青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ほ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

へん~ べからざる~ べき~ べきで~ べく~ べし~ べつ~ べつに~ ぺん~ ~ほ
ほ~
~ほう ほう~ ~ほか ほか~ ~ほし ほし~ ~ほしい ほしい~ ほっと~ ~ほとり

「ほ~」 5037, 50ppm, 2318位

▼ ほ~ (1104, 21.9%)

27 おが 26 じろ 22 ほの 21 見えて 15 おを 14 おのように 11 ほを 10 明るさ, 白く見え, 白く見える 8 おに, おは, 白い, 白い顔 7 白さ, 見えるの 6 ほに, 白く光っ, 見える 5 おのような, ほ, ほと, 明りの, 暖い, 白いもの, 白い光, 白い棒, 見せて 4 あを, おの宝冠, ぬくみ, ほは, 白い牧場, 白い花, 白い顏, 白く浮い, 白く浮かん, 青い雪

3 [11件] おの中に, しろくも, なごむ家がま, やうに, 明りに, 明るい, 明るくなった, 暖く, 白いの, 白い煙, 白くなり

2 [77件] あかりが, あかり秋の, あかる, あたたかいこぶし, あたたかく春風, いほの, おの中で, くれな, ごとく, しろく, じろいもの, じろう森黒く, じろさ, ぬくみ刈りつる人, ね, のしらべ, ほが, ほのみ, みえて, やうな, 夫鳥は, 字も, 明かるく, 明るい光, 明るかった, 明るかつ, 明るくなっ, 沼に, 温かさ, 濃きは, 白いうれひ, 白いその, 白い湯気, 白い物, 白い空, 白い色, 白い蘆, 白い道, 白く, 白くあがっ, 白くみえた, 白くみだれ, 白く光る, 白く夜, 白く清らか, 白く立っ, 白く聳え, 白く艶, 白く贋物, 白く輝い, 碑に, 紅い芽, 紅く, 紅くし, 紅くした, 紅く染め, 紅く角ぐん, 紫の, 肉色の, 花, 見えても, 見えました, 見えること, 見ゆ, 見ゆる, 見ゆるに, 見ゆる膨ら, 赤い, 赤く天末, 闇く, 青い光, 青い煙, 青きほ, 青く光る, 青し, 頼み, 黒い二層

1 [602件 抜粋] あかい乳, あかい紅, あかい蓮, あかき立穂, あかく全身, あかく染められた, あかく耐え, あかりで, あかりぬ, あかりの, あかりを, あかり中に, あかり見の, あかるい夕闇, あかるい夜, あかるい廊下, あかるい戸外, あかるくなった, あかるく四隅, あかるさ, あた, あたたかいふくらみ, あたたかい人情味, あたたかき春, あたたかさ, あたたまるわびごころ胡桃, あらしまろがり, いかしは, いろがかはって, お, おそれ, おだから, おとが, おとなって, おと煙の, おと燃え, おと狂乱と, おにまで, おのあとを, おのまがまがし, おのまっただ中を, おのようなし, おの下の, おの光線が, おの息を, おの様な, おの火が, おの音だけが, おの高く高く, おも, おも一つ一つ, おやがて, およりもっと, おトラ, お水泡, お火, がひ, きいろい夕闇, くらい往來, くらい往来, くらい色電気, くらく, くらさ, ぐらきわがたましひの黄昏を, ぐらさのただよつてゐる部屋の, しろき浅夜不二, しろき藤, すすき等幾枚かの, つそり, とあたたか, といふの, ところが, とぬくみ, と沼, と藪蘭, なかに, なよび, にあかれ, にうれひ泣く, にちる, にひとす, に映れる, に消え, に消えゆく, に生れゆく, の青み, はた, ひかた, びかり, びかりしてならび私の, ほから, ほとの, ほはげしき, ほ飛ぶが, みえる, みえること, みえる女, みえる顔, みせて, むれの, めぐりは, チラ, 上に, 上光る, 中に, 事互ひ, 光りさす, 光る蛍, 光る銀糸, 冷たい風, 前に, 匂う, 匂う眉, 匂う谷あい, 匂ひ, 卯花鴇毛, 合間には, 名にこそ, 君ならね, 外来魂を, 子いまを, 字が, 字だ, 字ぢや, 字でも, 字や, 宮に, 寒き鹹, 寒く恙, 寒さ, 寒し棹さし連れぬ, 小松を, 山, 山だ, 山に, 幻影のみ, 床しく身, 庵の, 引しも, 影に, 心地ぞ, 思ひ出, 思想も, 恋の, 恐ろしきかな, 揺らがぬ程, 明い一隅, 明い水, 明かるい, 明く咲い, 明し影, 明りあり, 明りかぐわしい, 明りが, 明りで, 明り雨, 明るいだけ, 明るいもの, 明るい中, 明るい光沢, 明るい夕空, 明るい外, 明るい山, 明るい月出, 明るい残影, 明るい空, 明るい血, 明るい行燈, 明るい電灯, 明るくな, 明るく廻廊, 明るく忍び込む, 明るく映, 明るく映え, 明るく浮き彫り, 明るく火, 明るく照らし, 明るく照り, 明るく社前, 明るく私, 明るく見える, 明るく車窓, 明るく輝い, 明るく雪明り, 明るく騒がしくなる, 明るみに, 暑い農村, 暖いものを, 暖かい晩, 暖かく物, 暖かさ, 暖かに, 朱く, 歿後に, 沁むや, 沼の, 沼爾宇恵古奈宜, 泣くごとく, 海に, 涙に, 涼しうて, 涼しきは, 淡き齒痛, 淡くさし, 温い包み, 温い日, 温い海風, 温い肌ざわりである, 温い輻射熱, 温かい人情味, 温かくて, 温かった, 温かつ, 温き山, 温く匂っ, 温に, 温るむらし, 温味しか, 湖に, 照り黄ばむ, 熱る女, 片あかり, 猶や, 現出する, 甥に, 痒くなる, 白いあご, 白いうち, 白いかたまり, 白いこわげ, 白いしぶき, 白いたゆとう, 白いはるか, 白いアスファルト, 白いビロオド, 白い一筋, 白い中, 白い丸いもの, 白い人, 白い円屋根, 白い円陣, 白い原稿紙, 白い反射, 白い場所, 白い夜あけ, 白い夜明け, 白い夜気, 白い大きな, 白い小さな, 白い幕, 白い幽靈草, 白い広い通り, 白い形, 白い手, 白い文字盤, 白い日かげ, 白い日中, 白い明るみ, 白い暁空, 白い曙, 白い月, 白い松, 白い横浜, 白い河原, 白い浪, 白い石垣, 白い窓外, 白い笊, 白い絹, 白い綿, 白い腕, 白い蒸気, 白い蕾, 白い路, 白い鏡, 白い闇, 白い雲, 白い頃, 白い齒, 白う仰向い, 白う咲, 白う暮れ, 白う流れ渡っ, 白かった, 白き, 白きかな, 白き乙女, 白き日蓮上人, 白き湖, 白き石階, 白き野, 白き鉄, 白き顔, 白くあたり, 白くあちこち, 白くあの, 白くいかり草, 白くうら悲しく夢見心地, 白くか, 白くかすれ, 白くからたち, 白くさらされたる, 白くした, 白くそこ, 白くそこここ, 白くそびえ, 白くそれ, 白くつづいた, 白くつぼんだ, 白くて, 白くなっ, 白くなった, 白く伸び, 白く光, 白く光つて, 白く光らせる, 白く光り, 白く出, 白く匂う, 白く咲い, 白く咲きこぼれ, 白く咽び, 白く土埃, 白く多恨, 白く夢見る, 白く妖しげ, 白く寂しそう, 白く山きり, 白く幽に, 白く掃除, 白く新, 白く映った, 白く暮れ残っ, 白く染め, 白く柳, 白く桜花澹, 白く流れ出, 白く浮いた, 白く浮きあがっ, 白く浮きだした, 白く浮き上つて, 白く浮き出し, 白く浮き出してる, 白く浮ん, 白く浮んだ, 白く海上, 白く煙っ, 白く煙つた空間, 白く煙草, 白く照, 白く物, 白く目, 白く眼, 白く立, 白く立ち, 白く立ち昇っ, 白く続い, 白く肺, 白く草, 白く薄, 白く褪せ, 白く見えた, 白く見えだす, 白く見えました, 白く見えます, 白く這い上っ, 白く闇, 白く陰鬱, 白く雪, 白く電燈, 白く露霜, 白く風情言, 白しなる, 白し広野, 白みゆく山の端, 白む汽車, 白んだ女, 白んだ硬, 白んだ空, 穂麦の, 笑ふちひさき, 答へに, 糸を, 紅い, 紅いが, 紅い光, 紅い微酔, 紅い昼霞, 紅い花片, 紅い角芽立ち, 紅うし, 紅う茅屋, 紅かった, 紅き枯芝, 紅き蕾, 紅く匂っ, 紅く桜色, 紅く燃え, 紅く腫らし, 紅く血, 紅く面, 紅に, 紅らめて, 紫に, 紫のに, 美を, 聞ゆる, 聞給ふて, 色に, 色まさりけり, 蒼いゆらめく, 蒼いスクリーン, 蒼い空, 蒼い脈管, 蒼い頬, 蒼く脾弱そう, 藍の, 見えし, 見えし夕顔, 見えた, 見えたり, 見えた希望, 見えた眞夜中, 見えほとんど, 見えます, 見えるところ, 見えるまだ, 見えるよう, 見える幼時, 見える洞窟, 見える竹林, 見える肌着, 見える資本主義修正, 見える風俗, 見え初, 見え初めし, 見え煙突見え, 見え腕環が, 見しは, 見せること, 見せる数寄屋づくり, 見つる彼方, 見ゆべく常, 見ゆべし, 見ゆる丹塗り, 見ゆる如しと, 語らひし宿, 語らひし空, 赤いランタン, 赤い刺, 赤い朝暁, 赤い皮, 赤い空, 赤い縞目, 赤きかな, 赤きまでの, 赤き瞼, 赤くかすん, 赤くなりだした, 赤くぼかし, 赤く上気, 赤く岐阜提灯, 赤く灯影, 赤く緊まり, 身じろぎも, 透きて, 青いそして, 青い中天, 青い何, 青い布, 青い汁, 青い火花, 青い色, 青い装束, 青きかな, 青きソロ, 青き善吉ら, 青き幻燈, 青き瓦斯, 青き金色, 青き銀色, 青き雪, 青き霧, 青く窓, 青く色, 青く見える, 青し日, 青み, 青白く光る, 頼みら, 黄なるしめり, 黄色い, 黄色い夕暮れ, 黄色い燐, 黄色い緩やか, 黄色き月, 黄色くあかつき, 黄色く浮ん, 黒き祈り心, 黒く横切

▼ ほがら~ (327, 6.5%)

118 かに 6 かに笑っ 5 かさ, かな気持, かにし 4 かだった, かである, かなる 3 かな, かな笑い声, かな聲, かに笑い, に

2 [34件] かだ, かです, かなお, かなの, かなん, かな一點, かな幸福, かな微笑, かな微笑さ, かな春, かな朝, かな桜, かな気もち, かな気分, かな空, かな笑い, かな自殺, かな調子, かな音, かにした, かになっ, かになる, かにひびいた, かに何処, かに哄笑, かに山, かに晴れ, かに晴れ渡っ, かに氣, かに眼, かに笑った, かに答え, かに鳴り, に駈けのぼる

1 [192件] かさや, かさ椿, かそう, かであった, かであつ, かできん, かでしかも, かでそして, かでなく, かでなけれ, かでにこにこ, かでよ, かでわがまま, かで偉大, かで勤勉, かで口笛, かで樽屋さん, かで現代的, かで茫洋, かで軽快, かで雄, かとは恐らくは, かなえがお, かなこと, かなその, かなそれ, かなたけ, かなちょうし, かなのどか, かなひる, かなまじ, かなもの, かなゆったり, かなよい, かなラ行音, かな一面, かな不信, かな丸顔, かな二人, かな今朝, かな仕事, かな何, かな健康, かな初夏, かな君, かな喜び, かな声音, かな天地, かな天気, かな女神, かな学校, かな容子, かな寺鐘, かな小僧さん, かな小鳥, かな巷, かな座談, かな心, かな心持, かな性格, かな性質, かな情景, かな愉快, かな憂欝, かな拍手, かな日かげ, かな日光, かな晴れ, かな機智, かな歓語, かな活躍, かな満足, かな無人島生活, かな男, かな秋, かな秋晴れ, かな笑い顔, かな笑顔, かな老境, かな表情, かな言葉づかい, かな話声, かな里, かな金属性, かな鐘, かな陽, かな雲, かな青年, かな顏つき, かな風景, かな飛行機, かな鳴き声, かにあけぼの, かにあちら, かにあり, かにいっ, かにいった, かにいつ, かにうまれ, かにかなでられ, かにかわいた, かにさえずりはじめました, かにさけびました, かにさし, かにただ, かになごや, かになった, かになっちまう, かになつ, かになり, かになりきれない, かににぎやか, かにひっそり, かにひびきわたりました, かにふるまった, かにやっ, かにハッキリ, かにピシリ, かに世の中, かに云い返した, かに伝わっ, かに出来, かに勧める, かに吹い, かに呟きました, かに唱った, かに啼い, かに啼く, かに大きい, かに天, かに媚, かに子ら, かに子供, かに帰宅, かに店先, かに微笑, かに微笑ん, かに拡がっ, かに明るい, かに春, かに暮らし, かに松蝉, かに歌, かに毎朝三里, かに気狂, かに気狂い, かに潮, かに澄み, かに澄ん, かに照つて, かに生き, かに生き抜く, かに的矢丸乗組員, かに眺めた, かに秋, かに笑いつづける, かに笑い合う, かに笑う, かに笑つた, かに笑つて, かに答えた, かに絞首臺, かに聞える, かに聞こえる, かに言, かに読み上げ, かに貧しく, かに輝く, かに迎, かに遊ばなけれ, かに酔い, かに開けた, かに開けたるあり, かに隙, かに青く, かに面白く, かに音, かに飲まず, かに鳴, かに鳴い, かに鳴き, かのど, かほ, にあなた方, にこの, にて, になり, にわら, に戴き, に聞え, に鳴き, の后メッサリイヌ

▼ ほつと~ (249, 4.9%)

56 息を 10 いて, 溜息を 9 吐息を 7 呼吸を, 安心した 5 安心する 4 一息つい, 一息ついた, 安心し 3 りと, 一と, 胸を 2 一息吐いた, 安堵の, 安心しました, 安心の, 小さな溜息, 月が, 眼を, 肩を, 腰を, 通る馬さ

1 [104件] いきを, いたしてを, いたしました, いたらどう, いた音信, いちや, かすかに, かれるの, きなさい, くの, け, けと言, けほ, さいたか, ためいきを, ため息を, つき親子三人, はづれて, ひとりひとりに, ひと息つく, 一息し, 一息した, 一息す, 一息ついて, 一息つきながら, 一息つき更に, 一息つく, 一息付き候もの, 一息引上げて, 一息長き, 仰ぐと, 休息し, 何かに, 信濃の, 入日の, 全身の, 冷汗を, 出で, 助かつ, 勇ましいたより, 千鳥が, 口を, 吐息に, 吹いて, 吹き過ぎたそして, 呼吸した, 咲きほころび, 夕日のと, 夜明けの, 大きな吐息, 大きな息, 太息, 安堵し, 安堵と, 安堵を, 安心, 安心こだはる, 安心は, 安心も, 安心を, 安心致し, 寛いだ状, 寛いだ空気, 息する, 息つきあんした, 息の, 描かれやう, 救はれた, 新しく呼吸, 止つた, 気息を, 氣の, 氣持の, 水を, 水仙が, 消えたる, 深い吐息, 溜息つい, 溜息つきながら, 溜息づき, 溜息二度ついた, 点もれゆく, 異性の, 目が, 眼が, 眼の, 空へ, 肩で, 肩の, 胡蝶花の, 胸なでおろし, 胸なでおろす, 自分に, 花を, 藪蘭の, 蘇生の, 見えて, 見送る安心, 誰れ, 酔つた, 重くるしい溜息, 長息, 霧のか, 黄色い房

▼ ほ~ (196, 3.9%)

33 とした 16 ほッ 15 たらかして 10 と息 6 とする, と一息 5 とい 4 と救われた, と溜息 3 とし, と安心 2 と吐息, と太息, と安堵, と気, と笑った, と胸, ほ

1 [77件] おめ, か手, けのてえ, この動悸, この家, この汗, たらかし, たらかしたまま, ついたで夕飯, つきまわって, つく, ておいた, てもおけない, てりと, て食う, という呼吸, という嘆声, という酒, といき, といた方, とうなずい, とかれた, とかれやしないよ, とくこと, とくと夕方, とくの, とくよう, とく以上, とく奴, とく必要, とけ放ッ, としたらしい, として, としてずいぶんいそいそ, として夢心地, として大地, として帰る, として腰, としました, とそこで, とその, とべルレーヌ, とよみがえった, と一つ, と一息つき, と吐い, と喚いた, と太い, と嬉し, と得態, と息づいた, と手, と救われる, と旅, と明るい, と横降り, と洩した, と洩れこぼれた, と洩れる, と熱い, と甦った, と肩, と致し, と致しました, と蒼白い, と起き上った, と足許, と酒, と長い, と開いた, と開く, と顔, ほいつも, ほめー, ぽりだされ, ぽりだし, ぽり出し

▼ ほ~ (119, 2.4%)

4 して 3 よし 2 なれば, ひ, 和御魂, 押當て, 湧き起る牛, 燃え立つ丘, 蒸し立つ日ざかり, 蒸し立つ野平

1 [96件] あぐ, あらずして, いづ, いづと, いづる宿, いづる神, いで, いでまくの, おとうさんは, お鳥, かぐろくさむき稲茎, かぐろくさむき稻莖, かけたものの, かけたる物, しあれば, し思はばな, そつと, その男, そびやぐ蒼の, それと, たゆた, ちやうど, なすはか, なったの, なつた, なりて, なる, ひろご, ふた, ほが, ほろ, ほろ考, もてな, やき, やつと, ゅう動物が, 乘つて見送りに, 二人は, 例の, 傷ましきかな, 僕の, 入り来れり, 冬の, 出しわれ, 出し我, 出に, 出る我, 又詞, 大砲の, 女の子は, 女中に, 定まつ, 寢どこを, 延び育ちたり, 引く板, 引上げる, 彼女は, 御迷惑, 必らず, 思は, 思ふな, 懸け給, 我は, 抜く麥, 押当て, 明るみ下笑める, 昼寝せう, 書きし家, 朝夕を, 染める深手, 棚引き天, 楢雄は, 死に, 死んだことさ, 渇きたり, 漬り, 濃い, 煮附, 生ひし, 生ませた女, 窮し, 結ぼほるらん, 緑である, 義雄と, 聞取りがたく, 葦鴨啼けり, 見えました, 見しかば, 見て, 語りやがて, 起ち上つて, 遊べば, 開ける河馬, 附随した, 青むかな, 飛びま

▼ ほ~ (90, 1.8%)

6 笑った 5 笑って 3 麦は 2 同時にはなやか, 笑ひ, 贋の, 長くつく, 麥は

1 [66件] いっそ楽し, いつまでも, おこり消, けなし運命, こんがらかつて屋根, さかなかごとの, それが, つき出す, つくため息, つく息, つてゐた, つて來て, なつた, ばらして, ぶるもの, ほし, よく, 一呼吸つい, 並んだのに, 並んだ時, 久美子は, 人の, 低くお笑い, 先づぞ泣か, 其に, 動き湧く, 博士独特の, 却て, 吐きたり, 吐息, 女か, 嬉しう, 引きあげました, 息つきたり, 息づかひ, 愛想笑いを, 控えめな, 気息を, 泣く心, 溜息を, 熟して, 独り笑ひつ, 笑いながら, 笑いました, 笑い出した, 笑い出したが, 笑う, 笑ったもの, 笑つてさて, 笑ひ出し, 笑われると, 笑殺する, 続々と, 聞こえると, 職待つ, 腹の中から, 艶に, 虎の, 言ふ, 走り出ようとも, 起ち上る, 身に, 近しなと, 雷以上の, 頷き頷き咳入り, 魚か

▼ ほとんと~ (89, 1.8%)

2 ただ一つ, 唯一の, 普通に

1 [83件] ありえざる話, いずれの, きまって, その一生, その一端, その全部, その名, その近世, ない, ないから, ないと, ないので, ない月, なかった, なくわずか, なく地名, みな世間から, みな焼けくずれ, 一つだって, 一つも, 一戸として, 一歩に, 一続きの, 三十六島の, 三戸に, 不可能に, 中国の, 人間の, 仙人に, 伏波将軍の, 何の, 全国に, 全国の, 全国を通じて, 全般と, 全部が, 全部の, 全部は, 区別も, 各村, 同じに, 地区を, 地理上の, 境界が, 子どもだけしか, 完全であった, 尋ねること, 小紋染の, 屋棟の, 川童と, 常用には, 広告の, 廃れて, 影を, 手こずって, 打棄て, 断念すべき, 昔からの, 望みがたい, 望み難かっ, 期し得られぬから, 根こそ, 極まるところ, 武陵桃源を, 永遠に, 無かった, 片端から, 生き残っては, 白山連峯の, 皆ある, 目録を, 算え, 経験するあたわざりし, 絶望に, 維新の, 藁の, 裸体であった, 裸体に, 見当らなくて, 計画者の, 部落ごとに, 革命とも, 馬鈴薯に

▼ ほ~ (69, 1.4%)

8 りの 4 して, 捉へ 2 かたむけて, みなへ, り, 見合せて

1 [45件] うづめ, おしあて大声を, かいて, かせいだん, かんじつつ, くは, そ鳥の, たもち, ぢろぢろながめ, つくり, なびかせ, のぞけば, ひびかせ, みろ, よし, ら, り或は, 出した位, 出す側, 刺しもみ, 受ける者, 呼び出す動作, 地に, 奉つて寿, 娶りさ, 建築の, 拾ひ, 捉えた, 捧げるの, 提出する, 浴びるの, 燃し夢うつつ, 生んだ, 眺め, 示し給, 示す, 示す即, 空に, 突き出し, 蔽ひた, 見せたの, 見せて, 見た時, 見て, 見んとて

▼ ほまれ~ (66, 1.3%)

2 とは

1 [64件] ある御, ある援軍, かのよう, があった, があつ, がありました, そしりの, そしりは, そしりはもの, たかい, たかくお, たかく学, たくひなく, だ, だけ高く, だと, だ腕ッ, であること, であると, ですよ, といえる, となる, となるべき, にはならぬ, のたけ, のなを, のアイア, のアイアース, の創, の星, の氏, の裏, の高い, はど, は世界中, は久方, は彼, は末代, は汝, は高し, またあわよくば, もあつ, もみいづゐも, も命, も空し, も高い, よかく, をうたう, を剋, を思ふ, を授かった, を獨, 世に高き, 亡き父君, 増す, 相討, 短き夢, 高い内室, 高きもの, 高きを, 高き女性たち, 高く井沢判事, 高く天下, 高く夫

▼ ほ~ (56, 1.1%)

2242 無い, 風に

1 [26件] ごツちや, さくかとぞ, しそこ, して, せても, その上, はなや, はぶかれて, ぱさぱさした, ひせる, ひせる時, ひと言ふ, ひの, ひは, ひ夜通し, ほが, ほがと, ゆるやかに, 入りこんだもの, 其に, 流されてるやう, 献上の, 自分のか, 見渡された, 赤くて, 長く出

▼ ほ~ (55, 1.1%)

16 しらの 5 せに 4 しらに 3 たねつけばなの 2 しらが, せは, せを

1 [21件] くされたか, こが, こすすき, ことつめく, この実, こセンホイン, しらから, しらがおまえさんの, しらとが, しらは, しらへ, しらめがけ, しらや, しらを, しら根生ひ, せあど, せよ, せ我, せ雲, せ霧, たねつけばな

▼ ほくに~ (51, 1.0%)

21 ぬしの 5 ぬし, ぬしは 3 見るやう 2 ぬしと, ぬしに

1 [13件] あるもの, ぬしだけが, ぬしでも, ぬしとも, ぬしと共に, ぬしの名, ぬしも, ぬしを, ぬし以上, ぬし自身, ふいた, 仕掛けてを, 懶い響

▼ ほ~ (50, 1.0%)

6 たんぽぽの 42 せ旅, つく, まし

1 [34件] あかあか白ひつじ, あれど, お客様お, さましを, ざりき, ざりきな, しい娘, しい線, しき柳しだるる, しさ, して, しめたヴァルガー, しめるやう, す気持, せたか, せたもの, せ給, たんぽぽに, つくづくと, ないが, なか, ぬ空, ぬ胸, ふと殆一つ音, ほ, もえたち, れつ, 小径に, 朝露負ひ, 水で, 私羽田の, 笑みまた, 落魄し, 識らぬ

▼ ほ~ (50, 1.0%)

6 れ草 5 っと息 32 い, っと大きな

1 [32件] うおそろしい, うほけきょう, うほけきょー, う小さい, えれい勢, おあがり, くーろー, じ茶, たるこー, っえれえ, っとする, っと吐いた, っと吐きました, っと吐く, っと吐息, っと大きく, っと安心, っと応じた, っと明るむ, っと染まる, っと溜息, っと長い長い, つと肩, として居ります, として眼, と云った, りこまれて, れやっぱり, れ嬢ッちゃん, れ見な, 可愛らしい少年, 知って

▼ ほゆる~ (49, 1.0%)

36 かも 2 声が, 大藤棚 1 かもと長良, ことの, とき, までこころな, や, 今朝の, 八十氏人に, 夜あらしの, 日かげの

▼ ほ~ (48, 1.0%)

7 れて 4 ほと, 紙を 3 にする 2 ほむせて, ゑ

1 [26件] がある, です二十年先, にし, ほ, ほいう咳, ほいふ小川, ほいや, ほ咳, る, れたよう, れた様, れた樣, れる, れるよ, れるよう, れる思い, れ出して, れ広がるもの, れ拡がるもの, れ次第に, ゑで, ゑにしぼりないてゐる, を上, 令弟か, 紙, 繩片煙草の

▼ ほ~ (48, 1.0%)

2 念入りに, 突つ込ん, 續きます

1 [42件] お富, くびのまきものも, ずんずん前進, その話, ない, わかりません, ガチヤガチヤや, グッタリ項垂れ, 三味線堀の, 下つ, 主人の, 五月蠅其處斯處と, 仕事場の, 低聲, 共に飛ば, 冷えに, 同じで, 天井から, 帶の, 平次は, 念入に, 愛ちやんの, 根掘りします, 氣狂ひ染みた, 灯を, 知らねど, 競技を, 粘りましたが, 素顔だ, 總吉に, 續け, 續けて, 脣を, 見えねど, 見廻しましたが, 言ひ, 調べを, 談話を, 追及しました, 附け加, 默然として, 鼻の

▼ ほ~ (39, 0.8%)

12 いの 2

1 [25件] いあつめて, いあるさ, いお客, いくるので, いで, いでやつ, いで網, いで踊, い中, い人, い参詣人, い大阪, い子供, い客, い或は, い詰めかけて, い雀, えても, くって, くりあけ, くり返す, りとりて, り冬, り合って, る埋火

▼ ほつて~ (39, 0.8%)

4 置いたら死にますよ, 響く 3 ゐて 2 ゐた

1 [26件] かへつて, かへる, つめたい電燈, まつすぐ, まで見せる, も心, も無い, ゆきさ, ゆれて, らしいいや, ゐたその, ゐたの, ゐた哥薩克, ゐた壜, ゐました, ゐます, ゐますから, 参ること, 居らずみんな, 居られた, 置いたつて大丈夫, 置いて, 置いてもよ, 見えました, 見ました, 見度い

▼ ほ~ (39, 0.8%)

3 は良人

1 [36件] が圧迫, が小, さほ, にとって其等, に訊いた, の声, の心, の方, の胸, の頬, の顔, はやっと, はメリケン粉, は三畳, は今にも, は傍, は合点, は困った, は変, は夜, は娘, は懸命, は承知, は時々, は此娘, は気の毒, は瞹昧, は神経質, は終に, は重大事件, は間, は陰気, は頭, も段々, を愛, を見上げ

▼ ほひと~ (35, 0.7%)

2 なつて

1 [33件] あるか, いふ, いふに, いふものは, いふやうな, かそれ, が有る, が柔, が義雄, それが, だえて, なる小さな, にがみ, に直接, のうち, の混つた, は絶えず, やの窓, や持ち味, を其鋭, を合せ, を含んだ, を味, 光沢と, 共に, 成ぬる, 成りぬる, 煙のに, 燒き, 甘葛の, 白雲の, 腐れゆく石鹸, 色と

▼ ほ~ (31, 0.6%)

5 ほツ 4 と息 3 とした 2 とわら, と一息, ほウ

1 [13件] こりと, つく, として星, として死神, とする, とばかり溜息, と一道, と安心, と氣, と片, ほ, ほと, ほ何

▼ ほよそ~ (30, 0.6%)

2 に風

1 [28件] か, かう, この文, その土地, その地方, その延長, になつて, に月夜, に解したるなり, の, の人, の口眞, の地理, の定め, の年譜, の食物, はその, は古き, は姿形, は定まり, は後, は心, は窺, は聴き, を語りし, 定められた手本, 疑謗の, 近きほとり

▼ ほ~ (26, 0.5%)

1 [26件] か, かこまか, かさと, かだけに王朝貴族, かで張, かで邪, かなしらべ, かな中に, かな動き, かな空気, かな素直, かな調子, かな足摺り, かにした, かにでは, かに見える, がつ, が時, さかり, さかりの, さかりは, さるかに, はしの, へにま, へをま, 際どいところ

▼ ほむら~ (24, 0.5%)

2 の篝火, を燃やし

1 [20件] か硫烟, がからだ, が一時, が火柱, というもの, となっ, にぬらり, に胸, の明る, の譬喩, はつれなく, は天, は子, は魂, もちょっと, をあげ, をやっと, を冷す, を塗り, 猶上る

▼ ほひがし~ (23, 0.5%)

3 た, てゐた 2 て, てゐる, て來

1 [11件] たが, てお, てくさった, てならない, てまぜ, てゐます, て来た, て鳥, なくて, ます, 始めた

▼ ほひも~ (23, 0.5%)

5 する 2 あつて

1 [16件] あらぬ空, いい, いと高き, ぞする, ないけれど, なきが, なく世の中, なく郷土的色彩, はてず, まじる, ゆめも, 張りつめる, 楽しい感想, 止めては, 沁み入らむ, 澱む

▼ ほ且つ~ (21, 0.4%)

2 動も, 永遠に, 自から

1 [15件] この世の中, この母, この稀有, それを, モヂリアニが, 之を, 其つまらぬ, 力み合つて, 朶ごとに, 生気溌溂, 生氣, 美は, 舞台的野心を, 街上来往の, 飜

▼ ほきみ~ (19, 0.4%)

6 の織 2

1 [11件] し, とする, と仮名, と言うた, の大御, の花, の辺, は帝, は神, を, 来ませ婿

▼ ほむべ~ (19, 0.4%)

10 きかな 2 きこと, し 1 きものでなかった, き研究家, き造り主, など云, まつりと

▼ ほほほ~ (18, 0.4%)

2 おかしいねえ

1 [16件] あはははははは, おかしか, おとっさま, おほほ, そこんと, そのこけ, その気, だんなの, と莞爾, 今に, 出抜, 困りますわ, 堪忍御免なすっ, 年が, 私が, 私の

▼ ほ~ (17, 0.3%)

2 に来る, の正客

1 [13件] から出た, に, に招いた, に月, に胚胎, に臨まれた, の儀式, の寿詞, の時, の神宝, の詞, ほぎ廻しまつり, 奉らむのみとあるに

▼ ほつき~ (17, 0.3%)

9 歩いて 1 と斫, なんていふ, の蔭, の鬼瓦, を, を嗤, 歩いてばかり, 歩く

▼ ほつり~ (15, 0.3%)

6 ほつり 2 とまた, と日, と私たち 1 と一輪, と切れ, と落ちた

▼ ほひで~ (15, 0.3%)

4 あつた

1 [11件] あり, せう, なくて, の, のびました, もかぐ, も嗅い, も嗅ぐ, 出て, 飲み明, 黒い物

▼ ほねの~ (14, 0.3%)

2 おれるもの

1 [12件] ある男, いばらつきみ, おとを, おれたよう, おれるかわり, おれるしごと, おれる仕事, おれる探求, おれる旅, おれる歩行, かわりに, 中まで

▼ ほだし~ (13, 0.3%)

2 にて, も波 1 となり, なりけれ, に他, に悩む, の環, の解, はいかに, は彼, を打っ

▼ ほ~ (13, 0.3%)

2 とちりぬる

1 [11件] こなぬりに, ど散り, ばなり, むら雨の, らりるれ, り, りはるばる, 嗟嘆の, 子と, 子申す, 梅の

▼ ほほんと~ (13, 0.3%)

6 ですか 2 かえ 1 か, かい, かっ, です, は帰りたい

▼ ほーら~ (12, 0.2%)

1 [12件] こんなもの, こんな具合, そろそろおばあさん, どうだ, ねえ, ほら, もう痛く, 叱られるよ, 笑った, 笑って, 見えるだろうほーら, 負けたんで

▼ ほひだ~ (11, 0.2%)

3 つた 1 から, からと云つて, から扉, か何ん, か果実, か花, か霧の, しかし酒

▼ ほむね~ (11, 0.2%)

2 なりき 1 が, さうあり得る現実, その作品, たえず一種, つまらぬこと, の建築, 勝れた学識, 招かれぬもの, 斯くの

▼ ほ~ (11, 0.2%)

1 [11件] あのいたる, そんなに, ではお前, では何, では拙者, では最初, とこの, ほウ, ほウ螢, またきょう, れいつも

▼ ほ~ (11, 0.2%)

41 から今年, なる人, のた, は, を仰ぎ, を見れ, 高く星

▼ ほくち~ (10, 0.2%)

3 箱の 1 かく, がしめっ, も多量, を取落し, 箱が, 箱と, 箱に

▼ ほ~ (10, 0.2%)

1 かつた, かりき, そいつ頃新婚旅行は, とりて, どり, どりの, へいなお, ろづ, ろづよも色はか, 歌ほ

▼ ほッつき~ (10, 0.2%)

3 歩いて 1 あるいて, 廻って, 廻らなければ, 歩いた, 歩いても, 歩き喜楽座, 歩き親

▼ ほ~ (10, 0.2%)

3 く其の 2 く光輝, く政治界, く時代 1 く穉

▼ ほ~ (9, 0.2%)

21 すぎて, たちが, たちは, 自然界に, 過ぎゆくごとく, 集つ, 静かに

▼ ほ~ (9, 0.2%)

1 が語根化, と言う, に近い, の原義, の方, の義, よりは新しく, を出し, 何と気持

▼ ほ~ (9, 0.2%)

2 つひめでありと, ながら 1 たく思うよう, ばぶらさがつ, ば咲い, ば梅, ば青梅

▼ ほのに~ (9, 0.2%)

1 あからび, あほ, くゆり, 何か, 夢の, 汝を, 緋の, 身に, 顫へる

▼ ほ其の~ (9, 0.2%)

1 上に, 上を, 人が, 折を, 機関紙を, 機關紙を, 歌の, 近処, 風が

▼ ほ~ (9, 0.2%)

21 です, に叱りつけた, に笑, に読みはじめた, の中, を挙げ, を発し

▼ ほ~ (8, 0.2%)

1 ほほほほほ, 冗談ばかり, 名前は, 土産も, 師匠さん, 気の毒だった, 貸し申します, 髯さんか

▼ ほつつ~ (8, 0.2%)

2 き廻つて 1 いて, きながら, きまは, きまはつ, き歩くん, りと

▼ ほ~ (8, 0.2%)

1 たかく唇, 休めに, 学校の, 折つて貼りつけた, 折りも, 折り損, 立った動く時, 細ながい手足

▼ ほねが~ (8, 0.2%)

3 おれるの 1 おれた, おれたよ, おれるが, 折れた寒くっ, 鳴るよう

▼ ほ~ (8, 0.2%)

1 こころの, こころのみ, づ, ら, 人老いにつつ, 心も, 慈悲の, 淵醉の

▼ ほぎみ~ (7, 0.1%)

3 の御 2 のみやまひ 1 の側, るやう

▼ ほくそ~ (7, 0.1%)

2 ゑんで 1 ゑまひか, ゑみあり, 笑する, 笑ひ, 笑を

▼ ほげさ~ (7, 0.1%)

1 すぎると, であつ, な言, にいへ, にぐつと上, に感心, に言

▼ ほそれ~ (7, 0.1%)

1 じゃご, のみならず, はどんな, は結構, は近い, までこの, までにはきっと

▼ ほつて來~ (7, 0.1%)

1 たの, たので, たもの, た道, てゐます, ると, る場合

▼ ほびら~ (7, 0.1%)

1 がどん, にあるけたら, にし, に女郎買, に押し通す, に自分, に見せびらかし

▼ ほほんとう~ (7, 0.1%)

1 だ, でご, でございましょうか, にすみません, に葵, のこと, はね兄さん

▼ ほ~ (7, 0.1%)

1 でして, でも練習, に足踏み, の小言, をつづけ, を出した, を聽

▼ ほくめ~ (6, 0.1%)

6 の命

▼ ほこれ~ (6, 0.1%)

2 はまた 1 にもない, はとても, はどうして, は意外

▼ ほその~ (6, 0.1%)

1 ことその, 二丁目の, 以前, 手提灯が, 背中を, 顔

▼ ほだって~ (6, 0.1%)

1 おかしいじゃ, 且那等は, 俺も, 俺北海道の, 俺洋服着たり, 蜜柑が

▼ ほつたの~ (6, 0.1%)

2 だから 1 か, が九代目団十郎, はだれ, はもと大藏大臣某

▼ ほとして~ (6, 0.1%)

2 出て 1 出で, 宮殿の, 書いたの, 歩ゆむ

▼ ほひな~ (6, 0.1%)

1 し入れども, し昼, し晝, じみぬ, どか忘れむ, らし

▼ ほ~ (6, 0.1%)

1 とけえ, に鰌, のその, の意趣返し, の校正, の申訳

▼ ほ依然として~ (6, 0.1%)

2 内部に, 異状なき, 皇帝の

▼ ほ容易~ (6, 0.1%)

2 に動かざる 1 に信じ兼ね, に自由党, に自由黨, に論

▼ ほくし~ (5, 0.1%)

32 あれば

▼ ほだから~ (5, 0.1%)

1 いわないこと, って恨み, って鶏, のこと, 父北海道さ俺と

▼ ほつた風~ (5, 0.1%)

2 ばかりです 1 がざあつと, などは見る, をたべ

▼ ほづえ~ (5, 0.1%)

2 に花 1 に, の細描, の萠

▼ ほとに~ (5, 0.1%)

1 いとおもしろき, やう, 押し垂れ歌, 突き立てて, 馬かへ

▼ ほのみ~ (5, 0.1%)

2 虚空に 1 え文筆家, ゆれ, 門と

▼ ほひま~ (5, 0.1%)

1 だ初期, でも窓, でも飲める, で嗅ぐ, もり

▼ ほ~ (5, 0.1%)

1 と相, に卑彌呼及壹與, より以外, を病めり, を知らざる

▼ ほ~ (5, 0.1%)

2 が悪い, の出入盛り 1 の吾

▼ ほ~ (5, 0.1%)

1 かそういう, でもない, をいってる, を感ず, を長二

▼ ほ~ (5, 0.1%)

2 なり是 1 いの, 厭な, 笑い

▼ ほ~ (5, 0.1%)

1 の上, の淨命, の老, の詩, は本

▼ ほ~ (5, 0.1%)

1 のいう, のその, のなすべき, の耳, は夢

▼ ほ袈裟~ (5, 0.1%)

1 と云, な口調, な言葉, に, に笑つた

▼ ほ~ (5, 0.1%)

1 であ, となつ, の中, は, を冒し

▼ ほきもと~ (4, 0.1%)

2 ほし 1 ほしまつり, ほし神

▼ ほくから~ (4, 0.1%)

1 あざけるやうなようすをして, だんだんと, 何かの, 分化させ

▼ ほくら~ (4, 0.1%)

1 と散り澄ん, の中, の神, ほくら

▼ ほ~ (4, 0.1%)

4 かそ

▼ ほ~ (4, 0.1%)

1 くるやう, の君福山, の脇差し, を見わたせ

▼ ほつた~ (4, 0.1%)

1 からだ, といふ答, と云, 何とも云

▼ ほつた声~ (4, 0.1%)

1 ではきはき, で中音, で彼女, で答

▼ ほつた水~ (4, 0.1%)

2 はゆたか 1 がざん, で海底

▼ ほとは~ (4, 0.1%)

1 ほてから, 元は, 即ほ, 知らる

▼ ほとも~ (4, 0.1%)

1 なく二荒, なく夏, よんで, 露わにストリップの

▼ ほひよく~ (4, 0.1%)

1 かけつ, ながれるし, はねま, 燃えて

▼ ほむちわけの命~ (4, 0.1%)

1 の場合, の話, は火産, をし

▼ ほもの~ (4, 0.1%)

3 ぬしの 1 ぬしと

▼ ほよく~ (4, 0.1%)

1 其甲板の, 實際上吾人の, 神代より, 見ると

▼ ほ~ (4, 0.1%)

2 ほオ 1 あの, と梟

▼ ほ伊藤侯~ (4, 0.1%)

2 が丸腰 1 の党首, の黨首

▼ ほ~ (4, 0.1%)

1 がほん, に擧げたる, に述べた如く, は悪い

▼ ほ~ (4, 0.1%)

1 た人, ペルシア語及び, 少し心, 明の

▼ ほ暫く~ (4, 0.1%)

1 の間, 叩いて, 沈黙を, 黙つて

▼ ほ未だ~ (4, 0.1%)

1 敝れざる, 眼耳抔の, 語て, 面相接し

▼ ほ~ (4, 0.1%)

1 の下, の代り, の溜り, は流れ

▼ ほ~ (4, 0.1%)

1 にふかれた, に逆, の巍然, の弱き樹

▼ ほ~ (4, 0.1%)

1 に影, の声, の眞白, の顔

▼ ほあの~ (3, 0.1%)

1 お小僧さん, 北の, 子から

▼ ほきし~ (3, 0.1%)

1 てまつり, といふ語, の意

▼ ほきり~ (3, 0.1%)

2 欠きたり 1 とたんぽ

▼ ほぎ歌~ (3, 0.1%)

1 であ, の一種, を誦せ

▼ ほくき~ (3, 0.1%)

2 こゆる 1 えて

▼ ほこの~ (3, 0.1%)

1 あたしを, 木ペンこの, 詩は

▼ ほだり~ (3, 0.1%)

1 とらすこ, とらすも, とり

▼ ほちょっと~ (3, 0.1%)

1 撮んで, 目の, 着が

▼ ほぢつて~ (3, 0.1%)

1 は又, ゐた, 行くやう

▼ ほでは~ (3, 0.1%)

1 今朝は, 何処へ, 近頃の

▼ ほとを~ (3, 0.1%)

1 かくして, 突き給いき, 見せたカーテン

▼ ほにな~ (3, 0.1%)

1 つて電報を, 引きそ梧桐, 觸り

▼ ほのり~ (3, 0.1%)

1 とたまたま, ほのり, ほのりと

▼ ほはと~ (3, 0.1%)

3 笑ひこける

▼ ほびか~ (3, 0.1%)

1 に, に思ふ, に見

▼ ほふし~ (3, 0.1%)

1 が啼き, のなす, は云

▼ ほへと~ (3, 0.1%)

1 ちりぬる, 一字一字原稿用紙に, 命じぬ

▼ ほへとと~ (3, 0.1%)

1 並べて, 同じこと, 祈るならば

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 に御, は今日, よりは原義

▼ ほよう~ (3, 0.1%)

1 いわんわ, に行衛, 知って

▼ ほわだつみ~ (3, 0.1%)

1 のま, の淵, を昇り

▼ ほッとく~ (3, 0.1%)

1 がよい, だけでよろしい, なんてこと

▼ ほ一歩~ (3, 0.1%)

2 進んで 1 を進め

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 にも石器時代遺物, に譲らね, 日詳かに

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 が自ら, とおぼしき, は大島

▼ ほ多く~ (3, 0.1%)

1 の人々, の欠点, の缺點

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 乘禪の, 機械工業に, 魚を

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 の不都合, の生れ変り, 夫雛の

▼ ほ~ (3, 0.1%)

2 を穿つた 1 が川

▼ ほ強く~ (3, 0.1%)

1 その和歌集, その腕, 相成申候

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 の救護, の記録, れは

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 子息も, 存命あらせられ, 睡眠中なれ

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 にし, を入れ, 惹かれたもの

▼ ほ~ (3, 0.1%)

3 のため

▼ ほ~ (3, 0.1%)

2 時代の 1 なる所

▼ ほ本当~ (3, 0.1%)

1 か, かい, でございますか

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 ない業, なくも, の毒

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 の, のほとり, の面渉

▼ ほ深い~ (3, 0.1%)

1 から, からわざと, のである

▼ ほ~ (3, 0.1%)

21 は高

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 に残つて, に見, のまわり

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 きさうな, きます, けやう

▼ ほ自ら~ (3, 0.1%)

2 悟らずむば 1 顧みて

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 に對, の慾目, を尊ぶ

▼ ほ~ (3, 0.1%)

1 あり詣で, が拔, のあり

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 たくしの, たくし邸

▼ ほあれ~ (2, 0.0%)

1 が, にし

▼ ほいい~ (2, 0.0%)

1 処に, 彼方で

▼ ほいし~ (2, 0.0%)

1 づけさ, とねをつくり

▼ ほいや~ (2, 0.0%)

1 ですよ, なせき

▼ ほきく~ (2, 0.0%)

1 なりにつらむか, 咲いて

▼ ほきもの~ (2, 0.0%)

2 なりけり云云

▼ ほくい~ (2, 0.0%)

1 としきこひのうた, はぬ

▼ ほくさい~ (2, 0.0%)

1 ことでした, ことは

▼ ほぐと言~ (2, 0.0%)

1 ふ, ふ語

▼ ほこんな~ (2, 0.0%)

1 流刑なら, 辺鄙の

▼ ほそんな~ (2, 0.0%)

1 もので, 掛声が

▼ ほぢ君眼~ (2, 0.0%)

2 は消えしや

▼ ほつえ~ (2, 0.0%)

1 の, は

▼ ほつて行~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ ほづえには~ (2, 0.0%)

1 赤き守柿ひとつ, 赤き柿いくつ

▼ ほづみ~ (2, 0.0%)

1 のみを落した, の転訛

▼ ほという~ (2, 0.0%)

1 ことで, ような

▼ ほといふ~ (2, 0.0%)

1 ことばは, やうな

▼ ほとの~ (2, 0.0%)

1 ほかひと言ひ馴れた, 自然の

▼ ほとぼし~ (2, 0.0%)

2 りは

▼ ほなつかしく~ (2, 0.0%)

1 思ひ出される, 涙ぐまるゝは銀の

▼ ほにて~ (2, 0.0%)

1 水を, 腹突きいだしたる

▼ ほのりと酒~ (2, 0.0%)

1 の乗り, の乘

▼ ほひえ~ (2, 0.0%)

2 やをひえ

▼ ほひとし~ (2, 0.0%)

1 てのこれ等, て感じる

▼ ほひひ~ (2, 0.0%)

1 そめり, らく影見れ

▼ ほひも日~ (2, 0.0%)

2 のかげ

▼ ほひよ~ (2, 0.0%)

2 冷めたけれども

▼ ほへば~ (2, 0.0%)

1 そは, 只うつくしき

▼ ほほう~ (2, 0.0%)

1 こんなです, しんびょう

▼ ほほん~ (2, 0.0%)

2 とか

▼ ほまた~ (2, 0.0%)

1 この田中正造, 誰か

▼ ほまだ~ (2, 0.0%)

1 いた, お気づきに

▼ ほまれさ約束~ (2, 0.0%)

2 を守る

▼ ほみやのめ~ (2, 0.0%)

2 など

▼ ほむちわけなどに~ (2, 0.0%)

2 通じて

▼ ほむちわけの皇子~ (2, 0.0%)

1 が出雲, の御

▼ ほゆらく~ (2, 0.0%)

2

▼ ほよそ地上~ (2, 0.0%)

1 にへばり着, の美

▼ ほよそ此~ (2, 0.0%)

2 の如くなりき

▼ ほよそ葦~ (2, 0.0%)

2 の生

▼ ほよそ造語~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ ほわだの~ (2, 0.0%)

2 波うちぎは

▼ ほわら~ (2, 0.0%)

2 ひしました

▼ ほわり~ (2, 0.0%)

2 と渡ります

▼ ほオ三十円~ (2, 0.0%)

1 な, のオ

▼ ほッたて小屋~ (2, 0.0%)

1 だった, どうよう

▼ ほッ建て小屋~ (2, 0.0%)

1 にすぎぬ, のそば

▼ ほツそり~ (2, 0.0%)

1 した意氣, して

▼ ほニイチエ~ (2, 0.0%)

2 のトルストイ

▼ ほ一層~ (2, 0.0%)

1 うろたへ, の探索

▼ ほ一種~ (2, 0.0%)

1 の潛勢力, の潜勢力

▼ ほ不幸~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ほ二人~ (2, 0.0%)

1 の持つ, の男

▼ ほ京都~ (2, 0.0%)

1 は断念め, へ行け

▼ ほ人々~ (2, 0.0%)

1 のあはれみ, の口

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 から老ぼれ, 和布を

▼ ほ今後~ (2, 0.0%)

2 に存立

▼ ほ今日~ (2, 0.0%)

2 に健在

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 の扱い方, をこ

▼ ほ伊藤~ (2, 0.0%)

1 前内閣崩壊後, 前内閣崩壞後

▼ ほ何処~ (2, 0.0%)

1 かに持つ, かへ出口

▼ ほ俳優~ (2, 0.0%)

2 が一

▼ ほ働ら~ (2, 0.0%)

2 きつ

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 として政界, として目

▼ ほ充分~ (2, 0.0%)

1 なる意義, に存在

▼ ほ共和演説事件~ (2, 0.0%)

2 を以て尾崎氏

▼ ほ内閣~ (2, 0.0%)

2 を固守

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 ゆる早, ゆる早稲田

▼ ほ冷然~ (2, 0.0%)

2 たりし

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 として政界, として目

▼ ほ及び~ (2, 0.0%)

1 いへ, うら

▼ ほ双方~ (2, 0.0%)

2 の連鎖

▼ ほ哀れ~ (2, 0.0%)

2 をそ

▼ ほ執念~ (2, 0.0%)

1 く木材, く絡み付く

▼ ほ大隈伯~ (2, 0.0%)

2 が其の

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 が兄, は美智能宇斯王

▼ ほ~ (2, 0.0%)

2 がりなの

▼ ほ少しく~ (2, 0.0%)

1 殘つて居つた, 話して

▼ ほ局外~ (2, 0.0%)

2 に中立

▼ ほ~ (2, 0.0%)

2 にはだら

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 と顏, のハイカラ女

▼ ほ~ (2, 0.0%)

2 て之

▼ ほ彼等~ (2, 0.0%)

2 が失望

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 に更に, を追

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 なるは, に呼吸

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 いや, に遭

▼ ほ憎らし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ ほ戲曲~ (2, 0.0%)

2 と書

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 なぐさみを, を振

▼ ほ搭載~ (2, 0.0%)

2 す可

▼ ほ政治上~ (2, 0.0%)

2 の一勢力たる

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 うも, る非行

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 の脚本中, は夢

▼ ほ日本~ (2, 0.0%)

2 を談ずる

▼ ほ昔者ジスレリー~ (2, 0.0%)

2 がメルボルン公

▼ ほ星氏~ (2, 0.0%)

1 の自由党, の自由黨

▼ ほ~ (2, 0.0%)

2 れ政治上

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 に我, をしり

▼ ほ晏如~ (2, 0.0%)

1 として市庁, として市廳

▼ ほ暗く~ (2, 0.0%)

1 古墳累々として, 習習たる

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 の事, 激しくぶり返し

▼ ほ更ら~ (2, 0.0%)

2 さう

▼ ほ枯木~ (2, 0.0%)

2 である

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 に, に入れ

▼ ほ~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ ほ欲しく~ (2, 0.0%)

2 なるの

▼ ほ此等~ (2, 0.0%)

1 の疑問, の語句

▼ ほ歴然~ (2, 0.0%)

1 たり, として壁間

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 せざる詩祖ホーマー, ぬるもの

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 りて, れり

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 の音, を

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 くるあるは未だに, くるを

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 がうち, の

▼ ほ深く~ (2, 0.0%)

1 なつた, や

▼ ほ満足~ (2, 0.0%)

1 しない, なる解答

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 に燒, の如し

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 に燃えた, んであつ

▼ ほ献身的宗教家~ (2, 0.0%)

2 の如し

▼ ほ現に~ (2, 0.0%)

2 之れ

▼ ほ甚だ~ (2, 0.0%)

1 多く不明, 讀み難き

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 変らず可愛, 対峙し

▼ ほ眞面目~ (2, 0.0%)

1 な顏, の氣取つた熊度

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 の底, を網

▼ ほ矢野文雄島田三郎犬養毅尾崎行雄~ (2, 0.0%)

1 の四氏旧, の四氏舊

▼ ほ絵里子~ (2, 0.0%)

1 はね, はね女性

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 に在る, を澄ませ

▼ ほ船沖~ (2, 0.0%)

2 に榜ぐ

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 がかはる, に在る

▼ ほ薩長聯合~ (2, 0.0%)

1 の旧, の舊夢

▼ ほ虚空~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ ほ~ (2, 0.0%)

2 はれたやう

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 ひ換, を換

▼ ほ評判~ (2, 0.0%)

1 ですぜ, となつ

▼ ほ賢き~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 の底, も數

▼ ほ~ (2, 0.0%)

2 霧の

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 やいか, 高草

▼ ほ間接~ (2, 0.0%)

2 にも直接

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 でひどい, やらお

▼ ほ頻りに~ (2, 0.0%)

1 啼く, 話した

▼ ほ首相~ (2, 0.0%)

2 の椅子

▼ ほ高き~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 かに黒檜山, なり

▼ ほ~ (2, 0.0%)

1 が闇, やアラバマ

▼1* [918件]

あかあかしろひつじ, ほあつき日向に, ほあなたというお, ほあなた様方も御, ほあはれに候, ほあみしか大磯, ほあんたはわたし, ほあんたあたしに恋し, ほあんな言を, ほいいかげんにする, ほいけ好かない婆や, ほいずれ近いうち, ほいそぎですゐれんの泉へかけ, ほいそらから空気, ほいたって置いといたらまた, ほいっかな炉辺を, ほいつもながらよく, ほいまうち君の身まかり, ほいもしない, ほいも親しみもない, ほぅとお思いになったでしょう, ほぅとした一生を暮した, ほおらかまいたぢ, ほお前の相談, ほお呼びずての, ほお金があっ, ほがいの歌, ほがせ茶の花の, ほがとよく透る, ほがねんせうする, ほがま梅に似た, ほきいからだ, ほきいことを言, ほきいふぐりをぶらさげ, ほきいわるだくみ, ほきいヒヤシンスよ, ほきい兩手を炭火, ほきい原因がある, ほきい心殘りを, ほきい方の犬, ほきい栗の木, ほきい眼でじつと, ほきい聲を出す, ほきい船にのつて, ほききさきをうつ, ほきなこゑでよびますとあひるさんはカバン, ほきみろかも, ほぎくるほし, ほぎとを兼ねた, ほぎと生命の寿, ほぎによつて新室とおなじ, ほぎの側になる, ほぎの風を段々, ほぎやうな顔つきでイワン, ほぎやうに叫び立てて, ほぎや祓への職分, ほぎ廻しまつり来しみ酒, ほぎ用のペルス, ほぎ競争に入り, ほぎ縄を掛け, ほぎ草のさ, ほぎ言ともなる, ほくしようとした, ほくつきりと浮き出させ, ほくつらなり, ほくみやこの, ほくも仙洞御所より内々, ほくも厩戸の皇子さま, ほくりほくりゆく, ほく暗い風が, ほぐが同時に建て, ほぐくれたような大きな痕, ほぐと言うて, ほぐと殆違はぬ, ほぐにはうけひ, ほぐみをつくる, ほぐや雲は秋, ほぐよりなしと樋口, ほぐらかしそこから中庭, ほぐらかすようなものが残って, ほぐ事を要件, ほぐ団扇の音, ほぐ対象が生命, ほぐ神は唯, ほぐ空のゆ, ほぐ豊御酒に我ゑひにけり, ほけどお手の筋, ほげんの巻, ほほと, ほこいつは素的, ほさぞびっくりなされましたろう, ほさても, ほさるかも, ほざつぱな分類の目安, ほざつぱな空想で事実, ほざつぱに分けて, ほざつぱにではあるがすこし畸形, ほざつぱにではあるが推測すること, ほざつぱに演劇史上の記録, ほしかすがに一点の, ほすぐそのあと, ほすっかりぼけて, ほそううまくは, ほそこに立つ, ほそして焼いて, ほそりゃアお互いさま, ほそれでもあたしの, ほそんなにお見つめあそばし, ほたりと微笑んだ, ほたるをつれ, ほだてて行く, ほだて汁にする, ほだの消えて, ほだのけむりははやもそこに這へる, ほだのとだの, ほだる花や, ほちと列を, ほちの形もかはらざりけり, ほちょいと顎さん, ほぢくつたり時に, ほぢくり囘し石油, ほつけのバタ, ほつた夜は夜, ほつた球が輪, ほつた町に再び, ほつた船を見よ, ほつた觸れること, ほつた谷町から箪笥町, ほつた道を子供, ほつづみ, ほつてそこらは湖, ほつてぢつとしては, ほつてとんとんと階段, ほつて云つて, ほつて修善寺温泉のそれ, ほつて帰つたかも忘れました, ほつて火が燃え, ほつて紅玉質になつ, ほつて縞のゆらめく, ほつて言つた, ほつて谷を一つ, ほつて造つたのだと, ほつよくしかと婦人, ほつらした女, ほつり出たり下, ほづえささ栗のそば, ほづえにただ一羽雀つぐめり柳, ほづえには鵲らしき巣, ほづつの響, ほづみと謂ふ地方, ほあつた, ほでもほんとうに, ほとうに発狂し, ほときまだ色々試し, ほところに入れた, ほとと落ちたるに, ほとなど言ふ, ほとばかりこの際, ほとほど心亂れたる, ほともに国栄えむ, ほとんだ気が, ほとんと何らの参考, ほどうしてそんなに悲しく墓, ほどこで何日, ほなかなか長刀で, ほなぞとそれ, ほなども多分は, ほなにもわし, ほなるほどあたしは, ほなれなれしく言うじゃ, ほなんとかほかに, ほにけとおなじ系統, ほにこそ揚ぐれ, ほにとかいふおほ, ほにへなりけるが, ほにややほろほ, ほねえお浜, ほねえさんのとこ, ほねかおれました, ほねからとりますが, ほねつぽい所, ほねといちばんうえの, ほねばかりがゾウの, ほねばかりのからだに, ほねぶとでじょうぶそう, ほねもあらはに, ほのりと老いて, ほのんきそうだこと, ほはしのくちづけ, ほはずにその, ほはず金釵綾羅なん, ほはつせわかたける, ほはもうりい博士そつくり, ほはやくたいにて, ほはやりなん, ほはん大鳥もがも, ほはん花なれば, ほひがし植木鉢は木の葉, ほひさし髮の, ほひたい凄惨さである, ほひだけがおれのたつた, ほひだ日本的香気といふべきだらう, ほひでバラックの板屋根, ほひで書きまくつた, ほひで最後の瞬間, ほひで森の彼方, ほひで空を切つて, ほひで肉体の体臭, ほひで襲ひかかつて, ほひで言葉は恰, ほひと京おしろいのにほ, ほひと夕方夕燒けが眞赤に燃える, ほひならむと四五歩ゆき山谿みづ, ほひなんだつてさ, ほひな出でそあかつき, ほひもたそがれて, ほひもつぶやきも, ほひも夕月も, ほひも妙にあたたかく親し, ほひも寒風に吹かれ, ほひも歌ごゑも, ほひも水のよろし, ほひも消去りて, ほひも自然が必要, ほひも魅力だつた, ほひよくこちらをにらみつけ, ほひよく書きまくつた, ほひよく門の中, ほひより少し氣候, ほひより先にあぶ, ほひより巧に泳ぎ, ほひより足の運び俄, ほも瘠せぬ, ほびこりてとの曇り雨, ほふき等の御, ほふとしたのである, ほへとから源平藤橘それから, ほへとの五つ目か, ほへとはいつでも, ほへを鍵盤に, ほほうなるほどしつけ, ほほかのこと, ほほしければ私, ほほたらやらやらさせ, ほほんとに傷の, ほほんものなんで, ほっほと, ほまあそのよう, ほまあそうね, ほまあ何と江戸名うての, ほまお人の, ほまず馬を, ほまれ日本じゅうになりひびいた, ほまわりをし, ほみきまゐる, ほみじめですよ, ほみそかは大薩摩, ほみなさんおつむを布, ほみやひとは, ほむいはひ, ほむかしまだ世界, ほむだの, ほむちというのは火のこと, ほむちわけが出雲国造の娘ひな, ほむちわけなど言ふ名, ほむちわけのみこのもの言わぬ因縁, ほむちわけのみこのもの言はぬ, ほむちわけの場合にはたま, ほむち部に忘れ, ほむと言うて, ほむともなつて居る, ほむと言ふの, ほむねかくの如し, ほむねこれに掛か, ほむねそれを語らず, ほむねマドロス肌の樂天家, ほむね一年おきだと, ほむね不可能の事, ほむね之に倣, ほむね先見無し一蹉躓一顛倒して, ほむね右の通り, ほむね小篇であり人, ほむね山の尾根づたひになつてゐるので, ほむね序にお, ほむね彼の勝手, ほむね感覺的鬱憂性に屬, ほむね断崖をなし, ほむね江戸文化から明治大正, ほむね炬燵に俯伏, ほむね物足りぬ感, ほむね落葉樹林であるが, ほむね道徳性科学性芸術性の三つ, ほむね道徳的行為道徳的言辞道徳的相貌の強調, ほむね鈍痛だが, ほむのなごりの固定したもの, ほむの外に今一つ, ほむら音たてて, ほむる秋の山, ほむる者いかでな, ほめーりいほ, ほもう自棄でございます, ほもし衣裳も, ほもっともらしくうなずき煙草, ほやっぱりほんとうでした, ほゆる憎しとは思へ, ほゆ井戸をし見れ, ほゆ栗食めば, ほゆ水汲みて, ほゆ水の江の浦島, ほよい花だ, ほよそごころねもごろ, ほよそながら卒業した, ほよそはじめからつい, ほよそゲランの内部, ほよそヱネチアの少年紳士, ほよそ一詩人の哲學上所見, ほよそ三つあり曰早稻田文學, ほよそ三種とす, ほよそ世に彫像, ほよそ世の中に用, ほよそ二三十丁も来た, ほよそ二三町のもの, ほよそ二十五處それにて詩, ほよそ人と生れ, ほよそ其頃よりし, ほよそ十一時頃であつ, ほよそ卑怯な下等, ほよそ女といふ女, ほよそ左の如くなるべし, ほよそ市長の家, ほよそ幾年間ぐらゐ生きるもの, ほよそ扉の中程, ほよそ手の觸, ほよそ批評の力, ほよそ文にて知らる, ほよそ是等の問, ほよそ次のやう, ほよそ此等の毒, ほよそ此筋を辿つ, ほよそ理想的な形体, ほよそ百年も前, ほよそ百町あまり公家武家の邸, ほよそ眼に觸, ほよそ知つたくらゐの, ほよそ統計に従, ほよそ聖誕日と新年, ほよそ自然學の方便, ほよそ解つてゐる, ほよそ詩の上, ほよそ郡と称せられ, ほよそ鴨に似, ほよともふゆとも, ほよど辺鄙な所, ほた, ほわたしとした, ほわたつみのうた, ほをかせいだい, ほをば見つ, ほとです, ほアヴィニオンに移れる, ほウおまえはそんな, ほウお前はあれ, ほウら婆あが, ほウ成程こいつ, ほウ水上署から水産局, ほウ田作じゃぞ, ほウ相川新五兵衞が又, ほウ螢の, ほオツと霧, ほキットそうですって, ほシエクスピイヤが作中, ほチャシに據, ほッそりして, ほッぺたを殴りつけた, ほッぺたをふくらしつぎのあたった, ほッ多摩川だ, ほッ恐竜がない, ほツつき廻る奴, ほトンチなる語, ほハイカラに見える, ほパノラマの樣, ほホあなたは何処, ほホこれはたいへん, ほホゥ筆幸から献上物, ほマノンの戀, ほムラそう六へ, ほリウマチスの病, ほロマンティックに濡れ, ほーいのほい, ほーそりや得, ほーほうほツ, ほーらここよ, ほーら大辻さんには分っ, ほーら御覧赤字で岩, ほーんに野蛮, ほーッと誰か, ほーンほーン, ほーーほけっーきょうー, ほー人くさいぞ, ほ一しきりいろ, ほ一事の長ずるあり, ほ一人だよ, ほ一倍北風が身, ほ一千万円の資本, ほ一抹の微光, ほ一時間もあませ, ほ一段の深い, ほ一片誠忠の心, ほ一番最初に申しました, ほ一知半解の禪, ほ一軒のこらずいずれ, ほ一重の薄紗, ほ三人づれの侍, ほ三四杯を重ね得た, ほ三百五十年前に書かれ, ほ三里の道, ほ上り行けば, ほ下級に屬, ほ不十分なる點, ほ不安のやう, ほ不完全では, ほかの縁, ほ世に行はれ, ほ世界の一大問題, ほ両国へき, ほ中古の姿, ほ中国へ, ほ久しく私の, ほ予算に剰余, ほの次, ほ二十圓の損失, ほ云つて置くが, ほ互に疑ひ合つて, ほ五日路も六日路, ほ五臟の神, ほ五里霧中にある, ほ亭主が語つたの, ほ人事とは思へない, ほ人心に感染, ほ人間の社会生活, ほ今更それは, ほ仔細に是等, ほ代議士の名義, ほて亂心, ほ伊予讃岐周防土佐筑前と南海, ほ何んだと, ほ何回となく, ほ何時迄も著述, ほの顏, ほ偏聴の誚, ほ固で, ほ健康で居る彼, ほへられて, ほの跡, ほなるながめなり几帳, ほ儲けの出來, ほ元禄時代の柱, ほ兄さんさぞかし今ごろ, ほ先ず村尾の, ほ先生から思ひ, ほの平和, ほ党務に堪, ほ全局を一貫, ほ八戸町に現存, ほより外, ほ其事を忘却, ほ其兩手に菌, ほ其功力多しと, ほ其誤謬を駁せ, ほ其身は車上, ほ其運命を続け, ほなるもの, ほ冷汗背に浹, ほ冷然微笑せり, ほ判然し難い, ほ問題に, ほ別に原因が, ほ前掲の梶井全集推薦, ほ勇氣盛のわが, ほ包み憚る處, ほ北方に逃れし, ほ十二につがれる, ほ十四五年ののち, ほ十數日以來の疲勞, ほ十文字おのおのがつかい馴れた, ほ十日ほどゐた, ほ半ば呟くやう, ほ半分靄に包まれ, ほ卑怯にさて, ほ印旛沼手賀沼の一族, ほ原殿が子, ほ厳しくなつたが, ほ厳酷なる批評家, ほ參考すべき各, ほ口惜しそうに, ほ古い家族制度の, ほ可笑しいことね, ほはねえ, ほ時代に, ほ吹き降りがあつ, ほ吾人の祖母, ほ吾等を生んだ, ほの禮, ほよきうま酒, ほをし, ほ唐氏旧蔵, ほ嚮動であるけれども, ほ嚴酷なる批評家, ほ四五本の白梅, ほの半, ほ土器の部, ほの形, ほ坊主が続け, ほ垣根のため, ほ堅造があきれた, ほしぬ, ほが破れなけれ, ほ壹與の領土, ほに横光さん, ほ外面如菩薩はつい, ほ多少仇浪の, ほ多数の同意, ほ大いに國家的である, ほ大きくなつた, ほ大分驚いたよう, ほ大分殘つて居る, ほ大勢の紳士淑女諸君, ほ大友の城, ほ大層勉強する, ほ大隈板垣両伯, ほ大隈板垣兩伯の藩閥, ほもむなしき, ほなるに, ほ失敗したる項羽, ほとする, ほ奧津城の如く, ほ好く舞ひ好く, ほ如何にや, ほ妾あれ聞くと, ほ始めに彌, ほの霞, ほ婆さま真剣だ, ほ婦人の裸體美, ほ婿様と呉夫人, ほ嬉しいことね, ほ嬉しく拜讀仕候事に, ほし輕薄, ほ存命して, ほ存命中に母, ほ存在の理由, ほ學費を要する, ほ官歴のこと, ほの入口, ほ宿車が三四軒, ほ寂しくて寂しく, ほと手, ほ實在の人, ほ實際状態に就い, ほ寸々伸びて, ほの榎, ほ寺内をジナイ, ほ専制国に君臨, ほ專制國に君臨, ほ乘禪の, ほ小宮氏は言語, ほ少し時間が, ほ屈曲の險坂幾段, ほ属僚の為め, ほ屬僚の爲め, ほ山さ来てらたもな, ほ山師だ, ほ山気を感じた, ほ山猿に芋虫, ほ岳珂の傳, ほ川あとの眞ン中, ほまず殿, ほ市川菅女部屋の方, ほが無い, ほ年増であつ, ほに遭, ほ幼いのに, ほ幽邃で仙骨, ほ幾十年も続く, ほ幾日も止まなかつた, ほ床しく鼻筋つんと, ほなき泥中, ほ弁明の義務, ほ弓匠の箭, ほが, ほ弱いことを, ほ彷徨ひて, ほ彼此面倒な事, ほ後人を感, ほ御前何處へかお, ほ心術を誤解, ほ念入りに見た, ほ忽ち事実と, ほに動き, ほくの, ほ悄然として俯, ほ悪党だ, ほふだらう, ほ惡いやな, ほふ荒川, ほ意識中に存する, ほ愛吉お前その膝, ほ慈悲垂乳のいく, ほだし, ほ憐れな女, ほ懐かしくなつて, ほほどロシア人, ほありしこと, ほ我心に苦心, ほ我筆を汚す, ほ物を, ほ戯談ではござんせぬ, ほ戰鬪に加, ほの葡萄二つ三つ, ほ房枝さんをおこらせた, ほ狭く漲り, ほ手先を使つて, ほ棄つては, ほ折々少しづゝ歔欷し, ほ拷問取調の時代, ほ推察し得べきを以て, ほ提擧市舶をも兼ねた, ほ支那の陝西省, ほ政治を親裁, ほ教皇廰に保存, ほ数十丈の高, ほ数日の間, ほ数月を以てせ, ほ整理が出, ほ數多の類似, ほ數月を以てせ, ほ數行を書き, ほ文明国人の未, ほ文明國人の未開國人, ほ文野の大, ほ新たに搾れる, ほ方水が過ぎ, ほ旅客の眼, ほ日本式ではない, ほ旦那様のお早う, ほじと, ほの如く, ほ昨日の如き, ほ昭和五年度豫算の編成, ほ景気はどう, ほい, ほ暖かき感情と, ほ暗きばかりに枝条密聚, ほ暗闇の中, ほ暗黒の時代, ほ曖昧のうち, ほ更ら義理知らずの奴め, ほ最後に我國, ほの出汐, ほ月光に照, ほ居氏の, ほ本年四月下旬東京に催され, ほ本心かっ伯耆守, ほ本望だっ, ほ本来ならば, ほ本質的には外国文化, ほ東京にある, ほ東洋文庫から以上, ほ梅子の机上, ほ森厳の大きい, ほなお辭儀, ほの欄間, ほかは敷存じ候, ほ此上申す必要, ほ此世の悲哀, ほ此事に關, ほ此漂流民は之, ほ此点に於ける, ほ此理想を抛擲, ほ此點に於ける, ほ武夫の蒙りたる, ほ武夫等の蒙りたる, ほりがけ, ほ残つてゐるの, ほ残り惜しいといふやう, ほ残存して, ほ残暑の候, ほ殘つて居る, ほ殘念で堪らない, ほ段々と長ずる, ほ毀誉褒貶の定ら, ほ毀譽褒貶の定ら, ほ比隣の如し, ほ気味の宜, ほ氣味が惡, ほ法律違反の事, ほ法螺でとほつた, ほ泣き入りました, ほ注意すべきこと, ほ津浪でもやつて來, ほ浅くして, ほに残つて, ほ海つみの浪, ほ海神のうた, ほ淡き此の, ほかるべき道理, ほ深からう, ほくして, ほ源太は癇癪, ほ滑つて歩かれやしない, ほ滿足なる解答, ほ漢族多數, ほ澤山あるの, ほなるのみ, ほ濃き影を, ほ濃やかならしめるやう, ほ火宅の苦, ほに覆はれたる, ほ烈しい擾乱を, ほ意識的に, ほ無事に生き, ほ無用の材, ほ無言なり, ほや小熊, ほ熟視すると, ほ熾烈なもの, ほの脊, ほ牝牛の乳, ほ牢屋に入, ほ物悲しく照すかの, ほなりあわれや, ほ狐腋雉頭の裘, ほ狩獵の意義, ほ猟官の余地, ほ獨立の地位, ほ獵官の餘地, ほ玉蟲の光, ほ王儉に從つてこれら, ほ珍財を護る, ほならぬ空事, ほ理想として特殊, ほ理解ができない, ほの希望, ほ生意気なこと, ほ生気論者たちが神秘的, ほ生活と歌謠, ほ御の, ほ過しました御免, ほの何, ほ當分病人に附きつ, ほ疑問視されて, ほ発掘され懇望, ほ白魚のよう, ほ百姓で多く, ほな地方, ほ盛んなもの, ほの局面展開, ほの局面展開, ほ真面目な顔, ほ眠りもせず, ほ矍鑠として健やか, ほを以て矢の根, ほ研究の餘地, ほ研究中であ, ほ硝子の破れる, ほの写真班, ほ祖先の地, ほの述べん, ほ神鳴りで正面, ほつび, ほ私たちだって画師, ほ私心を免れず, ほ私達は文学, ほに竪穴, ほ種々に言ひな, ほ光りの, ほ穴居人即ち反, ほ空一面火の海, ほ空涵すわだの, ほ空知川の沿岸, ほひさ, ほの涙, ほ精しく云へは, ほをなし, ほ經濟界の立直し, ほの中, ほ綺麗な子, ほ縁側から縁側, ほ繽紛として止まん, ほ美しきが轉寢, ほ翌日また日曜, ほ習字を日課, ほ老爺に, ほ耶蘇教の天使, ほ肌寒くなつて, ほ股小股の足音, ほに達しない, ほが減ったろう, ほ腹綿にしみる, ほ自分は昨日來客, ほ臭いことでした, ほ舊時の記憶, ほ船津営林署に於, ほ良きものを, ほ良好なるもの, ほ色白のあご, ほ花瓶かぞふる, ほかりしも, ほ苦勞が多い, ほに一言, ほなどといふいた, ほ草むらを搜, ほ荒寥を添, ほ葉ちゃんじゃなく, ほ蓐中に在り, ほ薬香にほふ, ほ藤原時代の如く, ほの如く, ほを繩, ほ擦り合うただけの, ほの舞, ほ見事に振り落す, ほ果てぬ暁, ほ親族と會, ほ討究を累, ほ記憶すべきこと, ほの世界, ほを續けたい樣, ほを換, ほがこの, ほ談じたいこととは, ほ論述を要すべき, ほ警官の手, ほ變ぢやありません, ほ變つて居るの, ほのからまる, ほ豪勢な, ほ豫算に剩餘, ほ負けに負け, ほ郎真面目で, ほ賞めまするに, ほ赤うなりまさりたる, ほ赤く冴えしんかん, ほ赤兒の其の, ほ赫燿と暑気, ほひて, ほが重い, ほ足らずといふ有, ほ足利時代を終る, ほ足袋に及ぶ, ほに沁みる, ほ身代になつ, ほ身代りに舟, ほ車輪の此, ほ辛くつて雨の, ほのはじめ, ほ迷惑だ, ほ進歩党を同化, ほ進歩黨を同化, ほ遊人の話頭, ほ過去の經驗, ほとすれ, ほか地平線下, ほ遠く高く見えて, ほ遲櫻の影, ほ選挙区に帰り, ほ選擧區に歸, ほ遼遠の感, ほ郷地に滞在, ほの肴, ほ野菊白百合の, ほ野郎はおかしい, ほ野高草の, ほ金剛の寶石, ほのはこび, ほ钁鑠としては居ります, ほ長光か, ほ長春吉林間奉天新義州間, ほを這入る, ほ門弟衆に見せ, ほ閑寂のおもむき, ほの色濃く, ほ降りであつ, ほ隠然として重き, ほ隣県山形にあり, ほ隱然として重き, ほ雜閙他に優る, ほ青白い日光が, ほなり唯, ほ面影は透き, ほ面白いでせう, ほ面白く記憶し, ほに拠つて顧眄, ほを立てろ, ほ頗る未進化, ほ顕勢力を有する, ほ類品數個出でたり, ほへ聲, ほ顯勢力を有する, ほ食物を噛砕, ほ撒きか, ほ餘程勢力を維持, ほが飛ぶ, ほ騎兵らの列, ほがめりこむ, ほ高く聳え森, ほ髪の毛えが, ほに花びら, ほの生えた, ほに満, ほ魏志の女王, ほ鮮明と言, ほ鮮紅に燃え立つ, ほのよう, ほ麁野の境遇, ほはつめたく, ほ煙り動揺, ほの平和, ほ黨務に堪