青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「もと~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

もった~ ~もっと もっと~ ~もっとも もっとも~ ~もつ もつ~ ~もて もて~ ~もと
もと~
もともと~ ~もとより もとより~ もどっ~ ~もの もの~ ~もはや もはや~ ~もらいたい もらいたい~

「もと~」 12605, 136ppm, 783位

▼ もと~ (2999, 23.8%)

148 ように 64 通りに 50 とおりに 42 ところへ 30 場所に 29 座に 25 ところに 22 やうに 20 位置に 19 ままの 16 ままに, 場所へ 15 姿に, 道へ 14 ま, 席に, 所へ 13 処に, 方へ 12 ような, 席へ 11 からだに 10 とおりの, 身に, 通りの, 静けさに 9 とほり, 椅子に, 道を 8 姿勢に, 座敷へ, 形に, 静寂に 7 ままで, 主人の, 体に, 姿を, 部屋に, 部屋へ 6 ごとく, 人間に, 如くに, 家の, 座へ, 所に, 時計の, 通りだ 5 ほうへ, 位置へ, 処へ, 名は, 壁に, 座敷に, 形を, 懐中時計を, 自分の, 闇に

4 [15件] まま, ままであった, 丘の, 古巣に, 家に, 形が, 御主人, 意味が, 水に, 煙草盆を, 穴に, 路を, 車室の, 通りで, 電燈を

3 [44件] あたりに, お顔, すがた, ところで, ままだ, ままである, ままです, ままでは, もく, ものの, やうな, テーブルの, 人に, 仕事に, 位置から, 先生だ, 公民に, 出発点に, 土に, 土は, 土地へ, 地に, 夫の, 室へ, 家へ, 家老は, 小卓, 方に, 方の, 様に, 水を, 私の, 穴の, 自分に, 自然の, 船室に, 通り, 酒宴の, 野原に, 鉤を, 静かさに, 面影が, 鞘に, 鳥の

2 [171件] いすに, お姿, かたちに, からだには, からだを, さ, とおりふたを, ところから, ところまで, なげしに, まんま, イスに, エカテリンブルグだ, コップの, スタンドを, テーブルから, ドアの, バスに, プロレタリア作家の, ランプを, 七百余合の, 世界に, 世界へ, 主人が, 主人や, 主人を, 亭主の, 人間界へ, 位地に, 住居に, 何じゃ, 作者に, 儘だ, 入口に, 入江に, 内儀の, 冷か, 刀を, 古巣の, 古巣へ, 同僚だった, 同僚の, 名の, 名を, 商ばいに, 土の, 土手に, 土藏の, 地の, 地面に, 堂へ, 堅気の, 塀の, 夜叉王の, 夜番に, 大きさ, 大樹を, 夫婦に, 姿で, 姿にかへ, 姿の, 姿は, 姿勢にか, 学名は, 学校へ, 家, 家を, 家老の, 家臣を, 対岸へ, 小屋へ, 小綺麗な, 屋敷を, 山路へ, 岩に, 平静に, 広間へ, 店の, 廊下へ, 形の, 形は, 御亭主, 心は, 意味は, 懷中時計を, 我に, 所天が, 才人, 抽斗に, 持ち主に, 持ち主の, 方が, 方で, 方丈へ, 方向へ, 旦那に, 旦那の, 明智に, 時計を, 暗に戻つた, 暗黒に, 木阿弥の, 本堂へ, 机の, 村に, 村へ, 松の, 梅に, 棚へ, 歌には, 気分に, 汗を, 洗面器を, 浜べに, 涼しいおれ, 火鉢の, 無筆, 物置部屋へ, 状態に, 狼の, 王女に, 生活が, 生活に, 町へ, 直立不動の, 石の, 穴から, 穴へ, 突き傷でございます, 箱に, 節穴に, 素姓は, 終点に, 縁が, 縁側から, 置ランプが, 腕時計を, 膚の, 自分を, 芝生の, 花, 茶がまに, 草と, 草にもか, 落葉の, 葛卷氏と, 蔦屋, 藩主は, 蝋燭を, 行燈が, 行燈の, 表情に, 表情を, 親分の, 起こりは, 起りは, 路に, 路へ, 道に, 道の, 道へと, 里, 野原なりけり, 針でなけれ, 鏡立て, 障子の, 電灯の, 静かな, 靜けさに, 頁に, 顔も

1 [1612件 抜粋] あげ羽丸, あなたに, あやしいようかん, い, うすぐらい牢屋, お住居, お力が, お家, お店, お母さんが, お蔵, かたちの, からだへ, がんりきに, きみと, くらやみに, こちらへ, ことは, ごとくいと, ごとくであるに, ごとく人, ごとく別に, ごとく地上, ごとく生, ごとく白雲去来, ご亭主, さまが, しまに, すがすがしい静, すずしい若者, そのうち, つまった貧しい, とおりお, とおりだ, とおりビールの, とおり床板や, とおり鋼鉄箱の, とおり頭蓋骨の, ところじゃ, ところは, なめらかな, ぬり色, はうの, ひとが, へやに, ほうは, ほうを, ぼんたんの, ままこちらに, ままでした, ままにか, ままを, まま足を, みどりの, ものに, やみの, ようすに, ような言いあらわし, りんだ, わが身に, わたくしの, アトムにまで, イスへ, オペラ館, ガラス戸が, コップに, ゴルボーの, シナの, ジナイーダだ, ソケットへ, テーブルに, ニェフスキー・プロスペクトに, ノートに, パンの, フラスコの, プロレタリア文学と, ベルを, ペンが, ペーヴメントへ, ボートに, メンバーで, ランプの, ルンペンに, 一人に, 一枝を, 一重にも, 七略に, 三十六郡に, 三本の, 上田の, 下女の, 下男の, 並木道を, 中軍と, 主との, 主人から, 主人出雲の, 主君の, 乞食の, 亂酒の, 二長町の, 五人に, 京宝劇場の, 人では, 人即死者と, 人間にかへ, 人間界に, 仏像の, 仕事と, 仲間じゃ, 伊予橋の, 伊達藩に, 伝統的な, 伸子たちの, 低さ, 住家から, 体へ, 何の, 侍の, 値には, 健康な, 傷それから, 儀賓の, 元気には, 先生の, 入口の, 六条の, 内儀で, 円味の, 冷い, 冷静な, 処で, 分隊だ, 初歩的な, 助産婦見習を, 勝手口へ, 北陽芸妓喜代次を, 千年に, 卓子に, 原始人へ, 厳粛さと, 可愛い面影, 台所, 吉備塚にも, 同じベッド, 同窓である, 名永代島牛島, 味を, 唖と, 商売に, 四つ辻へ, 団子を, 国学の, 園にて, 土地に, 土間へ, 地下室へ, 地方の, 地面は, 垂直に, 城内には, 埠頭に, 堤草へ, 場所において, 塀を, 墓主だって, 墓石よ, 壁には, 声聞という, 夕ぐれの, 外套室に, 夜卓の, 夢みるやう, 大井半之, 大将夫人は, 大御財, 大玄関, 大統領は, 大通りへ, 天竺の, 太守劉璋は, 夫だ, 夫人との, 夫婦の, 夷谷座へ, 奥方に, 女主人, 女房は, 如き立ち場, 如く一人は, 如く双方とも, 如く歌舞伎座, 如く点いて, 妻子たちが, 姥様の, 婦人雑誌の, 子供と, 学業を, 安楽いすに, 定まらない様子, 室で, 家という, 家二つは, 家業に, 家臣にとっては, 宿の, 寂然たる, 寝どこ, 寸尺に, 寺門前へ, 小さな丸テーブル, 小川の, 小橋屋へ, 小麿, 少将に, 居処に, 屋上, 山吹を, 山椒の, 山間へ, 岡崎屋の, 岩蔭の, 島へ, 川の, 巣の, 左膳へ, 帶へ, 平凡へ, 平和に, 平穏に, 年より, 庄司の, 床の, 底の, 座へも, 座蒲団の, 廃坑へ, 建物は, 弟子で, 形かと, 形では, 影を, 彼は, 徑を, 御内儀, 御本城, 心には, 心持が, 忙しさ, 応接間に, 怖い顔, 患者の, 意で, 意義人の, 感化院へ, 懐しい紡縷, 我が家へ, 戸を, 房へ, 所まで, 所天は, 扇に, 手拭で, 手箱へ, 持主, 持主は, 捨火燭, 操縦室を, 教師が, 文書き, 文箱に, 新潟県下第, 方には, 日劇五階, 日本同様に, 明色の, 時計が, 智恵子と, 暗やみに, 暗闇です, 書斎に, 書棚へ, 有明行燈は, 朋輩で, 木の, 木肌が, 木阿弥と, 木魚を, 本陣を, 材料とは, 村落に, 杢阿弥か, 東西東西にけ, 板敷の, 枕へ, 枝蝋燭立てへ, 柳原に, 根から, 桜あやせ, 梢へ, 椰子の, 橄欖しげる, 櫓や, 歌は, 武家に, 歩調に, 毛が, 民約, 水には, 水口から, 水戸樣の, 水準に迄, 水面に, 汚物を, 江戸川へ, 沈黙にか, 河北潟を, 河床に, 泉の, 泥を, 洛中洛外へ, 活, 流れは, 浜まで, 海岸づたいに宿へ, 海岸防禦を, 涼しい容貌, 清楚な, 清渓に, 湯呑みに, 濠端へ, 灯だ, 灰と, 無一文に, 無筆なり, 無頼漢に, 煉瓦づくりの, 煙草入れを, 燧石を, 物置部屋の, 犬舎へ, 猜疑心の, 王政を, 理由であったろう, 生れた炉端, 生活へ, 用人部屋には, 田舎住居と, 甲府勤番支配駒井能登守に, 男に, 町角で, 痛みが, 白楊の, 百個に, 百姓生活に, 盛り土の, 目覚めかな, 眉毛を, 眞面目さに, 矢, 知行所が, 石町通りが, 砂浜へ, 砲兵工廠の, 硝子窓に, 硯箱を, 社会から, 神妙な, 私では, 稀薄な, 稼業です, 穴が, 空間だった, 窓に, 立体に, 竹矢来の, 筑前を, 箱の, 粗末な, 純に, 素焼の, 細君を, 絵が, 継いだやつ, 緑萼は, 縁先へ, 置ランプを, 美濃へ, 羽根楊枝を, 老木の, 肉も, 胴体に, 脇指を, 腕時計をと, 自働電話, 自然さが, 自身番へ, 船に, 船宿の, 艇司令室の, 色を, 花びんに, 花束だけが, 芸能者に, 若肌, 茎に, 草, 草原に, 荻生さんで, 董相国の, 蕊立ちの, 薔薇の, 藁小屋の, 藤棚の, 藩主が, 虎船長つまり, 虚桐庵に, 行灯を, 衝立の, 表情とは, 裁判所の, 裏手まで, 襖が, 襤褸に, 見世物小屋へ, 角行燈の, 言葉を, 誓文神の, 諸聲, 豆腐に, 財布を, 赤の, 起こりどこ, 起りで, 路次の, 身にな, 身体で, 身体には, 身柄の, 車室へ, 軽格武士, 輪に, 辺から, 追懐へ, 通りあかの, 通りちゃんと, 通りにな, 通りやさしく, 通り出来あがった, 通り早く, 通り梢も, 通り水晶の, 通り生き返, 通り空虚な, 通り花は, 通り青々, 運転手, 道から, 邸町の, 部屋で, 部屋へと, 部落内にのみ, 酔いどれ口調に, 重病人にか, 野獣と, 金を, 針を, 鉢の子の, 銀三の, 銘刀松倉郷を, 鏃鍛冶に, 長屋へは, 開拓使黒田伯の, 関西同志から, 陰気さに, 陽気さに, 階級的部署に, 障子一面に, 雀に, 雨戸も, 雪の, 電報をも, 電灯を, 露路の, 青芝, 静寂が, 靜か, 鞘へ, 音次郎君に, 頭が, 顔に, 飛石の, 飼い主の, 首桶に, 駄墨で, 高杉早苗が, 魔人に, 鶏小舎に, 黒川記者に, 黒鳥

▼ もと~ (2778, 22.0%)

34 して 27 置いて 19 なって 16 口を 14 立って 12 坐つて 11 もどって 10 坐って 8 身を 7 あって, すわって, なつて, 置かれて 6 おかれて, それを, 戻して, 戻って, 持って, 来て, 私は, 立つて 5 ある, なるの, もどして, 坐った, 復する自然, 残して, 置いた 4 あっては, なるから, 斬って, 生きて, 立たねば, 行って

3 [44件] あった, あったの, あつた, あつて, あるもの, うずくまって, おいて, きた, しゃがんで, なったと, なったの, なったり, なる, はねつけた, ぴたりと, 付いて, 住んで, 何か, 作品の, 倒れて, 女の, 寄せて, 彼女を, 忍んで, 戻した, 戻らうか, 投出し浴衣, 控えて, 書を, 来たり, 画架を, 盥を, 私が, 立つこと, 置きました, 腰を, 草で, 行なわれて, 転がって, 返して, 返って, 送って, 集まって, 頭を

2 [165件] あぐらを, あまりりす, あるの, ある人々, いざり寄り, いたもの, いった, いて, いるの, うな, おいた, おかれまするに, おかれるよう, おかんと, お弟子, お艶, かえして, かかった, かくれて, この家, この旧習, さ, ささやいて, さまよ, すわった, すわる, その姿, その翼, たつ文学, つかは, とどまって, なったので, なったん, なにかの, なると, なる酒, はこんで, はねつけて, ひびいて, ほの, ぽつねんと立つ, もうひとり, もどしそして, ゆく, われは, ゐて, ライムンド・ルルリの, 一人の, 一泊し, 両家の, 両手を, 並べて, 乘りすてぬ, 予の, 二人の, 人の, 人間から, 人間の, 今宵約束も, 今日の, 伏せて, 休ひゐる, 何度も, 倒すといふ, 働いて, 全力を, 出て, 分類される, 切り捨てるの, 到着した, 動いて, 勝気な, 召使われ, 吊られた洋燈, 呼んで, 唯一人すて, 喜んで, 固定した, 在って, 坐りこんで, 坐り込んで, 多くの, 如何なる旧習, 宿下りの, 居ります弟子, 屆く, 届いた, 届くよう, 届けて, 店を, 弟子入りを, 彼が, 彼は, 彼を, 彼女の, 微笑を, 戻つて, 所謂油屋の, 手を, 投げ出されて, 押し込められて, 据えた, 故意に, 散らし髪, 文芸が, 斬り落し, 於て, 時々より, 書いて, 書かれたもの, 書かれた作品, 書かれて, 書き表されて, 書物をや, 本を, 構成され, 次の, 此の, 水仙の, 汁も, 決行された, 照らしぬ, 父母の, 物々しく宿直, 理解さるべきである, 生れたの, 用意し, 白茶の, 眼は, 着いた, 私の, 穴を, 筆を, 絶えず循環, 緑の, 育って, 自分の, 自分を, 芸術の, 荷を, 落ちて, 行は, 行われた, 行われて, 行燈の, 見えしとき, 見おぼえの, 見しらせぬ, 訪れて, 誰かが, 謎の, 近いところ, 近いほう, 連れて, 過ぎて, 遠くの, 遣して, 隠れて, 隠れ家を, 集って, 響いて, 預けて, 顔を, 養われて, 首を

1 [2030件 抜粋] あざやかに, あったであろう, あった太刀, あっても, あつめよ我, あなたを, あの老人夫婦, あまりに家族本位, あらわれたが, ありしが, ありましたけれども, あるお, あるしょんぼり, ある人間, ある分子, ある妻, ある存在, ある彼女, ある海岸, ある規則的, あれまで, いさ, いたの, いたわけ, いっそ早く, いつでも, いよりて, いると, いる天鬼様, いろいろ理由, うたふ, うつむいて, おいたもの, おかれその, おかれなければ, おきたい, おく小物入れ, おこなわれる大講会, おとして, おれを, お慈悲, お願いし, かえったが, かえると, かかる奇怪事, かくいう, かけつけたもの, かち合って, かよわせるる, きこえる波, きっと結び止められた, くくりつけられて, くつつけ, こういっ, ここに, このたび, この公判, この朝, こみあげるの, これに, これらの, ごろりと転げ, さがりけるはや, ささやこうと, さびしくわれ, さらしたよう, しいらるる, したもの, しづかに, しまして, すぐ拒絶, すっと伸び, すわった姿, ずっと書記長, せつせと, そう云う, そっと坐る, そのルート破壊, その再版, その年, その活躍, その芽, それこそ, それまでの, たぎつ七, たたき殺そうとして, たって, たふれて, だんだん気力, ちらばったり, ついて行く, つかえ頭, つないで, つねに存在論的, つめ寄つた, である, とかくに, とどまること, とにかく救いあげられた, どういう方面, どの学級, なおさら同感, なされた反間, なった, なったもの, なってね, なにものかが, なりました, なり十年来, なる一匹, なんでも, ねばり付いて, はなはだしく制限, ばさり, ひきつけた貧乏徳利, ひとつは, ひびかせた, ふくらみが, ふった, まかりて, ました柔らかい, まだかの, まばゆげ, みんな生き, もって, もどしインド人みたい, もどった, やった, やどる矚目二首, やりはじめたの, ゆがめられて, ようやく陥落, わざと若旦那, わたしは, ゐたお母さん, アリストテレスによって, エセックスは, ケロリと, ションボリ立っ, ソヴェト同盟の, ノートと, プロレタリア芸術運動を, マダムへ, ルビーの, 一つに, 一個の, 一同は, 一夜を, 一度他の, 一斉に, 一番近く坐っ, 一致した, 七十七で, 三味は, 下男同様に, 両親が, 中った砲弾, 主謀者は, 九州探題と, 二三年も, 二年ぶりで, 亮太郎を, 人らしい, 人間と, 今ちょうど, 今後の, 仕事が, 他の, 仲間たちは, 伝わって, 佇みじっと, 住みわびつ, 何とも云えぬ, 何を, 作られたという, 使いを, 侍にて, 個別的な, 傳令と, 働くよう, 入らしって, 全体と, 全軍, 内弟子に, 冷やかに, 出でたり, 出入りした, 出発し, 分けて, 別の, 到るとき, 刺殺する, 創られた作品, 勅免を, 勝手放題なる, 化鳥の, 十一月特に, 千両箱が, 協力し, 即ちかれ, 厳粛に, 參つて申し上げる, 取り出しあの, 受けとる, 叫んだ, 右の, 吊されて, 同伴し, 向いて, 吹きつけて, 呼び集め次郎, 咲きみだれる秋, 唐の, 営まれて, 噴水の, 四十センチほどの, 国民の, 土地に, 在るならいつ, 坐った林之助, 坐りランプ, 坐り何事, 埋められたそして, 報国の, 夕餉の, 多妻および, 夢の, 大きな石, 大塔, 大蔵省の, 太古からの, 女性を, 威儀おごそかに, 媚を, 子を, 学院経済も, 実例を, 宿って, 寄りそつ, 寝そべって, 専心演劇研究に, 導いた, 小さい行李, 小太郎山の, 就いたならば, 居た頃, 居然と, 届きぬ, 届けたの, 展観した, 山影を, 工業農業, 己を, 帆村は, 帰って, 帰る, 帰るの, 帰参した, 年玉を, 幽閉され, 広茫, 座を, 引きよせ日ごろ, 引き留め, 影を, 彼れ, 待機させ, 従って感覚, 從屬する, 復するの, 復する例, 復帰する, 徴収すべし, 忍び来るかも, 忽ち外城, 思ひやれば, 急行した, 息子を, 憔悴する, 我々へ, 戦争は, 戻す, 戻った, 戻らなければ, 戻り我々, 戻るわけ, 手紙を, 打ち殺されたもの, 打ち破るべきでありましょう, 投げ出して, 押しかけて, 押し流した奇傑泰軒, 拝跪せよ, 挙行される, 据えて, 排斥される, 握りあわせくどく, 撃ちおとして, 支那難民の, 放り出して, 教育され, 散らばって, 整理し, 敵味方一座した, 文芸に, 斬り落された, 新しく掘った, 方づい, 施与し, 日本人に, 昇りいつ, 春の, 暇を, 暴力的な, 書かれたという, 書簡箋が, 最後の, 木の根ツこみたい, 本文の, 来ながら, 杯を, 果して, 桃井修理大高伊予須賀左衛門三浦介の, 検討できる, 極秘の, 横たわって, 横濱が, 歌ひ出され, 武蔵は, 歸れり, 死んで, 残って, 殺されし半球, 殿り, 気絶し, 永年かかっ, 泊まって, 泣き声を, 活けさせて, 浮んで, 消滅し, 渾然と, 滞在し, 激しい勢, 点つてゐ, 無抵抗に, 煙草盆を, 燭つてゐ, 牢へ, 独り手馴れ, 玄徳は, 現われた, 現出した, 生い立つ婦人作家, 生きる左膳, 生ひ, 生れたイギリス, 生れ合せたひと, 生長した, 畑も, 疑いを, 痛く吹き入る, 発生する, 発達した, 白いマフラー, 盛大な, 目堀する, 相談に, 真っ蒼, 真実仏教の, 眠りかける, 着き切って, 瞰下さばわが, 破れますね, 示された裸, 禁慾と, 秩序整然と, 穢い木綿, 突撃する, 突込みながら, 立ちつつ, 立つある, 立てた, 端然冷然と, 笑みこぼしながら, 箱根山上蘆の, 粘土色に, 約三十人, 素直な, 紡ぎ織り染めそして, 紺碧の, 組織する, 絮ふかき, 絶え入ると, 緋羅紗の, 繋ぎとめようとして, 置いたきり, 置いた時計, 置かれたの, 置かれるでありましょう, 置くが, 羆を, 考えら, 聚ひし, 育てられた, 育てられなければ, 胡桃色に, 脱ぎ捨てて, 膝まず, 自己の, 自由アジアの, 至恋の, 舞台に, 花廼屋虎之, 苦しくこみあげた, 草とりける, 落しました, 著者は, 蓆が, 薬瓶, 蚊帳の, 蟋蟀鳴く, 行き, 行き實, 行くアポローン, 行なわれた暴行, 行われた仕事, 行われるか, 行われる運動, 製作が, 見いださない時, 見おろされる位置, 見ると, 見出したため, 見直すこと, 角ラジオという, 言葉の, 許されて, 詩を, 読んで, 謂ひ知れぬ, 赤あかと, 走ったであろう, 走り寄った, 起きあがつて, 超越的自然のみ, 跳ねかえって, 蹴ちらしながら, 転がる, 輝かすもの, 近い下総, 近い波, 近く坐っ, 近づきコンクリート, 近代社会として, 返しましょう, 迫って, 追い戻そうと, 退役同様な, 送りその, 送る金, 逃げだすかと, 這い迫り, 通うこと, 通ったばかり, 通ひ, 遂に屆, 遊べるならん, 運ばれる, 運動せざるべからざるなり, 道元は, 達したそれから, 遣は, 還す自然人, 酒食を, 金の, 錬金, 長い間大和, 閃めき返る, 開墾せらる, 降服せざるべからず, 集つて病間を, 集めて, 雑草の, 震えた時, 青々と, 静まり返って, 項を, 頭が, 顎を, 飛び入る小, 飛んで, 飾られて, 首が, 馳せつけ一, 驚くべき数, 鬚も, 鳴りきしる, 黒い小さい蛇, 黙然と敷島

▼ もとより~ (1273, 10.1%)

17 それは 12 これは 11 です 7 彼は, 私は 5 人の, 彼の, 自分は 4 これらの, 私の, 自分の

3 [15件] かくの, これを, それが, 一の, 一人の, 予が, 二人とも, 人間は, 判らないが, 君は, 子供の, 根も, 知って, 神の, 論を

2 [51件] あたって, あった, かような, ここの, ここは, この人, これからの, これが, そうであった, その中, たいていの, なれど, クリストフは, ゴーリキイ自身は, ヤリクリを, 主君の, 人間の, 伝わって, 何の, 作家は, 信ずるに, 六年前の, 判らない, 制限せられた, 大人物の, 宗教の, 小娘の, 小学生の, 当然の, 彼らは, 彼女は, 必要なり, 憎む時間, 本集の, 殺す気, 水の, 現実の, 異議を, 真の, 知らず家, 知らなかった, 確かな, 私自身が, 船中の, 落ちて, 詩の, 詩を, 過去の, 金の, 隠すべきこと, 雛の

1 [1045件 抜粋] ああ雨, あたう, あたらない, あての, あなた様を, あらずもがなの, いいであろう, いかで思され, いくらか, いつたん精神病院, いぶかしい点, いま時分人間が, いらないこと, お上の, お出向き, お城, お母さんは, かかる境地, かかる物, かくれも, かぜのみに, きょうの, くわしいこと, こういう無理, こうした頽勢, こうと, ここでは, こちらは, ことごとくこれ, このまま, この伝統, この場合, この子, この手勢, この手記, この朝市, この男, この請負制, これから華燭, これらは, こんなこと, ごく勤勉, さうでなければ, さして, しかるに, したたるばかり, しまいには, すぐれた才気, すぐ陸路, せずに, そういう大, そうなく, そうに, そこに, そこ以外に, そのお, そのよう, その外, その時, その深淵, その直接交渉, その約束, その辺, その銓衡, その雛段, それで結構, それより, そんなこと, そんな無策, ぢや, てんぷらうなぎすしなど, とげとげしい今, どこと, ないの, なかは, なし, はじめから, はなはだ必要, ふかく立ち入った, ほこりが, まだこの, まだ汽車, めの, もとめる時, よく汝, らしくと, わからずまた, わからないが, わが拙き, われは, アトリヱでは, ウソッパチで, コゼットは, シノブは, スキーを, セメントは, タダ遣る, ディオニュソスと, バラモン教の, パリーの, フィヒテにおいては, ベリュール枢機官の, マリユスは, ユダンは, ワクという, 一に, 一九三一, 一人もを, 一個の, 一包みの, 一国の, 一室を, 一度に, 一日分三度一汁五菜二汁三菜位は, 一様で, 一点の, 一瞬間と, 一腹一対の, 一般の, 一言も, 一貧学究に, 七つに, 万人が, 丈夫さと, 三位卿の, 上代の, 下士の, 不思議の, 世を, 両国間に, 主ある, 主人を, 主人道誉へも, 事は, 事情により, 事情は, 二つとも, 二つの, 二人は, 五十あまりの, 京阪は, 人そのものに, 人は, 人家すら, 人数の, 人里には, 人間に, 仁侠の, 今日だれか, 今日戦ってる, 仏像舎利は, 仏祖の, 他の, 仙人に, 会社は, 住み馴れたこの, 何もかも知りすぎる, 何故と, 何百艘で, 何等同情を, 作品に, 作者の, 便利しごく, 信を, 信長の, 俳句も, 倫理学としては, 偏少, 僕にとっては, 入る意志, 八五郎驚く, 八稚, 公的な, 具象的な, 内気な, 円髷と, 出動と, 刀剣の, 初めは, 判らなかった, 別段の, 利害を, 副将を, 勝気でも, 勧工場の, 十手捕, 千万の, 南岳と, 単に外, 危険は, 即日御, 即興の, 原因を, 及ぶべきに, 取って, 口元に, 古人の, 可なり, 各プロレタリア作家, 吉川の, 同人の, 同日の, 君たちが, 吾助, 周到な, 味方敗軍の, 商売人の, 善とは, 善悪を, 單純に, 嘘に, 嘘言は, 四万の, 四方に, 国に, 国家存立の, 國内の, 地下に, 地道な, 埴輪や, 墳墓に, 声に, 変則的な, 外国の, 外来の, 夢にも思はず, 大なれ, 大事の, 大臣の, 大蔵の, 大金である, 天下に, 天平と, 天意に, 太宰は, 女でございます, 女学生時代の, 女自身からは, 如何で, 妻女山の, 娼婦上りに, 孫策は, 完全な, 定評あり, 実業家とか, 客室など, 家庭的な戯れ, 宿意あっ, 密偵か, 寝床に, 将来の, 小声で, 小説の, 少年な, 居士の, 山とは, 山上で, 山寺である, 山野の, 左団扇の, 巨額の, 市長はじめ公共の, 帝室を, 帰国の, 常識を, 幼少の, 幾処にも, 店の, 廉子も, 引返す分, 当の, 彼が, 彼此を, 徒然草に, 心せかれるよう, 必ずくる, 忘るる, 急ぐ旅, 恋の, 恐れるもの, 悪質な, 惜むほどの, 意欲では, 愚昧と, 感傷に, 慌てた態度, 慕うべし, 懇意な, 成功の, 我々の, 我から, 我れ, 戒律は, 戦後の, 手ごたえが, 技術も, 拒むところ, 拙者ひとり, 挿絵として, 捨ておかれません, 探らいでは, 攘夷は, 政の, 政策の, 数十年前の, 数百年来の, 文人墨客趣味などは, 文法や, 文章は, 断片の, 斯様な, 新しい進路, 方角も, 日の, 明かに, 是れ, 時勢の, 曠世の, 曹軍は, 有り得ないで, 望ましいこと, 朝廷において, 朝鮮征伐と, 本当の, 本省の, 杏坪先生の, 杯盤も, 柔弱なる, 樵夫が, 機密の, 檀徒といふもの, 歌曲でしょう, 正反対の, 正業は, 正確な, 此一新仕, 武子さんは, 武道の, 歴史に, 殿の, 氏も, 気を, 決して少なし, 沿道の, 洋画家の, 洛外への, 浅劣, 浪々無住の, 浪士側でも, 海の, 淋しいこと, 清からず, 満寵, 溝板の, 濠州に, 火を, 灯心草に, 炯眼な, 無学文盲の, 無知な, 無謀に, 父に, 牢屋敷に, 物価は, 物質的文明が, 独り者, 狸に, 玄弉の, 玉汗は, 現実は, 理知ある, 理路井然として, 甚だしい誤解, 生身を, 田, 由々しい大事, 町人百姓職人この, 画家が, 番附その他の, 異議の, 痩せに, 白紙の, 皇子二人までを, 盧植先生が, 盲の, 直ちに撃退, 直觀, 真疑, 眼と, 知っては, 知らう筈, 知らないが, 知らないふたり, 知らない人同士, 知らぬ, 知らぬ小男, 知りぬいて, 知事公留任の, 知識芸術道徳の, 礼を, 祖母では, 神仏を, 福島支庁から, 私も, 私自身で, 稚気満々たる, 空間の, 立て貫, 竹細工であります, 策です, 籠や, 米友自身が, 粉本が, 純綿もの, 素人経師だ, 組合員某某等, 結構な, 絶対の, 縁談は, 繙閲せず, 罪人では, 美代子の, 義軍である, 耕農に, 肉体は, 脛巾足袋藁沓などは, 腕ききには, 自分たちの, 自己は, 自由な, 舟と共に, 良家の, 色でも, 芳しい稼業, 茶店が, 荊州は, 荒唐不, 藁屑も, 血縁の, 行住座臥時処諸縁を, 裁判長としては, 褒めたの, 見るに, 見物人も, 覚悟し, 親しい友達, 親類では, 解るべきはず, 言越し来りぬ, 詐術である, 詳しい事, 詳しい仔細, 誠実な, 説く人, 誰も, 諸行無常は, 豆腐売油屋など, 貧しい家, 貧しけれど, 資本あっ, 足る, 身に, 軽々看過すべからず, 軽薄な, 辛苦に, 農民の, 迂愚の, 近所の, 通じようはず, 連子形の, 遊ぶといふ, 道得の, 道徳を, 酒の, 酒席の, 酔中の, 重大な, 金銀に, 針さえ, 錦嬢と, 門の, 門閥貴, 限らない, 陪臣な, 階級本能の, 雑兵には, 青の, 非力に, 面疔も, 鞍馬山霊の, 頓著は, 風に, 風物の, 食物に関する, 驚くに, 骨肉形骸の, 高尚なる, 魂かえす, 鳥獣との, 黙って

▼ もと~ (922, 7.3%)

4 あって, 同じ流れ 3 あったが, あれでも, 一つの, 何か, 大阪の, 明らかに, 有名な, 江戸一の, 非常に

2 [34件] こっちでも, これと, すべてこの, やはり, やはり姻戚, よく手紙, インドの, 一疋の, 一続きの, 伽藍全体の, 半次郎が, 君の, 多かった, 奈良坂村に, 奉化, 小学校の, 旗本の, 檀家の, 武家だつたさうで, 武家で, 武家の, 水戸の, 江戸の, 溝口屋と, 漢語で, 父の, 相当に, 相当の, 立派な, 美しい女, 職工が, 自分から, 行きましたがな, 飯田町の

1 [819件 抜粋] ああした, あったの, あとで, あなたの, あのお婆さん, あの辺, ありがたいと, ありて, あるいは京都, ある女神, あれほど, あんな人ぢ, いい家, いい画, いったいなん, いわゆる屠, うれしそう, おおご, おおむね武力, おしなべて立枝, おそろしい池, おのれが, おれッちと, お口, お好き, お旗本, お社, お茶の, かえって女, かなり大きい, かなり立派, かんたん, きれいな, こういうさす, こういう晴れ, こうして背, ここな, ここの, こちらに, この二つ, この介抱, この土地, この家業, この小石, この日, この池, この湯槽, この穴, この麓, この鼻とり, これなどは, これも, これより, こんなぐあいに繁華, こんなじゃ, こんなに心, ごく親密, さうし, さだかなら, しかるべきさ, しかるべきさむ, じつに太く, すべて間食という, ずっと下級, そういう日, そういう歌, そうはっきりと, そこい, そこにも, そのいろんな外向的, その仲間, その利用者, その家柄, その暦本, その服, その職業界, その表わす, そら彼処, それでもそうとう, それほど親しく, それを, たえず細かい, たくさんに, ただの, ただ蝋, ただ道の, ちっともそうでなかった, ちひさい居酒屋, ちょいちょい自殺, つい炭, つばめ小屋でした, できたの, となりの, どういう名, どこかで, どこだろう, どこにも, どちら様でございました, どんなこと, どんなもの, なか, なかった, なくケンズイ, なんだ, なんであったろう, にこにこした, ひとしくエタ, ひとり, ひろがって, ほんとうに, ぼくを, また, まっ黒であった, まんざら話せねえ, みな侍な, みな同じ, みんなあなたの, みんなお前だ, みんなわたくし自身な, みんな星さ, めいめいの, もう洗っ, もっぱら狩猟, やさしい娘, やはりそうであったろう, やはり一種, やはり信仰上, やはり唯一, やはり子供, やはり水, やはり産所, やはり眼, やはり谷中, よき法度, よくふとっ, よく暮した, れっきとした士族, わかったの, アイヌ語から, イタリーの, インド中国と, エタでなかった, カキツまたは, カフェーに, キリスト教的な, シャーマンが, シュクの, テコフと, ナシュの, ヒダであった, ポルトガル語だ, ユリ属, 一つだった, 一つであろう, 一つは, 一つ石の, 一人も, 一円二三十銭の, 一国の, 一年の, 一旦かきはじめた, 一枚の, 一箇所も, 一般の, 一軒の, 一間きりの, 七十一キロも, 三丁目の, 三千石の, 三本檣の, 三角測量標が, 上野に, 両国にも, 中内工学士の, 中國筋, 中御門氏でござった, 中村屋の, 丸一日田畠を, 主として座頭, 之の, 九州と, 乞食の, 二つの, 二人の, 二月から, 二本差武藝の, 交易の, 京都も, 人が, 今一段と, 今宮の, 仏国での, 仏教の, 他人だ, 仙台附近の, 仲, 伊勢湾の, 伊勢藩の, 伊達家で, 伯爵の, 似通うたもの, 佐倉の, 何じゃ, 何となく奧, 何に, 何方かと, 何本も, 何百人と, 侍で, 侍の, 健ちゃんも, 僞善者で, 兄弟の, 入り海の, 全国にわたって, 八五郎の, 八人の, 公民の, 六月十五日今は, 冷たかった, 出雲の, 別であった, 到る処, 勘藏酷い, 北勢多郡の, 北町奉行所に, 区別は, 十字架の, 千垢離などの, 卑しい侍, 南地に, 南方支那に, 南部男爵家の, 単なる顧問格, 単に, 印度から, 取捨料をまで, 台所を, 吉野の, 同じく山人, 同じ日本民族中, 同じ溝口藩, 同じ蝦夷, 同一根原の, 同様に, 名も, 名前よ, 吾妻村が, 味方勘定は, 售れぬ, 四枚續き, 土地の, 地蔵様で, 坊さんの, 埋葬窟であった, 堺の, 塩冶の, 墓地裏の, 士族で, 外から, 多くその, 夜会服を, 大きな町人, 大きな矢立杉, 大きな赤もみ, 大てい, 大分難義も, 大坂の, 大師様とばかり, 大抵胡瓜, 大部分山林, 大陸の, 夫や, 夫婦で, 奇術師で, 奈良坂の, 女が, 妻籠と, 娘らに, 子供の, 宇佐八幡の, 宗門奉行の, 客を, 家々の, 家の, 家毎に, 家老だった, 対称敬語であった, 尋常に, 小さい宿屋, 小原女, 小松殿に, 小林少年の, 尼寺であった, 山下の, 山中の, 山姥に, 山陽線本線が, 島五六郎樣の, 巣鴨の, 左次郎の, 巫女で, 市街地だけにしか, 師範学校の, 常識であった, 平坦だった, 平安朝にな, 年越しその他の, 広く山, 広間ででも, 店さきでも, 弘かった, 彼の, 御互, 御坊の, 復活なさる, 思いましたが, 思いましたがね, 思へども, 愛欲の, 成合で, 或る, 所属も, 撞木杖を, 斎藤義龍さまの, 斑鳩宮寝殿の, 日本の, 日本語で, 日東生命の, 昏み, 是も, 普通で, 普通の, 暖簾の, 月待に, 木蘭か, 未婚の, 杉檜の, 村かぎりの, 村中で, 村民中三人の, 東京か, 東京で, 東京などの, 東京に, 東洋を, 板屋の, 染物業だった, 根の, 桃色の, 梵本に, 極々内気, 機械工だった, 正月には, 正月晦日を, 正直, 此所の, 此町の, 武士だけの, 歯櫛明神であった, 残らず牡丹屋, 毎半年, 毎日お, 水が, 水の, 江戸です, 決してこうで, 決して地蔵さん, 河原乞食と, 河沼郡八幡村塔寺の, 洋髪屋の, 浅草奥山の, 浅馬伯爵家, 海中なりし, 海賊じゃ, 海賊どもの, 海軍士官で, 消な, 淡紅色な, 清潔な, 清音で, 源右衛門へ, 滅多に, 濁沢の, 灰吹き, 無縁の, 無論エタ, 熊本県の, 燃えるよう, 父親の, 物の, 物を, 狭くて, 甘い恋, 甚だ価値, 田に, 由緒ある, 甲州街道に, 甲源一刀流から, 疎略で, 病院の, 白壁の, 白虫だ, 皆よく, 皮田とも, 目上の, 相当長か, 相應, 相當, 知らなかっただけ, 短い物, 石燈籠と, 神に, 神様は, 神祭の, 稀であった, 種族的, 第一, 簡素と, 粽を, 紛失物などの, 結びつらね, 絲満の, 罪人の, 美濃国岩村の, 義雄の, 能役者だ, 能役者だつたさう, 至つて誠実であり, 良い水, 良家の, 芭蕉の, 花を, 芸妓だった, 若い女房, 若稲, 若衆の, 英国民族の, 草みたいな, 菱くい, 落伍者の, 落語家で, 藝人だ, 行き倒れの, 行者の, 裏廻りの, 西国では, 西洋の, 要するに卓一, 親, 言ったもの, 記と, 詩歌の, 語頭の, 誰の, 警固の, 讃州志度の, 豆腐屋の, 貉が, 貧乏士族が, 貧困な, 賤民中の, 路傍に, 身分が, 軋り, 軍人ださうである, 農から, 農土行事の, 通じて, 連れこみ専門, 遂に判らなかった, 運送業者の, 違ふ, 酔いながら, 里見さんの, 野原に, 金持っ, 金持の, 金色まばゆい, 銅な, 録色だった, 長いこと部屋, 長吏, 長崎あたりで, 長髄彦, 限られたる一地域, 陰イオンと, 随分そういう, 隣なる, 霊魂の, 霖忌で, 霜月の, 青年の, 非人法師を, 顎十郎の, 飲まず立って, 飾りを, 鬼冠者と, 鹿島の, 麹町平河町の

▼ もと~ (750, 6.0%)

12 口を, 帰って 11 行って 9 来て 6 戻って, 返して 5 いって 4 忍んで, 戻る, 持って, 通って

3 [13件] きて, ころがりこんで, もどして, もどって, やってきました, 寄って, 引返した, 戻した, 手紙が, 持つて, 送られて, 連れて, 飛んで

2 [43件] あやまりに, お通い, くると, さちよの, もどるん, やって, やってきて, ゆくの, ゑゝ厭や, 何か, 使いを, 使を, 使者に, 出て, 出入りする, 向けながら, 寄付かない養母, 引きとられて, 戻して, 戻つて, 戻ると, 文の, 昔の, 本を, 歸る, 熱い息, 目を, 知らせた, 突き上げて, 置いて, 行く, 行った, 行つた, 返した, 迷って, 送り届けて, 通ったの, 遊びに, 運んで, 長吉は, 預けに, 顔を, 驀地に

1 [548件 抜粋] あの地図, あの男, あらゆる人々, ある朝一通, いいきかせて, いきなり突い, いくところ, いくの, いざり寄って, いざり込んで, いそいだ, いろいろな, うツちやつた, おいて, おいてるから, おいでに, おさよ, おちた, お伝えなさいました, お前が, お坐り, お帰り, お招き, お通い詰め, お金を, かえ, かえって来た, かえりたかった, かえる平一郎, かがんで, かけあつまった, かけつけた, かけつけたら, かけつけて, かけて, かの女, くずおれて, くみ置きの, くわを, こけ猿, この金子, こぶが, こぼれたの, こまごまと, こみあげた, ころがりこんだが, ころがりこんだ身, さかのぼれば, さがりませい, さげたとき, ささやかれた, ささやくと, さわった, しげしげとお, しげしげと通わるる, しげしげ通っ, しるしばかりの, すうと, すりよって, すりよつたが, すわって, すわると, そう云っ, そっとその, そっと運び込ん, そなえて, その事, その包, その孫, その洋装姿, その表, その顔, そろそろと, だ, つかまって, つかわすこと, つつがなく届け, でござるよ, とつぜん江戸, とどいて, とびかかって, とんで, どどどどと, なぞ使いに, なにかの, なにとぞお, のこして, のこったの, はいって, はえを, はしったお, ぱらと, ひきかえさないで, ひとまず落ち着こう, ひらりと, ぶつかったの, ぶつかって, ほんのりと, まいりました, まいるそういう, まいるべく候, まかり出で, めでたく輿入れ, もう戻りやしない, もって, もとへ, もどした, もどすその, もどすと, もどすという, もどらない川北先生, もどらなければ, もどる, もどるが, もどる前, やったら再び, やってくる貧民ども, やって来た, やりその, ゆかば, ゆくと, ゆけるの, よう通うまい, よって, よみておくりし, ゑゑ厭や, シケ込みという, ジリジリと, ドドドドッと, ニコレットを, ビスケットを, ブラ下げ, ボンを, ポンと, 一しょに, 一人の, 一寸顔を, 一応の, 一時身を, 一男が, 一閑斎を, 三上治太郎が, 三蔵は, 下つて, 二町ばかり, 二首, 京都の, 人を, 人魚の, 今日は, 今日申遣, 伝言を, 低い声, 使いして, 使いする, 使いに, 便りを, 入ったの, 入り込みました, 入れて, 入夫する, 出かけて, 出入りし, 出入りした, 出向きつつ, 出頭し, 分け前を, 到着し, 到着した, 刺し込んでは, 前方から, 十字に, 去るとも, 参ったらこの, 参って, 参らるる気, 参りまして, 参り仕えたという, 参り候儀, 参るつもり, 友達が, 収めたなら結果, 収め込むという, 古風な, 同伴し, 向って, 君を, 呉竹しのぶと, 呼ばせた, 呼びつけ意味, 呼び付けられて, 呼び寄せた, 呼んで, 商売に, 問合す, 噴水の, 囁いたが, 囁いて, 国もとへ, 坐した時, 坐つて, 坐る良之助, 報せて, 大きな紙包み, 奔っては, 奔る, 女房の, 委細を, 嫁がせて, 宿命の, 宿泊料の, 寄せて, 寄つて美登利さんどう, 寄つて美登利さん何うし, 寄来した, 密偵に, 密訴し, 小さな声, 小さな女の子, 小判の, 小坂部は, 小声で, 尻を, 居を, 届いたの, 届いた同じ, 届きその, 届くには, 届くよう, 届けさせますと, 届けに, 届けられた, 届けられるよう, 届けるなと, 山椒の, 左少, 差しむける, 差し上げなければ, 帰され志郎, 帰すわけ, 帰った, 帰ったので, 帰ったらしい, 帰ってから, 帰つ, 帰つて行つた, 帰へ, 帰らうとて, 帰らせて, 帰りえた満足感, 帰りカラア, 帰り右, 帰り樵夫以前, 帰るが, 帰るつもり, 度々手紙, 引きよせて, 引き戻された, 引き戻せるもの, 引き返した, 引き返して, 引っかえし, 引っ込んで, 引っ返して, 引っ返すつもり, 引越蕎麦を, 弟子入りを, 強い, 影を, 彼に, 往復が, 御免候え, 御送り, 必要以上にまで, 忍ばせて, 忍び込むで, 忍び込んで, 忍んだ, 怒鳴り込みに, 思い切りよく, 急いで, 悪酒, 懇ろな, 戻さうと, 戻さねば, 戻し, 戻した時, 戻すこと, 戻すの, 戻りますが, 戻り川, 戻るが, 戻るべきでは, 戻るわけ, 戻る事, 戻る数奇不可思議, 戻れば, 手伝いに, 投げつけたから, 投げ出しそれから, 投げ出す, 押しかけて, 押しかけるべく候, 押しかけ女房, 押しよせて, 持行く, 挨ぢこむ, 挨拶に, 据わったまま, 掛って, 掻き寄せられも, 摺り寄せて, 敢然として, 数多の, 斯う囁い, 旋って, 早打し, 早飛脚立て, 晴れ晴れしく, 書いて, 書き送りて, 書面で, 服従を, 木村君を, 本当の, 本社へ, 来た, 来たのに, 来ては, 来られて, 来ること, 次から, 歩いて, 歩みよられた, 歩み寄って, 歩み寄る時, 歸し, 歸つたのは, 殺到した, 泣きくずれて, 泰軒が, 派遣した, 流れこむ, 清書の, 温石がわりの, 火急火急と, 灯と, 無作法に, 熱心に, 男の, 白い着物, 白扇の, 直して, 直しながら, 直つて, 直吉は, 眼の, 眼を, 矢の, 知らせたの, 短刀でも, 石火に, 礼を, 移って, 突っかけ, 突っ立った, 突込ん, 立ち寄ること, 立ち帰りました, 立ち帰り申すであろう, 立ち戻って, 立寄つた, 竹早町の, 筆墨の, 築かれた, 続々と, 縁女に, 繰返して, 置きたく思う理由, 置きました, 置き暫く, 背進する, 膝を, 膳を, 自作の, 自分の, 自動車を, 舞い込んで, 萩乃さまが, 落ちて, 葉書を, 行かない, 行きました, 行きますでしょう, 行くご, 行くたび, 行くには, 行く東野, 行く細道, 行けるだろうか, 行こう, 行こうと, 行ったまま, 行つ, 行つたのは, 行つては, 触れんばかりに, 言いに, 試合に, 読書習字珠算などの, 誰か, 談合に, 賤しげな, 贈り届ける, 贈るとて, 走って, 走りたいばっかりに, 走り寄つた, 走ること, 赴いた使者, 赴いて, 足で, 跳りかかった, 身を, 軽くあてがった, 輿入る, 近々ときこえ, 近づけば, 近よる, 返したとき, 返す, 返すべくは, 返すよりは, 返った, 返るの, 迫つ, 追いこく, 退らむとしての出合頭, 送ったこと, 送って, 送らなければ, 送られた, 送られたが, 送りこしたる寫眞, 送りとどけて, 送りとどけること, 送り届けた, 送るおつもり, 送ろうと, 送金が, 逃が, 逃げて, 逃げ走って, 逆流するらしい, 這い寄った, 這い寄って, 通いつめた話, 通い出した, 通うた先生, 通うの, 通うもの, 通う夜道, 通う時, 通ったり, 通知が, 通達され, 造顔に, 連れこんで, 進みよつた, 運ばれて, 運んだのちそこら, 運んだり, 道誉の, 還っても, 重詰めに, 集まって, 集まるの, 集めて, 電話を, 響いて, 頼みを, 頼んで, 風は, 飛びかかる, 飛びこんで, 飛ぶの, 食べ物を, 養生の, 馳せさんじる武士, 馳せつけて, 馳せよって, 馳せ参りますぞと, 駆けつけた, 駆けつけて, 駆けつけようと, 駆けつけると, 駆けて, 駈け込み集約英国観察供給方, 魂を, 黄金の

▼ もと~ (495, 3.9%)

8 ささやいた 6 死んで 4 あつた 3 さ, 急に

2 [17件] あらうと, この老人, ささやいて, それを, 云った, 呼んだ, 唸る, 囁いた, 囁き大きい, 声を, 夢遊歩行に, 女の, 彼は, 手を, 看病の, 私は, 聞こえて

1 [437件] あえなく死んだ, あきらかに, あげて, あだっぽく笑い, あの婦人とも, あの目, あらう, いいました, いえば, いさかいが, いすに, いつまでも, いらずだからな, いるうち, いろいろ聞き合せ, いわれたが, うたふ, おじゃりますゆえ, おたか, おりおりお, お二人, お互いの, お亡くなり, お勝, お嫁, お母さんと, お鮨, お鳥, かういふこと, かう問, かえってわたくし, かつてない, かなり刺戟的, がす, がんがんとひびいた, ぎゃんぎゃん泣かれ, くり返しくり返し読んだ, こういうこと, こうよぶ, こう囁く, こそ却, このよう, この名, この装い, これも, これを, こんな事, こんな騒ぎ, ごうぜん, ござりました, ござります, ござりまする, ささやいたがは, ささやくと, さつと風, しずかに, しました, しゃべりつづけて, しゃべりつづけます, しゅうしゅう鳴っ, じいつと, じっさい兵太郎君, すぐ結婚, すごい雷, すると, する又八, そうなされた, そう二言, そこの, そしてそういう, その保護者, その由, その白旗城, その細胞, その翌日, その頃浅川伯教, それからあんな, それからどっと, そんな喧嘩, そんな声, そんな謀計, たたいて, ただ一つもっとも, だからの, つばを, つぶやいて, つまり不断着, でまだ, でも日本, とうとうお, とうとう師匠, とうとう疑い, とうとう跛足, とぼしい生活, とんで, どいつだか, どうしてこの, どうして若い, どうどうと, どれが, どんなふう, ぬいだとき, ねこの, はあつ, はさぞ, はじめて天女, はその, はどの, はない, はほんとに, は不, は二人, は人々, は人間, は作品, は勝手, は小, は少し, は必要, は時として, は清潔, は無機物界, は綱紀, は花, は荻, ばた, ばれましたやら, ぱッと, ひっそりと, ひどい目, ほんとに困っ, ぽっきり枯枝, またし, まったく宝石, めくれて, めぐりあったの, もあ, もう三十分, もう四十日, もし彼, もガルシン, やがてずるずると, やがて辛い, や念仏僧, よく夫婦喧嘩, りっぱな, わがままな, ウィスキーの, ウイスキイを, ガアッと, ガタガタ音を, ガンガンと, クドクド云っ, グアッと, ショーペンハウアーの, ショーペンハウエルの, ハリソンさん夫婦も, ヒイタアに, ヒクヒクと, ヒドイ目に, ブンブン唸る, ポチが, ポリニャークは, ラッパを, ルパシカ男の, ロープモンタントを, 一つに, 一九四七年の, 一個の, 一声高く, 一旦宿, 一歩を, 一番正しい, 一部始終を, 三年もの間ぼやぼや, 上方流儀の, 下男小屋に, 不器用な, 不幸を, 不思議な, 世に, 世界の, 両方が, 主人の, 久保鉄三が, 二三度くるくる, 人の, 人情に, 今の, 今日の, 他の, 仲たがいする, 低聲, 何か, 何処かへ, 例の, 保存された, 修行を, 僅かな, 働くこと, 僕に, 僧たちが, 元来世, 兄弟の, 八千代サンが, 八犬伝の, 兼子は, 再読この, 凡ての, 切り開かれぬこと, 前もって勧進帳, 前より, 勝手な, 午砲が, 卑しいつとめ, 又こんな, 又盃, 叫ばれた, 叫んだ, 可愛想, 各方面, 同じお, 同じ空気, 名も, 吾, 周の, 味な, 呼ばれたので, 呼ぶ声, 命を, 唸るもの, 唾の, 喧嘩を, 嗄が, 嗄がれ声を, 嗄れた声, 囁きました, 囁く, 四五年経つ, 地上幾十尺かの, 大きな声, 大学教授を, 大息を, 大騒ぎを, 女中は, 安心し, 宮本の, 寒いと, 寝泊りか, 寝込んで, 實際は, 小三津, 小声で, 小屋掛けの, 小林少年の, 少くも, 少年の, 川上は, 左衛門尉義盛さま以下の, 市川升之, 帆綱が, 師匠の, 師走の, 平七は, 座間の, 引揚げ以来の, 張りの, 形には, 彼女の, 彼女は, 彼等は, 御病床, 御逼塞, 怒鳴って, 怒鳴られたので, 怒鳴りちらした, 悲しみを, 愚痴つてうるさ, 成人した, 我慢しなかった, 手帳を, 打ち切って, 投ぐり合が, 抗らせ, 拝見した, 拾うのべ紙, 擦れるぢ, 救いの, 教育されね, 文化の, 斎藤さんなどの, 斬られたと, 斯んな, 日を, 日本という, 日本へ, 早口に, 昔を, 暫く話し, 暮して, 暮すよう, 暮らす幸福, 書き置きを, 最も美しい, 最上先生もとより, 最近ヒサは, 有力な, 末期の水を, 松の, 松吉は, 柳秋雲は, 楽に, 権右衛門も, 横からも, 死にました, 死んだ, 死んだといふ, 死んだとも, 死んでしも, 殊に欧州大戦, 殺人騒ぎが, 母の, 気が, 池の, 治六が, 泣いたり, 泣いて, 浦島太郎は, 涼しい夜かぜ, 源氏の, 演ぜられた醜態, 火を, 火事に, 父から, 物の, 狂い死した, 獨り, 琴平の, 生きるの, 生れた子供, 生れて, 産褥熱が, 甲板に, 申しますと, 病みついたの, 病死同年輩の, 病気を, 発射された, 発狂し, 発覚した, 皆若死にを, 短く刈り込ん, 破鐘の, 社会主義の, 租税を, 突然一つ, 笑いを, 笛を, 答えた, 米雑穀は, 紫陽花の, 組織し, 老女らしい, 耐えた, 聞えたので, 聞こえる, 聞こえるよう, 肺炎などにな, 胸が, 胸の, 腰を, 自ら命を, 自分の, 自分を, 自慢の, 花子にも, 若い美男子, 苦しむ小, 茂太郎の, 落ち合った, 蔭で, 蔵人頭から, 蚊を, 蝙蝠の, 行われた, 袋の, 要らずで, 言った, 言葉少なに, 訊いた, 訓す, 話した, 話して, 読み聞かせた, 誰かが, 調剤師で, 責任感の, 赫と, 起こったが, 起すこと, 起って, 足立源五と, 身動きも, 辛苦を, 近所の, 追求しなけれ, 遂には, 遂に我國, 遊君としての, 過すよう約束, 酒を, 酔っ払ったり, 重なると, 針仕事でも, 針仕事を, 鍛へて, 鏡に, 長い物思い, 隨分大きな, 雪を, 青海波は, 静かに, 響いた, 響くよう, 頻りに雲雀, 飛んだこと, 飯の, 駈けま, 駈けまわるの, 高粱が, 鯉が, 鳳凰が, 鳴つた, 鳴らして, 鳴りひびい, 鳴る太, 鼠は

▼ もと~ (419, 3.3%)

22 ただせば 8 離れて 7 見ると 5 して, た, 去って, 見つめて 4 いえば 3 少し遠ざかり, 洗えば, 知って, 辞した

2 [20件] たずねた, たよって, つかんで, なして, ひッ, ゆく, 出て, 去ると, 正せば, 洗へ, 狙って, 見まもった, 訪ねて, 訪れた, 訪れて, 遠慮し, 集めて, 離れた, 離れたこと, 馳せめぐりて

1 [306件] あた, あらかじめよく区別, あわてて, いいますと, いくら逃げ出し, いふと, いろめきたたせましたが, うち案じ空馬車馭, うねる細みち, うるましながら, うろうろし, うろうろ歩き廻っ, えぐって, おさえて, おそれ, お浜, お詮議, お送りいたします, かいくぐって, かき合わせながら, かく杜氏, かすめて, きちり, きつく合, きゆつきゆ, くすぐって, くったうす, くるっと, こなたに, ごしごしやり, さぐつてみた, さぐり歩いて, さして出かけた, さして引き揚げ, さして急ぐ, さして歩き出した, しめた浅葱, じっと一所, じっと窺います, じっと見つめ, すぐ自分, すべからざる旨, すみかにて, そっと離れ, たずねたの, たずねると, たずねるより, たたき起しそれ酒, ただして, ただせは, ただ一ト突き, たち離れ, たづねて身, ちらと, つかまえて, つかみよせ, つかみ右手, つかむなり, つかんだ, つかんだまま, つかんばかりの, つきとめた人, つくった人, つつんで, つめたくなでる, つんざいた一, つんざいた声, つんざいた女, どんどん掘り, なした, なすの, なすもの, ぬけ出して, ねめつけて, ねらって, ねらつて, はいまわって, はっきりと, はつきりさせたい, はなれて, ひらいた原因, ひらく, また廻り, また訪れた, みつめ考え込んで, むき出しに, むすびながら, むすんで, もとむれば, やられて, ゆがめて, ゆわえつけた, よく労っ, われ訪ひ, リドまで, 一回りした, 一日も, 乱さねば, 二三歩すすまない, 云えば, 云へ, 今でもは, 他人とは, 代わって, 仰いで, 伏せて, 作ったり, 作つて居た, 充分に, 入れても, 出しは, 切られても, 別れて, 刺されて, 力まかせに, 北へ, 南海岸から, 去った, 去ってから, 去つた, 去つた日, 去り二時間後, 去り向こう, 去り庭, 去れば, 取り散らして, 合したところ, 合わせ合わせきまり, 和めた, 問うたが, 四ツ五ツむら, 圧して, 大急ぎで, 実の, 宿り木と, 寒ム気, 寛げ気ぜわしく, 射て, 尋ねました, 巡り行く, 巴里の, 建設へ, 引きあげて, 往来する, 得るであらう, 微笑ませて, 心づけ, 忍んで, 忘れなかったの, 念の, 思ひ出した, 悲しめ而, 手さぐりする, 手に, 打つ, 打つ時, 抜き打ちに, 指ざした, 挿む, 掘じくり出すと, 掘り抜くと, 掘ると, 掠めて, 掠めるが, 探して, 探すが, 探り出すの, 探り当てれば, 探ること, 探るの, 掻き合せた, 掻き合せようと, 握りしめて, 搏って, 搜し, 撫でたり, 擽った, 明かした, 明かせ, 明し給, 染められやっと, 桜色に, 棒切で, 歩き回るたび, 歩くにゃ, 歩まん, 氣に, 水に, 泣きゆく, 泳いだ, 洗いに, 洗って, 洗つて行く, 洗つて見れ, 洗はれ, 洗へば, 流る, 涼しみ, 涼やかに, 深い雪, 済ましてから, 焼かないと, 照らし出して, 片づけるうち, 片附け, 申しますと, 発した恐るべき, 盗み見た, 目がけて, 直しはじめた, 直し腰, 眺めたり, 睨みつけて, 睨みつけながら, 睨めすえたが, 知っとるから, 知られて, 突いて, 突きはじめた, 立ち去ったため, 立ち去る時, 簡単に, 籬に, 糺せば, 細っそり, 結い直して, 締めつけて, 締めて攻める, 繰り出し麹町, 脱して, 脱しもう, 舐める温かい, 荒らされたん, 蜂の巣の, 行く, 街から, 見, 見せて, 見た, 見つめた, 見つめながら, 見ないやう, 見ました, 見ますと, 見まもりあった, 見れば, 見舞って, 見詰むる, 覗き込んだ, 覚って, 訪うたの, 訪ねた, 訪ねたの, 訪ねた私, 訪れたとき, 訪れたの, 詮議し, 話してと, 調べさせわし, 調べて, 調べる気もち, 貫いて, 質せば, 赫らめた, 走って, 走り野鼠, 起った, 蹴上げられて, 輝かして, 辞して, 辭し, 近くから, 透かして, 逐電し, 通り過ぎただけ, 選みたま, 鉈で, 鎌倉殿の, 隠すよう, 離して, 離れず, 離れたくないので, 離れは, 離れはじめるもの, 離れました, 離れゆく, 離れること, 離れる第一歩, 離れ得ないの, 離れ祖国, 青い紐, 青ぐろくしかけていた, 静かに, 音訪れぬ, 頼まうと, 頼もうと, 顫わせて, 顰めた, 顰めて, 風が, 飛びながら, 飛び出して, 飛び廻り天井, 食い荒らして, 食ひ破られ, 騒がせた幽霊水

▼ もとから~ (345, 2.7%)

3 あつた, ここに, 折れて, 自分の 2 あったもの, あまり口を, 伐るの, 出て, 切つて先へ, 彼の, 持って, 水を, 無口な, 胸の

1 [313件] あすこは, あたしの, あった伝説, あった故に, あった池, あった裏道, あった資本, あなたと, ありませんでした, あるのに, あるもの, ある不治, ある何, ある家, ある材料, ある生活, あんまり仲, いい夫, いた, いたずらものな, いた女房, いつか一度鉱山の, いるこの, いるの, いる人, いる尼, うまかつ, うろこの, おいよさん, おこしあそばしました, おのおの一方, お丈夫, お分り, お客に, お艶, お運びでござりまするか, お駒ちゃん, きって, げたげたひびいた, ここの, このほう, この国, この山家, この山腹, この沖, この界隈何百軒, この種, こみあげて, これを, こんなに肉, こんな僻み根性, こんな落とし穴, さし覗く, して, しらせが, すきだった, すらりと, そういうもの, そうでした, そう勤勉, そこに, その一本脚, その小刀, その白襟, それに, たおれ煙突, たっぷりしない, ちぎれて, ちゃんとした, ちやんと, ちょっとの, ちょっと変, でしたな, とんだ悲しい, なって, なにか小さな, なりも, のぞく, のも, はなやかな, はらいあげた戒刀, ひっくり返されて, ひとつの, ひどく強烈, ひよわそう, ひらいて, びんぼうな, ぷきりと噛み倒し, ぷっつりと, ぷっつり切り, へたな, ほら吹きであった, ぼろけた財布を, ぼんやりと, ぽきり, まだ眠つて, まっかな, みると, もぎとられて, もどって, やせて, よい女房, よくお, よくできない, らいらくで, ゐた百姓, カランコロン, サラサラサラサラ, ザーッと, ゾーと, チクチク射し, バスも, マンドリンを, 一人も, 一升壜を, 一太刀で, 一山の, 一笑を, 三メートルほどの, 上の, 上りましたか, 上手かった, 不意に, 不運な, 久助君は, 乗馬は, 二叉に, 伐った桐, 低く一直線, 何か, 何かの, 余り気もち一杯, 來た, 侍が, 倒れた, 備わって, 傷物は, 働くこと, 出入りの, 出嫌い, 出家は, 出府し, 切った, 切りまげて, 刺し上って, 印刷され, 去った, 去ったの, 去りつつ, 参りましたとだけ, 取りよせた金, 取り寄せて, 取立てるほどの, 吹いて, 呼び寄せられまして, 在った団体, 埒で, 声を, 壺を, 大分ぼろだった, 大坂に, 大好きで, 女の, 女は, 好きだ, 好きな, 姿を, 娘が, 嫂に, 孤独の, 安積玄心斎が, 富んで, 小さいもの, 小さい顏, 小さい顔, 小説を, 少しは, 少し下, 少し似た, 居た蝦夷, 屡人, 山より, 島の, 崩壊した, 川とは, 市の, 帝も, 延びて, 引き抜きました, 引ん, 彼には, 御沙汰が, 心安い老, 忠実で, 恋風を, 悪かった, 情の, 愛して, 我慢は, 手さきだけ, 手を, 手妻師な, 手紙を, 折られた西洋桜, 折れた, 採ること, 新しい芽, 新聞や, 春子夫人の, 時に依る, 智恵子さんを, 曳くたより, 有る家, 本気で, 朽ち葉, 枝の, 根に, 様子の, 横っ跳びに, 正宗の, 武蔵さんていう, 母上の, 気に入らぬ母親, 気の, 汚くて, 派手な, 浅原と, 浴びせかけたの, 海棠色に, 消えずに, 涙の, 清元が, 渾, 無かった, 燃えて, 物識りな, 特別に, 狭い家, 理想とか, 病気持ちらしい, 痩せて, 療養の, 真に偉大, 知って, 知つてる, 知りあって, 砂町小学校に, 研究しなけれ, 神経が, 私の, 私は, 竹馬の, 笑ひ, 築山の, 素足の, 紹介されてる, 絵が, 胸先へ, 腰の, 自分が, 自分は, 自己弁解は, 舞い騰るので, 芝居は, 芸妓だ, 若い衆が, 若干の, 荊州へ, 荒廃し, 菜切ば, 葬儀に, 血族である, 行われて, 見事に, 覗いて, 親に, 解放したい, 評判が, 詞が, 詩人と, 話下手ときてる, 貧乏な, 込み合った客車, 逃げ出したい欲求, 逃出す, 途切れに, 造作も, 連れて, 過ぎ去ります, 遠くへ, 遠慮も, 遠避けよう, 郡県で, 里見さんと, 重厚な, 野菊が, 金色に, 長安へ, 門の, 離れるか, 雪けむりが, 非常な, 頬へ, 飛びしざると, 香料の, 馴れて, 高氏の, 髪結床の, 鬢の, 魏の, 黒い金魚, 黒髪の, 鼻すじへ

▼ もと来た~ (136, 1.1%)

28 方へ, 道を 12 道へ 10 ほうへ 6 路を 4 道の 3 道に 2 山の, 路へ

1 [41件] この道, ほうへと, 一本道へと, 参詣みちへ, 右方へ, 堤を, 大正道路へ, 大海へ, 大通りを, 大階段, 小径へ, 径と, 方に, 方へと, 方を, 方向つまり, 方角へ, 昇降口から, 松島の, 根岸の, 森かげの, 森の, 横へ, 水脈の, 江戸の, 炭焼小屋まで, 熊笹の, 玄関の, 穴に, 細道を, 裏通へ, 路と, 道が, 道とは, 道路へ, 闇黒へ, 階段を, 雨の, 頃いた, 高原, 鮫ヶ橋の

▼ もとには~ (109, 0.9%)

2 一人の, 卵の, 白衣の

1 [103件] いいオルガン, いつでも, いつも小さい, いつも読書用, いと子君伯母君二処居, うす暗い置ランプ, おくみ, お君, お父さんが, お義理, この指環, さつきの, だれも, つくば, とうからようご存知, どんな家, はたして大, まだ笑, みごとな, もう二三枚, もう幼い, やはり一種, ゆうべの, れいの, オポピリンの, テント張りの, ベッドテーブルが, 一つの, 一匹の, 三鞭酒の, 二つ三つ用心水の, 人を, 何が, 依然として道士, 偶然的に, 兄貴の, 全く関係, 前芸の, 古びた聖書, 向日葵が, 呪詞が, 国もとで, 国民新聞と, 壁の, 夕方お, 天草にて, 太湖石と, 妻と, 嫁しつる, 寝間着の, 少からぬ, 山の, 山城町の, 常に繰り返される, 平生酒を, 新しい芽, 新鮮な, 昔の, 昔風な, 曙覽の, 本も, 本居宣長, 楢夫の, 楽屋番の, 正装し, 母が, 母も, 母様が, 毎晩蒼い, 水を, 水槽の, 法師医師陰陽師などが, 澄子の, 父と, 片方の, 生が, 生活費を, 男きょうだいが, 異様な, 看護婦が, 立派な, 竜の, 箱火鉢に, 絶対公判を, 縁の, 繁つた竹が, 腹を, 臨時の, 若い岡, 草生ぜず, 薬びんや, 蘚苔の, 蝋燭さへ, 血に, 見舞いの, 見舞に, 赤いとこなつ草が, 重大な, 重恩の, 野ばらが, 野菊の, 鈴岡さんと, 長い叙事詩

▼ もと~ (93, 0.7%)

2 ある, くらくらする, もとだけに, もとです, 動きだすの, 開いて

1 [81件] あったが, あったこと, あわさると, いい, うすら寒く何処, かかる真夜中, かの源十郎, きりきり痛みだした, きりつとして, こころよく緊, ここを, このつるぎ山, この乾雲丸, ご一緒, そこに, その養生館, ないの, なくなるよ, なんである, のぞいて, はつきりと, むかつくらしく白い, わかったのち, わからぬため, わかるじゃ, ゾクゾクする, バルザックだ, モルガンが, 一杯に, 七分ど, 上流の, 了海と, 二つながら掘り返され, 光るの, 公書の, 南薫殿の, 危うてな, 同席でなけれ, 士族だけに, 変に, 大変お気に, 女の, 好ましいの, 妙に, 宮本武蔵か, 小四郎と, 小説だ, 岩井粂八だ, 帰国したら, 広い虚, 廣い, 思わず返辞, 急に, 怪しいほど, 暗くなる, 暫くは, 武家だつた, 段々忘却, 泥水社会の, 清潔な, 田遊びに, 病態を, 痞へ, 直吉, 立派な, 紅く染まり, 紙屑屋から, 絶えず騷, 締まって, 肌着だけ, 腐れかかって, 腐れて, 苦心に, 薄ら寒くなった, 見えない位, 赤かった, 躍る二粒, 道誉の, 郡上氏か, 隆吉には, 鞘を

▼ もと~ (81, 0.6%)

6 なって 4 なったの 2 なるもの

1 [69件] あまり違わない, いい, いわず互いに, おぼしき文字, かわって, こうして起居, しそれ, したとい, した随筆, して, しシュライエルマッハー, しショーペンハウアー, し学術, し帶刀, す, するが, するの, するもの, する手段, する方面, する点, つきとめに, なうた, なった, なったが, なったそれ, なったので, なったもの, なったんで, なった日本武尊, なった秀, なつた, なり, なりて, なる, なること, なるとも, なるべき感覚, なる天文学, なる存在, なる集, ほぞき, よそながらお, わかったから, ドアの, 云いますがね, 云う店, 云ひます, 云ふ, 今と, 先端との, 共通な, 同じく物, 同じで, 同じに, 変らないよう, 変りませんね, 変わらぬ, 思い思い切って, 方式を, 涙を, 疲れきって, 相成ったその, 知らませば, 結ぼほれ雪ふる里, 芽とを, 言う, 言ふ, 違って

▼ もとまで~ (72, 0.6%)

5 近づいて 2 お送り申せ, 食い足り満ち足りて

1 [63件] いそいで, お送りを, お送り申し上げよう, きました, こぼれ咲きたる, つめて, ふとん, ゆかんもの, タタタタと, ベッタリ花, 上げると, 京都の, 伸びて, 出て, 出でけるを, 刺さり瞬間, 口を, 堤の, 夜着を, 大輪の, 小僧を, 届けて, 屡思ひ詰める, 差上げて, 引きつけたが, 強意見を, 彼らの, 思い極め, 我々の, 押しよせたに, 探り入っ, 昇って, 来て, 水田千里の, 沁み入るの, 泥水の, 焼き払おうと, 申おくりける, 登って, 確と, 紅くし, 紅くなっ, 罷り出たる次第, 美味さうに吸つて, 聴こえて, 血に, 行くこと, 行ったが, 行って, 裂け牙, 覚悟してる, 言葉が, 赤面する, 送り届けて, 通るの, 運ぶという, 運んで, 達する, 遠い音楽, 露呈に, 響いて, 飛ばせましたが, 養生の

▼ もとはと~ (60, 0.5%)

29 いえば 15 言えば 5 云へば 2 いへば, 云えば, 申せば, 言へば 1 いえばて, 云うと, 言や

▼ もとこの~ (40, 0.3%)

2 町の

1 [38件] ことにつきましては, 一座に, 事を, 二十年は, 人は, 像は, 和泉屋の, 国の, 地は, 大垣の, 家に, 家の, 家は, 家屋敷を, 寺は, 屋敷の, 山に, 攻城図を, 方が, 村に, 枝川は, 槍は, 歌を, 犬の, 町でも, 画譜は, 発行所に, 神田川は, 箱惣の, 角が, 踊の, 辺には, 邊の, 部落で, 阿駒, 食堂で, 駅には, 鴨河原の

▼ もとどおり~ (35, 0.3%)

3 になっ, になる 2 にし, になった

1 [25件] この本寺, にお, にかけおわる, にしまい, にしまいこん, にしめ, につがせる, につつん, にとくじけかかる, にはめました, に並べかえる, に奥様, に家, に折畳んだ, に直させ, に砂浜, のじょうぶ, のす, のたらい, の健康, の本線, の草, はっきりきかせる, 見えるよう, 閉じられて

▼ もと~ (34, 0.3%)

4 のだ, 思ほ 3 んだ, んです 2 ので, のである, 流浪へ

1 [14件] がある, のじゃ, のだろう, のぢゃ, のであらう, のでありました, のでご, んで, んで早い, んとかいう, 寒さ, 山上総に, 念ほ, 燃ゆる

▼ もとからの~ (33, 0.3%)

1 [33件] ところに, ひとと, エタであった, エタ部落で, サガリ居所で, 下宿では, 乞食では, 八百屋では, 吃りが, 商業に, 因縁が, 地名では, 場所に, 学者嫌い, 官有地で, 家族だ, 巣が, 帰りで, 悪い天狗, 文芸評論を, 森であった, 江戸っ子だ, 浮浪民のみ, 海賊では, 番非人が, 知合で, 破戸漢, 窃盗では, 職業に, 腦病で, 話では, 貧乏暮らしです, 非人でない

▼ もと~ (33, 0.3%)

3 子も 2 困るがまん

1 [28件] いえるさ, おぼつかない, ここは, こも, しく, ずりの, たいした景気, つてゐた, とめられた牧野信一, とろくでもね, なふあ, ぴりぴりと, ほんのり桜色, また民衆, わかったから, キチンと, 判らない, 垢で, 堪へがたく, 好く, 宜しからめ, 屈托なく, 往生の, 後の, 父太子に, 片づいて, 直して, 知れ申さずそうろう

▼ もと通り~ (27, 0.2%)

4 になる

1 [23件] あつて, かえってくる, で後, にしよう, にする, にその, になれ, にはならぬ, に佳く, に入れとい, に治つて, に直し, に結べるでしょう, に赤, のやわらかい, の七兵衛, の大きな, の夫婦生活, の生活, の美しい生々し, の賃銀, ぴんぴんし, よく光っ

▼ もとその~ (24, 0.2%)

1 [24件] お使者, ふもとに, 一画は, 一眼は, 下方において, 人の, 儘別れ, 先生に, 別なく, 劇場の, 含む範囲, 宝の, 寺から, 対立を, 小浜屋に, 手を, 文句に, 燈火を, 爺や, 獲物を, 祝の, 薬性を, 裏手に, 論文の

▼ もとへは~ (24, 0.2%)

2 帰って

1 [22件] あの夜以来, おおぜ, お出, さっそくこの, ときどき彼女, 一通ごとに, 下町の, 例の, 兼次も, 各版元, 始終御, 帰らないだろう, 帰らなかった, 帰れないの, 戻らずに, 戻れないところ, 本陣へ, 来ない, 煙草盆を, 琴の, 立ちよらなかった, 縹緻の

▼ もととして~ (23, 0.2%)

1 [23件] その以外, その足らざる, それに時親独自, どうかする, ほらこの, 今から, 何か, 作りし純然, 写生句を, 別にいくつ, 建てられてるもの, 思惟され, 書いた, 書いたの, 書かれたもの, 物の, 研究し, 研究する, 私に, 考えようと, 行くの, 説くもの, 論じて

▼ もと~ (22, 0.2%)

3 という, ということ, よ

1 [13件] から, からこの, そうである, つたのだ, といいます, とお茶, と夜平気, と思う, と教え, と私, な, のと, 何よりの

▼ もとにおいて~ (22, 0.2%)

2 でなければ何物

1 [20件] あるという, ある長上衣, ある頑固, であつ, ねる, もういくつ, 一家の, 出て, 帽子の, 弁明しよう, 日ソ国交が, 最も大切, 殯せよ, 水田農事の, 無上殊勝の, 現象に, 行なわれた実験, 行はれる, 見ながら, 親しく国香

▼ もとにも~ (21, 0.2%)

2 なる

1 [19件] かくにも, たれて, とうてい壮烈, どつて, なります, 一歩も, 人なき, 出合った覚え, 嘶きに, 回って, 坐って, 届いた, 強行軍に, 捉へ, 斯くや, 気分を, 老いの, 長くはおとどまり, 馴染の

▼ もとどり~ (17, 0.1%)

5 を掴ん 3 をつかん 2 をつかみ 1 に, の元結いが, の切れた, はそれ, を放ち, を結げ, を繩

▼ もと~ (17, 0.1%)

9 に応じ 2 の貢 1 で差し出した, によって再版, によって國綱山城, により改竄, に応じた, の孤壘

▼ もとよりの~ (16, 0.1%)

11 こと 2 ことだ, ことです 1 事この

▼ もと~ (16, 0.1%)

2 の家

1 [14件] がそこ, にあらず, のうち, の兄, の学校, の実家, の感じとれなかった, の所有, の机, の父, の部屋, はなかなか, は二度目, は吃驚

▼ もと~ (15, 0.1%)

1 [15件] こうと, こう言う, その睫毛, はりしづむやうな心もち, 乾児衆の, 冗口に, 又雨垂れ, 口もとに, 口もとは, 口もとを, 四肢には, 腰紐などを, 須磨の浦, 首す, 髪の

▼ もとである~ (14, 0.1%)

2 ことで

1 [12件] かもしれぬ, かも知れぬ, から最初, けれどもお, とお, と信じなけれ, と思われる, と自分, やうな, んです, 神も, 開発局の

▼ もとへと~ (12, 0.1%)

2 お歳暮の 1 うす気味, とりかえす, 両腕もろ, 立たれたの, 行きしが, 行った, 行違いに, 言いつけて, 通った, 願い出も

▼ もと~ (11, 0.1%)

1 [11件] いじらしくも, つぎに, へその, もちや, ゆうのもっ, 宿もとそう, 宿もとと, 延の, 月様の, 村とは, 泊りに

▼ もと~ (11, 0.1%)

3 何とも 1 なり, 來たり, 嘉助氏も, 嬉しくその, 店に, 撮影し, 獲たり, 目下御

▼ もとにて~ (11, 0.1%)

1 [11件] 先年修行の, 声掛けられ, 廿日へに, 影きえぬ, 彼の, 新聞記者の, 春死なむ, 梨瓜と, 紫式部と, 身まかりたま, 逢わんか

▼ もとへも~ (11, 0.1%)

1 [11件] この頃, どつて了つた, どつて二十年前, わけを, 問いに, 庶民と, 新裁の, 沢庵の, 立ち寄るの, 聞こえて, 警察へも

▼ もとでに~ (10, 0.1%)

1 するに, つづくかぎり, 何なと, 使い果して, 千両かせい, 商売を, 或る, 毎日この, 毎日つい, 消えて

▼ もとにおける~ (10, 0.1%)

1 地方について, 役人は, 彼らの, 彼女の, 文化の, 新劇常設館としての, 最小限度の, 朝の, 検閲点呼は, 特定の

▼ もときた~ (9, 0.1%)

4 ほうへ 1 径を, 方に, 方へ, 望楼へ, 道路へ

▼ もとでの~ (9, 0.1%)

1 いざこざらしかった, かかったすっかり, やうな, 一円が, 仕事に, 搾取労働奴隷の, 病死一人の, 罐詰仕事, 間違いであろう

▼ もといた~ (8, 0.1%)

1 あたりに, そのへや, という笹鉾町, のは, 下宿へ, 堺町の, 宿へ, 近所を

▼ もとにな~ (8, 0.1%)

2 つて新 1 つたのでございます, つたのらしい, つてかうした, つてしまつたのでございます, つて思ひ, つて選挙の

▼ もと~ (8, 0.1%)

2 のま 1 で誓, で讃嘆, に暁, のうち, の一定, を配らない

▼ もと近く~ (8, 0.1%)

1 かしこまった, その声, にあった, やけつくよう, 呼び寄せなさって, 引き寄せて, 招いて, 落ちて

▼ もとあった~ (7, 0.1%)

1 ところである, ところへ, のである, ものが, ものを, 変装写真や, 大きさ

▼ もとこれ~ (7, 0.1%)

1 は朝夕, は賤民中, を持つ, を西国人, を許した, 同宗, 極めて凄

▼ もとであり~ (7, 0.1%)

2 この知性 1 うまいそば, これも, すべてを, 亮作の, 家出の

▼ もと居た~ (7, 0.1%)

2 療養所とか 1 大森の, 奉公人だ, 市の, 店の, 病院では

▼ もとここ~ (6, 0.0%)

1 で雨乞い, に住ん, の古石場, の家, の庵, は宿場

▼ もとたち~ (6, 0.0%)

1 がひきおこした, の騎馬, はやッ, は何者, へ豪語, も眼

▼ もとつて~ (6, 0.0%)

1 ない不平, もいつも, ゐたらう, ゐない, 捨てた所, 見て

▼ もとという~ (6, 0.0%)

1 あかい粉, のは, やつを, ような, 窮地に, 風な

▼ もと住ん~ (6, 0.0%)

6 でいた

▼ もと同じ~ (6, 0.0%)

1 ものであっ, 京都でも, 加賀様に, 旅籠へ, 流れの, 流れを

▼ もと暗し~ (6, 0.0%)

1 さ, でおれ, ですね, とはいえ, と云う, 洲崎を

▼ もとからは~ (5, 0.0%)

1 動くと, 折に, 湯上りの, 溪で, 離れて

▼ もとでが~ (5, 0.0%)

1 ありませんから, あるん, ねえからなあ, 一円五十銭あれ, 切れたと

▼ もとでは~ (5, 0.0%)

1 すでに合戦, ランプの, 襷を, 誰かが, 鹿が

▼ もととは~ (5, 0.0%)

2 ちがって 1 武士の, 流儀を, 異った

▼ もとなる~ (5, 0.0%)

1 と剣呑, 低き椅子, 大きなる, 水氣は, 肉の

▼ もとにおいては~ (5, 0.0%)

1 あとかたも, あらゆる問題, いづれも, 叛逆罪の, 国民全体が

▼ もとほる~ (5, 0.0%)

1 といふ風, や蚯蚓, を, 小舟かなしも, 腰の

▼ もと~ (5, 0.0%)

1 はれると, ひあつ, ふ筆法, ふ考, ふ語

▼ もと~ (5, 0.0%)

1 が善い, だったが, の不人情, の妾, の娘

▼ もと~ (5, 0.0%)

2 の家 1 に銚子, の住宅兼工房, は景色

▼ もと必ずしも~ (5, 0.0%)

1 人形舞わしとは, 同一とは, 穢多では, 賤民でなかった, 非人では

▼ もと思う~ (5, 0.0%)

1 と今, と彼, 人を, 心は, 武士達の

▼ もと来し~ (5, 0.0%)

1 路へ, 路を, 道へ, 道を, 門外へ

▼ もと深く~ (5, 0.0%)

1 ふり下ろした, 庭園の, 慕い合って, 突き込ん, 罪を

▼ もと銀座~ (5, 0.0%)

2 の同じ 1 にいらした, におりました, の一丁目

▼ もとっ子~ (4, 0.0%)

1 がほんとう, なん, のみんな, の喜ぶ

▼ もとです~ (4, 0.0%)

1 からな, からねえ, から町人, よ

▼ もとどこ~ (4, 0.0%)

1 かの事務所, かの山間, かの村, かの石橋

▼ もとにか~ (4, 0.0%)

1 あの美男相撲, かつてる橋, へらなかつた, へれ

▼ もとよく~ (4, 0.0%)

1 したよう, 使われた, 来て, 行った喫茶店

▼ もとよりも~ (4, 0.0%)

1 切ない心, 恋は, 悪くなっ, 母に

▼ もとををに~ (4, 0.0%)

2 露霜おき寒く 1 雪の, 露霜置き

▼ もと主鷹司~ (4, 0.0%)

1 に付属, の雑戸, の餌, の鷹

▼ もと何処~ (4, 0.0%)

2 の者 1 へ行, へ行った

▼ もと~ (4, 0.0%)

2 を争う 1 を争, を争っ

▼ もと口もと~ (4, 0.0%)

1 にあらはれ, には散りかけた, に見入る, を見る

▼ もと思っ~ (4, 0.0%)

1 ております, て尾, て私, て電車

▼ もと~ (4, 0.0%)

2 る富豪 1 後家さん, 東京新聞の

▼ もと東京~ (4, 0.0%)

1 に於ける, のある, の向, の士族

▼ もと柳橋~ (4, 0.0%)

1 で芸者, で藝者, で鳴らした, の芸者

▼ もと~ (4, 0.0%)

1 と神主, にあらずし, に念じつ, の御子

▼ もとある~ (3, 0.0%)

1 ので夏, ゆえに, 貧しい家

▼ もという~ (3, 0.0%)

1 ことに, ような, 人が

▼ もとうち~ (3, 0.0%)

1 いひて, にいた, の炊事婦

▼ もとそう~ (3, 0.0%)

1 だったよう, 区別の, 露出に

▼ もとそんな~ (3, 0.0%)

1 ものにばかり, 者であった, 馬鹿な

▼ もとだけ~ (3, 0.0%)

1 では, ボウッと, 雪の

▼ もと~ (3, 0.0%)

1 たり, て立ちすくまね, 込められた

▼ もとであった~ (3, 0.0%)

1 がいま, が生まれ, ことが

▼ もとでした~ (3, 0.0%)

1 かと思う, ね, ねえ殺生

▼ もとにおいてのみ~ (3, 0.0%)

1 彼にと, 把握され, 認められること

▼ もとへかへ~ (3, 0.0%)

1 して, しアルコホル, つて三依

▼ もとほり~ (3, 0.0%)

1 て来, ながら, 居りて

▼ もとまでは~ (3, 0.0%)

1 考えて, 達しないだろう, 達しなかった

▼ もとやはり~ (3, 0.0%)

1 産所でありました, 社会の, 賤まれて

▼ もとよりは~ (3, 0.0%)

1 いって, ずっと振動数, つきり

▼ もとわたし~ (3, 0.0%)

2 の見た 1 のお世話

▼ もとゐた~ (3, 0.0%)

1 場所に, 大工に, 時に

▼ もと二もと~ (3, 0.0%)

1 ねぢ, 咲いて, 見てを

▼ もと京都~ (3, 0.0%)

1 から來, の人, の町人井筒屋事河井十左衛門

▼ もと加賀~ (3, 0.0%)

2 の別邸内 1 の外邸内

▼ もと勤め~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 を願えませんでしょう

▼ もと単に~ (3, 0.0%)

1 奈良のみ, 形式的であった, 知って

▼ もと品川~ (3, 0.0%)

1 で勤め, に芸者, の遊女

▼ もと四条河原~ (3, 0.0%)

1 にいた, に居まし, の今

▼ もと大阪~ (3, 0.0%)

1 の小, の平瀬家, の店

▼ もと~ (3, 0.0%)

1 に使っ, に出入り, を支うる

▼ もと~ (3, 0.0%)

1 羊を, 者でなく, 者とは

▼ もと彼ら~ (3, 0.0%)

1 が同じ, は京, を穢

▼ もと~ (3, 0.0%)

1 典医の, 当家の, 藩に

▼ もと思った~ (3, 0.0%)

1 ので墓地, のに着いた, んだ

▼ もと詮議~ (3, 0.0%)

1 が第, でした, をはじめた

▼ もと走っ~ (3, 0.0%)

3 て行く

▼ もとあえて~ (2, 0.0%)

1 かれを, 区別の

▼ もとあなた~ (2, 0.0%)

1 は女, は御

▼ もとあの~ (2, 0.0%)

1 兄さんの, 小屋に

▼ もといふ~ (2, 0.0%)

1 言葉と, 言葉を

▼ もといろいろ~ (2, 0.0%)

1 なところ, の民族

▼ もとお菓子~ (2, 0.0%)

1 や肉, を慾

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 うかうと, 容易に

▼ もとかく~ (2, 0.0%)

1 の如き, 御殿様

▼ もとかの~ (2, 0.0%)

1 児と, 樹より

▼ もとがも~ (2, 0.0%)

1 ない下駄屋, ない女たち

▼ もとくい~ (2, 0.0%)

1 らしい様子, らしい顔

▼ もとこれ同根~ (2, 0.0%)

1 より生じ, より生ずる

▼ もとごと~ (2, 0.0%)

1 に, に浪

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 へ包み藏さずし, まで区別

▼ もとさる~ (2, 0.0%)

1 一流新聞社の, 尊とい身分の

▼ もとした~ (2, 0.0%)

1 森が, 都会の

▼ もとそういう~ (2, 0.0%)

1 ことが, 語が

▼ もとそれ~ (2, 0.0%)

1 がため, もこれ

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 ッと, ツと

▼ もとだけに~ (2, 0.0%)

1 橋の, 飛んだ愛嬌

▼ もとだった~ (2, 0.0%)

1 が平民, のだ

▼ もととな~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, ひて

▼ もととの~ (2, 0.0%)

1 つた娘だつた, ひしもの

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 ほりに, ほり肉が

▼ もとない~ (2, 0.0%)

1 とおもわれました, 次第ぢや

▼ もとなき~ (2, 0.0%)

1 事にて, 夕月の

▼ もとなく~ (2, 0.0%)

1 づるれ踏み踏み, て一月廿三日

▼ もとなどに~ (2, 0.0%)

1 光って, 火を

▼ もとなどには~ (2, 0.0%)

1 お分り, 理解の

▼ もとなら~ (2, 0.0%)

1 ば紡績工場, 苦学し

▼ もとにこそ~ (2, 0.0%)

2 通へ

▼ もとにつき~ (2, 0.0%)

1 きりで, ぬれば

▼ もとにのみ~ (2, 0.0%)

1 あらわれた過去, 生まれるという

▼ もとのう~ (2, 0.0%)

1 ござりまする, づくまつ

▼ もとはって~ (2, 0.0%)

1 いえば, 言えば

▼ もとばかり~ (2, 0.0%)

1 出して, 足を

▼ もとひた~ (2, 0.0%)

1 に祈りき, 駛せ

▼ もとふかく~ (2, 0.0%)

1 人血を, 埋めて

▼ もとふと~ (2, 0.0%)

1 手枕に, 立ち寄って

▼ もとへか~ (2, 0.0%)

1 へります, へりません

▼ もとへの~ (2, 0.0%)

1 サイレンが, 旅行

▼ もとまでが~ (2, 0.0%)

1 乱れがち, 蝦夷萩と

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 ちゃんも, リテニヲハも

▼ もとよりと~ (2, 0.0%)

1 答えると, 見たる軍勢

▼ もとよを~ (2, 0.0%)

1 斎藤へ, 選んだか

▼ もとらしい~ (2, 0.0%)

1 がそち, が浪

▼ もとわが~ (2, 0.0%)

2 肉體は

▼ もとわざわざ~ (2, 0.0%)

2 届けて

▼ もとをば~ (2, 0.0%)

1 もはや離れ, 忘れたり

▼ もとウラジーミル大公~ (2, 0.0%)

1 の宮殿, の屋敷

▼ もと~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ もと一卷~ (2, 0.0%)

1 であつ, の

▼ もと一寸~ (2, 0.0%)

1 した閻魔堂, よんで

▼ もと一度~ (2, 0.0%)

1 におきません, 或ところ

▼ もと三島~ (2, 0.0%)

1 の郡, へ下り

▼ もと上海~ (2, 0.0%)

1 で軍, の碼頭苦力

▼ もと下谷~ (2, 0.0%)

1 の入谷, の芸者

▼ もと下賤~ (2, 0.0%)

1 の僧, の生れ

▼ もと二人~ (2, 0.0%)

1 いた下足番, で二階

▼ もと五もと~ (2, 0.0%)

2 青き鉾杉

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 の天部, の生れ

▼ もと京町二丁目~ (2, 0.0%)

1 で兼東, で貸座敷業

▼ もと人々~ (2, 0.0%)

1 は孔明, を熱中

▼ もと人間~ (2, 0.0%)

1 の暴力, の設計

▼ もと~ (2, 0.0%)

2 た方

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 の世話, の家

▼ もと六人~ (2, 0.0%)

2 ありしが

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 で後, の雑誌

▼ もと十条~ (2, 0.0%)

2 にいた

▼ もと友達~ (2, 0.0%)

2 のもと

▼ もと古い~ (2, 0.0%)

2 僧院の

▼ もと古りし~ (2, 0.0%)

2 世の

▼ もと吉原~ (2, 0.0%)

1 と称され, の女

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 一体にて, 一家の

▼ もと天竺~ (2, 0.0%)

1 の楽, の虎

▼ もと~ (2, 0.0%)

2 であ

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 にまた, に伺候

▼ もと存じまし~ (2, 0.0%)

1 て方丈, て長屋

▼ もと小石川表町~ (2, 0.0%)

2 の相模屋

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 の仕え, の助手

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 にあらず, に関係

▼ もと思い直し~ (2, 0.0%)

1 ていた, 自身は

▼ もと思ひ~ (2, 0.0%)

1 そつと, を掛けた

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 と道づれ, 張っちゃ

▼ もと敬語~ (2, 0.0%)

2 なしで

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 徴組に, 羅の

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 畫俳優を, 畫館だ

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 れ人間, を真似る

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 を隔てる, 平公

▼ もと松誰~ (2, 0.0%)

2 れに

▼ もと極めて~ (2, 0.0%)

1 親密なる, 近いもの

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 が誰, にも進め参らせ

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 だったな, の換え

▼ もと無い~ (2, 0.0%)

1 から成る, 状態に

▼ もと無く~ (2, 0.0%)

2 御新造が

▼ もと照る~ (2, 0.0%)

2 ばかりもみぢ

▼ もと玄徳~ (2, 0.0%)

1 はうなずい, はすぐ

▼ もと甲州~ (2, 0.0%)

1 の士, の猿楽師

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 で染物工場, の運送屋

▼ もと白梅~ (2, 0.0%)

2 がもと

▼ もと直近所~ (2, 0.0%)

2 に居た

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 の山, 離れず

▼ もと相当~ (2, 0.0%)

1 なお店, な社会主義者

▼ もと神田~ (2, 0.0%)

1 で大きな, より出

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 が先, で突然

▼ もと義貞~ (2, 0.0%)

1 も腰, も観念

▼ もと能登~ (2, 0.0%)

1 の石動山, はなんど

▼ もと~ (2, 0.0%)

2 の暮陰

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 に出, はその

▼ もと華族女学校~ (2, 0.0%)

1 だった, の女中部屋

▼ もと薬研~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の如き

▼ もと~ (2, 0.0%)

1 つたら中, はれたらごめん

▼ もと~ (2, 0.0%)

2 の白粉

▼ もと詰め~ (2, 0.0%)

2 懸ける

▼ もと読んだ~ (2, 0.0%)

1 ときには, の何

▼ もと調べ~ (2, 0.0%)

1 から話, をした

▼ もと豊前中津~ (2, 0.0%)

1 の人, の藩中

▼ もと貧しかっ~ (2, 0.0%)

1 たが, たの

▼ もと越後~ (2, 0.0%)

1 の小百姓, の酒造

▼ もと~ (2, 0.0%)

2 もなし

▼ もと鉛色~ (2, 0.0%)

2 の月光

▼ もと鎌倉~ (2, 0.0%)

1 におっ, の幕臣

▼ もと雇われおりし~ (2, 0.0%)

2 家の

▼ もと青き~ (2, 0.0%)

2 鉾杉

▼ もと飯田町~ (2, 0.0%)

1 の人, の人入れ稼業

▼1* [959件]

もと歴として, もとあきら, もとあたりから妙, もとあつた本, もとありしところに, もとあるいは中国から, もとあれなる非業, もと仁あり, もといかに天下を, もといとど巻き立つ赤雲, もといふ間もあらで, もといやだと, もとうちかえして来るうちかえし, もとうつかりいひしを, もとうなずいて二人, もとうなずきすぐ, もとうなづく老女の, もとおいいですか, もとおいらがお世話, もとおよび台所を, もとお伴を志願, もとかいていた, もとかうかうと帰り, もとかづらから固定, もとかはゆしと, もとからも一団の, もとがとす閑寂, もときょうシロオテから教わった, もときわどい話まで, もとくる雪山, もとぐる道があら, もとよいの, もとことごとく一寺の, もとこれから三つ上の, もとこれ不倫の申しわけ, もとこれ北人野外の樂, もとこれ市井の隠, もとこれ無人の境, もとこれ米価の沸騰, もとこれ銭塘の小吏, もとさえもがほう, もとさまへの貸方二百五十両, もとて信ぜられたる, もとしみ入る雨の, もとすげは, もとすさまじい勢いで, もとすでに作られたものの, もとするどく射たるヘクトール, もとすわっていた, もとすゞろに鼻, もとそうとうな外科医, もとそれからそれへ, もとそれらと同じ, もとたちふたりは若君, もとたどりたどって行った, もとたまたまも鼬, もとたりともそれを, もとたる米すら, もとだけが次兄を, もとだけは青木さんに, もとだったら徹夜を, もとだって細長い眉, もとだのそんなもの, もとちかく候ひける, もとちょっと居た人形町, もとちんぴらですから, もとっ子一統の顔, もと御國, もとつい弱気に, もとつくづく感じ入った, もとつくり眠るわ, もとつて六十六になる, もとづけようとし, もとであって海角, もとであったろうがとにかく, もとであふ約束を, もとであるらしく思われてならなかった, もとであろうと思います, もとでござったか, もとですねふくれ頑固に, もとでだけそれは, もとでで儲ける者, もとでなければならない, もとでなしで青木家の, もとでなんぞいさかいでも, もとでもこの名, もとでをかけて, もとで修し死に, もとで斬る方から, もととあるのは, もととか臼柱の, もとともあらず栗拾, もととりあげ業を, もとどうなつて, もとどおりいっしょに暮らし, もとどおりおれんとこ, もとどおりがんじょうなからだになった, もとどおりたるのなか, もとどおりにこにこして, もとどおりショーウインドのなか, もとどおり床の間につみあげ, もとどおり戸をしめ, もとどおり戸口に立てた, もとどおり普通の顔, もとどおり竹の皮包み, もとどおり練塀小路へ帰っ, もとどおり陽気に元気, もとどのように, もとどりたれたる小兒, もとどんな人が, もとなおしたので, もとなかったらこういう, もとなつを殺す, もとなとどまらず雨は, もとなどなんといふたはけた, もとなどと詠ずればこそ, もとなどにも御申, もとなどはありふれた月並風景, もとなどを掘り返して, もとなにもかも宗左衛門と, もとなへても我が, もとなほも不遇悲惨, もとなりとて牀上, もとなりとも採集したい, もとなりの国に, もとなれば朝議, もとなんらの觀念, もとな懸りて安, もとな遮莫を, もとにおいてさえ口癖の, もとにおいてもその研究, もとにかけてついて, もとにすら久しいこと便り, もとにぞッと, もとにだけはなって, もとについて我から, もとについては夫人は, もとにつれ來る, もとにては蒼ざめたるかな, もとにても心のどかに, もとにでもこれを, もとにといふ意味である, もとにとか家庭の, もとにとり落してあつ, もとにばかり入り浸りにな, もとにや候ふべき, もとばたま, もとぢくれ, もとのはだかに, もとのぶなの, もとのぼせ上るが常, もとのみにして, もとのみを知って, もとはいずくの, もとはじめの系譜, もとはずつと多かりき, もとはっと気附いた, もとはなれの庭, もとはにならしめねば, もとはね歌は, もとはるか低くには, もとばかりの白粉も, もとに落, もとひそやかに息づき, もとびらも, もとふぐ料理の看板, もとふたりはかう, もとぶうー, もとへでも入り浸ってるかも, もとへなど繁, もとほうにくれ, もとほざけるのだ, もとほすわが舟, もとほどきょろ, もとほらひすじつま, もとつてを, もとまず封を, もとまたひげ痕, もとまだ充分に, もとまつたらしかつ, もとまでと思いながら, もとまでの決心を, もとまでも片づけて, もとまでを信盛は, もとみたいに一どきに, もとみる有明の, もとむしかえしてやる気, もとむることかならず男子女人, もとむるわが衣ずれに, もとめんに, もともう日暮れだった, もともに人の, もとやも知れませぬゆえ, もとやや遠く離れ, もとゆえに武蔵野, もとゆゑに武蔵野, もとよりこちごちしき人, もとよりしか穢悪き, もとよりものずきの, もとへて夜, もとらしく自分で, もとキツネばかり, もとわしの屋敷, もとわたくしは京, もとわれら敬愛の心, もとわれわれの祖国ドイツ, もとをなした, もとゐたること論ずる, もとをも窺ふ, もとウヨウヨ集まる必要, もとエタの賤, もとエタ村として認められ, もとカミョンスキイ伯爵の持物, もとカメラを取り出す, もとキャアキャア手帳をつきつけます, もとクラブは会員組織, もとグイード伯爵家の所有, もとグラスゴー大学の道徳哲学, もとゴドウィン氏の著, もとゴロちゃんと一緒, もとサーカスのアクロバット, もとシッキムはチベット, もとストーブ用のが, もとッくにすぎ裾野の戦, もとッくにオハライバコで死, もとッくりと考えられる, もとドイツ領東アフリカ駐屯軍の一曹長, もとバカでもウスノロ, もとボリビアの所有, もとミヅチと呼びし, もとヤマトと読むべく, もとラサの釈迦堂, もとラサ府のテンゲーリン, もとルフランのを買っ, もとローマの軍神マアス, もと一つ二つ伝記としてよんだ, もと一ぱいに襤褸, もと一人の敵, もと一同がとめた, もと一寸一言申述べます, もと一日を争い, もと一球根から二球根, もと一田夫の子, もと一町内の地, もと一軒であったの, もと一途である, もと一飲賭の無頼, もと七もと立つ柳, もと七倉岳はこの, もと七十トン積みばかりのスクーナー帆式, もと七厘の下, もと七戸今は十戸, もとの井, もと三人の美しい, もと三人五人続いて, もと三十卷あつた, もと三千円以上五千円以下の賄賂, もと三千石の旗本, もと三吉の発議, もと三家いわゆる宇井, もと三峡川一処に会, もと三昧聖の徒, もと三高の校長, もと三鷹電車区検査係同分会執行委員長, もとの方, もと上州の人, もと上州前橋の生れ, もと上州大胡の城主, もと上杉家の台所, もと上海特務機関中尉である大島軍司, もと上総の農家, もと上落合に一人, もと上野山へ納める, もと下らぬ處に, もと不都合とみえ, もと世界じゅうの謎, もと世界人権宣言に改めて, もと中國筋の大名, もと中城御殿と稱, もと中央アジアで発明, もと中検のぽん, もと丹後の小野木縫殿助, もと丹後守が心添え, もと主として夜の, もと主體は獨立, もと主鷹司被管の雑戸, もと久しく王化の, もと乗りゃあがってこつとらは風呂屋の煙突, もと九尺の腸, もと九州柳川在の生れ, もと九条院の雑仕女, もと九段坂上に居た, もと二三十行書いて, もと二六新報社のあった, もと二十八座とある, もと二十戸ばかりの部落, もと二十日も旅行, もと二戸ないし三戸, もと二種ありて, もと二部より成る, もと二階がりをし, もと云うので文庫, もと云つた方がより, もと云つて聴かない, もと云われると瑠璃子, もと互いに交渉し, もと五条坂の裏通り, もと五軒ありしが, もと井伊氏の下屋敷, もと京都東山の五条坂あたり, もと人數倍の遊び手, もとの五条橋下中島, もと今太郎君は又もや, もと今川義元の幕下, もと今様めいた思いつき, もと仏教はインド, もと仕切りの柵, もと村の, もと付届けを運ぶ, もと仙台藩旧岩, もと以上に親密, もと以来の長い, もと伊丹のお, もと伊勢の国, もと伊勢屋に奉公, もと伊勢藩の儒家, もと伊賀へも人, もと住まっていた, もと住居と, もと佐賀駅の構内車夫, もと佐野駅と云った, もとの神, もと何かと申すと, もと何ら里人と, もと何んでも, もと何度も考えました, もと何處かの問屋場, もと余輩上京の趣意, もと使いの僧, もと使っていた, もと使った絵の具箱や, もと侯生や盧生, もと修するの法, もと借りてゐた, もと借りた頸飾りは, もと倫敦橋で船, もと像姑より出, もとの家, もと児心にも思う, もと兜町で商売, もと八人の女, もと六枚あったもの, もと六郡を管領, もとを収め, もと兵部省の被管, もと其根芽つなぎて, もと其處の内, もとてその, もと兼山の小姓, もと内地の或, もとに立つた, もと出立際にのこし, もと出雲屋のあった, もと函館の花柳界, もと分けて鐘楼, もと刑部省の一吏員, もと別々になっ, もと前二篇と後七篇, もと前田家の浪人, もとを尽し, もと力むのも, もと加茂の社家, もと加茂神社の神官, もとにし, もと北京に住んだ, もと北条家の重臣, もと北海道鉄道に奉職, もと医学の為, もと医家の子にあらず, もと十一人家族でしたが, もと十三の時アメリカ, もと十世紀の僧城, もと十五六里距つた城下の士族, もと十人ばかりの相手, もと十何円なりしオールド・パア, もと十番の馬場, もと千五百石のお, もと千日前の弥生座, もと壊れし長椅子, もと半紙を四つ折, もと卑しい者でありまし, もと卑しき黒鍬上がり, もと南陽の一耕夫, もと占めていた, もと即ち百舌に対して, もとかえって住みなれた, もと及び明眸の, もと鳥たちまち, もと反対意見も出た, もと只今の人, もと右馬の頭, もと吉備塚の傍ら, もと吉野屋に茶屋女, もと同じくエタよ, もと同感にたえません, もと名探偵の助手, もと名負地すなわち名田, もと向島の百花園, もと君つれむその時彼, もと吠え慕ってやがて, もと吾平と書きたる, もと吾等の祖先, もと呟いたのであつ, もと周防の郷, もと呼んだのだった, もと咲いてゐる, もと咽喉を鳴らし, もと唐山の人, もと四つ目垣を乗りこし, もと四五十円の反物, もと四円が今九円, もと四条河原細工と呼ばれ, もと四谷の伝馬町, もと固い伊兵衛が, もと国会法衆議院規則慣例が尊重, もと國光社を創め, もと土出村のみであった, もと土師人の亜流, もとを崇めし, もと堅く請合つた事今此危急の, もと塗師屋職人で半さん, もと塩池の底, もと外國人で南宋, もと外國産であるべきは, もとを日, もと夜着の下, もと段坊という, もと大きな物置藏の, もと大伴氏の領地, もと大原という村, もと大和の国, もと大和高市郡岡本郷に草創, もと大江戸も真夏, もと大藏大臣某の屋敷, もと大阪おばあさんのいた, もと大高二郎重成っ敵, もと天地間の一粒子, もと天孫民族を意味, もと天幕を出, もと天満与力の常木鴻山, もと天草郡を三分, もと太皷ぞ鳴れる, もと太郎左衛門が退がりかける, もと奈良の京, もと契ってもやがて, もと契った恋で, もと契りし人は, もとを夫, もと女郎買ひめさる, もと女郎買いばかり, もとの舞台, もと娘たち二人の性格, もと学術の何たる, もと安い月給で, もと安土城にもいた, もと安房国清澄の山, もと安芸なる渟田, もと安藤伊賀守の身内, もと宏子の使っ, もと宗右衛門町の芸者, もと宝塚少女の嵯峨あきら, もと実にクエ彦の, もと宮廷には最高, もと宿から持っ, もと宿駅の家, もと寂しかるらむ, もと寇氏の子, もと富士の裾野, もと富山県に父, もと寸璧のかがやき, もと寺田さんと一緒, もと寺町にありました, もと対馬より出た, もと封じておかれました, もと尊氏を追いつめ, もと尊氏将軍のおん時, もと小さなもので, もと国民の, もと尾張生れの者, もと居たらしい芸妓の, もと山の手の小さい, もと山城の大, もと岡山である, もと川上の小, もと川島郷の原士, もと川越の藩士, もと巨大なる金, もと巴郡の臨江, もと帽蛇の事, もと平戸松浦家の一族, もとを取っ, もと幾何篇であったかを, もと広島の中学, もと店さきへ手探り, もと廣島高等師範教授今は東京高等師範教授, もと廣東に僑居, もと弁天堂があった, もと強い決意に, もと当家御初代さま, もと彝倫の思想, もと彦根の町, もと彼女がいた, もとの女, もと従軍を希望, もと草に, もと徳利を逆, もと徳川の譜代, もと徳川家にい, もと徳川時代に悲田院所属, もと心順なる少女, もと必死になっ, もと志願するもの, もとつた, もと思いつかれたものらしかった, もと思いましたが此, もと思い立った一儀じゃ, もと思い込むほどの熱情, もと思うらしいのに勢, もと思つて吾等は心, もと思ひきつて出かけ, もと思ひ込んだ男女の, もと思へどなほ, もと思わずかっとして, もと急いで夜具, もと恋しくば, もと恐らくはこの方, もと恵春という, もと悉く危き岩石の, もと悟って, もと悠然と相爭ひつ, もと悪い継母であった, もと悪夢のやう, もと悪魔の発明, もと悲壮なり, もと悲憤に逸る, もと意外のあたり, もと感じたのは, もと慰藉料を請求, もと懸崖であったと, もと成りたいものよの, もと成太郎といっ, もとはいよいよ, もと或は國策と, もとでその, もと手のか, もと手折りては, もと打ちて無, もと打ちうなずいて, もと打込ませる魅力を, もと折られた同じ折目, もと折りから通り, もと抜け出でた布団の, もと押しかけるので既に, もと拾い屋を, もと挽子として出入り, もと捨てたりし, もと推理の種, もと掻き掃きて炭, もと州池田から, もと摂津池田から鎌倉, もと播磨ざかひの生野から出石, もと支度にかかり始めた, もと二たちの, もと所の, もとに於い, もとへたい, もとを愛す, もとである, もと新発田の溝口藩, もと新興座が分裂しない前, もと旅亭の主人, もと旅順にあり, もと族霊たりし, もと早くそれを, もと明け暮れ申しおり候ここ, もと昨年建てられた石碑, もと昨春或はその, もと晴れやかな陽光, もと智勇天縦且夙に征戦, もとらさよ, もと暗き沈黙に, もと書いておく, もと書いたソヴェト紹介の, もと最も卑しめられるに, もと月並的臭気を含める, もと有馬家などへ出入り, もと有馬氏の分城, もと服紗ともいった, もと朝廷の伶人, もと期していた, もと木戸さんの邸内, もと木挽町の家主, もと木挽町辺にあった, もと木槿光発し開くただ, もと木槿光發し開くただ, もと未来の大, もとも分らない, もと末何かはわかれ, もとたてるかど, もと李陵と親しかっ, もとと云う, もと杭州の出, もと東京下谷に江戸時代, もと東京浅草猿若町に居りまし, もと東伏見大妃殿下のおられた, もと東海の龍王, もとに日影, もと松平の殿様, もと松永夫人は呆れた, もとの中, もと林町にいた, もと果敢い細い, もと專門學校の, もとの下, もと柳生の庄, もと柳生藩にも伝わっ, もと柴田伊賀守の与力, もと柴田勝家の家中, もと柴田家の浪人上部八風, もと栗原郡岩ヶ崎で一万五千石, もと根ざしはほかならぬ, もと根津の増田屋, もと桂子が画, もとだった小柳津氏, もと森川宿といつ, もと極東の民族, もと楽しい時を, もと権右衛門等の出生地, もと橋本に教わった, もと橋際の警察署, もとかげみれば, もと欧亜諸国に広く, もと歌うもので, もと歐米へまでも出かけ, もと正直な人, もと正親町三条家のもの, もと正面の鉄扉, もと死にし子の, もと死んだ古白君の, もと死守して, もと殿様のお家, もとの世話, もと毎年カムサッカや択捉, もと毎日アメリカの新聞, もと毎日見物の山, もと比叡山に蔵せられた, もと毫も国民的感情に, もとを貫名, もと氏使が来た, もと約議会員, もと民間俗信の神像, もと気前よくタケノコ, もとを游ぐ, もと水守附近の百姓, もと水戸から出た, もと水戸侯の邸宅, もと水蛇に根拠, もと永正年間には今川家, もと求めておいた, もと江州浅井郡にし, もと江戸子だから, もとであった水, もと決してそんな偉い, もと泊った部屋で, もと波多野邸にいた, もと波斯寺と稱, もと注文して, もと流行の如何, もと浅井の驍将大野木土佐守, もと浅草の何とか, もと浅間の芸妓, もと浦河支廳長をし, もと浪人竹中十兵衞は脅かします, もと海軍の下士官, もと涼しく肌が, もと淨瑠璃の文句, もと深川の左官, もと深川冬木町に住, もと清洲の茶わん屋捨次郎, もと湯河原へつれだした, もと溝口藩をご, もと漢帝に仕えた, もと漢朝の臣, もと濛々と立ち, もと濡れ濡れて, もと点頭かせられて其歳, もと烏丸家に仕え, もと病人寒, もと無理な駄々, もと煙草をくゆらす, もと熊本の士族, もと熊本時代には興行物, もと熱田の禰宜, もと父君此處にお, もと父母より稟, もと父親の懇意, もとを配る, もと物的表現の世界, もと物笑いになる, もと太説話より, もと玉川一座の種板絵描き, もと王党のもの, もと琉球から伝った, もと家の, もと生れて来た, もと産小屋の地, もと田楽のわき芸, もと甲州二十七将の一人, もと甲府のやなぎ, もと甲府勤番の伝馬役, もと申したいまの, もと申すのではござりませぬ, もとであつ, もと異様なる節, もと白峰つづきの, もと白河勿来の二関以北, もと百姓家で使つた物置, もと百本もあった, もと百済より渡った, もと益々渉猟する, もと盛春館に下宿, もと目籠を以て邪視, もと相応なる商人, もと県民の種種雑多, もと眞木を積む, もと円の, もと石屋の坂, もと石田家に仕え, もと石見浜田の藩士, もと神事から出た, もと神佛蘭西の上, もと神戸の元町, もと神戸あたりでネーブル, もと私達の住ん, もと秋元家の泰安寺, もとの辺防, もと稿本の奧, もと積みに積んだ, もと穴山梅雪が四天王, もと空っぽであるとき, もと立つ柳, もと立派な良民, もと笠井直吉と同じ, もと箱崎町にいた, もと磨ぎの, もと米搗をし, もと紙屑屋しとったが, もと紙布ゆかたの類, もと紙灑職工のもの, もと紛れやすい音, もと紫今は白紅, もと経験を重んずる, もとを描い, もと編笠草鞋竹の輪, もと練っていく, もとのきづなのわなは, もと置いてあった, もと美目の少女, もと美麗な室女, もとを驅, もと習った天台宗に, もと考へる人が, もとのお正月, もとをなげ, もと肝臓をやった, もと育ちの八丁堀衆, もとをふる, もと腕環投げ頸飾り, もとをすえ, もとをすゑ, もと膂力ありて, もと自分で自分, もと微の間, もと至るところに, もと至難なり, もとは南, もと船乗をし, もと良い清水が, もとならず, もとをあしらった, もと花さくもあはれ, もと花柳烟花の巷, もと花火そこのけで圓朝, もと芳町のりっぱ, もと若い頃金吾の, もと若干の尊敬, もと若手の組合員, もと草叢に寝そべり, もと荊州にい, もと荒木の家中, もとにいいつけた, もと葉子が信用, もと古の, もと蒲生殿の家人, もと蔵田屋といった料理屋, もと藤堂の樫, もと藤屋の奉公人, もと藤沢で相当, もとの立派, もと藩王の住居, もと蜂須賀氏の城下町, もと蝦夷人種に係る, もと蠶食して, もとを吸, もと血眼になっ, もと行きつらば, もと行っていた, もと行処を求め, もとゆく人たち, もと袁紹の部下, もと征服者たる, もと裸足で畑, もと西園寺実氏の私邸, もと西巻は日本橋, もとてを過ぎ, もと見返りお綱, もとがったが, もと言うたらあんたらがわてを, もと言つた方がよから, もと言語的には文章, もと計り身を投, もと話しながら送, もと誓ったあのしおらしい, もとの畑, もと課役を避け, もと諏訪の明神, もと動物は, もと謙信に向っ, もと警察に追及, もと谷中村の者, もと谷口家に奉公, もと豊国国貞の風, もと豊後の杵築, もと象頭のガネサ, もと豹一の看病, もと貧しい家の, もと貧乏な労働者, もと貪る願は, もと買う気持にも, もと買った店へ, もと賀茂河原に小屋住まい, もと質問するよう, もと赤き芽土を, もと越前の藩士, もと越後守様の御, もとの中指, もと足利直義のいた, もと足利義昭のいた, もと足許へ投げ出した, もとばた, もと踊りの師匠, もと踊手の数, もとのまわり, もと農業中小企業の経営, もと込めです手にとって, もと来て, もと近い太鼓の, もと近き声に, もと近く氷柱を置い, もと近く胸打ちて, もと近く葉子にこう, もと近く蟲の音, もと追い足を, もと追って行った, もと追跡して, もと退かして芸者屋, もと通じて河原, もと通り一しょに暮, もと通り俥をひい, もと通り元気になりまし, もと通り垂れ布を下さう, もと通り姉たちと一緒, もと通り抽斗に藏, もと通り母石ひとりを立たせ, もと通り祖父母とのみ思っ, もと通り紫とかがやき, もと通り美事に咲き匂いました, もと逝ける者そを, もと遂に哲郎をば, もと道中かせぎの, もと道徳の形骸, もとはどういう, もと違い余り小説じみた事, もと違ってあなご, もと違った民族であっ, もと遠く明るき草の, もとにいた, もとを盛る, もと酸いという点, もと里俗唱門が辻子, もと重治さんが, もと野茨の花, もと金帛を献じた, もと釣り得て草, もと鈍からず豐頬, もと鋼板もあれ, もと鎌倉藤源次助真, もと長万部のば, もと長吏法師でありまたは, もと長安に建設, もと長安城内の義寧坊, もと長崎の領事, もと長崎土宜に, もと長崎物産会所の通訳, もと長沙の人, もと長篇としてかき出した, もと長髄彦の兄, もと関東地方に蝦夷, もと阿波の国川島, もと降りた階段を, もとの武者所, もと陵戸か守戸, もと随行を望んだ, もとへたる, もと隠岐の島, もと雄傑剛猛なり, もと雜草も交, もと難波の宮, もと震旦から渡っ, もと青山家の寄付, もと青春の戀, もと青木木叢なる廣葉, もと静かな海, もと静岡で女工, もと非常によく, もと預けになった, もとを擡ぐる, もと頷いて急, もと額田部寺の像, もとの下, もと類癇にかかった, もと飛びて歩りき, もと飛行機にのり, もと食人の風習, もと飫肥外浦の漁師, もと飯山の藩士, もとり健康, もと馬鍬を中, もと英大使の, もと駒込片町に居り, もと高い葉楊, もと高く結んで, もと高崎にいた, もと高輪の方, もと高野山より出でたる, もと高麗人で唐, もとの羽, もと鳥越で大きく, もと黄巾の張宝