青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まわる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まもなく~ まり~ ~まるで まるで~ まれ~ まわし~ ~まわっ まわっ~ ~まわり まわり~
まわる~
まんま~ ~まん中 まん中~ ~み み~ ~みえ みえ~ ~みえる みじめ~ みずから~

「まわる~」 1022, 10ppm, 10853位

▼ まわる~ (194, 19.0%)

22 です 1311 である 8 でした 7 であった 6 を見 5 だった 3 であるが, をやめ 2 かしら, が私, だが, でありました, ですが, では, は容易

1 [102件] か斑尾, があの, がその, がヒメ, が一種, が不気味, が何より, が例, が大変, が大好き, が常例, が役目, が感じられた, が我慢, が本筋, が潜望鏡, が稼業, が義務, が血, が見えた, が見えました, が重荷, が関の山, さ, じゃ, だから, だそう, だと, であったから, であろう, でございます, でしょう, ですから, ですね, です古額, でも, とす, とはいささか, と何時間, には少く, に夜, に狂奔, に見入っ, ね, はいい, はいや, はさぞ, はすっかり, はその, はよし, はろくでなし, はチト, はノロちゃん, は仏, は何, は勝手, は叔父, は子供, は実に, は恥ずかしい, は感じ, は敵前上陸, は日本, は沢山, は策, は辛い, も一興, も不思議, も好い, も工場, やいろいろ, や髪の毛, よ, をおそれ, をかれ, をけはいで感じとった, をさも, をやめた, をゆるされ, をよそう, を一つ, を中止, を例, を大勢, を実, を待っ, を愉快, を押し止める, を止め, を目, を緩める, を見せ, を見た, を見たら, を見る, を見守っ, を諦め, を追っかけ, を防ぐ, を食い止めた, んです, 嫌だけ

▼ まわる~ (114, 11.2%)

2 すぐに, そこには, みえて, 五百坪ほどの

1 [106件] いう, いうので, いうほど, いって, おじさんが, おとうさんと, お幾, かくしボタン, かげから, かような, からだに, きまって伸子, きみの, ここにも, じつにいい, すこし広い, ずるい奴, そこに, そこの, そこらの, それが, それにつれて, それは, たちまち四十二リラ, ちょっと見た, どれも, どんなこと, ひたいは, ひっそりした, ふたたび近侍二十騎, ふとそこ, ほかの, ほこりの, もうダメ, もう一瞬間前, マリが, ロボの, 一日に, 三軒とも, 不幸で, 云う者, 云って, 五平は, 京野等志は, 人気ない, 仕事は, 例の, 僕の, 兄は, 八重梅から, 台所の, 吾が日本, 喬之, 城中の, 塀に, 大きな広い, 大伍, 大変だ, 大変な, 好い気持, 寄付き茶の間, 寺は, 小路である, 座は, 庭の, 当の仇敵, 役者が, 思う位, 思えば, 悪口する, 戯れたり, 提灯は, 斧を, 曲りくねった細い, 本降りに, 東京市中美人ならざる, 松尾は, 格子造りで, 機嫌が, 泥足の, 清三が, 湯交り, 物凄い, 物置の, 玄関の, 甘木柳仙自宅の, 町の, 直ぐに判然, 看護婦が, 秋草の, 笙歌が, 綱が, 老人は, 腰の, 腹を, 花田警部は, 草原は, 蒼白い顔, 藪の, 見え足跡, 言い出した, 誰かが, 道ばたに, 陰険至極にも, 隠れて, 首を

▼ まわるよう~ (77, 7.5%)

5 な音 4 になっ 3 ないそがし, になった 2 なこと, な忙し, な忙しい, にし, になり, に忙しい

1 [50件] だったら着物, だったら私, でご, でそれ, なせわし, なところ, なもん, なグリーン, なテンテコ, なビューン, な下, な事, な十数年, な卑怯, な売れ残り, な忙, な悲鳴, な新型, な早, な早い, な気, な気もち, な気持ち, な氣, な深い, な白い, な莫迦丁寧, な速, な高い, にいいつけました, にいそがしい, にくるくる, にする, にそして, につくっ, にでき, にと云っ, になったら, になりました, にはめられ, に忙しく, に思いました, に思われました, に波, に熱湯, に私, に覚えました, に鉛筆, に馳, 願わしく存じます

▼ まわること~ (63, 6.2%)

6 ができる 4 にした 3 になる 2 にし, になった, になりました, もあった

1 [42件] からだけでもまぬがれなかった, がある, ができ, ができた, ができない, ができなかった, がやまる, が出来る, が多い, だ, だけは許されました, である, です, では, にしました, には何, によって安全, に意力, の出来る, の好き, はごめん, はできない, はできないだろう, はできません, は信長, は問題, は憂鬱, は許されなかった, まわること, もあらゆる, もありました, もあります, もできない, もできません, もできる, もなくなった, も微妙, も無効, も稀, も輪, を多, を知っ

▼ まわるほど~ (20, 2.0%)

1 [20件] あまりに高かっ, お忙, くるくると, こき使われるの, だ, なので, な忙しい, よくなっ, 休みてえと, 哀れに, 忙が, 忙しく小便, 忙しく騒がしい, 料金を, 日本人を, 浅黄裏じゃあ, 深くきわまる, 深くて, 空腹に, 遠のいて

▼ まわるので~ (17, 1.7%)

1 [17件] あつた, とうとう見うしなっ, なかなかつかまる, もう好く, やむなく門下たち, ゆうべから, 一体どんな, 伝五は, 北の, 同じ学校, 多くは, 少しフラフラし, 挙動不審だ, 独楽鼠などと, 目ざわりに, 私は, 自分たちが

▼ まわるという~ (12, 1.2%)

1 [12件] ことが, ことに, すごく派手, のだ, もんだ, 世にも哀れ, 例も, 原因も, 所が, 狼狽の, 話が, 連鎖劇の

▼ まわる~ (12, 1.2%)

41 じゃ, だから, だからな, だが, だよ, だ此, でしょう, ですよ

▼ まわる~ (9, 0.9%)

1 があった, がおびただしく, がきこえた, がきこえだした, がした, がし始めた, がする, がときどき, やいろいろ

▼ まわるうち~ (8, 0.8%)

1 に, にそれ, には扇, に春, に材木問屋, に皆酔い, に記代子さん, やがて趙雲

▼ まわる~ (8, 0.8%)

1 いい, ごとき気勢, ごとく向かわって, ただそれ, どうしても, 大抵は, 故に文字, 関の山じゃ

▼ まわるところ~ (8, 0.8%)

2 がある 1 から人, が主として, だ, なんぞはドウ, の最低級, をこの

▼ まわるばかり~ (8, 0.8%)

2 でした, です 1 だ, でとうとう, でどうしても, で殺されて

▼ まわるもの~ (8, 0.8%)

1 か, たちそれら, だあらゆる, だから, であるが, でご, ですから, もあれ

▼ まわるとき~ (7, 0.7%)

2 はもとより 1 にたたく, には異様, に描く, に音譜, は

▼ まわる~ (7, 0.7%)

1 すぎなかったが, 如くは, 相違ありません, 相違ない, 苦しんで, 違いありません, 違いない

▼ まわるにつれて~ (7, 0.7%)

1 そろそろうるさく, ほんの一寸, みんなで, イブン・サウドの, 二人は, 勇ましくなりまし, 妙な

▼ まわる~ (7, 0.7%)

1 が出来た, が出来る, である, にした, はありません, は憂鬱, は殆ど

▼ まわる~ (6, 0.6%)

1 そこは, その多く, 振り落されない, 男や, 耳も, 腹は

▼ まわるなんて~ (6, 0.6%)

1 ことが, ことを, そんなけち, ひどいじゃ, バカな, 話にも

▼ まわるから~ (5, 0.5%)

1 お母様が, とてもやりきれた, 世上に, 君に, 寿江子原さんの

▼ まわるわけ~ (5, 0.5%)

2 だが 1 がある, には行かない, にゆき

▼ まわるあの~ (4, 0.4%)

1 冒険曲芸の, 新道を, 毎年の, 玉です

▼ まわる~ (4, 0.4%)

1 しれないから, 休んで, 本を, 私には

▼ まわるたび~ (4, 0.4%)

1 に大木, に幾重にも, に船, に音

▼ まわるため~ (4, 0.4%)

1 だった, に立ちあがらね, のタオル, 歩き出したが

▼ まわるだけ~ (4, 0.4%)

1 であった, である, です, でなくて

▼ まわるには~ (4, 0.4%)

1 いいけれども, 却って捕え, 弁当持ちの, 蹤い

▼ まわるのに~ (4, 0.4%)

1 いそがしいという, どれほど目, みんな楽屋で, アルだけ

▼ まわるより~ (4, 0.4%)

1 ほかに, ほかは, 今の, 他に

▼ まわる~ (4, 0.4%)

1 でないと, には奈良, には浅草, はもう

▼ まわる~ (3, 0.3%)

1 乳に, 犬様の, 約束が

▼ まわるかと~ (3, 0.3%)

2 思うと 1 思った

▼ まわるかも~ (3, 0.3%)

1 しれないが, しれないほど, 知れないからねえ

▼ まわるじゃ~ (3, 0.3%)

1 ありませんか, ないか, ないの

▼ まわるその~ (3, 0.3%)

1 あたりを, うちに, ついでに

▼ まわるつもり~ (3, 0.3%)

1 だ, でおります, なら伊豆

▼ まわるはず~ (3, 0.3%)

1 がない, だった調達局, はない

▼ まわるほか~ (3, 0.3%)

2 はない 1 はなくなった

▼ まわるほどの~ (3, 0.3%)

1 ものを, 小さい児, 速さ

▼ まわるやつ~ (3, 0.3%)

1 が勝つ, ですから, もなかろう

▼ まわる~ (3, 0.3%)

1 の影, の手, やない

▼ まわる人間~ (3, 0.3%)

1 が皆, の形, は要するに

▼ まわる~ (3, 0.3%)

1 があちこち, がしました, が耳

▼ まわる必要~ (3, 0.3%)

2 はない 1 はこれ

▼ まわる~ (3, 0.3%)

1 がずっと, が無難, ではねえ

▼ まわる~ (3, 0.3%)

1 にでもあるいは, の息苦しかっ, の用意

▼ まわる様子~ (3, 0.3%)

1 はなんだか, を描きました, を見

▼ まわる気配~ (3, 0.3%)

1 がし, に全身, もなく

▼ まわる~ (3, 0.3%)

1 のよう, の形態, や鳥

▼ まわる~ (3, 0.3%)

1 があっ, がある, の方

▼ まわる~ (3, 0.3%)

2 に四人 1 の忙し

▼ まわる~ (3, 0.3%)

1 がある, まるい頭, もある

▼ まわる~ (3, 0.3%)

3 れも

▼ まわる足音~ (3, 0.3%)

1 が時々, に猿, のあいまあいま

▼ まわるある~ (2, 0.2%)

1 午後の, 貧人らが

▼ まわるくらいの~ (2, 0.2%)

1 ことならできる, 大忙しで

▼ まわるざわめき~ (2, 0.2%)

1 がきこえる, が聞えた

▼ まわるそう~ (2, 0.2%)

1 して, で幸い

▼ まわるといった~ (2, 0.2%)

1 ような, ガリレオ

▼ まわるなどという~ (2, 0.2%)

1 事は, 気持も

▼ まわるにも~ (2, 0.2%)

1 おもしろくも, 刀斧鉄槍身を

▼ まわるまで~ (2, 0.2%)

1 帝は, 特に気づいた

▼ まわるみたい~ (2, 0.2%)

1 だったわ, なの

▼ まわるやら~ (2, 0.2%)

1 地だ, 城外まで

▼ まわる~ (2, 0.2%)

1 まわるよ, 糸車

▼ まわる~ (2, 0.2%)

1 に生きた, をルビー

▼ まわる人々~ (2, 0.2%)

1 であった, にもこの

▼ まわる仲間~ (2, 0.2%)

1 はなるべくゆっくり, もあった

▼ まわる~ (2, 0.2%)

1 もつき, をもと

▼ まわる場所~ (2, 0.2%)

1 がだんだん, は瀬

▼ まわる~ (2, 0.2%)

1 だ, を源三郎

▼ まわる小さな~ (2, 0.2%)

1 タイヤの, 闘士は

▼ まわる少年たち~ (2, 0.2%)

1 はその, もあった

▼ まわる~ (2, 0.2%)

1 に, によっぽど

▼ まわる性分~ (2, 0.2%)

1 で三つ四つ, で宇乃

▼ まわる時刻~ (2, 0.2%)

1 までずるずる, を知っ

▼ まわる~ (2, 0.2%)

1 が起らなかった, をなくさせ

▼ まわる~ (2, 0.2%)

1 だから, であった

▼ まわる~ (2, 0.2%)

1 で, とをながめ

▼ まわる運命~ (2, 0.2%)

1 にある, を自分

▼ まわる~ (2, 0.2%)

1 にはさまれ, 必ずご

▼1* [252件]

まわるあとから要吉, まわるあわいひかりの, まわるあわただしい音よびあう, まわるいかつい豪傑が, まわるいろいろな蔓草, まわるうちいつか立田山へき, まわるうち肩の痍, まわるきれいで賢い, まわるくせがある, まわるくらいな盗賊, まわるくらげをつかまえ, まわるぐらいなら妹, まわるはいが, まわるけはいもします, まわること一人で二時間, まわること肝要とだけいっ, まわるこまめな男, まわるごとに地球, まわるさまを時々, まわるしきたりでした, まわるすき間から見え, まわるすばやいマス, まわるそいつをかぎつけた, まわるそういう奴だ, まわるただならぬ人のけ, まわるため大方の市民, まわるたんびに跳ねあがっ, まわるだけで十分半日は, まわるだけでも大変だろう, まわるときそこで出会っ, まわるときニーナはなんとも, まわる眼障りだ, まわるなどまったくもう一度秀吉, まわるなどは秋田能代にも, まわるにつれ教授は, まわるのでからだが, まわるはずみにどこ, まわるばっかりでどうしても, まわるひまもない, まわるほうが早い, まわるほどしかない, まわるほどに忙が, まわるまでになかなかの, まわるまでもなくすぐ, まわる面白かろう, まわるもっと中の, まわるもの尠からず, まわる卑怯と, まわるやいなや大きな浪, まわるよし心得たりと, まわるよりも確実な, まわるあの人, まわるわが顔と, まわるんでげすかい, まわるオシャベリ姫を追っかけ, まわるガマにホウフツ, まわるコマ峠の峰, まわるコースや広い, まわるスリッパの音, まわるプロペラを持ち, まわるボートでこみあっ, まわるモンクスのほう, まわるでちょうど, まわる一個一個の玉みたい, まわる一艘の船, まわる一週間のヨテイ, まわる三十男です, まわるに手, まわる下駄二足くれた, まわる二足の靴, まわる人びとの姿, まわる人影が通った, まわる人手がなかっ, まわる人跫のしげき, まわる仕事は年寄り, まわる伊兵衛を五人, まわる作家の態度, まわる俺達の苦労, まわる個所は大体, まわる僅かの間, まわる元気あるかしら, まわる六部の気, まわる兵隊はみな, まわるがある, まわるに出羽様, まわるをとった, まわる勇士の頭, まわる北米は一旦, まわる原動力だ, まわる召使の女たち, まわる召使たちの足音, まわる台所道具を聯想, まわる司馬懿仲達以下魏軍の馳, まわる同類の奴ら, まわる周章から救われた, まわる和尚の法達, まわる四少年を再び, まわる土匪の徒, まわる場合にも生じる, まわるを見た, まわる夢遊病者じゃあるまい, まわる蘆原, まわる大小無数の工作機械, まわる天満浪人や手先, まわる天竺独楽もみんな渡来, まわる天蔵の同勢, まわる橋の, まわる太郎をテーブル, まわる女すりじゃござんせん, まわる女性にとっては唯, まわるならば, まわる奴等をつ, まわる奸賊を高手小手, まわるを何遍, まわる姫君を仮り, まわるの影, まわるで松吉, まわる子供の黐竿, まわる子供らの疳, まわる子供遊びがあった, まわるの足音, まわる客船であったが, まわる虫等も, まわる小林君の手足, まわる小舟が獲物, まわる尺取り虫を見つめ, まわるや峠, まわる山伏を追い争った, まわるにつれ, まわる巴屋の前, まわる廻り舞台のよこ, まわる強賊であるという, まわるを凝視, まわる役目です, まわるはどう, まわる彼女の声, まわる御馳走になった, まわる微生物のよう, まわる心理状態をあらわす, まわる忙しい日だつた, まわる性質だったから, まわる恐ろしさに, まわる意識感覚の森羅万象, まわるがせいぜい, まわる所存だ, まわる手斧を火かき棒, まわる手筈になっ, まわる振りをし, まわる旅人だもの, まわる旅寝の夢, まわる時とき子は四畳半, まわる時期である, まわる時縞お召の羽織, まわる時間はない, まわる普請奉行茂庭周防はじめ後藤孫兵衛真山刑部そして目付役, まわる暴兵たちは口々, まわる東京の山手線, まわる松明の火, まわるな仕事, まわる権利があろう, まわる樹液をまで奪い, まわる機敏な連中, まわる次いで心も, まわる武力ではなく, まわる武者のこぼした, まわる歯車だ, まわる死力の魚, まわる気持がした, まわる水陸両用タンクに乗りたい, まわるの火龍, まわる波紋の中, まわる浅草寺根津権現赤坂の氷川神社, まわる海老を捉え, まわる渦巻があった, まわる溝鼠のよう, まわる潜航艇をもっ, まわるであろう, まわる火星の二つ, まわるの気, まわる爺さんがあった, まわるの正面, まわる物狂いのところ, まわる物音がし, まわるを刺そう, まわる猟夫とつれだち, まわる猿輩の裂帛, まわるの様, まわる生物のうち, まわる男の子は父, まわる男機関長は理窟っぽい, まわる町万歳は乞食万歳, まわるであった母, まわる病気なの, まわる痛快さといったら, まわるも全く, まわる監視員もこの, まわる真似をし, まわるの眼, まわる秋川の影, まわる程忙がしい, まわる稲妻のかげ, まわる空瓶の音, まわる競争相手はない, まわるであったが, まわる範囲が野, まわる細い道も, まわる紳士淑女の仲間, まわるがまわる, まわる習慣だった, まわる者達の下廻り, まわる聡明な女, まわる胆力には驚嘆, まわる自信がある, まわる自分の姿, まわる自動車をあと, まわるとに感心, まわる舞台はいつも, まわる舞姫の鼻, まわるのため, まわる蕎麦を食べた, まわる蘚苔のよう, まわる虫気で寝そびれる, まわるがいない, まわるのよう, まわる衣服にこれこれ, まわる親切なひと, まわる貨物仲仕の声, まわるさと, まわるのかかと, まわる足がかりの為, まわる足どりや絶えま, まわる足音佩剣の響, まわる跫音の中, まわる軍兵のなか, まわる輪車にお, まわる途中と見え, まわる連中も居た, まわる遊びがあった, まわる野郎だ, まわる金魚であり花, まわる長崎屋やがて生死, まわる門倉さまこちらももう, まわる間もなく今度は, まわるの脚, まわるの音, まわるに, まわるの上, まわると共に低徊, まわる騒ぎの中, まわるを追いまわした, まわるの足音, まわる鹿を打つ