [50件] から同情, が日ごろ, が生活資料, が競っ, が笑, が自明, が驚く, と共に港, と卓一, にも歓迎, によって通い, に和歌, に推尊, に理解, に迷惑, に送られ, の上, の中, の往来, の態度, の憤懣, の権勢慾, の歎, の立ち, の肩, の腕, の興味, の談笑, の陰, の随意, の集合, はかかる, はその, は事件, は云う, は何, は何度目, は其の, は利己的, は卑屈, は妨げられる, は悲しんだ, は日ざかり, は満足そう, は痛烈, は眼, は老公, は自由派, を奮い起たせてる, を誘き出し

▼ また~ (52, 0.0%)

12 よみしたまひ 4 ひたまひ, ひて 2 ふ, をうた, をうたっ

1 [26件] か, があった, が出た, が分化, が来た, が聞ける, と調子, など詠む, なり何, における新, に向かない, のキャラクテール, の上手, の人, の姿, の調子, はいくら, ばかり作っ, へかし, もそう, も院, や俳句, をうたう, をつづけた, をよみ, を始める

▼ また特別~ (52, 0.0%)

4 なもの 2 であった

1 [46件] だった, だつた, である, でございましょう, なもん, な印象, な場合, な密盟組, な応接室, な意味, な縁, な興味, な興趣, にあなた, にこの, にご, にアカデミシャン, に与八, に彼女, に御用, に早い, に無遠慮, に研究, に綺麗, に色気, に蒸暑い, に輝いた, に鈍い, に難事, のお世話, のねうち, のもの, のわけ, の事件, の事情, の取扱い, の意義, の感情, の方法, の樹木, の歓迎法, の理由, の薬, の調理, の関係, の雰囲気

▼ また美しい~ (52, 0.0%)

2 なだれ, 娘でした

1 [48件] お嬢様も, ことを, この通り, という, とのみで, と思った, には相違, ぬれたさん, のであった, ものが, ものであった, ものでした, ものを, ダフウトの, ペーパーの, 五彩の, 人間が, 人魚であった, 写真や, 労働を, 勝れた少女, 因襲の, 夢を, 女であったら, 女の子が, 女らの, 女子を, 女達の, 小動物, 布であります, 感じを, 浄土である, 琴を, 祈願の, 稚児が, 継母が, 肩を, 背を, 色に, 若者の, 草原に, 行為に, 褪せては, 追憶の, 顔と, 風景が, 髪を, 魂は

▼ またそれぞれ~ (51, 0.0%)

4 の時間

1 [47件] こしらえられた年代, その報酬, その領内, にさまざま, にそっと, にその, にレビュー式, に愛すべき, に独乙英吉利的, に関東, に顕著, に高低, の事情, の仕事, の内容, の分担, の名, の呼名, の境遇, の大学, の存在論的決定, の寺院, の小, の拇印, の格式, の標準, の物, の特徴, の獲物, の瞬間, の社会的, の秘密, の立場, の精神, の見地, の語, の贈与, の長所, の閑却, の首長, 大きな家, 思うまま, 撰び出した香, 沢山いた, 短い二本, 貴からぬ, 違った場合

▼ またふと~ (51, 0.0%)

3 んの, 足を

1 [45件] いたずら者らしく, いやそんな, かすかに, その半, その眼, わたしの, 一年半の, 不審を, 今の, 今まで, 何か, 何かに, 危険も, 夕貌の, 嫂の, 巷で, 引っ返して, 忘れて, 思い浮かべた, 思い返して, 恐怖に, 振返って, 探りあてたその, 気がついて, 泣きくずれた, 浮きあがりました, 涙に, 淋しくも, 潜りの, 目が, 眼が, 眼を, 考へて, 考へると, 艶めかしくも, 薄い夜具, 血らしい, 見れば, 見上げる, 諸士, 返って, 酒を, 阿賀妻の, 靴音が, 鞴の

▼ また一杯~ (51, 0.0%)

4 また一杯 2 にし, また

1 [43件] あけましたね, あゝノンベイ, が, くわされた, しぼって, すくった, すこしワヤ, それから, たうとう, ついで静か, で一杯, とうぜんとして, とさして, と重ね, と飲ん, にふさい, に小さい, の人, の冷酒, やったあと, やつて, やりたいな, やりたい独り者, やりたくなった, やると, やるとして, やろう, 傾けた, 入れて, 入れるという, 喰わされるよりは, 安い酒, 干して, 戻つて, 注いで, 煽るほどに, 食った, 食わされたそう, 食わせたか, 飲み乾し杯泉, 飲める, 飲めるぞ, 飲んだ

▼ また~ (51, 0.0%)

3 を産む 2 の愛, も生んだ, をもつ, を抱いた

1 [40件] がどんな, が世, が生まれ, であります, であり妻, という意味, として生れた, なりけり, に対しても父, に責任感, のある, の子, の成長後, の方角, の母, の為, の産, の義平, は子, へと家庭, ほど生きがい, もり歌, よ汝, をもっ, を孕む, を庇う, を思う, を教, を生ん, を生んだ, を産ん, を育てるべき, を遺し, 一つを, 将の, 猿が, 良である, 貢を, 邦と, 龍に

▼ また~ (51, 0.0%)

3 にはいっ, の人々 2 の人たち

1 [43件] から大量, がかじられる, が創, ではみな, では村税付加, でも一番, で感冒, というもの, などをながめ, に下, に古い, に対する奴隷, に歸つた時, に歸つて來, のため, の万福寺, の不平分子, の仲間, の噂, の寄りあひ, の小さな, の小学校, の居酒屋曹正, の方, の様子そのもの, の物持ち, の神様, の童ら, の若い, の衆, の誰彼, の近隣, へつれ, へは布令, へやって来た, へ帰っ, へ戻っ, へ来た, へ舞い戻っ, へ這入, へ酒, をまわっ, 第一

▼ また~ (51, 0.0%)

4 の方 2 の中, の家並み, へ出

1 [41件] がありました, つづきでありますから, でも知られ, と町, にはいっ, に入る, に売っ, に帰ろう, に舞い戻っ, に行っ, のおじさんおばさん, のおも, のオーケストラ, の三階造, の人, の人々, の人家, の労働者間, の周囲, の外, の奉行, の容子, の富裕, の小料理屋, の有り様, の男, の男たち, の男女, の管弦楽団, の者, の辻, の近所, の重立った, へいった, へつづく, へもどっ, へ出かけ, へ布教, へ旅, へ落ち, を見

▼ また~ (51, 0.0%)

2 会うこと, 見ること

1 [47件] かわらず官, かわらず無, かわらず重三郎, すまぬこと, も変らぬうずく, 交錯し, 仆れ, 似たもの, 似た幸福, 別れる事, 前後し, 前後せざるごとくなる, 同じ, 同じである, 変らずおじさん, 変らずおそって, 変らずお願い, 変らずじっくり, 変らずの, 変らず歳暮, 変りませずか, 尋で, 惚れの, 想うの, 慕う思い, 憎くおいそれと, 應はしか, 接する二以上, 済まぬ訳, 當に, 當の, 結んで, 續者の, 興ずるに, 苦笑し, 見て, 見ながら, 見むと願, 語りつつ, 距る, 通ずるもの, 通ぜぬ二人, 逢うて, 逢う日, 連なりて, 遣るに, 類似する

▼ また~ (51, 0.0%)

3 所に, 所の 2 の神たち, 官吏を

1 [41件] の神たち白さく, 伝まちまちであっ, 卿の, 名家を, 大将を, 大臣の, 大藩の, 天の, 天使の, 天善神の, 学の, 学校でも, 官庁は, 寺院で, 将の, 将へ, 将も, 将諸, 將軍われの, 將軍願く, 小国の, 市の, 強国が, 恒星は, 情報の, 所で, 民の, 民へ, 洞の, 病を, 神の, 竜足ある, 職業一般においては, 藩士中の, 軍に, 軍の, 輪を, 遊星と, 遊星を, 院の, 鬼妖魅悪

▼ またただ~ (50, 0.0%)

2 いまは, ならね, 一人で, 見たばかり

1 [42件] さりげなし, その限り, それだけで, それのみ, で貸す, ならず気短, に論題, のお, のスズメ, の丘陵, の変人, の山, の引っ越し荷物, の政党, の敷き, の新聞記者, の本能そのもの, の無名草, の甲胄, の茶, は来ない, 一つぶの, 人事の, 何と無く, 外見上だけの, 大きくて, 学校の, 幾百万円の, 徳川時代三百藩の, 恐怖に, 挨拶だけに, 敵の, 方便に, 漠然とした, 美しさ, 自分が, 英語や, 行によって, 議論と, 議論を, 魏の, 鶯と

▼ また~ (50, 0.0%)

1 [50件] が利用曲線, が言えれ, ずきに, でしたから, と心, にせつかない, について無, につまずいた, によってはこの, によってはそれ, によって十分の四, に名称, に感ずる, に誰, に道義, の中, の名前, の味, の気配, の直, は悪事, もらい, をつくる, を云わず, を人, を建てる, を待つ, を愛しなけれ, を持ちこむ, を盗み, を考へ, を考へる, を言, を言いはじめる, を言い切る, を言わない, を離れ, 同じくし, 哀しいよう, 干へ, 干竿, 怖しい, 思はしげ, 思ふ人, 恨むしつこ, 狂わしいもの, 置きに, 聞きたげに, 遣り癖, 馴れた人物

▼ また自己~ (50, 0.0%)

2 の自然, の芸術

1 [46件] がその, が人類, が占め, が欲する, が社会, が自由, と周囲, と外界, なるが, にたいしても少し, に対する嫌厭, に衆望, に遠く, のそうした, の主人, の事業, の使命, の力, の労働, の哲学体系, の大, の専門, の尊厳, の心理, の性格, の愛, の感情, の戦, の政略上, の文学, の本質, の根柢, の牢獄, の犯罪, の生活, の由来, の行くべき, の足業, は実在, も利益, をも詐, を憐れみ, を救済, を時代, を自然, を高める

▼ また~ (50, 0.0%)

14 つた 4 ひ出した, ふ 3 ひました 2 なし, はなく, 出した

1 [19件] はむ, はれは, ひたいこと, ひ表, ひ過ぎ, ふこと, ふべくして, ふまでも, ふ所, ふ隙, へり, へること, もなし, をまたない, を改めて, を重ね, 出しにくい, 出す, 足した

▼ また~ (49, 0.0%)

2 出世じゃ

1 [47件] いっしょに, きげん, くりご, ざを取りに, とりと, ほんと, 一しょに, 上洛の, 不自由な, 両所篤と, 主人の, 信仰の, 冗談を, 出勤です, 出府の, 勉強かね, 威光も, 婦人や, 安心で, 尊容を, 忠告も, 意見も, 本を, 来客で, 機嫌の, 殿に, 法話な, 相談に, 精神に, 縁が, 縁も, 自分の, 自身に, 自身の, 自身迎え, 謀反が, 赦免の, 趣向な, 身分をも, 辺ほど, 辺を, 返事を, 迷惑を, 連絡しましょう, 運よくも, 遺言の, 首尾は

▼ またたちまち~ (49, 0.0%)

3 にし 2 もとの, 一方の

1 [42件] かなたに, これを, その土地, に紅, まじめに, みだれ合って, もくもくも, イプセンと, クルリと, グッタリ沈んだ, 二つに, 取って返して, 四人の, 姿を, 宙を, 山そのものが, 張翼は, 彼の, 悲劇は, 悲鳴を, 斬り立てられて, 暗くし, 暗黒の, 朗読する, 残兵を, 氷点に, 濮陽城の, 現じ, 町並の, 百雷の, 真面目顔に, 破壊し去っ, 舞ひ立ち, 艱難の, 荒イヌどもが, 藍色の, 走り去って, 起き上がり窓口, 軍国の, 長槍, 雲は, 顫え

▼ またひとしきり~ (49, 0.0%)

1 [49件] かがやきわたりました, どッ, なぎに, の風, はげしく吠えはじめ, はね起きようとして, むせかえるよう, 会場内は, 凪にな, 吹き荒んだ, 咳いた弥生, 噂を, 囁きあうの, 囃し立てる声, 場内が, 声を, 奇怪な, 強いの, 強い嵐, 強くなった, 強く漂, 往来の, 恋愛論が, 恐怖物語に, 悪寒が, 持ちきった, 挨拶が, 水の, 泣いた, 滝の, 激しくなっ, 激しくなりまさる, 煙に, 燐酸を, 疾風に, 眠りを, 眺め廻し, 笑いさざめく, 笑いました, 笑い続けたのち, 縁談が, 聞え出して, 脱棄て, 腹の, 舟の, 静かに, 頻繁に, 風が, 飛んで

▼ またひとつ~ (49, 0.0%)

4 には 32 の意見, の新しい, 出来たわ

1 [36件] いや二つ三つ, お芝居, には富田, には小, に流れ, のしかも, の不思議, の保守的, の告白, の問題, の大切, の存在, の島, の形成作用, の感銘, の方法, の柵, の正しい, の火, の祈, の考え, の聚楽, の表象, の過去, の骸骨, は英吉利, ふえたの, 加えられたの, 大いに飲まう, 大きなランプ, 大三郎, 悟ると, 殖えたよう, 殖えるわけ, 生れた, 肯いたやっと少し

▼ またゆっくり~ (49, 0.0%)

2

1 [47件] あちらで, お墓, お目にかかろう, お聞きする, お話いたす, お話ししましょう, お話しします, お話する, くつろいで, さりげなく, した言葉つき, しよう, とあらわれた, とうなだれ, とこの, と仕事, と南, と口, と噛みはじめ, と完全, と寄せ, と方法, と横, と歩き出した, と甲斐, と番茶, と秣槽, と立ち去った, と考える, と茶, などと書い, やんな, 会おう, 俥を, 出かけて, 出直したらこんど, 出直して, 奢って, 山中の, 歩きだしこんど, 聞かせて, 落ちついたとき, 話しつづけた, 話すよ, 話を, 遊びましょうという, 頂きますわ

▼ また問題~ (49, 0.0%)

3 になつ 2 がおこる

1 [44件] があっ, があります, が別に, が持, が終り, が起きる, が起こっ, が起ったらしい, が起る, が迷宮, が違っ, だ, であつ, であります, である, でいかに, でございます, です, で信州, とする, となる, なの, にした, にすべきで, にする, にならない, になりました, になる, のある, のピストル, の三輪, の佳人月江様, の種, の竹藪, の財布, の銭, を他, を元, を先, を含ん, を大きく, を改める, を起こした, を起す

▼ また容易~ (49, 0.0%)

4 でない 2 でなかった

1 [43件] じゃあるまい, だと, である, であろう, でないが, でないと, でなく随分, なこと, なもの, ならざる大佐, ならざる瞬間, ならぬもの, ならぬ二つ, ならぬ人, ならぬ紛失物, ならぬ記事, ならぬ論議, なるべく幸, にうごき, におさまらない, にそこ, には実行, にらち, に了解, に他, に其光, に判らなかった, に同僚, に己, に得る, に御, に想像, に料理, に明け, に死なれない, に生るべき, に生れ, に目付, に知, に解き得ない, に解決, に買えなかった, のもの

▼ また~ (49, 0.0%)

3 のよう 2 の境内, の寂し, の通り

1 [40件] さに, なりに, に復, のお, のごとく, のとおり, のとおり綺麗, のやう, の位置, の友情, の四畳半, の地位, の如くならず, の座敷牢, の思案, の我儘, の書, の真空, の腰掛, びたれどもこの車いたく, へ戻っ, を排し, 世界の, 処へ, 唐書には, 固定資本すなわち, 帝政論派の, 憲法に, 教徒を, 文字を, 日の, 時代の, 本陣問屋としての, 本陣問屋としても, 東京文化の, 板本は, 武士の, 稿に, 著中明治維新後に, 道徳に従って

▼ また社会~ (49, 0.0%)

2 の組織, へ出, を組織

1 [43件] から姿, がそれだけ, というもの生活, として知り, と衝突, における大切, について考える, にむかっ, に地位, に対しても非常, に対して意見, に対して本当に, に対する怨恨, に対する闘争的性格, に拡め, のあらゆる, のこの, のため, のもの, の一単位, の上, の下層階級, の事実, の人々, の基点, の思想家たち, の歴史的発展, の現実, の経済組織, の群集, の落伍者, の視聴, の設備, はそう, は現存, は私, ばなれ, もそう, をいかに, を今日, を度外, 及び人生, 及び文化

▼ また突然~ (49, 0.0%)

2

1 [47件] この同じ文字, しかも多少, すわる, そこに, その前, であった, と物, と生え, にきこえた, にこう, にこの, に沢山, に消え失せ, に車, に逡巡, の暴行, 三十五番と, 二人は, 何かの, 何の, 作に, 健三の, 呼びとめた, 嫁に, 子供が, 学校を, 家を, 山を, 市民を, 引っ繰り返った, 引っ返して, 水音が, 火災が, 生ずるもの, 直線に, 真紀子は, 立ち停つて, 結婚問題を, 自分でも, 自分という, 血の, 見えたの, 言い出した, 雑木の, 頭に, 高歌, 鯊の

▼ また~ (48, 0.0%)

7 つて 2 くりと

1 [39件] あいて, いどもが, さりとも, した, ちっととっ, ちょうの, ちりが, つた, つたほどの, つてことも, つてさて, つてや, つてゐた, つてゐる, つて今度は, つて働きかける, つて兩刄を, つて出来た, つて切りに, つて可憐な, つて地獄の, つて城内深く, つて存在する, つて拔け, つて物淋しく, つて行つた事を, つて言つた, つて長い, つて雲を, つて駈け, なくて, なくても, はみ出し靴, みつかれらア, ッくりと, ッくり俯向く, ッたりが, ツたりが, 中途で

▼ またすこし~ (48, 0.0%)

3 行きますと 2 炭つぎ足し, 行きました, 行くと

1 [39件] いくと, お腹を, でも往時, の間, の音響, ばかり和歌, ようすが, をかしい, 上ると, 体裁を, 動きぐつと回転, 口籠り, 向こうへ, 変った, 往くと, 怪異めく, 悪寒が, 憩も, 摘んで, 散りて, 明けて, 書き直して, 有頂天に, 東南の, 楽に, 痩せたる別人, 登った平井山, 考えて, 行ったあたり, 行っては, 見れば, 走っては, 身体を, 違った意味, 違って, 遡りますが, 間を, 離れたところ, 鼻白んだよう

▼ またすこぶる~ (48, 0.0%)

2 多かった, 妙な

1 [44件] いい, いやな, うまいという, この地名, しどろもどろな, できにくい, はなはだしい, ぶこつの, ぼんやりした, オペラ的なる, 不備に, 不十分で, 不可能な, 保守的な, 冷え性で, 厭うべきもの, 多く今これ, 多し, 多趣, 奇怪でした, 妙だ, 安楽の, 尋常な, 強かった, 慶幸の, 手の, 気に入らなかった, 気軽な, 満足した, 猖獗なり, 珍らしい, 用意周到で, 疑わしい根據, 疑問であった, 細長い, 若く元気, 詰らんこと, 迅速な, 退屈しなくなり出した, 重宝な, 野卑なる, 長い, 風変りな, 高いと

▼ またなき~ (48, 0.0%)

2 名誉なり, 機会だ, 者と

1 [42件] お方と, お爽やかさ, が如くである, この機会, にあらずし, にしも, ねぐらと, ひじり, ものと, もまず, やがる, 仕合せ者と, 倖せ, 兵機では, 友みたいに, 吉日, 命拾いを, 好機です, 好機と, 容色の, 幸いの, 彼の, 御愛犬, 御武運, 心を, 忠実者だ, 忠臣その, 愛妻として, 愛槍であった, 愛臣を, 新春でした, 時世に, 朋友として, 機を, 止みぬ, 死出の, 父親と, 相談相手だった, 耳の, 良臣, 誉れだった, 謀略の

▼ またなに~ (48, 0.0%)

2 か相談

1 [46件] かいい, かが憑, かに, かの参考, かの研究材料, かひそひそ, かよからぬたくらみ, かわけ, かを投げた, か因縁, か妙, か小やかましい, か忙しい, か愚図, か慮外, か珍しい, か複雑, か騒い, がなんだか, がなんだかさっぱり, が恥, が起ころう, くわぬ面, しに, にする, の願, もない, ものかに自我, も今, も我々, も知っ, も知らぬ, も聞きたくありません, よりの喜び, よりは帝, よりも人, よりも尊く, よりも江戸, をか望まん, をしよう, をやった, を取り上げ, を思った, を楽しむ, を言う, 思ったか

▼ また偶然~ (48, 0.0%)

2 ではなかっ, にあらず, に来た, の事情

1 [40件] この二人, その日, だったの, であると, ではない, でもなかつた, といい, といふこと, と必然, なの, な知己, にし, にたしかに, にふら, にもある, にもその, にも同好, にも曾老人, にも継子, に人, に出来た, に同じ, に変える, に岩石, に我々, に西村, のこと, のやう, のよう, の僥倖, の出来事, の大きな, の廻り合せ, の暗合, の機会, の網, の運不運, や神助, 出くわした, 広い建物

▼ また~ (48, 0.0%)

5 になる 3 の夜, の晩方 2 がめぐっ, が巡っ, になった, の日

1 [29件] がやってきました, がやって来, が來, が来る, が終り, が返, でも昼寝, となつ, ならば, になったら, になるでしょ, には自転車, に池, のあいだ, のあいだチャールストン, のあつい, の六月, の初めごろ, の午後過ぎ, の方, の景色, の末, の鎌倉海岸, の雨, の頃, の黄梅, はバイエルン, らしき情景, を好く

▼ また~ (48, 0.0%)

2 でそれ, の老

1 [44件] から手紙, が何故, が彼ら, が私, といふ男性, としての長い, として父親, との間, と共にその, にそれ, により扶養, に別れなけれ, に従う, に死別, に苦しめられ, に逢っ, のこの, のそば, の傍, の在世中, の巍, の床, の思い通り, の悪い, の方, の気質, の留守, の肩先, の言, の誕生日, の財産, はあの, はいつのまにか, は妻, も昔, も親, をその, を主人, を促し, を励ます, を愛し, を殺す, を逆, を顧み

▼ また~ (48, 0.0%)

15 の中 7 の上 2 にはいっ

1 [24件] につい, についた, について五十一, になげた, にもぐりこみました, にもぐり込んだ, に入った, に坐っ, に就かせよう, に活け, に潜り込ん, に這入っ, の下, の正面, へはいっ, へはいりました, へもぐりました, へ入っ, へ這入っ, も羽目, をなおす, を動かす, を延べ, を設け

▼ また悪い~ (48, 0.0%)

2 ことも, ことを, 奴に, 百姓という

1 [40件] いたずらでも, ことが, ことでも, ことに, ことには, ことの, ことは, たくらみを, だか, だろう, というよう, ところを, となり, とも思っ, と言う, の, のだ, ものを, やつが, んで, 事は, 事を, 人だ, 人でも, 人間などが, 奴で, 心持は, 意味における, 文三の, 癖が, 癖に, 癖を, 相談でしょう, 虫が, 見得だつた, 足に, 跋にも, 身分では, 遊びが, 顔を

▼ また病気~ (48, 0.0%)

6 になっ 2 か, だそう, にかかっ, になった, になる

1 [32件] がなおっ, がぶり返し, がぶり返す, が再発, が出, が出だした, が悪く, が無く, が起こりまし, が起っ, であるか, でなくなり私, でもし, ということ, などの場合, なん, にかかりました, にでもかかったなら, にならぬ, になられ, によってはあるいは, に冒され, に罹り, に騙された, のため, のよう, の性質上, の方, の話, の軽き, をいとうなら, を忘れ

▼ また違った~ (48, 0.0%)

5 意味で 2 お顔, ものだ, 意見が, 町筋をめぐって

1 [35件] か, が方角, ことを, これほど, ずっと深い, ところで, ところも, ほうから, ものさ, ものさね, よ, ように, 事件が, 二人の, 品位の, 境遇を, 声である, 山内が, 形で, 悲しみに, 愉快な, 感じの, 柔かい佳い味, 深い愛情, 現代の, 義理人情を, 職場で, 興味と, 解答を, 連絡の, 閑寂が, 面白味も, 音変化が, 顔が, 風情を

▼ またいう~ (47, 0.0%)

11 までもない 6 までもなく 42 にいわれぬ

1 [24件] ことが, ことの, と何, なかれ, にきまっ, には一族間, に足らぬ, に足りません, のだった, のであった, のでした, んだ, コンモードは, 二人に, 初めは, 夢の, 愛とは, 所の, 時には, 最初の, 気にも, 烏帽子貝と, 迄はなかったろう, 近江の

▼ またいくら~ (47, 0.0%)

1 [47件] あっても, か, かでも稼業, かの前借, かの時, かの真実, かの短所, かは馬鹿者ども, か彼, か暗記, か腹だたしい, か躊躇, か鈍感, この人, しようと, ちがって, でもとっ, でも出来, でも掘っ, でも立て替え, もあった, もだえて, もない, も近い, やったって, やつて, 世の中に, 働いても, 勉強し, 化粧問屋でも, 因の, 好奇でも, 広くても, 忙しいたって, 恰好が, 援助し, 歩いても, 注意し, 用心し, 米友が, 素直な, 経験を, 考えても, 聖書について, 詰らぬ人, 酔っ払って, 食おうと

▼ また~ (47, 0.0%)

8 ような 4 ぶりを 3 へり見む 2 きつくとも, けりおりたる時, またかと, やうな, 三郎

1 [22件] あっと熱く, ういつた, ういふところ, うかうと, すけくつひに, ともいはず人, はりあるべからず, ぷりと食らいついた, へらじ, へりくるあき, へりみむ, へり來, またか, また船岡, ようの, よせ, ッ, ーっと, ーンと, 三郎また, 困ったなあ, 困つたなあ

▼ またより~ (47, 0.0%)

7 多くの 5 大なる 2 以上の, 多く完全

1 [31件] かかって, がもどりやがった, よき人, よくしなく, よくその, を戻した, 以上に, 以上重要視すべき, 先きなる, 多く民衆, 多産的ならざる, 大いなる意識, 大きく楕円形, 大と, 嫌味な, 安定した, 少い労働, 少く売らなけれ, 少く生産, 平等に, 強く今度, 早口に, 正確である, 正確な, 深くより, 添つて歩いた, 突進的であった, 貧しくも, 退守的, 高く売らなけれ, 高位に

▼ また一日~ (47, 0.0%)

2 の疲れ, も早く

1 [43件] がをはる, が濟, が空しく, さる出湯, しかも彼我共, でも遅く, で十分, とて愉し, と一八時間後, と十五日, と思え, と日, と經, には一日, に三度三度, に何回, のうち, のうち三度皮肉地, の兵糧, の活動, の狂, の狂い, の瞑想, の長, はたちました, むなしく待っ, もはやく, もゆるがせ, も教, や二日, を悠々, を浅草, を空, を過ごした, 去る林, 寝て, 延びて, 延びました, 早くサンホセ, 立ちづくめ, 行きやまずんば, 過ぎて, 降るという

▼ また一本~ (47, 0.0%)

4 の柏 2 のマッチ, の矢, の腕, の若い

1 [35件] あけて, ありがたし, おちて, が蓋, だけ買う, つけて, とり出した, のそれ, のたばこ, のホープ, の剣, の徳利, の手, の朝日, の枝, の梅, の楔, の沢庵漬, の絵図, の脚, の軒柱, の針, また一本, やられたか, をとり, を上, 倒された, 切れました, 取り出して, 同じよう, 吸った, 持って, 新しくマッチ, 這入った, 飲んで

▼ また~ (47, 0.0%)

2 にあらう

1 [45件] が進め, にあらん, には僕, には心から, には露西亜, に出, に出た, に出ました, に出る, に立たっし, に響いた, の不幸, の俗習家, の信用, の変転, の多く, の好漢ども, の婦人, の批評家, の文明, の父兄, の生業, の笑いぐさ, の笑い草, の笑われ, の荒浪, の蔭, の薄命, の誤解, の賢者たち, の進歩, の風, の騒ぎ, は変っ, は建武, より最, を去っ, を去った, を去り, を味気, を如何, を救, を毒す, を遁, を驚かした

▼ また二階~ (47, 0.0%)

3 に上った, へあがった 2 に上っ, の窓, へあ, へ取って返す

1 [33件] から三十八九, から聞え, から降り, が見える, だけを毀し, には家々, に上つて行き, に照りつける, の天井, の室, の寝室, の書斎, の欄干, の正面, へあがっ, へかけのぼっ, へごく, へ上がろう, へ上っ, へ上つてそれ, へ上つて行, へ引ッ, へ引返し, へ戻っ, へ招ぜられた, へ昇っ, へ行っ, へ追い上げられ, へ駆け戻る, までえっちらおっちら, を下りた, を間借り, 借りから

▼ また~ (47, 0.0%)

3 る, ると, れり 2 た, たの, て頂戴, ますね, るチイパツパ

1 [28件] ず, たか, たぞ, たなと, たらぶち, たわよ, つ, つた, て, てくれ, てくん, て今度, て呉れれ, なくな, ました, ましたから, ます, られたの, りてか, るで, るといふ, るの, るもの, るよ, るわ, るん, る日, れり我等

▼ また大きく~ (47, 0.0%)

7 なって 2 うなずいた, なった, なりました, なる, 夕空に, 揺らいだ

1 [28件] いつの, これを, ごっと, ごとんと, して, でるよ, なったなと, なったよう, なった松, なつた, なつたり, なりその, なるん, は二, ハァーと, 出たじゃ, 吐いた, 吼えて, 呼んだが, 嘆息を, 太陽の, 揺れそれから, 殊に墺軍, 目を, 笑いながら, 笑った, 腕一杯に, 鳴る国吉

▼ また常に~ (47, 0.0%)

2 これを, 天を, 好んで

1 [41件] あらゆる外國, いって, お孤独, しからむ, その労働, それは, それを, みかどの帷幄に, めぐり来たる, より小さな, 一つの, 一部の, 七つの, 三造には, 世界の, 云ふ, 善き願, 固定し, 圧制的な, 大川と, 失恋し, 宿命的な, 巨大な, 影を, 彼の, 彼は, 往来した, 心を, 恐れて, 新陳代謝や, 理性と, 相当の, 私を, 空裏を, 若し, 薄紅薄藍, 論じて, 酒を, 重きを, 陳腐で, 飢を

▼ また~ (47, 0.0%)

2 の次, の次に

1 [43件] から言, が知れたら, なるは, に万雷, のお, のからだ, のごろ, のとおり, のわし, の不平, の事務所, の作品, の千山, の同, の名, の品川, の哲學, の地球, の場合, の女, の女學生, の如く, の如けん, の如し, の学生時代, の小屋, の小説, の後, の文體, の書, の様子, の王朝, の種, の者, の舞台, の船, の計, の訳書, の質, の重三郎, の附近, の風, 小ぢんまりと

▼ また自分自身~ (47, 0.0%)

2 なの, のこと, の子供

1 [41件] がぼんやり, が令状, が存在, が自分, でこしらえた, でも気にいっ, にたいして彼ら, には非常, にも不満, にも詫び, に勝ちきれる, に対してもそこ, に対する腹癒せ, に対する軽い, に張り, のこれから, のでも, のもの, の上, の中, の事, の全貌, の寂し, の常識, の心痛, の死ん, の社会生活, の脂肪, の舞台監督, の頭, もかなり, もその, も前生, も放たれた, や妻, をなぐさめ, をもいや, をも圧倒, をも容赦, をも裁い, を顧み

▼ またおれ~ (46, 0.0%)

1 [46件] がお前, がこれ, が呼ぶ, が女中部屋, が笑う, が罪人, が苦しい, が行く, という奴, とばかりし, と同じ, にし, にそんな, に対しても一言, に必要, に言わせる, のもの, の一命, の云う, の先祖, の勝ち, の声, の奥, の思い違い, の思うつぼ, の料簡, の望み通り, の神経, の遺, の髮, はいま御多分, はどう, はよく, は日本人, は追, は閨房論, は高安, ほど一生, より二つ年上, を, をうれし, をからかった, をばか, を心配, を拒ん, を見上げた

▼ また~ (46, 0.0%)

3 の方 2 の声

1 [41件] がいつも, がひとり, が勝手口, が寝た, が給仕, ごに, で姉, と二人きり, と鷹雄, なぞに成る, によって待ち設けられた, に承知, に歩かせよう, に畜生, に訊いた, のお, のさかり, のたくさん, のナタリヤ・エゴーロヴナ, のマーガレット, の上, の世馴れ, の代わり, の姿, の弟, の御, の悪, の泣き声, の良人, の顔, はその, はただ, は下, は自分, らしい当惑, を大蛇, を持ってる, を斬殺, を貰い, 御と共に, 御は

▼ また将来~ (46, 0.0%)

2 に於, の暮し

1 [42件] いかなる道, いかなる重大, でもある, でもこの, とてもとうてい官界, どうして重要, どう落ちつく, においてもこう, においても殺人, にさまざま, にはおそらく, にも何, に於い, に期する, のお, のこと, の予言, の国民, の大, の幸運さ, の新, の方向, の製作, の見, の見透し, の軍備競争, の進出, は一層, は安全, へその, もこういう, もこの, もさうで, も実現, も役立つまい, も益々, も阻まれるべき, 大マラソン家, 掲げるところ, 決して愛し, 生まれる子供, 要すべき出費

▼ また必要~ (46, 0.0%)

5 である 3 でもある 2 があるなら, なこと, に応じ, のない, もない

1 [28件] かとおもう, からすぐ, からで, があれ, だろうと, であって, であるかという, であるが, であること, であると, であろう, とあら, とは何ぞ, と思われる, と考え, なしと, なもの, ならば, ならん, なら塩, なり, なりと, なるべきか, な便宜, な薬品, によって促された, の時, もありません

▼ また江戸~ (46, 0.0%)

2 の方, へ帰る

1 [42件] でお, での最上, では修学上, では北条氏長, では浅草, で正月, で茂庭周防, で見知り, とは違っ, にばかりゐず, に名代, に回っ, に帰っ, に舞, に親, に送られ, のよう, の人間, の友人, の名だたる, の名物, の地, の女の子, の市中, の様, の治安, の知己すべて, の祭, の鶯, は奥州, へ, への旅, へ出, へ帰っ, へ戻る, へ流れ込んだ, へ舞い戻っ, へ落し, へ逆戻り, より入り, を出, を売らなき

▼ また~ (46, 0.0%)

3 である 2 蒼に

1 [41件] から恨めしく, であること, であると, であるにも, であろう, とか美, なりなんて, の, の世相, の個性, の危険, の実践, の恋愛, の悪党, の悲劇家, の意味, の愛国心, の政策, の教え, の普遍性, の月, の永遠的, の理想, の理論, の良元帥, の良識, の詩人, の進歩, の闇, をなし, 向うの, 怪ある, 斎は, 暗闇に, 榊は, 物から, 物だったら, 箇に, 蒼な, 近を, 闇という

▼ またきっと~ (45, 0.0%)

1 [45件] あなたが, あの偉大, いらっしゃい, うらやむべく頭, それを, だれかに, なって, めぐりあうであろう, よそからも, わるくな, 丈夫であった, 上って, 人の, 他の, 会える, 会えるわ, 何か, 何かの, 出て, 吠え出すこと, 咯血を, 唇を, 好いお, 好い事, 妹も, 寄る, 尊氏の, 彼女の, 心臓という, 悪戯を, 来てよ, 母が, 湯漬をと, 生きる道, 癪を, 相手が, 立ち寄って, 立派に, 蟻塚で, 身を, 通って, 開いて, 面白いよ, 馬鹿に, 鰐の

▼ またそんなに~ (45, 0.0%)

5 して 2 もおれ, 借金を

1 [36件] いやだ, うたがわれるなら主治医, お前さんが, してまで, しゃれ込んで, すること, たくさん金を, なったん, なるまで, なるん, むごいこと, めかすんだい, もよく, も彼, も早く, 信心な, 僕が, 儲ける意思, 劇しい, 厭われたんで, 大きな羽, 夫人の, 学校が, 小さくは, 年を, 強く世間, 恋しくなった, 愛しても, 戦のも, 沢山, 浅い恋, 甘やかすくらい, 興奮し, 苦しむ事, 變つた考へでも, 遠くまで

▼ またほとんど~ (45, 0.0%)

2 比較に

1 [43件] あまねく推奨, いかなる道徳上, すべての, ない, なし, コゼットと, 一本も, 不変の, 二種の, 体中に, 何の, 信じさ, 全般に, 創造の, 占有され, 同じで, 同じ人民, 同一部落, 同様に, 向い合ったところ, 唯一の, 多くが, 寝食を, 尊い影, 息の根も, 想像以上の, 戦わんと, 支離滅裂の, 新しかった, 暴君の, 機械的に, 毎晩の, 烈しいくらいに, 無限の, 理解も, 異口同音に, 皺の, 胸の, 自分が, 青いとさえ, 静穏とさえも, 餓死しよう, 餓死に

▼ またよい~ (45, 0.0%)

3 ことを

1 [42件] お天気, こと, ことに, ことも, でありましょう, といえない, と思う, ものが, ものである, 人である, 人に, 仕事ぶりを, 国司でも, 天気に, 学問を, 家では, 家庭も, 御飯よい, 性格の, 意味における, 批評家で, 折を, 日本人であります, 智慧も, 根瘤を, 機も, 機会も, 機会を, 歌も, 相手に, 結果で, 結果の, 考えも, 落武者討ち取っ, 軍学修業では, 道を, 都合に, 酒でも, 隣人を, 雑誌だ, 首尾を, 駒を

▼ また一般~ (45, 0.0%)

2 に意志, の人, の人々

1 [39件] から作家, が豊臣中心, とは違っ, には前条, にも噂, にも言葉, にジャーナリズム, に七, に不幸, に事物, に化け物, に始め, に広く, に文化事項, に書生さん, に法令, に温厚, に現金, に申し, に考へられ, に自然, に郡, の作家, の専門学科, の尊敬, の市民, の常識的觀念, の挙動, の教育者, の歌調音楽, の民衆, の求める, の法燈, の社會關係, の移民, の趣味好尚, の通路, の道徳, の音楽家

▼ また何ん~ (45, 0.0%)

3 だか, だつて 2 でも, といふこと, とした, なもの, な程度

1 [29件] か平次, か御用, か良い, か頼まれ, だつて元, だつて此處, での, という, という浅ましい, といふお, といふ平凡, といふ無, といふ素朴, といふ美し, とかいはれるだらう, とかなろう, とか工夫, となく, な仕掛, な冷かし, な堕落, な場合, な悲しみ, な愚問, な遠く, のご用, の引つ, の用, の芬

▼ また~ (45, 0.0%)

2 のよう, の王

1 [41件] から大きな, が弟, が弾き, といっしょ, とか弟, としての義務, としての責任感, との仲, にだまされ, にはその, にも詫, に向った, に貢ら, のこと, のため, の入れ, の友だち, の口, の声, の太郎信勝, の家, の手, の方, の木挽き, の森伝兵衛, の気持, の痩せ尖った, の矛盾, の解せない, の読ん, の赴任, は自殺, へ迫った, もびっくり, も洋服, も盲目, よりもすぐれ, を冷淡, を戒める, を渦中, を激励

▼ また~ (45, 0.0%)

10 れの 3 れを 2 れが

1 [30件] がいたわり, がそう, がそれ, が事, が体, が名, が弟子, が思ひ, が意, が愛児, が病気, が禍, が種族, と共に自然, に貰った, のこと, のため人, の寝床, の帰る, の弟, の悪事, の方, の死後, はそんな, れをも, を利せ, を憫ん, を誣いたる, を鍛える, を高

▼ また~ (45, 0.0%)

1 [45件] から子, から子孫, があり, がい, が多年, きようだい, たる老人, であろうが, というあんばい, としての本意, と子, になる, に似, に安心, に逆らった, のさういふ, のそば, のない, のふところ, の仕事, の名, の常, の悪口, の情, の意志, の愛, の手助け, の敵, の時勢, の義務, の計画, の責務, の身の上, の骨, まさりの, も拙者, や妻, を失った, を捨て, 兄弟にも, 堅は, 属故旧の, 征す, 王様だって, 蜂の

▼ また部屋~ (45, 0.0%)

6 の中 3 の隅, を出 2 のなか, のまん中, の中央, の整頓, へ戻っ

1 [23件] から駈けだした, でふたり, で二段, にもどっ, にやって来, に一人, に入っ, に引返し, に戻った, に戻りました, のこと, のまんなか, のむこう, の扉, の温度, の片隅, へ追い返した, へ退く, へ逃げかえった, へ通す, もいつも, を去つた, を行っ

▼ またいっそう~ (44, 0.0%)

1 [44件] あなたの, いいだろうが, おもしろかった, お気の毒, お高, その死, それを, のこと, の縁起ずくめ, の自尊心, の驚異, はなれられないなかよし, りっぱに, わるい結果, ハイロの, 多数の, 大きくなる, 客足を, 小さいこと, 小公子, 座を, 彼女が, 快活に, 恐しい顔, 我々の, 改正せざるべからず, 明証的に, 正直である, 残虐を, 気を, 深く洞, 深く考え, 皮肉であるらしい, 私を, 美しいりっぱ, 美しくて, 美しくなっ, 老人の, 自分が, 艶なお, 観察したかった, 輝くほどの, 難しいの, 頼もしい心地

▼ またいや~ (44, 0.0%)

3 な顔 2 なこと, 決して物識り

1 [37件] おうなく, きが, さる寺院, そういうこと, そういっ, だいや, でもなくなった, とは言えない, なせき, なとき, なよう, なら止しても, な事件, な奴, な心持, な気持, な氣, な笑いかた, にからん, にくま, になっ, になった, になっちゃった, になる, にゆっくり, に不便, に卑下謙遜, に固, に気取った, に艶, に貴公子, に買い被った, に農民, やはり大井, 僅かでも, 幼年ゆえまだ, 自分が

▼ またそっと~ (44, 0.0%)

2 ドアを, 出て, 立って, 自分の, 首を

1 [34件] おいて, お膳, この室, ひきかえして, もとの, カーテンを, 上の, 上へ, 俯向いた, 友に, 天窓から, 婦人の, 寝床の, 寝床を, 帰って, 引っ返して, 後の, 戸を, 戻って, 格子に, 流し目に, 猟師を, 玄関に, 白布を, 皮匣の, 眼じり, 蒲団の, 襖を, 豆の, 部屋へ, 部屋を, 銀子何枚かを, 開けて, 面を

▼ またそれほど~ (44, 0.0%)

2 黒背広の

1 [42件] いろいろな, しんから, でないと, な過去, にも聚楽第, に今日, に寒, に熱中, のこと, の大路, の要求, の酔狂, までに云うべき, むつかしい問題, 乞食根性に, 人として, 仕事に, 信頼も, 取散らされても, 困難だ, 国際的な, 堕落も, 大きな自信, 大事な, 大切な, 始めから, 差迫った形勢, 強くない, 拘泥すべき, 正直でない, 深く注意, 潔く虚栄心, 烈しければこそ, 無事太平だ, 甘いもの, 目だちは, 自信も, 苦しくも, 軽くも, 近しい親類, 都の, 關係が

▼ また一緒~ (44, 0.0%)

5 になっ 3 になった 2 にホテル, に汽車

1 [32件] で境, にあるき出した, にし, にそこ, について来た, になつ, になつて高声, になり, になりたがっ, になります, になる, にも彈, に住め, に坐ろう, に庭, に戻る, に捲き込ん, に文王, に日本, に東京, に江戸, に生活, に結ばれる, に腰, に行きましょう, に行く, に行こう, に行っ, に逃げ, に途中, に道, に面白く

▼ また~ (44, 0.0%)

3 方面に, 時代の 2 個人の

1 [36件] をのこ, 中学では, 交換者における, 個々の, 個人に対し, 個体が, 別なり, 地方で, 地方に, 地方の, 宗派の, 官庁に, 専門分野を, 教正の, 新聞社に, 方面の, 村の, 村落も, 次元の, 片盤坑に, 版の, 特定国の, 生産物の, 町内ごとに, 県の, 章が, 結婚当りの, 縦隊には, 藩に, 藩の, 通りにも, 郡の, 部分的交換は, 部屋の, 間切り, 隊の

▼ また如何~ (44, 0.0%)

3 に多く 2 ともしがたい, ともすべ, に新しい

1 [35件] して, ぞ下手, で空しく, とかならう, ともすべからずついに, ともするあたわざる, な事, に, にあらね, にせ, に不, に作, に俳句, に勇気凛々, に勇気凜, に区域, に古く, に和歌, に四季, に国家, に変遷, に変革, に小, に屡, に恐ろしい, に我胸, に母親, に目, に瞬時, に羽ばたい, に舞台的因襲, に降り, に頼り, に馬鹿げた, 続けようとも

▼ また昨日~ (44, 0.0%)

7 のよう 2 と同じ

1 [35件] いや毎日, からの彼, からの目明しども, から病んだ, にし, にも増した, に劣らぬ, に繼ぐのでもないからである, のお客様, のびっこの馬, のやう, の七葉樹, の冬, の場所, の女, の如く, の彈劾, の朝, の朝八峰, の比, の社員, の続き, の軍国主義, の軽石層, の通り, の高笑い昨夜, はなぜ, は有難う, までに集めた, までの親友, までは数個, まで母親, も一昨日, や今日, 捕われた楊林

▼ また煙草~ (44, 0.0%)

2 に火, の煙, をくれ, をふかし, を吸

1 [34件] があるなら, が飲みたく, が高く, でもふかし, とマツチ, にする, には製造者, のみたい, の方, の烟, も子供, をあらた, をすいつづけはじめた, をつけ, をつめた, をのみはじめ, をのみはじめた, をのん, を一服, を作る, を取っ, を口, を吸う, を吸った, を吹かし, を呑み出した, を呑ん, を所持, を手, を止め, を詰め, を詰めた, を買い, 飲みは

▼ またたき~ (43, 0.0%)

6 をし 4 をする 3 を見せ 2 のなか, もせず, をした

1 [24件] があろう, がゆっくり, が暗かっ, が朧, と共にじっと, のうち, のひま, のやう, のよう, もせで, をうけ, をこんなにもふと, をしたで, をしました, をちら, をやめ, を失っ, を消し, を灯, を無言, を見, を見つめ, を見まもっ, を見る

▼ またもっと~ (43, 0.0%)

2 手ひどく仇

1 [41件] いいの, うつくしい人, ごちそうを, せっぱつまった生存, なさろうとの, はげしく次, ひでえ, ほそい第, よい声, 些細な, 別な, 古かった, 変化の, 大きい噴火口, 大きな鬨の声, 大胆な, 安全な, 小さかった, 小さな一つ一つ, 後の, 心耳を, 怖ろ, 悪い人間, 惜しいの, 星が, 正直に, 現実的な, 直接的な, 穿った者, 端的に, 簡単な, 簡単に, 純粋に, 素朴な, 美しく飾りあげる, 若い世代, 著しい変化, 複雑な, 長い航海, 離れて, 駄洒落らしい

▼ またもどっ~ (43, 0.0%)

8 てき 6 て来た 4 てきた, てきました, て来 2 てくる, て来る

1 [13件] てあの, ていく, ていっ, ていった, ておいで, てこない, てゆく, て参った, て来たらふい, て来ない, て来ます, て東通, て行っ

▼ また主人~ (43, 0.0%)

2 の方

1 [41件] があなた, がおさえ, がここ, がそれ, が嫌がる, が寸評, が帰られた, が常陸介, が後架, が男衆, が附, だ, と客, と沼, と頼んだ, なり, に別れ, に壁, に負けず劣らず, のかくし, のつれ, の公卿, の前, の唇もと, の善兵衛, の善兵衞, の意図, の戸板, の手前, の本心, の能登守, の負担, の院, の面, はあきらか, は直情, は私, へはお, も作る, や出入り, を疎んずる

▼ また~ (43, 0.0%)

3 が来た, の夜, の日 2 になる, の夜長, の季節

1 [28件] から年, がおとずれ, がちかく, がもどった, がやっ, が来る, だ, でまるで, で人, どんなに多く, になっ, にはかささぎの声, には寒稽古, には珍, によい, に宮潔め, に痛みだすだろう, に迫られる, に逆もどり, のはじめ, のまま, の真中, の陣, の雨降り濺ぐ夕暮, はきたりぬ, は膝小僧, ばかりじゃあない, らしい麗らか

▼ また無理~ (43, 0.0%)

10 のない 5 もない 4 からぬ 2 なこと

1 [22件] がありません, がない, だと, だとは, である, では, でも, でも云い出す, ならぬこと, な形式, な語法, におとめ, にこさえ, にこんな, にコジ, に悪魔主義, に画面, に語らせよう, に金, に食わせられ, をお, を謂う

▼ また白い~ (43, 0.0%)

4 顔を 3 歯を 2 粉を, 腹を

1 [32件] かたまりが, のが, ばらの, ものが, エプロンを, ソースで, ドレスを, 一疋の, 一羽の, 丸石を, 処が, 壁が, 姿を, 布の, 帽章を, 影を, 搗きたて, 模様レースが, 毛の, 牙を, 犢を, 画箋に, 糸が, 肌を, 處が, 蝶々が, 雲が, 雲の, 霧に, 顔で, 鳥が, 齒を

▼ また~ (43, 0.0%)

3 のよう 2 の荒い

1 [38件] が胆管, が飛び込む, だね, でもつ, で造つた裝飾品, にかじりつい, に化した, に手, に腰, のやう, のやつ, の上, の下, の中, の劍, の段, の矢の根, の腰掛, の転, の間, の魂, の鳥居, までが腐っ, もて造り大理石, もできる, をくるん, をもと, を投げ, を投げたれ, を投げつづける, を投げました, を抛り投げた, を拾おう, を拾つて, を数え, を積ま, を負, 多きピトーン

▼ またあまり~ (42, 0.0%)

1 [42件] かわいいと, きれいな, そういう働き, なこと, のうれし, ひどすぎた, ふとって, よいこと, よくない, 先走りすぎた, 名誉でない, 堪へ切れなくなると, 好い心地, 寒い晩, 小さいの, 山に, 幸福にばかり, 強い光, 彼女を, 感じの, 手間どって, 旦那はんが, 正直すぎ, 殺生にも, 永くは, 浴衣がけだ, 無理なる, 無責任, 知られて, 簡単過ぎる, 細かに, 聞きたくは, 自信も, 苛酷であろう, 苦しんでも, 衝てられない, 速かった, 遅かった, 過去の, 長い間話, 長く電車, 高層へ

▼ またおのずから~ (42, 0.0%)

2 別の

1 [40件] いい気, この掛引, この精神的権威, そういうこと, その説, その道が, それを, ちがったこと, ちがった女, つぎの, な花粉, の力, 伝六なぞと, 分かるであろう, 別種の, 勇猛の, 外国の, 大なる, 少なくかつ, 思想的な, 掀げ起こされざる, 期すべし, 武力よりも, 沢山の, 涙あり, 清らかに, 男性の, 異っ, 異った, 異なった特色, 異なる, 皇室の, 知られよう, 要用なるべし, 護岸の, 質の, 進んで, 違った形, 郷土を, 高いだけに

▼ またそのまま~ (42, 0.0%)

2 にし

1 [40件] いつでも, おろして, お帰り, くぬぎ, そつとして, で, でやり続けた, で何とも, にじりじり, に剥き出した, に打, に模刻, に現代, に用いました, に眠っ, エジプトについても, 倒れた, 出ようと, 剣人の, 取りあげて, 受取って, 向うへ, 坐り込むと, 壁の, 寝入って, 彼の, 持ちだされたという, 文字音楽などにも, 本文に, 横たえて, 歩みだした, 眠って, 眼を, 研究室の, 腰を, 自分たちの, 身を, 通過を, 鳥の, 黙って

▼ また深く~ (42, 0.0%)

4 首を 3 考えて

1 [35件] うなだれて, お思われ, お辞儀し, そのせつ, て誰, なった, なり暗黒, みつめ直すよう, 一つ, 余の, 入って, 吐きだした, 咎むべから, 山椒の, 思うでも, 思えば, 悲しんで, 惜しむこと, 惱んだ, 感じさせられた, 感心し, 感銘し, 注意し, 熱情的に, 父の, 私の, 考えずとも, 考えた, 考えること, 考ふべき, 考へて, 読み耽った, 識って, 鑑賞した, 雑草に

▼ また~ (42, 0.0%)

3 が吠え

1 [39件] がくわえ, が人, が以前, が出たら, が出やがった, が吠えだした, が吠えつく, が啼く, が喜ぶ, が死ん, が牛, だ, でありたくない気持, と戦い, なりという, なんかが僕, に付け, に追っ飛ばされた, のごとく, のやう, のよう, の吠え, の背上, の脾腹, の話, の頭, の首, の首輪, の鳴き声, の鼻, はかう, は次, また銃, もだんだん, も自分, やねこ, をしかる, を抱い, を知り

▼ また甚だ~ (42, 0.0%)

1 [42件] 上品な, 不安であった, 不遇で, 古色蒼然と, 壮麗暫く, 多い, 多からん, 大なり, 大なる, 太古の, 好し, 容易ならぬ, 少なくない, 平凡な, 平安に, 必要である, 必要な, 忠実な, 思いつきが, 怪しい論法, 慇懃鄭重であった, 整頓せり, 日本的な, 有難くない, 栄えたと, 楽天家でありました, 深刻である, 漠と, 物の, 男子が, 異様なる, 疑わしい, 疑問で, 精良ならざる, 細小なり, 結構という, 自分を, 自己流の, 複雑な, 重大なる, 長大なる, 雄弁に

▼ また近頃~ (42, 0.0%)

2 にない, になっ, 或る

1 [36件] あの女子, では, では欧洲戦争前, になつて, の地名採集, の学者, の寺侍, の政治家, の教科書, の日本画, の法官達, の祝祭日, の色恋, はあまり, はスレッチャレーション, は京都あたり, は八五郎, は塩化チタン, まで続い, やかましくいわれ, エールシャイアの, デモクラシーの, マルコニ氏は, ラジオ体操ば, ラヂオ体操ば, 中島徳蔵氏は, 主に, 人気者なる, 例の, 南米メキシコの, 新城の, 流れ込んだ者, 發掘された, 羽柴家の, 自分の, 頻りと

▼ また~ (42, 0.0%)

4 はう, ふまでの 3 へた 2 ひたくて, ひ見んこと, ふこと, ふまでには

1 [23件] つた, つたこと, はうと, はうなどと, はふと, ひたくな, ひぬ飽かずと, ひませう, ひませうと, ふことも, ふときには, ふまでは, ふ事, ふ夜稀, ふ日, へます, へよう, へるかも, へるからと, へるが, へるであらう, へるやら, るやら

▼ またいかにも~ (41, 0.0%)

2 金目の

1 [39件] あの人, いぢ, うまいもの, うららかな, うれしくなる, お粗末, ぞんざいらしく, わたしの, ウルサげに, 下賤ばったこれら愚民, 不釣合いな, 世を, 中の, 予想外であった, 人を, 凄かった, 堅そう, 天下の, 奇怪でした, 嬉しさうに, 子細あり, 学者らしき, 寂しい, 寒かつ, 当意即妙に, 悲しそう, 文明の, 新しい江戸, 本意そうに, 気がかりらしい, 気の, 気の毒でならない, 気違いじみ, 物倦げに, 目出度いもの, 目立った事がら, 穏に, 自然に, 豪そう

▼ またかなり~ (41, 0.0%)

1 [41件] だらしない風, な時間, な高, にいい, にひろい, に多い, に心, に目障り, に知的, に高い, の冒険, の参考資料, の名画, の大木, の相違, の緩慢, の財産, の距離, の鈍痛, われわれから, 一座の, 共有な, 分布し, 卑怯に, 同情の, 多く, 学問も, 忙が, 時代を, 正確な, 歩いて, 永いあいだ口, 永いこと沈默, 疑わしい証言, 痛切な, 自由で, 複雑な, 豊からしかった, 遠方まで, 食えない奴, 高級な

▼ またこっち~ (41, 0.0%)

2 の方, の袂, へもどっ, へ帰っ, を向いた

1 [31件] から聞く, が二万ポンド, が知っ, で奉迎, で彼, には神聖, に向けた, に挟, のほう, のやつ, のプラットフォーム, の奴, は三百袋, へやってくる, へゆっくりゆっくり, へ切り込まれ, へ報っ, へ引き移っ, へ戻る, へ来, へ来ました, へ来ます, へ来よう, へ舞戻っ, へ走っ, へ近づい, へ駆け寄る, もうわさ, も大事, を向い, を見た

▼ またじっと~ (41, 0.0%)

5 して 3 眼を

1 [33件] したまま, しては, しても, そこに, その夫人, その山頂, その船, その顔, その鳴っ, みつめた, わたくしの, ランプの, 口を, 君の, 壮助の, 夫の, 我慢し, 炉の, 玄関の, 甲斐の, 登って, 真面目に, 眺めつづけて, 磯五を, 立ち止って, 立って, 考え込んだ, 耳を, 見澄まして, 見直して, 身を, 静まり返る, 驚きの

▼ またそうした~ (41, 0.0%)

2 ことの, 人たちの, 場合に

1 [35件] おきえさん, ことは, ときに, 一夜の, 不安も, 中に, 人が, 先輩達の, 八年間の, 古法の, 商人も, 夜など, 奇形児が, 女たちの, 娼家に, 宣告を, 家から, 家の, 心痛すべき, 恋の, 恋を, 意味の, 手数を, 打算から, 毎日にも, 気分的な, 狂憤, 生活を, 祖母の, 若い人たち, 苦悩を, 衣服である, 表面的なうごき, 話であろう, 面倒な

▼ またたとい~ (41, 0.0%)

2 彼女が

1 [39件] いかなる馬, お金が, きつねや, この画, この間に, これが, そのとき, その起こり, それに何, そんなこと, ほんの短, アッツ島とは, 一面識なき, 以前に, 会うよう, 佳いお婆さん, 僕が, 兄さんの, 剣を, 可能であっ, 可能である, 売女遊女に, 大火が, 専心打坐, 幽霊なし, 悪しき法律, 意志だけ, 感覚の, 政府の, 時の, 火に, 犯人が, 目明きでも, 私が, 絵画にも, 近い所, 鋼板を, 隆々たる, 頼み手の

▼ また一しきり~ (41, 0.0%)

3 また一しきり 2 ざあと雨が, 烈しく降る, 聞えた, 高くなった

1 [30件] うなりを, どよめき渡った, はしゃぎ続けて, 刻むが, 勝利の, 咳嗽込んだ, 夜深く, 大空を, 大騷ぎ, 強く降る, 忘れて, 忙しい, 念仏の, 教文を, 泣き出したが, 烈しく北, 祝歌を, 窓硝子を, 笑いたて, 笑い声が, 聞えるという, 聲を, 船と, 親子姉妹が, 話してるうち, 話に, 走ると, 酒が, 降る雨, 飛び立ちながら

▼ また不幸~ (41, 0.0%)

5 にし 2 にも父

1 [34件] か私, があっ, がみまった, だったこと, であらうか, である, であるからこそ, となる, なこと, なる一国民, な人, な人達, な便り, な出来事, な境遇, な女, な帽子, な御, な犬, な老人, な詩句, にとらえられ, になります, にみまわれ, にもする, にも百日, に疲れた, に襲われました, に訪れられました, のみを下す, のもの, の始まり, の種, の警告者

▼ また~ (41, 0.0%)

1 [41件] か, が手, が礼, が行っ, が見, が頑強, とし, と文圭, にだ, にとつ, には忘れられねえ, に俺, に縁故, のうち, のからだ, のす, のつけ目, の巣, の思想, の所, の気分, の流儀, の湯呑, の環, の眼力, の耳觸, の跡, の身分, の骨, の黒星, は, はお前, は人, は務め, は嘗て, は生れつき色慾, は由子, は軍, は道了山中, をいよいよ, を和泉

▼ また微笑~ (41, 0.0%)

20 した 4 して

1 [17件] が浮び, しけれども, しさも, したまま, しでは, しなん刻, しようと, すること, するの, でないよう, に返る, をし, をつづけ, をもらした, を浮かべ, を禁じ得なかった, を送った

▼ また時代~ (41, 0.0%)

2 に適応, の悪

1 [37件] が命令, が変, が変遷, が時代, が次第に, というもの, とか場所, とその, とは逆行, につれ, によってその, によつて, による仏菩薩像, に依っ, に応じ, の一方, の好尚, の子, の寵児, の影響, の推移, の文学的傾向, の新, の様式, の波, の激しい, の産物以上, の眞相, の空気, の英雄, の調子, の鎖國的, へ革新的, も万葉上期, も白楽天, も認識, を逆

▼ また最初~ (41, 0.0%)

3 のよう 2 からこの, からやり直し, のうち, の種, の通り

1 [28件] からあまり, からこんな, からそう, からとんと, からまだ, から出直そう, から助け, から手, から新規蒔直し, から終いま, から血, から途方, ご注意, にこの, にそれ, にも述べました, に問題, に支那人, の傾向どおり, の出発点, の子供, の尋問, の結婚, の考, は何ら, は反射的, は大, は私

▼ また~ (41, 0.0%)

5 の方 2 から, に流れ, の御, へ東

1 [28件] から世界, から西, がぼう, して, す, すああ, であれ西, にかえる, に向, に向っ, に大洋, に帰る, に折れ, に流れた, に聞える, のはずれ, のほう, の停留所, の廊, の淡, の空, の道, の麓, へと歩い, へ向かっ, へ帰り, をさして, を向い

▼ また~ (41, 0.0%)

2 の菓樹園, を恐れず

1 [37件] が取り損なった, が敗れた, が既に, が朝, が神, が首, とともに接吻, に別に, に更に, に疑ひ, に述, のため, の今, の兄弟, の切, の勇, の双眼, の夫, の宗族, の後, の恩人, の益, の詞, の貧, の郷土, の降伏, の面前, は汝, もし, より人類, わが契約, わが消息, を柩, を窺うであろう, を見るあたわざる, を責めず, 深き願

▼ また秀吉~ (41, 0.0%)

1 [41件] がそれ, が今, だの家康, として, とても主筋, と官兵衛, にし, に一歩, に味方, に従って西下, に招かれ, に訊い, のごとき, の上, の会盟, の側, の命じられ, の営, の大気, の好意, の密使, の意, の所, の手の者, の方, の時代, の片腕, の物好き, の眼孔, の破竹, の老母, の薬籠中, の軍隊, の追撃, の陣門, はねんごろ, は一文銭, もまだ, も大慾, を待っ, を支持

▼ また種々~ (41, 0.0%)

2 雑多の

1 [39件] おまはん, お心づかい, なところ, なる危險, なる相談, な事件, な名, な変り鯉, な文化, な話, に変っ, に結合, に道徳, のこと, のルーネン, の不思議, の内職, の出来事, の化粧品, の古書, の姿勢, の学説, の想像, の教え, の民族, の理由, の生物, の興味, の薬, の設備, の貨物, の遊芸, の関係, の面白い, の點, 多様の, 様々である, 樣, 異って

▼ また~ (41, 0.0%)

4 に乗っ 2 の中, の音

1 [33件] がある, が動き出した, が滑りこん, が町, でやって来た, で駅, にも馬, に上る, に乗せ, に乘つてベルリン, のため, のつきたる, のほう, の仕度, の側, の形, の窓, は西, をいそがせた, をつかまえる, をとめ, をもっ, をラムブラ, を停める, を出そう, を引っぱりました, を横, を牽かせた, を進め, を降り, を陸地, を飛ばし, を駛

▼ また面白い~ (41, 0.0%)

2 ことが, ことに, ことも, と云う, のである, 事が, 詩が

1 [27件] かもしれぬ, こととも, ことには, ということ, と思います, と見え, のでニセモノ, のは, ものだ, ものを, んだ, んでしょう, 一仕事が, 事も, 事を, 客だ, 射的競技が, 手紙が, 様子で, 樣子で, 気性や, 気風を, 結果に, 結論が, 話が, 話柄でも, 講話が

▼ また高い~ (41, 0.0%)

2 声で, 桜の

1 [37件] かしの, ところで, ところの, のが, ものの, や, アパルトマンの, マストだろう, 一つの, 二階を, 円タクは, 利潤を, 塚山を, 声を, 天蓋の, 山でも, 崖が, 席から, 幟が, 教養ある, 時計台の, 月を, 月給を, 熱に, 理想を, 石段を, 種類の, 脚の, 起重機や, 趣味に, 身分の, 階段から, 階段と, 青楼の, 青空から, 青葉の, 音が

▼ またこんど~ (40, 0.0%)

2 のよう

1 [38件] いい布, いら, おもしろい話, きますから, くるからと, くる先生, で別, と小さい, にでもしよう, のお, のこと, の大, の小説, の建艦計画, の恩賞, はきっと, はもつ, は今日, は任侠, は彼, は急, は月刊, は楊志, は然るべき, は自分, は近々と, もうそ, もそう, もひっかかっ, もまえ, もわし自身, も一羽, も他人, も克子, やらして, 寄るよ, 来た時, 来て

▼ またたくさん~ (40, 0.0%)

2 のりん, のりんどう

1 [36件] ありました, ある, おる, お魚, な僧侶, な創作, な机, な郷, に本, に残っ, に産出, のお金, のひと, の人々, の例, の動機, の卵型, の参考文献, の大通り, の小さな, の教会, の椋鳥, の樹, の狂人, の白米, の職人, の薪炭, の貧乏, の過去, の金, の銅, の階段, まいりましたね, 出ること, 讀んだり, 食わなければ

▼ また三人~ (40, 0.0%)

1 [40件] があ, がどういう, が一緒, が三人共一様, が飛鳥, で話, で食卓, とも口, なかま, のうち, のお客樣, のまえ, の上, の中, の侍, の兄弟, の娘, の子供達, の小人たち, の心, の愛児, の甥, の男の子, の盲人, の美少年, の肉親, の胸, の青年, の顔, はいっ, は同じ, は土手, は沈黙, は畳, は笑った, は黙り込ん, ほど人, も新聞記者, 打連れて, 浮かれ腰

▼ また~ (40, 0.0%)

2 の六部等, 新聞の

1 [36件] ありて, えの, からの別説, の武蔵野, への歌, インドに, ギリシアの, ギリシア人伝えた, スウェーデンの, 井戸の, 伊賀の, 伝説にも, 器物や, 器物店も, 女房の, 帽子が, 建築の, 時旅行の, 時計の, 歌に, 永徳に, 法帖などから, 法眼だの, 畳の, 箒を, 美術の, 自転車に, 英語で, 葛籠の, 董と, 釘の, 陶の, 陶磁の, 靴の, 靴底の, 鞄の

▼ また小さな~ (40, 0.0%)

2 声で

1 [38件] あわが, のし袋に, カンテラを, パンドーラの, ペピタと, 一部の, 事件が, 仙人掌の, 仙台の, 低い土, 使者屋橋と, 入江さえ, 冒険を, 女の子も, 奴は, 姿で, 娘にでも, 子供らしい, 家々の, 家が, 巷が, 店みたいな, 扉が, 改良が, 日本の, 時分から, 棒の, 樋も, 橋を, 櫻桃の, 汽船に, 町でも, 糸瓜の, 練兵場も, 胸に, 長火鉢の, 離れ家が, 黒い物

▼ また汽車~ (40, 0.0%)

4 に乗っ 3 の中 2 に乗ります, に乘

1 [29件] か宿屋, がやって来ました, がやつ, が遠く, でゆられました, で十里二十里, で品川, で徳山, で柳井, で青島, と氷, にのり, に乗, に乗せられた, に乗った, に乗つた, に乗る, に揺られ, のつづき, のゆく, の來たる, の方, の笛, の行く, の車輪, の速度, の音, は無造作, を動かし

▼ また笑っ~ (40, 0.0%)

97 ていた 3 ている 2 てそれ, てみせた

1 [17件] たり囃し, ていいました, ていった, ていました, ています, ておる, てこの, てしきりに, てそんな, てはまた, てよろしい, てらっしゃる, て口, て怺, て爪先, て言った, て通り過ぎた

▼ またいま~ (39, 0.0%)

1 [39件] いる場所, が絶好, きた道, こそこれ, この和泉屋, すぐ書ける, でも親, とても, となっ, なおそこ, のやう, のよう, の人間, の境遇, はあきらめき, はいず, はこんな, は公魚, は打っ, は打つ, は海水浴, は肉親たち, は触れな, ふと頗る唐突, までお, までどおり, までの常識, までの店舗, までは受取つて, まで口, まで御, まで見た, もって, も僕, も前線, 争うとき, 出て, 歩いて, 行けば

▼ またたとえ~ (39, 0.0%)

4 それが 2 それを

1 [33件] あたくし, あんな奴, いかなる実験的事実, お給金, この作, この場, そういうこと, ながめたとしても, 久我から, 二た, 今お話し, 作りたい気, 健康を, 合意の, 命を, 如何なる事情, 屋根に, 彼女の, 御所内の, 愛を, 据付けたところ, 日刊新聞や, 本来の, 眠って, 知って, 社会が, 継ぎ合わせ, 見つかっても, 説明し, 車を, 途中の, 間にあったとしても, 風に

▼ またつい~ (39, 0.0%)

3 最近に 2 偽を, 半月程, 近年まで

1 [30件] きのうまでは, このごろ建てたらしい, さされる一盞, せんだっても, そこの, て彼女, て行けない, 一週間前の, 二三日前に, 二三日前には, 二三日前の, 今しがた真紅な, 今し方英國へ, 伊勢に, 佐々木道誉の, 備え付けの, 先頃の, 夜を, 平凡な, 彼の, 数日前にも, 数日前長野市外の, 旅立ちを, 昨日起った, 最近美濃一国を, 沁んみりした, 独身ものの, 近ごろレベジャートニコフ氏から, 近年には, 默り

▼ また心配~ (39, 0.0%)

7 して 4 になる 2 なこと, の種, をする

1 [22件] が殖える, さうな色, さうな顏, しなくっちゃ, するからな, するし, するだろうが, するの, です, でたまらなく, で源氏, なの, な旅, になっ, になった, にならぬで, になりはじめた, にもなっ, に耐えない, のあまり居所, をかける, をさし

▼ また~ (39, 0.0%)

6 雑作に 2 から出, はいかなる

1 [29件] かる可, なりと, にす, にすなわち, に近い, 二の, 二の宮の, 価値ないしは, 内容だ, 反省に, 思慮な, 意不覚の, 感覺で, 所有を, 政府主義でも, 政府党の, 數の, 暗に二階, 暗に施行, 暗に書きたい, 瑕の, 生の, 相さんからも, 経験で, 脚蜥蜴は, 関心で, 関心であっ, 関心に, 雜作に

▼ またうとうと~ (38, 0.0%)

4 とした, と眠っ 3 とし 2 して, しました, と眠り出した

1 [21件] した, した頃, しはじめた, とする, となった, とねむっ, とねむりはじめる, と夜明け, と寝った, と深い, と眠く, と眠った, と眠つて, と眠りかけよう, と眠りかける, と睡り, と遙, 眠ったらしくこんど, 眠って, 眠るの, 睡りました

▼ またたとえば~ (38, 0.0%)

1 [38件] あなたが, ある日, ここ四五年来の, しいてそれ, そのため, だあの, どうやっ, ひと月じゅうの, わが国古来の, ガソリンが, スキートの, ドイツや, マライ語の, 一人の, 世評の, 同じ景色, 地ならしを, 天狗の, 学校の, 実験室において, 広島へんで, 彼らの, 忠犬美談で, 教授の, 早過ぎた, 映画の, 最後において, 村山知義も, 瑪瑙で, 直ちに腸, 磁石を, 社会主義的ロマンティシズムや, 絵はがきの, 芭蕉は, 若い女性向き, 蕪村七部集の, 観音堂へ, 長谷川鉄之進権田直

▼ まただんだん~ (38, 0.0%)

4 横へ 2 ゆるやかに, 下へ

1 [30件] と動き出す, と庚申様, と思い描かれ, と悪く, と朽ち, と雪, にヘザーレッグ, に国, に悲しみ, に暑く, に細かく, に零落, ラクガル湖を, 向うへ, 問いつめて, 太くつながれ, 弁士の, 暗い顔, 治兵衛好み, 深くすすん, 現在の, 痛みが, 私の, 緋紅色を, 苦しくなっ, 遠くなりました, 遠くの, 降って, 険悪に, 高くなっ

▼ またはなはだ~ (38, 0.0%)

1 [38件] おとなげない, しからずや, つまらなくなった, のろうべきこと, 不可解な, 不愉快な, 不都合なる, 危険に, 厭うべし, 困難である, 多いの, 多いよう, 多く起っ, 奇異な, 妙なり, 嫌悪すべき, 少ない, 希薄であろう, 弁明的だ, 影響し, 必要である, 情けないこと, 惑えり, 感情を, 易からずし, 易し, 暑からず, 有益な, 相近し, 簡である, 興味ある, 貴重な, 趣味の, 軽佻浮薄な, 遅々たるを, 重んずべきもの, 間違いやすい, 高い感

▼ またクリストフ~ (38, 0.0%)

2 の方

1 [36件] から執拗, から金, がある, がフランス, が嘲笑, が四等車, が敵陣, が朝, たるべきゆえん, にたいして二重, にたいする賛辞, についてもなんら, にとっては最も, にとっても仕合わせ, にはわからない, に内密, に種々, のやり方, の性質中, の態度, の新しい, の楽観主義, の満ちあふれた, の耳, の芸術上, はひどい, はアルノー夫人, はオリヴィエ, はザビーネ, は他, は作曲, は姿, は長い, をいらだたせ, を逃げ回らせる, を魅

▼ また何とか~ (38, 0.0%)

3 して 2 いって

1 [33件] いうから, いう映画女優, いったっけ, いわむ, かとか云っ, しけむ, しませう, しようと, なるさ, なろう, 云いましたか, 云いますよ, 云い様, 云って, 云はれる, 云われると, 人生の, 分別も, 厭な, 商売の, 工夫する, 応用の, 思案も, 意地悪い, 手短かの, 理窟を, 考えよう, 考えを, 考へも, 言ッた, 言ッて, 面白い趣向, 頼みに

▼ また何事~ (38, 0.0%)

3 が起った 2 も無かっ

1 [33件] かある, かは知らね, かをな, かをドルヴァル夫人, か信長公, か謀むぞと, か起り, か述べはじめた, が起こらない, が起っ, が起りました, ぞや, で, でございますか, とも知れぬ, につい, についても必ず, につけ天象, にも兄, によらず, に対しても多少, もわが, も別れ, も心臓, も素知らぬ, も道理, をもおそれず, をも信ずる, をも知らない, をも考えず, をも隠さない, を仕出かす, を為さう

▼ また~ (38, 0.0%)

2 に口

1 [36件] かな急, かにくもっ, かにさ, かにぞっと, かに信ず, かに信心者, かに冬, かに叫んだ, かに大, かに強い, かに思い返した, かに旅支度, かに暖かく, かに未練, かに気の毒, かに消, かに激しく, かに燃えあがった, かに疳, かに窶れた, かに立ちどまった, かに立ちどまりました, かに笑い出した, かに薄, かに走り出す, な, にわが, にスピード, に左, に感じた, に我, に方角, に涙, に眼, に自分, に響い

▼ また其の~ (38, 0.0%)

1 [38件] 三百萬圓の, 事で, 人が, 人は, 他食卓, 以前からの, 前に, 前にも, 名を, 夫の, 夫君が, 対手に, 小左衞門さま, 岬を, 弱さ, 後にも, 微動し, 手で, 折々に, 折貴公様に, 方に, 方を, 會員に, 桟橋へ, 様に, 櫛の, 気分の, 淋しい末路, 無茶には, 真似を, 神として, 翌日も, 肌が, 話が, 金を, 間が, 青年會ちう, 首に

▼ また~ (38, 0.0%)

4 の方 2 に曲, のやつら, の国, の葉桜

1 [26件] に曲る, に海, に道, の一方, の坊, の島々, の平野, の方シエラ・ネヴァダ, の方向, の村落, の柵外, の空, は矢代, は遠い, は首, へむかう, へやる, へをれ, へ下っ, へ向っ, へ曲り, へ横切った, へ深く, へ眼, へ行く, より来る

▼ また必ずしも~ (38, 0.0%)

1 [38件] おくれを, お安く, お杉, この一法師, この両者, それ自身直観である, ないで, 仏法の, 何, 前者の, 外国から, 学者によって, 左様に, 往事を, 怪まる, 悪い事, 探求する, 教育の, 映画以来はじめて, 栽培と, 様式の, 毎度飯を, 沼南の, 狂人では, 甘いわけ, 痴情の, 真実でない, 自分自らが, 裏の, 西洋の, 西洋ばかりに, 見当違いでなく, 諦観を, 軽蔑に, 軽蔑の, 邪道でない, 青木卓一の, 高山を

▼ また手紙~ (38, 0.0%)

4 が来た 3 を書いた 2 が来る

1 [29件] か, が來, が来, が来ました, での交通, で書き送っ, と金, なん, に向かった, に暗示, のこと, をあなた, をくれた, をもたせ, をもと, をもらう, をもらってる, をよこし, を出し, を取り出し, を寄こしたくなったら, を拾い上げ, を持っ, を書きたい, を書きつづけた, を書きはじめる, を書きます, を読み耽る, を読み返した

▼ また早く~ (38, 0.0%)

2 作らずば, 作る, 帰宅した

1 [32件] くさって, この厭, せい, その辺, なつて, にお, も落人, ゆくと, より読み書き, ビラ撒き, 上りますからと, 世を, 之を, 作ります, 勝負を, 尽きようと, 帰って, 支那に, 来て, 来ること, 機上の, 死にたいと, 治るに, 父を, 町へ, 病気を, 私に, 覗いて, 起きなければ, 起つた親しみ, 逃げて, 過ぎ去った

▼ また~ (38, 0.0%)

7 の上 6 の前 3 に向っ 2 に向った, に就い, に頬杖, の方

1 [14件] にもどった, によって独り読書, に向, に向い, に向かった, に蹴つまずき, のうえ, のところ, のまえ, のまま, の下, の引き出し, の所, の抽出

▼ また~ (38, 0.0%)

7 が立っ 2 が立った, の底, を抱

1 [25件] がすい, がたっ, がたって, がへる, が太い, が渋り出し, が減っ, が空いた, が空く, が立つ, なんか立て, のすいてる, のなか, の上, の両側, の減った, まで沁み転げ, もお, も立つた, をすかし, を抱え, を抱えた, を立て, を立てさせよう, を立てるでしょう

▼ また西~ (38, 0.0%)

10 の方 2 に入る, のほう, の対, の方小川

1 [20件] なる一ツ, に向っ, に斜め, に還る, のはずれ, のわづかな, の山, の方向, の方熊本, の横綱, の道, の部族, の里, は木曾川, へ平戸, へ征旅, へ行きました, へ西, へ進ん, よりの谷間

▼ また西洋~ (38, 0.0%)

1 [38件] から伝わっ, から浸潤, がかった所, では一般, では女, では瞑想的, でも二三流以下, でも同じ, でも後期印象派, で北斗, と同じ, と呼ばれる, と異ならざるべからず, なきが, にあり, においても倫理学, において印度, にのみあこがれる, にもあった, にもある, にも幽霊談, に於ける, のこと, の側, の哲学, の外, の思想, の文化, の文学, の文芸, の模倣, の用例, の諸君, の近代詩, の鎧, の雀躍, へ書い, を見なけれ

▼ また~ (37, 0.0%)

4 必要な

1 [33件] しあわせに, 二夫を, 仕合わせとも, 似合な, 健康である, 健康な, 図した, 図ふところに, 図煩いついた, 図眼を, 外聞と, 幸福であり, 幸福である, 必要だ, 愛想という, 愛想な, 成功に, 成功にては, 本意の, 機嫌なりし, 機嫌らしく, 死人玄明などの, 活溌に, 生産的で, 相当の, 眞面目にも, 知行と, 美, 落の, 覇奔放な, 語である, 道不, 開の

▼ また余りに~ (37, 0.0%)

1 [37件] この覚明, その僧, も今, も意外, 人を, 古風な, 周囲を, 国民の, 多く渠ら, 大胆な, 宇内に, 容易な, 微温的で, 情ない, 意外な, 抑圧された, 文化人的な, 早くも, 朴訥すぎ, 標準な, 殊勝らしい, 濃いので, 生き延びた, 神経的な, 穢いので, 空虚なる, 粗野で, 美しき眼, 肝癪, 脆すぎ, 自分を, 自由主義的で, 良識的である, 若かつ, 逞しく光っ, 逸楽すぎる, 高く買い被り過ぎ

▼ また~ (37, 0.0%)

1 [37件] から本, があなた, が言, が許されない, が話してる, たる僕, で榎, として一つ所, に命じた, に顔, の, のこと, の亀山天皇, の受験生, の妻, の宮岡, の方, の正季, の繁盛, の袴腰, の襟もと, の言, の進贔顧, の遺した, の頼春, の餓鬼, はお, は姉, は炉, ばかりで, も婆, や妹たち, をつれ, をにらみました, を呼んだ, を邪魔, 御や

▼ また日本人~ (37, 0.0%)

1 [37件] がといふ風, が何人, が作つて, が出, が子供, が文学者, としてはいささか, にとっては庭園, には大, には煩瑣, には珍, にばかり特に, にも語った, によって特別, に独自, の人世観, の伝統的, の妙, の宗教, の探究心, の母親, の独創的, の肺病患者, の芸術, の行く, の黄色, はこれ, はそれ, はよく, は世界, は元来, は日本人, は楽天的, は看板, は野心家, は雑誌, を迎

▼ また~ (37, 0.0%)

3 早く山 2 になっ

1 [32件] からいろいろ, からし, からやつ, から夜中, から生意気, から酒, から食べもの, から騒がなけれ, がくる, が來, つから, つぱら, になつ, になれ, に入っ, に妖怪出ずる, のうち, のゲーゲー, の光, の八時零分, の十時頃, の地引網, の形容, の日, の日課, の食事, の食堂, はやく身, を迎えた, 奉夫人, 早くから, 早く起き

▼ また母親~ (37, 0.0%)

2 が自分

1 [35件] からも喜ばれる, から優しい温かい, から聞いた, から貰っ, が, がやつ, が一生懸命, が久しく, が顔, が食卓, たる魂, だけに身, でもある, とこそこそ, に, にこう, に克, のお株, のこと, のそば, のだったらしい, のやさし, の夢, の姿, の長たらしい, はあらかじめ, は別, は声, は巣, へ手紙, をきめつけた, を呼んだ, を思い出させ, を早く, を煽動

▼ また~ (37, 0.0%)

2 と同じく, をもっ, を書く

1 [31件] あり, から一切, が到底, だか, であり得ない, であり詩, である, では食, とはなにか, と他, と小説, においても若い, にでもなり, に現われない, の出來榮, の情想, の情操, の最上, の本性, の詩, の音韻, は批評, は炉辺, は美, よりも女中, を作っ, を作りました, を作る, を吟じよう, を大窪詩仏, を持つ

▼ また馬鹿~ (37, 0.0%)

4 なこと 2 にした

1 [31件] だから, だの仁右衛門, な, なまね, な役回り, な真似, な茶番, な詩人, にいい, にお, にする, になっ, になった, に仕事, に仰山, に冷たい, に君, に嬉し, に安っぽく, に寒気, に意久地, に手廻し, に手間取っ, に景気, に淋しい, に美しい, に記憶, に遠い, に長い, に長かっ, を見ね

▼ またすでに~ (36, 0.0%)

2 一つの

1 [34件] いくらかは, いだいて, これを, そうした伝承心理, その漂流器, にらんだとおり, 三百五十年の, 亡くなりましたが, 人工物であります, 今また, 付着した, 個人的である, 倦まれたるべしと, 勤めあげた屋上演説事件, 十歩の, 原子病発生の, 呑敵の, 坊主共の, 垂井まで, 存在し, 山野に, 敗残の, 昔話の, 暮色の, 机竜之, 植田の, 生れてる物, 白骨と, 絶えて, 蛇舌の, 輿論の, 述べたとおり, 退き一方, 高氏は

▼ またその他~ (36, 0.0%)

2 のもの, の何

1 [32件] に, には何, にもさまざま, にも母体, にも種々, にも藩命, にも酒, にナニ, に学校, に彼女, のお, のすべて, のそういう, のたれ, のガス体, の一説, の人々, の僕, の商店, の場合, の多く, の女, の家臣, の形式, の方々, の点, の無数, の種々, の舞台関係芸術家, の芸術, も同様, 用いて

▼ またそろそろ~ (36, 0.0%)

2 と歩き出した, 出て, 始まるじぶん

1 [30件] あなたの, おしょげ, おしよ, とおばさん, とおり, とお松, とはっ, と勇気, と懸, と管, と綱, と薄, はじめだす, はなばなしいところ, やって, 三階の, 伸びて, 作品発表が, 宿の, 新役, 歩きだすと, 歩き出した, 浮気の, 為事を, 私は, 腹を, 踏み出すと, 靴には, 頭を, 高氏へ

▼ またやつ~ (36, 0.0%)

10 て來 8 て来た 4 て来る 3 てきた 2 てき, てゐる, て来 1 たな, てくる, てみた, て来られた, にあの

▼ また世界~ (36, 0.0%)

2 の平和, の涯, 第一

1 [30件] から感謝, がどう, が応仁, が或, が違った, でただ, で屈指, と離れた, について全体, に対して負うべき, のいかなる, のはじめ, の人肉市場, の偉人たち, の卵, の各, の基本的構造, の外, の大, の思想界, の様々, の権威, の美, の認識, の諸, の運動, は共同, を媒介, 大拡布, 大拡布神話

▼ また~ (36, 0.0%)

6 て彼 3 てその 2 ていかに, てわが, て如何, て松陰

1 [19件] てエタ源流, て大丈夫, て妾ら, て家庭教育, て封建社会, て少しく, て彼ら, て往時, て後世士人, て忘機, て感謝, て我が, て我が国号, て村田, て然, て砂糖, て窯業, て美妙, て解すべきである

▼ また会う~ (36, 0.0%)

4 ことも 2 ことが, 日まで, 日までと

1 [26件] あの人たち, かも知れぬ, ことだろう, ことに, ことの, ことを, さ, さ頼む, ぜ, ぞ, つもりだ, てやっ, という意味, ときまっ, ときを, まで, 事が, 折が, 日が, 日と, 日は, 日を, 時あなたから, 機会が, 機会も, 約束を

▼ また我が~ (36, 0.0%)

2 党の, 記憶の, 隣国信濃にも

1 [30件] ま, クグツの, 一身の, 住みうく, 商業人口が, 喫茶部の, 國の, 好むところなるに, 子の, 子建御名方の, 封建の, 得べき筋, 文楽の, 日本が, 日本にも, 日本国にとって, 日本植物の, 朝の, 父大國主の, 眉目を, 精神の, 老いたる, 肖像を, 談理を以て, 身の上なり, 身の上を, 輩の, 邦の, 頬を, 頭に

▼ また来年~ (36, 0.0%)

3 の春 2 きて, もやってきます

1 [29件] あおう, から金銀, か来, きますよ, くるぜ, くるの, こそはもう一度, しっかりやれよ, でなければ, ということ, ともなっ, になったなら, になったら, になったらくる, になったらやってきます, のこと, のたのしみ, の夏, の春花, の若葉, は新しい, まいります, もあの, もずるずるべったり, もよろしく, も死損, 会おうぜ, 会われますよ, 来ますから

▼ また深い~ (36, 0.0%)

2 眠りに

1 [34件] ことは, ため息を, ところで, ものが, ように, らしく次第に, 人間的味が, 信仰を, 印象を, 吐息を, 地底へ, 壺の, 学識を, 山の, 山中を, 息を, 悲哀を, 意味の, 所は, 敬意を, 暗黙に, 水源からは, 沈黙が, 海の, 渓音水声昼か, 溜息を, 穴に, 穴の, 絶望も, 考えも, 観察が, 門内の, 陰が, 霧だ

▼ また~ (36, 0.0%)

3 が来た 2 になる, を迎

1 [29件] か, から冬, がきた, がやって来た, とともに室鰺, とはなった, なり, になつて, になれ, のくれ, のけはい, のなかば, のはじめ, のやすみ, の変わり, の日, の暮れ, の末頃, の浦風, の終り, の運動会, の野, の霜, の麦, は廿二三, は秋, は紅葉, もいつしか, 出したもの

▼ また電話~ (36, 0.0%)

3 をかけ 2 がかかった, のベル, をいい, をかけた

1 [25件] があっ, がかかっ, が掛っ, が来, が鳴っ, して, だ, だったもの, で, でした, です, でコバルト放射室, で聞き合わし, で話, で都合, になる, のよう, の世界, もかからない, もなかっ, もなかつたらしい, よ, をかける, をし, を掛けよう

▼ またいずれ~ (35, 0.0%)

2 にし

1 [33件] いいます, お暇, かはなはだしき, かへ他出, かへ姿, かへ往, が騰貴, といっ, とし, とも知る, に薄から, ね, の古, の国, の学問所, の日, の法式, の派閥, の茸, の階級, へか出, まいって, も労働者階級, も勝負, も厳重, も真に, も負けず劣らず, を是, 呼び出して, 地底機関車の, 悪い事, 自首する, 逢うであろう今

▼ またぼんやり~ (35, 0.0%)

4 して

1 [31件] した不思議, した微笑, し出し五十分目, つっ立って, とし, としてその, としてとりとめ, と云った, と加茂, と取りとめ, と屋根, と引っ返し, と後ろ, と恩師, と案山子, と爆発, と眺め, と考え込ん, と考え込んだ, と見とれる, と過去, と魔, 勝手口へ, 夢想に, 放心し, 曇ったり, 歩き出した, 海を, 物案じに, 空想に, 立って

▼ また一羽~ (35, 0.0%)

2 のガン, 来し, 飛んで

1 [29件] がおなじ, が待, が舞いあがった, そうして第, とあと, とだんだん, となれ, とまる, とまる頬紅つばめ楊, とんで, と一列, と波, と間もなく, の, のナイチンゲール, の揚雲雀, の鴉, また一羽, やって来たらしい, 射とめたの, 帰って, 帰る, 捕りました籠, 来つ, 来て, 残らず夜, 白い鶏, 立ちぬこもりたらしも, 飛び出して

▼ また今夜~ (35, 0.0%)

32 のよう, の宿

1 [28件] なん, にも吉良邸, にも来, ね, のお, のやう, の僕, の闇討, は, はうち, はどんな, はみんな, は何, は治郎少年, もあの, もかえって, もそんな, も出, も夢見, も寝ず, も小波さん, も御, も御飯, も敵, も来, も黒門町, をほか, 出そう

▼ また失敗~ (35, 0.0%)

4 して 2 した, であった, に帰した

1 [25件] か, があら, しその, したこと, したば, してなあ, しても, する, すること, するよう, する事, だ, だったの, だつた, ったと, である, とを重ねず, に終ったら, の十年, の原因, りました, るよう, をし, をやる, を免れる

▼ また~ (35, 0.0%)

3 のよう 2 が一人, の指

1 [28件] から速達, がある, がかがみこん, がだだ, が傍, が兄, が甲斐, としてその, と朱, におきせ, にまけ, のいる, のこと, の事, の個人的, の如く, の愛情, の死, の耳, の身の上, の顔, は姉, は気がつかなかつた, や娘, をおどろかせる, をどうしても, を攻撃, を熱愛

▼ また~ (35, 0.0%)

3 の方 2 の中

1 [30件] から立, になる, には大, に戻っ, に沿う, に沿っ, に流せ, に産す, に罪, のこと, のほう, の下流, の土堤, の床, の流れ, の積土, の辺, の頼待, はば, へいっ, へ出, へ出る, へ水浴び, へ落ち, へ躍り入っ, をどんどん, を渡っ, を渡る, を眺むるに流, を縦

▼ また強く~ (35, 0.0%)

3 なって

1 [32件] おせい, する所以, なった, なったので, なった風, なりその, なれません, よみ返つて, チロルの, 云う, 云ったが, 亡き人の, 働きだして, 大地を, 宮子を, 心を, 思うよう, 思って, 意識の, 感ぜられるの, 手を, 打てば, 死ななければ, 灼熱された, 煙管を, 熱したローラー, 痛み出した, 窓ぎわから, 蘇り一種, 要求し, 降り出して, 鳴り出して

▼ また次に~ (35, 0.0%)

1 [35件] あゝ善き, かかる共通, その仕事, でも, とびかかった四人目, は, はあれ, はどこ, は周平, は芸術家, は親切, は青々, は魏延, ひかえて, みんな一緒に, ようすを, わたしの, 亀千代に, 出資者に対し, 別の, 前の, 妙な, 弓を, 御報いた, 投げようと, 来たとき, 来る世界, 練習曲を, 聖なる爽明, 蒸気を, 解けて, 話すと, 読みたくなったもの, 述べる別, 述べる想像

▼ また現に~ (35, 0.0%)

1 [35件] あの部屋, いま私の, しつつ, そういう人物, そこに, その付近, その後私の, その方言, それらを, それを, キリスト教の, 今でも, 今日でも, 他の, 伊勢の, 努めつ, 南方では, 同館委員の, 名古屋に, 存在し, 彼の, 彼等が, 我々の, 救済改善の, 日本の, 東京市内にも, 相当の, 眼の, 私は, 突立ち, 米良の, 経済上の, 経験し, 逢ったり, 雨の

▼ また生活~ (35, 0.0%)

2 についての種々, のため, の複雑

1 [29件] から受けた, が作物, して, してるすべて, といふ言葉, と云う, と交渉, と娯楽, に交, に即し, に反響, に多量, のしかた, の刻印, の困難, の大きな, の安定, の必要, の程度, の習慣, の隅々, は次第に, もである, もない, や人間, をおれ一流, を新規まき直し, を明るく, を機械

▼ また~ (35, 0.0%)

2 を笑

1 [33件] がそう, がとりまく, が私, が笑った, が笑つた時, が話, こ, でその, で来, と一緒, なが, なでやるん, な居, にどう, には夜, にも聽, に飯倉, のため, のところ, のもの, の前, の裡, はヤン, は一緒, をばか, を笑わした, を笑わせた, 出して, 女子の, 異なれば, 落ち着き払って, 風邪に, 黙ったっけ

▼ また私自身~ (35, 0.0%)

2 にし, にもはっきり, に依, のため, の上, は手

1 [23件] がこれら全部, がどの, そのよう, ともすれ, なの, にいひきかせる, にかへつて, にとつて, のこと, のさ, の作品, の内, の気持, の特色, の経験, の道, の風変り, もさう, もその, も不意, も取り乱し, も完全, も最

▼ また身体~ (35, 0.0%)

2 を横, を横たえた

1 [31件] から居どころ, が不自由, が食物, でもお, でも良く, にいい, に暇, に障る, のどこ, の具合, の器官, の平均, の条件, の異状, の組織中, の調子, の退化, の食物, は物体, は精神, をこわばらせ, をずっと, をめぐらす, をブルブル, をヨロイ, を元, を前, を害するであろう, を引籠め, を起こした, 悪くなさる

▼ また頗る~ (35, 0.0%)

2 器用な, 聞えたり

1 [31件] ロマンティックで, 多い, 大なる, 奇行に, 好遇, 山菜に, 巧妙で, 廣く, 愛嬌に, 挙ったため, 日本的な, 曲中の, 有用の, 歓迎される, 生彩に, 皮肉であります, 窮乏し, 美人で, 至難の, 薄命であった, 複雜な, 覇気ありしなるべし, 軟弱なる, 遒勁なる, 達者で, 遺憾であった, 雄偉な, 雅であっ, 雅文臭い, 面白い高尚, 革まったので

▼ またたいへん~ (34, 0.0%)

1 [34件] おもしろいところ, およろこびであった, お父さん思いである, か, くだけた姿, だとも, であった, である, で相当, なお金, なこと, なのぞみ, なもの, なん, なミス, な仕事, な大, な心得違い, な憤激, な歓呼, な観物, な設備, な説教, に損, に鳴り物, 姉娘の, 害を, 特別に, 異常な, 穏健な, 美しいので, 美しい容姿, 金が, 間違って

▼ またわし~ (34, 0.0%)

1 [34件] がここ, が借りとる, が命ぜられ, が家, が尺八, が突き殺されたら, が臼, が豊前, とこの, としても済ませ, としても畑浦, と何等, と話, にいった, にならぬ, に知事, のし, の口, の名前, の大言, の家, の愛する, の物語, の見解, の辿っ, はお前さん, はちょっと, は其方, は剣, は考えた, への供養, をし, をカツグ気, を信じない

▼ また不安~ (34, 0.0%)

3 の念 2 になった, になつ

1 [27件] がもり返し, が募る, であった, である, でならないという, でならないの, でならぬよう, でもある, で気持, なもの, な感じ, な気持, な焦燥, な表情, にされた, にし, にもなった, に襲われました, の伴, は湧き出し, もある, も感じられた, を一刻一分の短時間, を感じた, を手つだう, を示すで, を覚えた

▼ また~ (34, 0.0%)

2 によったら

1 [32件] あたらしくそう, あったので, かと魂消, があら, が始まらぬ, が起った, が面倒, だと, だ酔漢, でそれ, と所, と次第, と違い, にふれ, によってその, による, に寄ったら, に応ずる, のよろしから, の大小, の推移, の根われ, の疑うべき, の起こり, の起り, の近道, もなし, を好み, を施行, を誤った, 壊しだ, 改まったよう

▼ また古い~ (34, 0.0%)

1 [34件] からという謂, が故に, ものが, ものにも, ナイト・テエブルの, 国で, 国の, 地形の, 城下町などには, 家の, 家庭の, 形の, 昭和初期の, 時代にも, 時代を, 木に, 松林や, 柱や, 橋でありました, 歴史を, 洋館の, 疑問が, 発電所の, 石器時代から, 石器時代の, 石垣と, 祖先の, 職場の, 記憶を, 話だ, 鈴を, 長火鉢の, 門の, 馴染でも

▼ また引っ返し~ (34, 0.0%)

5 て来, て来た 3 て来る

1 [21件] てあわただしく, ていた, ていっ, てくる, てここ, てしばらく, てまいりまし, てもと来た, て元来, て戸, て東京, て池, て河内屋, て父, て番台, て籬, て自分, て自身番, て草履, て蕎麦屋, て行っ

▼ また忽ち~ (34, 0.0%)

2 半以上, 各方面, 消えて, 眠りを

1 [26件] このとおり十年, この臭, その女, もとの, 一城の, 乗りつぶして, 他の, 分裂を, 勢威を, 半に, 君と, 姿を, 崩れるやう, 帰って, 平な, 播州にも, 消える流星, 消え去るもの, 猿の, 盛りを, 組み合せて, 蠢動し始め, 転じては, 遠くし, 鉄門を, 雷雲の

▼ また暗い~ (34, 0.0%)

2 方へ, 気持ちに, 気持にも, 空を

1 [26件] かげが, ところを, ほうへ, ホールに, 中に, 事実でありましたでしょう, 冬を, 坑だらけである, 夜道を, 家の, 廊下を, 建物の, 戸の, 方へと, 林が, 沖の, 波の, 海へ, 海水浴, 深淵の, 甲板に, 甲板の, 空想が, 谿谷の, 門口へ, 階段の

▼ また高く~ (34, 0.0%)

4 口笛を 2 なった

1 [28件] あがる, あげて, あげられて, いななきそのまま, かかげられた, かざされて, さけび, て巨, なったが, なったこと, なったという, なつた, なつたとき, なり強く, なるし, なるの, まひ上つ, やむ時, わらいました, 上がった, 上って, 売付けるという, 札うち, 澄むだ空, 笑った, 見積つても, 評価される, 飛びあがるの

▼ またやがて~ (33, 0.0%)

1 [33件] そこに, その壮年期, その聴き, それが, それ等の, のこと, の六波羅, はこの, は全く, は呪, は後世, も消失, トマトを, 一家族が, 三つの, 亀次郎の, 出会う武蔵, 友人や, 同じあぐねた, 場末の, 夕刻から, 夜が, 大寨, 専念の, 悲しみが, 明らかに, 朝の, 永遠なる, 浸ると, 神を, 神父の, 鞭うっ, 黄昏に

▼ また一年~ (33, 0.0%)

2 たって, たつと, とたっ

1 [27件] かかった次第, がくずれる, すぎた, とめ置いて, と書きゃしない, には一年, の中, の前, はたった, はたつ, は無, ばかりの後, ばかり経ったら, ほどする, ほどたっ, ほどたつた, ほど前, まわって, もたて, を増す, 待たねば, 生きの, 経った, 経った夏, 近い月日, 遅れること, 過ぎたの

▼ また世の中~ (33, 0.0%)

2 にこういう, のため, へ帰っ

1 [27件] から隔てる, が手広く, が治つて來, で幸運, とまるっきり, になく, には理屈, には科学万能主義, には結婚後二十年, には順境, にむずかしき, に何, に対する大きな, に誰一人, のたくさん, のなつかしい, の事物, の人, の人々, の吉凶, の幸福, は前, へも出し, へ帰れる, をこんな, を見る, を観る

▼ また元気~ (33, 0.0%)

5 を出し 2 が出, になる, に帰る

1 [22件] がつい, がつく, が出ます, だった難民, づいた声, づいて, におなり, になった, にシャベル, に泣き出しました, に甲板上, のいい, よくめざめ, よく傷つけられた, よく遊びはじめた, をつけ, をとりもどしました, をなくし, を回復, を得た, を恢復, 好く聞え

▼ また~ (33, 0.0%)

2 丁に, 刻も, 里ばかり

1 [27件] で別, マイルも, 丁ほどの, 七という, 七の, 三郎には, 世紀に, 世紀の, 五郎の, 刻ほど, 刻近い, 時間たつ, 時間の, 服飮んで, 棒に, 泣きの, 獸主義神祕主義象徴主義などの, 瓦の, 男女また, 病人の, 眠りの, 耳君に, 脚を, 裸体の, 里も, 里行き, 野蛮の

▼ また小さい~ (33, 0.0%)

2 箱が

1 [31件] ことで, といっ, ながらなかなか, ながら硝子ばり, ながら禅刹, ねつとりと, ので入りきれない, ものに, もののそこここ, ものは, シヨツクを, 一つの, 一軒の, 二人の, 借家に, 和子様たちお, 子達を, 小屋が, 方じゃ, 方の, 時分父が, 棒を, 楠が, 石で, 胸を, 膳が, 蜘蛛が, 部屋の, 部族であった, 領地が, 鮒は

▼ また~ (33, 0.0%)

3 を越え 2 が一つ, を一つ, 久しく船

1 [24件] あり, があけ, があけました, が変る, が年, とった旅, とった社長, とつたお母さん, とともに増し, と空宮, に一, に平均八十人, も若く, わかくし, をとっ, をとっても, をとつ, をとる, を取った, を取る, 久しきシトギ文化, 久しき帝, 若くて, 若な

▼ また廊下~ (33, 0.0%)

3 へ出 2 に出, へ出た

1 [26件] から地下室, があった, がまがっ, でも逢う, で慌しい, にで, に草履, に響い, の向う, の壁面, の往き戻り, の辺, の階段, へ侵入, へ引き返し, をいくつ, をうろうろ, をたどっ, をひと, を右, を引返し, を後戻り, を歩い, を見る, を踏み鳴らし, を進ん

▼ また後ろ~ (33, 0.0%)

3 を振り向い

1 [30件] から幾人, から彼, から滅多, から聲, で, でいった, では勢, で奇声, で聞えた, にさがろう, にはそれ, にも自分たち, に向い, の山, の岩, の方, ばかりでなく, へひっくり返っ, へ後ろ, へ身, へ飛びすさった, へ飛ぶ, より, をふり, をふり返る, を向いた, を振り返, を望み, を見まわし, を顧み

▼ また恐ろしい~ (33, 0.0%)

3 力で 2 もので, ものを, 暑がりや, 格闘の

1 [22件] あるべからざる手段, おしゃべりで, おしや, お侠で, ことで, ことであった, ささやきと, とも言, ほどのふかいふかい, 一分間が, 事が, 人買いなどに, 声であった, 意味かも, 時間の, 有様である, 気も, 爺さんに, 現実に, 虫などが, 記憶が, 雄弁を

▼ また恐ろしく~ (33, 0.0%)

2 もある, 頑丈で

1 [29件] いいところ, てできぬ, なって, なつて, もあった, も思った, も思われた, サッパリした, 仕事が, 光力を, 冷淡な, 几帳面な, 分厚に, 取ったもの, 変って, 大きな石, 大勢連れ, 奇麗に, 思索好きだ, 憔れ, 時代離れの, 無精な, 神経を, 美辞麗句の, 落つ着き払, 薄倖な, 退屈な, 高いの, 魅惑的で

▼ また悲しく~ (33, 0.0%)

7 なって 3 もあった

1 [23件] いつか御, させる蜂谷, て出る, なして, なった, なつて, なる, なること, なッ, はあった, もしみじみ, もなった, も憐れ, も最も, も聞かれた, も自分, 始めて浮世, 年少で, 思い出された源氏, 思はれた, 思われた, 打仰が, 承って

▼ また支那~ (33, 0.0%)

2 の偉大, や印度

1 [29件] から伝わり, でも十二禽, でも印度, でヤモリ, で虎, で虎豹, との比較, についての知識, にも西洋, にも飛べ, に向っ, の僻陬, の医書, の古い, の宋代あたり, の帝王, の招差法, の数学史家, の文学美術, の書, の現状, の言う, は他, ばかりでなく, ほど宦官, も彼ら, らしい風景, をも賛美, 実ザクラ

▼ また~ (33, 0.0%)

4 之助 2 にのぼっ, の上, の國, の花, 隠龍太郎

1 [19件] で作った, にのぼつ, に倚, に積, に近づい, のある, のしげみ, の下方, の名, の子, の鉤, はぐっと, は独りぼっち, へもどりました, へも登れん, や竹, よく土, を表わす, 樵りの

▼ また~ (33, 0.0%)

8 の中

1 [25件] から吐き出され, が見えない, では油蝉, となっ, となる, には風, に於い, に行っ, のいちばん, の匂, の四方, の大木, の屋敷, の木の葉, の母, の蔭, はみどり, へおり, へもどっ, へ帰っ, へ散歩, へ通う, をとほつ, を出, を距

▼ また武蔵~ (33, 0.0%)

1 [33件] が今, が天正十二年, が常に, が果し合い, が画, が若年時代, その者, との交渉, とは生前, と会った, などの土浮耕地, にだ, に会えたなら, のうえ, のほう, の伝記, の全能, の号, の名声, の晩年, の画, の眼光, の着, の顔, はあの, はそれ, はつかみ寄せ, は子, へいった, も五輪書, よりもその, を恋う, を馬の背

▼ また~ (33, 0.0%)

2 にわかれ, の覚悟

1 [29件] せると, というもの, といえ, と墓, なば, に対していたずら, に対する恐し, に行く, ぬること, のよう, の世界, の予感, の問題, の家, の床, の心, の水, の目, の門口, もきた, もなかりし, を味, を急い, を恐るる, を慕う, を決せられた, を眺めやっ, を賜ふたとき, を軽んずる

▼ また~ (33, 0.0%)

2 った意味, つた意味で

1 [29件] ったはにかみを, ったもの, った一つ, った一種特別, った不思議, った味い, った尊敬, った快感, った暑気, った歴史性, った芸術, って, つた一つの, つた一個の, つた事を, つた伝説を, つた古渡の, つた心で, つた方の, つてし, とする, なこと, りて, 人種の, 俗に関して, 性愛をも, 民族との, 訳して, 趣味の

▼ また矢代~ (33, 0.0%)

3 の方

1 [30件] とは別, に, にさし向けた, にし, にしなだれかかっ, には何ん, に泛ん, に落ちつき, に訊ねた, のみとは限らず, の云った, の名前, の日ごろ, の明る, の横, の父, の車, の顔, はぼんやり, は云っ, は合槌, は思い出し, は柱, は興奮, は訊ねた, もそれ, をぐんぐん, を振り返った, を見, を見た

▼ また~ (33, 0.0%)

4 をとっ 2 を取る, を執り直し, を執る, を改めて

1 [21件] と短冊, などが太い, に力もなく, に墨, の穂, をうごかし, をおいた, をそろえ, をとめなけれ, を乞う, を休めた, を入れ, を加える, を動かし始めた, を取っ, を取りあげ, を執, を執った, を執られる, を持った, を買

▼ また自分たち~ (33, 0.0%)

3 も食べる

1 [30件] がこの, が会えなくなる, が猥雑, が生れるまえ, が私生児, が起っ, だけが取り, と社会, に矛先, の仕事, の力, の大船, の家, の明日, の永く, の無力, の番, の眼, の薫陶, の談話室, の身, の運命, はしかられる, もお互い同士, もこれ, も一歩, も久しく, も食べ, よりも事情, を見捨て

▼ また~ (33, 0.0%)

2 に乗っ, を出し, を陸

1 [27件] で去んだ, で帰った, で松島, と陣營あと, にのっ, にのぼり, に上っ, に上つて島, に上り, に乗った, に充満, に載せ, に飛び乗りました, のせい, の中, の者, はふらふら, は波, へ帰っ, を少し, を持つ, を漕ぎ戻し, を漕ぎ開き, を返さない, を造り, を進ませた, を進め

▼ また~ (32, 0.0%)

1 [32件] ありうべきこと, いなくなる百姓, いるそう, ええん, これを, その大師, その影, たれさがったもの, ちも, 与えられる性質, 与えられる物, 与える者, 動かずに, 勧めるよう, 受けるの, 受ける条件, 変ったもの, 引き摺られて, 弱めると, 悪いかによって, 或る, 戻って, 拾い出しさえ, 摺る作業, 昇らんとして, 潰れるに, 燃えるよう, 白い頭髪, 解せられて, 誤った方向, 養い立てるニライ, 高いこと

▼ また一枚~ (32, 0.0%)

2 と散っ, ぬぎすてる旅

1 [28件] あります, ずつのせ, ちらと, つきつける, でできてる, としらべな, に付き, の, のハガキ, の厚い, の子供用, の小判, の浮世絵, の畳, の譜, の辞令, ほど開ける, また一枚, も一枚, をひっ, を投げ出した, を裏返した, 出す, 大きなもの, 描き上げた, 敷いて, 来た, 落っこちました

▼ また信長~ (32, 0.0%)

1 [32件] から出, が出向い, が寡兵, が苦りきる, が近頃, という人, と対座, にすすめた, に向っ, に目見得, のそういう, の万事, の内意, の家臣, の弟, の意, の懇篤, の注文, の理想, の生きる, の眼, の臣, の評価, の逆境, の領土, はその, は夙く, もいった, も今川風, も謡った, や偲ばれん, を討とう

▼ また存在~ (32, 0.0%)

4 すると, するという 3 しなければ, としての歴史 2 するの

1 [16件] しなかったならば, しなかつたならば, しなくなるの, し従って, すること, する筈, せざるを, せねば, のわからぬ, の朧気, の秩序, もしなかった, も意識, をそれ自身, を残す, を蔽い隠す

▼ また~ (32, 0.0%)

5 てしまった 3 てしまう 2 ていらっしゃる, ている

1 [20件] がえり, がへり, ころが, て, ていた, ていれ, てしまいました, てしまいます, てその, てむか, てゐる, ながら見た, ながら語りつづけた, なむひとりかかにかくにわれは仏, に就いた, に就く, に行く, に行った, を難, 心わるく

▼ また彼自身~ (32, 0.0%)

1 [32件] おしの, であった, で現地, としても名, にとっても気まずい, のやっ, の問題, の将来, の感傷, の書いた, の熱い, の病状, の目撃, の能力否定, の自, の茶碗, の詫び状, は外見上両立, もいきなり, もいたまし, もヤールタ, も不本意, も何処, も多分, も左様, も強かっ, も彼, も恐れ, も百歳, も自分, をじっと, をも救おう

▼ また~ (32, 0.0%)

3 があい 2 が一つ, の向う, の外

1 [23件] があっ, があつ, がかんた, がしめられ, がたたかれた, がギー, と鍵, に向けた, のところ, の前方, の後, の窓, の音, をこつこつ, をしめ, をしめた, をノック, を叩く, を押しやった, を締め, を閉, を開け, を開けた

▼ また既に~ (32, 0.0%)

1 [32件] いったよう, この意, この曲, そこに, その一, なされた経験, ゴロッチョが, 一般世人の, 京師に, 何等かの, 初まッ, 前に, 古曲, 大きな料理屋, 大なりき, 定められて, 怪人団の, 成った書, 書いた通り猪類皆, 涸渇し, 煩悩の, 病死として, 盛を, 稼いで, 読者には, 読者諸君の, 述べたところ, 述べたり, 述べた例, 述べた通り, 里馴れた, 餘燼と

▼ また~ (32, 0.0%)

3 が出た 2 が出, が出ました, は熱

1 [23件] が上った, が上り, が出ます, が出る, が外界, が高く, せず舟動, だの痛み, でも出さう, でも出る, と煙, にも変ずる, のある, のあるいは, のため, の中, の除, は物質的, は高め, をあげる, をこめ, を出し, を出しかけとった

▼ また逢う~ (32, 0.0%)

4 ことが, 日まで 2 てまた, てゐる, までの思い草, 時まで

1 [16件] かわからない, ことの, ためだ, てさびしい, ときには, とその, の, までさらばさらば, まではとても, よ, ように, 折は, 日の, 日までなぞという, 時に, 時節も

▼ また~ (32, 0.0%)

3 の中 2 のよう, をもと, を見た

1 [23件] そのまた, で反射, に似, に写る, に向う, に向っ, に向った, に映る, に顔, のうち, のかけら, のところ, の上, の処, の形, の所, をのぞい, を取り上げ, を執っ, を少し, を持っ, を見, を覗き

▼ またあした~ (31, 0.0%)

2 になっ, ね, の晩, の朝

1 [23件] から働い, という晩, どうぞ, にした, にしましょう, にしよう, になつて, になり, のこと, の戦場, の明け方, の朝お母さん, の炎天, もあんな, も誰, やってくるからね, 今ごろくる, 出直すん, 参りまする, 同じところ, 教えて, 来るぜ, 遊ぼうね

▼ またうち~ (31, 0.0%)

1 [31件] がこいしく, こわれて, さわぐわが, そろって, ではばばアどの, ながめはじめた帽子, にいるおっ, にも置いた, のにあたし, のひよっ子, のオヤジ, の三人, の先生, の家畜小屋, の旦那, の良人, の親分, の門, ひしがれて, へつれ, へ来るだろう, へ連れ, も向, 勝ちがたい, 沈んだ様子, 沈んでも, 消し自分, 湿った闊葉樹, 破られた, 破りにくい, 解ける

▼ また~ (31, 0.0%)

5 腕を 3 眼を 2 岸の, 者共に

1 [19件] つながら, の小, の目, の耳, の袖, 三日つづいた, 岸数十メートルの, 我ともに, 村の, 母の, 法共に, 片が, 眼の, 脇侍の, 腕に, 膝へ, 菩薩の, 軍の, 頬を

▼ また他方~ (31, 0.0%)

1 [31件] からいえ, では, ではただ, ではやや, では人口, では利祿, では官能, では当て推量, では自然, では豪族ら, で巨万, においてあらゆる, においては商羯羅阿闍梨, においては大きな, においては理論的, において全然, にはいかなる, にはこの, にはこれ, には博士, には若干, に向かい, に於, の手, はその, は以前, へ引戻, もしさらに何もの, もし更に何もの, よりこれ, を見殺し

▼ また何と~ (31, 0.0%)

2 でも, なしに

1 [27件] ささやかな, つづけて, ふくらんで, ふしぎな, まずいもの, やり切れない人間喜劇, よいね, わたくしの, わび言を, 云う暢気さ, 云はれる, 低い新緑, 勇ましい態度, 思い返したか, 悲しい麺麭屋, 感じようと, 時代錯誤な, 服部治郎左衛門という, 考えて, 致した, 薬局めい, 言うか, 言ふ, 貪慾に, 遠いこと, 静かな, 驚いたこと

▼ また何とも~ (31, 0.0%)

2 答えなかった

1 [29件] いいよう, いえずなまぐさい, いえないやわらかい, いえない甘苦しい, いえない荒涼たる, いえない親しみ, いえぬほど, いえぬ味, いえぬ緑, いへぬ柔和, お礼の, かとも言いよう, ない筈, なくなって, 不愉快あなたは, 云えない, 云えぬ可愛, 名の, 妙に, 知れず気恥しい, 知れぬ板, 答えられませんでした, 答へ, 言い難い, 言えない感情, 言えない物凄, 言えぬ愛らし, 言って, 迂滑千万

▼ また~ (31, 0.0%)

2 をあわせ, をもっ, を入れ, 弱く

1 [23件] ある神, がぬける, だけのもの, と恃, と挑戦, なく安楽椅子, なく枕, なく荷造り, なく首, なげに, になっ, のかぎり, のない, もつく, を併せ, を失い, を極めて, を盛りかえした, を籠め, を落した, 弱いこと, 役する時, 無い咳

▼ また土地~ (31, 0.0%)

2 の人, の人々

1 [27件] から得られる, から直, で起った, にて鮮満, によってちがい, によって話, によって違う, に対する人口密度, に対する資本, に手, の価格, の傾斜, の別, の売買, の強い, の新聞, の新進歌人, の者, の芸者, の豪族, の買占め, の關係, の騰貴, は消費, も使われ, を二町歩, を耕した

▼ また引返し~ (31, 0.0%)

3 て来た 2 て来

1 [26件] たりし, ている, てからだった, てき, てくる, てこの, てこんど, てその, てもう, て來, て参ります, て四方, て売れ残り, て川, て形, て揚幕, て新富座, て柳橋, て汽車, て自分, て行かれました, て閉じこもる, て麦畑, むなしくもと, 上衣の, 家の

▼ また戦争~ (31, 0.0%)

2 が起き

1 [29件] かい, からこっち, がある, がはじまる, が三年以内, が始まったら出なけれ, が始まつ, が起り, じゃろうか, だ, でも初, というもの, などくり返しくり返し, などということ, に勝つ, に対する恐怖, に負けた, のたび, のため, の光景, の功労, の済んだ, はさっぱり, は多く, も霊妙, や別離, や商業上, をせぬ, 済みたらば

▼ また沈黙~ (31, 0.0%)

4 が続いた, が落ち 3 した

1 [20件] がつづい, がつづいた, が拡がった, が来た, が続く, が続こう, したが, したそして, しつづけた, して, してるうち, ですか, にふさぐ, に落ちた, に陥った, のうち, のとき, の形, の長い, を間

▼ また翌日~ (31, 0.0%)

2 の朝, もはかばかしく

1 [27件] おはる, からは筋骨, からフラフラ, になる, には一台, にも緩, の一組, の仕事, の旅支度, の朝焼け, は天長節, は落雷, ふと氣, へかけ, も, もはいります, もスモーリヌィ, もセラダ, も同様, も帰らう, も彼, も旅, も歩い, 働かせるという, 即ち五月一日, 来る, 死んでしまつた

▼ また~ (31, 0.0%)

2 をゆすっ, を並べ

1 [27件] がひどく, が凝らなく, が痛く, で大きな, で笑う, で笑つて, と肩, など揉み, にお, にかかった, にかけて塀, にかつぎ, に天秤棒, のあたり, の間, まで物, をつかまれた, をならべ, をふるわせ, をゆりあげた, を並べた, を叩い, を怒らし, を揺っ, を突かれた, を組ん, を辣め

▼ また遊び~ (31, 0.0%)

4 においで 3 にいらっしゃい 2 におい, に来る, に行く

1 [18件] にいつた, にいらつ, にきなさい, にくる, にこよう, にで, にも来い, に参る, に夢中, に来, に来た, に来給え, に行かう, に行きます, に行っ, の輪, まわってるの, 狂うの

▼ また~ (31, 0.0%)

2 のうしろ, のよう, の中

1 [25件] から出る, がながれ, が恋しく, が散る, が濃く, が蔽, が重なり, だつた, で水, で蔽, となり, のごとく湧き上った, のたえ, のとざす, のまん中, のやう, の峰, の近く, の間, は暗く, までが慕い寄る, をつかむ, を呼ぶ, を炙っ, を踏みはずした

▼ またいわゆる~ (30, 0.0%)

2 部落の

1 [28件] アイヌ模様の, 七道の, 不安の, 世道人心を, 中国臭さという, 仕込み杖という, 俳諧連句と, 全精神, 勤王論の, 名所旧跡などの, 女子教育振興の, 思想に, 戦争景気の, 故郷を, 教育家たちの, 日本アルプスの, 曲玉なる, 機会なる, 武門武士なる, 現代思想と, 環境なる, 知覚感情衝動においても, 科学的研究の, 穢多, 蒐集趣味と, 運動家の, 震度の, 非自然主義者

▼ またうしろ~ (30, 0.0%)

2 にいる, のほう, をふり, を見

1 [22件] から, からは直義, から来た, から跳びつきかけた, から退い, がまた, ではなかつた, で場長, にのりました, には泣き虫, に見える, のふす, の口, の小声, の方, の法師頭, の組, は幸竜寺万祷寺知光院, へ廻っ, へ振返り, をふりむい, を振り返っ

▼ またきわめて~ (30, 0.0%)

1 [30件] その所由, なだらかな, まじめの, まれにしか, 一小, 些事である, 公平であっ, 単純である, 危険です, 大きい, 大きな歴史, 少ないの, 徹底的な, 我儘で, 抽象的である, 文雅な, 旧式である, 柔和だった, 民謡風の, 特殊な, 率直な, 簡単な, 素朴な, 素朴に, 繊細な, 美しい, 薄利の, 適任な, 雄々しい道徳的徳性, 驚きやすい

▼ またこうして~ (30, 0.0%)

2 背負われるという

1 [28件] いっしょに, おゆう, お呼びに, お目, これ, しんせつな, その後を, はならない, まだ相, 一人で, 一人の, 会って, 出来て, 函へ, 別れて, 念仏されい, 手紙や, 新聞を, 暮れるの, 池上とも, 犯人の, 畳の, 私が, 親切に, 走りつづけて, 離れて, 雪が, 頼りも

▼ またすっかり~ (30, 0.0%)

1 [30件] あやふやな, いい気, アデライーダ・イワーノヴナの, プチブルに, 上って, 仕合せに, 元気に, 冷えて, 冷淡に, 前の, 向かっ腹, 塩で, 変わって, 家の子に, 寝しずまった市, 帝の, 帯の, 弱って, 彼女に, 惚れこんで, 慣れて, 手許が, 新しくなる, 新調しなく, 気持が, 着物を, 繰り返さざるを, 苅り取って, 行きつまっちゃったもん, 静まり返るまで

▼ また~ (30, 0.0%)

12 とひ 2 うもろこし

1 [16件] うとう見, かツ, がいの, がつき, がへてごろ, きたる後, どんを, のしからずや, のしぶ, のた, はぶれ, びかへりみすれば, ふさぎといふよしは手にて, われ女に, アくさん, ッた

▼ またつぎ~ (30, 0.0%)

2 からつぎ, のこと

1 [26件] に, にその, にはそういう, の, のお, のつぎ, のよう, の一歩, の人だかり, の信号, の妹, の宇宙旅行, の年, の日, の明, の時代, の晩, の機会, の潜水夫, の災難, の疑問, の金曜日, の間, の階段, の革命, へ

▼ またびっくり~ (30, 0.0%)

9 して 6 しました 3 した 2 するよう 1 いたしまして, したが, したね, したよう, した声, した野兎, しなおしたらしかった, しましたが, するくらい, なさいました

▼ また何となく~ (30, 0.0%)

1 [30件] どこかで, ほつと, 上品に, 今しがた自分を, 何処かへ, 偽善らしく思われる, 奥床しいで, 嬉しいよう, 嬉しかった, 尋ねにくかっ, 恐ろしくここ, 恨んで, 悲しくな, 愛しいもの, 懐しい, 掻巻が, 支那の, 新鮮である, 暗くされ, 楽し気, 淋しいやう, 痒序, 縁側の, 胸が, 薄気味悪かった, 親しみの, 軽い安堵, 頼もしい妙, 頼り無い, 顔を

▼ また~ (30, 0.0%)

1 [30件] から遠ざかっ, がさつき, がそれ, が多量, が小説, が患者, が豊後, と行, に対して重宝十一荷, に惺, に於, のため, の一切, の一身, の信ずる, の傍, の処, の叔父, の奮励祈祷, の所見, の方, の柄, の菲才, の落着き, の見る, の車, は故旧新知, を愛する, を猜疑, を縄暖簾

▼ また~ (30, 0.0%)

2 団体の, 軍の

1 [26件] かれ, で馬, に合, 世界は, 人格が, 人的發展なる, 人類の, 価値の, 北条の, 天体の, 太陽系についても, 家中の, 店員の, 性格の, 日本人を, 村総, 牛を, 画面の, 篇の, 篇を, 級を, 聴衆は, 脳髄に対しては, 衆が, 隊に, 麾下へ

▼ また急い~ (30, 0.0%)

2 でいる

1 [28件] でいつも, でそこ, でそれ, でセルゲイ, でテナルディエ夫婦, でハイフォン, でロスタン, で下り, で例, で前, で動き出す, で包み, で取っ, で坂, で帰っ, で歩き出した, で母, で目, で立ち上った, で縫い合わされた, で西側, で視線, で近, で邸内, で配所, で離した, で食堂, で駆け寄っ

▼ また消え~ (30, 0.0%)

4 てゆく 3 てしまう, てしまった 2 ている, てしまいました

1 [16件] たりし, ていく, ていった, てしまっ, ては投げする, て失くなった, て往, て相島, て行く, て闇, て障子, にけり, 我は, 明滅数回なる, 照り光り消え, 際の

▼ またなく~ (29, 0.0%)

3 てはならぬ 2 慕ふ, 聞えさせ給

1 [22件] てはならない, てはならなかった, てはなりません, ても誰, なつた子供, なつて, スマートに, 上品な, 人を, 似合って, 共鳴と, 可憐である, 妬き春, 彦を, 心やすらげ, 愛するもの, 病めるおも, 純で, 綺麗に, 美くしいもの, 興味を, 艶かしく見える

▼ またひどい~ (29, 0.0%)

2 目に, 荒れやう

1 [25件] じゃない, ともひどく, なりをし, のである, のに, めに, ものだった, もんだ, や, んだ, 吹雪でありました, 吹雪な, 嘘を, 国なまりで, 家だ, 廻り道を, 悪な, 悪口を, 意地悪を, 目にも, 神経衰弱で, 荒れようだ, 註釈を, 野中の, 霧

▼ またまた~ (29, 0.0%)

2 僕だつ

1 [27件] いうと, お菊, かはり, こんども, たきを, ほっとする, わー, イデオロギイ小説が, 一つ未来の, 二十人に, 五年は, 五百何十回めかの, 人間の, 取次の, 合図その, 土蔵も, 大事件, 小さい箱, 次郎吉は, 永くごぶさた, 然り, 父様は, 菩提樹の, 西よりの, 話が, 辛毘が, 顔出す

▼ またやや~ (29, 0.0%)

1 [29件] おくれて, これを, まを, もっともらしい, 光った銅色, 凝つたの, 反感を, 大きな船, 富饒なる, 対蹠的に, 平地に, 広い一致, 後日備後の, 戻し軽, 早めに, 暫らく経ちました, 曇った声, 曙光を, 猫か, 異様なる, 登って, 穏和婉曲にて, 紅かった, 苦しげ, 行詰まった, 複雑と, 長じ, 風の, 高く舞い上った

▼ また一同~ (29, 0.0%)

2 の者, の頭

1 [25件] がどやどや, が不平, が尖り立つ, が立ち上がった, が笑った, にむかっ, に立ち上った折り, のひとみ, のもの, の上, の客, の爆笑, の顔, の顔色, は上達, は仕事, は誰, へもう, へ出立, もそれ, も天地, をじろじろ, を笑わせた, を見廻し, を見廻した

▼ また一段~ (29, 0.0%)

2 の修羅場, 上ると

1 [25件] たかい太鼓櫓, である, で婦人, で襦袢, の事, の力, の妙, の改新, の深き, の眺め, の精緻さ, の興味, の花, の趣, の風趣, まさった容姿, 上った, 下がるの, 下りた, 下りて, 低いところ, 堆丘, 立ちまさったご, 高いところ, 高くなった

▼ また今後~ (29, 0.0%)

2 は戦争

1 [27件] お目, といへ, とてもこんなにしゃべる, とても他, とても多数, とも恐らく, どのよう, についての要求, の教育, の方略, の歴史家, の生活費, ひどい目, もあるまい, もけっして, もない, もますます, も二度と, も山, も悩ます, も時々, も決して, も発生, も登っ, も自然現象, も自由, を知らずし

▼ また何時~ (29, 0.0%)

1 [29件] か, かきつ, かのよう, かみたい, か客観, か来られる, か知ら止ん, か見せ, か院, でも清らか, でも自由, でも随意, とし, とはなく, どういふ, どんな女優, にない, になく, になったなら, に荷, の日, の時代, までも心, までも継続, まで頭, 会うか, 会われるか, 思わくが, 逢うかを

▼ また初め~ (29, 0.0%)

3 からやり直す 2 から何, から帳簿, た, のよう

1 [18件] からくり返し, からさらい出しました, からやりなおさなけれ, から映し直す, から読みだし, たの, の人, の呑気至極, の妻, の時, の甘い, は写した, は理, へと連続, より松陰, られた, 召捕った増上寺, 長く掛かっ

▼ また~ (29, 0.0%)

2 の下

1 [27件] からだめ, と, と地, にのぼる, に代り, に往く, に攀じ登る, に登る, に誓っ, のすべて, の一方, の子, の左手, の父, の羽衣, の蒼穹, の証者, の起源, の金山, は時に, へ帰っ, へ還つた, をも罪, を劈き, 知る迦流美豆比, 稚彦, 降って

▼ また奇妙~ (29, 0.0%)

2 である, なこと, な声, に当る

1 [21件] だ, でもある, なの, なもの, なる一つ, な人物, な性分, な感じ, な春, な殺人事件, な気, な物, な疑問, な食物, にあたる, にくすぐったく, に婦人, に片, に運転, に長い, 極る

▼ また悪く~ (29, 0.0%)

2 でもなったら, なったの

1 [25件] あなたが, おなりに, すると, てね四五日, ない, ないに, なったので, なつたの, なられるとね, なりました, なると, なるの, なるよ, なるよう, ばかりなっ, もなく, もなる, 下情に, 八ヶ間敷いんです, 強情で, 思って, 抜衣紋で, 暖い, 歯が, 筆意を

▼ また悲しい~ (29, 0.0%)

2 ことに, ような, 気持に

1 [23件] ことが, ことだったでしょう, ことで, ことであった, ことである, ことであろう, ことばかり, ことを, と聞い, のであった, ようで, パリー付近の, 事柄から, 思いにばかり, 恋を, 月日を, 有様を, 泣き声を, 涙ぐんだよう, 涙と, 知恵を, 限りの, 雑事の

▼ また新聞~ (29, 0.0%)

2 へ広告

1 [27件] がつまらなかっ, で散々, などで見, にいい, にものる, に二度目, に出ます, に出る, に携わっ, に書かせ, に目, に眼, の, の投書欄, の海外電報, の調査用, の配達夫, は気, やラジオ, をとりあげた, を入れ, を小さく, を折り返す, を持っ, を見る, を読み出した, を読む

▼ また椅子~ (29, 0.0%)

8 に腰 3 の上

1 [18件] から立ちあがっ, にすわり, にもどっ, に取りつい, に坐った, に坐らした, に坐らせ, に登ろう, に身, の中, の向き, の引越し, の所, の背, の駕, を並べる, を寄せ, を持ち出し

▼ また次第に~ (29, 0.0%)

2 弱まりながら, 濃くなっ

1 [25件] あらゆる卑俗, おとろえた, その大壁, その温良さ, 収穫量を, 多きを, 彼らの, 感じこれ, 朦朧として, 歌の, 涙が, 濃さ, 父と, 発達し, 白き物, 破るるに, 粟野さんの, 精細に, 興奮し, 華美を, 諸方へ, 遠く消え去った, 重くなっ, 騰貴し, 高くこれから

▼ また無言~ (29, 0.0%)

4 のまま 2 だった, の微笑

1 [21件] であつ, でいる, でゐ, で一室, で五, で働きだす, で女, で山, で応諾, で歩き出した, で走りつづけ, で飯, と無言, にかえって, にし, に甲州武士, のうち, のまま箸, の思ひ, の間, の首肯

▼ また現代~ (29, 0.0%)

1 [29件] がその, ではカワヂサ, でも素朴, における発達, にふさわしい, のあの, のすゝん, の事情, の人々, の作家, の倫理学, の倫理學, の各, の外国文学, の学術眼, の息子, の我々, の文化, の文学, の文学作品, の文学者, の日本人, の日本橋, の知識人, の神話, の科学者, の自然科学研究, の都府文芸, は多く

▼ また~ (29, 0.0%)

1 [29件] く, だ, であるに, といはれる, なかの, なるに, についての認識, に仕へる, に戻っ, のよろこび, の充実, の力, の夢, の尊, の必然, の根, の歓び, の焔, の萱, やさしい軽薄才子, より死に, をそう, を人間, 住者が, 本来の, 民行状の, 粹の, 胆を, 計上の

▼ また立派~ (29, 0.0%)

2 なもの, な座敷

1 [25件] だ, であつ, なり, な一人前, な人々, な仕事, な勇士, な商人, な圖書館, な市民たち, な気狂, な紳士, な経路, な西洋風呂, な見もの, な身分, な道具, な金縁, な馬車, にそう, にその, に一個, に大隈家, に役立つ, に正確

▼ また老人~ (29, 0.0%)

2 の声

1 [27件] かそれ, が工夫, が長々, ではない, となり, と留守番, と額, にせよ, にとってもそれ, になった, にはお, のこと, の心, の文吉いじり, の方, の死, の神うしゅめい, の義理, の親戚中, はなん, はやり出した, は紙幣, は返事, は飯屋, をたずねた, を尊敬, を敬い

▼ また興味~ (29, 0.0%)

2 のある, の深い, をもっ

1 [23件] ありげ, あり有益, あること, あるもの, ある事実, ある句, ある史料, ある批判, ある理由, ある話, がある, がお, がない, であるから, のない, の持ち, もありますまい, もない, も持っ, も覚えず, をそそる, を以て見はじめました, を持つ

▼ また~ (29, 0.0%)

3 の色 2 を吐いた

1 [24件] がこぼれる, が出, が出ます, が洩れた, が流れる, が降っ, けむりたてて, には自分, にまじった, に染む, のごと沈黙, のしたたる, のため, の海, の雨, はそこ, までがまったく, をだし, をとる, を吐いたです, を吐く如き, を喀, を洗う, を見る

▼ また見る~ (29, 0.0%)

3 ことが 2 間に

1 [24件] うちに, かと思う, からにむさくるしい, からに色気, からに風采, ことの, ことも, ことを, と何となく, につれてあたたか, に堪えない, に至る, は女, は肋の, まに, ものか, もみじめ, 世界を, 事の, 姫が, 影も, 機会の, 者も, 花の

▼ また諸君~ (29, 0.0%)

2 のため

1 [27件] がこの, がその, が生産, とともに働かん, と会し得る, のある, のよう, の中, の先輩, の動物性, の名誉, の子孫, の将来, の想像以上, の綜合, の質問, の階級的意志, の青年時代, は本当, は正直, は自分, は詩, は諸君, は近世, もあまり, をし, を喜ばせ

▼ また過去~ (29, 0.0%)

2 の歴史, の経験

1 [25件] との結合, と同様, にお, においても地質学者, において互に, には, に似たら, に何, に於, のあらゆる, のあるいは, のすべて, の不覚, の事, の人間, の作中, の創作物, の学風, の或, の文学, の私, の追想, も, も新しい, を題材

▼ また遠い~ (29, 0.0%)

2 旅を, 昔の, 道を

1 [23件] とこで, ところへ, 人間の, 以前からの, 処の, 処を, 南の, 国の, 国へ, 将来に, 廻り道を, 所の, 故国日本の, 旅の, 村の, 極遠い, 残光を, 洋上の, 海の, 煙筒の, 田舎の, 縁家などを, 過去に

▼ また~ (29, 0.0%)

8 もなく 2 がします, たてて, をたて

1 [15件] がした, して, と運動, なき音, なく次第に, の中, の強弱, もなくす, もなくもどっ, もなく引き絞られた, もなく立ち去る, もなく静まり返っ, も立てず, を立てず, 高く蹴っ

▼ またいっしょ~ (28, 0.0%)

2 になっ, になる, に散歩

1 [22件] だ, にいなくなった, にしっかり, につかまる, になった, になるだろう, になれる, になれるだろう, にダンス, に住もう, に働く, に出かけよう, に寝た, に暮らす, に歩い, に歩き出す, に洗うたら, に生きた, に笑った, に見, に露西亜文学, に黙っ

▼ またかえって~ (28, 0.0%)

3 きたの 2 くるなんて

1 [23件] いったの, いって, きて, くるからと, くるの, この江戸, こようなどとは, それを, よろしい, 一座を, 危険を, 夢よりも, 安心も, 来たとき, 来るかも, 来ると, 楽に, 気の毒に, 目立って, 粘り出すかも, 落著いた, 行って, 非常に

▼ またこうした~ (28, 0.0%)

2 ことを, 場合の

1 [24件] ことに, ときには, カフカ観を, 不運の, 人出入りの, 儀十郎の, 原生林の, 場合に, 夜の, 奇蹟は, 婿かしずき, 家の, 巨木の, 強請に, 心の, 新政府, 根も, 極刑が, 民衆の, 父の, 父を, 種類の, 立場に, 遊蕩な

▼ またこんなに~ (28, 0.0%)

1 [28件] あとから, あなたの, お預かりした, こくめい, こわして, しても, すごい美青年, なって, までよく, 不自由を, 低くノック, 女を, 弱いやさしい心, 早くたっ, 汚らしいようす, 派手に, 減つたんでさ, 滾, 烈しくお, 疲れること, 病身で, 紫の, 美しく化粧, 美しく照り耀く, 若いくせ, 遠くも, 集まって, 頼りない

▼ またふたたび~ (28, 0.0%)

1 [28件] あの乱, それが, どこかで, 上へ, 不安に, 会うという, 伸子にとっても, 僕の, 右門は, 同じよう, 四十戸余の, 小牧において, 彼の, 愛する息子, 戦場で, 日本橋を, 毛受勝介の, 犯すであろうという, 畦道まで, 祖先の, 老女を, 自分たちの, 芸に, 親たちの, 越前の, 都へ, 鋤を, 馬上の

▼ またアメリカ~ (28, 0.0%)

2 と結び

1 [26件] から廻っ, から渡った, が敗戦後, では飛行機, といふ国, と濠州, などにおいて既に, なの, において黒人, には大きな, の, のお客樣, のイドナ・ダウ・チーニー夫人, のコロムビア大学, のチョコレート, の共和政, の労働者, の多く, の大月さん, の恐慌, の著名, へいっ, へ引返し, へ舞い戻っ, へ行きたい, へ行った

▼ また一部~ (28, 0.0%)

2 の兵

1 [26件] からは, だけ影, では, ではその, ではただ, には八月節, には海水, には親愛, に馬, の学徒, の学者, の将, の読者, の讀書子, はこの, はその, は他, は同一, は地面, は戦前, は砂地, は西寄り, を割愛, を得た, を捉え, 焼けた建物

▼ また~ (28, 0.0%)

1 [28件] から日本, がのぞみ, と時, と比肩, によりて擧げられ, によりて自家心中, に反し, に由つて外, に適する, れが, を, を個々, を利休居士, を制せず, を取り, を古, を善し, を奪, を希臘神話, を想, を憎悪, を民族, を発見, を盗みしなる, を知る, を衒, を重, を防ぎ

▼ また~ (28, 0.0%)

2 も知らぬ

1 [26件] あるお寺, ある武将, がなく, が分れ, が定まっ, のある, のない, の知れぬ, は, は君主国, は紀之, もしらず, もない, も知れぬ, を売りました, を尊ぶ, を得ん, を稻田, を聞いた, タンテイの, 什の, 告って, 探偵と, 探偵シャーロック, 有, 譽心は

▼ また如何なる~ (28, 0.0%)

2 点で

1 [26件] ことが, ところに, 世界が, 主観的手法の, 事故の, 力の, 協団も, 商品が, 喜を以て, 愉樂も, 意味において, 教科書とも, 文句を, 時にでも, 時をも, 時代に, 点が, 熱誠を以て, 理由と, 環境においては, 生活にも, 禍の, 答をも, 英雄も, 談話の, 風にも

▼ また~ (28, 0.0%)

8 の中 3 を出

1 [17件] から聞こえ, から送り出し, が小さく, にあらわれた, にはいっ, にはいつ, にもどった, に入, に帰り, の入口, の空気, へ取って返した, へ帰っ, へ引き返した, を出る, を出るごとく, 近く繁り込ん

▼ また~ (28, 0.0%)

4 の方 2 のほう, の知れぬ, 深い海

1 [18件] からふるさと, から上, がある, しれぬ絶谷, だそう, で動く, にこうした, にやつぱり源家, に暗ん, に青い, のある, の知れない, へもぐりました, までさぐっ, までたたき込んじゃった, まで圓朝, まで青く, を見

▼ また~ (28, 0.0%)

2 へ出

1 [26件] と同じく, にとって甚だ, にやってき, に入れる, に出, に出た, に坐つ, に来, のなか, の中, の中華ソバ, の方, の繁栄, の雑作, の飾り, は堺, は日に日にいささか, へ, や居間, や飲み屋, をしまう, をとじる, を仕舞い, を出し, を張った, を開きたい

▼ また~ (28, 0.0%)

3 をたたく, を叩く

1 [22件] から頭, が閉, だなの, につけ, のすき, の外, の破れ, の間, へ鍵, まど, をあけ, をそっと, をたたい, をたたいた, をたたきました, をやぶる, を叩いた, を叩きました, を明け, を締めきりました, を締めた, を閉め

▼ また立っ~ (28, 0.0%)

3 て行った 2 て書斎, て行っ

1 [21件] たりは高山君, たり歩い, ていた, ていっ, てき, てきた, てその, てゆく, てアドレッス・ブック, て今, て多, て彼, て明るく, て来た, て森, て歩いた, て歩ん, て無意識, て自己, て舞いかけ, て行く

▼ また芸術~ (28, 0.0%)

2 の世界

1 [26件] がそれ, が創造, が笑談, が詩, ででも, ではない, ということ, としては赦されない, においてはすべて, においてもアテナイ, のため, の上, の使命, の創作, の方則, の本質, の美し, の調子, は必, も変つた, も多く, や教育, を尊重, を導く, を愛好, を顧みざる

▼ また行く~ (28, 0.0%)

2 んだ

1 [26件] かもしれません, くらいなら, ことに, こと数十歩に, こと早く, つもりで, つもりです, つもりでも, といっ, としょげ, とすり, とはどういう, と今度, と彼等, と決意, のだらう, へもしらず消え, ように, んなら, 予定です, 積りだった, 素足しらしら, 船の, 處を, 道には, 道を

▼ また~ (28, 0.0%)

4 へ出かけ 2 の方, へまた, へ出かける, を歩い

1 [16件] で飲みつ, にいで, に出かけ, に輝いた, の並木, の中, の到る, の射影, の掃除屋, の掲陽鎮, の郊外, へだいぶ, へ三八九, へ出かけた, へ焼酎二合弐拾四銭, まで酒買

▼ また躊躇~ (28, 0.0%)

15 した 6 して 3 したが 1 しました, する, するよう, をあそばされた

▼ また~ (28, 0.0%)

2 で笑い, につく

1 [24件] かい親分, からおびただしい, から出た, がぶら下っ, が鳴ります, におしつけた, に病, のこと, のさき, の下, の奥, の孔, の穴, ばかりでできあがっ, をかむ, をかんだ, をも傷つけられ, を低く, を啜った, を寄せます, を攻む, を退く, を鳴らしあっ, 拭きを

▼ またあちら~ (27, 0.0%)

2 の港

1 [25件] から, から一人, から申せ, から箱, で, では女の子達, でも窓, には起重機, の友だち, の向きよう, の品物, の垣根, の塀, の座敷, の村, の松林, の林, の男, の画, の空, の遠い, へすたすた, へ上がる, へ参ろう, へ飛びのいた

▼ またかう~ (27, 0.0%)

2 も言, 云つた, 云ふ

1 [21件] いふふうに, いふ一節が, いふ事も, いふ性質の, いふ時に, いふ瞬間には, いふ種類の, いふ組織に, いふ自分の, いふ話も, くりかへ, してた, もあらう, もいつ, もいつた, も云, も思ひました, も続い, やつて娑婆ふたげ, 口を, 自分に

▼ またずっと~ (27, 0.0%)

3 後に

1 [24件] あの西側, おいでに, じょうぶに, 下に, 下の, 付ききり, 以前から, 前から, 前の, 境内で, 寄る, 小さなけ, 彼方の, 後代では, 後年の, 御所に, 昔から, 昔において, 昔の, 溯った幼時, 繁った夏, 美しくなった, 遅いらしかった, 長い時間

▼ またどうか~ (27, 0.0%)

13 すると 3 して 2 したの, したん 1 いう日, するつもり, するに, するの, ならあな, 云う工合, 話して

▼ また一歩~ (27, 0.0%)

3 進んで 2 を進め, 近づいて

1 [20件] しりぞいて, すいと, ずつ進む, ですよ, の時, ふみだそうと, もこの, もそこ, も踏み出す, をかえしましょう, を譲っ, を退い, を退け, を進める, 推し進みます, 歩き出した, 踏み出し同時に, 退いて, 進み出て, 進んだわけ

▼ また不意~ (27, 0.0%)

1 [27件] な雪中合戦, にトントントン, に一人, に何, に切りつけられ, に同じ, に彼, に悸, に気がついた, に泛ん, に消え, に清十郎様, に父, に眼, に社宅, に立ち停つた, に立ち止まった, に耳, に自分, に貴, に走っ, に起つ, に顔, に飛び出した, の来客, の驚愕, をおそわね

▼ また二三日~ (27, 0.0%)

8 して

1 [19件] ありて, か四, しますと, すると, たって, たつて, つづけて, の後, は經, は雪, もちますかね, も立つ, 休んで, 延ばした, 暮したが, 経った梅雨晴, 経っての, 続いた, 過ぎました

▼ また~ (27, 0.0%)

2 からまあ, に住んだ, に宮内, のもの

1 [19件] い寄って, から, からじっと, からそれ, からもり添える, からモグラ下士, でそれ, にある, にい, にいる, に千鶴子, に置いた, の巨巌, の意志, の者, の脇息, の草, へずらす, を向いた

▼ また全体~ (27, 0.0%)

1 [27件] から受ける, が共鳴り, が平ら, が理屈め, が理窟め, としてその, としてのイオン数, としてのヨオロッパ, としての国軍兵力, としての過程そのもの, として妙, として歪ん, として聖勅, にこのごろ, にわたり, に彼ら, に戻っ, に褐色, のレヴェル, の基調色, の幸福, の志向, の生活様式, の者, の調子, も揺らぎ, を整理

▼ また~ (27, 0.0%)

2 に向っ

1 [25件] から黒い, にむけ, にも聞える, に三里, に向い, に東, の中山殿, の国, の夜空, の果, の浜辺, の空, の自分たち, の道, の顎十郎, は津軽, へと折れる, へ北, へ四日, へ大軍, へ戻る, へ歩きはじめる, へ行く, を指し, 走し二

▼ また太陽~ (27, 0.0%)

2 の黒点

1 [25件] からの距離, から分離, がのぼりはじめる, が一年, が出た, が沈む, が照りつけ, とともに白羊宮, と若干, にも倦きし, に同人, に墜落, のあたる, の冷却, の娘, の子, の役目, の御子, の眼, はその, は頭上, へながしめ, や月, より数千倍, を見ます

▼ また始まった~ (27, 0.0%)

32 なと思った

1 [22件] かと思うだろう, ぐらいに思っ, ここの, ぜと人々, ぞ, ぞと思ったらしく, という笑, という面, といわない, といわぬ, とうんざり, な, なという程度, なと云わぬ, なと彼, なと思う, のかと, のです, のね, はなし家の, よ, よこの

▼ また学問~ (27, 0.0%)

2 なり, のため

1 [23件] があっ, があれ, が田舎, とかがお, としては神, と政治, などとはおよそ, などとは無関係, に依り, のある, のすき, の人生論的起源, の有難味, の程度, はそれ, は身, は遅々, も充分, や技芸, をしなそう, をする, を用いる, を蔑視

▼ また幕府~ (27, 0.0%)

4 の御

1 [23件] からうけた, からも大いに, から援軍, から領地, が仆, が水戸老公, が軍, に直轄, の, のため, の侍医, の保守側, の嬖臣柳沢吉保, の指令, の横暴, の注意人物, へ報告, へ献上, へ讒訴, をし, をも驚かせた, を繞, 及び諸

▼ また~ (27, 0.0%)

5 を見 3 も折

1 [19件] あらば, あるごと, かえして, があら, があろう, には腹, には草, には藪八ひとり, にふれ, にふれ綴った, もあったら, もあら, もありましょう, もあれ, よくその, をみ, を見まし, 悪く出火, 悪しくクシ

▼ また歴史~ (27, 0.0%)

2 の発展

1 [25件] ある洛陽, ある玄関, であるべきはず, といふもの, などもそう, についての学問的研究, にもあまり, の一過程, の中, の主, の問題, の大勢, の存在, の教える, の本, の物語る, の繰り返し, の進展過程, は人類, をも禁じ, を体系化, を形づくる, を概念化, を知る, を通して今日

▼ また生き~ (27, 0.0%)

8 ている 6 ながらへる

1 [13件] かへつて, たり, つつある, ていく, ていれ, ておめおめ, てもいない, てもいる, てゆく, て出, て動い, て来た, ながら死んだ

▼ また聞え~ (27, 0.0%)

8 て来た 6 て来る 3 てきました 2 てきた, て来ました 1 さうな気, てくるおい, てそれ, ても彼, て來, 同時に蟻

▼ また~ (27, 0.0%)

7 の上 2 を叩きました

1 [18件] ありて, がしら, にとりあげ, にまた, に怪我, に角, のまえ, の拳固, へ載せ, をついた, をぶるぶる, を叩いた, を叩き, を抓った, を折っ, を折り, を立て, を進め

▼ また近い~ (27, 0.0%)

21 うちに 2 中に 1 ころ急に, 内に, 所に, 未来の

▼ また~ (27, 0.0%)

4 の汗

1 [23件] から汗, において増加, に嵌め, に帽, に手, に深く, に皺, に視入った, に釘, の上, の赤い, へ眼, も冷し, をつよく, を丁と, を仰いだ, を叩き, を叩きました, を押え, を拭った, を撫で, を磨った, を突き合わせる

▼ またおなじ~ (26, 0.0%)

6 ように 2 ことを, ような

1 [16件] だった, であろうし, 中庭を, 仰せ言か, 叫びを, 年紀ごろ, 意味を, 方向を, 次も, 行装で, 言葉を, 軌道に, 部屋の, 附近で, 電信が, 頃何となく

▼ またお母さん~ (26, 0.0%)

1 [26件] がお, がおとなしい, が出, が取り上げ, そっくりでありました, と何, にいろんな, にどんなに, に対してもていさい, に気がつきませんでした, に聞いた, に聞きました, のこと, のため, のベーカー夫人, の凝り性, の声, の方, の耳, の話, の部屋, は, もお, も呼ばれ, も家, を呼んだ

▼ またその間~ (26, 0.0%)

2 にどんな, に娘子供

1 [22件] であった, にお母様, にはしばしば, にはシッキム人, には生徒たち, に奉行小屋, に岩陰, に彼, に明滅, に法律学, に相互, に禪機, に考え, に見える, の忍苦, の無沙汰, の路, の関係, も帝, をつめ, 各, 如何なる境遇

▼ またどっと~ (26, 0.0%)

2 声を, 笑いました, 笑い声が

1 [20件] あざわらって, よせて, わらった, 主人の, 吹き寄せて, 囃し立てた, 四人は, 新たな, 来たじゃ, 泉の, 爆笑した, 病気で, 皆は, 笑い出した, 笑う, 笑うなか, 笑う間, 笑声が, 風が, 高笑いを

▼ また~ (26, 0.0%)

5 んという 2 んたる

1 [19件] かまと, が雨, ささうな, すべかりし, その心, だれるな, の花, むあみだぶな, んであんな, んであんなに, んでございます, んです, んでそれ, んで今頃公園, んで生計, んで行われた, んで首, んによって, 御婦人

▼ またはじめ~ (26, 0.0%)

3 やがった

1 [23件] からなん, からやりなおし, からやり直す, から作り直させ, から反対意識, から小さい, から書きなおす, から研究, から聞きたい, たらしいの, っから, ている, てるん, に調べ, のごとく唱え, の三年, の旅亭, の通り, の間, の麁葉, は身振り, は飯, やァがった

▼ またわざわざ~ (26, 0.0%)

1 [26件] お引合わせする, お送り下さいまし, かかりへ, こんな奇計, こんな家, ご苦労さまに, そのため, その例, その練習, それを, ついて行こうっての, 一人旅を, 今日の, 出かけるよりも, 剣で, 助けに, 坂東の, 御入来, 手数を, 東京から, 松屋まで, 殺されに, 笙の, 絵や, 首を, 骨を

▼ また兄さん~ (26, 0.0%)

1 [26件] かと驚いた, がしばらく, が会い, が怒られる, だけの中毒, だけの考, と店さき, どのよう, にし, にだまされた, に云いました, に可愛がられる, のしかめ, の事, の方, の百年, の苦しみ, の草刈り, は, はお, はちょっと, は月, までもしょせん, も私たち, や姉さん, を引張り出し

▼ また~ (26, 0.0%)

2 と外

1 [24件] からがらり, からはそち, から見, で食わない, にあっ, に入らん, の商品, ふところから, へはいった, へ入っ, へ入らせ給う, へ戻っ, へ逃げ込みまし, へ這入った, より悟り得べし, より教, より無理, 伝と, 供は, 治の, 管領長崎殿や, 臟と, 色許男の, 證だ

▼ また夫人~ (26, 0.0%)

3 その人 2 の美しい

1 [21件] が夫オースチン, が市長, が言った, として待遇, と僕, に会う, に向い, に掻きつく, に稚, の口添え, の命令, の家, の意志, の腰, の護衛役, は生き生き, は白く, は自分, より菓子, を救い出そう, を汚さまく思え

▼ また始め~ (26, 0.0%)

6 やがった

1 [20件] からやりかえる, からやり直さなく, からやり直し, からやり直す, から猜疑, から繰り返された, てわれ, て切な, にお, にかへり, にはカメラ, の沈鬱, はなんとも, へ戻っ, へ戻り, やがツ, やつて, 出した, 出そう, 単なる発火事件

▼ また小説~ (26, 0.0%)

1 [26件] から見た, でしょうあたい, というもの, と違, なども大いに, なんて書く, に托し, に書いた, の, のひとつ, のポピユラリチイ, の地, の存する, の方, の構造的美観, の眼, の隠れ, は学者, や批評, を書きはじめ, を書けなくなる, を求むる, を読みまし, を読んだ, を讀まれる, を讀ん

▼ また後で~ (26, 0.0%)

1 [26件] いいます, いいますも, お秀さん, ききます昨夜奥さん, というよう, ほかに, 会おう, 伺うこと, 伺った方, 何する, 全部教師等の, 力を, 手紙で, 敵として, 来ますよ, 来るもの, 泣こうと, 熱を, 看護婦さんにも, 聞いたこと, 苦しがろう, 話します, 調べる, 遊ばうね, 食べる, 食べるよ

▼ また~ (26, 0.0%)

3 になる

1 [23件] からずや, から新聞, から朝, で七時, に, にお前, にお目にかかりませう, にしよう, にでも, にでもなったら, にねと約束, には奏楽席, には軍書, によっては一杯機嫌, にチョコレート, に寝ない, に文句, に眠れない, に神様, に船欄, に行っ, の七時頃, はいい

▼ また此処~ (26, 0.0%)

2 に来

1 [24件] から上海, で一緒, で一頓挫, で三人落ち, で待ち合せませう, と来たら, なお屋敷, にある, にすべて, に外, に来る, に私自身, に至つて, は何, は合, は地獄極楽, へ出直す, へ帰っ, へ捕まっ, へ来る, までも, を出, を出たい, を通っ

▼ また無限~ (26, 0.0%)

2 である, な実体, な實體

1 [20件] であります, であるでは, である時, であろう, です, なる動, に入国, に出来る, に包容, に永遠, に続く, の宇宙全体, の暗い, の残忍, の波動, の統一, の趣, の趣味, の逸興, の項

▼ また独り~ (26, 0.0%)

2 で将棋

1 [24件] さびしん, でうなずいた, でおかれ, でこう, でこの, でやりだした, で可, で思案, で歩き出した, で深く, で笑った, で腹の中, で酌, で飲む, で黙々と, になっ, になった, の時, の清貧, 取り残されねば, 呟いた, 呟くよう, 悠々と, 頷きつつ

▼ また私達~ (26, 0.0%)

2 にいびられ

1 [24件] が勧誘, であの, にしろ, に此地, のあと, のいう, のひいき, のセンチメンタリスト, の前, の卓子, の唯一人, の家, の寂しい, の平和, の恋, の愛, の芸術家, はしばらく, は小舟, は山陰線, は無言, は生, は第二義的, をそう

▼ また~ (26, 0.0%)

3 上った, 停った, 止って 2 上って, 戻って

1 [13件] 停り右手, 停るという, 勝って, 帰って, 懸り, 止まりて, 止まりまた, 留って, 留まった, 留まって, 苦しくなった, 顧みる旅人同士, 騒ぐ小鳥

▼ また自由~ (26, 0.0%)

1 [26件] である事, でなく危険, でもない, で笑い, というもの, なこと, なの, な体, な均整, な構想力, な立場, にその, になし得た, になっ, になった, になれる, にもなっ, に写生, に処分, に吹き得る, に行け, に遊蕩, の行為, を与う, を得たる, を捨て

▼ また良人~ (26, 0.0%)

1 [26件] があっ, がそんな, が一朝病, が怪我人, さえりっぱ, であって, で当, として妻, として賞め, とは道契, にとっても自分, に対しても唯一, のその, のもの, の地盤, の巻き添え, の忠興, の方, の皮肉, の義経, の部屋, へ曠, を師, を見た, を迎える, 又は父親

▼ また~ (26, 0.0%)

3 を分け 2 の上, の中, の露

1 [17件] が出る, そよぐ彼方, におおわれた, のなか, のひと色, の先, の繁った, の臥床, の葉末, の間, へ, もたべず, や木, をむしり出した, を刈りはじめました, を織り, 刈るがらな

▼ また~ (25, 0.0%)

1 [25件] いぬ自身の, ぐ, げんこツ, さつて, ざらかと, しからざるべし随処, しし, たくしが, たくしで, たまから, だかも, つた, つても, とじさった, ねごときた, はう, はざめや, はて, はははは磯屋さん, はれるか, ひびきの, ふぎゐる, わけが, われを, 何を

▼ またあたり~ (25, 0.0%)

2 を見廻す

1 [23件] があたり, があった, が変, が少し, が物寂しく, にもその, にも人影, に鳴りひびく, の物, の群集, の風景, は妙, は寒い, は無数, をぶらつき出した, をジロジロ, を尊大そう, を眺めまわした, を見, を見まわし, を見まわした, を見回し, を見廻した

▼ またごく~ (25, 0.0%)

2 静かに

1 [23件] いい, おもしろかった, つきあいやすい, まれに, 一部の, 一部は, 並外れた勇気, 健康で, 古い人種, 快活だった, 普通に, 特別な, 特殊な, 短いもの, 自然だ, 見栄坊で, 話し上手, 辺鄙な, 近くである, 近くに, 遠かった, 野蛮で, 雑ぱく

▼ またさき~ (25, 0.0%)

2 とおなじ

1 [23件] にこの, にゆき, にわが, にオースチン, にガラス戸, に一, に尊氏, に小浜宿, に平野, に挙ぐるところ, に梓潼郡, に歓声, に田虫, に申上候銅像, に石山寺, に許可, のやう, の如く撃ち, の町さ, へいきました, へ歩い, へ立っ, を書きつづけた

▼ またとき~ (25, 0.0%)

1 [25件] としてこぶし, としては大, としては或, としては軋る, には, にはある, にはすべて, にはその, にはやつ, には万事, には主人, には声, には少し, には森, には永久, には湖心, には熱海, には眼, には足もと, には露店, には高らか, によってはこんな, によつて, による, をおい

▼ またどうしても~ (25, 0.0%)

2 それを

1 [23件] お嬢さんを, すぐにいってみるといいはったこともありました, その下, それが, 世間から, 喜びを, 四つでなく, 夫婦に, 思いきれません, 性格的に, 憎み切れないもの, 戦争手段が, 拙者と, 文学的な, 決心が, 細い萱戸, 聴いて, 自分の, 融和せず, 行かなければ, 詩壇の, 防戦防禦を, 鬼の

▼ またやって来た~ (25, 0.0%)

42 のか, まえ

1 [17件] か, かも知れません, しそれから, という, なしっかり, なと思い, などう, のだ, のだろう, よ, わ, んだろう, 俺は, 時そっと, 時には, 時村田は, 白布高湯は

▼ またわれ~ (25, 0.0%)

2 に返っ

1 [23件] から家, から我が, っかえるよう, とは何, とわが, にかえる, にもあらず, に交わり, に劣らぬ, に同じく, に従う, のごとき, の掌中, は哀, は夢む, は尾崎, は撲, は草, を救う, を盲, を見, を見捨てん, 劣らずと

▼ またわれら~ (25, 0.0%)

1 [25件] が宇宙, が理窟, が興ぜし, が霊魂, とあわれ, にこんな, に告げ, に於い, のつましき, のよろこびであります, の中, の亀鑑, の傍, の如き, の情, の想像, の數, の生, の近衛師団, の造る, の骨, はこれ, は人間, を嚇し, を猟兵

▼ またドイツ~ (25, 0.0%)

1 [25件] からフランス, が起つた, での脱走, では初め, でも霧, においては屈辱的大敗, にし, のアルトミュール, のカール, のテレフンケンシステム, のハウスホーファー, の勝利, の厳粛主義, の大, の学者, の故, の有名, の朗吟法, の正確, の為政家ら, の近代画家, は淋巴液, へ出発, へ逃げ帰ろう, よりブッセ

▼ また一時~ (25, 0.0%)

2 に湧い

1 [23件] がやがやと, この地方, しずまって, に, にこみあげ, に何百人, に大勢, に明るく, に春, に爆発, に砕け, に酔い, の体, の座興, の悲しみ, の波浪, の激発, の記憶, の軽々しい, の錯乱, はいそ, はその, を打つ

▼ また一時間~ (25, 0.0%)

2 ばかり行乞

1 [23件] か二時間, ぐらい話した, ばかし汽車, ばかり, ばかりも息, ばかり歩く, ばかり煮ます, ばかり経過, ほどたった, ほどもくる, ほども弱い, ほどテンピ, ほど弱い, ほど湯, ほど煮, もか, もじっとそのまま, も煮る, も経つ, を費やした, を費やす, 煮ます, 進んだ

▼ また会おう~ (25, 0.0%)

532 と言っ

1 [15件] じゃない, ぞうさであった, ということ, といっ, とは, とはドミトリー, とも求めなかった, と云い残し, と云った, と俺, と別れ去った, と約束, の, 伝九人間には, 友達

▼ また初めて~ (25, 0.0%)

2 旅する

1 [23件] ある地位, いた, いっしょに, ここを, この人, である, の外国, の時, の聖体拝受, マルクス主義的な, 健気な, 彼は, 彼女と, 得た稿料, 知った, 社会は, 社會は, 聖書を, 自分の, 薬師寺金堂の, 起きあがるの, 電線を, 髪を

▼ また~ (25, 0.0%)

3 なり

1 [22件] い塩梅に, ならずや, ならずやと, ならん, なりいわんや, なりかも, なりしばしば, なりという, なりなん, なりの, なり円滑, なり遅く, なり重大, なり鈍感, 哀さうな, 変項, 怖い眼, 惜幾多の, 愛想に, 懐しさ, 燐な, 訝なもの

▼ また同一~ (25, 0.0%)

2 の比例

1 [23件] だろう, であったよう, なること, のもの, の人, の人口, の原則, の名, の場合, の心像, の性質, の態度, の敬意, の日本民族, の権利, の現象, の理由, の目的物, の神, の貨幣価格, の農業知識, の選挙人, の針金

▼ また周囲~ (25, 0.0%)

3 の事情, の人々 2 の情勢

1 [17件] からも多少, がそれ, で煩わしい, と釣り合わない, にこれ, には武家屋敷, にやや, に対して, に火花, のせい, の人, の桎梏, の者, の者たち, の誰, も庶民, を陰惨

▼ また~ (25, 0.0%)

1 [25件] が震う, ごもる, にあるごとき, にはかしこ, にひざまずい, にもぐりこん, に伏せ, に住みし, に匍匐, に手, に欧洲, に満, に生えた, の土, の声, の多少, の広, の底, の深き, へ捨てられた, へ生み落さるれ, をつたっ, を呑み尽くし, を払つて, を離

▼ また変っ~ (25, 0.0%)

5 ている 2 てい, ていた, てきた, てしまう

1 [12件] ていました, ています, ておりましょう, てこんど, て他, て来, て来ました, て林之助, て現れる, て行く, て謝, て逆落し

▼ また婦人~ (25, 0.0%)

2 の天職, の方

1 [21件] から云え, から云つて, しかも老, でありました為, と小児, に対して重荷, に対する侮蔑, に慕われる, のそれ, の位置, の厄年, の友達, の挙動, の男子, の細か, の肩, はどんな, は幽霊, は早く, や処女, を殺す

▼ また往来~ (25, 0.0%)

1 [25件] から左, すること, だ, では子どもたち, では紳士淑女たち, でも, でもない, で乳母車, で人, で偶然, で孤立, に今度, のとぎれた, のまん中, のよう, の上, の人, の都会人, はニコニコ, へ出, へ捨て, をうろつく, を森さん, を歩く, を視

▼ また~ (25, 0.0%)

2 もつかず

1 [23件] がつけなかった, がとまり, が出た, が幽か, が漏ります, が詰まった, の方, も苦し, も詰る, をきっ, をこらしました, をつぐ, をつめ, をふきかえし, を切っ, を吐く, を吹きかえした, を吹き返し, を吹き返します, を吹返, を引いた, を殺す, 吐きつつ

▼ また~ (25, 0.0%)

2 のため, はその, や人間

1 [19件] がついに, が加わる, しない理由, であること愛, と呼ばるる, と柔和, と認識, なりとの観念, によって立, の到達, の華座, の跡継, も新, より起こる, を与える, を出発点, を取り返す, を取戻す, を感じさせられる

▼ また~ (25, 0.0%)

3 の光 2 のこと, のない

1 [18件] があらた, が変つて, が変る, が小さく, が私, に, に誘はれ, のころ, のやう, のよう, の大き, の明るい, の照らす, の良い, はしづきゆく, を仰ぎ, を仰ぎぬ, を見

▼ また永遠~ (25, 0.0%)

2 なもの, に友禅模様

1 [21件] から解釋, であると, といふもの, に, にわかれわかれ, に向, に向っ, に消えない, に空洞, のもの, の三位, の喜び, の意味, の敵, の生, の真実相, の神性, の美, の運命, の闇, を意味

▼ また~ (25, 0.0%)

5 の中 2 から穴, へ戻っ

1 [16件] があい, が一つ, が出来上る, が明く, が閉じ, にかえった, にはめ, のなか, のま, の上, の入口, の口, の奥, の縁, を掘っ, を掘る

▼ また~ (25, 0.0%)

2 を飲み

1 [23件] というもの, と珈琲, など飲ん, に関する書物, のこと, の室, の支度, の沿革, の記述文, の道具, は坊主, は畳, をいれかえ, をすすり, をすする, をつい, をついで, をのん, を一口, を啜った, を持つ, を汲んだ, を送っ

▼ また近く~ (25, 0.0%)

1 [25件] から紳士たち, から遠く, でというふう, で闇, と聞い, にきゅうり, には河内, に親類, のこの, の人々, の大きな, の山々, の河, の砂浜, はフランス, は我国, は法月弦, へきやがった, や遠く, より透間, 出来ようと, 映る, 暗き嘲笑, 来るべき戦争, 鳴つて

▼ また途中~ (25, 0.0%)

1 [25件] から使い, から引きかえし, から船, から駒, でなにか, で三人, で倒れ, で倒れられ, で再度, で出, で出逢った, で別れ, で嫌, で急激, で月ヶ瀬, で葬式, で遇う, で針, で飮, で飲み始めなけれ, のどこ, の人目, の停留所, の様子, 極めて心置き

▼ また~ (25, 0.0%)

3 の村 2 の間, も海兵

1 [18件] が秤, で蔵, にも見出せるであろう, にも間ごと間ごと, のかみさん, の一番, の二階家, の人たち, の地, の婆さん, の父, の独唱家, の男, の者, の芸妓屋, の袂, の鶏, はエビスサマ

▼ また電車~ (25, 0.0%)

3 に乗っ

1 [22件] でひき, でまつし, で一人ぼっち, で中央アルプス, で京都, で宮嶋, で帰る, で引き返す, で矢来, で舞子, に乗った, に乗り, に乘, に乘つて三田, に向った, のなか, のなくなる, の乗客街上, の方, の通る, へ乗っ, をのりかえなけれ

▼ またお前さん~ (24, 0.0%)

2 すた

1 [22件] が先, が来たら, が預かっ, と, にした, になり, に会えよう, に恩, に逢える, のとこ, のところ, の一家, の処, の小遣い, の折角, の身, の頼み, はご存じ, までが止める, も知らない, を可愛がっ, を頼む

▼ またお父さん~ (24, 0.0%)

6 のところ 2 が生まれる, の蟹

1 [14件] から譲り受けた, が, がお, だのお, につれ, に向かっ, に怒られる, に親しみました, に蹴られた, のこと, の時計, の独りよがり, はやはり, も水野さん

▼ またそれ以上~ (24, 0.0%)

2 のこと

1 [22件] である, におとなげ, にこの, には眼, にわが, にスカンヂナヴィヤ, に一般, に三篇, に僕, に共産党, に御馳走, に朴訥温厚, に自尊心, に複雑, に魂, の固定資本, の存在, の建設的, の役人, の心配, の深い, は跡形

▼ またやって来~ (24, 0.0%)

32 てさも

1 [19件] それからふたたび, てあいかわらず, てあの大きな, ていた, てその, てただいま, ても彼, てわたし, て三十円, て不幸, て今度, て地, て塩, て待合室, て河野さん, て演説, て真澄, て羨まし, ねえ

▼ また一切~ (24, 0.0%)

2 のこの, の目標, を失ひ

1 [18件] があつ, のもの, のより, の傍系子孫, の利潤, の女性的特質, の存在, の我慾, の放免囚, の書物, の未来, の無能者, の経験, の自治, をまことに, を引き受け, を抱擁, を見渡し

▼ また一説~ (24, 0.0%)

2 には

1 [22件] があります, だね, ではエトルスクス族, ではコマ五郎, では多分, では泉州堺万代村, とすべし, と致しまし, にはいや, にはこの, にはこれ, にはこれら皆空, にはすべて自分, にはその, にはなお, にはナニあれ, には入道円心, には岩手山, には神部, には飢え死に, による, によれ

▼ また互いに~ (24, 0.0%)

2 生ある

1 [22件] いかなる意趣, ささげ合う夫婦, その知識, 一つに, 争闘する, 利用し得べき, 刺し交, 助け合いながら, 同気を, 妙に, 居残ろうと, 年齢の, 引力を, 感化を, 手を, 混乱しはじめた, 相対的に, 華美を, 衝突し, 警告し合う, 近い者, 顔を

▼ また今年~ (24, 0.0%)

1 [24件] の七月, の九月, の五月, の冬, の処, の夏, の新年, の旅, の春, の正月, の秋風, は何回忌, は後厄, は男踏歌, もあるい, もか, もきれい, もすでに, もやって来た, も半作, も夏, も天長節, も費すべき, も雪

▼ また~ (24, 0.0%)

2 に降りかかる, の中, の工合

1 [18件] が小さい, に微か, に悪い, の上, の巨大, の弱い, の震える, も動かさず, も苦しい, をかがめ, をふるわせた, をクルリ, を一つ, を揺る, を楽, を起し, を鍛える, を雲

▼ また向こう~ (24, 0.0%)

2 のあの

1 [22件] からの訪問, からやって来る, から一つ, から小林先生, から走っ, がいちめん, でこう, でもそれ, で亡くなっ, にはいっ, にもっと, に日, のかすん, の山, の方, の木の下, の柵, の森, の横町, の黒い, へ駈けおり, をむいた

▼ また国家~ (24, 0.0%)

4 のため 2 の不幸, の利益

1 [16件] がそれら, が人, が徐々に, が科学政策, とか民族, としても独, としてよりは寧ろ, として永く, に充分, に功労, の勃興, の干渉, の特色, の総力, は盛ん, への功労

▼ また天下~ (24, 0.0%)

1 [24件] にみじめ, に一人, に号令, に怖い, に義戦, の些事, の何者, の先輩, の大乱, の安から, の富豪十二萬戸, の枢機, の民, の為, の空言, の諸侯, への面目, も取りたい, をお, を憂える, を敵, を知る, 多しと, 第一

▼ また天皇~ (24, 0.0%)

2 のなか

1 [22件] がその, がそれ, が人民, が当時出家, が日向, が日本, が死ぬ, が足助重治, が軍人, が長谷, その后, その弟速總別, となられ, にもわざわい, のなされる, の仰せ, の側, の地位, の御名安殿, は弟, は普通, は民

▼ また~ (24, 0.0%)

3 のよう

1 [21件] がこと, が可哀想, が啜泣き, で古い, などの話し, にしろ, に就, に頼みました, のお, の不具, の好き, の婉子, の常葉, の手, の死後, の長男, は俊子, やお前, や兄, を呼ん, を呼んだ

▼ また強い~ (24, 0.0%)

1 [24件] ことを, てそれ, てつぎこもう, て彼, て許されよう, と定評, ものである, もののうへにも, やうな, 一撃が, 仲間に, 地震の, 日で, 束縛でも, 権勢を, 熱意の, 痙攣する, 者と, 背景という, 語調と, 迫力を, 道理じゃ, 電光に, 風に

▼ また数日~ (24, 0.0%)

6 の後 2 が過ぎた, たって, の間

1 [12件] おいて, かかって, したらそれ, して, すると, たってから, なりき, のうち, ののち, の日, をともに, を過しぬ

▼ また方々~ (24, 0.0%)

2 に浄化塔

1 [22件] から寺, から私, で拾う, にいくつ, にも官兵衛, にらく, に住ん, に新, に死ぬ, に残っ, の下宿屋, の入口, の八幡, の土地, の島, の村, へ吹き運ん, へ泥棒, へ見物, を探し, を渡っ, 飛び廻りましたが

▼ また~ (24, 0.0%)

7 の上 3 に就いた 2 から頭, に就く, に頭 1 につかん, につける, に就きました, に落とし, に身, の下, を並べ, を高う

▼ また~ (24, 0.0%)

3 の中 2 の間

1 [19件] がきた, が好き, にかくれ, には小鳥, に入る, に憩, に鳴る, のかげ, のこちら, のよう, の下草, の奥, の樫, はしずか, や海岸, や砂漠, をぬけ, を越え, 大学頭

▼ また死んだ~ (24, 0.0%)

3 ように 2 子の

1 [19件] あとでは, お母さんを, からという, と出, まねを, ものの, んだ, 主人の, 兎に, 児の, 唖者娘いちの, 場合には, 多くの, 父の, 祖母に, 者を, 親父の, 農奴を, 魂が

▼ また~ (24, 0.0%)

1 [24件] から, がどどど, がテノル, が來, が千変万化, が揺り越す, が碎ける, と果てし, と碎け散り, と闘, のよう, の単調, の向う, の堆積, の底, の水平線, の海原, の退く, の静か, はこの, へはいった, をかぶっ, をよく, を乗りこえ

▼ また玄関~ (24, 0.0%)

2 に行き, のベル, の呼鈴

1 [18件] からも事, から入っ, から迂回, から門, で, で二三度, で呼鈴, に入っ, に姿, に比べ, に音, のほう, の前, の方, の格子, の電鈴処置, へ来, へ現れた

▼ また結婚~ (24, 0.0%)

3 して 2 しても, するに, のこと

1 [15件] がすべて, しちまうに, というよう, に対する主たる, の一歩, の事, の前, の相手, の計, の話, は単に, は男女, まで生存, も自らニュアンス, も諦らめ

▼ また絶えず~ (24, 0.0%)

2 瞑想の

1 [22件] さまざまな, なにものかを, ほつほつ, 世間といふ, 伝来の, 刺激し, 勞働者自身の, 厳格な, 吐息の, 変って, 少女は, 庭に, 愁へて, 月光が, 歴史的の, 注文の, 燃焼的態度を, 生前仏教と, 石炭を, 神の, 葉に, 銘記し

▼ また~ (24, 0.0%)

3 を組ん 2 を組んだ

1 [19件] がある, が一本, が拔, なんか掻いてる, には腕環, に抱き, に自信, の話, をひっ掴んだ, をまくりあげ, を上げる, を動かし, を卸した, を拱, を掴まれた, を痛めたれ, を組みあわせ, を組み眉, 捲りを

▼ また自動車~ (24, 0.0%)

2 に乗った

1 [22件] か何, がつかえ, が向う, で渋谷, で谷川温泉, にでも乗って, に乗っ, に乗り, の中, の到着, の音, はもの淋しい, は無心, は爆音, は言えなかった, をこんなに, をひろっ, をやとっ, をブーブー, を走らせた, を走らせる, を運転

▼ また自身~ (24, 0.0%)

1 [24件] が生活, そう決意, でまいっ, にもそれ, のため, のプロレタリア作家, の上, の体験, の先鋒隊, の光栄, の勉強, の命, の女, の生れかわった, の論断, はその, は連れ, もけっして, も親しく, をも苦しめる, を慰め, 気づかないで, 語り得る者, 諸大名

▼ また~ (24, 0.0%)

2 の木戸, へまわっ

1 [20件] から二階, がえし, が出た, で遊ん, になっ, の干潟, の引戸, の掘, の方, の松ばやし, の畑, の窓, の藤棚, へ出た, へ回っ, へ廻っ, まである, もある, より見る, を見た

▼ また途方~ (24, 0.0%)

15 もない 3 に暮れた, もなく 1 もなく美しい, もなく面白い, もねえ

▼ また飛ん~ (24, 0.0%)

8 でもない 2 で行かなけれ

1 [14件] だり躍, だり這っ, でくる, でけり, ではきませんでした, で其處, で去った, で帰りました, で往, で来, で行きました, で行っ, で行った, で逃げる

▼ またあいつ~ (23, 0.0%)

2 にしてやられた

1 [21件] かもしれません, があの, があらわれたら, があらわれる, がひっぱり出し, が学校, が愚痴, が戻っ, が持前, だ見ろよ, と顔, にし, にも, にもお目にかかる, のところ, の家, の負, の負け, も止せ, も退屈, を早く

▼ またあわて~ (23, 0.0%)

4

1 [19件] ていった, てお, てハンドル, て吐き出す, て引っ込め, て止め, て矢, て短銃, て穴, て羽, て耳, て肱, て蜂, て袂, て話しかけた, て車, て追いすがり, て音盤, て駆け出す

▼ またいつのまにか~ (23, 0.0%)

2 不器用に

1 [21件] そこへ, のそり, 以前の, 佐々の, 侍臣の, 信長の, 僕の, 吹きはじめて, 家を, 寧子の, 帰って, 武蔵に対して, 死んで, 消えて, 火消纏持が, 現れて, 癒る, 眠って, 行はれ, 行われて, 都へ

▼ またじつに~ (23, 0.0%)

1 [23件] うれしいこと, おそろしい顔, おどろいたと, おもしろいから, おもしろい点, その誤信者, ひどかった, ふしぎな, みょうな, 右門流な, 同様の, 多くの, 多種多様な, 大胆不敵な, 奇怪でした, 恐るべきもの, 愉しくこれ, 意外でした, 感じの, 武蔵野に, 無茶である, 見事に, 逢いたくて

▼ またひっそり~ (23, 0.0%)

5 とし 3 して 2 となった, と鎮まっ, と静まり返っ 1 した天地, する, とした, となっ, とねむっ, と元, と沈黙, と静まりかえっ, になった

▼ またぼく~ (23, 0.0%)

1 [23件] が, が旅, でお, と村川, なので, には鏑木さん, にセンダード, に向っ, のお父さん, のため, の人生, の前, の旅行目的, の本音, はある, はどこ, は帳場, は東京近く, も苦しい, より下, をまるで, を売る, を苦しめる

▼ また~ (23, 0.0%)

2 ことの

1 [21件] こと困れ, さかりを, さらむ, しらたまか, なす, ぬかるべからざる, ぬけな, のろくおぼろ, はし部屋だ, はし部屋に, はる藪入や, ほう使が, ほう使の, ほう使は, ぼろしを, もない, ゐりましたが, 微恙で, 昼間の, 東京に, 白玉で

▼ またやっ~ (23, 0.0%)

5 ている 4 てやがる 2 て行く

1 [12件] ています, てからちょっと, てしまう, ては不利, てみよう, てみる, てもつまらない, てやっとこ, てゐる, て御覧, て来る, て見る

▼ また両手~ (23, 0.0%)

3 で顔 2 をあげ, をつい

1 [16件] でお, で彼, で禿げ, には手袋, に懸け, に風呂敷包, の細, をぱしっと, を伸ばし, を懐, を挙げ, を突き, を赤く, を重ねられた, を頭, を顔

▼ また何人~ (23, 0.0%)

2 もかく

1 [21件] かと思った, かに盗まれた, が彼, でも才能, といえ, にも告げた, にも束縛, にも遍く, のおかげ, のところ, の促迫, の力, の造語, もこれ, も予想, も信じなく, も少し, も法華経, も異議, も穀物条令, よりも一番

▼ また個人~ (23, 0.0%)

1 [23件] がやる, が公正, が達すべく, としてすすめ, としてその, としてのその, としては忘れ, としても健康, として幸福, として有する, として私, に対し最大, の所得如何, の歴史, の生活, の立ち場, の製作, の過失, は社会, より言え, をし, を通じて国家, を重視

▼ また全然~ (23, 0.0%)

1 [23件] それが, そんなこと, とは行かぬ, なくなった, ダメだった, 儀式としての, 初めから, 別の, 同じ事情, 変わった奇岩, 変わって, 彼の, 新規の, 注射場へ, 無關係, 狐が, 破落戸風の, 胎土を, 行先が, 誤って, 逃避する, 違います, 驚いた様子

▼ また其処~ (23, 0.0%)

2 に坐っ, を見る

1 [19件] から標語, から歓声, が私, では蜜飯, で暫く, で酒, に下した, に人, に倒れ, に季, に屈ん, に恋人, に来る, の草, へ来, へ返す, よりは立山, をかけ出し, を飛び出し

▼ また出かけ~ (23, 0.0%)

2 ていった, て行く, て行った

1 [17件] て, ていく, ていっ, てき, てきた, てこよう, てなお, てみた, てみる, てやう, て来よう, て来られます, て行, て見る, て酔う, て飲む, て駅

▼ また出た~ (23, 0.0%)

32

1 [18件] かな, かッ, しかも夏雲, という, とはおのおの方, と答えました, なこれ, なといつ, のか, のさ, ばかり, また出た, ものと, よとそう, よと云う, んです, 様な, 鬼熊

▼ また友人~ (23, 0.0%)

2 の妻

1 [21件] さえ無い, たるとき, であった, であったり, であるから, というの, とともに聖書, にすすめられ, に対して甚だ, の, のため, のほう, の一人, の実験, の小川和夫, の幸運, の悪戯, の方, の遭難以来, をもっ, をも敵

▼ また~ (23, 0.0%)

2 をのぼり

1 [21件] があっ, がある, じゃ今度, と坂, にか, にさしかかった, になっ, になり, の上, の上方, の中, の後方, の御, を上っ, を上つて, を上りはじめた, を登っ, を登り, を降, を降り, を降りかけ

▼ また~ (23, 0.0%)

2 のやう, の方

1 [19件] と壁, なり, には額縁, には髯, によりかからせた, に凭れ, に穴, に翅, に貼った, のところどころ, のみすぼらしい, の帽子, の彼方, の花模様, の隙, へピッタリ, へ凭れかかった, へ映る, へ馬

▼ また姿~ (23, 0.0%)

3 を見せ 2 を消した, を現, を現し

1 [14件] が痩せ, でも見つける, は見えません, も見えません, をくらまさなくっ, をけし, を変え, を変えられ, を見されぬ, を見せた, を見た, を見失います, を隠し, を隠した

▼ また~ (23, 0.0%)

2 が来た, が来る

1 [19件] から言いつけられた, が, があっ, があった, が尋ねる, と会っ, にとっつかまる, にも愛嬌, に対してきわめて, の人気, の座興, の悦ぶ, の方, の胸, の身近, も門, を好む, を招い, を連れ

▼ また少く~ (23, 0.0%)

4 とも彼岸 2 ない, なる

1 [15件] てもかまいません, て千本, ともその, とも一人, とも大陸, とも歴史家, とも温泉気分, とも貧民, ないよう, なかった, なかったに, なった, なり面白い, は無い, も水道

▼ また左右~ (23, 0.0%)

2 の重臣たち, へひろがっ

1 [19件] から利き腕, されること, されるであろう, に付添っ, に分かれ, に動いた, に大, に段, に眼, に近く山, に離れ, のひろがり, の幕将, の武士, の武将, の沢, の男女たち, の脇, を見廻した

▼ また幸福~ (23, 0.0%)

2 になる

1 [21件] からほうり出される, であった, であったこと, であること, であるに, であるべきはず, でないこと, でなければ, では, で有り得るから, なこと, なもの, ならん, な子供, にする, になるでしょう, になれる, の島, の程度, への最も, を授け

▼ また幾日~ (23, 0.0%)

1 [23件] かおい, かし, かずつの第, かつづいた, かということ, かのあいだ, かはすぎた, かをおい, か兎, か経ちました, か経つ, か過ぎ, か間, でも泊っ, の何時頃, もかかつて, もたちました, も二人, も幾日, も物, をおい, をか過ぎぬるある, をくらしつ

▼ また広く~ (23, 0.0%)

1 [23件] てなかなか, なったね, なって, なる, なる一部分, はこの, アルタイバイカルダフリアオホーツクなどの, 一つの, 一般趨向をも, 世に, 世界にも, 人を, 他人の, 全国各地にも, 女の, 当時社会の, 普及しなかった, 民意に, 知られるに, 社会問題を, 諸処の, 諸方に, 類似の

▼ また引き返し~ (23, 0.0%)

4 て来た 2 て來, て来, て来る

1 [13件] て, ていった, てき, てほとんど, てもう一度, て同じ, て国, て日本橋, て明智, て行きました, て行っ, て言った, 六日目に

▼ また彼方~ (23, 0.0%)

1 [23件] から馬, で, では一團, で何, なんで, には心, には皆頭巾, に正善寺, に渺茫, に縋りぬ, に黒い, の一山, の地平線, の山裾, の方, の求聞持堂, の波止塲, の空, へ伸び上がっ, へ行っ, へ駈け, を向い, 向いて

▼ また故郷~ (23, 0.0%)

1 [23件] が恋しく, と云う, に帰り来, に於ける, のあばら屋, のジャングル, の人, の土, の大地, の家, の山中, の母, の浜松, の福井, の者誰, の草原, の言葉, はどこ, へ去りたい, へ帰っ, へ帰り, へ返された, を忘れぬ

▼ また~ (23, 0.0%)

3 うも, の如く 2 うして

1 [15件] ういう, ういふところ, ういふ表現法, うもお, う云って, う弁解, う言, のごとし, の人, の如き, の如くなりき, の如くなるべき, の如く一, の如し, の如し今日一事

▼ また昨夜~ (23, 0.0%)

4 のよう 2 と同じ

1 [17件] とは違, のご, の乞食ルンペン, の二代目ぢ, の女, の奴, の家, の恐ろしい, の押しかけ, の遊び, の電話, の風呂場, はそれ, ひよつくり逢つたツ, より一そう, 泊った別, 見たよりも

▼ また~ (23, 0.0%)

1 [23件] から向, から段々, がもう一段と, が非, ぞという纏まった, と前後, なり, なるべし, によって盛り, に基づい, に近い, の如く, の如し, は第, ほどまで複雑, れ国民性, れ行, をし, をもっ, をわが, をオシキセ, を手, を残酒

▼ また最近~ (23, 0.0%)

1 [23件] ある人, ではあの, にいたっ, になっ, には周防, には研究, には自分, にタイムス週刊, にラウエ, に於, のつい, のところ, のイラン, の写本, の半年, の支那事変, の政情, の歪められた, の流行歌曲, の経済的復活, の音楽, は敷島, まではやれ

▼ また歩い~ (23, 0.0%)

2 ていっ, ている, て帰庵, て行く

1 [15件] て, てい, ていきました, ていった, てその間, ては舞う, て三厩, て妹, て暮れ方, て海尻, て行きました, て行きます, て行っ, て街角, て黎

▼ また泣い~ (23, 0.0%)

4 ていた 3 ている 2 てしまいました

1 [14件] たりした, たりなすっ, たり笑っ, てい, ていました, ているらしかった, ておる, てしまう, てその, てどうしても, て亡くなった, て原稿, て居た, て過しき

▼ また海岸~ (23, 0.0%)

2 に立っ, へ出

1 [19件] でもいい, で立てる, には漁船, に家, に棲ん, に漁獵, に近い, のよう, の中流処, の住民ら, の方, の森, の森林, は雑木, ばかりでなく, へ出かけ, へ出かけよう, へ引っ返す, を戻り

▼ また激しく~ (23, 0.0%)

2 ざわざわ揺れ, 動きます, 泣いた

1 [17件] すゝり, そして伝染病, なって, パパと, 召し使いども, 嗚咽を, 増して, 彼を, 戸を, 泣きだし泣きながら, 泣き出したお, 私の, 胸が, 言い出した, 起ります, 身体を, 音を

▼ また無数~ (23, 0.0%)

2 の小, の旗

1 [19件] と続い, にまいった, に存在, のいろんな, の天体観察, の小弾, の小路, の山神山人, の座敷, の微か, の枝道, の生まれ, の生物, の第, の至, の英骨, の過去, の鬼属, の鯨舟

▼ また熱心~ (23, 0.0%)

2 にこれ

1 [21件] と熟練, な信者, な善, な忠君愛国主義者, にいろいろ, にお, にきい, にメモ, に下, に器楽, に始めた, に彼, に知りたがる, に私, に耳, に聞く, に見た, に見入っ, に釣りはじめた, に降, 過ぎる位熱心

▼ また田舎~ (23, 0.0%)

2 の人

1 [21件] からわざわざ, から京都, から伯母さん, では貪食, で暮す, なんぞには当, にある, には年, に止るべく, の伯父さん, の巡業, の方, の朝, の男, の親, の馬部屋, へいつた, へかえる, へ帰っ, へ帰つて, へ引き返し

▼ また確か~ (23, 0.0%)

2 に彼, に神

1 [19件] である, な話, にこの, にそう, にエタ, にヂョウジアァナ, にワーテルロー, に一, に写っ, に征服, に愛せられる, に新春, に時代, に服さず, に群れ, に著者, に長い, り頼むよ, 今年あたりから

▼ また行っ~ (23, 0.0%)

5 てみる 3 てみた 2 てくる, てしまった

1 [11件] ています, てお宮, てくれ, てしまう, てで, てみたい, てみよう, てもいい, て来た, て考える, て見る

▼ また近所~ (23, 0.0%)

3 の人たち 2 にある, の人

1 [16件] にこうるさい, にたっぷり, に一台, に人, に広まった, に鮭, のうわさ, のもの, の叔母さん, の噂, の子供, の子供等, の米屋, の農家, の金物屋, へはのし餅

▼ また~ (23, 0.0%)

2 となら, の骨

1 [19件] か蛇, が沢山, が釣れなくなる, では川えび, でもない, とは縁, などを獲っ, のごとき, の数え損じ, の方, の標, の眺, の腐った, の釣れない, も漬けし, を捕り, を覘, を釣る, を鉤

▼ また~ (23, 0.0%)

2 をつかまえる, をつかまへる

1 [19件] が一生懸命, とほぼ, とよく, と思うた, などよりも親しみ, などを描い, によってそれぞれ, のたたき, のはね, のやう, の名, の生活, の空骸, の肉, の豆, も居ります, や獣, を極めて, 啼けば

▼ またいろんな~ (22, 0.0%)

2 ことが

1 [20件] きっかけで, こつた芸当, ことを, ものが, ものを, わからないこと, 事を, 幻を, 悪癖が, 意味で, 沢山な, 煩わしい問題, 用件で, 色の, 芸者を, 虫が, 評判が, 話を, 集りへも, 鳥や

▼ またこの世~ (22, 0.0%)

2 の不自然

1 [20件] ではなく, では殺され, では聞かれない, でもお目にかかる, で良寛さん, にいる, に呼び戻され, に得がたく尊い, に成就, に生, に生き返っ, に生れる, に美しく, に群棲, のさ, のほか, のよう, の何, へ生れ, やこの世

▼ またしきりに~ (22, 0.0%)

3 首を 2 帰って, 彼の

1 [15件] そこらを, その本, ただならぬ悲歌, ひねるの, ボコポンボコポンと, 前の, 古インド, 好意を, 彼女の, 従兄弟の, 蛙が, 酒を, 野面の, 高将軍, 鳴く

▼ またちがった~ (22, 0.0%)

2 意味で

1 [20件] ものを, 一つの, 世界の, 印象を, 婦人雑誌の, 意味での, 意義を, 意見が, 感じを, 文学行路を, 歴史の, 深い味, 特徴が, 独特の, 知恵を, 答が, 色の, 言い方を, 詩趣や, 道から

▼ またちょうど~ (22, 0.0%)

1 [22件] いつかの, このころ, こんなだろう, さっきの, その時, そんな緊急事, たくさん仕事が, よくごく, 二人は, 今は, 六兵衛先生の, 勤番で, 十六日の, 同じこの禅定寺峠, 好い夫婦, 支店長代理が, 昔の, 村へ, 生みたての, 生垣が, 降りかかった冷たい, 食べごろの

▼ またとても~ (22, 0.0%)

2 今日の

1 [20件] うれしそう, この野, つけられないこと, できない望み, ガッチリしてる, ゲスぽく, 一度は, 品位が, 外から, 嬉しくなった, 恥かしい, 智恵が, 暇の, 楽しいん, 私を, 立派で, 素敵な, 美しいの, 言い表すこと, 高踏的な

▼ またない~ (22, 0.0%)

5 ような 2 はずである

1 [15件] かのよう, た, であろうこと, でお出かけ, でもよかろ, でも医学博士, で人為的, とも承っ, のが, のだ, ものの, よ, ようで, ような訊き, 院の

▼ またひそか~ (22, 0.0%)

1 [22件] なる憂い, なる笑み, に, におもう, にお目にかかっ, にこう, には男児, に人, に佳い, に兵備, に出直し, に卿, に吉野, に思う, に明石, に服装, に東京, に欲目, に男客, に袁術, に起き出, に趙雲

▼ またもう一度~ (22, 0.0%)

1 [22件] お城, この花, これを, しかもあの, その同じ橙, それに, めぐり会, パリへ, フィムブルの, 三角暗礁へ, 丸木の, 仕事机の, 出入りし, 地球へ, 失ったバイオリン, 振りかえった, 書きつけを, 津田さんに, 玉の台にも, 豆戦車の, 追って来, 酷い坂

▼ また人類~ (22, 0.0%)

2 への侮辱

1 [20件] がどう, が果して, たること, の, のなか, のまだ, の一員, の創造者, の努力, の幸福, の所業, の有史以来数千年, の横暴, の歴史, の進歩, の運動, の飛躍, は共同, は愚か, 及び自然

▼ また何物~ (22, 0.0%)

2 からも生じない

1 [20件] かからひどく, かがあ, かと思っ, かと思つて吃驚, かに対して大変申しわけ, かに悩まされる, かに脚, かほんとう, からも最後, かを追, にかつ, にか到達, にか驚かされたい, にも執着, の力, もあらぬ, もない, もなかっ, も磨き出されない, をもみ

▼ また余り~ (22, 0.0%)

1 [22件] たくさんには, なかった, にも凄, にも大き, にも孤立的, にも火度, にも鮮明, のあらゆる, の月, の静かさ, の静さ, イイ感じ, 姿容が, 悟り澄さ, 暑いと, 気抜の, 猥褻に, 綿密過ぎる, 興然, 長いので, 長く続き過ぎる, 面白が

▼ また動物~ (22, 0.0%)

2 を表現

1 [20件] が大好き, と植物, にあっ, には他物, にも懐疑, にも懷疑, のある, のそれでも, の名, の寿命, の挙動, の本能的動作, の眼, は美麗, は餌, も自分ら, を引き, を胎生, を部屋, を飼養

▼ また危険~ (22, 0.0%)

2 である, でもある, な事, を冒し

1 [14件] があっ, が伴う, だ, だよ, で困難, なもの, ならしむるもの, に逢う, の恐れ, も加わっ, も多い, も生じます, をのがれ, をも甘受

▼ また国民~ (22, 0.0%)

1 [22件] からも, から孤立, が多く, が大小二つ, が学問, ですか, として当然, とともに悲しみうる, と政府, と為す, の一人, の代表者, の健康問題, の儀表, の生活, の進歩, の選良, は実力, は平和, を亡ぼし, を愚弄, 特にその

▼ また地方~ (22, 0.0%)

1 [22件] から地方, ではその, でも大抵エタ頭, とは通信, においてはその, にもまだ, にも反, によっては皮, によっては葬式, により, によりこれから, による習俗, の人民, の建築師, の民俗, の神様, の豪商紳士, の農地改革, の青年会, はちがう, へはるばる, を浮浪

▼ また地球~ (22, 0.0%)

2 は太陽

1 [20件] からの遠, から影, から行った, が一日, が動く, が天界, が太陽, が発狂, でわし, というもの, と同じ, と同様, にまいもどる, の人類, の出来ぬ, の運動, は恒星, は私達, まで届いた, をひろく

▼ また~ (22, 0.0%)

8 べならずや 4 ならずや 1 いことも, からずや, く試驗, なり, なり我, なるかな, なる哉, 蘭方面から, 道に, 道に対して

▼ また家庭~ (22, 0.0%)

2 の事情

1 [20件] が主, といふもの, と職業, にあり, について考えず, にも侵入, のため, のもつ, の主婦, の仕事, の内, の処理, の団欒, の外, の煩累, の父, の父兄たち, も至極, をつくり, を移す

▼ また幾度~ (22, 0.0%)

4 となく

1 [18件] か, か倒れ, か和睦, か振り立て, か頷い, とない, もお礼, もケリッヒ家, も互いに, も会っ, も医者, も拒絶, も改められ調べられる, も日本, も盡, も胸中, も起こった, も非行

▼ また思い~ (22, 0.0%)

3 もかけぬ, もよらない, も寄らぬ

1 [13件] が日, この夜, たがえたか, に堪えない, のほか近く, のまま, もかけない, もよらず, も寄らず, も寄らない, も掛けぬ, も設けぬ, 惑いぬ

▼ また思う~ (22, 0.0%)

3 のである

1 [19件] ことによって, とはては, ともなく, と引き返そう, にこの, に今, に最善, に結局正確, ばかり, ばかりで, ように, ようも, 事が, 事であり, 事を, 存分に, 方角へ, 百年は, 赤露の

▼ また~ (22, 0.0%)

2 を折った

1 [20件] が出た, が床, でこう, でさわっ, で壁, で花城, にした, の先, の端, をふり, を出す, を切られる, を唇, を揃, を握らせた, を染め始めた, を突っ込ん, を組み合せ, 尖で, 差して

▼ また政府~ (22, 0.0%)

1 [22件] からくれる, から幾分, がこれ, がどう, が予, が何, としては収入, にては法律, に近づき, の事務, の側, の専売, の役所, の思想的一角, の望み通り当選無効, の蹂躙, はすでに, は人民, は年六分の配当, は課税以上, へ直接, を設

▼ また気の毒~ (22, 0.0%)

2 でもあった, な気

1 [18件] がってるクリストフ, がって身, であったこと, でもあります, で言い, なもの, ならずや, なプリングルおばさん, な事, な父, な者, な醜, な顔, にお, にもなっ, にも思われ, に思った, に感ぜられる

▼ また生命~ (22, 0.0%)

2 のある

1 [20件] が惜, が生長, が甦っ, が長い, と個性, のしるし, のまた, の発育, の親, は宇宙空間, は本質, は誰, ほど新しい, もすべて, をし, を介はず, を君, を弄らう, を惜しん, を愛する

▼ また考えよう~ (22, 0.0%)

3 ともしなかった

1 [19件] がある, があるだろう, がいっそ, じゃが血すじ, ではどの, ではみじめ, では恐ろしく, でもしか, で威勢, によってはいい, によってはそれ, によってはとうてい, によってははなはだ, によっては千鶴子, によっては地理的教育直接, によっては面白い, による, によれ, に依っ

▼ また~ (22, 0.0%)

2 く人

1 [20件] くこれ, く余, く幻術, く忍ぶなり, く承知, く智慧才覚, く朝鮮, く火, く禅, く考え, く行, く読書, く隠, く頃刻, とて之, に於ける, の面, は大概一日, は宋代, へゆく

▼ また~ (22, 0.0%)

1 [22件] あかい割り箸, っ気味, つぺらな美術雑誌, の野, ッぺらな笑い, 尾花の, 明りの, 桃色は, 気味わるく, 氣味の, 痘痕のも, 白くなっ, 眼に, 穢くなっ, 紅うつくしい, 紅梅の, 鉄の, 霧の, 青い唐辛子, 黄なる, 黒い北風, 鼠色の

▼ また~ (22, 0.0%)

1 [22件] からのお, からは, から官軍, での風聞, にい, においてお目にかかりましょう, にかえって, にも住み飽いた, にも押し寄せ, にゐたら, に敗戦, に祗候, のあと, のうち, の大, は海, へお, へもどる, へ出, へ取っ, へ表, を逃れ

▼ また黒い~ (22, 0.0%)

2 扉が, 瞳を, 薔薇の

1 [16件] こんもりと, ちごや, ものを, セロの, 人と, 半衿, 土に, 壁の, 影が, 怪物が, 男の, 石が, 胆汁を, 赭い白い, 顔を, 風の

▼ またあんまり~ (21, 0.0%)

2 お猿

1 [19件] だがね, だらしが, だんなが, な, なこと, な言葉, ひつつ, ふざけ過ぎた五郎時致, 出し拔, 可笑しいと, 子供たちから, 弁当が, 手荒く宥め, 柳沢に, 沙漠ばかり, 見かけが, 遅くなる, 面白がりすぎ, 頭が

▼ またおまえ~ (21, 0.0%)

1 [21件] から営内, がごちゃごちゃ, が口うるさく, が転び, にしろ, に頼みたい, のうち, のお談義, のほしい, のバレた, の背負っ, の良人, の貴い, はいま, はどう, はもう, はよく, は彼, は甲府, もそんな, 追い出されて

▼ またきょう~ (21, 0.0%)

2 のよう

1 [19件] という一日, の合資会社, の日, の清十郎, の騒ぎ, はどう, はやけにそう, は元旦, は涼しい, までこの, までのあらゆる, もだいぶ, も人, も出征者, も宵, も政子, も見える, も面壁, を第一歩

▼ またくるり~ (21, 0.0%)

3 と向き, と廻っ, と廻りました 2 と背 1 とこっち, とま, とターン, と右, と向こう, と後, と机, と枕, と此方, と踵

▼ またことに~ (21, 0.0%)

2 よると

1 [19件] おきれい, さまざまな, その人民, その位置, ひどい雪, よれば, コゼットの, トリフォンという, 右腕の, 善良であった, 夢想家らを, 女性の, 彼らの, 彼等が, 星かげの, 時の, 筆耕の, 貧しい不幸, 青い輝き

▼ またさまざま~ (21, 0.0%)

1 [21件] なこと, なり, な人間的, な冒険譚, な喪失, な夢, な意図, な死, な花, な行動, な見知らぬ, のこと, の世界観, の初めて, の地獄, の女性, の形, の恋しい, の異同, の誘惑, の雑談

▼ またどれ~ (21, 0.0%)

1 [21件] かが偉大, がどこ, くらいそこ, くらいの作陶経験, くらい出, ここれ, だけある, だけそれ, だけの労働, だけの工人たち, だけひどく, にもどこ, ほどの精力, ほど有, ほど駕立場, もいつ, も皆, を取らう, 程人々, 程身, 程遠い将来

▼ またはっきり~ (21, 0.0%)

1 [21件] したこと, したオルソドックス, した声, した笑顔, しないの, せぬから, その声, ときめられ, とは聞取れない, とよい, と思い出した, と見えました, 分らない, 犯人が, 申しひらきいたします, 眼が, 知れきってるので, 聞こえ始めた, 聴えだした, 覚えても, 迫って

▼ またふらふら~ (21, 0.0%)

2 と歩きだした, と立っ, 歩いて

1 [15件] っとなっ, と, とそこら, とその, と岬, と帰つて, と歩き出した, と生, と砂, と誘ひ寄せられ, と迷う, 歩きだし堤, 歩きま, 歩きまわる, 自動車に

▼ またへん~ (21, 0.0%)

7 なこと 2 ですよ

1 [12件] なところ, なやけくそ, なん, な勘, な声, な役廻り, な願ひご, にねちねち, に凄い, に思っ, に椿, に閑

▼ またまったく~ (21, 0.0%)

2 別の

1 [19件] これいらい, ない古い時代, ふけ渡って, 世の中から, 同感であった, 変わって, 夢が, 心持の, 意外な, 手入れも, 根底の, 没交渉な, 無かった, 無感覚の, 無秩序な, 石も, 見知らぬ顔, 違う義経, 驚くべき努力

▼ またやはり~ (21, 0.0%)

1 [21件] おなじスコツトランド, お話に, きまりどおりに, この時, この漠然と, そのやう, 二三日前の, 僕等の, 右門流です, 合格だけに, 四本でした, 夜明けごろに, 太刀川の, 太宰さんが, 後藤先生と, 昔から, 此巻, 母親と, 知らないの, 私は, 道庵は

▼ またわずか~ (21, 0.0%)

3 な金

1 [18件] ずつの柴, だが, なる高低, な含有灰分, な残兵, な賃金, に七字, に二十四歳, に数分間, に栂, に笑, に顔, ばかりの隙間, ばかり場処, ばかり残っ, 一万ルーブリや, 河一つ隔てた, 百人あまりの

▼ またドア~ (21, 0.0%)

3 があっ

1 [18件] から首, がある, がしまっちゃった, がしまりました, がはげしく, が閉, のとっ, の外, の鍵, をあけ, をしめ, をしめました, をばたん, をま, を叩く, を閉めた, を開け, を開けた

▼ また一個~ (21, 0.0%)

2 の人間, の怪物

1 [17件] の人間範宴, の先進者, の南天, の博物館, の商品, の女, の學説, の定見, の想像説, の文学者, の文學的エツセイ, の普通, の民衆主義者, の王家, の絶対, の英雄, または多数

▼ また入口~ (21, 0.0%)

6 の方 2 の扉

1 [13件] があっ, には二枚, に大きな, に戻る, に近く, のところ, の処, の唐紙, の戸, の所, の石段, へ, へ坐りこむ

▼ また~ (21, 0.0%)

2 を揮った

1 [19件] だけは自分, のほう, の束, や大きな, をお, をふりかぶりました, をダラリ, を一方, を取り, を呼びよせる, を執る, を差す, を抜い, を抜いた, を持ち直し, を振っ, を振り上げた, を腹, を閃かし

▼ また厄介~ (21, 0.0%)

7 なこと 2 なの, になる 1 きわまる身, じゃあない, だと, だなと, であり窮屈, である, なもの, なやくざ者, な代物, になった

▼ また台所~ (21, 0.0%)

4 の方

1 [17件] から入っ, では三, で一騒動, で働い, で広い, にとってかえし, のお, の板の間, の構造, の油虫, へ, へかけ, へとび込ん, へは大きな, へやつ, へ出, へ引き返す

▼ また大阪~ (21, 0.0%)

2 へ出向い

1 [19件] ではあやしい, でもそこ, でやる, には緒方洪庵塾, に出でし, に用, に至る, のユーモア, の人たち, の寄席, の憂鬱, の故郷, の造幣局, へお, へまいっ, へやっ, へ歸, へ行つて, や東京

▼ また宿~ (21, 0.0%)

1 [21件] から脚絆, なしに, に帰りました, のもの, の主人, の亭主, の家族, の方, の浴衣, の者, の鈴木屋, へお, へ戻っ, へ訪ね, をかす, をたずねる, を出, を出かけ, を変える, を求め, を飛び出し

▼ また平次~ (21, 0.0%)

2 に絵解き, に繪, の戸口, の明察, の独身

1 [11件] がいひます, が奢っ, が鳥右さん, にとっては若い, に取, の後, の智慧, の疑, の疑い, は当人, を煩

▼ また広い~ (21, 0.0%)

1 [21件] 世の中へと, 中華人民共和国との, 圃には, 土間に, 地域に, 場席を, 大空の, 家の, 屋敷うちな, 庭に, 廊下が, 意味では, 社会の, 肩幅や, 谷が, 農園内の, 野原に, 野原へも, 野原を, 階段の, 響である

▼ また~ (21, 0.0%)

2 つてゐない, もなく

1 [17件] つたもので, つてゐるであらう, に生らが, もない, を得た, 五月出立の, 今御門政府の, 信州は, 処に, 前じゃ, 前である, 城の, 将軍家が, 将軍家に対しては, 意即答症の, 途も, 邸へ

▼ また往々~ (21, 0.0%)

8 にし

1 [13件] あるとおり, この流れ, これらに対する, その常緑葉, シロウトに, 利己主義者に, 彼女自身も, 汚水の, 異形が, 疑うべきもの, 花が, 英米の, 野蛮くさい

▼ また思ひ~ (21, 0.0%)

3 出の 2 がけない, も寄らぬ, をあらた

1 [12件] かへす, がけなく, きつて, もかけぬ, もよらぬ, も寄らない, 余つた, 余つて巻い, 出づる床し, 切り人と, 掛ない, 返し候へば

▼ また持っ~ (21, 0.0%)

2 て来た, て行った

1 [17件] ていた, ていない, ている, てはい, て入っ, て帰っ, て帰りますれ, て帰る, て帰れ, て帰ろう, て来, て来ます, て来る, て歩い, て生まれた, て行かなけれ, て行かれ

▼ また時間~ (21, 0.0%)

2 もかかる, を最も

1 [17件] がかかった, がかかる, が客體的, というもの, に於, に非ずし, のおそい, の代わり, の永, はちょうど, もかかった, も一時間づゝきまつて勉強, も非常, をつぶされる, を要する, を計る, 間違えて

▼ また書物~ (21, 0.0%)

4 の上

1 [17件] と首ツ, などでも見た, にかぢりつ, にもそれ, にも余り, に眼, のうち, の包, の文字, の競売, はその, や雑誌, を取り上げた, を取り初めた, を手, を読む, を読ん

▼ また此方~ (21, 0.0%)

2 より行く

1 [19件] から一寸々, が繁華, こそその, にでも舞, に向きぬ, に向けた, の一族, の勢, の舷, は御, へうかうか, へでも来, へと来た, へと飛ん, へ向っ, へ綾, を向いた, を向き, を振返つ

▼ また沢山~ (21, 0.0%)

1 [21件] ありますので, あるほど, いたので, お料理, な賄賂, にさういふ, のお銭, のジャンク, の世界, の作品, の傑作, の場合, の悪魔, の書物, の橋, の片, の男, の金, は運べなくなった, 注文する, 麝鹿が

▼ また溜息~ (21, 0.0%)

9 をついた 3 をつい 2 をつきました 1 が出た, をした, をつき, をつく, を吐き, を吐きました, を衝いた

▼ また~ (21, 0.0%)

2 のこと, のやう, のよう

1 [15件] が二ひき, が喉, が来る, が特別, にや追, に取られた, に晩めし, の, のほう, の頼み甲斐, はこう, は道ばた, を打った, を抱い, を探し

▼ また~ (21, 0.0%)

2 らしい人, らしかった

1 [17件] に候わずや, らしい, らしいくらい, らしいと, らしいの, らしい事, らしい例, らしい草, らしくなって, らしくも, らしくグデングデン, らしく畏まってるじゃ, らしく見たの, らしく風変り, らしさ, らしそう, 異奇物財宝等

▼ また現われ~ (21, 0.0%)

2 ている, てき, てきた

1 [15件] たりする, ていた, てその, ては消えした, てもやはり, てキャバレー, て傍, て危害, て女房, て来た, て空也念仏, て諦念, て鉄骨, 小径を, 小鳥が

▼ また盛ん~ (21, 0.0%)

2 であった, になっ

1 [17件] で卯之花鮨, で馬具, なこと, なりと, なる勢い, なる蕃殖場, にし, にはずんだ, に仕事, に俳句, に嘲笑, に聞こえ出した, に芽出, に談笑, に踊り出し, に韃靼語, に飛んだ

▼ また~ (21, 0.0%)

2 に代

1 [19件] が生え, で編んだ, などを切っ, の下, の扉, の条片, の根元, の筆立て, の筒, の葉, の重濃, は一般, は勢, は年所, は熱帶, を二つ, を多く, を振りあげ, を立て

▼ また笑い~ (21, 0.0%)

2 ながら

1 [19件] が流れた, が爆発, つつその, ながら云った, ながら兄, ながら厳粛, ながら娘, ながら帰っ, ながら手, ながら言い足した, ながら言った, の波, の発作, また笑っ, もしない, もしませんでした, を扶けた, 溶かしたり, 笑いの

▼ また~ (21, 0.0%)

3 の音 2 を吹く, 鳴りて

1 [14件] でも吹い, のその大いなる, の穴, は右大将兼季, や太鼓, をこしらえました, をとつて口, を取り出し, を取出し, を吹き, を吹きだした, を吹きました, を吹き鳴らしました, を持ちなおし

▼ また~ (21, 0.0%)

2 をかく, を文学

1 [17件] でもかい, で見なく, なども多く, についても当時, になる, による教育, に描いた, の, のほう, のやう, のデザイン, の達人, へ近寄った, も描く, をかい, を愛する, を描く

▼ また~ (21, 0.0%)

2 にも耐えぬ, をも失う

1 [17件] い色, からも離れるであろう, がどうして, がどこ, くしい, と不美, と同一, の愛好者, の法則, の調和, はしき奇因縁, への讃歌, への鑑賞, も醜, わしき奇因縁, をつみ, を求め

▼ また~ (21, 0.0%)

11 る日 2 る夜 1 る晩, 一六三七年には, 七年には, 九年三月弟子檀那御中に, 二十三日榎本の, 八年十一月出版の, 十一日には, 十日にも

▼ また~ (21, 0.0%)

2 の方

1 [19件] が言った, に出た, に出る, の戸, の軒下, の部屋, へ出, へ出た, へ出よう, へ出る, へ飛び出し, へ飛び出した, へ飛ん, を奉っ, を奉った, を見, を通っ, 庭に, 警備忍び警備隠れ警備の

▼ また赤い~ (21, 0.0%)

2 花の, 酸化鉄の

1 [17件] ほうを, ものが, ような, 夕陽が, 実が, 布片で, 柿の, 火に, 着物を, 箱も, 簪の, 緋の, 緒の, 色に, 蒲団の, 蛇が, 部屋の

▼ また違う~ (21, 0.0%)

1 [21件] から, からな, しね, し日本の, じゃなッ, て, てやさしい, て来る, て生命, ところも, とわたし, ね, のであろう, ものだ, やるせなさ, ようだ, ようです, ように, 人物を, 大切な, 艶な

▼ また重い~ (21, 0.0%)

4 荷を 3 ものを

1 [14件] ので言い渡された, ものである, ものも, 下痢に, 場合には, 屋根の, 戸を, 物の, 病気に, 目蓋を, 荷車を, 袖の, 車を, 青と

▼ また青年~ (21, 0.0%)

1 [21件] から夢, では青木金次郎, で恋, になり, によく, に眼, の事, の夢, の憂悶, の手, の時, の時代, の気持, の頃, は, はどんな, は乗物, は命じた, は隼, らしい壮気, らしい熱い

▼ また~ (21, 0.0%)

3 と向っ 2 の色

1 [16件] がよけれ, に回り, に溝, の配置, をつつみ直した, を伏せず, を出しました, を和らげ, を布, を彫み出した, を背けた, を見合せる, を見合わせ, を見合わせました, 喰う, 喰らって

▼ また音楽~ (21, 0.0%)

2 の上手

1 [19件] が与える, さえも彼, でもかく, というもの, とともに生き, における, について教養, にもいえる, によつて明日, の型, の律動週期, の教師, の方面, は舞踊, や美術, を始めた, を書い, を殺し, を科学

▼ また~ (21, 0.0%)

2 時の

1 [19件] が三百円, さの, さ六フィートの, に, の身柄, 加索と, 吼の, 声で, 声では, 声器の, 大将軍閣下直属の, 温度の, 燈籠を, 聲では, 資と共に, 跳競爭を, 蹈派に対する, 電圧を, 齡の

▼ またあらためて~ (20, 0.0%)

1 [20件] お城, お絹, お願い申す, シュレックホルンを, 会って, 同じよう, 彼女の, 彼女を, 思い出された, 感じた, 手を, 来られるところ, 正成へ, 歴然と, 相談決して, 考え直さざるを, 見参するであろう, 談合しましょう, 通信する, 飲みなおすそして

▼ またいつの間にか~ (20, 0.0%)

1 [20件] その世界, それを, 一人で, 両方から, 伸びて, 例の, 元の, 叔母が, 大迂, 工場を, 帰っちまってるん, 平気な, 座敷に, 弘法大師と, 後ろを, 書記局の, 消えて, 移って, 自分に, 連れ立ちましたが

▼ またおもしろい~ (20, 0.0%)

1 [20件] がきり, ことだ, ことには, ことを, だろうと, では, と思つて, めを, ものな, ように, 事には, 仕事であった, 場所の, 書物であります, 格好を, 着物だ, 芝居が, 話を, 都ばなしが, 音楽などを

▼ また~ (20, 0.0%)

6 なたは 3 なたの

1 [11件] がことわり分ち得ん, とにで, とにはまえ, とへはこびだし, とも暗い, なたこそ, なた程, なた自身, なな, は永く, 知らぬ態

▼ またまるで~ (20, 0.0%)

1 [20件] きこえないほど, ちがった風物, 別書か, 商売には, 本気に, 無邪気に, 無頓着で, 男とは, 眠らなかったよう, 知らないかの, 自分自身の, 見かけ倒しだ, 見当たらなかった, 迷子が, 違う, 違うの, 違ふ, 酔って, 離れたところ, 駄々つ

▼ またもちろん~ (20, 0.0%)

4 である

1 [16件] この場かぎり, すべての, ばかげたこと, 一般的の, 人々は, 今日の, 僕の, 別問題, 労賃を, 北条一族中の, 征服の, 獄中に, 用心も, 藤井紋太夫の, 詩人であっ, 非常に

▼ また世に~ (20, 0.0%)

3 出で 2 珍しいくら

1 [15件] いう乞食坊主, つたわる史書, なきには, 傲り自ら喜ぶ, 出ない月日, 容れられずか, 怖るべき, 慨する所, 有名な, 歸る, 波及する, 病人の, 福原遷都と, 聞ゆる, 貧民救助とて

▼ また~ (20, 0.0%)

2 馬の

1 [18件] であって, となり, とも頼まぬ, と頼む, なもの, なる第, なる郎党, に端物, の仇, の範綱, イエスは, 巻を, 殺しなどと, 水之, 税を, 震によって, 體的に, 體的事實を

▼ また伸子~ (20, 0.0%)

1 [20件] がいった, がふと, が下検分, が犯人, が窓, と素子, と蜂谷良作, に, にとって真偽, には自分, に対して心遣い, の, のその, の上, の動静, の心, の手, は涙, は白い, は百貨店

▼ また何ぞ~ (20, 0.0%)

2 手を

1 [18件] になろう, の材料, やつて, よくせん, 一徹に, 問ふ, 姓, 役に立たあの, 後の, 御意の, 心配か, 惡から, 椿事が, 気量の, 沒却理想と, 笑われたや, 老, 黒船の

▼ また例えば~ (20, 0.0%)

1 [20件] いう唯, これは, アイヌ語との, 一人で, 三杯飲む, 同じく支那学者, 子供の, 山伏の, 所有者, 新即物主義, 昨日みたいな, 熱い物体, 田辺元, 第六級, 素藤の, 綿の, 説明も, 金光寺門前の, 雨が, 魯迅の

▼ また先刻~ (20, 0.0%)

2 のよう

1 [18件] からの版木, きたあの, と寸分, に便所, の二人連れ, の大きな, の家人, の横, の私, の紳士, の老, の若い, の討論, の話, も申した, 会った二人伴, 見たり, 見た美少年ども

▼ また出来る~ (20, 0.0%)

2 ことなら, 限りの

1 [16件] からとまず, だけその, だけそれ, だけ三女史, だけ反省, だけ多く, だけ晴々, だけ簡略, とも思わない, ものが, 事で, 事も, 絵も, 限りは, 限り短く, 限り肩のこらぬ

▼ また別種~ (20, 0.0%)

1 [20件] だと, な興味, の, のよ, のプラス, の仏教, の器具, の心理, の意義, の手剛, の新し, の新しい, の暗, の暴風雨, の美し, の興味, の葛, の趣, の鬼気, の魅力

▼ また大切~ (20, 0.0%)

3 なの 2 なこと

1 [15件] でもある, で特に, なところ, なもの, な一人, な事, な友人, な役目, な御, な本能, な点, な物事, な証拠, な部下, に思う

▼ また奇怪~ (20, 0.0%)

4 なこと 2 でした, といわざるべからず

1 [12件] です, なもの, なる感慨, なる画面, なブルジョア, な光景, な叫び声, な旅侍, な物語, な解剖, な音響, にも天井

▼ また女中~ (20, 0.0%)

2 が眺めます

1 [18件] が, がいった, がお, が促した, が出, が刺す, が来, が来た, が表二階, で思い思い, の指図, の言伝, はいった, もひさしぶり, をつかまえた, を呼び, を呼ん, を雇

▼ また子供たち~ (20, 0.0%)

2 に捕まつたら, に見つ

1 [16件] が, がやってくる, が燈籠, が皆善良, と同様, にも許す, に対する垂範, に度胆, のこと, のはしゃぎ, の爲め村, の遊び場所, はそこ, はりっぱ, も出来, を見守っ

▼ また学者~ (20, 0.0%)

1 [20件] が新聞紙, でもカキツバタ, としても世間, とともに語る, となっ, と同じ, なり永遠無窮, についても存在, になれない, によってはキササゲ, のこと, のところ, の個性, の天才如何, の常態, の後裔, の権威, はよく, は多い, を優待

▼ また寝床~ (20, 0.0%)

2 に這入った

1 [18件] から立ち上がっ, にはいっ, にもぐっ, にもぐりこん, にもぐりこんだ, にもぐりました, にもぐり込ん, に近づいた, のなか, の上, の中, へもぐつた, へもぐりこんだ, へもどり, へ入っ, へ帰る, へ這入っ, も延べっぱなし

▼ また小声~ (20, 0.0%)

3 で, になっ 2 で言った

1 [12件] だけにうるさい, でいいだしました, でささやき合った, でブラームス, で云いかけた, で呟く, で彼女, で明石, で目, で笑った, で訊きました, になり

▼ また希望~ (20, 0.0%)

2 がわきました, もあり得る

1 [16件] が裏切られる, して, しなくては, し工夫, であった, である, にたいして死んだ, によっては, に輝くであろう, の一つ, もしなかった, も持てる, や幻影, をいだき始めた, を取り戻した, を盛り返す

▼ また師匠~ (20, 0.0%)

1 [20件] が妻君, が明らさま, が赤い, で自分, にそう, にゃ無体癪, に輪, のその, のまたまた, のよう, の圓生, の家, の心配, の華客先, はお座敷, はよく, は圓朝, へ話し, までが少し, もこの

▼ また幾分~ (20, 0.0%)

1 [20件] かが口中, か功徳, か物, か理性, か登り, か逆戻り, か選択, か顔, その憑依, の同情, の責, は学問, 他国訛, 傲慢の, 夏の, 敷衍された, 春らしい, 母の, 第一国立銀行時代, 芸術で

▼ また従来~ (20, 0.0%)

1 [20件] から久しく, すでに一通り, とてももしこういう, どんな学者, の, の家紋, の弱点, の形態, の戦場, の文法教科書, の歴史記述, の永楽銭, の浮絵, の自分, の舞台, の花柳界, の行, の関係, 実際に, 深く根

▼ また忘れ~ (20, 0.0%)

5 てしまった 2 たりゆるされ, てはならない

1 [11件] がたいの, がたいもの, がたくした, たり, ていた, てしまう, てならない, てはならぬ, て然るべき, 難い, 難く思ったろう

▼ また意味~ (20, 0.0%)

5 ありげ

1 [15件] がある, が違, のない, の大きい, の深い, はちがう, は脚韻, ふかいこと, ふかいところ, ふかくこめかみ, もない, もなく, を伝える, を現, 深く解釈

▼ また時計~ (20, 0.0%)

2 を出し, を出した, を眺め, を見た

1 [12件] に罪, の上, の事, の振子, の這入っ, をだし, をのぞい, をみ, を茶だんす, を見たぎり, を見る, を鳴らす

▼ また有名~ (20, 0.0%)

2 な浅間情緒

1 [18件] であった, である, でもない, な, なる九州, なる慈善家ピーボディー, な九州五箇, な国宝, な変光星, な富士, な政治監, な老木, な言葉, な資産家, な集, にし, になった, の楽師

▼ また特殊~ (20, 0.0%)

2 な大

1 [18件] ないろいろ, な事情, な使命, な好物, な寵愛, な構造, な河川, な稀有, な興味, な芝居, な調査價値, な館, の場合, の気味, の生活, の興味, の見地, の解説

▼ また現実~ (20, 0.0%)

1 [20件] からの逃避, だった, でしょう, には直会, に呼び戻される, に戻る, に貯え, の, のつつましい, のときめき, の世界, の人口実測, の儘, の勝負, の境地, の生活, へも照り返し, よりも想像, を更, を深く

▼ また~ (20, 0.0%)

2 があっ, があったら, に堪え得ず

1 [14件] ありげ, うるの, うる事, が出来た, が出来たら, が無くなっ, ひられなければ, もない, ゐる能, ゐ玉, を思いだす, を拵え, を達し, を達す

▼ また直ちに~ (20, 0.0%)

1 [20件] これを, それを, むらがる甲兵, 主君秀吉の, 信越の, 俳句全部を, 北陸へ, 反転し, 官兵衛を, 富士の, 岐阜へ, 明智家から, 曹洪と, 歸路に, 水底に, 美濃へ, 自分の, 裏返して, 駕籠を, 魏の

▼ また短い~ (20, 0.0%)

1 [20件] から軽い, が一番, くちばしに, つかの間の, ものとも, ようでも, ようにも, 三角の, 坂を, 夜を, 手紙を, 時間では, 沈黙が, 直線状の, 笑い声を, 芝草の, 言葉が, 階段を, 青春だ, 青春だった

▼ また細君~ (20, 0.0%)

1 [20件] がいない, が蒼蠅, としての大事, にとっては模範的, になる, にはよく, に向っ, に話さなけれ, に返した, のほう, の心, の持っ, の方, の枕元, の肩, の里, は甚だ, を呼び戻した, を持つ, を捉

▼ また続い~ (20, 0.0%)

2

1 [18件] てあなた, ていつた, てこれら, て何, て何度, て出る, て同じ, て夫人, て思ひ出した, て斬り掛けました, て浮世絵, て神経的, て聞える, て落蹲, て行く, て行った, て行なわれ, て降り

▼ また繰返し~ (20, 0.0%)

2 て, て一層, て読んだ

1 [14件] ていう, て丑松, て入院, て初め, て幾度, て感慨, て言い, て言う, て言ッ, て頼ん, ながらその, ながら蓑, なの, 再び読みおわり

▼ また~ (20, 0.0%)

3 を犯す 2 のない

1 [15件] ありて, ある魂, が重く, に落としたく, の報い, の恐れ, の発覚, の結果, の芽, は起りません, もない, をお作り, を作り出し, を得, を獲

▼ また~ (20, 0.0%)

2 の白い

1 [18件] あかき桃, がどの, のかわった, の世界, の佳い, の冴えた, の変った, の浅黒い, の点, の黒い, も少し, も香, をした, を収める, を変えた, を失っ, を正し, 青きペパミント

▼ また色々~ (20, 0.0%)

3 な事情

1 [17件] かえて, な事, な塵労, な方面, な種類, な變, な面白い, な飲食店, に辿り, の便宜, の地方名, の塵, の境遇, の部門, の鳥, 効果的で, 意外な

▼ また話し~ (20, 0.0%)

1 [20件] たりし, たり聴い, ていた, ておいた, てきかした, て上げた, て居った, て返らぬ, におい, にやつ, に来, のある, の腰, また手, もし, ようも, をはじめた, をもちかけられた, をもと, 初めた

▼ また諸国~ (20, 0.0%)

1 [20件] が争っ, にその, には鼠, に多い, に温泉, の伝説, の剣客, の商人, の地理水利, の大, の大名, の尊王武族, の狸和尚, の直義党, の雑貨, へ去る, へ普及, をめぐる, を見物, を遊歴

▼ また貴方~ (20, 0.0%)

2 のお

1 [18件] が, がた, が今, が昨晩, が最初, そんな怖い, とし, に, に対する愛着, の名義, の自由, は少なくともそう, は片倉どの, も借り, を信じ, を思い出させました, を捉え, 御自身

▼ また赤く~ (20, 0.0%)

5 なった 3 なって

1 [12件] かがやいて, なったさくらんぼ, なつて, なりまごついたよう, なりやがった, なり吃った, なるにつれ, 塗り緑樹, 塗ると, 照せり夜の, 熱して, 砲火が

▼ また~ (20, 0.0%)

2 を閉じ

1 [18件] があっ, がある, に立てられた, のところ, の中, の方, の脇, はある, へひっ返し, をあけさせ, をひらい, を出た, を叩く, を掩, を敲く, を通らない, を閉ぢ, を閉め

▼ また階段~ (20, 0.0%)

3 を上っ 2 をのぼっ

1 [15件] があった, には人, の方, の途中, へ追い返す, も処々, をかけのぼりました, をそそくさ, をそっと, を上つて改札口, を下っ, を下りる, を昇り, を登っ, を降り始めた

▼ また青い~ (20, 0.0%)

5 旗を 2 火の, 顔を

1 [11件] うちに, ズボンの, 八月がまは, 小紋と, 海辺に, 甘藍の, 石を, 空は, 色の, 芽を, 顔

▼ また馬車~ (20, 0.0%)

2 に乗っ

1 [18件] があっ, が一台, が動いた, が帰っ, に乗せる, に乗った, に乘, に子供, のうしろ, の中, の二階, の動揺, の動揺ごと, の窓, へ乗っ, へ戻っ, も, も通

▼ また駕籠~ (20, 0.0%)

2 ですかい

1 [18件] から声, か馬, がゆっくり, だ, だけはまちがい, ですか, ですね, で戻, に乗る, のうち, の一つ, の中, はグルリ, は動き出した, は左, へ乗せられた, をひろっ, を雇っ

▼ またあたし~ (19, 0.0%)

2 が女優

1 [17件] があの, がいった, がもし, が稼がなけれ, だけの体面, におっしゃった, にとっては剣術, に戻し, に靴, のよう, の父, はあの, はこう, はだいそれた, は近眼, を打つ, 書くこと

▼ またあり~ (19, 0.0%)

3 やなし 2 たけの

1 [14件] そうな, そうにも, そうも, て, てお, て諸, とも思ひ, と聞い, のごとく, またあらず, またあらずや, もしない, もせぬ, や人

▼ またいよいよ~ (19, 0.0%)

1 [19件] ここで, たまらない芝居気たっぷり, となったら, となれ, 中原に, 冷ゆる, 剣磨の, 劇なり, 勢いを, 孤獨寂寥に, 明瞭であります, 決心し, 浪人どもの, 深くスッポリ, 熾烈を, 訛って, 遠ざかって, 静かな, 面白がっ

▼ またかりに~ (19, 0.0%)

1 [19件] あなたが, お客が, そうしたいまわしい, そんな語, ぶったに, ももと, ピサロの, 一歩を, 一歩譲っ, 前住民, 山頂に, 帳消し出来た, 弁信が, 弁解する, 意志が, 慾の, 精神病者としても, 遠まわしに, 雨なら

▼ また~ (19, 0.0%)

2 ッと, 光華は

1 [15件] げんを, て, ていただきます, てくれ, てくれるだろう, てまた, てわし, びすを, ゃっきゃ, ゃつのすがたを見かけしだいに, ょうはやけにそうむっつりとしているんです, よりあな, より秋風そ, ら, りょうの

▼ またそれから~ (19, 0.0%)

2 それへと, 後の

1 [15件] あいつの, お粂, これからも, それへ, でも遅く, 先に, 半回転, 向うに, 幾らも, 後に, 航海を, 行う折檻, 転々として, 鎌倉の, 離れて

▼ またそれだけに~ (19, 0.0%)

2 釣が

1 [17件] おしゃれでも, くしゃみよりも, そういう印象, どんな女, 人間の, 信頼の, 先生の, 前田弥平氏の, 効果の, 却って生きがい, 却って親しい, 奥の院は, 奧の, 婚姻といふ, 彼の, 慣例の, 軟らかい

▼ またぞっと~ (19, 0.0%)

7 した 2 して, しました, するよう 1 したが, したという, したり, 寂しさ, 総毛立った, 身の毛が

▼ またばか~ (19, 0.0%)

3 なこと

1 [16件] なあらぬ事, なのよ, にした, にならない, にひで, にマセ, に小さな, に弱い, に気むずかしい, に石, に絢爛, に綺麗, に肉体, に長かっ, 正直に, 話を

▼ また~ (19, 0.0%)

3 ょッと

1 [16件] げの, げ痕も, づめの, のえ, ゅうと, ょい, ょいとうしろの者たちを, ょいとよろめて其処に, ょくりとやる, ょっこりとそこいらの戸の, ょろろと鳴れ, ょろろろと, ょッこり居なくなる, よいと, ツくり返りかけた, ーと

▼ またひとしお~ (19, 0.0%)

1 [19件] おもしろいでしょう, お忙しゅう, で, であったから, でご, というところ, になッ, に深い, に風情, のふ, の暑, の美し, の趣, 味の, 悲しく思われない, 感慨深いもの, 烈しく抱きしめ, 胸裂くる, 身に

▼ またまさに~ (19, 0.0%)

2 かくの, その故

1 [15件] あふれんと, この把握, この点, そういう点, そのとおり, ゲーテを, 二十八年の, 人道的の, 占領せらるる, 大成を, 来り襲はん, 消ゆ, 牡丹と, 隠れんとして, 鮫宇貝闕なるべし

▼ またもの~ (19, 0.0%)

2 のいかなる

1 [17件] いみ中, おじしないその, ずきな, にしよう, によっては, のみごと, の気配, の決裁, は帰っ, をいった, をぶつける, を考え, を贈っ, 哀しいよう, 思はしげに, 見高い, 鈍き駱駝

▼ またよし~ (19, 0.0%)

2 と思った

1 [17件] あそこを, あったに, かくの, そうでない, それが, です, 三五の, 彼には, 彼等が, 有罪と, 理解しなかった, 知って, 祖母たちが, 苦しいに, 譬えそれら, 起つても, 近づけると

▼ また~ (19, 0.0%)

2 づかに, づらはし人

1 [15件] あっ, あっと, あっわあっとばかりに, がはかる, が悦ぶ, が立つ, が踏める, ざわざおまえさんのとけえやって来るだ, つかほど, づかの, づか三段, アっと, イわ, ッと, ーっと

▼ また一匹~ (19, 0.0%)

2 のモグラ, また一匹

1 [15件] あらわれた, いた, といった風, の牝, の豚, の野狐, の馬, の鯉, の鳩, はその, は耳, やった, 出て, 引きずり出して, 白い仔犬

▼ また一興~ (19, 0.0%)

2 だよ, である, なり

1 [13件] じゃない, だ, であらう, であろう, でござる, ではありますまい, ではない, というよう, といふほどの心地, といふもの, とでも云, とばかりに八丁堀, と私

▼ また何等~ (19, 0.0%)

2 の努力

1 [17件] かの完全性, かの形, かの意味, かの活路, かの無限性, かの自然的, かアリストテレス的, か先, の取得, の困難, の意味, の樂, の滿足, の目的, の説明, 根拠の, 讀者の

▼ また作者~ (19, 0.0%)

2

1 [17件] が愛, が第三者, としての立場, としてもその他, として金銭上, に最も, のほう, の丹精そのもの, の後日, の心, の性格天分, の方, はロビンソン, は人間性, は歳, も出家, らしい観察

▼ また入っ~ (19, 0.0%)

9 て来た 2 ていっ, て来ました, て行った 1 たりなすった, てあるい, てしまった, てまた

▼ また共に~ (19, 0.0%)

1 [19件] ワルツの, 三条西家の, 出京, 味えるであろう, 完成すべき, 幼兒を, 感じ共に, 旅行に, 映し返された鏡, 棲む時, 楽しく酔, 樂しく, 江戸に, 泣くより, 生ず, 研究を, 行く, 遂ひ下ろされ, 馬にも

▼ また叔父~ (19, 0.0%)

2 のこと, のところ

1 [15件] で何, で処女, と歩き出した, に父親, の今, の例, の噂, の手柄, の来ない, の死, の秋作, の窮策, も, 御たち, 続いて

▼ また~ (19, 0.0%)

2 のため

1 [17件] つ神, に対してもまことに, に居た, の固め, の土地, の如く, の富, の政体, の経済, の面積, は, へ帰る, へ帰んなさる, を去る, を旺, を治す, を飛びだした

▼ また地震~ (19, 0.0%)

2 だ, のあった

1 [15件] かい, かと思っ, かと驚きぬ, かも知れない, があった, がある, が襲来, だと, と関係, により河水, のとき, の前, の多き, の後, の規模

▼ また外国~ (19, 0.0%)

2 から来た

1 [17件] からも輸入, から輸入, との交通, との通商, のいろいろ, のため, の交際, の大使, の影響如何, の政府, の旋条銃, の粗生, の艦, へ旅行, へ行き, へ行く, 諸国民

▼ また女子~ (19, 0.0%)

1 [19件] が活溌, が社会, だけの覚悟, と男子, のたしなみ, の側, の参政権問題, の將來, の教育, の断髪云々, の現在, の身, の陰門, の高等教育, は三界, は家畜, は弱い, や子供, を装飾物

▼ また安心~ (19, 0.0%)

9 して 2 したよう 1 ができなく, さして, した, したやう, と不安, になり起き上った, もしたらしい, をし

▼ また家族~ (19, 0.0%)

2 の人たち

1 [17件] に対してあらゆる, に關, のため, のなか, の一員, の不和, の生活そのもの, の者, の関係, は母, や友人, よりももっと, を伴わず, を引連れ, を有, を纏め, を通じてじ

▼ また少々~ (19, 0.0%)

1 [19件] さもしい話, たらず, では, ならざるべし, の悪い, の書抜き, は悪, 下品に, 不快で, 休養を, 変って, 悲しい事情, 感心ものだ, 慾張っ, 拝見の, 穿ちすぎるやう, 粗骨, 興味が, 金を

▼ また少しく~ (19, 0.0%)

2 小高い処

1 [17件] 不安な, 勾配に, 寄りあいました, 左に, 当時の, 恐れて, 悔ゆ, 揺動す, 擬人的な, 攀じ石段三十五階, 時を, 曲りやや, 港外にまでも, 異なれり, 説あり, 辺鄙なる, 高級な

▼ また~ (19, 0.0%)

2 の僧正

1 [17件] であった, としての意見有, と称え, と頼ん, にも外祖父, のあと, の人物, の体, の心, の教える, の発明工風中, の絵, の老齢, の自, よフレジェトンタ, を去り, を思う

▼ また~ (19, 0.0%)

6 ろしい 3 ろしく 1 なるべしとの, の一字, るべきもの, るべき事件, れとも, れも, れる, れるよう, ろしかった, ろしがりました

▼ また思い出した~ (19, 0.0%)

14 ように 1 が, んです, 時で, 様に, 次第です

▼ また悲しみ~ (19, 0.0%)

2 に充てる, の涙, もしなかった

1 [13件] が新しく, が湧く, でもない, でも無く, にもめげず, にも順応, に沈ん, のおり, の底, の情, もし, も深かっ, を訴えかねた

▼ また明らか~ (19, 0.0%)

3 である 2 なり, に反

1 [12件] ならむ, なれども, に, にし得ない, になりました, にフォン・コーレン, に別人, に城中, に指す, に淡い, に無鉄砲, に自然

▼ また明るく~ (19, 0.0%)

2 なった, なつて, なりました, なるの

1 [11件] うなずいたり, て楽しい, なって, なり, なりしまいにすっかり, なりますよ, なる時分, はなっ, 付けた, 冴え直った, 暗黒の

▼ また書斎~ (19, 0.0%)

3 へ入った

1 [16件] から出, から飛び出し, にとじこもられた, に入, に帰つて往, の入口, の扉, の方, の書棚, の縁側, の長椅子, へかえった, へ帰った, へ引き取った, へ引き揚げた, を出

▼ また楽しみ~ (19, 0.0%)

1 [19件] がある, だった, であり有益, である, でした, でしょうか, でもあつ, でもある, で書, なもの, なよう, になる, のある, のこと, の一つ, の心, もありましょう, をも共に, を奪われる

▼ また死ぬ~ (19, 0.0%)

2 ことを, ということ

1 [15件] かも知れない, ことは, だけの値, のだ, のだらう, のを, までなり, まで覚え, よりいや, 前あれほど, 時節が, 気なら, 気に, 覚悟で, 話に

▼ また死ん~ (19, 0.0%)

2 でくる, でしまった, で土

1 [13件] だっていい, でいた, でいっ, でいる, でから二日, でしまう, でしまふ, でしまふなら, でもいい, でもいとい, でも惜し, でも霊, で一羽

▼ また~ (19, 0.0%)

2 の中

1 [17件] が上る, が出なくなる, が無, で曇った, で痛む, のよう, の上っ, の如し, の渦, を吐き, を吐きだした, を吐き出した, を吐き出しぬ, を吹き出した, を吹く, を苦し, 吐いて

▼ また~ (19, 0.0%)

1 [19件] が出, が啼き, が来た, との長年, に憑かれない, に憑まれ, のよう, の一種, の中, の嫁入, の扇, の煙草, の眞, の真似演, の石像, の糸工場, は人, より以後, を信心

▼ また理解~ (19, 0.0%)

2 して, すること, の力, は單

1 [11件] されねば, される言語活動そのもの, され得るもの, したか, しやすい, しようとも, し得る女, せられやすい, と厳粛, によってまだまだうんと, を遮

▼ また異様~ (19, 0.0%)

2 なこと

1 [17件] で微妙, ないで, なもの, な三つ, な印象, な恐怖, な感じ, な燐光, な疑問, な空気, な陣立, な風体, な風態, な魅力, になまめかしい, にも感じた, の発見

▼ また~ (19, 0.0%)

2 を口

1 [17件] の中, の交換, の飛ぶ, をあおった, をあけた, をやろう, をわたし, を上げし, を上げた, を傾け, を取上げた, を挙げ, を改めて, を突き出した, を返す, を重ね, を飲み乾した

▼ また真実~ (19, 0.0%)

1 [19件] そんな破, である, であること, であると, であるという, というもの, と虚偽, なもの, なる恋, なエッダ, な一文筆者, にただ, に唯, に近い, のこと, の価格騰貴, の光, の名, を愛し

▼ また真面目~ (19, 0.0%)

1 [19件] だか, だった, で註解, なこと, な人, な劇, な様子, な調子, な顔, にうけさせる, にお話し, になっ, に云い直した, に云った, に引きしめたなら, に繰返した, に舞台, に訊く, らしくも

▼ また知っ~ (19, 0.0%)

5 ていた 4 てい, ている 1 ていたら持っ, ていない, てお, てのこと, てやがる, て双方

▼ また祖母~ (19, 0.0%)

3 の膝 2 がやって来

1 [14件] が好き, で私, との折合い, と祖母, につれられ, に叱られる, の叔母, の妹, の寝物語り, の昔気質, の話, は, は世間, を恋し

▼ また米友~ (19, 0.0%)

1 [19件] が同行, が応答, としてもそれ, と道しるべ, には屑屋, に向っ, に飛びつい, の前, の方, は例, は尾上山, は自分, も足, を従者, を慕う, を拝みました, を理解, を疑わない, を驚かせた

▼ また~ (19, 0.0%)

3 に包ん 2 の中

1 [14件] でつくった, といわず, にしたため, にそれ, に包んだ, に還る, のくだ, の上, の吟味, をあらゆる, を上, を巻き, を裂い, 撚を

▼ また~ (19, 0.0%)

3 の下 2 があったら

1 [14件] があっ, があつ, があれ, がつながった, が離れ, なき者, なくし, につながる, には武将たち, のない, の外, まで歩い, もねえ, 附けるから

▼ また考える~ (19, 0.0%)

2 ことも, のが, ように

1 [13件] から, ことに, ということ, とくやしく, と今頃, と彼, と癪, と高潔, のです, 人間は, 必要の, 機会も, 程正直な

▼ また~ (19, 0.0%)

2 かけて

1 [17件] つつけあと, つ掛け汝, て通知, はれて, ひあげる滝, ひつき, ひて, ひ出されちや, ふ, ッかけの, ツかけ, ン出され, 剥ぎも, 懷の, 捕の, 立てて, 駈ける性質

▼ また~ (19, 0.0%)

2 の法子兒, を越え, 干と

1 [13件] から彼方, に働く, に出でぬ, に出ました, に出る, に行か, に霜, の土, の鳥, べに立つ, を歩き出した, を縫う, を駈け飛ばした

▼ また長く~ (19, 0.0%)

1 [19件] かかるのう, せきいった, その端毛, なつた, なりて, なりは, なる, なるだけ, はっきりと, 仏さまに, 別れて, 常人の, 幸運が, 御厄介, 悔ゆる, 生きて, 秘仏として, 逢へ, 順境に

▼ また~ (18, 0.0%)

3 はゆる 2 てくれれ

1 [13件] ぐんだって, ずくとも, ぢめられる, づれゆつくり, てくれるなら, はけなき, ら, らしたわ, らしったの, らしつて, らしてね, らッし, ッそ脅し脅し

▼ またおいで~ (18, 0.0%)

42 え, になった, になる 1 くださいまし, と言いました, なさい, になっ, の思召, や, よ少し, 下さいましお待ち

▼ また~ (18, 0.0%)

3 像末法滅の

1 [15件] この事業, でとは託女, は退かず, びをかしげてこの, ふうを, ゆの, ッく, ツ付く, トロイア顧みず, 上機の, 心を, 明けたり, 棄つべし, 蔽へば, 負かすも

▼ またけっして~ (18, 0.0%)

1 [18件] あなたを, この種, しようとは, その御蔭, だれからも, だれかを, 世に, 人に, 判然たる, 君たちを, 否定も, 嘘では, 尋常じゃ, 少なくない, 少なくなかった, 死ぬ必要, 立つべからずフランツ, 自分は

▼ またしたがって~ (18, 0.0%)

1 [18件] いよいよ弱し, かれの, その人, その義務, その職分, ますます大, 亡す, 人は, 単純なりし, 国の, 多くの, 当然で, 思い出さるるの, 業につき, 無限なり, 相当の, 衣食の, 邪悪で

▼ またそこら~ (18, 0.0%)

2 にいる

1 [16件] いちめんに, で気流, にあった, にある, に散在, の双, の口, の木立, の横町, の砂, をくんくん, を歩い, を歩き回った, を見る, を見廻した, を駈け廻った

▼ またもっとも~ (18, 0.0%)

1 [18件] なこと, むずかしい言葉, らしく思案, 価値の, 劇烈な, 力強い意味, 励精な, 多く使われる, 大事な, 幸福な, 広い意味, 有効に, 正しい人, 無事な, 無趣味, 至極であった, 認められ易く, 足の

▼ またわけ~ (18, 0.0%)

5 もなく 4 のわからない 2 がわからない 1 がある, がわからなくなった, ても多く, の分らぬ, もある, もなくばからしく, もわからず

▼ またわたしたち~ (18, 0.0%)

2 のところ

1 [16件] がうかがう, が城, が鉄, と同じ, の家庭, の忘れかけ, の新しい, の疑問, の社会, の親, はごうまん, は同じ, を両手, を夢, を支配, を見つけた

▼ またペン~ (18, 0.0%)

2 を動かしはじめた, を取った

1 [14件] が来た, は背, をとめた, をとる, をぶっつけた, を取り上げた, を取上げた, を執った, を執る, を持ちかけた, を持つ, を置いた, を置き, を走らしはじめた

▼ また今更~ (18, 0.0%)

4 のよう 2 のやう

1 [12件] ながら郷, にそんな, に大, に悲しまる, に歎服, に物, に舌, に驚かれぬ, の様, 感心した, 私が, 考えれば

▼ また会社~ (18, 0.0%)

4 の方

1 [14件] から借りる, だの工場, で小品みたい, にとってもそれ位, にもせよ, に出る, に対して金銭上, のいろんな, の人夫, の人達, の往き帰り, の用事, へ鞘, を怠け

▼ また何ら~ (18, 0.0%)

1 [18件] ことがらを, の光明, の利害関係, の地代, の変化, の影響, の感動, の理路, の罪悪, の解答, 不自然な, 季題の, 寒気を, 敵対運動が, 苦々しい嘲笑的, 表現の, 読者の, 非再建論

▼ また充分~ (18, 0.0%)

1 [18件] こちらを, それを, であった, であつ, なる生命, なる警戒, な効果, な戦力, に意義, に攪, に注意, に結構, に見て取っ, の冷, 保護しなけれ, 信の, 成効の, 研究すべき

▼ また~ (18, 0.0%)

4 れが

1 [14件] から類推, がいけた, がため, が貴人, だけの岐路, だけの物, れと, れに対して, れまでに, れよりも, れを, を繰返す, を読者, を除い

▼ また勝手~ (18, 0.0%)

2 の方

1 [16件] から顔, たるべしという, なんぞに, な太平楽, な法螺, な熱, にされ, に主観的, に女, に抛り出し, に新た, に款状, に馴れた, の板の間, へ来, 知らずとうとう

▼ また医者~ (18, 0.0%)

1 [18件] がきた, であった, でないと, でもあっ, というよう, に叱られる, に相談, に行っ, に診察, の方, の身, はみな保險医, は自分, もどう, も余り, や牧師, らしい冷静, らしい咄嗟

▼ また博士~ (18, 0.0%)

1 [18件] だよと, と犯人, にいわれる, にすがりついた, にならない, になる, のからだ, の家, の寝室, の手, の方, の自動車, の號, はいっ, はいった, は大学, は悪人, を送り

▼ また~ (18, 0.0%)

2 を舐め

1 [16件] で笑った, にうかべた, について言え, にはいつも, に感じはじめる, のあたり, の開き, をぬらした, を咬ん, を固く, を尖らし, を押しあてた, を拭き, を歪めた, を痛い, を舐めた

▼ また~ (18, 0.0%)

4 ひたま 32 ふこと 1 はむ一掬, ひかけた, ひかけて, ひつめて, ひを, ひ合せ, ひ給, ふて曰く, をかける

▼ また~ (18, 0.0%)

2 のよう, をつく

1 [14件] かも知れない, かも知れぬ, だった, でもない, になる, の氣持ち, らしくなるもの, をつい, をついた, をも云ってる, を云, を吐い, を言う, を言った

▼ また地上~ (18, 0.0%)

2 によびもどされ

1 [16件] からは死, から別, ではまだ, とすれすれ, にいつのまにか, にごろりと, には古い, には植物, にやたら, に下り, に叩き落す, に降り, の活動, へ帰りつく, を離れ, 低く垂れ下がっ

▼ また変った~ (18, 0.0%)

1 [18件] ことが, ことで, のである, ものであった, やつでし, 二人の, 味が, 姿で, 幸福らしい, 形ながら, 御説, 所が, 現在の, 立場からの, 考えが, 苦しさ, 話が, 趣向でも

▼ また~ (18, 0.0%)

2 の名, を出

1 [14件] としてもふさ, とも僧, により, に参り, に檀家, の乾, の創立者, の大会, の娘, の方, の石磴, の門, を空, を追

▼ また少から~ (18, 0.0%)

7

1 [11件] ざるなり, ざる次第に, ずあった, ずあったの, ずこの, ずと, ず感心, ぬの, ぬ不愉快, ぬ感動, ぬ部分

▼ また少なから~ (18, 0.0%)

6

1 [12件] ざりしと, ずあったこと, ずある考へても, ずこの, ずと, ず人, ず大いに, ず怯, ず火災, ず自由, ず誤解, ぬ

▼ また得意~ (18, 0.0%)

1 [18件] がるはず, であった, では, でもなかつた, でやり出して, となっ, と共に悲哀, なもの, な時代, な詭弁, にさえなった, になっ, になる, の, のよう, の絶頂, の腰投, の色

▼ また思想~ (18, 0.0%)

2 は如何なる

1 [16件] かも知れません, があつ, がその, が全然, が將來どれ, が揺ぎ, でないから, というもの, として研究, とは私, のみを以て銃剣, のメカニズム, の危機, の昏迷, の波, の淵源

▼ また恐らく~ (18, 0.0%)

1 [18件] お前たちみんなの, この神, この種, そういうつもり, そこに, それが, それを, 勝利者にも, 同様な, 帰って, 思惟によ, 愛されて, 我々はか, 現代の, 私は, 自分だけ, 読者にとって, 誰も

▼ また折角~ (18, 0.0%)

3 剥いたその

1 [15件] お出でに, さしたピン, つかんだこと, のわたし, の殺人光線灯, の突き, の製品, の金, 前に, 彼が, 来たからには, 熟して, 相手が, 苦しい中, 足の

▼ また朝廷~ (18, 0.0%)

1 [18件] あること, から従四位下参議, から詰問使, が東国東北, でさえもわが家, でも幕府, に表, に議奏, に財, のみならず, の元老, の厚い, の御, の長期方針, は朝廷, への忠勤, をはなれ, を威嚇

▼ また未来~ (18, 0.0%)

2 の風景

1 [16件] から考えられる, においても生きます, における女性征服, にも栄え得る, にも起こりうる, に出よう, に向っ, に就い, に属する, に持ち行くべき, に繋がる, のでき, の世界, の夢, の解決, を予想

▼ また来ます~ (18, 0.0%)

621 お邪魔さま, から, からとその, からね, からもし, って, といふどうぞ, と言っ, ッて, 帰つて子供の

▼ また楽しい~ (18, 0.0%)

2 ものだ

1 [16件] から行く, ことである, ことに, のである, もので, ものです, ものに, 問題では, 御生活, 心丈夫な, 旅を, 時でも, 時と, 時代が, 花環つくりの, 話を

▼ また正直~ (18, 0.0%)

2 のところ

1 [16件] であった故に, でないこと, でなければ, なあの, なくても, なる仕事, な人, な国許, な女, な鉤, にその, にそれ, に育っ, に自分, に若芽, に返し

▼ また民衆~ (18, 0.0%)

2 がその, の求むる

1 [14件] である, と軍隊, にあった, のこと, の信望, の信頼, の側, の味方, の崇拝, の手, の赤子, の間, もその, も平家

▼ また~ (18, 0.0%)

3 を流し 2 を拭いた

1 [13件] くさいちぢみ, とあぶら, なり一里, になり, になる, のご, のにじむ, の目, も膏, を出す, を拭う, を拭き, を拭く

▼ また~ (18, 0.0%)

2 に入れ, に浸っ

1 [14件] にはいっ, にはいり, にはいる, にもはいれない, に入っ, に入り, に入ろう, に這入り, のなか, の中, の量, は始終, も來, を汲み

▼ また~ (18, 0.0%)

5 しい 3 しいと 1 くな, く喜び, く慎, しいでは, しいわけ, しい衰弱, しい論, しく具体的, しく濃厚, しく癇癖

▼ また科学~ (18, 0.0%)

1 [18件] が一旦, が即興, が生理的, が聖書, です, と宗教, において現実, にもなっ, によってこれ, に接近, のため, の力, の外観, の対象, の為, はそれ以外, はマテリアリズム, は常識化

▼ また~ (18, 0.0%)

2 を動かしだした, を動かしはじめた

1 [14件] がぽ, であること, と皿, と盆, にはしょっ, の倒れた, をつきだし, をのばした, をやめ, を付けた, を取った, を取りあげた, を措い, を擧げし

▼ また~ (18, 0.0%)

2 の近き

1 [16件] エフィゲニウスの, 先も, 先生が, 先生の, 功なる, 医師は, 大奮わぬ, 夫人や, 妻さんも, 官女や, 将千葉介常, 爺さんの, 牛が, 紳士と, 職の, 道士の

▼ また見え~ (18, 0.0%)

2 たれども, てとど

1 [14件] がくれ, ていらつ, ているらしい, てきます, てくる, てそれ, てもわからん, ても構いません, て奥方, て来, て来ました, なくな, もしなかった, 出す

▼ また~ (18, 0.0%)

3 をつぎ 2 と語, をついだ, を續けた 1 いささか矯激, についてもこの, を投げた, を改めて, を継いだ, を続け, を続けぬ, を繼ぎ, 出した

▼ また説明~ (18, 0.0%)

4 した

1 [14件] が大, して, しても, しにくい, しました, すること, する気, に代っ, に苦しん, も求めなかった, をはじめた, をもとめる, を加えた, を始めた

▼ また~ (18, 0.0%)

11 の中 2 の夜 1 き夜, へ没し, を奔, を照らす, 沈む墓かげ

▼ またああ~ (17, 0.0%)

1 [17件] いうお, いう中, いう人通り, いう原始的, いう戦争, いう手紙, いう母娘づれ, いう深刻, いう病気, いう賊, いう風, いった気性, した芸当, そうかって, 云ふ, 失策った, 小沢の

▼ またいささか~ (17, 0.0%)

2 戒むるところあり

1 [15件] の友情, の引目, の悪びれた, へんに, 儂の, 恥じた, 感心させられず, 手ごたえの, 方術, 無言の, 生命を, 疑念をも, 自ら絶望の, 謝意を, 進歩する

▼ またしずか~ (17, 0.0%)

2 に話し出した

1 [15件] な眠り, におっしゃる, にしまった, にというふう, になった, に仏壇, に出, に歩み出した, に眼, に神, に締めたらしい, に言いました, に言い出しました, に話, に読み

▼ またにわかに~ (17, 0.0%)

1 [17件] かわって, きれいな, するどくなっ, せまくなる, 勢ぞろいし, 外海へ, 心づきたる様, 怖くなりました, 悪い様子, 改まって, 暑くなっ, 活気づいて, 活況を, 物騒がしくなりました, 蝋燭を, 速力を, 閉じた神秘

▼ またふたり~ (17, 0.0%)

1 [17件] が家, が無事, とないうつくしい, のあいだ, の姉妹, の子供, の家臣, の寛ぎ, の弱い, の者, の苦心談, の黒い, は声, は槍, も似通った, をおんぶ, を琵琶湖

▼ またぶらぶら~ (17, 0.0%)

1 [17件] そのへん, と塀, と天王寺, と後, と新宿, と暗い, と橋, と歩き始めた, と海岸, と笑語, 御歩き, 流し元まで, 濠の, 登って, 船を, 遊んでしまつて, 道草を

▼ またほんとう~ (17, 0.0%)

2 に何

1 [15件] にあなたがた, にそう, にその, にだれ, に分らない, に必要, に抜いた, に掏, に病気, に社会, に離れ, のお父さん, の名前, の芸術家, の電話

▼ またビール~ (17, 0.0%)

2 を一二本

1 [15件] だ, だいか, だかうしたアルコール, でない恵比寿, でも差上げましょう, なの, のコップ, の小瓶, の瓶, の空びん, を呑み, を呼んだ, を里子, を飲み, を飲んだ

▼ またフランス~ (17, 0.0%)

1 [17件] から皮肉, でなかなか, では人口増加, ならびにロシア, においては種々, の一地点, の俗謡, の信用, の国境内, の国立音楽演劇学校, の大, の良心, の芝居, は英国, へ來, も剣, をのぞけ

▼ また一寸~ (17, 0.0%)

1 [17件] ここは, した野菜畑, そろっと, とゆ, には痿, ほど蓋, また一寸, オツぢや, 不可解な, 変な, 嬉しいやう, 寄ったと, 引きかえして, 彼は, 梶に, 炬燵に, 違うので

▼ また丁寧~ (17, 0.0%)

3 にお辞儀 2

1 [12件] にお, に傍, に取り出され, に手紙, に扱おう, に新聞紙, に綴じ込ん, に考える, に装置, に言った, に誉めたたえ, に辞儀

▼ また~ (17, 0.0%)

2 の下

1 [15件] である, にある, に上っ, のうしろ, のかなた, のふもと, の根, の西, の頂, へ, むせるやう, をおり, を登りはじめた, を越え, を降り

▼ また低い~ (17, 0.0%)

3 声で 2 丘の

1 [12件] しっかりした, ときまつた, べつな, 出生率ほど, 声ではじめた, 屋根格子窓朽ちかけた, 山麓を, 峠を, 所に, 木立や, 聲で, 話声が

▼ また低く~ (17, 0.0%)

3 お辞儀を 2 なった

1 [12件] する運動, なつて, なる, 二羽の, 呼びましたらだしぬけに, 岸を, 沈んだり, 用いられる場所, 皺襞の, 答えた, 赤石山脈も, 響いて

▼ また~ (17, 0.0%)

1 [17件] つた, との間, と私, と闇, にあて, の予感, の種類, の音階, より光, よ願はく, をぜんぶ反射, を失い, を失っ, を失ひ, を帯び, を放っ, を見る

▼ また半蔵~ (17, 0.0%)

2 と一緒, を見

1 [13件] が呼ん, が平田篤胤没後, が袂, が言い出した, で, にし, に言いつけ, のうわさ, の声, の方, は言い添えた, は言った, は道

▼ また~ (17, 0.0%)

2 くれの

1 [15件] が崩れた, でうめ, にめりこんだ, に動かぬ, の上, の争奪, の匂ひも, の崩れる, の焜炉, の香, ほど正直, や腐つた, より人間, をかける, を円く

▼ また夜中~ (17, 0.0%)

1 [17件] にお勝手, にその, にふと, にまくら, に妻, に帰った, に歸, に波, に眼, に破れ来った, に自宅, に起き, の一時二時頃, の庭, の脱出, もむろん, 降りだした雨

▼ また大勢~ (17, 0.0%)

2 の使用人たち

1 [15件] がひとつところ, が寄っ, に囲まれ, のどよめき, の人, の人夫共, の博労たち, の同じ, の従僕奴隷たち, の手下, の旅行家, の環視, の神, の臣下, 付いて

▼ また夫婦~ (17, 0.0%)

1 [17件] がわらい, が人力車, が共稼ぎ, して, じゃ, そろって, という者, となる, とも六波羅兵, にならない, になる, のお方, のより, の寝室, の縁, の部屋, 仲良さそう

▼ また好き~ (17, 0.0%)

1 [17件] で, であった, である, でもあった, で側, で落語, という内, な事, な人, な初冬, な奥さん, な子, な本, な絵, な酒, になっちゃった, になれる

▼ また宇宙~ (17, 0.0%)

1 [17件] がそれ, というもの, に対するテレ, の万物, の中, の中心, の全て, の創造主, の外, の本体いかん, の生命, の限界, を包括, を卵, を舞踏, を透した, を飛びまわる

▼ また~ (17, 0.0%)

1 [17件] にこの, にそれ, にのんき, に何等, に内政上, に多く, に從來, に必然的存在, に快く, に斯く, に畢竟, に私, に節度, に近代的無産者的基礎經驗, に雄々しい, は鎌倉行き, もなき

▼ また小屋~ (17, 0.0%)

4 の中

1 [13件] から少し, があります, が搖れた, にはいり, の方, の横, の蔭, の食堂, へ入った, へ入れ, へ入れる, へ帰っ, を揺り

▼ また少年~ (17, 0.0%)

1 [17件] がその, が彼等, に起り, の彼, の方, の時, の服装, の石, の頃, の頭, は問いました, は嘲笑った, は打ち, は砂, は精巧, をおこらせ, を見あげ

▼ また屋根~ (17, 0.0%)

7 の上 2 の下 1 から呼ばわる, に上ぼつ, に舞戻った, の三角, の勾配, の町並, の角度, を伝っ

▼ また座敷~ (17, 0.0%)

2 へ顔

1 [15件] からすぐ, にかえって, に上っ, に取って返し, に戻っ, に関した, の庭, の方, の物, は好色陣, へ入っ, へ帰っ, へ引きかえした, へ戻っ, へ来

▼ また悲し~ (17, 0.0%)

5 げな 4 げに 3 そうに 1 げにさえ, さからも, さが, そうな, とも思わなかった

▼ また想像~ (17, 0.0%)

2 して, し感覚, し感覺

1 [11件] した雪, しやすい, し得るところ, し難く, するに, で心, と幻想, の外, もできる, を排さなけれ, を絶

▼ また感心~ (17, 0.0%)

2 したよう

1 [15件] した, したの, したもの, したやう, しちまった, して, しない, すべきこと, すべき心, すると, な, なこと, に親孝行, はし, をした

▼ また文学~ (17, 0.0%)

1 [17件] だけで, ではゲーリング, などと各, なり学者, に志した, に生きよう, に縁, のもつ, の形式, の流派, の過剰, の階級, や芸術, をもっ, を好んだ, を愛し, を摸索

▼ また~ (17, 0.0%)

2 や塔

1 [15件] がとぶ, とお話, によって方角, に思, に聲, に輝く, のこと, のない深い, のひとつ, の光, の夜, も月, をごらん, を一つ, を見詰めた

▼ また~ (17, 0.0%)

2 に衣

1 [15件] がいたく, がぬけ, がぬける, が痛く, が脱, が黒い, のない, の丈夫, の健康, の浮く, の痛み, をくいしばった, をみせた, を剥き出し, を喰いしばっ

▼ また~ (17, 0.0%)

2 の中

1 [15件] からはふもと, となる, にはいった, にもいっぱい, のところ, のふち, のほとり, の他, の底, の方, の汀, の辺り, へ放し, を貸し, 前兵衛佐為盛さま

▼ また~ (17, 0.0%)

2 の瀬

1 [15件] が蚕食, に下りた, に追い下ろされる, に達した, のメアンダー, の中, の水, の淵, の雪, はおそろしく, へ引っ, や湖泉, をも見た, を廻り, を渡り

▼ また理由~ (17, 0.0%)

5 のない 2 の一つ 1 があった, があつ, がなけれ, が解らなく, なく人, などはそれから, は分らない, もあっ, もない, もなく

▼ また異常~ (17, 0.0%)

1 [17件] でもある, なところ, なの, なる傾聴, なる感動, なる篤行家, な光景, な張り, な形, な惑乱, な所業, な熱狂ぶり, な笑い, な美徳さ, な魅力, に肥沃, のよう

▼ また相談~ (17, 0.0%)

1 [17件] したところ, しよう, し直して, すると, する必要, でもあった, にも乗ろう, に乗, に乗っ, に乗らない, に来る, の上いずれ, をした, をしよう, をはじめた, をはじめました, を開いた

▼ また眠り~ (17, 0.0%)

2 に落ち, のうち

1 [13件] たり, ついた, におちいる, におちた, にはいった, に入った, に就く, に落ちた, に誘われ, に陥った, の中, の時代, を装っ

▼ また私ども~ (17, 0.0%)

2 の仲間, の善

1 [13件] が生物学者, が自身, と来た, にお, につたえられ, のところ, の住居, の利潤, の店, の祖母時代, の耳, は摩利信乃法師, は新宿

▼ また~ (17, 0.0%)

3 である

1 [14件] であるから, なこと, なれば, な品, には全く, には命, には有名, に半ば, に来る, に淵, に自分, に詩, れなほど, れには

▼ また聞い~ (17, 0.0%)

3 ていた

1 [14件] たりあの, たりし, てい, ていらっしゃらなかった, ている, ておい, ておかない, てみました, てもいなかった, て居る, て書いた, て見た, て通し, て頂く

▼ また~ (17, 0.0%)

2 侍の, 奴と, 狹の

1 [11件] かつた, さと, さという, 中或は, 侍は, 光が, 公卿の, 太夫どの, 寡婦と, 御料の, 松屋という

▼ また苦痛~ (17, 0.0%)

1 [17件] が新, だ, でありました, でもあった, と快, と快楽, な問答, に呻く, に思っ, のため, の証明, は始まった, や悲哀, や悲嘆, をこらへる呻き, を与える, を以て自分

▼ また~ (17, 0.0%)

1 [17件] がよく, が出る, が笹, のお, の上, の先, の具合, の美観, の色, の茂つた糸杉, もしくは花, も剛, や巻髭, をかけ, を出し, を分け, 落ちる秋

▼ また蒲団~ (17, 0.0%)

6 の中

1 [11件] だとか, にもぐり込む, にもぐり込ん, にもぐり込んだ, に乗り, のところ, も洗, をかぶっ, をかぶった, を被った, を頭

▼ また起き~ (17, 0.0%)

1 [17件] ている, てうかがう, てこの, てしまっ, てそうっと, てまた, てみずから納戸, て出, て出た, て戸, て旅, て歩みだす, て洋服, て電燈, 上つた一枝の, 上つてこつこつ, 直つて猪口

▼ また運命~ (17, 0.0%)

2 ではない, の感情

1 [13件] がしからしめた, が変つて, だと, である, によって結ばれる, に引き入れられ, の名, の悪戯, の神さま, を免, を占筮, を日陰, を苛酷

▼ また~ (17, 0.0%)

2 だけには限らない, んが

1 [13件] さのみ, じ僧侶ひとり貧, すぎますね, つづきせずわたし, であるが, 兵衞殿清兵衞殿も, 曾我部盛親様などへも, 沮が, 濤に, 絵, 逗留かね, 防尊攘の, 鯨の

▼ また降り~ (17, 0.0%)

3 てきた 2 て来, て来た, て行く 1 いつか夜は, そうだ, ついで大雪に, てき, てまいります, てゆく, て来る, 口の

▼ また限り~ (17, 0.0%)

2 ない魅力

1 [15件] あり, ないなつかし, ない向上性, ない恐怖, ない愛情, ない書類, ない漂泊, ない瞑想, ない神様, なかるべきを, なき愛, なき憎悪, なく多い, なく怒鳴り続けた, もなく清く

▼ また駄目~ (17, 0.0%)

32 である

1 [12件] か, かと彼, だし, だらう, であつ, です, となり, となれ, なところ, にな, になっ, を出しはじめます

▼ また驚くべき~ (17, 0.0%)

2 もので, 額に

1 [13件] ことに, ほどで, ほどであった, ものである, 一大盆景な, 事実を, 光景を, 別の, 強力の, 有利な, 色魔な, 追加ニュースが, 雨量が

▼ また高氏~ (17, 0.0%)

1 [17件] が今日, が去る, が足利家当主, のいだく, のそば, の後ろ, の背, の胸奥, の落し子, の越権, へもすまぬ, もいわなかった, もうなずいた, もそれ, も思わず, も設けられた, を賞め

▼ またおじいさん~ (16, 0.0%)

1 [16件] が, がじっと, が打ちました, が船乗り, が読ん, と二人, と利助, にがみがみ, には子供, にみつかっ, に別れなけれ, のそば, のところ, の毎日, の話, は家

▼ またおそらくは~ (16, 0.0%)

1 [16件] あらゆる徳, おなじやう, この新しい, それに, ほかの, 一種の, 人類社会だけを, 分捕品, 寿命で, 待ち伏せに, 怪物と, 昼飯について, 犬を, 私が, 種痘の, 西洋の

▼ またかという~ (16, 0.0%)

3 ような 2 顔を

1 [11件] ふうに, ようで, 先入主に, 心持で, 悔い, 感じしか, 感を, 様子を, 気持が, 眼つきを, 顔し

▼ またから~ (16, 0.0%)

3 だを 2 だが, だの 1 かつてる, こぼれるよう, こぼれ出して, だも, まる二人, 不意に, 出る奴, 合わせ五割, 風の

▼ またくる~ (16, 0.0%)

2 からといっ, よ

1 [12件] からね, がいい, ことに, ぜ, といっ, としよう, となるたけ, のを, ような, よじきに, わの水, 約束を

▼ またすばらしい~ (16, 0.0%)

2 では, ものであった

1 [12件] あッと, お天気, ことに, ものでした, ものです, 上肉でございます, 声で, 夢を, 大車輪で, 秋日和だ, 考が, 自然の

▼ また~ (16, 0.0%)

4 きっとした

1 [12件] いつかが, えらい儲け口, しんと, たどたと, つかと, つかに, つと笑つた, どうした, ぶねずみ, ろぼう, ッかへ, ッと

▼ またなお~ (16, 0.0%)

1 [16件] お目, かくの, このまま斃, こんな著, してやろうと, まずかった, もっと後, よく言え, わが世, 中国に, 今日戦争の, 何か, 俗字として, 神なり, 肉体に, 自然を

▼ またなんとなく~ (16, 0.0%)

1 [16件] いい心持, その味, とっつきにくく, 乍ら, 億劫でも, 奥歯に, 悲しくなりました, 慎重に, 病的な, 眼の, 美しく輝い, 羞恥み, 胸を, 落ち着かない思い, 陰惨な, 顔を

▼ また一ツ~ (16, 0.0%)

2 の岩岬

1 [14件] いけねえこと, になっ, にはいずれ, にはさんざん, にはトミ子, には己, には自分, の岬, の意外, の手紙, はあすこ, は松岡, は米国水兵数多車座, みを

▼ また一家~ (16, 0.0%)

1 [16件] のため, の主婦, の事情, の人, の問題, の地盤, の妻, の幸福さ, の男女, の祟り, の秘密, の身体, を侵す, を連れ, を養い, を養う

▼ また一番~ (16, 0.0%)

1 [16件] ありそう, に起きるだ, の古顔, の能, ひどく郷愁, へこたれて, よいよう, よくない, よく大きな, わかりにくい, 与えて, 会いたくも, 古い建物, 好いよう, 良い文章, 買い占めにくい

▼ また一部分~ (16, 0.0%)

2 は第

1 [14件] とそれから, の形容, はその, はほとんど, はまたは, は個人, は先驗論的認識論, は地主, は意識的, は溶液, は現在, は生活必要品, は租税, は軍隊

▼ また一里~ (16, 0.0%)

2 歩いて

1 [14件] か一里半, の急坂, の泥路, の道, はかりの, ばかり下りた, ばかり下ります, ばかり山, ばかり降ります, ほど行く, ほど行ったら, も先, も歩く, も行く

▼ また丁度~ (16, 0.0%)

2 さっきの, 細君も

1 [12件] そのとき, その反対, その巡礼, その頃, それと, に帰っ, 好いの, 来て, 空襲の, 第八番目, 良いフランス人, 行き着

▼ また下り~ (16, 0.0%)

2 て来

1 [14件] たり裏町, ている, てき, てきませんでした, て下駄, て後, て来た, て来る, て河原, て聴く, て行, て行く, になっ, また上り

▼ また事件~ (16, 0.0%)

2 が起きた

1 [14件] か, が思はぬ, が生じました, が突発, が進む, で引張り出された, の到来, の対象, の進行, は極めて, も一層, を余り, を嗅ぎ出し, を醸した

▼ また俳句~ (16, 0.0%)

2 を作る

1 [14件] が他, というもの, という名前, としてもっとも, として如何, とはどんな, には切字, にも同じ, に馴らされ, は大阪, は客観描写, もかずかずある, をし, を作っ

▼ また兵馬~ (16, 0.0%)

1 [16件] がいない, が神尾主膳, が脛, と別れ, に一層, に向っ, に対してどうやら, に米友, の敵, の身の上, の通っ, はニヤリニヤリ, は当時, もお雪ちゃん, も若い, をも同じ

▼ また十年~ (16, 0.0%)

3 たった 2 の後, も経った 1 たったの, とか五十回目, の年月, の間, はかかる, も早い, も遅れ, を経た, 見なかろうが

▼ また単なる~ (16, 0.0%)

2 ソフィストでも

1 [14件] 一時の, 伝道の, 偶然であろう, 偶然の, 労作の, 口惜しいで, 土佐絵でも, 好奇心の, 理解とは, 行きずりの, 親しみや, 観念的機械的平面的固定的な, 言葉の, 音調から

▼ また味方~ (16, 0.0%)

2 のうち

1 [14件] から敵, が追込まれ, とし, にし, のもの一同, の兵, の加賀野井城, の大名, の敗北, の楊林, の民心, の猛威, の苦戦, もつくる

▼ また~ (16, 0.0%)

11 鳴った 2 鳴る 1 鳴られると, 鳴りつけたの, 鳴り付けた

▼ また場合~ (16, 0.0%)

2 によつて

1 [14件] によっていろいろ, によってはこの, によってはさらに, によっては上, によっては少ない, によっては殺す, によっては百年, によっては野次馬, によって死にたくなったら, によつてプロレタリヤ, により実験, に依, に依っ, を考へみる

▼ また大人~ (16, 0.0%)

2 でもいやしくも

1 [14件] から虐待, が外, が弥十郎, が経済的, が鎮守, となっ, にもなりました, にも子供, に抗議, のいたずら, の名, は大人達, もこの, らしい様子

▼ また大声~ (16, 0.0%)

2 で叱

1 [14件] あげて, が眼, で, でファニー, で奥, で歌, で笑い, で笑い出した, で笑つた, に呼, に茶の間, をあげられる, を挙げ, を揚げ直した

▼ また女性~ (16, 0.0%)

1 [16件] が隠れ, ではお次, とも思われない, に対してむしろ, に興味, のごとき, のなか, の側, の免れぬ, の尊い, の性, の語気, の身体, の高, らしい優しい, を欠くべからざる

▼ また好い~ (16, 0.0%)

2 では, のを

1 [12件] お得意, ことの, ていない, やうに, んだ, 云訳を, 仲に, 天気な, 天気に, 御分別, 材料の, 気に

▼ また完全~ (16, 0.0%)

2 に実現

1 [14件] であった, なる婚姻法, なる標準, なる真, な一本, には反ばく, に不調, に元, に商品化, に展, に愛する, に流され, に複雑, の夫

▼ また~ (16, 0.0%)

3 のお

1 [13件] あらんたとい, が最後, で受け取った, としては思召, と共に龍駕, のおいで, の君, の扈従, はそんな, は冗談, をめぐる, を助け, 仕で忘れられない面白い

▼ また~ (16, 0.0%)

5 のため 3 を押した 2 を押す 1 いりに, のためノック, をおした, をおしました, を入れ, を押し

▼ また暗く~ (16, 0.0%)

5 なった 2 なって 1 され生, とどろくなり, なりかかった風, なりかけた, なりして, なりました, なりますから, なる, なるばかり

▼ また案外~ (16, 0.0%)

2 なもの, 効を

1 [12件] うまく行った, であった, で天子, で瓦色, どころで, なこと, におもしろかっ, ゲリラ神経という, 公平な, 初心らしい, 古い時代, 無力な

▼ また~ (16, 0.0%)

2 を渡っ

1 [14件] がある, のたもと, のところ, の上, の下, の中程, の向う, の袂, や大川, を, を二つ, を渡し, を渡す, を見る

▼ また機会~ (16, 0.0%)

2 があったら, がある

1 [12件] あるごと, があっ, がありましょう, がきた, が見つかり, が逃げ, というもの, なきに, もあろう, もなく, や因縁, をみ

▼ また機械~ (16, 0.0%)

2 の使用, の改良

1 [12件] が動きだす, が彼, が故障, でうごく, のいぢ, のため生産力そのもの, のまわる, の問題, の運轉力, は五, をつける, を作った

▼ また~ (16, 0.0%)

1 [16件] がついた, が向け, が急, が滅入, が狂, が長, ちが, にいつた, になる, に觸ツ, の多い, の毒, は確か, を取り, を取り直し, を廻し

▼ また父親~ (16, 0.0%)

1 [16件] がいつも, が例, が見えません, が話し, としてです, とともに自分, と縁側, にぽい, に床, のため, の傍, の声, は, も泣い, や母親, を世の中

▼ また片手~ (16, 0.0%)

1 [16件] でしっかり, ではしきりに, で朝子, で自分, で足, にはかの, にはピストル, には澄江, には透明猫, に魯粛, の無い, をついた, をのばし, を挙げ, を振っ, を振り

▼ また~ (16, 0.0%)

2 や羊

1 [14件] が死ん, が突き崩した, に突き殺された, の力量, の背, の遊ん, の髄骨, ばかりを二三頭, をく, を屠り, を引い, を戸内, を母, を見

▼ また眠っ~ (16, 0.0%)

8 てしまった 2 てしまったらしい 1 てしまいました, てしまうらしかった, てしまおう, てはいた, て翌朝, て行った

▼ また知る~ (16, 0.0%)

3 必要も 2 ところなし

1 [11件] ことが, この物サビーニ, に至った, の必要が, や否, や虫, 事も, 人に, 孤独は, 機会を, 由も

▼ また~ (16, 0.0%)

5 ひながら 2 ふ, ふの 1 ともなる, ひこける, ひ出しました, ひ合, ひ話, ふといふ, を含ん

▼ また精神~ (16, 0.0%)

2 の本性

1 [14件] からいっ, が朦朧, に何, のある, のため, の価値, の健康, の内部, の平衡, の所在, の美, の身体, の身體, の雑駁

▼ また考へ~ (16, 0.0%)

4 て見る 3 やうに 1 ごとにまでも, ていつ, てみた, てみれ, てゐた, て見れ, なほしたら, やうも, ポンと

▼ また聞く~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] うちにも, けれどもそれ, ことが, ともなし, に違, ものである, ように, マニオス・キネリオスなる, 人が, 可きもの, 方で, 暢夫江戸に, 気は, 者を

▼ また芝居~ (16, 0.0%)

2 の先代萩, の方

1 [12件] だろ, でなくては, でもおごつて貰, にでも行っ, にとつ, に行く, のこと, の廊下, の書き, の書割り, へでも行った, をし

▼ また若干~ (16, 0.0%)

1 [16件] その傾き, のほか, の事柄, の人, の俳優志望者, の変化, の外見的, の想像, の改革, の文献, の用意, の町, の記載, の註, はこれ, はそれ

▼ また親しく~ (16, 0.0%)

2 して

1 [14件] これを, なったよう, なった米国, もし, 丞相の, 会っても, 実情を, 感じられたの, 本人の, 父皇と, 申し述べたい儀, 見て, 見る, 震災地を

▼ また言う~ (16, 0.0%)

1 [16件] かも知れない, がまま, ことは, だけのこと, とそれ, にいわれぬ, にし, のであった, のである, ほどの必要, もおかしい, わ, わたしの, 右近の, 必要が, 通りを

▼ また議論~ (16, 0.0%)

2 の余地

1 [14件] かい, が沸騰, し合ったの, だ, であろうが, としてさほど, になる, のわかれ目, の質, の途中, はじめる, をする, を仕掛ける, を始めた

▼ また近代~ (16, 0.0%)

1 [16件] と調和, に入っ, に於, のこの, のでは, のもの, の兵法, の大陸文学, の女, の工藝, の曙光, の浪漫詩人, の自然科学, の若干, の詩壇, を準備

▼ また面白く~ (16, 0.0%)

1 [16件] てなかなか, ないか, ないこと, ないとは, ないなんて, ない家内, なくなって, なければ, もない, も何とも, も感じた, 存じ候, 感ぜられた, 無くな, 発展し, 話する

▼ また~ (16, 0.0%)

2 までも洗う, を掴ん

1 [12件] の上, の形, の掛かり, は何十度, は空ざま, を梳り, を洗いつづけます, を洗う, を短く, を荒っぽく, を長く, 梳きの

▼ また~ (16, 0.0%)

1 [16件] が啼きました, が鳴きました, だつた, と闘わし, どんと同じ, などは似我蜂, に至る, のよう, のク, の鳴い, は村, をとらう, を呼ぶ, を探し, を磔, 啼く

▼ また~ (16, 0.0%)

1 [16件] が二十匹, が来, だ奸黠, とでも話す, によって異なる, の嫁入り, の巣, の方, の移動, の籠, の肝, の貯え, は甚だ, も, を夜, を遣わす

▼ またあなた様~ (15, 0.0%)

3 のお

1 [12件] がこちら, が前世, にあの, におかれ, に出合っ, に対しては御, のこと, の為め, の遠大, は生来, も都, を思う

▼ またごろりと~ (15, 0.0%)

7 横に 1 あふむけに, して, なった, 寝ころんだ, 彼は, 横にな, 眠ころん, 縁に

▼ またついに~ (15, 0.0%)

1 [15件] うごかされたの, たまりかねて, はどうしても, はぼろ, は武家, は衰え, 一不可思議物たり, 人間の, 余を, 国家自体すらが, 大臣にまで, 守ること, 小説などは, 神たる能わざる, 鬼窟裏に

▼ またときどき~ (15, 0.0%)

1 [15件] うまくいく, かの手紙, このおばさん, そのやう, はばらばら, は一種憂鬱, オットー教授に, 切ない感情, 取り交わす平凡, 四つ辻の, 彼は, 思い出し笑い, 求めて, 煙の, 眼の

▼ またどうぞ~ (15, 0.0%)

2 いらして

1 [13件] お小座敷, お懲りなく, お近い, お遊び, お願, この際, というの, よんで, 何分お願い申上げまする, 宜しく御, 御贔屓, 神様わたくしの, 近くへ

▼ またはじまった~ (15, 0.0%)

1 [15件] この通り, じゃない, そうだ, ぞ, って, と女房, と思いました, と思った, と私, なと五郎, な八卦人相見, な困った, ね, んです, 会話の

▼ またぱっと~ (15, 0.0%)

2 華やいで

1 [13件] ついた, ベッドの, 元通りに, 強い光線, 打ち開き目玉, 明るくなった, 水煙の, 消えた, 燃えて, 燃え立つ, 目を, 袋の, 飛び起きました

▼ またふい~ (15, 0.0%)

1 [15件] と, ととんじまう, と何, と歌, と羽織, と迷い, と顏, にあなた, にお父さん, に云い出した, に去っ, に子供達, に突き倒し, に笑いやめ, に顔

▼ またもっ~ (15, 0.0%)

3 てその 2 てしかと 1 ている, てこの, てやむを得ざる, てゆく, て一つ, て万民, て帝室, て日本軍人柴大人, て自由論派, て透明

▼ またやさしい~ (15, 0.0%)

2 皮肉の

1 [13件] お嬢さま, が同時に, ところが, ともいえる, ものでした, ものな, キャスルウッド夫人は, 乞食を, 士なれ, 娘の, 微笑が, 心の, 顔に

▼ またやむを得ない~ (15, 0.0%)

2 ことである, ものが

1 [11件] ことだった, ことであろう, ことでした, とおっしゃいます, とする, と考える, 事で, 国策による, 御事である, 政策であった, 破目だったの

▼ またわが国~ (15, 0.0%)

1 [15件] から発見, でなければ, の, の伝統的精神, の剣劇, の劇作家, の守り札, の文学史上, の気候, の海軍飛行機, の現状, の神林, の科学者, の風習, を目標

▼ またわざと~ (15, 0.0%)

2 のよう

1 [13件] それを, たおれて, にもそこ, 人を, 仰山な, 同じ事, 怖がって, 活字を, 疑らせて, 矛盾する, 笑った, 遅刻した, 顔を

▼ またイギリス~ (15, 0.0%)

1 [15件] で見た, のよう, のキャヴェンディッシュ, のノーザンバーランド, のライエル, のローヂァ・ベーコン, の改革運動, の方, の最も, の領事館, へ帰りたい, へ帰りたくなりました, へ行く, やフランス, をし

▼ またパッ~ (15, 0.0%)

2 と燃えたつ

1 [13件] と先, と大きく, と岩, と散り隠れた, と消え, と消えました, と灯り, と立ちはじめました, と立つ, と跳びついた, と醒め, と飛び込む, サージ

▼ また一定~ (15, 0.0%)

1 [15件] のリズム, の仕方, の休息時間, の壽命, の學問上, の家, の工場, の教授時間, の札, の条件, の物理的エネルギー, の理論, の範囲, の関係, の限界

▼ また不平~ (15, 0.0%)

1 [15件] か, が頭, であったから, で堪らなくなっ, ならざる, に成ッ, のつぶやき, の輩, もなく, や不満, を唱える, を抱い, を続けた, を言い出した, を言わない

▼ また中国~ (15, 0.0%)

2 にも産

1 [13件] から西国, では, では日蝕, などの家父長制, の他, の情勢, の或, の毛利輝元, の特産, の田舎, は対外戦, へさして, への長陣

▼ また九州~ (15, 0.0%)

1 [15件] か, から再, でも常に, における菊池武時, には菊池, にもあった, にも釣り場, に来, の南端, の島, の東半分, の海岸, の隼人, は福岡, も南端

▼ また仮に~ (15, 0.0%)

1 [15件] その男, そんなもの, も今日, 人事を, 娘分として, 存在する, 惜しいといふ, 望み得たとしても, 自然物を, 行われたとしても, 邦之助が, 長崎の, 飛行機の, 飯を, 鶏を

▼ また何で~ (15, 0.0%)

1 [15件] あたしが, あり得よう, お祖母さんが, お訪ねし, きまりが, これへ, さ私ども, そんな事, そんな勧誘, や, 呂伯奢, 天下の, 家を, 彼に対して, 浜通り来な

▼ また偉大~ (15, 0.0%)

2 である

1 [13件] であり貴い, であること, であると, なりと, なるかな, なるカッツェンエレンボーゲン家, なる最も, なる根, な人, な創作, な情熱家, な物理学者ヘルムホルツ, な自己愛護者

▼ また健康~ (15, 0.0%)

2 は目的論的概念

1 [13件] がすぐれなかった, であると, でさ, と能率, な性質, な美, にならなけれ, になれた, にも害, にも影響, を取り戻し, を取り直し, を害した

▼ また勉強~ (15, 0.0%)

2 を始める

1 [13件] して, しようと, する時々, できたところが, のかて, のひどい, の鐘, もせね, をしなけれ, をしなさい, をし出した, をはじめて, をはじめる

▼ また十分~ (15, 0.0%)

1 [15件] ちかくも, ついには, では, とは行かなくで, な暗示, に人間, に採集, に新鮮, に研究, に詳しく, ほどたっ, ほどのち, ほど待つ, 教えられも, 知って

▼ また~ (15, 0.0%)

3 對に

1 [12件] ナチ派の, ファシスト派の, 古紙を, 對した, 對の, 小児病, 平家的な, 花鳥諷詠論の, 花鳥諷詠論を, 鎌倉の, 青き塔, 頤を

▼ また~ (15, 0.0%)

3 ふの, ふへ 1 の峯, の峰, ひが, ひ側, ふから渡つて来, ふに, ふ側, へ一人, 柳原二丁目に

▼ また地面~ (15, 0.0%)

1 [15件] からも巻きあげた, にいる, におり, におろさなけれ, につば, には石ころ, にもまた, にも下駄, に伏し, に戻し, に眼, に落ち, に長く, の底, をむだ

▼ また~ (15, 0.0%)

2 之介

1 [13件] がある, なり即ち, のうしろ, の一門, の内外, の大手, の庭, の連中, へもどっ, へもどる, をまきあげられる, を出る, を閉じ

▼ また夕方~ (15, 0.0%)

2 になる

1 [13件] からは僧正坊, でいろんな, と云っ, にいらし, にでも, には明日, に飯屋, の銀座, は早く, までの仕事, まで寝た, まで検事, まで立っ

▼ また多数~ (15, 0.0%)

3 の人

1 [12件] であること, に擁せられ, の, の人間, の共鳴体, の力, の威力, の文明人, の科学者, は亡くなっ, は東京文科大学, を出陳

▼ また好ん~ (15, 0.0%)

1 [15件] で, でこういう, でもいた, で古風, で啄木, で当, で歌舞伎灯籠, で源平, で煙霞, で牛驢不典, で用いる, で石, で英語, で語ろう, で黒衣黒帽

▼ また~ (15, 0.0%)

2 にいたしまし, の癖

1 [11件] が傾城上がり, としてお, のここ, の将来, の魂, はこの, は寂しい, は訪れませう, は飛天夜叉, ほどのもの, を瞞

▼ また家康~ (15, 0.0%)

1 [15件] いかに武門, から質子, が子, としては小牧, とちがっ, と共に座, と彼, に, には在来, のほう, の廟, の時, の耳, は駿府, へそれ

▼ また寂しい~ (15, 0.0%)

2 鳥だ

1 [13件] あなた様の, お心, のだ, わね, 中に, 人に, 夕を, 夜と, 気が, 生活で, 秋だ, 表情を, 諦めを

▼ また~ (15, 0.0%)

1 [15件] から岸, に上った, に打つ, の処, の崖, の方, の石ころ, の草, の近く, の釣りびと, へ向っ, へ帰るだろう, を追いかけ, を離れる, 高く水蹙

▼ また幸い~ (15, 0.0%)

3 にし 2 なこと 1 がある, とも思った, と即座, な暖かい, に岩陰, に我が, に秀吉, に茶, 今日は, 出来たところ

▼ また幾つ~ (15, 0.0%)

2 かの春秋, となく

1 [11件] かの大きな, かの扉, かの独楽, にも別れ, にも細かく, ものかます, もの儀式, もの女, もの小さいくち, もの文化上, もの節日行事

▼ また必然~ (15, 0.0%)

1 [15件] である, であるかは, なり, なる宗教的, なん, な道, にそれ, に縛られね, に韻文, のこと, の勢い, の律動, の結果, 当然であれ, 諸将

▼ また~ (15, 0.0%)

1 [15件] があり, がなくなっ, したのに, とは声, と云う, に痩せ, のさ, の勝利者, の墓場, の奴, の成らぬ, をしたいた, をし始める, をもとめ, を風流遊戯

▼ また恐らくは~ (15, 0.0%)

2 魂に

1 [13件] この家, その一例, その終極, アラブの, 一年を, 傍聴の, 問うに, 揚煎餅の, 春祭りにも, 田中君, 眼を, 自から, 賢明で

▼ また懐中~ (15, 0.0%)

1 [15件] からこぼれる, から一通, から何, から片方, から見おぼえ, から香水, にし, に入れ, の財布, へおさめ, へ入れます, へ入れる, へ差し込んだ, へ手, へ拾い込み

▼ また捨て~ (15, 0.0%)

2 がたい風情, 難い, 難い形見 1 がたいと, がたいところ, がたい情趣, がたき命, たりし, てあった, ておかれよう, 日向ぼこ, 難い味

▼ また政治~ (15, 0.0%)

1 [15件] だ, ないし政策, には関与, にも関係, によって実現, の働, の向上, の如き, の実務, の当事者, の経歴, の話, の領分, や宗教, や実業

▼ また書く~ (15, 0.0%)

2 のは

1 [13件] かも知れない, ことに, ことも, ために, ための, つもり, のが, よ, 上ばかり, 事が, 事に, 必要も, 方も

▼ また本人~ (15, 0.0%)

2 の年

1 [13件] がその, が先方, の一生, の不幸, の和吉, の心がけ, の死去, の浅井秋夫, は真, までが常陸坊, もかたく, もその, もただ損

▼ また本当~ (15, 0.0%)

3 のこと

1 [12件] か嘘, ではない, なの, のあら, の古里, の大, の女, の安楽, の理解, の雨, の飽くまで, の麦

▼ また民間~ (15, 0.0%)

1 [15件] ではこれ, でも汎, でも考へられ, で一つ, にあり, にて厄年, にて狐, にて瘧, にクサメ, に妖怪宅地, に普及, に除夜, の人, の手, の祈念祭

▼ また滑稽~ (15, 0.0%)

3 でもあった

1 [12件] が事件, であった, でもあ, でもあったろう, で思わず, で素朴, なこと, な場面, な気持, にも思われ, にも考え出され, に見え

▼ また珍しい~ (15, 0.0%)

1 [15件] ことです, ことに, ふうを, ほど偏見, ものが, ものです, ものも, 人に, 名前です, 教が, 日和であった, 福分の, 草を, 見物に, 話を

▼ また~ (15, 0.0%)

2 の中

1 [13件] から出, から飲代, が続く, になつ, のほう, の境界, の彼方, の手入, へ出, や家畜, をしました, を打つ, を耕す

▼ また病院~ (15, 0.0%)

1 [15件] から飛び出し, だ, にも這入れない, に二つ, のベッド, の方, の生活, の用事, の窓, の職員たち, へ入れる, へ行, まで帰っ, もあり, をぬけ出した

▼ また皮肉~ (15, 0.0%)

1 [15件] といふやう, なもの, なよう, な因縁, な男, な笑い, な組み合せ, な美しい, にも応諾, に彼女, に感ぜられ, のよう, らしくこういう, をこつ, を仰有る

▼ また~ (15, 0.0%)

7 之助 2 の駒 1 が守護神, が豊作, に二足, のごとくだろう, の三患, を悪

▼ また終り~ (15, 0.0%)

3 であつ 2 の方 1 でなければ, でもある, というわけ, に, に帰る, に彼, に恨み, の音楽, までボオドレエル, まで書く

▼ また繰り返し~ (15, 0.0%)

2 ていた

1 [13件] ていうの, ている, ておきます, てゐた, て小銃弾, て思い, て眺め, て聞かせ, て腹の中, て話し, て迫った, 彦太郎も, 繰り返し心は

▼ また~ (15, 0.0%)

4 へ込んだ 2 へ直す 1 が前の, が外れた, に入る, へが人種問題, へさせられ, へに沈んだ, へまするなら, へもせず, へ考

▼ また~ (15, 0.0%)

2 てん車を

1 [13件] からを, からをも, から上流社会, から漠然たる, から詫び, づと先生御, づと深い, ぼれの, 個を, 刻の, 惚を, 蔑に, 軸の

▼ また自転車~ (15, 0.0%)

2 に乗っ

1 [13件] が往来, でかよう, で引き返し, にとびのり, に乗った, に薫, に跨っ, のうしろ, のペダル, へ飛び乗らう, を手, を走らせ, を飛ばし

▼ また複雑~ (15, 0.0%)

2 な事情

1 [13件] した世相, した音色, であって, でもあり, なもの, な人間, な文章, な眼つき, な謎, な闘争, にする, になったであろう, に苦悩

▼ また読者~ (15, 0.0%)

1 [15件] なり演出者, にとっても歓喜, に観せる, のお, のそれら, の一時的, の便宜, の個人的心情, の多数, の既に, の知る, はすでにあらかじめ, は記憶, も実に, よその

▼ また進歩~ (15, 0.0%)

3 して

1 [12件] したと, したよう, した観察, してを, すること, するは, と呼ん, の觀念, は結局, もあり, や変化, を見ない

▼ また都会~ (15, 0.0%)

2 の舗石道

1 [13件] から来た, に向かっ, のこと, の人々, の人たち, の憎むべき, の技巧, の生活, の真ん中, の雑踏, へ住む, へ出, を慕った

▼ また~ (15, 0.0%)

4 をおい 2 を置い 1 には家中, にも零細, に合ひも, の悪い, の抜け, を見, を詰めた, 実に悖る, 眠する

▼ また降っ~ (15, 0.0%)

3 てきた, て来 2 て来た 1 ている, ては止み, てわいた, て日本, て来ました, て淙々, て赤い

▼ また~ (15, 0.0%)

1 [15件] の中, の儘うち, の新しい, の甲革, の紐, の踵, の音, へ戻っ, も宮廷, や弓箭, をはいた, を掃除, を磨い, を穿き, 鳴らし

▼ また風邪~ (15, 0.0%)

2 をひいた, をひき, を引い 1 でもブリ, でも引き, でやつれ, にでも罹っ, ひかんよう, をお, をひきかえし, をひく, を引く

▼ また飲ん~ (15, 0.0%)

1 [15件] だり食っ, でいた, でいらっしゃる, でいる, でうた, でさらに, でそして, でまた, で体力, で市十郎, で後, で歩い, で歩いた, で遊ぼう, で饒舌つて

▼ またうるさい~ (14, 0.0%)

2 から

1 [12件] が, ことに, ことを, こッて, し, だろうぜ, のだ, ほどだった, ものだ, んです, 時代が, 氷の

▼ またおかしい~ (14, 0.0%)

3 ような

1 [11件] かぎりでは, じゃない, といっ, とまだ, と疑っ, と言っ, のかも, のさ, んです, 位に, 風俗には

▼ またおの~ (14, 0.0%)

8 づから 2 づから別個 1 が子, づから分明, づから明, づから話

▼ またかすか~ (14, 0.0%)

2 な音, に顫 1 な不安, な寝息, な縦皺, な遠い, に両翼, に小さく, に消え, に生命, に聞こえました, に開いた

▼ また~ (14, 0.0%)

2 ちとら, なたより, よいの 1 とりこと, なやの, ならの, はこなた, はこれ, はそも, よいは, よいも

▼ またしいんと~ (14, 0.0%)

6 なった 2 なりました 1 冷やかで, 怪しく静か, 水を, 沈んだ, 静まりかえった, 静まり返って

▼ またしみじみ~ (14, 0.0%)

2 とした

1 [12件] あたくし, した氣もち, とそう, とその, と人, と味わわれまし, と奉行勤め, と嬉し, と思い知った, と思うた, と感じる, と氷

▼ またせっかく~ (14, 0.0%)

1 [14件] くふう, ここまで, な主上, の心づくし, の機, の観物, の連れ, むいたその, りっぱに, 建武の, 決心した, 築いた港, 註文通りの, 貰った手紙

▼ またつづい~ (14, 0.0%)

1 [14件] てその, ての王定, てやッ, てわが, てカン, て一機, て世, て同じ, て四, て実兄, て山, て来た, て起った, て電灯

▼ またにやにや~ (14, 0.0%)

2 笑いながら, 笑って 1 しそして, する, だ, と笑った, と馴れ馴れしく, 微笑が, 微笑みながら, 笑った, 笑ってばかり, 聞いて

▼ またまだ~ (14, 0.0%)

1 [14件] うら若い妻, うら若い彼, それしきの, わからない点, 人間が, 娘の, 宵な, 懸けめぐらして, 所帯や, 手に, 朝靄の, 自然主義が, 遠方此方に, 隅の

▼ またもつ~ (14, 0.0%)

1 [14件] てゐる, て岩木川下流地方, て幸, とわるい, とゴチック式, と上方, と惡, と根本, と私達, と突, と複雑, と遠く, と適当, ばめ

▼ またもとより~ (14, 0.0%)

1 [14件] いんぎんでした, この道誉, これを, これを以て, その近辺, それが, 單なる, 天才的芸術家の, 本質的に, 武士絶無には, 汚点や, 自分の, 関係が, 関係し

▼ またゆうべ~ (14, 0.0%)

4 のよう 2 と同じ 1 のこと, のやう, の祝言, の身請け話, も御, も真夜中, よりも烈しく, 忘れたな

▼ またよそ~ (14, 0.0%)

1 [14件] からお客, から来た, から来る, から贈られ, に移した, ののき, の人, の淑女, の渚, の赤ちゃん, へそらした, へ回し, へ行っ, へ遣る

▼ また~ (14, 0.0%)

2 かし, ひらいて 1 かしい事, かしくてを, かしくも, かしといふ, してるもの, ひろげて, ひろげ腰, りから, 明神様とも, 街灯の

▼ また一々~ (14, 0.0%)

1 [14件] それについて, の樹, の法規, 他の, 取次いで, 各句切り, 小藪までも, 数えること, 気に, 氣に, 私に, 考えて, 誇張と, 鄭寧に

▼ また人情~ (14, 0.0%)

2 なり

1 [12件] からし, が一つ, が生んだ, ってもの, である, としても徳次郎, と義理, の常, の然, の発露, の自然, を嫌

▼ また今朝~ (14, 0.0%)

1 [14件] からばくち, だけは何のかんの, と戦い, になっ, のひとり, の便船, は, は午, ほど吐いた, もとろろ, も俺, も府内, も赤穂, 一度ならず

▼ また何より~ (14, 0.0%)

1 [14件] お手, ここの, ですよ, なご馳走, の儀, の嫌がらせ文句, の希望, の慰み, の深い, の混乱, の物, はこの, は君, 面白いので

▼ また使い~ (14, 0.0%)

1 [14件] がきたら, が来た, が飛ん, にでも行っ, にやる, に手紙, に接し, の僧, の者, も立て, を寄越した, を立て, を立てよう, 糜竺を

▼ また勿論~ (14, 0.0%)

1 [14件] されるわけ, クリスト主義の, ニイチェは, 人類繁殖の, 叙事詩とも, 好いサ, 嫁の, 少からん, 最初から, 民族や, 祖国に対する, 私が, 私の, 芸術家だ

▼ また千鶴子~ (14, 0.0%)

1 [14件] がそんな, とのいきさつ, と矢代, に時間, のこと, の横, の身の上, の顔, は動き出した, は悲し, は挨拶, もピエール, を愛人, を追う

▼ また~ (14, 0.0%)

2 なもの

1 [12件] というよう, といふやう, と云え, なこと, な夜明け, な気, な気持, になっ, に相違, に落, ねえ貴下, ふべきもの

▼ また四人~ (14, 0.0%)

2 で相談

1 [12件] がどうして, が耳, が集っ, が集まっ, すなわち三分の二, で飲む, の兄弟, の娘, の統率者, の青年, はいっしょ, は椅子

▼ また変化~ (14, 0.0%)

4 して 2 せざるを 1 が少な, が来た, するを, する理法, する部分, せしむる, に富み, の程度

▼ また女房~ (14, 0.0%)

2 の方

1 [12件] から臆病, が大抵, でも取る, で戸口, との争論, とも思っ, にも話せない, に死なれた, の尻, は, や女童, を探す

▼ また孔明~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいる, がこの, が神異, には他, に出し抜かれた, に注意, のすすめ, の死後, の祁山出陣, はここ, も久しぶり, を呼ん, を地, を徳

▼ また室内~ (14, 0.0%)

1 [14件] でもトンビ, で回復, に引きこもう, に燦爛, に琴, のみならず, の配電盤, の金, は闇, も北方ゴート風, をうかがい見る, をグルグル, を水, を温める

▼ また寒い~ (14, 0.0%)

1 [14件] ときには, のねこの, 冬が, 北風の, 喜びであった, 国から, 日で, 日でありました, 日にでも, 時期が, 田圃なかの, 身体を, 風が, 風を

▼ また尋常~ (14, 0.0%)

2 でない, な眼鼻立 1 でいらっしゃいます, でないの, でない自分, では, ならぬ輝き, の, のもの, の日本人, の犬, の米友

▼ また小さく~ (14, 0.0%)

2 ぷりぷり顫

1 [12件] されて, したがって地球, てす, なかった, なった, なって, なりいよいよ, はあつ, はなかっ, もなる, 切って, 廻転した

▼ また~ (14, 0.0%)

1 [14件] が父さん, にさわり, にとりついた, に激, のところ, の上, の蔭, の裂目, の隙, をくだる, をよじ, を傳はり, を割っ, を穿つ

▼ また巧み~ (14, 0.0%)

2 に話題

1 [12件] なる企て, な加工, な方法, にまわり込ん, に人, に人情, に作られた, に変装, に張飛, に悪口, に煙草, に話

▼ また帰る~ (14, 0.0%)

1 [14件] か, つもりな, というの, といふ, となれ, なり出居の, のか, を避, 何でも私, 方が, 方の, 日の, 気に, 波に

▼ また当分~ (14, 0.0%)

1 [14件] おあずけ, お目にかかれませんから, かくまって, そのままに, のあいだ, のびますかな, の別辞, の足, の間, はそうして, はそんな, は目, 来られねえかも, 越して

▼ また~ (14, 0.0%)

1 [14件] ある雹灰, が違つて, でも餘, といい, なし, においてはこの, のよい, の上, の制約性, ばかりなる, を受, を変え, を変えた, を隠し

▼ また息子~ (14, 0.0%)

2 の阿波聖人

1 [12件] だってそう, とみえる, と同じ, に先立たれた, に問題, に服従, の, の中, の失敗, の嫁, の縮尻, をも奪

▼ また~ (14, 0.0%)

1 [14件] さを, しんだり, だくみ, とも名づけられぬ, まれ口を, むべきものは, む所に, をなしたがる, を憤る, 侍の, 句駄洒落また, 怯れず, 気流の, 獣と

▼ また意地~ (14, 0.0%)

2 のわるい, の悪い 1 が惡い, でも見物, にかかっ, の弱い, の汚い, わるく解ける, をお, 悪く一軒, 悪く幾たび, 悪く聞える

▼ また~ (14, 0.0%)

4 つて来た 2 つて來た, つて行つた 1 つていらつ, つて来られる, つて火急鉄瓶に, つて遣る, 過ぐること, 過ぐること九十八万七千六百五

▼ また数年~ (14, 0.0%)

3 の後 2 たって 1 あるいは七八年, がたった, たった, にし, のうち, を出でずし, を重ねた, 経った, 飲み慣れたショコラ

▼ また文化~ (14, 0.0%)

1 [14件] といふ言葉, との具体的, においてもずっと, に対する政治, に對, のころ世, の動脈, の誇り, の進展, の進歩, の面, はある, は單, も中央

▼ また~ (14, 0.0%)

1 [14件] かであらう, かにノルウェイ, かに十分, かに曲り, かに矛盾, かに辨ずる能, かに連珠, かるい光り, かるくなる, が夷狄, なり写生文, の僧高泉, を失つた敗残, を失つた敗殘

▼ また曹操~ (14, 0.0%)

1 [14件] がお, が信頼, に告げ, に当り得る, の人物, の奏請, の帰る, の策略, の苛烈, の足もと, の部下于禁, は北方, は自分, もどれほど

▼ また極端~ (14, 0.0%)

1 [14件] なる自己肯定, な例, な場合, な強圧, な積極, にやさしい, に凡そ, に利己的, に単純素朴, に静まり返っ, に非, に馳せ, のレアリスト, の喜怒

▼ また次郎~ (14, 0.0%)

1 [14件] が妹, が答えた, で拭きみがいて, と共に運命, にとって新しい, に対しても愛情, のほう, の身, の音頭, もある, や三郎, や末子, を見, を見た

▼ また武士~ (14, 0.0%)

1 [14件] が刀, であり商人風, である, と町民, に二言, の世, の声, の多治見国長, の心胸, の礼法戦陣, の金打同様, の風上, は自己, らしさぞ

▼ また注意~ (14, 0.0%)

3 した, して 1 しなければ, しました, すべきこと, すべき点, せずには, をした, をしよう, を与えた

▼ また流れ~ (14, 0.0%)

2 て行っ, の面 1 ていた, てしまった, てなけなし, て川, て来, て翼, であるやら, の中, の模様, へ突き

▼ また深刻~ (14, 0.0%)

2 なる滑稽

1 [12件] だと, である, でないこと, でね, なこと, なアイディアリスト, な心理, な思想劇作者, な気分, になった, ににじみ出, に苦笑

▼ また源氏~ (14, 0.0%)

1 [14件] から新しい, が人臣, の悲しみ, の末路, の注意, の耳, の野人, はとどめ, は大井, は尼君, は悲しく, は教訓, は書いた, や古典平家

▼ また火事~ (14, 0.0%)

1 [14件] ありし日, か, があっ, が十数箇所, だなんて, でで, と病気, になつ, に逢, のため, の事, の時, よと駆けつけ, を見物

▼ また片方~ (14, 0.0%)

2 へさっと

1 [12件] からは大将, では朦朧, では高速度輪轉機, でもちょっと, に飛びのく, の尖, の新聞切抜帖, の眼玉, の空, の茶わん, も泣き出し, 見つけては

▼ また~ (14, 0.0%)

1 [14件] が居る, と犬, にもにた, に対して狗, のよう, の叫ぶ, の啼声, の方, の肝, の自然, の面, は人間, や亀, を背中

▼ また~ (14, 0.0%)

2 はれて

1 [12件] でもない, はれた, はれたの, はれる, はれるであらうと, る, わるる, 實の, 實性に, 實的で, 實的なる, 朝廷の

▼ また男子~ (14, 0.0%)

2 と同じく

1 [12件] であれば, と共に人間, と対等, にのみ診断書, に対して慄然, の側, の働き, の貞操観, をし, をも励まさね, を共有, を正義

▼ また真に~ (14, 0.0%)

2 独歩である

1 [12件] これを, それを, 主君を, 信頼すべき, 動くに, 博物家と, 怖ろ, 日本皇帝の, 熱意の, 祖国は, 迫る力, 開国家も

▼ また研究~ (14, 0.0%)

2 すれば

1 [12件] して, するもの, というもの, にとりかかった, の結果, の行, の行なわれ, の道, もしたい, をした, を続けました, を重ねる

▼ また簡単~ (14, 0.0%)

1 [14件] である, なよう, なる学校地図, な問題, な水墨画, な色, な趣味, な関所, に, にいえない, には説明, に人類, に出来る, に落ちつく

▼ また続け~ (14, 0.0%)

4 さまに 21 てする, て二三人, て何, て太息, て彼女, て恥, て言った, て送ります

▼ また美しく~ (14, 0.0%)

2 思われた

1 [12件] うたいだした, て女性, なかったらそれ, なって, なつた, なりそれから, 大きな仕事, 成長せね, 更にその, 照り耀くもの, 輝いたり, 静かなる

▼ また背中~ (14, 0.0%)

1 [14件] あわせて, が二つ, が重く, で二, にぶつ, に乗せ, に何, のあちこち, の着物, の荷物, をいや, をなぐられる, をむき出し, を汽車

▼ また若し~ (14, 0.0%)

2 ともなし

1 [12件] お迎え下さいます, この一文, この時, これらの, さうなら, その結果, や希ふところ, 其に, 出来るだけ, 放されても, 繋を, 諸

▼ また苦笑~ (14, 0.0%)

5 した 2 して, しながら 1 に似た, をもらした, を洩らした, を浮べる, を禁じ得ざる

▼ また荷物~ (14, 0.0%)

1 [14件] に手, のなか, の一番底, をかつ, をしまいまし, をもとう, を取調べる, を向う, を持ち, を携え, を滿, を肩, を背負っ, を首

▼ また莫迦~ (14, 0.0%)

1 [14件] が恋しく, な勤めよう, にはつきり, にひどく, に仲, に夥しい, に弟, に当った, に暖, に無い, に狼狽, に面白く, らしくかうして, らしくこうして

▼ また~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるいは竜, が自分, が蛙, でもぶつけられた, にはそれ, のざーざー, の巨大, の方, の肉, の腹, の進行, もです, を土堤, を竜

▼ また街道~ (14, 0.0%)

1 [14件] でサヴォア, にもどった, に出, に出た, の両側, の人中, の荷持, はごたごた, へ出, へ出た, へ雨, をば人, を歩き, を進ん

▼ また言っ~ (14, 0.0%)

2 ていた, ている 1 ておかなけれ, てくれた, てしまいました, てみる, てみれ, ても殿様, て下さい, て暫く, て眉, て頤

▼ また~ (14, 0.0%)

2 を行け

1 [12件] がよく, が不安, にかかった, に迷っ, のゆく, の所々, も長かっ, をもどっ, をウェルギリウス, を踏ん, を迷った, 行く人

▼ また返事~ (14, 0.0%)

2 に窮

1 [12件] がいる, が来れ, にこまった, のしようが, の貰, をし, をしなかった, をしなく, をする, をせず, をせん, をもう

▼ また違っ~ (14, 0.0%)

4 ていた 2 てくる 1 てああ, ていない, てきました, てます, てもっと, て亀, て居る, て耳

▼ また遠方~ (14, 0.0%)

2 にある

1 [12件] からわざわざ, でダイナマイト, で大きな, には配給所, のしんせき, の景色, の物体, の空, の親戚, へ, へ出かけ, までお

▼ また長崎~ (14, 0.0%)

2 へで

1 [12件] からシロオテ, から取り寄せた, に入港, に於, に行っ, の仮, の猫額大, の街, の諏訪神社, へこられる, へやって来た, を訪れた

▼ また間もなく~ (14, 0.0%)

1 [14件] お取りやめ, その後も, 一方も, 同區内, 咯血が, 来た, 東雲師の, 松崎の, 桑港に, 水面から, 深い羊歯, 近年各地に, 開けて, 黄疸を

▼ また~ (14, 0.0%)

1 [14件] あり陸, からは吉川, から見, が海, にあがる, には覆没, のほう, のよう, の未踏地, へ上った, を愛する, 放翁, 遜の, 遜諸

▼ また隣り~ (14, 0.0%)

1 [14件] からそういう, にこれ, のショーウヰンドウ, の三毛君, の女, の子音, の室, の席, の床, の店, の洋食屋, の部屋, へ尋ね, 村北野村の

▼ また~ (14, 0.0%)

2 のなか, の中 1 が出た, が動い, でひやひや, に暮れゆく, に隠れた, のよう, の垂幕, の底, の毒, の降った

▼ また~ (14, 0.0%)

2 ころしを

1 [12件] がつかみました, ころしでも, ちゅうのが, である, という者, と同じく, に切っ, の住い, の妻, の念仏, の頭, の首塚

▼ またあす~ (13, 0.0%)

3 の晩 2 の朝 1 のはたらき, の日, の晩おいで, の朝君, へめぐりゆく, もありうるであろう, や, 行かなくちゃ

▼ またあそこ~ (13, 0.0%)

1 [13件] いら, からもどっ, がよかろ, で巡査, にある, にいる, には人, のベンチ, の人たち, へ帰っ, まで着物, も旗, 迄戻らなけれ

▼ またあなた方~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいかに, が人, が特に, に学徳, のお, のこの, のご, のところ, の古典主義, の御, の方, の理解, はなあに盲法師

▼ また~ (13, 0.0%)

1 [13件] かがひます, すっ気味, すらあ, すら笑, すら笑い, つぶきぬ, でを, と, はこと, へが闇, へへ反, ッかり, ッちゃっ

▼ またおそろしく~ (13, 0.0%)

1 [13件] しょげ返った閑山, も強い, も悲しく, 古ぼけたうす汚, 大きな旗幟, 敬虔であった, 旧いのよ, 神妙で, 素迅ッこい, 迅っ, 遠方だ, 陳腐の, 雲の上でも

▼ またきれい~ (13, 0.0%)

2 に咲い

1 [11件] だった, だと, とも華やか, な声, な女, な舞妓, になったら, に本, に見える, に解け去り, に飲み

▼ またくり返し~ (13, 0.0%)

71 てこう, て居る, て読ませる, て調べた, て論じた, 毎日手紙を

▼ またこっそり~ (13, 0.0%)

2 と自分

1 [11件] とその, とほか, とやってき, と傘, と監房, と腰, やったの, 妻籠の, 庭の, 湯殿の, 背後へ

▼ またことごとく~ (13, 0.0%)

1 [13件] それの, 人鬼に, 反射する, 同じ色, 喝采した, 天が下の, 妖怪なり, 従順だった, 死体とともに, 無謀の, 自分の, 説明する, 邪淫の

▼ またそち~ (13, 0.0%)

1 [13件] が金, ではない, と同様, にまかせる, のよう, の仕えまいらす, の信念, の側, の姿, の悪意, の私, はただちに, を責める

▼ またそのうち~ (13, 0.0%)

3 来ます 1 いいところ, どれだけが, 一同の, 伺いましょう, 凪の, 別に, 奥さんに, 拝観に, 敵の, 私からも

▼ またそば~ (13, 0.0%)

2 へよっ

1 [11件] から濁っ, から見, から言った, でわたし, には雌, にゐ, に眠ってる, の坊主頭, へおいで, へ来, やで酒

▼ まただいぶ~ (13, 0.0%)

2 違って

1 [11件] この病, ちがった方面, ちがって, 土鼠が, 嬉しくも, 日が, 時間が, 死んだらしいから, 長くなっ, 長く続いた, 雪が

▼ まただまっ~ (13, 0.0%)

3 てしまいました 2 てしまった 1 てうなずく, ており, てばかりいる, て二つ, て夕がた, て居らっしゃる, て歩き続けた, て顔

▼ またつづけ~ (13, 0.0%)

3 さまに 2 ざまに, て 1 て休まなけれ, て働く, て八津, て書物, て血なまぐさい, て言った

▼ また~ (13, 0.0%)

2 てき

1 [11件] えだらぼっちの来襲, て来た, て来る, とんで, むがくといひてあやしき, わたしたちは, ハロルド・ハーカーという, 之を, 歩いて, 窓の, 落ち下

▼ またどちら~ (13, 0.0%)

1 [13件] かといえ, かへお出かけ, から, から來, です, でもかまわない, でもよい, ともその, にも出来, へ, まで, も一つ, も同じ

▼ またはっと~ (13, 0.0%)

1 [13件] した, 大きく見開いた, 平生の, 思った, 思ったの, 思わせられた, 思わせられました, 我に, 消え去った, 目が, 目を, 眼覚めた, 飛び散ったけれども

▼ またふしぎ~ (13, 0.0%)

3 なこと 1 です, なうわさ, な事, な事件, な命拾い, な形, な御, な物影, にこれ, に前

▼ またべつに~ (13, 0.0%)

2 お礼を

1 [11件] あった, お考え, 今夜は, 先頃から, 分りたいとも, 放ちおいた細作, 書簡を, 淵辺をや, 理由が, 立派な, 諭吉の

▼ またみずから~ (13, 0.0%)

1 [13件] その関係, つながれ暴力, の墓穴, の悔悟, も明か, 叱って, 問うて, 学ぼうと, 掘った坑, 望んだこと, 苦しい試練, 苦しむところ, 重んずる念

▼ またもしか~ (13, 0.0%)

10 すると 1 したら必要, そんなこと, みんな読んだら

▼ またよき~ (13, 0.0%)

1 [13件] その弟, ついでなれ, プロレタリア俳優である, 人の, 刃物の, 実践は, 引っ込みの, 意味に, 折に, 指導者は, 社会から, 身投げ場所を, 青春とは

▼ またよしんば~ (13, 0.0%)

2 兼ねること

1 [11件] あのベロヴゾーロフ, それ等を, なじみの, 上原が, 何を, 天下の, 彼らが, 手紙が, 方々で, 生存し, 覚えて

▼ またよほど~ (13, 0.0%)

2 以前の

1 [11件] うまいところ, ギリシア的な, 利口な, 大きくなっ, 妙な, 察しられるでしょう, 急所でも, 注意し, 激しく流れ, 特別な, 発達した

▼ またパン~ (13, 0.0%)

2 を出した

1 [11件] とくるんだ, なくし, の一, の価格, の欠片, の皮, の神, やお菓子, をちぎっ, を並べ, を噛

▼ またポスト~ (13, 0.0%)

5 へついで 1 の中, の口, へそしてまた, へまことに, へまた, へハガキ, へ出かける, まで

▼ また一座~ (13, 0.0%)

2 の中

1 [11件] が白け渡った, に加わった, のもの, の人気, の女たち, の山, の沈黙, の霊廟, はどっと, を見廻し, 黙然となる

▼ また一軒~ (13, 0.0%)

1 [13件] あるには, では, でもそれ, にとだんだん, のお, の居酒屋, の汚い, の温泉宿, の絵双紙屋, の若, の萱葺, 置いて, 離れて

▼ また一週間~ (13, 0.0%)

1 [13件] その女, と経たない, のうち, の余, ばかりし, ばかりにし, ばかり早寝, ばかり過ぎた, ほどたつ, もする, を七つ, を過ぎ, 寝たけりゃあ

▼ また三つ~ (13, 0.0%)

1 [13件] になっ, になる, には国際生活, に分け, に切っ, の声, の時, の歳行方, の籠, の重要, の関所, ばかりそれ, 飛び出すという

▼ また人民~ (13, 0.0%)

1 [13件] が天皇, が餓え, と同時に, のこと, のため, のつよい, の一階級, の中, の境遇, の生活, の職業, も相当, を服従主義

▼ また仏教~ (13, 0.0%)

1 [13件] が行われる, で言, とも思えない, に対しても憎悪, に摩, に於ける, の創設者釈迦牟尼, の圏外, の寺, の教養, の方, の特殊, を信ずる

▼ また仲間~ (13, 0.0%)

3 の一人 1 が病気, だけで言論, になる, に対する威力, のうち, のもの, の必要, の自治, の追, をうんと

▼ また~ (13, 0.0%)

4 はう 1 の事務, はうつ, ひたいんで, ひませう, ひませうね, ふんだから, ふ事, ふ時, へるやら

▼ また何度~ (13, 0.0%)

1 [13件] かいっ, か流血, でも行くだろう, ともなき, どうせ棄権さ, もうなずい, もくどい, もこの, もやり直し, も何度, も抜こう, も来ます, も繰り返し

▼ また何者~ (13, 0.0%)

2 がその

1 [11件] かが, かが窓, かその, がそれ, であるに, でご, にか突き当たった, にとも知れず, にも懲りよう, の筆, をか見ました

▼ また何處~ (13, 0.0%)

1 [13件] かしら話, かに姿, かに就職, かのお, かへ入られるだらう, かへ行く, か異状, か遠く, ぞがひどく, にか他, のお, の化猫, へともなく

▼ また余計~ (13, 0.0%)

3 なこと, な事 2 な苦労 1 なお世話, なこ, なロク, な人間, にしゃべり

▼ また先方~ (13, 0.0%)

2 でも承知

1 [11件] からも何とも, がそれ, とし, にした, にも過誤, の写真, の受け, の口上, へ行っ, も出, を気楽

▼ また十日~ (13, 0.0%)

1 [13件] あまり経ちました, か五日目, くらい経っ, という日, ばかりたった, ばかりたつ, ばかり過ぎ, ほどし, ほどはなにごと, ほど打ちました, ほど経った, もたつ, 代る代る出

▼ また去年~ (13, 0.0%)

2 のやう

1 [11件] いらいの, の一月, の十月, の夏, の如く, の家, の旅, の春, の野, も銭一万貫, やはり誤っ

▼ また~ (13, 0.0%)

3 で笑った 2 の奥 1 がかわい, で笑う, に骨, へくる, まで出かかっ, をかわかし, をぐっと, を絞る

▼ また嘗て~ (13, 0.0%)

1 [13件] ある武官, の試験官, スピークの, 予を, 事實天の, 人氣の, 品川弥二郎に, 存在しなかつた, 恋人が, 私は, 見ないほど, 豊公の, 魯迅と

▼ また失望~ (13, 0.0%)

5 した 2 して 1 したが, した時, す, するもの, の余り, を防止

▼ また女の子~ (13, 0.0%)

2 が生れた

1 [11件] が生まれました, でよかっ, のあそび, はこの, はずんずん, はぽっかり, は呼びかける, は父たち, は笑い出した, よ, らしく少し

▼ また宗教~ (13, 0.0%)

1 [13件] として人間苦, と学術, に入らね, に暗し, の一部分, の如き, の起源, は信じられる, は個人, も違っ, を創設, を通じ, 及び哲学

▼ また家中~ (13, 0.0%)

2 の大笑い

1 [11件] が大騒ぎ, に不満, の上下, の侍, の召使い, の子弟ども, の心, の者, の若, へも秘密, を陽気

▼ また寝台~ (13, 0.0%)

2 の上

1 [11件] から寝具, にのぼっ, に上っ, に戻り, のところ, の倚木, の側, の前, も敷もの, や寝具, を離れ

▼ また尊氏~ (13, 0.0%)

1 [13件] が事実上, が徐々に, に付い, の営, の家柄, の水軍, の野望, はさらに, は旗本, は日頃, も幼時, も彼, を思い止まらす

▼ また少なくとも~ (13, 0.0%)

2 自分の

1 [11件] そういう無邪気, 三名以上の, 上代には, 五フィートのぼった, 以前には, 失わんと, 安心した, 王女でなけれ, 社会学という, 自分は, 間接には

▼ また~ (13, 0.0%)

1 [13件] が山村, に, にさし上げる, にもまして, に見えた, のお, のやさしい, の一ノ宮尊良親王, の密詔, の御, の流離, の脱出径路, は晩年

▼ また帰つて~ (13, 0.0%)

3 来た 2 来た時 1 来たの, 来て, 来てね, 来ましたよ, 来るうな, 来ること, 来る事, 来る時分

▼ また幽霊~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, があらわれたら, でもない, と言い出した, に向く, のよう, の人間, の仲間, の真似, の話, は幽冥界, を召抱え, を現

▼ また強いて~ (13, 0.0%)

1 [13件] はいらされたの, 一の, 人の, 反対も, 受け容れようとしては, 尋ねても, 従いて, 怪談がる, 知りたいと, 紛らわそうと, 編み物を, 言わなかった, 詳しくその

▼ また後世~ (13, 0.0%)

1 [13件] にのこらなかった, には, にはたれ, に対してその, の, のこと, のため, の人, の儒者, の先例, の比, までそれ, を信じない

▼ また従っ~ (13, 0.0%)

1 [13件] てこれ以上, てその, てわれわれ, て一生自分, て大き, て指示, て料理, て朽ちる, て無限, て私自身, て英知, て言語, て買える

▼ また快活~ (13, 0.0%)

1 [13件] だった, でありましたから, でないとしても, な崇高, な所, な様子, な聲, な自由さ, になっ, になった, に話し続けた, に語っ, に鸚鵡

▼ また愉快~ (13, 0.0%)

2 では, なもの 1 がって, である, ないろいろ, なこと, ならずや, な女, な芝居, に感ずる, ね

▼ また意識~ (13, 0.0%)

2 して

1 [11件] が如何, したところ, しつつ, すると, する必要, する自我, の盲点, の統一, をうしなつ, を失, を失いかけ

▼ また折々~ (13, 0.0%)

1 [13件] という文字, には遊び, に桔梗, の交通, の客, は台所, は布施物, は私, 吐いて, 子供の, 帰省し, 盤の, 障礙せられる

▼ また~ (13, 0.0%)

1 [13件] くちに, すぎるしづか, や先, や台, や急い, 寢を, 川田あたりで, 池峯山, 稻田大, 立, 過ぎるやうなものであつた, 陣の, 駕籠とな

▼ また朝鮮~ (13, 0.0%)

2 の事情

1 [11件] から象使い, でも或いは, で消耗, にては売卜, にも栽培, の一民族, の主, の品物, の戦地, へ通信, 新建設

▼ また~ (13, 0.0%)

2 にいふべし, の娘, の秋 1 たのもしくも, のほう, の女, の姫, の子, はほのぼの, 遠くとても

▼ また次ぎ~ (13, 0.0%)

1 [13件] て頭鎧, で一人, には電車, のどん詰り, のやう, の停留場, の卵, の手紙, の日, の角, の間, の革命, の風

▼ また止む~ (13, 0.0%)

5 を得ない 1 のだった, をえない, をえぬ, を得ざる, を得ず巻かれる, を得なかった, を得なかつた, を得ぬ

▼ また歩き出し~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] それからかけ出した, てゐる, て一叢, て南, て古い, て室, て歌い, ながら考えた, また耳, 低い声, 階段を

▼ また泣く~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, かはて, が如く, の, のか, のであった, のである, のでした, のです, やうな, ような, 時ヴィシュヌ大神金翅鳥に, 番が

▼ また湖水~ (13, 0.0%)

2 に測鉛

1 [11件] が干上る, に沿う, のふち, のよう, の底, の深沈, の辺, の魚, へ捨てました, へ覆, を埋め立て

▼ また火鉢~ (13, 0.0%)

3 の側 2 の前 1 か, にもあたるまい, によりかかりました, に向い, のそば, の中, の向, の向う

▼ また~ (13, 0.0%)

2 っ方, 唾を, 膝に 1 っぽには, つぱし, 引きという, 笑いした, 脚失う, 輪などが, 靨の

▼ また狭い~ (13, 0.0%)

1 [13件] かな偶, 円筒内の, 土間が, 坂を, 家屋に, 寺中は, 小路を, 小部屋, 海峡に, 町へ, 範囲における, 谷を, 部屋の

▼ また相応~ (13, 0.0%)

1 [13件] した力, なる位置, に些細, に信用, に繁昌, に義侠, に見られる, に評判, に認められ, に議論, に豊富, の支度, の苦しみ

▼ また笑った~ (13, 0.0%)

51 か, かどれ, が心, が意味, が胡瓜, ぞ, ものである, 顔と

▼ また考え直し~ (13, 0.0%)

5 てみる 1 て, てそれ, てもみた, てバルコン, て修正, て御, て止め, て蜥蜴

▼ また舞台~ (13, 0.0%)

1 [13件] なる空間的制限, に伏さった鐘, に全く, に戻り, の上, の大き, の実際, の色調, へ二〇人, へ現われた, もあれ, を指し, を退いた

▼ また~ (13, 0.0%)

1 [13件] かと思つた, が人, が餌獣, その針, であること, と人間, の尸, は羊, を射な, を山, を殺した, 之介, 嘯けば

▼ また詩人~ (13, 0.0%)

1 [13件] が常に, が降り, なの, なり, にもなれないでし, のトック, の佐藤惣, の加納さん, の書いた, の最後, の直覚, は積みし, もあるいは

▼ また警察~ (13, 0.0%)

2 によばれ

1 [11件] が二, に追われてる, に電話, のため, の様, へも行きました, へ引っ返した, へ行く, へ行っ, もおなじ, を相手

▼ また~ (13, 0.0%)

2 の方

1 [11件] に人, のあたり, のあなた, のよう, の底, へおり, ぼうぼうたる, や濕地, わたりの, を慕, を隔て

▼ また趣味~ (13, 0.0%)

2 の問題, の相違 1 として好まなかった, と駄法螺, には高下, のなき, の上, の深かっ, の高い, や慈善, をば捨てられる

▼ また~ (13, 0.0%)

3 処の 2 つ淡海 1 すぎも, よせて, よって, よろうと, 常さんは, 衞公は, 路が, 路を

▼ また連れ~ (13, 0.0%)

2 て来た

1 [11件] だって拾い物, だって歩い, ていっ, ていった, てくる, て来, て行っ, て行った, と一緒, に来る, の女

▼ また進ん~ (13, 0.0%)

1 [13件] で, でいくつ, でこれ, では実際, で学ぶべき, で来, で来る, で私, で科学, で行, で行く, で行った, で陣屋

▼ また道徳~ (13, 0.0%)

2 は有機的, を守らせ 1 とは関係, とも無縁, に欠ける, の上, の善悪, の善惡, の立場, の縄, の課

▼ また~ (13, 0.0%)

1 [13件] いろを, の下, の輪廓, の頼り, も上げなかつた, をしかめた, をわが, を上げる, を出した, を染め, を見せた, を見合せ, を赤く

▼ また食事~ (13, 0.0%)

1 [13件] がにぎやか, がまずい, が運ばれ, と食事, のとりかた, の前, の折々, の時以外, の用意, をし, をした, をつづけた, をなさる

▼ また食物~ (13, 0.0%)

2 の匂

1 [11件] で養われます, などによってその, に変化, のこと, の中, はそれ自身, も一日, も倍加, を大, を拾っ, を持っ

▼ また驚く~ (13, 0.0%)

1 [13件] なかれ長生王, にはあたらない, に堪えたる, ばかりである, ばかり上品, ほどです, ほど安かっ, ほど独学, ほど綿密, ような, 可き, 祠後鉾ヶ岳よりも, 程すまし

▼ またあった~ (12, 0.0%)

3 にし 1 かな古道具屋, という, としてもそんな, としても俺, としても無くなる, な, にもせよ, のだった, んです

▼ またある程度~ (12, 0.0%)

1 [12件] この一箇月, には堂々, までしっかり, まではだれ, までは母, まで其の, まで成功, まで無学, まで認められ, まで造形的美, まで遠く, 彼の

▼ またいたずら~ (12, 0.0%)

1 [12件] しおったな, だ, に悲しん, に老, に逢った, らしい笑い方, をし, をしおったら, をした, をする, をなさいました, を始めよう

▼ またいちばん~ (12, 0.0%)

1 [12件] いいこと, この子, の酒飲み, ひきつけられる僕, よい方法, 低いの, 古いもの, 広く理解, 親しい人, 長いもの, 長い年月, 高いところ

▼ またいとこ~ (12, 0.0%)

41 か何, だかの, であったが, である医学博士, にあたる津山進治郎, にあたる覚一, に増田宋太郎, に当る

▼ またうまく~ (12, 0.0%)

1 [12件] あやなす法, いって, かじを, この羽織, なつて, やられて, 云い出したもの, 君達が, 尾行し, 方々で, 言いくるめること, 遺跡を

▼ またおばあさん~ (12, 0.0%)

1 [12件] がお話, がきく, が口ずさん, が目, だという, に叱られた, に時々, のころ, のとほい, の前かけ, はどうして, は言い

▼ またお互い~ (12, 0.0%)

1 [12件] が落魄, にその, に一層, に力, に怪しみ, に意見, に相当, に訣れる, に顔, の仕事, の日常, 同じ祖先

▼ またきみ~ (12, 0.0%)

1 [12件] があの, にやられた, に一働き, のおかげ, のおくびょう, のくせ, のやっかい, の悪い, の見た, は小林君, 悪くニヤリ, 悪く笑いました

▼ またぐったり~ (12, 0.0%)

4 となっ 1 となった, と横, と落とし, と身, と首, 垂れそして, 眠り暫く, 秣桶の

▼ またこのごろ~ (12, 0.0%)

1 [12件] お悪く, しきりに思われる, では物, では秋, のジャーナリズム, の学生, の流行, の物, の野分, は, は放し, 悪くなりまし

▼ また~ (12, 0.0%)

3 ぶんが 1 ぶんたちで, ぶんで, ぶんでも, ぶんの, ぶんは, ぶん達も, ょうだんめかして, ょきじょきはさんで行きます, ッと

▼ またたびたび~ (12, 0.0%)

1 [12件] かわるので, この戦い, 交迭が, 催促の, 左の, 彼が, 木器の, 来ますよ, 来る者, 消えた, 私が, 罰を

▼ またちっとも~ (12, 0.0%)

1 [12件] そうした汚点, そんなこと, よう変わり, 存じませんで, 弾まなかった, 恥かしい, 惚れなかったかも, 来なくなって, 気に, 秘さねば, 美しいところ, 要領を

▼ また~ (12, 0.0%)

3 きに 1 かにその, き冬, き出て, つと, つとして, つと其等, つと動かず, つと私, つと舞台

▼ またつねに~ (12, 0.0%)

1 [12件] じれったい兄, わびしく寂しい男, 主體的, 原典を, 変化し, 對應の, 彼が, 情意的に, 清教徒的な, 源家の, 自然に, 観念の

▼ またです~ (12, 0.0%)

111 かと云ったぎり

▼ またのっそり~ (12, 0.0%)

2 と来る 1 と帰っ, と座席, と私, と立ちあがった, と藻, に命けら, めと, めは, 弁当の, 炬燵の

▼ またひょいと~ (12, 0.0%)

1 [12件] はねた, ばかな, ひっこんで, 上って, 剣の, 武蔵とかいう, 気がついたよう, 目を, 逃げ出したの, 鋭い眼, 顔を, 駈け跟

▼ またぴたり~ (12, 0.0%)

2 と閉められ 1 とやん, と出喰わした, と当てはまる, と戸, と止む, と締まっ, と言葉, と足, と静か, と静まっ

▼ またふっと~ (12, 0.0%)

1 [12件] いなくなり夜, 伸びる, 後が, 新泉, 曇って, 気が, 消えて, 消えます, 消え風, 涙が, 目の, 眼を

▼ またほんの~ (12, 0.0%)

1 [12件] おつき合ひ, やり方を, 一度でも, 作りものでも, 四五分喋つて行く, 子供の, 形ばかり, 形式にばかり, 心もち無言で, 時々使用, 気紛れの, 突嗟

▼ またますます~ (12, 0.0%)

2 抽象的な, 難かしい 1 口笛を, 妖艶淫卑の, 広範に, 急速な, 激しきを, 濃厚に, 烈しく泣き立てる, 調子の

▼ またやった~ (12, 0.0%)

1 [12件] かと, かなと知っ, な, なあ, なあまた, なち, の, のか, よ, よ聞いた, んで, 情けないやつ

▼ またようやく~ (12, 0.0%)

1 [12件] に同じ, のこと, 一年半ぶりに, 奇跡の, 彼本来の, 止みて, 絶えまなく, 脱稿に, 腐爛と, 陽気の, 革新統業の, 飽かれて

▼ またテーブル~ (12, 0.0%)

2 に向かっ, の上 1 と椅子, に乗っ, のうえ, のもう, の下, の布地, の所, へもどっ

▼ またポケット~ (12, 0.0%)

2 にしまいこんだ, にしまった 1 から鍵束, にしまう, につめこんだ, に蔵, の底, へし, へ手, へ落した

▼ また万一~ (12, 0.0%)

1 [12件] ご落命, には天子, の備え, の危険, の場合, の間違い, われわれが, われわれの, を思い, 今書い, 何か, 親分が

▼ また上京~ (12, 0.0%)

3 した 2 して 1 し, するとき, するもの, の初め, の寝殿, の方, の途

▼ また両者~ (12, 0.0%)

2 の間 1 がともに大いに, のとも, の実力, の差, の性情, の相対的運動, の相違, の私怨, の首カセ, をいかなる

▼ また久慈~ (12, 0.0%)

1 [12件] に, に昨夜, の傍, はあたり, はむっくり, は呟く, は微笑, は思い出した, は溜らなく, は眼, は考えた, を見上げる

▼ また~ (12, 0.0%)

2 の女 1 から丙, だなんて, でしょうけれど, と名づけた, なところ, には空中, の女学校特有, の秘蹟, の線, は神経作用そのもの

▼ また~ (12, 0.0%)

2 と三, の太刀 1 た時代, た目, どばかりガンたち, なく実隆, の分岐線, の後足, の枝, を欲

▼ また二三~ (12, 0.0%)

1 [12件] どうなりました, の不謹慎, の会員, の例外, の変り者, の成功, の新しい, の知人, の者, の蛇, の重要, 書いたもの

▼ また二年~ (12, 0.0%)

3 か三年 1 おいた一昨年, おいて, たって, なりと, に一度, を要する, 延びたん, 早いの, 過ぎた

▼ また云う~ (12, 0.0%)

2 までもなく 1 てアンドレイ, には, のであった, のは, までもない, 享保十七年五月の, 倫敦の, 右の, 方が, 男は

▼ また会える~ (12, 0.0%)

2 かわからない 1 かしら, じゃない, という望み, の, のね, はるかに, よ, ように, んだ, ッて

▼ また何だか~ (12, 0.0%)

1 [12件] おそろしいよう, 不安な, 不幸な, 卑猥な, 博士らしい, 可笑しくなつた, 変な, 怖くなっ, 怨みっぽく, 気の毒にも, 頭巾に, 馬鹿に

▼ また作家~ (12, 0.0%)

1 [12件] がその, たらんと, だからと, といわれる, としては肝要, にし, に向っ, のある, の個性, の実力, の端くれ, や技術家

▼ また俳優~ (12, 0.0%)

2 のため 1 としての想像力, などは入社, になる, に顔, の噂, の教養, の油断, の都合, は人間, も人

▼ また倒れ~ (12, 0.0%)

2 て眼 1 さうになった, さうになる, それから, つつ人間, てこんど, てしまった, てそのままぐったり, てもっと, て積み上げ, 血は

▼ また公園~ (12, 0.0%)

2 の中 1 で出なけりゃ, で居眠り, のところ, の幽, の昼, の森, へはいっ, へ帰つて, へ歸つて來, をむやみ

▼ また~ (12, 0.0%)

1 [12件] が蹶立てる, に向っ, の如く, の徴募, は遠く, も強い, をあげた, を以て助けん, を以て援助, を備え, を起し, を返し

▼ また其處~ (12, 0.0%)

1 [12件] からお, から上, から彷徨, から更に, には病み疲れた, に云, に兄, に動い, のこと, の家, の板の間, へ出かけ

▼ また~ (12, 0.0%)

32 さんの, まったという 1 ったなと, まったところ, まったら一つ, まつた, より牛皮

▼ また別の~ (12, 0.0%)

2 がある 1 がいくつ, が工夫, が来, が画かれ, はだ, をこしれえやがった, をと今日, を出し, を嵌め, を見る

▼ また勇気~ (12, 0.0%)

3 を出し 2 を振起 1 である, も有, をふるいおこしました, を取り戻す, を取戻した, を得た, を附け

▼ また半分~ (12, 0.0%)

1 [12件] からちぎれた, なんていう, にした, にしたく, になった, の希望, は嫉妬気味, は嫉妬氣味, は小屋, ほど酌, ほど飲んだ, 引き受けて

▼ また~ (12, 0.0%)

2 が恋しく 1 がドイツ, と友, と論弁, に訊ねた, に誤解, の敏感, の肉体, を伴, を呼ぶ, 食いしてやがるな

▼ また古来~ (12, 0.0%)

2 のしきたり 1 のあらゆる, の二種, の伝説, の剣人, の名妓, の命名法, の法則, の詩人, 傑れた, 日本画の

▼ また右手~ (12, 0.0%)

1 [12件] で眼, に二つ, に種ガ島, の一角, の小高き, の方, の東詰, の霞, より亡者乙, を出しかけ, を差し出し, を振上げた

▼ また唯一~ (12, 0.0%)

2 の知己 1 のあととり息子, の会葬者, の力, の医薬, の反逆者, の恐るべき, の手段, の活路, の知識, の遺

▼ また商売~ (12, 0.0%)

1 [12件] でもない, というもの, と云うべき, に出る, に利用, に積極的, の話, の関係, や取引, をこんなに, をした, を初めたん

▼ また喜び~ (12, 0.0%)

2 もした 1 がある, てわが, である, と驚愕, にたえない, のため, の声, は眼, もしました, をどっと

▼ また喜ん~ (12, 0.0%)

2 で自分 1 でお, でくれ, でこの, でよく, でゐ, で出帆, で園丁, で引っかき合っ, で御嶽冠者, で落ちよう

▼ また天井~ (12, 0.0%)

1 [12件] からは蓑, から大きな, から落ちた, が高く, と壁, の内輪, の方, まで達し, を揺する, を睨ん, を見た, を見まわした

▼ また~ (12, 0.0%)

4 ならずや 2 なり 1 しく思われます, である, とすべ, なりといえ, なりと言うべし, な事

▼ また奥様~ (12, 0.0%)

2 のお 1 から妹, がその, が気, そんな事, だが, で彼様, と同, に叱られます, へお, より世間並

▼ また始終~ (12, 0.0%)

1 [12件] これを, の楽しみ, 一言も, 何か, 彼に, 来て, 犬を, 足元に, 身を, 連れて, 非常に, 頭痛が

▼ また宇治~ (12, 0.0%)

2 へ行った 1 が恋しく, で行なおう, の太夫, の宮さん, の山里, の竹内式部, の鉄淵禅師, への消息, へ御, をお

▼ また~ (12, 0.0%)

2 をばらばら 1 が種, となり, の状態, をみのらせ, を取らない, 世間の, 作品において, 業界において, 父母に, 用品は

▼ また尊敬~ (12, 0.0%)

2 して 1 されてる彼, される, すべきもの, すべき動機, すべき小男, せられた人, と軽侮, の念, を受ける, 致しました

▼ また~ (12, 0.0%)

1 [12件] から釈放, でお, にいま適当, のあんな, の三宅翁, の守護代隠岐, の所々, の最初, の郷土史家, まで一人, もい, をよく

▼ また~ (12, 0.0%)

2 へ戻っ, を立った 1 についた, に回っ, に復した, に返っ, の空気, をかえ, を外し, を起っ

▼ また幾らか~ (12, 0.0%)

1 [12件] きつとな, ずつ各, の張り, の物好き, の足し前, 咎めるもの, 奉公人に, 心配に, 気持ちを, 眠った, 違うと, 開けても

▼ また幾多~ (12, 0.0%)

2 の小 1 の先輩知友, の古い, の弊害, の新しき, の旧, の権益, の異論, の算書, の達人, 犠牲に

▼ また~ (12, 0.0%)

6 之丞 2 之丞様 1 の調子, 之丞様たち, 之丞殿, 之丞自身

▼ また~ (12, 0.0%)

2 ちに, ひて 1 かつた, さは, ちそう, って贈った, て著作, ひず, ひられるやう, 過ぎて

▼ また思いがけない~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことが, ことで, ところに, 一人の, 下々の, 侠人の, 南京豆加工という, 大役と, 書簡とか, 現象に, 相手の, 隙が

▼ また恋愛~ (12, 0.0%)

1 [12件] でも始め, なくとも, に心, のある, のこと, のため, のシムボルたる, の話, は独特, めいたもの, も行き, をする

▼ また感情~ (12, 0.0%)

1 [12件] および欲求, があります, が激し, という自分, には迂路, に和らげられぬ, に蓋, の激発, は運命, や理想, を主, を抑制

▼ また故意~ (12, 0.0%)

1 [12件] でなかった, にかかなかった, にそう, にまた, にも, に一定量, に似, に裏面, のこと, の所作, の眼, をもっ

▼ また文字~ (12, 0.0%)

2 のため 1 で付けた, なき田夫野人, に恵まれなかった, に恵まれ得なかった, に拘泥, に書いた, のない, の媒介, をもっ, を眺めた

▼ また日頃~ (12, 0.0%)

1 [12件] から私交, から脳裡, とにかく鹿爪, の友情, の庭訓, の愛読書, の憂悶, の期待, の玄蕃, の自分, の茶, はたい

▼ また旦那~ (12, 0.0%)

1 [12件] あ寒い, が密書, が怒る, が来ない, が箱, とかみあう, と喧嘩, にも桟敷, に取られ, の病, へ闇, も浪花節

▼ また早い~ (12, 0.0%)

3 のです 1 こと早い, じゃねえ, と考え, な, には早い, や, 話が, 青年時代の, 頃の

▼ また春日~ (12, 0.0%)

1 [12件] のチチハヤマワカ姫, のナカツワクゴ, のヒノツマ, のヲド姫, の中, の千千速眞若比賣, の建國勝戸, の日爪, の明神, の神人, の花, の袁杼比

▼ また有益~ (12, 0.0%)

3 なこと, なもの 1 だろうと, であったか, なる書籍, な仕事, な文字, に読書

▼ また来ました~ (12, 0.0%)

541 かと途中, よなんて言っ, 娘が

▼ また~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出された, が多く, と杯, をあげ, をあげた, をあげる, をかさねた, を向け, を手, を挙げ, を挙げる, を満たした

▼ また東洋~ (12, 0.0%)

1 [12件] と西洋, に同じ, のアセチツク, の七宝, の信念, の大, の果, の生糸, の芸術, の草, の言語, の隠れ家

▼ また~ (12, 0.0%)

2 の樹 1 がある, に至っ, のお寺, の上, の中, の木の間, の枝, の根, の畜生, の若木

▼ また~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出, である, と同じく, と高き, に頭, の, のかげ, の幅, の死する, をぐいと, を出す, を剪

▼ また~ (12, 0.0%)

2 が香丸 1 が咲く, が散る, にむかっ, に鶯, の千五百八番, の実, の月瀬, の木, の木の下, の花

▼ また植物~ (12, 0.0%)

1 [12件] でも動く, と同じ, にし, にとつて, に再生, の一種, の図, の栽培, の標品, の葉, をかつぎ出す, を栽培

▼ また~ (12, 0.0%)

3 しからずや 1 しからずやといった, しからずやの, しかりしぞや, なこと, な事, になりたい, の音, みにも, もなく

▼ また殆ど~ (12, 0.0%)

1 [12件] いかなる道徳上, やめたやう, 同じ状態, 彼の, 手が, 旧調, 毎日の, 無用と, 無類で, 絵に, 誰とも, 針葉樹の

▼ また~ (12, 0.0%)

1 [12件] があなた, がこの, が何故, としての話題, の哲学, の好める, の家庭, の手紙, の歓喜的飛躍, の関係, はこの, は面白

▼ また水面~ (12, 0.0%)

1 [12件] から軽い, から顔, における影, にまき返り, に上り来る, に枝, に水, に浮い, に浮き出し, をくぼませる, を全速力, を見ます

▼ また永久~ (12, 0.0%)

1 [12件] だ, にこの, に他, に僕, に別れ, に固定, に失われなけれ, に珍, に細長い, に離れられない, の未来, の秘密

▼ また浅草~ (12, 0.0%)

1 [12件] で関係, の奥山, の広小路, の桂庵, の米蔵, の観音堂, の話, へ, へ帰っ, まで地下鉄道, を彩る, を描きたる

▼ また烈しく~ (12, 0.0%)

1 [12件] しゃくり上げて, でもなっ, なつて, 吠えます, 咳き入りながら, 戸障子を, 神経を, 自分を, 逃げながら, 魘されるので, 鳴りひびい, 鳴りました

▼ また無事~ (12, 0.0%)

1 [12件] がつづく, だったが, なとき, に寺, に帰っ, に済んだ, に自分, に逃げ帰った, に過ぎ去っ, に過ごす, をよろこん, 落ち合えた思い

▼ また独特~ (12, 0.0%)

1 [12件] なこと, な仕事, な伝統, な感覚, な比喩, のもの, の優美さ, の反響, の妙案, の感, の筆致, の貨幣

▼ また~ (12, 0.0%)

2 え描き 1 にしよう, について彫刻, の前, の勉強, の技巧, の難し, は平面, をよく, を描く, を解せざる

▼ また病人~ (12, 0.0%)

1 [12件] でこれ, に引合わせられる, の側, の姑, の察, の心, の手, はわるく, は強い, は病苦, も稗, らしくも

▼ また~ (12, 0.0%)

3 にさ, にさわる 1 だ, でも起し, にさはる, にさわった, に障った, を起し

▼ また~ (12, 0.0%)

3 きに 2 支度を 1 ぐにひよろつき出す, 侍よりも, 卿霧渓と, 指人心見性成仏教外別伝不立文字等の, 裸なる, 觀の, 除れる

▼ また直に~ (12, 0.0%)

1 [12件] お目, くる事, これを, それに, 再營, 放下しなど, 敵とも, 水を, 癖が, 社へ, 自分の, 調合に

▼ また相互~ (12, 0.0%)

3 に矛盾 1 にいかなる, にわずか, に依頼, に媒介, に本文, の礼, の距離, の運動, の間

▼ また着物~ (12, 0.0%)

1 [12件] がおれたちの, のこと, の柄, をいれる, をき, をきせ, をさらっ, をぬがし, をぬぎ, を着, を着かへ, 汚して

▼ また~ (12, 0.0%)

4 がなく 1 でか, のしん, の味, の問題, の配給方法, を得る, を背負つて, を食べる

▼ また~ (12, 0.0%)

2 を投げた 1 が切れた, が細く, であったの, にし, をつたっ, を垂れ, を巻い, を引く, 紡ぎを, 繰の

▼ また結構~ (12, 0.0%)

1 [12件] であろう, なお土産, なお天氣, なもの, な仏様, な名香, な扇箱, な絵巻, な釣竿, の中心, やか, 大の

▼ また聞き~ (12, 0.0%)

1 [12件] かへした, だからどう, で少し, にこの, にては聞きち, に姉, に来られ, に過ぎませぬ, のこと, のまた, の話, 上手な

▼ また至極~ (12, 0.0%)

1 [12件] おもしろい, ぞんざいだ, とあいそ, のお, 同感である, 呑気な, 單純な, 尤もな, 柔順なる, 無事に, 通俗に, 面食らったこと

▼ また蕪村~ (12, 0.0%)

2 なり, の特色, は蕪村流 1 が俳句, の俳句, の好ん, の好んで, は冬, らしく明るい

▼ また見よう~ (12, 0.0%)

1 [12件] たって見せられない, という意思, としてもおそらくは, とはたしかに, によってはこの, によっては一面, によっては他, によっては大, によっては水, によっては蓴菜, によっては蜜柑箱, によっては蟹

▼ また訪ね~ (12, 0.0%)

3 て来 2 てくる, て来た 1 てきた, てきなさい, てくれる, てまいる, てみた

▼ また誤解~ (12, 0.0%)

2 して 1 がある, されそう, した, すると, であつ, のない, を恐れた, を招き, を招く, を與

▼ また足音~ (12, 0.0%)

1 [12件] がし, がはじまった, が几帳, が聞え, が聞え出した, が聞こえ, に聞き入った, も聞こえない, をたてぬ, をぬすん, を忍ばし, 絶え入り

▼ また軽蔑~ (12, 0.0%)

2 して 1 された, しきった口ぶり, したもの, すべき点, すること, でもない, なすっては, にもなれざる, の種, もし

▼ また~ (12, 0.0%)

4 をかけた 3 をかけ 2 になっ 1 に輪, の中, をえがく

▼ また近年~ (12, 0.0%)

1 [12件] あらゆる酷遇, この洞穴, では和装, なので, の変化, の憤怒, の水害, は朝鮮人, まで外国人口, も子安講, 出て, 目ざましい進歩

▼ また遠慮~ (12, 0.0%)

2 して 1 からで, するやう, といふこと, なんぞする, の無い, ぶかい, もしない, をし, をしいしい, をすぎる

▼ また重要~ (12, 0.0%)

1 [12件] であった, なもの, ならずと, な一つ, な一策, な交通, な交通機關, な因子, な役割, な関係, の一カ条, の一条件

▼ また降る~ (12, 0.0%)

1 [12件] かも解らない, ことだろう, こと二里余に, というよう, といけない, と困る, ものは, よ, 三朝四朝五朝と, 事明治四十三年秋都下洪水の, 雪を, 雪交り

▼ また~ (12, 0.0%)

2 連續的である 1 なるべし, 人格的な, 人間的である, 人間的な, 存在が, 実際的, 拍節的な, 歴史的で, 空想的らしかった, 連續的な

▼ また非凡~ (12, 0.0%)

2 です 1 なる忍耐, な力, な天文學者, な準備素養, な術, な顔, の人物, の美し, の腕, の魅力

▼ また面白~ (12, 0.0%)

5 そうに 1 えこと, かつた, がって, がって走り, がらせる無邪気, さうに高笑ひ, そうな

▼ また~ (12, 0.0%)

3 のあたり 1 が落ち, でも叩く, に血, へかけ, を伝, を伝つて, を掠め, を赤く, 笑んだ

▼ また飛び出し~ (12, 0.0%)

1 [12件] てきた, てしまふ, てどんどん, て來, て右往左往, て往, て来, て来た, て来ました, て町内, て近所, 姿を

▼ また飛行機~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, が低空, だよ, に限らず, のなか, のプロペラー, の操縦法, の構造, は引返し, を一ばんはじめ, を降雪中, を飛ばし

▼ また驚い~ (12, 0.0%)

1 [12件] ていった, てきいた, てし, てしまった, てそれ, てどうして, て出, て居る, て書物, て眼, て立ち上った, て飛び立った

▼ また~ (12, 0.0%)

1 [12件] では曹丕, と蜀, にとっては重ね重ね, には賢才, の戦い, の洛陽, の臣下, の鍾会, は昨年, は曹操以来, や蜀, を討たん

▼ また~ (12, 0.0%)

2 つて了つた 1 つてし, つて一二間距離を, つて小娘の, つて引ツ込んでしまつた, つて歩いた, つて眼を, つて蘇鉄見, つて顔を, 拝し, 頭い

▼ またあんなに~ (11, 0.0%)

1 [11件] みんなを, もなっ, 大きな物, 川原の, 影が, 空とぼけて, 自己の, 親身に, 長くその, 食いついたり, 鷲の

▼ またいくつ~ (11, 0.0%)

1 [11件] かの弾, かの村, かの歯, かの燈籠, かの縁談, かの自分, か里, でも開い, になっ, もいくつ, も枝道

▼ またいくらか~ (11, 0.0%)

1 [11件] その不幸, ちがう, 似たよう, 光を, 学者だった, 怯えたよう, 損ひかけ, 理想を, 田を, 薄い空, 財産も

▼ またいっ~ (11, 0.0%)

3 ている 1 ています, てしまいました, てしまう, てしまった, てすぐ, てみた, てみます, ぷう変った

▼ またうれしい~ (11, 0.0%)

2 ような 1 ことで, と思ふ, ものは, やらで, 事の, 夏だけ, 意外の, 気が, 言葉を

▼ またえらい~ (11, 0.0%)

1 [11件] およろこびでし, ことで, ぜえ, 人の, 人出だ, 凝ったもん, 客人が, 泣きなさって, 目に, 罪な, 騒ぎに

▼ またお願い~ (11, 0.0%)

1 [11件] いたします, がある, しますわ, するとして, だから, にまいった, にも上れない, に上る, に参りました, もいたした, 申しますと

▼ またかなた~ (11, 0.0%)

1 [11件] こなたの, その同僚, にうた, にはアイアース, にもむ, に点る, に青し, の岸辺, の松, の空, より来かかりし

▼ またその道~ (11, 0.0%)

1 [11件] に相当, に通じ, の方法, の玄人, の達人, はモン, は庭, は悪く, を今, を引き返した, を歩ませたい

▼ またぞろぞろ~ (11, 0.0%)

2 と歩い, 動くもの 1 とたわむれ, とはいだし, と群がる, 出て, 帰って, 這い出して, 這ひ出し

▼ またたぶん~ (11, 0.0%)

1 [11件] その迫害者, に揶揄的, パイプワートのだろう, パリーの, 伝道師達は, 同じ頃, 彼の, 臨時にという, 自分を, 自分自身の, 軍隊は

▼ またちゃんと~ (11, 0.0%)

2 出て 1 して, ひとか, 下り道, 供えて, 別な, 帰って, 握ってるところ, 日本語で, 棺の

▼ またつくづく~ (11, 0.0%)

1 [11件] その真理, とその, と三十郎, と仰ぎ見た, と半生, と女, と惜しまれる, と扉, と神尾主膳, と葉, 思うには

▼ またていねい~ (11, 0.0%)

2 に頭 1 な答え, にしめ, に兵馬, に彼, に折り畳ん, に礼, に訊ねた, に遠く, に顔

▼ またできるだけ~ (11, 0.0%)

1 [11件] その呑気主義, 多くの, 字面の, 彼らの, 慎重な, 早くそういう, 根本的に, 歴史家達の, 私によって, 長生きも, 高い鋭い声

▼ またとは~ (11, 0.0%)

2 見るに 1 あるまいと, いつですか, その人, なき, なき好き元旦, なんだ, 何じゃ, 何だ, 眠られず冷氣身

▼ またどうも~ (11, 0.0%)

1 [11件] いまあなたが, お電話, これも, こんな結構, 呻吟く, 変だ, 山出しの, 御苦勞さん, 自分自身の, 難有, 高射砲等の

▼ またなんだか~ (11, 0.0%)

1 [11件] わけの, わしと, 可哀そうにも, 地下の, 妙な, 嫌な, 役者の, 忌な, 恐ろしいよう, 考え出したん, 胸が

▼ またにこにこ~ (11, 0.0%)

2 しながら 1 した様子, しだした, っと笑った, とほおえみました, と愛嬌笑い, と笑い, と笑った, 笑い出した, 笑って

▼ またにやりと~ (11, 0.0%)

5 笑った 3 笑いました 1 した, 笑って, 薄ら笑いを

▼ またのこのこ~ (11, 0.0%)

3 出て 2 平気で 1 それを, やって, 参観に, 壁の, 濁世の, 起き出して

▼ またはいっ~ (11, 0.0%)

3 て来た 2 て来ました 1 ていた, てきた, て来, て来る, て行く, て行った

▼ また~ (11, 0.0%)

1 [11件] がらかに, たりと微笑んだ, つつい, つと安心, とはほて, のあかるく, のに, の淡き, の白い, の赤く, ッと

▼ またまもなく~ (11, 0.0%)

1 [11件] その緩和策, ルパンの, 姿を, 徐寧の, 横の, 正中の, 正面の, 経済学に, 総門外の, 赤橋守時に, 黒ずんで

▼ またむかし~ (11, 0.0%)

1 [11件] からの習慣, から余りに, と変る, に戻る, のよう, の不摂生, の友達, の旦那, の生活, の養由基, 大津浪

▼ またやって来る~ (11, 0.0%)

1 [11件] と他, と面倒, なんて云う, のだ, のを, よ, ように, ようにと, んだ, んです, 約束だった

▼ またやる~ (11, 0.0%)

2 んだ 1 ことを, さと云っ, というよう, なと思つて, にしかず, のか, のです, 命が, 所も

▼ またわっ~ (11, 0.0%)

2 しの 1 しが, しども, しに, と声, と大きい, と殺到, と泣き出した, と泣き立てました, と私

▼ また一倍~ (11, 0.0%)

1 [11件] する, だが, だったから, でございます, で彼, と見える, の伊達者, の大, の美し, の賑, 滅入った声

▼ また一刻~ (11, 0.0%)

4 も早く 1 の猶予, ばかりの休息, もそこ, もはやく, も経った, も貴方, を菩提山

▼ また一口~ (11, 0.0%)

3 飲んで 1 がぶりと, に排斥, に過ち, に飮, のん, 食む, 飲み込むと, 飲んだとき

▼ また一団~ (11, 0.0%)

1 [11件] が湧い, となっ, になっ, になった, の囚人, の工人, の新しい, の火炎空中, の燃える, の黒雲, 乱れ合って

▼ また一国~ (11, 0.0%)

1 [11件] が特定貨物, では防ぐ, に限られた, の健全, の君主, の常法, の教議会, の治安, の独立, の自愛心, の農業

▼ また不可能~ (11, 0.0%)

2 では, なこと 1 だった大胆さ, だつた, ということ, なの, な事, にする, の事

▼ また不眠~ (11, 0.0%)

1 [11件] だすこし, で困, で徹夜乱読, で感傷, で苦しんだ, に苦しめられる, に陷, の夜, の数週間, の状態, の鬼

▼ また二三人~ (11, 0.0%)

1 [11件] がやってくる, の客, の弟子僧, の看守, の笑, の記者, の足音, はいっ, も引抜い, やって来た, 斬り仆すか

▼ また二度~ (11, 0.0%)

2 や三度指 1 あったので, くりかえして, の世直し, の勤, ばかり例, ほど美津子さん, も同じ, や三度, 出るは

▼ また二日~ (11, 0.0%)

1 [11件] とか三日, にする, は過ぎました, ばかりたった, ばかり経った, ほどたった, ほど過ぎた, も経っ, 経ったが, 置いて, 過ぎた真夜中

▼ また互に~ (11, 0.0%)

1 [11件] ふいと, 一生を, 主人の, 何か, 反復し, 口に, 強がりはじめた, 異る, 秘密に, 許し合い助け合って, 評議も

▼ また~ (11, 0.0%)

1 [11件] から外, の三座見物達, の四十寺, の御, の鞍馬山, へいっ, へもどる, へ帰る, へ戻った, や大阪, を発し

▼ また今晩~ (11, 0.0%)

1 [11件] いらつして, でも出直し, ね, は変, は黙し, もこんな, もぜひ, も何, も犬, も豆腐, 泣いて

▼ また仮り~ (11, 0.0%)

2 にそれ 1 に, にこうして, に人生, に何, に国際聯盟, に庭, に苦痛, に行き会った, に飛騨

▼ また作品~ (11, 0.0%)

1 [11件] のなか, の下書, の到る, の創られ, の変化, の思想, も多かっ, も系統的, を作る, を眺め, を読み聞かせる

▼ また~ (11, 0.0%)

1 [11件] に人, に先代萩, に六三, に四十二歳, に天狗火, に寒, に戸外, に海松, に竜宮, に脛, に雪

▼ また信仰~ (11, 0.0%)

2 の道 1 からであろう, としては漸次, においてもしばしば, には特殊, の対象, の胚種, の自由, をもっ, をモダン

▼ また内部~ (11, 0.0%)

1 [11件] からひらく, から細い弱々しい, から蒸氣, で大小, には青竹, にも何等, に苦しい, の容子, の惨害, の振, へ入る

▼ また凡て~ (11, 0.0%)

1 [11件] から暫く, が別人, が惨め, の位置, の信徒, の問, の土地人民, の支那文學, の知識, の硝子器, 潔き鳥

▼ また出かける~ (11, 0.0%)

1 [11件] と云っ, と前もって, どこへでも, のか, のかね, のだった, のである, 仕度を, 御馳走に, 時間である, 質の

▼ また出る~ (11, 0.0%)

1 [11件] お膳, ことも, と, という, にし, のも, ような, ように, わ, わ出る, 顔の

▼ また出直す~ (11, 0.0%)

2 んだ, 事に 1 かも知れない, ことに, そういうクルクル, としましょう, と同時, のが, 程の

▼ また別個~ (11, 0.0%)

2 の趣 1 な精神, に例へば, に存在, に彼, に日本, の国語教育, の感激的場面, の新しい, の消息

▼ また別様~ (11, 0.0%)

1 [11件] にとれない, に寂しい, に美しくも, の意味, の方式, の条件, の求望, の肩腰, の興趣, の話, の踊り

▼ また到底~ (11, 0.0%)

1 [11件] そのほう, それは, やれまいと, やれまいとも, 俳句界を, 厳格なる, 問題と, 手を, 現訳者, 画面では, 駄目に

▼ また前者~ (11, 0.0%)

2 が神 1 がその, では非, により, のほとんど, の態度, は先天的才能, は生産用役, は超, を連想

▼ また友達~ (11, 0.0%)

1 [11件] が持つ, でもあつ, などがふとした, にし, に出, に見せ, に誘われ, に誘われた, のこと, の文反古, を呼びとめた

▼ また同書~ (11, 0.0%)

31 には, によって察度, による, に同じ, に見る, の, の記事, 同巻

▼ また~ (11, 0.0%)

2 の大 1 ある, があつ, がつながりました, に従わね, のある, をうける, をとられ, を失うだろう, を惜しまず

▼ また~ (11, 0.0%)

3 が出る 2 が出ます 1 が出, の鎭, をし, をした, を始めた, を抑えた

▼ また善く~ (11, 0.0%)

2 法典を 1 ならなければ, なること, 人と, 何故に, 母に, 汝の, 特性を, 相談し, 蓋はれ

▼ また~ (11, 0.0%)

1 [11件] すぎる艶福, とすべき, とすべきである, を考える, 數の, 日の, 汁である, 珂郡の, 福を, 緒子が, 舌と

▼ また多量~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, でもっと, にはえ, に支那, に服用, に血, の出血, の土, の教育的要素, の繩, を要する

▼ また大きい~ (11, 0.0%)

1 [11件] くしゃみを, ことは, ということ, ところでは, のは, トランクの, 一つの, 姉ちゃんが, 方が, 端の, 苦労を

▼ また大した~ (11, 0.0%)

1 [11件] こつたなさ, ことでない, じまんの, もので, もんだ, 害にも, 島だ, 物を, 自慢ともし, 見物でございます, 金持に

▼ また大事~ (11, 0.0%)

1 [11件] すでに去る, なつと, なつとめです, な捕物, な父, な自分たち, な處女性, にした, にしまう, は蟻, をとっ

▼ また~ (11, 0.0%)

5 ふ由 2 ふことの 1 ふに, られちまったじゃ, り返せましょう, 回したまう

▼ また存外~ (11, 0.0%)

1 [11件] そういう研究, その割, に似, の人情家, の掘出し物, 巧妙な, 早くたっ, 真剣に, 神経質で, 簡単に, 遠方まで

▼ また孤独~ (11, 0.0%)

1 [11件] であること, という得体, といふ得体, な夕暮れ, な書生, に堪える, に還った, の影, の旅人, を感じ, を楽しむ

▼ また尋ね~ (11, 0.0%)

2 てきた 1 てみた, てやる, て昔, て来た, て来ました, て来ます, て行っ, に参った, に参ります

▼ また~ (11, 0.0%)

2 っ尾 1 から色々, に九孔, より種種, をおちつけ, を据え, を据えた, を米友, を落ちつけた, を落着け

▼ また~ (11, 0.0%)

2 いて 1 ある人, け, し來, について, のある, をつけ鰭, を扇, を振り, を見つけ出し

▼ また帰り~ (11, 0.0%)

1 [11件] さうにない, にお寺, にその, による, に寄らせ, に寄る, に御, に泥棒, に追いかけられた, ばなを失っ, 来りしかば

▼ また平和~ (11, 0.0%)

1 [11件] と愛, な入り日, な家庭, について寸時, に天寿, に戻っ, の克復, の季節, の戦争, の技術, を愛する

▼ また平常~ (11, 0.0%)

1 [11件] における米友, にかえった, のやう, の通り無邪気, は程よく, を熟知, 一週三回位午後三時からの, 信長の, 底の, 服に, 皆が

▼ また平生~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある点, と同じ, の, の元気, の報酬, の我, の衣食住, はおそろしく, よりは勝れ, わるいこと, 見かける相撲

▼ また~ (11, 0.0%)

2 けかりけり, に 1 になる, 世の, 壑には, 欝な, 趣あり, 里子の, 雅で

▼ また幾人~ (11, 0.0%)

1 [11件] いるか, かが一, かすべて, かの作家, かの兵, かの連中, かを選ん, の女, の血, もが代わる, も乗っ

▼ また~ (11, 0.0%)

1 [11件] 取ったの, 取りて, 延ばしたり, 懸りが, 掛けて, 掴まえられて, 擦るよう, 結いては, 続いて, 締まって, 縮むさま

▼ また当人~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこれ, がどこ, がサッパリ気, が甲斐, の品格, の為, は平気, もああ, も一人, も滑稽, も画家

▼ また~ (11, 0.0%)

2 のよう 1 さえも見つからない, であった, のごとく, の人々, の如き, の薄い, もあらぬ, をかくした, を見た

▼ また~ (11, 0.0%)

3 がし 2 がしく追い使われた 1 がしい, がしかった, がしくなる, がしく取って返し, がわしく, の寸暇

▼ また忽然と~ (11, 0.0%)

1 [11件] して, 一方から, 世を, 史上に, 大地から, 意外な, 消えて, 熊野船で, 物騒な, 花が, 鶴的鞍に

▼ また~ (11, 0.0%)

9 つた 1 懸けず船, 直せば

▼ また思ひ出した~ (11, 0.0%)

6 やうに 1 かのやう, と云, と云つた風, のだ, 時に

▼ また思ふ~ (11, 0.0%)

2 釣船の 1 といふその, にかれ, に古代, に彼等, に西洋支那, やうに, やうの, 彼女の, 柑子の

▼ また思わず~ (11, 0.0%)

2 笑い女の子, 自分の 1 あかくなった, にはいられない, ギョッとして, 噴飯した, 布団の, 耳を, 訊かずには

▼ また恐怖~ (11, 0.0%)

1 [11件] すべき静寂, でもある, という要するに, におそわれ, に挫, に顫, のあまり猩々, のため, の予報, や不安, をそそる

▼ また意義~ (11, 0.0%)

2 のある 1 ある取り方, があり, があるであろう, のあらわす, の大きな, の深い, もある, をなさぬ, を申したてた

▼ また愛し~ (11, 0.0%)

1 [11件] ていた, ていない, てきた, てくれ, てくれてる, てもいない, てもゐる, まず, まったく私, 尊敬する, 扶け

▼ また愛する~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことも, ものの, ものを, 余裕を, 匂ひもあ, 妻の, 対象へ, 時人は, 気に, 者たちの, 者の

▼ また我等~ (11, 0.0%)

1 [11件] に, のゐたる, の住める, の左, の心, の成長, の親, の身邊, の頭, より早く, を凡て

▼ また戦場~ (11, 0.0%)

1 [11件] で, では五本, にころがった, にてまみえん, のよう, の地勢, の秘話, の陣拵え, へ出たら, へ参ったら, を前

▼ また~ (11, 0.0%)

2 悄れ, 頷く 1 つけて, 伏し, 割る, 眺めたもの, 笑えり, 遣って, 頷き

▼ また文壇~ (11, 0.0%)

2 の人たる 1 きつて, ではもっとも, といふもの, に立つ, に近付い, の一奇談, の今, への登龍門, を忘れ

▼ また料理~ (11, 0.0%)

1 [11件] する様, では加減, でも同じ, とか裁縫, によって違います, のコツ, の味, の天才, の稽古, は舌, を美味く

▼ また明るい~ (11, 0.0%)

2 通りに 1 一帯の, 商店の, 夏の, 影と, 日が, 眼を, 色に, 花園の, 部屋へ

▼ また映画~ (11, 0.0%)

1 [11件] だのいろんな, ではここ, といふも何れ, に見るごとく, のモンタージュ, の監督, の編集法連結法, は映画, や芝居, や諸, を見

▼ また~ (11, 0.0%)

1 [11件] がくる, となった, ともつかず, と夜, に, にはおかみ, に始め, のしたく, の御座, は昼, は高い

▼ また暫らく~ (11, 0.0%)

3 して 2 黙って 1 たつて, ながめて, のあいだ, の間, 経つと, 黙つて

▼ また書い~ (11, 0.0%)

2 てある, ている 1 ていない, ては暫く, てみ, てやったら, てやる, てよこした, て来た

▼ また月子~ (11, 0.0%)

10 の声 1 は筵

▼ また~ (11, 0.0%)

1 [11件] こそげなくなるの, の周囲, の花, は一つ, は覆へり, もない, よく待っ, よく親切, をつめ, 掘り葉掘り穿鑿, 較べの

▼ また~ (11, 0.0%)

1 [11件] が流れた, でござるか, と釘, の勢い, の名人, やさす, や刀, をすぐっ, を取り直す, を持ち直した, を持ってる

▼ また正月~ (11, 0.0%)

1 [11件] からあの, が来た, になったら, にはい, に墓所, の下旬, の任務, の御祝い棒, の飾り, の飾り物, らしい風景

▼ また段々~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, が四五間, と上, と聞え, と聞く, と説明, 有難う存じ, 来なくなった, 若くな, 遠方へ, 降りに

▼ また殿様~ (11, 0.0%)

2 のお 1 から考え, だけにじゃれつい, と申し上げました, のお力, の御, の愚痴, の為, へでもしゃべられた, も女性

▼ また毎日~ (11, 0.0%)

2 のよう 1 のやう, の出来事, の湯浴み, 来ました, 行かなきや, 見なれて, 退廳, 通って, 逢うよう

▼ また~ (11, 0.0%)

1 [11件] が解ける, で心臓, のなか, のよう, の城塞, の如く, の層, の溶けた, の部分, を入れ, を欲し

▼ また永く~ (11, 0.0%)

1 [11件] このいひ, ごぶさたしました, 住む者, 出世の, 区別され, 果せないか, 楽しみに, 続けて, 記憶せられ, 語りえぬ幸福, 酒無し日が

▼ また~ (11, 0.0%)

2 や池 1 から上がっ, のごとき, の中, の原, の平地, の水, の水面下, ふかく, を見る

▼ また泣き~ (11, 0.0%)

1 [11件] さうになる, しずむ, そうな, な, ながら喚いた, ながら抱きしめた, なと来た, もし, 上戸の, 入つた, 歔欷り

▼ また津田~ (11, 0.0%)

1 [11件] からお, に云った, に対して気の毒, に訊きかけた, のため, の方, の枕元, の注意, の浴槽, の訊こう, をどの

▼ また海上~ (11, 0.0%)

2 の敵 1 から彼ら, にどんなに, に発光, のこと, の危難, の大船, は油, へのがれ出た, を浮ぶ

▼ また~ (11, 0.0%)

2 の如く光り, の緒 1 と云う, などと呼び, のよう, の中, の飾り, を造る, を體

▼ また生産~ (11, 0.0%)

1 [11件] および交換方法, が少なかっ, された貨物, し得るところ, すること, するもの, せられた資本, のみが大切, の機構, は生産, を愛するなら

▼ また由良~ (11, 0.0%)

2 はいった, は学者 1 から老婆, の由良一座, はぱったり, は信者, は寂しく, は来た, は退屈

▼ また甲板~ (11, 0.0%)

2 の上, へ上っ 1 で中村さん, で見る, にい, にもどっ, へ出, を横切っ, を歩きはじめた

▼ また~ (11, 0.0%)

7 の上 1 とすれすれ, との境, をあげ, を摺

▼ また疑い~ (11, 0.0%)

3 もなく 1 が起る, なくこの, のない, の学, はなく, もする, をいれず, を容れない

▼ また直接~ (11, 0.0%)

1 [11件] には龍渓鉄腸ら, にも, に一つ, に会話, に敵, に無限, に申す, に益する, に興味, の影響, の真

▼ また真理~ (11, 0.0%)

1 [11件] であるという, に謙遜, に達し得る, に達する, のごとく, の一面, の前, の宝蔵, は, をにない得る, を究

▼ また眼鏡~ (11, 0.0%)

3 をかけ 1 をとり, をとり上げ, を使用, を元, を光らせた, を懸け, を拭きはじめる, を輝かし

▼ また~ (11, 0.0%)

1 [11件] かいような, かかった, かくな, かく小声で, かすぎたら, か夜, けえ, 册かな, 刑の, 袴時代の, 里にて

▼ また秘密~ (11, 0.0%)

1 [11件] が訐, な勅旨, に保たれる, の戸, の抜け道, の文, の行い, らしく十内, をまもった, を楽しめる, を重ね

▼ また穀物~ (11, 0.0%)

1 [11件] がよく, になる, の価値, の名目価格, の生産そのもの, の生長, の貨幣価格, は嵩張る, またはその他, を国内市場, を購入

▼ また空間~ (11, 0.0%)

1 [11件] という仮定, にも直接, に呑み込まれ, に浮ん, の密度, の標示, は客観そのもの, をなぐりつけた, を探り, を暗示的, を計る

▼ また立つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことが, て居る, て往つて手, て押し, て揉まれ, て行く, と精, のだ, はずであった, 時も, 漣

▼ また笑う~ (11, 0.0%)

2 ように 1 が如く, ていわく, て横歩行き, とすれ, とどまり, と道庵, のであった, ものが, よ薄気味

▼ また米国~ (11, 0.0%)

1 [11件] が六万屯, でも少数, といえ, と動力協定, においても銀行, における将来, に備える, の南北戦争, の科学者, の風, や英国

▼ また精神的~ (11, 0.0%)

1 [11件] であると, な差別, な影響力, な破滅, な苦痛, にも, にも許されない, にジャック, の偉大さ, の安楽, の発明

▼ また細い~ (11, 0.0%)

1 [11件] 山道を, 巷路に, 横丁が, 横町へ, 流れにも, 溝が, 空を, 糸を, 路地が, 鉛筆を, 露地を

▼ また~ (11, 0.0%)

2 人口に対し 1 の声, 労働に対する, 司令部の, 国の, 大将には, 大将の, 辞職を, 選挙が, 長屋の

▼ また~ (11, 0.0%)

4 いて 31 き來, け, けて父, ける

▼ また考えた~ (11, 0.0%)

2 ことも, ものです 1 がわからない, だけで直ぐ, のであろう, はずである, 私は, 結果を, 自分への

▼ また職業~ (11, 0.0%)

1 [11件] であつ, である限り, になっ, によっては相, により, のいかん, の問題, の変動, の性質, は神聖, を探し廻った

▼ また芭蕉~ (11, 0.0%)

2 が行状小伝, は記実的 1 でいかに, に遡り, の主観, の人格, の奥, の寂びしさともちがっている, は憂鬱

▼ また芸術家~ (11, 0.0%)

1 [11件] とかいうもの, としておのずから, としての栄養, として男, として自分, と工匠, の存在, の熱烈, は公衆, らしい純情さ, 乃至は

▼ また茶碗~ (11, 0.0%)

1 [11件] に二三杯, に水, に酒, のなか, のよう, へ酒, ゐるここ, をとっ, を唇, を引き寄せ, を食卓

▼ また華やか~ (11, 0.0%)

2 である 1 だったの, であつ, なる栄花的謳歌, なバンドマン, な商店, な布, な社交, な空想, な面白い

▼ また落ち~ (11, 0.0%)

1 [11件] くぼんだ眼, ていました, てき, てきた, てし, てしまった, て來, て来, て来る, て行く, 付かぬ感

▼ また~ (11, 0.0%)

2 の効能 1 が性, というやつ, として近古, をのむ, を持っ, を有難う, を用いなけれ, を買っ, を飲ん

▼ また~ (11, 0.0%)

2 の音 1 が啼きすだく, が鳴きやす, でもつまむ, に襲, に食われる, のなく, を取っ, を誘う, 喰い算ファン

▼ また~ (11, 0.0%)

3 で顔 1 から一つ, から先生, が重く, のなか, の中, へ入れた, より紙包み, を振

▼ また~ (11, 0.0%)

2 の中 1 がいつ, の口, の底, の縁縫, は幽霊, やら一, や風呂敷類, を結ん, を降さず

▼ また見物~ (11, 0.0%)

1 [11件] です, となります, に出る, に出直す, の人だかり, の参考, の向う, の残らず, は闇, を制した, を見

▼ また起き上っ~ (11, 0.0%)

1 [11件] てきた, てこつこつ, てその, てひょろひょろ, てびっこを引き引き, て動きだした, て腰, て足袋, て辷れ, て雨戸, て電気

▼ また起っ~ (11, 0.0%)

31 てき, てくる, て奥, て往, て戦い, て来ました, て行った, て障子

▼ また逢おう~ (11, 0.0%)

521 いいか, ぞ, と思っ, 何よりも

▼ また道庵~ (11, 0.0%)

2 ともあるべき, の方 1 がいい, が今度, が日頃, の気性, の脱線ぶり, はいつも, はすっかり

▼ また~ (11, 0.0%)

2 つたもの, ふ 1 つたところ, ひけり, ひます, ふんだ, ふんだからね, ふ家, ふ華楊

▼ また適当~ (11, 0.0%)

1 [11件] な仕事, な後任者, な手頃, な穴, な言葉, な配偶者, に横, に美しく愉しい, に賦課, に赤, の名誉

▼ また郷里~ (11, 0.0%)

3 の方 1 のよう, のわが家, の方々, の美事, へと帰った, へ注文, やで, を想い

▼ また重大~ (11, 0.0%)

1 [11件] であったこと, です, なこと, なる経験, なる要素, な事, な事実, な秘密, な関係, になっ, の事

▼ また鎌倉~ (11, 0.0%)

1 [11件] に大, の世, の中村是公氏, の大軍, の寿福寺, の政治, の秋風, の許可なく, の里人, へ帰る, へ引返した

▼ また階下~ (11, 0.0%)

2 へ降り 1 には小さな, の六畳, の内山書房, の木戸, の画室, の縁側, へおり, へやって来た, へ下り

▼ また障子~ (11, 0.0%)

1 [11件] ががらり, に縋り付いた, のあい, の外, の孔, の方, の骨, を閉, を閉め, を開いた, を開けた

▼ またあたかも~ (10, 0.0%)

1 この世の中, この五月十一日, その故, 三馬の, 侯爵が, 僕が, 峠の, 秋風の, 終身禁固の, 群集の

▼ またいたる~ (10, 0.0%)

5 ところに 2 所に 1 ところで, ところ乞食の, ところ野火の

▼ またいらっしゃい~ (10, 0.0%)

1 って此の前奥さん, といった, と注意, と言った, なおいしい, ね, ねぇ, ね大好き, よ, 明日の

▼ またうつむい~ (10, 0.0%)

2 て低く 1 てしまいました, てしまう, てしまった, て悄, て縫っ, て足, て針, て默つて縫

▼ またうんと~ (10, 0.0%)

1 はたらいて, ふえるに, ふところの, 人が, 小言を, 暑くなり, 書留を, 深海には, 言うん, 飲んぢやつ

▼ またおじぎ~ (10, 0.0%)

5 をし 3 をした 1 しました, を一つ

▼ またおじさん~ (10, 0.0%)

1 が槍, が谷川, にはおじさん, の様子, の躾, はかつて, は帰っ, も帰っ, をうんと, 遊ぼうよ

▼ またおそろしい~ (10, 0.0%)

1 事件が, 勢いで, 数々の, 武器を, 水圧から, 汗かきである, 洪水が, 短気じゃ, 風を, 魔の

▼ またおり~ (10, 0.0%)

4 ていった 1 があったら会おう, て来る, ふし夢野の, よき邪悪, を見, を見まし

▼ またお雪ちゃん~ (10, 0.0%)

1 が侍, が昔, と知っ, には似合っ, に頼まれる, のため, の傍, の方, の話しぶり, の論法

▼ またぎょっと~ (10, 0.0%)

4 した 3 しました 1 したよう, して, する

▼ またこと~ (10, 0.0%)

2 によったら 1 さらに孤高, さらに新奇, さらに独自性, さらに美しく, により外国人, に倒れた, りとも, 新しく空

▼ またこの間~ (10, 0.0%)

1 に処し, に学び, に数十日滞京, のよう, の晩, の松, の水兵, の言葉, はそこ, は乙

▼ またさっと~ (10, 0.0%)

1 うしろの, かえして, 一太刀斬りつけました, 一度に, 吹いて, 手を, 見事な, 青くなりました, 顔を, 風が

▼ またさつき~ (10, 0.0%)

1 から中二階, のところ, のジユリイさん, の例, の少女, の方, の空想, の窓, の話, の變てこ

▼ またしばし~ (10, 0.0%)

1 ことばの, たもとほり, つづいたのち, の間, 杖を, 浮島ヶ原に, 留守を, 輝かすふくら, 飛びかふ鳥や, 黙して

▼ またすたすた~ (10, 0.0%)

2 と歩き出した, 歩いて 1 とでかける, と表, と連なる, 上って, 歩きだした, 白服の

▼ またそこで~ (10, 0.0%)

1 いずれあやめ, しばらくことば, しぶ, わたしについての, 人足たちに, 地上へ, 手と, 神, 茫失し, 足を

▼ またそれ程~ (10, 0.0%)

2 にする 1 するどい深いもの, に同君, に日頃, の損害, までに男, までに辱, ブルジョア, 物資に

▼ またそれ等~ (10, 0.0%)

1 が優秀, に関係, のもの, の人々, の人たち, の教師達, の時, の樹木, は代る, より今

▼ またたいそう~ (10, 0.0%)

1 おとなしくぬれたうるんだ, お取り込み, せまいので, そろって, 効果が, 心の, 無邪気な, 賑やかな, 近いところ, 雪が

▼ またたしかに~ (10, 0.0%)

1 それ自体としては, アルプスの, 一般配附を, 二人は, 人間の, 出逢ったという, 惜しい, 日本人の, 相手を, 罪に

▼ またちょいちょい~ (10, 0.0%)

1 いっしょに, とこの, と見せびらかす, と集まっ, 好いお客, 寄せて, 祖母さんの, 見に, 貰いに, 遊びに

▼ またつらい~ (10, 0.0%)

2 話だ 1 ことも, のです, ものである, 一日を, 哉, 哉だ, 哉である, 狸寝入り陰陽陰陽と

▼ またどうにか~ (10, 0.0%)

1 して, しようという, なるさ, なるだろう, なる所, 仕様も, 心配も, 我々の, 時間潰しを, 道は

▼ またどっか~ (10, 0.0%)

1 に抜け, の国, の鞄もち, へかくれ, へぶ, へ引っ越し, へ秘密, へ脱線, へ行こう, へ遊び

▼ またなか~ (10, 0.0%)

2 ぞら 1 にはよく, には家財, には恐ろしい, には酒, には震え, にゃ黒玉, の小さな, の条件

▼ またなるべく~ (10, 0.0%)

1 うまくしよう, どの男子, 下着も, 口を, 大勢の, 小高い岩頭, 平気を, 興味に, 良き兄弟, 陸地の

▼ またなんぞ~ (10, 0.0%)

2 あい関渉 1 うまい手蔓, そのお方, その軽重, 不仁不, 不可あらん, 患うに, 教を, 要る品

▼ またなんとも~ (10, 0.0%)

2 かともいい 1 いえない粋, いえない陽気, いえぬ壮快, いえぬ悲しみ, かともたまらね, 云えねえ, 言えない生臭い, 頑丈で

▼ また~ (10, 0.0%)

2 巡査としては 1 いつもの, え時々, さっきの, じゃあ, それが, ている, 何か, 何もかもご存じ

▼ また~ (10, 0.0%)

2 さりと 1 あと, さっと音, た, たりと, たんと機械, や池, アやは, ッたり

▼ またふつ~ (10, 0.0%)

4 と目 1 と消え, と現, と白け, と眼, りあいな, りと

▼ またまっ~ (10, 0.0%)

2 くらに, 赤な 1 くらな, くらやみ, ぱだかにされてどこか, 白い波, 黒ない, 黒に

▼ またむこう~ (10, 0.0%)

1 に赤煉瓦, のまがり角, の方, の草, は訓練, へいく, へなん里, へ歩きだす, むきに, 向に

▼ またむらむら~ (10, 0.0%)

1 っときざし, とし, とその, と喧嘩, と変, と抑えきれない, と浮かぬ, と胸, と蠅, と起っ

▼ またやられた~ (10, 0.0%)

321 と思い, な, のかな, んだ, ッ

▼ またよろよろ~ (10, 0.0%)

2 と転び 1 しました, とした, ともとの, とよろけ, と体, と歩き出し, と雪, に成り果て

▼ またパリー~ (10, 0.0%)

1 が使い道, が厭, だ, と同じく, と海, にある, にはこの, の各地, の腐敗, へ行こう

▼ またベッド~ (10, 0.0%)

1 から出る, から起きあがる, につれもどす, にもぐりこみ, にもぐりこん, に仰向き, に横, のところ, へかえった, へもぐりこみました

▼ またヨーロッパ~ (10, 0.0%)

1 だ, とは別個, とニッポン, の人, の各国語, の輝, へ行っ, を征服, を知らず, を超越

▼ またロシア~ (10, 0.0%)

2 のフセワロード 1 という国, のある, の反動主義, の国民, の宿屋, の都, の饑饉, をだ

▼ また一名~ (10, 0.0%)

1 がそれ, には鬢盥, の同心, の客, の強敵, の惜しい, の真っ向, の若い, は居眠り, 流されたぞ

▼ また一生懸命~ (10, 0.0%)

1 であった, で泳ぎ出しました, で道庵, に力, に手品遣い, に捲し立てる, に起きあがりました, に踊る, 叩きましたよ, 逃げますと

▼ また一言~ (10, 0.0%)

1 いって, いっては, して, せざるを, でも私, といかにも, なかるべからざるところ, にし, の返事, を発する

▼ また一転~ (10, 0.0%)

6 して 2 した 1 します, 廻すると

▼ また一通り~ (10, 0.0%)

1 では, な童, のもの, の修行, の手腕, の笑い, の苦心, の訓練, の険し, や二通り

▼ また~ (10, 0.0%)

2 を向い 1 からその, にひざまずく, の女, の家, の方, の沼, の舟, 座敷で

▼ また下手~ (10, 0.0%)

2 なこと 1 なお, なご飯, な口説きよう, な絵画, にそんな, にも斜, に礼義, をすれ

▼ また不愉快~ (10, 0.0%)

1 がこみ上げ, であった, でもない, で堪らなかった, な日, な気分, な空虚, になった, に思ったらしい, の三年有半

▼ また久しく~ (10, 0.0%)

1 ご高名, して, ちょうど我々, みないから, 京外に, 国中を, 浅草代地なる, 絶えて, 記憶せらるべき, 顔を

▼ また~ (10, 0.0%)

1 が入院, が彼, が顔, その拠り所, ねて, の代り, の現在有つて, は実験, をたずねん, を以て俳句

▼ また二度目~ (10, 0.0%)

1 に, に手, に新井宿四丁目, に落ち, の作物, の使い者, の出兵, の声, の癇癖声, の知らせ

▼ また二本~ (10, 0.0%)

2 の指 1 あるもの, ぬけるだらう, の竹, の頭, ほど飮ん, 互に交錯, 差す身, 要るかの

▼ また人家~ (10, 0.0%)

2 がある, が七八軒 1 にも作られ, の前, の軒, はよりかかっ, もあらざる, もない

▼ また他日~ (10, 0.0%)

1 でもお立ち寄り, としてこの, に譲る, の修練, の妖怪, を期する, を期そう, 会おう, 出て, 物語ること

▼ また何かと~ (10, 0.0%)

1 いふと, このよう, そんな小, 乳母が, 尋ねて, 帝の, 待遇なども, 御注意, 思つた, 話したいこと

▼ また例へば~ (10, 0.0%)

1 いふ唯, ヨシエの, 一日中に, 出征兵士の, 君なんぞは, 学生が, 源氏と, 熱い物體, 父母はとと, 醫學なんて

▼ また信州~ (10, 0.0%)

1 に, において, にもありました, の寒い, の山林, の方面, の松本付近, の高倉輝氏, は山国, へ行った

▼ また借金~ (10, 0.0%)

2 がふえ 1 がふえる, が出来る, が殖え, のこと, の名人, をしなけれ, を増し, を申込まれる

▼ また写真~ (10, 0.0%)

2 を撮っ 1 に感光, に撮る, の方, の種板, はつきまとった, を公然, を持っ, を見比べる

▼ また~ (10, 0.0%)

2 りと 1 いので, い着物, かならざる, かに云った, かに澄んだ曇り, なり, に傍, 嘲し始めた

▼ また別れ~ (10, 0.0%)

1 てからあと, てしまう, ては出, ては別, ては寄席, てひとり, の言葉, をする, を告げ直し, を惜しん

▼ また~ (10, 0.0%)

2 を抜い 1 であった, で講, と人生, の苦手, の門, をとっ, を帯, を棄て

▼ また北海道~ (10, 0.0%)

1 から電報, にない, に渡っ, の原住民, の山名, の平野, の気もち, の氣もち, へゆく, へ行っ

▼ また取り出し~ (10, 0.0%)

2 て見た 1 それを, てみ, て伸ばし, て土, て封筒, て申し上げました, て着る, て青嵐居士

▼ また可憐~ (10, 0.0%)

1 しくもなって, しそう, でもあった, なよう, なる被害者, な一筋, な若紫, にも見え, らしいと, らしく亡き

▼ また可能~ (10, 0.0%)

3 である 1 であるであらう, であろう, でもある, とせられ, と思われる, ならしめた先例, になる

▼ また叱られる~ (10, 0.0%)

1 からという口実, といけない, となりません, にきまっ, のかと, ので, のでしよう, わ, わよ, んです

▼ また右門~ (10, 0.0%)

1 から腰の物, が姿, であるか, でした, とは反対, にとってはまことに, にのみ許された, のごとき, の態度, を崇拝

▼ また~ (10, 0.0%)

3 の孫権 2 のため 1 が率先挺身, の丁奉が一軍, の建国以来, へ行く, を怖

▼ また哀れ~ (10, 0.0%)

1 が深く, であった, でもあった, で仙七, で例, ならずや, な女王がた, にも可笑しく, に笛, や宿業

▼ また~ (10, 0.0%)

2 された, にさ 1 が拡, のとおり, の種, は喧しく, をききつたえ, を信ずる

▼ また四方~ (10, 0.0%)

1 から賢士剣客, で声, に出, に散った, に枝, に立つ, に良い, の空気, の道, を囲まれ

▼ また困った~ (10, 0.0%)

5 ことが 1 お爺さんで, たいしゃくさまが, とまでも思いません, ような, 顔を

▼ また地獄~ (10, 0.0%)

3 にお 1 に堕, に落ちよう, に陥ちなけれ, の鉦紐, の門, への捷径, を見付け

▼ また坐っ~ (10, 0.0%)

2 て数杯 1 たりそういう, て, てしま, てしまっ, て毎夜, て私, て腕, て蝋燭

▼ また執拗~ (10, 0.0%)

1 くな, く同じ, なもの, な利己主義, に対抗, に攻撃, に昌作達, に煮え返らせた, に老婆, に離れなかった

▼ また~ (10, 0.0%)

1 に登ってる, のあたり, のよう, の上, の中段, の屋根, の屋蓋下, の軒下, の霞, を吹く

▼ また~ (10, 0.0%)

1 と, に眠る, のため, のまわり, の中, の問題, の盛り土, は白く, を営む, を造る

▼ また夢中~ (10, 0.0%)

5 になっ 1 だったもの, で叫ん, で我家, にならず, の夢

▼ また大和~ (10, 0.0%)

1 からの影響, からは知教, に去年, の十津川, の吉野, の国, の役所, の旅, へお, へまいらね

▼ また大学~ (10, 0.0%)

1 から私, で同じ, にては法科, に於, に進む, の先生, の弟, の教育, の高橋先生, も既設

▼ また大層~ (10, 0.0%)

1 うまいそう, なもの, な氣張りやう, もなく, 上手に, 低く比較的, 小僧殺しに, 己惚れが, 詳しいじゃ, 詳しいぢ

▼ また天気~ (10, 0.0%)

3 のいい 1 がよかつ, だ, とみえ, の崩れはじめる, の方, は下り, を予知

▼ また姉さん~ (10, 0.0%)

2 の飾紐 1 が病気, と探し, に世話, に叱られ, に悪い, のその, の浮気, の病気

▼ また~ (10, 0.0%)

2 が後で 1 が, として存在, にも傷, のくだくだしい, のよろこび, の前, の金蓮, をふり

▼ また家臣~ (10, 0.0%)

1 がその, との間, と家臣, に命じ, の小栗, の蜂須賀彦右衛門, へ向っ, も来, を多勢, を集め

▼ また~ (10, 0.0%)

3 とする 2 とした 1 い汽車, たるもの, としてい, として人, として音

▼ また寄っ~ (10, 0.0%)

2 てみる, て来, て来た, て来る 1 て来ます, て来よう

▼ また寝る~ (10, 0.0%)

1 かと思ったら, つもりも, の, のである, また寝る, まで読んだ, ように, 今日も, 前に, 場所でも

▼ また實際~ (10, 0.0%)

1 あの時, がその, にその, にねうち, にもほとんど, にも馭者, に眼, ねうち, の處, 作ること

▼ また小鳥~ (10, 0.0%)

1 からこちょう, がいる, がやかましく, が好き, が遠近, のなく, の巣, の鳴, や金魚, を養

▼ また山中~ (10, 0.0%)

1 でも酒屋, で聞いた, に多く, に火, に隋代, の若者, へ入れ, へ帰っ, や河川, 深くわけいる

▼ また~ (10, 0.0%)

3 のよう 1 が草木, と年がら年中, にでもなり, になります, に遭遇, の中, の吹い

▼ また巡査~ (10, 0.0%)

1 がやつ, が二, と聞い, に向つた時, に堰き止められ, に道, のところ, の制止, は角灯, をいろいろ

▼ また平気~ (10, 0.0%)

1 で, でそれ, でウソ, で上手, で人間, で前, で笑っ, なもの, な顔, になった

▼ また~ (10, 0.0%)

2 にし 1 であ, とも言える, と県, なくも, な人間, に余生, に父様, ひ手元

▼ また幼い~ (10, 0.0%)

1 あなたの, 子どもらや, 子供たちが, 子供らの, 安徳天皇も, 時から, 時に, 者たちの, 脳裡の, 魂が

▼ また幽か~ (10, 0.0%)

1 ながらも幾つ, な光線, な啜り泣き, になった, に伝わっ, に光らし, に取澄まし, に思い出し, に遊ん, に遠く

▼ また~ (10, 0.0%)

1 の如く, の左, の道場, を, を取り, を取出し, を執っ, を引きしぼった, を投げ, を握った

▼ また引っ~ (10, 0.0%)

2 かえして 1 かえしました, くりかえって, くり返る, たくろうと, 張り込もうとして, 抱えて, 裂かれる女性, 返って

▼ また後日~ (10, 0.0%)

1 に, にねだり, にはその, の勝負, の参考, の患いたる, の想, の手筈, の策, わずかにかの

▼ また~ (10, 0.0%)

3 がたかるべし 1 てもそれ, て世間, べけん, も云われぬ, も無し, をする, 易からぬ

▼ また御馳走~ (10, 0.0%)

1 か, が出ました, が出来ました, が食べられる, になっ, になり, になる, を, をし, を食いたがる

▼ また微妙~ (10, 0.0%)

2 な愛憐 1 なところが, なもの, な変化, な感覚, な調和, な警戒, に心, をつくし

▼ また心中~ (10, 0.0%)

2 したくなっちゃうわ 1 があった, じや, でも仕損なった, に恐怖, のやり直し, の不安, の名所, 常に気

▼ また必死~ (10, 0.0%)

1 だったの, だつたの, になっ, に声, に守りつづけ, に泳いだ, に逃げ廻った, に鍬, のサーヴィス, の奔走

▼ また意志~ (10, 0.0%)

1 が薄弱, する所, でなければ, といひ, において意識, についてみ, の目的, の鍛錬, は多く内, をも忍諦

▼ また憂鬱~ (10, 0.0%)

2 に返る 1 な仮面みたい, な私達, な竹藪, に, になっ, になり, になる, を取り戻した

▼ また~ (10, 0.0%)

1 が起る, さ, と留守がち, においてもただ, に敗れ, の模様, の談話, は自衛, をする, を挑む

▼ また拙者~ (10, 0.0%)

1 から貴殿, にし, のいわゆる, の傍, の杖, の流儀, の考え, もこれ, もその, も門人

▼ また揺れ~ (10, 0.0%)

2 かえり, かへり, てその, て光れり 1 て, て来た

▼ また~ (10, 0.0%)

2 なしと 1 ありなどと, なきに, のごとし, 一左右衛門の, 上田柳村, 信長の, 渡辺海旭先生と, 皇太后陛下からの

▼ また教育~ (10, 0.0%)

1 が進ん, すること, と知識, に対する尊敬, のごとき, の上, の方面, の目的, の至らぬ, もなかっ

▼ また散歩~ (10, 0.0%)

1 がてら, させた, して, する場所, ともつかなかった, に出, に出かける, に出た, に出掛ける, に来

▼ また文学者~ (10, 0.0%)

2 なるもの 1 がその, として最も, にもない, のやう, のよう, の中, の率直赤裸, や新聞記者

▼ また日ごろ~ (10, 0.0%)

1 から遠い, の自分, は容色, より小面憎, 交わる彼, 崇拝し, 憎く思う, 気の, 蓄えて, 親しい武大

▼ また明晩~ (10, 0.0%)

2 のお, また一人 1 お聴き直し, ついに三十六人目, で, へ続かせ, も来, 申し上げます

▼ また明治~ (10, 0.0%)

2 の中頃, の初年 1 から今, の初年食物店, の数奇伝中, の文化史, の文学史, の新しい

▼ また明白~ (10, 0.0%)

1 である, なこと, ならず耶, な事実, な統一, にリズム, に己, に答えた, に自分, に順

▼ また昨年~ (10, 0.0%)

1 からさらに, と二度, と今年, のうち, のトロツキー, の乗鞍, の十月ごろ日光, の地震, の大, はお立ち

▼ また暑く~ (10, 0.0%)

3 なる 1 とも天気, なった, なって, なりました, なるぞと, なるの, はなる

▼ また有力~ (10, 0.0%)

1 であったこと, なる理由, な一原因, な人物, な動因, な商館長フアン・デ・アランダ, な大名, な手がかり, な船隊, にはたらい

▼ また~ (10, 0.0%)

3 完結の 1 嘗て耳, 整理の, 曽有の, 来世の, 来世界の, 発表では, 解決の

▼ また未だ~ (10, 0.0%)

1 しなかったよう, それが, ガリワルを, ジユリエツトに, フランスの, 主観客観の, 曾つて嘘を, 現実的には, 現實的, 苦吟の

▼ また正しく~ (10, 0.0%)

1 あっても, あつて, その場, もあった, もない, も聞え, 働くよう, 沖縄を, 符合する, 認識せられず

▼ また正確~ (10, 0.0%)

2 である 1 であっただけに, であり特に, なる実行的, な資料, には述べられ, に同一, に嬰児期, を重んじない

▼ また正面~ (10, 0.0%)

1 からいっ, から大, にいつも, に向, に戻した, の入り口, へ戻った, より張, をむい, を向き

▼ また歩く~ (10, 0.0%)

2 ことも 1 そこで遺骨, のが, のは, ように, 句を, 新聞の, 者も, 行程七里労れた

▼ また気味~ (10, 0.0%)

6 の悪い 1 のよく, のわるい, の悪い美し, わるうて

▼ また~ (10, 0.0%)

1 でイタメ, のやう, のよう, の値, の尽きた, も搾られる, や柴, をしぼられる, を塗り付け, を売ってた

▼ また~ (10, 0.0%)

1 であったか, の妖精たち, の岸, の底, の畔, へ信心, へ飛ん, や沼, を横ぎって, を渡っ

▼ また漸く~ (10, 0.0%)

1 上って, 口に, 回復し, 明り射す, 死の, 浸蝕せられ, 相聚まり, 衰え始めた, 迫り棧橋, 頻なること

▼ また激しい~ (10, 0.0%)

1 お声, のが, ショックの, 咳に, 怒りも, 惑乱に, 疫病は, 羽ばたきが, 腹痛を, 興奮の

▼ また無い~ (10, 0.0%)

1 かも知れぬ, からこそあんなに平然と, でもない, というもの, と云っ, ので, のであろう, のも, はずでございましょう, ようで

▼ また玄徳~ (10, 0.0%)

1 が荊州, とはわけても, にいった, のため, の側面, の偽善, の顔, へ向っ, を思慕, を請

▼ また環境~ (10, 0.0%)

2 からも来 1 と歩調, によつて, に適応, の変化, の概念, の点, の自然的健康性, を自分

▼ また男女~ (10, 0.0%)

1 がああなった, である違, という想像, に共通, に由っ, の交わり, の濡れ場, の調, の間, は単に

▼ また當時~ (10, 0.0%)

3 にあ 1 の印刷物, の少女, の日本, の社會, の英雄像, は幾ら, 新羅

▼ また百姓~ (10, 0.0%)

1 がやってきました, する, という名前, とも町人, の真, の言った, の輩, はこういう, や女, らしい大きな

▼ また知ろう~ (10, 0.0%)

2 とも思いませんでした 1 とする, ともあまり, ともしなかった, ともせず, とも思わない, とも思わなかった, とも求めなかった, はずは

▼ また空想~ (10, 0.0%)

2 にふけり 1 となります, にほかならず, の翼, の臭味, をほしい, を続ける, を誘われた, を餌

▼ また立ちどまっ~ (10, 0.0%)

1 て, てかぎ, てたもと, て哀願, て待った, て戦きました, て方向, て耳, て長い, て阿賀妻

▼ また~ (10, 0.0%)

4 の中 1 があっ, の奥, をいくつ, をみつめ, を入れ, を見つめます

▼ また~ (10, 0.0%)

1 な熱情, な自然, 万葉調である, 吉の, 所得は, 東洋風の, 粹なる, 粹の, 粹數學の, 紋様の

▼ また素敵~ (10, 0.0%)

1 だ, である, なの, なもの, な事件, においしい, によかっ, に大き, に長い, もない

▼ また経験~ (10, 0.0%)

2 したこと 1 ある執刀家, されて, されると, した事, とも衝突, によって出来, の概念, を能動的

▼ また~ (10, 0.0%)

2 を探し 1 が下げられた, の方, の端, をううん, をくりだし, を引きこころみ, を握, を放し

▼ また綺麗~ (10, 0.0%)

1 で八五郎, なの, な女の子, な指, な雷獸, に掃除, に生まれついた, に生れついた, に白粉, 過ぎるほど

▼ また群衆~ (10, 0.0%)

2 のなか 1 の中, は叫んだ, は哄笑, は声々, は露路, へ幾度, 横切りて, 行く人

▼ また義雄~ (10, 0.0%)

1 が面白い, とビール, に, にさし, に向, の下宿, の繼母, の通り過ぎた, をち, を叩い

▼ また習慣~ (10, 0.0%)

1 が単なる, が單, が芸術, が藝術, により, もおそらくは, もそれ, もない, より生ずる, を少し

▼ また老い~ (10, 0.0%)

1 たりかの, たる伝統, て疲れた, と苦悩, にけらしな爛漫, の物好き, の眼, の腰, ぼけたよう, 去るも

▼ また~ (10, 0.0%)

2 に乗っ 1 あること, でもある, にのっ, に乗じ, に入っ, を呼び起し, を感じ, を覚し

▼ また葉子~ (10, 0.0%)

1 がいなくなった, に帰っ, に後ろ, に逢い, の心, の苦心, はどう, は都会離れ, をぬすみ見る, を見入り

▼ また~ (10, 0.0%)

3 をし 1 が出, のついた, をあけた, をあけました, をしよう, を開け, を除

▼ また行方~ (10, 0.0%)

1 が解らなくなった, もかまわず進みだし, もかまわず進み出し, も知れぬ, をくらまされ, をくらまし, をさがす, を晦ました, 定めぬ旅, 知れずの

▼ また見た~ (10, 0.0%)

1 ことも, その背景, ところ仰せの, ところ柔和らしい, なと人形, まひし, 時には, 者あり, 覚えの, 記憶の

▼ また親切~ (10, 0.0%)

1 から利慾, だった, でなかったの, でへり下った気持, でもあった, な人, な裁判長, にし, に世話, を喜びまし

▼ また調子~ (10, 0.0%)

1 が変っ, が途方, が高い, をかえ, をも味, を変え, を張り上げた, を改めた, を替え, を變

▼ また~ (10, 0.0%)

2 なこと, へること 1 つたこと, なの, な事, に思はれた, に見えた, り者

▼ また~ (10, 0.0%)

2 に妙 1 に瞑目, みも, 國との, 嬢には, 方様も, 艦を, 賤老少に, 郎に

▼ また越後~ (10, 0.0%)

1 で河童瓢箪, にも一箇処, に来, に流された, のある, の南魚沼郡, の糸魚川, の蒲原芸者, の謙信, の阿賀

▼ また~ (10, 0.0%)

2 を異に 1 あり, があっ, が変っ, が変った, が多う, なしと, を更, を殊

▼ また足もと~ (10, 0.0%)

1 でガリガリ, には紙屑, に落ち, の叢, の砂, の草, へとび, へ眼, を俯瞰, を見透かし

▼ また迎え~ (10, 0.0%)

3 に来る 1 があった, が来た, てくれ, にき, に上った, に来ます, に来られれ

▼ また近世~ (10, 0.0%)

2 に入っ 1 では西鶴, にて日露, にクヮグヮ音, の作家, の初期, の国語, の山楽, の日本

▼ また退屈~ (10, 0.0%)

1 か, じゃが何処, するだらう, すると, だし, でございます, とも名, なら己方, な五六分, をさせ

▼ また逃げ~ (10, 0.0%)

1 ていった, てかなわない, てきました, てしまった, てゆく, て呉, て町, て行った, て行つてしまつた, やがつた

▼ また逃げる~ (10, 0.0%)

1 かした, だけじゃ, といけない, なんてあれ, のだった, のを, は追う, やうに, ように, んじゃあ

▼ また道誉~ (10, 0.0%)

1 という男, との騎射競べ, と来, と闘っ, なる人物, にすれ, の声, の底意, の無, は私財

▼ また~ (10, 0.0%)

1 きくにべ, すぎる, を近, ッ走りを, 州の, 戸神の, 投の, 退いて, 退きて, 駆けには

▼ また邪魔~ (10, 0.0%)

3 をする 2 をし 1 な存在, な所, になる, のはいる, もする

▼ また部下~ (10, 0.0%)

1 から多く, に人気, に対してもおもしろく, に示す, の, のトラック, の将, の方, の甘言, を使っ

▼ また~ (10, 0.0%)

2 さうに腰を 1 さを, そうに, つたま, を負, クローム酸ゼラチン法を, 大発見を, 詰めに, 鬱に

▼ また重ね~ (10, 0.0%)

21 てこの, ての折, てゆく, て何事, て出願, て参上, て同門, て訊く

▼ また~ (10, 0.0%)

2 を動かし出した 1 が止まっ, で孔, にかかっ, の商人, の手, の方向, の目, の身

▼ また~ (10, 0.0%)

1 が浮彫, ごしら, に金, のお盆, の七つ, の供給, の大, の薄, の薊, を鍍

▼ また~ (10, 0.0%)

2 園の 1 母が, 母さんが, 母老健に, 爺さんが, 爺の, 英を, 蘭船なる, 閉淡路守も

▼ また~ (10, 0.0%)

1 がその, がどう, が自分, のご, の内政, の太后, の御代, は女房, は涙ぐん, は隠れた

▼ また~ (10, 0.0%)

1 が暮れ, が翳り, といえ, にさらし, にもなく, に映える, に逢わぬ, の加減, の道, は倦怠

▼ また随分~ (10, 0.0%)

1 あやふやな, いたずらものでも, と変わった, と疲労, と興味, 上でも, 外にも, 客に, 悪い噂, 自分には

▼ また電燈~ (10, 0.0%)

2 の光, の笠 1 が付いた, が消え, が消えなけれ, が滅びる, の明るい, もつき

▼ また~ (10, 0.0%)

1 から金, さ, ぞら, 唐辛を, 幇の, 扇の, 扇を, 月代に, 花と, 衣の

▼ また面倒~ (10, 0.0%)

1 が起ります, だよ, なこと, な事, な質問, になる, にもなった, に申すであろう, をかけます, を見

▼ また~ (10, 0.0%)

1 が彼, にかけ, に懸ける, のうしろ, へかけ, や嘴, を曲げ, を絡, を縮め, を縮める

▼ また飲んだ~ (10, 0.0%)

1 がよい, そうじゃ, そして恥づ, そして酔う, のだろう, 今夜の, 朝酒の, 気分が, 火曜日の, 鯛の

▼ また~ (10, 0.0%)

5 いいろ 1 かりき, がつい, で包ん, と金色, へ賭けた

▼ また默つて~ (10, 0.0%)

4 しまつ 1 うなづきます, ゐた, ゐる人, 去つて, 歩いて, 歩き出した

▼ またあえて~ (9, 0.0%)

1 いえば, なさざるところ, 尠少なり, 急激の, 自らワッペウ氏を, 言うが, 話したくも, 辞せざるところ, 逡巡として

▼ またあすこ~ (9, 0.0%)

1 から下り, で鳴らし, のあん, へかえ, へき, へ行っ, へ運送, まで出張っ, をよく

▼ またあちこち~ (9, 0.0%)

2 瞬く間雲切れ 1 から出る, でくり, で魚雷, にはヒース, の小さな, の灯台, 逃げまわるの

▼ またあっち~ (9, 0.0%)

1 で会おう, で答えた, で聞い, で遊ん, にもこっち, の森, へ去っ, へ揺り返されし, へ目

▼ またいたずらに~ (9, 0.0%)

2 文字を 1 この二度と, 他人の, 守勢に, 未来を, 末梢的にのみ, 粗雑な, 頭上の

▼ またうっかり~ (9, 0.0%)

2 口を 1 一盃ほし, 下の, 出ても, 前へ, 注射でも, 誘われて, 過量

▼ またおかしく~ (9, 0.0%)

2 てたまらない, なった 1 なかったと, なりました, もあった, もある, もなっ

▼ またおよそ~ (9, 0.0%)

2 何物かが 1 めずらしいかわり種, 七千万人あり, 口を, 変わったこと, 無理の, 禽獣は, 辯證法的な

▼ またお辞儀~ (9, 0.0%)

3 をし, をした 1 をし直した, をする, をつけ足し

▼ またお金~ (9, 0.0%)

3 のこと 2 もなく 1 というもの, に縁, の話, を貰い

▼ またかしこ~ (9, 0.0%)

2 にも 1 で余, で餘, にあり, にゆける, にパルラーディオ, に啼く, 下また上

▼ またきた~ (9, 0.0%)

1 が嬌娜, ときの, な, よ, わい, んです, ジャックが, ジルが, 酒と

▼ またぐっと~ (9, 0.0%)

1 しゃくにさわりましたが, 力が, 力を, 口を, 引く, 水中に, 水底へ, 眼を, 趣向を

▼ またことば~ (9, 0.0%)

1 かず, が絶えた, のとおり, の五声, をきっ, をくりかえし, を切った, を足し, を重ね

▼ またずいぶん~ (9, 0.0%)

1 こっぴどい目, と壺, みっともないれん, 執念も, 変わるもの, 平家衆のみや, 敬意を, 矮小だ, 素直に

▼ またせめて~ (9, 0.0%)

1 おはまさん, それが, は先生, は普通児なみ, まいりました, もに暖, 主上法皇上皇女院がたなどには, 眞の, 路用の

▼ またその同じ~ (9, 0.0%)

2 二つの 1 例に, 古い形, 墓地に, 教育から, 条の, 秋の, 英学塾で

▼ またそれで~ (9, 0.0%)

2 よし 1 あつて, いいの, ぐずぐずし, ちやうど, ちょうどいい, よかった, 屋敷に

▼ またたま~ (9, 0.0%)

1 しひの, には, にはその, には便船, には夫, には罎詰, には腰, には道, に訪れ

▼ またたまたま~ (9, 0.0%)

1 かかる人, このこと, には一処, 一客あり, 取扱はれた, 取扱われた他, 善事を, 己れ, 竪穴の

▼ またちょい~ (9, 0.0%)

1 とお話, とこの, と一本, と寝こんじまう, と書く, と見える, と触っ, と蹲踞ん, と鍛帳芝居

▼ またつまらない~ (9, 0.0%)

2 ことを 1 おしゃべりの, 不快な, 問題や, 思ふと, 株である, 横槍を, 読み物などに

▼ またときには~ (9, 0.0%)

1 そこに, 反対の, 外国の, 怪物の, 恐ろしい鞭, 疳癪に, 石みたいに, 菜園で, 魂の

▼ またともに~ (9, 0.0%)

1 この一戦, やむべし, 光を, 有名だった, 流れて, 生じて, 破れ去らなく, 祝せよ, 罰に

▼ またとんでも~ (9, 0.0%)

1 ないこと, ないさわ, ない事, ない女, ない物, ない空気, ない結果, ねえ啖呵, ねえ首

▼ またどことなく~ (9, 0.0%)

1 しどけないの, そのお, 人ずき, 人間みたいな, 嬉しいよう, 殺気の, 海臭い, 物の, 黄色い光

▼ またどっち~ (9, 0.0%)

1 がより, が送信器, の側, の態度, の男, へ歩い, もつかず, も悪い, も真実

▼ またなる~ (9, 0.0%)

2 稀有の 1 ことが, ほどと合点, ほどと思, ほどと思われる, ほどと感心, 必要も, 考えも

▼ またはげしく~ (9, 0.0%)

1 じたばたやり出しました, つっかかって, どなった, 倉地に, 吹きおろして, 打ち始めた, 泣きました, 裸体の, 降り出して

▼ またばたばた~ (9, 0.0%)

2 と一疋, と裏口 1 といっ, と十足, と団扇, と大きな, ばた

▼ またばらばら~ (9, 0.0%)

1 と二ツ三ツ, と散った, と石塊, と逃げだした, と駈け去っ, に各, に散った, に離れ, 撒く

▼ また~ (9, 0.0%)

1 ごをにな, なくい, なの身, ふうと, ふんと, ふんなるふ, ッくりと, ツと, ーっと

▼ またふた~ (9, 0.0%)

2 をし, 品を 1 つめの, を閉め, 月あまりも, 月ほど, 足三足先に

▼ またふところ~ (9, 0.0%)

1 からただ, からは一通, から別, から差し出した, から門番, などを探し, にいれる, へしまった, へ捻じ込ん

▼ またほぼ~ (9, 0.0%)

1 一定の, 一致し, 五十パーセントの, 人間の, 前と, 同じ場所, 地形と, 旭日の, 相似た

▼ またまことに~ (9, 0.0%)

1 ふしぎな, 右門流です, 崇高な, 強大な, 忠義なり, 時代的な, 稀です, 難事たり, 鷹揚な

▼ またむずかしい~ (9, 0.0%)

2 顔を 1 ことが, ことに, もので, ものである, 名前が, 字を, 諳誦で

▼ またやってくる~ (9, 0.0%)

1 かどう, から用心, ことに, ぞう, といけねえだ, にきまっ, にちがい, のです, までには正午

▼ またゆるやか~ (9, 0.0%)

2 に流れだす 1 な歩調, に, にたっ, に低い, に歌い出す, に流れはじめ, に降る

▼ またれい~ (9, 0.0%)

1 の, のごとく, のやつ, のよう, のサロン, の仕事, の御, の筆不精, の見栄坊

▼ またわるい~ (9, 0.0%)

1 ことは, とは思はれない, とは思われない, にし, よ, 意味で, 折に, 病の, 短慮を

▼ またインド~ (9, 0.0%)

1 から銀塊, が数千年前非常, で学んだ, で曙光神アスヴィナウ, のカルカッタ, のヒマラヤ山, の言葉, ほどただれ, や欧州その他

▼ またカフェー~ (9, 0.0%)

1 で酒, ともつかぬ, にでも出ます, に寄っ, に寄った, に遊び, のお, の燈, へ行った

▼ またコゼット~ (9, 0.0%)

1 がどこ, の寝台, の心, の方, は長年, も今, をどう, を抱き上げた, を連れ

▼ またパリ~ (9, 0.0%)

1 が同盟軍, でお, では彼, にはいった, の夜店, はコーヒー店, へ出かけよう, へ来, へ行っ

▼ またロンドン~ (9, 0.0%)

1 だのパリ, でこの, には僕, に劣らない, のキュー, の複雑, の霧, やニューヨーク, を日夜爆撃

▼ また一疋~ (9, 0.0%)

2 がそろり 1 のろ, の体, の大きな, の牡牛, の甲虫, の蛾, 飛んで

▼ また一行~ (9, 0.0%)

1 あけて, と共に動い, の中, の他人, の案内, の神楽師, を呼び寄せ, を待遇, 書くまた

▼ また三十分~ (9, 0.0%)

1 ばかりたった, ばかりもそこら, ほどたった, ほど経っ, もたった, も私たち, も走った, 煮ては, 煮ますから

▼ また三日~ (9, 0.0%)

1 かかって, にわたるあいだ, に一度, の間, ばかり引止められる, ばかり過ぎ, ほどし, ほどたった, ほど経っ

▼ また上っ~ (9, 0.0%)

2 てきた, て来 1 ていった, てくる, てゆく, て来た, て来る

▼ また上流~ (9, 0.0%)

2 へ歩きだした 1 から戻, から戻っ, のさいかち, の才女ら, の波, の社会, へ歩きだしました

▼ また不快~ (9, 0.0%)

2 になった 1 い顔, であったろう, なパリ, な厭, な気持ち, に思ふ, を積む

▼ また世人~ (9, 0.0%)

1 がなお, が迷信, に今, に謳われ, の魂, はよく, は一切, をし, を顧慮

▼ また中央~ (9, 0.0%)

1 でも地方, における堂上, には文昭, に寄っ, の本丸, の聞え, の血, は垂直線, へ復つて

▼ また云っ~ (9, 0.0%)

4 てみた 1 てこの, て氏, て私, て笑った, て聞かした

▼ また亭主~ (9, 0.0%)

2 や子供 1 が言う, となれ, に訊い, の慶三, の申し, の行為, はお

▼ また人物~ (9, 0.0%)

1 が大きけれ, であること, としては諷刺的存在, に接し, の甚, の観察, の風采上, も顔, を描き出す

▼ また人間的~ (9, 0.0%)

2 なもの 1 なる犯すべからざる意義, な修養, な好奇心, な苦し, には彼, には謙遜, に師事

▼ また仔細~ (9, 0.0%)

1 があつ, に見る, に話しつづけた, のある, もある, らしい顔つき, らしくこの, らしく小首, を聞い

▼ また他国~ (9, 0.0%)

1 では見られない, では通常, に旅, に見ざる, の物資, の相対的状態, の詩人, へ出かけ, へ追放

▼ また停車場~ (9, 0.0%)

1 からほか, にて涙, にて食品, に戻っ, に着いた, の床, へ出, を離れる, を飛び出そう

▼ また催促~ (9, 0.0%)

1 した, するやう, するよう, する方, に來, に参りました, に来, の電報, をし

▼ また僕たち~ (9, 0.0%)

1 がこれから, が上と下, のひそか, の乗っ, の新しい, の背後, は, は上海, を巻き込む

▼ また優しい~ (9, 0.0%)

1 お見舞い, もので, ものを, 声し, 心を, 腕に, 花の, 言葉を, 顏にな

▼ また元通り~ (9, 0.0%)

1 にお, に少年, に納まる, のあなた, の人間, の危険, 使って, 掘り初めた, 美しい朦朧

▼ また全部~ (9, 0.0%)

2 の人たち 1 ではなくし, の字, の身体, の身體, 死んで, 賣るの, 集って

▼ また冷たい~ (9, 0.0%)

1 のと, ものが, 土の, 夜風が, 手拭を, 水に, 汗を, 物別れを, 石の

▼ また出し~ (9, 0.0%)

2 て見 1 たり御簾, てくれる, て来, て置く, て見た, ともない, に行

▼ また出掛け~ (9, 0.0%)

1 さう, てい, てうう, てっ, て来た, て行, て行きたくなった, て行きました, て行きます

▼ また労働~ (9, 0.0%)

2 に対する需要, の労賃 1 して, なるもの, の価格, の種類, を絶滅

▼ また勢い~ (9, 0.0%)

1 ある者, がいい, こめて, それを, の免, よく一切, をたのん, を盛返し, 多夫

▼ また半年~ (9, 0.0%)

2 ばかりになった 1 ちかい時間, ばかりし, ばかりを過した, ほどする, もあと, も一年, も経つ

▼ また~ (9, 0.0%)

1 なども巣, をやぶっ, をやる, を伏せる, を孵化, を強く, を生じ, を生み放し, を生め

▼ また叔母~ (9, 0.0%)

3 の家 1 が三浦義澄, と悶着, などの葬られた, の手足, の背中, の言草

▼ また古く~ (9, 0.0%)

1 からのお, からの知人, から我邦, なって, なる, はこの, は桔梗, は近傍, 前方後圓の

▼ また否定~ (9, 0.0%)

2 しようとも 1 しようという, すべきでない, するわけ, する方法, できない, できません, の陰

▼ また吹雪~ (9, 0.0%)

2 の中 1 がし, がやみ, が来る, だしたので, と共に吹かれ, になっ, の夜

▼ また吾人~ (9, 0.0%)

1 が個々, が喋々, のこの, の前, の平素識ら, の真情, は一篇, は万葉, をし

▼ また和歌~ (9, 0.0%)

1 とか倭歌, と俳句, にか, に随伴, のあたえる, の方, は俳句, を作っ, を作らない

▼ また哲学~ (9, 0.0%)

1 あつて, である, について伴い, に帰った, の煙, はドイツ, は単なる, は対象的認識, を有する

▼ また商人~ (9, 0.0%)

1 であり大津時代, に譲っ, のよう, の値段, の内儀, の子, の野菜, はかく, は倉庫

▼ また善い~ (9, 0.0%)

2 ことかも 1 ことだ, ことも, と云, のを, 人を, 人間とも, 補助者が

▼ また四辺~ (9, 0.0%)

21 が明るく, に人気, に注意, の山, はしん, は寂静, を広く

▼ また困難~ (9, 0.0%)

1 であつ, なこと, なるもの, な一つ, な場合, な自白, な鉄梯子, に紛乱, に遭遇

▼ また国内~ (9, 0.0%)

2 の支配権 1 でも商人, で栽培, の事情, の各, の大, の維持団体, の貨物

▼ また変わっ~ (9, 0.0%)

3 ていた 1 ています, ている, てきた, てしまった, て出, て来たろう

▼ また多分~ (9, 0.0%)

1 かなりまで, に政治的意味, に血気一途, の衒ひと先入, ひとりの, エジプト僧侶の, 四階に, 木星以外の, 竜の

▼ また大地~ (9, 0.0%)

1 からはべつ, との間, の執拗, は一応, は大きな, へ両手, を担う, を見まわせ, 又僞

▼ また大急ぎ~ (9, 0.0%)

2 に馬 1 でゾシーモフ, でプラツトホオムヘ, で引きかえした, で引返し, で神棚, で継足し, に平

▼ また大抵~ (9, 0.0%)

1 の事, の人, の年, の時, は摩利, は葉縁, は行き止り, は風, 風呂に

▼ また大胆~ (9, 0.0%)

1 で度胸, という, ならずや, な閨房, な陰謀家, に, にゆき子, に自由, をてらう

▼ また奈良~ (9, 0.0%)

1 でなければ, で敗れ, の伝統, の家郷, の新, の猿沢池, の薬師寺, の解脱上人たち, へ来た

▼ また~ (9, 0.0%)

1 からも勝手, つ鏡, にまた, に押しひしがれた, に斬新, の室, へ引つこん, を覗い, 深く取り逃がす

▼ また如何に~ (9, 0.0%)

1 その数, 大きな舞台, 彼が, 彼は, 心細いもの, 怜悧な, 熱心らしく, 老練な, 自然科学に

▼ また妖怪~ (9, 0.0%)

2 を信ぜざる 1 あるかと, かと彼, にあらざる, になった, の一種, の原因, を除く

▼ また嬉しく~ (9, 0.0%)

2 もあった 1 きいて, そのてれ, なって, なりました, もおぼえぬ, も悲しく, 思って

▼ また実は~ (9, 0.0%)

1 そういう余裕, われわれの, クリストフは, 必ずしも確か, 支那から, 楽み, 現代短歌の, 知的けちんぼ, 鎌倉行きは

▼ また実行~ (9, 0.0%)

1 がなく, されること, したわけ, した例, し難い, であるに, であるの, と性情, もした

▼ また~ (9, 0.0%)

2 さに, さの 1 がらし, がりでありました, さうに見えた, さは, さを

▼ また寒く~ (9, 0.0%)

1 なったこれ, なって, なる, なると, なるの, は分っ, もある, 思ふこと, 成つたのに

▼ また~ (9, 0.0%)

1 に牡丹, に走らん, を射ん, 右衛門しゃべり出した, 右衛門広太郎の, 右衛門歌いだした, 平は, 頼や, 頼将

▼ また将軍家~ (9, 0.0%)

2 に於い 1 からそんな, がご, の孤独, の御, の耳目, はずいぶん, は鷹狩

▼ また已む~ (9, 0.0%)

5 を得ない 1 に已まれ, を得ない破目だつた, を得ぬ, を得まい

▼ また帽子~ (9, 0.0%)

2 をぬい 1 と靴下, に卷いた, をかぶっ, を取り, を失, を忘れた, を脱い

▼ また当惑~ (9, 0.0%)

3 した 2 して 1 させた, の種, の躰, をおしかくし

▼ また後悔~ (9, 0.0%)

2 をした 1 した, して, しながら, の復習, の苦しみ, はし, もし

▼ また後戻り~ (9, 0.0%)

4 をし 1 して, だわ, をしなけれ, をする, 致します

▼ また後者~ (9, 0.0%)

1 が前者, が客觀的, と, に關係, のごとく, の法則, は多分, を聯想, を肯定

▼ また後醍醐~ (9, 0.0%)

2 のきみ 1 との禅縁, に付い, のお, の寵姫, の御, はすでに, も

▼ また従兄弟~ (9, 0.0%)

1 なの, なる人達, にあたる土岐小次郎, にあたる小次郎, にあたる小次郎様, に小次郎, の光春, の蔵人頼春, の関係

▼ また復活~ (9, 0.0%)

4 して 1 させて, されたと, したり, す, する

▼ また忙しい~ (9, 0.0%)

1 ことに, ぜ, のでしょう, んだろう, 中で, 仕事が, 前表, 思いつきが, 生活が

▼ また思い切っ~ (9, 0.0%)

1 て, てその, てつかつか, てやった, て大胆, て小さな, て簡単, て静か, て黒い

▼ また思い返し~ (9, 0.0%)

1 て, ていずれ, てなん, ては本陣問屋庄屋, てみる, て一足一足少年, て今度, て位置, て入谷田圃

▼ また恍惚~ (9, 0.0%)

1 たる喜び, たる面もち, とした, として思い, として美しい, となっ, となった, と咲い, と閉

▼ また悲惨~ (9, 0.0%)

1 である, であるが, でね, では, といわね, な犠牲者, な結果, な者ら, の首府

▼ また愚痴~ (9, 0.0%)

1 かい, がある, がはじまった, が出, だと, になります, に顔, を洩らした, を言ってる

▼ また慌て~ (9, 0.0%)

1 て, て優雅, て圧, て声, て帰った, て牛車, て私, て薪, て話

▼ また或は~ (9, 0.0%)

1 この二法, しかす, 一読三歎案を, 五十の, 各地の, 意志は, 文学演劇といふ, 米穀は, 考案の

▼ また戻る~ (9, 0.0%)

1 からいっ, が今度, が甲子太郎, の, のだ, のを, ような, 気は, 決心を

▼ また手拭~ (9, 0.0%)

2 ひを 1 に頬, をかぶっ, をしぼる, をねじっ, を出し, を頂戴, を風車

▼ また打ち~ (9, 0.0%)

1 てかれ, にかかった, また打ちした, 伏し, 倒る, 壊わ, 寄する, 被する, 負け妾殺される

▼ また持つ~ (9, 0.0%)

2 て居る, 必要も 1 ことの, てくる, てもゐない, て来れ, て行く

▼ また~ (9, 0.0%)

1 えなく, てそれ, て公, て告げずし, て寫さぬ, て弱り, て教え, て無視, て馬来語

▼ また文明~ (9, 0.0%)

1 になる, のおかげ, の大動脈, の汚, の発祥地, の進歩, は一面, は精神, は都会生活

▼ また斯く~ (9, 0.0%)

4 の如くなりき 1 いひぬ, の如く, の如く交渉, 手を, 言はんも

▼ また新しき~ (9, 0.0%)

1 勇気を, 夢に, 女に, 寨門や, 忍耐を, 活用上の, 涙を, 男も, 誡なり

▼ また新規~ (9, 0.0%)

1 な方, にはじめる, に一喝, に前, に捜し, の支出, の文明, まき直しだ, 蒔きなおしとは

▼ また新鮮~ (9, 0.0%)

1 であろう, で明朗, なる豕, な生, な生気, な真理, な緑, な風景, を尊ぶ

▼ また方法~ (9, 0.0%)

2 であること 1 がある, が付きましょう, が立つであろう, はいくら, はどんな, もある, もあろう

▼ また明くる日~ (9, 0.0%)

1 からずうずうしく, この庭, になっ, の夜, の晩方, の朝, もどし, も同じ, も少年

▼ また晩年~ (9, 0.0%)

1 になっ, には明らか, には画家レーピン, には草書, にも, の彩り, の道楽, は草花類, を風紀

▼ また晴れ~ (9, 0.0%)

1 がまし, がましくも, たりする, たり海, て暑, て暖かい, て活弁, て紫陽花, もよう

▼ また~ (9, 0.0%)

1 てそれ, てなかっ, て一度行, て住みたる, て性交, て或, て福助, をおいたて, をひ

▼ また月光~ (9, 0.0%)

2 に驚かされた 1 がみなぎっ, が三つ, と火山塊, にそむい, の中, の恵み, の街

▼ また~ (9, 0.0%)

1 の彫刻, の邸, は佐分利五郎次, は同, 人から, 伯爵が, 夜などは, 碩学が, 祠を

▼ また案内~ (9, 0.0%)

3 して 1 に行きます, をさせる, をつ, をつれない, を乞う, を請え

▼ また~ (9, 0.0%)

1 をお, をみ, を得, を捉え, を窺っ, を織る, を見る, を計っ, を逸し

▼ また欄干~ (9, 0.0%)

2 に肱, を叩い 1 に落とす, の上, の側, の続いた, へ出た

▼ また次々~ (9, 0.0%)

1 と, と問題, にある, に支那, に運ばれ, の年頭, の経験, の過去, へと渡っ

▼ また正成~ (9, 0.0%)

1 が奏したろう, の七百騎, の妻, の心事, の手, の死, の言, へは同日, へゆるし

▼ また比較的~ (9, 0.0%)

1 ちひさい目, よいと, 内部の, 大きな子供三四人づつ兩方, 容易い作品, 小僧より, 急な, 整っても, 重要でない

▼ また民族~ (9, 0.0%)

1 としての匂い, と民族, の一つ, の伝統, の発展, の血, は, や人種, より保護発達

▼ また~ (9, 0.0%)

1 のある, のほう, の上, の傍, の向う側, の火, の灰, ぶちを, へ茶

▼ また烈しい~ (9, 0.0%)

1 くしゃみを, 力で, 動搖焦燥の, 太陽の, 婦人の, 感情で, 精神的な, 良心の, 風が

▼ また物語~ (9, 0.0%)

1 でも読ん, と追憶, にある, のテンポ, の中, の主人公, の本, を書き継ぐ, を書く

▼ また甚だしい~ (9, 0.0%)

1 といわなけれ, と感ずる, と言わね, のです, のに, もの, 不安であった, 哉, 沈黙家で

▼ また甲州~ (9, 0.0%)

1 で何, にて聞いた, にまたがった, のごとく, の武田信玄, へでもおい, へ来る, へ行っ, へ連れ

▼ また~ (9, 0.0%)

1 が出るだろう, である, のため滅多, の行きとどいた, も治らん, をしまし, を必ずしも, を生ぜし, を避けた

▼ また登り~ (9, 0.0%)

2 になっ 1 つかんと, て三角点, て二ノ池小屋着, て別山, となつ, 一小, 縦走し

▼ また~ (9, 0.0%)

2 に近い淡 1 ういの, さぎが, すべき子, と紅, の母鳥, の耳, の薄い

▼ また盲目~ (9, 0.0%)

1 であるかの, です, でもない, になっ, になり, のため, の僻み, の覚一, の身

▼ また直義~ (9, 0.0%)

1 からいわせれ, からの書状, には意外, の先手上杉憲顕, の奉行人斎藤利康, の枕元, の陣所, の面, はたんなる

▼ また石段~ (9, 0.0%)

21 から直ぐ, が一個処, の根がた, へかかっ, を上っ, を降り, 依然として石段

▼ また~ (9, 0.0%)

1 あり, なんぞいわせる, は人間, をした, を云っ, を云った, を以て祭る, を施した, を言った

▼ また~ (9, 0.0%)

1 に入れた, に対しても非常, のこと, のため, の宿直, の日々, の為, の社長, を休む

▼ また祖父~ (9, 0.0%)

1 から追い出された, があまり, が集めた, に向かっ, のこと, のごとく, の石舟斎, をつれ, を見おろし

▼ また科学者~ (9, 0.0%)

1 がこの, で芸術, としても最も, には直感, の一つ, の全然, の成しうる, の祖先, は国家

▼ また稽古~ (9, 0.0%)

2 をし 1 がある, には身, に来さし, の人, の辛い, の間, を休む

▼ また空気~ (9, 0.0%)

2 の中 1 がなけれ, が欠乏, の本質, もいい, や光線, をうっ, を入れた

▼ また立ち上っ~ (9, 0.0%)

1 て, てすたすた, てその, て一同, て暗く, て書斎, て洋服, て洋灯, て父

▼ また等しく~ (9, 0.0%)

1 この農業, なるわけ, 一個の, 争う可, 慇懃に, 明暗の, 発達あり, 祖先以来継承し, 色めきたったの

▼ また約束~ (9, 0.0%)

1 された, した, して, にしたがっ, のしるし, の有無, より三合割, をやぶる, を違えず

▼ また素人~ (9, 0.0%)

1 が拾った, で同じ, で通ぶっ, になる, にも理解, にゃ面白く, の仕事, の家庭, は一貫目

▼ また素晴らしい~ (9, 0.0%)

1 ものであった, 二頭立の, 創作が, 手利きとして, 木口で, 殺人事件が, 産地であります, 高速を, 黎明が

▼ また~ (9, 0.0%)

2 に見ゆる 1 です, にまた, のやう, の包み, の煙草, の紐, の螺旋

▼ また結果~ (9, 0.0%)

1 がどうも, が出た, であると, において最も, のこう, の不快, の方, の豊富, もやがて

▼ また絶対~ (9, 0.0%)

2 である 1 だった, といっ, に, に名, に機械, に背後, のもの

▼ また縁側~ (9, 0.0%)

1 から納戸, に出, に立っ, の蒲団, の障子, へ出, へ出た, へ廻っ, をふい

▼ また義務~ (9, 0.0%)

2 のよう 1 であった, である, でもあった, でもある, の感情, の考え, を尽した

▼ また聞こえ~ (9, 0.0%)

4 て来た 2 てきた 1 てきました, てくる, 糸を

▼ また肉体~ (9, 0.0%)

1 が自由, だけを見る, と精神, に常に, の交, の揉み合い, の雄勁, は永遠, を侵す

▼ また~ (9, 0.0%)

3 の高い 1 にあたった, のひくい, の低い, をむけかえ, を向けた, を焼く

▼ また背後~ (9, 0.0%)

1 にあっ, にスッスッ, の兵士, の恐ろしい, の武器製造会社, の殿堂, の硝子戸, の金庫, を向い

▼ また自慢~ (9, 0.0%)

1 さうに, するの, である, でもあったらしい, なん, にしてる, にもならない, の巨犬, らしく何

▼ また自殺~ (9, 0.0%)

1 すべき原因, するならば, するやう, などの決行, なんか出来, にし, によって彼, も首, をし

▼ また~ (9, 0.0%)

2 の先 1 の動き放題, ほどずるく, も存外, をだし, をぺろり, を捲い, を燒

▼ また~ (9, 0.0%)

3 を出し, を出した 1 が吹かう, の出, をふく

▼ また若き~ (9, 0.0%)

2 発明家に 1 に化せられ, より屡, 人たちの, 壮なる, 妻に, 日は, 武者ばらに

▼ また苦しい~ (9, 0.0%)

1 ことであった, ことや, だけにそれ, ときでも, のだ, のでいっそ, 労役にも, 息の, 金策を

▼ また草鞋~ (9, 0.0%)

3 ばき 2 を穿いた 1 は前, をつけた, を履いた, を穿かなけれ

▼ また落着~ (9, 0.0%)

2 いて 1 いたよう, いた嗄れ声, いた静か, かなくなった, かぬ, くところ, く時

▼ また著しく~ (9, 0.0%)

1 その数, 世人の, 人目を, 働くという, 変わった, 拙劣な, 改善されるであろう, 美観を, 誇張せられ

▼ また~ (9, 0.0%)

1 が喰ひつ, が虎, が鳴い, の悲鳴, は啼きかけた, や亀, や他, をとびこませた, を呼びかけました

▼ また~ (9, 0.0%)

2 のよう 1 が, がおる, が来た, のいう, の如く, はやって来た, を見まもっ

▼ また行き~ (9, 0.0%)

1 がた知れず, さうにする, そうに, つまる石, づまっていながら気楽そうに, づまりなんにも, てわが, 惱んで, 通りの

▼ また行李~ (9, 0.0%)

2 の中 1 と鞄, へと走っ, を持つ, を絡げ, を解い, を麻縄, を麻繩

▼ また見事~ (9, 0.0%)

2 なもの, な手箱 1 な出来栄え, な展観, な裝釘, に可愛い, に狂いまし

▼ また親戚~ (9, 0.0%)

1 がどう, であった前記, にも女の子, に限らず, の者たち, の高校生, もみな, も至って, や近所

▼ また評判~ (9, 0.0%)

1 がいい, が自動他動いろいろ, でございまして, となった, と實際, になる, の働き者, は格別, を高く

▼ また話す~ (9, 0.0%)

3 としよう 1 が, ことに, ことには, のは, 必要が, 折が

▼ また読み返し~ (9, 0.0%)

2 重大な 1 ていた, ています, てみた, てみる, て疑う, て見た, 手に

▼ また貧しい~ (9, 0.0%)

1 ための, ものは, わが家の, 人々に, 人たちには, 人たち彼女を, 家庭では, 煙の, 雑器の

▼ また賑やか~ (9, 0.0%)

1 なこと, な一区画, な日, な街, な都, になりました, に田, に笑, に遊びたく

▼ また走っ~ (9, 0.0%)

1 ていた, ていった, てもどっ, てやがて, て帰りました, て座敷, て行け, て行った, て門

▼ また身分~ (9, 0.0%)

1 ありげ, ある武士たち, があれ, が足らなかった, のひくい, のわるい, の重圧, の高い, は知らない

▼ また追いかけ~ (9, 0.0%)

2 てきた 1 て打ち据える, て斬りつけた, て来, て来るだろう, にいい, に奥, 飽くまでねばり強く

▼ また遅く~ (9, 0.0%)

1 かえって, かえってきた, なった, なつて, なりますから, なるからと, まで話し込んだ, 帰って, 起きた

▼ また部落~ (9, 0.0%)

1 が協力, では若い, に長陣, の古文書, の子供, の座談會, の若者達, を成し, 第一

▼ また都合~ (9, 0.0%)

1 がつい, が悪く, というもの, によっては市中, によれ, のいい, の好い, をつけ, 悪いもの

▼ また酒場~ (9, 0.0%)

1 ではいろいろ, にもどらなけれ, に採用, の女, の方, へいっ, へとられました, へもどる, へ行かう

▼ また附近~ (9, 0.0%)

1 のヤチ, の別荘, の山, の平地, の木立, の松林, の民家, の海岸線, の漁師

▼ また隠れ~ (9, 0.0%)

2 てしまった, てゐた 1 ている, てしまいました, てしまう, て行く, 去る始末

▼ また離れ~ (9, 0.0%)

2 てくる 1 て暮す, て開い, やうと, 口が, 或る, 整然たる陣形, 難い関係

▼ また~ (9, 0.0%)

1 かしい, かしさうな, を行う, 工事で, 工事は, 有いお, 球, 苦を, 道で

▼ また霊魂~ (9, 0.0%)

2 にもあらずし, の不滅 1 なしと, に関しましては多く, のなんたる, の救われる, の本性

▼ また青く~ (9, 0.0%)

1 なった, なったり, なって, なりました, なり出した, 光って, 幾億互に, 草に, 透明る

▼ また~ (9, 0.0%)

2 になった 1 な夕暮, に, にこの, にその, に参木, に坐っ, に眼

▼ また~ (9, 0.0%)

3 の天気輪 1 からおり, と脚, に達する, の天氣輪, の方, まではいあがる

▼ また~ (9, 0.0%)

1 あらじと, なき合唱歓呼, なく立派, なく美しいもの, のまれ, ひあるべ, もない, を同じ, を絶

▼ また驚き~ (9, 0.0%)

1 て, でかり立てられた, でもあった, ながら私, のさめやらぬ, もせず, 婆, 怖れた, 申し候

▼ また~ (9, 0.0%)

1 がさ, っ面, にきく, のある, のよう, を, をごしごし, を引っ張った, を捻っ

▼ また~ (9, 0.0%)

3 して 1 ってしまった, つて, りあ, りこんで, り込んで, り込んでしまつた

▼ またあんた~ (8, 0.0%)

1 がいなくなったら, が出, が引き揚げ, そんなこと, に送つ, の方, の癖, も曲がる

▼ またいく~ (8, 0.0%)

2 たびか 1 しほか染川, たびと, たび窮地に, どもひろい, ども屋根, んだ

▼ またいくぶん~ (8, 0.0%)

1 お感じ, かは物理的原因, か世界, か実際, これに, たのもしく打ち眺め, 時間的である, 異った

▼ またうっとり~ (8, 0.0%)

2 とした 1 した, とさせられる, となだらか, と快く, と思いつづけ, と閉じ

▼ またうるさく~ (8, 0.0%)

2 追いかけまわされること 1 つきまとって, つけて, 勧めるので, 寄せて, 来ては, 言って

▼ またおいら~ (8, 0.0%)

1 がこんな, が親方, に対しては相当, に黙っ, のおはこ, の手, は馬, も何かと

▼ またおかしな~ (8, 0.0%)

1 ことに, ことには, ことを, ものかな, ものである, 事が, 言葉を, 面を

▼ またお出で~ (8, 0.0%)

2 下さい 1 というの, なすったね, なはれ, になりました, よ, よね

▼ またお株~ (8, 0.0%)

3 を始めやがった 1 が始まった, が始まつた, をはじめ, を始めた, を言う

▼ またお茶~ (8, 0.0%)

1 だな, の世界, の道具, はいつ, を一ぱい, を入れ替え, を飲み, 参った

▼ またお話~ (8, 0.0%)

1 があります, しませう私, すること, にならない, を, を承っ, を承りましょう, を途中

▼ またかならず~ (8, 0.0%)

1 お目にかかれましょう, 仲間の, 勝って, 叛骨を, 毎日清潔に, 用意の, 豊田の, 食へて

▼ またきのう~ (8, 0.0%)

3 のよう 1 とは下, と同じ, の天気予報, の熊みたい, 迄のあんな

▼ またくるくる~ (8, 0.0%)

4 と包ん 2 と地球儀 1 と廻っ, と這いまわっ

▼ またぐるり~ (8, 0.0%)

2 と向き直っ 1 と丸い, と取り巻い, と廻った, と引返し, と見廻した, と部屋

▼ また~ (8, 0.0%)

1 え, くて, ば手, ふが, ふもけ, ふもまた, ものが, もので

▼ またさも~ (8, 0.0%)

1 たのしそう, ゆかい, 可笑しそう, 嬉しそう, 感服した, 所在なげ, 楽しそう, 術な

▼ またしくしく~ (8, 0.0%)

1 と, といたむ, とすすり上げる, と悲し, 暗がりの, 泣きだした, 泣きました, 泣き出さないよう

▼ またぜひ~ (8, 0.0%)

1 なくお, なくやがてぞろぞろ, はない, ぶとう会, もない, 媒酌しよう, 聘んで, 遊びに

▼ またそちら~ (8, 0.0%)

1 だった, におめでた, の方, へおいで, へ向きかえ, へ注意, へ返す, よりの御

▼ またたと~ (8, 0.0%)

1 へ, へ伊庭, へ如何, へ小額, へ必要, へ忍び得る, へ百姓, へ解つて

▼ また~ (8, 0.0%)

31 が千鶴子さん, よ, よどうも, んだ, ーんと

▼ まただしぬけ~ (8, 0.0%)

21 にここ, に向う, に大きな, に天, に笑い出した, のし

▼ またちっと~ (8, 0.0%)

1 でも, でも強情, ばかり芸当, やそっと, ややこしくなった, 塩梅が, 忙しくなりやがった, 見せたい気

▼ またちょっとした~ (8, 0.0%)

1 ことから, ことで, ご好意, 事でも, 子供に, 用を, 菜園も, 話の

▼ またちよ~ (8, 0.0%)

2 つとした 1 つかいを, つと一種, つと可, つと礼, つと見, つと親戚

▼ またちら~ (8, 0.0%)

1 とつれ, とルージン, と仏壇, と小田島, と少女, と忰, と見せ, ぼひぬヘリオトロオブ

▼ またとんだ~ (8, 0.0%)

1 いかものが, お粗相, つむじを, 事を, 御災難, 手柄に, 殺生を, 者に

▼ またどうやら~ (8, 0.0%)

1 かうやら, がんりきの, その日一日, 太陽の, 意趣ある, 芽を, 話の, 退屈払いが

▼ またのそのそ~ (8, 0.0%)

1 とかんなくず, と室内, と歩い, と這い出し, 動き出した, 台所へ, 御者台へ, 東照宮の

▼ またはるか~ (8, 0.0%)

1 に, にはか, に富峰, に早春, に明白, に港外, に聞え出した, に遠く

▼ またふだん~ (8, 0.0%)

2 いつも不安 1 とはちがった, のとおり, の慢心, の煩悩, の行い, よりも小綺麗

▼ またむしろ~ (8, 0.0%)

1 その総, そんなわけ, やこしかけ, 今日の, 共同の, 考えるため, 軽蔑を, 農業に対する

▼ またもはや~ (8, 0.0%)

2 拒むべからざるもはや 1 一たび一人の, 一人で, 前代の, 団体にとって, 忘れられん, 阿片や

▼ またよけい~ (8, 0.0%)

2 なこと 1 なまね, な御, に愉快, に相手, 一座の, 常軌を

▼ またりっぱ~ (8, 0.0%)

1 であった, な人物, な何とか, な建物, な本, な眼, な者, に約束

▼ またわるく~ (8, 0.0%)

1 ない, ないの, ないもの, ないよう, ない風景, なって, なる暑, はなかっ

▼ またエジプト~ (8, 0.0%)

1 が盛り返し, で見られなかった, などを舞台, の大, の女王ナズリ陛下, の学風, の遺物, の首都

▼ またコツコツ~ (8, 0.0%)

1 とたたく, とドル, とドーア, と啄木鳥, と役所, と木, と歩き出した, と甘

▼ またシナ~ (8, 0.0%)

1 で数百年, のみに限らぬ, の俗説, の内乱, の国, の海南島, は饑饉, 及び半島

▼ またスーッ~ (8, 0.0%)

1 とはなれ, と下, と地底, と帰っ, と空, と遠ざかっ, と遠のい, と音

▼ またトンネル~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 があり, に入るでせう, の窓, は北線, を通つた, を通り抜けた

▼ またナポレオン~ (8, 0.0%)

2 の腹 1 のよう, の再挙一百日, もウィルヘルム, もガンベッタ, も英国, を奪い去った

▼ またピアノ~ (8, 0.0%)

1 で即興, について幾時間, に手, の伴奏, の前, の練習, の鍵, をひき始めた

▼ また一台~ (8, 0.0%)

2 の馬車 1 つごう四台, つづいて, の飛行機, また一台, やつて, 入れたよ

▼ また一場~ (8, 0.0%)

1 ある, の夢, の戦慄, の気分, の笑話, の訓示, の話, の風評

▼ また一夜~ (8, 0.0%)

1 に百金, に髪, のねむり, は星ヶ浦, や二夜, を明, を明かさなけれ, 御はなし申候

▼ また一族~ (8, 0.0%)

2 の誰彼 1 では甥, の中, の惟澄, の老幼, の輩, や武士

▼ また一発~ (8, 0.0%)

1 どすんとぶつかった, のけむり, のたま, もう一発, 大きくドーン, 撃つと, 聞えた, 聞こえて

▼ また三浦~ (8, 0.0%)

4 はいった 1 がその, が沈んだ, にお, は立

▼ また三階~ (8, 0.0%)

1 の右側, の正面, への階梯, へ御, へ行きました, へ行くらしい, を下りた, を下る

▼ また上がっ~ (8, 0.0%)

2 てくる, て来た 1 ていきかけた, てもよろしゅう, て来, て来る

▼ また上方~ (8, 0.0%)

1 では京都, に向, に於い, のほう, の水平部, へ出かける, へ行く, へ連れ

▼ また上野~ (8, 0.0%)

2 の山下 1 の不, の広小路, の音楽学校, へというよう, まで引つ返した, まで連れ

▼ また下宿~ (8, 0.0%)

2 に逃げ 1 に居る, に帰っ, に戻つ, の主人, へ移らう, をしたら

▼ また不断~ (8, 0.0%)

1 からそれ, から用意, でも琉球, と違, に大, に彼, に破壊, に移らね

▼ また不気味~ (8, 0.0%)

2 でもあった 1 なもの, な鞭毛蟲, な鯰, にも感じ, に感じられ, に聞こえ

▼ また中心~ (8, 0.0%)

1 が空間的, となった, なん, にある, にいる, に向かっ, に戻しましょう, のところ

▼ また~ (8, 0.0%)

1 いろの, がありあまっ, の必要, をのませ, をふくませた, をもらった, を吸われた, を求めます

▼ また五月~ (8, 0.0%)

1 が来た, になった, にはかきつばた, には杜若, には祇園神社, のはじめ, の青嵐, はただ

▼ また人口~ (8, 0.0%)

1 がこれ, が大いに, が減少, が過大, にとり, に膾炙, の上, の増加

▼ また人殺し~ (8, 0.0%)

2 の科 1 か, が, だ, に出かけた, の罪, をする

▼ また今宵~ (8, 0.0%)

1 お借りせね, はこれ, はほか, は冷えまする, は別, は柏原, を限り, 流しに

▼ また以後~ (8, 0.0%)

1 のかれ, の江戸初期, の英米, の蜀, の道, はよけい, 大した功, 生れて

▼ また伯父~ (8, 0.0%)

1 に対する最後, の友人, の心, の心理状態, の怒, の苦情, を憶, 御叔母

▼ また便所~ (8, 0.0%)

1 からのぞいた, に入った, に行く, の中, の永い, へ入っ, へ往, へ行き

▼ また~ (8, 0.0%)

1 でかえる, で夜, になんか乗っ, にのっ, に乗っ, に乗った, を下りた, を急がし

▼ また俯向~ (8, 0.0%)

8 いて

▼ また俳諧~ (8, 0.0%)

1 からこれ, によって点取り生活, のさび, の無心所着的, の要訣, の連歌, は滑稽諧謔, をもし

▼ また個々~ (8, 0.0%)

1 ではなくし, にべつ, に敵団, の場合, の性格, の精神, の要求, の読者

▼ また個人的~ (8, 0.0%)

2 なるもの 1 でも, な体験, な先入感, な喜び, な感情, 非公共的性質

▼ また~ (8, 0.0%)

2 にある 1 で聞い, にあっ, にひかえ, の梅, へ寄っ, へ来

▼ また僅か~ (8, 0.0%)

2 な間 1 な人々, に三人, に三間, の事, 一時間で, 數行或は

▼ また僕自身~ (8, 0.0%)

1 でも青年たち, にとっては感謝, のからだ, の生活, の衰弱, の頭, の顔色, も小さい

▼ また先日~ (8, 0.0%)

2 の颱風 1 のお話, のモリス・バレス, の流鏑馬, はすりばち, は宮ちゃん, は津田君

▼ また先輩~ (8, 0.0%)

1 で女, としては木下尚江氏, と肩, の上泉伊勢守殿, の家, の見識, は後進, へも質し申さぬ

▼ また先頃~ (8, 0.0%)

1 からの鬱憤, からも度々, の大戦, の桶狭間, の都下版, は, までは小幡勘兵衛, 両軍

▼ また光秀~ (8, 0.0%)

1 が苦吟, とまずい, の場合, の子, の心, の臣四天王但馬守, よりもう, を誅戮

▼ また~ (8, 0.0%)

2 の眉 1 に就, に角一年半, のよう, の解剖, は二人, を卜

▼ また兵隊~ (8, 0.0%)

1 か, が来た, が車夫, として走り, のよう, のラツパ, の屯, や兵隊

▼ また其様~ (8, 0.0%)

1 なこと, な事, な勇気, な大, な大袈裟, な御, な物, な真似

▼ また~ (8, 0.0%)

1 が揚っ, の大きな, の糸, の言, をつつきました, を上げ, を眺めました, を見

▼ また出発~ (8, 0.0%)

2 した 1 して, し直して, するの, する前, という答え, の準備

▼ また別れた~ (8, 0.0%)

2 とかいうこと 1 とありまし, とかいう話, のが, のです, 城太郎にも, 時にも

▼ また前後~ (8, 0.0%)

1 して, ともにどこ, にも広がっ, に並ん, に心当り, の脈絡, の関係, を視ました

▼ また前方~ (8, 0.0%)

1 から光りもの, から刺した, から誰, にからめり, には一点, の道, へ眼, を凝視

▼ また古代~ (8, 0.0%)

1 からよく, にあり, には吉, には禁厭, の奴隷, の婚姻, の文化民族, の牧場

▼ また可笑しく~ (8, 0.0%)

1 てたまらない, て可笑しく, なった, なって, なつた, もない, 一層チャンチャン坊主, 明朗ひといろ

▼ また史料~ (8, 0.0%)

1 たる文献, である, としての意味, として採用, に潜む, の多く, は一つ一つ, は歴史敍述

▼ また各人~ (8, 0.0%)

1 が全, においては強く, の必要, の我, の持つ, の脳中, はすでに, は結婚

▼ また同氏~ (8, 0.0%)

1 のため, の大型トランク, の宅, の設計, の説明, は, はその, は私

▼ また~ (8, 0.0%)

1 いつつ, がちがっ, が利く, が実に, の美, も苦, をみ, を解する

▼ また呼ぶ~ (8, 0.0%)

1 かも知れねえ, から, からな, から今日, ことが, とこんど, と木魂返し, に鈴虫

▼ また~ (8, 0.0%)

1 との交通, において存, の文化, の服装, の様式, の玄宗時代, の貞元中大理評事韓生, の車

▼ また~ (8, 0.0%)

1 にも強く, にも強し, の極致, をなす, をも支えた, を行, を行っ, を超越

▼ また四つ~ (8, 0.0%)

1 ずつ一組, に引き裂いた, に折り, に畳みました, に裂く, の大文字, ほどの七夕, 打つ

▼ また因縁~ (8, 0.0%)

1 が無けれ, で甚だ, とでも申します, なくん, の奇妙, もな, を思う, 浅しという

▼ また~ (8, 0.0%)

3 の上 1 にしゃがん, には一本, に上る, の幅, を通りかかった

▼ また場所~ (8, 0.0%)

2 を変え 1 と施設, によってはちぎれ, の関係, も京都, をかえ, を変えれ

▼ また大根~ (8, 0.0%)

1 が古く, などは近頃, も流れ, を並べ, を供える, を切った, を截っ, を薄く

▼ また大衆~ (8, 0.0%)

1 が作り, にも受けない, にも喜ばれる, の口, の生活, はこの, も向上性, を仏子

▼ また大袈裟~ (8, 0.0%)

2 な玄関, に考へ込む 1 である, なお辞儀, な呼吸音, に悪魔

▼ また天上~ (8, 0.0%)

1 から降り, したくなって, と地獄, に昇っ, に空, の星, の楽園, の玉帝さま

▼ また天地~ (8, 0.0%)

2 の間 1 に恥かしく, のくずれ落ちる, の前兆, の大, の如し, の運行

▼ また奥さん~ (8, 0.0%)

1 からは不憫, と差し向い, に, に相, の貞淑さ, を振り返っ, を相手, を顧みた

▼ また~ (8, 0.0%)

1 ぐなるさ, 以交以孝以とも, 名称なれ, 子なし, 成績で, 箇の, 詩料である, 運の

▼ また始めた~ (8, 0.0%)

1 と思い, な, なと思っ, な玄竹, ね, のか, んじゃ, 夫人を

▼ また始める~ (8, 0.0%)

1 か, かも解りません, つもりなり, と何だか, と載す, のか, のであつ, んだ

▼ また婆さん~ (8, 0.0%)

2 が引 1 がつまらねい, が出, とも思っ, の趣味, の酌, はあんな

▼ また~ (8, 0.0%)

1 が君, せず, せずとい, と舅, にいってい, にも行けない, を窘める, を貰う

▼ また~ (8, 0.0%)

1 が上, なん, な夢, な奴, な彼, な顔色, はれに, ひである

▼ また子ども~ (8, 0.0%)

1 ができる, が一人前, でも叱りつける, の新しい, の父, はつまり, はもう, をかくされやしねえ

▼ また孔子~ (8, 0.0%)

1 が, が云った, が尊重, が少時賤, が楚, のあたり, の愛弟子, は率直

▼ また官兵衛~ (8, 0.0%)

1 という, には加増, に関してはこう, のよう, の指揮, は, は反対, も手

▼ また寂しく~ (8, 0.0%)

1 なった家, なって, なつて了つた, もある, 夜食を, 思えた, 故郷の, 橘の

▼ また少ない~ (8, 0.0%)

2 のである 1 だろう, であろう, と思う, もので, ようである, 数では

▼ また少なく~ (8, 0.0%)

3 ない 2 はない 1 ないよう, なった, なって

▼ また工夫~ (8, 0.0%)

1 があります, しなければ, もある, もあるだろう, もつきましょう, もつくであろう, や發明, をすれ

▼ また左手~ (8, 0.0%)

1 で, の人さし指, の坂, の小指, の扉, の方, の真上, を執

▼ また巴里~ (8, 0.0%)

2 は絵画 1 でもありません, なの, ならでは, において最も, の下宿, の国立劇場

▼ また市場~ (8, 0.0%)

1 から買っ, で殺される, においては競争, において自由競争, における仕事, に出, の一般的地位, へ出

▼ また~ (8, 0.0%)

1 のごとく, の心, の浮世, よりは鮮, よりもいっそう, 日頃出入りする, 樂院は, 猫に

▼ また~ (8, 0.0%)

1 がひらきます, が上り, に向っ, のうしろ, の方, へ潜った, をしぼっ, 打った高い

▼ また平地~ (8, 0.0%)

1 あり, では見られない, と等しく, に着きました, の天然産生物分布, の湖, へ出た, を二丁

▼ また弟子~ (8, 0.0%)

1 が出来, である, に命じ, の中, の礼, をも丹精, を検分, を置く

▼ また強烈~ (8, 0.0%)

1 だった, であった, でもあった, な動機, な心境, な意欲, な熱情, な陽

▼ また弾丸~ (8, 0.0%)

1 がとん, が空, が銃口, と一緒, のよう, の如く, の時間, を籠め

▼ また役所~ (8, 0.0%)

1 から帰っ, がわたし, などで上官, にあっ, のほう, はどう, は自分, へ来

▼ また彼女ら~ (8, 0.0%)

1 が礼拝堂, に呼びかけてる, の世界, の周囲, の姿, の静平, はいかにも, をみんな

▼ また後々~ (8, 0.0%)

1 のこと, のため, の思案, の生存条件, の都合, の附け加え, までの語り草, も意趣

▼ また心臓~ (8, 0.0%)

2 が弱っ 1 が破裂, と同じ, に向っ, の病, へ耳, をわずらっ

▼ また心配そう~ (8, 0.0%)

1 である, な眼付, な顔つき, に, にどんな, に三階, に圓朝, に足下

▼ また忙しく~ (8, 0.0%)

2 なったよう 1 なった, なって, ならなければ, なりそう, 家へ, 逸作から

▼ また思い直し~ (8, 0.0%)

1 ああもうどう, てしばらく, て悄然, て手先, て来るだろう, て次, て秋子, て長椅子

▼ また思はず~ (8, 0.0%)

2 笑ひ 1 ウツ, 同じこと, 廊下へ, 微笑も, 胸先に, 自分の

▼ また思案~ (8, 0.0%)

2 して 1 し始めた, となげ, に余った, をした, を凝しぬ, を変えた

▼ また怪しい~ (8, 0.0%)

1 人間の, 奴が, 小女では, 業通によって, 死体の, 者でない, 者と, 魔法使ひ

▼ また恐れ~ (8, 0.0%)

2 ている 1 さする, たり著しい, て喚きたて, て急い, もいたしませぬ, もせぬ

▼ また悪戯~ (8, 0.0%)

1 か, な林, な鼬, をし, をする, をはじめ, を初めた, を楽しみ

▼ また悲鳴~ (8, 0.0%)

2 をあげ 1 があがりました, のよう, をあげた, をあげよう, を聞いた, 全く同じ

▼ また愛情~ (8, 0.0%)

1 というもの, に餓ゑてゐることも事実, の最, の破綻, の表現, は肉体, をこめ, を表示

▼ また感じ~ (8, 0.0%)

1 が歯科医, つつある, ていた, ている, て急所, またはま, もしない, も出

▼ また我国~ (8, 0.0%)

1 でも多く, でも少し, の一切, の学生, の昔, の狂言風, の産, の著者

▼ また戦い~ (8, 0.0%)

1 あらゆる善戦, が始まる, して, に備え, の結果, の陣営, もする, 業火と

▼ また戯曲~ (8, 0.0%)

1 が書い, なる文学形式, にも小説, の初め, の創作, の定型, を書きかけ, を書くだ

▼ また戸口~ (8, 0.0%)

1 からそうっと, から二人, から出ました, から消え去っ, と窓, に書い, のほう, へ現われた

▼ また手数~ (8, 0.0%)

2 のかかる, をかける 1 がかかる, をくう, を省く, を食

▼ また批評~ (8, 0.0%)

1 だけは書い, の有る, の職能, もされず, も本来, をしよう, をみじん, を加える

▼ また振り返っ~ (8, 0.0%)

2 ている 1 てみましたら, て女, て自分等, て蘆, て見た, て頭

▼ また提灯~ (8, 0.0%)

1 がたくさん, が見えなくなった, に入れ, に出会った, に重い, の光, の火, を点け

▼ また政治家~ (8, 0.0%)

1 たり, たるべからざるもの, であること, であると, として彼, と資本家, の立場, はその

▼ また政治的~ (8, 0.0%)

1 なうごきが, な意図, な老衰, には柳営, には督軍張作相, にも, に中央, に平等

▼ また故人~ (8, 0.0%)

1 が戦陣, の初盆, の所持, の文庫, はこう, へ空前絶後, も遺骸, 降矢木算哲博士

▼ また~ (8, 0.0%)

1 ある男, かず, がふえ, が積, にし, に準じ, を互に, 少くて

▼ また~ (8, 0.0%)

1 して, なしと, なしに, なしにな, の行間, はその, 之助君, 永元年八月十四日日蓮

▼ また日々~ (8, 0.0%)

1 この権利, に新しく, に自分, の不断, の天気予報, の散歩, の空疎, の細かい

▼ また日常~ (8, 0.0%)

1 においても簡単, の万事, の強気, の瑣細, の生活, の経験, の自分, も家中

▼ また明瞭~ (8, 0.0%)

2 になった 1 である, なる思惟, にその, になる, に判っ, に見られ

▼ また是非~ (8, 0.0%)

2 もない 1 お近付き, がなかっ, さう方向づけて, ともそう, 来たがって, 聞きたげなるが

▼ また暑い~ (8, 0.0%)

2 日が 1 ようでも, 午後には, 夏の, 日盛りごろ旅人が, 日盛りには, 東京へ

▼ また暗黒~ (8, 0.0%)

2 のうち, の部屋 1 によって自ら太陽, のなか, の世界, の中

▼ また更め~ (8, 0.0%)

1 て, てカマ, て云つて, て人, て徐々に, て思ふ, て論じる, て頭

▼ また書いた~ (8, 0.0%)

2 私では 1 かもしれない, ことも, ものが, ものは, ものを, 人も

▼ また書類~ (8, 0.0%)

1 に取りかかり, に没頭, に見入っ, の方, をしらべ, を多く, を彼, を手

▼ また~ (8, 0.0%)

1 が空気, で道, にすがっ, に身, のつき, をさし, を取り直します, を突き出した

▼ また~ (8, 0.0%)

2 のついた 1 が麗わし, であるとも, なきもの, になく, にもなく, に長き

▼ また~ (8, 0.0%)

1 なり桃, の中, の古株, の木の下, の根方, の繁殖, を写生, を吹く

▼ また~ (8, 0.0%)

1 の実, の渋汁, の花, もぎに, をとった, を出した, を引手, を食った

▼ また~ (8, 0.0%)

6 の上 1 のところ, を探しまわっ

▼ また楽器~ (8, 0.0%)

2 を奏で続けます 1 でありまた, の名前, の名称, の妙音, も多少, を壊しおった

▼ また模倣~ (8, 0.0%)

2 し得るの, としていかに 1 であること, であるに, の根絶, は普遍的

▼ また止め~ (8, 0.0%)

1 たりした, てくれなかった, てくれる, てしまった, てはならぬ, てよい, て了, て蚊帳

▼ また~ (8, 0.0%)

1 反対, 反対の, 四位下権中将に, 四郎を, 孝はんを, 根も, 法眼蔵と, 當の

▼ また此處~ (8, 0.0%)

1 でお, でも始められた, に, においで, に據, まで追, より後, を出

▼ また武蔵野~ (8, 0.0%)

1 にめぐっ, に散在, の初夏, の原, の味, の空, の野路, 第一

▼ また歩き出した~ (8, 0.0%)

1 がすぐ, がその, がそれから, がなにぶん, がはたと, が足音, シニャックと, 怖そう

▼ また歴史的~ (8, 0.0%)

1 であるの, な事実, にしか実在, にもそう, に東洋人, に發展的, に認識, に限定

▼ また死体~ (8, 0.0%)

1 があった, がころがっ, に匕首, の位置, の問題, の替え玉, の硬, を棺

▼ また殊に~ (8, 0.0%)

1 ペンでかく, ローマ人これを, 大なり, 晩年千葉城址から, 沙浜に, 現時の, 膃肭獣の, 食時これを

▼ また殺し~ (8, 0.0%)

1 があつ, だ, ている, て焼き捨て, でもなく, に来, もしませんでした, 方が

▼ また毎晩~ (8, 0.0%)

3 のよう 1 その子, でも山屋敷, なかなか人数, の, の藪原通い

▼ また永い~ (8, 0.0%)

1 つきあいな, 事か, 時代の, 歳月かかっ, 間の, 間世の中の, 間多くの, 間経っ

▼ また河原~ (8, 0.0%)

1 で湯, に落首, へ下り, へ出た, へ降り, を下流, を伝っ, を辿っ

▼ また満足~ (8, 0.0%)

1 しても, するより, でもあった, でもある, のあまり眼, もある, らしくそれ, を感染

▼ また~ (8, 0.0%)

2 がある 1 でその, にでも案内, に打たれる, のよう, の水沫, へ直接

▼ また火星~ (8, 0.0%)

2 と木星 1 からの異形, のこと, の上, の人類, へにげ, へ移住

▼ また無論~ (8, 0.0%)

1 もとから, 別種の, 口腹の, 多能で, 大形の, 実社会と, 製紙用に, 非難される

▼ また無邪気~ (8, 0.0%)

1 なる物, な一徹さ, な子供, な視線, な話, になられた, に笑った, に聞いた

▼ また無駄~ (8, 0.0%)

3 なこと 1 が入ります, では, な努力, を挾む, を言つて

▼ また独り言~ (8, 0.0%)

3 のよう 1 が癖, ちながら, ないし寝言, を云った, を呟い

▼ また理論~ (8, 0.0%)

1 が人性, が必然的, だけで実力, と実験, の上, の伴わぬ, の立て, を徹底

▼ また甚だしく~ (8, 0.0%)

1 不快な, 不調和な, 奇怪の, 敏感に, 日本的だ, 臆病な, 色ッぽい, 警察船の

▼ また生徒~ (8, 0.0%)

1 が予告, と教師, の害, の心, の方, の気受け, の訓導, を集め

▼ また疑う~ (8, 0.0%)

1 にも及ばない, のあまり, ような, ように, を須, 余地が, 余地の, 心が

▼ また病室~ (8, 0.0%)

1 から出, に行った, の中, へお, へ帰った, へ駈けこんだ, を出, を退い

▼ また真剣~ (8, 0.0%)

1 であるため, にしなけれ, に大変, に子女, に学ばなけれ, に恋文, に憂え, を上段

▼ また~ (8, 0.0%)

3 の上 1 にまぎれる, の崩れる, をい, を盛つた無蓋車, を蹈

▼ また~ (8, 0.0%)

1 が始まり, に熱し, のこと, や将棋, をかみ, を二三番戰, を打っ, を打とう

▼ また社会的~ (8, 0.0%)

1 なもの, な性質, な悲劇, な酬いは, にひろく, に発達, に葬る, の意味

▼ また神様~ (8, 0.0%)

1 が何, にし, に窺う, のこと, の前, の力, はあなた, を憎む

▼ また私共~ (8, 0.0%)

1 がみみず, が別, が流行唄, が露西亜劇壇, の方, の為, はイグチ, へお

▼ また突如~ (8, 0.0%)

6 とし 2 に天井裏

▼ また立ち~ (8, 0.0%)

1 かえって政治, かへる, そうに, ながらポケット, もどり, 停るよう, 出でた, 分かれて

▼ また~ (8, 0.0%)

2 をなすり 1 にまた, によく, の華魁草, の褄, の霞, の鳥

▼ また経済的~ (8, 0.0%)

1 な広い, にこたえる, には年ごと, にも決して, に尾板, に活用, に確実, に追求

▼ また~ (8, 0.0%)

1 なれ, のむれ, の帰る, の性, の群れ, の肉, の頸, 飼いが

▼ また美しくも~ (8, 0.0%)

1 あつた, あり善い, した, する, 忘れ難い, 臈たき, 見えた, 認められて

▼ また美人~ (8, 0.0%)

2 であったので 1 が多い, が生れない, であった, ですがね, で優さ形, をその

▼ また~ (8, 0.0%)

1 が厚く, でも喰, と皮, の一ばん, の一片, も, や酒, 充ち脂

▼ また自分ら~ (8, 0.0%)

1 が貴重, の上, の過誤, の音楽, はどう, よりも一段, よりも遥, を侮辱

▼ また自宅~ (8, 0.0%)

1 では食った, で餅, にて一人くしゃみ, に女中, の前, の官舎, の神棚, の者

▼ また興奮~ (8, 0.0%)

4 して 1 しいらいら, したと, した顔, しますよ

▼ また舌打ち~ (8, 0.0%)

3 した, をし 1 をした, をもらしたろう

▼ また舞踏~ (8, 0.0%)

71 があった

▼ また良い~ (8, 0.0%)

1 お医者, ことに, ものが, ユリをも, 品を, 売物に, 批評を, 智恵が

▼ また苦し~ (8, 0.0%)

3 そうに 2 げに 1 う御座います, げな, さの

▼ また苦労~ (8, 0.0%)

1 するだろう水, で少納言, のタネ, の一, の種, をさせる, をしました, をなめ

▼ また英国~ (8, 0.0%)

1 では一昨年, でクニューデン, においては四六磅, に於, の主義, の反抗, の対日策, の食事公給条例

▼ また茶の間~ (8, 0.0%)

1 に坐り込んだ, に寄っ, に帰った, の入口, へはい, へ出掛け, へ戻った, へ顔

▼ また草履~ (8, 0.0%)

2 ばき, を呉れた 1 の裏, の音, も買わなく, を片足

▼ また草木~ (8, 0.0%)

1 に施す, の中, の写生図, の真, は肥料, ばかりになる, もなびくべき, をかわいがる

▼ また荒れ~ (8, 0.0%)

3 もよう 1 ています, ている, てきた, にし, 蕪れ

▼ また著者~ (8, 0.0%)

2 としても豪華版 1 が今, のため, の希望, の気持, は一匹, をも絶望的

▼ また~ (8, 0.0%)

1 からふたたび, にとって一不幸, にも忠, の一兵, の使い, の内部, の孔明, の祭酒

▼ また裏口~ (8, 0.0%)

1 からふたり一緒, から出, から立っ, から覗き, から質屋, から飛び出した, の方, へ忍び込ん

▼ また見覚え~ (8, 0.0%)

5 のある 2 がある 1 のない

▼ また視線~ (8, 0.0%)

1 がそちら, が合いました, が自然, が集まった, をそらした, をもどした, を写真, を凱旋門

▼ また親分~ (8, 0.0%)

2 の平次, の手 1 に朝ッぱら, に養っ, の計略, へと丸万

▼ また親方~ (8, 0.0%)

2 の腹の中 1 に何, のあと, のお, の姿, の葬式, も店内

▼ また許し~ (8, 0.0%)

1 がたい無礼, てもらおう, てゐる, を乞おう, を受けね, 今も, 給うだろう, 難い存在

▼ また誤っ~ (8, 0.0%)

1 てされた, てもいた, てもならない, て仮名, て大家, て柱, て穏, て解釈

▼ また読ん~ (8, 0.0%)

3 でいる 1 でくれん, でみた, でも先生, で忘れ, で理解

▼ また貧乏~ (8, 0.0%)

1 が人間, が来る, くさい村民, な議員, に堪える, のおかげ, の連続, 物語りですか

▼ また~ (8, 0.0%)

4 つて 2 はうと 1 ひ戻したん, へばいい

▼ また~ (8, 0.0%)

2 いて, が良い 1 においてまた, に置け, の研き, を落とす

▼ また起った~ (8, 0.0%)

2 にした, のでわたし 1 がとっさ, ことである, ので私, 歌の

▼ また路傍~ (8, 0.0%)

1 から声, から腰, にわく, の大樹, の犬, の石, の石地蔵, の飢民

▼ また軽い~ (8, 0.0%)

1 ということ, 下剤を, 息抜きの, 気持ちで, 突きで, 竹製の, 調子で, 足取りで

▼ また農民~ (8, 0.0%)

1 になる, の勤労, の同情者, の捨て, の片, の食品, も山家, をし

▼ また~ (8, 0.0%)

1 では爆竹, になっ, のこと, の姿, の柳樹, へ現われた, を曲がり, を東

▼ また~ (8, 0.0%)

1 かい, に来, へし, へに来た, へに来ました, へに行, へに行つて, る事前後三人

▼ また迷信~ (8, 0.0%)

1 からは脱, が流行, の多い, の極不可思議, の種類, の霧, も深い, より起こっ

▼ また追っかけ~ (8, 0.0%)

2 て行く 1 てこれ, てまいります, て来, て来ました, て行こう, 汝を

▼ また進行~ (8, 0.0%)

2 する 1 しだした, しつつ, して, し今日, をはじめました, をはじめる

▼ また鉄砲~ (8, 0.0%)

2 の音 1 で打たれた, を手, を投げ出した, を担い, を持っ, を肩

▼ また鉛筆~ (8, 0.0%)

2 を削る 1 がうごき出し, の芯, を取り上げた, を嘗めた, を紙, を走らせた

▼ また~ (8, 0.0%)

2 つて来ただよう 1 つておいでにな, つては, つてゐた, つて来た, て来, 來りたれ

▼ また陸上~ (8, 0.0%)

1 では起らぬ, でも馬, にいた, にトロイア, の家, の直, まで辛うじて, を走る

▼ また~ (8, 0.0%)

3 をどり 1 のやう, のよう, の声, の鮒燒きが喰, を

▼ また~ (8, 0.0%)

1 であります, でよく, のよう, をふろう, をもち, をもっ, を取り上げ, を鳴らし出した

▼ また~ (8, 0.0%)

1 と平行, と目刺, の握り, は箸, もこぼした, も一つ, を待つ, を食い

▼ また~ (8, 0.0%)

1 となる, をくれる, をつけ, をつけはじめる, をつける, を捜し始める, を運ん, 取の

▼ また~ (8, 0.0%)

1 から望まれる, から離れ, に引返した, の待合室, の改札口, の木, の附近, まで引返し安宿

▼ また駈け~ (8, 0.0%)

1 てゆく, て一膳めし屋, て行く, て行った, まろぶ, 出しの, 落ちを, 足を

▼ また~ (8, 0.0%)

1 が折れる, だのあちこち, になった, の処, も折, を取り置き, を折らね, を無

▼ また~ (8, 0.0%)

1 が戻っ, のお, のぬけ出し, の問題, の奮躍, の宿っ, の救, を消し飛ばし

▼ また~ (8, 0.0%)

2 かな鳥影 1 かだ, かなもの, かな空想, かな絵, かな色, な郊外

▼ また~ (8, 0.0%)

1 が棲ん, が自ら, のそば, の噴水, の群, の背, の門雛亀, を折る

▼ また黙り込ん~ (8, 0.0%)

3 でしまった 1 だりし, でいた, ではそっと, で仰, で新しく

▼ またあたふた~ (7, 0.0%)

1 と何処, と帰っ, と町角, と紀州方面, と自転車, と駈け出し, 戻って

▼ またあっ~ (7, 0.0%)

1 ていい, てはならない, ては大変, てまだ, てもいけない, ても交際, というよう

▼ またあのお~ (7, 0.0%)

2 代官の 1 せい様が, 墓へ, 猿が, 蕎麦たべる, 銀様が

▼ またあはれ~ (7, 0.0%)

2 なり冬 1 である, なる, な話, にも思はれ, みいたはるの

▼ またあるべき~ (7, 0.0%)

2 はずも 1 はずである, もので, やこれ夫, 事か, 筈が

▼ またいかん~ (7, 0.0%)

2 ともなすべから 1 ともしがたし, ともしよう, ともすべ, ともするあたわざりき, ともなす

▼ またいと~ (7, 0.0%)

1 しづかに, ほしむ, 大いなれ, 深き恩惠, 痛し古き痍, 秀づる家系と, 覺束なき

▼ またうつらうつら~ (7, 0.0%)

1 した, とし, となる, とまどろん, と眠り, 仮睡が, 眠ったらこんど

▼ またおい~ (7, 0.0%)

1 てけの, であそばし, でなされ, でやす, で遊ばし, で遊ばした, で遊ばせ

▼ またおいおい~ (7, 0.0%)

1 と手放し, と村, の相談, 卑考もっ, 泣き出しちまって, 泣き出しました, 耕地の

▼ またおっ~ (7, 0.0%)

1 かちゃん, そろしくみっともない, てもしかた, 放さなけりゃなんなかっただ, 母さんの, 母の, 母アが

▼ またおとなしく~ (7, 0.0%)

1 こういっ, つて惚れつ, なった, なったの, なって, 寝て, 首を

▼ またおのれ~ (7, 0.0%)

1 が悪党, の上, の全部, の如くなんじ, の心, の最善, の行くべき

▼ またおま~ (7, 0.0%)

2 んは 1 はんの, はんは, への貴い, んだ, んに

▼ またおもしろく~ (7, 0.0%)

2 ないこと 1 これなら, 仕たいこと, 微妙で, 思われた, 無くても

▼ またからす~ (7, 0.0%)

4 あが 1 がこんなに, が横, は

▼ またきまって~ (7, 0.0%)

1 ゼラール中尉から, ゼラール中尉と, ワッショッワッショッとは, 下らない監視, 聞く言葉, 遊びに, 鎌倉じゅうの

▼ またくり~ (7, 0.0%)

2 返すの 1 かへし, の実, 返さないため, 返しました, 返すこと

▼ またこそこそ~ (7, 0.0%)

1 とこの, とてんで, と家, と引っ込んだ, と舞い戻っ, と茶店, 隅っこへ

▼ またこつ~ (7, 0.0%)

2 そりと 1 がある, こつと, ちの家なんぞ, ちの心にも, ちの方に

▼ またこないだ~ (7, 0.0%)

3 のよう 1 からふ, で多少, のとおり耳, の続き

▼ またこの同じ~ (7, 0.0%)

1 一般原理に従って, 商品の, 場所で, 大工の, 對照を, 径を, 悩みを

▼ またさびしい~ (7, 0.0%)

1 ためからだけでも, ということ, ところへ, 室の, 屋敷町の, 林の, 風の

▼ またさほど~ (7, 0.0%)

1 大した御, 女ひでり, 悲観する, 煩雑な, 珍らしがらなく, 自由でなかったら, 驚かれること

▼ またさる~ (7, 0.0%)

1 ことあり, のよう, ほどに空襲下, ものを, 伝手から, 聖が, 芸妓と

▼ またしよう~ (7, 0.0%)

1 じゃない, としてもできない, とする, とは思わない, とも思い, と思っ, と思つて

▼ またしん~ (7, 0.0%)

3 とした 1 せつな人, せつにおしえ, せつにし, として夏

▼ またじき~ (7, 0.0%)

2 に戻っ 1 にあえる, にだれ, に上, に来なさい, 生えるの

▼ またじっさい~ (7, 0.0%)

2 妙な 1 そうかも, そのふしぎ, に自慢, サケは, 菊屋に

▼ またずんずん~ (7, 0.0%)

1 上って, 小さくなっ, 歩いて, 行く, 行って, 進んで, 降りだして

▼ またそいつ~ (7, 0.0%)

1 か癖, がここ, が破れたら, のまわり, をご存じ, を使いこなす, を纒め

▼ またそつ~ (7, 0.0%)

1 ちへ, とし, とカーテン, と半分, と奥様, と引退, と目

▼ またそれでは~ (7, 0.0%)

2 皆あなたの 1 お客も, 今から, 使いに, 文學本, 身體も

▼ またそれに~ (7, 0.0%)

2 ことさらに 1 うち解け, よつて, よつて惠まれ, 滿足し, 相同じき現象

▼ またそれ相応~ (7, 0.0%)

1 に芸術, の代物, の危険, の天職, の才学, の理由, の饗宴

▼ またそれ自身~ (7, 0.0%)

2 の仕方 1 において最, の先蹤, の内, の意味, の部門

▼ またそろり~ (7, 0.0%)

4 そろりと進ん 2 そろりと進みました 1 そろりと三人

▼ またたいした~ (7, 0.0%)

1 ものだ, ものを, もんだ, リアリストね, 力の, 手柄を, 欲望も

▼ またたえず~ (7, 0.0%)

1 ふるえ出す顎, 働いてる好奇心, 勝手な, 歩きまわって, 歩めるありき, 母のから, 眼を

▼ またたく~ (7, 0.0%)

2 うちに 1 では, は, はた, は淺草, 内に

▼ またただちに~ (7, 0.0%)

1 かの林, その人, それを, 円理弧背術と, 彼と, 檻車の, 水の

▼ またたまらなく~ (7, 0.0%)

3 なって 1 厭な, 気の毒に, 気味を, 落付い

▼ またたれ~ (7, 0.0%)

1 かあすこ, かにたのん, かを疑っ, がみ, ともわからない, より意見, をあげ

▼ まただんな~ (7, 0.0%)

1 がなん, が葬具屋, のおはこ, のじゃま, の畑, の病気, を名

▼ またちと~ (7, 0.0%)

1 いっしょに, ともども末ながく, 一中節を, 御機嫌を, 急に, 気に, 話を

▼ またちらちら~ (7, 0.0%)

2 と粉雪, と雪 1 し始めた粉雪, と落ち, 白いもの

▼ またちらりと~ (7, 0.0%)

2 見た 1 それを, 動いた, 千恵の, 招く, 見た緋鹿子

▼ またでき~ (7, 0.0%)

2 もしない 1 そこなひ, てもする, もしないだろう, もしなかった, もしよう

▼ またどうせ~ (7, 0.0%)

1 いつまで, この乱暴者, むずかしいもの, よるん, デイヴは, 死んでるん, 落ちる城

▼ またどんどん~ (7, 0.0%)

1 いきました, いきますと, とドア, と後方, 砂けむりを, 追っかけて, 逃げて

▼ またなし~ (7, 0.0%)

2 己れなし 1 うべきを, とし, とせず, ともつかず, ともまた

▼ またなつかしい~ (7, 0.0%)

1 おとうさんおかあさんの, 冬の, 夢の, 心持も, 故郷と, 晩歌を, 自分の

▼ またひょっこり~ (7, 0.0%)

1 とその, と彼, ジイドが, 乱暴に, 現れるだろうが, 自分が, 農家を

▼ またふらり~ (7, 0.0%)

1 とやって来た, とやつ, と何処, と出掛け, と土穀祠, と自分, と遊び

▼ またふり~ (7, 0.0%)

3 返って 2 返った 1 の客, 顧って

▼ また~ (7, 0.0%)

1 い, いを, えつくばり, かつぎあげられたという, さしかかった途端, へへへへお, へんと

▼ またほど~ (7, 0.0%)

1 なく, なく気, よく唇, よく情, よく扱い, よく間, 経ての

▼ また~ (7, 0.0%)

31 そぽ, つと明るく, とり, とり私

▼ またまいります~ (7, 0.0%)

21 から, それまでは, と心, わ, わね

▼ またまじめ~ (7, 0.0%)

1 であるの, で健康, な問題, な顔, にする, になっ, になり

▼ またまっ白~ (7, 0.0%)

2 な蝋 1 な, なひじょうに, な歯, な頭, にぬり立て

▼ またまれ~ (7, 0.0%)

1 である, でないの, におお, にはある, には観劇, には雑誌, に縫線

▼ またみごと~ (7, 0.0%)

1 でした, な割合, な建築, な文字, な死, な老, な金くぎ流

▼ まためいめい~ (7, 0.0%)

1 に自分, のふところぐあいも, のミコシ, の仕事, の力, の家庭, の運動

▼ また~ (7, 0.0%)

1 に真面目, ふりかたし, まめの, ッて, 来むけふ, 金の, 鍬などの

▼ またやってき~ (7, 0.0%)

1 て, てきのう, てこう, てアンジョーラ, てトニイ, て仕事ぶり, て安全

▼ またゆるり~ (7, 0.0%)

1 お会いしたい, とお目にかかりましょう, とお目にかかります, とお話, とはなし, と悲しい, と聞かせ

▼ またイエス~ (7, 0.0%)

1 におる, のキリスト, の語録, はこう, は山, を生んだ, を高き

▼ またイヤ~ (7, 0.0%)

1 なおばさん, な事, になつて東京, になる, に分ったらしい, に気, に落

▼ またオリヴィエ~ (7, 0.0%)

1 が病気, にとき, にとってもかなり, に責任, のそれら, の楽し, を自分

▼ またキリスト~ (7, 0.0%)

1 が十字架上, だとも, と共に死ん, のなく, の夢, の息, を信じた

▼ またキリスト教~ (7, 0.0%)

1 にいう, に就い, のため, の教義, の文献, の真理, の趣意

▼ またコックリ~ (7, 0.0%)

2 に向かっ, の説明 1 の回転, は人, は鬼神

▼ またチベット~ (7, 0.0%)

1 からの輸出品, では妙, には肺病, のラサ府, の厚い, の高等僧官, へ入っ

▼ またニヤリ~ (7, 0.0%)

2 とした 1 で, とし, とする, とふしぎ, 笑った

▼ またバス~ (7, 0.0%)

1 ではいったん, で三時間, にゆられ, に乗っ, に乗らなけれ, に乘, を待っ

▼ またマッチ~ (7, 0.0%)

3 をすっ 1 の火, をすった, をすりました, を摩る

▼ また一しょ~ (7, 0.0%)

2 になる 1 にかえっ, になった, に怒る, に枯草, に走りつづけました

▼ また一入~ (7, 0.0%)

2 です 1 でわれわれ, なもの, になりぬ, の寒, 感激させた

▼ また一変~ (7, 0.0%)

3 して 1 した, しないでも, しました, するが

▼ また一般的~ (7, 0.0%)

1 な, な懷疑, な記述, にはその, により大きく, に云い, に女

▼ また一見~ (7, 0.0%)

1 したところ, して, プラグマティズムである, 古臭く迷信的, 知覚は, 自由らしい, 貴公子然

▼ また一隊~ (7, 0.0%)

1 とつづき, の泊兵, の軍馬, は座敷, は日頃古河, は逃げる, を率

▼ また一難~ (7, 0.0%)

2 とはこの 1 か, が, である, の御, もうとてものがれる

▼ また上ります~ (7, 0.0%)

1 から, からな, からね御, から御免, から結局, といけません, 失礼致しました

▼ また上手~ (7, 0.0%)

1 だ, で表具屋, ともいえない, な雲雀取り, になっ, には万年橋, を極める

▼ また上海~ (7, 0.0%)

1 での仕事, の傳道印刷會社ガンブル商會, の時, へ来る, へ行った, ほど事変, を出た

▼ また不明~ (7, 0.0%)

4 である 1 であった, な原因, を生ずる

▼ また不正~ (7, 0.0%)

2 な事 1 なこと, なる不幸, なる方法, の事, の欲望

▼ また両方~ (7, 0.0%)

1 から言った, から近づい, で大臣, とも本当, の窓, を見くらべ, 合わせれば

▼ また中間~ (7, 0.0%)

1 としてみられる, にもなにか, のあけ, のもの, の場合, の食物, へ入っ

▼ また事實~ (7, 0.0%)

1 あの時代, として社會的, はそれ自身社會的, は内在的, は如何なる, もこの, らしく思はれる點

▼ また五分~ (7, 0.0%)

1 あるいは十分, くらいする, たつと, でも早く, ほども歩いた, ほど廻った, また十分

▼ また今さら~ (7, 0.0%)

2 のよう 1 におもわれ, に新, に雲, 云うべきこと, 言うまでもない事実

▼ また~ (7, 0.0%)

1 と仏, と申もの, にも縁, に向, のよう, の御名, を仰い

▼ また代り~ (7, 0.0%)

2 の人 1 が出来る, にどんな, に五六七, の石, の鶯

▼ また~ (7, 0.0%)

6 向に 1 飲って

▼ また伝六~ (7, 0.0%)

1 が血, にし, にはこの, のおはこ, の性分, の本来, の目

▼ また~ (7, 0.0%)

3 れて 1 なって, につれた, もつれず雨着, れに

▼ また~ (7, 0.0%)

2 声で 1 価格の, 声に, 気圧が, 聲ながら, 過ぎたの

▼ また何かしら~ (7, 0.0%)

1 ある物質, しゃべらないでは, もう子供, 凝り固まったよう, 変った状態, 考えさせるもの, 血腥い異常

▼ また何もの~ (7, 0.0%)

1 かが為, かが生れ出よう, かに促される, か透明, が都合, の力, をも信用

▼ また何ゆえ~ (7, 0.0%)

1 でございますか, でございますかな, なるかは, にこの, にです, に彼, の生

▼ また信濃~ (7, 0.0%)

1 でお目にかかりましょう, では尊氏, のくに, の方, の松本, へ帰ろう, も一しょ

▼ また信用~ (7, 0.0%)

2 して, しない人間 1 ある文化的職業人, が確立, もし

▼ また~ (7, 0.0%)

3 向いた 1 ぶき睡る, 伏す, 向いたが, 向く

▼ また働い~ (7, 0.0%)

1 て, ていた, てくれ, てくれる, て体, て疲れた, て身

▼ また働く~ (7, 0.0%)

2 のが 1 か, ばかりだ, 意思の, 習慣も, 貴族と

▼ また優れた~ (7, 0.0%)

1 一人の, 俳優としての, 光学者でも, 外国劇の, 多くの, 歌を, 理論的な

▼ また兄貴~ (7, 0.0%)

2 の大工 1 が呶, に輪, の死骸, の言, はこれ

▼ また先頭~ (7, 0.0%)

1 に立った, に立つた, に追いつく, のからす, の一人, の一段, の腫物だらけ

▼ また光る~ (7, 0.0%)

2 あはれ, また消える 1 のが, のよ, 君と

▼ また内容~ (7, 0.0%)

1 からいう, からも征夷大将軍, が高級, ではない, になつ, の沁, も前二册

▼ また~ (7, 0.0%)

1 さを, じい性慾の, じい暴風雨と, じい風雨の, じかった, 艶な, 艶に

▼ また出入り~ (7, 0.0%)

1 した, する村人, の, のお, の人々, の八百屋, の商人

▼ また出立~ (7, 0.0%)

2 しなければ 1 して, するわけ, と公言, についての万端, まぎわ

▼ また分別~ (7, 0.0%)

1 すぎる, などでは議, のしよう, のつく, の仕様, もありませんでした, もあろう

▼ また利根川~ (7, 0.0%)

2 がある 1 に出, に流入, のほとり, の岸, の渡津

▼ また利用~ (7, 0.0%)

1 があっ, されて, すべく彼, すること, のある, の道, はある

▼ また前途~ (7, 0.0%)

1 に新た, のこと, の憂患, の新しい, の見透し, を大, を考

▼ また前進~ (7, 0.0%)

2 をつづけ 1 が始まった, したの, です, に移った, の足場

▼ また労働者~ (7, 0.0%)

1 がその, が二人, が倒れた, と話し, と資本家, のため, の収得

▼ また単純~ (7, 0.0%)

1 でありながら, なもの, なり雅歌, な性質, な独詠歌, に噛み, に恋愛

▼ また去る~ (7, 0.0%)

2 と知らね 1 ことも, ときも, にも惜しい, をよし, を欲

▼ また叡山~ (7, 0.0%)

1 と同心, に対しても恭しい, の焼打, の衆, の裾, やその他, を去っ

▼ また可笑し~ (7, 0.0%)

2 かつた, そうに 1 かりし, さを, 終に我輩問

▼ また右側~ (7, 0.0%)

1 に坐っ, に見える, の半分, の壁, の大, の妖僧, の礁

▼ また各自~ (7, 0.0%)

1 に守る, に床, の勝手, の国々, の好み, の見る, の身の上

▼ また吉原~ (7, 0.0%)

1 と同じく, など到る, に会, に往, の騒ぎ, へ通いはじめた, や深川

▼ また同情~ (7, 0.0%)

1 して, だの, に堪えない, の念, の欠乏, の眼, もしたであろう

▼ また向き直っ~ (7, 0.0%)

21 て一心に, て多少, て娘, て肥料, て西

▼ また呼び~ (7, 0.0%)

1 ながら声, にやったら参っ, によこした, に來, に往, に来た, 冬次郎は

▼ また呼ん~ (7, 0.0%)

2 でいる 1 でいた, で下さい, で手元, で見た, で貰った

▼ また~ (7, 0.0%)

2 の高い, も下手人 1 がよく, のい, よくおかみ

▼ また哄笑~ (7, 0.0%)

2 が爆発, した, して 1 を発し

▼ また~ (7, 0.0%)

1 さへ, しごきたるも, の野心家, 一つの, 僅かに, 分離の, 現代のみが

▼ また~ (7, 0.0%)

1 にこれら, に主, に意識的自己, に暴力革命, に田舍, に腦髓, に諸

▼ また噴水~ (7, 0.0%)

1 か, のうえ, のほとり, のよう, の処, を咲かせます, を始めた

▼ また因果~ (7, 0.0%)

1 が恐ろしゅう, と水の, と百科事典, なこと, の, の法則, の道理

▼ また困る~ (7, 0.0%)

1 からね, ことが, ぞ, なア, のである, ものだ, 事だろう

▼ また固く~ (7, 0.0%)

2 保持せね 1 て容易, 彼の, 結んだその, 誓った和議, 障子を

▼ また土手~ (7, 0.0%)

2 の上 1 からすぐ, におり, へ出, へ出た, をすべり下りた

▼ また土蔵~ (7, 0.0%)

1 か穴蔵, だろう, の中, の二階, の屋根, の明り窓, も残らず打ち破り

▼ また~ (7, 0.0%)

2 の町 1 に接し, の商人, は新, や博多, を守る

▼ また~ (7, 0.0%)

1 だ, について曲がった, のそ, の上, の下, の近く, を乗りこえ

▼ また増加~ (7, 0.0%)

1 しつつ, しないであろう, しないであろうとは, しなくなりそして, し古昔, し行く人口, するという

▼ また外国人~ (7, 0.0%)

1 が大いに, として一人, にとっては他, に取入る, に対して体面, は非常, よりも同じ

▼ また外部~ (7, 0.0%)

1 からの連絡, から来援, から見る, に対する言葉, に現れぬ, の情報, の船舶関係

▼ また多かっ~ (7, 0.0%)

41 たが, たの, た筈

▼ また夜具~ (7, 0.0%)

2 の中 1 のそば, の上, も敷かず, をかぶっ, を掻い退け

▼ また大将~ (7, 0.0%)

1 という人, なら乗って, のこの, の典侍腹, は, は言っ, もそんな

▼ また大笑い~ (7, 0.0%)

2 をした 1 した, なこと, になり, をしました, をする

▼ また天然~ (7, 0.0%)

2 と関三 1 に産, の, の形勢, の景色, 無代価

▼ また天狗~ (7, 0.0%)

1 が水戸, と称する, にその, については名高い, のいたずら者, の作, の爪

▼ また失礼~ (7, 0.0%)

2 と仰有っ 1 だが, だなど, ながらあまり, ながら藤孝, な所作

▼ また好奇心~ (7, 0.0%)

2 を抑制 1 にかられ, にも駆られ, も動い, を引き, を新た

▼ また好意~ (7, 0.0%)

1 あるもの, としか思えなかった, の所有者, の片鱗, らしく見せるつもり, をお, をもっ

▼ また如何にも~ (7, 0.0%)

1 厳格であった, 奇妙な, 弱々しさ, 感服した, 慾得ずくであるらしく思われる, 私を, 驚いたやう

▼ また始ま~ (7, 0.0%)

4 ッた 1 つたあたし悲しく, つたと, つたふざける

▼ また嬉し~ (7, 0.0%)

1 かつた, がって, げな, さう, そうだった, そうに, むと共に

▼ また嬉しい~ (7, 0.0%)

1 ともつかず, ものに, ものは, ような, んでしょう, 位の, 気持が

▼ また嬰児~ (7, 0.0%)

3 の泣き声 1 が泣き出した, だったお, の若く, 泣きたつ

▼ また実によく~ (7, 0.0%)

1 その指揮, つとめる, 働く, 書物を, 気がついて, 笑わせます, 風が

▼ また家畜~ (7, 0.0%)

2 を飼つて 1 などがそれ, のよう, の糞, の群れ, の豚

▼ また寂し~ (7, 0.0%)

2 かつた, さが 1 さを, そうに, 踊子の

▼ また密か~ (7, 0.0%)

1 な声, な苦労, には有力, に客, に疑つた, に空想, に軍需物資

▼ また富士山~ (7, 0.0%)

1 があっ, が火, などでは偃松, の, のまわり, へもどる, を尊崇

▼ また寺院~ (7, 0.0%)

1 などの庭樹, におられ, に泊り, の方, へ来, より分離, を建てず

▼ また専門~ (7, 0.0%)

1 に売っ, の俳優, の史家以上, の科学者, の英語, の諸, の金物会社

▼ また小児~ (7, 0.0%)

1 と大差, に教える, のごとく喜びた, のため, の形, の概して, の頭

▼ また小舟~ (7, 0.0%)

2 に乗っ 1 が出た, が来る, には紅, のかげ, を借り

▼ また屡々~ (7, 0.0%)

1 なんの, 傷つけら, 新たに, 歐洲諸, 自覺的, 運命的な, 隣りへ

▼ また山口~ (7, 0.0%)

1 では領主, に行った, の方, の聯隊, の部落, へ三時半着, へ恥づべき

▼ また~ (7, 0.0%)

1 からとび下りよう, に架, の中腹, の端, へ車, をなし, をよじ登る

▼ また工場~ (7, 0.0%)

1 かと思え, では工場, の煙突, の窓, の隅, は消え, 見たやう

▼ また巨大~ (7, 0.0%)

1 であったからかも, であった時分, なる眼, なカブトムシ, な中空, な建物, な通風筒

▼ また常陸~ (7, 0.0%)

2 の磯原 1 ではその, の下妻, の塚原土佐守卜伝, の多賀郡高岡村大字中戸川, へ潜りこん

▼ また幾年~ (7, 0.0%)

1 かたったの, かはいる, か経った, の後, も円満, も経過, も逢わない

▼ また当の~ (7, 0.0%)

1 七十郎も, 少年店員諸君に対しては, 春子さんに, 王朗は, 目的物たる, 秀吉も, 蛙に

▼ また彼女自身~ (7, 0.0%)

1 がそれほど, が見た, で希望, の体, の気分, の身の上, を省みる

▼ また徐ろ~ (7, 0.0%)

1 にわが, に吸, に夢想, に幻想, に立ち上り, に立ち直る, に舟

▼ また必然的~ (7, 0.0%)

1 なもの, に一般的戦争, に商工業, に強き心, に曹操, に部屋, に閑暇

▼ また~ (7, 0.0%)

2 いくすぐりの 1 ならずや, よい幸福, よげに, 濶な, 談も

▼ また快く~ (7, 0.0%)

1 これらの, それを, 思わぬであろう, 癒って, 笑いこしかたは夢, 聴取ろうという, 食へる

▼ また念仏~ (7, 0.0%)

1 がとなへられ, に譬え, のため, の支持者, の本質, を唱える, を始めた

▼ また怒っ~ (7, 0.0%)

1 たりする, ちょる, て人間, て四月, て巨, て幾通, て頭

▼ また怒った~ (7, 0.0%)

2 ように 1 か笑っ, な, の, ような, ゴルゴン

▼ また思出~ (7, 0.0%)

2 したやう, して 1 したよう, の多い, の後

▼ また急ぎ足~ (7, 0.0%)

1 で自分, で行っ, になっ, に去, に取って返した, に歩き出した, に歩き始めた

▼ また~ (7, 0.0%)

2 かしめられ汚され 1 かし, かしいと, かしい打, をかかす, をかく

▼ また恭しく~ (7, 0.0%)

1 一礼した, 坐り直して, 平治に, 延年益寿の, 御足下, 捧持し, 礼を

▼ また感動~ (7, 0.0%)

2 がこみあげ, した, して 1 すること

▼ また感謝~ (7, 0.0%)

1 してるよう, しました, し涙, すべき好, と恍惚, をもっ, を忘れ

▼ また~ (7, 0.0%)

1 からその, から碧玉, の中, へ入れ, へ入れた, へ納め, をいためなかった

▼ また我ら~ (7, 0.0%)

1 のここ, の信頼, の同感, の持つ, の最も, の間, は何

▼ また戰爭~ (7, 0.0%)

1 が始まらう, とまでゆかず, もうまく, をしなけれ, をやり, を二度と, を甘く

▼ また手酌~ (7, 0.0%)

3 で飲んだ 1 で一つ, で一杯, で一杯酌, で二つ

▼ また打つ~ (7, 0.0%)

1 ちやる, て変, て變つた癇癪持, といういくらか, とともにムッ, まねを, 時の

▼ また~ (7, 0.0%)

1 うるに, というもの, へて呉れた, へをえさ, をうけ, を聴こう, を説く

▼ また教え~ (7, 0.0%)

2 てくれた 1 てくれない, てくれる, て下さい, て進げよう, をうける

▼ また教師~ (7, 0.0%)

1 からは不当, がやってきた, が分け, たる人, に