青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「やつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

やった~ ~やって来 やって来~ ~やって来た やって来た~ ~やっと やっと~ ~やっぱり やっぱり~ ~やつ
やつ~
~やはり やはり~ やみ~ ~やめ やめ~ ~やや やや~ ~やらう ~やり やり~

「やつ~」 17785, 192ppm, 528位

▼ やつ~ (5495, 30.9%)

290 來た 235 来て 204 来た 171 來て 108 きて, 下さい 106 來る 90 ゐる 85 ゐた 77 きた 74 來ました 69 ゐるの 56 来たの 55 くれ 48 来る 37 くる, 来ました 34 来るの 32 見ませう 28 ゐること, 下さいよ 27 きました, ゐると 22 ゐるやう 21 きたの 20 来ると, 見ると 19 居る 16 くるの, 来たので 15 ゐたが, 見ようと 14 くれと, しまつ, みると, 見た 13 ゐました, ゐるん, 來ない, 来なかつた, 行きました 12 ゐたの, ゐて, 居るの 11 みた, ゐるが, 下さいまし, 居ります, 来たん, 来ます, 見るが 10 おくん, ゐるところ, 呉れ, 見たいと, 見ろ 9 ください, くると, しまひました, みようと, ゐます, ゐるので, 居た, 来た時, 見ませうか 8 いた, ゐるうち, ゐるもの, ゐる事, 下されば, 来ては 7 ごらんなさい, みませう, 居るが, 来たが, 来たのに, 行くの

6 [18件] いきました, いるの, きたが, きても, くれよ, くれ給, みたいと, みて, みる, ゐない, 下さいな, 御覽, 行くと, 見たが, 見て, 見な, 見ました, 貰ふ

5 [23件] いらつし, ごらん, しまふの, のけた, みたが, みても, みるつもり, ゐたこと, ゐたので, ゐたん, ゐるか, ゐる人, 下さいと, 下さいませ, 來たんだ, 來ます, 居たの, 居りましたが, 御覧なさい, 来たといふ, 来ない, 見たり, 見てくれ

4 [53件] い, いる, いる事, お呉れ, きた時, きては, くること, くれたま, くれて, くれないか, くれます, こない, しまはうと, のけて, のける, ます, みせた, みたの, みたま, みるの, ゐたといふ, ゐたとき, ゐても, ゐるから, ゐるといふ, ゐるわけ, ゐる仕事, ゐる間, 來い, 來たら, 來やが, 居た頃, 居ること, 居ると, 居るので, 御覧な, 来い, 来たか, 来たこと, 来たと, 来たま, 来ること, 来るといふ, 来るん, 置いて, 行かうと, 行く, 見せる, 見たん, 見やうと, 見よう, 見給, 貰は

3 [84件] いて, いると, いるよう, お京さん, お目, きたと, きたといふ, きましたそして, くださいまし, くれた, くれたの, くれる, くれること, くれるの, しまはう, しまふ, しまへ, それから, それを, ほしい, ほしいと, みよう, みること, みれば, やれないこと, ゐたけれど, ゐたもの, ゐたやう, ゐるその, ゐるな, ゐるに, ゐるのに, ゐる時, ゐる男, 下さいました, 下さると, 世相を, 來たり, 來たんぢや, 來ては, 來ても, 出来ないこと, 參りました, 可い, 呉れと, 呉れよ, 居たが, 居たので, 居たん, 居られた事, 居りました, 居るから, 居るもの, 来たな, 来たもの, 来たよ, 来たり, 来た事, 来てから, 来は, 来るかも, 来るが, 来るぞ, 来るだらう, 来るところ, 来るので, 来るもの, 来るよ, 来る筈, 来を, 自分は, 行けば, 行けると, 行つた, 見い, 見せて, 見ましたが, 見やう, 見ようか, 見れば, 貰ひたい, 退けて, 遊んで, 頂戴よ

2 [196件] あとから, いた男, いるところ, いるので, いろ, おいて, おいででした, おくれ, おひとり, お呉れやす, お菓子を, きたこと, きたとき, きたもの, きた三人, きた人間, きた夫人, きた彼, きます, くだされば, くるから, くるだらう, くるでは, くるといふ, くるもの, くるやう, くるよ, くる男, くる酒, くれば, くれまいか, くれるだらう, くれるよ, こい, さます借銭, しまつた, しまつたん, しまひましたよ, しまふといふ, それが, たまるもの, たんだ, ちよう, のけたが, のけたの, のける種, ましたわ, ますよ, まゐりました, みせる, みなきや, みなければ, みますよ, みますわ, みるわ, みる気, もらいたい, やつと, ゆく, ゆくうち, ゆくつもり, ゐたと, ゐたらしい, ゐたらしいん, ゐた同人雜誌, ゐた頃, ゐては, ゐないから, ゐるかといふ, ゐるし, ゐるす, ゐるよ, ゐるより, ゐるらしい, ゐるらしいん, ゐるらしかつ, ゐるんぢ, ゐる傍, ゐる店, ゐる最中, ゐる老人, ゐる者, ドシリと, 下さいお, 下さいます, 下さいませんか, 下さい親分, 下さる, 下さるやう, 下された, 下されと, 下すつて, 下だ, 了つた, 亥刻, 來まして, 來よ, 來られ, 來られた, 來給へ, 勝つたん, 参りました, 口を, 呉れとて, 呉れないん, 呉れませんか, 呉れる, 呉れること, 呉れ給, 喜んで, 安心さした, 少しでも, 居たこと, 居た所, 居つた, 居つた人, 居ました, 居や, 居られたの, 居られましたが, 居りますが, 居りますけれども, 居り又, 居るとか, 居るところ, 居るに, 居るんぢ, 居る人, 居る時, 平次は, 彼は, 来いと, 来さうに, 来たかい, 来たかと, 来たつもり, 来たやう, 来た人, 来た珍客, 来た私, 来た訳, 来てね, 来ても, 来ないか, 来ないと, 来ないので, 来ましたが, 来ましたの, 来られたの, 来られたん, 来るさ, 来るなと, 来るのに, 来るやう, 来るわけ, 来るんぢ, 来る事, 来る風, 東京へ, 欲しい, 無言で, 相手に, 私は, 竹山に, 笑ひ, 置くから, 置くべきである, 罰が, 聞き耳を, 行かねば, 行きますと, 行くが, 行くつもり, 行くん, 行けた, 行けたの, 行けるから, 見せた, 見せました, 見たい, 見たくて, 見たくなるん, 見ない, 見ないと, 見なければ, 見ませうと, 見ませんか, 見ようかと, 見ようといふ, 見りや, 見るがい, 見ること, 見る氣, 貰ひたく, 金を, 頂きたいの

1 [1771件 抜粋] あつと, あなたの, あらはれた, あるの, ある四五そう, あんまり書い, いかなくては, いくだろう, いけないの, いけるの, いただきたい婦人, いただければ, いたらしいん, いた友だち, いつた, いないとは, います, いまぼくの, いられる間, いるお, いる六十がらみ, うちにばかり, うるさく附き, おいた方, おかれたらどう, おくれつて, おくんな, おられる会社, おれの, お出かけに, お嬢さま, お母さんが, お浪, お膝, お運び, かう挽いてるん, かばう必要, きたい, きたか, きたこの, きたそして, きたとても, きたぼろ, きたらしい, きたら何, きたニベ, きた二銭, きた今日, きた博士, きた年, きた意外, きた樹明, きた犬, きた蟋蟀, きた酒, きてないて, きやが, くださいますな, くださらないわ, くるいふ, くるさ, くるため, くるで, くるのに, くる人間, くる国森君, くる年, くる日, くる物體, くる組合, くる話, くる農民作家, くる飯, くれたと, くれつて, くれとるですよ, くれないのよ, くれますか, くれりやい, くれるとい, くれるやう, くれ給え, くんないかなあ, ぐつと考へ, ここに, こないこと, こない油虫, この寮, こられなかつたといふ, これは, ごらんよ, さし向, しまつて今は, しまはなければ, しまひな, しまひました五十前後, しまふぞ, しまふとな, しまふ気性, すぐ効果, せきの, そのうち誰, その人間ども, その子, その手, その死, それからそれ, それから着物, それで駄目, ちつと, でした, とんとんと, ぬるい茶, のけたとか, のけた仕事, のけなければ, のけよ, のけられる, のけるだけ, のけるなら私, のける人物, のける達人, ひろ子の, ほしくない, ましたが, ますの, ます時, また私, みせたが, みせるやれるだけ, みたいそして, みたいん, みたい気持ちで, みただけ, みたら, みたらどう, みないか, みない事, みます, みませんか, みようとして, みるが, みるよ, みる最も, みろい, み度, もう一度半, もらはう, もらひたいと, もらひ進んで, もろたり, やつとの, やらうかと, やりたいと, やりました, やる, やれない事, ゆきたいと, ゆくだけの, ゆくよう, ゆく気, ゆけない実例, ゆけるものぢ, ゆすぶる, よくも寂しく, わざと自分, ゐたくら, ゐたその, ゐたならその, ゐたよ, ゐたらしく入院当時, ゐたン, ゐた事, ゐた店, ゐた時, ゐた様, ゐた父親, ゐた美校, ゐた自然派, ゐないだらうか, ゐない源吉, ゐましたから, ゐましたわねえ, ゐますから, ゐら, ゐられないの, ゐられるやう, ゐるある小さな, ゐるかと, ゐるからには, ゐるこれ, ゐるだけ, ゐるつて, ゐるとか, ゐるなと, ゐるばかり, ゐるもの等, ゐるを, ゐるハモニカ, ゐる一艘, ゐる主人公, ゐる伯父, ゐる劇団, ゐる友人, ゐる君, ゐる大人し, ゐる家, ゐる屋台, ゐる形態上, ゐる心算, ゐる文芸同人雑誌, ゐる時分毎月一回づゝ主, ゐる楠本, ゐる武人, ゐる烏, ゐる石けん会社, ゐる紅子, ゐる聲, ゐる花環, ゐる議會, ゐる週刊北星, ゐる食べるもの, ゐればよ, ウンとこ, スー何うにも, ポーツと, 一と, 一家一族の, 一應調べさして, 一生懸命搜し, 丁度髯, 三七郎の, 三度目は, 下さいあの, 下さいましたの, 下さいますと, 下さい三十間堀, 下さい玄關, 下さらないと, 下さらん, 下さるで, 下さるん, 下すつたのに, 世間から, 了は, 二三日前材木や, 二十日も, 五十五銭を, 今朝から, 以来お, 何も, 何時の間にやら, 來たわけ, 來てから, 來なく, 來やあが, 來何處へ, 俺を, 兄弟の, 全く人気, 其を, 内々に, 出て, 初めて動きだす, 動かして, 半日近く姨捨山の, 厄體も, 参りまして, 参りレ, 又なげ出した, 叔母さんに, 右の, 君に, 呉れだなんて, 呉れないぢ, 呉れられますか, 呉れるもの, 呉ろ, 唯奉公, 国漢英仏独の, 土耳古の, 坐つて, 外に, 大きな茶箱, 大層な, 夫を, 奴凧が, 威張つてお, 子供を, 家族ともは, 實に, 小包に, 少し斜, 居たから, 居たといふ, 居たわけ, 居た筈, 居つたの, 居つた蒙古人, 居ましたつけ, 居られたし, 居られますが, 居りましたけれども, 居りますこと, 居ります二つ, 居り姉, 居るかと, 居るだけさ, 居るであらう, 居るやう, 居る之, 居る側, 居る其工事, 居る学校, 居る彼, 居る此状况, 居る白鼠, 居る而, 居る茶屋, 川添ひ, 帽子を, 平然として, 庇傳ひ, 往きたいと, 後に, 御覧それこそ, 心當り, 怠屈, 悟りを, 成功しなかつた, 払ふ, 抱き起さうと, 掴むと, 揺すぶり抜かうと, 日出の, 早く出したら, 昨日久し振りで, 暗然として, 有名だ, 服裝を, 材料を, 来さうです, 来さうにも, 来ず正三, 来たかも, 来たその, 来たところ, 来ためづら, 来たらうと, 来たらどう, 来たわけ, 来たキング九月号, 来たマストリリ, 来た一銭, 来た以上それ, 来た出水, 来た天狗, 来た小学校, 来た当座, 来た方, 来た時刻, 来た此, 来た汽車, 来た病気, 来た緑平澄太, 来た老練, 来た自動車, 来た霊, 来た順一, 来てさ, 来ないたうとう, 来ないひとつ, 来ない女性, 来なかつたが, 来なさいといふ, 来ましたあす, 来ましたので, 来ませんか, 来よう, 来られたので, 来られた事, 来られた時, 来られるの, 来るから, 来るけれど, 来るだらうか, 来るとは, 来るなんて, 来るは, 来るんで, 来る人影, 来る前, 来る度, 来る父, 来る若い, 来る途中, 来給, 林の, 横に, 欲しいと, 武州さま修理亮さま出雲守さま三浦左衛門尉さま結城左衛門尉さま内藤右馬允さま等の, 歸郷した, 毎晩酒を, 水神の, 泣いて, 流俗の, 海亀に, 満足さうに声を, 激戦する, 熊谷へ, 物笑ひ, 甞めさせた, 申上げ, 番頭さんと, 百兩, 目上に, 看護手の, 確と, 福島嘉平太を, 私を, 立ち上りその, 笑つた, 細君の, 絵具代を, 縮れ毛の, 置かれんさかいのう, 置くといふ, 置くよ, 考へ, 聽かさんか, 腹を, 自分戦ひ, 舞臺の, 落附かせ, 血に, 行かうにも, 行かれるの, 行きませう, 行くうち, 行くといふ, 行くよ, 行く様, 行けないこと, 行けないらしいや, 行けぬこと, 行けませんからねえ, 行けるね, 行けるらしく見えたが, 行ける自信, 行つた方が, 行つて教育界からは, 表向きは, 覆面を, 見せた実験, 見せやう, 見せるに, 見たいほど, 見たいん, 見たい者, 見たく思ひわざ, 見たし, 見たま, 見たらと, 見た母親, 見ないか, 見なくては, 見ま, 見ませうよ, 見よ, 見よと, 見るつもり, 見るもの, 見る必要, 見る積, 見ろまんまと, 見物をわ, 訊いたり, 訛される, 誰れ, 請人を, 貰つた方が, 貰はう, 貰ひたいと, 貰へ, 貴方を, 赤味の, 軍物語の, 返事を, 退けた, 這, 酒の, 釣を, 際どい処, 頂いた, 頂きたいんで, 頂けませうか, 頑固らしく, 顔一面を, 飲んで, 驚いたやう

▼ やつ~ (1934, 10.9%)

31 こさ 16 安心した 12 口を 11 それを 10 安心し 9 自分の 8 気がついた, 氣が 7 郵便が 6 それが, 顔を 5 これで, 彼の, 気がついて, 目を, 笑つた, 腰を, 話の, 身を

4 [11件] その時, われに, 一と, 僕の, 夜が, 安心しました, 息を, 白玉を, 私は, 講堂の, 追ひつ

3 [22件] これだけを, さの, その意味, それだけの, つかむこと, 人の, 今日の, 分りました, 夫人の, 女の, 少しばかり, 手の, 最後の, 気が, 気を, 私の, 胸の, 胸を, 自分で, 解つた, 言つた, 食べて

2 [104件] いっしょに, いて, うとうとした, おちついた, お許しが, ここまで, この頃, これだけの, これ丈を, さう, そこへ, その人, それに, です, どうかな, なだめて, にらんで, ほつと, もとの, やつて, わかつた, わかりました, 一つ処に, 一つ處に, 九ヶ月にしか, 二寸ばかり, 二時頃に, 二歳に, 何か, 其道の, 出て, 判つた, 前の, 勇気を, 口の, 呼鈴を, 夕暮に, 家の, 家へ, 層雲句稿を, 帰つた, 帰庵し, 平静を, 床の, 彼女の, 心の, 思ひ切つて, 恢復した, 恰好を, 意識を, 我れ, 或る, 戻つて, 手が, 手を, 抑へ, 持つこと, 支へて, 木から, 椅子に, 正気に, 母は, 気がついたやう, 水深千尋ぢや, 灌木の, 煙草に, 独りに, 狸汁から, 生きて, 生活を, 番茶が, 発見した, 目が, 相手が, 眼を, 私に, 答へ, 米が, 終つた, 考へ, 自分と, 自分を, 良秀は, 芽が, 芽を, 蒲団の, 蘇つた, 見つけて, 話が, 起きあがつて, 足の, 車を, 逃れて, 連れて, 遅い月, 遲い, 部屋が, 金液神丹方といふ, 間に, 隧道を, 雨が, 雨に, 電車を, 頭を

1 [1452件 抜粋] あいつを, あきらめて, あたりを, あの川, ありついた医業, あれから, いくらかずつ, いつた, いふて, いまそれに, うなだれた, おきみ, おさまつ, おぼしめすでしょうが, おりて, お互, お前が, お国, お家へ, お晝頃, お目ざめ, かうか, かう思ひついたので, かすかに, きたうれし, くれ, こ, ここからといふ, こさお昼, こさとつーぼん, こさ四俵, こさ河原, こせで, このもてなし, この七月, この局所, この時, この程度, この館, こらへた, これだけが, これにて, こんな泥水, さう声, さつき口を, さてはと, した, しづまると, すきを, すませたばかりの, するし, すんだといふ, そこに, そのネル, その場, その存在, その小, その村, その水, その稠密, その身, その部落, それきり云つて眼を, それだけ云, それで買, それらしい見, たしかになつ, たどり付いた迄, だしぬけに, ついた時, つきとめたかの, つながり合は, でしたよ, とりかへ, どうにか道, なでしこ小袋を, につこり笑, はぎを, はれて, ひとりに, ほんとうに, まあ, また気, みんな坐りました, もつの, ゆとりが, わかる, わが家へ, わたしには, わらつて言ひました, アワイ茶屋に, ウイスキイの, コンクリー流し込み, スランプから, トンネルを, バタだけは, パースレイと, プラットフォームに, ホツとして, ホームイン, ポンプの, リヴァプールに, ロツビイへ, 一しょに, 一つの, 一ヶ月振りに, 一人で, 一人にな, 一句を, 一寸ばかりの, 一年前後の, 一日の, 一時間が, 一杯ひつ, 一枚服の, 一目見た, 一般人と共に, 一身の, 一週間の, 七八つの, 万千代さま, 三八九出来すぐ, 三十人位が, 三坪か, 三度目に, 三時ちよつと, 三月しかた, 三百円だけ, 上りか, 上演許可に, 不承不承に, 世帯が, 中へ, 之れ, 九枚あつ, 事は, 二ヶ月ばかりを, 二人を, 二十に, 二十三四にしか, 二十歳に, 二度それも, 二歳かで, 二里歩い, 云つた, 五十位までしか, 五年を, 五歳の, 井戸側に, 交渉が, 人ひとり通れる, 人間並に, 今しがた始まつた, 今一揉, 今夜渠に, 今度隙に, 今日立原道造君が, 仕事に, 仲を, 会ひたい人物は, 住所姓名だけを, 何うにか, 何だかほかほか, 來たんだ, 修一の, 俺達は, 僕たちなんにも, 元の, 光明を, 免れること, 入廷が, 全滅させた, 八十句位しか, 六十束そこそこである, 六時を, 其処に, 其處で, 内玄関の, 冬着を, 凉しう, 出きると, 出來, 出来たやう, 出来て, 出発した, 分つたよ, 切り上げた保吉, 判るの, 別館へ, 助かりました, 動いたと, 勝手に, 十一か, 十七よ, 十九の, 十二三の, 十五歳だつた, 十六日目に, 午後にな, 半分くらゐ渡りかけ, 半年しか, 半月ばかり, 半玉, 単語の, 又とり, 取り出した一通, 取返したが, 古い飼主, 句集原稿を, 叫んで, 右隣の, 叶つて皇子の, 同意した, 呑み込めたといふ, 周囲が, 命は, 咲いたから, 品川へ, 啀み合って, 喧嘩を, 四五脚の, 四十を, 四歳の, 團體の, 土蔵を, 垂水に, 壁の, 売り価, 夕方近くな, 夜ふけに, 夢が, 大島の, 天氣が, 奥歯の, 妥協を, 姉が, 嫁入先を, 学校へ, 安心いたしました, 安里の, 定住した, 客間の, 宵の, 家が, 宿の, 宿銭と, 寒さ, 寝ちま, 寝床から, 寢ついた, 尋ねあてると, 小さな印刷屋, 小康を, 少しばかりの, 少し姉, 居心地が, 屆く, 届く程, 岸までか, 市民全体の, 帰りの, 帰庵彼氏も, 平城の, 平生の, 床へは, 庵まで, 引き出されるやう, 引掛つて支へ, 弟の, 形を, 彼女に, 待合室の, 御入来, 心に, 心配も, 思うの, 思つて足を, 思ひだしたよ, 思ひ出したと, 思ひ切つて母, 急な, 悟つたのだ, 感じる位, 成立つて, 我慢し, 或郊外, 戻つた, 所書きを, 手帳に, 手柄顔に, 才覚し得た, 承知する, 折れた, 抜け出る事, 持ちこたへて, 指先が, 探し求めて, 接収を, 提に, 支払ふ, 放免された, 救濟された, 散歩だけ, 方向が, 旅費だけ, 明るいぱつとした馬道通り, 明るく眉, 春休みにな, 昨日すんだ, 昨日知つた事実な, 時代の, 晩だけの, 暫くし, 曲り角へ, 書けるやう, 月が, 服装を, 本普請, 本郷五丁目の, 村は, 来たそれ, 東京までの, 柵の, 森林鉄道の, 楢雄の, 楽に, 横に, 次の, 正面に, 此の, 此大鱒を, 武士の, 歩きだしながら, 歩く程, 死ぬ一年前, 母親の, 気がついたん, 気がついた頃, 気に入つたの, 気持の, 水の, 氷解し, 決まってるん, 治つた, 波うちぎは, 泣き止んで, 洋燈を, 浪打際に, 浮き腰に, 海は, 涼しくなりました, 済ましたところ, 済んだといふ, 湖上に, 湯銭だけは, 滿十四歳餘り, 潰れたやう, 火は, 火葬場の, 焼酎一合だ, 熟柿へ, 父は, 片づく頃, 片肱, 牢獄へ, 物置から, 理由を, 生れ出るわけ, 田端へ, 男の, 男は, 疲労した, 登り切つたら今度, 白状させた, 的確な, 目的の, 真剣な, 眠りついたと, 眼目の, 着いたといふ, 着替えたよう, 知つてあ, 短い花房, 砂煙の, 硬い漆, 秀ちやんの, 私と, 空氣は, 立ち一人, 立つて, 立上がつた, 立川さんに, 竹山道雄の, 笑つてそれで, 笑ひ出した, 籠いつ, 米友が, 紀元一千八百七十六年で, 素朴な, 給料を, 縋つて, 羽が, 老年の, 耳には, 聞えるので, 聞き取れる程, 胸が, 脱稿, 腹が, 膝に, 自分といふ, 自分達には, 自動車一台通れる, 自身の, 舟舷に, 良人の, 花が, 芽ぶいたは, 英語の, 茶店のを, 落ちついたら急, 落ちつくちつとも, 落つき, 蒐めながら, 蕗の, 薊の, 藤沢で, 蝋燭の, 行乞それでも, 裏口から, 見える位, 見つかつ, 見つけたと, 見つけた寝床, 見られずに, 見合せて, 視線が, 覚つたらしく, 親しみを, 解けた, 解りましたん, 言ひ, 訊いた, 記憶を, 訣つて頂け, 註文ど, 話して, 語つたが, 読める花, 課長の, 諸子の, 議論が, 財布を, 買つて来ました, 質を, 起きる, 起き出した珍しい, 越した, 踏みこたへて, 身が, 轅棒を, 辿りついたの, 近時の, 返事を, 退院を, 逃げ出したの, 途切れて, 這ひ上る, 通じること, 通りこすと, 通り越して, 遊廓へ, 過ぎたと, 違う, 遠藤にも, 避病院へ, 都に, 酔の, 釣り堀の, 鐡道が, 開いたやう, 間違って, 降りだした降れ降れ降つて, 階下へ, 隱し了せ, 離れて, 露命を, 青くなり, 音楽に, 頭だけが, 風の, 食べにか, 食堂に, 首だけ, 駆けつけた先方, 騒いで, 驚愕から, 高浜氏が, 麦熬し, 鼠の

▼ やつ~ (1600, 9.0%)

72 んだ 48 のは 46 ことが 39 のだ 32 のです 26 んです 24 のである 2018 のさ 17 方が 16 ことは, もので 13 のか, ものだ, やうに, わ 12 ことを 1110 ことで, な, のが, ので, やうな 8 か, ことの, といふ, のぢ, のも 7 ところで, のに, のを, ものです

6 [14件] が, ぞ, ぢや, と云, に違, ね, のであつ, のと, のなら, のよ, やうです, 事が, 事も, 事を

5 [11件] がその, ことだ, ことも, と思ふ, のう, のかも, のでございます, ものである, もんだ, んだらう, 時の

4 [14件] ことだらう, ことに, だけで, といふの, ところを, なあ, のであります, ものか, ものだつた, やうで, 仕事だ, 後で, 時に, 時は

3 [16件] ことか, ぜ, ために, といふ事, のでした, のでせう, ものを, もんです, わね, んで, んや, 事は, 人が, 時には, 自分の, 覺え

2 [86件] あなたの, お藤, お言葉, お高祖, かそれ, かといふ, かとお, かな, かなあ, かも知れません, からだ, かわからない, がそれ, が冷, が夫, が後で, が洋服, が翌朝歯, ことである, ことでございます, ことです, ことで御座います, ことと, ことなら, さ, ぞいただきました, だけだ, で, といふあの, といふこと, ときの, ところが, ところへ, とほり, と思はれる, と秀吉, と見え, と言, なと思ふ, にち, のかい, のかと, のであらう, のでその, のでない, のにまた, は恐れいる, ばかりで, まま赤い, ものさ, ものださうだ, ものだらう, ものぢや, ものであります, ものなら, ものは, ものらしい, もんで, もんや, やうだ, よツ, わけです, ツて, ハハヽヽ, 下つ, 事で, 事やら, 人の, 仕事に, 仲間の, 八五郎は, 娘の, 寝藁を, 平次は, 後に, 恩も, 所が, 時と, 時些と, 時代の, 母の, 生徒は, 筈だ, 細工だ, 者は, 通りだ

1 [618件 抜粋] ああしろつ, あの妖女, あの後味, あの旋廻, あの虹, あの鶉, うまかつ, お禮, お蔭か, かあの, かおら, かしれない, かてあんた, かなたしか, かなア, かのやう, かの如く受け取られ, かはその, かも知れず, かも知れない, からあれ, からその, からである, からでもない, からとてそれ, からどれ, からのこと, から一見, から今日, から何とか, から僕, から参謀本部, から奇天齋, から差し上げた, から悪い, から惡い, から提灯, から本望, から直ぐ, から知つてら, から美談, かわかりません, かを云, か其處, か判らない, か原作, か安堵, か己, か彼女, か気がかり, か町役人, か白状, か知らぬ, か知れ, か知れず, か知れなかつた, か知れません, か知んねえ, か見, か訊い, があいつ, があそこ, があんた, がい, がいい, がお, がしかし, がすべて野狐禪, がそこ, がそれで, がどうしても, がどこ, がね, がまだ, がみんな五十點以下, がやがて, がやつ, がゆき子, がゐなかつた, が世話役, が主人, が二度目, が今, が何, が何れ位國家, が何ん, が兎, が勿論, が唯, が喜三郎, が大して, が大分不完全, が帰つて, が庭男, が彼女, が彼等, が急, が成績, が手前, が扨, が持ち, が持參金, が敷島, が書生, が本当に, が此, が父, が用事, が相手, が矢張り, が社長さんだつ, が祖母, が脾, が話し, が金, きびきびし, けれどこれ, けれども思ふ, けれど到頭, けれど女, こと, ことかも, ことから, ことその, ことだつた, ことでしたらう, こととしても, ことな, ことなどを, ことまでが, さかいの, し一寸, し一昔以上前, し京都, し川柳点, し活動, ずんどうの, せいぢや, ぜまた, そして全, その, その小犬, それを, ぞといふ氣持, ぞよ源, だけであつ, だけでももう, だけで貴島, だけの言葉, ちやうど, つけが, つもりで, つもりである, とあるは, というの, という鬼, といふやう, といふ外, といふ御, といふ美談, といふ者, といふ返事, といふ點, とか, とかいよいよ, とかそういう, とかそんな, とか無く, ときおらあ, ときには, とき叔父さんは, とき彼は, とき組合さ, とき雑兵に, とこで, ところ, ところがお, ところがまもなく, ところが一人, ところです, ところに, としたら, としてもこれら, とすれ, となる, とは思はない, とほめられ, とも当人知らず, と口惜し, と思ひこん, と思ひます, と思へ, と推察, と申します, と考へた, と聽いち, と見る, と言う, どうせあいつ等, どう云, なお前, なくな, なとも考へられないで, などうも, などといふ挿話, などと近, なりで, なりに顔, な女, な孝一, に, にし, に對, に過ぎない, ね君達, ね高利貸, のかしらと, のかな, のかね, のださうだ, のだつせ, のだらう, のであれ, のでこれ, のでございました, のでござらう, のでしよう, のでだいぶ, のでひよろひよろ大根, のでみんな, のでやツ, ので兎, ので刑期, ので單, ので大臣, ので御座います, ので怒つ, ので此評判, ので狐氏, ので籠, のにた, のにち, のにまだ, のにまア, のに仕, のに何とも, のに自分, のに逢, のに金魚, のに間髪, のね, のはい, のもう, のをすら, の覚えてらつ, はいい, はうだ, ばかりだ, ほかの, ほどの白々し, までさ, まま身じろぎ, みたいに, めでたしめでたし万歳万歳, もう花, ものかしら, ものが, ものださうです, ものでございます, ものと, ものとは, ものに, ものね, ものの化け, もんぢや, やうである, やうでございました, やつた, よいま, ようだつ, よつて, わい, わけで, わねえ, わ些, んか, んでさ藥足, んで災難, んやろ, ガラスの, ソーントン・ワイルダーの, ヒヨウキンな, プルウストに, ペレシュリャーイが, ンだ, 一つの, 一人だ, 一人前にな, 丁度昼休み, 上何も, 上唇で, 上歸り, 丘直太郎です, 亀が, 亀では, 亀にまで, 事か, 事さ, 事それから, 事だらう, 事である, 事でございます, 事な, 事なら, 事に, 事のね, 事らしい, 事兄も, 事業の, 五円を, 五拾銭玉のき, 五泉家の, 人たちが, 人に, 人には, 人も, 人殺しぢや, 人間も, 仕事が, 仕事です, 仕事と, 仕事は, 仕業だ, 伜の, 位だ, 佐太郎は, 佛國が, 停車場では, 先から, 先代左團次と, 先生, 先生には, 八五郎が, 其の禮, 処から, 処だ, 初見, 判事も, 刹那の, 劇団は, 十段目だ, 南瓜を, 危機です, 商賣, 外には, 多分大丈夫, 大きな約束, 奧にも, 女中が, 奴よ, 妊娠中絶の, 妾から, 娘と, 孫房家の, 宗風の, 宝生栄之, 室生さんの, 寶搜し, 小動物, 小遣ひも氣の, 崇文總目と, 常世神, 平次にも, 広告は, 広瀬氏が, 序に, 店中の, 形が, 形迹を, 役なんかは, 後へ, 後また, 後を, 後二百兩の, 心の, 心算です, 性か, 惡戯と, 愚案に, 態に, 手紙にも, 手紙の, 手際は, 折に, 拍子に, 揚句斬られた, 支度金は, 文化の, 文學上の, 方がよ, 方な, 方へ, 日の, 日頃の, 時こそ, 時とは, 時どんなに, 時など, 時にでも, 時代が, 時刻には, 時彼は, 時更に, 時會場で, 時期も, 時自分は, 時非常な, 時高木さんも, 木を, 榮之, 様な, 樣な, 樣子で, 母親が, 気持で, 氣持の, 流行歌を, 海亀は, 湯島の, 為に, 然る, 犯罪を, 状態が, 玄関の, 珍妙な, 男が, 男爵の, 画家では, 疥癬の, 眺めは, 眼に, 祿が, 禮を, 筈の, 筈は, 紙の, 細かな, 細工さ, 細工で, 細工では, 細工なら, 結果が, 經驗を, 罪の, 美術品に, 者が, 芝居と, 芸に, 若い思想家, 荘田と, 蝶は, 街道端の, 覚えなどは, 言葉として, 言葉は, 託児所の, 記事の, 記念に, 訣は, 語学を通じて, 調子論大, 諸大夫連, 謎の, 貧乏の, 越前屋の, 趣味でなく, 足跡を, 迎ひでツイ今しがた自分の, 通りそれは, 通りな, 通りに, 通り引窓から, 通り百兩出せ, 連中を, 違ひます, 酒を, 金は, 金を, 鈴木主, 鎌倉の, 關係を, 雑草会の, 雨乞ひ, 雨戸が, 頃磯二は, 馬鹿もの, 馬鹿囃子が, 鶴が, 龜では, 龜にまで

▼ やつ~ (1126, 6.3%)

51 あるか 35 ある 21 あるもの 18 いる 16 出て 14 あるもん 12 あるん 8 あって, あります, あると 7 あるの 6 いるの 5 あるかい, あるかと, あるぞ, おれの 4 あるが, いて, かくれて, はいって

3 [15件] あったもの, あったん, あるはず, あれば, いた, います, いるん, そろって, ほかに, 入って, 有るもん, 癪に, 立って, 自分の, 飛びだして

2 [40件] あるという, あろうか, いちばんえらい, いるぞ, いるだろう, いるはず, うずくまって, おのおの家柄, ここに, しのびこんで, そこに, どこからか, どこに, なりました, ひそかに, まだ本当, もし少しでも, ヌーッと, バクチの, 一面に, 互の, 人を, 何か, 何の, 僕に, 向こうに, 妙な, 帰って, 急に, 悪いん, 担がれて, 教室の, 来て, 殆ん, 殺して, 海の, 現れて, 甲上だ, 研究室のかべに, 飛んで

1 [761件 抜粋] ああ言った, あたしも, あっしにだって, あった, あったくらい, あったね, あったらはじめ, あったらわし, あったら喧嘩, あったら己, あっちにも, あっちへ, あっても, あつてな, あでやかさにも, あなた方の, あのおそるべき青銅, あの地下, あまり高く, あらわれたの, あらわれたらそっと, あらわれました, あらわれるか, ありました, ありますが, ありますよ, あるあっち, あるいて, あるかっ, あるかよ, あるけ, あるこいつ, あるたび, あるだろう, あるな, あるなんて, あるね, あるので, あるン, あれで, あろうとは, あんなに手前, あんまり了見, あんまり有難く, いい, いいな, いうこと, いきなりそっち, いきなりとびかかっ, いくらも, いくら鬼神, いたが, いたずらし, いたぞ, いただよ, いたら俺, いちばん始末が, いっしゅんかんに, いっぱい食わした, いつのまにこいつ, いつの間に忍び込ん, いつまで, いつまでも, いないか, いないの, いなくなって, いねえわけ, いまやってくる, いやあがる, いやに, いるから, いるが, いるぜ, いるだろうと, いると, いるな, いるまいという, いるもの, いる人, いれば, うちへ, うまくいかねえ, うろついて, おったよ, おまえに, およいで, おるぞ, おれたちが, お互いの, お出なさりゃ, お小夜, かいくれいない, かかりましたね, かばわれるため, がっくり前, きいたら口惜し, きた, きっと一頭, きて, きましたぜ, きまって公式, くるの, ぐったりし, こうし, こうしてウヨウヨ, こしかけて, こっそり一服, このかん, このせちがらい, この世の, この珍客, この船, この鉄人, これを, こんなに荒っぽい, こんな手紙, こんな着物, こんな荷, ございますから, ござる大方, さっきから, さっきこの, さっぱりわからん, さほどたいした, しきりにお, しきりに降っ, しのびこむの, しゃべったの, しらみたいに, じいさんに, じつにふざけた, じぶん, すぐに, すね出したんで, ぜいたくだ, そ, そこら一面に, そのもう, そのキカイ, その名人, その扇, その香, そもそも天下, それである, それほど根気, そろつて, そんなと, そんなにせもの, たいへんな, たくさんい, たけだ, たてこもって, ちらと, つっ立って, つらばかり, できるまでは, でて, とっさの, とてもこっけい, とびだして, とりこに, とんでもない, どうかする, どうしても動かねえ, どこか, どこかへ, どのくらいの, どろぼう, どんなもの, ないと, なかなかない, なかなか好き, なぐり合う番, なぞの, なまじ智慧, なまやさしいもの, にげたん, にげると, ぬくっと, のこのこ船, はいおり, はいってるの, はじまったん, ぱたぱた手燭の, ひかえて, ひとりいます, ひとりの, ひどく勇敢, ひょこひょこ出入り, びゅんびゅん吹きすさん, ぴったり止まる, ふえて, ふたたび現われ, ふわふわ浮遊, ふんだんにある, ぶらぶらし, ぼくの, まぎれこむよう, まじって, またここ, またそろそろ, また向こう, また存外, また素敵, まだ一挺, まっ黒な, みな不運の, みんなここまで, もうひとり, もう祝言, ものに, やかましいからさ, やって, やってきたと, やってくるとは, やって来て, やって来るの, やっぱり目, やるん, よいぞ, よほどきいた, ろうやを, わからねえん, わしは, わたしに, わたしの, ゐて, ゐても, ゐますよ, ウジャウジャはい, ウロウロし, クツを, グルに, コンクリートの, コンディションを, ドンドン甲板, ナイフなんぞを, ノロノロと, パラグァイアルゼンチンの, ピョンピョンと, ピョンピョンとん, ポタポタ落ちた, マンホールの, ムニャムニャと, ラブレターを, 一二匹枠の, 一人あったら, 一人残らずやっつけられる, 一匹いる, 一寸水に, 一月も, 一本ある, 一番の, 一番厄介な, 一羽だけ, 一軒, 七十近い, 七羽ばかり, 上って, 下手人だ, 不破から, 世の中を, 中には, 中間ふうに, 久方ぶりに, 乗って, 二ひきも, 二三十人ばかり, 二匹一匹は, 二十人ぐらい, 二十面相を, 二階の, 五隻も, 人間の, 今ここへ, 今頃そこらに, 仕合に, 付纏つて来ます, 住み込んで, 住んで, 何うも, 何かという, 何ともはやお話, 何百人帝大出が, 使って, 僕の, 先に, 入門を, 全く魔物, 六十に, 六隻潮風に, 凶器を, 出た, 出で, 出やがったなん, 出るもの, 出来ようという, 出来るに, 刀なぞ, 分ったらひどい, 加十の, 助けやがったんで, 勝てば, 十字を, 危険な, 即ちそれ, 取れるもの, 古島雛の, 可哀そうで, 名代に, 向う方, 君の, 和尚さんの, 啼いて, 喋ったかと, 困ったとき, 国の, 塀を, 壺を, 多いので, 大きく色濃く拡がっ, 大きなまんま, 大切な, 大勢邸宅の, 大嫌いだった, 大急ぎで, 大方饒舌, 奉行か, 奥坊主の, 好きでない, 好きでならない, 好きに, 妙に, 始まったな, 始まる, 子どもの, 安身梅, 家じゅうの, 家の, 寄って, 寒がっ, 寝返りを, 少しづつ頭, 尾けて, 居る, 左右整等で, 平げた, 幾つも, 幾種類か, 床に, 底に, 店へ, 引返して, 強く利く, 影も, 彼の, 待って, 待ってるわ, 徹底し, 必ずある, 必死に, 忌だ, 性に, 怪しい, 怪物だ, 息を, 悪戯な, 悪魔, 悲痛な, 成功いたしやし, 我々の, 手打ち蕎麦を, 承知しない, 持って, 指し図致した, 振りましたので, 掛つた, 日傘を, 日本じゅうに, 明和安永の, 昼間の, 暴れくさ, 暴れ出して, 曲者で, 書いて, 最も臭い, 最後の, 有るん, 本当にある, 本当の, 来たぞ, 来たって, 来たら言ッ, 来たら逃げようたって, 来とるん, 来ました, 来るかも, 来るそう, 来るん, 杯酒の, 梅五郎の, 梢一杯に, 権藤四郎五郎左衛門めで, 横へ, 横合から, 横奪, 正客だい飲め飲め, 正面の, 殺されたん, 殺された子ども, 毎晩出かけ, 氷河の, 江戸錦に, 沁みそう, 沢山ございます, 治郎君を, 泡を, 流行り出してるの, 海ん, 濡れたと, 灰白色の, 煙突の, 片づけるだろう, 現われます食事, 現われるかな, 生きて, 生まれたの, 用意され, 田ン圃へ, 異人から, 痣蟹に, 白か, 百姓は, 皆痩せ, 皮だけ, 盆を, 盛りつぶされて, 目ざした不逞漢弥三郎, 省作さんに, 眩暈を, 着るだけでも, 着物越しに, 私の, 種切れに, 空っ, 空に, 立ち廻って, 笑ったん, 縁の, 織田信長の, 胆を, 脅迫を, 腑抜けに, 自分で, 自由自在に, 舞いこんで, 舞い込んだもの, 船へ, 色々ある, 若しお, 苦いの, 落ちつきはらっ, 落ちて, 蔵し, 血を, 裏庭からでも, 見えなくなった地点, 見つかってから, 見つかつ, 見はって, 見当が, 読み終わると, 諸肌ぬぎ, 負ければ, 賽銭箱を, 足手まとい, 軒下を, 軽石みたいに, 返辞を, 追っかけて, 逃げて, 逆上る, 通ったので, 通る, 遊び出した, 道庵を, 金喰ひでな, 長いはしご, 門の, 降って, 陰に, 障子の, 青くよどんだ, 青年の, 頭を, 飛んだこと, 食べられるの, 首を, 鳥を, 鳥目などに

▼ やつ~ (1049, 5.9%)

12 ない 5 どこの 4 どうした

3 [12件] ありません, それを, どこに, どこにも, どこへ, ひとりも, 不思議な, 妙に, 度し難いもの, 自分で, 苦手だ, 見たこと

2 [43件] あとで, あるまい, いないか, おれの, じぶん, ずいぶん弱い, その中, どっちへ, どんなこと, ないぞ, ないな, ばかだ, ふだんは, へんに, ほかに, まあたいていそんな, もの共が, 一人も, 人間では, 人間の, 人間を, 何かを, 出世を, 厳しくすれ, 君も, 周知の, 大嫌いだ, 始末に, 怖ろ, 手を, 救うよりは, 斬るぞ, 日本に, 死んだやつ, 殺すつもり, 洛中に, 税を, 素早いもん, 膝まで, 自分の, 誰だ, 野原の, 非常に

1 [906件 抜粋] ああいう, ああも, あっても, あと足で, あのボート, あの新聞社, あの通りトゲ, あまり使は, あまり好かねえ, ありゃしません, あるが, あるもの, あれで, あわてて, あわれなもん, あんな走りかた, いかが, いきなりり, いくら下から, いくら腕, いずれも, いちばん足りない, いったいどこ, いっぱし正義, いつでも, いつのまにこんな, いつまでも, いつも敏感, いないかと, いないだろう, いないという, いないらしい, いませんが, いまに, いるが, いろいろな, うっかり信用, うまそう, えらいです, おかしなやつ, おそらく天下, おそろしい悪もの, おもしろいもの, おれが, おれを, かえってばか, かえって傲然, かならずほろびる, かまわねえから, かわい者, きっとぐるっとまわっ, きみが, きみわるがるだろう, きらいだ, きらいで, くたばって, けがでも, こいつか, こういう時, こうした仕掛け, こうタフ, こっそりと, こっちで, こっちの, この世に, この大, この槍, この檻, この百科事典, この通り, これで, これも, これア仲, こんどなぐっ, こんなもん, こんねにじつと, ご破門, さぎ師, さつ, さんざん苦心, じっとし, じつに思い, じれつたくつて, すぐこうした, そいつの, そうざら, そこに, そのお, そのほか, そのまま奥, その女房子, その生涯, それから上着, それに, それも, たいがいかくの, たいていお, たおした, たしかにいつぞや海賊船, たたッ, ただうまい, ただもの, たぶん左きき, だいぶと, だめだ, だれだ, だれでも, ちやほやし, ちょっとした明る, つよく生きる, つらも, ですよ, とうとう牧師, とかく忙しい, とっくに牢, とっぴな, とびおりるかも, どういうもん, どうしたろう, どうしておる, どうしてこんな, どうもくすぐったい, どうも厭, どうも平行, どうも病人, どうも足, どうやらドイツ軍人たち, どう遇, どこかで, どこかへ, どちらへ, どっかその, どろぼう, どんなところ, どんなひどい, どんな場合, どんな様子, ないかな, ないけれど, ないはず, なお私, なかった, なかなかの, なかなか大した, なかなか直る, なかなか複雑微妙, なし追いかけ, なぜに, なにものだっ, なんだかひどくうす, なんという, なんとなく凄味, なんと考え, にげる時, ねえよ, ねずみか, ばかな, ばかに, ばけ物, ひどいやつ, ひょいとこちら, ぶッ, ほかには, ほかの, ほんとうに, ほんものの, まあたとえ, まあ何, まあ相手, まことにとめどなく, まずそう言い張る, また因果, まだくち, まだそう遠く, まだ子供, まったくいつも居眠り, まるで死んだ, まるで金魚, みんなこう, みんなこんな, みんなた, みんなつれこん, みんなばかです, みんな同類な, みんな役人に, みんな眼前だけを, みんな赤裸かで, めったに一人, もういない, もうちゃんと一人前, もうはずれ, もうゆるし, もう二十分のち, もう全然口, もう障子, もっとけしからん, もっともっと複雑, ものすごいねえ, ものどもの, やがて運転席, やすやすと, やはり川原毛, ややこしいこと, ゆるすわけ, よくわからない, よく使, よく置忘れる, よっぽど恐し, よほどわれわれ, よほど手ごわい, わかってるから, わが遊星上, わつ, われわれの, エライものの, カパの, ガラスと, ドンドン道傍, ハンケチを, ヒョイとうしろを, ブラジルへ, ヘッこんな, モット大き, ラシャメンを, ワイワイ騒ぐ, 一つおまけに, 一つも, 一ぴきも, 一ツ橋家の, 一人だって, 一体に, 一体誰, 一分一秒の, 一層その, 一旦來, 一晩も, 一歩一歩やみの, 一癖ある, 三年の, 下って, 不とどきな, 不孝者じゃ, 不浄を, 世界の, 中で, 中の, 丹頂の, 乞食同様な, 乱暴だ, 二つと, 二十呎其上へ, 二番て, 井戸を, 亭主が, 人工的に, 人間に, 今ごろどこ, 今また, 今刑務所, 今殺さなく, 仕方が, 他人に, 体質性の, 何から, 何だろう, 何とも口, 何にでも, 何商売だ, 何者じゃ, 何者だ, 余り描きたく, 例えどんなに, 信用すれ, 傲慢なもったいぶった, 僕の, 儲かること, 元来航空兵, 先天的に, 全くそれ, 全く厄介物, 全く田舎, 兵糧方の, 具合の, 再聞, 出易い, 分りきったこと, 切るとき, 到底英雄, 前後に, 動物の, 勘は, 医学校なんかの, 博徒であろう, 厳罰に, 口を, 古式を, 叩っ殺し, 可笑しな, 向こうから, 喉を, 土の, 地球人の, 墓だ, 変な, 外科手術の, 多少度外れ, 大きい方, 大きく奇妙, 大ビラ, 大嫌いな, 大抵きまって仕様, 大間抜け, 大魔霊, 天狗の, 奇妙に, 女が, 女と, 女を, 好かん, 好きだ, 如露で, 始末が, 婆様に, 孫悟空が, 実になんともいひ, 実に力, 実に怪しから, 実の, 実は大抵, 容易に, 尊重し, 小さな鏡, 小学校一年生ぐらいの, 小屋に, 少し骨張り過ぎてる, 尻尾を, 履物を, 山乞食の, 左膳の, 帆村の, 常にど, 年は, 庭へ, 弟子では, 弦之, 強いん, 彼の, 待ちかまえて, 後半身に, 得てしてこんな, 得な, 徳川家康だ, 必ず汁, 忍術にかけては, 思わずどきんとした, 恐ろしい怪物, 悪いやつ, 悪党仲間でも, 悪用し, 情けないもの, 愛だの, 感心な, 戦と, 所長だ, 手ぬぐいを, 手前を, 折れたり, 持つて, 推論の, 損を, 攻むるにはむしろ攻め, 敵方の, 新夫婦, 日本ひろし, 早くどこ, 明智の, 昔からの, 星の, 時々出し, 曲線な, 月収一万元を, 有って, 木佛金佛石ぼとけ, 本の, 本来仏頂寺の, 松下の, 松葉いぶし, 柿であっ, 楽しい夢, 歌だの, 武士の, 武士らしからぬ, 死体の, 残念ながら, 気が, 気のは, 気持が, 氣の, 水で, 江戸前で, 池島信平であった, 法月弦之, 泣き虫の, 深く考えれ, 游がずに, 潜航艇に, 煤の, 爆撃圏に, 牡同志が, 物が, 特別に, 特別製で, 狂人だ, 独創的な, 狼の, 獄窓から, 玄関の, 珍重すべき, 珠にも, 生憎ここ, 男に, 町の, 畑違いで, 異人の, 発射し, 百叩きよ, 皆へ, 皆東京へ, 皮肉に, 目明しの, 目高の, 相当に, 相手にとって, 知己を, 知恵も, 研究の, 社会民主主義者の, 私の, 秘密の, 空想とは, 笞で, 簡単で, 純然たる, 絞れば, 続き出すと, 綱を, 締まると, 羊を, 老人や, 肉が, 肉売りだ, 胸に, 脛でも, 自分かってな, 自分ながら, 自動車の, 興奮の, 若いやつ, 草の, 薄田ばかりじゃ, 薄馬鹿である, 薬に, 蝶々トンボの, 血圧に, 袁譚の, 見物人の, 見苦しいわい, 解らぬ, 誰か, 誰だった, 謂ゆる, 豊臣の, 足も, 辞職届と, 近ごろ半可通が, 近頃ばか, 逃げて, 逃げ失せて, 通りませんでした, 道庵と, 遠藤平吉の, 郷里の, 酒と, 金の, 鉄人, 長らく王様, 陳という, 陳といふ, 非人では, 靴を, 顔も, 風情の, 飛ぶよう, 食う事, 食物を, 飽くまでこびへつらい, 馬詰丈太郎です, 駐在所から, 高味, 魔法つかいです

▼ やつ~ (621, 3.5%)

7 持って 6 やって 5 見て 3 つかまえて, グイと, 作って, 殺して, 生かして, 貰って

2 [25件] あっと, えらんで, お見あたりでございました, きって, この手, ほしいの, 一人で, 何者と, 使って, 出すぞ, 大々的に, 家へ, 斬って, 昔は, 申し上げて, 相手に, 知って, 纏めて, 見たこと, 見はって, 見ると, 読んで, 買って, 追いかけて, 連れて

1 [535件 抜粋] あたしの, あっさりと, あっさり草むら, あてがわにゃ, あのまま, いただくん, いちいちその, いっそう狂暴, うっちゃって, うつには, うまく即座, うんと責め, えっちらおっちらと, おいまわすよりか, おじさんに, おっかけとっく, おっかける勇気, おとし差し, おとりに, おどろかせて, おもちゃに, おやん, お盆に, お見舞い, お食, かかえて, かぎ出して, かつぎ込んだという, からめ取って, きゅっと引っかけた, きれいに, ぎゅっと押え, く, くくしあげろ, くるくると, くれたん, げんこつの, こう受取る, ここの, ここまで, こしらえさせて, こしらえやがったぜ, こちらへ, このまま, この金時計, こんどは, ご城中, ご警戒中, さがしたの, さがして, さがしました, しばりあげ戸棚, じっと見, すぐその, すぐ甲府, すっかり軽蔑, すっぱりやっ, すっぽりかむっ, すばやく沖島, するする引き下ろし, せせりながら, そっくり買占める, そっと売っ, そつと, そのままの, その足, その風呂敷, たきつけおもしろい, たのむよ, たべて, たべるに, たんまりと, だぜ, だまかして, ちょいと, ちょっぴり棒切れ, つかえば, つかまえなければ, つかまえました, つかまえる, つかまえるいちばん, つくりかけて, できるだけたくさん, とうとう生き, とくべつに, とっちめて, とっ捕えて, とらえて, とらえようじゃ, とるやう, どうかしよう, どうしてくれよう, どうにか工面, なぐるの, なんでも, にぎって, ねだりそれ, のっけるの, はくの, はさんで, ひきうけるという, ひっかむって, ひっ捕らえて, ひとつ心配し, ひとつ拝ませ, ひとりずつ, ひとりで, ひやかしたん, ふくむ, ふたたびジャケツ, ふん縛れ愚図, ぶん殴った, ぼくは, まぜて, また建増し, また更に, まんまとわな, みすみす逃げられちまった, みつけたらよびこの, みて, みると, みんな打ち懲らし, もう一人, もさり, もって, もつてさ, もてあそんで, もてなさんならん, もらいに, もらひおくれた子供, やっつけちまった, やっつけないで, やっとおさえよう, やっと一ト思い, やっと謀略, やつてた, ややおとしめ, やり出した, ゆっくり遊ばせ, よろこんで, わざと鏃, わざわざ譲っ, アッと, ガブリと, ガリガリと, グンと, ゴソゴソと, ゴロピシャッ, スパスパやっ, ゾッとさせ, ドツサリ取, ドツサリ喰べたあの, ドツサリ拵へて, ニュウッ, バック, ヒョイと, ピシャンバリバリ, フウフウ言っ, マーシェンカと, 一つくべとく, 一つ出します, 一つ火箸で, 一人が, 一人一人片っぱしから, 一台取つ, 一日も, 一晩水に, 一本伝六に, 一枚そっくり, 一気に片付け, 一生懸命に, 一筋舌の, 三匹ばかり, 三枚ばかり, 上から, 上手に, 与えず専ら, 世の中に, 世間の, 両手で, 並べると, 二つ作っ, 二三箱ほど, 二人の, 二頭か, 五十玉ばかり, 亭主に, 人と, 人も, 人より, 今まで, 今日撮っ, 介抱し, 伝六に, 何度にか, 作られては, 使え, 俵でも, 俺の, 俺は, 催促する, 元素転換で, 兄貴とは, 先生が, 先頭に, 入れない, 全滅の, 六人もと, 利用する, 削り直したり, 力いっぱいつきとばし, 助けて, 勇敢に, 十五六も, 十人の, 卓子へ, 取って, 取り押えた人, 取逃がしたよ, 受取ったこと, 受取ったカント・デック, 受売りし, 古新聞, 右に, 右門は, 同じ医院, 君に, 君は, 吹っ飛ばして, 味わって, 味噌汁に, 咽喉元に, 唇へ, 喋れ, 喰は, 噛みしめるの, 土で, 地獄へ, 執った, 塗りの, 塗る, 塩を, 夕刊の, 夕食の, 大きな湯呑, 大きな鋏, 大望の, 大袈裟に, 奮發し, 好きで, 好まなかった, 好んで, 好物に, 始めても, 婆さんが, 子供の, 孕ませ握りたて, 客の, 宿屋か, 射よ, 小皿に, 小突くため, 少々お, 尾を, 尾行し, 帰すこと, 平気で, 庇うん, 床の, 店から, 廊下へ, 引きとらえて, 引き出して, 引こ抜いて, 引っかけて, 引っ張り出したの, 引つこぬけば, 引ん, 引張って, 引張り出して, 引離せ, 役員の, 待ち構, 待ったか, 待って, 後から, 御安直, 御持参, 恵んで, 成敗せん, 扇子を以て, 手で, 手に, 手料理これで, 手早く取っ, 打つこと, 払えば, 投げころしては, 投げ出すよう, 抛っと, 抛りこめ, 抜いて, 抜き放して, 抜き放し丹治, 択つて丑松にも, 押し伏せること, 拾って, 持った人, 挫いでくだされ, 振って, 捕えたが, 捕えて, 探して, 探し出して, 探し歩いて, 探し當, 掴へて, 掻上げる, 掻攫つてその, 提げて, 握って, 携えて, 擲殺し, 攻撃し, 敵として, 料理し, 断頭台に, 日本では, 是非ともみんな, 景気よく, 曲ったもの, 更に引, 木小屋の, 朴葉に, 来がけ, 枕に, 椀に, 槍で, 横っ面へ, 檜葉や, 欺し, 正直に, 此船も, 歯で, 死ぬほど, 死刑に, 殴るか, 毎年ど, 水浅黄ちらめかい, 沢山もつ, 注射一本で, 洗って, 深淵の, 温め直して, 湯呑水呑で, 火の, 炊事場の, 炙りながら, 無理やりに, 無電で, 熱い御飯, 片っ端から, 片づけて, 片端から, 牛の, 狙うべきが, 狙ふべき, 狩り出したの, 玄海灘あたりで, 生の, 甥にも, 用意し, 申し分の, 畳んで, 発見する, 皮の, 盗んだん, 盗んで, 盛った肥桶, 目利し, 盲なぐり, 直ぐお, 直ぐに, 真正面から, 着て, 着てや, 着込んだセルゲイ, 着込んで, 着飾って, 矢伏が, 知ってるん, 知つとる, 石炭庫へ, 私は, 突きつけながら, 突き落した, 節子に, 紙袋に, 組立てて, 練習しなけれ, 縛っちまいまさあ, 縛つてしまへ, 縛れ, 羽織の, 聞いて, 聞かせて, 肴に, 腐らしちまう, 膝の, 自分で, 自身の, 芋づるに, 花だ, 苛高がわりに, 茶漬茶椀か, 衣紋竹に, 西山の, 見た, 見たかね, 見たらあと, 見たらすぐ, 見つけた, 見つけたら大きな, 見ないん, 見なかったかと, 見なかったかね, 見出した, 見学かたがた山の, 見附けて, 親指で, 訊し上げ, 討つの, 討て, 話して, 誇らしげに, 誰かれかまわずとっ捕まえ, 貰いに, 貰いましょう, 貰つて來ませう, 貰つて来ませう, 貰は, 貰ふ, 貰ふこ, 貰わなかった時, 買うと, 買った, 買取るん, 賭けようじゃ, 賭けるの, 起すの, 踏み越えて, 踵の, 蹴飛ばして, 身を, 身動きの, 車輪にかけて, 軽くふりまわしはじめた, 輪切に, 追いかけやしないあと, 追いかけよう, 追いかけろ, 追いつめて, 追うの, 追っぱらって, 追っ払うには, 追跡しない, 退治ました, 送り届けて, 送るの, 逃がすなよ, 逃がすまいぞ, 逃さないやつ, 通りかかりの, 造って, 連れ出して, 運んで, 遠いところ, 選びに, 酌み交して, 野に, 野ッ原へ, 針医の, 長めに, 間違って, 附けても, 隠してるな, 隠しゃしないだろうネ, 預かって, 預ったうえ, 頼む, 食は, 食ひ, 食べさして, 飲ませて, 飲ませると, 飼って, 首の, 馬の, 馬鹿に, 鼻の

▼ やつ~ (414, 2.3%)

2964 だな 3 いいきびだ, だが, の仲間, は, はおれ, ばかりだ, をあっ

2 [18件] がいる, がぼく, が来る, が総がかり, だし, だと, です, にいつ, におまえ, に責任, の方, の目, の船, の首, はお, はその, は僕, は自分

1 [318件] あせんで, あねじ釘さ, あ俺, あ聞かなき, ええ流されてるだ, おやかましゅう, かな, から, から奪い取っ, があそこ, があわてさわぐ, がいいふらした, がいきり立て, がお, がおれ, がかえって, がくやし, がこ, がてめえ, がどれ, がなんで, がのっ, がはいっ, がひさしく, がひとり, がまだ, がみんな, がやかましく, がわし, がクラム, がドッ, が五, が今, が何一つ, が何知つて, が僕たち, が助かる, が君, が否応なしに, が地球, が小判ほしさ, が役場, が悪い, が拙者, が来たら, が来やがった, が殊勝, が目, が神尾, が穴山梅雪, が素早く, が網, が腕, が藪蚊, が覚平, が諏訪, が警官, が透明人間, が鋤, が集まっ, が青, じゃござんせん, じゃな, じゃない, じゃ左様, じゃ誰, だあいつら, だあんな, だから, だこんなに, だったん, だっておれ, だって印度, だね, だのう, だらう, だろうが, だろうな, だろう誰, だナ, だ早く, だ用事, だ稗粥, てがら, てまえ, で, である, でこんな, でつまらぬ, でねえから, ではない, で一時, で時めい, ときた, ときたら, とぐる, とちが, とちがう, との関係, と同一, と異派席, どうする, どんなこと, など少し, なん, なんか, に, にしたくさせ, にとっ, にはただ, にはウン, には労働者, にばか, にひきつけられる, にみんな, にもとうとう, にも裏切り者, にわがまま, に会, に向かっ, に嗾, に囲まれ, に妙見さま, に対する意地, に感づかれた, に慈悲心, に捨て, に気づかれない, に物, に芸者買い, に見せた, のいう, のうち, のくやし, のこと, のごとき, のし, のため, のはね, のひとり, のひり出した, のほう, のもの, のもやもや, のアパート, のストライキ, の丸木舟, の会堂, の例, の口, の呼吸, の家族, の居どころ, の巣くつ, の幾人, の悪霊, の手, の水葬場, の目あて, の笑いもの, の素姓, の罪悪, の考え, の腑甲斐, の道, の顔, の魂, の鼻, はあの, はいい, はいけない, はいちばん卑怯, はいつ, はう, はうすく, はおおかた, はかえって, はくわしい, はこの, はこんな, はさっそく, はすこし, はそう, はそれ, はそんなに, はただ, はつかれきっ, はどうしても, はどこ, はね, はひどい, はへそ, はへっぴり腰, はぼく, はぽん, はまさか, はみな天罰, はみんないや, はみんなそ, はむろん, はコウモリ, はサッと, はセーラー, は一体, は上, は世界, は人ごろ, は今ごろ妙見さま, は何, は何者, は俺, は借金, は儚い, は先生, は労働者, は図, は大部屋, は妾, は姿, は学内細胞, は悪漢, は戦わぬ, は捜査, は揃い, は旧, は残らず, は気の毒, は潜水作業, は無, は照りつけられ, は相手, は神変ふしぎ, は神妙, は私, は簀巻き, は羽振り, は蒸気車, は覚悟, は詭弁, は貯めた, は賢二君, は逃げ, は銀行, は鋤, は陸賊, は驚嘆, は鼻, ばかり出, へは怪我, も, もあと, もいよいよ, もこの, もすこしどうか, もそれほど, もそれ相当, もたれ, もなに, もムク, も一匹, も多い, も引きあげ, も御, も息, も手こずった, も気がつく, も花子, や, やの高波, や悪, よ, を, をあっと, をおまえ, をけっして, をしかりとばし, をたしなめ, をたたきのめし, をちゃんと, をなぐり殺し, をひっくくっ, をびっくり, をぶっ殺せ, を一人, を一番いや, を不憫, を何とか, を出し, を出し抜い, を前, を去らせよう, を叱りおこう, を向け, を呼ん, を噪, を嚇しといた, を征め, を感化, を放せ, を斬, を斬り散らし, を油虫, を無視, を燃やし, を白眼, を目あて, を相手, を睨みまわした, を空裸, を肩, を見下ろし, を追い出した, を逃がしやしない, を選っ, を酷い, を防ぎやぶっ, を馬鹿, 呑まれちゃうだ二人

▼ やつ~ (391, 2.2%)

95272512 なあ 6 と思った 5 ぜ, と思っ 4 からな 3 からね, が, ぞ, と思う, ねえ, の, ッ

2 [15件] から, から事, があの, が急, そうで, て, という, ということ, というよう, とおもった, と思い, と思われ, なあ今日, なこの, ネ

1 [161件] あっちへ, お前の, かしらべ, かどこ, からいつ, からいつも, からうかつ, からお, からこうして, からすこしも, からすっかり, からそれで, からただ, からだ, からだまっ, からだまつて, からてっきり, からである, からどぶろく, からなん, からばける, からもしも, からわれわれ, から夜, から存外, から手さぐり, から是非, から畳ん, から眷族, から見られない, から酒, か心当たり, か知らねえ, がしかし, がそいつ, がそう, がた, がただ, がぶったぎっ, がまた, がよく, が一体, が一気に, が主人公, が今, が今度, が掟, が栂, が武士, が貸す, が載せる, くらいにしか感じ, くろ鶫, けど乗ってる, こんなこと, さあ覚悟, しうしろ, せっかく大事, ぜこいつ, そうだ, そうである, そうです, そう考え, その薩摩, それが, ぞとひどい, つたのだらう, つて病気に, で, であれ, でな, と, といいたげな, というくらいのこと, といったふう, といつも, といふ, といわぬ, とおっしゃっ, とかこっち, とかそりゃあ, とどなっ, とどなつ, とは云, とは思わなかった, とは知らなかった, とも思召, と一人言, と上人, と主人, と僕, と内心不快, と内心舌, と出羽守, と半, と反対, と叱りたい, と呟いた, と噂, と思いました, と思います, と思つた, と思ひ, と承知, と暫く, と秘か, と笑った, と舌打ち, と見え, と言っ, と誹られよう, と重ね, なお, なこいつ, なこれ, なそんな, なそんなに, なてめえ, なとわれ, なと思いました, なと無趣味, なまた, なまったく, なんてえ, なア, な君, な子供, な役者, ねえ氷, ねつい, ねとさもさも, ね南無阿弥陀仏, ね目, のう, のと, のにどうして, はなしにも, ばかな, べさ, また隙, よおれ, よくよくだめ, よしッ, よなあおれ, わ, んね, ナ, ナと思っ, 今度逢つたら, 刀を, 君は, 売り物でない, 武士か, 武士に, 気を, 片輪, 贋造じゃ, 降参しろ, 雪なんぞは, 青年が, 魔気か

▼ やつぱり~ (333, 1.9%)

5 同じやう, 生きて 4 しつと, ほつとり, をと 3 さうだつ, 伐りますか, 似たやう, 出て, 黙つて 2 かうして, さうだ, さうです, 嬉しい, 少しも, 新京, 眠られない, 降つて, 飲みすぎだつた

1 [278件] あたくし, あの太, あの復員, あの手, あの素晴らしい, あの頃, ありや, あるの, いいとこ, いくら一生懸命, いけないかね, いつの間にか作者, いろんな事, う, うまくない, うまく行つて, うれしいの, うんう, えらかつ, おせい, おせいさん, おぢ, おんなじぐらゐ好き, お会, お帰り, お手放し, お日さま, お病気, かうさ, かうした簡單, かなり注意, かぶりを, くること, このまま他人, この人間, この別荘, この小説, この惡臭, この時, この本, この村, さう, さうせん, さうなん, さすがだ, そういう罪, そのうち, その名, その子供さん, その御, その清潔さ, それでも療養所, そんなに苦しん, そんな人, そんな風, ただやたら, どうにかする, どうにも, ないと, なアん, はあと, ばからしが, ほんとか, まだとても大変, まだ死ぬ, もう少し泥, ゆかいでした, よくなかつた, よろしいさみしいけれどやすらかで, 一応それら, 不味かつ, 付いて, 何とか煙, 何となく, 何気なく盃, 侘しいの, 偉い, 偉いと, 偉いの, 傾いたま, 優れた演劇, 光らうし, 光る山, 出ますか, 出来ません出来ません, 分つて, 分らないこと, 分る人, 利き目, 動きつけて, 卑しかつ, 単に悪魔的, 厳しい, 取つて, 可愛が, 可愛く私たち, 可笑しさ, 叱られて, 同じこと, 同じ三桁, 同じ所, 同じ様, 同じ歩調, 同じ級, 向ふです, 唯是, 困つた, 困つて, 困らずに, 堪らなかつた, 売る女, 多少頭, 大きな口, 大きな結果, 大しくじり, 大したもの, 女らしいの, 好いな, 始終俥, 嬉しかつ, 実際上, 寂しいいや, 寂しいや, 寂しい人, 寂しい寂しいの, 寂しかつ, 寂しく思はれた, 寒い, 寒いので, 寒いもう, 寒い国, 寝つかれないらしい, 寝つけない, 寝て, 小さい時, 小さくそして, 少し後, 少し抜け, 少し文學, 尽きない縁, 居坐りだつた, 届きません, 帰るわ, 弱いお人好し, 強い男性, 当つた, 待つて, 御保養, 御婦人, 御耽溺, 御見込通り, 忘れないで, 忘れられないの, 忙しいとい, 怒つたね, 怖くて, 思ひ出すよ, 思ひ悩んで, 急いで, 恐ろしい相手, 悪い読む, 悲しいこと, 惚れて, 惜しかつ, 愛しては, 慰まない人間, 憎い, 憎うは, 戻つて, 戻らないで, 押入れんなか, 探しに, 新体制, 新時代, 早くいふ, 早く健康, 晴れた美しい, 暑いね, 暗い処, 暗くて, 本当に惚れ, 本当に解決, 本當, 本親, 来たわよ, 来て, 案じた通り, 楽しかつ, 正しかつ, 歩かなければ, 死ななけきやあ, 死ねないもの, 死んぢ, 気づかひに, 流れて, 涼しい, 淋しいこと, 淋しいには, 淋しい一人旅, 淋しく候, 無くな, 煮え切らないやう, 物淋しい外, 特に美しい, 甘かつ, 甘ちやん, 生きられるだけは, 生れた土地, 畏れて, 疑は, 疑ひで, 疲れるの, 白い旗, 目立つ事, 直ぐそこ, 直つて, 睡いの, 知らなかつたん, 短い生, 破いて, 立つたま, 細い銀, 細かくかの, 美しいいち, 美しいから, 美しいもの, 美しい物語, 美しすぎる, 考えなければ, 考へやう, 聞きたかつた, 育てな, 背負うて, 脹れ物, 自來也はん, 苦しい, 苦しいもん, 苦しい苦しいこんなに, 苦しみました, 薄汚い田舍, 行かなければ, 行くかな, 被り馴れた古, 見えない, 見えない所, 見たよう, 見て, 見付かりません, 見知らぬ青年, 規則正しく日光浴, 言うべきだつた, 話さないと, 読む方, 貪る心, 赤い鳥, 赤くて, 起きあがらうとして, 跳ねすぎた, 軋るよう, 軽い糊, 辛い, 返さうと, 逃げて, 通じない, 鋭いん, 降る晴れるまた, 青い毬, 面白かつ, 面白くは, 預けて, 飲みすぎた胃, 飲みすぎ歩きすぎだつた, 飲みすぎ食べすぎだつた, 飲み過ぎたそして, 飲んだくれの, 驚く, 黙つて独, 黙つて返事

▼ やつ~ (211, 1.2%)

4 ちがいありません, ちがいない, なると 3 きまって 2 かかっては, ござりまする, して, つかまって, なって, 何を, 相違ない, 聞いて, 腹帯下帯だけで, 頼まれて

1 [176件] あったわけ, あっちゃ, あやうく殺され, あらず, ありついた赤ん坊みたい, ありつくもの, あれを, あんまり秀才, いただいたお菓子, いままで, うまうまと, うまうまと魔薬, うまくやられる, うんと, おおいじゃ, おめ, おれは, お目にかかって, お茶と, かかり合うと, かかわって, かじりつくと, がりがりっと, くいかかりました, くっついて, くらべられて, こうまで, この邸, さっぱり慾, さらわれて, しかられてばかり, しがみついてるなんて, したくさせて, してやられて, しょうしょう窮屈, しろ今, そう言っ, そっぽを, だよ, ちがいないです, ちげえねえ, ちげえねえです, ちょっくら, ついて, つかまったと, つきあたられた人, つけ直しちゃったん, とっつかまりさえ, とびかかろうと, とりあげられて, とりあわずそのまま, なりましたかな, なりますと, なるん, なれよ, ねがいどおり望み, ねらわれて, はね起きられて, ばけたん, ひどい目, ぶつかると, ほめられても, やってこられるの, やるもの, よりかかり三人, ろくなもの, ァ花子, カステラを, チョコレートを, ピストルが, フウッと, 一と, 一ぱいくわされた, 一人だって, 一杯くわされた, 下船を, 乗っかって, 会った, 余醺の, 使われるなんて, 僕は, 共犯を, 出すの, 出られては, 出会ったぞ, 出会ったと, 出会って, 出演いたしまし, 出逢ったが, 切支丹宗徒の, 化かされ出して, 取られて, 取りいるお, 取りかえられて, 吠え面を, 唆か, 執着を, 報告した, 大成した, 娘が, 射たれて, 對し, 強いやつ, 当て身を, 御礼包みが, 悪いもの, 悪い事, 感謝する, 成りあがったの, 手を, 抗って, 折からの, 拾われて, 持って, 捕まったと, 掘りあたったぞ, 掠われたが, 換えて, 斬られた傷, 案外時代, 欺された, 殺されたと, 殺されは, 殺られて, 毎日小言を, 気がつかれないよう, 気を, 狙われて, 独力で, 生けどられた, 発言権は, 目口を, 相違ありません, 相違なかっ, 石見の, 立ち向かうこと, 立腹される, 篠田正一と, 組立の, 罰の, 罹ったこと, 罹つたこと, 臆病風という, 自分の, 舞い込まれとんだ, 茶を, 蜜柑を, 袖を, 襲われるよう, 見こまれて, 見せて, 見つからないよう, 見つかるかも, 見込まれたの, 見込まれたもの, 言わせると, 詣り香好き花, 負かされるなんて, 貰ひ受け喜ぶ, 足枷を, 躓きました, 追いつかれちまうだろう, 追われて, 道で, 違ひない, 邪魔を, 酒を, 金を, 限らあ, 面白いお話し, 面白いもの, 頸の, 頼まれたん, 食べて, 餅菓子が, 馴れてるん

▼ やつ~ (211, 1.2%)

8 ために 5 しわざ 4 方が, 頭を 3 ことを

2 [13件] いうこと, ことです, ように, ドアを, 上に, 仕業だった, 口から, 手には, 目の, 相手は, 顔が, 顔は, 顔を

1 [161件] あとから, あとを, いまいましい騎兵, うわさが, おかげだ, おせっかいさそれに, おもちゃに, お手本みたいな, お節介に, お菓子を, お蔭で, お道楽, こっだ, ことだ, ことで, ことどう, ことは, ざまは, しっぽだけを, しわざだということだけはわかったがなんと, せいじゃ, せいで, そでに, そばには, ためには, つかを, つらだましい, でっかい足あと, ときまでは, ところへ, どたまへ, なかには, なかへは, はいつもこう, はそこ, ひとりが, ふかいたくらみ, ふるえあがったわけ, ほうが, まえに, やうな, ようだ, ような, りんごと, を頂戴, テーブルには, ビスケットを, ピストルに, 一芸で, 下風について, 仕業か, 仕業な, 仕業に, 代りに, 傍に, 働いた不徳, 刀に, 前で, 剣は, 力にも, 力は, 厭だ, 双生児兄弟を, 名は, 名前は, 向側に, 呪いが, 呪ひ, 夜具蒲団が, 女房を, 姿は, 娘じゃぞ, 子を, 存在を, 家だった, 寝覚めの, 小屋から, 差金に, 弁疏を, 強情には, 影でした, 後で, 後に, 後を, 後釜を, 徘徊した, 心には, 心底も, 息の根を, 悪口を, 憎さ, 我儘と, 所へ, 手に, 手癖足癖が, 挨拶とは, 敷物に, 方を, 時にも, 時や, 時を, 時間で, 書きつけたものの, 替え玉に, 最後の, 服は, 未来の, 本格を, 本読みが, 果物を, 桃を, 正体を, 気が, 物でございましょう, 猿真似な, 現物を, 甥か, 目が, 目を, 相手になんか, 眼の, 秘書兼通訳を, 立ちまわり先を, 考え出した事, 考え方は, 背中を, 脅迫状を, 脚にか, 自動車を, 自惚れだ, 自惚れよう, 菓子を, 薄あばた, 血の, 行方も, 行状探り出す, 裏の, 裾野は, 親父は, 親爺が, 言ったこと, 説明も, 談を, 足どりが, 足跡は, 身の, 軍兵で, 運って, 運動見, 配下には, 関係が, 隠れ家の, 非人情残忍性と, 面を, 顔の, 香りな, 鬼畜の, 魂は, 鼻の, 鼻は, 鼻先に

▼ やつ~ (210, 1.2%)

92 これは, それに, それは, な

1 [193件] あたり近所に, あつた, あの女, あべこべに, あまりにも, あわてふためいて, あんたは, あんまり駈けつづけ, いかさまもの, いかにも曳い, いくらさがし, いやさうぢ, いよいよこいつ, うしろの, うっかりは, うっかり一本, おどかして, おもしろい芝居, かねて計画, からだを, かわいいこと, けっして正体, げす, こういうふう, こう平八, こちらの, ことしかっきり, このお, この万吉郎, この宅助, これが, これ位不愉快な, こんな耳, ござります, ござりまする, ごていねい, ごわります, さあ, しかも粒, しきりと, しばらくする, しゃっくりを, じつの, じひを, すこしも寒, すたすた御, すんでの, ずに, せうがな, その何万, それこそ, それも, それを, そんなこと, ただ襟, ちつとも, つい関ヶ原, つまりば, つまり昔, とうとう吐きださなかった, どうする, どうです, どこに, どんなこと, なんでも, ねうち, ねそいつ, ね交際, ね夫, ね笹屋, はござりませぬよ, はなし, ほんの少数, また出かける, みなの, みんな困っ, もしその, やらなくちゃ, ゆだ, わざわざ本, わりに手間, われながら, キューッと, グイグイあおり, チョビ安手に, デルマを, トレスが, ドイツ人や, ナ, プツリ御見舞い申す, ルロイは, ロボめ自分は, 一方の, 一様に, 世界じゅう諾威語を, 二枚貝の, 人間が, 仇名の, 今にも晴れ, 今朝がたに, 体躯つきの, 何か, 何も, 作者の, 偵察機と, 僕は, 全く話, 全部だ, 切っても, 別に腹, 動物の, 勢いつけ, 勿論その, 十分な, 博徒の, 口を, 右左の, 地面に, 外敵の, 夜に, 夜更しを, 大あせ, 太平洋を, 奈良茶づけ, 女中部屋へ, 妙に, 宗教は, 尤も天地紅, 岡から, 年中病気を, 御用の, 心では, 心にも, 情知らずか, 散々の, 日曜を, 昔の, 時々水瓜, 時にはペン, 有為転変の, 格別わけも, 欲しくない, 此方の, 死ハせぬ, 殊に口, 水の, 氷柱を, 汁は, 決して見のがせ, 泣いては, 津賀閑山が, 火が, 片手に, 牛ぐらい, 犬なんかに, 猫の, 甚だよく, 生得の, 生活の, 男の子は, 病人が, 皺を, 相手の, 禍を, 竹で, 考えて, 背の, 背中に, 腹の虫を, 自分の, 苦心惨憺を, 落ちて, 診察の, 話と, 足を, 蹴られずに, 途, 道の, 鈴川源十郎が, 銀河の, 長いくだ, 非常に, 額を, 顔色が, 駈出し, 骨身も, 骨身を, 高密式の, 鯨どうしで, 麦の, 黒いソフト, 黒い毛, 鼠賊の

▼ やつ~ (192, 1.1%)

13 ある 5 あれば 4 いる, ないもん 3 あるもの, います, ないもの

2 [12件] あった, あつた, あるの, あるもん, いるしさ, なかなか馬鹿, なかろうじゃ, ねえもん, よく睡っ, 出て, 出るん, 名前が

1 [133件] あったけど, あなたの, あの人穴, ありましてな, ありますが, あるし, あるでござんしてな, あるとき, あるまい, あるよ, ある鶏, いたので, いつまで, いらぬすけだちしたゆえ, いるかも, いるさ, いるだろうじゃ, いるの, いるん, いれば, うっかりし, おおよそ探偵小説, およそしよう, おりましたな, おるもの, お世話さまに, お前も, きょうばかりは, こうして阪者, こやつ, ござんし, さうし, したくして, じつにおそろしい, すぱりとひと太刀, するやつ, そいつから, そう言っ, その種類, その金, その麻酔薬, それと, そんなこと, たくさんいる, たんと瞞くら, だいぶ抜け, ちょうどあんな, できるだけ上陸, ときに, どうかした, どこかに, ない, ないから, ないで, なかった, なかなかぬけ, なかろうでは, なくて, ひっとらえること, まじって, まだ一ぱい, みあげの, みんなばか, めったにゃねえよ, やはり我軍, よく知っ, われわれと, ゐる, 一せいに, 一人まえ, 並みたいてい, 二代目も, 二十面相も, 人を, 人間なみに, 今こまい, 作るやつ, 俺流だ, 兄貴に, 出会ったって, 十門以上は, 千葉の, 名探偵, 味方の, 咲耶子も, 四五人は, 図太いなあ, 多いらしい, 多かった, 大食家だ, 女の, 女房の, 嬉しかった, 小さいやつ, 少しあわ, 帆ば, 強いからな, 心配ずら, 恐らく伸び伸びと, 手も, 数ある, 敵ぞ, 春子も, 末路へ, 本心に, 来る奴, 来年あたりは, 東西に, 枯れないやつ, 楮幣に, 此転音である, 殿様の, 毛皮の, 気の, 気ばかり, 水の, 永久に, 火あぶりじゃ, 片ッぱし, 生きて, 眠ったらしいね, 神罰覿面血へどを, 腰を, 苦労する, 見て, 親子諸共に, 貧乏くじを, 貴賤貧富, 買い込むやつ, 農業が, 運が, 酒落た, 食べないで

▼ やつたり~ (161, 0.9%)

19 して 18 した 6 する 5 するの 2 しなければ, しました, する馬鹿気, 思ひがけ, 漬物石を

1 [103件] あたりの, いづれは, いろんな目, お墓, お鉢を, ざつと半, したけれども, したこと, したの, した事, しながら, します, すること, するそれ, すると, するなんて, するわ, する仕事, する卯女子, する所, する方法, する者, そのトロイカ式, それが, でんぐり返しを, どうやら斯, ほかの, また売り, また現金, また賣り, ステーションまで, レコード店を, 一と, 丁稚が, 三吉も, 三百六十五日毎日毎晩や, 不運不遇の, 亥刻前に, 亭主の, 何か, 便を, 借家を, 入りあげるやう, 全然ムダ, 八百屋の, 出来るうち, 別に餌, 品物を, 唐物や, 四角な, 土地ものの, 夜は, 女房を, 妻の, 娘が, 富豪や, 小石を, 小間使の, 彌惣, 当時日本に, 役者が, 彼等の, 急に, 息も, 或る, 手から, 扮つた顏を, 時々金, 曇つた寒い, 末の, 果物を, 柄に, 此方へ, 毎日そんな, 氷を, 汁の, 洗濯物を, 活動写真を, 煎茶が, 煙草屋を, 異見を, 着物の, 着物を, 私の, 空想し, 維新革命を, 繃帯を, 色々親切, 藥湯を, 行燈の, 衣物なんぞ, 西陣へ, 讀經を, 貰つ, 踏切を, 身の上の, 野球を, 金を, 闇屋の, 随分永い, 随分面倒, 隨分恩にな, 飛んだ手間

▼ やつたら~ (153, 0.9%)

3 どんなもの 2 お米さん, と思ふ, どうで, よからう, よかん, マア野村さん酷い, 怎だつたらう, 福島福造といふ

1 [134件] あたしが, あたま, あつち, あと半年も, あの男, うちに, え, えらさうな事, おらあ, おりかさん, お仕舞, お妙, お寄んなさいまし, お断りしまん, お母さまが, きつと, こちと, この国, これでも, これにも, こんな事, ご, さぞ喉, さぞ喜ぶ, すぐに, そこから, そのカン, それこそ, だいぶおとなしく, とても心配, とても話し, とも考へた, と云, と決心, どう, どうか, どうかといふ, どうだ, どうだい, どうです, どうどす, どんな顔, なあよそ, なんぼでも, な土佐堀, ねとつ, ひどい返り, また今度, まだましや, まちつと, みんな揃ふて行く, よいか, よい雨, よかつ, よろしお, よろしおま, わての, をかしい, ウチも, キリストさまは, ゴソゴソと, ジワンナ, ドウで, ハアはじめまして私, 一年生が, 一挙両得かね, 一晩ぐらい, 一縮み, 事は, 五右衛門, 今度は, 何ん, 俺ら一日に, 先生は, 兎も, 其の時元, 其内に, 勝手を, 可い, 可から, 台なし, 味気なう, 喝采を, 嘴で, 坊主やめ, 夙に出, 大事おま, 大將今日來, 大變, 大變あなた, 奴らの, 好いの, 妾に, 宜から, 少しの, 少しは, 山村さんは, 川開きの, 彼等は, 往きまつ, 後は, 掌へ, 教へてな, 板が, 林田は, 梅干か, 此國を, 武者小路氏の, 浄瑠璃も, 清々し, 湊川に, 男らしく降, 白いシン, 真赤な, 眼を, 私お, 私喜ん, 立派な, 膝の, 興味を, 芋くつて, 苦笑し, 蜘蛛の, 蠣船よばれまし, 裏切者に, 試験が, 貴方のは, 赤い顔, 返事が, 返事旁, 錢形の, 雑巾でも, 面白からう, 顏の

▼ やつても~ (138, 0.8%)

153 いい, いいと, 宜い, 宜いと仰しやる 2 不成功, 普通の

1 [107件] あたくし, あの娘, ある程度まで, あれだけ, いいけど, いいさ, いいだらう, いちばん強い, うまく行かない, うまく行かねえ, え, かまは, こ, この蓮胤, さうし, さから, しばつておかない, その価値, それだけの, そんなに驚かないだろう, たかだか空巣, たちまち生命, ぢき, つまらなかつた, とんと先方, どうしても許せない, はじまらぬといふ, ほとんど顔, まだ足りない, やつても, やはりピエロ, やり方次第では, よいこと, よいさ, よいだらう, よいといふ, よいとの, よろしいから, らへ, わたくし困ります, ダメよ, ボーイは, 一票, 三間以上は, 之は, 二十五は, 人間が, 今に又, 伯母の, 俺は, 出来ぬこと, 分りつこない, 別に意味, 取りやしませんよ, 受けた利益, 受取一本ド, 可い, 可いとおつ, 合は, 好い, 好いよ, 好い西洋, 宜いで, 宜しい譯, 客が, 實が, 左の, 必ずしも二号とき, 惜しくは, 成功する, 或る, 戦ひを, 戻つて, 構は, 構ひません, 構や, 此奴は, 気の毒な, 火花である, 無名会が, 無意味で, 無理よ, 牆頭よりも, 生兵法の, 発展した, 直ぐ風船球, 結局よむ, 自分が, 自分より, 良いと, 衣物は, 見えるわよ, 見物が, 説諭し, 誰も, 誰袖華魁の, 貰つても, 返事一つよこさない, 返事一つ貰へ, 間違が, 関や, 面白くない, 食は, 食ひつかぬ, 駄目で, 駄目です, 驚きませんわ

▼ やつてる~ (123, 0.7%)

13 んだ 4 な, 積りです 3 うちに, のね, もんだ, やつてる, んぢや 2 ことだ, ぢや, なあ, ね, の, のだ, んです, ンで, 奴が

1 [69件] かい, かと思ふ, からぢ, から上り給, から感心, から面白い, があつ, が今度一つ, けれどそれでも, ことが, ことな, さ, さうだ, さうで, そらで, ぞ, つて云つたわ, つて伝へ, ところだ, と云, と思, と思つてさ, と思はない, と想像, と繰り返し繰り返し, などといふの, なア, な此前, ねやつ, ね姉さん, のだらう, のぢ, のです, のよ, のよきつ, のを, もんです, もんな, やうな, よ, わ, わいの, んだい, んでせう, んで飲んだら, オレだけ, ネ, バラック飲食店へ, バラツク飮食店へ, 人は, 人間でし, 仕事と, 先生は, 周旋が, 奴は, 学校が, 将棋会所の, 工場に, 幸坊だ, 方が, 時などに, 暇は, 湖月へ, 男です, 筈だ, 者でなけれ, 者には, 者は, 関係で

▼ やつとの~ (119, 0.7%)

53 ことで 23 事で 21 思ひで 3 思いで 2 ことに, ところで

1 [15件] おもひでわが家, ことでし, ことで戻つ, こと乗り込んだ, こと火の, こと納得を, こと軽井沢に, こと郵船, 事に, 事娘に, 事立上つた, 事肩で, 事膳を, 思ひに, 感情を

▼ やつです~ (75, 0.4%)

107543 から, からね 2 からいまさら, から少し, が, ぜ

1 [35件] かい, かな, からいくら, からいるか, からおっかける, からきゅう, からこれ一つ, からそういう, からそのまま, からどこ, からどんな, からなかなか, からなん, からね頼む, からのっぺり, からゆ, からゆだんできません, からマンホール, から刑事たち, から心配, から油断, から海, から独房, から相手, から老人, から見れ, から金庫, がこの, がなに, がね, が時計仕掛, ねいきなり, ネ, 三人とも, 結局公判廷での

▼ やつ~ (66, 0.4%)

28 んだ 12 んです 3 んだろう 2 のか, のだ, のである, のでご, のでしょう, のです, んで 1 の, のかも, のさ, んでけっして, んでげす, んでござんし, んでし, んで百米, んで表具屋徳兵衞

▼ やつては~ (40, 0.2%)

2 困ります, 困りますよ

1 [36件] いかんこれ, いかんといふ, いけないわ, お笑, くれんの, どう, どうか, どうかと, どうしても出ない, どうだ, どうです, どんなもの, どんな迷惑, ならない事, ならぬそれ, なりません貴, ひとりで, みるが, ゆくので, よくありません, 下さいませんか, 出来ない事, 到底団十郎, 取返しの, 尚更怖がらせる, 居るやう, 恥かね, 来ないと, 止める, 殿樣に, 滅多に, 眼を, 絶えず情報, 行けたが, 見たが, 走れませんよ

▼ やつには~ (40, 0.2%)

2 かないません

1 [38件] あんまりいい, いちども, お供が, お菓子と, かないません正義正義, かなは, かならず祟る, この方, これまでに, ずいぶん悩まされた, せいぜい塩煎餅, だから嫌悪, であいません, ふかいうらみ, ほとんど手, まだおそろしい, みんな毒が, ようしゃ, わたしが, わたし以外の, チョコレートなんか, ルイ・ベッケルという, 仕様も, 初秋の, 力を, 動かぬ証拠, 弱る危険千万, 彼は, 怒らしとくさ, 思いしらせ, 末へ, 本物の, 決闘を, 湯煎餅が, 焼きいもを, 笑わせて, 言わなくたって, 風月堂の

▼ やつじゃ~ (38, 0.2%)

104 ねえか 2 ない, ないかと, なかった

1 [18件] ございますまいか, そうにござります, なあこら, ないか, ないぜ, ないという, なかっただが, なくって, などうして, ほんまに, よ何, アございません, アねえか, ッ, ナ, 射て, 手討ち, 放せいたずら者め

▼ やつぱり私~ (36, 0.2%)

2

1 [34件] が仲, が出しました, が學校, でなくつて, と貴方, には, には彼等, にふさ, のその, のもの, のエゴイズム, の勢一杯, の心眼, の心臓, の手前勝手, の真, の考え, の言つた通り, はあなた, はともかく, はほん, はまだ, はゆめ, は一人, は不死身, は愛し, は月, は止め, は私, は落ちつかない, もあなた, も丸木橋, をもおし默ら, を愛し

▼ やつでは~ (33, 0.2%)

6 ある 4 ありません, なくて 2 ありまするが, ありませんか, なかった

1 [13件] あったが, あるが, ござらぬか, とてもそういう, ないか, ないかと, ないが, ないし, ないよう, ないらしい, ねえの, わかりしだい, 無くたより

▼ やつでも~ (31, 0.2%)

1 [31件] あったら誰, あれば, おれに, かくれて, ききん, こっちへ, さすがに, その者, そんな低音, そんな義理知らず, ない, ないから, のどから, ひっかかりますぜ, ひとりで, まだ女房, もう少し恥, ウッカリする, フン縛る, 人の, 人間の, 出すといふ, 器量の, 引提げ, 愛すること, 書き付けを, 最後の, 無いじゃ, 現在彼らの, 矢張り, 開けて

▼ やつつけ~ (27, 0.2%)

4 てしまう, てゐる 2 てしまはう, て逃げ

1 [15件] てきれい, てしまえ, てもいい, てもそれ, てやらう, てやれ, てゐ, てゐた, て戦争, て置い, て行く, て見る, て首府ベルリン, なもの, 枯草を

▼ やつばかり~ (27, 0.2%)

3 だが 2 です, なんだ

1 [20件] いるから, いるという, お好み, じぁないだろう, だ, だから, だよ, だ同じ, である, でことに, ですから, ですからね, でできてや, でないだろう君, では, で生きのこったの, で相手, なん, 人間なら, 撰取りに

▼ やつたつ~ (25, 0.1%)

2

1 [23件] てあ, てあたし, てい, てお前ぢ, てかま, てね, てもみえる, てわたくし本当, てネわたし, て中途半端, て何, て到底, て効きやしない, て受合, て好い, て帰れません, て無理, て益, て私, て足りる, て食べ, て駄目, 位厩ん

▼ やつなら~ (23, 0.1%)

2 ば五へん

1 [21件] いいが, おもしろい男, この三区, ごうごう咆, すいぶん, てっきり野郎, なおさらの, ひもじくなっ, 一発で, 三日も, 五円ぐらい, 何とか方法, 何も, 向うっ, 大きさ, 大人も, 奉行所風と, 幾台でも, 日本の, 欧羅巴に, 護摩の

▼ やつ~ (22, 0.1%)

1 [22件] あの鐘楼, あんたは, おおよそ見当, お前が, ざるを, すっぱりいったら, その者, でなきゃ血筋, とても想像, どこかの, まつて, むかえ, ア, 了見の, 何かを, 姿を, 牢番に, 知らぬが, 肝心かなめの, 血祭りの, 見たいもの, 黒猩々みたいな

▼ やつぱり自分~ (21, 0.1%)

1 [21件] が少し, で歩かなく, で自分, のかね, のしん, のため, の事, の子供, の学んだ, の寝床, の心, の思ひ過しだ, の手, の早合点, の気, の献身的, の生れた, の考, は少少不機嫌, を愛し, を戀

▼ やつ~ (21, 0.1%)

3

1 [18件] あんなところ, うまくかわしや, おかしなやつ, がげらげら, がこちら, がよう食い物, こしらえもの, この馬場, さぞいまごろ, さぞ青く, とうとう眼, どう見た, ぶうぶう云, ほれた男, もどって, やにさがって, 出て, 怖くなりやがった

▼ やつから~ (20, 0.1%)

3 みても 2 待つて

1 [15件] いや本, うちおとそう, え, お説教, して, どうした, ならず殺って, 先に, 出て, 札を, 汝りや口ばかし, 汝りや構あ, 腹痛くつたつ, 見て, 順に博士邸

▼ やつがれ~ (20, 0.1%)

1 [20件] がここ, が一つ, が各位, が漂浪, が見た, ともせがれ, どもつたない, などの身, なれば, のこと, のよう, の思う, の思惑, の生み, は六十路, は本来, までお, も今晩, も時, 知り申さぬ

▼ やつこら~ (19, 0.1%)

97 さと 1 さの, さやつ, まかせの

▼ やつてた~ (19, 0.1%)

2 ぢや, 癖に

1 [15件] から, が厭, けどちかごろ, ことも, しまた, ときの, のかと, ので, のは, やうな, よ, んや, ンだ, 僕にや, 時の

▼ やつ~ (18, 0.1%)

1 [18件] いい気な, いって, おいらが, かからねえん, きっとお, このおいら, このなまめかしい, ねえや, ははははなん, ニガリ撒いた, 今三味線堀に, 山の手を, 気に入らねえと, 男の, 自分が, 面白れえ, 驚いたろうな, 魔が

▼ やつぱし~ (18, 0.1%)

1 [18件] あの川瀬美奈子さん, うまいもの, こんな風, その時計, 何とかやかましい, 半日本人, 寂しいもの, 寂しいん, 寒さ, 小さい奥さまつて称, 帰ると, 来ないは, 死んだ方, 泣き泣きやつ, 浮腫んで, 生きて, 発つこと, 黙つて考

▼ やつ~ (18, 0.1%)

5 のカンカラカン 2 をかぶり

1 [11件] がいちれつ, だけがはふり出し, に休息, のうた, のかなし, のひと, の上, もゆらゆら, をかぶつ, を被, を被り

▼ やつかも~ (16, 0.1%)

3 しれません 2 しれない, しれないぞ, 知れない 1 しれねえぞ, しれませんが, 知れないが, 知れないと, 知れぬ, 知れませんが, 知れませんぜ

▼ やつつける~ (16, 0.1%)

2 のが

1 [14件] ことが, ぞ, つもりだ, といふ, のだつた, のです, んだ, 事が, 仕事を, 傾き無しと, 権利は, 気だ, 氣が, 為に

▼ やつぱり僕~ (16, 0.1%)

1 [16件] から訊く, がそれ, が悪い, だつた, だつたの, と一所, と山, にとつ, には駄目, のテオリー, の方, の泡, の知つて, は日常生活, は神経衰弱症患者, をみつめ

▼ やつとは~ (15, 0.1%)

1 [15件] つきり解, つきり言, にらんで, ひ, わかっても, 一語も, 並んで, 全然その, 勿論き, 口きく, 口きくのさへ, 心の, 思うなれど, 思って, 知らなかつたなあ

▼ やつちや~ (14, 0.1%)

4 えらいやつちや 1 いけない, すぐ眼, と口々, どうだ, もつちやの末, ゐられない大事, 下さいますまいか, 下さいませんか, 下さるまいか, 堪りません

▼ やつぱり女~ (14, 0.1%)

1 [14件] だ, だつたん, だと, だな, だなあ, だもの, であ, ですからなあ, ですよ, とそんな, と一緒, はさう, はダメ, は女

▼ やつたん~ (13, 0.1%)

5 でせう 2 じや, やない 1 だに, でしよう, ではしかた, よ

▼ やつかい~ (12, 0.1%)

2 だから, なこと, になつ 1 なもの, になつて, にならず, にならね, になるよりい, の荷物

▼ やつ~ (12, 0.1%)

4 は奴隷 1 が通った, に, は前川, ほど単純, もきょう, もなし, も家つ子, やつやつやつこ家の子家ツ子だ

▼ やつ~ (11, 0.1%)

3 まへ 2 まつたらしい 1 あ場ア負, えねえ, ま, まひたい, まへと, めえ

▼ やつつけた~ (11, 0.1%)

4 んだ 1 かも知れない, ぞ, と吹聴, ね, のだ, のだつた, のです

▼ やつ~ (11, 0.1%)

1 [11件] といのち, にし, になんて負けやしない, に対して誠実, に思い知らせ, は甚次, は病気, は私, を亡ぼさず, を呼び集め, を窮命

▼ やつだった~ (10, 0.1%)

1 が, がそれ, がね, けど, じゃござんせん, のでしょう, のです, よ, んでちょっと, んで俺

▼ やつ~ (10, 0.1%)

2 をし 1 かとんでも, かゆすり, かブツブツ, か容易, か落ち, のつもり, を, をいっ

▼ やつたんぢ~ (9, 0.1%)

5 やない 3 やありません 1 や読みこなせない

▼ やつだろう~ (9, 0.1%)

1 か, かね, とまた, と思いました, と想像, と糸, と考えた, と舌うち, ね

▼ やつでした~ (9, 0.1%)

21 から髪長彦, が, がこのごろ, がそいつ, がだ, がつい, な

▼ やつとう~ (9, 0.1%)

4 の心得 3 の方 1 の先生, より雜俳

▼ やつどう~ (9, 0.1%)

3 したん 1 したかと, したって, したろう, した量, して, するん

▼ やつにも~ (9, 0.1%)

1 あたること, こんな親切気, なれば, 似て, 分別が, 当りはずれ, 物を, 見返して, 食わせなくても

▼ やつぱり俺~ (9, 0.1%)

1 が想像, だよ, に気がつく, の不心得, の味方, の目, は嘘, は妻, は独り

▼ やつぱり君~ (9, 0.1%)

1 が大島, が居ない, でも, にも判, に負けた, の手当, の病気, は人間, らしいが

▼ やつぱり東京~ (9, 0.1%)

2 の方 1 かな, にゐる, に居る, はい, へ帰つて舞台, へ戻りたく, へ行きたい

▼ やつ~ (9, 0.1%)

2 淡水産の 1 いくらか, おかずの, な, 好きな, 小林や, 母者人が, 緑青がかった

▼ やつ~ (9, 0.1%)

1 ありゃしないよ, いいでしょう, くさい, ずーっと前, たしかに血, どうした, なん, ねえ, 走りながら

▼ やつ~ (8, 0.0%)

2 もつさ 1 あれは, つまり二倍の, なんとで, アね, 君の, 異国の

▼ やつぱり一人~ (8, 0.0%)

3 がよろしい 2 はさみしい 1 で行く, の女, はさびしい

▼ やつぱり人間~ (8, 0.0%)

1 が恋しい, だと, としてそれ相応, のエゴ, の仲間, の男, はヱゴイスト, を扱う

▼ やつらしい~ (8, 0.0%)

2 のです 1 ぜ, な, ので少し, んだ, んです, 者が

▼ やつ~ (7, 0.0%)

2 となつて, となりました 1 となります, となる, やつと

▼ やつこそ~ (7, 0.0%)

1 いいめいわく, こんな石, まぎれも, 依然として続くじゃろう, 弦之, 曲者な, 財宝を

▼ やつその~ (7, 0.0%)

1 やつの, ボストンワルツへ, 中に, 依怙地の, 息のねを, 雨戸の, 黒布を

▼ やつつけられ~ (7, 0.0%)

4 てゐる 1 ています, ては泊る, てゐ

▼ やつである~ (7, 0.0%)

1 がこれ, ことが, とて大声, とわかっ, なぜなら, ばかりかまた, ヒョイと

▼ やつでの~ (7, 0.0%)

1 先が, 窓に, 窓にまで, 花が, 葉かなんかを, 葉を, 葉蔭から

▼ やつとく~ (7, 0.0%)

5 なはれ 1 だ, みちや

▼ やつとこ~ (7, 0.0%)

1 さいや, なと上り框, なと帽子, なと庭石, なと湯船, なと立ち上つ, なと自動車

▼ やつども~ (7, 0.0%)

1 がさわい, がやって来, じゃ, じゃな, であろう, をあっ, をどうして

▼ やつぱりお前~ (7, 0.0%)

2 も淋しい 1 が心配, なんか戦後派, にはおれ, の心, を迎

▼ やつぱり何~ (7, 0.0%)

1 か壓迫, か外, か多少, か心, か饒舌, が何やら, でも無い

▼ やつぱり日本~ (7, 0.0%)

1 には少い, に限ります, の山口, の特殊事情, の男, の花, へ帰つて

▼ やつぱり此~ (7, 0.0%)

4 より外 1 の国府津, の式, の私

▼ やつぱり酒~ (7, 0.0%)

2 はうまい 1 がいちばん, が無, だ最後, だ酒, はよろしく

▼ やつぱり駄目~ (7, 0.0%)

21 か, だよ, でした, なの, なのね

▼ やつまで~ (7, 0.0%)

1 いる, はね起きて, 一緒にな, 入れ煎茶, 合わせると, 夏に, 手先に

▼ やつこの~ (6, 0.0%)

1 はうを, ほらあな, 女に, 桟橋から, 生活を, 頃どうか

▼ やつさん~ (6, 0.0%)

1 かて困るやろ, この男, たのみが, つかまえて, なあお, 多いや

▼ やつたさうだ~ (6, 0.0%)

21 が商業, な, なそれ, よ

▼ やつたらう~ (6, 0.0%)

2 あの時己 1 お前が, かと問, と思ひます, にお

▼ やつたらしい~ (6, 0.0%)

1 が, が飲み屋, です, のです, んだ, 友は

▼ やつだって~ (6, 0.0%)

1 あれが, いってるよ, いる, どうしてあらわれない, 忍びの, 龍太郎という

▼ やつてあつ~ (6, 0.0%)

1 た, たと, たの, たので, た小舟, た赤ん坊

▼ やつとも~ (6, 0.0%)

2 どつて來 1 おうわさ, どつて來ら, 知れぬ者, 逢って

▼ やつとる~ (6, 0.0%)

2 んだ 1 かそんな, さうだ, ぞ, など

▼ やつなんか~ (6, 0.0%)

2 一人も 1 あるもん, いくらも, いるはず, こっちの

▼ やつぱり気~ (6, 0.0%)

1 が付かな, が弱い, ぜはしい, にか, になつ, になつて

▼ やつぱり男~ (6, 0.0%)

2 のひとつ 1 がみんな兵隊, としての仕事, のもの, の人

▼ やつぱり芝居~ (6, 0.0%)

2 に全力 1 が対話, するといふ, の芝居, をする

▼ やつまた~ (6, 0.0%)

1 いらざる弁, きょう先生に, だれか, 御当家, 持病を, 瞬きを

▼ やつあれ~ (5, 0.0%)

1 がいけない, でなかなか, ほど言った, をスッポリ, を食う

▼ やつこらさつ~ (5, 0.0%)

5 さやつ

▼ やつこれ~ (5, 0.0%)

1 は失敬, は恐ろしい, は生きた, よりほか, をこう

▼ やつさえ~ (5, 0.0%)

2 あるん 1 ある, あるぞ, 片付けて

▼ やつそれ~ (5, 0.0%)

1 がじつは, でひどく, で納まる, に氷砂糖, も大勢

▼ やつたと~ (5, 0.0%)

2 同じやう 1 あつちや, て何, 同じ犯罪

▼ やつたなら~ (5, 0.0%)

1 とにかくとして, ば今後, 主婚者, 須磨子は, 默つて居る

▼ やつでございます~ (5, 0.0%)

1 が四つ足, ぜ, な曲者, ねえ, よ

▼ やつばら~ (5, 0.0%)

1 がここ, が呂宋兵衛さま, が真似よう, に一あわ, ひとりあまさず

▼ やつぱり先生~ (5, 0.0%)

1 からお話, が悪い, も, も何, をやつ

▼ やつぱり山~ (5, 0.0%)

1 からはね飛ばされ, の中, へ仕事, や畑, を出た

▼ やつぱり昨夜~ (5, 0.0%)

1 の汽車, の續, の酒, は酔中彷徨, は飲みすぎだ

▼ やつぱり鳥~ (5, 0.0%)

2 か蟲 1 か虫, が声, にでも生れ

▼ やつ~ (5, 0.0%)

1 うまくは, しつぶして, 煮しめたよう, 足を, 飛びかかろうと

▼ やつ~ (5, 0.0%)

2 ものどもが 1 あれあ実に, ものたちに, ッと

▼ やつ~ (4, 0.0%)

1 ている, て居ります, て来た, て部屋掃除

▼ やつおれ~ (4, 0.0%)

1 がもう, が上, が見, に向っ

▼ やつきり~ (4, 0.0%)

1 した照, して, とふん, と成つて

▼ やつたとい~ (4, 0.0%)

2 のう 1 つた, はんばかり

▼ やつたわけ~ (4, 0.0%)

4 ぢや

▼ やつつけられる~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, でせう, ものらしい, 夢を

▼ やつてない~ (4, 0.0%)

1 かね, のか, のは, 事に

▼ やつはね~ (4, 0.0%)

1 思わずどきんとした, 昔から, 私設マンホールを, 面が

▼ やつぱし私~ (4, 0.0%)

1 なの, には腑, のもの, はまだ

▼ やつぱりおれ~ (4, 0.0%)

3 にはまだ 1 にまだ

▼ やつぱり人~ (4, 0.0%)

1 がゐない, に, の好, はひとり

▼ やつぱり子供~ (4, 0.0%)

2 ですわね 1 だ, らしい自然さ

▼ やつぱり家~ (4, 0.0%)

1 にゐた, のこと, もわるく, を出

▼ やつぱり彼女~ (4, 0.0%)

1 ではない, の本, は卵, も世間並

▼ やつぱり文学~ (4, 0.0%)

1 が好き, だけを離さない, はそれ, をする

▼ やつぱり此処~ (4, 0.0%)

1 かな, だつたよ, に元, の人間

▼ やつぱり父~ (4, 0.0%)

1 だ, と一処, の子, らしく懸命

▼ やつぱり言~ (4, 0.0%)

1 つといた, はない, ひつけられた通り, ひ足りな

▼ やつぱり誰~ (4, 0.0%)

1 かに手, にも言, もゐない, も居ないらしく

▼ やつほど~ (4, 0.0%)

1 お節介な, わがままな, 不快な, 女に

▼ やつ~ (4, 0.0%)

1 てあ, ていうもの, てみたい, て人

▼ やつ~ (3, 0.0%)

1 なまじい何, 生きて, 重苦しい

▼ やつあたり~ (3, 0.0%)

1 し出した, にヘドモド, の小言

▼ やついったい~ (3, 0.0%)

2 何者だ 1 どこへ

▼ やつぎばやに~ (3, 0.0%)

1 お梶, 大きなの, 聞えて

▼ やつここ~ (3, 0.0%)

1 で強奪, へはこなかった, まで来

▼ やつこさん~ (3, 0.0%)

2 もおれ 1 蛇にでも

▼ やつこんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, 人形で, 災難に

▼ やつこ豆腐~ (3, 0.0%)

1 で辛抱, とビール, よりもまだ

▼ やつたさう~ (3, 0.0%)

1 ぢや, で, な

▼ やつたさうで~ (3, 0.0%)

2 面目次第も 1 下男の

▼ やつたらしく~ (3, 0.0%)

1 大した事, 容易に, 見せかける爲

▼ やつだけが~ (3, 0.0%)

1 例の, 合戦の, 神仏を

▼ やつちまつた~ (3, 0.0%)

1 とね, なあ, よ

▼ やつちやつたの~ (3, 0.0%)

1 ね, よ, よツ

▼ やつって~ (3, 0.0%)

1 いったい何者, どんなやつ, 一たいだれだろう

▼ やつてから~ (3, 0.0%)

1 出發, 言ひました, 黙つて

▼ やつてな~ (3, 0.0%)

3 大塚の

▼ やつてらつ~ (3, 0.0%)

1 しやいました, しやる, しやれる

▼ やつであった~ (3, 0.0%)

21 が彼

▼ やつでし~ (3, 0.0%)

2 てね 1 てねさすが

▼ やつでなく~ (3, 0.0%)

1 てごく, てはこの, 店の

▼ やつとうとう~ (3, 0.0%)

1 として眠りかける, 出て, 学校を

▼ やつとこつち~ (3, 0.0%)

1 へ向き直つた, を向い, を振り返つた

▼ やつとで~ (3, 0.0%)

1 あつた, 猛火を, 轉がる

▼ やつどうして~ (3, 0.0%)

1 おれの, くれようと, 脱獄した

▼ やつどこ~ (3, 0.0%)

1 へいったろう, までばか, まで正気

▼ やつばり~ (3, 0.0%)

1 かはいい, さう, そなた

▼ やつぱし不良少年~ (3, 0.0%)

1 といふの, と云, のところ

▼ やつぱりあなた~ (3, 0.0%)

1 と断然, の力, はそういう

▼ やつぱりからだ~ (3, 0.0%)

1 さえ丈夫, のぐあいがよくないので入浴, の具合

▼ やつぱりこの仕事~ (3, 0.0%)

1 が好き, をやつ, を捨て

▼ やつぱりさみしい~ (3, 0.0%)

1 さみしい, さみしいです, わがま

▼ やつぱりそれ~ (3, 0.0%)

1 で満足, に間違, よりも自分

▼ やつぱり一つ~ (3, 0.0%)

1 では人, の病気, 申し添

▼ やつぱり一種~ (3, 0.0%)

1 の日記, の理想主義的文学, の病熱

▼ やつぱり今~ (3, 0.0%)

1 でも引つ, のやう, までのいろいろ

▼ やつぱり体~ (3, 0.0%)

1 が弱い, が汚れ, だ体

▼ やつぱり兄~ (3, 0.0%)

1 だつたの, と同じ, の書斎

▼ やつぱり兄さん~ (3, 0.0%)

1 は偉い, は放つ, は私

▼ やつぱり周囲~ (3, 0.0%)

1 がわるい, の眼, の空気

▼ やつぱり嘘~ (3, 0.0%)

1 が真実, だ, だ酒好き

▼ やつぱり外~ (3, 0.0%)

1 にゐる, の百姓達, を見

▼ やつぱり夢~ (3, 0.0%)

2 ではなかつた 1 の中

▼ やつぱり年~ (3, 0.0%)

1 ですかねえ, はとりたくない, 若い夫

▼ やつぱり徒労~ (3, 0.0%)

2 にすぎない 1 なの

▼ やつぱり手紙~ (3, 0.0%)

1 でも書き, のやう, を書き

▼ やつぱり昔~ (3, 0.0%)

1 が恋しい, の人, の兄さま

▼ やつぱり此方~ (3, 0.0%)

1 が心配, が思ひ出せない, を振り返り振り返りする

▼ やつぱり母~ (3, 0.0%)

1 がゐなく, にはこの, は真面目

▼ やつぱり海~ (3, 0.0%)

1 の方, へ来, へ行く

▼ やつぱり立派~ (3, 0.0%)

2 に畫 1 な畫集

▼ やつぱり結婚~ (3, 0.0%)

1 でもし, は後まわし, を躊躇

▼ やつぱり腹~ (3, 0.0%)

1 が立つ, た, を抱

▼ やつぱり親~ (3, 0.0%)

1 が側, としての私, と子

▼ やつぱり逢~ (3, 0.0%)

1 ひたいの, ひたいわ, ひたくなる男

▼ やつぱり都会~ (3, 0.0%)

1 で暮した, の虫, は田舎

▼ やつぱり雨~ (3, 0.0%)

1 が頻りに, だつた, のせゐだつた

▼ やつぴいのお六め~ (3, 0.0%)

2 と惡戲 1 と悪戯

▼ やつまだ~ (3, 0.0%)

1 単行が, 太平楽を, 来てないな

▼ やつるる~ (3, 0.0%)

1 ふる里は, 藤袴哀れは, 袖を

▼ やつ~ (3, 0.0%)

21 ばかりが明瞭

▼ やつあの~ (2, 0.0%)

1 印籠は, 磯五て

▼ やつかと~ (2, 0.0%)

1 思った, 思って

▼ やつけち~ (2, 0.0%)

1 だなあって, な退職金

▼ やつさては~ (2, 0.0%)

1 このうえ, 逃げたな

▼ やつさんほんま~ (2, 0.0%)

1 にお, にたのみます

▼ やつじゃと~ (2, 0.0%)

1 いって, 失望された

▼ やつすっかり~ (2, 0.0%)

1 モスタアに, 得意に

▼ やつたくらゐ~ (2, 0.0%)

1 ぢや, で人間一人

▼ やつたさうです~ (2, 0.0%)

1 がこの, よ山木様

▼ やつたし~ (2, 0.0%)

1 かしこ, 江州の

▼ やつたて~ (2, 0.0%)

1 な, なこと

▼ やつたであらう~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 一寸清心丹でも

▼ やつだけ~ (2, 0.0%)

2 撰んださ

▼ やつだけを~ (2, 0.0%)

1 ひねりつぶして, 二つ三つ並べ

▼ やつちやつたん~ (2, 0.0%)

1 だね, ですけど

▼ やつちや場~ (2, 0.0%)

1 に青物買, の娘

▼ やつちよこ立ち~ (2, 0.0%)

1 でもし, になる

▼ やつつけろ~ (2, 0.0%)

1 と思つた時, と罵る

▼ やつつけ仕事~ (2, 0.0%)

1 でない, を厳禁

▼ やつてく~ (2, 0.0%)

1 ろつて云つた處だ, んされ

▼ やつてるだらう~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ やつでござる~ (2, 0.0%)

1 とやかましく, の

▼ やつでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばお気, や

▼ やつという~ (2, 0.0%)

1 ものと, ものも

▼ やつとか~ (2, 0.0%)

1 うして, なきやあ後悔

▼ やつとかの~ (2, 0.0%)

1 女の, 時間を

▼ やつとから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ やつとき~ (2, 0.0%)

1 な, やよ

▼ やつとけふ~ (2, 0.0%)

2 逢へ

▼ やつとこら~ (2, 0.0%)

1 へてゐた, へてゐる

▼ やつとして~ (2, 0.0%)

1 ダヴィツドの, 南は

▼ やつなんかに~ (2, 0.0%)

1 いくら話し, 高麗村の

▼ やつなんぞ~ (2, 0.0%)

1 いるもの, ほんとにどうだって

▼ やつなんぞは~ (2, 0.0%)

1 やっぱり例, 油虫の

▼ やつなんて~ (2, 0.0%)

1 この世に, ねえ殿様

▼ やつにと~ (2, 0.0%)

1 口応へ, 思つてとつて

▼ やつはなんて~ (2, 0.0%)

1 友達が, 肥って

▼ やつ~ (2, 0.0%)

1 こつちの方, に化身

▼ やつぱしお百姓さん~ (2, 0.0%)

2 でせう

▼ やつぱしそれでは~ (2, 0.0%)

1 あの人たち, さうし

▼ やつぱし何~ (2, 0.0%)

1 かかう, かを探し

▼ やつぱし僕~ (2, 0.0%)

1 のま, は雑沓

▼ やつぱし地球~ (2, 0.0%)

1 は割れ, は裂け

▼ やつぱし學問~ (2, 0.0%)

1 してない奴, をし

▼ やつぱし鎌倉~ (2, 0.0%)

1 へ来た, を出

▼ やつぱりあそこで~ (2, 0.0%)

2 たつたひとり

▼ やつぱりあの時~ (2, 0.0%)

1 が臨終, の印象

▼ やつぱりあれ以上~ (2, 0.0%)

1 の事, は進みますまい

▼ やつぱりあんな時~ (2, 0.0%)

2 につい

▼ やつぱりいろんな事~ (2, 0.0%)

1 を考へ, を考へます

▼ やつぱりうち~ (2, 0.0%)

2 の妹

▼ やつぱりうまい水~ (2, 0.0%)

2 があつ

▼ やつぱりお公家さま~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ やつぱりお母さん~ (2, 0.0%)

1 て呼ぶ, の佳い

▼ やつぱりお父さん~ (2, 0.0%)

1 からちよ, にち

▼ やつぱりお父様~ (2, 0.0%)

1 が誰, のお

▼ やつぱりきれいな青~ (2, 0.0%)

2 ぞら

▼ やつぱりこの人~ (2, 0.0%)

1 はただ者, は実力

▼ やつぱりこれ~ (2, 0.0%)

1 じや, なん

▼ やつぱりさう~ (2, 0.0%)

1 思ひますよ, 書いて

▼ やつぱりそこ~ (2, 0.0%)

1 にゐる, に横

▼ やつぱりどこ~ (2, 0.0%)

1 かずるい, を探し

▼ やつぱりなん~ (2, 0.0%)

1 だなあ, ですねえ

▼ やつぱりはじめ~ (2, 0.0%)

1 から無理, の所

▼ やつぱりわたしは悪者~ (2, 0.0%)

2 に違

▼ やつぱりウソ~ (2, 0.0%)

1 です, はウソ

▼ やつぱりダメ~ (2, 0.0%)

1 だつたわ, です

▼ やつぱりルリ~ (2, 0.0%)

1 に對, はギラギラ

▼ やつぱり一番~ (2, 0.0%)

1 効くやう, 速いや

▼ やつぱり不安~ (2, 0.0%)

1 がある, なの

▼ やつぱり不思議~ (2, 0.0%)

1 なこと, な心持

▼ やつぱり乃公~ (2, 0.0%)

1 が届かぬ, は陸軍中将

▼ やつぱり二人~ (2, 0.0%)

1 か, で歩い

▼ やつぱり今日~ (2, 0.0%)

1 は悪い, もあそこ

▼ やつぱり來~ (2, 0.0%)

1 ておりません, てる

▼ やつぱり例~ (2, 0.0%)

1 の, の長篇

▼ やつぱり元~ (2, 0.0%)

1 のところ, の縁

▼ やつぱり其処~ (2, 0.0%)

1 に居るらしい, は野原

▼ やつぱり内地~ (2, 0.0%)

1 の男, へ金

▼ やつぱり冬~ (2, 0.0%)

1 でせう, はおんなじ

▼ やつぱり句~ (2, 0.0%)

1 と酒, の話

▼ やつぱり名古屋式~ (2, 0.0%)

1 であるかも, であるらしい

▼ やつぱり四月~ (2, 0.0%)

1 にならなきや, の中頃

▼ やつぱり地獄~ (2, 0.0%)

1 とやらへ行く, なの

▼ やつぱり失敗~ (2, 0.0%)

1 だつたかなあ, でした

▼ やつぱり失望~ (2, 0.0%)

1 したの, だつた

▼ やつぱり奥さん~ (2, 0.0%)

1 の方, を信じ

▼ やつぱり女子~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は弱い

▼ やつぱり妾~ (2, 0.0%)

1 の心持, の真意

▼ やつぱり娘~ (2, 0.0%)

1 ではと又, と二人

▼ やつぱり嫌~ (2, 0.0%)

1 だ嫌, なこと

▼ やつぱり孤独~ (2, 0.0%)

1 な旅人, は孤独

▼ やつぱり己~ (2, 0.0%)

1 れが, れは

▼ やつぱり庭~ (2, 0.0%)

1 の芝, を掃く

▼ やつぱり彼~ (2, 0.0%)

1 も何, を待つ

▼ やつぱり彼奴~ (2, 0.0%)

1 と踊つて, の事

▼ やつぱり彼等~ (2, 0.0%)

1 にもある, のそんな

▼ やつぱり心~ (2, 0.0%)

1 にある, の上

▼ やつぱり情~ (2, 0.0%)

1 に乏しい, を運ばう

▼ やつぱり戀~ (2, 0.0%)

1 しかつた, は向う

▼ やつぱり我我~ (2, 0.0%)

1 のやう, の態度

▼ やつぱり戯曲~ (2, 0.0%)

1 が文学, をやらう

▼ やつぱり手~ (2, 0.0%)

1 が, をおろしました

▼ やつぱり救~ (2, 0.0%)

1 ひが, へなかつた

▼ やつぱり春~ (2, 0.0%)

1 ですね, らしい

▼ やつぱり時代~ (2, 0.0%)

1 に負けた, のギセイ

▼ やつぱり曇つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐて

▼ やつぱり木村~ (2, 0.0%)

1 がいくら, のモーシヨン

▼ やつぱり未練~ (2, 0.0%)

1 が出る, のやう

▼ やつぱり本当~ (2, 0.0%)

1 の事, の兄

▼ やつぱり村~ (2, 0.0%)

1 の生れ, の野天

▼ やつぱり氣~ (2, 0.0%)

1 が, が少し

▼ やつぱり独り~ (2, 0.0%)

1 がよい, ぽつ

▼ やつぱり田舎~ (2, 0.0%)

1 ではほんとう, の大学

▼ やつぱり百姓~ (2, 0.0%)

1 の子, は当時

▼ やつぱり目~ (2, 0.0%)

1 に映る, のさき一寸五分

▼ やつぱり真面目~ (2, 0.0%)

2 な事

▼ やつぱり私達~ (2, 0.0%)

1 は別れる, は相互依存

▼ やつぱり秋~ (2, 0.0%)

1 の草花, まで延ばし

▼ やつぱり窕子~ (2, 0.0%)

1 が兼家, の言

▼ やつぱり競馬~ (2, 0.0%)

2 の趣味

▼ やつぱり精神~ (2, 0.0%)

2 の娯楽

▼ やつぱり美人~ (2, 0.0%)

1 である, なん

▼ やつぱり肩~ (2, 0.0%)

1 に背負つて, を寄せ

▼ やつぱり胸~ (2, 0.0%)

1 に手, は何

▼ やつぱり西洋~ (2, 0.0%)

1 の女, の芝居

▼ やつぱり見物~ (2, 0.0%)

1 ですね, と対等

▼ やつぱり金~ (2, 0.0%)

1 だ, を出した

▼ やつぱり間違~ (2, 0.0%)

2

▼ やつぱり頭~ (2, 0.0%)

1 の問題, をふつ

▼ やつぱり鯛~ (2, 0.0%)

2 かね

▼ やつ~ (2, 0.0%)

1 に客, ッ捕え

▼ やつぴいといふ意味~ (2, 0.0%)

2 と袋

▼ やつふたり~ (2, 0.0%)

1 ともしばらく, も一しょ

▼ やつまでが~ (2, 0.0%)

1 急に, 案内顔に

▼ やつままむ眼~ (2, 0.0%)

2 をやお

▼ やつまるで~ (2, 0.0%)

1 川上音二郎の, 鷓鴣の

▼ やつみたい~ (2, 0.0%)

1 だ, に損

▼ やつやつしい~ (2, 0.0%)

1 お敏, 姿で

▼ やつよう~ (2, 0.0%)

1 ありゃふんとは, あんたに

▼ やつ一つ~ (2, 0.0%)

1 あれば, 誤魔化しやが

▼ やつ一人~ (2, 0.0%)

1 だけだ, は最前

▼ やつ下り~ (2, 0.0%)

1 の俤橋, を帰りきぬ

▼ やつ~ (2, 0.0%)

1 までは我が, 入って

▼ やつ~ (2, 0.0%)

1 だけで預る, をひねり出す

▼ やつ~ (2, 0.0%)

1 のやった, の上手

▼ やつ卑怯~ (2, 0.0%)

1 といったな主, な

▼ やつ当り~ (2, 0.0%)

1 するどんな, するより

▼ やつ持っ~ (2, 0.0%)

1 てこなきゃ, てゆかない

▼ やつ早く~ (2, 0.0%)

1 取らんか, 寄せて

▼ やつ殺す~ (2, 0.0%)

1 ぞとい, までには及ぶまい

▼ やつ~ (2, 0.0%)

2 ひながら

▼ やつ~ (2, 0.0%)

1 三は, 二は

▼ やつ胡乱~ (2, 0.0%)

1 と引っ, と見ました

▼ やつ逃がし~ (2, 0.0%)

2 ては一大事

▼ やつ逃げた~ (2, 0.0%)

1 とみせかけ, な

▼ やつ~ (2, 0.0%)

2 にはよそ

▼1* [1483件]

やつあいねえのかい, やつあいつじゃなかった, やつあきらめてひきあげ, やつあどえらいやつ, やつあなたなんだとも, やつあねえじゃねえ, やつあるか, やつあんな奴さえ, やついい気に, やついくら酒好きに, やついつ江戸へ, やついつかどこかで出会う, やついつのまにおれの, やついまにびっくり, やついまごろはかたく, やついやな奴, やついよいよ警戒し, やついろいろある, やついろんな下らないこと, やつういやつ, やつうちのこどもたち, やつうっちゃっておおき, やつうまいことを, やつうまくかかるかも, やつやつ, やつおっかア, やつおばあさんをそのまま, やつおまえの道具, やつおまけに被っ, やつお前は日本, やつかいなお供に始終, やつかいな道連れをあまり, やつかいな難所を通らなけれ, やつかから一子相伝の, やつかがやったに, やつかしらないが, やつかっぷくに似ず, やつかということが, やつかむなよ, やつかような出先, やつからは少くも, やつかをもって, やつかんで言ふ, やつかんなよ, やつがでッかい声で, やつがとびらのむ, やつがなどうも俺, やつがれどもに落札, やつがれ方の金箱, やつがれ毎日這入り申そう, やつがれ風情に今日, やつきづいたな, やつきゃんと, やつきり残つたのはお, やつきり羽づくろ, やつぎばやにつぎつぎと起った事件, やつぎばやにもう一杯ついで再び口, やつぎばやに世に送った, やつぎばやに劉の手, やつぎばやに掌を打つ, やつぎばやに頭をさげる, やつぎばやの報告を受け, やつくちに不精者, やつくるりと体, やつくれえばか, やつぐっすり寝こんで, やつえ, やつこい風が, やつこたるものは, やつこっちが麻綱, やつことなり人をは, やつことによったら南蛮寺, やつこと言ふ語, やつこと訓むのが正しい, やつこみすゑ, やつこらせと神前, やつこらまぞ, やつこりや咲いた, やつこんどこそは小人たち, やつこ前川伊豆栄がある, やつこ家の子家ツ子だと, やつこ足ののり物, やつご苦労にもある, やつさだめし仰天し, やつさっそく萩乃の, やつさてはもう何処からか, やつさといひ度, やつしか釣り上げない, やつしかしてめえも, やつしきには似た, やつしくしく泣きながら, やつしなさってお, やつしようがありません, やつぶんで, やつじゃかそのほう, やつじゃった清水一学に, やつじゃねえ御商売, やつぐじぶんのそばにすました, やつすでに天国を, やつずいぶん恩しらずだ, やつずるいよきのう, やつそいつをひとつ, やつそう云えば, やつそこに立ち止まっ, やつそも何者かと, やつそれから前が, やつそれでは一体どう, やつたいはゆる, やつたお美しさつて, やつたかと云, やつたかいな, やつたかつて事, やつたかよう覺えません, やつたきず薬です, やつたくなるだあ, やつたくらゐですものお, やつたしかにあたしたちを, やつたじやありません, やつたたつた一人の, やつたためさしもの, やつただらうに, やつたちは玄王, やつたちあがってしまった, やつたちちうがあつ, やつたちまち姿を, やつたで食つてんだろ, やつたなり何も, やつたのみならず石國王を, やつたのもその事, やつたやどりぎをもつてゐた, やつたやりもやつ, やつたらひよいと, やつたら急きなはらん, やつたら止めなはらんかいな, やつたら死ぬほどの病気, やつたら死んだ伊豆屋の, やつたら沈んだかてえ, やつたら買うて寄こせ云うたる, やつたら贈られたのだ, やつたら起きんとあきまへん, やつたら阿爺も, やつたら食べてくれない, やつたりなどしたこと, やつたりなんぞできるだけの, やつたりもするの, やつたればこそ僅四十餘年, やつたわいの, やつたんかね, やつた切り少しも, やつた吃度死花が, やつた吠える犬は, やつた思ひ出が, やつた知ってたがまさか, やつだったりし, やつだったですよ, やつだったらもっとほか, やつだでてこい, やつだどいてみろ, やつだの乞食だ, やつだれも助け, やつだ死んでしまう, やつだ殺してやれ, やつだ気取った青年へ, やつちくれ, やつちこばる包の, やつちつとも居ねえ, やつちの音そういう物音, やつちびでもなかなか, やつちまうんだ, やつちまつたんだ, やつちやいやだわ, やつちやうのよ, やつちやだめよ, やつちややつちや下へは置かぬ, やつちやんあたしは, やつちやアいけませんよ, やつちや下へは置かぬ, やつちや何にもなりません, やつちや恥の上塗り, やつちや腋臭の匂ひで旦那, やつちや誰よりも子奴等可哀想, やつちや銅八兄哥に濟, やつちや駄目ぢやない, やつちょっと使えるやつ, やつちよいやつちよい訳なしだ, やつちよいやつちよい譯なしだ, やつちよい訳なしだ, やつちよい譯なしだ, やつちよこばつたお辞儀をし, やつやない, やつつう程飮, やつつけたさうですね, やつつけたら下女や, やつつけないで下さい, やつつけますよ, やつつけようとする, やつつけられるならまだいい, やつつけられ教えられている, やつつけ主義棍棒批評マキ雑棒批評などは画家, やつつけ乍らニュース漫談を書いた, やつつけ来た道から, やつつてゐるの, やつづけさまに, やつていうわけだ, やつてかうすると, やつてこなくても, やつてずつと先の, やつてつから見たら, やつてでも勝てば, やつてながらつい伺ふ, やつてばかりでレモン一個, やつてもよかつたん, やつてよ化けて, やつてらしたと申し, やつてらななア新, やつてられるのか, やつてるじやございません, やつてるだあよ, やつてるらしいが唱, やつであって安心, やつであるならずものらしい, やつであろうとも体格, やつでがしたよ, やつでござろうな, やつでござんす, やつでござんすなビール, やつでしょういま鼻寺を, やつででもあったという, やつでないと思う, やつでなきぁできねえや, やつでなけりゃいかんぞ, やつでねえと酒, やつでもねえあそこで, やつとおさへて, やつとがある, やつとくんなはれ, やつとくんでしたよ, やつとけあ結構, やつとけふさう自信が, やつとせい二居に着いた, やつとて斬るん, やつとてもあの晩, やつとでも言うん, やつとといふ空間を, やつとらんと一寸, やつとりましたが三年前, やつとをばさんが, やつとんぢや, やつえらい皮肉, やつどうしやがった, やつどうも臭いです, やつどころかまた近所, やつどの方角へ, やつどんなに私を, やつなかなか鮮かに, やつなぜ僕たちに, やつなぞもね葵の, やつなぞを近在の, やつなどどうしていらっしゃいます, やつなどがみな酒に, やつなどにつかまって, やつなにをいう, やつなにかこっちの, やつなら振り落すとこの, やつなれど乱心, やつなんのこと, やつなんぞに道伴れ, やつなんだかいやに, やつなんでさような, やつにとって居るとの, やつにまで引つたくられるの, やつにゃ用は, やつに対する特別の, やつぬらりくらりとした, やつ傲慢な, やつねえ先生そんな, やつのけえりを, やつのぼたんを, やつのまぬけさかげんと, やつはおまいさまを, やつはけもののよう, やつはずみで巧, やつはたうとう断り切れなかつた, やつはたちが悪い, やつはつきりこう言う, やつはないやな, やつはにが手で, やつはもうくびだ, やつはネ今でも, やつばつの悪, やつばらめあらかじめ地, やつばりばかにする, やつばりトキ子をすて, やつばり人間は餓鬼ぢ, やつばり大和屋の若久, やつばり星にまけてる, やつばり芸術はすばらしい, やつぱしあなたも娯, やつぱしお友だちの方, やつぱしお寺へ帰る, やつぱしお父さんなんか讀む, やつぱしさうより他に云, やつぱしすこし續けて藥, やつぱしその日の朝, やつぱしそりや學生なんてもんぢ, やつぱしそんなものがついてるんだと幾らかで, やつぱしなんだらう妹さん, やつぱしねすうと, やつぱしひどい神經衰弱のせゐなん, やつぱしほんとうに好きだと, やつぱしめちやくちやになつてるのを眼をまるく, やつぱしゆうべはそこの物置に歸つて來, やつぱしイギリスへ寄つて, やつぱしヘヘ花は散, やつぱしロオヌ河のやう, やつぱし七円だな, やつぱし井出君ひとりで, やつぱし他人だわね, やつぱし傷ましいもの, やつぱし僕等のこと, やつぱし僕達に引越せ, やつぱし内田の方, やつぱし内田さんにし, やつぱし十錢持つと, やつぱし吾人は神, やつぱし壁や巖, やつぱし大変な心細, やつぱし婦人用の沓下留め, やつぱし家庭がどうも, やつぱし屆けたんだけど, やつぱし屋根裏の部屋, やつぱし山雀だ, やつぱし帰つて来ると, やつぱし平野さんの子供, やつぱし広島は危険, やつぱし影ではない, やつぱし彼奴が盜ん, やつぱし彼奴一人で盜ん, やつぱし彼等の間, やつぱし御坂はいい, やつぱし心配やし, やつぱし手前とこの, やつぱし昨日と同じ, やつぱし最初に見た, やつぱし東京は一日, やつぱし歩き廻つてゐるの, やつぱし浮世の飾り, やつぱし父のいふ意味, やつぱし白木の子分, やつぱし相手の奴, やつぱし秋の收, やつぱし精神病者の一人, やつぱし素直な謙遜, やつぱし細君からの爲替, やつぱし肺病だね, やつぱし胴と同じ, やつぱし腦味噌が足りない, やつぱし自分の手, やつぱし警察へは屆, やつぱし貴方だつた, やつぱし辛抱が出, やつぱし逗子あたりのわるい, やつぱし金属ですか, やつぱし駄目不良少年も何もかも, やつぱりあいつは無禮, やつぱりあき足りないには, やつぱりあくまでも部落さしがみつい, やつぱりあたしのところへ無心の手紙, やつぱりあたし綺麗だわ, やつぱりあたりまいの子供であるの, やつぱりあたるものと信じるな, やつぱりあなたがいつまでもあの月の雫, やつぱりあなただけには聴いて, やつぱりあなたと私とは結婚, やつぱりあなたの豚小屋へ返す, やつぱりあなた情緒といふもの, やつぱりあのお方はまるで, やつぱりあのことは気にか, やつぱりあのことを云ふの, やつぱりあの事件のため, やつぱりあの人の胸, やつぱりあの問題を徹底的, やつぱりあの快楽の深い, やつぱりあの男の顔, やつぱりあの空に消え, やつぱりあの蒼鉛の労働, やつぱりあの顔は憎い, やつぱりあまりよく睡れなかつた, やつぱりあまり違ふの, やつぱりあれつ切りにし, やつぱりあれに未練がある, やつぱりあんただつた, やつぱりあんたは惚れて, やつぱりあんまりいい心持はしない, やつぱりあゝいふ戯曲のジャンル, やつぱりあゝしなければかうなるのは當り前, やつぱりいくらも時間はすぎ, やつぱりいけないのかへこまるねへどんな風, やつぱりいけない捨鉢気分で飲んだ, やつぱりいけませぬ故右大将, やつぱりいつまでも二つの目, やつぱりいつまでも混乱するばかり, やつぱりいつもはじめてのやうに女は答, やつぱりいゝしかし私, やつぱりいゝところだと思つた, やつぱりうそじや, やつぱりうまい足りないだけ, やつぱりうまい朝酒昼酒晩酒よろしい今日, やつぱりうまい青紫蘇の香, やつぱりうるさい柿はしづか, やつぱりお弱い御, やつぱりおいしい水のおいし, やつぱりおけさ節が一等, やつぱりおせいだつたのではないかと思へた, やつぱりおなじことを考へて, やつぱりおばあさんだなと思つた, やつぱりおばさまは勇気, やつぱりおまへはさつき考へたやう, やつぱりおりて行つた, やつぱりおれが最初にぴんと, やつぱりおれたち見たいな, やつぱりおれの見た通りパン, やつぱりおれの部屋だ, やつぱりおれは智慧者だな, やつぱりおれは熱がある, やつぱりおんなし学校へ行, やつぱりお主が処罰, やつぱりお前さんだね, やつぱりお友達でいらつ, やつぱりお告げの通り鶚, やつぱりお定まりの, やつぱりお家らしいもの, やつぱりお座敷以外にお客さま, やつぱりお月さまを見, やつぱりお母アさ, やつぱりお湯屋へ置い, やつぱりお留守でのうせん, やつぱりお祭りらしくと, やつぱりお茶の心得, やつぱりお酒を残し, やつぱりお陀仏だ, やつぱりかういふきれいな夕暮れの戸山ヶ原, やつぱりかういふものだらうと思つた, やつぱりかういふ山径を好き, やつぱりかういふ気焔をあげる, やつぱりかうした小品物許り描いて, やつぱりかうしてみぞれまじりの, やつぱりかうして慕つてゐるとは, やつぱりかうして日本食を召し上り, やつぱりかうして附纏つてゐるの, やつぱりかなしいわかれてか, やつぱりかならず持つて, やつぱりからにすぎなかつた時の様, やつぱりがらくただつたの, やつぱりきよとん, やつぱりきよとんとして居られました, やつぱりぐうたらの罰である, やつぱりこいつは大事, やつぱりこいつはお菓子だ, やつぱりこいつは違ふと思, やつぱりここでも食へはせぬ, やつぱりこちらの思ふやう, やつぱりこちらへ注意深さうな目, やつぱりこの二つの眼, やつぱりこの人生にもかういふ, やつぱりこの儘でいい, やつぱりこの天下の政治, やつぱりこの女の意志, やつぱりこの屏風が故人, やつぱりこの戯曲は私, やつぱりこの日は最も, やつぱりこの桜桃の酒, やつぱりこの梅が宜, やつぱりこの櫻桃の酒, やつぱりこの病院にゐる, やつぱりこの鏡の後, やつぱりこれで好いの, やつぱりこれでいゝのか知らと, やつぱりこれで戲曲なの, やつぱりこれに違ひないの, やつぱりこれは千恵の思ひ, やつぱりこれは正夢であつ, やつぱりこんな事だつたの, やつぱりこんな地層に見える, やつぱりこんな道具がない, やつぱりこんな風に呼びかけ, やつぱりこゝからひきかへすことにきめた何となく身心, やつぱりこゝはアフリカだな, やつぱりこゝもたべものやが多い工場町, やつぱりこゝを渡つた方が近道, やつぱりご厄介にならう, やつぱりさういふものでどうしても書かず, やつぱりさういふイヤなに, やつぱりさういふ所から一つ, やつぱりさういふ智慧を出し, やつぱりさういふ連中が元, やつぱりさういふ非常識なもの, やつぱりさうかと人々は考へ, やつぱりさうかと思つた, やつぱりさうした毛嫌ひを, やつぱりさうして男性らしくない女性追求者, やつぱりさうだつたのかと加野の母親, やつぱりさうだつたのか岡田だつたの, やつぱりさうだと思はず大声, やつぱりさうだらうといふではないが房雄は只, やつぱりさうでなくては恰好がつかない, やつぱりさう云ふもの, やつぱりさう簡単にできる, やつぱりさつきの女は彼女, やつぱりさつきの通りに白く, やつぱりさびしいやすらかさやすらかなさびしさ, やつぱりしんとくまるが正しからう, やつぱりじつと眼を見, やつぱりすすきが風にひる, やつぱりそうするだろうと思うの, やつぱりそこに立つて, やつぱりそこには伝統や風習, やつぱりそつと部屋を外し, やつぱりその赤い皮, やつぱりそのなかに浮んで, やつぱりその一劃に, やつぱりその人その人, やつぱりその口さ, やつぱりその同人の集り, やつぱりその女を考へず, やつぱりその必要を自覚, やつぱりその日曜を待ち望ん, やつぱりその生れ出でて, やつぱりその當時の事, やつぱりその目はちよい, やつぱりその組になり, やつぱりその通りだ, やつぱりその顔は漂つて, やつぱりそばにゐなけれ, やつぱりそれが見えましたね, やつぱりそれが一日になく, やつぱりそれぞれに書きわけをしなけれ, やつぱりそれぞれ流儀がお, やつぱりそれだけで為方の無い, やつぱりそれでよかつたと思つて, やつぱりそれで姉さん悪くなつたん, やつぱりそれと同じやう, やつぱりそれに書きたくも, やつぱりそれの譲受主を決め, やつぱりそれは学ぶところ, やつぱりそれはお互ひの, やつぱりそれはドシンと體當, やつぱりそれはルッターの銅像, やつぱりそれは窓からでも入, やつぱりそれを堪へました, やつぱりそれをよく云つたもん, やつぱりそんな気分で眺め, やつぱりそんな風でした, やつぱりたえまなく消えて, やつぱりただ人でないといふ, やつぱりたびたびこはい目をし, やつぱりたまに肉親の寄る, やつぱりたゞの肉体をもつ, やつぱりだまつて小さな銀貨, やつぱりだめだとおもひながらまた息をこらしました, やつぱりちがはざるを得なかつた, やつぱりちんちくりんの由兵衛奴にフロツク, やつぱりぢつとして家の様子, やつぱりつい右の方, やつぱりつゝしむべきは口である, やつぱりとかくこの胸に不思議, やつぱりとぼとぼと歩きつ, やつぱりどうしても日本の芝居, やつぱりどうすることも出来なかつた, やつぱりどうもどこ一つとして颯爽, やつぱりどこか犯しがたい, やつぱりどこかで助かるかも, やつぱりどこかに古代の影, やつぱりどこか違つてゐると, やつぱりどこの國だつて内心, やつぱりどつしりした大きなもの, やつぱりないと言はなけれ, やつぱりない熱が下らなく, やつぱりなさぬ仲だから, やつぱりなぜともなく彼女が見え, やつぱりなつかしいうれしい気持をそ, やつぱりなんぢやないかねいくら大学病院, やつぱりなんでございますか近々東京, やつぱりなんとか連盟よ, やつぱりはんこが捺して, やつぱりばつしてやらなければ, やつぱりひとかどの理窟がつい, やつぱりひとりでゐたのでさう, やつぱりひとり隅つこでの, やつぱりひどくて鞭で打つ, やつぱりひどく土がつい, やつぱりひろい視野をもつた, やつぱりびくともしてゐないてんでこつち, やつぱりほろゑい人生でなくて, やつぱりほんたうに落ちつけない怏々, やつぱりほんとうの親爺かも知れない, やつぱりほんとの血だつたな, やつぱりぼくの身, やつぱりぼんやりして居るこんな, やつぱりまあ渾沌たるもの, やつぱりまたどこかへ奉公に上らなけれ, やつぱりまた女と赤い, やつぱりまだ女々しい考, やつぱりまだセンチメンタリストだ, やつぱりまだ戦争かヒヤリ, やつぱりまだ船が出, やつぱりみつをたべ, やつぱりみんな私のやう, やつぱりもうあれだけのお年になります, やつぱりもつと日光をとり入れなく, やつぱりものを考える一つ, やつぱりやまなしだよよく熟し, やつぱりやり遂げた, やつぱりゆうべと同じ美しい, やつぱりゆきちやんだつたンだね, やつぱりゆき子にももの, やつぱりよかつたよい山, やつぱりよかつたチヤツプリンの本質, やつぱりよかつた同宿者のおし, やつぱりよかつた国分寺もよかつ, やつぱりよまない方へ傾き, やつぱりわいの友だちやと云つた, やつぱりわたしの口, やつぱりわびしい一夜だつた, やつぱりアガツてしまふ, やつぱりアマゾンのやう, やつぱりアメリカのもの, やつぱりアルコールのせい, やつぱりアンブロアジヌお婆, やつぱりウジ虫のよう, やつぱりエゴイストよ, やつぱりエミルとおなじ, やつぱりカトリックの国, やつぱりガーゼに閉ぢ, やつぱりキユレルが偉い, やつぱりギッチョである, やつぱりクウポン制度です, やつぱりグラン・タムールは与へる, やつぱりケチな根性, やつぱりサツパ舟であるから, やつぱりシェークスピアの時代, やつぱりシベリヤ組かい, やつぱりジヨバンニたちとわかれたくない, やつぱりズット見かけない, やつぱりセンチだね, やつぱりタツノの稚拙, やつぱりチェエホフですね, やつぱりデリケートだわ, やつぱりバナヽがいけなかつた, やつぱりパパでせう, やつぱりパリにゐる, やつぱりブルヂョアなの, やつぱりマグダーレンの女, やつぱりマチ子つていふ名のひと, やつぱりムリがある, やつぱりモラルを超えた, やつぱりヤマカン事業になつ, やつぱりユウレイだ, やつぱりリカがぎよ車台, やつぱりリュシャン・ギイトリイが偉い, やつぱりルンペンの事, やつぱりロシヤから遁げ, やつぱりヲダハラまで, やつぱり一寸見て, やつぱり一年間とは通せなかつた, やつぱり一杯だけは飲まず, やつぱり一段上の螺旋, やつぱり一生のうち, やつぱり一番問題になる, やつぱり一皮隔てた處, やつぱり一等うまい, やつぱり一錢を頂いた, やつぱり万葉がよい, やつぱり三十九ぢやな, やつぱり三年位のとき, やつぱり三田さんの事, やつぱり上手へ引込んだ, やつぱり上背のある, やつぱり上野の町, やつぱり下着など, やつぱり不吉な鬼気, やつぱり不幸な人, やつぱり不愉快に思ふだらう, やつぱり不治なぞといふこと, やつぱり不自由なわい, やつぱり世の中はうまく, やつぱり世帯の遣繰, やつぱり世間でも言, やつぱり世間通りよ, やつぱり並の人間, やつぱり中途で止められない, やつぱり主婦さんだと, やつぱり予測のつかない, やつぱり事女房となる, やつぱり事実らしさ, やつぱり事業の方, やつぱり二つあつて, やつぱり二人切りで散歩, やつぱり二十三四から六七, やつぱり二十代の声, やつぱり五分刈にしとかう, やつぱり人間的反省といふもの, やつぱり今度の私, やつぱり今頃の時候, やつぱり仏教を勉強, やつぱり仕事をする, やつぱり仕合せになる, やつぱり仕方なく竈, やつぱり仕舞にやしつ, やつぱり他人の力, やつぱり代りをみつける, やつぱり以前家の女中, やつぱり会いたくない, やつぱり会話は少く, やつぱり低能なん, やつぱり何つて云つても私, やつぱり何処か似, やつぱり何時もの自動車, やつぱり何物にか襲, やつぱり佗しかつた, やつぱり佛の御名, やつぱり作家が出かけ, やつぱり作者これは原作者, やつぱり使ひ慣れたもの, やつぱり俳優だけに責任, やつぱり偉大な詩人, やつぱり停滞して, やつぱり傍若無人でした, やつぱり僕ぢやいけなかつたです, やつぱり僕らのやう, やつぱり僕一人だつた, やつぱり元来坊主で仏教史, やつぱり元気をつけ, やつぱり元通りの彼女, やつぱり兄たちの力, やつぱり先から言う, やつぱり先刻からずつと自分, やつぱり先見の明, やつぱり光ちやんを愛し, やつぱり全体との関連, やつぱり兩眼とも繃帶, やつぱり八時半頃に新橋, やつぱり共産黨關係で働い, やつぱり其中庵がいちばん, やつぱり其方に加勢, やつぱり其處迄行かなけれ, やつぱり内ですよ, やつぱり内證で母, やつぱり冐險どちらも危險, やつぱり冒険どちらも危険さ, やつぱり冷静でありすぎる, やつぱり凱旋だらう, やつぱり出入してるの, やつぱり出頭すべしと, やつぱり分かつてゐる, やつぱり分家の喜作さん, やつぱり利根子は私, やつぱり動物だ, やつぱり北支でせう, やつぱり北津軽だ, やつぱり十七日のひろ子, やつぱり十八九だと, やつぱり十年間も舞台, やつぱり卑俗な意味, やつぱり南国の風景, やつぱり原田さんの縁引, やつぱり参加しなかつたの, やつぱり参詣の人, やつぱり口笛をふい, やつぱり可哀さうで, やつぱり右の手, やつぱり吃驚しちやつたの, やつぱり吉野山中の神, やつぱり同類を相手, やつぱり名牛になる, やつぱり呑気だねえ, やつぱり和歌管絃に御, やつぱり和田氏御一族, やつぱり哀れな人間, やつぱり噂だけで, やつぱり四五年に一度, やつぱり四五日づゝの徹夜, やつぱり団体自身が自分たち, やつぱり図書室へ参ります, やつぱり圓顱の姿, やつぱり土建業の新興事業家, やつぱり在方の人, やつぱり地方出身の人, やつぱり地球に住ん, やつぱり地面だ, やつぱり坊主頭がよい, やつぱり埃が掛つて, やつぱり壁面の薄暗, やつぱり変つて, やつぱり変つてをられません, やつぱり夏爐冬扇ですね, やつぱり外面はなんとも, やつぱり夜中の事, やつぱり大丈夫ぢやなかつた, やつぱり大人で第一声, やつぱり大凶ちが, やつぱり大切にし, やつぱり大声でから, やつぱり大変不愉快でしたよ, やつぱり大家としての貫禄, やつぱり大衆を意識, やつぱり大須を中心, やつぱり天井ばかり見, やつぱり天性のお, やつぱり天成の一つ, やつぱり天気によります, やつぱり太郎に就い, やつぱり夫人の本心, やつぱり女中をやつ, やつぱり女学生のころ彼, やつぱり女帝にある, やつぱり女性である彼女, やつぱり女房を責めつける, やつぱり好きだつたの, やつぱり好みの変化, やつぱり好奇心には動かされる, やつぱり好意の持てる, やつぱり好摩にあたる, やつぱり妙だと, やつぱり妻君の小言, やつぱり姉さん悪るかつ, やつぱり娘時代にいろんな, やつぱり嫉妬からた, やつぱり子供みたいなところ, やつぱり存在するつてこと, やつぱり学問が好き, やつぱり学校がきら, やつぱり宇品よ, やつぱり宇野さんと話, やつぱり安価なるセンチメンタリスト, やつぱり安静にし, やつぱり官展になつて, やつぱり実在したので, やつぱり実現させないに, やつぱり家主といつた, やつぱり富岡の現在, やつぱり寝坊のため, やつぱり将軍の舅さん, やつぱり将軍家は何もかも, やつぱり将門の髑髏, やつぱり小山内薫のやう, やつぱり小説は活字, やつぱり少女です, やつぱり少年の生れ故郷, やつぱり山火事でござんせう, やつぱり山猫の耳, やつぱり山越えをし, やつぱり岡田村が素朴, やつぱり島田に結, やつぱり川棚の湯, やつぱり左うだ, やつぱり左うだつたの, やつぱり差し當りは, やつぱり巳之さん, やつぱり布教師になる, やつぱり希望はある, やつぱり帰つてゐなかつた, やつぱり常人以上に素早く, やつぱり幅ひろく明るく流れ, やつぱり平らでは, やつぱり平民の子, やつぱり年の瀬だ, やつぱり年寄はお, やつぱり年寄役なんぢやから, やつぱり幸福のうち, やつぱり幼稚な正しい, やつぱり幽芳の弟, やつぱり底が焦げつい, やつぱり庵がよろしい, やつぱり引懸つてゐる, やつぱり弥縫しきれないの, やつぱり弱かつた, やつぱり当にならない, やつぱり当り前に四幅, やつぱり役者になる, やつぱり往きまつさ, やつぱり往時も今, やつぱり待ちぼけだつたの, やつぱり後について行つた, やつぱり徒勞に終, やつぱり徒爾だつた, やつぱり御覧の通り, やつぱり御飯がたべたい, やつぱり微笑して, やつぱり徳さんが多い, やつぱり心一つだ, やつぱり心配はなすつ, やつぱり思つたとほり, やつぱり思切わるさうに醫員, やつぱり恋といふ程, やつぱり恋人のおかげ, やつぱり恋心もあつ, やつぱり患者だな, やつぱり悪魔を意味, やつぱり惡いから止さう, やつぱり惣兵衛ちやんにはあの, やつぱり意久地なく点頭い, やつぱり慾徳渾成で恩, やつぱり懐中に捻, やつぱり懷ろ手をした, やつぱり戀人のよう, やつぱり我々の, やつぱり我々同様作者なの, やつぱり我家と云, やつぱり戦争だわ, やつぱり戯曲作家の悲哀さ, やつぱり戰爭の動向, やつぱり戸袋でそこ, やつぱり手応へがありません, やつぱり手術をした, やつぱり手錠は革, やつぱり打ち越しである, やつぱり把握すべきもの, やつぱり折目の折り, やつぱり掛行燈のともつて, やつぱり支那人だらう, やつぱり政治は国民, やつぱり敗北して, やつぱり教養が必要, やつぱり敬治君が来, やつぱり数年前はやつ, やつぱり敵機は現れなかつた, やつぱり文学者や芸術家, やつぱり文藝作品と映, やつぱり斯うやつ, やつぱり斯んな馬車, やつぱり新劇にはなさすぎる, やつぱり新調のお蔭さ, やつぱり新鮮な野菜, やつぱり方々に雇, やつぱり旅のみが持たせる, やつぱり日向の外, やつぱり日向ぼつこをし, やつぱり日曜にあの, やつぱり日本人だ, やつぱり日露戦争のときみたい, やつぱり明日連れて, やつぱり明日一緒にたつ, やつぱり星だと, やつぱり昨日を思はず, やつぱり昼間見たとき, やつぱり時は同じ, やつぱり曾て自分, やつぱり最初から記憶, やつぱり最後までかう, やつぱり月はない, やつぱり月ぢやない, やつぱり有望なんぢ, やつぱり朝はおみおつけ, やつぱり本物の鳥, やつぱり本省の方, やつぱり杞憂でない思ひが, やつぱり束京にゐる, やつぱり東洋的諦観の世界, やつぱり松本へ帰る, やつぱり林田先生だけある, やつぱり架空な不安, やつぱり柄にない, やつぱり栄坊ちやんは豊ちや, やつぱり栓が抜い, やつぱり楽観できないらしいん, やつぱり樹明だ, やつぱり樹明君だつた, やつぱり樹木が深く, やつぱり檢束されて, やつぱり檻の中, やつぱり歌のつ, やつぱり歌舞伎だけやつ, やつぱり此處に越し, やつぱり歳のすけない, やつぱり歸るよ, やつぱり死といふひとつ, やつぱり死花のこと, やつぱり残酷よ, やつぱり母乳にはかなわん, やつぱり母子ですわねえ, やつぱり毎日か, やつぱり気持が重い, やつぱり気質のやう, やつぱり水位の低い, やつぱり水死女の姿, やつぱり水蒸気だと, やつぱり永遠の真理, やつぱり決心がつかない, やつぱり汽車は出る, やつぱり沈默を續, やつぱり法被をき, やつぱり泥だと, やつぱり洋画壇で革新的, やつぱり洋風をお, やつぱり洋食屋にする, やつぱり活字として戯曲, やつぱり浅薄なもの, やつぱり浜の極道, やつぱり浮気なので, やつぱり温泉へ行くべきだ, やつぱり源家の強い, やつぱり溜息ですよ, やつぱり漂泊の旅, やつぱり演出は楽しみ, やつぱり演劇の芸術性, やつぱり演劇界に巣喰つて, やつぱり演技のはしばし, やつぱり澄江を思ひだす, やつぱり灰色のもの, やつぱり無意識にぱらぱら, やつぱり無理を押し, やつぱり無言のま, やつぱり熱の加減, やつぱり爺さんは, やつぱり片袖なかつたもの, やつぱり特有の男女混浴, やつぱり犯人は家庭内の人, やつぱり犯罪を感じさせる, やつぱり狐にだまされ, やつぱり独り者だ, やつぱり独逸にいらつ, やつぱり狹い帶, やつぱり王さまからおよび, やつぱり現代人の生活, やつぱり現在の自分, やつぱり現実に裏切られず, やつぱり生に執着, やつぱり生みの母御, やつぱり生埋めにされちまつた, やつぱり生死去来に御座候, やつぱり生活に裏, やつぱり生活慾でせう, やつぱり生物だから, やつぱり田舍に生れた, やつぱり田舎者のせゐね, やつぱり由藏のやき, やつぱり甲板の眺望, やつぱり男子の浮いた, やつぱり画家だつた, やつぱり番地と名前, やつぱり異常な世界, やつぱり疚ましいこと, やつぱり疲れからの乱視, やつぱり病人以外には用, やつぱり病気して, やつぱり白がつぶれ, やつぱり白金の時計, やつぱり目黒のあの, やつぱり相州さまなどとはその, やつぱり相手を求める, やつぱり看護員は看護員, やつぱり眞の安心, やつぱり眞面目になつて, やつぱり真犯人は彼, やつぱり着物かな, やつぱり知つてゐなかつた, やつぱり知らぬ顔で象棋, やつぱり砲兵だけある, やつぱり祖父と父, やつぱり神の存在, やつぱり禁慾生活がふさ, やつぱり私みたいな者, やつぱり私悪者なのよ, やつぱり秋今頃かなうそ, やつぱり秋田には根強い, やつぱり秋田蕗がよい, やつぱり秋祭りと言, やつぱり移民の娘, やつぱり税の言, やつぱり穴熊の一族, やつぱり空を握, やつぱり空想や虚構, やつぱり空梅雨か, やつぱり窓の儘, やつぱり竜宮の気風, やつぱり竝んで今度, やつぱり笑ひながら, やつぱり笑つてゐるん, やつぱり箱根にしませう, やつぱり米喰ふ虫, やつぱり精神的に共通, やつぱり系統かしら, やつぱり約束通り私を引取, やつぱり紅血が迸るだらう, やつぱり紫檀の卓子, やつぱり組合員は組合員, やつぱり経済の方, やつぱり絖を持つ, やつぱり継母の指図, やつぱり網だが, やつぱり縁なき衆生, やつぱり置屋の娘, やつぱり罰が当る, やつぱり罰金制度も無, やつぱり美の幻惑, やつぱり習ひこんで, やつぱり老の繰, やつぱり考えてらつし, やつぱり職人は芸, やつぱり職工で以前城北の方, やつぱり肩げてゐました, やつぱり育ちが育ち, やつぱり脱けきれない, やつぱり脳でもわるい, やつぱり膃肭臍に生, やつぱり膝を屈折, やつぱり臆病な御, やつぱり自主的な自覚, やつぱり自信満々たる一生, やつぱり自殺だつた, やつぱり自然が本当, やつぱり自覚したはうがい, やつぱり船は動い, やつぱり良寛和尚の方, やつぱり色情だ, やつぱり花だつた, やつぱり芸熱心で相当, やつぱり芸者をし, やつぱり芸術的衝動を失う, やつぱり苅萱がいちばん好き, やつぱり苗が良く, やつぱり苗床を作つた方, やつぱり荘田でございます, やつぱり菜食がよい, やつぱり華族ですか, やつぱり蓬のかをり, やつぱり蕈などだ, やつぱり薄つぺらなヱゴイスト, やつぱり薬ばかり嚥, やつぱり薬師温泉の方, やつぱり蘇生の朝, やつぱり虚栄心のよう, やつぱり虚無的なもの, やつぱり蟹田だなあ, やつぱり血は水, やつぱり行つて, やつぱり行つてこやう, やつぱり行乞したくないしたくないけれど, やつぱり袋をつまみあげ, やつぱり裃の殿様, やつぱり西の方, やつぱり西洋中毒の結果, やつぱり見どころがある, やつぱり親爺だ, やつぱり観客に対して不親切, やつぱり角にする, やつぱり訳もなに, やつぱり詩人に, やつぱり読み書きに国語教育, やつぱり読書が第, やつぱり読物だ, やつぱり誰か通つてゐるなと, やつぱり諦らめきれないの, やつぱり謄写刷がよい, やつぱり謎の尾, やつぱり譯もなに, やつぱり變りなくあの, やつぱり豆腐はうまい, やつぱり貂に見えます, やつぱり貫一さんが憎く, やつぱり貴公子らしいなつかしい, やつぱり貴族か何, やつぱり買はれて, やつぱり賭けが行, やつぱり赤井を見, やつぱり赤手空拳の事業家, やつぱり赤痢やコレラ, やつぱり踏切の方, やつぱり躊躇もなく, やつぱり身体の中心, やつぱり軍歌を歌つて, やつぱり軸物のこと, やつぱり農林省の人, やつぱり近所に住ん, やつぱり近頃は片言, やつぱり返事はくれなかつた, やつぱり迷はず和漢の療法, やつぱり通りがかりに一寸邸内, やつぱり通用するところ, やつぱり連れのある, やつぱり遊びぢやねえか, やつぱり道綱はしばらく, やつぱり違ふ, やつぱり違つてゐるらしい, やつぱり違ふんです, やつぱり郊外ね, やつぱり部屋のなか, やつぱり都会育ちの戯曲作家, やつぱり酒場か, やつぱり酔つてゐたんで, やつぱり酔興だつた, やつぱり野良が續, やつぱり野良仕事はさせる, やつぱり銀だね, やつぱり銀座裏か京橋へん, やつぱり鎧のやう, やつぱり長野近在で鬼無里, やつぱり間違つてなかつたわ, やつぱり阿久津の叔母さん, やつぱり陰陽師安倍晴明が言つた, やつぱり陳腐な悪臭, やつぱり階下の内儀さん, やつぱり隣の小屋, やつぱり雑誌へ詩, やつぱり雪の為め, やつぱり雲井さんと別れる, やつぱり青春の暗, やつぱり青木さんの洋行, やつぱり静かである, やつぱり非常にあわ, やつぱり頭蓋骨を碎かれ, やつぱり顏から血, やつぱり風にざわめい, やつぱり風采に關, やつぱり飛行機で行く, やつぱり飜譯である, やつぱり食堂へ出なけれ, やつぱり食客だ食客, やつぱり飼つた方がい, やつぱり餌をくれない, やつぱり馬糞の実感, やつぱり高まつて, やつぱり鬼門だつた, やつぱり魂のもの, やつぱり鴎外博士とは違, やつぱり鵞鳥の顔, やつぱり鶲だつたな, やつぱり黒点のまん中, やつぱり默つて居ること, やつぱり默つてそれを是認, やつぱり鼻風邪位にしか利かない, やつぱ音楽はほんと, やつひでえこと, やつひどい目に, やつひどく旨いこと, やつびっくりした顔, やつぴい女優との関係, やつへの見せしめに, やつへは油を, やつべか爺, やつぺか砂糖でも入たら, やつほんとに嫌な, やつぼくが日本人, やつまざまざとわが, やつまずかわきり, やつまだウロウロして, やつまでを限りとして, やつみんな死んで, やつむすび方の, やつめあっしどもがこっち, やつめかってに注文, やつめこれみんな飲んじま, やつめその間に家, やつめなんのこと, やつめねずみとりに食われた, やつめばかに今度, やつめらにむかっ, やつめ三途の川で見当まちげ, やつめ人間をからかい, やつめ変な鳥, やつめ夜光の短刀, やつめ夢見が悪う, やつめ大砲をうちだした, やつめ妙なのろけを, やつめ宿老に泣訴, やつめ察するに, やつめ平気の平, やつめ畜生ッさあおもしろい, やつめ自分の野望, やつめ藤原道長のよう, やつめ足にはずみ, やつめ車引になっ, やつめ這ひつくばつて何もかも白状, やつめ鷲の背なか, やつもう女を, やつもっと早くできよう, やつやがてあとから, やつやってくれ, やつやったら嘗めにくいけど, やつやつこ家の子家ツ子だと, やつやつしきには似た, やつやつしくくらしている, やつやつやつこ家の子家ツ子だと, やつゆえもしもこっち, やつ来い来い, やつよくよく生まれながらのかたき, やつよしゃアいい, やつよりほかには, やつらこっちい来いって, やつらそこを去らす, やつらみたいにいちいち, やつらムクを殺す, やつら人にもの, やつら全体を軽蔑, やつら妙に肥ってる, やつら損かけやがって, やつら腕も指, やつら臆病ぞろいよ, やつら遊び人が親分, やつら道理を知らねえ, やつら青べかをぶっ, やつわざわざ手で, やつわしを老人, やつわしたちを見つけた, やつをなふん, やつをはふりおとして, やつをもぎとつて喰つた, やつとこへ, やついきなり車, やつアこれなん, やつアみんなかびのはえた訴え状, やつア江戸ッ子の名折れ, やつア町へい, やつア面ア出せおい, やつガキリ横にかざした, やつキリスト降誕祭あれを十二月二十五日, やつギャーッという五位鷺, やつクンクンないて, やつサメにでもくわれちゃった, やつスイと向う, やつテッキリ犯人めと千鳥波, やつテンカンもちの発作, やつメ鬼ぞろいといわれる, やつ一ツさあれがイガズル, やつ一匹ぐらいわけ, やつ一国の主, やつ一声ほえると, やつ一枚買ひまゐら, やつ一流の計画, やつ一生懸命でお雪ちゃん, やつ一週間ほど前, やつ一間ほどうしろ, やつ三四十人の女, やつ上げるわ, やつ下界をのぞい, やつ不孝者じゃな, やつ世界ぢゆうの女, やつ二三人怪我はしました, やつ二言もなく, やつ五万ルーブリの手形, やつ京都で何, やつ今ごろかんかんだ, やつ今夜はやってこない, やつ付けたかも知れません, やつ付けられでもした, やつ代りに恭一, やつ仮面を剥い, やつ何と言うかな, やつ凡庸作家に非, やつて来い, やつ前のよりは少し, やつ助かってくれる, やつ卑劣なやつ, やつ参つたな, やつ古い文句を, やつ叱って気の毒, やつ司馬道場へやって来た, やつ含み笑いをし, やつ喰わせ者じゃ, やつ外聞悪くて, やつっ嫌い, やつ大股になっ, やつ子供のおもちゃ, やつ学校を追いだされた, やつ学者の学者, やつ実にどうも悪辣な, やつ宿の娘みたい, やつするところ, やつ女童小太刀するどし, やつ小便にかこつけ, やつ小賢しく立ち廻って, やつ少し血迷って, やつをしめ直し, やつ帰ったな芳輔, やつ帽子をぬげよ, やつ平素から金, やつ広言したほど, やつ張りあの婦人, やつ張り前の男, やつ張り女の事, やつ張り相手の奴, やつ張り私が惡, やつ強い催眠薬だ, やつ当たりの丹三, やつ得意になっ, やつ存分に, やつ怒るよきつ, やつ怠けもの腰ぬけ腑抜け, やつに周章てくさっ, やつ怪しからぬ偽, やつ恐ろしく出来るに, やつしらずそんな, やつ情夫と熱海, やつ意気地のない, やつ憎いも憎い, やつがふるえ, やつ拙者を三五兵衛, やつ捨て置き難きもの, やつ日ごろは敬四郎, やつ明日のこと, やつはいずれ, やつ時分になっ, やつ月叟様の前, やつ未練なやつ, やつ本体を御存知, やつのやつら, やつ横着だぞ, やつ欲情に目, やつ止めぬな悪口, やつ残花に対してなぜ, やつ殺してしまう, やつ毎晩稼ぎに出かける, やつ毛虫みたいな男, やつ気の毒だが, やつ気狂いにそう, やつにも溺れず, やつ汝等が欺かれたる, やつ沈着いたやつ, やつ泣きっつらしてや, やつ活かして置きません, やつ海底でその, やつ溶けたな, やつ演出は誰, やつ灰色の巨人, やつ炊事室にまで忍びこんできやあがる, やつ無いとなれ, やつ焼餅をやきまし, やつ独りでいる, やつ独逸から近代眼科学, やつ獲物は仲間, やつ甚だ怪しからん, やつ生きてたのよ, やつのくろ, やつが出来た, やつ癇癪もちだから, やつ登って来た, やつ皮肉なこと, やつ相当に呑気, やつ真青になった, やつの色, やつ知っている, やつ碌々あたりに注意, やつのそれほど, やつへ引っ込んじまう, やつ等左までの心得, やつ筋斗をし, やつの中, やつ籤運の弱い, やつ粗悪なウイスキー, やつ義眼を入れ, やつに瓢, やつれて, やつ臭くてたまらん, やつを引かされる, やつ苦しがって, やつ蒸発ガスを砲弾, やつ見たことの, やつ覚りましたな, やつはせる事, やつ言葉巧みに, やつ読んだよ, やつ豆腐をぬすんだ, やつ負えるかい, やつ貴婦人みたいにすましこん, やつ賛成ですな, やつ走りながら金切り声, やつ軍師さまの厳命ゆえ, やつ軽躁いでゐた若い, やつも長陣, やつ逃げてしまった, やつ逃げ失せたか, やつ遠いところへ, やつ遠慮せずに, やつ都合のいい, やつ重くて物凄く, やつ降参したよう, やつ陽気の加減, やつ面たちよ, やつもしからぬ, やつでも引かない, やつ餘計なこと, やつ馬関でお蔦