青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「やや~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~やっぱり やっぱり~ ~やつ やつ~ ~やはり やはり~ やみ~ ~やめ やめ~ ~やや
やや~
~やらう ~やり やり~ ~やりたい やりたい~ ~やりました ~やり方 やり方~ ~やる やる~

「やや~」 6372, 69ppm, 1647位

▼ ややしばらく~ (226, 3.5%)

24 して 13 してから 7 の間 4 のあいだ, の後, 待って 3 あって, すると, 口を, 見て, 黙って

2 [11件] その辺, それを, たつと, だまって, という, ののち, 無言で, 経って, 経ってから, 間を, 飽満した

1 [133件] ありて, いうべき言葉, いおうかい, いくと, いたずらっ子が, この窓際, この静寂, したとき, するうち, ずつ逗留, そこで腰, そこに, そのかたち, その前, その姿, その絵, それで, そんな話し, たって, たつてから, てまえ, であったが, どこを, ながめて, なにごとかを, なにも, のすすり泣き, ののち唐突, のぼる中, の停頓, の恍惚, の時, の沈黙, の間忍藻, の闇, は, はぼうぜん, はタバコ, は一命, は何, は分らなかった, は晦冥, は流れ, は物, は男女, は真, まじめに, ものを, ようすを, りゅうりゅうと, オースチン師を, 三四郎を, 不気味な, 二人の, 云うまい云わせようとの, 人まぜ, 仰いで, 仰向けに, 仲間の, 伸子の, 何か, 凝視って, 動かない, 右門も, 品書を, 坐って, 大道を, 姿を, 宇乃を, 寝んで, 平家部落の, 彼は, 後には, 忘我の, 怖がる私, 思案し, 息を, 感心し, 感慨に, 打ち解け話, 押し問答を, 新聞を, 桶の, 歩いて, 気の, 水の, 沈思し, 沈思した, 沈黙, 沈黙した, 沈黙の, 深味の, 物も, 甲斐を, 痛い腫物, 眸を, 眼を, 瞬きも, 瞶めたる, 祈願を, 立ったが, 立って, 立ってから, 経った後, 続いた後, 考えて, 考えてから, 耳と, 聞えて, 腕を, 腰を, 自分の, 芋虫の, 菊王の, 行くと, 見てから, 見まもって, 見送って, 路傍に, 身動きも, 返辞が, 門外に, 電文を, 音が, 項を, 額を, 風に, 颱風の, 魂が, 鶴菜の, 黙したるが, 黙然と, 黙考し

▼ ややあっ~ (213, 3.3%)

264 てお, て彼, て言った 3 てまた

2 [11件] ていった, てこう, てこの, てクリストフ, て女, て少年, て彼女, て忠房, て正気, て私, て鈴江

1 [150件] てああ, てお上さん, てお婆さん, てお雪ちゃん, てから, てからお力, てから一方, てから内, てから呻く, てから悲し, てから松浦頼母, てから栞, てから熊城, てから薪左衛門, てくやし涙, てさらに, てしかしながら, てすこし, てその, てち, てどこ, ての仰せ, てはじめて, てはらはら, てひどく, てひろ子, てふい, てふと, てまたも, てわっ, てわれ, てウー, てゴク, てジョン, てスティヴン, てチャシ, てペンダア君, てルドウィッヒ大尉, て一座, て一膝, て一言, て七兵衛, て万太郎, て不意, て与八, て中納言家, て丹, て主人, て二階, て井上嘉門, て人々, て今井, て低い, て俄, て俊彦, て信玄, て信輔, て兄, て六樹園, て出, て北斎, て反対, て口, て同時に, て問ねた吉里, て塀, て声, て外務大臣, て多四郎, て多摩川, て夜明烏, て大次郎, て夫人, て妹, て姉, て姫, て娘, て宇治山田, て宇津木兵馬, て宗, て客僧, て寝返り, て尊氏, て小林, て少し, て帆村, て常陸介, て平然と, て引返した, て彼等, て後, て徐々に, て忍剣, て思い, て急, て恐る恐る, て探偵, て斜酣, て新九郎, て東屋氏, て正成, て正造, て武蔵, て法外, て浅野, て浮ん, て涙ぐんだ, て独言, て田原さん, て男, て男爵, て皆, て目, て瞬, て神像, て神尾主膳, て神楽師, て米友, て紋也, て細い, て老, て能登守, て苦い, て英子, て薬袋, て衛律, て衣, て言う, て訊いた, て誰, て護謨, て足どり, て軍吏, て軽い, て返辞, て道学先生, て遥かに, て長嘆息, て門, て陣十郎, て陳君, て雨, て静か, て頭, て頭上, て颯と, て駕籠, て驚いた, て高い, て鼠

▼ やや~ (123, 1.9%)

119 すると 1 かも会心の, かも気ぜわしい, するとして, すると不

▼ やや暫く~ (122, 1.9%)

26 して 6 あって, の間 4 の後, 黙って 3 というもの, 立ってから 2 かかって, してから, すると, にし, 眺めて, 立って

1 [58件] あとで, あとを, した瞬間, すると中, その形, その紙面, たって, たゆたって, ののち急, ののち玄関, ののち顔, の後山木, の間引, の間沈思, の間莊園, は辛抱, は鳴り響い, みつめて, われをば, 二郎は, 仔細に, 仲間の, 僕の, 右に, 唸りを, 声なく, 夕雲に, 小枝の, 居眠りを, 待ち合せ帰途, 待って, 後の, 思案した, 握って, 日が, 暗い中, 歌うべきもの, 沈黙し, 沈黙した, 注視を, 無言に, 眺めあかした, 眺めました, 睨み合い悠々, 空中と, 立ちどまって, 経って, 経ってから, 経つと, 芝の, 西へ, 見て, 覗いて, 評議を, 足の, 足を, 躊躇した, 間を

▼ ややともすると~ (79, 1.2%)

3 投槍の 2 胸が

1 [74件] うつろな, すぽ, そこに, まわりに, 一図に, 一首を, 三日も, 下品に, 中心を, 主観的の, 人を, 仕事本位の, 他の, 倉地の, 倉地は, 健三を, 傲慢な, 内所で, 前の, 医師の, 吐いたり, 孔子の, 小六, 年を, 幾何や, 強いて, 彼の, 後れ勝ちの, 後ろに, 心の, 感情と, 所も, 断わりなし, 最近発見の, 机にも, 机の, 柿江に, 母に, 浅瀬へ, 烈しいほどの, 熱い涙, 狎れる, 生仏, 発作的な, 目が, 眼に, 眼を, 空論に, 突き上げて, 笠に, 策士だ, 簡単な, 精神と, 紛れそう, 罵倒の, 群集に, 考え込むよう, 肝心な, 腹這いに, 自分が, 自分を, 舳を, 葉子との, 襟頸に, 読みかけて, 誰にも, 講義や, 足を, 身が, 身体が, 逆さに, 途切れがち, 遅れがちに, 道楽的読書に

▼ ややしばし~ (67, 1.1%)

2 なにごとかを, 見まもって

1 [63件] うす眼, うち沈ん, うち考え, うち見守っ, からだ, ことばを, この一堂, さまかえぬ, そこに, その場, ためらって, の後, ぼうぜんとして, まゆを, わが目, 伸子の, 佇んで, 佇立し, 凝然と, 口を, 口笛を, 同藩, 唇を, 喰い止めて, 囁き合いて, 官兵衛の, 少年が, 弁護士と, 後に, 思案に, 感泣し, 捕物名人が, 放心の, 時間を, 気に, 沈湎と, 泣き入って, 泣き暮れて, 浪に, 濁った頭, 烱, 目を, 眉を, 眺めて, 穴の, 老直訴人, 考えつめて, 考えて, 考へて, 肩を, 腕を, 蔵の, 見あらためて, 見守って, 見恍, 路傍に, 返辞も, 遠ざかる兄, 郡上街道の, 音沙汰が, 黙然と, 黙祷し, 黙考し

▼ ややあり~ (56, 0.9%)

62 ていう, て浪子

1 [46件] てお, てされど, てすこし, てまず, てまた, てわれ眼, てランスロット, て一面, て中将, て二匹, て五右衛門, て交, て切, て吸, て声, て女, て姥, て姫, て引き抜かるる, て得三, て息吹, て戸, て持出し来れる, て旅費, て明日, て最前, て月, て来り, て死骸, て泰助, て渠, て渠ら, て猟犬, て発熱, て白き, て盗, て私, て耳, て胸, て茅, て頭, て顔, て髯, て麪包, 伸子が, 思出したら

▼ やや安心~ (52, 0.8%)

18 して 6 した 5 したよう 2 したらしく, しながら, しました

1 [17件] いたしました, させて, したが, したけれど, したという, したものの, したらしくは, した米友, すること, です, なさ, のできた, の胸, の躰, は致し, をし, をしました

▼ やや遠く~ (47, 0.7%)

5 離れて 2 から声, とも

1 [38件] からまた, からムク犬, から呼びました, から実験, から廻り込む, から望んだ, から用心, から言い出しました, して, で拍手, で轟く, で錚, なるけれども, にいる, になっ, に離し, の方, の桜, は八ヶ岳, は物々し, へのい, までの防衛線, まで出かけられる, まで見える, 云はば, 伏見の, 学問の, 稽古三味線の, 籠ッて, 能登守の, 見せて, 近く櫓拍子の, 退いた, 鉄砲の, 離して, 離れたビクトル, 離れた所, 雲を

▼ ややその~ (42, 0.7%)

2 形を, 非凡なる

1 [38件] おもかげ, ことについて, ころの, ために, 事情が, 仰々しい姿態, 傾きを, 分量の, 功軽き, 勢いを, 半を, 右によって, 嗜好を, 器であろう, 場かぎりの, 声を, 夏を, 弊に, 性質を, 惑いを, 本来の, 本質に, 松の, 根拠を, 混入物が, 渇を, 状を, 範囲を, 緒に, 線が, 胸中を, 見当を, 規模を, 観を, 調子が, 身長の, 面目を, 顔を

▼ ややともすれば~ (42, 0.7%)

2 俺は, 見殺しです

1 [38件] これを, その両方, その安らかさ, その輪廓, それを, ゆらゆらと, ジャアンと, チグハグな, デスポチズムに, 下役の, 不足がちな, 事を, 二人の, 人々を, 人民の, 元へ, 取払われべきもの, 小生の, 小言だ, 師僧にまで, 強請が, 懶惰で, 我々に, 歪められがち, 溺れ易い, 異を, 眼が, 矢庭に, 私の, 自分を, 船は, 若者の, 苦い怒り, 表情の, 親切ご, 足場を, 遅れがちな, 風の

▼ やや~ (40, 0.6%)

2 かくて, して, すずろき, 浅くも, 繁くも

1 [30件] うら寒き, さとりました, しづもれば松風, そだちけり物, その御, なまめく笹, ふえゆく雀, ふる, また暮れ, ゆるむ, チエホフ先生式な, 下りつつ, 古代の, 咲きつぐ木, 夕づく, 外れた月, 射し入る朝日, 明り来, 来て, 歩みたま, 水の, 消えゆき, 照り來, 照り来る月, 色ばかり, 薄れて, 避けて, 重い一輪, 静まりゆく, 黄金あからみゆきぬ

▼ やや長い~ (38, 0.6%)

4 沈黙 32 時間が

1 [29件] あいだ黙然と, ことおそらくは何とか, ことそれに, こと気抜けの, こと聞き耳を, 卵形という, 奇妙な, 序文だけを, 手紙が, 文章であった, 時の間お雪ちゃんは, 時ぼんやりとして, 時間の, 書状が, 物語にも, 留守に, 話を, 論文, 論文でも, 返事二つ, 連鎖を, 間キャラコさんは, 間何か, 間海面の, 間痴呆の, 間眼を, 間瞑目した, 間薄, 間黙然と

▼ やや離れた~ (38, 0.6%)

8 ところに 2 ところから, ところへ, 処に, 小さな落葉松, 所に

1 [20件] すすき尾花の, ポッカの, 丘に, 位置に, 処で, 卓子に, 寂寞たる, 山陰の, 座席に, 所から, 所で, 欄干に, 物蔭に, 竹藪と, 自家の, 行衣場に, 裏の, 見方を, 觀音像の, 辻の

▼ やや広い~ (36, 0.6%)

2 往来へ, 空地に

1 [32件] がこれ, 一致を, 区域が, 四角な, 地域に, 地面には, 堀割を, 場合に, 平地に, 座敷が, 廊下へ, 往来で, 意味に, 方は, 方形の, 暗室へ, 洞に, 溝川を, 畝を, 空地が, 筒袖で, 草付の, 草原に, 草地を, 角地面であった, 谷間が, 路に, 通りに, 通りへ, 道を, 道路を, 隠居所といった

▼ やや大きい~ (30, 0.5%)

2 かと思われる, 声で

1 [26件] がたしかに, がひき緊, と言つて, のが, のであつ, のも, めの, 三升焚き, 三角形の, 二階屋が, 休止が, 南国の, 口の, 子が, 小屋を, 建物が, 方であった, 村である, 様にも, 注文が, 禊いの, 総二階, 船も, 褐色の, 額の, 鳥が

▼ やや離れ~ (30, 0.5%)

2 てい, ていた, ている

1 [24件] さて顔, てお手玉, てから後ろ, てこれ, てその, てもう, て七本松, て上手, て中年, て五十体, て來, て坐っ, て天樹院, て孤立, て対い合, て巨大, て広縁, て後, て控え, て斜, て棒, て玄武造り, て覗き, て記され

▼ やや久しく~ (27, 0.4%)

2 して, 考えこんで

1 [23件] あったが, じっと瞶め, つづいて, 不動尊の, 勤めて, 哭したり, 帳内の, 怒って, 思慮いたる, 望診し, 棲んだらその, 沈吟し, 父の, 独りで, 発覚せず, 継続するごとく, 続いた後, 緊張した, 續けられ, 考えたが, 見て, 酢に, 黙拝

▼ やや大きな~ (27, 0.4%)

1 [27件] のが, アカシアの, ワラ屋根の, 会を, 口とが, 口光澤の, 地震が, 声と, 天幕の, 宿駅を, 小鳥籠が, 岡の, 川原中へ, 日本の, 村里では, 波の, 灌木の, 焼穴, 町の, 石塊をも, 童女たちが, 繁華な, 船に, 藁葺の, 隣島の, 飾り屋台には, 鳥が

▼ やや似た~ (26, 0.4%)

2 ような, 例は

1 [22件] ものが, もので, ものであろう, ものは, 事は, 事を, 事件が, 事件に, 名称は, 問題で, 境遇に, 境遇の, 所の, 探索の, 暴君は, 点だ, 現象が, 異香液不断, 神隠しが, 結論が, 話が, 話は

▼ ややかに~ (23, 0.4%)

1 [23件] あしらって, いい放った, いった, きよくかなしく, さえ見える, そういっ, ながめて, ながれ入った, みづをたたへて, 冴え渡れり, 嘲笑って, 構えたお, 流れた, 清き大理石, 笑いながら, 笑い捨てて, 笑った, 笑って, 答えた, 聞く, 見すゑ, 見にくき姿, 見やって

▼ やや~ (23, 0.4%)

6 を安 2 ある人

1 [15件] が屈しかけた, に余裕, に思案, の慰め, の落着, の落着き, をうごかし, をとめ, をゆるさず, を動かされた, を強く, を惑わされた, を緩う, を落つける, 進まざる向

▼ やや~ (22, 0.3%)

10 ている 6 て居る 2 ています 1 ていた, ては居まい, てゐる, て実際

▼ やや高い~ (21, 0.3%)

3 声で 2

1 [16件] からである, から船, し蒼白く, ところから, ところに, ところへ, のと, 不調な, 堤の, 所だけに, 所を, 棚の, 空間に, 窓が, 軋るよう, 鐘の

▼ やや皮肉~ (20, 0.3%)

3 な微笑 2 にこう

1 [15件] でユーモア, な笑い, な見方, な調子, に, にいいました, にほころばせ, にゴーリキイ, に彼, に疑っ, に笑っ, まじりに, らしい気持ち, らしく微笑, を交え

▼ やや~ (20, 0.3%)

7 を置い 4 をおい 1 あれば, がわる, が悪, になり, に二月, の早い, の空いた, を措い, を置いた

▼ ややこれ~ (19, 0.3%)

3 に似た 2 に類し

1 [14件] と異, と趣, について語る, に似たる, に倍す, に近い, に類する, に類似, は困った, は迂, を世人, を異種族視, を窺う, を詳説

▼ ややそれ~ (19, 0.3%)

4 に似た 3 に近い

1 [12件] から遅れ, ている, と似た, に似, に似かよう, に似かよっ, に成功, に適した, もまず, よりも大きい, よりも重苦しい, を待つ

▼ やや大きく~ (19, 0.3%)

3 なって

1 [16件] かつ大脳, これも, その左右, 一ヶ所は, 下, 八重に, 写したので, 出生の, 唇薄く, 引佐細江と, 書かれて, 硝子の, 確かり, 粒に, 背中だけを, 見える

▼ やや高く~ (19, 0.3%)

3 なって 2 唇の

1 [14件] て口, なったせい, なり壁, はずんで, やや低く, 丘を, 可憐無邪気の, 折り曲げて, 東南へ, 架台が, 殊に昨日, 舞い上ったの, 蹌踉し, 風加わり

▼ ややおくれ~ (18, 0.3%)

2 てあと

1 [16件] てかけつけた, ては光悦, てサナエ夫人, て側翼, て出た, て到着, て士官次室, て嫡男実氏, て対局, て形容詞化, て登場, て矢来, て聞え, て西, て辰雄, 勝ちに

▼ やや~ (18, 0.3%)

3 な傾斜 2 な坂

1 [13件] で右, な勾配, な坂路, な山径, な爪先のぼり, な石段, な西向, に二百米, に降り始め, を求め始めた, 傾斜の, 心に, 込んで

▼ やや意外~ (18, 0.3%)

2 な顔

1 [16件] だった, だったと, だったの, だね, であった, であるかも, でことに, でさえ, では, とした, なこと, に感じた, のごとき, の念, の思い, の感

▼ やや遠い~ (18, 0.3%)

1 [18件] ところから, ところに, ところの, ところへ, ものであった, ものと, ポプラーその, 人待石に, 地域の, 山である, 所では, 気が, 空野に, 距離を, 路を, 農村である, 露路口で, 風景を

▼ やや暫し~ (17, 0.3%)

1 [17件] そこに, その押問答, たたずんで, の後, イワンは, 井上半, 後ろの, 打ち考えて, 無言でした, 片唾, 芦の, 見て, 見守って, 見惚れた位, 見惚れて, 農民達の, 黙然

▼ やや得意~ (16, 0.3%)

4 になっ

1 [12件] であった, ないろ, なり, な舞台, になった, に語りつづけた, のもの, のよう, の色, らしくこう, らしく又, らしく説明

▼ やや近い~ (16, 0.3%)

1 [16件] かと思ふ, かな, がやはり, ので, ものが, ものを, 同僚感を, 名を, 地域では, 役柄の, 所で, 揚州といふ, 森の, 神の, 色でも, 言い伝えが

▼ やや~ (16, 0.3%)

9 じて 1 じた子供ら, じた少年, じてからの, じてからは, じ史書, すぎたし, 味の

▼ やや~ (15, 0.2%)

3 を低め 2 をふるわせ 1 をおとし, をはげまし, を低く, を励まし, を励ました, を大, を荒らげ, を震わせ, を高め, 忙しく語った

▼ やや失望~ (15, 0.2%)

2 させられた, したかも, して, の色 1 したが, したらしいのに, しながら, すと, に近い, の体, の奈落

▼ やや~ (15, 0.2%)

1 [15件] おくれが, がぬけ, が落ち着いた, ぜはしく, にかかり, の利いた, の鎮まった, むつかしくかつ, むつかしく物, をいらち, をかね, をとりなおした, をのまれた, をゆるし, を呑まれ

▼ やや躊躇~ (15, 0.2%)

6 して 3 した後 2 したが 1 してから, し残照, し考える心持, の色

▼ やや~ (15, 0.2%)

2 の色

1 [13件] いろを, が立った, をかがやかせ, をくもらせ, を上げ, を仰向け, を斜, を硬, を赤く, を赤め, を赧らめ, を霽, を青め

▼ やや~ (14, 0.2%)

1 [14件] あるじの, それを, つかれの, よろしい方, 人よし, 体を, 千賀じゃ, 口早に, 君は, 涌に, 疲れぎみと, 疲れの, 祭りの, 調子者の

▼ ややかな~ (14, 0.2%)

1 [14件] 一つの, 夜気は, 情ない声, 感じに, 態度で, 態度を, 気まずいそぶり, 汗を, 眼で, 空と, 笑いに, 衣服の, 言葉を, 詩を

▼ やや不安~ (14, 0.2%)

2 になっ

1 [12件] ないろ, なるを, な友だち, な顔色, にした, に似た, の色, らしい蒼白い, らしく, らしく言ったあと, をよび起し, を覚えた

▼ やや低い~ (14, 0.2%)

1 [14件] が西, ところに, と考える, のを, スロープを, 凹頭を, 富士小さい, 山で, 岩から, 方で, 方のが, 檜葉が, 調子で, 身長

▼ やや~ (14, 0.2%)

2 なる身

1 [12件] なるを, なる寺, なる期待, なる船, なる部数, なる額, なる饑饉, にし, びらに, 仕掛であっ, 川筋へ, 規模な

▼ やや後れ~ (14, 0.2%)

1 [14件] てくるべき, てそれ, て仏頂寺ら四人, て少年佐伯, て居る, て弓子, て形, て数学, て時々, て来る, て潜水戦隊, て発達, て穴, て菊池大麓

▼ やや~ (13, 0.2%)

2 とった方, 長けたる貴 1 とったよう, とつた男, をおい, をとった, を取っ, を経た, を食った, 若き貴, 長けた人

▼ やや~ (13, 0.2%)

3 になっ 2 くれて, のこと 1 であるため, のもの, の事, の時代, の海面, の話

▼ やや詳しく~ (13, 0.2%)

1 [13件] その流れ行く, その風, それを, 人々に, 修補を, 日付は, 眺めた, 知って, 触れること, 説明し, 説明する, 載せられ浜, 述べたから

▼ やや斜め~ (12, 0.2%)

2 にし 1 に, にかざされ, にする, にゆるやか, に傾け, に胸, に跪い, に身, に鼻, の横顔

▼ やや~ (12, 0.2%)

2 の褪せた, をなし, を作, を直し 1 のうすく, のさめた, をあらためて, を異に

▼ やや落着~ (12, 0.2%)

6 いて 2 いた 1 いたか, いたよう, いた静, く時

▼ やや複雑~ (12, 0.2%)

1 [12件] となる, なこの, なるもの, な地形, な感覚的属性, な曲線, にされ, にしかも, になっ, に流れ, に見える, を免れない

▼ やや長き~ (12, 0.2%)

4 沈黙 21 キスを, 時間を, 沈黙の, 無音, 間の, 髪

▼ やや低く~ (11, 0.2%)

1 [11件] しみじみと, だんだん畑, てこの, なった場所, なって, 小造り, 山の, 掘り下げた四周, 私の, 算え, 谷を

▼ やや同じ~ (11, 0.2%)

4 ような 1 からず, たけの, であろう, わけで, 位置に, 利益と, 程度に

▼ やや広く~ (11, 0.2%)

1 [11件] したくらいの, その形, なり人々, コヅミという, 両側に, 廂出したる, 行なわれるに, 行われて, 行われメイジ時代, 路面に, 鼻の

▼ やや満足~ (11, 0.2%)

3 して 1 させる程度, したらしく岡本, し得ますところ, だと, に線, の笑み, らしい顔, 出来るもの

▼ ややこの~ (10, 0.2%)

2 歌に 1 器に, 思い立ちの, 歌と, 点に, 男の, 辺に, 道を, 類の

▼ ややまし~ (10, 0.2%)

2 になっ 1 だという, なこと, な方, な梅松論, な蒸風呂, におなり, にすんなり, に出来る

▼ やや元気~ (10, 0.2%)

2 づいて 1 が出, に, になっ, を回復, を失った, を恢復, を盛り返した, 出ず

▼ やや具体的~ (10, 0.2%)

1 にこの, にタンテイ, に仄めかし, に列挙, に書い, に知る, に研究, に解釈, に通路, の意義

▼ やや小さい~ (10, 0.2%)

1 と言, 一匹の, 一対の, 三番目の, 円形の, 室が, 足跡が, 雌鳥が, 鶺鴒よりも, 鼻それから

▼ やや滑稽~ (10, 0.2%)

1 だろう, なこと, なレッテル, な出現, な善良, な疑懼, な空気, な青年ら, に思われた, に見える

▼ やや長く~ (10, 0.2%)

1 かかって, かつ大, して, つづくと, つづく水音, 唸りを, 手を, 欧州産の, 考えてから, 走った後

▼ やや久しゅう~ (9, 0.1%)

7 して 1 したであろう, してから

▼ やや古い~ (9, 0.1%)

1 がメンゲルベルク, が実に, が胸, し固定, という人, のが, のに, 吹込みでは, 頃からの

▼ やや当惑~ (9, 0.1%)

3 の色 2 して 1 に感じた, の様子, らしい顔色, を感じ

▼ やや~ (9, 0.1%)

2 経れば 1 が経っ, が経った, すぐれば, をへ, を得, を措い, を移す

▼ やや暗く~ (9, 0.1%)

1 するだけの, なったが, なりかけた光, なりそれ, なりて, なり海上, 向うの, 暁の, 曇って

▼ やや有り~ (9, 0.1%)

2 て彼 1 て, て出入口, て出来れる, て同じ, て婢, て裂了, て首

▼ やや興奮~ (9, 0.1%)

3 して 2 した眼, の色 1 したよう, した語調

▼ やや西~ (9, 0.1%)

1 にいちばん, に傾い, に傾いた, に寄つて一本, のころ, の方, へ傾きかけた, へ寄っ, へ行く

▼ やや近く~ (9, 0.1%)

1 で銃声, なった, なって, なり声, に見えた, へ近づく, まで忍びよった, まで迫った, 聞こえて

▼ やや遅れ~ (9, 0.1%)

1 ぎみの, てやって来た, て伴, て我が, て新井白石, て行っ, て追って, て陸奥, て青山

▼ やや~ (9, 0.1%)

1 から醒めた, が奇怪, の色, ぶせに, をやわらげ, を和らげ, を起せり, を青白う, 食って

▼ やややや~ (8, 0.1%)

2 にかく, にすずろ 1 お前は, や, やっこれ, ッ足音だ

▼ やや~ (8, 0.1%)

2 適当であった 1 似合な, 必要なる, 滿な, 確である, 精確なる, 適当で

▼ やや不満~ (8, 0.1%)

1 と不平, ならぬに, に思っ, のいろ, の意, らしく云った, らしく話した, を感じ

▼ やや乱れた~ (8, 0.1%)

1 か衣紋, 束髪までを, 浅黄を, 淡色の, 言葉で, 鋭い歯, 額少しく, 黒髪に

▼ やや安堵~ (8, 0.1%)

2 して 1 さえ覚え, したらしくたずねます, すれば, です, の胸, を抱い

▼ やや~ (8, 0.1%)

2 目の 1 かりければ, 気味に, 目, 目であった, 目な, 目に

▼ やや明瞭~ (8, 0.1%)

2 になった, に言 1 でないの, で菱形, と, りと

▼ やや狼狽~ (8, 0.1%)

4 して 1 したものの, しながら, の体, の色

▼ やや真面目~ (8, 0.1%)

3 になっ 1 であった, です, に云った, に改まっ, に答えた

▼ やや自分~ (8, 0.1%)

1 で慰める, の今, の天性, の専門, の小量, の狐, の立場, の鑑賞眼

▼ やや~ (8, 0.1%)

4 を異に 1 がちがっ, が異なっ, が違う, を更

▼ やや~ (7, 0.1%)

1 から顔, つけないといふ, つて, つて去る, つて夢ごこちに, つて訊く, つて額を

▼ ややさん~ (7, 0.1%)

1 がききません, がやどっ, でおしたい, に五円五十銭, のおっつけ, のよう, はそれ

▼ やや上気~ (7, 0.1%)

2 した頬 1 した例, した女, した紅顔, した面, して

▼ やや上流~ (7, 0.1%)

1 で焚火, に架けたる, の地, の家庭, の方, の渡良瀬部落, へ向っ

▼ やや久しい~ (7, 0.1%)

1 あいだ祈念を, あいだ蟇の, うちには, ことお, のにお, 後の, 間家康の

▼ やや~ (7, 0.1%)

1 の不安, の大きい, の小さい, の蔭, を屈め, を成しかけた, を温め

▼ やや小康~ (7, 0.1%)

3 を得, を得た 1 を保っ

▼ やや~ (7, 0.1%)

2 を強う 1 に満ちた, に滿, を安んずる, を強く, を得たる

▼ やや慌て~ (7, 0.1%)

4 気味に 1 たりげに, 気味だった, 気味で

▼ やや~ (7, 0.1%)

2 になりぬ 1 なの, な陽, に坐つ, に拡げ, に首

▼ やや明るい~ (7, 0.1%)

1 いちばん下の, オリーブ色で, 声で, 廊の, 所が, 所に, 言葉で

▼ やや暫らく~ (7, 0.1%)

3 して 1 いたましく聞こえた, すると, の後, 行った時

▼ やや~ (7, 0.1%)

1 に偏, に曲り, に独立, に隣り, のほう, の方, へ向い

▼ やや深く~ (7, 0.1%)

1 なった十三夜, なりかけた時, なり是, なるまで, 一つの, 人影の, 積もった雪

▼ やや疲れた~ (7, 0.1%)

1 しかしりっぱ, と見た, ままその, ように, 性質の, 色が, 頭の

▼ やや過ぎ~ (7, 0.1%)

1 がたの, てい, ていた, てゐた, て寂し, に, 義助から

▼ やや~ (7, 0.1%)

3 なる風景 1 なる, になった, を帯び, んで渺

▼ ややあれ~ (6, 0.1%)

1 におる, ば大, ば影, ば瑠璃, ば黒鐵, も孔明

▼ ややあわて~ (6, 0.1%)

2 気味に 1 ていた, てまた, て笛, ながらいいました

▼ やや~ (6, 0.1%)

1 二人し, 云いますが, 云ったかも, 呼んで, 皆が, 驚く駕屋

▼ やや下手~ (6, 0.1%)

1 に出, に向, に向き, の右岸, の左岸, の座

▼ やや下火~ (6, 0.1%)

2 になった 1 です, でも洋装, となった, になる

▼ やや古風~ (6, 0.1%)

2 にし 1 でくすんだ, なの, なファイア・プレース, な家具調度

▼ やや少し~ (6, 0.1%)

1 がらっぱちながら, ひらいた唇, 以前に, 先へ, 斜め先き, 若く描かれ

▼ やや平ら~ (6, 0.1%)

2 な所, になった 1 なところ, な中

▼ やや強く~ (6, 0.1%)

1 そのこと, 光劃り, 叩きながら, 当る, 書いて, 犬の

▼ やや悲し~ (6, 0.1%)

3 げに 2 げな 1 げに彼

▼ やや感傷的~ (6, 0.1%)

1 なイワノウィッチ, な場面, な嫌, な嫌い, な気持, に評価

▼ やや暗い~ (6, 0.1%)

1 堂内であった, 室内に, 感銘を, 沈んだ感じ, 窓から, 繁茂が

▼ やや曖昧~ (6, 0.1%)

1 であった悟性, である, であるが, なところ, な言葉, に示され

▼ やや狭い~ (6, 0.1%)

1 坑道が, 峡を, 意味, 窓一つだけ, 縊を, 街の

▼ やや~ (6, 0.1%)

1 った見地, った類, って, って作家同盟, つた観方を, つては

▼ やや疲れ~ (6, 0.1%)

2 を覚え 1 てレーニングラード, をあらわし, を感じた, を見せ

▼ やや疲労~ (6, 0.1%)

2 を感じた 1 して, の気色, をおぼえました, を感じ始め

▼ やや落ちついた~ (6, 0.1%)

2 調子で 1 と思う, のを, ものへ, 時に

▼ やや詳細~ (6, 0.1%)

1 なる紹介, なる資料, に説明, に辿る, に述べられなく, の記事

▼ やや誇張~ (6, 0.1%)

1 したよう, したる語辞, した笑い声, して, すれば, も加え

▼ やや退屈~ (6, 0.1%)

1 だった, な良人, らしい様子, を感じ, を感じない, を覚えた

▼ やや高等~ (6, 0.1%)

2 の学校 1 なる動物, な一種, な心がまえ, な教育

▼ やや~ (5, 0.1%)

1 だった, なる, なること, なる心情, なる脚

▼ やや~ (5, 0.1%)

1 がらや, づしかつたのである, ぶどうを, をおい, 亀や

▼ やや下っ~ (5, 0.1%)

1 てまた, てアラビア, て行った, て袋, て迫持

▼ やや下った~ (5, 0.1%)

1 ところの, 元禄十二年の, 処で, 石コロ路の, 頃までも

▼ やや冷静~ (5, 0.1%)

1 な常連, な男たち, にかえった, に立ち帰っ, をかい

▼ やや~ (5, 0.1%)

1 こごみの, に屈ん, へせり出し, 跼みで, 跼みに

▼ やや南寄り~ (5, 0.1%)

2 に青い 1 に甲府, の小高い, の平地

▼ やや古く~ (5, 0.1%)

1 からの考え方, ともビクター, はデュマ, 多く史料の, 文学語として

▼ やや困難~ (5, 0.1%)

1 である, であるが, なやう, な問題, になった

▼ やや多く~ (5, 0.1%)

1 して, て蚕, なり興味, また若干, 斯くし

▼ やや太い~ (5, 0.1%)

1 の七十銭, 善良な, 声し, 枝の, 鼻つき出た

▼ やや小さく~ (5, 0.1%)

1 なって, ニューカムの, 小脳が, 幾分上方, 見えた時

▼ やや~ (5, 0.1%)

2 に寄った 1 に傾け, に寄せ, へ廻る

▼ やや左手~ (5, 0.1%)

1 に, に打捨てられた, に独立, の眼, は黒林地方

▼ やや平凡~ (5, 0.1%)

1 なところ, な女, な実際, を免れぬ, を免れ得る

▼ やや強い~ (5, 0.1%)

1 が妙齢, 上り坂の, 北西の, 喘息發作アストオル吸入で, 態度が

▼ やや得意そう~ (5, 0.1%)

1 な顔, に, に笑つて, に説明, に電灯

▼ やや恢復~ (5, 0.1%)

1 したところ, すると, せるを, の兆, はした

▼ やや憂鬱~ (5, 0.1%)

1 であった新子, な夢想, な感傷, に云った, に響い

▼ やや早く~ (5, 0.1%)

1 今は, 破の, 竹の子にも, 蝸牛庵主は, 馳り出した

▼ やや有っ~ (5, 0.1%)

1 て今, て息, て手, て狙, て顕れた

▼ やや気色ばん~ (5, 0.1%)

1 で, で入, で問いかけた, で言いました, で難

▼ やや深い~ (5, 0.1%)

1 ところへ, 傷痕が, 愛を, 笹を, 谿谷に

▼ やや自然~ (5, 0.1%)

1 であったこと, なれども, な声, に反した, に言える

▼ やや荒れ~ (5, 0.1%)

1 たりといえ, ている, て修繕わん, て来ました, 模様の

▼ やや薄く~ (5, 0.1%)

2 なって 1 なった大きな, 東北諸国は, 透けて

▼ やや赤味~ (5, 0.1%)

2 を帯び, を帯びた 1 がかった紫色

▼ やや~ (5, 0.1%)

1 が堅, を傾けさし覗い, を前屈み, を反り気味, を屈めた

▼ やや進ん~ (5, 0.1%)

1 でいた, でいる, でからは漸次, でから便所, で後

▼ やや過ぎた~ (5, 0.1%)

1 かの頃, が港, ころだった, 頃に, 頃彼は

▼ やや長め~ (5, 0.1%)

1 なハチワリ, な揉み上げ, な赤銅色, の断髪, の髪

▼ やや静か~ (5, 0.1%)

2 になった 1 な心持, になつ, に寄る如く

▼ やや面長~ (5, 0.1%)

1 で下膨れ, ないくぶん, なお顔, の浅黒い, の髯

▼ やや~ (5, 0.1%)

2 を左 1 をさげ, を下げ, を後ろ

▼ ややおそく~ (4, 0.1%)

1 なったころ, 出るころ, 大川狩, 姫山を

▼ ややかさ~ (4, 0.1%)

1 で一語, にかかっ, にかかる, を感じ

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 てあわい, て再び, て彼, て鶴ヶ岡八幡宮

▼ ややはっきり~ (4, 0.1%)

1 した形, した言葉, と聞き取れた, 聞えたので

▼ ややはなれ~ (4, 0.1%)

1 てもっと, て外濠, て雪, の手代

▼ ややほっと~ (4, 0.1%)

2 した面持 1 したが, して

▼ ややよく~ (4, 0.1%)

2 なって 1 なりましたゆえ, 邸内で

▼ やや下り~ (4, 0.1%)

1 てしばらく, になります, になる, に船

▼ やや不快~ (4, 0.1%)

1 な顔, にお, にさえ感じた, になっ

▼ やや不明瞭~ (4, 0.1%)

1 だけれども, であつ, であるが, な言葉

▼ やや不自然~ (4, 0.1%)

1 であるが, な継合せ, な観, の嫌

▼ やや事情~ (4, 0.1%)

3 を異に 1 がちがっ

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 なき折, に近く, に馴れ, の住居

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 声で, 目に, 目の, 脳な

▼ やや~ (4, 0.1%)

2 向きつ 1 し目, 向いたまま

▼ やや健康~ (4, 0.1%)

1 を取り戻し, を害し, を害した, を恢復

▼ やや傾斜~ (4, 0.1%)

1 した机, して, を帯びた, を来し

▼ やや光沢~ (4, 0.1%)

1 が出る, のあせた, のある, の鈍い

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 の乏しい, を加え, を得た, を籠め

▼ やや劣っ~ (4, 0.1%)

3 ている 1 ているらしい

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 には埼玉県, に向っ, に寄った, へ行く

▼ やや北方~ (4, 0.1%)

1 にある, に偏する, に見る, のひがし池尻村

▼ やや単調~ (4, 0.1%)

1 では, な場面, にし, に傾き

▼ やや呆れ~ (4, 0.1%)

1 かへつた形, 気味さえ, 顔した, 顔を

▼ やや唐突~ (4, 0.1%)

1 に云いだした, に云った, に感じ, に語り添えられ

▼ やや変った~ (4, 0.1%)

1 夢を, 方面に, 調子に, 配合も

▼ やや大型~ (4, 0.1%)

1 である, な五そう, のラムネ玉, の女持

▼ やや大柄~ (4, 0.1%)

1 でした, な女, な姫君, な童女

▼ やや大袈裟~ (4, 0.1%)

1 で多少, なもの, にいえ, にはしゃい

▼ やや~ (4, 0.1%)

2 を求め 1 を好ん, を好んだ

▼ やや寂しく~ (4, 0.1%)

1 その代り上品, なつて人, 微笑んだ顔, 見えるよう

▼ やや~ (4, 0.1%)

2 さを 1 そうに, や日

▼ やや寒い~ (4, 0.1%)

1 一室には, 瓏銀と, 秋の, 風が

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 がらな, なる小脳, にし, 一時間も

▼ やや小声~ (4, 0.1%)

2 になっ 1 であったけれど, にて

▼ やや小高い~ (4, 0.1%)

1 ところを, 一かたまり, 所に, 砂丘の

▼ やや弱い~ (4, 0.1%)

1 のでさらに, ように, 含み声で, 感じが

▼ やや強し~ (4, 0.1%)

2 耳とめ, 聯隊長の

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 に遜色, の健康, の理想, の面

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 ぜわしげ, のはずまれる, を切らし, を殺した

▼ やや早め~ (4, 0.1%)

1 な口調, に特に, に生れ, に稲

▼ やや昂奮~ (4, 0.1%)

1 した声, して, の気持, を感じた

▼ やや暫時~ (4, 0.1%)

1 あって, の間, 立って, 経って

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 にはい出し, に吹き流れた, の広い, 向いて

▼ やや深き~ (4, 0.1%)

1 を肉, 溜息を, 趣あり, 頃

▼ やや濃い~ (4, 0.1%)

1 山の, 生際, 目に, 鼠の

▼ やや無責任~ (4, 0.1%)

1 な処, な言, に取り上げられる, の嫌

▼ やや焦躁~ (4, 0.1%)

1 があった, と反感, の気, をその

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 懶い空, 狂わしくなりし, 瘠せしたよう, 足らぬ顔

▼ やや異なる~ (4, 0.1%)

2 ところあり 1 がしかし, のみにてここの

▼ やや~ (4, 0.1%)

2 深かに 1 人間らしくなった, 貌に

▼ やや窮屈~ (4, 0.1%)

2 の感 1 で昔風, な壓迫

▼ やや納得~ (4, 0.1%)

1 したらしい顔つき, できぬ顔, の色, もできた

▼ やや細く~ (4, 0.1%)

1 なったり, なりさらさら, 三瞥驚嘆する, 瞼を

▼ やや絶望的~ (4, 0.1%)

1 な理解, な響き, にきめこん, にし

▼ やや繁く~ (4, 0.1%)

1 して, なった, なって, なり遠い

▼ やや老い~ (4, 0.1%)

1 ての半井氏, て人, て凩鳴り, 筑波の

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 が高く, の高い, を向け, 屈みを

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 に入る, をそがれた, を覚えた, を覚える

▼ やや蒼白~ (4, 0.1%)

1 な色, な面, な顔, になった

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 平たい線, 気味わるく, 赤い桂井館, 黄の

▼ やや薄らい~ (4, 0.1%)

2 できた, で来た

▼ やや褪せた~ (4, 0.1%)

1 と見る, を着, 温かい色彩, 緑の

▼ やや軽く~ (4, 0.1%)

1 なった, なったけれど, なったふう, 家へと

▼ やや遅れた~ (4, 0.1%)

1 ため車列一団に, のでいつも, ばかりにその, わけだ

▼ やや違っ~ (4, 0.1%)

1 ていた, てき, てきたです, て震え

▼ やや遠き~ (4, 0.1%)

1 に遊び, に過ぎる, ものに, 処に

▼ やや重い~ (4, 0.1%)

1 感じの, 手提鞄と, 病気を, 空気の

▼ やや鋭い~ (4, 0.1%)

1 しかし静かさ, と言っ, ほど急き込み, 声で

▼ やや錯乱~ (4, 0.1%)

2 した手紙, に似た

▼ やや鎮まった~ (4, 0.1%)

1 が不機嫌, ところで, とは聞え, 時分倉持は

▼ やや~ (4, 0.1%)

1 があっ, のある, をふくん, を含ん

▼ やや青ざめた~ (4, 0.1%)

2 顔を 1 神経質らしい, 面に

▼ やや類似~ (4, 0.1%)

2 して 1 したもの, の点

▼ やや黄ばんだ~ (4, 0.1%)

1 せんだ, 竹むらの, 紙の, 雑草が

▼ ややあつ~ (3, 0.0%)

1 て低い, て獨逸人, て私

▼ ややうち~ (3, 0.0%)

1 鎮められて, 開けた, 開けた谿谷

▼ ややうつむき~ (3, 0.0%)

1 かげんに, がちに, 加減に

▼ ややくわしく~ (3, 0.0%)

1 書いて, 考えよう, 聞き取って

▼ ややしばしじっと~ (3, 0.0%)

1 女を, 考えこんで, 考えに

▼ ややなぎ~ (3, 0.0%)

1 の林, は暗く, 鮠が

▼ ややのび~ (3, 0.0%)

2 て白き 1 て結びたる

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 の白い広い, の紅き, の青み

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 ッ, ッお, 面妖な

▼ ややより~ (3, 0.0%)

1 良い質, 高い価格, 高く騰貴

▼ ややッこれ~ (3, 0.0%)

21 はメリー号

▼ ややホッ~ (3, 0.0%)

2 とし 1 とした

▼ やや一致~ (3, 0.0%)

1 して, しないでは, しないの

▼ やや上廻る~ (3, 0.0%)

1 ものが, ものと, 程度でしか

▼ やや下品~ (3, 0.0%)

1 な様, な諧謔, な顔立ち

▼ やや下方~ (3, 0.0%)

1 から突き当たっ, にざあ, に落ち

▼ やや不思議~ (3, 0.0%)

1 です, な事件, な意外

▼ やや世間~ (3, 0.0%)

1 にうとく, に普遍, の人

▼ やや乱れ~ (3, 0.0%)

1 て, ていた, 気味と

▼ やや亢奮~ (3, 0.0%)

1 して, のせい, を交えた

▼ やや以上~ (3, 0.0%)

2 が結婚 1 の仕方

▼ やや~ (3, 0.0%)

3 向に

▼ やや俯向き加減~ (3, 0.0%)

1 で通り, のなだらか, の一男

▼ やや傾い~ (3, 0.0%)

1 ていた, てつまっ, て振

▼ やや傾き~ (3, 0.0%)

1 たりとのこと, て雨, なほも

▼ やや冷たい~ (3, 0.0%)

1 がいつも, 紫の, 風が

▼ やや前かがみ~ (3, 0.0%)

1 になっ, になり, の老

▼ やや前方~ (3, 0.0%)

1 に当たれる, の方, へ傾斜

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 に面し, よりにやはり, らしい方向

▼ やや反抗的~ (3, 0.0%)

1 な態度, に云った, に答える

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 ひきしめて, を尖らせ, を濁しかけた

▼ やや古びた~ (3, 0.0%)

1 八畳, 源平時代の, 造作が

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 に曲つて, に通り越し, へ寄る

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 じきの, 想であり, 業者の

▼ やや変化~ (3, 0.0%)

1 して, に乏き, を試みし

▼ やや多い~ (3, 0.0%)

1 から御, 収入を, 生産が

▼ やや大形~ (3, 0.0%)

1 のもの, の猫足, の猿

▼ やや大胆~ (3, 0.0%)

1 な主張, に過ぎた, に過ぎたる

▼ やや奇抜~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 なという

▼ やや女性的~ (3, 0.0%)

2 で憂鬱がち 1 な美わし

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 んじさせた, んじた, んじました

▼ やや寂しい~ (3, 0.0%)

1 が鼻, のが, のを

▼ やや寒き~ (3, 0.0%)

1 地で, 榛の木の, 貌こそ

▼ やや専門的~ (3, 0.0%)

1 な課目, にその, に東方民族

▼ やや小刻み~ (3, 0.0%)

1 というのみの事, な弾み, に二足

▼ やや小形~ (3, 0.0%)

1 だから, のもの, の字画

▼ やや小柄~ (3, 0.0%)

1 な尼, な細っそり, の蟒

▼ やや少い~ (3, 0.0%)

1 が大阪風, ところで, わけである

▼ やや少なく~ (3, 0.0%)

1 かつ色, なったよう, 多くは

▼ やや少時~ (3, 0.0%)

1 して, すると, 待たされた

▼ やや尻下り~ (3, 0.0%)

1 の大きい, の大きな, の眼

▼ やや居ずまい~ (3, 0.0%)

1 をくずし, を直し, を直した

▼ やや屈み~ (3, 0.0%)

1 ながら歩き幅, 両手を, 気味に

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 しいくらい, ならざるなり, を帯び

▼ やや左向き~ (3, 0.0%)

1 となり, になり, に近い

▼ やや平らか~ (3, 0.0%)

1 なところ, なる土地, な林

▼ やや平坦~ (3, 0.0%)

1 なほう, な崖地, になり

▼ やや平穏~ (3, 0.0%)

1 では, になっ, に復す

▼ やや年かさ~ (3, 0.0%)

1 のしかし, の女, の娘

▼ やや年上~ (3, 0.0%)

1 だったが, であるらしいが, の女人

▼ やや~ (3, 0.0%)

2 い区域 1 くダンス

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 をかえ, を捉えられる, を整えた

▼ やや得意気~ (3, 0.0%)

1 に, に旧い, に見えた

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 多弁に, 気色を, 酩酊である

▼ やや性急~ (3, 0.0%)

1 な愛, な結論, に自分たち

▼ やや成長~ (3, 0.0%)

1 した子供, して, せる子供

▼ やや打ち解け~ (3, 0.0%)

1 てきたらしい, て彼女, て話し出した

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 はここ, はわが, を軽

▼ やや日本化~ (3, 0.0%)

1 した様, して, し得た我々

▼ やや早い~ (3, 0.0%)

1 というところ, 初冬な, 馳走で

▼ やや時間~ (3, 0.0%)

1 がかかった, の経過, を置い

▼ やや曇った~ (3, 0.0%)

1 声で, 夕方の, 西の

▼ やや更け~ (3, 0.0%)

1 て天地, て屋後, て毎夜

▼ やや極端~ (3, 0.0%)

1 にいえ, に聞えよう, に言

▼ やや様子~ (3, 0.0%)

2 が違っ 1 を窺い

▼ やや横向き~ (3, 0.0%)

1 にし, になっ, の顏

▼ やや水平~ (3, 0.0%)

1 から突出, に差し伸べ, の彼方

▼ やや沈ま~ (3, 0.0%)

2 って行った 1 って来た

▼ やや沈ん~ (3, 0.0%)

1 で来た, で沈ん, で見えた

▼ やや注意~ (3, 0.0%)

1 して, に値する, を要する

▼ やや浅い~ (3, 0.0%)

2 ところに 1 銀光の

▼ やや浅黒い~ (3, 0.0%)

1 引き緊った, 面立ちに, 額の

▼ やや混雑~ (3, 0.0%)

2 に陥りたれ 1 の状

▼ やや湿っぽい~ (3, 0.0%)

1 声で, 山気松林そこへ, 手を

▼ やや激し~ (3, 0.0%)

1 て, て振放そう, て鋭く

▼ やや濃く~ (3, 0.0%)

1 例の, 僚機との, 黒んで

▼ やや無造作~ (3, 0.0%)

1 に漢字, に結びつけられ過ぎ, に過ぎ

▼ やや熱く~ (3, 0.0%)

2 感じられるころ 1 なって

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 よって行われ, 腹いたく, 避けて

▼ やや特別~ (3, 0.0%)

1 な切字, な注意, な趣

▼ やや生硬~ (3, 0.0%)

1 なフランス語, な態度, のうらみ

▼ やや異色~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 ありと

▼ やや疲れたらしい~ (3, 0.0%)

1 やうな, 聲で, 顔つき

▼ やや白く~ (3, 0.0%)

1 なった, なった実業家, 私は

▼ やや相似~ (3, 0.0%)

1 たり, た有, た筆法

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 にのしかかり, を円く, を細めた

▼ やや短い~ (3, 0.0%)

1 がこれ, ぐらいの程度, 一本が

▼ やや硬く~ (3, 0.0%)

1 して, する恐れ, なって

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 と金, みを, を潮

▼ やや緩く~ (3, 0.0%)

1 なったころ, 其終端の, 岩石の

▼ やや肥満~ (3, 0.0%)

1 した温厚そう, して, せる身体

▼ やや~ (3, 0.0%)

2 をなでおろし 1 が迫る

▼ やや自信~ (3, 0.0%)

1 あるらしい調子, を交, を得た

▼ やや自由~ (3, 0.0%)

1 な態度, な期間, にな

▼ やや蒼味~ (3, 0.0%)

2 を帯び 1 を帯びた

▼ やや蒼白い~ (3, 0.0%)

1 がこの, 皮膚の, 顔を

▼ やや薄い~ (3, 0.0%)

1 処に, 水色に, 竹色の

▼ やや薄暗く~ (3, 0.0%)

1 なりかけたころ, なりかけた頃, なりたるころ

▼ やや言葉~ (3, 0.0%)

1 を改めて, を柔らげ, 多し登山電車

▼ やや語気~ (3, 0.0%)

1 に力, を荒く, を荒らげ

▼ やや調子~ (3, 0.0%)

1 もで, を下げ, を高め

▼ やや赤み~ (3, 0.0%)

1 がさした, の底, の褪せた

▼ やや軽い~ (3, 0.0%)

1 からとて不義, ふうにも, 迷信に対しては

▼ やや迷惑~ (3, 0.0%)

1 すぎるほど, の色, を感じさせられた

▼ やや進歩的~ (3, 0.0%)

2 な生徒 1 な職業婦人

▼ やや遠ざかっ~ (3, 0.0%)

1 ておいで, て古代, て見返った

▼ やや遠方~ (3, 0.0%)

1 への旅行, まで人, を見る

▼ やや鎮まっ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てから自分, てほ

▼ やや開いた~ (3, 0.0%)

2 杉むらが 1 まま瞳を

▼ やや開け~ (3, 0.0%)

1 て来た, て稲田, て見ゆる

▼ やや間近~ (3, 0.0%)

2 に聞こ 1 過ぎると

▼ やや闌け~ (3, 0.0%)

1 て目黒, て軒, につつあり

▼ やや降り~ (3, 0.0%)

1 勾配に, 坂だったらしく, 道

▼ やや陰鬱~ (3, 0.0%)

1 ですよ, な威厳, に顔容

▼ やや陶然~ (3, 0.0%)

1 たる気味, となっ, となった

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 が降った, はあがる, もよひ

▼ やや青く~ (3, 0.0%)

1 桑の, 薄紫に, 蜘蛛は

▼ やや青み~ (3, 0.0%)

2 を帯び 1 を帯

▼ やや頑丈~ (3, 0.0%)

1 なる体格, な処, な鼻

▼ やや顔色~ (3, 0.0%)

1 をやわらげ, を和らげた, を直しました

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 えて, えて徳利, えを

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 が吹き出し, が落ちた, のおさまる

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 の蹄, を早め出した, を緩め

▼ やや驚い~ (3, 0.0%)

1 ていった, て蕗子, て表

▼ やや驚いた~ (3, 0.0%)

1 やうに, ように, 顔し

▼ やや高き~ (3, 0.0%)

1 ものなる, 丘花菜の, 日の

▼ やや高級~ (3, 0.0%)

1 では, な常識, な説得力

▼ やや~ (3, 0.0%)

1 たじろがせた, にかかった, にかかる

▼ ややあと~ (2, 0.0%)

1 から進み行く, より笠置

▼ ややあら~ (2, 0.0%)

2 かりき

▼ ややあらわ~ (2, 0.0%)

1 にあかん, になった

▼ ややありてい~ (2, 0.0%)

2 へるやう

▼ ややうなだれ~ (2, 0.0%)

1 てあっけ, て立っ

▼ ややうるさい~ (2, 0.0%)

1 感が, 感も

▼ ややかな顔~ (2, 0.0%)

1 で, にもおじけなかった

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 あつた, できやんしょ

▼ ややくれかかる~ (2, 0.0%)

2 時老

▼ ややけしき~ (2, 0.0%)

2 だちつつ

▼ ややここ~ (2, 0.0%)

1 に横穴, は蚕婆

▼ ややことば~ (2, 0.0%)

1 を強め, を強める

▼ ややさび~ (2, 0.0%)

1 て得, て極めて

▼ ややさめ~ (2, 0.0%)

1 て, てから怯え

▼ ややしずまっ~ (2, 0.0%)

1 てさながら, て何と

▼ ややしばしじいっと~ (2, 0.0%)

1 ふたりの, 見守って

▼ ややしばらくたって~ (2, 0.0%)

1 からさがしあぐねた, から彼

▼ ややすぐれ~ (2, 0.0%)

2 たりと相

▼ ややすこし~ (2, 0.0%)

1 お寤め, 幸で

▼ ややすずしき~ (2, 0.0%)

2 風吹きけり

▼ ややずんぐり~ (2, 0.0%)

1 した男, としてゐる

▼ ややせき込ん~ (2, 0.0%)

1 で罵り散らします, で訊ねた

▼ ややそう~ (2, 0.0%)

1 であるが, 仰せられますの

▼ ややそういう~ (2, 0.0%)

1 悪風が, 自信を

▼ ややそうした~ (2, 0.0%)

1 味が, 風も

▼ ややためらい~ (2, 0.0%)

1 ながらいいました, ながら部屋

▼ ややつかれた~ (2, 0.0%)

1 ものと, 肉体の

▼ ややつよい~ (2, 0.0%)

1 匂の, 微風が

▼ ややはなれた~ (2, 0.0%)

1 所には, 能登守の

▼ ややひろく~ (2, 0.0%)

1 その両側, 廂だしたる

▼ ややふっくり~ (2, 0.0%)

1 したの, と見える

▼ ややまた~ (2, 0.0%)

1 べらぼうと, 誰か

▼ ややもう~ (2, 0.0%)

1 敵が, 来たか

▼ ややゆとり~ (2, 0.0%)

2 が出来た

▼ ややろうばい~ (2, 0.0%)

1 して, の態

▼ ややわが~ (2, 0.0%)

1 京都の, 大黒恵比須に

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 こりゃお侍様, たいへんだ

▼ ややッここ~ (2, 0.0%)

1 に変, は日本

▼ ややノルマル~ (2, 0.0%)

1 な状態, になった

▼ ややヒステリック~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ やや一月~ (2, 0.0%)

1 にも余りし, ばかり経つ

▼ やや一段落~ (2, 0.0%)

1 になった, の形

▼ やや一般的~ (2, 0.0%)

1 ならざる食物, な作家

▼ やや一面的~ (2, 0.0%)

1 では, にし

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 低く画く, 高く画き

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 ずつた, にあがり

▼ やや上り~ (2, 0.0%)

1 て雲, になった

▼ やや上背~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 に向い, ぶくれで唇

▼ やや下り坂~ (2, 0.0%)

1 となり, になっ

▼ やや下流~ (2, 0.0%)

1 において合, の仮

▼ やや下目~ (2, 0.0%)

1 にキリリ, に語られ

▼ やや不審~ (2, 0.0%)

1 らしく半, をいだい

▼ やや不平~ (2, 0.0%)

2 がまし

▼ やや不当~ (2, 0.0%)

1 にも自然, に人間

▼ やや不服~ (2, 0.0%)

1 な色, の色

▼ やや不機嫌~ (2, 0.0%)

1 にたしなめた, に寄せた

▼ やや不正確~ (2, 0.0%)

1 だが, な記録

▼ やや不調和~ (2, 0.0%)

1 な塗り, の気味

▼ やや不足~ (2, 0.0%)

1 な故, を来たし

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 窪な, 脊だ

▼ やや久し~ (2, 0.0%)

1 うする, 矣

▼ やや乱暴~ (2, 0.0%)

1 であるが, な愛撫

▼ やや了解~ (2, 0.0%)

1 し難き, に苦しむ

▼ やや事物~ (2, 0.0%)

1 の理, の真相

▼ やや二十分~ (2, 0.0%)

1 が過ぎた, ほどもつづきました

▼ やや二時間~ (2, 0.0%)

1 もたった, も居

▼ やや五分~ (2, 0.0%)

1 ほどもそうして, もし

▼ やや人心地~ (2, 0.0%)

1 がつく, になりたれ

▼ やや人足~ (2, 0.0%)

1 のまばら, 繁く戸外

▼ やや以下~ (2, 0.0%)

1 である, であるが

▼ やや伏目~ (2, 0.0%)

1 になっ, に頭

▼ やや似通っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ やや低下~ (2, 0.0%)

1 して, せるをもって

▼ やや低能~ (2, 0.0%)

1 でなくなれば, なるも

▼ やや例外的~ (2, 0.0%)

1 な高等学校, 気づかれでした

▼ やや便利~ (2, 0.0%)

1 であるが, です

▼ やや傾いた~ (2, 0.0%)

1 月を, 秋の

▼ やや傾きかかった~ (2, 0.0%)

1 ころ大塚窪町に, 日が

▼ やや優しく~ (2, 0.0%)

1 云つた, 訊ねた

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 に, に立ち

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 が出, の増し

▼ やや光る~ (2, 0.0%)

2 葉が

▼ やや公平~ (2, 0.0%)

1 でない御, にちかい

▼ やや公式~ (2, 0.0%)

1 な然し, に微笑み

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 を帯, を覚ゆ

▼ やや冷めたい~ (2, 0.0%)

1 秋の, 若夫人

▼ やや冷やか~ (2, 0.0%)

1 でバーン, な光

▼ やや冷笑的~ (2, 0.0%)

2 な調子

▼ やや判っ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来た

▼ やや判然~ (2, 0.0%)

1 する所, たる自覚

▼ やや前下り~ (2, 0.0%)

1 にすらすら, に荷物

▼ やや力強けれ~ (2, 0.0%)

1 どなお, どなほ蕪村の

▼ やや匹敵~ (2, 0.0%)

1 し得るもの, すること

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 刻あまりの, 刻ほどは

▼ やや半数以上~ (2, 0.0%)

1 が結婚, となる

▼ やや南方~ (2, 0.0%)

1 に傾いた, の牛久保

▼ やや厳格~ (2, 0.0%)

1 な調子, の調子

▼ やや反り身~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ やや受け口~ (2, 0.0%)

1 に見える, の厚ぼったい

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 なれど, びたおめしちりめんを想像し

▼ やや古びたる~ (2, 0.0%)

2 半紙に

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 となったら, に処す

▼ やや右寄り~ (2, 0.0%)

1 のチムニー, の方

▼ やや右手寄り~ (2, 0.0%)

2 にくぐり

▼ やや向う~ (2, 0.0%)

1 に漕出, に遠く

▼ やや和習~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ やや問題~ (2, 0.0%)

1 でこれ, になる

▼ やや嘆息~ (2, 0.0%)

1 した, の状

▼ やや嘲笑~ (2, 0.0%)

1 の口調, の気味

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 に嵌った, の大きい

▼ やや増加~ (2, 0.0%)

1 したとは, の徴候

▼ やや声高~ (2, 0.0%)

1 になりぬ, に自分

▼ やや多き~ (2, 0.0%)

1 に至った, は当時

▼ やや夜寒~ (2, 0.0%)

1 の頃, を感ずる

▼ やや大き~ (2, 0.0%)

1 すぎるけれど, なる目

▼ やや奇異~ (2, 0.0%)

1 な感, の感

▼ やや奇矯~ (2, 0.0%)

1 な言葉, に失した

▼ やや威張った~ (2, 0.0%)

1 ような, 様子で

▼ やや安らか~ (2, 0.0%)

1 なけれど, な気持ち

▼ やや安全~ (2, 0.0%)

1 であった, に保証

▼ やや安定~ (2, 0.0%)

2 して

▼ やや完全~ (2, 0.0%)

1 なるもの, に演ぜん

▼ やや実感~ (2, 0.0%)

1 から遠く, になっ

▼ やや容易~ (2, 0.0%)

1 となつ, に行われ

▼ やや寒々~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ やや寒く~ (2, 0.0%)

1 まかがやく, 寺に

▼ やや寒冷~ (2, 0.0%)

1 を帯, を覚ゆ

▼ やや対蹠的~ (2, 0.0%)

1 な位置, に書かれた積もりである

▼ やや小さな~ (2, 0.0%)

1 塗盃で, 文字で

▼ やや小ぶり~ (2, 0.0%)

1 な右手, な鏡餅

▼ やや小綺麗~ (2, 0.0%)

1 な五軒, な店屋

▼ やや小降り~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ やや小高く~ (2, 0.0%)

1 なって, 辷り上った傾斜面

▼ やや尖り~ (2, 0.0%)

1 かげんで, 鼻だ

▼ やや居住い~ (2, 0.0%)

1 をあらため, を改めて

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 という, とした

▼ やや左寄り~ (2, 0.0%)

1 に二股川, に聯合組

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 う由, 寄って

▼ やや差し障り~ (2, 0.0%)

1 さう, そうな

▼ やや平たく~ (2, 0.0%)

1 坐って, 自然の

▼ やや平地~ (2, 0.0%)

1 になっ, らしい平地

▼ やや平静~ (2, 0.0%)

1 な調子, に復した

▼ やや年長~ (2, 0.0%)

1 でがら, の公達

▼ やや幸福~ (2, 0.0%)

1 であった, の方

▼ やや幼稚~ (2, 0.0%)

1 な天才, な考

▼ やや広々~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ やや広き~ (2, 0.0%)

1 ところへ, 急坂に

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 を減ず, を過ごし

▼ やや弁解~ (2, 0.0%)

1 するよう, めいて

▼ やや弓なり~ (2, 0.0%)

1 に入江, の姿勢

▼ やや弛ん~ (2, 0.0%)

1 で窪ん, で見える

▼ やや弛緩~ (2, 0.0%)

1 されたの, する

▼ やや張合い~ (2, 0.0%)

1 が小さかっ, を失っ

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 となり, 増加し

▼ やや強かっ~ (2, 0.0%)

1 たので, た次

▼ やや強き~ (2, 0.0%)

1 も波高, も難航

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 が外れ, を失する

▼ やや彼方~ (2, 0.0%)

2 の鉄筋コンクリート

▼ やや後世~ (2, 0.0%)

1 になっ, の商人

▼ やや心配~ (2, 0.0%)

1 して, である

▼ やや忘れ~ (2, 0.0%)

1 がちな, てゐた

▼ やや快く~ (2, 0.0%)

1 あたりの, その光陰

▼ やや怒った~ (2, 0.0%)

1 のは, 言葉つきで

▼ やや怒気~ (2, 0.0%)

1 をふくんだ, を含ん

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 るるよう, れを

▼ やや急い~ (2, 0.0%)

1 て訊く, でそこ

▼ やや性格~ (2, 0.0%)

1 なり修養, を表現

▼ やや恥ずかし~ (2, 0.0%)

1 げに, そうに

▼ やや悲痛~ (2, 0.0%)

1 な相貌, にちかい

▼ やや愁眉~ (2, 0.0%)

1 をひらく, を開きうる

▼ やや意気~ (2, 0.0%)

1 に過ぎ, をとり

▼ やや感動~ (2, 0.0%)

2 したやう

▼ やや感情的~ (2, 0.0%)

1 になった, に青年

▼ やや憂い~ (2, 0.0%)

1 に沈んでる, を帯びた

▼ やや憤然~ (2, 0.0%)

1 たる眉色, たる趣き

▼ やや成功~ (2, 0.0%)

1 して, のこと

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 についてひねり腰, を焼いた

▼ やや打ち開けた~ (2, 0.0%)

1 川原と, 盆地の

▼ やや接近~ (2, 0.0%)

2 して

▼ やや揶揄的~ (2, 0.0%)

1 にこう, に書い

▼ やや改まっ~ (2, 0.0%)

1 ていった, て膝

▼ やや改まった~ (2, 0.0%)

1 声で, 様子で

▼ やや改まつた~ (2, 0.0%)

2 口調で

▼ やや改善~ (2, 0.0%)

1 されたが, されたと

▼ やや救われた~ (2, 0.0%)

2 がそれ

▼ やや散漫~ (2, 0.0%)

1 であるやう, の感じ

▼ やや整理~ (2, 0.0%)

1 したと, して

▼ やや整頓~ (2, 0.0%)

1 しおり植物園内, の緒

▼ やや文字~ (2, 0.0%)

1 ある一人, を識

▼ やや新しい~ (2, 0.0%)

1 のでビクター, 実験を

▼ やや日本~ (2, 0.0%)

1 に似たる, に近し

▼ やや日本語~ (2, 0.0%)

1 がわかる, のミコ

▼ やや明らか~ (2, 0.0%)

1 であらうと, になり

▼ やや明る~ (2, 0.0%)

1 さの, さを

▼ やや明るく~ (2, 0.0%)

1 なって, なる

▼ やや明確~ (2, 0.0%)

1 に知る, に起りはじめた

▼ やや昔話~ (2, 0.0%)

1 と近い, の色彩

▼ やや時代~ (2, 0.0%)

1 が下っ, の下る

▼ やや晦渋~ (2, 0.0%)

1 であるが, で活きた美

▼ やや普遍的~ (2, 0.0%)

1 なる方言, な調子

▼ やや晴れ~ (2, 0.0%)

1 て朝日, 白峰満山の

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 あり車掌, がかかる

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 さあたりの, さを

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 くなる, し

▼ やや暖か~ (2, 0.0%)

1 なれば, になっ

▼ やや暮れ~ (2, 0.0%)

1 ちかい涼爽, 初めていた

▼ やや曇り~ (2, 0.0%)

1 日の, 眉の

▼ やや更けた~ (2, 0.0%)

1 ような, 場合かと

▼ やや朦朧~ (2, 0.0%)

1 たる点, としかけ

▼ やや未熟~ (2, 0.0%)

1 なる天使, なる天使等

▼ やや~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ やや末期~ (2, 0.0%)

1 に編纂, の西暦九世紀

▼ やや~ (2, 0.0%)

2 をもたげ

▼ やや根津~ (2, 0.0%)

1 の通り, へ寄った

▼ やや格式~ (2, 0.0%)

1 のあった, を重んずる

▼ やや楕円~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ やや機嫌~ (2, 0.0%)

1 を悪く, を直した

▼ やや機械的~ (2, 0.0%)

1 だった文学, に平

▼ やや欠け~ (2, 0.0%)

1 ていた, 説明に

▼ やや正気~ (2, 0.0%)

1 にかへる, に立返っ

▼ やや気の毒そう~ (2, 0.0%)

1 な苦笑い, に

▼ やや気分~ (2, 0.0%)

1 がよい, が晴れた

▼ やや気味悪~ (2, 0.0%)

1 そうに, るそう

▼ やや気色~ (2, 0.0%)

1 が晴れ, を和らげた

▼ やや沿岸~ (2, 0.0%)

2 を離れ

▼ やや活溌~ (2, 0.0%)

1 な仕事, にうごい

▼ やや浅黒く~ (2, 0.0%)

1 なって, 溌剌たる

▼ やや涼しく~ (2, 0.0%)

1 なるやう, 熔岩とともに

▼ やや淋し~ (2, 0.0%)

1 げに, さうに笑つてゐた

▼ やや温く~ (2, 0.0%)

2 黄なる

▼ やや湿っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て落ち付いた

▼ やや湿り~ (2, 0.0%)

1 をもつた, を帯びた

▼ やや激しい~ (2, 0.0%)

1 語気で, 銃声

▼ やや濁っ~ (2, 0.0%)

1 てはいる, て馳せ下っ

▼ やや烈し~ (2, 0.0%)

1 かりしため, 湯を

▼ やや烈しい~ (2, 0.0%)

1 噴火を, 追風の

▼ やや無理~ (2, 0.0%)

1 なの, な註文

▼ やや無用~ (2, 0.0%)

2 に類する

▼ やや無遠慮~ (2, 0.0%)

1 では, にその

▼ やや焦れ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て良平

▼ やや焦心~ (2, 0.0%)

1 った, りだした

▼ やや焦燥~ (2, 0.0%)

1 だって来た, の色濃い

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 だてり風, で黒っぽい

▼ やや熟し~ (2, 0.0%)

1 てその, 人生の

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 かりしその, のある

▼ やや爪先~ (2, 0.0%)

1 あがりの, さがりに

▼ やや爽快~ (2, 0.0%)

1 である, なふう

▼ やや特殊~ (2, 0.0%)

1 であった妻, な立場

▼ やや狭く~ (2, 0.0%)

1 なり針葉樹, 神社で

▼ やや猫背~ (2, 0.0%)

1 になっ, の右

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 なきに, に適

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 いて, のとを

▼ やや生活~ (2, 0.0%)

1 するに, にも余裕

▼ やや田舎者~ (2, 0.0%)

1 じみた乱暴, めいた活気

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 の不明, を観る

▼ やや異常~ (2, 0.0%)

1 であるし, に感じさせました

▼ やや異様~ (2, 0.0%)

1 なる変化, の歌

▼ やや疎ら~ (2, 0.0%)

1 なる, なる林

▼ やや疎遠~ (2, 0.0%)

1 になり, の地位

▼ やや疑う~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ やや疑わし~ (2, 0.0%)

1 そうな, 気に

▼ やや痩せ~ (2, 0.0%)

1 ていた, の目立つ

▼ やや登っ~ (2, 0.0%)

1 て, てゆく

▼ やや白い~ (2, 0.0%)

1 ものを, 道路の

▼ やや白け~ (2, 0.0%)

1 て冷えた, て言う

▼ やや白けた~ (2, 0.0%)

1 かと見えた, やうに

▼ やや的確~ (2, 0.0%)

1 な諸, に説明

▼ やや盛り~ (2, 0.0%)

2 を過ぎ

▼ やや目立つ~ (2, 0.0%)

1 そうである, 洋館である

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 をあかるく, をひらいた

▼ やや真顔~ (2, 0.0%)

1 になりぬ, に返っ

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 が浅い, そうな

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 気ざまし, 気を

▼ やや知識~ (2, 0.0%)

2 あるもの

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 ばる, 張ったその

▼ やや確か~ (2, 0.0%)

1 な根拠, に把握

▼ やや確実~ (2, 0.0%)

1 なの, な右翼化線

▼ やや確然~ (2, 0.0%)

2 として肉筆派

▼ やや社会的~ (2, 0.0%)

1 な塵, な視角

▼ やや神秘的~ (2, 0.0%)

1 とも幻想的, な人

▼ やや神経衰弱~ (2, 0.0%)

1 に陥れ, のよう

▼ やや科学的~ (2, 0.0%)

1 な根拠, になる

▼ やや積極的~ (2, 0.0%)

1 な動き, な行動

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 かな文句, ならずという

▼ やや穏やか~ (2, 0.0%)

1 ならざる事情, になった

▼ やや突き出~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ やや立枯草~ (2, 0.0%)

2 の叢根

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 に流れ, 雜に

▼ やや粗暴~ (2, 0.0%)

1 な大, のきらい

▼ やや精しい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 話を

▼ やや精細~ (2, 0.0%)

1 なるにも, を得たる

▼ やや紅く~ (2, 0.0%)

1 した, なって

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 れた時分, れるの

▼ やや細い~ (2, 0.0%)

1 方を, 箏の

▼ やや細き~ (2, 0.0%)

1 もの, 箱あり

▼ やや経っ~ (2, 0.0%)

1 てからの後, て玄関

▼ やや緩和~ (2, 0.0%)

1 された, されて

▼ やや老いた~ (2, 0.0%)

1 人であった, 夫婦で

▼ やや考え~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ やや肌寒い~ (2, 0.0%)

1 のでセル, ほどに感じられた

▼ やや肥り~ (2, 0.0%)

2 肉の

▼ やや脂肪~ (2, 0.0%)

1 づき兎, のかったつ

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 をかがめた, を据え

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 を動かし, を進まし

▼ やや自覚~ (2, 0.0%)

1 されるに, しました

▼ やや自負~ (2, 0.0%)

1 しすぎて, を以てわれわれ

▼ やや良き~ (2, 0.0%)

1 ものは, 物も

▼ やや色褪せた~ (2, 0.0%)

1 壁布で, 瑠璃草の

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 やかに, 消の

▼ やや苦しく~ (2, 0.0%)

1 しかも今, 例に

▼ やや苦渋~ (2, 0.0%)

1 ではある, な演奏

▼ やや苦笑~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ やや荒々し~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ やや荒い~ (2, 0.0%)

1 息づかいで, 紬絣の

▼ やや荒く~ (2, 0.0%)

1 なった, 戸を

▼ やや荒廃~ (2, 0.0%)

1 した心, した鉄舟寺

▼ やや落ち~ (2, 0.0%)

1 て身体, 附いた生活人

▼ やや落ちつい~ (2, 0.0%)

1 て, て少し

▼ やや落着き~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ やや著名~ (2, 0.0%)

1 なフランス, な店

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 みを, 褪め凄

▼ やや蔑む~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ やや薄らぎ~ (2, 0.0%)

1 この街道, もした

▼ やや薄れ~ (2, 0.0%)

1 てラッパ, 蝉に

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 の色, 肥りな腕

▼ やや行き過ぎ~ (2, 0.0%)

1 て若者, の嫌い

▼ やや衰えた~ (2, 0.0%)

1 が雨, とはいえ

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 いろに, を帯びた

▼ やや褐色~ (2, 0.0%)

1 に幾段, を帯び

▼ やや西寄り~ (2, 0.0%)

1 のつまり, のところ

▼ やや西方~ (2, 0.0%)

1 に片, の空

▼ やや見劣り~ (2, 0.0%)

1 がした, するの

▼ やや見当違い~ (2, 0.0%)

1 な溜飲, の方面

▼ やや規模~ (2, 0.0%)

2 が大きく

▼ やや~ (2, 0.0%)

2 ばって

▼ やや角ぐむ~ (2, 0.0%)

2 葦のさ

▼ やや詳しい~ (2, 0.0%)

1 印象を, 話を

▼ やや詳密~ (2, 0.0%)

1 なこと, に考え

▼ やや誇らしげ~ (2, 0.0%)

1 に, に語りました

▼ やや誇大~ (2, 0.0%)

1 した重要さ, に吹聽

▼ やや謡曲~ (2, 0.0%)

2 に似

▼ やや豊か~ (2, 0.0%)

1 なるに, に家

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 の厚い, は落ちる

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 っぽい, みかけた円い

▼ やや赤い~ (2, 0.0%)

1 ところから, 中に

▼ やや~ (2, 0.0%)

2 理的な

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 の達者, を早め

▼ やや距離~ (2, 0.0%)

1 があっ, を置いた

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 すぎる, すぎるし

▼ やや軽蔑~ (2, 0.0%)

1 した意味, の色

▼ やや軽蔑的~ (2, 0.0%)

1 な口ぶり, な様子

▼ やや軽薄~ (2, 0.0%)

1 な自信, めいた技巧的感触

▼ やや輕減~ (2, 0.0%)

2 して

▼ やや近代的~ (2, 0.0%)

1 なもの, なタイプ

▼ やや迫っ~ (2, 0.0%)

1 て山駅, て濃かっ

▼ やや迷惑そう~ (2, 0.0%)

1 に, に云う

▼ やや進んだ~ (2, 0.0%)

1 ところで, 民族は

▼ やや遅い~ (2, 0.0%)

1 月の, 朝食の

▼ やや遅く~ (2, 0.0%)

1 なった, 始まったため

▼ やや過分~ (2, 0.0%)

1 な矜持, に取入れる

▼ やや過度~ (2, 0.0%)

1 の尊信, の消耗

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 ひます, ふ所

▼ やや違う~ (2, 0.0%)

1 がやはり, 気が

▼ やや遠慮~ (2, 0.0%)

1 するよう, をし

▼ やや適切~ (2, 0.0%)

1 でないことば, では

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 が廻っ, を解し

▼ やや酒気~ (2, 0.0%)

1 をおびた, を帯びた

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 たげな眼瞼, 味の

▼ やや重々しく~ (2, 0.0%)

1 なりいかにも, 落着い

▼ やや鈍い~ (2, 0.0%)

1 さまで大きく, ように

▼ やや鈍角~ (2, 0.0%)

1 なる短面, をなし

▼ やや鋭く~ (2, 0.0%)

1 やや怒った, 尋ねました

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 た声, のある

▼ やや鎮まり~ (2, 0.0%)

1 を感じ, 思わずストーブ

▼ やや鎮まる~ (2, 0.0%)

1 と伸子, のを

▼ やや鎮静~ (2, 0.0%)

2 した頃

▼ やや開き~ (2, 0.0%)

1 瞼に, 色は

▼ やや開く~ (2, 0.0%)

1 形は, 形を

▼ やや開けた~ (2, 0.0%)

1 土地が, 山裾家が

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 になり, 翳ったが

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 ったところ, れた桟敷

▼ やや雄大~ (2, 0.0%)

1 のおもむき, の趣

▼ やや雑談~ (2, 0.0%)

2 の途

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 ひて, へ居られ

▼ やや露骨~ (2, 0.0%)

1 すぎるそういう, に過ぎ

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 ずんで一刀, まって

▼ やや青ざめ~ (2, 0.0%)

1 てこめかみ, 同僚たちの

▼ やや青白い~ (2, 0.0%)

1 という, 女の

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 の解れ, の高い

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 が抜け上がり, の禿げ上った

▼ やや饒舌~ (2, 0.0%)

1 なルイザ, な彼

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 が多, に近い

▼ やや馴れ~ (2, 0.0%)

1 て来た, 気持も

▼ やや驚き~ (2, 0.0%)

1 て, の調子

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 の折れる, を休むる

▼ やや~ (2, 0.0%)

1 畦の, 過ぎると

▼ やや高み~ (2, 0.0%)

1 に杉, に草屋

▼ やや高め~ (2, 0.0%)

1 になった, になり

▼ やや高原~ (2, 0.0%)

1 に似た, をゆき

▼ やや高尚~ (2, 0.0%)

1 なる文学書類, な感情

▼ やや高目~ (2, 0.0%)

1 にひたと, の地

▼ やや鳥肌~ (2, 0.0%)

1 立って, 立つて

▼ やや鳶色~ (2, 0.0%)

1 がかった全然, の口髭

▼ やや黄ばん~ (2, 0.0%)

2 で来た

▼ やや黄味~ (2, 0.0%)

1 のかかった, を帯びた

▼ やや黒味~ (2, 0.0%)

1 を帯びた固まった, を帶びたのは蒲

▼1* [2161件]

ややあおむけに椅子, ややあかっぽい頭髪, ややあかぬけのした, ややあかるらし思はぬに, ややあがめられる者の, ややあぐねて来た, ややあさましいという見方, ややあせった気味で, ややあせり気味に, ややあちら向きになっ, ややありきたりの教養, ややありて後しめやかに, ややありふれた観念の, ややありほのに緋, ややあわてたような, ややがいな, ややいい渋った面持に, ややいくらかマリーの, ややいそがしき心あり, ややいたわり気味に, ややいつもより赤い, ややいなかのお, ややいぶかってきき尋ねました, ややいろんなおもしろいお話, ややすらぐやうにおもふけれど, ややうこんにも近い, ややうごかして街亭, ややうしろへ反り, ややうす味に, ややうすかったの, ややうすくなった友, ややうすらぎ頬が, ややうすれた燻し銀の, ややうっとりとなりつ, ややうつむいている, ややうつろい方に, ややうつ向き加減に, ややうなずける人間正成を, ややうれしけれど秋, ややうろたえたがちょい, ややおおげさに拍手, ややおかしいくらいに見える, ややおくれた明治十八年以後の, ややおしゃれでしかも, ややおだやかですが, ややおちつきを, ややおちついたときフルハタは, ややおちつきすぎている, ややおとしめにたばさみ, ややおとなしくなった, ややおどおどとして遠く, ややおどろきながら叫びました, ややおなじ境遇に, ややおびえたような, ややおびただしき松明の, ややおもしろく相成候, ややおろそかに考える, ややお前は金, ややお手伝いさんがつい, ややお茶の水寄りの一角, ややお菓子は少く, ややお転婆で活気, ややかくのごとき, ややかすかになった, ややかすむ洩れ陽の, ややかたい丸いパンの, ややかたくなった顔, ややかたまって出た, ややかなのだ, ややかなまま母思いやりのない, ややかな予言によって手紙, ややかな嘲笑を帯びた, ややかな声はしばらく, ややかな火のほとり, ややかな目撃者にもなりたく, ややかにがんこな夜, ややかにすぎそれでなくとも, ややかによみがへつ, ややかにアザミ笑った, ややかに主水正をかえりみ, ややかに冬ばらの紅, ややかに切符を受けとる, ややかに初秋になり, ややかに家の中, ややかに彼の死, ややかに愁ひわななく, ややかに月のみぞひとり, ややかに理を追って, ややかに笑つてゐる, ややかに罎のならべる, ややかに草をわたりぬ, ややかに貧乏夫婦はよく, ややかに身は浮き, ややかに骨に沁む, ややかに魚介はし, ややかろし第, ややがっかりしたが, ややきいたと思われる, ややきつい空の, ややきびしい調子で, ややぎこちなくそれを, ややぎょッと, ややぎょっとなりました, ややぎらぎらして, ややの字形, ややくつろいで, ややくらみをおびた, ややけねんを持つよう, ややけわしく見せ頬, ややこうじて, ややこけおどしの気味, ややこなたまで進みける, ややこまやかに物語っ, ややこらえ性のない, ややこれらに負ける, ややこわばらせそれでも何気ない, ややこ奴魔法つかいか, やや老台よく, ややむのそらはくもれりかめに活けし, ややさかりを過ぎ, ややさげ踏みだした左の, ややさとるところが, ややさびたところに, ややさま男の子でご, ややさむを厭, ややさむい方ね, ややさめぬをどり, ややさらさの布売, ややざわめきが起った, ややしおれたる花立ての, ややしずまったので葉子, ややしっかりしたベル, ややしどろの体, ややしのぎやすきを, ややしばしぐったりとなった, ややしばしたちまち鼓膜を, ややしばしとつおいつ躊躇し, ややしばしぼうぜんと気を, ややしばしまじまじと名人, ややしばらくごたごたして, ややしばらくさむらいものの, ややしばらくしばらくして, ややしばらくじいっと瞻って, ややしばらくじっと耳を, ややしばらくそのままそこに, ややしばらく互いに何か, ややじだらくな胸, ややすがすがしくなった, ややすぎてまず, ややすぎかけて薄暗く, ややすぎた頃武者小路実篤有島武郎生馬志賀直哉里見, ややすくなめでも, ややすこしく禿げあがった広い, ややすたれて新しい, ややすっぱい肉の, ややすねた声が, ややすりと同じ, ややするとおまえたち, ややするどく皮肉に, ややずり下った風情, ややずれていた, ややせき心になっ, ややせき込んだ調子で, ややせまい宗教感が, ややせまりて頬, ややせわしく取り乱して, ややそっぽ向きで素通り, ややその道の大家, ややそばやが皆私, ややそれとも違ふ, ややそれ相応の音, ややそんな二三十年前の, ややぞんざいな調子, ややぢろいで, ややたいらめな質, ややたけた頃雨は, ややたしなめるような, ややたじたじとしたらしい, ややたじろぎの色, ややたそがれる頃漸く, ややたたみかけるような, ややたってから弾正, ややたどたどしいその文章, ややためらっていた, ややちがうそれは, ややちがっている, ややちがった気質が, ややちらちらと青田, ややつかれている, ややつきはなして眺め, ややつこ薩摩汁などに, ややつこしいで, ややつこしい風に, ややつこしいつたらない, ややつつましやか, ややつぼめ加減に, ややつまらなくはある, ややつめたい風, ややつめたく透明なる, ややてこずっている, ややてれ気味に自慢, ややできの劣った, ややできかけたと同時に, ややでは呂宋兵衛が, ややとがった耳とが, ややとげとげしい横顔細長い, ややともすれば, ややともしては金銀瑠璃, ややともするとすぐ下痢を, ややともするとなにか物欲しそうな, ややともすればただ外部との, ややとりいれて小説, ややとりのぼせの気味, ややとりもどすのだった, ややとり散した位置の, ややぢやうを, ややどこかが似, ややどっしりした陰翳, ややながいこと表紙の, ややなげやりなむら, ややなじるがごとく, ややなだめられていた, ややなだらかに二つ, ややなつかしさを, ややなまめきて見, ややなめらかになっ, ややなんだ鉄棒, ややなんかある, ややにがにがしく使いの, ややぬきえもんに, ややぬるいが柔, ややのびのびとなった, ややのぼせたる気味なれ, ややのんびりし元, ややはいったあたりで, ややはげしくなり空, ややはしゃぎかげんに, ややはじらって, ややはだけ気味に, ややはつきり聞えたので, ややはにかみながらも, ややはもに似た, ややはらぐるあた, ややはり高さんは, ややひいたように, ややひくいのでロロ公爵, ややひくめながら叩きつける, ややひつじ小屋で一, ややひととおりのあいさつ, ややひまであったの, ややひらいてついで, ややひらきそめたりたまさか, ややひるんだものと, ややひろがった青緑の, ややふきげんらしくいった, ややふくらみを継足した, ややふくれていふ, ややふけて, ややふさわしいだけである, ややふところを暖かく, ややふるえ声で, ややふるえた和歌子の, ややふるくは久米氏, ややふるくさい肉感的な, ややへばったらしい声を, ややほかの童子, ややほつとした, ややほとぼりがさめ, ややほのかな逆光, ややほの暗くなるころ, ややぼきぼきした, ややぽかついて, ややぽかぽかして, ややまいったようです, ややまさっている, ややまさった悲しさ, ややまじめにあつかわれた, ややませた口ぶりで, ややまた上坂の上, ややまだ寒し書, ややまちまちになっ, ややまでが彼の, ややまとまった形で, ややまばゆかるものと, ややまぶしそうに, ややまめは, ややまわったとき川田秀人が, ややむつかしそうな, ややむつかしい語である, ややめぐり足に, ややめんどうになった, ややもせば消え, ややもって廻れる, ややもっともらしい仮定, ややもとの鞘, ややもどかしそうに, ややものうい身体を, ややものたらない顔を, ややもの心がつい, やややせている, やややっこれは, やややつれたれどもさまで, ややややもう来たか, やややられたッ, ややゆるい勾配で, ややゆるみ今や小児, ややゆるめにし, ややゆるめられてたより, ややゆるりとした, ややよいかにまだ, ややよきものを, ややよろしいらしい, ややよろよろしながら, ややらくな席, ややわかります眉の, ややわざとらしい低声, ややわざとらしく微笑し, ややわれに帰った, ややわれらを食客視, ややわれわれの耳, ややアカデミックな環境, ややアッケないが, ややアッパレでした, ややアナキシマンドロスの考え, ややアブノルムな状態, ややアリストクラットな趣味, ややエキゾティックな派手さ, ややエロティックな感じ, ややオリシキに似, ややカン高の音楽, ややガッカリするの, ややキプリングの, ややキャソリック的に, ややクマタカじみて, ややクライスラーの老い, ややグロなもの, ややゴタゴタ入り組んだ街路, ややシヨウペンハウエル流の考, ややステバチのよう, ややズレている, ややセザンヌの絵, ややダイコンである, ややッ君は死刑囚, ややッ玄蕃とな, ややッ足音だ, ややテキスト風の処, ややテンポの速い, ややデラクロワメイソニエーを連想, ややトロリとなっ, ややドイツ化された観念, ややナイーヴなもの, ややハンケチをお, ややヒルミが見えた, ややピラミッド形のかなり, ややピンク色の味, ややピンポンに似, ややブルータルな健康観念, ややブロークンな道具立, ややプルウストが時流, ややホンコンに似, ややマシなの, ややムリをし, ややモノトーンなり, ややモーローとし, ややヤケ気味の絶望的, ややユーモラスな云いかた, ややルージュの濃い, ややロマンチックに, ややロマンティックな光彩, やや一刻はかかったろう, やや一刻余りは経つ, やや一定の法規, やや一応の常識, やや一方に偏, やや一時間ほども店内, やや一条の光, やや一段を加える, やや一町も離れた, やや一種の変体, やや一般にもそれ, やや一般化された代表的, やや一都府のごとき, やや一里ばかりも陸, やや三十分過ぎて, やや三四十分もそう, やや三河島の田地, やや三白眼なのよ, やや三角形になっ, やや上ずっている, やや上ってまた, やや上反りになった, やや上座へ据え, やや上弦の月, やや上手に寄り, やや上方に向, やや上眼にこらされ, やや下がった所に, やや下がりかけた崖に, やや下がり目な辺り, やや下る今呉人園囿中, やや下卑ていた, やや下地になった, やや下手ものに属する, やや下流手の岸, やや下落せしめるから, やや下面にあたる, やや不健康な程度, やや不充分であるが, やや不利であったり, やや不十分にしか把握, やや不向きで遺憾, やや不器量で可哀そう, やや不安そうに云った, やや不安心にもなる, やや不完全と思われる, やや不審滑稽の感, やや不平そうに鞍上, やや不振に陷, やや不機嫌そうな専心的, やや不潔な遊び場所, やや不用のもの, やや不用意に云い表わす, やや不純なる原始信仰, やや不規則な平行四辺形, やや不謹慎な幸福, やや不遜に聞えた, やや不適切な言葉, やや不釣合な身だしなみ, やや不面目な様子, やや不鮮明であるが, やや世故にたけた, ややになった, やや中ごろまでのぼっ, やや中年にすすんだ, やや中空を仰いだ, やや中納言殿軍のさま, やや中腰の姿勢, やや中腹になったらしく, やや丸こい顔と, やや丸顔な唇, やや主観に傾く, ややかるに, やや久しきところへ, やや久しぶりね, やや久らくして, やや乏しいことけばけばしい, やや乱れかかってい, やや乱れかかった白髪と, やや乱軍の相, やや乱雑に積重ね, やや乾き時々どこ, やや亂暴の譏, やや予想外らしく云った, やや予言めくが, やや多き年, やや事後承諾的に運ん, やや刻もたッ, やや二ヶ月を過ぎつる, やや二三里も探し, やや二人の間, やや二流的の感じ, やや云い過ぎであったようだ, やや五分間ほどもつづい, やや五十許と見ゆる, やや交通の不完全, やや人がましくなりました今日, やや人並の話対手, やや人情に近き, やや人生に安, やや人目を引く, やや人里を離れた, やや仁田岳寄りの木蔭, やや白くなった, ややの女, やや今日おた, やや仏蘭西に降る, やや仏頂面して, ややて方向, やや以前のこと, やや仰いでいる, やや仰向いたまま半ば開いた, やや仰向き加減に, やや仰山なるため多数, やや伏せ目になった, やや伏眼に半眼, やや休息するに, やや会った人が, やや会得すること, やや伸びて楽, やや伸びた頭髪を, やや似たるよりアジア, やや似よった平俗性に, やや似るつばさなり, やや似合はない, やや似寄った友禅縮緬黒の, やや似寄りたる国々, やや似居るから生じた, やや似通うということ, やや似通うた点が, やや位置の不, やや低かったが, やや低き諸峰, やや低級であったこと, やや住み慣れて来る, やや体系だて, やや余情のない, やや余炎のさめたる, やや余計分よこして, やや作者の存在, ややなり, やや例外としてまだ, ややなる妹, やや侮辱的な憐憫, やや俗っぽい豪華の, やや保守党に傾いた, やや保守的な傾向, やや信じにくい話, やや信ずべき条項を, やや俯き加減に, やや俯向きになった, やや俯向けになった, やや倒れそうに, やや倦みかけていた, やや倦んじたところへ, やや倦厭の状, やや倦怠を覚えたらしい, ややして, やや偏奇的で過剰, やや偏狭で根, やや偏頗放縦に流れかけ, やや健全な客観, ややを向く, やや傳説めいて, やや傷ついたものと, やや傾いだアドである, やや傾きかげんとなっ, やや傾げたまま相, やや働いたものです, やや儀式ばった数行の手紙, やや億劫な気持, やや優れていた, やや優れた体格であっ, やや優秀な同類, やや優等のもの, やや優美の趣, やや優雅に過ぎる, やや充備したる民権論派, やや充分に食べる, やや充実した日, やや充血して, やや先人の道, やや先出の英國, やや先生か, やや先立ちて寛政, やや光った銅色で, やや光明のある, やや出来たらまさか, やや入り込んだ土地にまで, やや入口に近い, ややからしめざる, ややの字, やや共通であったらしいの, やや内気な微笑, やや円いのが, やや円味をもっ, やや円形に空虚, やや円滑でしょう, やや冷えてくる, やや冷え冷えとする, やや冷え目になった, やや冷かすような, やや冷たすぎるよう, やや冷めていた, やや冷めかけてからはベッド, やや冷徹で繊麗, やや冷戦ぎみの関係, やや冷淡に時々, やや冷笑を含ん, やや艶な, やや凄い血相を, やや凄んで言った, ややつたのに, やや凡庸である, やや凪ぎしを覚え申し, やや凭れぎみに, やや凭れかかって土手, やや出して, やや凸凹はある, やや凹みたる処に, やや凹んでかつ, やや來て, やや出たばかり, やや出たら目理屈を, やや出席が遅れた, やや出来がよかっ, やや分って来た, やや分別臭いのまでが, やや分厚い柔かそうな, やや分業の途, やや分量の大き目, やや分類的に記述, やや切りひらいた土地, やや切口上になっ, やや切端つまった就職者, やや初夜過となりました, やや判ったような, やや判り切った結果が, やや削げた頬肉も, やや前のめりにだらだら, やや前方滑石の床, やや前記のモンタージュ, やや前途を楽観, やや前額部に近く鈍器, ややを持った, ややしい響, やや劇場らしい劇場, やや力づよい顔をした, やや劣りますが数, やや劣るからである, やや劣勢なる不協和音的存在, やや助平根性を起し, やや効能がある, やや勇敢に振撒い, やや勇気を取り戻し, やや勉強法が分っ, やや動いたと思う, やや動き且つ動く, やや動じた顔いろ, やや動悸が落着, やや動揺しかけたが, やや勘定ずくないやしい, やや勘違いではなかっ, やや勝ち誇った気位を, やや勝気なので, やや勝目が考えられ, やや込んで, やや勾配を上る, やや北寄りの空, やや北行して, やや十四五間も先, やや十四字詰めを混じえた, やや半円を描いた, やや半蔵を安心, やや卑猥な調子, やや厚いラシャ地でした, やや厚くてきっと, やや原始的で神秘, やや厳かに云った, やや去ったことを, やや唯物論的な, やや反らし何か, やや反り出動作軽噪時, やや反り気味なその, やや反り返った小さな鼻, やや反対の結論, やや反感に近い, やや反抗気味に問い返した, やや反省を抱かせ, ややってから, やや収まって桃山時代, やや取り乱してあわただしく, やや取戻したように, やや取舵に一の洲, やや取越し苦労に, やや受太刀の観, やや口早にげびない, やや古く太い紐で, やや古りたる檜皮葺の, やや古代めいた装飾, やや古典的な確か, やや句格の低い, やや句法が弱く, やや叫ぶやうに, やや可能と思われる, やや叱責するよう, やや右手の下方, やや右翼前方に独立, やや吃り酔へば, やや合わせて幾つ, やや合点がいった, やや同様の観, やや向上気味なるを, ややって口, やや吹込みの古き, ややっ気, やや呆けた茅花, やや呆れた面持だつた, やや周章てて何, やや周章てた声し, ややうこと, やや和みたる調子にて, やや哲学的意味さへ加はつ, やや唯心論に近き, やや啓蒙活動の性質, やや啓蒙的に説明, やや喧噪間で演台, やや喧騒のしずまった, ややみ出した彼, やや喰いとめられ戦いは, やや営業的で規則書, ややがれた, やや嗄れたような, やや嗄れた曇った声とは, やや嗄声で, やや嘲るやうな, やや嘲侮を唇, やや嚇すように, やや四角張った男性的な, やや困ったような, やや困惑しながら, やや図々しい前川に, やや図解的な記述, やや固い目の, やや固くなり, やや固くるしい事が, やや国情を, やや圓型の突端, やや土溜りの広い, やや土着的性状を具え, やや土蔵造りの問屋, やや地下鉄のトンネル, やや地方的に偏, やや地肌を見せた, やや地腫れのした, やや坂道になった, やや均衡のとれた, ややくなっ, やや垂れ加減の濃い, ややこい, やや執拗にきく, やや執着に変りはじめ, やや堅いニュアンスの, やや堅く二の腕に, やや堅固なただ, やや場末的な感じ, ややに安んぜん, ややの低い, やや境遇の似た, やや増大する傾向, やや壮観をよそおう, ややだが, やや変っています, やや変り種のしかし, やや変わって来た, やや変体的のところ, やや変則的では, やや変動し初め, やや変形せられて, やや夏めきてまぶし, やや夏音を習い, ややづいた景色, やや夕暮れ近い影, やや外れて少し, やや外れかかった生活状態に, やや外側をむい, やや外国風な息, やや外面的な芸術性, やや過ぎるかと, やや多かった, やや多年の理想, やや多数の実例, やや多量なり, やや夢みるような, やや大いなる名誉の, やや大きい白い蝶で, やや大きい黒っぽい鳥で, やや大きかった, やや大げさに言え, やや大ぶりな枠, やや大作長方鉢をリッジウェイ大将夫人, やや大儀である, やや大口の商売, やや大声でまた, やや大小を交え, やや大小前後の差, やや大廻りだが, やや大股に掛小屋, やや大量に東京, やや大降りに降る, やや天人は地上的, やや天明寛政を覗, やや太き枝に, やや太く手にて, やや太肉だった人, やや失ったように, やや奇妙なこと, やや奇観であった, やや奇道を行く, ややに引込んだ, やや奥まっている, やや奥州の馬形, ややではない, やや奸悪の方, やや好きの方, やや如才ないこと, やや妖変を感じ, やや妥当を欠く, やや姑鳴り通しに鳴っ, やや委しく見えて, やや姿を消す, やや威勢よくいった, やや威嚇を用い, やや嫉妬めいて, やや嫌悪を抱くだろう, やや嬉しき心地すれ, ややと同じ, やや孱弱なる短躯, やや安心顔に再び, やや安泰をお, ややぶらりである, やや定まったことを, やや定刻に遅れた, やや実相に近い, やや家産の豊, ややを正せり, やや寂しきはしのび, やや富有になりし, やや富饒なる西インド中, やや寐不足のよう, やや寐入りし頃, やや寒うなりかけた小, やや寛ろいで言, やや寛ろぎが出来る, やや寝苦しかった, やや寤めてまた, ややしい表情, やや対称をかい, やや尊大な控え目, やや小さかったけれど, やや小さく長さ八寸幅二寸位い, やや小づくりで年, やや小兵ではある, やや小半丁も続いた, やや小半刻も待っ, やや小半日の後, やや小半時もそうした, やや小型なテーブル, やや小太りに肥え, やや小振りにした, やや小腰をかがめ, やや小造りで細そり, やや小麦色に陽, やや数の子を, やや少なすぎるという, やや少ないところで, やや少数の個体, やや少量ながら夙く, やや尖ってきこえた, やや尖ったような, やや尖ったる山の, やや尚古的な思潮, やや尤もらしい説, ややあがりであるが, やや局部の疼痛, やや居くずれてほのか, やや屈みなりに腰, やや屈撓して, やや屈身して, やや屈辱的なこと, ややらしい山, やや山寄りの, やや山岳を識, やや山火事うとくなりに, ややに近い, やや崇高でやや, やや崩して坐り, やや崩れて黒髪, やや川下の溝, やや左刃の弱, やや左右に引かれ, やや左手奥へ駆け下り, やや巧みにできた, やや巧者な見立て方, やや差しせまつた問題, やや差異のある, ややれを, やや帝都の帝都, やや帰思を緩う, やや常套的なもの, やや常態に復, やや常識に富んだ, やや常識的であいまい, やや常軌を逸した, やや細な, ややにした, やや平になって, やや平らめにけずっ, やや平板なこと, やや平調になった, やや平面的に螺線, やや年下だけれど, やや年処を経, やや年取りたる人が, やや年嵩らしい顔, やや年若の連れ, やや年輩の者, やや幽かになる, やや広いひどく立派な, やや広い暗道の, やや広ければ特別室, やや広やかな道路, やや広闊な草原, ややを開い, ややい草原, やや廻った時斯う, やや廻り道はした, やや弁明的な再, やや弁解的であり反面, やや続いて, やや引き締まってその, やや弛めて, やや弛んだ頃に, やや弱々しくひびいた, やや弱く音戸という, やや弱っている, やや弱めながら近づい, やや張って来, やや張りを帯び, やや張合いぬけしながら, やや強まるなべに, やや強めていった, やや強力な圧力, やや強烈にまい, やや強請されて, やや彌縫の策, やや当っているらしい, やや当惑げな表情, やや当然な結果, やや彼奴の声, やや待て待て未だ早い, やや待遠しそうに, やや後ろに離れ, やや後向になり, やや後年の作, やや後悔されだして, やや後方で斜め後方, やや後日備後の鞆, やや後輩で然, やや従前とはちがった, やや得心が行った, やや御所の方, やや復讐的な扱い, やや循環論法の嫌い, やや微温的に過ぎる, やや微笑をふくんだ, やや徴候が消えた, やや心もとないお気もち, やや心安んじ, やや心安きに似たれ, やや心底を吐い, やや心惑へるなりけり, やや心持悪く感じた, やや心易げに呼, やや心身の疲れ, やや心身違和の徴, やや心配気に訊いた, やや必要な補足, やや必要以上に多数, やや志望を遂げる, ややられかけると, やや忘れえぬ濁つた印象を, やや忘れるように, やや込んだよう, やや忠義な者, やや快方に向, やや念入りの酒宴, ややッた, やや怒ったらしい色を, やや怒りを静め, ややい気, やや思いあたれるが如き, やや思い切りの良, やや思想も固まっ, やや思案に余った, やや怠慢で特に, やや急かれ気味に, やや急き気味に, やや急き立って答えた, やや急き込みながら, やや急ぎ足に渡つて, やや急転して, やや性質を異に, やや怨み顔に, やや怪訝な顔, やや怯えている, やや恐怖の念, やや恐怖心を起し, やや恟々して, ややしいの, やや恥しそうに, やや恥しく思わずには, やや恥じながらじっと, やや恥じるのを, やや恥ずかしくもあり, やや息ぎれがし, やや恰好がつい, やや悔いのあった, やや悔いはじめるものも, やや悟って居る, やや悟るところが, ややっくり坂, やや悠長すぎるよう, やや悩まされながら二日目, やや悩ましいものにまで, やや悪いのを, やや悪性の黒桃花鳥, やや悪質の脱疽, やや悲しまれたがそれ, やや悲壮な修業, やや悲惨であるが, やや悲痛味を帯ぶと, やや悲観の声, やや情なくなって, やや情念に訴, やや情緒的に醗酵, やや惨憺ものです, やや意地悪く暴露, やや意外そうな顔, やや意氣な顏付, やや意識を取り戻した, やや意識的に将門, ややいたふう, やや感じられたかと思う, やや感ずる所ありけん, やや感情の均衡, やや態度をひきしめ, やや慌しい口調で, やや慌しかったの, やや慌てたやうに, やや慣れた心持が, やや慰めたものは, やや慰められたがただ, やや慰め面にこう, やや憂わしげにやさしい, やや憎みさえ覚えた, やや憎らしくも思われる, ややむべき, ややかって, やや憤慨のいろ, やや懐疑的に過ぎる, ややげに, やや懸離れた廊下に, やや成つて後に然, やや成熟せる天使等, やや我々より大きい, やや戦気がうごき出した, やや戯曲にも似, ややより出で, やや戸まどいの態, やや戸惑いの形, やや戻し軽弄, やや所謂自由主義臭いもの, ややたい種子, やや手元へよせ, やや手前の方, やや手強く言ったこと, やや手当りばったりであった, やや手持無沙汰でいる, やや手荒く外から, やや手間どったが行軍, やや手頃かも知れない, やや手順がついた, やや才気ばしった美人, やや傾けて, やや打ち展けた平野に, やや打ちくつろいだ態を, やや打ちとけて来た, やや打解けておくれ毛, やや批難した口吻, やや抑制された特質, やや投げやりにも見えた, やや折敷きの形にする, やや抜け出したのを, やや押し迫るように, やや抽象的になっ, やや拍子ぬけが, やや拍子抜けの観, やや拠りどころが, やや括れ頤に, やや持て余してゐた, やや挑むやうな, やや挑戦的だ, ややはず安永末年朱楽菅江唐衣橘洲四方赤良ら青年狂歌師の, やや捌けた風で, やや捨てばち, やや排気鐘的な作用, やや掠れた人物, やや探りて篆文, やや控え目にし, やや撫肩ながら厚味, やや擬人的な叙法, ややへささ, ややって腰, やや改良したの, やや攻めつかれ守城側の, やや攻勢をゆるめた, やや散りそむといへど今は, やや散乱の姿, やや整い目前の, やや整いすぎて気むずかし, やや整え寝床を, やや整って見えた, やや整ったに過ぎない, やや整備したもの, やや整然と説明され, やや敵意を含んだ, やや文化的商業鉄物屋とか機械商, やや文学らしい文学, やや文筆でもっ, やや料亭や置屋, やや料理店の人, やや斜め下に見おろされる, やや斜下左の草土手, やや斜面に展, やや斟酌すべき點, ややなる者, やや新しそうに, やや新味のあるらしい, やや新鮮味が見られる, やや方角を異に, やや方面のちがった, ややの孤独, やや日たけ行けば, やや日常性により多く, やや日本人に似たるあり, やや日脚の遠, やや日蔭の出来る, やや旧作に属する, やや旧年の名, やや旧式な美成年, やや旧派の束髪, やや旧観の坂本宿, やや早かったかも, やや早口で, やや早期に失した, やや早足に丘陵, ややぶって, やや昂げて嬌然, ややかになった, やや明け方の光, やや明るい紅い帯が, やや明るんで来たそう, やや明快な面, やや明晰なもの, ややの面影, やや春の色の濃く, やや春めいたものが, やや是認して, やや昵んだ時分, やや時代ばんだその, やや時代離れをし, やや時刻をたがえ, やや時局を匂わし, やや時運がひらけ, やや晦冥になりかけ, やや晩年になる, やや普通化平凡化して, やや普遍な方則, やや晴れた方の, やや得りて, やや暑く正午室内七十四度に, やや暖かく土手下の, やや暗みを帯び, やや暗みふけつつ, やや暗示に近き, やや暗紫色がかった艶, やや暗色をおび, ややいでまさば, やや暫くこそこそして, やや暫くどうしてもがんりきに, やや暫らく古屋敷の中, やや暫らく彼れの, やや暫らく舞台は空虚, やや暫らく頸をそらし, やや暫時瞳かがやき, やや暫時経つてからで, ややに過ぎ, やや暴ろうなって, やや暴力団という概念, やや曇って時々, やや曙光を見出し, やや曲げて左, ややり, やや更けゆくに早く, やや書生を使い, ややつて, やや有力な蜀勢, やや有名な新聞社, やや有望です, やや望みを嘱, やや朝寒むの臙膩, やや期待を裏切られた, やや木の葉の上, やや木村さんに似, やや本ものなの, やや本城に近い, やや本心にも返った, やや本格探偵小説的で冷たい, やや本然の木地, やや本物にしたい, やや本筋を離れた, やや本質的ともいふべき, やや材料負けの形, やや東北によってきわめて, やや東北訛りの演説口調, やや東寄りにエフィニゲウス家, やや東方に移り, やや東洋的の風, やや東部に偏, やや枯れかかった葡萄棚が, やや柔げられたるもの, やや柔和そうにみえた, ややの曲がった, やや栄養の良, やや核心にふれた, やや根拠がある, やや桃色に上気, やや案外のよう, やや棄鉢な氣持, やや棄鉢気味にいった, やや棒槍をとり直した, やや楕円形の輪, ややを煮やし, やや極りわるげに, ややな感じ, やや楽しすぎる気持, やや楽観的な事情, やや概括的なもの, やや構成派的で, やや高い令夫人ぶり, やや権利を得る, やや権威を失し, やや横ざまに左, やや横みちにそれた, やや横柄である, やや憤を, ややくる場合, やや欠いて, やや欧米の事情, やや欧羅巴米利堅の風教, やや歎息をする, やや正して俊基, やや正しくはある, やや正直で盗心, やや正確でなくなり二度, やや正統的な俳優養成, ややの結果, やや此方へ近づいた, ややをゆるめる, やや歩いて行っ, やや歩ますと子, やや歪み表情も, やや残り鳩の, やや残り惜しげに, やや残光が淡, やや残念であるが, やや殺気立って下谷, やや殺風景を感ぜり, やや毒気をふくんだ, やや比較を可能, やや毛ばだった紫, やや毛色を異に, やや民話ふうなやさしい, やや気どっている, やや気の毒を覚えたらしい, やや気まずく別れたわだかまりなどを, やや気まり悪そう, やや気むずかしげにいう, やや気むずかしく淋しい作曲, やや気もちがおちつい, やや気取った話し振りを, やや気味悪くも思った, やや気色ばんだが悚然, やや気軽に色々, やや気遣わしげにいう, ややに入られた, やや氣上つた調子さへ加, やや水中の油, やや水勢は速まった, やや水嵩増して, やや永続する関係, やや永続的な様式, やや汎神論的に見える, やや汗ばみて, やや汚れた雪とに, やや汚れたるを裾短, やや決まりが悪, やや沈みかけて涼風, やや沈み入りましたが, やや沈むほうまたは, やや沈着となり, やや沈静した頭, やや沈鬱なる氏, やや沈黙の後, やや沖あいを半海里, やや沖合で船, ややに水, やや油断しはじめた虚, やや治まって信長時代, やや治りかけたがまだ, ややに敵, やや波瀾を改めた, やや波立っている, やや泥繩のきらい, やや泥質の海底, やや注意深き考慮を, やや注意深く両岸, やや泰平のよう, やや洗われてくる, やや活気づいた声が, やや活氣づいて, やや流れも緩んだ波うち, やや流行して, やや浅く軽い利害を以て, やや浮いて, やや浮かした褄を, やや浮き上った平易さへの, やや浮世繪的官能的にな, やや海上静まりしと, やや海豹くらいだ, やや消極的な傾向, ややの納まった, やや液体に近い, やや涼剤を用いる, やや淋しいふうであった, やや淋しくなりぬ, やや淡いの全く, やや淡青い春の, やや淫するといへる, やや目の, やや深められたことと, やや深入りを自省, やや深刻にすぎた, やや混乱して, やや混入っている, やや清涼を覚ゆ, やや渋いエメラルド色の, やや熱す, やや減った水際に, やや減り一週二回東京より, やや減少するよう, やや温い深青に, やや温かなけ, やや温まった頃その, やや温暖く小袖, やや温暖かく小袖を, やや湿地がかった平野, やや準備が出来た, やや溜飲を下げました, やや滑らかな高い, やや滿足して, ややりにくかっ, やや演出専門とも称すべき, やや漠然たる言葉である, ややの水曲, やや潤んで晴れわたった, やや潰れたような, やや澄んで高い, ややしたの, やや激怒もおさまっ, やや激昂して, やや激調をおびた, やや激越な質問, ややを帯びた, やや濁った日の, やや濁れるをいとわず, やや目である, やや濃きあは, やや濃厚な気持, やや濃度の大きい, やや濡れ湿って印せられ, やや濶達に廊, ややが落着, やや炎暑を感ずる, やや関心に, やや無作法な態度, やや無口にはなった, やや無気味である, やや無気味そうにしかも, やや無法な教師, やや無理筋に類し, やや無聊を覚ゆ, やや無茶苦茶になっ, やや無表情なにこやか, やや無言にて歩, やや無限を思はせる, やや無頓着に取扱っ, やや焦り気味で伝令, やや焦れったげな, やや焦点がきまっ, やや焼けたような, やや煙り始めた空気の, やや煤けた白い壁, やや照し初めた, やや煩瑣な物, やや熱き涙流れき, やや熱したように, やや熱中して, やや熱目の湯, やや燃えかすれたストーブの, ややみて, やや爪先上の処, やや爪先上りになった, やや爪立ったと思う, やや牡丹に近い, やや牢屋めきて, やや物寂しい一廓へ, やや物質的な繁栄, やや物足りない顔である, やや物静かなる街, やや物鬱く, やや特色的な良, やや牽制しようという, やや牽強附会の嫌, ややに見える, やや狂わんとする, やや狂恋の相, やや狂暴もしずまっ, やや狂気じみて, やや狂的になった, やや狡智らしく鼻, やや狡猾な光, やや独断的に樹, やや独特な雰囲気, やや狭小なアンチウム, やや狭隘な日本風, ややに似た, やや狼狽えていた, やや狼狽気味で, やや猪首で固, ややか犬, やや猫背勝なる姿, やや猶予いて, ややの形, やや玄人的スレさえも加え, やや玄蕃が, やや珍しい一例は, やや現代と異なる, やや現代風に変える, やや現実に蘇っ, やや理想に近い, やや理想像を書い, やや理想的に舞台的教育, やや理智的で淡白, やや理知的すぎるその, やや理窟めきて, やや理窟めきたるは, やや理解されるの, やや瑣末主義的描写に陥った, ややたるいところ, やや甘えるように, やや生々しい現実味を, やや生え際の抜け上った, やや生色をとりもどした, やや産業に意, やや用意を欠い, やや用途の似, やや田沼を疎む, やや田舎ッぽい小間使い風, やや田舎風なにく, やや甲走っていた, やや甲高い声に, やや甲高くまた呼んだ, やや惚れの, やや男性的なしっかり, やや異なって来る, やや異なり結婚を, やや異端であったの, やや異議を抱く, やや縁に, やや疎くなり行きて, ややぐったような調子で, やや疑わしいがまるで, やや疑われております, やや疲れたらしく夕日に, やや疲れ気味の二人, ややが衰え, やや病的な傾向, やや痙攣するだけで, やや痛きかな, やや痛し汐見て, やや痛んだ赤白黄の, やや痛快の感, やや痩せがまんの江戸ッ児肌, やや痩せぎすのしなやかさ, やや痺れてゐる, やや瘠せ気味で, やや癇高なところ, やや癒えてその, やや癒えるまでどう, やや癒された今彼は, やや登るのが, やややかな手, やや白き衣紋を, やや白けかかったがそれ, やや白っぽい春の, やや白みを帯びたる, やや白味を帯び, やや皮相的に持ち出され, やや枯れた年輩もの, やや皺めて旧, ややを過ぎ, やや盛りあがり気味に, やや盛んになりかけた, やや目慣れてからまず, やや目立って来たでしょう, やや目覺めはじめた女性, やや直り悦に入って酒杯, やや相反すと, やや相対しうる位, やや相違するところ, やや眇目になる, ややを得たる, やや真に迫って, やや真相らしい情報, やや眠りつき難かった, やや着古しの紫, やや着弾距離を脱し, やや知り得ていた, やや知る事を, やや知的表情のある, ややかくして, やや短くして, やや短歌と異なり, やや短目な紙中, やや石段の前, やや研究したの, やや研究的に仏教, やや砕けてしかも, やや硬い感じを, やや確かめることが, やや確信的な何, やや確実詳細な具体的知識, やや社交的傾向あり, ややに近い, やや神妙な顔, やや神経を触られる, やや神経質な然し, やや神経過敏でしたが, やや神聖なる言葉, やや神通を得, やや禿げて目じり, ややに焦げ, ややの考, やや秋めいたものが, やや秋めける夕方どき, やや秋冷を覚ゆ, やや秩序正しい形, やや移り酒肉も, やや移るらし昨夜よりは, やや経ってから, やや程度の進み過ぎた, やや程遠いけれどそれ, やや稚気を帯びたる, やや種切れの気味, やや穏和婉曲にてありき, ややりを, ややおそろしい気, やや空想的です, やや空気が変った, やや空腹う覚, やや空隙を生ずる, やや穿ち過ぎている, やや穿鑿に過ぎ, やや突っかかりぎみに, やや突っかかるような, やや突っ込んで訊い, やや突然な心, やや突飛な考え, やや窪み支えるに便, やや窪んだ例の, やや窪地になった, やや窮まったところに, やや窺われるが他, やや離れた, やや立ち止って一々, やや立遅れの気味, ややに似, やや端緒についた, やや笑っている, やや二線決戦的色彩を, ややをゆすれ, やや篠山博士ですか, やや粗いのは, やや粗くテンポも, やや粗放なる処, やや粗野では, やや粗雑な広角的, やや粘ったもので, やや粘るという, やや精密な調査, やや精神の系統, やや精神病を救われ, やや系統的に行われる, やや紀州人たる資格, やや約束して, やや紅かった, やや紅味を帯びた, やや紅潮させて, やや納まらぬかたちで, やや納まりかけた時, やや純粋を欠く, やや素朴であった一般, ややがかった若葉, ややに入りたる, やや細いやさしい声を, やや細かい形の, やや細かくその実例, やや細ったのも, やや細めに開けた, やや細密にこれ, やや細目らしかつ, やや細面にし, ややに傾い, やや終りに近く, やや組織的の學理, やや結合のゆるみ始めた, やや結実しかかって, やや絶えだえになった, やや絶え絶えになった, やや絶滅に瀕, やや網羅的にのる, やや緊張した心持, ややがかって, やや緑色を帯びた, ややが細, ややけたであろう, やや緩やかな傾斜地, やや縁遠い人物は, ややに三味線, やや縦覧を惜しまれ, やや縦長な大きな, やや繊細く鋭い峯, やや纏まった計画を, ややの入った, やや美しい装飾を, やや美しくさすがに, やや美文を解する, ややい気味, やや羞むような目付でそんな, やや羞含んで歩い, やや羞恥んで, やや群俗を抜い, やや羨ましげに, やや義務的であった, ややさびて, やや習癖めいた身振り, やや老いかけた農夫の, やや老けている, やや老境に入っ, やや老女に似る, やや老朽国のうらみ, やや老獪な態度, やや考え落ちめいたいかにも気, やや考量されて, ややに音, やや耳馴れないむつかしい言葉, やや聞分けもある, やや聲高に私, やや聴かれる程度, やや聴き取れるように, やや落ちて, やや肉太な他, ややさむいほど, やや肌寒を感ずる, やや肌寒してる月, やや肥えて髪, やや肥えた逞しい躯つき, やや肥って肌, やや肥った姿を, やや肥滿し青白い, ややをゆるめ, やや育ってからも変, やや背すじの寒, やや胡麻塩になりかけた, ややっ濃, やや脈絡と統一, やや脊丈の高い, やや脱毛から滴る, やや脱線の気味, やや脹れた下唇, やや脹れっ気味の, やや脹れてる利発な, やや腐りたるが, やや腐れっぽい匂い, ややをまげて, やや腕ぷしの強い, ややを立て, やや腹の虫がおさまり出す, やや腹立たしい印象を, やや臆病に逡巡, ややつかれたという, やや自嘲を含んだ, やや自己弁解に類する, やや自己満足の諦念, やや自己韜晦の気味, やや自慢らしい顔, やや自棄気味にもなっ, やや自然的であるという, やや自覚派に属し, やや自重するものの, やや興味のある, やや興奮的に首, やや良好な方, やや色あせてみえ, やや色づいた田圃の, やや色づきて言, やや色づきかけた石榴の, やや色魔にも類すべき, やや花びらを散らした, ややざした傾斜面, やや芽ぐみ始めた枝の, やや芽立張り来る木々, やや芽立張り來る木々, やや苅りごろに, やや苛立たしげだった, やや苛酷と思はれる, やや若々しい風に, やや若輩過ぎし様, やや苦々しげに, やや苦いので古人, やや苦しげに, やや苦にがしげに, やや苦み走った微笑, やや苦みばしった美しい口, やや苦手でしたもの, やや苦痛だ, やや茄子の木, やや茫としてみえる現, やや茫然と丹三郎, やや茶の間の方, やや茶化し気分の, やや茶番じみた台所, やや茶色がかった皮膚, やや草臥れた足を, やや草鞋だやや, やや荒々しい跫音で, やや荒々しく閉ぢる, やや荒かった, やや荒きに独り, やや荒っぽく言いました, やや荒らかにゆすぶりかけ, やや荒れた美しい庭, やや荒れ始めた三十男の, やや荒んだ声で, やや荒ッぽくなっ, やや荒天だったため, やや華胥に遊ばん, やや菱形になっ, やや萎えかかった銀杏の, やや付いて, やや落ちつかぬ感が, やや落ちつくと私, やや落ち付いてから隠し立て, やや落ち着いて行く, やや落ち着いたのを, やや落つくと私, やや落胆したる, やや落著いた室内, やや著しい上昇ぶりを, やや著しくなったの, やや蒲鉾なりの広い, やや蒸しぬれば, やや蒸し暑くなつたセル, やや蒸気が立っ, やや蒼い痩形の, やや蒼き痩顔の, やや蒼く銀杏返しの, やや蒼ざめたいたいけな顔は可憐想, やや蒼ざめた日々のさなか, やや蒼ざめた横顔をうす暗い, やや蒼ざめた鶴雄の顔, やや蒼ざめてはいたが何にも知らぬ, やや蒼ざめながら額にかかる, やや蒼然たるを見る, やや蒼白かった, やや蒼白く見られた, やや蓮葉に白脛, ややになった, やや薄きと濃き, やや薄けれども色, やや薄らいだらしいが激情, やや薄らぐ今日は, やや薄れた場合に, やや薄寒き牛込の, やや薄暗い廊下を, やや薄暗きあたりを, やや薄気味悪くそれを, やや薔薇色に染まった, やや虚勢と見, やや蝋化された感じ, やや蝦夷に類し, やや蟋蟀に似, やや蠑螺の壺焼, やや血気を静め, やや血色の好い, やや詰まったという, やや行い得る身に, やや行くと池, やや行つて二たびかへりみた, やや行われている, やや表情に乏しかっ, やや表面に流れ, ややへ消防夫, やや衰えている, やや衰えかけると彼, やや衰えんとし, やや衰弱して, やや衰退して, ややじみた袴, やや袖ななめに奥の院, やや裏切ってどうも, やや裏寂くも花の咲, ややみじかな, やや褪せて素顔, やや西国の方, やや西洋風なる余裕, やや西説と異なり, やや見くだすやうな, やや見すぼらしきが雪, やや見どころがある, やや見のがされやすいもの, やや見られるものが, やや見るべきものである, やや見当はずれに質問動議, やや見落していた, やや見識高き士君子, やや覚えの杉戸, やや親しく接近し, やや親密すぎる程度, やや親父ぶった質問, やや観念化された結果, やや観念的に堕した, やや角度をなした, やや解き得たかのよう, やや解けて来る, やや解けかけてくる, やや解けたる方角に, やや解している, やや解りかけた気が, やや言いかたを, やや言いよどみながらヴラジーミル・ペトローヴィチ, やや訝かしげに見やり, やや訝りながら, やや訝るような, やや詠嘆的に言いました, やや詰問である, やや詰問的な口調, ややが進んだ, ややかに説き得たなら, やや詳しきに劣, やや誇りがお, やや誇張的に言え, やや認められ翌年の, やや誘惑的に更に, やや語らせたわけである, やや語声を強め, やや語尾のたかぶった, やや語彙の不足, やや語調を強め, やや説きおくれております, やや説教口調になっ, やや説明的な材料, やや読むに足るべき, やや調い棚の, やや調子はずれの爆音, やや調子外れな声, やや調子高に, やや諒解に苦しむ, やや論讃に類する, ややってええ, やや諧謔的に, やや諸国を遍歴, やや講壇風なところ, やや識別すること, やや警戒心をほぐした, ややをなした, ややだヒジキ, やや豊婉に過ぎる, やや豊富に過, やや負け色で盤河, やや負担の由, やや貧しげな, やや貧相な中, やや責任をのがれ得る, やや貴女は, やや買われたのであろう, やや賞めすぎた, やや贅沢で他方, やや贋隠者のあけくれ, やや赤く地平は, やや赤ちゃけた虫くい葉の日盛り, やや赤らみたる柿の, やや赤らんだ空を, やや赤面しながら, ややくなっ, やや赭ちゃけたどうしても五十四, やや起こりて庭, やや越すくらいである, やや趣きが差, やや趣意が一致, やや足らはぬ, やや足らなかった感が, ややったところ, やや跫音のする, ややみ加減, やや蹌踉として居る, ややふ風, やや身体を捻じ向け, やや身分の高, やや軍事学の理解, やや軒端に近く, やや軟かい砂礫の, やや軟雪でアイゼン, やや軽き心地す, やや軽侮の表情, やや軽微になった, やや軽快なる乗合船, やや軽率と思われ, やや軽躁そして慳吝, やや輕くして居り, やや辛辣な調子, ややをやわらげ, やや辣韮に似た, やや農村とは疎遠, やや辻褄の合わない, やや近かった, やや近き沖にて, やや近く家のない, やや近く忍びよりて一声, やや近ければ深谷, やや近し時に坐, やや近づいて帽子, やや近づいたものでしょう, やや近づくと馬, やや近代小説にでも出, やや近寄って僧, やや返事がなかっ, やや迫った男の, やや迷いの見える, やや迷ってその, やや迷惑げな敬意, やや迷惑相に斯, やや退いて透, やや退いたがやがてまた, やや退がったところの, やや退き加減の, やや送信の手, やや逃げ腰になり, やや逃げ道を見出した, やや逆さになっ, やや逆上して, やや逆境で負けん気, やや透けている, やや途切れたところで, やや通じるものが, やや通ずるところが, やや通俗的すぎる, やや通用出来る英語, やや逞しくなって, やや速いために, やや速力がにぶっ, やや進みては新聞雑誌, やや進みたる処に, やや進み出て, やや進化した程度, やや進歩し法律, やや遅鈍なる輪廓, ややが向い, やや運動をみとめる, やや過ぎかけている, やや過激だったこと, ややがあった, ややらしい場所, やや道誉が分りかけ, やや達したる姿なれ, やや離ってから, やや遠く三方に分れ, やや遠く広い草原が, やや遠ざかった山間の, やや遠のいたりし, やや遠慮勝ちに礼儀, やや遠道をする, やや遡って一転, やや遥かな波, やや適度な言葉づかい, やや適確にわかった, ややれて, やや遺憾に思はれる, やや避け難きを, やや名サル, やや邪魔になりかかり, やや鄭重にこれ, やや酔いをさまし, やや酔って赤い, やや酩酊して, ややな当, やや酷使の気味, やや醒めてみる, やや醒めかけていた, やや醜からぬ茣蓙, やや釈明的にも言い, やや近い杉, やや里人の心, やや重々しい残忍な, やや重く答えた, やや重けれど今宵, やや重傷ガラスでケガ, やや重態の病人, やや重症の患者, やや重苦しく冴えなかった部屋, やや重複する嫌い, やや重要な位置, やや重視した, やや野槌に似た, やや金字塔に近い, やや金窪眼の老人, やや上った容貌, やや釣り気味の眼元, やや釣り込まれて, やや釣る唇を, ややさでも, やや鉢開きの形, やや鋭鋒を収めた, やや錆びを帯びた, ややるの, やや鎮撫的な報告, やや長けれども尽きず, やや長ずるに及ん, やや長たらしいだけにおとなしく, やや長味のある, やや長方形の洋室, やや長時間にわたる漸増的, やや長目の黒毛, ややとざす湯宿, やや閉口して, やや開きすぎ白っぽく疲れ, やや開き直ったという体, やや間合いを置い, やや間遠になっ, やや関係のある, やや関聯して, やや附き過ぎた嫌いも, ややつて路易十五世及十六世の, やや降って物語類, やや降りかけた所に, やや限られてゐる, やや陰影の曇り, やや陰欝に命令, やや陰気に思わるれ, やや陳套を脱する, やや陳腐な一つ, やや険しい道は, やや陽明に関した, ややへかけ, やや階級のよかっ, やや階級的な段, やや随意に摘出, やや隔たった圃の, やや際どい瞬間的な, やや際立って知られる, ややしい道, やや注するよう, ややるにか, やや離れたる村にて, やや捨き, やや難くなって, ややにこもり, やや雪岱流でね, やや震えている, やや震える手さきを, やや震動が弱まった, ややがうすれた, やや露呈なばかり, やや青ざめながらおもわずあとずさったのを右門は心持ち, やや青みがかっている, やや青みがかった白皙の, やや青みたる陰影の, やや青味をもった, やや青味がちにまた, やや青白い美しい顏色に, やや青白く褪めて, やや青色を帯びた, やや青黒い陰気だ, ややったの, やや静まった後に, やや静まり自分の, やや静まりかけた頭で, やや静まりたれば絵の具箱, やや静まると母親, やや審美的な, やや面倒になる, やや面白く思はれ申し候, やや面色を改めた, ややの形状, ややに出, やや項垂れがちに, やや順助風な男, やや順序立てて, やや頭痛を覚える, やや頼りないの, やや額ぎわを狭く, ややの張った, やや顎骨が尖っ, やや顔面全体に対して負け, やや顕著と称する, やや顰めて上ぐ, やや風変りな書物, やや風景に富む, やや風采が異なっ, やや飛び離れております, やや飛び飛びながら東西, やや食い方の, やや食い疲れていた, やや食うべし備前および, やや飽き気味な面持ち, やや飽満気味なところ, ややを傾け, やや首肯し得ない点, やや香りが高, やや馬鹿にし, やや馴染になった, やや馴染んだこの藩地, やや駒足を落し, ややめきかけたと, やや騒々しさが, やや騒がしく町人達は, やや驕慢に見える, やや驚いたらしく私も, やや驚かされたがいずれ, やや驚くべきことは, やや驚けるようなり, やや高かった, やや高しともいま, やや高まる潮音だけに, やや高名の洋画家, やや高圧的に是, やや高山がかった植物界, やや高次的に動き, やや魅力に乏しい, やや魯鈍に近い, やや鮮明に描きあげられ, やや鳥屋の外面, やや鹿児島の私学校, やや麻布が加わります, やや麻痺されてる, やや黄ばみ光沢が, やや黄ばみかかった紙の, やや黄ばみかけて日射, やや黄ばみかけた長い口髭, やや黄昏の色, やや黄濁した色, やや黄色味を帯びた, やや黄赤色を帯び, やや黒いこと, やや黒ずんだ沙漠である, やや黒色の円石, ややずんだ破片, ややが, やや鼻白んですれち, やや鼻音を帯びたうるんだ