青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「べつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

へた~ ~へる へる~ ~へん へん~ べからざる~ べき~ べきで~ べく~ べし~
べつ~
べつに~ ぺん~ ~ほ ほ~ ~ほう ほう~ ~ほか ほか~ ~ほし ほし~

「べつ~」 2007, 20ppm, 5738位

▼ べつ~ (509, 25.4%)

9 方へ 8 意味で 7 ことを 6 道へ 5 ものに, 部屋へ 4 ところで, のを, 所で 3 ものだ, 一隊が, 声で, 所へ, 方に, 理由が, 道から, 道を, 部屋で, 部屋に

2 [37件] ことだ, ことで, ところに, ものである, ものです, ものを, んだ, 不安も, 人間に, 人間の, 侍が, 口が, 声が, 天地が, 女が, 女の, 女性の, 客と, 役人が, 心で, 情報が, 意味が, 意味では, 意味に, 意味を, 所に, 方から, 方面から, 本を, 横丁へ, 物を, 眼で, 者を, 計を, 野望を, 銚子を, 閣へ

1 [353件] あたらしい光, おばあさんの, お扱い, お方が, ことおまえも, ことな, ことばで, ことらしい, ご挨拶, しかとは, ちかしつ, はなしを, ほうに, ほうへ, めんを, もう一名, もっとふしぎ, ものが, ものには, ようで, んです, アメリカ人だ, キャラクターだ, コースへ, プロペラ船で, 一ト役を, 一人が, 一人の, 一列が, 一団が, 一室で, 一室へ, 一峰へ, 一手が, 一手の, 一政策が, 一目録が, 一種の, 一組が, 一船隊が, 一計が, 一軍は, 一軍も, 一隻が, 一面に, 一頭ずつを, 三方には, 不安が, 不安を, 不幸が, 世に, 世界を, 世間と, 主君に, 主張と, 乾分が, 事が, 事を, 事情にも, 事素人にゃ, 交わりという, 人, 人である, 人に, 人物が, 人種とも, 人草が, 人間でも, 人間を, 人間性を, 仕事に, 仕方で, 仮屋に, 何かの, 使命を, 侍は, 信条が, 健気さが, 児童みたいに, 入口から, 入口へ, 公堂へ, 六波羅兵が, 内ぶところを, 処分を, 函から, 刀を, 分別を, 力は, 十冊の, 協議に, 原因が, 口に, 句を, 器に, 器へ, 困難が, 囲いでは, 囲みから, 固唾を, 土から, 地へ, 城門へ, 報告を, 場所で, 声がらをもって, 声は, 声を以て, 大事に, 大将を, 大愛, 大難に対する, 天地を, 天皇を, 太守が, 奥口から, 女だ, 女として, 女に, 女性だった, 女性は, 女性を, 妓は, 妖しの, 妻を, 嬰児は, 存意では, 官称だ, 客が, 客殿の, 室に, 家に, 家の, 家へ, 家従の, 家臣が, 宿でし, 寂しさ, 寺僧の, 尊敬を, 小さい位牌厨子, 小屋へ, 小舟が, 小舟へ, 小部屋, 工芸であった, 帖名に, 席まで, 幻想が, 広い部屋, 広間, 広間へ, 床几を, 底意が, 庭では, 廊下を, 強敵を, 形で, 形と, 形を, 後日の, 御食, 心が, 心の, 心境べつな, 忍び笑いも, 思いつきなど, 思いを, 恐さ, 想像を, 意味し, 意味でも, 意志を, 意見も, 意見を, 意識が, 意識の, 感じの, 感情に, 感興が, 態度を, 懐紙へ, 所から, 所では, 所には, 所の, 扇へ, 手勢は, 敵に, 敵の, 敵へ, 敵を, 料紙で, 新な, 方を, 方向で, 方向へ, 方法が, 方法を, 方角へ, 方角を, 方面に, 方面へ, 旅商人らしい, 日に, 日の, 日左右の, 暑さ, 暗さ, 暗示を, 暦でも, 書には, 最期を, 木に, 木の, 本心へと, 本質も, 東京で, 枝に, 某紙の, 梁へ, 棟で, 楽しみが, 樫の, 武者へも, 殿, 気持に, 気稟という, 水兵さんが, 水夫とは, 江岸へ, 治療法が, 浄土を, 清水越え, 澁澤榮一の, 澄んだ景色, 点だ, 熱情が, 物として, 物の, 物見舟へ, 狭間の, 獄卒が, 現実の, 理という, 理由を, 生活いっそかれこれ, 用か, 用が, 用向きで, 男の, 男性を, 疑いが, 疑惑が, 発心が, 皇子が, 目あてでも, 目的で, 目的も, 目的を, 着物を, 空虚が, 窓口に, 童が, 筆で, 筏で, 答えを, 答を, 筥に, 籠を, 精気を, 紙へ, 組では, 綱を, 美しい彼女, 美を, 美味さ, 群れへ, 義とか, 老婆の, 老臣が, 老軍卒, 考えが, 者が, 者と, 者として, 者に, 者の, 自信の, 自分の, 自己に, 自案, 興味も, 興趣が, 舟待ち小屋が, 船を, 船室へ, 苦痛が, 薪小屋の, 藤房像と, 虎だ, 街道が, 覆面の, 見方から, 見通しも, 視野を, 覚書を, 親しみを, 観測から, 角度から, 計りが, 試作に, 話で, 話でしょう, 話な, 調査班が, 調査目的で, 謀略が, 警告は, 趣きを, 路を, 車馬へ, 軍務と, 輿へ, 辻では, 返辞を, 途を, 通達に, 遊宿の, 道では, 道と, 道より, 部門では, 郷愁を, 酒盞を, 金箪笥の, 鉄の, 閣に, 閣室に, 降り口は, 陰性に, 雜誌で, 離反者が, 面だ, 頭巾姿の, 顔を, 顔をも, 風貌や, 館に, 駅へ, 駕籠へ, 魅力が, 鱶が

▼ べつ~ (490, 24.4%)

8 部屋に 7 ことを 6 意味で, 方角から, 男が 5 ところに, もので, キャラコさんが, 世界の, 世界へ, 声が, 部屋で 4 一人が, 世界に, 人間に, 方だ, 道を 3 ところへ, 人間が, 出入り口が, 刑事が, 女の, 男の, 考えが, 警官が, 部下が, 部屋へ

2 [35件] お粥, かみさんは, ときに, ところで, なにかが, ものに, やつが, イスに, 一人の, 世界から, 事件で, 人が, 人に, 名を, 営業許可を, 場所に, 場所へ, 声で, 少年が, 店員が, 座敷へ, 方へ, 窓から, 章でも, 笑い声が, 紙に, 自動車が, 船に, 若者が, 誰かが, 足音が, 道から, 部屋から, 階段から, 顔が

1 [302件] あかりを, ありそう, あるいはまえ, ある返事, いきもの, うちに, うちへ, うわさが, おそろしいでき, おそろしさ, おどろきと, おどろきに, おなご先生が, お一人様, お粥なぞ, かぎで, かすかな, かたちの, かなしきの, かぶりもの, かみさんが, がわに, が隠し, けしきが, こころでは, ことばで, ことよ, こどもらが, こわさ, すみには, そして遂に, ちゃぶ台が, できごと, ところでは, ところを, なぞを, なにものかが, なんと云ったら, はしを, はじを, はにかみも, ふしぎが, ふろしきの, へやに, へやへ, へんてこな, ほうの, ほうびを, ほうへ, ほら穴の, ものだった, ものであっ, ものであった, ものであるべきだ, ものと, ものを, らっきょうの, ろう仮面と, わけが, を持っ, アメリカ人だった, オや, カツラ師が, カニ怪人です, コールタールが, サーカスの, サーカス団員が, チンピラが, チンピラ隊です, トラが, ドアから, ドアが, ドアを, パトカーが, パトカーに, ベッドを, ボーイが, ポケットに, 一名は, 一室に, 一書が, 一種の, 一組が, 一組は, 一羽が, 一葉に, 一軍は, 一軍を, 一通は, 一長篇小説で, 一閣に, 一隊は, 丘は, 乗りものに, 事だ, 事で, 事件について, 事件の, 二本を, 二艘には, 二隊は, 人たちは, 人な, 人形を, 人物です, 人種に, 人間かも, 人間でした, 人間と, 人間には, 仕事も, 体腔中に, 作用を, 使者が, 侍が, 侍で, 個躰は, 先生が, 入り口から, 八千余名は, 出入り口から, 出入口の, 出口が, 利害法律政府税制を, 動物に, 区画に, 古本屋へ, 古物商を, 合併教室へ, 名, 名は, 商人が, 喫煙癖の, 嘆きを, 器物に, 場所を, 墓石の, 墨絵の, 変装服などと, 大きな杯, 天地, 奇妙な, 女な, 女中が, 妖精に, 姿では, 娘二人が, 家臣には, 寝所へ, 寝所へと, 小姓を, 小路から, 小路に, 少年の, 屋根の, 島の, 巡査です, 工夫を, 廊下から, 彼女を, 徳利を, 心配で, 心配も, 意味だ, 意味でも, 意味でもっけの, 意味を, 愛け, 感情で, 手でした, 手には, 手段を, 投錢を, 持ち場に, 掛け軸で, 探偵が, 故障が, 数字が, 文ご覧なされ候わ, 新しい煙草, 方なら, 方向に, 方角で, 方角に, 方角へ, 方面から, 方面に, 方面を, 旅薬と, 日お, 日済し貸しから, 昔話で, 暮しを, 曲輪に, 最中に, 服を, 服装を, 木の, 本を, 村に, 柱に, 植木屋から, 檻房で, 歌を, 殿中には, 毛糸で, 気持で, 法師たちが, 波間から, 洋服を, 浴衣に, 消防車が, 湯呑に, 湯治客の, 漬物が, 潜水服を, 煖炉を, 牢屋に, 牢獄へ, 物を, 物語を, 王国が, 王家の, 現象に対する, 生, 生活が, 用に, 男たちで, 男で, 男は, 町かどを, 町の, 町へ, 町内に, 番号を, 病名を, 病院を, 発射装置に, 皮肉屋の, 盆に, 矢を, 知人の, 短い梯子, 石を, 私立探偵と, 端を, 筆を, 箇所では, 箱に, 箱の, 素見客の, 経営に, 綱を, 者が, 者たちは, 者に, 自動車の, 船で, 花べ, 若者は, 著物, 葬式つづき, 蓮の, 見方を, 親戚の, 親棄山, 言葉で, 言葉と, 言葉に, 計りも, 記録に, 話に, 話題を, 読みかた, 警官の, 谷が, 路, 車に, 透明怪人が, 通学団の, 進路を, 道路へ, 遣り方, 郎党が, 部屋には, 銀貨を, 鐘を, 門人が, 雑費として, 電気じ, 電話で, 電車に, 項目へ, 顔を, 飛札も, 馬車で, 駒を, 駕籠を, 骸骨が, 魔法博士に, 黒い手, 黒い足

▼ べつ~ (339, 16.9%)

26 して 7 しても 5 すると 3 おどろいたようす, かわったこと, なにも, 変わったこと, 驚いたふう

2 [20件] ありません, あわてて, いそがなくても, きみを, したこと, しては, しゃべって, なかつた, なんでも, ひどいめ, 何も, 出て, 変ったこと, 変ったところ, 尽してるん, 改まって, 考えて, 見て, 這入って, 驚いたようす

1 [246件] あった, あては, あなたを, あの, あやしいもの, あらしが, あらたまって, あろう, いえ, いぶかしいと, いれて, いれるの, うたがいも, おかずを, おさまって, おどろいたよう, おどろいた風, おどろいて, おどろいても, おどろきは, おどろきません, おどろきませんでしたが, おどろきも, おまえを, おれは, お出入り, お愛想, お辞儀を, かわったところ, きいて, ぎゃくたいも, くり返して, くれた, ぐず, けがして, けがは, ここの, こちらにも, こわれて, ごく低く, さうよく, さう決めた訳, さしたること, さっきから, され海上, したが, したくはいらないほんの, したくも, しゃべられたので, しゃべりだした亭主, すること, するよ, するわね, する仕事, そう取り扱われつけ, そう用, その美し, そんなこと, そんな意味, たれへも, つがれる葡萄酒, つれて, できるだけ早く, とれるよう, どういう心算, どうって, どうつてわけ, どうと, どうも, どこも, なかつたから, なぜって, なって, なりましてから, なること, なるって, なるんかい, なんの, はさんで, はっきりは, ひそかな, ひっぱたかれる馬ども, ひとりで, ひびきを, ふざけて, ぶしつけなこと, まかせ高氏, まくし立てたもの, まごついて, まだ変わった, むしろ包み, もっともっと偉大, やって, やつて, やるさ, わかれて, わたしが, サミュエル・バトラの, チヨコレートを, ピイチク・ピイチク鳴く, ピストンの, 不良い, 並べ立てた, 乗り越えは, 人じ, 他の, 任意出頭の, 働いて, 僕に, 出かけて, 出して, 別れて, 割りこんで, 劣らないもの, 危害も, 危害を, 口を, 同じこと, 吹いて, 呼んで, 唄を, 唱歌を, 問わなくとも, 問題になんか, 喋って, 喋り立てながら, 喋舌りたてる, 喋舌りつ, 喋舌り続け, 喋舌る, 喚き立てる, 喚問された, 困ること, 変えながら, 変ったようす, 変った事, 変った所, 変っても, 変な, 変わったところ, 変わった物音, 外して, 大したこと, 大して酒, 大兵力, 大地震, 室内の, 寢て, 封じこめて, 小店を, 巨人が, 差しつか, 建てました一階建て, 弁じたの, 引きとめ, 引きとめて, 引きとめない, 怒ってるふう, 思いました, 急きたてるの, 急ぎも, 怪しいこと, 怪しいところ, 怪しい節, 怪しい者, 恍けて, 恐がって, 恥かしくは, 息を, 悪びれた様子, 惚れて, 手柄ばなしとて, 抛りだして, 押して, 持つと, 持つもの, 控えさせて, 措いて, 支度と, 敷いた一枚, 斯う, 日本を, 暮して, 書いて, 染めましたで, 桟橋へ, 梟せられた, 構いませんわ, 歌って, 歌ふ, 死ぬこと, 毒の, 気づいたようす, 江戸橋へ, 泣いても, 注ぎかけた, 焚いても, 煙草を, 生活しなけれ, 生計の, 申しあげること, 癇高く, 監禁され, 瞬いて, 石弾を, 続いて, 続くの, 緊張し, 置くよう, 考えこんで, 考え違って, 考へて, 聞いてを, 聞えて, 聞きたいこと, 自分の, 自釈, 舟を, 良いところ, 菓子を, 計算を, 話す方針, 話を, 誰と, 走りだしも, 踏んで, 農を, 近頃独自, 返事を, 述べたてて, 迷った彼, 逃げるわけ, 鉢を, 附いて, 除いた, 陳列する, 隠すつもり, 集まりある, 電車に, 頼まれて, 飛んで, 食べるの, 饒舌り続けた, 饒舌り続ける, 驚いたわけ, 驚く必要

▼ べつ~ (136, 6.8%)

10 ゐた 9 ゐるの 4 ゐる 3 しまつ, しまひました, しまひましたよ, しまへば, ゐると, 居る 2 ゐたの, ゐて, ゐるうち, 居たの, 居るの, 見て

1 [83件] いた, いたね, いた男, いる, いるに, いる中, いる間, おいて, お千, きかせる, くるの, ごまかす, しかも毎日, しまうの, しまつて, しまひさ, しまひますよ, しまひますわ, しまふもの, ちよつと, なにに, のけたり, ほろ, まはるの, やるぞ, ゐたのになあ, ゐたクロ, ゐた一人, ゐるあ, ゐるかも, ゐるこの, ゐるのに, ゐるのよ, ゐるほどの, ゐるより, ゐる二人, ゐる分, ゐる唾, ゐる場合, ゐる奴, ゐる方, ゐる椿子さん, ゐる片岡, ゐる牛, ゐる私たち, ゐる話, ゐる齋藤, 了ふ, 何を, 兩足を, 勝手に, 夜學は, 居た, 居ました, 居られては, 居りますよ, 居るん, 居る勿論絶えず, 徒らに, 心配し, 急に, 戻つて, 日向ぼつこを, 書きなぐつた, 本なんか, 歩くと, 泥水の, 煙草の, 煙草をの, 甲羅を, 私たちを, 粉煙草を, 耳を, 聞かせた, 自分の, 行つた, 街の, 見れば, 話を, 讀まれて, 路地の, 雷の, 餌を

▼ べつたり~ (75, 3.7%)

4 して, とつけ 2 坐つて, 尻もちを, 尻を

1 [61件] ころんだり, しがみつく, しては, するから, すること, するの, するもの, すわつて, そこに, ぢや, では, とくつ, とした, とついた, とももんが, とアスファルト, とアンペラ茣蓙, と一匹, と人, と俛首, と吸ひつ, と地べた, と坐つ, と坐り込ん, と押しつけ, と爛れ, と父, と石鹸水, と腰, と茹でた, と貼り付け, と踞んだ, ぬりつけて, はらばうた犬, ふざけたり, 一生の, 二人は, 四十七年ぼんやり, 土に, 土の, 坐つた膝, 坐ると, 將棊を, 捺して, 敷石に, 板の間に, 汗に, 汗の, 油じみた, 泥絵具を, 祝言無しで, 脚に, 腰を, 膝を, 血しほ, 親子の, 貼つて, 貼りつける, 青蛙, 食ひつい, 養子に

▼ べつべつ~ (73, 3.6%)

5 のもの 2 にし, の道

1 [64件] か, さ, であったこと, ではない, で酌, と唾, な主君, な意識, な答, な筥, にいれ, にいれる, におさまっ, にきい, にごく, につがれる, につれ, にできるだけ, にとれる, になりまし, になる, になるん, にはなれ, にむしろ, にわかれ, に任意出頭, に働い, に別れ, に同じ, に喚問, に思いました, に持つ, に控えさせ, に日本, に暮し, に染めました, に梟, に死ぬ, に江戸橋, に生活, に監禁, に瞬い, に考え違っ, に舟, に見, に附い, に集まり, に電車, に飛ん, に食べる, のこころ, のそして, のイス, の利害, の場所, の投錢, の方向, の方面, の暮し, の檻房, の気持, の紙, の素見客, の部屋

▼ べつ~ (37, 1.8%)

43 がその

1 [30件] からね, があやまち, がいつも, がくだらない, がこういう, がさも, がそう, がそういう, がそれ, がどっち, がね, がまだ, が五歳, が人, が仮に, が単に, が武士, が盛衰記, が義景, が酒井侯, けどじ, けれど貧乏人, ぜ, そなた, それともええ面倒く, ぞ, というまことに, んに, 井田親子の, 吉岡が

▼ べつとして~ (30, 1.5%)

2 それは, 一般の

1 [26件] あとの, あの女, いろごと, お孝, その出来事, その頃, それなし, ですが, ともあれ一度, ともかくも, ふつうの, ぼくは, 人に, 何事にも, 僕としては, 午後にも, 奥女中から, 学ぶには, 学校の, 将棋の, 弥太郎は, 私自身が, 職人の, 船の, 通常では, 頼朝とは

▼ べつ~ (27, 1.3%)

2

1 [25件] い草が, かのやう, かも知れぬ, か憶え, が二度目, が女, が爲め, が相手, ことが, ことの, という次第, ところで, とすれ, とは云いません, とも考へられる, と思つて, のか, のでさ, やらうに, 以上は, 心中の, 文学論が, 時ドアが, 沢山の, 言葉は

▼ べつたい~ (25, 1.2%)

2 包みを

1 [23件] かごに, ものを, 假名の, 口つきで, 大きい爪, 女中が, 寝床を, 庭石の, 愚鈍な, 粘土細工の, 肉厚な, 舞台の, 血を, 調子で, 赤煉瓦の, 赭ら顔の, 鍋で, 長い島, 面積が, 顏, 顏を, 鼻に, 鼻の

▼ べつたく~ (24, 1.2%)

10 なつて 2 なつた, 柔かな 1 てしかも, ても顏, て有る, て顎, なつたり, なつて横, 人間の, 変形した, 大きく見えた, 大きな三合入り

▼ べつとり~ (16, 0.8%)

2 と濡れ

1 [14件] した唇, した餌, と, とその, と乳, と床板, と朝露, と油じん, と浜朝顔, と濃く, と零れ, 眞物の, 赤黒く染まつ, 附いて

▼ べつです~ (11, 0.5%)

2 が, よ 1 からな全部, からね御, があなた, がね, が目ざまし時計, けれど, わ

▼ べつ~ (9, 0.4%)

3 唾を 2 りくつつい 1 し, すれば, みえて, 見える

▼ べつこい~ (8, 0.4%)

1 いくらか相手, のが, もので, コートの, 木で, 真赤な, 肌を, 葉を

▼ べつたりに~ (8, 0.4%)

2 くつ 1 くつつい, 僕が, 到達した, 前進し, 深みへ, 腰を

▼ べつ~ (6, 0.3%)

1 ょうありません, ょうがなくて着陸できた, ょうなく, ょうなく生き, ょうなく目の, ょうもなく黒い

▼ べつ~ (6, 0.3%)

2 発着所の 1 いつもみんな, ここには, 師の, 酌を

▼ べつ~ (6, 0.3%)

1 つかずに, つかず迷って, ない, なく, なくである, 満点の

▼ べつ~ (5, 0.2%)

1 つかう, ふの, 使つて通信簿の, 將棋の, 屋で

▼ べつ~ (5, 0.2%)

1 したうえ, して, めぐらされあ, 問わず死ぬこと, 明らかに

▼ べつかを~ (4, 0.2%)

2 使つ 1 つかつたり, 忠義と

▼ べつ~ (4, 0.2%)

1 あるばかり, おつきなされまし, すつかり, つきますに

▼ べつである~ (4, 0.2%)

1 がそう, が下男下女, が尚侍, 一流の

▼ べつとしても~ (4, 0.2%)

1 こっちの, この畿内, とにかく能う, まず犯人

▼ べつなく~ (4, 0.2%)

1 ありとあらゆる声, 今は, 仮の, 赤髯に

▼ べつもの~ (4, 0.2%)

1 だから, だった, として単に, に扱つて

▼ べつ~ (3, 0.1%)

1 ている, て出, て氏神

▼ べつたい顔~ (3, 0.1%)

1 に塗り立て, をし, を呆

▼ べつたら~ (3, 0.1%)

21 市が

▼ べつだって~ (3, 0.1%)

2 えがね 1 どうもしょうが

▼ べつには~ (3, 0.1%)

1 なれて, 虫が, 言葉を

▼ べつ~ (3, 0.1%)

1 であった, である, の存在

▼ べつ甲蜂~ (3, 0.1%)

1 がひよつくり飛ん, だけは蜘, を捕

▼ べつ~ (3, 0.1%)

2 して 1 もまた

▼ べつこう~ (2, 0.1%)

1 の櫛, 屋の

▼ べつたい島~ (2, 0.1%)

1 が窓, だ

▼ べつたくなる~ (2, 0.1%)

1 程は, 苦しい涙

▼ べつたらきつ~ (2, 0.1%)

2 と驚く

▼ べつたん~ (2, 0.1%)

1 だな, でせう

▼ べつだった~ (2, 0.1%)

2 がその他

▼ べつだろう~ (2, 0.1%)

2 がこっち

▼ べつ~ (2, 0.1%)

1 まつた, まひさうです

▼ べつとり血~ (2, 0.1%)

2 がつい

▼ べつなお~ (2, 0.1%)

1 声が, 扱いじゃ

▼ べつにたいして~ (2, 0.1%)

1 体も, 驚いたふう

▼ べつにて~ (2, 0.1%)

1 まえども, 程ようある

▼ べつにとって~ (2, 0.1%)

1 一ノ谷の, 食おうたア

▼ べつのく~ (2, 0.1%)

1 ゎくこう, ゎくこうで

▼ べつぴん~ (2, 0.1%)

1 の狐, ホンマに乗せる

▼ べつ~ (2, 0.1%)

2 なしに

▼1* [82件]

べつありげな, べつかつこうした小僧, べつかなんぞよりはよつぽ, べつかも使はずお世辭, べつかんこをおくつた, べつに木片, べつこい細い舌だつた, べつこくまつすぐ, べつこく硬かつた, べつこんにやく, べつじゃが大野奥野千石どころの, べつじょうはありません, べつその時の, べつたい二階建として早, べつたい充満した声, べつたい口と黄色い, べつたい声をする, べつたい石に凭れ, べつたい頭にのせ, べつたかつたりひつ, べつたくして成るべく見つからない, べつたくゆがんで見えた, べつたく凹んで月給とり, べつたつて死んでる, べつたら行けませんよ, べつたりの招魂の, べつた歩いた酔つ, べつだかれら自身は, べつちいものもある, べつちのに, べつちまうことは, べつちやいけないつて云つたの, べつてくたぶれて帰つたの, べつては上機嫌の, べつてる時も, べつであったことなど, べつでございますが, べつでした町内に, べつではない, べつとしてとしごろ, べつとやにを吐いた, べつとりつけた肉団子を, べつとりよごれてゐ, べつとり水にや, べつとり濡れてゐる, べつとり紙に血, べつとり附くではありません, べつとり食附いて, べつないでゆく, べつなく白い筒袖の, べつなみ妃玄輝門院がお, べつならば一つ, べつな斬り人が, べつな降人の, べつにってなんだい, べつにつけ加へる, べつにとぼけるわけ, べつのっぺらぽうでしょう, べつのてだてを, べつのてがあるかも, べつのも一ツの, べつぴんの一件さ, べつべしている, べつべした代物だ, べつもんだが, べつかもしれませぬ, べつもございません, べつ其時の景状, べつ口きらずに喋べり, べつべさせつした, べつのなか, べつ思慮する事, べつなしに, べつのはなれ, べつ玉葱とそれ, べつの櫛, べつ甲めがねのメフェスト, べつ甲ゴムの長靴, べつに日, べつでしたもの, べつ臭き言葉ちら, べつ臭く小さな腕