青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「やく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

もらった~ ~もん もん~ ~や や~ やい~ ~やう やう~ ~やがて やがて~
やく~
~やさしい やさしい~ やさしく~ ~やすい やすい~ やたら~ ~やっ やっ~ ~やった やった~

「やく~」 1199, 13ppm, 8499位

▼ やくそく~ (74, 6.2%)

4 をし 3 などと言つて, をした 2 がし, になっ, の八時

1 [58件] がある, がちがう, ができ, ができあがった, くださいまし, だから, だったが, だったので, だったん, だね, だのに, だろう, であるから, でどこ, でぼう, とすっぽかし, なりしを, にし, にしたがっ, にそむい, にはそむかない, にやあらん, の, のある, のとおり, のほう, のほうせき, のもと, の一千万円, の時刻, の萩, の道, はいい, はできなかった, は守らなけれ, ばかりで, までし, もある, もなんにも, も出来, も誓言, を, をおし, をかたく, をしなけれ, をしなすった, をしました, をする, をだいじ, をほ, をまもっ, をまもった, を条件, を果たす, を破っ, 破った, 致し候, 願うこと

▼ やく~ (40, 3.3%)

3 ぬって 2 こしらえて, 持つたま, 持つて

1 [31件] いつも喰, ごたごたに, さまった, さまり, して, しようと, するなど, する人, そのま, つとめたの, つとめて, はつてる者も, ぶらさげ自, もぎとりました, 云ひつのる, 人形に, 伴なる, 余人に, 口の, 塗って, 梅子は, 注文に, 流す薬, 温めて, 澤山張つた埃だらけな, 締めてゐた, 聞きつ, 見む, 起し, 起したん, 起して

▼ やく~ (36, 3.0%)

5 でした 3 だつた 2 であった, です, やうに

1 [22件] が, がきこえた, が平, ききめ, ことで, ことに, ことシングは, こと立上つたのは, さ, さしみ, だ, だった, と小言, に忙, はひつ, はアサハカ, ま, もやはり, も無理, をきい, を利巧, 悪精霊

▼ やく~ (35, 2.9%)

2 たつの

1 [33件] して, た, たたずなるほど, たたせるつもり, たたないけど, たたないでしょうね, たたないの, たたなくなった茶がら, たたぬ無用, たちました, たちませんが, たっては, たつしごと, たつて, たつという, たつならどうか, たつもの, たつ自分, たてたいばかりに, たとう, ほひが, 及ぶ, 呼び迎, 立たないもの, 立ちます, 立つかと, 立つこと, 立つたか, 立つたで, 立つたと, 立つになあ, 立つやつ, 立とうぞ

▼ やく~ (26, 2.2%)

2 射る夏, 称する伝説上, 言ふ

1 [20件] その後ろ, それから急, つておきの, なおうまい, ふさいで, めん鶏勧め, バリカンを, 一緒に, 勇作は, 屋内へ, 彼は, 急がないから, 急しく, 急り立つれ, 曳出しの, 村が, 熱い洗, 軽く一礼, 鋏で, 馬医の

▼ やくたい~ (21, 1.8%)

21 もない

▼ やくよう~ (15, 1.3%)

1 [15件] だ, で見違えるよう, な作品, な太陽, な妖女, な目つき, な習慣, な音, になっ, になる, にふるえ, に低く, に言った, に言ッ, に鍋

▼ やくその~ (13, 1.1%)

1 [13件] ネステレンコと, 一部に, 大袋, 憤懣の, 指を, 故里が, 萎びた細脛, 落ち着かない愛情, 足跡を, 跫音は, 邊から, 長屋に, 馬と

▼ やく自分~ (11, 0.9%)

2 の家 1 が希つて, で床下, の力, の国, の孤独, の帰宅, の母, らしい句境, をとりもどした

▼ やくから~ (10, 0.8%)

1 この街道, だんだん鼻, 一しょけんめいに, 切支丹屋敷に, 大粒の, 村じゅうの, 淵に, 読めば, 軍の, 音信れた

▼ やく~ (10, 0.8%)

1 いいと, おいて, ごと, ごときもの, はいって, びやうゐんへ来た, 何でも, 始まるの, 登場する, 青葉に

▼ やくやう~ (9, 0.8%)

4 に云 1 でどうしても, にぶすりと, に彼, に見えた, に言

▼ やくにも~ (8, 0.7%)

2 たたない 1 その目玉, た, たちましたが, 立たず取られるもの, 立たなかったし, 立ちません

▼ やく~ (8, 0.7%)

2 は自分 1 といふ人間, と肩, の考へる, はいちまい, はそれ, は裏向き

▼ やくこと~ (7, 0.6%)

1 だらう, でございませうかな, などがご, に彼女, は我, もあつ, 少しも

▼ やく~ (7, 0.6%)

2 に余る 1 をつながした, をひっこめ, を伸べ, を引い, を膝

▼ やくそれ~ (6, 0.5%)

1 がずつと向, が異人達, と見分けられる, に有りついた, を噛み殺し, を知つたの

▼ やくちや~ (6, 0.5%)

2 に腫れ 1 と噛みしめ, と揉み, にし, に敷かれ

▼ やくので~ (6, 0.5%)

4 あつた 1 あらうも, 智ちやんの

▼ やく~ (6, 0.5%)

1 がでる, が時々, の主, を, をひつ, を聞いた

▼ やく~ (6, 0.5%)

1 がつい, がつく, をおちつけ, を取り直した, を沈め, 付いたの

▼ やく~ (5, 0.4%)

1 じゃ追って, でした, なの, をし, をやっ

▼ やく~ (5, 0.4%)

1 じゃない, だ, だから, です, ですのに

▼ やく~ (5, 0.4%)

2 の一方 1 に, の仕事, の椀

▼ やく~ (5, 0.4%)

1 が喀血, と自分, の容子, の心, は歩き

▼ やくかい~ (4, 0.3%)

1 だ, なこと, になりたく, の御

▼ やくこの~ (4, 0.3%)

1 さびしい気持, 地獄屋敷を, 怪男子に, 邸の

▼ やくこれ~ (4, 0.3%)

2 に気づかう 1 だけの水, をいひ

▼ やくところ~ (4, 0.3%)

1 ありと, だが, でお, へ出れ

▼ やく~ (4, 0.3%)

1 ぎのはな, やくな, ゆめ, 目ざはりだ

▼ やくばかり~ (4, 0.3%)

2 であった 1 だった, 美しくな

▼ やくもの~ (4, 0.3%)

1 がそこ, が見えた, は天下, を物色

▼ やくわり~ (4, 0.3%)

2 を知る 1 というやつ, をもっ

▼ やく~ (4, 0.3%)

1 が明け, が明けた, になった, もない

▼ やく~ (4, 0.3%)

1 せわしいさびしさ, に勇みの, の底, を取り直し

▼ やく正気~ (4, 0.3%)

1 づいた模様, にかへつた幸坊, にかへりました, に返

▼ やく~ (4, 0.3%)

2 を立て 1 もうすく, も朝夕軒

▼ やく~ (4, 0.3%)

1 が自分, をあきかけた, をした, を挙げ

▼ やくそくどおり~ (3, 0.3%)

1 すぐでかけよう, ちゃんと引っ, の自由行動

▼ やくだま~ (3, 0.3%)

2 を抑 1 などの野菜もの

▼ やくとして~ (3, 0.3%)

2 牡丹かな 1 のりくんで

▼ やくなか~ (3, 0.3%)

2 にし 1 に立つ

▼ やく~ (3, 0.3%)

1 一の, 即土地, 小説と

▼ やくばかりの~ (3, 0.3%)

1 きりやうの, 半面に, 見事な

▼ やく~ (3, 0.3%)

2 かつた 1 を床下

▼ やくわけ~ (3, 0.3%)

1 が分つ, でも, にはいきません

▼ やく一人~ (3, 0.3%)

1 になり, のラムネ氏, 立ちして

▼ やく今日~ (3, 0.3%)

1 が暮し, は猿橋, もまた

▼ やく~ (3, 0.3%)

1 にかへる, にたどりつい, へついた

▼ やく少し~ (3, 0.3%)

2 わかつて 1 ばかり彼

▼ やく~ (3, 0.3%)

1 に返, に還りし, れに

▼ やく~ (3, 0.3%)

1 がハリアイ, が多かろ, であった

▼ やく暮れ~ (3, 0.3%)

1 かかつ, ておだやか, て隣

▼ やく~ (3, 0.3%)

1 に出た, の威嚇, を離れ

▼ やく~ (3, 0.3%)

1 といふもの, はきえはて, をこしらえ

▼ やく~ (3, 0.3%)

1 が燃えた, として近代武器, はかれ

▼ やく眼鏡~ (3, 0.3%)

2 を買 1 を買つて貰

▼ やく~ (3, 0.3%)

1 から眼, の面, を

▼ やく~ (3, 0.3%)

2 のべに 1 から首

▼ やく~ (3, 0.3%)

1 がきれ, の原, の峯

▼ やく~ (3, 0.3%)

1 とおこ, と粕, を食

▼ やくある~ (2, 0.2%)

1 一人の, 落着きが

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 后と, 経を

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 うした, 草紙と

▼ やくしん~ (2, 0.2%)

2 の春

▼ やくそこ~ (2, 0.2%)

1 でわれわれ, をでる

▼ やくだけ~ (2, 0.2%)

1 だった, でそれで

▼ やくつて~ (2, 0.2%)

1 から, をり

▼ やくには~ (2, 0.2%)

1 たったと, 大そう

▼ やくの事~ (2, 0.2%)

1 で通読, で體

▼ やくの夏~ (2, 0.2%)

2 の日

▼ やくの次第~ (2, 0.2%)

1 で四十五銭, で四十五錢

▼ やくほど~ (2, 0.2%)

1 御不自由, 熱いところ

▼ やくもち~ (2, 0.2%)

1 の, を發揮

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 汁を, 煮えくり返る

▼ やくベック~ (2, 0.2%)

2 を離れ

▼ やく一杯~ (2, 0.2%)

1 だだが, を食

▼ やく一部~ (2, 0.2%)

2 の人々

▼ やく三八九~ (2, 0.2%)

1 の仕事, の原稿

▼ やく三千代~ (2, 0.2%)

2 の言葉

▼ やく二人~ (2, 0.2%)

1 のみち, を引きあげました

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 なし, はやき飽かぬ

▼ やく人々~ (2, 0.2%)

1 に気づかれはじめた, の浄い志

▼ やく十二歳~ (2, 0.2%)

1 でした, になられ

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 に苦し, を切

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 に会, をすかし

▼ やく咲き~ (2, 0.2%)

2 掛けた所

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 に出る, へでた

▼ やく安心~ (2, 0.2%)

1 した, して

▼ やく小屋~ (2, 0.2%)

1 にオーダン, に病む

▼ やく小遣~ (2, 0.2%)

2 をこし

▼ やく帰つて~ (2, 0.2%)

1 きたやう, 来た

▼ やく平静~ (2, 0.2%)

1 すなほ, をとりもどした

▼ やく彼等~ (2, 0.2%)

1 の恐怖, は船醉

▼ やく手紙~ (2, 0.2%)

1 が来た, を書く

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 へ得た, まへたの

▼ やく日本~ (2, 0.2%)

1 から退, の滅亡

▼ やく明るく~ (2, 0.2%)

2 なつた

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 に空かざり, の瞳

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 が来た, のしつとりした

▼ やく枯草~ (2, 0.2%)

2 のうつくし

▼ やく此家~ (2, 0.2%)

2 の門前

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 も納得, を私

▼ やく浜松~ (2, 0.2%)

2 の城

▼ やく灯火~ (2, 0.2%)

1 が人間, を点け

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 が破裂, を投

▼ やく~ (2, 0.2%)

2 はれた

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 は石ころ, も投げたつ

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 の神さん, は大いに

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 はこの, はやがてすっかり

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 であつ, は深

▼ やく納得~ (2, 0.2%)

1 して, 大いに珍重

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 がありません, もあり

▼ やく脱稿~ (2, 0.2%)

1 さつ, した

▼ やく自然~ (2, 0.2%)

1 の疲労, の目覚め

▼ やく~ (2, 0.2%)

2 が出

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 つけて, は

▼ やく花茗荷~ (2, 0.2%)

1 が咲いた, が咲きだした

▼ やく蒼空~ (2, 0.2%)

1 に消え失せる, を眩

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 に立ち, へ戻つた

▼ やく言葉~ (2, 0.2%)

1 がちら, を切られます

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 がわかつ, では

▼ やく近江八幡~ (2, 0.2%)

2 かな

▼ やく部屋~ (2, 0.2%)

1 の中, へ帰

▼ やく~ (2, 0.2%)

2 になつた

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 になる, にはかれ

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 をあげ, を砂

▼ やく~ (2, 0.2%)

1 の故郷, も目

▼ やく黄昏~ (2, 0.2%)

1 のかげ, の霧

▼1* [562件]

やくあたたかい部屋と, やくあなたが車室, やくあれだけのもの, やくいくらかそれ, やくいささか我に, やくおかげで自分自身, やくおぼろげながら悟つた, やくおれの生き, やくお前に追, やくかえってちょうだいよう, やくかすかな笑, やくかの女から, やくここまで彼, やくこちらに頭, やくことばは画面, やくこと前よりはるか, やくざでござりましてまさしく小父様, やくざなことはわかっているとでもいうかのように信用しないの, やくざなそこいらのコソ泥どもときた, やくざなふるまいはつねに最も高尚, やくざなふるまひはつねに最も高尚, やくざなぼうる箱にたつた, やくしかたをおしえました, やくしどろもどろにな, やくぜんとしない, やくそくがちゃんとでき, やくそくごとだと, やくそくどおり咲耶子をお, やくそくどおり村瀬からは二度, やくそくわたくしたちの心, やくそして記憶の, やくそらにまっ, やくそれぞれの, やくちらとこちら, やくきたらわが国, やくできかかつ, やくという熱中ぶりであった, やくといふ用語例をも, やくとて火が, やくとの二つに, やくとはしだいにといふ, やくとりにひつ, やくなく添削し, やくなでしこ一袋を手, やくなどをして, やくなべに人, やくにて松島に, やくくやを, やくのせっしょうをしたくない, やくのに自宅の, やくの化け物のやう, やくの女に作り, やくの字の道, やくの後再びしずか, やくの童話が壱岐, やくの舌で顏, やくの色の黒き, やくの葉は碧玉, やくの血をのん, やくの話をよく, やくはっと飛んだと, やくはつきり分かつたの, やくひだす様子, やくびすじはうす赤にすき通っ, やくふきのとう, やくぶんのよふな, やくぼけて來, やくまた一転化の, やくまちと云ふところ, やくまとめ終りこの, やくまなこと, やくみちやん, やくみんなのゐる, やくやどり木のまり, やくやもやくや, やくよい雨にな, やくよりか自然鶏の, やくにはみんな巨, やくわが国の戯曲家, やくわざぞ是, やくわたしは後, やくわなどを長屋の, やくをかはき切つた唇, やくアカイアの衆, やくアカデミイの椅子, やくウヂヂに引返し, やくコツプ酒一杯なでしこ一袋にありつく, やくコモヒも尽きた, やくシヨウチユウ一杯ひつかけて, やくスヰッチを捻つた, やくてづい, やくテラスに出られる, やくずに, やくホッと息, やくホテルのバス, やくモオリスの病, やくモスコオ芸術座が此の点, やくモックリ起き上, やくラシイヌの十二韻詩, やくロシアの女, やくの處, やく一つの坂, やく一つ桃色の破れスリッパ, やく一人前の土地, やく一人前弱にしか憤れない, やく一册に集つたの, やく一升捻出して, やく一升罎が空, やく一年間ヨーロッパの旅, やく一廻転する, やく一念を貫き, やく一時過ぎに松崎, やく一段落を告げた, やく一畝だけ耕し, やく一篇書きあげて, やく一軒の荒れ果てた, やく一転化の機縁, やく一里あまり下る, やく一銭銅貨のつかひ, やく七八人並べるぐらゐのスタンド, やく万事が分つた, やく三十に手, やく三十分前ばかりに眼, やく三千噸の小さな, やく三年目にそれでは, やく三番目の問題, やく三角標もてんでに, やくへ登りつめる, やく上つてから暫く, やく上気せが, やくに幻影, やく不在と切上げ, やくに重んぜ, やくにも更に, やく中也もいくら, やく主婦を階段, やく食って, やく乘込んだの, やくをす, やく二三の星, やく二三杯の酒, やく二十二といふ若者, やく二十四時間すぎた後, やく二十銭捻出したそれ, やく二千年前に滅亡, やく二時になつて, やく二歳になる, やく二番町の馴染, やく井戸に水, やく亜麻の敷布, やくを離れ, やく今日御用に立つた, やく仔羊一匹を手, やくの勢力, やく会場に辿りついた, やくなんで, やくの自由, やく作業が終り, やくの負債, やく信債の一部, やくへ手紙, やくがわかる, やくの存在, やく僕達三人は坂, やく氣が, やく元気づいては, やく先生はむかう, やくにまじり, やく全滅せしめること, やく八万の精兵, やく八才計りの子供, やく其の内に, やく其椅子にたどりつき, やく其處から自家, やく処女を自由, やく出來た, やく出来上つたばかりだつた, やく出立藤井さんに駅, やく切りひらいて, やく切支丹の死, やく刻煙草を探しあてた, やくの道, やく前後の少年, やく劇文学なるもの, やく劒銃を越し, やくを得, やくかつた, やく動き且つ固められ, やく動悸治まりけむ, やく勘當がゆりまし, やく化粧を終り, やく北光居をおとづれる, やく北海道から句集代着金, やく十キロあまりとんだ, やく十三歳次郎は十一歳, やく十兵衞が家, やく十分ののち, やく十銭といふ賃銀, やく時間一時間計も, やく半切四枚を書きなぐ, やくへむかふ, やく博勞は明日, やく博士から釣りだした, やく占い方で占い, やくを逃れた思ひ, やく収入の多き, やくが出来る, やく句集壱部代入手さつ, やく各科學の統一, やく合点が行, やく名案を思ひついた, やく吹雪が上つた, やく呼吸を意識, やく商人の支払, やく喉頭を冒す, やく四千騎ぢかい奔流, やく地下足袋を買, やく地平さんの所, やく地平線の森, やく坊ちやんを泣寝入り, やくの肢體, やく場合もある, やく場所が出来た, やくつた, やく変態といふこと, やく変態的一例としての興味, やく夕方の電車, やく夕暮の下関, やく夕陽の流れ, やく多くなりけら, やく夜光の珠, やく體でき, やく大仏さまの片, やく大山君に送る, やく太陽のごとく, やく奈良を立っ, やくな癖, やく姿を現した, やくは精, やくたらざらん, やく子らの時雨宿, やく学校にもお, やく学校当局の賛成, やく安い宿を, やく安堵したので, やく安定しかけた自分達, やく完成を見た, やく実にいやいやらしく, やく宦官の姿, やく家庭教育の子弟, やく家族の身上, やく富士山がよく, やく富山館といふ宿, やくするやう, やくの後ろ, やく封建的な専制政治, やく郡に, やく小山を一つ, やく小舟が繋がれる, やく小諸まで往き, やくを長く, やく届け来る, やく屋根が懶うい, やくにさ, やく山毛欅のこんもり, やく岩壁の背, やく岩屋に入る, やくに来, やく巡査の肩, やく左手がこっち, やく左門の家, やくきな, やく帰り来りぬ, やく帰宅樹明君来庵テル坊も, やく帰途についてゐた, やく平凡であり得たの, やく平和のかなしみ, やく年号のみすり, やく幸福と手, やくに帰った, やく建立しかけた安定, やく引上げてみる, やく当時の新, やく彼女を引きおこし, やく往来を北の方, やく生前に, やく御寺と其光, やく御輿をあげました, やく復活して, やく心眼こそは常に, やく必要がなかっ, やく悲哀も亦, やく情緒それは今自ら, やく意識を恢復, やく愚郎居をた, やく感情を抱い, やくひ出した, やくげに, やく戀愛詩が歌, やく成人はいなかったろう, やく成功しはじめると, やく我が娘の, やくをあけ, やく戸隠の峯, やくになりました, やく所謂演劇学者らの手, やくのそ, やくへて, やく据ゑ得るに, やく捻出したが, やく探りあてたの, やく揺籃の中, やく支那に入, やく支那文學を修め, やく政党内閣といつた, やくへられた, やく數世紀前に商業, やく文債書債を果して, やく文芸雑誌といふもの, やく斯んなあはれ, やく新進作家として文壇, やくつた, やく方々は練馬大根, やくに出かける, やくの宮, やく明かになつて, やく明けゆくに, やく明日の人, やく星城子居を尋ね, やく星辰地にあり, やくさめは, やく昨日の午, やくにはその, やく時彼の注意, やく普遍実用化されて, やくとなつ, やくまつて, やく暖かに寝る, やく書物から眼, やく書道和歌蒔絵などの工芸, やく書類の結目, やく后に, やく最後の一刷毛, やく最終のバス, やく最終電車に間, やく最近の数年間, やくの茶, やく木の間をぬけでる, やく及び草紙類, やく本格的に句作, やく本能が磨滅, やく本質的な意義, やく材木を小屋, やくの中, やく仕候所, やく庵お, やく東京を離れる, やく松原を出, やく梅軒を探しあて, やく森町に着いた, やく椅子にからだ, やくを投げとばす, やくよりすれ, やく様子を見, やく樹明君に逢, やく正真正銘皮膚の色, やく此処へ辿りつく, やく歸つて來ること, やく歸途についた, やく死火山列から, やくつた, やく母親の講習会, やくの生えた, やく水仙を, やく氷片の懸吊, やく氷雪の飾卓晶峯, やく永い日の, やく汽車の切符, やく沓掛に着く, やく治つたと思ふ, やく泣き停ったよう, やく洋画材料で, やく洛陽の令, やく浮世絵が珍重, やくを拭, やくまつた, やく深く木の葉が, やく測定されたと, やく満開に近づいた, やく溜池の通り, やく演劇の一要素, やく激湍や三ツ峯, やくを見る, やく無用の雑音, やくとはし, やく煙草焼酎にありつく, やくりを, やく独言によつて, やく玄関構えに, やく王様を連れ, やく現代劇の軌道, やく現実の傷痍, やく理解し出した死んだ九鬼, やく琥珀の波, やくさを, やくて還, やく生れはじめてゐた, やく田植が初, やく田町を流し, やく由布院の湯坪, やく上げました方, やく男子に対する自覚, やくらしくなつ, やくへ這, やく疲労のため, やく疲労困憊と諦らめ, やく疲勞を覺, やく病ねこものはれ, やく病びょうやく病, やく病間かな, やくが痛む, やく百姓の野火, やく百年前にはじめました, やく的性格に就, やく盛んにならう, やくの中, やく目的地に着いたらしく, やく相手を見くびる, やくの大, やく眞中へとどく, やく真顔になつ, やく眼光は大成, やくを据ゑて桜, やく瞳子は漆黒, やくつたわけ, やく知つたのだ, やく石畳へ棄て去る, やく砂丘へ登りつめ, やく碧童の持つ, やく福江に着い, やく私本来の風光, やくの上, やく程度はトーストパン, やく穹窿や, やく上ること, やく立ち上つたのであるが, やく章助の気, やくひ止んだお, やく三句集の, やくはない, やく箱根を発足, やく築地に着きたる, やくと炭, やく米一升捻出した, やく米一杯半と句四つ, やくの十字万字, やく約束通り澄太君に, やく終局に近づき, やく終止符らしきもの, やく結びながらニッ, やく結末をいうなら, やく緋色の肩掛け, やく緩くはては全く歇, やく繁くなり行く頃われ, やく美しい装飾具としての, やく美貌に愛嬌, やく夫人の, やく老いにけれ, やく老人の部屋, やく老司の少年院, やく聖經に見えたる, やくが聞えた, やく肉体をもとめだした, やくそして濡れた, やく肥前に入, やく肥料もした, やくの上あたり, やく胃袋に落, やく臥床を出でし, やく覺した, やく臭いがする, やく興奮して, やくを纜つて, やく芸術的存在となり得る, やく若水居をた, やくなどからヒヤシンス, やく付きました, やく落日の, やく葡萄の果汁, やく薄墨になる, やく藪椿を見つけた, やくが取れ出す, やくへ裏, やくへ誘ひだした, やくを下ろし, やくをあけ, やく西日の引いた, やく見えし頬, やく見物して, やくの脛, やくえたシエークスピア, やく解放されて, やく読みをへ, やく将は, やく諸侯の列, やく譲葉の垣, やく貰つた一杯の茶, やく貴族社會のサロン, やく賀状のかへし, やく贏得するに, やく赤くかすみ来り後景, やくが届いた, やく足もとを見透かされ, やく路傍に小さい, やく路易は數人, やくにつけた, やく転一歩したさらに, やく迄は兩軍の, やくまつて, やく近代的な意味, やくひ込んだ与里, やくつたかと, やく逢つた共に市中, やくり來, やくの手ぶり, やく都會に出, やくの繋縛, やく酒場の丸木小屋, やく酔心を書きあげ, やくに近付いた, やく重き唇を, やく重くなつた頃, やくは出来た, やく金屬の手, やく金州行を許されたれ, やく釜山駅をたつ, やく鉄針を, やくとの襞, やく長野市の停車場, やく隣席の胡, やく雑魚一尾釣りあげたきり, やく雨季が去つ, やく露命をつない, やくれて, やく青衣子居を探しあて, やく静止したの, やく頂上に達した, やく頭痛もなほり, やくを上げました, やく顛倒しければ, やくに目, やく風雨がお, やくんでゐる, やく養狐場の看板, やくを擡げ, やく首環仰向く唇, やくがかすか, やく香水使用の第, やくに突き, やく麥藁帽子を脱ぎ捨てた, やく黄味のあせ, やく黄金の指輪