青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まじ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まさに~ まざまざ~ ~まし まし~ ましい~ ~ました ました~ ましたら~ まして~ ましょう~
まじ~
まじめ~ ~ます ます~ ~ますます ますます~ まする~ ~まず まず~ ませ~ ませう~

「まじ~」 1054, 10ppm, 10290位

▼ まじ~ (206, 19.5%)

4 云を 3 お力かけ出し, すれど, 云に, 女子衆達に, 思ひぬ, 思へど, 思案し 2 云へば, 思いしに, 思ひしに, 醫者の, 雪囲もこ

1 [171件] あじさゐ, あせるが, いいたげに, いう, いえども, いふ, おぬ, お花は, かき口説, さては, して, すらん, するかの, すること, するその, するの, するは, する者, する連中, する重, そう云った, その位置, それに, はらはら思っ, ひしと燃, ひとり思を, ほらのう, わが家を, 世に頼母, 云つ, 云はれし, 云ひける, 云ひ放つ, 云へども, 云れ, 人々申合り, 人々言居ける, 人に, 今松, 仰せられ候, 俄かに, 倩, 備へ, 其以後は, 再三仰らる, 出血を, 努力すか労を, 勇み立つて, 勇み立て進み寄れば, 勤めたるを, 医者の, 叫ぶ彼, 右と, 吸い付けられるよう, 固く心, 堅く申, 堅く約束, 夜と, 大手を, 大胆にも, 夫より, 契りたる村越欣弥, 存じふっと, 存じ候, 存じ噂仕つりし, 存じ斷念, 存ぜられ候, 存候, 安心いたし居り, 封を, 己が, 廉平は, 御車の, 心がまへを, 心に, 心の, 心を, 思いながら, 思い募る激情, 思い寄って, 思うより, 思う人, 思う魂, 思えば, 思つた一棟の, 思はば, 思はるれど, 思はれしにより, 思はれたり, 思ひし故, 思ひたり, 思ひたるに, 思ひて, 思ひ勘兵衞, 思ひ右品引換, 思ひ孔子, 思ひ居けるに, 思ひ居たり, 思ひ徐々來, 思ひ我等, 思ひ門, 思ひ頻に, 思ふが, 思ふにも, 思ふゆゑ和吉, 思へば, 思わる, 思わるるほど, 思われるほどの, 思われ候, 思われ候えど, 愚や, 態とつくる, 態と斯, 慎んでも, 憐れさを, 打過ける, 斷念いさましく, 構へ, 歎息されし, 正鵠を, 母様も, 深く心, 為右衛門より, 無體, 煙管追, 熱心な, 爲右衞門より, 申ける, 申さる, 申されければ, 申候に, 申入たれ, 申含め, 申渡し何國, 申立れ, 男泣き, 真に颯爽, 知りても, 確信し, 神に, 笑へば, 答けれ, 精読した, 約束を, 行くほどに, 衣を, 見えけるが, 見つめながら, 見入ったの, 覺悟せし, 言う熊我, 言えば, 言ひたり, 言ふ, 評判高かりけれ, 誇りつれど, 誉めそれ, 誓いしを, 誓える, 誓った筈, 誓って, 謙三郎の, 貞節を, 追想せし, 遣り込め閉口, 領状し, 頭を, 馴も, 鳴きしきる, 黙し居れば

▼ まじつて~ (109, 10.3%)

18 ゐる 6 ゐた, ゐるの 3 ゐたが, ゐて, ゐるやう, ゐるらしい 2 ゐました, 居て, 聞えて

1 [61件] この同じ悲しい, この漫画本, この男一人小ざつぱりとしたセル, する戸外遊戯, その残肴, その靜, ただにこにこ, だが夫, はたらいて, は運送屋, ぶら, ゐたくら, ゐたで, ゐたの, ゐたわけ, ゐたエミリアン, ゐた事, ゐても, ゐなかつた, ゐるが, ゐるそれから, ゐるため, ゐるで, ゐるに, ゐるので, ゐるのに, ゐるらしいから, ゐるらしい何しろ, ゐる冬木, ゐる様, ゐる花模樣, をつてだめ, をり, 出た, 出て, 咲いて, 囁くやう, 困る読み, 居さうに, 居た, 居たらしいや, 居た気性, 居る, 居ると, 居るのに, 居るもの, 居る事, 居る事さ, 待つの, 新草, 来たの, 歩いて, 波うつて, 流れ下る三年魚, 生えさうに, 生える様, 老鶯, 聞えた, 見える, 話すこゑがきこえた, 起つた

▼ まじ~ (28, 2.7%)

3 ずに 2 ず, たる, ないで, 入れて

1 [17件] ざれば, し鬼, じを, ず歌, たもの, たる一種の, た作物, た寒, た悲哀感, た親し, た讃美, てるところ, なかつた, なかつたらう, 云々, 壁しろし, 我らが

▼ まじない~ (25, 2.4%)

2 とする

1 [23件] から家具農具, があれ, が利かなけれ, が生れた, こそ掛っ, さえも出来, だ, だから, だったこと, だと, でもする, でも受け, という奴, として馬, とするらしく, などといっ, などをする, のかかった, の方法, は他, ほど葡萄酒, もあった, 歌と

▼ まじへて~ (24, 2.3%)

4 居なかつた 2 ゐた

1 [18件] およそグロテスク, まじまじと, ゐたその, ゐただらう, ゐたらしい, ゐる, ゐるの, 啓蒙の, 大きく彼女, 居る, 来るやう, 柳原孔雀の, 栗の, 美しく語, 舌を, 葺き半, 賑やかに, 食ふ

▼ まじ~ (24, 2.3%)

3 のふうせん

1 [21件] がぐらっとゆれました, がとび, がふわふわ, がもの, だ, ですよ, のこと, のすぐ, の中, の前, はあつい, はだんだん, はふうせん, はふくれあがり, は口, は少年たち, は赤い, は風, をとらえ, をゆか, を追いかける

▼ まじなひ~ (21, 2.0%)

2 に, みたいな, をし

1 [15件] が今, が出, などをする, に籠り, に関聯, のごと, の力, の効力, の多い, の歌, の為, の詞章, 横町へ, 殊に, 程で

▼ まじとて~ (20, 1.9%)

3 今宵は

1 [17件] その事, つけ, なり, 九助取隱せし, 包みを, 同時に溢れ, 太刀かたな, 媼さんが, 心を, 悦びけり是, 我を, 書添え置く, 瀬川と, 煙草を, 言葉に, 退く身, 過ぎに

▼ まじけれど~ (18, 1.7%)

3 一寸法師の, 女心には

1 [12件] あはれ今一方の, これより, その芥, ただ溜めたい, 今の, 家内は, 徃昔の, 折角の, 渠安五郎白妙が, 物ご, 金ゆゑ閉ぢる, 隨分御

▼ まじ~ (18, 1.7%)

2 ひとし

1 [16件] いや交神会, いや祈祷, はる, ひかの, ひで, ひで語原の, ひとの, ひと共に, ひと言ふ, ひなどの, ひに, ひの, ひのやうに伝承し, ひ歌, ふと言, 青年は

▼ まじ~ (18, 1.7%)

3 るを, れば 2 すれば, らば, れども 1 なから裾, ながら手前, なり, ば其方, る上, れ共

▼ まじ~ (16, 1.5%)

4 ことである 3 こととは 1 ことだ, ことでございます, ことと, こととして, ことに, ことには, ことの, ことは, 彼は

▼ まじ~ (11, 1.0%)

2 他を 1 お秀, た千住光明院淺草了源寺, 其方の, 勘太郎彌, 御前樣の, 私し, 背くまじ, 諸大名, 貴樣

▼ まじ~ (11, 1.0%)

2 れを 1 にても猶, に付, までは先暫時此所, れに, れは, れよと, をし, をば強, を強

▼ まじぶん~ (10, 0.9%)

2 になる 1 どうした, どうしてこんな, になっ, の前, はひと, は大, よく来られた, をかぎまわっ

▼ まじれる~ (10, 0.9%)

1 さえ打ち忘れ, ものか, 下もみぢ仄か, 井水を, 君が, 夕, 砂を, 秋の, 聲, 聲の

▼ まじつた~ (8, 0.8%)

1 が派手, その美し, といふ様, とすれ, ものを, トコロテンの, 好奇心が, 鋭くもの

▼ まじはり~ (8, 0.8%)

31 に在り, の出来ぬ, も一大事, をつ, 長い食卓

▼ まじいと~ (7, 0.7%)

1 は覚えな, 吹きどよもす, 思はれた, 明暮燃え熾る, 気を, 見えたれば, 飛び廻れば

▼ まじ~ (7, 0.7%)

3 競ひ 1 うたと, 千里一ト飛と, 血眼の, 裳垂れぬ

▼ まじとの~ (6, 0.6%)

1 ことなり, 御賞美, 意氣ごみにて, 評判に, 鋭い其の, 風聞故

▼ まじ少し~ (6, 0.6%)

3 時刻は 2 よくば 1 でも軽く

▼ まじとは~ (5, 0.5%)

1 云ふも, 勉むるなり, 思へど, 朗詠集文詞の, 言は

▼ まじ~ (5, 0.5%)

2 しは, は常住仕事疊紙 1 は常住仕事畳紙

▼ まじ~ (4, 0.4%)

2 に唯 1 に唯おどおど, を人々

▼ まじその~ (4, 0.4%)

1 ため腕の, 上に, 代りに, 要領を

▼ まじつて來~ (4, 0.4%)

1 てゐる, て心配さうに二人, る, るの

▼ まじなど~ (4, 0.4%)

2 つぶやきつ 1 御政事向, 心私かに

▼ まじもの~ (4, 0.4%)

1 も夢, をうつつ, をと心, を外

▼ まじ~ (4, 0.4%)

3 はおの 1 の所謂

▼ まじ~ (4, 0.4%)

1 ながら不, もヤソ信者, れは, を彼

▼ まじ~ (4, 0.4%)

1 も母, よりは主, よりは何國, より野尻宿

▼ まじ殊に~ (4, 0.4%)

1 其の方, 十五歳の, 彦兵衞が, 此程の

▼ まじ~ (3, 0.3%)

1 手前達に, 歸り, 身寄り便りの

▼ まじかに~ (3, 0.3%)

1 きいて, なつたらしい, 迫って

▼ まじけれども~ (3, 0.3%)

1 事を, 其理には, 妻女は

▼ まじさる~ (3, 0.3%)

3 子細あれ

▼ まじとも~ (3, 0.3%)

1 云難し, 申されず今, 言ひ

▼ まじなふ~ (3, 0.3%)

1 だけが少し, の古い, は近代風

▼ まじ~ (3, 0.3%)

1 くしなどを, くしは, 又物

▼ まじょりか皿~ (3, 0.3%)

1 と老い増, をあれ, を買おう

▼ まじ~ (3, 0.3%)

1 大原は, 旅人の, 桜の

▼ まじ~ (3, 0.3%)

1 ていた, てお, て何十文

▼ まじ~ (3, 0.3%)

1 したら金, とした, もお前さん

▼ まじ何時~ (3, 0.3%)

3 までも何時

▼ まじ~ (3, 0.3%)

1 のの, ののっそり, の酒癖何處

▼ まじ~ (3, 0.3%)

3 を言

▼ まじ去年向島~ (3, 0.3%)

3 の花見

▼ まじ同じく~ (3, 0.3%)

3 不運に

▼ まじ~ (3, 0.3%)

1 て一先宿, て只今身, て死骸

▼ まじ故郷~ (3, 0.3%)

3 なればこそ

▼ まじ父母~ (3, 0.3%)

3 そろひて

▼ まじ~ (3, 0.3%)

3 の井

▼ まじ貴君~ (3, 0.3%)

3 は別物

▼ まじ身一つ~ (3, 0.3%)

3 と思へ

▼ まじ離縁~ (3, 0.3%)

3 を取

▼ まじあゝ~ (2, 0.2%)

2 詰らぬ夢

▼ まじいも~ (2, 0.2%)

1 のであつ, ので兵曹

▼ まじいもの~ (2, 0.2%)

1 と思ひ, を見た

▼ まじかつ~ (2, 0.2%)

2

▼ まじかの~ (2, 0.2%)

1 ところに, 時計台が

▼ まじこり~ (2, 0.2%)

1 は多く, を呪咀

▼ まじそれ~ (2, 0.2%)

1 につけ, を種々

▼ まじそれほど~ (2, 0.2%)

2 度胸すわれ

▼ まじただ~ (2, 0.2%)

1 世の中は, 健脚は

▼ まじとかく~ (2, 0.2%)

2 は有金

▼ まじとして~ (2, 0.2%)

1 手分けし, 雨に

▼ まじはる~ (2, 0.2%)

1 ことは, は心

▼ まじぶんだれ~ (2, 0.2%)

1 が, もたずね

▼ まじへた~ (2, 0.2%)

1 もの, 温かい

▼ まじへる~ (2, 0.2%)

1 だけな, 事が

▼ まじ~ (2, 0.2%)

2 少し睡させ

▼ まじよし~ (2, 0.2%)

1 又云, 申にも

▼ まじサア~ (2, 0.2%)

1 早く出せ, 有體

▼ まじ~ (2, 0.2%)

1 より貰, 正に死

▼ まじ何分~ (2, 0.2%)

1 にも茲, 頼み置と

▼ まじ~ (2, 0.2%)

2 しながら

▼ まじ其内~ (2, 0.2%)

2 には正

▼ まじ~ (2, 0.2%)

1 て二兩, て鴻の巣

▼ まじ勤め大事~ (2, 0.2%)

2 に骨さ

▼ まじ~ (2, 0.2%)

2 やに成つたら

▼ まじ~ (2, 0.2%)

1 だ理想, 聞流に

▼ まじ~ (2, 0.2%)

1 身代は, 釋迦樣は

▼ まじ感心~ (2, 0.2%)

2 なもの

▼ まじ~ (2, 0.2%)

2 に二人

▼ まじ此上~ (2, 0.2%)

1 にも陳, は一日

▼ まじ~ (2, 0.2%)

1 明日にも, 運よく

▼ まじ見まじ~ (2, 0.2%)

2 とすれ

▼ まじ~ (2, 0.2%)

2 の遠き

▼1* [262件]

まじああつまらぬ夢, まじあれ彼の懸け, まじいしわざでもある, まじいつぞや奧庭に, まじおおそれよりは, まじおのづから, まじかでもう顔, まじかはとこれのみは, まじくらに, まじくりして, まじくると云, まじけれどと耳語き, まじけれどとて兄弟などの, まじことなり確め, まじこの月末に, まじこると言, まじれなむ, まじさらでもの繼母御前如何, まじさらば身を, まじさりとて此儘に, まじされど朕が, まじ太吉は, まじしかも此日は, まじしん興味のある, まじじっとして, まじそれに打克, まじってみんなビールの, まじつたなんで, まじつたのである, まじつたはたらきに於い, まじつたオクサーナの声, まじつたトウルゲネフの前, まじつたバラツク風の建物, まじつた不思議な感情, まじつた中をどこ, まじつた咒詞を奏し, まじつた嘔吐で, まじつた土堤が續, まじつた基督の顏, まじつた奇怪な呵責, まじつた實に何とも, まじつた当惑と云, まじつた思慕である, まじつた慘めな宿無し, まじつた文章とそして, まじつた氣持だつたの, まじつた物貰ひの, まじつた痕はありません, まじつた空想歌に過ぎない, まじつた空氣が重く, まじつた線だけがはつきり, まじつた運送屋だ, まじつた間を進行, まじつた雑音となつ, まじつてこはれ掛つた椅子, まじつてこれはまた, まじつてしづかに私, まじつてそれらしい物音, まじつてそれらの顔, まじつてひばりの聲, まじつてれいの猛, まじつて一箇の短刀, まじつて二つの聲, まじつて五軒十軒と數, まじつて人声がした, まじつて今そこに鳥, まじつて半開の桜, まじつて古道具屋が二三軒, まじつて四つの黒い, まじつて女郎花兜菊野菊米蓼萩などが黄紫とりどり, まじつて好きな榎木, まじつて姫路城下で見物, まじつて孤獨な生活, まじつて小走りに往き来, まじつて小鳥の声, まじつて年甲斐もなく, まじつて廣い店さき, まじつて改札口へ近づいた, まじつて椋の木や櫻, まじつて横へ四つ, まじつて櫻の咲い, まじつて残つてゐる, まじつて男の咳, まじつて町の辻, まじつて目を瞑, まじつて私はあの, まじつて縦横に縞, まじつて聴えると, まじつて聽えたとは, まじつて血色のない, まじつて衆生の光明, まじつて見物して, まじつて談話会を開い, まじつて雨がさアと降つ, まじつて騷いでゐるの, まじつと目を, まじといふ君民一如の, まじとしても風呂場の, まじとては夜も, まじとてもお歸, まじとばかり御吟味, まじともかくもして, まじなつて下さい, まじなひ破る法あり, まじなる語の, まじなれ共汝, まじねえだ当てつけるなら少々お門違い, まじねえですかよ, まじのうて進じ, まじ精霊の, まじはり申候此節江戸一の茶博士, まじはれば赤松, まじひとえに味方に, まじふる白樫や, まじぶんおしりをまくっ, まじぶんかげろうが, まじぶんなにを釣る, まじぶん雷が, まじへたり正義に, まじへた唄を組ん, まじへた微笑を浮べる, まじへた正月の祝儀, まじへた馬の群れ, まじへてさう言, まじへながら思ふさま, まじへぬ席だ, まじむなしく彼に, まじゃあねえぞ日本人のなか, まじゃえらくぞうさがなさそうに見えやしたが, まじやあもう半年, まじやあねえぞ日本人, まじやと冀ふ, まじゅうござりましてお子たち, まじゆる白樫や, まじょうを遠巻き, まじょりかといって安くない, まじょりかの帆船が現われ, まじへば, まじれるうるはしき歌, まじざものをしき, まじわが先祖巌上甕猿は, まじわりなかったと, まじわれはかく, まじ知らねえんで, まじエヽ汝れは, まじコリヤ久兵衛よく承, まじサア申立よと問, まじり致候, まじ一年に唯一度, まじ一生を斗量, まじ万一の事, まじの多賀和田木, まじ屆至極の, まじ不肖して, まじ世の中に子, まじ丸頭の五分刈, まじの爲, まじに臨み, まじ二三ヶ月跡ならん夫, まじ京都に行, まじ人情浮薄にて今日喜, まじ今夜は此方, まじ今日迄封じ, まじ他人に内, まじ何れ平兵衞, まじ何事も御, まじ何成とも事柄, まじ何程の價, まじ假令御入成る, まじ假令宿には一錢, まじ假令白状致すとも, まじ偖蝋燭の無, まじ兄上三十尾を獲, まじの手, まじ先々夫にて少し, まじ先今日は罷, まじ光榮を汝, まじ其上最早申刻, まじ其上島の親住吉町吉兵衞, まじ其會得がつきたら, まじ其留守には老, まじ其節富右衞門を段々, まじ勿論燒ぼつくい, まじの恋人, まじ反って, まじ呪咀の詞, まじ和歌の浦, まじ四五丁上りかけて, まじの行末, まじに人, まじ多きこそ, まじ大身小身とも其家, まじ天上の不滅, まじ夫人の命, まじ夫故にこそ三次, まじ女性の夫, まじか娘, まじ安らかに, まじ家倉も, まじ家名相續の出來, まじ寧田原町へ到り, まじ尋常に白状, まじ左右未練に爭はず, まじ希望なくては, まじひ此茶店, まじ弾丸振舞わんと, まじ彦兵衞事病氣と云, まじの夫婦, まじ後日のため一札仍而如件, まじある方々, まじ我等といえ, まじ所々方々にて稼ぎたる, まじ政権に接近, まじ政權に接近, まじの如く, まじなば, まじ木小屋か物, まじを見候え, まじ此月末に書か, まじ此盜人は外, まじ段々其方が, まじを吹, まじ氣永に頼む, まじ氣遣ひ無, まじ汝何に僞, まじ汝其志操あらば, まじ江戸表ならん, まじ泰然として居よ, まじが夫, まじ無宿であろうなと, まじの名, まじ父樣も嫌, まじ牢問申付るぞとて, まじ売るまでに, まじ物まじこる, まじくは, まじ獅子のあらび, まじをし, まじ畢竟當人の, まじ病氣に疲れし, まじでいった, まじに笑語くも, まじ直に申せ, まじ神明の, まじを披, まじに於, まじ美尾は私, まじ翌日は暗き, まじ腕おしか頭, まじのすく, まじ萬一包み隱す時, まじは實, まじ見苦しさを, まじふことも, まじての怨み, まじ質屋よりは流れ, まじ処の, まじ止て, まじ過去し事, まじ非難せられてこそ, まじふもつらけれ, まじり情なき