青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「やみ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~やって来た やって来た~ ~やっと やっと~ ~やっぱり やっぱり~ ~やつ やつ~ ~やはり やはり~
やみ~
~やめ やめ~ ~やや やや~ ~やらう ~やり やり~ ~やりたい やりたい~ ~やりました

「やみ~」 1219, 13ppm, 8387位

▼ やみ~ (460, 37.7%)

107 中に 44 中から 34 中を 30 中で 26 中へ 13 なかに, 中の 10 ように 7 なかで 6 うちに, なかへ 4 やうな, ような 3 なかを, 中には, 長五郎

2 [14件] なかでも, ものにとっては, 一人が, 中でも, 中にも, 向こうを, 夜に, 大空に, 底を, 庭の, 母親と, 空に, 空を, 若者が

1 [119件] あめの, うつろの, うらみち, うれひきみにも, かなたへ, ために, つめたさ, てめえ, どこかに, どこが, ない品々, ない応答, ない愛くるしさ, ない群青色, ない芸, ない顔, ない顔立ち, ぬけ穴, はけ口にも, ほめき, ほら穴を, むこうの, やうに, ようなあり, よひ, アリョーシカと, カマキリみたいな, コックが, サムエル・ウォリスが, トンネルを, 一人や, 丑松, 世, 世界に, 中だ, 中つめたい, 中です, 中では, 中や, 仏陀の, 仕業と, 何処か, 使徒にたいして, 力は, 向こうの, 咳洩れ, 唇だ, 国の, 土手に, 地上に, 声が, 声は, 夜おぼろの, 夜ならず, 夜は, 夜空に, 大屋根, 大広間を, 大空を, 太陽, 奥へ, 奥を, 女かも, 女の, 娘を, 学生が, 室内が, 小路に, 屋上へ, 山道に, 川を, 左右から, 幻覚だ, 広っぱの, 底から, 底に, 恋猫の, 意地わるの, 手紙でも, 挨拶を, 晩に, 木立ちの中から, 格太郎は, 殖えて, 水平線に, 洞窟の, 海は, 海を, 海面から, 焼跡みたいな, 現つも, 甲板に, 男に, 発作が, 盗っとと, 種です, 種を, 空いっぱいに, 空より, 空間へ, 米が, 綸旨が, 纒はれる, 羽音さへ, 芝居を, 花と, 血筋の, 迷路, 迷路を, 長五あちこちの, 長五気が, 長五郎が, 長五郎である, 長五郎と, 関, 露西亜人が, 音は, 骨と, 高いもの

▼ やみ~ (141, 11.6%)

9 なって 4 まぎれて, 目が 3 して, 消えて

2 [12件] おおわれて, けり, とけこんで, なったこと, なりました, なれて, 乗じてと, 例の, 消え去りました, 眼を, 第一, 貸して

1 [94件] うかみでるみどり, うごいて, おほひた, けらしも, さしむけました, し, とざされた洞窟, とざされて, とびさった, なった, なったが, なったと, なったの, なつて, ならぬほど, なりたいと, なりぬ, なりましたが, なりませんので, なれたみんな, なれた目, ひそむ, ほの, まぎれ牢脱け, まだ二ひき, みなぎらせるの, みなぎッ, むかはむ時, もぐって, ゴウゴウと, 一道の, 住み屍肉, 住む梟, 充ちた生, 光った, 光って, 光る一点, 光れる, 刀を, 動くもの, 包まれた海, 叫ぶうつろ, 向ひ, 命を, 四人の, 墜つる, 夜の, 女房を, 姿を, 字を, 岩に, 師弟の, 心を, 応酬する, 思わせぶりに, 慣れた一眼, 成りて, 手を, 押しつつんで, 押し流して, 振り換える, 散った, 木犀が, 来ました, 来られましたが, 武張って, 比べれば, 浮かぶ離室, 浮きだした夢, 浮き出た, 消えた, 消えながら, 満たされて, 溢れて, 漂って, 白い歯, 眠って, 突きこまれたよう, 紛れて, 練らされた心, 見つけたの, 言いふらして, 走り去った, 身を, 迷わせて, 追付いた, 連れ出すこと, 連れ出すだらう, 鉄砲, 鍬の, 隠れて, 青眼, 馴らした眼, 高くない

▼ やみ~ (118, 9.7%)

8 すかして 4 して, しました, 待って, 照らして 3 待つて 2 おそる, さいわいに, したり, しながら, する市女笠, ながる, 一つし, 出でては, 述べたあと

1 [73件] いかにせ, いった, いって, いわれた, おかして, おそれたこと, くぐって, こぼれて, しさうですぜ, しさうになつ, した, したおぼえは, したとたん, したわけ, しても, しますが, じっとみつめた, すかすと, する, そして彼女, ついて, つんざいて, とんで, なで廻して, のぞいて, はじめました, はらいのける力, みて, もった青春, もって, やぶって, 並べて, 並べ立てようと, 二つに, 云はれ, 作り出した, 切って, 割った白閃, 包んで, 吸って, 呼び落しました, 封めたる, 幾つした, 彩る数条, 感じたくらい, 散ずるどころか, 求めたほど, 流暢に, 濃くなす, 申します, 申し上げます, 町から, 發し, 白い矢, 破って, 突いて, 縫って, 縮めて, 背負って, 胸に, 裂いて, 見せた深切, 見つけ愛, 見つめました, 見て, 言いに, 貫いて, 跣足で, 身に, 述べるの, 追っぱらった, 透すと, 駆けました

▼ やみがたい~ (40, 3.3%)

2 哀愁を, 宿命の

1 [36件] ことを, ところの, ものが, ものを, 一代の, 内心の, 再現の, 切願に, 友情には, 反抗も, 女性の, 好奇心から, 希望が, 心の, 怒りで, 怒りに, 性格的渇望に, 恋情の, 恋慕の, 情熱も, 愛によって, 愛への, 愛情によって, 愛惜も, 憂鬱は, 或る, 抵抗と, 母性の, 疼きが, 羨望を, 自然の, 興味と, 衝動との, 誘惑が, 郷愁の, 鬱憤から

▼ やみ~ (37, 3.0%)

2 あるばかり, たき要求

1 [33件] あって, ありその, おしよせた, かえ, せまって, たき事情, たき用, たき病, たくして, たく納, たければ, たましい, なかつた, なくて, なんだらう, やたらに, 一つでも, 一二度出た, 与えられた, 出たらそれ, 出て, 出来ました, 口まで, 屋を, 明くなった, 残ったの, 残って, 波の, 浮きだして, 深く星, 目の, 落ちようと, 言つ

▼ やみ~ (36, 3.0%)

5 言ふ 2 なった, なったこと, 同じ色

1 [25件] いっても, お駕籠, こむ事, するところ, なったの, なりローソク, なるの, ひかり, まだ汝, 一つ部屋の, 云ったよう, 光りの, 徳川家の, 手に, 斬られたの, 書いて, 火中させ, 考へて, 蒸暑い事, 見分けが, 言っても, 言つたのは, 過ごさするも, 騙されて, 骨を

▼ やみ~ (29, 2.4%)

2 まわりは, 何か

1 [25件] あげられるん, あごの, あれや, いつも顔色, おれと, きざで, ごそごそと, たおれたから, どうしてこんな, どんな場所, なし, カサコソと, キキキと, リョーマチで, 会うまでは, 娯楽に, 気ばかり, 淫蕩な, 無闇に, 煮えてる音, 生イカ, 目が, 職掌がらとは, 腓は, 見て

▼ やみそう~ (25, 2.1%)

6 もない 2 だから, にもない, もありません

1 [13件] だったが, である, でない, で容易, なやさしい, な気勢, になかっ, になったら, にもなかっ, にも思われない, にも見えなかった, もありませんでした, もなかっ

▼ やみ~ (19, 1.6%)

1 [19件] いっそう深く, かれの, しいんとし, しなかった, せぬ, ないし, ふかくなる, ふくろ, ふくろうの, ますます濃く, また物質, まだ罪, マリユスが, 一歩づつ後もどり, 他の, 其きたない, 出るし, 柔に, 静かに

▼ やみ~ (13, 1.1%)

1 [13件] たらに, まあげを, みお首級, み刑死, み山家武者, み彼女, み男, み騙り, 伝染病者や, 公園の, 皮肉を, 謙遜でなく, 足な

▼ やみから~ (12, 1.0%)

4 やみへ 1 やみに, 何かしらびっくりする, 何時の間にかそっと猫, 姿を, 槍を, 流れて, 煙の, 這い出て

▼ やみ~ (12, 1.0%)

3 いぶせきわれ 2 恐しき 1 かけし黒眼鏡, これからの, その跡, 暴風一過かれ, 無感覚無意識と, 船が, 鳴る音

▼ やみ難き~ (10, 0.8%)

1 嫌厭を, 心より, 性癖と, 悩みの, 悩みより, 意気地によって, 未練が, 要あり, 要求よ, 要請である

▼ やみ~ (8, 0.7%)

2 葬って 1 かたづけて, バラッと, 姿を, 眸を, 祈る眼差, 葬ろうと

▼ やみやみ~ (8, 0.7%)

1 とまだ, と徳川家, と手, と斬られた, と火中, と過ごさする, 五人七人を, 坐して

▼ やみ難い~ (8, 0.7%)

1 ことが, ものを, 人道主義的感激を, 傾向で, 心の, 感情が, 感想こそ, 自然への

▼ やみ~ (8, 0.7%)

2 が落ち 1 が雲, は起らず, もおちた, もしずまり, もだんだん, も著しく

▼ やみ~ (7, 0.6%)

2 が私 1 いやはや, が, がただ, と思った, ねえ

▼ やみなく~ (7, 0.6%)

2 明滅する 1 しんしんと, そ, ふりて, 油皿の, 降りしきる粉雪

▼ やみ~ (7, 0.6%)

1 あなたなら, した, したし, しないの, せずいうに, 忙しい雜事, 死も

▼ やみ~ (6, 0.5%)

21 もんか, 感想に, 薨れ, 降り仕度を

▼ やみでも~ (5, 0.4%)

2 なんでも, 目の 1 あるという

▼ やみ~ (5, 0.4%)

2 の名, や秋 1 へ連れ

▼ やみがたく~ (4, 0.3%)

1 なつた, 十字架を, 私は, 革命運動に

▼ やみにも~ (4, 0.3%)

2 春の 1 思われるし, 灯一つ百万石の

▼ やみその~ (3, 0.2%)

1 中に, 噴出物が, 混乱は

▼ やみない~ (3, 0.2%)

1 動搖であれ, 流動の, 浪の

▼ やみまつり~ (3, 0.2%)

2 などと私 1 を見物

▼ やみみたい~ (3, 0.2%)

1 な頸, にかさかさ, に黄色く

▼ やみらしい~ (3, 0.2%)

1 まだ若い, 案内者が, 言葉を

▼ やみうち~ (2, 0.2%)

1 そひ, を受けた

▼ やみうらら~ (2, 0.2%)

1 かでした, かな春

▼ やみがたい悲し~ (2, 0.2%)

1 さも, さ故に

▼ やみがたき~ (2, 0.2%)

1 こと起り, 情愁の

▼ やみ~ (2, 0.2%)

1 うもない気分, だからこそお前さん

▼ やみさうに~ (2, 0.2%)

1 なく本降り, もない

▼ やみながら~ (2, 0.2%)

1 あの小さい, ともかくも

▼ やみなし~ (2, 0.2%)

1 に中庸, んとして

▼ やみ~ (2, 0.2%)

1 なしに, には藁靴

▼ やみ~ (2, 0.2%)

1 が, が射ち殺し

▼ やみよの~ (2, 0.2%)

1 のは, 紋章

▼ やみよりも~ (2, 0.2%)

1 黒いもの, 黒いやつ

▼ やみ坂西~ (2, 0.2%)

2 の坂

▼ やみ~ (2, 0.2%)

2 の底

▼ やみ~ (2, 0.2%)

2 になりぬ

▼ やみ難く~ (2, 0.2%)

1 夜な夜な同僚, 幕府の

▼1* [143件]

やみあがりの目, やみあたりがしん, やみあちこちに削った, やみあれをする, やみあわてて家, やみお化けでも出, やみまたはこの, やみかつ敬服する, やみかわきちんど, やみがたかった日本, やみが少ない, やみこんなことを, やみさえすれば, やみししの, やみしだいに遠ざかる船, やみじゃないまた, やみすやすや寝つく病人, やみせまる女良の, やみただ足音だけが, やみたりといへ, やみたりと聞きて, やみたりとてそれが, やみたる頃下の, やみたれば八時ごろ散歩, やみだけじゃないか, やみにふみ, やみったらしくいいたか, やみついで水蒸気が, やみつきになったら, やみであったが市, やみであると同じ, やみでしたから兄貴, やみですから遠く, やみではなかった, やみというのだ, やみとが地上で, やみとは云えど, やみとばかりだった, やみともつかぬ濁音, やみなき雨に, やみなどてさは, やみなどというものは, やみなむ日まで, やみならで, やみなんと思い迷うて, やみにくい言葉としてのみ, やみになつてお召し, やみには何者が, やみにぶきみなひ, やみにまでわたしたちを, やみに対しては光を, やみばかりに生きて, やみばかりのためでは, やみふたたび耿, やみまたちら, やみまつろはぬ, やみまもなくチラチラと降りしきっ, やみまんなかの下宿人, やみみんなが縁側, やみめぐみのつゆ, やみもうお前行っ, やみやがて賊徒も, やみやみ北条家へ明け渡せ, やみやみ後に安泰, やみやみ殺されはしません, やみやみ見のがす彼らでも, やみやみ逃れられでもしたら, やみようもなかっ, やみよし野のよし野, やみよそになりゆく, やみよりいづまた, やみみっちゃな, やみわたしたちの財産, やみを通して見極めを, やみクーボー大博士, やみサロンの船窓, やみジュピターによって四季, やみ一座森とする, やみ三人はまた, やみ且つ敬服する, やみ世の中はずんと, やみ五人七人を対手, やみが闇中, やみなれど, やみ伊吹山の上半身, やみじや, やみを持っ, やみ兵隊もいなくなっ, やみ冷たかるらむ, やみ利根を渡る, やみの海, やみ北条家へ明け渡せ, やみ医師は当分事, やみ一つ二つ段々段々, やみ吉野の吉野, やみ同時に人の, やみ吏事も兵, やみ坐して敵手, やみ夜霧とともに暗い, やみ天王寺で私, やみなる義, やみ姿は見えず, やみの中, やみ尋常一様の教育, やみ小康を得た, やみをかくし, やみにせかるる, やみ市場にもあまり, やみ廬山が見えだした, やみ往来も元, やみに安泰, やみもつかれはてた, やみ捕手の灯, やみにくらがり, やみになっ, やみの水, やみ時雨ににたる, やみみては, やみも静まり, やみたなびく暮れ方, やみの声, やみ現世には同じ, やみ田舎風の士気, やみ石割一等運転手が舵機室, やみと烏, やみが静か, やみも晴れ, やみりも, やみ若い女の, やみのうち, やみ薄い雲を, やみ西の空, やみ覚一は撥, やみ識別の力, やみの奥, やみのたづ, やみに後, やみにそれ, やみもなく, やみであろう, やみのよう, やみの声, やみがつまれ