青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まわり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まま~ まもなく~ まり~ ~まるで まるで~ まれ~ まわし~ ~まわっ まわっ~ ~まわり
まわり~
まんま~ ~まん中 まん中~ ~み み~ ~みえ みえ~ ~みえる みじめ~ みずから~

「まわり~」 5291, 55ppm, 2118位

▼ まわり~ (1304, 24.6%)

42 集まって 23 集って 16 立って 10 輪を 8 たかって 6 集まった 5 あつまって, あるもの, 何か, 大勢の 4 あった, いる連中, くっついて, ついて, 坐って, 寄って, 持って, 砂の, 集まりました

3 [16件] いるの, うろついて, ぐるりと, すわって, なって, なりました, 円を, 回転し, 回転する, 垣を, 手を, 来て, 漂って, 皆が, 立った, 茂りその

2 [66件] ある, あると, いくつかの, いた人たち, いた諸, いつも太い, いろいろな, おおぜ, おりて, お拡げ, かかって, かたまって, ぐるぐると, それを, たくさんの, たくさん集まっ, ちぢれて, つけて, ひしめいて, まいりました, まわって, めぐらされてるの, もって, りっぱな, ウロウロし, 一つの, 一人も, 三人の, 両手を, 両腕, 並んで, 人の, 動いて, 張って, 描いて, 松や, 椅子を, 残り垢を, 気を, 漂わせて, 無数の, 生えて, 皺を, 短い紐, 砂垣を, 種々な, 積んで, 立ち罩め, 腰を, 自分の, 茶色の, 草の, 落ちて, 落ち散らばって, 行って, 見はり, 起りそして, 身を, 陣取って, 集った, 集りました, 青痣, 頭を, 鳥が, 黒い輪, 黒山の

1 [963件 抜粋] あたるの, あったこと, あったわけ, あって, あつまりかわるがわる, あつめて, あてて, あのよう, あぶれて, ありますブルージェ, あるあらゆる, あるからす麦, ある墓石, ある文化, ある無数, ある草, ある雰囲気, いきました, いたこと, いた人, いた召使たち, いた学生たち, いた機械人間, いた者, いた貴婦人たち, いた部将たち, いた関平, いちはつが, いった, いっぱい器械, いつまでも, いて, いるだれ, いるやつ, いる不思議, いる人間, いる数人, いる買物籠, うすい雲, うち破ったよう, うつくしいがく, おいて, おこった出来事, おどりまわって, かいがいしいお, かくされて, かけさせその, かけられた堅く, かこまれて, かもしだされるすべて, かわったこと, きらきらと, ぎっしりつまってる, くるみの, ぐずってるので, ぐるりに, げんじゅうな, こしかけて, この真理, これを, ごみごみ群がっ, さいて, さっきから, さわぎを, ざわめきだした, しげる木立, したって, しっとりと, しみが, すこしばかり, すわらせお腹, ずらりと数名, そうした庶民, その或る, それは, そんな事, たかりあらゆる, たかるが, たくさん解決の, ただよった有様, たった貴婦人たち, たのしくあそぶ, たらし自分, たれ籠め, だんだん成長, ちいさなリボン, ちょっと襞, つかまえられまして, つきました, つけなければ, つみ重ねた, でかけたの, できたよう, ともるろうそく, とりついて, とんで, なかよくくうくう, なった, なった六本, ならびました, ならんで, なり同じ, なり泊まって, なるから, なると, にわかにけわしい, ねじると, はござりませぬ, はまりこんで, はりこませます, ぱっと拡がった, ひきつれられて, ひしと簇, ひしめき合ってね, ふかふかと, ふしぎな, ふりまかれた, ぶら下って, へばりついて, ほとんどすべて, ぼさぼさの, まきつける, また戦争, まだ祭, まとわりついて, みごとに, むすびつけ背中, めぐらして, もろもろの, やってきました, ゆうべと, ゆらゆら萼, ゆるく巻い, よく聞える, よこたわって, よる, わざと遊び, われの, ウザウザし, クロールトが, グルリと, セイロンの, ソファーを, チラチラと, トーヨー, パリの, ビロードを, ベスプリゾールヌイきっと, モリエールや, 一けん, 一人前の, 一升徳利が, 一家が, 一時き, 一粒か, 丁度今夜, 丁度都合, 三角形の, 不安な, 不愉快な, 不規則な, 並びました, 並んだ, 丸くすわり, 丸印だ, 久能の, 乱雑に, 乾草を, 二十幾カ所という, 二四時間に, 二隻の, 些と, 人だかりが, 人家が, 人気も, 人立ちという, 仕組まれた足場, 仲間を, 佇んで, 何ともいえない, 何も, 何一つ物, 何十階という, 何時も十人, 何百人の, 保も, 倦怠の, 働く女, 光って, 光り出したので, 八個の, 六七名もの, 円く出る, 円く拡がり, 円光を, 円陣を, 再び今朝, 冷たい木枯し, 凝縮する, 几帳を, 出かけたが, 出でて, 出ると, 出来ると, 刑務所の, 前尚侍, 医員と, 十六七人の, 半身で, 卵の, 厳重な, 取り揃えて, 叫ぶの, 右から, 吸いよせられて, 呼びあつめた, 咬みつき次にわんわん, 嗅ぎつけて, 四組みの, 回ること, 圃を, 在るもの, 坐らせた, 坐り嫁, 垂れた姉妹, 執念ぶ, 夏菊ほととぎすを, 多いの, 夜が, 夢の, 大きい小さいお, 大きく暈, 大きな森, 大けが, 大なり小, 大勢成人や, 大黒様だの, 奔走する, 女房が, 姿を, 子供たちが, 子供を, 実の, 寄せた, 寄ったん, 寄り集まって, 寒げに, 寝て, 寝台が, 対称的に, 将校その他が, 小さい水鳥, 小さなリボン, 小さな黒蟻, 小笛, 小鳥の, 居るもの, 居並ぶ親同胞, 屏風を, 岩角に, 巻いて, 巻きつきました, 巻きつけたので, 布を, 希望が, 帷を, 年増めいた, 幽鬼を, 広く広がった, 座ぶとんが, 廻した, 廻転させる, 引きつけられてると, 弾丸の, 影ばかり, 後から, 従えまるで, 微笑さえ, 必要な, 恐ろしそう, 悲劇が, 感じた一人ぼっち, 感じること, 感じ出した, 慣れて, 憩いと, 懶げ, 手が, 手拭を, 手配りも, 投げ炬火, 投錨した, 押え技師, 押し寄せて, 拝跪した, 括りつけ入口, 持つ, 捕手たちが, 掻き寄せて, 撃ちこんだ, 散り敷いて, 数十本植え, 新しい土, 早や, 暗い暈, 暗い色, 暗い頭, 書かれた小説, 朋輩の, 本を, 来たとき, 来た技師, 来ると, 来るよう, 板囲いを, 枯草が, 栄光の, 桃の, 桜いろ, 桟橋から, 植えはじめました, 椰子の, 横に, 歩いたついで, 歩いて, 死屍を, 残ってる昔, 殺到し, 母と, 氏が, 水を, 汗を, 汚物を, 泣き皺, 派手やかな, 浮べる, 浸, 消毒薬を, 深い渦, 渦巻の, 溜って, 溢れる色彩, 漣の, 澄み切った世界, 火の気が, 火ウチ袋ヒョウタン七ツ八ツぶらさげ, 烏が, 煙を, 熊蜂が, 燦い, 燦然として, 牧柵を, 狡猾な, 獣の, 現われて, 環を, 環状軌道を, 生える雑草, 生じた薄い, 生ずるの, 生命の, 田が, 男たちが, 番号を, 疎らな, 発達した, 白い湯気, 白い靄, 百人の, 皆あつまっ, 皮の, 盗賊の, 監視隊が, 真っ黒に, 真鍮の, 眼に, 睫毛が, 破風や, 秋の, 積みあげて, 空気が, 突出て, 立ちさわぐチョビ安, 立ちめぐる一万六千尺, 立ち囲む, 立ち止まった, 立ち籠め, 立つ人々, 端なく, 簾を, 米やと, 紅白のだ, 紫がかった, 紫色の, 結びつければ, 絡まって, 綱を, 綿を, 緑の, 緑色の, 締めた帯, 繁るまま, 織り込まれてる憂愁, 置いて, 置かれました, 置く, 美しく敷き詰め, 群がって, 群れて, 羽ばたきながら, 翼らしい, 胡坐を, 腰かけて, 自らなぜ, 自転し, 至るまで, 色々な, 花の, 花を, 芽ぐんだ春, 苔や, 若い看護婦, 茂ってる頂上, 茶のみ, 落ちるだけ, 落付きました, 葭簾張りの, 薄水色, 藁を, 藁蒲団を, 虫の, 蝟集した, 蠢いて, 血を, 行くと, 行った, 裸の, 見える弥次馬, 見た紫, 見るの, 見出した, 規則正しい間隔, 親密な, 読書の, 警官の, 赤い痕, 起きたこと, 起ったいろいろ, 足りない物, 踊って, 転がって, 輪に, 近づけぬと, 近よっ, 迷惑を, 這入って, 遊んでる, 配られて, 重なって, 金の, 釘づけ, 鉄粉を, 鉢巻きの, 銅の, 長い手, 闇が, 附き添って, 降りそそいで, 降りて, 隠れて, 集ったの, 集つて狂喜乱舞した, 集まった子供ら, 集まりほか, 集まること, 集めかけて, 集めた父, 集めるもの, 集りお父さん, 集り母船, 集るよう, 雑然と何らの, 雪を, 電光雷鳴その, 青い絹, 青黒く隈, 静かに, 頭脳を, 風に, 飛び回ってる青年ら, 飛沫を, 餌を, 駈けよった, 騒ぎ出します, 高いコンクリート塀, 髪の, 黄色と, 黒い巾, 黒ずみが, 黙って

▼ まわり~ (1186, 22.4%)

70 して 15 まわって 14 とりかこんで 13 歩いて 12 廻って 11 ぐるぐるまわっ 10 とりまいて 9 うろついて 7 かこんで, 取りまいて, 取り巻いて, 見まわした, 見廻した 6 うろうろし, ぐるぐると, 取巻いて, 回って, 囲んで 5 ぐるぐるまわり, ぐるりと, ウロウロし, 拭いて, 歩きまわって, 見はって, 飛んで 4 ぐるぐる廻っ, 取りかこんで, 拭いた

3 [18件] した, とりかこみました, グルッと, グルリと, 一周し, 世話し, 厳重に, 取巻いた, 拭きながら, 探って, 整えて, 歩きながら, 見まわして, 見まわしますと, 見ると, 見廻して, 走って, 飾って

2 [53件] うろついた, うろつき廻って, ぐるぐるまわる, ぐるぐる回り, ぐるぐる歩きまわった, ぐるぐる走っ, ぐるっと回っ, こすった, させて, したが, したり, しながら, しました, じっと見た, とびながら, とりまいた, ながめて, ながめると, ひとりで, まわること, グルグルまわっ, 一まわりし, 一巡し, 一巡する, 一廻りし, 何回も, 勤めて, 取りかこんだ, 取り巻いた, 地球が, 巡って, 幾たびか, 廻りながら, 廻ると, 徘徊し, 手の甲で, 撫でて, 散歩する, 歩いた, 歩いたり, 歩き出した, 立て罩め, 繞って, 見た, 見まわしながら, 見まわすと, 見回して, 見廻しました, 警戒し, 警戒する, 踊って, 踊るよう, 運行し

1 [760件 抜粋] あたかも虫, あちらこちらと, あらためたが, あわれな人, いきつもどりつして, いつまでも, いつもぐるぐる廻っ, うそうそ歩く, うち調べ, うろうろうろうろ何, うろうろしてる, うろうろと, うろうろ走りまわっ, うろつかせては, うろつかない以前, うろつきその, うろつきはじめました, うろつき父上, うろつく, うろつく人影, うろ付く, おおせつかったという, おおぜ, おしつけられること, おずおずと, おどりまわりながら, おまわりさんが, お囲みし, かけて, かけまわって, かけまわりました, かけめぐります, かこまれて, かこむあおいほし, かたづけて, かためさせて, かまわないくせ, きっしりと, きょろきょろと, きょろきょろ見ました, きれなどで, くぐり抜けすり抜けむなしく, くまなく, くるくると, くるッ, ぐいとぬぐっ, ぐるぐるぐるぐるまわっ, ぐるぐるまわった, ぐるぐるまわりはじめました, ぐるぐるめぐりつづけた, ぐるぐる回る, ぐるぐる廻り, ぐるぐる廻りはじめた, ぐるぐる歩きまわっ, ぐるぐる歩き初めた, ぐるっとうかい, ぐるっととりかこみました, ぐるっとはい, ぐるっとまわっ, ぐるっと包ん, ぐるっと取りまい, ぐるっと取巻いた, ぐるっと廻っ, ぐるりぐるりと, けいかいし, こまかい塵, こまやかに, こめて, こわれかけた板塀, さがしましたが, さがすうち, さっきから, さっぱりと, さまようた, さまようて, されて, したかと, したから, したとき, したの, した二台, した話, しつつ, しては, しばらくし, しまして, しよう, しらべて, すきも, すっかり囲ん, すべき家々, すませて, するに, するの, するよう, する力, すれば, ずうっと, せばめて, そっと廻っ, そっと見はっ, ぞろぞろ歩き廻っ, たえず見はっ, ちらちらします, ちらちらする, つつみます, つつむよう, つッ, とざしその, とびまわったけんきの, とびまわりブナ, とび始めた, とりかこまれて, とりかこみいま, とりかこみ操縦席, とりかこんだの, とりまかれしかりつけられて, とり巻いて, とんだ, なおもとびまわった, ながめました, なでた, なでて, なでました, なにかブツブツいい, にぎやかに, ぬすみ見て, ぬらりくらりする, はかった, はかりそれから, はしりながら, はじめました, はたいたり, はなれないよう, ひしひしと, ひそかに, ひと目見, ひやかして, ひらいた, ひろく調べあげた, ぴょんぴょんはねまわっ, ふいた, ふらふら廻っ, ぶうんと, ぶらついて, ぶらつきました, ぶらぶらし, ぶらぶら歩く, ほの, まごついて, まもって, まるで玩具, まわった, まわりきらないの, まわりつつ, まわる, みて, めぐり始めた, めぐり廻った, めちゃくちゃに, もっと弛, やって, ゆっくりあるい, ゆっくり歩きまわっ, ゆるやかに, よく拭い, よく掃除, よく見まわし, わざと邪魔そう, ウロ付きながら, カッカッいい, クルクルまわっ, グルグルと, グルグルめぐり, グルグル回る, グルグル歩きまわっ, ザラザラ流れる, スッカリ探り出し, チョイサアや, ハンカチで, ブンブンと, ルンペンか, 一ぺんぐるっと, 一ぺん通り西の, 一まわりする, 一パイに, 一周した, 一回二回三回と, 一日でも, 一日に, 一生けんめいに, 一緒に, 七, 七回まわった, 七度廻っ, 三べ, 三度ぐるぐる, 三度廻った, 三重に, 上に, 世話した, 二まわりまわった, 二三回した, 二三度ぐるぐる, 二三度なぐさめる, 二個の, 二回三回四回と, 五六回ぐる, 人工細胞十四号が, 伝わって, 伸子は, 何べ, 何度か, 余りに親切, 兄に, 入れて, 六回まわっ, 其方こっち旅を, 円く取り囲ん, 切り開くべし, 刈り込んで, 助けて, 動かすの, 動くひろ子, 包みなんだか, 包む光君, 包んだので, 包んだ戸, 匍いだした, 十軒ばかりの, 半分回っ, 厚くとりかこみはじめた, 取って, 取りかこみました, 取り囲みながら, 取り囲みますと, 取り囲んで, 取り囲んでる人々, 取り巻いてる将校ら, 取り巻くまで, 取り捲いて, 取り繞, 取囲むコンモリ, 取巻く中, 古風な, 叮寧に, 吊鐶, 吹き荒ぶ思い, 周って, 周行し, 唾で, 啼きながら, 喜んで, 回った, 回ったり, 回る, 回ると, 回るよう, 回る諸, 囲って, 囲まれながら, 囲むと, 囲む群集, 囲んだ, 固く踏みかためた, 固めては, 固めろ, 地球や, 埋めて, 塀の, 夢うつつの, 大きく煽いだ, 大きく輪, 大事に, 大股に, 天が, 女房が, 姿は, 守り固めて, 安心しきっ, 尋ねまわして, 小さい球, 小型戦車に, 小屏風, 巡回させる, 巡回し, 帰り路, 幽かな, 幾重にも取りまい, 幾重にも取り囲ん, 廻ってばかり, 廻つて, 廻り月, 廻るの, 廻転し出す, 廻転する, 張りさけるよう, 彷徨った, 彼女の, 忍び歩きして, 忽ち幾重にも取りまいた, 慎ましくめぐり歩い, 戯れの, 手さぐりし, 手探りで, 抜き足差し足で, 抱えた, 押すな, 拭いてから, 拵えて, 持ち運べとの, 指さした, 指図する, 捜すよう, 捜査し, 掃き始めた, 掃く人, 掃除する, 掘らせたの, 探し回った, 探った様子, 握りしめた, 撫でながら, 擦り仰向いて, 支えようと, 改まった眸, 数万坪の, 整頓しはじめた, 新田先生は, 明るくする, 時折見張っ, 月が, 桶の, 森で, 楕円形の, 横に, 機械人形の, 歌を, 歩いたの, 歩かれるが, 歩きはじめた, 歩きはじめる, 歩きました, 歩きまわったり, 歩き出しこの, 歩き回った, 歩き廻って, 歩く, 歩く二人, 歩けるよう, 残るくま, 気持ちよくも, 水ぐもの, 泥だらけに, 注意した, 泳ぎはじめました, 泳ぎまわって, 洗い流して, 活溌に, 流れる気流, 海霧が, 済ませた後, 渦巻いて, 漂って, 漣の, 烈しく馳せめぐった, 無数の, 煩さく飛びまわられ, 熱い灰, 爆弾と, 片づけた, 片づけ辞世, 片付けはじめましたらてぐす, 珍しそう, 環の, 環を, 男に, 疾風の, 白く埋め, 白く立ちこめる, 百辺旋回し, 皺めながら, 監視中であった, 目まぐるしく追越そう, 眺めたとき, 眺めつつ, 眺めやった, 矢島さんは, 石鹸で, 硬張らせ, 私は, 積んだ一囲い, 立去らうと, 立籠める, 素早く駆けめぐる, 紺青に, 組合員と, 絶えずぐるぐる回っ, 繞り歩いた, 繩で, 自分で, 自分ひとりが, 自身名と, 舞い出して, 花で, 荒々しく踊り, 萱原准尉その他が, 藁で, 蘆手絵の, 蜘蛛手に, 蟻の, 行って, 裸馬を, 襤褸束を, 見おろすの, 見て, 見と, 見はるよう, 見ました, 見まわしたが, 見まわしたのち, 見まわしましたが, 見まわしましたけれど, 見まわせば, 見まわること, 見ようとは, 見下ろしました, 見回した, 見天井, 見廻したの, 見廻しますと, 見廻って, 見廻ろうかと, 見廻わす, 見渡して, 見渡すと, 解こうとは, 誰も, 調べた役人, 調べて, 警護し, 譲って, 賑わした, 走りながら, 走りまわらないで, 走り廻っ, 跳ねた, 跳ねまわりながら, 踊りながら, 踊りまわりながら, 踊るが, 躍り廻って, 身体を, 身廻し, 軍隊が, 迂路つい, 追いまわしながら, 逍遥し, 這いまわって, 這い歩いて, 通って, 通り越す群衆, 遊星が, 道念唄に, 遠くから, 遠巻きし, 遠巻きに, 配達し, 重い雲みたい, 陰電子が, 階段が, 雀が, 雇人の, 離れずに, 離れない, 離れましたが, 青篠で, 音が, 飛ひまわり影を, 飛びかわしその, 飛びまわった, 飛びまわります, 飛び回りました, 飛び廻って, 飛び廻り人, 飛び歩いて, 飛んだ, 飛んだり, 飾られた檻, 馬が, 馳け, 駆け, 駈けめぐる, 駈けめぐるの, 駈け迷いながら, 騒がせたあの, 高射砲の, 鳴きまわる, 黒い布, 黒人の

▼ まわり~ (753, 14.2%)

17 ものを, 世話を 8 物を, 者が 7 ことは, ものが 6 者は 5 人たちに 4 ものは, 世話は, 人々が, 人々は, 品を, 壁は, 小仏さん, 用を, 者を 3 ことを, ものから, ものの, 人に, 壁に, 木の, 者に, 者の, 者も, 路地の

2 [25件] あゆみで, お世話を, すべてが, ものに, ように, スーツ, 人々の, 人たちは, 人間を, 光景を, 割合に, 土も, 土を, 山々の, 座席は, 汗を, 物が, 現実に, 芦畑を, 草や, 荷物の, 見はり, 道具や, 部屋部屋の, 風景を

1 [562件 抜粋] あげは, あの美しい黒い, あらぬ噂, いいとき, いい日本人, いっさいの, うちの, うっとうしさ, うるささを, おかえしと, お世話でも, お世話に, お得意, かべもコンクリート, かべやてんじょう, かべを指さし, かみさん連中を, こと, ことから, ことが, ことすべてを, こととか, ことなどは, ことに, ことにまで, ことにも, ことも, ことや, こと大塔, こまかい世話, さむさ, しずかに, しずけさ, しなにても, じいさんは, じいさんらしく見えます, すべてに, すべてを, せわを, たった十人, とりまとめに, どこに, どこにも, どんなこまかい, なんでもが, はなし花子は, は波うつ, ひとたちを, ふくよかな, ふくれたところ, ふすま, ふちからは, ほうから, ものそっくり, ものだって, もので, ものまで, ものも, もの一切を, もの少なくとも, やつは, やみの, よいこと, よい貯金, ようだ, よくなった, よくなつ, テーブルの, ドアの, ビールの, ベテランで, ベンチの, ホボと, マロニエの, モンパルナスが, レコオド, 一丁ほどの, 一人一人を, 一切の, 一定の, 一座が, 一隊が, 万歳芝居は, 三人組が, 三度ぐるぐる, 下級官吏たちの, 不自由を, 世界は, 世話から, 世話ぐらいは, 世話など, 世話まで, 世話も, 丘の, 乗客たちは, 乗客を, 乞食絵かきの, 乾麺麭の, 事ぐらいは, 事に, 事には, 事や, 事情も, 事物が, 二三人には, 二三名を, 些細の, 些細事には, 人々と, 人々にはも, 人がきを, 人たちから, 人たちが, 人たちも, 人たちを, 人だかりが, 人だかりの, 人の, 人は, 人びとの, 人びとは, 人らしい, 人を, 人混みの, 人目の, 人達から, 人達も, 人間が, 人間どもには, 人間は, 仲間と, 伝法堂などは, 何人かに, 何里四方が, 修繕を, 倫理の, 公共建物に, 六七本の, 兵を, 円味がかった, 円形の, 冷い, 出来が, 出来ごと自分の, 出来事を, 刀や, 分布が, 列車の, 別の, 匂いを, 原っぱを, 叫び声が, 各装置, 同僚の, 呼びとめるの, 品々を, 品から, 品が, 品だ, 品と, 品物だ, 品物など, 品物などを, 器物を, 回向堂に, 因果物みたいな, 土へ, 土塀の, 土間に, 圧力が, 地にも, 地を, 地方一帯は, 垢, 埃を, 堀渫い, 堅きところ, 場と, 塵の, 墓地から, 壁が, 大がかりな, 大きさ, 大きなビロード, 大きな杉林, 大口を, 大戸妻戸など, 大群集, 大胆な, 大阪役者の, 女の子は, 女房輿にも, 女房達が, 女髪結, 奴等を, 好い文壇, 好き勝手な, 妃嬪や, 始末を, 子供, 子供と, 宝船団とかいう, 将士に, 小さな建物, 小さな悲しい, 小さな町, 小人物たち, 小姓五ひ, 小物を, 小者か, 小路とは, 小道具や, 小道具一切を, 小間物屋を, 尖峯, 尼僧たちを, 尾花が, 屋根ご, 屋根近, 山々から, 山々のみは, 山々も, 山の, 山は, 山や, 岡は, 巡吏に, 工場の, 工夫も, 巾は, 帯は, 帰りしなに, 平地は, 幸福な, 幸福を, 幾条もの, 広い紫色, 広場は, 床の, 店屋などを, 庭には, 庭の, 庭を, 庭園は, 庭花の, 当座の, 形色も, 影響によって, 役は, 役人を, 役者に, 御用聞き, 心づかいを, 悪い親爺, 悪い雑木, 手入れの, 手拭を, 指示欄や, 振り合いを, 捲毛, 掃除を, 搭連を, 散々に, 整えは, 整理に, 整理を, 敷石の, 新聞記者の, 方は, 旅役者に, 旗本を, 日当りの, 明るさ, 星の, 春の帯, 時に, 景色だけに, 景色に, 景色を, 暗がりの, 暗さ, 暗闇には, 暗黒世界が, 書物を, 有様が, 服地は, 木々が, 木や, 木立は, 本を, 本線に, 村, 村からも, 村の, 来賓たちが, 板から, 板屋藁屋の, 林には, 枝に, 柔らかい縁, 栗の, 桜樹立が, 桟敷に, 森が, 森の, 森も, 森や, 植物は, 槍を, 様子が, 樫の, 樹木が, 樹木は, 歎息は, 毎日とは, 毛が, 毛を, 水が, 水たまりに, 沢山の, 河に, 浅いくぼみ, 浴衣着たる, 海には, 海も, 海草が, 渦動につれて, 灌木に, 灯火を, 炉ぶち, 烏天狗で, 無駄毛を, 物, 物そッくりお, 物だけ, 物などを, 物の, 物は, 物まで, 物や, 物些細なり, 物全部を, 物怪の, 狭い縁石, 狼どもに, 現象が, 生ぶ, 生垣を, 生活が, 生活にとって, 生物は, 用事を, 田に, 田畑が, 甲冑は, 男たちの, 男も, 畑仕事でも, 畳の, 白いレース, 白壁は, 白粉を, 皺は, 相当ひろい, 看守よ, 真似し, 眼瞼の, 睡蓮は, 砂利場の, 空地に, 空地自分達の, 空気などについて, 空気の, 空気は, 空間を, 窓という, 立派な, 竜髭を, 竹の, 竹矢来が, 竹藪は, 笑聲は, 筋肉が, 米噛み, 紙に, 細い点, 絞殺の, 絵描きだ, 美しい顔, 美術品を, 群衆とは, 群集の, 群集を, 羽目板は, 者か, 者から, 者たちが, 者まで, 者みんな貧しい, 腰ぐらいの, 腹話術師です, 自然とが, 自然力を, 芝居な, 花が, 花は, 花模様の, 花薄や, 若い人たち, 茂った樹, 茂りの, 茶わんに, 草の, 草は, 草むらの, 草も, 草木が, 草木は, 草木を, 荒々しい風景, 荷物が, 荷物を, 落葉へ, 葉に, 薄い樺色, 藻に, 蘆荻の, 融和とかに, 見世物小屋, 見世物小屋である, 見物は, 視野が, 角力が, 話が, 話同様馬鹿でも, 話題は, 調度や, 警官たちは, 象は, 貨物係りだけに, 賞讚の, 赤い隈, 路地それから, 路地を, 軽業師の, 速舟, 連中が, 連中暗黒を, 運動を, 道も, 部下へ, 部屋全体が, 部落の, 都会生活の, 重さ, 野原に, 金の, 金蔵番に, 針の, 鈍い眼つき, 鉄欄に, 鋳鉄柵は, 長さ, 長屋連らしい, 闇の, 障子の, 雑巾が, 雑草が, 雑草を, 雑談に, 雪の, 雪を, 電信柱どもは, 電車が, 電車で, 電車に, 青苔, 青黒い暈, 静まった夜, 面倒を, 頬の, 頭陀, 頽廃的な, 顔が, 顔は, 顔へ, 風声と, 風景が, 馬の脚であった, 馬場を, 駒や, 騒々しい喧騒, 髭にも, 鬚を, 鯛釣り場でも, 鳥の, 黄色い子雀, 黒いカーテン, 黒くなった, 黒ずんだ暈

▼ まわりには~ (358, 6.8%)

3 五人の, 大勢の 2 それを, 出水が, 喜びの, 撮影技師だの, 武士共が, 酒屋の, 黄色い斑点

1 [338件] あたかも将軍, あったが, あなたを, あのお, あらゆる天, あらん限り, ありましたよ, あるけれど, ある聖なる, いくつも, いっぱい花, いつかぐるり, いつか薄闇が, いつのまにか花, いつの間にか例, いつもある, いつもの, いつも庶民, いつも陽気, いなかったが, いまたくさんの, いま自動車で, いやな, いよ, いろいろな, いろんなアーチ, いろんな番人, うす黒く暈, うちよせて, うぶ毛が, えぞ, おそらくアマーリア, おまわり, かがりび, きっとこんなたち, こなごなに, この天使, この庭, この木, ささやかな, さっきクマの, さっき上げといた, しっかりした, しばし春, すぎの, すぐ人だかり, すっかり見, ずっと前, そう云う, その子息, それでも仕事, そんな事, ただようよう, ただ灰色, たった百余人, だれも, つたが, つねに苦諫, どっちへ, どの位植物, どんなこと, ない, なんとも云え, ばく大な, ほうぼうに, ほかの, また多う, また物語, まだいくつ, まだ五, まだ旅人, まだ諭吉, みんなの, もうたくさん子供たち, もう十人あまり, もう十騎余り, もう溝, もう軍事, もちろんずっと大, もと警視庁, やがて係官達, やはり何, やはり大きい, れいの, わが地球, わが地球同様, わずか七, わずか二, パラソルと, パレ・ド・ジュスティスの, ポプラァが, ライラックの, 一めんに, 一層好人物, 一杯の, 一葉の, 七人ほどの, 七八人の, 上杉憲顕や, 丸い金貨, 乞食の, 乳母や, 事に, 二三町の, 二人の, 二十人の, 二段三段と, 五六人かたまっ, 五六人の, 五六十人の, 五六本の, 五十人の, 五名の, 些とも, 人か, 人だかりが, 人垣が, 人間の, 今日も, 位階や, 低い雑木, 何か, 何かが, 何かしら宿命的な, 何という, 何となく重い, 何と沢山, 何も, 例の, 僚艇から, 児を, 入りかわり立ち代り新手, 六七人の, 六人の, 円竹の, 刑事たちも, 剣の, 助けて, 勇気の, 勿論多く, 北面の, 十七八名の, 十三四歳の, 十五本の, 十人あまりの, 十人の, 十数人の, 十数槍の, 十河一族の, 卑俗に, 南蛮さいかちや, 古い大きい木, 各箇, 同族の, 同門の, 四五百名近い, 四人の, 困難と, 地球が, 地球の, 地球や, 堅い背, 夕炊の, 多くの, 夜の, 夜学校の, 大きな杉, 大きな氷塊, 大ぜ, 大小いろいろな, 太いまっ黒, 子供達が, 宇宙塵が, 宝石店の, 寄って, 寒い夜, 小さな人, 小石を, 少くない, 少しばかりの, 少年たちの, 少年探偵団が, 居候や, 屋根の, 屏風も, 山国の, 川と, 巡査の, 已に寐入, 常に神経, 幕将庵原将監が, 幸運の, 幻影の, 廃墟の, 強い薫り, 当然崇拝者, 影が, 彼の, 必ず二, 忠義な, 忽ち二三十人, 恐ろしい怪物, 戸外には, 手代りの, 擦過傷が, 数十の, 数名の, 数百の, 敵の, 文芸倶楽部や, 旗本の, 暗やみが, 服の, 朝から, 木が, 木屑が, 村の, 松の木が, 松明を, 桃色の, 梶浦兵七郎片桐与三郎千田主人秋田加兵衛などの, 楊条も, 槍や, 武士を, 殆ど越後勢の, 残余の, 気まぐれや, 沢山の, 油を, 波が, 海の, 海面に, 消口を, 深い竹林, 満足であっ, 激しい旋風, 火星人が, 無数の, 玉の, 田楽の, 町の, 疲労の, 白い泡, 白い着物, 白い輪, 白い障子, 白と, 百里香か, 皆が, 看護婦が, 真っ白な, 真っ黒に, 真珠や, 眼に, 知らないこの, 石を, 石臼を, 砲弾が, 祭りの, 私たちよりも, 空席が, 竹藪を, 篝の, 篝火が, 絞められた痕跡, 縄が, 繩を, 美しいいろいろ, 美しい花, 老臣の, 脱すべくも, 腹の, 自然と, 自然に, 花飾りが, 苔が, 若い男女, 若草が, 茶の, 草が, 荒々しい曲線, 菊の, 華な, 落ちて, 落葉が, 落葉松が, 薄物や, 薄黒い長い, 薊の, 藤が, 蚊の, 蜂が, 蝶や, 血が, 血しぶきが, 西南の, 見えなかった, 見えねえから, 見ただけで, 見はり, 見張りの, 見掛けない旅, 誰ひとり, 誰も, 謂わば, 警固の, 警官隊と, 賃機を, 赤い火, 赤紫白夏の, 遠くから, 金に, 金色の, 鈴なりに, 鉄の, 銀杏樹と, 鎖と, 長さ一間以上, 集まって, 雪が, 雪の, 青い孔雀, 青い火, 青梅の, 飢渇か, 餅花や, 首を, 馬が, 馬も, 高い土塀, 高く土, 魚や, 麦畑や, 黄金の, 黄金を, 黒いくま, 黒ずんだ縁, 黒山の

▼ まわり~ (193, 3.6%)

4 黒山の 2 おそろしい人だかり, 二十人の, 幾組も, 成績を, 畑で

1 [179件] いうに, いつも黒山, うすぐらくなっ, うっちゃって, おおぜ, おまわりさんと, おまわりさんに, おれには, かもうて, くぼみあどけない, ぐるりと, こみあって, ごめんです, さすがに, ざわざわ揺れ, しかしさすが, しずかで, しない, しなかったろうと, しんかんとして, しんとして, しーん, すこしも明, すっかりくらく, すっかり手入れ, すっかり青く, すべて紅に, たちまち火, たちまち黒山, だらだらと, だんだんせまく, だんだん暗く, つねに甲冑, つめたい鉄, でこぼこし, でっかい顔, とても乗りこせない, どうなんだい, どっちを, なにも, なめたよう, なんにも見えない, にせものだった, にわかにパッと, ひっそりと, へえそりゃ, へんです, ほとんど鳩, ほんとうに, ますます潤沢, まっくら, まるで天国, みんなきらきら, むろんや, もうきまっ, もう寒い, ものすごい海流, カーテンで, グルッと, コケの, ジメジメした, タバコの, 一帯の, 一軒ずつ, 一面に, 三抱えも, 不毛の, 不相変, 両手の, 二十六尺六寸重, 云うに, 五十人の, 五十米ほどは, 人だかりだ, 人形や, 依然人, 僕一人さ, 冬荒れ, 出来ないの, 分厚い背, 十六フィートぐらい, 十重二十重の, 厚い壁, 又, 同じ廊下, 四ほうとも, 四ツ目垣だ, 夜には, 夜中でも, 大洪水, 女ばかり, 好し先ず, 子供達から, 孰れ, 宇治山田の, 完全に, 寂しかった, 寂として, 小さな森, 少しの, 岩組みに, 崖だった, 帖簿を, 平時の, 広茫, 建増しの, 忽ち珍, 愛と, 折り重なるよう, 数十人の, 数尺であった, 数本の, 敵兵の, 新八, 明るくない, 時ならない, 暗かった, 月の, 木の, 本で, 朽ちて, 果ない, 極く, 正に一抱え, 武蔵が, 水田であった, 水野家の, 汚れて, 池で, 波が, 浅草公園の, 涙で, 済ませるつもり, 火の, 火事場の, 焼けるかと, 爆弾と, 犇めく人々, 甲州兵の, 甲鎧燦爛たる, 疎開跡の, 疾う, 白いの, 皆やる, 盛んな, 直ぐ山, 石垣でも, 私が, 秋なら, 穴蔵大工だの, 空地な, 空虚に, 立派な, 築山らしい, 絶えて, 腰を, 興味ある, 色めきたった, 花見の, 苦笑し, 草と, 荒い山, 薄暗い森, 蛮声を, 血だらけです, 血の, 見る見る耕地, 見物人の, 警官隊が, 豚小屋と, 金です, 金色を, 雑木の, 静かだった, 靜まりかえつ, 顔面と, 高低に, 魚市場の, 黒と

▼ まわり~ (118, 2.2%)

8 ている 6 て来る 5 ていた 4 てみました 3 てまた, てもと, て帰っ 2 てきた, てみよう, て庭, て来た, て来よう, て見る

1 [74件] て, てあっち, てあぶなく, ていたらしく, ていっちゃった, ていつ, ていなはる, ておこう, ておしまい, てかえる, てこよう, てさらに, てしまった, てすぐ, てそして, てそれから, てたちまちぽん, てちゃんと, てついに, てながい, てみ, てもうこ, てもどっ, てもなるべく, てもまだ, てやがて, てやっと, てエセックス, てスペイン, てドア, て七時半, て三ミリ, て丘, て主人, て今, て今度, て仕事, て伊賀, て先生, て博士邸, て友だち, て嘲笑, て四年六月, て大, て客観的, て家, て寂しく, て居る, て帰る, て引手茶屋, て彼女, て待, て待っ, て来, て東京, て様子, て機, て歩, て浮世, て爪先, て物事, て玄関, て甲州街道, て申, て神着村, て行きちがい, て行列, て裏手, て警告, て週日, て道, ながらやっぱり, ながら観測, 指で

▼ まわり~ (117, 2.2%)

2 まっ蒼, 急に, 早かった, 目立って

1 [109件] あまり静か, あれほど, いいだろう, いいと, いいん, いちめんな, いちめんまっ青に, いつの間にか群集, うじゃうじゃ乗っ, うまいの, えりに, かなり張り出し, ぐるぐる廻った, この時, ざわめきはじめる, すこし半, すこし心配, すこし麻, すっかり網, すむと, だんだんちぢまっ, できるの, ときどきぴくぴくと, どんな状態, はいって, ひっそりする, ひどく変色, ふらふらと, ふわっと大きく, へその, ぼうっとかすん, ぼうっと霞ん, ぼやけて, ぼんやり青白く, まっすぐに, まっ暗やみ, まっ赤, まっ黒だ, みな迷惑する, みょうに熱く, やかましくって, やって来た, よいと, よくなっ, よくなったら, わるいので, ウジャウジャいる, コンクリートのかべ, ビショビショに, ブルブルふるえた, 一たいふくれました, 一まわりも, 一等太い, 丸窓ぐらいの, 二人の, 今の, 他人ばかり, 何と静か, 六尺五寸鱗が, 切れただけ, 危くなっ, 取乱されて, 困って, 変に, 多い, 大きくなっ, 大変な, 少いから, 居まわりなんで, 居留地で, 年の, 廻って, 息を, 悪いとか, 悪くて, 感じの, 暗くて, 来ただろう, 来ると, 板囲いか, 楽に, 気苦労だった, 水と, 水田ばかりの, 汚なくなった, 泥だらけに, 済んで, 濡れ気もち, 煤の, 狸の, 田舎です, 白いの, 穴の, 空地に, 腫れたり, 良いので, 良すぎる, 著名であった, 血だらけに, 赤土だ, 軽くなる, 針束で, 雀どもの, 青くくるくる, 青ずんで, 静寂に, 鮮新な, 黒くなっ, 黒ずんで

▼ まわり~ (110, 2.1%)

2 世話を, 働いて, 起こること

1 [104件] あくせくし, あざやかな, いっしょに, いろいろな, いろいろの, うたうさんび歌, うるさいくらい, うろうろし, おこるすべて, かざし合う炬火, ぐるぐると, こぼれた菓子, ごたごたし, ささやく声, しきりに鳴き, すさまじい戦, そよりと, どっと人声, のぼせて, はたらいて, ふりさばく, またはじまった, また笑った, やって, やめとけとは, カルマニヨル, カード遊びを, スキーや, セエラの, タバコの, チャルメラを, ツイストを, バンザイと, ワニと, 一条の, 一番不思議な, 何やら囁き合っ, 何千人という, 動いて, 匂った, 哮え, 喊声が, 喋くってる, 四五人の, 坊主地獄と, 声を, 多勢が, 大いに美術家, 天狗党を, 子供に, 家康の, 小さい子供, 小さな口々, 小姓たちが, 山風に, 嵐が, 幾たびか, 廻り燈籠を, 廻転を, 弱ります, 御不便, 急旋回, 我慢する, 戯れて, 抱きあいながら, 揉み合い塵, 擦って, 最初は, 村じゅうの, 東京へ, 楽しく遊ぶ, 様々の, 歌ったり, 気の, 波の, 泣いて, 涸れて, 演じられた数万, 狂います, 皆さんで, 私とは, 私には, 種々な, 紐を, 繩が, 花どもが, 蝶や, 見付け次第の, 見掛ける例, 賞品と, 起った, 踊ったの, 踊ったりなんか, 身づく, 輪を, 辻待ちの, 遊びました, 遊んで, 運ばれた, 過した一年, 金色に, 顔を, 鳴くの, 鳴りひびいた

▼ まわりながら~ (91, 1.7%)

1 [91件] あても, あらゆるアングル, ありありと, いいました, いろいろと, うたうとは, うつむいて, おちて, お父様, くるくる帯, こう呟い, これは, しきりに小首, すすむの, その和泉屋襲撃, それとなく行方, ついに自らそこ, つづいて, ときどきそば, のぼるラセン階段, はげしく機関銃, はるかに, ふたたび大, カスレた, クリスマスの, スミス中尉の, ダンダンと, チュダコフという, トカゲの, ニャゴウニャゴウと, ヒステリー患者の, ヒョロリヒョロリと, リズムも, 一生懸命に, 不機嫌そうに, 伸子は, 働いて, 先刻から, 又追おう, 叫びつづけた, 叫びました, 吠えました, 呟やく, 味方の, 哀願する, 喋舌り立て, 地の, 失礼ばかり, 奇妙な, 姿の, 子どもの, 彼は, 徒刑場の, 必死で, 思い出したよう, 憎い恋女, 斬ったりよけたり, 時々畜生, 暗殺された, 村一番の, 楽屋の, 橋の, 次第に数, 歓迎し, 死に声, 母親から, 沈むよ, 流されて, 消え失せて, 演説する, 片隅において, 白い大きな, 直線に, 私は, 篤介の, 素子が, 綱もろともしだいに, 考えて, 肩を, 自分で, 船は, 落ちて, 見て, 見る見る中, 見張, 言った, 酒の, 陸地に, 隙を, 顔中を, 馳け

▼ まわり~ (87, 1.6%)

6 ぐるっと砂 3 よって 2 かけて, 来て, 爆発した, 砂を, 集って

1 [68件] あちらに, ぐるりと, こどもらが, その姿, それほど水, ぶら下げながら, ぺたぺたと, みんなへたばっ, むらがり寄ったが, わっと, スルスルと, ズラリと, タオルを, タカっ, ヒシヒシと, ピタリと, 一面に, 下げる, 争って, 五人それぞれ位置を, 人を, 厳重に, 四方八方から, 坐ると, 大勢が, 寄った, 寄って, 寄り集まる, 寄れば, 屈み合った, 急ぎ足に, 懸けた十字架形, 所きらわず, 押しこめられて, 捲きあげたり, 捲きあげみどり, 敵の, 椅子が, 気を, 環に, 真白く汗, 立って, 立てようと, 立て網, 箸や, 素人の, 綺麗に, 縄を, 群れ集まった, 蓆と, 蛇を, 行けば, 親子が, 警固に, 走りよった, 軍勢を, 近づいて, 配置し, 集った, 集まったらしい, 集まった連中, 集まって, 集まり乗物, 馳け, 馴れ馴れしく手, 駈け寄ったが, 駈け寄って, 黒くなっ

▼ まわりから~ (61, 1.2%)

2 ヒシヒシと, 姿を

1 [57件] ある時私たち, いっせいにふり向いた, いろんなケチ, おどりかかって, かこんで, くしゃくしゃと, くる体つき, ずーっと瀬戸内海, また土煙, ゆるやかに, メラメラメラメラと, 下の, 両の, 中央へ, 乗車の, 云や, 人々を, 何度か, 十ヤールの, 去って, 圧しつけるよう, 墨の, 嬉々たる, 小さくかたまっ, 彼に, 手を, 抑圧し, 掘って, 掘り出そう, 描写の, 放さなかったわけ, 放って, 机の, 歓談で, 消え失せた, 澪が, 熱い蝋, 熱湯が, 突然湧い, 草ぼうぼう, 落ちて, 薬の, 見えない渦, 警官隊で, 起った, 起って, 身体じゅうが, 近習が, 防空頭巾の, 附近の, 離れなかったその, 雨の, 頬まで, 頭髪に, 頸筋へ, 顎へ, 鼻の

▼ まわり~ (46, 0.9%)

2 短くて

1 [44件] あれば, うす黒くいろどります, かけまわりました, かれの, しないで, するが, とだえますので, ないこの, ない位, にぎやかに, まるで違っ, みんな本, みんな青黒い, めがねを, よい羽柴秀吉, よかった, よろしうございます, クビ筋も, 一わたり掃いた, 三まわりも, 上な, 不自由分家の, 出来なかったよう, 出来るよう, 去年の, 大きい, 大きくなった, 大ぜ, 己の, 年下に, 広々と, 広い大理石, 普通人の, 極めて小, 淋しいと, 独り者の, 異常に, 真白に, 若いおれ, 違うかと, 集金の, 震災直後は, 青黒い, 黒い暈

▼ まわりにも~ (41, 0.8%)

1 [41件] あります, いるという, かかげられた, ぐるっと見, こないし, ご不自由, そのほか, なんともいえず, ぱらぱら小さい赤い, また歩廊全体, まっ白な, みなぎって, やがてその, 不平や, 二三ちらばり乱れ, 何軒かは, 危険が, 四, 塔の, 夜目には, 宵の, 小さい黒い影, 小姓を, 幾人かの, 当てながら, 来ずに, 歪んだ引っ, 泡が, 狂わしい眼, 現れはじめた, 田の, 疵らしい, 秋の, 立って, 経験を, 群がって, 群を, 羽織袴だの, 蠅が, 見張って, 陰惨な

▼ まわり~ (32, 0.6%)

2 壁の, 庭の, 額には

1 [26件] あらゆる方向, がって, がるん, さっぱりと, 光線に, 口の, 土間い, 小田原海岸南伊豆の, 山野渓谷を, 床下に, 手の甲に, 押入れの, 暖められたガソリン, 母親の, 猟も, 猟を, 眼の, 背中を, 腐った藻, 誰も, 足の, 頬の, 頬骨の, 顋の, 顎が, 髭などに

▼ まわり~ (22, 0.4%)

2 同じいろ, 聖像の, 鶏頭である

1 [16件] いい背たけ, いい饂飩屋風情, なったの, ぶつかるの, 三回まわる, 伝馬船を, 出かけましょうか, 受け持ちの, 呼んで, 帳場とを, 思われるの, 桟敷の, 猛禽の, 相場が, 自分達の, 言うもん

▼ まわりそう~ (19, 0.4%)

3

1 [16件] だったわ, だとさ, だよ, でそこ, なので, な声, な速, な高い, にだるい, になっ, になった, になっちゃった, になりました, に不快, に想えた, に胸

▼ まわりする~ (13, 0.2%)

1 [13件] かのよう, が地球, ための, つもりな, という, とおまえ, とそこ, とランチ, と裏手, ような, ように, ンじゃ, 必要が

▼ まわりでは~ (11, 0.2%)

1 [11件] どっと笑い声, ほとんど気づかれない, よく自信, チャルメラや, 主人が, 姑の, 帝国主義の, 本は, 本当に良人, 歌曲の, 産小屋を

▼ まわり~ (10, 0.2%)

1 また旧, また案内, また頼む, やがて旧, 上の, 前途なる, 急がし立て髪, 怯かす, 扉を, 谷底に

▼ まわり合せ~ (9, 0.2%)

1 じゃあ, だと, だね, でおちぶれ, ですか, でその, に過ぎないらしく思われる, の好い, の結果

▼ まわり歩い~ (9, 0.2%)

3 ている 2 ていた 1 てみたい, てみました, て清逸, て警戒

▼ まわりその~ (8, 0.2%)

1 あいだから, しつこさ, すき間から, 上の空を, 味が, 火が, 言葉に, 途中で

▼ まわりつつ~ (8, 0.2%)

1 あり, ついにかんじん, どんなに大きな, フラフラチラチラと, 探して, 散らかった, 笑いころげた, 絶叫す

▼ まわり大きく~ (8, 0.2%)

2 したよう 1 した, して, なった, なったよう, なって, なりました

▼ まわりした~ (7, 0.1%)

1 かと思う, ことを, ところで, 傷あとであった, 後八ヶ岳の, 後鮮かに, 時であった

▼ まわりだけ~ (7, 0.1%)

1 いつさんに, すくいとったよう, では, のこして, 丸くかがやい, 急に, 照らして

▼ まわり~ (7, 0.1%)

1 がはいっ, だから, である筈, はちゃんと, は必要, や菓子, を入れる

▼ まわり合わせ~ (6, 0.1%)

1 から身, がある, が自分達, でございましたな, という気, はまことに

▼ まわり~ (6, 0.1%)

1 で, に人, に夜, の下, の突当り, を行きかいする

▼ まわり舞台~ (6, 0.1%)

1 がつくられ, のよう, の一般的利用, はある, はその, を工夫

▼ まわりそして~ (5, 0.1%)

1 ははははひひひひ, ふと柱, 人気も, 何か, 故障か

▼ まわりだけを~ (5, 0.1%)

1 そんないかめしい, ほの, 少々残し, 氷山の, 照し

▼ まわりでも~ (5, 0.1%)

1 うろうろし, このとき, まだまだ結婚適齢期, まわって, やはり同じ

▼ まわりまた~ (5, 0.1%)

1 まっ赤, 時々は, 歩いては, 翅虫は, 読書に

▼ まわり~ (5, 0.1%)

1 あまさず姿, という立ちまわり先, へすまし, を捜し, を目

▼ まわり燈籠~ (5, 0.1%)

3 のよう 1 の追っかけ, 組みあげ燈籠

▼ まわりそれ~ (4, 0.1%)

1 から立ちどまっ, が終る, と同時に, にもたれ

▼ まわりそれから~ (4, 0.1%)

1 その新た, 今度は, 僕に, 草の

▼ まわりだけは~ (4, 0.1%)

1 どうしても私, 常闇だった, 混乱させない, 私が

▼ まわりまで~ (4, 0.1%)

1 いっぱいな, しみ出して, 委せきりで手紙一本, 鰯を

▼ まわりまわり~ (4, 0.1%)

4 の小

▼ まわりみち~ (4, 0.1%)

1 ではある, をし, をしまし, をする

▼ まわり一切~ (4, 0.1%)

1 の処理, はやさしい, を世話, 心得て

▼ まわり最後~ (4, 0.1%)

1 にチフリス, に刺青, に岸, に浦和

▼ まわりあわせ~ (3, 0.1%)

1 が好い, になった, になる

▼ まわり~ (3, 0.1%)

1 くみとともに, 杉ばばや, 石場を

▼ まわりかた~ (3, 0.1%)

1 がちがうらしい, もみょうにいきおい, を一方

▼ まわりだけが~ (3, 0.1%)

1 明りを, 照らされる, 粘質硝子

▼ まわりだの~ (3, 0.1%)

2 百万坪の 1 させて

▼ まわりついに~ (3, 0.1%)

1 ラツール氏の, 尊軍の, 死んで

▼ まわりです~ (3, 0.1%)

21

▼ まわりという~ (3, 0.1%)

1 ところにでも, のは, まわりを

▼ まわりとの~ (3, 0.1%)

1 会話を, 紅粉を, 関係で

▼ まわりなど~ (3, 0.1%)

1 ひとしきりの, まだら, 頼むぞよ

▼ まわりなどに~ (3, 0.1%)

1 一番さきすんだ, 人参など, 歩いて

▼ まわりについて~ (3, 0.1%)

1 いくらぐるぐるまわっ, すこし細か, 参ります

▼ まわりもの~ (3, 0.1%)

2 だって云う 1 いずれは

▼ まわりをめぐって~ (3, 0.1%)

1 いた, いました, いますと

▼ まわり~ (3, 0.1%)

1 で一番匂い, には不思議そう, まわり小

▼ まわり大きな~ (3, 0.1%)

1 怪人で, 悪事の, 机の

▼ まわり小さく~ (3, 0.1%)

1 て花, なったよう, なる時

▼ まわり工合~ (3, 0.1%)

1 が, もあったであろう, もわるかっ

▼ まわり~ (3, 0.1%)

2 が暮れ 1 に回らず

▼ まわり~ (3, 0.1%)

1 がしげり, の幹, の木

▼ まわり~ (3, 0.1%)

1 がほぐれ, がもつれる, を回転

▼ まわりあたり~ (2, 0.0%)

1 がにわかに, が俄

▼ まわりあるいは~ (2, 0.0%)

1 噛み合いて, 心の

▼ まわりいちめん~ (2, 0.0%)

1 にうちあがっ, に静か

▼ まわりこの~ (2, 0.0%)

1 山奥の, 日の

▼ まわりしなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならなかった

▼ まわりすこし~ (2, 0.0%)

1 ばかりしか坐る, 惜しかった

▼ まわりすれ~ (2, 0.0%)

2

▼ まわりだけに~ (2, 0.0%)

1 没頭の, 襤褸を

▼ まわりだった~ (2, 0.0%)

1 なんて思え, 神田鍋町の

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 のだ, んだ

▼ まわりながらも~ (2, 0.0%)

1 妹の, 諸君の

▼ まわりなどを~ (2, 0.0%)

1 そ, 畑に

▼ まわりにさえ~ (2, 0.0%)

1 良き驚き, 金を

▼ まわりによって~ (2, 0.0%)

1 来た, 泣いた

▼ まわりばかり~ (2, 0.0%)

1 回る事, 堅くくくられ

▼ まわりへは~ (2, 0.0%)

1 人だかりが, 寒い風

▼ まわりほど~ (2, 0.0%)

1 大きい甲冑, 大きかった

▼ まわりもち~ (2, 0.0%)

1 で作った, にきめた

▼ まわりやがて~ (2, 0.0%)

1 真直ぐな, 西の

▼ まわりをも~ (2, 0.0%)

1 取り巻いた, 検査した

▼ まわり以上~ (2, 0.0%)

1 まわるに, 違うの

▼ まわり台所~ (2, 0.0%)

1 で夜食, も便所

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 の書棚, をた

▼ まわり夏菊~ (2, 0.0%)

2 と秋

▼ まわり太かっ~ (2, 0.0%)

1 たらこの世, たらとても

▼ まわり姫日まわり夏菊~ (2, 0.0%)

2 と秋

▼ まわり小さい~ (2, 0.0%)

1 ので写真, 素焼の

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 に沿い, に面した

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 が乱れる, のやや

▼ まわり広い~ (2, 0.0%)

1 地積を, 面積の

▼ まわり戎橋~ (2, 0.0%)

2 の梅ヶ枝

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 の枝, の茂み

▼ まわり~ (2, 0.0%)

2 の海水浴場

▼ まわり済む~ (2, 0.0%)

1 とこんど, と先生

▼ まわり田畑~ (2, 0.0%)

1 は耕す, を流し

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 と女, の前

▼ まわり白粉~ (2, 0.0%)

2 のたぐい

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 の外皮, の胸

▼ まわり競争~ (2, 0.0%)

1 に参加, の道づれ

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 のひとつ, の天井

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 から腹, に六ところ

▼ まわり致し~ (2, 0.0%)

1 ておりまする, てみたく存ずる

▼ まわり裏口~ (2, 0.0%)

1 からズカズカ, から庭

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 て戸外, て来よう

▼ まわり買物~ (2, 0.0%)

1 しようと, に一緒

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 にも鉄砲, を摺っ

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 になった, に巻けた

▼ まわり銀座~ (2, 0.0%)

1 へ出ました, を廻り

▼ まわり~ (2, 0.0%)

1 をぬい, をぬがせ

▼1* [415件]

まわりああいいもの, まわりあそこから上つた, まわりあなたの夜具, まわりある日その, まわりあるいていられる, まわりあわせでしょうなんという, まわりいい分別も, まわりいまは酒, まわりいま涙を流したら, まわりいろんな人に, まわりうちへ電話, まわりおことづけ, まわりおしのを, まわりおじさんに蹤, まわりおとなしく先生を, まわりおよそ二十近い, まわりお尋ね致し度, まわりお昼になった, まわりお金を使い果し, まわりかいそれとももっと, まわりかえって夕飯終ったら, まわりかが滞りなく, まわりかめの世話, まわりからでも塩沢丹三郎が, まわりからのはげしい圧迫, まわりくねりしたすえ浜町二丁目の, まわりくらい上かも, まわりぐあいできめましたためにみんなはまた, まわりぐるぐるつかまって, まわりぐるっと廻転した, まわりぐゎんと一突き助七の顎, まわりものを, まわりけっして頭の, まわりことごとに部落, まわりことにレンブラントの, まわりごとに黒門町, まわりうなんだよ, まわりさいごに, まわりさえおおわないこと, まわりさして置けば, まわりさせ髪を, まわりさせたものに, まわりさそり座の赤い, まわりさてしばらくし, まわりさもなければ学校とか, まわりさらにその時, まわりされてロケット, まわりしか見えないらしい, まわりしかけている, まわりしごくもっともらしい, まわりしなくてはならなかった, まわりしばらくの間, まわりしまいには山, まわりしましたが家, まわりしようとする, まわりじゃねえよ, まわりすっかり済まして, まわりすみたるという表現, まわりすんでるんだ, まわりずつ大きいの, まわりせいぜい麺麭を, まわりせねばならぬ, まわりそこで一泊し, まわりそこらを歩い, まわりために一人, まわりだいぶ主の, まわりだけしか知らなかった赤児, まわりだけでも繕いたいと, まわりだけの負傷者を, まわりだれがお, まわりちょうど海水浴区域とは, まわりっていうような, まわりついでにロマーニュ, まわりつぎに, まわりであったのである, まわりできるほどになっ, まわりでだけ通用する, まわりところどころへ湖水, まわりとにねをおろしたの, まわりどうろうの, まわりなお各所の, まわりなかをのぞい, まわりなかば号叫しなかば咆哮, まわりなさることや, まわりなぞは清潔には, まわりなども小ぎれいだった, まわりなんぞには手が, まわりにおいて見はり, まわりにおいてはそれらの, まわりにくくおっしゃること, まわりにしか過ぎぬだろう, まわりにだけ霞が, まわりにて五百石を, まわりにでもとっ捕まったん, まわりになだれて, まわりにによき, まわりにのたって, まわりにまで溢れて, まわりにゃ抜け目なく, まわりに関する女房役は, まわりのちにはわたしたち, まわりのにわで, まわりはだかった懐中から, まわりばかりに気を, まわりばかりの白い黒人, まわりひとりの警官, まわりひょっとしたら人に, まわりふとったわ, まわりふられてもし, まわりぶっきらぼうな答えかた, まわりへさ銀の, まわりへとへとになっ, まわりへまでカメラが, まわりべたりと髯黒し, まわりべつな大将, まわりほどに見ゆ, まわりほどの太さ, まわりほんのちょっとしたことに, まわりまでをする魚屋, まわりまるい鉄の, まわりまわったことが, まわりみたいな難航路, まわりもくもくと上がる黄色い, まわりもとのほう, まわりもんじゃ, まわりやっと毛糸ばかり, まわりやや元気づい, まわりようやく甘夫人, まわりよく回収する, まわりよったんか, まわりよりまする中, まわりよろしくとど女, まわりをすらしないの, まわりウドンの汁, まわりコック部屋の裏, まわりコンクリートのかべをしらべ, まわりシャケをたべ, まわりズーッと見まわし, まわりセザル塔の下, まわりパッとそれ, まわりピシとシャッター, まわりフランスベルギーイタリアイギリスアメリカ各軍, まわりマントのそで, まわりリストの中, まわり一体に昔, まわり一寸法師の前, まわり一抱もありたら, まわり一文二文の合力, まわり一方雇人たちも, まわり一日中ゴルフで暮し, まわり一日園阿と共に, まわり一生懸命にこれ, まわり一種の御用, まわり一米三厚さ十糎, まわり七堂伽藍を狂気, まわり七度も八度, まわり七日ばかり滞在, まわり七蔵本性をあらわし, まわり三拝九拝ねばりぬいて, まわり三日目に気, まわり三日間か, まわり三町の間, まわりの石, まわり不幸にも自分, まわり不意に夜討ち, まわり世話をやい, まわりの袂, まわり両手で良人, まわり両手一杯に新, まわり久米寺に出, まわり九兵衛はただ, まわり二まわりの大き, まわり二キロメートルばかりの地域, まわり二人の姉, まわり二子の渡, まわり井戸端で手, まわり人々があちらこちら, まわり人知れず穀菜に, まわり仏壇の戸びら, まわり仔細ありげ, まわり仕事の段取り, まわり以上年上のそして, まわり佐々は貴島たち, まわりうやら, まわり何やら奇妙な, まわり何気なく江の, まわりの聞きこみ, まわり保土ヶ谷をすぎる, まわり入れでもない, まわり全体が香水, まわり六人の部下, まわり六尺だけは除ける, まわり六尺四方は愚, まわり六畳間の縁側, まわり具合もよぼよぼ, まわりは河岸べり, まわり出産休暇まで勤務, まわり動転するよう, まわり勢い込めて, まわりいまわり笑いまわり泣きまわって, まわり千曲川を見降ろす, まわり午後じゅうつぶれます, まわりほど並べた, まわりをつける, まわりガルモシュカを, まわり又は森の, まわり古本屋まで買い漁った, まわり叫びかわすおんな達, まわりへはさき頃, まわり同心税所邦之助まだお, まわり同心税所邦之助こおどりして, まわり同心税所邦之助出張致した, まわりの曲, まわり四キロあまりの人, まわり四十五分後にはまた, まわり四十面相のすみ, まわり四季の順, まわり四方のかべをたたきまわり, まわり四粁ほどの湖水, まわり四角な樟, まわり四谷見附を通る, まわりか氷, まわり土手をおり, まわり地境に茱萸, まわり城下の主, まわり変圧器の下, まわりの末モスクワ, まわり夕飯をたべ, まわりは夜, まわり騒動, まわり大きいかに見える, まわり大人もソッポ, まわり大熊星がチカチカ, まわり天井板にナイフ, まわり天野康景と植村正勝, まわり失礼な, まわり奥山辺までお供, まわり威勢よく勘定, まわり婦人たちの間, まわり孫堅の本陣, まわりの白い, まわりの中, まわり寝殿の南, まわり寺男の小屋, まわり専門なの, まわり将軍家の日光, まわりまわりと, まわり小一町しかの古邸, まわり屈折しまわる, まわり山本さんに化けた, まわりの方, まわり島田の半紙, まわり川筋の様子, まわり市民がこれ, まわり帰宅して, まわりのごとく, まわりが年中, まわり年貢のとり, まわり庭に, まわり広場をよこぎっ, まわり床の間違いだな, まわりや喫茶部, まわり座敷の縁障子, まわり廊下の方, まわり建物全体が一個, まわり廻って政綱, まわり当番に当たっ, まわり役人の靴音, まわりの小さな, まわり彼女は腰, まわり彼等のリアリスティック, まわり徒党をくん, まわり御用の者, まわりのまわり, まわり怖しいもの, まわり怪しげな節, まわり意味ありげ, まわりる日, まわりをたたいた, まわりをさし入れ, まわり手さぐりでその, まわり持ちの定め, まわり散歩するの, まわり八の, まわり新宿の方, まわり旅人が無人境, まわり日頃の正造, まわり早く町屋や, まわり早口にしきりに, まわり時間がたつ, まわり暁方になっ, まわり暗い堀の, まわり暴風雨に吠, まわり書棚や机, まわり最近心中のあった, まわりのあちこち, まわり東洋にひろげた, まわり果ては英田川の, まわり柔らかい膝そして, まわり根岸の寮, まわりおろしに, まわり機関銃を叩き落した, まわり次第次第に帆村, まわりが済む, まわり歓語も沸い, まわり歩かれたということ, まわり歩きましたがどの, まわり殺戮者の怒り, まわり毎日あるいて, まわり毒蛾サソリ赤蟻種類も知れぬ, まわりの苦労, まわり気配によって充分, まわりは貧血, まわり馴染みの, まわり測量をし, まわり湯島で危なく, まわり満月どのの菩提, まわり潜り続けて空気, まわりのもえたつ, まわり炭焼の山, まわり煖炉棚の花瓶, まわり爾後大将勝家以下前田利家らの中軍, まわり狂暴と眩惑, まわり狭められることと, まわりに顔, まわり玄関までのぞい, まわり男女の労働者, まわりのようす, まわり町内の大騒ぎ, まわり病気中の御礼, まわり白いテーブル掛けは, まわり白木の箱, まわり白石川を渡っ, まわり白鳥は空, まわり目当ての部屋, まわり真人間となる, まわりのまえ, まわり着物の衿, まわりをかけ, まわりの大きな, まわり神主または宮座頭屋, まわり秀麗な趣き, まわり私生活はできるだけ, まわり税所邦之助の役宅, まわりの束, まわりの高い, まわり突如牛ほどの, まわりの前, まわり窓ぎわに立ちどまっ, まわりの傍, まわり一主題と, まわり米銭を集める, まわり終に郭公という, まわり結んじゃ解け, まわり絶えず限られた池, まわり縦横無碍に馳, まわり羅針盤の側, まわりの中, まわりのところ, まわり肩ごしにお, まわり自由に恋, まわり自身督戦に当っ, まわり芝生の縁石, まわりに刀, まわり菓子を勧める, まわり街かどという街かど, まわり裏木戸にもぬかり, まわり製本屋から居酒屋, まわり西の山の端, まわり見回すとみんな, まわり見渡さねばならぬ, まわり見渡しそれから危げ, まわり記事を新聞, まわり調度にし, まわりく云うほか, まわりたまたま去年, まわり走り狂って, まわり足音をとどろかせ得た, まわり踊りがすむ, まわり身体をゆすり, まわり近道は急, まわりをし, まわり途方にくれ, まわりのうち, まわり遁げ路を見, まわり道楽に見込まれ, まわり選手だ, まわり邪魔をする, まわり部屋のなか, まわりすぎるの, まわり重箱を蹴飛ばし, まわり鉄棒を持った, まわりのまわり, まわり鋭くなるに, まわりの脇, まわり長崎から往復, まわりを浴び, まわり障子ふすま, まわり雑草の生えた, まわり離れへ氷嚢, まわり離陸したあと, まわりの原, まわり電髪嬢を肴, まわり青森行きに乗ろう, まわり靴屋も見た, まわり飛んできます, まわり館内の要, まわりの嘶き, まわり馬の背越を過ぎる, まわりけ悩まし, まわり騒ぎたてること, まわり高山へまわり, まわり高津神社坂下に間口一間, まわりのあたり, まわりのするどい