青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「むこう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~みれ みれ~ ~みんな みんな~ ~む む~ むかし~ ~むかっ むかっ~ むき~
むこう~
~むしろ むしろ~ むす~ ~むずかしい むずかしい~ むべ~ むやみ~ むら~ ~むる むる~

「むこう~」 1682, 18ppm, 6295位

▼ むこう~ (601, 35.7%)

19 方へ 17 方に 12 方から 11 ほうへ 10 ほうから, ほうに 8 すみに, 方で, 木の, 森の 6 方を, 辻の 5 やみの 4 ほうで, ほうの, ドアが, 空に 3 はしまで, ほうが, 壁の, 家, 山の, 村に, 角を, 部屋で, 闇の

2 [30件] がけに, くらやみの, すがた, は豆萩, ほうを, 云う通り, 壁に, 大テント, 家の, 屋根を, 崖に, 方の, 机の, 杉林の, 柱の, 河岸っ, 海面に, 町かどから, 町かどに, 空から, 空が, 空を, 窓の, 端に, 草の, 角から, 車も, 部屋が, 部屋の, 隅で

1 [370件] あなが, あの四角い, あの小山, あの黒藍色, いうが, うす暗いなか, うつくしい国, おじょうさん華美好きで, おもやのや, おりを, お居間, お屋敷, お湯やの, お薬園, お金で, かきねの, かべにまっ, きびしくさいそく, くさ, けしの, こんもりした, しげみの, しげみを, すみで, すみの, すみへ, つけ目な, できごと, なかま, はしから, はしに, はしへ, はじの, はずれに, はずれの, はらっぱ, ひとたちに, ふすま, ほらあな, まがりかどまでは, まがり角に, まがり角へ, まっ黒な, みどりの, むこうー, もや, やつらに, やぶで年, ゆかを, ようすが, れいの, れんがのかべの, をそのまま, アメリカ大陸まで, イスに, イスにかけて, オデオン広場では, カブトムシも, コンクリートべ, ダイバーを, テントの, テーブルでは, ドアを, ヘリコプターが, ヘリコプターに, ヘリコプターの, ベッドに, ベンチに, ペダルへ, ホタルの, マンホールの, 一廓に, 一段高い, 一軒を, 三河の, 三軒長屋の, 不注意から, 世界と, 世界へ, 丘の, 中心である, 丸木橋の, 二つの, 二階に, 人々にとっては, 人ごみで, 人間も, 伊勢甚の, 作家たちに, 便宜を, 側の, 入口から, 公室で, 兵は, 出入口から, 出口から, 出口に, 前の, 勝手じゃ, 卓で, 卓子から, 卓子で, 原っぱには, 原ッぱの先, 厩に, 厩の, 取っ組みあい, 取捌き方, 台で, 台所で, 台所では, 向井将監の, 和賀江の, 四つかどを, 困難な, 国でも, 国の, 国会図書館へ, 圃で, 土に, 土手では, 土砂の, 土蔵の, 土間に, 在所まで, 地下室へ, 地下道で, 地面を, 垣へ, 堤へ, 塀の, 壁ぎわに, 壁ぎわにおかれている長椅子に, 壁を, 壁際で, 壁際を, 壇上に, 壮麗を, 声が, 声は, 外苑の, 大きなテーブル, 大きな山, 大きな建物, 大きな道, 大型バスの, 大通りを, 姿は, 子供たちと, 学者が, 官憲に, 家という, 家へ, 対話を, 小みちづたいに馬, 小岡, 小暗い萱, 小滝を, 小田原町の, 屋敷内に, 屋根から, 山々の, 山から, 山に, 山は, 山へ, 山を, 山並までも, 山側の, 山口の, 山腹まで, 岩かどを, 岩に, 岩山の, 岩鼻旧, 岬の, 岸について, 岸へ, 岸まで, 峡で, 峰までは, 島に, 川入りの, 左隅には, 席で, 帳場で, 広い街路, 広っぱの, 座敷からは, 座敷へ, 庭の, 庭へ, 建物の, 往来を, 後妻の, 心を, 思う壺, 性質に, 支配人室の, 数寄屋の, 断崖の, 方が, 方まで, 旅館へ, 時計台を, 暗い森, 暗い甲板, 暗やみの, 木の間を, 木戸から, 木戸で, 木立ちの中から, 本やが, 杉山目の, 村の, 村へ, 松の, 松平越前の, 松林の, 林の, 枝に, 柱に, 棟に, 森, 植込みの, 楽屋口に, 横丁から, 横町へ, 櫟林が, 気違いの, 水夫を, 池の, 汽船では, 沢で, 河岸の, 活動写真の, 海, 湖水に, 溜りへ, 溝板の, 滞在が, 濁った河水, 煙草屋の, 爪で, 物語を, 玄関に, 甲板で, 甲板にも, 男に, 町か, 町かど, 町かどへ, 町かどまで, 町かどを, 畑へ, 畠から, 番頭へ, 目的は, 真白の, 真赤な, 石杭の, 石燈籠の, 砂場へ, 破堤, 窓へ, 竜王の, 端から, 端の, 端へ, 端れで, 筋落ちの, 管理人事務所に, 糸に, 約束の, 素子を, 紳士の, 絶壁に, 線路の, 縁で, 縁端に, 縦に, 群集は, 者が, 耕地の, 肱に, 自動車の, 船の, 船は, 船も, 船を, 船長に, 芝生の, 芝生を, 草むらの, 草木に, 荷物の, 街で, 街燈の, 街路灯の, 袂に, 襖が, 見慣れないお金, 親せきの, 言いなり次第にうっかり, 言うこと, 警視庁の, 谷へ, 赤い砂地, 車の, 車は, 車室は, 軟床車の, 通りでは, 通風筒の, 連中に, 運転席の, 運転手が, 運転手には, 道を, 道路の, 遥か上の, 部屋に, 部屋へ, 部屋へは, 部屋部屋の, 部落まで, 郵便車の, 都合を, 野原には, 野原の, 野広い, 金的に, 鉄柱から, 鉄柵ご, 銀町へ, 開いて, 闇から, 闇黒を, 闘牛場の, 陣場へ, 陣幕の, 陸に, 隅っこに, 隅に, 隅には, 隅へ, 障子の, 雑貨店の, 離室へ, 難儀を, 雪の, 雲の, 電柱の, 電話口で, 電話口に, 鞴の, 頭蓋骨を, 風の音とでも, 風次第だ, 飛び石の, 飛行機を, 馬吉の, 高い処, 高い橋, 高台まで, 麻畑の, 黄金の, 黒いもの, 黒い森, 黒ビロウドの

▼ むこう~ (237, 14.1%)

6 まわして 5 一台の 2 おりて, へんな, りっぱな, 一人の, 何か, 大きなテント, 待って, 美しい広告塔, 見おぼえの, 遠ざかって

1 [206件] あった小屋, あって, あの大きなゴリラ, あの時計塔, あらわれしだいに, あらわれたの, あらわれました, ある, あるの, ある公衆電話の, いたから, いたもうひとり, いたらおしつぶされて, いるあの, いるかんじん, いる山県氏, いる店員, いる連中, いる青白いかわいらしい, うすぼんやり, おじいさんの, おれだけが, かくれて, かけられて, かすんで, がたがたと, きっと油断, こえるとき, ここと, こしかけて, さっき田原町を, して, すがた, すりゃあ, その背後姿, その黒い, それより, たおれて, たしか一本スギ, ちかちかする, ちらちらと, ちらちら火, つづき落葉, でんとう, どんなからだ, どんなもの, なんだか金色, のけぞらないと, ひらめいて, ふかいみずうみ, ぶつかって, べつな, ぼんやりと, ぽっちり窓, ぽつんとひとつ, まがりかどが, また金属箔の, まだ黄色く, まっかな, まっ暗な, まっ黒な, まぶしい海, まぶしく光っ, まるで岬, まわそうと, みえて, むけて, ゆくと, アレ, イスが, ウマを, カンチェンジュンガが, ガラス窓が, キラキラ光る, チラッと, トンネルの, ドアが, ノートル・ダームの, パッと, ヘッドライトを, ホタルの, ホラホラと, ポツリと, ミズーリ以下五百艘の, 一つの, 一つらなりの, 一空さまが, 一群こっちに, 不侵地, 不忍池, 両方の, 乱立し, 二十面相と, 二尺四方ほどの, 五六騎の, 交って, 人家の, 何が, 光って, 共産党海軍の, 出して, 博士の, 古城の, 向けたなり, 向けて, 咲いて, 土の, 在るの, 坐って, 墜落し, 夏の, 大きなおり, 大きなアーチ, 大きなビール, 大きな古, 大きな建物, 大きな湖, 大丸出入りの, 大野順平の, 大量な, 天守閣の, 太いずんぐり, 家々の, 家内の, 寺が, 小さく人かげ, 小さなやつ, 小さな木, 小さな松並木, 小人国の, 山が, 山と, 山門が, 帽子を, 底も, 座敷の, 廻るの, 思わくが, 房総の, 断崖が, 明りが, 昔の, 時計や, 本堂が, 本館が, 杉の, 東京に, 柱廊の, 棲んで, 極楽でも, 歩いて, 洋館が, 海の, 海軍帽子の, 湖の, 灰色の, 炎天の, 着いたの, 着いたらゆっくり, 着くこと, 着陸しました, 碁盤を, 秋ざれ, 突切った, 立ちどまって, 立った雲, 立って, 築山が, 細かく建物, 背広す, 船の, 芸者屋に, 草葺き屋根の, 落ちたから, 薄い黄色, 行っては, 街灯が, 西洋館の, 見あげるばかりの, 見えて, 見えないらしいの, 見えました, 見える, 見えるお, 見えるの, 見える石, 見える鏡, 見ゆる敵将, 観音様の, 警官隊の, 赤煉瓦の, 遙かな, 遠く見える, 野原が, 鉾杉が, 鋭い青銅色, 鏡が, 開いて, 降り口, 階段が, 雨戸は, 電灯が, 震えて, 靴屋の, 高さ十メートル, 魔女の

▼ むこうから~ (183, 10.9%)

5 ひとりの, 歩いて, 走って 3 近づいて 2 一人の, 一台の, 人が, 出て, 名乗って, 声を, 明智探偵の, 見ると

1 [149件] あわただしくかけ, おおぜ, おしても, おしよせて, おせい様, おちついた男, かけだす音, かけて, かすかな, かなり大きな, きかかるの, きたにいさん, くるよう, こちらへと, こっちへ, こっちを, ことわって, この家, さっさと説明, しかけて, だれかが, だん, ちらっとへん, つかまりに, とびだして, どこかの, どやどやと, のそのそと, のびて, はしって, ひじょうに速力, ひびいて, へんな, へんに, また声, みれば, やってきたオデッセエ, やってくる, やって来るライオン, トボトボと, パン屋の, ヒョイと, ブーンという, ホテルへ, ボーッと, ポリニャークが, 一台ワイシャツの, 丈吉君を, 三吉を, 二人づれの, 二軒目の, 云って, 人力車が, 人間の, 何か, 何者かの, 僕の, 儀作を, 先刻の, 化身でしょう, 右側に, 同じく牛, 同じく白服, 呼びとめて, 四五人し, 四十面相の, 壮一にいさんが, 声が, 女の, 女教師が, 妙な, 娘の, 富岡が, 尋ね掛けないよう, 小林くんが, 小母さんが, 巡査が, 左膳の, 帰って, 引くるめ, 待合の, 御免安が, 復員兵を, 怪物の, 悲痛な, 折れて, 拍子木の, 提灯です, 文句が, 明るい光, 昨日と, 来かかった一人, 来た, 来たの, 来たので, 来た二人連れ, 来た人, 来た戻り, 来た紳士, 来た老人, 来た者, 来た背, 来て, 来るの, 来るもの, 来る一人, 来る駕提灯, 樵夫らしき, 注文が, 流れて, 煙草の, 物憂そう, 特長の, 現われた, 申し出され, 男と, 疾走し, 白ひ, 相当は, 神隠しにでも, 突き放されようとは, 笑って, 米吉の, 素はだしで, 素ッ飛ん, 素子が, 組織を, 聞こえて, 肉屋の, 腹話術師らしい, 自分に, 船長が, 見えれば, 見たので, 見はり, 見徹すよう, 解説し, 言った, 誰かが, 買うもの, 足音が, 迎えに, 逃げて, 逆寄せに, 進んで, 電車が, 霞んだよう, 靴音を, 鳥打を

▼ むこう~ (165, 9.8%)

9 歩いて 7 走って, 遠ざかって 5 いって, 行って 3 とんで, ひらきました, 往って 2 たおれて, ひらいたでは, ひらいて, まがって, 往こうと

1 [113件] いかないと, いきたいなあ, いきましょうか, いく, いく前, いけ, いこうと, いったらどんどん, いったら見物人, いってから, かえるの, かけだして, かけて, ころがって, すがた, ずいと, ついてから, つきだした, つきとばした夢, つきぬけないかぎり, つれて, とおざかって, とぶよう, なん里も, にげおりた, ぬけて, はいって, はねのけました, ひらいたの, ひらくの, ひらくよう, ふったとき, ふみこんで, ほぐれて, ぼかして, まわして, まわすと, まわすの, まわれ浜松, むけて, むこうへと, やって, やれと, わたって, 一キロばかり, 一嵩一寸低く, 一歩遠ざかる, 三十歳ぐらいの, 下りて, 並びそこ, 乗りこんで, 二三人の, 公開する, 出かけて, 出て, 出ようなんて, 出掛けなくては, 出状況, 取られて, 合図が, 向いたまま, 向いて, 姿を, 宙返りを, 届こうが, 差向けて, 帰って, 帰ろうかと, 廻って, 廻りこんで, 往った, 押しやって, 押しやるよう, 持って, 捨てられて, 来て, 泳いで, 泳ぎつく, 消えて, 消えるとき, 渡って, 渡る二本, 現われた時, 着いたとき, 着いて, 着かなくては, 突き放すよう, 置いて, 落ちて, 行かず駅前, 行きさえ, 行きつくと, 行く, 行くその後, 行くほど, 行く者, 行けと, 行けませんから, 行こう, 行ったの, 行っても, 見えなくなって, 走り去りそれ, 追いやった形跡, 追いやりたかった, 逃げたの, 逃げて, 銑さんが, 開きました, 飛びさって, 飛んで, 馬を, 駈出して

▼ むこう~ (94, 5.6%)

11 わの 8 わに 7 わへ 3 わから, わには, わを 2 わは, 見えなくなって

1 [55件] ああきた, おどろいて, こういう出よう, なにかに, なにも, ばかな, ぼうっとあかるく, むこうだから, やってくる前, わが, わがどう, わなので, わにかくれ, わにかくれました, わにす, わにたどりついた, わにだれも, わになんだか, わにひろい, わにも, わにろうそくが, わにウジャウジャと, わにマザマザと, わに大きな, わに姿を, ゴタゴタし, ボンヤリあかるく, 一ツ橋さまの, 中間小者なら, 二歩で, 付けるの, 侍じゃ, 十号国有林の, 土蔵の, 子供を, 宣伝に, 怯気づい, 悪いから, 明るくなった, 来なければ, 椅子でも, 樽ロケットごとうまく, 此方へ, 殺すという, 気取って, 王女なら, 知らないこと, 知らんでは, 若い美しい行者, 茶の間話し声は, 話しかけたん, 追いこみに, 遠目金を, 金持という, 露地に

▼ むこう~ (78, 4.6%)

8 むいて 5 向いて 4 むいたまま, 見た, 見ると 2 のぞいて, むくと, 歩いて

1 [47件] てらしました, ながめて, ながめながら, むけ, ゆっくりと, ゆびさして, 二十面相が, 供を, 倒すか, 双眼鏡で, 向いたまま, 向いた一つ, 向くよう, 安心させ, 指さし, 指さして, 指さしながら, 指さす動作, 指した, 望み見たとき, 横ぎる, 油断させ, 熱心に, 猫が, 眺めた, 眺めて, 眺めようと, 線路に, 線路沿いに, 若い侍女, 見たら家, 見たら郵便局, 見て, 見ても, 見ながら, 見ました, 見ましたが, 見ますと, 見やった, 見やると, 見るの, 覗いて, 蹴って, 通った, 通って, 通りすぎた, 遊び人風の

▼ むこう~ (44, 2.6%)

1 [44件] あの通り, お殿様, かんがえて, こんなこと, しんと, それを, どうやら機関室, ふっつりと, まっくら, もう海老瀬村, もう詩, やっと四十九, わからないもの, わけの, サルの, フランス風の, 一目で, 二歩後すざり, 二百三百という, 何を, 僕の, 原っぱです, 台地に, 土手向うの, 大, 大きな空間, 大勢だ, 抵抗した, 暇な, 木のはが, 水神の, 油断を, 潮の, 濛々たる, 真の, 眼も, 稼業だ, 笠を, 自力で, 自由じざいに動ける, 身一つで, 青物市場で, 面が, 顔を

▼ むこう~ (42, 2.5%)

2 の歩道

1 [40件] からはこちら, からひょっくり, からヨチヨチ, からヴァレイ夫人, から切窓, で坂, にあいた, にあたる田万里, にある, には杉, にもひとつ病院, に坂田, に止っ, に渡ろう, に眼, に着け, の, のシャアロッテンボルグ宮殿, のビルディング, の寝床, の屋根, の屋根瓦, の山, の山々, の山腹, の岩, の戸口, の明るい, の景徳廟, の月輪軍, の泰軒正座, の笑声, の茶店, の角, の食卓, は女, は花川戸, へこし, へ出, をすこし

▼ むこう~ (34, 2.0%)

1 [34件] いうよう, いう梓, こちらを, さっさとそうきめ, とまって, ニキタの, 人足たちが, 会うたこと, 取って, 呶鳴りだした, 商売を, 問い合わせし, 婦人の, 宇宙服の, 尺度を, 左膳ひとりを, 帰れと, 忌み嫌いますから, 愛犬の, 村の, 死んだという, 無電を, 置いて, 薄黝, 蜂の, 見た女, 見ました, 買う方, 買っちゃ, 赤い旗, 起こった事, 銀箔の, 雪は, 霏

▼ むこうまで~ (19, 1.1%)

5 つづいて

1 [14件] つづく大, でございます, ひびくからね, 一列に, 一眼です, 旅行する, 来て, 焼けて, 行かないうち, 見と, 見わたせるし, 身体を, 近づいて, 陣地を

▼ むこう~ (19, 1.1%)

1 [19件] こっちも, そっちへ, なつかしがっ, ひかえる, 何者か, 化生の, 危え, 右へよ, 容易には, 工合わるがってる, 手真似だ, 歳暮から, 気を, 狽てて, 用心し, 私たちを, 腹を, 蝶ちゃんにとって, 貨物船だ

▼ むこうでも~ (17, 1.0%)

1 [17件] いつもぶし, こちらを, すぐ与吉, そう云った, そんなに思っ, みつけて, みょうな, ハッキリしたらしい, 何か, 信号を, 大てい, 小林さんに, 差俯向く, 油断なく, 莞爾しました, 覚ったに, 驚きとまでは

▼ むこう~ (17, 1.0%)

1 [17件] には大きい, にまっ, にわたる淋しい, に人家, に人影, に建っ, に渡りました, に褐色, の潯陽江, の職業組合ボート繋留所, の近く, はボーッ, は水, まではす, らしかった, をさした, をさして

▼ むこうには~ (13, 0.8%)

1 [13件] この男, こんもりと, ちゃんと所轄署, なんだか広い, わかるよう, 十隻, 四十面相の, 大きな異境, 微暗い, 怖ろ, 町の, 茶の, 青い帷

▼ むこう向き~ (10, 0.6%)

2 になっ 1 にかけた, にそろそろ, になった, に並ん, に大, に立っ, に赤い, のまま

▼ むこうがわ~ (7, 0.4%)

1 で, であったらいい, でゆりかさん, のかべに, のかべの, へすがた, 北千住よりの

▼ むこうむき~ (7, 0.4%)

3 になっ 1 で机, で闇, に端居, のまま

▼ むこうからも~ (5, 0.3%)

1 こちらからも, むかって, 急ぎ足で, 息を, 私を

▼ むこうじゃ~ (5, 0.3%)

1 それを, 信用しない, 勘定に, 待って, 気が

▼ むこう~ (5, 0.3%)

1 いふ所を, するところ, する病人, すれば, ふんづけようと

▼ むこう~ (5, 0.3%)

3 の鼻 1 があり, のあか

▼ むこう河岸~ (4, 0.2%)

1 では鷄, の火事, は古河, も

▼ むこうさま~ (3, 0.2%)

1 のお, の自由, はあたし

▼ むこうだって~ (3, 0.2%)

1 このまんま, 生の, 黙って

▼ むこう~ (3, 0.2%)

1 いかなれ, おられたの, お色

▼ むこうとも~ (3, 0.2%)

1 いつでも, しない, せず今ごろ

▼ むこう~ (3, 0.2%)

1 でしらん, になっ, に身

▼ むこうにも~ (2, 0.1%)

1 前方には, 面白いハンド

▼ むこう一ト月~ (2, 0.1%)

1 のあいだ, の間

▼ むこう一年間~ (2, 0.1%)

1 この国, の滞在

▼ むこう二階~ (2, 0.1%)

1 の中尉, の中尉さん

▼ むこう~ (2, 0.1%)

1 からこちら, の藁

▼ むこう~ (2, 0.1%)

1 では中央郵便局, になった

▼ むこう鉢巻~ (2, 0.1%)

1 で舳, のもの

▼ むこう~ (2, 0.1%)

2 の小作人

▼1* [40件]

むこう江戸との, むこうからからのタクシーが, むこうからの打合せの, むこうからはよく見えるらしく, むこうからばかり都合の, むこうさんでそう簡単, むこうざまにひたり, むこうそうやって, むこうってどこな, むこうづらに垂れ, むこうどうしでその, むこうにおいてあるたる, むこうのうす闇, むこうのくらい町かどを, むこうの艇に三人, むこうの艇内をちょっと, むこうへと走った, むこうへは一度も, むこうまではとどきませんから, むこうもち一週に一度, むこうより戸を, むこうッ疵でもあれ, むこうの雲, むこう一週間酒を飲まん, むこう下草などの生い茂っ, むこう五カ年間に限り百分の三・五, むこう丁ばかりの, むこう土間の台所, むこうぼりを, むこう屋敷の大, むこうの木の間, むこう川岸まで送りとどける, むこう意気で過ぎ, むこうしらず鳴りわたる天鼓, むこうに立っ, むこう松林につづく, むこう河岸江戸の方角, むこう稲村ヶ崎の切通し, むこうから這っ, むこうにおいてある