青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「みたい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~みえ みえ~ ~みえる みじめ~ みずから~ ~みせた ~みせる ~みた みた~ ~みたい
みたい~
みち~ ~みな みな~ ~みました ~みます ~みよう みよう~ ~みる みる~ ~みれ

「みたい~」 10465, 113ppm, 933位

▼ みたい~ (4636, 44.3%)

227 ものが 206 ものを 127 もので 114 ことを 111 ものだ 50 ものに 49 ものです 46 顔を 44 ものは 43 気が 37 もんだ 35 事を 26 のが 25 ところが, ものの 21 もの, ものだった, ものである, ものな 20 もんです 18 男が 17 ものも 16 人が, 物を 15 やつだ 14 ことが, やつです, 奴だ 13 ことに, んだ, 男だ 12 ところで, もんで 11 恰好で 10 のを, ものじゃ, ものよ, 声を, 奴は, 形に, 感じの, 生活を

9 [11件] ところに, のも, ものさ, ものでした, ものと, もン, 口を, 形を, 所に, 立派な, 顔し

8 のは, 人間が, 女が, 女に, 真似を

7 [20件] こと, ところへ, ところも, ところを, へんな, やつが, んです, 人は, 人を, 人間に, 変な, 奴が, 形の, 感じが, 物が, 男で, 話だ, 音が, 顔に, 顔の

6 [12件] ことも, ものであった, もんや, ア, 人の, 仕事を, 妙な, 形で, 恰好に, 気持に, 男は, 顔で

5 [19件] ことは, ところから, ひとに, ものね, もんじゃ, やつは, 人と, 口調で, 女だ, 恰好を, 方が, 男です, 者が, 色を, 話は, 調子で, 顏を, 顔つきを, 風に

4 [28件] のや, のよ, ばかは, まねを, ような, 人間は, 声で, 女は, 女も, 奴です, 奴ばかり, 姿で, 子供の, 家に, 建物の, 恰好し, 感じで, 所だ, 文句を, 気も, 生活が, 男に, 男の, 目に, 眼で, 者と, 言葉を, 風を

3 [60件] ことばかり, とんでもない, においが, のでございます, ものであり, ものとは, ものばかり, もんが, もんさ, もんに, もんは, 事が, 事に, 事まで, 事も, 人だ, 人で, 人です, 人間の, 処に, 匂いが, 味の, 唇を, 地位に, 女の, 奴で, 奴と, 奴に, 奴を, 姿を, 姿勢を, 小屋が, 巨大な, 布で, 形式で, 心を, 所で, 所へ, 手で, 服を, 気持で, 氣が, 物で, 状態に, 男だった, 男でも, 真似は, 眼つきを, 眼を, 穴が, 者は, 者ばかり, 表情で, 話です, 調子に, 野郎だ, 音を, 頭の, 額の, 顔

2 [192件] あてこすりみたいな, いい人, いい声, いい方, かっこうで, からだ, くせに, こという, ことさ, ことし, ことだ, ことで, ことな, さかなが, つらを, ところ, ところな, ところは, と主筆, のである, のです, のね, ひとが, ふうを, へまは, へんち, まっ黒な, みにくい顔, ものかしら, ものかな, ものかも, ものさね, ものだけが, ものだけは, ものだって, ものだつた, ものだろう, ものであっ, ものであろう, ものでございます, ものでしょう, ものという, ものには, ものにも, ものまで, ものをさえ, もの或は, もんだっ, もんでした, もんを, わけで, わけには, わけの, アバタ面の, グニャグニャした, ケチな, ナンテ, ンだ, 一種リズミカルな, 三角の, 上りば, 不愉快な, 中に, 事だ, 事で, 事ばかり, 事許りで, 人, 人だつた, 人では, 人に, 人も, 人や, 人よ, 人影が, 人物が, 人絹の, 人間だ, 人間でも, 人間には, 仕事が, 他愛な, 体を, 作品を, 例の, 俗界に, 俳優で, 勢で, 口の, 可愛い女の子, 可愛い娘さん, 名前は, 坊さんが, 声でなく, 変チクリ, 外国人は, 外観を, 大きなもの, 大男は, 奇怪な, 女, 女だった, 奴の, 奴よ, 妙ちきりんな, 姿に, 嫌な, 子は, 子を, 子供が, 存在だ, 存在に, 家が, 家です, 小僧は, 屋根の, 工合ひ, 建物が, 微妙な, 怪物は, 息を, 意味で, 感じです, 感じに, 所です, 文学的要素が, 方です, 方に, 方は, 日に, 暮しを, 木だ, 木の, 格好で, 格好の, 様子に, 残忍な, 気さえ, 気で, 気イし, 気持が, 浪人が, 灰色の, 物は, 物ばかり, 物や, 生活から, 生活し, 生活も, 田舎へ, 田舎者を, 男, 男であった, 男を, 目を, 眼つきで, 眼付で, 私の, 者に, 者の, 者を, 胸の, 自分を, 芝居の, 若い人, 表情に, 表情を, 装を, 観を, 言葉で, 話である, 話ね, 變な, 足取りで, 踊りを, 身体を, 途方も, 連中が, 鉄槌を, 錯覚に, 長い顔, 青二才に, 顎を, 顔が, 顔だ, 顔つきに, 顔である, 顔は, 風し, 香りが, 髪に, 鼻の

1 [1967件 抜粋] あの二十面相, あの青銅, ありのままの, あんな女, いい生活, いやしい女性, うそつくや, おそろしいば, おたふくは, お人, お名前, お婆, お家です, お方でも, お方ばっかり, お話な, かおりが, かたちを, かっこうの, がらんと広い, きつい音, ぐにゃぐにゃした, こというない, ことここから, ことにな, ことやめちまえ, この一孤児, こんな, ごたいそう, しようの, すし平という, そういう人体, そのいじけた, その澄んだ, それで気味が悪い, そんな工合い, たのしげ, ちがいは, つぶやきみたい, つまらない者, てんで意志, とこに, ところだ, ところには, とてもおかしな, なりで, においだ, ねむつて, のいや, のだ, のでこっち, ので路, のよどこ, ばかには, ひとかと, ひとどこに, ひとも, ひまな, ふうの, ぼんくら頭の, また講釈師みたい, みどりの, ものあっ, ものかい, ものさえ, ものだの, ものであります, ものとで, もののま, ものばっかり, ものまでも, ものバ, もの廃めてしもて, もの枠みたいな, もん, もんかな, もんぢや, もんね, もんナンボ見た, もん喰わしやがっ, もん相手に, や, やつがね, やつで, やつと, やり方で, ように, わけにゃ, んは, アバタの, インチキかも, エゴイストじゃ, エロ作家は, カーキ服を, ギリシャの, コセコセした, サイクルに, スバラシサで, ズル相な, センチメンタルの, チビ助に, チンピラや, ドジな, ネマキばかり, ハカマを, バカ勝手に, ヒョロ長く, ブルジョアの, ベッピンさんの, ポタアジュと, リザ・セミョンノヴナが, ロシヤ人によって, 一人の, 一村も, 一面が, 三寸玉から, 上品な, 下品な, 不体裁な, 不幸な, 不穏な, 不道徳な, 両手を, 中年の, 丸屋根を, 乞食坊主が, 了見の, 事云は, 二人連れは, 云ひ, 人か, 人たちに, 人って, 人どう, 人まで, 人家の, 人物だ, 人造人間の, 人達と, 人間な, 人間ばかり, 人間離れの, 仕事に, 仮装を, 会は, 低い霧, 何でも, 作用を, 値段で, 催しの, 儀式の, 優男だった, 先生が, 六十ぐらいの, 具合いでした, 冗戯を, 凄い眼付き, 処は, 出来事に, 刑事さんの, 別嬪は, 前庭, 劇移動劇団が, 力瘤が, 動物が, 匂いも, 化物が, 半分は, 卑下を, 印度の, 去年の, 口から, 口ぶりでも, 古い女, 古傷が, 句だ, 可愛いい子供さん, 可憐な, 名じゃ, 名でも, 名探偵, 吾輩が, 呼び声から, 哀傷に, 商売も, 嘆息を, 器量の, 因果な, 土である, 土百姓でも, 圧制やかましい, 型で, 城太郎を, 場所で, 境遇に, 声に, 変に, 夢を, 大きなやつ, 大きな木, 大事が, 大男でした, 大阪の, 天保生れの, 太鼓腹だ, 失礼な, 女ご, 女の子の, 女学生くさい, 女裁判官, 奴では, 奴や, 好い相棒, 如何にも不味, 姿さし, 姿態を, 娘で, 婦人だ, 子どもには, 子供だった, 子供には, 字の, 学問だ, 安い金, 宏壮な, 宝石と, 実権者は, 室に, 家だった, 家には, 容体で, 寒い西風, 寮に, 小さいちょん髷, 小さい星, 小さないたずら, 小さな声, 小さな眼, 小僧だ, 小娘が, 小山が, 小窓, 小説な, 少年, 屁の, 山径を, 崖だった, 巨匠に, 帽子中には, 年寄の, 広い原, 度胸の, 建物に, 弟子を, 形だった, 影を, 役な, 役割を, 御苦労なし, 心に, 心持で, 心理状態に, 忙しい一会議, 怏々と, 性格を, 怪物の, 恋は, 恥知らずを, 息の, 悪人足, 悪戯を, 悪臭は, 悲鳴を, 惡黨女にや, 想念が, 意欲を, 愛着が, 感じである, 態を, 憂鬱な, 戦後の, 所が, 所には, 手あらな, 手ね, 手剛さが, 才能か, 拳固に, 挨拶じゃ, 探偵に, 教会が, 文章で, 新聞記者みたいな, 方とは, 方を, 日本は, 明日あさっても, 景色に, 暮しかたを, 書を, 書生さんが, 有樣, 服装で, 本あれは, 机が, 枝, 柔和な, 根性を, 棒が, 棚に, 植物が, 極印を, 様子が, 様子と, 模様を, 樹海と, 欠伸を, 正直者が, 武蔵野が, 毒殺者の, 気の毒で, 気イします, 気味の, 気持ちで, 気持にな, 気軽い陽気さ, 氣もちです, 氷原みたいな, 江戸っ子が, 油断の, 波の, 洞穴が, 浅いところ, 浪人の, 海藻を, 淡い紫, 渓流に, 漁船や, 火星人も, 無名の, 無経験, 無邪気さで, 煎餅は, 熱意を, 父親を, 物だ, 物に, 物凄い人間, 特殊な, 狐憑きを, 独身ものとは, 狭い洋室, 猪が, 珍客が, 環境, 甘ったるい文句, 生活だ, 生温い事, 生臭い奇獣, 田舎活弁の, 男じ, 男でした, 男とは, 男やと, 男始めて, 町人根性ならしらぬ, 畳敷き, 病気な, 痣が, 発句と, 白い布, 白目を, 皮膚が, 目つきで, 相違である, 真面目な, 眼の, 瞳だまを, 砲兵士官が, 神様を, 禿ばかり, 私は, 稚氣, 稼業の, 穴倉の, 空想ばかり, 笑い声を, 第一お前等, 節も, 粗笨っぽい, 糊の, 素寒貧の, 細い口髭, 細い金鎖, 終りを, 絵かきも, 緑いろ, 美しい氣持, 習慣に, 老獪と, 考え方は, 者で, 耐火建築だ, 肌に, 育ちの, 脂を, 腕力家の, 自分たちが, 自意識を, 臭いを, 舟を, 良い方, 色彩を, 花壇と, 芸人に, 苗字の, 若い男, 若僧に, 苦しみさしと, 草が, 莫大な, 葉だった, 薄いソップ, 薄茶は, 虫だった, 行事が, 表情し, 裸足姿を, 見本は, 親爺だ, 言い方であった, 設計図でも, 詩的で, 話であった, 話も, 調子だ, 諏訪山の, 講中の, 豪傑肌と, 貧亡人に, 賢い考え, 赤い電気, 赤す, 赤恥を, 踊り知らない, 軽いこと, 輪パンが, 辛抱なし, 近い交際, 通念と, 造作で, 遊びに, 運転手が, 道理が, 邸宅を, 部屋であり, 部屋を, 酒喰い, 醜い姿, 野暮ったい老人, 野蛮で, 野郎じゃ, 野郎は, 金づかい, 金鎚と, 鋭い眼, 長い角張った, 関西訛りで, 難航路に, 電灯が, 青い手, 青黒い海, 非戦闘員, 面影が, 靴の, 韻律の, 頬つ, 頬髯や, 頭では, 頭をの, 顎髯の, 顔してる, 顔つきだった, 顔でやに, 風で, 風体で, 風景の, 風聞ばかり, 飛行機である, 首だけ, 馬鹿な, 馬鹿気た, 騒ぎが, 騒動が, 高等常識を, 髪を, 魅力を, 鹽つ, 黒いトルストフカ, 黒い着物

▼ みたい~ (3004, 28.7%)

134 なって 42 して 21 なつて 12 首を 10 思われて 9 なる, 思って, 見えて 8 見えた 6 光って 5 なった, 口を, 呟いて, 彼の, 暮して, 見える, 見えるの, 言って 4 さ, なつた, なるの, なるん, 固くなっ, 思われるの, 眼を, 私の, 黙って

3 [29件] いやに, それは, ぞろぞろと, なるから, ばかに, みえる, みんなが, パッと, 並んで, 何も, 変に, 好きな, 心得て, 扱って, 扱われて, 歩いて, 死んで, 気が, 泣いて, 甘えて, 真っ赤な, 立派な, 笑って, 考へて, 言った, 身を, 静かに, 頭の, 鳴って

2 [133件] あっちへ, あんな出鱈目, あんな若やいだ, いうの, いつまでも, うろうろし, お酒, かたまつて, きれいな, ぐにゃぐにゃし, ごろごろま, さう, そこに, そこの, それを, たくさんの, つかって, どこか, どこかへ, どこでも, なったが, なったの, なっちまった, なりかけて, なりは, なりました, なること, なると, なるよ, なんでも, へんに, ほがら, ぼんやりし, まつて, アハハアハハと, コチコチに, ヒョッコリ顔を, ビクビクと, ピエロも, フワフワし, 一塊り, 上へ, 並べて, 丸くなっ, 云った, 今日は, 他人の, 仲が, 僕は, 先の, 凸坊は, 出来て, 出鱈目を, 動くの, 勝手に, 包んで, 半日も, 口の, 可愛がっ, 咲いて, 唇を, 啼きも, 変って, 大けな, 妙に, 字を, 家の, 密と, 尊く有難くああ, 小さくなっ, 山の, 巻いて, 平つくばっ, 平べつ, 年の, 年を, 府民は, 心にも, 思えて, 思つてゐる, 思われる, 感じて, 手も, 振舞って, 曖昧に, 横に, 正直に, 気を, 消えて, 深い大竹藪, 濡れて, 無意味な, 生きて, 白かった, 目を, 眠ったよう, 眼の, 私には, 私は, 私を, 私達を, 立って, 箱の, 美しい色, 考えて, 肩を, 胸が, 蚯蚓を, 行儀よく, 見えること, 見えるね, 見えるわよ, 見られて, 話を, 足を, 踊ったり, 身の, 身体を, 転がった, 逃げ散った, 銀色に, 長く生きすぎた, 雌のけものみたいに, 離れないのよ, 靴の, 音楽では, 頭を, 顔を, 駈けて, 騒いで, 髪を, 黒く光っ, 鼻を

1 [2315件 抜粋] あおい太虚を, あそんじゃ, あっけらかんと, あの二人, ありがたがって, ある時, あわれ, いいっづけ, いう, いう奴ら, いくら体を, いつでも, いつも整理, いふの, いろんなこと, うけとれた, うつむいたまま, うれしいん, おこって, おそいかかる, おとし穴, おも, おれには, お上の, お化けの, お百姓, お膝, お鉢を, かさかさに, かたちだけの, かんが, がやがや躁, きつぷせな生活, ぎくしゃくした, くっついて, くわっと熱く, けち臭く, こごんで, こちんこちんした, このきたならしい, こは, こんなこと, こんなもの, こんな賤, ごまかして, さええ, さしずを, さびしくなっ, されるの, しおらしいに, した木, しての, しなやかに, しや, じいつと, すきとおって, すぐれた知識, すっかり威勢, すぼまって, する事, ずるずる引づりあつてるみたいぢやないの, そうもの, そこで, そっくり返っ, そのまま身, その戦犯悪, その貌心, そりにの, そんなこと, そんなに仕事, ぞろぞろつい, たたきつぶして, ただ彼女, たちまち空想, たのしいクリスマス, たれて, だまって, ちっちゃな両手, ちょんちょんとして, つぎつぎ被害, つぶやいて, つやつやしてら, つるつる滑つた, とぐろ巻い, とみに饒舌, どこからとも, どっちの, どんなに各人各様, なかなか歌, なだらかだった, なった事, なっちまうのね, なっちゃうよ, なってたの, なっても, なつたらい, なまっ白いそれでいて, なりきって, なりましたが, なります, なり口, なるからね, なるな, なる筈, なんにも考えられなくなる, ぬらりくらりした, のして, のびのび暮し, はしゃいで, はっきり間違い, はやく出来ません, ぱりっと炊いた, ひっそりと, ひどくひもじ, ひやりとする, ひよろ, ぴくともしなかった, ふえるし, ふざけて, ふつくりふくらんだ, ふらりと, ふわりと, ぶちのめして, ぶよぶよと, へばりついて, べっとりと, ほの, ぼうっと霧, ぼんやりの, ぽっかりと, また出直し, まるでひとり, みえるが, みんなど, むっつりし, もう何, もぞもぞと, もの事の, やすくなった, やはりぽかんとし, ゆら, よそって, りっぱな, わくわくし, わめいて, アチ, エゴイスチックに, オートバイが, ガチャリと, キラキラ光つて, クルリと, コーヒーの, ゴチャゴチャに, シンミリし, ズボンの, ツバの, ドアの, ドロドロしてやがる, ノロノロした, パンパンだの, ピチピチした, フラフラと, ブヨブヨした, プン, ボンボンを, メチエなんかに, ローリイに, 一どきにドッ, 一家そろつ, 一日中笑顔を, 一票に, 丁寧で, 三百六十五日ハムエッグスが, 下に, 不敵に, 世界に, 両親や, 中国かぶれであった, 主人誘て, 乾したもの, 事情が, 二日三晩も, 云ってたから, 云われて, 人に, 人目を, 仇の, 仏頂面を, 他愛なくなる, 仰っしゃいますのか, 仲好しな, 佐藤は, 何ぞいうたら, 何もかも疑, 何処を, 余り歩い, 使ったら棄てるなんて, 借金を, 働いてる, 先に, 全く少しの, 共有される, 円満坊は, 冷え切って, 凍えて, 凹んで, 分りよい, 刎ね, 初めっ, 割りと, 力を, 動いて, 動くよう, 勝手な, 匙に, 危険きわまる, 取った脇差, 口では, 叫びながら, 可愛が, 同じ情勢, 向かふの, 呑気に, 呶鳴った, 哀れ深く, 唸つて, 啼き立てては, 喋舌って, 喰い込んで, 嘘かい, 四角に, 固い方, 固くむすん, 地上へ, 坑道でも, 城の, 塗りこくっ, 声さえ, 売って, 外から, 多忙な, 夜業を, 大いに感激, 大きくなる, 大きく思われる, 大きな木材, 大っ, 大勢あったら, 天さのぼっ, 夫戻っ, 奥へ, 女御たちの, 威張って, 嬉しそう, 学問も, 安くし, 官を, 実験され, 家中を, 密接した, 尊敬した, 小さい息, 小さな顫, 小柄な, 少し唇, 居眠って, 山形市長を, 崖下へ, 帝大を, 常にこの, 平べ, 幼稚園を, 庄谷の, 廻った, 引っかけると, 弱気な, 弾み出しいよいよ, 彼を, 往来へ, 得意そうな, 得手勝手な, 御金, 心配する, 念の, 思い上がって, 思えたのよ, 思つてる, 思わないで, 思われますねん, 思われ半蔵, 恐くなった, 恥かしい, 悪態の, 惨酷, 愉快がって, 意識を, 感じられる時, 慴伏し, 我に, 戦闘を, 手の, 手足を, 扱は, 折り畳んで, 抱き合って, 押し合いヘ, 拝まれたわけ, 持ち出しの, 振廻して, 捻じまげて, 掻いて, 揺らっ, 撫でま, 散らかって, 文明的な, 斯ん, 旋廻を, 早いん, 昔からい, 時々独り, 暇さえ, 暴れまわって, 曲って, 書くより, 木で, 本年九十二歳の, 束ねて, 柔かく感ぜられる, 桃色の, 極度に, 横歩きを, 正季は, 武装した, 歩き廻る, 死骸を, 殻の, 気に, 気取り返っ, 氣の, 水泳ぎは, 汗を, 沈んで, 沢庵が, 泣き騒いだの, 洛中の, 流れて, 浮きあがって, 清子が, 渇いた呼吸, 湯気の, 澄まして, 濛々と, 炎天へ, 無心な, 無邪気で, 煙って, 熱くなった, 物おじを, 独りぼっちで, 獣の, 環を, 生々しく赤いその, 生物が, 男に, 男一人を, 病人に, 白い素足, 白く立った, 的が, 皆を, 盗見, 目に, 直接行動は, 真ツ, 真面目で, 眼エに, 睨み返せば, 石を, 硬くなっ, 硬ばった顔, 神さんの, 私宿で, 穴の, 空に, 空気を, 窄い, 立ちふさがって, 立てた両側, 笑ったり, 第三者から, 簇生し, 粗野であり, 素晴らしく顔, 細長くは, 結び放し, 綺麗, 綺麗に, 縮まったよう, 罵った, 羞恥み, 考えた, 聖書ばかり, 聞えますでしよう, 聞こえた, 肥りますよ, 胆を, 背後へ, 能弁に, 腦天をが, 腹を, 自分から, 自殺しよう, 自衛し, 般若の, 色が, 若々しい人々, 苦労させられた, 荒っぽい, 菰を, 葉柳の, 薄くなる, 薄切りした, 血が, 行きたいところ, 行進が, 装うてた, 裸かで, 西洋煙草の, 見えたかも, 見えたりも, 見えますが, 見えるわ, 見える重厚, 見せかけ綿貫, 見られるの, 見澄ました, 観て, 言いながら, 言うわね, 訪問者へ, 語るの, 談じこまれ, 貧乏し, 資本家ボイコくらないう, 赤い顔, 赤くなってる, 走りだしたの, 跡を, 跳びあがるなんて, 踊りますね, 蹴倒して, 身もが, 転々と, 軽快で, 辻斬を, 追いかけて, 退屈だ, 逃げて, 透明な, 通用門の, 道の, 遠くをばかり, 部屋を, 酔つぶれた酔どれ, 醜怪, 野暮で, 金が, 釵を, 鋭いかれ, 鎖に, 長い顎, 間違いを, 附き合うて, 険しい惨め, 階下の, 障子に, 雑作なく, 電車賃を, 青々した, 青白くな, 面白い女, 音響みたいに, 頬が, 頭が, 頻りに首, 顔中が, 風格愛玩で, 飛び込んで, 食わず飲まずで人間, 飾った途方, 首筋を, 馬鹿叮嚀な, 馴, 駕籠が, 骨が, 髪の毛が, 鮮かな, 麻酔さし, 黒くなり, 黒ずんで

▼ みたい~ (794, 7.6%)

138 思って 72 思う 52 思います 33 思った 32 思うの 14 思つてゐる, 思ふ 13 思ひます 12 思ったの 10 考えて 9 思ったが, 思つた 8 思ったこと 7 思うこと 6 思いました, 思うが, 思うよう 5 存じます, 思いながら, 思いますが, 思ったから, 思つてゐた, 思ふの 4 云って, 云ふ, 思ふこと, 望んで

3 [13件] いうので, おもって, 云つた, 心がけて, 思いますから, 思うから, 思うて, 思うん, 思う事, 思ったん, 思っても, 考えた, 言って

2 [22件] いつて, いふの, おっしゃって, おもいます, かねがね思っ, 云い出した, 存じて, 心は, 思いましたが, 思いまして, 思いますわ, 思うだけ, 思う人, 思う心, 思っただけ, 思つてゐます, 思つてを, 申込んだ時, 私は, 考えたの, 言った, 願って

1 [224件] あこがれるもの, あこがれる人類, あせるけれども, いいだす前, いい出した, いうけれども, いうだけの, いうより, いったが, いったの, いって, いつか仰っし, いつでも, いつも語りあっ, いはれて, いふ, いふから, いふこと, いふところ, いふん, いふ事, いふ気, いろいろに, いわれる, いわれるので, おっしゃるの, おもう, おもう時代, おもった, お思い, かねて心, こう思ってる, このよう, さぞ火星, しみじみ思う, する, するらしい衝動, ずっと前, そう思う, そう思わなかった, その時, そればかり, そんな慾望, そんな空想, ねがって, のぞんで, よく思った, よだれ, アタシも, 一両日来考え, 主人が, 事務を, 云いたげな風, 云い出されて, 云い出した者, 云うよう, 云う女, 云う興味, 云ったから, 云ふと, 云われるの, 仰しゃっていらっしゃいますの, 企てるちょい, 侍童に, 僕は, 先刻から, 先生に, 六樹園は, 冗談でなく思う, 前から, 口癖の, 向うに, 夢にまで, 夢想する, 妻は, 始終思っ, 存じ申す, 寺田は, 少年たちに, 常に望ん, 幾度も, 彼の, 心から期待, 心にかけて, 念じたけれど, 念じて, 念願し, 思いいろいろ, 思いつきましてな, 思いつつ, 思いながらも, 思いましたよ, 思いますいろいろ, 思いますけれど, 思いますし, 思いますの, 思いまた, 思い古い, 思い始めました, 思い始めましたが, 思い立ったこと, 思い立ったの, 思い立って, 思い終に, 思い胸部, 思い豪華, 思い頷きながら, 思うからさ, 思うこと切, 思うそれ, 思うてたの, 思うところ, 思うも, 思うもの, 思うわ, 思うわいな, 思うわよ, 思う南端, 思う国, 思う土地, 思う執着, 思う子供, 思う戦争孤児, 思う理由, 思う町, 思う自己流, 思う言葉, 思う道, 思う題材, 思ったおばさん, 思ったからさ, 思ったきり, 思ったので, 思ったり, 思ったわけ, 思った事, 思ってたり, 思ってたん, 思ってね, 思ってる, 思ってるわけ, 思ってるん, 思ってる宿題, 思つ, 思つただけ, 思つたに, 思つた事も, 思つた虚の, 思つた訳でも, 思つてらつ, 思つてる, 思つて居ります, 思つて氣にか, 思つて行つたのださうで, 思つて試みた, 思ひたつて, 思ひだした, 思ひながら, 思ひますが, 思ひ最早, 思ふけど, 思ふので, 思ふばかり, 思ふもの, 思ふわ, 思ふ人, 思ふ多少, 思ふ奇特, 思ふ時, 思ふ誘惑, 思わないこと, 思わないでは, 意気込んで, 感じながら, 探して, 故人が, 日ごろ念じ, 日夜考え, 明け暮れそれ, 望まれました, 構想の, 歌って, 母に, 気が, 沁みるが, 涙を, 澄江は, 熱心に, 牢固たる, 申したによって, 申して, 発心した, 私に, 秘術, 笑います, 米友にまで, 絶えず言, 署長が, 考えとったもん, 考えはじめた時, 考えると, 考えるよう, 考え都大路, 胸に, 自分は, 自分へ, 苦心し, 虎視タンタンよ, 言いました, 言い出したの, 言い張ります, 言う, 言うの, 言ったけれど, 言ったふう, 言ひだした, 言わるるか, 言われましたの, 謙遜な, 頻りに考える, 頻りに考へる, 願うの, 駄々を, 駈け廻るの

▼ みたい~ (237, 2.3%)

322215128 なあ 4 から, けれど 3 が, ぞ, というの, わね 2 からいや, からね, が彼, けどこうして, ぜ, と思, と言, と言っ, ねえ

1 [110件] あの豊か, お前たちゃ, からがまん, からそれで, からそんな, から何, から安心, から派手, がおい, がこう, がここ, がこんな大きな, がしかし, がそい, がその, がたいへん, がたんと, がどうして, がほんと, がサムライ, が一般読者層, が中, が中古, が二週間, が何, が出, が実は, が当時, が心配, が意味, が毎日自転車, が決して, が現に, が百パーセント閲覧者, が第, が繊細, が調子, けどあたし, けどうち, けどこわい, けどさしかし, けどでも, けどなんにも, けど兄さん, けど学校, けど実は, けど実際, けれどこの, けれどじつによくも, けれどそれで, けれどだれ, けれど一方, けれど同じ, けれど大, こと, しあんまり, しお金, しはぐらかし, し僕, し私, し腕, そうです, ぞ俺, つた, つていつも, といい, という, という評判, という非難, といつ, といふ, とかって, とかのろくさし, とからかう, とね, とひやかした, とわらわれた, と云, と云う, と云った, と五郎, と困る, と弟子, と思います, と思っ, と感じる, と私, と蔭口, と言い, と評し, と話しあふ, なあと思い, なあ今夜, なと不思議, など, などと思い, なんてそんな, なんて吐かす, なア, な七, ねうっかり, ねと言っ, ね君, ね失敗, ね滑稽, もの, よここ, わねあたい, ワ, 快活で

▼ みたい~ (201, 1.9%)

36 である 2620 です 12 だが 85 ものが 4 ですよ 2 かね, が人情, だろうが, ですから, ですが, は人情, もので, 連中でも

1 [74件] か, かい, かいくら, かも知れない, か私, があたし, がいま, がこの, がほし, が和郎, が唯一, が当然, が役者馬鹿, が来た, が私, が通る, じゃ, じゃない, じゃ非力者, そういう機会, だか, だそうして, だった, だつた, だね, だよ, だろう, だわ, だ男, であった, でありますが, でございます, でした, なら晩, ね, は, はそれ, はやまやま, はアイヌ, はコヒ, は主として, は今, は何, は卦辭, は君, は孤独, は少し, は尚書, は所謂牛蒡種, は文芸, は槲, は第, は野外, ものじゃ, ものだ, ものな, ものは, ものよ, も人情, も自然, をもらっ, ノンダクレでも, ボロ洋服, 二十円で, 人は, 人物か, 年で, 怪我を, 気も, 気持が, 興味で, 言語に, 贋物な, 青年に

▼ みたい~ (152, 1.5%)

4 あつた 3 はない 2 一向面白く, 私は, 面白くも

1 [139件] あなたも, あなたらしくない, あのとき, あまり上品, いいな, いい話, いかん, いやじゃあ, いやで, いやです, いやらしい, いやらしい事, うそみたいです, うっとりいい, うまく急, うろこが, おかしいところ, おかしかった, おまけに, お客だつ, かわいそうね, きっとあなた, きっとおとし, こっちは, このハンカチ, こりゃ眠っ, これから暗殺, これは, これや, こんな男, さみしいね, しかない, じつにきみがわるい, すみません, せう, そして全身, その上画家, その中, その彫刻, その針, そりゃあ凄い, それゆえ女らし, ただ長く, ちょっとお, ちょっと指先, って, つい, つらかった, とても勉強, とにかく頑丈そう, とんと面白く, どうしても自分, どうにも合点, どこを, なんだかけち, なんとなくうれしい, なんの, ね, はありませぬ, はなはだきまり, またきたならしい, まだ少しも, もありません, もある, もこの, よくねえや, わけが, わるいけど, ウームと, クレプキー, シャクだ, トボケタ話だ, パンパンの, メードたちの, 一寸より, 五六寸か, 何か, 何の, 何も, 何処で, 僕たちの, 僕は, 先ず当惑, 全然魅力, 力も, 危つかしい, 口惜しかった, 可愛いそう, 可愛らしいくらい, 可愛らしいと, 四角すぎる, 変に, 嫌, 嬉しくて, 子供ら教える, 少しも, 市中を, 心が, 心配だ, 悪い心, 感じが, 林檎らしい, 業腹だ, 歯も, 毎日それを, 気が, 気味が, 気味が悪いよ, 気味の, 気持ちが, 気色が, 決してくずれ, 海が, 淋しい気, 火粉が, 独りでは, 眠つてゐる, 私の, 立場が, 笑ひだしたくなる, 素晴しい, 美しいわ, 胴体は, 自分で, 薄気味が, 註文する, 詰んないわ, 都会の, 醜悪だ, 鈍く光っ, 銀の, 面白いで, 面白くない, 頸にも, 顔色が, 駄目, 骨格が, 鮮かに, 麦の

▼ みたいという~ (137, 1.3%)

10 ような 7 のが 6 希望を 5 気に 3 ことであった, のは, 気持は, 気持も, 考えが 2 ことだった, 冷やかな, 希望が, 欲望を, 衝動に

1 [84件] けちな, こと, ことだけ, ことです, ことの, ことも, これほどに, その遺跡, ところに, のだ, のだった, ので, のであった, のである, のです, ひどく神妙, 事を, 交渉が, 劇しい, 口実の, 可憐なたくらみ, 壮気も, 夢を, 好奇心が, 好奇心に, 好奇心は, 好奇心も, 子供らしい, 希いを, 希望は, 幼稚な, 強い好奇心, 強い欲望, 心平さんの, 念が, 念も, 念を, 念願が, 念願に, 念願は, 思いが, 意見が, 慾心が, 慾望が, 戦後派娘の, 料簡が, 望みも, 欲望だけ, 欲望も, 気が, 気にさえ, 気には, 気にも, 気も, 気分に, 気持ちが, 気持ちだ, 気持を, 注文であったらしい, 溢れるよう, 熱火の, 特別な, 盗人根性が, 精一パイの, 考えだ, 考えである, 考えを, 者が, 者も, 脹れ上った気分, 興味も, 苛立ちで, 若者めいた, 話さえ, 誘惑が, 誘惑も, 辻斬とは, 野心は, 野望が, 金五郎の, 願いを, 願望から, 願望好いかね, 風であった

▼ みたいもの~ (122, 1.2%)

3625 だと 13 である 4 だな, です 3 ですね 2 じゃない, だが, だね, ですから, と思う, なり

1 [25件] があっ, があったら, がある, が出, さなどと天, じゃ, だあゝ, だしかし, だたれに, だという, だ純金, であるついで, であると, でございます, でござる, ですな, では, と商売, と心がけ, と思った, と長い, はゾラ, も甚だ, や聞きたい, よ

▼ みたいよう~ (105, 1.0%)

36 な気 7 な気持 6 な衝動 32 でも, なまた, な心持, な気分

1 [45件] であったの, なあ, ないや, ないらいら, なしな, なそんな, ななんとなく, なタヨリ, なフザケ, な一種, な何もの, な口吻, な和やか, な大地, な御, な心, な心地, な思い, な悪戯, な意向, な捨てば, な晩, な気イ, な気持ち, な激しい, な焦燥, な秘密, な素晴らしい, な美しい, な美人, な荒びた気持ち, な薩摩兵, な虫, な話, な誘惑, な雨, になった, になる, ににこにこ, にも思った, に囁く, に思う, に思っ, に思った, ね

▼ みたい~ (68, 0.6%)

2114 です 4 だよ, ですの, ですよ 3 だが, だがね 2 だけれど, ですもの

1 [11件] じゃ, じゃあ取り上げる, だいや, だから, だけど, だけれどねえ, だもの, ですが, ですがね, ですのよ, ならその

▼ みたいじゃ~ (66, 0.6%)

32 ないか 8 ないの 4 ありませんか 3 ない 2 ないかと, ないですか

1 [15件] があんな, なあ, ないだろう, ないでしょう, ないね, ないや, ないよ, ないわ, ないん, なくなったらしいわ, なくなるだろう, のう, アなかっ, アなく, 困るな

▼ みたいです~ (59, 0.6%)

2042 が, が親切, もの, よ, わ

1 [25件] から, からね, がじつは, がたしかに, がとにかく, が一六二六年, が昔, が本当に, が蛸, けどあ, けれどあれ, こと, と家内, なと川辺さん云, なと私, ねえ, ねと言っ, ねどなた, ねん, ね略字, の, わね, わまるで, わ正真正銘, 女では

▼ みたい~ (57, 0.5%)

8 もする 7 がし, がした 6 がする 3 になっ, になりました 2 がいたします, になる, もあった, もし, もした

1 [13件] がしたらし, がしない, がしました, がします, が動かされる, さえし, になった, になつた, になり, のする, もある, もしなかった, も一寸

▼ みたいこと~ (38, 0.4%)

12 がある 3 もあった, もある 2 を意味

1 [18件] か, があった, があつ, があります, がうんと, が胸, が色々, である, のみに潜心, はありませぬ, はいろいろ, は別に, は山, は色々, もございます, もない, も多い, を万

▼ みたい~ (34, 0.3%)

1 [34件] あの本, い, いつもどこ, かれには, これは, さきで, さてこれ, そうは, その前, その頃東京の, それは, それよりは, それよりも, ただいる, つける知識, どうにも方法, どうも足掻き, また狸, めったな, 久作に, 今は, 何んと, 力が, 叶わずマッチ点火, 唯気の毒, 大いに書物, 女も, 実は手前, 教務が, 私にとって, 科学という, 絵の具は, 要するに彼ら, 軍艦に

▼ みたい気持~ (27, 0.3%)

5 になった 3 になる 2 でした

1 [17件] がこみ上げ, がし, だ, だった, だったの, だの疑問, であったが, です, と避けたい, に襲われ, に誘われた, に迫られた, の方, をおしつぶす, を当時, を感じる, を起させた

▼ みたいだった~ (24, 0.2%)

4

1 [20件] お爺さんが, から, からそんな, から母, がけだし, がな, けれど, こと, ことが, じゃない, ぜ, ぞ, な, なあ, ね, ねえ, の, ので彼等, ンです, 仕事は

▼ みたいとも~ (20, 0.2%)

3 思った, 思わなかった 2 思うが

1 [12件] 云つた, 思いました, 思いますし, 思うの, 思ったが, 思って, 思つた, 思はなかつた和服, 思わんの, 考えて, 考へて, 違いますし

▼ みたいから~ (17, 0.2%)

2 だった

1 [15件] ちょっと梯子, でありました, である, ひと晩でも, 一度戻っ, 伴れ, 俺に, 入れたが, 出来たら出版, 安井家へは, 急な, 書こうと, 神話に関する, 私の, 肩を

▼ みたいといふ~ (16, 0.2%)

2 やうな, 思ひが

1 [12件] あたま, かすかな, のが, 事だ, 心の, 心も, 心理, 意志を, 気持が, 気持を, 氣が, 願ひである

▼ みたいやう~ (15, 0.1%)

3 な氣 2 な気持 1 だ, な, なそれ, な地味, な変, な孤寒, な御, な気, な氣持, な色ッポサ

▼ みたいもん~ (14, 0.1%)

2 だな

1 [12件] だ, だが, だという, だなあと, だね, だねえ, だのう, だわね, でね, どす, やがなあ, 書けしません

▼ みたい~ (14, 0.1%)

3 ないか 21 けどどうぞ, けど私いま, さかい水, と君枝, と怖, な, ないかと, なア, ね

▼ みたい~ (13, 0.1%)

11 やない 2 やありません

▼ みたい衝動~ (12, 0.1%)

2 にかられ, に駆られた, を感じた 1 で一パイ, で一杯, にかられた, に襲, に駆られ, を幾度

▼ みたいとの~ (11, 0.1%)

1 [11件] お考え, ことであった, 事を, 希望は, 希望を, 心願を, 念より, 意向など, 所望それを, 野心が, 願望が

▼ みたいとは~ (11, 0.1%)

2 思わないの, 思わなかった 1 お考え, だまされたいと, 変な言い, 思いましたが, 思って, 思ひますが, 思わないかネ

▼ みたいにな~ (10, 0.1%)

5 つてし 3 つてゐた 1 つてしまつ, つても

▼ みたい~ (9, 0.1%)

1 いろいろな, これからは, それからも, それが, なあ, なつかしい, 医者から, 実にめんどう, 帝王の

▼ みたいなと~ (9, 0.1%)

3 思う 1 おもった, 思いながら, 思うなり, 思うの, 思うひと, 思った

▼ みたい~ (9, 0.1%)

1 あの眼, いいの, いつもこんな, おじさまは, きっと驚く, 兄さま, 痛い, 親分, 鼻の

▼ みたいには~ (8, 0.1%)

1 あはあ息づい, いきませんよ, しつてる, して, なって, ミーチャもう, 行かんよ, 難解でも

▼ みたいので~ (8, 0.1%)

1 あらう, さうし, してな, すこしの, そこに, むりにそこまで二里暮れ, 困ります, 昔と

▼ みたい~ (8, 0.1%)

3 があります 2 がある 1 が在った, ね, は私

▼ みたい~ (8, 0.1%)

1 が湧い, になっ, をめざま, をもたせる, をもっ, を動かされる, を起すでありましょう, 描きたい情景

▼ みたいである~ (7, 0.1%)

1 かもしれない, がやむを得ない, が戰災前, が而, が誰何, ことの, ことを

▼ みたいほど~ (7, 0.1%)

1 ありがたく感じられた, である, です, な興味, 山家の, 有難く感じられた, 若さ

▼ みたい問題~ (7, 0.1%)

2 である 1 だし, とかいうよう, は沢山, は長命, もある

▼ みたい心持~ (7, 0.1%)

1 がある, がする, にでもなった, になっ, になった, になりました, のする

▼ みたい欲望~ (7, 0.1%)

1 がひそん, が胸, が起っ, に燃えた, を催した, を彼, を抱いた

▼ みたい気持ち~ (7, 0.1%)

1 があっ, があった, でいつ, で一ぱい, に動かされた, は十分, をどこ

▼ みたいくらい~ (6, 0.1%)

1 いい紙, そのはて, だ, だった, だったけれども, 軽い気持ち

▼ みたいだけ~ (6, 0.1%)

1 だから, である, でぶらついて, なん, まだ馴れず, 休んだので

▼ みたいとか~ (6, 0.1%)

1 いって, 何とか来る, 御油赤阪の, 思つ, 時には与へられた, 譫言の

▼ みたいところ~ (6, 0.1%)

1 だろうけれども, である, で市川氏, のもの, もある, もちょい

▼ みたいにも~ (6, 0.1%)

1 ひどく無気力, 思われ, 思われるだろう, 見える, 見えるし, 見えるもの

▼ みたいほどの~ (6, 0.1%)

1 ういういしい美少年, 人よ, 怨みが, 母の, 色の, 詩ばかり

▼ みたい誘惑~ (6, 0.1%)

1 すらも覚えた, にかられます, に囚, に駆り立てられた, を感じた, を禁じえなかった

▼ みたいそんな~ (5, 0.0%)

1 気が, 気に, 気持で, 考えで, 衝動が

▼ みたいだって~ (5, 0.0%)

1 あちらで, いうぞ, そう云う, んだ, 御近所

▼ みたいでした~ (5, 0.0%)

1 がなあ, がなん, が漸, よ, わ

▼ みたいなどと~ (5, 0.0%)

1 好意を, 思ったの, 悠暢な, 若々しく考え, 頻りに誘った

▼ みたい~ (5, 0.0%)

1 と逢, には往々, は探す, は業平, を殺し

▼ みたいそうして~ (4, 0.0%)

1 不幸にも, 千載に, 君ああ, 帝王の

▼ みたいなら~ (4, 0.0%)

1 これから木曾川, ばパドゥア大学, 今まで, 勝手に

▼ みたいなんて~ (4, 0.0%)

1 だいそれた御, 何だか恥しい, 思いますね, 考えました

▼ みたいそして~ (3, 0.0%)

1 そのこと, 勝負を, 絵描きにも

▼ みたいため~ (3, 0.0%)

1 であること, にやってくる, のみである

▼ みたいだつた~ (3, 0.0%)

1 よ, わ, わね

▼ みたいつもり~ (3, 0.0%)

1 である, でした, なの

▼ みたいでない~ (3, 0.0%)

21 のを

▼ みたいなし~ (3, 0.0%)

2 ぶったれ 1 ようむないもんになつた體だ

▼ みたいばかりに~ (3, 0.0%)

1 十日ばかり, 怖, 神に

▼ みたい~ (3, 0.0%)

1 ア, 失敗し, 連れて

▼ みたい~ (3, 0.0%)

21 です

▼ みたい好奇心~ (3, 0.0%)

1 だけに駆られ, もなく, を起こした

▼ みたい希望~ (3, 0.0%)

1 あり面白い, もある, をもっ

▼ みたい念願~ (3, 0.0%)

1 がある, が時々, だつた

▼ みたい気もち~ (3, 0.0%)

1 になった, もない, を感じました

▼ みたい~ (3, 0.0%)

1 がし, になる, もする

▼ みたいからと~ (2, 0.0%)

1 かず枝, 媚びて

▼ みたいくらいの~ (2, 0.0%)

1 じつに興味, 感謝の

▼ みたい~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ みたいそう~ (2, 0.0%)

1 考えて, 聞いては

▼ みたいそういう~ (2, 0.0%)

1 ことに, 要求が

▼ みたいその~ (2, 0.0%)

1 たった一人, ときの

▼ みたい~ (2, 0.0%)

1 がこれ, 店で

▼ みたいたった~ (2, 0.0%)

1 いままで, 一人の

▼ みたい~ (2, 0.0%)

1 いなもの, え気違い

▼ みたいであった~ (2, 0.0%)

1 あの弱小三河, ちょっとしたバランス

▼ みたいといった~ (2, 0.0%)

1 ところ博士は, ような

▼ みたいとさえ~ (2, 0.0%)

1 思いました, 思ったが

▼ みたいなあ~ (2, 0.0%)

1 いっそ遊び, いて

▼ みたいなあり~ (2, 0.0%)

1 さまで, さまを

▼ みたいなから~ (2, 0.0%)

1 だに大人, だに拳闘

▼ みたいなどという~ (2, 0.0%)

1 つまらぬ向上心, 考えを

▼ みたいなどとも~ (2, 0.0%)

1 感じて, 考えました

▼ みたいなんぞと~ (2, 0.0%)

1 ガラに, 仇し

▼ みたいなボヤけた~ (2, 0.0%)

2 ところに

▼ みたいな喋り~ (2, 0.0%)

1 ようで, 方を

▼ みたいにく~ (2, 0.0%)

1 ッきり抉り出し, ッつい

▼ みたいのよ~ (2, 0.0%)

1 たまにおじさま, 元日の

▼ みたい心意気~ (2, 0.0%)

1 があった, になる

▼ みたい心持ち~ (2, 0.0%)

1 がし, がする

▼ みたい意欲~ (2, 0.0%)

1 がする, をそそられる

▼ みたい望み~ (2, 0.0%)

1 が心から, が湧い

▼ みたい~ (2, 0.0%)

1 はいくらでも, もなかっ

▼ みたい此奴~ (2, 0.0%)

2 は食

▼ みたい氣持~ (2, 0.0%)

1 である, なん

▼ みたい白い~ (2, 0.0%)

1 顔してる, 顔を

▼ みたい~ (2, 0.0%)

1 ととんでも, と途方

▼ みたい考え~ (2, 0.0%)

1 である, は持っ

▼ みたい~ (2, 0.0%)

1 はその, は車

▼ みたい興味~ (2, 0.0%)

1 もつよく, を覚える

▼1* [261件]

みたいああよし小遣帳, みたいあこがれをいつごろ, みたいいっそ刺青を, みたいいやだもの, みたいいろいろなこと, みたいお前いやなら一人, みたいかと云うので, みたいからってそんなむちゃ, みたいがと思って, みたいがという相談が, みたいくせになんとなく, みたいぐらいにしか心得て, みたいけれどそれでも密室事件, みたいけれどもそれは, みたいこころからである, みたいこと等を述べた, みたいこれが唯一, みたいこれからすぐに, みたいした事も, みたいせめてあの宮志多亭, みたいそうしたならば, みたいだけのことな, みたいださうな, みたいだすなア, みたいだつてみんな, みたいだろうしさ, みたいって云うの, みたいつておつ, みたいつていふ形容はある, みたいつて事はね御覧, みたいてんでいけない客, みたいでありながらそれ自体, みたいであろうがざら, みたいでいきまへんなア, みたいでおそれいっちまうな, みたいでしよ, みたいでなく彼自身の, みたいでなければならない, みたいでふざけた話だ, みたいで困るけれども当人, みたいで変わっていた, みたいで寝ざめが, みたいで思い出しても頭, みたいで疲れたよ, みたいで笑う私の, みたいで縮れた一つまみきりの, みたいで落ちつかないや, みたいとある看護婦に, みたいとこう思うよう, みたいところが沢山ありすぎ, みたいとでもいうよう, みたいどこにいます, みたいどっさり刈って, みたいなあばれん坊だけ, みたいなあぶり肉を, みたいなあわれだなあという, みたいなあわれみたいな癪, みたいなうすのろ, みたいなお人形な, みたいなおいたはやめ, みたいなけだものだ, みたいなこけばかりはえ, みたいなこもった声が, みたいなさしちがえをやる, みたいなさわぎもいたします, みたいなしつッこい, みたいなすがたに, みたいなすきとおったクラゲが, みたいなずんぐりもっくりなくせにちゃんと, みたいなぞとふと思う, みたいなたとうれば窓辺, みたいなだんだら, みたいなちつぽけ, みたいなつまらんものも, みたいなできそこないの邪悪, みたいなという希望であります, みたいなととのわないみっともない形, みたいなとんだいい話, みたいなどうたいを, みたいなどの欲望でも, みたいなにほひが, みたいなはしゃいだ調子の, みたいなはにかみさへ, みたいなひげ面で, みたいなひねった味が, みたいなひびきがまじっ, みたいなひやかしを書いた, みたいなふざけた着物を, みたいなへんな歩き, みたいなまじめくさったものとは, みたいなみずかきが, みたいなむこう見ず, みたいなやきもち焼きの, みたいなやせ脛に, みたいなやせた骨と, みたいならやってあげない, みたいなわからないみたいな, みたいな云いかたを, みたいな口説き方は, みたいな咽びを洩らす, みたいな執ッこい, みたいな太った鑵を, みたいな威張った口調で, みたいな役に立つている, みたいな思い上がりから諸国, みたいな思い切った仕事は, みたいな思ひ付きを, みたいな打ちかたを, みたいな掘り下げ方を, みたいな暮し方を, みたいな死に方を, みたいな気取った言いかたは, みたいな泣き方を, みたいな混み方だ, みたいな生けすあか汲み, みたいな老いぼれのあんぽんたん, みたいな考へ方は, みたいな肥った氏が, みたいな興ざめた事を, みたいな荒んだやけくその, みたいな蒸れきった樹皮の, みたいな見っともない, みたいな見つめやうな, みたいな言いかたで, みたいな言ってみるなら, みたいな詰まらないものです, みたいな遣り方で, みたいな阿魔な, みたいな飛び方を, みたいな飛び離れたところへ, みたいな飛んでもない, みたいな駆け方で, みたいな鳴声を, みたいにおいてある, みたいにかがまって, みたいにからだが, みたいにがちりと, みたいについて来た, みたいにつき出た上, みたいになんかなっちゃ, みたいにねッとりと, みたいにのつぺりした, みたいにやはくなり, みたいによ俺達の, みたいにわざとくにゃくにゃとからだを曲げ, みたいねえ何て, みたいのぞみを抱く, みたいばかりでございます, みたいばっかりだと, みたいばつかりにトムさん, みたいぱっとだよ, みたいひとがゐた, みたいほどに一日も, みたいほどをかしくなつた, みたいまあ一つ飲め, みたいまつりごとにもあづか, みたいみたいと思っ, みたいのって, みたいものでと講釈師や, みたいあたしの, みたいわねあたいなら生んだ, みたいんでしよう, みたいカケダシの若僧, みたいタバコがのみたい, みたいトントンと都々逸, みたいなんかとばかり, みたいネと真面目に, みたい一人では, みたい一作がない, みたい一日中ブツブツこぼし, みたい一条がある, みたい一種の心理, みたい下心があった, みたい不思議な誇り, みたい二十七にもなっ, みたい亢奮に酔ひ, みたい人物の一人, みたい仙台平の袴, みたいに本物, みたいか作つて, みたい何一つ語らなくとも, みたい何事にも負け, みたい作品の一つ, みたい侘しさ私は, みたい俳優にもなっ, みたいもべつに, みたい八号を幾枚, みたい兵法の大宗, みたい冒険的な気持ち, みたい冗談口の限り, みたい凄んだ気持ちだ, みたい半分気億劫半分よ正直, みたい博物館へ行っ, みたい印象とは何, みたい井戸や, みたい向きが方々, みたいなん, みたい善光寺に行く, みたい嘆いてもみたい, みたいの外面, みたいだけでも横顔, みたい多くの南画家, みたい多勢の俺, みたい大切な男, みたいだった, みたいはおれ, みたい奴らだな, みたい子供らしい考, みたい実験はまずできるだけ, みたい少しお上品, みたいれの, みたい希いを伴っ, みたい弁慶と小町, みたい心地になり, みたいが胸, みたい思ひがし, みたい悪魔的な誘惑, みたい情熱だけです, みたいひは, みたい想念は意外, みたい慾望を感じました, みたい文次一人の心持ち, みたい料簡でございまする, みたい新聞雑誌の挿画, みたいの御, みたいに大分, みたい本能的な欲望, みたいだったの, みたい条件がそろつ, みたい松風の音, みたいが, みたいな気, みたい欲求に駆られ, みたい毒々しさにもな, みたい気もち以外に何, みたい気イしますの, みたい洋行は年来, みたい深山幽谷のいぶき, みたい無論御採用, みたい爲めではなかつた, みたい特殊な問題, みたい理窟もない, みたい理窟っぽくないお, みたい甘くなっちまってさ, みたいですら, みたい画家などのこと, みたい目つきになっ, みたい研究は地球, みたいの驚き, みたい稽古槍の怪我, みたい綺麗なことあれ, みたい聞いてみたい, みたいだった, みたい自分の手, みたい虚栄心からだった, みたい連中がちょいちょい, みたい遠くからで, みたい頃日水族館にて二尺, みたいしてるな, みたいに乗っ, みたいしてや