青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「みた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~み み~ ~みえ みえ~ ~みえる みじめ~ みずから~ ~みせた ~みせる ~みた
みた~
~みたい みたい~ みたら~ みち~ ~みな みな~ ~みました ~みます ~みよう みよう~

「みた~」 6449, 67ppm, 1696位

▼ みた~ (1940, 30.1%)

29 それは 19 それも 14 誰も 13 これも, そこには, どこにも 11 どれも, 少しも 10 これは 9 何の, 返事が 7 さすがに, それらしい, 扉は 6 ここにも, 何も, 彼は, 彼女は, 急に 5 これが, そこにも, その時, それを, よい, 男は 4 その日, その結果, それには, どうした, もうそれ, 中は, 何にも, 彼の, 気の

3 [31件] あまり面白く, いずれも, ここの, しかしそれ, そこは, その返事, それが, それに, だめだった, だれも, どうしても, どうも思う, どこへ, どの部屋, なんの, やっぱり同じ, やはり駄目, よかろう, 人の, 今度は, 出て, 分らなかった, 博士は, 女は, 犬は, 相手は, 結局は, 自分の, 返事も, 返辞が, 駄目だった

2 [81件] いつもの, お筆, けっきょく, ここで, これには, こんどは, さっぱり見当, すべての, そうする, そうでも, そこに, そのうち, その学校, その店, それでも女, それにも, それほど骨, そんな事, どうしても双, どうする, どうもこれ, どこか, どこからも, どこも, どちらも, どれほどそれ, ない, べつにこれ, もうその, もうどこ, もうニンゲル, やっぱりない, やっぱり無かっ, やはりそれ, よく分らない, わたしの, 中に, 事実は, 今は, 何が, 何を, 使いの, 例の, 僕の, 分らない, 別に, 前に, 力が, 可い, 夜じゅうときどき, 容易に, 山々に, 彼が, 彼には, 彼女の, 思わしくない, 手に, 暫くは, 気が, 無学な, 無駄だった, 男も, 直ぐに, 相変らず, 眠れない, 秀吉は, 私の, 細君が, 結局それは, 結果は, 絡みつく者, 自分ながら, 良人は, 葉子は, 要領を, 誰にも, 返事は, 部屋の, 馬は, 駄目であった, 駄目である

1 [1417件 抜粋] あいにくここ, あいにく誰, あそこの, あの方面, あの面倒くさい, あまりへま, あまり感心, あれほど, いいあんばい, いかにも寒々, いくら眉, いたずら者は, いっこうに浮かぬ, いつかう返事, いつのまにか先, いつもまだ早, いつも柳, いない, いやいやあの, いやその, いや半間, うまくいかん, うまく行かなかった, おぼえなど, お亀, お可久, お清, お繁, お身, かなり爽快, かわりの, がんりきは, くっつこうはず, こうなる, こう綴る, この, この一年, この仏像, この娘, この男, この程度, この辺, これとても, これまた, こんなうまい, こんな悪く, こんな時, さう, さっぱり通信, さてこれぞ, さて何, さて寝台, さて気分, さらに小山ミチミ, しかしする, しかし余儀なく, しかし庭, しかし誰, しげみが, しらじらと, じつの, すぐまた起きあがっ, すこしも返辞, すでに蜀軍, すべてだめであった, ぜったいに逃げだした, そうかと, そうでない, そこからも, そこまでは, そこらには, そのうちとうとう医者, そのとき, そのまま力つきた, そのオーバー, その位, その呼声, その娘さん, その彼, その意見, その時分, その枝, その甲斐, その結果日本海方面, その途中, その間に, それから却って, それすらも, それではどうにも, それでもまだ, それでも全体, それでも踏みこわす, それなりあわて, それに対しては, それゆえに, それらは, そんなこと, そんな青年達, たいていは, たしかにいない, たしかに十本, たずねるドン助, ただなんとなく, ただ爪, たってと, だからといって昔, だめでした, ちっとも考え, ちよっと, ついには, ついに支えきれず, ついに野獣, つてばかり, できなかった, とうとう持っ, とたんに心中, とてもだめ, とにかくもしそれ, どういうわけ, どうしてもあと, どうしてもこの, どうしても居所, どうしても抜けない, どうしても起きない, どうしても開かない, どうしても5, どうもあんまりたのもしい, どうもお前たち, どうもこの, どうもそれ, どうもまだどうして作ったら, どうも仕方, どうも分からない, どうも左団次, どうも気に入った, どうも真, どうも老人, どうも調子, どうも香気, どこに, どの商店, どんな太い, なお胸, なかなかお銭, なかなかやめ, なかなか咳嗽, なかなか見えない, なにかの, なにしろもう真夜中, なるほどそこ, なるほど固く, なんしろ, なんだか薄暗く, なんとも見当, なんにも出, はっきり思い出せなかった, ばかばかしい事, ひとりの, ひどく気分, ふりかえりも, べつだん面白い, べつに愉快, ほかに, ま, ます, まずかった, また戻っ, まだはっきり治っ, まだ出勤, まだ戻っ, まだ黝, まったく通じない, まるでブリキ細工, まるで見当, みな嘔吐を, みんな内側から, むしろ茶, むろんいなかった, もうだめ, もうみんな約束済, もう七兵衛, もう取返し, もう旧, もう玄庵, もう真暗, もう間, もし不服, もちろん太子, もともと強情我慢, もとより伝家, もとより雲, やがてか, やがて櫓拍子, やっぱりいない, やっぱりゆるぎ, やっぱり徒労, やっぱり昼間, やっぱり知らない, やっぱり返事, やつら口を, やはりそこ, やはりところどころ, やはりまぎれ, やはり一種, やはり何だか気持, やはり外部, やはり折れた, やはり痛い, やはり見当らなかった, ゆき子は, よい生きた, よろよろと, わからなかったので, ゐない, カメの, カーテンは, スクリーンの, ソッポを, ダイヤは, トワール迄の, ドウモうまい, ビフテキは, ベトベトとして, ポテトが, ラムネー氏は, ロボは, 一人も, 一向に思ひ出せなかつた, 一向情熱, 一時間ほど, 一枚残らず, 一箇では, 一言も, 七郎の, 三人の, 三日目は, 下町育ちは, 不意い, 中途で, 乗物の, 二人とも, 二人並ん, 二足と, 井出康子は, 人影も, 今では, 今日は, 仕方が, 仲間は, 会社専用の, 佐原屋は, 何かしら, 何だか二人, 何という, 何もかも後の, 何れも, 何一つ手落ち, 何事も, 何処にも, 何分了解, 何度通っ, 余りに近く, 余命は, 使いようが, 信長の, 僕には, 兄からの, 先刻の, 先生に, 兜の, 全く見当, 全部満員です, 兵さんは, 内儀は, 内蔵助は, 冷たかつた, 分らない蒲団, 判らない, 別に何, 別に異常, 別に軍人, 別段何者, 到底自分達女, 前も, 効目は, 勝治は, 十人組は, 十勝岳に, 千太郎は, 千鶴子は, 危険を, 及びも, 口は, 口惜しいけれど, 古内志摩は, 同じこと, 同様に, 呉は, 周旋屋の, 咳ばらいが, 喬国老が, 四羽は, 堂々たるもの, 声が, 夏の, 外国を, 大丈夫温い, 大概の, 夫人は, 女の, 如何し, 姉は, 娘の, 子供には, 宙に, 実はくるしく, 実際社会, 宵の, 容易くは, 富岡からは, 寝ぼけて, 尋ねる赤ちゃん, 小女も, 小松さんの, 小説家は, 少なくともなお, 島の, 師匠が, 帳面の, 幼い頃, 幾晩氏が, 庄三郎の, 庸太郎が, 当りが, 彪でも, 彼らの, 得たもの, 御家新口唇を, 徳利は, 思いだせなかった, 思うよう, 思ひだせなかつた, 怪しい者, 恋と, 想像し, 意外にも, 戸外には, 戻っては, 扇屋では, 折れて, 掌に, 支那の, 数学と, 数枚の, 斧四郎旦那も, 旅の, 昇は, 昔と, 昨夜彼が, 昨日ひとつ考えが, 時々ツヤ, 暮れゆく空, 曹操の, 未だ一回, 本人の, 本当の, 杉の, 来春まで, 林の, 格別これ, 案の定これ, 案外従順, 極めて平凡, 欠員が, 正直な, 武蔵は, 死骸の, 母親の, 気は, 気象台長の, 決して偶然, 油を, 洗濯屋は, 流行する, 海は, 湯は, 漸と, 濁りも, 灯の, 烈しく振りつけられた, 無論落第もの, 煙草の, 犯人が, 猪之は, 玄関前の, 現れた卦, 甕は, 生れかわったよう, 生憎馴染み, 生返事で, 男の, 町は, 異状は, 疵らしい, 痛いといふ, 皆よく, 盲人は, 看護婦や, 眠くて, 瞼が, 矢張同じ, 知らんという, 神尾の, 秀次よりも, 秋深く, 空いて, 窟の, 立止っ, 答えは, 精彩ある, 純粋で, 結局お雪ちゃんの, 結局なんら, 結局村重としては, 結局魂だけは, 繋舟は, 義理にも, 老妓に, 耳なれない, 聞えないの, 聞き出すこと, 肌着下穿き等からは, 胸苦しさ, 腰掛の, 自分には, 臭気も, 花の, 花袋は, 苦笑し, 草深い田舎, 落ちつかなかつた, 蒲団の, 蕾は, 薩張り要領を, 虎でない, 蜂の, 表面に, 装身具は, 要するに無駄, 要領ある, 見つからずに, 見つからない寒風, 見付からない, 見掛けに, 覚めればこそ, 解りそう, 記憶の, 話の, 誰しも, 誰れ, 諸君よ, 谷崎潤一郎も, 豹なんて, 資金が, 踏切りの, 近いところ, 返事がねえ, 返答は, 返辞も, 送り向, 連れて, 遂に何, 遂に求める, 遂に要領, 遠くに, 郵便局長つたら, 重くて, 野郎返事も, 釦の, 鉄格子は, 錠が, 長い間学校, 門は, 開かない, 関東方では, 陽が, 電子という, 非常に, 音羽も, 頭を, 顔から, 風は, 馬方は, 駄目だつた, 駅前へ, 骨は, 魔は, 魚問屋の, 麦刈り養蚕田植えなどが, 黙って

▼ みた~ (647, 10.0%)

92 である 68 です 52 だが, ですが 5027 であるが 23 であった 1716 だった 11 であります 109 でした 8 ですよ 7 じゃ, であったが 6 かね, だと, では 5 かい, だけれど, だったが, ですけれど 4 であろうか 3 であろう, でございます, でしょう

2 [14件] かそれ, が始まり, だがね, だけれども, だそう, だとか, だね, だよ, だろう, は, はつい, は去年, もこの, んです

1 [119件] あなたど, かお, かぎょっと, かしら, かそれとも, かも知れない, か今, か孫兵衛, か島尾氏, か桂子, か猫, か用むき, か相木熊楠, か自分, か開封, がおかしい, がどうやら, がばからしく, が不知火流, が乗主, が十七世紀, が市場, が微笑, が本郷座, が測らず, が第, が道行き相手, さ東京, しんで, じゃが下手人, すると, だか, だから, だけど, ださうで家, だし, だつた, だとこう, だど, だらうと, だろうか, だろうが, だろうという, だろう脇, でありましょう, でありますが, であるか, であるけれど, であろうこんど, であろう長ずるに, でございますいったい, でございますよ, でござる, でしたが, ですから, ですがね, ですけど, ですけれども, ですね, ですの, と大同小異, と役場, にもまた, に対して未亡人, に対し思い込んだ, はおれ, はかりゅう, はきっとだいたい, はこの, はこれから, はしんきろう, はその, はどう, はなに, はひとり, はほんとう, はむろん, は一時, は主として, は二十七日, は人心, は今, は今度, は例, は保井家, は勇ましく, は単に, は印刷技術, は吾妻, は咄嗟, は大正二年元旦, は左, は当座, は役宅頭早川勘解由, は彼, は憐れ, は日本人, は樫本寒雪, は汐, は法本, は泰造, は浅草公園, は源次郎少年, は番頭ふたり, は私, は結婚, は自己安心, は薩摩屋敷, は親鸞, は道づれ, は霜, は高, は高島, もその, もほとんど, も無理, を覚え, サ, 知ってる

▼ みたよう~ (608, 9.4%)

134 なもの 17 になっ 14 な気 12 なもん, な男 11 なこと 8 なの 7 だ, な人 6 な事, な人間 5 な奴, な顔 4 な処, な声, な女, な物, な者, な表情, にし, になる 3 だった, なところ, な頭, になった, ね

2 [24件] だが, だと, な, なと, なとき, なので, なわけ, な先生, な姿, な役, な役目, な感じ, な態度, な所, な文句, な方, な機械, な気味, な習慣, に, にそう, になり, にぼんやり, に音

1 [269件] じゃない, だし, だそこ, だどうして, だな, だなあ, だね, だわ, で, であったから, でげすと, でございますねえ, でしたが, です, では, でも, でフン, で少し, で年じゅう, で感慨無量, で愧, で甚だ, で道庵先生, なあてもの, なあの, なあんな, ないっそ, なお, なお話, なきゃしゃ, なこころもち, なこんな, なざらざら, なすば, なその, なでけえ, なとても, なばか, なひと, なまた, なやつ, なよけい, なん, なエライお方, なガランドウ, なコンニャク問答, なステキ, なデカ者, な一皿, な不具者, な不快さ, な世話焼, な乱杙歯, な二の腕, な二階, な人ら, な人物, な仔犬, な仕事, な住居, な体格, な何, な何とも, な俳句, な偉い, な偉人, な儲け口, な冗談, な勢い, な占者, な口, な口調, な名, な吾輩, な味, な咳, な啖呵, な地方, な坊さん, な変てこ, な変哲学者, な変態的性格, な大きな, な好男子, な妙, な嫁, な学者, な家, な寒い, な小, な小人, な小僧, な尾, な崑崙, な帝都, な広汎, な店員たち, な建物, な弁護士, な強い, な当人, な役人, な心, な心地, な心持ち, な心理学, な心理状態, な性格, な恐ろしい, な恰好, な懐かし, な我儘もの, な挨拶, な旅僧, な時間割, な暗示, な暴君, な服装, な本質, な校長先生, な棒, な正方形, な武蔵ッ児, な毛むくじゃら, な気もち, な気持, な汁, な沈鬱, な涼み芝居, な無鉄砲, な珍, な瓦落多普請, な甘い, な生蕃人, な田舎もの, な男衆, な白い丸い, な百姓, な目, な眼, な窓, な笑い方, な筋道, な組織, な結果, な綾, な美青年, な脳漿, な腰弁, な自分, な色, な色彩, な花, な花電燈, な若い, な薄, な虚弱, な親友中, な言葉づかい, な言葉使い, な証拠物, な警固人, な足取り, な近代人, な逢いかた, な連中, な部屋, な銃声, な長い, な陰気, な青白い, な顔つき, な風采, な飄逸, な食い心棒, な香気, な馬鹿野郎, な騒ぎ, な黒, にあがめ奉られ, にあっ, にあった, にあんなに, にいろいろ, にうねっ, にお, におもう, にお前, にぐうぐう, にこんな, にさもしい, にしつっこい, にそれ, にたくさん, にだんだん, にどうして, にな, になに, になりまし, になるだ, になれたら, にぽかんと, にもじもじ, にイザ, にキャッキャ, にクシャクシャ, にケバケバ, にシッカリ, にタタキ, にチョコン, にニコニコ, にハタハタ, に丁度, に丸々, に二階, に云った, に云われた, に交際, に人, に何, に使う, に倒れ, に全体, に原因, に受取っ, に固く, に大した, に家, に座っ, に御, に思っ, に思った, に恐ろしい, に恥かし, に感じられましょう, に朝, に枯れ, に検めた, に浮出し, に涙, に火鉢, に生意気, に生真面目, に癒, に眺める, に禿頭, に私, に竹槍, に笑っ, に精神病科, に群書, に老けちまっ, に腰, に芥溜, に親, に親しん, に解釈, に言う, に軽々しく, に道中, に鐘, に降り続け, に難船, に青白く, に風, に高く, に高等複雑, に鷲型, のもの

▼ みたところ~ (469, 7.3%)

21 でそれ 11 で仕方 9 でその, で何 8 でこの, でどう 6 でこれ, でどうにも, で私 5 で所詮 4 で, でとても

3 [14件] です, でどうせ, ではじまらない, でやっぱり, でタカ, で世の中, で仕様, で到底, で同じ, で始まらない, で無駄, で相手, で知れた, による

2 [27件] がはじまらない, が何, であなた, であの, でおそらく, でこれら, でしかた, でしようが, でそう, でそれで, でつまらない, でどうまあ, でまた, で一向, で今, で何処, で別に, で大した, で家, で得る, で手紙以上, で次, で結局, で肝腎, で自分, で面白く, どの女

1 [276件] あには, いきなり器械, いたる所, いつもとは, お元気, かれら, が, がある, がいくら, がごく, がほとんどわずか, が到底, が孰, が実際, が容易, が案外, が留守, が石, が結局, が誠によく, この美人, さ, さだしぬけ, さほど金, そのピストル, その傍, その庶子, その志, たしかに中, だいぶん衰弱, だけで, てんで問題, であえて, であそこ, であたり, であとがさつぱりするわけでもあるまい, である, であるいは, でいかにぐるぐる, でいずれ, でいちどに, でいよいよ, でいわゆる, でうまい, でお, でおいそれと, でおいソレ, でおたがいに, でおっつかない, でおれ, でお上役人そのもの, でお前, でお前さん, でお雪ちゃん, でかに, でかりに, できなこ, でけっして, でここ, でこんな, でさ, でしかし, でしやう, でしょせん, ですぐ, ですの, でそもそも, でそん, でそんな, でたいした, でたいして, でただ, でちっとも, でちょっと, でとうてい, でともかく, でとりわけ, でど, でどこ, でどっち, でどれほど, でなに, でなめ, でなる, ではいわ, ではじまらぬ, ではじまらねえ話さ, ではその, ではそんな, ではなかなか, ではなかろう, ではほんとう, ではほんもの, では九条師輔, では佐代子, では大方, でひつくり, でひと, でへえ, でほんとう, でまだどう, でまるで, でもう, でもともと, でやがて, でオイソレ, でオーレンカ, でスフィンクス, でツマら, でバルブレン, でフランス十七世紀, でマメ, でヤミ屋, で一度, で一見, で丁坊, で七兵衛, で七十二, で三好方, で世界じゅう, で事実, で五官, で人間, で人間同士, で今さら, で今や, で今更, で仔細, で以前, で何しろ, で何ら, で何程, で俗, で元, で公式, で出来る, で別段, で剣突, で力, で勝敗, で十日, で十日後, で向う, で吾, で和尚さん, で国民一般, で埒, で大地, で天下, で天皇権力本位, で夫子自ら, で妙案, で妹, で始まらぬ, で始まらん, で始まりますまい, で子ども, で子供たち, で宝塚, で寒い, で将軍家, で山, で常識的, で平凡, で彼, で彼自身以外, で後で多少, で徒ら, で得, で忽ち, で急, で恐らく, で惣治, で戻れる, で扉, で指導, で改まる, で数千年伝承, で敵, で日本, で日本通, で昔ながら, で最も, で本来信仰, で果し, で梓川, で楓, で極り悪, で様子, で民心, で水掛論, で永徳, で決して, で消極的, で潰え去るであらう, で濁流, で炭焼, で為よう, で無名, で無用無益, で煩わしく, で牧場, で猊下, で現代, で生命, で男, で皆さん, で石巻, で私自身, で私達, で稲, で第, で素人, で結局ほんとう, で総, で美しく, で職人, で艦隊, で虚空, で行き立つ, で要するに, で親子, で親子三人, で解ろう, で誰, で諸君, で貧乏, で身動き, で軍治, で辟易, で迷子札, で通じる, で運命, で遽, で野暮, で金五郎, で金文字, で銀座, で長, で間に合わねえ, で間抜け, で閻魔, で隙, で面白, で顔, で馬鹿らしい, で駄目, で鷲, とてもおいしい, なの, に依っ, に依る, に依れ, に影, に日本, もうきのう, もう十枚目, もう土地, やっと分った, やっぱり高かっ, よい色, を知る, 何と前田犬千代, 何ら遜色, 動いたとも, 少しも, 果して鋼索, 果たしてその, 果たしてただ, 果たして黴, 案外その, 相変らず, 肥って, 買わないと, 驚いたこと, 高々四

▼ みたこと~ (386, 6.0%)

57 がある 30 もない 29 がない 20 があった 18 はない, もなかっ 15 もある 13 もあった 10 があります 9 がなかっ, のない 76 はなかっ, もありません 5 がなかつた, のある, はありません 4 がありません 3 はありませんでした, はなかつた, もあつ, もなけれ

2 [12件] があつ, があり, がありました, がお, だし, である, はある, は無かっ, もあります, もございません, もなかつた, も有った

1 [84件] ありませんでしたの, ある, あるなあ, かおや, かといわぬ, かとふてくされた, かと受付ドン, かと種吉, かと返報, か俺たち, があっただろう, があるだろう, がございます, がなけれ, がむだ, が一度, が従来, が縁, が自然, さえげに, さえございます, さえなかっ, そして縦横寸分, そのなか, だが, だらう, であった, であるが, であろうが, でしょう, でせう, では, でも, ないあたし, ないから, ないけど, ないの, ないや, ない私, なかった, などは一度, などを思い出した, にもなる, に何, の動機, の無い, はあった, はありました, はあります, はないだろう, はなく, はねえ, はほとんど, はほんとう, はみた, は事実, は全く, は否定, は本当, は生れ, は私, もありあしない, もありませんでした, もござらぬ, もしゃべった, もな, もないすばらしい, もなく, もまた, も一度, も他人, も再々, も無い, をしやしない, をのこらず, をはっきり, を偽り, を姉, を思い出した, を母, を現実, を話した, 申しあける, 聞いたこと

▼ みた~ (236, 3.7%)

50 です 3226 ですが 23 だが 16 だよ 11 ですよ 9 だけれど 6 だがね 5 ですがね, ですけれど 4 だけど 3 じゃない, だそう, でしょう, ですか, ですの 2 だから, だけれども, だろう, だろうね, でございます

1 [24件] かね, じゃ, じゃが, じゃないでしょう, だこんな, だぜ, だそして, だってしょっちゅう, だって言っ, だと, だとさ, だのに, だらう割合, だろうよ, だ夢, だ早く, でございますしたら, ですからな, ですけれども, ですって, ですもしも, と, や, やが

▼ みたって~ (106, 1.6%)

4 仕方が 3 しようがない, 仕様が 2 しょうがない, そうだ, どうなる, どうにも, はじまらない, 何の, 始まらない

1 [82件] あなたがたの, あなたがたは, あの怪物, あんなに面白い, いったいこの, おぼつかないわよ, こちと, この荒れ, これで, しかたが, そこには, それが, それは, たいしたこと, たいして役に立ち, だめです, つかまえられるはず, つまらないじゃ, つまんないよ, どうならず, どうにもこうにも, どうにもならん, どうにもなりません, なんにもなりゃしません, なんの, はじまらないの, はじまらない止し給え止し給え, はじまらねえや, ふだんの, まるで孔, もうこの, もう無駄, よさそう, わしらには, ゴタゴタする, タカが, ダメな, ドイツとして, フランスは, 一人じゃ, 二月三月は, 人を, 仕方も, 似合いっこは, 何にも, 倖せ, 僕には, 全然ムダ, 分りそう, 分るが, 初りません, 判るでしょうこんなに, 別に損する, 十二ポンドの, 及ぶもの, 史実の, 同じ原因, 奥さんそっくり, 始まらないじゃ, 始まらねえや, 始らない, 始らんでは, 実はムダ, 実質的には, 小町娘と, 手品使いじ, 救われるもの, 文法の, 日本の, 松やにの, 淋しさ, 無駄だ, 玉井が, 現実は, 目鼻は, 私が, 絶対の, 耳を, 話が, 話に, 面白いわけ, 鼻血も

▼ みたけれど~ (89, 1.4%)

2 第一

1 [87件] あの付近, あの子, いつもわたし, いらっしゃらない, えたいの, おいそれとすぐ買手, お光さん, お角, こ, この際, さてどう, しかしなかなか, すぐあと, すぐに, すやすや眠っ, その一かたまり, その先, その力, その消息, ちつとも, ついに思う, どうも兄貴, どうも打消し, どこの, どちらへ, どっちへ, どの方角, なにも, はっきりした, もうさがしあぐね, もう四十位, もう螢, もう駄目, もちろんいや, やっぱり駄目, やはり行った, ハンダが, ビクとも, ピッケルが, 中には, 主膳は, 二の句は, 二人っきりなら構わない, 二枚の, 今じゃ, 今は, 今宵の, 何とも云っ, 依子は, 刀が, 初夏の, 単に混戦, 向うの, 奥は, 妙に, 帯に, 庭の, 彼は, 憎らしいの, 手ごたえが, 拍子抜けの, 普通の, 更にわからない, 更に返事, 根岸の, 死んで, 殆ん, 気が, 治郎吉の, 無体にも, 知らない顔, 神尾の, 結局は, 結局米友の, 胆死し, 行方は, 表面の, 起きて, 返事が, 金椎の, 金沢の, 随分おかしな, 雪が, 面白くない, 額に, 駕籠屋は, 鶴さんは

▼ みたものの~ (82, 1.3%)

1 [82件] あんまりオツ, いそいそと, いまは, いよいよその, おれも, このまま何処, この問題, さし当っ, さてこれから, しかし自分, すぐバッタリ, そのときわたくし, その氷河, それも, それ以上老婆に, ただ, ついに口, どちらからも, もうまにあわない, もう昔, もう昔日, もし弦, もちろんこんな, ゆき子は, ようやく領分, よく考え, カテリーナ・リヴォーヴナは, シーンと, 一人相撲の, 一家の, 上京早々から, 不漁つづき, 二度も, 今またこうして, 今更覚悟, 何ものにか, 何等そこ, 何者に, 元々こっち, 内内心細かっ, 北原君としても, 同時に意味, 多少怪しい, 失敗った, 女の, 子供の, 実の, 実はそんな, 実は米友, 富五郎は, 小面倒, 当惑し, 彼の, 心の, 惚れとるもん, 掴み得るところ, 放二, 栄三郎に, 横合から, 橋を, 死んだお, 物騒な, 現実に, 着て, 矢張り持っ, 矢張り月給袋の, 神行法の, 私には, 私の, 第一番, 笹木の, 自分の, 舞台の, 落ちて, 足が, 追いつかない, 遂に外す, 長さ二寸, 門人たちは, 降ると, 隆吉も, 頑な

▼ みたもの~ (78, 1.2%)

9 です 64 らしい 3 である 2 がついに, だが, だった, であった, でした, でしょう, ですが, はない

1 [40件] かそれとも, かと思う, かな, かの若者, かも知れない, か小, か急, だから, だつた, だア, であつ, であります, でございます, ですから, でないと, でなければ, で一寸, で不破, で安永七年, としても人, と思われる, と解すべきであろう, なの, にせよ, に相違, はあと, はありません, はあるまい, はなかっ, は幕府, は必ずしも, は果たして, もあつ, もありませんでした, もある, もございませぬ, もない, よ, らしいがと, をもう一度

▼ みたけれども~ (73, 1.1%)

4 返事が 2 友兄いなる

1 [67件] あいにくの, あかない叩いて, お咲さん, お客の, かならず吉報, この姿, これは, さっぱり効き目, さっぱり当り, すでに遅かっ, そこでお雪ちゃん, そこらは, そのあまい, そのいずれ, そのたびごと, その何物, その何百千, その選, それが, それなら結局, たちまち鼠, ついにそれ, ついに堪えられない, とても絶望, どうもその, なんら怪しむべき, はっきりと, ほとんど正体, ほどなくあきらめ, もうその, もう後の祭り, もとよりその, やっぱり倒れた, 人の, 今と, 他の, 何も, 僕は, 別にあと, 園の, 変更すべき, 変装用の, 天神様を, 当時津村の, 支那の, 暁に, 本来衣裳物の, 水が, 決して心, 洗うが, 無論おいそれと応ずる, 犬が, 確證が, 窓を, 答が, 素質が, 良人を, 若い絹子, 茂太郎は, 見えない, 見出せないの, 釘付も, 離れません, 馬は, 驚かないで, 黙って, 鼠一匹すらも

▼ みたところが~ (72, 1.1%)

2 お筆さん, それも, 忽ち百枚

1 [66件] ああさ, あたり荒寥人心は, あの胡麻, いくらの, お松も, かねがね亭主, このふたり, これだけの, こればかりの, すぐに, そこには, その制度, その浴槽, その生涯, その軽度, そりゃあお前どんな, それが, それは, たいへん熱い, ちつとも, どうもあっち, どうも少し今日, どうも昨日, どこまで, ばかばかしいくらいの, ひと弾き, みんな欲しかっ, やっぱしへとへとになったってね, やっぱり当った, シャトオブリアンとか, 上昇し得る, 二廻も, 人類の, 今の, 今晩多人数の, 何でも, 何も, 先生は, 児戯以上の, 入港が, 前に, 大尽の, 子供の, 実によい, 実際その, 平和工業に, 当人の, 彼女の, 彼女は, 支那に, 本物より, 果して待望, 果して鯉, 極く, 男鹿の, 矢張加茂川の, 研げて, 筆者自身の, 肉体は, 要するに極地, 見当らぬ日本左衛門, 金剛石は, 関さんが, 非常に, 髭が, 鼠の

▼ みたやう~ (70, 1.1%)

10 なもの 5 なこと

1 [55件] だ, である, ですね, な, なあんな, なそして, なところ, なの, なは, なひねくれ者, なみ, なもの也, な下等, な世, な事, な人, な仕掛け, な凄い, な変, な奴, な山, な所, な文, な方, な次第, な毛, な気, な気持ち, な氣, な現実精神, な目, な目まぐるしい, な者, な舎, な變, な野暮, な金具, な銃身, な陰気, な顏, な風, な風体, にし, につぶれ, にてれ, になつ, にふわりふわり, にギクリ, にポッキ, に一體何處, に不, に元気, に庄左衞門以來, に水, に飛び込ん

▼ みたとき~ (69, 1.1%)

3 のよう 2 に, はもう

1 [62件] あまり冷, あまり彼女, からわし, かれは, こう迄, この地底戦車, そう言っ, その大き, その小説, ちつと, できたの, でさ, ではこれ, と同じ, どんなに慄, にきゅう, にきょう私, にこの, にそう, になぜ, になんとなく多少, にはいつも, にはお, にはまだどう, には久慈, には博士, には完全, には思わず, には溶け, には考へ, には霧, に特に, に私, に逢っ, のこと, の誤謬, はじめて感じ, はすでに, はたしか, はでっ, はなんとも, はなんにも, は他, は余りに, は味方, は如何, は孔明, は泥, は目頭, ふいに, まるで悪夢裡, もう組, もし産制, も同家, も困つた, も私, よりももっと, よりもやせ, 低く唸った, 思わず私, 漠然と画面, 高一

▼ みただけ~ (64, 1.0%)

8 なん 6 です, では 4 であった 3 だ, である, なの 2 だった, だと, でこの

1 [25件] だが, だったん, であって, であれ, でおじけて, でかわいく, でこいつ, でした, でしたの, ですが, でその, でそのまま, でその後, でのこされて, でまた, で中止, で如何, で実際, で戦争, で持てあまし, で焼きすてたあと, で自我, で苦笑, なのに, なのよ

▼ みた~ (64, 1.0%)

12 がある 4 があった, があります 2 がありました, がない, が無い, のある, はある, はない, もあった, もある, もなかつた, もなく

1 [24件] かだから, があつ, がありません, がなかっ, がねえ, が何度, さえあった, さえありまし, さえありました, であった, でその, のない, はありませんでした, はしばしば, はなかっ, はねえ, は一度, は今, もありました, もあります, もない, もないつまらない, もなかっ, も御座んせん

▼ みた~ (55, 0.9%)

7 はもう 2 にいっそう, にその, にわたし, の喜び

1 [40件] いかにも, から初めて, でさえ自分, どんなに深刻, に, にこれ, にこれら, にすでにもう, にすべて, にどちら, にはここ, にはこの, にはどこ, にはなに, にはもう, にはもはや, には信心, には困難, には必ず, には次郎, には町, には荷車, には誰, には驚くだらう, にもいつも, にもその後, にも私, にわれわれ, に兵馬, のよう, の百姓家, の豊世, はこの, はなに, はもうこ, は変った, は必ず, は腹十文字, も感じた, よりは庇髪

▼ みたわけ~ (42, 0.7%)

10 では 6 でも 5 です 3 さ, だが, だった 2 である 1 じゃあるめえし, じゃが, じア, だ, であります, であるが, でした, ですよ, で最前, なんでさ

▼ みた~ (41, 0.6%)

3 いう 2 すれば, 云って, 思った, 言って

1 [30件] いうに, いうばかり, いうまで, いって, いふ, おっしゃって, おなじよう, くちおしいまでにも, したらそこ, したらどう, しより, する, するとき, ほりだ, 云った, 出來, 同じに, 女が, 思ったから, 思った火柱, 書いて, 眼を, 考えたの, 考えられないかな, 覚えて, 言う, 言つてわざ, 言つて青く, 語ると, 逆襲し

▼ みたという~ (29, 0.4%)

4 ような 3 ことです 2 話を

1 [20件] ことであった, ことに, ことは, ことを, それが, のは, のも, まあ言っ, わけさ, わけだ, んです, 人が, 伝説も, 四人の, 地上と, 弥五六は, 形跡が, 美しい花, 近所の, 青春には

▼ みた~ (29, 0.4%)

6 でなければ 5 でないと

1 [18件] でお, でかう, でさて, でそう, でどっち, でなくちゃ, での気紛れ, ではカリグラ, でまた, で主人, で取調べ, で武者修行風呂敷, で自家特有, としても呉, にいたそう, の事, の話, 然るべし

▼ みただけでも~ (25, 0.4%)

1 [25件] あれは, およその, このこと, これは, これほど, その間に, それが, たまらないじゃ, どっちが, ふしだらな, ほぼ南さん, よくわかる, 大変な, 大抵は, 彼の, 心が, 心臓が, 無気味だった, 猛虎の, 直ぐ気違い, 第一, 胸くそが, 藤崎さんは, 身の毛の, 身ぶるいが

▼ みた~ (24, 0.4%)

4 があった 2 がある, もある

1 [16件] があるだらう, が印象, だ, だけに口, で, であったから, である, にはもはや, の言葉, は名, は外, もありません, もなかっ, も少なく, も無い, を見る

▼ みただけの~ (23, 0.4%)

5 ものな 2 ことさ, ことで, ことな, ものです 1 ことだ, ことである, もので, ものでありましょう, ものでした, ような, 事です, 人には, 話さ, 話であっ

▼ みたので~ (22, 0.3%)

1 [22件] あつた, あつて, あらうか, この事実, ござりました, ござります, ご辺, して, そこに, つい誘われ, ほかに, もう我慢, ジャックは, 一度それ, 久作が, 何も, 僕も, 千金の, 大事を, 彼の, 急に, 突然

▼ みた~ (22, 0.3%)

3 なもん 2 な恰好

1 [17件] あいつは, なええ, なこと, なやさしい, なイタズラ娘, なゴンゾ, なツン, なノラクラ者, な柔, な湯女, にそ, に一日芝居, に年じゅうブツクサ, に忠義, に曲っ, に柵, 意地悪を

▼ みた~ (21, 0.3%)

2 で白い

1 [19件] かつて僕, が, がそう, が仕事, だけは腐っ, であの, である, でその, でどう, でどうにも, では宿屋, で何, で何時, で無益, で軽輩, で輿, まだ一枚, 一寸あり, 御当家

▼ みたから~ (20, 0.3%)

3 である 2

1 [15件] こう注意, これは, だ, だった, だと, である臣民, であろう, です, ですね, また攻, シャツと, 息子の, 罰が, 足跡なども, 農民をのみ

▼ みたまで~ (19, 0.3%)

4 だ, です

1 [11件] じゃ, だよ, であります, である, ですが, ですよ, でまして, で決して, で言わば, なの, なんだ

▼ みたまでの~ (19, 0.3%)

3 こと 2 ことです

1 [14件] ことじゃ, ことだ, ことだった, ことだろう, ことで, ことである, ことな, ものである, もんさね, 事じゃ, 儀に, 分じゃ, 即興であり, 話である

▼ みた~ (18, 0.3%)

2 相違ない

1 [16件] してからが, しろ雲霧, すぎない, すぎないの, すぎなかったの, ちがいない, 呆ん, 拘はらずマルクス主義文学, 過ぎないが, 過ぎないけれど, 過ぎないでしょう, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎません, 過ぎん, 違いない

▼ みた~ (17, 0.3%)

4 ひき 3 えり 2 ふりの 1 はずて, ふとも, ふまで, ふりって, ふりで, ふファブリイス夫人, ふ事, ふ如く身

▼ みた~ (17, 0.3%)

2 があろう, はなあんだ, はない

1 [11件] があらわれた, がない, では, は, はありません, はござらぬ, はだれ, は出世, もある, もない, も多かっ

▼ みた~ (16, 0.2%)

4 がいい 3 がよい 2 がよかない 1 がかえって, がさらに一層, が右, が宜しい, が早い, が本当, が無事

▼ みたそう~ (15, 0.2%)

5 です 4 ですが 2 である 1 して, だ, であるし, でやす

▼ みたとて~ (15, 0.2%)

2 何に

1 [13件] いわれる方, お旦那方, 三文の, 世間は, 何事に, 十五里とは, 差し支えないじゃ, 恋も, 新子が, 短い人命, 自白する, 茶の, 防ぎきれるわけ

▼ みた結果~ (15, 0.2%)

2 は非常

1 [13件] から彼, だという, ついに発見, では昨年, でも市民一人あて, どうして一筋縄, による, の行い得られる, はこの, はじめてそこ, をこの, 全然だめ, 思いがけなく手

▼ みた~ (14, 0.2%)

2

1 [12件] このじ, と同じ, なの, に強く, に脅え訝り, に鬼, の内容, の解釈, の話, の話し, を一つ一つ記述, を語り合っ

▼ みた~ (14, 0.2%)

2 なもの, な物 1 でお前, で取廻し, なの, な事, にお, になり, に働ら, に局部, に身体, に追出す

▼ みた~ (13, 0.2%)

1 [13件] でなくて, でなければ, で彼女, にがんりき, にすべて, にふところ, にやっと, にわれわれ, にジョヴァンニ, に署長, に翻って, 容易く引, 起き出して

▼ みたうえ~ (12, 0.2%)

2 でこれ 1 じゃ, ですくなくとも, でないと, でみんな, で初めて, で千ルーブル, で改めて, で源三郎, のこと, 然るべく

▼ みたその~ (11, 0.2%)

2 卵がけえっ 1 せいかも, ほのかな, 一つの, 人は, 写真が, 学院の, 時から, 比較を, 顔の

▼ みただけで~ (11, 0.2%)

1 [11件] ござります, それが, ぞっとする, もう精魂, 安心した, 得られたわずか, 気絶し, 私の, 胸騒ぎが, 脳貧血に, 頭が

▼ みたあの~ (10, 0.2%)

1 ことについて, ころの, ばあさんが, 日の, 窓です, 箱根の, 義弟さんとかいう, 記憶が, 金の, 鉄塔と

▼ みた~ (10, 0.2%)

1 お蔦の, した因果, しれず冬, しれぬ, ないかい, ないよ, または他人, みと, りし, 私の

▼ みた~ (10, 0.2%)

2 に, 妙に 1 でそれ, にその, にわざわざ, に押寄せた, るるを, ホテルの

▼ みたあと~ (8, 0.1%)

41 でまた, で一座, で赤松さん, のこと

▼ みたばかり~ (8, 0.1%)

5 でも 21 で平気

▼ みた~ (7, 0.1%)

1 何だかわからない, 古書展覧会なども, 句集も, 小舟で, 床は, 明方近い, 老人自身も

▼ みたつて~ (7, 0.1%)

3 どうにも 1 た, 下らない思想, 少數, 暗い女

▼ みた次第~ (7, 0.1%)

4 である 1 だが, だがね, なの

▼ みたのに~ (6, 0.1%)

1 いまこうして, その種類, 今その, 信州へ, 左翼と, 浅吉さんは

▼ みたまひ~ (6, 0.1%)

1 しその, し跡, てよし, て天業, て隼人後, て願

▼ みた場合~ (6, 0.1%)

1 こういうテーマ, にくらべる, に全く, に輪郭, 果してそれ, 色々専門的

▼ みたかも~ (5, 0.1%)

1 しれない, しれなかった, 知れない, 知れないが, 知れないと

▼ みたけど~ (5, 0.1%)

1 そこには, なんや, トウトウ刀を, 飛びきり, 駄目だった

▼ みたつもり~ (5, 0.1%)

2 だが 1 だ, である, であるが

▼ みたほう~ (5, 0.1%)

2 がいい 1 がどれほど, がよい, が早い

▼ みたんで~ (5, 0.1%)

3 げすが 1 がすが, ござりまする

▼ みた瞬間~ (5, 0.1%)

1 からかれ, ぎゅっと心臓, にはわからない, に釘目, 思わず顔

▼ みた~ (5, 0.1%)

1 は, はそれ, ははっと, は更に, は立ち上る

▼ みたかと~ (4, 0.1%)

2 思うと 1 心で, 思や

▼ みたからとて~ (4, 0.1%)

1 そう急, そんなこと, 知れたもの, 驚くお

▼ みたこの~ (4, 0.1%)

1 み仏, 方が, 朝の, 行動には

▼ みたそして~ (4, 0.1%)

1 すぐに, 何かの, 次の, 飛行機の

▼ みたといふ~ (4, 0.1%)

1 のである, のは, 忙しい, 訳で

▼ みたところそこ~ (4, 0.1%)

1 にふらふら, に大酔, はがらんどう, は四方

▼ みたところそれ~ (4, 0.1%)

1 が二種類, は毎日, は竹馬, は頂上

▼ みた~ (4, 0.1%)

1 が貴方, で, で苦, で近所

▼ みた~ (4, 0.1%)

1 の経歴, の老熟, はうすっぺら, を連れ

▼ みた自分~ (4, 0.1%)

1 の卦, の部屋, の顏, を見出す

▼ みた途端~ (4, 0.1%)

1 に, にぐッ, にふと, 口ごもって

▼ みた~ (4, 0.1%)

1 には先生, はすでに, もある, 焼けるに

▼ みたあげく~ (3, 0.0%)

1 あの家, がまずまず, の幸福

▼ みたくらい~ (3, 0.0%)

1 であった, なもの, 思いがけない美しい少女

▼ みたため~ (3, 0.0%)

1 しがない, であつ, に身

▼ みたとき伸子~ (3, 0.0%)

1 はああ, はちらりと, は自分たち

▼ みたとき私~ (3, 0.0%)

1 はみる, は自分, もはじめて

▼ みたのち~ (3, 0.0%)

1 かれは, それから死体, ちょっと首

▼ みたばかりの~ (3, 0.0%)

2 夢を 1 死に

▼ みたまでに~ (3, 0.0%)

2 すぎない 1 過ぎません

▼ みたやうの~ (3, 0.0%)

3 が百人中間

▼ みたりき~ (3, 0.0%)

1 と, わが筆, 若しほか

▼ みた~ (3, 0.0%)

2 だけど 1 ですけど

▼ みた以上~ (3, 0.0%)

1 はもう, は起き, は連れ

▼ みた~ (3, 0.0%)

1 であった, ではびく, のところ

▼ みた~ (3, 0.0%)

1 が足, の声, の姿

▼ みた後世~ (3, 0.0%)

3 のため

▼ みた揚句~ (3, 0.0%)

1 いくら何, それでも彼, どうも蜂須賀家

▼ みた~ (3, 0.0%)

1 には余り, にゃあ, の事

▼ みた時分~ (3, 0.0%)

1 には人間, には四辺, には炬燵

▼ みた時彼~ (3, 0.0%)

1 はじつに, はその, は思わずハッ

▼ みた~ (3, 0.0%)

1 にこの, にこれら, に自分

▼ みた~ (3, 0.0%)

1 だ, だが, だったが

▼ みた記憶~ (3, 0.0%)

1 がいま, はある, をもっ

▼ みた~ (2, 0.0%)

1 けれどどっち, たまで

▼ みたいくら~ (2, 0.0%)

2 ゐだ

▼ みた~ (2, 0.0%)

1 で電氣, になれ

▼ みた~ (2, 0.0%)

1 のぶサンが, 星さまを

▼ みたおれ~ (2, 0.0%)

1 がわるかっ, の心

▼ みたかて~ (2, 0.0%)

1 ちょっともそない, 何でも

▼ みたかの~ (2, 0.0%)

1 ように, 徳利でありました

▼ みたかや~ (2, 0.0%)

1 あの声, 編笠を

▼ みたきり~ (2, 0.0%)

1 であった, 眠らない

▼ みたくらいの~ (2, 0.0%)

1 ところであります, 艱難辛苦は

▼ みたさの~ (2, 0.0%)

1 ような, 玉麒麟

▼ みたしかし~ (2, 0.0%)

1 とうてい律, 老人はじつ

▼ みたすると~ (2, 0.0%)

1 おめ, 何事も

▼ みたそこ~ (2, 0.0%)

1 にチョビ安, んところ

▼ みたそれ~ (2, 0.0%)

1 がオニ, は頭

▼ みただけじゃ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ みただけに~ (2, 0.0%)

1 過ぎない, 過ぎません

▼ みたっけ~ (2, 0.0%)

2

▼ みたとき彼女~ (2, 0.0%)

1 が男, が自分

▼ みたとき私たち~ (2, 0.0%)

1 の心, の生活

▼ みたところバケツ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ みたところ俺~ (2, 0.0%)

2 の欲しい

▼ みたところ相手~ (2, 0.0%)

1 の教師, は大炊

▼ みたとたん~ (2, 0.0%)

1 には右馬介, にもう

▼ みたなんて~ (2, 0.0%)

2 よくもまあそんな

▼ みたのよ~ (2, 0.0%)

1 お天気, とても大きい

▼ みたほど~ (2, 0.0%)

1 だった, キミ子は

▼ みたほどの~ (2, 0.0%)

1 密度の, 嵩で

▼ みたまえ~ (2, 0.0%)

1 よハンス, 一彦君この

▼ みたまま~ (2, 0.0%)

1 でいる, 黙つて

▼ みたもう~ (2, 0.0%)

1 という信仰, 勿れ

▼ みたもしや~ (2, 0.0%)

1 それは, 怪人の

▼ みたもん~ (2, 0.0%)

2 だな

▼ みたよな~ (2, 0.0%)

1 腑抜けの, 色白で

▼ みたよりも~ (2, 0.0%)

1 ずッ, 更に年

▼ みたストランド街~ (2, 0.0%)

1 でクリスマスごろ, の風景

▼ みた一人~ (2, 0.0%)

1 なの, の諸

▼ みた一句~ (2, 0.0%)

2 ずつ指

▼ みた事件~ (2, 0.0%)

1 がある, の真相

▼ みた兵馬~ (2, 0.0%)

1 だけは単に, の眼

▼ みた刹那~ (2, 0.0%)

2 さっと手桶

▼ みた~ (2, 0.0%)

1 番頭さんが, 觀の

▼ みた嬉し~ (2, 0.0%)

1 さで, さに

▼ みた宿屋~ (2, 0.0%)

2 に偶然

▼ みた小説~ (2, 0.0%)

1 だ嘘, で傘屋

▼ みた~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ みた後彼~ (2, 0.0%)

1 のもてなし, は籠

▼ みた日本~ (2, 0.0%)

1 のこと, の音曲

▼ みた時代~ (2, 0.0%)

1 があった, もあった

▼ みた時私~ (2, 0.0%)

1 の傍ら, は初めて

▼ みた最初~ (2, 0.0%)

1 の新劇, の時

▼ みた~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ みた~ (2, 0.0%)

1 の数, を今一度

▼ みた気持~ (2, 0.0%)

1 すら左門, などもう

▼ みた~ (2, 0.0%)

1 の声, の顏

▼ みた~ (2, 0.0%)

1 にはこの, を細め

▼ みた程度~ (2, 0.0%)

1 であったが, のもの

▼ みた米友~ (2, 0.0%)

1 には今, はまた

▼ みた経験~ (2, 0.0%)

1 はまだ, を話し

▼ みた葡萄酒~ (2, 0.0%)

2 の酔

▼ みた~ (2, 0.0%)

1 でずゐ, も無

▼ みた~ (2, 0.0%)

2 の騒音

▼ みた覚え~ (2, 0.0%)

1 があるでせう, は全然

▼ みた言葉~ (2, 0.0%)

1 である, です

▼ みた~ (2, 0.0%)

1 でご, の形

▼1* [453件]

みたあげくわたしの達した, みたあげく不満と不足, みたあげく医者は首, みたあげく惜しげもなく, みたあやしい天の, みたいくつかの旁証, みたいったいあのときたんばさん, みたいつかの夢, みたいやはやド, みたいわゆる育児法の, みたうえ枯草を, みたおしやべり, みたおとといの晩, みたおやじさんがすわっ, みたかい多田君, みたかぎりではあの, みたかねお雪ちゃんに, みたからってどうして背, みたからという言葉さえ, みたからとさえいわれて, みたがいだ, みたがかあいそで, みたがさつを嫌つて, みたがさつぱり要領を得ない, みたがな秘密中の, みたがね君の, みたがやッぱりいない, みたがんりきの百蔵, みたけりや飮む, みたここの寄席, みたこと中仙道筋を通り, みたさもあるの, みたしといって, みたすえ急傾斜, みたそういう世の中という, みたそれでも博士は, みたいつもの, みただけという彼女の, みたってなんの, みたつけアなあお, みたつていふ程度の云, みたつて五十歩百歩では, みたつて判斷がつかない, みたつて君はたいして, みたつて必要に応じ, みたつて結局どうにも, みたつて結局人生には永久, みたつて結局俺は俺, みたつまりヴィラ・モン・ルポオの, みたつる人もなし, みたせう, みたとおり大きなおみやげ, みたとおり草原をはしりまわっ, みたとか掛けて, みたときこれらの旅行者, みたときそこのはもう, みたときぼくは顔, みたときわたしははげしい, みたときわたしたちは人間関係, みたときオヤッと思った, みたときマヌエラは一途, みたとき今まで明るかっ, みたとき彼はわれ, みたとき必要と思える, みたとき急にあの, みたとき怪人物のす, みたとき春木少年は胆, みたとき本書の作品, みたとき柄本又七郎の槍, みたとき気持がよかっ, みたとき瞬間絶望的なもの, みたとき素子がどうしても, みたとき顔面の表情, みたとこで仕, みたとこういったわけ, みたところあなた三度やり直しても, みたところこはそも, みたところここから近い, みたところこれは彼, みたところわたくしの父母, みたところチャンと船, みたところドアは開いた, みたところ一日に立て, みたところ予定の時刻, みたところ云々と聞い, みたところ五尺とねえ, みたところ会員の一人, みたところ俊亮からはあっさり, みたところ光悦が困った, みたところ六日は吉良どの, みたところ凡そ次のよう, みたところ初めから断られ, みたところ北側化粧台の前, みたところ友人は淋しい, みたところ大吉の卦, みたところ奈良井の大蔵一家, みたところ寸分たがわずあてたと, みたところ工事となる, みたところ平坦な楽, みたところ年齢のころ, みたところ幸いにその, みたところ役者の足りない, みたところ彼のばかばかしい, みたところ彼奴の生い立ち, みたところ意外にも誰一人, みたところ我ながら見とれる, みたところ昌造らの勉強, みたところ明治天皇の十六歳, みたところ時勢に鬱勃, みたところ村の人たち, みたところ松山という家, みたところ正月から盆, みたところ母親が玄関, みたところ水源地に近い, みたところ浅間の北の方, みたところ目録はドイツ語, みたところ眼の凄い, みたところ矢張此所で朱, みたところ私はたとえ, みたところ結局こういう訳, みたところ結局石油に結核菌, みたところ義理の悪い, みたところ要領を得ない, みたところ誤りのない, みたところ誰も知っ, みたところ賊の五万, みたところ道ばたにころがっ, みたところ部屋はがらん洞, みたところ金沢の援兵, みたところ金色燦爛とした, みたところ陽気のため, みたとしても旦那さんに, みたとたん春木少年は思わずあっと, みたとっさに思いうかんだ, みたとのことです, みたとはいいながら, みたどこの貧民窟, みたどの夕影よりも, みたどもあの衆, みた草鞋みたいな, みたなどという滑稽も, みたにはみたが, みたにも係わらず崇高, みたえ八ヵ月, みたのち今はなに, みたのち何かに触れ, みたのみでございました, みたのみに過ぎないよう, みたのよなんて云って, みた洞木の, みたばかしだがね, みたばっかりで忽ち, みたひとりの女, みたびめのうるさい質問を発しました, みたびらんらんと輝き, みたふして祖母, みたふたりはおもわず, みたまえと山嵐は, みたまま部屋を小走り, みたわれ生れける, みためずらしいものうつくしい, みたもとほる, みたやがてそれなりに, みたよりまた一, みたわけぢやない, みたんだいこんな物, みたんでさア, みたウォッジャーズはおく病風, みたエルキュルは憐憫, みたオッチョコチョイのせい, みたカトリックの教育, みたジャンはこっそり, みたセガンテイニの絵, みたソラ豆がわり, みたて仕方, みたドイツの, みたヒガミではない, みたフロオベエルや夏目漱石, みたボルはまだ, みたモスクワはそして, みたワケだな, みた一学という人, みた一文には多少, みた一番綺麗な夢, みた一秒の時間, みた一般大衆がその, みた七兵衛は行きがけ, みたでいま入浴, みた三上は幽霊, みた三四軒の中, みた仕合わせな, みた世界は, みた世話やきを, みた中支のどの, みたはブッツケ, みた乞食のふところ, みた乳房から下腹部, みた乾板に遂に, みた事実の集積, みた二〇年間にこれら, みた二人の被布, みた五月末に雪, みた井上の歌, みた人たちも少く, みた人形の不思議, みた人形芝居よりも軽業, みた体験に基づく, みたとも言えない, みたの中老, みた信玄の近侍, みた俳優は一人, みた兇暴の声, みたではまんまと, みた人類中の, みた具合でこいつ, みた飜転を, みた写真にはハアト形, みた処甲の家, みた初めは十一, みた到着風景はむろん, みた刹那観察よりもまず, みた剣池の平では鉱山, みた労働者クラブの舞踊, みた勇仙は双方, みた動作の連続, みた十八世紀の流行, みた千里の輸送路, みた卒中のため, みた博士所持のピストル, みた印税という金, みた原地人たちはいよいよ, みた畳が, みた叫びと同時に, みた各地の篤志家たち, みた名古屋山三そっくりなん, みたは如何なる, みたの思出, みた味気ないもの, みた四馬剣尺の脚, みた国民の弱点, みたの部屋, みた地主さんが早速, みた場合作者は検事, みたはあまり, みた多分の期待, みたの世界, みた夜明けの風, みた夜着の裏, みた夢殿村の電車問題, みた大変親切にし, みた大正池と穂高, みた大鳥の, みた天使の姿, みた女の子は申す, みた奸策にまぎれ, みた如くに彼, みた妙子はそれで, みたの嬌羞, みた始末なん, みた娘千種がどんな, みた婦人問題としての端緒, みた子供のとき, みた孝次郎は旅館, みた学者が二, みた宇宙女囚の肢体, みた実際石と, みたのものたち, みた寄席へでかけ, みた頼もいえば, みた小林君はもう, みた小鳥のその, みた少し下げすぎたかと, みた少女の背中, みた展覧会で見た, みたのやう, みた岡寺の小さな, みたの上, みた帆村は大きい, みた帳場から借りた, みた幻影にす, みた幻覚だが, みた底力のある, みた当人にも優劣, みた当座こそまのあたり, みた当時即ち今, みた後マインツとケルン, みた後浮浪少年は肩, みた後瞳を見, みた忠相は何, みた恋愛映画に於い, みた情慾をかきたてる, みた惨劇について知っ, みた想いでした, みた感じは, みた感覚とでは甚だ, みた所さへなかつたら, みた批評とかを加えたなら, みた折兼好法師の次, みた持前の癇癪, みた数限りない探査, みた方々の新, みた方法でこ, みたの僧, みた旗本もある, みた旗男は高台, みた日本ロマンの傳統, みた明くる日はなんだか, みた時そいつが例, みた時それに答え, みた時上の弟, みた時事件発見者としての私, みた時以来彼は碌, みた時何の説明, みた時僕の探し, みた時小六はまだまだ, みた時彼女の顔, みた時心が苦しく, みた時日本人と支那人, みた時見物人が皆, みた時誰一人として悦ん, みた時道はすでに, みた時顔を上げ, みた暴れ方をし, みた書記君のひとり, みた最も美しい状景, みたの表面, みた朝霞村のなどに比べる, みた末大将はかわいそう, みたのひとたち, みた板垣退助を思ひ出した, みたのした, みた栄三郎捨て身の斬, みたの影, みたの所, みた様子である, みた正直な働き, みたれは, みた気味のわるい, みた水源地に近い, みた決意だけしか分からなかつた, みた波紋の研究者, みた淡々たる味で, みた深夜の酒場, みたその日, みた漁師は口, みた濁りをながし, みた藍の, みた無益にもそして, みた煙管をぢ, みた燕作にもただ, みたの眼, みたはずしの, みた特に今夜だけ, みた狼ガッキガッキ滅多撃ちに, みた狼狽て方, みた珍しい賑やかな, みた現代日本文学のつきぬ, みた生活をし, みた画家があつ, みた白服の男, みた白濁した湯かげん, みたの割合, みた目蓋のはし, みた真夜中の星, みた真面目になった, みた眼鏡の中, みた瞬間浮気をした, みた社会生活の風貌, みたは雨催, みた空氣を呼吸, みた立場のちがい, みた之助, みた竹童はふい, みた範国は糧米, みたを敷い, みた紺がすりの袷, みた経過については私, みた結果これは植物, みた結果何もかも着古され擦り切れて, みた結果函館を去る, みた結果張は料理人, みた結果意に満たない, みた結果案外な感じ, みた結果石炭ガスと酸素, みた結論である, みた經驗はある, みたの謂, みた織物はこれ, みた缶詰の羊羹, みた翌日にはかならず, みた老人の来訪, みた職業もみんな, みたを鏡, みた自己の結着, みた芝居が行, みた花鳥の図, みた草原の所, みた菜漬を旨, みた蒲生氏郷父子は秀吉, みた蒼い火が, みた氣味の, みた薄気味の悪い, みた藤山もよく, みた蝙蝠の思ひ, みたもさすが, みた蝶々が自分, みた行為の道徳的価値, みた衣裳が気に入らない, みた西郷こんにちの人間, みた西郷その間にはいろいろ, みた西郷昭和のはじめ頃, みた見聞とあの, みた計りです, みた計算である, みたでも, みた証拠には直接, みただ, みた諸々の古, みた講座は霓博士, みた警部はにやにや, みたのよう, みたの面, みた賭場に運, みたをさつ, みた輝元が淀川デルタ, みた近江由良の里, みた途端無意識に低く, みた通りに手袋, みた通り翌朝画家さんに話しました, みた連中の話, みた道庵先生が, みた道教の僧侶たち, みた遠方に己, みた部屋に汚, みたが適度, みた野球のナイン, みたは自分, みたを沈めた, みたの中, みた煙管を, みた限りにおいてはいたっ, みた雅邦でもコケオドシ, みた雑巾を一, みた頃善鬼もすでに, みた顔付なの, みた顕微鏡写真の写し, みたが吹く, みた風色ほど山, みた飛行時間が五時間, みた騎士が信長, みた騷音の東京, みた黄花石楠花の弁, みた黒眼を狙っ