青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゆき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~やろう やろう~ やん~ ~ゆ ゆ~ ゆう~ ゆうべ~ ゆえ~ ゆえに~ ~ゆかない
ゆき~
~ゆきました ゆき子~ ~ゆく ゆく~ ~ゆっくり ゆっくり~ ~ゆる ゆる~ ~よ よ~

「ゆき~」 2367, 26ppm, 4564位

▼ ゆき~ (122, 5.2%)

3 見しに 2 いづくに, こなたを, これを, そのまま柱, とらへよ, 休憩みたる, 天王寺の, 演習見, 行きあ, 青き弁当

1 [99件] おくれし, おはす, おりおり人, おわすと, かの盲人, かま鉄びん茶わんなど, これが, さびしき青色, さも大, しっかりと, その故, その父アンキセス, その葉, ちごと, ともかくも, はかへり, はやきむ, ひたと之, またかえり来たらぬ, またも思ひ, みるに, ボルゲエゼの, ヱズヰオに, 之を, 二た, 人に, 人の, 今しみじみ, 他の, 佐竹義宣を, 何ぞ敢, 再び肉體, 冬に, 去に, 土橋ある, 夏来たりぬ, 大山峠なり, 実際的, 家に, 審判を, 山々の, 山を, 左折し, 彼の, 彼等の, 徑に, 我世に, 我臥床の, 手を, 新たなる, 旅行の, 時には殆, 曰くこれは, 木に, 東も, 棄てて, 槌を, 樹木を, 歌女が, 歸り, 死所と, 治めよ撫育, 湊町通ひ, 烟草を, 片葉, 物を, 物食は, 画堂の, 畫ときなど, 皆あだなる, 秋の, 穢を, 縁にも, 而かも, 聞えぬ人, 聞くは, 舞踊から, 船笛の, 茄子トマト腹に, 葡萄蔓纏へる, 見むかと, 見れば, 親しくその, 讚美歌唱へ, 谷地田には, 買ふ, 身の, 近づくなかれ, 遂にこれ, 遂にその, 遂にはた, 遂に山, 遙かにか, 還らず, 還るまじ, 集って, 面白きもの, 飛び入らんと, 黙示の

▼ ゆき~ (119, 5.0%)

2 さざめき諳, ように, わきに, 切符を, 着物を, 赤いさくらんぼ, 電車に

1 [105件] うちには, うちへ, おまはん, お茶づけ, お茶づけと, ことあれこれ云っ, ことばで, ことを, こと金, したこれ, したのびるどくだみ, ところへ, なかを, なりを, はやる晩, ふるなか, まに, ままに, もので, ものである, やうに, やつおれが, よい天気, ようで, よる, わるさ, エナメル靴の, エナメル靴男靴が, バスに, 一切を, 三人わらび太, 下駄を, 不思議さを, 中里ひとす, 事故いましばらく, 二番が, 人は, 住居や, 六番線プラットホームで, 匂ひ, 十時五十何分かに, 単衣, 原, 口調を, 吹雪く荒磯, 咳払いを, 声が, 女帯を, 好い着物, 如く, 字だ, 定義は, 家と, 家について, 家のと, 小袖を, 岩木が, 帯に, 座りかた喋り, 御経験, 御飯の, 急行列車が, 支度に, 支度を, 文句で, 料理にも, 新隊, 方が, 旅人気分を, 旅費を, 旦那に, 早いの, 標章を, 気持を, 汽車に, 汽車の, 減少も, 留守国府津の, 省線電車が, 着替えを, 着物に, 着物のに, 短い上衣, 終バスと, 終バスとが, 自動車が, 茶色の, 草履を, 落人ばかりに, 袖口, 言葉で, 話しかたが, 話では, 話を, 護衛口喧嘩の, 赤札を, 身について, 軍曹夫婦が, 釜の, 電車は, 青い乗合自動車, 面には, 鞍だった, 顏つきを, 麻の

▼ ゆき~ (93, 3.9%)

11 見て 4 注視し 2 気遣って

1 [76件] あげた, うかがって, うっかり洩らした, お止め, これより, さとった, さん, して, するたんび, つたのだらう, とらうとして, ふみしだいて, ふりかえり眺めわたせる時期, まるで絶え, みて, めがけて, よくしよう, 一と, 一とおり聴い, 一瞥し, 他人事, 凝視しました, 呆然と眺め, 告げた, 命じ同時に, 問ふ, 左右の, 序す筆, 待って, 心配し, 心配そうに, 思い出した, 性格の, 我は, 扉の, 持越したまま, 描いた, 断念した, 普段に, 最初は, 此に, 決行しました, 注目し, 注視させ, 注視する, 監視し尽さなけれ, 眺めた, 眺めて, 眼で, 着て, 知って, 知ること, 示さず, 窺って, 細かく見る, 経て, 考へる時, 自分でない, 自分では, 見たいの, 見つめて, 見まもった, 見まもって, 見るの, 見るのみ, 見守って, 見物し始めた, 見終りたいと, 覚ゆれば, 辿ろうと, 追尋, 追究する, 連れて, 遠慮なく吐き出す, 遠目に, 隔絶的に

▼ ゆきながら~ (79, 3.3%)

2 伸子は, 眼を

1 [75件] いまにも此の世, うしろに, こんな唄, こんな端的, ささやいた, さっきから, しまいまで, しみじみと, その十字架, その孤独, その記述, その輪, たびたび御前てい, てっとりばやくそれ, とうとうその, どんな早瀬, どんな質問, なんと言ったら, ぬけて, ふっといつもと, ゆき子は, ゆき子を, よく響く, ケリッヒ夫人の, 一か所も, 不意に, 云った, 人間の, 今度は, 何か, 何時までも, 傍の, 内部に, 十遍以上も, 口に, 同じよう, 商人は, 大分な, 宇乃は, 尋ねた, 強くかたいよう, 彼は, 彼を, 微笑しました, 息を, 新八は, 杏の, 桃水との, 武士は, 汗を, 活ぱつに, 涙が, 甲斐が, 発音を, 登美子は, 考えた, 考へたこんな, 背中に, 自ら女王である, 自分でも, 自分の, 自分は, 良人を, 葉の, 覚えたて, 親しげ, 言った, 賞賛と, 足もとの, 途中で, 道ばたの, 酒の, 階段で, 階段の, 頓狂に

▼ ゆき~ (63, 2.7%)

7 けり 4 任せて 3 なって, なりました 2 任して, 於て

1 [42件] かかって, ご勧告, したがって, しべ, つい自己嫌悪, どのよう, なった, ならないやう, なり私たち, なるの, なる宮, なれるかも, のりかえるとき, まかすばかり, まかせて, まかせるの, まかせるより, まじへ, フジ沢で, ロシア美術展, 乘つて午前八時二十三分發で, 乱暴に, 代つて, 任せましょう, 任せるこれ, 任せるの, 任せるより, 任せる外, 任せる精神, 会い行って, 反対した, 同じ処, 委せて, 注意を, 白蓮さんの, 着かへて, 着て, 秋庭さんの, 置かれて, 肝胆を, 迫られたの, 部屋に

▼ ゆきそう~ (56, 2.4%)

54 だった, な気 3 です, なの, もない 2 でした, なもの, になる

1 [28件] だったお前, だったん, であった, であり, であります, であると, ですよ, でどうにも, で身動き, な, なこと, なところ, なん, な先々, な家, な懸念, な身顫い, な頼り, にし, にしました, に先刻, に思われる, に考えられる, に見える, はどんな, もありません, もなかっ, もねえまずわっ

▼ ゆきその~ (43, 1.8%)

1 [43件] あとちょっと, あとに, いと美しき, うちの, くせ一つの, ぐるりの, こごしい山, さまさながら, ためお迎えの, ために, ひとの, もう一つ前, ポケットに, 中で, 中に, 人の, 侶あとに, 保護を, 前に, 前を, 国の, 寝床に, 將來を, 心が, 時新宿の, 晩ひどく, 晩義貞に, 末が, 枕頭に, 株から, 樹と, 毒舌が, 無事に, 肩を, 芸術によって, 言葉が, 記事を, 質を, 足の, 遺品活字に, 隙間に, 響きに, 麗しい容貌

▼ ゆき~ (42, 1.8%)

6 へりに 4 ひに 32 ひの, へり, へりて, へる小春日和

1 [21件] けしが, ぢかんだ, ぬる足弱車, ひう, ひて, ふこと, ふもの, ふや, ふ人の, ふ小路, ふ年, ふ空, へらひ憤るここ, へりきく青蛙, へりのたくる日, へりやをら, へり見つつまし, へる, へるめでたき, へる私, 花かと

▼ ゆき~ (38, 1.6%)

3 しない

1 [35件] あまりよく, いよいよ予測, おことわり, おやめ, お酒, かすれた声, かなり滑, きまってリズミカル, したものの, しない家財, しなかったか, その家, その意味, なかった, ふる, まつさ, わたくしは, わたしたち婦人の, 一として, 二人の, 別の, 去年で, 城の, 実行されなかった, 打ち沈んだしかし, 昭和三十五年の, 木箱に, 此分家と, 注目されるべき, 添役が, 激しくて, 縫って, 自然発生でした, 赤門の, 辛いこと

▼ ゆき~ (31, 1.3%)

1 [31件] あるの, いるだけ, おかしいぞと, お粥以上, かたくは, かり周囲, かり或は, そういうとき, そこの, てぬかも, のんびり漫画, よくない, 余り面白く, 合はずと, 団子坂の, 大へん, 怪しいので, 悪い, 戸を, 手に, 早うございます, 早くて, 来て, 来ぺちゃぺちゃと, 浅吉を, 減り自分, 生じたの, 短かい, 自分でした, 針箱や, 長いので

▼ ゆきさん~ (25, 1.1%)

1 [25件] がね芸者, がビイル, が余念, である, といった, といつた, と向い合っ, に寝床, に案内, に見られた, のこと, の姿, の風姿, はいつも, はさっさと, はすぐ, はその, はそれ以来, はたしかに, はみじん, はもの, は流石, もおだやか, もその, もそれから

▼ ゆきつつ~ (25, 1.1%)

5 あった 3 あること 2 ある

1 [15件] あったその, あったの, あった世の中, あるの, あるよう, ある事, ある傾向, ある弟, ある母, ある生活, ある近郊, 勝負を, 悲しさ, 重吉に対する, 高し

▼ ゆきずり~ (23, 1.0%)

2 に僕, に夢

1 [19件] そこは, に出あう, に匂, に投げ, に知り合った, に秘密, に袖, に見た, に觸, のひと, の一夜, の二人, の客人, の少女, の我小板橋しら, の旅人同志, の男, の笑, の製図工

▼ ゆきそれ~ (23, 1.0%)

2 を開い

1 [21件] からは毎晩, から歩い, から石本さん, から青山, がまた, が自分, が落魄, とともに一同, とともに法水, にからまっ, によって新しく, に手紙, に準じ, に関係, の部分的発見, をつかみ, をはさん, をまた, をゴマかすため, を掘り返し, を解せなく

▼ ゆき~ (21, 0.9%)

8 ひの 3 ひに 1 つて, つてから, はぬ, ひし駒込道, ひて, ひまし, ひまつり, ひを, ひ毎, ひ祭り

▼ ゆきそこ~ (21, 0.9%)

1 [21件] から兵部, から広間, から急行電車, から更に, から舟, から襲撃軍, で七年以上, で待っ, で泊まっ, で立ちどまった, で踏み止まる, にのみ込まれ, には殆, に五十日, に草履, に食客, の加特力信者, の眞, の血, へおれ, へ届く

▼ ゆきまた~ (16, 0.7%)

1 [16件] すぐあがっ, そのお, どんな宿業, なにかためらう, レーニングラードから, 一人で, 土間へ, 変りつつ, 夜かるたを, 引きつづき島田三郎, 悪くばかり, 映画や, 春に, 次の, 短い夜, 連れ立って

▼ ゆき~ (15, 0.6%)

2 うして, うだ, うに荒々しく, つの 1 うである, うになります, つだが, つに, つは, へすり, へすれ

▼ ゆき~ (15, 0.6%)

2 みつつ

1 [13件] しない, しないし, しなかった, せうが, ない, わからないで, 一晩泊る, 実現いたしません, 手を, 来て, 皆其の, 長く紋, 面白いし

▼ ゆき~ (13, 0.5%)

1 [13件] あるから, いいました, いい柄, いうより, いそべの, なり剃髮, 云うもの, 今はじめて, 同じ日, 浅吉とは, 浅吉は, 言わねば, 違って

▼ ゆきやがて~ (13, 0.5%)

1 [13件] あっという間も, その極限, は南佐久, 出て, 堀の, 大町の, 急に, 息を, 来る暁, 火事だ, 由布院盆地へ, 社会の, 自分を

▼ ゆきがかり~ (12, 0.5%)

1 [12件] からわかっ, から去年, があった, でこんな, でそいつ, で下らなく, で仕方, で何, で広, になっ, もあった, を持っ

▼ ゆきちがい~ (12, 0.5%)

1 [12件] からまた, から面白く, があります, が始終, ぐらいで, でした, に, になった, に何だか, に又, ね, はあった

▼ ゆきぶり~ (12, 0.5%)

3 が引い 2 は追 1 と赤水, には松, に遠, の文, の語, を引い, を引く

▼ ゆき~ (11, 0.5%)

1 [11件] うた所を, みやが, もひ, 乳を, 八重は, 台所から, 墓参りを, 尻を, 島さんも, 痩せに, 目に

▼ ゆきかた~ (11, 0.5%)

1 [11件] がちがっ, がどういう, でかりに, で寿永二年七月二十四日, で昔, で自分, で菊池さん, とちょっと, にタイプ, に保, を

▼ ゆきそして~ (11, 0.5%)

1 [11件] かかるもの, これまで, その上, もう二度と始めなかった, 七月の, 中に, 沈んだ, 油と, 産後六十日ばかり, 病院の, 蒼い淵

▼ ゆきついに~ (11, 0.5%)

1 [11件] ある夜, この橋, これだけの, それらの, は天才, は誰, 大きな書斎, 欲求の, 消えて, 町は, 聞えなくなったので

▼ ゆき~ (11, 0.5%)

1 [11件] がどんな, と彼, にいつか, のため, の目, はそこ, は変, は夜東京駅, は度々, は砂, は逮捕

▼ ゆき自分~ (11, 0.5%)

1 [11件] いつもの, ついて, と兵庫介, の勤め, の室, の席, の意志, の木剣, の気持, の犯した, の生活

▼ ゆききし~ (10, 0.4%)

2 て喧嘩 1 たこと, たと, てござった, てはいた, てゐます, て持っ, ながらたま, もし五月雨降り

▼ ゆきそこで~ (10, 0.4%)

1 しばらく話した, 一年あまり, 先に, 和英コンサイズを, 娘の, 必死の, 抱きしめて, 森に, 武蔵が, 鋭い音

▼ ゆき~ (10, 0.4%)

1 から剥離, があの, のマント代, の突きあたる, の胸, は身動き, は過敏そう, もまた, を助けよう, を崖上

▼ ゆき~ (10, 0.4%)

2 によっては非常 1 がある, がちがっ, だと, と別, にたいする批判, には変, は私たち, を悪い

▼ ゆき~ (9, 0.4%)

2 よりけふまで 1 ごと, さびしきニンファ, そのあと, ている, に松田左京進康吉, 後火は, 方を

▼ ゆきがけ~ (8, 0.3%)

3 の駄賃 1 にお話, に体, に彼女, に泥棒, に通る

▼ ゆきさえ~ (8, 0.3%)

8 すれば

▼ ゆき~ (7, 0.3%)

5 がたの 1 かい, がたで

▼ ゆきどまり~ (7, 0.3%)

1 である, でだれ, となり, になっ, の岸壁, の窓際, の部屋

▼ ゆきもの~ (7, 0.3%)

4 を同じ 1 と眺めたる, にお, 三千余名を

▼ ゆき~ (7, 0.3%)

2 の人 1 の旅人, の菊, の間, はし, をせず

▼ ゆきあと~ (6, 0.3%)

1 から伸子, から背広, には唯, には山, に従い右, の三人

▼ ゆききする~ (6, 0.3%)

1 ところで, のを, 人の, 人影に, 足音が, 足音頻

▼ ゆきこっち~ (6, 0.3%)

1 と連絡, にゆく, に回っ, へ来し, へ脱, 行きして

▼ ゆき帰り~ (6, 0.3%)

1 にその, にはまた, によく, に石, の足, は十二時ごろ向う

▼ ゆきあたり~ (5, 0.2%)

2 ばったりの 1 の公卿, ばったりで, ばったりに

▼ ゆきあつ~ (5, 0.2%)

21 たの, た娘, た若い

▼ ゆきいろいろ~ (5, 0.2%)

1 な場所, の写真, 生理の, 話し大変, 話す

▼ ゆきかよ~ (5, 0.2%)

2 ふ路 1 ひて, ふころ, へる人

▼ ゆきから~ (5, 0.2%)

1 いうと, 一本の, 伸子は, 歸宅の, 見ると

▼ ゆきたけ~ (5, 0.2%)

1 から伸び伸び, のつまつた灰色, の不揃い, の合わない, の短い

▼ ゆき~ (5, 0.2%)

1 あらねば, ござりまし, とりすまして, 仕方が, 吸いとられつつ

▼ ゆきもう~ (5, 0.2%)

1 一息この, 一軒鉄路の, 三カ月も, 仕事は, 出来ましたって

▼ ゆき~ (5, 0.2%)

2 のない 1 がなく, がなくっ, がなくなっ

▼ ゆき~ (5, 0.2%)

2 の狭い 1 になつて, は辻堂, は銀座

▼ ゆき彼ら~ (5, 0.2%)

1 の主張, の平和, の立ち去った, は口, を捜し

▼ ゆきがち~ (4, 0.2%)

1 であった, です, なの, な傾向

▼ ゆきそれから~ (4, 0.2%)

1 エフゲーニア・ミハイロブナの, 堀南の, 教会堂の, 次に鎮守

▼ ゆきたま~ (4, 0.2%)

31 はれと

▼ ゆきてか~ (4, 0.2%)

2 へらぬ江戸川 1 へらぬ, へりて

▼ ゆきては~ (4, 0.2%)

1 専ら, 戻り人, 茨の, 香爐を

▼ ゆきとうとう~ (4, 0.2%)

1 一生一度の, 太陽は, 彼の, 板戸を

▼ ゆきどころ~ (4, 0.2%)

2 がなく 1 がなくなっ, のない

▼ ゆき~ (4, 0.2%)

2 のに 1 づみ山に, 紫鹽瀬の

▼ ゆきなり~ (4, 0.2%)

2 お文 1 ブローミウム加里の, 親父に

▼ ゆきまたは~ (4, 0.2%)

1 そこから, ソルダーノの, 嫁いで, 音楽などを

▼ ゆき~ (4, 0.2%)

1 いかんと, がる, アしません, 人の

▼ ゆき~ (4, 0.2%)

1 では巨人, の彼, はお, まで全く

▼ ゆき~ (4, 0.2%)

1 に残った, の中, は至って, を守り

▼ ゆき少し~ (4, 0.2%)

1 ずつ美しい, の金, も手数, 先の

▼ ゆき彼女~ (4, 0.2%)

1 と共に西浦夫妻, の手, の額, を無理

▼ ゆき~ (4, 0.2%)

1 をあけ, を排し, を推し開きつ, を開く

▼ ゆき最後~ (4, 0.2%)

1 にこの, にウン, に上顎, に香料

▼ ゆき~ (4, 0.2%)

1 のたけ, を固く, を差し伸べる, を跼

▼ ゆき途中~ (4, 0.2%)

1 からすこし, で工合, の亭閣, の障害

▼ ゆきあふ~ (3, 0.1%)

1 たびに, 時は, 祭りと

▼ ゆきある~ (3, 0.1%)

1 ときは, 晩などは, 臆病さに

▼ ゆきいつも~ (3, 0.1%)

1 のとおり暖炉, みずからいろんな, 貧乏の

▼ ゆきかく~ (3, 0.1%)

1 て遂に, やの漬物, ゆきさま

▼ ゆきかへ~ (3, 0.1%)

2 りかな 1 りつつ

▼ ゆききが~ (3, 0.1%)

1 ある, くりひろげられて, とどまり動く有様

▼ ゆきこの~ (3, 0.1%)

1 たびは, 夜も, 捨猫が

▼ ゆきこれ~ (3, 0.1%)

1 が早く, は彼, を汝

▼ ゆきさま~ (3, 0.1%)

1 がお, もまつ, よへる

▼ ゆきその後~ (3, 0.1%)

1 にぱっと, の古賀, 殆どその

▼ ゆきそれら~ (3, 0.1%)

1 のため, の犬猫, の船

▼ ゆきたる~ (3, 0.1%)

1 か, にこの, を戀

▼ ゆきだおれ~ (3, 0.1%)

2 てしまった 1 ている

▼ ゆきちがっ~ (3, 0.1%)

1 たりしたら, たり混雑, てしまっ

▼ ゆきところ~ (3, 0.1%)

2 に手 1 はあれ

▼ ゆきにくい~ (3, 0.1%)

1 しこれから, 手ざはりを感じさせる, 気味合いが

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

1 あや, あやの, がなくなる

▼ ゆきやっと~ (3, 0.1%)

1 いま肩を, すんだ, 五時に

▼ ゆきわれ~ (3, 0.1%)

1 と我本, は尼達, 帰れば

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

1 がございません, をかき抱かまし, を殺し

▼ ゆき人々~ (3, 0.1%)

1 と話, はそれ, は心

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

1 きで犬, はほか, を告げず

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

1 つたら一緒, はせて, ふとすぐ格闘

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

1 に飛び出した, へもっ, ゆく人

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

1 という者, の家, の死体

▼ ゆき子供~ (3, 0.1%)

1 が眠っ, のとき, の方

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

1 にゆき, に行く, へゆき

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

1 はその後, れも, を忘れた

▼ ゆき暫く~ (3, 0.1%)

1 の間見張り番, 待って, 遊ぶ

▼ ゆき止り~ (3, 0.1%)

1 で, で向う, を竹垣

▼ ゆき玄関~ (3, 0.1%)

1 で何やら, の下駄, の戸

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

3 蒼み

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

1 のおり, のどっさり, の咲いてる

▼ ゆき逢った~ (3, 0.1%)

1 だけでも名前, のでこれ, ばかりです

▼ ゆき遂に~ (3, 0.1%)

1 妾は, 暴風に, 最高の

▼ ゆき違い~ (3, 0.1%)

1 と云った, に到着, は些細

▼ ゆき~ (3, 0.1%)

2 かなる 1 かに青い

▼ ゆきあの~ (2, 0.1%)

1 世界に, 住みなれたへや

▼ ゆきおそらく~ (2, 0.1%)

1 彼の, 慈悲か

▼ ゆきかい~ (2, 0.1%)

1 がこめられる, のある

▼ ゆきかくして~ (2, 0.1%)

2 逆に

▼ ゆききれい~ (2, 0.1%)

1 なえんじ色, な麦わら

▼ ゆきここ~ (2, 0.1%)

1 から船, は全然

▼ ゆきさかん~ (2, 0.1%)

1 に, に燃え

▼ ゆきさき~ (2, 0.1%)

1 に天涯, の食いもの

▼ ゆきさらに~ (2, 0.1%)

1 宗良親王の, 野に

▼ ゆきしだいに~ (2, 0.1%)

1 呻き悩みながら, 境界を

▼ ゆきじゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, えええ

▼ ゆきすぎ~ (2, 0.1%)

1 であると, の活動

▼ ゆきすすむ~ (2, 0.1%)

1 その中道, なり

▼ ゆきする~ (2, 0.1%)

1 かとゆめ, 間に

▼ ゆきそのうち~ (2, 0.1%)

2 一回でも

▼ ゆきただ~ (2, 0.1%)

1 自分が, 視野を

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 ぞ, よ

▼ ゆきちゃん~ (2, 0.1%)

1 こんな人達, にあて

▼ ゆきちょうど~ (2, 0.1%)

1 かみついてるよう, 波止場が

▼ ゆきてを~ (2, 0.1%)

1 ちこちに, りを

▼ ゆきという~ (2, 0.1%)

1 ことの, 貧家の

▼ ゆきといふ~ (2, 0.1%)

1 ことばを, のが

▼ ゆきとは~ (2, 0.1%)

1 結納を, 連立って

▼ ゆきながらも~ (2, 0.1%)

1 ふすま, 無数の

▼ ゆきなさる~ (2, 0.1%)

1 とじきに, のです

▼ ゆきなど~ (2, 0.1%)

1 して, しないで

▼ ゆきなりの~ (2, 0.1%)

2 事だ

▼ ゆきばかり~ (2, 0.1%)

1 空恃み, 輝いて

▼ ゆきばかりの~ (2, 0.1%)

2 景色

▼ ゆきひとつ~ (2, 0.1%)

2 の菫

▼ ゆきふたたび~ (2, 0.1%)

1 天下に, 黒い血

▼ ゆきほか~ (2, 0.1%)

1 の二人, の部屋

▼ ゆきまで~ (2, 0.1%)

1 明かなるに, 漸く聞き出す

▼ ゆきめぐる~ (2, 0.1%)

2 民草の

▼ ゆきゆき~ (2, 0.1%)

2 て行き

▼ ゆきよって~ (2, 0.1%)

1 のうすごい, のじゃろ

▼ ゆきわが~ (2, 0.1%)

1 水甕を, 洗禮の

▼ ゆきアンドレエエフ~ (2, 0.1%)

2 にゆき

▼ ゆきコゼット~ (2, 0.1%)

1 が語った, は不安

▼ ゆきゴオガン~ (2, 0.1%)

2 にゆき

▼ ゆきシユトラウスボオドレエルロオデンバツハ~ (2, 0.1%)

2 の感覚

▼ ゆきドガ~ (2, 0.1%)

2 にゆき

▼ ゆき一人~ (2, 0.1%)

1 になる, の青年

▼ ゆき三人~ (2, 0.1%)

1 で三共, の私服

▼ ゆき両手~ (2, 0.1%)

1 でつり皮, で花嫁

▼ ゆき二人~ (2, 0.1%)

1 の恋人たち, はいっしょ

▼ ゆき会った~ (2, 0.1%)

1 だけでも仏, 一人の

▼ ゆき其處~ (2, 0.1%)

1 から念場, に彼女

▼ ゆき再び~ (2, 0.1%)

1 五月躑躅の, 来る人

▼ ゆき別れ径~ (2, 0.1%)

2 ゆき当

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 からそこ, の本

▼ ゆき十三日~ (2, 0.1%)

1 には野原, は潰される

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 またねむる, をたづ

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 にむか, の泣く

▼ ゆき夕刻~ (2, 0.1%)

1 かえると, まで眠っ

▼ ゆき小さな~ (2, 0.1%)

1 指で, 窓

▼ ゆき小舎~ (2, 0.1%)

1 を検査, 掛けして

▼ ゆき少々~ (2, 0.1%)

1 てれた顔, ピンチと

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 の尾根, へ入っ

▼ ゆき岩本~ (2, 0.1%)

1 のおばさま, 御主人

▼ ゆき市門~ (2, 0.1%)

1 を横, を越え

▼ ゆき師走~ (2, 0.1%)

2 の空

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 の下, をおろし

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 いの, い希望

▼ ゆき廊下~ (2, 0.1%)

1 に佇ん, を一

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 が瓦工場, と語らふ

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

2 処さへ

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 叮嚀な, 酒に

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 る時, る者

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 の微か, は騒々しい

▼ ゆき未来~ (2, 0.1%)

1 に向っ, は茫として

▼ ゆき林檎~ (2, 0.1%)

2 とを描きく

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 の中, をゆき

▼ ゆき次に~ (2, 0.1%)

1 市の, 自分自身で

▼ ゆき汽車~ (2, 0.1%)

1 が動き出す, の交渉

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 のなか, の嶮

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

2 やには菜穂子

▼ ゆき眼鏡~ (2, 0.1%)

1 やに行った, をあずけ

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 な右, にきりりと

▼ ゆき硝子戸~ (2, 0.1%)

1 を一杯, を開い

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 に穴, の方

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 三巻で, 二の

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

2 をおろした

▼ ゆき終り~ (2, 0.1%)

1 に五六度, までは持ちこたえず

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 ふ耶蘇, へ

▼ ゆき舗石~ (2, 0.1%)

1 が円柱, で囲った

▼ ゆき荷物~ (2, 0.1%)

1 をもつ, を受取っ

▼ ゆき蝋燭~ (2, 0.1%)

1 が消え, を仕入れ

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

2 にゆき

▼ ゆき資生堂~ (2, 0.1%)

2 でお茶

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 にて学生たち, にて弟子たち

▼ ゆき通ふか~ (2, 0.1%)

2

▼ ゆき逢う~ (2, 0.1%)

1 ても碌々, 人々に

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 ぐ, ぐるのを

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 が必要, も地位

▼ ゆき銀笛~ (2, 0.1%)

2 を吹き

▼ ゆき~ (2, 0.1%)

1 に紛れ, の一番

▼ ゆき階段~ (2, 0.1%)

1 の上, の広

▼ ゆき電車~ (2, 0.1%)

1 が桜木町駅ホーム, の毘沙門前

▼ ゆき静か~ (2, 0.1%)

1 に戸, に階段

▼1* [810件]

ゆきああと体, ゆきあかりして, ゆきあしなども同じ, ゆきあたかも検閲する, ゆきあちらへ向けよう, ゆきあどけない笑いが, ゆきあらゆる旋律の, ゆきあれから公園, ゆきあんなにわしの, ゆきいかがわしい彼等の, ゆきいかにと見つめ, ゆきいきなりこんなこと, ゆきいささか興味ある, ゆきいざ出かけようという, ゆきいちどその欲求, ゆきいちばん下のボタン, ゆきいっぺんで利江子さん, ゆきいつまでもうっとり, ゆきいつかは忘れ去られる, ゆきいつしか悲しいまけん, ゆきいと輕く, ゆきいまいましいほど穏, ゆきいまだかなたに, ゆきいよいよ雑木茂れる, ゆきうしろに差し出した, ゆきうすい埃り, ゆきおいらん草だの朝顔, ゆきおかずを私, ゆきおそくまで久しぶり, ゆきお互いが自分たち, ゆきお湯にいった, ゆきお爺さんをかえし, ゆきお礼にいい, ゆきお茶を飲みました, ゆきかえってからケーベル, ゆきかすかな震動, ゆきかたがた二番町の岩本さん, ゆきかたそれらを二重, ゆきかつ若者に, ゆきかな哭く声, ゆきかなたには諸, ゆきかなりに借金, ゆきかもから搾りあげた, ゆきかよへばこころ乱るる, ゆきからもまだ中途, ゆきがかりゆえ面倒見て, ゆきがかり上そんな顔, ゆきがかり上必要だから, ゆきがかり上決心して, ゆきがかり上若松屋惣七としてはああ, ゆきがたし第六, ゆききが自動車電車のひ, ゆききのさびしくも, ゆききのうは愛知郡上社, ゆききのう二十六日に行く, ゆききの塵芥をたくけむり, ゆききょうの午, ゆききんのぶみよと四つ, ゆきくるりと向う, ゆきぐもる空のかなた, ゆきめ, ゆきければ, ゆきげた瑪瑙の橋, ゆきは氏神, ゆきここちぞする, ゆきこまこました買物, ゆきこれからどんな人生, ゆきこんどはなかなか, ゆきさん世の中といふもの, ゆきしかばい引き持てこしみや, ゆきしかも一望の, ゆきしだいに薄暗く, ゆきしだいにますます濃い暗黒, ゆきしばらく手間取った, ゆきしめの行き, ゆきじつに思いきった行動, ゆきすかれすおいす, ゆきすこし紫がかった, ゆきすべての悪, ゆきずりびとをせめて眼だけでも見送りたい, ゆきせっかくの自由画, ゆきである, ゆきそうしてそういう武士, ゆきそう等が生えます, ゆきそこらの状況, ゆきそっちでカラー, ゆきそのまま六十日あまり滞在し, ゆきその他したこと, ゆきその間に数えきれない, ゆきそれで富士子は, ゆきそれによつて生活, ゆきそれ等の効, ゆきそ年かはる, ゆき降りける, ゆきたけつもりて裾, ゆきたといわずかな道程, ゆきたまえ突然農家, ゆきたれど波, ゆきだったのが, ゆきだれにも害, ゆきちがいましたがウリヤーノウ, ゆきちがう小さな女工たち, ゆきちがった若いいや, ゆきちやんぢ, ゆきちらと眼, ゆきつかまらないように, ゆきつけの家, ゆきつつもあるよう, ゆきつていふアマ, ゆきつまるので, ゆきつめて後戻り, ゆきつめた所まで, ゆきづまつてどうにも動かない, ゆきづまりはひどくなるばっかりで行手にあて, ゆきてから嵯峨帝の, ゆきであるべき衣裳すらが, ゆきできるだけのもちろん, ゆきでなく自分が, ゆきでもするよう, ゆきとかうけと, ゆきとして皇室に対して, ゆきとたんに勢いよく, ゆきとだけ別の, ゆきとちがふて, ゆきとつてき, ゆきとまりけさ寿江子を, ゆきともいわれよう, ゆきとをもつこと, ゆきどけを待っ, ゆきどこのたれ, ゆきどの子よりも, ゆきどまりのかべのまえ, ゆきどんな生活を, ゆきなお燈の, ゆきなさいますか, ゆきなぞの年月, ゆきなどは断念しました, ゆきなにものをか追う, ゆきなほ幾多の蹉跌, ゆきなりとは云ひ, ゆきなるべく血が, ゆきなれし吾なれ, ゆきなんでせう, ゆきなんら退却の, ゆきにがいパンを, ゆきについて心配した, ゆきになつた年で, ゆきにのみまかして, ゆきには恐るべきもの, ゆきにもかへりにも, ゆきに対して目を, ゆきぬけに口, ゆきはい回って, ゆきはかなさや, ゆきはばあやさんと, ゆきはやくも一年, ゆきらや, ゆきひじたる衣, ゆきひそかに顔, ゆきひとかどの, ゆきひどいバラックな, ゆきぴちゃぴちゃと音, ゆきふたりの前, ゆきふるだまつてゐる, ゆきぶり厳島詣の, ゆきほそ目に, ゆきほど長き山, ゆきほんの少しだけ, ゆきまして梅雨にでも, ゆきまたも虎口に, ゆきまよふ, ゆきまる三年めの, ゆきみずからおのれを破壊, ゆきみちを, ゆきみんながその, ゆきみんな退散して, ゆきむかふに海, ゆきむらさき野ゆく行人, ゆきむらむらと妬情, ゆきめぐり月夜に, ゆきもし殿の, ゆきもとほる腰, ゆきものよ眠れる馬, ゆきゃあしないことよほらこっち, ゆきやうがない, ゆきやがてすっかりそれを, ゆきやすかった, ゆきやすく執筆という, ゆきやはり同じ, ゆきゆきてたふれふすとも萩, ゆきようがない, ゆきようはずはありません, ゆきらしい薄い金茶色, ゆきろくなものが, ゆきわずか二十分の戦い, ゆきわたしたちは歩い, ゆきわたれる光の, ゆきわりそう, ゆきバイエルタールが, ゆきイルコックは川, ゆきエジプトの話, ゆきエスプラナードとアンヴァリード橋, ゆきエリス諸島辺へむかっ, ゆきカウチの沢, ゆきガス電燈を点し, ゆきキャバレーへ踊り, ゆきギリシアもまわっ, ゆきクリストフの家, ゆきクールフェーラックのもと, ゆきグルリと見廻し, ゆきコトリと櫛匣, ゆきゴーリキイのこと, ゆきサイダーの栓抜き, ゆきサヴォイへ行っ, ゆきジャノメ草やおしろい花, ゆきジュピターがぐっすり, ゆきジョリオ・キューリー夫妻がパリー, ゆきスタンレーはもう, ゆきステーションまで下っ, ゆきスペイン救済の必要, ゆきゼノアアレキサンドリアミラノトリノマドリッドウインナドレスデンベルリンモスコーなどの都市, ゆきタービン内の蒸気圧, ゆきツヤの躯, ゆきツルガ博士はあと, ゆきツーリングで百花園, ゆきデルポイの寺院, ゆきドアの間, ゆきドアわきの呼鈴, ゆきドイツでは極めて, ゆきドストイェフスキーが, ゆきノーリにくだり, ゆきハスの葉, ゆきフランス小唄のうまい, ゆきフリージアとスウィートピー, ゆきブラブラ歩こうと, ゆきプティー・パンキエ街をたどり, ゆきプラットフォームまで行っ, ゆきプラ・デタンという家, ゆきプラーグからカルルスバード, ゆきプロレタリア作家としての女, ゆきベネデツトオよ, ゆきマイナスばかりでない, ゆきマザーと話, ゆきマリーナが, ゆきミルハに接吻, ゆきメチールの危険, ゆきヤンニングスのラストマン, ゆきワンピースのよう, ゆきヴヴノワさんへ電話, ゆきの黄, ゆき一二分の後再びひきかえし, ゆき一個の精神, ゆき一度目の暴行, ゆき一時は宮方同心, ゆき一時間ほどい, ゆき一時間半ほど熱心, ゆき一番隅っこの芭蕉, ゆき一群こなたに, ゆき一言通ずると, ゆき一隅に玉蜀黍, ゆき三井銀行にゆき, ゆき三俵のこり, ゆき三十一日に行っ, ゆき三千院をたずね, ゆき三里ゆき思い, ゆき三里行き村のある, ゆき上等な黒ラシャ, ゆき下男をよん, ゆき下駄を出し, ゆき不安なサイレン, ゆき不用心のあまり凍死, ゆき不知庵の評, ゆきの風評違, ゆき両端へ釘, ゆきの一匹, ゆき中間に空虚, ゆき丸善にゆき, ゆき主客は二人, ゆき主膳はいよいよ, ゆきはときどき, ゆき九時頃帰宅って見る, ゆきは水中, ゆきをわっ, ゆき事務室に居残りし, ゆき事務所へよって, ゆき二つばかり角, ゆき二丁ゆくうち, ゆき二丁目を右, ゆき二十一日の暁, ゆき二十七日にゆき, ゆき二十三日にゆき, ゆき二郎が船, ゆき二里ゆき三里ゆき思い, ゆき二階の下, ゆき互いに結びあって, ゆき五六歩歩くと, ゆき五年になっ, ゆき交番で島田, ゆき人目もない, ゆき人質を取り代え, ゆき暗い影, ゆき今度お金のある, ゆき今日では尾底骨的存在, ゆき仏像の頭上, ゆき仕合せも陋巷, ゆき仕立屋のうしろ, ゆきの一羽, ゆき仙台を振り出し, ゆき会いいきなりまた, ゆき会ってあの, ゆき伯母のこと, ゆき何ものもがその, ゆき何やらどなり立ててる首領, ゆき便の始末, ゆき信州から味噌, ゆき倒れの噺, ゆき健坊たちは千葉, ゆきはヘベレケ, ゆき元井エンジを呼ん, ゆきを我が, ゆきをば押し隔てつ, ゆきにはわれ, ゆき入用な小遣, ゆき全的信仰から絶対的否定, ゆき全諸部隊の, ゆき全部の人々, ゆき八丁滝の急坂, ゆき八時頃には木蔭, ゆき八百円をうけとり, ゆき八百屋の切符, ゆき八紘一宇などととなえ, ゆき六七間さきへいっ, ゆき六時半頃まで話した, ゆき六騎の活氣, ゆき其の他の, ゆき其処にがくり, ゆき冨勇は浮舟楼, ゆき冷たい霧は, ゆき冷酒冷肉などを饗応, ゆきを抜く, ゆき切符買えたらすぐ, ゆき初両三度は, ゆき判官のまなざし, ゆき利根川の流れ, ゆき前日の記憶, ゆきひよく, ゆき勤めに着, ゆき勿論紐が, ゆき十一時ごろはかえる, ゆき十二時にかえって, ゆき十二月に入ったら, ゆき十時ころさらに三人, ゆき十時半まで三十分, ゆき十足位ふだんの十足, ゆき千鳥が飛ん, ゆきの曇り, ゆき午飯を一緒, ゆき半ば以上も海面, ゆき半玉の泣か, ゆき単行本にする, ゆき印可の巻, ゆき危険を知らせ, ゆき却って大気の, ゆき友達の, ゆき叡山にむかい, ゆき古人が吾ら, ゆきへ動く, ゆき右側にくる, ゆき司教は階下, ゆき文句に, ゆき合わしたような, ゆき吉村屋に投宿, ゆき八日, ゆき同じ程度の, ゆき同時に雲は, ゆき同時にまた減って, ゆき向かって坂部行綱, ゆき吾妻橋ゆきの青い, ゆき周囲をも伸し, ゆき呼吸も消え, ゆき和一郎は相, ゆき商店はつぎつぎ, ゆき四円五十銭を得, ゆき四面楚歌のなか, ゆき国外向けには日本社会民主党, ゆき国目付から将軍家墨印, ゆきを, ゆき圖書館やら町, ゆき在国ちゅう, ゆきの底, ゆき地球に最も, ゆき埋葬の事, ゆき堀隊もまた, ゆき場所何方ぞ, ゆき塔上の武器庫, ゆき塵界を去らね, ゆき墳墓の星, ゆき壁際の方, ゆき壕舎を作っ, ゆきをひそめ, ゆきがすぎ, ゆき夕方のもう, ゆき夕方六時カモへ行ったら, ゆき夕方母と一, ゆき夕飯を岩惣, ゆき外套にしっかり, ゆき夜中かえらず, ゆき大きな石に, ゆき大塚へ出, ゆき大宮頃迄だろう, ゆき大層丁寧な, ゆき大巾な岩側, ゆき大急ぎで着物, ゆき大粒の雨, ゆき大胆にもすみ, ゆきの南, ゆき天下にたいし, ゆき天使の聲, ゆき天守閣が建つ, ゆき天神の辺り, ゆき女中のこと, ゆきと子, ゆき姉弟の中, ゆき始めて温泉ゲイシャを, ゆき姿で来た, ゆき字引などいろいろ, ゆき官能の自然発生的, ゆき官軍の兵隊たち, ゆき実証的な深奥, ゆきの隅々, ゆき家庭をもち, ゆき家賃とブーゴン婆さん, ゆき富有な者, ゆき寝所にはいり, ゆき専門の学問, ゆき将棋をやっ, ゆき尊氏自身はべつ, ゆき小さい聲で, ゆき小中村から老, ゆき小姓として仕え, ゆき小楠の兄, ゆき小笹原そこにも竜胆ここ, ゆき小説を書い, ゆき小野も三吉, ゆき川の, ゆき少なからず興奮, ゆきくたち, ゆき山ゆきという, ゆき山沼というその, ゆき山谿みづ, ゆき山間僻地にまで子孫, ゆき岩崎佐十の案内, ゆき島木健作も満州, ゆきしい山, ゆきゆき森, ゆき布団は当分保管, ゆき帆柱の上, ゆきは駒, ゆきの両側, ゆき帳場にいる, ゆき常に人間の, ゆき平和湖の水面, ゆきは流れ去り, ゆき幼い児童も, ゆき幽霊はたちまち, ゆき幾度か谷夫人, ゆきすぎる書斎, ゆき庭先や路地, ゆきひて, ゆき当時西洋人以外着て, ゆきだに留めず, ゆき彼等のひそひそ, ゆき彼自身も通り過ぎ, ゆき往來も多く, ゆき銀座を, ゆき後ろにがたりと扉, ゆき徒刑囚たる彼, ゆき校に, ゆき御者に金, ゆき御身等のうへに, ゆきはいつのまにか, ゆき心乱れ気力を失い, ゆき志賀の湖, ゆき思いのほか, ゆき思う存分力を, ゆき思はず蓴菜の, ゆき思わず恍惚と, ゆき恐らく西洋洗濯を, ゆき恐ろしい勢で, ゆき悲しげな, ゆき悲痛のみが間断, ゆき愛情を確め, ゆき憎悪の眼, ゆきるしら雲, ゆき憚り時じく, ゆき或は渡瀬村役場に, ゆき戻りきつ怪しきもの, ゆき所地中海の汐風, ゆき手元まで燃え, ゆき手桶の水, ゆき押上から本所小梅, ゆきりかた, ゆきを握りしめ, ゆき拳銃をとり出し, ゆきが引い, ゆきって人, ゆきふる者, ゆき改造が閉鎖, ゆき攻守入りみだれて, ゆき政法の二人, ゆき数分時間馬を立て, ゆき数日後はまた, ゆきはいつも, ゆき文学としての解体, ゆき文学者クラブへ行った, ゆき料金の話, ゆき新しい部屋に, ゆき新しくして, ゆき新聞にでる, ゆき方々を少し, ゆきのなげかひ, ゆき日本史のもの, ゆき日蓮上人に母死去, ゆき明後日ごろから国府津, ゆき明日から蜆, ゆき明日家へ来, ゆき易いやうな, ゆき易かった, ゆき昔攻撃したあらゆる, ゆき昔游戲の日, ゆき昔生存して, ゆき春秋座という, ゆき昨今はわざわざ, ゆきはお家, ゆきの光, ゆき時には河原から, ゆき時政と会っ, ゆき晩年は到来, ゆき曳いている, ゆき更に乗客等の, ゆきも離, ゆき朝日の光, ゆき木村は祈祷会, ゆき木村助九郎を見つけ, ゆきを売った, ゆき杉窪を菅笠, ゆき来してい, ゆきをかすめ, ゆきはめりめり, ゆきの果, ゆき森閑とした, ゆき椿の葉, ゆき楽壇の前方, ゆきへ折れ曲ろう, ゆき横道義郎となつ, ゆきわたり行き, ゆき次いで江戸表に, ゆき次第だ, ゆき次第に写実的な, ゆき正しくなりゆきなほ幾多, ゆきの身, ゆき此方ゆきして, ゆき殆どその顔, ゆき残業させぬよう, ゆきれる者, ゆきと私, ゆき母上に暇乞, ゆき気候の寒暖乾湿, ゆき気持の好い, ゆき水瓜梨リンゴオレンジブドー等いいの, ゆき氷罅のなか, ゆき永劫の罰, ゆき江戸にはやる, ゆき池田さん鳴海さんかえる, ゆき汽笛の音, ゆき河崎先生石本氏に会い, ゆきをさして, ゆきの中, ゆきをけたて, ゆきのさ, ゆき海上には夜, ゆき海岸をぶらつき, ゆき海市に, ゆき深くなりゆき正しく, ゆき渡し校正の, ゆき温泉を浴, ゆき湯気ふくしまらくを幽か, ゆき準備を整え, ゆき漢江下流一帯の測量, ゆき潮ざゐの音, ゆき激しく手足を, ゆき濫伐のあまり, ゆき熊川忠範の順, ゆき熱心に頼ん, ゆき熱海の旅館, ゆき片側なるは, ゆき片町の角, ゆき物質的文明の末端, ゆき独り子を出し遣る, ゆき狭い机と, ゆきと羊, ゆき猶もひきとめました, ゆきり子, ゆき獲物につかみかかる, ゆきはば王宮, ゆきらしく泊って, ゆき珍しいものを, ゆき現在の心, ゆき理解し没入, ゆき生涯の人生, ゆき生糸王国をつくった, ゆき用事がすんだ, ゆき甲板の上, ゆきの大人, ゆき男女ともに入る, ゆきの人たち, ゆき町女房のいで, ゆき疲れを感じる, ゆき白山の戸台さん, ゆき百合さんの項, ゆきは歌う, ゆき益々富み階級, ゆき直義と仲, ゆき相手の耳, ゆき真に芸術家たらん, ゆき真直に街路, ゆき真綿のよう, ゆきはしんと, ゆき眼色にて上眼, ゆき着物をきかえ, ゆき矢車草のなか, ゆき知らじまひは, ゆき神経質な痙攣的, ゆき禄三千石を喰, ゆき秀雄さんのところ, ゆき私ひとり室の隅, ゆきがきました, ゆき程なく座に, ゆき種々の買いもの, ゆき稲妻の光り, ゆき競争者のご, ゆきをし, ゆき筆まめにしよう, ゆきの上, ゆき素性を隠し, ゆき紫野ゆく行人, ゆき終いには博士, ゆき結局両方が一緒, ゆき結納までとりかわされ, ゆき給仕になった, ゆき絶えず新しくなっ, ゆき縁側に腰, ゆきの定, ゆき美術のこと, ゆき義ちやんに明朝僕, ゆき羽根をつく, ゆき翌日また出勤, ゆきもその, ゆきき荘, ゆき聴罪師に向かっ, ゆき聴衆に挨拶, ゆき職業紹介の放送, ゆき肉體のま, ゆき背嚢を取り, ゆき能登もまた, ゆき脇差に手, ゆき自らの悲歎, ゆき自ら益を得ざれ, ゆき自分のを取っ, ゆき自分達そこまで迎え, ゆき自分長襦袢の裏, ゆき至高球をし, ゆき舞臺の女, ゆき舞踏室では今夜, ゆきをさがし, ゆき船員らが躊躇, ゆき船長と話し, ゆき船頭は櫓, ゆき色とりどりの美しい, ゆき芳川に会う, ゆき若草の伸びた, ゆき英時もいま, ゆき英男の話, ゆき英米人の, ゆき茂木さん夫人に送る, ゆき茶の間に下り, ゆきの中, ゆき草履をぬい, ゆき荒浪の寄, ゆき荘家にいた, ゆき萌野ゆき, ゆきも一二枚, ゆきと泥, ゆき蒲団の真中, ゆき蓬莱女史に会い, ゆき靄紫に, ゆき薯掘りにかかった, ゆき街路に二, ゆき衣服と頭髪, ゆき表通りにとびだす, ゆきをあけ, ゆき見えなくなつ, ゆき見物人も殖え, ゆき見物達も安心, ゆきに対する畏敬礼節, ゆき親しく大塔, ゆき詐僞により, ゆき詩人のお, ゆき誘惑である, ゆきか男, ゆき談判いたしまして, ゆき請求者の意, ゆき葛丞相に, ゆき謙信に代っ, ゆき財産をこしらえ, ゆき貴生川を經, ゆき買物不足分を補充, ゆき賽銭を投じ, ゆき赤い帽子を, ゆき起重機も腕, ゆき足場ロツプを下げ, ゆき足海峠を越え, ゆき足蹴にし, ゆき身代りがあわてふためき, ゆき車輪の響き, ゆき軽い風が, ゆき迎えまた立, ゆき返事を貰っ, ゆきふわづら, ゆき迷いと悩み, ゆき透かし見すれば, ゆきかなれ, ゆきつた, ゆき逢いその物語, ゆき逢いましたがその, ゆき逢いませんでしたかその, ゆき過去一年間の様々, ゆきの往来, ゆき道誉もそれ, ゆきふときは, ゆき違いざま正三君の帽子, ゆき違ってクルジョーク, ゆき遠い連山の, ゆきけかり, ゆきれで人三化七, ゆき郊外電車発着所の近く, ゆき部屋を見, ゆき都会の暗い, ゆきに浸せる, ゆき酷烈な表情, ゆき重吉が, ゆきの景色, ゆき野山ゆき弟と語らふ, ゆき銀行にゆき, ゆき鋭い音を, ゆきをおろし, ゆきで一寸, ゆき鍵盤に指, ゆきを啓, ゆき長く乗れる, ゆき間々に巷説, ゆき間もなく一つの, ゆき陸奥守綱宗にその, ゆき陸海軍武官商人顔あり議員面, ゆき隅っこの卓上, ゆき隅田藤内左衛門の一勢, ゆき階下で造花屋, ゆき階級間のあらゆる, ゆきって言葉, ゆきを見すまし, ゆきりけち, ゆき雑木道を抜ける, ゆきりけち, ゆき難い時が, ゆきにある, ゆき雲の上に船, ゆき電報をうちました, ゆき電話で一日中, ゆきのなか, ゆき青くなるほど, ゆき革命派の首領ら, ゆきをはく, ゆきは飛び, ゆきを繰る, ゆきにいたる, ゆきの上, ゆき題名も新た, ゆきにかけてそこ, ゆきの路, ゆき風眼ではない, ゆき飛行機が不時着, ゆき食事によばれた, ゆき飲用泉のところ, ゆき飲食にも町, ゆきを食いつくす, ゆき首尾よく竜, ゆきに日, ゆき馬鹿な人たち, ゆき騎兵の一隊, ゆきとみえ, ゆき窓から, ゆき高原に我, ゆき高樹町の家, ゆきの元結, ゆきの気温, ゆき魚類の王さま, ゆきの肉料理, ゆき鴿を, ゆき鵠沼を引きあげる, ゆき黄金の量