青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「めいめい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

むべ~ むやみ~ むら~ ~むる むる~ むろん~ ~め め~ ~めいた めいた~
めいめい~
めし~ めん~ ~もう もう~ ~もう一度 もう一度~ もう少し~ ~もし もし~ もしか~

「めいめい~」 1179, 13ppm, 8637位

▼ めいめい~ (465, 39.4%)

9 心の 6 仕事を, 家の 5 前に, 家に, 家へ 4 お父さんや, 表現 3 うちへ, 手に, 胸に, 部署に

2 [21件] お宮に, ために, 両手に, 女の, 席に, 心に, 意見を, 手を, 持主に, 理想といった, 生活の, 皿に, 真実が, 着物を, 立場から, 胸を, 運次第で, 配置に, 野薔薇を, 雌蕋を, 顔を

1 [367件] あいだに, いすに, いのりを, うけようという, うちに, うまれつきとすきずき, おも, お小遣, お膳, かくれ場所, かざしの, からだを, きまった光りよう, このみで, したくを, その眼, たたかいを通じて, つきつめた行動, てんでんばらばらな, ところで, ひまな, ふだんつかっ, ふところぐあいも負けない, まじめな, もって, ものと, やつつける, やりかた, やり方って, ゆがんだす, よび名や, ゴザと, シートシートに, テーブルへ, ドアの, ポケットには, ミコシを, 一生にとって, 下駄の, 世界などといふ, 了見が, 人柄に, 人柄による, 人生に, 人生を, 人生的な, 人間には, 仕事であり, 仕事に, 仕事に対する, 仕事の, 仮装を, 住居での, 体に, 体質によって, 作を, 作家が, 個人の, 個人生活に, 個人生活の, 個人的性格の, 借部屋, 傾向に, 傾向の, 働きを, 先祖たる, 光りの, 内証で, 内部からの, 出先に, 出入り屋敷が, 分に, 分相当, 利害や, 前には, 前の, 前へ, 前進の, 創作を, 創作過程の, 劇に, 力で, 力に, 労働経歴の, 勝手だ, 勝手な, 勝手の, 包みから, 十手が, 半生それが, 半生を, 単衣, 卵から, 友達を, 受け持ちは, 口から, 古い仕来り, 古い日記, 哲学に, 商売だけ, 問題である, 嗜好なりに従って, 嘴で, 地位に, 地位の, 坊やと, 型の, 執行機関の, 場所で, 境遇についても, 墓場へ, 大事な, 天幕から, 女, 女としての, 好きな, 好みいささか, 好みが, 好みで, 好みと, 好みという, 好みに従って, 好むところ, 姿が, 姿態で, 子供を, 存在のより, 存在意義を, 実践を, 客を, 宣伝を, 室の, 家から, 家が, 家さかえり, 家で, 家でも, 家において, 家ばかりを, 家を, 家庭は, 家族史の, 家路に, 宿へ, 宿許へ, 寝台に, 寝室に, 寝小屋へ, 寝床に, 寝床へ, 寢床へ, 小さなかわいい, 小さな頭, 小屋を, 小舎の, 小道の, 小道具類を, 屋敷の, 属す職業組合, 席から, 席には, 帰りを, 帳簿も, 年の, 幸福を, 幻想に, 床に, 度合いに, 座席に, 座席を, 座蒲団の, 庭へ, 建設を, 形で, 影を, 役割を, 得物を, 心がけによっては, 心にも, 心中を, 心境に, 心当り危惧さえ, 心理を, 思ひつき, 思想だの, 恋人を, 恋愛の, 恋愛や, 悩みと, 悩みを, 悲鳴, 愉しみ, 意味を, 意志と, 意欲を, 感ずるところ, 感情へ, 感想を, 感覺や, 態度の, 慾と, 懐で, 懐疑や, 所蔵品を, 手で, 手によって, 手ぬぐいを, 手の甲を, 手拭いを, 手荷物を, 手製であった, 才智で, 拝むべき神, 拳銃に, 持ち場が, 持ち場に, 持ち物として, 持って, 持場で, 持場を, 持寺に, 持芸を, 損害であっ, 文学の, 文学創作の, 方向で, 方角へ, 日常生活の, 昔の, 時代を, 条件に, 欠点を, 歌ひ, 歓びを, 気働きの, 気質を, 沈黙の, 無知に, 煩悩慾念に, 片手を, 物思いに, 特色が, 特色と, 特色による, 特長が, 献納高を, 玉の, 現実に, 生き生きと, 生れ在所が, 生存の, 生活が, 生活そのものの, 生活に, 生活も, 生活態度によって, 生活態度全体と, 生涯の, 用事を, 用向きに, 用意と, 田舎へ, 画家の, 畠に, 病気に対する, 癖を, 発明の, 皮膚で, 盃に, 相手に, 眼と, 眼の, 着て, 知恵を, 石を, 磁石を, 神さまを, 福分を, 私事という, 私有財産を, 立場によって, 立場を, 箱膳を, 粗末な, 糸を, 考えを, 職務で, 職場が, 職場に, 職場へ, 職業を通じてのみ, 肉体の, 肚と, 背後に, 胸の, 自宅から, 自然の, 自由に, 自由意志に, 自転車を, 良人に対する, 色女を, 芸を, 芸術の, 芸術論に, 荷物が, 荷物を, 蜜蜂を, 蝋で, 行く先に, 表芸を, 袖の下から, 袖や, 袴を, 襯衣か, 見解の, 観察や, 観測装置に, 角度という, 註文が, 話を, 話聲も, 課業に, 豊かな, 象と, 財布は, 赤ちゃんに, 足の, 踏むべき道筋, 身分については, 車室で, 近代的自我を, 迷いを, 運動を, 運命の, 運命を, 選手が, 部屋で, 部屋に, 部屋の, 部屋へ, 郷へ, 郷土に, 都へ, 都合による, 酒を, 重荷も, 金で, 銹を, 長靴を, 門庭を, 階級によって, 雑嚢の, 青春を, 面体見おぼえる, 革袋を, 鞄を, 鞍側に, 領分は, 頭の, 頭まで, 頭を, 顔が, 顔色に, 餌食を, 魂の, 齢の

▼ めいめい~ (137, 11.6%)

4 自分の 3 何か 2 テーブルの, ピストルか, 御自分, 自分が, 自分たちの, 魚籠を

1 [118件] いいおみやげ, いは, うんとお中元, おなじよそおい, お義理, お返事, かつかって, くばられた, ぐつたり席によりか, これ迄も, さけぶまるで, そっと孔子, その人, その胃袋, それらの, そんな工合, はじめて海, はっきりと, ひとかけずつ, みなうごい, もらった財産, わいわいしゃべる, ゐばり, ダンビラを, ナイフや, ピストルが, 一握りか, 一杯の, 上向の, 主観的で, 二人の, 他人よりも, 付属の, 会釈を, 伝えられたとおり, 何かと思っ, 何事かを, 先生の, 入れ代り, 其のてつぺん, 出来ること, 出発の, 分けあたえられて, 分けた, 分けて, 別々の, 勘定を, 十ルーブルずつ, 十分に, 十匹産む, 原書を, 取りどり様々, 受付の, 口で, 口にこそ, 叫び声を, 台詞を, 塾生名簿に, 大きなふろしき包み, 大きな棒, 好きな, 好き勝手な, 好奇の, 存在する, 室の, 小さな凧, 小さな飯鉢, 少しづつ, 心の, 愛によって, 払うという, 批評し, 披い, 担ぎ出そう, 持たせても, 挙手の, 明るい顔, 校長の, 森で, 楽々と, 気を, 水中眼鏡を, 深く留意, 渡された紙片, 火掻や, 男の, 異なるごとく羊, 目と, 真剣に, 秘めためいめい, 秘密の, 空高く, 籤を, 給仕盆を, 考えさして, 考えること, 背の, 腋の下から, 膳に, 自分で, 自分を, 自慢の, 自転車の, 被せて, 話したが, 諸国で, 貰ったが, 起ち上った, 違った心持, 違った気持, 違って, 配った茶碗, 酒を, 金袋を, 鋤や, 面白い或は, 馬に, 高くささげ

▼ めいめい~ (128, 10.9%)

15 自分の 6 めいめいの 3 それを 2 勝手に, 各々の, 各自の, 持って, 自身の

1 [94件] いつと, このなか, これを, せり上げて, そこに, その事, その好み, その才能, その道において, それぞれの, ただどんな, できるだけ声, できるだけ悪, どう経験, どこかで, はったりで, はなはだしく貧弱, ふところに, ほしいほど, まごつきも, みんなそれを, めいめい同気相求むる者たちと, もう帰る, もつと, もらいに, ソロを, 一こと二ことに, 一つずつ, 一と, 一人の, 一冊ずつの, 一日たっぷり, 一杯ずつぐらいは, 一生懸命に, 一番割りの, 万という, 乗り移ったと, 二度も, 人間として, 体一つで, 偉くなる, 僅かばかりの, 働いて, 内心の, 内心ひそかに, 判断する, 別箇行動を, 勝手な, 受持の, 台所で, 台所へ, 同じ数, 喰べ, 妻帯し, 存在しなけれ, 安心し, 己れ, 席を, 建設すべき, 思い思いの, 意識的に, 感覚を, 手にとって, 新聞を, 書くべき主題, 杖を, 極まった席, 正直に, 水を, 流行作家な, 炉の, 特殊の, 生きて, 生きんと, 相談しあっ, 石の, 硯を, 社会の, 筆墨を, 自分だけの, 自分自分に, 自由行動を, 荷物の, 語った, 賑やかに, 走って, 起ち去つた二人, 部屋へ, 長い道中どれ, 随意の, 順々に, 預かりの, 頸から, 飲みはじめました

▼ めいめい自分~ (35, 3.0%)

2 の幻像, の狼

1 [31件] が恋せられてる, だけと思っ, だけはそんな, で方策, で知られる, で覚え, に都合, のこと, のそして, のむす, の一番欲求, の位階勲等, の個性, の初恋, の前, の哲学, の国, の土地, の夢想, の席, の所信, の最善, の生活, の皿, の舟, の行進曲, の近しい, の靴, の領域, の頭, の顔

▼ めいめい勝手~ (34, 2.9%)

7 なこと 2 におれ, に物事

1 [23件] なゼンマイ仕掛け, な崇拝, な心理遺伝, な方, な方向, な無遠慮, な自由行動, な違った事柄, にお, にすわっ, にのん, にはげしい, にやった, にわが, に呼吸, に幻想, に拾っ, に来る, に物, に生き, に自分, に連想, に離れ

▼ めいめいその~ (15, 1.3%)

1 [15件] ときどきの, 一方の, 仕度に, 体験を, 基地を, 守護神として, 時の, 本居, 準備を, 生活の, 生涯に, 花文字の, 覚悟を, 門を, 雄鶏の

▼ めいめい~ (11, 0.9%)

1 [11件] おいでに, なんでも, にらんで, のべてな, 勝手に, 口を, 巣の, 帰って, 稼ぐから, 考えも, 見せあったり

▼ めいめい~ (9, 0.8%)

1 さうし, ぞんぶんに, めいめいの, テープを, 新しい演劇, 紙片に, 自分の, 自発し, 頭を

▼ めいめい大きな~ (5, 0.4%)

1 つばの, ピストルを, 包を, 包をかかへながら, 荷物を

▼ めいめい~ (5, 0.4%)

2 にし 1 に手, に提げ, に棒

▼ めいめいそれぞれ~ (4, 0.3%)

1 の意見, の活動, の苦痛, の音係り

▼ めいめい仕事~ (4, 0.3%)

1 をこしらえ, をし, をはじめました, を割当てられ

▼ めいめい~ (4, 0.3%)

1 の一人, の事, の人達, 所行に

▼ めいめい~ (4, 0.3%)

1 かを求め, か包, に火, や別

▼ めいめい烏瓜~ (4, 0.3%)

4 の燈火

▼ めいめい~ (3, 0.3%)

1 いい渡し, 彌撒を, 部屋へ

▼ めいめいかって~ (3, 0.3%)

1 な所, に落ちのび, に開くべき

▼ めいめいぐったり~ (3, 0.3%)

3 席に

▼ めいめいせわしくせわしく~ (3, 0.3%)

3 鳴いて

▼ めいめい~ (3, 0.3%)

1 から何, へかえった, へ持ち帰り自由

▼ めいめい~ (3, 0.3%)

1 がとがめ, のうち, の中

▼ めいめい持っ~ (3, 0.3%)

1 ていきました, ておった, て来た

▼ めいめい~ (3, 0.3%)

1 に一本, をさすっ, を下しました

▼ めいめい違った~ (3, 0.3%)

1 会社や, 個性から, 相形

▼ めいめい~ (2, 0.2%)

2 たまに金

▼ めいめい~ (2, 0.2%)

1 はしくせは, はしくゆすっ

▼ めいめいそう~ (2, 0.2%)

1 思いました, 言って

▼ めいめい~ (2, 0.2%)

1 天性の, 愉快な

▼ めいめい一つ~ (2, 0.2%)

1 ずつの室, ずつ懐中電灯

▼ めいめい一人~ (2, 0.2%)

1 ずつの婦人通信員, で意匠

▼ めいめい一枚~ (2, 0.2%)

1 でも二, の麻

▼ めいめい~ (2, 0.2%)

1 へ出よう, を争っ

▼ めいめい~ (2, 0.2%)

1 な大きな, に新しい

▼ めいめい別々~ (2, 0.2%)

1 にで, に二人

▼ めいめい好き~ (2, 0.2%)

1 なもの, な俳優

▼ めいめい好み好み~ (2, 0.2%)

1 の場所, の飲食店

▼ めいめい思い思い~ (2, 0.2%)

1 に不可解, の赤誠

▼ めいめい思ひ思ひ~ (2, 0.2%)

1 に変装, のいでたち

▼ めいめい~ (2, 0.2%)

1 った友だち, った見解

▼ めいめい~ (2, 0.2%)

1 に持ち場, の手

▼ めいめい~ (2, 0.2%)

1 に思っ, の中

▼ めいめい自分たち~ (2, 0.2%)

1 の, の重大さ

▼1* [252件]

めいめいあてがわれたパンの, めいめいあの当時の, めいめいいいかげんなかって, めいめいいろいろな感慨, めいめいいろんな匂いを, めいめいうけ持を, めいめいうたい出したが阿部, めいめいうまくいくよう, めいめいおとなしく軽いアルコール性の, めいめいお家へ持っ, めいめいお金を取り返し, めいめいかってなじまん話を, めいめいかっぱつに, めいめいきちんと割り当てられた境涯, めいめいきっさきを, めいめいきまった場所に, めいめいきまりの場所, めいめいきゅうにいそがしく, めいめいきれいにひかっ, めいめいこしに短銃, めいめいこっそり顔へ, めいめいこつそり顔へ, めいめいしつかりと木肌, めいめいすきな方, めいめいそれぞれ抱負もあらう, めいめいただ自分の事, めいめいちがった国に, めいめいちょっとした葡萄の, めいめいちりぢりだし, めいめいつぎつぎ筆を, めいめいつつましくすわりこんだ, めいめいつばさをひろげ, めいめいてんでんばらばらにその, めいめいというわけにも, めいめいとてもぱっちりとした, めいめい事を, めいめいにとってもわかりやすく, めいめいにも控えて, めいめいにやむにやまれぬ悲しい, めいめいのがれたのでございます, めいめいはっきり自分の, めいめいッぱりッこし, めいめいひとかけずつパン, めいめいひとつずつりっぱ, めいめいひらりひらりと鞍, めいめい御心配, めいめいべつべつに持つ, めいめいほしいものを, めいめい気づいて, めいめいよろこびそうな, めいめいわけのわからない, めいめいカレイ一隻ずつに乗りつれ, めいめいクッションを持っ, めいめいゴンドラをそなえ, めいめいサインをし, めいめいパンのかけら, めいめいホークで料理, めいめいマリア・ヨゼエファの手, めいめいかどの, めいめい一ことでも, めいめい一ちょうの旋条銃, めいめい一匹ずつの綱, めいめい一年ずつ年, めいめい一度家路へと, めいめい一抱えずつもぎ取っ, めいめい一本ずつの竹ぎれや棒ぎれ, めいめい一枚づつ出し合つて疊の上, めいめい一箱のトランプ, めいめい一部屋ずつを要求, めいめい三十枚ずつほど持っ, めいめい世界中名高き巨万, めいめい両手を合わし, めいめい中心の上, めいめい云うつまり主題, めいめい五分十分早く店, めいめい人間には弱点, めいめい今日まで良師, めいめい他人の言葉, めいめい仲よく遊ぶの, めいめい任意の解釈, めいめい住んでいた, めいめい住宅管理部から手帖, めいめい何かしら見舞の品, めいめい作品を持ち寄っ, めいめい供養すべき物, めいめい信ずる道を, めいめい個性を貴ん, めいめい傍目もふらぬ, めいめい先年の絶大, めいめい冥加のため上納金, めいめい分裂しなければ, めいめい別れ別れに大学, めいめい剪刀で剪み切る, めいめい割りあてられた予算を, めいめい勝手てんでんばらばらで甲, めいめい単独に家, めいめいでいう, めいめい口ぎたなく嘲笑を, めいめい右乳下へ卍, めいめい各自の立場, めいめい合印としてこれ, めいめい同じ公案を, めいめい同気相求むる者たちとひざ, めいめいを書く, めいめい向きが異, めいめいっとし, めいめい営内のどこ, めいめいに入れ, めいめい四万ルーブルずつのお金, めいめい四分の一の地所, めいめいを分け取り, めいめい塗椀を持っ, めいめい夢中にな, めいめい大刀を手, めいめい天秤で荷, めいめい天賦の才能, めいめいの声, めいめい好き好きがあります, めいめいを促し, めいめい婆さまのこたつ, めいめい子供があります, めいめい子供達を介抱, めいめいに帰された, めいめい家庭を営ん, めいめいさを, めいめい寝巻と下着, めいめい察しがついた, めいめい小うるさい一家言を, めいめい小さなテーブルを, めいめい小姓をひきつれ, めいめい川上機関大尉の顔, めいめい工夫して, めいめい左右の手, めいめい差別はある, めいめい布施物を上げました, めいめい帝王にもなれる, めいめい帽子に花, めいめい平等方面を引込まし, めいめいの片すみ, めいめいをも見ず, めいめい得意の唄, めいめい必死の覚悟, めいめい思っている, めいめい懐中鏡を取り出し, めいめい懐中電灯とピストル, めいめい手痛い敗北を, めいめい手近のもの, めいめい持たせて, めいめい持ち出して釣ラムプ, めいめい持ち寄りの丸太, めいめい持場につい, めいめい提灯を下げ, めいめい故郷の家族, めいめい数千ルーブリずつの私財, めいめい数百騎をひきい, めいめいを控え, めいめい日本へ帰った, めいめい時間を言った, めいめい書類のよう, めいめい最初から自分自身, めいめい有合わせを持っ, めいめいの枝, めいめい木刀や竹刀, めいめい本国植民地の職場, めいめい案内人の手の平, めいめい椅子を一つづつ, めいめい楽器をもっ, めいめい歸路についた, めいめい毛布をかぶっ, めいめい毛布一枚タオル一枚石鹸一個と蚊帳ひとはり, めいめいが向け, めいめい気持を引きたて, めいめい水兵を集め, めいめい水精でできた, めいめい河岸へあつまっ, めいめい浮かれたあげくに, めいめい激しい支那分けどり, めいめい為ることが, めいめいをかざし, めいめい片手に品物, めいめい片方の眼, めいめい思ひに, めいめい特有の声, めいめい独立して, めいめい独自な設計, めいめい猟銃をさげ, めいめい獨自のもの, めいめい獲物をふりかざし, めいめい甜瓜を一本づつ手, めいめい甲板に車座, めいめいし合って, めいめいはバッヂ, めいめい疑り合っていた, めいめいがあります, めいめい発明的でなければ, めいめい百ルーブリ紙幣を四枚, めいめいとフォウク, めいめいに一杯, めいめい眼鏡を外し, めいめい着物をこしらえよう, めいめいをおこし, めいめい石炭を詰めた, めいめい研究したもの, めいめい社会への接触点, めいめい紙片を渡される, めいめい考えていました, めいめい職場にかえって, めいめい胴間声を出し, めいめいを控えた, めいめい自分らの到着驛, めいめい自分勝手に出放題, めいめい自宅まで送りとどけ, めいめい自己流に考え耽り, めいめい自己紹介をする, めいめい自慢の雲雀, めいめい自活の道, めいめい自由に自己, めいめい舞台の上, めいめいのかわった, めいめい花園のなか, めいめい茶碗と箸, めいめい荘重に自分, めいめいを卸し, めいめい荷物をもっ, めいめいの中, めいめい行き得るところまで, めいめい装いを凝らし, めいめい要らぬおせっかいを, めいめい警察の手, めいめい貧乏のくせ, めいめい貴い女性を, めいめい贈り物を手, めいめいや青, めいめいを忘れねえ, めいめい踊りの時, めいめい速く能を, めいめい過去の地位, めいめい遠くのうた, めいめい遠慮なくしゃべった, めいめい部屋へ引き取つた, めいめいを払う, めいめいを二梃づつ, めいめいに向う, めいめい長椅子の端, めいめいの上, めいめい隠れていた, めいめいをはらった, めいめいから取りのけ, めいめいにぐらぐら, めいめい食べ物を持ち寄っ, めいめい鳴き叫び草を蹴っ, めいめい鶴嘴をもっ