青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「やん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

やりたい~ ~やりました ~やり方 やり方~ ~やる やる~ ~やれ やれ~ ~やろう やろう~
やん~
~ゆ ゆ~ ゆう~ ゆうべ~ ゆえ~ ゆえに~ ~ゆかない ゆき~ ~ゆきました ゆき子~

「やん~」 1355, 15ppm, 7634位

▼ やん~ (419, 30.9%)

34 いた 17 しまった 11 いる 7 いたが, え 6 いて, しまって 4 いるの, しまいました 3 いたの, いました, いると, しまう, ゐた, 夜は

2 [21件] い, いなかった, いましたが, いるよう, うす暗い雲, くれれば, しずかに, しまいまして, しまうと, しまったの, ひっそりと, みると, ゐなかつた, ゐる, エ, 夢は, 寒月が, 月の, 空は, 自害し, 青空が

1 [263件] あきれて, あたりの, あとは, あらしが, いかにも醉漢, いきなり胴間声, いたので, いたらしい, いたん, いた中風, いた妹たち, いた嫌, いた恋猫, いた教会, いた母親, いた虫, いた近く, いた障子, いた雪, いつでも, いつの間にか月, いないもの, いなかった点, いましたため, います, いまだ六十年, いるが, いるのに, いるのね, いるはず, いるん, いる形, いる後, いる様, いわゆる梅, いを, うっとりと, えおいらア, えヘッ笑かし, え俺, おりましたが, おりましたよう, おりファランドール, おり書生, お月さま, お月様, かえって寒, きた, きたり, きっと倉地, きっぱり答えた, きて, きょうは, くれたから, くれたらと, こそこそと, この一軒家, この深き, しあわせです, しいんとした, しずかな, しづかに, しとしとと落, しまいあたり, しまいその, しまい空, しまうこと, しまうだろう, しまうでは, しまう折, しまったあと, しまったが, しまったので, しまった空, しまってから, しまっても, しまふと, しんしんと, すぐその, すぐ笑い声, すこし離, そでで, その代り, その代わり, その度ごと, それからこすみれ, それだけ, たちまちひとり, とんちきメ, どうやら吸う, なんとも云え, ねそべつて, ぱっとグラス, ひとしきり拍手, びっくりした, また後, やがて一脚, やがて奥, やがて格子, やがて障子, やつぱりお月さまを, ゐたが, ゐたけれど, ゐた雨, ゐました, ゐます, ゐる衷情, ウィリアムの, ェは, エ山野一郎, エ泰軒坊主メ, カラリと, サヤサヤと, シーンと, チョット静か, ハノイ郊外の, ベソを, レーニングラードも, 三月の, 了つた, 二十五日の, 五代は, 五月雨の, 人々の, 今は, 今度は, 今日は, 今朝は, 仕舞った, 何か, 何やら手持ち, 俄かに, 八幡さまの, 其処には, 初めて自由随意的, 前に, 動揺は, 十日目に, 午頃からは, 半分しか, 半月ぶりに, 友だちが, 反対に, 呼吸も, 唄の, 唖者の, 四ツ, 四邊を, 声は, 夕一瞬の, 外は, 夜が, 夜の, 夜も, 夜通し星, 大きな眼, 大廂, 天地が, 夫は, 女の, 女房は, 始終ニコニコと, 婆やの, 嫁さんばっかりを, 学生の, 寒い夜, 寺僧の, 小さくすゝ, 小娘の, 小船は, 居ったの, 居りました大家, 居る, 屋敷の, 山が, 山門の, 岩代半, 差し控えて, 市ヶ谷見附へ, 常念, 幕府の, 幸ちゃんの, 幻を, 彼の, 後にその, 後には, 手は, 数日たたない, 新たなる, 日が, 晴れ上つた青空の, 晴渡ったメーデー, 暗くなる, 曇って, 月は, 服従性が, 朝焼けの, 本降りに, 東山の, 林を, 果は, 柘榴口から, 樋を, 檐に, 次には, 次の, 歌口を, 歸つて來る, 水たまりに, 泥濘を, 海は, 涙を, 涼しそう, 深い霧, 清見丸は, 炬火は, 父親にでも, 疑いの, 発狂し, 白い姿, 白い日光, 目を, 砂の, 空一面を, 竹が, 笑った, 笑って, 笑顔を, 答えるの, 美くしい, 翌る, 聞き耳を, 自分も, 自然の, 舞台の, 菖蒲湯や, 萎れて, 薄日が, 虫の, 行つた, 見て, 見れば, 誰かが, 貰いたいもの, 貰ひたい, 跡形も, 身悶えも, 部屋の, 間もなく音楽, 険しい目, 隣から, 雀が, 雨が, 雨季が, 雨戸を, 雲が, 雲の, 雲も, 雲切れが, 静謐が, 面色潤沢で, 頭を, 顔を

▼ やん~ (375, 27.7%)

11 心得て 6 知つてゐる 5 して, 出て 4 したもの, わかつて, 出來, 坐つて, 知つてゐた, 見て 3 きめられて, ついて, 書いて

2 [18件] さういふ道, したネクタイ, した人, そろつて, 保つて, 出来て, 出来上つて, 分つて, 持つて, 揃へて, 支度を, 知つてゐ, 立つて, 綺麗に, 見える, 記載せられ, 載つて, 音を

1 [279件] あてが, あります, ある, ある事, あんたから, あゝいふ風, いひおいて, お向き, お察し, お手, お膳, かけて, かしこまつ, きちんとした, くしやみを, この眼, この腕, ご存じの, さういふ型, さう云つて, しいて, したどうも, したレデイ, した一人前, した一重, した二歳駒, した作家, した停車場, した娘, した家, した教養, した気持, した目的, した規則, した足取り, した身装, した酒井, しなくな, しなけれは, しまつ, しめて, しろ腰, するやう, すわつて, せし気性, せし氣性, そこに, それを, そんな者, つかんで, つけたバット, つけどんな, つけ男, つとまるの, できて, なつてれ, なりいそいそ, なれるでありますか, はしゃぎながら, ひとり, むづかしい漢字が, もう絶縁, もつて, よく書ける, わかりました, わかるやう, わかるよ, わかる仁, ハネツルベの, バナナを, プラツトフオームまで, ラケツト手に, 一杯やんなさい, 一緒に, 三つの, 三本白く, 両手を, 並べたま, 主人や, 乗せられて, 乗つて, 二人前事務テーブルの, 二列に, 二十二の, 云ふ, 井場の, 人が, 仕掛けて, 仕立てて, 伏せて, 会は, 伸ばして, 何処かで, 來る, 供廻り泊りを, 僕の, 儼存し, 元通りに, 入れて, 其處に, 具つた立派な, 分つてんで, 分るの, 分るやう, 切つて曰く此時神色自若たりき, 切符を, 判つてる, 別れやがて, 前に, 前へ, 加平が行こ, 勘づいて, 半分から, 參つてゐる, 受けとめる力, 受話器を, 口が, 叫びながら, 合掌し, 合理主義の, 告白し, 呑み込み気まぐれ, 呼ばれた娘, 呼ばれて, 呼ぶこと, 呼んで, 喧嘩でも, 在ること, 地ならしが, 夕飯を, 大人にな, 大小を, 天からでも, 夫婦に, 契約した, 定つて, 定まつ, 家へ, 察して, 寢て, 寺には, 小耳に, 山で, 年期を, 座つてゐる, 彼の, 彼は, 御一所, 御挨拶, 御飯を, 心に, 心の, 心得こんなに, 恐しい音, 恐ろしい罠, 感づいて, 慎吉ん, 打合せが, 承知し, 持つてるくせ, 指摘し, 指点された, 挙げ, 据ゑてあつた, 掛けるの, 掴んで, 教へて, 教へる, 数へてから, 数字の, 断つて, 断りの, 暗い工場, 暗示し, 書き分けて, 書き残して, 本願を, 机に, 机の, 案を, 案内を, 桑洗うた, 椅子に, 極つて, 構へて, 横づけ, 止つてゐる, 此の, 歩んで, 毀われた, 気がついて, 氣づい, 永い間, 決まつ, 法を, 法衣を, 湮めて, 準備が, 澄み徹る, 為し終, 焼けて, 片附け, 玉ちやん, 理に, 生存し, 用意し, 申しましたわ, 畳み直した, 疊を, 目の下に, 目を, 相談し, 眼を, 眼鏡を, 着いて, 着込んで, 知つ, 知つていたんだ, 知つてる, 知つてるらしい, 知つとる, 知りぬいて, 知り抜いてるん, 確かめて, 示されて, 礼を, 私の, 秩序が, 称する男, 称んで, 稱へて, 立ちあがると, 立つたま, 立て, 立てて, 立てな, 立て細い, 筋の, 約束され, 納まつ, 納得できる, 緊まった, 置かれて, 聞いてるぜ, 聞えるわよ, 聴くのつて, 胸には, 胸を, 腹の, 舟とで, 蓋まで, 衣裳鞄に, 裏打を, 見えるので, 見るやう, 見届けて, 見當, 見破つて, 覚えて, 解つて了ふんだ, 訪ねて, 調べが, 豊ちやんも, 買つて返す, 起して, 身に, 載せて, 這入つて, 連れて, 過不足なく, 鈴を, 錠が, 鍵が, 鐘を, 附いたる, 隅に, 顏を, 鳴る鈴, 黒い羽二重

▼ やん~ (29, 2.1%)

2 僕の

1 [27件] いるか, じより, そのたび, つまらなく思, どうして, にやにや笑っ, びっくりした, ふりの, ますます不安, まだお, もうからねえん, もうこの, もう叱らない, よく眠る, よく食べた, 三度病院へ, 寐てる, 小さいに, 小首を, 旦那に, 旦那の, 時々私達, 東京へ, 汗の, 煙管を, 陸の, 隣り村

▼ やん~ (28, 2.1%)

2 いや須々木さん, 生きて

1 [24件] あが, あたしの, おかしくなった, お前の, しびれた股, つれて, べつになる, ものを, ようやっとすかし, 云よった, 住吉神社へ, 兄さんこそ, 小父さんに, 戻って, 提げて, 機場で, 泣かしたん, 煩つてる, 生一本の, 病気で, 自分で, 荷馬車を, 行つて呉れる, 鉛筆を

▼ やん~ (23, 1.7%)

2 が押原横町, で, 今さら兄

1 [17件] が, があんた, がこんなに, がハア, が人, が仔細, が喃, が彼, が読めねえだ, が道, が針, というの, によってどうぞ, は面白い, また退屈, 櫛じゃと, 私決して

▼ やんちや~ (23, 1.7%)

3 なれば, ん坊主 2 を云

1 [15件] でも, で一本気, で生, とそれ, なお坊ちやん, な口, な姿, な小僧, な美女, な金太, に手, ねえあなた, はどうも, らしくひよい, んこ

▼ やん~ (18, 1.3%)

2 ましよ

1 [16件] あんなに欲し, くつちや仕, くつちや成ん, さり, せえ, せえますか, そつち, なんまいだぶ, はれと, まし本当に, もう充分, やんな, 人魚たちに, 大いにやっ, 女に, 見せびらかすの

▼ やん~ (18, 1.3%)

1 [18件] お孃さん方, きれいな, だげっ, だってなかなか, ですけれど, は鬼, もひつくり, 三味の, 墓, 家へ, 尻を, 悲しみの, 提灯は, 方に, 生え際えい生え際や, 笑ふ, 頭上に, 顔を

▼ やん~ (18, 1.3%)

9 やんや 2 やんやの 1 なけりゃええ考え, やんやと, やんやといふ, 慎吉に, 早苗さんじゃとて, 早苗さんの, 満座も

▼ やんすから~ (17, 1.3%)

1 [17件] お体, そんなら, どうか御, どうか貸し, どうぞお, ねえ, ねもう, 其様な, 厭でなりやしねえ, 平坦に, 泊る事, 炭を, 矢張り此の, 私も, 買って, 跡で, 身体を

▼ やんだり~ (15, 1.1%)

6 して 1 あざみのはなだらけ, した, しながら, そしてよい, 憂欝を, 憎んだり, 歩く外, 肩が, 落ちたり

▼ やん~ (14, 1.0%)

2

1 [12件] いか, いから, いが貴方私を, いな, えかな, えよ, そんぢや, ぢや, でや, やんがて, んとが, 清兵衛は

▼ やん~ (14, 1.0%)

2 どうなと, になっ 1 です, で出た, で国府, で駕籠, というやつ, とまでさせ, どうでも, になった, のあばれ, を起こした

▼ やんやと~ (13, 1.0%)

1 [13件] うけさせた御, さわいで, はやし立てた, 喜ばれる中, 喝采の, 囃して, 囃しましたよ, 囃す, 背後から, 興がる, 言って, 讃める, 讃め出し

▼ やん~ (12, 0.9%)

2 やか, やない, やねえか, やん 1 やね, やらになつ, やんちゆうやは, やんと

▼ やんでも~ (9, 0.7%)

1 この洪水, なかなか六畳, 太陽は, 戦後戦は, 格別どうしよう, 格別どうしようと, 洪水は, 純次は, 黄濁な

▼ やん~ (7, 0.5%)

2 のほい 1 の, へ構, ほうさ, やんさ, アね

▼ やんでから~ (7, 0.5%)

1 また間もなく近年各地, 天候が, 御近所, 痩せた両手, 空襲の, 行きな, 行きなと

▼ やんとして~ (7, 0.5%)

1 ゐた, ゐる, 京の, 居るし, 畢つた, 草鞋つつ, 逆に

▼ やんみたい~ (7, 0.5%)

2 なしぶっ 1 ないい, な事云, な化け物, な学, に十六

▼ やん~ (7, 0.5%)

2 支持する 1 はじめ平素遊び手として, 休ませて, 残したまま, 貸して, 迎えに

▼ やん~ (6, 0.4%)

2 んの, んを 1 えびっくり, んに

▼ やんがて~ (5, 0.4%)

1 おやや, 俺等は, 咲くだらう, 夜にな, 雛を

▼ やん~ (5, 0.4%)

1 たらうね, つかりや, やんしてを, やんしやんと, やんしやんの

▼ やんだりの~ (5, 0.4%)

1 天気で, 天気でした, 天気です, 気違い天気, 雨の

▼ やん~ (5, 0.4%)

21 しやん川, 下して, 誘つて行く

▼ やんこれ~ (4, 0.3%)

1 にくるまっ, は何, も, 見とお

▼ やんちやん~ (4, 0.3%)

1 や紫矢絣, を引つ掛けた, を求め, を縫つて

▼ やんといふ~ (4, 0.3%)

1 それは, 綽名を, 聲も, 苦痛の

▼ やんところ~ (4, 0.3%)

1 のリリイ, の蜜柑畑, へ行く, まで月夜

▼ やんとは~ (4, 0.3%)

1 いて, 一度しか, 來年は, 顔馴染みであった

▼ やんなよ~ (4, 0.3%)

1 いくらの, 圓次も, 正孝, 病人が

▼ やんねえ~ (4, 0.3%)

1 そうすりゃ, 傘は, 生霊が, 誰に

▼ やん~ (4, 0.3%)

1 うい, うすのろ, 死ぬなよ, 艫の

▼ やんもう~ (4, 0.3%)

1 一つ, 一つ何か, 何んとか, 寝れ

▼ やんこの~ (3, 0.2%)

1 おばあさんの, やうな, 方は

▼ やんでは~ (3, 0.2%)

1 いけない, また出, わからん

▼ やんという~ (3, 0.2%)

1 友達が, 名も, 老人が

▼ やんなんか~ (3, 0.2%)

1 何處かへ, 若いの, 追いこしそう

▼ やん~ (3, 0.2%)

1 あの子, え早く, え遠慮なく

▼ やんぽん~ (3, 0.2%)

2 に使 1 だつた

▼ やん~ (3, 0.2%)

1 で縁極め, をし, をする

▼ やん~ (2, 0.1%)

1 つこお, つこはんぶんはんぶん

▼ やんあんた~ (2, 0.1%)

1 そんな無理, の後ろ

▼ やん~ (2, 0.1%)

1 つ母さん, 酒だ

▼ やんおや~ (2, 0.1%)

1 とり, とりおん

▼ やんこんな~ (2, 0.1%)

1 ご機嫌, 絵本が

▼ やんごと~ (2, 0.1%)

1 もなし, 無き上

▼ やんした~ (2, 0.1%)

2

▼ やんしたら~ (2, 0.1%)

1 お頭, 灯が

▼ やんすか~ (2, 0.1%)

1 この雪, なア

▼ やんそんな~ (2, 0.1%)

1 ことぢや, 暖簾に

▼ やんちょっと~ (2, 0.1%)

1 待って, 馬を

▼ やんとが~ (2, 0.1%)

1 くっついて, 田舎で

▼ やんとき~ (2, 0.1%)

2 まつて

▼ やんとこ~ (2, 0.1%)

1 にゐる, 抛っときゃええ

▼ やんとの~ (2, 0.1%)

1 問答の, 関係は

▼ やんなつちや~ (2, 0.1%)

1 ふねえ, ふわ

▼ やん~ (2, 0.1%)

1 その晩, 暴力を

▼ やんはり~ (2, 0.1%)

1 して, と抱いた

▼ やんばか~ (2, 0.1%)

2 だなあ

▼ やんやの~ (2, 0.1%)

1 喝采だ, 拍手

▼ やん~ (2, 0.1%)

1 とっくの, 目出度や

▼ やん人形~ (2, 0.1%)

2 をお

▼ やん~ (2, 0.1%)

1 がほんとに, も淋しい

▼ やん出世~ (2, 0.1%)

2 しまっせ今

▼ やん勘忍~ (2, 0.1%)

2 して

▼ やん~ (2, 0.1%)

1 で聞いたけん, もお

▼ やん~ (2, 0.1%)

1 のしたしい, は昨日みたい

▼ やん~ (2, 0.1%)

2 を注ぎ込まれ

▼ やん~ (2, 0.1%)

1 にも一本, にやらし

▼1* [134件]

やんあたしは, やんあなたはちっとも, やんあの鴉は, やんあんたあたしがもう, やんあんた日本酒のほう, やんあんた私見たいになつちや駄目, やんあんな奴に, やんいかんの, やんいくいうた, やんいよいよお婿さん, やんえらい鈍なこっ, やんえらい良えとこ, やんおいらもお, やんおまはん退屈やつたら, やんお前惚れて, やんお祭は, やんお茶がはいりました, やんかいな早う早う, やんかと妙な, やんかねだっさ, やんかねえおんだぶっ, やんから手に, やんかんそふもこのごろハ, やんがかあやん, やんがとつつかまへて, やんがなけさふろおけ, やんくしやんと, やんぐるノ中, やんここや, やんこそよくおいで, やんこちらが旦那樣, やんこれ一人や, やんこ馬は, やんごうごう色んな形, やんさっきおっか, やんさと浜へ, やんしよこれからは, やんすし又神田, やんすみれの花, やんずいぶんいいこと, やんせんが後で, やんせん此の家, やん赤まんまが, やんたまちやん, やんだってお前きっと, やんだるヲ遺, やんちゃ娘に, やんちやみたいなところ, やんちや盛りの何, やんちや者は彼女, やんって損の, やん人は, やんてばさアカムアゲンつて云つた, やんてんどう, やんでかの竜一年少梵志に, やんとか云ふ, やんときまつた数, やんとこ今晩ひと晩安次を置いとい, やんとわかつて居り, やんどう思つて, やんどうかして, やんどうして立派な, やんどこへ行く, やんなつちまわあ, やんなと盲人の, やんなとは云わんが, やんなんの事, やんにねい, やんにゃ仰山買う, やんねえななによけいな, やんのうしろへ, やんはあ止めに, やんはずゐぶん, やんはよゆこか, やんばらなよう, やんびやな爺等どうせ夜, やんへんだ, やんべかと思って, やんべと思つてんだ, やんべなんていふもん, やんほんとに俺が, やんまた喧嘩した, やんまだ蛙が, やんもうこうなったら本当に, やんやといはせたる, やん母やん, やんよく心得て, やんよーうい, やんハモウニカに唾, やんパチ酒場の, やん一寸這入って, やん上手えな, やんから手, やん中古でな, やんない高徳, やん事なき方々と居並ぶ, やんひよるですたい, やん阿弥陀様お, やんうしたら, やん余り世話になっ, やんが死んだら, やん停車場の待合所, やんの帰り, やん勇気を出し, やんうちみ, やん妾等が生きてる, やん少し物いりが, やんの中, やん左三郎とでも書く, やん御覧よ, やん料理場から徳利ヨ, やんえとこ, やんになつ, やんやん, やんが焼けた, やん此奴どっこも行くとこ, やん此處へ來, やんがない, やん淋しいことお, やんちやん, やん田舎であんた, やんの種, やんがさっき, やん結構なもん, やん自身も引っこみ思案, やんえとこ, やん若松に来とった, やんふの, やんおまん, やんひますよ, やんを飮, やん酒殘つてる, やん頭髪を濡らし, やん鳴き立てながら逃げ出し