青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「や~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

もらいたい~ ~もらう もらう~ ~もらっ もらっ~ ~もらった もらった~ ~もん もん~ ~や
や~
やい~ ~やう やう~ ~やがて やがて~ やく~ ~やさしい やさしい~ やさしく~ ~やすい

「や~」 7301, 76ppm, 1488位

▼ や~ (1101, 15.1%)

13 云ふ 11 いうに 10 いふ 9 問ふ 6 ひて, 思うて 5 いえば, 問う, 思はる, 思ふ, 思へば, 身を 4 いふに, はれて, 云へば, 問うに, 存候, 思われるばかり, 申され閉口致候, 考えて, 言ふ

3 [16件] いう, さへ, その夜, なると, 人の, 問えば, 問ひぬ, 問へば, 問わば, 存じて, 尋ぬる, 尋ぬれ, 思う, 思って, 手を, 言うて

2 [68件] いって, いはぬばかり, いろ, いわれる小料理屋, うけて, お思い, 事に, 云うに, 云うん, 云って, 云ひ, 全で, 北田は, 叫んで, 呟き呟きして, 呼ばれる小料理屋, 呼ばれ料理, 呼ぶ聲, 問いしに, 問うと, 問は, 問ひし, 問われしに, 喝采した, 喝采を, 四辺を, 声を, 妾は, 存じ候, 存候まま一応, 宣給へ, 寄りぬ, 尋ねしに, 尋ねて, 尋ねると, 小部屋, 引張った, 心に, 思いて, 思います, 思うと, 思うばかりに, 思った, 思ったり, 思ひたる事, 思ひて, 思ひながら, 思ひぬ, 思へど, 思われるよう, 惑ふ, 我ながら, 推量せられる, 早稲田の, 是れ, 疑はる, 疑ひぬ, 疑へるなり, 疑わるる事, 笑った, 考えながら, 考へて, 覚えたとき, 言うこと, 言って, 言はれた, 説かれ, 頭を

1 [796件 抜粋] あたしは, あなぐりもとむれどもつひ, あはれなり, あらぬ望み, あららかに, あり云々, あるね, あるの, ある時, あれに, いいながら, いいにくい, いうて, いそがしい待つ, いつまでも, いつも手, いとど心, いと迫め, いはんとお, いひき, いひつつ, いひながら, いふと, いふ者は, いへば, いろんな時代, いわずには, いわれたが, いわれる原因, うまいこと, えらび入れて, おさな子, おのが, おもち, おもわれぬ, お客が, お礼申し, お辞儀を, お雪, かく長々と, かつて秀真, かなしみき生き顔, かんがえるの, きつう心配, ことわりたりき, こない云, この誓約書, これを, これ程に, さかしくも, ささやけり, させるもよ, しきりに気, しきりに考えこん, した, すこし甘, すなわち猪, すれば, せめてその, その後ろ, その時, その祖父祖母, それから先月, それこそ, ただ婚礼, ちょっと低頭, つくづく思いまし, つまりいかにも, つみて, とにかくかよう, なかなかやう, なにも, はしゃいだ, はしゃぎさわい, はやし立てました, はやすもの, はれたり, ひいれた里子, ひそかに, ひたすら進む, ひっくりかえして, ひとり言, ひゅうて, ひ番頭, ふ, ふいに, ふべきも, ほかに, まあ光子さん, まさかの役, また歎, みな申し囃した, みんなそない, むづかしく考へず, もうお金, もう一ぺん, やさしい祖父, やって, やや倦んじた, よう強いられた, よくよく近寄り, よく気, よばはる聲, わしは, わたしは, わらわせる, カムパニアを, ガツカリする, サそこまでは, ドウモ女人国へ, ナアよ, ルーファスが, ワチカアノの, 一人が, 一人の, 一同色めい, 一座賛同而し, 一緒に, 三度叫んだら, 上人杖を, 世話も, 中村座の, 主人の, 九紋龍の, 亀の, 二人で, 二種の, 二階裏で, 云いかけしまま一喝, 云いすてるところ, 云い囃しあの, 云うこと, 云うよう, 云う商人, 云う質屋, 云つて大井広介に, 云は, 云はむ, 云はれる, 云はれ喜びし, 云ひつ, 云ひぬ, 云われては, 代る代るあ, 仰ぎ見れば, 件の, 伝うもの, 伺ひしに, 何か, 何を, 何気無く座敷, 何遍いふ, 來て, 例の, 信じこんで, 僕の, 儀十郎に, 先日の, 光子さんは, 六尺五寸の, 其の時, 再び内, 冷い, 冷く, 出されたけれども, 切に思へ, 切り抜いて, 別れてから, 力無く, 十万両献金したら, 千古不変万世不朽の, 危ぶみしばかり, 厭がらせ, 反問せなけれ, 取り沙汰する, 受け合, 口やかましく囀り, 古代の, 叫びし時, 叫び給, 君の, 君枝が, 呆れて, 告ぐる者ありし, 呟きたくなるもの, 呼ばわらんが, 呼びぬ, 呼んで, 品物の, 唸き伏, 問いかけたり, 問い反せしに, 問うは, 問う者, 問はる, 問はれ, 問ひもせず, 喜ばせた, 喝采される, 喝采しました, 喝采します, 喝采する, 嘲笑ひ, 四年を, 堂々と, 場内を, 壺振りが, 夏子という, 外国タバコの, 多少の, 多年思っ, 夜の, 大事さうに頭の, 大吉が, 大概は, 大評判, 契りおきぬ, 奮然書を, 始めて, 存じおりまする次第, 存じましたが, 存じむしろ, 存じ一書奉呈, 存候ま, 宣うなど, 宣給ひぬ, 家の, 家中の, 寒い, 寝床の, 尋ぬれど, 尋ねたり, 尋ねら, 尋ねられ四年間, 尋れ, 小さき胸, 少, 少時立留っ, 左を, 常に及ばぬ, 平さんが, 弥よ, 弥次る, 彌縫する, 当面り, 彼方を, 往来が, 待ちかまえても, 待つに, 待つばかり, 心から耳, 心づくやう, 心ならずも打, 心のみは, 心ひきしまり, 心を, 心許なく存じ, 心配される, 心配せらるるなり, 心配や, 怒る, 怖れ, 思いがけぬしんみり, 思いつつ, 思いながら, 思いますと, 思いますわ, 思い合せて, 思い定め当時自由党, 思い巡らした, 思うたら句読点かいな, 思うばかり, 思う如く姉, 思う菩提, 思えど, 思しが, 思た, 思はしむる, 思はれたほど, 思はれたり, 思はれるくら, 思はれる美しい, 思ひければ, 思ひたてば, 思ひながらも, 思ひました, 思ひめぐらすに, 思ひ家, 思ひ居るほどに, 思ひ立ち上海, 思ふとき門, 思ふとる, 思ふみづから, 思ふ事, 思ふ心止め, 思ふ畦, 思わしめた, 思わるるにぞ, 思われたの, 思われま, 思われるくらい, 思われるばかりに, 思われる所, 思われる美しい, 思切つて戻らう, 思惟し, 怨じ, 怪しまれる, 恋しがる, 恥ぢを, 悲しげに, 悲観し, 想ひ, 想像し, 想像せしむ, 想像を, 慨然と, 憂苦に, 憎まれるよって, 我は, 我案ぜし, 或とき予, 截ち落し, 戸を, 所々見分相捜候得共外に, 手に, 打見るに, 拍手した, 持て囃される天才児, 指して, 探して, 揺れど, 斬って, 断じて貫一, 旅費の, 日々心痛いたし居り, 時の, 暇なき, 曰いし, 書きつけ, 書けたらいい, 曾て, 月夜烏の, 来て, 東上準備なか, 枝頭そよがず, 案内し, 梅田の, 次の, 歌ふなり, 歎ずるに, 此處彼處彷徨へば, 殆ど気, 殿の, 毎日の, 毎日泣き叫んだ, 気にな, 気強くも, 気遣ひし, 水晶簾ぞ, 水杙の, 求めたもう, 没日の, 海人の, 涙と共に, 清子は, 烏山の, 無礼を, 父上打笑ひ, 片っぱしから, 独り合点これを, 珍しく父, 申しそうろう, 申し込みの, 申す語, 申事に, 疑いたり, 疑いつ, 疑いを, 疑い居り候ところ, 疑はれざるには, 疑ひを, 疑ひ居り候處近來生等, 疑ふもの, 疑われ紀伊国栖原浦, 疑団凝り, 痛感しない, 白眼視される, 皆んなが, 省られ, 睨んどる, 矢鱈に, 私は, 称する神, 種吉に, 立って, 立つて, 笑う, 笑う声, 笑つた, 笑ふ, 筋を, 答へ, 細く柔らか, 繁みを, 考えたの, 考えた挙句, 考えぬいた, 考えよう, 考えられるわけ, 考へまは, 考慮中である, 聞くと, 肥料から, 胸を, 自ら疑ひ, 自分で, 自分ばかりを, 自分自身に, 自身いふ, 興味を, 芸者は, 茲で, 茶をの, 蔭で, 褒めそやされ偶さ, 褒めそやすと, 褒め囃した, 見えて, 見も, 見る目, 見れど, 見捨て難し, 覚えて, 覚ゆ, 覚束なく, 親類縁者共の, 言いその, 言いたくなるの, 言うさかい, 言うや, 言えば, 言ったの, 言っても, 言はつしやる, 言はれ, 言ひたる, 言ふも, 言へば, 言わば需要, 言われた, 言われたら, 言われましたが, 言われりゃ世話, 訊かれた時, 許り, 詈り居る, 試みたれど, 詰りたるに, 話は, 誘う, 誠に然り, 調整し得られる, 論じこ, 諭すよう, 謂ったり, 謡拍子に, 警官は, 貫一は, 賞めて, 質問し, 起って, 路も, 近より, 近所合壁の, 迷ったが, 迷つてゐる, 迷ひ夢みる, 過去の, 遮つて存じ寄り, 選りわけたり, 酒席の, 門辺に, 難じ, 青楼へ, 靖国社の, 頭に, 頻りに吟味, 風の, 風の音にも, 首を, 馬を, 馳け, 騒いで, 騒がれて, 騒ぎ立てた, 驚かねば, 驚きしもの, 鳴らせて, 鹿子は

▼ や~ (840, 11.5%)

69 つた 47 つて 15 つたん 11 ッた 10 つたな 7 さう, ッて 6 つたよ 5 今は 4 いもの, お身, つたか, わしは, 嘘ぢや, 女子だけには 3 お身さま, それを, つたと, つたらう, つて正太ばかり, ンで, 勘違ひし, 大織, 立ちこめて

2 [27件] あんたは, いもばかり, かかって, これは, その時, それぞれ, つたから, つたが, つたな畜生ツ, つた袂の, つてその, つて太, で, どうした, わが天理王, わしの, 二軒一軒は, 女や, 如何に, 彼は, 殺されて, 無理も, 稗飯でも, 肝腎齋き, 自分の, 運の, 雨さえ

1 [558件 抜粋] ああし, あいつお, あだ, あちこちの, あって, あなたが, あの川縁, あの時, あるの, あるので, あれも, あれを, あんたの, あゝいふ, いかに情熱, いくつも, いちいち記憶, いっぱいに, いつも親, いもで, いもと, いもに, いも南瓜は, いやな, いや待て, いろいろの, う, うたんだつく, えらいの, おつ, おもいおり候, おらあ, おらは, おる, おれは, お前いやせんだ, お前お前の, お前さん知らん, お前どっと, お前に, お前の, お前様と, お前様は, お母さんに, かう見えても, かかったよう, かこんで, かなり下り, がま口を, くにへ, こちらの, こと, ことごとく夢中, この僧房, この村, こめやがて, これからは, これで, これには, これも, これや困つた, これを, こんがらかるの, ごつごつと, ご存じですやろ, さうも, さがる時, さて, さて欲しい, さなき, さやゑん, しかし和尚, しごと, したに, すべて夢幻的な, すべて我々の, すべて苔や, せっかく生えた, そうかいね, そうであった, そこここに, そこにも, そしてこり, そのいは, そのとき, そのやう, その医法, その場, その声, その少し, その少年時代, その杖, その果実, その白鳥, その縁飾, その配下, その音, そりゃ安い, それあもう, それだけが, それでもよくよく, それでも無理矢理, それで平気やつ, それと, それは, それも, そんな事, た, たつた, たまたまガデャーチ, たらで, たらは, だめに, ちつと, ちゃんとでき, ちょっとの, ちょっと顔, ったらしいな, つい那女, つから, つたあの, つたかよ, つたくせ, つたけれど, つたさうぢ, つたぜ, つたつけ, つたといふ, つたなア, つたな人參牛蒡, つたな半円劇場, つたな年中空, つたな怪物奴, つたね, つたの, つたのかな, つたのだらう, つたのよ, つたもの, つたもので, つたもん, つたやつは, つたら, つたらぶん殴るぞ, つたら反り, つたら飽くまでも, つたり, つたんだ, つたんだらう, つたんで, つた厭に, つてお前さん苦労でも, つてかうぬかす, つてこの, つてこれや, つてこんな, つてさ, つてせつかく練りに, つてそれだ, つてた, つてだが, つてち, つててめえの, つてどう, つてなあ, つてなかなか, つてなんて, つてね, つてほんまに, つて之から, つて亭主は, つて人を, つて何を, つて僕は, つて其ざまつたら, つて分別らしく, つて天罰という, つて少し, つて惡い, つて惡病神だ, つて手前え, つて武士たる者が, つて氣味の, つて生意氣な, つて腕が, つて覚え, つて誰が, つて農民組合の, つて馬競べなどにて, つて骨を, つて黒猫なんか, つね, つひぞ見馴れない立派, てくづれけるかな, てんでに自分, でもまア, とにかくこれ, どうか, どうか力, どうか悪く, どうしてそち, どうぞ君, どうにかならん, どだいこうなったら, どや, どんない, なう, ながれ微風, なまの, なんと店, なア, ぱあつと, ひっそりと, ひどく不気味, ふだんから, ふとくだん, ほして, ほんとなら, ほんまかい, ほんまに, ましい政治家, ましがらなしたども, また何処, また光る, まだそん, まるで磁石, まア上りたま, みこまれて, みちのくでは, むすこを, むでゐる私の, むらがりはじめるの, もうこら, もうわし, もう一人, もう此頃, もう運ん, ものしずかに, やつと, よく論議, らい畜生めが, られず愛されたもの, れた男, れた蝮, れつ, わしや, わりあいに, アイスクリームを, カツ, カーキ服も, キエフから, ッたんだ, テキをね, バラックの, マー近くの, 一人は, 一度に, 一杯に, 一般に, 一通の, 一體あの, 七日目, 三分も, 三年も, 不合理な, 並び詰め所, 並んで, 二三軒寮が, 二円五十銭に, 五年も, 人が, 人數が, 今が, 今ぢ, 今では, 今二十円しか, 今兵隊に, 今夜で, 今日から, 今日の, 今日は, 今更の, 仕事を, 他の, 他人の, 低く逗つて, 何う, 何か, 何ぞの, 何でもあんた, 何とかし, 何とも言, 何と為, 何やらご, 何ん, 何んぞの, 俺と, 俺とこは, 僕が, 僕は, 兄弟の, 先づラクダルさんに, 先祖から, 光明寺さんは, 入つて, 八方に, 其の次ぎ, 其処は, 其処らに, 其巌に, 出ませんぞな, 分れば, 切々と, 切支丹や, 切支丹屋敷の, 前刻, 加勢する, 動物には, 北海道を, 十姉妹ででも, 卜庵は, 危まれる, 口熱を, 君も, 呑牛は, 哲学を, 哲学的意識を, 單に, 団子坂上から, 地面から, 坂谷まで, 場所へ, 外界の, 外部から, 多いし, 多かつ, 多計代, 大きなくずかご, 大納言の, 大衆の, 天上へ, 夫に, 女の, 始めて要領, 娘が, 嫌な, 実際困っ, 客船を, 寄って, 將校ば, 小鍋立てを, 少しずつ, 少し多く, 少し後れ, 山僧君も, 崩れて, 常識は, 平素神様御, 床べたで, 廻り燈籠の, 当今の, 影響し, 彼らの, 後から, 後年に, 心残りや, 思い出され朝子, 恁う見渡した, 恐らくこり, 恥を, 悉く可笑しい, 悉く皆そう, 惜しいこと, 感心な, 憂わしげに, 我ながら, 戸の, 所も, 折からの, 折角来, 折角知らせ, 招ばれ, 持って, 損知つて, 数多い店員, 新曲と, 新聞記者を, 日本に, 早くも, 明日から, 昔もんの, 春宵の, 是非もなや, 暮れなずむ, 曲ったこと, 更に万全, 最初に, 月々二十円ずつ, 朝晴で, 末の, 本人が, 朱紅色の, 村, 来客を, 横行し, 正しく一同, 正の, 此の, 此を, 殺された, 母体の, 毎日の, 毒殺者の, 氣の, 水の, 沢山並ん, 洋盞に, 浅ましくも, 浪を, 消えて, 湯殿いつ, 潮の, 燒原に, 父に, 父の, 爺や, 物事は, 特殊の, 犯人を, 狼藉として, 王さまと, 理屈を, 申上げ度い, 町の, 留守中は, 疊なし, 発生する, 白昼の, 皆見馴れぬ, 盗泉の, 直接に, 直接の, 相手が, 眞に, 眠たい顔, 眼鏡を, 瞬間旋風の, 矢張出世する, 神代の, 私が, 私も, 私を, 秋公が, 竜子の, 竹でも, 竹籠と, 第一, 精巧な, 翕然として, 考えて, 肝心の, 肝腎斎き, 芋だつた, 芋を, 若い細君, 苦労する, 英吉利にも, 茫々と, 萎れて, 表の, 見て, 見るよう, 詩の, 誰かの, 謝罪つて済まぬ, 谷, 貴女方は, 資本を, 質問したい, 近年は, 迚も, 醉ふたらどもなり, 醉拂つて寐ころが, 重吉の, 金出し, 鋭い観察, 間違いない, 降りて, 雪で, 露店を, 青豆鳥の, 静かに, 静かには, 音に, 頭に, 顔を, 高い背丈, 高利貸などは, 鳥といふ, 黙つて

▼ やかに~ (586, 8.0%)

15 して 5 なって 4 ほ, 動いて 3 なった, 云い触らす者, 伝える者, 入って, 控えて, 眼を, 立って

2 [33件] うつむいて, なりました, なること, バイロンも, 伝えられて, 刈られる蘆, 包んで, 咲いて, 坐す, 延びて, 待ち構えて, 振舞つてゐた, 横たえて, 歩いて, 流れて, 申したの, 申すの, 私の, 笑いながら, 笑った, 答えた, 組んで, 置かれた手, 育て, 見つ, 記されて, 話しかけた, 語って, 語られて, 辷り失せなむ, 述べ立てて, 通って, 部屋の

1 [471件] あけて, あそばすが, あなたが, あなたの, あらためろ, あらだちさわぐ青い, あらはれて, あらゆる感情, あること, ある目的, いいだして, いいふらして, いいふらすもの, いいました, いう者, いかで奏, いたせと, いった, いつもセット, いひいでけり, いろいろの, いわれて, おこなわれた, おせい様, おどかすこと, お前を, お返事, かたまり残る白銀, かつ適, きいて, きれいに, こう告げた, こう曹操, こう言いました, さう言つて, さがって, ささやきながら, さしながら, しかし明瞭, しかも千鈞, したこと, しやが, し咲き, し給, する, すること, するやう, すわって, せえ, せよとか, そういう, そこで酒, そこへ, そっと微笑ませ, そのかげ, その調書, そよぎだしたかと, それを, た, たけけりな, たのしめと, つぎは, つくり話, つけて, つぶやいた, つぶやくあり, ともして, なったらしい, なった光, なっても, なつかしみの, なにかいう, なびいて, ならんで, なりいづれば, なるか, なるであろうし, ねぶたき, のせて, のどかな, はき出すの, ひとり身投げ, ひろげだした, ふきこんだ広い, ふくらんでは, ふくれて, ふりかえって, ふるまった, ふるまって, へんじ紫苑, ほのかに, ほほえんで, ほほ笑まれると, ほほ笑むのみで, ますますその, またしづ, またしとやか, またたきさわやか, まばたいて, まろね, みえる, みずから気づかず, めんめんと, もう噂, もったいつけたうえ, ものしづかに, やって来て, よしは, わかれてを, わしを, わびるもの, ジユダと共に, ナイーヴに, ピアノの, 一つ白き, 一寸笑つて, 一座の, 一箇の, 三人の, 下って, 下枝ばかりに, 与えよかし, 且つ黒き, 両腕, 並べ立てた証拠, 並んで, 乳房を, 事実に, 二人の, 二条城を, 二言三言の, 云い觸らす者, 云って, 云つた, 云ひ出す, 人目を, 仄めいた, 仕えて, 仕事を, 伝えて, 伝えられた, 伝えられたこと, 伝えられたという, 伝えられたもの, 伝えられ人, 伝えられ師直, 伝へるもの, 伸びた木々, 何か, 來ては, 信長の, 側を, 傍に, 僕達に, 先へ, 光ってる額, 光らして, 光らせて, 光りて, 全心, 冴えまさったあの, 冴え返って, 制服を, 前後に, 加茂の, 動き出す, 勧めたけれども, 匂った, 包まれた全身, 匍ひ廻る, 化けた女狐, 厳めしきは, 取り換わされます, 取り澄ました聲, 受ける印象, 口を, 叫んだ, 名聲, 吹きまよ, 告げ口した, 咲かしめたま, 咲き朝露, 咲く, 啜泣いて, 営まれた, 囁きたまうた, 回向し, 土左船が, 垂れて, 執行された, 報じて, 塗られて, 夕日にか, 多様な, 夜更けの, 夜目にも, 大デュマ以下, 大海の, 奥に, 女の, 安楽に, 宝蔵の, 寂しい姿, 寄り合って, 寢臺近く, 導く, 小さくなっ, 小舟は, 小説の, 帯び小, 帰り酒, 平次の, 広がって, 廻る血行, 弁じ立てました, 張りきった肉体, 影を, 彼に, 彼の, 彼は, 彼らの, 待って, 待つて, 待つべきもの, 後ろに, 從順く, 御えしゃく, 御器量, 御申渡し, 微笑を, 微笑んで, 心痛の, 忍びよって, 忍び出た, 思う慈しみが, 思った, 思わせる為, 思われた, 息づきにつつ, 感じられ汁粉, 感じられ読者, 感ずる, 懸つて, 成育を, 成長し, 打ち泥, 打ち解けて, 扱い過ぎて, 投げた, 折重ねた袖, 抜き放ち青眼, 抱いたの, 拡がった, 拡がったり, 振舞って, 掻い繰りながら, 描いて, 揺すり初めた, 揺らる, 揺れた, 撓んで, 改めてただ, 散りか, 斯んな, 方丈に, 方丈を, 晴れ渡り波打際, 暗き夢, 暮した背負小間物屋, 暮らして, 暮らす親一人子一人, 曲らうとして, 書かれて, 書くほど, 東し, 果しらぬなり, 桃の, 案内を, 楽しく思われる, 楽しんで, 歩きよって, 歩き廻って, 歩き廻つて, 残した丈, 汐あかり満つ, 江戸前の, 泣きつつ, 活字が, 流るる水面, 湯気を, 湿って, 溜め息を, 溜息を, 澄んだ祝福, 濮陽にまで, 煙って, 煙を, 照りつけて, 照り出して, 照り渡つた日光, 照る, 燃え盡, 物の気の, 物語りぬ, 物語るの, 物靜かに, 独りで, 生い茂りました, 生ひ立てる, 申します, 申し上げました, 當日の, 疊みこまれ, 白んで, 盛り上げて, 真面目な, 眺めて, 着けて, 着飾った四十近く, 睫に, 石持氏に, 私に, 秘, 窓外の, 立てられて, 笑うばかり, 笑つてゐました, 笑つてゐる, 笑ひ, 笑ひました, 笑み迎えて, 答えるの, 答へ, 答へて, 紳士的な, 組みながら, 結いたるが, 罵る聲, 美しい人, 美しい東京生まれ, 美しくす, 美しく見え, 羽織って, 聞えた, 聲を, 肉感的である, 肥って, 育つた, 背丈なども, 脱帽し, 腰かけて, 膝に, 自分の, 自分を, 舞うたりけり, 舞わないの, 色の, 色傘を, 草心尼の, 華やかに, 華美に, 萌して, 落ちついて, 落付い, 薄藤色, 蘇るであらうこと, 蟄さむ, 血潮を, 行なわれて, 衣ずれの, 衣嚢に, 見えたが, 見えたの, 見えたので, 見えたもの, 見えて, 見えると, 見えるの, 見えるよう, 見える人, 見せるの, 見せる為, 見まわして, 見直された, 観るわけ, 触れまわる者, 触れ合う草, 言い伝えられて, 言い伝えられるの, 言い伝え世, 言い出すので, 言い得るほどの, 言い渡したの, 言い触らして, 言うもの, 言う奴, 言った, 言ひ, 言を, 話した, 話したでは, 話して, 話しはじめた, 話しました, 話しましたが, 話し出した, 話し始めました, 語らいながら, 語られた, 語りだすの, 語るひめごと, 誠しや, 説いて, 説いては, 貞操を, 起きてよ, 起き臥しすべし, 足を, 足曲げ, 踊って, 踊り続けた, 身づく, 輝いた, 辷って, 迎えて, 迎える若い, 近づいて, 返辞し, 述べた, 述べ来り説き去りとどまるところ, 這い寄って, 通りたいと, 進んだ, 遅くまで, 遊ばしますよう, 過ぎる, 過して, 遠巻きに, 遣るの, 附いたるを, 降りしきる気配, 降りて, 降り注ぎつつ, 陰気な, 陳べて, 階段を, 隠れて, 雨どよの, 雨戸が, 青ぞ, 青葦, 静まって, 靡いて, 靡けば, 音し, 響いて, 響くこの, 頼み込んだ, 風が, 飛び交してを, 食べて, 食べてるの, 飾られて, 驚いて, 高められて, 高田に, 鳴った, 鳴って, 黙しつつ, 黙って, 黝んで

▼ や~ (550, 7.5%)

738 いやろか 6 顔を 5 アと 4 いつていう

3 [12件] いかいう, え, ぎばし, ます, やみが, 事を, 事何故, 坊主つたら, 小僧と, 感じを, 正太さんだ, 親類へでも

2 [37件] あんたは, えぞ, えよ, お前さんは, かつたさうだ, ぎだくにをせんせい, ぎっ鮠を, ぎのいとのみだれがみ, ことを, ささうだ, ささうだぜ, しかも堅固, その内, それは, つてゐる, のだ, ものが, もので, んです, 事ばかり, 俺が, 外へ, 女の, 奴だ, 奴め這入, 掌面で, 気持が, 気持に, 氣持なり, 活きもの, 物だ, 私は, 秋の, 逃げも, 音が, 顏を, 顔が

1 [344件] ああさん, あいつ阿呆かいなと, あんた方を, あんな商売, あゝ人情, ぃじゃぃ, ぃぢゃぃ, いう感じ, いかないか, いけんど, いちうたら, いとおつし, いねン, いや, いわして, いんた, えから, えけど, えけん, えぢ, えらい運, おいそう, おいらも, おまはん狐, お上が, お前ここは, お前には, お前の, お前心易い, お嬢さん方と, お孃さん方, お年玉, かつたさうです, からむ, が, がかけ, がせ表へ, がわに酒, ぎがほほけつくしが, ぎがれいこれは, ぎがれいだけはむしろ, ぎがれいなどがなんと, ぎがれいのごとくおびただしくないからその, ぎだせんせい, ぎてふうちへ, ぎとおかめを取った, ぎにいちいち石油ランプが, ぎのえだが, ぎのかれたような幹の, ぎのくわくこどり, ぎのにほふやうな, ぎばえの新種白雲山魚も, ぎばしの沽券は, ぎひかれば, ぎほつれてなげく, ぎもはやくめぐりだす, ぎらんの群落が, ぎらんの花だ, ぎらんの花で, ぎらんやあかつめくさの群落, ぐひの, けれど僕, こうして暮し, こうだ, ことだ, ことで, ことも, この頃, これで, これでも, これ程申し, こんなやとお, こんな稼業, こッた, さあそれ, ささうだが, ささうです, ささうですなあ, ささうね, さりやす, しかし, しけむとおもはると, したこと, しつとりして, しめで, すべき, そうする, そのあいだ, その少年, それが, それより, そんなにめかした, だるい気持, ちゅうこと位, つてゐた, つめたちは, つもりで, どうせ金持, どこの, どつ, なるほど種, においに, の, のか, ので, のである, のであろう, のでいま, のです, のにあの, のに職業紹介所, のに違, ばばあだな, ほや老いなむみ, ほんとに三味線, ます等々, もしその, もし六波羅, もつたいない, ものにな, やみは, よいとも, よろしけど, わいも, われを, んで当分, アあいつなか, アあの, アあゝ, アお前は, アお前幾つや, アこの, アこれ, アこれでは, アとは, アほ, アウヤ源さんイヤ源さんイヤ日天さんが, アー, ア兄様に, ア兄貴は, ア其の, ア孰方も, ア彼奴は, ア氣味が, ア田も, ア見, ア言ふて, ア長い, ア阿呆らしい, オーオーオー, コスモスの, コレイナアどう, ゴブラン織の, ハッハッハッ, ハツハツハツ, バッタリバッタリ呂律の, フランス人の, ポロシャツに, モシ, モシお, 久三郎兄哥の, 乗竹侯爵は, 事などを, 事も, 事云う, 五月雨, 人が, 人と, 人も, 人形遣の, 人情ほど, 人間の, 今夜は, 今時分に, 仕事だ, 仕事です, 仕方がねえ, 体を, 体裁が, 何の, 何を, 何時ぢや, 俤も, 俺ら碌に, 傘は, 元の, 兄い, 先生先生も, 光の, 其の, 前歯に, 卑しくも, 古文書, 呻き声, 和女お, 囁きが, 四五十円は, 土団子じ, 坊さんが, 執事が, 大手を, 大日向神しろしめす, 夫れ, 夫人の, 女が, 女と, 女を, 奴に, 奴め這入つ, 好きと, 姿の, 媼さんが, 媼さんで, 嫌や, 子ねえ, 子林太郎じゃ, 実が, 家庭に, 小机の, 工事が, 左の, 平次, 弘坊, 後悔の, 心持ちが, 心持ちだ, 心持ちにな, 心持を, 怒るな, 思て, 性格は, 悪りい, 悲しや, 愛嬌が, 感じが, 感じで, 我を, 戯言は, 戲言は, 手の, 手ひとつで, 手帛を, 指で, 指先き, 振仰ぐ宮, 掌の, 撫肩をや, 敵か, 斬れるもの, 新聞紙赤と, 方, 旅人らしい, 昔は, 春雨の, 是れ, 時は, 景観で, 暑い日, 机が, 来な, 枯芙蓉, 柳橋の, 根がぞ, 椅子, 櫻の, 歯の, 殿様の, 母なかせ, 気分は, 気持ちを, 気持なり, 氣持が, 氣持だ, 氣持と, 水を, 汝れ, 汝人魂か, 河原の, 泣き顔を, 注文書, 活きながら, 浴衣を, 爺さんの, 犬だ, 猫でさえも, 用事を, 男に, 男女は, 番附を, 病人の, 皮膚の, 益さん, 目出度や, 眼を, 眼附を, 石ころ道を, 秋山の, 筋立の, 籠の, 米の, 米も, 紙包を, 紙片を, 美しい人, 羽衣を, 翡翠の, 老の, 背中の, 背広を, 腕, 自製である, 臭ひ, 舞台から, 色とりどりの, 若いん, 蕗の薹, 藹山は, 衣裳を, 親ならぬ, 親父だ, 調子で, 諦めて, 譽めたる, 軽尻, 逃げられる方, 遊びに, 部類に, 酒の, 重圧した, 阿呆らしい, 陰鬱な, 雀しば啼けり, 露椅子に, 靴, 頸を, 顏色を, 顔は, 顔も, 體を, 高氏どの, 鳶の者が, 黄色の, 鼻を, 鼻先に

▼ やかな~ (413, 5.7%)

4 微笑を, 笑みを 3 人間の, 声で, 彼女の, 空気が, 葉摺れ

2 [24件] あじわいとを, うちにも, もので, わが早乙女主水, メロデーだ, 世界では, 世界を, 人柄である, 努力を, 声が, 夏帽子の, 季節に, 容子を, 幸福が, 彼女とは, 旅を, 春を, 生活の, 生活を, 美しさ, 蒸散と, 調子で, 質である, 風の

1 [342件] あこがれと, あの女御, いじらしい雀, いつわりの, うたた臥し, うちに, おずおずした, おとが, こと梅の, この少女二人, しかし波立つ, すすり泣きを, そして意志, そして熱い, その合掌, その風貌, つよさ, とりすました様子, どんな絵具, なよなよした, ひき緊った, ふくらみや, ほがら, ほほゑみ, ものが, ものだった, ものであった, ものに, もみ数珠の, やり方を, ゆったりした, ゆとりをも, よろこびだけれど, イギリス風の, シンフオニーの, ジェリーの, スカイ, テンポと, 丈長草の, 上下の, 世帯の, 世間といふ, 丸みに, 九谷とも, 二人を, 五体を, 人出の, 人形たちは, 仕事の, 会議新たに, 会釈の, 低声, 住居それから, 住居との, 作りごとを, 侍いい, 俳諧を, 傷感に, 働く娘, 充実した, 光の, 光芒を, 克服の, 内儀らしい, 内輪的な, 円柱左右に, 写真屋さんな, 処女の, 出鱈目を, 初代三遊亭圓生の, 初夏の, 匂い浴しおえて, 匂ひ, 匂夏の, 南原杉子の, 単純な, 危機に, 古風な, 可哀想な, 可憐な, 同感の, 名刺を, 吾妻下駄を, 周圍から, 味の, 呼吸にも, 唐櫃だった, 唱歌の, 商家が, 單純な, 嘘を, 噂でした, 噛みしめた味, 場所に, 塩汁の, 声と, 声に, 夜から, 夜が, 夢の, 夢や, 大きさ, 大人の, 太陽の, 太鼓で, 夫人です, 奏楽の, 奥様が, 女の, 女房髷に, 妻の, 姿とを, 姿ながら, 姿に, 姿の, 娘に, 娘平次の, 婦人が, 婦人の, 子供の, 孤独の, 学生風の, 宗教的記念, 宝石類に, 実銘, 家の, 家居着に, 家庭でないだらう, 家庭の, 家庭らしく見える, 寝息が, 小さな手, 小僧が, 小品である, 小間使は, 少女でした, 尚侍を, 山中だ, 岡と, 島台に, 希願と, 平らに, 床石を, 庭に, 庭園には, 形容に, 彷徨, 彼は, 彼れ, 後世の, 徳を, 心づかいの, 心の, 心根を, 快さ, 快活な, 思いの, 思いやりで, 恰好の, 悦びで, 悲しげ, 悲しみと, 惧れ, 愉快な, 意義において, 感じの, 感じも, 感じ即ち, 感傷と, 感官を, 感情の, 態度で, 憧憬の, 懶気, 懶氣, 房で, 手つきで, 折だった, 指先, 接触涙と, 敬虔な, 日夜を, 日本婦人の, 明るいところ, 明るい緑, 明石海峽を, 昼だ, 晩さんを, 晴々と, 暁の, 暮しぶりらしく, 朗らかな, 朝の, 木深い幽苑, 材料と, 林を, 森の, 楽しみが, 様子と, 樂しげ, 横顏は, 横顔は, 櫛を, 歌柄である, 歓喜に, 武芸者と, 歩道でなく, 歴史の, 毛丘に, 毛糸の, 民衆の, 気性を, 気持で, 気持に, 気高い可, 氣持で, 氣持を, 池水を, 沈黙が, 沐浴姿とか, 河口の, 法悦の, 波と, 流れに, 流ればかりが, 涼しい声, 深みの, 溜息すら, 滿足と, 濤の, 火焔の, 然し大切, 牡丹や, 物靜かな, 理窟で, 甘美な, 生きかた, 生みの, 生活が, 生活には, 男で, 疑問の, 白い拍節, 白い花, 眉は, 真顔で, 眺めと, 眼光を, 瞬間の, 瞬間を, 祝宴が, 祭典を, 秘密においても, 笑, 笑いが, 笑い声を, 笑顔を, 粗瓶, 精進料理の, 紅石の, 緑が, 美しい思い出, 羞恥の, 群臣の, 胸には, 脹らみを, 腕く, 自然に, 自然の, 自由それは, 自由と, 自足した, 舞子の, 色を, 芸術の, 若入道, 若殿が, 茶庭の, 落着きも, 葬式には, 葬礼を, 蔭の, 薔薇は, 虚妄の, 衝動に, 衣ずれに, 裃す, 見たところ, 視線を, 親しみを, 親切な, 親切気を, 言でした, 言動の, 設計を, 話を, 誇牡丹色, 調子の, 調子を, 諧調そういう, 謙遜の, 谿流は, 貌花を, 赤星ジュリアの, 趣きは, 趣である, 足音と, 跳ね上る, 身体つき髪なども, 身柄の, 過不足の, 部隊詮索が, 醜い手, 金太郎武蔵の, 長々しい, 閃きが, 陣中の, 集りを, 雨の, 雰囲気の, 震える希望, 青大空, 青葉の, 静かな, 音, 音が, 音声を, 音楽みだらな, 響きを, 顔の, 風と, 風に, 風景の, 高笑を, 魅力を, 鳥と, 鳥籠を, 鳩, 黒髪と, 黒髯を, 黒鹿毛に, 鼾すらも

▼ や~ (289, 4.0%)

13 中に 7 ような 6 なかに, 中から 5 中で 4 中を, 喝采を 3 ように, 中の, 中へ, 小八, 星祭に, 様に

2 [21件] うちに, かかって, ことが, すべての, なんの, やうに, ん, 令嬢たち幸山船長は, 作品が, 前に, 女たちで, 女たちを, 女と, 女の, 思いに, 打合せに, 松の, 柴の, 槍の, 秋の, 習慣として

1 [184件] あのやるせない, あほらしいだ, あほらしった, あらゆる情的要素, あるきれい, あること, いきさつを, いとざくら, うすい衣, うちから, うちしづかに, おッ母さん, おー, お父さんも, かかった視界, かそれとも, かやの, けして, こなやの, こめた町, これは, したたかな, すっぽんは, ぜいたくや, そのくせ, ただの, たなびいた高原, つばさに, なかから, なかへ, はれゆく, ふかい空, むすめ, もの十七八町も, もや, やうな, やさしさ, んあんた, んあんたも, んその, んに, ん相手の, コケトリーを, ゴタゴタが, デキもの, レコードを, 一もと, 丁度今度, 上人様は, 下りた池, 下物で, 不快感を, 事から, 事柄は, 云うよう, 人を, 人形町の, 今日から, 仙太親爺と, 仰せに, 何う, 作品, 作家の, 偶然に, 僅かばかりの, 先刻にから, 典型的な, 前で, 前世の, 努力を, 原因が, 古事さへ, 古代の, 向ふ, 呪い事だ, 問題が, 問題なり, 問題に, 問題に対し, 喝采が, 喝采であった, 噂も, 園, 声援である, 夢幻の, 奥を, 女たらしの, 女房の, 如何に, 姉様たち, 子種はど, 室へ, 小料理屋やの, 小鼻の, 層を, 岱中の, 己が, 底に, 店に, 庭木を, 弱々しい主観, 形而上学は, 影響から, 後取り, 御勘定, 御心配, 御身は, 必要条件の, 想念が, 意地っ張りであった, 愛も, 感あり, 感なき, 成程, 戸を, 所謂文化的女性化主義へ, 手紙皆で, 手違いより, 指を, 数珠の, 文化の, 文学を, 星祭りに, 時刻を, 書物の, 朝見所も, 条件を, 様な, 様な光り, 歌の, 歯磨と, 気むずかしや, 汚いの, 波だちに, 洗物は, 海苔そだ, 淡く立ちこめた, 深い夜, 深い路地, 無愛想な, 物への, 特殊な, 犬さんは, 理由から, 用事で, 目的で, 真の, 神経の, 福松君です, 種々雑多, 窓から, 立つたあたり, 管理人に, 細目が, 経過を, 老人の, 聞きにくい, 良心遊戯に, 色とりどりの, 若狭の, 表現に, 西洋衣の, 計画を, 記事が, 評判に, 迷惑は, 道徳的情操の, 選択と, 配給です, 重なった揚句, 野暮な, 間に, 関係で, 關係で, 關係の, 雑色の, 難題も, 面から, 音おびたしく, 音楽形式の, 風説あり, 騒ぎで, 魑魅魍魎の, 點に

▼ やから~ (234, 3.2%)

6 なア 3 して, 遠慮は

2 [14件] くさやみじかい, すの, 些と, 今後は, 何か, 俺は, 僕の, 僕も, 女たちや, 渡された手帳, 買って, 足を, 身受けしてやった, 駈落ちした

1 [194件] あの奥はん, あやまりていはく, ありと, あれツ切りに, あんたも, いうて, うちで, ええこと, ええやう, おでんやへ, おらあ, お前が, お前の, お前も, お君, お習字, お金を, かまや, きめ見つる漆, くれな, こう好意, こう言っ, ことごとくあの, このまま, この山, この頃, こんなに大きな, さう, しぐれ御飯, すべてを, そのまま引張り出し, その話, その運動, その餞行, それが, それに驚ろ, そんなに思ふ, だったが, つけて, つまり枕元, ですと, でて, とにかく伯父ぢ, とび出して, どうもしいしまへ, どす, どない, どんなにも, なぜ一緒, なつかしさ, なるべく汚さない, のぞいた顔, はびこりぬ, ひったくるよう, ほんにそら, まあ一銭, みな己の, もうあんたはん, もう古く, もっとみっちりやっ, やれる人, わしは, わたし傍に, カルメロを, ミドリ商会までは, ユキちやん, 一万円無, 一度一緒, 一日だけ, 一歩も, 丁度その同じ, 七日だ, 両手を, 亡くなった母, 人に, 今度一つよろしく, 今引い, 仕方ない, 仕様が, 伊達家に, 会費の, 伯父として, 伴って, 何も, 何事も, 余計勘定, 倍も, 假に, 僕校長の, 兄弟中で, 充分おこつ, 先づ買ひ占め, 其処は, 其處で, 出たもの, 出て, 切りは, 初めから, 利が, 到頭死ん, 前刻, 助かつ, 区から, 南無三宝此の, 却つて簡單で, 収集した, 取つて, 取りましたの, 受取つて物々しく, 吃驚し, 君の, 君は, 君も, 呑気や, 喃, 国民生活の, 外の, 大事ありません, 大分利子を, 妻帶さして, 子も, 子供が, 定めし総て, 小使書記諸, 差向けられて, 帰ってから, 引き出しました, 弥, 当り前のこっ, 彼の, 彼等の, 心臟が, 憂を, 成り立つかも, 戻って, 手を, 手紙が, 手紙来ず, 手間が, 折角の, 捨てて, 放つて, 敵には, 文學物は, 新らしい, 明治に, 是非とも, 昼間ハナヤで, 最早嫉, 會計にも, 望み手が, 木を, 村は, 検事局でも, 楽です, 歓迎も, 毎朝変った, 気さい確なら, 氣の, 消えさりゆきぬ, 涙一滴澪さぬ, 湧いて, 準備の, 現代教育界の, 病気さえ, 登用人材の, 社長へ, 私の, 私私が, 空想を, 素手でも, 耐らぬ, 聞いて, 聞いてよ, 聞かされた山窩, 自ら心持も, 自分は, 自分一個の, 茶碗を, 薩張と, 見たらどうか, 見つけたもの, 見はり, 見ると, 話は, 警察へ, 貴方はんも, 近くの, 追い出しました, 追ひ出しました, 食物を, 馬が, 高価な, 黙つとりな

▼ や~ (216, 3.0%)

51 えが 15 えぞ 12 えけ 8 えの 6 えん 4 えから 3 えかい, えぜ, えぞと, えだらう, えな, ン 2 お園どん, ンと, 態, 決めるまでには, 芳ちやんの

1 [92件] あしたの, あすこが, あの娘, あんまり記者, いあつ, いか, いかぢ, いか焼石, うらの, うらみごとなほわからない, えおとつ, えかね, えかのう, えかよ, えかんな, えこ, えぞよ, えだから, えだが, えぢ, えつちんぢや, えつて, えつて云つて, えと剛情, えと言, えと言つたつけ, えもの, えもん, えやう, えんだぞう, え病氣, え筈, え鹽梅, お互に, お前さんそれに, お前さんの, お前別に, お母さんあそこへ, こいことば, この名刺, こんなにうわさ, こんな唄, さうお, しづくするあわゆき, そりゃ俺, そりや, それで金, それも, それや, そんなけったい, そんなこと, そんなら, ちよつくら, でおそろしい, とにかく早く快く, どうした, ねえ, ふけて, むけの, やつぱりあの, わしは, トムちやん, メァリーも, ンという, 万さん今夜は, 五十両の, 今日の, 今晩は, 俺らは, 八ツ九ツまで, 利根判る, 国という, 少し間違え, 尾崎君君も, 心浮き浮きてえ, 恥かしい, 我ままの, 楽や, 歩く商売つて, 汚ない, 無駄鳥だ, 男には, 皆さん畑か, 砂鶻と, 私杉山さんを, 終つたら, 羽生に, 親分, 親分さん, 親分八兄哥は, 金を, 黙って

▼ や~ (213, 2.9%)

10 であった 8 ぢや 6 である 3 だが, なる口振り, なる手, なる足音

2 [14件] うして, だ, だつた, でした, ですが, なる, なるぞ, なるところ, なるは, なるを, なる別室, なる御, なる折戸, なる箱

1 [149件] あちゃん, あんたの, うしては, お侠に, お母さんは, かさんの, かさんも, けらが, さぞや, さだつた, さと, しき筆を, そして私, たき人, だか, だから, だからその, だし顔も, だった, だったこと, だったわ, だった眼差し, だつたやう, だつた夜, だという, だのう, ぢやん, であったが, であったらしくも, であった者, であって, であっても, であります, であるが, であるくせ, であること, であるだけ, である風, でさえ, です, でない, でないとともに, でない苦し, でない言葉, で楽し, とても火道具, なおもかげ, なおタバコ盆, なお伽, なお公卿さま, なお姿, なお嬢さま, なお座敷, なお振袖, なお書状, なお気色, なお美しい, なお茶道具一式, なお蓮さま, なお面, なお顔, なむッくり, ならざる紳士, なるお, なるが, なること, なるこの, なるであらうか, なると, なるとは, なるも, なるギグ, なる七月, なる上, なる優越感, なる其の, なる前髪惜気, なる嗅煙草, なる天, なる娘, なる宵, なる少しく, なる幸, なる新塚, なる暮し, なる月影, なる朝, なる松浦, なる棒, なる沫雪, なる治國, なる爺, なる畑地, なる祭, なる者, なる自然, なる色, なる茅屋, なる藁屋根, なる裲襠, なる言語ぶり, なる誓さ, なる読, なる證, なる赤, なる陣刀, なる雫, なる青紫, なる革提携, なる頸, なる顔, なる風, なれども, はっきり知れんで, はんの, ばに, ひなの, ふらむ, ぶとが, ぶとの, ぶと蟲で, へす春, へりて, へり見するに, へり足, へるさ, ほの, ぼちや, まひません, まアお上り, やくやかし, やくを, やとおま, やぶきの, ように, りき, わしが, 三味線を, 也, 何かへ, 分るもの, 女中を, 婆やが, 弱き者の, 様の, 知れへんと, 知れん, 私は, 自己を

▼ や~ (161, 2.2%)

5 知らんと, 考えると 4 知らない, 考えて 3 破って 2 思い合わせると, 求めて, 知らずまた, 知るに, 究めんと, 解せんと

1 [128件] あがるが, いうなら朝廷, いろいろと, いわせぬお, かしい默つて, かぶって, がぶがぶ飲ん, くさらすの, さだかに, しりこの, しり疲れ今, しるに, しるを, そのはせさらぬ, たしかめ縁, ちりぢ, つくりました, つらぬいて, とらぬ中, ひっくるめて, ひっくるめての, みん, みんこと, みんな自分に, もしかな, やめさせろという, やると, よばれるペハアミント, よんだので, 一生涯知らなかった, 了解せしめ, 今一度尋ねた, 保し難し, 取り集めて, 合わせ考えれば, 告げじまた, 告げよまた, 告げよ人, 告げよ我, 告げんこと, 呼びつけたり, 問う, 問は, 塗りつぶして, 学び知ること, 尋ねたま, 少しずつという, 少しも, 差引くと, 差引けば, 念はず又, 思いあわせますと, 思いますとな, 思うだに, 思うと, 思ふべしすべて草木, 恐る, 打ち込んで, 払いましたので, 払う, 拾って, 捜査した, 排し去る, 掛けたよう, 探り尽す試験, 搾取しすぎた, 検めでは, 殆ど語り尽した, 残らず書付, 汝自ら驗しみむ, 湊合し, 申すなら引っ立てても, 疑い得る事, 疑うの, 疑へり然, 盗んで, 看破し, 眺めながら, 知ってるか, 知らざる者, 知らざれば, 知らずかく, 知らず実に, 知らず然, 知らなかった, 知らぬが, 知らむためなり, 知らんとて, 知りしかど, 知り彼等, 知り汝, 知るべからず苗売, 知るまた, 知るもの, 知るを, 知る者, 破る, 確かむるを, 確める, 示さんと, 種, 種に, 納得しない, 習わないうち, 考えみよ, 考え合わせある, 考え合わせますると, 考へて, 聞かんとて, 自ら味ひ知るなるべし, 自ら知り, 苦に, 見せつけられて, 見て取ること, 見んとて, 見極めようと, 解する能わず, 解せずその, 話して, 話しました, 話す, 語らず開卷第一, 説かずも, 議したいと, 買ったん, 買収した, 間違えちゃって, 鮮やかに

▼ やさかい~ (151, 2.1%)

2 何も, 磯と, 蔭で

1 [145件] ああした, ああやっ, あてが, あてみたいな, あないいうとい, あれから, あれには, あれも, あれ届け, あんたは, いいはること, うちを, え, えらい, えらい目, おかみから, おのれの, お前の, お前も, お前達は, かう言, ぐあひ悪う, こうなん, こっちへ, このひと, この男, これまで, こんな話, さかいにと, すぐ見つかる, そう云う, そこまで, そのうち寄るやろ思うてる, そのこと, その場, その方, その目的, それは, それを, それ元で, そんなけちんぼ, そんなに堅苦しゅう, ちよつくら真似, どうしてあんな, どうしてもお前, どうぞ悪, どうも致方, どうや, どんな事, どツ, なア, ひっくり返ったら, ぼやぼやし, まかり間違うても, まア半分焼け, みんな東京贔屓だ, もうあと三十分, もう先, もしお気, よいわ, よう帰らん, よう心得ときなさい, よう知つとる, よんどころなくつい, ホテルいで, マッサージし, 一しよ, 一ぺん光子さんが, 一人扶持かて, 一日でも, 一献やり, 万事その, 上げて, 上官を, 二人は, 今から, 今にも敵, 今まで, 今日明日は, 仕事してられえ, 仕方が, 何にも, 何の, 余計, 來や, 偽でも, 傍に, 傘も, 僕の, 僕は, 先へ, 八九円だっしゃろ, 別れた方, 半切の, 厭に, 口へ, 命は, 大したも, 大変弱つてござる, 大方家の, 家庭の, 山中捜しました, 差し當り, 帰って, 廉う, 往生し, 心臓が, 手塩に, 手紙ぐらい, 掘ったら出て, 来んと, 構わんと, 母親なり, 気の, 気遣ひ, 水さそ, 浪子はんなんかに, 海水浴し, 濡れんで, 無いやう, 父親には, 皆な, 矢ッ張り大胆な, 矢張阪大へ, 石田はん小西はんなみに, 私が, 私の, 私も, 精出して, 美津さんの, 能く, 自分の, 花見に, 薄い程, 行きたくないの, 観音様の, 証明書書い, 誰でも, 誰れで, 金時, 附いて, 難有, 靴みがきまひょか, 風呂の, 餘計難儀だす

▼ や~ (143, 2.0%)

1611 るやう 10 るの 7 ること 5 りつづけた 4 つても, ると, るな 3 つてゐる, りつ, るが, るので, るもの, るを 2 つてを, るであらう, るん, る奴, る時

1 [54件] いいる, えもの, くる彼, つたが, つたし, つたばかり, つて, つてない, つては, つてゐた, どの, られて, りつづけ, りながら, りました, るか, ることそれ自身, るしやべ, るそして, るその, るそれから, るぞ, るには, るふざける, るまで, るもん, るやつ, るよう, るよりは, るんぢ, るパノラマ, る丈, る位, る初対面, る夫, る奴ぢ, る役, る新聞, る方, る氣, る男, る私, る話, る通り, る雲, れないと, れないどうして, れない事, れねえ人間, れば, れも, れんこと, れ誰, んあまん

▼ やけど~ (138, 1.9%)

3 私は 2 お前が, お金も, こればかりは, それも, ほんまに, 今こっちい来, 蒲団の, 貰って

1 [119件] あかんわ, あすこの, あたしの, あとからなんぞ, あの星, あの時, あまり人が, あまり執拗, あんたはん初めの, あんた良う, いうたり, うち臆病, おとなしいもの, およツ, おらお, おらときどき, お京はん, お園さん, お糸, かうして, かうなると, ここは, こないだもてん, この間から, こんな天気, こんな所, しんどうてな, せん, そっくりじゃとか, そない, その時, そら焼餅, それでも気, それほんまでっか, そんでも, そんなこと, ちつとばしでも, ちょっと外, ぢき, とてもわての, どうぞこれ, どうど, どうにか使, どうにも仕方, なんにもあんな, なんぼ甥, なんや, ひょっとしたら今, ほんまの, まあまあそん, また係り合い, まだ薄暗かっ, ままええ, まア當分, もしまた, やっぱ困る, わい見た, わからんやろ, わしや, わての, タバコには, プラトニック, マアこう, モデルの, 一ぺん帰っ, 一体あの, 万一嗅ぎつけ, 三野村さんは, 世間と, 乞食してる, 云へ, 今までに, 今夜は, 今度ど, 今日は, 今日まで, 何が, 何だつせ, 何も, 何やら様子, 僕に, 冷めたい晩, 出て, 別刷りの, 勿體ない, 危うて, 却, 可哀相は, 呑氣や, 大けな, 大分變り, 大石軍曹は, 度重なれば, 彼方の, 怖いな, 感心や, 成績が, 拙僧, 放とく, 敵は, 東京の, 東京へ, 止むを, 毎日の, 気は, 浴衣がけでは, 琵琶湖の, 瓦の, 生憎と, 私いままで, 結婚し, 總代さんとこは, 美津さん怨みにばかり, 聞かつし, 脱走したら, 行け行け云うたので, 行ったらいかん, 親御の, 金さんは

▼ や~ (138, 1.9%)

5 ある 4 肌の 3 誰れ 2 あんまり怒らない, ここで, する, 売禁法, 彼の, 編まむ

1 [114件] М, あきらかならざりしか, あっちへ, あなたの, あらぬ, あらぬ桜花, ありける, あるべき, あんどんが, おしまいだ, おできにて, おまえが, お休み, お父様, かく定, からだに, こっちが, このばけ, この年, これその, すこしおそく, せぬ, そのあたりまえ, そのぎゃく, だれも, ちがって, つても, どうかし, どうも寝たく, はい, はじめから, ひとり波音に, また偶然的, まだ二つ委員会, もう標本, もとこの, らげられる, ア先生許の, セロリが, ダンテ自ら言はず諸, ツ, 一つお前から, 一の, 一も, 云わせないぞ, 人の, 人知らず, 今で, 今日これを, 今日より, 今茲, 代議士たる, 何の, 全部省略し, 判然せざりし, 別に統計, 到底之, 到底今日, 削る, 十年も, 古來賢哲, 吾人の, 因果的結合其ものの, 多く言, 姑く, 姿を, 川瀬の, 帰って, 御迷惑, 想わないで, 我を, 手なりた, 手に, 料理法に, 新らしい, 智慮深き, 暖かな, 暫らく世間の, 曩に, 更に之, 未だ考へず, 未来の, 杉本さんの, 気づかれたので, 汝見るべし, 浅葱とか, 消つ, 父上此の, 特別うまい, 猶分からず, 疑いなき, 疑ひ得られざるに, 疑問なり, 疑問の, 疲れて, 知らざれども, 知りがたし, 確かには, 磨く, 私の, 立ちのぼって, 第一帝国議会, 細密なる, 終なる, 胸にくし, 自ら明かなら, 裂地の, 見はり, 識者を, 通常文章の, 遅いから, 開いてる窓, 障子を, 鼻家

▼ や~ (116, 1.6%)

22 かつた 10 つてな 7 かつたん 4 つて 3 つてに, つてまア 2 つて重, 兄さん

1 [63件] あたいの, あの山口, お前に, かつぺなあ, からうぢ, かんべ, かんべな, こりや, ござんすがね, しきりよし, そんな言葉, た者, だれを, だれ掛や, つておま, つてこれも, つてさ, つてそんな, つてどう, つてもちつと, つてもつ, つてゆつくり, つてスベシが, つて一杯くんどる, つて一遍來なはる, つて上りなはれ, つて今でも, つて今晩行つと, つて何んで, つて値が, つて到頭, つて十圓は, つて可哀相や, つて土壇場にな, つて子供を, つて欺された, つて点け, つて脂肪気が, つて遊ばし, つて點け, なア可哀さうに, みんなで, ハムレット汝孝行の, 一月の, 何しろこの, 余の, 俺は, 全く俺, 前も, 友さん, 君, 妾のく, 宇津木さん, 幕僚たち諸人の, 時頼ヨツク聞け, 書く人, 気持ちが, 泣こかしらん, 煩悶を, 秋風よ, 関係だ, 雀汝が, 鳴きたいだけ

▼ やという~ (113, 1.5%)

6 のは 5 ような 4 ことに, ことを 3 のが 2 ことが, 事が, 問題に, 女中が, 間に

1 [81件] いう砂利, おきみ婆さん, おれも, お産を, くせにね, ことだの, ことです, こととは, ことなどが, ことについて, ことも, これまでの, さいぜんの, ししの, しょうばいは, しるこ屋で, その声, てるぜ, ところです, のであっ, のである, のに, のを, ほかは, まも, ものが, ものも, わけか, わけで, わけである, 事は, 人侍る, 今夜はからずも, 他吉, 位には, 兄の, 冬は, 加助が, 口入れ宿は, 問題が, 問題について, 問題は, 問題への, 問題も, 問題を, 境地に, 大歓呼, 如き質問, 宿屋が, 小料理屋が, 必要は, 思いが, 思いを, 思うに, 性なし, 想像ぐらい, 招待状だ, 旅籠屋が, 旅館に, 普遍の, 極めて楽天的, 殿下の, 母の, 気分も, 点に, 点について, 男全く, 疑惑が, 発音が, 社の, 素人風の, 結論が, 者です, 者も, 言を, 評判くらい, 語深く, 貸席や, 間もなく父親, 題目について, 騒ぎ方である

▼ やねえ~ (113, 1.5%)

2 それに, 錢形の

1 [109件] あの女, あの肥, あれや, あゝだ, いくらも, おとつ, お前の, お役所, お民, からずんぶらのめつちやつたもん, が親爺, こいつは, こつちな, この八五郎, これでも, ざつくばらんに話し, し, そのお, その時刻, そらつ, それから, それ厭だら, そんなもの, だ, だか, だね, ですかい, でついて, ところで何, なんです, ほんの少し, まご, まア見てくれ, やい, やつとの, わけが, わしも, 一ト突きで, 一番褌を, 丈吉の, 三百八十兩返しや, 三道樂の, 二言三言言譯を, 人に, 人手に, 人相見だ, 何時でも, 佛の, 俺の, 俺ら家で, 俺れこと, 俺れ癒し, 俺れ知らね, 先を, 先刻あゝ, 兩國の, 八, 十六に, 千里の, 又拘引, 呆れた野郎, 大名なんかへ, 天下の, 太て, 娘の, 宗太郎そつくりだ, 寶冠の, 岡つ, 巴屋といふ, 引つこんでや, 引拔い, 引込んで, 後ごみ, 拔刀の, 斯う, 斷わ, 早くさ, 昨夜から, 此方の, 此邊へ, 武州の, 武州忍阿部豊後守樣十萬石の, 死んだんで, 気味の, 汝等なんにも, 泣くの, 男が, 百姓か, 皆な, 盲目に, 直ぐ欲しく, 着物を, 秘書ち, 立派に, 續け, 聽かね, 肉の, 落魄れた能役者, 襟にも, 親分お, 親分大, 親分寺社の, 詰んねえ, 謀叛人が, 證據は, 身内の, 退屈を, 雨気を, 靜かに

▼ や~ (94, 1.3%)

2 お酒, 御両名, 稼いで, 遊んだ帰り

1 [86件] あけるわけ, いるところ, いろいろ物, うまい酒, うれしい事, おみやげを, お便りする, お茶を, お輿入, かすんで, がす, この二月, この仕儀, さすがに, しばらく話す, その後は, つい編輯, なにかと, ならないの, なんとかかと, ひどい貧血症, びら, ふとくなつた, みんなと, もえれえ, よく統一, グチばっかり, ポシャポシャし, 一冬は, 一日も, 一杯にな, 一行は, 三人で, 上機嫌です, 今日まで, 今日も, 伊勢屋は, 何にも, 何処か, 余り浮かない, 例せ, 俗離れが, 嘸窮屈疲れ, 大変に, 夫の, 女中に, 学問にかけては, 家の, 容易な, 小半刻, 小半月, 小説を, 店らしい, 彼女は, 意外の, 手が, 披露が, 押通さうと, 拙者は, 暇が, 本立てを, 株内やと, 次第に治療法, 毎日陽気に, 氣が, 水の, 沢山物も, 留守あずかり, 皆覚えとき, 益々泣虫, 相当食った, 石川さんは, 私たちの, 私の, 私を, 積つ, 結局書き足りない, 色々話す, 街へ, 親たちは, 軒下に, 近所の, 通って, 遣い果し浜, 雑沓する, 食事

▼ や~ (89, 1.2%)

4 下って 3 つつまれて 2 だらけの, で黒く, ッこい, 色に, 覚ゆ

1 [72件] うごかせるよう, うまれた, おぼつ通, おもしろき情熱, こい學校建て, こい普請, こくても, こもって, こやしを, すました顔, すや, そこまで, つきては, つつまれ空, で黄色く, とざされて, なっちゃうわ, なって, にやにや笑ってる, のたまった一眼, はにわが, へだてられたよう, むかって, むずかしい節, もったい, わと, ウラル石の, ッぽく, ツこい, ハガキ書いた, 下がりに, 云われるか, 云紛らし, 似て, 似合わず, 低いん, 入れて, 割られた女, 包まれたアルバノ, 包まれた杉木立, 口が, 妙味が, 就いて, 強情だ, 思われその, 手紙書く, 手間あ, 抱いたよう, 拝するゆえ, 拵へ, 早く締める, 時代がかった, 来て, 水欲し, 汚いねえ, 沈むやう, 澄ますねえ, 濡れて, 火を, 無愛想だ, 真面目な, 答える, 聞いて, 色が, 艶めく, 行きか, 覊され, 見える, 覚え候, 覺え, 身体が, 頼んだところが

▼ やかで~ (60, 0.8%)

3 あつた, あつて 2 おとなしくて

1 [52件] あなたの, あり得る筈, おわそうが, かるく粉, さりげなく描いた, しかも充実, しかも西蕃流撃剣, しずかで, しとやかであった, そしてほのか, そして楽し, そんな光景, ちやうど, つい学問, つよく快い生活力, はりきった体, ふっくらし, 両の, 両側の, 人の, 人柄が, 何だかこの世, 余り好い, 充実した, 大きな眸, 女の, 好い御, 弾力が, 思いやりも, 愛想も, 手入れの, 明るいエレヴェーターぐち, 時々町筋, 涼しい風, 瑞々しく複雑, 町全, 紳士らしい, 繼母の, 美しいが, 美しいたち, 美しい顎髯, 而かも, 聰くより, 自立した, 見てくれとは, 言葉にも, 身扮は, 逞ましい, 雪と, 顔の, 顔容も, 魅力が

▼ や~ (54, 0.7%)

2 がたの, しみが, ないの, ァね, ー, 肩を

1 [42件] あと伏見の, えっさっ, かいそないな, がたな, しかりける人, しかり餅, しみの, ちかゆ, つぱり, つぱりしましたね, つぱり道, でハッ, で南, とうきび等を, とるらん, ないと, ないという, ない土地, なぎの, なぎを, なければ, のせえい, はいへ, ふらふとう, むらいがひとところに, むらいと, わたるらしき灯, んが, んは, んを, ーん, 下女に, 呼息, 姿, 形だ, 形と, 形の, 月の, 盲目と, 眼や, 睨みを, 苗は

▼ や~ (47, 0.6%)

53 なあ, ね 2 あ, なア, やだ, よう, ようっ, よウ

1 [24件] あい, あんな昔, おまえ一人で, お前ら二人で, ここにおいて, それ何だ, と横着, な, なあまい, なあー, ねえ, ねまさか, よう兼ツつあん, よと仰言っ, よ三田さん, よ益公, よ葉ちゃん, わ, わあたしたち, わ虫, わ馬鹿竹, ア, ナ, ヨ

▼ やといふ~ (41, 0.6%)

3 やうな

1 [38件] いふ砂利小, げにござる, ことが, ことすら, ことに, ごとくなりき, さては黒澤, そのさま漢代, その花, のが, のは, ま, われその, グリルへ, 事, 事でと, 事は, 事大いなる, 人あるべけれ, 個人を, 句を, 問題だけは, 問題であります, 問題の, 問題も, 喝采につれて, 恃み, 本やは, 果敢ない期待, 氣が, 疑問なりき, 程にな, 言をば, 話や, 質問が, 音の, 顏に, 騒ぎで

▼ や~ (40, 0.5%)

4 かつてる 2 あんまりや, かつて, かつとる, づかの

1 [28件] うち, うちそんな, かつてゐます, きっと, きつと, ぎへの, こないだ話した, これ上げましょ, こんなもん, しらが文字を, そや, たらむ, づかな仕事, ほんまに, みんな髯が, もう起き, らくづにかせいをたのみました, ーぱちぱち, 六番目見, 冷然と, 吹付け, 姉ちゃんあて西宮の, 姉ちゃんは, 御自分ひとり, 悦ちゃんは, 有難う, 生命冥加, 黙視し

▼ やよって~ (37, 0.5%)

2 そない

1 [35件] あれに, あんさんに, いつも高う, いわんと, うちど, うち気に入らん, ええや, えらい相違, お前に, お前達は, ここで, こんどの, しょうがない, しょうむない事, じゃ相合傘, ただもう, ちょっと立, どぎついナイフ, まさかそんな, みんなにも, 一遍連れ, 事情打ち明け, 二人の, 今の, 仲好う, 冷淡な, 叱りとうても, 大抵縁談, 姉ちゃんの, 気張って, 淡路へ, 目を, 着物ぬがし, 美津さんの, 自分で

▼ や~ (36, 0.5%)

1 [36件] あの位, いふさかいな, うつしやかいか, うツシヤ買, おおかた気狂い筋, お前達にと, お宅, お金はんも, こんな良い, それで東京, それは, っぽうなどが, つひぞ何時, はたから, ふん, ふんあした, ふ一大希望, ゐますよ, 一文にも, 三田さんが, 云うたけど, 云ったら何ん, 今度は, 光ちゃん, 半年も, 思はしく行かんのでナ, 急に, 明日ハ十五日ニツキ, 昔馴染には, 暗くな, 止めるて, 江戸ツ子は, 父はんの, 直造, 着物を, 辛抱ものや

▼ やなあ~ (35, 0.5%)

2 栄町の

1 [33件] あれが, あんなりいう, いう感じ, いつきいても, いよ, お前は, お思い, ぎいサ, こいさんは, それな, そんだけの, そんな分らん, とてもハイカラ, どっちに, なんぼ金か, なんや, ほがら, またお前, もうあれ, シゲノブと, 一昨年の, 一體, 云うて, 京都は, 君ち, 塗下駄は, 思いながら, 思いました, 思うて, 思うよう, 思て, 早う何うに, 金目の

▼ やねえか~ (31, 0.4%)

2 え, 本當, 畜生

1 [25件] いきなり飛付い, いつまでも, うすん, おまけに, おめ, お前釣りを, こんなざまぢ, それ見ねえ, そんでも, そんなこ, そんな妙, ねえこつ, めつ, ァ, ホントの, 一盃機嫌だ, 俺ら方の, 其處ですつかり, 出來, 打つたつて, 知れたら巡査, 粉微塵だ, 結婚したい, 遊び放題に, 遠慮する

▼ やすら~ (29, 0.4%)

42 かさ, ひて, ひを, ひ花

1 [17件] かさもなかつた, かな夢であった, かな寝息で, かな心持ちに, かな眠りに, かな睡眠から, かな花の, かに, かにその, かにな, かに天に, ひ, ひから, ひどころ, ひ睡るべく, ひ祭り, ふ事

▼ やなど~ (27, 0.4%)

2 はかなきこと, 果敢なき事さ

1 [23件] とつて, 云ふ, 五十円の, 何彼に, 嘲り戯れつつ, 存じ候, 存じ候いか, 宣給へ, 少なからぬ, 心構へ, 思いつる予想, 思ひつ, 思ひて, 思ひ申し候, 感ぜし事, 枉げても, 法外の, 発音せられ, 笑い興じて, 考えて, 茫然として, 訳して, 飽かず疑へる間

▼ やけれど~ (26, 0.4%)

1 [26件] あこの, お道はん, かうして, ここも, このまま, これは, すいた水仙, それは, どうも為, どの家, まさかそれ, まだそんなに遠い, 作者自身が, 別に儀式, 勝は, 娘はんと, 寂しいえ, 工場で, 思ひきり, 惚れた男, 時勢に, 物の, 私もう, 細君や, 自分で, 酒の

▼ やとか~ (26, 0.4%)

2 そんなこと, 洋食屋の, 菊岡とか

1 [20件] いわれますの, お嬢さんと, お酒, その約束, だとか, で御, ぶりを, 云うて, 仲間とかが, 何とか云う, 何ぼで, 例の, 姉ちゃんの, 情ぢや, 桶職とか, 死を以て, 気だてや, 見物の, 説が, 跡形も

▼ や~ (26, 0.4%)

3 行く

1 [23件] さきに, はこんで, ばの, ゆき岩本, よって, ボツ, 主婦之, 出かけて, 出した, 寄って, 寄りポタアジュ, 寄り中泉眼科, 手紙, 手紙を, 手紙書く, 打電し, 打電した, 書いた, 案内した, 行きそこ, 行くと, 行って, 那波支配人樋口と

▼ やとは~ (24, 0.3%)

3 言はれぬ, 言ひかね, 言ひ切られぬ 2 話しが

1 [13件] すこぶる名言, それア無理よ, づかしくも, ピラートが, 云いますまいねと, 云へ, 史家の, 彼が, 憲政会連が, 支那の, 目の, 言われません, 議論の

▼ や~ (23, 0.3%)

2 え, 杭

1 [19件] あんたとは, お前らの, お可愛, こねえな山, さもない, そしたらあした, なア, や, わざわざ母屋, オ, ッ, ツ, 久離切っ, 二度と帰らへん, 二度と帰らん, 但馬守の, 何ぢや, 何も, 容すも

▼ やもん~ (23, 0.3%)

4 なア 2 それからも, 上らずに, 五燭を, 生れは

1 [11件] お父, これは, ですから, のあ, よう似てる, 上手に, 何でも, 夜半に, 天滿山官林の, 理由や, 阿呆らしい

▼ やかの~ (20, 0.3%)

2 女の

1 [18件] おぼろかの, やは, 人民は, 口調で, 嘘を, 大小を, 大洋の, 天才と, 女は, 女を, 女優志願者周旋の, 婦人でございます, 杖握り, 清滝に, 申しわけの, 祈願こそ, 若くいみ, 都合から

▼ やがな~ (19, 0.3%)

2 お序, ア

1 [15件] おつつけ, お前今日は, お金が, この間会う, これは, そない, そのわてが, それを, わてが, 俺の, 外国から, 江戸の, 碁将棋だ, 芸者もな, 記念分に

▼ やねん~ (19, 0.3%)

5 やろ 2 あの人, し 1 こいさん, こいさんまだ, そんな声, やったら階下, やっぱり今日, 一体, 亀さんは, 学校止めんでも, 絶対自由に, MB化学工業会社の

▼ やとて~ (18, 0.2%)

3 居職に 2 更に何方

1 [13件] あわて騒ぎて, その機, われを, 人々心々の, 人など, 御気色, 此おもむき, 猶山, 當時國中に, 羽衣烏山二子と共に, 言付けぬ, 詠む, 開かざる室

▼ やとの~ (17, 0.2%)

1 [17件] おことば, わが問い, 事で, 口調を以て, 問いに対して, 問であっ, 問に, 問題に, 尋問を, 意を, 疑あり元, 疑いを, 疑い関係者間に, 疑問に, 疑問は, 疑問を, 間に

▼ やかて~ (15, 0.2%)

1 [15件] あんな殺生, 一昨年は, 上海言うたら, 今日は, 今晩も, 先生今時の, 含羞で, 大塩平八郎はんも, 嬰児も, 待ちなはれ, 昼日中若い, 校長先生は, 私は, 見な, 貴方一昨日の

▼ やかと~ (14, 0.2%)

1 [14件] いうよりは, お世話下され, お頼り, さしづめ遁, 世間で, 以来常時の, 呼ぶの, 少しく話, 幕末から, 理窟を, 用意周到のほど, 背を, 訊ねなさるから, 話しかけられること

▼ やとも~ (14, 0.2%)

2 えは

1 [12件] あてかてか, するで, 事露見と, 云へる, 思はるれど, 求め来て, 疑わる, 考えら, 考え得べし, 考え斯く, 見えぬ, 邊に

▼ やなと~ (13, 0.2%)

1 [13件] いう, その時, カフェ, キラッと, 云った, 呼立つる, 嗟嘆せざる, 始めて我が, 心づいては, 直感しました, 真から, 老人が, 見染め

▼ や~ (13, 0.2%)

4 いんで 1 い, いが, いぢ, いに, いの, いのさ, いんだ, いんだろう相沢さん, んでへへへ

▼ やかい~ (12, 0.2%)

2 あれしません 1 あれへんわ, お互に, ぼりを, ドーナリヤ, 問題や, 後廻しに, 持ち出されて, 止めて, 真面目に, 眼中に

▼ やがと~ (12, 0.2%)

4 今朝起きぬけに 1 お笑, その不, わざとお, 何かに, 古帳面, 思った, 言ひだす, 院長が

▼ や~ (12, 0.2%)

1 [12件] お時さん, そうや, 今と, 他人も, 何せい, 元は, 注射でも, 私も, 組が, 裸体の, 観音さんや, 金の

▼ や~ (12, 0.2%)

2 かりは 1 いつにも, かりして, かりになっ, かりも, かりを, かり伏見奉行, かり共, つちの贔屓, 知らないか, 返して

▼ やのに~ (12, 0.2%)

1 [12件] この餓鬼, こんな処, そこに, ついふらふらと, まだ七時, まだ帰っ, やつとの, マネージャーの, 何と云, 坊ん, 恩知らずめが, 病人が

▼ やわと~ (12, 0.2%)

1 [12件] いうて, お糸, こんなこと, ニキビだらけの, 内心皆思う, 嘲弄する, 撓みつづいて, 撓みやがて, 芸者は, 送って, 重しに, 顔を

▼ やねの~ (11, 0.2%)

2 上に, 上へ 1 とったん, なおしで, 上の, 上は, 命皇御, 家が, 家でした

▼ や~ (11, 0.2%)

3 しねえ 1 がったな, がつた, がる, しない, しねえよ, しません, だめぢや, 本陣でも

▼ やについて~ (10, 0.1%)

1 いろいろの, ベートーヴェンは, 史的達観を, 当時徳川家の, 感じやすい, 機會の, 甲は, 知りたいと, 経済的倫理的人道的の, 行つた

▼ やねエ~ (10, 0.1%)

1 がたつた, が三つ, が喰, が男, のか, やナ, んだ, 兩國で, 其処で, 太てえ阿

▼ やのうて~ (10, 0.1%)

1 いつの間にやら, いわなん, お母さんも, そらもう, ただ必要, ときどきやって来られ, ほんとの, 僕自身の, 半ば強制的に, 自分の

▼ やんで~ (10, 0.1%)

5 居た嵐 1 え, 吻っと, 天然の, 晴れ, 雛罌粟雨に

▼ やつき~ (9, 0.1%)

3 になつ 2 になつて 1 になつて扉, になつて珠数玉, になりました, にやつき引き揚げ

▼ やとばかり~ (9, 0.1%)

1 だった, もの凄い暴風雨, 下は, 世にも奇, 仏像を, 悲憤の, 桂首相に, 氷の, 色とりどりに

▼ や~ (9, 0.1%)

3 知る可 1 亦知るべからず, 知るべからず, 知れざる品, 知れずとの, 竈大きく, 計るべからず

▼ や~ (8, 0.1%)

1 いじも, えくう, おこして, こうやっ, のこりの, 砂に, 糞に, 糞にな

▼ やのう~ (8, 0.1%)

2 ぬきまる 1 お八重, きくさ, しろから, それ毬は, やれ, 今そこへ

▼ や~ (8, 0.1%)

4 つての 1 ちが, つては, でしたいろいろ, でしたこと

▼ や~ (8, 0.1%)

2 年なんぼや 1 おれの, しても, だれでも, ピアノの, 岩崎でも, 所が

▼ やさかいな~ (7, 0.1%)

31 ア證文に, 一昨年此處で, 今から, 口は

▼ やなあと~ (7, 0.1%)

1 ただそれ, 思いましたわ, 思てた, 感じたこと, 解したらどう, 解するの, 言ふ

▼ やなら~ (7, 0.1%)

21 むずらむ, む暮の, む香に, ンか, 仕事は

▼ や~ (6, 0.1%)

1 にごけ, よう聴い, 分ったやろまた, 引出しの, 慎作が, 英吉利は

▼ やぞと~ (6, 0.1%)

2 賞めて, 鉄拳制裁を 1 七藏爺いき, 泣き其涙

▼ やどう~ (6, 0.1%)

1 いふわけだい, したつてわけ, したの, したもん, だかと, ぢや

▼ やなんか~ (6, 0.1%)

1 きっとすてき, ぢや, でずいぶん, で変, よむかい, 会社へ

▼ やねんけど~ (6, 0.1%)

1 あの人, あんたど, あんた山手の, キュウキュウ云う, 日本間も, 東京へ

▼ やばかり~ (6, 0.1%)

21 では, で見物人, で酔っぱらい, 立並んだその

▼ やまた~ (6, 0.1%)

1 事かと, 事だ, 孔明が, 新に, 明白ならず, 自分と

▼ やよと~ (6, 0.1%)

1 いった, いって, それに, 俺は, 断わるの, 言ひ

▼ やかでは~ (5, 0.1%)

3 あるが 1 あっても, ありません

▼ やからと~ (5, 0.1%)

1 いふて, 思つてたつた, 言って, 言つて人が, 謂うて

▼ やつつ~ (5, 0.1%)

1 けちやつたり, けられて, けりや, ましげな, 何枚

▼ やとして~ (5, 0.1%)

2 自ら氣も 1 こ, ついたので, 自ら気も

▼ やと共に~ (5, 0.1%)

1 そろ, まだ幼い, 勝手の, 席にも, 食事の

▼ やねえよ~ (5, 0.1%)

1 かうえ, さう, 御府内に, 有撃, 親分それは

▼ やびな~ (5, 0.1%)

2 よ, よやびな 1 よと言う

▼ やべり~ (5, 0.1%)

1 したの, はじめた, 出した, 出したが, 始めました

▼ やものの~ (5, 0.1%)

1 いっさいを, 料理が, 相談が, 考えかた, 言いかた

▼ やわい~ (5, 0.1%)

1 この勢い, どうして判つた, 何を, 分つたらう, 坂口アンゴウといふ

▼ や~ (5, 0.1%)

21 なこの, なさい出世, ね

▼ や~ (5, 0.1%)

1 で分った, の山, よりかへせ, をも振り向かず, 片づけも

▼ や無し~ (5, 0.1%)

1 やお, やの數, やを彼, や九尺二間, や氣

▼ やかへ~ (4, 0.1%)

3 嫌やの 1 まし

▼ やけどなあ~ (4, 0.1%)

1 あては, あんた御, そないえら, 御ぜん

▼ やこそ~ (4, 0.1%)

1 こんなむごい, 宗旨を, 忠文の, 沈黙つてを

▼ やさん~ (4, 0.1%)

1 とぎやさんで, とぎやさんと, の足, わしも

▼ やすらかに~ (4, 0.1%)

1 して, なる, 逝ったが, 過ぐる

▼ やぜと~ (4, 0.1%)

2 浅はかな 1 此の, 母親は

▼ やどうも~ (4, 0.1%)

1 おだてられて, やつぱりお酒を, 可怪しい, 旦那方の

▼ やなどと~ (4, 0.1%)

1 やかましくなりたる, 仰山に, 工夫を, 私に

▼ やなを~ (4, 0.1%)

2 かけて 1 かけるに, このよう

▼ やにを~ (4, 0.1%)

1 ほそき竹きせる, 取つて, 拭いた, 拭きながら

▼ やねえと~ (4, 0.1%)

2 思ふだよ 1 いつたらわからん奴, つても

▼ やねに~ (4, 0.1%)

1 はいあがりやみ, ふる雨, 反響し, 火ぞ

▼ やねを~ (4, 0.1%)

1 ごらんなさい, のりこえて, 恋ひお, 見おろす午後

▼ やべか~ (4, 0.1%)

4 舟が

▼ やまず~ (4, 0.1%)

1 でコンナ, ぼくの, 後には, 数里の

▼ やよってに~ (4, 0.1%)

1 もう止めなさい, 会うて, 何卒その, 気の毒や

▼ やいつしか~ (3, 0.0%)

2 恥かし 1 耻かし

▼ やかが~ (3, 0.0%)

1 そこへ, よろしゅうおざろう, 見舞に

▼ やかは~ (3, 0.0%)

2 餘り 1 名の

▼ やかや~ (3, 0.0%)

1 とりこみつづきで, 大変乱雑に, 自分でも

▼ やがね~ (3, 0.0%)

1 これは, 朋友共の, 釜や

▼ やがのう~ (3, 0.0%)

1 どうした, もう一日, 一人暮しも

▼ やこと~ (3, 0.0%)

2 のね 1 には謙さん

▼ やこの~ (3, 0.0%)

1 五七の, 地へ, 槌の

▼ やじゃ~ (3, 0.0%)

2 ないか 1 ありません

▼ やだの~ (3, 0.0%)

1 お詣りだ, がんこ者だ, そのほかいろいろ

▼ やっけ~ (3, 0.0%)

1 えな, えに, えのけ

▼ やてな~ (3, 0.0%)

21 えらい不自由

▼ やどに~ (3, 0.0%)

1 つきました, 歸り, 着けば

▼ やども~ (3, 0.0%)

1 で多く, 盃に, 私たちが

▼ やながら~ (3, 0.0%)

2 結局は 1 自分の

▼ やなく~ (3, 0.0%)

1 双方木剣を, 帝も, 見せつけられる

▼ やなの~ (3, 0.0%)

1 さ, だし, ところまで

▼ やなんかで~ (3, 0.0%)

1 少し位, 村の, 東京の

▼ やなんて~ (3, 0.0%)

1 大造な, 失敬や, 花だい

▼ やにが~ (3, 0.0%)

1 一ぱい詰つてゐる, 出ても, 溜る

▼ やにはに~ (3, 0.0%)

1 捉へて, 斬つてうろたへぶり, 片足を

▼ やに対して~ (3, 0.0%)

1 彼は, 或る, 本能的な

▼ やに対する~ (3, 0.0%)

1 反撥である, 感激である, 闘争に

▼ やに関する~ (3, 0.0%)

1 固陋な, 学術的研究の, 解説の

▼ やねえぞ~ (3, 0.0%)

1 つて云つた, 動くと, 大變

▼ やねえの~ (3, 0.0%)

1 かい, がんだ, とれな

▼ やのうても~ (3, 0.0%)

1 女に, 市会議員の, 経験の

▼ やへの~ (3, 0.0%)

1 一針と, 使い御飯, 約束やぶっ

▼ やへん~ (3, 0.0%)

21 がなあんた

▼ や~ (3, 0.0%)

1 やした感じ, やっと情熱的, やと

▼ やまで~ (3, 0.0%)

2 ある 1

▼ やまア~ (3, 0.0%)

1 どうもお前, どうも不思議, 其処らには

▼ やわが~ (3, 0.0%)

1 十指は, 友, 泣く者

▼ やを通じて~ (3, 0.0%)

1 人柄から, 現われる極めて, 間接に

▼ や~ (3, 0.0%)

1 女が, 萩の, 誰も

▼ や~ (3, 0.0%)

1 ないかと, なかった, まいにな

▼ やうち~ (2, 0.0%)

1 にもさっぱり, わたす枯野

▼ やかって~ (2, 0.0%)

1 二時過ぎや, 美術品愛する

▼ やかなと~ (2, 0.0%)

1 ころを, むらひ

▼ やかにも~ (2, 0.0%)

1 声に, 聞え如何にも

▼ やかも~ (2, 0.0%)

1 い, わからないよう

▼ やからとて~ (2, 0.0%)

1 店を, 水飮み

▼ やかを~ (2, 0.0%)

1 私に, 見聞きする

▼ やがってな~ (2, 0.0%)

1 甘いもの, 私今晩喧嘩しまくっ

▼ やがなあ~ (2, 0.0%)

1 こちの身内に, しようまいか

▼ やけどな~ (2, 0.0%)

1 ア, ハ

▼ やけどナ~ (2, 0.0%)

2 わいは

▼ やけれどな~ (2, 0.0%)

1 そこまでは, 紅梅派の

▼ やけれども~ (2, 0.0%)

1 こ, もう辛抱

▼ やさかいと~ (2, 0.0%)

1 これも, 言ふ

▼ やぜに~ (2, 0.0%)

1 あふひの, 箱から

▼ やそら~ (2, 0.0%)

1 恐ろしいくらい, 骨壺みたいだす

▼ やそんな~ (2, 0.0%)

1 こと, はずは

▼ やぞという~ (2, 0.0%)

2 顔で

▼ やたち~ (2, 0.0%)

1 が生み様, につっつきまわした

▼ やつらき~ (2, 0.0%)

2 きゃあしねえだ

▼ やである~ (2, 0.0%)

1 やつぱり歩, 彼等は

▼ やでも~ (2, 0.0%)

1 そういう感違い, なく不

▼ やといった~ (2, 0.0%)

1 いわばどうでも, さまに

▼ やといふは~ (2, 0.0%)

1 フアビアニ公子の, 女の

▼ やとしても~ (2, 0.0%)

1 お上の, どつち

▼ やとても~ (2, 0.0%)

1 詩は, 駄目だ

▼ やとばかりに~ (2, 0.0%)

1 坐りし人, 後の

▼ やとまで~ (2, 0.0%)

1 恨み初めぬ目科, 狂たり

▼ やどうしても~ (2, 0.0%)

1 転地せ, 隱れ

▼ やどへ~ (2, 0.0%)

1 お入り, まいりたがいに

▼ やどんな~ (2, 0.0%)

1 方だい, 狸でも

▼ やなどを~ (2, 0.0%)

1 持ち込む, 確かめて

▼ やなり~ (2, 0.0%)

1 ぬる, まへん

▼ やにおいて~ (2, 0.0%)

1 あつた, かえって著しく

▼ やについては~ (2, 0.0%)

1 それぞれ工夫が, 人の

▼ やにに~ (2, 0.0%)

1 そまった黒い, 染まり頬

▼ やにの~ (2, 0.0%)

1 中にさえ, 匂いが

▼ やにわと~ (2, 0.0%)

1 変な, 降って

▼ やねえかと~ (2, 0.0%)

1 いふこと, 口の

▼ やねから~ (2, 0.0%)

1 この小屋の, ほそいじょうぶ

▼ やねは~ (2, 0.0%)

1 神或は, 興言台の

▼ やねへ~ (2, 0.0%)

1 はしごを, やっぱり二本

▼ やねェ~ (2, 0.0%)

1 だ, ですか

▼ やのば~ (2, 0.0%)

2 あやん

▼ やのみ~ (2, 0.0%)

1 もので, ものや

▼ やはと~ (2, 0.0%)

1 三分二を, 手うち叩き人呼び

▼ やはは~ (2, 0.0%)

1 だに, だの

▼ やへえ~ (2, 0.0%)

2

▼ やへは~ (2, 0.0%)

1 其前に, 高村光太郎先生も

▼ や~ (2, 0.0%)

1 のした, 舞ひとの

▼ やよか~ (2, 0.0%)

1 たつて, つた

▼ やよく~ (2, 0.0%)

1 よくたちの, 光る小刀

▼ やよし~ (2, 0.0%)

1 死んでも, 降らにや

▼ やよほど~ (2, 0.0%)

1 好え給金, 面倒だ

▼ やよりも~ (2, 0.0%)

1 南玉の, 早く店

▼ やをもって~ (2, 0.0%)

1 おかみさん, 出かけるのよ

▼ や~ (2, 0.0%)

1 が行く, した雪洞

▼ や~ (2, 0.0%)

1 もう一ぺん, もう一ペン

▼ や全く~ (2, 0.0%)

1 の他, 蒙古

▼ や~ (2, 0.0%)

1 の茶屋, は拔

▼ や~ (2, 0.0%)

1 特別だ, 缺乏や

▼ や~ (2, 0.0%)

2 より久し

▼ や大した~ (2, 0.0%)

1 ものぢや, もんさ

▼ や或は~ (2, 0.0%)

1 にひみ, 山僧君の

▼ や有難う~ (2, 0.0%)

2 御座いますけれど

▼ や~ (2, 0.0%)

1 介, 介も

▼ や~ (2, 0.0%)

1 の疑問, をもついで

▼ や面白~ (2, 0.0%)

2 さうだ

▼1* [221件]

太一さ, やああしよや, やあけ給はむと, やいいよ, やいかにと, やいやよ, やいよいよおあつらえ, やいろいろ薬代その他は, やうといつたさ, やうとからかひかかる, やうわねさあ, やせ, や味方の, やおおぜい, やかさ優しさ, やかしかつた顏が, やかでこそあれ安らか, やかという点において, やかとかふは, やかながら現在の, やかににほやかに, やかには聞かず, やかにもの云ひかくる, やかのやほこりか, やかべは道しるべには, やかべをたたきまわって, やかまを買っ, やかやら見積つて見る, やかよを乗せようとは, やからでもまだ鹿島灘, やからなまそこで, やからなんぞまたぼろい, やからねえこいつは, やからわつといふ, やかんなくずやにす, やがかかつてう, やがって何, やがななどと冗談を, やがなナナこれ長吉ツどんナ, やがはえなす, やがナ此前牛飼君が, やくいながら, やくらいだね, やけどと有るの, やけれどの濡れた上衣, やる葉, やげに買って, やこう七, やここに涼まん, やこら二階の, やさかづきは, やさかいとかと言ふ, やさかいなともう七十, やさかいの一言を以て, やさと調子を, やさという様な, やさながら常世の, やさのよいやさの, やさん料理人前者はおし, やしなはなけれ, やしなはんとなら, やしもッと, やすぐ其処らの, やすらかだ, やすらかであつた, やすらかな一夜で, やすらけき, やすらへなう少女, やすらも報告する, やすると耳を, やそうやそう, やその啄みを, やそもそも一体全体, やぞやお懐しい, やだから家中の, やてなああんたみたいに, やてにい, やてを除けかしこ, やでありそのとなり, やです一時ドウかと, やでな私が, やでないのが, やでね従兄妹同志という, やでほがらか, やというについてはすこぶる議論, やというはそれは, やというばかりである, やといふのはいふまでも, やといふもあり, やとかいうことで, やとかいふ名に, やとかの道具方を, やとかへつて奇異の, やとばかりのここの, やともやつき渡る朝霧, やとを自ら量り知る, やとんだ所で, やどういうわけだい, やどうにも仕かた, やどうも少し飯を, やどの馬でも, やどをいで, やなぁと思いながら, やなかなか良い品ぢ, やなし許させ給, やなてへへん嬉しく, やなといったような, やなとか何とか云っ, やなとの阪の, やなどが大勢集つてゐ, やなどは今でも, やななかまどや, やななどと彼は, やなのね苦労は, やなはタメトモかね, やなも気の, やなやでやってたよ, やなわの切れはしを, やなんかはわしも, やなんかを知りたくつて實, やなんぞで何んの, やなんぞのもったいぶったむつかし, やなんぞを売り払って, やなんらの友情, やなーいと, やにかけもどって, やにてどうも面白から, やにで茶色に, やにでも包まれたよう, やにともう一つ, やによりエッケルマン, やによりましてやっと, やによるので, やに対するには却って権柄, やに関して一場の, やねえかな明日まで, やねえかなどと言つ, やねえかなんて出つから, やねえかねえ不具, やねえかよけつに, やねかもぢを, やねと言ふもあり, やねのうへであさまで, やねへも陛下から, やねやを入れるに, やねんぐらいやもん, やねんなア, やねエか老母付きか, やのできもの大分よろしい, やのとしより, やのとて衝と, やのわずらひに, やはに暮れもか, やばと音を, やばりで適度, やひそひそばなしが, やふりかたしこの, やべとやばぬ, やべというのは, やほうやれほといふ, やほしわ, やほんとに俺は, やほんの僅ばかり, やまあどうした, やまたは種々の, やまだ新しい本, やまでもみんなわしの, やまるで伎樂の, やものがひとりでに, やものトラックは来ん, やよう知りませんけど, やよしや若殿何負けむ, やよもただ事の, やよやいかにと, やわいと思つて老, やわざわざ茶利を, やわという娘たちの, やわなんて人前で, やをののく寒雀, やを通してアマーリアの, やゴミの無い, やハア先生許の, やヨー涙も, や何だい唖, や何でこんな唖, や何やらでつい, や使走りの他, や其の他の, や勝手もとの箒, やいけん, や否応なく太郎, やを思ひ切る, や嬉しき情の, や寧ろ宇宙間に, や小さ人, や少し馬鹿よ, や少しく腰を, や常にこれを, やれを, やや, や我が眼過ぎぬる, やか海, や早速手術せんならん, や本当に昔の, や楽しさを, や権六が起つなら, や死骸がうきだし, や永く保たる, や汚い雪だ, や決して怪しい者, や無鉄砲さや貧弱さ, や然し却つてお世話に, やのすみ, や疾くにやつ, や痛かんべえ, やでかぶりつく, や無え, や働車に, や調ひを, や電燈ともる車井戸, や鼠穴の巣