青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゆき子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

やん~ ~ゆ ゆ~ ゆう~ ゆうべ~ ゆえ~ ゆえに~ ~ゆかない ゆき~ ~ゆきました
ゆき子~
~ゆく ゆく~ ~ゆっくり ゆっくり~ ~ゆる ゆる~ ~よ よ~ ~よい よい~

「ゆき子~」 1405, 15ppm, 7400位

▼ ゆき子~ (755, 53.7%)

20 富岡の 11 自分の 8 眼を, 黙つて 6 少しも, 思ひ切つて 5 おせい, 伊庭の 4 さうし, じいつと, ふつと, 妙に, 富岡との

3 [14件] あわてて, こ, このま, しみじみと, 全身が, 厭な, 大胆に, 富岡から, 富岡に, 富岡を, 急に, 此の, 気が, 立つて

2 [37件] すつかり, するめ, そこに, はつとして, コオヒイを, 七輪に, 久しぶりに, 伊庭を, 何も, 加野から, 吻つ, 呆ん, 声を, 妙な, 子供の, 富岡と, 富岡には, 寒々と, 幾度も, 廊下へ, 思ひきつ, 手さぐりで, 手を, 早々と, 昏, 昔の, 時々眼, 杉夫の, 林檎を, 泣きながら, 炬燵に, 笑ひ, 素直に, 自分が, 蒲団に, 躯が, 酒に

1 [550件 抜粋] あたりを, あの女達, あまり酒, あやまつた, あれこれと, あゝ自動車道路, いつも皺, いまごろに, いまごろにな, いまは, いやに, いよいよ生活, うか, うたが, うたぐつてゐるのだ, うとうと聴い, うなづいた, おしげさん, かうした旅, かうした独り住居, かすかに, かちんと, かつた, かつてこんな, かなり苦労人, き, きき耳, ぎらぎら光つた眼差し, くすくすと, くすくす笑, くるりと, ぐつたりと板壁に, ぐるぐると, この二人, この女, この曲, この様子, この男, この部屋, こんなところ, さいころを, さう, さつき手を, ざぶざぶと湯を, じろりと富岡, すぐそれ, すぐ産室, すぐ酒, すつかり濡れ, すつかり疲れ, すつかり痩せ, すんなりと, せつかちに, そこで, そこで一晩泊つた, そこへ, そのコップ, そのハトロン, そのラジオ, その三味線, その人影, その冷, その封書, その山頂, その時計, その本, その産院, その言葉, その酔ひ, その金, その響き, その黒い, それでも寒い, それも, それを, そんなに長く, そんな気持ち, ちらと, つくづくと, つくづく遠い, どうでもよ, どうにも出来なく, どうにも刃向, なつかしい思ひ, なつかしかつ, にやにや笑, ぬるぬるした, ぱつちりと眼を, ひそかに, ひとりで, ひどく勇気, ひどく躯, ぴいんと手足を, ぴいんと額に, ふり返らなかつた, へとへとに, また少し, また旅支度, また茶碗, また電報, また鷺, まだ二三時間, まだ深く, まだ職業, まだ酒, まつすぐ, みすぼらしい富岡, むかつとして, もうどんなに努力, もうま, もう一度富岡, もう一度小さい, もう何年, もう我慢, やつと, やつぱりさうだつたのかと加野の, よく知つて, らつきようを, らんらんと, わざとその, わざとダイヤル, オントレーの, コオヒイ茶碗を, サヨの, ジョウと, ジョオを, ダラットで, ダラットと, ドヴォルザァークの, ハンカチを, ハンドバッグから, ビール壜を, マアケットで, マリーの, リュックから, レースの, 一つ一つの, 一人で, 一人で戻, 一人寝, 一切が, 一升壜の, 一向にそんな, 一夜の, 一寸真面目, 一応富岡, 一日外へ, 一時に, 一時の, 一晩だけ, 一本唇に, 一瞬ぎよつとして息を, 一種の, 丁度夕食, 三宿の, 三日も, 不思議だつた, 世の中や, 乱れた髪, 二つ三つ映画を, 二つ目の, 二度ばかり, 二日ばかりを, 二月の, 井戸端の, 人の, 今にな, 今夜は, 今度の, 今日こそ, 今朝の, 仏印から, 仏印で, 仏印にまで, 仕方が, 伊庭も, 伊香保の, 伊香保へ, 何が, 何でも, 何となくあきらめ, 何となく不安, 何となく同情, 何とも息苦しく, 何を, 何処も, 何故か静岡, 何時か, 何時かは, 何時の間にか満足, 何時までも, 何気ないそぶり, 何気なく事務室, 侮辱された, 信者の, 公会堂からの, 六十万円の, 内地へか, 冗談で, 冗談らしく, 冷い, 冷えこんだ足, 冷えた膝, 冷やり, 出掛けようとして, 別に困つた, 別れがた, 加野だ, 加野と, 加野には, 加野の, 加野へ, 加野を, 加野的善人さと, 動悸が, 化粧を, 医局に, 十万円ばかりの, 十日程前に, 千円の, 卑しいと, 口の, 只黙, 吃驚した, 吐き捨てるやう, 呆れて, 呼吸を, 咳が, 咳止めの, 咽喉が, 品川駅に, 四五日は, 四十度近い, 固くな, 坐つたま, 外套の, 外套も, 外套を, 夜に, 夜明けにな, 夜露に, 夢見心地で, 大分酔つ, 大日向教と, 天窓を, 如何に, 妊娠し, 姉を, 子供を, 季節の, 安南人, 官舎まで, 宿の, 富岡が, 富岡へ, 寒くて, 寝て, 寝苦しく息, 小さいはしけ, 小さいスーツケース, 小さいラジオ, 小禽の, 少しづつ, 屋久島の, 常に飢ゑてゐる気持ち, 庭に, 弟の, 強い酒, 当分独りで, 待ち疲れた, 待つて, 後向きに, 後味の, 御所の, 微笑し, 心ひそかに, 心細い気, 念を, 怒つて, 怒りで, 思つた, 思ひ出して, 思ひ切つて硝子, 思へた, 思へなかつた, 悪びれた容子, 悪戯を, 愉しいもの, 成宗や, 或る, 戸外へ, 所在なく, 扇を, 扉を, 手に, 手軽な, 拍子抜けの, 持ちつけない金, 挨拶し, 撮らせなかつた, 放蕩の, 敦賀を, 数え年二十二歳と, 敷蒲団の, 新宿へ, 早口に, 明け方にな, 明日の, 春子が, 春子に, 昨夜あれほど, 昨夜借りた, 時々富岡, 時々微笑, 時々熱, 時計を, 晴れが, 暗くな, 暫くその, 暫くたつ, 暫く固い, 暫く富岡, 暫く黙, 書きもの, 最後の, 未練に, 杉夫との, 杉夫に, 東京へか, 松風の, 板の間に, 枕の, 林檎の, 果てしも, 案内人から, 森林地帯には, 極りわるげで, 次の間で, 歩いて, 歩き疲れて, 歯茎を, 死にたくは, 比嘉の, 気を, 気抜けした, 汚れた手拭ひで, 池上上町の, 池袋が, 池袋の, 泊つてほしい, 泣き腫れたやう, 注射が, 洋服箪笥の, 涙ぐんで, 涙を, 淋しすぎた, 湯煙を, 激しい動悸, 激しい怒り, 激しい息づか, 激しい男, 激しく咳きこん, 炬燵で, 無理に, 無茶苦茶に, 焼跡の, 煉炭火鉢の, 煌々と, 熱が, 熱に, 牧田氏に, 牧田氏には, 物音が, 犬の, 狂人の, 珍しいもの, 珍しさうに, 現在の, 環境で, 生きて, 生涯を, 産婆にも, 甲板へ, 男といふ, 町へ, 疲れた足, 疲れて, 疳に, 白いカーテン, 皮肉を, 皮膚の, 目的の, 目的も, 目黒の, 相当怒つてる, 眼に, 眼の, 眼尻を, 瞼に, 知るもの, 石の, 秋に, 突然だ, 立つたなり, 笑いも, 笑つて立ち停, 笑ひかけよう, 箪笥から, 篠井春子が, 篠井春子と, 米を, 素早く立つ, 索漠と, 紫の, 考へたが, 耐へ, 耳もとに, 聞いた, 肉親にも, 肚の, 背中に, 胸の, 胸もとに, 腕の, 腕を, 腹這つ, 腹這ひ, 自信を, 自分だけでも, 自分も, 自分一人だけ, 自分一人で, 自分独りで, 自分自身にも, 自問自答し, 色々口実, 苛, 若い医者, 茶を, 荷物を, 荷物をか, 蒲団の, 蓮つ, 薬臭い, 血みどろの, 褞袍を, 見栄も, 診察を, 話して, 誰にも, 貰つた石けんを, 貴方と, 賑やかな, 赤い絹, 赧く, 足を, 蹲踞みこんだ, 身を, 身軽に, 躯全体が, 躯工合が, 近所の, 返事を, 通された, 遅く起き, 郷里から, 酒の, 酔つた眼を, 酔つてゐた, 酔ひがまは, 金庫へ, 釦を, 鍋の, 鍋を, 鎮静剤を, 開いた窓, 開いて, 降りて, 障子を, 雪道を, 電気ローソクの, 電気座蒲団に, 震へて, 青く光つた錻力, 静岡の, 革張りの, 頭を, 顔を, 風呂へ, 風呂上りと, 飯を, 首を, 馬鹿, 馴れない長途, 騒がしい隣室, 高原の, 高見に, 鷺の, 黒い制服, 鼻の

▼ ゆき子~ (252, 17.9%)

10 手を 8 顔を 6 肩を 5 そばへ, 事を, 眼を 4 顔が 3 指を, 方を, 為に, 胸の, 額に

2 [15件] ところへ, コップに, 姿が, 姿を, 心の, 心を, 方へ, 枕もとに, 柔い, 死を, 泣き声を, 眼には, 瞼に, 腕に, 膝に

1 [164件] あの時, おしや, おもかげ, すくすくした, そのものぐさ, その後の, その狂態, そばに, そばを, ところへは, ふくらんだ手提げ, ほとばしるやう, やうな, やつた, ゐない二人, ヒステリックな, 上へ, 不作法な, 不安や, 不幸な, 事なぞは, 二の腕を, 仕事は, 優しい表情, 全景は, 分身の, 前へ, 化粧の, 化粧を, 十本の, 口の, 告白を, 周囲を, 唇が, 問題とか, 問題には, 土葬に, 声と, 変化が, 変貌した, 大きい腰, 大胆な, 好意は, 姿かな, 姿は, 孤独な, 孤独を, 室へ, 家の, 家へ, 家も, 寝床の, 平べつたい顔, 幸福を, 後から, 心に, 心理には, 心臓へ, 思ひ詰めたさつき, 悄然と, 情事は, 意嚮を, 感情を, 態度から, 手が, 手について, 手の, 手は, 手紙の, 持ち逃げした, 指差した, 方に, 方も, 時計は, 暮しぶりを, 最も厭, 枕もとで, 枕を, 枕許で, 枕許の, 枕許を, 死そのものが, 死だ, 死の, 死顔を, 残して, 母は, 気持ちは, 泣きじや, 泣く姿, 注意を, 派手な, 涙を, 無遠慮さが, 熱は, 獣の, 現実に, 甘さ, 生き方が, 生命に, 生活を, 病状は, 病状はいぜんとしてを, 発病には, 白い靴先, 直感に, 眼は, 眼尻に, 瞼を, 突拍子も, 立ち場が, 絹ポプリンの, 美しい手, 耳は, 肉体には, 肉体は, 肩へ, 背景に, 胸や, 腕を, 膝へ, 臨終を, 自暴自棄な, 苛, 苛れた, 落ちつき場所を, 行き暮れた気持ち, 行動に, 表情を, 裸を, 見舞ひ, 言葉が, 訪問を, 話を, 赤縞の, 赧らんだ, 躯が, 躯には, 躯によ, 躯を, 逢ひたいと, 部屋に, 部屋の, 部屋へ, 重たい顔, 野性的な, 金に, 面倒を, 面影を, 頬に, 頭の, 頭髪に, 額を, 顎に, 顔であった, 顔に, 顔の, 顔は, 顔へ, 顔面が, 食事が, 食事に, 馴, 髪が

▼ ゆき子~ (86, 6.1%)

2 ラジオを, 富岡の, 自分の

1 [80件] いよいよ二三日うち, う, このま, さうし, すつかり, その男, その鼓, そんなに深く, のぶに, ふつと, もう来ない, ゐなければ, ゐるの, スリッパを, マンリンマンリンと, 一番自分に, 下段の, 不憫で, 云つた, 仏印の, 仏印行きの, 何か, 何時頃を, 何気なく富岡, 入口の, 冷い, 冷やかすやう, 切りつけられた傷, 初産で, 勝手に, 十七歳善太郎が, 可愛かつ, 嘲ひながら, 四通目の, 坐つた, 大声で, 天袋から, 女を, 妊娠し, 妙に, 子供を, 寄宿し, 寒さうに肩, 寝たりた顔, 少しも, 弱々しく云, 怒り出すの, 戻ると, 昏, 来たの, 枕の, 毛布に, 泊ると, 泣いて, 泣きながら, 淋しさうに, 湯には, 濡れた雨傘, 炭の, 独りで, 率直に, 甘えて, 甲高い声, 白いスカート, 突きあたりの, 笑ひ, 笑ひながら唄を, 腰を, 腹を, 膝の, 自動車で, 船で, 西武線の, 赤くな, 躯を, 靴を, 顔を, 食堂へは, 駅の, 鷺の

▼ ゆき子~ (67, 4.8%)

5 見て 2 呼んで, 眺めて, 見ると, 連れて

1 [54件] あごで, あつかつ, このま, その店, どんな風, のせた, まるで女神, みつめた, わざと孤独, 一層苦しめる, 不憫だ, 二階へ, 二階まで, 何とか残し, 傷つけた加野, 南の, 受けとめるやう, 呼んだり, 大胆に, 妻と, 嫌悪の, 富岡へ, 尋ねて, 廊下の, 待つて, 待つ為, 得た, 恋人に, 愍むよりも, 慰めて, 抱いて, 抱きか, 振り返つて, 探しに, 接吻し, 掻き抱いた, 残して, 濡れた外套ごと, 甘いと, 盗見し, 眺めた, 眼に, 眼の, 知つた頃小指の, 考へて, 落ちつかせるべき家, 見た, 見た時, 見むき, 見降した, 送つて, 連れこんだ時, 道づれに, 遠くから

▼ ゆき子には~ (51, 3.6%)

2 印象的だつた, 珍しかつ

1 [47件] いまでは, いままでの, おかま, がんと, すぐ判つた, すべてを, その真白い, それが, それは, みんな肉親の, 不思議だつた, 不思議な, 中学生の, 予測出来なかつた, 人肌の, 仏印で, 他郷を, 何かい, 何となく情けない, 判らなかつた, 判るやう, 口惜しかつ, 喜劇の, 天井の, 妙に, 嬉しかつ, 安南人, 富岡が, 心細くなつ, 曲目は, 根深いもの, 残念でも, 気に入らなかつた, 気の毒に, 珍しい玩具, 珍しい眺め, 耐へ, 自分が, 自分で, 自分でも, 見えないに, 見せたくなかつたの, 言葉が, 逢ひたく, 重大で, 面白いいた, 驚異で

▼ ゆき子~ (38, 2.7%)

2 やつとの

1 [36件] いまは, かなり酔, がんこに, この無作法, そこに, そのま, その曲, その枕, また立つ, ゆつくり起きあがつ, コップに, 一息いれ, 一方その, 一本珍らし, 予想だ, 二三杯の, 亦この, 伊庭について, 伊庭の, 大分酔つてゐた, 富岡も, 後を, 志願し, 春子も, 末座に, 案外自然, 煙草を, 疲れて, 立ち止つて加野, 腹が, 自然に, 馬鹿に, 駅の, 黙つて, 黙つて富岡, 黙りこんで

▼ ゆき子~ (37, 2.6%)

4 渡した

1 [33件] こんな事, とつて, のしか, やつぱり惚れ, 云つたのかは, 云はれ, 云ひあてられた, 似て, 何一つ要求, 何度も, 出逢った時, 判らない筈, 吐き出させて, 君は, 呆れて, 多少の, 尋ねた事, 復讐する, 惹かれる気持ち, 搦まり現在の, 敷くやう, 歩調を, 笑顔を, 聞いた, 聞いて, 見せた, 触れた, 詫びて, 送つたが, 送つたの, 逢つ, 違いない, 食べて

▼ ゆき子~ (20, 1.4%)

3 一緒に 2 並んで, 自分の

1 [13件] したの, 二人きりで, 初めて相知つたダラット, 加野が, 厭な, 古いき, 富岡は, 情死行で, 此の, 歩いた, 歩いて, 泊つた表の, 肩を

▼ ゆき子にと~ (13, 0.9%)

11 つては 1 つても, つて有難い

▼ ゆき子との~ (10, 0.7%)

1 あの安宿, あんなこと, かうした長い, 交渉は, 交渉を, 出逢ひ, 接吻の, 邂逅は, 関係もめ, 階級的夫婦としての

▼ ゆき子にも~ (6, 0.4%)

1 さされた, ものの, 信子にも, 初めて見る, 通じて, 飲めと

▼ ゆき子に対して~ (6, 0.4%)

1 一べつも, 何となく済まない, 杉夫の, 深い愛情, 直感で, 背反の

▼ ゆき子さん~ (5, 0.4%)

1 があなた, がゐた, ですか, のハガキ, はその

▼ ゆき子から~ (3, 0.2%)

1 きいた同じ, めんめんと, 借りる為

▼ ゆき子~ (3, 0.2%)

1 くれた, にこにこした, 話しかけて

▼ ゆき子自身~ (3, 0.2%)

1 もいま, も少し, も自制

▼ ゆき子~ (3, 0.2%)

1 が東京, の襖, の話声

▼ ゆき子だけは~ (2, 0.1%)

1 富岡と, 病気と

▼ ゆき子とは~ (2, 0.1%)

1 すつかり, 別れ去つて

▼ ゆき子に対しては~ (2, 0.1%)

1 もう赤, もはやすがりつき

▼ ゆき子はじいつ~ (2, 0.1%)

1 とかぶつ, とベッド

▼ ゆき子はじつ~ (2, 0.1%)

1 と激しい, と眺め

▼ ゆき子はを~ (2, 0.1%)

1 かしくて, かしくも

▼ ゆき子より~ (2, 0.1%)

1 一足さきに, 大柄だつた

▼ ゆき子名義~ (2, 0.1%)

1 の地所千七百五十坪, の宅地五筆合計千七百五十坪

▼ ゆき子~ (2, 0.1%)

1 よこ, よ摸

▼1* [29件]

ゆき子からでも来たよう, ゆき子さん貴女は全く, ゆき子たちの旅館, ゆき子なと思, ゆき子だけ安南人, ゆき子だけが横浜まで, ゆき子だけであつた, ゆき子だつたら席を, ゆき子とともに枯木の, ゆき子なぞの存在, ゆき子などには一瞥も, ゆき子なりそちも, ゆき子にかあつと, ゆき子について来た, ゆき子によつて遁れよう, ゆき子によつて示された, ゆき子に対する私の, ゆき子のけはしい, ゆき子はいぢらしい, ゆき子はかへつて憎しみ, ゆき子はかまはず二階へ上つて行, ゆき子はがつかりして, ゆき子へともつかず自分, ゆき子への思ひ出, ゆき子もべんべ, ゆき子をぞつと, ゆき子以外には貴方, ゆき子の脅迫状, ゆき子氏来訪座へ案内