青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まわし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まね~ ~まひ まひ~ ~まま まま~ まもなく~ まり~ ~まるで まるで~ まれ~
まわし~
~まわっ まわっ~ ~まわり まわり~ まわる~ まんま~ ~まん中 まん中~ ~み み~

「まわし~」 2424, 23ppm, 4977位

▼ まわし~ (1553, 64.1%)

102 いた 75 いたが 50 いる 42 いましたが 41 いるうち 36 いるの 33 いました 25 いると 19 います 12 いるよう, みた 10 しまった, みると 8 いたの 7 あった, みました, 見た 6 しまいました 5 ある, みたが, 見ると 4 いますと, いること, いるので, いるん, みたり, みましたが, 誰も, 走って

3 [20件] あって, いいました, いたよう, いるだけ, いるところ, いる間, おいて, おりましたが, みて, みますと, 云った, 居る, 死んで, 糸を, 考えて, 見せた, 見たくも, 見て, 言った, 顎の

2 [58件] あたりを, あったの, あったので, ある屏風, いたと, いた女, いた眼, いて, いるから, いるという, いるふう, いるらしいの, いるらしかったが, いる世, いる伸子, いる古い, いる手, おりますと, きて, くる金, くれるよう, しまう, そこから, それを, たずねました, だれも, ひそかに, みせた, みよう, みる, みるの, もらいたい, やった, やると, ゐる, ニヤリと, 一人の, 何か, 大真面目, 居た, 左の, 帰って, 彼の, 持って, 来たこと, 歩いた, 歩いて, 気絶し, 片手を, 立って, 胸に, 自分の, 自分も, 見たの, 訊ねた, 逃げて, 遊んで, 金庫を

1 [828件 抜粋] あき地, あたしの, あっけに, あとは, あの人, あの四十島田, ありつなは, あり古く, あり土間, あるお金, あるだろうね, あるの, ある寄手, ある逆さ屏風, あろうとも, いかにも力強く, いくらでも, いたあげく, いたかと, いたくらい, いたそこ, いたため, いたって, いたところ, いたもの, いたもん, いたらいかにも, いたら誰, いたん, いた事が, いた伝六, いた何より, いた呉一郎, いた埓, いた夫, いた山手組, いた彼ら, いた方, いた明智, いた曙山さん, いた松野運転手, いた清松, いた片手, いた目, いた西山教頭, いった, いったそう, いないこと, いないで, いなきゃならないの, いましたよ, いましたら先生, いやがると, いられましたが, いるあいだ, いるくせ, いるこの, いるでは, いるなどは, いるに, いるのに, いるばあさん, いるまわり, いるもん, いるらしい, いるらしい様子, いるらしく考えこんで, いる一人, いる七人, いる中, いる半平, いる天地, いる女, いる娘, いる市井人, いる彼女, いる時, いる様子, いる気, いる瀬, いる牝牛, いる甚斎, いる者, いる腕, いる若い, いる雇人, いる顔, いろいろに, いろんな知識, うなずいて, おいた, おいたが, おいたふたり, おきますよ, おくと, おさらばという, おたずねくださら, おどろくべき種明し, おもむろに一箇, おられる方, おります, おり宋江, おる物々しい, お対手, お小夜, かかえ上げると, からくも, からさおの如く, きちんと縛っ, きっとお父つぁん, ぎゅうとしめつけた, くるうち, くるくる真中, くるといった, くれ, くれたと, くれたので, くれる人, げらげら笑っ, こう独言, このまえ, この席, この箱根, この近所, これと, これ程に, こんなに一ぱい, ごはんにかけて, ごらんください, ご不審そう, ご覧, さがしても, さて向う側, さて唇, さびしい気, しかも時, しきりにそれ, しきりに岩, しっかりと, しっかり抱い, しばし気絶, しばらくしなかった, しばりあげ足, しまうぜ, しまうだけ, しまえない, しまったわけ, しまふだらうツ, しめる音, じぶん, すこしでも, すなわち一ぺん東京, すらりと, すわろうとも, そう察し, そこで祓い, そこに, そこらに, そっとドア, そのうち, そのまま客間, その側, その内容, その地, その必要, その挨拶, その眼, その言葉, その金, それから急, それへ, それも, たずねますと, たずねること, ため息を, だれかを, だんだん椅子, ちゃんと捜査課, ちょうしを, ちょうと黄昏頃, とうとう完全, とうとう皆, とりあえずつかまえ, どこへ, なおよく, なだめすかしました, なにくわぬ, にやにや苦笑, にらみあって, のびて, ぱたぱたと喧しく, ぱっといきおいよく, ひくい声, ひっぱると, ひとつさ, ひょろひょろと, びっくりしました, ふいに, ほかに, ほっこりきエッ, ほッ, ぼくの, またぼう, また先, まだ誰, まんまとうまく, みせいはやく, みたん, みっともないと, みても, みましたけれど, みましょうか, みれば, もう夢中, もとの, もらいましょう, もらうん, もらおう, もんで, やったり, やっても, やっとつかまえる, やっと探し出し, やはり猶切ない, やるん, ゆく少年, よいと, よこした, よこすなんて, よだれ, りっぱに, わが膝, われとも, ゐたが, アドバルーンを, オレの, キャラコさんの, キューッと, グッと, ケンと, コンナ酷たらしい, シラリシラリと, チクチクと, チャンチャンバラバラ, ツカツカと, ニコニコ笑っ, ピシャリと, ピーッと, ミチミの, ユックリ背伸びを, 一わたり冷酒を, 一同が, 一同も, 一日の, 三毛猫を, 下さいな, 不安心, 両方の, 並べたり, 久男の, 乾かして, 乾雲丸の, 二人ともに, 二少年の, 二手損を以て, 五月の, 井戸は, 人通りが, 仇討の, 今の, 伸子は, 何ごとか, 何も, 來た, 倒れて, 僅かな, 僕を, 充ち足りる人, 克子に, 入院させ, 八幡の, 兵数も, 切子の, 別々に, 別に不自由, 力まかせに, 勇ましく戦った, 動いて, 勝負を, 単純に, 占いを, 又もや湧き立つ, 取っとき, 口を, 古井戸, 呂布は, 唄いながら, 喫驚するだろう, 囁いた, 四度ばかり, 四阿の, 困ると, 城太郎は, 塩野は, 声を, 夏川さんを, 多足, 大きな口, 女軍の, 好子は, 子供の, 寄りそうよう, 寝る支度, 寝返りの, 専横を, 小石を, 小遣い取りを, 少年探偵団の, 居る厭味, 山際の, 川上が, 帯の, 帯を, 幼いころ, 建築中の, 廻ったの, 引廻す, 弥生の, 彦兵衛は, 彼は, 彼女は, 後ろから, 御幣を, 御座るよう, 快くブラドン, 急いで, 急ぎだしたが, 息は, 悠然たる殿様ぶり, 悠然と出, 想像した, 愛一郎の, 愛嬌の, 懐に, 或は山野, 戦いました, 戦ったやつ, 戸を, 戸口を, 扉を, 手もとへ, 手を, 手向ける花, 抱えるよう, 抱きあげると, 抱きかえしながら, 抱き緊め, 押し歩いて, 拳固を, 挽いて, 捜したの, 探索する, 掴み散らしますと, 掴んで, 斬りあい, 斬りむすぶ, 明智探偵事務所を, 昼夜逃げ隠れ, 智慧競べを, 暗号を, 更に二, 更に線路, 有るたけ, 木戸の, 本物の, 来た, 来るうち, 来ると, 来訪に, 柳沢吉保に, 桃色の, 植木や, 楽に, 正造は, 歩き出す, 歯の, 死神が, 母の, 毒を, 毒害の, 気よく, 気を, 水から, 泣きの, 泥棒猫でも, 泰文の, 活躍した, 浴びせかけること, 消えて, 済みませんなン, 漁師の, 火事の, 煮た奴, 牀の, 物色し, 玩具の, 生きた霊, 町中を, 目を, 相変わらず口こごとだらけ, 真面目な, 知恵を, 短冊を, 祝言の, 秘帖を, 空いて, 立ちあがった, 立ち去ろうと, 立ち止まる間もなく, 笑いながら, 笑って, 答えを, 約二間半, 紹由が, 締めつけた, 縁さきへ, 縁談を, 縛られどこ, 置くそれから, 胸を, 自分から, 自分に, 自分一人で, 舌打ちを, 苦しい苦しい悲壮, 茫然と, 落書を, 蘭学を, 虚を, 行くという, 行く少年, 行った, 表へ, 見えるほどの, 見せい, 見せる, 見たさ, 見た事, 見る, 見るならば, 見るの, 見る心, 見張りの, 見給え誰, 訊ねると, 討って, 証拠に, 詮議に, 詳しく探検, 調べたに, 調子を, 警戒の, 貰うこと, 貰わねば, 買ってけ, 起死回生の, 距離を, 車の, 軽く頭, 輪を, 近づく船, 追いはらおうと, 遂に彼, 遊ぶ, 遊んだ, 運動した, 道場横領の, 酒を, 鉄砲を, 鉛の, 錠を, 閂を, 闘うの, 陽の, 雑嚢を, 雪を, 電灯を, 静に, 頭を, 風を, 風下に, 馳走する, 騒ぐな, 驚いた, 驚き顔を, 髪の, 髷節でのの, 黄色い歯, 鼻の, 鼻を

▼ まわしながら~ (220, 9.1%)

6 いった, 云った 3 歩いて, 言った, 静かに 2 いいました, ニッコリと, 正木博士の, 眼を, 訊いた, 走って, 雲の

1 [185件] あっちの, あとから, あまり旨く, いう, いうの, いかに広, いつも言った, いろいろの, うっとりと, うなずいた, おくの, おごそかに, お作, からからと, からだの, さもいさましく, さもこわ, ざっとこんな, しかし一種, しきりと, しきりにつづける, しつこくおどかし, しらがの, ぜいたくな, そこを, その二つ, その学生, その辺一帶, その門, それこそ, それに, そればかり, それを, そんなこと, たくみに, たずねた, ただ独り, つぶやきました, つぶやくの, とある植えこみ, どっかりと, なおなお大きな, なにかさがし, なにかしばらく躊躇っ, にやにやと, はくぼくで, ひとりで, ひと粒も, びくっと, びくびくもの, ふいと, ふしぎそうに, ふたたび, ふりむけて, へいの, ぼそん, またし, また二三歩, まだずっと先, まだそれとも, みや子は, むずかしい顔, もう一度いった, やがて霜, ゆっくりと, よく彼, よく見る, キョロキョロし, ソロソロと, ソロリと, トム公の, ニヤニヤし, ピリッピリッと, ポケットから, ミサ子は, 一彦と, 一汗ふい, 不承不承に, 丸三日を, 云いました, 伊奈子の, 伸子は, 何喰わぬ, 何故とも, 何本かの, 便所の, 先き, 入口に, 十分間に, 半兵衛は, 又八は, 口上を, 叫びました, 吾輩に, 呟いた, 囁く, 声を, 声高に, 変な, 多勢の, 夜具の, 大きな声, 女王気取りで, 妙な, 姉は, 小声で, 小左衛門の, 小腰を, 居ねむり, 山口青年の, 岡本を, 川に, 巻煙草を, 平八が, 床下街道を, 引続い, 張飛は, 心の, 思い出深げ, 急ぎ足に, 急に, 怪自動車に, 息を, 感歎しました, 打ち合わせを, 抱いて, 招かんばかりに, 挨拶みた, 支配人に, 暗くなっ, 曹操は, 朝まで, 機械の, 歎願した, 歩きまわるあの, 歩く, 殆ど手探り同様, 毅く, 満足そうに, 演舌した, 火の, 無明の, 片手に, 独りで, 独り語を, 生汗, 相手と, 真白い息, 真顔に, 秀吉は, 私に, 私は, 私語いた, 突立っ, 立ち佇って, 答えました, 糸を, 続けた, 考えて, 聴講生ひとり残らず, 胸を, 自分の, 舞台の, 蓬, 血の, 行進する, 見向きも, 見送って, 言って, 計器の, 語る, 象牙の, 近づいて, 通りかかって, 重大な, 針箱の, 鑿岩機の, 青木医師は, 面白そう, 須美子が, 額の, 顔を, 首を, 高らかに, 黄色い桐油合羽

▼ まわしたり~ (75, 3.1%)

12 して 3 した, するの 2 する

1 [55件] あわただしい口, いじりまわしたり, おせんの, これから飛びこもう, したが, したもの, しながら, しはじめたそう, しました, します, しや, すること, するもの, するん, する前, すれば, それと共に, ちょっとキョトンと, ちょッと, ちらかしたり, なんでも, ひっぱったり, ふところの, ふとまた, まるで子ども, よじったり, エンジンを, ペエジを, ボールを, 人の, 何か, 切迫つまっ, 十一時の, 又は私, 噂話を, 外側の, 嬉々として, 屋の, 幸太郎の, 床の, 心を, 心臓麻痺を, 怖ろ, 拳固で, 波打たせたり, 満鉄, 溜池に, 生命の, 眼を, 耳の, 蹴散らしたり, 食い付いたり, 飲食店の, 鬚だらけに, 鬼ごっこを

▼ まわしても~ (63, 2.6%)

2 高い波

1 [61件] あたりは, あのいやらしい, ありふれた平凡, きれいな, この美しい, こんなめざましい, ざらには, そうすれ, そうである, その場, それらしい, ただ遠く, だれも, つごうの, どう安く, どこにも, ない, ないが, なだらかな, ほかには, まったく人, みんなここへ, やっぱり東京, ドアーは, ポケット小僧は, 一羽も, 乱麻の, 二十人の, 人らしい, 人殺しが, 休むよう, 伸子は, 何秋風が, 受信回路の, 向こうへは, 地面の, 大ワシ, 大丈夫かと, 太刀川の, 富士山らしい, 左様な, 広々と, 思いきった重税, 手ごたえが, 文句を, 海と, 物の, 目に, 石だらけな, 精神病を, 絶対に, 聴え, 自分と, 舟は, 誰も, 赤い花, 足に, 適任とは, 飽きたらぬ悲しい, 鳶など, 黒装束の

▼ まわしてから~ (48, 2.0%)

2 いきなりあぐら

1 [46件] うなずいた, おまさ, お祈りでも, ききました, すたすた南, そっと中, その上層, ふいに, ふりかえって, また原っぱ, まるで狼, むこうの, やっとひきあげ, やっと気づいた, ゆっくりと, よこづけ, チョッキの, 一枚の, 低い声, 勘定奉行笈川玄一郎は, 又私, 右腕を, 唐草も, 大通りから, 如何にも貴族, 少年は, 帯の, 弁当の, 強い絹ひも, 戸口に, 格子を, 水に, 注射する, 目を, 石門の, 私に, 私は, 突然手真似, 紙づつみをといてせっ, 総入れ歯, 腰かけの, 薬罐から, 言った, 鍍金仏を, 鏡の, 馭者に

▼ まわし~ (44, 1.8%)

12 して 2 されて, する, 行くよ

1 [26件] いまから, した, しみんな, するつもり, するより, ついうっとりした, とられたもの, なった, なったの, なりましたらさぞ, なりますと, なりませば, なる, なるん, なる時, まわして, もう父親, 上着を, 並々ならず, 化けて, 取っつくよう, 来たシナ, 色々と, 見あきたの, 附した, 隣の

▼ まわし~ (38, 1.6%)

2 ポケットに, 背中に

1 [34件] あとを, うえ梟首獄門, お猿, すり切れないよう, たしかな, ところに, ところへ, ところまで, なかに, にせ者め, ほどを, やつを, ような, シサムは, 上で, 上小塚ッ原へ, 中に, 初芸, 刷物には, 右側から, 土塀の, 大きなマント, 大黒絵じゃ, 大黒絵の, 太夫いで, 姿を, 家構えは, 小砂利, 猿つかい, 科人が, 船に, 芸に, 見本の, 触役

▼ まわし~ (19, 0.8%)

2 した

1 [17件] して, その双肩, その日, ねげえますよ, のぼると, ひっかけて, もって, やって, パシリと, 不快に, 取ると, 感心し, 直して, 着て, 締め込んで, 脱いで, 脱ぎさらに

▼ まわし~ (16, 0.7%)

2 いいね, よかった

1 [12件] あって, あるの, いいなと, いいのね, きいても, まるで駄目, よくわたし, 下手だ, 利かないから, 吊されて, 始まった, 脱ぎ捨てられて

▼ まわしては~ (13, 0.5%)

1 [13件] あるが, いけません, いなかった, うるさかろう, かた目, たとい朝倉, ならぬもの, 一生けんめい虫を, 又思い出した, 喜で, 彼等二人を, 新らしい, 止まるところ

▼ まわし~ (12, 0.5%)

2 する傾向, 思って 1 いい実に, びらを, 二三の, 小猿, 羽織の, 見て, 見誤ったという, 鉄砲と

▼ まわしつつ~ (10, 0.4%)

1 あらん限り, いねがてに, その青, そも吉野太夫, ちらりとわたし, ノタ打ちまわり, 土の, 散歩し, 新聞包を, 足を

▼ まわしそれから~ (9, 0.4%)

1 おもむろにこれ, 互いに頷き, 先生に, 又源吉, 大いに意気, 妻に, 室内を, 川へ, 甲斐の

▼ まわし~ (9, 0.4%)

1 いらっしゃいましたね, くるくると, その頃盛ん, まず金貨, 怪星ガンの, 松明の, 素直で, 芝翫の, 黄色い声

▼ まわし~ (9, 0.4%)

1 そこに, たえず何者, とてもできません, もうおそい, もう五十, わしの, 実によく似せ, 戦前にも, 止そうじゃ

▼ まわし初め~ (8, 0.3%)

61 たので, たらナカナカ

▼ まわしもの~ (6, 0.2%)

1 かでなく, だったかも, だな, だなんて, ですぜ, としての正体

▼ まわしよく~ (5, 0.2%)

1 かたづけて, やって, ボートを, 出来たの, 見張りの

▼ まわしなど~ (4, 0.2%)

2 して 1 した, 三ツ道具入りの

▼ まわしその~ (3, 0.1%)

1 横顔へ, 機に, 紐を

▼ まわしたち~ (3, 0.1%)

1 が久喜, さ, の目

▼ まわしてばかり~ (3, 0.1%)

1 いて, いる, おる

▼ まわしまた~ (3, 0.1%)

1 声を, 天井を, 少し行っ

▼ まわし~ (3, 0.1%)

1 いちど鏡を, ない一人, 激しいし

▼ まわしもう~ (3, 0.1%)

1 一人の, 一方の, 一重ある

▼ まわし自分~ (3, 0.1%)

1 はふたり, は蟹, をみんな

▼ まわし~ (2, 0.1%)

1 天気でも, 膳番の

▼ まわしかた~ (2, 0.1%)

1 で電気鳩, のロジカル性

▼ まわしそこ~ (2, 0.1%)

1 に立てまわした, の黒い

▼ まわしそして~ (2, 0.1%)

1 左右の, 静かに

▼ まわしそれ~ (2, 0.1%)

1 からそろそろ, へかけつらねた

▼ まわしてあつ~ (2, 0.1%)

1 た, たから

▼ まわしての~ (2, 0.1%)

1 仕事だ, 展陣の

▼ まわしでも~ (2, 0.1%)

1 ところどころの, やれまいと

▼ まわしという~ (2, 0.1%)

1 ことに, ものの

▼ まわしながらも~ (2, 0.1%)

1 まだ足, 亡き兄

▼ まわしまだ~ (2, 0.1%)

1 ほかにも, 眠らないの

▼ まわし~ (2, 0.1%)

1 思入れが, 身振りが

▼ まわし~ (2, 0.1%)

1 さで, すぎ要領が

▼ まわし~ (2, 0.1%)

1 をひくめ, を潜め

▼ まわし~ (2, 0.1%)

1 がどこ, は男

▼ まわし~ (2, 0.1%)

1 の前, をあけ

▼ まわし~ (2, 0.1%)

1 ということ, を覚悟

▼ まわし~ (2, 0.1%)

1 であるが, をする

▼ まわし~ (2, 0.1%)

1 は水, を仰いだ

▼1* [204件]

まわしああ懐かしいな, まわしあいつかもしれない, まわしあるいは銭も, まわしいちばんいい黒, まわしいっしょに飾窓, まわしいま比叡の峰, まわしいよいよかかりますが, まわしうすぎたないチンピラ助手に, まわしおとなしく縄目に, まわしお昼の食事, まわしお金はあまり, まわし私は, まわしかぎを入れ, まわしかつては彼ら, まわしかなしそうな, まわしがきの裏, まわしがよかつた, まわしくちびるを求めよう, まわしぐるぐると縄, まわしこちらのほう, まわしことの次第, まわしことに地面には, まわしさてと云った, まわしさらに小声で, まわししかつめらしく書きぶり, まわししきりに感心され, まわしすぐ前に, まわしすばやく野菜を, まわしずっと奥の, まわしそうです, まわしそうして劈くよう, まわしそっと入口の, まわしそのまま向こうへ, まわしその間の足, まわしそれで自分が, まわしたりもした, まわしちゃだめだ, まわしちょっと気まずげ, まわしつぎに十三番めの, まわしてからくらい町を, まわしてこそ刃妖の, まわしてでもまけやしない, まわしてなから厭がられ切ってる, まわしてもかべというかべには, まわしてやらアこっちの, まわしときどき休んでは, まわしとして玉太郎は, まわしとをもって, まわしどう工夫し, まわしあいつの, まわしなどの戯れと, まわしなんどもなんど, まわしにんじんのほう, まわしのみの煽っきり, まわしはじめかと思う, まわしはずかしそうな, まわしひとりが柄杓, まわしほそびきで, まわしぼんぼりを夜具, まわしまで見物し, まわしまわりの部屋部屋, まわしみたいなもの, まわしみんな昔のまま, まわしやがてその顔, まわしゆっくりと退場, まわしようと左, まわしよみをさせ, まわしわが祁山へ, まわしエンジン試験をつづけ, まわしガスの充満, まわしガチャガチャやっても, まわしサッとドアを, まわしゼンマイをまく, まわしダンスはしない, まわしッくらできめる, まわしデスクの方, まわしドアをひらきました, まわしパンをもぎり, まわしベージ色のスウェター, まわしマントルピースの端, まわし一つでもっ, まわし一枚分五円だそう, まわし一歩一歩もいたわり, まわし丁度本田から, まわし万一青江の, まわし三たび首尾よく相, まわし三人の子供, まわしに油紙, まわし中道を遮断, まわし二人きりの世界, まわし低く唸った, まわし何とか父も, まわし何やら捜して, まわし元旦一日は凡そ, まわし内証を見すかされる, まわしだけの紺秩父, まわし締に, まわし動物園の猿, まわし十帖のお, まわし半分明け放した窓枠, まわし半次はおち, まわしに平野, まわし治子と, まわし又はペロリと, まわしの中, まわし右手で力一ぱい空間, まわしの底, まわしが綻び, まわし国道伝いに往復, まわし塹壕をほり, まわし外人はどこ, まわし外部から一歩, まわし篝火で, まわし大事そうに指先, まわしに仕え, まわし奇術の紳士, まわし女ともども月影を避ける, まわし子供の尻, まわし宮本武蔵という男, まわし寺院などへは殊に, まわし対岸に渡る, まわし小声になりまし, まわし小山のよう, まわし小生意気に尻下り, まわし小船はすべて内, まわし少し背なかを, まわし取文句, まわし屋根裏を降り, まわし山羊鬚を撫で揃え, まわしにはすべて柵, まわし工合で俺達, まわしにかえし, まわし巨大なハサミ, まわしを結びなおし, まわしくは, まわし庭下駄を召し, まわし後退りして, まわし後首級は粟田口, まわし徐州の呂布, まわし御蔵米と称し, まわし微笑をもっ, まわし必死の戦い, まわし悠然とおしとねに, まわし手招きをし, まわし攪拌機はかきまわし, まわし暗いのを, まわしに二三度, まわしのうえいっぱい, まわし村雨下がりとなっ, まわしには祭礼, まわし武力に愬, まわし比較し実験, まわしをする, まわし気味がわるく, まわしがはいらない, まわし水車の力, まわしをくらく, まわし煙草にマッチ, まわし番頭に見とがめられ, まわし発砲して, まわし皮肉な調子, まわし睫毛の濃い, まわし私たちの坐っ, まわし秋草をおぼろ染め, まわし立ち出でれば, まわしの小店, まわしの毛氈, まわしをゆるめ, まわし背中を丸く, まわしをはっ, まわし自ら死地に入る, まわし自体が当然, まわし自身まッ先, まわし芳正君がそう, まわし芸人のまね, まわしを編んだ, まわし葉巻に火, まわした羊飼, まわしは水中, まわし血気の身内六百名, まわし表側だけは黒く, まわしに三株, まわしも乱さず, まわし誠一が原子爆弾, まわし読みがすむ, まわし警固には清高, まわし貧しい百姓の, まわし赤ランプをつけ, まわしを踏みかえ, まわし足音を忍ばし, まわし身銭をきっ, まわし軽くあしらって, まわし遊び仲間を見つけ, まわし部屋にひろがった, まわし重いとびら, まわし鏡岩とか明石潟, まわし阿蘭陀渡りの大, まわして気, まわしを捻り, まわし騎兵を振り落とし押しつぶした, まわし高札を立て, まわし鼠木戸の上, まわしをつんと, まわし鼻糞をほじくった