青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~まかせ まかせ~ まぎれ~ ~まことに まことに~ まさか~ まさしく~ まさに~ まざまざ~ ~まし
まし~
ましい~ ~ました ました~ ましたら~ まして~ ましょう~ まじめ~ ~ます ます~ ~ますます

「まし~」 22203, 230ppm, 430位

▼ まし~ (14488, 65.3%)

246 ござります 245 ございます 105 私は 67 私の 64 これは 63 それが 60 ござりまする 51 それを 50 私が 47 それは, んけど 36 此の 34 それに 31 それから 30 天の 29 そこに 26 ございますが, 私も 25 これを 23 ござる, その中 21 相済みません, 自分の 20 これが 19 ありがとうございます 17 さうし 16 中には, 今日の 15 これも, その時, ほんとうに, 何か, 彼の 14 今日は, 非常に 13 そこへ, 日本の 12 いた, いる, ございますよ, その上, それで, わたくしの, 今では, 今は, 自分は 11 厶ります, 私に 10 いろいろと, お目, ここに, そこの, その夜, 人の, 今の, 今度は, 誠に相

9 [15件] いるの, おめでとう, ございまする, さう, すぐに, そこから, その日, その点, わたくしは, 人を, 他の, 何も, 御座ります, 急いで, 斯う

8 [18件] ありがとうございました, このよう, そこには, そのため, そのよう, その人, それへ, それより, どこへ, わたくしも, 何を, 急に, 或る, 是から, 是は, 無理に, 私を, 第一

7 [24件] お遊さん, こ, さぞ御, すよ, そのお, その結果, それと, それには, た, わたくしが, 今まで, 今日では, 例の, 其の中, 其処に, 帰って, 恐れ入りました, 有難うございました, 有難う存じます, 母の, 相すみません, 自分も, 身を, 遂には

6 [25件] あとは, あなたの, お目出度う, お礼の, お話を, ここで, こちらの, この頃, これらの, しょう, そのうち, その場, その頃, それらの, なんでも, 二人で, 今でも, 今日まで, 女の, 子供の, 少しも, 後に, 後の, 御迷惑, 私から

5 [60件] あのよう, あの方, あれから, いたの, いった, いろ, いろいろの, かつては, ここの, こちらへ, これで, これに, これには, これまで, ございますから, しまいには, しまった, す, すべての, すみません, そうし, そのままに, その代り, その前, その後は, そんなこと, へい, ほかの, もとは, わたしが, わたしは, 一つは, 世間の, 主人は, 之は, 人間の, 何でも, 前の, 只今では, 多くの, 夜も, 山の, 店の, 当時は, 彼は, 御座います, 手前は, 斯様な, 是れ, 暫くの, 気の, 漸, 申し上げます, 私たちは, 立派な, 表の, 親の, 谷中の, 貴方の, 黙って

4 [89件] あいすみませぬ, あの人, あれは, います, え, お二人, お店, お目出, お邪魔, かように, ここは, この人, こんな嬉しい, ござるが, さすがに, しかもその, その御, その方, それも, だん, とう, はい, ひでよし, まことにお, ものの, やつと, やる, わたしの, ゐる, 一つの, 中, 主人の, 二人の, 人が, 人間が, 今から, 今も, 以前は, 何う, 何とも申訳, 何の, 先生の, 其の後, 其の頃, 只今の, 只今は, 夜の, 夫は, 失礼しました, 家も, 家を, 後は, 御座り, 御承知, 支那の, 斯んな, 昔の, 昨年の, 来て, 次には, 次の, 歌よみした, 母と, 母は, 水を, 沢山の, 海の, 済みません, 漢の, 火の, 父が, 父は, 皆様に, 眼を, 私と, 私どもの, 私には, 私共は, 而も, 自分が, 自分で, 自分でも, 親父の, 誰にも, 誰も, 警察の, 金を, 静かな, 静かに

3 [223件] あいすみません, あちこちと, あちらへ, あとの, あなたが, あなたと, あのお方, あの時, ある日, いずれも, いちに, いつもの, いまに, いやもう, いよ, いるよう, いろいろな, おいて, おめでとうございます, お上の, お叱り, お城, お手, お母様の, お礼を, お詫, お返辞, かくの, くれた, くれと, くれる, こうしてお, ここへ, この, このとおり, この上, この二つ, この国, この御, この方, この種, これへ, これより, ございましょう, ございますか, ございますね, ござるよ, さつ, しかもそれ, すか, すな, すみませんでした, そいで, そこで, そこを, そのあいだ, そのとき, そのほか, その事, その入口, その家, その帰り, その帰り途, その年, その折, その時分, その晩, その男, それからは, それから又, それだけの, だれも, ついには, ですな, ともかくも, とんだ失礼, どうした, どこで, どんなにか, なか, なんとも申しわけ, なんとも申し上げ, なんとも申し訳, ほかに, まことに失礼, まことに相, またお, もうその, やがては, んやろ, 一人の, 一度は, 下の, 両親の, 主人が, 主人に, 二人とも, 人様の, 今までの, 今晩は, 今朝は, 仕方なし, 何うし, 何かの, 何とも, 何ともお礼, 何とも相, 何に, 何にも, 俗に, 兄は, 其の上, 其の儘, 出て, 前に, 前にも, 力を, 十七の, 参りました, 又も, 口の, 右の, 四谷から, 困ります, 多助は, 夜に, 大急ぎで, 夫から, 失礼ながら, 失礼を, 妹の, 妾が, 妾の, 姉の, 娘の, 娘は, 宅へ, 家に, 宿の, 将軍家は, 少しでも, 左様な, 年は, 幸いに, 引越しは, 弟と, 当時の, 彼が, 彼れ, 後には, 御ところ, 御主人, 御厄介, 御座いますよ, 御自身, 心の, 思ひ出しても, 恐れ入ります, 恐れ入りまする, 慌てて, 手に, 手を, 持って, 日本に, 旦那様の, 春の, 昨日は, 普通の, 暫くは, 更めて, 最初は, 有名な, 有難い事, 木の, 村の, 東の, 東京に, 機嫌を, 此処に, 段々調べ, 江戸へ, 池の, 涙を, 煙草を, 父の, 父親の, 物を, 申しわけありません, 申訳が, 申訳も, 皆様の, 相変らず, 相当の, 眼が, 眼の, 石の, 石器時代の, 確かに, 笑ひ, 簡単に, 結構な, 絞りに, 耳の, 聞いて, 聞わけと, 職を, 舞台に, 舞台の, 色々と, 若い者, 行き所, 見事な, 親分に, 詔り, 誠に有難う, 誠に申訳, 諸国を, 貴君にまで, 途中で, 連れて, 雪の, 面目次第も, 骨と

2 [707件 抜粋] あくる日は, あくる火曜日, あちらの, あながちに, あなたを, あなた様の, あの, あの辺, あまりの, ある學者, ある時私, あれで, あれを, あわてて, いかなる御, いずれの, いつまで, いつもあの, いよいよ蓋, いること, いると, ええ大家, おうみの, おまえは, おめでたう, おめでとうと, おりから, おわびの, お互に, お伽に, お刀, お医者様, お味方, お嬢様を, お寺の, お屋敷, お怒り, お怨み, お申し訳, お目通り, お肩, お蔭で, お邪魔様, お静さん, お願いしたい, お願いに, お館, かういふ下の句, かついえ公, きて, くれませんか, くれること, けれどもそれ, こういうこと, こうし, ここらに, こちらに, このお, このおき, このまま, この世に, この仕事, この女, この家, この山, この春, この書物, この様子, この病院, この芝居, これ, これからは, これだけの, これなる, こんなこと, こんな事, こんな御, ございます誠に, ござりまし, ござりますれ, ごぜえます, ご上人様, さぞお, さてこれから, しかたが, しまったの, すから, すぐにも, すつかり, そういうこと, そうしてこの, そこで私, そっとお, そのあと, そのかわり, そのなか, その下, その不調和, その冷たい, その力, その医者, その周囲, その女, その少女, その店, その後の, その方面, その時代, その次, その穴, その翌日, その足, その通り, その酒甕, その間に, その飾り, それから斯, それから私, それだけは, それでこの, それで今日, それで御, それなら, それによって, それに丁度, それまでは, それよりも, そんなら, そんな事, たくさんな, たぐひなく, ただいま, ただ今まで, だんだんと, つまりは, でご, とかくお, どうかし, どうしてもこの, どうしても先生, どうしよう, どうぞ御, どうでも, どうなる, どなたも, どれも, どんなお, どんな事, な, なにを, なんだ, なんともお礼, なんの, ばた, ひとかたならぬ, ひとりで, ふらふらと, へえ何, ほんとうの, まことにありがとう, まことに恐れ入ります, またこの, またそれ, また淀橋, まだ名前, まだ御, もう, もうこの, やがてその, やって, ゆく, りっぱな, わたくしこそ, わたくしに, われわれの, ゐること, インドの, ケチな, フランスの, 一と, 一人は, 一切の, 一口に, 一定の, 一家を, 一方から, 一旦は, 一時は, 一種の, 丁度こっち, 万一の, 万事の, 三千子の, 上の, 上りました, 上野の, 下さい, 不思議な, 両人で, 両手を, 中に, 中にも, 之に, 之を, 事の, 二人は, 二度も, 二本の, 二百文の, 五六人の, 京都と, 人間に, 今に, 今夜は, 今日でも, 今日に, 今日帰り, 今朝も, 今義堂, 仏教の, 仕方が, 他人の, 以来朝に, 体を, 何が, 何とも御, 何んと, 何事も, 何処の, 佛教の, 傍の, 元の, 先に, 先へ, 八歳天の, 六月の, 其の前, 其の家, 其の時代, 其の窓, 其れ, 其處に, 凡ての, 初めの, 初めは, 前後も, 十分に, 午飯を, 却て, 厚く御礼, 去年なんぞは, 参じましたが, 参ったので, 友達を, 取るもの, 古人の, 古着屋などから, 合戦の, 名を, 名人の, 向うの, 吾, 呆れて, 味も, 品川の, 唯今では, 唯今の, 四方の, 四辺を, 困って, 国へ, 声が, 夏の, 夕刻からは, 外に, 多くは, 夜は, 大いに私, 大事な, 大変に, 大層お, 大殿様, 天子の, 夫婦は, 失礼な, 失礼の, 奥の, 奥様に, 奥様の, 如何に, 姉が, 始終お, 子供も, 孝助は, 実に愉快, 実はその, 実家に, 実際は, 客を, 寂しき此身, 寒気は, 實は, 實家へ, 寺の, 小左衞門, 小生の, 少々お, 少しは, 山が, 川へ, 巡礼を, 左右に, 巻き奉書, 帰りが, 帰ります, 常々文を, 平生は, 年上の, 幾度も, 床の, 庭に, 弱い者, 当家の, 彼らは, 彼女は, 後へ, 後も, 後を, 後悔は, 御じ, 御勘弁, 御奉行, 御座りまする, 御心配, 御所へ, 御気の毒, 御無沙汰を, 御用に, 御親切, 御贔屓, 御馳走を, 思い切って, 恐らくこの, 恐入りますが, 恐悦に, 恐縮に, 愈よ, 感謝の, 態, 戸を, 手が, 手前の, 批評の, 支那で, 斬殺され, 新吉が, 新聞を, 旅から, 旅へ, 日の, 日曜だけは, 日本が, 日本では, 日本は, 日本人は, 明日は, 昨夜の, 昨夜も, 是認する, 是非御, 昼は, 普通には, 暇々に, 書物を, 有難う存じ, 有難う存じました, 木戸の, 末には, 本日の, 検死の, 様子を, 樹木の, 橋を, 次の間に, 次を, 正助, 此処の, 此方には, 段々と, 殿下の, 殿様が, 毎日の, 気が, 汽車は, 河の, 沼田の, 泣く泣くおん亡骸, 浅草の, 海から, 海を, 渓が, 滅多に, 漸く江戸, 無断で, 無礼の, 牢屋の, 特に私, 狭い待合室, 王の, 珍しくも, 申しわけが, 申上げます, 申訳もござりませぬ, 病人の, 白布で, 皆が, 皆さまの, 皆さんの, 皆様から, 皆樣に, 目も, 直ぐに, 相談を, 真っ平ご免, 私こそ, 私だけ, 私としては, 私どもに, 私どもは, 私などは, 私なども, 私一個の, 私共まで, 私共も, 私達の, 私達一族の, 秘密に, 税務署の, 種々な, 穴の, 空引と, 竹の, 紅矢の, 結局は, 継子さんと, 継子さんとも, 罷り出でまして, 翌日に, 胸が, 能く, 自分を, 自分自身の, 自然に, 船が, 芝居へ, 苦笑いを, 薬を, 蚊帳の, 西の, 西洋人の, 見兼, 討って, 話して, 誠にありがとう, 誠に不思議, 誰が, 調べましたところ, 諸所方々を, 貴方に, 買ひ, 跣足で, 踊りの, 身の, 身体を, 身分の, 近所に, 追, 遂に最後, 道が, 遙に, 都の, 酒は, 金網を, 鉄砲を, 門番の, 陸の, 隣家の, 難渋致します, 雪が, 雲が, 音楽の, 順々に, 頭を, 頻りと, 顔を, 風に, 飛んだ不調法, 餘り, 首を, 鼻の

1 [9345件 抜粋] あああれ, あすこで, あちらへは, あなた方は, あのものぐさ, あの家, あの蛍, あらまし話し, あるいはもう, あんたはんの, いか, いきなり頭巾, いずれ伺います, いた私, いっそお, いつも清水, いまでは, いやと, いるかに, いる敵, いろいろ思案, うちの人には, ええ決して, おかみさんの, おそば, おとなしく遊ん, おぼえずおこ, およそ五体, お仕度, お別れ, お召によって, お客様には, お年は, お手間, お母様から, お由, お神さん, お茶を, お話が, お酌, かういふ風, かしの, かわるがわる加持, きました, くる水面, くれるやう, けれども将軍家, こう云いました, ことに夕暮, このとおり山, この世の, この同じ事実, この安保条約, この拳銃, この犬, この荷物, この間に, これから娘, これだけは, こんなお, ございますけれど, ござるまず, ご身分, さしも由緒, さてある, さらって, しかもこれ, しばらくどこ, しょうか, すぐこちら, すっぱだ, すんでの, せっせと拭い, そういうよう, そうして一方, そうどこ, そこで航空機操縦者, そして睡りまし, そのあたり, そのたびごと, そのまま味気, その一点, その人質, その光, その南方, その境地, その実, その度, その急坂, その易者, その根柢, その溝口先生, その祖父, その者, その解決, その鉢巻儀右衛門, その頃勤め先, それからその, それから今, それから徒歩, それから足掛三年唐人屋敷, それでお出まし, それでも口述筆記, それとなく声, それに美惠比丘尼, それ以来あ, そんな浅はか, たしか夫, ただ今お, たちまち近習, たまさかの, だれにも, ちょうど十八, ちょっとそれ, ついそのまま度忘れ, つい先ごろ, つまらないこと, ですね, とうとう宿, とても健康, ともかく日本, どうかご, どうしても本心, どうもこれ, どうやらお, どなたが, どんな聖人方, なかなか我々, なにも, なんという, なア, はいいいえ小児衆, はたといおい, はるばる中村, ひと先ず, ふとかたわら, へへ, ほんとに嬉しゅう, まあそこ, まあ身のほど知らず, まことに恐懼, ましてこの, またすぐ, また傍, まだそこ, まだ癒ら, まもなくキャッ, みなさんを, むろん製品, もう一人, もう川, もしかそういう, もし出来る, もっと的確, もはやこれ以上, やけ死んだ, やっぱり従前通り, やらないと, よいお, よくわかりません, よる夜中, わが国の, わざわざ残し, わたしたちにとりまして, ゐたところ, アジアと, ウトウトした, カンカンッて, コンドルが, ジャンと, タクボ・ツンバイ・チョェン・ジョェの, ツツジはよけて, ハアこりゃア分署, ビックリ致した, ヘヘヘヘヘ, ポンポンポンと, リヴィングストーンが, 一しよう懸命兄きの耳に, 一先ず此処, 一大勢力と, 一平は, 一応苦しく, 一日も, 一時間近く力一杯, 一番粉と, 一通りお話致しますで御座います, 丁度ここ, 七百部だけは, 三の倉に, 三千石近い, 三法師ぎみも, 上へ, 上演を, 下手です, 不意に, 世界の, 両宮様いずれ, 中心を, 主人を, 九時二十五分ごろでした, 二つ三つ殴られ, 二十七両五人扶持肝煎という, 二年ほど, 二階から, 五畿内地方から, 京へ, 人に, 人生の, 今だに, 今井さんとこと, 今度が, 今日大磯と, 今朝納骨式に, 仏様の, 代々芝の, 以来諸方から, 伏し倒れて, 伸子に, 何かと噂, 何といつ, 何とも申し訳, 何不足ない, 何枚, 例えば, 保護も, 倉へ, 傾聴し, 元來, 先ず普通, 先方に, 光秀の, 全く妻子, 八右衞門を, 六日目に, 其の一件, 其の子, 其の間, 其後大した, 内々探っ, 冥土へ, 出入りが, 切物は, 別に本国以外, 到頭其の, 副園長, 勿体のうは, 十三人の, 十六番に, 千九百二十三年六月アラスカから, 半兵衛は, 単に此市, 即ち聖徳太子時代, 去月二十七日京都の, 又伊勢村, 叔母さんの, 口に, 古羅馬人, 只今中身を, 右へ, 吉ちやんを, 同じ月, 名残い, 周人の, 和尚に, 唯ぼんやり見る, 商売柄に, 四つを, 四時半には, 国別に, 土手伝いで, 坊やが, 境内は, 夕方晩くお, 多い所, 夜十二時頃寝, 大きに心もち, 大分に, 大変面白い, 大日下の, 大自然, 大騒ぎを, 天皇に, 夫と共に, 失礼をも, 奪られたら戴きます, 好い加減に, 妹梅子の, 姫君には, 嬉し気, 字を, 宇宙及び, 官に, 宝亀十一年に, 実に恐, 実はこれ, 実用品店, 家中に, 宿は, 寝棺の, 将軍家との, 小判なりに, 小生と, 少々貯え, 少し試験, 居れる者, 山口屋の, 峠を, 左孝は, 巴豆の, 帰りに, 幕府方の, 年代も, 幼少の, 広告の, 座像化し, 建保五六年あたりから, 弟は, 当年取, 役附き, 後でその, 後見の, 從來は, 御免下さいまし, 御希望, 御新造様と, 御用の, 御苦労に, 御車を, 御飯も, 心当たりの, 必ずしも某々二, 忽ち親友以上, 思わずず, 性根の, 恐縮, 悪いこと, 愈々猿子橋, 慮外ながら, 我儘な, 戰場に, 扉には, 手前方こそ, 打ちつ打たれつ實, 抱え主にも, 採るに, 改めて御, 教室には, 斃し, 斎宮の, 新世界, 新規に, 旅費も, 日光が, 日本紀などでは, 旦那との, 早口で, 明後日の, 昔も, 昨日お嬢さんが, 是まで, 時々奥庭, 時節がらむろん, 暦数の, 曲りますので, 書院の, 月岡村へ, 朝の, 木曾十一宿の, 本家では, 本日門口を, 材木などは, 杭へ, 松城昌三と, 柏屋というは, 核にあたる, 植木村の, 様々いう, 次にガラリと, 正体の, 此処には, 此時の, 此頃は, 死ぬ処, 殊に悪事, 段々下, 母と共に, 毎日毎日実に, 民弥殿を, 水などを, 江戸入部以後これほど, 汽笛の, 泣き笑いの, 浜町の, 淋しい静か, 清聴を, 湖の, 漸くの, 炉の, 無関係な, 熱い固まり, 父樣にも, 物思いの, 状を, 玄関の, 現にきのう, 甚だ恐入ります, 生垣の, 用兵上の, 申しますには, 申訳ありませぬ, 画面の, 病気な, 發つて行きました, 百金受取っ, 皆學問が, 盛りの, 直ぐ態其処, 相すみませぬ, 真にどうも, 真黒で, 矢張り古, 石器や, 社会が, 神社の, 私この, 私なんかも, 私服の, 科学者以外の, 種々相談, 突込ん, 竹内は, 節を, 精しく工事, 紙の, 終戦の, 結構で, 緋ぐくしの高枕が, 缶詰ようかんを, 美作守さまの, 翌る, 老人の, 聞き入れません, 背面を, 腹が, 自分に, 自然思いまし, 舵の, 色々に, 花火がくふうされ, 若主人, 茶も, 荷物だけ, 著しく織田家, 薪の, 蝦夷の, 行像と, 裏の, 要するにやむをえない, 親しく氏の, 親身の, 訊ねましたところが, 詳しくお話し申, 誠に恟, 誰でも, 諸陵寮, 谷中日暮里の, 負担を, 貴族時代の, 赤砂糖でも, 足場が, 身請の, 近い頃, 返書を, 途方に, 遂にわたくし, 道具や, 遮二無二この, 鄙びた言葉, 里見忠三郎といふ, 金剛山の, 針で, 鍛冶橋を, 長い間, 長浜より, 間もなくそそくさと, 関白殿を, 陛下に, 障子と, 雑な, 雲や, 静寂な, 須磨の, 顏見知りの, 飛んだ事, 香物鉢と, 駈出しましたそれから, 高さ, 魚の, 鹽原角右衞門は, 黒く濁った

▼ ましても~ (1929, 8.7%)

28 それは 21 私は 9 私の 8 それを 7 よろしゅうございましょう, わたくしは 6 これは, それが, 今の, 自分の 5 あなたの, そのよう, 此の, 私が, 誰も 4 あなた様の, あの人, あの方, ほんとうに, よろしゅうございます, 私には, 貴方の, 非常に

3 [15件] あなたと, あなたは, その人, どうかと, 世の, 人間の, 何も, 同じよう, 宜う, 宜しゅうございます, 少しも, 御心配, 支那の, 未だ五十, 訣ります

2 [105件] ああいう, あなたに, あなた様と, あなた様は, あの子, いろいろな, およろしい, お帰り, お心, お恨み, かえってお, こ, ここに, こちらへ, この方, これだけは, これで, これに, こればかりは, これを, こんなこと, さう, すぐに, そこは, その範囲, それには, とてもお, なおその, ほんとうの, まるでもう呆け, やはり御, やはり美術品, よろしうございましょう, わたくしが, わたくしの, わたしの, わたしは, 一人の, 一般の, 中, 主人は, 二つや, 二本の, 人格などと, 今日の, 今晩の, 他の, 何うし, 何の, 何を, 何分にも, 全くの, 別に, 別にこれ, 前に, 同じ事, 夜の, 夜更け, 大切に, 奴隷では, 妾の, 娘の, 子は, 宜しうございます, 実際に, 実際は, 将来の, 差支えは, 幽霊の, 役には, 彼の, 御免あそばしませ, 御承知, 忠孝と, 戸前口だけは, 日本の, 昔の, 未だ御, 本当の, 村の, 東京の, 極く, 此度の, 汗が, 決してお, 決して御, 滅多に, 無理やりに, 生ある, 痛みませぬ竹箒, 私に, 私を, 私共には, 立派に, 自分で, 自分を, 舞台の, 良秀の, 苦しゅうござりませぬ, 英語の, 貴僧が, 貴嬢, 近代といふ, 返事が, 頭の

1 [1513件 抜粋] ああお母さん, あたくし, あちらの, あと半日か, あなたがたの, あなたちっとも, あなた受取証が, あなた笑っ, あの時旦那様, あまり口を, あらかじめ官, あるいはうすうす, あるところ, あれほど, あんな事, あんまり恥, いかにも不潔, いささか不可能, いた, いっこう皆様, いつの間にか城内, いま, いま八丁堀で, いや, いろいろ牧山さま, うけとりかねます, おい, おじさん, おたがいに見た, おゆるし, お世話に, お入り, お医者様, お子供がた, お家に, お従い, お染, お気に, お玉は, お聞き入れ, お腹だち, お許しを, お赦し下さいます, お銀様, かなり芸術的, かまいませんでございます, がんりきは, けっしてお, こうした一節, ここで, こちらに, このよう, この人, この地方, この塚, この政党関係, この権威, この瘤, この興奮, この頃, これと, これ程の, こんなでございます, ございませんでも, さあ他人, さらさら心残り, しかたの, しばらく草莽, すぐには, すでに検査, そういう例, そうします, そこで自分, そこの, そのうどん, そのこと, そのまま縄, その例, その子供, その拓殖, その方法, その様, その白川郷, その考, その頃, その首, それから, それぞれの, それで, それでは舞台, それに, それらが, それ以上には, そんなの, そんな者, たいてい想像, ただすわっ, ただ漫然と, たとい下宿料, だめでしょう, ちっとも淋しく, ついて, つい人目, つまりません, とかく不, とにかく土地, どういうお方, どうかする, どうしてもおっしゃらない, どうしてわたくし, どうもその, どうもよくわからない, どなたか, どの地方, どんなこと, なかなかお, なかなか承知, なにごとも, なるべく痛く, なんとか治まり, のぞいては, はっと思います, ひっぱたかれる方, べつだんの, ほかから, ほとんど優劣, ほんのうちわ, ほん始めました, まことに屋敷, まさか先生, まずまず平和, また平民, また科学, まだ児童, まだ苦しい, まったく驚くべき, まるで人間, みな, みんなそれぞれ怪しい, みんな網や, めあきである, もう二度と甲州, もしこの, もしも自分, もはやいかなる, やがては, やっぱり恋しい, やはりそこ, やはり人間, やはり浮浪民, ゆるされて, ようございませう, よくわからない, よその, よほど長い, よろしいです, よろしいよう, よろしゅうござりましょうか, よろしゅうござりまするが, りんごや, わからない, わざわざハム, わたくしには, わたくし共の, われわれ自身の, アタクシは, エーで, クダラナい, チラチラと, ドアを, ネクタイを, ペレニウスなら, モンペの, 一ことも, 一つは, 一人前の, 一円のも, 一層この, 一度は, 一方には, 一旦すでに公民, 一時的な, 一番奥の, 一言述べなけれ, 七兵衛は, 三千子を, 三文の, 三里も, 不思議に, 不自然でない, 世界中に, 両人は, 中間に, 主人の, 亀戸の, 二の句が, 二十幾年も, 互いに知らず, 亡くなられた恩師三矢重松先生, 京都に, 人には, 人力車の, 人情に, 人間で, 人間位い怖ろしい, 今度の, 今日あたりは, 今日ほど, 他で, 他人様に, 代々支配権を, 任土貢という, 会いたいと, 何か, 何だかこう夢, 何て, 何となく机上, 何に, 何やかやと, 何事に, 何時も学力, 余程漠然たる, 例えば欧人園, 信じて, 側から, 僕は, 兄ともどもに, 先方で, 先生の, 兎に, 全身命, 六条院の, 其の途中, 其書風は, 内海殺しの, 出る時, 分りますが, 刑事上の, 判然致します, 別にその, 別に逃亡, 前から, 力を, 勝男様の, 十一や, 十五時間やうやうただ今, 十分今日の, 千里の, 半日彼処に, 厭いません主人, 又は日本民族, 反省し, 取り繕いまして, 古くから, 只圓, 可うございます, 可厭, 各人が, 同じ埋立, 同一の, 名は, 向から, 吹いて, 命がけの, 器械を, 四十年もの, 団十郎の, 国内に, 地獄では, 塩断ちまで, 壮大と, 変化に, 外聞を, 多少の, 夜お, 夢うつつほとんど, 大丈夫です, 大切な, 大師を, 大谷さんは, 天命は, 夫が, 奥様は, 女中に, 奴婢が, 如来であります, 妻は, 妾取り合わぬで, 婦女子にも, 子煩悩の, 孕んで, 学校と, 学校を, 孫が, 宜しいくらい, 宜しゅう存じ, 実相という, 実際毒, 宮様が, 家へ, 容易ならぬ, 宿屋の, 将軍家は, 小生は, 少し荊棘, 尾張様御用の, 山も, 屹度お世話を, 工場で, 巧妙な, 差支えないよう, 師匠の, 平家ほどの, 平気で, 年寄てえ, 廟議の, 当人は, 彼らは, 後家の, 後藤氏は, 御一統, 御免くださいませ, 御引取, 御案内, 御立腹, 御配慮, 心がらで, 心を, 心配という, 必ずしも臨終, 必ず夜光, 忍の, 怪しき経文, 恋愛関係と, 恐らく姿, 悔むこ, 悪平等に, 惣次郎が, 慌てて, 我々の, 我我明治に, 所期の, 手ざわりの, 手前どもでは, 投げつける時, 拙者と, 改作された, 故障の, 教育事業だけは, 敵の, 文字に, 斬られても, 断念められません, 新吉一人湯灌は, 日下部さんは, 日本人として, 旦那が, 昆布に, 明朝までには, 昔に, 昨日以来お待ち致しまし, 是を, 時ならぬ, 普通の, 暗くて, 更にその, 最初から, 有難い極み, 木の葉や, 本当にお, 本身の, 来るもの, 東宮が, 松葉杖に, 柴忠さんは, 根府川の, 桃山には, 業が, 楽みを, 横川の, 正徳頃から, 此波動は, 武は, 武強いっぺんの, 死んだ妾達四人, 残酷な, 母は, 比較的蝦夷, 気づくという, 決してこわい, 決してイヤ, 決して差上げない, 決して立派, 決して辛い, 治りませぬ, 泥を, 派手で, 涙が, 深い深いうつろ心, 済むこと, 源は, 灯が, 無明によって, 無駄かと, 父さんの, 物が, 特別に, 狐とか, 玉川たるやなどと, 現在の, 生きられる事情, 生物は, 甲州と, 男の子は, 畢竟猪子, 病では, 白山の, 皆さんは, 皆様方には, 皇室は, 目前に, 直ぐ忘れ, 相成らぬ儀, 真に自分, 眼が, 矢張少, 石上朝臣と, 確かに, 社会党は, 福岡では, 私さえ, 私どもへ, 私自身その, 秘密の, 稼業に, 窓を, 竜宮は, 第一オシロイ, 筋隈剥身火焔隈一本隈という, 紀元後二千年その, 素より稻垣, 結婚の, 結局迷惑を, 縁談の, 罪造りでございます, 老夫婦, 聊か厭いません, 聞き入れませず妾, 股肱耳目とも, 腕を, 臆病で, 自分ばかりの, 致し方ございませぬ, 船を, 色の, 芸妓の, 若いおかみさん, 若年の, 苦しくなるほどお, 荊棘を, 蔀に, 蟹の, 襦袢ともに, 見たといった, 見苦しい通り, 親が, 記憶にも, 詰らない御, 誰が, 警察が, 貴方は, 買切れる主, 身ぶるいが, 輸出を, 返らぬこと, 送ったとき, 通さないこと, 運転手は, 道了様へは, 邪念は, 酒や, 重く使用, 針の, 鋼鉄屑が, 鐘から, 長い生命, 長次郎の, 関白殿に, 院の, 隣席の, 静坐の, 面白くない, 頗る簡単, 頭が, 飛騨の, 餘程變つて來て, 高い地位, 高萩では, 魚は, 鼻が

▼ ましては~ (699, 3.1%)

5 私は 4 何の, 私の 3 それこそ, それも, わたくしも, 如何で, 私共

2 [29件] あの御佩刀, いかがで, かえって失礼, これは, ご存知ない, すべての, すみませんが, その御, とても際限, どんなもの, まだその, 世間への, 今晩は, 何かに, 如何でございます, 如何です, 彼の, 手前預りまする, 明日から, 次の, 此の, 武士の, 殆ど死に絶えた, 済みません, 相済みません, 私も, 腹巻の, 良秀の, 誠に恐入ります

1 [613件 抜粋] あつかましいお願い, あなたの, あなたを, あなた様が, あなた様の, あの人, あまり感心, ある一つ, あれや, あんまり御, いえなに, いかが, いかがです, いかがな, いかにも謙信, いきおい失業, いくら御, いけないで, いけないン, いざ強敵, いっそう悲しみ, いつの間にかひとり, いのちの, いまさらお, いよいよお, いられなかった, いろいろ申しあげたい, いろいろ遠慮, うそか, おそらくやっと食べ, お体, お俊儀, お前が, お危う, お地蔵さま, お家の, お弾き, お忙, お慈悲, お救い, お母さまさへ, お母さんは, お母様へ, お為め, お稲荷様, お身分, お追従, お釈迦様の, お雪ちゃんに, かえってお, かえってこ, かえって困ります, かえって悪い, かえって普通, かえって私, かえって苦しく, かけおちも, かないません, かの草紙, かの采女, きものの, こ, こいさんに, こうして人, ここに, ことさらあなた様, このお, このさい, このとおり, このやう, この世に, この機会, この老婆, この辺, これが, これごらんあそばせ, これより, これ程幸, こんな無, ご不満足, ご貴殿, ご迷惑, さすがに, さだめしお, さやう願, さようでない, さらに祖先, じゃこの, せがれは, せっかくな, せっかくに, そのよう, その中, その侍, その十人, その国々, その折り, その方策, その考え, その自分, それに, それらの, それを, それ等の, そんなもの, たいへんでございます, たいへん利己的, ただ今の, ただ遺言, たれしも, だれも, だんだん崩れ, ちと二の足, ちょっと意外, つつみ立てして, できよう, ですナ, とうぜん勤労大衆, とんでもない, どうしてあのお, どうして不幸, どうも, どうも気, どうも良人, どう致しまし, どこにも, どこまでも, どの篇, どんなか, どんな悪人, なおなお世間, なお以, ながく徳川, なぜ私, なだめよう, なんでございます, なんとし, なんともつらく, なんぼう, ねっから身体, はるかに, ひとかたならずお, ひとりの, へんでございます, まことにこれ, まことに残念, まことに難題, ましてどこ, ますます良い, またあ, またと, またどんな, またどんなに, まだ生き続ける, みなさんに, みんな大事な, むりにお慈悲に, もうあの, もうその, もうもうおろか, もう内分, もう四五日, もっともっと何, もとより異存, もはやあなた様, もはや山人, もはや過失以上, ゆるしがたく, よしなき反動, わたくしお願いが, わたくし一人し, わたしの, われわれの, ゐないの, サの, ツイその, バルトリの, フランス側の, マハン大佐も, リアリズムは, 一夕怪談会を, 一室に, 一寸御, 一寸考えちまった, 一旦賤者, 一本の, 一言お詫びを, 一通りの, 七三郎殿の, 上は, 上へ, 上伊那郡西春近村の, 上御, 不自然と, 世間は, 丸木舟であります, 主人の, 九年という, 事は, 事実上正当の, 二人の, 五日ぶんは, 人様の, 人騒がせにも, 今さら父母, 今まで, 今一つ御坊に, 今度の, 今日は, 今更それ, 今私が, 仮令草履取, 伝統などに, 体が, 何う, 何かと工合, 何でも, 何と, 何とも済みませんです, 何も, 何んで, 何んとも, 何処でも, 何分の, 何圓何十錢なり, 何等の, 何處までも, 何處迄も, 余りに畏れ多い, 作者の, 侍の, 個人個人の, 偏頗の, 先を, 先年その, 先年中央社会事業協会地方改善部の, 先生, 先生の, 先生一方の, 先祖に, 先祖へ, 全く私ども, 其の地方, 円く収めたい, 再挙の, 冥加に, 出発の, 切りが, 別にお話し, 別に悲しい, 到底世間, 到底御, 加様に, 加筆の, 効力が, 勿体のう, 医学に, 十九年の, 博多の, 即刻の, 却って困難, 却って淡々と, 厚くお礼, 又どんな, 反って, 古代に, 只もう只, 只今商売の, 吉之助様の, 命にも, 和泉屋さんで, 唯気, 商売冥利に, 四十七万六千エーカーの, 国が, 国元なる, 土器町ほい, 堪えられません, 堪へられません, 売上げの, 外聞が, 多分一同, 多分御, 多少の, 夜の, 大へん, 大井様に, 大井樣に, 大分其の, 大変でございます, 大盤振舞, 大菩薩峠などという, 天命が, 夫に, 奥に, 女難なぞを, 如何かと, 如何でございましょう, 如何でしょう, 如何なるいい, 如何にも有難い, 妹の, 妻も, 委員会の, 娘は, 婿取前の, 学問などに, 守るもの, 実に一大事, 実に一朝一夕, 実に不面目, 実に何ん, 実に恐縮, 実はお尋ね, 実は内々, 実は現在, 実子殺しとか, 寝耳に, 将来の, 将来生き, 小児童子の, 小生夢にも, 小角は, 小谷の, 少々御, 少くも, 尚お, 山川正太郎が, 山県紋也を, 左様な, 帰りが, 年々かの, 年々こちらで, 床の, 店の, 当町長さまはじめ, 当自治委員会, 彼等は, 御坊を, 御安静, 御屋敷, 御当家, 御無心, 御縁女, 御縁女儀, 御腰元, 御船客, 御退屈, 心魂打ち込んだ, 恋の, 恐れ入りまするハイ, 恐れ入りまするハイハイ, 悔いを, 患者の, 愚僧が, 懐剣そのものよりも, 所詮助からぬ, 手前は, 手前方出入りの, 折角の, 拙ない, 拙者を, 捨ておかれません何, 故人から, 敵が, 數知れぬ, 新仏たちが, 日本の, 日本国中の, 旦那さまの, 明二十八日の, 明日の, 明日は, 昨日池田殿より, 是非善悪に, 時々へん, 時と共に, 時めく太政入道殿, 時間も, 最初から, 最初からの, 最高の, 月に, 有志の, 有難いこと, 木曽美人などと, 本当にみなさま, 本社を, 柔いお, 柔かいお, 柔弱には, 武士道が, 武蔵こそ, 武門の, 死にまする死んで, 死んだ者, 死んだ良人, 殆ど全く闇黒, 殆ど谷本博士, 殊更お, 残念に, 殿の, 母上の, 母親に, 毎日その, 毎日平均の, 気が, 気の毒でございます, 気持が, 水野殿も, 汚うご, 江戸で, 池田伊丹の, 決して私共, 泥斎恥ずかしゅう, 泰親も, 流感の, 海べの, 深い事情, 済みませんの, 滕の, 漢薬の, 漸次美術眼, 燧火を, 物怪の, 玄蕃冷汗背を, 現にいわゆる, 甚だ不躾, 甚だ差上げる, 甚だ迷惑, 生きて, 生きても, 用意なかなか, 田舎でも, 申しわけの, 申訳ありません, 画家に, 病人を, 痛わ, 相すまぬ, 相手が, 真に申, 知つた, 社長の, 禮俗の, 私には, 私らが, 私一言貴方に, 私今から, 私共と, 私自身にも, 種々御, 空恐し, 空襲警報が, 竹内様を, 第一, 筋目が, 筑紫へ, 絶えず心配, 義理も, 翅を, 職人風の, 腹の, 良人と, 若々しいもの, 草葉の, 荒木村重は, 蘭の, 表向の, 見す, 親を, 言葉も, 詰り日本, 詳しく存じ, 議員は, 讃岐の, 谷本博士も, 豪い事, 貴方に, 貴方の, 貴方彼は, 身に, 身の, 身分は, 軽率に, 追い縋る者, 退院の, 遂には, 遺憾ながら, 遺蹟が, 部下に, 鉱毒の, 錦を, 門番に, 隠すだけが, 隠居の, 非常に, 題が, 飲代に, 魚類が

▼ ましてね~ (534, 2.4%)

9 それが 5 それを 4 何か, 私は 3 これは, す, その人, それに, それは, わたしたちは, 私が, 私の 2 あすこも, そこの, その時, それから頭, つまりが, 一と, 変な, 急に, 爆発寸前という, 麓の

1 [468件] ああし, ああ私一人, あこりゃ勿体, あすこの, あっしが, あとから, あなたが, あなたに, あなたの, あのお寺さん, あのここ, あの人, あの子, あの成る, あの方, あの日, あの翌晩, あらためて金座, ある外国公使, あれさ, あれじゃあ, あれなら, あれも, あんまり上手, いきなり窓ガラス, いずれ頂き, いっそもうあっし, いま貴方が, いやに, いや取引, いよいよ確か, いろいろな, いろいろ話, いろいろ調べ, いわゆる中, ええ李逵, えといふ話, おかげで, おでかけです, お住持, お前の, お前は, お姉様, お客さんと, お屋敷, お惣菜, お月見, お母様は, お神さん, お蔭で, お逢, お道さん, かねて, きざだ, きつとばくち, きょうから, くれぐれ申しました, こいつは, こうして兄, こう仰せられる, ここが, ここで, ここの, こそこそと, こちらから, こちらが, ことに熊谷, このたび, この化物丁場, この奥地, この御, この胸, この遠眼鏡, この間も, こりゃア, これが, これでもか, こんだ入隊, こんどあべこべに, こんど教授所の, ごやっかい, ご存じでしょう, さっき読み上げた, さっそく軽, しかしあそこ, しかしそんな, しかし明日, しきりに乗れ, じつはこれからすぐこの, すぐそば, すぐと, すっかりヒステリック, すつかり鬱ぎ込んでしまつた, ぜひ一度, そいつが, そいつは, そうさせまい, そう静か, そこから, そこで, そこに, そこへ, そこへの, そこまで, そしてまたその, そして玉石, そのくせ, そのこと, そのため, そのなか, そのままだんだん躯, そのまま居, その上, その下, その事, その人たち, その先, その友達, その場, その壁, その夫人, その妻子, その家, その後行方が, その折, その方, その荷物, その連盟, それあ, それからあと三日, それからまた二月, それから学校, それから男, それだけが, それだけは, それっきりあっしゃ眠らされ, それでつい, それではっきり, それでは売れぬ, それでは都合, それでもやはり, それでも売らねえ, それで今, それで姑, それにあの, それも, そんな事, そんな約束, そンな, たうとう, たしか外傷性, ただもう, だからもう, ちょうどよろしゅう, ちょうど父, ぢや, ついこのごろ, つい涙, つまり天罰, で絹漉, とうとう求婚, とても私共, どうかする, どうしてもあなた, どうしても譲っ, どうでも, どうもあなた, どうも二本立て, どこへ, どちらからも, どて, どんなに立派, なかなかどうして礼拝, なかなかどこ, なにも, なんしろ, はいはいはい, はなはだ御, ばかに, ひとつおどらせ, ひどくお, ひどく怒った, ふと支倉, ふと見ます, ぶじょく, ほほほ, ほんとうに, ほんとでございます, ほんとに綺麗, ほんとに駈け, ほんのツイ近頃, ぼくたちおどろきました, まあこういう, まあそこ, まあまあ此処, まあ今日, まさか旧主, またいちばん人, また次, まるで空, もうここの, もうこの, もうしばらく前, もうその, もうもう賞め, もう一度こうして, もう間もなく仲間, もとは, やっぱりそれ, やっぱり元, ゆうべから, よしひとつ, わしの, わたしたちの, わたしは, わたし達日本人が, われわれの, オリガ・セミョーノヴナ, ガケの, ガータロが, スワラジという, チェリアビンスクで, ハハそれに, ハハハ, バーリシュニャー, ヘヘケチな, ヘルツェンシュトゥベも, ローレンスさんと, 一度立った, 一度遊び, 一方では, 一晩じゅううわ, 一遍知れた, 三つ四つの, 三度四度と, 三階の, 上も, 上総姉崎の, 下手な, 両国を, 久しぶりに, 二人で, 二十万法ばかりの, 二条の, 京の, 京都まで, 人々は, 今この, 今では, 今でも, 今また, 今今その, 今年などは, 今日それを, 今日は, 今晩は, 今晩も, 仕方が, 仕立て物が, 以前は, 佃島へ, 何うせ要る, 何とかし, 何となくざっと鳴る, 何年か, 併し, 健さんも, 偶然な, 傍を, 僕は, 兄弟は, 先刻おっしゃいました, 入道雲の, 全く店, 全焼と, 八人分の, 写真が, 出の, 刃物三昧しかねない, 勤人根性です, 医者から, 千に, 千円で, 厚い二枚戸, 厚みの, 原因が, 原稿を, 参上した, 只で, 可哀, 可哀想な, 名所の, 呆れ返るの, 型どおりの, 基督教信者でした, 堅蔵です, 場銭あらかた, 変だ, 夏の, 外出する, 夜中に, 夜分突然, 大勢し, 大層世話, 大阪へ, 奇蹟的に, 女を, 女中なんかにも, 姑が, 婚禮の, 孝庵さんが, 孫を, 定夫君は, 実はその, 小太刀を, 小説戯曲詩歌なんでも, 尤もいつ, 山ん, 市内小包六銭という, 店でも, 度々私, 廊下の, 廿五まで, 弱い者いじめ, 当歳の, 当然いろいろの, 彼女が, 御主人, 御前, 御前へ, 御懇意, 御自分, 心配も, 快くな, 急性肺炎で, 恭順を, 恰ど, 愚痴い出, 憎むの, 或る, 戸数に, 手に, 捜査課から, 提灯の, 故院, 新橋で, 新聞を, 日曜日に, 日本の, 旦那さまそれを, 明日が, 昨夜一晩中私は, 昨日は, 時々床瘡, 晴着の, 暑い時, 月の, 朝起きる, 本人が, 村じゅう総がかりで, 村長さん, 来るという, 枕に, 案じて, 検死には, 楽屋番の, 様子を, 歌を, 歩くの, 死ぬん, 残念だ, 殴られたり, 母親が, 毒気の, 気の, 気を, 汗を, 河の, 活動の, 深夜の, 滝の, 火も, 火傷を, 烏啼は, 無理に, 片づくの, 特に長男, 猛烈に, 猟袋に, 現物取, 男の子に, 皸の, 直ぐにそれ, 直ぐ二階, 直ぐ出, 私たちは, 私ばかり, 私も, 私御, 秋色を, 税を, 窓掛だ, 精一杯骨, 紋之, 紙片を, 結婚し, 結局私が, 綺麗な, 縁側へ, 繋ぎに, 翁は, 胸の, 腹が, 自分で, 自分は, 自慢じゃ, 至極呑気, 舟改めを, 花籃を, 芸だっても, 若い姫君がた, 蓮華寺へ, 蚊遣の, 行って, 袖無しを, 西洋の, 見物人を, 規則通りの, 親心と, 評判の, 詰り痛い, 読んで, 誰が, 貧乏人を, 貯金ありったけ子供の, 貴女が, 買いもとめて, 赫々逆上ますほど, 身分も, 身許不明で, 近頃は, 追, 通るもの, 遅くなりまし, 運座でも, 運悪く, 遠目では, 酒が, 金の, 金兵衛さんと, 金兵衛さんの, 釣洋燈の, 鈴で, 長浜から, 門は, 門を, 閉口しました, 間もなく辞められまし, 陛下が, 険難な, 雪が, 頼み少ないふう, 顔を, 風景画の, 馬籠の, 驚くべき拷問, 髪に, 鸚鵡や

▼ まし~ (277, 1.2%)

22 なって 14 なりました 5 けり 4 おなりに 3 して, なった, なると, 数を

2 [18件] その深, なったよう, なってから, なりましたが, なりましょう, なること, なるの, なるよ, ひどくなる, 乾く畑土, 加わって, 多くなった, 彼と, 染みて, 殖えて, 水の, 烈しくなる, 生きようと

1 [184件] あたたかに, あらずして, いいよう, いやに, おなりでしょう, おのび, おぼろに, お前の, きびしいので, ける佐太, こくなる, こけて, こしらえるという, さうなつて, さかんな, したいという, してやりたいと, しようと, すぎない, すると, する方向, すんなりと, そうなっ, そのひと, その勢い, その勢力, たかまって, だんだん高まる, つのるこの, つやを, ときどき用いる, どこかへ, なったお話し, なったせい, なったそう, なったと, なったとき, なったの, なったまま, なったろういつとも, なったん, なつたら, ならなかつたの, ならぬと, なられるとの, なられ乙姫様, なりそれ, なりましたか, なります, なりますが, なりますと, なりますよ, なり体重, なり咲き垂れて, なり尿, なるかも, なるが, なるそう, なるだろう, なるとも, なるので, なるのにね, なるん, なる以上, なる大, なれ, はげしくなる, はたん杏色の, はっきりと, はつきりした, はなはだしくなっ, ふえて, ふかくなる, ふくらみ少し, ふくらむ看護婦, ますます高く, やせながら, よい花, よくこそ, よくなつ, アカイア軍の, 上手に, 不安に, 世上へ, 今日また, 伯母さんは, 元気に, 兼家との, 冴えて, 出かけたの, 出来るの, 勇將奮ひ立ち上り, 募って, 募つて, 募つて來, 募るばかり, 勢いを, 厚かましくなっ, 厚くなっ, 味方が, 城主に, 増大し, 増強する, 多い, 多く出る, 大きくなっ, 大きくなり, 失はれて, 家庭を, 容体も, 富んで, 寒いが, 広がって, 弱って, 強くなる, 強まり次第に, 強めて, 形が, 影は, 彼らの, 彼女は, 快いほう, 快ろ, 思はれる, 悪くな, 悲壮味を, 想念に, 憤激を, 成って, 拡つて行つた, 拡大し, 昂まっ, 暑さ, 暖かさ, 朱く, 来てるよう, 栄えて, 死ぬ者, 気が, 法螺の, 深くなった, 濃くなっ, 燃えとぼれて, 猖獗を, 當つては, 疑い深く敵意, 痩せて, 痩せ衰えて, 瘠せて, 癒えて, 私も, 繁くなっ, 繁くなつ, 美くしく, 美しく才, 膨らんで, 膨れて, 自分が, 色濃くなっ, 藩の, 血色の, 行宮の, 衰えて, 衰弱し, 見えた筈, 見えましたが, 見えるその, 認められ注目, 負ふところ, 賑やかに, 赤の, 送りますぜ, 過ぎなかつたの, 違いない, 違ひありません, 金廻りの, 長くな, 陽ざしも, 隆盛の, 青くなっ, 青草の, 顔色が, 高くなっ, 高まるばかり

▼ ましてから~ (268, 1.2%)

3 一週忌の, 私の, 私は 2 いろいろの, 今年で, 今日で, 容体が, 後の, 急に, 間もなくの

1 [245件] あなた様には, あまり刺繍, あらたに, いくらかお酒, いったん長浜, いつまでも, いまだに音沙汰, いろ, いろいろお, いろんな取り沙汰, おいでに, おしず, おつれ, お世話に, お供した, お判り, お恨み, お手紙, お旗下様, お梶さん, お父さま, お生まれ, お聞かせ下さいまし, お艶様, お遊さん, お邸, お降り下さい, きゅうに, きッ, こっそり忍ん, このごろは, このとおり, この事件, この王滝辺, これで, ごいっしょ, さらにザヴィエル, すぐ川崎, すっかり様子, ずいぶん年月, そのままに, その人間, その兵営, その後まだ何とも, その疲れ, その釜ヶ淵, その骨, それでも蕎麦かき, ただ今まで, たった一人, たった二年, だん, だんだん神経衰弱, だんだん西, ちょうど四日め, ちようど十日にしか, つい思いつき, です, でよろし, とにかく法律, どうとも, どこぞで, どこへなと, どんなにお, どんなに苦しみました, なお口, ながいあいだ, なよなよと, のち約, はや二週間, ひと言ふた, ふいと, ほとぼりの, ほん当に, またもや世の中, また一杯, まだ御, まるいち, もう三年, もう五年, もう何年, もう千二百年, もう長らく淋しく, ゆっくりと, わずか一年余, わたくしが, オーストリアの, キヤ, キリスト教は, ザヴィエルは, ジイドの, 一層お, 一度の, 一度貴方, 一月ばかりは, 一躍花成金, 丁度一週間目の, 七日目に, 三年に, 三日めに, 三日目の, 上の, 上表の, 不思議にも, 事業も, 二三日も, 二年この, 二年目に, 二年目の, 二月に, 二週間目の, 二階の, 互いに無益, 五日目に, 今は, 今度こそ, 他の, 以来何故か, 伊之助は, 伊那からも, 何か, 何ヶ月かの, 何処へ, 何度も, 余り丈夫, 其の時, 其の邪法, 処分を, 初めてサイカチ, 別人の, 助けられる迄の, 十九年で, 十四号室の, 十年めほどの, 十日あまりに, 半年あまりも, 印度の, 取りしらべたことども, 只今では, 唯都, 商売を, 園子様の, 堤防が, 塩づけ, 外浦へ, 多く家来も, 夜そっと, 大いに考, 夫の, 妹に, 始めてでございます, 姿を, 孫詒讓が, 安治川君などと, 家も, 将軍家は, 小僧を, 小父さん, 屍骸を, 山の, 島田に, 市中の, 年の, 役に立ちません, 彼女は, 後この, 後丸三年の, 御ほっそく, 御りょう, 御亭主, 御新造は, 御相談, 御祝儀, 徳次郎の, 恰度十日目の, 患いまして, 指折り数える, 改めてお, 数年に, 断然発奮, 新幡随院, 日に, 日に日に人気負け, 旦那と, 旦那様が, 旦那様の, 早いもの, 早速お, 明日で, 是非ためし, 時は, 書く事, 朝に, 末次に, 本当に筆, 桜ヶ嶽今, 樹が, 殿様の, 毎年五月雨の, 水汲み, 江戸に, 深く日蓮様, 満八ヵ月, 満四カ年目の当り日, 父と, 父は, 狂言の, 目録を, 直ぐに, 着て, 祖母も, 神は, 私ども兄弟も, 私へ, 私も, 突然脅迫, 約一週間, 約二十時間後, 約半月, 継母に, 聖書の, 自邸で, 行方知れず, 西洋の, 西郷薬局に, 誠によく旦那様, 貴方の, 貴方ばかり, 足かけ五年毎日根気よく, 軍医を, 返事を, 重三郎の, 鈴木先生と, 長い間, 間も, 間もなく, 間もなくその, 間もなくのち, 間もなく支倉, 間もなく流行り出しました, 随分いそがしく, 雷鳴入りの, 頓と, 駕籠屋に, 鹽を

▼ まし~ (232, 1.0%)

3 あれ, 口を

2 [14件] あまりにつ, なりたれ, や, わびしく, 前に, 恐喝らしく, 控へて, 犬が, 肉づいた, 言って, 言ふ, 読書, 近頃は, 音を

1 [198件] ああ, いふ, いふ動物保護で, おだやかな, おどけ乍ら無限に, お茶を, くよ, こ, さへ, しづかに, そしてす, そしてわびしくせつなく, そして飲め, その日, その花びら, それが, それを, でも思う, でも思ふ, といふ, なごやか, なつたね, なりやが, なり総て官吏服務規則, なり躯, はある, はったと眼, はな散りみだれ, はな散り乱れ, は言わなかった, ひたすらつ, むやみに, やつて, ゆかりあり, オナラを, リリ, 一席述べ, 一間ばかりの, 下に, 不意に, 世間へ, 両手を, 争つてゐる, 事業の, 云ひ罵る, 云ふと, 人が, 人家へ, 今日も, 児戯に, 全身に, 兩手を, 六カ月もつ, 列を, 力も, 動物的な, 卓上電話の, 厄介な, 友情を, 収賄は, 取り囲んで, 取締って, 叫びを, 合掌し, 向ふ, 吠立てる, 命令する, 喇叭が, 声高に, 大根煮る, 女中の, 寢か, 対処し, 小さな些, 左右に, 帰つ, 干渉する, 平次の, 座つた, 彦太郎が, 彼方の, 心を, 思い緊張した, 思い髪も, 思つた, 恥かしげ, 息ぐるしさ, 息を, 應へ, 成長し, 我がと, 手に, 投り出された, 指図する, 挨拶した, 挨拶する, 控へ, 控へてを, 掻餅を, 揃つて泣きや, 支離滅裂な, 故主の, 敬虔で, 斯う, 日本晴れだ, 月の, 机の, 村の, 板の間に, 板屋根を, 根を, 横た, 横たへ, 歪んで, 気味わる, 気象も, 気骨も, 氣の, 汽車待てる, 沈黙した, 沙汰し, 泣き立てる, 清らかな, 無しに, 照し出された, 牡牛の, 生活したい, 生活しよう, 生活せよ, 生活を, 生長しつ, 疾駆し始めた, 病的に, 直接まつ, 相手を, 眼について, 眼を, 石垣が, 私の, 私は, 私らしい, 笑つてゐる, 笑ひしれる, 糠の, 絵具の, 練り行く, 美しいほどに, 群を, 考へ, 耳の, 耳を, 聞えて, 聞ゆ, 聞ゆれ, 肌ぬぎ, 胸の, 脚を, 色艶も, 蔓草の, 藤枝が, 装束し, 褒美なんどと, 言っても, 言は, 言出す, 言葉を, 読書清閑を, 調子の, 謁見を, 警察の, 警笛を, 變つて居ります, 豪華な, 貫一は, 買物を, 足音を, 輿入れした, 這ひ, 遊びに, 遵奉し, 邪推した, 郵便脚夫が, 金盞花二三りん, 鈍びては, 鈴を, 鐸を, 隱し, 雪が, 静かに, 静観的な, 顏立も, 體術武術の, 鳴きかは, 鳴きたてた, 鳴りそれから, 麥藁の, 默つてくつつい, 龍子に

▼ まし~ (219, 1.0%)

7 ものに 6 んだ 5 のは 4 のが 3 のだ, のである, のです, ものを, ような, 社会を

2 [18件] くらいだ, くらいである, くらいな, ことが, ことは, ことを, ところが, ところへ, のでそれ, のを, ば魚鱗, 人物を, 人間に, 方という, 暮らしを, 物を, 生活を, 顔を

1 [143件] あらわたし, あれを, おもいなども, お姉さま, くらいです, くらいね, くらゐ, くらゐだ, ぐらゐのものである, ことでも, この通り皆, これから裏, そこの, そんな他人行儀, とき又, ところがある, ところで, ところに, どうもし, なんなら, ね, の, のかも, のさ, のであろう, のでしょう, ので世間, ので私, のに, のよそういう, ばほととぎす, ひとに, ひとは, ほどのむごい, ほど娯楽施設, またお客様, もので, ものと, ものという, ものとして, ものも, やうだ, やうに, やつは, ようだ, ようである, わけでしょう, わたしの, んで, んです, ツイわたしが, ベッドよりも, 人にばかり, 人の, 人生を, 人間かと, 人間としての, 人間よ, 今お, 今度来たら, 仕事し, 仕事も, 位だ, 住家だ, 何う, 何事かで, 作を, 作品でした, 作品を, 其の代り私, 冬です, 冷えますから, 前に, 商売か, 壕で, 天気に, 女が, 奴かと, 娘であったら, 娘は, 家に, 家の, 家を, 封筒なんか, 小さいデレンコフ, 小説が, 工場労働者の, 工夫を, 形態である, 待つて, 待遇を, 後生です, 感じである, 態度だ, 所は, 手を, 拙が, 政治ぐらいは, 文化も, 文学の, 方かしら, 方である, 方です, 方な, 日本人で, 暮しを, 書物を, 書評でも, 条件で, 枯枝の, 梅松論などの, 此の, 気も, 洋服を, 派出婦が, 温たかい情愛, 燭台を, 環境で, 生活, 生活が, 着物いう, 私が, 私呼吸が, 私座興で, 程度だ, 程淋しくものうい, 結びに, 結婚を, 結婚相手を, 芸術家であった, 若いもの, 蒸風呂です, 親身な, 詩境に, 追分なんぞも, 連中です, 部らしい, 部分の, 部分を, 部類の, 青年が, 題を, 食物も

▼ ましてな~ (205, 0.9%)

3 それを, ア, 男は, 相場です 2 その人, ほし常, 例の, 千鈞の, 郡村に

1 [183件] あげくの, あそこの, あっしが, あなた様を, あのお, あの晩, あれこそ, あんたとともに, あんまりあつし, あゝいふ, いささか平貞盛, いやこんど, いやはや, うるさくて, お上様, お前の, お天道様の, お宅, お宗旨, お恥ずかしい, お蔵, お訊ねしたい, かたきが, こいつの, こうこう言う, こうしておとなしく, こうして日限飛脚, こちらの, この下, この前, この宿, この時計, この湖, この紙包み, これが, これだけほどに, これは, これはと, こんなとき, ご器量, さるお, じゃによって, そうおい, そうして釣, そこでとうとう, そこの, そして貴下, その帰り途, その用意, その男, その町, その者, その薬草, それから, それからいっしょ, それから拙者, それが, それで店, それで赤い, それに朝鮮人, それも, それゆえいくらか, それ引手茶屋の, そんなら, ただいま別居, ただ今は, ちょうど今晩, ついこんなに遅く, つい十日, どうやら私, どこの, どんなまずい, なにかで, なに気なく, はいこれ, はじめの, ふいっと, へい, ほかが, ほとんどあっという間, まえから, まっすぐに, みごとに, もう来, もう現に先口, もしも浪人, やっぱりぷんと松やに, やはり神品, ようやくお, わたくしも, アここへ, アブアブ水を, ア実に, エンヤエンヤで, カーッと, キリキリと, セザンヌの, ハハハハハハ, ハンドバッグから, 一人じゃ, 一頃は, 丁稚小僧番頭近頃, 下に, 下谷から, 不思議な, 人さまから, 今でも, 今宵は, 他国にも, 住友へ, 何さまあの, 何しろ闇市, 何れ電車会社の, 何時の, 傍から, 先方では, 八石平から, 内々で, 到頭食いつめ, 加藤さんも, 勤めを, 十日ぐらゐであつ, 十日でも, 口を, 召使を, 可く無い, 名は, 唯至って古い, 器量よし, 地図を, 売ったお, 大いに土地, 大てい, 大勢の, 大阪の, 女と, 実行された, 家では, 少し甘い, 尻尾で, 履物も, 山坂を, 岡本兵部という, 平河天神だの, 彼女達今夜の, 御届け致しますれ, 恐怖性神経衰弱とでも, 懇望され, 成る可, 成程, 所々ほうぼうと, 手っとり早い話, 折よく, 日本では, 昨年来世間に, 此の, 殿の, 毎日日にち泣きの, 泣かせたり, 湖水めぐり, 煎じて, 王事には, 男の, 町から, 留まって, 私は, 競って, 第一, 素人の, 結局あなた方の, 藤沢から, 親父の, 貴下方, 赤子を, 足が, 足を, 近いうち面, 近所に, 退職した, 非常な, 首だけ, 騒ぎだしたよう, 骨と

▼ まし~ (179, 0.8%)

13 と思っ, わ 12 と思う 97 と思った 5 と思 4 ということ, と思つて 3 から, といふ

2 [11件] そうです, というの, という気, といっ, と思ふ, と思われる, と私, と考え, と考えた, と考へ, んがナと

1 [84件] いやになる, からです, からと云, からと言っ, からな, から買い, かわからない, か知れない, が, がビクター, が大した, が家庭劇, が西, くらいに思いつめ, けれどとても, けれども, し, しそれに, しだいいち, ぞ, つた, つたのです, と, というのかい, というわけ, という点, という結果, という頑強, といつ, といふ農民, といわん, とおっしゃる, とおも, とおもっ, とおら, とさ, とさえ思った, とし, としか考えられなかった, としなけれ, とすら思った, とそれ, となん, とはな何, とは言えます, とまでは気, とも考えた, とサバサバ, と下世話, と云う, と云っ, と信じ, と僕, と君枝, と家中, と彼, と彼女, と思いました, と思います, と思ひました, と思ひます, と思わせる, と無意識, と結論, と言ってた, と論じた, と豹一, と露見, などと考えず, などと考へ, なんては少し, なんて口走つ, ね, ねぐらいに云われたら, のに, もの, もン, わどこ, わね, ん, 去年は, 字に, 少しは, 結構だ

▼ まし~ (148, 0.7%)

4 が憤らず 3 なれば, よ 2 うでした, から迸, と美し, に於い, は八五郎, を, を感じ

1 [124件] いひやう, うして, う致せ, う遊ばせ, お上ん, かも知れない, からこの, から生れた, があつ, がある, がこの, がなけれ, が何となく, が僕, が厭, が妙, が平次, が漂, が私, が雲, さ, すれば, その上, ぞよあかあか, だった, だ細工, で, であったに, でありました, である, であるが, です, でせう, で御座いました, で所持金, で自分, で金, というもの, とは違, とを交ぜ, と言, などは微塵, ならお, に, にお, にかけては文壇, になるであろう, には感動, にも人知れず, にポケット, に八五郎, に反感, に呆れ, に平次, に思わず, に惹かれた, に慄, に戰慄, に打たれた, に横井源太郎, に泣きかけた, に瀞, に痺れ, に立ち直る, に訳, に遠く, に馴れず, に馴れた, に驚いた, ね, のかぎり, のないはげしい, のみがその, の上, の感じ, の所爲, の泉, の見える, はさすが, は三輪, は何, は充分, は常に, は私, へし, へした, もあり, もなんとなく, も兄, も少々, も無かっ, も無駄, も見, や繼子, や醜, をお, をグヮン, をマザマザ, を保つ, を先代小左衞門, を刻ん, を取り失っ, を味わう, を失はず, を崖, を感じさせました, を感じさせます, を感じさせられる, を憤つ, を抱い, を持, を添, を狙つて, を知らん顔, を考へ, を葉子, を避ける, を雑, ア指の, ア此方へ, 堪うべ, 堪ふべからず禿顱, 白い脛, 見ぐるしさ

▼ まし~ (125, 0.6%)

5 言ふ 4 いって 3 いってるん, 先に 2 なって, 云った, 云って, 思って, 景気よく, 翼を, 首を

1 [96件] あいさつした, いうから, いえば, いさぎよく自分, いったけれども, いってるじゃ, いはれるの, いろいろ涙, いわんばかりに, おはぎ食べ, お辞儀を, お頼み, お願いしました, お願いする, お願いに, かけて, きいては, こう申します, せがれに, そう云います, たって, つまは, とんでもねえ, どのよう, ならんで, なりましょう, なるの, まアお願い, 世にいふ, 云いながら, 云うので, 云えすると, 云ったところ, 云ったほどにも, 云ったらどんな, 云ったら斯ん, 云ったんざま, 云っても, 云つて先頭から, 云ふもんだ, 何が, 來た, 侘びつればそよとも前の, 傍若無人じれ, 出迎える顔, 吐した, 啜り上げて, 四十恰好の, 夜食の, 夢中ながら, 大年増の, 娘は, 存じましたゆえ, 強いていえ, 思います, 思うから, 思える候補者, 思ひしもの, 思ひたち, 思ひ惑, 慰藉とを, 我物顔に, 手に, 挨拶した, 書いて, 本式の, 案内の, 熱心に, 申しこみました, 申しますの, 申しわけを, 皆が, 神様や, 私が, 称へて, 笑って, 縋るよう, 考える, 考える人, 荒れくるう泰軒, 荷を, 親しい挨拶, 言いました, 言ったらああ, 言って, 言つてそれから, 言ひました, 言わんと, 詠じた吾人, 詳しい履歴, 足の, 釣台に, 間近な, 頼むの, 頼んで, 食事せず

▼ まし~ (121, 0.5%)

4 私は 3 何人も, 天下を, 後生折つて下され, 此方で, 筋向, 言ふ, 負まし

2 [11件] おまはん, お話したい, お酒, 夫では, 御父樣, 池の, 湖の, 私一人です, 花魁, 蛤を, 見る目

1 [74件] ああいう, あの石川様, あゝ痛, おのづか, おほほほほ, お嬢さま, お嬢さんが, お客様, かうして, こうしてお金, これでも, こんな時, さ此処, そう遣っ, そつちのみ, その扉, それではもう, それとも待っ, ほかの, ほんとにお気, まあ, まアさ, もう追, やがて霧, アノチョイと, ウ, サこれを, 今の, 他に, 伯父様同腹で無き, 伯父樣同腹で無き, 佐助どん送っ, 何う, 冠つてお, 切れますまい良人, 喜勢川はんの, 好いじゃ, 好いぢ, 始めてお, 宜う, 宮様も, 屹とよ, 彼処に, 後は, 御出世, 御慈悲, 御父様, 御遠慮, 御遠慮なく, 怪我でも, 書かせて, 止めましよ, 汝一人で, 涙で, 滅多に, 烏が, 盗賊が, 矢張内端ぢや, 確かりしなまし, 私が, 私しゃ至って, 稻垣小三郎さまから, 紀伊國屋の, 紅いな, 胡麻の, 能く, 花魁お, 花魁そんな, 花魁何うし, 花魁何を, 落着くとお, 贔負分にね, 酒も, 長次はんが

▼ ましがた~ (91, 0.4%)

4 私の 2 の雪, ぱちぱち音, 出て

1 [81件] お向う, お帰り, お湯を, お秋, この下, この書, さんざんおそろしい, じゃ, そういう人達, それが, たしかにおこ, たしかにここ, だんなさまが, でご, とつぜんいや, どちらの, にらみが, の眼つき, の自分, また多量, までその, までの何, までふぐ, まで印刷所, まで木の葉, まで熱心, まで私, まで私達, やったもの, わらつてゐた, ダイヤモンドを, ラジオで, 上がったと, 例の, 其処から, 命ぜられたばかり, 地獄の, 夜の, 大臣から, 小使が, 山の, 山廻し, 帰ったそう, 帰ったという, 帰って, 帰りましたが, 帰りましたと, 帳場の, 干したばかりに, 床屋へ, 弘の, 彼を, 急に, 拝殿の, 数え上げたすべて, 數へ, 松林の, 死力を, 油買ひ, 消えました, 犬の, 犬を, 登って, 着いたところ, 知らせを, 社交室へ, 私が, 立って, 自分と, 若い者, 見た夢, 見た雲, 見て, 訴えた者, 證明せられた, 通ったらしい自動車, 階段に, 鞘ぐるみ刀を, 頭の, 馬車に, 駕籠で

▼ ましよう~ (90, 0.4%)

34952 かしら, が其日送り, 最うそんな

1 [36件] えさ, お出しなさい, かと, かとお, かと云, かな, かね, からね, か同じ, が, がその, がわたくし共, が僕, が彼, が皆喜び, けれども夢にもたえず, こんな話, じゃない, ぜこれ, そういう議論, だ, と, と云, と君, と思つて大急ぎ, と申しました, と言いました, に今, ねえ秋川さん, ねこんな, もうそんな, もの, よねときどき, 然し僕, 貴夫人, 送りましよう

▼ ましたり~ (78, 0.4%)

5 して 2 いろ, するよう, またお, 不動明王を

1 [65件] いたしまして, いたしましては, いませんでしたり, いろいろの, お嬢様の, お話を, これや, しましたり, し御寺, し貴人, するもの, する人, せけんば, それに私, どうしてももう私, な, ま其の, 一人でも, 主馬之進と, 二日も, 仇英の, 仮屋を, 仲直りを, 何か, 何やかやと, 作者とか, 元信の, 兎角に, 又は諸国, 和歌山の, 唖が, 嚇したり, 外に, 夜も, 夜逃げを, 大木の, 夫婦の, 山奥の, 山本宗英先生の, 常規, 幕屋を, 庭背戸まで, 御ひいき, 心を, 或は又, 持って, 明日は, 時には打擲, 晩方来まし, 汝が, 父は, 痛めたり, 目まいが, 種々理由, 笑わんと, 背中をど, 自分達で, 蕎麦を, 親の, 誓いを, 跛が, 路地を, 酒を, 頼家が, 頼朝政子の

▼ ましてからは~ (66, 0.3%)

1 [66件] いつからとも, いままで, いろいろと, おくがた, お祖母さんだけが, お苦しみ, お部屋, ここに, これが, これは, すっかりこの世, すつかり, それが, ただもう, だれとも, どなたへも, ひどく物思い, ほとんど教室, ほんとに世, まるで人間, めめしい貴族的, もう大, よい機会, よく覚え, 三界に, 下総国小金ヶ原の, 不如意つづき, 久しく出かける, 二人の, 京に, 何も, 何分にも, 何處の, 例の, 全くこうした, 其中に, 前述の, 助けて, 又若旦那様, 各方面, 声までも, 大して惣次郎, 天地の, 奥様はじめ宇津木様矢代様の, 富山の, 怪我にも, 悲しいこと, 我等の, 手紙ばかりが, 新吉が, 日に日に悲しい, 普通の, 樺太との, 母も, 湖の, 牡丹に, 王様の, 私だけが, 私には, 私の, 継母は, 臣の, 良人の, 行った事, 鐵道も, 陳列室を

▼ まし~ (60, 0.3%)

5 泣き下さいまし 3 聞きにな 2 泊まりなさいまし

1 [50件] とむらいでございますか, みずからご, ゆるし下さいましわたし, 仕事にね, 他人様の, 休みなさいましと, 休みなさいよう, 休みなさりまし, 休みの, 助け下さいまし, 化が, 危うございます, 叱りくださいまし, 君さんが, 困んなすつたらう此雪, 土産を, 女中さんは, 嬢さま御機嫌宜しゅう, 孃樣, 孃樣は, 孝さんちょい, 小夜様は, 尼さんそうして, 帰りに, 思い出しなすって, 情けぶかい, 慈悲, 懸けなさいまし, 手並拝見いたし, 手形は, 正午前の, 犬を, 留守中に, 眠りも, 福茶を, 色のです, 見のがし下さいまし, 辞義一ツいたします, 遁げなさいまし, 邪魔を, 酌を, 鉄や, 隠しなさいます, 静かに, 頭の, 頼み申します, 願でございます, 願ひで御座います, 飯上りまし, 饂飩もござります

▼ まし~ (46, 0.2%)

4 も戴きます 3 は何 2 が流し, はこの, は主人, は其月堂, は少し, もいただきます

1 [27件] がまだ, が解死人, が附いてる, に代っ, に何ん, の恋, の所, の方, はくらい酔っ, はここ, はそこで, はただいま, はどうせ, は千代, は女按摩, は実に, は小便, は此, は死ん, は毎日対手, は毎日相手, は江戸, は深川, は龍君, もハア, も何卒, も籍

▼ まし~ (42, 0.2%)

3 さまなり, 山ご 2 やうです, ように, 屋の

1 [30件] お父竜王さま, ことばを, なつかしや, ほそっこい骨, やうに, ようだ, ようでした, ようです, ような, ようにさえ, カプセルと, チゲ, ビスケットと, 世に, 兄人で, 分です, 好場所, 意味は, 方向に, 春の, 時を, 樣だ, 種, 編笠さん, 行方へ, 言葉を, 許可も, 賃銀の, 部よ, 頓服と

▼ ましもの~ (40, 0.2%)

28

1 [12件] か, と, と來, と来, をとくやしがる, をと言, を一切, を云々, を小, を小夜, を山城, を蜩

▼ まし~ (37, 0.2%)

6 あつた, はない 2 あらうと, せう, はあるまい

1 [19件] が純, その並べ方, それよりは, はないでしょう, はなから, は世界じゅう, より合理的, りっぱで, 一枚一枚を, 一枚書く, 二十七日ごろから, 八分弱の, 喉も, 涼しい, 私が, 耳も, 赤玉ちう, 赫と, 麦も

▼ ましてネ~ (36, 0.2%)

2 其れ

1 [34件] お前などは, お嬢さま, そりや, どうも田舎, もう肉, ホ, 一人で, 不図, 世の中が, 二日目の, 五体が, 今の, 仮令女性, 何でも, 何卒日本, 僕は, 其れで, 其時山木様も, 兼吉さんと, 化粧も, 始終往来, 嬉しいとも, 家庭の, 寧そ御, 山木さんも, 御年首, 明日は, 有り難いの, 服も, 此頃も, 私は, 私始めは, 箱根あたりへ, 誠に御不

▼ ましながら~ (36, 0.2%)

1 [36件] それでも何, それらを, ついにかく, どんどん前, なおもすすん, なおもするする, まっくら, ラッセルの, 傷口を, 半ば夢中に, 奔流し, 寝そべって, 實際何一つ爲出來す, 川から, 帰りつつ, 恐ろしい負債, 有君而無臣を, 棟梁の, 歸り, 決してめまい, 洗濯工場の, 由子の, 皮を, 相手に, 私は, 突然荒々しく, 筏の, 続けて, 自分の, 葉書でも, 言葉靜かに, 談し, 近くの, 返事した, 酒の, 銀座へ

▼ まし~ (35, 0.2%)

2 して, 世に出で, 身に

1 [29件] あまた世, いうの, いふの, こめて, した三部屋, つた, どる布袋はさ, やった, らしや, 一本柳, 三重まで, 兼ねた依代, 大和なる, 太刀はけまし, 御拝み申す, 憂しとも, 我一人残りと, 旅人の, 梅の, 男らしき君, 秋なら, 若し夕潮, 見て, 触れ出して, 語った上, 願いまする, 飲みましたが, 飲もう, 馬なら

▼ ましかも~ (34, 0.2%)

10 知れない 3 しれない 2 しれません, 知れないが, 知れないと

1 [15件] しれないが, しれないと, しれないな, しれないわね, しれなかった, しれぬよ, わかんねえ, 知らねど, 知れないけれど, 知れないて, 知れないなどと, 知れないね, 知れないわ, 知れぬという, 知れません

▼ まし~ (34, 0.2%)

42 な姿

1 [28件] である, で半分健康, なるに, なる男, な何方, な力, な唇, な悪戯小僧, な枝, な熊ン蜂, な目, な聲, な足, な輝き, にその, にとろろぎめぐる, に中宮寺, に光つて, に奏し, に彼, に組ん, に美少年, に肥えたる, に脱がず, に落日, に袖, に語らひ行く, に黙りこんだ

▼ ましてと~ (33, 0.1%)

2 後は, 言って

1 [29件] ある大きな, いっても, いつたやう, しばらく言葉, ぺこぺこ頭, またスッ, 云うと, 云うので, 云う前置き, 云って, 勝逓相の, 声が, 奥さんが, 存じましたなれど, 小声で, 床の間の, 微笑した, 指環を, 斯様に, 書いて, 来るかな, 殊勝らしく, 申しても, 礼を, 私が, 細かに, 言う, 言ったきり, 詫びたり

▼ ましです~ (31, 0.1%)

74 から 3 が, よ 2 からね, ね 1 からな, からもう, がね, が事実私, ぞとしきりに, ね咲枝, もの, ものね, ワ, 生活の

▼ まし~ (30, 0.1%)

2 人の

1 [28件] のである, ものであった, をもまったく, アイロニイの, 三ぴんだ, 事で, 事実だ, 処刑に, 国に, 姿, 姿を, 寂しさ, 恥辱の, 方なか, 極みでも, 目を, 禍の, 秩父山岳の, 絶望の, 考が, 者, 者等で, 色であり, 薄ドロ, 診断を, 鋼鐵に, 陣痛を, 面を

▼ まし~ (26, 0.1%)

3 くれて 2 かな女だけに

1 [21件] おどしによって, かさの, かさを, かな女だった, かな女極めて, かな心を, かに誕生祝を, かに顔を, くれたおと, くれたしかし, くれた人, くれた依然として, くれた幼児基督, くれた生, くれた甥, くれた身, と思ひ, 思ってるくらい, 秋の, 菓子器に, 須磨の浦波

▼ ましてねえ~ (25, 0.1%)

1 [25件] あなた, あんなにたより, おこらへ, お忙しく, そばで, それでこんな, それでつい, それは, てっきり気ちがい, どうぞ笑っ, どうも酔狂, ほんとにあの, また父, まアほんとう, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, ニヤッと, ヘエ貴方死んだ, 二三年前伜に, 仕方なく, 何う, 又ひどく, 町田狂太さん貴方は, 私も, 長いこと病気, 頭の

▼ ましかば~ (23, 0.1%)

2 何事にも, 明星と

1 [19件] いかばかりおもしろから, かばかり沈滯, その三美, その反, そは, そを, つゆも, わが足, 女郎花荒き, 彼ら如き, 後の, 我が, 我は, 断ちても, 此の, 死際一層, 知られやせまし春, 老いたる, 鬼氣人を

▼ ましての~ (22, 0.1%)

2 仁義失礼さんに

1 [20件] お話で, お話に, ことに, その上, もっとも両, われら同志においても, 上は, 事で, 仁儀失礼さんに, 伜が, 家々の, 帰りでした, 年寄の, 御分身, 御陽光, 悲しみを, 戻りでございます, 手厚い待遇, 爺どのが, 種々と

▼ ましねえ~ (22, 0.1%)

1 [22件] あなた, あれは, お天守, お客様御, お母さまあなた私の, かさねがさね礼, こんな結構, それじゃ, 何ともヘイ, 兄き, 其の代り, 嘴太烏も, 坊ちゃ, 坊ちやま, 彼奴は, 彼様な, 心の, 折角の, 止しましょう, 漸く後, 私が, 見ようとも

▼ まし~ (22, 0.1%)

52 が, は, をもつた

1 [11件] がその, のおと, の事, の宿, の心, の泣く, の花, をこぎ, をもつ, を泪ぐましめたか, 等は

▼ ましその~ (21, 0.1%)

2 うちに

1 [19件] お内, お方が, お方は, お稲荷様, お金が, ことによって, 上で, 下に, 代り素人でが, 國人名は, 女の子は, 帆柱の, 御名を, 御返事を, 方が, 日に, 時に, 父の, 細ながい眼

▼ ましそう~ (19, 0.1%)

2 でないと, にスウプ, に奥

1 [13件] したらなん, すれば, でなければ, な奴, な男ぶり, にまた, に三つ指, に上唇, に覗き込ん, に顔, まずくは, 致しますと, 言って

▼ ましぐら~ (18, 0.1%)

32 に何処, に駛

1 [11件] にわれら, に前進中, に奧, に彼, に摩耶夫人, に望み, に赤土, に赴く, に進み行きける, に馳せ去りぬ, 昇りゆくその

▼ ましてからも~ (18, 0.1%)

1 [18件] ある期間, そういう感じ, その始, その後時々, ちょいちょい知合い, とかくに, ときおり大勢, よその, 十年間私は, 参るの, 尋ねて, 常と, 彼は, 後程の, 折に, 毎日たれ込め, 自分では, 身うちが

▼ ましよと~ (18, 0.1%)

3 告口する, 母は 2 ちよこ, 跡を 1 ちよこちよこ走りに, どうでも, 云うねえ, 云ったら少し, 何う, 取つく憐れさ, 手を, 趾を

▼ ましである~ (17, 0.1%)

2 見込みも

1 [15件] かもしれない, から大, ということ, というところ, という意見, と僕, と同じ, と思いなおし, と思います, と思っ, と思った, と計算, ので非常, ように, ようにも

▼ ましわたし~ (17, 0.1%)

2 が悪い, と一緒

1 [13件] がつい, が冗談, が悩ん, のいう, のたぶん, の身体, はお, はお前さん, はそう, はどこ, は苦し, も退屈, 本当にお

▼ ましくも~ (16, 0.1%)

1 [16件] ありましやう, いむか, ない自分, なりますよ, なるし, なるだらうからな, 凄まじい家居, 引裂かれこの, 怒號, 思えた, 思って, 思われたか, 感ぜられて, 押しつくねて, 痛々しい姿, 荒れ果てて

▼ ましくし~ (15, 0.1%)

1 [15件] たという, たの, ていた, てそして, てはゐる, ても夢, ても村瀬, てゐた, てゐる, て何故, て茶革, ないよう, ながら田口, をらしく, 行く手段

▼ まし~ (14, 0.1%)

3 時にその

1 [11件] てしくじらない, 八十神の, 時にす, 時に到ります, 時に大, 時に大き, 時に女人遇, 時に待ち懷, 時に御, 時に香坂, 時に鹽椎

▼ ましたる~ (14, 0.1%)

2 ものたり, 難局に 1 が鬼王丸, そのう, に, にや後, を嵐山, 八尺の, 命なりき, 山猫でござい, 川の, 虎の子が

▼ ましやう~ (14, 0.1%)

1 [14件] か, かお, か大師, が謂, けれどそ, だから私, つまらぬ妻, で御座いますけれど, とあと, とも然し, と言, なら火, よ一足さき, 丁度炊い

▼ ましあの~ (13, 0.1%)

1 [13件] お調べ, ご親切, ウ朝御飯は, 人は, 先生は, 埃蠅の, 大筒で, 山崎様が, 御免, 御支度, 方が, 通りもう, 通り困った

▼ まし~ (13, 0.1%)

2 を上げます

1 [11件] うぞ, うで, うも, うもお, か得られるでございましょう, か御用, によりてか, に致しませう, の様, もゐ, んぼ

▼ まし~ (12, 0.1%)

1 [12件] さした一つ物, たちゅうちゅうと鳴き, ついた, ほんとうは, パトモスの, 家に, 宿も, 手の, 直に一致, 胸むなしき, 雪山の, 願ひ

▼ ましくい~ (12, 0.1%)

1 [12件] う, うこと, うし, うつもり, うと, うには, うの, うやつ, って, ってやがる, って波うつ, って造らせ

▼ ましてか~ (12, 0.1%)

5 やうに 1 お城, このごろでは, やうな, 大和の, 定遍の, 御前を, 満願の

▼ ましという~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことであった, ことを, のが, ものか, ものだ, ような, わけだ, んです, 位の, 意味に, 言葉が, 風な

▼ ましこの~ (11, 0.0%)

2 お婆さんで 1 お方は, ところに, 人は, 寝台へ, 村に, 柱に, 生き生きした, 白身を, 糸瓜も

▼ ましたけ~ (11, 0.0%)

1 [11件] に, にち, にやりかけ, によく, に世話, に前, に嘘, に直ぐ, に真, に西洋, に雲

▼ まし~ (11, 0.0%)

2 しね 1 あなたの, いいでしょう, がんだ, すぐに, そうなさいまし, ヱいま出かけ, 伯母さま, 御飯と, 荒場の

▼ まし~ (11, 0.0%)

1 [11件] よわい高く, 一緒じゃ, 安心なさいまし, 当家, 折角お, 本宅の, 病状が, 立腹は, 緩り, 自由に, 遠慮無しに

▼ ましここ~ (10, 0.0%)

2 でございます 1 からお, が荷物, に関所札, の栗形, は私, へおいで, へ来た, をお

▼ ましこれ~ (10, 0.0%)

1 がどうして, が木の葉, はその, はほとんど, はわっ, は誠に少し, までもあなた様, まで伊之はん, を, をあなた

▼ ましただ~ (10, 0.0%)

1 あ, あよ, いまは, くしゃくしゃ語っ, まあまあ浮世, ウィル旦那, ハイ, 旦那, 旦那こっち側ので, 長老様に

▼ ましだろう~ (10, 0.0%)

1 という渡り, となっ, ともう, と思い, と思いました, と思った, と思われる, と想像, と考えた, にね

▼ まし~ (10, 0.0%)

1 かなしそう, つづいて, の無, までの威勢, まで僕, まで剣渦戟潮, をした, 出て, 来たばかりよ, 迄歩い

▼ ましじゃ~ (9, 0.0%)

3 ないか 1 ありません, ありませんか, それに, ないですか, ましじゃという, よ

▼ ましそれ~ (9, 0.0%)

2 でないと 1 から遠藤, じゃア, だのに, に以前吉原, をおっしゃられます, を合図, 見なせえ

▼ ましであった~ (9, 0.0%)

1 かなどとも考える, がそれでも, が美しく, とさえ怨みました, もの, ものを, ものをと, よと義貞, ろうにと

▼ まし~ (9, 0.0%)

1 その後口, たまふ, にお, に遣し, の言葉, はゆるされたれ, よ然, 又別に, 感ぜしめん

▼ ましわたくし~ (9, 0.0%)

2 は決闘 1 があんまり, の胸, の身体, はあの, は疲れきっ, もそちら, ももう

▼ ましあれ~ (8, 0.0%)

2 なら三輪の 1 からとても, におります, に月見寺, に見える, は私, は裸

▼ ましかつ~ (8, 0.0%)

62 たので

▼ ましつつ~ (8, 0.0%)

1 あつた, あります, かえって行きました, 伸子は, 側面へ, 地下道の, 明けく治る御世, 生きて

▼ まし~ (8, 0.0%)

1 かなわぬおから, どうじゃ, ない, 人間に, 先刻お, 断念と, 涙, 長沙羅

▼ まし気味~ (8, 0.0%)

1 で, である, でいる, でした, で銀二郎, になつ, に馬, の堂々

▼ ましてからの~ (7, 0.0%)

1 お米, こんな霧, 事で御座います, 分別で, 大尽さまの, 年月の, 立証の

▼ ましてはと~ (7, 0.0%)

1 ようやく心, 今まで, 先程から, 存じまして, 存じます, 老臣どもが, 見世の

▼ ましてよ~ (7, 0.0%)

1 うく見, わたしの, ホヽヽお, 世界の, 伯母さま, 小母さん何んと, 此言葉丈けには

▼ ましてナ~ (7, 0.0%)

1 こっちを, そこの, 二時間ほど, 亡き父, 今朝の, 何事かと, 栗原の

▼ ましむる~ (7, 0.0%)

2 に足る 1 と同時に, に努力, に相違, に至る, の結構

▼ まし~ (7, 0.0%)

2 のよう 1 と上眼, のごと, の半次, の影, 大御衣

▼ ましくす~ (6, 0.0%)

3 なほな 2 なほに 1 つくりと

▼ ましだった~ (6, 0.0%)

1 かも知れません, か解らない, と思う, のだ, のでいった, 筈である

▼ まし~ (6, 0.0%)

3 やない 1 や, やにとやう, やね

▼ ましでしょう~ (6, 0.0%)

1 あれが, か, が副食物, とこちら, と思われます, よ

▼ ましまた~ (6, 0.0%)

1 三年も, 上ります, 可哀想にも, 天の, 彼と, 水路の

▼ ましめん~ (6, 0.0%)

3 とする 1 か彼, とす, と欲する

▼ まし貴方~ (6, 0.0%)

1 が此方, が然, が見棄て, には済みません, の博大, は御存じ

▼ ましお茶~ (5, 0.0%)

1 だけさしあげます, だけ差しあげます, でもさしあげましょう, でも召し, も冷え

▼ ましお願い~ (5, 0.0%)

3 でございます 1 でございまする, ですの

▼ ましてという~ (5, 0.0%)

1 ことに, のは, わけには, 位を, 理屈も

▼ ましてへ~ (5, 0.0%)

21 いなか, エその, ッへ

▼ ましてん~ (5, 0.0%)

1 その時, それいうたら, そんな事, 別れ際に, 済んま

▼ まし~ (5, 0.0%)

1 いかにも三文文士, して, しましたが, 起りつつ, 追いこまれたにわとりども

▼ ましわし~ (5, 0.0%)

2 は水車番 1 はこれから, は相撲, も若い

▼ まし大きく~ (5, 0.0%)

2 なりました 1 なった, なりましたが, なる

▼ まし後生~ (5, 0.0%)

1 でございます, でございますお, でございますから, でござんす, ですから

▼ ましから~ (4, 0.0%)

1 ざらん, ざると, ざるに, ざる者なる

▼ ましくっ~ (4, 0.0%)

1 てね, て仕様, て家, て蜻蛉一つ鳥一つ

▼ まし~ (4, 0.0%)

21 えお涼み, むかわれただ

▼ ましこんな~ (4, 0.0%)

2 お婆さんの 1 数が, 物の

▼ ましそうして~ (4, 0.0%)

1 お洗足, 一生懸命に, 世間的には, 暫くお隠れ

▼ ましそして~ (4, 0.0%)

1 すべてが, その時, もう二度とこんな, 他へ

▼ ましだらう~ (4, 0.0%)

1 ぢやあない, といふくら, と思, と野沢

▼ ましてからでも~ (4, 0.0%)

2 黒の 1 このお, 歳から

▼ ましてこそ~ (4, 0.0%)

1 この殺伐, 御官服, 慰め合うもの, 日の本は

▼ ましてて~ (4, 0.0%)

2 まえども 1 きを, まえ主人

▼ ましてなどと~ (4, 0.0%)

1 まだお礼, シカメッ面で, 入らざら, 述べたてるだけ

▼ ましには~ (4, 0.0%)

2 なる筈 1 なって, 違ひない

▼ ましほんとに~ (4, 0.0%)

1 あいつらあ, ひとごとでは, 今いった, 何もかも

▼ ましまだ~ (4, 0.0%)

1 お国, お早うございます, 一度も, 十五六丁は

▼ ましもう~ (4, 0.0%)

2 何う 1 ねえこんなに, 破傷風の

▼ ましらら~ (4, 0.0%)

2 の浜 1 のまこと白浜, の白良

▼ ましら玉~ (4, 0.0%)

2 のしら玉あはれ, のましら玉

▼ ましわが~ (4, 0.0%)

1 心夜ご, 心葉がらみに, 心醉ざまに, 譽

▼ まし~ (4, 0.0%)

1 では淡い, に帰ります, は已, より二十年余り

▼ まし~ (4, 0.0%)

1 の部屋, は処女, も何, をね

▼ まし御免~ (4, 0.0%)

1 なさいまし, なさいまし一寸, なさいまし思い切ります, 下さいまし

▼ まし~ (4, 0.0%)

1 が非, は何, は入, 迄の御

▼ まし此方~ (4, 0.0%)

2 へお 1 の肉, へおかけ

▼ まし~ (4, 0.0%)

1 がせいせい, のせい, を鎮め, を附け

▼ ましあなた~ (3, 0.0%)

1 お一人, はできれ, もだいぶ

▼ ましいい~ (3, 0.0%)

2 けにえ 1 ところを

▼ ましおま~ (3, 0.0%)

2 はんは 1 はんには

▼ ましかばと~ (3, 0.0%)

1 それのみ, つぶやきぬ, ほくかなしき

▼ ましさあ~ (3, 0.0%)

2 どうか 1 どうぞ

▼ ましすぐ~ (3, 0.0%)

1 にまた, 何か, 奥さまが

▼ ましそんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, はずは, 真似は

▼ ましただいま~ (3, 0.0%)

1 お話の, 主人の, 立退きまするでございます

▼ ましてからが~ (3, 0.0%)

1 作意を, 元々親御さん達, 種を

▼ ましてからという~ (3, 0.0%)

1 ものは, もの人間世界を, もの見る

▼ ましてさえ~ (3, 0.0%)

1 何です, 余りの, 歯がゆうて

▼ ましてねと~ (3, 0.0%)

1 いうと, ニヤニヤ額, 同感を

▼ ましてもて~ (3, 0.0%)

2 まえども 1 まえにだって

▼ ましてもね~ (3, 0.0%)

1 あれから, 冷い, 平気で

▼ ましてわ~ (3, 0.0%)

1 ざとじゃまだてをなされたのでもござりましょうか, ちきが, アーっと

▼ ましであろう~ (3, 0.0%)

1 がそれ, とも考えた, に

▼ ましでございます~ (3, 0.0%)

1 よ, わたしは, 私は

▼ ましとても~ (3, 0.0%)

1 すばらしい大, 垣の, 目が

▼ ましなね~ (3, 0.0%)

1 わざわざそんな, 小母さん, 若様

▼ ましなら~ (3, 0.0%)

1 せいぜい看病, それでいい, んか

▼ まし~ (3, 0.0%)

1 さば一声の, さむ, さむこと

▼ ましみな~ (3, 0.0%)

3 の者

▼ ましめたる~ (3, 0.0%)

2 は我輩 1 に足跡

▼ ましよう今年~ (3, 0.0%)

3 居れば

▼ ましよう東京~ (3, 0.0%)

3 にお

▼ ましよく~ (3, 0.0%)

1 こそ, ない奴, なるやう

▼ ましら玉しら玉あはれ白玉~ (3, 0.0%)

3 の米

▼ まし~ (3, 0.0%)

21

▼ まし何ぞ~ (3, 0.0%)

1 お暖, や彼, 御用

▼ まし~ (3, 0.0%)

1 ひぬ, へども歳末, べき

▼ まし~ (3, 0.0%)

1 を奮, を皷す, を鼓

▼ まし~ (3, 0.0%)

1 い気もち, う御座います, く入らツ

▼ まし~ (3, 0.0%)

1 ありて, まかせの, ゆるに

▼ まし~ (3, 0.0%)

1 が近づい, のしるし, のなごり

▼ まし毎度~ (3, 0.0%)

1 お母, 御贔屓, 有難う存じます

▼ まし~ (3, 0.0%)

1 うして, うすると, り故郷

▼ まし私共~ (3, 0.0%)

1 はひとまず, は何, を同類

▼ まし~ (3, 0.0%)

2 のわが 1 の妻

▼ まし誠に~ (3, 0.0%)

1 お力落し, 有難う其処, 済みま

▼ ましあちら~ (2, 0.0%)

1 で控え, のお家

▼ ましあと~ (2, 0.0%)

1 の儀, は貸し

▼ ましあなた様~ (2, 0.0%)

1 に打たれる, は沢井

▼ ましいくら~ (2, 0.0%)

1 し, 何でも

▼ ましいと~ (2, 0.0%)

1 來た, 静かに

▼ ましいも~ (2, 0.0%)

1 ないもん, の音

▼ ましいや~ (2, 0.0%)

1 いッ, その余

▼ ましい死~ (2, 0.0%)

1 を余儀なく, を迎える

▼ ましうし~ (2, 0.0%)

1 てその, て居る

▼ ましお嬢様~ (2, 0.0%)

1 が萩原様, は粂どん

▼ ましお札~ (2, 0.0%)

2 を頂きます

▼ ましお話し~ (2, 0.0%)

2 したいこと

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 人間人に, 何かで

▼ ましかたがた歌道茶事~ (2, 0.0%)

2 までも堪能

▼ ましかと~ (2, 0.0%)

1 存じますが, 懐かしさ

▼ ましがたここ~ (2, 0.0%)

1 のすこし, を出

▼ ましがっ~ (2, 0.0%)

1 て合奏, て気

▼ ましきっと~ (2, 0.0%)

1 お思い出されましょう, 疲れて

▼ ましくお~ (2, 0.0%)

2 辭儀を

▼ ましくき~ (2, 0.0%)

1 かされて, こえないの

▼ ましけれど~ (2, 0.0%)

1 そのおん説, 何時も話

▼ ましこちら~ (2, 0.0%)

1 なのよ, は役者

▼ ましされど~ (2, 0.0%)

2 汝は

▼ まししかも~ (2, 0.0%)

1 ご令旨, 完全に

▼ ましすゝぎふるをとみの水~ (2, 0.0%)

2 のいや復元

▼ ましだの~ (2, 0.0%)

1 どちらから, 何方から

▼ ましって~ (2, 0.0%)

1 云いました, 広袖へ

▼ ましつる~ (2, 0.0%)

1 を中, を義盛

▼ ましてからに~ (2, 0.0%)

1 これから飛騨, 道を

▼ ましてからはな~ (2, 0.0%)

1 よく利く, 川向うの

▼ ましてさ~ (2, 0.0%)

1 お金子, ちょっと櫛

▼ ましてつ~ (2, 0.0%)

1 かつて貰つて, じうら売りと

▼ ましてとも~ (2, 0.0%)

1 すれば, 角それでは

▼ ましてなあ~ (2, 0.0%)

1 もうこれ, 三人とも

▼ ましてもと~ (2, 0.0%)

1 云って, 存じましたもの

▼ ましてんと~ (2, 0.0%)

1 云いふらした, 言いふらした

▼ ましであらう~ (2, 0.0%)

2 と考へ

▼ ましでは~ (2, 0.0%)

1 さきを, もういちど

▼ ましでも~ (2, 0.0%)

1 ある, おあり

▼ ましとの~ (2, 0.0%)

1 ことです, 断定その

▼ ましとは~ (2, 0.0%)

1 存ずるが, 思せども

▼ ましとも~ (2, 0.0%)

1 するところ, なんとも

▼ ましどう~ (2, 0.0%)

1 かかんにん, なっても

▼ ましどうか~ (2, 0.0%)

1 兄を, 穏かに

▼ ましどうぞ~ (2, 0.0%)

1 お返しを, 頼みます小

▼ ましどうも~ (2, 0.0%)

1 御苦労さんでございます, 飛んでも

▼ ましどんな~ (2, 0.0%)

1 お方, ことを

▼ ましにな~ (2, 0.0%)

1 つて大船の, つて山や

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 刈る, 焚く橋場今戸

▼ ましほほ~ (2, 0.0%)

1 ほ, ほねえ

▼ ましまあ~ (2, 0.0%)

1 大変でございました, 大変でございましたでしょう

▼ ましまア~ (2, 0.0%)

1 あんなに血, 沈着い

▼ ましむるのみならず~ (2, 0.0%)

2 亦交際

▼ ましむる者~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ましむれ~ (2, 0.0%)

1 ども, ど彼

▼ ましもしか~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ まし~ (2, 0.0%)

2

▼ ましようし~ (2, 0.0%)

1 その都度, 小生にと

▼ ましよう恨み~ (2, 0.0%)

2 にでも思ふ

▼ ましよか~ (2, 0.0%)

1 さうらう, 十六島は

▼ ましよが~ (2, 0.0%)

1 なも, 美しいでし

▼ ましら玉しら玉あはれしら玉~ (2, 0.0%)

2 の米

▼ ましら羽~ (2, 0.0%)

1 の天, の鳥

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 つちは, わたしも

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 さ, てお母さん

▼ ましハイハイ~ (2, 0.0%)

1 すぐにまいりまするつもりで, と云い

▼ まし一体~ (2, 0.0%)

2 どんなお話

▼ まし三輪~ (2, 0.0%)

1 の兄哥, の親分

▼ まし今奥様~ (2, 0.0%)

2 とお

▼ まし何度~ (2, 0.0%)

2 にあり

▼ まし何方さま~ (2, 0.0%)

1 から, から入

▼ まし先生~ (2, 0.0%)

1 がお, はさっぱり

▼ まし全く~ (2, 0.0%)

1 因果な, 盲人の

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 に私, の比叡山天台座主

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 をそ, 貸すと

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 つた, ひ何事

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 が惜しく, のみ定めなき

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 にいませる, 原見れ

▼ まし~ (2, 0.0%)

2 に頼る

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 きらい, 捫択を

▼ まし失礼~ (2, 0.0%)

1 でございますけれど, ですけれども

▼ まし~ (2, 0.0%)

2 が大変

▼ まし実は~ (2, 0.0%)

1 山崎譲先生から, 悪い事

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 へ帰らし, も惜しく

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 で有名, として文字通り

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 あ押, のみ己

▼ まし平次親分~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ まし強く~ (2, 0.0%)

1 なって, なつて閉切つた家

▼ まし当時~ (2, 0.0%)

1 の日本, 名高いあなた

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 に叫び, の身

▼ まし悪い~ (2, 0.0%)

1 ことは, 事が

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 の輝, も恋しき

▼ まし我等~ (2, 0.0%)

2 が皇子あて

▼ まし手前~ (2, 0.0%)

1 から申, に相違

▼ まし拙者~ (2, 0.0%)

1 が若い, はこの

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 おびただしく飼, をまし

▼ まし旅籠~ (2, 0.0%)

2 へお

▼ まし旦那~ (2, 0.0%)

1 はねえ, も奥さん

▼ まし旦那様~ (2, 0.0%)

1 その爺, は今日

▼ まし此奴~ (2, 0.0%)

2 はもう決して

▼ まし母さん~ (2, 0.0%)

1 はじき, は今

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 のよう, を貰いましょう

▼ まし水牛~ (2, 0.0%)

2 の角

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 が母, が頸

▼ まし涼しく~ (2, 0.0%)

1 なりました, なる日中

▼ まし濃厚~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ まし父われ~ (2, 0.0%)

2 が食む

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 のあはれ, の哀れ

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 ひし新院, へ

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 に不足, の肌

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 に見え昼, の前

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 きに, そこが

▼ まし相手~ (2, 0.0%)

1 の注意, は帰りました

▼ まし着物~ (2, 0.0%)

2 と共に

▼ まし私ども~ (2, 0.0%)

1 も何とか, も大

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 のはじめ, は蕭殺

▼ まし終に~ (2, 0.0%)

1 その生涯, 彼を

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 はね, へり

▼ まし自分~ (2, 0.0%)

1 に力, の先

▼ まし~ (2, 0.0%)

2 からいらしたなら

▼ まし草鞋~ (2, 0.0%)

1 はここ, は此処

▼ まし~ (2, 0.0%)

2 ながら私

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 はあ, またなく美しく

▼ まし~ (2, 0.0%)

2 がため

▼ まし赤玉~ (2, 0.0%)

2 のみあ

▼ まし~ (2, 0.0%)

1 の面白い, を

▼ まし青玉~ (2, 0.0%)

1 のみづえの玉, の水江

▼ まし黄鶲~ (2, 0.0%)

2

▼1* [768件]

ましたくしあそこ, ましあああれ, ましあいつさえ片づけれ, ましあたしいただくから, ましあちこち歩き廻った, ましあつた, ましあつくなると, ましあなたさまが私, ましあなた方がお, ましあるひは, ましあんまり気がかりでございます, ましあゝわが兒, ましいいえ早いところ下手人, ましいお艶ちゃんとの, ましいかにして, ましいかにも只今の, ましいが若しそれ, ましいが家の中, ましいが私は幾度, ましいこほろぎ, ましいざと思へ, ましいざともに角を, ましいちどだけで, ましいったいどなたでございます, ましいにいざなはれよし, ましいまで折られ, ましいまあとから乱暴者, ましいま一の明らか, ましいような一種, ましい死体を見る, ましうきことを, ましうつくしうなる野菊, ましうつくしくなります私, ましうまくなる勉強, ましぇんいけましぇん, ましぇん魔法使いでもありまし, ましな, ましおい小僧さんここへ, ましおととしにもまして, ましおとろへてゆく, ましおや子供衆を, ましおやすみ遊ばしての, ましお上の牢内, ましお入要の, ましお前さんにも二個, ましお前はんのよう, ましお前様苦虫の親仁, ましお化けなんぞは出や致しません, ましお召替えの支度, ましお嬢さんも私, ましお嬢様孝助様が入, ましお年が違います, ましお待ち申して, ましお盆の月, ましお腹も空いた, ましお茶の水の向う, ましお詫びの為め一, ましお辞儀一ツいたしますさえ, ましお雪ちゃんもお, ましかえって健康が, ましかけてうつら, ましかしらなどと思います, ましかはと思ふばかり, ましかばいかにか, ましかや術な, ましかわいいピアノの, ましかをはりなるらむ, ましがたちょっと買ものをし, ましがたふたりがやって来, ましがたほかの筋, ましがたカブトムシのはいっ, ましがた一度通ったの, ましがた三根夫少年はひとり, ましがた今宮の境内, ましがた出入りの鳶頭, ましがた向こうの男, ましがた外から帰っ, ましがた大津の町, ましがた家を出, ましがた廊の口, ましがた息をひきとった, ましがた日本橋に似た, ましがた明智さんがひとり, ましがた村からだれ, ましがた殿はお, ましがた治郎さんを研究室, ましがた湯殿への渡廊下, ましがた灯を挑げ, ましがた目あきだなと, ましがた肌着をぬい, ましがた色の黒い, ましがた蓋閉したる風琴, ましがた証明せられたよう, ましがた話のその, ましがた軍師昌仙と物頭, ましがた電灯のメーター調べ, ましがた食事に行った, ましがた高氏は大書院, ましがた鷲の上, ましきもの果敢なきもの, ましき然れども, ましくいいつつなるたけ, ましくいつて泣き出し, ましくうなづきます, ましくお思われになる, ましくけふのお, ましくさう言つた, ましくさしうつむかれた淑女, ましくさやぐ稲田のなか, ましくすべきだということ, ましくたじろがずに之, ましくつてね, ましくつけ加える事を, ましくにらめるよう, ましくふるえている, ましくもためらひ居れやと, ましくもわたしをみんな, ましくも呪はれた自分等二人, ましくも圓朝とただ二人, ましくも天に冲し, ましくも床の中, ましくも想ひうかべた, ましくも憐れに見, ましくも春の鬼, ましくも滑稽なるもの, ましくも狹霧なる間, ましくも竹笊へ醜い, ましくも綾にかしこく, ましくも美しかつた, ましくも美女の死骸, ましくも耳を鋭く, ましくも自分の外, ましくも菰をかけ, ましくも見通しになる, ましくも金文字の看板, ましくらゐなところ, ましくわかれの光, ましく淋しくそして疎ましく, ましく痛々しく艶めかしくさへ, ましく見た眼にも, ましく見るに浅ましい, ましく賑わしくさて再び, ましく鳴きながら羽, ましぐらにその道をこそ歩かせたがった, ましぐらにまた摺落ちて, ましぐらにまひくだり来て, ましぐらにまひくだり來てもの, ましけむ手児名し, ましけれどもおん身の, ましけん手古名しお, ましこういうものばかりは, ましこくり, ましこそすれへるという, ましこちら様のお嬢様, ましこのこの通りで, ましこの大きな笈の, ましこの間お休み, ましこれから岩屋まで, ましさあ御安心, ましさしづめ来月の, ましさぢや澤山, ましさっきのさ, ましさて奥様は, ましさはいふまでもなく, ましさみしき春の, ましさラツパの哀音, ましさ窓から入る, ましさ表現の美し, ましさ責任の重苦し, ましさ雑草のやすけさ, ましさ顔を隠した, まししかしお考え, まししかたがございません, ましじゃがこの愚鈍, ましじゃと料簡し, ましじゃというそうです, ましじれったいよ何時, ましすしともあれ諦める, ましすなわち祭の, ましすべからくのめこの, ましすゝぎふるをどみの水の, ましずいぶんお寒う, ましそういうわけでしたら, ましそこはえらく, ましそもそもを言, ましそりゃア迚も, ましそれぢや親分さん, ましそんなにして, ましたしかに家から, ましただ余りにお, ましたとえ私は, ましたまはね, ましたりなんかして, ましたるぶきみな, ましたる者本日巡り逢いましたを, ましだがお早く, ましだってすまし切って, ましだろかい, ましちゃア悦ん, ましちゃあきちんきちんとお, ましちや呉れませんよ, ましちょいとヒョットコさん, ましちょうど僧侶の, ましちようど十一時でございます, ましつい慌てて, ましついには赤い, ましつくづくと考へ, ましつつも源三郎いつしか, ましつぼみがふくらん, ましつれない霜にも, ましてからってものもう, ましてからといって, ましてからはずつと平靜に, ましてずつぷりと沈んでる, ましてずつと下に, ましてぞその御子, ましてとかえ, ましてなどという弁解は, ましてなんぞ證拠を, ましてなんていったの, ましてなーほんまに, ましてにこ, ましてねえと次ぎの, ましてねへエ, ましてねんごろな, ましてもかへらない事, ましてもかへつて皆さんの, ましてもなそのそう, ましてやこれは, ましてをり現に, ましてをもしろからぬ, ましであったらそろそろ皮膚, ましでしたか, ましでなく大人でも, ましといふ位の, ましとくんなはれ, ましとこう申しますの, ましとて絹地の, ましとてもとても石なんぞで, ましととという鳥や, ましとばかりはめこんで, ましとまでならべられ二段三段, ましともあれ先んじて, ましどういうわけか, ましどうせ二人に, ましどころであるという, ましどなたさまで, ましどなた様かは存じませぬ, ましなおちょうど今日, ましながらにわかって, ましなくては, ましなと親切に, ましなど飲む必要, ましなどの上にも, ましなりと思ふ, ましなる婚礼を, ましなるたけお午睡, ましなるほどマルセーユ人の, ましなんでもお, ましなんだか気の, ましなんだかたいそう気味の, ましなんにも御存じない, ましねえと云うと, ましねと贄との, ましねエいま出かけ, ましのみ蝶よ, ましはげますことが, ましはっきりして, ましはねといふ所に, ましはらからよ, ましひとびとよ, ましひもありか, ましへへへへ, まし鬚の, ましほんとうに済みません, ましほんとにどうしよう私, ましまああんなに頭を, ましまことにハヤなんとも, ましまろのやう, ましみい行かじもの, ましみたいであること, ましみんなも手出し, ましむだな事, ましむることの出来るの, ましむることを得るなり, ましむるによつて人の感ずる, ましむるものはおのづから, ましむるもの我に滿ちみつ, ましむる由を語りし, ましむる馥郁たる香料, ましめし飼養の恩, ましめ友棄ておかず走り出で, ましめ彼自らは河, ましめ組は商売, ましめ肴せんとて, ましめ能く人生, ましめ防禦を事, ましもうこの通り身体, ましもうすぐ帰りますよ, ましもうどうでも厭, ましもうもうこんな恐ろしい, ましもう少し近くへ, ましもがと今朝咲いたる, ましもし不意に, ましもっぱら武事を, ましものの樹であり, ましやうあれ彼處に迎, ましやうそれは何方, ましやう先づそれを基礎にし, ましやう私が善く, ましやっと一人っきりの, ましやの隠居の, ましから白い, ましゅうございましてえ横川, ましゅうごわりますが英吉君の母, ましゅうしたるもその一例なり, ましゅ二十四五のふっくり, ましょいなこんなとき, ましょうからあんさんだけがふくんでいてくださりませ人に知っ, ましょうがそのときおしずはお遊さんのそぶり, ましょうがまたまんいちにも子供ができたら, ましょうがわけてわたくしはまだおさない時分十五夜の晩, ましょうぞいなこのお, ましょうともまたどんなことをお感じになっ, ましょうどうしましょうどうかし, ましようつて約束なのよ, ましようやく長い戦乱, ましよう十五夜が冴えり, ましよう向うのこと, ましよう大にお, ましよう奇態なこと, ましよう子供が待つてるだらう, ましよう故郷をも慕いまし, ましよう私と舟, ましよう衿白粉が黒ずん, ましよう谷村さんの顔, ましよかと痒いところ, ましよとて濱まで, ましらましらと上眼, ましら手に, ましら髯いつかしきアツシシマキリ持ち研ぎあぐら, ましろくなす, ましわが子らよ, ましわしゃ実は甲州無宿, ましわしらの土地, ましわたくしたちのする, ましわたくしどもも実は, ましわたくし個人の受けた, ましわたし一人じゃ淋しい, ましわたし一生懸命先生を誘惑, ましわっしにばかり, ましの役, ましをなど悔ゆる, ましアングリと口, ましん, ましコルセットの丈, ましサイダーもラムネ, ましザブトンもって, ましテ私始終気, ましるへ, ましパンもなけれ, ましヒロ起きて, ましムクが悪い, ましランチとのあい, ましロシアでわれわれ仲間, まし一つには兄弟, まし一切親類付合で今, まし一喜一憂といううけ, まし一寸此所を, まし一層のこと, まし一日も早く, まし一生のお願い, まし一疊半のお, まし一目わたしを見, まし七度を七十倍, まし七日目に必ず, まし七月十七夜の夕月, まし三人巴になっ, まし三代に亘る, ましさりませい, まし不破様からお, まし且つ自らも, ましの憂さ, まし世の中にあらぬ, ましの来られない, まし久しくお出, ましを防, まし九十五種の邪道, まし乱暴をなすっ, まし乳母ア山口屋の音羽ざま, ましがあつ, まし二十五歳の美少年, まし二本差はすぐ, まし二階御用の方, まし互に縺れ合い絡まり合って, まし井戸へ投げ込む, ましはそら, まし亭主のため, ましは矢張, まし人知れず岩根に, まし人違いで失礼, まし人違ひと云ふことは, まし人間らしい強靭さに, まし今あちらで投扇興, まし今わたくしがこれ, まし今夜はにぎやか, まし今度の芝居, まし今日反物を買つて來, まし今晩は, まし今私が, ましの御名, まし仏様のお, まし仮令書いたもの, まし伊之はんの事, ましよすこし, まし住民自身の伸び, まし佐美の山野, まし何かしをらしい, まし何だか曇って, まし何でござえます, まし何と有難いこと, まし何れ其の中御家内様, まし何事も子供, まし何人も遠慮, まし何処へ駈け出し, まし何千丈とも知れぬ, まし何卒此方へ, まし何所から, まし併しま旧が旧, ましに保種, まし候ものかな, まし候事故もの見の, まし候儀にや, まし倭大国魂神は官幣大社大和神社, まし先ず玉子五つの, まし先刻お風呂, まし先頃から天堂一角, ましらっしゃいよ, まし入口の板敷, まし伊賀勢を, まし八歳の年, ましでゆく, まし出世をなさる, まし初夏のシヤンゼリゼエ, まし別に御馳走と, まし利益も得る, まし劇場の前, まし加賀屋の主人, ましってくれた, まし勝手な事, まし勢威を加え, まし勿論錠剤です, まし北尾根に当る, まし十六まで育ち, まし半弓はどの, ましのうざま, まし原稿をね, まし反響は大きく, まし叔母さんを遣ん, まし叔父さんがあんなに, まし口惜しいやら辛い, まし只今帰りましたよ, まし右近丸様は大事, まし右門前へ出ろ, まし各自棍棒石斧抔を手, まし合つて二人が百本杭, まし同時によごしても, まし名人の胸板, まし名誉挽回この機, ましが影, まし君子さんが居る, まし吹奏まし, まし呼びて曰, まし和尚様とは親類づきあい, ました三四間, まし唯一の楯, まし唯今直に御飯, まし喜太郎様は亡くなりました, まし四つ目の室, まし図々しいようです, まし国民にはめでたき, まし園女様悲しいお, まし土瓶の残, まし坊やが鼠, まし堪忍して, まし塩梅が悪い, ましにお, まし多くなりつつ, ましの明けん, まし夜業でもし, ましの里, まし夢路に入る, まし大した唐銅の, まし大丈夫でせう, まし大事にそれ, まし大引け過までには, まし大方は見, まし大阪の大火, ましに宿さず, まし天地人の萬物, まし天堂擧りて, ましで伺っ, まし奥さんわたしはまだ, まし奥様に申しあげ, まし奮迅のはたらき, ましの胸, まし女一人ぐらい通し, まし女手が多い, まし如何にし, まし嬌名甚高しオクタウィアヌス權, まし子供ですねえ, まし子等うちよりて我, ましでは貧窮組, まし宅助が呑みこん, まし家々の屋根, まし寂しくってなりません, まし寂然と端坐, まし富士教団へとな, ましさに, まし寒くって遣切れません, まし小つづみの音, まし小僧やお茶, まし少しお頭, まし少尉の顔, まし少年の魂, まし山門に向かっ, まし屹度極りが付い, ましの宮, まし巌浪たかし五月雨, まし川原に立っ, まし左様なら有難う, ましをしぼれ, ましを愛し, まし平次の使, まし広い通りへ, まし度々出ますでございますから, まし引続きまして残暑が, まし弱つて行く, まし弱るばかりで, ましって遣っ, まし分家を, まし当分はどなた, まし当分懲しめの為, ましも形, まし彼奴は天下, まし後で判るでしょうから, まし御世御世のみおや, まし御新姐様御免なせえまし, まし御覧に入れます, まし快方に向った, まし急ぎくる, ましの知れた, まし性欲を押さえる, まし怪人めがけて, まし怯者を責む, ましの傍, まし恥かしくっても死骸, まし想像力の機縁, ましと願ひと, まし愛想尽しと, まし感情上のヘダタリ, まし懐中に私, まし成たけお昼寝の邪魔, まし我がたぐひかは, まし我が身の果, まし戰場に赴かし, ましを叩い, まし戻りでございやすよ, ましの如く, まし手前喰酔って, まし手軽い篝を, まし折角此処まで, ましもてその, まし接吻して, まし撫子がこんなに, まし数多くなって, ましの塹濠, まし文七も願い, まし文保二年二月二十六日仏門に帰せられ, まし文武天皇即位の五年, ましにお, まし新吉さん早く惣吉さん, まし方これへ信長, まし方天幕へ戻っ, まし方火の番小屋から直ぐ, まし日本の民草, まし旦那様私はこんなに, まし早く処分したい, まし早桶の中, まし明日また, まし明日そちらさまへ私, まし明日翌々日の晩, ましさはつの, まし暫くでございます, まし最後の燒香, まし望み通りの馬, まし朝顔の花, まし木曾お六櫛, まし本当に口惜しいんざます, まし本統にびつくり, ましが附い, ましの者, まし東京のお方, ましががた, まし枯れてゆく, まし染ちゃん嬉しいでしょう, まし染井のお, ましの小, まし栄えて行く, まし梨本御門跡, まし楽屋でお, まし權六申上げます, ましのあり, ましの醜態, まし此処だよ, まし此樣にかう, まし此間は私ら, まし武門のこと, まし殊に父藤左衞門を, まし殖えてきた, まし殿様が江戸, まし殿様私の為め, まし殿樣が江戸, ましの言葉, まし毎日行ったり, まし気もちが重くるしく, まし気候が寒く, まし気味が悪いことは, ましに立つ, まし氣味でした, まし水勢も強い, まし水当りに, まし水車があっ, まし永生の蝶, まし江いもらの渡り, まし江戸の者, まし決してお忙しいところを, まし決して再び親戚から, まし流石の私, ましの景色, まし涸れてくる, まし淋しくつて, まし清き山かぜ, まし漸く御飯は, まし濯ぎ振るを, ましの方, まし無益な殺生, まし無造作なもの, まし熊の胆をさしあげます, まし熱そのものとなっ, ましゆる思, ましの苦境, まし物凄く羽ある, まし狂人ですわ, まし猛攻を加え, まし猛烈の戰鬪, まし玄耳の翁唯人, まし現在眼の前, まし甚だ推参な, まし生憎お客が, まし生活の窮迫, ましが済み, まし田舎の事, まし甲斐の黒駒, まし町内でもいよいよ, まし畜生めッ旦那に何もかも, まし番頭さんがおかし, まし痛くてたまらねえ, まし白菊の花, まし白雪の降る, まし目立ち掃除までが, まし直ぐとお茶, まし眠剤をね, まし砂糖づけに, まし祝福して, まし神尾の殿様, まし私達も遠慮なし, まし秋暮る, まし稻氷の命, まし竜神おそれ思はず, まし竹さんの事, まし一あれは, まし召す, まし約束手形を一枚, ましと称し, まし編輯長の激励裡, まし美しい娘さんおまえさんの, ましある言句, ましと姿, まし肝心の御, ましから胸, まし胸中に, まし脇差坤竜が夜泣き, ましを居合, ましをつい, まし自ら戒めて, まし興行のさいちゅう, まし舞台も広く, ましが出ます, まし色懺悔を, まし花さく君はいづ, まし花やかなる馬士唄, まし花魁正孝はん, まし若し貸さないと, まし苦い顏を, まし茶屋まで来, まし荷物の重圧, ましの勢, まし萬物にその, まし葉子はどんな, ましは自慢, ましを手取り, まし走る, ましを放す, ましの子, ましはあんなに, まし表徳さん這入んなましよ, まし親孝行な此様, まし親戚兄弟親も何, まし誰方様でしょうか, まし諏訪のうみ, まし天使諸, まし變法自強, まし郎の, まし貴下御苦労様でございますねえ, まし貴子を生ずる, まし賛美歌の十五番, ましを急い, まし路用は私, ましり過, ましをずた, まし込んで療治, ましに停車場, まし逢見初め忍びしわか, まし進め自らも, まし進めこなたには, まし逸品も逸品, まし道中に於, まし遠望の海, まし郁太郎の着物, まし都合に寄っ, まし重々心得違で, まし重きをなした, まし重くなって, まし金公の野郎, まし金助殿のお, まし金吾が追っ, ましで嚴重, ましをでございます, まし兵衞さんと, まし長刀が空, まし長月に命, まし関白様のご, まし雪どけのよう, ましに消えまし, まし面白いお話を, ましを蹙め, ましが強く, まし風早君と蒲田君, まし風邪を引く, まし飢鷹に髓, まし馬鹿な, ましがしく, まし高くなりました, まし睡す, ましのご, ましの喜びます, まし黒い幕の