青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ぼ~ ぼう~ ~ぼく ぼく~ ~ぼんやり ぼんやり~ ~ぽ ぽ~ ~まあ まあ~
まい~
~まいりました ~まえ まえ~ ~まかせ まかせ~ まぎれ~ ~まことに まことに~ まさか~ まさしく~

「まい~」 16322, 169ppm, 617位

▼ まい~ (5977, 36.6%)

324 思って 250 思う 143 して 119 した 95 思った 84 する 83 思ふ 72 思います 62 思われる 56 するよう 50 思うが, 決心した 48 決心し 47 思つた 45 するの 42 私は 36 思われた 34 すれば, 思ったが 32 思うの 29 思っても 27 心に 26 存じます 25 いうので, 思ったの 22 考えて 21 したの, 思うと 20 云ふ, 思われるほど 19 するかの, 思いながら, 思いました, 思うて, 思ふが 18 努力し, 彼は, 思ったから, 思われるの 17 思われます, 気を 15 いふこと, するもの, 多寡を, 思いますが, 思うから 14 したが, しながら, すると, それは, 思ったので, 考えた 13 する努力, そんなこと, つとめた, 信じて, 思えば, 言って 12 する心, 一生懸命に, 思ひます 11 するから, するため, 思うほど, 思うよ, 思われるのに, 思われるよう, 用心し 10 いう, しました, すること, 努めた, 努力した, 思つてゐた, 思われるが, 決めて, 言ふ 9 努めて, 存じまして, 思いますから, 耳を 8 いって, いふので, するその, するやう, 云って, 僕は, 思つてゐる, 考へた

7 [15件] いふの, するには, するので, そんな事, わたしは, 云った, 信ずる, 彼女は, 思いましたが, 思つたから, 思はれた, 思はれる, 思ふから, 思ふの, 考へて

6 [16件] 努めながら, 努力する, 安心し, 念じて, 思はれるやう, 思はれる程, 思ひますが, 思われたのに, 思われて, 思われるほどの, 決心する, 覚悟し, 覚悟した, 覚悟を, 言った, 足を

5 [33件] いった, おれは, したり, しながらも, それが, それを, たかを, ひそかに, 云うの, 云う事, 存じて, 心の, 心を, 思いながらも, 思いまして, 思うがね, 思うよう, 思うん, 思ったこと, 思ってね, 思つても, 思ふと, 思へば, 思われるくらい, 思われる程, 歯を, 決心しました, 答えた, 考えるの, 自分の, 見て, 諦めて, 高を

4 [44件] します, するが, するほど, する様, する気持, する逃避的, する風, 云うので, 信ずるの, 努めても, 存じますが, 存じまする, 心がけた, 心で, 心配した, 思いましたから, 思いますわ, 思うけれど, 思うても, 思える, 思ったのに, 思つたのです, 思つて, 思つてね, 思はれるから, 思はれること, 思はれる華やかさ, 思ひながら, 思ふん, 思へる, 思われたので, 思われました, 思われるので, 急いで, 想像し, 眼を, 確信し, 私には, 考えたの, 考えられます, 考えられる, 考える, 言うの, 顔を

3 [76件] いふ, いわれて, お思い, きめて, こう思った, こっちの, さっきから, したところ, したので, するし, するところ, する僕, する力, する女, する彼, する心理, する態度, する時, する様子, する用心, わたくしは, 云つた, 人々は, 余計な, 俺の, 力を, 勉めて, 勝手な, 半七, 固く決心, 存じましたゆえ, 思いの, 思うくらい, 思うけれども, 思うたから, 思うね, 思うのに, 思うほどの, 思う事, 思ったけれど, 思ったし, 思ったん, 思ってたが, 思つたのが, 思つたのだ, 思つたら, 思つて居る, 思ひますとて, 思ふ時, 思われたの, 思われましたが, 思われますが, 思われますので, 思われるほどに, 思ッて, 懸命に, 気に, 決心いたしました, 決心してる, 決心を, 油断し, 注意し, 用心した, 皆が, 目を, 矢代は, 私の, 苦心し, 観て, 言う, 言ふお, 言ふたでは, 言へば, 身を, 車より, 骨を

2 [233件] あきらめて, あせつて, いうか, いうと, いえば, いそいで, いふ事, おもわれるほど, おれの, お角, お道, お銀, かたく心, かたく決心, かれは, ここに, この乱暴, し, しがみついて, したこと, したもの, したん, した人, し私, し隙, するあまりに, するならば, するに, するものの, するん, する争い, する人々, する伸子, する作者, する妻, する心遣い, する揚句, する樣, する毒々し, する毒々しい, する気, する熱望, する猿, する男, する緊張, する自分, そつと, そのこと, その方, その時, つとめて, なって, ひとりで, やけ酒を, ツイと, 一心にな, 一生けんめいに, 両手で, 之は, 予想し, 云うと, 云う気, 云えば, 云ったおら, 人も, 今から, 今の, 今も, 住職は, 信じたから, 信じます, 俯いた, 判定した, 努めまた, 努めるよう, 努力しました, 勝手に, 可笑し, 君の, 周囲の, 呼吸を, 唇を, 固く心, 多くの, 大きなお世話, 大事を, 大島へ, 太閤さまも, 夫人は, 女房めが, 威嚇し, 存じましたが, 存じますから, 存じまするで, 存ずる, 存ぜられます, 定めて, 尋ねて, 少しも, 平次は, 庭の, 彼には, 彼の, 微笑し, 心がけながら, 必死に, 思いきや, 思いついたの, 思いましたので, 思いましたのに, 思いますので, 思いますよ, 思いまた, 思いやがて, 思い直して, 思い立って, 思い込んで, 思い返した, 思い返して, 思うこと, 思うにつけ, 思うものの, 思う人, 思う故, 思えばこそ, 思ったか, 思ったかも, 思ったよ, 思ったり, 思ったわ, 思った者, 思つてつい, 思つてや, 思つてゐました, 思つて頻りに, 思はれたが, 思はれますが, 思はれるが, 思はれるの, 思はれるのに, 思はれるほど, 思はれる殆毎日, 思はれる私, 思ひきや, 思ひの, 思ひました, 思ひましたが, 思ひまして, 思ひますよ, 思ひ返した, 思ふて, 思ふほどの, 思ふよ, 思へた, 思われたから, 思われたが, 思われたほど, 思われるその, 思われる位, 急に, 息を, 悲観し, 悸かす, 想われる, 意見を, 感じたから, 感じたの, 感ずるから, 憎し, 懸念し, 我慢し, 手綱を, 押へ, 控えて, 断定し, 書いて, 案じられる, 極めて置いた, 欲し, 汐田の, 決意した, 渠は, 熱心に, 父も, 申された位, 申して, 申すの, 畳みかけて, 皆想像し, 眼も, 睨んだの, 種彦は, 窃に, 答えて, 約束を, 考えたから, 考えたので, 考えたり, 考えます, 考えられて, 考へる, 耐えて, 聞いて, 胸を, 腕を, 腹を, 自分でも, 自分に, 自分は, 自分を, 自戒し, 苦心する, 蜘蛛の, 見たが, 覚悟しました, 観念し, 言うこと, 言うので, 言う事, 言ったが, 言つた, 言つて澄ます, 言はれ, 詩の, 誓って, 誓約した, 誰でもが, 誰も, 身構えた, 軽く考え, 近頃は, 述べて, 酒の

1 [2058件 抜粋] あがきます, あせり出すと, あたしと, あなた様か, あらゆる折, いいたげに, いいましたが, いうに, いくら控え, いっしんにこらえ, いっとりました, いつて, いづれに, いふわけ, いよいよ薫, いわるるの, うぬからさしずうけぬ, おっしゃいましたのでね, おぼしめしただけ, おもいまた, おもうよ, お前さんの, お千代, お思われ, お考え, お雪, かくご, かねて予期, かように, がんばるの, ぎゃくに, こう言います, こちらを, この一家, こらえて, これ努力し, さじを, さとって, された時, しその, したけれど, したたかに, したでは, したまでの, した妾, した手紙, した犬, した耳, しっかりと, してるの, しましたけれども, しんぱいしました, し俺, し又, し恋愛, し父, し自分, じっと見つめ, するいろいろ, するけち, するそう, するだけにも, するならまず, するばかりの, するも, するらしく, する一つ, する三田, する丹下左膳, する仕草, する倫理, する内大臣, する博士, する奴, する希望, する底意, する強権, する彼自身, する心事, する必死, する思想, する情意, する慾望, する敏感性, する方法, する最後, する様子さ, する母親, する泰造, する無意識, する熱中, する真剣, する程男泣き, する精霊, する組んづ, する耳, する良人, する葉子, する行楽, する誇り, する闘い, する願い, せいぜい気休め, そうです, そこは, そのとき, そのよう, その後から, その頃僕, それから江戸, それにや, それらの, たえず用心, ただただわけ, ついさつき, つとめた自分, つとめながら, とうから決め, とりあえず三人, どうでも, どんなに調べられ, なさる, なったもの, ぬかしよる, はっきりと, はりきって, ぼんやり感じた, またオレ, まには, みな自若と, もがいて, もっぱら称揚, ゆうべまでは, わざ, わざとわたし達, わしなど, わたくしが, わたし達が, グレゴール, サリサリと, ツイ默つ, ファン囁き, メリーゴーラウンドの, 一同が, 一層心, 一時の, 一生懸命肩肘張っ, 一角の, 万吉には, 下から, 不図私, 与平は, 中村の, 主水に対し, 亀は, 争い且つ, 争ったが, 二人で, 云うこと, 云うよう, 云う己, 云う私, 云う顔, 云ふんだ, 互に扶, 人々も, 人間は, 他国に, 仰しゃる方, 伏眼に, 伸子は, 何かしら, 何んで, 何気なくお, 供の, 信じられて, 信じる先月来, 信ずる攘夷, 俯向いた, 俺達若者は, 働きます, 兄は, 先ほど, 全身を, 其處等を, 内心慎みおった, 凝っと, 初めから, 制しつつ, 力めて, 努めたが, 努める, 努めるの, 努め努めして, 動く手, 北村は, 医者の, 千浪に, 半狂乱, 双手に, 反対する, 口を, 可笑しくなっ, 同じこと, 向うに, 呂宋兵衛は, 周馬の, 哀れなり, 嗅ぎつけるよう, 四方を, 固く秘し, 国は, 埋めて, 堅く誓つて, 壁を, 多分に, 大切がる, 大急ぎ, 夫が, 女も, 好事な, 始終傍ら, 威すよう, 存じおったところ, 存じてな, 存じましたによって, 存じますからね, 存じまするが, 存ぜられまする, 守って, 安心しきっ, 実は気, 家来どもを, 察しられますが, 寢返り, 尋ねましても, 小首を, 少時思の, 崔は, 巧謀んで, 希望する, 常に聴き, 平気であった, 店の, 引下って, 強いて堪え, 強くおなり, 彦兵衛思った, 彼女に, 待ち設けて, 心がけたもの, 心がけること, 心付いたので, 心掛けて, 心配だ, 必然的に, 忠相は, 念を, 思いがち, 思いこんで, 思いついたから, 思いに, 思いましたため, 思いますがね, 思いますの, 思います御, 思いやられるの, 思い凝っと, 思い定め, 思い屹度一ト月位, 思い旅先, 思い自分, 思い込んだが, 思うがな, 思うけどさ, 思うたこと, 思うちょ, 思うとるの, 思うなら何, 思うに, 思うほどに, 思う何しろ, 思う古ぼけたヴァイオリン, 思う奇瑞, 思う様, 思う私, 思う間, 思えど, 思えるゆえ, 思ったくらい, 思っただが, 思ったほど, 思ったらあちら, 思ったら九分どおり, 思ったろう, 思った兄, 思った張飛, 思った柳生源三郎, 思った芳子, 思った馬琴, 思ってたの, 思っては, 思つたが, 思つたので御座います, 思つた程, 思つていまだに, 思つてか, 思つてでは, 思つてゐ, 思つて一応, 思つて吉次郎は, 思つて居ました, 思つて待つた待つた, 思つて手紙を, 思つて玄竹は, 思つて義雄は, 思つて飯が, 思はずに, 思はれた名代, 思はれるでござる, 思はれるギゴチ, 思はれる年頃, 思はれる殆, 思はれる許, 思ひつめて, 思ひましてな, 思ひやられるの, 思ひ切つて, 思ひ急いで, 思ひ空腹, 思ふがな, 思ふだけ, 思ふな, 思ふやう, 思ふ処, 思ふ美奈子, 思わされた, 思わぬでは, 思われたという, 思われた涙, 思われますのに, 思われるくらいの, 思われるこんな, 思われるほど故人, 思われるほんの, 思われる原, 思われる大石武右衛門, 思われる平家, 思われる所, 思われる点, 思われる程莫迦げ, 思われる華やかさ, 思われる諸君, 思われ皆, 思召す, 怨むより, 恐入って, 悲観された, 想われるの, 想像されます, 意識しよう, 感じた五仙境, 感心した, 憔悴る思ひ, 戒め亡君, 戦争は, 手前の, 抑制し, 抵抗した, 拗ねたやう, 振動かす, 控へ, 揶揄し, 数えられた, 斷言する, 旧臘ことの, 普段から, 書きたてた, 望まれるなら私たち女, 朝顔を, 木村は, 本来お前の, 柱に, 梟の, 極めて愼, 構わないよう, 次には, 正信は, 此方は, 歸途に, 母さんは, 気づかいながら, 気づかってるかの, 気色を, 水が, 汗水を, 決していた, 決心すれ, 決意を, 油断なく, 泣き狂う富子, 津田を, 深くご, 湯漬けか, 為とる, 無言で, 煙草入れを, 父は, 特別に, 現に住ん, 用心しなけりゃならない, 申したという, 申すこと, 男は, 疑って, 相談した, 眼八大事そうに, 知つたから, 確信した, 社会に, 神文を, 私としては, 空を, 突き立って, 立ち出た実家, 笑いながら, 答へ, 約して, 結局は, 縷々心の, 義光ちゃんは, 考えそれだけ, 考えたろう, 考えほとぼり, 考えら, 考えられるの, 考えハリー, 考え自分, 考へたので, 考へること, 聞いた, 肚を, 腐心し, 自ら誓った, 自己を, 自答, 舟の, 良一は, 苦笑する, 落ちつきを, 藤一郎は, 血眼に, 被仰います, 見えましたが, 見つめて, 見張りを, 覚える, 観念した, 言い切ったの, 言うけれど, 言うに, 言うんで, 言ったぎり野伏, 言ったよう, 言った賞め方, 言つた心持で, 言つた調子です, 言はれた, 言ひ切, 言ふと, 言われた二十歳, 言出した, 訊けば, 誓いを, 誓うが, 誓ったこと, 誓った言葉, 誚められる, 読者には, 謂つた, 貯蓄に, 走りぬけるの, 身体を, 軽しめられて, 迂闊にも, 述べた, 逃げ廻るいや, 遂には, 部屋全体の, 鉄砲を, 鑑定される, 閨秀美人と, 階下で, 隠しても, 露八は, 頑張り通して, 頭の, 願う, 駆上る時, 高柳君は

▼ まいかと~ (1755, 10.8%)

77 思って 45 思う 29 思った 24 思われる, 私は 19 びくびくし 18 云ふ, 心配し, 思うと 17 思われた 15 考えて 14 思つた, 思ふ, 思われます 13 恐れて 12 思うの 10 さへ, 心配した, 思われるほど 9 思ったが, 思はれる, 思ふの, 恐れた, 考えた 7 思います, 思うほど, 相談した, 言って 6 存じます, 思ったの, 思われるの, 気づかって, 頼んだ 5 ひそかに, 彼は, 思はれた, 思はれて, 思われるよう, 思案し, 疑つて, 言ふ, 迷って, 頼むと

4 [21件] あたりを, いう, いうと, かれは, ためらって, 云う心配, 彼女は, 思うて, 思うよう, 思ひます, 思ふと, 思ふやう, 気づかった, 気を, 疑った, 疑って, 相談を, 考えられる, 考えられる位, 考へた, 言った

3 [37件] いうので, 云うこと, 云うの, 云う事, 云う様, 云う気, 人に, 半七, 心配で, 心配に, 心配を, 思いました, 思いましたが, 思いますが, 思うが, 思うん, 思えば, 思ったり, 思つたのである, 思つてゐる, 思はれるやう, 思われる位, 思われる程, 想像し, 手を, 案じて, 此の, 気が, 気に, 申します, 疑われるよう, 私には, 考えられます, 考えるの, 考へて, 聞きたい, 自分は

2 [104件] いいますと, うち震え, おもつ, かえってそんな, かねてから, さっきから, すこし気がかり, その方, その時, それが, それは, そればかり, そればかりが, そればかりを, はらはらし, びくびくした, びくびくもの, わたくしごとの, わたくしは, 不安に, 主人に, 云うと, 云うよう, 云う心持, 云った, 云つた, 伊東伴作は, 信一郎は, 僕は, 内心びくびく, 危ぶまれた, 危むまでに, 夢の, 大ビクビクもの, 夫人が, 奥深く杜, 娯楽案内を, 存候, 尋ねた, 小坂部は, 工夫を, 心の, 心待ちに, 思いだした, 思いまして, 思いますと, 思いまする, 思うから, 思うくらい, 思うよりも, 思う程, 思ったから, 思ったこと, 思ったので, 思った時, 思つてゐた, 思はせるほど, 思はれます, 思はれる程, 思ふが, 思われて, 思われ出した, 思案した, 急に, 恐れたが, 恐れたの, 恐れながら, 恐れられた, 想像する, 感じた, 推察し, 斯う, 期待し, 果敢ない望, 梁に, 気づかわれた, 気遣って, 気遣つた, 溝口は, 甚だ浪漫的, 畳の, 疑っても, 疑われる, 相談しました, 真面目に, 眼を, 考えたの, 考えながら, 考えられるの, 考える, 考へた事, 聞くと, 自分でも, 落, 覗いて, 論じた, 躊躇し, 躊躇した, 迷つてゐた, 逡巡し, 長い間思案, 頼まれた, 頼みますと, 頼んで

1 [798件 抜粋] あちこち見まわし, あまりに恐れ, あやぶまれる, あんじられるほど, いいよう, いうて, いくらかは, いくらか疑, いって, いつもびくびくしてる, いふ, いふ事, いへば, いら, いろいろ苦心, いわれました, おそるおそる足, おどおどする, おもうたとえば, おもったの, おもわれるそこ, お互いに, お尋ねなさった, お思, お時, お玉は, お米, かっぽれ, きまり悪, くれぐれたのみました, こういう疑い, このよう, この頃, さういふ文言, しきりに嘆願, して, しばらくの, しまいにそれ, すれば, そういう心配, そう思う, そう思ってた, そのほう, その期待, その相談, その筋, その警戒, そふだん致し, それまで, それを, そんな想像, そんな気, たえずびくびくし, たずねると, たっての頼み, ためらつて, だんだん穿鑿, つい五年, つぶやいたり, とにかく今や彼, どんなにか, なお充分警戒, にわかに感ずる, はかない望, はっと思った, はらはら致します, ひどくこわく, ふとこんな, ふと考えた, ふと藤兵衛, まごまごし, また降出した, まだ思案中, みんなが, むしろそれ, もうじっとし, もうビクビクもの, もう歴然と持ち前, やっとの, よく周囲, ゾウッと, ビクビクし, ビクビクするあり, ビクビクもの, ルビコン河畔に, 一同は, 一同協議の, 一寸躊躇っ, 一寸躊躇つて, 一応は, 一日外へ, 一時は, 一流の, 一生の, 三郎は, 不安でならず, 不安でならなくなり, 不安な, 不快に, 不気味さを, 世界中の, 両名, 中斎が, 主人は, 云い出した, 云うに, 云うので, 云う不気味さ, 云う人, 云う噂, 云う意味, 云う態度, 云う杞, 云う気持, 云う疑が, 云う疑を, 云う話, 云って, 云つてゐる, 云はれ, 云われたこと, 云われて, 交渉を, 人々は, 今さら不安, 今でも, 今更遅疑, 仰有, 何だかそれ, 何時も待ち, 余けいな, 余も, 個人的な, 僕が, 兵曹長は, 兵部卿の, 其を, 其迂闊さを, 内々ひどく, 内々心配, 内々評定, 内心はらはら, 切り出すと, 前後左右を, 勝次郎は, 医者は, 十年間考え, 半信半疑で, 半年前から, 危ぶまれて, 危ぶまれるから, 危ま, 厳に警戒, 又次郎は, 取あえず寝台, 取りあえず度肝, 取越苦労を, 古い小説, 召使いに, 同意を, 同時にちらりと彼, 問いかけた, 嘆願し, 四谷通へ, 坊やを, 変に, 大分心配した, 大原君が, 大層心配, 大抵気, 大瀧も, 女医の, 妻の, 姿を, 存じますから, 存じまするお, 存じられます, 存じられますが, 存じ日頃京弥どの, 存候へ, 孫十郎は, 実にひっぱっ, 客席を, 寝台は, 察しられます, 察せられた, 尋ねられること, 小学生の, 山西は, 左の, 市郎も, 年の, 幼い彼, 彼らは, 待ち受けて, 待ったが, 心ある, 心中ひそかに, 心得ます, 心配された, 心配しつ, 心配しました, 心配する, 心配だ, 心配の, 念じた, 怖くな, 怖くなっ, 思いたくは, 思いましたもの, 思いましたよ, 思いますほど, 思いまどうて, 思い出したから, 思い宮, 思い思いした, 思い憧れて, 思い直そうと, 思い自分, 思い馬, 思い黏, 思うくらいの, 思うこと, 思うとき, 思うので, 思うまで, 思う懸念, 思う所, 思う程無茶苦茶, 思えるほどの, 思ったそれ, 思ったと, 思ったほど, 思った程, 思った程四辺, 思ってね, 思つたくらゐ, 思つたそれが, 思つたのでございます, 思つたのです, 思つた平次の, 思つてわざわざ, 思つてハッ, 思つて書い, 思つて遠慮深, 思て, 思はせます, 思はる, 思はれたり, 思はれましたが, 思はれるそれ, 思はれる記事, 思はれ利根子, 思ひますが, 思ひまど, 思ひ出した, 思ひ遣つたやう, 思ふぞや, 思ふん, 思へて, 思わずには, 思わせます, 思わせるくらいに, 思われたと, 思われたり, 思われた崖, 思われましたが, 思われまする, 思われるくらい, 思われるけれども, 思われるその, 思われるちょっとした, 思われるところ, 思われるん, 思われるヒマラヤ山, 思われる時, 思われる様, 思われる決意, 思われる節, 思われる青空, 思案するらしく立っ, 思案でも, 急いだの, 怪しまれる, 怪しんだが, 恐れさせられた事, 恐れたりなど, 恐れてるかの, 恐れてる世, 恐れながらも, 恐れる位, 恐れ戦きつつ, 息を, 惧れる, 想うて, 想ふ, 想像された, 想像し得る, 感じられた, 感じるから, 慮った, 憂慮される, 懸念が, 懸念し, 懼れ, 我が筆, 戸口で, 手軽に, 抱きか, 押しつけるよう, 押返して, 拙者は, 捜すの, 探した, 探し廻, 推し及ぼしただけの, 推察された, 推量いたしまし, 揺れると, 斯う申し, 日々心配し, 日夜に, 早く帰った, 春三郎は, 是から, 暗に願っ, 暫く佇立, 暫く迷っ, 暫時躊躇する, 更に舞踏室, 書きながらも, 最後の, 桂介と, 案じさせるかんしゃく, 案じながら, 案じられた, 案じられて, 案じられます, 案じられるよう, 案じるの, 案ぜられた, 様子ききが, 正直を, 歸り, 気が付いて, 気づかいながらも, 気づかいましたが, 気づかわれるよう, 気にも, 気の毒です, 気遣, 気遣うよう, 気遣はれます, 気遣はれる, 気遣われた, 氣づかつた, 氣付いた, 決し兼ねて, 沈思し, 注意し, 浩は, 淡い不安, 焦立った彼, 熱心に, 狭まそう, 現になりかかってる, 産れ, 用心深くあたり, 田口夫婦に, 申して, 申し出た, 申す者, 男は, 疑いだした, 疑い得られるの, 疑う, 疑うほど, 疑がい, 疑ぐった, 疑ぐつたりした, 疑ったが, 疑った事, 疑つた程, 疑はず, 疑ひたくなるほど, 疑ふよ, 疑り始めた時, 疑われた, 疑われたから, 疑われるほど, 疑われるほどに, 疑念を, 痛くその, 盃を, 相川技師長は, 相楽ミ申候, 相談したら, 眺められる, 睨んで, 神経が, 秀麿は, 私し, 私の, 私気に, 空だ, 突然思いがけない, 窓を, 笑ふ, 第三, 絶えず恐怖, 絶えず注意, 綾衣も, 考えあぐねて, 考えたから, 考えたり, 考えた時, 考えなおすよう, 考えましたの, 考えますと, 考えられて, 考えられまする, 考えられる廉, 考えるその, 考えるよう, 考え出した, 考え悩んで, 考え迷った, 考へ, 考へたので, 考へられるの, 考へるもの, 聞いたらそれ, 聞いたら御, 聞き耳を, 胸を, 胸騒ぎが, 腹も, 自づか, 自他共に, 自分の, 舌を, 良い加減迷つた揚句, 色々探索, 苦に, 葉子は, 薄気味, 藤吉は, 虞れ, 袴の, 覗いた, 覗き見したい誘惑, 親が, 言いたい, 言う, 言うん, 言う者, 言つたのである, 言つた時には, 言つてを, 言ふんだ, 言へ, 計器を, 訊いたの, 訝った, 話しました, 誰かが, 調べること, 談合に, 賢しら立っ, 躊躇いながら, 躊躇って, 車窓から, 返事の, 迷うよう, 迷った, 迷ったが, 迷ってるそう, 迷ってる矢先, 迷つてゐる, 逆な, 通訳を, 適当な, 野村は, 門の, 雄吉は, 非常に, 頼まれたの, 頼みに, 頼むの, 頼むので, 頼んだ事, 願つて見た, 飛んだこと, 首を, 馬鹿, 驚くべく細密, 高い天狗鼻, 鬼太郎君に, 鳥渡ためらった, 鳥渡考えた

▼ まい~ (1496, 9.2%)

18 そんなこと 12 それは 10 私は 9 兎に 8 俺は, 私の 6 そんな事, 念の 5 それを, 僕の 4 その中, それが, それに, 今から, 今日は, 併し

3 [20件] あの娘, おれの, おれは, お前の, こうなった, こっちの, これは, する, そこは, どうした, もうそんな, わしは, 人が, 人の, 余計な, 僕は, 君は, 得て, 気を, 自分の

2 [81件] あの人, いずれは, おなじ名の, お一つ, お前さんは, かれら, こいつは, ここでは, これが, これだけ, これも, さう, しかしあれ, して, そうかと, そのつもり, そのなか, そのままに, そのよう, その代り, それでも素人, それにしても群集, それにも, それも, とにかくに, ともかくも, どうでも, よりよく人間, わたしの, 一人の, 世の中の, 主人の, 之を, 事実は, 些少でも, 人間の, 人間は, 今の, 今は, 今日まで, 何うし, 何か, 何も, 何を, 余の, 作り笑いを, 作州の, 兄哥の, 又は正しい, 同じ妖術, 同時代, 多くの, 大概に, 娘が, 家の, 少くも, 少し罪, 年が, 年の, 彼は, 彼等の, 御当人, 情ない事, 拙者は, 暑中の, 校長に, 此の, 此地の, 此際先方に, 母の, 江戸の, 生憎今, 町役人に, 白いペンキ, 私どもの, 私に, 自分が, 自分は, 誰れ, 阿母さん, 麹町の

1 [1163件 抜粋] あいつが, あちらから, あなたが, あのお, あの仏像, あの家, あの時, あの眼, あまり氣, あらたまると, あれ程, あんな田舎芸妓, いいだろう, いずれに, いっこくも早く, いったん味, いまだに帰らない, いやが, いよいよ条約, いんま, うと, うんと脅かしたら, おかしな心理, おそらくこの, およそ戦勝者, お前という, お前受取る, お手配, お此, お父さま, お父上, お蝶, お雪ちゃんという, かうして, かつてこの小さな, かつて幽, かまうもん, かまわない, かまわないと, くるりと, くれぐれも日本, けっして油断, けれども世の中, こういうお, こういきなり捲し立てられた, ここで, ここは, こっちには, こつちは, このくらい, このたび, この九兵衛, この人, この仮面, この女王, この小, この川, この慨世憂国, この支倉, この春京, この洞くつ, この着物, この筑波, この色若衆, この辺, この長浜, この頃常盤, こみで, これから故郷元, これから詳しく, これに, これはとも, これまた, こんなりっぱ, こんな手数, こん夜は, さっきから, さっき長蔵さんが, さてどういう, さりとてその, ざっとこんな, しかしおれ, しかしその, しかしどことなく, しかしわたし, しかし自分, じいっと眸, じつはて, すぐに, すこし間尺, するから, ずっと以前, せめて伊勢屋, そういうこと, そういう心持, そうした煩わし, そうとうの, そこはね, そちらの, そのため, そのイリアッド, そのレビユウ役者, その主, その代り生活全体, その倉地, その先, その地方, その夢, その家, その引きあげ, その時, その本体, その生活, その間接, それから, それでもない, それでも火打道具, それでも私達, それでも自分, それにしてもあの, それにしてもこの, それにしても商人, それにしても少し, それにしても当分, それについては, それらは, そんなの, たいていの, たしか背後, ただそこ, ただ己, たった今細作, たとえ都, ためだった, たよりだけは, ちっとは, ちょうどあの, ちょっと愛くるしい, つい先頃, つまり注意, でるに, とにかくお, とにかくここ, とにかくどの, とにかく今年じゅう, とにかく出頭, とにかく女郎, とにかく心, とにかく痩せ, とにかく近頃, とにかく顋, ともかくのぞい, とりわけ私, どうかその, どうか今年, どうで, どうもしかし, どこか, どこの, どちらである, どなたか, どんなに悩ましい, ないなら, なおまだ, なかなか頭, なけりゃ他, なにしろ若い, なにしろ酔っ, なほ鳥ちやんからも, なるべくは, なんだか因縁, ぬかるなと, はや退く, ひきつれて, ひと組に, ひょっとし, ほかの, ほんものの, まあすべて, まあ一種, まあ履い, まあ遠慮せん, まさかそんな, またその, また外国式, また決して, まだ念, まるで乳房, ま聞きましょう, むやみに, もうおまえ, もう夜, もしかつく, もしその, もしも丹生川平, もし呉, もし此家, もともと明治維新, やがてにおいては, よくこういう, よもやその, わしにはな, わたくしが, わたしは, われわれの, アイツは, アノ夫人は, オレは, シカシ最初の, ストレーカは, トンと, パッシイブに, ファラデーより, ホモさんあんたに, 一ツ試み, 一人で, 一匁を, 一向事物, 一字や, 一応いっ, 一方宗教家, 一杯召上って, 一献お, 丁度その, 万が一にも, 万一の, 下手人は, 世帯の, 世間の, 串戯を, 主人を, 之に, 乾児の, 事件という, 事実それは, 事業家としての, 二代目高尾という, 二銭か, 京大阪の, 人伝に, 人間が, 今仰せ, 今夜は, 今度上方より, 今戸の, 今朝暁けてから, 仕方の, 代官が, 以後近づける, 仲人も, 住吉堺その, 何う, 何しろ全く見当, 何しろ若い, 何そりゃ, 何だか恐い, 何と, 何んだ, 何卒伯母, 何處から, 余り精神, 余程逆上, 余輩が, 依然として高原たる, 俗にも, 信条の, 俺が, 俺には, 偶然わっ, 僕に, 僕達の, 元寛兄俊兄星城子兄入, 先刻の, 兎にも, 兔に, 其が, 其困難は, 其米川氏が, 内の, 出来るだけの, 初歩水泳の, 創口を, 加賀大聖寺の, 動くの, 医者に, 千石以上の, 単に自分, 又治安維持, 口惜しくば, 各種の, 向う側は, 君には, 吾輩は, 嘘だ, 団子を, 土の, 地図を, 塵埃濛々然, 変ると, 外神田に, 多少歯, 夜明けまでは, 大仕事, 大変だった, 大尽は, 大抵は, 大變, 天の, 天下の, 夫婦の, 奥方一味には, 女中さんの, 妙に, 妻も, 妾には, 婆は, 子の, 子供は, 学問も, 孫の, 安くし, 宗教が, 実はこっち, 実は粂太郎, 宮裏の, 宿命という, 寒中でも, 實に, 将来は, 小石川の, 少しでも, 少しも, 少し物騒, 少なくともこの, 少なくとも関東一, 山が, 己だけは, 師氏戦とは, 帰り際に, 広い意味, 座席の, 強情を, 当人自身が, 当時でも, 当時ドイツの, 彼が, 彼らは, 彼等が, 待つという, 御ゆるり, 御病態, 心付けが, 怖くって, 怨敵梅雪へは, 恋するもの, 悪党に, 悪意ある, 意識の, 成たけ気を, 我々の, 或お方, 手に, 手前等英膳と, 折も, 掛けあうくらいの, 改良し, 敵は, 斉興なら, 斯う, 旅行は, 日常生活には, 旦那さまは, 早晩やがて, 明後日の, 昔ある, 昨夜蠅男を, 是は, 暗いところ, 暴風雨に, 書類は, 最後まで, 朝っ, 木曾十一宿の, 本人よりは, 本堂も, 札を, 村には, 来月は, 東京には, 果物売りの, 柳営の, 根源の, 検死が, 概略記す, 構ふ, 歌が, 此中に, 此方に, 此點に, 死は, 死人が, 毎朝五時が, 毛唐の, 気の毒な, 油断す, 油断を, 泣いては, 活きるの, 浅草の, 淺葱の, 溢出ようが, 火の, 無心に, 然しそれにしても神通力, 熊の胆は, 牛の, 犯人は, 猶念, 瓦町の, 生不動与兵衛, 生憎と, 町長でも, 番台の, 痒い脊中, 白菊に, 目立つた傾向, 相手が, 眠って, 着物だけの, 知って, 石を, 礼儀と, 神尾様も, 私ぐらゐ先づき, 私共, 第三者から, 簡単に, 粗野な, 紫式部だって, 終戦の, 結局想像は, 維新前までは, 緒口が, 美佐の, 而も, 聟を, 背戸の, 能登様から, 脇差は, 自分たちばかり, 自然ああなる, 舞台裏で, 良致氏は, 若しそれ, 若し来, 苦いもん, 菊が, 葉の, 薩州伊王ヶ滝の, 蛇と, 裾を, 要するに新聞小説, 見た処, 見掛けに, 親子の, 言の, 詩壇的な, 話という, 誰の, 調べるところ, 謀殺と, 貞盛には, 貴女から, 趙雲子龍の, 軍備なんて, 近くに, 近來君, 逢いたければ, 過失という, 遠く離れた, 郵便屋の, 野獣が, 金銭に, 長い一生, 開いて, 間違へても, 随分変った, 隼人の, 雪を, 青木さんが, 非常時を, 頓着なし, 顔色を, 飽くまでもと, 馬を, 馳走し, 高山の, 鬼も, 魔法瓶に, 鶏は

▼ まい~ (597, 3.7%)

20 いた 16 いる 8 いるの 7 ござりまする 5 いたの, いました 4 あった, あるの, ゐる 3 いて, いるん, おどろいた, しまったの, やりました, やる, 来て

2 [30件] ああ食つた, あって, いるという, いるところ, いるよう, いる農夫たち, いる限り, おく, おくと, おくれ, きた, しまった, しまった時, しまつ, しまわないうち, やろうと, 姿を, 帰って, 年寄りは, 庭一面を, 朝早く, 来たの, 来ると, 満足し, 相当の, 笛の, 自分の, 行く, 雪崩て, 驚いた

1 [443件] あげましょうか, あったぞ, あった骨, あつて, あのは, あの羊飼, ありました, ありますか, あり無言, あり肌, ある, あること, あるむぎわら帽, あるゼンマイ, ある地べた, ある巾広, ある幅, ある悪太郎, ある新, ある穀粒, ある紐, ある里, あわだちさかなども, いかでもの, いたあたり, いたが, いただきたい, いたと, いたとき, いたので, いたらしいの, いたり, いたん, いた一月, いた夜嵐, いた大蛇, いた少年, いた布, いた石金, いた長い, いた頃, いた鼓, いちゃ, いった, いって, いつ肥料, いない, いなければ, いなさまでに, いま, いましたね, います, いよう, いられるか, いるが, いるきせる, いること, いるその, いるだけの, いるだろう, いると, いるに, いるので, いるはず, いる南洋, いる彼, いる情態, いる気の毒, いる淵, いる生活, いる男, いる町中, いる神尾喬, いる稚気, いる者, いる船綱, いる警官, いる連中, いる音, うすれ行くの, おいたから, おいたもの, おおきそれから, おきますの, おくの, おくほう, おけと, おけば, おこう, おこうという, おじおそれました, おそいかかると, おどろきました, おりぞうり, おり更に, おるやに, お咲, お置き, かぜを, かれ袋猫, きちゃったん, きて, ください, くるので, くれた, くれと, くれなるべく, くれました, くれる人, こそこそと, この不浄, ございまする, ごらんなさい, さらば足下の, しばらく仰臥, しまいたいの, しまいました, しまうという, しまうより, しまう時, しまえるか, しまおうと, しまおうとか, しまったこと, しまったに, しまったよう, しまったん, しまった恋慕流し, しまった日, しまって, しまふといふ, しまふの, しまふ時, しまわなければ, すすめらるれ, その才, その日一日, その日射, その結果, その絶滅, その胸, それで日光, たこの, だんだんと, ち, ちょうだい, ちょうだいね, ついには, つくった代, つめよりながら, とって, どっと吹き付けた, なるほどそう, ねたから, ねんごろ, ばつさり飛込んだ, ひき落す, ひそかに, ふくれ上がりものすごい, ふたりを, ほとんど雪夜, ぼうきれ, まず感心, またあいた, まびいてつけてきざんでかみしめてゐる, みても, みなぎって, みると, みるという, みるよう, むくりと, もつて, もめて, や, やった, やったぞ, やったと, やったという, やったとて, やったの, やったらさだめし, やったり, やって, やってから, やっと引き返し, やつた, やつて, やらんこと, やりどこ, やりましたよ, やると, やるもの, やる父子, やろうね, やろうよ, ゆきます, ゆく, ゆだ, よく育てたら, よりこの, わきたって, わざ, わざわざ松葉杖, わたしが, ゐた, ゐたが, ゐた井元, ゐるしかし, ゐるぢゃないか, ゐるに, ゐるの, ゐるやう, ゐる黒い, アルコールを, オルゴールを, カメの, ケースには, コヌカで, ゴロツキみたいな, ダンスを, ヒットラーに, ビッコを, フトコロへ, フフフ, マールイ劇場スタジオで, 一つこの, 一人で, 一目散に, 一驚を, 三四脚の, 上つた, 上へ, 下から, 下さい, 両腕, 中年過ぎた, 了った, 了ひたいやうな, 二つの, 二人で, 云った, 今湯, 作業し, 來た, 來たんだ, 例の, 供養せられた, 倒されました, 借り鞄, 先生疇昔の, 光って, 八ヶ岳山麓の, 出て, 出なかった畑, 出ること, 前原が, 北のや, 半年なり, 南京虫に, 又坐りこむ, 口から, 号を, 同じよう, 君を, 吸い込むよう, 吸入を, 吹きおろして, 呂布は, 呆れはてるであろう, 呉れるもの, 噴き揚ッ, 四人とも, 四斗とれます, 国々の, 地面から, 坐ると, 堂々と, 大喜び, 天井の, 天日で, 天竺牡丹や, 太陽光線を, 奥の, 始めて, 威張って, 孔子が, 家ぢゆう, 寝台に, 尊敬し, 小わきに, 居たん, 居つた隠者, 居ます, 居ります, 居り太郎, 屋根瓦が, 山法師の, 工場ぢや, 帯の, 帰った由, 帰つてきた, 帰る気, 平伏して, 幸に, 底にも, 廖平王良鄭洽郭節王資史彬梁良玉の, 弓鉄砲を, 引きあげた, 引き退る, 引下がっては, 引退る, 弟達の, 往来を, 後甲冑, 応えた, 怖ろ, 怖毛, 思いは, 意わざりき大王と, 愕き, 感嘆し, 感心し, 感心した, 感心の, 懼れた, 戦争は, 手足は, 打って, 控えて, 敗走し, 敬服した, 文字が, 日なたぼこりし, 日輪の, 明日その, 時々小声, 時の, 暗い海, 更に寒, 有ゆる, 服を, 本を, 来た, 来ました, 来れば, 来年の, 東京に, 案内に, 正統五年を, 歩いたの, 歩いたり, 歩いて, 歩き廻った, 歩く, 歩くと, 歩くの, 水に, 池に, 流れて, 湧きあがった, 漂ふ, 火を, 然し背, 爾まことに純孝, 爾亮, 特に釈, 狂言を, 白いエプロン, 盛んに, 真中から, 眠られるよう, 砂を, 章奏を, 納った, 終った, 纏わりついたの, 罪を, 置いたから, 置かう, 翔けおりるや, 而し, 育たないはず, 胸に, 腰に, 自分を, 自然に, 花つくりを, 落ちだした, 行ったり, 表に, 見える, 見たという, 見るかげ, 親しそう, 言いふらして, 討死する, 調和しない, 謹聴し, 讃嘆した, 貰つた, 貴嬢, 走せ来る一隊, 踏みとどまったが, 車から, 転げまわった, 追ってくる, 追ッ, 退くこと, 逃げ, 逃げたそう, 逃げだしたの, 逃げだすの, 逃げだそうぜ, 逃げて, 逃げようという, 逃げようなどとは, 逃げる, 逃げるほど, 逃げるん, 逃げ出したもの, 通うよう, 通った, 通りすぎた, 通ろうという, 進みに, 遁げて, 部屋へ, 酒に, 金モールの, 金殿玉楼に, 長平さんと, 閉口し, 雨空に, 雪の, 雪崩れ, 風の, 驚いたって, 驚いて, 驚きたまいしなら, 驚きました, 高く持ち上げ, 魚が, 鼠という

▼ まいとして~ (486, 3.0%)

6 手を 5 一生懸命に, 耳を 4 それを, 今日まで 3 ゐた, 働いて, 居た, 居る, 懸命に, 眼を, 私は, 顔を

2 [24件] すぐ分る, ゐる, ゐるの, ゐるやう, 一方の, 両手で, 両手を, 争って, 人を, 何か, 努めて, 努めるだらう, 彼と, 彼は, 押しも, 歯を, 熱心に, 目を, 耐忍の, 自分の, 若い女, 負けて, 身を, 骨を

1 [390件] あの晩私, あぶら汗, あらゆる努力, あんまり気張っ, いきおい伸子, いきなり地面, いくども, いくら掻き消す, いつでも, いつも一パイ, いつも小, いらつし, いろいろ理由, いろんなこと, うしろへ, うつむいた, うつむくとたん, うらめしそう, うろ, おじぎの, お久美, お互いに, お姫さまの, お粂, お綱, かたわらの, かなり気, かの女, からだを, くすぐりあうの, くちびるを, ぐっと腕, こそこそ逃げ込む, こだはる, ことさらに, ことさら表面, このお, この群集, これまで, これを, こんな冗談, さながら意気揚々, しいて, しいて否定, しかもぼく, しかも互いに, しきりに細か, しっかりと, しっかり首, じっと取付, じっと耳, じっと身, すがりついた, すぐに, すべてを, すべて控え目に, ずるいこと, せい子の, せっせとペン, せっせと編みました, せつせ, ぜひとも最後, そういうん, そう煩く, そこから, そして又, そっぽを, そのまましばらくは, その人, その後も, その慈悲心, その手, その時, その濛々, その男, その顔, そろそろ灯, たか子は, ただ簡単, ちぎれるほど, ついさう, つい失笑, つとめて何気ない, ときどきす, とった手段, ともかく全力, とりわけ気, どんなに, どんなに彼, どんなに毎日苦労, なおじっと, なお激しく, ひっしに, ひどく脇腹, ひょいと飛び越す, ふうふういい, ふらふらする, ほとんど一国, またあざ笑った, また犬, また産み並べた, まめまめしく看病, もう一度捜し, もう一度煖炉, もぐよう, やさしくも, やたらに, やはり自分, わざと彼, わざと徴発, わざと態度, わざと此方, わざと薄, われ知らず, ゐるけれども, ゐること, ゐると, ゐるもの, ゐる夫人, ゐる女, ゐる彼女, ゐる心持, ゐる梨枝子, ゐる樣子, ゐる老, キンキンした, グレーテさんを, ケンプ博士は, シッカリと, ジョーンの, チューブは, テーブルへ, ドキン, ハラハラと, 一つは, 一心に硝子窓, 一所けんめい傍に, 一生懸命の, 一生懸命抱えこんだ, 一生懸命綱を, 一途に, 上の, 上目使いに, 下すった, 下諏訪で, 両膝, 乗りも, 乳の, 争ったん, 云った, 互いにしっかと身体, 互に小声, 人間の, 今も, 体を, 何げなく, 俯向い, 俺の, 個人的動機から, 元気を, 先刻から, 全力を, 内と, 出かけて, 出て, 出来るだけ, 前途に, 力いっぱいに, 力の, 力一ぱいたたかっ, 努力した, 努力する, 努力を, 勘右衛門と, 化粧に, 却つてあ, 又ぼく, 取り着いて, 取り組んで, 取り除くこと, 口を, 各瞬間ごと, 同じくそれ, 吸入を, 吹き立ち, 命を, 唇を, 囲炉裡の, 地面へ, 坊さんの, 夢中に, 大いに努力, 大事そうに, 大型の, 大迂, 太い溜息, 夫婦は, 妙な, 妾は, 始終気, 娘と, 媼に, 宙へ, 実はあべこべ, 家の, 寐た, 尊氏は, 小さくなっ, 小声で, 少しばかり, 尽く地物, 居るの, 居る人達, 居る神経細胞, 居る精神活動, 岸本は, 左の, 市民側からは, 平気で, 平素と, 幾枚もの, 広巳, 底の, 廊下で, 強いてそう云う, 強いて口, 強い意志, 強く御者, 強ひ, 弾きつづけたけれ共, 彼らは, 彼女が, 彼女は, 彼女自身が, 後を, 心にも, 心外な, 思わず唇, 急いだだけの, 急いで, 急ぐ旅人, 急に, 恥ぢて, 息が, 息を, 悲鳴を, 惶てて, 意気込んで, 態と三町, 慌て, 慌てて, 慌てながら, 慎重な, 懐から, 懸命であった, 我を, 戦々兢々として, 戯れて, 扉に, 手足を, 抑えると, 抑え抑え, 折り折り思い出したよう, 抜き足を, 抵抗する, 押しだすよう, 拒むの, 持前の, 振付は, 掻巻を, 数百段の, 斬あ, 斯う云った, 旅客たちは, 日夜活動を, 春夫を, 時々驚い, 暮して, 暴風の, 未亡人の, 来た, 来たが, 校内では, 横を, 次郎が, 歌子は, 歎願する, 歩いたので, 歩み出せば, 死を, 残った金, 母が, 母の, 母は, 気を, 水の, 汗を, 汲々と, 泡を, 浅ましい競争, 淑貞は, 渠は, 滞留客へまで, 無暗に, 無理な, 無理に, 無理を, 熱っぽい翼際, 燥って, 爪先で, 爭うて, 父を, 片手で, 猶泣き, 玄関でも, 玄関には, 産毛の, 監獄に, 目覚めた瞬間, 眉を, 眠ったふり, 眼さきを, 眼瞼を, 瞼を, 神経質に, 私と, 穴から, 競馬馬の, 笑った, 節子から, 素子は, 細い箸, 絵画の, 縛られて, 肘を, 肩を, 背なかに, 自然生活の, 自身で, 色々慰め, 色眼鏡を, 芸人たちの, 苦しんで, 苦心惨憺の, 葉子は, 蒲団の, 血眼に, 行き過ぎたの, 裾を, 要りも, 見るの, 親の, 話の, 話を, 貪るやう, 貸出台に, 走りました, 走る組合長, 足を, 身動きを, 軽く腰, 逃げま, 逃げまわりながら, 逃げ廻る, 遠ざかって, 避ける場合, 釘を, 闇の, 防いだまま, 随い, 随分骨, 隻手を, 雄弁だった, 青年時代から, 靜まつた, 鞠を, 頭あ, 頭から, 頭の, 顏を, 風の, 飛び石伝いに, 馬の, 馬鹿な, 騷いだ, 高いせき, 高く空, 魚籠と共に, 麻薬を, 黙然と見まもっ

▼ まい~ (455, 2.8%)

6 それに 4 第一 3 御遠慮, 私は, 私も, 誰が

2 [22件] おれが, お前の, お町姐さん, お菰, お返しした, こっちも, さう, そうかと, それは, そんなこと, そんな事, そんな物, まあ粥, まさか起請, やはりそこ, アグニの, 三十を, 四十歳の, 起きて, 金の, 間違っても, 高が

1 [389件] あいつに, あたいにゃ, あたいにや, あったところ, あとの, あなたでしたら, あのおいらん, あの旦那, あはははは, あんなによくも平気, あんな男, いいと, いくら夕, いつぞやの, いつまで, いつまでも, いつもあんまりふところ, いつもいつもこまぎれじゃ鼻, いやア, いわばほんの, うつかり, え, おあいし, おっつけ孫, おつねさん, おれも, お取り, かつ雑費, かりにも, こうして親子いっしょ, ここには, こっちの, こつちは, ことに寺院附屬, この因業家主, この寒中, この暴行, この辺, これから先, これは, これ以上くどく, こんなもの, こんな事, こんな手, こんな赤い, ごとく家, さきに, さりとてもうこ, さりとて江戸, しいて近, するけど, すわりこんで, ずいぶんでたらめ, そういう信用, そうそう同じ, そう二つ, そのうえに, そのうち, そのうちだんだん自分, そのま, そのよう, その必要, その神経衰弱, その馬鹿ッぷり, それかと, それからまた同国, それが, それぐらいの, それでどう, それでも今日テンビン棒, それで済む, それにあの, それにそんな, それにね, それには, それより, そんなに早く, そんなに秘し, そんなもの, そんなバカ, そんな便利, そんな君, そんな目, そんな莫迦, ただ女給, たった十分, たとえ起こった, ちゃんと住み, ちゃんと正しい, ちゃんと腕, つまらない真似, とけやしないわ, とられたとは, とんだお, と金について, どうかしたら, どこの, どッ, なにより, なるべし, なんだ, なんです, なんとなく下, なんの, ねえ本田, ひとかせ, ひとつ開封路の, ほしくは, まあそんな, まあ過ぎた, まさか東京, ませんでした, またこの, またこれ, またその, またもしや, またやっ, また今日, また受け, また坪内君, また専門家以外, また弥吉どん, また彼女自身, また怪しまれる, また早春, また留まっ, また知っ, また知らせる, また自宅, また芸術, また落葉, また跡, また返っ, また間もなくぶくぶく, まだ当分車馬, まるで礼儀, むしろ君, もうソロソロ蝋管, もう一二ヶ月テスト, もし船長, もっとがまん, やい女, よけいな, よし借りた, よウ, ろくなお伽衆, わたしの, オレが, ガスを, コチトラは, タダで, チェッ, ハゲ頭の, ハテどうも, ベロナールで, 一人前に, 一人歩きの, 一切存ぜぬ, 一生それで, 一里や, 万古に, 三十女の, 三十面さげ, 世話に, 世話を, 並んで, 乃公も, 久しぶりで, 二人の, 亦お, 亭主持たず, 人, 人が, 人の, 人を, 人形が, 人形の, 人間が, 今の, 他から, 仮に其様, 体操の, 体重は, 何か, 何が, 何という, 何とか考え, 何と奇抜, 何も, 何故に, 倒れたが, 僕かて, 僕は, 儲口なんか, 兄さんだ, 入口が, 全裸で, 出るなら出ると, 出来るもの, 出立ちを, 分らうとも, 刻一刻と, 勝は, 勝手に, 医者が, 十人も, 十八にも, 十六七にも, 千住まで, 原因が, 厳粛な, 又お, 又其の, 又如何, 又姫さま, 又日数, 又涎掛, 又祝詞, 又貴方, 召使に, 同時に又, 名探偵, 名誉に, 君の, 和服に, 哲学の, 困ってるん, 壺を, 多くの, 夜更に, 大きくなっ, 大きな顔, 大事に, 太陽の, 女の, 女ひとりを, 如何に, 妙に, 姿が, 姿を, 孔子の, 実際馬鹿げてる, 実験の, 宮中の, 寝物語の, 寧ろ軽, 尊雲法親王様に, 小人の, 小説には, 屍体を, 島が, 川へでも, 巡礼の, 帯揚げの, 常住不断に, 建て, 張りの, 強い地震, 当り前に, 後世の, 従って, 御経, 徳川の, 心持を, 心配する, 怒心頭, 思えば, 急がば, 悪戯も, 意久地の, 或は蘇州河以南, 戦車の, 戸口からも, 扉口から, 托せられて, 折角灰屋様, 故その, 故にや, 救援が, 文句を, 日ごろお, 日本の, 日頃さえ, 昇には, 時代小説と, 晩いか, 本性などとは, 桑盛様が, 檻の, 次郎も, 止すが, 此両山脈の, 死の, 殊に向う, 毎晩夜釣りに, 水なんか, 水に, 水の, 氷峰も, 泊まるなら泊まると, 滅多に, 漢字や, 火に, 火の, 煙草入なら, 熱心に, 玉子は, 王維も, 現代には, 生きた肢体, 生れた時, 生活の, 用も, 痴呆た, 相当の, 相手は, 石が, 石を, 碌な, 神尾主膳を, 神尾神尾って, 神経衰弱式な, 私が, 私だって, 私と, 私に, 私の, 種を, 笑ふ, 笛の, 第一家, 第一獣, 第一現状, 第一資源, 結局それで, 結晶の, 置いとけ, 職業野球の, 肌を, 肝心な, 育児の, 胤を, 膏藥を, 自分で, 自分の, 自分も, 自宅へ, 自然の, 舞台の, 舟が, 船を, 荒けた話を, 菓子器へ, 藁ばっか, 袴の, 見つとも, 見られる場所, 見ツ, 親戚, 言わなければ, 証文で, 説明が, 誰かの, 誰に, 誰も, 警戒兵の, 貰って, 賭け碁で, 赤い半纏, 連判の, 道義なんて, 酒場とも, 鏡に, 間が, 阿呆か, 陣十郎に, 随分ひどい, 隕石が, 隣も, 青物屋の, 青銅の, 頭を, 顔の, 食物が, 養源寺さんは, 餘計なおせつ, 首が, 體重は, 鼻も

▼ まい~ (398, 2.4%)

6 知ら 5 私の 4 と怖, や 3 これは, そうだ, 定めて, 私が, 私は

2 [19件] あまり何, こんなこと, その魅力, それには, それは, それを, どうか, どこぞの, なぞと, よいもの, 不足では, 何か, 併し, 先刻から, 平次殿, 念の, 此の, 秀子が, 考えて

1 [326件] ああ, あの処, あの女, あの美し, いうて, いおうか, いかまいか, いつかの, いまここで, おなかは, おめ, お前と, お武家, お浦, お腹が, お身, お願いでございます, かう自分, かえってその, けっしてあなた, こ, こういうふう, こっそりやってる, こっちは, ことに武将, この人生, この前, この辺, これ大いに, ころんで, ご存じは, さう, さぞ芳烈, さんざ迷った, しかし博士, しでかすまいかと, しんも, すなわち我々, ずいぶん苦しみ考えぬいた, せめてそれ, そうし, そうして執念深く, そうも, そう思っ, そこも, そしてあの, そして無窮, そして莊之助, そして長持, そつと, そのかわり, そのため, その後の, その心理表現, その蔵人どの, その野人趣味, その頭, その高輪八つ山下, それでなく, それでも結構, それとも他, それとも又, それとも脳貧血, それについて, それも, そんなこと, そんな不安, そんな気持ち, そんな風, ただ家の, ちょっくら相談, つい眼, つまらぬこと, つまり往時, というのも気, とこは, ところで彼ら, とてもの, とよんで, どうか一ツ, どうしよう, どうもその, どうも訝しい, どこか, どこへでも, どころの, どっちに, なう, なう婆さん, なぞ折から, なにしろ戸倉老人, ならん, なるべき, ねえお嬢さん, はにかむよう, ひよつと, ふと愛惜, または失礼, また気, また自分, まだ決めかね, まだ迷つて, ままよ, まアもっと, みやびた言葉づかいと, もしそうなら, もしや, もし余, もし熊, もっともただ, もはやもはやお, よもや知れない, わが殿, わたくしそう, わたくしにも, ァまくら, エ長二お前が, キリストの, キリストは, ッて, パリに, ヒリヒリ致し, 一つ世話を, 一つ御, 一口でも, 一景二景三景, 一歩は, 一言でも, 三人の, 下手人は, 不幸に, 不思議と, 与一兵衛さんに, 之が, 事に, 京水が, 人の, 人を, 人間は, 今こうして, 今ここを, 今の, 今まで, 今も, 今日までの, 今更疑っ, 他の, 何う, 何うも, 何だろう, 何の, 何もかもすっかり聞き取られ, 何万年でも, 何事も, 何処かに, 何故と, 何時かの, 余, 余は, 余り人様, 偶然助かり, 僕は, 先刻も, 其の知らせ, 其海賊船といふ, 其船脚は, 其証拠には, 内々で, 出版当事者美術家ともに, 分別が, 前後の, 勿論見直す, 勿論誰, 千代子は, 即ち自分, 又それ, 又はまだ, 友人として, 叔父を, 吾人は, 咎められは, 場末の, 多田君は, 大きなかけら, 大局に, 大工の, 太夫答え, 奇蹟が, 奥州仙台へ, 如何にも, 妙な, 孰れ, 宗教家も, 容体が, 實に, 寧思ひ切, 小坂部は, 小歌の, 川の, 師へ, 彼女は, 彼自身にとっても, 待つて, 後から, 御病気, 御辺, 思案に, 怪美人が, 恐るべき因果, 恥を, 悪戯の, 慰めて, 懸けといて, 戀草を, 成るほど, 或いは又, 或いは右, 或は矢, 戦って, 戸の, 折角清浄無垢, 文筆の, 斯う, 斯う思っ, 明日は, 映画であったら, 是が, 是れ, 是等は, 更にその, 本船の, 東京では, 東京にも, 松園氏の, 果たして年齢, 此角を, 武道の, 死には, 死骸を, 殊に上高地渓谷, 殊に文化職能人, 殺されて, 毎日, 気が, 氣に, 決して他人, 決心が, 況してや, 清次郎の, 濱路は, 無限の, 然うし, 爾とすれば, 物は, 特に愛し, 猶能, 現在の, 甚蔵の, 画板の, 異人でも, 相棒とも, 真逆, 眼串を, 知らと, 知らぬが, 知らん, 研究し, 社会主義者では, 立ったり, 笑はれまい, 第二, 絶頂から, 總て, 纏る, 羽織も, 老いたる, 老いて, 老人なんと, 考えものじゃの, 胸の, 腹が, 自から, 自分を, 自炊を, 臭い物, 興味ふかい, 花の, 芽出しの, 若いうち, 若い人, 若し其の, 若し爾すれ, 茶人が, 落ちたらこわい, 蓑でも, 蛇の, 蜘蛛の, 蟻地獄の, 行くまいか, 行く道中, 裏門から, 親分, 詰めた生活, 調べになど, 警官に, 贅沢な, 迷つたに, 迷つてゐた, 逃げて, 途中で, 遠くへ, 野村さんと, 金は, 金沢の, 鈴木と, 錢形の, 長三が, 開いて, 阿諛では, 雨の, 電報で, 頼む, 頼む頼む頼むの, 食物も, 飲むこと, 鳩尾に

▼ まいから~ (334, 2.0%)

3 それは

2 [14件] これを, その辺, それだけの, それを, だ, まあ義理, 今の, 何処へか, 僕の, 嫁を, 安心し, 少しく理由, 当分は, 骨が

1 [303件] あとから, あの女, あまりご, あるならば, いささか閑筆, いちどよく, いっしょに, いっそみんなうち, いっそ夕方, いっそ宿元, いっそ番頭, いっそ箱根, いっそ逢わない, いつそ, いまに, いまは, おあづけ, おかみさんを, おじいさんよく, おそらく鷲, おたけ, おふくろの, おまえさんは, おまえは, お前さんには, お前にだけ, お経, お茶でも, お静, お靜, ぐっすり眠ってる, こうして原子病, ここで, ここでは, ここへ, このほう, このまま下, この不幸, この大, この室, この貼, この間の, これからその, これからは, これは, これ以上云う, ご辺, さぞ悦ぶだろう, さほど心配, さまで, しかるべき法, しばらく辛抱, じゃア御膳, せめては, せめて一, せめて先頃, せめて某, そこで私, そしてちやう, そちらで, そのうち, そのつもり, その内, その近々, その邊, それで, それで放つ, それで東京, それとのう, それより, それらの, そろそろ失礼, た, ただ御, たぶん人間, ちょっとあと, ちょっと一, ちょっと様子, ちょっと融通, できるだけ早く, とてもそこ, ともかく俺達, ともかく彼, とりこしくろう, どういう事情, どうか今晩, どうか来, どうぞ願, どうもやり, どうもナア, どこで, どこまでも, どれひとつ久しぶりで, なお気の毒, なるべく早く, なんとか一軒, なんとか身, なア, ひとつふんぱつし, ひる頃, ふたりも, ふに, まあ何とかし, まあ卿, まあ安心, まあ社, まずお, まずまず万々歳, まず一夜お預け, まづお午御飯, まづお半, まもなく夜, もう一, もう伐らない, もし彼, もし志, やはり古風, ゆっくりかま, ゆつくりし, ゆるゆる興, よくよく気, よつ, わざわざ徳島, カンベンしてやりなさい, ッて, 一つ今日は, 一つ汽車中の, 一つ間接療法として, 一人適当な, 一億円の, 一層全く知らない, 一眼お, 一緒こた, 丁度これ, 二週間以内に, 些か泣言, 人に, 人の, 今ここに, 今すこし, 今まで, 今夜は, 今宵の, 今度こそは, 今日は, 今日其考證は, 今日歯医者と, 仕様が, 令嬢に, 仲直りを, 伐らせようと, 何う, 何か, 何かの, 何とで, 何とでも, 何んでも, 何分お, 何様かし, 余り好ましく, 僕が, 僕も, 元々の, 充分ご, 全く省略, 其事は, 其處を, 内の, 内儀に, 内緒に, 出て, 労働を, 単に海岸, 厚いの, 受けないと, 右の, 各位の, 同行三人, 君だって, 君の, 君は, 咎める者, 喰いたいならそちら, 困る自殺そのもの, 土間へ, 堅く鎖, 堪忍し, 多分間もなく寝床, 大いにくさ, 大詰だけ, 如何に, 妹が, 実際こう言っ, 室代は, 尋ねて, 少し気, 届ける処, 巡礼の, 左に, 幌は, 床下でも, 序に, 序文の, 庭訓往來でも, 庭訓往来でも, 当って, 彼という, 後学の, 後日が, 從ひ, 御主人, 御互にこう, 御免を, 御心配, 御緩, 御賣りなさい, 御近所, 心得の, 心配しない, 心配は, 思い出されること, 患者が, 所払いを, 打明けたところ, 持って, 指導し, 探偵小説に対する, 擱く, 改めてその, 文筆労働も, 断絶に, 日本料理の, 早々城, 早くお, 早く身, 明日の, 明早朝, 是非もう一度受け, 時々は, 普通の, 晴れるまで, 書くに, 来年母親さんが, 検診し, 横浜へ, 檜舞台へ, 此の, 此処に, 此方から, 此處に, 此通り行ふなら, 残っただけを, 残つただけを, 段々との, 気の毒だ, 江戸表へでも, 淋しく侘しいの, 深く咎める, 煎餅なりと, 現金の, 直ぐにも, 真に貴公, 私が, 私の, 私は, 簡単に, 自分の, 自然と, 自費出版に, 芋でも, 若し貸さない, 茲に, 落さうと, 落ちあった節, 西沢は, 見つかると, 見て, 訊いても, 訪ねて, 証拠を, 証書も, 詳しくその, 読んだって, 読者の, 誰が, 誰でも, 誰にも, 追い越して, 退っ引きならぬ, 逆に, 運動を, 達て, 鎌倉あたりの, 陸の, 随分御, 隨分御機嫌よう, 順序を, 頗る危険, 頭に, 食物問題に対しては, 驚きますねえ, 鳥渡茲に, 默つて一緒に

▼ まいという~ (319, 2.0%)

12 ことに 11 ような 10 気が 8 ことを, のが, のである 5 ことだった 4 こと, ことが, ことで, のであった, 気に 3 ことであった, ことは, ところから, のだ, のです, ふうで, ように, 事である, 者も

2 [12件] ことだけ, ことでした, ことも, のだった, ふうに, 安心と, 懸念から, 気持が, 考えが, 考えで, 自信が, 自信も

1 [186件] うわさが, お心, お気持, ことそうした, ことそれを, ことだ, ことだけが, ことであります, ことです, ことなどは, ことにばかり, これは, しおらしいん, つもりか, つもりです, ところが, ところまで, のか, ので, のでした, のに, のは, のも, はなやかな, ふうな, ものである, ものの, ものは, やり方で, ようすであった, わけだった, わけだろう, わけで, わけも, バルトリの, リアリスティックな, ンです, 一味の, 一種の, 下心が, 不安が, 不文律を, 世間心も, 予想の, 予期と, 予期も, 事が, 事さ, 事に, 事には, 事も, 事を, 事実を, 人が, 仕誼, 伯爵の, 例も, 兄たちの, 努力緊張批評が, 危惧でしょう, 口ぶりであった, 吃と, 喰心坊だ, 噂, 噂が, 噂で御座いました, 噂も, 圧迫に, 奥様の, 好奇心と, 安心が, 安心の, 延光の, 強い援助, 御決心, 心が, 心だ, 心づもりであった, 心持ちとで, 心掛けが, 心細い望み, 心遣いから, 心遣いや, 忠義一徹, 忠言を, 怖れ, 思い切です, 思遣を, 恐れを, 情願が, 想いに, 想像が, 意味の, 意志は, 意気ごみで, 意見が, 意見も, 愚直の, 感じだった, 感じを, 慢心が, 懸命を, 我慢も, 戒心を, 手紙を, 掛念が, 提議が, 断固と, 旋毛まがり, 時は, 書状から, 書附を, 本文通りよ, 村の, 条件で, 根井の, 根強い執着, 横着な, 殉情から, 気かね, 気にも, 気の, 気も, 気を, 気持と, 気楽な, 気配を, 決心が, 決心で, 決心を, 油断が, 注意が, 消息を, 深い懸命, 渡世の, 準備を, 王様の, 理由の, 用心から, 用心に, 町役人の, 真理を, 矯飾の, 確かな, 確と, 確信が, 確信を, 礼節と, 社交室の, 私の, 算段を, 考えも, 考えを, 考え前, 肚です, 自信, 自家の, 色が, 表現と, 見地から, 見解に, 見越しでございます, 見込であった, 覚悟である, 親切心から, 計算である, 訳だ, 評判です, 話だった, 話であった, 話である, 誓約は, 説, 説が, 説も, 謙遜から, 議論には, 遠慮も, 部屋頭の, 鑑定さえ, 面倒な, 領事の, 願望が, 風な, 風に, 黙契が

▼ まい~ (208, 1.3%)

64 ほうれたほー 3 ちあの, ち見て, 来て

2 [11件] さあ少し, それを, ちお, ちのように, ち同じ, ち晩酌, 姉さんが, 左樣いへ, 日本海まで, 羞かしげ, 長閑気で

1 [167件] あがったん, あの人, あははは, あれだ, い, いきなり横抱き, いたましいこと, いって, いつのまにあんな, いつまでも, おれを, おろされちまう, お前は, お祭り, このお婆さん, この山中, さう, しかし二人, じぶん, そうは, そこは, そりゃ卑怯, それが, そんなこと, たった一度, ちある, ちあるくぼつぼつ, ちいたどり, ちいち, ちおじいさん, ちが, ちきて, ちくちおし, ちすぐ, ちすこし, ちすわって, ちその, ちそれ, ちだぜ, ちてらして, ちなに, ちの旅, ちの配達が, ちは, ちひつじさん, ちひるねに, ちひる二, ちふん, ちまいに, ちよく, ちバイオリン, ちパン, ちミシン, ち一, ち一つづつ, ち三時ごろ, ち中庭, ち二十頁, ち人, ち他人, ち写真機, ち出て, ち取りかわして, ち夕立, ち子供, ち家庭教師, ち平野君, ち御, ち昼, ち気, ち沢山, ち無垢, ち畑, ち相当, ち神さま, ち空, ち窓, ち綻びる旅, ち腰卷, ち苦行僧, ち藁, ち見る, ち読んだ, ち豆, ち遁げ, ち遊んで, ち違った顔, ち野, ち雪, ち風ふく, ち食べても, ともかくやる, と甘, と腹を, どうしてお前, どうしてこう寒く, どうしてこの, どうしよう, どこまでも, なぜ待乳山の下, なった, なっちゃ, なって, なってから, ならないけれど, ならないでしょう, ならないの, ならなくなりました, なる千姫様, なんで咎める, なんで警固, ぬけ, まあ番附, まっしぐらに, まんざら捨てた, もう一軒, やんやと, よくそれ, よくよくお, アア唯一時意外な, キミも, 一体な, 下谷御, 今いう, 他の, 以前の, 何だッ, 何で斯様, 何を, 偏僻張っ, 偏僻張つて何の, 停車場の, 僕に, 先刻も, 前将軍家左金吾禅室さま, 勝手な, 参りましたついで, 可笑しな, 問われたらば, 外出し, 左馬介光春は, 市之丞殿も, 当屋敷, 彼は, 慣れた目, 戸には, 技倆は, 折角きよい, 播磨風土記に, 早うざんげ, 時代の, 更に其噂, 月日を, 来た, 来たの, 淀橋上水堀の, 由なき, 相違ない, 私の, 絶交に, 自分が, 自分の, 行くこと, 行つたので, 行つてや, 遠巻きに, 長年の

▼ まい~ (188, 1.2%)

24 直して 14 正して 12 正した, 直した 10 して 5 なおして, 正しながら 4 直す 3 くずして, なおした, 直しながら 2 おぼえた, おぼえて, なおすと, 感じ出した, 改めた, 正し, 正す, 直したり, 直し外

1 [75件] あんまり可愛がりすぎ, うけたの, うけると, かえかけたが, ここで, こころもち玉座の, ころして, ごらんに, させて, させられたこと, させられて, しお, した, したよ, しなければ, しはじめてから, すぐ意味, すること, するほどに, するよう, する者, せいて, ただして, ただし両, ちょっとくずす, なおしたとき, なおしながら, なおしました, のべからだ, わたしは, 大いに食った, 嫌って, 崩して, 得るまえに, 感じながら, 感じるらしくふらふらと, 改めて, 改め片腕, 整えたの, 欠と, 正しくする, 正しご, 正したの, 正したらしく厳格, 正した葉子, 正しほくほく, 正し恐縮, 正し謡曲, 正すげ, 正す平凡, 灼きつくよう, 独言に, 申しあげた, 直さなければ, 直しきっと, 直したもの, 直した後, 直した母親, 直した静子, 直しました, 直し口, 直すたび, 直すと, 直すよう, 直す気勢, 着て, 示したの, 纏って, 舞え, 苦しめたこと, 見ること, 覚えて, 訂し, 読まなくたって, 飼つてやつてる

▼ まいもの~ (185, 1.1%)

145 でも 145 では

1 [21件] いつも祭文, か, かとあたり近所, かと何と, かと関係当局, があわぬ, さな, じゃテ, だ, でござる, でないとして, でもなかつたらう, もう思ひ切, よ, をお, をとのお, をと戦時中, をと私, をネー, を憎みました, を皆

▼ まいかという~ (174, 1.1%)

12 ような 6 ことを 5 ことである, 気が 4 ことだった, ことは, のであった, 気も 3 のである, 考えが

2 [14件] ことだ, ことでした, ことです, のが, のだった, 不安が, 不安の, 恐怖に, 懸念から, 相談が, 相談であった, 話が, 話と, 風に

1 [96件] あいさつ, おぼろげな, ことが, ことに, ことについて, ことまでも, よろこばしいお, 下相談が, 不安, 不安で, 不安に, 不安にも, 世にも気味, 中に, 予感が, 予感であった, 事である, 事実が, 人も, 人知れぬ, 依頼である, 依頼を, 卑屈な, 単純な, 危険の, 口上だった, 噂も, 妄想に, 妙な, 己惚が, 強迫観念に, 当然の, 彼について, 御相談, 微かな, 心に, 心配が, 心配だった, 心配で, 心配と, 心配は, 念が, 恐れから, 恐れが, 恐れとは, 恐れ二つの, 恐ろしい不安, 恐怖が, 恐怖ほど, 想像が, 意見も, 態度で, 懸念が, 懸念も, 手紙であった, 掛念あるいは, 掛念が, 掛念で, 掛念も, 期待が, 杞憂の, 極度の, 様に, 気持が, 決論に, 点を, 焦慮が, 片時も, 疑いが, 疑いにすら, 疑いも, 疑が, 疑さえ, 疑さえも, 疑です, 疑問を, 疑念さえ, 疑念も, 疑懼の, 相談な, 相談を, 空想が, 空頼みも, 老婆心から, 老牧師, 考えばかり, 虞を, 西洋の, 要領だった, 見当も, 親類は, 話であった, 説が, 説も, 質問に対して, 鉄五郎からの

▼ まい~ (128, 0.8%)

4 ことだ 3 袋の 2 して, 他に, 女の, 手の, 方に, 方の, 日に, 産地は, 紙きれを, 雇女に

1 [101件] あすこの, あっしの, あとで, あのか, あらわな, いや縄目, おかげで, お年も, お皿, しそう, すきな, その顔, だよ, つれの, という時, ところで, ないガラッ, なまもの, ひばりも, ふり, ほうは, ぽつ, まま, もう一人, ように, わかんふり, わざと聞い, をはア二十本以上, んや, エハガキに, ガラスの, ドアに, ドアの, ドアは, 一きれ, 一疋は, 上に, 不遜さと, 世間知らず, 乱るる, 事それに, 事で, 住まつ, 全く死んだ, 切りで, 古巣へ, 名前は, 四つだけは, 声は, 大きなじゅうたん, 姿を, 子どもライオンの, 小さな一疋, 小競り合いが, 島水の, 床に, 心尽くしか, 念が, 思いが, 手紙でしょう, 敷き皮, 文句は, 方には, 方は, 方へ, 方を, 暖かで, 最中だった, 条件が, 櫛だ, 物語は, 現れた壁, 甲羅から, 男が, 画に, 着物も, 穴の, 笄蒔絵の, 紙が, 美しいけだかいこと, 者が, 者であった, 船が, 草の, 荷物を, 荷馬車が, 藁を, 袋なぞへ, 襯衣を, 見取地図が, 言葉を, 踊は, 身で, 長い板, 間には, 面会を, 面白くない, 頁まで, 顔付き鋭く, 餘裕は, 鳥の

▼ まいまで~ (128, 0.8%)

4 黙って 3 読んで 2 だまって, 一言も, 云いきれなかった, 御読み, 私の, 聞いて, 聞いてから, 見て, 読む必要

1 [103件] あの面倒くさい若い, いて, うんこの, おくがた, おちついて, お聞き下さい, お聴きくだされ, きいて, くだらないこと, このおやじ, しゃべりつづけでした, じっとすわっ, すべてみなこれ主君秀吉の, ずんずん引っ張られ, そうした瞬間, その悪戯, その感じ, その歌, できずに, ふざけて, ほとんど無言, やっちまえ, やっつけるって, やってのける, やり通すの, ゆっくり聞い, よくお話, わたしわたしとばかり, グッタリと, チャンと, ドミトリイ・フョードロヴィッチにばかり, 一大音楽を, 一語も, 不機嫌, 人気の, 仲の, 伯爵の, 何も, 唯座っ, 喫むこ, 天皇の, 奥歯に, 女らしく書かれてない, 平らげるの, 彼と, 彼女と, 待たず, 御聞きなさい, 御見物, 手を, 探偵的興味を, 昨日は, 暗誦する, 書き通す決心, 有利に, 歩く, 残ったただ一機, 残って, 残らず読めば, 気に, 漢語に, 照し, 独身で, 猛烈な, 病人や, 登りつめれば, 皆は, 皇后を, 眼を, 知らん顔を, 立ちつくして, 精読しなく, 素直に, 聞いたが, 聞かないで, 聴かないじゃ, 聴かぬうち, 聴くもん, 腐り残るけになあ, 自分にたいする, 行くと, 解かずに, 言い切るの, 言えなかった, 言わさず鶴雄, 言わして, 言わずに, 言わせなかった, 読まずには, 読まなけりゃならない訳, 読みつづけた, 読み終ると, 読み返して, 読み通すこと, 読んだって, 負けて, 身体あ, 辛抱し, 通訳した, 酔わなかった, 附きよう, 降りずに, 順に

▼ まいとしても~ (113, 0.7%)

2 その方, 哭かずに, 目が, 笑わずには, 縁側を, 聞えて, 見えるの, 見ずには

1 [97件] あたりの, いつかは, いつの間にか考え, えらい噂, おのづか, かの, きみが, こよい, じりじり気, すぐ想像, せずには, そう容易く, その全体, その寝息, その恐し, それが, それに, それを, ちくちく刺され, つい格天井, つい気, できない, できなかった, どうしても咽喉, どうしても泣かず, どうしても考えられ, どうしても耳, どうする, ぼろぼろ貰い泣き, またいつしか, もう一時間, やはり見ず, やるの, カトリック教の, カレンは, 一方が, 世の中が, 二階から, 亢奮し, 今ごろは, 今年中受け, 信じないわけ, 分る, 前も, 動かずに, 又眠っ, 喜ばずに, 富岡は, 寝ては, 居眠りが, 山川の, 怒らざるを, 思わずに, 思わずには, 恨まずには, 悪い夢, 愛せずには, 押え切れない声, 政治の, 時が, 気が, 涙が, 生首へ, 白と, 目で, 目に, 目の, 目は, 相手は, 眼に, 眼の, 磁石で, 私の, 絶対には, 考え込まざるを, 自から, 自分の, 自分自身の, 自然その, 自然と, 自然に, 色んな話, 蘇州庵の, 蚊柱めいた, 見ずに, 見ないわけ, 視線が, 読まぬ訳, 諸口さんから, 部屋の, 長く悲しみ, 隠しきれなかった, 頭の, 顔の, 餘り, 駄目です, 駄目な

▼ まいけれど~ (97, 0.6%)

5 私は 3 よく考へ 2 お前が, コリンス先生の, 此後とも

1 [83件] ある時, かせぐ事, こういう独占会社, この後, この男, これは, こんなところ, さして喜び, しかし信吉的, すみ子さんの, せめて待たせるなら, その人, それでも心配, それを, つまらない所, でも私, とにかくながい, どうせどうせ姉, どうぞ, どうぞこれ, まかり間違って, まず最初, まア一度分, もしある, もしくせ者, もし万一その, わたしは, アルコールの, ヒョッと, 一所に, 二九三六という, 今の, 仲町の, 伊勢というだけに, 何しろ非常, 何だか不安, 余所の, 余程離れた, 僕は, 其の第, 力には, 医学士と, 口は, 可愛い児, 唐宋二朝の, 唯妙, 報酬の, 多くの, 大きな口, 奥さんは, 女と, 女中が, 嫁御へ, 居るには, 御門鑑, 思えば, 手前は, 文之, 早く天神, 本当に私, 梅雨あけに, 様々な, 模品を, 此家では, 母が, 海の, 煙草郵便代諸, 犬に, 猿簑に, 男の, 私が, 私とは, 私の, 私長い, 種々言, 米友の, 肥料の, 英国の, 辛抱し, 長享から, 雲が, 頼んだら出して, 高札を

▼ まいとの~ (83, 0.5%)

3 ことで, ことです, 話に, 話も 2 こと, ことであった, ことでした, 事だ, 事で, 願いから

1 [59件] おことば, おだて, お心づかい, こっちの, ことだ, ことだった, ことである, ことでございました, ことでござった, ことな, ことなり, こと糖尿も, そのお, そのおこ, 一念から, 予想から, 仰せ, 仰せだ, 保証だ, 全努力, 判断であった, 印かや, 合戦の, 実見談を, 宮の, 御諚, 御趣意, 心から, 心づくしだ, 心持から, 心遣いから, 心遣ひからだつた, 心配, 心配も, 念願から, 意味の, 意氣組である, 懸念から, 懸念を, 批難も, 明だけは, 構えです, 注意は, 用意でした, 用途を, 礼状でした, 約束であった, 老婆心から, 考へだけが, 自信が, 衆議から, 見越から, 覚悟を以て, 評判で, 話だった, 話で, 話であった, 負けじ魂も, 間ち

▼ まいけれども~ (69, 0.4%)

1 [69件] あのう, いざ戦争, いつかキットいつかそう, いまに, おそらく絶無, かかる火, きいて, この世の中, この綱, これや, すくなくとも育ち, その論, それとこれ, それなら, それも, つまり釈迦牟尼如来, どういふ, どうです, どっちも, どんな危, なんらかの事由, まあ国栖, まあ結婚前, まアそれ, やっぱり免, わたしなんぞは, 一体どこから, 中川さんの, 今いう, 今が, 今の, 何しろ私, 作が, 僕なら, 兄さんが, 勝沼あたりまでは, 君の, 多助は, 山の上だけに, 念の, 恐らくこの世, 愚僧は, 懐中に, 手前が, 才子は, 放っても, 日頃からば, 是に, 最初まず, 牛の, 物を, 獨鈷の, 生活問題に, 町内の, 盆凹の, 私だ, 私の, 私は, 紅糸で, 羊毛の, 自分の, 親族便りの, 話が, 話すの, 責任観念の, 逆に, 順序だ, 食べて, 鳥の

▼ まいなし~ (69, 0.4%)

3 である 2 でいられるくらい, にすぐ, の言葉

1 [60件] このまま, だ, だからさ, でいかにもゆったり, でいつも, でぐいぐい, でさっさと, です, でただ, でてん, でむこうの, でゆうゆう, で女, で春先, で毎晩庭, で箒, というお触れ, ということ, というよう, となった, と定め, どこかの, にいつ, にいろんな, にお, におかみ, にかならず, にしゃべりつづける, にそんな, にただ, にとうとう, にまだ, にまるで, にエッゲ, に一生懸命, に一瞬, に今日, に低い, に何事, に同意, に塗りたくられた, に岐阜提灯, に日毎, に歩く, に海, に相手, に眠っ, に突然, に立ちすくん, に自分, に草, に覗き込ん, に言葉, に説教, に足, に食い荒され, のペラペラペラ, の体, 床屋の, 悠々行路

▼ まいとは~ (67, 0.4%)

6 思うが 4 思いながら, 思ったが 3 思いますが 2 して, 思って

1 [46件] いうものの, おもいましたけれども, この事, この信玄, しながら, しますが, どうした, ならないと, 二人の, 何事だ, 力めて, 夢にも思いませんでした, 始終思つて, 存じますが, 常々覚悟し, 思いながらも, 思いますけれども, 思う, 思うがね, 思うけれど, 思うたが, 思うの, 思うものの, 思ったけれども, 思つた, 思つてゐた, 思つて居る, 思はない, 思ひながらも, 思ひますけれども, 思わない, 思わないが, 思わぬ様子, 思われますが, 思われる, 思われるが, 日本左衛門が, 期して, 申しませんでしたが, 番士でない, 百丈禅師の, 知りながら, 考えて, 自分でも, 誓ったが, 限らぬが

▼ まいかとも~ (61, 0.4%)

4 思った, 思われた 3 思って, 考えて 2 思つた, 疑われる, 考えた, 考えられる

1 [39件] ある, 心配に, 思う, 思うた, 思うて, 思ったが, 思ったけれど, 思ったそれとも, 思ったの, 思ったので, 思ったもの, 思ったり, 思つて道臣は, 思はれましたが, 思はれる, 思はれる顏付, 思はれる顔付, 思われたが, 思われたので, 思われましたが, 思われますけれど, 恐れられた, 想像された, 想像されます, 想像した, 感じられる, 推察した, 疑って, 疑つて, 疑われた, 疑われたので, 考えられて, 考えられました, 考えられます, 考えられるの, 考える, 考へて, 考へられ王朝末, 自ずと思い出

▼ まいとも~ (55, 0.3%)

3 思った, 考えた 2 思います, 思つた, 思はぬ, 限らぬ

1 [41件] あなたが, あの一つ家, いう, いうん, この番所, して, しないで, その当座, その気合, それは, それらに, それを, はっきりした, もっと近く肉薄, わたくしは, わたしは, 云えぬ其の, 企てた覚え, 先ず表, 先生の, 存じたが, 存ぜられます, 思いました, 思いますが, 思う, 思うの, 思ったの, 思つてゐる, 思はれるが, 思ふが, 思われた, 思われる, 最初の, 男は, 知れないが, 答えないで, 考え自分, 考へて, 言われない, 赤ん坊じゃ, 限らない

▼ まいこと~ (52, 0.3%)

263 か彼

1 [23件] かこれ, かのろい, か一時, か下男, か公爵夫人, か吾, か土, か大声, か彼氏, か愛ちやん, か戸口, でもござりませぬ, には千恵, はわかっ, は一応, は目, もあるまい, も察する, をである, を信じ, を感じ, を知っ, を誰

▼ まいといふ~ (50, 0.3%)

5 やうな 2 樣な, 決心を

1 [41件] まことに然りで, 丑松の, 主治医の, 全盛で, 冷靜な, 判断は, 努力を, 危惧を, 厳しい固め, 反抗心を, 口惜さに, 君の, 噂さである, 噂でした, 小波と, 心細い望み, 掟を, 校長の, 樣に, 氣が, 氣も, 氣持ちを, 無言の, 用意周到な, 積りだ, 約束の, 考な, 考へから, 考へが, 腹な, 見込を, 評判です, 話さ, 話だ, 話です, 誓ひ, 誠に棚, 連中な, 顔色奥方は, 風評も, 魂膽だ

▼ まい~ (50, 0.3%)

3 できませんが 2 おれの, 遺憾ながら

1 [43件] いういうと, いたしません, いるに, おれが, おれを, かわりに, こうなるだろう, ございますまい, しませんから, できませぬが, できません, できませんよ, どうした, どうしてさういた, どこから, どこの, どの辺, ない, なかなか面, なんにもこはく, なんにも云, ほんとうに, ほんとによくはたらい, もうあんまり小さく, もう咽び, ゆうべどこへ, ブツブツ現在, 一銭銅貨の, 何だ, 出来ないかも, 出来ませんが, 多少おれ, 小さいから, 必ずしも夫, 思ふが, 本気に, 猫は, 真に愉快, 肺病で, 腹が, 記されず, 越前幸若などと, 馬鹿な

▼ まいじゃ~ (49, 0.3%)

41 ないか 1 ありませんか, ないかと, ないかといった, ないかね, ないですか, ねえか, ろうがね, ッて

▼ まい~ (45, 0.3%)

432 お兼, お勢, 代価を

1 [32件] い, うん, お通, お金を, この桜, こんなところ, さうでない, さらず御, されて, されぬので, しかと貴殿, それが, そんな事, だが頓興, どうだ, まさかお前, まだこんな, カザンの, 八確かに, 十手を, 大垣伊右衛門様へ, 大垣伊右衞門樣へ, 戦国の, 手打に, 持参金付きで, 新吉, 本人が, 村民が, 行って, 行つて見よう, 貝六, 赤の

▼ まい~ (44, 0.3%)

6 え手 3 え, 空誓文は 2 エ手を

1 [30件] おおそう, お情, お情ぢ, ちよつと, っ, な, まずその, や, やるまいぞに, ッ者共ッ者共ッ, ー誰は, 先へ, 其許も, 内々南都や, 別れまいぞ, 卯時までに, 右衛門じゃ, 各自, 地獄の, 多襄丸, 応左様なら, 思ひ付き, 田や, 穴賢, 総じて火酒, 藪医者, 蛙の, 迷うな, 雪之, 青田を

▼ まいかといふ~ (43, 0.3%)

2 やうな, 不安も, 依頼である, 気が

1 [35件] およそ根, ことが, ことだ, ことだつた, ことでした, ことを, のは, 不安の, 人も, 僅かばかりの, 厭な, 強迫觀念に, 心を, 心遣ひ, 心配な, 悲しい予感, 意見も, 懸念から, 斯うし, 暗い予感, 気さへ, 氣が, 疑ひを, 疑問に, 疑惑が, 相談が, 祕かな, 話だらう, 説が, 豫感の, 逡巡に, 頼みな, 風に, 風にも, 馬鹿な恐れ

▼ まい~ (38, 0.2%)

2 どうせ逃げ出す, 下手人は, 伊之さんの

1 [32件] あの乞食, いずれお, おれが, お兄さん, これが, そういうこと, ちよいと, ところで近頃, どうせ何, どうも昔, どんな事, ばあやそら, ほら寅年六月, もう少しどうかした, 今ごろは, 何と唄う, 併し, 俺は, 僕から, 僞の, 八, 少しでも, 從妹の, 明かすまいよ, 残念ながら, 相手が, 磁力砲が, 詰らない, 警察でも, 運が, 顔が, 鳥兜の

▼ まいため~ (36, 0.2%)

2 に, に彼, の努力, の鎌倉殿

1 [28件] におそらく, にかいつ, にすぐ, にとて無理, には僕, にまた, にやった, に出入り, に天, に学び, に宇和島, に引っ越し, に手紙, に決して, に焼印, に申さなかった, に筆, に頭, の予防, の横着さ, の用意, の留紐, の繃帯, の防禦物, もあった, やはり今, 先んじて, 立たせて

▼ まいなどと~ (34, 0.2%)

2 それこそ

1 [32件] あざわらって, いぢめ, いはれて, おれが, かつて浩, しきりに病状, そんなこと, ひがみ心, まるで昆虫, みずから慰めよう, 云うの, 云った, 云つた, 声も, 姉心に, 嫉妬し居つた, 強がりましたが, 御誓いなすっ, 心を, 思い込むほど, 思う人, 思って, 思はれるかも, 思案し, 戯れて, 昌作は, 様々に, 注文した, 皆平気で, 言い出した, 言った者, 誰れかれ

▼ まい~ (34, 0.2%)

2 のこ, の血, は今宵

1 [28件] が世話人, が思う, などは役柄, なんか親, のよう, の感謝, の書物, の考え, の記臆, の髪, はある, はさ, はその, は之, は信じなかった, は感激, は支那, は最う, は申, は自分, は貧乏, は酒, もとう, も又, も四五年前, も宜, も言わぬ, も長らく

▼ まい~ (33, 0.2%)

2 しませんで

1 [31件] あしたまた, あるもん, いたしませんが, うて上って, おいて, おれを, ございますと, しませんでしたけど, せんで, なおしたの, なくもぞ, なく名人, なく豪儀, なりませぬが, にげられるん, ほりさんに, まうでずわれ, また何, 一寸人には, 人為的な, 停り立上, 出来ません, 別れまいも, 申さず長, 申しあげずいや, 申し上げず重々相, 端正と, 羊歯の, 致しませんで, 許されて, 限らぬぞ

▼ まいかとの~ (31, 0.2%)

2 事, 事から, 談話が

1 [25件] おことば, お話でございます, ことであった, ことでした, ことです, 予想で, 仰せを, 依頼でした, 依頼を, 便りで, 御懸念, 心配も, 恐れが, 意向であり, 意味で, 感を, 懸念で, 疑であった, 疑を, 知人の, 考を, 虞れ, 言葉, 話心がけが, 迷いも

▼ まいかなどと~ (31, 0.2%)

2 彼は

1 [29件] あのころ, いつもの, お焦, ささやく者, それからそれ, つい今朝, ひたすらに, 与市の, 云う事, 俗な, 取越し苦労, 噂し合った, 年よりに, 心細い身の上, 心配し, 思いながら, 思う, 思うと, 思ったり, 思って, 思つ, 思つた, 思われた, 書いて, 物識り顔に, 疑うは, 自分勝手の, 言う者, 遠慮し

▼ まい~ (31, 0.2%)

3 のよう, まい日

1 [25件] いってるのよ, いろんなきもの, えりこ, おそば, が覚悟, こまごました, これからベス, させられるしごと, たべるもの, でるよう, に焼け, のお, のりまわしまして, ほとんど一つ, まい日丘, まい日忠君愛国, わりに元気, をがまん, を有益, 待ちかまえて, 怒りたくなるけど, 着て, 繰りかえされる同じ, 訪ねて, 読もうと

▼ まいその~ (30, 0.2%)

2 余は, 次は

1 [26件] かわりには, かわりべっぴんの, ことについて, とき眼を, ほかに, ような, ように, 上殺された, 中に, 仏を, 代り評議で, 夜更け戸外に, 女房子供も, 客の, 席上で, 弱点を, 担保として, 方は, 方も, 朝草を, 決心に, 猿橋も, 舎人が, 花は, 迷うところ, 通りを

▼ まいなく~ (29, 0.2%)

2 どうぞ

1 [27件] あたしの, お休み, お引き取り, お打ち捨ておき下さいまし, こびりついた, ご出陣, さっさと帰り, さて犯人, じゃけん, ただお, まりの, やって来て, 何でもかでも売り払っ, 例の, 刻一刻と, 右門を, 大声を, 好きな, 怒れるけ, 早々三河一色村, 自分で, 興に, 蓋を, 血走った眼, 西康なり, 通風坑が, 食べものは

▼ まいとか~ (27, 0.2%)

2 厭味らしい

1 [25件] お上に, こちらの, そんな心づもり, そんな心配, もともと美術, ろくな月給, 世相の, 云おうとしても, 仏に, 何とか弁じ, 協和的な, 口実を, 地方自治体の, 地方自治體の, 天帝に, 天気に, 少なくとも一夕, 昨日俺の, 碌な, 神様に, 胸の, 苦心する, 言われるよう, 驕るまいとか, 驕るまいとかいう

▼ まいそれ~ (26, 0.2%)

1 [26件] が, がどう, がなぜ, が不愍, が作法, が父, が福地, だから, だのに, だもの, ですのに, でよい, に引換, のみならず, はどうぞ, は仏, は何, は俺, は君, もこれ, もよから, もよし, より拙者, を出さなけれ, を甘んじ, を聴かれたら

▼ まい~ (26, 0.2%)

7

1 [19件] かこの, かすき通る, かどう, かテッキリ屍姦, か三月, か人里, か僕, か各, か塩, か夫, か庖丁, か彼, か慌て, か手, か百, か私, か糸, か葦原醜男, か襠掛

▼ まい~ (25, 0.2%)

3 か他 2 うしたら, うじゃ, にし

1 [16件] うか, うだ, うもこれ, うもヘ, かそれ相当, から何, か一善, か一種, か罪, ちゅう名, でもかえって, にも知らねえ, の意味, の遺恨, ぼ何, も聞くまい

▼ まいまた~ (22, 0.1%)

1 [22件] いかに名刀, この人々相手, しないであろうと, しんぼうせね, そうでも, その国家, その女, できても, もし寿命, 今度の, 古来の, 強ひ, 弾くまいと, 恭しく御, 息子の, 東海道は, 極めて趣味, 眠ろう, 私には, 私の, 絶食か, 見ようたって

▼ まいこの~ (21, 0.1%)

2 倉の

1 [19件] うえまた, 人は, 仕事は, 使命僕自身の, 家の, 役目は, 打ち手, 敵が, 映画が, 正月で, 清吉が, 皮行李の, 菅笠で, 身の, 身は, 辺の, 近いところ, 遺言父の, 部屋の

▼ まいたり~ (21, 0.1%)

4 して 2 苗を

1 [15件] きしめんを, ければ, した, した日頃, しながら, するよう, 一揆を, 大きいたすき, 女中らが, 引ずつたり, 水を, 河水を, 膝にの, 芋を, 鉢巻を

▼ まい~ (20, 0.1%)

2 おおけ, 有難うぞんじます

1 [16件] ありがとうございます, ありがとうと, いって, ごひいき, つこい, りや, アリ, 守備の, 宮廷では, 強請を, 武松には, 歯が, 江州の, 申して, 貧民には, 金剛寺へ

▼ まいぞと~ (19, 0.1%)

3 笑へば 2 昔の, 氣を

1 [12件] いわれて, 仰せられ大臣以下供奉, 卯木とも, 心に, 思つた, 思つて小走りに, 戦時に, 気を, 渠は, 用心を, 申し伝えて, 覚悟し

▼ まい~ (17, 0.1%)

3 がって

1 [14件] ういふ用心, う思, う思ひ, う思ふ, う考へ, がりいまそこ, がりて, がる, してやれ, まだつて, まァまだ, ア私を, 君は, 打つなら打って

▼ まいそう~ (17, 0.1%)

4 だった 2 かといっ

1 [11件] すると, だ, だこう, だろう, であるにも, でなければ, とすれ, なれば, 云っちゃ, 思いながら, 考えると

▼ まい~ (17, 0.1%)

1 [17件] いい模様, ええ, きみの, はばかりながらあたしゃ上総, もう, ブリスバーン君, 何を, 俵屋に, 君が, 夢であろう, 大層遅い, 大義名分から, 弁信さんと, 知らない道理, 第一, 貢さん, 貴君の

▼ まいしと~ (16, 0.1%)

3 いって

1 [13件] お絹, その片目, みえて, 二階に, 云った, 呟いて, 大いに怒っ, 少しおこった, 思う下, 手に, 笑ったという, 聞くその, 記憶する

▼ まい~ (15, 0.1%)

3 店先で

1 [12件] がはそで, この婦人, となっ, にもっとい, のお, はとて火, までからそんな, までに食った, までの誰, まで此, 思うと, 此の

▼ まいからと~ (14, 0.1%)

1 [14件] いうので, いって, トマトスープ白魚フライミートボールに, 一緒に, 云った言葉, 云って, 云つた言葉丈が, 日比谷映画劇場へ, 私が, 私は, 言いましたところが, 言った例, 諦めて, 鳥田君が

▼ まいがと~ (14, 0.1%)

1 [14件] いうので, いっても, はじめて小言, 今に未練, 切実に, 可笑しくなった, 彼は, 思いながら, 思えばこそ, 思った, 感心した, 真摯な, 考えた, 謙遜された

▼ まい~ (14, 0.1%)

13 やない 1 や無い

▼ まい~ (14, 0.1%)

2

1 [12件] ちまいました, て, ていた, ている, てお, てくれ, てご, てしまった, てしまったらしい, てならぬ, てみる, ても

▼ まい~ (14, 0.1%)

1 [14件] がいよ, がいよいよ, にはそう, に感化, に遲, の妻, の最近, の講談社, は極, は涙, は生存, は穂高, は自分, は赦す

▼ まいあの~ (13, 0.1%)

2 符牒だけ

1 [11件] お絹殿, くらい見事, 子供の, 春之助といふ, 時の, 樣子ぢや, 燈光の, 瓶には, 親切な, 離れ岩, 静安寺路の

▼ まい~ (13, 0.1%)

1 [13件] つきあいする, 國源次郎の, 察し申し, 差しつかえなく, 店は, 戻りた, 望みが, 米の, 身の, 雪の, 静, 食べよい, 鹿も

▼ まいこれ~ (13, 0.1%)

1 [13件] がいい, でも喰, でも喰え, でも岡吉, に就いた, はあの, はどうしても, はむしろ, はカムルチ, は下世話, は水狐族, を我輩, を機会

▼ まいどの~ (13, 0.1%)

2 事だ, 事で, 事とは 1 事な, 事ながら, 仰せ事, 商用客では, 繰り言だ, 言だ, 贈りもの

▼ まいしかし~ (12, 0.1%)

2 私は 1 あなたの, お嬢さんの, また帰っ, 丘子の, 今日は, 大兄ハネバシの, 左官屋殿一体, 曖昧な, 自分個人としては, 非常に

▼ まいとまで~ (12, 0.1%)

2 言つてゐた 1 して, 平生から, 思います, 思う, 慎んで, 推察した, 決心した, 激賞した, 疑われる, 頭で

▼ まいかとさえ~ (11, 0.1%)

2 思った, 思われた 1 思ったこと, 思わせる, 思われるほど, 思われ別, 早く行きたい, 気を, 私には

▼ まい~ (11, 0.1%)

2 の仕事 1 じゃど, の口, の心, の模範, は平等, も許し, より先, を殺さなく, 或はそんな

▼ まい~ (11, 0.1%)

2 を, を並べ 1 として葬り去るべき, にひとしい, に似, はぬかしたかろう, を申さず, を申し, を言う

▼ まいそんな~ (10, 0.1%)

2 筈は 1 お方とは, ことで, 事は, 事を, 代償を, 大それた, 結果を, 運命の

▼ まいって~ (10, 0.1%)

1 いうこと, ことさ, ことをね, そう言い添え, 下物いたせ, 云うから, 先生も, 悪いこと, 気が, 話だ

▼ まいねと~ (10, 0.1%)

3 言ふ 1 予言した, 云った, 云って, 大きく呼吸, 念を, 直接に, 追及する

▼ まいかなど~ (9, 0.1%)

1 あられも, いう, 内々注意し, 様々に, 考えた, 自分に, 話すに, 随分疑っ, 馬鹿な

▼ まい殊に~ (9, 0.1%)

3 お前の 1 お刀, この度, 又帯刀, 昨年九月十月頃には, 此老人を, 結構な

▼ まいかを~ (8, 0.0%)

1 あまりに恐れ, 恐れたから, 恐れるから, 懸念した, 考慮し, 考慮し始めなけれ, 詰問する, 迷って

▼ まいがね~ (8, 0.0%)

1 ああいう, およそ堕胎, おれには, したくも, とにかくよく考え, 三年も, 何しろ以前, 俺達の

▼ まいここ~ (8, 0.0%)

1 でお, では死ねない, で取殺される, で尻, で腹, にこうして, へ案内, を管轄

▼ まいさん~ (8, 0.0%)

3 はあの 1 が帰る, のおしやれ, もその, をたべ, をよろこばす

▼ まい~ (8, 0.0%)

1 いらせられまするか, せうよ, どうなろう, べちゃくちゃ冗談, ジョニ赤, 充満し, 暇も, 月に

▼ まいなと~ (8, 0.0%)

2 軽くは 1 いうこと, 君子の, 念を, 番頭に, 言へば, 駄目を

▼ まいもん~ (8, 0.0%)

5 でも 21 ぢや

▼ まい~ (8, 0.0%)

1 かもう少し, がそれ, がなんと, だってあなた, でもその, に教, も彼, も真似

▼ まいお前~ (7, 0.0%)

1 がつれ, とりあえず支配地, の悪く, の身, の馬, へ店, ほど瘠せ

▼ まいがな~ (7, 0.0%)

1 あれなどは, わしは, ア, ッ, 今だつ, 今に, 何しろ欅

▼ まいただ~ (7, 0.0%)

1 この墓, 力力が, 大食いの, 最後に, 次に彼, 自分の, 蛾次郎よりは

▼ まいとお~ (7, 0.0%)

5 もふ 2 もひます

▼ まい~ (7, 0.0%)

2 のこと 1 に思っ, に考え, に考へ, に自分, の覚悟

▼ まいかの~ (6, 0.0%)

1 ような, ウ, 問題が, 問題で, 大評定, 平次殿

▼ まいそこ~ (6, 0.0%)

1 いら, に行かう, に集まる, の椅子, は一介, は東京ぢ

▼ まいとて~ (6, 0.0%)

2 息を 1 苦に, 買うて, 頭巾の, 風呂敷を

▼ まいどう~ (6, 0.0%)

1 するん, だ, だ少し, だ真剣, ですかな, ならうと

▼ まいどこ~ (6, 0.0%)

1 かそこら, かに逃げ, からか一枚舞, か京都, か侍, にどんな

▼ まいなどという~ (6, 0.0%)

2 話を 1 ことを, のは, ような, 言葉を

▼ まいにと~ (6, 0.0%)

1 いわれると, われながら, 半七, 孔子に, 思つた, 私は

▼ まいねえ~ (6, 0.0%)

1 こんな事, そいで, 先様御, 御用達の, 探偵, 臭い奴

▼ まいばん~ (6, 0.0%)

1 おいのり, おねえさま, お母さまにを, やって来て, わたくしは, 良い月

▼ まい一度~ (6, 0.0%)

2 引揚げる 1 だけは黙認, にかかろうで, に運命, 覗いて

▼ まい~ (6, 0.0%)

2 も知らぬ 1 が女, が行つて指圖, が解い, も行つて

▼ まい~ (6, 0.0%)

1 でも身体, の膚身, は女, は悪い, は惡, をも恨むまい

▼ まい~ (6, 0.0%)

1 おいしいごちそう, きて, そのこと, ちょっとわたし, よくきれる, 青い光

▼ まい~ (6, 0.0%)

1 あの本, のやう, まい朝, までここ, 出かけるの, 早く起き

▼ まい~ (6, 0.0%)

1 であつ, であらう, にはそれ, には男子, には破局, の私

▼ まい自分~ (6, 0.0%)

1 があの, だけの片すみ, でそんな, はテーブル, は老師, も倉地

▼ まい~ (5, 0.0%)

1 さミス, さ思ふ, さ碧瑠璃, それにしても胸, ばよ

▼ まいかしらと~ (5, 0.0%)

1 思って, 思われるほど, 振り返って, 考えて, 落付きなく

▼ まいかなどとも~ (5, 0.0%)

2 考える 1 思った, 思って, 想う

▼ まいぞという~ (5, 0.0%)

1 ことだった, 信号だった, 威力を, 気持に, 警戒心が

▼ まいとしてか~ (5, 0.0%)

1 その話し声, そろりと外し, ほんの最近, 彼女は, 車の

▼ まいとでも~ (5, 0.0%)

4 するよう 1 思つてゐるらし

▼ まいとのみ~ (5, 0.0%)

1 力めて, 努力する, 心懸け, 念じて, 速断し

▼ まいとばかり~ (5, 0.0%)

1 して, ただへ, 心を, 思って, 斷念し

▼ まいのに~ (5, 0.0%)

1 いろんなこと, とにかくそれ, マリ子の, 不思議だ, 屋根越の

▼ まいまだ~ (5, 0.0%)

1 この世に, 十時だ, 呻吟の, 子供だ, 早い

▼ まいむしろ~ (5, 0.0%)

1 そんなもの, 学校の, 彼は, 日本は, 私は

▼ まいもう~ (5, 0.0%)

2 最後だ 1 思うまいと, 自分は, 西洋劇から

▼ まい~ (5, 0.0%)

2 だもの 1 だのに, は私, ほどの馬鹿もの

▼ まい~ (5, 0.0%)

2 この裁判 1 どしどし押しかける, なかなかたくさん, のお

▼ まい必ず~ (5, 0.0%)

1 さうに相違, 屹度何方の, 推して, 此の方も, 老中を

▼ まいあれ~ (4, 0.0%)

1 だけの奴, では海老蔵, はただ, は馬場

▼ まいいっそ~ (4, 0.0%)

1 おれの, どっちが, 何もかも, 籤引か

▼ まいかとまで~ (4, 0.0%)

1 末造は, 疑って, 疑われて, 考えた

▼ まいかに~ (4, 0.0%)

1 存ぜられますが, 考えるですね, 見える懸案, 面白からん

▼ まいけど~ (4, 0.0%)

1 あなたの, むずかしくなったら, ボーッと, 年寄りだ

▼ まいこんな~ (4, 0.0%)

1 ところにも, ふうに, ヒゾクな, 事は

▼ まいさま~ (4, 0.0%)

1 の鼻, はそこ, はそんな, を引つ

▼ まいせめて~ (4, 0.0%)

1 あの原, さし叉袖がらみ目つぶしから, 一ヶ所や, 私たちだけにでも

▼ まい~ (4, 0.0%)

1 あの小屋, 俺等の, 第一, 變人の

▼ まいそこで~ (4, 0.0%)

1 彼等に, 段取, 秘密を, 遠方だ

▼ まいそして~ (4, 0.0%)

1 あのこと, その時, 昔を, 美保子さんは

▼ まいとしての~ (4, 0.0%)

1 ものの, 友情が, 計らい, 関心と

▼ まいどうか~ (4, 0.0%)

1 お任せ下さいまし, これを, 思いつきを, 我が家に

▼ まいない~ (4, 0.0%)

1 ことで, のが, ように, 事に

▼ まいなど~ (4, 0.0%)

1 かぎりに, 周囲から, 思って, 深沼家の

▼ まいにゃ~ (4, 0.0%)

1 お前には, アップアップてっきりで, 人にまで, 壁に

▼ まいほど~ (4, 0.0%)

1 なまめいて, な名人, な深い, 覚悟を

▼ まいやう~ (4, 0.0%)

2 でチヨツ 1 に一心, に手

▼ まい一人~ (4, 0.0%)

1 か二人位, と八人, にて泣き, の画工

▼ まい今日~ (4, 0.0%)

1 からは召使, はいつも, は僕等, は引返そう

▼ まい~ (4, 0.0%)

3 も角 1 に角此

▼ まい~ (4, 0.0%)

3 た今 1 事件の

▼ まい~ (4, 0.0%)

2 火事なら 1 旦那様は, 看板では

▼ まい~ (4, 0.0%)

3 にあの 1 にいう

▼ まい~ (4, 0.0%)

1 ういふ, うして, う申さばお前さま, しましょ是

▼ まい早く~ (4, 0.0%)

1 ても一, て十七八, 忘れて, 見て

▼ まい~ (4, 0.0%)

1 が非, は台, は娘, も皆

▼ まい江戸~ (4, 0.0%)

1 からの帰りがけ, の色男, へ出, へ帰るなら

▼ まい現に~ (4, 0.0%)

1 なおりかけとるです, 今でも, 片倉小, 蜘蛛の

▼ まい~ (4, 0.0%)

3 でも 1 でもねえ其の

▼ まい若し~ (4, 0.0%)

1 また尾栓, や此, や此の前, 五感が

▼ まい貴様~ (4, 0.0%)

1 には解るまい, に悪い, は南条なにがし, は訴人

▼ まい~ (4, 0.0%)

1 と顔, の前, を何, を肌

▼ まいいずれ~ (3, 0.0%)

1 器量が, 江戸の, 病気が

▼ まいおそらく~ (3, 0.0%)

1 民事であろう, 気ちがいであろう, 真の

▼ まいおれ~ (3, 0.0%)

1 だって影, のよう, は筋書

▼ まいかって~ (3, 0.0%)

1 唄が, 話の, 頼むと

▼ まいかなどという~ (3, 0.0%)

1 ことは, 手記に, 考えが

▼ まいかも~ (3, 0.0%)

2 知らぬ 1 一度見なおし

▼ まいきっと~ (3, 0.0%)

1 この社会, 何処かに, 相談に

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 め, 今の, 秋に

▼ まいさあ~ (3, 0.0%)

3 履き替へて

▼ まいそういう~ (3, 0.0%)

1 あなたの, ことを, 点で

▼ まいそうして~ (3, 0.0%)

1 このすべて, その後に, 享楽しよう

▼ まいそれから~ (3, 0.0%)

1 つりランプも, 家中の, 聞かして

▼ まいつつ~ (3, 0.0%)

1 ゆかせたま, 乳の, 腕さしのべ

▼ まいてから~ (3, 0.0%)

1 それを, 二三日した, 今まで

▼ まいでも~ (3, 0.0%)

1 よいさびしいの, 札の, 私には

▼ まいといった~ (3, 0.0%)

1 ような, 口吻です, 風の

▼ まいとかいう~ (3, 0.0%)

1 かまえ心, ような, 時にコッソリ

▼ まいとかく~ (3, 0.0%)

2 ごを 1 ごし

▼ まいとさえ~ (3, 0.0%)

1 思い込んで, 思って, 思われたほど

▼ まいとてずつと~ (3, 0.0%)

3 這入るに

▼ まいとに~ (3, 0.0%)

1 かかわらずただ, 拘らずその, 論無く

▼ まいどうせ~ (3, 0.0%)

1 なるよう, わたしも, 処刑に

▼ まいなお~ (3, 0.0%)

1 不審に, 当座の, 田中不二麿からも

▼ まいながら~ (3, 0.0%)

1 くし巻き, もえ落ちて, 祓戸の

▼ まいにも~ (3, 0.0%)

1 あっけないもの, おいらも, 眼の

▼ まいのう~ (3, 0.0%)

1 勇助, 所詮手, 政七

▼ まいほどに~ (3, 0.0%)

1 十兵衛に, 十兵衞に, 彼の

▼ まいほんとう~ (3, 0.0%)

1 に御, に生, の犯人

▼ まいもう少し~ (3, 0.0%)

1 様子を, 樣子を, 考へて

▼ まいもし~ (3, 0.0%)

1 さる事実, そんな場合, 貴様たちが

▼ まいよく~ (3, 0.0%)

1 て五十銭, 坐って, 生かそうと

▼ まいわし~ (3, 0.0%)

1 がこの, には分っ, にもわかっ

▼ まいわたくし~ (3, 0.0%)

1 がどうやら, が聞く, はお

▼ まい~ (3, 0.0%)

2 呆れた野郎 1 わたくしは

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 とま, の字, まいが

▼ まい主人~ (3, 0.0%)

1 に言い付けられ, の吩付, の留守

▼ まい他人~ (3, 0.0%)

1 になります, のおれ, の誤解

▼ まい何でも~ (3, 0.0%)

3 お前の

▼ まい何故~ (3, 0.0%)

1 なら, ならば, 自分で

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 がいい, と別れたい, はこれ

▼ まい其の~ (3, 0.0%)

1 内に, 怪しい形, 栄の

▼ まい却って~ (3, 0.0%)

1 それで, 悪い影響, 斬徳

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 にこそ出さない, も利くまい, を次

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 がそれ, が女房, には

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 に何ん, に同類, の歌

▼ まい多分~ (3, 0.0%)

2 小判を 1 妊娠前や

▼ まい少し~ (3, 0.0%)

1 は口惜し, は遅い早い, は遲い

▼ まい庭先~ (3, 0.0%)

3 から美登利さん

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 帰参の, 戦, 舎弟を

▼ まい御前~ (3, 0.0%)

3 のやう

▼ まい心配~ (3, 0.0%)

1 させまいと, するなという, をする

▼ まい恐らく~ (3, 0.0%)

1 おれまい, 数十時間後であろう, 食うに

▼ まい~ (3, 0.0%)

3 離縁だけは

▼ まい早速~ (3, 0.0%)

2 茶を 1 出して

▼ まい正太さん番~ (3, 0.0%)

3 をたのむ

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 の上, の捲き, の暗室

▼ まい此処~ (3, 0.0%)

1 で取殺される, にいる, は腰掛

▼ まい父さん~ (3, 0.0%)

3 も踏

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 一この, 一吃驚するだろう, 一彼が

▼ まい結城さん~ (3, 0.0%)

2 が來 1 が来たら思ふ

▼ まい荷物~ (3, 0.0%)

1 がある, があれ, を一緒

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 たる父, に打ちあけ, もなし

▼ まい質屋~ (3, 0.0%)

3 の兀頭め

▼ まい~ (3, 0.0%)

1 が引出せなくなったら, が敵, のない

▼ まいああ~ (2, 0.0%)

1 人情ない, 千載の

▼ まいあなた~ (2, 0.0%)

1 のお, の妻

▼ まいあゝ~ (2, 0.0%)

1 人情無い, 口惜しい私

▼ まいいい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 人助けを

▼ まいいざ~ (2, 0.0%)

1 という時, 一太刀の

▼ まいいわんや~ (2, 0.0%)

1 そのため, 一匹の

▼ まいおま~ (2, 0.0%)

1 へさん, へ自分

▼ まいお前さん~ (2, 0.0%)

1 とんだ金, 飛んだ金

▼ まいかえって~ (2, 0.0%)

1 心が, 思いきらせるには

▼ まいかつて~ (2, 0.0%)

1 おど, 君に

▼ まいかといった~ (2, 0.0%)

1 叔父さん臭い, 調子で

▼ まいかとは~ (2, 0.0%)

1 思ったが, 誰でも

▼ まいかな~ (2, 0.0%)

1 俺としては, 八

▼ まいかなぞと~ (2, 0.0%)

1 尋ね孫たち, 申しますが

▼ まいかにと~ (2, 0.0%)

2 芝居にて

▼ まいかは~ (2, 0.0%)

1 やはりめいめい, 問題でない

▼ まいがという~ (2, 0.0%)

1 調子で, 高飛車な

▼ まいがの~ (2, 0.0%)

1 この十兵衛, 此十兵衞は

▼ まいがや~ (2, 0.0%)

1 この方, ややお婆さん

▼ まいきだだらし~ (2, 0.0%)

2 ないいかなる

▼ まいこっち~ (2, 0.0%)

1 からお為ごかし, へお

▼ まいさも~ (2, 0.0%)

1 ないと, なくば

▼ まいしか~ (2, 0.0%)

1 まずまずめでたし, 屋を

▼ まいじゃあ~ (2, 0.0%)

1 ございませんか, ない

▼ まいすぐ~ (2, 0.0%)

1 つれて, に行こう

▼ まいすなわち~ (2, 0.0%)

1 主人は, 陰謀露顕惜しむべし

▼ まいそのうち~ (2, 0.0%)

1 また藩地, 酔いが

▼ まいそれでは~ (2, 0.0%)

1 二本目ッ, 止めましょう

▼ まいそれとも~ (2, 0.0%)

1 法律の, 連判状かな

▼ まいただし~ (2, 0.0%)

1 は夜目, 倹約を

▼ まいたち~ (2, 0.0%)

1 だらう, は病人

▼ まいだから~ (2, 0.0%)

1 こうなる, 別れに

▼ まいつて~ (2, 0.0%)

1 しまつ, をりました

▼ まいてや~ (2, 0.0%)

1 やい嘉吉, 雄は

▼ まいところが~ (2, 0.0%)

1 こっちは, エスペラントは

▼ まいとしては~ (2, 0.0%)

1 壁を, 足の

▼ まいとにかく~ (2, 0.0%)

1 この事件, に仰承らん

▼ まいとを~ (2, 0.0%)

1 かしく中, 問わず神

▼ まいと迄~ (2, 0.0%)

1 伝えられる黒部川, 推察した

▼ まいどうも~ (2, 0.0%)

1 その蹌, 彼の

▼ まいどちら~ (2, 0.0%)

1 が優れ, の方角

▼ まいどんな~ (2, 0.0%)

1 人が, 御用か

▼ まいなく早く~ (2, 0.0%)

1 早くと, 行って

▼ まいなどの~ (2, 0.0%)

1 ゐる島台, ゐる島臺

▼ まいなるほど~ (2, 0.0%)

1 すやすやと, 大日經は

▼ まいなんて~ (2, 0.0%)

1 仰有ったよう, 時々思う

▼ まいなんと~ (2, 0.0%)

1 かいい工夫, 間違って

▼ まいについて~ (2, 0.0%)

1 あなたを, 知って

▼ まいには~ (2, 0.0%)

1 とにかく三十ピアスター, まだ馬

▼ まいによって~ (2, 0.0%)

1 手段を, 流罪の

▼ まいねん~ (2, 0.0%)

1 ふえて, わたくしは

▼ まいひと~ (2, 0.0%)

1 もじ, 詮議し

▼ まいまあ~ (2, 0.0%)

1 いいから, 腰抜けついでに

▼ まいまず~ (2, 0.0%)

1 これで, われわれの

▼ まいみたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, な者

▼ まいもしそう~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ まいゆっくり~ (2, 0.0%)

1 なせえ, 夕方でも

▼ まいよう~ (2, 0.0%)

1 に感ずる, に断定

▼ まいよし~ (2, 0.0%)

1 一人の, 思ッた

▼ まいよと~ (2, 0.0%)

1 主税が, 立も

▼ まいわたし~ (2, 0.0%)

1 は姉さん, をつれ

▼ まいをも~ (2, 0.0%)

1 殺さうと, 飼いたい

▼ まいガラス~ (2, 0.0%)

2 のドア

▼ まい一個~ (2, 0.0%)

1 の仮面, の小石

▼ まい一時~ (2, 0.0%)

1 の料簡違, の料簡違い

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 さりますな, は地獄

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 斷から, 絶点頭勝に

▼ まい世間~ (2, 0.0%)

1 に虚無僧, も相手

▼ まい二人~ (2, 0.0%)

2 の男女

▼ まい今様~ (2, 0.0%)

2 でもうたっ

▼ まい何と~ (2, 0.0%)

1 なれば, 云はれた

▼ まい何事~ (2, 0.0%)

1 の相談, もなかっ

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 しよもや, し是

▼ まい兄妹~ (2, 0.0%)

1 だろうと, であろうが

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 らっしゃい, らっしゃいと

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 太郎主従に, 貴方に

▼ まい古い~ (2, 0.0%)

1 のでよけれ, ので可

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 な百歳, 寧信じない

▼ まい呉服屋さん~ (2, 0.0%)

2 にたのん

▼ まい四十~ (2, 0.0%)

1 を越し, 過ぎた世帯

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 の政府, へ帰

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 だ空想, に入る

▼ まい大変~ (2, 0.0%)

1 なこと, 可愛いこと

▼ まい大抵~ (2, 0.0%)

1 この類, の人間

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 ならば, はのまず

▼ まい安心~ (2, 0.0%)

1 させようと, したまえ

▼ まい実は~ (2, 0.0%)

1 な恥, 斯うし

▼ まい少女~ (2, 0.0%)

2 が姿

▼ まい左様~ (2, 0.0%)

1 じゃござらん, なら御機嫌

▼ まい幸内~ (2, 0.0%)

1 に助けられた, を苛めた

▼ まい当人~ (2, 0.0%)

1 の御, の自分

▼ まい彼女~ (2, 0.0%)

1 はモダニズム, も結婚

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, を取るまい

▼ まい従って~ (2, 0.0%)

1 八月で, 更に其右

▼ まい~ (2, 0.0%)

2 出すまいと

▼ まい慈悲~ (2, 0.0%)

1 の一瞥, をあまねく

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 に料簡, に認めた

▼ まい拙者~ (2, 0.0%)

1 の如き, は止す

▼ まい日末~ (2, 0.0%)

2 起ちゃん

▼ まい明日~ (2, 0.0%)

1 にしたら, は早々

▼ まい横井~ (2, 0.0%)

1 の前, は少し

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 になるなら, の魔もの

▼ まい決心~ (2, 0.0%)

1 だった, です

▼ まい然し~ (2, 0.0%)

1 これは, 大谷君が

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 に丁寧, や和一郎

▼ まい~ (2, 0.0%)

2 が飛ぶ

▼ まい男達~ (2, 0.0%)

2 の場合

▼ まい白犬~ (2, 0.0%)

2

▼ まい相当~ (2, 0.0%)

1 の家中, の時機

▼ まい簡易軽便~ (2, 0.0%)

2 を本

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 とけがれ, にもせまい

▼ まい行先~ (2, 0.0%)

1 は陸前, を聞かない

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 だけで信用, をしまい

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 大名はじめ加賀や, 葛孔明は

▼ まい貴方~ (2, 0.0%)

1 がた, は此方

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 のふむ, も出まい

▼ まい~ (2, 0.0%)

1 で吹雪, のたんぽ

▼ まい風の神~ (2, 0.0%)

2 も大方血眼

▼1* [874件]

まいあけの鐘, まいあさこの子, まいあさ早くすずしいたんぼの, まいあとは拙者共, まいあまりこだわるまい, まいあらゆる眠り薬と, まいあれあの通り, まいあんなのは, まいは, まいいいえネクタイの, まいいかがですか, まいいくさにまけた, まいいくつだ, まいいくら新聞では, まいいささ小川の, まいいささかもその, まいいつよりはしめやか, まいいつかそれぞれの国, まいいとど低い屋根, まいいまや孫家の, まいいや解って, まいいや事によったら, まいいよいよ相手の, まいうそいつわりを, まいうまいまづい, まいうん隼人, まいうんと飲んだろう飲む時, まいおおいい気味, まいおそくなって, まいお上というもの, まいお前様の御, まいお少さい時分に, まいお母様は寺参り, まいお玉ヶ池は鼻, まいお金も丁度, まいかが心配だった, まいかしらんと, まいかて家一軒で, まいかで迷って, まいかとすら思はれた, まいかとてそれを, まいかとでも思って, まいかとなんか思われた, まいかと迄疑つて, まいかなぞ勝手な, まいかなぞとも考えました, まいかなと後と, まいかなんかと思った, まいかなんぞと思つてゐる, まいかにも文学者らしく見え, まいかね公平に, まいかねえ行って, まいかまどの火, まいからという結論に, まいからとはなんじゃい, まいからな島田なら, まいからなど至極打ち解けた, まいからね被害者の, まいからねともいった, まいかわいそうだと, まいかナナニ十日も, まいがなとおっしゃった, まいがななああんた, まいがネけれどもその, まいきのふはうち, まいくしがき, まいくらいに考えては, まいくらやみ市とも盗ッ人市ともいう, まいぐらいうつしとるわけ, まいぐらいに自分と, まいけむもの賭け, まいけれどなわしの, まいけれどなんぞその学問, まいけれどねそれは, まいな, まいこう見えても, まいこういう時候じゃ, まいこうして段々老い, まいここらが見切り時, まいこちらから征伐, まいこの世で第, まいこはくなつた, まいこりゃおそらく解るまい, まいこれからその埴生, まいこんなに沢山あるもの, まいさすがのお前さん方, まいさだめし剣の, まいさどうだ真直, まいざつと話さう, まいしかと問う, まいしかは国を, まいしさそんな殺文句, まいしとともに笑った, まいしとばかり後の, まいしなやかに作られた, まいしなんてざまだ, まいしねそんな卑怯, まいしばらく私が, まいしも金が, まいしよと思い棄つるよう, まいじつはその用意, まいすこし踵を, まいすっかり真面目に, まいすでに御納得, まいすべての女, まいすると判決言渡より, まいずくぞ, まいせんならん, まいぜと思ふ, まいなたの, まいそうなると夫婦関係などという, まいそちがはしたない, まいそっちの綴込み, まいそもそも欧羅巴が, まいそれぞれ稼ぎをし, まいそれだけに自分達は, まいそれにしても何う, まいそれほどな自信, まいぞいの, まいぞとさえ戒められて, まいぞとのお触れだ, まいぞにしたら好い, まいたいした愛情の, まいたしかにご馳走も, まいただいま藤大納言と, まいたった今でも死ん, まいたつさまも凄, まいたとえどこにも, まいたとえ少しは気, まいたぶん評判だけの, まいため強奪した財宝, まいため貸本を藏, まいため身体全体の格好, まいだがまさか浅野内匠頭, まいだけがこのよう, まいだけはどうにも馴染めない, まいだのるりだの, まいちと出て, まいちゃッて, まいちょうど幸だ見, まいちょっと考えても, まいちよつとした, まいつてお話ですわ, まいつてしまつて一言も発しない, まいつぶらの樣, まいつまりマニーロワ夫人は, まいつらむと思う, まいてね青々し, まいてはいかに他, まいても外からは, まいてよ女に, まいですから藻西の, まいでねときどき紙, まいというは道徳心の, まいとかいふ気を, まいとかの評定ばかり, まいとがいましっかり, まいとこう考えを, まいとしか思われなかった, まいとしてもやッぱり泪が, まいとすら考えた, まいとだけ意識し, まいとどなつた, まいとなんかして, まいとまでに慕ったり, まいと共に次の, まいどうぞ思い出したら一遍, まいどころも違え, まいどころか捕り損, まいどれ俺が預, まいどれ水を吐かせ, まいどんなに誘惑され, まいなあなどと牧を, まいなかには麻刈り鎌で, まいなさけない事である, まいなということでありました, まいなどがござりました, まいなにせ茂君を, まいなに火をかけ, まいなんでも炭坑, まいなんぞとあとに, まいなんぞというそんなケチ, まいにおいでなされ, まいになどと人々は, まいによってにに逃げる心配, まいに対して懺悔しよう, まいねんのことで, まいのちに越前敦賀, まいのといった苦労を, まいのにと呟きたくなるほど, まいはもうい, まいばかな事, まいばかりの家に, まいばんたった十五分だけ, まいひどうございますそう, まいェに, まいほどの意気込みを, まいぼくは医務室勤務, まいまあまあとにかくお前の, まいまことは昨夜, まいまさかお前さんが, まいまして一家の, まいまでにおそらく十五分, まいまでは言いおわらなかった, まいまでもなんとか防ぎをつけてやらねばなるまいて, まいまでを云い切る勇気, まいまもなく君は, まいみんなも肚, まいほどに包ん, まいもしくは必要と, まいもしもお上人様までが, まいもつとも私は, まいものぢや鶴亀, まいもののまた間違, まいもろもろの歓楽, まいしない, まいやがて分る, まいやっぱりわしが, まいやはり従前の, まいやはりそうで, まいゆえ申します, まいゆえありていに申し上げます, まいゆえ三日に一度位, まいよい良人を, まいようがしょう様子がお, まいよしんば判官三郎に, まいよって存外土佐, まいよねきりが, まいよねエ千鶴さん, まいより何十倍罪が, まいよろしく頼むぞ, まいの引き戸, まいろくな根性は, まい近い話, まいわあい, まいわが身は, まいわけてもこの恐い, まいわるく固うございますから, まいわれらにとっては起死回生, まいわれわれは攘夷, まいアノ中には秘密, まいイヤ决し, まいイ運転手のオ, まいカスリだったろう, まいカタミの酒杯, まいキット君は, まいと云った, まいサア御勝手, まいサン・ウーゼーブ閣下はそれ, まいするから, まいシタが余, まいシャボンを使っ, まいショートのチビ公, まいソレ追っかけろ, まいチビ公を三振, まいわっはっはっ, まいテ誰といっ, まいテ馬鹿な話, まいドアがひらい, まいネヂがない, まいネーお父さんも大変御意, まいなくらくに, まいハヽヽヽヽ山木君の様, まいベルグソンの純粋持続, まいマルクスの考えた, まいヨルダン河の暗々, まいロシア人がこんな, まい一つまじなって, まい一つこれを最後, まい一つまじなつて, まい一太刀武蔵に酬わん, まい一念で鷲, まい一應參考までに訊い, まい一点一画は時, まい一生懸命になっ, まい一緒に出かける, まい一般の人類, まい一體こんな謎みたい, まい丁度嵐の, まい万事この坊主頭, まい万事あなたのお, まい万田某の子, まい三十歳台四十歳台で一, まい三千円の費途, まい三尺の剣, まい三百年来の徳川政権, まい三組の食籠, まい三都の芝居, まいに立つ, まい不幸なる者, まい不日再び恩命に, まい不義と云われ, まい不自由な弁信さん, まい世の中の事, まい世人は食事, まい世界に住む, まい世間親と威張る, まい両君とも純情, まいへ何, まい丹精なもの, まい主取りたもう, まい主膳と勢力争い, まい久しぶりでおまえ, まいと臆測, まい乎兎に角, まい乎非常に大, まい乱暴な事, まい事態に落ち込ん, まい二人きりであの, まい二千の精兵, まい二度と來まい, まい二階の菖蒲, まいひがかり, まい云々云々そして私, まい五厘ほどの駄賃貰ろ, まい井伊掃部頭を見, まい人物が大きくっ, まい人生意気に感ず, まい人間の天性, まい人間二人殺したら大抵, まい今さら加州藩に, まい今夜が最後, まい今岡田に和服, まい今後再び来る, まい今戦争だぜ, まい今晩多勢の人助け, まい仔細はどんな, まいの連中, まい他所から流れ込んだ, まい伏木の汽船, まい何だ手前は, まい何とか特別な, まい何れ緩, まい何んかお前, まい何処か岡場所, まい何卒是は, まい何様な跛, まいを囚人, まい作事場のあいだ, まい併しそうすること, まいたを, まいのお, まい修行そつちのけ餌代, まい俺達より先, まい僞善の花, まい兄貴共もこの, まい先ず急しく, まい先方もまた, まい先生はそれ, まい先程たしか自分, まい全く存ぜずに, まい其うちにも女, まい其時こそ恐らく, まい其様な情, まいて御存じ, まいの工場, まい内地雜居が行, まい内田は古藤, まい冬十月史彬と旅店, まい冬雷かぬくい, まい凡太は堅く, まいの法, まい処女ではない, まい凶兆はある, まいは差し, まい切ない別離だ, まい切めて手紙, まい刑罰の代り, まい刺客を前, まい斎院に, まい加勢に遣れ, まいるまいと, まい動物園の鐵, まい勘藏違って, まい勝負のこころ, まい勢い他で, まい勤王の何物, まい化け物だろう, まい十三錢五厘やらうさあ, まい十八九ぐらいな, まい十兵衛がのっそり, まい十円で私, まい千代子もおそらく, まい千年に一人, まい午後になっ, まい半蔵の水無神社宮司, まい卒業したらいっそ, まい卒業生夫人団に仲間入り, まい協力しよう, まい単純な竹生島見物, まい単調になり, まい印度洋の平均水深, まいねえもの, まいくまいと, まい即刻熊本へ帰れ, まい原田なら悪く, まい去年尾州殿の陣頭, まいに示せたら, まい双生児宗次の女房, まい双生兒宗次の女房, まい収穫時の降り, まい叔母はわが, まい叔父は只管此, まい古今の図書, まい古金の大判, まいなり錯綜した, まい可哀想に, まい可哀相に, まい可愛らしい顔を, まい台所にいるだろう, まい右大将家でないと, まい吉備眞備の讀んだ, まい同じく家へ, まい同時にもう一つの, まい君恩を有難い, まい周章まいと, まい命がけで食う, まい命令というもの, まい和歌俳句雑俳音曲から美術, まい咳嗽薬まで戴い, まい品物の包み, まい問題は描写, まい善悪の区別, まい器用に帯, まい噫木魂精よおま, まい嚇しであろうそう, まい因果な奴, まい囲炉裏の焚火, まい図書館はな, まいを踏みしめ, まい土佐という地名, まい土地がイヤ, まい土方が来よう, まい在郷軍人や青年団, まいの下, まい地獄の使, まい堅い珍しい男だ, まいより少し, まい変名の静馬あたり, まい夏神月の別荘, まい夕方の用, まい夜中の海岸線, まい夜分にてもよい, まい夜気にこそぐられた, まい夜道にか, まい夜陰人のおらぬ, まい大きな黒子みたいに, まい大切に大切, まい大学はこう, まい大局的に悠々, まい大槻伝蔵の亡霊, まい大股に小屋, まい大観の偉, まい大野九郎兵衛に会おう, まい天井裏にある, まい天平宝字四年六月崩御せられた, まい奥様にお世話, まい女の子じゃ, まい女房にでもそうした, まいが十万石, まい好色男らしく思われる, まい如何致しましょうか, まい妹御のお, まい妻子には済むまい, まいがそれ, まい娘さん一人では, まい婦人の和服, まい嬉しさであった, まいとも思っ, まい子供なんて, まい宗社を鞏固, まい開いたまんま, まい宜しく頼むぞ, まいは何処だい, まい家風に合わぬ, まい宿屋は此近所, まい密偵だろういや, まい密談を聞いた, まい富士男君見張りはいらない, まい富山が財産, まい寝床にて今宵日曜日, まいに天, まい寧そ赤いインキ, まい寧ろ退て, まい寿をもて終りたまいぬ, まい将軍職としてはやれ, まい尊い姫君の, まい小前の分らぬ, まい小松帯刀や大久保一蔵, まい小言を云った, まい小説にまたは, まいなくも, まい就中哲学的諸範疇, まい屏風にす, まい山稼ぎ者はことに, まい岡目八目だが, まいの高い, まい川端の葦, まい工場長はそう, まい市中に現存, まい常々野の光り, まい常においでに, まい常吉はこう, まい帽子を飛ばすまい, まい幕府がある, まい平常むだ飯を, まい平田家の人々, まい年功を経た, まい広くもあらぬ, まいの垂木, まい廻りさえすれ, まいで射, まい引金を引く, まい弱味を見せまい, まい美濃国の, まい当時は小林古径, まい形容でしょう, まい彦さんも昔, まい彼奴等はあわよくば, まい後宮の第, まい後悔するに, まい御前様のお, まい御影の欠けた, まいの扉, まい心からの番頭, まい心持があった, まいと母親さん, まい志保はそう, まい思召しかと思いまし, まいういふ, まいもりん, まい恐るべきは魔王, まい恰好でだらし, まい悠然として酒, まい悪女大姉二十一酉の女, まい悲しいんだ, まい意識を有, まい愛児の為, まい感傷的の形容詞, まい感銘を受けた, まい慥かに此処, まい憎い奴じゃ, まい憎くってねえあゝ, まい憤慨せずには, まい我慢をせい, まい戦争の門出, まい所存なの, まいに頤, まいにも触れまい, まい手前それを心得, まい手弱女の上, まい払いは女中, まいと言, まい抜刀で脅かされた, まい放送料理という困った, まい政府と接触, まい故に鼠を, まいて天, まい姐を, まい日Пの字, まい日あなたのタバコ, まい日お便りいたして, まい日かばんにいれ, まい日がくかうに, まい日キング家で年上, まい日ベスを散歩, まい日マッちゃんのからっぽ, まい日七八回の驟雨, まい日丘の上, まい日力のない, まい日勉強して, まい日夕方になる, まい日大へんな, まい日容態を知らせ, まい日時計をまく, まい日本の金, まい日本アルプスおろしの, まい日角天を挿む, まい日赤インキを, まい日軍隊の検閲, まい日野あそびに, まい日露戦争に反対, まい日顔を出し, まい旦那殿も大津祭, まいの果敢さ, まい明方より前, まい明朝になっ, まいえた, まい易いものです, まい春琴の商売敵, まいもまつまい, まい時々ある, まい晋太郎は自分, まい晩三四の友達, まい最後はそれ, まいの明暗, まい月仕送りをし, まい朝ばあさんは犬, まい朝四時から起き出し, まい朝目がさめたら, まい朝茶わんをあらい, まい朝顔の花, まい木の芽のくもり, まいがよめる, まい本来貴様らの持つべき, まい本統に身の毛, まい松谷秀子だ其の, まいに筆ぶと, まい染井の屋敷, まい栄蔵の体全体, まい案外有るよう, まい梅干すらない, まい森林を行く, まい検事もその, まいをかきかき, まい楽しい夕べが, まいにお, まい権限を知る, まい横しぶきに血, まい橋本氏は自然, まい欠点を言え, まいを申せ, まい正し伶人が, まい此清吉が女郎買, まい武人といふもの, まい死一等を減じられた, まい死人を棺, まいには向う, まい殿様に御, まいも願うまい, まい毎年決して降る, まい気ぢや, まい気の毒だけれど, まいを吐い, まいも剃, まい決して帰らない戻りますまい, まい治療をさせよう, まい泉南から大徳寺, まい法律を定める, まいでも喰つて斃死つて, まい活仏様じゃという, まい活仏様ぢやといふ, まい浪人して, まい浮世の光, まい海市に對, まい消極的禁酒ならば, まいがこぼれる, まいしない海原, まい清い愛を, まい清盛入道か, まい渋団扇に筆, まい源太一人で立派, まい源氏物語をそろ, まい濃い藤色の, まい濱島氏は君, まい火花が散る, まい為めの可, まい為静かに壮重, まい焚火の焔, まい無く自分だけは, まい無益な金, まいも一ヶ月税銀八匁, まい然し又彼女が, まい然るに今日まで, まい然るに現に革命運動が, まい棒杭と, まいを乱すまい, まい熱田のお, まい燒棒杭と何と, まいに女, まい牛若も何, まいの隙間, まい物ゆた故に, まい物心ついて, まいとでも花, まい犬同様のもの, まい之松一家, まい獨ぼつちで生きて, まい玄関の式台, まい生命の養生, まい生涯で唯一, まい用心であろう, まい用心しなとね, まい田舎の者, まい田舎育ちとは云え, まい上げました, まい男の子に化け, まい男らしくやったらどう, まい男世帯の仕事場, まい男爵夫人並びにその, まいへいつた, まい町医か外療, まい町役人五人組立ち會, まいとても一眸数里, まい留守の人, まいの表替え, まいでもあるまい, まいになる, まい白雲の手並, まい百圓位はかかり, まい百足も貯, まいな申, まい皆前世の因縁事, まいが見えない, まい真剣の創, まい真実切支丹に相違, まい真直に白状, まい真砂町の井筒, まい瞬一つしきらぬ中, まい石炭がなけれ, まいすべりの, まい硫黄で煉, まいな根性, まいのごとき, まいの恩寵, まい神妙にお, まい神自ら天国に置きたまい, まい福井へ出る, まい福島金一郎氏の作品, まい秀子は余, まい私どもが申せ, まい私一人よう知った, まい秋晴れで早慶野球戦, まい覚悟を, まい稲葉家のお, まいにほうり投げ, まい空地の上, まい笛吹や琴ひき, まいと噂, まい策略であった, まい粉計りだろう, まい糟屋の胸, まい糸七にし, まい五十マイルの, まいがはいっ, まい結婚生活の夢想, まい結局に於い, まい絶えず発心する, まい絶対媒介であること, まい緩急移動したまわば, まいでくくっ, まい縄付のお, まい縱令屋根の上, まい群衆心理に摂, まい義兄が国老, まい翌日に成ります, まいも私, まい肌襦袢の薄い, まいの高い, まい背戸口の一本松, まいく考え, まい腰抜け都督の手下ども, まい膏肓に入っ, まいに諮る, まい祝の, まい自分一人で自分, まい自己を卑屈, まい自殺などという思いきった, まい自然宮への愛, まい自身一人で宮, まいをつかっ, まいひこんで, まいの船長, まい良人を持たう, まいをなす, まいの無い, まい花嫁を殺し, まい賣の, まいにも武士, まいも御上人様, まい若い男が, まい若殿のお, まい若者は傍, まいはその, まい荒い学生式支那料理としては, まい荒唐無稽の小説, まい薄々聞て, まい薄情らしくって, まい藤枝蔵人が私, まいのよう, まいの声, まい蛤門の失敗, まい血相なの, まい行つて見ようか, まい裏側には極印, まい見ぐるしいぞ, まい見当を狂わす, まい覚悟であった, まい親御でおわす, まい親類の所, まいにかけてわ乃公, まいかるまい, まい触れもしまい, まい言語風俗の違う, まい試みに双方, まい試合を挑ん, まい詩藻は御, まい説明をしよう, まい諸君には知れなからう, まい諸王の都城宮室, まい證據は此方, まい警察も酒巻君, まい護衛の兵, まい夫人とも, まい貴女が毎日, まい貴方がたは越中, まい貴殿は子供, まい赤シャツの方, まいをふるわせ, まいにぶつかるまい, まい軒前を飛ぶ, まい軽く扱はれまい, まい聞いてから, まい近頃は遊ぶ, まい返事は, まい返礼には何, まい迷惑千万なこと, まい途中であなた, まい通例の商人, まい過激の壮士共, まい道理はわしたちはじめ, まい遠慮せずに, まい遠来の珍客, まいにて名, まい重ねのお, まい金ムクと思っ, まい鎌倉というの, まいの音, まいの梯子, まい長い刀を, まい長兄のきびし, まい長屋一同が口, まい閉口しなければ, まいの山節, まい関ヶ原までは僅か, まい関所の方, まいの内, まい阿賀妻さん身どもせんえつ至極ながら敢えて, まい阿賀妻どのも左様, まい降伏に如くなしです, まい除らぬは, まい暗く涼しさ, まい随分沢山に, まいの部屋, まい隼人内膳は勘違い, まいになろ, まい雑費はある, まい難波の土, まい青野の家, まい非常に恐ろしく, まい面白い話というも, まい面魂印半纏も交っ, まいになる, まい順次の運動, まい須磨子は屹度, まい顔形を砕かれた, まい顕治に会うた, まい風呂にはいない, まい風流うらやむべき三昧, まい飛騨の奥, まい食事という天則的, まいを炊い, まい飯櫃も運び込ん, まい馬鹿にされまい, まい高氏は負けた, まいがこんな, まい鳥打帽を冠ろうと, まいつかいは, まい鳴き止むと, まいは維新三傑, まいになろ, まい麻雀がはやれ, まい黙殺して, まい鼈甲金銀青貝の細工