青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ませぬ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まじめ~ ~ます ます~ ~ますます ますます~ まする~ ~まず まず~ ませ~ ませう~
ませぬ~
~ません ません~ ませんでした~ ~また また~ または~ ~まだ まだ~ まだまだ~ まっ~

「ませぬ~」 2862, 28ppm, 4109位

▼ ませぬ~ (950, 33.2%)

9 私は 8 それは 7 兎に 6 これは, それが, 併し 4 こよい, どうした, なんでも, わたくしは 3 た, わたくしの, 今晩は, 私どもの, 私の

2 [48件] あなたの, あの子, お父様, このよう, この際, これが, こればっかりは, これも, これらの, さう, そういうこと, そのよう, それでもこの, それに, それにも, それも, それより, それを, ともかくも, どうぞ御, もしお, 世間の, 人の, 今は, 今日の, 今日は, 何か, 何でも, 何に, 何の, 何を, 何分にも, 作品が, 取り上せては, 大それた, 妾は, 或る, 折角の, 横丁まがる, 父は, 真実に, 私たちの, 私に, 私共は, 道が, 霊沢金水と, 非常に, 鼻の

1 [781件 抜粋] ああ賢い, あくる年, あけくれ隠岐, あとで, あなた何故, あのお話し, あのほか, あの別嬪, あの吝い, あの姉さん, あぶないところ, あやつめが, あらましを, あるには, ある年, ある日私, あれは, いかなる人, いずれは, いずれ一度, いそいで, いつものっぴき, いとやすい, いましがた, うちの, えへん, おことば, おしず, おそらくはその, おなごは, お人違い, お可哀そう, お宅, お寒, お尋ねの, お市御料人, お師匠様, お心, お慰みに, お玉だけは, お答え通り申し, お藥, お身, お身たち, お通しなす, お通しなすっ, お酌, お顔, かつて私, きつと, きょうの, けれども凡愚, こう手, こここを, ここでは, ここには, こちらから, ことによる, このとおり夜更け, この一品, この上, この二十五字, この功績, この喧嘩, この後宇多天皇, この恨み, この河村, この種, この芸術, この雪, この馬鹿馬鹿しい, これで, こればかりは, これ以上の, ご主人, ご出馬, ご所望, ご案内, さきごろ当社の, さきに, さだ子様, さればとて, しかしあの, しかしこの, しかしこれ, しかしそこ, しかしその, しかしどんなに, しかしながら理由書, しかし伊豆屋伍兵衛, しかし其表面, しかし当今, しかし生れつき水癲癇, しかし盗賊, しかし考え方, しかし貴下, しかし黄金郷, しろと, じつは殿, すでに芸術, ずくし, そういうよう, そういう有徳, そうした事, そうした痕跡, そこは, そのあなた様, そのあの下世話, そのかわり, そのほか, その二つ, その二品, その代り, その仮面, その儀, その恐ろしい, その方角, その毒草, その準備, その爲, その父, その話, その間お, その際指導役, そもあなた様, それから, それから推測, それさえ, それだけの, それでは御家人づきあい, それでもところどころ, それには, それよりも, そんなお, そんな方, たしかに他人, たしかに左手, たしか宵, ただあぶない, ただあんなに, ただこちら, ただどこ, ただ一つ, ただ事, ただ劉玄徳, ただ御, ただ現, ただ私, ただ私め, たった一つ, たった一人, たとえ今, たとへば皇子さま, だいたい職工的, ちと相手, ちょうど十五歳, でも御, とにかくある, とにかく別人, とにかく思し, とにかく相手, とにかく纖維工業, とにかく行, ともあれ三河, どうかお, どうか余り夜, どうか餘, どうぞお, どうぞご, どうぞ幸い, どうも逃げた, どうやら柳営, どう考え, どこで, どの条下, どろ, なかなか細密, なぜうまく, なにとぞ決してお, なんだ, はじめて上野駅, はや間もなくと, ふびんに, ほんとに憎らしく, まずお, まずはお, まず事実, まず墨堤, またいつか, また一つ, まだ妻, まだ陽, みな宗家高氏さまの, むしろ他国, もう一杯乾盃, もう如何にも胸, もう衣食, もし公方さま, もし正成, もし聞かれたら, もともと強いられ, やがて何となく異様, ゆうべから, よい具足, よく御覧, よく心得, わけて塩倉, わざと書かない, わたしは, アヽ痛た, チョット見, モトの, 一名の, 一日に, 一生を, 一言に, 七兵衛は, 三十五年の, 三藏が, 上杉殿には, 不相変, 世にも恐し, 中斎先生にも, 久光様の, 之も, 之を, 九死一生の, 事情が, 二つの, 二十二か, 井戸端に, 京都へ, 人出の, 今から, 今にな, 今傳つて居る, 今度は, 今日お, 今日まで, 今日遺つ, 今朝あたりの, 今朝から, 他ならぬ, 他日の, 仙次さんの, 低い所, 体躯は, 何しろ江戸, 何しろ泥酔, 何だか少しほんの, 何で将帥, 何とかもっと同情, 何とぞ密使右馬介, 何となく今日, 何れにも, 何分まだ申し上げ残った, 何所と, 何者かの, 作陽誌により, 使いに, 例の, 元右衞門, 元時代, 兄上の, 兄妹共は, 先ずない, 先づ簡單に, 先生には, 全く素晴らしい, 全く鞘, 其の人, 其の名, 其の篇數, 其の精神, 内地に, 准那の, 初めて石月様, 別当総役所へ, 前から, 前の, 前後の, 剣道は, 勝って, 千坂は, 又た, 又十郎, 口に, 古いにも, 古から匹夫, 古事類苑といふ, 只今それを, 合点の, 同じ支那, 名は, 周代には, 唯それ, 唯だ, 唯一度で, 嘉吉は, 四聲論の, 堪忍が, 壁一重隣に, 夏涼しく, 外ならぬ, 外着を, 多分アンチピリン, 夜食を, 大体そうした, 大体その, 大体容貌風采が, 大多数, 大師の, 大杯で, 大體, 大體昔, 天上界と, 太閤様は, 失敗っても, 奈良朝では, 女文字で, 如何いたしました, 如何なる國, 子たちの, 存外古代, 宋以來の, 宜しう, 実はこう, 実はどういう, 実地に, 実際に, 実際自分, 家の, 小坂部に, 小林様の, 少々不, 少くとも, 尠くも一方, 巡査様で, 左様申し上げた, 帯は, 帯を, 幕府の, 平家勢が, 平野神社といふ, 年の, 幸いに, 幽には, 広い世間, 座主も, 弘法大師の, 強いて訳しますれ, 当に, 彼の, 彼らの, 往来の, 従容死に, 從來愛讀し, 御先祖, 御先祖様, 御名札を, 御妃, 御帰参, 御帰宅, 御性格, 御所望, 御良人, 御覧の, 心喪三年と, 性は, 恐らく七部, 應仁の, 戦陣でも, 所詮は, 承わっ, 抜き身を, 指導役の, 按摩は, 故に, 故右大将さま, 敦賀, 敵の, 敵方は, 文鏡祕府論の, 斯様に, 既に何よりは, 既に日本, 旦那様が, 旦那様方の, 易で, 昔時は, 是で, 是は, 是非ともご, 暑い中, 暫時御身を, 曾ては, 最初は, 最早物好き, 月が, 有為を, 本来の, 東京近傍の, 果して彼ら, 果たして, 柳斎さまの, 梅子さん少し, 極端な, 標準に, 権現さまの, 歐洲の, 此奴は, 此間伊香保で, 殺生を, 殿より, 江戸前の, 決してそうでない, 決してそんな, 決して決してご, 清洲の, 滄海の, 無事は, 特にて, 生れて, 生憎私, 用だけ, 町奴とかいう, 番頭どもが, 病中の, 白骨から, 皆様の, 皮膚病だけは, 相應, 相手は, 相見, 瞋恚執着が, 矢張りこの, 研究室の, 祕かに作つたといふ, 祖先の, 禅尼さまへ, 福島様の, 私たちは, 私にとりましては, 私も, 私如き, 私血統より, 秘かに, 篠井の, 純正無, 紙です, 縁談と, 縣會議員を, 美から, 考へて, 能登から, 自由平等人類愛の, 色々それ, 苟くも士君子であるなら, 若し本当に仙人, 若者の, 茶事を, 草が, 菊王ならではとの, 萬事は, 藝文志に, 藩政に, 行ける所, 被差別者, 西郷とか, 見届け得なん, 親分さま実の, 詰り実利, 話を, 誓約を, 誰それこそ, 謡曲では, 貴下へ, 貴方の, 賑わう浅草, 跛の, 農民に, 近く山科へ, 近代の, 近頃斯, 近頃統一, 迷心の, 逃げ遅く, 適わぬまでも, 鐘は, 長い間塩原, 随分男女同権, 音に, 飛んでも, 首級を, 馬車処の, 高松半之丞様御, 高氏さまの, 高麗時代に, 黄昏れ, 龍泉の

▼ ませぬ~ (201, 7.0%)

4 いって, 云ば 3 いうので, お三, かえそん, 云ふ, 叱られて, 女房が, 嫣然として, 泣くに, 駄々を

2 [13件] いう, いった, そう云っ, 云う, 云にぞ, 云を, 教ゆれ, 申して, 申すに, 答へ, 言って, 言つた, 言ひ出る

1 [140件] いうと, いうに, いえ, いつもそう申し上げ, いはぬばかり, いひ訳, いふ, いふ人のみにて, おろおろ涙, お世辞, お取次, お母さんに, お泊, お言付, かれら, きっぱりと, こいさんに, こういっ, こう先生, このおやじめ, このよう, これからの, さ, さあ飲んだ, その係, その夜冬吉, つまり朝, なおも重, ふぜ, もしも臥, わたくしばかり, エライ人でも, ケンツク同様の, ポンと, 久八と, 云うたこと, 云うと, 云に, 云はれ, 云ふと, 云われて, 人を, 今度は, 何もかも疑問, 使いの, 信心に, 光代は, 円道様に, 厭がる, 口には, 叱られまする, 右左より, 嗅ぎつけられるかも, 圓道様に, 報告し, 夜路が, 天朝に, 妙な, 姉が, 彼女の, 御遠慮, 御霊様に, 心の, 思いまして, 思いましても, 思い入ったる気色, 思ひます, 懲りぬと, 手が, 打ち消す, 折紙つけた, 折角の, 支倉に, 支那の, 敢然といい放った, 断つて, 断り, 断りますと, 斷つてお, 斷つておくれ, 明日から, 春琴の, 有りし昔, 有るに, 欺いたらそれから, 淋しくて, 済まア, 煮立涙, 熱々の, 申けれ, 申したこと, 申しますの, 申し上げし所, 申すの, 申上げる, 申時文左衞門シテ此度九助が, 男に, 異議を, 目の, 直き, 相成りません, 私に, 立ち帰って, 答えたそう, 答えたので, 答えたり, 答えましたが, 答えると, 答へしかば, 答る, 素直に, 美味うご, 羽織を, 聞より, 膝を, 自ら言ふ, 臭い便所, 蔵元屋は, 見えこの, 見えまして, 親類へも, 言いおった, 言い切った, 言うに, 言うので, 言つてる, 言つて一時を, 言ひ, 言ふ, 言へば, 言わぬ有様, 言張を, 証言した, 詰寄るを, 諫めた, 謝罪し, 跳ねつけられるまでの, 迚も, 酒屋が, 長火鉢の

▼ ませぬから~ (189, 6.6%)

4 私は 3 お下り, 少し休ん 2 それは, 水が

1 [175件] あちらの, あるいは前後, ある場合, ある旅籠屋, いいえたくさん, いさぎよく身, いつでも, いまの, いま一場の, お使, お母様も, お目にかかった時, きつと, ここに, このこの乳, この勝負, この帰国証書, この縁談, この辺, これだけの, これは, ごめいわく, しいて梵語, して, しばらくお, すこしでも, せめてすこしでも, せめてはこ, そういうもの, そういう具体的, そのおつもり, そのお迎え, その代り貴女, その儘, その声, その段, その点, それが, それでお, それで唯, そんなこと, た, ただハイ, であります, で御座います, とうぶんは, どういふ, どうか, どうかわたし, どうしたら, どうぞあなた様, どうぞこれ, どうぞわたし, どうぞ今, どうぞ奥様, どうなりました, なるべく日程, ほんとうの, まず大体, また後, まだ生き, もし諸君, わたくしと, わたくしの, クラーク先生を, ドーゾ不相, 一にも, 一応郷里, 一朝一夕の, 一概に否定出來, 一生懸命死者狂いに, 一萬千三百町の, 上る事, 之によ, 之を, 五經であります, 人の, 人工的に, 今までの, 今一場, 今少し, 今後いっさいこの, 今日の, 今日申しませぬ, 代りの, 以上の, 仰天する, 何かに, 何事にも, 何処まで, 何処を, 何卒その, 何時までもべん, 何氣なく, 俗物輩の, 僅かな, 先づ運命前, 其処らが, 其辺は, 其項目を, 分りませぬが, 判然致しませぬ, 千萬御, 即ち議會, 善と, 喪服は, 好い加減の, 婆様は, 家内中の, 寺の, 專門外であります, 少しは, 少し丹羽さん, 差し控えますが, 已むを, 廊下の, 御免を, 御参考, 御安心, 御面倒, 必ず冬, 必然お, 思いちがいを, 所謂勤勇所要の, 手で, 手もちぶさたに, 文書を, 斯く二樣, 旅を, 日本の, 昨今反, 是から, 是は, 是れで, 材料としては, 案内し, 此處で, 歩いて, 残念ながら, 毎晩魘されまする, 水に, 決定的の, 決着し, 況や以前, 潟が, 特にラサ府, 生命価, 甲州屋の, 畑なり, 異口同音に, 皆様の, 直に安田一角, 矢張り婦人でも, 石が, 神信心に, 私が, 私も, 種々の, 胸を, 自分たちも, 自分で, 致し方が, 良い加減, 色も, 若し何ぞ御用, 著しいこと, 諸人の, 躊躇する, 辨財天に, 迚も, 遺憾ながら, 酔ひ紛れに, 金円品物は, 開化の, 魚の

▼ ませぬけれども~ (101, 3.5%)

2 それは, まず普通, 金を

1 [95件] あの時貴方様, あゝ云う, お優しく, お遊さん, かような, この疑問, これで, これは, これまでの, しかしただ私, しかしながら私, しかしながら金, しかしわれわれ, しぐさは, せんねん, そう仰っし, そのころ, その夢, その日, その計算, それだ, それも, それを, ただ今申, とてもつらい, ともかく考へ, どうぞお, はつなつの, ほかの, みんな治部殿の, もしや王様, もはや陽気, やはり漢学, わたくしは, ドウゾ私も, 一族の, 人間は, 今年に, 余りながく, 元来そういう, 前に, 合戦が, 困難だ, 国家の, 土木事業を, 夕御飯の, 夢遊病に, 大變精密, 大體何時頃, 嬢次様の, 実例の, 實際には, 少しばかり, 巻によって, 幾分か, 当時は, 当時人, 心の, 思うに, 恐らく千以上, 想像を, 愚僧は, 成功より, 我々が, 或一部分, 支那の, 文章を, 断食し, 日に日にやせ, 是は, 晩に, 村上天皇の, 桓武天皇樣の, 此の, 殆ど馬, 源氏は, 現代の, 直接に, 眞墨田神社といふ, 社会では, 私などは, 私には, 私の, 私は, 脇息にも, 自分が, 自分では, 自分の, 若し今日, 被害人民の, 見えない眼, 話しの, 議會の, 金毘羅社である, 非常に

▼ ませぬ~ (70, 2.4%)

63 さう, さお, 伯母さんが 2 冷水で, 十六武藏でも, 約束の

1 [49件] あなたは, あれあの, あれを, あんさんは, いかに尊い, いっそ御, おこ, お祈祷所, お綺麗, きっと済みませぬ, この白い, この見苦しい, さあさあこれ, そのよう, その歌, その節, その音楽家, それにあなた, そんなこと, そんなにむずかしい, ましてこのごろ, わたしが, ッ, 一族に, 一週間経つ, 両家の, 久方ぶりで, 九州の, 今日も, 今誓わね, 何ぞお, 信心の, 僕は, 兄さまも, 十六武蔵でも, 及ばぬながらも, 妾お, 妾と, 婆や, 富武五百之進の, 帰りましょうよ, 成程, 或時旦那さま, 明日でも, 昨日までは, 権兵衛は, 殿には, 皆その, 過日お

▼ ませぬので~ (64, 2.2%)

2 私が, 飛んだ我

1 [60件] あなたが, あゝそれほど, いずれに, いやもう, お上に, お母様は, かくは, これに対して, これは, ございます, ございますから, そうこうする, そうした若林博士, そのごせん, それでお, たいそうおちぶれ, ただいまごき, ただもう, たった鼻一つ, ついつぎほがなくて, つひ, どうかする, どうなっ, ほんとうに, まず可, もうしばらくお待ち, もしやまだ寺内, やっぱり我流, イクラ働い, 一層深く, 万一彼奴, 代わりと, 何か, 何を, 先の, 冷い, 別に不思議, 只今では, 只今下絵浄書中でございます, 実は判断, 将来の, 已むを, 従ってこまかい, 御覧の, 心から神様, 必竟貴所に, 恐ろしさ, 最初から, 木綿の, 父にも, 特にコンドル, 皆異なった, 碁は, 神父様さほど, 私は, 結局やはり, 草に, 諸君の, 途方に, 飛んだ我まま

▼ ませぬゆえ~ (51, 1.8%)

1 [51件] いいえあの, いかにもお力, いっそ思いきっ, いろいろと, ええまま, およろしく, お乳, お城, お心, お蘭どの, かような, こうして道場, このまま, この前, ご出役, ご懸念, すぐにも, せっぱつまって, せめても, その二里, その返事, だれいうと, つい思いあまっ, つい欲, とうとう思いあまっ, どうした, どうぞこちら, どうぞだんなさま, な今, はやすみやか, はよう何もかもいう, ほんのお礼, まことに我まま申, もうお, もうお許し, もう一度お, もう何もかもいっ, もう何もかも申しまする, もう少しお, もしや不, もしや置き去り, ゆかせて, よも後日, 万一の, 中らぬかも, 厚かましいとは, 当たって, 早う止め, 申し難う, 申す段, 盗み出されぬよう

▼ ませぬよう~ (49, 1.7%)

233

1 [23件] でした, で六つ, で国際的, と父様, な, なの, な仕儀, な僧房住まい, な性格, にお願い, にそっと, にとナ, にと祈り, になりました, に存ぜられます, に守っ, に形式, に終る, に色々, 幾重にもお願い, 有り度, 繰り返して, 願わしいもの

▼ ませぬけれど~ (45, 1.6%)

3 何にも, 出際, 千度も, 私が, 頻に 2 其子も, 出來

1 [26件] あの山木さん, かの和, ごらんなさいませ, そういつ, その子, それを, とにかくこの, どうやらかの, なにもかもまるで青蚊帳, またその, わたしには, 今の, 何も, 其れ, 出来ずは, 固く心, 憎いやつ, 最早陽気, 未だ御存じ, 殿が, 私の, 美しいもの, 能く, 苦しいの, 貴方に, 露顯します

▼ ませぬ~ (34, 1.2%)

3 からお, が内職, は何 2 が惡, は申譯, も嬢様

1 [19件] がかよう, がこの, が我, が我まま, が行け, でさ, にも生れた, のせつな, の師匠, の昔, の目録, はあなた, は別, は向島, は巴里, は我, は泣虫, は現在, は申訳

▼ ませぬ~ (33, 1.2%)

4 です 3 じゃ, 一ト言にて 2 か, は

1 [19件] かえ, か戊辰以後, がまこと痛恨, が甚だ, が開山一行上人以来, じゃ待っ, ぢゃ, である, でございますが, ですか, ですが, には理由, はこの, はそこ, はまことに, は客, も偏人, を残念, を深く深く

▼ ませぬ~ (29, 1.0%)

1 [29件] あの人, いろいろ考えます, お脈, かついえ公, ことごとしい式, この辺り, じつはよくわからない, それきりおこえも, ちょっとその間, また今日, また笑っ, まったく妙, もうどうしていい, もし昼飯, ようやく字数, 唯そこ, 変るもの, 寝返りを, 是から, 時間も, 有名な, 権威も, 気違い扱いを, 申上る, 皆の, 秘帖も, 笛の, 薬草は, 語源等も

▼ ませぬかと~ (23, 0.8%)

2 聞けば

1 [21件] いう, きき尋ねましたところ, この様, それを, 伺って, 先づきいた, 問うと, 問ふ, 問へば, 執成すを, 夕方に, 心配そうに, 心配相に, 思ひきり, 恠訝な, 我が見た, 突っこんで, 突然の, 被せかけるを, 被思候, 言ひも未だ

▼ ませぬ~ (23, 0.8%)

2 か一

1 [21件] あなた様を, いろ, このままお, これからさしとめまする, これは, すっかりお話し, た, ちょっと一策, ちょっと中座, つい近頃, と, どうぞお, まあまあお気, やはりお年, 充分ともにお気, 噂の, 境木などに, 宿へ, 帰洛の, 手に, 私は

▼ ませぬ~ (20, 0.7%)

3 え, ッ 2

1 [12件] い, え何処, え此前, お心, そなた, それにしてもなぜ, マーガレツトの, 何ぞ用事, 何処かへ, 御隠居さま, 武蔵どの, 痩せても

▼ ませぬ~ (19, 0.7%)

1 [19件] いやでもござりましょう, かた様は, 休みに, 吹替えの, 師匠様や, 心の, 恥か, 恥かしい, 手一つにて, 手紙でも, 暇乞に, 比丘尼を, 父さんの, 目の, 答へも, 腹の, 荷物は, 身で, 辰は

▼ ませぬこと~ (16, 0.6%)

1 [16件] がたやすく, が何, で, でありますから, でこの, でございますお蔭様, でみな, で御座います, で都, どうぞただ, ながら失礼, には, にはこの, は神様, をハッキリ, 故甚だ

▼ ませぬとて~ (16, 0.6%)

3 打泣く, 至極曖昧 2 ころ, 斷つても, 驅け 1 ころころと, 孤身の, 断つても, 駆け出すを

▼ ませぬ~ (14, 0.5%)

1 [14件] が出来ました, で, で奥方様, と覚悟, には第, は下根, は正木先生, は私, を前, を心から, を思い知りました, を悲しく, を身, 何卒た

▼ ませぬといふ~ (13, 0.5%)

3 お母さんはと, 嘘を, 妙な, 平民かと 1 辞誼を

▼ ませぬのに~ (13, 0.5%)

1 [13件] どうした, どうしてお気, なんとした, みすみす眼, 一糸乱れぬ, 何といたした, 何として, 失礼な, 御褒美, 昨夜四つ過, 況して今, 皆目姿, 親方を

▼ ませぬうち~ (11, 0.4%)

21 からあなた様, から顔, にこの, にこの世, にすこし, にひでよ, に私, はたとい, はなんと

▼ ませぬという~ (11, 0.4%)

1 [11件] さわりを, つらは, のである, ような, 乳母の, 圧制の, 意味を, 程の, 辞誼を, 顔を, 風に

▼ ませぬもの~ (11, 0.4%)

2 です 1 か少し, ですけに, でその, で翌, な, に就い, も蔭, をなんとも, 取たて

▼ ませぬこの~ (10, 0.3%)

2 ことお 1 多根めが, 子を, 後は, 相州さまの, 筆の, 近いところ, 通り眼を, 部屋の

▼ ませぬ~ (10, 0.3%)

2 察して 1 亡き師匠, 勿論の, 因果でござる, 実に困った, 御上人様五重塔は, 昨日の, 更に一度, 饒舌の

▼ ませぬそれ~ (9, 0.3%)

2 を親方 1 かと言つて, につけ, には普通, は私, を是非, 故少し, 故御無沙汰

▼ ませぬほどに~ (9, 0.3%)

3 心配を 2 夫れ, 最う何 1 それも, もう何

▼ ませぬわたし~ (9, 0.3%)

1 が一生懸命, が手, のよう, の膝, はどう, はひとり, はもう, は願っ, よいこと

▼ ませぬ~ (9, 0.3%)

2 うぞ, うで下品 1 うでも, して, なら妾, の事, の此程

▼ ませぬ~ (8, 0.3%)

3 それが 1 はい, 何卒皆さん此方, 元膩, 写真の, 消えませぬよ

▼ ませぬ~ (8, 0.3%)

1 公達の, 力添えを, 安堵なさいませ, 安心くだされませ, 安心下さいまし, 容姿なら, 様子が, 老女様には

▼ ませぬその~ (7, 0.2%)

2 ような 1 お友達, とき恵まれた, ところを, 上何うして, 済まぬは

▼ ませぬ~ (7, 0.2%)

3 漸と 2 せうか 1 せうと, 押し通した

▼ ませぬどうぞ~ (7, 0.2%)

1 おゆるし下さいまし, お助け, お放し下さい, お暇, この足どり, またなき, 堪忍し

▼ ませぬ~ (7, 0.2%)

1 あれは, お断りする, こうして数, すべて理詰めで, とんと存ぜぬ, まねこな, 今朝は

▼ ませぬ~ (7, 0.2%)

1 お出ましに, これは, 不孝の, 依って, 穴の, 豪い騒動, 身に

▼ ませぬ~ (7, 0.2%)

2 此間の 1 この間の, そこに, 今日申上げます, 來る, 國會議員にも

▼ ませぬ~ (7, 0.2%)

1 うらめしきはの, だ其時分, だ業, 山林を, 此の, 舞踊の, 貴女に

▼ ませぬあの~ (6, 0.2%)

1 お君, お邸, 丸の内演芸館内の, 米友さんは, 系図に, 系図を

▼ ませぬぞと~ (6, 0.2%)

3 念を 1 このよう, わしからも, 声を

▼ ませぬでも~ (6, 0.2%)

3 他の 1 これは, 人は, 兄上

▼ ませぬからと~ (5, 0.2%)

2 辞を 1 いうので, お伊勢さま, 一応御

▼ ませぬそう~ (5, 0.2%)

1 いえば, かといっ, で, でございますが, な

▼ ませぬただ~ (5, 0.2%)

1 あなた方に, この太刀先, 好きな, 淋しいところ, 願うは

▼ ませぬため~ (5, 0.2%)

1 このよう, に, にあらゆる, に事件, に貧乏神

▼ ませぬとの~ (5, 0.2%)

1 ことにて, 事で, 事なり, 宣誓を, 熱心に

▼ ませぬやう~ (5, 0.2%)

21 に何卒, に密, に茅葺き

▼ ませぬいや~ (4, 0.1%)

2 で成らぬ田舍 1 で成らぬ田舎, はや掏摸

▼ ませぬそれで~ (4, 0.1%)

1 やはり私相應, 此の, 私は, 聖という

▼ ませぬところ~ (4, 0.1%)

1 からさまざま奔走, でこの, でご, を斯様

▼ ませぬによって~ (4, 0.1%)

1 かくいま一度検視, ご不幸, どうかふた, 今度の

▼ ませぬまだ~ (4, 0.1%)

1 それさへも, 五年と, 内縁でございまし, 此の先に

▼ ませぬもし~ (4, 0.1%)

1 あったとしても, お逢, そんなこと, できますならば

▼ ませぬわたくし~ (4, 0.1%)

1 の口, の子, の小さい, は怪しい

▼ ませぬ~ (4, 0.1%)

1 しそれ, しながら, し現在, ながら人道

▼ ませぬ決して~ (4, 0.1%)

3 お力の 1 案じて

▼ ませぬ~ (4, 0.1%)

1 に, にお, にすげなく, の強か者

▼ ませぬあなた~ (3, 0.1%)

1 にお尋ね, には小春さん, は人間

▼ ませぬあなた様~ (3, 0.1%)

1 にお, はもっと, をたずね

▼ ませぬとき~ (3, 0.1%)

1 には本当, に何ん, は

▼ ませぬはじめ~ (3, 0.1%)

3 の中

▼ ませぬほど~ (3, 0.1%)

1 大きいと, 焼けただれて, 隔たっても

▼ ませぬまた~ (3, 0.1%)

1 わたくしは, 一定の, 重成法師の

▼ ませぬまま~ (3, 0.1%)

1 に今日, に悩み悶え, 色々と

▼ ませぬモウ~ (3, 0.1%)

3 いひませぬ決して

▼ ませぬ万一~ (3, 0.1%)

1 のこと, 売主が, 手ぬかりを

▼ ませぬ五日六日~ (3, 0.1%)

3 と家

▼ ませぬ人相~ (3, 0.1%)

3 で見まする

▼ ませぬ今日~ (3, 0.1%)

1 からでもお, の會席, までのご

▼ ませぬ何卒~ (3, 0.1%)

1 して, 御堪忍, 旦那

▼ ませぬ何故~ (3, 0.1%)

2 彼樣で 1 あんなで

▼ ませぬ~ (3, 0.1%)

1 から, から井桁, をたっ

▼ ませぬ大勢~ (3, 0.1%)

3 の中

▼ ませぬ是非~ (3, 0.1%)

1 ともおん肌小袖, とも気, 東京へ

▼ ませぬ次第~ (3, 0.1%)

1 で, であります, でございます

▼ ませぬ男らしく~ (3, 0.1%)

3 思ひ切る時

▼ ませぬ~ (3, 0.1%)

1 つきましては, なのに, ゆえ朝夕

▼ ませぬ~ (3, 0.1%)

3 はなく

▼ ませぬああ~ (2, 0.1%)

1 いう曲, 越中と

▼ ませぬお前~ (2, 0.1%)

1 があの, 樣は

▼ ませぬお前さん~ (2, 0.1%)

1 はどうせ, は粂

▼ ませぬからな~ (2, 0.1%)

1 そのつもり, ア彼奴が

▼ ませぬがて~ (2, 0.1%)

1 まえの, まえは

▼ ませぬがと~ (2, 0.1%)

1 いって, 云って

▼ ませぬこうして~ (2, 0.1%)

1 おられませぬこうして, はおられませぬわいな

▼ ませぬここ~ (2, 0.1%)

1 この通り, には私すべて

▼ ませぬこれ~ (2, 0.1%)

1 だけは屹度, は田村左四郎

▼ ませぬこんな~ (2, 0.1%)

1 ことだろう, 身体を

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 ざりませぬ, 諚か

▼ ませぬさあ~ (2, 0.1%)

1 何と, 酌ぎますぜ

▼ ませぬじゃ~ (2, 0.1%)

1 おッ, ア宜

▼ ませぬそうして~ (2, 0.1%)

1 お父様, その三百六十余日

▼ ませぬそんな~ (2, 0.1%)

1 のが, 事が

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

2

▼ ませぬとか~ (2, 0.1%)

1 云ひ, 知りませぬとか

▼ ませぬとは~ (2, 0.1%)

2 申せ前

▼ ませぬなん~ (2, 0.1%)

1 なら妾, のこれ

▼ ませぬのみか~ (2, 0.1%)

1 かえって蛇足, 数ならぬ

▼ ませぬまでも~ (2, 0.1%)

1 おだにの, 皮切を

▼ ませぬむしろ~ (2, 0.1%)

1 ひそかに, 従えと

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

2 ぅぅ

▼ ませぬゆえ此~ (2, 0.1%)

1 のたび, の件

▼ ませぬゆゑ~ (2, 0.1%)

1 どうかあの, もうこれ以上

▼ ませぬようお願い~ (2, 0.1%)

1 申しあげます, 申します

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 え, お上人様五重塔は

▼ ませぬハイ~ (2, 0.1%)

1 ありがとうござります, 有り難うご

▼ ませぬ世間~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 から軽業師, に御

▼ ませぬ二十三日~ (2, 0.1%)

2 の午剋

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 のあやまち, の世

▼ ませぬ仕事~ (2, 0.1%)

1 といえ, といへ

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 でお, の北狄

▼ ませぬ以前~ (2, 0.1%)

1 のこと, のよう

▼ ませぬ何事~ (2, 0.1%)

1 も不, も多く

▼ ませぬ先生~ (2, 0.1%)

1 なればこそ, は彼奴

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 れぢ, を是非

▼ ませぬ円鼎~ (2, 0.1%)

2 で足

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 から知つて, までは環境

▼ ませぬ即死~ (2, 0.1%)

2 でございますがと

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 だ貴, った今

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

2 でも見た

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

2 れかと

▼ ませぬ姉御~ (2, 0.1%)

2 と対酌

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

2 蝶なんぞは

▼ ませぬ少し~ (2, 0.1%)

1 は残つて, も

▼ ませぬ左様~ (2, 0.1%)

1 いへば, なお

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 にはいっ, に這入

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

2 が一人

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 が乱れませぬ, の底

▼ ませぬ思い~ (2, 0.1%)

1 にわななき, も寄らぬ

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

2 を受け

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 から今度, から卑怯

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

2 き殺して

▼ ませぬ故に~ (2, 0.1%)

1 いつも平和, 一時は

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 からさうでありました, からの大阪

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 から悪事露見, れは

▼ ませぬ此上~ (2, 0.1%)

2 は如何

▼ ませぬ殿様~ (2, 0.1%)

1 のお, は前

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 になった, になつたの

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 すれば, らば

▼ ませぬ現在~ (2, 0.1%)

1 のあなた方, の悲しみ

▼ ませぬ理由~ (2, 0.1%)

1 を仰っしゃい, を貴下

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 かねて聞き及ん, で

▼ ませぬ竹箒~ (2, 0.1%)

2 で引払い

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

1 で, は竹箒

▼ ませぬ茶袋~ (2, 0.1%)

1 でたくさん, で沢山

▼ ませぬ見ず知らず~ (2, 0.1%)

2 の他

▼ ませぬ賞め~ (2, 0.1%)

1 ませぬどうしてなかなか, ませぬ何

▼ ませぬ身體~ (2, 0.1%)

1 がわるく, が惡

▼ ませぬ運命~ (2, 0.1%)

1 の手, を私

▼ ませぬ雑巾~ (2, 0.1%)

2 をお

▼ ませぬ~ (2, 0.1%)

2 が相手

▼1* [436件]

ませぬあいだは神, ませぬあて推量です, ませぬあとで申し上げる, ませぬあまつさえ女の, ませぬあまりおかしいので, ませぬあれも常に, ませぬあれっきり浮いて, ませぬいえいえ死には, ませぬいずれ御恩, ませぬいろいろとお話, ませぬうち天神の船待場, ませぬ茶袋とは, ませぬおいとしい, ませぬおたがいにいさかいを, ませぬおみ足の運びぐあい, ませぬお上人様は定めし, ませぬお上人様大工はできます, ませぬお代を頂戴, ませぬお前さま殺しては, ませぬお前さん私は今, ませぬお母さまはもう, ませぬお金の有る, ませぬかくの通り, ませぬかとか口々に, ませぬかの武蔵奴は, ませぬかわりにはこの, ませぬがという挨拶を, ませぬがなお申し上げて, ませぬがなはッは, ませぬがなんぞ奇怪な, ませぬがをさまらぬ, ませぬきっとこの懐剣, ませぬくらゐまるで, ませぬくらい仲が, ませぬくり言を長々, ませぬけに何卒御, ませぬよいのぶ, ませぬこうだと, ませぬここ此通りあゝ有り難う, ませぬこちらへお, ませぬことぢやて, ませぬこと未熟なれども, ませぬこと私の身, ませぬさあさあこちらへ, ませぬさいぜんも貴殿, ませぬさきへ立っ, ませぬさっそくに奥女中, ませぬしかし貴女の, ませぬしかしそれでも勝ち目が, ませぬじゃが日短と, ませぬせいぜい気を, ませぬせっかくの理想, ませぬそこで三好松洛の, ませぬそしてあたらしい彼, ませぬそのままでお尋ね, ませぬそもそもの最初, ませぬそれだけお聞き申せ, ませぬそれぢや命掛, ませぬそれでは皆の, ませぬそれ故に死んだ, ませぬそんなに気を, ませぬぞというのであった, ませぬたった今川ン中へ, ませぬたとえ一時たりとも, ませぬだけの話で, ませぬつい忙しいもの, ませぬつもりなんで, ませぬや, ませぬではどうぞ御機嫌, ませぬといふは正しく勘藏, ませぬとうに出立を, ませぬところ若君のよろこび, ませぬとにかく艶書などの, ませぬとばかりはや岡焼き, ませぬとも事業を, ませぬどうで下品, ませぬどういうことの, ませぬどうしてなかなか賞められませぬ, ませぬどうぞどうぞお許しくださいませ, ませぬどこでもよう, ませぬどころが手頼り, ませぬどなたも人間, ませぬどれが先, ませぬなぜお里, ませぬなど近所の, ませぬなにとぞ筒井が, ませぬにより大岡樣とやら, ませぬのでな愚老も, ませぬのねエ山木様も, ませぬばかりかそれは, ませぬふと中房, ませぬぶつぶつと唄, ませぬほどにと盃洗の, ませぬほんとうに珍しい, ませぬほんに骨身を, ませぬまあ話半分と, ませぬまあじっとして, ませぬまま人のすすめ, ませぬまア呉服屋などで, ませぬみなさまはやくお, ませぬもうあのお方, ませぬもうもうもう私は, ませぬもう少しお聞かせ下さいまし, ませぬもしそうであったからとて, ませぬもっともっと不思議な, ませぬもの其ん中でも, ませぬもの田舎といっ, ませぬゆえお許しなされて, ませぬゆえその他は世の常並, ませぬゆえそれもついで, ませぬゆえどこここと申さず, ませぬゆえひとことお礼を申しあげ, ませぬゆえふただけはお, ませぬゆえふびんと思い, ませぬゆえほうぼうおさ, ませぬゆえ一度の上府, ませぬゆえ一足先にお, ませぬゆえ住居の庭門, ませぬゆえ合戦という, ませぬゆえ女のこと, ませぬゆえ子どもたちのこと, ませぬゆえ守将の御, ませぬゆえ庭先に寝かした, ませぬゆえ引ッ捕えたところ, ませぬゆえ拙者の身の上, ませぬゆえ本当のこと, ませぬゆえ河原へ曳き出し, ませぬゆえ無礼をされた, ませぬゆえ私の身の上, ませぬゆえ試合の程, ませぬゆえ酒に酔わさし, ませぬゆえ頂戴出来ませぬ, ませぬゆゑせつかくながら, ませぬゆゑ其儘に打, ませぬゆゑ早々立歸り翌朝裾, ませぬゆゑ良人のこ, ませぬようあなた様は早く, ませぬようそッと抜出し, ませぬようやく中山の, ませぬよく御存じ上げ, ませぬよし大方に, ませぬよってこの不浄, ませぬわが道州には, ませぬわしが死ぬ, ませぬわしたちみんな連れ合うて, ませぬわたくしたちの不用心, ませぬゑ茶袋とは母親, ませぬ離して, ませぬナゼそれと知っ, ませぬハテサテ更に取, ませぬホンの僅か, ませぬホントの田舎娘, ませぬラムネが貰, ませぬワタクシも円本, ませぬ一体これは, ませぬ一刻も早く, ませぬ一寸お目にかかりたいと, ませぬ一応御旅切手だけを, ませぬ一日も早く, ませぬ一生の御, ませぬ一番大切な理由, ませぬ一足なりと一人, ませぬ万事はあの, ませぬ万国に散在, ませぬ万巻の書, ませぬ三日でも四日, ませぬ上帝様だ, ませぬ上様は落馬以来, ませぬ不思議な出来事, ませぬ不束ゆえで, ませぬ不都合だらけをどう, ませぬ世の中の多く, ませぬ世界史と申し, ませぬ中有の橋, ませぬ主人からもその, ませぬを政府, ませぬ乍併私共同志者の純白, ませぬ事ゆえお見舞, ませぬ事実を御, ませぬ二十六日の午後一時頃, ませぬ互いに名乗れば, ませぬ五十鈴川の末, ませぬ五日の日, ませぬと寛げ, ませぬ人物です, ませぬとは存じ, ませぬも見え, ませぬ仔細はこう, ませぬ代りに枯れた, ませぬ仰せの通り私共, ませぬ伊太夫殿のため, ませぬ佐竹様の奥方, ませぬ何とかよい工夫, ませぬ何れ其節何殿かに御, ませぬ何卒ちょっと嬢様に, ませぬ余り可笑い, ませぬ併昨日雲州の御, ませぬ候吉岡先生には御機嫌, ませぬ假令何の樣, ませぬ假令嘘でも構, ませぬ傳兵衞さまかアハハハ, ませぬに二千九百圓, ませぬにて既に, ませぬがあれ, ませぬ光明を亡ぼす, ませぬ全く目に, ませぬ其の何年に, ませぬ其上塩梅が悪う, ませぬ其中に水, ませぬ円道様にも為右衛門様, ませぬ前世の宿, ませぬ太夫の, ませぬ勘藏も乳母, ませぬ勝手な理窟, ませぬ十万以上の人間, ませぬ十兵衛には口, ませぬ十兵衞には口, ませぬ印度の魔法使い, ませぬ即ち私は, ませぬな顏, ませぬ取締りのない, ませぬ只今ぱったりと, ませぬ只今白状致しますと, ませぬ同じ逸見の, ませぬ否や申さぬではござりませぬが, ませぬ吾が夫よ, ませぬを歎, ませぬ唯今申す通り江戸城, ませぬ唯願ふは, ませぬにも致せ, ませぬ因縁でござろう, ませぬ圓道様にも爲右衞門様, ませぬを拵, ませぬ変はりもの, ませぬに此の方面, ませぬ夜一夜古市でお, ませぬ旦那様お, ませぬ大乗の中, ませぬ大切なピアノ, ませぬ大岡殿其生田源内と云, ませぬ大師の埀跡, ませぬ大方猟師さんが雉子, ませぬ大臣以下諸臣, ませぬ夫ぢやア, ませぬ失礼を致しました, ませぬ奢りの沙汰, ませぬ女子の世, ませぬ好いところへ, ませぬ如意自在な法, ませぬ姉さんにし, ませぬ姉上拙者には多年, ませぬ子供の事, ませぬ子供たちだけを手放し, ませぬ學校で讀みました, ませぬ安房の国, ませぬ宜いと覺しめさばお, ませぬ実にがツ, ませぬ宿におりまし, ませぬ寐処は浅草町, ませぬ寐處は淺草町, ませぬ寢處は淺草町, ませぬ寧そ手軽く, ませぬ小使が足, ませぬ尤も警察が, ませぬ尤も外へ出ます, ませぬ尾張の国一円, ませぬの中, ませぬ屹度あらためて, ませぬ幸いわたくし子供の, ませぬ知れぬ悲しみ, ませぬ弾丸ひとつ矢ひと筋その一つ一つ, ませぬ当地は名だたる, ませぬ当家の存亡, ませぬ当時は北国, ませぬ彼花街の小夜衣, ませぬ御上人様は定めし, ませぬ御上人様大工は出来ます, ませぬ御念の上, ませぬ御覧の如く, ませぬ心配でなりませぬ, ませぬ快く夫の, ませぬ性質だから, ませぬは心, ませぬ恐れ多い殿様の, ませぬは善, ませぬ悲しい思いが, ませぬ情なさ, ませぬ惨い傷で, ませぬりに, ませぬ愚僧も実は, ませぬ憂い嬉しいもあなた, ませぬ應仁の亂以後, ませぬ我々大勢で金, ませぬ我ら二人の相談, ませぬ我等二人の相談, ませぬをわれる, ませぬ手前共の主人, ませぬ折柄ゆえそれが何より, ませぬ拙者個人の恥辱, ませぬ拙者引き受け介抱いたし, ませぬを合せ, ませぬ故お見舞も, ませぬ故御奉行樣へ, ませぬ数年前本阿弥様, ませぬ文法弖爾乎波にもございます, ませぬ斯様に眼, ませぬらしい笈摺, ませぬ日本でも或は, ませぬ旧式の聴診器, ませぬ早くお逃げなさい, ませぬ明治二十四年の五月二十四日, ませぬに堕し, ませぬ昨年の一月廿八日, ませぬ昨日も此近傍, ませぬ是非相手の名, ませぬは, ませぬ時に仮名を, ませぬ晴れやかなところ, ませぬ書冊引替に一円, ませぬ書物から大変, ませぬ最も憎むべき性質, ませぬ有体に申す, ませぬも晩, ませぬ未だ追, ませぬ未熟者でし, ませぬつあんならぬ弟, ませぬく平凡, ませぬ極々親しい間, ませぬにとフチ, ませぬ欝ぐ時は鬱がせ, ませぬ次郎吉という人物, ませぬ此儘すぐにと, ませぬ此子が何, ませぬ母さまなしの, ませぬ泥沼の時, ませぬ洋服でお, ませぬ流石に氣, ませぬ深い事情が, ませぬ清らかな美しい, ませぬ温和しそう, ませぬ漸く中山の, ませぬ無条件でなん, ませぬ然し法相宗の, ませぬ然るに彼の, ませぬ煙草を吸, ませぬ片時も早く, ませぬうき世, ませぬ状態からお, ませぬ狩りをやつ, ませぬ忽を, ませぬ病人をま, ませぬ痛々しい御心配, ませぬ白状しませぬという, ませぬ白蔵王の法衣, ませぬ百姓でございます, ませぬ御身の, ませぬ皆様がそう, ませぬ目上のお方, ませぬ相州さまがその, ませぬ真直ぐにし, ませぬにも見る, ませぬ知つて居ります私, ませぬへ獅噛附, ませぬ石動の町, ませぬ石川島造船会社でも評判, ませぬ神妙にお, ませぬには, ませぬ立派な位牌, ませぬ竹ちやんが岡惚帳拵, ませぬは何, ませぬの仔細, ませぬをお, ませぬをお, ませぬ美くしいにて, ませぬ胆吹を飛ん, ませぬ能登守殿のお, ませぬ脊骨をどやし, ませぬを揮う, ませぬがふくれ, ませぬ臙脂屋は商人, ませぬ臣下の中, ませぬ自分で今何, ませぬ自慢としてもそういう, ませぬ去らば, ませぬ若い時分には, ませぬ若木を好ま, ませぬの茶屋, ませぬ蛞蝓の大きな, ませぬの玄関, ませぬ表面上謹慎を表し, ませぬ裏通りを行け, ませぬ覚悟でそのまま, ませぬ親方の帰つた迹, ませぬ親方一人で御, ませぬ言葉に出しませぬ, ませぬ記者様此際何とし, ませぬを話し, ませぬ証拠をたやすく, ませぬ誠に何う, ませぬよりも一番, ませぬ大名も, ませぬ諸国修行の傍ら, ませぬ諸方からお, ませぬ貧乏こそすれ, ませぬ嬢も, ませぬ越前一国はそちら, ませぬを投出し, ませぬ足下とちゃんと, ませぬに大事, ませぬ身体が悪, ませぬ身体髪膚の教え, ませぬ車代賜はる外御用, ませぬ軍閥と資本家, ませぬ辞退しても, ませぬ辰のはこの, ませぬ追剥にでも逢, ませぬ通例の場合, ませぬ過分の御, ませぬ遠巻きにし, ませぬ遺書のよう, ませぬ酒屋へ走る, ませぬッぱい物が, ませぬ金銀がある, ませぬ門付でいただいた, ませぬ閣下是迄の所, ませぬ限り叔父は決して, ませぬ隨分古いこと, ませぬがなけれ, ませぬ難病に取りつかれ, ませぬ青空の存する, ませぬ非常の手段, ませぬを灼く, ませぬ食物は魚并, ませぬ首尾好く仕留めました, ませぬ高野へお, ませぬの日魔