青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ます~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まし~ ましい~ ~ました ました~ ましたら~ まして~ ましょう~ まじ~ まじめ~ ~ます
ます~
~ますます ますます~ まする~ ~まず まず~ ませ~ ませう~ ませぬ~ ~ません ません~

「ます~」 76546, 759ppm, 115位

▼ ます~ (19696, 25.7%)

358 これは 349 それは 253 私は 141 それが 109 私の 100 それを 74 これも 70 私が 66 あれは, それも 63 その中 57 これが 55 此の 52 あなたは 45 これを 39 何か, 併し 38 その時 36 それに, 平次は 35 今は, 何う 34 今日は, 兎に 32 さう 30 僕は, 日本の, 私も 29 今の 26 しかしその, 私には 25 自分の 24 その前, どうでしょう 23 あなたの, わたくしは 22 いかがでしょう, これに, そのうち, それよりも, そんなこと, 他の, 昔の, 是は 21 どうした, 實は, 平次の 20 あなたが, さすがに, わたしは, 昔は 19 それには 18 しかしそれ 17 いずれも, こ, ここに, この頃, その頃, それと, 中には, 今では 16 そのとき, それにも, 不思議な, 中, 人の, 彼は 15 これには, 何の, 日本では 14 これで, もとは, 今度は, 今日の, 女の, 誰も 13 こちらの, この, この辺, 人間の, 如何でしょう, 普通の

12 [11件] あなた様は, いかがな, しかしこれ, そのほか, その代り, 何でも, 何分にも, 兎も, 実際は, 彼の, 貴方は

11 [15件] あの人, いかが, ここでは, この人, これらの, そこには, それより, それらの, わたしの, 今まで, 何も, 何を, 何んと, 其の頃, 貴方の

10 [15件] この場合, そういうよう, そのお, どうぞお, もう一つ, 之は, 今から, 以前は, 外の, 多くは, 家の, 御承知, 日が, 此は, 非常に

9 あれも, ここで, しかし私, そういうもの, そうで, そこの, どうか, どうです, 本人は

8 [28件] あとは, あれを, いかがでございましょう, いずれに, ここは, このお, この方, そこが, そこに, そのなか, その人, その方, その間に, ともかくも, わたくしの, 事実は, 何と, 実は私, 少くとも, 少しも, 心の, 念の, 私と, 私としては, 私を, 第一, 自分は, 誰が

7 [38件] あなたも, あの男, あれで, いかがです, かように, このよう, しかし, しかしこの, そのこと, その上, その当時, それで, た, どうしたら, どちらも, なんでも, ほんとうに, 一口に, 二人は, 今も, 今夜は, 今日では, 今晩の, 今晩は, 何が, 僕が, 元は, 先生は, 只今の, 外に, 実はこの, 当時は, 父は, 現在の, 私たちの, 私どもは, 私共は, 近頃は

6 [58件] あれに, いつもの, いづれも, ここの, ここへ, この前, これからは, これと, これらは, さうし, さてそれ, すぐに, そこは, その実, その日, その時分, それから先, それらは, そんなもの, ちよつと, どうも私, どんなもん, ほかの, まだその, よく見る, よろしゅうございます, わたしが, ガラッ八, 一つは, 中で, 中は, 人間は, 今度の, 仕事が, 何かの, 僕の, 先生の, 八五郎の, 前に, 大丈夫です, 大事な, 平常は, 彼らは, 御覧の, 或る, 斯う, 日本は, 早いか, 最初は, 最後に, 村の, 次の, 相手が, 確かな, 私に, 聞いて, 肝腎の, 話の

5 [88件] ああいう, あちらの, あなたに, あのお, あの頃, あれが, いまは, お宅, この中, この時, これこそ, これでも, これとても, こんなこと, しかもその, そうでない, そう云う, その, そのため, その夜, その大, その男, それから, それだけ, それとても, それについて, そんな事, ただの, とても私, どうで, どうもその, ほかに, ほんとうは, まだお, わたくしが, 一寸一息, 一度も, 丁度その, 万一にも, 三人の, 下の, 世間の, 中に, 二人とも, 些と, 人が, 今日まで, 何うし, 例の, 其の中, 其の外, 只今は, 君の, 君は, 多くの, 夜に, 女は, 如何な, 妙な, 娘は, 実の, 家へ, 年の, 幸に, 彼が, 御存じの, 御屋敷, 心は, 支那の, 旦那は, 是れ, 本人の, 根が, 江戸の, 海の, 父の, 生きて, 男の, 男は, 細面の, 結局は, 能く, 色の, 言葉の, 貴方が, 郎女の, 面と, 馬は

4 [148件] あなたさまは, あの, あの女, あの娘, あの子, あの時, あまりの, いい, いつの, いまの, お今, お嬢様が, お米, こうなる, この上, この事件, この句, この家, この手紙, この時代, この町, これだけ, これなども, こればかりは, これまた, こんなの, しかしよく, しかし御, じつは私, せっかくの, そういうこと, そうじゃ, そうすれ, そこでは, そこへ, そちらの, そのころ, そのまえ, そのよう, その場合, その晩, その言葉, それからは, それによって, それ以上の, たいていは, ちょいと, ちょうどその, つまりその, どういうもの, どうかお, どうかする, どうか御, どこに, どちらかと, どちらが, どなたか, どれも, なおその, なか, なかなかの, なんの, ほんとうの, ぼくは, まず第, またその, また同時に, まだこの, まだ一度, もうお, もうその, もう一人, もとの, わたくしも, 一方に, 一方には, 中から, 中にも, 中の, 主人の, 二人の, 人は, 今もっ, 仏教の, 仔細あっ, 仕事の, 仕事は, 他に, 以前の, 何卒御, 俗に, 元来は, 全くこの, 前にも, 味は, 困つたこと, 土地の, 大したこと, 大抵は, 大概は, 大部分, 奉公人の, 女房を, 如何で, 如何で御座いましょう, 妙に, 姉の, 子供の, 子供は, 実を, 実際に, 実際には, 少々お, 少しは, 山の, 左の, 平次が, 年が, 幸ひ, 店の, 当時の, 彼女は, 御奉行様, 急に, 拙者は, 支那では, 日の, 日本でも, 日本人は, 日頃から, 旦那が, 旦那の, 旦那様, 是も, 本當, 東京の, 歴史の, 気が, 気の, 私達の, 肝心の, 芝居の, 西洋の, 親の, 身體は, 金を, 頭の, 餘り

3 [252件] あそこの, あたくし, あたしは, あとで, あとの, あなたがたは, あなたを, あなた方は, あなた様の, あの方, あまり長く, あれから, あれでは, あんなもの, いうまでも, いかがでございます, いつまでも, うちの, お前さんは, お店, お留守, お葉, お遊さん, かくの, かような, ここから, ここでも, ここまで, こちらに, こちらは, この二つ, この方面, この時分, この点, この節, これだけの, これなら, これにも, これまでの, こんなところ, こんな時, さうい, さっきの, さてこれ, しかしいくら, しかし今, しかし僕, せがれの, そういうとき, そういう人, そういう時, そういう風, そうでなく, そこまで, そのくらい, その下, その他の, その先生, その割合, その原因, その外, その女, その年, その意味, その昔, その時代, その第, その結構, その考え, その際, それから後, それこそ, それでは何, それでも, それでもまだ, それとは, それまでは, それ以上は, そんなの, たいしたこと, ただその, ちょっとお, でも私, とにかくこの, とにかくその, ともかくこの, どうか私, どうしましょう, どうする, どうぞ, どこか, どこの, どこへ, どんなもの, なかには, なんに, なア, ひとつには, ひょっとする, まあお, まさかそんな, まだ, もしやお, やはり何, ようございます, よく考え, わしは, わたしも, われわれが, われわれの, シンガポールの, 一と, 一方から, 一緒に, 一般には, 丁寧に, 下から, 不幸に, 世の中は, 主な, 主人は, 之を, 事件の, 二十二三の, 二十五六の, 今その, 今でも, 今までの, 今度こそ, 今日に, 今申した, 何んの, 何処から, 何分お, 何方で, 余り長く, 個人の, 僕には, 元より, 兄は, 八五郎が, 其の時, 其の時分, 其の間, 内心は, 冬に, 冬は, 割合に, 去年の, 只今では, 向うの, 命を, 唐の, 問題は, 嘘か, 困ったこと, 地方の, 大師の, 大師は, 大抵の, 大體, 夫は, 失礼ながら, 奥様の, 如何でございましょう, 娘を, 実はお, 実はそれ, 実は今, 實に, 左右の, 年は, 幸いに, 弟の, 当人が, 形が, 後には, 御主人, 御名前, 御家の, 御覽, 御言葉, 御都合, 心に, 性根は, 惜しいこと, 我々の, 支那から, 支那には, 文化運動の, 斯んな, 日本には, 旦那様も, 昔から, 昨年の, 是には, 時には, 時による, 曲者が, 曲者は, 最初に, 木の, 本当の, 柄に, 歴史を, 気に, 水の, 決してお, 決してそんな, 深い事情, 漢の, 火は, 犯人は, 現代の, 現実の, 町内で, 病人の, 皆さんが, 私から, 私だけは, 私どもの, 私にも, 私のは, 私共の, 立派な, 聞くところ, 自分が, 自分に, 舌が, 蒙古人, 血の, 見て, 覗いて, 親分の, 誰の, 警察の, 貴下の, 貴女の, 足利の, 近頃では, 近頃の, 返事を, 追, 途中で, 金が, 金座の, 鉱毒の, 雨が, 非常な, 骨と, 鼻の, 龍麿は

2 [1086件 抜粋] ああし, あすこは, あたしには, あとが, あなたさまが, あなた忘れ, あの人たち, あの奉公人, あの橋, あの通り正直一徹, ありや, ある子爵, あれとは, あれほど, あんたあの, あんまり颯爽, いか, いくら浪人, いざと, いつでも, いつ見, いまでは, いや今時往来, おかく, おさしつかえなけれ, おついで, お兄様, お勝さん, お医者, お国, お家の, お師匠, お手紙, お杉, お母様は, お父さま, お父様, お示し, お艶, お菊さん, お蔭で, お許し下さいましょう, お豆腐, お近づき, お静, きょうは, こういうもの, こういった, こうなっ, ここには, こちらでは, こっちは, このこと, このへん, この二句, この仕事, この力, この娘, この封筒, この本, この次, この犯人, この種, この箱, この辺一帯, この道, この間の, これから申し上げる, これだけに, これだって, これなどは, これまで, これよりは, こんな事, ごぞんじです, ご承知, さきに, さし当っ, さてそう, さればとて, しかしこれら, しかしそういう, しかし何, しかし新しい, しかし昔, して, しばらくでも, じつはお, すこし急ぎます, そういうふう, そうまで, そちらへ, そのうろたへ, そのお話, そのほう, その一方, その人たち, その仕事, その代り町内, その代り眼, その作品, その先, その印象, その向う, その土器, その姿, その実は, その尻, その性質, その折, その木の根, その水, その特色, その瞬間, その結果, その色, その遺物, その間には, そもそも, それぞれに, それでさ, それでもこの, それでも今, それでも私達, それでも親分, それとて, それにさ, それにしても店中, それに対して, そればかり, それよりは, そんな風, ただここ, ただそれだけ, ただ一つ, ただ私, たとい自分, ちょうど今, ついでに, つい面倒, つまりは, でもあの, でもこの, とにかくこれ, とにかく今, ともかくその, とんと先生, どうかしら, どうか船賃, どうしてもなつい, どうして直し, どうぞご, どうだった, どうもあなた, どうもわたくし, どこで, どっちに, どなたも, どの辺, どんなに海, なおよく, なかなか思う, なにしろ相手, なにを, なんしろ, なんとなくハチ, のちに, ほかならぬ, ほんとの, まあこの, まう少し, またお, また一面, まだ今, まだ外, まだ御, みんなそれは, もうこの, もう二十二三, もしお, もし今, もちろんこれ, もつと, やっぱり親子, わざと拭い, わずかの, わたくしには, われわれ日本人の, アレは, ガラツ八の, キリリとして, ゼヒ面倒を, ツイ近所の, ハッキリした, モー一層, 一人の, 一人ボンヤリ見, 一体に, 一家の, 一寸見は, 一度本物, 一息つきまし, 一方吉三郎, 一番通俗な, 一言で, 一面には, 七平も, 上から, 上の, 上海に, 下手に, 下手人は, 不意に, 世は, 世間では, 世間には, 中身が, 中頃から, 之と, 乞食の, 事情は, 二人ながら, 二年前に, 二階へ, 京都の, 人から, 人を, 人樣に, 今と, 今夜の, 今日その, 今日までに, 今晩のは, 今朝は, 今私の, 今迄, 他には, 以上の, 仲吉さんが, 伴三郎と, 何から, 何しろ私, 何となく確り者, 何に, 何よりも, 何んだ, 何事に, 何分, 何分娘, 何卒お, 何時まで, 余りお, 余吾之, 俳優は, 俳味に, 値段を, 側に, 元来この, 兄を, 先代の, 先生お, 全くその, 八文の, 共に仕事, 其の代り, 其の者, 其事は, 其指の, 其處に, 冬の, 分別者らしい, 初めは, 到底この, 前には, 前夜怪奇な, 助太刀を, 勇気の, 十の, 十三や, 十九に, 単にその, 印度では, 原則として, 口を, 只今と, 右の, 各, 同時にまた, 名は, 味の, 唐律は, 唯私, 問題の, 喉は, 四五日すれ, 土蔵の, 型が, 場所が, 声が, 夕風に, 多分に, 多年の, 夢にも見た, 大したお, 大体が, 大変な, 大阪の, 夫に, 失礼な, 奈良では, 奉仕させ, 女が, 如何に, 妻の, 始めは, 娘の, 字の, 宗太郎は, 実はそう, 実際を, 客人の, 家は, 家庭の, 寝台の, 将軍家に, 小学校の, 少しお, 屋根の, 左母次郎は, 帰って, 平次に, 幾度眼を, 庭にも, 当分の, 当節は, 彼も, 彼女の, 後に, 後ろから, 後醍醐天皇の, 御参考, 御新造は, 御様子, 御都合如何, 忍び返しで, 思い直して, 悪魔の, 意味は, 我国の, 或日, 戦さ果て, 手に, 手前どもの, 手前は, 手紙の, 手軽に, 折角ながら, 拔群の, 捨て置き難い, 提灯を, 文句は, 斧は, 新三郎には, 旗本の, 日本人が, 旦那, 旦那様は, 明かに, 明日は, 昨夜は, 是に, 普通は, 曲者の, 最初の, 最近に, 月の, 本当です, 本来は, 来て, 東かと, 柔かい次, 案外こんな, 横へ, 檢屍が, 正直一途で, 正確には, 此方では, 此處では, 此處は, 死骸は, 殿様の, 母と, 母親の, 氏は, 気を, 水が, 水は, 江戸御, 決してさう, 決して嘘, 河井龍之介を, 泥と, 海が, 深々と, 源吉は, 災難は, 無造作に, 然し止む, 父が, 父も, 物の, 狸が, 猥感を, 獨り, 現代では, 現実は, 田舎の, 町内だけでも, 當時は, 療治代は, 百両の, 盜られた, 目口耳の, 相手に, 真似ることそのもの, 眼鼻立ちの, 着物を, 石津の, 礼は, 福井までには, 私たちには, 私だって, 私ども, 私共, 筒の, 精力的で, 紛れも, 素人的な, 紫の, 絵描きの, 綱渡りなんて, 縁側の, 美しさ, 考えて, 職業の, 脂の, 自分も, 舟で, 色々の, 花房一郎は, 芸術は, 若くて, 若しや, 若旦那が, 茲に, 荘田からの, 蒙古, 血が, 裏庭を, 西洋では, 見ず知らずの, 見てくれだけは, 見るたび, 親分, 観世殿が, 言ふこ, 計画的に, 話は, 説明が, 誰に, 誰にも, 誰方が, 諸君は, 財源は, 貴君の, 貴方に, 質が, 赤裸々の, 足を, 身の, 逆に, 違いますか, 部屋の, 酔いも, 金で, 釘は, 長い間, 長い鼻, 門跡前まで, 限りなく, 雨戸を, 非凡の, 面白半分, 頬の, 顔は, 顔や, 風は, 飛脚馬には, 首には, 駿府に

1 [11069件 抜粋] ああした, あたかも今日, あと八万キロが, あなた様には, あのドア, あの場合, あの斬られた, あの火鉢, あの衆自身, あまり便り, あるいは被害者, あれからの, あんなに喰, あ行とわ行, いかに不自由, いくら私, いただきかねます, いっても, いつもそうばかりも, いづれ背後, いま丞相は, いるの, うろたへ, おそば, おぼえて, お上の, お前さん厭でございます, お夫婦, お客様を, お急ぎ, お死去, お父上さま, お粥, お覚悟, お這入り, お鳥, かかる愚論, かまいませんか, くたびれた單衣, けれども私, こういう習慣, こう考える, ことし五つに, このごろの, このパヴロヴァ, この世界空前, この先, この問, この妙用, この彫工会, この早, この樣子, この状態, この私, この胆吹山, この通り, この集, こりゃ一たい何ごと, これであります, これまで程, こんなやつ, こんな首, ご成敗, さだ子が, さて大いなる, さりとてはかばかしい, しかしお, しかしとかく, しかしわれ, しかし僕たち, しかし実際, しかし正直, しかし自分, しかし馬来, しばらくお, じつはふしぎ, すこし勝ち気, すべて物は, せめて中学程度, そういうガラス罎, そういつた, そうする, そこです, そして私, そのか, そのひと, そのハンザキ大明神, その二人, その代り小庭, その八丁堀同心, その取, その夕がた, その実験, その弊害, その心持, その新た, その本性, その沢山, その生活, その税金, その翌, その表現, その賦, その釘勘, その靄, その鬼瓦, それから今日, それっきり言葉にも, それでは味, それでもどうも, それでも俳句, それでも感心, それでも飲まない, それにしてもこれ, それへ, それ以外に, そんな人たち, そんな陽気, たしかに稀有, ただ一しょ, ただ彼ら, たといそんな, たまさかに, だれが, ちと衒う, ちょっと楽屋, つい先達て, つまり内海さん, では一時それ, でも唇, ところがそれ, とにかくボンチ, とにかく立派, ともすると社会, どういう廻り, どうご, どうしても幾ら努力, どうぞしばらくここ, どうどすやらう, どうもそりゃあ, どうも君, どう云, どなた様です, どんな暗闇, なかなかおち, なかなか文学, なぜ日本人, なにしろ異人, なに実は, なんしろ来る, ねえ, はつより, ひとつ鑑て, ふしは, ほかでも, ほんの暫らく, まあ一口, まかりまちがえば, まさか理事長, まず在来, またいつかお話し, また二つ以上, また私, まだなんにも手がかり, まだ内匠頭, まだ時間, まちがった学説, まるで人, みなさん御用は, みんな食べ, もうそろそろ帰りませう, もう仕方, もう既に評, もしかして万屋, もしや一品二品, もし王様, もつともつとあ, もはやネルロ, やっぱり一つ, やはり一日, やはり耳学問目学問, よいと, よく取, よっぽど気, わがむっつり, わたくしにも, われわれには, イチボと, カスタープデンにも, コルヒンその他の, シャモに, ダラダラライン, ドウも, ハッキリわからない, ヒダの, ヘルンは, マナサルワ湖よりは, モー一つの, ルビーが, 一つだけ, 一丈六尺の, 一体孝心, 一喧嘩やりましょう, 一寸貴女, 一応当局, 一旦他国, 一本も, 一等二等は, 一週間ばかり, 丁度其山, 万一が, 万鉄五郎, 三十前後の, 三河の, 上半身は, 下剋上といふ, 不親切は, 両側とも, 中でも見事, 中臣祓ひだ, 主人永左衛門の, 乾山は, 事實は, 二兎を, 二葉亭主人の, 五月なら, 亭主の, 人気は, 今いう, 今全編, 今度何か, 今日我々の, 今此, 仕方も, 以来は, 伊織へ, 伯爵の, 何しろひどく, 何しろ逃げよう, 何でしょう, 何れの, 何分あの, 何分文字, 何成れます, 何物にも, 余程の, 來世では, 例年の, 信用の, 側へ, 儒教の, 元気だ, 先ず日本, 先の, 先生と, 兎角開けぬ, 全く世間, 兩方とも, 六時頃に, 其の伯母, 其の石, 其図に, 其次の, 内出血, 凝と, 出来る迄, 刑法に, 別に傷, 削りかけ, 副業として, 勝手, 北の, 十八と, 午后の, 単にそれ, 原田さまの, 又現在何, 叙述の, 古い御, 只今とは, 右に, 同じく近代劇運動, 同時に其, 君も, 和田氏も, 唯今摂氏五十五度に, 善悪の, 四五年前の, 困りますから, 土井さんいかがでしょう, 坂に, 場末の, 夏目漱石先生の, 外地や, 夜分テントの, 大きな菌, 大体漁業を, 大寿院の, 大池さんには, 天井裏の, 太郎の, 奥さんがたは, 女ばかり, 如くわが子, 妙でげす, 始めてま, 嫁いで, 季重なり, 守備の, 宜う, 実に非凡, 実はわれわれども, 実は宗教家, 実は皆さん, 実際いろいろの, 実験室建築当初の, 家内が, 富永の, 将来の, 小倉には, 小為替にて, 少しどうか, 少し高い, 尾張の, 山王越えし, 川上に, 差し當つて私の, 師弟の, 平に御, 年寄は, 幼年の, 店が, 弟子という, 当人も, 当時尊王論を, 役所まで, 待ちきれずゆくという, 御つれあい様, 御嫡, 御新造樣に, 御病気, 御送り致します, 心あつ, 必要が, 思い出して, 性格は, 恐らく阿, 悪い人, 惡或は, 慈悲の, 成上り者の, 或お方, 房枝が, 手前共や, 打ち明けて, 折入っ, 持物は, 揚がったと, 故に誰, 文化といふ, 文筆の, 斯樣な, 斷末魔の, 日幡家の, 日本獨特の, 旦那樣に, 早速調, 明治時代に, 春菜さまどこへ, 是へもと, 時にあの, 普遍性の, 曰く, 書として, 最早手, 朝井玄龍の, 未だ一向稽古, 本当に一生, 本紙新年号文芸面の, 村方では, 東堀の, 林も, 某市, 根は, 棺は, 様という, 次にのべる, 止むに, 此の分類の, 此処から, 此時の, 武家屋敷の, 死ぬもの, 殊に今年, 段々細かい, 母上も, 民衆劇場は, 水際立った元禄姿, 江戸表に, 決して品, 沖の, 津軽氏の, 海蔵寺三郎は, 渡良瀬川総体の, 源氏物語は, 濃いの, 無意識的な, 然し插画, 燃え立つよう, 片倉の, 物凄い血潮, 特に珍, 独逸に, 率直な, 現在だけ, 瑞典語と, 生命の, 田舎に, 町に, 異状なく, 痩せこけて, 百濟の, 皆幕外です, 監獄医大場連斎の, 直ちにお, 真の, 真黒な, 知らぬ者, 碁を, 神によって, 禅で, 私どもにとりましては, 私所の, 科学者の, 穴だけは, 立っては, 第一図, 粂吉からは, 純粋の, 紫檀は, 結局かぐらは, 絵画の, 線路を, 繪圖面の, 美術鑑賞者の, 考えてから, 肝腎な, 腥物, 自由に, 舅や, 良い字, 花は, 若い娘, 若奥様, 英国で, 莊司と, 葭簾張の, 薬が, 蛇滝の, 行きたいと, 裏側の, 西郷どんのは, 要するに読んだ, 見渡したところ, 親御樣が, 言葉も, 詩經の, 誠に武張った, 調べたうち, 變つて面白い, 貧しい人々, 貴方どう, 資本が, 起信論の, 身体も, 轟の, 近年に, 近頃大, 途中から, 道中お, 遠方の, 邸宅侵入は, 重くるしく, 金剛智三藏時代の, 銀六の, 鐘にも, 長浜へ, 間もなくあ, 降るほどの, 随分大きい, 隨分澤山蓄へ, 雲霧も, 面白い本, 頭も, 風土だけは, 食餌の, 馬上の, 高句麗の, 魔法使いの, 鹿野山の

▼ ます~ (15919, 20.8%)

195 それは 144 私は 72 そこに 62 これは, 私の 60 今度は 57 それが 55 云って 54 いって 50 彼は, 言って 47 そこには 36 こんどは 34 そこは, 急に 33 すぐに 32 何か 31 そこへ 30 いうと 29 そこの 27 どうでしょう 26 それを, 一人の, 今まで, 母は 25 その中 24 いう, 中から 23 云ふ, 男は 22 自分の 21 明智は 20 おじいさんは, その人, 中には, 例の, 女の 19 彼の 18 そのうち, その男, 私が, 言ふ 17 女は, 彼女は 16 おばあさんは, どこからか, ふいに, 云う, 云ふと, 答えた 15 その時, ひとりの, 云った, 先生は, 非常に 14 みんなは, むこうの, 主人は, 二人の, 此の, 父は

13 [11件] あなたは, これが, これも, じいさんは, わたくしは, 二人は, 今の, 娘は, 少年は, 私も, 馬は

12 いふと, 他の, 前に, 日本の, 第一, 老人は, 良秀は

11 いままで, どうした, ふたりの, わたくしの, 奥様は

10 [14件] あなたの, それには, まあどうでしょう, 中に, 右の, 妻は, 彼らは, 成程, 或る, 明智探偵は, 次の, 池上は, 猿は, 自分は

9 いうので, その声, ほかの, 云うと, 子供は, 目の, 直ぐに, 相手は, 運転手は, 道の

8 [27件] いふ, ここに, この頃, そのとき, その女, それに, 不思議な, 不思議にも, 云うの, 人の, 何時でも, 僕は, 先に, 博士は, 叔父は, 向こうの, 弟は, 意外にも, 書いて, 無茶先生は, 犬は, 私を, 立派な, 葛岡は, 言つた, 誰も, 部屋の

7 [44件] あなたが, いった, いつて, いろいろな, おかあさんは, おとうさんは, お父様, さすがに, しばらくし, すぐその, その家, それから, どこかで, ほんとうに, むこうから, やがてその, ドアが, ハッと, 一つの, 不意に, 主人の, 云つた, 云に, 云ば, 向うから, 向こうから, 大勢の, 大男は, 奥の, 女の子は, 女中が, 少女は, 山の, 師匠は, 庭の, 村の, 王子は, 船は, 言った, 誰か, 門の, 頭の, 顔を, 驚いたこと

6 [54件] あの人, あの方, あの男, ある日, お爺さんは, この, こは, しまいには, その下, その方, その日, それこそ, それも, だれも, ちょうどその, どこの, なんでも, またし, やつと, ドアの, ヘルンは, 一本の, 一緒に, 三人の, 主人も, 二人とも, 云うから, 人間の, 先方も, 向うの, 和尚様は, 外は, 妾は, 姫は, 娘の, 御覧の, 思いも, 時男さんは, 東京の, 案の, 森の, 正ちゃんは, 正面の, 母が, 王さまは, 町の, 確かに, 答えて, 答えると, 紳士は, 若い女, 若旦那は, 西の, 遠くの

5 [91件] あとから, あの時, あれは, いいました, いえば, いつでも, いつもの, いままでの, お俊, これらの, これを, さっきの, じぶん, そこから, そのお, その夜, その手, それと, だれか, どこか, ふしぎな, みんなが, むこうに, わたしの, わたしは, イドリスは, スーッと, パッと, 一疋の, 一羽の, 上の, 下の, 不思議に, 二階の, 云ったが, 云て, 今までの, 今度の, 今日の, 今日は, 何でも, 何の, 僕の, 元は, 兄さんは, 先生の, 入口の, 只今の, 吾, 嘉六は, 土の, 地蔵さんが, 外の, 大きな声, 妙に, 孔子は, 宿の, 小林少年は, 後から, 御承知, 心の, 怪物は, 怪老人は, 成る程, 早くも, 昔の, 普通の, 木の, 橋の, 正木先生の, 殿村は, 母の, 水は, 父も, 王様は, 申すは, 私たちは, 私達は, 童女が, 船の, 草の, 言う, 言ふと, 貴方の, 近くの, 途中で, 雪の, 頭が, 頭を, 馬が, 鼻の

4 [138件] あたくし, あのお, あの子, いきなり, いつかの, いふので, いやに, いろ, うしろの, おおかみ, おきいち, おけいさん, お姫さまは, お定, お津賀, お百姓さん, お蝶, お角, ここにも, ここは, この前, この半年, さう, すぐ前, すぐ目, そいつは, そこにも, そのたび, その人たち, その前, その部屋, その黒い, それまで, それらの, そんなら, たちまちその, だしぬけに, つづいて, つばめは, なるほど大きな, ねこは, また同じ, みちは, みょうな, もうそれ, もうたくさん, もう一人, ゆうべの, れいの, わたくしが, サ, ニールスは, ノロちゃんは, ポケット小僧は, 一つ一つの, 一人は, 一方の, 丁度その, 三郎は, 上から, 下を, 不思議や, 与助は, 世間に, 世間の, 中では, 中は, 主人が, 二つの, 二匹の, 云いながら, 云う事, 云う返事, 何う, 何かに, 先方は, 先生が, 口を, 和尚さまは, 喜んで, 壁の, 大変です, 大王は, 妙な, 妹が, 妹は, 子どもは, 家の, 宿屋の, 小林君は, 岩の, 彼らが, 往来の, 後に, 後の, 急いで, 斯う, 旦那様は, 昨日の, 暫くし, 最初に, 机の, 殿様は, 母親は, 気が, 汽車は, 泣いて, 流石に, 父が, 真っ黒な, 眼の, 眼を, 祖母は, 私には, 答へ, 約束した, 継子さんは, 縁に, 美留藻は, 自分が, 自分で, 良秀, 色々の, 若殿様は, 若者は, 見る間, 誰が, 豹は, 身体の, 鉄の, 関井さんは, 阿闍利さま, 雨が, 霧の, 青年は, 青白く光る, 静かに, 高い枝

3 [275件] あたりは, あなたに, あの時分, あまりの, あまんじゃく, ある, あれから, あれほど, い, いずれも, いつのまにやら, いやな, おっしゃったよ, おどろいたこと, お二人, お兄様, お前は, お敏, お歌は, お母さんは, お母様は, お気の毒, お父さま, お猫さん, お神さん, お米, お絹, お話が, お銀様, お雪, かれは, かわいそうに, こ, こういうこと, ここの, このよう, この上, この事件, この人, この時, これでも, これまで, さすがは, じきに, そう云っ, そう言っ, そこが, そのこと, そのまま石, その上, その大, その姿, その娘, その時分, その晩, その白い, その辺, その間に, それで, それなら, た, たいていの, たぬきは, だん, ちょいと, ちょうどそこ, ですね, となりの, どうしてあんな, どうもそれ, どこから, どこからとも, なんという, ばあさんは, びっくりし, ふしぎにも, ふと向こう, まず第, またすぐ, また扉, もうその, もうそんな, やがてそれ, やっぱりそこ, やはりその, やはり私, われわれの, アメリカの, コハ如何に, ジョバンニの, ジョバンニは, ノロちゃんが, ヒョロ子は, ヒョロ子も, ベッドの, マカールは, 一そうの, 一つは, 一方に, 一目散に, 一種の, 丁寧に, 丁度この, 丁度そこ, 三人が, 三浦の, 上に, 上野の, 下から, 下僕は, 不二夫君は, 世の中には, 世の中の, 両が, 両手を, 中で, 久米之, 乞食は, 二ひきの, 二十面相は, 云いました, 云うので, 云うよう, 云う電話, 云つ, 人は, 今までは, 今も, 今夜は, 今日では, 仰山な, 何が, 何とも云, 何を, 何んだ, 例によって, 俊夫君は, 俳句とは, 兄も, 兎の, 其の頃, 凧は, 前の, 博士の, 去年の, 又も, 叔母の, 叮嚀に, 司令長官は, 向うでも, 向うに, 向ふ, 地方の, 外から, 多助は, 夢の, 大きく言, 大事に, 大分に, 大切な, 大国主神は, 大変に, 夫は, 失礼ながら, 奥様の, 女が, 女中は, 娘が, 嬢様は, 嬢次様は, 子供が, 実はその, 室の, 室内は, 家を, 寝室の, 尊者は, 小さく成る, 小僧は, 少しも, 少年が, 平造は, 幸いに, 廊下の, 当時の, 彼らの, 彼方の, 怪人は, 手のひらを, 手代の, 手前共の, 手紙を, 投げつけし事, 指導役の, 挨拶し, 挨拶を, 掻きさら, 摩利信乃法師は, 支那の, 日本で, 日本は, 明智も, 星は, 春一は, 是が, 最後に, 月の, 村中の, 根が, 次郎は, 正直に, 此方は, 殆ん, 母も, 氏は, 池の, 泰二君は, 海の, 涙が, 照は, 牛の, 犬が, 狐が, 王は, 現在の, 申し出ました, 申すに, 申せば, 男の, 番頭が, 白い雲, 皆さんは, 皆の, 私だって, 窓の, 竜之, 答えました, 答へる, 箱の, 給仕が, 綺麗な, 美津子さんは, 聞いて, 聞て, 胸が, 自動車は, 自然に, 船が, 花の, 裏の, 触れて, 言いますと, 言えば, 言っても, 言ひ, 言ひ出す, 言われて, 誠にお, 誰にも, 警官は, 警察の, 足の, 逆に, 進められて, 遙かの, 部下の, 金を, 鏡の, 長作は, 門を, 隣りの, 電話の, 青眼先生は, 風呂敷さげ, 驚いた事

2 [886件 抜粋] ああなんと, あたしは, あちらの, あっしの, あとに, あなた様が, あの兄妹, あの平, あの絵, あまり物事, あるじの, あるとき, ある女, いいますと, いかにもその, いきなり私, いけません, いっしょに, いつもにこにこ, いふの, いやそれ, いろいろお話, うしろから, うれしいこと, おかあさんの, おかみさん, おじいさんが, おじさんは, おっしゃいました, おばあさんの, おりんは, お前が, お前には, お咳, お婆さんが, お家の, お恥, お松が, お母さまは, お母様の, お滝, お父さんにあたる, お父さんは, お粂, お腹を, かう申, からだじゅうの, かれら, きみの, きょうは, こう云っ, このたび, この場合, この小さな, この島, この怪物, この花, この辺, これこそ, これまた, こんども, さあたいへん, さきに, さっきまで, さっきも, しみじみと, じいやは, すうと, すぐうしろ, すぐ右, すると, せっかくの, そういっ, そうお, そうで, そうと, そこい, そこで, そのあくる日, そのつき, そのまわり, そのタクボ・ツンバ, その二つ, その友達, その坊さん, その子ども, その寺, その当時, その町, その真中, その石, その箱, その翌日, その若い, その裏側, その覗き, その谷間, その邊, その音色, その額, その風, そばに, それからは, それぞれに, それにも, そんな事, たいへんな, たしかにあの, ただ目出度い目出度い, だれだ, ちょうど町, ぢいは, つい自分, つぐみが, つまりこの, とても大きな, どういうこと, どういうもの, どうかした, どうもその, どこかの, どこに, どなたも, どんぐりどもは, なか, なかなか気, なかなか結構, なるほど, なんだか空, なんです, なんなくひらきました, にいさんは, はるか下の, ぴつたりと駐つ, ふたりは, へやの, ほかにも, また, またべつ, また一層, まだ部屋, まるで咽, まん中の, みごとな, もうお, もうすこしもうすこしって, もうどうしてもこんな, もうひとり, もう一郎, もとの, ものを, やがて二人, やがて日, やさしくその, やっぱり同じ, やみの, やれ板戸, よくあんな, よく頭痛, わが日本, わたくしも, わたしたちは, アダムと, アッと, ガンの, ケリムは, コンクリートの, シャボン玉が, ゾウの, ダージリンで, デパートの, トルストイの, バスの, ブドリは, プッチーニは, ポケットから, メグは, ランプの, レンガの, 一人で, 一夜の, 一度は, 一方では, 一昨夜二時過ぎに, 一本のぶな, 一直線に, 一頃は, 丁度今, 三つに, 三人とも, 三匹の, 三日も, 世間では, 両手で, 中国の, 主人に, 乗客たちは, 二人共一時に, 云うは, 云う様, 云ったそう, 云った事, 云ひ, 云へば, 云わなければ, 五十両百両と, 井上君も, 京都の, 人に, 人形は, 人魚は, 今では, 今年の, 今度また, 今雄さんは, 仕事の, 仕方が, 仰有るの, 仲間の, 体が, 何だかこう自分, 何も, 何処からか, 余計な, 侍従医長は, 俄かに, 修験者は, 側に, 傍から, 僕が, 先づ第, 先方の, 先生も, 八の, 其の当時, 其処に, 刑事の, 初めの, 別に御用, 勝彦さんが, 勝彦さんは, 北村さんは, 十人の, 千草姫は, 半五郎, 南の, 即座に, 又, 友達は, 反対に, 叔母は, 叔父さんに, 叫んで, 可笑しくなります, 右に, 同じ下宿, 同時に悪意, 同様に, 向うは, 命は, 和泉屋の, 商人は, 四十面相は, 園井少年は, 土蔵の, 地面の, 増右衛門は, 変な, 多くの, 夜が, 夜も, 大体において, 大尉は, 大平さんは, 大殿様, 大臣は, 天から, 天井が, 天人の, 天狗の, 天皇は, 夫の, 失礼です, 奉公人の, 奥さまは, 女と, 女神は, 姉が, 姉さんの, 始めは, 嬉しさ, 子供らは, 子供達は, 学校の, 実は私, 客人は, 宮瀬氏は, 家内は, 寒うございます, 寺の, 小林君の, 小林少年が, 小父さん, 少し待て, 尚更わからなくなりました, 尾だけが, 山烏は, 川は, 巡査は, 左手に, 左手は, 師匠の, 底は, 店に, 廊下に, 弁信は, 弟子は, 彦七は, 影の, 彼女の, 彼等の, 後を, 御姫様, 御病気, 御雷神, 忽ち云, 怪獣は, 恐怖王は, 患者は, 我らの, 或日, 扇を, 扉が, 挨拶した, 支那では, 支配人が, 敵に, 日本では, 日本左衛門で, 旦那様が, 早々これ, 明智探偵が, 昔から, 昨年の, 暇乞わ, 曲者は, 最初あの, 最前から, 月江は, 有難いやら, 木村さんが, 村端れ, 東北西の, 松王様は, 枕元に, 林檎の, 案内者が, 案外に, 梁や, 橿鳥が, 次第に切れ, 正雄さんは, 此方の, 武家が, 母親が, 気味の, 水の, 水夫は, 氷の, 沢山に, 波の, 泥を, 泰さんは, 流れ出す屍, 涙を, 清さんは, 漸く藤, 無理な, 父さんは, 父上の, 爺やは, 特別な, 狭い仕事場, 猫は, 猫も, 玉村さんは, 王子の, 王様の, 瑠璃は, 瑠璃も, 生徒の, 甲板の, 申したでは, 申しました, 申し上げました, 申し上げれば, 申上げ, 申立けれ, 男の子は, 画家さんは, 畑の, 番頭は, 異人氏は, 白ひ, 皆が, 益, 相変らず, 相手の, 矢庭に, 石の, 石段の, 石畳の, 確に, 祐慶は, 私などは, 私に, 私共が, 私達の, 空の, 突き当りでございます, 突然彼女, 笑って, 第三紀, 答えたが, 答えたので, 糸は, 約束する, 絶対に, 緑の, 老婆は, 肉の, 肩の, 胸の, 腑に, 自分でも, 舟は, 色々な, 色の, 若い時, 茂太郎は, 荷物を, 菰か, 蒙古人, 薬売り, 藪から, 虎は, 虫は, 表の, 西洋の, 見たこと, 見るもの, 親が, 角右衞門は, 言うて, 言うん, 言ひし, 言下に, 記者たちは, 誰かが, 誰しも, 警官たちは, 警部は, 豚吉と, 豚吉の, 賊の, 赤い船, 路ばた, 車夫が, 轍が, 途端に, 進んで, 運転手が, 道が, 遣り水, 金の, 鍛冶屋の, 鐘の, 長次郎と, 関守氏は, 随分の, 雀は, 雪が, 雪を, 青々と, 非常な, 靴の, 顔が, 飛んでも, 首に, 騒ぎは, 鬼の, 魂を, 魔人は, 魔障にでも, 鳥たちは, 鶏は, 鷲掴みに, 黒ん, 黒服の, 鼠は

1 [9015件 抜粋] あああり, あくるあさはやく, あちらへ, あなたさまは, あのけ, あの喧嘩好き, あの有り様, あの赤い, あまり好い, あるは, あれ位の, いいえ直ぐ, いえあなた, いかに病身, いきなり笑い声, いくら昔, いちばん年うえの, いつか, いつしよ, いつの間にか前, いつまで, いつ日が, いままでに, いやも, いらっしゃいますの, いわれた, うす黒いぐにゃぐにゃ, うれしくなりました, おおなんと, おそらくこの, おつぎさん, おばけガニは, おやなん, おり最初, お京さん, お医者, お姉さま, お巡りさんが, お時さん, お父さんの, お福, お角さん, お頼み, かかりの, かなり微妙, かれこれ晩方, きっと大, きょう手紙を, ぐうぜんにも, こういう意見, ここでも, このお, この一側, この八十五, この女賊, この日記帳, この犬, この精神病科教室, こまどりの, これら三つの, こんな場合, ご門弟衆, さしあたりい, さっそくお召, さもこそと, しばらく母, じかに車, すいじょうけいさつのおまわりさんは, すぐそこ, すぐ手紙, すっかりあがっ, すべて家畜類を, せっかくおいで, そういう所, そう御, そこへも, そのうち二十名, そのころ, そのへん, そのまま高く, その世話, その仲間体, その前後, その唾, その婦人, その川狩り, その意味, その時格別, その殻, その犬, その矛, その者, その表紙, その途中, その頃, そりゃあなた, それでは, それはかの, そんなむちゃ, たいへんです, たしかに貧しい, ただ静か, たちまち能力者, たとえ団体, だいたい微風, だんだん成長, ちゃんと書い, ちょうど八日, ちょうど舞台, ちよつと, つい今, つまらぬ野天狗, てぐす飼い, とうとう木精, とつぜんパッと, とんと私, どうしても千葉県, どうだ, どうも奥さん, どうやらとち, どこやらで, どろぼうたち, どんな方, なかなかの, なつかしい見覚え, なるほどそのまま, なるほど気高い, なんだかとても美しい, なんとなく怪しい, にわかに呻き, はしごの, はっきりと, ばあやが, ひとりでに離れます, ひょいと立ちどまっ, ふしぎふしぎ男と, ふと席, べつに, ほんとにせいせい, まあこの, まことに具合, まずいい, まず神下し, またご, またもやこうさけびました, また天井, また無理, まだつ, まだ新, まったく大阪市, まるでちがった, まるで私, みな変っ, みんな籠から, めったにたずねる, もうそうそうは, もうクチナシ, もう何, もう日, もう途中, もちろん洞穴, もはや樹, やがてま, やがて大原野神社, やがて湖, やっとの, やっぱり何ぞ自分, やはりそうな, やはり左側, やはり飯田, よいと, よく自動車, りつぱな紳士らしい, わざわざ手, わなにも, アンが, オイオイ泣き, カチッと, キッパリ言わない, ケリムはくびをかしげてしばらく, ザンジバルから, スタンド全体が, ソウした, チベット語でも, ツァ・ルンバの, デパートじゅうが, ニコニコと, ハタハタと, ヒースの, フラウは, ヘッケベリヤの, ボール紙が, ミスラ君は, ヨシ子ちゃんは, リンゴは, 一しょに, 一切の, 一寸立派, 一方お, 一歩上へ, 一羽が, 一際世間, 丁度手術, 丈吉君は, 三尺のび, 上で, 下僕が, 世中に, 両方の, 中学生の, 主膳の, 九夜寝, 事務家風に, 二人三人と, 二時間でも, 云うか, 云う相生さん自身, 云ったとやら, 云つてを, 云ひたい, 云われた方, 五分ほど, 井田さんは, 人も, 人違いだ, 今しも, 今度ばあさん家の, 今次の, 他に, 仲働きと, 会社の, 低声, 何だかお菓子屋, 何です, 何やら息, 何故そういう, 余程芽, 侍達は, 健康者には, 元々好き, 先ずどれ, 先づ笞刑と, 先生吃驚しました, 入れこ, 全然旧, 六十三発の, 兵十は, 其の文面, 其処までが, 兼の, 凍え死, 出血淋漓として, 初の, 別に地震, 前檣, 勇助は, 包まれた様, 北村青年は, 十二三頭の, 千人足らずの, 半藏, 却つてその, 又ビックリ, 又現金, 取下して, 古いの, 只今申し, 右と, 吉川氏の, 同時に, 同時に黒い, 向ふから七八人, 告られた, 咽喉まで, 問うも, 四五人の, 四辺が, 国老だけ, 土居画伯が, 坊さんは, 場面は, 壱岐も, 夕立の, 多少の, 夜番は, 大きなこい, 大きな白大理石, 大人しく出, 大切の, 大変見劣りが, 大岩のね, 大洋の, 大部分, 天井の, 太一の, 奇妙に, 奥様も, 女中衆の, 奴等は, 妻に, 威勢よく, 子供の, 孤独は, 安宅先生の, 実に, 実に興味, 実家とは, 宮城野夫人の, 家畜を, 寒い国, 寮の, 小さな一ぴき, 小僧の, 小母さんは, 少しさかな, 屋根から, 山姥は, 岡倉氏は, 巖肅な, 左門に, 市場の, 幅も, 平野君の, 幾つかの, 床に, 建らは, 引越の, 当家では, 彼女に, 後ろから, 御存じの, 御話声, 心から涙, 必ず右廻り, 忽ち変, 思ったよりも, 怪人団の, 恩師の, 悪漢が, 意外な, 態度が, 我が民族自体, 戸外で, 手口から, 折りから, 拳を, 揃いも, 故郷の, 敵を, 斎藤先生が, 新法の, 日ごろの, 旦那が, 早速二つ返事, 明智先生も, 春さきは, 是から, 時分は, 暖炉の, 暫く私ども, 曹新は, 月, 朝いつも, 木小屋の, 本で, 本當, 東は, 松葉屋の, 果して又, 柳町, 桃の節句の, 案外で, 棺は, 楽長が, 橋向うの, 次郎兵衛は, 正木博士の, 武は, 死後二百年の, 殺人に, 比較的簡単, 水と, 氷りついて, 決してそうでない, 沢山食べられます, 波野さんは, 活きた熊, 浪漫派は, 淀橋の, 渋くて, 源八さんは, 潤三郎は, 火明命の, 無事に, 無造作に, 熊を, 父親は, 物を, 独占的ブルジョアの, 猿が, 王室と, 現金は, 生きること, 用事が, 甲乙が, 申しますが, 申し給いき, 男の子の, 画舫から, 疑わず断定, 白いびんせん, 白山が, 皆さんお勤めに, 皆覚え, 盥一面に, 直ぐに雨, 相川氏も, 真っ白い右, 眼球が, 矢張り東京に, 石器は, 社会が, 神楽系統の, 私などが, 秋以来冬にかけては, 穴が, 突然どこ, 突然頭, 竜宮は, 笑われた, 答えたと, 築地は, 糸七さんは, 紙面に, 結婚當時は, 綱が, 締つ, 美しいピアノ, 群集の, 考えてばかり, 聞藤八ハヽア成程, 背の, 脱線し, 自分らの, 至極やす, 良吉さんは, 花子も, 若さ, 草むら隠れに, 萬葉集卷十六の, 薄暗い行燈, 虚無僧は, 蝦夷も, 表でさえも, 襤褸手拭へ, 見る見る中, 覚えやすい, 観音様の, 言い殘, 言ったとき, 言つて島原城へ, 言上すれ, 詰って, 誠に好都合, 誰とかいう, 警察が, 豫て, 貴方様の, 赤外線男は, 路上に, 車に, 迂遠な, 述べて, 通行の, 運転手へ, 遠くから, 酒石酸と, 野口は, 釘勘は, 鍛冶小屋の, 長い間, 門から, 間もなく, 間もなく妹, 関西に, 随分いろいろと, 雌鳥は, 雲雀たちは, 露月という, 面白いこと, 頃日どう, 頽廢期に, 食べたもの, 首尾好く, 馬鹿馬鹿しい事, 驚くべきこと, 高縁, 鳥や, 鹽原は, 黒の

▼ ますから~ (9919, 13.0%)

127 私は 105 それを 49 して 43 御安心, 私の 40 何う 37 これで 35 これを, それは 33 私が, 私も 31 これは 27 どうか 23 それに 22 あなたは, どうぞ御, 此の 20 それが, それまで, 今日は 18 そこへ, 何か, 安心し 17 その時, どうぞ 16 ここには 15 さう, その点, どうぞお, 待って, 非常に 14 どうかお 13 あなたも, そのおつもり, そのとき, 今の, 今夜は 12 ここに, その中, どうか御, 他の, 大丈夫です 11 ここで, これも, それも, わたしは, 今は, 何の, 御心配 10 その人, どうかその, もうお, 少しは

9 [13件] あなたの, お目, この点, ご安心, すぐに, そのつもり, その辺, それで, どうぞその, 何でも, 気を, 聞いて, 見て

8 そこに, その方, ちよつと, 一緒に, 今度は, 何を

7 [13件] お気を, こ, この辺, これが, これに, そのうち, その間に, わたくしは, 今晩は, 前の, 容易に, 御一緒, 誰にも

6 [23件] あれを, ご心配, そこを, それへ, それらの, どうぞご, なんなら, ほんとうに, 之を, 人の, 今日の, 仕方が, 何も, 何卒お, 家へ, 少しの, 彼の, 後に, 手を, 是は, 誰が, 買って, 途中で

5 [36件] あなたが, あの人, いつでも, お気に, お雪, そういうこと, そのこと, そのよう, その頃, それだけは, ちょっとお待ち, ちょっと待っ, わたくしも, 丁寧に, 今度の, 何卒御, 何時でも, 外の, 失礼します, 妙な, 左様思召, 弟子は, 御免を, 御案内, 御遠慮なく, 御都合, 心の, 急に, 日が, 明日の, 是を, 私たちは, 私と, 誰でも, 貴女の, 驚いて

4 [76件] あとで, あとは, あの娘, あの方, いっしょに, いつまでも, おいで, おとなしくし, お入りなさい, お前も, お暇, お筆, ここを, こちらへ, こっちへ, このまま, しばらくお待ち, そうしたら, そこで, その積り, その節, それまでは, そんなこと, つまりは, で, どうか私, どうぞお気, どんなこと, なか, なんでも, またこの, よくお, わたしの, わたしも, 一人で, 一日も, 今から, 何事も, 僕は, 先生も, 兎に, 兎も, 君も, 味が, 外へ, 多くの, 大急ぎで, 大殿様, 子供の, 家の, 少しも, 左様御, 当時の, 後の, 御用が, 御用心, 心配しない, 念の, 持って, 教えて, 早くお, 昔から, 無事に, 物の, 略します, 略しますが, 直ぐに, 私から, 私に, 私共は, 自分の, 詳しくは, 読んで, 誰も, 貴方の, 貴方は

3 [140件] あそこの, あちらへ, あなたから, あなたと, あれへ, いまから, いろいろな, お互に, お口, お待ち下さい, お心, お手, お角, お話は, お起し, お酒, ここでは, こちらの, こちらは, この手紙, これからは, これらの, こんなこと, さすがに, さのみ, しばらくこの, しばらくは, そうし, そこから, そこは, そのお, そのほう, そのままに, その前, その日, その晩, その通り, それで私, それについて, それらを, そんなもの, ついでに, でございます, どうしてもこれ, どうぞお先, どうぞこれ, どこの, どこまでも, なんでしたら, なんの, まあご, よくは, よろしいよう, よろしく, わたくしが, ッて, ツて, 不思議な, 主人も, 二人で, 人間の, 人間は, 今までの, 今年の, 何にも, 僕の, 其の時, 其処へ, 出て, 右の, 向うの, 喜んで, 堪忍し, 外から, 外に, 多助は, 失礼を, 定めて, 宿の, 尼に, 山三郎は, 山之, 帰って, 序でに, 店の, 彼方へ, 後から, 御免下さい, 御入用, 御勘弁, 御注意, 心配し, 心配は, 心配はいりません, 急いで, 手に, 手前は, 敢て, 日本の, 早々と, 是が, 最初に, 月に, 東京へ, 止むを, 水を, 決して御, 無理も, 父の, 猶更, 用が, 申上げません, 皆さんは, 皆さんも, 相当の, 確かな, 確に, 私たちが, 私には, 私を, 私共の, 米友も, 腹を, 自分が, 自分に, 自然と, 色々な, 行って, 裏から, 覚えて, 調べて, 貴方も, 近いうち, 追, 道に, 雪の, 頓と, 頭を, 頼んで, 驚いては

2 [559件 抜粋] あちらで, あっしも, あとから, あとの, あなたさまにも, あなた御, あなた方も, あの屋敷, あの男, ありがたいこと, あれから, あれも, いけないの, いずれ本当におちつき, いらっしゃい, いろいろの, うかつに, おあがり, おいでに, おどおどし, お互いに, お先へ, お前さんも, お天気, お嫌, お嬢様の, お宅, お安く, お宗旨, お客さんが, お寝み, お床, お座敷の, お待ちなすっ, お慰みに, お放し下さい, お早く, お構いなく往らしっ, お止しなさい, お癒, お知らせします, お聞き下さいまし, お話の, お迎い, お返事, お逢い, お金を, お静, お顔, お願いいたします, きっと布施, きょうは, こうやっ, ここから, ここの, ここは, こちらで, こちらも, このこと, この上, この事, この位, この子, この後, この方, この日, この機会, この話, この際, この頃, これからお話, これからの, これから先, これによって, これまた, こんな物, ごかんべん, ご注意, ご用が, ご迷惑, さうし, しばらくの, すぐお出まし, すこしお待ち, すべての, ずいぶんお, そういうふう, そうお, そうおっしゃっ, そう思っ, そこが, そこで私, そこの, そこまで, そこまでは, そしたらあなた, そしたら送ります, そちらへ, そのなか, そのままで, その一生, その上, その事, その人切庖丁, その儘, その加減, その声色, その姿, その後で, その御, その折, その時代, その気, その渇望, その肉, その道の, その頃洛中, それから, それじゃあ, それだけでも, それだけを, それでもお, それで御, それまでに, そんなの, た, ただ今は, たと, たとへ, たのんで, だいじょうぶです, だれも, ちょいと, ちょっとお, ちょっとその, ちょっとそれ, ちょっとの, ちょっとのぞい, ちよいと, つて, では確か, で御座います, どうかここ, どうかこちら, どうかこの, どうかしたら, どうかそこ, どうかそれ, どうか極刑, どうする, どうぞあしからず, どうぞここ, どうぞこの, どうぞそれ, どうぞみなさん, どうぞ上っ, どうぞ皆さん, どうぞ私, どうぞ諸君, どうでも, どうなる, どうも仕方, どこか, どこへ, どちらでも, どなたでも, どれでも, なによりも, なんとかし, なア, ねす, はしたない外, ひとりで, ひどく特色, ほんとうの, ほんの少し, ぼくは, まあお, まあ今日, まあ私, まずこの, またあと, まったく真, まア, むづかしい御, めったに, もうここら, もうこれからは, もう嫁, もう少しその, もう少し待っ, もしお, もしその, もしまた, もし神, もし間違い, もちろん誰, やって, やはり, ゆるして, ようございます, よくその, よく御覧, よく気, よろしくお, よろしく願います, よろしゅうございます, わけは, わっし, われわれは, エ, ズッと, ソンナラ君は, ハツと, ヘイ, ホンの, ロシアの, 一度逢っ, 一応は, 一方が, 一時は, 一月でも, 一目見, 一箇所だけ, 三人で, 三日の, 上の, 上等の, 下へ, 不意の, 世の中は, 世間では, 両人は, 中, 中へ, 主の, 主人の, 之に, 九月の, 事に, 事務を, 二人とも, 五円お返ししときます, 五分マッチとも, 些と, 人が, 人には, 人を, 今に長い, 今も, 今年は, 今日まで, 今晩お伽を, 今晩の, 仕事の, 仕方なく, 会社の, 伴れ, 何うかし, 何かと思っ, 何かの, 何とかし, 何ともない, 何んな, 何人も, 何処か, 何処かへ, 何分にも, 何分よろしく願います, 何分願います, 何卒また, 何卒江戸, 何時の, 作左衞門は, 併し, 例えば子供, 値の, 傘が, 僕が, 元の, 元より, 先へ, 先生から, 先生の, 入らっしゃいまし, 入場券を, 八右衞門は, 兵馬は, 其の人, 出来るだけ, 前に, 動きますよ, 動くの, 参考の, 可愛がっ, 台所で, 吉祥天を, 同じ語, 吾, 命だけは, 唐めいた, 嘘や, 嘸御, 四日目には, 困って, 国家の, 土蔵の, 地方の, 地面は, 坂井さんの, 場合に, 多分お, 夜に, 夜の, 大よろこび, 大事に, 大切に, 大勢の, 失礼いたします, 失礼です, 失礼ながら, 奥方の, 奥様は, 姉さんに, 婆は, 子どもの, 安倍家が, 宜い, 宜く, 宜しゅうございます, 実際は, 家庭が, 小さいもの, 小声で, 少々お待ち, 少々ばかり, 少しお, 少し不良少年少女, 少し待つ, 山へ, 山間の, 帰りに, 平気です, 平穏な, 当人の, 当年は, 当節の, 彼が, 彼は, 待つて, 後生でございます, 従って, 御参考, 御安神, 御承知, 御止し, 御覧に, 御覽, 御遠慮, 御邸中誰一人笑, 微温湯か, 心配せず, 怒らないで, 懸賞金は, 或時, 手の, 持つて, 支度は, 料理する, 断じてそれ, 斯う, 斯様な, 旦那に, 旦那は, 早くいらつ, 早くお家, 早速お, 早速これ, 明日庵室へ, 昔の, 是から, 是れ, 是非お許しを, 是非ともお, 時々ふとした, 時と, 暫くここ, 末の, 本人の, 本当にこんな, 本来なら, 来たらすぐ, 来週までに, 根岸の, 楊枝を, 次の, 正直な, 正直に, 此に, 此方へ, 武士の, 死骸の, 残念ながら, 母が, 母に, 母の, 母は, 母も, 気が, 決して怪しい, 注意を, 父は, 犯人は, 現世の, 甚だ勝手, 甚だ失礼, 生きて, 用の, 男は, 町を, 異存の, 病人の, 痛いと, 白雲は, 皆んなで, 目が, 直ぐ東京, 相当な, 相談も, 省くこと, 真鶴まで, 知つてゐます, 確かりし, 確実な, 磔刑に, 私さえ, 私たちの, 私どもは, 私達が, 突然尋ね, 竹屋の, 第一, 簡単に, 絶対に, 考えて, 背に, 自分は, 舅姑に, 色が, 若旦那は, 茲には, 西洋人は, 覚悟し, 親の, 言葉を, 許されなければ, 許して, 訳は, 試して, 話も, 誠にがらん, 誰か, 諸賢の, 警視庁の, 貴僧は, 貴方お, 貴方が, 貸して, 踏むと, 辛棒し, 近所の, 連れて, 道を, 道庵が, 違った文字, 遠からず, 遠慮を, 遺恨なぞ, 避けて, 郵便や, 酒の, 金で, 銘々に, 長屋の, 間違いは, 随分お, 随分古い, 隣の, 静かな, 静かに, 非常な, 面白いん, 顔の, 食後に, 飼って, 首は, 駒井が, 驚きました, 黒ッぽい, 黙って

1 [6281件 抜粋] ああいう, あすこの, あたりまえの, あなたご, あなた様などは, あのなに, あの扉, あまり沢山は, あるいはわたくし, あんさんの, あんまり起しとく, いかがと, いくらかせい, いざ畫筆, いたかも, いっそ通行, いつも鼠たち, いまさら都合, いよ, いらツ, うっかりすれ, おいでくださいました, おことわり, おのずから本末前後, おめんめ, お世話でも, お伽に, お出かけなさる, お前様さえ, お含み下さい, お姿, お尋ねする, お待ちなさい, お怨み, お持帰, お母様や, お父様, お福, お聞き下さい, お見, お話しが, お送りしませう, お邪魔, お隠し, お館, かきません, かまわず私ども, がんりきも, きっと同じ, きょう一日拝借し, けっしてそんな, こういう機会, こうしなすっ, こっちから, このごろの, この一行, この人, この場, この役目, この灯火, この線一つ, この部分, こまかく割っ, これからも, これきり疎遠に, これほど, こわくて, こんな秋日和, ご勘弁, ご遠慮なく, さっきも, さよういたせ, しかし誰, しばらく博士, じき執っ, すがらせて, すぐ参ります, すぐ行きます, すつかり腐つ, せっかく土, そいじゃ, そういう破綻, そうした方, そうッ, そこでまたお, そこで恩人, そしたらそんなに, そとから, そのうち相当, そのやう, その仲間, その十一月, その天然, その当座, その攻撃, その案内, その用意, その翌日, その詰め加減, その金, その階梯, それから直接, それであなた, それでは文化, それで僖公以後, それならあなた方, それほどこわい, そろそろお, そんな不義理, そんな没分暁, たいしたこと, ただちに御, たとい御, たばこの, たんとお, だんだんに, ちと案じ, ちょうど鰻屋, ちょっと弁じ, ちょっと音, ついでに何, つい登様, てんで美人画, でその, とくに問題, とても取り留めた, とにかく御, どういう訳, どうかお気, どうかと, どうか不夜城, どうか召しあがつ, どうか手前ども, どうか親子, どうしてもそれ, どうせ当て, どうぞお側, どうぞどうぞ, どうぞ一つ力, どうぞ入らつ, どうぞ少しの, どうぞ曳い, どうなっ, どう云, どなたが, どんなに人目, な, なかなか再縁, なにか毛色, なに失礼な, なるべくは, なろうこと, なんぼ江戸馴れない, ねえ旗太郎様, はっとし, ひとつ引い, へいと, ほんとに心配, まあここ, まあ余り世話, まげてお, ましてあなた様, まず一往, またどうぞ, また神原様, まだ十時頃, まって, まるで鳥, まア気永, みんなは, もうあまり長く, もうすっかり癖, もう一時前, もう少々お待ち, もう死ん, もしかその, もし二人, もし龍駕, もともと多く, やつぱり御, やはり附属物, よい処, よく取調べ, よく聞こえます, よっぽど俊乗, よもや嘘, わざと七時三十分, わたくしどもの, ア, カスターソースや, ココアを, ジプシーの, ツイ持前が, ドミトリイ・フョードロヴィッチの, ハイ恋は, ヒョイと, ヘエ有難う, マクスを, 一々その, 一つ一つ二十人へ, 一人が, 一向新, 一寸手紙, 一層驚異, 一度倒れる, 一方だけで, 一時の, 一概に, 一番行ける, 一言に, 丁度よろしゅう, 万一御, 三千円この, 三階の, 上野町の, 不審の, 世の常の, 両三度, 中将にも, 主人に従って, 之を以て, 事情を, 二人の, 二條大宮の, 五十円や, 交趾焼の, 人殺しを, 人間界の, 今それを, 今夜だけ, 今度だけ, 今日ぎり暫らくお, 今日喰う, 今朝お, 仕方なし, 仮に本堂中, 任せて, 伯爵様が, 何かと世話, 何だえ老爺さま, 何とか知恵, 何もかも知り, 何処へも, 何卒くれ, 何卒夫, 何方らで, 余も, 作家側に, 例に, 信徒と, 偶然に, 兄さんも, 先ず此方, 先方が, 先高い, 全く困りきっ, 八月でも, 其のお, 其の時分, 其処が, 其所を, 具体的な, 再調べ, 凶の, 出立を, 切符を, 別の, 刻々その, 力餘つて元, 動物と, 勤王方の, 医師に, 十時から, 半日だけ, 即ち唐, 厳密な, 又の日に, 収入も, 口に, 只の, 可哀そうだ, 吉川先生の, 名まえ, 吾吉の, 品川の, 唯小声, 喜び合って, 噂などは, 困ります, 園の, 地元の, 堰は, 壻たる, 外部から, 夜でも, 大きな声, 大事を, 大坂の, 大層速く, 大森に, 大藏を, 太郎丸方から, 失礼は, 奮って, 好きに, 姉だ, 婆が, 嫌いと, 孝助は, 安心を, 宜しく其方, 実を, 宮様に対して, 家庭の, 宿屋では, 寝る間, 射とうにも, 小僧さんだけを, 小田切さん御, 少しくやっ, 少し手際, 尾行は, 山陽などは, 左様なら, 師匠の, 帰りましょうお召物, 平太夫, 幾らにでも, 広田さんも, 庭の, 引つ掛けて, 強ってと, 当分は, 彼らの, 後でご覧, 後生です, 御両人それぞれよろしく, 御冗談, 御家の, 御服装, 御紹介通り, 御説, 御遠慮申上, 心任かせ, 心配なさらない, 忌憚なく, 怖い思い, 怯えますよ, 悦んで, 情操文学は, 感謝いたし, 成仏が, 或と, 截る, 手が, 手段に, 折々団扇, 拵えるの, 掛けて, 支度し, 故郷へ, 文芸は, 新しい美人画, 旅商いを, 日本左衛門も, 旦那様多勢に, 早くこの, 早く往きましょう, 早めに, 明律でも, 明智探偵は, 昨夜の, 是非どうかお, 時々見かけ, 智の, 暫らく不自由を, 最初の, 有り難く思う, 未だ世間, 本妻が, 本当は神様, 来週ごろ行っ, 松茸でも, 案じるが, 検査までには, 構いません, 欄干に, 歌妓でも, 此品だけは, 歩くと, 死んだもの, 残念に, 母に対しても, 毎晩蚊に, 気の毒で, 水で, 永く使える, 決して代金, 決して迷う, 河の, 法華経が, 浅はかな, 深川に, 湯水も, 漆器の, 火薬だけを, 無理に, 焼き方, 熟知すれ, 片贔屓, 特に立秋, 猶更懇ろ, 現今とは, 生れた子供, 用水の, 申さば貴方は, 男から, 留めるわけ, 當時の, 病院にも, 白痴だ, 皆さまあ, 皆んな一緒に, 目まいが, 直ちにその, 直に此, 相手は, 真実に, 知って, 石と, 祇園の, 祭の, 私どもが, 私ひとりの, 私手を, 空二さんも, 立前に, 第三段, 篩に, 紅木大臣は, 紺屋なら, 絞罪, 縁の, 美代吉の, 考えが, 聴いて, 背かず武田, 臥ていらした, 自分自らにおいて, 自然装なんぞも, 致し方も, 花車に, 若し遅く, 茂之助の, 萩原様の, 薯蕷の, 血気の, 表でも, 西洋品なども, 見上げると, 親たちも, 観音様の, 訊問と, 詛詈とは, 誠に失礼, 誰かと, 調和の, 謹慎し, 豪い經濟學者, 貴国政府の, 貴方決して, 赤い着物, 足下も, 踏み込まれるやう, 軽い病人, 近々お, 近隣の, 退屈そうな, 連れてって, 道さんが, 遠慮し, 避けられません, 酔いが, 量は, 銭湯にでも, 開墾し, 間違つても, 陳弁いたし, 随分乱暴, 隠居を, 雨でも, 面倒でしょう, 順序よく種明かし, 顔色の, 食べ頃を, 饂飩に, 馬鹿な, 骨も, 魚を, 鶏が

▼ ますので~ (2181, 2.8%)

48 私は 47 ございます 29 それを 24 私も 15 ございますが 14 ございますよ 11 私の 10 それが 9 わたくしも 8 それに, それは, 私が 7 これは, ございますか 6 わたくしは, 非常に 5 ここでは, これに, して, その時, その点, 今日は, 誰も 4 あつた, これを, すぐに, そこへ, その日, 何を, 自分の

3 [20件] あなたの, こちらの, この人, ございませうか, ござります, した, そこに, そこの, そのこと, その中, つい, ともかくも, はい, 今度の, 少しも, 此の, 私たちは, 私を, 行って, 身体が

2 [93件] あたくし, いそいで, お手, こ, ここで, ここに, この辺, これで, これも, こんな時, ございまして, ござりましょう, さう, そうしたところ, そのうち, そのたんび, その意味, その肉, その都度, その金, それからは, それで, それでどうも, それについて, それまでに, それらは, そんな事, ただそれ, つい金, とうとう思い切っ, とりあえず私, どうか, どうしても出られませんでした, ほんとうに, まあ此度, よく存じ, より江は, よんどころなくお, わたくし共の, わたしの, わたしは, わたしも, セエラは, チベットでは, ツイ得物を, ホンの, 一つは, 一ツ背中を, 一度は, 一緒に, 万端よろしく, 下からも, 些と, 京都は, 今の, 今は, 今も, 今度は, 仕方なし, 何う, 何の, 何んとか, 充分に, 其の中, 初めは, 別に不思議, 勝手に, 勝手を, 十日ほど, 四郎と, 困って, 困ります, 夏に, 孫の, 定吉だけを, 宮瀬氏は, 彼に, 御座います, 御氣分, 急な, 折からの, 是から, 暇を, 桃花坊も, 橋の, 正面に, 母の, 画室の, 皆様の, 私から, 裏の, 誰でも, 近所中の

1 [1615件 抜粋] ああいう, あちきの, あちらまで, あなた方に, あなた様を, あの汚物, あまり療治, あるいは作り話, あれから, あわてて, あツ, いくらしっかりもの, いずれ後ほど, いっそ思い切っ, いつかゆっくり, いつしよう, いつもとは, いますぐ, いや私, いよいよそれ, いろんなもの, うかとその, うっかり話頭, おかみさんの, おせなか, おとうさんは, おほほ, おりおりは, お体, お医者, お叱り, お尋ねの, お徒, お掃除, お止め, お気の毒, お皿, お笑いに, お見舞い, お邪魔, お隣り, かえって不利, かごは, かならずあの, きっと幾分, くせ者を, げすが, こうして戸外, こう内, ここには, こちらへ, このうたい, このさい静粛, このみち, この不足, この屍体, この方, この札差, この神様, この講演會, こりゃ困った, これが, これには, これへ, これらを, こんなつまらない, こんな場合, こんな小さい, ございましょう, ございますけれども, ござりまする, ごたごたいたし, ご通行, さすが物質文明, さっそく場所がら, さても, さまで親し, ざいましてねいいえ, しばらくその, しばらく外, じっとこらえ, すこしも, すっかり真にうけ, ずっと中, せがれの, せめて仕立物, ぜひともそいつ, そういうところ, そうして右近丸, そう思っ, そこで高値, そこまで, そつと, そのため, そのよう, その下僕, その人ら, その供養, その問い, その国, その場合, その大き, その客人, その手傳, その時代, その歌, その粥, その訳, その部分, その間に, その際, その鬱憤, それから, それから何で, それから後, それだけ戴けない, それでそう, それで確か, それの, それらの, そんな儚い, そッち, ただそれだけ, ただ単に, だいじょうぶと, ちい子ちゃんは, ちょうど幸いと, ちょっと何卒お, ついどうも飛んだ, つい親心, つやつやし, ではこれ, とうとう又, とうとう身体, ときどきどこ, とって, とても逃げだす, とりあえず重大人物, どういうこと, どうか二十日, どうした, どうしても兄さん, どうぞ, どうぞ宜敷く, どうでも, どうもその, どうやら, どこから, どれから, どんなに悲しい, なおさら心配, なお悲しゅう, なかなかそんな, なかなか強い, ながくは, なにとぞ源三郎様, なるべく肉体, なるほどそち, なんとかし, ねずみさんは, はっきりは, はるばるお, ひとまずそこ, びっくりなさいました, ふとこう言われた, へい, へんに, ほっと安堵, ぼくだけという, まあこまかい, まあそんな, ますます稽古, また今夜, また私, まだ起き, まアまア名, みるみるうち, めったに市内, もうこの, もうすぐ見えるでしょう, もう四, もしかしてつない, もし上野辺, もし誰か, やう, やがて誰, やはり一緒, ゆだ, よくは, よく留守番, よく逃げる, よほど古ぼけ, よんどころなしに, わしどもでも, わたくしどもの, わたしたちは, われわれ父兄と, イソダンでは, グリフィン生命保険会社に, スピードは, タッタ一枚着, テッキリ犯人と, ノートが, ビックリし, マユミさんが, 一さい申し上げませぬ, 一と, 一切の, 一同は, 一層作陶, 一文でも, 一目見, 七人まで, 万人に, 三ヵ月いじ, 三人組なれ, 三四度續け, 上って, 下の, 不取, 不気味に, 世間では, 両国一帯の, 中なか, 中将から, 主人からも, 乃田さま以外の, 久しぶりで, 乞食は, 二人で, 二十年の, 五十五度は, 亭主には, 人数は, 今に浅草八軒寺町, 今回いよいよ, 今日き, 今晩といふ, 今朝卯刻半, 仕事の, 他国へ, 以ての外の, 仰臥に, 伯母が, 何か, 何だか妙, 何も, 何事が, 何分ともに御前態, 何故と, 余りお, 供の, 俊乗も, 信じて, 僅ばかりの, 元來丹波, 兄と, 先から, 先ず今, 克子さまの, 入口の, 全く付き切りでなく, 全然困る, 其から, 其の文, 其人は, 内に, 内容は, 凌雲閣から, 出来るだけは, 刑務所に, 別にまた, 別に珍, 到頭教会, 力強いこと, 動悸は, 勢御, 十一月から, 単に街, 却って今後, 参りました, 友達の, 取り調べかねるの, 只今御覧に, 右に, 同時に正木先生, 名前は, 唯今の, 喜んで, 四万の, 国中の, 地獄の, 埃は, 場所と, 夕方など, 外に, 多少とも, 夜中そこらを, 夜通しで, 大きくなっ, 大体親達の, 大変に, 大工の, 大根だの, 太郎さんが, 夫婦は, 失礼です, 女嫌いで, 妾の, 妾達より, 婦女子の, 季候が, 安くて, 実に何ともいえぬ, 実は今, 実は其後, 家の, 家督を, 寝て, 寺中では, 尊者は, 小さい店, 小太郎は, 少し当て, 履物が, 左の, 差し控えようかと, 師匠の, 帳面合わせとか, 年の, 幾らか異, 広い社会的, 序に, 延光の, 引込みがちで隠れた, 強いてご, 当分太子殿下の, 彼は, 往来を, 後刻改めて, 従ってその, 御厄介, 御存じの, 御座いますから, 御承知, 御用は, 御酒宴, 心を, 心配でございます, 忙が, 怖しくなっ, 思ひきつ, 急の, 恐らく墓碑, 情意投合した, 慌てて, 成るたけ頭, 或いはそちら, 房州出の, 手を, 手前も, 手前共の, 折々嫌, 抜け出る道, 探査員マアクさんと, 政府の, 数日の, 文芸方面は, 旁, 日が, 日本に, 旦那様の, 早晩おいと, 明らさまに, 明日午前十時ごろ僕が, 明智先生は, 昔の, 春の, 是が, 是非入れ, 時々には, 時たま明治大正, 時代によって, 暗いなか, 最も優秀, 最後に, 有りの, 朝は, 未熟な, 本当に残念, 村人からも, 来年かさね, 東禅寺の, 枕を, 森のけものや, 樂しく遊ん, 止めますが, 此川には, 歴史の, 殘念では, 殿村は, 母は, 毎日お, 毒虫を, 気に, 気分良う, 水運びを, 池上も, 決して事新しい, 汽笛の, 沸かして, 泊つて貰は, 浜辺から, 湖には, 演技を, 炭酸水をも, 然し新田さん, 燐光を, 父は, 片時でも, 物蔭へ, 特にその, 特別に, 猫も, 現に自分, 現金仕, 甚だ太平楽, 生きられるだけは, 田を, 男のは, 留守居の, 番頭が, 癪に, 皆不思議がっ, 直ぐその, 相談致します, 真言寺の, 矢代さんの, 社中かわる, 神界から, 私と, 私へ, 私共と, 私共もはや, 立つ瀬が, 第一, 糊の, 絵の具の, 罐子塚だ, 老夫婦, 肌身を, 脚気の, 自儘, 自然あのお, 船から, 花崎さんは, 若い者, 苦紛れに, 荷物並びに, 藤六の, 蜘蛛も, 蟻は, 袋に, 見て, 見る目, 見物人が, 見舞に, 親父が, 訴えに, 誠に困った, 誠に恥じ入りまする, 誰ひとりとして, 豚吉も, 貴下だけの, 貴男の, 賊の, 跛の, 軽々に, 近所じゅうの, 迷って, 途中で, 遊んで, 遠くの, 酔っ払った人たち, 銭三百を, 間に合せの, 階段を, 隣近所は, 雪の下から, 静かに, 音楽の, 頭数に, 顔を, 飛ぶごとくに, 館員の, 馬方やら, 驚いて, 高一, 黒覆面は, 鼠色に

▼ ます~ (1920, 2.5%)

7465 んで 61 です 43 ですが 42 じゃ 3925 はその 22 はこの 16 か, ですか, ですから 15 は私 12 ですよ, はお 11 でしょうか 9 には, は実は 8 が私, でしょう, では, はあの, はこれ, は御 7 が, はほか, は何 6 だが, だそう, はご, もお, もその, を見, んに 5 だ, である, ですね, はつまり, はどう, はわたくし, は前, を, をお

4 [11件] かね, がその, ぢや, ですけど, はよく, は外, は次, もいかが, もこの, んは, サ

3 [34件] かえ, がお, が何より, さと, ですけれど, ですけれども, ですもの, どす, はいかが, はそれ, はほんとに, はまだ, はもう, は一つ, は人間, は今日, は少し, は是, は正木先生, は父, は自分, も, も何, も何で, やが, やら, ように, を待っ, を見ます, んか, んです, んを, シュピネルさん, 私は

2 [110件] あの方, え, かこの, かしら, かそれとも, がこの, がこれ, がそれ, がた, がわたくし, が先づ何, が又, が悲しく, が旅, その方, たまには, ださうでその, だった, であります, とそれから, と同じ, どすえ, どすけど, なら, ならどうか, はあなた, はいつも, はかえって, はかかる, はこ, はそれら, はそんな, はただ, はね先生, ははしたない, はまず, はまるで, はやっぱり, はわたし, はわれわれ信, はエリス, は一旦, は世間, は久しく, は今, は他, は他事, は何だか, は僕, は元来, は全く, は只今, は吉原, は吝嗇, は如何にも, は妾, は娘, は子, は実に, は当時, は彼, は彼女, は恐らく, は恥ずかしい, は斯様, は昔震旦, は普通, は最早, は本年, は殆ど, は母, は猶, は甚だ, は第, は自ら別問題, は良秀, は評判, は誠に, は門野, ひとりで, もあなた様, もさ, もそうした, もみんな, ももっとも, もわたくし, も些, も御, も恐らく, も私, やで, やもん, やろ, をお待ち, をさあ, をわたくし, を又, を喜びません, を急いだ, を最, を祈っ, を私, を聞い, んが, 乾物の, 今度の, 娘の, 底に, 挨拶さえも, 煙草入に

1 [911件 抜粋] あのさだ子, あの恐ろしい, いう通り, いけません, いま頃はね, おばさま, お宅, お持ちなさいます, お礼を, お輿入れ, かお互いお家, かさ, かとんと, かと鳥肌, かな, かは知りません, かマンジウリ, か又, か妻, か或いは又, か日に日に, か迂散らしく, があなた, があまりに, がいかにも, がいちばん人柄, がいつ, がおいしい, がお気, がここ, がこれから, がございます, がせめて, がその後十日, がただ今, がつまり, がどの, がふしぎ, がまず, がもったいなく, がやはり, がわたし, が一式, が一番末, が世間並, が今, が何かと, が何とも, が何ん, が六十五, が又いずれ, が多助, が妹娘, が実に, が尽く, が平生, が当家, が彫刻, が御, が必要, が恥ずかしゅう, が手前, が時, が朝, が正木先生, が残ん, が父, が秀吉公, が習慣, が苦しい, が見えない, が貴方, が辛い, が遠い, が震旦, が顔, が風邪, けれども人, ことである, このうち, この指環, これからは, これから一人, こんどご, こんな物, さえご, さえみずから, じゃさ, じゃそこ, じゃそれで, じゃ間, そしたらすぐ, そして弟, そのお, その癖, それで又, それは, それも, そんな馬鹿, たいへんな, だからお, だってそりゃ本当に, だと, ってしきりに, であたし, でありますが, であろうの, でしょうが, でしょうよ, ですからね, ですけれど私, ですぞ, ですな, です死んだ後, でもそれ, とたいした, とでとう, とまあ, と一番目, と二通り, と善後策, と局部, と拠, どうか貴方, どうぞ, どうぞ御, なぜって, ならこの, ならどんな, なら参りましょう, なら気に入らない見本, なら箪笥なぞ, にはあなた, にはあの, にはこつ, にはしかし, にはその, にはばかりがある, にはみんな, には子供, には私, には裁判長, には院, ね, はあくまで, はあの若, はありき, はあれ, はいう, はいかにも, はいじらしい, はいったい, はいよいよ, はうまい, はおく, はおしいれ, はお客様, はかいつまん, はかね, はからだ, はこういう, はここ, はこの世, はごく, はすでに, はずいぶん, はそういう, はその後, はそれだけ, はたやすい, はちょい, はてんしゅに火, はでは, はどうも, はどんなに, はね, はねこの, はねそれ, はのぶ, はひとり, はほんの, はまことに, はみなさん, はみんなほか, はもったいない, はもともと, はやはり, はよい, はアフリカ内地, はアヤ子, はクリヴォフ様, はチチコフ氏, はドリユゼンペスト, はフォルテ, はホテル, はレデーケーキ, は一体, は丁度, は三匁, は三右衞門, は三國志の中, は不, は中京辺り, は五月二十五日, は京都, は今度, は仏, は体, は何となく, は余, は作者, は作行, は信心, は先刻, は先日私, は分っ, は削いだ, は前夜, は勇ましい, は勿論, は十年来, は危險, は去年の, は取り, は司馬様, は吹く, は唐, は唯今, は善光寺, は困ります, は多助, は夢, は大きく, は大した, は大国主命様, は大小, は大昔, は大老水野越前守, は失礼, は女, は奴, は如何, は如来, は娼妓, は実際, は宮様, は寛文, は少年時代, は崔融, は平面, は年甲斐, は庭造り, は当地, は当年八歳, は心, は心恥, は心苦しい, は必定, は性癖, は患者, は悪人, は悲しゅう, は情けない, は我等, は戸, は教祖さま, は旅籠, は日蓮宗, は旦那, は春日, は昼, は書斎, は木の葉, は本, は村, は某, は楽しみ, は止しましょう, は此, は此山, は歩きつき, は殺人方法, は気がね, は水死者, は水飴, は海, は渦巻気流式エンジン, は無論, は牛頭天王, は現代人, は現在あなた様, は申し上げたら, は皆, は目, は目下西比利亜, は目指す, は相当, は眞理, は石油, は神聖木曜, は私ども, は私ども人間, は私一個, は私自身, は立政篇, は紋太夫どの, は細野燕台氏, は結果, は經書, は義理, は肉親, は背, は能, は舊唐書, は良人, は花, は若狭湾, は薩摩芋, は虞夏書, は観世音, は誠に何とも, は譬, は買收, は身体, は軽率, は近江, は追, は都会, は鉄漿, は長女, は阿波, は随分, は非常, は飯, は驚き, は鶏, ほかなんの, ほんとにもう泣きださない, またその, まア二階, みんな一揃いずつ, もあまり, もうあっち, もおかしゅう, もこんな, もだれ, もつまり, もなれなれしく, もはかない, もひとえに, もみな神様, も一寸, も一河, も世間, も五銭十銭, も亦, も人騒がせ, も今さら, も何だか, も何卒, も其間, も味気, も多助さん, も夢中, も大家さん方, も奥さん, も存じ, も平生山風以外, も弘法大師, も心細い, も思え, も或は, も烏滸がましい, も畢竟するに, も異, も皆私, も確か, も私故, も結局そう, も至極, も詮ずる処, も道理, も重々, も随分, やがな, やさかい, やな, やよ, や太閤さん, よう, よりたくさん, わたくしの, をあなた様, をいかが, をお許し, をこの, をさすが, をじろじろ, をそれ, をつくづく, をなに, をふたり, をべつに, をむろん, をやつ, を一概にそう, を上人, を今, を体, を何年, を傍, を先, を前生, を取っ, を唇, を多助, を女王様, を宗達, を山三郎, を山里, を形, を待ちまし, を忌む, を恨ん, を打ち消す, を承知, を振っ, を文, を日本左衛門, を松葉, を構わず, を池上, を漸く, を牛車, を監査, を知っ, を置き, を聞き覚え, を見た, を見る, を院, んにも, んも, アノ今日は, オブリアンさんは, スープで, ツて, ハアいらつ, フェアファックスさん, ホホホホ, ン, 一寸これゃごまめだよ, 一度も, 一点張りで, 中から, 中へ, 其れ, 切り身を, 又は上州, 口上言いだ, 吉川さんは, 吸物と, 困って, 地下鉄で, 場合は, 売れなくな, 大反対, 娘と, 宵の, 小間物屋さんで, 山木に, 弁護士も, 御前様, 御隠居さま, 手箱の, 折角拵えた, 方が, 日本人の, 有難うございます, 来て, 煙草入れを, 父が, 爾し, 男の, 相良さま会わせ, 私たちは, 私についての, 策は, 縁側などに, 老人の, 肉を, 自分で, 若いころ, 茶漬けは, 菊子さんは, 誰にも, 軍法かも, 長兄の, 間いと, 顔を

▼ ます~ (1609, 2.1%)

111 親分 23 親分さん 13 旦那 12 私は 9 つて 8 それに 7 先生, 私が 6 お嬢様, それが, それは, そんなこと, ッ 5 あなたの, きっと, 旦那様, 私の, 誰か 4 あなたは, あの女, いいです, これは, はい, やりますとも, ウ, ォ, 奥さん

3 [22件] あのお, ありますよ, ええ, お前さんが, お気を, こいつは, ここに, だ, ちょいと, つてな, ねえ, ッて, 何うし, 何も, 僕は, 彼の, 成程, 旦那さま, 私, 親分伊丹屋の, 貴方は, 錢形の

2 [90件] あたしが, あなた, あなたも, あの人, あれは, いっしょに, いますよ, おあがりなさいまし, お今, お前は, お名前, お嬢さま, お孃さん, お母さんを, お父さん, お袴, くやしかったら, こいつを, ここから, この傘, この杭州一城, この頃, その畑, そりゃ買う, それを, ぢつ, つてなあ, つて安心しなはれ, つて私も, どうせ恥, どんな御用, へい, ほんとに, よくあれ, よござん, わかって, わたくしが, わたしは, われわれは, ツ, ハヽヽヽ, ヘエ, リザベタさん, 串戯じゃ, 二人の, 人の, 今は, 今も, 今日は, 今晩は, 今朝も, 令嬢の, 何う, 何か, 何です, 何でも, 元は, 兄さん, 出ますよ, 叔父さん, 君, 四です, 奉公は, 店を, 後から, 旦那が, 旦那の, 旦那冷かされ, 旦那様は, 本郷の, 来ますよ, 此の, 毒なんぞに, 番頭の, 知って, 神父様遠方で, 私も, 若い中, 裏木戸が, 親分あつし, 親分この, 親分これは, 親分やらない, 親分言や, 貴方, 近所の, 違いますとも, 金釘流で, 銭形の, 隣の

1 [1082件 抜粋] ああ云う, あさましい, あすこは, あとから, あなたに, あなた様, あなた頼みます, あの下女, あの人情, あの店, あの時, あの梅, あの白梅屋敷, あの縹緻, あの通り灯, あははは, あれあれ悪形, あんたの, あんなに可愛, あんな兄, あんな山奥, あんまりあんた, いいかい, いい加減, いくらでも, いずれあなた, いったい土地, いつか別荘の, いつもの, いづれ惚れた奴, いまッから, いやに, いッ, うなじに, ええええ御無事, ええこれ, おいらも, おかげで, おかみさん, おこりますよ, おっそろしく, おとさんやう, おや勘次さん, お偉い, お内儀さん, お前さんは, お前何う, お召しだ, お噂, お坊さん, お姉様, お嬢さん, お客様この, お師匠, お年が, お早う, お机, お歳暮, お江戸, お父さま, お父さんは, お神さん, お稲荷様, お紺, お茶でも, お蔦さんが, お言葉, お迎えに, お隣の, お頭, かまわないから, きっと覚, ぐずぐず言わず, けっしてこれから先, けれど今晩, ここで, こっちで, このお, この三階, この人, この六月, この婆, この戸, この通り, これからの, これで, これには, これを, こんなに待たされた, ごく内密, さあおやすみなさい, さあわし, さあ早く, さうし, さようあらゆる, しかしいま, しかしまあ, しかも誰, じや, すこしどうかこっち, すっぱり裸体, すらりと, せいぜいここ一二年, そういうこと, そうすりゃ, そうら, そう見, そしてアグラフェーナ・アレクサンドロヴナ, そして夜, そのうちなんとかなりましょう, そのへん, その事, その代り, その岩組, その方, その日本左衛門, その豚脂, そらあすこ, そらごらん, それから私, それだけが, それだけ品種改良, それとね, それにお, それには, それや, それヒフの, そんなところ, そんなにまで, そんな事, そんな吹き, そんな心掛, たくさんに, たしかに男, ただところ, ただ裾野, たびたびヲヤ, だからあなた, だからわたしたち, だがその, だけれどもお, ちとその, ちやんと, ちょと, つて一寸, つて大事おま, つて御, つて黙, つめったり, ですから私, では此処, でもこれ, でも今, でも何, で連れ, とてもいい, どうかし, どうか御機嫌, どうした, どうせ一度, どうぞ何, どうもへん, どうも少し恠, どうも炭屋さん, どちらかと, どなたが, どれ, どんな富, なにが, なにしろ役所, なに火が, なんなら, ねえ兄さん, ねえ旦那様, ねえ黒門町, はいそれとも, はいエカテリーナ, はい随分, ひどいもん, ふくら脛まで, ほほほ, ほら, ほんとにあの, ほんとに叩い, ほんとに皆様, ぼくも, まあなんて, まあ一つ, まさか百両, また明日, まだ, まだお, まだ二十一, まるで嘘, みっちゃ, みんな申上げます, もうたくさん, もう兄弟喧嘩, もう遅い, もし狐, もっと右, やりますよ, ゆっくりお, らら, わかりますよ, わしが, わたくしの, わたくしより, わっし, アッタスンさま, アデェル, イスカーキイスカーキ, エエそりゃ, オ, オホヽヽヽ, オレじゃ, ガラスの, クリイニングに, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチは, ゴオドさん, サア行きましょう, ジエィン, ダダダダダと, ハイ, ハハハ, ハヽヽヽヽ, フョードル・パーヴロヴィッチ, フレッド, ヘッヘッところが, ホラお寺へ, ポツポツポツ, マネット嬢, ミーチャあすこで, リーズさん, ワーリャさんも, 一処に, 一年も, 一度は, 一昨日も, 一週間で, 七代目の, 三尺の, 三輪ちゃんに, 下駄を, 中へ, 串戲ぢや, 丸顔のね, 九年前主人に, 二斗や, 云う筈, 五月頃は, 亡くなった家内, 人殺, 人間は, 今でも, 今にもお, 今に欧羅巴人同士, 今の, 今日から, 今日ホンの, 伯母さん, 何が, 何しろ陳施寧, 何だか凄い, 何と書き, 何を, 何卒芳子, 余, 使い処用い, 例の, 修行も, 僕の, 先ア能くお考えなさい, 先刻貴方は, 先生お, 先生そんな, 全く, 全く今, 八両余り, 八歳の, 六月二十日に, 其の事, 其様な, 出口は, 判らなくたって, 前とは, 力の, 十九ださう, 十分の一, 博士, 参りますとも, 叔父様, 口で, 口説きますけど, 可哀想に, 吉原が, 嘉門様へ, 四本二対に, 四角な, 地獄へ, 坊ちやんが, 埼ちやんには, 壽屋人參湯金物屋尾崎屋, 変な, 夜夜中奥向の, 大丈夫でございます, 大事ござんせん, 大地主, 天下の, 太夫元さまその, 夫は, 奥さま, 奥で, 女に, 女出入りとか, 妙な, 妙齡の, 妾は, 委員長, 娘を, 嫉妬などの, 字劃寸法まったく, 守口さんが, 宜いです, 実はね, 実は拙者, 富士や, 寿屋人参湯金物屋尾崎屋, 小松, 少し早め, 少し熱, 尤も土手, 屹度, 川地さん貴, 布きれは, 平常坊主客, 幾通りもね, 引つ越し三百, 弱え, 彼れ, 彼方へ, 御よろしけれ, 御前は, 御存じです, 御新造の, 御用人樣, 御贔屓, 必ず誓っ, 怪しいも, 恋が, 恋の, 恐入りますな, 悪友が, 慾を, 成る丈, 我が子, 手紙がね, 抔と, 抱えの, 拾いますよ, 拾つて來て, 持って, 掛川へ, 文学は, 斯んな, 新撰組の, 日本の, 日本橋の, 旦那その, 旦那様が, 旦那樣, 早くあちら, 早く室へ, 早く申し上げ, 明後日から, 昔から, 昔私は, 昨夜お, 昨年の, 昨日も, 是れ, 晴着は, 最初なんか, 有難い佛樣, 朝日湯の, 本た, 本当に, 本当にめ, 本當, 村方の, 松じゃあねえよっと, 板橋あたりの, 果報者に, 梅の, 構わずズーッ, 権六は, 此の間ね, 此方も, 殊に松谷さん, 殿様ちょうど, 毒な, 気を, 気持が, 水戸へ, 池の, 泉州の, 海石の, 淺野屋だ, 済みませんけれど, 滑稽でしょう, 焚付が, 無暗に, 然し僕, 父さん, 牛乳入, 狐は, 猪之, 王に, 用の, 田舎女を, 男の, 番頭さん, 病人で, 白井權八なども, 白金二丁目の, 百まで, 皆さん全く, 皆んなお祭騒ぎを, 皆んな申上げます, 目賀田さん, 相手が, 眼から, 眼と, 知らない面, 硫黄岳焼, 社会を, 神聖なる, 私から, 私どもは, 私のは, 私ア人間だ, 種々に, 空いたの, 笹野様, 節ちゃんさ, 精一杯御用風, 細面の, 経済的に, 総督さん, 聞いて, 胸倉を, 脚が, 腹さへ, 自分の, 芹沢さんは, 若し変つて, 若旦那わたしは, 若旦那様, 葛籠を, 薄っぺらで, 蝉は, 行きますよ, 行くには, 行つて來ます, 見て, 親分あっしの, 親分いかにも, 親分も, 親分言います, 親分黒雲五人男が, 言いますよ, 証人が, 話は, 誰かと, 誰だって, 誰も, 請け合ひ, 諸国の, 谷へ, 貴郎, 賢夫人まア, 赤いの, 身幅の, 近日中に, 逢つて見ません, 遺言に, 酷い目, 金之助は, 鈴川主, 鍵が, 闘犬の, 雪子姉さんの, 青山で, 飼猫の, 馬を, 駄菓子屋の, 驚きました, 鵜の, 鶴だって, 黄色い上着

▼ ます~ (1546, 2.0%)

12827 私は 25 どうか 20 知ら 17 それは 16 親分 13 それを, どうです 76 ッて 5 存じませんが, 知らん 4 これは, そのお, 旦那, 旦那様, 私も

3 [19件] あなたは, え親分, さう, それが, それじゃ, それも, わたくしには, わたしを, サ, 人間の, 今日の, 何う, 何故に, 併し, 兎に, 平常は, 旦那さま, 私に, 私の

2 [77件] あなたの, あなた様の, ありがとうございます, あれは, え私, お情ない, お清書, お見舞, ここは, ここへ, これが, さア, そこに, その辺, それでも彼, それとも, それともお, それとも何, そんな家, だ, どうかは, どうだ, どうでございます, どこへ, ほんまに, まあそういった, もう片手, ものを, わたくしは, ア, ケレンコさん, ジエィン, ゼイタクな, 一寸一息, 人の, 人違いでございましょう, 人間が, 今の, 今は, 伺って, 但しは, 何と, 僕の, 僕は, 先日は, 奥様, 女の, 妖兆と, 存じませぬが, 安宅さんが, 左様な, 御膳を, 御迷惑, 手前も, 承知いたしました, 敢て, 旦那や, 明鏡止水の, 曹司へ, 森栖さん, 次囘, 此の, 水従方円器と, 海が, 濡れた薪木, 無い方, 知れませんが, 私が, 私どもは, 聞かして, 自分が, 舟に, 良人は, 色々と, 蛙の, 貴女は, 道理で

1 [1033件 抜粋] あ, あさって, あそこへ, あた, あつて, あなた, あなただって, あのこの戦車, あの仏壇, あの奔放自在, あの富山唯継, あの徽典館, あの晩帰り途, あの水, あの海底, あの矢切村, あの私, あの船, あの鯛, ありがとう存じます, ありよう, あれにも, い, いうたらおりませんいうたん, いかがな, いずれに, いっそ御, いつたい, いつ白骨, うまくあたった, えこれ, えそれから, え先生, え御信心, お, おい, おさしつかえ, おばさま, おろしますか, お一人, お供を, お内儀さん, お前さんも, お土産, お大事, お姫さま, お嬢様, お孃さま, お実家, お小納戸, お役人, お忙し, お早く, お母さんの, お浦さん, お父様, お米どん何, お葬式, お見え, お顔, かさなり, かつその, かりに大判一枚, くれませんか, こうして祝っ, こちらに, このあと, このごろめっきり, この二つ, この刃傷, この新, この次に, この道, これも, こんどの, こんな山, こんな歌, こんな言葉, ご家老, さしずめ鼻, さっぱり見えません, さようで, しかし, して, しれませんが, じゃありません, じゃなりましょう, じゃア旦那江戸, じゃ父, すまさない内, そういうもの, そういう思想上, そうしてどこ, そうして此, そうっと覗い, そう女房, そこい, そこまで, そして僕, そのお方, そのとき, そのよう, その中, その信濃, その夜伽連, その愛憫, その牛, その癖, その起る, その魅力, それくらいの, それでは, それではやっぱり, それでは俺, それでは誰, それともあの, それともただちに, それともちょっと, それともまた別に, それとももう, それとももはや, それともマアレイさん, それとも何処, それとも信州, それとも厭わしい, それとも外, それとも御, それとも敵, それとも松島, それとも膚, それとも踊り, それとも逗留, それとも電話, それなら, それにも, それ承知なら, そんなにあの, そんなに杉苗, そんなもの, そんな事, そんな問, たいそう御, たとえば二匹, ちっとも分りません, ちゃんと床, ちょうど西洋料理, ちょっとこちら, ちょっと文殊菩薩, ちよつと, ついて, つかまらないん, つまりもっと, てんだ, ではちょっと, では松倉郷, でもねえ, とうとうなくなられました, ときいたら会いましょうと, とにかくこれ, とにかく私, とんだお, どうかお, どうかを, どうした, どうしてこんな, どうしても凶行, どうします, どうぞ此方, どうでございましょう, どうも宜しく, どうも有難う, どこかで, どちらかに, どちらも, どれ, なにほうず, なるほど昔, なんでも, なんなら歩き, ねえこれ, ねえ旦那, のめないでしょう, はい, はやどうもあの, ひとつ承はり, ひょっと場所, ふだんは, へえ何, ほんとに大切, ぼくの, まあかくれた, まあどうかこれ, まあキマリ, まあ癖, まことに申しわけ, まず案内者, またどうして, また出, また新規, まだ子供, まだ御, まア此様, むろぎか, もうこれからは, もう一周忌, もしそれ, もしや, もったいない, やはりわれわれ, よう知っ, よくわかりました, よく相談, よそへ, よろしゅうございます, わかりません, わかりやいたしません, わが良子, わしには, わたくしに, わたくしを, わたしは, わたし一人を, われわれの, アノ深夜の, イギリス語でございます, イヤガラセ, エ, コリャ面白い, サ坊ちゃ, スキーは, タオル地の, ツてんで, ドロンと, ナニ蜜柑の, ハイハイそれでは, ピストルの, ブラで, ヘエそれは, ミュンスターベルヒの, ルンペンと, ロリー氏, 一人の, 一寸一と, 一寸往, 一度あなた, 一番お, 丁度山, 三年目に, 不思議な, 世の, 事業的才幹, 二昔に, 人手に, 今し方まで, 今に寒餅, 今までの, 今夜は, 今度の, 今日は, 今晩六時より, 仙太郎親方も, 代言人の, 仮名ばかり, 仲よくする, 何, 何しろ大した, 何でも太郎殿, 何に, 何を, 何処へ, 作家の, 信じませんか, 俺は, 兄の, 先刻お, 光君の, 入江に, 其の事, 内心よんどころない, 処世法と, 出て, 分りませぬが, 分りませんし, 初めから, 判断力が, 別に私, 剃ったならば, 前橋の, 動機と, 勝手に, 勿論板本, 匂いと, 半と, 厭な, 只今あの, 可哀そうです, 名は, 名物といった, 君, 呑めないで, 唯々心ぼ, 四十ぐらいに, 図に, 地震だって, 坊ちやま, 声の, 夏は, 多分御酒, 夜更けには, 大変な, 大層お, 天然に, 夫婦の, 夫次第大抵は, 奥義と, 女が, 女学校に, 妹が, 姉さん, 始めまして, 娼妓の, 子供が, 存じません, 宇宙塵は, 実に私, 実はその, 実は故郷, 実際の, 容易に, 宿命とでも, 富五郎お前一緒に, 寿江子様, 小親, 小説の, 少し道, 居ますか, 山手じゃ, 川上様, 左へ, 左様なれ, 巾着が, 幽霊なんて, 広告と, 庭口の, 弓張に, 弱い人, 彼は, 後に, 後家星と, 御分かり, 御存じです, 御殿風と, 御気, 御病人, 御覧なさい, 御遠方, 心弱さ, 心配で, 忍んで, 念の, 性根と, 恐れながら売, 恐ろしく甘い, 悠々たる, 悪い廉, 悪人で, 意地が, 感情の, 憚りながら出家, 我々の, 或いは臨済大師, 或る, 手前たしかに, 手前どもには, 扶桑第, 承われば, 拒みますか, 文学の, 文部省が, 新しい書き方, 旅へ, 日本の, 日頃の, 旦那その, 早くいらっしゃい, 明朝は, 春だ, 是は, 昼間お立ちなすった, 時雨空の, 暗うて, 月謝は, 有難う存じます, 本当に二人, 本当に本当に御苦労さま, 本所は, 来, 東洋は, 柳緑花紅の, 次に申, 次席に, 此程の, 母は, 気に, 江戸の, 法王が, 浜さんが, 浴衣がけです, 涙も, 深見新, 潜航艇の, 点いてる死ねば, 無事です, 無論内地, 煎餅蒲団を, 父様お, 犬山から, 生きたいと, 生物知を, 甲州は, 男と, 畏りました, 番頭どんは, 痛みますか, 皆さんどなたも, 皆様の, 直々に, 真善美わが, 矢っ, 知らここ, 知らどちら, 知らない事, 知れない, 知れませんから, 知んねえから, 石で, 私この, 私どもでは, 私ども三人が, 私には, 私を, 私共の, 秋色桜, 立花さん, 第一, 精霊殿, 結構です, 群集心理と, 聞いて, 聴きませんか, 肌の, 背の, 苛くお, 若したつた, 若し違う, 若様, 葭萌関に, 薬草では, 蘆は, 製作力の, 西陣へ, 親切に, 記代子さんは, 誠に不出来, 誠に結構, 謎の, 谷間田は, 貴下よ, 貴嬢, 貴方の, 買いませんか, 足を, 路も, 辨当代は, 近頃の, 逃げだそうと, 透して, 進藤樣, 道夫さんは, 郁次郎さま, 酔は, 里見さん, 長老様, 開けませんか, 閣下, 阿星樣, 陛下よ, 雅さんも, 露と, 面白いです, 額に, 顔の, 顕然と, 食べないと, 香花は, 駈違って, 騒ぎです, 鯰, 鶴寿堂でございます, 黒子の

▼ ます~ (1530, 2.0%)

45 それに 16 私は 13 私も 9 またその 5 その上 4 あなたの, あなたは, あなたも, しますから, 私の

3 [12件] あたくし, そのほか, それは, また, またそう, またそれ, また私, 七八人にも, 今日の, 四隣が, 森の, 私が

2 [77件] あの人, お上の, お徳, お望み, ここに, そうかて, そうかと, そのため, そのままドル, そのやう, その点, それから又, それから春, それが, それだ, それにこの, それに何, それに御, それに私, それを, そんなにいや, なければ, なんでも, またあなた, またある, またご, また一方, また人, また御, また義政公, また逆, まるで良秀, もう日, わたくし共も, わたしは, 今の, 今まで, 何か, 何が, 卒業試問も, 又初め, 又御, 啼くと, 四五日前には, 土地の, 土地も, 外の, 夜分は, 始終ごたごたし, 店の, 弟の, 御眉, 日かげには, 日本の, 村の, 桃花坊は, 此処を, 瀬戸内海の, 猿は, 現在の, 私から, 私としては, 第二, 自分の, 自由に, 若旦那は, 親父は, 誰か, 誰も, 諸賢も, 遠くの, 長良の, 随って, 電話は, 食物の, 鹿苑院蔭凉軒の, 黙って

1 [1232件 抜粋] ああどう, あけち, あたしたちだって, あたしもう, あなたという, あなた方御, あの悲しい, あの男, あるいは去勢術, あるいは酢, あんなに気, あんな散歩好き, いくら魔物, いたずらっぽいやつ, いっその, いつもの, いつも四, いま借り, いやぴらぴらの簪, いろいろの, いろいろ心持, うちは, おいおい喧嘩, おしもが, おそば, おまけに, およし, お兄様, お勝手も, お友だち同士, お嬢様も, お崩れ, お母さんは, お父, お花, お菓子屋の, お銀, お館, かつ新鮮, かなしくなりました, きょうあたり会計を, こうし, ここでは, ここは, こせこせした, こちらの, ことに伊勢大神宮, こないこないの, このとおり照明, この辺, これから, これでも, これまで, こんどの, こんな事, ご一緒, さあどう, さうし, さかなを, しかしお, したがってその, しばらく御無沙汰, すっかり戸締り, すべての, せなか, せんの, そうこうする, そうした物, そうなると俥, そこの, そこへ, そしていく, そのう, そのお礼, そのくせ, その下, その他いろ, その前, その壁, その家, その山の上, その方, その時代, その表現, その頃, それからまたその, それから煙草紙, それから第, それでまた私自身, それにあなた, それにいくらか, それにお, それにちかく, それにみんな, それに偽, それに甲野, それも, そんなこと, そんな事, たいへん敬服, ただ今に, だいいち日本, だんだん私, つねよりも, ですから消毒, ときどき突拍子, とてもいい, ともかく伺う, どうかする, どうせ一度行っ, どうもし, どこででも, どんなこと, どんなほねおり, なお又先生, なか, ながめが, なほ北方の, なんとかその, ねえアレクセイさま, のみならずこの, ひとりで, べつの, ほとんど眠らなく, まあ宿題, まう少し, ましてあなた様, またあの, またいろいろ, またこの, またそこ, またたずね, またなんキロ, またもしか, またよしんば, また不撓不屈, また云々, また似, また初め, また協会, また問題, また場所, また子供, また平生考え, また彼, また思ひ, また愛する, また撰択, また料理, また時代, また本, また板, また母, また漢家, また物の本, また生れる, また秋ちゃん, また美しい, また蜘蛛, また読者諸君, また貴い, また軽く, また釵, また韋駄天, まったく湯, みんな親切な, めずらしいので, もうかんべん, もう一人, もう一日中, もしそれ, もちろんさまざま, もはや四時過ぎ, やがて亀, やらう, ゆうべ泊つた時計屋では, よくない, よそでも, わたくしの, わたくし共にも, わたしも, アアミンガアドは, アクを, エジプト人は, オシッコも, クリミヤ戦争で, クレエルは, ショーランドと, ジャイロスコープによって, ジヤツク爺さんは, スエ子も, チッとも, チークの, ナカ, ノルチェーピングでは, バラーの, ボサも, ポルペッタとか, モヨ子っていう, ラムも, ロシヤ語の, 一々お, 一ぺんお, 一人残し, 一度失敗, 一方私, 一時間か, 一番末の, 三人が, 三十三まで, 上の, 下女は, 不賢者, 且又非常に, 世話を, 両方を, 中では, 中村の, 久世さんなんかも, 乳母は, 事の, 二十歳ほどにも, 五穀を, 亡くなられた御, 人は, 人を, 人込を, 今すぐ, 今度は, 今日は, 仲間の, 佐々小左衛門なども, 何でも, 何ともいえない, 何もかも母さん, 何れに, 何事に, 余り道を, 信者が, 優しくて, 兄も, 入口の, 公方さまの, 六波羅衆が, 其上供の, 写真も, 出せるならまた, 出帆の, 切口の, 別れの, 前司, 力も, 勇気も, 十一歳の, 十四五の, 千島禮三と, 千鶴ちやんも, 原文に, 又これから, 又ほんの, 又一部一部, 又天下一家, 又昔, 又独り, 又癩病, 又色々, 叔母さんの, 古ぼけた木造, 可心, 同じ一尺, 同じ料理, 名によって, 向け方, 吾, 味が, 問題の, 囘教も, 国民演劇な, 土地第, 在来の, 坊っ, 増して, 夏なんぞは, 夏は, 多分專三郎樣, 多過ぎる, 大きいの, 大工の, 天井裏にも, 夫が, 女たちは, 女は, 女中さんは, 女性的な, 妹お, 妹を, 妾が, 始終ご, 姿も, 娘も, 婦人も, 子供が, 子供もね, 学問知識で, 守っても, 宝物を, 実際わたし, 実際現場捜査, 宮部金吾氏に, 家には, 家内へも, 家庭教師と, 寝る前, 寺院でも, 小さな硝子, 小右京さま, 小米を, 少しの, 尻から, 山鳩は, 岩矢の, 川底に, 工事も, 師匠の, 常には, 平生嫌いな, 年表も, 広い庭, 庭には, 弟が, 強いて過ぎ去った, 当時の, 形から, 彼の, 往診も, 後の, 従って, 御下屋敷, 御気分, 御覧の, 心は, 忠実な, 恐る, 情婦の, 或は日月並び, 或る, 所有って, 手軽に, 技でも, 抛げ銀, 持ち田, 支度も, 教養の, 新聞や, 旅行の, 日頃の, 昆布で, 明日にも, 昔から, 時には浅ましく, 時刻も, 普通の, 暑い時分, 書けるのよ, 木曾の, 未亡人が, 朱実の, 李逵の, 東京の, 松山は, 果物の, 柿沼は, 森蔭や, 極く, 此方へは, 武夫君も, 死んだ言葉, 殊に病人, 殊更には, 母が, 母は, 民法と, 水天宮さまへ, 江戸には, 決算は, 沼の, 泣き泣きその, 洗濯洗張物などについては, 流涎や, 浴衣もちやん, 海老之, 消化を, 深谷は, 湖の, 濶葉樹の, 火事早い, 煮方, 熱くなった, 父様が, 特にあなた, 特に雨気, 犬も, 玉子に, 現在でも, 琵琶の, 用が, 男の子たちは, 疲れて, 疲労した, 痰も, 百合を, 目に, 直段, 眼を, 着物とても全く, 知名の, 石村さんの, 石魚らしい, 磨ぎ置きは, 社會の, 祭るべき神, 私だって, 私や, 私一人の, 私死にたくなりました, 秋沢さまで, 突伏し, 窓ぎわの, 第一, 第一彼, 筆も, 簪屋も, 米良も, 紅茶には, 素人が, 絹はね, 群がった角, 翼賛会文化部といふ, 老鉄, 脂なんかは, 自分で, 自分自身の, 自然何かの, 舌も, 良人の, 良心の, 色の, 若い人, 英語の, 荷主さんだけが, 葉の, 葡萄なぞも, 蜜柑なぞは, 蠅ほど, 表には, 複写が, 要はその, 見れば, 覚悟も, 観音様の, 角太郎が, 評判も, 誠に穏やか, 誰もが, 警察と, 谿谷の, 貴女が, 賢明な, 赤松さんの, 跣足で, 身体も, 車内の, 近村には, 近頃この, 道教も, 選挙の, 重荷を, 金銭そのものが, 鋼鉄箱を, 鑵詰の, 間取, 阿母さん, 陛下や, 陳家とは, 隠すだけ, 雉山鳥へは, 雨戸を, 雪舟の, 電灯は, 青いひと, 青い青い色, 順序が, 顔の, 食物にも, 食物も, 驢馬の, 高くし, 鰐淵さんも, 鳥の, 麥は

▼ ますけれども~ (1216, 1.6%)

27 それは 18 これは 17 私は 8 それが, それを 7 併し 6 さう, 私の 5 これも, 今の, 是れ 4 そのほか, 味は, 此の, 私が

3 [15件] あれは, これが, 中, 之を, 先生の, 兎に, 兎も, 大てい, 實は, 念の, 是は, 私には, 自分が, 自分の, 非常に

2 [53件] あたくし, あなたの, いずれも, お屋敷, お遊さん, ここでは, ここに, この人, この頃, これだけ, これらは, これを, しかしこれ, しかしそれ, そうで, そのあと, その中, それでも先生, それはた, それよりも, ついお, もつと, よく, よく考え, わたくしが, 一般の, 今は, 今日の, 今日は, 何か, 何の, 冬は, 味が, 夏は, 多くは, 大体において, 大抵は, 姉は, 山の, 恋という, 或る, 手軽に, 斯う, 昔の, 本当にそれ, 極く, 此人の, 此方から, 登って, 私も, 肉の, 誰にでも, 額際とか

1 [937件 抜粋] あいぬ人, あさくらどの, あたりは, あとは, あながちこれ, あなた方は, あの男, あまりくだ, あまり範囲, あるいはまたノルプー・チェリン, あれでは, あんなに急, あんまりキツ, あゝいかなる, いずれに, いつの, いまさら泣い, いまだに知れません, いよいよ真, うっかり帰る, えんあって, おんな子供にも, お前さんが, お土産, お女中がた, お恥, お菓子の, お雪ちゃんは, かうなると, かように, きょうの, こういう小唄, こういう風, ここも, こっちは, このなか, このぶん, このマレルブ, この事, この位, この場合, この小説, この様子, この言葉, この辺, これから一歩, これで, これとても, これはずゐ, これまた, これ迄に, こんな時節, ごくおとなしい, ご両親, さきざきまでの, さて食べ, しかし, しかしそれだけ, しかしながらウェスレー, しかし今日, しかし個人, しかし僕, しかし吾, しかし正義, しょせんは, じつにこれ, すこしもお姫さま, すべての, そういうむさい, そういう予備知識, そういう方達, そういう荒い, そうします, そう暴虐, そこに, そっくり大きい, そつと, そのお話し, そのずつと, そのとき, その主義, その人間, その他は, その側, その元, その喋々, その場合, その実, その富, その当時, その徹底, その性格, その性質, その拇指, その方法, その期間内半年, その欲望, その汽車, その点, その理由, その痛み, その資格, その道の, その間に, それかと, それだけが, それだけの, それでもお, それでも何, それと, それともあまり, それならどういう, それにしても三十あまり, それにしても相手, それより, それらは, それ以外に, そんなもの, た, ただ今ボイラア, ただ妹, たとへば頼朝, つまらない僧侶, つまりこちら, できませぬ, とにかく人, とにかく成仏, ともかく親, どうかお, どうか両人, どうしてもある, どうしても本場, どうしても開けたくっ, どうにもこうにも, どうも, どうもこれ, どうもそれ, どうもまだ気味, どうも位置, どうも全く知らない, どうも北条家, どうも居られませぬ, どうも御, どこが, どんな政府, なおしいて, なおよく, なか, なかなか気がかり, ながねん, なにぶん第, なんといっ, ひよつと, べっしてその, ほかへ, ほんたう, まあこんな, まあなるたけ若い, まあ大概, まさかほんとう, まず大抵その, まそういう, また一つ今夜お話, また一方, また小規模, まだまだあの, まだ十五六, まだ朝廷, もうお, もう一つ, もう捕まえ, もしその, もし確信, もとは, やっぱり矢来, やはりき, やはりよく眠っ, やはり余計貰いたい, やはり大変興奮, やはり我々凡夫, やはり考へ, よくその, わざわざ金, わたくしは, わたしは, われわれに, アイヌ人などに, アメリカが, アメリカ人の, インドには, ガラスで, クロムウェルが, ザヴィエルが, ソウでは, チベット人は, ナポレオンの, パンや, ベルクマン銃が, モー一層, 一つ法に, 一と, 一合二合の, 一度旦那様, 一方には, 一番こわい, 一葉は, 一面は, 万年スープの, 上古の, 下に, 丑次郎には, 世に謂, 世間多数の, 主として北欧, 之と, 之は, 事実だ, 事実を, 二つや, 二万五六千の, 二人の, 二十尾使う, 二回目の, 五十名の, 五十音図は, 人は, 人生五十年の, 人間の, 今この, 今に, 今宵の, 今度書く, 今日に, 今日まで, 今日傳つて居る, 今晩から, 今月限りこちらは, 他に, 代価が, 会つて見ます, 何う, 何しろ写生, 何だかあなた, 何だか判然, 何も, 何を, 何分チベット人, 何卒か, 余には, 余り確か, 余り身勝手, 例へば今日, 修繕なさいません, 俳句に, 僕には, 元御出家様, 元来筋道, 先ずこの, 先ず一通り, 先ず兄さん, 先づこれ, 先づ支那では, 先方さんは, 八日が, 其の四部, 其の文語, 其の河嶽英靈集, 其の舞踊, 其は, 其代り姑も, 其土着の, 其時分朝鮮の, 其等の, 冬の, 凌ぐべからざる程, 分量は, 別に分離後, 到底彼ら, 勉強は, 十一月という, 卒業する, 印刷物として, 却って裏側, 又曇っ, 収穫それ自身が, 古いの, 台所の, 右側に, 同じこと, 同時にまた, 否と, 命を, 單に, 国家的の, 国語の, 地盤が, 塩加減が, 声を, 外の, 多くの, 多少の, 大して面白い, 大体科学という, 大別し, 大抵男子, 大部分, 大阪も, 天下のみ, 奉行所には, 奥さんは, 女の子の, 女中も, 妾には, 姉妹三人が, 委細を, 娘は, 婦人の, 子供に, 学問的に, 実にこの, 実ははっきり, 実は遠慮, 実は長久保家, 実際には, 実際は, 実際規矩男, 家に, 家内も, 宿泊人の, 實際想像も, 實際應仁の, 小さな城廓, 小平は, 少々宛, 少しは, 少し人種, 岸へ, 帰つた順番が, 帰途には, 常に看護, 弁信でございます, 弟に対する, 形姿を, 彼は, 御先祖高清入道, 御台や, 御奉行様, 御当人, 必ずしも道具, 怜悧な, 怪我を, 恐ろしい悪い奴, 情熱が, 我々は, 我が家へ, 我邦に, 戦と, 手数を, 拙者などの, 接木の, 支那では, 支那人は, 放生津の, 數學にも, 文語に, 斯様な, 既にシナ茶, 既に約束, 日本のは, 日本紀でも, 日記を, 旦那様後生でございます, 昨今は, 昼は, 昼餐の, 時による, 普通の, 景信から, 更に私, 最初から, 月の, 木偶人形じゃあ, 未来に, 本店主人及店員の, 本音から, 材料は, 来年あなたの, 果してそうでしょう, 根本が, 桔梗ばかりという, 権道から, 歌は, 正味の, 此失業者の, 此方は, 此鉄漿といふ, 武張つたものと, 死ぬにも, 残念ながら, 殺すなどの, 母親は, 毎度御, 比較的若い, 決して厚い, 決して斯, 決して私, 治部殿は, 流眄を, 滅多に, 激薬です, 炊く時, 然し内容, 爺や, 牛にも, 牡の, 狭山様に, 王子が, 現世の, 現代生活といふ, 現在の, 現実の, 生きたの, 生死という, 用い方, 田舎の, 申し上げんこと, 畢竟馴れない, 百草どころで, 皆劉善經の, 直ぐ私, 真の, 眼相の, 碌な, 社長は, 神その, 神様を, 私たち親の, 私なんかの, 私共, 私等が, 程度の, 空地でも, 第一私, 箱部屋の, 米友の, 紙を, 結局それは, 絶対的権威の, 羽村の, 考えること, 聞いて, 聞く人, 肝心な, 胃の, 能ふ, 自ら鶏を, 自分では, 自意識の, 至つて分り易い, 舞台そのものが, 芸は, 若し天一坊, 茲は, 華盛頓は, 蔭で, 蕎麦よりは, 行き帰りには, 衣服は, 西洋膠なぞは, 見物の, 観察の, 証拠が, 詩人の, 詰り其の, 話が, 誰の, 諸国相対峙し, 象牙に, 貴方も, 趣味と, 軽便で, 軽便な, 途中が, 運動の, 遺しよう, 都会の, 鄙びた言葉, 間違つて居, 院外において, 障碍と, 雪が, 頼めば, 類人猿とは, 食用に, 馬を, 駒井の, 鯛の, 鹹過ぎた, 黄昏時であっ, 黙つて月三百二十五円

▼ ますよう~ (809, 1.1%)

2854111 な訳 10 なこと, な事 9 なわけ 7 にお 6 なもの, にといいました, に私 5 ですから, に存じます 4 ですが, では, な, な次第, にお願い, にこの, にその, にと祈っ 3 でございますが, なお, なものの, にと, にと心, 御座んすか貰ひま

2 [30件] だ, です, ですと, で気, と申し, なこの, な気持, にあの, にいい, にお金, にそして, にそれ, にって, にとそれ, にと云う, にと念じ, にと祈った, にと私, にと願う, になっ, になりまし, にわたくし, に今日, に御, に昔, に最初, に歌, に申, 伏して, 御願い

1 [298件] いくえにも正成, おっしゃって, おっしゃっては, おひきたて願いまする, お取計い, お導きあらん, がすか, この木函拾得者, ございます, ございますけれども, じゃ, せつにせつになにとぞお, その代り, その名人, でおかげ, でこの, でご, でございます, でございますけれども, でございますと, でございますな, でございますね, でしたら, でしたら御, ですし, ですっかり, ですどう, ですね, ですのに, でですから, ではい, でふらふら, で三時ごろ, で且つ, で何, で口, で心苦しい, で怖くっ, で恐入ります, で恐縮, で昔, で私, で言葉, で誰, で遠く, で隠居, と, との口上, なあの, なこんな, なたいそう, なだいそれた, ななんぞよ, なのに, なら, ならば, なら家内一同夜, なら当分, なら手, なれば, なわたし, なアンバイ, な世にも, な京, な人たち, な仕儀, な佳い, な価値, な処, な処置, な勘定, な取詰め方, な唄, な地形, な塩梅, な寺, な工合, な工夫, な座敷, な建造物, な御, な心持, な心細い情ない, な悪い, な悲しみ, な方々, な方法, な日, な時々, な晴れやか, な有様, な様子, な次第に, な歴史, な気, な涼しい, な無礼, な甘えた安らか, な社会主義的, な美音, な習慣, な老朽, な薄い, な要件, な覚え, な言葉, な話, な贅沢, な近い, な部分, な非, な音, な風, にあなた, にあなた様, にいたします, にえんえん, におじいさん, におりん, にお側, にお話し, にかねて, にかよう, にこれ, にご, にさき, にさらさら, にし, にしじゅう, にしましょう, にずらりと, にせい, にそう, にそしてまた, にってね, にってね願う, にって拝ん, につて, にといい, にというの, にといっ, にとお, にとおすすめ, にとお前心, にとお祈り, にとお願い, にとか千客万来, にとこれ, にとさすがもう, にとしかつめらしく, にとそして, にとた, にとねがっ, にとのこと, にとの思召, にと一心に, にと信心, にと初瀬, にと品川ぜんたい, にと大願, にと心から, にと思いまし, にと拝む, にと日夜神仏, にと申しまし, にと申し上げる, にと祈る, にと祈願, にと神さま, にと神仏, にと神様, にと観音様, にと言っ, にと願い, にどうぞ, にどうぞどうぞ, になすっ, になりました, にね, にねがいまする, にはじめ, にひとつ, にぶらぶら, にほんとにそう, にまた, にもう, にも存ぜられます, にアーメン, にッ, にペダントリー, に一生, に一軒, に三味線, に世界, に乞食, に人並, に人間, に今度, に仏事, に仰天, に何, に何事, に例, に信仰, に兄さん, に先方, に冤罪, に凄い, に出精, に前, に助け, に十月, に南, に参りましょう, に取計らいたい, に問いかけた, に四つ, に回向, に団員一同, に大, に妙見様, に娘道成寺, に屋根, に山, に形, に必ずしも, に思われる, に感じ, に憲政, に我ら, に戻っ, に手前, に抱擁, に支那, に日本, に明日, に是, に望みます, に毎日おい, に為, に甚だ, に甲野さん, に申しましょう, に真理, に確か, に祈らず, に神さま, に神様, に神様お願い, に秩父, に結婚, に膳, に自分, に舞台, に色, に若し, に若しも, に華族, に螢, に見える, に計らっ, に誰か, に踊, に釘勘, に雲, に願, に願いたい, の事, はそれ, はよくも, まえもってご, またどうぞ, また少々, よろしくお, 一心に希望, 仰言, 及ばずながら, 及ばずながらも, 取り計らうが, 取り計らって, 存ぜられますれば, 実は御願, 平にお願い, 平に御, 幾重にもお願い, 御仏, 御案内, 御許可, 御願いいたします, 御願い致します, 御高配, 思われます, 祈ります, 祈り上げて, 致しましょうと, 逃げられますよう, 願い上げます, 願わしいもの

▼ ますけれど~ (806, 1.1%)

14 それは 10 私の, 私は 6 これは 4 あなたは, わたしは, 少しも 3 そのよう, それに, それには, それも, 今の, 貴方の

2 [33件] あなたの, あのお, あの人, あの娘さん, あの方, あれで, これが, そして私, そのとき, そのほか, それまで, どうでしょう, ほかに, ほかの, わたくしと, わたくしは, わたしが, わたしの, 一旦貧乏, 僕は, 先生は, 大丈夫です, 実はあの, 彼れ, 思うよう, 最初の, 此の, 男の, 私が, 私に, 私には, 誰も, 貴方は

1 [670件 抜粋] ああし, あきらめなさった方, あすこは, あすこも, あそこまで, あたしぢや, あちらの, あちらは, あなたがたは, あなただけは, あなたみたいに, あなた様が, あなた様は, あなた様も, あの名古屋, あの焼, あの私, あの鬼, あまりにお, あまり淋し, あれだけが, あれは, あれほど, あれも, あんな朱, あんまり無理, あゝ何故, いかがでございましょう, いっそお, いつの間にか金庫, いつも大概熊谷さん, いま一日お待ちくださいませ, いま入っ, いま転入とか, いらし, いろいろな, いろいろ都合, おじいさんは, おせんさんが, おそかれ早かれきまらず, おついで, おばさまほんとに, おほせ, お上さんの, お上り, お二人同士, お出し, お前また, お始め, お子様を, お帰り, お急ぎ, お松さんひとり出向い, お松としては, お求め下さいまし, お父うえ安房守さま, お祖母さんという, お紺, お腹はげつ, お話し申し, お豊, お銀様, お高, かえって不便, きっと皆, きつと, きりょう, こうした場合, こうしてじっと, こうして再び, こうしなけれ, ここで, ここには, ことさらに, このお座敷, このごろは, このひとたち, このナターシャたち, この世に, この五円, この人, この女親方, この婦人夫婦, この手紙, この河野, この節, この自然, この馬, これからは, これから大きい, これでも, こればかりは, こんなに目, ご一緒, さいわい兄, さう, さてその, ざんねんながら私立探偵には, しかしこれ, しかし僕, しかし私, しばらくし, すぐお, すぐ門前, ずっとあと, そういう不安, そうして立っ, そうで, そうやっ, そう思う, そこが, そこへ, そしてそれ, そっちには, そのおも, そのお方の, そのお金, そのくらい, そのむこう, その他の, その位, その兄, その実際, その後些とも, その意, その意志, その火, その癖, その苦労, その行なう, その近所, その鬼女, それが, それこそ, それでいて彼女, それでお, それでは帰り道, それでもあ, それでもお家, それでもわたしたち, それとても, それなら将軍家, それにしてもあれ, それにしても三十, それによって, それほどでも, それよりも, それを, それ以外には, そんなこと, そんなわけ, そんな事, そんな時, そんな程度, たしかに明智探偵, ただいま, ただお, ただ一日, たぶん揃っ, たまらない親切, だってそう, だれも, だんだん慣れる, だんだん話せる, ちっとも上手, ちょっといい, ちょっと看護婦上り, ついまだ昨今, つっかい棒に, ですから肉眼, でもここ, でもそう, でもまだ, でもやっぱり, でもわたくし, でも八幡さま, でも掛川, でも歌子様, とうから考え, とにかく酸鼻, とりあえずあなた様, どうして玄徳, どうぞ, どうぞお許し, どうぞ龍造寺さま, どうにかお, どうにもこれ, どう致し, どこへ, どない, なかなか凡人, なかには, なかんずく国際競技, なにしろもうじき, なにしろ自分, なにとぞ御, なんだか怖い, なんだか骨, なんと云います, はしたない女, はだしに, ひと様の, ふつつか者でございます, ほんとうだ, ほんとは, まあ主任, まあ現代, まことという, まずあんた, また戦争, まだまだ私, まだ十九, まだ羞恥, みんな寂しい, もう, もうすこしお, もうそんなになる, もう殆, もう継ぎ, もしそうであったら, もしもねえ, もしわたくし, もちよ, やがて今, やつぱり生きられる, よく見れ, よほどの, よろしうございます, わたくしやはり, わたくし国の, わたしたちと, わたしひとりの, わっしも, アノ方が, クダクダしい, スパセニアに, ダンスの, ハタけ, ハッキリした, ヘルツェンシュトゥベの, ワンステツプで, 一々金紋, 一つだけ, 一分間遅れ, 一概に女, 一生懸命御機嫌を, 一體何を, 七八年前の, 万一にも, 上総房州あたりまでは, 不断は, 中に, 主な, 二十面相は, 二年や, 五年でも, 人の, 人を, 人気商売の, 人生を, 人間が, 今ここで, 今と, 今までの, 今を, 今夜は, 今度かへ, 今度は, 今此, 仔細あ, 他の, 仰せの, 伯母さまの, 何しろああ云う, 何しろ今二等車, 何しろ美しい, 何とも形容, 何にも, 何は, 何も, 何を, 何んの, 何事も, 何処ぞ, 何所に, 何時まで, 余り長く, 俺は, 側に, 僕の, 兄さんの, 兄様怒っ, 先日から, 兎に, 兎も, 全くあたし, 八上媛は, 其の秘密, 其は, 到底, 到着早々誰も, 前に, 前後の, 劍山では, 十分活き, 千萩は, 友人たちは, 名前なんか, 向こうでは, 唯私, 嚮から, 坊ちゃんあっちの, 坊やは, 執念ぶ, 多代子さんの, 夜が, 夜も, 夜自分の, 大人の, 夫は, 奥の, 奧さまも, 女には, 如何にも真摯, 姉さんが, 姉上は, 姑く, 娘は, 学校を, 学者だ, 孰れ, 実はお, 実はその, 実はもう, 実は浮世人形, 実は面白く, 実感であります, 家も, 家中には, 家庭教育の, 寂しいこと, 小さなこと, 小林君は, 少し変, 少し廻道, 少し風, 山から, 山は, 川端康成の, 差上げとうございますねえお, 差当, 帰って, 弟の, 強い人, 強盗なら, 当のマアセル, 当時は, 後で直ぐ何, 御用は, 御病気, 御酒を, 心に, 心の, 必ずお寺, 思えば, 思ったこと, 思窮めます, 悲しさ, 或はほか, 手紙が, 抑も, 掘って, 改まって, 文字という, 文法的に, 料理茶屋などへ, 日本人だ, 日本語に, 旦那様は, 早くなっ, 早く内の人, 昔から, 昔の, 春が, 是非申上げなけれ, 時には, 時には私, 智力の, 暇を, 最初に, 有罪の, 木地師の, 未だ公判, 本名は, 本式に, 本当です, 本当に人間全体, 本当に先祖, 本当に勿体ない, 杉田の, 東洋流の, 松本さんに, 極内に, 概して共鳴, 次郎さんより, 正直の, 此無心の, 歳暮だ, 死んだ良人, 殿様の, 母を, 毒の, 気が, 気の, 江戸の, 決していや, 決してもう大阪, 汽車の, 津軽のは, 液の, 淡いの, 漢字は, 潜水夫どうしが, 無用な, 爐邊の, 爲方が, 牛乳よりは, 犬の, 現代の, 理解る, 生れつき不具では, 生憎どうも, 用心深く話せ, 田舎じゃ, 男だって, 男と, 白衣に, 盗賊に, 盛んに, 相良さんは, 着物の, 矢はり, 矢張そう, 神様は, 私と, 私なんぞに, 私も, 私一人で, 私実に, 稀です, 第一等, 箪笥も, 約束は, 羽衣は, 老人の, 考えて, 考へやう, 肖像画や, 自分の, 自分ひとりの, 自分以外の, 良人は, 艶子には, 若い逞, 苦労を, 薄いほどだって, 血だ, 行ったほう, 表の, 表へ, 裏街道と, 要するに, 覚束ない, 診断書と, 詰るところみんな慾, 誰方か, 貴女の, 貴方御用なら, 起信論に, 足は, 足を, 軽く行かね, 連れて, 道庵は, 遠くの, 邪教立川流な, 都合で, 銑さん私がね, 鋳掛屋さん錠の, 長い調べ, 隆二さんの, 雪が, 電線が, 顔出ししなけれ, 馬が, 馴れるといふは, 駒井は, 鳩は, 鶏は, 鼓ヶ嶽の

▼ ますこと~ (581, 0.8%)

2321 やら 18 ならば 1413108 は私 6 を私 54 でご, と存じます, なら何

3 [12件] かその, が出, が私, では, で私, になりました, ねえ, はお, はこの, は出, は甚だ, をお

2 [22件] ができれ, が出来る, でしょう, ですから, なら, ならお, になっ, には, のありがたく, はかえって, はご, はただ, はどうして, はなん, はわたくし, は兼, は昨年, は普通, も洵, やらせめて, をまだ, を御

1 [371件] あのアルバトロス, いっその, いと恐し, かと乳人, かと存じ, かどう, かねえ, から, か今日, か知ら, か見張つ, が, があの, がありまし, がある, がご, がございまし, ができた, ができなかった, ができました, ができる, がどんなに, がまた, がもしも, がよく, がアリアリ, が世間体, が偽りで御座いませぬ, が出来た, が出来なかった, が娘, が専門外, が得て, が御, が成長, が最近, が深更, が表, が間々, ききますこと, ご報告, そういう立派, それでは妾妹, ぞ君, だけでもかの, だけは私, だと, でお, でこんなにも, でございましょう, でございましょうそれでは, でございますが, でさて, でしたら何, です, ですなわち, でだれ, でと思いまし, でなに, ではおみやげ, では御岳, でも, でもう, でもう少し, で一層, で今, で出すぎた真似, で十分満足, で好い, で始終, で安心, で年老, で御, で恨めしい, で昔, で片, で生きがい, で私ども, で自信, で貴方さま, で釋迦, で隋書, と, とてお, とてわざと, とは深く, と云う, と安心, と思います, と思ひます, と期待, と申します, と看護婦, と苦しく, と賞めそう, どういう意味, どうぞあたらし, どすか, どんなにか, なくば, なく持ち続け, などは例, などは怖く, なにかお, なので, ならあなたさま, ならだれ, ならどうぞ, ならどの, ならのち, ならふびん, ならミリヤアド, なら多く, なら奈何, なら御, なら蔭, なり, なりまだ, なれば, なんか誰, に, にあり, にいたしましょう, においた, においてお, にお答え, にこの, にし, にしよう, にそんな, につきまし, にとり定めある, になった, になりまし, になりましたら, になる, にはじめて, には事柄, には応仁, には田山さん, には飛騨, にもう, にも素養, に何, に努め, に徴, に決まりました, に相成りました, に私たち, に絶望, に裸, に躊躇, ねあたし, ねエ, ねエ奥様, ね男, のあかし, のある, のしばしば, の恐けれ, の我ままお願い, の添います, の用意, の遅, はあなた, はあなた様, はあまりに, はあらかじめ, はあるまい, はいっこう, はいまさら, はいや, はうれしい, はきっと, はこなた, はこれ, はその, はそれ, はたいへん, はたとい, はたとえば, はできなかった, はできますまい, はできる, はとっくに, はとても, はどこ, はどなた, はどれほど, はない, はなれなれし, はま, はまだまだ, はまったく, はまんざら, はもう, はもの, はやっと, はよ, はよく, はチョット, は一昨年中国, は一畝, は上手, は世にも, は中なか, は主人, は人, は今, は今後, は今日明日, は仏様, は似合わしく思われません, は何, は何かしら, は信仰, は充分, は出来ない, は初めて, は単に, は厶, は否定, は喜ん, は嘆かわしい, は困難, は大, は大御, は大臣, は失礼, は如何に, は宅, は弓矢, は御, は必ずしも, は悦ばしい明る, は悪い, は慎ん, は所謂管絃, は支那, は料理, は東洋, は楽しみ, は歓楽, は武士, は潜行以来, は火, は無上, は生きがい, は皆さん, は皆様, は神馬, は私ども, は籌子夫人, は米友さん, は自分, は良人, は若宮, は苦しゅう, は見上げた, は読書, は諸君, は貴方さま, は賛成, は足尾銅山鑛毒問題, は迚, は都会風, は長い, は願わしい, ばかりがあと, ほほほほ, も, もあった, もあります, もある, もいたしませんで, もう追っつけ, もきまり, もこ, もことごとく, もございます, もござりませずながい, もだれ, もできる, もとかく, もみな玄長様, も予期, も今, も何, も信じ, も出来, も出来ません, も前後, も多かっ, も対象, も心, も控え, も既に, も有名, も朝廷, も私, も終わりまし, も遠い, も遠慮, やまた, やらあなた, やらわたくしども, やらツイ, やらツヒ, やら梨, ゆえお, ゆえかく, ゆえその, ゆえちと, ゆえどうぞ, ゆえもし, ゆえ召されて, ゆえ嫁女, ゆえ御, ゆえ水理, ゆえ迚, を, をあなた, をいやがっ, をおしまい, をお急, をお知らせ, をさせ, をしばらく, をすべて, をずっと, をその, をそのまま, をだれ, をつつしんで, をどなた, をどんなに, をね, をもう, をも身, をマザマザ, を信じたい, を初めて, を前, を前生, を勉むるや, を勧める, を庵主斗丈様, を得ず, を御存じ, を承っ, を断わった, を止めまい, を申, を申し上げる, を皆様, を神, を空想, を考えます, を聞い, を言っ, を許し, を頼み, ネです, 何卒お, 勿体ない, 売れますこと, 大方その, 故庵, 沢山奥様, 真にわれ, 習いましょうねえ

▼ ますもの~ (540, 0.7%)

8357 ですから 481714 ですか, を 10 でございます 9 でございますから 6 ねえ 4 かね, でご, です, ならば, は 3 な, を何

2 [11件] かい, かな, か私, がどこ, だから, ですかねえ, では, でもいま, と見え, はただ, もない

1 [234件] うっかり入ろうもの, お殿様, お笠, お邸, お部屋着, お隠し, かあの, かあれ, かいつ, かお嬢様, かこの小さな, かこれア貴方, かこんなに, かその, かそりゃ, かそれほど, かただ, かたつた, かとは存じます, かと云, かどうか, かねと二人, か一寸一目, か今, か又, か嘘, か小半時, か年, か彼, か彼奴, か念, か正気, か決してそう, か痩せ, か縦し, か罪人, か苦から, か訳, か身投げ, か遺書, か門, か阿呆, が, があの, がある, がございません, がせめて, がとかく, がスグ, が出来, が遠い, が食中り, こうして姉さん, さぞかしお, じゃわいのう, そうしてその, そしてね, そして懺悔, そのか, その下, その子供, それなのにあなた様, そんな事, そんな湯呑, ぞのう, ぞもったいない, ぞ勿体ない, だといふ, ちょいちょい来, であります, である, でお, でこちら, でございましょうか, でございますか, でございますが, でございまする, でござんす, でしょうか, ですからね, ですけれども, でそいつ, でそれ, でだが, でちよ, でつい, ではござりますまい, ではるばる, でもそれだけ, でやはり, で今悪, で何故, で全く, で六百三十五匁, で唯今生憎, で必ず, で昨晩不思議, で是, で昼, で本所, で此, で申すも, で藤吉初め, で血, で血気, で遠方, で長左衛門様, と, という一言, とか御, として, とすれ, とそのもの, とても見られます, と思いました, と推測, どうして驚かず, どうぞお, どんなこと, どんなに人柄, どんなに力, ならと, ならどうかどうか, ならどうぞ, ならわたくし, なんか曰く, にくらべます, にご, には何, に出雲, に好み, に等し, ねえお姉さま, ねおまけ, ねアレクセイ・イヴァーノヴィチ, ねノミ, ね山口, ね私たち, のない, のよう, はかの, はこれ, はございません, はさながら, はすべて, はそのうち, はそれ, はたとえ, はどういう, はどうか, はない, はなかつた, はもっと, はもっぱら, はわたくし, はテーブル, は三つ割り, は不平, は不幸, は主として, は五十九人, は人間力以上, は今, は今年, は体裁, は何かと, は何しろ, は全部出鱈目, は其の, は大, は妻, は尊い, は床, は快く, は書, は松風, は此, は毎日, は決して, は熱き, は申す, は眼, は確実性, は確實性, は秀次公, は私, は羅馬市中, は芝, は観察者, は道頓堀あたり, は重荷, は金細工品, は長, は非常, ほんとになに一つ, まして私, もございません, も明方, やら上総, ゆえ別に, よくも, よと思へ, わちき, をあなたさま, をお, をおく, をこの, をすこし, をつい, をとしきりに, をどういう, をほか, をわたし共, をネー, を出, を御, を思う, を無, を臨終, を自分, を誰, 丁度思い立っ, 何で逃亡, 別に心, 夢にもお, 御不自由, 御城下, 御奉行様, 御心, 抱いて, 故にこの, 疑って, 若しあなた, 閉じ込んで

▼ ます~ (474, 0.6%)

10 親分 5 私も 4 あなたは, あれは 3 いけませんよ, それは

2 [22件] あちらの, あとで, あれを, こいつは, これは, ごめんなさい, さう, す, その寺, その帰り, どうした, ゲープ, 今年は, 何うも, 何も, 併し, 先生, 南江堂の, 旦那, 湯どころか, 蒙古刀, 貴方は

1 [401件] ああいう, ああ云, ああ気持, あかねさす, あすこには, あとだ, あなた, あなたに, あなたを, あのあたり, あのお寺, あのお方, あのはずれ, あの呼吸, あの岸, あの抑揚, あの時代, あの歌, あれが, あれな, あれ陣鉦, あんた, あんな粋, あんな風, い, いい年, いくらおすすめ, いくらか貰った, いつぞやの, いつまでも, いという, いといふ, いまさらの, いまの, いやになつ, いろんなところ, うちの, え, ええ, えじきに, えと皆, えどうも, え何, おかしら付き, おじさんの, おやお帰り, おや朝飯, お出ましに, お分り, お前さん瓢箪を, お前は, お前我慢が, お婆さんは, お嬢さん, お寒い, お廊下, お怪我, お松さんが, お粂さん, お腹立に, お若い, お茶を, お蝶さん, お通的性格, お邸内, お関所破り, かしこまりましたはい, かつ非常, かなえて, かなり甲羅, かれこれ, かれこれ十五年, きっと, きっと狐, きょうやっと, こういうこと, こういう水, こういう薬, こうした醤油, ここへ, ここへも, こちらでは, この次, この頁, これからこの世, これで, これでは, こんなお話, こんなにご, こんな工合, こんな明るい, さきほど, ささそういう, さもなければ昨年, しかしあの, しかも世界中, すず菜も, すると光子, すると帰り, ずいぶん, ずいぶんやりましょう, そういう工合, そうおっしゃられ, そうしたら, そうして一緒, そうして百花, そうだったでしょう, そうで, そう真剣, そこを, そしてあんまり, そしてその, そして僕, そっちの, そのお前さん, その下, その中, その人, その人間, その光, その家たる, その感想, その波, その男, その間僕の, それからまたお雪ちゃん, それでもこんな, それに, それわたし毎日, それを, そんなとき, そんなに簡単, ただ不景気, ただ惚れた, たのまれも, だから早く, だが新九郎さん, だが貴方, だが買っ, だと, だんなの, ちょいと, ぢや, でもお, でもこうしてお, ところが信州, どうしてそれ, どうする, どうせ出鱈目, どうぞたゆまぬ, どうもがんちゃん儀, どう云, どこへ, どちらで, どれも, なかなか古い, なに大した, なんな, ふんだんにいる, ほかの, ほほほ, ほほほほ, ほんとにね, まあちとおかけ, まそれ, まだお, まったく, まつ直ぐキチン, まるで夢, ま随分, むずかしい事, もうお, もしその, やつぱりもつと日光を, やはり和尚さん, よく, よくした, よくその, わたしは, わたし今までに, アデェルの, エアさん, オホホホホ, ジエィン, チロちゃんと, ツァルスコエセロの, ドンガラドンガラって, ハハハ, ヘイヤ澤山も, マッカネルも, ミツ坊は, モシ山師共が, ラジオで, リザベタさん, リーズユーリヤ, レッテルの, 一つの, 一体どうした, 一体何, 一寸休ん, 一年に, 一日遊びに, 一昨夜の, 一目瞭然で, 三つぐらい, 上の, 世の中は, 世間の, 両人とも, 中には, 久しぶりで, 争われないもの, 二十七日が, 人間が, 今に菅秀才, 今の, 今夜は, 今度の, 今日は, 今日も, 今時ずっと, 今頃は, 他人が, 伊右衛門様は, 体が, 何うし, 何かしらぼんやりと, 何かという, 何が, 何しろそれ, 何だろう, 何です, 何という, 何とかし, 何ともおっしゃっ, 何とも云, 何処まで, 何方さんでございます, 傍から, 僕は, 全く番頭, 八口の, 公私混同せず, 其様なお, 其處を, 具合が, 出すこと, 分って, 切れる処, 切符の, 初めに, 初春らしい, 別に御用, 前触, 力が, 北京で, 十一時頃までは, 十年ぶりに, 十有五に, 句は, 可哀想に, 君の, 困りました, 國友さん, 土左衛門ね, 夏みかん届きました, 外の, 外国と, 多分房州, 大きく成ったら, 大きな川, 大したもの, 大切に, 大層結構, 大教育家叢書, 大東の, 大沼か, 大阪の, 天堂様宅助には, 失礼な, 奥さま, 奥の, 姓名を, 子供等には, 実はあの, 実際困ります, 寝物語の, 小作官といふ, 小鳥は, 少しづつやつてゐると, 尤も父親, 尤も芸者, 左様真剣, 差配さん, 年が, 年の, 床に, 弁天から, 引込めなさい, 彼は, 待ちなさい上げますよ, 従姉な, 御修行, 怪しからん人違い, 恋愛性慾そのものへ, 恐しい声, 悟空という, 悪い刀, 或は二度, 手相の, 抱茗荷を, 文化の, 新年号の, 新聞種としては, 日暮れて, 旦那様, 早くお, 早く何とか, 昨年あんなに, 昨日の, 最初に, 月見草や, 朝から, 本当に何様, 本当に結構でした, 松も, 松葉屋の, 横着者, 此の, 此頃は, 死體の, 水が, 汐入の, 洗ひ流す, 済みませんけど, 渋い事, 測量技師さん, 渺たる, 滑走風スピードに, 然うなら, 然し中, 煙草二三服といふ, 煩さい, 玉川の, 理窟に, 琵琶は, 瓜の, 生まれて, 男と, 異な, 病人を, 白の, 眼が, 知慧という, 私あ, 私どもでは, 私は, 私共では, 空が, 精神史的に, 素燒の, 結構です, 脈は, 色が, 若いのに, 若子様は, 草鞋を, 菓子屋へ, 薄紅い, 薩摩の, 行く水, 行つて見ませう, 西洋の, 西洋人の, 親分は, 言いがかりを, 誰が, 誰です, 誰も, 誰彼と, 調子も, 身を, 近ごろ珍しい, 近頃別段これ, 運次第です, 道なら, 遠くじゃあ, 遠景の, 酒の, 里見, 金時計が, 鉄道自殺は, 長い長いお話, 開けて, 電話かけ, 頭の, 顔に, 顔には, 風が, 風景の, 香川という

▼ ます~ (328, 0.4%)

476 私は 4 え, 何う 3 何うも, 私の, 私も

2 [13件] あれは, これが, どんなこと, 何に, 其やうに, 妾青木さんの, 後生です, 星が, 歌とか, 皆んな名が, 私が, 自分の, 調子に

1 [232件] ああなる, あなたさまは, あなたも, あの右, あの山, あの犬, あの色, あぶなく谷間, あれが, あれごらんなさい, いけません一人, いったん釣り, いまの, いや串談, おいや, おかみさんが, おっしゃらなくても, お作, お前が, お動き, お名前, お味, お喜び下さい, お奉行様, お嬢様, お宝の, お家の, お泣き, お組頭, お蔭で, お酌, お願いですじゃ, きっとおいで, けっしてわたし, ここで, ここに, ことに築地, このホーキンズ, この人, この通り, これからお, これでも, これは, こんなふう, こんな物, さいぜんから, さしたる事, しかし失礼, じきに楽, じゃ市長さん, せっかくの, そういった気分, そうし, そこでやたら, そしてやはり, そのうわさ, そのくせ先刻, そのやう, そのりゅう, その方, それが, それこそ, それでも日増しに, それに, それほどな, ただたとえ, たとえいかなる, たを, だんな, ちょっと欠かす, つまりあれ, ではともかく, ところでその, どうも太刀伊勢屋, どうも男, どちらへ, どなた様でございます, なさらぬが, なにも, なんなら, へい有難う, へえよろし, まねこな, みす, みんないい, もういい, もうかれこれ二十年, もう一つ, もう二三日, ようござんすかい, よそながらお, わざわざお, われわれに, アかう, アそれでも, アと, アどうか, アにぎやかな, アニャニャニャンノニャン, ア何う, ア奥様は, ア彼方の, ア此の間の, ア此様なに戴きまし, ア死ぬ, ア殿様と, ア貴下は, イエまだ早う, イカにも, イミタシアン・オブ・クリストと, エライものでございます, 一寸お菓子, 一撃に, 万一あの, 三枚ぐらい, 三角を, 上総分で, 五両なんて, 人間に, 人間は, 今お前に, 今日は, 仕事の, 仮に王幕相, 何うにか, 何が, 何と, 何とか仕方, 余程能, 併し, 僅か四兩, 僕は, 先ず黒, 先生, 公休日に, 其の事, 十三絃を, 厭な, 又聊か, 及ばずながら, 口を, 古書を, 可うござんすかい, 同じ大き, 向うは, 君罪の, 坐んな, 境さん, 夢の, 大学で, 大概私に, 大概遊女屋の, 夫でも, 奥様, 女一人ゆえに, 子ざるさん, 家の, 家は, 家庭的でない, 尊氏さま, 小丘, 少からぬ, 山を, 山鳥雉子, 師を, 師父二人共いかにも, 帰りにゃ, 平次は, 弘子さん, 彼じゃ, 後から, 御心切, 心に, 怒ると, 怪からん, 愚かな, 愛して, 態, 成るたけ, 成程, 折角尋ね, 折角此, 拙者へ, 救いの, 旦那, 旦那さまアお, 明日は, 昨夜廓内へ, 是から, 時世は, 時時ひょんな, 曲者は, 會得が, 有難うぞんじます, 有難う存じます, 朝から, 木と, 柱なき, 桂子様に, 欄間の, 此だけの, 此方は, 此間ね, 毛氈も, 猊下様こりゃあ, 甲府も, 白粉を, 直義にも, 知らずば, 社会主義倶楽部の, 神尾の, 私もうたいへん, 秋に, 窓は, 考えますると, 聞こえるがの, 脈の, 花魁え, 若い頃, 若旦那此の, 親父は, 角力こそ, 誠に好い, 誠に此の度, 誰も, 貴女様も, 農民は, 酒でも, 金偏に, 非常に, 黒船って, 黙って

▼ ます~ (310, 0.4%)

9 しは 85 の家 3 が如何にも, ですから, はこれ, はその, はそんな

2 [12件] が苦労, のよう, の姓, の宅, の身, の顔, はあなた, はくら, は此, は私, も実は, も若い

1 [249件] から着物, がお, がかえる, がきっと, がこういう, がさう, がそう, がそうした, がつい, がどこ, がまいります, が主人, が云っ, が今, が今更, が何, が何ん, が刀, が切支丹, が密旨, が往, が恨まれます, が抱い, が極, が殺されなけれ, が求める, が活き, が物, が現在, が生かし, が約束, が細かい, が詩人, が諸君, が通る, が逢いたい, が非常, くらいの老, この持病, これから髪, さえ目しい, し儀, し風情, だけの臆測, だっていつ, でございますあなた様, とおなじ, とてもその, と妻, ども剥がれます, なぞはせめて, などがこんな, なども之, なども毎年, なんぞはなに, にしろ, にできる, にとっては, にとっては忘れる, にとりましては痛ましい, にはどうして宜いか, には不釣合, には火事, には目, にまかし, に出, に可哀そう, に美しい, に若し, のお父さん, のそれ, のもっ, のやう, の一, の一生, の主人, の写真, の咽喉, の妻, の姿, の寝息, の尊敬, の店, の弟, の心, の心得違, の心持ち, の忰, の性, の懺悔話, の持っ, の方, の母, の法術, の無い, の生国, の生涯, の申す, の真実, の親, の身の上話, の近所, の遁世, はあの, はある, はいかにも, はお, はおし, はお嬢さん, はお嬢様, はきっと, はくら闇, はこの, はぜひ, はそれ, はどう, はどうもちっとも, はね此方, はふら, はほんとう, はまさか, はも一度, はジーッ, はファバントゥー, はモウ余命, は一体酒, は一度, は一旦, は一角, は人, は今, は今日, は他, は仙臺, は伊之助, は何処, は先年伯林, は其, は其の, は其彼等, は兼ね, は决, は冷泉院, は割りました, は創業以来支店, は十五, は十八日, は口, は只今, は右内, は唯, は土藏, は坊主, は夢, は奉天, は奧州屋, は婚礼, は嬉しく, は宅, は寝, は岩田屋久八, は希臘, は帽子, は幸福, は廣藏親分, は弁信, は御, は心から, は心がら, は思い切っ, は思案, は悪い, は旅, は旦那様, は昨年, は最う, は有島, は本所, は杜陽, は歸, は死にます, は死ぬ, は江戸三田, は決して, は浪人, は無沙汰, は産婦人科教室, は白銀町三丁目, は相川新五兵衞, は眠り, は矢切, は矢切村, は矢張りこ, は空, は紀伊國屋伊之助, は素より, は結婚, は自分, は藤心村, は虫, は覚え, は誰, は謙さん, は貞操, は近く, は過日来図書室, は関口屋伴藏, は階下, は頬ずり, は鳥羽絵, は鹽原角右衞門, ばかりでない, ばっかり, へもったいない, もいそい, もいたっ, もこちら, もたいした, もだて, もつい, もまた, もまだ, もまア, もモウ明日, も一二度, も一生懸命, も人なみ, も何, も其一人, も壮年, も夏子嬢, も子供心, も定命, も往きます, も心配, も旧, も是, も未だそう, も永い, も深く, も知つて, も読みたかった, も身, も非常, をおとし入れよう, をし, を恋し, を血族, を除名

▼ ますのに~ (308, 0.4%)

6 どうした 4 私の 3 こんなこと, それを, わたくしの

2 [14件] このよう, これは, すらすら筆, そういうこと, それは, もう菫, わたくしが, わたしが, 何の, 女性が, 此の, 私は, 私を, 非常に

1 [261件] ああし, あきれて, あなたが, あなた様だけが, あなた様の, あのお, あのよう, あの先生, あの小屋, あばたの, あべこべです, いかにツァーラン, いきなり帰っ, いつか自分たちの, いつもかう, いまだにお, うまれつきおんせい, おくがた, おくれては, お二人とも, お内儀, お助け所, お嬢様に, お市, お忘れ, お敵娼, お由利さん, お目, お知らせが, お累, お雪, かかって, きょうまで, こういう違い, こうしたお, このうえ何, このまま, この事, この暮あたり, この棺桶, この様, これから先, これを, こんなにね, こんな手紙, ご苦労でした, さぞ骨, さびしいなどと, しいてそれ, すがって, すやすやと, せめてご, そしてよそ人, そちが, そなた, そのおちきった, そのお客様, その彼岸, その方, その絵, その間隔, その頃日本, その麓, それが, それでいてまるっきり, それでも私, それでも鞦韆, それに, それに対して, そんなら, そんな強請, たまに悪い, だれが, ちょうどいい, ちょっとも, ついにその, どういうもの, どうしてあんな, どうしてこんなに白々しく, どうしてその, どうしてそれ, どうしてそれら, どうしてまあわ, どうして私, どうして踊, どこからも, どこを, なおあの, なお額, ひでよし, ひとり商店の, ひとり旅でございます, ふさは, ふつつかにて, ほんとに惜しい, まして男宮様, まして見える, またし, またキー, もうこの, もうちゃんと四阿, もしあたしたち, もしやお, もったいない御, ものごとに, やいお, やれ隠し男, よくまた, わたくしは, わたしには, われらの, われわれの, チベットでは, 一同元, 一向お, 一方では, 三の, 三軒が, 与吉は, 予め以上, 二種有ります, 人さまを, 人に, 人間は, 今こそ, 今の, 今晩に, 他方は, 仲, 何でお, 何と, 何とも仰し, 何とも申し, 何を, 何故お, 余り取乱し, 余程腹, 兄き, 先生が, 入相で, 其麓の, 劉向, 助太刀を, 勢づい, 北村の, 十分の時間が, 南側には, 厭な, 又, 叔父様は, 古島様親子は, 只今の, 右の, 唯い, 嘸骨, 夜の, 大変遅く, 大概誰でも, 天子の, 夫は, 夫を, 奇妙な, 奥様が, 女房は, 妙を, 妹は, 姉は, 姫君は, 娘の, 嫉妬の, 子供かと, 実地に, 実際は, 宮様の, 家出を, 寛大な, 實に, 對し, 小浜兵曹長からの, 少しも, 少女は, 山中及び, 年寄が, 床も, 弓を, 当のあなた, 当人が, 役立つもの, 往来は, 後から, 後は, 後家さんは, 御夫婦仲, 御熱心, 御老人達, 御足労でした, 必ずまだ生き, 必要な, 思いがけない事, 悪戯を, 悪疫や, 悲観を, 惜しい事, 振り切って, 故と, 新しい方, 日本は, 旧ぶし, 昨夜に, 晩飯前で, 来ないばっかりに, 次兄は, 此那にまで, 武蔵国とだけ, 気を, 油が, 況して彼, 法廷の, 活きながら, 父は, 爾時は, 生れた子供, 男という, 男の子の, 異様な, 発心を, 皆さん難儀な, 目を, 真っ暗な, 眼が, 石の, 硅藻が, 神さまは, 秀吉が, 私から, 私だけを, 米国の, 羽織は, 考えますれば, 能く, 自分は, 舞台に, 舟木は, 花魁は, 若いお, 若い娘, 蔵しらべ, 親分さんが, 誰も, 諏訪の, 貴方のは, 赫子さんが, 近年男, 近藤の, 途中で, 連れて, 銀次の, 随分骨, 難有, 面白い歴史, 龍麿は

▼ ますとも~ (288, 0.4%)

3 さっきから, 人間は, 私が, 第一

2 [16件] あげますとも, あなたが, ありますとも, これだけ, これは, それは, わらびます, リーズさん, 何でも, 出て, 書いて, 此あたりの, 知って, 親分と, 記して, 貴方が

1 [244件] あすこに, あたし達が, あなたさえ, あなたでなけれ, あなたという, あなたなんかは, あなたに, あなたの, あなたは, ありませんとも, あり若々しい, あるから, あれから, いくらお, いくらでもあります, いくらでも参ります, いくらも, いつでも, いつまででも, いますとも, いまの, うその, おかしら, おっと, おめでたい初め, お借り申した, お前さんおいら古い, お取, お怪我なんど, お母さんを, きっと, きまらないの, このあたり, このじいさん, この男, この通り, この通り世帯, こればかり, ご一緒, ご家臣, さ, さあおあがりなさい, さすがに, さつきから, しかしあれ, しかしそれ, すぐその, せいぜい貴方, そいつは, そういう物, そうしてもう, そうなれ, そう云う, そう聞い, そこが, そこには, そのお, そのよう, その頃, それはよう, それも, それより, それ位の, ただ今, だってそう, つて逃げた, できますこと, とこうお, どうぞこれ, どうぞ此方, なお喰おう, なぜ今朝ッ, なにしろ御行, なんといっ, なア, ほかの, ほらあなた, まあなん, まあ私, まいりますとも, まっぱだかで, まゆみちゃんと, まわしますとも, みょうな, みんな草や, むろん兄, もし, やっぱり今, ようございます, よく啼きます, よく知っ, わかって, わたくしが, わたしは, アイスクリームと, アノ一番奥の, サア此の, シロは, ソバケーヴィッチの, ダシに, チヤーチル先生の, ヘエ身体の, 一時でありましょう, 一瓶二十銭の, 丁度只今, 三日経たない, 三毛の, 三里ぐらいは, 主税と, 乾溝の, 云わずただ, 人の, 人足も, 今では, 今は, 今夜から, 今日じゅうに, 仰の, 仲間で, 伊勢の, 佐用姫様の, 何であなた, 何でもお, 何なり, 何よりたしか, 何時でも, 倅が, 僕は, 先ず牛肉, 先方の, 全く果報者, 其処が, 出られますとも, 十分, 半分取ったろう, 参りましたらとっ捉, 参りますとも, 叔母さんとても, 可哀想な, 同じお, 命を, 唐の, 地の, 坊やは, 坊様何が, 坊樣何が, 外さまで, 外に, 多日, 夜中ンなろう, 夢にまで, 大ありで, 大ありです, 大なりです, 大喜び, 大寨, 大有りです, 大納言家への, 奥さん, 奥山にも, 婦人だって, 嬉いんです, 家を, 尠く, 幸内を, 序に, 当山の, 待って, 後世に, 従兄弟です, 御ゆっくり, 御新造様, 必らず行きます, 思いませんでしたが, 恨むだけの, 抵当に, 振りますとも, 旦那さま, 書かれて, 東京に, 染物屋は, 武運開か, 毎号欠かさず, 気ままで, 沢山あります, 泣くなと, 泣く決して, 深更にでも, 現に見た, 甲を, 甲府まででも, 画家が, 畜生ツ, 白山三湯と, 白山行きは, 百年の, 直き, 真実に, 真昼北上川の, 神戸は, 神様が, 祥子さんと, 私も, 私共でさえ, 空でも, 空腹です, 立派な, 絶世の, 老人の, 而し, 自分が, 自分も, 船頭の, 落ち着く先, 藤原の, 行きますとも, 行って, 西洋料理では, 西洋料理に, 西洋風に, 見えず, 見えないのに, 覚えて, 親分, 親分何處まででも, 親切な, 言えないから, 言えないでしょう, 言ひ, 試して, 諺に, 謂へ, 買いますとも, 買い過ぎて, 赤羽根橋を, 道は, 道人様に, 長い間, 長く御, 長生きした, 開放も, 間に合いますよ, 魔が, 鳩の

▼ ますがね~ (266, 0.3%)

6 それは, 私は 43 あなたは

2 [11件] あの山, あの男, じつあ, まず第, わたしの, 何んと, 僕は, 相手は, 自分の, 親分曲者の, 随分遠路

1 [225件] あたしは, あっしの, あつしの, あなたって, あなた様が, あの宮川先生, あの店, あの時私, あの若衆, あれから, あれが, あ痛い, いいもの, いくら僕, え先生, おかみさん, お互に, お仕置場の, お内, お婆さんこう, お媽さん, お嬢さんあなたは, お生まれ, お静さん, かういふ問題, きいただけでも, きみは, こいつは, こう中腰, ここだけの, この中, この前, この節, この路, こればかりは, ごく深い, ご全盛, さう, さてそいつ, しかしそん, しかしそんな, しかし役人, すこしへん, せいぜい五米, そうでなく, そこでときどき, そこは, そっちへ, そのとき, そのひと, その前, その時, その清姫, それが, それぢや, それではこれ, それでも出つけます, それも, そんな人, そんな入れ, たいがい毎晩です, ただ鼻, だって日, でもあんまり, とにかく味, とにかく悲しい, どうかと, どうしても人間, どうしても出なけれ, どうもつくり, どうも今日, どうも家, どうも暗う, どうも鼓器, なか, なかなか愛嬌, なぜか, なるべく傍, ひとつみんなが, ひろ子さんの, ふたを, まあよく考え, まあ用心棒, まさかそんな, まさしくこいつ, またあの, みんなくだらなく, むしろ一等, もうお, もし僕, もつとも顏, もとより金目, ものに, やかましいの, よくそれでも, わたしが, わたしゃあの, わたしを, イヤな, カートン君, パーヴェル・パーヴロヴィチこう, ボリース・チモフェーイチいい, 一軒家の, 一體な, 三輪ちゃんお, 九カ月の, 二人の, 二通り三通り写し, 人によって, 人間こうした, 人間て, 人間は, 今おばさん, 今でも, 今の, 今ん, 今夜は, 今日の, 今私を, 何うも, 何しろ相手, 何分店が, 何時でも, 何時上れ, 余り話が, 信じて, 傷は, 先生ただ, 先生時と, 八釜敷ことばかり, 其の時分, 内裏様が, 前の, 前のは, 加賀の, 勘定は, 印東の, 原本を, 叔父さん太陽を, 右大将なども, 名主様の, 君は, 唯今の, 売るもの, 大庭さんの, 天地紅の, 奥さん, 奥方や, 女好きな, 姉は, 実はこの間, 少しかぜけ, 少し烈し, 尤もこれ, 嶄新奇抜と, 左傾といふ, 干支と, 年中叱られ通しだ, 弁信さんお前さんは, 当分それで, 当分は, 役割これが, 慍り出したらいけない, 戦争の, 手の, 持った病, 敗軍の, 旨いもの, 明日の, 明智小五郎の, 昨日あの, 昨晩の, 普段つき合いが, 晴ちやんが, 暖い, 最初の, 最近にな, 本人も, 本当にを, 本当は十六, 村越峰右衛門若い, 村越峰右衞門若い, 杢さんの, 果敢ないじゃ, 桐の, 楽な, 此奴の, 毎年夏に, 江戸の, 洋学一点張りの, 海鴉という, 無役, 狂水が, 現在の, 男のは, 盆踊りの, 相手とは, 知れると, 私たちには, 私などは, 私の, 私を, 私共は, 素姓の, 若し失敗, 苦界だけは, 萬事は, 見て, 親分あっしが, 親分あつし, 親孝行で, 誰も, 諸君の, 貴下これを, 赤ちゃんが, 近頃は, 連れて, 里見老が, 間に合わせは, 随分有名, 食べ物には, 馬作は, 駅の, 高田の, 鬼頭少佐とは

▼ ます~ (262, 0.3%)

4 大切に 3 助け下さいませ, 頼み申します

2 [14件] あがりなさい飲んで, 一人で, 口に, 寒うございます, 察し申します, 屋敷の, 懐しゅうございます, 手間は, 掛けなすって, 文倉を, 料理は, 薬は, 見込で, 静かに

1 [224件] いやでも, かたで, かめは, こころづけ, さだ, たがい同士, たのみ申します, つ母さん, のがれくだされお, はいりなさい, はつ御料人と, ほほほ, ほほほほほ, まつや, みやさんは, ゆっくりなさいまし, ゆつくりなさいまし, ゆるし下さいこの, よしなさいよと, よみに, 中屋敷は, 乗りくださいお送り, 乗りなさいませ, 乗物なんぞは, 二人とも, 二方は, 互に年齢, 人たちに, 人形さんの, 人払いを, 人拂ひ, 仕立ても, 休みなさい, 休みの, 体の, 作さんも, 使い過ぎで, 俊は, 倉さんは, 元気です, 兄さまの, 内儀さんお気に, 出ます, 出先へ, 出入りだけは, 助けなされ, 助け下さいと, 助け下さいまし, 助け下さい死にます, 化粧中は, 厭なれ, 台所の, 叱りを, 名前は, 名前も, 名前を, 国許より, 垂髪の, 墓は, 夏さんは, 奉行様兵助が, 好みによって, 妙さまか, 媼さんと, 嫌いじゃ, 嫌ぢや, 嬢さまえ, 嬢さま何とも, 孃さま, 孝さん, 宅を, 安い御用, 客座敷と, 寝みなさいましと, 察し下さいませ, 小遣は, 屋敷うちへ, 屋敷で, 屋敷中でも, 屋敷様は, 師匠さま, 師匠さん, 帰りなさいまし, 平常着に, 幸に, 幾値, 引とり下さいませ, 役も, 役人が, 役目ご苦労に, 徳という, 心を, 志が, 志と, 志は, 怨みには, 怪我は, 恥ずかしいこと, 恩返しは, 慈悲でございます, 手を, 手向いは, 手当てを, 手打に, 手間を, 扱いそれで, 持ちに, 掛値は, 揚んなさるよ, 握飯なり, 料理の, 料理も, 方様が, 早くお, 暇だけは, 月樣は, 栄さんでっし, 梅も, 梅時, 武家さまも, 歸し下さい, 殿様, 比丘尼様に, 気の毒でございます, 気の毒な, 泊りに, 洗い張を, 浪さん後から, 濱さん, 濱と, 焼きが, 父さま誠に, 父っ, 父様と, 父様に, 父様の, 父様ハッキリ, 父様ハツキリと, 爺様さ, 狐さま, 疲れでしょう, 目付が, 目付けなすっ, 目出度の, 目通りを, 目障りに, 相手を, 砂糖でも, 神さま, 福ッて, 秋の, 竹どん一寸二人を, 筆は, 米, 米の, 米も, 米を, 約束します, 累様ア確かりし, 紺さえ, 経料なども, 絹様も, 縫という, 繼という, 羨ましい境涯, 耳に, 耻かしい, 耻しい, 腰の物お, 若いうち, 若衆様に, 荷物の, 菊さんなら, 薬にも, 蝶は, 蝶様, 行列でも, 見かけ申し, 見事な, 見忘れかも, 見懸け申しまして, 見知り置かれまし, 見知り置かれ下さいまし, 見知り置き下さいませ, 見覚えは, 討死という, 誂らえ, 読みに, 諏訪様もったいのうございます, 豆腐は, 豊も, 賤汝と, 賤汝は, 起きな, 起きなさいませと, 近いうち, 逃げなさりませ, 過しなさいまし井上様, 邸は, 部屋様お, 部屋樣御銀の, 酌を, 酒には, 酒はけふ, 酒を, 里帰りの, 関所にも, 関所の, 陣屋へ, 隅さん, 隅さんも, 雪が, 雪を, 頼まれ申した通り, 頼もうします, 馴染かと, 馴染も, 駒と, 骨を, 骨休めにも, 高いか, 高には, 髪を, 魚軒が

▼ ますそれ~ (243, 0.3%)

104 ですから 3 だのに

2 [20件] があの, がため, だから, でいい, でないと, とともに今日, と同時に, につきまし, はあなた, はあの, はお, はそれ, はわたくし, はわたし, は後で, は私, までの間, をお, をわたくし, を恩

1 [186件] からある, から五升, から玄海灘, から聞い, があなた, がいずれ, がいま, がきのう仲間三人, ができれ, がわが子, が今, が何より, が凡て, が商売, が大湊, が弥三郎, が悲し, が戦, が曲者, が有名, が済みましたら, が第, が終り, が経文, が脆く, が間違つて, が馬鹿, こそいま先生, こそ望む, じゃ, じゃアお先, その隅っこ, だが, だけがわたくし, だけで, だけをお, ですわ, でわかりました, で綺麗好, といふの, とマリ, と申します, と金側, なの, にお前, にここ, にすこし, につかまっ, にどうか, にはかう, には何, にドミトリイ・フョードロヴィッチ, に一旦ああ, に中身, に二十五日, に今, に今日, に他人, に便, に友達, に反し, に場所, に心得違い, に手間代, に折角, に拘はらず, に暖つて, に此, に比べる, に深川, に琵琶, に私, に種子, に紅い, に舅, に良い, に蒸し暑い, に近所, に近頃, に野郎共, に金側, に附け, に雨, に青銅, の一つ, はあたい, はありがとう, はいちばん北の方, はいつぞや, はいろいろ, はおそらく, はこの, はたしかに, はできない, はとても, はほか, はまあ, はもうそろそろ, はやはり, はオイボレセンチ, は一しきり, は一応, は不祥, は事實, は今, は他, は何かと, は何時, は全く, は別封, は十二月, は品右衛門爺さん, は外国, は家伝, は少し, は悲しむべき, は承知, は文学, は日蓮様, は最近一ヶ月, は有難い, は本堂再建, は母親, は水牛, は無理, は聞かぬでもござりませぬ, は職業, は誰, は違います, は閣下, ばかりはどうぞ, へ古銭, へ附い, まで, までは決して, まで落着, もある, もよから, も一人, も十四時間, も厭いません, も宜, も心から, も朝食, も疲れ, も羅甸語, も長旅, ゆえ致しました此処, よりは旦那様, よりほか, より先, より半, をあなた方, をあなた様, をあの, をうち, をお前, をお嬢様, をことさら, をもう, を人様, を今, を今度, を取っ, を商, を尋ね, を少し, を懐, を明日, を申し上げませぬ, を眺め, を知っ, を私, を粗相, を計る, を過ぎます, を道州任土貢, を青茎, 故にあなた様方, 故にわたくし, 故に三人, 故に私, 故に近ごろ, 故七兵衞さん, 迄に, 迄の所

▼ ます~ (231, 0.3%)

3 あなたは

2 [17件] あなたの, え, おばさま, この湖, こんなお婆さん, その代り私, その御方, そんなこと, だから今日, ての云, ではもう, 大丈夫でございます, 妾も, 少しは, 本当に妾, 私は, 行きますわ

1 [194件] ああ好い, あしたは, あなた, あなたが, あの子, あの手紙, あの方, あの男, あの音, あれまア何, いつもの, いつ今, ええあの, ええいま養子, おかあさんを, おみつくろい下され, おやつさん, お上人様時々, お加減, お坊ちゃん, お姉さま, お嬢様あたしは, お帰, お帰り, お急ぎ, お父さまたち, お若い, お邪魔, お願い申す, きっとそう仰しゃ, きっとなおります, けれど, けれどもお, けれどもね, けれども誠一さん, こういうふう, この浜路, これさえ, ごらんなさいまし, さあどうぞ, さあ召しあがれ, さよなら恐ろしい, じきに, すっかり知っ, すっかり聞えます, そうし, そうでなけれ, そしたら今度, そしてお礼, そしてほんとに, その位, その日, そりゃジェンルマン, それから, それでも, それは, それを, それ以上の, そんなに精進精進, そんなもったいない, た, ただあの, だけど彼, だって仕方, だって思っ, つて冗談みたいに, でお, ですから, でもあまり, でもこうしてお, でもせっかくあんなに, でも人, どうしてそんな, どうせ提灯, どこにでも, どこへ, どこへでも, なんでも, ねえ, ねえお祖母さん, ねえ姉上さま, はっきり知っ, ひとりで, ひまな, ほんとうに, ぼんやりして, まあごらん, まアお掛けなさい, もう二三年, もしかしたら, もしかする, もしわたし, もっと御, もとは, ものを, よろしかつ, わたくしが, わたくしすっかり, わたくしは, わたくしを, わたしは, わたしびっくりし, わたしみたいに, わたし今, ァ, ア, アファナーシイ・イワーノ, アレクセイさんわたしが, ウフフ, エルンストこれは, ダイアナ, ハッハッハッ, ピアノの, ホホ, ホホホホホ, ライムお, 一晩でも, 一生懸命に, 二つの, 人は, 今から, 今夜に, 今晩は, 仕方が, 他人を, 仮にそうだ, 何とかわかっ, 併し, 例の, 先生なんなら, 先生も, 別にかきまわした, 労役へ, 参りますわ, 唄いましょう, 四つ橋興業の, 困らしたらば, 坂の, 奥さんも, 女が, 妾, 妾だつ, 娘だって, 嬉しいと, 実に古今無類, 寒くな, 審判官の, 彼女が, 往んで, 御自分, 御覧なさい, 心底, 恋愛かさも, 意地も, 戸田へ, 扨日, 教育なんて, 敵に, 木戸の, 来月に, 松尾の, 森様ほんとに, 次の, 歯の, 母さま, 気はしの, 決してわるい, 汽車の, 湿布したら, 父と, 父の, 犬でも, 狐の, 王様, 皆悪い, 私, 私いただかない, 私しも, 私そんな, 私の, 私も, 私もうぐったり, 私を, 美しい弱々しいかた, 自分で, 花の, 蔵王の, 血が, 見せましょうね, 見物に, 親分, 言葉が, 貴方が, 黄昏時の

▼ ますうち~ (226, 0.3%)

8 に私 7 に, にその 5 にお, にわたくし 4 にある, にこれ, にふと 3 にあの, にこんな

2 [15件] その十三日, にあなた, にいつ, にいつの間にか, にいる, にくさ, にこの, にだ, にとうとう, に今, に御, に熱い, に非常, は何, やがて十一月

1 [146件] あやまって, あるとき, からご, から私, このさき, その夜, その正行, ちょうどこの, ちょうど八月, つい調子, でも死なれぬ, なお親子, にあれこれ, にいきなり, にいつか廊下, にいつしか, にいよいよ, にうかと, にお先に, にお母様, にお話, にこうした, にここ, にすべて, にそう, にそれだけ, にそんな, にただ, にだれ, にだんだん, につい, にどなた, にのん気, にはお, にはまた, にはや, には乞食非人, には真夜中, にふつ, にみなさま, にも, にもあなた, にもあの, にもこ, にもこの, にもし, にもみりょう, にも今年, にも私, にも立込みまし, にやがて, にやっと, にやるせないおもい, によく, にわかい, にアラカタ五つ, にセミヨノフ将軍, にトテモ人間並, にフト, に一枝, に一軒燈火, に丁度, に三時, に上海, に不, に不思議, に不知, に世の中, に世界, に二朱銀ひとつ, に仔細, に偶然, に兄, に八右衞門, に六松, に冬, に到る, に前, に去る, に又, に又聞き, に叔父, に受取人, に向う岸, に大きく, に妹, に妾, に娘, に季節風その他, に宿, に小鳥, に少し, に尚, に屍体, に山道, に市俄, に彼, に思い, に或, に持病, に敵, に旅順, に早く, に期限, に柴忠さん, に此, に母, に江戸, に波, に清左衞門, に瀬川さん, に煩い付きまし, に燕南, に特に, に疵, に相手, に眠く, に知己, に私自身, に童子, に糸, に聖ピヨトル号, に自然, に興, に財産, に過っ, に達磨さん, に間近, に非道, に顔, に食糧, に高い高い, に魔法使い, のナンバー, の井戸, はおよばず, はたがい, はどんなに, はまだ, は不遇, は始終, は弁護, は皆さん, ふと隅田, 其の土地, 別にこういう

▼ ますかと~ (220, 0.3%)

8 いうと 7 聞いて 6 問へば, 訊くと 5 聞くと 4 云って 3 私は, 窓の, 聞いた, 駄目を

2 [16件] いう, いうから, たずねました, 云う, 云うと, 云った, 尋ねたらありますと, 尋ねました, 彼は, 朝より, 聞き返した, 言えば, 言つた, 訊いた, 訊いたの, 驚きし樣子

1 [140件] あまり賢問, いうて, いうに, いったらあなた, いって, おっしゃいます, お尋ねいたした, きいたら, きいたら保, きいたら片腕, きいたら首, きく, きまってそうな, こう一本突, さういふこと, その日和見主義, その男, そればかり, たずねた, たずねて, スクルージに, 不思議そうに, 云うから, 云うた時, 云うて, 云う心持, 云う貌, 云ながら, 云ふ, 云ふと, 仰云って, 仰有るだろう, 伺いましたら今あなた, 伺うと, 内儀みずから出, 冗談の, 友田が, 受附の, 叮嚀に, 哀願する, 問いただした, 問うた, 問うたと, 問ば, 問ふと, 問わざるを, 大きな声, 失敬な, 存じます, 尋づねると直吉の, 尋ねた, 尋ねたらいえ下, 尋ねたら先生, 尋ねたり, 尋ねて, 尋ねると, 小姓は, 岡田さんに, 引下る, 引返すわけ, 弟子が, 心配ばかり, 念を, 怒つて, 思いの外眉を, 思うと, 思う程, 思って, 思はれる, 思ひますれば, 思ふ, 思われますね, 怪しの, 或る, 手を, 手紙で, 指を, 本人に, 来たから, 案内に, 此の, 烈しい語調, 父親が, 甘えて, 申された, 申たら, 益々ハッキリと, 相談を, 真正面から, 答えて, 給仕が, 聞いたの, 聞いたらそう, 聞いたら三千噸, 聞かれて, 聞かれる, 聞きねえ, 聞きました, 聞きますと, 聞き返される場合, 聞く, 聞くから, 聞くもの, 聞く人, 聞ければ, 腹の中では, 若浪も, 藪から, 行人に, 見舞いの, 見返れば, 言い私, 言う, 言うから, 言うだけ, 言うと, 言うの, 言う訳, 言ったらええ, 言ふてくれた, 言われて, 訊かれたとき, 訊かれると, 訊きに, 訊くによ, 訊くによって, 訊ねた, 訊ねたら, 訊ねて, 訊ねました, 訊ねると, 訝しみ, 試問され, 質問いたします, 進み這入に, 遣りかねない勢, 隣の, 騒ぎたてるそんな, 驚いて, 驚きし様子

▼ ますゆえ~ (217, 0.3%)

5 お早く 3 てまえ 2 お手, このまま, ついその, できますこと, どうぞご, どのよう, なにとぞお

1 [195件] あの人物, あらためてまた, あらば, あるはあっ, いいや, いかにも白状, いかほどしかられまし, いずれ明朝, いつもの, いや折々, いッ, うっかり乗り込ん, おついで, おとう, おはようお取り次ぎくだ, おふくみ, おふろ, おゆるし, お助勢お許し, お医者, お咎め, お声がかり, お宿, お差し, お手向い, お招き願えませぬ, お拾い, お案じ, お殿様, お気まま, お疑い, お目, お連れなされ, お餞別, お館, かくお銭, かく致し, かならずご, このたび, このよう, この二階, この城下, この夏, この裏側, この身, この辺, ご心配, ご慈悲, ご足労, さぞかし肝, さっそくお知らせ, しばらくおやすみ, しばらくその, しばらく客院, すぐお, すぐに, ずいぶん大言, ぜひご, そうしたらゆっくり, そのお, そのお下がり, そのため, その一族, その子細, その辺, その際, その頤, そんなこと, そんな恐ろしい, たしかに仙市, ただ斬れろ斬れろ, ただ金剛山, たぶんその, たわけども, だれいうと, ちょっとお待ち, ちょっと眠らし, つい失礼, つり合わぬなんとか, ではあの, とくとお, とつおいつ思案, とても此, どうぞお, どうぞこの, どうぞそう伝え, どうぞ一日, どうぞ栄三郎様, どうぞ私, どきませぬと, どんな物, なお老婆, なかなかその, なかなかの, なにとぞこの, なにとぞ仰しゃ, なにとぞ公庫, なにとぞ大講会参加, なにぶん君, なまじ逢う, なまなか家中, ならばと, なんと申し, なんにも淋しい, にもちろん, にわかに御, に少数, に御, に父, に精通, に高見山, のう, のちほど御, ふとこういう, ふと思い出した, まずそれ, まずどういう, まずまずここ, まず今日, まず安心, まず落ちつい, またいい, まだ詰め侍, もうこうなれ, もうしばらくここ, もう一度お, もう櫓, もう目前, もし中道, もっと時, やがてそろそろここ, やがては, ゆっくりお, よい仕官口, ようく, よく存じ, よしなにお, よし戸, よろしくお, 会う伝手, 何ぞ持薬, 何もかも申, 何卒いちど, 余りにお, 依怙, 出来ますこと, 別段事, 叱られるの, 嗅ぎつけられたら油断, 困ります困ります, 定めし散々, 少々お, 少々お待ち下, 差出がましいこと, 待って, 御休息, 御大儀, 御安堵, 御容赦, 御懸念, 御披露, 御方様, 御検分, 御注意, 御空腹, 御見のがし, 御辞退, 思わず待て, 急いで, 恐れながらこれ, 恥ずかしいの, 悪いこと, 悲しい思い, 戻られませぬ, 所詮あの, 折々は, 折角ながら, 未だ一言, 案じたもの, 段々様子, 比べて, 泳げるもの, 漫然と殿, 畏れあれど, 知らぬ土地, 穢いけれど, 見たからに, 見つけたとき, 触らぬ神, 読み切れないので, 起き出そうかと, 近頃腕, 隠さずに, 駈け寄って, 高い画料

▼ ますという~ (203, 0.3%)

18 ような 9 のは 8 のである 5 ことを 4 ように, 返事を 3 ことに, のが, のだ, のも, 意味を

2 [11件] お話でございます, お話に, ことです, のです, のを, んだ, 口の, 声が, 私の, 答えが, 言葉を

1 [118件] あだ名な, あの軍隊式, お慰みまでの, お手軽, お話は, お返事, こと, ことから, ことだった, ことで, ことな, ことなどは, ことは, この言葉, そういうところ, その気持, それから, た, たから, たちの, たよう, たよりない, ところまで, のであっ, のであった, のであろう, のと, のはね, のや, ほかは, むごい返事, ものに, もんだ, ゆえその, わけで, わけです, ホテルが, 丁寧な, 万事手当が, 三頭目の, 事だった, 事で, 事であった, 事でございます, 事でしょう, 事情だった, 二度の, 亭主の, 伝言を, 例も, 侍女からの, 便が, 信念を, 儀礼的な, 光耀と, 口上が, 口上を, 問に対して, 問答が, 堀内惣左衛門の, 報告を, 大きい刷りもの, 女の, 子が, 宣言が, 尼婆さんの, 広告が, 当ては, 彼の, 御挨拶, 恋愛歌である, 意も, 意味で, 意味でございます, 意味らしかった, 意気込で, 所が, 手紙で, 挨拶を, 文句を, 新吉改心の, 有様で, 末お, 枕言葉だ, 様子だ, 欄が, 次第な, 歌である, 気は, 注意が, 洋服の, 眼で, 祈願を, 程の, 簡単な, 老生の, 自慢話を, 自粛自, 言葉だけが, 言葉で, 言葉は, 話で, 貴女の, 近在から, 返事が, 返答でございます, 返辞, 透かさないかけひき, 途方も, 面持だった, 須田君の, 願掛けを, 風で, 風な, 風に, 風の, 鼓舞を, 鼻の

▼ ますその~ (190, 0.2%)

3 つもりで

2 [15件] あなた様が, うちに, お言葉, ために, 一つは, 中の, 人は, 前に, 団扇で, 手段は, 時は, 点は, 町の, 節は, 通りの

1 [157件] いきおいにて, いたずらが, うちには, おりマルファ・イグナーチエヴナは, お家の, お方が, お方は, くらい秋, ことです, ことは, ことを, さよう, ためにも, ため仕事に, ときは, ときまた, とき冬のを, ね私等, ほかいくつかの, バターと, 一つ一つには, 一人は, 一品と, 一方の, 一畝という, 一縷の, 上その, 上で, 上に, 上夜中にでも, 上近い, 不自然な, 中から, 中に, 中を, 中日本, 事は, 人々は, 人なりに, 人の, 人も, 代りに, 代り今夜は, 代り峠へ, 代り手当は, 代り明朝に, 代り約束は, 代り金蔵さん決して, 位です, 何う, 先に, 先は, 光ったハイライト, 光りで見ると, 兵隊さんを, 出かわり, 前側も, 前句は, 力は, 千五百畝を, 半紙を, 古歌, 名刺を, 周囲には, 品は, 四万五千四百坪を, 因縁には, 場合に, 多くは, 大きさ, 大金は, 奥様の, 女が, 女は, 奴らを, 娘だって, 実力の, 容易ならざる, 封筒を, 山が, 山鳩が, 度ごとに, 引出しの, 従妹の, 御奇特, 御用心, 忙しさ, 悪者の, 想像に, 意味で, 手紙貰った, 握飯には, 数都合十四五頭も, 方が, 方を, 時々で, 時に, 時御意に, 會合で, 期間内に, 木の, 柿の木て, 様子が, 次には, 正しい倫理観念, 歩を, 気持は, 水ぎわに, 洲崎の, 清姫様の, 渾沌性について, 準備の, 滝壺で, 点だけは, 点で, 父のみ, 版木を, 牧場と, 獣の, 瓶五杯に, 甘味そうな, 町か, 病人が, 盲法師は, 矛盾を, 石の, 石段を, 稲葉さんが, 節併せ, 紙の, 紫の, 絵としての, 群青朱金銀泥藍などの, 者の, 芳野山へ, 藤吉郎に, 親も, 証文は, 講義を, 貴女が, 賑やかな, 跡で, 辺りの, 途中舟が, 通りでございます, 邸で, 金の, 長官の, 長家の, 雨戸が, 靴が, 鞍を, 額縁さえも, 顔つきを, 香いと, 魔法使いと, 鸚鵡蔵の

▼ ます~ (188, 0.2%)

35 です 27 ですよ 25 ですが 10 でございますが 8 ですけれど 7 ですか 5 でございますよ 4 だ, だそう 3 ぢや, でございます, でしょう, ですから, ですつて, ですね 2 じゃ, でございますがね, でしょうか, ですがな, ですけど, ですのよ, ですもの, やで

1 [29件] けんど, だから, だけど, だすが, だずいぶん, だの, だん, ぢやがの, でございま, でございましょうか, でございますか, でございますもっとも, ですお, ですかね, ですからね, ですからねえ, ですがねえ, ですけれども, ですと, ですとね, ですな, ならね, ならば, や, やが, やがな, やけど, やそ, やて

▼ ます~ (185, 0.2%)

5 しても 4 因って 3 これは, つけて, 入れて, 私は 2 しましても, それは, ちがいない, つけても, つけましても, 美登利は, 違ひない

1 [150件] あああどうにか, あなたがか, あなたの, ある重大, いかにも勢力, いかにも嬉しい, いずれも, いたく疲れませる, お佐代さん, お奥向, お武家様, かかわらず今日, ここで, こなたから, この辺り, こは, こりゃその, ごらんくだせ, ざかないも, したがって, しろがねの, しろその, せんもの, そうおっしゃる, そこに, そのよろこび, その方, その時旅人, その耳, それぎり私は, それどころで, そんな事, たがいに, どういう訳, どうした, どうも杖, どうも法王, なってから, はたして教会, ほとんど過不足, まあそれ, まだ生き, もう一日, や, やはり金吾, よくは, よく似, わたくしオホミは, わたしも, ィ, チベット人は, ブーと, マナサルワ湖より, 一人の, 一人一人の, 丁度宜しい, 上がり場の, 下馬せぬ, 中, 乾柿を, 云ふまで, 人間が, 付けても, 伯父は, 何か, 何処の, 依って, 健吉くんには, 兄弟の, 充分な, 先方は, 先生には, 先生も, 全く英国風, 其れ, 其方の, 其角の, 其邊格別の, 分けて, 初めは, 十四年前の, 向うでは, 君の, 因りて, 圓朝や, 多くは, 妻女山の, 実に仏教, 実に日本, 実は健吉くん, 宮将軍との, 家の, 富田氏の, 寐る, 尊者に対して, 小原の, 就いても, 就き其の, 就ては, 山盛り持っ, 年若い, 張飛は, 彼等が, 待ちなす, 從つての, 御陰炙かれ, 心に, 我々二人は, 我が国人の, 旦那さま堪へかね, 昔ピシストラアッスなる, 栗本先生は, 殿様の, 毒として, 決してそうで, 洛陽の, 源氏物語を, 燃え熾ッ, 當時の, 皆が, 皆長治一人, 皮剥と, 石の, 私という, 移されたの, 聡明な, 胡桃の, 腰元どもはさようの, 自分の, 至るまで, 茶屋の, 葛の葉の, 詰めこんで, 警視庁の, 貴方を, 賄賂が, 賈, 足る, 足るの, 足るほどの, 近からん, 這入って, 這入つて, 過ぎなかった, 違いありません, 都合の, 酒を, 鉄砲を, 長政どのには, 黒い人数

▼ ますそう~ (184, 0.2%)

4620 です 177 して, ですが 6 ですから 5 でご 3 すれば 2 しますと, すると, ですよ, でそれ, でどういう

1 [63件] いえば, おっしゃられると, おれが, かくと, したらお母さま, でありますが, でおめでたい, でおめでとう, でこの, でこの方たち, でございます, でございますから, でございますが, でして, でしょう, でしょうこの, でしょう感じ, ですけれど, ですけれども, ですし, ですねえ, です兎, でそこで, でその, でそれに, でと, でなあ, でなくてはね, では, でよい, でトント当て, で一度, で丈夫, で不可, で中宮様, で太刀風, で学校, で小野小町, で御新造, で森, で私, で随分, なが, なそ, なそこで, なって, なですな, なれば, な人間, にござります, らしいところ, 云いながら, 云うこと, 云う事, 呑気に, 思うと, 思って, 書いて, 申し上げては, 考えるより, 致しますと, 致しませんと, 言って

▼ ます~ (173, 0.2%)

8 にその 32 にあなた, にこの, にはいつも, にはよく, にもその, に天皇, はお

1 [148件] からイギリス, から頭, がございましたら, がございましょう, こうして万遍, すらやかく雲海, その中, その大神, その幾つ目, でお話, でした, で正木先生, なくなった母親, なぞに嘘, なぞはわたし, などに時々, などに聞く, など伯母さま, など私, なので, にあ, にあたり, にいつも, にその道衢, にたびたび, にちよ, になり, には, にはいけない, にはいろいろ, にはお出かけ, にはそこ, にはただ, にはちっとも, にはどうも, にはみな一神的, にはわたし, にはグードバイ, にはシンガポール, には一種, には併かし私, には塀, には定めし, には御, には必ず, には恭敬, には柱, には私, には若年寄, には部屋, には霽, にばかりその, にまた, にまとまった, にもお, にも師匠, にも随分, にわざと, にアルゴス, にネき, にパリー, に三十二, に主人方, に五万, に人, に伊勢, に勿論, に十時, に吉備, に善悪とも, に喪, に國, に大坂, に太子, に始めて, に小, に山の神河, に山川ことごと, に御, に思いがけぬ, に手, に昨日, に朋輩, に李景雲, に村長, に東京, に歌, に水取, に河, に波, に浪速, に海原, に淡, に然, に猪, に玄関, に百官, に肥, に肥河, に腰裳, に自身, に芸術, に蛆, に血沼, に詔, に足柄, に重き罪, に金網, に高天, に黒姫, に黒日, に鼻, に龜の甲, のお, のその, のよう, の事, の伝え, の囃子, の心, の心もち, の遺言, はいつも, はお上, はこういう, はこれ程, はどっさり, はどれ, は先ず, は少し, は必ず前もって, は折, は毎日樂しみ, は眼, は秋, は第, は萬一, は馴れ, までにまだ, もいえ, もそのまま, もやっぱり, 何ぞ手, 何分遠方, 常に持ちます, 廻らない舌, 決して決して頭, 突然たずね

▼ ますけど~ (166, 0.2%)

2 [11件] それが, ほんとうに, まるっきりべつ, もう, わたしは, ホントの, 今日は, 今更そんな, 決して, 私自身とても, 重亭

1 [144件] あたしから, あたしこのごろ女学校時代の, あたしたちに, あたしなぜ, あとが, あの人, あの人の, あの厚い, あの娘, あの踊り, あんまり何, いか, うか, うちへ, お医者はん絶対, お客様が, お金を, かういふ調子, が長官, けれどけれど私, けれどやはり, こっちに, この最後, これおよろし, これまでに, こんな手紙, さうなりましたら, しばらくぶり, すぐあの, ずっと以前旧派, そいだけの, そこを, そのうめ合せ, そのかわり兄, その場合, その矢車, それだって, それでもやっぱり, それなりに, それについても, それは, それはずゐ, それまでには, それを, そんなに日イ, そんなら, そんなわけ, ついどさくさ, でもあけ, でもおなか, でもこの, でも婆, とてもこの, とてもみんな, とにかく今大, どうか終わり, どうしてもまだ一つ, どうせ私, どうもそう言え, どない, なぜ私達, なんせうしろ, なんだかいざつて, なんでせう, ひとの, ひょっとしたらあたし, ほんまは, まあほんの, まずどの, まだやつ, まだ来, まだ訊問, まだ頂ける, もうこれ, もう世間体, もう今, もう宅, もしやと, もっともっとはれあがる, やらせましょうかしら, わしは, わたしも, わてが, ナニそう, 一台の, 一寸あの, 一番さん, 万一問題, 九十万ぐらゐのお金では, 今に直, 今の, 今度は, 今更うち一人, 今言った, 他の, 体は, 何や, 兄は, 別にツテ, 十二月九日に, 友喰い, 大した事, 大体が, 姉さんが, 姉の, 子供を, 家の, 少し事情, 少し工合, 常どん, 手エ取っ, 故意に, 時々あたる, 景岡は, 暴力を, 正直の, 気の毒な, 決して御, 無宗教, 然しそれにしても哀しい, 直き, 真相は, 福岡は, 私かって, 私ぢやさう, 私に, 私には, 私の, 私は, 終戦の, 縁という, 自分が, 若しよろし, 若し三年, 見て, 親を, 貴女も, 貴方キネマスターで, 通人の, 阿母さん, 阿父様, 青白い頸, 餘り, 香りの

▼ ます~ (166, 0.2%)

39 ござります 24 せう 8 せうか 7 せうね 6 ござりましょう 3 ござりまする, せうよ 2 それも, 暖い

1 [72件] あらうかは, あんまり頂く, お前様は, お前様帰りがけに, お案じ, これが, ございますよ, ござりませう, ござりやんす, ごぜエます, しること, せうから, せうなんて, せうねえ, ぜひ見, そういう金, そこへ, その亡者, その送別会, それからでも, たいていだいじょうぶ, とりわけ異風, どうぞまあ今明日, どうぞ伯父上, どうぞ和尚さん, はい, はかったって, はかったん, はござりませぬか, はねましてから, まア少し, もうたくさん, よくお, よぼっ, 今夜の, 以来悪例に, 何を, 余まりトンチキの, 先生さまああ, 叱つて, 夜一夜寐ね, 宵の, 少し待た, 尚詳しく, 彼の, 或は陸路, 手を, 手前は, 押っ伏せちまえ, 明朝は, 書斎へ, 松内さんが, 案じさ, 正直な, 母親が, 気を, 汽車で, 汽車の, 無根水を, 百は, 真夜中に, 私が, 種々と, 茸の, 誠に困ります, 諸国一見の, 貴様に, 足許に, 道理こそ, 部屋を, 頭の, 飲食店は

▼ ますからね~ (162, 0.2%)

3 川原で 2 こつちへ, どうか, どうも恢復, 何とかしなけれ

1 [151件] ああそれから, あなたなどは, あなたは, あなたも, あなた構わない, あの二階, あの人, あまりみっともない, い, いいで, いくらつまらない, いったい天地, え些, お仕事, お母さま私は, きっとよ, ここまで, こちらも, この間もね, これだけ, これは, こんなに深い, じきに三時, じたばたする, すまないねえ, せっかく武者修行, そうなさい, そう云う, そこから, そこへ, そして明日, そのお, そのおつもり, そのこつ, その先入主, その時, それが, それだ, それでただ子供, それでも駄目, それで琵琶, それとも十五日間, それに, それにあの, それを, そんなにもがくん, そんなに気, たうとう, ただ目はしの, たまにゃちょいとしたうちへだって, だからその, だからわれわれ, ちょっくらお待ち, ちょっとこの, ちょと, つて返事した, つまり君, では又ね, でも毎日, でも考え, どうかし, どうもその間, どの点, はやく持っ, へたに, ほら, ほんとにあの, ぼくの, まあできるだけの, まあ見, まさか追い帰し, まして尊貴, またどこ, また帰ったら, みっちりと, みなよく, みんなまあ, もう一, もう泣くん, よくよく運, よく知っ, よく考え, よく薬, わたしが, わたしは, ハイ一分で, ヒ, 一串は, 一先ずこんな, 不見転なんか, 二万円と, 人には, 今夜の, 今頃は, 仏の, 仲よくふたり, 休みに, 会員が, 何ういう, 何とか返事, 保証の, 僕は, 僕らが, 兄さん御苦労だ, 先生このごろは, 又出直し, 叱られやしないと, 向ふ, 君も, 呆けた, 啓い, 奈良漬に, 女将さん, 女工さんたちに, 女御さんが, 子供たちが, 安心が, 寒くなる, 待って, 御心配, 心配は, 悪いきっかけ, 愛さんにも, 明日にも, 昔の, 有難え, 死にかかって, 気を, 渡瀬さんが, 源心寺の, 率直に, 現在の, 留守を, 皆さんも, 真剣です, 私は, 私も, 私共は, 私退院したら, 血気壮んな, 行くところ, 観音様は, 許されても, 話の, 話を, 謹さん, 貢さん潜と, 赤いブラウス, 逢わずに, 遊びに, 養母っていう

▼ ますには~ (143, 0.2%)

2 あなたは, お屋敷, 何う, 何か, 何でも, 川成とか, 私の

1 [129件] あそこで, あたりませぬおみ足, あなたの, あのおき, あのやう, あの男, いくらかねえ, いろいろと, おおよそ簡単, お部屋, かの一つ, かの貧困, このお嬢さん, このお方, このたび, この子, この間中, これこれこれこれ, これは, ずいぶん日にち, そなた, その, その修学旅行, その鉄砲, それなら今, どうしても其の, どちらへ, なんでも, ほかの, まことに稀, まずはじめ, まだ間, みんな自分の, もうここ, もう一度こんな, やはり公園, より厳か, わが子を, わたしも, イギリス製でなけれ, インド人は, チベットは, 一つの, 一年の, 一昨晩十二時過ぎに, 一月ばかり, 丁度ここ, 丁度その, 三十八銭ぐらい, 三千法も, 中町とかの, 丹波の, 予め先づ, 些少ながら, 今にも斬罪, 今の, 今ま, 仏法は, 何と申し, 余程高く, 別段法王, 十五日も, 十分だつた, 及びませぬ, 及びません, 吉野へまでの, 味方を, 和女ほど, 地下の, 夕景に, 大津から, 夫婦の, 女房が, 嬢さんが, 少しばかり, 居間の, 差し上げますですがな, 己は, 年をと, 広い地所, 後楯と, 從つて學理的研究も, 從來の, 恐らくこれ, 悪魔共が, 戌亥へ, 文法の, 斯うい, 新河岸川から, 旦那の, 旦那は, 早吾, 春泉へ, 是でなけれ, 是非あなた, 朝起き, 本庄宿の, 来る十四日, 毒だ, 民政の, 清洲よりは, 無益な, 煙に, 皆さんの, 神様に, 私が, 私には, 私は, 肝腎の, 脱営しなけれ, 自分の, 自分は, 若い男, 藤蔓を, 衣類大小の, 豫め先づあの, 貴僧は, 貴方足などを, 足を, 足音は, 金八十兩町内に, 金子が, 金子七百両が, 鋼鉄製の, 閉口, 食品屋から, 馬は, 駅場の, 黄金の

▼ ますやう~ (139, 0.2%)

533 なわけ, な事, にお, にし 2 お願, で, でどうも唯, な御, な次第, に色, に言

1 [60件] おねが, だ, でございますが, でございますな, でございますね, ですが, でですから, では, で且つ, で夕方蓋, で実にどうも, で昔, と拍手, と祈願, な, なかういふ国家, ならそこ, ならば, なれば, な傾き, な実際, な峰一杯, な工合, な怖, な悪戯, な毫光, な申分, な習慣, な色, な風付, にうなづい, にかやう, にさう, にそして, にその, につとに, にでも, にと祈らず, になど奇妙, にひたすら, にぶらぶら, にまた, にシェイクスピア, にロダン, に一つ皆さん, に世の中, に優し, に学術, に幾重にも, に承はりました, に男, に私, に聲, に若し, に賺す, に道, に都, に食器戸棚, 御計, 祈つて

▼ ますこれ~ (125, 0.2%)

2 がその, はどうも, は今, は自慢, もお, を描く

1 [113件] お國, がさいぜん, がどう, がます, がまた, がわいたら上りましょう, がケチ, が一番可, が京都, が即ち, が少し, が山, が思いがけない, が最後, が枕流亭, が片づいたら, が諏訪, が貴方身, が陽性, この通り, だけ犠牲者, であなた, でこそ本望, でどうぞ, では私, でもずっと, でも大事, でも小さい, で僕, で助かりました, と云う, と同, と申し, などはガラス, にかかっ, には当家, に前, に対して何, はあなた様, はいかん, はうれしかっ, はこの, はそっち, はその, はだいたいいつぞや, はなかなか, はなんと, ははや, はわたくし, はアグラフェーナ・アレクサンドロヴナ, はペルシャ, はホン, は三日, は上人, は不審, は二歳, は何, は何人, は例, は前, は勿論, は半ば生理的, は単なる, は圖書, は大王, は始めまし, は実に, は将来, は左様, は年, は彼女, は後, は我々, は旦那, は明治四年, は春部氏祖五郎殿, は普通, は清澄, は琴声美人録, は私, は笑われ, は詰り, は調子, は貴方, は近い, は遣れません, は開成山, は雇人, は鶏小屋, へ消炭, もまた, も堅い, も意味, も私, やい此処, をお, をどうか, をもと, を上拵え, を以て敵, を作品, を切り崩し, を差しあげます, を持っ, を持っとれ, を携げ, を渡る, を胴巻, を見のがし, を解い, を買っ, を頼ん, 迄ずっと

▼ ますとね~ (124, 0.2%)

3 僕は

1 [121件] あちらへ, あなたすっかり, あなたの, あなた母親が, あの野郎, あるとき, あれは, いつもきまっ, いまでは, うつむいて, おかあさま, お敏, お登久, お茶の, けげんな, こっちでも, これが, これには, これ以外には, さあ, すぐに, そうする, そこに, そこには, その人, それあの, それだ, そんな中, だしぬけに, つい五町, どうしてもわざ, どうでございましょう, どうでしょう, どこから, どんな器用, なんといつ, ねえさんが, ほんとにしない, ぽうぽっぽ, ますますみょう, やつぱり生活に, わたしが, ウィーンへ, パンパンを, 一人じゃ, 一人の, 一体さき, 一晩でも, 一本の, 下の, 両国橋の, 乞食の, 五十嵐は, 亡くなりました悴, 人を, 今朝ほど, 低声, 何うです, 俄に, 停車場も, 元来この, 兄は, 先刻の, 入る時, 前の, 半分ばかり, 半生の, 双葉屋の, 古宮は, 向うへと, 向う斜, 呉越同舟といった, 困つたね, 坊ちゃんが, 外の, 大へん悄, 奥様お, 奴は, 妾俥だった, 姉上さま園部は, 娘の, 家内は, 尚ほ堪らなくなる, 年上の, 引越賃でも, 待てよ, 手を, 掛地が, 新聞の, 日頃お, 旦那様結構な, 本当の, 枕許を, 桟が, 殺人者は, 気が, 法官も, 漬物桶炭俵と, 熟と, 父が, 父は, 石頭だ, 祖母さんや, 禁酒会の, 私とでも, 緊張と, 背後から, 茨海狐小学校です, 萩も, 蚊が, 襖を, 谷の, 赤坂へ, 足の, 里に, 金を, 閻魔堂で, 随分あれ, 鶏が, 黄色くなっ, 黒い煙

▼ ますこの~ (123, 0.2%)

2 お手紙, ように, 御恩, 辺の, 辺を, 通り, 通りの, 頃の

1 [107件] うえ馬に, おめでたい矢先, お侍, お天道様の, お庭, お方は, くらいのこと, ことに, たびは, とおり, とおりです, ところに, はしたない慎しみ, ままわたしを, まま財を, やうな, ノンセンスこの, パラシューター以外に, 上とも, 上野原の, 不愉快な, 世界に, 事は, 二人は, 人は, 先に, 入留満, 八幡様の, 写真の, 分では, 前に, 前の, 割合は, 叔父ちゃんに, 合い図, 名園に, 天の, 天地の, 奥の, 婆も, 子が, 子の, 字を, 孝行者に, 家では, 少年の, 屋敷に, 山の, 山へ, 山を, 床几の, 庭が, 律と, 御容体ぢ, 御病気, 情は, 意味で, 手紙が, 日本国に, 春ご, 次が, 次の, 次は, 水が, 汁には, 汽車へ, 点ばっかりが, 照らす日月, 犬が, 産物は, 甲冑は, 病気で御座います, 看板を, 眼で, 私に, 私を, 秋は, 種の, 繰り上げた絹糸, 肉身一つの, 芳口剤で, 華子が, 血で, 街道棒鼻の, 調子で, 財布の, 身体を, 輪廻の, 辺から, 辺で, 辺に, 辺には, 通り四面水を以て, 通り町内様で, 通り眼が, 通り虫気も, 金で, 雨乞踊りは, 霊丹は, 静かな, 頃は, 頃屡, 頃盛に, 風呂敷は, 馬にとっては, 黄いろい心, 點は

▼ ますからと~ (118, 0.2%)

8 云って 7 いって, 言って 3 いふに, 申しますと 2 いうので, おきまり, 云い置いて

1 [84件] いいあと何分, いいましたが, いうの, いつて, いふので, いふ事, おことわり, お先にスタスタ, お袋が, かう手紙, こういう相, こういう話, こう云っ, こそこそと, しきりにたのみました, そう云っ, そう言っ, どこで, まだ武蔵, わたしが, 事務的の, 事情を, 云いながら, 云いますが, 云い客用, 云う言葉, 云う返事, 云った, 云つた, 云ふと, 云われて, 仰っしゃって, 伝へて, 低いが, 信助が, 假り, 僕を, 出て, 口には, 哀訴歎願する, 宿引が, 平身低頭し, 座敷へ, 彼女に, 心に, 必死な, 思ふて, 所番地を, 故右大将家, 断って, 斯ういいます, 旦那様, 早く言え, 泣いて, 泣き出して, 無愛想に, 無慈悲に, 申して, 申しました, 申しまして, 申上げ, 番頭も, 痩せぎすな, 答えた, 答えると, 細君は, 義に, 自転車で, 良人に, 親切に, 言う, 言ったそこで, 言つて店を, 言つて縁談を, 言ひました, 言ふ, 言ふんで, 謂って, 象潟町へ, 鉛筆を, 降りて, 頭を, 頼んだ, 顔を

▼ ます~ (118, 0.2%)

4 で, なら 3 でございます 2 かないつも, がご, ならそれ, ならば, なれば, は出来ません, は前, を

1 [91件] あやしと, かと伏し, かわかりません, か百姓風情, が, がぱッ, が一番, が出来なかったらしい, が出来ました, が判然, が多い, が幾許, が決して, が記し, が追, じゃ, でお, でかるが, でございまして, でございましょうか, でござる併, でしたらどうにも, です, ですから, でなりたけ丹, で併, で如何にも, で実に, で悪しからず, で昨日火事見舞, で殊に, とて此後, とわたくし共, ながら何, などもちょっと, ならいつそ醜女, ならこちら, ならと, ならどう, ならどんなに, なら何, なら何でも, なら怪我, なら新聞, なら當人, についても, になり, にのみ我春, にもなつ, に凭, は, はあつ, はいます, はこの, はこれ, はございません, はし得ない, はたしか, は一ヶ月, は他人, は何, は厭いません, は妾, は存じません, は宜しく, は尼様達, は教育界, は日本, は明らか, は明日, は暦数千八百四十二年, は私共, は考へ, は隠れない, ばかりで, もございましょう, もその, も全く, も出, も耳, やら少し, をお願い, をお願い申, をずっと, をよく, を少し, を御存じ, を承知, を私, 怠ける工合, 見るに

▼ ます~ (110, 0.1%)

4 安心下さい 3 肩の 2 主人に, 尊名を, 承知の, 案内を, 覽下さりませ

1 [93件] くるす, 両親より, 主人, 主人から, 主人さまを, 主人という, 主人には, 互に気, 休憩所でございます, 侍たちは, 元気でい, 先祖の, 免じ願います, 出掛の, 別家様から, 勘辨を, 医者も, 参詣の, 同情の, 同感でしょう, 団子の, 城内の, 大小なんどは, 奉公も, 奉行樣へ, 好意を, 姉妹なんぞ, 嬢様ツイかう, 子息が, 子息様を, 存の, 安心なさい, 安心なさいまし, 家来を, 容赦を, 寿を, 庵主様に, 当人の, 当家に, 待ち兼ねの, 心から, 心配なし, 心配ほどの, 性質です, 悠寛, 慇懃で, 手伝いいたしましょう, 承知でしょう, 支配様の, 方々の, 易くまいります, 書見の, 本名は, 案内しましょう, 様子ぜひ, 様子その, 様子と, 様子を, 殊勝に, 気づかいなく, 気象は, 災難とは, 無理でございます, 父君は, 用事が, 用心が, 用心ください, 用心なさいませ, 異議が, 病人の, 病気でも, 目文字の, 祝だ, 縁の, 老女様にも, 膝元の, 舎弟様は, 草鞋は, 見識り, 見識り置き, 親切様に, 親友の, 覽下さい, 語気と, 読みに, 迷惑さまながら, 迷惑でも, 遠慮なくお, 都合で, 都合の, 門番だ, 面倒でございましょう, 高免の

▼ ますところ~ (109, 0.1%)

32 でございます, に存する, の或

1 [100件] ああここ, お一人, から, からお供, からこれ, からそれら, からはその, からわたくし, から天下, から文晁先生, から永代橋, から洒落, か御存じ, がおかしみな, このお, だよ, でございますが, ですが, ではああ, ではあれ, ではただ, では海底超人, では男, で二人, で今一つ, と思召, と病気, と随分, なれど, にかついえ, にこの, にはやく, には悪い, によってその, によるの, によれ, に在ります, に大きな, に大野木, のルナアル生命保険会社, の主人学, の当, の御, の本願寺所有, の球形世界, の芸, の芹沢, の茶碗, の計画経済, の謬説, の貴, はこの, はナカナカ, は右, は白髪染め, へこの, へご, へそれ, へそんな, へてまえ, へよう, へ丁度, へ不意, へ二十人, へ今日ヒョックリ先生, へ先生, へ兵部卿, へ喜六, へ奥, へ或, へ昨日, へ横, へ江戸, へ知った, へ聞, へ表, へ貴方, へ通り, へ遣っ, へ鼠がま, までそっくりそのまま, まで現し得た, まで駈けつけ, もけっして, より注げ, をお, をことし, をせめて, をわたし, を待ち受け, を有難う, を熟練, を特に, を襲いました, を見, を見ます, を見る, を覗く, 一寸一息, 定まれるが

▼ ますそして~ (103, 0.1%)

1 [103件] あした気持よく, あとから, あなたが, あなたの, あの温良, いかにも案内, かきにくい, かつての, くやしさ, こちらへ, こまかく見る, すぐに, すぐ寝る, すぐ荷, そういう無理, そういう生活雰囲気, そういう風, そこに, その上, その中, その王政復古, その神経, それが, それは, それを, ちよつと, どうお, どんなもの, ね鍋島, もう伝説, もう何, もう私, もし私, もっと楽, われわれ二人は, クヨ, クラブに, タイピストに, 一人で, 一生そこで, 之を, 二月は, 云って, 人生は, 人間の, 伏見で, 低声, 何か, 兄が, 先生は, 六十フラン持っ, 其男も, 冨美子が, 別に意外, 別の, 又早寝励行, 呉, 喜びを, 外を, 大部分, 尻尾に, 帰ったら又, 平之丞さまを, 後宇多天皇, 応用され, 思うの, 新鮮な, 旅へ, 日本へ, 日比谷を, 明日いろいろ, 明日は, 昔の, 時々は, 村尾さんは, 歴史の, 死ぬとき, 毎日あの, 江場土という, 洗礼を, 烏が, 無私であっ, 珍しく本気, 画品も, 眠りは, 私あなたを, 私が, 私の, 私自身の, 空気が, 美しくもなく優しく, 腹が, 自分に, 親方という, 誠に親切, 貴方にだけ, 赦すと, 足も, 追風で, 銘々の, 長篇的構成を, 震うただけの, 鴎外は

▼ ます~ (102, 0.1%)

9 親分 2 え, ほんとうに, 三輪の, 何でも, 土地の, 奥方取次が, 猪や

1 [79件] あいつは, あの時, あれあの通り, いずれその, いらっしゃるならどうぞ, え頂, お嬢様どこか, お手, お早く, からかうと, こいつは, このペテルブルグ, この模樣ぢ, この舟, この道, これから, こんな工合ぢゃ, しまいにゃ, そう思いません, そのとき, その向う, そら, それとも三十, だが, ちゃんと探索, ちょいと, つぶしに, ですが, とさかを, なに本当の, ねえ宗慈寺, ねえ迷亭君, のと, ほんとに, また, やあお天道樣, やすめを, やって, わっし, エエどう, ッ, ハヽヽヽヽ, 一体なに, 一尺五寸ほどの, 三十二三には, 五十嵐の, 今に, 今夜は, 今時江戸に, 今鉄砲に, 何を, 初め私が, 可恐し, 向うから, 坊主なんて, 大勢の, 大旦那様, 尋常四年生じゃ, 小野派ばかりが, 少し遊ぶ, 帰りましょう, 幹部の, 御新造は, 斬合いが, 日本醜男同盟なんと, 旦那, 旦那が, 月が, 歸りませう, 熊か, 熊が, 白いエプロン, 笑いごとじゃ, 親分は, 親分三輪の, 近い, 道庵が, 銭形のは, 阿州屋敷

▼ ますよと~ (100, 0.1%)

4 云って 3 いって 2 いうので, いっても, 云うん, 言って

1 [85件] いい聞かされるとき, いうから, いうと, いはぬ計り, いやな, いわれて, おきまり, お世辞, お台所, お源, お留さん, かの宇治川, くりかえす, くる, ささやいて, そこ開くる, その手, その頃校外, それだけ言, とても親切, 一足二足あるき出しました, 世間に, 云いお, 云いますから, 云った, 云ったが, 云ったわ, 云つ, 云つてけぶ, 云つてゐる, 云ふ, 云われた時, 云われると, 仰いました, 何気ないよう, 優しい含声, 冗談を, 力んで, 受合って, 喚いて, 囁きかける, 少年は, 帰りしな, 引受けて, 彦太郎は, 御盆, 忠告された, 怒ったよう, 怖しい, 慰めると, 或る, 教へて, 断ると, 書き送る形, 棹を, 注意され, 注意した, 注意を, 洒, 活版屋が, 熱心に, 皇帝に, 私が, 私に, 笑いながら, 笑って, 答えたくらい, 答えますと, 答へて, 聞かされた時, 薙刀つかひ, 要領を, 言ったかと, 言ったじゃ, 言つ, 言はれました, 言わんばかり, 誇つて, 請け合った, 講釈を, 起ち上り, 返辞を, 難癖を, 高く答, 麻生君は

▼ ますあの~ (99, 0.1%)

4 人は, 方は 3 子が 2 明だ, 男が

1 [84件] うお蔭様, お代官, お名前, お嬢様に, お寺には, お方が, お方に, お方は, くらがり坂へ, それからあの, ちょうど取った, ときは, ひとらしい, やさしい花, ような, 一番右側の, 一言で, 一軒手前に, 三ツ並んだ, 下に, 人たちすべてに, 人には, 人の, 人も, 人達大変綺麗わたし好きです, 今親方と, 伯父さんさえ, 位な, 位の, 出刃庖丁は, 北の方に, 友という, 只今は, 大豆を, 天文博士に, 天智天皇の, 女な, 女に, 女軽業の, 子に, 子は, 定吉どんは, 室を, 巌を, 巫女が, 後生に, 悠大な, 手提, 手紙と, 押絵の, 新しい家, 方の, 時の, 時は, 時分の, 晩こそ, 晩放火に, 書生さんでしょう, 梅の, 森から, 歌は, 歩兵さんたちは, 火に, 無我の, 白髪頭の, 細長い内海, 若い植木屋, 茂りました処, 茶室が, 薙刀や, 衆に対して, 親分の, 誰か, 車井戸の, 辺の, 通りを, 通り訳の, 違棚が, 野郎は, 門この, 間抜な, 雷に, 騒ぎは, 鼻は

▼ ますどうか~ (84, 0.1%)

5 御勘弁 4 私の 3 お助け, して, 助けて 2 お乗り, お気に, ほかの, 捉って

1 [58件] あなた様の, あれで, お使い, お大事, お嬢さん何か, お岩さま, お引取, お引渡し, お弟子, お心置, お暇, お構, お構いなく, お見知りおき, お言葉, ここは, これを, すると, そういう気持, それで, それにて, つけて, ひとつこしらえ, ひとつみっちり, まア悪い, やって, ゆるして, わたしの, 一つ御, 人間でない, 今回だけは, 今度こそ, 何分, 先生に, 先生を, 其の代り, 其點を, 前へ, 匿って, 命ばかりは, 女の, 寝て, 御囘向, 忘れずに, 忘れないでね, 感情を, 放して, 此の, 此要點, 殿様お, 生命を, 私だけは, 結納の, 罪に, 蛇も, 行末長く, 証書を, 誓って

▼ ます~ (84, 0.1%)

4013 えが 5 えよ 3 えか, えぜ 2 えね

1 [18件] えあ痛い, えがね, えけん, えで, えと思ってる, えと約束, えに, えねえ新吉, えまた, えわし, えッて, え不吉, え斯, え被り, え追つかねえ, え長吉, え音羽, え食つて

▼ ます~ (80, 0.1%)

9 うか, うぞ 3 うも 2 うしても, う云う, う致しまし, も彼

1 [51件] ういう次第, うして, うせ云われるくらい, うせ人里, うでも, うも宜, うも追, かが墜落, かしら扁桃腺, か事, か御, か御用, か心, か足, か騒がしい, がございます, が何だか, だっけ, だろうと, てえ, でしたらあちら, でも屹度新吉さん, でも戴きます, でも犬畜生, でも食べ, といっ, ならお, ならおつき合, にし, にもしない, にも包まず, にも遣わない, のお母様, の様, の職業, の舎なにがし, の間違い, はあらう, もありません, もない, も入りません, も喫, も皆, も胡乱, も見えない, や清藏, をお, をし, をたべましょう, をなさる, をやらし

▼ ますとき~ (77, 0.1%)

4 に私 3

1 [70件] から軍務, がまいりました, が何より, そのうち帰っ, その絵画, だけはほんとう, ちょうどコーヒー, つかれて, ですよ, でもガラガラ, にあるいは, にお便り, にこれ, にその, にそれでは, には, にはいつも何だか, にはいろんな, にはお, にはしゃみせん, にはじめて, にはすなわち, にはそういう, にはその, にはわたし, にはわれわれ, には何, には特に, には自在, にみんな, にもう, にもこの, にも言葉, にやあ, に乞食, に何処, に儒教, に博士, に取り分け, に古, に廻れ, に押され, に敵, に枕, に柴忠さん, に浮かん, に牛若丸, に私たち, に緑, に耳, に釣り堀, に阿, のどくで, の私, は, はいつも, はおじいさん, はさほど, はじめて文吉, はその, は化物, は少し, は必ず, は此, は気, は申す, は腹, まで続い, 全く敬意, 残って

▼ ますあなた~ (73, 0.1%)

43 のお, はこの 2 はどう, は何

1 [59件] がいつかお話し, がこれ, がすむ, が云っ, が必ず, が旅, が馬, とお, とし, としては時, となら, とわたし, とわたし二人, と二人, と生涯, どのくらい, にはお, には霊, にま, にもお世話, に助け, に逢う, のおっしゃる, のご, のその, のよう, の冬着, の御, の心, の最初, の気持, の無罪, の祈り, の観察, の足, の身, の過去, の道, はお, はさう, はたしかに, はどうしても, はほんとう, はぼく, はまだ, はルソオ, は人, は夜具, は死, は残っ, は頼もしい, ばっかりは逃げよう, も屹度, も廉, をあなた, をお, を思い出し, を村, 嘸御

▼ ます~ (70, 0.1%)

1553 かしされど, や 2 いな, え母さん, っ, オ, 天皇の

1 [34件] あとの, あはははは, いお, いますぞ, ぐずぐずし, これからいったん追, すると海底戰鬪艇, そして邪魔だて, それは, なン, へえ, よいか, わらわが, ツ, 兄者, 兵粮米を, 其処を, 北条足利の, 大いに, 対馬守様, 屋島の, 帰ろうと, 平次殿, 感心だ, 母御も, 泥坊を, 私は, 縦えあゝ, 若, 貴方が, 道を, 錢形の, 馬が, 黙って

▼ ますものの~ (70, 0.1%)

1 [70件] あの唯一, あの辺り, あんまりなお, いかにせん賊徒平定, いよいよ二人一緒, かすかに, このジェスイット派, これらの, こんなふう, さてあの, その時分, その結果, それとてもまだ, それを, ただうっとり, ただ気, とても傲慢, とても愛嬌, どうもああした, どこかで, また自殺, まだ生き延び, みんな後から, もっとずっとこまかく, やがて間もなく立ち, やはりその, やはり盗み, ゆっくり睡れない, よいつて, わたくし風情の, 一旦枯れかかった, 五右衛門は, 今宵かの, 何せい, 光子さんも, 全部を, 初瀬での, 即位を, 各々気, 唯今の, 大体北方の, 女の, 如く額, 完全に, 実は旋風, 宮のみの, 当然こちら, 役者自身に, 御子息, 所在は, 技量の, 時として殺人, 時の, 次の, 洛中にさえ, 猪首で, 田丸先生拙者も, 疑わないに, 相手が, 私の, 私は, 窓が, 肝心の, 証拠申請だ, 誰しも, 貴方様方の, 過失と, 遺跡な, 随分と, 高が

▼ ますため~ (67, 0.1%)

62 にその, には

1 [57件] か地球, か病身, この一仕事, で決して決して, とかお, とかに人, と顔, にあの, にいろいろ, にここ, にこの, にしっかり, にすっぽん, にたれ, にどうしても, になるべく, ににわかに, には他, には命, には理屈っぽい, にやった, にリンデンベルゲル大尉, に一字, に一年, に予め, に事件, に今, に以上直接, に只今, に周囲, に回転, に大森, に女房, に定めし, に家庭, に尚更, に延び延び, に怠る, に手がかり, に斯様, に暫く, に燦然, に物思い, に物識り話, に生涯, に男子用, に私, に精神, に織り出した, に美, に花, に表面, に詠む, に間道, に雨天, のマリヤ像, 自刄

▼ ます~ (65, 0.1%)

42 へ又

1 [59件] から, からここ, から何とも, から又, から所謂只今, から機織唄, があります, がもう, が敵, が業, が此, が此の節, でございました, でございますもの, で知っ, とする, には驚きました, に住み, の御新造, の昨日私, の物, の親, は, は九州, は今, は何と, へあの, へばらばら, へまた, へ一度, へ今朝, へ件, へ入っ, へ出会います, へ家来傳助, へ布卷吉, へ年頃四十八九, へ思い, へ想う, へ或, へ手頃, へ折しも, へ此, へ貴方, へ通り掛った, まではまだ, までは未だ, までまいりました, もなく, も漸く, を亡くなった, を希求, を御覧, を拝借, を晴, を見せ, を覘, 棄てます処, 流す処

▼ ますって~ (63, 0.1%)

2 そう云っ, 言って

1 [59件] あやまられたん, いいか, いうのに, いうん, えとその, えと何もかも一面, お前は, お前やっと, お断わり, お約束, ことよ, この上, この間も, そういう声, そうでしょう, そう仰言った, そう言っ, そお云い, それが, それでいま時分, どのくらい, ねえ, はっきり云っ, ば, ほんまだ, もう好く, よく乳母, わけに, わざわざ知らせ, んでしょう, ママの, 一人で, 一郎君が, 云うん, 云って, 人を, 伯父さんの, 声よ, 妾女だ, 子供じゃ, 宜いか私, 松本先生に, 申せば, 看板出, 立上る, 答えて, 約束した, 自分で, 言い出して, 言うありがたい, 言うくらい, 言うつもり, 言うと, 言や, 言われた口, 跪いて, 身の上話を, 返事を, 金助が

▼ ます~ (63, 0.1%)

14 をぶり 4 をも 2 をと思へる, をの服曾比猟, をはかね, をや命, を我

1 [35件] あった, むか, を, をか, をが, をがつま木, をだましひ, をといふ言葉, をなる, をの, をのかの, をのこし思ふ, をのこぼるる, をの争, をの伴, をの力, をの歌, をの消息, をの父, をの語, をの鞆, をの高円山, をの魂, をは, をはつかれつ, をは少い, をは花, をふるひ, をや痛手すべなみ黍, をや空しく, をや貧しき, をよとく, を幸, を皆, を魂

▼ ますんで~ (62, 0.1%)

2 へい, ヘエ

1 [58件] いきなりその, いちどは, いつも十二時頃, いま思い出し, いるの, げす, げすが, ここ当分あと口の, この通り年がら年中文, これで, これを, ござります, ごぜえまし, ご婦人, そういうこと, そのくずれでございます, その椅子, その知り合い, その間道, それで俗, それに, それゆえ頭巾を, つい, とにかく, どうかここ, どうぞそれ, どうで, どうにかその, なにしろあれ, なに其様な, へえ, もうとうに, もう長, やらないという, エッヘッヘ, ヘエとんだ, 一噸いくらだった, 一生涯ここに, 一番引当てよう了簡で, 三人でも, 先生な, 入神術と, 別に気, 十三日の, 只今お, 売渡証書, 夜も, 大いに惱むところでありますが, 扉を, 日が, 暫くも, 然しなんで, 生人形, 甲州の, 目あきだろう, 直き, 私が, 面倒くさいから

▼ ますもん~ (60, 0.1%)

29 ですから 54 か, ですか 2 じゃけん, な

1 [14件] かね, か假, けえ, だから, だで, でしょうか, ですからね, でちっとも, で男, で閑, ねエ, はっきりは, ネエ, 事を

▼ ますねえ~ (59, 0.1%)

2 貴方

1 [57件] あなた少し, あのよう, あの当時, あんたの, あんたは, あんな美しい, お上り, お前さんの, お前は, お金に, これは, こんど出, せっかく発心, そうそう, その晩, それからあの, それじゃ, そんなに釣り, ちょうどイギリス, なんとかし, まともに, まア何, やっぱりダザイ, ドどうも, ハハハさては, 今では, 何も, 何時でも, 先生の, 全くこの, 夏子さんと, 大分皆さんが, 大方活動へでも, 実に恥入る, 実は黙っ, 寝物語から, 差押へで, 常盤御前という, 弁信さんの, 御牢内, 新吉さんも, 旦那が, 旦那に, 旦那様, 本当にねえ, 来いと, 畑尾さん, 神様へ, 私が, 私などの, 私も, 笠鉾の, 若様, 蟻田博士, 誰も, 豊さんそう, 馬をねえ

▼ ますどうぞ~ (58, 0.1%)

2 いらして, お殿様, 木戸から, 此方へ, 私を

1 [48件] いま暫く, おはいり下さい, お助け下さいまし, お心置き, お忍び下さいまし, お情け, お放し下さい, お検め下さいまし, お立ち寄りくださいまし, お見知り, お許し下さい, お許し下さいませ, お静か, ここは, こちらへ, ごひいき, そのま, それからお, それまで, それを, と私, ねえ怒らず, ゆつくり, 一度あの, 今年も, 以前の, 充分に, 助けて, 助けると, 只今も, 夜の, 大事に, 宜しく, 山へ, 御奉行樣私, 御無用, 御聞遊, 教えて, 旦那さまへ, 本当の, 来世では, 此願の, 無事で, 私の, 終まで, 考え直して, 諸君, 達也を

▼ ます~ (58, 0.1%)

3 と筋 2 どうか

1 [53件] あの附近, あれから, あれを, およそこの, お蔭を, かいまだに, これだけは, その辺, その間ここの, それは, それを, ちょっと立寄っ, つい無作法, ではここ, どうぞあちら, ならば御, にこそあたら, もそっと端近, 七八町も, 丹精は, 今に必ず尋ねだし, 今度は, 今日かぎり私は, 代りの, 何とぞ支店長, 何故袖乞, 只今御, 只今読み上げました, 家事など, 宿の, 将軍の, 小さい合口, 小生の, 常に生ける, 御前樣へ, 心配な, 明日の, 是を, 是非にでも, 暫時お, 最も慥か, 殿には, 母の, 決して此, 私さえ, 聢と, 自分の, 自然と, 自然寒, 荷物を, 見兼ねて, 豊田の, 開いて

▼ ます~ (57, 0.1%)

32 へ新三郎

1 [52件] あの広場, から人, から余程, から媒妁人, から御, から療治, から私, がお, がこの, がそいつ, がちょうど, が之, が十三号, が誠に, さえ分りますれ, じゃあござりませぬが, で, でありさ, でございます, でその, ではこれ, にいでまし, に両人連れ, に冷たい, に無限, に蕎麦店, のお話, の文學, の文筆式, の無, の甲斐, の部屋, は, は私, は第, へお前さん, へそこ, へ小, へ庄吉, へ手紙, へ浮かり, へ物, へ王子, へ角右衞門, まで参ります, も知れません, をお, をどうか, を捜す, を見, を見る, を誰

▼ ます~ (54, 0.1%)

16114 えか 3 えよ 2 えかなあ, えと

1 [16件] いおや, いか, いと思っ, いに待ってるだよ, いもっとも, い御殿場, えああどっこいしょ山, えあゝどつ, えから, えて, えサア, え叔父さん, かりし疑ひは, つて云ふ, んたう, エ

▼ ます~ (51, 0.1%)

8 でございます 2 で, でございますが, ですから, ですが, の子

1 [33件] か, がお, が一様, が内, が彼是百五六十人許, が有りまし, が此, こんなところ, でこちら, です六郎左衛門殿, でどこ, ではい, で他, で少し, で柏屋, にはいろ, には時間つぶし, にもなか, に島津壱岐, の手代, の爲, の眼, はわら, は前, は千島禮三, は幾許, は旅魚屋, は福岡, は私, は見返り, もあります, を世に, を呼び寄せまし

▼ ますとか~ (50, 0.1%)

4 でせめて

1 [46件] あるいは使用, あるいは推古仏, いうて, いろ, おめでとうございます, お使い, お暖か, お目出度い, こういうなか, こういう事, この先, この油薬, これこれの, これは, さう, その真ん中, ついては貴殿, で七時半ごろ早め, どこへ, なんとか答える, にやすとか, ッて, 云うそれ, 云う言葉, 云ふ, 仁王様が, 今度の, 何とか丁寧, 何とか云, 何とか仰しゃいます, 何とか謂っ, 何やらである, 大きな失望, 尊いもの, 尚さら疎か, 御目, 或は種々, 気を, 男雛の, 短く答えた, 祖先以来の, 科学博物館へ, 芝居へ, 身近な, 近頃は, 飢え死に死んじまう

▼ ますまで~ (48, 0.1%)

3 わたくしは 2 東福寺の

1 [43件] あたくし, あなたは, あの方様, いちいちこまかい, ええその, お使い, お姿, お待ちに, お色, きっと快く, ここに, この人, この室, ずっといらっしゃい, ずっと離れ, ちょっとの, どの位肩身, ながねんの, ほとんど誰, ものの, 一貫し, 二十数年間に, 二階屋の, 先生に, 全力を, 初めから, 壺は, 始終頭, 孫子の, 少い折, 少しも, 御遠慮下, 折々作品, 火鉢の, 無久, 目にも, 私どもを, 私は, 縁起の, 自分の, 謙さんに, 遣ると, 順二郎さんと

▼ ます~ (48, 0.1%)

3 にお 2 に又

1 [43件] にいつしか, にこの間, にその, にはお, には伊澤君, には大変妙, には岩壁, にもはや, にも何となく, にも病身, にも皆様, にアノ表, にチヨン, に一つ, に一人, に今日, に何だか, に何ん, に余り心配, に前, に劈頭, に午後, に商売, に四位少将, に少し, に度々, に新聞, に旦那, に朧気, に漸く, に田圃, に若, に蜘蛛, に角右衞門, に近頃, のその, のウエペケレ, の一つ, は御, へ端書, を段々, 少しも, 段々月日

▼ ます其の~ (48, 0.1%)

3 内に 2 中には

1 [43件] お荷物, 上御, 中でも, 中に, 中にも, 中又, 争いに, 事に, 人は, 他餅, 位牌を, 傍に, 儘浪宅を, 別当は, 奥の, 娘と, 娘の, 學問を, 度毎に, 扮装が, 新聞切り拔き, 時に, 時には, 時分は, 替り便利には, 替り日本へ, 本は, 歎き, 段は, 男が, 當時の, 積りに, 笛を, 脇に, 船出の, 行と, 行者, 詩の, 話に, 諫言が, 鎮守の, 頃は, 黒雲が

▼ ます~ (47, 0.1%)

4 見て 2 かりて, もたせ又は, 取り出して, 馬車の

1 [35件] いうの, えしめん爲, かして, こしら, とって, とりて, なほ追, ひろく作り, ります, 与えたいという, 今單, 仙台の, 伺見たまへば, 何ぞは, 作って, 八方へと, 危急の, 古く不審, 夫は, 宜しと, 得べしと, 御馳走に, 持って, 持つて, 支那の, 汝等耳に, 燒く, 猶追いしか, 畏み, 知って, 知らで迷ひき, 積んだ三頭, 第一, 言い始めると, 言ひ忘れた

▼ ますとは~ (46, 0.1%)

2 いえしかし, いへしかし, その骨惜しみ

1 [40件] ありがたいこと, あんまりで, いうものの, いえしかも, いえたしかに, いえなかった, いふものの, いへしかも, いへたしかに, おこがましい, つきり言上, どんなところ, はああれ, まさか言えますまい, よくよく変装, ら, ハア何たる, 不思議な, 云えない, 今夜信吉の, 何と, 何という, 何といふ, 何と云, 何と云う, 何んだ, 余りな, 夢想も, 宜なる, 往かねえので, 思いも, 此の, 素人目には, 聞いて, 言い出されなかった, 言えまいし, 言って, 言は, 言わなかった, 誰にも

▼ ますかね~ (45, 0.1%)

5 親分 2 あの後家, お嬢さん

1 [36件] あなた, あれを, こいを, このあたり, この扉, この漬物桶, この辺, これは, さぞ大原さん, さっきの, して, そいつを, それから正月, つまらないよう, とても遣られません, もう, もしもし, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, ナスターシャ・ペトローヴナ, 何ぞ, 値段よりも, 僕の, 其年に, 内に, 天狗様の, 戻馬, 早いもの, 牛は, 犬山さん, 現在目の, 琥珀の, 私は, 秋田屋の, 自分の, 閣下, 驚いたね

▼ ますよって~ (44, 0.1%)

2 にこれ, 一緒に, 会長はんも

1 [38件] あの出血騒ぎ, あの娘, あんたはん先き, いつも夜, うわべは, おため, お家の, ここで, これ光子さんに, そのこと, その夫婦もん, そら私, それは, たといその, ちょっと私, どうぞ心配, どうぞ来, に, にきっと, に仰山, に私, 二三日したら, 云うと, 云ったらむくり起き上って, 今の, 今夜は, 今日の, 何や, 何処い行きはりまんの, 何処ぞ, 夢中で, 大概の, 安心しとい, 早うおい, 朝は, 眼エつぶっ, 私が, 車の

▼ ますがと~ (43, 0.1%)

4 いって 2 いつたもの, 云うと, 微笑んで, 言いながら, 言って

1 [29件] いうと, いふの, おっしゃって, お目, れいの, わしに, 之を, 事情を, 云いおいて, 云うから, 云うの, 云う問い合せ, 云って, 云ひ置い, 内意を, 勿論私, 在宅の, 念の, 掻き口説きますので, 断らせて, 此奴も, 父に, 申し上げたら, 申し上げましたの, 答えると, 言う, 言うと, 言った, 許容を

▼ ますさかい~ (43, 0.1%)

2 だれかて

1 [41件] あそこまで, いうといてんか, お前様達は, お医者さん, お夏さん, お大尽, お姉さん, お心置, お金に, これこそ, そない, そのつもり, そんなら, ちゃア, どうぞ叔父さん, なかなか暮らし派手, なるだけ, ほつと, ぼんぼん連れ, まあ何卒お, よう知っ, 一寸だけでも, 人の, 今に何とかいい出すやろ, 何や, 何処いで, 優しゅうしてやっ, 其處を, 出て, 安心し, 安心しなはれ, 巧いこ, 年齢の, 教えて, 早よ, 流れて, 私は, 竹さんに, 誰も, 阿呆らしや, 隠れて

▼ ます~ (42, 0.1%)

143 に私 2 にと神

1 [23件] お願, だが, ですが, なわけ, にあれ, にいつか, にその, にだ, にとお願い, にと祈っ, にと祈り, にと祈る, に伯父夫妻, に助役, に家庭, に決して, に祈っ, に祈り申, に鐘, に非常, に願い, 誠に有難い, 謹しんで

▼ ます~ (41, 0.1%)

4 うして 3 ういふ 2 うで, うです, うや, う謂つた, 家に

1 [24件] ういふ祈願, うすると, うであれ, うでいづれまア, うでございまして, うですとも, うでどんな, うで御座いますから, うで私たち, うなれば, う呑氣, う無闇, う目, けれどもお, これでは, すれば, アずっと, ア馬に, 何うだ, 何を, 力が, 斯う申したら, 私を, 自分の

▼ ますばかり~ (41, 0.1%)

2 であった, 甍を

1 [37件] あとは, それに御, だ, だった, だったし, だったの, だろうから, で, である, でした, です, ですそれ, でただ, でついに, でて, でなく, でなくあの, でなくそうした, でなくそれ, でなくそんな, でなく今日, でなく官憲, でなく石長媛, でなく近い, でね, でも, でよんどころなく, でわたくし, で周囲, で相手, で私, で豚, 斯の, 時々この, 歯を, 私も, 裏町横町などと

▼ ます~ (40, 0.1%)

2

1 [38件] あらじとぞ, あゝ好い, いと世話好き, いねえの, いよと, お家の, こうである, ここの, この問題, しきやし我が, すなわちわが, また罪業, わらって, アの, チュウクロスまた, 事と, 二枚舌の, 何ういた, 余計な, 冷かに, 古に, 君子なり, 夫人のみにて, 実に残念, 御上人様時, 必定この, 怯まず正太郎, 我等の, 或る, 最後に, 空間の, 累が, 耻入ったる, 蕈の, 詞ばかり, 重々御, 銅壺から, 非である

▼ ますとて~ (39, 0.1%)

6 手を 3 何の, 出て, 口惜しさ, 女房打なげく, 撥を, 潜然, 茫然として, 身を 1 つんと致し, まえども, まえも, 動かねば, 卜ふる, 少しも, 態との, 打なく, 臍へ

▼ ますもう~ (39, 0.1%)

2 大丈夫です

1 [37件] あなたの, あの大丈夫, おゆるし, およろしゅう, お仕度, お休み, お手, お手紙, お見え, この世で, それで, わたくしも, 一つ, 一つある, 一人おいせ, 丁度一ヵ月経ちます, 七月とは, 乾いて, 仕舞いましょうと, 何も, 先程帰宅しました, 十五に, 大丈夫でございます, 女も, 婢が, 御安心, 御当家, 恟り致しました, 母ちゃんに, 然し心配, 痛みは, 私も, 終電車が, 落つきまして, 行きましょうえ, 行きませうゑ, 買って

▼ ますわたくし~ (39, 0.1%)

2 はこれから

1 [37件] からおねがい, がお供, がこの, がこんな, が今晩, が死ん, が糸繰り, このみち, だけで, でさえ眼, にはあの, にはどうしても, にはよく, にはわかっ, には読めません, に火急, のほか, の身, はあなた方, はあの, はいつ, はお母さま, は名誉教授, は数年, は時, は決して, は清洲, は猿, は白, は道化者, もお手伝い, もまた, もわたくし, も一夜お伽, も今それ, をこの, を井戸

▼ ますもし~ (37, 0.0%)

2 それが, わたしに, 捉って

1 [31件] あなたが, あなた様方は, あの山, あの時, おかまいが, およろしかっ, およろしかつ, お母さん兼が, お父さんに, お金が, それを, まいりましたなら何とぞ, またお雪ちゃん, また何, 今日, 君の, 天が, 封が, 御退屈, 敵が, 旦那様私も, 来ない時, 某が, 疑われて, 神が, 私の, 私を, 私達が, 連合いが, 連合いにでも, 長いことお世話

▼ ますわたし~ (37, 0.0%)

1 [37件] から御, があの, がお嬢様, が悪い, だって健全, とお松さん, と離れ, なんぞは, なんぞはこんな, にすれ, のジャガイモ好き, の徳, の春陽, の気持, の眼, の醜い, はこの, はこれ, はそう, はそういう, はそんな, はただ, はどうして, はモウ, は何, は助けられ, は太郎, は心理的, は殺され, は殺される, は男, は省作, は肥後, まであっち, もこれ, も姉さん, を助け

▼ ます~ (36, 0.0%)

2 となっ

1 [34件] あの昔, からでも黒旋風, こそ思いあたりました, すぐです, ちょうどお, っから, でさえ御, でも, でもその, でも両国, のところ, のわたくし, の亀岡屋, の今, の値段, の処, の暮し, の状態, の苦行者, はもう, は快く, までこんな, まで子, まで彼, まで私, まで私し, もう自分, もその, より三年, 仕事を, 其意見の, 墓所に, 少しく進んだ, 此娘を

▼ ますからな~ (35, 0.0%)

3

1 [32件] あなたが, あの娘, あれあの通り, お手先, こういう動物, ことに山路, この金助, そうなるとお山, そこには, その間お, へえー成, まったくひどい, もう早, もし早まっ, ロクロク寝みませんでした, 何うも, 何という, 何とか一つ, 値に, 却って御, 好い気持, 御用意, 早く調べ, 此の度は, 此の間も, 用が, 用心しない, 草花なども, 道は, 鈴慕が, 長い絆, 首を

▼ ますしかし~ (35, 0.0%)

3 私は

1 [32件] こちらは, この度, この絵, これは, それが, それは, ほんとうは, コラムや, 上へは, 事実で, 今一度, 俥駕籠, 僕には, 僕の, 庭よりも, 彼女は, 心配を, 志村君は, 息は, 我党が, 手段は, 望めば, 本当の, 東京にだって, 波だ, 私が, 私だって, 背位は, 藤田は, 血気に, 連れられて, 鶴林玉露は

▼ ますといふ~ (34, 0.0%)

3 おい程の, やうな 2 ことは

1 [26件] お願, ことが, ことで, ことを, どうぞさよなら, のは, んだ, タダより, 丁寧な, 事で, 保證みたいな, 彼の, 彼は, 意が, 意味で, 意味である, 意味にも, 樣な, 物質が, 禰宜等の, 舟を, 話昭和の, 誓ひ, 誓言で, 趣旨の, 針醫の

▼ ます~ (34, 0.0%)

144 てそう 2 てさ, て云う

1 [12件] ていうわけ, てこう, てここ, てとんだ, てね, てねエ, てね争われねえ, てね可, て口, て大きな, て立派, と出

▼ ます~ (33, 0.0%)

43 いと 2 えと, えと何, んだ

1 [20件] えとあっち, えとこれ, えとそこ, えとその, えとそれ金さん, えとそんな, えとどうして, えとどこ, えとなかなか, えとよく, えと五十銭, えと人間, えと大大名, えと寒中, えと山の上, えと果して, えと連込み, 五両の, 伯母様実に, 女子の

▼ ますなどと~ (33, 0.0%)

2 いうと, 云って

1 [29件] いいだすもの, いう, いったり, いって, おびきだして, しゃべって, とぼけたが, ぶしつけな事, わめいて, 云う者, 云っては, 人様には, 余計な, 分別顔し, 嘘を, 夫婦で, 愚にも, 春眠いぎたなき, 此の, 歯の, 物語るの, 真面目に, 空々しい嘘, 笑つてお, 答えては, 言い一面識, 言って, 言つてゐる, 話を

▼ ますのよ~ (32, 0.0%)

2 それかて

1 [30件] あなた吉さとさ, あのひと, あの築山, おばさまが, お嬢様あたしなんにも, これごらんなさい, それで奥様, だからそれ, つく, ではしばらく, ほんとうに, まあ綺麗, まる一時間, わたしの, 三年つづけた, 五年前, 何もかも, 勝は, 奥様プスッと, 女は, 小父様, 弁信さんは, 憎らしいと, 手で, 手を, 此からも, 熱も, 発展的な, 磯崎だって, 負けぎらひの私には

▼ ます~ (32, 0.0%)

2 にお

1 [30件] からおっしゃっ, から弾い, で約束通り, なぞは, に, にこの, にちょっと, にはあの, には奈何, にもいつた如く, にもよ, に下りなけれ, に何やらパタリ, に俺ら杖, に側, に友人, に專門, に必ず, に投函, に時間割り, に母, に演技, に生んだ, に調べた, に青峰禅師, に順序, のもの, は色々, 大戦の, 年来屡次登攀

▼ ます~ (32, 0.0%)

2

1 [30件] があります, がありませんでしたなら, がいい, がいくら, がかえって, がどんなに, が万全, が上, が云っ, が何, が先, が同じ, が好色漢, が宜しい, が簡単, にあくがれ, にあまり, におなり, のお, のこと, のない, のは三度, の人, はあまり, はおい, はそれ, はもしや, は方, へ, へ妾

▼ ます~ (32, 0.0%)

2 の者, の通り

1 [28件] のお, の不, の中, の人, の功, の四萬太郎, の大泉小泉, の如く, の室, の將棊, の山, の廉, の後, の後万事, の御, の思想, の所, の手形, の書付, の木戸, の歌, の死骸, の水, の畜生め, の第, の糊, の革命, は有名

▼ ますあれ~ (31, 0.0%)

2 なるは

1 [29件] あすこを, が今, が名高い, じゃ先, だけロシア語, だけ悪い, ですよ, で軟かい, にたおれ, に預け, の取締役, はいつも, はこの, はまア, はムク, は何ぞ, は忠義もの, は新庄, は誠に, は酒, は関東, ほどしっかり, もう, をお, を尋ね, を書いた, を駒井, 以来毎日泣きつづけ, 提灯の

▼ ます~ (31, 0.0%)

1 [31件] だけを隠し, ちょっと御免, でげす, に, にすっかり, にちゃん, にどうしても, にも人, にドーブレク, に一人, に唐人屋敷, に大, に子, に私, のこと, の七兵衛, はあなた, はあなた様, はただ, はやはり, は厄介, は姫宮, は居眠り, は心, は手もと, は近く, もご, もとんと, も誠に, 一応は, 御辛棒

▼ ますがな~ (30, 0.0%)

3 それは

1 [27件] あの笛, あれを, うかと提灯, お軒下, この役者, これが, これは, その七匹, それも, ちがいますがな, とにかく思う存分食っ, どうも余り深入り, わつ, ア, アミダガダケの, ハッハッハ, 不埓至極, 千疋洞という, 午後から, 大の, 実は昨日そやつ, 最下等に, 朝昼晩と, 極りが, 猫畜生なる, 親爺は, 髪を

▼ ますここ~ (30, 0.0%)

2 には海

1 [28件] からは池袋, この通り, でお目にかかった, ではお話, では困ります, で甘酒, で聞い, に, において昔, にこんな, にも御, にガス, に居る, に白木造, に近代, のところが, の店, はあなた一つ, はようございます, は久々野, は人, は人里, は川風, は日比谷, は暗い, は近江, までたどり着いた, まで来られた

▼ ますでは~ (30, 0.0%)

2 お言葉, これで, ね, 又, 早速です

1 [20件] お供を, お前さんは, お話し初めを, このまま, ごめん, そういうこと, のちほど, やっつけましょうその, 一生剛一様の, 何うし, 内所へ, 十両, 又明朝, 後は, 手前から, 明日ね, 暫くあの, 梶川様弟の, 船の, 薬部屋へ

▼ ますなんて~ (30, 0.0%)

2 きざな, そんなこと

1 [26件] いうの, いえない, いってたけれど, ことを, しきりに, そうは, そんなばかくさい, そんな先生, とんだ事, タンカを, 吹聴出来る, 心配そうな, 木の, 毛唐人どもに, 泪を, 相談を, 神様の, 私も, 自分の, 自惚, 言う奴, 言ったね, 言わせる坊主, 誓は, 返事を, 馬鹿な

▼ ます~ (30, 0.0%)

1 [30件] ちょうどこの, でも引っこぬき, にあなた, にいつの間に, にさよう, にそれ, にだんだん, にどうしても, にも一本葉書, にも其の, に一夏, に三年前, に並木, に今度, に唯今, に彼, に心配, に母, に気, に相手, に私, に翌, に舞, に雪, の一羽, は死にたく, は殺生, も考えられます, 捨てる神, 顔色も

▼ ます時分~ (30, 0.0%)

2 では御, にはその

1 [26件] でしょうね, になる, にはそういう, にはもう, にはもちろん, には一人, には乞食, には十疋, には大変立派, には時間, には王, には花嫁, には金, にぽかんと, にもそういう, にもなるべく, にわたくし, にローサンゼルス, に字, に新聞専門家, に越中能登邊, に非常, に髯, はよう, は世に, 長い間

▼ ますにも~ (29, 0.0%)

3 なるたけ二人

1 [26件] ここは, その植物, なんにもこんな, まずさき, 主として生徒たち, 今日死んだ, 似ず目前, 充分な, 又こっち, 多くは, 夜討ちに, 大抵の, 手が, 拘わらずその, 拘わらず大体, 敵を, 日がか, 是非とも, 江戸下りは, 汽車に, 淡塩, 混ぜて, 煙草を, 相手は, 長い間, 音足らずな

▼ ますねと~ (29, 0.0%)

2 云った

1 [27件] いったの, いって, いひたい或は, さもわたし, 一言念を, 云いながら, 云うだけ, 云うと, 云ったら白仁君, 云って, 仔細に, 付け加へて, 御尋ね, 念を, 気の, 申しました, 私が, 素人に対する, 言おうとして, 言った, 言ったこと, 言われて, 訴えた, 説明とも, 誰かが, 赤シャツが, 鷺の

▼ ます~ (29, 0.0%)

1 [29件] からは自在, から今一重, が殊, にお, において他, にここ, にこの, にそれ, に中央, に先祖, に勘藏, に大きい, に彼, に於, に然るべき, に燃えさし, に狭い, に窓, に適当, に非常, に飾つて, のお, の二人, の道, はあと, は毒, へ参ります, を見るでしょう, を黒い

▼ ます~ (29, 0.0%)

3 をつけ

1 [26件] があらかた, がね苦しい, がひよつ, が綽名, でございまして, でもさて, に今朝, に助け, に可愛がられ過ぎる, に対して言, の世そのもの, の中, の休み処, の妻, の子供, の心, の恋路, の気配, の畑, の魂二つ, はゆら, は食わん, は食物, も何となく, も秋の, を介抱

▼ ます~ (29, 0.0%)

3 は君

1 [26件] がこの, が今, が殺した, が話さない, などは助平, にも, の作った, の意見, の爆撃, の眼, の高, は, はあの, はこの, はこんど, はそんな, は今, は今一円, は今一圓, は体操場, は只, は孰方, は少し, は昨日, は誰, は金

▼ ます~ (29, 0.0%)

5 れは 2 は何

1 [22件] からはお, から又, が心, が誠に, でお, に就, はどうも然, はよほど, は作右衞門さん, は學問上, は寛政十一年, は恐れ入ります, は戦争, は私, は稻垣小三郎, は貴方一人, へ駈込ん, までに相成っ, れから, れからは, れ丈, 迄の事

▼ ます~ (28, 0.0%)

12

1 [16件] いえッ, いお, い半紙, い唯今女中, い実は, い御, い油費え, へへお上ん, エ決して, ッへ, ツ, 押し込んだ, 私は, 行くと, 行くよう, 行って

▼ ますやら~ (28, 0.0%)

1 [28件] ああいう, いろいろ凶, うえな, お殺されなさった, しご, その後は, その後誰も, ちょくちょく家, ちょっと興味, とんと見当, どこに, また四千貫文, わたくしどもには, 一向私, 不明と, 兄は, 和田峠とやら, 品物の, 存じませんでございます, 小生が, 御厩の, 御庭, 御池の, 断崖に, 本当に知らない, 流に, 私などには, 静として

▼ ます今日~ (28, 0.0%)

2 は御

1 [26件] および将来, から一倍, から畑, この頃, では誰, と雖, のこと, の学習院長福原さん, の資本家, はあなた, はお詫び, はせめてたびたび, はほんとう, はまた, は一寸, は唐寺, は山三郎折, は思, は急ぎます, は恨み, は種々, は饅頭, まで故郷, まで毎晩, もどうしても, 又御

▼ ますくらい~ (27, 0.0%)

42 ですから, ならば

1 [19件] おそろしく権柄, きっとそれ, この摩利信乃法師, でご, でございます寒く, でしかし, ですし, で地団駄, で少し, で自分, で若い, ならこの, なら却って, まるで人, もちなおして, 先ずお, 当時は, 蠅が, 雛が

▼ ます通り~ (27, 0.0%)

1 [27件] あのお, この令嬢, この沙門, こんな山, こんな恐し, その人, その構想, その聖書, その違反者, その風, であります, でこれ, で御座いますよ, で我, にそれから, にどことなく, に各国, に記し止めさし, ね一昨日, の事実, の音色, もしも水当り, よくわかっ, 全く字音, 大體, 或る, 極めて非常識

▼ ますとの~ (26, 0.0%)

4 こと 2 答に

1 [20件] ことで, ことである, ことでした, ことなり, ことやっぱり, こと其の, それ出, 一言を, 事さっそく, 事で御座います, 事に, 事もなげな, 確答を, 答え, 答えに, 答へに, 貼紙あり, 赤旗が, 返事を, 返辭

▼ ますまた~ (26, 0.0%)

2 どうぞ

1 [24件] うどんの, こちらに, この一面, その反対, でございます修理, ねえ, わたくしの, わたくしも, 万年町の, 三が, 世間普通の, 出入りの, 双調盤渉調黄鐘調といった, 女が, 幼な, 旦那様の, 明日でも, 明日ゆっくり, 本人は, 来て, 来ましょう, 玉子の, 見えても, 貴方様

▼ ます誠に~ (26, 0.0%)

2 相済みません

1 [24件] お檐下, お気の毒様, お邪魔さ, お麁末, とんだ負傷, 何う, 何とも, 困りました, 御無沙汰ばかりに, 御苦労様馬鹿, 御親切, 悪い事, 押付けたお願い, 有難いこと, 有難う, 有難き仕合, 此の先祖と, 汚ない, 活溌な, 社會の, 私も, 若く見えます, 面目ない, 驚き入りました

▼ ますそれから~ (25, 0.0%)

2 四条丸山南画北画浮世絵町絵師の

1 [23件] おじさんちょっと, こちらの, この服装, そちらへ, それを, どうかする, もう一つ, もしなんぞ, テンピで, 先生, 八景の, 前に, 夜が, 夜よく, 彼処へ, 手斧でも, 故郷忘し, 朝の, 水夫さんの, 白の, 私は, 自分が, 追

▼ ます~ (25, 0.0%)

133 やて 2 やありません 1 などを接尾語, やいや, やで, や失敬, や御座いません, や早岐, や非常

▼ ますどう~ (25, 0.0%)

2 かお

1 [23件] あっても, いたしたもの, かお入りくださいまし, かお斬りなすっ, かお願い, かこの, かそう, かそこ, かてまえに, かどうか, かもうこれ, か加減, か安心, か少し, か御, か心配, か暫く, か皆さま, か皆様, か私め, したの, しようも, でも少し

▼ ますほど~ (25, 0.0%)

2 お米

1 [23件] あなた様の, うらやましく思われました, おしあわせ, おそろしいけれども, お弾き, けったるい体, ここは, それほどの, であった, でございます, です, ですが, でもござりませんが, ならですだお前ん, ならばの, なん, な真心, 安心な, 旺盛な, 気味の, 石滝は, 親しくさせ, 間近く聞き奉らせ

▼ ます貴方~ (25, 0.0%)

1 [25件] あんな心配, お裏, がポオ, それでは余り, だッ, ですか, ならば, にお, には命, にもちゃんと, に向かっ, のお, のお側, のなら, の傍, の家庭, の方, の言葉, はもう, は何日, は叔父さん, は弁護士, は此, は秀子, も泣い

▼ ますこんな~ (24, 0.0%)

2 気持は

1 [22件] いい物, ことが, こと迄, のを, エハガキ面白い, 人の, 処に, 可愛げ, 名器を, 場所で, 失礼な, 奴は, 家に, 山方で, 恰好を, 日に, 機会に, 狭苦しいところ, 話は, 貧乏な, 野の, 風です

▼ ますそれで~ (24, 0.0%)

1 [24件] あなたが, あなたに, いいの, おそくなりました, お忙, そのわり, どうしよう, なるほどそれ, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチが, ダメだったら, 一度どうか, 之は, 人は, 今晩は, 只今も, 姉弟で, 延暦の, 描くべき順序, 普通の, 暫らくの, 此の, 私は, 薩摩の, 頼まれて

▼ ますわね~ (24, 0.0%)

2 異性の

1 [22件] あの時分, え少佐, こんなに暑くっ, さうし, しょせんあたし, ずいぶん久しぶり, それと, それは, でもわたくし, でも何, もう近い, ヨハネでも, ヱだから, 十八金かしら, 構ひません, 此の, 母様もし, 泥棒は, 浮気出来なく, 聞えるでしょう, 若い健康, 鈍色だって

▼ ます何卒~ (24, 0.0%)

2 御取次

1 [22件] お手, お目通り, お累, お見知り, お護りなすっ, お静か, お願, お願え, この間に, 又少し, 叔父さんから, 嬢様にも, 御勘弁, 忠義ゆえと, 方丈様の, 是れ, 此方へ, 殿様お願いでございます, 私が, 親子の, 貴方お, 頂戴致したい

▼ ます~ (24, 0.0%)

2 の宿下り

1 [22件] いつの, お前さん方が, お手紙, た多分, ま, 伯林圖書館に, 何か, 全く前, 其の前, 別に或, 参詣を, 外國へも, 式台という, 彼方から, 昨日は, 月々幾ら送ります, 此拾年以前佛國の, 祕密國に, 私は, 竪穴は, 背中の, 逃れる気もち

▼ ます~ (24, 0.0%)

1 [24件] あり, がくし, がまことに, が見, と祭り鎭め, ならば, にお, のたすけ, の中, の大宮, の如き, の子, の御名, の許し, の道, の雲路, は来る, は神様, は福慈神, へ, や仏, よりその, よ助けたまえ, をかく

▼ ますかな~ (23, 0.0%)

2

1 [21件] あなたさまが, いえ私ども, その御, それとも, なくなられたの, はっはっはっ, まあとにかくその, まあひとくち, アと, ア朝夕顏を, 人という, 今晩は, 其年の, 名前は, 吾, 指揮いたしたら, 昨今では, 米利堅の, 芒は, 街までは, 貴女には

▼ ますそこ~ (23, 0.0%)

1 [23件] から入っ, が上出来, が日本, が金助, じゃお前様, なら近く, におります, に彼等, に心当り, に石, に附い, のところ, の処女地, の娘さん, の御, の若い, へお, へおい, へわたくし, へセリー酒, へ仲裁, へ往, までお

▼ ますつもり~ (23, 0.0%)

43 です 2 ですが

1 [14件] か持っ, だったん, だろうね, であがりましたところが, であつ, でおりました, でございましたが, でございます, でした, でその, で居りました, で樺太, で私, どうか

▼ ますより~ (23, 0.0%)

2 或は不幸

1 [21件] いっそ商売, ちっとは, ほかはござりませな, ほとんど神寂, ほとんど関東, むしろその, ヨーロッパでの, 事も, 前に, 外に, 実地について, 敵党の, 旦那さんの, 材料の, 死んだ方, 殺されます方, 矢張船を, 私は, 空へ, 聞く方, 遠距離で

▼ ますわけ~ (23, 0.0%)

102 では

1 [11件] でここ, で御座いますが, には, には参りません, には相成りませぬ, には行きますまい, のもの, はけさ八日, は又, は昔, は知りません

▼ ますさん~ (22, 0.0%)

1 [22件] がまた, が反問, たら乳母車, だけでなく, という娘, と話した, のこと, の肩, はいう, はそんな, はやり返す, は亭主, は他人, は内職, は十九, は子供, は学制, は幻滅, は突然, は頭痛持ち, や子供たち, を相手

▼ ますそうして~ (22, 0.0%)

2 現在この

1 [20件] あちらの, いよいよ暗い, この娘, この道, これから買物, こんなに夜, その娘, たった今の, たとい乱離骨灰, わたしなんぞも, わたしの, 丸髷に, 二人とも, 今度は, 全く心, 其処に, 大層立派, 後に, 衣食の, 酒臭くっ

▼ ますそれでは~ (22, 0.0%)

2 親分さん

1 [20件] お持ち下さいませ, お言葉, お話し, とりあえず本堂, どうか金子, なおさら大, また近い, みんなの, わたくしが, わたくしは, 一つ戴きましょう, 何う, 平吉を, 御遠慮, 恐入りますが, 早く來, 明日にも, 気を, 私は, 總助はんに

▼ ますだから~ (22, 0.0%)

3 私は

1 [19件] あなたの, あなたは, いま小説を, きょうは, して, なお早く, みんな子供に, ウィットフォーゲルが, 一人の, 上等の, 世間の, 人が, 余り楽を, 冬暖かい, 新吉さん私は, 早く大阪, 私はやき, 誰かが, 銀座なんかが

▼ ますだけ~ (22, 0.0%)

3 では 2 その余, でございます

1 [15件] それだけに雄々しい, だ, だから, だけど, だそこで, でお話, でその, でそんなに, でなくあなた, でラサ府, で蓋, なので, なんで, 人間の, 饒舌って

▼ ますでも~ (22, 0.0%)

2 それは, 私は

1 [18件] あらう恐ろしい大きい, あるまいが, お忘れ, こんなこと, ございませんが, すこし後ろ, たいしたこと, たまには, なんだか少し少しよ, ふりかえりふりかえり逃げて, へちまの, もし兄, 此処では, 気の毒ね, 気持が, 目が, 腑に, 驚きは

▼ ます左様~ (22, 0.0%)

6 なら 3 ならば

1 [13件] か然, でございますか, なこと, ならこれ, ならとて, なら夜, なら宜しく, なら御機嫌, なれば, な不祥, な依怙, な心得, な遠方

▼ ます自分~ (22, 0.0%)

2 をお

1 [20件] がお, が座席, ではそんな, でもどう, で云う, で死ぬ, で耕した, には何だか, の体温, の在る, の失われた, の妻, の小さな, の心, の生活, の着, はこの, は昏, は決して, は粥河圖書

▼ ますただ~ (20, 0.0%)

1 [20件] あの人, いまの, お母様は, これまでの, すきな, の死に, みたよう, 一人だけ, 一箇所だけ, 人助けに, 子供が, 斬っただけ, 海風万里関山月海風万里関山月, 盲目に, 私の, 腫物が, 落して, 薩摩の, 説明し, 諸君に

▼ ます~ (20, 0.0%)

3 れから

1 [17件] から康有爲, から後, が非常, だから, ではなき, なら若し, に事, に其気象, に宮内健次郎, に相違, のもの, は大方門違ひで, は私, も宿所, も明白, や最う女, れですから

▼ ますどうも~ (19, 0.0%)

2 御馳走に, 有難うございました

1 [15件] ありがとうございました, あんな教員, いけません, このたび, ご馳走様で, 主人を, 人を, 今の, 夜が, 大変お, 御無沙汰いたしました, 御親切, 感心な, 貴下御免なさいまし, 郡内者と

▼ ますはず~ (19, 0.0%)

5

1 [14件] がございません, ご住職, ただ一つ死体, でご, でございますが, でござんす, です, ですから, でそれ, で芹橋, なので, の例, はない, もなし

▼ ます~ (19, 0.0%)

2 も逆上

1 [17件] がまだ, が彼, が退屈, っていうもの, で御座いますがねえ, というの, と生れ, の母性愛, の身, の雑誌, はうち, はこうして, は夜, は安石, を見る, 乞食が, 隠居と

▼ ます決して~ (19, 0.0%)

1 [19件] お母さんの, ひとりで, よい前兆, 主人根性では, 之を, 何人にも, 何日までも, 召上る, 唐に, 嘘を, 新橋あたりへ, 構いません, 爪も, 画品の, 皆さんに, 見苦しい片, 言いつけられて, 逃亡は, 逃隠れは

▼ ますああ~ (18, 0.0%)

4 して

1 [14件] あの夫婦, いうの, いう小さい, いう読書力, きょうは, こんなにお喋り, でもそれ, どうしたら, どちらへ, 云つてゐました, 何とひどい, 大きな穴, 息が, 自分は

▼ ますいや~ (18, 0.0%)

2 でご

1 [16件] あなたは, お母さんは, こっちで, それどころかはっきり, たとえ本望, でございますの, なきたない, なこと, によく, もうおどろいた, もう御, も幸い, 人が, 待って, 東京で, 變つて行つたので

▼ ますかという~ (18, 0.0%)

2 ことに

1 [16件] ことを, その理由, のが, やりとりから, ような, んだ, んです, 事は, 問いが, 声が, 彼女の, 御尋ね, 筋書は, 話, 質問な, 質問を

▼ ますからって~ (18, 0.0%)

1 [18件] おっしゃいましたの, おっしゃるの, そうおっしゃっ, そう言った, それから朝日タクシイ, はっきりいったんだ, ヤイノ, 云うよう, 云うん, 云って, 信造さんに, 帰って, 断ったの, 独断で, 申上げました, 町内五人組の, 証文を, 重箱の

▼ ます実は~ (18, 0.0%)

1 [18件] あなたに, おととしの, お前さんと, がんりきも, こうな, この先一町, これ, その神尾, わたくしも, 兄五郎治は, 品川区に, 当人も, 我々の, 某今では, 此先一町行け, 疾くより, 私も, 耐えて

▼ ます~ (18, 0.0%)

3 か力ちや, か力業 2 か夫, か餘, にむかふ 1 かそれでも, か余り, の酸い, はお, を引, 置きとか

▼ ますあなた様~ (17, 0.0%)

2 のお

1 [15件] がこの, がこんな, がちょっと, が先, ならば, にこんな, に対してもう, のこと, のよく, の親御様, は善い, は大阪, は女, もお, も濡れます

▼ ますじゃ~ (17, 0.0%)

3 ありませんか

1 [14件] あなた様も, あの偉大, あるまい, あんたは, お前さんお, このわし, で, ないかね, なぜならそれ, アございません, ア先生御機嫌ようお, 出家という, 失敬します, 家が

▼ ますそういう~ (17, 0.0%)

2 ことを

1 [15件] お方こそ, ことに, ときは, わけでしたなら, 事を, 人の, 人種が, 場合の, 感情に, 本当の, 次第でございます, 演技と, 点に, 生活の, 風に

▼ ますとな~ (17, 0.0%)

1 [17件] おっかさんに, おつかさん, ご主人, たっぷり二十両, どう考え, まずここ, もう其切り, エウゲニイフェオドロイチもう, エウゲニイフエオドロヰチもう, 両手で, 可なり, 唯この, 愛の, 感心な, 旦那さん, 毒消しに, 笠を

▼ ますなあ~ (17, 0.0%)

1 [17件] いうて, えーとあさ, お父さんには, お隣り, こんなこと, そのコンパクト型爆弾, なんて言う, まるで戦争, よく間違う, ナオミさんには, 伊吹の, 何か, 奥さんの, 手足も, 殿様が, 潮来です, 誰彼と

▼ ますなと~ (17, 0.0%)

1 [17件] いへば, さわやかなこえ, その男, つまりこの, 三人の, 云った, 僕が, 取りなし顔, 吸いがらを, 感心し, 早速お, 申すは, 答えた, 言って, 言つたところで, 言つたら, 言ば

▼ ますねんけど~ (17, 0.0%)

1 [17件] あるいはそう, あんさんとこまで, いったい光子さん, おかしうて, その外, そんなん, そんな料理屋, 何処までも, 光子さんいうたら, 光子さんの, 寝返り打っ, 疑がい, 私の, 私は, 綿貫に, 親の, 部屋の

▼ ますのね~ (17, 0.0%)

2 蘆と

1 [15件] あれでなけれ, さあまた, そしてにわかに, まして恋する, よっぽどお, シュピネルさん, ハイハイ渡す, バルザックは, フェアファックス夫人, モーゲンス・ノルビーさん, 周囲が, 御自分, 是非, 此の, 私敬服し

▼ ますほどに~ (17, 0.0%)

3 一生一人で

1 [14件] あとで, こちらへ, して, ゆるりと, わたくしの, 今日私の, 何う, 失な, 失礼を, 御ゆるり, 早うお, 早や, 此方へ, 閉ねたら

▼ ます~ (17, 0.0%)

1 [17件] お家の, それは, ないじゃ, ねいもん, まいりますも, また男, よし其處, 事情が, 家に, 少しお, 惚れて, 旅の, 旦那様の, 此く, 皮を, 自ら経済法が, 蝮と

▼ ます~ (17, 0.0%)

5 ろか 2 否や, 星の 1 お医者様, さきに, ないか, ろから, 全世界, 存じませんでございます, 烏賊を, 訝しくも

▼ ます殿様~ (17, 0.0%)

2 がお, にお目にかかっ, のお

1 [11件] お庭先, が大変, が奥方, が有難く, そんな顔, でなければ, どうもお, に殺され, の御, の御苦労, はわたし

▼ ます~ (17, 0.0%)

1 [17件] かのろく, か助け, がなんてっ, が何, が其の, が尺, が戸田, が誰, にも渡しません, にも遣る, に向っ, の眼, も今夜, も宅, も普通, も真似手, も荒海

▼ ます途中~ (17, 0.0%)

2 で大変

1 [15件] でお, でお金, でした, でな, でなくし, でももの好き, でも出し, で一人, で悪い, で新婚, で河, で相手, で身体, なにぶんにも, ふと頭

▼ ますかい~ (16, 0.0%)

5

1 [11件] うちの, おかみさんが, お地蔵様, しかも華族, それに, どんなでございます, なう早いもの, もう七十, 大勢連れ, 甚麼でございます, 行く先が

▼ ますかも~ (16, 0.0%)

3 知れない, 知れません 2 まさびしく 1 ないもん, わかりませんが, 分りません, 知れませんけれども, 知れませんよ, 知れません其の, 知れません婦, 知れません私

▼ ますそんな~ (16, 0.0%)

2 ことを

1 [14件] お方とは, かんじょうに, こと, ことで, ことは, ときは, 大それた, 威勢は, 心配は, 懐い東京, 気が, 訳で, 野蛮な, 風に

▼ ますよく~ (16, 0.0%)

2 存じて

1 [14件] あれを, お出, お考え, て, ないこと, 吠えますなあ, 拜見し, 旦那樣は, 母に, 気を, 煮えましたあなた様, 見えます, 見て, 調べも

▼ ます~ (16, 0.0%)

3

1 [13件] でありました, です, ですもの, ですんで, ではない, で其の, で初め, で折角, なんで, になる, に多数, のこと, も違う

▼ ます実に~ (16, 0.0%)

6 困ります 1 何う, 余り十分過ぎまし, 十寸も, 命の, 大胆で, 彼の, 悪い奴, 此の, 私は, 驚きました酷い

▼ ます御免~ (16, 0.0%)

3 なさいよとて, 下さい, 下さいまし 2 なさいまし 1 こうむりますと, なさいくりかえしを, なすって, を蒙り, 成れと

▼ ます早く~ (16, 0.0%)

1 [16件] いらっしゃいッ, おねがいします, お仕度, お帰り, この中, この場, すきな, 帰りましょう船, 来て, 死にたい早く, 残暑が, 致しませぬと, 衰えて, 貴郎, 起きて, 飲もうと

▼ ますほどの~ (15, 0.0%)

1 [15件] こと, 力が, 夜に, 大声を, 度胸は, 有名な, 激しさ, 異常な, 私の, 筋道の, 聲を, 苗字とても, 言葉と, 話を, 騒ぎを

▼ ます~ (15, 0.0%)

1 [15件] が年, が根西夫人, が真摯, の咒語, の大, の市川新田, の時, の村, の知人, は慌てる, は誠に, は貴女, も何時, れの, を我と

▼ ます~ (15, 0.0%)

1 [15件] からこの, から私ども, がハッキリ, が二つ, が戦く, じゃろが, だけのこと, と感覚, にしみつい, の底, は身内, もお, も亦, をお, を暗い

▼ ます有難う~ (15, 0.0%)

5 ございます 2 ございました, 存じます 1 ございましたいえも, ございますあゝ, ほざいます餅, 存じます疼痛, 御座います, 誠に何

▼ ますといった~ (14, 0.0%)

1 [14件] そうである, その店, ところで, のでしょう, のは, はずの, ような, 体, 塩梅で, 御前の, 方が, 顔つきだった, 風に, 風容

▼ ますまでは~ (14, 0.0%)

2 どんな爲事

1 [12件] こんな物, つい気, どうぞ毎日, どんなこと, どんな仕事, 一回だ, 夕日が, 婚礼は, 故意と, 本当に私, 殿様は, 無事だった

▼ ますわい~ (14, 0.0%)

81 だろう, のあんた, のお前様, の及ばず, ひょっとしたらもっと他, 氷を

▼ ます以上~ (14, 0.0%)

1 [14件] どんな大, に男, は, はあくまで, はこれ, はその, は一生, は一銭一厘, は何, は旅行, は私, もとより生還, 万一御, 決して私

▼ ます全く~ (14, 0.0%)

1 [14件] こんな為め, タレントなし, 他人です, 取殺して, 可哀想な, 委細を, 新たな, 気を, 私しの, 私は, 粗相でございます, 素性の, 自己流で, 苦面し

▼ ます只今~ (14, 0.0%)

2 の御

1 [12件] では七歳, では改名, では金子, でも何, にては笛, の事, へい真暗, より十八年以前, 帰りました, 御勘定, 明けます, 直に私

▼ ます場合~ (14, 0.0%)

1 [14件] が四割, にさ, にそういう, にそこ, になんと, には室, には現今, には論証, には論證, によってはあの, に左大将, に果報, は途中, は釉薬

▼ ます少し~ (14, 0.0%)

4 前に 1 お訊ね申し, はお, は宜, ばかりの瓦斯, 休まして, 前でございました, 待って, 提灯を, 遅く成りました, 馴て

▼ ます~ (14, 0.0%)

3 の御子さま 2 にはその 1 が美しく, こそ尊い, にゃあ, に到達, に私, の暮, の近づきます, は食ます, までお待ち

▼ ます次第~ (14, 0.0%)

3 であります, でございます 2 で御座います 1 で, です, でもあり, と申しあげます, にてそれ, 真に面目次第

▼ ます~ (14, 0.0%)

5 一は 1 一こんな, 一に, 一私は, 一趣味の, 一馬鹿に, 三は, 三巻も, 二巻から, 十九階へ

▼ ます~ (14, 0.0%)

3

1 [11件] でございましたけれども, でしたが, です, でその, では失礼, なん, にご, の処, の私, はありません, 何と無類

▼ ますお前さん~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいけない, がお, が改心, が留守, に妹藤, のお蔭, の御, の罪, はこれから, は勝手, は能, もあれ, も西国巡礼私

▼ ますかって~ (13, 0.0%)

2 聞くん

1 [11件] いきなりつん, きいて, なんども, 云いだした, 尋ねると, 念を, 聞いたら彼, 聞くと, 訊ねても, 貴下, 貴方ほれ

▼ ますからには~ (13, 0.0%)

1 [13件] いかなる大難, いわゆる達人, このふた品, つねにそれ, とてもこの, なにも, めったな, もうだいじない, 何の, 何もかも申しますなれ, 其大島小學校とやら, 手前は, 牛乳から

▼ ますこういう~ (13, 0.0%)

1 [13件] ぬきん, のが, のは, ように, わけで, わけでし, 人が, 日頃日記が, 暮しが, 書類の, 発見をも, 話は, 身の上でございます

▼ ますこちら~ (13, 0.0%)

1 [13件] からお金, から断ります, が仙波さま, で, ではシロウマ, にとっ, の廊下, の方, はなんとか, はハイドさん, へお, へおう, も

▼ ますわと~ (13, 0.0%)

2 云って, 玄関先に 1 ある日敏子, いったこと, こぼして, 云った, 和歌子は, 団扇で, 山路さんの, 泣いたり, 義兄に

▼ ます一人~ (13, 0.0%)

2 で歸

1 [11件] が市松, が握, で二つ名, で帰ります, の姉, の婦人, の若い, の青年, は兄, は知つて, 残らず憎みます

▼ ます先生~ (13, 0.0%)

2 が許し

1 [11件] お使, だってもらっ, の御, の方, の腕力, は手紙, は毎日, は芝區三田, もお, もひとつ, 御写真

▼ ます~ (13, 0.0%)

2 の者, もない 1 があります, はツイ其処, へ帰る, も清潔, をあれ, をお, を神主, を起す, 丁度明治三年

▼ ます~ (13, 0.0%)

1 [13件] さえよけれ, だと, で, でございます, ではござりません, でまことに, で今, で小生, で御, で怖し, には参りません, もなし, 無く行っ

▼ ますお前~ (12, 0.0%)

3 に如才 1 がいう, でなければ, の真実心, はどこ, は大分下役, は此処, は見, も何時, も知っ

▼ ますかは~ (12, 0.0%)

3 知らねども 1 はあなるほど, ひとの, 分りました, 存じませぬが, 小生が, 次々の, 知らず, 神様の, 私

▼ ますからねえ~ (12, 0.0%)

1 [12件] いやに, はん殴る, ほほほ, ほんとにいろいろと, もつとずつと, やりましょうやりましょうひとつ, わたしから, ブラブラ彼方此方, 又それ程, 寝ようと, 江戸の, 考えて

▼ ますですから~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの子, きっとあなた, その仕事, どうぞお, どうぞそう信じさせ, 世界むごい, 他人の, 全体云え, 大阪の, 御目, 江戸番で, 町内を

▼ ます~ (12, 0.0%)

1 [12件] けれどもどの, そんなにいやがる, どんなにか, ほんとうに, よく解ります, 博士, 品吉は, 御免下さい, 模様を, 私は, 銭形の, 錢形の

▼ ます~ (12, 0.0%)

3 と妹 1 がどこ, が得心, が神様, となり, のうしろ, のしたし, の言葉, はまるで, は亡

▼ ます~ (12, 0.0%)

2 は一方 1 からも鼻, がまわります, が開い, のあいたお, の工合, の本, はごらん, をお, をクシャクシャ, を開け

▼ ます~ (11, 0.0%)

2 私の 1 おいお爺さん己ア此処迄に, なわたしら, な善い, へへ, へへと燥, 今の, 切った奴, 盲目なら, 訝しな

▼ ますこれから~ (11, 0.0%)

1 [11件] はすつかり心, はどうぞ, は家庭, は森長さん, 一回一円ずつ, 地獄行が, 帰って, 後は, 海陸の, 舟へ, 見渡す処

▼ ます~ (11, 0.0%)

1 [11件] いっしょに, ざります, ざります波沼様, つごうで, 一緒に, 安心なさりませ, 家老さま玉目は, 様子姓名を, 気分は, 監督です, 答弁は

▼ ますそれに~ (11, 0.0%)

1 [11件] お絹様, お隅, こんな場合, 七歳に, 何ぞや, 到頭散髪, 又此, 御当人, 皆知らん, 私は, 良石和尚の

▼ ますぞと~ (11, 0.0%)

2 感極まつて 1 つめよるよう, 他人に, 呶鳴った, 大声で, 断言した, 申されて, 知らせるよう, 話しか, 顏色變て

▼ ますなん~ (11, 0.0%)

2 にし 1 しろおじさま, でも宜しい, でも年, でも越中, なら, の不満, の指, みょうれんぎょう, みようれんぎょう

▼ ますようお願い~ (11, 0.0%)

4 いたします 3 致します 2 申し上げます 1 でご, 申します

▼ ますよという~ (11, 0.0%)

3 のだ 1 お話でした, のです, ような, ように, わけで, 声を, 意味にも, 風に

▼ ます人間~ (11, 0.0%)

1 [11件] が捌け, に生れた, の心, の手, の昇らん, の顔一つ, はいつか, はとし, は進む, は馬鹿, より直観的

▼ ます尤も~ (11, 0.0%)

1 [11件] あれが, こういう風, そこい, 世話を, 五年前危難の, 何時までも, 夏子の, 平地の, 樽屋は, 江柄さんに, 瀧山さんは

▼ ます故に~ (11, 0.0%)

1 [11件] これを, つとめて自重, もちろん私, 他の, 其馬の, 善, 喜内不幸に, 尋下さらば相, 少數, 精通しない, 閣下の

▼ ます本当に~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありがとう, お元気, お堅, お嬢様は, さむいのね, その通り, 去年は, 呆れた奴, 寝ますから, 有難いと, 能くね

▼ ます殊に~ (11, 0.0%)

1 [11件] 個人の, 又合点, 命を, 御親子, 惣内歸役の, 日外中度々, 易緯といふ, 此熊谷土手は, 此犯罪は, 紐育の, 自分も

▼ ます~ (11, 0.0%)

2 にお 1 でございます, なら両個, にお通し, にここ, に何卒, に是非とも, の身上, みじめな, 誠に人

▼ ます~ (11, 0.0%)

1 [11件] ではあり, で昔, などにも自分, にしいて, にはキット, には何もかも, に今, に伝来, に数, に面, の御

▼ ますがねえ~ (10, 0.0%)

1 いやさすが, この道, その耳, わっしも, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, 何うも, 何ですえ, 何を, 幸い心ざす, 随分苦労

▼ ますけに~ (10, 0.0%)

1 おかげで, お二人, こね, これでも, どうぞ一つわし, 仮令仕事, 何が, 心配はいりません, 海の, 町の

▼ ますちょっと~ (10, 0.0%)

1 おくれましたが, お待ちなさい, お待ちを, はよろし, 前まで, 小林様の, 小高くなった, 湯あみを, 頼みます, 顔だけ

▼ ますつて~ (10, 0.0%)

41 お約束, な笑はし, ね上樣, よくよく頼ん, んで, 今電話

▼ ますとネ~ (10, 0.0%)

2 何う 1 こいつを, しばらく父親さん, それは, やがて講壇, 丁度電線, 奥様は, 御金, 細ウいお

▼ ますどんな~ (10, 0.0%)

2 ことが 1 のでした, のでしょう, ものも, 事で, 事に, 処にでも, 男に, 辱に

▼ ますへえ~ (10, 0.0%)

1 一緒に, 何う, 全く貧, 嚊は, 恐れ入ります御新造, 手や, 至って手狭, 誠に有難い, 鎧橋の, 頂戴を

▼ ますゆえそれ~ (10, 0.0%)

1 がし, がそら, が上策, にお, に聞い, のすみ, までのお, まで窮屈, をうるさ, を脅え

▼ ますよりも~ (10, 0.0%)

1 いっそ恐怖, お上御, もっと幸福, 少しは, 少し極端, 幾層倍の, 最も真摯誠実, 私は, 脅やかす, 遥かに

▼ ます~ (10, 0.0%)

1 お客様が, じゃア私, 些と, 何う, 何だか鴻, 出て, 女郎衆は, 情ね, 此処は, 都頭さん

▼ ます今夜~ (10, 0.0%)

2 はお客様, も此樣 1 だけは止めなさりませ, の弦月丸, はなに, は大分, もこれから, もこんな

▼ ます~ (10, 0.0%)

1 元気だ, 先達喜樂院の, 奥様の, 巌の, 旦那さまの, 親分で, 違いです, 部分は, 駈けで, 鳥井紋兵衛が

▼ ます手前~ (10, 0.0%)

2 は稻垣小三郎 1 などは誠に, には電話, の宅, はこれから, はその, は足利, も宮野邊源次郎, 早速に

▼ ます此処~ (10, 0.0%)

1 から私, が一段と, でございます, ですから, にお, に参っ, に有る, の湯, はいわば, は云

▼ ます~ (10, 0.0%)

2 にはそこら 1 にはきっと, には夜, ね, はからり, は春, は火曜日, は近い, もう既に朱文

▼ ますがて~ (9, 0.0%)

3 まえの 2 まえども, まえにも 1 まえが, まえは

▼ ますがネ~ (9, 0.0%)

2 みんな人夫頭の 1 あの女, お琴, もう, 只だ, 私は, 聞けば, 貴嬢

▼ ますさあ~ (9, 0.0%)

1 ここに, こんないや, どうかずっと, どうぞ, どうぞ此方, みんな持っ, 早く, 早くお, 落着い

▼ ますすぐ~ (9, 0.0%)

1 おいで, お届けいたします, におい, に照子, 傍で, 傍でございます, 又しょむ, 持って, 追っ駈けて

▼ ますせい~ (9, 0.0%)

1 かこれ, かその, かだまっ, かほんとう, かもう, かセル, か初め, か皆さん, ですか

▼ ますつまり~ (9, 0.0%)

1 これが, その血, その説, 勉強し, 山王台は, 早く話したい, 最初の, 私一人で, 苦労し

▼ ますとても~ (9, 0.0%)

1 お城, できませんから, 名僧智識と, 悪いこと, 手癖の, 気位の, 腕ずくで, 船で, 見て

▼ ますによって~ (9, 0.0%)

1 お止め, さまざま手を, たずねて, どうぞご覧, どうぞもうそれ以上, どうでも, 何卒か, 旦那様の, 欠かさずやって

▼ ますのでな~ (9, 0.0%)

1 ことごとに, これなる, さすがのて, やれ幽霊屋敷, ア, 否でも, 報恩寺の, 奥と, 本人どもが

▼ ますはい~ (9, 0.0%)

2 頼みます 1 あなたは, どうぞお前様持, 今彼処で, 宜く稼ぎます, 旦那様, 私し, 頼みますよ

▼ ますほんとに~ (9, 0.0%)

1 お嬢様の, お銀様, そういう場合, ほんとに, 今日の, 旅へ, 済みましねえ, 話が, 金が

▼ ますまだ~ (9, 0.0%)

1 お嫁, この女, どこへも, 一度も, 伺いも, 吐かしたら好い, 夜が, 子供の, 平河町に

▼ ます~ (9, 0.0%)

1 が問題, が西學凡, に依つ, は學校, は御, は現今我國, は私, を一寸, を知らせたなら

▼ ます何故~ (9, 0.0%)

1 つてあなたの, つてあの, と云つて, ならその, ならば, なら人間, に拙者, に苦行, 彼女が

▼ ます其処~ (9, 0.0%)

1 から汽車, が旦那様, で三拾, の姐, は主, へお, へ陥いりました, をぴったり, を何

▼ ます~ (9, 0.0%)

1 にし, 一時ほど, 傳馬町の, 天狗とは, 學校へ, 格子の, 溝の, 父さん, 県さん

▼ ます~ (9, 0.0%)

1 が向いたら, が揃う, です, で伺います, で巣守, で近い, ならそれ, のふれた, 永くそうして

▼ ます~ (9, 0.0%)

31 という人, と縁, はひどく, は徐城, は斬首台, をお

▼ ますいいえ~ (8, 0.0%)

1 こちらの, どうぞもうどうぞもう, 別段に, 向うは, 立てて, 自分で, 豊太の, 違います

▼ ますお嬢様~ (8, 0.0%)

1 が真昼, が萩原様, そのお, そんなこと, だってなに, のおかげ, の機先, はどうして

▼ ますお話~ (8, 0.0%)

2 は一息 1 が済んだら, でございますが, でございます一寸, は次, は鹽原多助一代記, 一寸一息

▼ ますかの~ (8, 0.0%)

1 ように, 人々の, 問いに, 太田道灌と, 時分の, 果物の, 法相の, 薄闇の

▼ ますからという~ (8, 0.0%)

1 お話な, のだった, のでしょう, ような, 丁寧な, 意味の, 断りの, 条件を

▼ ますけどね~ (8, 0.0%)

1 あれは, じぶん, とにかくスコブル, ズーッと, セメント会社の, 勝則さんは, 悪戦苦闘です, 私は

▼ ますけども~ (8, 0.0%)

1 その場, それが, それでも, とにかく着, どうしても母, 二十や, 何ういたしました, 私は

▼ ますせめて~ (8, 0.0%)

1 そのその百人一首, は戸田さま, 十本も, 小説でも, 手紙でも, 此の, 甘いもの一つ, 緑郎一人ぐらい

▼ ますそれでも~ (8, 0.0%)

1 この男, たった一人, やつぱりあかんです, 名物と, 宜いかえ, 皆様の, 自分の, 麥を

▼ ますだけの~ (8, 0.0%)

1 お世話を, こと, ことが, ことでございます, ことは, 余裕は, 価値の, 努力は

▼ ますなか~ (8, 0.0%)

2 で忍び音 1 で眠れる, にちょっと, にひとり, に人, に女, の一つ

▼ ますなど~ (8, 0.0%)

1 とけしからぬ事, 山の, 決して申さなかつた, 物憂さ, 皆同系, 言ひわけした, 話しかけて, 逢ったその

▼ ますほう~ (8, 0.0%)

1 がいい, がお, がよろしい, がよろしゅう, が御好, が死後, が音楽そのもの, へもお

▼ ますまあ~ (8, 0.0%)

1 お奉行様, お聞き下さい, この兵助, この美しい, よろしいで, 他流試合であります, 夜半亭と, 男の

▼ ますまでには~ (8, 0.0%)

1 それは, もしや貴方, 人の, 今一つの, 同類の, 大概骨が, 私たちは, 約三日

▼ ますゆえこれ~ (8, 0.0%)

2 にて 1 にてお, に対抗, をお, を引い, を持っ, 幸いと

▼ ますわれら~ (8, 0.0%)

6 の父 1 の神, の神さま

▼ ます~ (8, 0.0%)

31 ですが, ですよ, でそれ, でなん, で実は

▼ ます一寸~ (8, 0.0%)

2 待って 1 おかやどん, お約束, 一息継ぎまし, 休憩, 前, 此処を

▼ ます主人~ (8, 0.0%)

2 の命令 1 から訊い, が直ぐ, の御, の忰伊之助, は宿内, へはわたくし

▼ ます今晩~ (8, 0.0%)

1 でもおい, に限った, のうち, の回向料, はあそこ, は大水, もまた, 遅くとも上ります

▼ ます~ (8, 0.0%)

1 からお, には手段, に用, に類, の事, の人, の品, の者

▼ ます例へば~ (8, 0.0%)

2 石塔でも 1 九州では, 佛教の, 先程申上げました, 勳功が, 司馬温公の, 婚禮は

▼ ます~ (8, 0.0%)

2 をお 1 がいろいろ, が九州, はまだ, を一人, を勾引, を探し出し

▼ ます子供~ (8, 0.0%)

1 から発足, がどう, が一人, が気, に銭, のとき, の他, はその

▼ ます~ (8, 0.0%)

1 で, の井, の意, の方, の秀, の襞, の驛, 又は鎮座

▼ ます~ (8, 0.0%)

2 の春 1 こそ違っ, によって盛衰, に三兩, の頃五十八九, はまだ, は十八

▼ ます~ (8, 0.0%)

2 からです, に手 1 からその, どうしてい, の三峰堂, の処

▼ ます~ (8, 0.0%)

3 る者 1 る不思議, る人, る場合, る春, る時例

▼ ます拙者~ (8, 0.0%)

1 にさ, には船, の従者, の知人, は別に, は海外, もこれから, も子供

▼ ます~ (8, 0.0%)

2 に慣れた 1 で種々, のこと, へ出てる, をなさる, を常住, を楽しむ

▼ ます明日~ (8, 0.0%)

2 も来 1 からわっ, ぐらい, どうしよう, はどう, はまた, もここ

▼ ます様子~ (8, 0.0%)

1 が烈しい, になおさら, に私, は見, をよく, を見, を見届けた, 大騒動

▼ ます此方~ (8, 0.0%)

1 から罷り出, には番頭, の事, の家, へお, へ坐っ, へ首, も心配

▼ ます~ (8, 0.0%)

1 で, ですが, な黄金, 助けて, 変らずどうぞ, 変らず君, 変らず御, 替らず酔ったため

▼ ます~ (8, 0.0%)

2 にも服します 1 がない, ない者, に非, はどうぞ, は女, を幾重にも

▼ ます若し~ (8, 0.0%)

1 さう, 出來, 君は, 是で, 権田の, 神が, 私が, 貴方を

▼ ます身体~ (8, 0.0%)

1 が小さく, じゃなし, ではありません, ではない, に思い残す, の壮健, も悪い, を悪く

▼ ます~ (8, 0.0%)

1 があります, がつき, に江川村, に線路, の光明, の障り, はあります, は道標

▼ ますあんな~ (7, 0.0%)

1 ことで, のが, のを, 悪党野郎で, 物で, 結構な, 荒々しい侍

▼ ますあゝ~ (7, 0.0%)

1 云う貴い, 勿体ない口, 慌てましたから, 残念でございます, 申します, 結構な, 誠に何

▼ ますいま~ (7, 0.0%)

1 でもあなた, でも十五夜, でも許し, ならあたし, はどこ, 云うと, 死んでは

▼ ますからは~ (7, 0.0%)

1 どうかお, ふつと, やはり社会, ッは, 元より, 残念ながら, 池上が

▼ ますこう~ (7, 0.0%)

1 すると, なったらご覧, なると, ウヨウヨと, 云う障害, 云って, 祟られちゃ

▼ ますしかも~ (7, 0.0%)

2 ありたいもの 1 その発電所, そんなにきつく, ユーモラスであっ, 作業の, 客の

▼ ますしね~ (7, 0.0%)

1 それにああ, どうした, 今さらそんな, 例えばソヴェト選挙, 庭の, 毎日天気で, 美緒の

▼ ますすると~ (7, 0.0%)

1 もう決してはなさない, 問屋から, 太左衞門, 教へ, 旦那は, 父と, 鼠の

▼ ますそこで~ (7, 0.0%)

1 あなたの, お前は, わたくしは, 七月十二日私は, 中田の, 小人が, 海賊の

▼ ますだけでも~ (7, 0.0%)

1 この疚痛, 並み並みでない, 大体希臘人ガリヤ人オスケールラチネールフォルスケールウンブレール等各種族エトラスケールベネチェールリグレール, 心が, 怪しいほど, 此の, 私の

▼ ますでな~ (7, 0.0%)

1 つくづく太夫元, どうか, 挿絵は, 木戸は, 父親として, 繕っても, 酉の

▼ ますどこ~ (7, 0.0%)

1 でどんな, に書かれ, に美, のうち, の様子, までも自由, も怪我

▼ ますどちら~ (7, 0.0%)

1 がたぶらかした, が真, のお, へもお前さん, もよい, もピリピリ, も行くべき

▼ ますにつれて~ (7, 0.0%)

1 あらゆる国々, それが, わかって, 不便と, 私の, 美しくなりたぶ, 青みが

▼ ますのでと~ (7, 0.0%)

1 ていねいに, 云って, 云つて立ち上つた, 花子の, 言訳しかける, 訊ねた人間, 這入るなと

▼ ますほか~ (7, 0.0%)

1 に何, のお客様, の多数, の意趣, の者, の連中, を探した

▼ ますぼく~ (7, 0.0%)

3 はカムパネルラ 1 のお父さん, のため, はかならず, はひとり

▼ ますまことに~ (7, 0.0%)

1 ありがとうございます, 不都合な, 前世の, 大淀の, 申しわけが, 相すみませぬ, 辛うございます

▼ ますまま~ (7, 0.0%)

1 にお座敷, にもしか, にフイ, に乱文, に出来る, に幾重にも, に或は

▼ ますよりは~ (7, 0.0%)

1 お姉さま, 余程赤樫, 少しは, 御奉行様, 時々そちら様, 生涯そのものを, 腰骨に

▼ ます~ (7, 0.0%)

41 てさう, てね私ども, て小さい

▼ ます世間~ (7, 0.0%)

2 の人 1 では今, では天下, では歌, には泥棒, はどう

▼ ます今度~ (7, 0.0%)

1 つれて, の番, は今度, は何だか, は又, は少しく, ばかりは是非

▼ ます~ (7, 0.0%)

1 しお, し以前, し何, し定めて, し日頃, し秀子, し私

▼ ます~ (7, 0.0%)

2 のこと 1 だけをそれ, でもだまされ, にはいっこう, にゃあ, はこれから

▼ ます勿論~ (7, 0.0%)

1 これも, それを, 悉しい, 戰國時代あたりの, 私の, 私は, 私自身も

▼ ます即ち~ (7, 0.0%)

2 貴方は 1 アラダメヨ, 勞働の, 後宇多天皇, 花園天皇は, 近くに

▼ ます~ (7, 0.0%)

2 の女, はどこ 1 ではない, とは違いまし, に斯

▼ ます多分~ (7, 0.0%)

1 お山を, 佐, 兵隊さんが, 喧嘩が, 巣鴨の, 最初は, 江戸子でしょう

▼ ます御覧~ (7, 0.0%)

2 の通り 1 じまし, なさい, なさい此処, に入れましょう, 下さい

▼ ます~ (7, 0.0%)

2 ういう, う云う 1 ういふ, う云, の如く村

▼ ます旦那~ (7, 0.0%)

1 でございますか, にじゃあございません, のい, の金, もしお, 可愛がっ, 決して好い

▼ ます旦那様~ (7, 0.0%)

1 お見かけ, には別段, に限っ, のお, はふとした, へお, も新聞

▼ ます~ (7, 0.0%)

1 がある, が流れ, に住む, に移る, に身, のよう, の音

▼ ます~ (7, 0.0%)

1 ういう, うして, うじゃ, らば, る処昨日, れば, 樣御聞成れたら

▼ ます~ (7, 0.0%)

2 も女 1 の人, は口, ばかり女, もこの, 至って人相

▼ ます私共~ (7, 0.0%)

1 が習いました, には私共, の仲間, の母親, の祖先, は彼処, もこうした

▼ ます~ (7, 0.0%)

1 が散ります, の児, の日, の精, やの花, を朝, を欲しい

▼ ます限り~ (7, 0.0%)

1 お役に立ちとう存じます, お気風, ではと申し, では彼女, では祖父, では若殿様, のある

▼ ますあちら~ (6, 0.0%)

1 でお, ではこうして, では追, では避暑, の沖, へ御

▼ ますあと~ (6, 0.0%)

1 でお, でお礼, で気, のこと, は縞縮緬, は郁

▼ ますいい~ (6, 0.0%)

1 ですか, ですねエ, ときを, 子を, 笑い物に, 紅色の

▼ ますうえ~ (6, 0.0%)

1 にあの, にこっち, にちっとも, に今, に冥土, に御

▼ ますお願い~ (6, 0.0%)

2 します, でございます 1 でございますと, です

▼ ますからとて~ (6, 0.0%)

3 凋れる 2 幾度斷つた 1 幾度断つ

▼ ますからなあ~ (6, 0.0%)

1 この点, そうじゃ, そこで天保, 実に愉快, 片割, 間違えなくね

▼ ます~ (6, 0.0%)

1 え今度, またこの, ンど, 少しも, 警戒だけは, 豚箱だけは

▼ ますけれどもね~ (6, 0.0%)

1 ありや, いま玉子を, これでも, そのさき, 店賃は, 私は

▼ ますころ~ (6, 0.0%)

1 で, になれ, にほか, にまた, にまた必ず, に生まれました

▼ ますそちら~ (6, 0.0%)

1 でもどうぞよろしく, にも百合, に行ける, の目, へお, へ行きます

▼ ますそれほど~ (6, 0.0%)

1 の大変, の罪, 大事な, 殿様が, 気に入らぬ女房, 銀之助の

▼ ますたしかに~ (6, 0.0%)

1 おひきうけ申しました, お引受け, そういう名, 役所まで, 文章も, 私が

▼ ますつい~ (6, 0.0%)

2 昨晩酔まし 1 お心持, お見, この間の, 自分には

▼ ますについて~ (6, 0.0%)

1 あの入口, ええ何より, これも, なにとぞご, 助勢を, 私が

▼ ますまでも~ (6, 0.0%)

2 ございませんが 1 ありません馬琴, 一旦は, 強いこと, 私は

▼ ますまア~ (6, 0.0%)

1 何ういう, 何んとも, 其の本人, 是ア詰らん, 本当に斯, 私も

▼ ますもと~ (6, 0.0%)

2 は奉 1 と, 南蛮寺に, 臨安の, 食客だ

▼ ますわれわれ~ (6, 0.0%)

1 があまりに, が新しい, のもと, の耳, はこれ, はまだ

▼ ます一日~ (6, 0.0%)

2 だけお, も早く 1 ぐらいお, のうち

▼ ます丁度~ (6, 0.0%)

1 これに, エッチングの, 一方から, 之を, 前日に, 筍の

▼ ます事実~ (6, 0.0%)

1 からは遠い, から出発, が確認, においてあなた, によって単に, は反対

▼ ます何しろ~ (6, 0.0%)

1 しらふな, 可愛い若君, 宝にゃ, 月五千円から, 本来が, 私が

▼ ます何ん~ (6, 0.0%)

1 ぞ御用, でも, といっ, と言う, にも存じませぬで, にも御

▼ ます~ (6, 0.0%)

1 た一つ臍, で見せます, 出世を, 學者の, 彼等には, 御主人さ

▼ ます~ (6, 0.0%)

2 ならば 1 かも, ならめ, はいま我等, をし送る

▼ ます土地~ (6, 0.0%)

1 の人, の匂い, の昔, の者, は嶮岨, を今日

▼ ます場所~ (6, 0.0%)

1 がわかります, が悪う, です, は, はお, はまた

▼ ます奥様~ (6, 0.0%)

1 ええお控え下さいまし, とは子供, と御, に一度, は御, ももう

▼ ます心得~ (6, 0.0%)

1 で, でありましたが, である, でございますに, で事, で只今

▼ ます~ (6, 0.0%)

1 から七月, に, に隣り, もつい, 入って, 御家族

▼ ます日本~ (6, 0.0%)

1 から出る, のお, のシルク, の人, の理性, の興福寺

▼ ます昨夜~ (6, 0.0%)

1 お休み前, の御, まで呑んだ, も兄さん, も宵, も晝

▼ ます~ (6, 0.0%)

31 なわけ, にし, に父さん母さん

▼ ます~ (6, 0.0%)

1 で, ですなわち, はかならず, やはり虫, 何と呵々, 思うに

▼ ます皆様~ (6, 0.0%)

1 がお, がそう, によろしく, のお, はすぐ, はどうぞ

▼ ます~ (6, 0.0%)

1 がどこ, が斯様, で刻ん, にかじりつい, は姪浜石, 立たす少

▼ ます私ども~ (6, 0.0%)

1 がカツレツ, といっしょ, にどうして, のよう, はこういう, へ

▼ ます積り~ (6, 0.0%)

31 でご, です, ですと

▼ ます~ (6, 0.0%)

2 郎は 1 嬢の, 老も, 辺はな, 郎が

▼ ます~ (6, 0.0%)

3 の家 1 がし, に載せる, のなか

▼ ますあたし~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 はこんな, は母ちゃん, より米良

▼ ますあなた方~ (5, 0.0%)

1 がお, ならば, の御酒, の職業, は

▼ ますある~ (5, 0.0%)

2 種の 1 時は, 禰宜の, 華族様の

▼ ますあるいは~ (5, 0.0%)

1 巻煙草の, 御承知, 近頃よほどガラス絵, 長崎あたりへ, 風景中の

▼ ますいずれ~ (5, 0.0%)

1 主人が, 奢るから, 師匠から, 御入用, 用事が

▼ ますいろいろ~ (5, 0.0%)

1 お骨折, ご厄介, のこと, の思い, 勉強かたがた

▼ ますお方~ (5, 0.0%)

2 はどういう 1 で, はお, はこの

▼ ますお蔭~ (5, 0.0%)

1 でいろいろ, で助かります, で皆, で親子, を以

▼ ますかつて~ (5, 0.0%)

2 と他人 1 お聞き申しました, 云へ, 聞きますのよ

▼ ますからけ~ (5, 0.0%)

2 ふは 1 ふからは, ふにも, ふの

▼ ますがの~ (5, 0.0%)

1 どのよう, ほほほほ, 今では, 喜太郎様が, 背の

▼ ますがへ~ (5, 0.0%)

41 エ私は

▼ ますきっと~ (5, 0.0%)

1 あなたも, 最後まで, 殺されます, 殿様は, 素直に

▼ ますこっち~ (5, 0.0%)

1 が二三枚悪党, でございます, はないしょ, へお出で, をみる

▼ ますそいつ~ (5, 0.0%)

1 がみんな胆吹, が甲州入墨, はただ, を, を重く

▼ ますたんび~ (5, 0.0%)

2 に私 1 に, にビックリ, に重曹

▼ ますだけに~ (5, 0.0%)

1 このよう, この弥次郎, 一層甚, 何だか私, 深い感じ

▼ ますつて言~ (5, 0.0%)

1 ひ乍ら, ふの, ふ位, ふ積り, や宜

▼ ますとき私~ (5, 0.0%)

1 に火, に貯金, のそうした, は何れ, は愕然

▼ ますところが~ (5, 0.0%)

1 だれかが, 勝手を, 実に人相, 此の, 水野越前守殿が

▼ ますとだけ~ (5, 0.0%)

1 書き添えて, 申し上げて, 申上げませう, 答えた, 答え強い

▼ ますとでも~ (5, 0.0%)

1 いって, 云えば, 言うの, 言えば, 言ったらやっぱり

▼ ますと共に~ (5, 0.0%)

1 その危険, その門弟, 人民の, 舳先の, 藤原氏の

▼ ますどんなに~ (5, 0.0%)

1 ひどい恰好, 助かりますか, 悦ぶか, 突かれても, 迷惑である

▼ ますなに~ (5, 0.0%)

2 も姉御 1 ね清さん, も皆さん, 宜しい事

▼ ますなり~ (5, 0.0%)

1 その一国, ダンテは, 再びピストル, 時計の, 私は

▼ ますばかりか~ (5, 0.0%)

1 このよう, そう言う, 不思議が, 夢にも思いがけなかっ, 来るたびごと

▼ ますほんとう~ (5, 0.0%)

1 にそこ, にようこそ, に心中者, に無代進呈, に美くしそう

▼ ますみんな~ (5, 0.0%)

1 いひます, がお, には口, の感情, もう亡くなりました

▼ ますもうこ~ (5, 0.0%)

2 の娘 1 の峠, の羽織, の辺

▼ ますもちろん~ (5, 0.0%)

1 それと, 伊達家には, 医者から, 母親などは, 評議の

▼ ますよへ~ (5, 0.0%)

31 ッへ, ツへ

▼ ます但し~ (5, 0.0%)

1 これも, なにも, パンは, 人間の, 毛の

▼ ます何事~ (5, 0.0%)

1 か分りません, が起りました, に依らず聴き届け, もおっしゃり, も仰有り

▼ ます何分~ (5, 0.0%)

1 お願い申します, にも内済, にも命, 宜しく願, 御勘弁

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 であります, のお話, のハウス大佐, の男, の目

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 がゆうべ, のおも, の墓, はお前さま, は縁切

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 に又, に御, のお, の奥様, 當時の

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 すら其後, は他日, は当然, れは, れゆえ私

▼ ます~ (5, 0.0%)

2 を使う 1 でございますと, の刺し傷, はちと

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 は伊都, は何, は松蔵, は泣澤女, を喜助

▼ ます大きな~ (5, 0.0%)

2 声往来の 1 うつろの, 塔が, 拾い物を

▼ ます婦人~ (5, 0.0%)

1 の文章, は年, は男, は覚悟, をあなた様

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 が親, には見込み, に肖ない, はその, を憂うる

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 これからは, ほも, 又自己, 斯う, 近來

▼ ます御存じ~ (5, 0.0%)

1 でしょう, でしょうけれど, ではゐ, でもありませう, ないお

▼ ます必ず~ (5, 0.0%)

1 おいさめ申しませう, お顔, 一度は, 立退いて, 逃る

▼ ます支那~ (5, 0.0%)

1 の事, の内, の料理, の歴史, の留學生

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 し渡った鏡, の人々, の人たち, はせいぜい, は色々

▼ ます時に~ (5, 0.0%)

1 あゝそれでも, 其の殿, 樽は, 的が, 私が

▼ ます暫く~ (5, 0.0%)

1 お待ち下さい, でございました, 常陸へ, 御免を, 御無沙汰し

▼ ます~ (5, 0.0%)

3 はと至極 1 にある, を植

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 で兼良, やはどこ, を支那風, 月中に, 當に

▼ ます本当~ (5, 0.0%)

1 か嘘, で御座います, ね, のこと, の男

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 だよ, に入る, の人達, の為め, へ入る

▼ ます此の度~ (5, 0.0%)

3 はまた 1 は不思議, は又

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 が, な助平そう, な此処, はずるい, 出はうだい云つて

▼ ます直ぐ~ (5, 0.0%)

1 お暇, にあの, に郵便, 三行半を, 出るん

▼ ます~ (5, 0.0%)

5 して

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 がこれ, が待っ, に乗る, はどんな, はタヌキ

▼ ます若い~ (5, 0.0%)

1 うちに, 弟子は, 時に, 者が, 芸者衆や

▼ ます~ (5, 0.0%)

1 などは何, は丸顔, を余念, を前, を見

▼ ますあまり~ (4, 0.0%)

1 さも, の無法, 心を, 愉快な

▼ ますありがとう~ (4, 0.0%)

2 ございます 1 ございますどうか, ね

▼ ますあんた~ (4, 0.0%)

1 が私, と答え, の眼, もあぶない

▼ ますいえ~ (4, 0.0%)

1 これは, なにちょうさんが, 何様な, 恐入ります左様

▼ ますいかにも~ (4, 0.0%)

1 おっしゃる通り, そりゃ, ゴミの, 鈍感さうです

▼ ますえお~ (4, 0.0%)

1 賤金か, 頼ウ申ます, 風邪でございます, 風邪で御座います

▼ ますお気~ (4, 0.0%)

1 で, にさわりましたら, をお, をつけ下さいまし

▼ ますかて~ (4, 0.0%)

3 んだ 1 えと屹度

▼ ますかねえ~ (4, 0.0%)

1 これでも, じゃま, 宜く考え, 木とは

▼ ますからなどと~ (4, 0.0%)

1 ひと言も, 云った, 副島さんに, 母親らしい

▼ ますからも~ (4, 0.0%)

2 すこしお 1 少し曇った, 早や

▼ ますからネ~ (4, 0.0%)

1 またあした, 彼様松島様などの, 未だ頑是, 私は

▼ ますかわり~ (4, 0.0%)

1 にそれだけに, には栗柿, にまた, 暮らしづらく

▼ ますけれどね~ (4, 0.0%)

1 お雪ちゃん, 富山に, 新さんあなたなら, 歌舞伎の

▼ ますこうして~ (4, 0.0%)

1 このまま, はおられませぬどうぞ, 易々と, 遊学し

▼ ますそれだけ~ (4, 0.0%)

1 の絵図面, はどうぞ, 切りは, 生きて

▼ ますそれにしても~ (4, 0.0%)

1 仮父, 安房さま御, 貴方は, 陶工新垣栄徳氏の

▼ ますたしか~ (4, 0.0%)

1 あの相模屋, 私達が, 裏通りと, 養生所の

▼ ますたび~ (4, 0.0%)

1 にど, にひやひや, にデコボコ, に胸

▼ ますちと~ (4, 0.0%)

1 おあがり, お発しなさいまし, お遊び, 瑞巖寺へでも

▼ ますとして~ (4, 0.0%)

1 これらは, さしずめ総, 今は, 見せるの

▼ ますとともに~ (4, 0.0%)

1 いつが, ますます烈しく, また一方, 御返事の

▼ ますともと~ (4, 0.0%)

2 いと清し 1 云いながら, 答へ

▼ ますなかなか~ (4, 0.0%)

1 取り抑えるの, 名文章, 掘出し物が, 雅趣が

▼ ますなにぶん~ (4, 0.0%)

1 お見識, 宜しくお願い, 熱国より, 行届かない我儘者

▼ ますなんとか~ (4, 0.0%)

1 お咎め, ひとつやっ, 力を, 遠ざける工夫

▼ ますにつけ~ (4, 0.0%)

1 あまりお, あわれ此, 拙き筆, 篩に

▼ ますにつれ~ (4, 0.0%)

2 どうしてそんな 1 あわれ, こうしたこと

▼ ますにより~ (4, 0.0%)

1 只今限り自らを, 御陰灸かえ, 憚かり, 然樣御承知

▼ ますねん~ (4, 0.0%)

2 もん, やろ

▼ ますねエ~ (4, 0.0%)

1 しかたが, でもお, 奥様, 近頃の

▼ ますのにも~ (4, 0.0%)

1 たどたどしゅうござりましょうがせめて御身, 拘らず私, 綱に, 自分の

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 いこれ, ッかりで, ッてん, ッてんが

▼ ますひと~ (4, 0.0%)

1 がある, びとよ, もわれ, 渡りの

▼ ますひどい~ (4, 0.0%)

1 わね, 小説を, 蓬生の, 雨風で

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 に, へは毎日, 御免なさい, 此方へ

▼ ますまでに~ (4, 0.0%)

1 お気持ち, そんなかわいそう, ふしあわせな, 私を

▼ ますまるで~ (4, 0.0%)

1 お経, 菜根の, 違います, 違いますよ

▼ ますもう少し~ (4, 0.0%)

1 休んで, 立ちますと, 詳しいこと, 逗留し

▼ ますもっとも~ (4, 0.0%)

1 あなたは, そちらからの, 森長さんが, 浅草へ

▼ ますやがて~ (4, 0.0%)

1 カサとか, 恋を, 眼の, 階を

▼ ますやっぱり~ (4, 0.0%)

1 それでもいけない, わたくしは, 平田大人と, 節分の

▼ ますゆえここ~ (4, 0.0%)

1 ぞとばかり口幅ったく, とは違い, を破っ, を通る

▼ ますよい~ (4, 0.0%)

1 お内, お席, ついで, 夫を

▼ ますよね~ (4, 0.0%)

1 あの舟, そうじゃ, 分りましたか, 小増さん

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 其地肌に, 少し遅れた, 御新造様, 西洋では

▼ ますハイ~ (4, 0.0%)

1 お嫁, と云っ, 全くです, 兼ねて

▼ ます一旦~ (4, 0.0%)

1 のはじ, はこうして, 斯う, 粂之助も

▼ ます不思議~ (4, 0.0%)

1 がって, なもの, な秘密, な運命

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 にお, は, へ忠義, よ

▼ ます二人~ (4, 0.0%)

1 で怖い, で遊び, の医博, を一束

▼ ます~ (4, 0.0%)

3 は入りませぬ 1 驢磨麺贖罪

▼ ます仮令~ (4, 0.0%)

1 公方様の, 喜一郎が, 宗悦が, 身寄で

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 がこの, についての本, まるきり食べず, を装い

▼ ます何処~ (4, 0.0%)

1 か外, のお方, へでも忠実, へ参りました

▼ ます兄さん~ (4, 0.0%)

1 の世話, は帰りがけ, や姉さんたち, 早く引張っ

▼ ます去年~ (4, 0.0%)

1 と今年ぢ, の夏, の暮, も申しました

▼ ます~ (4, 0.0%)

2 なりの 1 く依而, 恐いの

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 の手附, の次第, は牡牛座, は美しい若い

▼ ます向う~ (4, 0.0%)

1 がその, に列ん, の小山, の突当

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 が惜しく, のさすが, の親, も恨めしゅう

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 でございましょうよ, でございますけれども, とおっしゃるなら, をお

▼ ます大きい~ (4, 0.0%)

1 体の, 因子として, 方は, 規模で

▼ ます大丈夫~ (4, 0.0%)

1 かしらと思っ, でご, です, よ

▼ ます~ (4, 0.0%)

2 の室 1 の六畳, の方

▼ ます好い~ (4, 0.0%)

1 お天気, が好い, 花魁は, 菓子では

▼ ます如何~ (4, 0.0%)

1 か人足, でございます, でございます貴下, ともする

▼ ます姿~ (4, 0.0%)

1 がわたしたち, はさながら, をあげますなら, を又

▼ ます~ (4, 0.0%)

2 さは 1 がつて, さ凌ぎに

▼ ます少々~ (4, 0.0%)

1 お屋敷, お目, 仔細が, 尋ねる人

▼ ます~ (4, 0.0%)

2 の方 1 に小僧, を閉め

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 になんだか, に妙, に思い出されます, に私

▼ ます座敷~ (4, 0.0%)

1 のあり, の中, は拵えます, へ二尺余り

▼ ます彼等~ (4, 0.0%)

1 の為, の爲, の訴え, は兵

▼ ます悪い~ (4, 0.0%)

1 ことは, 人は, 気で, 跡は

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 程御, 程此者, 程親, 程親父

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 がない, が空いたら行きましょう, をふっ, を合せます

▼ ます早速~ (4, 0.0%)

1 おとも, 娘に, 承るで御座いませう, 明日にも

▼ ます是非~ (4, 0.0%)

1 戴きます貴方, 聞かせて, 貴樣, 連れて

▼ ます時々~ (4, 0.0%)

1 あちらから, は狂歌, 逢うよう, 金兵衞の

▼ ます時間~ (4, 0.0%)

1 のない, の制限, は三十分, は五時

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 からズーッ, からズーツ掛, から正月, の内

▼ ます気持ち~ (4, 0.0%)

2 は暗く 1 の異様, は身

▼ ます沢山~ (4, 0.0%)

1 でなければ, は要らない, 入りますから, 持って

▼ ます然し~ (4, 0.0%)

1 あれでも, まア私, 僕の, 皆様私は

▼ ます田舎~ (4, 0.0%)

1 では塩引, の事, の娘, の意気地無し

▼ ます白い~ (4, 0.0%)

1 のも, 山, 蔽いが, 頭布を

▼ ます皆さん~ (4, 0.0%)

1 がむりやり, でまた, に, もう宜し

▼ ます神尾~ (4, 0.0%)

4 の殿様

▼ ます私たち~ (4, 0.0%)

1 からとして, だってたまりません, は今, は経済的

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 というの, に鶴, をあおい, 飛ぶ鳥

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 とふざけた, と唐突, と強制, と興

▼ ます良人~ (4, 0.0%)

1 でなくては, にし, は宇都宮, は平素牛肉

▼ ます調~ (4, 0.0%)

1 あり愚痴, といえない, といふの, は誰

▼ ます貴君~ (4, 0.0%)

3 は私 1 は武科

▼ ます貴女~ (4, 0.0%)

1 のお父さん, の敵, は呪, も身体

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 ゐさせて, 何卒お待ち, 公判の, 勉強ばかり

▼ ます近い~ (4, 0.0%)

2 うちに 1 ところに, んです

▼ ます部屋~ (4, 0.0%)

2 でその 1 の戸口戸口, を丁度

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 が砂, を禁, 絞の, 臭き人

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 がその, だって銀, にあかし, をお

▼ ます非常~ (4, 0.0%)

1 にそれ, に偉大, に其, に利きます

▼ ます頂戴~ (4, 0.0%)

2 致して 1 致しますヘエ, 致します結構

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 が冷たい, のおと, のつみ, の影響

▼ ます~ (4, 0.0%)

1 に乗せない, は正当防禦, は連れ, を寄越せ

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 なあわれ, ひだ木の葉の, 危うございます

▼ ますあいだ~ (3, 0.0%)

1 おくがた, にあまりに, 終始懸命

▼ ますあそこ~ (3, 0.0%)

1 には官, に紀介様, へ新屋

▼ ますいかなる~ (3, 0.0%)

1 大事も, 権勢も, 現場に

▼ ますいかに~ (3, 0.0%)

1 ムクだって, 単調でありましょう, 猟の

▼ ますいつも~ (3, 0.0%)

1 あなたの, ユリが, 御機嫌よろしゅう

▼ ますええ~ (3, 0.0%)

1 たいした方, 五郎吉の, 今すぐ

▼ ますお召物~ (3, 0.0%)

3 が濡れます

▼ ますお可~ (3, 0.0%)

3 愛想な

▼ ますお母さん~ (3, 0.0%)

1 が帰っ, が御, には早く

▼ ますお父さん~ (3, 0.0%)

1 はワイオミング州, は何処, は頭

▼ ますお礼~ (3, 0.0%)

1 にも都度, も申し上げられる, をおっしゃられ

▼ ますお金~ (3, 0.0%)

1 が出た, のお, はあなた

▼ ますかぎり~ (3, 0.0%)

1 は, はただ今, はつとめさせ

▼ ますかしら~ (3, 0.0%)

1 こちらに, しんぱいです, 隨分嚴しい

▼ ますかといふ~ (3, 0.0%)

1 問に, 意味に, 意味の

▼ ますかとか~ (3, 0.0%)

1 じゃア, どういう物語, よく眠る

▼ ますからとの~ (3, 0.0%)

1 こと, さまを, 口上を

▼ ますかを~ (3, 0.0%)

1 承りたく思います, 知らねども, 訊ねなければ

▼ ますがねと~ (3, 0.0%)

1 いうから, 云った, 河村さんが

▼ ますがも~ (3, 0.0%)

1 くだよの, 一つの, 少しお

▼ ますけん~ (3, 0.0%)

1 お種, ど公, 悪漢でも

▼ ます~ (3, 0.0%)

21 なけんその

▼ ますこれ等~ (3, 0.0%)

1 のこと, も古い, も都会

▼ ますこんど~ (3, 0.0%)

1 の勝負, はちょいちょい, またお

▼ ますごらん~ (3, 0.0%)

1 の通り, の通り色, 下さいあの

▼ ますさあお~ (3, 0.0%)

1 上りくださいまし, 入りくださいちょうど, 通り下さいませ

▼ ますさかいに~ (3, 0.0%)

2 大概家らし 1 ちっと辛抱

▼ ますしかしながら~ (3, 0.0%)

1 この最後, 支那の, 豊島氏の

▼ ますずいぶん~ (3, 0.0%)

1 久しくお, 御無事, 離れては

▼ ますぜと~ (3, 0.0%)

1 そうおっしゃっ, ジロリと, 野だ

▼ ますぜひ~ (3, 0.0%)

1 あなたも, お伴を, そこへ

▼ ますぜへ~ (3, 0.0%)

2 ッへ 1 ツへ

▼ ますそりゃ~ (3, 0.0%)

1 ア町内は, 勿体ねえ, 掩う

▼ ますぞや~ (3, 0.0%)

1 そのお, それを, まあ考へ

▼ ますたいへん~ (3, 0.0%)

1 です, に大きな, 果実に

▼ ますただいま~ (3, 0.0%)

1 四谷伝馬町の, 私共の, 腹痛が

▼ ます~ (3, 0.0%)

21

▼ ますだが~ (3, 0.0%)

1 この世とは, 何の, 山は

▼ ますだって~ (3, 0.0%)

1 ハタキに, 水筒に, 生活が

▼ ますってね~ (3, 0.0%)

1 いいか, 上様も, 過年

▼ ますついで~ (3, 0.0%)

1 にお, に焼豆腐, に私

▼ ますつて云~ (3, 0.0%)

1 つたよ, ひましたわ, ひましてね

▼ ますというは~ (3, 0.0%)

1 仏説でございます, 何う, 羽根田で

▼ ますとさ~ (3, 0.0%)

1 厭で, 殿様は, 私もうさっぱり

▼ ますとに~ (3, 0.0%)

1 うちふり, はかに, 飛びかひ

▼ ますとねえ~ (3, 0.0%)

1 なの, マア支那人ばっかり, 稼業の

▼ ますともさ~ (3, 0.0%)

1 いつに, つまりあなた様, 僕だって

▼ ますとや~ (3, 0.0%)

2 まねこ 1 背負守の

▼ ますどうして~ (3, 0.0%)

1 こんな処, それが, それまでに

▼ ますどころ~ (3, 0.0%)

3 では

▼ ますどころか~ (3, 0.0%)

1 あての, 実に珍, 背から

▼ ますどの~ (3, 0.0%)

1 ような, 女子でも, 辺を

▼ ますなぜ~ (3, 0.0%)

1 あんな小さく, っぴお伴, 西洋の

▼ ますなとて~ (3, 0.0%)

3 拭ふ

▼ ますなどという~ (3, 0.0%)

1 のは, 曖昧な, 細かきお話

▼ ますなにか~ (3, 0.0%)

1 あの娘さん, すること, 手だては

▼ ますなにとぞ~ (3, 0.0%)

1 今まで, 心配しない, 親分樣の

▼ ますなら~ (3, 0.0%)

1 地獄でも, 百年つれそう, 私は

▼ ますなるほど~ (3, 0.0%)

1 危ないこと, 豊島氏は, 重ねて

▼ ますのさ~ (3, 0.0%)

1 この人, イヤハヤも, 就ては

▼ ますのでへ~ (3, 0.0%)

3

▼ ますのにと~ (3, 0.0%)

1 しきりに嫁, 反撥を, 言ったそう

▼ ますのよと~ (3, 0.0%)

1 いって, ジーナは, 仰言って

▼ ますばかりに~ (3, 0.0%)

2 なりました 1 格子の

▼ ますほんに~ (3, 0.0%)

3 因果とでも

▼ ますまでの~ (3, 0.0%)

1 ホンの, 途中で, 間で

▼ ますみんな申~ (3, 0.0%)

2 上げます 1 上げて

▼ ますもしか~ (3, 0.0%)

2 すると 1 戦争でも

▼ ますもっと~ (3, 0.0%)

1 お身まわり, ひどくなる, やさしい鐚

▼ ますもとより~ (3, 0.0%)

1 この住居, 任せて, 手と

▼ ますもの私~ (3, 0.0%)

1 の考え, はそれ, は自分

▼ ますゆえようごろうじ~ (3, 0.0%)

2 ませ 1 なさりませ

▼ ますゆえ多助~ (3, 0.0%)

1 に相違, は気, は驚き

▼ ますらたけ~ (3, 0.0%)

1 をが渡りけん, をが笠, をの

▼ ますら雄~ (3, 0.0%)

1 といふ意識, のほ, の説明

▼ ますわが~ (3, 0.0%)

1 党の, 大君かも, 母が

▼ ますわねえ~ (3, 0.0%)

1 かかりますで, わたくし共でも, 八十銭で

▼ ますわよ~ (3, 0.0%)

1 あれじゃ, わたしも, ウ

▼ ますんでね~ (3, 0.0%)

1 これを, 市中も, 馬車なんか

▼ ますんでへ~ (3, 0.0%)

1 い, い一度清算, エへ

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 其の衣嚢, 怪いじゃ, 誠に今年

▼ ますエエ~ (3, 0.0%)

1 お頼み, と, もうそうひま

▼ ます一つ~ (3, 0.0%)

1 摘んで, 行って, 鳴いて

▼ ます一度~ (3, 0.0%)

1 お目, わたくしが, 至急に

▼ ます一緒~ (3, 0.0%)

1 にい, にいる, につれ

▼ ます七兵衛~ (3, 0.0%)

1 でございます, ですよ, と共にさきごろ目付役

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 の室, の茶の間, を見る

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 図風を, 届千万の, 届至極な

▼ ます二つ~ (3, 0.0%)

1 にわけ, の廢物利用, の押絵

▼ ます~ (3, 0.0%)

3 之さん

▼ ます今年~ (3, 0.0%)

1 がどうか, のよう, 既に七十

▼ ます代り~ (3, 0.0%)

1 にゃ女, に妻子, に幼い

▼ ます何だか~ (3, 0.0%)

1 おもしろい, くたびれが, 此の

▼ ます何と~ (3, 0.0%)

1 御世話, 情愛の, 面白いでしょう

▼ ます余り~ (3, 0.0%)

1 と申せ, よごれず来年, 美しいから

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 が来, の右, は土手下

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 しか月給, に八里山, の掛金

▼ ます~ (3, 0.0%)

21 で生憎

▼ ます先ず~ (3, 0.0%)

1 そのまえ, 二十三四それとも, 山崎に

▼ ます~ (3, 0.0%)

3 が許し

▼ ます十人~ (3, 0.0%)

2 ほどの青侍 1 ぐらいしか知らない

▼ ます午後~ (3, 0.0%)

1 になつ, は屑うどん, もあつかっ

▼ ます印度~ (3, 0.0%)

1 では何れ, におきましては王家, の聖人

▼ ます~ (3, 0.0%)

2 でご 1 じゃない

▼ ます古い~ (3, 0.0%)

1 のしか, フランスの, 風土記奈良朝の

▼ ます可愛~ (3, 0.0%)

2 そうに 1 がって

▼ ます同じ~ (3, 0.0%)

1 ことなら, 怨みは, 物が

▼ ます品物~ (3, 0.0%)

1 が氣, にどれ, はハッハ

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 なるからの, には妻子, の用

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 はあらず, へはや, もとつ國

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 にさめし, ばかりの平和運動, を聞きすて

▼ ます大きに~ (3, 0.0%)

1 お世話に, 余計な, 御厄介

▼ ます大した~ (3, 0.0%)

2 ことは 1 写生じゃ

▼ ます大切~ (3, 0.0%)

1 な身体, にし, に扱っ

▼ ます大層~ (3, 0.0%)

1 甘うございます, 着物を, 立派な

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 が命ずる, には一種, もあります

▼ ます失礼~ (3, 0.0%)

2 します 1 致しました

▼ ます女房~ (3, 0.0%)

1 が尼, はこれ, をお

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 な姿, にベトベト, ね歯

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 しの, はお先, は死にます

▼ ます実際~ (3, 0.0%)

1 そんな時, またそこ, 臆病で

▼ ます小さい~ (3, 0.0%)

1 のが, 男の子として, 部類には

▼ ます少く~ (3, 0.0%)

1 とも二十世紀, とも彼等, とも魯頌

▼ ます屋敷~ (3, 0.0%)

1 のほう, はどこら辺り, は旧

▼ ます屹度~ (3, 0.0%)

1 再び逢, 再逢, 参ります

▼ ます島田~ (3, 0.0%)

1 でずっと, の言葉, へも勿論

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 の手, の頬, もなく

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 ひ御, ひ曲者, ひ破傷風

▼ ます幸い~ (3, 0.0%)

1 お泊り合せ, 万年町の, 伯父は

▼ ます幾ら~ (3, 0.0%)

1 も持っ, 死ぬたって, 見ても

▼ ます弁信~ (3, 0.0%)

1 が背のび, と申す, はそれほど

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 だって三津子, にも逢いたい, もしん身

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 が悪う, でそむかない, についてその

▼ ます彼処~ (3, 0.0%)

1 に, は日中, へ嫁

▼ ます御方~ (3, 0.0%)

1 ではござりませぬ, といえ, にかくした

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 にその, に甲府, 水止と

▼ ます恐ろしい~ (3, 0.0%)

1 と思う, もので, 疵痕を

▼ ます我々~ (3, 0.0%)

1 が一生不足, のやう, 無関門

▼ ます我ら~ (3, 0.0%)

2 の父 1 の神

▼ ます我等~ (3, 0.0%)

2 の父 1 の閣下

▼ ます手前共~ (3, 0.0%)

1 で扱つた品, の不注意, の音頭

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 なぐります花嫁, 捨って, 掛の

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 お筆, お頼み, は是

▼ ます~ (3, 0.0%)

2 が見た 1 の姪儀

▼ ます料理屋~ (3, 0.0%)

1 なら料理, へ参りました, や遊廓

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 を承わりました, を答えました, を電照

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 刻早坂勇から, 漬大根に, 百合姫の

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, はございましょう, を下さい

▼ ます最初~ (3, 0.0%)

1 にやる, の出立, の美

▼ ます有様~ (3, 0.0%)

2 では無下 1 は何ん

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 の落付, 早く行きません, 行きます

▼ ます未だ~ (3, 0.0%)

1 些とも, 壮んな, 夜明前とは

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 が尽きない, でございますわたし, なるぞ

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 く人柄, く小品, むかし二段目三段目ぐらいに

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 のかげ, のなか, の体

▼ ます此處~ (3, 0.0%)

1 だけ質問, はあつし, へ一本

▼ ます武士~ (3, 0.0%)

1 の名刀, の子, は少し

▼ ます~ (3, 0.0%)

2 ではございません 1 か富山

▼ ます段々~ (3, 0.0%)

1 さう云, とお世話様, 樣子を

▼ ます江戸~ (3, 0.0%)

1 で一生懸命, にも無から, へ帰ったら

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 というもの, に恵まれ, の上

▼ ます滅法界~ (3, 0.0%)

1 に酔いました, に酔ひ, もなく強い

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 で実行, は名誉, をかいつまん

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 にそれ, に三阪さん, に少し

▼ ます父さん~ (3, 0.0%)

2 と千代松 1 の留守

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 いやあは, で一人, やから

▼ ます~ (3, 0.0%)

2 して 1 なれば

▼ ます特に~ (3, 0.0%)

1 女たちが, 文学的に, 風情の

▼ ます理由~ (3, 0.0%)

1 ははっきり, はほか, は外

▼ ます男女~ (3, 0.0%)

2 の客 1 の遊びくら

▼ ます番頭~ (3, 0.0%)

2 が眺めます 1 は少々

▼ ます相当~ (3, 0.0%)

1 なもの, の処, の抵当

▼ ます秀子~ (3, 0.0%)

1 と夏子, の容貌, は無論

▼ ます私自身~ (3, 0.0%)

1 さえ何, にとり, も供え物

▼ ます立山~ (3, 0.0%)

1 に居り, の剣山, の高

▼ ます立派~ (3, 0.0%)

2 なお 1 に修行

▼ ます竹生島~ (3, 0.0%)

1 と申しまする, に近い, の弁財天

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 にはそれ, には必ず, に分配

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 がございます, とも付かず, へ包め

▼ ます素人~ (3, 0.0%)

1 で少し, の時分, の私

▼ ます結構~ (3, 0.0%)

1 でございますそう, です, なお茶

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 の方, は豊国, をいつも

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 と, をもて, を聞き

▼ ます色々~ (3, 0.0%)

1 なもの, 御厄介, 申上げたい

▼ ます芝居~ (3, 0.0%)

1 のひと, の色々, も久しぶり

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 のご用, のよう, はありませんでしょう

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 はそれでも, も兄弟, を残し

▼ ます親分~ (3, 0.0%)

1 それだけ解っ, それだけ解つて, は

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 慾が, 神その, 菩薩の

▼ ます貴方様~ (3, 0.0%)

1 と私, も仰し, を始め

▼ ます農家~ (3, 0.0%)

2 の娘 1 だから

▼ ます通り私~ (3, 0.0%)

1 し妻, は田中, は鉱毒問題

▼ ます鉄砲~ (3, 0.0%)

1 は危ない, へも玉込, も一梃

▼ ます錢形~ (3, 0.0%)

2 の親分さん 1 の親分

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 が折れ込んだ, が験, を一本

▼ ます陶器~ (3, 0.0%)

1 の如き, は日本, は殆ど機械

▼ ます随分~ (3, 0.0%)

1 お屋敷, からだ, 思いきった事

▼ ます離縁~ (3, 0.0%)

3 の状

▼ ます~ (3, 0.0%)

2 有う 1 有い

▼ ます静か~ (3, 0.0%)

1 な明暗, になれ, に思い

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 がッ, になる, を縊

▼ ます馬鹿~ (3, 0.0%)

2 にされ 1 な奴

▼ ます馴染~ (3, 0.0%)

3 はざら一面

▼ ます駕籠~ (3, 0.0%)

1 が二挺, の中, も雇う

▼ ます~ (3, 0.0%)

2 は古巣 1 になさい

▼ ます~ (3, 0.0%)

1 の先, は卜, を抓ん

▼ ますあすこ~ (2, 0.0%)

1 から電車, の御堂

▼ ますあつい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 處がい

▼ ますあなたがた~ (2, 0.0%)

1 には殺す, は家族

▼ ますあなたさま~ (2, 0.0%)

1 こうして直, はどなたさ

▼ ますありがとうご~ (2, 0.0%)

2 ざります

▼ ますあんなに~ (2, 0.0%)

1 わたしは, 騒がしいの

▼ ますあんまり~ (2, 0.0%)

1 です小松, 思いがけないところ

▼ ますいかが~ (2, 0.0%)

1 でございましょう田山先生, でしょうそして

▼ ますいくら~ (2, 0.0%)

1 嫌われても, 金公に

▼ ますいっそ~ (2, 0.0%)

1 千木良か, 石川島で

▼ ますいったい~ (2, 0.0%)

1 あれは, 鈴慕の

▼ ますいつぞや~ (2, 0.0%)

1 の凌雲院, は失礼

▼ ますいつも何だか~ (2, 0.0%)

2 判らない楽器

▼ ますうそ~ (2, 0.0%)

1 にあき, をつかない

▼ ますうち六月八日~ (2, 0.0%)

2 には遂に

▼ ますうち地獄谷~ (2, 0.0%)

2 への坂道

▼ ますうつくしい~ (2, 0.0%)

2 カアル

▼ ますえと~ (2, 0.0%)

1 キンキンした, 申しました

▼ ますおお~ (2, 0.0%)

1 コラムよ, 赤い提燈

▼ ますおそらく~ (2, 0.0%)

1 あのまま, 原子破壊の

▼ ますお上人様~ (2, 0.0%)

2 は何と

▼ ますお供~ (2, 0.0%)

1 します, をいたす

▼ ますお前様~ (2, 0.0%)

1 の塩梅, の背後

▼ ますお勝手~ (2, 0.0%)

1 の戸, を覗いた

▼ ますお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 からちょい, が病気

▼ ますお寺~ (2, 0.0%)

1 の信者, も収入

▼ ますお母さま~ (2, 0.0%)

1 がお, は嘸

▼ ますお母様~ (2, 0.0%)

1 お懐かしゅう, のお世話

▼ ますお祝い~ (2, 0.0%)

1 だったらと, になる

▼ ますお茶~ (2, 0.0%)

1 が, を一つ召

▼ ますお蔭様~ (2, 0.0%)

1 で, で父子

▼ ますお話し~ (2, 0.0%)

1 しましょう, すること

▼ ますお送り~ (2, 0.0%)

1 して, しましょうか

▼ ますお雪ちゃん~ (2, 0.0%)

1 にもよろしく, の怨み言

▼ ますかなと~ (2, 0.0%)

1 また聞いたら, 申して

▼ ますかなどと~ (2, 0.0%)

1 文王傍へ, 訊かれると

▼ ますかなどという~ (2, 0.0%)

1 事が, 質問まで

▼ ますかなり~ (2, 0.0%)

1 感情の, 重い荷物

▼ ますかねて~ (2, 0.0%)

1 お噂, のお

▼ ますかへ~ (2, 0.0%)

1 いない, 九死一生の

▼ ますかよ~ (2, 0.0%)

1 よろしいよろしい, 此の

▼ ますからこそ~ (2, 0.0%)

1 こういう話, こうして黙っ

▼ ますからといふ~ (2, 0.0%)

1 口上を, 続きが

▼ ますからねと~ (2, 0.0%)

2 町内に

▼ ますからよ~ (2, 0.0%)

1 ござんす, 暫くお待ち

▼ ますがとにも~ (2, 0.0%)

1 かくにも, 角にも

▼ ますがは~ (2, 0.0%)

1 いるの, からいという

▼ ますきのう~ (2, 0.0%)

1 はでも, は電車

▼ ますきょう~ (2, 0.0%)

1 もお供, も雨降り

▼ ますけれどを~ (2, 0.0%)

2 んどり

▼ ますこいつ~ (2, 0.0%)

1 が田作, の死骸

▼ ますことに~ (2, 0.0%)

1 おなじ道, 犬小屋に

▼ ますこと一通り~ (2, 0.0%)

1 でありません, でない

▼ ますこと殿~ (2, 0.0%)

1 には断じて, にもご

▼ ますこのごろ~ (2, 0.0%)

1 の他, は以前

▼ ますこれら~ (2, 0.0%)

1 はうち, も重要

▼ ますこんなに~ (2, 0.0%)

1 早く御, 自分たちの

▼ ますごと~ (2, 0.0%)

1 にわたくし, に百円

▼ ますさい~ (2, 0.0%)

1 あの通大儀, ごに

▼ ますさえ~ (2, 0.0%)

1 あの通り大儀, 何とのう

▼ ますさぞ~ (2, 0.0%)

1 憎い女, 日々御

▼ ますすっかり~ (2, 0.0%)

1 干すもの, 貴女は

▼ ますすなわち~ (2, 0.0%)

1 我々は, 江陽王の

▼ ますせっかく~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 そんな新聞, やけど

▼ ますそうすると~ (2, 0.0%)

1 壺振, 遽かに

▼ ますそしたら~ (2, 0.0%)

1 どんなに気, 自然主義の

▼ ますそして又~ (2, 0.0%)

1 人の, 人間が

▼ ますそのうえ~ (2, 0.0%)

1 義理が, 諺にも

▼ ますその道~ (2, 0.0%)

1 の人, を以てすれ

▼ ますそれぢ~ (2, 0.0%)

2

▼ ますそれとも~ (2, 0.0%)

1 あなたは, あんまり怖い

▼ ますそん~ (2, 0.0%)

1 ならわし, なら悪女大姉

▼ ますそんなに~ (2, 0.0%)

1 お金に, 大きな橋

▼ ますぞい~ (2, 0.0%)

2

▼ ますぞとて~ (2, 0.0%)

2 空車引い

▼ ますたった~ (2, 0.0%)

1 一つ, 一つあの

▼ ますたとえ~ (2, 0.0%)

1 今の, 気が

▼ ますたとえば~ (2, 0.0%)

1 一群の, 歌その

▼ ますだけじゃ~ (2, 0.0%)

1 なんだかいっこうわからない, 恐れ入り方

▼ ますだけは~ (2, 0.0%)

1 いかなこと, 大概片付けました

▼ ますちょうど~ (2, 0.0%)

1 明日は, 雨だれの

▼ ますでの~ (2, 0.0%)

1 あなたも, 今夜は

▼ ますとおり~ (2, 0.0%)

1 で鉄漿, にお

▼ ますとかの~ (2, 0.0%)

1 主僧, 泥棒は

▼ ますとが~ (2, 0.0%)

1 つ, 十文字の

▼ ますところあなた~ (2, 0.0%)

1 のお, は世間

▼ ますところで~ (2, 0.0%)

1 しかるにその, ガラス絵は

▼ ますとさえ~ (2, 0.0%)

1 お互に, 思われるたぐい

▼ ますとにかく~ (2, 0.0%)

1 われらも, 御膳を

▼ ますともかく~ (2, 0.0%)

1 も私共, も首尾

▼ ますとやらにて~ (2, 0.0%)

1 いかな, 道中神妙番付面では

▼ ますとを~ (2, 0.0%)

1 ぢさんが, んどり

▼ ますどうせこれから~ (2, 0.0%)

2 東京に

▼ ますどもね~ (2, 0.0%)

2

▼ ますなあと~ (2, 0.0%)

2 賞める

▼ ますなお~ (2, 0.0%)

1 さへ, われわれの

▼ ますなるべく~ (2, 0.0%)

1 よそへ, 早く

▼ ますなんかと~ (2, 0.0%)

1 言って, 赤くなっ

▼ ますなんぞ~ (2, 0.0%)

1 御入用, 摘んで

▼ ますについては~ (2, 0.0%)

1 お送りいたす, 追って柴田

▼ ますねえお~ (2, 0.0%)

1 父様, 父様進上げたっ

▼ ますねえと~ (2, 0.0%)

1 言うより, 言った

▼ ますねなどと~ (2, 0.0%)

2 取りすまして

▼ ますねー~ (2, 0.0%)

1 お蕎麦, 別段に

▼ ますのでという~ (2, 0.0%)

1 ことだった, 文面だった

▼ ますのでね~ (2, 0.0%)

1 おやおや何処, こんな所

▼ ますのでも~ (2, 0.0%)

1 みんな断りいうてる, 一度物品

▼ ますのねエ~ (2, 0.0%)

1 よウ, ホヽヽヽヽ

▼ ますはいお~ (2, 0.0%)

1 切りなさい友人, 品が

▼ ますはるばる~ (2, 0.0%)

1 と夷, 甲州路から

▼ ますばっかり~ (2, 0.0%)

1 で, ですもの

▼ ますひとり~ (2, 0.0%)

1 の殿様, ぼっちでございます

▼ ますふう~ (2, 0.0%)

1 で早く, の見えます

▼ ますほかほか~ (2, 0.0%)

1 するくらい, の山々

▼ ますほのぼの~ (2, 0.0%)

2

▼ ますほほ~ (2, 0.0%)

2

▼ ますまして~ (2, 0.0%)

1 あの藍玉屋, まともに

▼ ますましてや~ (2, 0.0%)

1 この七十里, 今度

▼ ますまず~ (2, 0.0%)

1 刀を, 第一番

▼ ますみなみ~ (2, 0.0%)

1 なは, な仰せつけ

▼ ますむかし~ (2, 0.0%)

1 から仏法東漸, も今

▼ ますむろん~ (2, 0.0%)

1 ついて, 酒なし

▼ ますもうだいぶん~ (2, 0.0%)

2 遅くなった

▼ ますもったいな~ (2, 0.0%)

1 さすぎます, さに

▼ ますものそれ~ (2, 0.0%)

1 で供養, は為

▼ ますもの風~ (2, 0.0%)

2 が吹い

▼ ますもはや~ (2, 0.0%)

1 お屋敷まわり, 十年ちかく

▼ ますやはり~ (2, 0.0%)

1 これも, 女でございます

▼ ますやも~ (2, 0.0%)

1 知れぬ, 計られませぬ

▼ ますゆえいかが~ (2, 0.0%)

1 でご, なもの

▼ ますゆえそちら~ (2, 0.0%)

1 から持ち出した, もどうぞ

▼ ますゆえどこ~ (2, 0.0%)

1 に当る, へでもお伴

▼ ますゆえわたくし~ (2, 0.0%)

1 は夜, 空恐ろしゅうござります

▼ ますゆえ今~ (2, 0.0%)

1 のお, も六兵衛どん

▼ ますゆえ何~ (2, 0.0%)

1 うぞ, がそんな

▼ ますゆえ彼~ (2, 0.0%)

1 の人, を稽古台

▼ ますゆえ手前~ (2, 0.0%)

1 にいささか, は只

▼ ますゆえ誰~ (2, 0.0%)

1 も蔀, も見たがります

▼ ますゆゑ~ (2, 0.0%)

1 その点, ただお

▼ ますようお願い申~ (2, 0.0%)

2 上げます

▼ ますようどなた~ (2, 0.0%)

2 か駐在さん

▼ ますよかっ~ (2, 0.0%)

1 たこと, たらいつも

▼ ますよとの~ (2, 0.0%)

1 ことです, 答へ

▼ ますよなどとまで~ (2, 0.0%)

2 仰しゃった

▼ ますよなんて~ (2, 0.0%)

1 いい声, アノ重い

▼ ますよは~ (2, 0.0%)

1 いいとしても, よけいな

▼ ますよほど~ (2, 0.0%)

1 うまく取計らわない, 腕の

▼ ますよろしい~ (2, 0.0%)

1 でしょうか, ですか

▼ ますよー~ (2, 0.0%)

1 お前さんを, 旦那アー油断し

▼ ますわたくしども~ (2, 0.0%)

1 の方, の覗い

▼ ますわっ~ (2, 0.0%)

1 しに, しは

▼ ますわという~ (2, 0.0%)

1 人, 気分で

▼ ますんでな~ (2, 0.0%)

1 そのご用, どこから

▼ ますアヽ~ (2, 0.0%)

1 そうか, 痛い腕

▼ ますイヤ~ (2, 0.0%)

2 なおばさん

▼ ますストップ~ (2, 0.0%)

1 ねがいます大きな, ねがひます

▼ ますビール~ (2, 0.0%)

1 というやつ, ももっ

▼ ますマア~ (2, 0.0%)

1 その位, 続いた事

▼ ますマアマア~ (2, 0.0%)

2 そんな手荒

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 そういっ, 同じ事

▼ ますヨーロッパ~ (2, 0.0%)

2 の文学

▼ ますランプ灯~ (2, 0.0%)

1 の火光, も消え

▼ ますリアル~ (2, 0.0%)

1 なもの, な記録

▼ ますリンゴ~ (2, 0.0%)

1 には紙袋, のすった

▼ ます一つ行つて~ (2, 0.0%)

1 きいて, 聞いて

▼ ます一体~ (2, 0.0%)

1 今の, 湯を

▼ ます一方~ (2, 0.0%)

1 じゃ, ですし

▼ ます一軒家~ (2, 0.0%)

1 で村, は

▼ ます一飯~ (2, 0.0%)

1 の喜捨, の御

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 ど唯今, ど貴下

▼ ます七日~ (2, 0.0%)

1 とお, にし

▼ ます万事~ (2, 0.0%)

1 お申しつけ, が窮屈

▼ ます三人~ (2, 0.0%)

1 のお, の青年

▼ ます三人組~ (2, 0.0%)

2 の首領

▼ ます三十五年~ (2, 0.0%)

1 にはもう, に堤防

▼ ます三島さん~ (2, 0.0%)

1 とおっしゃいます, とおつし

▼ ます三輪~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ ます不自由~ (2, 0.0%)

1 でしょうけれど, はさせません

▼ ます不調法者~ (2, 0.0%)

1 で, で此

▼ ます世の中~ (2, 0.0%)

1 では過激思想, に寂しい

▼ ます世界~ (2, 0.0%)

1 の国々, もこんな

▼ ます主家改易~ (2, 0.0%)

1 で皆, の後

▼ ます久助さん~ (2, 0.0%)

1 が帰ったら, の身の上

▼ ます二三日前~ (2, 0.0%)

1 の事, の晩

▼ ます二萬圓~ (2, 0.0%)

2 掛けて

▼ ます二階~ (2, 0.0%)

1 でね, はすっかり

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 とばかり旅銀, とばかり薄荷

▼ ます人民~ (2, 0.0%)

1 が谷中村, はあなた

▼ ます人間界~ (2, 0.0%)

1 から天上界, を離れ

▼ ます今に~ (2, 0.0%)

1 否と, 小さいの

▼ ます今時~ (2, 0.0%)

2 は毎日二度

▼ ます今晩あたり~ (2, 0.0%)

1 もまた, も又

▼ ます今更~ (2, 0.0%)

2 帰れも

▼ ます仔細~ (2, 0.0%)

1 あって, はいずれ

▼ ます仕事~ (2, 0.0%)

1 にありつけます, を私

▼ ます仕方~ (2, 0.0%)

1 がありません, がない

▼ ます他人~ (2, 0.0%)

1 の奥さん, の楽しむ

▼ ます以前~ (2, 0.0%)

1 から私, に重大

▼ ます以外~ (2, 0.0%)

1 にはさして, には何一つ

▼ ます伊之助~ (2, 0.0%)

1 に書かせましょう, に書かせませう

▼ ます伊兵衞~ (2, 0.0%)

1 と申す, や灯火

▼ ます伯父さん~ (2, 0.0%)

1 がいなけれ, にお

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 注射な, 菅谷が

▼ ます何で~ (2, 0.0%)

1 ございます, もい

▼ ます何とか~ (2, 0.0%)

1 植木屋と, 算段を

▼ ます何やら~ (2, 0.0%)

2 会が

▼ ます何れ~ (2, 0.0%)

1 お浮, も稼業人

▼ ます何分どう~ (2, 0.0%)

1 かお世話, か其の

▼ ます何方~ (2, 0.0%)

1 と云っ, にし

▼ ます何物~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ ます佛教~ (2, 0.0%)

1 に此, の古い

▼ ます例えば~ (2, 0.0%)

1 裸体人物に, 陰陽術師の

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 そうと, 諸功徳

▼ ます健康~ (2, 0.0%)

1 というもの, に復し

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 からどしどし, へ這い

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 はなし, をください

▼ ます先程~ (2, 0.0%)

1 から早, は誠に

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 に角, に角印度

▼ ます入用~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ ます六尺~ (2, 0.0%)

1 の手槍, の窓

▼ ます共産主義~ (2, 0.0%)

1 とかキリスト教主義, を

▼ ます其中~ (2, 0.0%)

1 お互に, から成り

▼ ます其度~ (2, 0.0%)

1 に單衣, に譯ら

▼ ます其方~ (2, 0.0%)

1 で勝手, はそちら

▼ ます再び~ (2, 0.0%)

1 同じ程, 眼が

▼ ます冗談~ (2, 0.0%)

1 はさて, 云わないで

▼ ます刃物~ (2, 0.0%)

1 だって自分, を替えた

▼ ます切符~ (2, 0.0%)

1 の半額券, の関係

▼ ます初め~ (2, 0.0%)

1 から貴女, は山路

▼ ます初めて~ (2, 0.0%)

1 のこと, 伊香保へ

▼ ます別に~ (2, 0.0%)

1 お供の, お目

▼ ます前後~ (2, 0.0%)

1 にはわたくしども, のお

▼ ます前橋~ (2, 0.0%)

2 でも一流中

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 がなくなりました, を持つ

▼ ます~ (2, 0.0%)

2 うるに

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 の山ぎは, の山ぎわ

▼ ます十二支組~ (2, 0.0%)

1 の残党, の殘黨

▼ ます十分~ (2, 0.0%)

1 に, 存じて

▼ ます南三復~ (2, 0.0%)

1 と関係, はわたくし

▼ ます原稿紙~ (2, 0.0%)

1 に, もきっちり

▼ ます叔母~ (2, 0.0%)

1 がそれ, の意味

▼ ます叙情詩~ (2, 0.0%)

1 が残, が殘

▼ ます~ (2, 0.0%)

2 に蓋

▼ ます古く~ (2, 0.0%)

1 ても縫い直し, は狛江

▼ ます可愛い~ (2, 0.0%)

1 女な, 子で

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 土曜の, 幕の

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 人事は, 博士にとりまして

▼ ます同時に~ (2, 0.0%)

1 それは, 人を

▼ ます名刀~ (2, 0.0%)

1 がございました, が一

▼ ます名物~ (2, 0.0%)

1 にうまい, の二八蕎麦

▼ ます哲学~ (2, 0.0%)

2 を宗教

▼ ます唐氏~ (2, 0.0%)

2 の定

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 を吐きかけます, を吐き掛けられた

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 悪い奴, 高い品

▼ ます四月~ (2, 0.0%)

1 から見る, と十月

▼ ます国家~ (2, 0.0%)

1 にはそれほど, の危急

▼ ます地方~ (2, 0.0%)

1 の一般, 半定住

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 のふせぎ, への御

▼ ます~ (2, 0.0%)

2 の建てたい

▼ ます多助~ (2, 0.0%)

1 がそういう, を遣っ

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 が明けれ, は方々

▼ ます大勢~ (2, 0.0%)

1 して, の客

▼ ます大和屋十右衛門~ (2, 0.0%)

2 と申す

▼ ます大変~ (2, 0.0%)

1 だ, に安く

▼ ます大抵~ (2, 0.0%)

1 は毎日, 同様の

▼ ます大阪~ (2, 0.0%)

1 に行け, の南

▼ ます大隅流~ (2, 0.0%)

2 は童児

▼ ます女一人~ (2, 0.0%)

1 でございますから, では

▼ ます如何なる~ (2, 0.0%)

1 困難を, 罪が

▼ ます姉さん~ (2, 0.0%)

1 が亡くなった, のよう

▼ ます婆さん~ (2, 0.0%)

1 でこれ, 又彼方

▼ ます嫌い~ (2, 0.0%)

1 なもの, な人

▼ ます学問~ (2, 0.0%)

1 にもぬけ, の方

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 で案じ, へお

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 南皇帝を, 泊りの

▼ ます宗教~ (2, 0.0%)

1 といい, の時代

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 の娘, ア今日此処へ

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 は夫婦連れ, は霊岸島川口町

▼ ます家主~ (2, 0.0%)

1 の内儀さん, も誠に

▼ ます家内~ (2, 0.0%)

1 がお年玉, を連れ

▼ ます家族~ (2, 0.0%)

1 だけで, の者

▼ ます寒く~ (2, 0.0%)

1 なったらきゃつをだっこします, なりますと

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 に私, に私し

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 では大, の名

▼ ます寿~ (2, 0.0%)

1 が自分用, はこちら

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 ては多分, ては恐入った

▼ ます左樣~ (2, 0.0%)

2 ならとて

▼ ます師匠~ (2, 0.0%)

1 に行かれ, は竹割り虎松

▼ ます幇間~ (2, 0.0%)

1 が二人, で

▼ ます平民~ (2, 0.0%)

1 は何, も貴族

▼ ます幸内~ (2, 0.0%)

1 がかわいそう, にはわたくし

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 からでも這入った, も些

▼ ます弟子~ (2, 0.0%)

2 の耳

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 さが, ては申しません

▼ ます当人~ (2, 0.0%)

1 があの, さえ居なけれ

▼ ます当家~ (2, 0.0%)

1 の主人, も迷惑

▼ ます役人~ (2, 0.0%)

1 から目付役, に捕まっ

▼ ます役場~ (2, 0.0%)

2 からの

▼ ます彼め~ (2, 0.0%)

2 が幼少とき

▼ ます彼處~ (2, 0.0%)

1 に, へ入

▼ ます往来~ (2, 0.0%)

1 の者, もばったり

▼ ます後ろ~ (2, 0.0%)

2 から突いた

▼ ます後生~ (2, 0.0%)

1 ですわ, のお

▼ ます御子~ (2, 0.0%)

1 の知ら, は何

▼ ます御用~ (2, 0.0%)

1 があったら, がございましたら

▼ ます心算~ (2, 0.0%)

1 で出立, もう一言

▼ ます必然~ (2, 0.0%)

1 ですが, の勢

▼ ます~ (2, 0.0%)

2 ろしい

▼ ます思わず~ (2, 0.0%)

1 言過ぎ, 識らず

▼ ます急ぎ~ (2, 0.0%)

1 この由, の用事

▼ ます息子~ (2, 0.0%)

1 の嫁, はムツ

▼ ます悲しい~ (2, 0.0%)

1 ことです, と存じます

▼ ます意気地~ (2, 0.0%)

1 のない, の無い

▼ ます我が~ (2, 0.0%)

1 大君の, 父の

▼ ます手早く~ (2, 0.0%)

2 御支度

▼ ます手紙~ (2, 0.0%)

1 が収められ, に彼女

▼ ます批判~ (2, 0.0%)

1 が正しい, します

▼ ます折角~ (2, 0.0%)

1 お出でなすっ, の事

▼ ます拙い~ (2, 0.0%)

1 なんて, 処は

▼ ます指物屋~ (2, 0.0%)

2 の岩吉

▼ ます捨鉢~ (2, 0.0%)

2 な荒びごころ

▼ ます支度~ (2, 0.0%)

1 のまま, も何

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 が来ます, の陣地

▼ ます文字房さん~ (2, 0.0%)

2 にお願い

▼ ます文字清~ (2, 0.0%)

2 と申します

▼ ます文学~ (2, 0.0%)

1 の本質, はどう

▼ ます新吉~ (2, 0.0%)

1 と手, と申す

▼ ます方法~ (2, 0.0%)

1 はなかつた, を加賀病院

▼ ます日本中~ (2, 0.0%)

1 の人間, の女子

▼ ます旦那私~ (2, 0.0%)

1 はもう, はタルマ

▼ ます旧冬~ (2, 0.0%)

1 はまた, は何角

▼ ます早瀬~ (2, 0.0%)

2 と申します

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 のよう, や昔

▼ ます昨年~ (2, 0.0%)

1 から見る, の盆時分

▼ ます昨晩~ (2, 0.0%)

1 おやすみに, は誠に

▼ ます時下~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ ます時帯~ (2, 0.0%)

2 の結め

▼ ます時機~ (2, 0.0%)

1 がない, がまいりました

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 なので, のその

▼ ます最後~ (2, 0.0%)

1 のお, の仕事

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 名品は, 樣を

▼ ます木曾~ (2, 0.0%)

1 の三留野, は尾州家

▼ ます東京~ (2, 0.0%)

1 ではなん, の人

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 大学教授の, 按ずるに

▼ ます根堅洲国~ (2, 0.0%)

2 に参

▼ ます極めて~ (2, 0.0%)

1 柔順に, 高いごく

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 でないこと, を誰

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 だの剣術, は確か

▼ ます様々~ (2, 0.0%)

1 な意味, のやさしい

▼ ます標本~ (2, 0.0%)

1 の大, や参考品

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 の傍, の際

▼ ます機会~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, がなかっ

▼ ます次郎~ (2, 0.0%)

1 という, の耳

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 にこんな, を見まし

▼ ます正直~ (2, 0.0%)

1 なお話, に

▼ ます此人~ (2, 0.0%)

1 は又, は應仁

▼ ます此島~ (2, 0.0%)

2 がかの

▼ ます殿様方~ (2, 0.0%)

1 がお, の御

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 に一〇〇円, の一〇〇円也

▼ ます毎度~ (2, 0.0%)

1 また御, 御親切

▼ ます毎日~ (2, 0.0%)

2 お邪魔

▼ ます気味が悪う~ (2, 0.0%)

2 ございますよ

▼ ます汝ら~ (2, 0.0%)

2 の父

▼ ます沙門~ (2, 0.0%)

1 なし, にはいろいろ

▼ ます河野道円~ (2, 0.0%)

1 がお, が伺候

▼ ます浅草~ (2, 0.0%)

1 の観音, を出

▼ ます海岸~ (2, 0.0%)

1 の台湾航路, の方

▼ ます淋しい~ (2, 0.0%)

1 ところだ, ところと

▼ ます深く~ (2, 0.0%)

1 感謝し, 自分に

▼ ます源太様~ (2, 0.0%)

2 の仕事

▼ ます演題~ (2, 0.0%)

1 は, は茲

▼ ます無事~ (2, 0.0%)

2 で居れば

▼ ます無神論者~ (2, 0.0%)

1 が反, が反対

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 がいます, が穴

▼ ます父親~ (2, 0.0%)

1 の泣い, も自然

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 の骨, はそう

▼ ます牡蠣~ (2, 0.0%)

1 あがりまっか, あがりまつか

▼ ます犬塚信乃~ (2, 0.0%)

1 の凜, の顔

▼ ます~ (2, 0.0%)

2 が腹鼓

▼ ます~ (2, 0.0%)

2 だの貴僧

▼ ます珍しい~ (2, 0.0%)

1 ことでしょう, 遺物も

▼ ます理想~ (2, 0.0%)

1 の国, の国土

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 ですから, や琵琶

▼ ます琵琶~ (2, 0.0%)

1 は平家, も私の

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 しいの, 恐れ多い事

▼ ます生活~ (2, 0.0%)

1 から, の中

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 のもの, の畜生

▼ ます田山先生~ (2, 0.0%)

1 だけが御, のお

▼ ます甲州~ (2, 0.0%)

1 では例, の有野村

▼ ます~ (2, 0.0%)

2 上げます

▼ ます留守中~ (2, 0.0%)

1 に小生, は役

▼ ます病人~ (2, 0.0%)

1 がございません, も誠に

▼ ます病院~ (2, 0.0%)

1 が直接奥様, のうち

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 という女, と云う

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 は随分, をお

▼ ます目的~ (2, 0.0%)

1 の下, を達する

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 きに, 價の

▼ ます直に~ (2, 0.0%)

1 大門町に, 本郷山が

▼ ます相手~ (2, 0.0%)

2 が死に

▼ ます瞬間~ (2, 0.0%)

2 に何者

▼ ます確か~ (2, 0.0%)

1 に見ました, り遊ばせ

▼ ます程度~ (2, 0.0%)

1 にしかお, の睦まじ

▼ ます~ (2, 0.0%)

2 の芒

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 か, なるが

▼ ます~ (2, 0.0%)

2 多非人

▼ ます突然~ (2, 0.0%)

1 あがりまして, に来

▼ ます竜神~ (2, 0.0%)

2 と申す

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 この女中, も肥後米

▼ ます米國~ (2, 0.0%)

1 では餘, へ私

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 が続かない, を出しません

▼ ます紙鳶~ (2, 0.0%)

1 で指, を買

▼ ます結婚~ (2, 0.0%)

1 なんかしなく, の対手

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 にかいた, の夜具

▼ ます繻子~ (2, 0.0%)

2 の帯

▼ ます罪人~ (2, 0.0%)

2 も殆ど一人

▼ ます美奈子~ (2, 0.0%)

2 と勝彦

▼ ます美麗~ (2, 0.0%)

2 だなどと

▼ ます考え~ (2, 0.0%)

1 で, なり筆

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 は腐っ, も次第に

▼ ます背中~ (2, 0.0%)

1 の笈物, を擦る

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 がいつ, のときめき

▼ ます能力~ (2, 0.0%)

1 はなんら, もない

▼ ます自信~ (2, 0.0%)

1 がございません, が御座います

▼ ます自分自身~ (2, 0.0%)

1 の寝床, の惱

▼ ます至って~ (2, 0.0%)

1 親孝行で, 醜男で

▼ ます花車重吉~ (2, 0.0%)

1 が細長い, という弱い

▼ ます芸能~ (2, 0.0%)

2 といふ意味

▼ ます芸術~ (2, 0.0%)

1 の魅力, はすべて心

▼ ます若旦那様~ (2, 0.0%)

1 がさぞ, ですと

▼ ます苦し~ (2, 0.0%)

1 うございます, がらせて

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 に御, へお

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 はなん, や木

▼ ます草葉~ (2, 0.0%)

2 の蔭

▼ ます菊様~ (2, 0.0%)

1 は未だ, 御成人

▼ ます萱葺~ (2, 0.0%)

2 の屋根

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 の旺盛, の汚点

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 の花, 助どん

▼ ます藻西太郎~ (2, 0.0%)

1 は一夜, へ疑い

▼ ます虚誕~ (2, 0.0%)

1 はなか, はなかなか

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 が知らせる, の声

▼ ます蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 の子, の糸

▼ ます蝋燭~ (2, 0.0%)

1 の灯火, もあります

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 は俗, を伴

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 がこんなに, が附い

▼ ます衣服~ (2, 0.0%)

1 は夏, を脱がしめ

▼ ます衣類~ (2, 0.0%)

1 が人間, はどなた

▼ ます西洋~ (2, 0.0%)

1 では名, の有名

▼ ます西洋人~ (2, 0.0%)

1 が支那文字, の目

▼ ます西洞~ (2, 0.0%)

2 までは未だ

▼ ます親分さん何~ (2, 0.0%)

1 を隠しましょう, を隱

▼ ます親分さん兄~ (2, 0.0%)

2 が弟

▼ ます親分さん泉屋一家~ (2, 0.0%)

1 ばかり狙, ばかり狙う

▼ ます親分さん私~ (2, 0.0%)

2 もどうしても

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 を用, 第二

▼ ます言葉~ (2, 0.0%)

1 があり, だけをお

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 りでなく妹, りで夕暮

▼ ます証拠~ (2, 0.0%)

1 で, と申す

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 には荒唐無稽, を一々

▼ ます誠意~ (2, 0.0%)

1 だけはわかっ, を披瀝

▼ ます論文~ (2, 0.0%)

1 によって詳細御覧, の内容

▼ ます財産~ (2, 0.0%)

1 に目, も渡します

▼ ます責任~ (2, 0.0%)

2 も荷

▼ ます貴下~ (2, 0.0%)

1 の眼, は屹度流星

▼ ます貴公~ (2, 0.0%)

1 の心掛け, 知らなん

▼ ます貴台~ (2, 0.0%)

2 を欺く

▼ ます貴様~ (2, 0.0%)

1 にお話, は

▼ ます走り使~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 あまり手間ひま, が入ります

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 が汗水, と兵

▼ ます辺り~ (2, 0.0%)

2 には内裏

▼ ます迄は~ (2, 0.0%)

1 しばらくお, 少くも

▼ ます近く~ (2, 0.0%)

1 なる程綺麗, に俥宿

▼ ます近江~ (2, 0.0%)

2 の永源寺

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 せ上がって, な方向

▼ ます途端~ (2, 0.0%)

1 に出会し, に頬冠

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 ひまして, ひます這

▼ ます通り我軍~ (2, 0.0%)

1 と違っ, と違つて

▼ ます過去~ (2, 0.0%)

1 に於, の御

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 ひます, ひますよ

▼ ます酷い~ (2, 0.0%)

2 目に

▼ ます錠前つき~ (2, 0.0%)

2 の家族風呂

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 だって同じ, はお母さん

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 庵ひとりで, 絹なんぞも

▼ ます長々~ (2, 0.0%)

2 御厄介

▼ ます長屋~ (2, 0.0%)

1 でも皆様, の者

▼ ます間もなく~ (2, 0.0%)

1 梅雨の, 水が

▼ ます関係~ (2, 0.0%)

1 から木乃伊, が封建的

▼ ます阿古屋~ (2, 0.0%)

1 の琴責め, の色

▼ ます陛下~ (2, 0.0%)

1 よ, よ申す

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 にいる, に並ぶ

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 に手裏剣, を見まし

▼ ます雄二~ (2, 0.0%)

1 はその, は頭

▼ ます雨戸~ (2, 0.0%)

2 の隙

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 が, も降止み

▼ ます青雲~ (2, 0.0%)

2 を今朝

▼ ます面白い~ (2, 0.0%)

1 ことねえ, わね

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 をあげろ, を楽しん

▼ ます音楽~ (2, 0.0%)

1 とか絵, などはそれほど

▼ ます頭痛~ (2, 0.0%)

2 がするで

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 で海岸, は祖国

▼ ます~ (2, 0.0%)

1 が通りました, を貰

▼ ます馬車~ (2, 0.0%)

1 があります, の馬

▼ ます高く~ (2, 0.0%)

2 買います

▼ ます麻布~ (2, 0.0%)

1 の元, やま

▼ ます黄泉戸~ (2, 0.0%)

2 の大神

▼1* [3436件]

ますあいさつとしてで, ますあいつは元, ますあいつ何かに狼狽, ますあかい袖ひれを, ますあした行って, ますあしたあたり又グッと, ますあした午後はお客, ますあした工合がわるく, ますあすまでかかれ, ますあたい其処にいま, ますあたし独りでりっぱ, ますあたりにねえ, ますあっしで出来る, ますあっちこっするの, ますあて推量かしら, ますあと何階あります場所, ますあと先は御, ますあなた國綱の刀, ますあなた恰ど今年, ますあなた様がたのお, ますあなた様ゆえどのよう, ますあまり度々裏返して, ますあらくの材木, ますあらゆる哀れな, ますある程度までは度胸, ますあれあの通り尺八の, ますあれあれあの殺気, ますあれこれの間, ますあんさんも飲ん, ますあゝお情ないこと, ますいかがあそばしました, ますいかがさまですお, ますいかつうなったと, ますいくらか気がの, ますいくら金であろうと, ますいざよい最中, ますいずれそのうちご挨拶, ますいちどきりでお, ますいっしょの室, ますいったいなんという陶工, ますいつまでもこうして, ますいつか話して, ますいつか夜仕事して, ますいつか昨年暮あたりの広津さん, ますいつ私が不義, ますいとしいお嬢さま, ますいねむりをすれば奥様に叱られます, ますいまここでは私, ますいまこれにならっ, ますいまさらそういう未練, ますいま一の疑ひ, ますいま使に出した, ますいま父上はお母さん, ますいま甲府では飛ぶ, ますいやいやそればかり, ますいやしくも行者の, ますいらっしゃいまし御覧に, ますいろんな人が, ますいわゆる大菩薩嶺であります, ますーい, ますうさんな者, ますうちあなたにお目にかかりました, ますうち体も馴れ, ますうち八重子は昨夜, ますうち宮中叡山などのうごき, ますうち百家の流派, ますうち私は滑らか, ますうち紀伊守とお, ますうち鏡花先生の小説, ますうっかりした事, ますうまいとは思いませんでした, ますうまくこいつらが, ますえらいことを, ますえッて聞いたら, ますおいでになった, ますおいらんをふかす, ますおい孫兵衞さん旦那様が十両下, ますおかあさんにさえあえるなら, ますおかげで敵, ますおかげさまで地獄, ますおしゃれして, ますおじぎなんぞなさいまし, ますおじさまの御, ますおじさんどこへ行きまし, ますおそくなりまして, ますおそろしさに, ますおつもりでございますな, ますおばあさま, ますおばしままで出, ますおまはんが, ますおまえさんも御, ますおまえたちで行っ, ますおまじないの方, ますおめでたいことで, ますおや御両人様から, ますおやまですわ, ますおやまア岩田屋の, ますおりから信州伊那, ますおれは嘘, ますお世話になり, ますお代はお, ますお伴れの, ますお側には剣術, ますお先へ参りやす, ますお出かけのところ, ますお出でます, ますお出ましになる, ますお前さんがたの曲がった, ますお前樣はいつ, ますお前身体を大切, ますお力に成る, ますお化けかと思った, ますお召しに, ますお召し物もあれ, ますお呼び遊ばせば, ますお変りはございません, ますお婆さんと其処, ますお嬢さんそれがあなた方, ますお子さまは男, ますお客は皆, ますお客様に万一, ますお客様私はでたらめ, ますお山によっては山内, ますお年は幾歳, ますお座敷へ出ませぬ, ますお待ちくださいませ, ますお早う御座います, ますお昼と晩, ますお松さんはただいま, ますお構いなすって, ますお構いなくおあがりなすっ, ますお母様何をおっしゃいます, ますお湯をあび, ますお父さん世話をしてやろう, ますお父さん大抵えらかったい, ますお玉杓子の大ぶり, ますお腹が立た, ますお腹立の段, ますお菓子を羊羹, ますお蔭さまでみんな, ますお蔭樣で, ますお許しがある, ますお過ごしなさいませ, ますお金さん有難うお婆さん, ますお雛様の様子, ますお雪ちゃん薪を集め, ますかが興味の, ますかぎり人間の精神, ますかくて私, ますかげはなし, ますかさとしますか, ますかしもざまの, ますかしわ屋はこちら, ますかたでご, ますかだの何処から, ますかっこうと, ますかつてんだ, ますかですご, ますかではないよ, ますかといったところで, ますかとでもいいたそう, ますかとの問ひ, ますかなぁハァ, ますかなんてことは, ますかにい, ますかねの問に対し, ますかのう結句掏摸, ますからこそかような, ますからさあれでど, ますからだも心, ますからてッきり相国の, ますからとか何とか云っ, ますからとに角御, ますからとまでいって, ますからなどということは, ますからなははん, ますからねとは圭さんの, ますからねエ何う, ますからねー空は, ますからの事で, ますかわわたしの, ますかわいそうだわ, ますかんない, ますかネ此處が, ますがかといつて, ますがからつきし譯, ますがといった口調で, ますがといふ名古屋は, ますがともすれば, ますがどないど, ますがなんぞ御用でございます, ますがにふは, ますがにを抜く言葉, ますがねエあなた, ますがねー十二文, ますがんぜない小供, ますがんちゃんの足, ますがんりきの百蔵, ますきたなくておかまい, ますきのう南瓜の種, ますきのう島田からも送っ, ますきょうイーリンの, ますきりで人影, ますぎるくらゐによろしくてしかしあぶない, ますくに毎年新しい生命, ますくらゐ氣心, ますくらいの訳ゆえ外の, ますぐあいを人民どもだれのあ, ますぐあぶないというようすもないので八月にふたたび, ますぐといってもおまえは年が若, ますぐにはどうしようもねえと思うお, ますぐにひつようでないものはほしがらないからこのよう, ますぐらいでしょう, ますぐらゐこれこそなん, ますけどさ武大と, ますけどねえなにしろはで, ますけれどと云ったら, ますけれどなあ女さんの, ますけれどもさ怖いより, ますけれどもともかくさういふ風, ますけれどネ教会の, ますけんと真蒼, ますこうした階段を, ますここのは眼, ますことお雪さんは貴方, ますことそれがどんな, ますことぢやらう, ますことはりでございます, ますことゆえどうぞお, ますこと二日ごとに四, ますこと五年あまり今年の秋, ますこと今夜のうち, ますこと今日のところ, ますこと勝山さんあなたお客様を煽い, ますこと嘘にもそう, ますこと困難にご, ますこと容易な業, ますこと尼さんがたい, ますこと楽しみにし, ますこと毎日のよう, ますこと火を睹, ますこと私は名, ますこと肝要のこと, ますこと麦の穂, ますこの間うち本やさん, ますこまかく落付い, ますこりゃアきっと, ますこれからずっと下へ, ますこれからちょいちょい遊びに, ますこれからどうか帰って, ますこれからまだ一軒お, ますこれ一本だけでもどうか, ますこれ以上は証明, ますこれ布団を出し, ますこれ皆天命で素より, ますごく短いもの, ますご存じではございませんでしょう, ますご用ならお, ますさいぜんからあなた方, ますさうなが宿, ますさうなくても三四年食物, ますさえも身の, ますさかえお金だけ, ますさきほど十八名が, ますさけにしんなどが, ますさすがに野, ますさだめてお疲れ, ますさっきから待っ, ますさっき庭へ出, ますさっき電話をかけた, ますさっぱりした可愛い, ますさて私の, ますさと小声で, ますさどうか暫く, ますさむらいが, ますさむいわこうして, ますさようなれば, ますさようあしからず御承知, ますさようならおばさん, ますしいていろんなお願い, ますしずつと長い間此, ますしたがって芸術が, ますしだいで, ますしっぽが, ますしてまえも, ますしるしには仏智不思議, ますしんからね, ますじつはわたくしも, ますじゃと碌でも, ますじゃァない行かない, ますぐにほつて見, ますすこし本気で, ますすでに世界においては, ますすべてあなたが言った, ますすべて営養上の嗜好, ますすみませんでした, ますすんでのこと, ますずっと一緒に, ますずるいと云, ますせせらぎながら溢れこぼれる, ますせつせつと歩行て, ますぜてえとあら鳶頭幼少せい時分, ますぜなどと言つてゐた, ますぜねちょいと, ますぜひとも旦那様の, ますそういったお方を, ますそうしたらいつもお側, ますそこらの様子, ますそちら皆々様お揃い, ますそのあくる年も, ますそのうえにこのとおり, ますそのうち折を, ますそのままわたして, ますそのものが男, ますその他モティフは西洋, ますその後に於, ますその間くらい師匠, ますそりゃあまあそれで, ますそれからそこで御辞儀, ますそれからまた境遇さえ, ますそれさへ大目, ますそれだけに土地に, ますそれにまたあれまでの, ますそれに亦お宅, ますそれゆえあのみちのり, ますそれゆえ身不肖ながら主人, ますそれらのいろいろ, ますそれ程に思召, ますぞという宣戦布告なんか, ますぞなもし, ますぞなと云ふ, ますぞなど声を, ますぞのい, ますぞよへへへへ, ますぞよというのが, ますぞナこりゃあんた, ますたいていうまくゆく, ますたしかにたしかにそう思います樹, ますただいまお火を, ますただ今すぐ呼んで, ますただ罪を加え, ますたってお前, ますたとい女郎屋商売を, ますためこれに米, ますため信号がなかなかそう, ますため実験に少から, ますため家内のもの, ますため尊氏自身かくては一大事, ますため幼少の時, ますため手前名代でとりあえず, ますため昨夜小勢の兵, ますため病人は心, ますため薬名や何, ますため車窓も換気窓, ますため霧隠という, ますだけで世界が, ますだとするともうやめなく, ますだにお忘れなされましただ, ますだれか, ますだんだん可愛く大きくなっ, ますちからを藉, ますちっともうつりたくない, ますちっぽけな物, ますちゃんとお寄り, ますちょいと御, ますちょっとどうぞ道を, ますちょッと待っ, ますちよいと御, ますちようど一茶が長年, ますってじゃないお前, ますってなしかしもう, ますついぞそんなこと, ますついては其許にも, ますつていふのよ, ますつていふ意味の宣誓文, ますつて一番終に女房, ますつて云つたのよ, ますつて坊やそうお, ますつて声をかけた, ますつて女の手紙, ますつて明日あたりうか, ますつて返事を聞い, ますつて願をかけ, ますつぶしにし, ますつまるところこのマクラ魚, ますつんとして, ますであるが決して, ますでなあああおっしゃられなく, ますでなければフリュートを, ますでに色あせ, ますでのう子産石も, ますでへツへ, ますといったけえが, ますといつて低くお, ますといつて手先へ柔, ますといつて頭をさげる, ますとうわごとを, ますとうしろからその, ますとかくお噺, ますとかへって後の, ますとかべぜんたいが, ますとから駄目な, ますときどき父は, ますとき今度は馬, ますとき何時でも母親, ますとき大体五六百年以前に出来, ますとき忽然渦巻の様子, ますとき思いも及ばぬ, ますとき片隅から小さな, ますとき金助町の花世さん, ますとこは新仏, ますとこう云うじゃ, ますところ上の御, ますところ四時この旗, ますところ座長幹部俳優ともなりますれ, ますところ誰かわたし, ますとしてもですな, ますとそない見えます, ますとぞつとします, ますとだけは言へても, ますとっくにそこへ, ますととのさまが, ますとどつと強い, ますとなーに私は, ますとにかくごたごたとつまらぬ, ますとねエさあアタシ, ますとのみで多く, ますとばかりでは, ますとばかりにて盲人の, ますとへさきに, ますとほどもなくカタン, ますともねそうしてその, ますとやらいう言い伝え, ますとんだ山中で, ますどう仕りまし, ますどういう筋で, ますどうか暫くお待ちを, ますどうしてそんなにおなり遊ばした, ますどうしても悪いやつ, ますどうしてもっと細かく見聞, ますどうせ英語なんかは, ますどうせ又出なくなって, ますどうぞくれぐれも御身辺, ますどうぞずっとお通り, ますどうぞそうおぼしめして, ますどうぞちょっと待って, ますどうぞもうおかま, ますどうぞもうしばらくの間, ますどうぞよく見て, ますどうぞ充分御静養, ますどうにか勘考致しませう, ますどうもどうもありがとう, ますどこぞへ暫く, ますどこらをお, ますどころぢやございません, ますどっしりとな, ますどっちも山盛り, ますどのみちやがてここへ, ますどれこの辺, ますなあに直ぐ戻っ, ますなあにわしがたべる, ますないしょで言っ, ますながまさ公は, ますなぜならそれは, ますなぞもまた, ますなぞと云うの, ますなぞはちと手重, ますなちゃあんと, ますなといふ意味だつた, ますなどが膏の, ますなどといふやりかた, ますなどとはむろん言いえなかった, ますなどの乱暴な, ますななどとなまじっかな, ますなにしろ安治川を, ますなにしろふと思いつきましたこと, ますなにぶん宜しく願います, ますなにイ呉れます, ますなに私は側, ますなははあこちら, ますなまじ親父に, ますなまじっか私という, ますなやと言へば, ますなよこれは, ますなら有りがたいしあわせ, ますなんか講釈師の, ますなんだかうら悲しくなりました, ますなんてなぁきみも, ますなんで此の, ますなんとかして, ますなんとなく私を, ますなーれという, ますにぞ又申, ますにつき御一報, ますにつきまして何か, ますにと可愛らしい聲, ますにな辛抱し, ますにもほどがあるじゃござんせんか, ますによつて, ますによってな相手は, ますによりて占へ, ますに従うて頭痛なども, ますねえああ評判が, ますねぐらいのところで, ますねだのそのネクタイ, ますねってそう言っ, ますねでも助かったそう, ますねというような, ますねとは失敬な, ますねなんてちくりとした, ますねねそうでしょう, ますねもないもの, ますねんけどといって, ますねんなア, ますねんをなごとしてな, ますのう喜六, ますのうと云って, ますのでかはいさうに, ますのでてまえの, ますのでとかように, ますのでねというのは, ますのにな教う, ますのにねきかないん, ますのにねエ奥様, ますのみである, ますのみか編輯上の, ますのよなんてああいう, ますのネゼームスつて彼の, ますのヨあの時, ますはい有難うござえます多助や, ますはじめに参りました, ますはじめてこんなもの, ますはたも自分, ますはて不思議な, ますはやさすら, ますばかしだ, ますばかばかしいにも程, ますばかりかとも思われますが, ますばってんそりゃ貴族院議員, ますひさは性質, ますひそかに喜びます, ますひとたちの所, ますひとつ召しあがれ, ますひまに朱文, ますひまひまにお, ますふしぎな事, ますふっくりと肉つき, ますぶらんこを掛けました, ますへえ有難うござえやす貧乏世帯を, ますへー碌な, ますべつにお変りも, ますべと答える, ますぺ人がねん, ますほどな細かな, ますほどにと面白げに, ますほどはと據りか, ますほの暗い庭の, ますほほほほほ, ますほら菜種に, ますほらあの茶屋に, ますほんとにどうも全く先生の, ますほんとによく御無事, ますほんの出来あいの, ますぼく先生のお, ますぽかりと, ますまあとにかくお迎えに, ますまあどうやらといふ, ますまあなぜお笑いに, ますまあほんとに途方も, ますまさか蓑笠を, ますます目が冴える, ますます美くしさ, ますまたたとえば最後において, ますまたは愛して, ますまだそれほど病気が, ますまだちっとも眠くはござりません, ますまだ種々申したい事, ますまち遠しい, ますまっすぐにお, ますまつしろなか, ますまででよろしゅうございます, ますまではとぞんじまして, ますまとまりない話, ますまるをつけられた, ますまるっきり今日は, ますまんざら御迷惑, ますまアお酌を, ますまア御緩くり, ますみなさんは出, ますみなさん木が倒れぬ, ますみなさん私は会場, ますみんなみんなあなたのお, ますむかし太陽系の理論, ますむさくろしい, ますむむ祟るとも, ますめざましくお戦い, ますめでたき女神よ, ますもうこうなりましては, ますもうこんなに遅いの, ますもうすっかり安心です, ますもうどうすること, ますもうなんともございませんから, ますもうもうお腹が, ますもう一度先生の, ますもう近々お逝くれ, ますもう間もなく出來上つて, ますもしもその少女, ますもしもし水瓜が, ますもしや道で, ますもっともすっかりでは, ますもとここに住ん, ますものあちらもゆうに, ますものあなた樣もこれからさぞ, ますものあんたさん正直なところ, ますものいくら年は大きく, ますものお前さんのよう, ますものお母様にそれ, ますものここを根拠, ますものこれはこれ, ますものどれだけ離れた, ますもののね震災の, ますものほかのお, ますものわたくしの名, ますものハイ発明のお, ますもの久助さんだけにあやまれ, ますもの今宵だけはこの, ますもの何の御, ますもの兄をうらやむ, ますもの出の衣裳, ますもの夏は氷, ますもの夢中だって気勢, ますもの往来ですから, ますもの後生だから, ますもの御覧遊ばせ此, ますもの拓はよく, ますもの明りがそ, ますもの朝に晩, ますもの権力の源, ますもの水へはいる, ますもの熊だと, ますもの皆お嬢様をめがけ, ますもの秘密に遊ばします, ますもの職人に取っ, ますもの自分だってふと, ますもの舊主に縄, ますもの貴女様もどの, ますもの贔屓にし, ますもの随って出来ました, ますもの食堂で今, ますやあこんにちはおめでとうございますと, ますやいなや螢を, ますやうフチも母, ますやう存ます, ますやう神かけて, ますやっぱり少しは小麦粉, ますやの店も, ますやへいてを, ますゆえあちらへお, ますゆえあなたの方, ますゆえあれにかぎっ, ますゆえいずれは名, ますゆえいとうとものういとう, ますゆえうちのもの共, ますゆえお勝手へ置い, ますゆえお尋ねせねば, ますゆえお待ち下されませ, ますゆえお許し下さいまし, ますゆえお通し申すこと, ますゆえお願いでご, ますゆえきょうお通り, ますゆえこよいお, ますゆえこれらの方面, ますゆえこれ天蔵どのこれ, ますゆえごろうじなさりませ, ますゆえご用の時, ますゆえさまざま手を尽し, ますゆえじきじきにご, ますゆえそこまで御, ますゆえそれこれを思い合せまし, ますゆえそんならばと, ますゆえただごとならずと, ますゆえだんなさまなら必ずともに, ますゆえちょッと追, ますゆえときを外さず, ますゆえなにごとも拙者, ますゆえなんであろうと, ますゆえばか者ッお引揚げ, ますゆえみんなもう血, ますゆえめったなこと, ますゆえわたしにくださいまし, ますゆえ一二年御部屋様付にて見習, ますゆえ一命だけは, ますゆえ一筆お認めなされませ, ますゆえ一緒に来る, ますゆえ一足先に立ちます, ますゆえ万ガ一の場合, ますゆえ三人ずつ入れ替わっ, ますゆえ上杉殿ほどには, ますゆえ不審じゃ不思議, ますゆえ世上の女性方, ますゆえ世間の男たち, ますゆえ丹治も観念, ますゆえ丹羽どのなどは適任, ますゆえ主人は素より, ますゆえ人の目つま, ますゆえ今宵はもう, ますゆえ今年からお供, ますゆえ今日はお, ますゆえ今朝はすこし, ますゆえ仕方なく, ますゆえ仲よしの珍念, ますゆえ例のつじ, ますゆえ偽りはゆめ, ますゆえ全で私, ますゆえ兵法とは申されませぬ, ますゆえ其方その品, ますゆえ出入りの者, ますゆえ分量を間違えぬ, ますゆえ厄病神の御, ますゆえ叔母さまにお願い, ますゆえ台所には始終, ますゆえ右まで耕介, ますゆえ吉野へお, ますゆえ名医が来, ますゆえ善右衞門が, ますゆえ喜代松の持っ, ますゆえ四五年前から駈出し, ますゆえ四国屋様のお, ますゆえ四天王寺詣でのせつに, ますゆえ四郎右衛門と名, ますゆえ在京の諸, ますゆえ城を突出, ますゆえ場所も所, ますゆえ夕の交代時, ますゆえ大概のもの, ますゆえ太守にも御, ますゆえ尋常一様なこと, ますゆえ山から材木, ますゆえ山廟へのお, ますゆえ左様な条件, ますゆえ巧く例, ますゆえ幕府そのものには近頃, ますゆえ弓に白羽, ますゆえ役人たちの目, ますゆえ後刻でもちょっと, ますゆえ念のため, ますゆえ思召しの, ますゆえ思案にあまり, ますゆえ恟り致し後, ますゆえ手不足の当方, ますゆえ手前これより御, ますゆえ手前共もひと方, ますゆえ手足などお, ますゆえ抵当がない, ますゆえ拙者を, ますゆえ政七はこれ, ますゆえ旅路にもなに, ますゆえ日のある, ますゆえ旦那さまは猶, ますゆえ易々往来はゆるされません, ますゆえ春菜もいっそ, ますゆえ春菜様とやらおっしゃった, ますゆえ昼や御寝, ますゆえ暫時お待ちのほどを, ますゆえ月々さばけるは, ますゆえ村方の者, ますゆえ染めあがる品, ますゆえ棟梁達の首, ますゆえ權六方へも再三, ますゆえ正直に申しあげる, ますゆえ此処から早く, ますゆえ殿から直接, ますゆえ殿御意は, ますゆえ気のむいた, ますゆえ濱田へ上っ, ますゆえ父にるす, ますゆえ物見に出向きました, ますゆえ犬のごとく, ますゆえ町へやり, ますゆえ百貨店の如き, ますゆえ目のつぶれ, ますゆえ稼業がら血にはおどろかぬ, ますゆえ竹之助様と一緒, ますゆえ自分が手, ますゆえ萩原も伴藏夫婦, ますゆえ落度あっても, ますゆえ藩議が相, ますゆえ角右衞門も困り果て, ますゆえ誠心誠意もて働くわれわれ, ますゆえ貝十郎ただちに参上, ますゆえ貴君様もあれ, ますゆえ道誉同様に何, ますゆえ重々ご迷惑, ますゆえ長途のお, ますゆえ雪あかりにすかし, ますゆえ領民が国主, ますゆえ願わくば, ますゆえ馬をとばし, ますゆさんの人たち, ますゆっくりと, ますゆゑお許し下さいと, ますゆゑ刀剣の類, ますゆゑ年頃も相, ますゆゑ是から供, ますようおすすめ申し上げまする, ますようおねがいいたします, ますようお守りなすって, ますようお祈りいたして, ますようお笑いの多い, ますようお話ができかねる, ますようのみものをひとつ, ますようやく明けて, ますよう丈助も若旦那さま, ますよう事を分け, ますよう伏而懇願いたします, ますよう吉次は祈っ, ますよう太宰さんからの御, ますよう如何ようにも御, ますよう宗家へ申し入れました, ますよう対手を殺します, ますよう山尾お詫びを申し上げます, ますよう常陸お願い申し上げます, ますよう村の出征軍人, ますよう此処切に伏而懇願, ますよう此所上願書を以て及上願候也, ますよう江戸一といわれる, ますよう泉下よりお祈り, ますよう皆さまによき, ますよう神を祈れよ, ますよう美佐はお祈り, ますよう茲に懇願, ますよう衷心からお祈り, ますよう貴方はお嬢様, ますよう金十円程を御, ますよう陰からお祈り, ますよう願わくば, ますよけいなお世話, ますよしんば身売りを, ますよせ植えは, ますよそのとき, ますよちゃあんと, ますよっていうのんです, ますよといふ風に, ますよとも何ともいはない, ますよなまたか, ますよなどと男が, ますよねーだからそう, ますよよ穿くん, ますよりはという思召し, ますよろしくのんで, ますよろしゅうございますか, ますよネそれで文句, ますらん島にも似たる, ますらん鶯来啼く我, ますら武夫も妹, ますら男は, ますら雄ぶりから遠, ますりやそこの鉄造さん, ますわいと言う, ますわが家を, ますわけゆえ実は伊之助, ますわしはてんで, ますわたくし何もぞんじませんでした, ますわたくし堪忍しません, ますわたくし杉崎でございます, ますわたくし風情が何, ますわたしあなた始めて信じません, ますわたしたちのおり, ますわたしゃ病気なん, ますわたし一人で参ります, ますわたし心配でたまりません, ますわなア, ますわねと皆さんで, ますわるいことよい, ますわるくないでしょう, ますをと美事に, ますんでと揉手を, ますんでということであった, ますんでとに角之, ますんでねえ千代乃さんにでも, ますんでのところで, ます痛い, ますアイヌ達は家, ますアイノは今, ますアゼルバイジャンの髭, ますアダムの肋, ますアテーネー又侮らじ, ますアノ久兵衞さんが何時も, ますアミダさまも同じ, ますアメリカものの活動写真, ますアラアの神, ますアレで男, ますアンカは小さく, ますアントニーがクレオパトラ, ますアーサーの御名, ますアヽ欲いもの, ますアヽ此所なら誰, ますイタリヤへ入り, ますイヤ一時の恋, ますイングリード・アイネスと申す, ますインデヤンにはインデヤン, ますばかりイイイ, ますウ剪刀剃刀磨にイ, ますエエものはエエ, ますエドワァド私はあなた, ますエヘエヘと高木青年, ますエヘヽヽ私はね何, ますエリザは朋輩, ますエ支那人と思いません, ますエ本当の御, ますオモチャを二つ, ますオースチン老師どうぞ二人, ますカムパアランドのカアクリントン教会区, ますカンづめ等随分ね, ますカードの遊び方, ますガソリンカーで, ますガラスだらけの家, ますキモがいれます, ますキャーと云う, ますキリストのため, ますクビになります, ますクリは雄, ますグリゴリイ・ワシーリエヴィッチは年, ますケニなあ, ますケニ一生懸命の死物狂い, ますケニ明治二十年前後の事, ますケン十人見張って, ますケーテの, ますゲーテのファウスト, ますコルヴィッツというの, ますゴム製のマッサージ器, ますゴロゴロになっ, ますゴールが近く, ますゴールスワージの, ますサアこれへ来い, ますサア私が言葉, ますシェクスピアなんかこういう, ますシライシテイネには白河, ますシラホネと読む, ますシヴアに大切, ますジャワにおれ, ますスエ子さんが命, ますスケに佐渡, ますスフ交りの, ますセミヨノフホルワット両将軍, ますゼロームでありました, ますゼ松島さん貴下其様馬鹿気たこと何処, ますソサイタスは組合, ますソルトレーキへ御, ますソレ高さんと云, ますへこ, ますタイプライターの英文, ますダガ十月から彼岸時分, ますダルク眠たくなくなる, ますチツスさんが掴まへた, ますチト妙な貌, ますッ喬さまのいらっしゃる, ますツイ其処です, ますツイ行てツイ歸, ますツル子と申します, ますツンテントン愛敬ありける新, ますテナことを言う, ますトトごぜえや, ますトマトをたべます, ますトムさんは畑どころ, ますトモカク我々の方, ますトレパッツ教授でございます, ますドジを踏んだ, ますドストイェフスキーの細君, ますナアどうも, ますナニその汚れた, ますナニお前さん氷は張ります, ますナニ近江者が泥坊, ますナニ高輪田さんより私, ますナーニここへ拡げなく, ますハイハイそれは御存知, ますハイ其は無名, ますハイ後悔に堪えね, ますハイ是は最う, ますハガキだと, ますハシカが悪い, ますハハハいやはや, ますハムもというとき, ますハーモニカもある, ますバックの所謂自覚, ますパラパラと頁, ますパン皿に, ますヒョットコヒョットコして, ますビクビクして, ますピアノさんピアノさん優しい言葉, ますフェルガルというもの, ますフラショーで, ますフランス人の暮しかた, ますフードを, ますフーフーが一段落, ますブルプロを越えた, ますブルージェの, ますブレイン様は, ますプランがむずかしく, ますヘイおやすみ下さい, ますヘエもう, ますヘエなにお締め, ますヘエ何うか, ますヘエ余り延引になります, ますヘエ団子坂まで, ますヘエ左様なら, ますヘエ慥かに何時幾日, ますヘボン先生に足, ますベツドは, ますペンギン鳥は南極, ますホウプは世の中, ますホテルのドア, ますホンの立, ますホームズ先生私は音楽, ますホーレン草の入った, ますボタンたっぷりつけました, ますマカロニは伊太利製, ますマドロスさんとやらを奪い出した, ますマリユス様と申し上げ, ますマルス嬢やムューシュ嬢, ますミステリイは到底, ますミヤコ缶詰工場へ出勤, ますメムノンが塔, ますモウ明日になりました, ますモシちよいと御家内さん, ますモシ何かお, ますモヨ子と申します, ますモラルや風格, ますモロアの, ますヨと表示し, ますリアリスティックに, ますリザベタさん十三年振りで, ますリヴァズさん喜んで, ますルソーの必然, ますルモンジュさまとどう, ますレジダンスだから, ますロチスターさんこんなに親切, ますロータリーといふあの, ますワエ此通り髪の毛に癖, ますワケじゃア, ますヴォルフ夫人も実によく, ますと目, ます一〇パーセントのティップ, ます一つらなりの顫, ます一つ地面内におります, ます一ツの信仰, ます一万八千足になりやす, ます一九一四年の経験, ます一九三〇年頃から昨年, ます一休みして, ます一例は數年, ます一切は, ます一切みんなお返しをし, ます一刻を争わね, ます一双の御, ます一向に色は, ます一味ととう, ます一品薬王寺宮様の御, ます一団の陰火, ます一家総倒れ, ます一寸只御酒は, ます一帖幾らとして有ります, ます一年ちかくも, ます一年越し乾いて, ます一彦少年は私, ます一日分の制作, ます一日遅れぐらいで届きます, ます一昨年のおなじ, ます一昨日も私, ます一時一人がまるで, ます一時間前に私, ます一晩ぐらい寝なくっ, ます一本へ歯磨, ます一杯頂戴致しましょう, ます一枚九円四十銭よ, ます一概どころでは, ます一樹の蔭, ます一滴もいただきません, ます一点といえ, ます一瓶の如き, ます一生の願い, ます一生懸命うつさして, ます一番初めて其の, ます一番初めの花, ます一番楽しみな水泳, ます一種の無頼漢, ます一箱わずか二元, ます一考して, ます一角の処, ます一言でもこの, ます一週間に一度, ます一里半と思ったら, ます一関また一関, ます一駄六把ずつ有りまし, ます丁度六日お年越し, ます丁度用もある, ます七つすぎましては, ます七生までも, ます七百萬兩が物, ます万一のこと, ます万事私にお, ます万国社会党には人種, ます三つと申しまし, ます三丁目の番, ます三上山に大きな, ます三十分と言った, ます三味の手, ます三布蒲団を横, ます三歳の君, ます三百や四百, ます三百万余人が職業組合員, ます三藏と申す, ます三角の港, ます三郎のお母さん, ます上品でいい, ます上州沼田の在, ます上強ひて, ます上手では, ます上杉様とおっしゃいます, ます上皇或いは法皇, ます上野原の月見寺, ます下世話に申します, ます下女のお, ます下宿に岡本一郎, ます下手をやる, ます不具でも何ん, ます不動は銘, ます不孝不忠の小三郎, ます不平不満の起りました, ます不破の関屋, ます不肖ながら帝国軍人, ます不肖何ごともわきまえない, ます不言実行的小説がね, ます不都合を殿, ます与八に郁太郎, ますを棄て, ます世にこの求めざる, ます世にも恐ろしい不思議, ます世話になった, ます眼を, ます両方ともお, ます両親の言葉, ます中お話は早い, ます中の間狩野山楽の草花, ます中央にいた, ます中央新聞に書いた, ます中妄執次第に晴れ渡り, ます中学の二年位, ます中指に入らず, ます中空に, ます中納言様がどれほど, ます中跫音もせず, ます中途で退会, ます串戯じゃない, ますに立波, ます丸太式の小舎, ます丸山の方はさ, ます丸顔の眼, ます丹治父子が多助, ます主としてお恭ちゃん, ます主人喜兵衛はじめ後家弓ともよろしく, ますで其合間, ます久しく休み居りました, ます久しぶりでのんびり, ます久堅町の平野, ます乗客の神経, ます乗物をお立ち出, ます九つや十, ます九十翁の師, ます九月から頼ん, ます九月下旬までは, ます九条から一条二条, ます九条村の渡舟, ます九頭の鯨, ます乞食の気散じ, ます乱れっきりで応仁, ます乱れ褄の友染, ます乱暴をし, ますばなれ, ます乳母なども初め, ます了簡なれども, ます予て御高名, ます事ゆえ誠に有難い, ます事ゆえ何うか, ます事ゆえ念のため, ます事ゆえ逃げもせず, ます事ゆゑに是, ます事サアノー本田さんは何, ます事情を知りました, ます事故何卒助ける, ます事是は恐入りました, ます事昼でさえも人, ます事遊君の処, ますの曲輪, ます二の橋の袂, ます二十五六の良い, ます二十人前で百二十片, ます二十八日に間に合わない, ます二十六七のお年ごろ, ます二千五百石だけのお, ます二千年も昔, ます二度のこと, ます二月四日に家主, ます二枚の押絵, ます二汁五菜のお, ます二百坪ほどの四角い, ます二百燭光の電球, ます二荒の神, ます二里や三里, ます二間の大, ます二階家が宅, ます云々のいわゆる, ます五十八歳頃にその後, ます五圓六十錢に願, ます五時間以上は駄目, ます五月の陽炎, ます五月帯のわけ, ます五連発の拳銃, ます井上様をお, ます井谷さんから, ますなりました日, ます亡き御主人様, ます亡母の幻, ます亡骸が岩, ますの名, ます京二と日暦, ます亭主を亡くなした, ます人々でも矢張り私, ます人中に私, ます人力を加え, ます人家についてよく, ます人差指を下, ます人数も凡そ三萬餘, ます人死が出来ました, ます人生の奥義, ます人盛唐の時分, ます人類の最後, ます人類愛のね, ます仄聞するに, ます今あなたは手紙, ます今お役人に, ます今ここから君, ます今ごろ誰ひとり, ます今に何とか工夫する, ます今丁度五十年前の昔, ます今三浦の屋敷, ます今人をやっ, ます今名古屋城をお前, ます今回の賜題, ます今回当局の命, ます今夏既に, ます今宵は泊め, ます今度一つお拵え, ます今度江戸表からお越し, ます今後悪あがきをなさいません, ます今日日本に傳つて, ます今日是からお, ます今日此堤防を丈夫, ます今日限りお暇, ます今晩あなたのお, ます今晩一晩考えさせて, ます今朝ほどでございました, ます今朝お立ちになつ, ます今朝手紙を上げた, ます今村豊三郎の兄, ます今私の様, ます今美代吉が出, ます今週の番組, ます今頃はどんなに, ます今鬨の声があがりましたろう, ますの前, ます仏法最初の釈迦, ます仏蘭西語独逸語話します, ます仕合せも我が, ます他国に依存, ます他者性從つて潛在性を弱めね, ます仙台より渡辺金兵衛, ます仙太郎は覗い, ます代議士よ, ます以上みじめなる敗走, ます以上作為のない, ます以上私は自分, ます以上調和のとれる, ます以前私が縁側, ます以後おたがいに往来, ます仮に私が, ます仮面や紙, ます仰せに従い早々, ます仰向けに寐, ます奢沙和氣, ます伊勢の大, ます伊吹村の独楽, ます伊太利人だそう, ます伊東新左衛門どのがお, ます伊達とか南部, ますの嬢次, ます伝統の重, ます伯母さんそんなに伯父さん, ます伯父も彼様, ます伯父様御全快, ます伯父樣御全快になら, ます伯耆の大山, ます位僕が面好き, ます位屹と其, ます位急にも流れず, ます住所バン蔵書バン何でも御, ます佐世保の方, ます佐久間町の山口屋善右衞門, ます佐助もう何, ます佐平次って奴, ます佐賀の鍋島様, ます何ぞ旦那様へ, ます何ともはや御同席, ます何ともはや誠にどうも恐れ入りますな, ます何ものかが裁判長, ます何れ主人が自身, ます何れ只今私も新吉, ます何卒五十か七十, ます何卒五十兩の御, ます何卒速かに此方, ます何年ああやっ, ます何度も巡査さん, ます何方様でございましょう, ます何時も隣室の, ます何某さんで, ます何様いふ筋で, ます何氣なく上つて, ます何者が参りまし, ます余り人を馬鹿, ます余り酔わさんようにし, ます余吾之介様, ます余寒が却って, ますは, ます作右衞門と申す, ます作名は確, ます作家の消長, ます作家論にしろ, ます作物は心配, ます作詩報国の心がま, ます併し乍ら斯う, ます使者は百足, ます來年は取, ます來歴は又, ます価値がございます, ますが幕府, ます便宜もあります, ます俄づくりやつけ, ます俄盲目で感, ます保平殿が奥方, ます保護する丈, ます保高さん何んな事, ます信仰というもの, ます信仰者でなければ, ますもござりますちょうど, ます俥屋なら何時, ます修理はどの, ます俵一八郎という天満浪人, ますの役, ます俺共は何, ます個性的なこと, ますありと, ます値段が二円七十五銭, ます倩娘もいっしょ, ますに天, ます偉い財産家で, ます偶然に暗合, ます偶然大阪の平野町, ます偽物を入れた, ますにむす, ます傍らにはこの, ます傳次てえ不調法者, ます僅か御奉公, ますのない, ます僞物を入れた, ます來暦といふ, ます元気でいます, ます元老方からは様々, ます兄さんぼくは危険, ます兄上に土産, ます兄弟がたがい, ます充分中の光彩, ます先さへ好まなけれ, ます先住者のない, ます先刻から冷酒, ます先刻引合に出しました, ます先年あの黒灰浦, ます先年彼が養母, ます先日も申し上げた, ます先日歳暮に参つたら, ます先生あなたはわたくし, ます先生ここまで来れ, ます先生一つ買つて, ます先生明晩あたりは町, ます先生私は天下, ます先生貴下だけなら申します, ます先祖の助, ます先祖伝来の品, ます先達て私がお, ます光君がどうか, ます光栄を感謝, ます光長も信実, ます兎角に貴方, ますの煙管, ます入梅から勘定, ます入水などと恥, ます全く案外の掛価, ます全体宅から連れ, ます全体此の四郎治, ます八カロッサは三笠, ます八五郎はそれ, ます八分の一ほどのキャベジ, ます八卦であります人, ます八時だのに, ます八月もどうやら, ます八月一日からね, ます八段に黒い, ます八百や魚, ます八紘陸を海, ます八重を付けました, ます公主から貴, ます公子より一つ年下, ます六尺一つの丸裸体, ます六時から, ます六月十三日は母, ます六百年もむかし, ます六郎左衛門殿の御, ます兵曹此處ぞと琵琶, ます兵馬さんにも好かれます, ます其のあの垣根の, ます其上殺した原因, ます其儀は私し, ます其外一族の墓, ます其奴らに見付けられる, ます其子に奧樣, ます其家は間口十三間奧行二十五間田地, ます其提灯の割, ます其故は此人, ます其時は何時, ます其時分まで天主教, ます其様な事, ます其當時の武士, ます其當時現存の書籍, ます其等が決して, ます其處を以, ます其處らの角, ます其關係と云, ます其音は, ます其館である山, ます兼吉と彼, ます内何んとした, ます内容はふさわしく, ます内福どころか家政, ます内膳は勘違い, ます内記どのの次, ます再度拝借致しました, ます再版可能のもの, ます冒険談もあります, ます写し本ではございます, ます写真でよく, ます凄いでしょう先生, ます凡人の能う, ます処この方たちが当地, ます処どこで見当, ます処ゆえ御祭礼, ます処悪党ならお前様, ます処戸外へは水, ます処義元横暴にし, ます出先の大使館, ます出入りの者, ます出所はたしか, ます出版者も近視, ます出発点が間違っ, ますへ此, ます切りにする, ます切手類一切なしよ, ますと申します, ます初雪でも沢山, ます判然とは分りません, ます別世界なの, ます利子を付け, ます前世の宿業, ます前日あれがいろいろ, ます前日私はキールン・ホテル, ます前枕元へ呼ん, ます前独身時代でご, ます剛さん貴郎, ます剣術ばかりで, ます船でも, ます努力をします, ます勇齋は私, ます勉強できるよう, ます動物性の物, ます勘八のみお, ます勘定でご, ます勘定書を置い, ます勝山のあの, ます勢力の源, ます勿体至極も, ます勿體ないこと, ます化粧もします, ます北斎筆の鏡, ます北方の山, ます北海道にアイノ, ます医学法学哲学文学動物学その他の自然科学者, ます医者もいる, ます十一の標準, ます十七世紀の頃, ます十七日から三日間, ます十二三貫目に育つ, ます十二里歩いたの, ます十五日かおそく, ます十五枚ぐらい, ます十六年の末, ます十四世紀の頃, ます十四冊の予定, ます十左はまじめ, ます十月の二日, ます十津川騒ぎからこちら, ます千五百石も取った, ます千古斧斤を入れぬ, ます千引石を道返し, ます午前中に農商大臣, ます午睡の為め, ます纒を, ます半四郎や仲蔵, ます半平は二十五, ます半年程前, ます半蔵と同宿, ます卍丸のこと, ます卑怯な奴, ますの方, ます南無薬師瑠璃光如来お, ます単にいい歌, ます博多の櫛田神社, ます印刷した輪廓, ます危険ですが, ますて喜びます, ます却って面白い小説, ます厖大な家, ます原子爆撃による元素, ます原本がたしか, ます原田さまはどんな, ます原田さんに云う, ます厭ぢやない, ます厳しい残暑でございます, ます厳粛な誓いを, ます又八さんどうぞ以前, ます又木の陰, ますをうれしむ, ます友人のタチバナ氏, ます友造さんわたくしはごらん, ますの肩, ます反省は日本, ます叔父さんあっしゃあ, ます叢祠の像, ます口不調法な私, ます塚どうやら, ます古きわが友, ます古典的なもの, ます古城は躑躅ヶ崎, ます古来法華と門徒, ます古河に伯父, ます只一度で子供, ます只今お茶を入れ, ます只今のは, ます只今北風が次第に, ます只今唯一の願い, ます只今山科の骨董商, ます只今手もとになく, ます只今村の人, ます只今杖を持つ, ます只見うけましたところ, ます只野内膳おめどおり, ます召上っては大変, ます可哀相だと, ます可愛いい娘と, ます台所をさっぱり, ます右手のしまった, ます右藤澤宿大津屋段右衞門と申者, ます右馬の頭さま, ます号泣して, ます吃驚して, ます吉原は万字楼, ます吉岡先生に恥, ます吉左右ともにこれから, ます吉日に経験, ます吉田御殿の裏井戸, ます吉田竜太郎というの, ます同じく狩野山楽と, ます同情という, ます名主へも届け, ます名前は確か千葉, ます后たちまた御子たちもろもろ, ます向山の名物, ます向後は速, ます君ゆゑにゆゆしくも吾は歎, ます君君たらずとも, ます吝嗇な人, ます書いて, ますの文王, ます周防殿の云い, ますはいか, ます味淋入れて, ます命がけでお願い, ます和泉町では彼家, ます咲枝の体, ます咲枝二十一日間はいる, ます哀願しますどうか, ます品川で散々飮ん, ます哲学者が訴え得られる, ますのよう, ます小菊の, ます唯どういふ事, ます唯今之れなる, ます唯今こちらさまのお, ます唯今京都瑞光院の者, ます唯金をさえ渡し, ます商売が商売, ます商売人を連れ, ます商売冥利精一杯の御馳走, ます問題というもの, ます善右衞門大きに気力, ます善巧方便を以て弘誓, ます善行善意を心掛ける, ますべ嫌い, ます嘆願するから, ます嘗て人と, ます器械になります, ます器物は此方, ます器量の好い, ます四万の關善, ます四天王の侍ども, ます四天王寺に貝葉梵本, ます四川に廖平, ます四日前に廢め, ます四辺の殿舎威儀, ますて私, ます因縁だと, ます団子が数多, ます囹圄の灯, ます固形物を入れるなら, ます国威宣揚にともなう, ます国許では江戸, ます国運衰退のとき, ます園主の功徳, ます土佐もあります, ます土塀のかかった, ます土州が出, ます土左衛門が着い, ます土廂が深く, ます土手を下りる, ます在学中はラグビー, ます在所じゃア蝦夷虫, ますを耕します, ます地ごとに品遲部, ます地上に理想郷, ます地位のある, ます地形は東東南, ます地獄の話, ます地獄変の屏風, ます地獄變の屏風, ます地理に関すること, ます地神というの, ます地神盲僧の琵琶, ます地面は只今, ます坊さんナ, ます垣根のわき, ます基督教徒は基督教徒, ます報告第十一號, ます場合中国の能書, ます場合筆が悪かっ, ます塔婆の浜, ますを発い, ます塚前の彌, ます墨色判断であります八卦, ますのほう, ます声明家は禅家, ます売文社の時代, ますだと, ます夏冷いもののまない, ます夏子のは緑, ます夏季は相, ます夏私は比較的, ます夏秋蚕の如き, ます夕方なんか羽織, ます外国からも時々, ます外国人は足, ます外部的にそんな, ます多くは申しませぬ, ます多助お前心得違いをしたろう, ます夜具も蒲団, ます夜分おそくなっ, ます夜店がマバラ, ますよりはかない, ます大乗は易, ます大元帥と書きまし, ます大八車を引っぱっ, ます大凡家邸五百兩諸道具が三百兩餘, ます大功と云, ます大名諸侯や富豪, ます大学生の伊達正男, ます大宮地の底, ます大将の関係, ます大岡殿然ら, ます大岡殿イヤハヤ夫は甚だ, ます大師がより, ます大悲救世観世音母のご, ます大望のある, ます大森の方, ます大殿の上, ます大洋の波, ます大湊の船大工, ます大滝が有りまし, ます大漁となる, ます大神宮様のお, ます大胆な態度, ます大道中で尻尾, ます大金持ちの柴忠, ます大黒暖かいと, ます大黒様が巨燵, ます天一坊樣儀は一昨日松平伊豆守殿御役宅, ます天一坊樣御事は先達て伊豆守役宅, ます天上の妃, ます天保の水野越前守様, ます天地にそむかず, ます天幕張だろうが, ます天才女優天川呉羽嬢がその, ます天狗見たよう, ます天狗坂てえの, ます天狗様がお知らせ, ます天皇即ち天津日嗣天日根天皇, ます天皇陛下のお蔭, ます天道と云者, ます天長節は歌舞伎座, ます天龍川はさすが, ます太夫竹本小光愈, ます太平洋とか大海原, ます太郎ですよ, ます太閤様がお, ます夫ゆえ秀子は声, ます夫共利あげを, ます失敗しますよ, ます失言執達吏の名, ます奈良朝の中葉, ます契りのしるし, ます契約の指環, ます奥さん大いに今, ます奥方様ならびに伊都丸殿, ます奥様ばあやが言, ます奧座敷が明, ます女どもでは力, ます女の子を一人, ます女の子一人と男の子一人, ます女中がいない, ます女中さんもその, ます女人に聞かせ, ます女優の落第生, ます女子はんの, ます女河合銀二郎へ縁談, ます奸人共を討つ, ます好きな人, ます好悪の二字, ます如何ようともお仕置, ますの安, ますは寄るべ, ます妻子のある, ますを搜, ます姉さんたちの仕合わせ, ます姉さん今にお, ます姉さん風呂は, ます姉伊都子ことは昨年, ますに仕える, ますは竇, ます委細はあと, ますでご, ます姫君様村松金之助生まれて, ます姫様におっしゃっ, ます娘さん達が私, ます娘たちの中, ます娘一人で何事, ます婆アや枕元, ます婿がよく, ます媒介人は有ります, ます媼達へお, ます入前, ます嫁さんとしても私, ますちゃま, ます嬢さま誠に何とも, ます子どもを地, ます子飼いの時, ます孔子に老子, ますでも絵, ます存在はそのもの, ます助折角, ます学士は至って, ます学校の威厳, ます学生は土曜日, ます学生さんで時々, ます学術探検隊が行った, ますの布卷吉, ます學校も見た, ます學生は一人, ます宇野にした, ます守田座とかいう芝居座, ます安心して, ます安房守さまには上田, ます安本亀二郎という野郎, ます安達ヶ原の孤家, ます宗方家の主人善五郎樣, ます宗輔にもさして, ます官吏が先立, ます七と, ます定めし本人も, ますくまア, ます宜いかえ私, ます宜しいか少し, ます宜しかったら, ます宜しゅうございますから, ますとは, ます宝蔵院の槍, ます実に何ともお詫, ます実地あったお話, ます実情をハッキリ, ます実験が不, ますのストーブ, ます宮さんが宮廷, ます宮重大根の太った, ます家じゅうそろって, ます家中の者, ます家来に無心, ます家業のもの, ます宿はこの, ます宿命というもの, ます宿屋の向, ます宿屋生活をきり, ます宿泊料はお, ます彌儀, ます富山の薬屋, ます寒い朝でと, ます寒かった, ます寒けりゃア富五郎のが, ます寒中襯衣一枚に袴服, ます寝台券買えたかしら, ます寝殿をお, ます寧そ一ト思いに死んだら, ます寧ろ喜びます却, ますへ火, ます対手につよく, ます寿江子の分, ます専門家が見, ます将来自分と対手, ます將來に對, ます尊い旦那様, ます尊君さまの御, ます尋常の御, ます小さな提燈下に, ます小三郎さまの仰し, ます小三郎薄命にし, ます小仏峠の下, ます小児が生れた, ます小判で, ます小包がきかない, ます小増と申します, ます小川町一丁目の川勝屋, ます小松さまはお, ます小林さんや飛島さん, ます小梅すなわち信濃梅, ます小生が御, ます小花さんに済まぬ, ます小言を云っ, ます小説ですが, ます小豆の御飯, ます小遣金が帯側, ます小金井の母, ます少年呉一郎の精神鑑定, ます少年會と青年會, ますとも是, ます端折りで六十九歳, ますにされた, ますの方, ます尾張焼の湯呑, ます尾張町から日比谷, ます尾羽張神かそれ, ますの人, ますっぽこドクトル, ます居候なん, ます居酒屋といった処, ます届けものがあれ, ます屋根は銅葺, ます屏風は狩野法眼永徳あたり, ます山の上を薄, ます山ノ井という者, ます山下の床屋, ます山伏の一人, ます山寺と申す, ます山崎様がただいま, ます山樵がわたくし, ます山水も剣呑, ます山百合が自然, ます山路と申します, ます山野辺は白鬚, ます山陽が十三, ます屹度お世話致しましょう, ます屹度お前さん末始終然う, ます岡村氏が松蔭御門, ます岩倉三位は御, ます岩殿の觀世音, ますの堂, ます峰松は今日, ますはデュウマ, ます島嶼にもあります, ます崇拝します, ますの方, ます巌組へ池, ますがあります, ます巡礼のこと, ます巡礼どんかえ, ます工合でもわるく, ます左樣いふ事を思ふ, ます左門殿町の方, ます差支は有りますまい, ます巻手と云う, ます市中にはとうに, ます市営建造物というの, ます市川が, ます市民よ武器, ます帝國ホテルにゐます, ますがじだらく, ます帰つて子供の世話, ます帰りにはきつ, ます常盤御前は立派, ます狭の, ます平凡な手紙, ます平原地にも一尺, ます平常実印を, ます平野の意, ます年上の私, ます年寄子供を扣, ます年末で配給, ます年来お屋敷, ます年配の御, ます年齢は四十二, ます幸兵衛あとで大, ます幼時の初恋, ます幽霊塔へ入り込ん, ます久しくお, ます幾らかはございました, ます幾ら私がいる, ます幾何學にある, ます幾重にもお許し下さいまし, ます広島を夜中, ますという鍛冶屋, ますに女房, ますの方, ます庭石に, ます廊下でお, ます廣さは十三里, ます延享元年の六月十一日, ます建具屋でございますが, ます建築を二度, ます建築字典などと一緒, ます廻送いたしますお, ます之助さん, ます弁信さん一刻も早く, ます弁士は英雄, ます式部さまがさ, ます弓矢は官軍, ます取られるの, ます引手の処, ます引手茶屋の娘, ます弗函の代表者顔, ます弟源三郎を江戸, ます張作霖に軍資金, ます強いて合う, ます弾丸の速度, ます当地市民公衆浴場の内部, ます当季何処においで, ます当年は別して, ます当然そういう恰好, ます彼女の彼, ます彼奴に対しましては, ます彼奴等二人を仮令, ます彼所なれば, ます彼手燭を持っ, ます彼方紫色の森, ます彼様な鬼, ます往処もなし, ます征服すると, ます後世では他, ます後妻は先年大浜, ます後姿へ嘉六, ます後程伺いますからと, ます後者は幻燈, ます従って製作品には, ます従つて之等の旧, ます従つて女の肉体的描写, ます得意となる, ます從來宗祖大師の降誕會, ます御前とお, ます御寮人様がまた, ます御意には入りますまい, ます御所柿を面白, ます御新姐はな, ます御新造に掛け, ます御新造様がお, ます御機嫌宜しゅう, ます御礼を申, ます御膳は一度, ます御苦労でありました, ます御衣のにほひ, ます御覧下さりませ一寸こう, ます御許し下さい, ます御返事をどうぞ, ます御飯をやっ, ます微塵お怨み申し上げる, ます徳さんの考えかた, ます徳三郎という小間物屋さん, ます徹太郎の嫁, ます心から愛して, ます心理遺伝と重大, ます心組で手袋, ます心置きなくご, ます心配ございません, ます必らず恨んで, ます必要はなかつた, ます忙しくもなるでしょう, ますいこと, ます快く聞き届けて, ます快感は同時に, ます忰どもも一人前, ます忽ちの中, ます怖いと思う, ます思いがけなく貴方様に, ます思い掛なく旦那様, ます急病ですから, ます急行で五時間, ますの悪い, ます怨みがましい, ますしかりませんな, ます怪からんお尋ねを, ます怪しさも, ます怪しいのである, ます怪我をしない, ますし合った方, ます恐うございます, ます恐れながらお経, ます恥ずかしいことを, ます恩愛の情, ますも千本, ますど咽喉, ます恰好から吉良, ます恰度暗夜に人々, ます悠然として秋波, ます木の, ます悪くつきまとうわけ, ます悪政は人間力, ます悪漢どもにすき, ます悪行をなす, ます悪魔が針, ますは大きく, ます情ない訳で, ます情熱がちがいます, ます惜しい事に, ます惠果も大師, ます惠梅様と云う, まするくお聞き遊ばせば, ます惣右衞門さんには水街道辺, ます惣太という猟師, ます想像してた駒井さん, ます四十日經つた所で, ます愉しいことで, ますだと, ます意外にも一人, ます意見を云わない, ますいて, ます愚かさをどの, ます愛国防空隊との活躍, ます愛情もなし, ます感心です, ます慈善は博, ます慈愛を加えた, ます慥かに三貫目炭, ます憎くって憎くっ, ます憚りながら左衛門尉姿は, ます憚りながら然樣云後ぐらい, ます應仁の亂, ます懲役にはなります, ます懸賞金を折返し, ます成たけ入費の係らぬ, ます成たけ顔を見せる, ます成仏なすって, ます成城にはまだ, ますれは, ます我々宗教家は街, ます我國の支那學者, ます我輩はこの, ます或いはまた恋とは, ます戦士等の乗馬, ます戦時の闇生活, ますがガタピシ, ます戸別に, ます戸室口から石, ます戻りをいそがなけれ, ます所以はむしろ, ます所内容余りに僧家, ます所存で地図, ます所番等の寛, ますでそっと, ます扇屋丹右衞門と言, ますについた, ます手創が治る, ます手妻使いのよう, ます手摺をこさえる, ます手毬唄を聞く, ます手腕を持つ, ます手荒なこと, ます手許にはない, ます手間は取らせない, ます承知致しました, ます技術とか才, ます折わたくしの心, ます折少女を爺さん, ます折柄はからず先生, ます折柄おからだお, ます折田の根方, ます折畳式の, ます抱緊めます, ます拍子を取っ, ます拓本の中, ます拝借いたしましょう, ます持病はすっかり, ます挙動が手, ます据風呂に入っ, ます探偵が依頼者, ます控燈籠の棗形, ます提灯を一つ, ます摩利の教, ます摺差まで参りまし, ます播磨の印南, ます支那人の頭, ます支那文化に洗練, ます放火だなんと, ます政党関係の因縁, ます故お急ぎなく, ます故人高島屋や彦三郎, ます故御安心下さい, ます故郷は忘, ます教会でオルガン, ます散歩に出る, ます敬服します, ますは実に, ます数寄屋町の三八, ます数百年伝わった旧家, ます敷物の類, ます文化運動に対して政府, ます文夫は死, ます文夫さんの方, ます文字を書いた, ます文学的に, ます文殊自證眞言, ます文箱で, ます文芸評論らしいもの, ます文部大臣から検閲, ます料理はすぐ, ます斬りにされ, ます斯様な次第, ます助は, ます新しいにもよい, ます新たなる征服者, ます新光院様と云っ, ます新出先生のところ, ます新利根川の流, ます新屋を一つ, ます新書ねこれ, ます新聞の料理案内, ます新聞記事と申します, ます新道が開けません, ます方々やそう, ます方向正反対でね, ます於通と申す, ます旅商人の岸田宇之助, ます旅店の案内者, ます旅行で, ます旅魚屋の傳次, ます旗持には力, ます既に鼻などは, ます日々あゝやっ, ます日外の凌雲院, ます日大芸術科というところ, ます日常諸君は御存知, ます日暮れ時何事もお, ます日本左衛門とその, ます日本廻国のこと, ます日本政府は此忠良, ます日本橋式部小路の太物商, ます日比谷から, ます日済の催促, ます日蓮を説明, ます日蔭の草, ます日頃のあなた, ます旦那さままアお静か, ます旦那提灯を乱暴, ます旦那様私を裏, ますの公方さま, ます旨同島の防空監視哨, ます早いけれど, ます早うそこへ, ます早かったなし, ます早く早く一刻も, ます早四郎は床, ます早瀬主税と云う, ます早野勘平が血判, ます明りもつい, ます明るい子らしい, ます明後日九州から御, ます明日あたり餅搗きを致します, ます明朝は行けない, ます明治の地獄, ます明治天皇さまの尊い, ます明神様森の石段, ます昔アキスにとられ, ます昔春秋の時, ます春さきは狭い, ます春日四所大神と申しまし, ます春日重蔵と申す, ます春木町のその, ます春馬作国貞画とあります, ます昨夕中央会堂の慈善音楽会, ます昨夜おいでなすっ, ます昨夜奥さんの亡くなられる, ます昨夜最初ここへ帰った, ます昨日午後四時より始まりまし, ます昨日拝借したお, ます昨日織元から新柄, ますも夜, ます昼前のうち, ます昼間も晩, ます時あなた炊いて, ます時あれの母, ます時いまわの際, ます時やつぱりかうして日本食を召し上り, ます時チーズが糸, ます時代のこと, ます時代ものと云, ます時伊邪奈岐命語りたまはく, ます時伯母さまと話し, ます時何を以て外人, ます時傍に附い, ます時先づ生活精神とはこれ, ます時内の門, ます時勉強して, ます時友達にあずけ, ます時召使の一人, ます時大奥様はもう一度, ます時大藏が長局, ます時後ろから若い, ます時御嶽冠者の同勢, ます時扉を開け, ます時春雨の静か, ます時曹達か塩, ます時期でもない, ます時歌よみしたまひ, ます時殘つてゐる飯, ます時水がなかっ, ます時清河等と別れる, ます時男子出産して, ます時私は娘, ます時継母のお, ます時縫がものさし, ます時自分でも成, ます時赤茄子のサンドウィッチ, ます時途中で小野, ます時里の方, ます時馬のかけ, ます時黄身でくるみます, ます晝前のうち, ます普通はある, ます景色を, ます智慧の気の毒さみたい, ますの祭, ます暁方とは申せ, ます暑くなると, ます暫くどうぞ彼は, ます暮しの内容, ますはたしかに, ます更に詳しく規定, ます更紗や何, ます書物をごらん, ます書生さんなぞは, ます書道展覧会などを見ます, ます書類を御覧, ますての許婚半十郎, ます最うお止し遊ばせお, ます最近動機の有力, ますの夜, ます月夜だし, ます月影にて見る, ます月日は百代, ます月曜日はどう, ます月末まで待った, ます月読壮子幣, ます有力な日本人, ます有名な, ます有明の浜, ます有難うござります, ます有難かった, ます服部君に一応, ます朝っぱらから忍び駒, ます朝日権現様はつまり, ます朝晩念仏三昧で慎み, ます朝晩念佛三昧で愼, ます朝晴の日, ます朝顔の花, ます朝飯が夕六時, ます朝鮮語ってえ, ます木戸の掟, ます木戸銭をお, ます木曾川両岸, ます木村を救っ, ます紙屑は, ます未決監の賄部屋, ます本名は花園, ます本当にいろいろいろいろ見せて, ます本当にそう思うのよ, ます本懐であります, ます本来忠義骨髄の鐚, ます本気で云え, ます本牧へ行きましょう, ます本磨にし, ます本箱などが幾つ, ます本船左舷後方三海里許距つた海上に當つて一個, ます札所阪東第三番, ます朱縮緬の帯止, ます杉田さま胸いっぱいにそう, ます村尾さんが余り, ます来月三日ぐらいまでいる, ます東北の飢饉, ます東大は来年, ます東山のつい, ます東洋とても色, ます東洲齋の内弟子, ます東海道ではこの, ます東照大神より第, ますの上, ます松井スマ子にしろ, ます松助も連れ, ます松富さんが楽屋, ます松山さんは今, ます松谷秀子の件, ます松谷秀子さんは, ます板の間があなた様, ますがつた足, ます枕もとで書き置き, ます林檎の樹, ます林田さんが見えまし, ます林町のどうぞよろしく, ます枚数の正確, ます柄ばつかりで, ます柄樽を拝借, ますい紙, ます柔かいが冷たい, ます柔術は, ますを取っ, ます栃木縣下都賀郡谷中村と云, ます栗橋と云, ます栗鼠は逃げます, ます根から梢まで, ます根岸の大戸さま, ます根本はその, ます根津の総門内, ます格別のお, ます桂川の水, ますいろの, ます案内しましょうお, ます桔梗屋喜七は手前共, ます桜樹の多い, ます梵網経の中, ます棒持の方, ます棟梁もまア, ますの上, ます森林の美, ます森様その手, ます森長さんへ電話, ます諸徳本, ます椎の木のよう, ます検査官は之, ます極製でございますから, ます楽しみにし, ます様おすすめ致します, ます樋口はいつも, ます標目の儀, ます模様でご, ます樣子の可愛い, ます樣御頼み申上ますと, ます樣由良之助は花道, ますになっ, ます横浜へあんたさん, ます横蔵様のとき, ますは此方, ます樽買いでございますが, ますがなけれ, ます機會がありました, ます機械のやう, ます機縁となっ, ます橿の森, ますの朝, ます次の間からおよそ, ます次代の芸術家, ます次第それを悪い, ます次第にござります, ます次第隠居ぐらし隠遁生活それこそ庭下駄, ます次郎君いこう, ます欧羅巴が開けた, ます欲目でなく, ます歌舞の菩薩, ます孝がねえ, ます正岡君が虚子君, ます正常な生活, ます正式の梵語, ます正当に衣食, ます正木先生の変幻出没的, ます正気に戻す, ます正面三カ所に轡, ます此の程はお母さま一人, ます此の節は厭, ます此の間もあなた, ます此上貴嬢, ます此入毛と云い, ます此分では将来何, ます此夏頃から御, ます此山を旅, ます此所に下駄, ます此方様で助かります, ます此様いふやう, ます此標題のカラタカ, ます此等は孰, ます此脇差は一昨々年, ます此裁判の判決次第, ます此間國から出, ます此頃は施療, ます武子姫の御, ます武門とは落ち, ます武骨ではござる, ます歩くにさえやっと, ます歩兵さんに限っ, ますをがりがり, ます歳月は人, ますにまさる, ます死神に, ますには春部梅三郎, ます殊に近頃印度が, ます残らず拝借致し, ます残り惜しいからお, ます残念じゃなあ, ます殿さまは毎日, ます殿様源吉は何ん, ます母さまといっしょ, ます母上さまにもできる, ます母公があす, ます母子は二週間, ます母御が彼の世, ます母性愛の光, ます母方の縁類, ます母親も余程, ます母親同志としてなら, ます毎年相変らず主人, ます毎度あなた方のお, ます毎度お前さんの処, ます毎度主人と貴方, ます毎度私しを, ます毎度美代ちゃんを呼ん, ます毎度迷亭が出, ます毎日婆アともはア然, ます毎晩でお, ます毎朝缺かした, ます毛だらけな膚, ます民藝の中, ます民衆の意志, ます気むずかしくなるの, ます気分もおよろしいよう, ます気合に惚れました, ます気配がいたします, ますで何時, ます氣遣ひは, ます水彩という材料, ます水戸様のお, ます水準点の高, ます水神様が水, ます水街道の麹屋, ます水車小屋は浮き出し, ます水車橋の袂, ます水道栓のホース, ます水銀の八十個, ます水面に浮ぶ, ます氷水でも召上つて, ます永らく御奉公, ます永年の御, ます永正寺の墓地, ます汐水の中, ますじゃなくっ, ますの聲, ます汝等の父, ます江戸中の人, ます江戸城から見る, ます決して決して庶民的, ます決心で人知れず, ます汽車で当方, ます沖田総司様も同様, ます沙漠にもあります, ます沢倉さまはいま三河, ます沢庵さんおすがりいたします, ます河内武太夫でございます, ます河太郎が出ます, ます河岸へ立上ります, ますなら上等の, ます油屋渡世で, ます油斷しちや, ます油絵は八号位い, ます沼津から程近く, ますはそう, ます法医学部へ転じ, ます法案のうち, ます波沼様と申しまし, ます泣きもむずかり, ますは厚化粧, ます泥棒でございます, ます泰子が四十度, ます洋燈は躍りはためく, ます洋袴のポケット, ます洒落とかいふ言葉, ます洛陽の貴公子, ます活溌な活動, ます浄玻璃の鏡, ます膚な, ます浅いところで, ます浅からぬ奇縁, ます浅ましい有様が, ます浅黄繻子や濃い, ます浦子さんと劇, ます浦島太郎がこの, ます浪人共の正論, ます浪士で, ます海図の上, ます海援隊が建てた, ます海竜に逢っ, ます海賊ではありません, ますだって悲しい, ます涼しそうな, ます淫婦を白状, ます深川までお, ますのところ, ます混凝土の暗い, ます混雑の紛れ, ます清い水を, ます清元が大層, ます清左衞門縄に掛っ, ます清正公の魂, ます清水の麓, ます清澄山からこの, ます清盛頼朝太閤家康諸君はかれ, ます渋色をした, ますの方, ます渡り者の折助, ます渡船とは申しまし, ます渡良瀬沿岸三郡の中, ます渡辺助右衛門の母め, ます渡辺金兵衛が帰り, ます渡邊祖五郎と姉, ます渡邊織江の織, ます温かい御酒と, ます湯場を働く, ます湯治場は一体, ます湯灌や何, ます湿っぽい面白さの, ます湿度九十九パーセントよ, ます洲は, ます源次郎はずっと, ます準備が整っ, ます滅裂になり, ます滿されない空腹, ます漁師の角蔵, ます漕手は六人, ます漢語と昔, ます漱石さんは不在, ます濡場と云, ますがよく, ます火事でご, ます火打袋で中, ますのした, ます灯火が消え, ます炉辺閑話の席, ますのこと, ます為金額は不, ます烟草入と真鍮, ます躾を, ます無理に出かけれ, ます無私にありたい, ます無花果の芽, ます無論漣は, ます無責任に事実, ます無闇に斬っ, ます然しながらわたくしは, ます然るに貴公の, ます熊本へ帰る, ます熟睡して, ますが落, ます熱いんです, ます燻製の鰊, ますに白い, ます爭論に怒る, ますに三阪さん, ます父上申しあげます, ます父君の治世, ます父君母君おは, ます父娘のよう, ます父子の縁, ます爺親に聞い, ます牛共はどんなに, ます牛肉の食べ頃, ます牡蠣殻と, ます牧畜業からさらに, ます物ごしのあはれ, ます物凄い事件の, ます物臭太郎でお待ち, ます物音をも立てず, ます特殊な, ます牽強附会な唯物論的空想, ますはその, ます犬商のフリオ, ます状態で妾, ます狐猿を連れ, ます独楽だから, ます独身で鞄, ます独身者でございますが, ます独身者ゆえ看病人も有りません, ます狭山に済みませんです, ます狼藉者があれ, ます猛烈に浪, ます猛獣が五六頭, ますの眼, ますほ灰, ます獨逸は御, ます玄人は正宗以上, ます玄堂捨てては, ます玄奘が印度, ます玉兎で御座います, ます玉子を買う, ます玉子焼へ群, ます玉置の軍, ます王子の在, ます王禄の庭, ます珍聞でしょう, ます現に今朝も, ます現今のアイヌ, ます現代の自分勝手, ます現在己の実子早四郎, ます現状はまことに, ます琉球国無事安穏のこと, ます琴古の手, ます甘木三枝と申す, ます甘美な泉, ます甚しきは精神, ます甚だ相済みません, ます甚麼に反し, ます生々しい血しお, ます生れは房州, ます生れつき知恵のおそい, ます生命にかかわる, ます生徒こそいい, ます生憎死目に, ます生業として刀, ます生涯どこへも嫁, ます生理だけで人間, ます生臭さ坊主の, ます生血を吸われます, ます生首が, ますがあっ, ます用事が済みましたら, ます田中澄徹と申す, ます田原もいや, ます由來肖像畫は畫, ます由兵衞さん旦那を何分, ます由安堵いたします, ます由安心いたします, ます由私は実に, ます甲府の御, ます甲斐なく生き残った, ます甲武信と申しまし, ます申し訳もありません, ます申上ますと, ます男の子と生れ, ます男一匹がこの, ます男子の着物, ます男神または女神, ますの幇間, ます町内では酔っぱらい, ます町屋ならば, ますができます, ます画面ですが, ます画風は全く, ます畑物の茄子, ます留守番と猟師, ますをならひ, ますを残らず揚げ, ます當市に今, ます當時の詩, ます疎開先についてあれこれ, ます疑いを避ける, ます疼痛がバツタリ, ますは幻, ます病気になります, ます病氣をします, ます痛い目を, ます痛くって堪らねえで, まするもの, ますの惡, ます発音しにくく, ます白く光って, ます白山の駒込, ます白川郷というところ, ます白帆の影, ます白木の小さい, ます白状は致します, ます白糸の滝の下, ます白系露人の有力者, ます白翁堂の書面, ます白骨の山, ます白髪の顔, ますと五十, ます百合も精気, ます百合子を羨し, ます百姓が天地, ます百日の後, ます百樹もそれ, ます百科全書には, ます百舌鳥も, ます皆さん後からいらっしゃい, ます皆んなの顔, ます皆小前の者, ます皆立派な麥畠, ます皆自動車で通れます, ます皇室の御, ます皇親神漏岐, ますが政治, ます盗賊ではございません, ます目かいの見えない, ます目当に立て, ます目明し万吉という者, ます目白の庭石, ます目見に聖なに, ます盲目根性と云っ, ます相原助左衛門どのよりこれ, ます相宿の者, ます相撲も取ります, ます相馬御風さんなどもおけ, ますのところ, ます看病人が無い, ます眞珠と黄金, ます眞達という弟子坊主, ます真さんわたしはお前, ます真中へ割込ん, ます真個に不思議, ます真夜中には誰, ます真実なもの, ます真心をお, ます真昼のまひる, ます真紅な木の葉, ます眠りの間, ます眼底に充血, ます着手して, ますは何方, ます矢代は幸福, ます矢先へ二十一本, ます矢崎舎人は原田どの, ます矢張其の人, ます矢張り支那學者であるから, ます矢張旦那様がお, ます矢張木を裂いた, ます矢張無事に玉子焼, ます矢来先生には貴, ます知力は彼ら, ます石垣に致します, ます石筧の水, ます石造りの家, ます研究所も思い, ます破れモーニングの小男, ます破落戸か賭博打, ます硝子戸に, ますと草紙, ますな事, ます磔刑か獄門, ます磯吉と申します, ます社会の悪, ます社殿の前, ます祈りで, ます祈願しまする, ます祝詞にも見られます, ます神孫数代宮居を定められた, ます神様などへ入道, ます神樂坂裏の長崎屋七郎兵衞, ます神父の功徳, ます神父様と彼女, ます神父様おまえ様のお, ます神父様アレクセイ尊者でございます, ます神父様三つになる, ます神父様町の者, ます神田の旅籠町, ます神聖なる場所, ます神谷仙太郎君の何と, ますが豊臣太閤, ます福岡の町, ます福岡県の司法当局, ます私ことは大工助次郎, ます私のよりは穴, ます私ゃア番太郎ですが, ます私ア土塊で出来た, ます私ア貴方に少し, ます私母は正しく, ます私煤掃の時, ますからはこう, ます秘密を云い当てられた, ます秩父の山々, ますが実, ます種々お話も, ます種子物の類, ます種生はどうも, ます稲妻がはためきます, ます稲荷の社, ます稻垣さまの家来, ます穂高の初雪, ますの中, ます空前絶後的な怪事件, ます空屋敷じゃ, ます空身ですから, ます突き疵と, ますの中, ます立派さというもの, ます立田の媛, ます立腹するバルザック, ます竜吉さんを殺した, ます竜顔に咫尺, ます童女さんた, ます端折を高く, ます竹ヶ崎と云う, ますつて, ます笑ってかわいい, ます笠置の山, ます符号は羅馬紀元一七六年一月十六日, ます第一線の花形, ます笹田仁蔵と申します, ます筆子さんとおっしゃる, ます筆法には術語, ます筆触もなけれ, ます筈それに御岳, ます筈島津方から押し寄せ, ます筏師で, ますを立てね, ますは偽物, ます箱根細工の箱, ます節文字は拾います, ます範囲では不明, ますにその, ます篠崎掃部助と申す, ます米友さんのおっしゃる, ます米搗は越後, ますはただ, ます粉末絵具は自然粉, ます粗忽もんで, ます粗悪になっ, ます粟田口國綱の事, ます精神病の研究, ます精神病院の精神病者, ます精神科学と関係, ます精神科学的犯罪の好, ますでございます, ます糸柳これはなよなよ, ます系統の坐すで, ます紀州よ, ます十年前の, ます約束より少し, ますかけ花色, ます紅葉が散ります, ます紅蓮洞という人, ます紙問屋の支配人, ます紙帳へその, ます紙煙草蚊遣香勝手道具何んでも, ます紙芝居がはじまります, ます素人衆はツイ夢中, ます素封家でハルスカイン, ます素盞嗚尊を勧請, ます紫雲英のよう, ます紫鹿子のふっさりした, ます累代の間, ます終にのぞんで, ます終りってやつ, ます組屋敷の与力同心衆, ます経済的な点, ます結果その永い, ます結果他国からの侵入, ます統一された自身, ます絵かきが垂涎, ます絵の具では物, ます絵具ののびもよろしい, ます綜合的なもの, ます綺麗な処, ます綿貫栄次郎いうもん, ます緋目高一疋ほど, ます唐草の, ますだけ取, ます縁談もこの, ますで腹ア, ます縫子の花, ます縮緬の幕張り, ます總吉と申す, ます繊弱い巡礼, ます織物は緞子, ます掛けて, ます美くしい盛り, ます美土代町の洋物屋, ます美濃の味方, ます美男と疾, ます美術出身でもう, ます美酒と自, ますひ神, ます義淨の入寂, ます羽槌雄の, ます羽目の間, ます翌年の二月, ます翌日は暗い, ます翌朝身支度をし, ます習慣でしたので, ます老僕ですが, ます老師様背から下ろし, ます老爺でその, ます者ゆえ矢文をつかわし, ます者今日は早速, ます者汝わが子孫, ますに響い, ます耶蘇教といつても特に, ます聖なる母よ, ます聖主に捧げ, ます聖書を家, ます棄てに, ます聞達を諸侯, ます肉親の母親, ます肌合の面白い, ます肱掛窓で谷川, ます胡弓弾きが, ます胡瓜に並ん, ます胸部腹部から頭部, ますく来た, ます脇差の鞘, ますを診る, ます脚半の穿き, ます脚絆股引これはもちろん, ます脚絆股引之は勿論, ます脳味噌に, ますが折れ, ます腕力も用います, ます腸疾患というの, ますもさう, ます膏薬吸出しのよう, ますが出る, ます臠肉厚く頸, ます臣下が王, ます臨終の奥様, ます自治委員会といふの, ます自然あの人, ます自然湧出の観世音, ます自由な美術, ます自称樫尾初蔵と申す, ます自覚して, ます自身の塩加減, ます自身参上いたして, ます舅さんは非常, ます與助と云う, ます興味がある, ますはこの, ます航海して, ます般若波羅蜜多は即ち, ます舶来の品物, ます船岡どのもおいで, ます船底へ仁王立, ます船頭になっ, ますが好う, ます色男も鳴す, ますかなもの, ます芥川賞授賞者とあれ, ます花ひとつ武蔵のあなた十里, ます花冠を戴いた, ます花嫁だなんて, ます花恥かしい乙女, ます花束は天井, ます花飾りした神壇, ます花魁今云った通り伊之助はん, ます花魁何方へお出で, ます芸者の衣物, ます芸術上のこと, ます苟も侍たる, ます夷, ます若しくは天降る, ます若しも貴方の, ます若旦那の半次郎さん, ます若様のお少, ます若輩でございますが, ます苦労にも幾通り, ますもうみます, ます茅屋の方, ますが変る, ます茶屋町の縫, ます茶飯にあんかけ, ますというの, ます草双紙のお話, ます草豆が半分許, ます荒っぽい気を, ますをつくる, ます荷札に鹽原角右衞門, ます莨屋の店, ます菅網代にする, ますの浸し物, ます菩提をすて, ます菩提樹に, ます華美な装, ます華英通語はこの, ます萩原与五郎と申し, ます萩原部落の仁右衛門, ますに一つ, ます葬儀もこの, ます葬式は当分, ます葮簀張でねえそれ, ます蒟蒻問答のよう, ます蒼空の高い, ます蔦家の, ます蔭口のなか, ます薄暗い洋燈の, ます薄暗うございますから, ます薄氷色の白き, ます薬多種は趣味, ます薬局で西郷, ます薬草道人様で, ますが一杯, ますに茶, ます藤次郎に否応, ます藤蔓は井戸綱, ます藩主の地位, ます藻西の外, ます蘇生すると, ます虎井夫人の怪我, ますを見せ, ます虚無の流れ, ます蚊帳の中, ます蛇田よけふ, ます蛇頭は男子, ます蛟竜池底を出で, ます蛤吸物の一席, ます血液がみんな涙, ます行きだけは誰, ます行く水は, ます行儀よくじっ, ます行手の両国橋, ます衣料など穴, ます衣裳だけを見える, ます衣食だって金持ち, ます表使のお方, ます表現法としては真, ますだの裾, ますを穿いた, ます裁縫師が十人, ますの小さい, ます裏手なる執金剛神, ます補償金を與, ますをドン, ます複雑な部分, ます複雑多様となり, ます西の京其処に生れまし, ます西暦七百十三年でありますが, ます西村勝子様がお, ます西洋大判罫紙の走り書き, ます西郷南洲を見込ん, ます西鶴の中, ます見事に将軍家, ます見合いが済んだら, ます見物は今, ます覚者であります, ます親しい友達に, ます親分さん申します, ます親分さんあっしじゃありません, ます親分さん方何んか御用, ます親切な旦那様, ます親御や御, ます親愛なベートーヴェン, ます親方いいますから, ます親父は無筆, ます親爺の方, ます観音様の前, ます角力上手でございますから, ます計画とのこと, ます討手が, ます記念の会食, ます許婚の仲, ます訴人した私, ます訴訟人憑司は現在私, ます証明書でこれ, ます評判のお嬢さん, ます試験の問題, ます試験地獄の突破, ますを, ます詩情というもの, ます詩文の法則, ます話合いでどう, ます誘導的な演劇的イメーヂ, ます誠に只もう出所が, ます読者だけ切り, ます誰ひとりあなた様を自分, ます誰方ということ, ます多い, ますより証拠, ます論語でございますか, ます諸君斯樣なこと, ます諸君浅草の観音堂, ます謀殺です御, ます講演はその, ます證據は御, ます譬えば同じスープ, ますの一つ, ます谷合量平というもの, ます谷本博士の講演, ます谷村さんはどれ, ます豆腐屋の物置, ます豊前は上方, ます豊岡姫の宮人, ますと申します, ます象牙柄の小さな, ます貞時さまこの儀いま, ます貞藏も大変酩酊, ます貧乏な上, ます貴き御方の, ます貴所の温和, ます貴方さまにも御機嫌, ます貴方先ア御自身, ます貴方姐さんに宜しく, ます貴方左様な事, ます貴方御酒を召, ます貴方樣は見上, ます貴方飴屋が参ります, ます貴殿は悪い, ます貸本屋でございます, ます賄いの婆さん, ますが入りました, ます賤しき者の手, ます賭け試合をしました, ます赤い表紙の, ます赤合羽ではござりません, ます赤坂の火事, ます赤坊をつれ, ます赤城神社の祭礼, ます赤羽の停車場, ます起請なんてえ, ますの國内, ます越前様にはすばらしい, ますが痛く, ます足利の江川村, ます足輕即ち武士以下, ます踊りの手, ます身の上ですもの, ます身分でもございません, ます身延へ行く, ます身請を致します, ます身重になります, ますを引い, ますの方針, ます軍人なんてこわらしい, ます軽蔑します唾, ます輪回応報という事, ます轟雷のクロニーオーン, ます辛うて辛う, ます辛抱がし切れません, ます農民美術の木彫, ます辻斬ならば, ます迄と頼んでは, ます迄には幾つもの, ます迅速なその, ます近々に, ます近く扶持も増される, ます近年もうる, ます近日拙者東京に出る, ます近藤隊長は精悍そのもの, ます近辺に医者, ます近頃の御, ます迷信からわざわざ, ますつかけて, ます追手というの, ます退屈さからよく, ます途中どこかで大, ます途中何れ明日にも参上, ます途中自動車といっしょ, ます途中諏訪にて計らずある, ます途中道ばたの石, ます通りすがりの方, ます通りそれは五年, ます通りわたしたちがともかく, ます通り一体が交際嫌, ます通り七部の目録, ます通り三千子の寝室, ます通り乱暴でねえで何方, ます通り修羅の巷, ます通り十九日に金谷村, ます通り印度より伝わった, ます通り口語こそ變遷, ます通り喰物にありつく, ます通り定家假名遣と, ます通り家の内外, ます通り当局者と私, ます通り木精の一種, ます通り枳殻や柚子, ます通り樵夫がお, ます通り橋本さんへも宜, ます通り精神異常者なの, ます通り線なくし, ます通り義理があっ, ます通り肥後の熊本, ます通り若旦那様とオモヨさん, ます通り若殿様が若王子, ます通り西洋の話, ます通り鉱毒問題の為, ます通り銘さえございますれ, ます通り阿古屋の琴責, ます通り風邪を引いた, ます通庭の両方, ます通芝居でいたします, ます速水と申す, ます連中なんか上海, ます遁げましたなあ, ます遂私の方, ます遊女は操, ます遊歩場緑色濃き菩提樹, ます過失の為, ます過日も申し上げました, ます過激思想などとは全く, ます道すがら拝見いたし, ます道のりは十里, ます道人様それでは賭け, ます道徳の及ばざる, ます道楽をし, ます道路の点景人物, ます違いませんちっとも, ます物を, ます遠いところを, ます遠い遠い海底へ, ます遠慮なくいただきますでございます, ます遠眼鏡が出, ます選挙でも警察, ますのびら, ますの森, ます那珂川の口, ます郡境の争い, ます部分の中, ます部隊にいる, ます郷党は郷党, ますまで押し進めよ, ます都華の都, ます酒井雅楽頭と一ノ関, ます酒癖が悪い, ます酒醤油味噌飴菓子草履草鞋何となく売りまする, ますさの, ます醜い娘で, ます醤油味淋もございます, ます醫師一人が馳せ, ます重々御恩, ます重助は此, ます野菊と白菊, ます金側の時計, ます金入れがたしかに, ます金子は出ました, ます金色にも見えます, ます金銭のこと, ます鉄瓶があんなに, ますの匙, ます銃後は決して, ます銅器では, ます銭形の親分さん, ます鋳掛屋の佐平次, ますの袋, ますを持った, ます鍋モルモットの附焼, ます鍋見参ということ, ます鍾愛した, ます鎌倉武士は鎌倉武士, ます鎮守の祭礼, ますなれに, ますの銘, ます鐵無地の羽織, ます鐵砲は天文十一年, ます鐵車の製造所, ます長い間使つた麻繩で, ます長らく皆様の, ます長吉にも長太, ます長安の興福寺, ます長局の方, ます長崎屋の身上, ます長持の外, ます長方型の大きな, ます長期ならば, ます長男からもその, ます長老様リザヴェータと申しますだ, ます長者とはこんな, ます長谷川町の番人, ます長谷部雄三郎と申します, ます長野市附近の如き, ますもちょっと, ます門邊をば草笛, ます閉口ものが少く, ますでげす, ます間一時遺骨をお預け, ます間三日間お待ち下さいまし, ます間余人共の立ち入らぬ, ます間別のがお, ます間男をされ, ます間違いなく, ます間霎時お待ち下されと, ます関係上心ならずもこういう, ます関係上之をすっかり, ます関取は大層, ます関東の政治, ます阿呆陀羅経だよ, ます阿賀妻さん政府は政府, ます降参します, ます限り今日私を狂人, ます限り先生にインネン, ます限り御機嫌に逆らわない, ます限り永久に私, ます限り茂作の命, ます限り靜かなもの, ます陛下アラアはあなた, ます陸地は少し, ます陸奥守さまに逼塞, ます陸軍大将リムトック侍従長ラルコン高等法院長バルマッフこれらの人々, ます陽気の加減, ます陽炎が立ちまする, ます隆ちゃんは浴衣, ます隆少年の隣室, ます階段と石段, ますって名残惜しく, ます随縁去来だ, ます際限なくごらん, ます障子越に日, ます隨分からだ, ます隸書と云, ます雄山閣で元, ます雉子馬に, ます雑木の森, ます離座敷へのそ, ます難いのは, ます雪下の本, ます雪割草は白い, ます雪舟周文三阿弥それから狩野家, ます雲水になっ, ます雷霆の神, ます電気化学医療手術等の作用, ますとともに人, ます青二才で, ます青木さんのお, ます青苔の上, ます面白がって殿さま, ます面目もございませぬ, ます面目次第もない, ます革命歌などと大, ます靴下だつて, ます音松というやくざ者, ます頃女房と二人, ます頃祖母さんの鼈甲, ます順ぐりに, ます頬辺などはぽっと, ますの白う, ます頼みまする, ます頼もしいじゃあない, ます風習で御座いますが, ます颶風が起こります, ます飛石へお, ます飛騨の方面, ます食事でございますよ, ますもろく, ます飯篠先生の御, ます飲代になら, ます飲食の慾, ます飴細工の狸, ますり先刻みな樣, ます餘程切り出し兼ねたので, ます餘談の餘談, ますの神等, ます馬車代と教区, ます馬鹿正直も時に, ます駄々ばかり捏ねまし, ます駒井能登守様もわたし, ます駿河大納言の御, ます騒ぎ仰向けに倒れた, ます騒動ではございます, ます骸骨にぴったり, ます高いところへ, ます高倉どののこと, ます高尚な学理, ます高山へ戻れ, ます高江殿にはあれ, ます高級船員たちもどこ, ます高輪から乗る, ますの延びる, ますの毛, ます鬮引をし, ますの首, ますと思います, ます魔物が住込み, ますもお, ます鰍澤で, ますは壱割, ますが重なり, ますを驚かし, ますの食物, ます鶴寿堂が参りました, ます鷹見は, ますの宮, ます鹿島さんへも私, ます鹿遂詰めし合図の笛, ますも一町, ます麻績王といふ人, ます黄八丈の袷小袖, ます黄楊の小, ます黄色くなって, ます黒人がたぶん, ます黒住宗忠様が天地, ます黒澤さんや色々, ます黒船ではございません, ます鼈甲問屋の若い, ます鼻緒のお, ます齊侯といふの, ますを描い, ます龍舌旗