青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゆう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

やり方~ ~やる やる~ ~やれ やれ~ ~やろう やろう~ やん~ ~ゆ ゆ~
ゆう~
ゆうべ~ ゆえ~ ゆえに~ ~ゆかない ゆき~ ~ゆきました ゆき子~ ~ゆく ゆく~ ~ゆっくり

「ゆう~」 1085, 12ppm, 9324位

▼ ゆう~ (97, 8.9%)

4 財産は 3 良人の, 財産の 2 ある風景, ものが, ものに, 全神經, 埃が, 娘の, 生徒が

1 [73件] あらゆる健康, がらくた物を, こころもちは, ことの, ことを, たくりま, ためだけ, ふきで, ものは, ものを, ポケツトを, 事で, 事を, 人物たちの, 処分を, 前に, 可憐しい, 名義に, 土倉酒屋など, 墓碑にも, 夫お, 夫相良寛十郎の, 女を, 女駕籠, 姿や, 娘が, 娘である, 娘な, 娘に, 媚いた, 嫉妬や, 子供の, 小母さん連, 小説がには, 少い沿海州の, 愛嬌者にな, 文学者が, 方と, 方に, 日記を, 星座を, 朝夕の, 来たこと, 枯葉を, 死後まもなく, 死後良人の, 毛は, 毛穴が, 清麗な, 物に, 男達が, 病室に, 病状を, 目顔が, 眼には, 砂だけは, 神經を, 空気に, 窓は, 耳へも, 肉と, 脈が, 良人として, 良人としての, 莫大な, 許と, 評判に, 誰彼を, 遺産受け継ぎ, 部屋で, 部屋を, 陽の, 頃の

▼ ゆう~ (73, 6.7%)

3 ぶるぶる顫 2 あったの, おの種も, できた, 秀吉の, 鶴さんの

1 [60件] あった, ありませんでした, あると, あるはず, あれば, いつまでも, おすぢ, お島, がたがた顫, すつかり, そこへ, その気, たで両側, ためには, とてつもない分限者, とろけて, なかった, なくただ, むずがゆくなる, サラサラと, 一つは, 住んで, 俄に, 俥で, 出来ました, 可憐し, 四十七歳で, 四十歳七年前に, 夜おそく, 大さわぎになつて, 女の, 好きな, 嫁に, 寄ると, 少しも, 帰って, 幼いお, 待って, 戦争の, 日暮れどき, 明るくなつた, 有りますと, 来たため, 母である, 深い青葉, 火照つて, 熱くな, 熱くなる, 物蔭で, 特有な, 痺れたやう, 盲ひさう, 真赤に, 若い日, 茶の間に, 薔薇いろ, 財産を, 采配を, 関西の, 隅々まで

▼ ゆう~ (66, 6.1%)

2 お島, 自分の

1 [62件] ありません, いきなり昔, いつもと, いれ替えて, うとうと床, お暇, お高, じろじろお, そこから, そりゃ美しかっ, それを, ただ目礼, なかった, なかつたの, なかなかの, はじめての, はっと胸, ひつきりなしに, まだ水気, まったくなかっ, もう岐阜, もう朝, もっと延びる, やがて墓山, ロンドン市民が, 今日は, 兄が, 兄の, 包装された, 十分に, 南禅寺の, 宗庵の, 寝衣, 小侍, 小書院, 帰って, 幾たびか, 幾日も, 強がりでなくそう, 彼を, 心臓を, 息災か, 愛相よく, 暴れ悶, 次の, 江戸有数の, 浮気ものだ, 涙さえ, 涙ばかり, 無上に, 爾時五月の, 相良寛十郎に, 秀吉から, 罪の, 聞くと, 良人の, 草むらを, 謹んで, 長浜から, 顔を, 驚いて, 鶴さんに

▼ ゆう~ (50, 4.6%)

2 歩きま, 耳の

1 [46件] うろうろと, くしや, してやらうと, しらべてから, その林檎林, つれて, ならべて, ひきずりま, まはつ, わなわな顫, ガタガタ顫はせ, マスクで, 付けて, 凝乳だらけ, 召し連れて, 呼んで, 呼出しに, 固めるの, 失望させた, 宥めさ, 席捲し, 庇護う, 座敷へ, 待受けて, 掘り出した, 掛けた榊台一対, 探したから, 旅行した, 明るくさせる, 時鳥が, 清水が, 煤で, 皺くち, 知って, 知らんか, 笑は, 納る, 置き放して, 蒸したの, 触れま, 赤い光りで照らした, 走つて, 踊りま, 連れて, 除いたほか, 隊を

▼ ゆう~ (47, 4.3%)

2 夜霧ながれ, 申しまする

1 [43件] あふる, いつて, おゆう, この一空和尚, した姿, した現代紳士型, すさまじく火, につきつけたので, ふたりで, まずい水たき, んだり, グラスを, 云はせ, 云ふ, 五六分ばかり, 出して, 刀を, 口笛を, 名称の, 吹ぬきの, 唸りを, 婿相良寛十郎との, 小熊であった, 帶の, 引きしめるやう, 振る太刀, 改名し, 松を, 水に, 生前近しく, 相良寛十郎との, 着流して, 締め, 花火ふき出る, 身を, 醤油を, 閃めきます, 鳴らしました, 鳴りとは, 鳴りながら, 鳴りはん, 鳴り深山に, 鳴るやう

▼ ゆうさん~ (45, 4.1%)

6 の娘 2 のこと, のもの, の良人, は

1 [31件] がなくなる, が死なれる, が死んだ, が蔭, という妹, との違い, とは兄弟同然, と父, と相良うじ, にでも聞い, に会いたかった, に生き写し, のため, のふところ, のもちもの, のもっ, の前, の名義, の大, の死後姿, の気に入りだった, の金, はあんた, はこの, はよく, はわし, は大丈夫大秀さん, は寛十郎, は親, は香, を知っ

▼ ゆうれい~ (35, 3.2%)

7 のよう 2 だという

1 [26件] かもしれません, がある, が出た, が出る, が物, じゃない, だよ, だわ, でしょうだから, という事, とでもいう, なの, なんてへん, にきまっ, にし, にちがい, になっ, のお, のおじさま, のおばさま, の方, の浜風, は川, は講演会, やおばけ, やおもしろい

▼ ゆうぐれ~ (28, 2.6%)

3 の寒, の町 2 うす暗い家

1 [20件] でお, で仕方, にさえなりますれ, に江戸, に落ち残った, に西坂本, に路ば, のこと, の中, の凉, の寒い, の涼しい, の色, は殊に, をたのしむ, を忍び, 最ど静, 清涼殿の, 猫鳴い, 美しい上

▼ ゆう~ (19, 1.8%)

1 [19件] いちばん議論好きと, いちばん貴重, ござりましょう, はない, もしまちがひ, チーズを, 一ばん長老株の, 一番いい, 一番の, 一番幸福な, 一番廣い, 三べ, 別段最初, 唯一の, 多摩川へ, 最も無愛想, 朝から, 猫は, 誰も

▼ ゆう~ (19, 1.8%)

5 を食っ 3 の膳 2 を食った 1 でも食っ, には強飯, に冷奴, の食い物, は帰り, は茶屋, を出す, を済ませ, を食わされ

▼ ゆうがた~ (16, 1.5%)

2 になっ, になる

1 [12件] から俄, から降り出した, ちょうど其の, にことし七つ, のあかり, のこと, の景色, まで待っ, 始めて老女, 折角山紫水明, 眺めたその, 着いたその

▼ ゆう~ (15, 1.4%)

2 ないの

1 [13件] せずくらし候, ない, ないよう, なく冒険的, なく自分, なにも, ひどくぼんやり, もとよりそれ, 戻るところ, 病弱な, 草庵に, 落着きなく, 長亭軒

▼ ゆう~ (14, 1.3%)

3 のひかり 2 にうす白く 1 がまだ, が丁度, にうす紅く, の光, の沈み切らない, はもう, は長い, をうしろ, をよける

▼ ゆうぜん~ (13, 1.2%)

1 [13件] いりの, が溢, さながらの, たるす, たるもの, たる気分, とうぜん, としてはいっ, に白い, の模様, の裳, の襲着, 遊べる春雨

▼ ゆうくつ~ (12, 1.1%)

1 [12件] だけれど, だつたらう, だらう, だろう, でした, でせう, なところ, な上着, な世の中, な生活, な目, な習慣

▼ ゆう~ (12, 1.1%)

1 [12件] あやかりとうぞんじます, こびり着いて, させて, しても, 伝えた富, 取り入ったの, 示せて, 行きましょうか, 譲られた莫大, 響き渡つた, 響き渡つて, 響き渡るやう

▼ ゆうから~ (11, 1.0%)

1 [11件] おれの, 何かを, 小父さま, 少ばかり, 我慢できぬ, 桶を, 肋膜を, 読み書きの, 離されて, 離れた, 飛び出して

▼ ゆう~ (10, 0.9%)

1 おまえを, なるまいがの, シクシク痛みます, 休んどん, 家を, 気持が, 眩ゆう, 笑いながら, 顔に, 顔を

▼ ゆうかん~ (9, 0.8%)

4 なる水兵 1 なるありさま, にすぐ, にもいきなり, にクマ, ね

▼ ゆう~ (8, 0.7%)

2 う, りと 1 めく, りゆうら, りゆらりと, りゆれた

▼ ゆう~ (8, 0.7%)

2 の娘 1 が初代, ですか, のたった, のところ, の一粒種, の財産

▼ ゆうかい~ (7, 0.6%)

2 して 1 しようと, しようとして, するかどわかすという, するまえに, を事

▼ ゆう~ (7, 0.6%)

4 ゆうと 1 て向き直った, ゆう, ゆと

▼ ゆう~ (7, 0.6%)

2 にわたし 1 からそこ, そこで蛇, で六月なかば, に倉沢, に本所

▼ ゆう~ (6, 0.6%)

1 つし, 医者様の, 友達から, 噂し, 奥で, 宿に

▼ ゆうさま~ (6, 0.6%)

1 からも財産, が京阪, のねうち, のひとり娘, の良人, の顔

▼ ゆうとの~ (6, 0.6%)

4 乃婦は 1 つながりそれらの, 乃婦と

▼ ゆう~ (6, 0.6%)

2 のなか, の中 1 のため, の薄暗がり

▼ ゆう~ (6, 0.6%)

1 が薄寒く, が身, なタイプ, に終る, に軽く, に鳴り渡る

▼ ゆう~ (5, 0.5%)

2 うけつの 1 ざんすとも, んさん, 厄介に

▼ ゆうちょう~ (5, 0.5%)

3 なまね 1 な敵, な顔

▼ ゆうちよ~ (5, 0.5%)

1 が要る, されるだらう, される始末, すると, するので

▼ ゆうでも~ (5, 0.5%)

1 一番, 一番元, 勝気で, 定評が, 酒を

▼ ゆう~ (5, 0.5%)

1 のだ, のである, 人の, 場所で, 片腕で

▼ ゆうめい~ (5, 0.5%)

1 なお神楽師, なの, な人, な剣術, な医者

▼ ゆう~ (5, 0.5%)

1 とお, とたずねる, と産道, と羽織, と自然

▼ ゆう~ (4, 0.4%)

1 かつてゐた, けつぱなしの扇風機が, りと, りの

▼ ゆうこと~ (4, 0.4%)

1 がいる, は自分, やし, を人民

▼ ゆうには~ (4, 0.4%)

1 二人とも, 充ちて, 継母にあたる, 謙吉からは

▼ ゆうわけ~ (4, 0.4%)

1 か, かたどたどしい, で僕, で農業会

▼ ゆう六ツ~ (4, 0.4%)

3 の鐘 1 といっ

▼ ゆう意味~ (4, 0.4%)

1 で, でわ, で他, で研究室

▼ ゆう殿~ (4, 0.4%)

1 とな, のいる, を召し, を御

▼ ゆう~ (3, 0.3%)

1 あしつかりやる, うでマアマア今日, う申し

▼ ゆうたん~ (3, 0.3%)

1 がしい, がしきつめ, をめくりとりました

▼ ゆうとは~ (3, 0.3%)

1 なにを, ピヤノを, 口を

▼ ゆうぱちつ~ (3, 0.3%)

1 ひゆうぱちつ, ひゆうぱちつと, ひゆうひゆうぱちつと

▼ ゆう~ (3, 0.3%)

3 えんだの

▼ ゆうやけ~ (3, 0.3%)

2 がほ 1 は徐々に

▼ ゆう~ (3, 0.3%)

1 して, すべきば, ふ此直次郎昨夜九ツ時頃此所

▼ ゆうよも~ (3, 0.3%)

1 ない, ならずと, ならなくなったの

▼ ゆう七つ~ (3, 0.3%)

1 に終る, の鐘, 但一つ

▼ ゆう場合~ (3, 0.3%)

1 この詩集, に生れた, に群集

▼ ゆう~ (3, 0.3%)

1 のこと, はあなた, を怖がらせ

▼ ゆうあたし~ (2, 0.2%)

1 とお話, もあの

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 の時, の膳

▼ ゆうこの~ (2, 0.2%)

1 薬を, 邪慳な

▼ ゆうせき~ (2, 0.2%)

1 がみつけました, と呼ばれる

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 つらん, つらんの

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 つと身体, ゆう知つて

▼ ゆうつと~ (2, 0.2%)

1 せり上つた, 頤を

▼ ゆうなに~ (2, 0.2%)

1 もする, をぐづぐづしてゐるの

▼ ゆうぱちつと~ (2, 0.2%)

2 鳴らしました

▼ ゆうぶん~ (2, 0.2%)

1 やすんだ眼, 思い出して

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 ここへ, 私が

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 ないか, 家臣たちは

▼ ゆうよう~ (2, 0.2%)

1 として生きろ, と歩

▼ ゆうよは~ (2, 0.2%)

1 して, ならんね

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 なら親父, はない

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 かもぞもぞ, か考

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 ばかり吐い, を引つかけられてる

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 と遊んでる, を陣中

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 が並ん, をあけ

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 があつ, の店

▼ ゆう泥だらけ~ (2, 0.2%)

2 になつて

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 のさき, を醒まし

▼ ゆう自分~ (2, 0.2%)

1 にかくい, の生れた

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 が存在, も単独

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 ねんぶつ縁起, ばかりを命ずる

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 かかれり, の底

▼ ゆう~ (2, 0.2%)

1 の上, の打撃

▼1* [277件]

ゆうけつぱなしなので白い, ゆうあつた, ゆうあぶら虫でうじ, ゆうあれに用意, ゆうあれこれといぢくりまは, ゆうあんなに攻勢に, ゆういすべし, ゆうえんちなどにある, ゆうおこしをもませ, ゆうおして出て, ゆうかい罪だと, ゆうかり樹は, ゆうかんなカピがもう, ゆうかんなチンピラ隊もどう, ゆうかんな少年たちが十人, ゆうかんな書生たちは懐中電灯, ゆうかんな番犬ナハトに見つかっ, ゆうがぞみぞみし, ゆうがた五時半ごろまで遊ん, ゆうがた外から慌て, ゆうがた夫帰って, ゆうがた木曾に着く, ゆうがた浅茅が原のあたり, ゆうがた独り物案じに沈み, ゆうがた空におぼろ月の, ゆうがた錯乱して, ゆうがた鮎子さんのお父さん, ゆうきいきいと音, ゆうきがきみたちにある, ゆうきんしゆぶんきん, ゆうぐつすり寐込んでしまつた, ゆうんな, ゆうこくといっ, ゆうこくでござりまし, ゆうことかいの, ゆうごろごろして, ゆうさい公につ, ゆうざんわじょうを導師にた, ゆうしが加わって, ゆうしんじやうなどと, ゆうしんぢようゆうしんじやう, ゆうじいさんばあさん達は畠, ゆうすごいもんずら, ゆうぜん更紗の買物袋, ゆうその熱は, ゆうそのままにし, ゆうそれを懷ろ, ゆうそれから自分の, ゆうたってここらの, ゆうたて遊びに来た, ゆうたべたべ出船, ゆうたる風のなか, ゆうちの激しく, ゆうだち霧雨小糠雨その, ゆうだまつてうつむけに, ゆうちいでて, ゆうちゃんを嫁, ゆうちゃんと呼れ, ゆうちやんは, ゆうつけ鳥公の御, ゆうづうするものがありさえしたらそれを送っ, ゆうても大変で, ゆうであったか, ゆうであるような, ゆうというのは, ゆうといった女性である, ゆうとてつもない処を, ゆうとと義妹とは, ゆうとには軽くじよう, ゆうとも音信不通であった, ゆうと共に月を, ゆうどこからともなく, ゆうどのはじめ女という, ゆうなきごゑをにほはせる, ゆうなぞを見出さなく, ゆうなめをさせない, ゆうなる姿を, ゆうのうのうと体, ゆうのにテレくさ, ゆうはんをたべおわった, ゆうえ, ゆうにてらされ, ゆうひとあんたは, ゆうびんポストのそば, ゆうびん切手のミシン, ゆうぴたりといひ, ゆうぴりぴりとそよがせる, ゆうふかい川の, ゆうふるさとから子, ゆうひろがつた, ゆうまぐれだったと, ゆうまるきり仕事に, ゆうまるで攻城砲に, ゆうみね弓太郎いく般若寺村橋本, ゆうむつつりとし, ゆうやつた, ゆうやなんかを持つて, ゆうやは朝鮮語で, ゆうよのない陽, ゆうよをあたえて, ゆうりゃくてんのう, ゆうれいぐもや珍奇なきむらぐもや, ゆうれいごっこが流行る, ゆうれいみたいだろう, ゆうれい横丁も消え, ゆうれんと発音, ゆうわくして, ゆうわしをあの, ゆうと鳴る, ゆうガランとして立川さん, ゆうシャボンの香り, ゆうタバコをふかし, ゆうと云, ゆうバタ買つてました, ゆうリヴィングストーンの姿, ゆう一ぺんも見かけなかつた, ゆう一杯だ, ゆう一緒にゐられない, ゆう一遍も笑はず, ゆう一面まるで花火, ゆう丸鯖子丸般若丸サイトウ丸源太郎兵衛丸などといふ連中, ゆう事実わきわめて, ゆうが自分, ゆうがわる, ゆうに仕え, ゆう使つて, ゆう俳句を考へ, ゆう働きづめに働き, ゆうはそれ, ゆう僕らの眼, ゆう氣が, ゆうの蟹, ゆう利用されてばかり, ゆう単純な女, ゆういますが, ゆうのやう, ゆう口喧嘩をし, ゆう國の, ゆう吐いてゐた, ゆうふからさへ, ゆうひ出した, ゆう咲き通して, ゆう圓層をゑがいて, ゆう塩原多助の講談, ゆうのこと, ゆう大きい靴の, ゆう學の, ゆうと鼻, ゆう學校をやすん, ゆう安らかな夢, ゆう家ン中をじろじろ, ゆうている, ゆうられなかつたので, ゆう小止みなく降, ゆう少女は少女, ゆうに布かれ, ゆういて, ゆうかがし, ゆうの中, ゆう工合です, ゆうを立たず, ゆう弟子に大勢, ゆう彼女の姿, ゆう睦じ, ゆう必要もない, ゆう念佛を申す, ゆう意味ぢやない, ゆう意見を吐いた, ゆう揃つて奮鬪的生活をし, ゆうして, ゆう支配者の宣言, ゆう政府の御用, ゆう教室で為事, ゆう方今戸の菩提寺, ゆう方君が来, ゆう施療彼是にて四方, ゆう旅行ですか, ゆう日あざやかにぱっと, ゆう日朱のごとく, ゆう日照りそいたるつつじ, ゆう日陰になつ, ゆうは歩く, ゆう暮れの色, ゆうをかく, ゆうのぎつしりつまつた書棚, ゆうの中, ゆう村長が我慢, ゆう椿などのちょい, ゆう権利がある如く, ゆう欝ぎ切つて暮した, ゆう此処にゐなす, ゆう此處にゐなす, ゆう歩きまは, ゆう殿唯今申し上げて, ゆう比叡山の宿院, ゆう気持ちが悪く, ゆうの變, ゆうにまみれ, ゆう汗びつしよりになつて居る, ゆう泣き言を聞かされた, ゆう涙ぐんでゐる, ゆう淋しがりやであるの, ゆう滯在して, ゆうがこ, ゆう炬燵のごろ寝, ゆう焚き火をし, ゆう焼けるのを, ゆう思ひに, ゆう狭い肩身の, ゆうりごと, ゆうな生活, ゆうして, ゆう画室にとぢ籠つて, ゆうをのぞい, ゆう留守をさせられた, ゆう病気には反, ゆう痙攣的に握り緊め, ゆう白粉はぬ, ゆうくちやに, ゆう看経をあそばす, ゆう眞赤になり, ゆう眺めてゐた, ゆう睾丸をありちゆう, ゆう知つてはゐる, ゆう石炭だらけの石炭, ゆう祈祷に過した, ゆう秀次が一族, ゆうの気むづかしい男, ゆうはぶち, ゆう笑つてゐる女, ゆう結節が出, ゆう絶対に陽, ゆう美吉屋の女房つね, ゆうを拡げ, ゆう背中からおりた, ゆう自動車が來, ゆう自在に翔び, ゆうの黒い, ゆうかしい往来, ゆうを太陽, ゆう若い奥方は, ゆう薙髪す, ゆう表情の気分, ゆうひを, ゆうて暮らした, ゆう言葉も, ゆうである, ゆうだ, ゆうかやつ, ゆう誰かを待つてる, ゆうる, ゆう賑やかなこの, ゆう踊りまはる, ゆうひまは, ゆう逃げまはらなけれ, ゆう這ひまはるのをお, ゆう邪魔になつ, ゆうつぱらつてゐることが誠実, ゆう醜い注射の, ゆう金木のあなた, ゆう降りつづいて, ゆう随分たくさんいろいろ, ゆうの降る, ゆうが現れる, ゆうを出し, ゆう響き渡るやう, ゆう頭痛がする, ゆうを前, ゆうを見せ, ゆう飯時だからと, ゆう馴染の深い, ゆう髯だらけになつて, ゆう鬱々としてお, ゆうお主食, ゆう鱈腹食べられるわ, ゆうが一羽, ゆう黙りこくつて