青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まっすぐ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ません ません~ ませんでした~ ~また また~ または~ ~まだ まだ~ まだまだ~ まっ~
まっすぐ~
~まったく まったく~ ~まつ まつ~ まつたく~ まとも~ ~まね まね~ ~まひ まひ~

「まっすぐ~」 1415, 14ppm, 7931位

▼ まっすぐ~ (1018, 71.9%)

59 立って 23 進んで 19 歩いて 9 して, 走って, 飛んで 8 立てて, 見て 7 した, 行って 6 こっちへ 5 のばして, 家へ, 彼の, 行くと, 身を 4 いって, まっすぐに, 下に, 北へ, 東京へ, 私の, 翔けて, 自分の

3 [28件] あるいて, かけたの, きものの, こちらへ, すきっと, つづいて, なって, 向いて, 家の, 急いで, 東へ, 歩いてるつもり, 歩き出した, 登って, 空の, 突っ立っ, 立ちあがりました, 立ちのぼって, 立ち直って, 立ったの, 立ったまま, 行けば, 行こうと, 見ながら, 通じて, 通って, 銀河の, 飛びながら

2 [51件] あなたの, お寺へ, ここさ, したまま, すすんで, そのイギリス海岸, それを, どこまでも, のばすと, のぼって, みつめられたとき, ものを, やって来た, ゆけば, 上げて, 上の, 下げて, 両手を, 伸ばして, 僕の, 刺して, 向い合って, 向うを, 坐って, 実に間隔, 川を, 延びて, 彼を, 歩いた, 歩み寄ると, 江戸へ, 海の, 私たちの, 空へ, 空を, 突進し, 立ちました, 立ったり, 立て胸, 約束の, 落して, 蔵へ, 行かずに, 行きながら, 行こう, 行った, 走った, 起こした, 路を, 近よって, 進んだ

1 [611件 抜粋] あげた弥生, あるけない様, いうと, いくこと, いくもの, いくらか胸, いったよう, うける中央, うしろに, うしろの, おいで, おうち, おしの, おちて, おゆき, お出で下さい, お帰りなさい, お帰んなさい, お直し, お蔵前, お行きなさい, かえる位, かかって, きたと, きりたったおそろしい高, くるなら二時間半, こ, ここへ, こっちの, この家, さかのぼって, さして, しかも広く高く, したが, し不正, し両, し書物, し枕, し腰, すくい上げ用意, すすみつきあたり, すべって, すること, せずただ, そこへ, そこまで, そっちに, そっちへ, その大鹿, その方, その森, その樅ノ木, それが, そろえて, そろそろと, たずねて, たった小さな, ため直そうと, だが極めて, だんだん上っ, ちょうど上った, つき立った黒い, つっぱって, つっ立って, つづく急, つれて, とおった鼻, とりつけて, とんで, どうもいけない, なった時, ならず抛物線, ならぶその, ならんで, なりどっしり, なり尾, なり頭, なること, のばしすぐ, のびて, はいもどり始めた, はいり込み生命, はいろうと, はしって, ひじょうなスピードを, ひた走りに, ひっこんで, ひどく念入り, ほとばしる時, ほとんど一散, まいりましょう, まいれば, まえを, まるでどこ, やって来て, やって来る, ゆきなされば, ゆき愛宕社の山つき, ゆくか, ゆけ, ゆびさすの, わたしの, アントワープに, イングランドに, ガル・ド・レストの, クズネツキー・モスト, サン, シッフィ家の, ジーキルの, スクスクと, ステージに, フョードル・パーヴロヴィッチの, ペトローヴィッチの, ホノルルに, マンの, リスの, 一すじ明快完璧の, 一と, 一マイルばかりも, 一人で, 一本道です, 一番近くの, 一足先に, 三四尺ほども, 三尺ぐらいの, 三越裏の, 上がると, 上げた惣七, 上げられた, 上へ, 上りますが, 上を, 上向きに, 上諏訪へ, 上陸地に, 下へ, 下りた, 下りて, 下向きがちの, 下宿に, 下界を, 丘が, 並木の, 中天高く, 丹沢へ, 主人の, 乗り込みました, 九十九里の, 九州へ, 亀戸の, 二ツなら, 二列に, 云いねえ, 五マイルほど, 五合目まで, 人の, 仏教へ, 付いて, 仙台へ, 伸ばした, 伸びた綱, 伸びた美し, 伸びた若々しく, 伸びて, 伸びやがて, 修学院白河村, 倚りかかっ, 停まって, 停車場へ, 児童たちの, 入った, 入江を, 公けに, 円筒形の, 出て, 出発する, 前に, 前へ, 前進する, 動いてるもの, 北の方を, 北上すれ, 北方へと, 千束へ, 博く深く, 厩に, 参謀本部の, 口に, 吉原の, 向うから, 向きなおって, 向き直り, 向こうへ, 向こうを, 向って, 向ふ, 四方に, 固くすわっ, 地底へ, 地獄へ, 地面に, 坐り直した, 坐り聴き, 垂れた髪, 墓地へ, 大きな藁, 大坂の, 大急ぎで, 大条兵庫, 大洋を, 大音寺前の, 天の, 天まで, 天を, 天真に, 奇術大, 奔走し, 奥へ, 奴の, 宇治に, 宇治の, 守衛の, 完全と, 宿へ, 寝れば, 導いて, 小山へ, 小梅へ, 小草, 島の, 島を, 左手で, 帰るの, 帰る心づもり, 帰宅した, 幟町の, 平地に, 床を, 庵室へ, 廓へ, 延び小鳥, 張って, 当りなごやかな風, 役場へ, 彼に, 彼女の, 往けば, 後檣山, 急な, 恭しく置い, 息を, 戸口の, 戻る位, 所存を, 手を, 抜こうと, 押し進んで, 拝される, 持って, 指さしながら, 揃って, 撓め直そうと, 改札口へ, 料理店を, 旅館の, 日本に, 日本人だ, 日田町に, 昇って, 暗礁を, 書く, 書くとかいう, 朝鮮へ, 本所へ, 本線を, 本署へ, 本通りへ, 来ただけ, 東京駅へ, 松尾を, 松屋町宗印屋敷を, 板の, 柳原へ, 梯子を, 椅子から, 椅子にかけて, 横って, 橋を, 正直な, 此処でも, 此方へ, 歩かないで, 歩かなくては, 歩かなければ, 歩きだしました, 歩きっこ, 歩くと, 歩くの, 歩くもの, 歩く練習, 歩けるか, 歩けるもの, 歩こうと, 歩こうとばかり, 歩んで, 死骸埋没の, 沈んで, 河岸へ, 流れて, 海に, 海を, 海岸に, 海岸の, 海面から, 清水下の, 渚へ, 渡って, 湖の, 濡縁の, 灯の, 烈しい音, 煙筒を, 牧場の, 玄関に, 玄関へ, 王城に, 王宮へ, 生きたいもの, 甲斐を, 甲板の, 申しあげて, 申しあげろっ, 申せば, 町の, 登らねば, 登りはじめた, 白川へ, 白状しなけれ, 白状します, 白状しろ, 白状に, 直しました, 直すの, 直情そのものを, 相手の, 眺めた, 眺められた, 眺められる, 瞬も, 神田に, 神田橋まで, 私を, 空に, 突いて, 突きだす途中, 突きで, 突き刺さって, 突き当たり雨戸, 突き立って, 突け, 突っ立ち, 突切り遮二無二, 突立ちあがり, 窓へと, 立たせたまま, 立ちあがって, 立ちあがりパッ, 立ちながら, 立ち上がった, 立ち上がりそれから, 立ち上がり髪の毛, 立ち上った姿勢, 立ち去った, 立ち昇って, 立ち直った, 立ち直った時, 立ち笑って, 立ち騰って, 立った, 立ったはしご, 立った二つ, 立った電信柱, 立て, 立てかけて, 立てたきり, 立てたまま動き, 立てます, 立てられ繩, 立てること, 立て両脚, 立て眼, 立直って, 立花屋の, 粉挽小屋へ, 耳には, 育って, 背を, 胸を, 腰かけたまま, 自由に, 自白した, 自身の, 船で, 茜さんの, 落ちた, 落ちたり, 落ちて, 落ちます, 落として, 蠍の, 血が, 行かれるよう, 行く, 行くつもり, 行くとね, 行くよりも, 行くん, 行く様, 行けッ, 行こうが, 行こうまっすぐ, 行っては, 表の, 西の, 見えて, 見える, 見たと, 見つめたまま, 見つめて, 見とおせる町, 見られたこと, 言え, 言って, 言わないなんて, 言動に, 警察部長の, 貴人達の, 走ったの, 走りだした, 走りました, 走り脇差, 起きあがると, 起き上がる, 起き直ってから, 起こし聞き耳, 起こし頭, 起しました, 起すと, 足を, 近路, 返事を, 述べて, 追究し, 通ったら通れる世の中, 通った大路, 通った県道, 通りすぎる, 通り過ぎ突当ったところ, 進みます, 進み寄って, 進み続けて, 進む, 進むばかり, 進むん, 進む方向, 道路まで, 遠くの, 郊外の, 野原へ, 釘店の, 銀座裏の, 長い茎, 開いた彼, 防波堤を, 降って, 降り, 院長の, 陸を, 障子に, 雨に, 電車通りを, 青山内科の, 頬を, 頭の, 顔を, 風を, 飛ばなくて, 飛びあがります, 飛びかかって, 飛び出した, 飛べ, 食堂の, 首を, 馬田の, 馳せながら, 駈けぬけて, 高くそら, 鳩の, 黒いドレス, 黒門町へ

▼ まっすぐ~ (86, 6.1%)

4 道を 2 人を, 球を, 言葉つき

1 [76件] いい木, いい若い者, しずかな, のが, ぼんやりした, もので, ものであった, ものは, ものも, コンクリートの, シグナルの, ピストン的運動が, 一途な, 上品な, 人だ, 体躯を, 健やかな, 光が, 分別ある, 土堤道が, 埃っぽい, 大道と, 姿勢で, 小さな鼻, 廊下を, 形ばかり, 影の, 心の, 心を, 性質で, 性質に, 愛お, 新道を, 明るい世界, 本能の, 杉の, 杵の, 柄が, 柄の, 棒から, 棒を, 森の, 歌だ, 点々の, 無襞, 煙を, 直線である, 石かべには, 硬ばった姿, 硬ばった姿勢, 積極性が, 立場を, 竹の, 管が, 脚と, 葉が, 街路に, 視線が, 角を, 谷が, 路が, 身体を, 道で, 道であった, 道である, 道に, 道黄楊樹柏柊水松の, 釘ばかりで, 長い道, 隙間が, 雨が, 飾り気の, 黒い煙, 鼻つり上がった, 鼻細そりした, 鼻薄い

▼ まっすぐ~ (14, 1.0%)

6 はなく 1 おまけに, はない, もなく, 両が, 機械に, 眼は, 規則正しい, 規則正しく冷然

▼ まっすぐ~ (11, 0.8%)

2 道を 1 まま, 位置に, 岩はだに, 方へ, 水道美しき優しき, 線に, 縄を, 道が, 鉄ば

▼ まっすぐ~ (11, 0.8%)

2 を見つめ, を見つめた 1 と細い, につきだし, へ突き出し, をいつ, をむい, を凝視, を見据えた

▼ まっすぐ~ (9, 0.6%)

5 向いて 1 見つめた, 見つめたまま, 見つめて, 見ながら

▼ まっすぐ帰宅~ (9, 0.6%)

1 いやはや, さあタップリ, しレアオールド, し高見順, すぐ床, する, の道, まだ痒い, 寒さ

▼ まっすぐには~ (8, 0.6%)

1 いって, いると, かけない人, はいれません, 歩けませんでした, 立てずしょっちゅう, 立てなかった, 飛ばずそのまま

▼ まっすぐ帰っ~ (8, 0.6%)

2 て夜食 1 てください, てしまった, てパン食, て勉強, て吸入, て松楽館

▼ まっすぐ宿~ (7, 0.5%)

4 へ帰る 2 へ帰り 1

▼ まっすぐ帰り~ (7, 0.5%)

1 ウイを, ウイ少々, キヤ, 勉強ノートつける, 吸入する, 芝の, 軽食入浴

▼ まっすぐ~ (5, 0.4%)

1 から一階, し第, とバス, よ, よまっすぐ

▼ まっすぐ~ (5, 0.4%)

2 へ帰り 1 に帰ろう, へ, へかえり

▼ まっすぐいけ~ (3, 0.2%)

2 ばエーランド島 1 ばいい

▼ まっすぐここ~ (3, 0.2%)

2 に来た 1 へ来た

▼ まっすぐこの~ (3, 0.2%)

1 位置へ, 小島の, 新宿の

▼ まっすぐ歩い~ (3, 0.2%)

1 てくる, て四時間半, て行きます

▼ まっすぐ立っ~ (3, 0.2%)

1 ていました, てつぼみ, て歩く

▼ まっすぐ自分~ (3, 0.2%)

1 のほう, の室, の部屋

▼ まっすぐ~ (2, 0.1%)

1 帰りに, 自宅へ

▼ まっすぐそっち~ (2, 0.1%)

1 へ行く, へ行った

▼ まっすぐであった~ (2, 0.1%)

1 から遠方, がとにかく

▼ まっすぐにおい~ (2, 0.1%)

1 でなさると, で下さると

▼ まっすぐにたて~ (2, 0.1%)

1 て町, 黒眼鏡の

▼ まっすぐわたし~ (2, 0.1%)

1 の方, の部屋

▼ まっすぐ伸び~ (2, 0.1%)

1 ている, て停留所名

▼ まっすぐ伸子~ (2, 0.1%)

1 の心, を見た

▼ まっすぐ~ (2, 0.1%)

1 の竹川旅館, へ直線コース

▼ まっすぐ坐っ~ (2, 0.1%)

2 てもいられない

▼ まっすぐ帰った~ (2, 0.1%)

1 があくる, 方がよかね

▼ まっすぐ~ (2, 0.1%)

1 へ, へ出る

▼ まっすぐ~ (2, 0.1%)

1 へ行ったら, へ通じ

▼ まっすぐ根戸川~ (2, 0.1%)

2 の川口

▼ まっすぐ~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ まっすぐ田原町~ (2, 0.1%)

1 の方, の電車

▼ まっすぐ登り~ (2, 0.1%)

1 午後二時頃頂上へ, 国境線へ

▼ まっすぐ立ち昇っ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ まっすぐ立てた~ (2, 0.1%)

1 まま冷然と, まま平茂の

▼ まっすぐ行け~ (2, 0.1%)

1 ばいい, ばいや

▼ まっすぐ西~ (2, 0.1%)

1 になっ, に太平洋

▼1* [157件]

まっすぐいってしまいます, まっすぐお出でになっ, まっすぐかけつけて来, まっすぐいい, まっすぐくるのです, まっすぐこちらの土手, まっすぐこれを下る, まっすぐ美しさ, まっすぐずっと遠くの, まっすぐそこに這入っ, まっすぐそちらにいらっしゃい, まっすぐその道行って, まっすぐたどっていった, まっすぐだったらいいという, まっすぐであり四角であり, まっすぐでしたがニールス, まっすぐでもあって, まっすぐな光りをうけ, まっすぐな曇りなき顔, まっすぐにあがるひばりも, まっすぐにおっ立て頃合を, まっすぐにかの化け物屋敷だ, まっすぐにしか解しなかったお, まっすぐにつき立ち頂, まっすぐにと一つは, まっすぐにも坐り大きな, まっすぐにゃゆかぬ, まっすぐとべないの, まっすぐまえに見える, まっすぐまわって来る, まっすぐみんなのところ, まっすぐむこうをむいた, まっすぐゆきましょうよ, まっすぐゆけば隣藩, まっすぐらしく誰も, まっすぐアストージェンカの下宿, まっすぐガレを一気に, まっすぐコマへ入っ, まっすぐジュネーヴへ帰った, まっすぐドアの方, まっすぐブラドンのポケット, まっすぐブラブラ歩いて, まっすぐベルリンへ行こう, まっすぐマーラヤ・ニキーツカヤ通りの対外文化連絡協会, まっすぐリンゴ園へ登った, まっすぐヴォージラールまで戻っ, まっすぐ一本に延ばし, まっすぐ一本道です, まっすぐ一直線には登り得られず, まっすぐにのばし, まっすぐ上岡崎へぬける, まっすぐに当る, まっすぐ下ってみる, まっすぐ下らなければならなかった, まっすぐ両手を下げ, まっすぐ事務局に帰っ, まっすぐ二階に上っ, まっすぐ五郎の顔, まっすぐ京橋へ向った, まっすぐ代田橋に戻っ, まっすぐ伏せるのは, まっすぐ伸して立派, まっすぐ伸ばしてそっと, まっすぐ倒れそして斜面, まっすぐ入ってこの, まっすぐ出かけることに, まっすぐ切り立った壁と, まっすぐ前方に向け, まっすぐ力強くくいこんで, まっすぐのほう, まっすぐ北の方に望まれた, まっすぐ十時に帰る, まっすぐ台所へ行った, まっすぐに来, まっすぐ同じ縫目を, まっすぐ向いて傍若無人, まっすぐ向うを向い, まっすぐ向こうへ矢, まっすぐ喫茶ホールへ行き, まっすぐ土手を石原町, まっすぐ夕焼の空, まっすぐ竜出版社へ, まっすぐ大館へ行きなさい, まっすぐ学校へいく, まっすぐ宇治の胸, まっすぐ客間へひっぱっ, まっすぐ宵やみの雑木林, まっすぐ宿屋へ帰り, まっすぐ富士山の方, まっすぐ小浜へ, まっすぐ少年に凝視, まっすぐ屋根裏へ突進, まっすぐ帰りましたよ, まっすぐ帰る気に, まっすぐ帰れとおっしゃいました, まっすぐ帰宅レアオールド少々のみ, まっすぐ帰宅元気なし又, まっすぐ帰宅岩波の, まっすぐ帰宅徳永医師の命じる, まっすぐ帰宅支那グリル一番の支那, まっすぐ帰宅牛肉を鉄板, まっすぐ帰宅顔に薬, まっすぐ弥陀ヶ原を下る, まっすぐを見, まっすぐ彼方の大通り, まっすぐ帰りに, まっすぐ恩師倉田由之先生を訪い, まっすぐ戸口に出ます, まっすぐ戻っておいで, まっすぐ政治生活に入っ, まっすぐ教会へいっ, まっすぐ暗い廊下を, まっすぐ東宝文芸ビルへ, まっすぐ横田のいる, まっすぐ正面をまじまじ, まっすぐ歩くのだ, まっすぐ歩ける自分を, まっすぐの方, まっすぐに向っ, まっすぐの上, まっすぐ炭屋へ帰り, まっすぐ王女のお, まっすぐ番所へはいっ, まっすぐ登ってゆこう, まっすぐ立ち上がる者は, まっすぐ立つことも, まっすぐにし, まっすぐ笠置へ行く, まっすぐ精神病院へ旅行, まっすぐ続いている, まっすぐ育てられる位置において, まっすぐをのばし, まっすぐ自宅へ戻っ, まっすぐ船腹の真下, まっすぐ芸術に結びつい, まっすぐ行きましょうね休んだ, まっすぐ行くんです, まっすぐ裏口まで通っ, まっすぐてちょうだい, まっすぐ見つめて俺, まっすぐへ下る, まっすぐ赤い広場の, まっすぐ走ったのである, まっすぐ走らせている, まっすぐ起してさ, まっすぐ造船所へいかない, まっすぐ進み国境に, まっすぐ進めばそう, まっすぐ金剛寺坂をおり, まっすぐ関田町へ行っ, まっすぐ階段と廊下, まっすぐ雑木林の方, まっすぐをポコちゃん, まっすぐ飛べなくなっていました, まっすぐ飛ぼうと思う, まっすぐ飛んで来るらしい, まっすぐ駆けつけていくらしい