青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「もっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

もし~ もしか~ もしくは~ もしも~ もしや~ ~もち もち~ ~もちろん もちろん~ ~もっ
もっ~
~もった もった~ ~もっと もっと~ ~もっとも もっとも~ ~もつ もつ~ ~もて もて~

「もっ~」 23606, 255ppm, 375位

▼ もっ~ (23179, 98.2%)

890 いる 669 いた 390 いるの 327 いて 231 来て 186 きて 181 いること 147 これを 136 しても 131 いると 114 いたの 109 いるもの 104 いるという 102 すれば 87 いない 84 います 82 いるよう 81 来た 80 いなかった 75 行って 69 いって 65 それを 62 いるから 57 いたが 56 自分の 51 して 49 いるか, いる人 47 いるが, これに 46 彼の 45 いました 44 きた 43 いるので, しては 41 いった, いるかという, いるん 38 いないの 36 いたこと 35 私の 34 彼を 32 人を 30 いないこと, 生きて 29 いたもの, いるわけ, 出て 28 いたので, いても, 居る 27 いたから, いないという, くる, 彼は 26 任じて 25 した, 行った 24 いたと 23 いなければ, いるに, 来る, 見ると 22 いるし, それに 21 居た, 生れて 20 私は 19 いたよう, いるとは, 居ります, 帰って, 立って 18 いるところ, いる女, きたの, 自己の 17 いたし, くるの, すること, やって 16 いないと, したの, しなければ, 人に, 来たの, 見て 15 いたという, いながら, いるため, する, 彼らの, 第一 14 いません, いるかも, いるこの, いるだけ, いる者, いれば, きました, 日本の, 自ら任じ 13 いないよう, いる人々, す, 他の, 描かれて, 歩いて, 眺めて, 行くと

12 [13件] いなかったの, いるのに, ここに, それらの, って, ゆく, 人間の, 来い, 来いの, 私を, 答えた, 身を, 迎えられた

11 おります, するの, そこに, その人, 彼に, 彼女は, 来ました, 自分を, 語って, 静かに

10 [14件] いたに, いないから, いるかと, いるものの, おいで, なり, はいって, 何か, 当時の, 待って, 現れて, 社会の, 私に, 行くこと

9 [23件] いますが, いるかを, いるその, いるだろうか, いるはず, いる人間, いる場合, おる, くること, 世界の, 云った, 今日の, 呼ばれて, 彼が, 彼女の, 心を, 敵の, 暮して, 来るの, 次の, 見られて, 見れば, 言った

8 [32件] あなたの, いくの, いたわけ, いないもの, いないらしかった, いるけれども, いるであろう, いる意味, これらの, するに, するも, せば, では, みると, ゆくと, われわれの, 一種の, 世の, 事を, 人の, 人間を, 他を, 入って, 嚆矢と, 国家の, 天下の, 文明の, 書いて, 書かれて, 示して, 私が, 進んで

7 [45件] いえば, いきました, いっても, いないが, いましたが, いらっしゃるの, いる事, いる手, いる方, いる日本, いる点, いる男, おのれの, すべての, するならば, その名, それが, わたしの, 一つの, 世に, 人生の, 今の, 今日に, 他人の, 他人を, 働いて, 僕の, 国を, 天下を, 容易に, 彼女を, 敵を, 来たり, 毒を, 満たされて, 物を, 現れた, 現われて, 知られて, 自任し, 自身の, 行く, 読んだ, 読者の, 足れりと

6 [49件] いくこと, いそう, いたかという, いたため, いたん, いないん, いますから, いますよ, いようとは, いるだろう, いるとも, いる地主, いる彼, いる若い, ここへ, しその, したこと, するが, するは, それは, ながめて, ひそかに, みずから任じ, みれば, ものを, ゆくの, 一の, 世を, 世界に, 二つの, 人は, 人生を, 先に, 君の, 周囲を, 唯一の, 居て, 左の, 彼らを, 政府に, 来たもの, 相手を, 真の, 知って, 考えて, 臨んで, 行われて, 迫って, 鳴って

5 [70件] いたところ, いたにも, いたり, いた人, いったの, いなかったが, いなかったこと, いなかったので, いなくて, いなくては, いるお, いるからと, いるすべて, いるそう, いるだけに, いるつもり, いるでしょう, いるよ, いるらしい, いる人たち, いる力, いる婦人, いる条件, いる知識, いる私, いる自分, おりました, おりまた, くるよう, この国, これが, これと, さっきから, すべてを, である, ゆきます, より多く, 上って, 二人の, 人民の, 人類の, 何を, 動いて, 口を, 右の, 命を, 始まって, 居るもの, 居る人, 心に, 心の, 接して, 書いたもの, 本と, 来ること, 業と, 満足する, 物の, 私たちの, 結ばれて, 自から, 自分は, 行ったの, 言えば, 訪ねて, 話して, 説明する, 論ずれば, 迎えに, 頭を

4 [131件] あがって, いくと, いただろう, いなかったから, いなかったと, いよう, いらっしゃる, いられるの, いるあらゆる, いるかの, いるくせ, いるって, いるであろうか, いるならば, いるのね, いるらしかった, いる一つ, いる作家, いる女性, いる文化, いる時, いる筈, いる諸, おりその, おれは, お相手, きいて, きたが, きたもの, きたり, きても, きます, くると, これへ, し, しきりと, しまった, せんと, その時, それらを, なんじ, みられて, やってきて, やって来た, より大, われらの, モスク, 一国の, 世界を, 事に, 人心を, 人民に, 他人に, 任ずる, 伝えられて, 何の, 使いに, 例の, 価値の, 僕を, 充満し, 先生の, 全国の, 名を, 君に, 国教と, 天の, 天下に, 天地の, 家を, 対して, 居ます, 居るか, 居るん, 居る事, 己の, 床を, 彼自身の, 思想の, 感じて, 我々の, 我々を, 打って, 敵に, 日本を, 来いである, 来たので, 来ます, 来ると, 水を, 火を, 物質の, 生まれて, 生活の, 目的と, 相手の, 眼を, 眼前に, 社会に, 社会を, 答えて, 終始し, 考うれ, 考えた, 聞いた, 聞いて, 聞えて, 自分に, 自然の, 自然を, 自由に, 行かなければ, 行かれて, 行きます, 行くの, 行けば, 複雑な, 見ても, 話を, 誇って, 誇りと, 語られて, 読んで, 貧乏退治の, 迎えた, 迎えられたの, 遠くから, 金を, 降りて, 顔を, 黙って

3 [285件] ああいう, あの女, あらわれて, いきながら, いきます, いく, いくという, いけ, いたお, いたけれど, いたならば, いたのに, いたらしい, いた人々, いた思想, いた者, いっさいの, いったもの, いったよう, いつでも, いてね, いては, いないで, いないのに, いない人々, いない私, いない者, いなかったし, いなくても, いは, いますか, いらっしゃるでしょう, いられる, いるかは, いるじゃ, いるそして, いるそれ, いるだけの, いるでは, いるね, いるもん, いるやつ, いるらしいが, いるらしいこと, いるらしいと, いるらしいの, いる人達, いる以上, いる問題, いる性質, いる日本國民, いる最大, いる様々, いる生活, いる素子, いろいろの, おもて, おりましたが, おりますし, おるもの, お目, かいて, かえって来た, かばって, かれら, かれを, くるか, くるから, くるといったねえ, くるので, こっちを, この事件, この問題, この大, この女, この新, この民, これは, これまで, さえぎった, したもの, したり, しましても, しまた, すすんで, すべきであると, すると, するという, するもの, せねば, その国, その日, その話, そらを, そんなこと, たって, ついて, なるか, まいりました, みても, もどって, ゆかねば, ゆきました, ゆくこと, ゆくという, われに, われわれが, ゐた, 一度も, 一挙に, 丁寧に, 万事を, 上がって, 下さい, 下に, 不幸な, 世に立つ, 之を, 二人を, 人々を, 人民を, 人生に, 今も, 伸子は, 信長に, 信長の, 兄の, 全知全能の, 兵を, 具体的に, 分らない, 労を, 勝敗を, 十分に, 参りました, 参ります, 叔父の, 同一の, 名あり, 名ある, 君を, 吾, 呼ぶこと, 呼んで, 商業を, 土を, 地位を, 埋めて, 増加する, 声を, 大なる, 大衆の, 天を, 女の, 如何と, 如何に, 妙な, 妻子を, 始まる, 始めと, 姿を, 子供を, 存在し, 学者の, 完全に, 家々の, 家の, 将来の, 尋ねて, 居ない, 居ると, 居るの, 左様な, 己を, 庭へ, 彼と, 彼女に, 彼奴を, 待ち受けて, 従来の, 御交際, 必死に, 急いで, 急を, 成り立って, 戻って, 所感を, 手に, 手を, 描いて, 攻めて, 政治の, 文化の, 文学に, 新たな, 明らかに, 時の, 智見を, 最上の, 最初と, 未来を, 来させて, 来たが, 来たと, 来たん, 来るには, 来る筈, 東京へ, 歌を, 歴史を, 死の, 死を, 残って, 民を, 水に, 流れて, 渡世と, 満たされた, 無理に, 父と, 牧場の, 玄徳を, 現わし, 現在の, 理想と, 生きようと, 生を, 生活し, 生産された, 甦って, 目せらる, 目に, 相対する, 眺めた, 眺めたの, 示した, 私たちは, 称せられて, 種々の, 穴の, 笹の, 精神の, 終始した, 結んで, 考えられて, 而も, 聴いて, 職業と, 胸に, 自分が, 自分自身を, 自国の, 自己を, 自然に, 自由を, 芸術の, 英国の, 葉子の, 衆を, 衆生を, 行きました, 表現され, 見えて, 観て, 解らない, 解釈すべからざる, 言い現, 言を, 証明する, 話した, 貧弱なる, 迎えて, 迎えられて, 這入って, 遊びに, 運動を, 道の, 適当に, 邦家の, 酒を, 陶器を, 飛び出して, 食と, 食事を, 鼻の

2 [971件 抜粋] あしざまに, あたりを, あなたは, あらゆるもの, あらわれる, ある時, ある種, いいました, いかれたの, いかれて, いくよう, いたうち, いたかも, いたそう, いただけに, いたとき, いたとて, いたばかり, いた人たち, いた彼女, いた手, いた本, いた祖母, いた筈, いちゃあ, いつまでも, いないくせ, いないじゃ, いないでしょう, いないはず, いない人, いない女, いない彼女, いない時, いない男, いなかったため, いますね, いらしたの, いらっしゃるん, いるある, いるいろいろ, いるおとな, いるかが, いるきり, いるけれど, いるせい, いるだけで, いるでしょうか, いるとき, いるとともに, いるな, いるのよ, いるほんとう, いるわ, いるペン, いる一部, いる人種, いる作者, いる信仰, いる唯一, いる多く, いる大, いる妻, いる婦人作家, いる実力, いる家庭, いる小さい, いる彼女, いる性格, いる或は, いる政党, いる星, いる母, いる理由, いる生命, いる由, いる自由, いる証拠, いる進歩性, いる関係, うちの, おいでよ, おった, おられたが, おられるという, おりますが, おるの, お城, お訴え, お雪, かかって, かれの, きいた, きたこと, きたので, きたまえ, きたん, きた時, きましたよ, くくり頭痛, くれば, こういわせた, ここの, こさせた, こたえた, ことさらに, この世に, この世界, この人, この勢い, この小, この時代, この男, この種, こようか, これに対する, さよう, しかつ, しこれ, したいと, したたかに, したりと, しない, し難し, すぐにも, すと, するか, するには, する事, する時, する者, そういう, そうと, そこを, そのままに, その力, その悟性, その朝, その消息, その癖, その研究, その結果, その要求, それで, それに対する, それまでの, ちょっ, ちょっと渋皮, つづいて, であった, とびだして, どこへ, ならば, なんの, はねあがりました, ひとりで, ぶつかること, まいります, ます, また出, まともに, みずからも, やって来たの, ゆきたい小説, ゆきながら, ゆけ, ゆっくりと, よみました, よろこんで, わが邦, わしを, われわれに, われわれを, ガンガンと, グルグル巻き, ゴーリキイに, ドアの, パリーの, ポンと, ロッテナム美人術を, 一人で, 一方から, 一方の, 一時を, 一言も, 一身一家の, 一面に, 三人の, 三蔵の, 上へ, 下の, 下等な, 不意に, 不覚筋動を, 世人に, 中央にて, 主人の, 二者を, 云って, 云われて, 交わって, 人々に, 人と, 人間は, 今は, 今度は, 仏教の, 仕事に, 任じたり, 任ずるの, 作品を, 作者は, 信じて, 個人を, 僅に, 働きそして, 働くよう, 元の, 充たしうるとまで, 全体を, 公に, 公事を, 其を, 処女を, 出かけて, 判らない, 別れを, 前の, 功を, 動かすに, 包囲し, 単にその, 博士の, 印象に, 参考と, 口から, 叫んだ, 右に, 各, 同じよう, 同君の, 君たちを, 吸入せる, 告げて, 咄嗟に, 善良なる, 囲まれて, 国民に, 国語の, 地上を, 地球の, 垂れそう, 報いるが, 増して, 変化する, 夏の, 外国の, 夜も, 大切な, 大海の, 天文学を, 天職と, 女が, 妻と, 妻籠の, 始まったという, 娘の, 子の, 子供たちに, 学問と, 学校の, 守って, 宗教の, 実を, 室の, 容易ならぬ, 対しても, 対抗し, 尊氏を, 少女の, 居たが, 居りました, 居りますね, 居るのに, 屋根を, 展開される, 岸本の, 巨大な, 帆村の, 幕を, 広大な, 店を, 建って, 張った窓, 当然の, 彼らに, 征服し, 後から, 御恩, 心身の, 応じた, 怒って, 思いやられた, 恐縮の, 悪を, 愚民の, 感じた, 成るもの, 我々が, 我らの, 戦うの, 戸を, 手紙を, 承認し, 抵抗を, 拙者を, 挨拶を, 掘れ, 接近し, 推せば, 描いたもの, 描け, 政府の, 政界の, 整理され, 文庫の, 斬って, 旅行し, 日本文化の, 昔ながらの, 時代に, 暮らして, 書かれたよう, 書き表わされて, 曹操に, 最上と, 有名な, 本を, 条件と, 来いと, 来たこと, 来たのに, 来ては, 来なければ, 来ましょうか, 来ますよ, 来るから, 東京に, 枕元の, 根本と, 楽しみと, 櫃の, 正反対の, 死後の, 殿の, 母の, 民間の, 沈黙の, 法律を, 活動し, 淵の, 渡世を, 測るの, 漲って, 無事に, 熱心に, 父母に, 現れたの, 現実の, 現時の, 理解され, 理解する, 生かされて, 生に, 生れた, 生死の, 生活を, 生涯を, 田舎の, 甲板に, 申して, 申し上げにくい, 男を, 番を, 発展し, 百万の, 盛り上っ, 目的を, 直ちにその, 相手に, 看者, 真理を, 知らされた, 知らない, 研究に, 示さんか, 社会が, 神の, 神様も, 秀吉の, 私たちが, 私達は, 秩序を, 穴を, 立ち上がった, 立ったの, 立つ国, 答えずに, 範と, 米の, 純粋に, 終りと, 終わって, 組織された, 経験した, 絶対の, 続いて, 繁栄し, 置かれて, 習慣と, 聞くこと, 肉体に, 能事おわれり, 腰に, 臣たらざるべからず, 臨むこと, 臨時に, 自分から, 自分らの, 自由な, 良人の, 芝居を, 花を, 芸術を, 若者の, 荊州を, 蔽われて, 蜀を, 衆議を, 行きましょう, 行きますよ, 行く筈, 行ったとき, 行っては, 行動し, 行方が, 衣服を, 裁判を, 覆面を, 見たり, 見つめて, 見られること, 見るに, 見るべからず手, 見守って, 見送って, 解釈する, 言って, 記されて, 認めた, 認めること, 語ること, 説けば, 説明を, 読まれるので, 読んだの, 諸君の, 警告し, 財産を, 貿易する, 走ること, 迎えら, 近づいて, 近所の, 迷信と, 迷惑至極, 通り過ぎた, 進んだ, 運営され, 道に, 適当な, 酬ゆるであろう, 釣竿を, 門の, 関係し, 闘って, 陣頭に, 集まって, 雪の, 露国の, 非常な, 響いた, 響いて, 飛行機の, 食糧の, 養って, 駈けつけて, 骨を, 鬼を, 魚を

1 [11465件 抜粋] ああした, あたかも指物師, あの作, あらゆる自然現象, あるいは写本流伝, いいうる言葉, いかに人目, いきリーマン, いささかお, いたお金, いたって, いたらしい人, いたイギリス, いた二男, いた塾生名簿, いた教養いろいろ, いた演説口調, いた自分, いちばん仲よしの, いつも動かし, いないとも, いない伸子たち, いない自分たち, いぬと, いまた, いらっしゃいまして, いられるだろうと, いるからじゃ, いるぞ, いるはっきり, いるらしいから, いるウルフ, いるリアリスト, いる事実, いる信仰者, いる制約, いる呼びこの, いる大人, いる容色, いる影響力, いる成長, いる文芸, いる本, いる歴史的, いる特色, いる知恵, いる精神活動, いる菩薩, いる過分, いる青春, いろいろいう, うけとった, うめ上, おおい小舎, おずおずとでは, おのずから楽しむ, おられた権力, おりすでに, おり三十, おり誠実, お互いを, お尽くしする, お礼の, お邪げ, かえってゆっくり床, かえる手袋, かずと, かれ一生, きたのに, きた番組, きましたが, くりだすこと, くる顔, ぐるぐる廻転, こう我輩, ことごとく海内, このあけすけ, この世の中, この原, この子供, この昔話, この画, この誓い, この題材, これとともに, ご奉行職, さしまねいた, しある, しかるべきもの, したと, しばしば喧嘩, しゃがんで, し数, じつは疑っ, すごい爆発, すべきでは, するので, する意気込み, する輿論指導, せられた, そうなっ, そちの, そのよう, その五体, その勢い自然, その境界, その宴会, その後を, その文化, その気晴らし, その目的, その若き, その遺風, その首長, たい茶漬けに, ただちに我, たまらない, ちょっと当らせ, つき進んだ, つまらないの, とうとう敵者, どうして深, どやしたの, ながめたであろう, なし得べき他, なる若狭小浜, のぞまなければ, はじまる, ぱっかぱっかと馬が, ひろがりながら, ふるい立つ日, ほかならぬ批評家自身, まきおこされた混乱, ませんか, また言った, まわる場合, みずから足る, みられては, むたいな仰せ, もたれかかって, やさしみ, やられるの, ゆかれた, ゆくお, ゆく父親, ようやく修養, よく知れませぬ, より大いなる, わがチベット行, わけの, わなの, アイルランド鎮圧に, イタリヤの, ガッチリ火花を, ゲーテの, シクシクっと, セロの, デュト街の, ハジマリと, ピカデリーに, ベズィメンスキーが, マルセイエーズ, ヨーロッパに, ワッと, 一九二六年版に, 一同プラットフォームを, 一局議院を, 一抉り与え, 一歩一歩進んだ, 一結婚当りの, 一隅の, 三つなら, 上った, 下がりましたな, 不幸なる, 世に報告, 世界進歩の, 両手足, 中尉逝去前後の, 久しぶりの, 予は, 事物に対するに, 二番機と, 互いに近づい, 交りたい, 人人の, 人間と, 今度に, 仏法興隆とは, 代えて, 任じだしたこと, 任ずる人に, 伊勢から, 伝えら, 住んで, 何とか彼, 余りにも, 作品の, 例えば日本, 保管し, 倖せだ, 備前の, 僥倖を, 充実させられ, 免れた, 全人間, 公共の, 共働, 内懐から, 写生を, 出かける, 出現した, 切り出したいの, 判断し, 刷りますからね, 前進的に, 功績に, 勅使として, 動こうと, 包囲され, 区切りと, 十字を, 卓を, 危地から, 厳格に, 反射し, 取留めた悉, 口語体が, 叫んで, 各元素, 吉原の, 同意を, 向う鉢巻で, 呆れたな, 味わって, 呼びかけて, 品評を, 問いに, 営業を, 四国の, 固めた後, 国葬に, 地方を, 埋めるべきこと, 堪えて, 墓を, 売約を, 外皮を, 大きい方, 大化の, 大股に, 天下万民とともに, 天空に, 奇異だ, 女たちを, 好機会, 始まるを, 婚儀を, 孔明に, 宇内の, 完成された, 実価五百万円, 客よりも, 家なき, 寂心を, 寸尺の, 寿江子と, 将軍様が, 小娘を, 少しでも, 居たなら恐らくは, 居らざる人, 居り父親, 居る男, 山へ, 峠に, 巧みなる, 帝業を, 帰り減少, 常に誇っ, 年の, 幾重にも仏像, 庭上に, 弁護士試験に, 弥平氏と, 強奪し奉った, 当れば, 影を, 征服されちまった, 後からと, 得々と, 御報告, 御願い, 心理考究の, 忘れられない, 怒りを, 思い至った, 怪星ガン, 息を, 悲しみと, 愚婦愚夫相手の, 愛護し, 慨嘆し, 成し得ると, 我らを, 戦った事, 戯れること, 手ずから印, 払い斬りに, 抗すべき近代小市民生活, 押しつけるよう, 拝見し, 挫ぎおくこと今日より, 探るとき, 推定した, 描くこと, 撃ち殺されるわけ, 支配さるる, 政子の, 敏活な, 教育に, 敵国と, 料理人に対して, 新しい階級人, 新通俗文学, 日常その, 旧劇界, 明日へ, 昨年十月初旬治維法の, 時速十三海里の, 暮らさなければ, 書かれたその, 曹操を, 最適と, 望まれるなら, 木石の, 本校と, 来いだが, 来たからな, 来た二冊, 来た相川良之介, 来ないと, 来られても, 来るまでに, 東京府庁に, 果たして, 根元から, 椰子の, 構成されよう, 檻の, 歔欷する, 此等の, 歩くカンテラ, 死ぬるの, 残忍魯鈍の, 毎年リッケットの, 民権拡充の, 水底に, 江戸へ, 沙漠の, 泉下の, 洗いあげて, 流れつつ, 海外への, 深刻に, 測るか, 満蔵, 滑り出るの, 澄み上って, 為さしめ鳶ヶ巣, 無言の, 熱くし, 片手を, 特にその, 独善的に, 玉太郎は, 現われるか, 理科と, 生きたい女性, 生の, 生れた男, 生産武備二機関の, 申しあげるよう, 男子に, 畳み重ね壁, 癒や, 白熱する, 皇太子と, 目さるべき, 直ちに魂, 相当の, 真名古の, 眺めようと, 瞼を, 知りまた, 短期間には, 破廉恥と, 示すべきであると, 社家の, 神殿を, 私共は, 種々御, 突いて, 立ちあがって, 立ち帰らず消息, 競って, 筑前を, 箔る, 粛然と, 紙幅の, 終始したい, 経済学者により, 絵画と, 綴ったもの, 編制され, 織田の, 美しく描い, 習って, 考えるの, 聞え仏高力, 聡明と, 育てられたもの, 能くすべきもの, 腕組みした, 臨む必要, 自ら甘んずる, 自分らを, 自由主義を, 舞い降りて, 良家の, 若年黄巾の, 荊州の, 著大なる, 蕪村の, 蜀軍に, 行かねば, 行くこと自身, 行けよ, 行っても, 行進に, 表現すれ, 補い習字, 西日をよけながら, 見せに, 見られ特別, 見得るという, 覚悟し, 角, 言えない言葉, 討つの, 許されて, 評すべからず, 話し合ったでしょうか, 誘いを, 語りだした, 説くという, 読みとった行, 読者諸彦への, 論ずるとき, 諸国から, 警衛したくなる, 貧しい壁間, 貫こうと, 買うべしと, 賢三郎の, 赤松左兵衛督殿に, 足もとを, 踵を, 軍法会議を, 轅門に, 迎えられたらしかった, 近代政治学の, 迷信的な, 退却させる, 逆さまに, 造られて, 進むよう, 運の, 道場へ, 遣つける, 部落を, 酬ゆる, 金堂の, 錦霜軒に, 長くつづいた, 開封され, 阿園, 階下へ, 雪を, 青空を, 音楽も, 頷いた, 風が, 飜訳し, 飾られたベタベタ, 駆けつけて, 高手小手に, 魔物他生への, 鳴る博士, 黄色に

▼ もっては~ (115, 0.5%)

14 いなかった 10 いない 7 いたが 5 いなかったが 4 いません, いるが 2 いないの, しない, ならない

1 [65件] いい難い, いけないわ, いけないん, いずただ, いた, いたけれど, いたけれども, いないが, いないけれども, いないそう, いないだろうか, いないつまらぬ人間, いないで, いないという, いないに, いないので, いないん, いなかったから, いなかったし, いまい, いまいか, いるけれども, いると, いるものの, きた, さすがなお, しないと, しなかった, だかに, もうどうにも, ゆくけれども, よく穿らんこと, プロレタリア文学の, 償いがたい, 内管領, 到底城中, 到底解決, 嗅げない, 国府津で, 増加し得ない, 天下の, 忠臣の, 想像されない, 意思の, 成り立たぬ, 断じて計る, 明らかに, 測り難い, 源太様に, 現わせ, 生きられない, 直ちに身, 知れない, 罪に, 表わすこと, 表現しきれない, 覚れない, 観えない, 観察し得ない, 購買され得ないであろう, 迎えて, 迫って, 金貨は, 防ぐこと, 難しい

▼ もっても~ (65, 0.3%)

2

1 [63件] いた, いたの, いなかった, いられないよう, いるよう, おれを, お告げせず, お守りが, お諫め, この恐慌, しないのに, しない感情, ずっと我慢, そこを, その時日, それに, それには, それを, ついに噴水, つかめる性質, どうしてもぬけだす, どこか, どんな生き方, なお云い足りない, なお勝てぬ, やる, 世論の, 之に, 争う術, 二十九日又, 償いきれぬもの, 償いきれぬ聟, 公儀の, 分かること, 制御する, 動かすこと, 口紅を, 古い譬え, 察すること, 当時における, 彼女の, 必らず, 或る, 抑圧すべからざる, 拒もうと, 捕まらないと, 救うこと, 断れず母子, 明らかである, 猶自身, 理屈では, 直に忘れ, 知られる, 知れよう, 確と, 社会の, 良く装備, 裁くこと, 覆すこと, 解明する, 解決は, 非常に, 頑として動かし得ない

▼ もったり~ (45, 0.2%)

13 して

1 [32件] いろいろ人生, こまかく質問, した, したらきっと, した女学生, しては, すること, するもの, するよう, する人民委員, だんだん勉強, まちがった考え, んだ, ギターを, タクシーを, 不安を, 口笛を, 喧嘩と, 外国小説を, 忙が, 手内職など, 手拭を, 批評し, 柿が, 狎れがたい, 白痴もっ, 線香を, 義務を, 花の, 贅沢三昧を, 赤坊が, 黒い大

▼ もっけの~ (30, 0.1%)

5 倖いだ 2 幸と, 幸に

1 [21件] ことだ, さいわい, さいわいだった, さいわいと, 仕合わせという, 倖い, 倖いかも, 倖いだった, 倖いに, 倖いには, 倖せだ, 倖だ, 倖に, 幸あんな, 幸じゃ, 幸であった, 幸という, 急所に, 機会と, 道連れだ, 顔を

▼ もっての~ (19, 0.1%)

1 [19件] お指図, ごとくこの, ゆえなり, ゆえに, 他だ, 大侵攻, 小夜子サン帰京見舞の, 御寸法, 戯れとを, 挙動と, 気を, 沈黙, 経営のみを, 経験の, 結合が, 苦労なら, 話が, 迎えであった, 関係から

▼ もっくりさん~ (9, 0.0%)

5 のお 2 はだんだん 1 てだれ, のむかしばなし

▼ もっ~ (8, 0.0%)

1 で担い, に入れ, に土, へ棒, をわき, を入れ, を担いだ, を持っ

▼ もってのみ~ (8, 0.0%)

1 この筋, もともとはじめて悟性, スポーツの, 人に, 初めて描かれ得る, 存在しうる, 満たされて, 真実の

▼ もっくり~ (7, 0.0%)

1 けっちゃべっかっこ, した山, とこの, とした, と着込ん, ふくれた胸, 起き上って

▼ もってか~ (7, 0.0%)

1 ずいぶん憎がっ, とうの, レオンデュマは, ーんと, 男の, 葵累代の, 酬いん

▼ もっそう~ (6, 0.0%)

1 桶に, 長屋に, 長屋の, 飯だ, 飯でも, 飯も

▼ もっそり~ (6, 0.0%)

1 とした, と倒れ, と歩いた, と膝, と身, 進む

▼ もっていう~ (6, 0.0%)

1 ことは, その荘重, のであった, のである, 事が, 感情の

▼ もっとも~ (6, 0.0%)

1 あまり空, これも, さびしいわき道, ハッキリした, 彼は, 最近は

▼ もっけも~ (5, 0.0%)

1 ないこと, ない事, ない品, ねえこと, ねえところ

▼ もってから~ (5, 0.0%)

1 まだ間, 大勢様の, 奈良へでも, 殆ん, 負けちゃって

▼ もってさえ~ (5, 0.0%)

1 いた, いれば, 旅に, 私は, 言った

▼ もっちゃ~ (4, 0.0%)

2 いません 1 いないけど, ァ折角

▼ もっとおく~ (4, 0.0%)

2 のほう 1 の方, までつれこん

▼ もっともと~ (4, 0.0%)

1 思うから, 思うと, 思えば, 首肯くだろう

▼ もっけな~ (3, 0.0%)

2 顔を 1 場所へ

▼ もったりと~ (3, 0.0%)

1 かかった, した生, 凭れて

▼ もってしか~ (3, 0.0%)

1 涙は, 芸術の, 購い得ない

▼ もってすら~ (3, 0.0%)

1 充分には, 曹操には, 行われること

▼ もってでも~ (3, 0.0%)

2 いるよう 1 いるらしい青年

▼ もってと~ (3, 0.0%)

1 彼は, 言うの, 言われたの

▼ もってや~ (3, 0.0%)

1 がら, しない, しないよ

▼ もっ~ (3, 0.0%)

1 ない事, らしい理窟, をつけ

▼ もっこと~ (2, 0.0%)

1 くわで腕, になった

▼ もってからに~ (2, 0.0%)

1 此の, 母親に

▼ もってこそ~ (2, 0.0%)

1 おるが, 表わし得ようけれども

▼ もっ立尻~ (2, 0.0%)

1 の様子, を浮かし

▼1* [31件]

もっこくやの, もっこのような, もっさあアー, もっそり突立って, もったかきわりの, もったって威張るん, もったまの太い, もっちゃの末は, もっちょるなら話, もっていうか愛情を, もってかぞうるほど, もってからも峯子の, もってけしからぬ次第, もってさえも巡査に, もってちゃあんと, もってということは, もってとかそういう驚き, もってとはいえひどく, もってなえらい不足, もってにしろもの, もってねよく研究, もってばかりいたの, もってわーっと, もってをはりたり, もっ言ったの, もっときのまま, もっぱらでござりましたがいけだ勝, もっぱらとすというもの正にこれ, もっぱらにしておいでになるのだからそれだけでも資格, もっぱらもてはやしたことでござりますからさだめし旦那さま, もっ穿きたる姉