青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゆる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ゆえに~ ~ゆかない ゆき~ ~ゆきました ゆき子~ ~ゆく ゆく~ ~ゆっくり ゆっくり~ ~ゆる
ゆる~
~よ よ~ ~よい よい~ ~よう よう~ ~ようす ~ようやく ようやく~ ~よかっ

「ゆる~」 4772, 52ppm, 2251位

▼ ゆる~ (202, 4.2%)

4 いたらむ, 似たり 3 何も, 至れり

2 [12件] あらずや, お關, きしめく夢殿, しても, つけても, 及んで, 合議制度を以て, 忍びがたく, 月の, 漕ぎか, 立憲政府を以て, 至りぬ

1 [164件] あらず, あらずまた, あらず晴, あらず牢獄, あらで光, あるか, いたるに, いたるまで, いたるもの, いたるを, いたる時, いたる途, お関, かうべを, こは, これを, さては中川様の, さも, したがって, したん, しづしづと髪, しとしと, しるしみよし, そのす, その短き, その餘, それそれその, ついで, つけて, つねの, はさほど, ひた走りし, ふさは, まかせるだらう, またここ, や, やと, よし, マキアベーリ主義を以て, 人の, 仇心浮き, 他邦, 仰げば, 任す門, 任せようといふ, 任せ草莱, 伯爵を, 似たりき, 似たりと, 何とか種々樣, 何を, 侮辱を以て, 倉子は, 先だってまず, 再び眠りたく, 初めてこれ, 到ったの, 加はると, 加賀の, 博士の, 及ばずして, 及ばず痩癈, 及び自分死, 及べるころ, 反し天体, 口を, 名提督李舜臣, 名馬に, 善を, 喚き天, 喩ふれ, 國家を, 堪へたり, 外ならず, 如かずと, 妻君熱心に, 嬉しやと, 寝なまし, 小生の, 少しの, 峰越の, 常に生命, 幾条の, 弓矢持つべき, 彼の, 從つて人類次第に, 從ひ, 心付き試み, 恩を以て, 悪を, 愚弄を, 感情の, 拘らずなお, 日は, 早く思い定めよ, 春風暖く, 暇なかりし, 李を以て, 樹木を, 残忍無残な冷めた, 毒無法の, 毒風肌を, 濃く白き雲, 煩悩を, 瓊, 異ならぬが, 異ならんや, 白丁の, 白岩を以て, 白砂の, 目を, 相手を, 相違ない, 神林の, 程あらじ, 等しい, 紅リボンの, 緩でありました, 罵倒を以て, 義を以て, 耐りかねたる, 脇を, 自分の, 至った, 至ったそれ, 至ったの, 至つてはじめて, 至りしかば, 至る, 至るまで, 至るまでに, 至れば, 莫大な, 薄黄ばみたる, 行くにも, 襄平侯左将軍の, 覺えず, 許容を, 話して, 読書の, 譬へ, 譬へたり, 越えられぬ人為, 足るほどの, 軽業師の, 近い薄, 近かき老, 近き老, 近し, 近づくというは, 連れ, 違ひない, 適して, 適は, 都鳥も, 金之介は, 難きお, 難儀な, 雰囲気および, 非ず, 非ずや, 響き, 頂まで, 馴れし木曾川

▼ ゆること~ (194, 4.1%)

9 なし 7 あり 6 がない 5 難し 4 がある 3 はない, は無い, を得 2 あり光悦, ができません, が出来ない, なき空, なくし, なければ, のない, を知らない, 往々度, 無きに

1 [134件] あたかも彗星, あたかも火打鎌, あらず, あらん, あり強いて, あるべし, あるよし, いと深けれ, いと遅き, いまだ五十度, があったら, がありました, がありません, があろう, ができない, ができます, ができよう, ができる, が出来た, が出来ぬ, が出来る, が折々, が有る, が次第に, さながら諸, さながら雪花石, そう多く, そして彼, で, でありましたこの, であるが, です, と器聲, なからん, なかりき, なかりしかかる, なかりしが, なかりしといふ, なかりしに, なかるべき危険思想, なきを, なき地獄, なき情熱, なき未来, なき永遠, なき生活, なく, なくうけつがれ, なくまた, なく働き, なく其, なく安ら, なく安息, なく幸, なく忽ち, なく点され, なく燃やし続けられた, なく筑波山, なく退屈, なく進みゆく, なけむ, なしと, なしに, ならん, にあった, にした, について少し, になつ, によってである, に努むべ, に過ぎない, のあるなるべし, のうれし, のでき, のできなかった, のなかっ, のなかつた, の如く, の我, はあらず, はあるまい, はこの, はできない, はなかるべし, はならぬ, はホン, は出来ない, は到底, は多く, は多し, は彼, は殿, は絶対的, は誰, また汝, もあつ, もあらざるべし, もある, もあるべし, もあろう, もなく, もなにもかもよく, も遅く, やまざりき, わが他, をせざりし, をちょい, を云つて, を得ざりき, を得ず, を得ずん, を得た, を得べき, を擧げ, を求め, を目的, を知らずし, を許され, を辞せなかった, 多かり, 多き能感, 少き能觀, 少くし, 少く叙情詩, 抑も, 更に五千尺, 無くば, 甚だ忙, 甚だ難し, 約一時間, 能わざりし, 能わざるに, 能わざる可, 頻なれば

▼ ゆる~ (146, 3.1%)

3 何の, 即ちこの 2 その時, 上野の, 二十句に, 奇観なり, 彼方の, 本斗, 樅栂の, 檜の, 殿の, 黒き衣

1 [120件] あたかも水, あらじ彼曰, あられ降りつつ, あれが, いくばくかこ, おた, げに古りし, ここの, この秋, この附近, さもあれ, その根本, ただ波, なお漢説, のんきな, まことにめでたい, まさにその, わが木霊, アンドライモーン生める, インド人は, カカカカと, カッシオなり, グリエルモといへる, モルタアルビアに, 一一四七年に, 不審の, 世の, 乾隆三十七年, 二事二物を, 人の, 人生の, 件の, 伝教大師以来の, 何ぞ, 何等の, 全くの, 全く呪文, 其倫を, 其南方起原を, 其方の, 决し, 凱歌を, 別に道理, 前述異様の, 勢ふ, 勿論の, 即ち信仰, 即ち天地自然陰陽, 可愛けれど, 君が, 君の, 呪文そのものの, 哀れ緑なす, 唯だ, 国の, 国乱の, 土河内村なり, 坊主に, 大洞のをや, 大軍の, 天上界下に, 太息吐く, 奇だ, 奧の, 奧妙不測の, 如何, 妹なら, 姿その, 実は蹄, 寝惚れたる女, 寧ろ動物神性, 専ら鼠害, 小さきわが身, 小荷駄の, 常布滝, 平遠, 彼れ, 御札の, 徳を, 思い掛けぬ処, 怪むべし, 愚か島津重宝の, 戦か, 指と, 日の, 月球なり, 本丸であろう, 枯草のみ, 次の, 歌の, 此奥に, 河鹿の, 泛, 洵に, 湖水なり, 火酒か, 牛の, 猛獣の, 甚だ謂無し, 生理上当然, 畢竟富士山, 眞か, 社会自らも, 筬うつ音, 納受の, 編輯室には, 若しや, 落人にや, 虔ましい, 衣に, 西京辺の, 論を, 鍛冶屋橋, 雨なり, 雪白なる, 霰の, 非常を, 非常態, 頭より, 頭巾の

▼ ゆるもの~ (145, 3.0%)

6 あり 4 なり 3 であるから, では, にし, を

2 [13件] かは, がある, が皆, である, でない, とする, ならば, にあらず, は門, も, もある, を犠牲, 亦少なき

1 [97件] ありと, あるは, あるを, かしからざれ, かも, からなほ, から当代, から當代, があつ, がけっして, が国民道徳, が実際, じゃがさて, だと, だよ, であった, でありたい, であるといふ, であれば, であろう, であろうと, です, で印象, としいえ, としいへ, とては山々, とては遠く, とては鉛色, となし, となつ, となり, と気の毒, と氣, なければ, ならず, ならん, なりと, なること, なるべけれ, なるを, なれば, にてこれ, にてすなわち, には大, に候, に対する彼, に平民精神, に類する, の最, の根柢, の由, はあたかも, はただ, はとほ, は人, は人間, は何ぞ, は公式, は其水, は原因, は少く, は思ふ, は時計, は松, は猶, は現象, は砂ほこり, は茂る, は見, は風の音, は鳥, ほど多く, もなくなっ, もよき, も全, も凡て一個, よりも遙, をかっさらわず, をも汝, をより, を原形, を征服, を愛づ, を抜き, を抱きしめ, を持たぬ, を灰, を焼き, を犧牲, を蔽, を造り出し得る, を離れ, 即ち是, 多しわれ, 最も詳, 有る上, 無し

▼ ゆる~ (131, 2.7%)

17 である 43 であります, です

2 [11件] お嬢さん一人を, が常, だった, であった, であるが, では, は水面, 事功ありし, 健康は, 太甚しきや, 懿徳良能を

1 [82件] おもしろみあるべき, かしら瞞, がその, が一つ, が叶わぬ, が唯一, が彼, が有ります, じゃ, だつた, だろうかと, ぢや, でありますから, であるから, であろうと, であろうよ, でした, と同じ, に危険, はかかる, はこういう, はどうしても, はどの, はカレドニア, は少し, は当然, は快い, は旅人, は棚田, は橋場, は此, は此削壁, は渚, は矢張印度洋, は私, は秋, は空気, は遺憾, は馬, も我, も自殺, をタマシイ, を人, を掴む, を撫で, を眺むることもできず, を聞きました, 例に, 力ある, 可哀, 名詞法である, 外ならざれ, 外他, 媒介場と, 寸志にて, 形と, 心を, 心をさえ, 悲哀は, 情に, 意で, 意は, 挙に, 擧に, 日に, 日においては, 時が, 時なき, 期なき, 栄を, 機會に, 状を, 理由も, 礼として, 秋を, 精神に, 薄儀に, 言を, 譽を, 趣味を, 道も, 間もなくて

▼ ゆる~ (79, 1.7%)

3 待って 2 いふ, 可愍, 急に, 見て, 見る

1 [66件] いう, うれしや, おぼえ情, お糸, さな, しれり, せずと, ば火の, みなの, りかどに, りごと, 下より, 京都にては, 人々羨む, 口吟み, 向火, 四寸は, 女に, 始めとして, 守り自分, 定家卿かなし, 寿詞とも, 常として, 幸に, 待ちて, 待つて, 得し植物, 得ず, 得たり, 得ば, 得るのみ, 得んや, 心あてに, 心とも, 怪しとおも, 恥じて, 感じ天, 我は, 捨てた角, 最初と, 猶聴かで, 畏るべし, 目送し, 相圖, 筆先鈍り, 耐忍せり, 聞いたり, 聞いて, 聞きて, 聞き開き視れば, 落つると, 虞れ, 要せん, 見ず, 見た, 見たり, 覚えるの, 観たが, 認められなかった事実, 認められなかつた事実, 識らず, 述ぶ, 追う王子, 遙に, 願は, 馬耳に

▼ ゆるよう~ (77, 1.6%)

4 になる 32 なこと, な眼, な音, になり

1 [62件] だが, だぞよ, だった, であるが, でほとんど, な, なこの, なもの, な一念, な二つ, な光, な友染, な唇, な四つ, な山つつじ, な山なみ, な工風, な帯, な得意さ, な心, な心持, な恋, な憎しみ, な憎悪, な撫子, な文壇的野心, な朝日, な残念さ, な気, な流瞥, な演説, な無念, な熱, な男, な目, な瞳, な社会主義, な紅, な緋房, な美し, な野蛮, な金襴, な顔, な風景, な鮮紅色, に, にとこそ願うべき, になった, になりました, になれり, に両, に仕構え, に咲き乱れた, に問い, に声, に影, に感じ, に果てなき, に見えた, に赤く, に輝, に随分

▼ ゆる~ (61, 1.3%)

3 如くに 2 しきりにかゆけれ, ゆゑに, ような, 降りしきる鷺

1 [50件] あり, お糸, これぞ, これも, これ必ずしも, さて千種殿, しばし止みたる, その実意味, それでも法言, それは, ひるがへ, まあまあ案じる, まだ汽車, むとせしかども思ひ, む此の, ようで, ように, 三国鈴鹿などの, 上に, 不審に, 不思議と, 中に, 中を, 主君として, 他人の, 他家と, 佛教の, 僕は, 儘なりき, 同時で, 君勇女史の, 大高城, 奇怪な, 実はまだ, 将監からの, 岡の, 故に, 故に他, 故に螺旋環, 是れ, 月の, 末には, 泣はらしたる, 爲に, 猶更に淋し, 自然は, 裏面には, 謙信公の, 適して, 骨の

▼ ゆる~ (50, 1.0%)

2 いう, 云ふ, 片側は, 言ふ

1 [42件] いうより, いふ, いふこと, おなじくあ, なく, ひとしく病人, ほりである, われは, われへ, リップが, 一同は, 云つたら, 云ふなら, 今迄, 何処からとも, 信じて, 共にまた, 共に消え去る, 其苦さとにて, 十三度目の, 又新た, 同じよう, 同時に肩, 否とに, 地に, 夜中安眠の, 女童や, 安達君の, 弘法大師以上の, 思いも, 意気ご, 感ずなり, 昔の, 申せそれ, 直に癒, 答えました, 背後を, 自ら外部の, 言う, 言ふ懸け, 評する如く寧ろ, 過し年伊納沢吉

▼ ゆる~ (47, 1.0%)

2 なし, のない

1 [43件] があ, があったら, がある, があるだろう, がならぬ, が大層流行, その板画, と, となった, なかりき, なく悪夢, なく悲しきを, ならぬから, になっ, の出, はない, はなかなか, はまれ, は一月初め, は出来ぬ, は或, は曾, は本統, は私, もあった, もあれ, もない, もなき, を好む, を得ず, を得べき, を忘れ, を生涯, を知ら, を知らせ, を知らなかった, 多い中, 多からず, 宜しければ, 宜を, 少なし之, 無く童, 甚だ少なき

▼ ゆる~ (46, 1.0%)

2 に於

1 [44件] あらずと, あらせじと, あり聞こえか, があります, がない, が來, が無, この二タ股野郎覚悟, である, なきなり, なき荒っぽい声, なくば, なく丑, なく仇, なく信仰, なく折々, なく鳥部山, なし, なり, なるべし, なれ, においてどうして, に出, に悪魔, に比すれ, に生れ, に生れました, に遇, の事, はこない, は一間, は之, は何れ, は味, は尋常, は必ず, は百獣脳裂, は空, は英会話, は鉄網, は随分, もない, 来れと, 迫れば

▼ ゆる~ (46, 1.0%)

83 の中 2 のごとく, の光, の国

1 [29件] が昼間, が鍋, とこそ生, なりうつくしく, における如くなるべし, のたちまち, のほのぼの, のよう, の夜, の如く, の山, の山淺間山天, の火中, の火先, の火立, の炎中, の焔, の焔なす心, の花, の蓋, の袖, の雨, は彼, ばかり見つめ, もあり, を, を内, を袋, 又は火神

▼ ゆるところ~ (44, 0.9%)

3 がない 2 に, のもの, もなく

1 [35件] ありともせむかし, がある, だった, である, で奇麗, といへる, なる道, にある, にいたれる, にし, にとむれ, になく, にむかへり, により暴行, にミケーレ・ツァンケ, に來, に火, に黒き, の悪, の最初, の氣, の獅子, の都会的音響, の都會的音響, は他人, まで我等, まで来, まで来し, も大きかっ, をも見せ, をも見せたまわずや, を行はん, を西峠, を言, 単に消極的

▼ ゆる~ (42, 0.9%)

2 その実, 子細あり, 彼れ

1 [36件] あり, ありばらばら, あり十とせ, あり或は, いとわぬが, おもしろし, おろかなりや, かえって寂し, かかる差異, ことわりなりと, そのはじめ, やみたり, 下女に, 何ごとについても, 及ばずである, 哀れなる, 多少の, 女学校の, 如何とも, 妨げなきもの, 実は会社, 実際に, 少しも, 尤もだ, 朝夕は, 橋の, 水旱の, 決して左, 理なき, 眼光の, 瞬く間, 礼式には, 精神作用の, 虚空に, 逃走の, 闇夜を

▼ ゆるやう~ (33, 0.7%)

2 なり, な恋

1 [29件] だが, な, なタイア染, な反抗心, な唇, な商主, な失敗, な得意さ, な憎しみ, な憎悪, な摩西, な激しい, な熱, な熱心家, な生存慾, な蒲団, な青葉, に, になつ, になりぬ, にほき出した, にもな, にキラキラ, にニヤリ, に寫せり, に感じられ, に言, に輝, の笑

▼ ゆる限り~ (31, 0.6%)

4 は桜 2 の野, の青草, はすべて, はといふ上, は櫻

1 [17件] かかる記念像, のところ, の山河, の日本, の東, の青葉, は, はただ, は同じ, は水, は灰, は白妙, は進歩党, は進歩黨, は雪, 乗らずに, 押し竝ん

▼ ゆるばかり~ (29, 0.6%)

2 である, です

1 [25件] かかる光景, だつた, だという, であった, であつ, で如何, なり, なるに, なるを, なる満開, 仰いで, 冷たそう, 凛として, 切な, 口熱の, 床低く, 撓まぬ膚, 春は, 海水浴に, 盛んなる, 眞黒に, 真黒に, 遂に巾幗, 雲も, 高く聳

▼ ゆる~ (28, 0.6%)

2 に御座候, はよし

1 [24件] あり, ありか, あり何ぞ, あり誠実忠信, がござった, が紙, すら, その世, だお, というべし, といえ, どやゆる, なし, ならん, のみなれ, の説明如何, は其罪, は助けおく, は斬らん, よ, よ汝, を二種以上享, を神, 心得べきなり

▼ ゆる意味~ (27, 0.6%)

11 に於 10 に於ける 2 で世界 1 での神秘主義, で内部的, で恐ろしく, に於け

▼ ゆるまで~ (23, 0.5%)

1 [23件] かかる紳士, こころな, このばば, ものの余りに白, 一人で, 傾いた舷, 圓髷を, 抜衣紋に, 斯る, 日に, 浅く踏ん, 生きたれど, 目送した, 空蒼く, 美しきは, 耳を, 胸を, 蓮葉に, 薄くなり, 見送った, 見送りて, 評論などの, 近づきて

▼ ゆる~ (23, 0.5%)

2 ぞまた, に琴, よ

1 [17件] お蘭, から始まっ, か過ぎし, が次第に, こそ待っ, ぞなつかしき, なり, に就き, の彼方, の薄, の限り, はわが, もある, も夕, を, を竣, 悩ましく馬車

▼ ゆるその~ (20, 0.4%)

2 澱んだ眼, 眼眸, 膚に

1 [14件] 刹那こそ, 厚氷, 子も, 山ざくらの, 形態を, 態度と, 時わかぬ, 月かしら, 月の, 次に弟, 濃藍色の, 辰巳風俗の, 金光を, 鼻の

▼ ゆる~ (20, 0.4%)

3 否や, 彼は 2 いかに

1 [12件] 其音懼る, 否ポッ, 山桜, 張巡は, 彼も, 春の, 煙たつむろ, 玉の, 男くさ, 請ふ, 間もなく夢, 鬚長じ

▼ ゆる~ (20, 0.4%)

4 と茂太郎 2 の拗ねた, の病床

1 [12件] であるという, という娘, とは面, の姿, の室, の手の甲, はマドロス, は歯噛み, は涙, は無し, は駒井, を引き立て

▼ ゆる~ (20, 0.4%)

2 の井

1 [18件] ありそれ, である, で戸倉界, にはこの, にわが, に漠然と, に罪, の中, の中腹, の大き, の如く, の秀, の肌, の魂, は, はいや, へ続く, を指す

▼ ゆるのみ~ (19, 0.4%)

4 である

1 [15件] されど人声, だったが, であつ, であります, ならずかの, ならずしきりに, ならず其弟子, ならず記憶力, ならんや, なりしかど, アエネアスが, 但しこの, 四辺は, 私は, 青春の

▼ ゆる~ (19, 0.4%)

2 に非

1 [17件] かそんな, から昔, である吾等人間惟, なかりし也, なきを, なく佐久間, なり, にし, のない, の多い, は確か, ふさげの, へその, また相, もあり, も有, をそのまま

▼ ゆる~ (18, 0.4%)

5 せに 2 あつく

1 [11件] そちにも, やい, りがね, 否か, 存ぜぬが, 後代の, 東京の, 汝に, 玉蘭の, 自己が, 鐘の

▼ ゆるという~ (17, 0.4%)

2 のである

1 [15件] ことだ, ことなく, ことは, ことを, のか, ような, 意味で, 感じと, 方が, 素志に, 結果より, 花の, 蒼海原は, 蕉園の, 言葉の

▼ ゆる~ (17, 0.4%)

1 [17件] がおこった, がきこえた, が起りました, だけはいつも, とほく来れ, の力, の猫, はする, はまさしく, は文字, もかく, もすさまじい, やまず, を出し, を聞き, を聞きました, 騒がしくとても

▼ ゆる~ (17, 0.4%)

2 が騒ぎだす, は

1 [13件] でおります, と罪, に, の一暼, の持ち, の暗, は少し, もあつ, もあらね, を以て再挙, を犠牲, 媚びるまなこ, 澄み徹る

▼ ゆるので~ (16, 0.3%)

11 あつた 1 あつて, あらうかと, ビックリし, 今まで, 辛うじて秘か

▼ ゆる~ (16, 0.3%)

2 はあらざりき

1 [14件] あり, が色んな, と知られず, なり, にいと, に向, のあと, の声, の悦び, の言葉, は殆ど, みしりを, を我, を解放

▼ ゆる~ (16, 0.3%)

2 厦も, 藤棚の

1 [12件] 円盤の, 勘定の, 圓盤の, 悦を, 慈悲の, 掾国香どのの, 火鉢へ, 草原に, 觀の, 馬場を, 魚を, 鼓かな

▼ ゆる~ (16, 0.3%)

2 のかをり

1 [14件] から淺, が失はれた, なくた, に似ず, に徹底, に歡樂, の外, の混沌, の矛盾, の香, は総て我敵, への冷酷, もあり, を肯定

▼ ゆるとも~ (15, 0.3%)

2 また見

1 [13件] いまは, さるべき縁, その時, ない薄, なく出, なく消え去り了ん, 及びませぬ, 可なり, 妾の, 当人は, 心は, 覚えず心, 覺えず

▼ ゆる場合~ (15, 0.3%)

2 もある

1 [13件] なるべし, にこの, には藝術, に公正, に於ける, に浸み渡った, に浸潤, に詩人, の分類, の根本的, もあり, もあります, よりも放庵

▼ ゆる方面~ (15, 0.3%)

2 に於ける

1 [13件] から入り込もう, から引出せる, から迫害, に亙り, に力強く, に向っ, に革新, の信念, の力, の死, の防禦, の面目, を通じてこれ

▼ ゆるため~ (14, 0.3%)

2 におのおの, に密か 1 かの時, であること, にはあまりに, に人間, に女, に婆さん, に店葬, に王, の労働, の美しい

▼ ゆるとき~ (14, 0.3%)

1 [14件] がない, が訪れる, には極めて, に二つ, の, は一色, は其藝術, は左, は徳教, は火, は蠅蚋なんど, ふと唇, も塔上, 忽ち又

▼ ゆる~ (13, 0.3%)

1 [13件] だけれど, なその, な寒気, に探し出し, に照り, の友情, の季節ゆえ, の興奮, までも, 光り輝く黄金色, 凝と, 大なり, 盛んに

▼ ゆる~ (13, 0.3%)

2 なし, もない 1 なき打傷, なく枯野, なく汲み, なければとて, などほ, にぞありける, のみが人, の無い, も無き

▼ ゆるかと~ (12, 0.3%)

2 許り 1 すれば, 問ひし, 思えば, 思はる, 思われるもの, 眩しき帯, 眩しき帶, 聞えたり, 覺ゆ, 駿河町

▼ ゆる~ (12, 0.3%)

2 っしゃい 1 ういへ, えようよう, なん, ばいかに, ば父, へある, ま, ま罪障, るる幸福, るる物

▼ ゆる~ (12, 0.3%)

5 かし 1 かし安藤氏, かし龍華寺, かし龍華寺の, とく狩り出せ, ッ, 介抱致せ, 汝等こ

▼ ゆる~ (12, 0.3%)

1 [12件] あり, があつ, にいたれり, にその, にてほ, にヅエラ, に別に, に着けり, は漁夫ども, より蘆薈, を指し, 我が爲め

▼ ゆるにぞ~ (11, 0.2%)

1 [11件] ありける, いよいよ近, お通, この人, これまた, さらば助, 意気激昂し, 気も, 激しく往時, 要こそ, 談話は

▼ ゆる人間~ (11, 0.2%)

1 [11件] が事実立脚, が何時, が枯淡, が準拠, という人間, に共通, に凡, に在る, に対しておそろしくりん, に対する強, の姿態

▼ ゆる~ (11, 0.2%)

2 から来 1 いと可笑しく, と仰し, に例, に裏口, の小屋, へ, より優陀夷, 凄艶寧富松, 頗る意気

▼ ゆる~ (11, 0.2%)

2 の色 1 となり, に思想, のひそみ, の火剣, の火車, の輝き, は吾が, も我, をあたり

▼ ゆる~ (11, 0.2%)

2 の中 1 であった, となる, との間, に似, のアンナ, の傷ついた, の炬火, を通る, 新しき日

▼ ゆるほど~ (10, 0.2%)

1 いとよろこばし, これを, でございます, なの, な兵, な武功, 外はかへ, 打, 村落は, 穴の

▼ ゆる~ (10, 0.2%)

2 である, の垣, は風 1 の更け, の月見草, は峰, を

▼ ゆる~ (10, 0.2%)

1 と匂, と強き希望, により, に應, の刺戟, の告白, の火, の目的, をわが, 亦愈

▼ ゆる~ (10, 0.2%)

2 のやさし 1 がない, さえあらわし, にはいかなる, に黄金, の白, の連彈, は皆, も紅

▼ ゆるこの~ (9, 0.2%)

1 たびの, 岡うる, 思ひをば, 朝け, 群の, 群れの, 花の, 若い心, 長谷天皇の

▼ ゆる~ (9, 0.2%)

1 で飽かずおん, にわかき, に宙, もひたと, や凄, を, を光らせ, を相手, を遠く

▼ ゆるなき~ (8, 0.2%)

2 に至りし, の末路 1 ものは, を得, ヘープァイストスの, 波濤の

▼ ゆるなり~ (8, 0.2%)

1 その声, と答, アルミダの, 九七, 光あまねき, 再昨年, 我は, 我跡弔ひ

▼ ゆるまでに~ (8, 0.2%)

2 結做したる 1 二日三日はか, 呆れたり, 成りたれば, 源平島と, 紅なる, 結なし

▼ ゆる~ (8, 0.2%)

21 ともなら, なれば, のかげ, の乱, の掟, も何れ衰

▼ ゆる文学~ (8, 0.2%)

2 はわれら 1 だけしか扱, とその, と異なる, に無関心, の方向, は理窟

▼ ゆると共に~ (7, 0.1%)

1 いつのまにかあたり, ジエンナロは, 人は, 又其明徹, 本船を, 私は, 若かった

▼ ゆるには~ (7, 0.1%)

2 暴を以て 1 地の利を, 昔より, 暴を, 煮て, 足らないが

▼ ゆる~ (7, 0.1%)

4 の花 1 の上, の辺, や森

▼ ゆる~ (7, 0.1%)

2 を見る 1 のしら雪, の妾, の白雲, の雪, 即ち竜バミ山

▼ ゆる~ (7, 0.1%)

2 のえ 1 とたきこめ, と熱き, の夏, の身, を晴

▼ ゆる思い~ (7, 0.1%)

2 がした 1 が一人, に比, の煙, を, をじっと

▼ ゆる感情~ (7, 0.1%)

1 から浄め, のニュアンス, の一定, の旋律, をも甘えさせ, を喪失, 例えば怒り

▼ ゆる~ (7, 0.1%)

2 の夜, の水 1 ならず夕焼, の緑, の野

▼ ゆる~ (7, 0.1%)

2 な紅 1 である, なること度, なれば, な好, な言辭

▼ ゆる~ (7, 0.1%)

3 の音 1 なるか, にき, のまろ, の発祥地

▼ ゆる~ (7, 0.1%)

3 に於 1 では, でセンセショナル, で最優秀船, のみ

▼ ゆる種類~ (7, 0.1%)

1 と分派, に渡っ, の恋愛至上主義, の文藝思想藝術, の機械, の長所, を集め

▼ ゆる~ (7, 0.1%)

1 かな, かも, とも知らず, は既に, まで滞在, 一しきりの, 忽ち一点

▼ ゆるあたり~ (6, 0.1%)

1 だけ卵色, に竜, に雪田, は戦場ヶ原, は戰場ヶ原, まで行かず

▼ ゆるかの~ (6, 0.1%)

2 ように, 一条は 1 如くで, 記事に

▼ ゆるこそ~ (6, 0.1%)

3 趣は 1 さみしけれ, 其の正当, 心得られねと

▼ ゆるとともに~ (6, 0.1%)

1 一方には, 一旦涸れ, 余は, 元の, 汽笛鳴り, 爪を

▼ ゆるにも~ (6, 0.1%)

1 あらずして, あらねば, せよ宣教師, 両面ある, 劣らず独り業, 紅を

▼ ゆるばかりに~ (6, 0.1%)

2 一夜寝 1 なりて, ほそりゐし灯火, 切なれ, 強き光を

▼ ゆるわが~ (6, 0.1%)

1 かざらしと, こころ, 優秀な, 恋, 愛の, 道庵先生が

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

1 にせん島黒髪山島尤大, に一人, に今や, に黄金の, の絶頂, を篝火

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

1 その一族, はその, を出し, を失ひ, を惜, を盡

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

1 である, とはそれぞれ, の上, の児, の眼, 子供の

▼ ゆる心地~ (6, 0.1%)

3 して 1 す, ぞする, 致し候

▼ ゆる手段~ (6, 0.1%)

1 をつくした, を以て自身, を取, を尽し, を快楽, を持っ

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

1 いづこと, から松並み木, がなくなっ, しも三台, なぞ市中, などは川面

▼ ゆる時代~ (6, 0.1%)

1 にあった, に於ける, の人民, の人物, の反, の精神

▼ ゆる現象~ (6, 0.1%)

1 が経験的, といふもの, に対して統一的, に對, の根本形式, は絶対的決定性

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

3 にさ 1 の中, の火, をめぐらし

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

1 一の, 一軍は, 三帝國を, 二発目の, 五帯を, 六天を

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

2 の, の水 1 の肉, の裳

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

2 の苦痛 1 と眼, に, のうち, より

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

1 のしら雲, の開落, の露, の面, の香, 見れば

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

1 が分れる, とはなし, なくまことに, は天, もかなうまい, を缺

▼ ゆる~ (6, 0.1%)

1 がする, であった, のおそろしけれ, の清し, は変音所, べらべらと

▼ ゆるかに~ (5, 0.1%)

2 すべる御 1 のぼり, 搖れて, 見えて

▼ ゆるけれど~ (5, 0.1%)

1 その力, それは, 二人の, 併し, 彼等と

▼ ゆるけれども~ (5, 0.1%)

1 又一方, 左樣では, 恐らくそれ, 決して種子, 私は

▼ ゆるごと~ (5, 0.1%)

1 にいよいよ, におのずから, にわたくしたち, に怖, に額

▼ ゆるより~ (5, 0.1%)

1 主の, 晩冬の, 虎の, 誤りしか, 隣家の

▼ ゆる努力~ (5, 0.1%)

2 をした 1 を尽さね, を払っ, を自分達

▼ ゆる姿~ (5, 0.1%)

1 さても, であった, であつ, まことに有り, を見

▼ ゆる山々~ (5, 0.1%)

21 は唯, は眼前, も

▼ ゆる教育~ (5, 0.1%)

1 ある人士, と教育, について, の, の専門家

▼ ゆる~ (5, 0.1%)

1 体制の, 傾向の, 家庭を, 流行に対して, 理想主義者の

▼ ゆる~ (5, 0.1%)

1 がよい, が多く, なるが, の音, の髪

▼ ゆる~ (5, 0.1%)

1 なること度, な好, な藍格子, になるであらう, に明るく

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

3 たはず 1 たは

▼ ゆるかぎり~ (4, 0.1%)

1 が一聯, が皆, はみな, は穂

▼ ゆるから~ (4, 0.1%)

1 それでこれ, 互いに認め誤っ, 出たの, 言うたの

▼ ゆるたび~ (4, 0.1%)

2 に幕, に歌舞伎

▼ ゆるといふ~ (4, 0.1%)

1 やうな, よりいかにもお, 樣な, 蒼海原は

▼ ゆるとか~ (4, 0.1%)

3 夏草の 1 又攘災

▼ ゆるとは~ (4, 0.1%)

1 実に不思議, 愈々怪談もの, 草木のも, 見たれども

▼ ゆるなりと~ (4, 0.1%)

2 いう 1 渡海せし, 申されて

▼ ゆるのに~ (4, 0.1%)

1 何だ, 手段が, 玄蕃や, 長煙管

▼ ゆるのみにて~ (4, 0.1%)

2 足を 1 かみそり, 誠にも

▼ ゆるばかりの~ (4, 0.1%)

1 ものを, もの静かなる, 元気だった, 緋絹の

▼ ゆる世界~ (4, 0.1%)

1 の文明国民, の方, の本体, よりもつともつと

▼ ゆる人々~ (4, 0.1%)

1 に何らかの, の姿, の眼, を其処

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 の如かく, の束の間, 汝らが, 汝等が

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

2 宅の 1 イタリアの, 街道の

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 と察しゃんせ, の, のもろき, の有り

▼ ゆる天然~ (4, 0.1%)

4 の色白

▼ ゆる如く~ (4, 0.1%)

1 に, に吾人, に聴衆, みぢ

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

2 蝋燭を 1 市民の, 虫草の根に

▼ ゆる思想~ (4, 0.1%)

1 にも亦, に於, や知識, を働かし

▼ ゆる我が~ (4, 0.1%)

2 かぶろ髪 1 火を, 縵さ百合の

▼ ゆる文化~ (4, 0.1%)

2 の部門 1 の建設者, 各専門部門

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

2 もなく 1 なきを, なく石炭

▼ ゆる模寫説~ (4, 0.1%)

1 に對, に關, の二つ, の立場

▼ ゆる歌よみ~ (4, 0.1%)

1 じゃといえ, なる者, には到底, の中

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 になれ, に至れ, の義, は其の

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 かなつかし, の珠, も, を濺ぎつつ

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 で慢心, に代り, に及ばない, を欲しい

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

2 雲塔は 1 具觀念, 氣は

▼ ゆる科学~ (4, 0.1%)

1 のうち, の理論, は一定, 乃至理論

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 いろの, のだらり, の紋綾子, は魔

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 はざる, はざる場合, はざる所, はずして

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 のうら若, のけに, の止め度, よ

▼ ゆる認識論~ (4, 0.1%)

1 といふ特殊, の一般的特徴, の偏見, は次第に

▼ ゆる説話~ (4, 0.1%)

1 が比較的, は出雲神話, は即ち, より出

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 の善, 坊の, 工場の, 性質を

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 がねの声, がねはいや, のひとつら, はその

▼ ゆる~ (4, 0.1%)

1 がない, ぞ, の動き, は見えざる

▼ ゆるあの~ (3, 0.1%)

1 不思議の, 大兵が, 大屋根

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 もほてり, 万人の, 浜の

▼ ゆるかな~ (3, 0.1%)

1 あやめも, のどかに, 雪間を

▼ ゆるこころ~ (3, 0.1%)

1 なりけり, の火, より

▼ ゆるさえ~ (3, 0.1%)

1 あるに, どうやら澄み切った, 清く涼しい月

▼ ゆるさま~ (3, 0.1%)

1 なり, なるを, なれば

▼ ゆるしばし~ (3, 0.1%)

2 曇りて 1 がほどぞ

▼ ゆるすら~ (3, 0.1%)

1 朝眼楽しむ, 朝眼樂しむ, 楽みぬ

▼ ゆるつもり~ (3, 0.1%)

1 だ, だったらしい細紐, です

▼ ゆるなく~ (3, 0.1%)

1 ば, 却り, 召対方に

▼ ゆるにつれて~ (3, 0.1%)

1 こぼれこみて, その頬, 朦朧として

▼ ゆるによりて~ (3, 0.1%)

1 その跪ける, 能力亂る, 西ざまに

▼ ゆるほどに~ (3, 0.1%)

2 起居重けれ 1 なにものなら

▼ ゆるほどの~ (3, 0.1%)

1 割合に, 声に, 声を

▼ ゆるまま~ (3, 0.1%)

1 にしめ, に久しく, を言葉

▼ ゆるやら~ (3, 0.1%)

2 知らねども 1 さりとは

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

2 かに幾尺 1 かに

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 がごとし, のが, 中から

▼ ゆる一人~ (3, 0.1%)

1 の女性, の神様, の老人

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 である, ゐの, ゐまでに

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 の夜, の月, の風

▼ ゆる名所~ (3, 0.1%)

2 の風景 1 なる者

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 かな山の端, が脣, ならば

▼ ゆる哲学~ (3, 0.1%)

1 はそれ, はイデオロギー, は観念論

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 と次々, は睡る, 第五

▼ ゆる場所~ (3, 0.1%)

1 にロケーシヨン, に出で, に野外撮影

▼ ゆる夕べ~ (3, 0.1%)

1 かな, の火の見, の空

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 に羣經源流, は善く, は生き

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

2 に過ぎ 1 に余

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 に來, のヂキタリス, の雪

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 に側面, の傘, の危機

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 が二丁, も無く, 青し

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 に取, の全, の酔態

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 なるか, はいつしか, 見れば

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 だけでも決して, でこなす, にし

▼ ゆる文明~ (3, 0.1%)

1 から全く, の器械, を自

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

2 苗田の 1 稻田の

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 じめ, の心, 寒み

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

2 なしと 1 なき恨

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 が皆, を見まし, を見られた

▼ ゆる条件~ (3, 0.1%)

2 を具え 1 を具備

▼ ゆる松風~ (3, 0.1%)

2 の音 1 と海

▼ ゆる機会~ (3, 0.1%)

1 をまち伏せ, を捉, を捉え

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 ききますな, に決め通し, の冠詞

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 が空, よ, よ淨

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 かもしくは, の火車, をあ

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 が詰所, の面影, を其方

▼ ゆる生活~ (3, 0.1%)

1 の面, も書齋, を犠牲

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 に比し, はアカイア軍勢, は論理上承認

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

2 の空 1 の色

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

3 に月

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

2 の春 1 の小

▼ ゆる群山~ (3, 0.1%)

1 の中, の頂, は呼べ

▼ ゆる職業~ (3, 0.1%)

1 は其職業, は平等, を女子

▼ ゆる自然~ (3, 0.1%)

1 だ, の上, の精霊

▼ ゆる花火~ (3, 0.1%)

2 かな 1

▼ ゆる血汐~ (3, 0.1%)

1 のたえず, の外, の晶子女史

▼ ゆる角度~ (3, 0.1%)

1 から出来る, から玩味, から見直し

▼ ゆる言葉~ (3, 0.1%)

1 に對, の上, は子ら

▼ ゆる誤字文法~ (3, 0.1%)

3 を指摘

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 に何某殿, に到れ, より雑木

▼ ゆる間もなく~ (3, 0.1%)

1 て身, 湧くに, 移り變

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 のこの, の青, を浴び

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 かとばかり戀, かも, かも倒

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 に, に淨め, の事

▼ ゆる領域~ (3, 0.1%)

1 に於ける, に浸潤, に渡っ

▼ ゆる鹿~ (3, 0.1%)

2 鳴館時代 1 の抱角

▼ ゆる黄牛~ (3, 0.1%)

3

▼ ゆる~ (3, 0.1%)

1 で彼女, に於, より見

▼ ゆるあした~ (2, 0.0%)

2 の原

▼ ゆるあらし~ (2, 0.0%)

1 に椋, の音づれにこたへて

▼ ゆるかげ物~ (2, 0.0%)

2 いふやう

▼ ゆるかとばかり~ (2, 0.0%)

1 かすかに, 美しい

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 くにほふ, ふの

▼ ゆるこほろぎ~ (2, 0.0%)

2 は時雨

▼ ゆるこれ~ (2, 0.0%)

1 が風, 現証

▼ ゆるそう~ (2, 0.0%)

1 だが, な吾妻下駄

▼ ゆるただ~ (2, 0.0%)

1 ち胸うつ国, 一つの

▼ ゆるため一つ~ (2, 0.0%)

1 には君等, の集

▼ ゆるたゆ~ (2, 0.0%)

1 げさの, たひの

▼ ゆるだけの~ (2, 0.0%)

1 卵を, 方便なり

▼ ゆるといった~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ゆるとて~ (2, 0.0%)

1 ふりか, 心に

▼ ゆるなか~ (2, 0.0%)

1 にしら玉, に組む

▼ ゆるなから~ (2, 0.0%)

1 んためエルクレ, んと

▼ ゆるなつかしき~ (2, 0.0%)

1 五月を, 此野を

▼ ゆるなど~ (2, 0.0%)

1 いずれも, かのくえん

▼ ゆるにと~ (2, 0.0%)

2 めぐる

▼ ゆるはず~ (2, 0.0%)

1 である, であるが

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

2

▼ ゆるほか~ (2, 0.0%)

1 の部門, は更に

▼ ゆるまでには~ (2, 0.0%)

1 テヱエルの, 其処に

▼ ゆるまでも~ (2, 0.0%)

1 なく二人, 合掌す

▼ ゆるもの汝~ (2, 0.0%)

1 に軟か, わが胸

▼ ゆるよりは~ (2, 0.0%)

1 その趣味理想, まされば

▼ ゆるわくら葉~ (2, 0.0%)

1 は桜, は櫻

▼ ゆるを以て~ (2, 0.0%)

1 京に, 考うれ

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 となさったら, とは観られん

▼ ゆるモメント~ (2, 0.0%)

1 が客観的, をすでに

▼ ゆる一個~ (2, 0.0%)

2 の神話

▼ ゆる一切~ (2, 0.0%)

1 です, の自然現象

▼ ゆる一団~ (2, 0.0%)

1 の微温, の武士達

▼ ゆる一峰~ (2, 0.0%)

1 は浅間, を高薙山

▼ ゆる一条河原~ (2, 0.0%)

2 のキヨメ

▼ ゆる一種~ (2, 0.0%)

1 の淋し, の臭気

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 に寄り, に落葉

▼ ゆる丹心~ (2, 0.0%)

1 の, を発展

▼ ゆる乞食根性~ (2, 0.0%)

1 には落ちたくない, のいやし

▼ ゆる事実~ (2, 0.0%)

1 にし, の考証

▼ ゆる事巴山吹~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の其

▼ ゆる事物~ (2, 0.0%)

1 が結局, に対する特殊

▼ ゆる二つ~ (2, 0.0%)

1 の極, の餌

▼ ゆる五月~ (2, 0.0%)

1 の丘, の草

▼ ゆる人あし~ (2, 0.0%)

2 見れば

▼ ゆる人種~ (2, 0.0%)

1 からなる, に對

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の出来事, の哲学

▼ ゆる以上~ (2, 0.0%)

1 は其の, は其處

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 とされ, はいつ

▼ ゆる個所~ (2, 0.0%)

1 だつた, を彼女

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 に上, のわな

▼ ゆる共立病院~ (2, 0.0%)

2

▼ ゆる内容~ (2, 0.0%)

1 が取り入れられる, に滲徹

▼ ゆる初夏~ (2, 0.0%)

2

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 に一旦, の日雨ふり

▼ ゆる動物~ (2, 0.0%)

1 はみんな左, もみな

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 になに, のき

▼ ゆる吹雪~ (2, 0.0%)

1 に出, のさなか

▼ ゆる土燃~ (2, 0.0%)

2 ゆる水

▼ ゆる地名~ (2, 0.0%)

1 の起原, は野本

▼ ゆる坂田将棋~ (2, 0.0%)

1 の亡霊, の真価

▼ ゆる境木峠~ (2, 0.0%)

2 を行く

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 のゆ, の海

▼ ゆる外國~ (2, 0.0%)

1 から採用, から輸入

▼ ゆる夜頃~ (2, 0.0%)

1 や先, や先駆け

▼ ゆる大衆文学~ (2, 0.0%)

1 が第, の作品

▼ ゆる大軍~ (2, 0.0%)

1 こそ彼, はそも

▼ ゆる太陽~ (2, 0.0%)

1 と地平線, を見

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 が家, と相

▼ ゆる娑婆~ (2, 0.0%)

1 ふさぎの, ふさげども

▼ ゆる學科~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ ゆる小林~ (2, 0.0%)

1 という少年士官, といふ少年士官

▼ ゆる山みな~ (2, 0.0%)

2 青けれど

▼ ゆる山吹~ (2, 0.0%)

1 の花, の雨

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 に引かれ, の秋霧

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 のふかき, を静か

▼ ゆる幸福~ (2, 0.0%)

1 では, を友

▼ ゆる幾何学~ (2, 0.0%)

1 に一貫, は変換群

▼ ゆる形態~ (2, 0.0%)

1 の, のマッハ主義

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 で気, の徳備

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 城代が, 金御用達兼神田兩替組頭長崎屋幸右衞門の

▼ ゆる復讐~ (2, 0.0%)

1 の呪詛, の手段

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 のみなりき, も動い

▼ ゆる思ひ~ (2, 0.0%)

1 がした, をもて

▼ ゆる思慕~ (2, 0.0%)

1 を, 夢みるよう

▼ ゆる悲哀~ (2, 0.0%)

1 である, は一

▼ ゆる情け~ (2, 0.0%)

1 の息, の波

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 に投ずる, に答

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 ものを, 村の

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 をともかく, を盡

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 にて候, 國の

▼ ゆる故に~ (2, 0.0%)

1 われらが, 一切の

▼ ゆる新しき~ (2, 0.0%)

1 世界の, 意味における

▼ ゆる新劇~ (2, 0.0%)

1 の劇団, の団体

▼ ゆる新劇団~ (2, 0.0%)

1 がいろんな, の活動

▼ ゆる方法~ (2, 0.0%)

1 の優先権, を講じ

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

2 なるに

▼ ゆる日輪~ (2, 0.0%)

1 かくうた, の

▼ ゆる時何處~ (2, 0.0%)

2 より起つ

▼ ゆる時局~ (2, 0.0%)

1 の認識, の進展

▼ ゆる時期~ (2, 0.0%)

2 である

▼ ゆる暮れ~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て行く

▼ ゆる暴富~ (2, 0.0%)

2 を二三年

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の光, の森そこ

▼ ゆる村里~ (2, 0.0%)

1 の一隅, より午鶏

▼ ゆる東亜共栄圏~ (2, 0.0%)

2 を確立

▼ ゆる根方~ (2, 0.0%)

2 の土

▼ ゆる植物~ (2, 0.0%)

1 に親しませる, を移し

▼ ゆる椿~ (2, 0.0%)

2 もお

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の上, の袂

▼ ゆる橋立~ (2, 0.0%)

1 の松原づたひ鶯, の松原通

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 には丸き, のうえ

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の緋羅紗, の頃

▼ ゆる武士~ (2, 0.0%)

1 の擡頭, の起源

▼ ゆる池水~ (2, 0.0%)

2 照るまでに

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 ありけり, に投げられし

▼ ゆる淋し~ (2, 0.0%)

1 さである, さや

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 に文壇, 少し前

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の下, まだ幾

▼ ゆる牡丹~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼ ゆる物体~ (2, 0.0%)

1 が他, によって自由

▼ ゆる物音~ (2, 0.0%)

1 に悩まされ, は貝鐘太鼓鬨の声

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の, を屠らしめた

▼ ゆる獅子~ (2, 0.0%)

1 の, の胸

▼ ゆる獨創的~ (2, 0.0%)

1 であること, なもの

▼ ゆる現代小説~ (2, 0.0%)

1 と時代小説, のうち

▼ ゆる理窟~ (2, 0.0%)

1 から実践, に理窟

▼ ゆる生命~ (2, 0.0%)

1 といふ題, よ

▼ ゆる生物~ (2, 0.0%)

1 が造化, に活気

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 はない, を語りぬ

▼ ゆる甲斐~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の上, を遥

▼ ゆる白刃~ (2, 0.0%)

1 の音, の響き

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 なれ, の寄る

▼ ゆる瞬間~ (2, 0.0%)

1 にあらわれる, において思ひ

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 はその, は私

▼ ゆる社会~ (2, 0.0%)

2 の活動

▼ ゆる社会階級~ (2, 0.0%)

1 に跨り, を一様

▼ ゆる祭り~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 にて夢, の方

▼ ゆる立派~ (2, 0.0%)

1 な哲学的, な紳士

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 あるをば, もありし

▼ ゆる精神~ (2, 0.0%)

1 でなく精神, の活動

▼ ゆる紅絹~ (2, 0.0%)

2 うらの

▼ ゆる純文学~ (2, 0.0%)

1 の創作欄, の宿命

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

2 の呻吟

▼ ゆる結婚~ (2, 0.0%)

1 なるものの, の裏面

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 のみ, を許し

▼ ゆる美しい~ (2, 0.0%)

2 言葉を

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 をひらき, を拡げき

▼ ゆる膨ら~ (2, 0.0%)

2 かな胸

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 から衣紋, 比量なれ

▼ ゆる自分~ (2, 0.0%)

1 の姿, の無益

▼ ゆる良妻~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の如く

▼ ゆる色即是空~ (2, 0.0%)

1 の理, の空

▼ ゆる若者~ (2, 0.0%)

1 にてある, にて下田見物

▼ ゆる苦悶~ (2, 0.0%)

1 が続けられ, を覚える

▼ ゆる苦痛~ (2, 0.0%)

1 の聲, や不便

▼ ゆる茨組~ (2, 0.0%)

1 ぞ, ぞあたり

▼ ゆる菓子~ (2, 0.0%)

1 とその, と珈琲

▼ ゆる落葉松~ (2, 0.0%)

2 の森

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 は火, は花

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

2 の糸

▼ ゆる行動~ (2, 0.0%)

1 くだらないと, に対して彼

▼ ゆる術策~ (2, 0.0%)

1 が講じられた, を揮っ

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

2 にしのび

▼ ゆる観念~ (2, 0.0%)

1 だ, は思想

▼ ゆる解釈~ (2, 0.0%)

2 を飛びこえ

▼ ゆる計り~ (2, 0.0%)

1 でなく矢張學術的研究, の我が

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 は人間, は無意味

▼ ゆる詩人~ (2, 0.0%)

1 について云, の艱

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 ぞ行っ, でも偉く

▼ ゆる談理~ (2, 0.0%)

1 にはまことに, は現

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の中, の秋蕎麥

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

2 がはら

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 かな, の正中

▼ ゆる蹴出し~ (2, 0.0%)

1 の全身, の色

▼ ゆる途端さ~ (2, 0.0%)

2 のみに思はざりし

▼ ゆる通り~ (2, 0.0%)

1 の文面, 御生年十五

▼ ゆる運動原因~ (2, 0.0%)

1 とは異, に關

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の白波, 蛙

▼ ゆる那智~ (2, 0.0%)

1 の山邊, の高根

▼ ゆる部分~ (2, 0.0%)

1 が, を生産

▼ ゆる部門的~ (2, 0.0%)

2 な分科的

▼ ゆる酒場~ (2, 0.0%)

1 と名, と種類

▼ ゆる野茨~ (2, 0.0%)

2

▼ ゆる金色~ (2, 0.0%)

1 に閃い, の頬

▼ ゆる錬成~ (2, 0.0%)

1 でないほんとう, とは比較

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の中, の夜

▼ ゆる階級~ (2, 0.0%)

1 に滲透, の代表的人物

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 なきた, を求めける

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 となっ, ほびこりてとの

▼ ゆる青き~ (2, 0.0%)

2

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 がかすか, でこれ

▼ ゆる音響~ (2, 0.0%)

1 が夫, もやはり

▼ ゆる響き~ (2, 0.0%)

1 に音, もない

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の皿, を國家

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 にあらざる, ひの

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 と波, や見えざる

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

2 ぞさながら

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 の腹馬, は一駄

▼ ゆる高き~ (2, 0.0%)

1 城樓に, 岸の

▼ ゆる高山~ (2, 0.0%)

1 へも登ります, も

▼ ゆる~ (2, 0.0%)

1 を巡, を巡っ

▼ ゆる黒髪~ (2, 0.0%)

1 の長き, を照る

▼1* [1663件]

ゆるあたり黄なる月嚠喨, ゆるあとより又, ゆるあめのみかげ, ゆるあれが熊沢, ゆるいまわしい想像が, ゆるいろいろの涙, ゆるうき葉しら蓮絵師の, ゆるうちさし込む朝日, ゆるうまいものは, ゆるおおさては推した, ゆるおのが腕, ゆるおんかたを導き, ゆるお山の鐘, ゆるお正月気分で敬治君, ゆるお花畠は日本, ゆるかぎり彼のあと, ゆるかつたりすれ, ゆるかなしさ, ゆるかもと長良の, ゆるからとて支那の, ゆるかわりにまた, ゆるがん票がある, ゆるきょうの晴衣, ゆるぎいでつつさむざむし駱駝は髯, ゆるぎなかれとほぎ言して, ゆるぎなきものとなつてゐるやうであるが精神的な面, ゆるぎなきものとなつてゐるやうに思ふ, ゆるぎなくするものよしの祝言の功徳, ゆるぎもせずにぼんやりと光って, ゆるくせのいつかつき, ゆるくちびるは, ゆるくちびる君に映らず, ゆることかぎりなく劇, ゆることごとを滑稽, ゆること一等なりき, ゆること二日にし, ゆること今更にあやしく, ゆること他の罪, ゆること僅に百, ゆること切なり, ゆること勿れと, ゆること叶はず何事にも遮断, ゆること數日我は大いなる, ゆること明らかなり, ゆること犬に似, ゆること甚しければ, ゆること石の如し, ゆること纔に十七米六, ゆること能はざる, ゆること英佛獨の文字, ゆること雨の後, ゆるころじゃ, ゆるころ座敷の騒ぎ, ゆるころ高岡より一里, ゆるごとくなりければ我, ゆるさくらかな, ゆるさば百世の武門, ゆるさま春去りて, ゆるさま目のあたりに見え, ゆるさッしゃい, ゆるしなをつくつ, ゆるしらゆきの岩木, ゆるすがすがしい新緑の, ゆるすぎる羊羹色の, ゆるそれをせつせ, ゆるぞよ朕は, ゆるびにおもちろいわと云う, ゆるたき火の光, ゆるたまものなり, ゆるためしぞなし, ゆるため信者達は特別献金, ゆるため妻を失っ, ゆるたゆたいの瞬間, ゆるだけだつた, ゆるだけにすぐもうけ, ゆるつかれかなつかし, ゆるつき合ひの, ゆるつねに戦後の, ゆるふ, ゆるですよ伯母さんの, ゆるときわたしは在る, ゆるとき傷負える人, ゆるとき反対に仏, ゆるとき自ら絶ゆるの, ゆるとき自己以上の境, ゆるとき身を半ば, ゆるとしか思われない光りを, ゆるとにはあらぬ香, ゆるとや責むるとや, ゆるどうにもならない, ゆるなく燃えあがる情緒を, ゆるなし半生の, ゆるなす思ひかねつ, ゆるなどと言い合えりけるが, ゆるなどを我は, ゆるなべに, ゆるなやましさ, ゆるなんぞ戸隠し山の, ゆるなんて吹聴し, ゆるにおいてをや, ゆるにつけ暑くて, ゆるにぶがついた, ゆるにや侍らん, ゆるによるべしされど, ゆるに従って黄色こき, ゆるねがひは, ゆるのみにして, ゆるのみの荒廃さ加減は, ゆるのりんなさ, ゆるの主には大, ゆるの光栄に接し, ゆるの切なると, ゆるの業何ぞ必らずし, ゆるはしたなさとは, ゆるはずみに帯, ゆるはた板戸洩る, ゆるばかりぞ命なる, ゆるひともない, ゆるひとときよ, ゆるひまもなし, ゆるびし指輪ぬき取りて, ゆるびぬ潤む罌粟, ゆるふしぎな姿, ゆるうと, ゆるべらなり, ゆるほくろが一つ, ゆるほどにてその状, ゆるほほづきの, ゆるまことに所以ある, ゆるまた無き風情, ゆるまでの順序を, ゆるまなざしと, ゆるまもなく爰の, ゆるをねらつ, ゆるむらむ温き湯, ゆるものすべてが情熱, ゆるものの醜悪と, ゆるものふたりこなたに, ゆるもの今はみな狂, ゆるもの夢狂気おちゆく潮, ゆるもの大小となく, ゆるもの手に立つ, ゆるもの皆かわりぬ, ゆるもの耳に聞く, ゆるもの自己みずからを明るみ, ゆるもの誰ぞ, ゆるもみな自己, ゆるもみぢに添, ゆるやいなやを釜の, ゆるやと浦山しく, ゆるやを汝は, ゆるゆえに妖怪, ゆるようやく三つ四つ背高く, ゆるよしにて名高き, ゆるよそにはた, ゆるよりもそれと, ゆるわいそれにまたこの, ゆるわが身に永劫未来, ゆるわけはない, ゆるわれらに永劫未来, ゆるをばさながら打ち消す, ゆるをもしらで, ゆるをもってのゆえに, ゆるをやしかれば, ゆるアップの飾髪, ゆるアルプスの, ゆるアーク燈である, ゆるイスチヤの岬, ゆるインキにて種々, ゆるエスプリから直接法, ゆるエトルリアでローマ, ゆるオルフォイスの下界行, ゆるカーネイション陰謀の事件, ゆるガスを集め, ゆるキヨメは一条河原, ゆるキラズと呼ぶ, ゆるケルトの暦, ゆるサンアナタ饅頭ヲ食ベルヨロシイ, ゆるジェーリオネはヘラクレス, ゆるジャングルの状, ゆるジヤーナリズムの上, ゆるスイス盟約國でその, ゆるスエズ港に入り, ゆるストーブを大勢, ゆるセムピオオネの門, ゆるソルデルロの言參照, ゆるタンガロはヤーマー, ゆるダイヤモンドのその, ゆるダボハゼであつ, ゆるダンヌンチオの稗史, ゆるチテレアがはじめて, ゆるツォイスの罪悪, ゆるテームスの流れ, ゆるドイツ浪漫主義の哲學, ゆるナギの少い, ゆるハクライモノに限つて, ゆるハッタリと称する, ゆるバビロン時代であった, ゆるヒューマニズムなどもこの, ゆるビルデングの一室, ゆるピグマリオニストなんて称, ゆるフィレンツェの武人, ゆるフランチェスコの物語, ゆるブツク・メエカアがない, ゆるブルジョア・イデオローグに於, ゆるプッチ・デヂュネといふやつ, ゆるヘラレクスの如き, ゆるベアトリーチェの説明, ゆるボーア時期なるもの, ゆるマッカリヌプリの事, ゆるマルクス主義的理論の隅々, ゆるミノスの孫, ゆるミルトンのごとき, ゆるモガの断髪, ゆるモセスが異種, ゆるモリス山の頂, ゆるモンマルトワアルの本場, ゆるユーカリ樹の上, ゆるラヂオや展覧会, ゆるラック・アンド・ピニョン式の電車, ゆるリアリズムからの離脱, ゆるルンペンの相, ゆるロットマンが岡, ゆるローマの七つ, ゆるの夫婦, ゆる一つの教育家, ゆる一切平等は法律的, ゆる一刹那より初めて, ゆる一匹の牝狐, ゆる一叢の杉, ゆる一團の和氣, ゆる一室にようやく, ゆる一対一の連続的変換, ゆる一廟は何, ゆる一挺の蝋燭, ゆる一方です, ゆる一曲の管声, ゆる一本松の坂, ゆる一杯機嫌でもっ, ゆる一棟はお, ゆる一派の畑, ゆる一片の涙, ゆる一牡牛牛は高ら, ゆる一發の銃聲, ゆる一種特別の形式, ゆる一端かとも被, ゆる一群が馬, ゆる一艘の漁船, ゆる一見して, ゆる一見舊知の如し, ゆる一言は誰, ゆる一首はまるで, ゆる七小町の類, ゆる七曜星の神話, ゆる三個の燈光, ゆる三名寄宿の小, ゆる三基のスイッチ, ゆる三巴または巴峡, ゆる三次盆地がひらけ, ゆる三絃の糸, ゆる三角洲に人為, ゆる三面記事事件を喜ぶ, ゆる上人の作, ゆる上司の, ゆる上手に外国語, ゆる上流社会の, ゆる下屋である, ゆる下根の人間, ゆる下等な商人共, ゆる下等絵具の紅殻, ゆる下級労働者らしい扮装, ゆる下腹に毛, ゆる正行爲ありし, ゆる不動の滅, ゆる不可思議が残る, ゆる不可能は場合, ゆる不憫な事, ゆる不法な迫害, ゆる不知火めらりと, ゆる不純な分子, ゆる世の中に羨ましく, ゆる世俗的な上品下品, ゆる世界史的個人において顕現, ゆる両者の分離, ゆる中央文壇なるもの, ゆる中学の制服, ゆる中間の読物, ゆる丹塗りの御社, ゆるの祈り, ゆる主観的のもの, ゆる久延毘古は今, ゆる乙類の仮名, ゆる九十九里の波, ゆる九月に入る, ゆる亀屋の亭主, ゆる了見よりは何となく, ゆる予定であったが, ゆる事かくまで発達, ゆる事なき人生至奥の鐘, ゆる事なき人生至奧の鐘, ゆる事件の意味, ゆる事我国の如く, ゆる事数週たまたま英人, ゆる事獅子に同じ, ゆる事隣里に聞え, ゆる事雷のごとく, ゆる二〇三米突の最高峰, ゆる二個の説話, ゆる二十数名の外人一座, ゆる二千二百三十二米の峰, ゆる二挺の駕, ゆる五處の屯倉, ゆる井戸は皆釣瓶, ゆる些細な出来事, ゆるは, ゆる人たちであった, ゆる人まれにしあれ, ゆる人影を世に, ゆる人性の憂鬱, ゆる人文現象の中, ゆる人格はなかろう, ゆる人生の進歩, ゆる人身御供の話, ゆる人間感情の結合, ゆる人間活動に伴っ, ゆる人類を馬鹿, ゆる人麿調ともいい得る, ゆる今彼とし, ゆる今日こそうれしけれ, ゆる今朝の淡雪, ゆる仏性をしらん, ゆる仏教史家は何すれぞ, ゆる会話は私, ゆる伽藍の塔, ゆる佃島の眺望, ゆる住宅の左寄, ゆる体道成徳の人, ゆる余韻を追い, ゆる佛法の佛縁, ゆる作品中に含まれ得る, ゆる作家志望者の諸君たち, ゆる佳人と折々, ゆる使い手じゃ多勢, ゆる供給者の立場, ゆる侵害からこの, ゆるに憎む, ゆる信州蕎麦の浅間蕎麦, ゆる俳優が地, ゆる俳画などといふ麁画, ゆる個人の自由, ゆる個人主義的な立場, ゆる個性とはブルジョア以外, ゆる倫理学者や哲学者, ゆる假名を使つて, ゆる偏りたる論を指せるなり, ゆる停車場桟橋飛行機発着場バスの停車場, ゆる健全なる美徳, ゆる健全娯楽としての或は, ゆる側面から之, ゆる錦旗を, ゆる傾向は文学, ゆるをこれ, ゆる僑姓となつ, ゆるの言, ゆる價値の多, ゆる儒教乃至西洋倫理学, ゆる優待はする, ゆる優秀なる武器, ゆる元気がなく, ゆる元禄の華美, ゆるじゃ, ゆる先駆的戯曲家の作品, ゆる光悦風な今日, ゆる光栄を有する, ゆるの人格化, ゆる児島の雲, ゆる入相の鐘はあくび, ゆる人と, ゆる全身像を更め, ゆる八十氏人になべて, ゆる八百万の神, ゆる八紘一宇の生活, ゆる公儀の御, ゆる公園風なもの, ゆる共彼等の現在, ゆる共産主義者の婦人共有制, ゆる共通感覺によつて, ゆる其の甲虫を, ゆる其人の面影, ゆる其次に弟, ゆる其聲黒し, ゆる内助蔭の者, ゆる内外多事ヨーロッパでは文化, ゆる写生といふもの, ゆる写生用の人体模形, ゆる冷厳であるであろう, ゆる凡ての神, ゆる凡人の常, ゆる処万犬亦実, ゆる処女の顔, ゆるの伊平屋嶽, ゆる凶火の, ゆる出世で乃公, ゆる出版業者は皆, ゆる出端が適さない, ゆる出語りなる者, ゆるの響き, ゆるのわれら, ゆる切なさを, ゆる切支丹宗門と共に渡來, ゆるはあまり, ゆる判断を除外, ゆる別れの言葉, ゆる利口な生徒, ゆる利慾の念, ゆる利算の法, ゆる刻苦を尽し, ゆる剃刀で, ゆるあり仁恕勤倹, ゆる前山である, ゆる前期の部, ゆる前途ある俳優, ゆる剛将がひっ, ゆるの音, ゆるのいい, ゆる創作戯曲の数, ゆる創造の中, ゆる劇団を行脚, ゆる劇評以外多く論ずる, ゆる加茂川の白洲, ゆる労役があり, ゆる勇氣を鼓する, ゆる動悸さえうった, ゆる動機により, ゆるである, ゆる勝川派の特徴, ゆる包みを前, ゆる化學染料ではない, ゆる北山及び鎮西, ゆる北斗七星に對, ゆる十五六歳位の少女, ゆる十兵衛が挙動, ゆる十兵衞が挙動, ゆる千萬の, ゆる千葉の海こぎ出し船, ゆる半可通のひとり, ゆる卒塔婆は簇, ゆる南北朝吉野朝の時代, ゆる南海舶又は昆崙舶, ゆる南面して, ゆる単純にみ, ゆるなりけり, ゆる印畫がどうも, ゆる危機といふやう, ゆる原作といふもの, ゆる原動力を此, ゆるべ, ゆると目, ゆる友染の花, ゆる友達なるもの, ゆる反感を抱い, ゆる反響といふべき, ゆる叔母が若, ゆる口われのみぞ, ゆる口髭を掻拈, ゆる古い力に, ゆる古き習性と, ゆる古今の書籍, ゆる古調の歌, ゆる古風な人家, ゆるも物, ゆる史学家なるもの多く, ゆる各自の性分, ゆる合図耳に聞, ゆる合歡の處女, ゆる合理論的な模寫説, ゆる吉備の國, ゆる同性のフアン, ゆるであり貴き, ゆる名人だつたの, ゆる名人素質がある, ゆる名人肌なる型, ゆる名士の審美, ゆる名文らしい真, ゆる名流婦人であつ, ゆる名門美だが, ゆる津国も, ゆる向日性とでも言, ゆる君ゆゑに新, ゆる吾妻錦絵の佳美, ゆる周公恐懼流言日とはそれ, ゆる和漢の例, ゆる和蘭の, ゆるよき婦人, ゆる品物に手, ゆる哉詈り交すわ, ゆる哨戒艦を測れ, ゆる哲学的諸問題, ゆる哲学的要求を素直, ゆる哲學論文を作る, ゆる唇齒輔車相倚るべき國, ゆる唐寺の門, ゆる唯一の道, ゆる商売がたき, ゆる問題でもよく, ゆる啓蒙時代を迎, ゆる善人だ, ゆる喜びとを感じ, ゆる喝采の響い, ゆる單調なる物音, ゆる営利を目的, ゆる噴水の吐息, ゆる嚴密な科學, ゆる嚴正なる歴史學問, ゆる嚴重の富豪, ゆる囁きああその, ゆるの翼, ゆる四囲ながめぬ, ゆる四月に近い, ゆる四輪車の上, ゆる因縁とでも名, ゆる因縁時節か, ゆる団体乃至組織, ゆる困窮を犯し, ゆるの有らゆる, ゆる国体並びに祖先尊崇, ゆる国民の決意, ゆる国民大衆と離れた, ゆる国民的運動の目的, ゆる国民錬成の効果, ゆる国籍の違った, ゆる国防国家建設への新しい, ゆる国際的な部分, ゆる國史眼の若き, ゆる國民有らゆる人種, ゆる園生よ, ゆる圓卓武士の一人, ゆるの半ば伝説的時代, ゆる土偶五個有り, ゆる土偶五六個有り, ゆる土噐の容量, ゆる土噐唇に觸, ゆる土藏をあて, ゆる地主の没落時世, ゆる地域を探索, ゆる地方でだるま, ゆる地方人のそれ, ゆる地方文化運動がいくら, ゆる地面の水分, ゆる坂路にたち, ゆる基衡が其寺, ゆる堀秀政である, ゆる堂衆の一人, ゆる報告を継ぎ合わせ, ゆる場合それはさらに, ゆる場合其処には二つ, ゆる場合自己誇張癖をば清算, ゆる場面にあり, ゆる堺町人を主, ゆる壓制が今彼, ゆる壯嚴な櫻島, ゆる声可怪しき鐘, ゆる声地を震わし, ゆる声百雷の一時, ゆる声谷川の響, ゆる売絵の芸術性, ゆる夕日かな, ゆる夕明りかな, ゆる夕映の空, ゆる夕暮のほど, ゆる夕食の火影, ゆる外殻を破っ, ゆる外界の刺戟, ゆる外神田佐久間町河岸の船宿小松家, ゆる多くの神, ゆる夜あらしの音, ゆる夜見の國, ゆる夜長よりもかえって, ゆる夢野或は刀我野, ゆる大き爺よく, ゆる大人ばかりの結びつき, ゆる大兵な男, ゆる大声は俚耳, ゆる大学には大学新聞, ゆる大師和讚の調, ゆる大数法則について, ゆる大江戸の, ゆる大海は大西洋, ゆる大蛇の兩岐, ゆる大衆小説の中, ゆる大衆間の判官びいき, ゆる大観王国を形成, ゆるの白雲, ゆる天使なり, ゆる天使達は謙り, ゆる天候の変化, ゆる天地根元宮造と稱, ゆる天地開闢説を外, ゆる天変地異も日本人, ゆる天女の仮面, ゆる天孫族にはめづらし, ゆる天才なること, ゆる天日は, ゆる天津少女と同一, ゆる天津日の, ゆる天照太神と素盞嗚尊, ゆる天誅組に参加, ゆる太陽燃ゆる人間, ゆる夫婦は親し, ゆる奇怪なる女性, ゆる奈良の大仏, ゆるつ島榜ぎ回む舟, ゆる奥座敷の別嬪, ゆる女の子なりき, ゆる女らしい女の, ゆる女四五人各自の卓, ゆる女子を知っ, ゆる女親分姐御は, ゆる好感は満足, ゆる好男子と女, ゆる妄説を排除, ゆるを其人, ゆる姉妹の位置, ゆる姿勢で槍, ゆる威厳をこそ備えたれ, ゆる娘子軍の地方訛り, ゆる婦人の声, ゆる婦人雑誌や活動写真, ゆる嫗樣の色, ゆるであること, ゆる子どもは八つ, ゆる子もちの女, ゆる子供の足跡, ゆる学士会院の屋上, ゆる学科のうち, ゆる学笈を負う, ゆる學問の總論, ゆる宇宙論の模倣, ゆる守護不入の地, ゆる守護靈といふ修行, ゆる宋襄之仁, ゆる宏壮な西洋館, ゆる宏大な建築物, ゆる宗教は皆迷信, ゆる官狗古智卑狗, ゆる定評である, ゆる実体は空間, ゆる実在の事物, ゆる実社会生活との根本的, ゆる実験劇場の試み, ゆる客観的な対立論, ゆるに通じる, ゆるが衰容, ゆるありければ, ゆる家事が非常, ゆる家庭へ歸つた女, ゆる家族主義の名, ゆる家族個人主義と称, ゆる家族制度なるもの, ゆる家賃取り立ての部, ゆる容態ぶつた歩き方, ゆる容目よき婦人二, ゆる富士が笑まし, ゆる富岳の雪, ゆるさかな, ゆる寒巖枯木の風情, ゆる寛容さを打ち忘れ, ゆる寛永活版本より惡, ゆる寝覚めを, ゆる實録ものはすべて, ゆる寺院の屋根, ゆる対話がその, ゆる専門割拠主義の弊, ゆる専門学校以上を卒, ゆる専門的研究の結果, ゆる射撃の名人, ゆるを射ん, ゆる将星が予, ゆる将軍家流の但馬守どの在宅, ゆる將來の可能, ゆる小さい尼が, ゆる小さな半島全, ゆる小味などいふ, ゆる小国寡民の意義, ゆる小国間に日本, ゆる小島のはま楸, ゆる小形の佛像, ゆる小料理屋であるが, ゆる小春日和庭にかおる, ゆる小柄な, ゆる小桃なるもの, ゆる小生として柄, ゆる小者という名前, ゆる少しの衒ひも, ゆる少年の時代, ゆる尾根の上, ゆる屈辱魂と生命, ゆる屋根裏で二畳敷, ゆる屏風樹林の成木, ゆる山一つなし, ゆる山井の浅き, ゆる山嶺は沼田以北, ゆる山手柿を味つた, ゆる山本郡の域, ゆる山査子の枝, ゆる山田の畔ごと, ゆる山緑の色調, ゆる山菜が高級料理, ゆる山路を登りゆき, ゆる山闊き海, ゆるの路辺, ゆるありて, ゆる岩木山を指し, ゆるの邊, ゆる岸邊をさして, ゆるで御殿場驛, ゆる峰々から, ゆるは浮島, ゆる島々を指し, ゆる島国性を感じさせる, ゆる崑崙山脈に攀じ登っ, ゆるの高, ゆる巡回映画を見, ゆる左翼文献に属する, ゆる左翼演劇運動が時代, ゆる巨大な問題, ゆる巨牛を見る如く, ゆるれなるべし, ゆる市街を眺め, ゆる希望を抱く, ゆるを裂くごとき, ゆる或は黄帝, ゆる師匠なる人々, ゆる帰り舟それらが皆, ゆる常夏の邦, ゆる常緑針葉樹帶です, ゆる常識として, ゆる常識的用語を, ゆる幕府の, ゆる平安朝中世期のやう, ゆる平時に於ける, ゆるは米, ゆる年寄の我儘, ゆる幽かな遠い, ゆる庚戌の制, ゆる庶民はいつも, ゆる庶民一般の中, ゆる庸愚なるアーカン, ゆる建武中興がこれ, ゆる建築露路木石器具態度等総てそれ自身の総て, ゆる引抜はよかつ, ゆる引文からどんな, ゆる張りのある, ゆる張衡の四愁詩, ゆる強力の類, ゆる当世の教育, ゆる形容詞を八部, ゆる形式の政治, ゆる形象を取っ, ゆる彼岸である, ゆる彼等の発見, ゆる往來のさま, ゆる後姿に代れる, ゆる後犬を見, ゆる御家人を以てした, ゆる復家来であったから, ゆる復讐主義は甚だ, ゆる微少の笑, ゆる微苦笑をうかべ, ゆる心理小説が相応, ゆる心理的能力にとっての対象, ゆる心理的表示の交響楽, ゆる心身の強固, ゆる心靈研究會や招靈會, ゆる忍耐凡ゆる屈辱, ゆる志士気取りの悲憤慷慨, ゆる応接間であらう, ゆる怖いもの見た, ゆる思い心を満たしてる, ゆる思い火くるしさ, ゆる思惟の矛盾, ゆる思想性をもつ, ゆる急流荒波も, ゆる性格なぞといふケチ, ゆる怪しい物音は, ゆる怪物の顔面, ゆる恋心を抑え, ゆる恋情のうち, ゆる恋草の, ゆる恐ろしげなる, ゆる恐怖時代が始ま, ゆる恨みが, ゆるを, ゆる悟りといふ事, ゆる悪臭とまっ黒, ゆる悪霊を制御, ゆる悲しみの聲, ゆる悲鳴である, ゆる悲鳴素破ピストル, ゆるの焔, ゆる情けなやころ, ゆる情況が転倒, ゆる情熱であつ, ゆる情理をつくした, ゆる惨憺の有様, ゆる惨苦をしのい, ゆる愈々人數が, ゆる意志薄弱とか臆病, ゆる意思がある, ゆる意見を, ゆるを極, ゆる愚図というやつ, ゆる愛みな必須より起る, ゆる愛僧院は天堂, ゆる愛国なるもの, ゆる愛国者の側, ゆる愛嬌を振, ゆる愛発山の峠, ゆる愛言に出し, ゆる愛鷹山が立ち, ゆる感情歌の中, ゆる感覚がもはや, ゆる感覚有ゆる思想, ゆる慈善を形成, ゆる態度にて, ゆる慎九郎の声, ゆる憂愁の底, ゆる憎しとは思へ, ゆる憎悪の熱火, ゆる憤怒の影, ゆる懷疑論者としてのデカルト, ゆる懸崖のなか, ゆる見れば, ゆる成功や英雄的行為, ゆる我が家の秋, ゆる戦いぶりであった, ゆる戦場に斃, ゆる戦場稼ぎ火放け殺人誘拐, ゆる戦後派の, ゆる戦略上の見透し, ゆる戯曲の開花期, ゆる房ほたほたと赤し, ゆる所以だと, ゆる所感や評論, ゆる所檣折れ舷, ゆる所湯本なれば, ゆる手先を焙り, ゆる手匣にこそはさ, ゆる手取り足取り下へも置かぬ, ゆる手古奈の性質, ゆる手品の種明かし, ゆる手工業的名人芸の産物, ゆる手続の問題, ゆる扮装にて紋付, ゆる批評家の批評, ゆる批評対象の内, ゆる批難が所長, ゆる技巧を征服, ゆる技術においても新しい, ゆる抒情詩に対する劇詩, ゆる投げられても負けぬ, ゆる折しもあれ, ゆる折柄潮に乗り, ゆる折滬上当今の書家高, ゆる押出しが立派, ゆる招魂碑面する方, ゆる掛け方に通じ, ゆる推理小説とか他, ゆる提唱者等がまだ本当に, ゆる支那の香り, ゆる支那流の粗食, ゆる放出食糧といふもの, ゆる放浪の旅, ゆる政治といふもの, ゆる政治家学者或は一般, ゆる政治経済文化の三領域, ゆる政界の事情, ゆる故支那で濃紫色, ゆる故月中に響, ゆる敍景詩といふもの, ゆる教授から私, ゆる教養と性格, ゆる教養戦争と共に階級闘争, ゆる数十の目, ゆるの姿, ゆる敵将をたれなる, ゆる敵意と努力, ゆる數千の篝火, ゆる數學パヅルと稱, ゆる文人の山水癖, ゆる文人墨客でなくとも, ゆる文化的な要素, ゆる文化的都市が發達, ゆる文化領域に於, ゆる文壇的な修行, ゆる文壇的地位を確立, ゆる文士生活の崩潰, ゆる文士社会の生活, ゆる文字を其の, ゆる文学音楽演劇舞踊美術よりも彼, ゆる文文学なる者, ゆる文明国の政府, ゆる文獻がある, ゆる文芸復興からであり, ゆる文芸映画と称せられる, ゆる斑點の原因, ゆるに成り, ゆる料理場の内幕, ゆる斜線と曲線, ゆる新島三宅島大島嶺は雲居, ゆる新式の設備, ゆる新派の若手, ゆる斷腸の思ひ, ゆる施肥に注意, ゆる旅廻りの昔, ゆる旅順の街, ゆる旅順応援軍を得, ゆる日あらめや, ゆる日かげの霜, ゆる日數を示すべし, ゆる日本の新しい, ゆる日本ラインの特色, ゆる日本人向きの筆匠, ゆる日本印刷術の歴史家たち, ゆる日本的な部分, ゆる日知らにさ, ゆるカイロが, ゆる旧家でありましたな, ゆる早朝の光景, ゆる早稲田の水田, ゆる明朗闊達な青年, ゆる明治の元老, ゆる明治維新が成立, ゆる明神じゃ, ゆる星さへ星, ゆる春日の浅緑, ゆる昨日よ, ゆるが眞, ゆるの山, ゆる時あれや, ゆる時これにむかひ, ゆる時の間に律法, ゆる時バターを使用, ゆる時仏国の革命, ゆる時代小説はよく, ゆる時其所の主人, ゆる時四絃続き絃, ゆる時国民は既に, ゆる時夜中にフト目, ゆる時庭の夕, ゆる時機がまいりましょう, ゆる時此二タ股野郎覺悟をしろ, ゆる時汽車の中, ゆる時父は沖, ゆる時男の何, ゆる時空はその, ゆる時考えは必ず, ゆる時芳草緑象王廻る処落花紅, ゆる時蕪汁とぞ匂, ゆる時都大路の空, ゆる時香を燻, ゆる時魔除を兼ね, ゆるの花火, ゆる晩酌をといふ風, ゆる普通の女, ゆる普通民もこの, ゆる景教碑である, ゆる晴天白日の人, ゆる智慧と経験, ゆるの鳰, ゆる暴行を促す, ゆるを, ゆる曲者が顔, ゆる書物の目録, ゆる書籍の形, ゆる書道家の書, ゆる最大な良心, ゆる最後の形, ゆる月並調となつ, ゆる月夜を戸, ゆる月影に, ゆる有名な, ゆる有様がいい, ゆる有田焼の名産, ゆるの飾, ゆる望みの定義, ゆる朝露のいかに, ゆるのわれ, ゆる木綿襷かな, ゆるより降る, ゆる本当の科学, ゆる本質的な点, ゆる本質的還元或ひ, ゆる杞柳のこと, ゆる東方日の本, ゆるの末, ゆる松火を絶えず, ゆる松風通り風の吹く, ゆるのおぼろ, ゆる林中のさ, ゆる果物が進歩, ゆる枡飲である, ゆる枯枝を松明, ゆる枯淡にはその, ゆる某氏は有名, ゆる染物を大いに, ゆるの花, ゆる校長の姿, ゆる根拠のない, ゆる桜島を後, ゆるの陰, ゆる森かげ我を招く, ゆる植林せられたもの, ゆる業半ばにし, ゆる極光ともあはれ騎士, ゆる極惡無道な入道殿, ゆる楼閣の少し, ゆる榛の木の花, ゆるへなり, ゆる様々な意味, ゆる様子を致居候, ゆる樓閣の少し, ゆる標準語を修得, ゆる権力の不正, ゆる権威や信念, ゆる寝五郎造氏, ゆる横穴といふもの, ゆる樹木が限界, ゆるを得ない, ゆる機微な問題, ゆる機械力物量に対抗, ゆるの二句, ゆる歌よみどもは多く, ゆる歟自己が為, ゆる正しき熱き思ひの, ゆる正当なる報酬, ゆる正風を称道, ゆる武勇の国, ゆる武士道の如き, ゆる武骨一遍の勇士, ゆる歴史を素材, ゆる歴史主義とは嚴密, ゆる歴史的或は政治的事件, ゆるを取らん, ゆる死後の世界, ゆる死顔の月, ゆる殘忍な姑根性, ゆる殺風景となる, ゆるは我脈, ゆる比良の山膚, ゆる毛剛げにて口, ゆる民主革命とは名ばかり, ゆる気のをけない, ゆる気味ありて, ゆる気孔の前, ゆる気性の勝つた, ゆる気色がなく, ゆる氣分球で日々, ゆる水の上を走り, ゆる水上の女, ゆる水戸浪士十七名の肖像畫, ゆる水拭の肌, ゆる水燃ゆる土, ゆる水蒸気だ, ゆる氷砂糖か不尽, ゆる永久の火, ゆるの千鳥うち, ゆる汝共に散る, ゆるの汀, ゆる決心です, ゆるの方, ゆる沖中に夜, ゆる沖邊の岩, ゆる法律を比較研究, ゆる法界節の聲, ゆる法螺の音, ゆるの音, ゆる泰山府君は虎の尾, ゆる洋傘とは名, ゆる洋服洋食洋館のこれ, ゆる洋行熱と称せられた, ゆる洋食ガラスのびんづめでお燗, ゆるの國, ゆる流行ではない, ゆる浅はかな単なる, ゆる浅草川の紫鯉, ゆる浦島説話は漢文, ゆるの音, ゆる浮浪人の長, ゆるの色, ゆる海上ビルデングのあたり, ゆる海士もがない, ゆる海綿を貼り, ゆる海苔粗朶の列竝, ゆる海蛇はいずれ, ゆる海賊船は常に, ゆる海邊とを丘陵, ゆる消極的な反抗, ゆる涙袖に置き, ゆる涼台の破風, ゆる淋しき山路を, ゆる混乱や矛盾, ゆる清貧に対してこれ, ゆるの川原, ゆる健な, ゆる湯治のため, ゆる湯津香木及び井中, ゆる湯町情調が濃厚, ゆる湾泊を極めたりき, ゆる満目の紅葉, ゆる源氏の頼朝時代以後, ゆるの川原, ゆる滑面に指紋, ゆる滝の下に立ち, ゆる漏斗のかたち, ゆる演出のうち矢張り荒尾譲介, ゆる演劇が等しく, ゆる演技によつて, ゆる演技以前のもの, ゆる漢詩なるもの, ゆるの眞中, ゆる激情を圧, ゆる紅が, ゆる織津姫以下, ゆる火柱の光り, ゆる火焔の消, ゆる火熱に油, ゆる火現在の闇黒, ゆる火鉢からは炙り, ゆる灯かげという句, ゆる炎陽に, ゆる炬火をく, ゆるは極, ゆる点燈夫が街, ゆる烈火の焔, ゆる烟突の烟, ゆる焔現在の闇黒, ゆるの哲學, ゆる無学の人, ゆる無為の期間, ゆる無知の知, ゆる無邪気な光, ゆる無量寿仏の国, ゆる煉瓦の赤色, ゆるぞいとど, ゆる煙つた町の多く, ゆると等しく, ゆる熱火を厳粛, ゆる燈火のもと, ゆるも可, ゆる營氣衞氣は浮氣, ゆる爪形を, ゆる袖を, ゆる牧師はあれ, ゆる物事を人間, ゆる物現世にある, ゆる物理的空間は相対的, ゆる物等よ, ゆる物象と同様, ゆる物質に本質的, ゆる物質主義の世の中, ゆる物鋤にあたりけれ, ゆる物馴顔の婢, ゆる犠牲を忍ん, ゆる犯罪がなくなる, ゆるは戲園, ゆる状法衣をなぶる, ゆる狂歌と地ぐちシヤレ, ゆる狂言の山, ゆるの如き, ゆる狗子柳のはや, ゆる狩り暮らし夕霧に薄く, ゆる独善といふやつ, ゆる狹沼の埴岸, ゆる猛勇の人, ゆる猪牙船を乗り込ませし, ゆるおろしし給, ゆると兎, ゆる獨存自我の發揮, ゆる玄洋社の団中, ゆる玉樹の高い, ゆる玩具の釣り, ゆる珍寶の, ゆる實主義とを, ゆる現代の科白劇, ゆる現代文壇の急進者, ゆる現代江戸ッ子弁が自然, ゆる現実の非常, ゆる現実主義者でもない, ゆる現実性を欠いた, ゆる球突塲氣分なるもの, ゆる理想の下, ゆる理想家は將來, ゆる理論又は科学, ゆる瓦斯の火, ゆる瓦斯灯の光, ゆる生徒にあまく, ゆる生死のさ, ゆる生活上の難儀, ゆる生産場面の男女差別待遇, ゆる産業の上, ゆる産業戦士に向, ゆる田舎家の盆灯籠, ゆる男一人その胸, ゆる男女の小声, ゆる町人風の男, ゆる町奴風の昔気質, ゆる異常時に慣れ切っ, ゆる異教徒の憎悪, ゆる畸形礼讃の一例, ゆる垣の, ゆる疎開者といふ者, ゆる病気恢復期といふもの, ゆる病氣のこと, ゆる発展的解消をこの, ゆる発展策と称し, ゆる登山路を探究, ゆる白樫や, ゆる白歯に傾く, ゆる白色巡洋艦あれは何國, ゆる白髪の老人, ゆる白鳥の山, ゆる白鳳の世, ゆる百姓二人話しもて出, ゆる百年に及び, ゆるの焼けた, ゆる皮膚病の中, ゆる盛大の御世, ゆる監視の眼, ゆる古説話, ゆる目先にいつか二つ目, ゆる覺, ゆる相図は敵, ゆる眞熊野の海かぎろひ, ゆる日中の, ゆる真似して, ゆる真平な街道, ゆる真白の濡手, ゆる真紅の色, ゆるをあげ, ゆる眼瞼を押しあてる, ゆる瞑想に耽る, ゆる瞑想家或ひ, ゆる瞳孔あり, ゆる瞿曇氏とヲーガスチン帝, ゆる知名の学者, ゆる知情意を貫く, ゆる知覚に先立つ, ゆる知識の出發點, ゆる知識人を民衆, ゆる知識婦人の矯激, ゆる知識領域に渡っ, ゆる矮小なる島国人, ゆる石見表の産地, ゆる石階に掘り, ゆる砂漠の空, ゆる砲兵工廠の建築眼, ゆる破壊的の音響, ゆる硫黄の雨, ゆるの間, ゆるだ, ゆる社会劇とも違う, ゆる社会生活の正規, ゆる社会的虚偽の憎悪者ヘンリツク・イブセン, ゆる社会的身分や階級, ゆる社會の中, ゆる社會主義文書および共産主義文書, ゆる社會主義的な教養, ゆる社會的交際をせね, ゆる祖父岳とを連ね, ゆる神佛を信仰, ゆる神婚説話なる可, ゆる神無月大神のみ前, ゆる神秘といふ奴, ゆる神童でこの, ゆる神算鬼謀の士, ゆる神經を, ゆる神話を研究, ゆる神話的説明即ち之, ゆる神通川を後, ゆる神風の吹く, ゆる禿のあ, ゆるの極めて, ゆる私一個に関すること, ゆる秋日和である寒い, ゆる秩父郡の山, ゆるや高い, ゆる積りか分らぬ, ゆる空知の屯田兵村, ゆる窮策によく, ゆるの穴, ゆるの傍, ゆる立場と建前, ゆる竜体獅子の一つ, ゆるのごとく, ゆるの舞手, ゆる端山の藪雑木春, ゆる競馬哲學また馬券, ゆるひに, ゆる笑いと眼, ゆる笑い声も, ゆるなけれど, ゆるなんかにし, ゆる筋骨は数四十, ゆる筑前立花山伝教の独鈷松, ゆる筑波嶺ゆ棚引き渡る秋, ゆる筒袖の羽織, ゆる箒木の好運, ゆる入娘, ゆる篝火の焔, ゆる簡單な船着場, ゆるまたは廁, ゆる粋人がする, ゆるとかいき, ゆる精忠十八歳家を毀つ, ゆる精神文化を現金主義, ゆる精神病理学の対象, ゆるも忘れなかった, ゆる紅梅の花, ゆるでは, ゆる純金の純金, ゆる紛糾せる事理, ゆる素燒きでありますが, ゆる素質を要請, ゆる紫ごろも, ゆる紫尾が嶺, ゆる細川殿とは御, ゆる紳士ぶりに生き, ゆる組織といふやう, ゆる経験を呑吐, ゆるの筆法, ゆる絶壁に比, ゆる絶対的運動の存在, ゆるの聲, ゆる綜合の妙味, ゆる綜合的統一の意味, ゆる綜合芸術の一つ, ゆる維也納森林帯の一部, ゆる緋縮緬ひらりと, ゆる罪悪一に皇帝, ゆる羅漢寺は半ば樹立, ゆるを尽し, ゆる美しさを, ゆる美しき山とな, ゆる美人の襟, ゆる群峰の総称, ゆる義憤があっ, ゆるの色沢, ゆる翌朝の, ゆる習俗と云, ゆる習慣以前の生, ゆる翼賛運動に対する青年各自, ゆる老婆が出, ゆる老嬢には違, ゆる老成すること, ゆる老朽国民に成り果てる, ゆる老樹の杉, ゆる者今でも時々, ゆる者山中にて必ず, ゆる聖戦の目的, ゆる聖殿に, ゆる聖母像前の紅玻璃燈, ゆるによりてい, ゆる職人である, ゆるとなり, ゆる肥満の紳士, ゆる胚種を包蔵, ゆる胸毛に嘴, ゆる能力を全く, ゆるた, ゆるの肌, ゆる腕力の今, ゆるを黒き, ゆるまがりの, ゆる自家の力, ゆる自家撞着ではない, ゆる自己の生活, ゆる自然哲学に著しい, ゆる自然汎神論者であつ, ゆる自然派といふヨーロッパ近代文学思想, ゆる自照の文学, ゆる自由を有, ゆる自由主義時代までわが国, ゆる舞姫の, ゆるの出入, ゆる良き享受者としての, ゆる色とりどりの安普請, ゆる芋名月満洲国承認, ゆる芋明月であるが, ゆる芙蓉花の腐れ, ゆる芝居語には通じない, ゆる花やかな職業, ゆる花崗岩の群巒脚下, ゆる花曇りで青空, ゆる芸術制作の苦し, ゆる芸術的衝動がさうである, ゆる若い者が, ゆる若き夫婦の, ゆる若草を人, ゆる苦しみをし, ゆる苦肉の策が施された, ゆる苦難のある, ゆる英雄伝や偉人伝, ゆる茶屋の床几, ゆる草枯るる草, ゆる荊新らしき日, ゆる落南の人士, ゆる落着さで悠々, ゆる葉かげの, ゆる著述の中, ゆる蒼空を仰い, ゆる蓬莱仙女の一条, ゆる蓮池のあたり, ゆるを吸ひとつ, ゆる薄毛の天窓, ゆる薔薇の如く並び立たせ, ゆる薩州邸の内, ゆるより烟, ゆるを喰, ゆる藝術寫眞には何, ゆるの門事件, ゆる處遙に潮來, ゆるの喰, ゆるやり火, ゆる蛇足を畫くもの, ゆる蛮族の跳梁, ゆるの輩, ゆるの糸, ゆるのごとく, ゆる蝋燭を取り, ゆる蝦夷すなわち今日北海道, ゆる蟄竜や竜, ゆる血気に任せ, ゆるを共に, ゆる行動主義の如き, ゆる行為を許容, ゆる衛生なり, ゆる衝動が永遠, ゆる衣架飯袋にすぎなかつた, ゆる衣紋つき備わった品, ゆるの耕地, ゆる西の海, ゆる西欧近代劇運動の流れ, ゆる西洋風と称せられる, ゆる要害堅固な城塞, ゆる要素は射影幾何学自身, ゆるむ, ゆる見当のまま, ゆる規定に於, ゆる覚悟ぢや, ゆる観世音の額, ゆる観光事業と称せられる, ゆる観光地もあつ, ゆる観念内容が這入り得る, ゆる観念論哲学を支配, ゆる観物は尠, ゆる観賞家の一人, ゆる解釋を包含, ゆる言論の自由不自由, ゆる記事や野蠻人, ゆるになるまい, ゆる証拠でもつかみえた, ゆる詩人文人の徒, ゆる詩余である, ゆるを据, ゆるとその, ゆる誤解はこの, ゆる誤謬は直観自体, ゆる説明が与えられ, ゆる論理家は公式主義者, ゆる諸事物に日常性, ゆる諸説の紛糾, ゆる講談本と同種, ゆるであるが, ゆる讀者は大, ゆる谷かげにまだ, ゆる豌豆の花, ゆる象徴的とも思はれる, ゆるの者, ゆる豪壮なヒマラヤ雪峰, ゆる貧民窟をみる, ゆる資産家の家督, ゆる賢人の如く, ゆる赤熊の帽子, ゆる赭色の懸崖, ゆる趙雲子龍か, ゆる足音に此方, ゆる距離に作用, ゆる路上を君, ゆる躑躅であろう, ゆるぞこよひ, ゆる身体の熱, ゆる身分相応な卓子会議, ゆる身分階級の人々, ゆる身躰の疲, ゆるけのわる, ゆる車輪で同じ, ゆる軍艦の知識, ゆる軟文学が第, ゆる輔車唇齒の關係, ゆる輪奐の美, ゆる輪後光は即ち, ゆる輿論に支持, ゆる轉向を彼, ゆる辛棒づよさを雪間の嫁菜, ゆる辣手段を弄, ゆる農工調整の問題, ゆる農村の指導者, ゆる農民芸術の味, ゆる迎酒の苦, ゆる近所の遊び仲間, ゆる近江八景のはじまりだ, ゆる近道常陸内と云, ゆる迷信や右党, ゆる通り家に妻子, ゆる逞しい紳士で, ゆる連綿体の生じた, ゆる進歩的ということ, ゆる遊星は略, ゆる運命の手, ゆる過ぎたと見え, ゆる過去の生涯, ゆるなく, ゆる道化または茶利, ゆる道学者的標準によつてお手本化, ゆる道学者風な衒気, ゆる道徳の国, ゆる道理はない, ゆる道筋である, ゆる道行といふ旅行, ゆる道野をゆく, ゆる遠景が丁度, ゆる適材適所というやつ, ゆる選民のため, ゆる遺言といふもの, ゆる部門の科學者, ゆる都会人でなくまたは, ゆる醜い中傷讒誣が, ゆる醜聞をことに, ゆる里長のまなむ, ゆる重太郎には明後日, ゆる重点的な運動, ゆるの景色, ゆる野火を薙ぎ尽し, ゆるの兜, ゆる金属の中, ゆる金屬時代にはひりました, ゆる金星のものすさまじき, ゆる金曾木なり, ゆる鉄筋コンクリートの建物, ゆるの鎧直垂, ゆる鍋倉山は妙義山, ゆる鎌倉時代の清水坂, ゆるを絶ちました, ゆるの響, ゆる長官というやつ, ゆる長山美濃の山, ゆる長崎の歴史, ゆる長崎談判この文章, ゆる門前の小僧習, ゆる閃電にお, ゆる関係者に報酬, ゆる関東の連れ小便, ゆるのうへに坐しゐ, ゆる關ヶ原をやつ, ゆる關左の名勝, ゆる防禦手段が講ぜられるであろう, ゆる阿波の山かけ, ゆるの白妙, ゆる限り海波が渺茫, ゆる限り漣一つ起たず油, ゆるが紫, ゆる陽炎の果, ゆる隱沼は, ゆる雑種地に屡, ゆる處なり, ゆるの塔, ゆる雪片の須臾, ゆる雪達磨創られその, ゆる雲の上埴山姫や巌, ゆるのごとく, ゆる電車の響き, ゆるの如く, ゆる霜日和ふとんや, ゆるの如き, ゆるのしら玉, ゆる靈肉一致的のもの, ゆる青年は必ずしも, ゆる青年時代において彼, ゆる青春の特權, ゆる青木が原, ゆる青海苔みるの, ゆる静かな状態, ゆる文化的な, ゆる非合理主義的文学理論に対しては吾, ゆる非常時だから, ゆる非礼を分析, ゆる革命家の中, ゆる革命的だといふ, ゆる革新の機運, ゆる音楽としてその, ゆるは人間, ゆる頃日はすでに, ゆる頃晩秋の風の音, ゆるを寄せ, ゆる頬辺に笑, ゆるではありません, ゆる顔ばせヱヌスの古, ゆるひおの, ゆる顧慮を取り去っ, ゆる風かほる快い日曜, ゆる風体怪しの, ゆる風俗凡ゆる習慣以前, ゆる風土記であ, ゆる風岬にあり, ゆる風情を見, ゆる風流の淵叢, ゆる風雲の気, ゆる飯田川となり, ゆる飲酒者の飲酒者, ゆる本党, ゆる香川雪枝も, ゆる香煙を纏い, ゆる馬劇にならぬ, ゆる馬鹿の三杯汁, ゆる駿馬の鬣, ゆる騒音の佃煮, ゆる骨肉相疑ひ同族相戮, ゆるさが, ゆる高原に夕さり, ゆる高塔を仰い, ゆる高尚な話題, ゆる高山性の地貌, ゆる高度國防國家の必要, ゆる高杉晋作などもまんざら, ゆる高潔の士, ゆる高等代数の洗礼, ゆる高級芸術とを並立, ゆる高貴な相, ゆる高野の山, ゆるの中, ゆる鬪士ではない, ゆる鬱金木綿の胴巻, ゆる魂一のみならじ, ゆる魅力ある近代女性, ゆる鮮明な色彩, ゆる鮮烈の口, ゆる鳥居風なる放肆, ゆるの行く如く, ゆる鴨群など時代, ゆる鵄一つ羽を休めい, ゆる鶏犬の声, ゆる鹿毛の平, ゆる麗人の面影, ゆる黄泉比良坂は今, ゆる黄葉の下, ゆる黄金の金具, ゆるの邊, ゆる黒人筋は樂觀, ゆる黒船の砲声, ゆる黒髮の, ゆるの音楽, ゆるの宣王死