青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「やい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~もらう もらう~ ~もらっ もらっ~ ~もらった もらった~ ~もん もん~ ~や や~
やい~
~やう やう~ ~やがて やがて~ やく~ ~やさしい やさしい~ やさしく~ ~やすい やすい~

「やい~」 1078, 12ppm, 9374位

▼ やい~ (323, 30.0%)

22 いた 18 いる 15 ゐた 10 ゐる 8 いるの 5 いたの 4 もらって, 居る, 見える 3 いました, くれた, ゐました, ゐます, 居りました

2 [17件] いたが, いて, います, いるよう, いるん, おいて, くれること, こォ, やって, ゐるが, ゐること, ゐる野, 居た, 居ります, 来ました, 無理に, 落ちるたび

1 [184件] あげた, あげようという, いく分退歩, いたか, いたそう, いたところ故, いたので, いたもの, いたら私, いたん, いた希代, いた年増, いた朝倉夫人, いた雪国, いないこと, いますから, いまでは, いもする, いらつし, いられないと, いるその, いるだけ, いると, いるとき, いるところ, いるな, いるのよ, いるほう, いるらしいでは, いる一つ, いる一個, いる事務官, いる二階, いる夕陽, いる大, いる大通り, いる屋根, いる秀吉, いる職人たち, いる花壇, いる若妻, いる講中, うしろ向きに, おりまして, おりましてね, おります, きます, くれたし, くれたの, くれたり, くれても, くれました, くれるそんな, くれると, くれるば, くれるもの, くれる人, くれる土佐, くれる私, くれる馬場, こしらえた軽い, ござる, さっそく退散, しまい高札, しまう, しまえ, しまおうと, しまった, しまったが, しまったらしい, しんから, すっかり用意, その女の子, その濃い, その灰, その生物, そよ吹く風, たべよう, ちょうど人間, ばよう, ふてくされ仕方, ふりかかる様, へたばったから, ほしくない, ぽつ, みるの, むずかしい事, もらふやう, もらへる異性, もらわずと, やらなければ, やるすべ, やるという, やれと, わたしたちを, わらふ, ゐたので, ゐたのに, ゐた無断, ゐても, ゐるで, ゐるの, ゐるのに, ゐるやう, ゐる人一人, ゐる何だか, ゐる朝, ゐる私, ゐる蝋燭, ゐる階段, ゐる餅, んの, チチコフは, テーブルの, 一気にや, 下さつた, 二ツ並ん, 亭主は, 何となく水郷, 何一つ物音, 兄が, 力を, 医者にも, 午後は, 呉れるか, 哥薩克魂の, 地獄を, 地面まで, 塵紙を, 妙な, 少し毛, 少女を, 居たが, 居たの, 居ました, 居ますと, 居りますが, 居る露, 岡本の, 己れ, 帰りかけたが, 忙しそう, 日の出の, 暮らせて, 来て, 来よったら叶わん, 東京へ, 松から, 水すまし, 火事が, 火鉢を, 白くひる, 皮を, 真蒼, 立ち楢夫, 立つ氷, 縄の, 置いたが, 置いて, 羨みますぞや, 肉体に, 自分たちの, 自分を, 若い男, 蒼ざめた御, 行手の, 見えて, 見えました, 見たくなつ, 赤ん坊の, 起ったり, 身の上を, 身を, 遠くの, 酒の, 金敷の, 金銭の, 鍛冶屋は, 面に, 額と, 食おうと, 食べたが, 食べて, 食べながら

▼ やい~ (153, 14.2%)

4 彼は 2 今時分に, 信玄は, 柔らかい地面, 秀吉は

1 [141件] ああし, あたりの, いく先, いちじ, うしろの, ぐみの木河原で, ここの, この宿舎, さっそく相手, しぶきに, すぐに, すぐ山田奉行, すぐ帰っ, すぐ惨烈, すぐ田ン圃, すぐ直義, すぐ飛脚ども, そこには, そこの, その夕, たとえ手勢, だっと, ちえっ, なんで俺, のめるよう, ふたつの, ぼんやりし, まず乱箭, まず彼ら, またすばやく, まだその, まるで弾丸, みずから家康の, みな鳥影の, もう捕った, やにわに庭, よろこんで, わだち, われら両人にて, アファナーシイ・イワーノ, 一室に, 一體, 丈八の, 下の, 両舷, 二人は, 二人を, 二度の, 今時分から, 何度も, 余り勿体, 八相の, 兵船九隻に, 別当房に, 勅使の, 勝者と, 各, 喰べて, 声に, 外から, 大きくどなった, 大地へ, 大声で, 大鉞, 大鼾, 太刀の, 太政官へ, 完封殲滅文字どおり血漿の, 家臣細川和氏に, 寄手の, 寝酒に, 対岸からは, 尊良宗良の, 小右京, 小姓たちは, 帷幕の, 店の, 座後の, 庭面の, 廖化が, 張, 彼の, 彼方の, 彼自身は, 待ちかまえて, 後ろも, 徐庶は, 急に, 成政は, 戦いも, 戦旅の, 振り仰い, 捕手を, 控え室で, 敵は, 旅装も, 本堂を, 楠木家の, 槍を, 武士たちは, 湊川の, 犬殿への, 玄徳の, 玄関へ, 甘寧, 白い埃, 直義は, 秀政の, 秘帖を, 程普黄蓋など, 突として, 第二段, 細川藤孝忠興の, 絶叫を, 脇差で, 腹十文字に, 自己の, 花山院, 茂助は, 菊王を, 蔡夫人と, 薬湯を, 藤五は, 藤夜叉は, 衣服大小を, 計らぬか, 諸兄に, 赤坂千早の, 起ち上がって, 逃げ走ったと, 部下を, 鎌倉を, 間髪を, 陣屋陣屋などへ, 雪姉ちゃんあの, 顔中を, 飛び出して, 馬に, 馬上の, 駒を, 高氏へ

▼ やい~ (49, 4.5%)

7 ゐるの 4 ゐる 2 そのうち, 石油鑵ぐらゐの大き

1 [34件] いくとも, いる, いるが, いるよう, いる妹, そんなこと, ほとんど狂するごとき, みたつて結局, ゐるお, ゐるけれど, ゐること, ゐると, ゐるみのる, ゐるやう, ゐるん, ゐるんぢ, ゐる赤い, ハモニカを, 下僕たちと, 参らう, 喋つてゐる, 居る, 御飯を, 教会に, 明日は, 来神経, 歩行く, 無理矢理に, 玄関から, 珍らしい, 笑ふ, 見るの, 食堂を, 高調子の

▼ やい~ (21, 1.9%)

4 貴方

1 [17件] いくら逃げ, おつ, お兄さま, お待ちし, お見舞, これから友達, だ六, わけを, ツ, 久し振だ, 勝間さん行つたつて好い, 変ね, 姉さんに, 手拭貸したげる, 本当にあなた, 案内し, 皆んなも

▼ やいこの~ (20, 1.9%)

1 [20件] ならず者, へびを, ピストルが, 低脳, 刀が, 半兵衛野郎, 外套は, 態は, 棹が, 槍が, 泥坊, 盲目めこれんばかり, 米搗きばつたの, 野郎, 野郎たった今, 野郎主人兄弟が, 野郎何を, 馬鹿野郎, 駱駝の, 騙奴

▼ やい~ (16, 1.5%)

1 [16件] ぢさん, ばばお, ひらきだア, めえ, ろせったら, 國お母様は, 師匠さんの, 杉, 杉いつぞや, 歸りなさいまし, 瀧汝四万に, 立合の, 絃, 芽出たうございます, 鉄手前と, 駒

▼ やいたり~ (16, 1.5%)

3 して

1 [13件] した, しても, ぷりぷりし, やかせたり, 勿體ぶつた, 服が, 派手な, 炊事の, 窓の, 遊び相手に, 遊んだり, 部屋に, 頭を

▼ やい~ (12, 1.1%)

3 をし 1 が面白い, してるの, だってそんなに, をぐずぐず, をする, をぼやぼや, をゲタゲタ, を為, を言っ

▼ やい~ (10, 0.9%)

2 やいの 1 と呼ンダレド, と小娘, 大儀かの, 婿さんが, 形も, 殿, 殿たち, 酷いと

▼ やい~ (7, 0.6%)

1 さう, みえ起きろ路傍, 云つて寄した, 置手紙を, 言つ, 言て, 附け加

▼ やい手前~ (7, 0.6%)

1 がいくら, はさっき, はな, は何, は何者, も愛想, 斬られたのに

▼ やいおれ~ (6, 0.6%)

1 だの連れ, の国, の禿, も一しょ, をあまく, を見

▼ やいてめえ~ (6, 0.6%)

1 か, の頸, は何, は何様, は常に, も草

▼ やい~ (6, 0.6%)

1 がおの, で人, はねえと, わたし, サ杖に, 渡しも

▼ やい~ (6, 0.6%)

1 いっ, そら秋, まだ持てん, わるいこツちや, 乃公は, 嘘や

▼ やいここ~ (5, 0.5%)

2 を開けろ 1 が第, なうっそり, へあの

▼ やいどう~ (5, 0.5%)

1 いふ料簡, したン, した野郎, するださあ, だ

▼ やいばを~ (5, 0.5%)

1 ふるってたち向かっ, 合わせる, 合わせるの, 避けようと, 電光石火の

▼ やい~ (5, 0.5%)

1 そして数年前, どうだ, 押すなって, 歩かねえか, 歩け

▼ やいても~ (4, 0.4%)

1 いいの, くへ, よいという, ろうとる

▼ やいなと~ (4, 0.4%)

1 ッさから, 云ふと, 危うん, 言ふと

▼ やい~ (4, 0.4%)

3 まし 1 ゆる史学家

▼ やい何とか~ (4, 0.4%)

1 挨拶を, 言えよ, 言えよ何とか, 音え

▼ やい~ (4, 0.4%)

2 あの娘 1 ぼりぼりせんべい, ッ

▼ やい~ (4, 0.4%)

2 をつけ, をつけろ

▼ やい~ (4, 0.4%)

1 がもぐらもちぢやなくて, はしつかり, はそれ, は一人

▼ やいおのれ~ (3, 0.3%)

1 の女房, は千曲川, は昼盗人

▼ やいこら~ (3, 0.3%)

1 あいつに, ッき, 固パン

▼ やいしっかり~ (3, 0.3%)

2 しろ 1 やれ敵

▼ やいそこ~ (3, 0.3%)

2 にいる 1 で笑っ

▼ やいその~ (3, 0.3%)

1 女貴様は, 年よりの, 童の

▼ やいそれ~ (3, 0.3%)

1 だと, と声, よりも正直

▼ やい~ (3, 0.3%)

1 に迷惑, の大切, の面

▼ やい~ (3, 0.3%)

1 はな貴様達, は親孝行, を何

▼ やい~ (3, 0.3%)

1 六てめえお, 狸, 阿魔女め

▼ やい~ (3, 0.3%)

1 っ引め, つ引, つ引奴

▼ やい~ (3, 0.3%)

1 亭主は, 恩返, 當所名題の

▼ やい早く~ (3, 0.3%)

1 ここを, そこの, 歩べ

▼ やい~ (3, 0.3%)

2 は大分 1 は料理人

▼ やい野郎ども~ (3, 0.3%)

1 いいかげんに, はやくこの, 退け

▼ やいあの~ (2, 0.2%)

1 人殺し野郎の, 提灯を

▼ やいいま頃何~ (2, 0.2%)

2 をうろ

▼ やいお前~ (2, 0.2%)

1 しっかりしろ, は珊瑚玉

▼ やいこっち~ (2, 0.2%)

1 が先, は二人連れ

▼ やいこんな~ (2, 0.2%)

1 ところで, 湯へ

▼ やいさちよ~ (2, 0.2%)

2 はどこ

▼ やいそして~ (2, 0.2%)

1 今朝は, 耕して

▼ やいづら~ (2, 0.2%)

2 と窓

▼ やいてを~ (2, 0.2%)

1 ります, りドニェープル

▼ やいなに~ (2, 0.2%)

1 よ笑う, をし

▼ やいなんで~ (2, 0.2%)

1 人の, 他の

▼ やいのっそり~ (2, 0.2%)

1 めと, めのっそり

▼ やいののう~ (2, 0.2%)

2 殿

▼ やいみな~ (2, 0.2%)

1 の者, 見て

▼ やいみんな~ (2, 0.2%)

1 来いこいつ, 聞いたか

▼ やい~ (2, 0.2%)

1 さよならも, ひとつ啼け

▼ やい~ (2, 0.2%)

1 てば, て言

▼ やいファゼーロ~ (2, 0.2%)

1 うまいこと, かけて

▼ やい~ (2, 0.2%)

1 が行つて, は子供好き

▼ やい小僧~ (2, 0.2%)

1 いいところ, こらッ

▼ やい~ (2, 0.2%)

1 だは, だわ

▼ やい~ (2, 0.2%)

1 の下, をくれ

▼ やい畜生~ (2, 0.2%)

1 どうした, やいどう

▼ やい百姓~ (2, 0.2%)

1 大間抜け, 実は己ア小平

▼ やい~ (2, 0.2%)

1 な出て, はどう

▼ やい神妙~ (2, 0.2%)

1 にお, にしろ

▼ やい裸虫もの~ (2, 0.2%)

2 になっ

▼ やい~ (2, 0.2%)

1 だ, だと

▼ やい貴様~ (2, 0.2%)

1 は何, は贋金使い

▼ やい野郎ッ~ (2, 0.2%)

1 なんてまね, 知らねえの

▼ やい~ (2, 0.2%)

1 あ出し, を見

▼1* [268件]

やいあなたの迷つて, やいあんたも, やいあんなにお腹を, やいいつまでもこう, やいいなかのひひ, やいおいらが手, やいおっちょこちょい野郎倒れやがったらもし, やいえれねえ, やいぶ泥, やいこいつらは飛んだ, やいこちらに, やいこりゃ天ン下, やいこれ吉兵衛の二心め, やいこん畜生もっとはっきり言え, やいさあぬかせ娘, やいしん吉てめえは太, やいじゃまだッ, やいじゃあ汝あ, やいすると手めえ, やいそう言うおのれ, やいそこで何か, やいそれだけ承れば, やいそんなに生きものを, やいだれだいほえるない, やいちゃヤボです, やいつらを上げい, やいてとふぞ, やいてね冷やしたり, やいてめえら何をボンヤリ, やいてやがんだ, やいでもそれが, やいとてもよく利くあらたか, やいいつかおれの, やいどういう料簡で, やいどこへ行っ, やいどんなことが, やいなおそばへ, やいなね一言位は, やいなめくぢ, やいなんのうらみ, やいなんとかいえよ, やいのにおどろいてるおりしも, やいのの殿まだ, やいばかにする, やいばにたおれたのに, やいばの大刀, やいひどい目に, やいひなすべき, やいひよウいけないかな, やいまだかみさんの, やいむかしの名妓, やいもう不可ねえだろう, やいもそっと枯れた薪, やいもっと誰か, やいやいやいッ大きな, やいよくも貴様は, やいよといひくるるならむと, やいよねよくつて, やいわきへ寄せろ, やいガラッ八, やいガラハート難題はどう, やいキューピーのばか, やいサア今が丁度宜, やいチビ逃げるの, やいッそこな猿面郎, やいッ何がまア, やいッ擲らねえか, やいッ汝はただ, やいッ物貰いだから, やいッ野郎どもこの邪魔者, やいッ面を上げろ, やいナポレオンの立像奴, やいハルクその缶詰, やいバカ野郎ッこんな, やいピカ一お前は酒, やいヘゲモニーと叫ん, やいマユミ俊一どこにいる, やい一升さげてよ, やい一緒にお, やい一言ぬかして, やい三次此處へ來, やい三郎気をつけろい, やいのやつ, やい死人, やい不義をした, やい与吉おめ, やい乞食これでも食らえ, やい乞食坊主なにを見, やい亀井何しおる, やい五介てめえは確か, やい亭主甘くみてた, やい人殺し兇状は, やい今にあんたと, やい今度はおいら, やい伊那丸さッさ, やいの事, やい佐助何を左様, やい何んとか色, やい何何をする, やい何処から出, やい何時まで澄ましてる, やい何様した野郎, やい俺たちの面, やい俺らを何ん, やい先刻まで二階, やい八五郎鼻毛なんぞ拔, やい八兄哥歸つたら平次, やい八蔵どうした, やい六平吐かさねえと, やい六部に化けた, やい其代り雨は少し, やい其處にさ, やいでは昔, やい凡人主義のデモクラシー, やい出歯亀何年食った, やいへ出ろ, やい勘作さんおまえさんのよう, やい勘彦手前たちも聞い, やい勘手前なんざあ文字, やい勝お松さんを陸, やい十三塚にけつかる, やい半次はどう, やいねえ, やい右馬介そちに密偵, やい吉兵衛よく来られた, やい味噌摺用人奴よつく聞き, やい味噌松てもの, やい命知らずの舵手, やい嘉吉こう見た, やい坊主さア, やい坊主めあれほど見る, やいへ出ろ, やい一, やい多助待て, やい多助三年あとに手前, やい多助此の野郎, やい多助汝大え形, やい大庭常子とは手, やい大月玄蕃の声, やい大藏人非人恩知らず狗畜生やい手前, やい大進坊お前もさぞ, やい太い奴だ, やい女新堀割の人, やい女神妙にせい, やい好い加減に出, やい好きに意気地, やい妾水を貰つて, やいも居る, やい婦人冥途の土産, やい子供たちが彼方, やい助己, やい學者よせやい, やい守吉俺はケチ, やい安公つるぎの恋人, やい家来正三位, やい小僧おまえはいくら, やい小姓は怪しい, やい小山内貴様は藤村, やい小平よくもよくも汝, やい小犬奴がわが, やい山猿人足手前たちは世間, やい幕府の間諜, やい張卒なんで貴様, やい彦俺の真似, やい彦手前亀島町の近江屋, やいの孤家, やいてっ, やい忙牙長あいつを圧し潰せ, やい怪塔王貴様は俺, やい悪人わりゃア恩義, やい悪魔に眼玉, やいの手ッ首, やいに持っ, やい手前ほんとうに行儀, やい手前何処から出, やい手前嘘を吐け, やい手前達途法もねえ, やいき青六, やいうなったらもう, やいにはじめろ, やい明智よもやおれ, やい明智手をあげろ, やい明神様詣るだと, やいりゃア旦那, やい晴子お前このごろよほど生意気, やい月十五圓ですみます, やい月水金の二日, やい木戸仙場甲二郎相手はこんな, やい札幌の下宿, やい東吉お前もそろそろ, やい松往生しろ, やいの尻, やい櫓杭をまわせ, やい歌唄ひの, やい三位, やい此ン畜生手前は懶惰者, やい此処へ来う, やい武士ッうぬ, やいべ, やいをかませた, やい殴殺して, やい毆殺して, やい毎度有難う存じます, やい水だい水を一杯, やい源十ッ見さげ, やい源吉ぢやない, やい源次郎此の口, やい燕作やア, やいつちやん, やい輪貴様の, やいか狸, やい独楽どろぼう, やい猿飛上意だ繩, やい腥坊主, やいがある, やいなら何とか, やい畜生温順しく往生, やい番頭さ己, やい發心して, やい白状しろ, やい盗人峯松其方は何, やい盗人旅中の事ゆえ, やい笊組の虫けらども, やいでも食え, やい糸瓜野郎おまえの親父, やい紀霊戦場に所, やい約束だから, やい紫錦態あ見ろ, やい結論をえらんだ, やい縁起が悪い, やいを解い, やいもねえ, やい置去りにし, やい背後を振り返っ, やい胡魔化すな, やいく考え, やい腰抜け降りて, やいを掴, やいの久八, やい雷也, やいをまわせ, やい色男にあやかる, やい若衆そんなに睨める, やい草履も可, やい藤次郎待て, やい観光団の馬鹿ッ, やい試験に落ちた, やい洞の, やい寝ろ, やい跛足が来た, やい軽井沢にゃあ, やい通しやがれ, やい遅いやい, やい野良犬よく聞け, やい野郎恐れ入ったか, やい野郎たちよくもよくもおれ, やいを出さない, やい金吾う, やい金蔵物を言う, やい鈴源源の字, やい鉄砲を打放し, やいのなき, やい馬鹿やい, やい馬鹿者気を付け, やい馬鹿落着に落着, やい駆出しの名, やい駒井能登守この神尾主膳, やい黒ん坊を出せ