青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まま~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~まったく まったく~ ~まつ まつ~ まつたく~ まとも~ まね~ ~まひ まひ~ ~まま
まま~
まもなく~ まり~ ~まるで まるで~ まれ~ まわし~ ~まわっ まわっ~ ~まわり まわり~

「まま~」 29815, 322ppm, 299位

▼ まま~ (5099, 17.1%)

435 して 403 なって 52 任せて 43 させて 24 まかせて, 身を 21 なつて 15 それを, 任して, 残って 14 捨てて, 私は 12 した, 自分の 11 さして, 放って, 残されて 10 よく見れ, 任した, 彼は, 残して, 筆を 9 なった, なりながら, 動いて, 委せて 8 放任し, 書いて, 生きて 7 されて, すること, ならぬもの, 歩いて 6 これを, 保存され, 放置され, 過ぎて

5 [13件] しては, しようと, するの, そこに, ついて, なる, なるの, よく見る, 勝手な, 従って, 急いで, 立って, 見て

4 [29件] ある, したこと, したの, すべての, なっては, なるもの, なるよう, なるより, なる外, 一同は, 任せるの, 動かされて, 女の, 家の, 引かれて, 彼の, 手を, 振舞って, 来て, 歩いた, 流れて, 生きること, 私の, 置かれて, 行って, 行動し, 買って, 足を, 車を

3 [75件] いつまでも, いろいろな, させた, したところ, しながら, すてて, するが, するという, その中, である, ならない, ならないもの, ならなかった, ならぬが, なるが, なるという, なれと, ふるまって, ほうって, まかして, まかせた, まかせながら, やって, 二人は, 人生を, 人間を, 仕事を, 任せた, 任せるが, 任せるより, 伸びて, 体を, 働いて, 僕は, 凡てを, 出て, 出來, 動かして, 動くこと, 動くの, 勝手に, 又も, 好きな, 座敷へ, 引き摺られて, 彼女の, 彼女は, 従った, 忘れて, 思想の, 懐中電灯を, 放擲し, 於て, 暮して, 東京の, 歌って, 眼を, 私も, 終って, 置いて, 肯定し, 肯定する, 胸に, 自分は, 自分を, 行動した, 行動する, 見ること, 語って, 進んで, 酒を, 開いて, 静かに, 飲んで, 首を

2 [211件] ある時, いい気, いろいろ実相, うっちゃって, お進み下さい, かけて, からだを, ここへ, こらえて, させたの, させながら, された, したが, したという, したもの, したり, しつ, しても, しました, しや, じっとし, する, するため, すると, するわけ, そこへ, そのあたり, その花, それに, できるの, どうにでも, なすつて, なったと, なってるの, なつた, ならずもう, ならないの, ならぬ, ならぬの, なり, なると, なるなんて, なるほか, なるん, のこって, ばさと, びちゃびちゃと, まかせられて, わたくしも, ピストルを, 一人前の, 一本の, 不用意に, 並べて, 中へ, 主人の, 二階へ, 人が, 人の, 人を, 今日の, 任せながら, 任せること, 任せ自分, 何の, 保存し, 元の, 写すこと, 出して, 出来るの, 初めて本郷, 前の, 前申す, 助けと, 千倉屋の, 取り出して, 口の, 口を, 古びて, 右に, 声を, 夜が, 夜を, 好奇の, 委して, 委ねられる, 娘の, 宮は, 寝て, 少しばかり, 山を, 工費を, 左右の, 干上がって, 年が, 年を, 床に, 床の, 店を, 庭下駄を, 廻わっ, 引きずられて, 当時の, 彼に, 彼れ, 彼を, 待って, 従わなければ, 心に, 心を, 恥を, 意識の, 成って, 或る, 戸を, 手で, 手紙を, 打ち捨てて, 打ち捨てられて, 持って, 挙げて, 振舞った, 描くという, 放ったらかして, 放任され, 放棄する, 放置された, 放置し, 放置する, 放置すれ, 政を, 文三が, 日を, 早々に, 暮らして, 暮れた, 曝され試され鋭く, 札を, 東京から, 止まって, 残つた, 毎日こんな, 汝の, 汝を, 活きる事, 活き得たらこの世, 流されて, 浮かんで, 浮れ, 溜って, 漂うて, 漫然とこの, 濶歩横行せり, 灯の, 父は, 生い茂って, 生命を, 生涯を, 発揮した, 目を, 直立したる, 眼の, 着けたるほか, 矢代は, 石の, 私どもの, 空は, 答へて, 答案を, 素直に, 細々と, 終った, 繰り返して, 肉を, 肉食の, 胸を, 自分勝手に, 自然の, 自身の, 茂って, 草履を, 落書し, 衆生を, 行き行け, 行くこと, 行われて, 街の, 袂別を, 見れば, 見捨てて, 記すだけ, 記録し, 誘われて, 譲って, 跳ねたり, 跳梁跋扈し, 身の, 進むの, 運ばれて, 運んで, 道を, 部屋の, 郷里の, 金を, 開放され, 随った, 静かで, 順序も, 頭を, 頷きつ, 飯を

1 [2977件 抜粋] あいつを, あそばしたこと, あなの, あばれさせて, あらしめよ, あらゆる誘惑, ある夜, いたしましょう, いつとは, いては, いよいよ明瞭, いろいろの, うごく, うちの, うつすのみ, うろつきまわりつぎ, おけば, おとどめ下さる, おどおどし, おもて, お任せする, お妃さま, お殿様, お話申し上げた, かかる危険, かつは, かように, きわめて細か, ぐるぐると, こう答えた, こちらへ, この十月, この截断刃, この稿, こまやかな, これに, さきの, させてを, させると, さらけ出して, されなくっちゃあ, したいけれど, したさ, した冒巣民, しつつ, しとく方, しばらく読者, しようという, し出して, し放して, し足, すくすくと伸び, すばやく小林君, するつもり, するもの, する者, せしむる, そう信じ, そこらに, そつくり保存され, そのうち, そのよき, その二, その墓石, その情, その栗, その窓, その荷馬車, その金, それぞれ達磨によって, たいした憤慨, ただの, ただ馳けたの, たばこを, ついて行くと, つづいた, できた, です, とっとともと, どうとも, どれだけ, なお持ちつづけ, なしとげられて, なすっちゃ, なったに, なってるけど, なにかスポオツマン, ならず本当に, ならないであろうと, ならないらしかった, ならなかったし, ならぬこと, ならぬは, ならぬ人生, ならぬ自分, なりて, なりませんと, なり出したの, なるしか, なるならこの, なるなら北国勇猛, なるらしかった, なる愛撫, なれ, にこにこし, のびた草, ひたすら路, ひねくれて, ふさぎの, ふらふらと, ぶらぶら歩い, ほっとく方, ぽつぽつこんな, まかせたの, またそれ, また私たち, まったく思う, みずから口から, もえしめよ斯く, やたらに, やっとの, やり通すこと, ゆがむので, よく磨かれ, よろこびとして, わたしが, ァならなかつた, キョトンと, シサイに, スヤスヤと, タクシーで, ドアを, ノーレー, ヒラヒラと, フランス軍を, ベッドを, ポツリ, ルンペンの, 一しょに, 一人の, 一夜を, 一日一日と, 一生を, 丁と打った, 三味線と, 上ると, 下河原の, 不自然なる, 世の, 世論を, 中僧, 主張する, 乗合舟鳥追猿廻しなど, 乾燥し, 事象を, 二十日あまり, 二片の, 云えば, 人ごみに, 今まで, 今夜泊るべき, 今暫く, 他の, 令嬢に, 任されたれば, 任せたい, 任せやがて, 任せるのみか, 任せ最後, 伊豆北山を, 伝三を, 伸びる炎天, 低く, 何と, 何事も, 何疋でも, 作ること, 使用できる, 侮辱し, 信じて, 修行の, 停って, 催眠剤を, 僕が, 光るの, 全力を, 共有地の, 内庭さきへ, 再び工藝, 再現する, 凝然と, 出口を, 出来るよう, 分解した, 初めは, 利用しられた, 前進しよう, 勇ましい従順さ, 動かせ偉大, 動くほか, 勢いづき当り触り, 北に, 十余年間捨て飼い, 半ば失神し, 単なる模倣, 厠に, 又その, 取つて, 取り残されて, 受けたとも, 受取らで強, 口から, 号泣した, 吉良兵曹長は, 名筆を, 吸収する, 呪は, 命じたの, 品物を, 唖の, 喰うや, 四十四の, 土橋の, 地方の, 培ひ, 塩冶を, 声の, 変わらない水, 外へ, 多い場合, 大いなる不動, 大声はりあげ, 大盃, 天井から, 失した所, 奉ると, 女は, 女王に対する, 姉上の, 委せてを, 委ねられて, 嫁ぎそして, 学校を, 実によく耕, 実行し, 家出し, 寄り添って, 寝台の, 導かれる, 小泉君は, 小走りし, 少し出でましける, 居れ, 屠って, 山や, 岩屋の, 左へ, 己れ, 帰すこと, 常陸と, 幹を, 広くわれら, 座敷の, 建築した, 引いて, 引っ返すの, 引寄せ, 彦太郎の, 彼らは, 徒らに, 従うより, 得意に, 徴集する, 快楽を, 思い浮べながら, 思わぬ効果, 恋の, 息たえし, 惜し気, 感じるしか, 慰めて, 懸崖に, 成績の, 我意を, 戦争中の, 手帳に, 打ち任せつつ, 打つ鼠蹊, 承諾の, 投げ出され打ち捨てられたもの, 抜けて, 拗けて, 持参し, 振る舞わせて, 振舞おうと, 捨て殺し, 捨て置くに, 探偵小説をも, 掻く手, 描き徹すること, 揮へ, 播いて, 攀じ登って, 放っとくほう, 放任しおきたる, 放棄され, 放置しない, 散る方向, 文字を, 新しいもの, 日ぐらし硯という, 旧版を, 明山を, 春がすみの, 時々苦し, 時代を, 暗い廊下, 暮らすこと, 曝されて, 書いた所, 書き下す, 書く, 書斎の, 月の, 朝早く, 朱し, 来たの, 板の間に, 柄香炉を, 格子の, 棄ておく事, 極めて卑怯, 楽器を, 横たわって, 機略を, 歌い胸中, 歓を, 止まつて, 止めること, 正道を, 歩かないもの, 歩み出す危険性, 死なば, 残す場合, 殘つてゐる, 母と, 気位なく, 永く膝下, 沈んで, 泡鳴に, 注意を, 流れろなるやう, 浜辺を, 海賊王デルマが, 涙を, 渇きるもの, 済もうとは, 渦巻いて, 溜つてゐた, 滞りなく, 漣波状を, 濃ならず, 炉辺へ, 無為の, 煙の, 熱心に, 父に, 片岸浜と, 犯人は, 独身で, 玉の, 現実を, 琴子を, 生えさせて, 生き境遇, 生活と, 田園の, 男の子は, 画き成せる如きその, 疱瘡と, 発揮する, 白けさせよう, 皺だらけの, 目当も, 相乱れ, 看病をも, 真紀子と, 眺めて, 睡りに, 砂原へ, 社会から, 私たちは, 種々の, 空の, 突然立, 立ち上がり桔梗様, 立てかけて, 立止まった, 等身の, 答えると, 簑虫の, 粢餅と, 素子に, 終つてゐる, 経文を, 続くなら私, 綴って, 縁側から, 繁り合って, 續い, 置くもの, 群集は, 翌日は, 老僧, 耽溺する, 肌を, 育ち附近, 脚を, 膝行し寝, 自らを, 自分に, 自己批判せざる, 自由ならず, 致すより, 舟を, 良い加減, 芸曲を, 苦しいま, 茶の間へ, 荒らして, 荒果て, 落ちて, 蒲團に, 薬を, 蟠りも, 行うこと, 行くもの, 行われるかと, 表情を, 袂に, 裏手や, 要を, 見つめること, 見事な, 見迎えて, 親爺は, 角川家へ, 言いました, 言動する, 記す, 許さなかった, 話した, 話を, 語った, 誠実に, 読みつぶしては, 諸方に, 護送の, 買ったもの, 質問する, 赤井は, 起きたり, 起出でし, 跋扈する, 踊らせたと, 躍らせて, 身受けの, 軽くどこ, 迎いの, 迷信を, 退屈払い探し歩く, 逗留し, 逞しく主我的, 連立って, 進むと, 遂げたというは, 遊び廻っ, 運転を, 遥々亜剌比亜, 避けて, 配しやう, 金ピカ葬儀車の, 銀座裏を, 長びいては, 閑さえ, 陶磁が, 隣りの, 雪害について, 静まり返って, 順を, 顫え, 飛散する, 食べら, 飲むよう, 馬道の, 駆けられないせい, 駆使せられた, 高い天井, 魔性の, 黒く立っ

▼ まま~ (3069, 10.3%)

54 いた 26 いる 18 いるの 16 あつた 15 いて 14 いたが 13 出て 12 残って, 黙って 11 いいの 10 いると, 何も, 行けば 9 云った, 少しも, 立って 8 いい, いること, 自分の 7 いいん, 死んで 6 いつまでも, いれば, 姿を, 帰って, 言った 5 それが, 何の, 寝て, 眼を, 私の, 行って, 誰も, 進んで

4 [23件] いたの, いった, いなければ, いました, じっとし, すぐに, そこに, 人の, 外へ, 失礼を, 室の, 彼女は, 微かに, 息が, 放って, 日が, 残されて, 水の, 答えた, 終って, 置いて, 行くと, 頭を

3 [34件] いたこと, いつまで, それを, よいの, ベッドの, 一心不乱に, 二人は, 今は, 倒れて, 動いて, 動けない姿勢, 女の, 家の, 家へ, 容易に, 居た, 居れば, 左の, 手を, 横に, 残して, 火の, 玄関を, 私は, 突っ立っ, 置けば, 表へ, 見て, 言いました, 話を, 返事も, 雪の, 静かに, 顔を

2 [173件] いいと, いいとは, いいわ, いきなり, いたい, いたか, いたかも, いたほう, いって, いては, いましたが, います, いるお, いるが, いるだけ, いる人, いる伸子, いる私, うつむいて, うなずきました, おいでに, おりました, お前の, お気に, からだには, きょうは, ここに, ここへ, こちらを, この家, これも, しばらくは, しばらく考え, すすめば, すらりと, ずかずかと, そのままに, その上, その人, その土, その日, それから, どうする, どうなる, なほも, ほしいまま, やはり黙っ, ややしばらくの, やられた日, ゆけば, よい, ゐて, ゐる, ホテルの, 一人の, 一家は, 一種の, 下から, 下に, 下の, 不意に, 両手の, 両手を, 亡くなって, 今までは, 今日に, 仰向けに, 伝わって, 伸子は, 何処へか, 僕は, 元の, 光って, 入って, 凍え死んで, 出かけて, 別にそれ, 前の, 前方の, 動かなかった, 勝手に, 口を, 叫んだ, 右の, 地に, 垂を, 堂の前に, 堅く凍りつい, 声も, 声を, 夜の, 大丈夫だ, 大野の, 娘の, 子供を, 家を, 寝台の, 寝床の, 少しの, 居る, 居ると, 山を, 岸に, 帰らないと, 平安, 年を, 幾日も, 庭の, 庭へ, 彼を, 待って, 忘れて, 悠々と, 我を, 我慢し, 押し通して, 挨拶しました, 捨て置かれたの, 暫く黙っ, 東京の, 歩いて, 死ぬの, 母の, 永久に, 汽車に, 流れて, 済めば, 満足だ, 無事に, 焼いて, 焼け残って, 父の, 生活する, 町内の, 畳の, 目を, 眠って, 破れた壁, 私と, 窓の, 立ちはだかって, 立つて, 素直に, 終らせたいという, 縁に, 縁の, 置いとくなんて, 置かれて, 置くはず, 考え込んだ, 聞いた, 薄笑いを, 薪を, 蚊帳の, 行く人, 行方不明に, 言う, 許宣を, 話して, 語って, 走って, 起きて, 足早に, 身を, 身動きも, 進めば, 酒を, 長い梯子, 門を, 雨に, 食べて, 食卓の, 鳥の

1 [2173件 抜粋] あがるとか, あたりには, あなた様も, あの高々, あらわれること, いいか, いいで, いいもの, いかに美しく, いくら支店長代理, いそう, いたずらに只さんさん, いたらしい, いたら凍え死んで, いた手拭, いた順二郎, いつか上野へ, いなかったろう, いなさらなけりゃならねえ, いますから, いまだに帰っ, いま警察から, いらせられるこの, いらっしゃらないで, いるあいだ, いるし, いるとは, いるほう, いるよりも, いる二隻, いる多, いる気, いる現場, いる臣, いる非人, いろと, うっちゃって, うんと, おいて, おみや, おります事, おろおろし, お家から, お民, お礼も, お辞儀を, かえって四民, かけつけました, からだを, きょうの, くると, ぐるりと, こうなった, ここから, このスイッチ, この下方, この壇上, この欄干, この雷, これを, ごった返して, さし置く, さながらふたり, さまようまなざし, さんざん金, しきものも, しばらくそこ, しばらく眺め, しまいには, しょせんお, じっと睨ん, じつとして, すこしの, すすけて, すっぽりと, すやすやと, せっせと顔, そこを, そちらへ, そのままで, その使い, その夢想, その後なんの, その池, その薄暗い, その足音, その隣, それとなく店中, それへ, たいへん見苦しかっ, ただ, ただ凝, だが, ちっぽけな, ちょっとの, ついそれなり, つぎつぎに, つまご, ときどき口, とび出して, どこかへ, どこやら, ないしは心, なお書い, なにひとつ変わった, なんの, ぬうと, のそのそ王城, はいさよう, はずかしそう, はらはらと, ひた走った, ひんやりと, ふとある, ふるえながら, ほぐれなかった, ぼくの, ぽつりぽつりと, またぶらりと, また床, また考え, まだ修繕, まだ執念, まだ牧野, まばたき一つ, むしゃむしゃと, もう少し失礼, もじもじし, もらって, やがて片, やっちまおうじゃ, やって来た新三郎, やはり暫くは, やや長い, よいか, よかった, よりかかる, よろしいという, わいわいと, わざわざこうして, ゐたの, ゐられるの, ゐるの, アカグマ国攻略軍を, イデオロギーの, ガラス戸が, ジリジリと, ステーシヨンから, ズドンと, トンカツを, ニーナに, バラバラの, ピリリと, フレンチは, プーチヤチンは, マスクの, ローマンスと, 一人いよう, 一夜を, 一度神戸, 一歩も, 一礼した, 一頻り彼, 三年あまり続い, 上昇し, 下は, 不自由は, 両手は, 中の, 丸火鉢の, 乞食以下の, 二人じつに仲よく, 二年三年経過する, 二階へ, 五七キロ, 亡くなったの, 京へまで, 人のけ, 人心に, 今にも焼け落ちん, 今日まで, 仕舞って, 代わりも, 会衆を, 低く叫んだ, 住む者, 体操や, 何んとも, 何年も, 何物をも, 例の, 保たれて, 保護存養し, 俺と, 停ま, 働く女, 入つて, 入浴に, 公園から, 兵児帯を, 内には, 再び醒めない, 冷, 冷淡な, 凝と, 出して, 出征する, 別に, 別れたらのちのち, 別状は, 剣風相競う, 力強く塗, 労働者とでも, 動かないの, 勤務し, 十数年過ぎ, 半死半生だ, 印刷に, 参ります, 反り曲っ, 取り残されて, 受入れられるべくも, 口絵の, 台所の, 吉五郎や, 同時に宿坊, 向かい合って, 周囲の, 咲いて, 唯今お, 問うた, 喋れるだけ, 回転盤が, 土間に, 地表へ, 坐りと, 堂内室内を, 填め込み侍支度, 売られて, 外套を, 夜具を, 大きい声, 大声に, 大石は, 天井から, 奉仕し, 女が, 女王は, 好いか, 姿が, 子供が, 学界に, 宜しい, 宿直所へ, 寝ちまうからね, 寝台から, 實現される, 対い合っ, 尋ねました, 小屋から, 少しうつむい, 居たいたって, 居りますわ, 居縮んで, 岸から, 巧妙に, 席を, 帰ります, 帽子の, 年も, 幸福な, 幾本も, 店に, 店頭に, 弊政を, 引ッ込ん, 引廻された, 強く払いのける, 彼らは, 往来する, 後ずさりして, 御ところ, 御寝室へ, 御池殿の, 復た, 心置なく, 忘れられて, 怒って, 思い切ること, 性格が, 恥じて, 意気地も, 慌てて, 成長したら, 戻らないの, 扉は, 手術を, 打っちゃって, 抛って, 押しすすんで, 押し通したの, 押通したならば, 指さしは, 振返ると, 掃除でも, 掻きちらしたり, 握りしめてさ, 擦れちがった, 放れなかった, 教会に, 散髪も, 敷布の, 斬り立てられると, 新調の, 日暮しを, 早速の, 時々うろつい, 暇乞いを, 暗然と, 暫く口, 暮して, 更に異状, 書庫に, 木偶の, 未だ彼, 本気に, 村で, 来るという, 東京へ, 柱を, 格子戸を, 椽側などに, 槍の, 機関銃で, 止って, 歩きだした, 死なせて, 死にたくなる, 死のうと, 死別を, 残すの, 残ること, 殿様の, 気づかなかったり, 水が, 永く後, 池の, 沓脱に, 治まろうはず, 泣きじゃくりを, 洗いさらした, 流し目の, 浴するの, 消された事, 深い感動, 深更に, 清逸は, 済ませぬと, 済んだろうか, 渦巻いて, 満足させた, 溶け合って, 漸次と, 焚火に, 無暗, 無言に, 焦げたり, 煌々と, 父子の, 物質的に, 猫柳の, 玄関先で, 琴を, 生まれ他, 生涯を, 申し合わせたよう, 町の, 番を, 疾走した, 癒り, 白状いたしましたら, 目が, 直ぐ使用, 真面目に, 眠り通し, 着て, 知合いや, 砂ッパに, 祖父の, 神明に, 私を, 私達の, 空虚に, 突然六畳, 竃と, 立ち上がりました, 立ち去って, 立尽く, 童は, 笑って, 筆者の, 答えるやいなや, 箸を, 糸に, 素早く着込んだ, 終ったでしょう, 終らなければ, 終るよう, 終了致します, 結構と, 継続し, 総身の毛, 縮刷本が, 置かれた, 置き気, 置けるもの, 美麻奈さんは, 翌年を, 聞き捨てには, 肩に, 育てようと, 腐りむざんの, 膝を, 自ら進ん, 興味に, 船端に, 色んなひとりごと, 若君は, 茫ん, 茶舟に, 萩野は, 落ち方, 蓄積され, 薄闇の, 蚊帳まで, 蝙蝠を, 行きますと, 行くわ, 行ったら当時, 行つ, 街に, 表現した, 袴を, 裏庭へ, 見くらべて, 見る事, 見過ごさないと, 親子兄弟の, 言ひかへる, 許すの, 話せば, 誤字も, 誰の, 譲ると, 走った, 起き上がれそう, 足許を, 踊る宿, 車が, 載せられた, 農奴の, 返事する, 退却しろ, 逃げて, 逆さに, 通り一遍の, 通行自由な, 連れ出して, 進んだならば, 過ぎるなら森, 遠い肉親, 遺書だけ, 酔倒の, 釘附け, 鈴江に, 銀の, 鏡台の, 長く病ん, 門側には, 開け放した窓, 阿容, 隅の, 集めて, 雨龍太郎は, 露台の, 静かでした, 靜かに, 韓山の, 頓死でも, 頽れ落ち, 飛び下りて, 飛び込んで, 食うもの, 食って, 飢渇で, 馬車へ, 駒井甚三郎は, 髪の毛一筋動かさない, 鶴の, 黒っ

▼ まま~ (1691, 5.7%)

71 姿で 15 姿を, 姿勢で 12 形で, 状態で 11 ことを 9 方が 8 恰好で 7 ように, 姿に, 顔を 6 ものが, 服装で, 状態に, 私の 5 すがた, ものだった, ような, 姿であった, 手を

4 [11件] そりの, ものである, 事実を, 位置で, 女を, 姿では, 手で, 方向に, 状態では, 生活を, 花や

3 [18件] なりで, ものだ, ものとして, ドアの, 世界, 両手を, 二つの, 女で, 姿である, 姿勢を, 安らかな, 心を, 扉の, 新聞を, 状態である, 自分を, 道を, 顔で

2 [92件] お前に, お珊, お稚児, くぐり戸, こころを, ことが, ことに, そのとき, ところが, ところを, ほうが, もあり, もので, ものも, ものを, やつを, ようすで, ようだ, 上へ, 両眼, 事を, 井上半, 人生の, 人生を, 人間で, 人間に, 劇を, 力を, 厚さ, 原と, 口を, 句として, 土の, 場所に, 女の, 姿が, 姿は, 家も, 家庭を, 幼い心, 形である, 形では, 形を, 彼を, 心で, 意味で, 戸口から, 手帳が, 手紙を, 拳を, 方向へ, 景色でありました, 木の, 杉の, 松の, 棟木の, 母である, 母の, 湖の, 片足を, 状態を, 現実に, 現実を, 生の, 生活に, 白娘子の, 真は, 眼を, 着物が, 窓から, 窓の, 箪笥の, 肉体を, 脇差しを, 自分では, 自分の, 自己に, 自然の, 自身を, 荷物が, 行動を, 表現に, 語である, 調子で, 貴方, 道芝を, 関係で, 障子の, 電車であり, 面に, 音を, 髪の

1 [1186件 抜粋] あぐらの, あなたでは, あの物語, あゆが, ありしが, あるの, いたましい骸, うす赤い指, おれでは, お六, お坊ちゃん, お寿, お気もち, お粂, お茶話, お部屋, かたちで, からだで, かわだ, くりかえしでは, こころと, こっちで, ことである, ことは, この世とは, これだろう, さしず, さながらの, せいかも, その人, その封筒, その死顔, そばの, それでいて決して, た打ちまわる波紋, つつしみなき, とき先ず, ところも, と一笊, においであった, にじり口へ, ねぼけた兵隊, ひとみを, ほかに, みすぼらしい扮装, ものです, ものなら, ものより, もの如, もゐる, やうな, ようです, りっぱな, を持っ, を見たい, イギリスの, オヤヂが, ガラス窓の, シダレザクラが, シュミーズ一つで, ズボンで, ドアを, ノートが, バナナが, パイに, ビーカア, プリンセス, ペンギン鳥みたいな, マリーナ・イワーノヴナが, ロシア語で, 一つだ, 一ページを, 一刀を, 一尺前に, 一般的抽象に, 三千子さんじゃ, 上り下りに, 不満な, 不調法さ, 世の中が, 世界が, 世界を, 丸太が, 九月分を, 乱暴を, 事実が, 二人を, 二十面相の, 互の, 五助が, 享楽も, 人の, 人形に, 人生, 人間だ, 人間として, 人間一人の, 人間的情熱の, 仕来りが, 休戦状態を, 伝六の, 何時までも, 便箋を, 倉地に, 傲慢さを, 傾向に, 僕で, 兄の, 兄貴を, 全体が, 八五郎と, 公用紙が, 兵たちが, 兵道では, 内容で, 内親王様が, 写真を, 出入りだ, 分裂の, 切組み燈籠, 制で, 剃刀が, 前髪と共に, 剥げちょろ, 労働者音楽団です, 勝手を, 勞れた, 匕首は, 十八の, 卓子に, 単衣, 原則に従って, 又八である, 取り乱しかた, 口が, 口びるからもれる歯並みまでが, 古い三味線唄, 古い建物, 古びた極, 句を, 右手を, 右腕とで, 同じ姿勢, 君の, 呈露, 味で, 咽喉が, 唄い方, 唇へ, 唐もろこしの, 單純な, 器量で, 国旗の, 土地制度耕農手段を, 地方治水工事は, 埃及式大, 城趾, 堀割が, 場所から, 場面服装で, 壁に, 夏期の, 多数者である, 夢ばかりは, 夢をも, 夥しい紙, 大きな古い, 大きな蒲鉾屋, 大な, 大小を, 大時計, 大皿の, 大鯛, 天然木を, 奇妙な, 女が, 女へ, 奴が, 好戦的な, 姿, 姿それで, 姿であります, 姿へ, 姿以上に, 姿勢さ, 姿態にな, 娘として, 婿を, 存在物の, 安吉の, 宗十郎頭巾姿で, 実が, 実相あやまたず, 室の, 家を, 家族制度と, 容なる, 宿屋, 寝息で, 寿女へ, 将軍家の, 小城とを, 小糸の, 少女労働の, 少数の, 屋根に, 山の, 山県紋也一人と, 山野であり, 岩魚が, 巻き奉書が, 帛紗包を, 帽子を, 年の, 庭園を, 廊下から, 延び放題な, 建築で, 引きつるよう, 弛緩し切った, 形し, 形での, 形態を, 役所へ, 彼で, 彼よりも, 彼女の, 後れ毛を, 微笑であった, 心と, 思想の, 性慾だつた, 怪盗と, 恥しい姿, 恰好を, 情緒で, 感じを, 感情で, 態度を, 成行きに, 我慢の, 戸口へ, 扇を, 扉へと, 手裏剣が, 押山が, 振る舞いを, 掛けの, 提灯が, 政治を, 教室に, 数で, 文体と, 文学だ, 文明では, 新しさ, 新八, 新聞紙に, 新鮮さを, 方向を, 日参を, 日本を, 日本精神は, 時に, 時計を, 景色に, 暗い緑, 暗黒では, 書物の, 月日を, 有様を, 服装では, 朝鮮服の, 木立も, 本の, 本性に, 本質で, 机から, 材木この, 束髪だった, 条件その, 杯盤では, 林檎の, 枝振, 枯野の, 柿の, 格子から, 棄児でありました, 森林は, 様子だった, 様式で, 標字が, 樹を, 橋寄りの, 歌を, 正一が, 武蔵の, 歴史さえも, 殆ん, 母親を, 気分で, 気持ちから, 気持で, 水田や, 汚点が, 沙汰を, 波を, 泥棒様とは, 洋服に, 流れかたを, 海の, 淡い日々, 渡船の, 潜戸から, 濃化粧, 灰色がかった, 無茶先生は, 煙草の, 煮た果物, 燒跡や, 爪革だった, 物, 物語, 特高課とか, 状態において, 狭い通り, 玄関から, 現れに, 現在に, 現実, 現実世界, 現状を, 瓶で, 生き生きした, 生れつきであった, 生活, 生活の, 生活好む, 田圃道を, 由です, 男の, 男性に, 畑である, 病人が, 発展に, 白綸子あきらかに, 百姓たちは, 皮どう, 直観空間に, 相対性理論が, 眉の, 真新しい名札, 真理子の, 眼が, 着つけで, 着物を, 瞼を, 短刀を, 石膏の, 社会各層の, 社会生活で, 私に, 秋草の, 空想を, 空気枕を, 立木である, 竹刀と, 節博士で, 節附を, 籠を, 米友は, 紅茶茶碗等人気なく, 紐で, 素つ, 素直さで, 細菌その他の, 経籍とは, 絵巻物の, 継橋という, 縁側から, 罰だ, 美しい肉体, 群集が, 老女の, 考えは, 者と, 肉や, 肌衣と, 脇差が, 腕では, 腕組みで, 膝が, 膳を, 自分たちで, 自分自身, 自然で, 自然発生的な, 自立性では, 舞台は, 色合いでは, 芋や, 花, 花房一郎ズカズカと, 苔を, 若々しい心, 茶の, 茶碗の, 草から, 草双紙こう, 草履で, 草鞋を, 荒っぽい一面, 荒使い, 荒野と, 菱形であった, 蔓と, 藤尾の, 蛤を, 血染の, 行李にも, 衣き, 表情という, 表現としては, 装で, 裸体に, 裸体を, 襷玉の, 規律で, 観客に, 言葉が, 言葉に, 許婚, 詩で, 調度が, 調色板の, 豆だったらしい, 豪快笑いが, 貨幣を, 資本主義の, 赤いトマト, 赭い, 趣を, 足を, 身仕度である, 身辺事を, 車夫さんだ, 軽業お初が, 輪に, 農家兼武家の, 通りで, 通路が, 運転台に, 道場な, 遠いところ, 部下でした, 部分部分の, 部屋に関する, 部屋部屋に, 醜い人間, 野中教師音も, 野本氏を, 野辺の, 金包を, 鉱泉が, 銀貨二枚でなく, 鋏の, 長いの, 長吉を, 閃きの, 関係を, 降りみ降らずみな天候, 階級や, 障子が, 隣家の, 雨戸の, 電線火熱で, 静かな, 面を, 面影を, 面目では, 順序で, 頭は, 頭を以て, 顔である, 顔と, 顔に, 風の, 食事に, 香り高い, 駅前の, 駕や, 高い声, 高さ, 髪子供らしい, 魚卵の, 鯛を, 鶏湖水の, 麦を, 黍が, 黒髪を

▼ ままでは~ (347, 1.2%)

3 あったが, あるが, いけない, すむまい, どうにも, ないの, 済みそう

2 [13件] ありませんか, いけないと, いけないん, いって, うまくいかない, お前は, だめだ, ないか, なかった, 帰されない, 手が, 捨てて, 自然に

1 [300件] あきらめられません, あと一時間と, あと一時間ばかり, あの家, あまりお, ありましたが, ある, あるけれど, あるけれども, あるまいな, あんまり不便, いかん, いかんこの, いけないところ, いけないね, いけないの, いけぬ, いけません, いっても, いつまで, いつまでも, いて, いない, いない時勢, いられない, いられないよう, いられなかった, いられなくなって, いれる所, おさまりますまい, おれたち日本人は, お味方, お暇, お目, お話に, きっと見つかっ, ぐんぐん遅れ, こちらの, この子, この崖, この惨たらしい, この生命, これから先, これまでの, ごまかしきれない立場, しょうがない, しようがない, すぐ行き詰り, すまされませんし, すまないから, すまない事, すまんぞ, すみは, すみますまい, そこに, そこへ, そこもとの, それも, たいへんな, たとえこの, だめです, つかまる, つづけられない, できなくなった, とうていやりきれない, とかく無, とてもやっ, とても大阪, とても生き, とても面白く, どうしても小浜兵曹長, どうせ鉄拳制裁, どうにもただ, どうにもよい, ない, ないでしょう, なくて, なくなって, なく七つ, なく今度, なく病的, ならず者に, ならぬ, ならぬと, ねむれない, のこされて, ばらばらに, ひっこみが, ぼくは, まさか爆撃, まだ物足らず, もうにつちもさつち, もう生き, もとよりなく, やがてまた, やがて中央, やがて切羽, やって, やっては, やって来ないこと, やりきれないという, やり切れない何とか, ゆっくり手, よほど相手, わたしは, ダラダラと, トラ十は, マリ子は, 一同は, 一時の, 一週間で, 三人が, 不十分です, 世は, 並び切れぬという, 主観的に, 二人の, 人に, 人心も, 今日の, 仕方が, 何とも浅ましい, 何も, 使いの, 例の, 俺は, 偏見は, 僕は, 入塾が, 冬中吹雪に, 処置の, 初瀬が, 到底不可, 到底望まれない, 動かしがい, 勿論よくあるまい, 半月を, 危険だ, 受取りかねる思ひも, 受用し, 善くある, 困る, 困難である, 国家の, 国民の, 地上に, 地下何百尺の, 地球の, 地面を, 坐られない, 堪らないと, 夏には, 夜叉に, 大いにその, 大井久我之, 大手を, 女が, 好きな, 始末が, 学校は, 守りに, 定太郎に, 実に惨め, 実際心苦しい, 家に, 将来の, 居たくないので, 帰らねえぞ, 帰らん, 帰りようが, 帰れぬふう, 引けないともかく, 引合わないという, 引合わない莫迦, 当然全, 彗星二号艇は, 彼女も, 御失望, 心苦しいお詫び, 必然蜀が, 忽ちその, 怪塔ロケットの, 怪談の, 息を, 惜しいといふ, 懲罰委員会という, 成立しない, 我々の, 戦いに, 戦えぬ, 戦場へ, 打ち殺されると, 持ち耐えられない, 捨ておけん, 支那は, 文明の, 早かれ晩, 明日にも, 本艇は, 東京の, 横綱に, 武夫は, 歩けません, 死にきれぬ, 殺される, 殿の, 気が, 気がついて, 水臭い, 永く屋外, 決していい, 汽船とともに, 汽車に, 治まるまい, 治りが, 海へ, 海上は, 海底で, 海底に, 済されません, 済まされない, 済まされないどうして, 済まされなかった, 済まされぬ気, 済まされますまい迷惑千万, 済まされませんこう, 済ませないと, 済ませない気, 済ませなかった, 済ませまい, 済まないだろう, 済まないの, 済まぬという, 済まんな, 済むまいと, 済むまいとか, 済むまいな, 溺れて, 滅びる, 濟まされない, 無かつ, 熊本城は, 父が, 物足りない, 狂人に, 猛獣の, 生ずること, 疲れる, 病気に, 発狂する, 白と, 目的の, 相手の, 看者, 私たちには, 私たち親子三人生き, 立去れない, 第一流, 策は, 納まりそう, 納まりますまい, 終らせませんでした, 結局姑息な, 絞首台の, 置かないつもり, 置かぬ, 置けないという, 置けないとでも, 署名が, 腰が, 自分から, 自分が, 自分の, 船体は, 芸が, 藩の, 見られないバルコン, 触れて, 許さぬぞ, 話を, 語を, 貧しい人達, 辛抱が, 迚も, 追付きません, 途中で, 通されないに, 通過し, 進級も, 過去の, 部屋の, 閑却しきれない, 際限ない, 面白くない, 風邪を, 食い込むばかり, 食わせよう, 餘り, 駄目な, 鬢の

▼ まま~ (298, 1.0%)

6 率直に 4 ここに 3 させて, しるして, 云って, 書いて

2 [11件] お話しする, つづる, 冷然見つめる, 口に, 書けば, 生海苔, 直接描いた, 素直に, 考察する, 行うこと, 詠みたるが

1 [254件] あたりま, あてがって, あなたこなた, あらまし答え, あらわし次いで, あるが, いえば, いちいち語り聞かせた, いった, いって, いふと, いろいろな, いわせて, うけいれろと, うごきも, うたって, うたへ, お伝えする, お目, お話し, お話しなさる, かくに, かぼちゃや, かわいらしく語っ, ここで, ここまで, さした娘, させようと, ざっくばらんに, したり, しても, しるした, しるした次第, しるし置, じっと見, すぐ口, すぐ純, する, するだろうと, する時間, ずばずば云っちまった, せぬという, そっくりここ, そっくり申, そっと袂, そのうち, その耳元, その通り, その通り口, それからそれ, ただお伝え, つい言っ, つがしめそして, つたえ, とおさして, とったので, なし給, はっきり言います, まんなかから, もって, やるの, わしへ, われは, ガラスで, ジョン・バンヤンが, ピンで, ボツリボツリ書い, 一ばん心に, 一緒くたに, 一羽求め, 一辞一句たがえず, 万吉の, 三十一字に, 下へ, 主人光秀に, 事務長に, 云うよう, 云った素朴, 云ひませう, 云わせて, 伝えたかも, 伝えようと, 何でも, 作らず飾らず素直, 使い色彩, 使って, 信ずると, 信念で, 兵馬の, 出して, 前後お構いなし, 勇者の, 印刷に, 原大佐に, 収録した, 取次いだの, 受け取ったの, 受け売りした, 叙述する, 口の, 句に, 台所で, 同年十一月に, 告げたるに, 呟いた, 呟いて, 唄う事, 固執し, 夏枕, 天性の, 失礼抜きで, 女君に, 妻君に, 守つたらしい, 宗助に, 客觀描寫風に, 少し述べ, 尽くいおう, 左に, 巧い, 引いたの, 引延して, 強行しよう, 当て篏め, 彼は, 従順に, 御参考, 御覧に, 思いきって, 愛の, 手に, 打ち明けた, 打ち開けて, 抄出し, 抄出する, 押しと, 拭き込まれて, 持ち続けて, 持って, 挙げて, 振る舞って, 振舞った, 描かれたん, 描きさえ, 描写すれ, 日に, 日常に, 書いた, 書きしるす, 書きたり, 書きつづり, 書きつらねて, 書きなぐった手紙, 書きました, 書き留めたり, 書き留めて, 書くこと, 書くだけ, 書くに, 書く事, 書く芸術, 書続け, 書記し, 有体に, 朗読した, 朝倉先生に, 梅子に, 構わずに, 次に抄録, 正直に, 残したの, 残して, 残らず話すと, 江戸の, 治安判事に, 無神経に, 無秩序に, 無責任に, 父親に, 甘受する, 用いたよう, 用いるの, 申しのべ, 申しますと, 申し上げます, 申し述べたの, 申すよう, 画いて, 疑いも, 発揚し, 発揮した, 直ぐ歌, 直接に, 着て, 知るまま, 私が, 筆に, 答えた, 答えるの, 細かく書く, 紹介した, 續けた, 考へな, 聞いて, 肯定する, 自由に, 行なえば, 表白し, 補綴した, 襲用し, 見て, 見ること, 見詰めて, 覚えて, 言うと, 言ったの, 言ったら津田さん, 言って, 言伝する, 言葉に, 記したるのみ, 記すという, 記憶に, 許して, 訳して, 詠みたれば, 話した, 話しました, 話し合って, 話すこと, 話せと, 誌し, 認容した, 認容すれ, 語った, 語り終えた圓朝, 誤解され, 辿って, 返して, 述べさせて, 述べた, 述べたる者, 述べて, 追ったとき, 遠慮なくあらわした, 長く保っ, 随意に, 雁金検事と, 電話で, 静かに, 順序も, 食うの, 食わして, 髪の

▼ ままその~ (247, 0.8%)

9 場に 5 場を 4 前に, 手を 3 上に, 日は

2 [20件] 上から, 上へ, 上を, 姿を, 射影体を, 度に, 座敷へ, 扉を, 手で, 手帳を, 方に, 方を, 流れを, 男の, 眼の, 秀でた眉, 空家の, 肱を, 顔に, 顔を

1 [179件] あいだじゅうずっと, あたりと, あとに, うしろ姿を, かたわらへ, さむざむと, そばで, そばに, つもりで, ひとは, へんを, ほうへ, まえを, まっくら, まわりを, ような, わきに, アルミニウムの, サジを, 一つに, 上にも, 両眼, 中へ, 中央に, 二人の, 井戸端の, 人たちが, 人は, 位置で, 体は, 側に, 傍から, 儀は, 光の, 光りに, 全篇, 全身も, 冷むるを, 処理について, 出っ張りの, 前を, 力を, 動作を, 十能を, 千浪の, 名を, 向い側へ, 周囲に, 周囲を, 喧嘩の, 営みを, 図を, 場で, 場へ, 場限りで, 声の, 夜叔父の, 夜疲れ寝, 大ダイヤモンド, 大石に, 天下第, 女は, 妙な, 姿は, 娘を, 宝石が, 室に, 室の, 家から, 家の, 封筒を, 小さい文庫本, 山に, 山小屋の, 帷を, 年を, 座は, 思惟を, 意味を, 感触に, 戸棚の, 扉に, 手に, 手の, 手紙の, 手紙を, 指に, 指針を, 掲示を, 操作を, 方へ, 日屋形に, 明るい月, 時分情人で, 晩は, 朦朧と, 末裔一族という, 東野に, 枕頭に, 枝に, 森の, 様子を, 段々ハッキリと, 毬を, 気配に, 渓流に, 漁夫が, 無慈悲を, 熱情の, 物を, 物語自身が, 玄関に, 瓦猴の, 甘渋くて, 生活からは, 男が, 男は, 男を, 當時の, 白山山脈の, 白樺の, 白粉を, 真っ青な, 眼色を, 瞳を, 知れる限り, 石の, 穴の, 空気だけが, 笑い声を, 笛の, 第五部, 紅の, 紙に, 紙を, 結果に, 美しい顔, 羽織の, 老人に, 背骨の, 胸は, 脊の, 脊骨の, 腕を, 花さいた, 落ち窪んだ, 葬られた山, 蒼白い寝顔, 薄気味悪いほどの, 薄色の, 行動に, 袋の, 記事を, 話を, 足で, 足に, 車で, 辺に, 辺の, 通り門内に, 遺書を, 部屋には, 郵便配達夫の, 鏡の, 長椅子に, 門口を, 隙間から, 隠家, 電報を, 青年と, 鞘と, 音に, 音を, 額を, 風に, 騒ぎを, 髷その, 鰤の, 鼻毛を

▼ ままじっと~ (190, 0.6%)

54 して 4 息を, 立って 3 私の 2 こらえて, そこに, それを, 眼を, 考えて, 耳を, 聴いて, 見つめて

1 [109件] うごかない, お蓮さま, お蓮様, お高, こちらを, この悲劇, してること, その声, その大次郎, その後を, それに, にらみ合った, ぼんやりした, みつめて, もだえ暮して, わたしを, アリョーシャを, テーブルの, 上原と, 上眼づかい, 両手を, 並んで, 二人の, 二人を, 何かについて, 何かを, 侮辱を, 俯ッ伏し, 俯向い, 前の, 動かずに, 動かない, 動かないで, 動かないの, 動かなかった, 動かなくなって, 北の, 君を, 唾をの, 問わず聞かずに, 塔の, 墓を, 多計, 夜が, 大鳥氏を, 天井を, 女の, 嫂の, 子供を, 寝て, 小舟の, 小首を, 年を, 庄吉の, 彼の, 彼女を, 御話, 慚愧の, 抱きしめて, 揺れずに, 曹操の, 末起を, 次郎を, 歌声に, 水面を, 池の, 浮子を, 涙腺を, 深い瞳, 濃紅姫, 灰色の, 煙草を, 牧の, 犬の, 病室の, 目を, 相手の, 相手を, 眸を, 眺めた, 祠を, 空中を, 考えこみました, 考えこんで, 聞いて, 聞き澄まして, 腐るよう, 腕ぐみを, 腰かけて, 腰を, 自分の, 良助の, 虫の, 見おろして, 見て, 足もとを, 車の, 運命に, 遠い海, 門の, 闇を, 階上の, 頭を, 顔を, 首垂れ, 馬の, 高木の, 黒いヴェヌス, 黙りあって

▼ まま~ (166, 0.6%)

13 のだ 8 のである, のです 6 んです 4 のが, のを 3 んだ, 姿で

1 [117件] お嬢さんとしか, ことが, ことは, ことばに, ことを, ぜいたく心な, その時々, ちからで, のさ, のだろう, ので, のであたり, のであろう, のでいささか, のでご, のでした, のでしょう, のでずゐ, のでまったくよくよく, のでブルー, ので僕, ので僧, ので叔母, ので失礼, ので段々, ので直滑降, ので聴手, ので誰, ので貧窮, ので風邪, のにむしろ, のに彼, のね, のよ, または逃避的, ものは, やつでは, ようです, ような, わの先, 丸太組みであります, 享楽の, 人だ, 人間が, 人間の, 仕方です, 侮辱を, 六畳間に, 刺激だった, 力を, 化物刑部だ, 千世子は, 単衣, 古風な, 古館が, 呼吸を, 唇も, 四囲の, 坂東の, 声で, 女房であった, 女房では, 女王が, 好勝手, 好色漢で, 姿だった, 容貌は, 庭さきの, 強さ, 彼女の, 心からなされた, 心を, 心地が, 忠節を, 思いつきでなく, 想像を, 暴虐を, 松杉だった, 権力に, 武力が, 母に, 注文に対しての, 消極策は, 温泉宿に, 満足感とが, 無事が, 無頓着で, 生活すらが, 男性の, 神話の, 空想を, 空間に, 結婚生活に, 綺羅と, 老人も, 自分を, 自己的な, 自由な, 舞躍, 若い女主人, 荒々しさ, 行為は, 表現を, 裸体を, 要求だろう, 赤貧であった, 蹂躙に, 部屋の, 醜態それから, 野心の, 金子の, 青侍だった, 顔が, 顔は, 顔を, 願いも, 馴染に

▼ まま~ (155, 0.5%)

4 別れする, 帰りに 3 叩頭を 2 もてへ, ゆるしを, 互の, 別れし, 別れ申し, 台所の, 届けに, 見のがしを, 銀様の

1 [126件] あがりやすな, うちにか, きみの, ぎんの, くみが, たずねが, たずねすると, っぽり込まれた, づおづと後ろを, とうさま, ほきな, もてを, やかましゅうと, やつを, わかれしたい, 七の, 久良について, 二人は, 互が, 互に議論, 光は, 免しなすっ, 八代さんの, 出しに, 別れいたしては, 別れすれ, 別れできないよう, 別れでは, 別れに, 別れ申します, 千代の, 叩頭した, 台場の, 吉は, 君の, 君は, 喜びくだされたく, 喜びを, 地蔵様の, 城に, 城の, 城を, 報せしたくない, 妙が, 妻は, 妻を, 孝が, 寝に, 市の, 師匠さんの, 帰し, 帰しし, 帰しする, 帰りあそばし, 帰りが, 帰りなど, 庭に, 庭の, 引き取りに, 引留め申した, 徳は, 忘れ下さいますよう, 思い止まり遊ばす, 愛想よく, 手元に, 手討に, 手許に, 持ちかえりを, 敏の, 暇する, 暇下しおかれとう, 暇願います, 書きに, 杉は, 杉婆は, 果てなされ, 柳の, 止どまりなさりませ, 歩きに, 歸り, 泣きに, 浜は, 清が, 清を, 照の, 由羅の, 眼玉が, 磯が, 秀に, 秋を, 竹と, 米は, 粂の, 絶えなさる気, 綱は, 綱も, 膳を, 船の, 芝居を, 芳親子の, 茶の間の, 葉は, 行儀よく, 見うけ致されます, 見のがし下さいませ, 見遁, 訪ねしたわけ, 輿を, 逃がし下さいまし一生, 通は, 逝くなり, 部屋に, 酒を, 銀の, 錦も, 鏡餅の, 長屋門の, 隣りの, 雪に, 雪は, 静を, 預りし, 食事も, 食事を, 髪だけ, 鳥の

▼ まましばらく~ (145, 0.5%)

8 の間 5 考えて, 黙って 3 そこに, はただ, は身動き, 立って, 言葉も 2 はこの, は何, は口, は外, 二人を, 僕は, 口を, 玄関の, 長椅子の

1 [94件] あたりを, いうべき言葉, いう言葉, がちょう, ここで, そこらを, その紙, ためらって, てまどって, ながめて, はおきあがる, はからだ, はことば, はただあたり, はどちら, はふらふら, はジッ, は上げる, は両, は人目, は何と, は何とも, は何ん, は力自慢, は同じ, は嗚咽, は声, は日向溜り, は涙, は私, は立てなかつた, は茫然, は起きあがる, は身, は黙っ, ぼんやりし, ランプの, 両手で, 五六人の, 動かずに, 動かなかった, 動きも, 千二少年と, 口が, 呼吸を, 問題を, 四囲を, 堪えて, 大きな息, 女の, 妹の, 宙ぶらりんに, 帰って, 床の, 引ッこめよう, 待ったが, 待っても, 思案に, 戸口の, 手を, 日当りの, 易者の, 時を, 暗然と, 様子を, 歩いたあと, 死んだ鳥, 母の, 沈黙が, 泣いて, 混雑の, 病人の, 痛さ, 瞑目し, 矢木は, 秋蘭の, 立ちつくして, 立ち思案に, 細君の, 考え, 考えこんで, 考えに, 聞きすまして, 自失し, 茫然と, 言葉を, 誰も, 起ち上がらなかった, 躊躇し, 身動きも, 閑却され, 頭を, 顔を, 黙して

▼ まま黙っ~ (142, 0.5%)

41 ていた 13 ている 12 てしまった 4 てい 2 ていました, てうなずいた, てその, て立っ, て自分

1 [62件] て, ていたら, ていれ, てここ, てしまう, てしん, てすぐ, てすわり続け, てそら, てはいない, ては万民, ては居られない, ては死ねぬ, ては過されない, てホテル, て一帆, て了, て二人, て何, て元, て口, て向, て地図, て女, て室内, て居っ, て席, て帰る, て廊, て引っ込ん, て引込んだ, て彼, て彼ら, て待っ, て押し通し, て敬助, て死ぬ, て沙金, て浴衣, て煙草, て煙草盆, て父, て矢代, て知らぬ顔, て突, て立, て答えない, て考え, て聞い, て肩, て腹, て膝, て襟, て見, て許し, て身動き, て逃げる, て進み出, て進行, て静, て頷い, て頷いた

▼ まま~ (116, 0.4%)

4 の傍, の前 2 のほう, の方, の肖像, はじっと, はその, はぼんやり, は階段, を見

1 [92件] が世間, が入っ, が創作, が帰っ, が栄達, が誰, が階段, と握手, に同情, の, のそば, のなす, のやって来る, の仲間, の周丹泉, の周囲, の坐っ, の家, の帰り, の思い, の愛撫, の愛蔵, の手, の指先, の歯, の独行道, の甥, の目, の眼, の眼前, の縄, の肩越し, の落着, の顔, の首, はいや, はおちつき, はきちんと, はさびしく, はさらに, はじりじり, はそう, はそのまま, はその後, はそれ, はなお, はまた, はゆっくり, はナポレオン, は一心に, は一応ぐるり, は何, は十歩, は同車, は執拗, は大きな, は奇妙, は姿, は家族, は左手, は暫く, は暫らく息, は書斎, は歩き出した, は死ぬ, は氷河, は独り悵然, は硝子窓, は立ち上がり, は立っ, は立て, は端然と, は第, は終日家, は腕, は自分, は苦痛, は長い, は頷, へうち, も自分, らしくも, を伴っ, を取り巻い, を呼びとめ, を待っ, を戸外, を眺め, を縛りつけた, を見た, を見つめ, を見つめた

▼ まま~ (111, 0.4%)

8 の方 5 の顔 3 の手, を見 2 の顏, は一, は化石, は急い, は暫く

1 [82件] がすう, がぼんやり, が出札口, が打ち続け, が折り重なり, が持っ, が椅子, と一緒, と全く, にお, には結論, に一揖, に云った, に何, に何ら, のその, のそば, のまえ, のみ独りポカン, のゆびさす, の二階, の体, の傍, の冥想, の前, の家, の左右, の所, の手エ, の掌, の横, の歌, の畫, の肩, の腰, の興奮, の言う, の面, の髪の毛, の鼻, はお前, はすぐ, はそこ, はその, はつくづく, はぴしゃ, はぼんやり, はやさしく, は唖然, は土, は息, は東京, は椅子, は泥んこ, は深海, は目, は眼, は石, は街, は袖, は走っ, は階段, は非常, は頭, は魚, もその, もマント, より五六歩あと, をジッ, を上目, を出, を待っ, を抱き, を放つ, を立ち去らせ, を育てる, を見つめ, を見据えた, を見詰める, を見送っ, を訴え, を身近く

▼ ままこの~ (102, 0.3%)

2 冬の, 家に, 家を, 矛盾を

1 [94件] あたりに, いさかいを, うえわが, しりぬぐい, すごい速さ, ときは, ぴりぴりが, まま, ままさわっ, まま共に, まま縛られ, テープの, 上も, 下方の, 不可抗力による, 中に, 二つの, 二人の, 二月二日付けの, 人々へ, 人と, 係蹄に, 先の, 光景を, 刹那の, 前の, 古い, 向こうの, 唄には, 国に, 土地に, 地に, 地底の, 城に, 城門を, 場の, 場より, 場を, 場所で, 大坂まで, 大戦争, 女と, 妙な, 室に, 室内の, 家へ, 家庭の, 宿を, 寒空を, 寺に, 小説は, 山に, 山の, 山路で, 嵐に, 工場を, 年を, 往来を, 思いがけぬ出来事, 恋は, 憂欝, 方丈に, 時更めて, 月の, 村に, 枝の, 様に, 歳暮を, 混乱を, 湖の, 灯かげの, 無残な, 物語を, 病室に, 繭を, 美しい処女, 老人は, 老詩人, 者に, 船で, 花を, 衣で, 解きがたい, 言葉には, 赤い二つ, 辺は, 部屋で, 部屋の, 長い間, 阿波へ, 頃先生の, 馬と, 馬は, 鼓動の

▼ まま~ (98, 0.3%)

4 も知らず 3 か考え 2 か考えこむ, でもなく, とも言わぬ, ならむ指, の話, も云わず, も答えない, も答えなかった, をし

1 [73件] うしてか, かお, かさも面白く, かにひかれ, かに耳, かの会, かの拍子, かをつかもう, かをぼんやり, かを待ちもうけ, かを探し, か会議, か僕, か凶事, か嘆息, か差し迫る, か思い耽っ, か思案, か敵勢, か本, か殺気立つ, か熱心, か珍しい, か考えこん, か考えた, か解明, か話し, か読ん, か資本, か遠い, か黙想, か黙祷, がなし, が怕, でもつかめ, でもなく通りすぎる, とし, ともいわず, とも言わない, とも言わなかった, と云っ, にもいわず, にもせず, にも知らぬ, にも見ず, のみだれ, の事件, の心配, の抵抗, の救助, の木, の気, の苦しみ, の諒解, の返事, の順序, もいいません, もいわない, も云わない, も云わなかった, も申さず, も考え, も見えない, も言いません, も言わない, をする, をするで, を問われ, を思う, を気に入らぬ, を考える, を言おう, を言われ

▼ まま~ (92, 0.3%)

3 ということ 2 が造つた樣, しもう, そうです, という, というの, よ

1 [77件] からとんと, からね, からみんな, から仕方, から幕府直参, から物価, から空腹, から鬼, が, がおれ, がかついでる, がこの, がはや, がもう, がやはり, が上方, が乱暴, が二階, が地下室, が弁護士, が日, が気力, が温和, が自暴, が蛇, が裏側, が顔つき, けどまるで, けれども哀れ, けれども大阪, しかれ, しそこ, しもとより, し女, し妹, し松, し胃袋, し鏡付, し門, ぜ, そうだ, そうである, つた, つた私の, というクナアク先生, といつ, といふ, とかちゃんと, とか聞きました, ととにかく, とどう, との答え, との返事, ともいわれた, ともしか, とわれわれ, と一息, と僕, と君, と堕落, と外, と思う, と思うだろう, と正統演劇, と水, と法華, と特別, と確信, と肚, と葉, と言う, ね, の良く, んだ, ッと, ーっと, 俺は

▼ ままいつ~ (89, 0.3%)

11 までもいつ 4 までもじっ, まで経っ 3 までたっ 2 とはなし, までもげらげら, までもここ, までもじっと, までも黙っ, 死んでも

1 [55件] さい飲み, そ辻が, でもこういう, でも合図しだい, になっ, になる, ぱし良い, までお, までもあきず, までもうごかない, までもおし黙っ, までもしょんぼり, までもそこ, までもはなれない, までもひれ伏し, までもぼんやり, までもコート, までもプラット, までも交, までも何, までも俊寛, までも働かせる, までも凝, までも凝然, までも出, までも動かず, までも動かない, までも動く, までも口ぎたなく, までも同じ, までも坐っ, までも売, までも家, までも平静, までも戻っ, までも手, までも放抛っ, までも机, までも梅, までも棒立ち, までも無言, までも生ける, までも病院, までも秘密, までも立っ, までも答えよう, までも算盤, までも考え, までも見あきぬ, までも返辞, までも鶴代, までも鼻, まで醒めよう, 何時でも, 迄もいつ

▼ まま~ (84, 0.3%)

6 を閉じ 3 をつぶっ, をとじ, をパチパチ, を細く 2 ばたき, も動かさなかった, をつむっ, をまん丸, を丸く

1 [56件] が醒めない, が開けません, こそ伏せ, じろぎ, だけを相手, で庭, で追っ, にちから, にふれた, の上, の前, はいつしか, はお, は書物, は裂けん, ばかり動かし, ばやく, も当てられぬ, を, をこすっ, をしばたたいた, をしばたたく, をぱちくり, をぱちぱち, をふさい, をまんま, をむい, をギョロギョロ, をショボショボ, を伏せ, を光らし, を光らした, を円く, を凝らし, を刀, を剥いた, を吊り上げ, を引きつり上げ, を挙げる, を放し, を炬, を白黒, を真白く, を細め, を落し, を見あわせ, を見合っ, を見合った, を見張ってる, を見張りました, を覚し, を輝, を醒し, を閉ぢ, を開い, 覚めて

▼ まま自分~ (82, 0.3%)

5 の室 3 で自分, の家, の部屋 2 が死ん, の席, の方, はやはり

1 [60件] がどこ, が刺客, が姿, が帰らなかつたら, が忘れられ, が着, だけ家, でも意識, で刻, で動かし, で茶, で警察, と少し, のうち, のすき, のそば, の仕事, の前, の口, の声, の姿, の寝室, の寝床, の小舎, の屋敷, の座, の影, の心, の所, の手, の手の筋, の枕頭, の歌, の生家, の考え, の耳, の胸, の膝, の裡, の足許, の鼓膜, はどうしても, はほとんど, はまったく, は例, は大阪, は奥, は寝台, は席, は後, は急い, は死ん, は殿様, は用達し, は開成山, は関羽, もはかなく, もカメラ, も別れ, をなだめる

▼ まままた~ (80, 0.3%)

2 ききました, グッタリと, 書斎へ, 水の

1 [72件] がっくりその, きちんとし, くるりと, ざぶんと投網を, しくしく暗がり, しても, しばらくは, しばらく黙っ, たけやぶの, ちょっとあぐら, つづいた旅, どこかへ, なにかいっ, ひらりと, べつの, もじりじり, ゆっくりゆっくりその, ハンモックに, 一言を, 主君の, 何か, 俯向く, 元の, 切れて, 前の, 動かなくな, 十万を, 危い, 向うを, 啜り泣き始めた, 夕方まで, 夢遊病者の, 帰って, 座敷の, 廊下を, 弟の, 当時の, 微笑し, 或る, 手を, 推測を, 日本へ, 昏睡しかけた, 暫く黙っ, 最後の, 森へ, 椅子に, 歎願する, 正気を, 歩いて, 無造作に, 父親に, 現われた, 眠った, 眼を, 祐筆に, 私は, 聞きました, 藤蔓を, 行きそう, 行方を, 裁縫を, 運転台に, 部屋を, 釣糸を, 長い間, 降りた, 障子を, 静かに, 首を, 高くわらいました, 黙り込んで

▼ まま~ (78, 0.3%)

3 どうあろう 2 いい処, なるよう, 死んでも

1 [69件] あとの, あの二人, いつまで, いのちの, おれも, かりそめ, きょうは, こうして名古屋, こうなりゃ, この次に, これから一足先, これこそ, せめてもの, それまで, だれを, でたらめで, どうせ田舎武士, どうなる, どうにでも, ふところ深く, まさかの時, もうしようが, もうなる, よしんば間違, 一夜を, 一杯また, 一生が, 万事かからん, 三度笠横っちょに, 二年三年は, 今までの, 今もっ, 伊沢の, 何でも, 勝手に, 千石君と, 問答無用手合せが, 嗅いで, 妾には, 娘つ, 宿鳥なりと, 寝っちまえ, 帰れと, 彼の, 彼も, 後でご, 後の, 御方の, 念の, 急いで, 恩じゃ, 暫く隅, 書過し, 毒喰わ, 江戸ッ児の, 濡れたらば, 猫侍に, 真紅に, 自分さえ, 若干金か, 行くと, 行く所, 行こうか, 親分だ, 話しっちめ, 面倒くさい口, 面倒くさい打, 驚くこと, 鬼だ

▼ ままそれ~ (73, 0.2%)

2 がし, を受けた

1 [69件] からそれ, から二十分, が動き出す, が火焔, が神戸港, が空, こそ三日, こそ狼ソックリ, と一緒, なりけり, なる手裏剣打ち, にかかわり, にはこたえず, には答えず, にもぐり込んだ, に抵抗, に答え, に答えない, に答えなかった, に答え得ない, に続く, に見とれ, に近い, に配する, のもみ, はそれ, は古い, は屈託, まで忘れ, より五年, を, をあらた, をきい, をきき, をまた, をよみました, をベニイ, を三十一文字, を作品化, を匙, を受取る, を唇, を噛ん, を左大弁様, を引きずり, を引留めたい, を手, を手のひら, を放棄, を机, を無視, を登っ, を眺め, を眼, を着, を私達, を胸, を自分, を苦, を見, を見つめ, を見下ろし, を見送つ, を読んだ, を貪り食った, を通過, を遠く, を餉台, 迄待ち

▼ ままには~ (69, 0.2%)

9 して 2 なって, ならない, 捨てて

1 [54件] ここへ, しまへんと, すて, すまされねえ, せぬよ, ならずと, ならないの, ならなかった, ならなくなって, なり難い, やすやす出かけ, 免し置けん, 写しにくい, 出ず記憶, 出来ッ, 動けぬ自分, 口も, 少しチンプ, 彼自身も, 戻れませぬ, 打捨ておかれません, 扱いませんでした, 捨ておきがたい, 捨て置かれじと, 捨て置かれないので, 措けん, 棄ておかれぬそもそも, 棄てて, 死にきれなかった, 決してならない, 済まされない, 済まされないと, 済まされぬ, 済まされん, 済まぬぞと, 済まんぞ, 片付かなかった, 理解し, 留まらない, 素通りし, 終わらぬ, 置かないから, 置けないよろしい, 置けぬ, 致しま, 見のがせぬと, 見過ごし難い, 許し置かれぬ, 詠まれぬ訳, 諾する, 逃せないの, 通らんぞ, 逢えぬ, 運ばれて

▼ まま死ん~ (67, 0.2%)

7 でしまう, で行く 6 でいた 5 でいる, でしまった 4 で了 3 でしまいたい, でゆく 2 でしまっ, でもいい

1 [23件] だって覚え, ぢまひさうな, でいます, でしまいました, でしまったら, でしまはない, でしまひたい, でたまる, でどう, では妄執, では後世, では私, でもこの, でも充分, でも思い残す, でも恨みません, でゐた, でゐる, で塩, で居る, で終わっし, で腐つ, で行き

▼ ままぼんやり~ (65, 0.2%)

10 して 2 した人影, と立っ, 何か, 庭の, 部屋の

1 [45件] その娘, つっ立って, とあたり, とこの, とこの世, とし, としていました, として庭, と仏像, と休ん, と其処ら, と司法主任, と家, と庭, と空模様, と突, と考えこん, と船室, と葉, と飾場, どこかへ, わたしの, 俯向い, 其処に, 動かなくなって, 向うを, 嘉七の, 坐つて, 塾生名簿を, 時代の, 歩いて, 歩き続けて, 母の, 点って, 空を, 空想に, 立って, 老道士, 考えこんだ, 考えた, 考えること, 考え込んで, 見送りそれから, 身動も, 馬車の

▼ まま~ (64, 0.2%)

2 に取ろう, に持っ, をつかね, を休め, を伸ばし, を合せ

1 [52件] でテーブル, で胸, と膝, にあった, にすくわれ, には施, にもっ, にナフキン, に取り上げ, に小, に持つ, に握, に薙刀, の指, は袂, むかいも, もそのまま, もろくに, をいれない, をうしろ, をうんと, をさし出しました, をつい, をむなしく, をむなしゅう, をも挙げざりき, をやっ, をヤヨイ号, を上げ, を休めよう, を伸べ, を使わず, を出さない, を出し, を動かし, を妙, を差し伸し, を延し, を延ばし, を延ばした, を引い, を引く, を後, を後ろ, を振っ, を振った, を携え, を放さず, を束ね, を離そう, 摺れた古い, 離しで

▼ まま立っ~ (64, 0.2%)

23 ている 21 ていた 4 て居る 2 ていました

1 [14件] てい, ていっ, ています, ているで, てじっと, てて, て室, て本棚, て犬, て砥, て縁側, て行った, て見, て雨戸

▼ まま身動き~ (61, 0.2%)

17 もしない 10 もしなかった 8 もせず 2 しようとも, すること, もしません, もせず坐っ, もできない, もできなくなっ

1 [14件] さえしない, さえしなくなった, しなかった, すらしなかった, もいたしません, もしず, もしませんでした, もせず坐, もできなくなった, もできません, もなさいません, も出来ない, も出来なかった, をする

▼ まま~ (61, 0.2%)

2 も上げず, をそむけ, を上げた, を上げなかった, を見合せ

1 [51件] から手, だけでわが, だけを窓, だけ伸子, だけ掻巻, に出し, に浮べ, の筋一つ, の筋肉一つ, の色, の表情, もあげず黙りこく, もあげない, も上げない, も本, も胸, も見せない, をあげた, をあげる, をかわし, をしかめ, をちょっと, をみせ, を上げ, を上げない, を上げる, を下, を動かした, を半分こっち, を向け, を天井, を擡げた, を擡げる, を斜め, を枕, を正面, を洗わない, を火照らした, を真っ赤, を見, を見あっ, を見せない, を見ない, を見合せた, を見合せました, を見合わせ, を見合わせた, を赧め, を部屋, を顰め, を高く

▼ ままそこ~ (60, 0.2%)

3 に立っ 2 にある, に近づい

1 [53件] からかすか, から動けなかった, から大きな, から少し, で別れ, にいる, にかけ, にがつくり, にさし置いた, にじっと, にたおれ, につっ立っ, にはいっ, には心中, にひざまずいた, にひらかれた, にぼんやり, に倒れた, に坐っ, に姿, に屈みこん, に山, に死んだ, に残された, に残っ, に泣き崩れ, に泣沈ん, に示される, に突っ伏し, に立ちすくん, に置かれた, に酔いつぶれ, の上がり, の床, の板敷き, の生活, の鎧戸, へしゃがみ込ん, へすわっ, へすわった, へぺたりと, へ倒れ, へ坐り込ん, へ差し出した, へ差出した, へ眼, へ腰掛け, へ膝, へ迎え, へ駈けた, を立ち去つ, を退いた, を通っ

▼ ままである~ (59, 0.2%)

2 かどう, から依然として, ことは, ことも, 駒下駄を

1 [49件] かはた, からもしも, から眠っ, がこの, がそこ, がそれ, が仏像, が多く, が女王, が梅雨, が片手, が砂利, ことに, ことを, さきほどの, し優しい, し義観和尚, そうだ, という, ということ, ところから, とそれ, と云われ, と思っ, と答える, と考える, なんていう, に過ぎない, のが, のとで, のに不審, のに家, のは, のも, のを, ものそれらの, ような, われらの, 上に, 事が, 呂布の, 周防も, 新むしろ, 死骸の, 状態は, 者は, 間は, 限り作家性が, 頃から

▼ まままだ~ (59, 0.2%)

5 帰って 3 一度も, 帰らないの 2 封も

1 [46件] お帰り, お歸, さめない, しりもちを, つかまらないから, グウグウ睡っ, 一戦も, 一縷の, 何か, 何事か, 出来上らないの, 口を, 同じ場所, 外へ, 姿を, 帯も, 帰らないので, 帰らぬ兵隊, 干かず血, 廻り続ける周囲, 息は, 息を, 戻って, 拳を, 掃除しない, 揺れ続けて, 東京へ, 槇の, 母の, 洞窟の, 深い眠り, 減水しない, 渡してない五十両, 湯にさえ, 白粉も, 皆んな寝, 福島興禅寺に, 笛を, 胸も, 自分の, 金蔓も, 鍵が, 開いて, 震える片方, 飽きずに, 黙って

▼ まま暫く~ (57, 0.2%)

4 黙って 3 の間, は口, 顔を

1 [44件] お待ちし, さきほどの, しても, の間唯一人, の間机, はうっとり, はその, はなに, は動けなかった, は夢, は時刻, は物, は茫然, は起きる, は身動き, は返事, は黙っ, ぼんやりし, 休息し, 分銅の, 動けなかった, 勝負を, 塩野の, 室内を, 席に, 彼の, 彼は, 憮然と, 揉み合って, 物も, 眼を, 空に, 答えること, 考えて, 考え込んだ, 苦しさうに, 蒲團の, 蛾の, 見物達の, 起き上らない月, 躊躇し, 身動きも, 重く黙っ, 間

▼ ままだった~ (54, 0.2%)

32 がやがて, が彼, が突然, そうです, のである

1 [41件] からまさか, から玄関, があばれだし, がそれ, がついに, がとうとう夜どおし, がところどころ, が一棟, が外, が態度, が新, が老, が草履, が足音, けれど店, しお祖母さん, してんで, しスリッパ, し山形警部, し彼, し男, という, という恐るべき, とか後で, とき嘉十は, とする, などと話し, のだ, のでしょう, のでペン, ので怪しむ, ので次郎, ので背骨, よ, 世田ヶ谷で, 伸子さんに, 千鶴子は, 生活から, 番町への, 紙片が, 頃幾人かの

▼ ままここ~ (53, 0.2%)

4 にい 2 で死ん, まで来た

1 [45件] から逃げ, でこの, でご, でへたばっ, でもただ, で動き, で埋もれ, で彼, で斬られ, で根, で行きだおれ, で雪, にいた, にいたい, にいつ, にいよう, にいる, にこうして, にバリバリ, に姿, に居坐りで, に採録, に書きつけ, に横, に残され, に置いた, へおく, へかつぎこまれた, へもお, へもどっ, へ倒れ, へ寝る, へ持っ, へ横, へ永住, までうかうか来, まで来, まで来たら, まで来られる, まで語った, を先途, を奴ら, を歩み去る, を立ち去る, を見棄て

▼ ままある~ (51, 0.2%)

4 例だ 3 のだ 2 くらゐである, のは, 時は

1 [38件] からその, がそれ, が展望, が首尾, くらいお, くらいの健忘症, こと, ことじゃ, ことでした, ことなり, という, という古記, とおり無理算段を, と聞い, のが, のである, のです, のでそのまま, ので何, のを, ものでございます, もんで, 事ながら, 事後に, 人の, 位, 例でございます, 剛腹の, 姿だ, 急な, 慣いだ, 慣いと, 文学癖の, 日本人の, 気質の, 程であった, 立ち姿の, 者は

▼ まま~ (50, 0.2%)

3 をつぐん, を開こう 2 もきかない, をきかない, をきく, を一文字, を利かなかった, を利く

1 [32件] がきけなかった, がふさがらない, だけを動かし, と眼, に出し, のなか, の中, へ放り込んだ, もきかず, もきけないあり, もつけず, も利け, をあい, をきかなかった, をつい, をつけ, をとじ, をぼんやり, をパクパク, をモゴモゴ, を出した, を利こう, を大きく, を尖らせ, を拭い, を確か, を聞かず, を閉じ, を開かなかつた, を開け, ん中, 籠る

▼ ままどこ~ (49, 0.2%)

4 かへ行っ 2 かへ出, へ行った

1 [41件] かで一緒, かの雑誌社, かへいっ, かへいっちまった, かへかくし, かへで, かへとん, かへ姿, かへ引っかかっ, かへ消え失せ, かへ穏, かへ蒙塵, かへ行, かへ行きましょう, かへ行ってしめえ, かへ走り, かへ身, かへ逃げ, からともなく, からどこ, かを拝む, か鳥, ともなく, ともなく消え去っ, の岩角, へかとん, へでも突っ走っ, へでも行く, へともなく, へも出, へ姿, までもあなた, までもお, までもどこ, までも杜, まで飛ん, やらその, をうろついてる, をホッ, を捜し, を歩いた

▼ ままなる~ (49, 0.2%)

2 姿を

1 [47件] がまま, が人, こと黄河に, その端, にかかわらず, ものとこそ, ものに, ものは, をこの, を区別, 人倫的關係は, 人生だ, 人生の, 冥漠の, 可く, 市民の, 広長舌を, 庭の, 心なり, 思に, 斷片的なる, 日本固有の, 木版刷の, 枯草は, 欲望に, 歌ひ, 民族の, 牡蠣の, 狼の, 石地蔵には, 神仙境へ, 空間を, 結城の, 芝居として, 草の, 華美姿名は, 蛙らに, 行衛, 見事なる, 見覚えの, 賓頭盧尊者の, 贅沢を, 身分を, 道を, 雨の, 願ひ, 高熱の

▼ まま二人~ (49, 0.2%)

2 して

1 [47件] から遠ざかっ, が事実, が腫れぼったい, が食堂, でなり, で坐っ, ともぼんやり, とも故人, とも梅, にキヤラメル, に会わなく, に別れ, のする, のほう, の上, の会話, の前, の博徒, の壮夫, の女中, の姉弟, の子供たち, の所, の會話, の様子, の狼藉, の都, の関係, の顔, はこの, はしばらく, はその, はニジニ・ノーヴゴロド, は地, は最後, は歩きつづけた, は火鉢, は立っ, は結ばれた, は肩, は雑談, ほどし, を見, を見る, を見比べ, を送っ, 居るの

▼ まま~ (49, 0.2%)

13 うごきも 2 じろ, の周囲

1 [32件] うごきが, うごきするもの, さえ眼, に纏う, に迫る, の及ばざる, も心, をかがめた, をこわばらせ, をすすめ, をそむけ, をそらす, をねじっ, をひるがえし, をもがい, を休め, を動かさなかった, を動かし, を屈ませ, を巡らした, を弾かせた, を悶え, を捨て, を清めぬ, を縮め, を翻し, を起した, を起そう, を踞, を辷らせ, を震わし, を飜

▼ まま~ (48, 0.2%)

5 を強く 3 の上 2 をさげ, を下げた, を下げる, を左右, を掻いた

1 [30件] から被りました, が低く, で会釈, にのっけ, に入れ, に手, に繋っ, はじっと, も上げ得ない, をさげた, をすくめ, をたれ, をひねり, をガックリ, をジャン・ヴァルジャン, をチチコフ, を上げた, を上げない, を下げ, を今一つ, を低く, を土手, を垂れ, を垂れ両, を射抜かれ, を抱え, を掉, を横, を立て, を軽く

▼ まま~ (47, 0.2%)

7 て来 5 て行った 4 て来る 3 ていった, てこなかった 2 てきた, てゆく, て来なかった, て行っ

1 [17件] ていたなら, ていっ, ていない, てしまう, て來, て居られる, て日, て来た, て来ない, て来よう, て行かなかった, て行かれ, て行き, て行きました, て見る, で去る, 來る

▼ まま~ (47, 0.2%)

3 を振った 2 だけを擡げ, を前, を垂れ, を振っ, を横, 垂れて

1 [32件] だけさし延し, だけで生き, だけのばし, だけひょいと, だけをうしろ, だけ仰, だけ垂れ, にかえ, の処, も廻さず答えた, をかしげ, をがっくり, をくくられる, をすくめ, をたれ黙っ, をねぢ, をひねった, をふっ, をグッ, を伸ばし, を傾げ, を吊っ, を少し, を左右, を廻さず, を引っかけよう, を後ろ, を振り, を掉, を掻かれかけ, を擡げ, を机

▼ ままただ~ (44, 0.1%)

2 ぼんやりと, 黙って

1 [40件] あれあれあっと, いつまでも, いらいらした, ぐったりと, すこし傾い, そのままの, その両, その円ら, ちょっと足, でこの, で搾られなけれ, とび出た高い, にやにや笑っ, の二千五百ドル, はいはいと, ひたすらに, ひとり家を, ほんの形式的, みんなが, 一言, 両手を, 口伝えに, 唖然たる, 喊声を, 天に, 夫が, 彼の, 恍惚と, 白い牙, 笑って, 細い呼吸, 結目を, 耳を, 茫然と, 蒲団を, 表現したい, 視線だけを, 頭を, 頷き頷き聞いて, 黙然と突っ

▼ まま~ (43, 0.1%)

4 いって 3 なって 2 すれば

1 [34件] いえば, いっても, おっしゃって, しながら, し伏字, するの, なした, なったので, ならず危なく, なり室内, なり得た, なり来りました, びだしてゆかれましたがあの, ほくの, ぼとぼと浜づたいに向こう, ツとと, 云うべし, 云ったのよ, 今日も, 仮定し, 信ずべき姿, 小言, 思って, 思ひ諦めて, 思われないわ, 気まぐれの, 申す訳, 茶椀を, 見えるが, 見え穴, 見なければ, 言い触らされました, 言ったよう, 諦めるべく教える

▼ ままならぬ~ (43, 0.1%)

2 もので, ものである

1 [39件] うきよ, かな, がいつか, ことのみ, ことは, ことばかり, ためしが, は浮き世の常, ものだ, ものだらけだ, ものであります, ものです, ゆえまず, をひそか, テッテチチンテッテチチンリンリン, 世に, 世の, 世の中です, 事である, 体を, 嘆息を, 夕餉の, 奥勤め, 寝たきりの, 座敷牢ゆえ大目付御, 恋の, 掟に, 日に, 浮世が, 浮世に, 浮世の, 浮世や, 浮世を, 深夜に, 病の, 身であった, 身でさえ, 身を, 重蔵ともすると

▼ まま帰っ~ (43, 0.1%)

10 て来ない 3 て来た 2 てこなかった, てしまっ, て了, て来なかった

1 [22件] ちゃ今晩, ておく, てきた, てこなくなりました, てこぬ, てしまえ, てしまった, ては三度, ては弓師左衛門, ては此処, てまいりましょう, てもいい, てもよい, てもよう, ても可, ても目, てゆく, て往, て明日, て来ぬ, て来ません, て考え

▼ まま静か~ (43, 0.1%)

2 にし, に立っ

1 [39件] にあたり, にすごされるであろう, にすらすら, にそこ, にその, につづけた, にひとつ, によける, に一本, に三右衛門, に上, に云いました, に動い, に午睡, に向う, に四辺, に坐禅, に女, に山みち, に廊下, に彼, に息, に扉, に日, に春先, に暗中, に死, に清らか, に甲板, に突, に立, に立ちあがった, に答えた, に老いる, に聞き終った, に部屋, に鉄びん, に静か, に鰭

▼ ままじゃ~ (42, 0.1%)

2 だめに, ないか, 引込めねえ

1 [36件] あたしの, あっしの, あんまりだ, あんまり手がかり, いかんよ, いられぬさ, いられねえ全くこう, かえって悪い, すまんでしょう, どうにもうだつ, ないの, まだ貧弱, やがて見つけ, やって, よく見分けられません, ア駕籠を, 仕事に, 僕には, 出来ない芸当, 危険な, 商人は, 居られないと, 往生が, 持って, 果てしが, 済まされないなあ, 済まねえから, 濟まされん, 無理だろう, 無理でしょう, 私が, 私の, 置けねえよう, 蛇の, 通夜も, 餓え死んで

▼ まますぐ~ (41, 0.1%)

1 [41件] おあと, ご本城, たべたり, にお, にその, に夜, に女, に帰っ, に引き取り養い育てる, に戸, に歩く, に眠る, に行く, またひたと, ま近, わしと, 両手を, 二条城へ, 二階の, 二階を, 別れるの, 包囲態勢に, 向うの, 大通りの, 小さい姿, 山を, 帰って, 座敷の, 後任を, 思い出されたこと, 扉が, 拡い, 木の, 殿が, 生捕られ, 睡った, 私の, 腐って, 電車へ, 食事に, 駒に

▼ ままもう~ (41, 0.1%)

2 一人の, 一方の

1 [37件] あわずなる, いちど遠い, おれも, お前なんかに, そのこと, その先, どこにも, スッカリ大丈夫な, 一つの, 一つ上の, 一ぺんベニスの, 一枚の, 一歩も, 一目散に, 一羽は, 一露里ばかり, 二ヶ月以上も, 二十四にも, 五十年も, 入口に, 冷たくなってた, 声を, 夕方にも, 帰っても, 永久に, 泥棒などとは, 浅瀬へ, 火の, 胡麻粒ほどにしか, 自力では, 見える心地, 身うごき, 身動きも, 身動き一つしなかった, 退けない立ち, 顔を, 鹿は

▼ まま~ (41, 0.1%)

1 [41件] がおとっつぁん, がかわった, がじ, がまま, である女王さま, となった, と同じ, と姉, と若い, なのにな, なる人, にきいた, に何とも, に叱られ, に後ろ, のし, のまま, のもの, のやう, のトラ, の冷淡, の前, の奨める, の方, の生き, の膝, の足もと, は, はあいつ, はいそい, ははじめ, ははす, は後ろ, は短く, は自殺, もそれ, もまま, らしくむごたらしく, を殺させた, を洗っ, 育ちとて

▼ ままにて~ (40, 0.1%)

2 えも

1 [38件] あがりこみたしかに, ありき, いう, いかにし, いまだ掘発さざる, お見逃し, すなわち貨物, その腕, その門, なお十分間, 今日まで, 出入し得るなり, 動く, 地下に, 寐入らんは, 帆村の, 床を, 往き懐, 御前へ, 捨て置きぬ, 桟橋の, 標縄を, 気死す, 渡ること, 牛乳一合紅茶ほぼ, 發表しました, 答ふれ, 終りし第, 結構なり, 自然この, 自由に, 行ききする君, 豊頃にては, 走り出で, 迷う, 里へ, 金衣玉食を, 鍋一つにて

▼ ままです~ (39, 0.1%)

42 から, が, と手仕事, わ

1 [27件] か, かえ, からいま大久保, からとても, からね, から今日, から今晩, から夜, から御, から曲者, がいずれゆっくり, が一ヵ月, が主体, が今晩, が幸い, が硝子, けれど, けれどお, しあの, しましてや, とどうも, とも, と一々, と来年夏ごろ, と私, 人々は, 目下の

▼ まま両手~ (38, 0.1%)

3 で顔 2 をポケット, を衣兜

1 [31件] でお, でしきりに, で五郎, で抱きかかえ, で椅子, とも放し, と足, に手錠, のなか, をうしろ, をかたく, をさ, をつかえた, をのばし, をのべ, をズウ, をズボン, を動かした, を外套, を尋常, を左右, を帯, を拡げ, を目, を突い, を胸, を腰, を膝, を良人, を近づけ, を頭

▼ まま~ (38, 0.1%)

5 の方 3 の中, へ帰っ 2 の前, へ帰り

1 [23件] にある, にじっと, に帰, に帰った, に帰る, に納, の内外, の者たち, の露地, へかえる, へは一寸, へは入れ, へも帰れねえ, へ帰れ, へ戻, も身寄, をつい, をで, をとびだし, を出, を出た, を寺院精舎, を飛びだした

▼ まま彼女~ (38, 0.1%)

2 を見

1 [36件] がつい, が両手, が反問, が教壇, と別れ, と果てし, に意中, のとうに, の前, の姿, の恋愛問題, の手, の方, の言葉, の長屋世帯, の顔全体, はおれ, はさまよっ, はすこし, はついに, はもう, は五月, は彼女自身, は横歩み, は着物, は遠く, は部屋, は顔, は首, もそれっきり, をじっと, をながめ, をながめた, を手, を抱き寄せる, を毎日寺

▼ まま~ (38, 0.1%)

5 を殺し 3 絶えて 2 が絶え, が絶えた, もつかず, をつめ, を呑ん, を引き取った

1 [18件] がなくなっ, ずすり, のつまり, もつけない, もできない, も絶え絶え, をころし, をし, をのん, を引, を引き, を引きとった, を殺す, 堰き切って, 絶えた, 絶えたが, 絶えぬ, 絶える

▼ まま~ (37, 0.1%)

1 [37件] あの人, あり無駄, あんまりはっきりと, いい, いいという, いいの, いかにも素直, かわいそうにも, きいて, くりと, この人間, そこに, むしろよい, よい, よいとして, よい自己, よく外, ッくり横に, 先入主と, 出まして, 動きの, 報告せられ, 好きだ, 娘の, 成仏の, 有りの, 本然の, 殿様の, 直ちにもっ, 絶頂に, 続いて, 続くもの, 言へ, 躍動したら, 通るから, 過ぎましたので, 風雅なら

▼ まま部屋~ (37, 0.1%)

9 の中 4 を出 3 の隅 2 のなか

1 [19件] から出, から運び出された, から部屋, から駆け出し, に帰っ, に残し, に這入っ, のマン中, の入口, の出口, の反対, の向う, の敷居, の方, へ佃, を出る, を外, を小走り, を片づけ

▼ まま~ (36, 0.1%)

2 を, を閉じた

1 [32件] じろぎもせず男, でいそいそ, につかない, には涙, に見えぬ, のくらむ, の前, もつぶらない, をかっと, をさました, をすえ, をつぶ, をつぶっ, をつぶった, をつぶつて, をねむっ, をふさいだ, をま, をむきました, をパチパチ, を上げ, を光らし, を半眼, を眠った, を瞑る, を瞠, を瞬い, を輝かせ, を閉じ, を閉じる, を離, 無魚

▼ ままでも~ (34, 0.1%)

1 [34件] あったし, ええから, おそらく死ぬ, かまいません弁信さん, すぐ寝られる, すぐ花前, その物質, ともかくも, よいから, よいが, よい苔, ようございます, よく分ります, らくにふける, 三百円の, 事は, 何事に, 出来ること, 多分小舟, 大衆物は, 好いその他, 心の, 教会へ, 新進気鋭の, 構わないわ, 立体的な, 立派な, 絵図を, 置けますまい, 肌寒い, 船の, 許すほどに, 食えないのに, 飲み食いが

▼ まま~ (34, 0.1%)

5 もって

1 [29件] おじちゃんに, から直ぐ, が今, ではもう, では行く, とりあげたばかりの, なお呂布, なお山上, のところ, のよう, の態度, の舌, はただ, は外光, は所在, は静, は顧みられ, は髪, また一条, までにどの, までより勢, もその, もなお, も通用, オクサーナの, 以て, 拭いて, 迄世話, 迄通り

▼ まま再び~ (34, 0.1%)

2 動き出して, 外へ

1 [30件] クランクを, ベッドに, ベツドに, 世に, 動けるようす, 同じ風景, 味方の, 大阪へ, 姿を, 寝て, 寝床の, 山門を, 引退した, 待合に, 戻って, 東京へ, 案内人を, 注意を, 深夜の, 熊笹の, 病院に, 瞼を, 膝を, 舞台に, 褥の, 言葉を, 退こうと, 靴跡の, 飛ぶ勢, 麦こき

▼ まま~ (32, 0.1%)

9 を向い 2 に置い, へ降り

1 [19件] からお, からとみ, から仰向いた, から坂井, から彼, つてゐる, の混沌, の町, の踊り場, は機関室, へたれ, へ強請, へ落す, へ落ちよう, へ降りる, を向いた, を見, 唇の, 唇を

▼ まま~ (31, 0.1%)

2 のする, をあげ, をかけた, をかける, を立て

1 [21件] しのばせて, だけはひどくやさしい, だけは愛相, なき者, の懸る, の高, は船, ひくく越前守, もない, も出さず, も嗚咽, も立てず, も立てなかった, をかけよう, をしぼっ, を上げた, を出し, を投げた, を掛けた, を限り, 低く悲しそう

▼ まま少し~ (31, 0.1%)

1 [31件] こごみ加減, ずつ入り口, ずつ前進, ずつ深い, だって発展, の食事, は醉, もため, も先, も動かない, も揺れ動かぬ, も膝, も臆, も進ん, 伏し目に, 体を, 前へ, 厳しい目付き, 及び腰に, 固くなっ, 意地わるに, 押して, 拳を, 物を, 猫背に, 蒼い顔, 身を, 身動きが, 開いて, 開かれて, 顔を

▼ まま~ (31, 0.1%)

12 の上 2 の中

1 [17件] から生えた, から脱, にあがっ, にごろりと, にどう, にひざ, に入っ, に入った, に入り, に帰り, に釘, のあたり, のうえ, の奥, の方, の背後, を取らし

▼ まま返事~ (31, 0.1%)

9 をしなかった 6 もしない 2 もしなかった, もせず, をしない, をしよう 1 さえしない, さえろくに, さえ出さなかった, した言葉, もしなけれ, も待たず, をしぶっ, をしませぬ

▼ まま~ (30, 0.1%)

7 いって 2 いつて, ひつて

1 [19件] いる, いる風, いれた, かまわないもの, たりと, なすの, なれません, ッた, ッと, ッという, ッは, 今でも, 今の, 住めないし, 女性の, 帰さぬ積り, 怠け方同様, 無礼でござろう, 進めないぜ

▼ まま放っ~ (30, 0.1%)

7 ておく 3 ておい 2 ておき, ておけ, て置かれる, て置く, て置け 1 てあった, ておかれた, ておかれたら, ておきます, ておこう, てはおけない, て来た, て置いたら, て置けない, とくと危

▼ まま眠っ~ (30, 0.1%)

12 ている 8 ていた 2 てしまった 1 ていました, てしまいました, てでもいる, て了, て仕舞いました, て居た, て居るらしい, て進みつづける

▼ まま~ (27, 0.1%)

2 をも見ず

1 [25件] から縁, じさりながら, じさりに, すざりして, すざりを, に振り返った, に断崖, の句, の方, の秀吉, の語, は二人, は口, は多く, へ反り, へ後, へ退がっ, へ退く, も見ず, を向い, を嗣がせなけれ, を慕っ, を続けた, を追って, 片づけも

▼ まま~ (27, 0.1%)

3 をかけ 2 を下ろし

1 [22件] に吊っ, のポケット, の浮き浮き, は落着, もあげよう, をおろし, をかがめ, をかがめた, をかけよう, をつい, をのばし, を上げた, を下しめされ, を下す, を屈め, を抜かし, を抜さん, を振っ, を振り, を掛け, を曲げ, を浮かした

▼ ままそっと~ (26, 0.1%)

7 して

1 [19件] かすかに, その手, どこかへ, ひとりごとの, 上陸した, 人形を, 垣根から, 宝物の, 帰って, 店の, 歌いました, 母の, 爪先で, 眼を, 縁側に, 老妻, 自分は, 部屋の, 障子を

▼ ままであった~ (26, 0.1%)

2 がその, がそれでも, のを

1 [20件] かという, かも知れない, からボート, がある, がそれら, がピクリ, が肩, が風, けれど彼, こと, ことは, ことを, そうです, という事実, としてもその, のだ, のである, ので今日, ので殆ど, 時は

▼ まま~ (26, 0.1%)

3 を明かす 2 が明け, になる, を過ごす

1 [17件] が明ける, が暁けた, にとざされよう, に入ら, のうち, の人通り, の光, の明ける, の櫟林, の跫音, の銀座通, の露, も十二時近く, をなに舞, を込め, を迎えた, を過した

▼ まま~ (26, 0.1%)

7 になっ 4 になった 2 になる

1 [13件] からその, ずわりに, にし, になつ, に倒れ, に投げやり, に為っ, のほう, の山道, はつて, はりそして, わって, を向い

▼ まま考え~ (26, 0.1%)

10 ていた 9 ている 1 ています, てみた, てもおそろしい, て居る, ながら井上, に沈ん, 深そう

▼ まま今日~ (25, 0.1%)

2 に及んだ

1 [23件] にいたっ, にいたる, につづい, になっ, に到った, に来, に立ちいたった, に至っ, に至った, に至る, に至れり, の文学, の程度, はこの, はこれ, まだお, まで, まで一片, まで何, まで行方, まで行衛不明, まで過ぎ, も堆い

▼ まま~ (25, 0.1%)

2 のホテル, の人

1 [21件] においてあります, にのめり, に台, に坐っ, に据えられた, に輪, のほう, の広場, の方, へかがみこんだ, へのっけ, へのばし, へ出, へ出た, へ屈身むようにして, へ突っ伏さる, よりも手荒, よりも雄弁, 脚の, 褄を, 跼みの姿勢

▼ まま~ (25, 0.1%)

3 が遠く, のない, をうしなった, を失っ

1 [13件] が付いたらしく, が向く, が抜けた, が狂う, になる, のむく, の向く, の遠く, をうしないかけ, をうしなっ, を付け, を失つて病室, を許さず

▼ まま~ (25, 0.1%)

2 にともなし, も彼

1 [21件] かに頼む, かの話, からも顧, とはなく睨みつけ, とも顔, にも気付かれない, にも自分, にも顧みられない, の顔, もあそこ, もひそか, も揚手, も来ない, も気付かず, も腰, も話そう, も貰い手, も起し, も頭, も黙り込んだ, れの

▼ まま伸子~ (24, 0.1%)

1 [24件] がだんだん, がつづけた, が一人, が外套, と素子, にさしつけた, にとって手, の視線, は, はあちらこちら, はいつ, はしばらく, はじっと, はその, はやっと, はやっぱり, はロンドン滞在, は気, は熱心, は紙面全体, は蜂谷, は返事, は顔, を見つめ

▼ まま茫然~ (24, 0.1%)

1 [24件] とし, として三千代, として仁王, として眼, として立ちたる, として轅棒, とただ, となっ, と半, と吹く, と家々, と彼, と往来, と月, と法水, と真っすぐ, と眺め, と眼, と突っ, と老人, と自分, と虚脱, と血, と雨

▼ まま~ (23, 0.1%)

2 から出, の方, へはいった, へ入っ, へ這入っ

1 [13件] から呶, にある, のほう, の窓, ふかく逃げこん, へはいっ, へも行かず, へ走り込んだ, へ這入った, へ駆け込む, を向い, を振り向い, 坐舗

▼ まま~ (23, 0.1%)

3 で呼吸 2 で息, に波, をすくめ, を震わし

1 [12件] が撓っ, で戦慄, で泣いた, のいたみ, へ手, をうごかし, をすくめた, をすこし, をゆすっ, をゆす振る, を彼, を戦かし

▼ まま~ (23, 0.1%)

6 ている 3 ていた 2 ていました

1 [12件] たり聞い, ています, ておりました, ております, てもいられない, て引っこめる, 張の, 張所の, 棄つべき, 遁が, 遁し, 遁せ

▼ ままにな~ (22, 0.1%)

9 つてゐた 3 つてゐました 2 つてし, つてた, つてゐ 1 つてす, つてゐます, つて人影ひとつ見えぬ, つて居られました

▼ ままにも~ (22, 0.1%)

1 [22件] いいだろう, いたし難い, おさえが, させず振舞うので, して, それを, たれて, どこか, ならぬ, なりそう, なるからと, もう写真, 何かしら悲しい, 取りまとめる間, 好意を, 折れ曲り又, 暫くそれ, 直義は, 置かれない, 美しい眺め, 自然に, 身の

▼ まま~ (22, 0.1%)

2 をわななかした, をワナワナ, を噛ん

1 [16件] から耳, の左右, の隅, も動かさず云った, をかみしめ, をかん, をひらかないほほえみ, をぶるぶる, をわずか, をキッ, を二三度, を噛んだ, を小さく, を指, を結び, を結ん

▼ まま~ (22, 0.1%)

3 の顔 2 の後姿

1 [17件] がある, にした, に見せた, のごとく泣く, の出, の前, の後, の白粉, の耳, の話, の長い, はそちら, はフロア, は内, は凝固, は背後, を睨みつけ

▼ まま~ (22, 0.1%)

1 [22件] めんなせ, 両所ここは, 主君の, 仏の, 命令どおり安土を, 家臣方が, 屋敷へ, 恩に, 成道へ, 最後の, 枕もとへ, 無礼を, 発駕に, 祈りの, 納戸に, 自滅の, 辛抱なすっ, 辞儀を, 近所の, 返し申します, 退席を, 隠居おさせ申す

▼ まま相手~ (22, 0.1%)

1 [22件] がほんとう, が何と, にならない, に感じさせかねた, のいう, のだだっぴろい, のつんと, のなか, の凝視, の危急, の指, の激情, の眼, の胸ぐら, の足もと, の身体, の顔, はそれでも, は下, を探る, を足, を静か

▼ まま~ (22, 0.1%)

9 の上

1 [13件] から下, でダンス, で突, に手, に挟んだ, に置い, もくずしません, をかかえ, をつい, をまわし, をもっ, をゆすっ, を組ん

▼ まましばし~ (21, 0.1%)

2 いうことば

1 [19件] うつ向いて, がほどはみな心, ことばも, その煩悩, の間, はせん, は口, は母, は考える, は言葉, 二人の, 声を, 天井を, 沈黙を, 皆無言, 言葉が, 面も, 頂の, 額を

▼ ままつい~ (21, 0.1%)

1 [21件] いい氣, うっかりと, それなりで, ている, て出た, て来た, トソ気分で, 今日までも, 仕舞いも, 仮寐, 忙しいまま, 快い眠り, 所々筆を, 拭きも, 木立を, 答えつい, 見落されて, 言った, 話しこみかけて, 釣込まれて, 長い時刻

▼ まま~ (21, 0.1%)

2 に出た

1 [19件] から直に, にとび出しました, に下り, に下り立った, に出, に飛ん, に飛降り, に飛降りる, のほう, の上, の柘榴, へはいっ, へ下りた, へ出, へ飛び下り, へ飛び下りる, へ飛び降り, へ飛び降りた, をながめ

▼ まま~ (21, 0.1%)

1 [21件] しそう, にお宮, にかけだし, にこう, にとめどなし, には出ず, には言葉, には返事, に力, に咳き出した, に寝酒, に応えるべき, に無口, に目, に言葉, に進行, に長火鉢, に降り, に顔面, に黙り込ん, 角度で

▼ まま片手~ (21, 0.1%)

1 [21件] でうしろ, でがつ, でしっかり, でチチコフ, で不精, で彼, で畳, で目, で薄, で解剖着, で額, で顎, と片, に二束八銭, に吾輩, に次の間, に盃, の刀, は鉛筆片手, を下, を地

▼ まま身じろぎ~ (21, 0.1%)

8 もせず 4 もしなかった 2 もしない 1 もしなかつた, もしません, もしませんでした, もできない, をし, 一つしない, 一つしなかった

▼ ままちょっと~ (20, 0.1%)

2 の間

1 [18件] この飾り窓, の間ピクッピクッ, マッグの, 上体を, 僕の, 引っこんだ, 微笑した, 思案し, 房之丞に, 振返ったが, 横須賀の, 段階の, 立ち止まった, 船長に, 観音堂を, 途方に, 頭を, 首を

▼ ままもの~ (20, 0.1%)

2 もいわず, もいわない

1 [16件] がいえないらしい, が云, だネエ, なん, の十五分, もいえなかった, もいえなくなりました, もいえません, もいわず坐っ, もわからず, をいう, をいった, をもいわず, を暑, を考える, 言わず

▼ まま動こう~ (20, 0.1%)

9 ともしない 3 とはしなかった 2 とはしません, ともしなかった 1 としない, としなかった, ともしなけれ, ともせぬ

▼ まま坐っ~ (20, 0.1%)

8 ていた 4 ている 1 てい, ていれ, てしまう, てしまった, てまた, て一生けんめい, て動かず, て死ん

▼ まま~ (20, 0.1%)

3 に出た

1 [17件] ならぬ生み, にとびだした, にはっきり, に残され, に送り出し, の往来, の明るみ, へ, へとびだし, へ出, へ抱え出した, へ落ちました, へ飛び出した, へ駈け出した, を眺めた, を見, を覗き

▼ まま~ (20, 0.1%)

3 の隅 2 の中, の外, を出

1 [11件] から室, の中央, の四隅, の様子, の片隅, の真中, の隅々, の隅っこ, へあがっ, を出るで, を立ちいでた

▼ まま歩い~ (20, 0.1%)

4 てゐた 3 ていた, ている 2 て行った 1 ていく, ていくなら, ていった, てくる, ても楽, ても苦しく, て来る, て行く

▼ まま~ (20, 0.1%)

2 がすくん

1 [18件] が竦ん, のむく, の先, の方, の爪, をうそ, をばたばた, をぱたぱたさせた, をふみ, をやや, を入れ, を古町, を忍ばせ, を挫, を早め, を早めた, を洗っ, を踏み入れる

▼ まま長い~ (20, 0.1%)

2 釣竿を

1 [18件] あいだじっと, あいだ机に, こと考え込んだ, ふるえた溜息, 吐息を, 坂道を, 息を, 溜息を, 登りを, 瞼毛に, 花茎の, 街を, 間奇怪な, 間対座し, 間断ない, 間畳の, 間空を, 間蒲団の

▼ ままあの~ (19, 0.1%)

2 小さい窓

1 [17件] お宿, みょうな, ろう面の, 人たちに, 人とは, 人は, 土手の, 威嚇の, 客間の, 屋敷の, 時持っ, 殺人宣言は, 男の, 若旦那様で, 覆面を, 観音へ, 青年たちを

▼ ままこれ~ (19, 0.1%)

1 [19件] あり, ですが, で失礼, はどう, はまったく, への途中, ほどの他人, まで人任せ, まで軍, もしばし, もやっぱり, も何, も審, も自分, も頭, も顔色, を尋ね, を幕府, を膠

▼ まま一言~ (19, 0.1%)

4 も口 2 も発しない

1 [13件] の言い訳, もいわぬ, もなく, も云え, も云わず, も出さない, も反駁, も彼, も物, も発しなかった, も発する, も発せず, も言わない

▼ まま~ (19, 0.1%)

14 のよう 2 にでもなった, になっ 1 になりたい

▼ まま~ (19, 0.1%)

3 の前, の外

1 [13件] からにげた, から外, から空, によりかかっ, に移る, のほう, の下, の所, の方, をじろじろ, を乗り越え, を眺め, を離れ

▼ まま置い~ (19, 0.1%)

6 てある 2 てあった

1 [11件] たりする, てあっ, てありました, ておかえんなさいました, てお貰い, てかつ, てくる, てそれから, ては何, て来た, て行かれた

▼ ままでした~ (18, 0.1%)

2

1 [16件] か, からあいきょう者, からそっと, からその, からとうとう, からとするなら, からヨハンネス, から中, から九時頃, から心得, がでも, がほか, がわなわな, が夜中ごろ, が沢村さん, のでむろん

▼ まま帰る~ (18, 0.1%)

4 のは 3 のも

1 [11件] この話, としましょう, なんていや, にはいい, のか, のを, も呆気なく, も無念, わ竹村さん, 気などには, 気は

▼ まま椅子~ (18, 0.1%)

4 の上 2 に腰

1 [12件] から床, から立ち上った, から立っ, にかけ, にこしかけました, に半身, のうえ, のなか, の所, の背, の脊, を離れ

▼ まま~ (18, 0.1%)

2 の中

1 [16件] から二時間湯, から四時間, にうつる, におぼれ, にひかれ, に投げこまれ, に洗われ, の面, へはいっ, へ入れ, へ溺れる, へ転げ落ちる, もひかない, も垂, をけっ, を打った

▼ まま~ (18, 0.1%)

3 を流し 2 を落した

1 [13件] がひとりでに, で顔中, にむせん, のひま, の面, も涸れ, をこぼした, をバラバラ, をポトポト, をポロポロ, を一杯, を払っ, を拭い

▼ ままなら~ (17, 0.1%)

1 [17件] ただの, ついに人, で今年, で歯, どこに, ぬかごの, ねエもんだ, ば二時間位, ば当然, んとぞ, イヤぞい, ネエか, 何の, 何処へでも, 危険と, 彼の, 遂に人

▼ ままよと~ (17, 0.1%)

2 観念し

1 [15件] いきなり美女, いつたん帰郷, どっかりそこ, なって, はいり餓鬼, 切りだして, 思いすでに, 思うて, 思って, 歩きだす, 濡れながら, 胆を, 腹を, 自分も, 覚悟し

▼ まま~ (17, 0.1%)

7 に立っ 1 きに, に帰っ, に預け, のお, の家老志津, の旅, へ先, へ歩い, を争う, を促した

▼ まま~ (17, 0.1%)

5 ていた 4 ている 1 たり起き, ちゃったらしい, ています, てしまいたい, てしまった, てしまったら, ても醒め, てゐた

▼ まま忘れ~ (17, 0.1%)

5 ていた 3 てしまっ, てしまった 1 てい, ていった, てしもてた, て仕舞った, て会, て出

▼ まま~ (17, 0.1%)

8 の上 2 の前 1 にもたれ, によりかかっ, に両, に右, に頬杖, の下, を脊

▼ まま無言~ (17, 0.1%)

2 でいた

1 [15件] がつづいた, だった, って了, である, でそこ, で別れた, で大きく, で歩きつづけ, で突, で立っ, で聞い, で遠く, なの, のうち, をつづけ

▼ まま身体~ (17, 0.1%)

1 [17件] が化石, が氷, が痺れた, が腐っ, だけを故, に巻きつけ, の蔭, をこごめ, をゆっくり, をわなわな, をビクッ, を丸く, を伸ばし, を右, を固く, を斜め, を逆さ

▼ まま~ (16, 0.1%)

5 腕を 2 肱を 1 の掌, 掌を, 耳の, 股を, 腕から, 腕で, 膝で, 膝を, 袖を

▼ まま~ (16, 0.1%)

1 [16件] からちゃんと, にいる, にはいっ, に入り, に這入った, のようす, の品, の巡査, の座敷, の抽斗, の様子, の銅板, へはいる, へ入れられた, へ這入ろう, 曾夫人は

▼ まま~ (16, 0.1%)

4 の手 2 の眼 1 あらんとのみ, で足太鼓, の二の腕, の拳, の方, の短い, の腕, の袖口, へゆっくり, へ大きく

▼ まま残っ~ (16, 0.1%)

6 ている 5 ていた 1 てい, ています, ております, てぼく, て居た

▼ まま~ (16, 0.1%)

9 の上 2 のうえ 1 のへり, へおどり上っ, へ俯伏, へ涙, へ片手

▼ ままこう~ (15, 0.1%)

1 [15件] いったの, いって, して, しても, どこへも, やって, 主税, 云う愚痴, 云う話, 云った, 如来に, 歎息した, 続けました, 言いました, 高らかに

▼ ままだんだん~ (15, 0.1%)

1 [15件] おりて, かたむいて, と更け, 冷たくなっ, 寝台の, 左舷へ, 心配が, 憂鬱に, 持ちこたえて, 持ちこたへて, 気が, 深く空虚, 町外れの, 軽蔑の, 遠ざかって

▼ まままるで~ (15, 0.1%)

1 [15件] その癇, 二本の, 作りつけたよう, 列車の, 化石した, 小説本でも, 心の, 振り切るよう, 暴風の, 死んだよう, 無人境みたいに, 着ないし, 自失した, 誰にも, 青ざめはてた大刀

▼ ままやはり~ (15, 0.1%)

2 答えが

1 [13件] このまま, その美しい, 地べたに, 壁を, 夢を, 左右に, 巻煙草ばかり, 日向ぼっこを, 眠って, 眠り続けて, 答へが, 足もとを, 身動きも

▼ ままジッ~ (15, 0.1%)

2 として動かなくなる, と前

1 [11件] とこの, とし, としてい, として動かなかった, と停っ, と徳市, と目, と考え, と耳, と腕ぐみ, と腕時計

▼ まま~ (15, 0.1%)

2 にあがっ

1 [13件] から三人, から羽織った, になり, の人, の方, の間, へあげ, へと命, へひっぱられ, を仰い, を向い, を見, を見上げた

▼ まま右手~ (15, 0.1%)

2 の指, をあげ

1 [11件] から走り出, にはフィルム, に振りかぶつ, の方, はポケット, へ廻る, をうしろ, をがくがく, をのばし, を前, を男4

▼ まま持っ~ (15, 0.1%)

1 [15件] ていた, ている, てお, てきた, てこられよう, て出, て参りました, て夫, て帰っ, て帰った, て帰ったら, て帰りました, て来た, て行く, て行っ

▼ まま捨て~ (15, 0.1%)

3 ておけ, て置く 1 てある, ておいた, ておいたら行く, ておかれた, ておく, てしまおう, ても置けまい, て置け, て行く

▼ まま時々~ (15, 0.1%)

2 仙太郎の

1 [13件] その雑誌, は質問, ひくい呻き, 一滄の, 下駄の, 取ってつけたように, 口笛などを, 思い出したよう, 涙を, 素通りを, 鈴を, 銚子を, 鞭を

▼ まま武蔵~ (15, 0.1%)

2 はもう

1 [13件] のからだ, の守勢, はわらじ, は依然, は初めて, は堤, は封, は後, は歩い, は空, は谷, は遠く, は鶏

▼ まま泣い~ (15, 0.1%)

5 ていた 2 ている 1 たりし始めた, ていました, てしまう, てしまった, てはおるまい, てゐる, て泣い, て鼻

▼ まま~ (15, 0.1%)

1 [15件] が倒れ, と藪, のつい, のもたれ, の人, の声, の眼, の顔, はさっさと, はだる, はまた, は一抱え, は寝間着, は鏡, を憎悪

▼ まま~ (15, 0.1%)

1 [15件] がいっぱい, と顔, に浮ん, に臨める, のあたり, のすみ, のふれあう, の上, の中, をかきむしりはじめる, を伸し, を刺され, を大きく, を突出, を震わせ

▼ ままそう~ (14, 0.0%)

2 言いました

1 [12件] いって, でしょう, と口走った, な様子, 上らないかも, 云い捨てて, 云う女, 云う静かさ, 云われて, 思い同時に, 観念し, 言って

▼ ままであっ~ (14, 0.0%)

1 [14件] たり当人, てすこしも, てその, ては日毎, てひとり火, てほしい, てほしかっ, てもすべて, てももはや, ても組織, て三人, て猶且つ, て自分, て間口

▼ ままなお~ (14, 0.0%)

1 [14件] そこに, それを, ひとりごとの, 人としか, 姿だ, 家臣と, 少し堂, 山を, 持って, 果ても, 熱心に, 知らずに, 顔を, 黙々とせる

▼ まま一度~ (14, 0.0%)

2 も姿, も打ちとけ, も顔 1 だけ目, にひっそり, もそこ, も使用, も少年たち, も開きません, も首, 見に

▼ まま~ (14, 0.0%)

1 [14件] が住んでる, に助けられ, に理解, に知られず, のすすめ, の動き, の勝手, の好い, の家, の座敷, の立ち入り, を殺し, 無きが, 跡絶えたモノスゴイ山奥

▼ まま~ (14, 0.0%)

2 の事

1 [12件] と関係, の場所, の室, の手, の片方, の物語, の紙, の西洋人, の部屋, へ姿, 吉の, 吉を

▼ まま倒れ~ (14, 0.0%)

3 ていた, ている 1 かかつて, これに, てい, ていました, ています, ているなら, てしまった, もせず

▼ まま~ (14, 0.0%)

2 の家, の言葉 1 が蛇, と会っ, の全身, の手, の部屋, はある, はずうっ, は表, は風呂桶, をとりかこんだ

▼ まま入口~ (14, 0.0%)

1 [14件] からさす, と直角, に立, に立っ, のそば, のドア, の右隅, の庭, の扉, の方, の石段, の闇, へやって来た, まで立っ

▼ まま~ (14, 0.0%)

5 の手 1 と左, に左, に朽木, のよう, の足, の靴, へむけ, へよろめいた, も左

▼ まま同じ~ (14, 0.0%)

3 ように 2 二階の 1 ことを, ところを, 処に, 処ばかりを, 方角へ, 景色の, 路を, 金鈕の, 風に

▼ まま寝台~ (14, 0.0%)

5 の上 2 の前 1 から床, から足, から飛び降り, のわき, へ上った, を降り, を飛び降りた

▼ まま~ (14, 0.0%)

2 の光, は暮れ 1 がたっ, が暮れたら, が暮れる, が経っ, に光っ, の暮れる, をすごした, をふる, を終る, を過し

▼ まま消え~ (14, 0.0%)

3 てしまった 2 てしまう, てなくなった 1 がちの, てしまいたい, てしまったなら, てなくなりたい, てなくなります, て行く, て行った

▼ まま~ (14, 0.0%)

3 をのばし 2 を組ん 1 ともも, と手, をたれ, を延べ, を拱, を拱い, を水平, を組んだ, を長く

▼ ままあと~ (13, 0.0%)

1 [13件] からあと, が続かない, に後れ, に残っ, のことば, の文句, の語, はそちら, は口笛, は政治的, を他人, を絶やす, を読みつづける

▼ ままいまだに~ (13, 0.0%)

2 帰って

1 [11件] 六波羅別院の, 出ぬぞ, 宿題として, 帰らないの, 戻らないの, 眠ったきり, 約束を, 行方も, 褐色の, 開通し, 顔も

▼ ままだまっ~ (13, 0.0%)

4 ていた 1 ている, ているだろう, てしまった, てその, てボクさん, て丸彦, て出, て目, て立っ

▼ ままという~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことで, ことであります, ことに, ことを, こと八重子さんの, ところが, ところな, ので, のは, わけにも, 体で, 状態が, 県だ

▼ ままどう~ (13, 0.0%)

6 すること 1 したこと, したの, したもの, しようかと, と艇長室, なること, 云う小説

▼ ままふと~ (13, 0.0%)

2 いつかペン・ネエムに, んの 1 この少女, 伊織の, 取り出して, 口に, 思ひ浮べたの, 手を, 手近の, 案じ入りて, 首を

▼ まま一人~ (13, 0.0%)

1 [13件] でしょんぼり, でどんどん, では, で何, で室, で打ち捨て, で歩い, で温め, で立ち上がる, の人, の方, ものこらず, も口

▼ まま何事~ (13, 0.0%)

2 もなく

1 [11件] かを語り合おう, か待ち受ける, か按じ, か深い, ものう, も御, も発表, も起らなかつたら, をか他事, をか深く, をも知らぬ顔

▼ まま~ (13, 0.0%)

1 [13件] のある, のきらきら, のフロックコート, の二枚, の如く, の小さな, の怪しい, の桃葉湯, の臆心, の裸馬, の通り, の通りためら, の頭巾

▼ まま~ (13, 0.0%)

2 もとの

1 [11件] もキット女, もソロソロ, もフラフラ, ジッと, ソヨリと, 一心に切符, 土の, 巡査さんは, 腰を, 行方不明に, 黙って

▼ まま~ (13, 0.0%)

1 [13件] いびきを, なる刀, 五郎は, 先生は, 地震に, 廊下を, 廟の, 戦慄の, 揺りに, 暴れに, 汗を, 音を, 鼾で

▼ まま大きな~ (13, 0.0%)

2 声で

1 [11件] からだの, ふねを, 声を, 女の, 溜息を, 燈架を, 目で, 眼で, 過ちに, 長椅子に, 鼾を

▼ まま姿~ (13, 0.0%)

2 を消し

1 [11件] は浸み入る, も見せず, をかくし, をくらました, を消した, を消したる, を消す, を見うしなっ, を見せませぬ, を隠し, を隠したら

▼ まま~ (13, 0.0%)

1 [13件] が一人, が茶店, である姫, と仲, には何, に構わず, に近づき, のよう, の前, の目, の真弓, はきゅう, を呼びだし

▼ まま~ (13, 0.0%)

3 藤次の 1 いたちと, なるまま, ゆるぎさえ, ゆるぎを, 一時間ものを, 供の, 圓太は, 枝が, 溝の, 銀貨を

▼ まま~ (13, 0.0%)

2 の中, より滑り落ち 1 から追い出し, が頂, に溶け, のどこ, へかえって, へ引上げ, や神社仏閣, を下っ, を下った

▼ まま~ (13, 0.0%)

1 [13件] からぼんやり, と解すべく, になる, の祈り, の稽古通い, の空気, の食事, まで動かない, まで眠っ, をむかえた, を迎えた, を迎える, 早く弁当

▼ まま死んだ~ (13, 0.0%)

2 という, ように, 方が 1 のである, ふりを, ものの, ハブばかり, 人と, 子も, 様に

▼ まま白い~ (13, 0.0%)

1 [13件] ショールで, ショールと, 二の腕も, 唇を, 大理石の, 天地に, 手術着を, 物を, 眼で, 綿を, 肉付きの, 脚も, 蛾を

▼ まま直ぐ~ (13, 0.0%)

1 [13件] に, にその, には二の句, に床, に座, に裏口, に貴殿, に追い出す, 前の, 裏漉しに, 軽くなったら, 駈け去ろうと, 鼻の

▼ まま落ち~ (13, 0.0%)

2 ていた, ていました 1 てい, ていく, ていった, ています, ている, てきた, てこない, てこないで, て来

▼ まま軽く~ (13, 0.0%)

2 頭を

1 [11件] うなずいた, うなずいた胸, 優雅に, 幾度も, 挨拶した, 杖を, 目礼した, 眼を, 茶碗の, 跛を, 首を

▼ まま飛び出し~ (13, 0.0%)

4 て来た 1 ていた, ておどり回った, てきた, て対面, て手軽, て拝まん, て来, て行った, て見たら

▼ ままいきなり~ (12, 0.0%)

1 [12件] いった, べラ, マストへ, 一九四五年八月以来の, 上に, 下駄で, 外へ, 娘達の, 彼の, 曳金を, 訊くひろ子, 馬首を

▼ ままこちら~ (12, 0.0%)

2 を見 1 でぶらぶら, で勉強, に残る, に聽, の岸, の顏, を凝っ, を向い, を見送つ, を視

▼ ままじゃあ~ (12, 0.0%)

1 [12件] おけねえ今, どうなる, 下酒の, 不適任だ, 二人の, 動かさねえん, 大した儲け, 妙に, 帰えられねえ, 承知しない, 済まされねえ, 逃げるかも

▼ まますこし~ (12, 0.0%)

1 [12件] ずつ痙, の解決, も動かない, 反り身に, 改まって, 気が, 気まり悪, 緊張に, 考えて, 腰を, 身体を, 顋を

▼ ままずっと~ (12, 0.0%)

1 [12件] お別れ, それを, ふかくす, 仮死の, 大阪へ, 室内へ, 寝たきり, 居れば, 手許に, 欄干の, 自分で, 離れた一人

▼ ままみんな~ (12, 0.0%)

1 [12件] から見張り, がなに, で警察部長, に別れ, に手, に見せ, のくる, の先頭, の前, の話し声, ぽかんとし, を相手

▼ まま~ (12, 0.0%)

1 [12件] に着け, のひねり具合, の取り返し, の血液, の重心, をそらし, をねじっ, をひらい, を堅く, を左右, を揺り, を運ばした

▼ まま何処~ (12, 0.0%)

1 [12件] かへ出奔, かへ行方, ぞ逃げ道, ともなく, に居る, へか行っ, へこの, へでも連れ, へでも飛びあるいた, へも行かれる, までも押し通し, まで歩きつづける

▼ まま動かなくなっ~ (12, 0.0%)

4 ていた, てしまいました 3 てしまった 1 て並ん

▼ まま向う~ (12, 0.0%)

1 [12件] から来かかった, から睨み付け, が泥濘, の唐紙, の四十雀, の山の上, の方, の松, の汀, の蓄音機, へ引渡し, へ行っ

▼ まま廊下~ (12, 0.0%)

1 [12件] から庭, に俯伏せ, に出, に出た, に出ます, の外, の突き当り, へ出た, へ出る, へ飛出した, を元, を灯蔭灯蔭

▼ まま悠々~ (12, 0.0%)

2 と出 1 とモリス・ルブラン, と一升徳利, と椅子, と歩き出した, と玄関脇, と砂風呂, と立ち去った, と立去る, と葉巻, 久濶を

▼ まま永久~ (12, 0.0%)

1 [12件] にこの, に不帰, に人間界, に光明, に別れ, に口, に家, に引き延ばし, に消え, に相会, の閲兵式, の闇

▼ まま煙草~ (12, 0.0%)

2 に火, をふかし 1 と弁当, をくゆらし, をのん, をふかしました, を二, を吸い始めた, を喫, を抜く

▼ まま縁側~ (12, 0.0%)

1 [12件] から書斎, から柄, から馳, にとびあがり, に立ち出でた, に立てかけ, に胡坐, に腰, に跼んだ, の隅, へ出, を降り

▼ まま~ (12, 0.0%)

2 の真中 1 に立ちどま, のゆく, は地獄, は歩かれませぬ, も忘れ, をあけ, を急い, を振り向いた, を眞直, を駆け

▼ ままあたり~ (11, 0.0%)

2 を見まわした 1 がもやもや, に杣, の人々, の真白, をじっと, をじろじろ, をながめ, を見まわし, を見廻した

▼ ままぶらぶら~ (11, 0.0%)

2 して 1 と鋪道, と鶯横町, 営所の, 引きかへ, 歩いて, 歩いてる間, 歩くに, 甲板を, 行商から

▼ ままわたし~ (11, 0.0%)

3 を連れ 1 に手, のほう, の手, の胸, の顔, はかれ, は板, を見つめた

▼ ままベッド~ (11, 0.0%)

2 の上 1 にはいっ, によこたわっ, に仰臥, に体, に入った, に打ち倒れ, の縁, へ入りこんだら, を出

▼ まま~ (11, 0.0%)

2 をする 1 するは, と同様, に天下, の意外, の成り行き, の眞, の真似, を思い出した, 断れて

▼ まま二階~ (11, 0.0%)

2 へ上っ 1 にのぼっ, に上っ, に上ろう, に押しあがっ, の自分, の高, へもっ, へやった, へ来た

▼ まま仰向け~ (11, 0.0%)

1 [11件] に, にどたりとねた, になっ, になった, にひっ, に仆, に倒れ, に倒れた, に寝ころんだ, に横たわっ, に空

▼ まま何とも~ (11, 0.0%)

1 [11件] いえない熱心, その冗談, その問, 云い出さなかった, 僕の, 口を, 答えず, 答えないで, 答えなかった, 言う事, 返事を

▼ まま俯向~ (11, 0.0%)

11 いて

▼ まま~ (11, 0.0%)

1 [11件] どおりボール箱の, のよう, の位置, の出口, の場所, の座敷, の所, の狂人, の白い, の通り, の通り書斎

▼ まま別れ~ (11, 0.0%)

6 てしまう 1 てしまっ, てしまつた, てしまわなけれ, てゆく, て畢

▼ まま別れる~ (11, 0.0%)

3 のが 2 のも 1 ことに, ことも, に忍び, のは, ようなら, 最後だったら

▼ まま化石~ (11, 0.0%)

3 したよう, して 2 のよう 1 した様, となっ, の人

▼ まま固く~ (11, 0.0%)

8 なって 1 いてついた雪, しゃちこばって, その眼

▼ まま天井~ (11, 0.0%)

3 を見つめ 1 をあおいだ, をジイッ, を仰い, を仰いだ, を眺めた, を睥め, を睨ん, を見

▼ まま子供~ (11, 0.0%)

3 のよう 1 とは生き別れ, には呼声, のほう, の頭, はうとうと, らしい顔, を呼んだ, を連れ

▼ まま~ (11, 0.0%)

2 に浮いた 1 にぶらさがっ, にぶら下がっ, に吊上げられ, に浮きあがった, へ乗っ, へ高く, を弾丸, を見つめる, を飛ん

▼ まま寝床~ (11, 0.0%)

2 に身 1 から出た, にいた, にとびこみ, にはいっ, に入りました, の上, の中, まで抱き入れた, を降りる

▼ まま~ (11, 0.0%)

4 の中 1 に入ります, に流し, へとび, へ投じ, へ放たれた, へ突出, を眺め

▼ まま~ (11, 0.0%)

1 [11件] についた, に着い, に通る, へつれ, へ戻っ, を占めた, を立たなかった, を立ち, を立っ, を立った, を立とう

▼ まま座敷~ (11, 0.0%)

1 [11件] から直ぐ, にあがりこん, に入っ, に戻っ, のなか, の中, へはいっ, へ帰っ, へ通った, まで追掛け, をかえ

▼ まま放置~ (11, 0.0%)

4 して 3 されて 1 された, されてる崖地, しとくならば, するには

▼ まま死ぬ~ (11, 0.0%)

4 のじゃ 1 であらう, ところだった, のが, のは, より外, 事あり, 心配は

▼ まま残され~ (11, 0.0%)

6 ている 2 ていた 1 ていました, ています, てゐた

▼ まま深い~ (11, 0.0%)

2 溜息を 1 夢に, 椅子の, 淵の, 疑惑に, 眠りに, 竪穴の, 考えに, 関心を, 静かさに

▼ まま~ (11, 0.0%)

1 [11件] といつ, に手あつく, の側, の手, の献公, の肩, の言いつけ, の顔, はその, や母, を捜し

▼ まま~ (11, 0.0%)

3 を仰いだ 1 になった, の彼方, へのぼっ, をじっと, を仰ぎ見, を支えつづけ, を見詰め, を飛ん

▼ まま~ (11, 0.0%)

9 立って 2 つ立つて

▼ まま~ (11, 0.0%)

2 をすまし, を傾け, を澄し 1 にかんぜ, もかさない, をその, を掩, 傾けたの

▼ まま遠く~ (11, 0.0%)

1 [11件] から時々, から津田, から陽子, で鳴り出した, なって, の雑木林, の領下, へにげられた, へ去っ, へ搬, 町のむ

▼ まま~ (11, 0.0%)

1 [11件] から飛降り, と同じ, に鞭打った, に飛び乗っ, の腹, の進退, の鼻, をかえし, をはしらせた, をやりかけた, 騰は

▼ ままうとうと~ (10, 0.0%)

3 して 1 い眠り, うたた寝を, した, しながら, とし, と居眠った, と居眠り

▼ ままかれ~ (10, 0.0%)

1 のうしろ姿, の前, の眉間, はあの, はとぼとぼと, はまっ暗, は万年筆, は座, は極度, は赤い

▼ ままさっさと~ (10, 0.0%)

1 その大門, 先へ, 又火, 受取を, 向うへ, 彦根へ, 歩いた, 自分の, 行こうと, 行った

▼ ままそっくり~ (10, 0.0%)

2 じゃない 1 あなた様が, お連れ, こうして残し, して, のこって, 今も, 取上げるちゅうこって, 持参いたしました

▼ ままそんな~ (10, 0.0%)

2 ことを, 事を 1 のが, 取沙汰や, 固くるしい挨拶, 気分で, 非文化的, 風に

▼ まま~ (10, 0.0%)

1 つとその, つと一点, つと従妹, つと立どまつ, つと黒い, や, やいけない, やない, や汽車, や私

▼ ままとうとう~ (10, 0.0%)

1 お帰りなさいませぬ, この世で, 姿を, 屈伏し, 帰宅いたしません, 後を, 縁先へ, 老人を, 覚醒しなかった, 起上れなかった

▼ まま~ (10, 0.0%)

1 おしゃれは, お前たちの, がな, さん, さんねえ, はり中には, 放肆の, 直立不動合掌の, 粉に, 閉じたまま

▼ ままよく~ (10, 0.0%)

2 見れば 1 ない帳簿, なれば, はたらく百姓, 俳句を, 塩水で, 書いて, 耕や, 蒸して

▼ ままテーブル~ (10, 0.0%)

5 の上 1 に向かっ, に腰, に近づいた, のうしろ, のところ

▼ まま主人~ (10, 0.0%)

1 から私, にうなずい, にうなづい, に聞く, の家, の帰り, の所, の白石屋半兵衛, は誰, を見殺し

▼ まま今度~ (10, 0.0%)

1 の帰省中, はどうしても, は一気に, は土左衛門, は居酒屋, は怠業, は早苗さん, は更に, は次の間, は玄関

▼ まま何度~ (10, 0.0%)

2 も何度 1 もあの, もいつ, もお, もその, もぶつぶつ, も両足, も自, も頭

▼ まま其処~ (10, 0.0%)

1 から流, につっ立っ, に佇ん, に坐った, に立ちつくし, に立っ, に跪いた, に転がっ, へ倒れ, を走り出た

▼ まま動かない~ (10, 0.0%)

1 でじっと, のであります, のである, のでつりこまれた, ぼくは, ものと, んです, 人を, 人込みは, 怪しげな

▼ まま動き~ (10, 0.0%)

2 もしない, もしなかった 1 そうも, のとれない, の取れぬ, の少ない, もせぬ, も無く

▼ まま動く~ (10, 0.0%)

3 ことが 2 事が 1 ことの, ようすは, 機会を, 気が, 気も

▼ まま~ (10, 0.0%)

1 に倚, に引, に沿う, に立てかけ, に頭, の上, の仏像, の前, の根, をすうっ

▼ まま容易~ (10, 0.0%)

3 に動こう 2 に夜 1 に上げない, に承知, に楽しむ, に開かぬ, に駕

▼ まま小さい~ (10, 0.0%)

1 カバンを, スウエタアの, 三宝の, 十銭銀貨三つを, 声で, 溝を, 潜戸から, 袖で, 頭は, 鼾を

▼ まま左手~ (10, 0.0%)

1 で卓, で受けとっ, で年上, で顔, に壺, の指, をあげ, をやさしく, をズーッ, を添え

▼ まま急い~ (10, 0.0%)

1 でそっち, でその, でグレ, で受話器, で向う, で図書館, で外出, で学校, で寝巻, で書斎

▼ まま挨拶~ (10, 0.0%)

2 をした 1 するよう, に困じ, のしるし, の言葉, もしず, もしない, もせず, をする

▼ まま暗い~ (10, 0.0%)

1 声で, 外へ, 所を, 方へ, 片陰, 牛屋の, 石段を, 空に, 納戸に, 顔で

▼ まま未だ~ (10, 0.0%)

1 お戻り, ものいわざるに, 同じところ, 売出さない所, 帰らぬという, 帰宅せず, 明けない宇宙, 生を, 答えなかった, 電話を

▼ まま東京~ (10, 0.0%)

2 へ帰る 1 にい, へ向け, へ帰ったら, へ戻っ, へ行く, へ逃げ, まで乗り越せ, を離れた

▼ まま棒立ち~ (10, 0.0%)

9 になっ 1 に見下ろし

▼ まま~ (10, 0.0%)

2 か生 1 せる人間, ってしまう, にでもしたら, にもせず, にもの狂, に行く, の色, を待つ

▼ まま~ (10, 0.0%)

3 の中 1 にはいる, に墜落, に流され, に臨んだ, の荒れる, へ逃がし, を眺め

▼ まま無事~ (10, 0.0%)

1 であるという, にやり過ごし, に帰っ, に殘つて, に母親, に治り, に済ませ, に玄関, に調印式, に逃げ

▼ まま突っ~ (10, 0.0%)

8 立って 2 立った

▼ まま~ (10, 0.0%)

1 上った, 上ると, 上ろうとも, 停って, 停まり, 停ると, 止まった, 留ったので, 留って, 竦んで

▼ まま老人~ (10, 0.0%)

1 が臨終, と一しょ, と対座, に近づい, に返却, のやう, のよう, の後, の後姿, の打ち振る

▼ まま聞い~ (10, 0.0%)

6 ていた 2 ている 1 ていたく, てください

▼ まま自動車~ (10, 0.0%)

2 に乗せられ 1 で届け, で帰った, にのせ, の運転席, をよび, を呼ん, を牛久, を飛ばし

▼ まま行方不明~ (10, 0.0%)

3 となった, になっ 1 だったらこの, となり, になった, になり

▼ まま障子~ (10, 0.0%)

3 を開け 2 をあけ 1 のそ, の側, は取り払っ, を見つめ, を開けた

▼ まま~ (10, 0.0%)

2 の中, の景色 1 が降っ, に打たれ, の波紋, の流れる, の音, は洩る

▼ まま~ (10, 0.0%)

2 に吹かれ, のまにまに 1 がなくなっ, に震え, に騒い, の中, を喰らっ, を待つ

▼ ままいつか~ (9, 0.0%)

2 知らず識ら 1 うつらうつらしたらしい, うとうと居眠った, うとうと眠っ, この謎, とめどなしに, 忘れ果てて, 眠って

▼ まま~ (9, 0.0%)

1 ういつた, ういふ, うさへ, うして, う稱ん, しずが, だって, ッさと, ッと

▼ まましきりに~ (9, 0.0%)

1 げっぷう, 仮色, 催眠剤を, 器の, 手を, 窓や, 腰を, 足爪を, 頭を

▼ ままであり~ (9, 0.0%)

1 ただ女中, ながら拙速, みんな青山という, ロシヤは, 下の, 二人の, 人々は, 他の, 時としては

▼ ままほとんど~ (9, 0.0%)

1 よそ眼に, 動かなかった, 口を, 座に, 息さえ, 手当を, 私の, 誰にも, 身うごき

▼ ままもう一度~ (9, 0.0%)

2 前よりも, 往来へ 1 夜でも, 山荘へ, 御催促, 持って, 顔を

▼ まま並ん~ (9, 0.0%)

1 でいた, でいる, でおり, でその, で光っ, で引っかかっ, で砂, で立っ, で門

▼ まま互いに~ (9, 0.0%)

2 眼と 1 いつまでも, ピシャンコに, 先を, 守るのみ, 焔の, 睨みすえながら, 顔を

▼ まま低い~ (9, 0.0%)

4 声で 1 しかしはっきり, 乾いた声, 生垣を, 聲で, 腰掛の

▼ まま何時~ (9, 0.0%)

1 でも動かなかった, にも一行, までたつ, までもかう, までも僕, までも動かなかった, までも続い, 迄も何時, 迄も立っ

▼ まま凝然~ (9, 0.0%)

1 とお, とし, とその, と動かなくなっ, と無言, と眼, と私, と窩ん, と部屋

▼ まま~ (9, 0.0%)

2 の中, を踏ん 1 に入れ, に化, のにおい, の上, の下

▼ まま地上~ (9, 0.0%)

1 にころげ落ちた, に墜落, に寝かし, に投げ出す, に落ちた, に諸, はただ, を転がりはじめた, を離れない

▼ まま~ (9, 0.0%)

2 の顔 1 に武者ぶり, の側, の正, の窮場, の膝, れ等, を見上げた

▼ まま失礼~ (9, 0.0%)

2 の語 1 ごめんくださいまし, させて, と断わった, を, をかえりみず申し上げる, を致したい, 致すべしとて

▼ まま~ (9, 0.0%)

1 の室, の寧子, の痛み, の顔, は両手, は雑巾, は駭, を死なした, を遠く

▼ まま~ (9, 0.0%)

1 うけたの, 取って, 取られよ, 取れと, 寄せた椅子, 掴み壇, 揚げて, 摺って, 繰りかえしたから

▼ まま~ (9, 0.0%)

2 の中 1 がここ, でいろいろ, に淀み残っ, のおもむく, の澄む, をなだめる, を鎮め

▼ まま戸外~ (9, 0.0%)

1 で涼ん, にとびだした, へ出, へ口, へ放し, へ退却, へ飛び出し, へ馳, をながめ

▼ まま~ (9, 0.0%)

2 の中 1 が手元, に投じ, のある, のでる, も焼く, を点けず, 焙に

▼ まま熱心~ (9, 0.0%)

2 にお 1 に, にこう, になお, にやつ, に河上家代々, に私, に絵

▼ まま突然~ (9, 0.0%)

1 に襲われたらしい, 口を, 夢の, 市さんと, 彼女の, 立って, 言い出したので, 誰にとも, 風変りの

▼ まま立ちすくん~ (9, 0.0%)

3 でいた, でしまいました 1 でいる, でおしまい, でしまった

▼ まま~ (9, 0.0%)

2 にまみれた 1 あぶらに, けむりの, だまり, にまみれ, に塗れ, の真黒, も凍る

▼ まま見送っ~ (9, 0.0%)

5 ていた 2 ている 1 てくれた, てしまった

▼ まま言葉~ (9, 0.0%)

1 が出なくなる, もない, もなく, も出でず, も少く, も頓, をかけない, をついで, を続けた

▼ まま話し~ (9, 0.0%)

2 ている, をし 1 ていた, てきかした, てきかせなけれ, ても通じる, て行きましょう

▼ まま返辞~ (9, 0.0%)

1 なければ, はおろか身動き一つ, もしない, もしなけれ, もせず, もせぬ, もせね, をしない, をする

▼ まま飛ん~ (9, 0.0%)

2 でいた 1 でつた, では走り飛ん, で出た, で往, で歩く, で火星, で行った

▼ まま~ (9, 0.0%)

1 つてし, つてゐた, つて庭へ, つて立ちどまつ, つて縮こま, つて耳を, 念と, 思して, 拝また

▼ ままいくら~ (8, 0.0%)

2 呼んでも 1 おこしても, か悲しい, たつても, 待っても, 経っても, 見て

▼ ままいま~ (8, 0.0%)

2 こそ私 1 なお決して, なお荒地, にも睡りこん, のお, はその, まで膝

▼ ままうなだれ~ (8, 0.0%)

1 ていた, ている, ておいで, てしまいました, て何, て早くから, て白い, て返す

▼ ままお前~ (8, 0.0%)

2 の隣り 1 がそういう, この事, と湯治場, には会, をおふくろさん, を愛してる

▼ ままこんな~ (8, 0.0%)

3 ことを 1 ところで, ところに, 事を, 意味が, 結果に

▼ ままさっき~ (8, 0.0%)

1 からじっと, からただ忠実, からちゃんと, から握りしめ, から書見, から楊, から身動き, の蟋蟀

▼ ままさも~ (8, 0.0%)

1 うまそう, おもしろそう, しづかに, 不機嫌らしく答えた, 幸福そうに, 心地よさそう, 美しく闇, 魔術の

▼ ままずんずん~ (8, 0.0%)

1 と上り, 先に, 先へ, 家の, 小さくなっ, 沈んで, 海中に, 行って

▼ ままそのまま~ (8, 0.0%)

2 にし 1 にそのまま, に肯定, を持っ, 善いとか, 死なせて, 沈黙は

▼ ままついに~ (8, 0.0%)

1 その日一日おのれ, めどおりかなわずです, 夜更けに, 朽ち果てたもの, 白峯の, 落命し, 開かなかった, 頭を

▼ ままなかなか~ (8, 0.0%)

1 出て, 室から, 帰って, 帰つて, 湯に, 立ち上らない, 返事を, 面を

▼ ままなん~ (8, 0.0%)

1 でもできる, のうごき, のおとさた, のご用, の反, の害, の異状, の響き

▼ ままにては~ (8, 0.0%)

1 いかにし, なくなりしまま, 不本意, 何時果てる, 到底之, 得三, 逐ふと, 鶴を

▼ ままふたたび~ (8, 0.0%)

1 あらわれませんでした, この世で, それを, 出て, 息を, 盤上の, 起きあがろうとも, 鼓を

▼ ままもと~ (8, 0.0%)

1 のよう, の位置, の姿勢, の居間, の形, の道, 来た方, 来た路

▼ ままよろよろ~ (8, 0.0%)

1 とよろめい, と二, と前, と廊下, と戸口, と熊笹, と立ちあがる, と草

▼ ままわざと~ (8, 0.0%)

1 タクシーの, 伸子を, 唇を, 大仰に, 娘の, 御身には, 樫貪, 神妙に

▼ ままジリジリ~ (8, 0.0%)

2 仙太郎の 1 とあと, と双方, と後, と歩み入っ, と詰め寄る, 退る

▼ まま~ (8, 0.0%)

1 いにまかせるよ, にも沙金, の事, の姿勢, の急死事件, の言う, は顔, を見詰める

▼ まま動かず~ (8, 0.0%)

4 にいる 2 にいた 1 に垂れ, ほとんど無意識

▼ まま呆然~ (8, 0.0%)

2 とし 1 たる蔵, としてただ, として佇立, として口, として爪, として立っ

▼ まま~ (8, 0.0%)

1 から根, にぬかずい, にまろび, に伏し, に俯, に向っ, に頭, へ膝

▼ まま~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 でも見, に夢見る, に夢見る呆れ, に酔っ, のやう, の中

▼ まま大きく~ (8, 0.0%)

1 なる, なるの, ユックリと, 一つ円を, 一呼吸した, 両方の, 右旋回した, 見開いた眼

▼ まま小さく~ (8, 0.0%)

2 なって 1 うずくまって, なり見えなくなって, なるので, 切って, 坐りちやん, 頷いた

▼ まま居眠り~ (8, 0.0%)

3 をする 2 をし 1 して, でもし, をした

▼ まま屋根~ (8, 0.0%)

1 から隣り, の上, の下, の前, の絶頂, の間, へ移ろう, を降り

▼ まま布団~ (8, 0.0%)

2 にはいった, の上 1 にもぐりこん, にもぐりこんだ, にもぐり込んだ, の中

▼ まま幾日~ (8, 0.0%)

2 も帰っ 1 かたった, かを過ごし, か過ぎました, でも, も幾日, 経っても

▼ まま微動~ (8, 0.0%)

4 だに 2 をさえ 1 した, もしなかった

▼ まま~ (8, 0.0%)

2 ホテルへ 1 る建もの, る時, カッフェへ, カツフエへ, 大きい別荘, 雑貨商の

▼ まま~ (8, 0.0%)

1 にもたれ, に似たる, に近く扉, のところ, の鴨居, は閉ざされ, を閉め, を開け

▼ まま放し~ (8, 0.0%)

2 てしまう, てやる 1 てやったら, てよい, て置い, 難い気持

▼ まま~ (8, 0.0%)

1 が経つ, の経つ, を忘れ, を移し, を過し, を過した, 折りあるか, 経っても

▼ まま残し~ (8, 0.0%)

3 ておい 2 て来た 1 ておいた, て置い, て置く

▼ まま火鉢~ (8, 0.0%)

3 の前 2 の火 1 にまたがる, に火, のそば

▼ まま玄関~ (8, 0.0%)

1 と反対, の石段, の障子, へかけ, へ履物, まで送っ, を下り, を出

▼ まま素直~ (8, 0.0%)

1 にお, にもと, に受けた, に夫人, に私, に笑った, に車内, に酌

▼ まま~ (8, 0.0%)

2 の上, の下 1 から庭, がはに足, におどりあがる, を下

▼ まま~ (8, 0.0%)

1 から上つて, に乗った, のなか, の方, も人, を漂泊, を行方, を進めれ

▼ まま蒲団~ (8, 0.0%)

2 の間 1 がもぬけの殻, の上, の下, の中, の口, をかぶっ

▼ まま行っ~ (8, 0.0%)

5 てしまった 1 たってかまわない, てくれれ, てしまう

▼ まま行方~ (8, 0.0%)

1 が判らなくなっ, が消え, が知れない, が知れなくなった, をうしなった, をくらまし, を知らずなり, 知れずに

▼ まま遂に~ (8, 0.0%)

1 その冬, その行方, 一言も, 下宿と, 帰って, 戻つて, 没せられたの, 蘇生しなかった

▼ まま長く~ (8, 0.0%)

1 なって, 上海に, 向い合って, 寝て, 自分達を, 見て, 開かれずついに, 露出した

▼ まま~ (8, 0.0%)

2 から闇, の中 1 にすつ, に葬られ, の出来事, を透かし

▼ まま階段~ (8, 0.0%)

2 を上っ 1 の上, の下, を一散, を上, を跳び上がっ, を降り

▼ まま馬車~ (8, 0.0%)

1 に乗りこむ, に轣, の前, の固い, の屋根, は谷底, を下り, を下りる

▼ ままあなた~ (7, 0.0%)

1 がこの, と離れない, のお前, の肩, の闇, をここ, を連れ出す

▼ ままいつも~ (7, 0.0%)

2 のよう, の通り遠慮勝ち 1 のとおり, の澄んだ, 黙って

▼ ままうっとり~ (7, 0.0%)

1 して, とし, と上気, と思う, と眸, と眼, と睡り込ん

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 あいい, どうか, へりみる者, またはとりとめ, 否かは, 或は少なくとも, 然ら

▼ ままぐったり~ (7, 0.0%)

1 とうつぶし, とお, となっ, と椅子, と疲れ, と食器棚, のびて

▼ ままこういう~ (7, 0.0%)

1 ことが, ことばかり, 喧嘩なら, 工合で, 感動を, 話を, 非礼も

▼ ままこうして~ (7, 0.0%)

1 お大師様, ごとんご, 一日中曇っ, 居りましょう, 悪夢から, 男を, 私の

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 くりと, ざりますからな, 出立なされ, 当家を, 挨拶に, 死亡に, 滞在です

▼ まましかし~ (7, 0.0%)

1 万能を, 何やら思い惑った, 力いっぱいに, 口元の, 私の, 腹からの, 静かな

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 つとそれ, つと煙, つと眼, つと立, ぶんは, イッ, ッと

▼ ままじりじり~ (7, 0.0%)

1 としていられた, と凡て, と横, と詰め寄った, と退っ, 前後から, 後へ

▼ ままそつ~ (7, 0.0%)

1 とうつ, とし, として置い, と伸び, と帰国, と店, と覗く

▼ ままその後~ (7, 0.0%)

1 のこと, の消息, は居所, も暇, を見送っ, を追って, 帰って

▼ ままにこにこ~ (7, 0.0%)

2 して, 笑って 1 と, と巴里, と眺め

▼ ままひとり~ (7, 0.0%)

1 で外, で夢見, で当惑, で詠嘆, めざめた男, 矢代は, 硬くなっ

▼ ままほうっ~ (7, 0.0%)

4 ておけ 1 ておい, ておいたら, ておかれ

▼ まままっ~ (7, 0.0%)

3 くらな 1 くらに, さか, 蒼な, 赤に

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 いちど云っ, し自分, すこし話し, また相当, 一度千草姫, 少くとも, 陰性に

▼ ままやがて~ (7, 0.0%)

1 これを, さがりそめた夜の, テーブルからは, 四ツ角へ, 川下の, 広間の, 甲斐は

▼ ままゆっくり~ (7, 0.0%)

1 としかし, と巻煙草, と戸口, タバコに, 周囲を, 流れて, 草履を

▼ ままニコニコ~ (7, 0.0%)

1 して, しながら, と御, と笑っ, と見上げ見下した, 今松, 笑いながら

▼ ままピストル~ (7, 0.0%)

1 でうたれ, で自分, で頭, をも一度, を持ち直し, を撃った, を賊

▼ まま一歩~ (7, 0.0%)

1 も人間らしゅう, も前, も外出, も追おう, も進みません, 退がった, 進めて

▼ まま一週間~ (7, 0.0%)

1 ぐらいの間, たっても, になつ, ばかり断食, ばかり過ぎた, ほど部屋, 死なないで

▼ まま仕事~ (7, 0.0%)

2 して 1 するほどの, にもかからず, に出かけました, のこと, をし

▼ まま佇ん~ (7, 0.0%)

3 でいた, でいる 1 でしばらく

▼ まま保存~ (7, 0.0%)

2 されて 1 されてる唯一, した場合, して, するつもり, せしむれば

▼ まま入っ~ (7, 0.0%)

3 て来 2 てきた 1 ている, て来た

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 い一瞥, い水, い秋, かにけらけら, くな, くなっ, く固くなっ

▼ まま勝手~ (7, 0.0%)

1 な当て字, な賞讃, に育てられ, に話し合った, に跳ねる, へ出, を知った

▼ まま去っ~ (7, 0.0%)

2 てしまった 1 ていった, てしまう, て幽霊塔, て終, て終った

▼ まま台所~ (7, 0.0%)

1 とも玄関, のとばくち, の戸棚, の方, の柱, の片隅, へ行き

▼ まま土間~ (7, 0.0%)

1 のうち, の中, へ転げ落ちた, へ降り, へ飛び降り, を下りる, を歩む

▼ まま地面~ (7, 0.0%)

1 にうつぶし, につき, に対してななめ, に片, の上, へヒラリ, へ顔

▼ まま夢中~ (7, 0.0%)

2 になっ 1 で後, で歩い, で車, で風呂屋, で駆けて

▼ まま大きい~ (7, 0.0%)

2 碾茶の 1 児と, 息を, 手に, 缶づめ屋の, 良人の

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 いじめに, じゃ, たる身, だったという, でござったか, の御, をいびり抜く

▼ まま小平太~ (7, 0.0%)

1 にはやっぱり, はちょっと, はもう一度, は何とも, は思いきっ, は自分, は黙っ

▼ まま尚も~ (7, 0.0%)

1 不貞腐れたよう, 思案に, 疑惑の, 絞められて, 締められて, 航空を, 花園を

▼ まま左右~ (7, 0.0%)

1 にうごいた, には割り込む, に延ばした, のテエブル, の襖, へ振っ, を見廻し

▼ まま平気~ (7, 0.0%)

1 でいた, でいる, で丸太, で控え, で答える, なご, の平

▼ まま彼等~ (7, 0.0%)

1 が通り過ぎ, と絶縁, の問答, の思い通り, の馬車, は互いにじっと, を見つめ

▼ まま往来~ (7, 0.0%)

1 に捨て, に立っ, のまん中, の方, へとびだした, へ出, を小走り

▼ まま微笑~ (7, 0.0%)

3 して 1 しいしい三人, した, してさ, の影

▼ まま思わず~ (7, 0.0%)

1 そこへ, も笑いかけ, 往来に, 提灯を, 老人の, 音の, 首を

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 をくわえ, をしやぶり, を口, を咥, を啣, を折り, 差した個所

▼ まま日本~ (7, 0.0%)

1 でもやるべし, にいたら, にとどまっ, に駐屯, の陸地, へ帰る, へ移したら

▼ まま明日~ (7, 0.0%)

1 のこと, の朝, は出発, は明日, まで待っ, まで走り続け, もなほ

▼ まま~ (7, 0.0%)

2 の世界 1 に照らされた, に答え, の出, の出らしい, の明るい

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 の根, をくいしばっ, をくいしばり, をむきだし, を切っ, を喰いしばり, を食いしばっ

▼ まま永遠~ (7, 0.0%)

1 にバラバラ, に凝固, に宇宙墓地, に残る, に鎖, のもの, の沈黙

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 いはず, もいわない, も言わず, も言わない, も言わなかった, をも云わず, 思わしそう

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 へだたって, 並んで, 変らずにやにや, 変らずほほえんで, 変らずニコニコ, 変らず固い, 抱いた

▼ まま~ (7, 0.0%)

2 のお前 1 になっ, に捧ぐる, に祈る, の世界, の御前

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 が入っ, が変っ, のあせた, もなく, も動かさぬ, をかえ, を変え

▼ まま苦し~ (7, 0.0%)

3 そうに 1 げな, げに, そうな, そうにの

▼ まま~ (7, 0.0%)

2 の上, の中 1 のなか, の枯, を罌粟

▼ まま視線~ (7, 0.0%)

1 だけを入口, に注意, をあちらこちら, をどちら, を四辺, を泰造, を釘附

▼ まま赤い~ (7, 0.0%)

1 ランプの, 帆の, 帯しめ, 帶しめ, 敷物の, 腹を, 鶏冠を

▼ まま走っ~ (7, 0.0%)

2 ている, て行った 1 て出, て石段, て行っ

▼ まま逃げる~ (7, 0.0%)

3 ように 1 ぞ, においては京八流, 使部の, 後ろ姿を

▼ まま~ (7, 0.0%)

2 の燗 1 の外, をつぎ合っ, をのん, を飲みました, を飲ん

▼ まま~ (7, 0.0%)

2 のなか 1 のくぐり, の内外五六間, の潜り, へ出よう, を出た

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 にし, に一枚岩, に息, に星, に民雄, に水平, に私

▼ まま~ (7, 0.0%)

1 ごし, に両手, に汗, に深い, の真, を握り拳, を突き出す

▼ まま食堂~ (7, 0.0%)

1 に坐っ, に行き, に闖入, の小さな, の方, へ入っ, へ抜けた

▼ まま駕籠~ (7, 0.0%)

2 の中 1 で中の口, の屋根, へうずくまる, を二挺, 舁きの

▼ まま高い~ (7, 0.0%)

1 二階を, 大空から, 屋根の, 梁の, 石垣から, 空に, 窓から

▼ まま黙然と~ (7, 0.0%)

1 そこに, その声, ただ伝吉, 無量の, 腕を, 膝の, 面を

▼ ままあっけ~ (6, 0.0%)

4 にとられ 1 にとられた, に取られた

▼ ままあった~ (6, 0.0%)

1 がさて, が彼ら, が時, が蔦, のでその, ウォツカの

▼ ままいかにも~ (6, 0.0%)

1 何か, 傲然と, 冷やかな, 祕密を, 自主性の, 静かに

▼ ままいそい~ (6, 0.0%)

1 で井戸ば, で室外, で建物, で懐, で背後, で飛ん

▼ ままいつの間にか~ (6, 0.0%)

2 眠って 1 ネッカチーフの, 三人を, 死んで, 門の

▼ ままいる~ (6, 0.0%)

1 ことは, ことを, というん, のも, ほうが, 伸子の

▼ ままいろいろ~ (6, 0.0%)

1 のこと, の店, 妻を, 御馳走を, 考へに, 話して

▼ ままかなり~ (6, 0.0%)

1 大声に, 尋ね悪い, 永いこと, 永い間, 異常な, 窪地の

▼ ままぐるり~ (6, 0.0%)

1 とこちら, と向き, と家, と後ろ, と筆規, と障子

▼ ままぐんぐん~ (6, 0.0%)

1 と昇っ, スピードを, 壁の, 岩の, 歩を, 登りつめて

▼ ままこの世~ (6, 0.0%)

2 を去っ 1 でない国, のなか, へ甦えらなかったら, を去り

▼ ままさらに~ (6, 0.0%)

1 お光, また震え泣き, 押し進むと, 沖へ, 竹窓の, 金奉行を

▼ まましかも~ (6, 0.0%)

1 その襟, ゆるんで, 下駄を, 夜陰に, 無理は, 美を

▼ まましずか~ (6, 0.0%)

1 に, に三人, に出, に敵, に眼, に窓

▼ まますっかり~ (6, 0.0%)

1 悄げかえって, 悄気かえって, 放心した, 睡りこけて, 腰を, 落ち着いたふり

▼ ままずるずる~ (6, 0.0%)

1 と, とこの, と前, と居, と泥沼, 辷り降りた

▼ ままそこで~ (6, 0.0%)

1 おれが, 二人は, 休息し眠る, 何日かを, 焦げエナメル, 逡巡った

▼ ままどうして~ (6, 0.0%)

2 いいか 1 も見つからなかった, やろうかと, コンナ処まで, 逃げだそうかと

▼ ままどんどん~ (6, 0.0%)

1 延び揚って, 歩きだした, 火でも, 石垣の, 自分の, 駈け出して

▼ ままながい~ (6, 0.0%)

1 あいだじっと, おわかれ, ことひとりで, こと迷った, こと顔を, 顎の

▼ ままにやにや~ (6, 0.0%)

2 しながら 1 した, して, と笑, 笑って

▼ ままのが~ (6, 0.0%)

1 あった, あるでしょうか, 多い, 大方は, 次ぎ次ぎと, 言ったんで

▼ ままひどく~ (6, 0.0%)

1 取乱して, 悄気た, 暢びりと, 粗野な, 酒を, 高びしゃな調子

▼ ままふたり~ (6, 0.0%)

1 がだきあっ, でなに, ともだんまり, ともまるで, とも其処, のひざ

▼ ままほか~ (6, 0.0%)

1 のこと, の女, の椅子, の生徒たち, の者, の連中

▼ ままぽかんと~ (6, 0.0%)

3 して 1 坐って, 眸を, 銀杏林の

▼ ままむしゃむしゃ~ (6, 0.0%)

1 と食べ, と食事, 云わして, 口を, 頬張り始めたに, 食べるの

▼ ままもじもじ~ (6, 0.0%)

5 して 1 体を

▼ ままグングン~ (6, 0.0%)

1 おくの, とその, ともと, と吹き流され始めた, 奥の, 陸の

▼ ままポケット~ (6, 0.0%)

1 からよび, からビスケット, から取り出し, に手, に押し込ん, を掻い探っ

▼ まま一同~ (6, 0.0%)

1 から身, につきもの, の万歳, へも釈明, を祝福, を見まわした

▼ まま一寸~ (6, 0.0%)

1 の間呆気, もうしろ, も上, 振向いて, 答えの, 顔を

▼ まま一心に~ (6, 0.0%)

1 その様子, 新聞の, 真紅の, 自分を, 葉巻に, 道糸を

▼ まま一方~ (6, 0.0%)

1 のスリッパ, の手, の手エ, の爪, の白い, をじ

▼ まま一緒~ (6, 0.0%)

1 にこの, に埋め, に寝, に帯, に火, に葬っ

▼ まま休ん~ (6, 0.0%)

3 でいた 2 でいる 1 では書き

▼ まま何ん~ (6, 0.0%)

1 だか, とも命令, の前触れ, の怪我, の物音, の表情

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 が門, の前, の室, の胸, は中, は煖炉

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 に置い, の少年ボーイ, の椅子, の長椅子, へ寄った, をふり向き

▼ まま先刻~ (6, 0.0%)

1 からこの, からの状景, から何もの, から壁, から氏富, から眼

▼ まま先生~ (6, 0.0%)

2 の前 1 と視線, のほう, の教え, を見

▼ まま全身~ (6, 0.0%)

2 に彼等 1 がぶるぶる, に力, を固く, を硬

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 から彼, から答えた, の前, の様子, へ通っ, 隠袋

▼ まま冷たく~ (6, 0.0%)

4 なって 1 お春, 笑って

▼ まま出し~ (6, 0.0%)

1 たりした, てあった, てみせた, て居る, て見せました, 今日は

▼ まま出来る~ (6, 0.0%)

1 が破れれ, だけその, だけゆっくり, だけ続け, だけ足早, という場合

▼ まま外套~ (6, 0.0%)

1 の内, も着た, も脱がず, も著, をぬぎ, を被っ

▼ まま大勢~ (6, 0.0%)

4 の河童 1 の人々, の兵隊

▼ まま~ (6, 0.0%)

2 高く両 1 に昇り, の声, を仰ぎ, を覆し

▼ まま~ (6, 0.0%)

2 な顔 1 な方面, な箱, な頭巾, に女性的

▼ まま室内~ (6, 0.0%)

1 でもう, にぶら下った, の動静, の奥, をうかがっ, を睥睨

▼ まま寝かし~ (6, 0.0%)

1 て, てある, ておい, ておきましょう, ておく, て貰う

▼ まま寝る~ (6, 0.0%)

2 ことに 1 だけ寝かし, のが, より仕方, 習慣が

▼ まま小さな~ (6, 0.0%)

1 墓標や, 声で, 日本の, 清水の, 谷川を, 黒い長

▼ まま小声~ (6, 0.0%)

2 に僕 1 でそう, で云いました, で唐紙, で訊ねた

▼ まま小屋~ (6, 0.0%)

1 のなか, の中, の裏, の開場, は一つ, や幕

▼ まま~ (6, 0.0%)

3 の方 1 から下, から落ち, から雑木

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 が解ける, の間, も締めない, をほどき, を締め直し, を解かず

▼ まま帰ろう~ (6, 0.0%)

3 かと思った 1 かとも思う, かと思いました, としなかった

▼ まま帽子~ (6, 0.0%)

1 さえ被らず, に手, もかぶらず, も被らず, を手, を鷲

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 つ喰, とった支那人, の暮, は暮れた, をとった, を越した

▼ まま広い~ (6, 0.0%)

1 お庭, ロッビイを, ロツビイを, 屋敷の, 空地へ, 通りを

▼ まま後ろ~ (6, 0.0%)

1 から尾, にそり, の荒壁, へ倒れる, を向い, を振り返り

▼ まま悠然と~ (6, 0.0%)

1 体の, 口には, 振り返った, 流されて, 自分の, 葉巻の

▼ まま手足~ (6, 0.0%)

1 から感覚, ははなれ, をバタバタさして, を投げ出し, を狂人用鉄製, を縮め込ん

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 ツちやつては, 仆れ, 忘れて, 棄った, 棄てられて, 棄らかされ

▼ まま板の間~ (6, 0.0%)

2 に走り 1 にすわっ, の仕切, へ上っ, へ出

▼ まま~ (6, 0.0%)

2 に凭 1 だけつっ立っ, にいましめられた, の蔭, を一廻り

▼ まま~ (6, 0.0%)

4 のよう 1 の先, を高く

▼ まま~ (6, 0.0%)

6 んど

▼ まま江戸~ (6, 0.0%)

1 に揉まれ, の地, へいかせた, へは帰らぬ, へ入っ, へ引っ返そう

▼ まま~ (6, 0.0%)

3 の中 1 に身, の周囲, の岸

▼ まま汽車~ (6, 0.0%)

1 に乗せられました, に乗りまし, に乗り込ませ, に乗る, の汽笛, を見

▼ まま流れ~ (6, 0.0%)

1 ていく, てくる, て來, て行く, の中, を下る

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 が下らなかっ, が出, に浮かされ, をおび, 過ぎるくらいの, 騰でなければ

▼ まま~ (6, 0.0%)

2 すぐ東大寺 1 ッ青に, 仰向けに, 坊の, 東指し

▼ まま秀吉~ (6, 0.0%)

1 と勝入, に素直, の命, の影, はすぐ, は顔

▼ まま私たち~ (6, 0.0%)

1 のあと, は二人, も引っ, を住まわせ, を残し, を迎え入れ

▼ まま細君~ (6, 0.0%)

1 がテーブル, に返事, は漸く, を呼んだ, を残し, を顧み

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 が水, に乗った, のなか, の中, へ飛乗っ, を漕い

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 すり緑が, や萩, 明るい中, 濁りの, 眼に, 眼を

▼ まま行け~ (6, 0.0%)

1 ばお前ここ四, ば両方, ば僕ら, ば天下泰平吉新万歳, ば私, ば身

▼ まま見物~ (6, 0.0%)

1 したり, すること, に来た, のため, の前, を始めた

▼ まま~ (6, 0.0%)

2 をする 1 に乗っ, をつづけたら, を打ち切っ, を聞いてる

▼ まま起き~ (6, 0.0%)

1 てマッチ, て了, て出, て出た, て手燭, て来なかった

▼ まま~ (6, 0.0%)

2 に乗った 1 にゆられ, に乗っ, のそば, を引っぱっ

▼ まま逃げ~ (6, 0.0%)

2 てしまおう, てゆく 1 てしまい, て行っ

▼ まま逃げ出し~ (6, 0.0%)

1 てき, てしまいたい, てしまった, て山奥, て来た, て行った

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 の先, の裏, をぬい, を脱い, を脱ぎ, 尖で

▼ まま食う~ (6, 0.0%)

1 こと, とかんばしい, などこの, のが, 根は, 者が

▼ まま~ (6, 0.0%)

1 だけをつぶし, の生え際, も直さん, を振り乱し, を結う, 振り乱して

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 ずくとも, てくれた, てくれるでしょう, ては少し, て宜しけれ

▼ ままうしろ~ (5, 0.0%)

1 の人々, の菜園, の襖, へしさった, へたおれた

▼ ままうつむい~ (5, 0.0%)

1 ていました, ている, てしまいました, てハンカチ, て口全体

▼ ままうろうろ~ (5, 0.0%)

2 して 1 した氣持, と行き, 廊下を

▼ ままおい~ (5, 0.0%)

2 とま 1 ちょいと, てあった, てある

▼ ままきょう~ (5, 0.0%)

1 これからの, の雨, は忘れられ, もまだ, も暮れ

▼ ままくるり~ (5, 0.0%)

1 と一廻転, と夫, と差向け, と廻ろう, と身

▼ ままぐるぐる~ (5, 0.0%)

1 と廻った, まわって, 回って, 走りまわったり, 飛ぶよう

▼ ままこうした~ (5, 0.0%)

1 ものさ, 屋敷に, 無鉄砲な, 疑いを, 瞬間が

▼ ままこっち~ (5, 0.0%)

2 を見 1 のほう, へ人間隊, を向かなかった

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 おひがりだ, きりと, ている, てもしない, まりの

▼ まましばらくじっと~ (5, 0.0%)

1 市長夫人は, 打ち案じたが, 考え込んだ, 顔を, 馬田の

▼ まますたすた~ (5, 0.0%)

1 とその, と立ち去っ, 敷台から, 歩き出して, 自分の

▼ ままするする~ (5, 0.0%)

1 すると, とすべりました, と寄る, と行き, と鬼

▼ ままそれでも~ (5, 0.0%)

1 たしなみから, まだどうにかこうにか, まだ頭, 十間ばかり, 大分落付い

▼ ままたおれ~ (5, 0.0%)

4 ている 1 てしまった

▼ ままでなく~ (5, 0.0%)

1 てそれ, てはなりますまい, なつて, 多少規則的, 好くも

▼ ままときどき~ (5, 0.0%)

1 その犬, ビクリビクリと, 私の, 立ち止って, 街道の

▼ ままなおも~ (5, 0.0%)

1 かたなに, 人垣の, 北の方へ, 家内から, 自分の

▼ ままなにか~ (5, 0.0%)

1 いらだたしそう, お話を, が喉, ひどく腑, 考えごとを

▼ ままほっ~ (5, 0.0%)

2 ておく, ておけ 1 てはおけん

▼ ままやっぱり~ (5, 0.0%)

1 かすれた声, 両手を, 焼け残って, 眺めて, 静かな

▼ ままゆらゆら~ (5, 0.0%)

1 と不気味, と前, と動い, と天上, と揺れ

▼ ままよい~ (5, 0.0%)

1 こころもちで, ところを, わここ, 死に場所を, 死所を

▼ ままわたくし~ (5, 0.0%)

1 の前, の紙入, の顔, は窓, をお

▼ ままグッタリ~ (5, 0.0%)

2 とうなだれ, となっ 1 とうつぶせ

▼ ままソッ~ (5, 0.0%)

1 として置く, と両, と側, と置いた, と首

▼ ままパッ~ (5, 0.0%)

2 と裏庭 1 と庭, と水, カリと

▼ ままボンヤリ~ (5, 0.0%)

1 となっ, とオルゴール, と当て, と焼け, はいっ

▼ まま~ (5, 0.0%)

2 縮みに 1 しよに, と言, 振はたくと

▼ まま一気に~ (5, 0.0%)

1 喋舌り続けた, 太平洋を, 東宮離宮横の, 駆け抜けようと, 駈けて

▼ まま一目散~ (5, 0.0%)

1 に町, に逃げるでしょう, に逃げ出しました, に逃走, に電車道

▼ まま三人~ (5, 0.0%)

1 とも無言, のあと, のかけ, のやりとり, の動き

▼ まま上っ~ (5, 0.0%)

1 てきた, て来, て来た, て行こう, て風呂場

▼ まま上眼~ (5, 0.0%)

2 を使っ 1 づかいに, と横眼, 遣を

▼ まま~ (5, 0.0%)

2 合理を 1 図脇へ, 活溌な, 遠慮に

▼ まま久しく~ (5, 0.0%)

1 お蔵, なって, 出て, 帰り来さりしかば, 帰国も

▼ まま~ (5, 0.0%)

3 れて 1 れた体, れる

▼ まま今にも~ (5, 0.0%)

2 その詩人 1 呼吸が, 気絶し, 泣き出しそう

▼ まま仰向き~ (5, 0.0%)

1 になっ, になつて血溜り, にふんぞり返っ, に寝, に横たわっ

▼ まま会釈~ (5, 0.0%)

1 し酒場, もなく立ち去る, をし, をした, を返した

▼ まま伸び~ (5, 0.0%)

1 ている, てしまった, て行く, をし, 蔓延って

▼ まま何やら~ (5, 0.0%)

2 本を 1 怪しげな, 書見を, 物思わし

▼ まま傲然~ (5, 0.0%)

2 と我々 1 とこう, としてゐた, と自分

▼ まま其の~ (5, 0.0%)

1 事を, 場に, 場を, 慘めな, 根本に

▼ まま冷然~ (5, 0.0%)

1 たる口調, とし, として答えた, とそれ, と眼

▼ まま出る~ (5, 0.0%)

1 からであった, 事が, 事の, 奴原を, 所へ

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 助を, 時間も, 狂乱に, 破れの, 蔀の

▼ まま卓子~ (5, 0.0%)

2 の上 1 に頭, に顔, を廻り

▼ まま叔父~ (5, 0.0%)

1 に向っ, に育てられ, の前, の椅子, はそれ

▼ まま呆気~ (5, 0.0%)

3 にとられ 1 に取られ, に取られた

▼ まま~ (5, 0.0%)

3 計代 1 愛も, 計代は

▼ まま夫人~ (5, 0.0%)

1 がまだ, の居室, の眼, の透き通る, はついに

▼ まま宗助~ (5, 0.0%)

1 と並ん, はすぐ, はついに, は勝手口, は炬燵蒲団

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 がどちら, に会釈, の伝右衛門, の好み, までサリー

▼ まま小便~ (5, 0.0%)

2 をする 1 と思い, をし, をした

▼ まま小刻み~ (5, 0.0%)

1 にはげしく, に揺れ, に肩, に足, の駆け足

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 と雲, のあいだ, のよう, の上, の陰

▼ まま巡査~ (5, 0.0%)

2 の顔 1 に罵声, の控室, を突き退け

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 に着い, の一所, を宴席, を立った, を譲った

▼ まま引っ~ (5, 0.0%)

2 抱えて 1 こんで, たてて, 組んで

▼ まま彼ら~ (5, 0.0%)

1 が橋, の仕事, の君長, の声, の話

▼ まま待っ~ (5, 0.0%)

4 ていた 1 ている

▼ まま微か~ (5, 0.0%)

1 な唸り, な声, な笑み, にふるえ, に動く

▼ まま恐ろしい~ (5, 0.0%)

2 目で 1 くらい広い, 音と共に, 顔で

▼ まま悲し~ (5, 0.0%)

2 そうに 1 げな, げに女, げに彼

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 のあいた, の上, の鍵穴, を閉, を閉じ

▼ まま抛っ~ (5, 0.0%)

2 て置け 1 ておい, ておおきに, て置く

▼ まま抱え~ (5, 0.0%)

1 てたれ, て中腰, て暗い, て立ち退いた, 番人を

▼ まま新聞~ (5, 0.0%)

2 を読ん 1 や雑誌, をひろげ, を見続け

▼ まま暫らく~ (5, 0.0%)

1 の間釘付け, は唯, は玄関, 呆れたよう, 黙り込んで

▼ まま書い~ (5, 0.0%)

2 ている 1 てゐた, て僞りや挾雜, て行った

▼ まま書斎~ (5, 0.0%)

1 にじっと, のぬれ, の金庫, へ入っ, へ退いた

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 からとびおりた, のしげみ, の子, の幹, の陰

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 があっ, には出来ず, の間, を読ん, 水の

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 から頭, が上らなかった, に額, の左右, を引きよせ

▼ まま~ (5, 0.0%)

4 の室 1 から次

▼ まま母親~ (5, 0.0%)

1 の後, の所, の襟, の顔, を見る

▼ まま毛布~ (5, 0.0%)

1 と黒い, につつまれ, の上, の下, を被っ

▼ まま水中~ (5, 0.0%)

1 でのり, につかつ, に泳い, に落ちた, に身

▼ まま永い~ (5, 0.0%)

1 こと家へ, こと考えました, こと見つめ, 間一と, 間全く

▼ まま深く~ (5, 0.0%)

1 うなずいた, うなずいて, 胸を, 頭を, 頷き

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 に這入っ, の底, の案内, を浴びた, を飲ん

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 ともし頃, の中, もともさない, を消し, を頭

▼ まま~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 の下, を吐き, を吹き吹き

▼ まま生き~ (5, 0.0%)

1 うめに, てい, ている, ていれ, て行け

▼ まま病院~ (5, 0.0%)

1 にかつぎこまれた, に運ばれた, のアルコール, の二階, へ運ばれた

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 だまった, だらしなく寝そべって, の視線, の顔, の驚き

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 に盛っ, の中, へ盛っ, をお, を下目

▼ まま真青~ (5, 0.0%)

2 になっ, になった 1 な顔

▼ まま眠り~ (5, 0.0%)

1 に入っ, に落ち, に落ちた, のあいだ, の快

▼ まま矢代~ (5, 0.0%)

1 の傍, の皮膚, は, はただ, も出席

▼ まま~ (5, 0.0%)

3 ばって 1 ばったとしても, 炭の

▼ まま~ (5, 0.0%)

2 のあく 1 に首, のなか, のふち

▼ まま答え~ (5, 0.0%)

1 さえせらるる, てもいい, て御, も出なかった, をせず

▼ まま素子~ (5, 0.0%)

1 と暮す, の顔, はほんとに, はタバコ, は明るい

▼ まま素早く~ (5, 0.0%)

1 三度目の, 女は, 廊下へ, 車内を, 駆け出して

▼ まま置かれ~ (5, 0.0%)

2 てあった 1 てある, ていた, て来た

▼ まま背後~ (5, 0.0%)

1 に押廻わし, に背負った, へそう, へジリジリ, を振り返った

▼ まま腕組み~ (5, 0.0%)

4 をし 1 して

▼ まま薄暗い~ (5, 0.0%)

1 なかに, 別間へ, 糞壺を, 部屋で, 隅の

▼ まま蚊帳~ (5, 0.0%)

2 の中 1 の内, へつら, も吊っ

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 から出, に飛出し, に駈け出した, へ連れ出され, 戸を

▼ まま足もと~ (5, 0.0%)

1 に寄った, に横たわっ, に横たわる, の地上, へ崩れ

▼ まま~ (5, 0.0%)

3 を返し 1 をかえす, を蹴っ

▼ まま退く~ (5, 0.0%)

1 にも退かれず, のは, わけには, 気色を, 者は

▼ まま送っ~ (5, 0.0%)

1 てついに, てやったらしい, て来, て来た, て死ぬ

▼ まま途方~ (5, 0.0%)

3 に暮れ 2 に暮れた

▼ まま連れ~ (5, 0.0%)

1 だって来た, ていっ, てゆく, て去った, を離れ

▼ まま長火鉢~ (5, 0.0%)

1 にもたれ, に軽く, の側, の前, を隔て

▼ まま青年~ (5, 0.0%)

1 とならん, と並ん, に対する訓戒, の後姿, は軽く

▼ まま青白い~ (5, 0.0%)

1 光りの, 冴え返るほど, 汗に, 街燈の, 顔を

▼ まま~ (5, 0.0%)

1 とむかっ, も上げぬ, も揚げず, を上げなかった, 喰らって

▼ まま黙つ~ (5, 0.0%)

2 てゐる 1 てそこ, て何, て私たち

▼ ままああ~ (4, 0.0%)

2 して 1 あすこの, いい気持

▼ ままあるいは~ (4, 0.0%)

1 チョコレート色の, 拗曲, 水に, 沈んだり

▼ ままいい~ (4, 0.0%)

1 や, 加減に, 匂いの, 現わし

▼ ままうち~ (4, 0.0%)

1 うなずき, にい, へ帰れなくなる, へ歸

▼ ままかう~ (4, 0.0%)

2 云ふ 1 云ひました, 巡査に

▼ ままかえって~ (4, 0.0%)

2 こないの 1 普通人以上露骨に, 私に

▼ ままかしこまっ~ (4, 0.0%)

1 てい, ている, て一盃, て出

▼ ままかすか~ (4, 0.0%)

1 に, にうなずいた, に詫びごと, に頷いた

▼ ままから~ (4, 0.0%)

1 だを, になった, 身で, 身に

▼ ままからだ~ (4, 0.0%)

1 にふさわしい太い, をゆがめ, を延ばし, を振つ

▼ ままがっくり~ (4, 0.0%)

1 くずれて, とうなだれた, とひざまずく, 首を

▼ ままきょとん~ (4, 0.0%)

3 とし 1 と私

▼ ままございます~ (4, 0.0%)

1 から, が所詮, ことで, のでな

▼ ままさすが~ (4, 0.0%)

1 に彼, に秋, に驚い, のお転婆

▼ ままじろじろ~ (4, 0.0%)

1 と城太郎, と眺め, と肉, と観察

▼ まま~ (4, 0.0%)

2 なおに 1 つかり寝込んで, ーと

▼ まますやすや~ (4, 0.0%)

1 と寝入っ, と眠った, と睡っ, 寝て

▼ まますんなり~ (4, 0.0%)

1 お返し申す, とは帰れますまい, と解散, と避け

▼ ままずいと~ (4, 0.0%)

1 その行く手, 引退った, 茶店の, 部屋を

▼ まませっせと~ (4, 0.0%)

1 前の, 歩いた, 自分の, 葱に

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 とから高い, なたも, はへ寄っ, よりともせず

▼ ままそして~ (4, 0.0%)

1 眼じ, 紺べりの, 見合いは, 身動きも

▼ ままそっち~ (4, 0.0%)

1 の方, へあわて, へひと, を覗いた

▼ ままそろそろ~ (4, 0.0%)

1 と水牛仏, と繰り下ろし始めました, 借地人の, 横に

▼ ままだって~ (4, 0.0%)

1 かまやしませんよ, して, わたしは, わたし小母さんに

▼ ままだまりこん~ (4, 0.0%)

2 でいました 1 でいます, でしまいました

▼ ままだれ~ (4, 0.0%)

1 にともなし, の顔, もそば, も対手

▼ ままちょうど~ (4, 0.0%)

1 そのころ天下, 好いやっ, 幕の, 昔よく

▼ ままつかつか~ (4, 0.0%)

1 と入口, と焚火, と遊楽館, 入って

▼ ままつまらな~ (4, 0.0%)

2 そうな 1 さうにかう, そうに

▼ ままでしょう~ (4, 0.0%)

1 か, が, なおいけない, 水っ

▼ ままでの~ (4, 0.0%)

1 しとやかな, 悪行を, 臆病者の, 近代資本主義社会への

▼ ままどうしても~ (4, 0.0%)

1 ぬけだすこと, 動けない, 受取ろうと, 息を

▼ ままどの~ (4, 0.0%)

1 ような, 方角へも, 机の, 部屋も

▼ ままながら~ (4, 0.0%)

1 いつも長吉, なお当時, 威風四方を, 相手と

▼ ままにこり~ (4, 0.0%)

4 ともせず

▼ ままにと~ (4, 0.0%)

1 国許の, 序し, 彼は, 私は

▼ ままのっそり~ (4, 0.0%)

1 と入っ, と前, と近づい, 人垣の

▼ ままのろのろ~ (4, 0.0%)

1 した声, といつも, と歩い, と玄関

▼ ままひそか~ (4, 0.0%)

1 に倫敦, に先発, に村, に鉄柵

▼ ままひょいと~ (4, 0.0%)

1 お辞儀を, そのボート, 手を, 飛びついた

▼ ままびく~ (4, 0.0%)

2 とも動かなかった 1 ともしない, ともせぬ

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 ごの, はふ, ふと静か, ふんと

▼ ままふらふら~ (4, 0.0%)

1 と歩きだしました, と歩き出した, と築山, と起き上った

▼ ままぶるぶる~ (4, 0.0%)

1 とふるえました, と慄, 手も, 顫え

▼ まままじまじ~ (4, 0.0%)

1 と久美子, と典膳, と木村, と目

▼ まままず~ (4, 0.0%)

1 あたりを, 三町四方も, 卜占を, 水を

▼ ままむっつり~ (4, 0.0%)

2 して 1 と不, 佇んで

▼ ままやっ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てもし, て行っ

▼ ままやっと~ (4, 0.0%)

1 くぐりぬけて, 口を, 噤んで, 聞える位

▼ ままやや~ (4, 0.0%)

1 久しく考えこん, 暫時の, 迷惑相に, 長い間

▼ ままややしばらく~ (4, 0.0%)

1 なにも, 桶の, 立ったが, 見て

▼ ままようやく~ (4, 0.0%)

1 一頁を, 出て, 席に, 足を

▼ ままよという~ (4, 0.0%)

2 気に 1 死に, 顔つきで

▼ ままわし~ (4, 0.0%)

1 が何, が死ん, が自ら, を不忠者

▼ ままわずか~ (4, 0.0%)

1 に医者, に残っ, に脛, に顔

▼ ままウトウト~ (4, 0.0%)

1 して, と居眠り, と眠りかけ, 居眠りを

▼ ままガタガタ~ (4, 0.0%)

1 とふるえ出し, とふるえ出した, と慄, 震えながら

▼ ままグッ~ (4, 0.0%)

1 とうつむい, と一息, スリ半日の, スリ眠っ

▼ ままサッと~ (4, 0.0%)

1 不意に, 廊下へ, 胸の, 顔いろ

▼ ままシッカリ~ (4, 0.0%)

1 と油紙包み, と獅, と私, と肉

▼ ままスラスラ~ (4, 0.0%)

2 と言葉 1 と二人, と火

▼ ままスーッ~ (4, 0.0%)

1 と下, と別れ, と辷っ, と音

▼ ままズルズル~ (4, 0.0%)

1 して, と二, と引, と音

▼ ままダラリ~ (4, 0.0%)

1 と下っ, と四肢, と陰気, と静まり返っ

▼ ままフラフラ~ (4, 0.0%)

1 とはいっ, とパーポン氏, と立ち上る, と膝

▼ ままペン~ (4, 0.0%)

1 をとり, を投出し, を走らす, を走らせ

▼ まま一本~ (4, 0.0%)

1 のたより, のマッチ, の綱, の長い

▼ まま一生~ (4, 0.0%)

1 ひかげ, わかれて, を終る, を過し

▼ まま一直線~ (4, 0.0%)

1 にあの, に地, に技師, に駈け出した

▼ まま一語~ (4, 0.0%)

1 もきかず, も交えず, も発し, も聞き

▼ まま丁寧~ (4, 0.0%)

1 にゆっくり, に客, に小腰, に收集

▼ まま丁度~ (4, 0.0%)

2 細かい切子硝子 1 この時テエブル, その頃天下

▼ まま三四郎~ (4, 0.0%)

1 に, に向かった, の姿, を見守った

▼ まま三日~ (4, 0.0%)

1 すれば, でもじっ, にもなる, 帰って

▼ まま上体~ (4, 0.0%)

1 をかがめ, をふらふら, をほんの, を仰向け

▼ まま不思議~ (4, 0.0%)

1 と彼, な円陣, な心持, に自然

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 なくし, の気, を失っ, 水之

▼ まま二つ~ (4, 0.0%)

1 の床, の死体, の花瓶, の開いた

▼ まま二本~ (4, 0.0%)

1 のピアノろうそく, の刀, の前足, ばかり持っ

▼ まま人々~ (4, 0.0%)

1 の並んだ, の中, の口, の話

▼ まま人生~ (4, 0.0%)

2 の中 1 に投げ出された, は終え

▼ まま人間~ (4, 0.0%)

1 が五十, の中, は生き, をほうっ

▼ まま仲間~ (4, 0.0%)

1 の為め, の群, の者等, を見殺し

▼ まま何気なく~ (4, 0.0%)

1 そこへ, その包み, 云う, 足を

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 が逃げ出したら, の前, の力, はも少し

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 で聴講, にあった, においてのむ, へ寄っ

▼ まま働い~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てみい, て行け

▼ まま全く~ (4, 0.0%)

1 動かなくとも, 感慨無量という, 自分勝手の, 音楽的に

▼ まま全速力~ (4, 0.0%)

2 で馳 1 で追い縋る, で馬車

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 の柄, をスラリ, を下, を投げ出し

▼ まま別に~ (4, 0.0%)

1 その文, 何も, 床板に, 見ようとも

▼ まま到頭~ (4, 0.0%)

2 宿坊に 1 我慢が, 起き上がろうと

▼ まま劉備~ (4, 0.0%)

1 の面, はまた, は自分, は身

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 として感ぜず, のない, をいれ, を籠め

▼ まま動けなくなっ~ (4, 0.0%)

3 てしまった 1 てしまいました

▼ まま千鶴子~ (4, 0.0%)

1 に会え, に帰っ, の沓先, や久慈

▼ まま半ば~ (4, 0.0%)

1 まで降り, 引きちぎられた簾, 枯れて, 開いた

▼ まま半日~ (4, 0.0%)

1 はすぐ, は姉, も解剖刀, も過ぎた

▼ まま半身~ (4, 0.0%)

1 を乗出す, を机, を縁先, を起し

▼ まま合掌~ (4, 0.0%)

3 して 1 し眼

▼ まま土地~ (4, 0.0%)

1 の人々, の商家, の状況, を離れ

▼ まま坐った~ (4, 0.0%)

1 きりの, なりで, ままで, 膝に

▼ まま~ (4, 0.0%)

3 の上 1 へのぼっ

▼ まま多く~ (4, 0.0%)

1 のうす暗い, は自分, を語らず, 香火を

▼ まま夜具~ (4, 0.0%)

2 の襟元 1 がのべ, も枕

▼ まま大地~ (4, 0.0%)

1 に再び, に横たわっ, は横, へ突き立っ

▼ まま大声~ (4, 0.0%)

1 すら発しよう, で怒鳴った, に詩, をあげ

▼ まま大急ぎ~ (4, 0.0%)

1 でツンボ・コート, で左手, で庭, で片付けます

▼ まま大股~ (4, 0.0%)

1 で危く重心, にどこ, に右手, に竹垣

▼ まま失神~ (4, 0.0%)

2 して 1 せるもの, の体

▼ まま~ (4, 0.0%)

3 そうに 1 さうにしなび

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 に置いた, のほう, へ泳ぎ, を離れた

▼ まま帰らない~ (4, 0.0%)

1 でもいい, といっ, と云っ, のできょう

▼ まま帰途~ (4, 0.0%)

3 についた 1 に就いた

▼ まま平次~ (4, 0.0%)

1 の方, はともかく, はどこ, も勝手口

▼ まま平然~ (4, 0.0%)

1 とし, として立っ, として答えました, と言った

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 に水, のへん, の底, もしれぬ

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 のお, へ置去り, をで, を張っ

▼ まま~ (4, 0.0%)

3 之丞 1 之丞様

▼ まま必死~ (4, 0.0%)

1 にこちら, にその, に表, の笑い

▼ まま恍惚~ (4, 0.0%)

1 して, たる夢心地, として大勢, と見送っ

▼ まま意識~ (4, 0.0%)

2 を失っ 1 を回復, を狂わし

▼ まま戸口~ (4, 0.0%)

1 にはやや, に腰, の方, まで後ずさり

▼ まま戸棚~ (4, 0.0%)

1 につくね, に収めた, の中, の外

▼ まま戻っ~ (4, 0.0%)

1 てき, て来ない, て来ねえ, て行っ

▼ まま手ぶら~ (4, 0.0%)

1 でもけえられ, で帰ったら, で帰れ, で通学

▼ まま打っちゃっ~ (4, 0.0%)

1 ても置かれ, て置い, て置いたら, て置け

▼ まま押し~ (4, 0.0%)

1 たり押され, たり押し返し, 冠さっ, 合ひ

▼ まま早く~ (4, 0.0%)

1 もひび割れ, も姿, やれ, 元への

▼ まま明るい~ (4, 0.0%)

1 光の, 所で, 空を, 車内には

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 になっ, の日, も過ぎよう, をむなしく

▼ まま暗く~ (4, 0.0%)

2 なるまで 1 一生懸命に, 複雑な

▼ まま暫くじっと~ (4, 0.0%)

2 して 1 外の, 息を

▼ まま有耶無耶~ (4, 0.0%)

1 にし, になっ, に六年間舅, に過し

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 から落ちたがっ, のまま, を離れる, を高く

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 になく, の先, の長い, を握り

▼ まま~ (4, 0.0%)

2 の上 1 に押しこめ, に菜皿

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 とした, の中, の御殿, の精

▼ まま極めて~ (4, 0.0%)

2 無造作に 1 平気な, 浅い呼吸

▼ まま横たわっ~ (4, 0.0%)

3 ていた 1 ている

▼ まま正木博士~ (4, 0.0%)

1 と向き合っ, のする, は無, は自分

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 の島, の悲劇, の様, の筆記

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 したくない氣持, りますわ, る, る時

▼ まま死骸~ (4, 0.0%)

2 の側 1 となっ, は鉄道

▼ まま残される~ (4, 0.0%)

2 こと 1 ことに, わけである

▼ まま気絶~ (4, 0.0%)

3 して 1 した

▼ まま沈黙~ (4, 0.0%)

3 して 1 って裾

▼ まま~ (4, 0.0%)

2 の中 1 について恐る恐る, のはね

▼ まま泳い~ (4, 0.0%)

2 でさ 1 でいました, でいます

▼ まま浴槽~ (4, 0.0%)

1 から天国, の一隅, の中, の底

▼ まま消息~ (4, 0.0%)

2 を絶っ 1 がたえ, をたっ

▼ まま溜息~ (4, 0.0%)

1 ついて, をつい, を吐い, を吐いた

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 になっ, のなか, も取らず打捨ておく, 白く凍っ

▼ まま無造作~ (4, 0.0%)

1 にうなずいた, に浅瀬, に舟, に角帽

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 ばかり噛ん, を噛ん, を煮る, を磨いた

▼ まま片方~ (4, 0.0%)

1 の小, の目, の眼, の編上げ靴

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 のよう, の尻, の頭, は横

▼ まま~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 に吠え立てられ, の下

▼ まま猛然と~ (4, 0.0%)

1 スピードを, 反耶, 焔の, 駈けだした

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 のまま, の愉悦, 捕って, 遺物だ

▼ まま病室~ (4, 0.0%)

1 にいる, の端, へ入っ, へ向っ

▼ まま~ (4, 0.0%)

2 つちまつちや駄目 1 てしまう, むそうな

▼ まま眺め~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 ただ, ている

▼ まま睡っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ていました, ている, ておりました

▼ まま睨み合っ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 ていようで, て居る

▼ まま~ (4, 0.0%)

2 よりも早く 1 のよう, 張りいつまで

▼ まま知らぬ顔~ (4, 0.0%)

2 をし 1 ですまし, の半兵衛

▼ まま立ち上っ~ (4, 0.0%)

1 て今一度, て内側, て壜, て軽く

▼ まま立ち去る~ (4, 0.0%)

1 のであった, のもち, 事が, 積りである

▼ まま笑い~ (4, 0.0%)

1 ながらそこ, ながら言う, もしなけれ, を感じ

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 の上下, も執らず, をもっ, を持たね

▼ まま続い~ (4, 0.0%)

1 ていた, ていったでしょう, てバルコン, て行く

▼ まま置く~ (4, 0.0%)

1 ことに, とは何, と侘びた, わけには

▼ まま考え込ん~ (4, 0.0%)

2 でしまった 1 でいた, でいる

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 の高い, をかがめ, を二つ, を壁

▼ まま背中~ (4, 0.0%)

1 にとりつけ, に負い, をまるく, を流さした

▼ まま腰かけ~ (4, 0.0%)

1 て, ていた, てそれ, の上

▼ まま自然~ (4, 0.0%)

1 との闘争, な鶴翼, に宇治, の横溢

▼ まま船橋~ (4, 0.0%)

1 から転がり落ち, に棒立ち, の上, の欄干

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 さびた庭, と云う, のついた, 蒸すまま

▼ まま苦い~ (4, 0.0%)

2 顔を 1 涙を, 顔渋い

▼ まま葉子~ (4, 0.0%)

1 にはま, に背, の髪, は険しく細い

▼ まま~ (4, 0.0%)

2 の鳴く 1 のよう, の食う

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 に潜ませ, の蔭, へ入れた, を別

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 から二人, へふっかりと, をおろした, を袖

▼ まま見つめ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ていた, て純白

▼ まま見る~ (4, 0.0%)

1 からに落ちつかない, ところの, ともなく, ともなし

▼ まま見向き~ (4, 0.0%)

2 もしない 1 もしなかった, もやらず

▼ まま読ん~ (4, 0.0%)

1 でいる, でみます, でゐた, で大町

▼ まま起き上っ~ (4, 0.0%)

1 ては反り, て来, て裏, て青天井

▼ まま躊躇~ (4, 0.0%)

2 した, して

▼ まま近く~ (4, 0.0%)

1 の寺, の溝川, の自宅, の警察派出所

▼ まま近づい~ (4, 0.0%)

1 ていった, てくる, て来, て深雪

▼ まま通りすぎ~ (4, 0.0%)

2 てしまった 1 ている, てきた

▼ まま進ん~ (4, 0.0%)

2 で行け 1 で行く, で行ったなら

▼ まま運ばれ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ていった, てゆく, てゐた

▼ まま遭難~ (4, 0.0%)

2 した婦人, して

▼ まま長椅子~ (4, 0.0%)

1 に寝る, の上, の前, の少し

▼ まま陰鬱~ (4, 0.0%)

1 に期待, に病みこわれ, に立っ, に規則的

▼ まま~ (4, 0.0%)

2 の目 1 を受け, を浴び

▼ まま電車~ (4, 0.0%)

1 の中, の間, を下りた, を走らせ

▼ まま青い~ (4, 0.0%)

1 切符を, 手の, 灯の, 物を

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 ある方, も立てず, も香, 高く走った

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 と頬, に冷たく, に落ち, を真赤

▼ まま食卓~ (4, 0.0%)

1 についてお茶, に対, の一番端, へ近寄ろう

▼ まま~ (4, 0.0%)

1 も喰わず, も食わず, を食っ, を食った

▼ まま黒い~ (4, 0.0%)

1 小路を, 瞳の, 覆面の, 鞄を

▼ まま~ (4, 0.0%)

2 りこくっ 1 して, ってみんな

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 しろうて, たまを, つけに

▼ ままあらゆる~ (3, 0.0%)

1 ことを, ものを, 残虐な

▼ ままいくつ~ (3, 0.0%)

1 かのホテル, もぐったり, も押しこんである

▼ ままいず~ (3, 0.0%)

3 ことも

▼ ままいっ~ (3, 0.0%)

1 さんに, てしまう, てしまおう

▼ ままいや~ (3, 0.0%)

1 な顔, に血走った, に語尾

▼ ままいよいよ~ (3, 0.0%)

1 ゆるぎも, 深きを, 高く女菩薩

▼ ままうつらうつら~ (3, 0.0%)

1 といねむりをしていた, とし, とした

▼ ままうんと~ (3, 0.0%)

1 呻って, 答えただけ, 茶碗の

▼ ままおいおい~ (3, 0.0%)

2 泣いて 1 と泣い

▼ ままおのずから~ (3, 0.0%)

1 はね返って, 炎に, 腐って

▼ ままおばあさん~ (3, 0.0%)

1 に連れられ, のしわくちゃ, の帰り

▼ ままおめおめ~ (3, 0.0%)

1 と捉えられる, と無事, 江戸へ

▼ ままおもむろに~ (3, 0.0%)

1 つぎの, 手を, 暖炉から

▼ ままおろおろ~ (3, 0.0%)

1 した表情, して, 泣きだして

▼ ままお茶~ (3, 0.0%)

2 かなんか 1 やお菓子

▼ ままかく~ (3, 0.0%)

1 は早打ち, よみたり, 申ます

▼ ままかも~ (3, 0.0%)

2 しれませんが 1 しれない

▼ ままぐずぐず~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ままぐっすり~ (3, 0.0%)

2 眠って 1 寝入って

▼ ままこんど~ (3, 0.0%)

1 はおまけ, はすこし, は机

▼ ままごろごろ~ (3, 0.0%)

1 して, と床, 寝転んで

▼ ままさっと~ (3, 0.0%)

1 北磯の, 左手へ, 車道を

▼ ままさまざま~ (3, 0.0%)

2 に驚愕 1 な芸

▼ まましくしく~ (3, 0.0%)

1 と泣きあかし, と泣き出し, 泣き出して

▼ まましばらくぼんやり~ (3, 0.0%)

1 佇んで, 籐椅子に, 縁側の

▼ まましゃがん~ (3, 0.0%)

1 でしまった, で両方, で挨拶

▼ まましょんぼり~ (3, 0.0%)

1 と宮の台, と立っ, と考え込ん

▼ まますこしも~ (3, 0.0%)

1 おちないの, 動きません, 酔って

▼ まますごすご~ (3, 0.0%)

1 けえった, と退がりかけた, 大坂

▼ まますっくと~ (3, 0.0%)

1 立ちあがった, 立ち上った, 立上っ

▼ まますて~ (3, 0.0%)

1 ておけ, てはおけません, て置かれ

▼ まますべて~ (3, 0.0%)

1 されるまま, の問題, の窓

▼ まますわっ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てしまう, て女中

▼ ままずかずか~ (3, 0.0%)

1 とそれ, と房内, 縁側に

▼ ままそれら~ (3, 0.0%)

1 の少年時, の景色, の無数

▼ まま~ (3, 0.0%)

2 がいに 1 がもう

▼ ままだったら~ (3, 0.0%)

1 いっそ死んだ, お目, その負担

▼ ままだらり~ (3, 0.0%)

1 と床, と木の根, と草地

▼ ままだろう~ (3, 0.0%)

1 が港, しその, 雲

▼ ままちょい~ (3, 0.0%)

1 とでも外, と羨し, と顎

▼ ままちよ~ (3, 0.0%)

1 つとマツグ, つと僕, つと祖母

▼ ままっ子~ (3, 0.0%)

1 が根性, だという, なん

▼ ままつぎ~ (3, 0.0%)

1 のことば, の間, 合わされて

▼ ままつくね~ (3, 0.0%)

1 てあった, てある, て置く

▼ ままつくねんと~ (3, 0.0%)

2 して 1 坐って

▼ ままつけ~ (3, 0.0%)

1 ておい, て書い, て置いた

▼ ままつっ立っ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ている

▼ ままであったら~ (3, 0.0%)

1 そのため, 経済上の, 自分で

▼ ままであれ~ (3, 0.0%)

1 ばいい, ばいか, ばよい

▼ ままでございます~ (3, 0.0%)

1 か, から旧, ゆえ

▼ ままでない~ (3, 0.0%)

1 ことは, という事, 一弗五十仙にも

▼ ままとも~ (3, 0.0%)

1 かくも, すれば, 思われない品

▼ ままどうやら~ (3, 0.0%)

1 居睡りでも, 材木の, 肚の

▼ ままどちら~ (3, 0.0%)

1 からともなく, からも最初, も黙っ

▼ ままどっち~ (3, 0.0%)

1 にも倒れない, に行った, へ行った

▼ ままどんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, 悪いこと, 風に

▼ ままなぜ~ (3, 0.0%)

1 か相良金吾, か紀代子, の説明

▼ ままなに~ (3, 0.0%)

1 から手, も知らず, をいわれ

▼ ままなほ~ (3, 0.0%)

2 もその 1 も聴耳

▼ ままなり~ (3, 0.0%)

1 ませず, ハテ不思議, 云々

▼ ままなんにも~ (3, 0.0%)

1 答えなかった, 言いません, 言わなかった

▼ ままにやりと~ (3, 0.0%)

1 気味の, 笑う, 笑つて例の

▼ ままに従って~ (3, 0.0%)

1 歩いた男, 置くとして, 自治に

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 ぢ向け, ている, てはならぬ

▼ ままはるか~ (3, 0.0%)

2 たへの 1 にニユウヨオク

▼ ままばったり~ (3, 0.0%)

1 と倒れた, と横, 倒れて

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 げを, ょくりひょくりと頭を, ょろりひょろりと

▼ ままひっそり~ (3, 0.0%)

1 と対坐, と身, と高い

▼ ままひとこと~ (3, 0.0%)

3 も口

▼ ままひらり~ (3, 0.0%)

1 とまたがる, と局長, と馬

▼ ままひろ子~ (3, 0.0%)

1 のところ, はくい入る, は封

▼ ままふん~ (3, 0.0%)

1 で七人, と笑った, 反った

▼ ままふんふん~ (3, 0.0%)

2 と聴い 1 笑って

▼ ままぶらりと~ (3, 0.0%)

1 下がった, 外へ, 海老床の

▼ ままへたばっ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 て眠った

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 おっ, の白, ッとべ

▼ ままほんの~ (3, 0.0%)

1 一二秒彼らの, 僅かだけ, 慰みの

▼ ままむしろ~ (3, 0.0%)

1 ぼんやりと, 妖相を, 楯氏の

▼ ままむっと~ (3, 0.0%)

1 したよう, した面持, した顔

▼ ままもっと~ (3, 0.0%)

1 勉学し, 苦しめられるよう, 高く手

▼ ままやって来~ (3, 0.0%)

1 ていよいよ, て時々, て風呂

▼ ままゆうゆう~ (3, 0.0%)

1 とし, と引き, と砲弾

▼ ままゆるやか~ (3, 0.0%)

1 にしかも, に旋回, に歩きつづけた

▼ ままよとばかり~ (3, 0.0%)

1 怪物の, 旧作の, 濡れ鼠の

▼ ままらしい~ (3, 0.0%)

1 俺の, 末の, 風は

▼ ままわかれ~ (3, 0.0%)

21 ては私

▼ ままコップ~ (3, 0.0%)

1 に盛られた, を手, を握り

▼ ままサッサ~ (3, 0.0%)

1 と出, と梯子, と部屋

▼ ままシーン~ (3, 0.0%)

2 とした 1 としずまりかえっ

▼ ままジロジロ~ (3, 0.0%)

1 とそれ, と部屋, と顎十郎

▼ ままソロソロ~ (3, 0.0%)

1 と月明り, と立上, と離れ退いた

▼ ままドア~ (3, 0.0%)

1 の掛金, をあけ, をしめ

▼ ままドタリ~ (3, 0.0%)

1 と仰向け, と倒れ, と斜めうしろ

▼ ままドンドン~ (3, 0.0%)

1 かまわず薄暗い, と海水, 走って

▼ ままノソノソ~ (3, 0.0%)

2 とその 1 と地面

▼ ままヒョコヒョコ~ (3, 0.0%)

1 と動き出し, と頭, 出て

▼ ままビックリ~ (3, 0.0%)

1 したよう, して, する程

▼ ままピアノ~ (3, 0.0%)

1 でひい, のキイ, ばかり見つめ

▼ ままブラ~ (3, 0.0%)

2 下げて 1 下がって

▼ ままブルブル~ (3, 0.0%)

1 身体を, 震えて, 震えながら

▼ ままホテル~ (3, 0.0%)

1 にい, のむきだし, へ帰る

▼ ままボート~ (3, 0.0%)

1 に入った, や田舟, をひっぱっ

▼ ままミイラ~ (3, 0.0%)

1 になっ, になり, のよう

▼ ままヨチヨチ~ (3, 0.0%)

1 とみょう, とよちり, 歩いて

▼ ままヴェランダ~ (3, 0.0%)

2 に出し放し 1 に上っ

▼ まま一つ~ (3, 0.0%)

1 の機械, の沢, 廻る中

▼ まま一ヵ月~ (3, 0.0%)

1 お弁当, の余, もたて

▼ まま一向~ (3, 0.0%)

1 出て, 取合って, 報り

▼ まま一応~ (3, 0.0%)

2 申上候 1 読んで

▼ まま一息~ (3, 0.0%)

1 にこう, に嚥, に廊下

▼ まま一散~ (3, 0.0%)

1 に逃げ帰, に駈け出し, に駈け出した

▼ まま一時間~ (3, 0.0%)

1 すぎても, ばかりと云う, も二時間

▼ まま一生懸命~ (3, 0.0%)

1 に聞い, に追, 何やら考え

▼ まま一瞬~ (3, 0.0%)

1 にし, に若い, 同じ気魄

▼ まま一礼~ (3, 0.0%)

1 した, して, もせず

▼ まま下宿~ (3, 0.0%)

1 のお, へとん, へ帰ろう

▼ まま下駄~ (3, 0.0%)

1 で土間, を穿かし, を突掛け勝手元

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 のうえ, の上, 越え沼踰

▼ まま両方~ (3, 0.0%)

1 の手, の襖, の足

▼ まま中止~ (3, 0.0%)

2 すること 1 とは残念

▼ まま中途~ (3, 0.0%)

1 から帰る, で堅く, で斃

▼ まま乗っ~ (3, 0.0%)

2 て行っ 1 て行った

▼ まま乾いた~ (3, 0.0%)

1 土が, 石灰粉が, 蹄を

▼ まま二の句~ (3, 0.0%)

3 がつげなかった

▼ まま二三歩~ (3, 0.0%)

1 あるく, ほど生命, 動きだした

▼ まま二度と~ (3, 0.0%)

1 お天道さま, パイプに, 日の目を

▼ まま井戸端~ (3, 0.0%)

1 の混凝土, へでた, へまわった

▼ まま人形~ (3, 0.0%)

1 のよう, の眼, を抱い

▼ まま人気~ (3, 0.0%)

1 がなく, のない, はそれ自身

▼ まま人通り~ (3, 0.0%)

2 のない 1 の無い

▼ まま仏壇~ (3, 0.0%)

1 にあげ, の前, の引き出し

▼ まま仏間~ (3, 0.0%)

1 になど置きまし, には朋輩, の後ろ

▼ まま他人~ (3, 0.0%)

1 か何, になつてしまつた, の装束

▼ まま低く~ (3, 0.0%)

1 おつ, とぎれとぎれに, 云った

▼ まま余り~ (3, 0.0%)

1 の不思議さ, の事, 愉快でない

▼ まま使う~ (3, 0.0%)

1 ことに, という奇妙, な

▼ まま便所~ (3, 0.0%)

1 の中, へ身, を出る

▼ まま健三~ (3, 0.0%)

2 の前 1 を見た

▼ まま傍ら~ (3, 0.0%)

1 に立つ, の風呂敷包, 近く歩み

▼ まま傍若無人~ (3, 0.0%)

1 に, に立ちはだかっ, に通り過ぎよう

▼ まま僕等~ (3, 0.0%)

1 の何, の子孫, は物見高い

▼ まま元気~ (3, 0.0%)

1 なつもり, に何, を付ける

▼ まま全然~ (3, 0.0%)

1 反応を, 当面の, 表情らしい

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 じい唸り声を, じい静かさに, 艶な

▼ まま分れ~ (3, 0.0%)

1 てしまう, てはどう, て陽

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 のところ, の世界, の紙

▼ まま前後不覚~ (3, 0.0%)

2 に眠っ 1 に寝入っ

▼ まま十年~ (3, 0.0%)

1 も二十年, も働い, も臣下

▼ まま半年~ (3, 0.0%)

2 ばかり落着 1 ばかり三元

▼ まま博士~ (3, 0.0%)

1 と向い合った, の娘, の横

▼ まま双方~ (3, 0.0%)

1 から突っつき合った, とも一こと, 睨み合いの

▼ まま叔母~ (3, 0.0%)

1 の姿, もかけ, を頼っ

▼ まま口もと~ (3, 0.0%)

1 には微笑, をぴくぴく, をバタ

▼ まま吉良兵曹長~ (3, 0.0%)

1 の上体, は動かなかった, は軍刀

▼ まま向こう~ (3, 0.0%)

1 へ歩い, へ行った, へ走っ

▼ まま呆然と~ (3, 0.0%)

1 怪塔王の, 案山子の, 突立っ

▼ まま呼吸~ (3, 0.0%)

1 が絶えた, ばかりセイセイ, を喘

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 が盡, を奪われ, を絞る

▼ まま唖然~ (3, 0.0%)

1 としてその, となっ, と立ち尽し

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 グッタリと, 潜望鏡を, 濃い墨

▼ まま喘い~ (3, 0.0%)

3 でいた

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 べはじめた, べる, 付いて

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 が滅ぼう, に引っ込ん, へは帰っ

▼ まま地下室~ (3, 0.0%)

1 においた, の方, へ降り

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 に止り, の中, も人

▼ まま堅く~ (3, 0.0%)

1 その眼, なって, 閉した雨戸

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 ですっぽん, をつけ, を振りかけ

▼ まま外出~ (3, 0.0%)

2 する訳 1 して

▼ まま夢心地~ (3, 0.0%)

1 でぼんやり, に六波羅, に深い

▼ まま大学~ (3, 0.0%)

1 へ送られる, へ駆けつけ, や国立図書館

▼ まま奇妙~ (3, 0.0%)

1 な泣き笑い, にヒッソリ, に惹き付けられ

▼ まま女房~ (3, 0.0%)

1 が帰らない, のお, の藍微塵

▼ まま如何にも~ (3, 0.0%)

1 傲然と, 疲れて, 軍人らしい

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 のす, のフロラ, の方

▼ まま婆さん~ (3, 0.0%)

1 におんぶ, の答, の顔

▼ まま存在~ (3, 0.0%)

1 して, とはよくも, の意識

▼ まま学校~ (3, 0.0%)

1 のなか, へは診断書, へ近づいた

▼ まま宇治~ (3, 0.0%)

1 はしずか, は両, は自分

▼ まま客間~ (3, 0.0%)

2 に腰 1 へ通った

▼ まま家康~ (3, 0.0%)

1 はつと, は座, を放っ

▼ まま宿~ (3, 0.0%)

1 に帰り, に引返し, を出

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 とし, として声, として陽

▼ まま寂し~ (3, 0.0%)

1 さに, さを, そうな

▼ まま寝返り~ (3, 0.0%)

1 は打つまい, も打たなかった, を打ち

▼ まま小林君~ (3, 0.0%)

1 のそば, の懐中電灯, の顔

▼ まま少時~ (3, 0.0%)

1 お房, は身動き, 考えたが

▼ まま尻餅~ (3, 0.0%)

1 ついて, をついた, をつきました

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 眠して, 睡りを, 縮んだが

▼ まま居睡り~ (3, 0.0%)

1 をし, をし始めた, を始めた

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 として動かない, となっ, と二人

▼ まま~ (3, 0.0%)

2 つて 1 えろうと

▼ まま帰つて~ (3, 0.0%)

1 は主人, もいい, 来なかつた

▼ まま帰らぬ~ (3, 0.0%)

1 と聞く, 事に, 者も

▼ まま帰宅~ (3, 0.0%)

2 しては 1 したの

▼ まま平然と~ (3, 0.0%)

1 二人の, 人を, 敵の

▼ まま幸福~ (3, 0.0%)

1 と一しょ, な眠り, にし

▼ まま広場~ (3, 0.0%)

2 の真中 1 の中央

▼ まま床の間~ (3, 0.0%)

1 にあがっ, に立て掛け, の隅

▼ まま引き~ (3, 0.0%)

1 さがって, さがる, 退ること

▼ まま引き返し~ (3, 0.0%)

1 てしまえる, て村, て来た

▼ まま引っ込ん~ (3, 0.0%)

1 じゃ仲間, でおしまい, で行った

▼ まま引ッ~ (3, 0.0%)

1 こむの, 込んで, 返して

▼ まま引返し~ (3, 0.0%)

1 てはすまない, て私, て舞台

▼ まま彼方~ (3, 0.0%)

1 の納屋, へ向っ, を指し

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 ってしまった, っては早, っても好い

▼ まま後ずさり~ (3, 0.0%)

1 にしりぞきはじめる, に家, に戸口

▼ まま後退り~ (3, 0.0%)

1 して, に三歩, をし

▼ まま必ず~ (3, 0.0%)

1 動いた, 尻っぽ, 目礼を

▼ まま忘れる~ (3, 0.0%)

2 ともなく 1 ともなし

▼ まま思い~ (3, 0.0%)

1 に沈ん, のほか, の赴く

▼ まま思った~ (3, 0.0%)

1 ままに, ままを, 通り快い

▼ まま思案~ (3, 0.0%)

1 ともつかぬ, に暮れた, に沈んだ

▼ まま恐怖~ (3, 0.0%)

1 に耐えぬ, の目, を感じる

▼ まま恨めし~ (3, 0.0%)

2 そうに 1 さうに幾度か

▼ まま悪く~ (3, 0.0%)

1 なって, 光沢の, 落ち着いた声

▼ まま悲鳴~ (3, 0.0%)

1 をあげ, を上げ, を揚げた

▼ まま感じた~ (3, 0.0%)

2 ままを 1 ままの

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 えて, え死に, え続けて

▼ まま慇懃~ (3, 0.0%)

1 に一礼, に師礼, に目礼

▼ まま慌て~ (3, 0.0%)

1 て出, て口, て居酒屋

▼ まま憑かれた~ (3, 0.0%)

2 ものの 1 やうに

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 から手, へ引込めた, へ捻込ん

▼ まま或は~ (3, 0.0%)

1 忘れたまま, 舞台を, 裾を

▼ まま手紙~ (3, 0.0%)

1 のよう, を下, を読ん

▼ まま手綱~ (3, 0.0%)

1 をしゃくっ, を取り上げ, を腹

▼ まま手許~ (3, 0.0%)

1 に気, の火鉢, も上の空

▼ まま投げる~ (3, 0.0%)

3 ように

▼ まま投げ出され~ (3, 0.0%)

2 てあった 1 てあつ

▼ まま抜かず~ (3, 0.0%)

1 にいた, にいる, においた

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 をおろし, を振り上げ, を顫わせ

▼ まま振り向き~ (3, 0.0%)

2 もしない 1 もせず

▼ まま振返っ~ (3, 0.0%)

1 て, て上, て返事

▼ まま捨ておい~ (3, 0.0%)

1 てはたった, てはゆく, て御

▼ まま捨て置い~ (3, 0.0%)

1 ては長, ても不具, て発足

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 に吸いつき, の上, の裏

▼ まま描い~ (3, 0.0%)

1 ている, て素知らぬ, て見せ

▼ まま放っとい~ (3, 0.0%)

1 てあとあと, てくれ, て竜介

▼ まま放免~ (3, 0.0%)

1 しますが, すること, は相成るまい

▼ まま教壇~ (3, 0.0%)

1 に近づく, をおり, をおりた

▼ まま敷居際~ (3, 0.0%)

1 で立, に頭, 燃しつけて

▼ まま文学~ (3, 0.0%)

1 に反映, は神聖, を学び

▼ まま斜め~ (3, 0.0%)

1 にピアノ, に見返っ, に誰

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 らしく二度, 八の, 莚に

▼ まま方々~ (3, 0.0%)

1 かけまわって, で枯れ, へ持ちまわられ

▼ まま明智~ (3, 0.0%)

1 がいらだたしく, のあまり, の顔

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 のよう, の通り, を知った

▼ まま時計~ (3, 0.0%)

1 の針, の音, を見

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 になっ, までも四阿, も朝

▼ まま暖炉~ (3, 0.0%)

1 のすみ, の上, の傍

▼ まま暮れ~ (3, 0.0%)

1 てゆく, て行く, 沈んで

▼ まま更に~ (3, 0.0%)

1 きびしい口調, 次の, 訊ねた

▼ まま最後~ (3, 0.0%)

1 に挨拶, の息, の道

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 と外套, を着換える, を脱い

▼ まま~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 てし

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 と睨め, の枝, の根方

▼ まま~ (3, 0.0%)

2 かに力 1 しくうなずいた

▼ まま梯子段~ (3, 0.0%)

1 の下, をだんだん, を降り

▼ まま楽屋~ (3, 0.0%)

1 から出口, の畳, へかつぎ込んじまった

▼ まま次第~ (3, 0.0%)

1 次第にのけ反っ, 次第に死相, 次第に身

▼ まま次第に~ (3, 0.0%)

1 両方へ, 歪んで, 遠ざかりゆくその

▼ まま正月~ (3, 0.0%)

1 の餅, は迎えられない, もたっ

▼ まま正面~ (3, 0.0%)

1 から私, に向っ, を見れ

▼ まま死なせ~ (3, 0.0%)

3 て下さい

▼ まま殿~ (3, 0.0%)

1 がいつお, がお, の行列

▼ まま水際~ (3, 0.0%)

1 に押し, に横, をぐんにゃりと

▼ まま永く~ (3, 0.0%)

1 唸いて, 東京の, 邸に

▼ まま永眠~ (3, 0.0%)

2 した 1 されたの

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 と埃, と血, を拭い

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 でむし, の白帆, を眺めました

▼ まま泣き~ (3, 0.0%)

1 そうな, べそかい, べそを

▼ まま泣き出し~ (3, 0.0%)

1 さうに家来が, そうな, ていた

▼ まま派手~ (3, 0.0%)

1 な友禅縮緬, な銀杏, に顛倒

▼ まま流し~ (3, 0.0%)

1 に突っ, めに, 眼で

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 のまにまに, の上, の荒れる

▼ まま消え失せ~ (3, 0.0%)

2 てしまった 1 私が

▼ まま消息不明~ (3, 0.0%)

1 な弟, になった, になってる

▼ まま湖水~ (3, 0.0%)

1 にはまっ, の岸, へでも沈ん

▼ まま溶け~ (3, 0.0%)

1 てしまいたい, てしまひたい, てなくなっ

▼ まま滅多~ (3, 0.0%)

1 にペン, に出, に舞台

▼ まま澄んだ~ (3, 0.0%)

1 ひとみで, 水に, 表情に

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 にむかっ, に落ち, のなか

▼ まま灌木~ (3, 0.0%)

2 の茂み 1 の中

▼ まま火星~ (3, 0.0%)

1 へつれ, へ着かせたなら, へ飛べるだろう

▼ まま無心~ (3, 0.0%)

1 に手綱, に竹, のごとく歩い

▼ まま無理~ (3, 0.0%)

1 にぐんぐん, に胸, をつづけなけれ

▼ まま無表情~ (3, 0.0%)

1 だった, な口調, に時々

▼ まま無限~ (3, 0.0%)

1 にあなた, の空間, の谷底

▼ まま父親~ (3, 0.0%)

1 が死に, のわき, をみ

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 唾を, 眼で, 膝で

▼ まま生かし~ (3, 0.0%)

1 ておく, て帰しませぬ, て帰す

▼ まま生きた~ (3, 0.0%)

1 心地も, 療養所の, 色も

▼ まま田舎~ (3, 0.0%)

1 に埋れ, に置く, の土

▼ まま甲野~ (3, 0.0%)

1 に新聞, の屋敷, の門

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 のどの, の方, へ出

▼ まま~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 と化し

▼ まま疲れた~ (3, 0.0%)

1 ように, 一羽の, 体を

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 っちゃ, と黒, の帽章

▼ まま白痴~ (3, 0.0%)

3 のよう

▼ まま百姓~ (3, 0.0%)

1 が馬市, は百姓, は道

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 き病気, 左り, 次の

▼ まま真直~ (3, 0.0%)

1 になっ, に煙, に私

▼ まま眠った~ (3, 0.0%)

1 かし, ように, 筈だ

▼ まま眠つて~ (3, 0.0%)

1 ゐて, ゐるの, ゐる僕

▼ まま眠る~ (3, 0.0%)

1 かどう, のは, 許りである

▼ まま睨ん~ (3, 0.0%)

2 でいる 1 で居た

▼ まま瞬き~ (3, 0.0%)

1 もしなかった, もしなくなる, もしません

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 をこらし, を凝らし, を大きく

▼ まま知らん顔~ (3, 0.0%)

2 して 1 をし

▼ まま石段~ (3, 0.0%)

1 の上, を登っ, を馳

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 の上, の中, を掴ん

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 をいう, をいたす, をしない

▼ まま空間~ (3, 0.0%)

1 に固着, に残っ, に残つて

▼ まま立ち上がっ~ (3, 0.0%)

1 て, て室, て往かれた

▼ まま立ち止まっ~ (3, 0.0%)

1 て二三秒, て去り行く, て松葉杖

▼ まま立ち竦ん~ (3, 0.0%)

2 でいた 1 でいる

▼ まま竦ん~ (3, 0.0%)

2 でいた 1 でしまっ

▼ まま竿~ (3, 0.0%)

2 を持っ 1 をにぎつている

▼ まま笑っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てしまった

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 三の, 三年の, 二次世界大戦太平洋戦争に

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 をすべらした, を擱, を置い

▼ まま~ (3, 0.0%)

2 を磨ぎ出した 1 の値

▼ まま約束~ (3, 0.0%)

1 して, の二十年後, を重んじ

▼ まま紅い~ (3, 0.0%)

1 ショオルに, 庚申薔薇の, 西瓜を

▼ まま終っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てしまう

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 のなか, の上手, をながめつづけ

▼ まま緊張~ (3, 0.0%)

1 した彼女, して, するの

▼ まま緑色~ (3, 0.0%)

1 の大浪, をすかし, を帯びた

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 のよう, もて後手, を解かれる

▼ まま置け~ (3, 0.0%)

1 ばアノ女, ばフケ, ば死にましょう

▼ まま美しい~ (3, 0.0%)

1 事高い, 線を, 金色の

▼ まま羽織~ (3, 0.0%)

1 の下, の袖, を脱ぎ放し

▼ まま考えこん~ (3, 0.0%)

1 でいる, でしまいました, でしまった

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 であったが, ですからって, の癖

▼ まま聞いた~ (3, 0.0%)

1 ままだ, ままを, 事は

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 と膝, をついた, を伸ばし

▼ まま腰掛け~ (3, 0.0%)

2 の上 1 ていた

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 に力, ん這い, 這って

▼ まま自分一人~ (3, 0.0%)

1 が逃げ, で気まずい, で蛇体

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 だけ出し, で味, をだらり

▼ まま舞台~ (3, 0.0%)

1 の天井, をいっ, を見

▼ まま芝生~ (3, 0.0%)

1 が出来, の上, の斜面

▼ まま花壇~ (3, 0.0%)

1 に踏み込んだ, の中, の鉢

▼ まま若い~ (3, 0.0%)

1 女房が, 男の, 血気も

▼ まま苦悶~ (3, 0.0%)

2 して 1 しいしい絶息

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 をのみ, を売る, を飲む

▼ まま茶の間~ (3, 0.0%)

1 からで, の隅, へ上っ

▼ まま茶店~ (3, 0.0%)

1 のまえ, の前, を覗き込ん

▼ まま蒼く~ (3, 0.0%)

2 なって 1 なってるん

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 が明い, を閉じ, を開けず

▼ まま薄笑い~ (3, 0.0%)

2 して 1 ばかり浮かべ

▼ まま藤吉~ (3, 0.0%)

1 はいつ, は庭, は答えない

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 掻いて, 掻き通し, 掻く娘

▼ まま血走った~ (3, 0.0%)

2 眼を 1 眼で

▼ まま行く~ (3, 0.0%)

1 さき分らぬ, と瓢箪池, 雲を

▼ まま行衛不明~ (3, 0.0%)

3 になっ

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 の綻, も穿かず, を歩みしだい

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 の井戸, の海岸, まで這っ

▼ まま見上げ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ております, も得ず

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 だか, や小説, をうたっ

▼ まま走り~ (3, 0.0%)

1 寄ったが, 寄って, 寄り身

▼ まま起つ~ (3, 0.0%)

1 ことを, のも, 力も

▼ まま跣足~ (3, 0.0%)

1 でかどへ, で縁, になつて

▼ まま跳ね~ (3, 0.0%)

1 下りた, 廻って, 驚いて

▼ まま踊り~ (3, 0.0%)

1 の人々, の幕切れ, めぐったり

▼ まま軒下~ (3, 0.0%)

1 に捨て, に積まれ, に立った

▼ まま軽い~ (3, 0.0%)

1 朝飯を, 謎の, 風に

▼ まま辛抱~ (3, 0.0%)

3 して

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 ひ從つて行, ッ返す, 駈けて

▼ まま逃がし~ (3, 0.0%)

1 ておいたら, てはならない, てやる

▼ まま逃げた~ (3, 0.0%)

1 のだ, 曲者を, 歌麿が

▼ まま逃亡~ (3, 0.0%)

1 したら私, して, しようとして

▼ まま途中~ (3, 0.0%)

1 でやめた, で揺れ, で立ち竦ん

▼ まま進む~ (3, 0.0%)

2 ことは 1 ことで

▼ まま重い~ (3, 0.0%)

1 体を, 呼吸を, 病気に

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 に出で, も山, を渡り

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 になっ, を投げる, を渡した

▼ まま銀座~ (3, 0.0%)

1 の外れ, の露店, はじまって

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 の御, 廊下を, 羅の

▼ まま長持~ (3, 0.0%)

1 の方, の蓋, の蝕む

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 の悪, の襖, 誤間

▼ まま降り~ (3, 0.0%)

1 ていつた, て来る, て行った

▼ まま雑草~ (3, 0.0%)

1 として芽, にまかされ, を掻き分け

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 の上, の庭, 之丞

▼ まま電燈~ (3, 0.0%)

2 の下 1 の眩しい

▼ まま震え~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ておりました

▼ まま青く~ (3, 0.0%)

1 なった, なって, 茹で上げ小鳥

▼ まま非常~ (3, 0.0%)

2 に永い 1 に悲しく

▼ まま頑固~ (3, 0.0%)

2 に口 1 におし黙っ

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 でうなずいた, のところ, をガタガタ

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 えて, へる下口びる, へる眞

▼ まま風呂場~ (3, 0.0%)

1 の向う, へ, へ下り

▼ まま飄然~ (3, 0.0%)

1 として姿, として竹林, と下宿

▼ まま食べる~ (3, 0.0%)

1 という形容, などとはまったく, のさ

▼ まま食事~ (3, 0.0%)

1 をあたえ, をし, をした

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 け出し, って電車道, り出した

▼ まま駅前~ (3, 0.0%)

1 の丸源, の広場, の通り

▼ まま~ (3, 0.0%)

1 にまかせ, を取って返し, を返し

▼ まま黄色い~ (3, 0.0%)

1 光線と, 死灰の, 電燈の

▼ まま黙々~ (3, 0.0%)

1 としてすわっ, として仕事, として妙

▼ まま黙りこくっ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て身動き一つ

▼ まま鼠色~ (3, 0.0%)

2 に輝いた 1 な腹

▼ まま~ (3, 0.0%)

2 の先 1 であざ笑つた

▼ ままあいた~ (2, 0.0%)

1 手で, 片手で

▼ ままあえて~ (2, 0.0%)

1 動きませんでした, 娘を

▼ ままあぐら~ (2, 0.0%)

1 をかい, をかき

▼ ままあそこ~ (2, 0.0%)

1 に埋もれ, へ放っ

▼ ままあちら~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行った

▼ ままあっち~ (2, 0.0%)

2 でもこっち

▼ ままあて~ (2, 0.0%)

1 なき道, もない

▼ ままあとずさり~ (2, 0.0%)

1 に戸口, をし

▼ ままあなた一人~ (2, 0.0%)

1 お残し申す, お殘

▼ ままあまり~ (2, 0.0%)

1 確かでない, 静かな

▼ ままあれ~ (2, 0.0%)

1 あの通り, やこれ

▼ ままあわただしく~ (2, 0.0%)

1 千鶴子は, 提出し

▼ ままあわて~ (2, 0.0%)

1 て外, て立ち上る

▼ ままあんぐり~ (2, 0.0%)

1 と口, と開いた

▼ ままいう~ (2, 0.0%)

1 ことならいわし, と世間

▼ ままいくぶん~ (2, 0.0%)

1 か前のめり, 微笑を

▼ ままいくらか~ (2, 0.0%)

1 悲しんで, 火照った素肌

▼ ままいずれ~ (2, 0.0%)

1 が影いずれ, 君前に

▼ ままいつかうんこ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ままいつのまにか~ (2, 0.0%)

1 安らかな, 涙を

▼ ままいまし~ (2, 0.0%)

2 がたぱちぱち

▼ ままいられる~ (2, 0.0%)

1 はずが, ものです

▼ ままうす暗い~ (2, 0.0%)

1 光線で, 梯子の

▼ ままうたた寝~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ままうつぶせ~ (2, 0.0%)

1 にたおれ, になっ

▼ ままうつむき~ (2, 0.0%)

1 かげんに, 加減で

▼ ままうつろ~ (2, 0.0%)

1 な声, な身

▼ ままうなずく~ (2, 0.0%)

1 だけであった, ばかりだった

▼ ままうまく~ (2, 0.0%)

1 地上に, 後の

▼ ままうれし~ (2, 0.0%)

1 そうに, 涙に

▼ ままうんうんと~ (2, 0.0%)

1 うなずいた, うなずいて

▼ ままええ~ (2, 0.0%)

2

▼ ままおか~ (2, 0.0%)

2 あさま

▼ ままおけ~ (2, 0.0%)

1 ばいつか役人, ば今

▼ ままおしお~ (2, 0.0%)

1 はいきなり, は俯向

▼ ままおそろしい~ (2, 0.0%)

1 いきおいで, 十二月十日は

▼ ままおとなしく~ (2, 0.0%)

1 のそり, 腰を

▼ ままおどけた~ (2, 0.0%)

1 恰好で, 風に

▼ ままおなか~ (2, 0.0%)

1 をへらし, をまき

▼ ままおなじ~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ ままおよそ~ (2, 0.0%)

1 大勢の, 無愛想な

▼ ままおり~ (2, 0.0%)

1 てこなかった, て傍

▼ ままおれ~ (2, 0.0%)

1 がノメノメ, はその

▼ ままお婆さん~ (2, 0.0%)

2 は冷たく

▼ ままお寺~ (2, 0.0%)

1 の前, の境内

▼ ままお座敷~ (2, 0.0%)

1 のそば, の廊下

▼ ままお母さん~ (2, 0.0%)

1 に抱かれ, の後

▼ ままお許し~ (2, 0.0%)

1 くだされたいとばかり, をいただい

▼ ままお辞儀~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ままお通し~ (2, 0.0%)

2 するわけ

▼ ままお開き~ (2, 0.0%)

2 となれ

▼ ままかえっ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てもらおう

▼ ままかかっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ままかけ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ ままかすれた~ (2, 0.0%)

1 ような, 声で

▼ ままかたわら~ (2, 0.0%)

1 の夕刊, の安楽椅子

▼ ままかと~ (2, 0.0%)

1 二様の, 思われる

▼ ままかの~ (2, 0.0%)

1 女は, 学者は

▼ ままかまわず~ (2, 0.0%)

1 に置い, 撞木に

▼ ままがっかり~ (2, 0.0%)

1 したよう, して

▼ ままがりがり~ (2, 0.0%)

2 かじりながら

▼ ままきちんと~ (2, 0.0%)

1 囲炉裡の, 膝を

▼ ままきっぱり~ (2, 0.0%)

1 と矢継ぎ早, 言った

▼ ままきょろきょろ~ (2, 0.0%)

1 あたりを, よそ見を

▼ ままきわめて~ (2, 0.0%)

1 平気な, 特異な

▼ ままくやし~ (2, 0.0%)

1 さと, そうに

▼ ままくらい~ (2, 0.0%)

1 あい色, 夜に

▼ ままぐいぐい~ (2, 0.0%)

1 と空屋敷, 引っ張って

▼ ままぐいと~ (2, 0.0%)

1 脇の下に, 飲みほした

▼ ままぐッ~ (2, 0.0%)

1 たり坐り込ん, と彼

▼ ままけさ~ (2, 0.0%)

1 はまだ, 歩きまわって

▼ ままこく~ (2, 0.0%)

1 りこくりと, りこくり居眠りし

▼ ままこそこそ~ (2, 0.0%)

1 とホール, と逃げ出した

▼ ままことば~ (2, 0.0%)

1 をつづけます, を交わし

▼ ままこと切れ~ (2, 0.0%)

1 ていられる, ております

▼ ままこれから~ (2, 0.0%)

1 先の, 始めようと

▼ ままころがし~ (2, 0.0%)

1 てある, て置いた

▼ ままころがっ~ (2, 0.0%)

1 ていった, ている

▼ ままころり~ (2, 0.0%)

1 としき, と横

▼ ままごろりと~ (2, 0.0%)

1 寝こんで, 横に

▼ ままさき~ (2, 0.0%)

1 から眺め, から見つづけ

▼ ままさながら~ (2, 0.0%)

1 無言の, 餓鬼草紙の

▼ ままさめざめ~ (2, 0.0%)

1 と泣い, と泣き出し

▼ ままさんざん~ (2, 0.0%)

1 うろつき廻った末, 思いやって

▼ ままざっと~ (2, 0.0%)

1 截り捌いた, 校正を

▼ まましげしげと~ (2, 0.0%)

1 彼の, 横から

▼ まましっかり~ (2, 0.0%)

1 おさえて, 綱に

▼ まましとやか~ (2, 0.0%)

1 に会釈, に僕等

▼ ままじいッ~ (2, 0.0%)

1 とし, と主水

▼ ままじろりと~ (2, 0.0%)

1 女たちを, 清岡の

▼ まますうっ~ (2, 0.0%)

1 とその, と後退り

▼ まますぎ~ (2, 0.0%)

2 てゆく

▼ まますっと~ (2, 0.0%)

1 立った室, 身を

▼ まますつ~ (2, 0.0%)

1 と玄関, ぽり

▼ まますでに~ (2, 0.0%)

1 これらの, 観賞に

▼ まますばやく~ (2, 0.0%)

1 ピストルの, 左右を

▼ まますませる~ (2, 0.0%)

1 のが, 気は

▼ ままずつと~ (2, 0.0%)

1 この温泉宿, 帰らない

▼ まませり~ (2, 0.0%)

1 あがる, 上って

▼ まませわしく~ (2, 0.0%)

1 話し二本, 足踏みし

▼ ままそこそこ~ (2, 0.0%)

2 にその

▼ ままそこら~ (2, 0.0%)

1 に落ちた, を見廻す

▼ ままそば~ (2, 0.0%)

1 のランプ, へ寄せつけない

▼ ままそれぞれ~ (2, 0.0%)

1 の姿態, の職場

▼ ままそれだけ~ (2, 0.0%)

1 の電話, は家族

▼ ままたがい~ (2, 0.0%)

1 にまじまじ, に見向き

▼ ままたき~ (2, 0.0%)

1 なぞを, のお

▼ ままたった~ (2, 0.0%)

1 一人すたすた, 一人と

▼ ままため息~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, と一

▼ ままだまり込ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でしまった

▼ ままちっとも~ (2, 0.0%)

1 動かれぬ姿勢, 手を

▼ ままちょくちょく~ (2, 0.0%)

1 かぶってるなあ, 来る二人

▼ ままちら~ (2, 0.0%)

1 と父, と見

▼ ままついうとうと~ (2, 0.0%)

1 して, となっ

▼ ままついで~ (2, 0.0%)

1 に此, は飲み

▼ ままつづけ~ (2, 0.0%)

1 ざまに, て

▼ ままつと~ (2, 0.0%)

1 一間に, 上半身を

▼ ままつまり~ (2, 0.0%)

2 腹を

▼ ままつや~ (2, 0.0%)

1 のこもった, のない

▼ ままでありました~ (2, 0.0%)

1 がその, が花明り

▼ ままであろう~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, とも確か

▼ ままでござる~ (2, 0.0%)

1 が親分与兵衛殿, わ

▼ ままとして~ (2, 0.0%)

1 我々は, 残る

▼ ままとは~ (2, 0.0%)

1 いぶかしい, 思われなかった

▼ ままとん~ (2, 0.0%)

2 でいっ

▼ ままどっか~ (2, 0.0%)

1 と胡坐, と腰

▼ ままどてら~ (2, 0.0%)

1 と着直した, の中

▼ ままながく~ (2, 0.0%)

1 ここを, タルの

▼ ままながなが~ (2, 0.0%)

1 と横, と蔓草

▼ ままながめ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていました

▼ ままなくなっ~ (2, 0.0%)

1 ていました, てしまった

▼ ままなれ~ (2, 0.0%)

1 ど店主, ば素跣足

▼ ままなんて~ (2, 0.0%)

1 おこがましいが, ことは

▼ ままなんと~ (2, 0.0%)

1 も云わず, 座って

▼ ままなんとも~ (2, 0.0%)

1 見当が, 言葉は

▼ ままにおいて~ (2, 0.0%)

1 あるの, おのずから勝手不如意

▼ ままにでも~ (2, 0.0%)

1 成仏する, 立派な

▼ ままにという~ (2, 0.0%)

1 いわゆる卑俗, わけには

▼ ままにわかに~ (2, 0.0%)

1 ダダダダッと, 言いやめた

▼ ままぬっと~ (2, 0.0%)

1 立ちながら, 立って

▼ ままのこされた~ (2, 0.0%)

1 大正五年まで, 習作一篇を

▼ ままのこっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ままのそのそ~ (2, 0.0%)

1 とテーブル, 傍へ

▼ ままのめのめ~ (2, 0.0%)

1 とあの, と江戸

▼ ままはげしく~ (2, 0.0%)

1 卓上の, 肩で

▼ ままはる~ (2, 0.0%)

2 樋口の

▼ ままひくい~ (2, 0.0%)

1 うめきに, 声で

▼ ままひそり~ (2, 0.0%)

1 とところどころ, と立て籠っ

▼ ままひたすら~ (2, 0.0%)

1 その闘争精神, にただ

▼ ままひと~ (2, 0.0%)

1 ごみを, わたり目

▼ ままひとりごと~ (2, 0.0%)

1 のよう, をいいました

▼ ままびっくり~ (2, 0.0%)

1 したよう, して

▼ ままぴたり~ (2, 0.0%)

1 とその, と停止

▼ ままぴったり~ (2, 0.0%)

1 としまっ, と立ち止まっ

▼ ままふところ~ (2, 0.0%)

1 から一個, へしまいこん

▼ ままふるい~ (2, 0.0%)

1 を持っ, 支配階級とともに

▼ ままふるえ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ ままふるえる~ (2, 0.0%)

1 以外には, 細い手

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 な谷, ツ倒れ

▼ ままぶじ~ (2, 0.0%)

1 につづける, に港

▼ ままぷっつり~ (2, 0.0%)

1 と口, と電話

▼ ままへたへた~ (2, 0.0%)

1 とその, と尻餅

▼ ままぼう~ (2, 0.0%)

1 とあッ, としばらく

▼ ままぼうぜん~ (2, 0.0%)

1 としてこの, としてまえ

▼ ままぼく~ (2, 0.0%)

1 の友人, の膝

▼ ままぽつねんと~ (2, 0.0%)

2 坐って

▼ ままぽろぽろ~ (2, 0.0%)

2 涙を

▼ まままことに~ (2, 0.0%)

1 さりげない, 数十年振りにて

▼ まままたたき~ (2, 0.0%)

1 もしなかった, もせず

▼ まままたもや~ (2, 0.0%)

1 並んで, 姿を

▼ まままったく~ (2, 0.0%)

1 凍って, 動かなくなって

▼ まままっ黒~ (2, 0.0%)

1 なガツガツ, の口

▼ まままつ~ (2, 0.0%)

1 さか, しぐら

▼ まままぶし~ (2, 0.0%)

2 そうに

▼ まままぶしい~ (2, 0.0%)

1 くらい洋燈, 眼を

▼ まままる~ (2, 0.0%)

1 たんぼうを, 一日でも

▼ まままんじりと~ (2, 0.0%)

1 もしない, もせず

▼ ままみじろぎ~ (2, 0.0%)

1 もせず, もせずじつ

▼ ままみょう~ (2, 0.0%)

1 なこと, な笑い声

▼ ままむこう~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, を歩い

▼ ままむす~ (2, 0.0%)

1 めの, めを

▼ ままむなしく~ (2, 0.0%)

1 帰らせるの, 還らないと

▼ ままむ眼~ (2, 0.0%)

2 をやお

▼ ままもしくは~ (2, 0.0%)

1 座ったまま, 莚に

▼ ままもどっ~ (2, 0.0%)

1 てきません, て来た

▼ ままもはや~ (2, 0.0%)

1 一歩も, 呼び返へすすべ

▼ ままやれる~ (2, 0.0%)

2 からいい

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 つくり登つて, つたりと

▼ ままよそ~ (2, 0.0%)

1 の人, の男

▼ ままよよと~ (2, 0.0%)

1 声を, 男泣きに

▼ ままらしく~ (2, 0.0%)

1 て面白し, 羽目板も

▼ ままれた~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ ままろくに~ (2, 0.0%)

1 見るもの, 話しも

▼ ままわざわざ~ (2, 0.0%)

1 立って, 精神病患者に

▼ ままオロオロ~ (2, 0.0%)

1 して, と泣き出しました

▼ ままオーバコート~ (2, 0.0%)

1 のポケット, も着た

▼ ままガレージ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ままグルグル~ (2, 0.0%)

1 巻きに, 巻きの

▼ ままコクリコクリ~ (2, 0.0%)

1 と動揺, と居

▼ ままコート~ (2, 0.0%)

2 に上っ

▼ ままコーヒー~ (2, 0.0%)

1 になった, をわかし始めた

▼ ままサト子~ (2, 0.0%)

1 の手, の顔色

▼ ままシクシク~ (2, 0.0%)

1 とシャクリ, と泣き出し

▼ ままジャズ~ (2, 0.0%)

1 と喧騒, に合せ

▼ ままジリリジリリ~ (2, 0.0%)

1 と爪先, と進み合う

▼ ままジロリ~ (2, 0.0%)

1 と瞳, ながめて

▼ ままステッキ~ (2, 0.0%)

1 のかしら, の釣竿

▼ ままストオヴ~ (2, 0.0%)

1 の側, の前

▼ ままスヤスヤ~ (2, 0.0%)

1 とお, と睡っ

▼ ままズシン~ (2, 0.0%)

1 と卓上, と響く

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 とそこ, と寄つて

▼ ままツカツカ~ (2, 0.0%)

1 と洋館, と畳

▼ ままテエブル~ (2, 0.0%)

1 からテエブル, の側

▼ ままディアレクティクマン~ (2, 0.0%)

2 に累積

▼ ままトオスト~ (2, 0.0%)

2 を齧り

▼ ままトラック~ (2, 0.0%)

1 の運転手, を捨て

▼ ままニヤニヤ~ (2, 0.0%)

1 とみょう, 笑い

▼ ままニヤリ~ (2, 0.0%)

1 とし, と笑い

▼ ままニンガリ~ (2, 0.0%)

1 と物凄く, もせず

▼ ままハタ~ (2, 0.0%)

1 とそこ, と擲ち

▼ ままバルコン~ (2, 0.0%)

1 の上, の蔭

▼ ままパラパラ~ (2, 0.0%)

1 と四方, 身に

▼ ままパリ~ (2, 0.0%)

1 で待機, を予想

▼ ままビク~ (2, 0.0%)

1 とも動かない, とも動かなかつた

▼ ままピタリ~ (2, 0.0%)

1 と止まり, と階段

▼ ままフイ~ (2, 0.0%)

1 と石碑, と路地

▼ ままペタペタ~ (2, 0.0%)

2 と踏ん

▼ ままポカン~ (2, 0.0%)

1 とし, と口

▼ ままマッチ~ (2, 0.0%)

1 の火, をすろう

▼ ままマニラ~ (2, 0.0%)

1 の葉巻, へ近づく

▼ ままミジメ~ (2, 0.0%)

1 な精神病患者, に投げ出され

▼ ままユックリ~ (2, 0.0%)

1 と唇, 歩く

▼ ままランプ~ (2, 0.0%)

1 の鈴なり, を持っ

▼ ままワッ~ (2, 0.0%)

1 とばかりに泣き出した, と大きな

▼ ままワナワナ~ (2, 0.0%)

1 とふるえる, と震え

▼ まま一ぱい~ (2, 0.0%)

1 などといっ, に育てられた

▼ まま一分~ (2, 0.0%)

1 ほど黙々と, も深められ

▼ まま一匹~ (2, 0.0%)

1 のよう, の黒犬

▼ まま一座~ (2, 0.0%)

1 はちょっと, を見回し

▼ まま一心不乱~ (2, 0.0%)

1 にハーモニカ, の力

▼ まま一月~ (2, 0.0%)

1 ばかりたっ, も同じ

▼ まま一杯~ (2, 0.0%)

1 に六つ, に暮らし

▼ まま一点~ (2, 0.0%)

1 を凝視, を見詰め

▼ まま一羽~ (2, 0.0%)

1 の肉, 見えなくなっちまったん

▼ まま三十分~ (2, 0.0%)

1 ばかり昼寝, も喋らず

▼ まま三枝~ (2, 0.0%)

2 の隣り

▼ まま上座~ (2, 0.0%)

1 には主, のきまり

▼ まま上目~ (2, 0.0%)

1 で挨拶, をつかっ

▼ まま上野~ (2, 0.0%)

1 まで立ち, を出

▼ まま上陸~ (2, 0.0%)

1 ができる, した岡

▼ まま下界~ (2, 0.0%)

1 におちぶれ, をにらみつけ

▼ まま不動~ (2, 0.0%)

1 のし, の姿勢

▼ まま不安~ (2, 0.0%)

1 らしく首, をまぎらわす

▼ まま不審そう~ (2, 0.0%)

1 に少年, に隼人

▼ まま不思議そう~ (2, 0.0%)

1 に仏像, に顔

▼ まま不機嫌~ (2, 0.0%)

1 な声, らしげにじいっと

▼ まま不自然~ (2, 0.0%)

1 な二人, な姿勢

▼ まま与平~ (2, 0.0%)

1 はがっしり, はそのまま

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 にあった, に出す

▼ まま世にも~ (2, 0.0%)

1 何気ない様子, 美しいユートピア

▼ まま世の中~ (2, 0.0%)

1 が廻っ, へ飛び出した

▼ まま世間~ (2, 0.0%)

1 に分らず, に前身

▼ まま両親~ (2, 0.0%)

1 の吩付け, の漫遊

▼ まま両足~ (2, 0.0%)

1 をばたばた, を開い

▼ まま中二階~ (2, 0.0%)

1 の段梯子, をさして

▼ まま中腰~ (2, 0.0%)

1 になっ, に立っ

▼ まま丸呑み~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ まま主君~ (2, 0.0%)

1 にまみえん, のお

▼ まま久しい~ (2, 0.0%)

1 間沈黙し, 間秋の

▼ まま久し振り~ (2, 0.0%)

1 に生々, の優しい

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に応じ, れを

▼ まま乏しい~ (2, 0.0%)

1 虫の, 金が

▼ まま事務所~ (2, 0.0%)

1 への出がけ, へ往き

▼ まま二三度~ (2, 0.0%)

1 つづけさま, 振り切って

▼ まま二匙~ (2, 0.0%)

2 すすると

▼ まま二斤~ (2, 0.0%)

1 ばかり裏漉, 買います

▼ まま二日~ (2, 0.0%)

1 でも三日, も忘れ

▼ まま二枚~ (2, 0.0%)

1 の名刺, の毛布

▼ まま云っ~ (2, 0.0%)

1 たりした, て来ない

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の運命, の顔

▼ まま互に~ (2, 0.0%)

1 うつとりと, 心と

▼ まま五分~ (2, 0.0%)

1 たっても, も道場

▼ まま亢奮~ (2, 0.0%)

2 して

▼ まま京都~ (2, 0.0%)

1 へ戻っ, へ馳せ参ずる

▼ まま人魚~ (2, 0.0%)

1 にでもなっ, のその

▼ まま今朝~ (2, 0.0%)

1 からの記憶, も戻っ

▼ まま仕切り~ (2, 0.0%)

1 の唐紙, の外

▼ まま仕方~ (2, 0.0%)

1 なく店, なさそう

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 助の, 助は

▼ まま仰向い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て見つめ

▼ まま仲よく~ (2, 0.0%)

1 交際し, 押し並んで

▼ まま会う~ (2, 0.0%)

1 ことが, 機会も

▼ まま会わない~ (2, 0.0%)

1 かでなかったら, 方が

▼ まま伸子たち~ (2, 0.0%)

1 が通りぬける, はともかく

▼ まま何となく~ (2, 0.0%)

2 自分が

▼ まま何年~ (2, 0.0%)

1 か経ちました, にもほとんど

▼ まま何時間~ (2, 0.0%)

1 となく, 眠って

▼ まま何者~ (2, 0.0%)

2 かの来る

▼ まま使っ~ (2, 0.0%)

1 てなかなか, ては果報負け

▼ まま依然として~ (2, 0.0%)

1 基督じみた, 笑いながら

▼ まま便~ (2, 0.0%)

1 きなき, を取らせ

▼ まま便り~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, の知れぬ

▼ まま修繕~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ まま倉地~ (2, 0.0%)

1 の胸, は上体

▼ まま倒れた~ (2, 0.0%)

1 亜太郎の, 訶和郎の

▼ まま停車場~ (2, 0.0%)

1 をはずれる, を出た

▼ まま偶然~ (2, 0.0%)

1 にも今, 並んで

▼ まま僕自身~ (2, 0.0%)

2 の作品

▼ まま元来~ (2, 0.0%)

2 た方

▼ まま先方~ (2, 0.0%)

1 へとどけ, へ逆

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 が消え, は私ら

▼ まま入れ~ (2, 0.0%)

1 て塩, て封じ

▼ まま入院~ (2, 0.0%)

1 さわぎにでも, して

▼ まま共に~ (2, 0.0%)

1 死なんもの, 濡れ縁へ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 が筆紙, の中

▼ まま兵馬~ (2, 0.0%)

1 が一歩, を睨ん

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 にはいった, も十一月

▼ まま冷たい~ (2, 0.0%)

1 尼院に, 歩みを

▼ まま冷ややか~ (2, 0.0%)

1 な友禅, な面

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 ッて

▼ まま凍りつい~ (2, 0.0%)

1 てしまい, てしまった

▼ まま凝っ~ (2, 0.0%)

1 と戸板, と聴き入る

▼ まま凡そ~ (2, 0.0%)

1 退屈し, 退屈しきった

▼ まま出奔~ (2, 0.0%)

1 しようか, しようと

▼ まま出発~ (2, 0.0%)

1 しては, するに

▼ まま切っ~ (2, 0.0%)

1 てくれない, てくれる

▼ まま切口上~ (2, 0.0%)

1 でものの, を並べた

▼ まま初め~ (2, 0.0%)

1 から一言, の十分間

▼ まま初瀬~ (2, 0.0%)

1 はその, はやや

▼ まま別別~ (2, 0.0%)

2 に放し

▼ まま利用~ (2, 0.0%)

1 されて, するの

▼ まま前後~ (2, 0.0%)

1 のけじめ, も忘れ

▼ まま前後左右~ (2, 0.0%)

1 に揺れ動い, を顧

▼ まま前方~ (2, 0.0%)

1 へのめり, をきっと

▼ まま前進~ (2, 0.0%)

2 して

▼ まま動かし~ (2, 0.0%)

1 ちゃだめ, て行こう

▼ まま動かぬ~ (2, 0.0%)

1 侯成の, 眼を

▼ まま動き得ない~ (2, 0.0%)

1 でいる, ように

▼ まま勘次~ (2, 0.0%)

1 はけろりと, は鋭く

▼ まま勝手口~ (2, 0.0%)

1 の外, を出

▼ まま包み~ (2, 0.0%)

1 をうけとる, 冷たいところ

▼ まま化粧~ (2, 0.0%)

1 だけ直した, をし

▼ まま千世子~ (2, 0.0%)

1 のわき, の様子

▼ まま午睡~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ まま半ば彼~ (2, 0.0%)

1 をからかう, をからかふ

▼ まま卑弥呼~ (2, 0.0%)

1 の前, の方

▼ まま卒倒~ (2, 0.0%)

1 した, したなり

▼ まま卓子越し~ (2, 0.0%)

1 に夫, に彼

▼ まま南京藻~ (2, 0.0%)

2 の浮かんだ

▼ まま危うく~ (2, 0.0%)

1 も猛虎, 顛覆し

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 へ御

▼ まま友人~ (2, 0.0%)

1 の姓, の家

▼ まま反り身~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ まま受取っ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て机

▼ まま口惜し~ (2, 0.0%)

2 そうに

▼ まま口髭~ (2, 0.0%)

1 の薄い, をなお

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 走りに, 頭を

▼ まま叫び~ (2, 0.0%)

1 出した, 続けた

▼ まま叮嚀~ (2, 0.0%)

1 にその, に黙礼

▼ まま叱咤~ (2, 0.0%)

2 した

▼ まま吉宗~ (2, 0.0%)

1 に愚弄, を見すえ

▼ まま同時に~ (2, 0.0%)

1 進行し, 黙って

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 まえを, もない

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 ひあつて, 鉢巻の

▼ まま向かいあっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て顔

▼ まま向き合っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居る

▼ まま呂宋兵衛~ (2, 0.0%)

1 の寝台, も蚕婆

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 んやり, んやりし

▼ まま命令~ (2, 0.0%)

1 した, を下した

▼ まま咽喉~ (2, 0.0%)

1 の奥, を反らせ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 のよう, の如く

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ まま嗚咽~ (2, 0.0%)

1 の声, を嚥ん

▼ まま器用~ (2, 0.0%)

1 にヒロポン, に泥だらけ

▼ まま四方~ (2, 0.0%)

1 を見まわし, を見まわします

▼ まま四本~ (2, 0.0%)

1 の踏みつけ, を袖ごと

▼ まま四肢~ (2, 0.0%)

1 をやや, をピリピリ

▼ まま四辺~ (2, 0.0%)

1 の景色, をグルグル

▼ まま回復~ (2, 0.0%)

1 しなかったの, するの

▼ まま囲炉裡~ (2, 0.0%)

1 の傍, の横座

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 って, ってその

▼ まま土埃~ (2, 0.0%)

1 の中, の道

▼ まま地下~ (2, 0.0%)

1 に眠っ, へはこび入れ

▼ まま地球~ (2, 0.0%)

1 に残っ, へ引っ返す

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 わつて, 席に

▼ まま垣根~ (2, 0.0%)

1 にこびりついてる, のところ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 りを, をかぶっ

▼ まま埋めた~ (2, 0.0%)

1 かそれとも, かという

▼ まま城太郎~ (2, 0.0%)

1 はそう, は木剣

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の中, を乗り越える

▼ まま壇上~ (2, 0.0%)

1 にあらわれた, へ片手

▼ まま夕方~ (2, 0.0%)

1 の人ごみ, までしくしく

▼ まま夜通し~ (2, 0.0%)

1 でも動かなかった, 起きて

▼ まま大の字~ (2, 0.0%)

1 なりに寝ころん, になっ

▼ まま大事~ (2, 0.0%)

1 に残しおかるる, を取り逃がす

▼ まま大橋図書館~ (2, 0.0%)

1 へ通, へ通う

▼ まま大次郎~ (2, 0.0%)

1 は語, へ笑いかけた

▼ まま大隅学士~ (2, 0.0%)

1 の前, は門

▼ まま天下~ (2, 0.0%)

1 が平和, を睨ん

▼ まま太い~ (2, 0.0%)

1 声で, 太刀を

▼ まま奈落~ (2, 0.0%)

1 の底, へ沈む

▼ まま女中~ (2, 0.0%)

1 に云った, のお

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の於, を連れ

▼ まま妻子~ (2, 0.0%)

1 のもと, を磯

▼ まま始終~ (2, 0.0%)

1 切味が, 爛れて

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ まま嫣然~ (2, 0.0%)

1 と笑わせた, と見下し

▼ まま嬉し~ (2, 0.0%)

2 そうに

▼ まま子供たち~ (2, 0.0%)

1 のほう, は浜

▼ まま存外~ (2, 0.0%)

1 冷淡である, 快濶

▼ まま安らか~ (2, 0.0%)

1 に死ん, に眠りつづけ

▼ まま安座~ (2, 0.0%)

1 すること, をかいた

▼ まま安楽椅子~ (2, 0.0%)

1 に坐っ, の中

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 近君

▼ まま実家~ (2, 0.0%)

1 の後, へ引

▼ まま家族~ (2, 0.0%)

1 のもの, の勧め

▼ まま寂然~ (2, 0.0%)

1 と, と境内

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 に遁げ

▼ まま密閉~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ まま富子~ (2, 0.0%)

1 の姿, は心持ち首

▼ まま寝そべっ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ まま寝よう~ (2, 0.0%)

1 や, よ

▼ まま寝込ん~ (2, 0.0%)

1 でしまい, でしまった

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 かし, 臭くな

▼ まま対峙~ (2, 0.0%)

2 して

▼ まま対座~ (2, 0.0%)

2 して

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 を切っ, を切った

▼ まま射殺~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ まま小川~ (2, 0.0%)

1 に添う, の縁

▼ まま小林~ (2, 0.0%)

1 と並ん, の隣り

▼ まま小次郎~ (2, 0.0%)

1 のよく, はしばらく

▼ まま小舟~ (2, 0.0%)

1 かなんぞのやう, の中

▼ まま小走り~ (2, 0.0%)

1 に出, に行った

▼ まま少しユラユラ~ (2, 0.0%)

2 揺りつつ

▼ まま少なくも~ (2, 0.0%)

1 二日以上を, 十秒ほど

▼ まま少女~ (2, 0.0%)

1 のまま, の目

▼ まま少年~ (2, 0.0%)

1 は木, を見守った

▼ まま尻尾~ (2, 0.0%)

1 も余さず入る, をまい

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 をかすか, をふっ

▼ まま居間~ (2, 0.0%)

1 のほう, の扉

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の工事場, を見つめた

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の脇, はまた

▼ まま崩れる~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 がひどく, も名残

▼ まま工場~ (2, 0.0%)

1 の裏, の門

▼ まま左様~ (2, 0.0%)

1 ならとも, 一時間くらい

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 が膝, の郷土

▼ まま巻い~ (2, 0.0%)

1 て入っ, て寝

▼ まま巻きこん~ (2, 0.0%)

2 でしまっ

▼ まま帆村~ (2, 0.0%)

1 に別れ, の方

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 は簾, を見

▼ まま帰し~ (2, 0.0%)

1 ちゃ私, ておく

▼ まま帰す~ (2, 0.0%)

1 ことじゃ, ことは

▼ まま帰った~ (2, 0.0%)

1 ところで, に違い

▼ まま帰ったら~ (2, 0.0%)

1 俺あ, 俺は

▼ まま帰らず~ (2, 0.0%)

1 とのこと也, 兄とやらも

▼ まま帰らね~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ まま帰れる~ (2, 0.0%)

1 かどう, ものか

▼ まま幌馬車~ (2, 0.0%)

2 に積みこまれ

▼ まま平伏~ (2, 0.0%)

1 して, をつづけ

▼ まま幸田~ (2, 0.0%)

1 の方, の襟首

▼ まま幾つ~ (2, 0.0%)

1 となく, も横たわっ

▼ まま床板~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ まま庖丁~ (2, 0.0%)

1 が放り出し, を投げ出し

▼ まま座席~ (2, 0.0%)

1 につく, に蹲っ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の間, へ飛び出した

▼ まま廊下伝い~ (2, 0.0%)

1 に本堂, に梯子段

▼ まま廻転椅子~ (2, 0.0%)

1 の上, を廻し

▼ まま引き出し~ (2, 0.0%)

1 てきた, て細々

▼ まま引上げ~ (2, 0.0%)

1 た方, て左

▼ まま引下~ (2, 0.0%)

2 るわけ

▼ まま引取~ (2, 0.0%)

1 って了, って以後

▼ まま引込ん~ (2, 0.0%)

1 でしまう, ではこっち

▼ まま引返す~ (2, 0.0%)

1 というよう, わけには

▼ まま引退~ (2, 0.0%)

1 ったもの, る気

▼ まま張り~ (2, 0.0%)

1 のある, 渡して

▼ まま当惑~ (2, 0.0%)

1 の眉, らしい眼つき

▼ まま当惑そう~ (2, 0.0%)

1 にあたり, に立っ

▼ まま彦兵衛~ (2, 0.0%)

1 の手, は箱

▼ まま彫像~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 になり, を埋めた

▼ まま待つ~ (2, 0.0%)

1 ても待つ, てゐる

▼ まま後手~ (2, 0.0%)

1 つきて, に縛られ

▼ まま徐々~ (2, 0.0%)

1 と又は, と横歩き

▼ まま徒然~ (2, 0.0%)

1 の慰み, らしい声

▼ まま御免~ (2, 0.0%)

2 を蒙りまする

▼ まま御門~ (2, 0.0%)

1 の外, の柱

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に入る, 睡で

▼ まま微笑ん~ (2, 0.0%)

1 でかるく, で彼

▼ まま徳利~ (2, 0.0%)

1 から口, を枕

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 られた, られたよう

▼ まま忽ち~ (2, 0.0%)

1 壁に, 帝国主義に

▼ まま怒っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てどなった

▼ まま怒った~ (2, 0.0%)

1 ように, 片肩

▼ まま思い切り~ (2, 0.0%)

1 ふくらみます, 行為し

▼ まま思い思い~ (2, 0.0%)

1 に彼方此方, に退却

▼ まま思わぬ~ (2, 0.0%)

1 示唆を, 車の

▼ まま急ぎ足~ (2, 0.0%)

1 に, に歩く

▼ まま怪物~ (2, 0.0%)

1 とにらみあっ, の話した

▼ まま恐らく~ (2, 0.0%)

1 年を, 悪者は

▼ まま息切れ~ (2, 0.0%)

1 をこらえ, をこらへ

▼ まま恰も~ (2, 0.0%)

1 その壁, 泥人形の

▼ まま悄気~ (2, 0.0%)

1 かえったよう, かえった姿

▼ まま悄然~ (2, 0.0%)

1 として床板, として引き

▼ まま悲しい~ (2, 0.0%)

1 ことに, 思いに

▼ まま惘然~ (2, 0.0%)

1 とした, と炉

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に満ちた, の一生

▼ まま感情~ (2, 0.0%)

1 に引きずられ, を抑えた

▼ まま懐手~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ まま懐紙~ (2, 0.0%)

1 で煽ぐ, にさらさら

▼ まま懸命~ (2, 0.0%)

1 に耳, に駈け

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 れを, を助けた

▼ まま戦争~ (2, 0.0%)

1 と接合, の決

▼ まま手枕~ (2, 0.0%)

1 かって戦い, で寝

▼ まま打ち~ (2, 0.0%)

1 通りて, 過ぎてしまったのもむりはない

▼ まま投げだされ~ (2, 0.0%)

1 そうに, てゐる

▼ まま投げ出し~ (2, 0.0%)

1 てあっ, てあります

▼ まま投げ込ん~ (2, 0.0%)

1 でそらそら, で行

▼ まま抜い~ (2, 0.0%)

1 てぱッ, て掴ん

▼ まま押入~ (2, 0.0%)

1 へ突込ん, より蒲団

▼ まま控え~ (2, 0.0%)

1 ていよう, てしまった

▼ まま推移~ (2, 0.0%)

1 いたしましては, して

▼ まま提げ~ (2, 0.0%)

1 てそのまま, て来た

▼ まま握りしめた~ (2, 0.0%)

2 両の

▼ まま揺られ~ (2, 0.0%)

2 て行った

▼ まま揺れ~ (2, 0.0%)

1 ている, て来た

▼ まま支那人~ (2, 0.0%)

1 の前, の小僧

▼ まま放つ~ (2, 0.0%)

1 とくと魘され, のも

▼ まま放り出された~ (2, 0.0%)

2 ところへ

▼ まま放任~ (2, 0.0%)

1 しては, せざるを

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 何ともなし, 申まい

▼ まま教室~ (2, 0.0%)

1 の中, へみちびいた

▼ まま散らばっ~ (2, 0.0%)

1 ていました, ている

▼ まま散歩~ (2, 0.0%)

1 がてら, に出た

▼ まま数年~ (2, 0.0%)

1 の月日, 続けるなら恐ろしい

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の妻女山, の歩哨

▼ まま敷居~ (2, 0.0%)

1 の手, へこんな

▼ まま敷布団~ (2, 0.0%)

1 から乗出し, の上

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に横町, に顔

▼ まま新しく~ (2, 0.0%)

1 一方の, 買ったこと

▼ まま新九郎~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, は吾

▼ まま施満願~ (2, 0.0%)

2 の印

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の客, の餉

▼ まま旅行案内~ (2, 0.0%)

1 をひろげた, をひろげる

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 あげの, をかざす

▼ まま日傘~ (2, 0.0%)

1 の尖で, をとる

▼ まま日光~ (2, 0.0%)

1 にあたっ, を吸う

▼ まま日記~ (2, 0.0%)

1 をつける, を受取っ

▼ まま早速~ (2, 0.0%)

1 にもお, 帳場机から

▼ まま昂然~ (2, 0.0%)

1 と一人先, と笑っ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 うつり物, の下

▼ まま昨夜~ (2, 0.0%)

1 の夢, み幕舎

▼ まま昨日~ (2, 0.0%)

1 からの事, 貰った二冊

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 といわず, なのに

▼ まま時間~ (2, 0.0%)

1 がたつ, の経つ

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ まま暗夜~ (2, 0.0%)

1 のうち, の海上

▼ まま暫し~ (2, 0.0%)

1 は黙然と, 身じろぎも

▼ まま暫時~ (2, 0.0%)

1 あおのけに, は頭

▼ まま暮し~ (2, 0.0%)

1 ている, て来た

▼ まま書いた~ (2, 0.0%)

1 ので, ものだ

▼ まま書き終る~ (2, 0.0%)

1 と気持ち, 時六時先刻より

▼ まま書く~ (2, 0.0%)

1 ことを, こと問題は

▼ まま書生~ (2, 0.0%)

1 に抱かれる, は再び

▼ まま最前~ (2, 0.0%)

1 からぽん, から挟ん

▼ まま有る~ (2, 0.0%)

1 ことであり, だけの話

▼ まま木靴~ (2, 0.0%)

1 をはい, をはき

▼ まま未来~ (2, 0.0%)

1 の夫, は

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の勘定, を数え

▼ まま朽ち~ (2, 0.0%)

1 ている, 果つるぞ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に止る, を背

▼ まま来る~ (2, 0.0%)

1 ともなく, 筈花も

▼ まま来意~ (2, 0.0%)

1 を聞く, を話しだした

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の方, の陣

▼ まま東海道~ (2, 0.0%)

2 の或

▼ まま松明~ (2, 0.0%)

1 の輝いた, をぬすみだした

▼ まま松江~ (2, 0.0%)

1 は釜, は隣座敷

▼ まま枕元~ (2, 0.0%)

1 の豆電燈, へ来

▼ まま枯れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ まま枯木~ (2, 0.0%)

1 は冷然, へ寄りかかっ

▼ まま栄三郎~ (2, 0.0%)

1 の気, は小銭

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 がつかず, が生えてる

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の枝, やら桜

▼ まま案内~ (2, 0.0%)

2 に立った

▼ まま棄て~ (2, 0.0%)

1 ちゃおかれねえ, てはおけぬ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 や櫂, を掉

▼ まま検事~ (2, 0.0%)

1 の顔, をかえりみた

▼ まま検屍~ (2, 0.0%)

2 を待っ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に上っ, に飛び上った

▼ まま椽側~ (2, 0.0%)

1 に立っ, へ上っ

▼ まま様々~ (2, 0.0%)

1 な考え, の姿態

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の木, の木の根もと

▼ まま横倒し~ (2, 0.0%)

1 に砂利, に蹲っ

▼ まま横柄~ (2, 0.0%)

1 な口調, に座敷

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の欄, の真中

▼ まま次の間~ (2, 0.0%)

1 に来た, へ移っ

▼ まま次郎~ (2, 0.0%)

1 の様子, を見おくっ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 でもうたう, も歌わない

▼ まま止まる~ (2, 0.0%)

1 は危険, 決心を

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 述した, 題に

▼ まま正体~ (2, 0.0%)

1 もありません, もなく

▼ まま此方~ (2, 0.0%)

1 を見, を見向かん

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 を移し, を運んだ

▼ まま歩み~ (2, 0.0%)

2 のまま

▼ まま歪んだ~ (2, 0.0%)

1 まま無, 笑顔で

▼ まま死んでる~ (2, 0.0%)

1 ところ大将が, んだ

▼ まま死人~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ まま殺され~ (2, 0.0%)

1 ちゃ, ていた

▼ まま殺す~ (2, 0.0%)

1 とも殺さぬ, に忍び

▼ まま気まま~ (2, 0.0%)

1 よ, 思うざま

▼ まま気抜け~ (2, 0.0%)

1 したよう, でもした

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の中, を割っ

▼ まま氷結~ (2, 0.0%)

1 させて, したバイカル

▼ まま汗顔平伏~ (2, 0.0%)

2 お耳

▼ まま汚い~ (2, 0.0%)

1 応接の, 血潮は

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 れひとり, を無事

▼ まま決して~ (2, 0.0%)

1 姿を, 水で

▼ まま汽船~ (2, 0.0%)

1 がうちしずめられる, の甲板

▼ まま沈ん~ (2, 0.0%)

2 でいる

▼ まま沈んだ~ (2, 0.0%)

1 眼色で, 調子で

▼ まま沈痛~ (2, 0.0%)

1 な色, な表情

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 へ沈め, を渡る

▼ まま河岸~ (2, 0.0%)

1 のコンクリート, を出抜ける

▼ まま油断~ (2, 0.0%)

1 なく義観, のない

▼ まま泊っ~ (2, 0.0%)

1 ておけ, てゆく

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の中, や魚

▼ まま泣出~ (2, 0.0%)

1 したい気持, して

▼ まま注射~ (2, 0.0%)

1 した, をした

▼ まま注意~ (2, 0.0%)

1 して, ぶかく

▼ まま洞穴~ (2, 0.0%)

1 の奥, を造った

▼ まま洪水~ (2, 0.0%)

1 がない, が襲っ

▼ まま流るる~ (2, 0.0%)

1 がまま, 涙を

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の方, へテングサ

▼ まま浮い~ (2, 0.0%)

1 ている, てこない

▼ まま浮き~ (2, 0.0%)

1 あがること, あがるよう

▼ まま海底~ (2, 0.0%)

1 によこたわっ, ふかく墜落

▼ まま消さず~ (2, 0.0%)

2 に置いた

▼ まま消滅~ (2, 0.0%)

1 して, する事

▼ まま淋し~ (2, 0.0%)

1 げに, そうに

▼ まま深々~ (2, 0.0%)

1 とうなずいた, と嘆息

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 しい眼, や帰った

▼ まま渓流~ (2, 0.0%)

1 に墜落, のふち

▼ まま渡し~ (2, 0.0%)

1 てしまえ, 置くによって

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の巻く, を巻いた

▼ まま温泉~ (2, 0.0%)

1 に入れ, の中

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 のふち, の波

▼ まま湯気~ (2, 0.0%)

1 と湯, の中

▼ まま湿った~ (2, 0.0%)

1 ような, 草の

▼ まま源十郎~ (2, 0.0%)

1 ふらふらとして, を見すえ

▼ まま滑らか~ (2, 0.0%)

1 な落ち着いた生活, に走つた

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 が落ちよう, の真下

▼ まま漂流~ (2, 0.0%)

1 して, をつづける

▼ まま潮流~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, に押流

▼ まま激しい~ (2, 0.0%)

1 水沫を, 音を

▼ まま濡れ~ (2, 0.0%)

1 ている, て微か

▼ まま火葬~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ まま灰皿~ (2, 0.0%)

1 に堆く, の上

▼ まま炉部屋~ (2, 0.0%)

1 の次, へ行っ

▼ まま炎天~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ まま点呼場~ (2, 0.0%)

2 へ出頭

▼ まま為す~ (2, 0.0%)

1 無く田舎武士, 術を

▼ まま烈しい~ (2, 0.0%)

2 頭痛を

▼ まま烈しく~ (2, 0.0%)

1 噴出し, 急に

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 選択の, 雑作に

▼ まま無人~ (2, 0.0%)

1 に致し, の内部

▼ まま無残~ (2, 0.0%)

1 せいたかは, な刑

▼ まま無茶苦茶~ (2, 0.0%)

1 によろめい, に前後

▼ まま無遠慮~ (2, 0.0%)

1 にいろいろ, に大きい

▼ まま煖炉~ (2, 0.0%)

1 の前, の火

▼ まま煙管~ (2, 0.0%)

1 の雁首, を啜っ

▼ まま煤けた~ (2, 0.0%)

1 天井には, 榾火の

▼ まま熱弁~ (2, 0.0%)

2 を揮

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 ゆる黒髪, 落ちるもの

▼ まま爆発~ (2, 0.0%)

1 するよう, の工合

▼ まま片腕~ (2, 0.0%)

1 にひっかけ, をズーッ

▼ まま片隅~ (2, 0.0%)

1 に寄せられ, に腰掛け

▼ まま物凄い~ (2, 0.0%)

1 冷笑を, 眼光を

▼ まま物語っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ まま物音~ (2, 0.0%)

1 の近づく, も立てず

▼ まま独り~ (2, 0.0%)

1 で腕, の山旅

▼ まま独り窃~ (2, 0.0%)

2 に浮世絵

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の顔, を招い

▼ まま玄徳~ (2, 0.0%)

1 はもう, は後ろ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 らしく微笑んだ, らしく時間

▼ まま現在~ (2, 0.0%)

1 したまた, に及ん

▼ まま生死不明~ (2, 0.0%)

1 となっ, になった

▼ まま生涯~ (2, 0.0%)

1 を暮せた, 過した

▼ まま甲板~ (2, 0.0%)

1 に根, に転ん

▼ まま甲某~ (2, 0.0%)

2 が方

▼ まま甲谷~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の笑顔

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 る畏

▼ まま留り木~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ まま病人~ (2, 0.0%)

1 の様子, を見つめ

▼ まま発表~ (2, 0.0%)

1 すること, するの

▼ まま登っ~ (2, 0.0%)

1 ても常, て行く

▼ まま白く~ (2, 0.0%)

1 たって, 鉱物性の

▼ まま白布~ (2, 0.0%)

1 の骨箱, を手

▼ まま白紙~ (2, 0.0%)

1 を, を代り

▼ まま百年~ (2, 0.0%)

1 でも待つ, も二百年

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 を剥い

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の上, をさし出す

▼ まま益満~ (2, 0.0%)

1 の行く, の輦台

▼ まま目玉~ (2, 0.0%)

1 も歯, をぐるぐる

▼ まま直人~ (2, 0.0%)

1 の枕元, はそぼふる

▼ まま眉一つ~ (2, 0.0%)

1 動かさずに, 動かさず最新式大型拳銃

▼ まま真実~ (2, 0.0%)

1 がこぼれ出す, に近い

▼ まま真赤~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ まま真黒~ (2, 0.0%)

1 でお, な顔

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 ていた, て両足

▼ まま睨み付け~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ まま短い~ (2, 0.0%)

1 しっぽの, チャイコフスキーの

▼ まま石像~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ まま石甃~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ まま砂地~ (2, 0.0%)

1 の上, を歩い

▼ まま硬直~ (2, 0.0%)

2 して

▼ まま祖国~ (2, 0.0%)

1 の名, の近海

▼ まま祖母~ (2, 0.0%)

1 の室, の膝

▼ まま神田~ (2, 0.0%)

1 の家, へ帰っ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 になった, に入った

▼ まま積み重ねた~ (2, 0.0%)

2 本の

▼ まま空しく~ (2, 0.0%)

1 別れて, 過ぎ去るに

▼ まま空中~ (2, 0.0%)

1 にさ, を大きく

▼ まま空地~ (2, 0.0%)

1 として取残された, の中央

▼ まま空虚~ (2, 0.0%)

1 な瞳, に見つめ

▼ まま突き~ (2, 0.0%)

1 させと, もどす

▼ まま突けん~ (2, 0.0%)

2 どんに

▼ まま突伏~ (2, 0.0%)

2 して

▼ まま突立~ (2, 0.0%)

1 ってリヤトニコフ, って川原

▼ まま突進~ (2, 0.0%)

2 して

▼ まま窓越し~ (2, 0.0%)

1 に外, に川

▼ まま窓際~ (2, 0.0%)

1 に身, の酒

▼ まま立ち~ (2, 0.0%)

1 向って, 辣んで

▼ まま立ちあがる~ (2, 0.0%)

1 と俯, と野村さん

▼ まま立ちつづけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ まま立つ~ (2, 0.0%)

1 てゐ, てゐる

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の床, の皮

▼ まま笑いこけ~ (2, 0.0%)

1 ながらそれ, ながら大声

▼ まま笑顔~ (2, 0.0%)

1 をし, を人

▼ まま筆者~ (2, 0.0%)

1 の耳, は後見座

▼ まま筆記~ (2, 0.0%)

1 して, のあいまあいま

▼ まま答えよう~ (2, 0.0%)

1 としない, とはしなかった

▼ まま算盤~ (2, 0.0%)

1 をかたづける, をはじきだし

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の中, の数

▼ まま築地~ (2, 0.0%)

1 の仮寓, の或

▼ まま簀の子~ (2, 0.0%)

1 に出, を洗っ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に入れ, のふち

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 二人分の, 十歩ほど

▼ まま紅茶~ (2, 0.0%)

1 をすすり, をのん

▼ まま納戸~ (2, 0.0%)

1 に投, の用箪笥

▼ まま紙幣~ (2, 0.0%)

1 の束, をしまい込んだ

▼ まま紙燭~ (2, 0.0%)

1 をかかげ, を受け取っ

▼ まま紫檀~ (2, 0.0%)

1 の大, の机

▼ まま細い~ (2, 0.0%)

1 眼を, 首を

▼ まま細かい~ (2, 0.0%)

2 格子戸を

▼ まま細かく~ (2, 0.0%)

1 切って, 震えて

▼ まま細長い~ (2, 0.0%)

1 町を, 首を

▼ まま結晶~ (2, 0.0%)

1 させて, したよう

▼ まま給仕~ (2, 0.0%)

1 が言, の手

▼ まま絶えず~ (2, 0.0%)

1 ウヰスキイを, 車窓を

▼ まま絶命~ (2, 0.0%)

1 するの, せるもの

▼ まま絶望~ (2, 0.0%)

1 のあまり気, の底

▼ まま綺麗~ (2, 0.0%)

1 に片づい, に飜斗

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 が切れ, の思いがけなくまがっ

▼ まま置いた~ (2, 0.0%)

1 ので, ので西山篤子

▼ まま置き放し~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ まま美しく~ (2, 0.0%)

1 化粧した, 死んだ事件

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 る人々, をなし

▼ まま羽織つて~ (2, 0.0%)

2 その海

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 る日, 夏一度

▼ まま翌朝~ (2, 0.0%)

1 は竟, まで昏

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 ガンパウダーの, 婦人が

▼ まま老婆~ (2, 0.0%)

1 の寐起, の話

▼ まま考へ~ (2, 0.0%)

1 てみた, てゐる

▼ まま聞く~ (2, 0.0%)

1 ままを, も忌

▼ まま聴い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていました

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 へ挿, へ眼

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 をばたばた, を高く

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 も露わに投, を折っ

▼ まま腐っ~ (2, 0.0%)

1 たりし, て廃物

▼ まま腐った~ (2, 0.0%)

1 のである, 嘴も

▼ まま腕まくり~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ まま腹ばい~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ まま膝頭~ (2, 0.0%)

1 ではい, で廊下近く

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 するところ, する色

▼ まま自失~ (2, 0.0%)

2 して

▼ まま自転車~ (2, 0.0%)

1 がもろに, にひらり

▼ まま至極~ (2, 0.0%)

1 おとなしい女給さん, の身

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 のまま, の動く

▼ まま舗石~ (2, 0.0%)

1 の上, の穴

▼ まま船岡~ (2, 0.0%)

1 に留っ, へ帰らせる

▼ まま船長~ (2, 0.0%)

1 が今, の言葉

▼ まま色々~ (2, 0.0%)

1 と研究, な打

▼ まま芝居~ (2, 0.0%)

1 にし, へ行っちゃった

▼ まま芥川~ (2, 0.0%)

1 の家, をみつめ

▼ まま芳子~ (2, 0.0%)

1 の室, をつれ

▼ まま芸術~ (2, 0.0%)

2 として通用

▼ まま若者~ (2, 0.0%)

1 の手, を睨みつけ

▼ まま若葉~ (2, 0.0%)

2 を開い

▼ まま苦痛~ (2, 0.0%)

1 に息づかい, のある

▼ まま茅野雄~ (2, 0.0%)

1 は背後, を見捨て

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に収め, に飢死

▼ まま茶碗~ (2, 0.0%)

1 を出す, を添え

▼ まま荒れ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ まま荒廃~ (2, 0.0%)

1 して, せしめるくらい

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 が動かず, を結えた

▼ まま落ちる~ (2, 0.0%)

1 のも, 夕陽昇る

▼ まま蒼白~ (2, 0.0%)

1 な顔, の顔色

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 がかけ, で包ん

▼ まま藤吉郎~ (2, 0.0%)

1 は無造作, をにらまえ

▼ まま虚空~ (2, 0.0%)

1 にみにくく, を掴ん

▼ まま虚脱~ (2, 0.0%)

1 したやう, のてい

▼ まま虫の息~ (2, 0.0%)

1 となっ, になっ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の動作, の死骸

▼ まま蜘蛛~ (2, 0.0%)

2 の巣

▼ まま蜜柑~ (2, 0.0%)

1 の枝, は喰

▼ まま衆人環視~ (2, 0.0%)

1 のうち, の中

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 つたら私, つて

▼ まま行き倒れ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, て了うの

▼ まま行われた~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 他人の

▼ まま行列~ (2, 0.0%)

1 の遠ざかる, をやりとげ

▼ まま行衛~ (2, 0.0%)

1 を見失った, 知れずに

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に出, の中

▼ まま街道~ (2, 0.0%)

1 の道, を船坂峠

▼ まま衣服~ (2, 0.0%)

1 も披, を着

▼ まま裏口~ (2, 0.0%)

1 から自動車, に立った

▼ まま裏庭~ (2, 0.0%)

1 に立っ, へころげ降りた

▼ まま裸体~ (2, 0.0%)

1 にされた, の潤ちゃん

▼ まま見た~ (2, 0.0%)

1 まま感じた, 眼では

▼ まま見られる~ (2, 0.0%)

1 し直ぐ, 一短所は

▼ まま見下し~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ まま見事~ (2, 0.0%)

1 に喉笛, に昇天

▼ まま見捨て~ (2, 0.0%)

1 てまいる, 難いもの

▼ まま見殺し~ (2, 0.0%)

2 にする

▼ まま見送った~ (2, 0.0%)

1 そうである, のである

▼ まま見過ごし~ (2, 0.0%)

1 ここに, にゃできねえ

▼ まま覚束~ (2, 0.0%)

2 ない炎

▼ まま訪ねる~ (2, 0.0%)

2 人も

▼ まま許し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てやれ

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ まま話す~ (2, 0.0%)

1 だけだった, と

▼ まま語った~ (2, 0.0%)

2 がそれでも

▼ まま読んだ~ (2, 0.0%)

1 ので, 多計代

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 のよう, を謎

▼ まま貴方~ (2, 0.0%)

1 に従い, の記憶

▼ まま買っ~ (2, 0.0%)

1 てき, てもらう

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の顔, を見のがし

▼ まま起きよう~ (2, 0.0%)

2 ともしない

▼ まま起き上がる~ (2, 0.0%)

1 ことも, 景色が

▼ まま起き出し~ (2, 0.0%)

1 て手さぐり, 土間から

▼ まま起っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て窓

▼ まま超人倶楽部~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, から帰つて

▼ まま越前~ (2, 0.0%)

1 へなだれ, へ帰っ

▼ まま足早~ (2, 0.0%)

1 に歩いた, やにいそいそ

▼ まま跪い~ (2, 0.0%)

1 て悶絶, て脈

▼ まま路傍~ (2, 0.0%)

1 へお, を彷徨

▼ まま身もだえ~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ まま身動~ (2, 0.0%)

1 もしず, もしない

▼ まま身動ぎ~ (2, 0.0%)

1 もしない, もしなかった

▼ まま身構え~ (2, 0.0%)

1 ていた, の様子

▼ まま転がっ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ まま軽々と~ (2, 0.0%)

1 差上げられて, 持ち上げて

▼ まま輿~ (2, 0.0%)

1 の内, を青芒

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 よった, よってきた

▼ まま近寄っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, てきました

▼ まま返す~ (2, 0.0%)

1 ことは, も戒め

▼ まま追って~ (2, 0.0%)

1 出て, 辛くも本隊

▼ まま追手~ (2, 0.0%)

1 のなんの, の群衆

▼ まま送りとどけられ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ まま逃げこん~ (2, 0.0%)

1 で優勝, で参った

▼ まま逃げだす~ (2, 0.0%)

1 ことも, わけには

▼ まま逃げよう~ (2, 0.0%)

1 か, とさせぬ

▼ まま逃走~ (2, 0.0%)

1 したん, せるもの

▼ まま通し~ (2, 0.0%)

1 ていた, はしない

▼ まま通っ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て行く

▼ まま通りすぎよう~ (2, 0.0%)

1 とした, としたらしい

▼ まま通る~ (2, 0.0%)

1 ことからの, ことが

▼ まま通用~ (2, 0.0%)

1 させる江戸九軒, する場合

▼ まま逝っ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, てしまったなら

▼ まま逢わず~ (2, 0.0%)

1 にお, にパリー

▼ まま進め~ (2, 0.0%)

1 ば必ず, ば結局自分

▼ まま遁げ~ (2, 0.0%)

1 出した, 去ったと

▼ まま遊び~ (2, 0.0%)

1 ほおけて, 戯れて

▼ まま遊ぶ~ (2, 0.0%)

1 のは, まま狂いたい

▼ まま運ん~ (2, 0.0%)

1 でちやうだい, で行っ

▼ まま運転手~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の言葉

▼ まま過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てしまえ, て元通り

▼ まま過ぎる~ (2, 0.0%)

1 がそこ, ことが

▼ まま道路~ (2, 0.0%)

1 で油煙, の方

▼ まま遠い~ (2, 0.0%)

1 一本道を, 夕空を

▼ まま遠ざかっ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てゆく

▼ まま遥か~ (2, 0.0%)

1 向うの, 彼方の

▼ まま邪慳~ (2, 0.0%)

1 にお, にその

▼ まま酔った~ (2, 0.0%)

1 ような, 足取りで

▼ まま重なり合っ~ (2, 0.0%)

1 て気絶, て相討ち

▼ まま重ねられ~ (2, 0.0%)

1 てあっ, てある

▼ まま鈍い~ (2, 0.0%)

1 声で, 頭の

▼ まま鉄砲~ (2, 0.0%)

1 の筒口, をすて

▼ まま鋭い~ (2, 0.0%)

1 ものを, 眼で

▼ まま鋭く~ (2, 0.0%)

1 戸口を, 眼を

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 がかかっ, を下してない

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に入れる, の中

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 をあけ, を失

▼ まま鏡台~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ まま長らく~ (2, 0.0%)

1 そこから, 留り木

▼ まま開い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て種子

▼ まま開いた~ (2, 0.0%)

1 口が, 口も

▼ まま開かれ~ (2, 0.0%)

2 てあった

▼ まま関係~ (2, 0.0%)

1 が進展, しない

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 へ匍, をぴょんぴょん

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ まま隅田川~ (2, 0.0%)

1 の水, へ流罪もの

▼ まま隣り~ (2, 0.0%)

1 の六番, の空地

▼ まま離れ~ (2, 0.0%)

1 て歩い, 座敷を

▼ まま雨中~ (2, 0.0%)

1 に立ち尽し, 追われつつ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 に上り空, のうえ

▼ まま雷鳴~ (2, 0.0%)

1 が落ち, にでも痺れた

▼ まま電報~ (2, 0.0%)

1 に目, をひらいた

▼ まま電気~ (2, 0.0%)

1 に打たれた, のともっ

▼ まま露八~ (2, 0.0%)

1 はゆうべ, は岸

▼ まま露台~ (2, 0.0%)

1 にいた, の硝子扉

▼ まま青ざめ~ (2, 0.0%)

1 ている, て云った

▼ まま静まり返っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 かに歩いた, に歩調

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 の中, を持っ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 つぼへ, に錦

▼ まま音信不通~ (2, 0.0%)

1 となつ, になっ

▼ まま音沙汰~ (2, 0.0%)

1 がない, なしに

▼ まま音無瀬川~ (2, 0.0%)

1 の千仭, へ身

▼ まま頂戴~ (2, 0.0%)

1 いたしおくとな, 致す誰

▼ まま順に~ (2, 0.0%)

1 場内を, 横へ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 までボタン, を引い

▼ まま頷く~ (2, 0.0%)

1 がごとく, より仕方

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 を不自然, を傾け

▼ まま頻りに~ (2, 0.0%)

1 こくりこくり, 首を

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 をあげた, を反

▼ まま顔色~ (2, 0.0%)

1 も変えなかった, を紙

▼ まま風呂~ (2, 0.0%)

1 から出, に入っ

▼ まま飛び出す~ (2, 0.0%)

1 と番, 田んぼの

▼ まま飛び降り~ (2, 0.0%)

1 て母, どこかへ

▼ まま飛ぶ~ (2, 0.0%)

1 ほどの力, ように

▼ まま飛出した~ (2, 0.0%)

1 のなら, 中年の

▼ まま飛込んだ~ (2, 0.0%)

1 のが, のです

▼ まま食べ~ (2, 0.0%)

1 てはじめて, てもよろし

▼ まま飲む~ (2, 0.0%)

1 のだ, んです

▼ まま飲ん~ (2, 0.0%)

1 で眠った, で風

▼ まま首領~ (2, 0.0%)

1 に云った, に挨拶

▼ まま馬春堂~ (2, 0.0%)

1 の机, は穴

▼ まま馬鹿~ (2, 0.0%)

1 になっ, 見たよう

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 から出た, にちかい

▼ まま駐在所~ (2, 0.0%)

1 の方, へ駆け込んじゃった

▼ まま高山植物~ (2, 0.0%)

1 の鉢植え, の鉢植ゑ

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 か蝶々, を懐

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 とすれすれ, と桑

▼ まま~ (2, 0.0%)

1 暗の, 燻りの

▼ まま黙々と~ (2, 0.0%)

1 その碁, たべ終り漬物

▼ まま黙然~ (2, 0.0%)

1 とし, として物思えり

▼ まま黙祷~ (2, 0.0%)

2 して

▼ まま黙読~ (2, 0.0%)

1 しはじめた, すると

▼ まま~ (2, 0.0%)

2 をかい

▼1* [5820件]

ままあいかわらず北へ, ままあえぐ様に, ままあおのけに倒, ままあおむいている, ままあがっていく, ままあがりこんできました, ままあき家の, ままあくびの連発, ままあけに染まっ, ままあけ放しの入口, ままあけ放した窓ぎわに, ままあげて力, ままあごをしゃくった, ままあさなわ, ままあたかも父親と, ままあたふた家を出, ままあたり一面にただよっ, ままあちこちと歩い, ままあちこち駒を遊ばせ, ままあちらこちらと隊籍, ままあちら向きにじっと, ままあって開け, ままあっけなく別れるという, ままあっしは木更津, ままあっちこっちに寝, ままあつた, ままあとあとと並べられる, ままあなた樣に書かなけれ, ままあふれ出たの, ままあぶない朽木橋の, ままあぶなくそこへ, ままあまりにも長い, ままあやうく薄く積って, ままあやしい釜は, ままあやつってまた, ままあらためてぼくの, ままあらぬウワ言を, ままあらわれている, ままあらんよりはと維茂, ままありがた涙, ままありったけの高いびき, ままありのままに読みとっ, ままありますが, ままあり得るものか, ままあれこれ論議をきい, ままあわい電灯の, ままあわてたように, ままあわや湯槽へ, ままあんな連中の, ままあんぽんたんを見, ままあッけなく, ままいうべきことばも, ままいえば力, ままいきおいよく仕事に, ままいくすじか垂れ, ままいけなくなるかも知れない, ままいさせたのかも, ままいざとなっ, ままいそがしく記憶の, ままいそがずしかし十分ひろ子, ままいそぎ足で殆, ままいたほうが, ままいたいけに捻向い, ままいたずらをし, ままいただくのよ, ままいたって僕, ままいっかな頑張って, ままいっきに駆けだした, ままいっしょに歩き出す, ままいっそう高ごえに, ままいったらどうなる, ままいっちゃってだいじょうぶ, ままいつかずるずるべったり頼朝の右筆, ままいつかシュクシュクと泣い, ままいつか口中から血, ままいつか女自身のもの, ままいつか心持が重く, ままいつか眠つてゐた, ままいつか背骨さえ震え出した, ままいつしか居眠ってるらしかった, ままいつの間にかぐっすり熟睡し, ままいつもそうする子, ままいつもちょっと沈吟した, ままいと誇り顔に, ままいなければならない, ままいのちの尽きる, ままいまいましげに, ままいまだ帰って, ままいみありげに, ままいやいやをした, ままいらだつように, ままいらっしゃるのでしょう, ままいれてしまった, ままいわれることを, ままッとりと, ままうきあがらないように, ままうぐいすのきた, ままうけるが大体ぼく, ままうごかぬのを, ままうごきもしない, ままうごきもえせず飲み耽りひるいい終わり, ままうごき出してこの, ままうごくのじゃ, ままうごこうともしなかった, ままうしろ向きになっ, ままうしろ姿でちらりと, ままうすぼんやりした, ままうすら寒い風の, ままうず高く積まれ, ままうずくまっていた, ままうだつの上がらぬ, ままうち捨ててあった, ままうっちゃって置いたら死ぬ, ままうつちやつて置い, ままうつうつと物思い, ままうつとりと居眠り, ままうつ伏してしまう, ままうつ伏せに落ち, ままうつ向いている, ままうなされている, ままうなずいてその大きな, ままうなずいただけだった, ままうなずき祭壇に, ままうまそうに, ままうめき声をつづけ, ままうめくような, ままうやうやしく声を, ままうらうらとした, ままうるんだ眼を, ままうれしくなって, ままうわごとの, ままうんともすうとも, ままうんざりして, ままおっと, ままえいえいと歩い, ままえっと懸け, ままえらい混雑の, ままえりまきにあご, ままおいた方が, ままおいといてくれ, ままおお声に, ままおおきく肯くと, ままおかげでおれ, ままおかみを見つめた, ままおかれてあった, ままおきあがれないものも, ままおくとさきざきどんな, ままおごそかにこう, ままおしまいになる, ままおしゃべりらしいおしゃべり, ままおしゃるしゃんと遊ぶこと, ままおじいさんもおばあさん, ままおじぎをし, ままおずおず言った, ままおそい夕飯を, ままおそらく犬が, ままおそるおそる取出して, ままおたがいにその生死消息, ままおちおちしなくて, ままおちぶらせるような, ままおっかけてはきませんでした, ままおっかさんの後, ままおっかなびっくりそんな場所, ままおっかぶせるように, ままおどおどして, ままおどり込みそのまま真直ぐ, ままおどろいて立ち止まりました, ままおのが膝, ままおのれの駕, ままおばさんとフョードル・チモフェーイチ, ままおぼつかなく清逸の, ままおまえの身, ままおまかせしても, ままおむつを畳ん, ままおやじは店頭, ままおやすみになりました, ままおらのこと, ままおらせて貰いたい, ままおられるつもりです, ままおりるとぐあいがいいそうだ, ままおろさせないで物思い, ままおわびと出かける, ままおんぶして, ままお上さんの顔, ままお互いに足許, ままお互い同志に殺し合わせ, ままお供もつけず, ままお先へ聞い, ままお初の背後, ままお客さんの顔, ままお待ちンならなきゃ, ままお母さまと一緒, ままお気の済む, ままお茶室の片隅, ままお話なさる, ままお越しになっ, ままお辞儀一つして, ままお返し申すの, ままお送り致します, ままお願いいたしたく存じます, ままかいつまんで事情, ままかうした生活を, ままかおを見あわせました, ままかかなかったのでしょう, ままかがまって, ままかがやく海の, ままかがんでいる, ままかくされてい, ままかくして伊兵衛とともに, ままかけつけたという, ままかけぬけていった, ままかけ上って半分, ままかしこまったままで, ままかしこまる中根の, ままかじって考えた, ままかた手を, ままかたくなって, ままかたづけものを, ままかたまっていた, ままかたまりついてほぐれなかつた, ままかってなことを, ままかっとなる性情, ままかつぎこまれてまだ, ままかつてとまりしホテル, ままかなはぬ, ままかに見えた師直, ままかばんの中, ままかぶりを振る, ままかまきりのよう, ままかやの中, ままかような使者, ままからくも平衡, ままからじゃござんせんか, ままからっぽになっ, ままかりていう, ままかりだといふ, ままかれこれもう三十分以上も, ままかろうじて胸へ, ままかわいてる刷毛の, ままかわいらしいガラスの, ままかんのん開き, ままがくと前, ままがたがたごろごろがらがらごとごとと, ままがやがやとざわめく, ままがらりと態度, ままがらんと立って, ままびすを, ままきいていた, ままきかいときかいの, ままきかれるが増鏡, ままきき入っていた, ままきっとくちびるを, ままきつと首, ままきのうは一日姿, ままきのうお前に送っ, ままきみ悪そう, ままきめつけるように, ままきものをトランク, ままきゅうに眼, ままきよとん, ままきらきらさして, ままきらびやかにお, ままぎざぎざ突立って, ままぎょろっと, ままぎらぎらして, ままぎるんぎるんと渦巻く気圏, ままびり殺された, ままくすくす笑った, ままくずおれるように, ままくずれもし, ままくちびるをかん, ままくっ付いている, ままくつがえる, ままくねくねと身, ままくやみ一つつぶやこう, ままくら暗の, ままくれたりもした, ままくわえた煙草を, ままぐいぐいと近, ままぐうんと沈む, ままぐさりとやられ, ままぐっしょりと濡れ, ままぐっと手を, ままぐつぐつと煮えて, ままぐつすりと眠つ, ままぐつすり寢て起きる, ままぐつたりとして兄の膝, ままぐびりぐびりと動く男, ままぐるっと部屋の, ままぐんなり俯向いて, ままぐんにゃりと土神の手, ままけいれんして, ままけけと妙に, ままけげんそうにこっち, ままこころのなか, ままこころもちうなずいた, ままここ島の内汁屋の狭い, ままこさせなくするのも, ままこちんとお, ままこっそりと肉飯屋, ままこつそり唄ひ, ままこときれていた, ままことごとく授業に, ままことさら市十郎の, ままことわられた旅客が, ままこの小さな離れ島に, ままこびりついている, ままこりかたまっていつ, ままこりゃひどいまったく, ままこれこれの事情, ままころがりだしてきました, ままころがり落ちてひどく, ままころげまわる者まるい, ままころころと谷そこ, ままころんだとみた, ままこわごわもう一度新聞を, ままこわれくずれ泥だらけに, ままこわれないでい, ままこんこんと大降り, ままこんもりと青葉, ままごく僅かしか, ままございました程で, ままごはんを残す, ままごまかしてはいられなくなりました, ままごらんに入れる, ままごろんと寝, ままごわごわにかわいた, ままさからうようすは, ままさかんにのん, ままさがってゆく, ままささえになっ, ままささやいてから恥じた, ままささやき声でかれ, ままささやくように, ままさし出すやり口, ままさせておい, ままさだ子がこれ, ままさっき原士たちが乗っ, ままさっき田村に誘われた, ままさっそうと駈け去った, ままさっそく撮りに, ままさびしい横町へ, ままさめて行っ, ままさらでも倒れかけし表戸, ままさらりと水, ままさりげなくしかし, ままさわってはいけない, ままさんが性急, ままさ迷うような, ままざんぷりと水に漬け, まましおしおとして言った, まましおたれ気に, まましかたなしに, まましかつめらしく控えて, まましごきになっ, まましずしずと入っ, まましたいざんまいざっくばらんの, まましたたかに背負い投げ, まましっかとその手, まましつこく尾行されたら, まましどろもどろに言い, まましばしば書きいる, まましばし呆然と目を, まましばし黙然と蒼白な, まましぶしぶ手帖を, まましまってあるし, まましみじみかう思はずには, まましめた格子と, まましゃがみ込んでしまった, まましゃくんで見る, まましゃくり上げていました, まましゃなりしゃなりと出かける, まましゃべっている, まましゃんと胸を, まましゅっしゅっといい, まましょぼんと坐ってる, まましりめに三四郎, まましるし残し申候, まましわがれた毒々しい笑い声, まましんしんとまた, まましんと静まりかえって, まましんと少しも揺れず, まましんねりとおっ立っ, まましんぼうづよく身うごき, まましんみりと語り合おう, ままじいさんはよごれた, ままじいっとこっちを, ままじくじくと腐っ, ままじっとまっすぐ前を, ままじゃが所望なら, ままじゃんかの棟梁, ままじゅんにまわします, まますぎたようだ, まますぎると思った, まますくっと立っ, まますぐさまご入来, まますげなく突き放したならば, まますこぶる下品に, まますごい勢いで, まますすけた天井に, まますすりたい鼻も, まますすり泣きに泣いた, まますずめはおかあさん, まますっこんじゃいられません, まますっぱいような, まますねたように, まますべなきか, まますべって転ん, まますべて大野川に帰っ, まますましたほうが, まますむ事で, まますらすらと出, まますらりとした, まますられた者は, まますれ違った人を, まますんでのこと, まますーっと横, ままでんと, ままずいぶん長いこと, ままずいぶんたったにもかかわらず, ままずぶ濡れになっ, ままずらりと窓際に, ままずるずるべったりに目的地, ままなかに, まませいとまでお, まませい子がはねとばされ, まませつせと, まませわしそうに, ままぜんたいなにごとだろうという, ままそうした不可思議な, ままそうっとしといて, ままそこら中をぐるぐる, ままそしらぬ顔で, ままそそくさと私, ままそちの性根, ままそっぽを向い, ままそっぽむきにたっ, ままその他の小篇, ままその他気にさわる, ままその後杳として姿, ままその間にはひつ, ままそもじの心, ままそら寢を, ままそれからさきは, ままそれぎり幾年か音信不通, ままそれぞれ私に語ります, ままそれっきりになっ, ままそれっきり陽の目, ままそれでどんな実際, ままそれなり動かなくなって, ままそれほど涼しくも, ままそれ以上は逃げよう, ままそろりと箱の, ままそわそわと宿, ままそんなに早くなろう, ままそッぽを, ままそ言つたやう, ままーっと, ままぞっと身を, ままたいぎそうにさお, ままたいていはじっと, ままたいへん考えました, ままたえずからだを, ままたおれるように, ままたき火の前, ままたくさん土にくち, ままたしかめるように, ままたしなみの紋付, ままたたきつけられたように, ままたたずんでいた, ままただいまと一言, ままただ当惑するばかり, ままただ戦慄だけをいよいよ, ままたちすくんでしまいました, ままたちまち天をも, ままたつのが, ままたつた一言, ままたばこをすっ, ままたよりもいたしませず, ままたるの勇気, ままだいぶ時間が, ままだから梨枝子を, ままだつたとき嘉十は, ままだぶだぶにふくらん, ままだまった父と, ままだまつて花嫁のさま, ままだらしなくの, ままだらりだらりと書い, ままだるそうに, ままちいちいと答えた, ままちかしつへ, ままちぢこまるように, ままちょっとうとうとしてさえ, ままちょぼんとうずくまり, ままちらりと彼の, ままぢゃ仕方がない, ままついうつらうつらと眠り始めました, ままついこんなに長く書い, ままついたのを, ままついて行こうとしなかった, ままついと立って, ままついにうとうととした, ままついにぐったりして, ままついまだ解かずに, ままついグッスリと, ままつい過ぎたのである, ままつうっと金五郎, ままつかまえるほうが, ままつかれ青ざめてよろよろ, ままつき手に, ままつきだしてる手を, ままつっこんであるペルシャの, ままつつ立つて, ままつつましい歓びを, ままつつましく今日も, ままつづいて右, ままつとめてのろのろ, ままつながれている, ままつねが畳, ままつねに不気味な, ままつひにその後, ままつまらぬ文など, ままつめたい眼で, ままつめたくそれを, ままつるつるとうどん, ままつれない素振で, ままづかづかと房内, ままてきぱきと葬儀屋, ままてこでも動かない, ままてのひら, ままてんから人間の, ままであったなら待たされる使いが, ままでありますからすぐ, ままであるならば人, ままであるべきではない, ままでうやむや, ままでかへるほか, ままできたとも思われない, ままできるだけ高い空, ままでございましょうに, ままでござろうな, ままでござんす, ままでしている, ままでしかない, ままでたらめを続け, ままでと彼の, ままでなかったと思う, ままでなかろうとも感謝, ままでなきゃ花を, ままでなくなってきた, ままでなければ眠る, ままでにったり, ままでねえか, ままではたりはたりと, ままではとそれのみは, ままでもよりの自身番へ, ままでやにわとうしろに, ままでをりますと, ままとある暗い廊下, ままとうに息が, ままとうにすやすや寝入, ままときには半年ときには, ままとぎれとぎれ身の上話を語った, ままとけないこの部屋, ままとしか考えて, ままとつおいつ物思いに, ままとつぜん頭を, ままとても悲しそう, ままとなッて, ままとなりの部屋, ままとに角小笠原は, ままとにかくそっと様子を, ままとの事, ままとびおきてはしご, ままとびおりた轟又八竹童の, ままとぶように, ままとまってしまう, ままとまで行かなくても, ままともかく学校を, ままとらえ足から, ままとらえられ盗まれた美術品は, ままとりて脇, ままとりとめもなく, ままとれたままの, ままとろうとする, ままとろとろと居眠っ, ままさんと, ままどういう閲歴を, ままどうかその船, ままどうしてこう陸地の, ままどうぞと低い, ままどうにかこうにか読める, ままどうにもすること, ままどうもわからないという, ままどこぞの一室, ままどこ一つ洗う気色, ままどしんと背, ままどすと重い, ままどっと押しよせる風, ままどどっと前, ままどなられても動く, ままどもるように, ままどやどやと上がっ, ままどれ一服という姿, ままどれ位の時間, ままどんよりと湛えてる, ままなおあるいは然らん, ままなおもぐんぐん落ちて, ままなおらずに, ままながらも私の, ままなぎさを, ままなぐりつけられていた, ままなげやりなしとやかさという, ままなしうる最善を, ままなすがまま, ままなど飲まないの, ままななめになっ, ままなにかしばらく考えて, ままなにごとか熱心, ままなにひとつ口にしない, ままなにやら文句の, ままなほ口を固く, ままなほ水掻で一つ, ままなまめかしい緋縮緬の, ままなやましい目を, ままなやみもがき猛り泣いてかかる, ままならべてある, ままならべると随筆, ままならんことを, ままなら死ぬるよりほか, ままなりしなり, ままなり行きのまま, ままなる働きかける心は, ままなる如く女は, ままなんだか大きなあわれ, ままなんでおめおめ生きて, ままにおいてはいつまた, ままにかへすこと, ままにかの尼を, ままにぎりあわせた両手を, ままにげて行っ, ままにげ出して来た, ままにこそまばゆけれ, ままにしかしグレンジル伯, ままにじり寄って来, ままにって云った様, ままにつき従って, ままにても苦しゅうござりませぬ, ままにとか欲するが, ままになどいるもの, ままにはと思い募る無念さ, ままにやはあるべきと, ままに従いまする, ままぬくのを, ままぬれた雨上りの, ままねがえりをうっ, ままねっとりと汗, ままねむらずにいた, ままねむりたいと思う, ままねむりはじめるのだった, ままねるのだ, ままのうのうと手枕, ままのけ反るばかりな, ままのこされている, ままのこしたのだろう, ままのこった灰の, ままのこり二時半ごろ再び, ままのせて, ままのせられた灰の, ままのびのびと寝た, ままのびるのも, ままのぶきみな一軒家, ままのみづみづしい美し, ままのめり倒れて死ん, ままのや乾した魚, ままのをもってまだ日, ままのんき千万にも何かしら考えごと, ままのんびり煙草を, ままはいってきた, ままはかない幸福を, ままはかなき最期を, ままはかばかしく受け答えも, ままはぐれて終っ, ままはげしい声で, ままはじかれたように, ままはじめからおしまい, ままはずかしそうに, ままはたはたと裾, ままはっはっと肩, ままはなしてやった, ままはなれたテーブルの, ままはなれなくなったではありません, ままはびこっていた, ままはや正躰, ままはやされたり上着, ままはやはや恋き, ままはりさけそうな, ままはるか須弥壇の礼座, ままはんたいの, ままばあさんのはいっ, ままばかりつの, ままばたばた茶の間の, ままばたりと落ちた, ままぱちッと太刀, ままぱっちりとした, ままぱっと後ろへ, ままひからびた様子は, ままひかれるように, ままひきかえすわけにも, ままひきさがりはじめたが, ままひき返すわけには, ままひざのチリ, ままひじょうな失策をした, ままひじょうに真剣な, ままひたひたに重なり合う, ままひた押しに秋三, ままひた走りに走り出しました, ままひだを蹈, ままひっぱってき, ままひつ返さうか, ままひとかたまりになっ, ままひとしく一天の, ままひとつの妙, ままひとみもそれ, ままひとりでにその小説, ままひとり角力を取っ, ままひとり言のよう, ままひと口も物, ままひどいのに, ままひねこびて術策, ままひょっとすると, ままひょろひょろついて, ままひょろりと戸外へ, ままひらいた裏木戸から, ままひろがっており, ままひろげて見る, ままびくびくして, ままびっこを引いて, ままびっしょりと一面, ままびッくりさせられること, ままぴしゃっと膝頭を, ままぴしゃりと音, ままぴょんと野原へ, ままぴりぴり顫動し, ままぴんと張りきりついに, ままふいっとおじぎ, ままふうふうと苦しい, ままふかい寝息を, ままふかくつつしんで, ままふくれるやつである, ままふくれ上り冗談を, ままふさがないで逃げた, ままふた親の側, ままふちなし眼鏡, ままふらつく足を, ままふらりと通り, ままふりかえって山, ままふりむいてひ, ままふりむこうともしない, ままふり顧って, ままふるてなさった, ままふるえふるえあとずさりして物, ままふるえ出したのでした, ままふるえ抜いていた, ままふんごんで, ままぶくぶくと海, ままぶっきら棒に, ままぶっきらぼうにいい放った, ままぶつぶついった, ままぶらりぶらりとするより, ままぶるぶるぶるぶるふるえて, ままぷかぷか煙草を, ままぷっと煙草の煙, ままいきであるいて, ままへえへえと, ままへしゃげて置かれ, ままへどもどしながら, ままへまに重々しく, ままへやのすみっこで, ままぺこりと頭, ままぺたりと坐り込んで, ままほうりっぱなされ, ままほうぼうあるきまわりました, ままほうむり去ってしまった, ままほうり出されている, ままほえたける風の音に, ままほおっておく, ままほこりとくも, ままほしくぞ思召, ままほったらかしてもおけまい, ままほっと安心のと, ままほつておけ, ままほつほつ西への, ままほてった熱情の, ままほのかな月光, ままほろほろと涙, ままほんとにあのとき, ままほんのり眼の, ままちゃんと海上, ままぼうしもオーバー, ままぼうっとしかけたが, ままぼう立ちになっ, ままぼろりと, ままぼろぼろと涙, ままぼんやり口を開けてる, ままぼんやり駅に立っ, ままぽたぽたと涙, ままぽつぽつ歩いた, ままぽつんとそんな問答, ままぽろりと涙, ままぽんと投げ出し, まままえと同じ姿勢, まままおもてに, まままごついている, まままごまごして, まままさに崩れんと, まままじめにうなずい, ままます笑って, まままずそうにそれ, まままたまたジリジリと鎧, まままたも石の, まままだなかなか起きそう, まままだなにか言いあって, まままだろくに片づけも, まままだサラサラと降る, まままっさおな顔, まままっすぐに黒門町, まままっ白に落す, まままつ黒の口, まままとめて出版, まままともにお嬢さん, まままどろんでゐる, まままばたきもしません, まままもなく松島の, ままゆるしを, ままみごとにひらかれ, ままみしりみしりと, ままみじめな恰好, ままみずから風を起こし, ままみずみずしい美しさで, ままみぞのなか, ままみち子は来る, ままみち子ちゃんのあそん, ままみつめていた, ままみなそれぞれ横になつ, ままみな戸をおろし, ままみむきもしない, ままみるみるかたむいた, ままみんな一緒に集まり, ままみんな毛をひん抜い, ままむかごの葉, ままむかし父かたの祖母, ままむきな真面目, ままむくみ上つてゐる, ままむくんだ小按摩, ままむさ苦しゅう御座ります, ままむしやむし, ままむしんに口笛, ままむじつの罪に墜, ままむずかしい顔で, ままむちゃくちゃに馳, ままむつと口, ままむつつりと不機嫌さうに, ままむらがっている, ままめり込むように, ままもういっそう奥の, ままもうくしゃくしゃに潰れ, ままもうすっかりこと切れて, ままもうちょっとの身, ままもうどうなったって, ままもうもう決して決して放さないと, ままもうガックリなって, ままもう一度しみじみ十円札を, ままもう二度と顔は, ままもう少し走らせて, ままもう少しそっとして, ままもう腹いっぱいになってる, ままもがき廻らなかったので焼け, ままもがき泣き叫び逃げようとしてもどう, ままもがき疲れたか脛, ままもがく男を, ままもぐり込める穴は, ままもぐり込んで, ままもし御掛けなさるなら上げましょう, ままもっている, ままもってるか解らない, ままもつとこの, ままもつれる舌で, ままもとどおりになっ, ままもどかしさうに見, ままもの憂げに, ままもの珍しげに彼, ままもんどり打って, ままやうすを聽, ままやすやすと世, ままやたらに歩きまわった, ままやったことだった, ままやっぱりすやすや睡って, ままやっぱりずんずんと書い, ままやぶれ去って行く, ままややしばし濁った頭, ままやや暫くみつめて, ままやらじとばかり追いかける, ままやり出しそうにも, ままゆうべの歓楽, ままゆうべ佐々木先生の所, ままゆかはだ, ままゆくえがわかりません, ままゆくえ不明になっ, ままゆさゆさと片, ままゆだんなく蔵の, ままゆったりと葬っ, ままゆらりゆらり波を, ままゆるい崖の, ままゆるしておける, ままゆるすとも許さぬ, ままゆるゆると扇ヶ谷, ままようおつたえ申しあげよう, ままようようこの時頭, ままよう主君のお, ままよかろ関わんから, ままよくも閉めずに, ままよけい身を, ままよけて通るの, ままよまなかったもの, ままよもやまの世間話, ままよろぼいよろぼい這い出し, ままよろめきよろめき二三歩進んだ, ままよろめくように, ままぬ技癢, ままらしさなど, ままりゅう宮の門, ままている, ままれんはあわて, ままれんがや電線, ままづかに, ままわあわあ大声で, ままわかったところつかんだ, ままわからなくなってしまいました, ままわかれたいとあせり, ままわかれよという味気, ままわが目に, ままわが身と思う, ままわき目も振らず, ままわき見ができない, ままわたくしどもの役所, ままわたしたちにくださる, ままわななく指, ままわななきふるえつつ消え失せた, ままわなわなおののいて, ままわめき立てるのです, ままわらじをはい, ままわらわの産んだ, ままわら屑が雀, ままわるいままに, ままわれらが合戦, ままわれわれの時代, ままをこそ詠め, ままをと序文に, ままを通して離縁と, ままなって, ままんごとの道具, ままアイマイに首, ままアカデミーというもの, ままアガアトはぽかんと, ままアストラカンの帽, ままアスフアルトの上, ままアタフタと逃げ出し, ままアツプ・アツプして, ままアノあまり早く, ままアノ室へ這入り, ままアムラの眼, ままアメリカ遊学の途, ままアルマンの自棄, ままアングリと口, ままアーチの下, ままアーンとアンペラ, ままアー太郎さんヒー太郎さんルー太郎さんみんなグーグーねこん, ままイクラ汗が眼, ままイスにもかけない, ままイソダンに立っ, ままイプセンとベルリオーズ, ままインバネスを着た, ままウイスキーの瓶, ままウェストミンスターを, ままウェルスの小説本, ままウソウソと四周, ままウットリとし, ままウツラウツラと睡っ, ままウドン粉臭いパン, ままウンといっ, ままウンコになっ, ままエサウシ山下の絶勝, ままエジプトあたりの彫刻, ままエッチラオッチラ上にのぼっ, ままエレーヌの方, ままオイオイ泣いて, ままオズオズとそこ, ままオッ放りだして, ままオンコッコ酋長はまず, ままカウンターの方, ままカテリーナ・リヴォーヴナを指し, ままカムサツカの岸, ままカメラを千鶴子, ままカラカラに枯れた, ままカンテラを側, ままガスをとめた, ままガタガタ顫えて, ままガタンピシンと戸棚, ままガチリと佩剣, ままガックリなって, ままガックリガックリ歩いて, ままガツガツと食べはじめた, ままガラクタ物の古道具, ままガラス玉のよう, ままキクンとお辞儀, ままキチンと坐っ, ままキッとし, ままキッパリと首肯いた, ままキョロキョロとあたり, ままキリキリと廻転, ままキレーに灰, ままギイギイ声を立て, ままギッシリと並ん, ままギューギューと絞め, ままギョッとした, ままギリギリと一廻転, ままクシャクシャになった, ままクッションの上, ままクネクネと身体, ままクラムを待つ, ままクリーニングに出す, ままクルミさんは列車, ままクロクロ島の周り, ままクワの木の下, ままグイグイと忽ち, ままグウグウといびき, ままグッタリそこへ仆, ままグランドを二十周, ままグルッと身もだえ, ままグルリと見物, ままグレーヴス書記官と同列, ままグーグー寝て, ままグーッとひと息, ままケズらず載せたもの, ままゲラゲラと笑いだしました, ままコクのある, ままコックリとうなずいた, ままコツコツ室内を, ままコメカミをヒクヒク, ままコモ包みにし, ままコルシカ島の上, ままコロコロコロと築山, ままゴクリと生唾, ままゴソゴソやって, ままゴチャゴチャになっ, ままゴホンゴホンと苦しみ始めました, ままゴミ除け眼鏡, ままゴロリとばかりに寝, ままゴーリキイにその, ままゴールに逃げこもう, ままサイは何だか, ままサフランの花, ままサヨは元来, ままサラサラと筆, ままサーッと宙, ままザッと湯, ままザット三時間も湯, ままザブッとぶっ, ままザブリと主膳, ままシグナルを探す, ままシムソンは荒地, ままシャクリ上げシャクリ上げして, ままシューベルトの子守唄, ままションボリ坐って, ままシリンクスの足元, ままシルクハットをヒョイ, ままシンシンと夜半, ままジグビーグランドを文魁堂, ままジット私を見下し, ままジヤケツを着, ままジョージの手紙, ままジリッと一足前, ままスウスウと大きな, ままスエズの方, ままスタスタと歩き出した, ままスタスタ森を抜けよう, ままスチームに曇る, ままスッと鳥居, ままスックリと立ち上った, ままスティムで蒸され, ままステイムで蒸され, ままステージに登ります, ままストーヴの焔, ままスパリと斬っ, ままスピードをだし, ままスペインポルトガルそれにイタリア, ままスメルジャコフのほう, ままスランプに陥っ, ままスリッパをそろえた, ままスルスルと天上, ままスルリと脱ぎ抜け, ままスローモーションの操り人形, ままズイと押出し, ままズキズキと膿み出し, ままズトンと床, ままズルズルベッタリに後添い, ままズンズン二階のほう, ままズーッとその, ままセエラの方, ままソックリ風呂敷を横露地, ままソロリソロリと後退, ままソーッとあおのけ, ままソ連と握手, ままゾッと立ちすくんで, ままゾロゾロと駈けだし, ままタイの結びかた, ままタクシーを呼んだ, ままタタタタタと一, ままタッタと後, ままタッタ一人でスヤスヤ, ままタバコをつけなおした, ままターニャは猫, ままダイヤモンドの細かい, ままダブダブのコール天, ままダマスカスの門前, ままダンチョンも私, ままチエ子の顔, ままチチコフは驚き, ままチブロン島まで翔け, ままチャボを風呂敷, ままチャンと両手, ままチューブがつぶやいた, ままチョコナンと枕もと, ままチョコレエトの棒, ままチョッキだけ着, ままチヨコレエトの棒, ままチラと顔, ままチラリと私, ままチロを見, ままヂッと一つところ, ままッ児ですか, ままヅカヅカと松山, ままテッペンまで水瓜畑, ままテンピの中, ままデコボコした岩, ままデューランに跳, ままトックの後ろ姿, ままトツクの後ろ姿, ままトニオ・クレエゲルを上眼, ままトビアスは傷ついた, ままトランクづめになっ, ままトランプを弄ん, ままドウとその, ままドキンとして泣き, ままドシンと腰掛けた, ままドヤドヤと西洋館, ままドーブレクに差し出した, ままドームへよる, ままナイル河の水神様, ままナフタリン臭くなっ, ままナースチャの横, ままニコともしない, ままニタリと笑っ, ままニヤリニヤリと人, ままヌッと這入りこまれ, ままネクタイだけ前, ままネヴァ河へはまりこんだ, ままノコノコ戻って, ままノロリノロリと虜, ままハアハアと息, ままハイ只今と家, ままハッキリと入れ, ままハッタと睨め, ままハッハッと吐く, ままハナヤの方, ままハノイを立ち去らう, ままハルクをここ, ままハルスカイン家の奥庭, ままハンカチを助手, ままハンスの前, ままハンドルの上, ままバアの廂, ままバスの停留所, ままバスケットから足, ままバスルームへ這入っ, ままバタバタとお, ままバックして, ままバラバラとそこ, ままバーに使える, ままパイプを啣, ままパジャマ姿でしばられ, ままパッタリと消息, ままパパはうん, ままパラースカはその, ままヒイヒイ動物のよう, ままヒステリーが起る, ままヒマワリの種子, ままヒョイと机, ままヒョロヒョロと出, ままヒラリと他, ままビイル會社の横, ままビクッとした, ままビールの空壜, ままピッタリと動かなくなった, ままピョンピョンととぶ, ままピリッと裂い, ままフォルマリン液の中, ままフォン・ゲルプザッテル少尉に演奏壇, ままフラリとでる, ままフランスにしかも, ままフランツを歌い出しました, ままブクブクと深み, ままブツブツに切っ, ままブツ切りにし, ままブラジルへ逃避, ままブラリと表口, ままブリキ箱へ載せ, ままブルブルッと頭, ままブロンズにし, ままプイッと外, ままプラタナスの青葉, ままプラットフォオムの先, ままプラットフォームの上と下, ままプラットホームにひとり, ままプリズム反射鏡をとおし, ままプリューシキンはじっと, ままプールの中, ままヘタヘタと捨石, ままヘトヘトになっ, ままヘナヘナとその, ままヘンデル先生の銅像, ままヘンリイ卿の雄弁, ままベタリと縁側, ままベットの上, ままペタンとして動けない, ままペダルもきらず, ままペッペッと唾, ままペレニウス一族については歴史, ままペレールの家, ままホコリと緑青だらけ, ままホッと溜息, ままホヤを心棒, ままホンヤクされれば, ままホームズの後, ままホールへ入る, ままボソボソと話し合っ, ままボックスを出, ままボロボロと涙, ままボロボロボロボロ大粒の涙, ままボンヤリそれを見, ままボール紙をすて, ままポイと廊下, ままポケツトのばら銭, ままポツネンとし, ままポツポツ話し出した, ままポリニャークはゆっくり, ままマア坊のほう, ままマジマジと隆, ままマソヒズムの意味, ままマデレーヌの横, ままマトモに働い, ままマドロス君は駒井一家, ままマンは永田家, ままミサ子は言葉, ままミットをほうり, ままミツ子を抱い, ままムチをふり, ままムビウムのこと, ままメソメソ泣出したの, ままメチャクチャに手足, ままメモを持っ, ままメラメラと燃えしきる, ままメリヤスのズボン下, ままモジモジして, ままモンクスは目, ままモンパパ号はどんどん, ままモンパルナスをとらえ, ままヤットオである, ままヤミに葬られた, ままヤンとドド, ままラッサへ行っ, ままラッセルしあいながら, ままリアルにかこう, ままリヤトニコフの顔, ままリン博士がほとんど, ままリーザの手, ままルイザの方, ままルックサックを唐檜, ままルックザックの中, ままルリの事, ままルーレット盤みたいなところ, ままロボーは人間, ままロンドンまで行く, ままワイシャツの裾, ままワーッと泣き出した, ままヴァイオリンをくれ, ままヴィルプールへ帰国, ままヴィンセントがまだ, ままヴエランダに上つて, まま一々調印し, まま一ことも答えなかった, まま一さんに河岸, まま一しょくたに, まま一まわりぐるっと廻転, まま一わたりあたりを見まわす, まま一ツ撮もうと, まま一ヶ所に集まっ, まま一二三四としずか, まま一二歩近づいた, まま一二歩窓の下, まま一人きりで端近く, まま一人ぼっちにし, まま一人ぽっちで死, まま一先ず山を, まま一冊の本, まま一函買いとって, まま一分一秒の休み, まま一切無頓着でただ, まま一千回繰りかえさせられた, まま一口も物, まま一句も出で, まま一句一句に学術的, まま一名の遺骸, まま一向に返事を, まま一喝されて, まま一団となる, まま一坪の墓地, まま一塊りに, まま一声名を呼んだ, まま一夜を明かさせた, まま一太の手, まま一太刀に斬り殺され, まま一太刀毎に穢い, まま一女性と結婚, まま一字金一円と大きく, まま一学は帰っ, まま一家を支配, まま一家餓死するもの, まま一寸上体をのり出す, まま一幕ものにし, まま一年ばかりたった, まま一年あまりの月日, まま一年以上もすぎ, まま一年半ばかりの後, まま一度デングリ返しを打った, まま一度庭のなか, まま一戦も交えなかった, まま一文したためます, まま一文字に結んだ, まま一斉に屍体, まま一日そこにしゃがん, まま一日一人当り一封度四分ノ三という約束, まま一日中母親であるもの, まま一日動き廻って, まま一昨年江戸表より姿, まま一昨日はじめて外, まま一時も早く, まま一時茫然として居た, まま一晩揚げ切り, まま一晩じゅう首相官邸で待機, まま一曲を終え, まま一服つけました, まま一服盛りにでもご, まま一本一本床下の穴, まま一本脚の上, まま一束をこき終り, まま一枚の着物, まま一柳斎の邸, まま一様に開いた, まま一歩前に進ん, まま一歩背後に退った, まま一気にさっと註文通りの, まま一献まいれ, まま一生お召しもうけなかったら, まま一生ここにい, まま一生不幸に終わっ, まま一生悪事を働い, まま一生懸命お祈りをし, まま一生涯井戸掘り人足, まま一生満足に持っ, まま一眼をおもしろ, まま一瞬茫となっ, まま一瞬身がふるえた, まま一碗を喫し, まま一秒の弛み, まま一種根こぎにされた, まま一種異様なショック, まま一筆残しあげ参らせ候, まま一筆一筆に祈願, まま一茎の名, まま一行も自分, まま一足とびに, まま一足ずつ後へ下り出した, まま一足後に残っ, まま一足毎に重い, まま一足飛びに僕, まま一軒置いて, まま一輪も散らさず, まま一輪二輸と綻びかけた, まま一通の手紙, まま一週間後に絶命, まま一進ごとに念, まま一遍よんだ手紙, まま一部始終を, まま一里の道, まま一閃に薙ぎ払い, まま一閑張の机, まま一閣の口, まま一階一階と薄暗く, まま一面に黒ぐろ, まま丁度居眠りでもし, まま七代将軍の霊廟有章院別当瑞蓮寺, まま七八尺あるその, まま七十余日お預り, まま七年目七年めの七月七日, まま七月二十五日の夕べ, まま七歳となりました, まま万事タッタ一人の智恵, まま万吉へ救い, まま万太郎は思い当った, まま万平の前, まま万障お繰り合わせ, ままの絃, まま三さじおあがり, まま三つ許り転がされて, まま三丈余りの高粱, まま三之丞は中, まま三五兵衛はそれ, まま三井寺の甍, まま三人一緒に外出, まま三位卿お綱, まま三分ほども身, まま三分位の厚, まま三助の丑松, まま三勝半七の三勝, まま三十分あまりもはいっ, まま三千代と抱き合っ, まま三反ばかり用意, まま三味線とバチ, まま三和土の上, まま三四冊一度に持っ, まま三四歩よちよち駆け出し, まま三太夫も端然と, まま三年すぎたという, まま三度ふり返った, まま三日月の円く, まま三時間も置く, まま三杯ぐっとやりました, まま三津五郎はじっと, まま三等車の客, まま三箇月も持続, まま三角に刈り込んだ, まま三階に上った, まま上がって窓框, まま上がるという風, まま上さんの方, まま上らず土の, まま上り框と沓脱ぎ, まま上るものも, まま上半身を俯伏, まま上唇をあげ, まま上将の号令, まま上框へ出, まま上演すること, まま上等の葉巻き, まま上総まで遊び, まま上衣のポケット, まま下がっていました, まま下すのだろう, まま下っていた, まま下らせてくれる, まま下女のお, まま下宿屋あるきと, まま下枝は膝, まま下水に半分, まま下町の方, まま下着一枚の姿, まま不公平原始的さを感じる, まま不具の良人, まま不動の滝だのルナ公園, まま不器用に四十五度, まま不在といひ, まま不安げに長い, まま不安そうな眼, まま不安定に積み重なっ, まま不寝番して, まま不審ともされない, まま不平とせず, まま不得要領な顔, まま不思議相な顔, まま不意にこちら, まま不敵な微笑, まま不景気極まる話, まま不服らしい顔, まま不機嫌そうに眉, まま不相変元気に, まま不精ひげの生えた, まま不縁となった, まま不自由のない, まま不自由そうに片手, まま不良無頼な一生, まま与兵衛を出る, まま与吉を見すえ, まま世帯話をする, まま世捨て人となる, まま世界のいず, まま世話にならね, まま丙種と呟いた, まま丞相に敵対, まま丞相直筆の告文, まま両側の席, まま両替しては, まま両脚を踏み伸ばし, まま並べてある, まま並べて居たが, まま並べようとする, まま並べられている, まま中味をすりかえた, まま中将も立ち上がり, まま中山が赤い, まま中庭の雪, まま中条姫や照手姫, まま中林先生の顔, まま中絶して, まま中西が飛び込ん, まま中軍とへだたり過ぎ, まま中野学士の背中, まま丸々した顔, まま丸木の手, まま丸焼にした, まま丸蒸しにし, まま丹波路へ用達, まま主任といっしょ, まま主君信長の気もち, まま主観の高まり, まま久しぶりに妻, まま久慈は服, まま久米の下宿, まま乗り入れはゆるされませぬ, まま乗り出したこっちゃい, まま乗り手も何, まま九門の通行, まま乞うままには, まま乞食をさせ, まま乞食同様の山河, まま乱れを見せない, まま乱れた髪を, まま乱入し弟子, まま乱軍をつつむ, まま乱雑に並ん, まま乳房の口, ままはひどく険しい, まま乾いてし, まま乾きあがっている, まま乾ききらないでいる, まま乾涸びた咽喉を, まま乾燥した咽喉, まま乾草の上, ままに尋ねる, まま予審終結をした, まま予言者のよう, まま事務室をよろめき出た, まま事務室内へ姿, まま事務長は船医, まま事柄を頭, まま二つ三つ小突き廻されます, まま二つ三つピアノで諧音, まま二の矢の受けつぎ, まま二三分のあいだ非常に注意, まま二三囘ワルツを踊った, まま二三寸引いて, まま二三度体を震わせた, まま二三度息をし, まま二三度新聞紙を引っくり返し, まま二三度肩をゆすっ, まま二三度頭を強く, まま二三度首を振った, まま二三日を経過, まま二三日何処かへちょっと, まま二三日雨に打たれ, まま二三時間山で過ごした, まま二三歩草の戸, まま二三段上がった, まま二三町無我夢中で走った, まま二三筆手入れをし, まま二三週間生死の境, まま二三間よろめき出した, まま二人共に御, まま二人用テラスへ飛込ん, まま二位の升田, まま二分間ほど黙っ, まま二十五の昔, まま二十何年ぶりで見つけ出された, まま二十余艘の軍船, まま二十分余り経った, まま二十年もたっ, まま二十年三十年這い廻り続けたらどんなに, まま二十米突ほど前進, まま二度も前庭, まま二度三度その文句, まま二度目に腰, まま二時間あまり溜息ばかりつい, まま二月堂の後ろ, まま二本位入れて, まま二条の院, まま二百米近く下って, まま二羽の白鳥, まま二言といわず, まま二言三言言い争ったと, まま二足三あしひかれるよう, まま二里の道, まま二重廻しのポケット, まま二間三間と通り過ぎ, まま二間余り走ると, ままはなけれ, まま云うのであった, まま云うべき言葉を, まま五つに離し, まま五・一五二・二六と人心, まま五人の兵, まま五体を濤, まま五六年たった壁, まま五六日の間, まま五分位にブツブツ, まま五十七年の間, まま五十両をふところ, まま五十余日に及びます, まま五十八哩離れたバヒア・ブランカ市, まま五千年間立ったまま, まま五官を馬鹿, まま五日経っても, まま五日十日と経っ, まま五時間十時間平気で生存, まま五百円を渡し, まま五肢を弓形, まま五色ヶ原へと登っ, まま五郎は同感, まま五郎八茶碗で濁酒, まま五里霧中に彷徨, まま五階へ上っ, まま井上一夫三十三歳と左手, まま井上夫人は田島, まま井戸の前, まま亡き父の, まま亡くなって心, まま亡くなると看病, まま亡くなれば今以上, まま亡ぼしてしまっ, まま亡霊になりはてる, まま交代させて, まま交通要路の激しい, ままにおりまし, まま人かげはない, まま人ッ子ひとり姿が見えず, まま人事不省に陥っ, まま人垣を押し, まま人影に寄っ, まま人心地もなく, まま人手のない, まま人数だけ入れ, まま人混みに紛れよう, まま人眼をさけ, まま人違いと思わす, まま人間慾と超人慾, まま人類を絶滅, まま仁右衛門の背, まま仁王立ちになっ, まま今どこに巣, まま今や片足を, まま今一つの眼, まま今回の兇変, まま今夜は倒れた, まま今漬物か何, まま仏蘭西窓の外, まま仏頂づらして, まま仕上げ研がないのです, まま仕掛けようとはしなかった, まま仕法立てをせず, まま仕立てずにしまっといた, まま他国へも, まま他愛のない, まま他所から帰っ, まま他界の鬼, まま仙太を追放, まま代って勤める, まま代用食の蒸し, まま代表を迎えた, まま代読の柴田権六, まま代金を支払った, ままに応じぬ, まま以前格闘のあった, まま以後消極的に堕し過ぎ, まま以来忘れるとも, まま仮寝に就く, まま仮死をよそおっ, まま仮死状態の青, まま向に, まま仰いで留る, まま仰ぎ見もしない, まま仰反っていた, まま仰向けさまの大の字, まま仰向け様にスト, まま仰臥して, ままの孤児院, まま伊吹にあっ, まま伊東温泉の地下鉄寮, まま伊織は両, まま伊賀城に在っ, まま伊那丸はタタタタタ, まま伏し目になる, まま伏せてあった, まま伏目になっ, まま休ませて貰っ, まま休んだ時の, まま休息すること, まま会わぬ方が, まま会場に運ばれた, まま会得しようと, まま会津征伐に馳せ加わる, まま会社へ出, まま会見した, まま会話を追っ, ままの匕首, まま伝えられたと同じ, まま伝内はハタ, まま伝右衛門が橋, まま伝馬送りと獄門, まま伯林を立っ, まま伯母の髪, まま伯爵の息, まま伯爵夫人の部屋, まま伯父はその, ままは無用, まま伸びたかどう, まま伸びたら良い人物, まま伸びるまま堪える, ままの方, まま佇んだがその, まま佇立んでいます, まま住みついてしまい, まま住んでいる, まま住民はすっかり, まま佐兵衛は巌流, まま佐吉の背中, まま佐藤が笑いかけた, まま体内に止まっ, まま体当りの心組み, まま何かしらしきりに考え, まま何かしら当惑して, まま何かしら怪しげなもの, まま何かしら感動しながら, まま何かと楽しさうに, まま何くれとなく, まま何ごともいっさい, まま何せかにせ, まま何と言葉を, まま何とか折合いは, まま何もかも都合の, まま何一つことばを, まま何万馬力の電動機, まま何分間もぼんやり, まま何卒これまでの, まま何回も何回, まま何故腐敗しない, まま何故か堅く唇, まま何時間自分は動かなかったろう, まま何月か経った, まま何物にも色付けられる, まま何等かの統一, まま何進が再三, まま佗びしい色に包まれた, まま余りに水勢が, まま作りつけた人形の, まま作事監督の両, まま作品をのこし, まま作左衛門が受けかね, まま佳一は傍, まま侍たちも遠く, まま侍立して, まま依田学海の墨水二十四景, まま侮蔑をきわめた, まま係官をつきのける, まま鋭らしい, まま俊三は何, まま俊亮の顔, まま俊太郎の身体ぐるみ, ままの姿, ままいて, まま保ちそうで, まま保っておけ, まま保つてゐる, まま保吉のまわり, まま保名を殺し, まま保姆の後, まま保管いたして, まま保養と修行, まま信じない人も, まま信じるとして真っ先, まま信一の手, まま信玄公と平場, まま信長を刺そう, まま修治さんのおいで, まま俯いていた, まま俯ッ伏して, まま俯伏して, まま俯伏せに仆, まま俯向き勝に佇ん, まま俳優の演技, まま俺達の理想, まままで青楼, まま倉皇として帰っ, まま倒れかかっていられました, まま倒れかかった柱に, まま倒れたなら猛獣毒蛇の, まま倒れちゃったんだ, まま倒れるように, ままりかかって, まま借りている, ままぜる, まま倦み果てたような, まま倦怠して, まま偉大なる女王, まま停っていた, まま停止して, まま停車して, まま健康な十七八, まま側目もふらず走り過ぎん, まま傍目もふらず, まま傍観して, ままもささず, まま備えつけの小型金庫, まま傷ついている, まま傷つき倒れては起き上り, まま傾いて云った, まま傾聴して, まま僅かな詩作, まま僅三時ばかりの間, まま働く手を, まま働らかし, まま僕たちへ渡し給え, まま僕ら五人に宣言, まま僕等五人に宣言, ままのすぐ, まま僧侶の手, まま優しい返事を, まま優しく彼女を, まま元康の取次, まま元通りポケットに返し, まま兄君に手, まま先ぐお乳を作り, まま先ず進みましょう, まま先人の絶句, まま先刻舞踊家のいた, まま先日来顔馴染の三造, まま先祖の昔, まま先達ってまで新聞, まま光り耀く命の, まま光代にも告げず, まま光君の美くし, まま光子を放す, まま光秀は面, まま児童に信ぜしめる, まま入り乱れて席, まま入り込む衒気に対する, まま入ると馬鹿, まま入れられる監房な, まま入れるのいやだ, まま入口土間の敷居外, まま入棺した時, まま入用の書物, まま心を, まま全くじっと腰掛けて, まま全く突然死んで, まま全身あけに染っ, まま全部をゼーマン, ままひぢ, まま兩掌を合せ, まま兩腕を頭, ままぽうの, まま八九本の切ッ先, まま八帖寺へ見えた, まま八方から見張られ, まま八月九月十月十一月と徒ら, まま八月以来の長, まま八端の柔, ままにせられざれ, まま公家一統の天下, まま公用文箱にいれ, まま公表して, まま公金が不足, まま公開されたらオヤ, まま六尺豊かの長身, まま六畳の茶の間, まま兵太郎君を見, まま兵庫の後ろ, まま兵船の近づく, まま兵部は手, まま其処辺に幾つ, まま其場へヘタヘタ, まま其奴の方, まま其後に没し, まま其来歴を示した, まま其處の長椅子, まま具足も解かず, まま兼子の手, まま冀州の領内, まま内側から雨戸, まま内分に済ましたい, まま内殿へ起たれ, まま内聞にいたし, まま内蔵助はまた, まま円くなって, まま円卓の前, まま円盤が下り, まま円窓の外, まま再び猛然と彼の, まま再開店は覚束, まま写っている, まま写山楼へ踏み込む, まま写真を手, まま写真ブックのあいだ, まま写経を顔, まま冷えている, まま冷えかたまって多, まま冷えきった燃えさしの, まま冷え冷えとさらされ, まま冷たい固い石甃の, まま冷めて行く, まま冷めたい敷石を, まま冷やかにわたし, まま冷却の日, まま冷淡になっ, まま凄まじい程冴えた, まま凍えた四肢を, まま凍え死にかけて居る, まま凍ったもののごとし, まま凍み付いて, まま凍りついたような, まま凍り付いてしまい, まま凍死しようと, ままと雲, まま凝っとその様子, まま凝固しかけて, まま凡太はしかし, まま凭れかかってコクリコクリ, まま凱歌を上げ, まま出かかつたがどうも, まま出かけてしまった, まま出かけたんです, まま出かけましたのが, まま出さずにいた, まま出さないのも, まま出さなかった最後の, まま出しそびれていた, まま出たらてっきり自分, まま出ちまへ, まま出ねばならなかった, まま出まいとして乳, まま出ようとする, まま出世したらどんなに, まま出勤して, まま出口で待っ, まま出家にかえる, まま出家遁世できる気持, まま出掛けてしまった, まま出掛けるだかんな, まま出来かけの仕事, まま出迎えた体の, まま出迎えると彼, まま出雲守頼門はぼんやり, ままへ入れた, まま刀槍を手, ままを鞘, ままの林, まま分らないそのとき, まま分れるは如何にも, まま分隊長はじめ一同の顔, まま切りとられて来, まま切れてしまう, まま切れ切れに挨拶, まま切断されため, まま切窓から眼, まま切腹したと, ままを乱し, まま列車から飛び下り, まま初一念どおりこれから先, まま初代書記長に片山哲氏, まま初孫である赤坊, まま初秋の天, まま別々に投げ出された, まま別れたくらいであった, まま別れたらこれからの, まま別れっ放しだが, まま別人のよう, まま利き腕を捻じ上げられ, まま利七の骨箱, まま翁の, まま刺子をしぼり始めた, まま刺繍をし, まま刻々を精一杯, まま刻んで食べる, まま前かがみになっ, まま前のめりにのめっ, まま前川は苦笑, まま前足で胸, まま前額部の生え際, まま剛情に敷瓦, ままを抜き払っ, まま剥き出された両眼, まま剥ぎ奪ったり自ら院, まま剥げた壁へ, まま副官に対し早く, まま割れたレコードを, まま割れるような, まま創作の実際, まましく痙攣, まま劇場の入口, まま劉夫人の邸宅, まま力いっぱい突くこと, まま力まかせに前, まま力任せにどんと, まま力余って後ろざま, まま力委かせに, まま功名を争っ, まま加奈子の笑い声, まま加茂川べりの亭, まま助けを乞う, まま助九郎の前, まま努めて顔, まま努力して, まま励ますように, まま労働組合や共産党, まま効果を有, まま勉強して, まま勉強部屋から下り, まま動いて来, まま動かうとしなかつた, まま動かし得る蛇どもで, まま動かすと指, まま動かなくなったのであります, まま動かなくなりましたのでみんな, まま動かなくなることも, まま動かれず老耄し, まま動きだすようすも, まま動きやうもなく, まま動き出してはたちまち, まま動き出そうとしない, まま動けない妻であった, まま動けなかったのを, まま動けぬものばかりに, まま勘兵衛は陥穽, まま勘定台の下, まま勘弁勘次はもう, まま勝手元の部屋, まま勝豊に持たせ, まま勝負がつづい, まま勢いのいい, まま匂つて來る, まま包みこまれてしまう, ままい上り, ままい去って, まま化粧台の奥, ままへ流れる, まま北条新蔵, まま北海道は石狩川, まま北陸にあっ, まま医学士は進ん, まま医局まで駈けつけ, まま医者の手, まま匿って霞ヶ浦, まま十センチばかり飛び上った, まま十一日のその, まま十二月其地に立つ, まま十八倍の双眼鏡, まま十吉の眼, まま十字街頭を歩くんじゃ, まま十字路の角, まま十年あまりも生死, まま十年余の月日, まま十数度も京, まま十数日を過し, まま十日ほど寝, まま十時ごろまで坐っ, まま十時間働いて, まま十歩ばかり駆け出した, まま十秒間ほど放そう, まま十間は確か, まま之介, まま千丈の雪, まま千二はその, まま千代子の膝, まま千変万化するところ, まま千年杉の下, まま千日前の通り, まま千束町近辺の出水, まま午前十一時の裏庇, まま午後一時に京橋, まま午後三時頃から七時頃, まま午後大使館でとっ, まま半ば刀を抜きかけ, まま半ば意識を失っ, まま半分以上雨樋の蔭, まま半年以上も姿, まま半時ばかりの仮寝, まま半月の余, まま半蔵は格子越し, まま半蔵らの歩い, まま半途で引返し, まま半顔を布団, まま卑俗な意味, まま卒然として怪しげ, ままによりかかっ, まま卓上の前方, まま協力して, まま南下を続け, まま南保余一兵衛は真っ, まま南側の窓, まま南天の枝, まま南極へ流され, まま南瓜の花, まま南町奉行所へかつぎ込ん, まま単に通り越されたのみ, まま単純に左様, まま印度洋の湿気, まま印袢纏で営門, まま危う気な, まま危く倒れんと, まま危く茶碗を掌面, まま危く駅前の広場, まま危篤になっ, まま即死した, まま却ってそのお蔭, ままの白味, まま厚い渋紙の, まま厚切りの刺身, まま原稿を全部, まま原稿紙と参考書, ままの中, ままな顔, まま厳しく守らせ誰, まま厳に立って, まま厳然と舞台, まま去ろうともしない, まま参内して, まま参木の方, まま又もやそっと縁に, まま又八は老母, まま及び腰になっ, まま友だちの三ちゃん, まま友達欲しそう, まま友釣りの老人, まま双手を彼, まま双方いつまでも無言, まま双方得心ということ, まま双方物を言う, まま双眼鏡をひねくりまわし, まま反り返って腰掛け, まま反古にもすべき, まま反対の方角, まま反射的に強く, まま反抗するよう, まま反返って笑った, まま収まっている, まま収載されて, ままはずし, まま取って返してあの, まま取り上げて打つ, まま取り出して見たい, まま取り捨ててある, まま取り落したのです, まま取り調べを受け, まま取り込むことを, まま取除けられてしまった, まま受けいれて彼, まま受けとった銅貨の, まま受けとられようものなら, まま受ける注ぐそれ溢す, まま受け入れて決して, まま受け取ってはおられぬ, まま受け取ろうともしなかった, まま受け容れさうし, まま受付の中, まま受取人の姿, まま受太刀になっ, まま受話器を取上げました, まま受難週間になった, ままの坂径, まま口づけに召, まま口一つきかない葉子自身, まま口元に運ん, まま口先きだけの, まま口笛を吹い, まま口紅の処, まま口角の微笑, まま口調がいい, まま口頭禅としか聞えない, まま下駄を, まま古い新声, まま古代の日々, まま古城趾へ引っ越し, まま叩きつけられたように, まま只じっと四辺を, まま只今のよう, まま上って, まま可愛らしいものの, まま可愛らしくニコニコし, ままを叩かない, まま台の下へもぐりこん, まま叱られている, まま右側の小, まま右左より骨, まま右後ろを向い, まま右掌をあげ, まま右近は言葉, まま右隣の老人, まま号令によって血, まま司会者の云う, まま司馬懿仲達に取り次いだ, まま吃ってしまっ, まま吃驚した表情, まま舎を, まま合唱して, まま合点合点をし, まま吉之助の顔, まま吉里の後, まま吊り下されるのを, まま下宿森栖氏専用の, まま同じく首を, まま同僚に見, まま同心致し難く, まま名乗声の揚げられる, まま名古屋をつき抜け, まま名越の手, まま吐き出されている, まま吐く息ばかりが, まま向い合って湯, まま向う側の家, まま向う見ずに駈け去っ, まま向きをかえた, まま向きあっていた, まま向き丈けを換え, まま向島へ別居, まま向直って衝, ままに甘え, まま君前に出, まま君臨して, まま吟味する機会, まま一層強く, まま否みもならず, まま否応なくそこ, まま含嗽をする, まま含嗽剤を受取っ, ままひ込まれるやう, まま吸いもしない, まま吸収されずに, まま吸殻を忘れたらしい, まま吹く風に, まま吹上の方, まま吾が子に, まま吾輩の頭, まま呂布がこの, まま呆れ返ったと云う, ままへやる, まま呉羽さんが出発, まま呑みこむものな, まま呑み込んでしまった, まま呑んでしまつたとよ, まま呑気そうに口, まま呑牛と氷峰, まま呟き呟き星の, まま呟くように, まま周三はさ, まま周囲の沼, まま周瑜の秘策, まま周章ただしく廊下, まますと, まま味噌汁の椀, まま鳴りましたよう, ままる, まま呻いていた, まま呻くように, ままつけられて, まま呼びかけている, まま呼びとめる勇気も, まま呼べど答えぬ, まま命からがらな逃げざま, まま命令書を読ん, まま命知らずをやる, まま咄嗟に後, まま和尚の袖, まま咎めるように, ままきましたが, まま咲いて散つ, まま咳一つしないで, まま咽び出ようとする, まま品夫は何かしらジッ, まま哄然として, まま哲丸の臥, ままのよう, まま唄っている, まま唇辺でくすくす, まま唐突に椅子, まま唐草銀五郎しばらく顔, まま唖然放神の体, まま唸っている, まま唾液を嚥, まま商売をつづけ, まま商業を営ん, まま問答をつづけ, まま啜りあげて泣き出した, まま啜り泣いてる子供に, まま啜り泣きをはじめた, まま啜る手を, ままえ煙管, まま啼くこおろぎとともに, ままをつまらした, まま喉いっぱいの声, まま喉笛をかき切られ, まま喋っている, まま喋りだして行った, まま喘ぎ喘ぎ精一杯の, まま喚きたてていた, まま喜びを迎える, まま喜んで尊, まま喜平おやじしばらく対手, まま喧嘩師右近さすがに, まま喰い尽しけるに半, まま喰って惚れ, まま営業してるという, まま嗄れた声を, まま嗅覚で若い, まま嘆くように, まま嘆息したの, まま嘆称して, まま嘲笑って, ままにさえ居所, ままった, まま噛み砕きて食す, まま噛んで歩いた, まま囁き声で, まま囚人を君, ままん這い, まま四つ位に切っ, まま四ツの鼓, まま四ツ谷見付の土手先, まま四五歩後退しおもむろに, まま四人はまた, まま四十間以上の所, まま四十面相が声, まま四時間湯煮て, まま四角に切りとった, まま四谷南寺町七番地の自宅, まま四邊を見, まま四隅と両方, まま四隣の寂寞, まま四馬頭目の待っ, ままりあって, まま団扇で蚊, まま困ったように, まま囲めるように, まま囲炉裏のふち, まま囲炉裡端へ引きあげた, まま図らずここに, まま図太くなるの, まま固まってもう, まま固化した裏通り, まま固唾をのん, まま固定されて, まま固着したの, まま国交回復をし, まま国庁の内, まま国文学的に味わう, まま国表を逐電, まま土まみれとなっ, まま土中にあった, まま土塊をおし分け, まま土壇の上, まま土泥竈の肩, まま土産物のハンドバッグ, まま土盛りの上, まま土砂に埋れ, まま土蔵の石段, まま土藏づくりの鐵格子窓, まま圭さんがどこ, まま地べたへ飛びおりる, まま地下千尺の処, まま地味な藍縞, まま地平線をすかし見, まま地蔵堂の梁, まま地袋にくぐり入っ, まま地震のため, ままの土手, まま坂の下の草原, まま坂本へ引っ返し, まま坂路を下り, まま坂野の細君, まま坊ちゃんの顔, まま坐せられて居ります, まま坐つていた, まま坐りもせず, まま坐りこんで, まま坐り往生幾日でも睨み合っ, まま坐禅を組ん, まま垂れている, ままをし, まま埃風に飜, まま埋めても好い, まま埋められていた, まま埋もれてしまう, まま埋もれてる無益なる, まま埋らせてしまう, まま城中へ通った, まま城内へ斬っ, まま埠頭に長く, まま執念くやられると, まま執拗に警視庁, まま執行を相手, まま堀割にでも捨て, ままには文武, まま堂々と濶歩, まま堅い土を, まま堅板や内, まま堆高く積まれて, まま堪えるがまま, まま堪へがたきほどの, ままの右方, まま塑像のよう, ままを恋, ままの中, まま塔上の怪人, ままっている, まま塩水に漬け, まま塩焼きにし, ままと煤煙, まま塵埃に包まれ, まま塹壕に伏し, まま塾長室に行った, まま墓場の道, まま墮落して, まま壮年武士と向かい合い, まま声一つ出すもの, まま声高らかに読みあげた, まま売って利, まま売り払うのは, まま売るので釣った, まま売台の向う, まま売婦とせせり, ままを見つめ, ままに考え込ん, まま変えなくてもよろしい, まま変ったふたりの, まま変りがなかっ, まま変化なく一生, まま変名で, まま変装の川上機関大尉, まま夏外套や麦藁帽子, まま夏道より南, まま暗の, まま夕がたまでうとうと, まま夕明りの中, まま夕空になびい, まま夕闇の中, まま夕陽へ立直った, まま夕風の立つ, まま夕食も食わず, まま夕飯時を過ぎ, まま外れて棺桶, まま外國人のワイルド・パアティなぞ, まま外洋に出る, まま外記は腹, まま外面をながめ, まま多いんです, まま多く二尺先位の畳, まま多元的にいわれ, まま多分永遠に, まま多勢に一人力, まま多可子の方, まま多少悪意の, まま多恨な柔和, まま多賀ちゃんといろいろ, まま夜ふけになっ, まま夜半に外, まま夜卓の上, まま夜明けを待とう, まま夜明しをしようで, まま夜更けまで帰らず, まま夜更しをさせた, まま夜来の雨, まま夜着の襟, まま夜逃げをし, まま夜霧を通して下, まま夢うつつで手綱, まま夢み私語する, まま夢一つ見ませずに, まま夥しい涙に, まま大いに興奮し, まま大かた掘り出して, まま大事そうにあけ, まま大井の言葉, まま大体を取纏め, まま大名小路の陰, まま大塚さんの顔, まま大変疲れて, まま大戸はしまっ, まま大手搦め手両道, まま大束の菊, まま大根をかじる, まま大森署へ引っぱっ, まま大正末から昭和, まま大正道路に残っ, まま大気のなか, まま大理石の床, まま大皿に装った, まま大盤石に挟まれた, まま大砲のよう, まま大空に遊行, まま大衆に飲ませよう, まま大越さんは全く, まま大通を真一文字, まま大陸によどん, まま大隈侯にお目にかかった, まま天下泰平に治まる, まま天国に登つた気持, まま天地は, まま天子に返し奉ろう, まま天幕にはっ, まま天床か壁, まま天文を案ずる, まま天流斎の頭, まま天盤へ眼, まま天秤にかけられ, まま天空高く舞いあがった, まま天窓がすわった, まま天蓋をあおむけ, まま天魔太郎と虎吉, まま太子の生涯, まま太平洋のもくず, まま太股の辺, まま太陽の炎熱, まま太鼓を相手, まま夫婦になろう, まま失われるには惜しい, まま失心して, まま奇怪の舞踏, まま奉公人たちは足音, まま奉天を空, まま奉書や水引, まま奉行の前, まま奉行所へ乗り入れる, まま奥田教師たちのあと, まま奧さんをどこ, まま女たちにむかつ, まま女中部屋の方, まま女史たちと行, まま女坂を闇, まま女子衆まかせに, まま女方術師鉄拐夫人は頸, まま女給には見向き, まま女讐とみ, まま好い気持で, まま好きな自分, まま如丹と献酬, まま如何ともなし, まま如何なる事かと, まま妖艶溌剌を極めた, まま妹達へ上がれ, まま妻女山をにらん, まま妻木君の黒い, ままの処, まま始めてにやりと, まま始めて話に, まま委細はいま, まま姥捨山のよう, まま姫草さんの言う, まま姿勢の上, まま威丈高になりおっ, まま威儀を正した, まま威厳のある, まま威張ってあるきまわり, まま婆娑羅の大神, まま婚家へ止め, まま婦人を扶, ままの顔, まま嫁入りしようと, ままの姿, まま嬉し泣きに泣い, まま子供達の面倒, まま子孫に伝え, まま子根性でやった, まま子爵の手紙, まま孔明は牀, まま孝之進は小石川, まま孟宗藪の所, まま季夫チッ息して, まま季節は八月, まま学問や和歌, まま学士の前, まま学業を止した, まま学資の出途, まま孫兵衛も茫然, まま孫堅は茫然, ままを出た, まま宇品より今, まま宇津の頭, まま守られて来た, まま守時は高時, まま庠と, まま安からぬ眼, まま安全のため, まま安心したり, まま安泰なるばかり, まま安置する, まま安静にし, まま完成して, まま宗兵衛は黙っ, まま宗厳の気もち, まま宙ぶらりんの状態, まま宙乗りして, まま宙返りをする, まま定めし人質の, まま定雄の見, まま実にむずかしい顔, まま実はしばらく見えなかった, まま実家方にもどる, まま実物にした, まま実行するの, まま実際木ベエの, まま客席に坐っ, ままが内蔵, まま宮中へ馳せ入り, まま宮子の顔, まま宮廷に帰っ, まま家中の物音, まま家人はなかなか, まま家光を追って, まま家庭の人, まま家業を継い, まま家隆の歌, まま容赦なく上昇, まま宿場に等しき, まま宿屋へ帰る, まま宿直部屋を飛び出し, まま宿禰を睥, まま宿駅の門, まま寂しい構内を, まま寂寞として据, まま寂莫として立っ, まま寄りついてこなくなった, まま寄りつかうとする, まま寄り添うて来た, まま寄り添って二人, まま密輸やりだしたん, まま密輸入されるのに, まま富士見へ帰った, まま富岡先生は人, まま寒い寂しい森の, まま寒空にあかあか, まま寒風が黒く, まま寛いで少し, まま寝かされていた, まま寝ころんでい, まま寝こんだのだろう, まま寝た者も, まま寝ちまふこ, まま寝ちまうことも, まま寝ついている, まま寝られもしない, まま寝室に姉, まま寝巻き姿の, まま寝息ひとつ立てない, まま寝所に納まった, まま寝言のふり, まま寝込む日の, まま寢亂れた姿, まま寢床の上, まま寢臺の上, まま寢言のふり, ままに長い, ままへ転げこんだ, まま寺院の前, ままい合って, まま対抗して, まま対等な語, まま対象の感性的, まま封建社会の生活, まま封筒と同じ, まま封鎖されて, まま射抜かれた飛行船の, まま射程に入っ, まま尋ねに飛び出す, まま小さく黒く動いて, まま小僧の無邪気, まま小児らしい意味, まま小六はすこし, まま小刀逆手にズバズバ, まま小切手を印東, まま小太郎の眼, まま小姓の前髪, まま小姓四五人を連れ, まま小屋前十二三間のところ, まま小山のよう, まま小径やベンチ, まま小曲の最後, まま小松原は昼間, まま小林少年をつれ, まま小水をもらす, まま小沢が帰っ, まま小田さんに渡しました, まま小田刑事に向かっ, まま小祝の二間, まま小脇にかいこみたる, まま小腰をかがめ, まま小言をいっ, まま小谷の外城, まま小路の中, まま小野の山荘, まま小首をかしげた, まま斎石見などは, まま少しぐったりとしおれ, まま少女奉仕を定め, ままほも, まま就職口が見つからなかったら, ままをついた, まま尾行をする, まま居ぎたなく坐つたり, まま居れば遠から, まま居住居をちょっと, まま居候をさせ, まま居処をかえ, まま居合せた大勢の, まま居据っていたら, まま居残ってい, まま居眠っていた, まま屈身を伸ばし, まま届出たら自分の, まま屋内より庭, まま屋外に駈け出し, まま屋形船に帰る, まま屋敷にとめ置い, まま屋根伝いに物, まま屍体の傍, まま屏風の向う, まま展望台の周辺, まま展開されて, まま山伏すがた, まま山形をなし, まま山林官が職業がら注意, まま山林規則のお, まま山淵右近はその, まま山番小屋の後, まま山谷の春徳寺, まま山高の頂, まま岡本軍曹は司令部, まま岡田の所, まま岩の上からころがり落ち, まま岩上順一が座談会, まま岩公を渡さぬ, まま岩礁にでも舳, まま岩蔭から出, まま岩間に生え, まま岩陰から出, まま岩頭に立っ, まま岩魚が呑み込ん, まま岸辺に歩み寄りました, ままの七曲り, まま峡間を見下し, まま崔毅は半日, まま崖上の作業, まま崩れた石垣の, まま巣鴨拘置所に送られた, まま工事をすすませ, まま工事中止になった, まま工事半ばの立ち腐れ, まま左候てはゆく, まま左脇を下, まま左膳と源三郎, まま巧みに歌つて行, まま廻されて, まま差し上げる事に, まま差し伸べている, まま差出された手紙を, まま差向いで坐っ, まま巻煙草を一本, まま市ヶ谷刑務所へ移された, まま市中へのちょっとした, まま市内鳥飼村自宅に於, まま市十郎は暫く, まま市蔵は秘密, まま帆村荘六おじさんを弥次, まま帝国軍人に呼びかける, まま帯しろ裸で, まま帯留の金具, まま帯際をしっかり, まま帰さないことに, まま帰さなかったことである, まま帰したかと問わるれ, まま帰せばわずか, まま帰つてしまはうかと, まま帰らうかなどと悶え, まま帰らすわけには, まま帰らせていただきます, まま帰らなかった万吉の, まま帰らなかったらどうでしょう, まま帰らなかつたら滑稽だ, まま帰られるものか, まま帰らんは余り, まま帰りたまえ, まま帰りましたがこの, まま帰りますわ, まま帰ります帰ってその, まま帰りやしょうか, まま帰るまい払いは, まま帰れと申す, まま帰れないと私, まま帰国は許されない, まま帰府を断念, まま帰院するので, まま帳場から歩き出し, まま常磐がかすか, まま常連の学生たち, ままの狭い, ままを打つ, ままに入る, まま幕府の一吏事, まま原首相, まま干からびている, まま平あやまりにあやまっ, まま平たく俯っ伏し, まま平に諸君の, まま平らかな視線, まま平八は首, まま平凡に多数, まま平和でいられたろうか, まま平常に返らない, まま平手でそっと, まま平時放下って置く, まま平茂のことば, まま平蜘蛛のよう, まま平静に落ちつき, まま平静至極にロマーシ, まま年下の男, まま年増の女, まま年月をお過ごし, まま幸い明いて, まま幸福そうに微笑, ままからすっかり, まま幻滅の世界, ままけき, まま幾たびも戦わせ, まま幾分弓形の, まま幾年か立っ, まま幾度か自分, まま幾晩も仰ぎ, まま幾条かの交通路, まま幾百千丈の谷底, まま幾百尺とも知れぬ, まま幾百曲となく, まま広縁が高い, まま床べたに伸びきっ, まま床上に片, まま床下に俯向, まま床几のうしろ, まま底冷えのする, まま店先までスー, まま店座敷の縁先, まま府中にお, まま座っている, まま座中を見まわし, ままに入り, まま庫裡に引き取った, まま庭づたいにあの大きな檻, まま庭づたいに裏木戸から通り, まま庭上に飛び下りよう, まま庭先へと駆け降り, まま庭前へ廻っ, まま庭土の上, まま庭苔に額, まま庭裏の木戸, まま庭面へ走り出した, まま庶民芸術の様相, ままの先, まま廃れてしまっ, まま廃人になる, まま廉介は誰, まま廓中は寝, まま延ばして一晩, まま延びをする, まま延寿国資の大刀, まま延津へ馳せ向った, まま建っている, まま建物の中, まま廻り歩いて, まま弁信は坐った, まま弁当をぶらさげ, まま殺して, まま弄ったり愛撫, まま式台に踏み上がられ, まま式通りに直之, ままに鏑矢, まま引いてしまったら, まま引かれて合う, まま引きあげられたら骸骨男は, まま引きかえして洞くつ, まま引きかえすのも, まま引きかえそうかと考え, まま引きさがられませぬ拙者個人の, まま引きすえられていた, まま引きずられて三和土, まま引きずり出して砂原, まま引きずるように, まま引きちぎって進んだ, まま引きとって差しつかえない, まま引き上げて容赦, まま引き上げられたり次に, まま引き下がってしまえる, まま引き取ってもらいたい, まま引き揚げることに, まま引き摺り出して床, まま引き窓越しに青空, まま引き立てられるところであった, まま引き籠っていとうございます, まま引き離すことが, まま引く事も, まま引っかかっている, まま引っこみのつかない, まま引っ担いで梯子, まま引っ立てて曹操, まま引っ込んだがしばらく, まま引っ返して笹野新三郎, まま引っ返そうかとも考えた, まま引下がるような, まま引出して煙草, まま引廻された八重垣姫, まま引張り出して来れ, まま引戸を静か, まま引摺り出されて, まま引渡すには忍び, まま引用されて, まま引留められたように, まま引越し以来の顛末, まま引込みがつかない, まま引込めるけえ, まま引連れて来ました, ままを見つめ, まま弟子西住と別れ, まま弥助さんの方, まま弥左衛門は刀, まま弥生は顔中, まま弱い眸を, まま弱りかへつて, まま張りつけた鞣革の, まま張教仁だって黙っ, まま張飛の罪, まま強い緊張で, まま強いしめっぽい風に, まま強いてつれないよう, まま強う首振りました, まま強くこすって, まま強情に押黙っ, まま強烈に打ちつけ, まま強直して, まま強飯みたいに積み上げ, まま弾丸のよう, まま屋敷に, まま当分逢われないこと, まま当惑顔にうちしずん, ままをくずさない, まま彩牋堂の門前, まま彫りつけ裏に, まま役人に引渡した, まま彼一手にお, まま彼女たちの一人一人, まま彼女らは夕日, まま彼女自身の言葉, まま彼方此処に転がり始めた, まま彼自身の呼吸, まま彼自身眺め飽くこと, まま往來の水溜, まま往生したの, まま往生とげむか, まま待ちかまえている, まま待ち受けていた, まま待ち構えて居ります, まま待てよ作平, まま後ずさりして玄関, まま後ろ姿を自失, まま後ろ手に扉, まま後妻として迎え容れた, まま後宮の女性, まま後悔の念, まま後方を振り向い, まま後架へ這入った, まま後添いも娶らず, まま後退するの, まま後退り次第次第に下がった, まま後陣へひき退がった, まま後難を惧, まま徐ろに歩み, まま徐和の顔, まま徐州城へも出なかった, まま徐徐に東に, まま徒歩で運ん, まま従いては行けぬ, まま徘徊して, まま御すて下さいませ, まま御供いたしましょう, まま御堂で初夜, まま御殿へ上げ, まま御霊所の扉, まま復一を生み遺し, まま復元できるだけの, まま復命しました, まま微笑さへ洩らし, まま徳蔵の姿, まま徹馬は敷き, まま心からのよう, まま心ここにあらずで, まま心安くなった五十前後, まま心持ち口籠もって, まま心持ち微笑を浮べてる, まま心持頸を前, まま心理的に一層, まま心耳を澄まそう, まま心臓の鼓動, まま心配そうにだが, まま心静かに衣紋, まま忍び足にこちら, まま忍び音にさめざめ, まま志免警視の方, まま忘れかけている, まま忘れたふりし, まま忘れられてるパンと, まま忘れ果てている, まま忘れ置いて出た, まま忘却のうち, まま忙しそうに, まま応接室へ通された, まま応接間をソッ, まま忠之の眼, まま忠直卿は心から, まま快活に云った, まま忽然と立ち現れ, まま怒らして泣かせかける, まま怒りをひそめた, まま怒気と軽蔑, まま思いがけない空中旅行を, まま思いきった御処置, まま思いきり泣いた, まま思い出に耽っ, まま思い出そうとする, まま思い切ってライター, まま思い切り声を放っ, まま思い沈んでいる, まま思い設けぬこの恥辱, まま思想の表現, まま怠っておりました, まま急がせてほどなく, まま急所の脾腹, まま急流に押し流された, まま急激に起っ, ままのままこの世, ままみながら, まま怪しい姿を, まま怪しげな竹籠, まま怪塔ロケットの尾翼, まま怪塔王はあわてふためき, ままず怯, まま怯えたように, まま怯づ怯づかう僕, まま怯まない敵も, ままそうに, まま恐いような, まま恐しそうに, まま恐れる色も, まま恐ろしそうに, まま恐懼して, ままを呑ん, まま恭しく帽子を, まま恭一の顔, まま息づまるように, まま息急切って, まま息杖を片手, まま息絶れの, まま息苦しくおかれて, まま恰好の好い円い, まま恵瓊とよばれた, まま悟浄は師, まま悠くり歩いて, まま悠然として小さな, まま悠長な歩み, まま悩乱の面, まま悪い事でも, まま悪意なく理解, まま悪鬼の姿, まま悪魔が口, まま悲嘆の苦しみ, まま悶々とのた打っ, まま情ないのと, まま惜しいことに, まま惡びれずに, まま惣之助氏に肩, ままる惧, ままとして涙, まま惱ますを危急, ままが纏まらない, まましげ, ままつまらなそう, まま愉快に帰る, まま愉快そうに笑った, まま愍然至極の汝ら, まま意味深げ, まま意地きたなくいすわっ, まま意外な手違い, まま意想外な大, まま意気地なく絶命, まま意識以前の状態, まま愕きのあまり床に尻餠, まま愚かな眼, まま愚図愚図してるの, まま愛さなければ不可, まま愛一郎さんに渡し, まま愛人とキス, まま愛想よく思われる, まま愛玩の籠, まま感じ取って高, まま感光して, まま感嘆的にだが, まま感心も驚き, まま感応に相当, まま感慨深い面もちで, まま感興も消え失せ, まま感電したとも, まま慄然として恐れた, まま慌しく駆込んだの, まま慌ただしい新春を, まま慎んでその, まま慣れた態度で, まま憂暗な顔, まま憂鬱に空, ままるよう, まま憤慨するの, まま憲兵の足, まま懊悩のあまり外, まま懐中からスケッチ帳, まま懐中時計へ目, まま懐中電燈をさしつけ, まま声も, まま懸けておく, まま懸けるを忘れ, まま懸け残されてあった, まま成り行きにまかせ, まま成人させて, まま成功したの, まま成行に任せ, まま我々が頂戴, まま我が刀に, まま我が家へ帰れる, まま我国に於, まま我知らずその痩せた, まま戦いを挑む, まま戦うもよし, まま戦えるので愉快, まま戦ことった云うもんも, まま戦場へ赴かれる, まま戯曲を読み耽る, まま戸口もとにポカン, まま戸表へ駆出した, まま戻らずしばらくする, まま戻りも出来ん, まま戻ることに, まま戻ろうかと考えた, まま房州へ舞い戻ろう, まま房毛の重い, まま所司代と逢うべき, まま所在なさそう, まま扇一本で拍子, まま手の平へ顎, まま手の甲で籠, まま手もとに残ってる, まま手帖を赤羽主任, まま手拍子とって, まま手招きをし, まま手拭をぶら下げ, まま手持無沙汰だから, まま手探りをする, まま手数をかけず, まま手早く靴を, まま手水口の縁, まま手渡しした, まま手箪笥の抽斗, まま手荷物か何, まま手術臺の上, まま手負いの獣, まま手間取っては一命, まま手頸に巻きつけ, まま手首をつと, まま打たせながら女中, まま打ち捨てられて次, まま打ち棄てられてある, まま打ち棄て置く時は, まま打っ捨り, まま打って出るのは, まま打つ伏せに, まま打てば響く, まま打分にする, まま打捨てておいた, まま打首になった, まま承諾したのに, まま抄出して, まま抑え切れぬ感興をでも, まま抑留して, まま込まれたもの, まま投げられたのは, まま投げ捨てて置いた, まま投出されている, まま投身するという, まま重って, まま折々爪の, まま折り畳まれた小冊子, まま折戸を入る, まま折目の破れた, まま折箱の中, まま折角のお, ままげ込んだ, まま抛っといたらよかった, まま抛つて置けばその, まま抛り置かれている, まま抜き取って亭主, ままへて暗い, まま抱きかかえて谷川, まま抱きしめてこの, まま抱きよせて脚, まま抱擁の力, まま抹殺されて, まま抹香をつかん, まま押さえる為に, まま押しあいへしあい前に, まま押しかえされてゆきます, まま押しつけて終わなけれ, まま押しつけられずにあっ, まま押し入れの中, まま押し潰され顔から, まま押し潰されるほどだった, まま押し花のよう, まま押し通す料簡なら, まま押し進むといたそう, まま押し進んで行け, まま押すすめて朗, まま押入れから蒲団, まま押合うばかり, ままいのけるよう, まま担いでるな勿体, まま担ぎ出しましてご, まま拒絶した, ままけ出し, まま拘引をうけ, まま拝借したが, まま拝受して, まま拝殿に上がっ, まま拡げた胸に, まま拱いて俯向, まま拱手をし, まま拵えをつけた, まま持たしてくれた, まま持ちだしてはかさばります, まま持ち上げられた胃袋の, まま持ち帰ったのかも, まま持つてま, まま指し示すまにまに元, まま指一本も動かさず, まま指先走りに廊下, まま指揮して, まま指示された椅子, まま挨拶一つしようとも, まま挫折すること, まま向きも, まま振りかぶった一刀を, まま振りほどこうともせず, まま振りむきもしなかった, まま振り向いて, まま振り向くとそこ, まま振り捨てた後で, まま振り返った女の, まま振り返りもしない, まま振上げていた, まま振向いて何, まま振舞うことが, まま振返る気色さえ, まま挽き出だ, まま捉えようとする, まま捕まるのも, まま捕われた者どもでありました, まま捕虜にされる, まま捗どらない制作を, まま捗らずとうとう兄, まま捨ておかれぬから早晩土州藩, まま捨ておくと何, まま捨てられてしまった, まま捨てることさえも, まま捨て子にされ, まま捨て子みたいに都, まま捨て置かばかの, まま捨て置かれぬといっ, まま捨て置くわけにも, まま捨て置けば幾人人間, まま捨置くことなら, まま据えられていた, まま据置かれた, まま捲きついている, まま掛けてい, まま掛けられてあっ, まま掛け捨ててあった, まま掛っている, まま掛釘から帽子, まま掠奪もやりかねなかった, まま採ったのである, まま幽を, まま探ってくれ, まま控え所のほう, まま掲げてみよう, まま掲載する, まま描かずにその, まま描くかさもなければ, まま揚げ戸も, まま握ってきなこ, まま握られて居る, まま握りしめずにはいられなかった, まま握り拳を耳, まま握り返さず黙って矢代, まま握手した, まま揺られつづけている, まま搾られとおして, まま摘むが儘, まま摘んでは口, まま摺りつぶして, まま撃ってこれ, まま撓め切っていた, まま撤回すること, まま撫でてくれた, まま撫で付けにし, まま撲殺すとも, まま操る一種の, まま操縦して, まま足に, まま擦って前, まま擬死の態, まま支配人の声, まま改めざる証少から, まま改めてまじまじと女, まま改札口に走つ, まま放っとくと上級生, まま放られていた, まま放りぱなしになっています, まま放りあげられいたずらに天井, まま放りこんである枕だ, まま放り出されていた, まま放り出してある, まま放り出したような, まま放り込んでそれから, まま放れないのだ, まま放心して, まま放抛って置いたら, まま放棄すること, まま放牧されて, まま放逸に発散, まま政務も見ない, まま故主のもと, まま故意と足, まま故郷に帰った, まま敏樹が何, まま救い難い空気, まま救急車に運び込まれた, まま教会で祈祷, まま教科書などといっしょ, まま敢えて自分からは, まま散ってしまっ, まま散らかっている, まま散らかった雑誌などを, まま散らない蔓類の, まま散りもせぬ, まま数哩を歩行, まま数時間の対峙, まま数時間寒汐に漂うたら, まま数百歩駒をすすめ, まま整然として誰, まま敵がたの曲者, まま敷居近くにすわっ, まま敷布の中, まま敷石のあいだ, ままれて, まま文三は尚, まま文化十四年三月謫所で生涯, まま文化面でも出版業, まま文女のほう, まま文学的営みの各種各様, まま文庫本を見, まま文選工場へまわす, まま斑竹の笛, まま料理臺の上, まま斜面の景色, まま斬っ尖に天, まま斬り落されている, まま斬死なされました, まま断末魔の形相, まま断絶する家, ままうして, まま斯んなこと, まま斯様な際, まま新しいタバコに, まま新年までも閉じこもっ, まま新橋まで寝通し, まま新田先生をそこ, まま新鮮にする, まま斷片的のまま, まま方々釘付けにし, まま方丈へ引立て, まま方角をちがえ, まま方針をかえなけれ, まま施無畏寺, まま旅人はいかにも, まま旅侍は呟いた, まま旅先プリマスの宿, まま旅宿の戸口, まま旅支度も致さず参りし, まま旅行にカコ, まま旗本の中坊陽之助, まま既に快げ, まま日々江戸城内の外国方翻訳御用所, まま日の丸の扇, まま日光菩薩と同様, まま日吉はその, まま日向さんの所有, まま日向ぼっこをし, まま日射の可, まま日常のごとく, まま日影もあら, まま日暮れても帰り来ぬ, まま日本人に引渡す, まま日比谷の東門, まま日蔭では白骨, まま日蔭者にし, まま日附が記され, まま旦那様へは顔, ままの室, まま早い桃の, まま早朝清洲から野外, まま早老して, まま早苗さんの隣, まま早足の燕作, まま昂らせて置いたら, まま昂奮と感動, まま昌秋の顔, ままかに興奮, まま明いている, まま明かしたがその, まま明教館へ寄宿, まま明旦二人が別れ, まま明智光秀が一夜, まま明治政府を掌握, まま明石夫人のところ, まま昏睡して, まま昔時を追懐, まま映画をまるで, まま映画館の外, まま春吉三番町のお, まま春子さまがフランス, まま春月亭のお, まま春風に曝し, まま昨今の物, まま昭和十七年の一冊, まま昭和通で自動車, ままを公, まま昼夜ネクタイも取らず, まま昼夜草鞋を解かず, まま昼寝するです, まま昼飯時になっ, まま時どき窓の, まま時には, まま時代の波瀾, まま時期をすごせ, まま晩食の分, まま晩飯も与えられなかった, まま晴れやかな声, まま智弁をふるう, ままへかけ, まま暖かい蒲団に, まま暗やみの中, まま暗号器を廻しつづけ, まま暗号書を繰っ, まま暗黒にとざされ, まま暫らくそこに立っ, まま暫らくジッと佇ん, まま暫らく無言稍あッて, まま暫らく腕組みして, まま暫らアくジッ, まま暫時処断は猶予, まま暫時老人を見詰めた, まま暫時茫然と佇ん, まま暫時言葉も出なかった, まま暮すような, まま暮らすよりしかた, まま暴れ出すように, まま暴風雨のやむ, まま曇りのかかってる, まま曖昧に宙, まま曲っています, まま曲った足を, まま曲馬場を出, まま曳かれていった, まま更けて行った, まま更に一層萎靡した, まま書かれてあった, まま書かれる場合が, まま書き置いたが, まま書きつづけるとすれ, まま書き下したのも, まま書き記す次第であります, まま書店がつぶれ, まま書物を読ん, まま書見をしました, まま書道を教え, まま曹操の轡, まま曹軍は依然, まま最初から稀, まま最早悪魔が, まま最期の場所, まま最近あいついで, まま月給七十五円の事務員, まま合う草履, まま有りがちな, まま有利な配備, まま有合せの蒲団, まま有無をいわせず, ままかに澄み切った, まま朗らかに肯定, まま望楼の欄, まま朝倉先生のつぎ, まま朝夕に城外戦, まま朝子は暫く, まま朝日の射し込ん, まま朝湯につかっ, まま朝食も終らない, まま朝飯もそこそこ, まま朦朧たる精神, ままに静まる, まま朧げに巷, まま木の根にからん, まま木の根岩かどにしがみつい, まま木の葉の隙, まま木乃伊となる, まま木像のよう, まま木小屋があるし, まま木工場の扉, まま木彫の猫, まま木戸の外, まま木曽家へ帰ろう, まま木村と握手, まま木綿の兵児帯, まま未だに残って, まま未亡人の顔, まま未曾有の世界史的変化, まま末席の五, まま末座に膝, まま本堂の中, まま本塁に立っ, まま本所の家, まま本沢温泉へ下っ, まま本田をジロジロ, まま本署へ引っぱっ, まま本能的に柵, まま本船へ横, まま本艇へもどっ, まま本郷行の電車, まま本陣の玄関, まま朱乙温泉一泊と腹, まま朱実はいった, まま朽ちかかっている, まま朽ち果てるとも限るまい, ままは帰っ, まま村夫子の身, まま村役場の手, まま村瀬はカーテン, まま村費にて御, まま杜松のほう, まま杜松子のほう, まま来れと招く, まま来客に接する, ままの端, まま東両国へ急がせました, まま東京控訴院刑事第四部公開法廷, まま東沢の合流点近く, まま東海道行きは間もなく, まま東通へ出ます, ままとして今日, まま松子の方, まま松樹山の山腹, まま松江喬吉の話, まま松葉杖のテンポ, まま松風わたる白砂, ままのよう, まま板囲いもなく, まま板土間の机, まま板壁を背負っ, まま板屋の廂, まま板敷へどんと, まま板縁の地図, まま枕もとへ来, まま枕許に坐っ, まま林檎の花, まま林谷に嘯き, まま果して動けなくなる, ままの中, まま枯らしてしまう, まま枯れかかっていた, まま枯れた莖も, まま枯れたら枯れたまま荒れ, まま枯れ木のよう, まま枯柳の根がた, まま枯草の茎, まま染物小屋をとび出し, まま柔順に多恨, ままを飛び越え, ままの木の下, まま栄蔵が旅立っ, まま栖方の方, まま校長のあと, まま根気よく恐らく決して, まま格子につかまつ, まま桂子と身仕度, まま桃園の果て, ままへ出た, まま案内人の後, まま桐花家の京葉, ままは息, まま桔梗の横顔, まま桜飯へ混ぜ, まま桝田屋の床の間, まま桟敷の下, まま桟橋の上, ままの柄, ままのうえ, まま梅三爺の前, まま梅雪に飛びかかっ, ままのほう, ままの木の下, まま梯子をのぼった, まま置いて, まま棄ておく譯には, まま棒立に立った, まま棕櫚の葉蔭, まま棟木に首, まま森源の方, まま森閑と動かなくなった, ままの中, まま植えこみをぬっ, まま植木の並んだ, まま植込をぬけ, まま椎の木の方, まま検察当局の手, まま検査場へ行った, まま楊枝を使っ, まま楠平の甲だかい, ままく無表情, まま極まり悪げに彼, まま極楽浄土だ, ままに歩けます, まま楽屋落の様, まま榾火へ向っ, まま構えている, ままの枝, ままさぞお, まま様子を見, まま槙三はまた, ままの中, ままを伝っ, まま樋口三郎兵衛はややしばし, まま標本室の中, まま樟板の秘図, まま之助, まま権内は夜叉権, まま権田に分れ, まま横すべりに沈没, まま横丁の泥濘, まま横向に臥, まま横向きにうなじ, まま横坐りをし, まま横手に突き出し, まま横断歩道に出よう, まま横目で猫, まま横腹をおさえ, まま横臥し朝風, まま横路に飛び込んだ, まま横顔へ深く, ままの樹, ままの倒れ, ままの上, まま橄欖や無花果, ままを駆り, まま橋板のない, ままのまえ, まま機上の人, まま機嫌がよい, まま機械のよう, まま機械的な答え, まま檀那寺の世話, まま檜山は黙っ, まま檻車の中, まま櫛二枚を賽銭箱, まま櫺子へ顔, まま欄干からずり落ちる, まま欄杆伝ひに, ままの幹, ままをし, まま欠伸ひとつせず待って, まま次々に浮ん, ままして, まま欲するままに, まま歓喜の雲, まま歔欷くよう, まま止っていた, まま止まって了, まま止めて引っ返し, まま止めてない糸の, まま止るの外, まま止度なく涙, まま正さずに放っ, まま正一が頭, まま正午になっ, まま正午頃まで帰っ, まま正式のもち主, まま正成は考えこむ, まま正直にとるなら, まま正面六七段の石, まま此処にお, まま此寺へ訪ね, まま此村に御, まま此處に抄擧, まま武士に挨拶, まま武者たちは官兵衛, まま武者押しの火光, まま武蔵屋の庭, まま歩きかけたがさすが, まま歩きつづけていた, まま歩きまわる夢遊病者じゃ, まま歩き回り足先や, まま歩くことを, まま歩まんや, まま歩みつづけると忽ち, まま歩み続けどこに, まま歩み続けたが茲, まま歩るいて, まま歩廊を幾つ, まま歩道を踏みはずし踏みはずし歩い, まま歯かけでいよう, まま歳月を経た, まま歴史小説論などが爼上, まま歸つてしまつ, まま歸つてしまつてはいけない, まま歸つて來ても目, まま歸朝して, まま歸農する, まま死すも残り惜しき, まま死なしてはぼく, まま死なせたくないと惜しん, まま死なせるとあたしたち, まま死にそうな, まま死にかけて居る, まま死にたいなあお, まま死にましても, まま死にました実は其の, まま死にものぐるいで甲板, まま死に得たらどんなに私, まま死ぬであろうと言っ, まま死ぬでしょうって, まま死ねたらとそう, まま死んだら自分は, まま死体に眼, まま死刑を執行, まま死力を尽し, まま残さぬと共に又, まま残された女の, まま残されねばならぬ, まま残つて居たらしい本, まま残らず平らげたため, まま残りの団子汁, まま残るといった, まま残れるを見出しぬ, まま残忍の白眼, まま残念に思っ, まま残留したかとも, まま殘つたがあの, まま段々を馳, まま殺さないで置いたなら, まま殺して復讐, まま殿上に昇り, まま殿様へお, まま殿階へ躍り上がっ, まま母さんに用心, まま母まま子の御, まま母上には冷たい, まま母君のおん前, まま母子はペタ, まま母思いやりのない, まま母様御飯と遣っ, まま毎日毎日こうも, まま毎日毎日それからは余り口, まま比較しては, まま毘沙門様の扉, ままのシャツ, まま毛布一枚だけ持っ, まま毛抜きで顋, まま毫も動こうと, まま民衆にタタキ, まま民部の手, まま気まぐれに画, まま気まずい口を, まま気まりのわるい, まま気合もかけね, まま気味のわるい, まま気抜のした, まま気持よさそう, まま気持ちよさそうに, まま気死して, まま気狂ひに, まま気狂いみたいに馳, まま気軽にずっと, まま気違になる, まま水屋の口, まま水平に高く, まま水底に沈ん, まま水晶の念珠, まま水泡に帰, まま水菓子を食った, まま水道の殺菌劑, まま水面に突き立っ, まま氷りついた顔皮を, まま氷上に置かれ, まま氷原は切れ, まま氷袋をつけ, まま病いの, まま永き眠を, まま永世に浮かばぬ, まま永久正気に戻る, まま永住の地, まま求めて秀吉, まま汚れた手拭で, まま江南に放し, まま江口の遊女, まま江戸入りをしたら, まま江戸城の大奥, まま池田勝入の床几, まま汲んでさし, まま決し兼ねている, まま沈ませてしずか, まま沈思する, まま沈滞して, まま沈默を守っ, まま沙汰を待っ, まま没落して, まま沢山干して, まま河野さんの所, まま油絵の陰, まま治って呉れれ, まま治まりがつかなかった, まま沼田まで駕籠, まま泉水の鯉, まま泊まっていく, まま泊り翌日夜に, まま泊ることに, まま法外先生は無言, まま法廷を出た, まま法律の命ずる, まま法明院の裏門, まま法水は上体, まま法眼の前, まま波打ちぎわに置かれ, まま波濤のそこ, まま波紋はどこ, まま泣きだしそうな, まま泣き伏していた, まま泣き沈んでいた, まま泣き泣き歩いた, まま泣き濡れております, まま泣き笑いのよう, まま泣き絶え果ててもしまわず, まま泣く泣く坂を, まま泣声もたてない, まま泣寝入でさあ, まま泣寝入りに帰っ, まま泥んこの道端, まま泥舟に乘つたよう, まま注目飾りの間, まま泰然と己, まま泰軒は動かない, まま泳ぎつづけて行け, まま洋卓の上, まま洋服の上着, まま洋灯を傍, まま洋間に這入っ, まま洗つてないので, まま洗面台の前, まま洞外をどよもす, まま洞窟の天井, まま津田君の顔, まま活人形のよう, まま活人画の人形, まま活動小屋にはひつ, まま流されていた, まま流し元の框, まま流れ去ったのでさすが, まま流れ減っていく, まま流星のよう, まま流水のまま, まま流浪し出す日, まま浅井長政の方, まま浅瀬のしぶき, まま浅葱色に冴え, まま浮かぬ顔を, まま浮かんで行っ, まま浮き上って入り乱れ, まま浮んでいる, まま浮島が漂っ, まま浮浪者の小説, まま浮草のよう, まま浮言を云う, まま浴室からぱっと, まま浴用タオルで顔, まま海上に漂流, まま海中へ落ちた, まま海水の引い, まま海老のよう, まま海面へのめりこん, まま浸けてあった, まま浸っている, まま涅槃に入る, まま消えいりそうな, まま消えうせたときもう, まま消えない人間の, まま消えなくなったのである, まま消えやらぬ感激が, まま消え入ってしまえ, まま消え入りたそうに, まま消え入るような, まま消え去ってかすか, まま消え去り申すべく候, まま消そうとしてもいっかな, ままをながし, まま涙ぐんでいる, まま涙ぐんだ互いの, ままない階段, まま涸れた薔薇を, まま涼み櫓の半分, まま淋しい深い森の, ままかに澄ん, まま淑女の顔, まま淡白に自分たち, まま讐仇敵の, まま深い深いふるえたタメ息, まま深き思いに, まま深夜のお, まま深更まで御, まま深遠なる星, まま深雪を国, まま混つてゐたり, まま混乱して, まま添うていたら, まま清十郎の唇, まま清君を見向き, まま清水の言葉, まま清水寺の社参, まま清水沢の鼻, まま清純のまま, まままアし, まま済ましてこんな, まま済ませて置く, まま済むべきではない, まま済んでしまう, まま済生病院におくられ, まま渋々ながらも私, ままをざぶざぶ渉, まま渡されたのです, まま渡しねる時に, まま温まらないのは, まま温気を籠らせ, ままのあり, まま渾身の力, まま湖上にのがれ得る, まま湖底に横たわっ, まま湧きたつ胸を, まま湾流に沿, まま湿っぽく四折に, まま湿れて行く, まま満山の秋, まま満悦の裡, まま満枝は儚, まま満足げに肯い, まま満身の力, まま溌剌たる人々, まま源三郎はまず, まま源内はヒョッ, まま源氏太郎は胴, まま溜っていた, まま溝口屋の庭, まま溶けず霜で, まま溶解する, まま滅亡するの, まま滑り下りた, まま滑るように, まま滑走して, まま滝川の家臣, まま滝川殿のお, まま滞京して, まま滞留すれば, ままのよう, まま演らせて, まま演壇に現れた, まま演説でもし, まま漕ぎ出てしまった, まま漕ぎ戻してそこ, まま漠然としかも動かし, まま漫然とブック, まま漬物桶には漬物, まま漱石氏を見下し, まま漸次東洋的に, ままよい最期, まま潜ってみせる, まま臭い蒲団, まま潰れたので, まま潰走を止めた, まま潸々と泣い, まま潸然と泣き恥じ, まま潼関の敵, まま澄まして往来, まま澄みきった暗い空, まま澄明なフォルマリン液, まま激しくシューラを, まま激浪に弄ばれる, まま濃厚な, まま濡れかかりますがこの, まま瀕死の人, まま瀬戸引の金盥, まま灌木の間をぶらぶら, まま火中して, まま火事で焼死ん, まま火桶に片手, まま火燵に片, まま火葬場へつい, まま火薬にあわせる, まま灰燼にし, まま灰色の中, ままのそば, まま炉傍に糞, まま炉火を眺め, まま炉端に坐りこん, まま炉辺で足, ままや煙, まま炒ってあるでありません, ままの如き, まま炬燵にもぐり込ん, まま炭火のだんだん, まま点呼を受けた, まま為さん様を, まま烟草を飲ん, ままの下, まま無事退院の慶び, まま無二無三に逃げ廻った, まま無住の庵室, まま無作法な姿, まま無念の鬼, まま無惨にも地面, まま無意味に歩いた, まま無意識に口笛, まま無感覚であった, まま無抵抗になっ, まま無数の人々, まま無期延期にする, まま無様な恰好, まま無理やりに吾輩, まま無理押しに歩きだした, まま無理矢理に受けとっ, まま無碍に進ん, まま無礼を重ねた, まま無言沈默のあ, まま無謀にも七尺あまり, まま無責任に放置, まま無闇に身体, まま無電のオーハラ, まま無駄な数日, まま焦躁と嫌惡, ままりとも, まま然しホッと, まま焼いた豚は, まま焼かれつつある, まま焼けてしまう, まま焼けずにゐた, まま焼け死ぬも定まれる, まま焼死し街路, まま煎餅布団の枕元, まま煙突の穴, まま照り映えている, まま煩わしそうに, まま煩悶のうち, まま煮たててやる, ままの子, まま熊手の爪, まま熊本で学生生活, まま熊笹藪の中, まま熊野権現の前, まま熟れ柿みたいな, まま熟睡して, まま熟練な化学実験, まま熨斗を附け, まま熱い湯を, まま熱して見たら, まま熱っぽい額を, まま熱湯を縁, まま熱灰の上, まま熱病患者のよう, まま燃えてしまう, まま燃えつづけねばならない, まま燃えるような, まま燈台のほう, まま燈明の光, まま燈火から遠く, まま燕作はそれ, まま燭台の幾つ, まま燻ってい, まま燻る煙に, まま爆弾でも油脂焼夷弾, まま爆弾庫の中, まま爪先ばかり見る, まま父上が若しも, まま父娘が夕靄, ままを横町, まま爺さんは膝, まま片っぱしからそれ, まま片づけてなかったとみえ, まま片づけるのも, まま片寄ることが, まま片肌ぬぎの, まま片鱗人知れず音, まま版行された道中細見, まま牙彫りの彫物, まま牙歯のよう, まま牛丸はねむっ, まま牛乳と挽肉, まま牝牛のよう, まま牡蠣の貝, ままに忘れ, まま牢死しては, まま物の怪の参る, まま物別れになり, まま物外では知らぬ顔, まま物思いに沈ん, まま物欲しそうに黙っ, まま物置の隅, まま物語して, まま物足りなさに, まま物静かに何, まま犬殺しに引き渡し, まま犯しその報い, まま犯人だて, まま人がましき修業, まま狂いながら後, まま狂いたいまましかも, まま狂おしい沙門の, まま狂人の世界, まま狂喜して, まま狂暴に渚, まま狂気のよう, まま狡智の極致, まま独り歓び喜んで, まま独り沈思して, まま独り言のよう, まま独占の幸福, まま独楽のよう, まま狭い段梯子を, まま狭山さんの処, まま猛りたって叫んだ, まま猛火の中, まま猛烈な勢, まま猟師にかつがれ, まま猟銃で見事, まま猪口を手, ままの仔, まま猫背の老いた, まま猶しばらくは眼, まま猿ぐつわをはめられた, まま獄死しついに, まま獄門の前, まま獄門台に命, まま獲物の掛かる, まま玄也のため, まま玄能で天井, まま玄蕃を見上げ, まま玄關前に椅子, まま王さまは山, まま王女の着物, まま王子の前, まま玩具の汽車, まま珍しい馬車での, まま珍しく眞面目に, まま珠数のよう, まま現れている, まま現われては却って, まま現われなければならない, まま現代の作家, まま現場に駈付けた, ままをおっかけた, まま理論づけしようと, まま理論体系に居坐, ままなどを物憂, ままは茫然, まま環ぐるみそっくりこれ, まま瓦町は書, ままの側, まま甘えるように, まま甚だ窮屈な, まま甚内の姿, まま生きかえらないのです, まま生きさせるほかに, まま生きよう生きようとする, まま生き埋めに埋め, まま生き延びる工夫も, まま生き抜くことは, まま生き血に酔った, まま生き返らなかったらどうなる, まま生ぬるい涙を, まま生れたとき成長し, まま生欠伸をし, まま生気のない, まま生醤油へ一晩, まま産褥熱で死ぬ, ままを足す, まま用いられる手で, まま用人の玉垣三郎兵衛, まま用向を云っ, ままと進ん, まま田宮が土産, まま由三はしばらく, まま由己はそう, まま甲州への旅, まま甲斐守は坐っ, まま甲高くいいつづけた, まま上げて, まま男女を会わせぬ, まま男愛想が尽きるで, まま町人暮しもしよう, まま画室へ帰らう, まま画帳には手, まま留めもしない, まま留南奇を燻, まま留置されて, ままを越え, まま畢波羅樹下に坐っ, ままへ上っ, ままをし, まま番号礼もあった, まま番小舎へ這, まま樣な, まま異土に死ん, まま異様の惑乱, まま異郷にとどまる, まま畳まれるような, まま畳み込んだ看板兀げちょろの, ままの上, まま疑っていない, まま疑わずに聴き取る, まま疲れといっしょ, まま疳癪まぎれに, まま疾走した, まま疾風のやう, まま病気になっ, まま痙攣して, まま痙攣的に激しく, まま痛みの鎮まる, まま痩せて骨, まま痺びらされたまま, ままのない, まま発作的に行動, まま発掘されたもの, まま発狂して, まま発育の方向, まま発見された, まま発車したら, まま発達した文明, まま登志子は松原, まま登美を見, まま白コウモリのよう, まま白刃にもの, まま白壁に寂しく, まま白山羊と黒驢馬, まま白木の寝棺, まま白法師の後, まま白焼にし, まま白百合の香, まま白眼の運動, まま白蓮女史は旅館, まま白骨になっとった, まま白骨島の砂上, まま百合のぷんぷん, まま百姓女の髪の毛, まま百石を取らせる, まま百米ほど歩いた, まま百米突ほど落ち, まま百舌の贄, まま百間ばかり奔, まま皇帝に会い, まま皮肉な眼, まま盆槍汚ない, まま益々寄りそって, まま盗んでいざ, まま盗ッ人のよう, まま盛り土の上, まま盛んに帝国ホテル, ままきる所, まま監獄から忍び, まま監督の前, まま監禁されて, まま監視人たちの指図, ままを櫓, まま盤上を見つめ, まま盧将軍と相, まま目まいでもするらしい, まま目下自分と津田, まま目前の一寸, まま目明の良助, まま目立たないように, まま目立っていた, まま盲滅法武蔵野の暗, まま盲目滅法に野山, まま盲目的に彼方, まま直してもない, まま直家と一緒, まま直接噛み破る酸味, まま直次の写真, まま直立させ背骨, まま直立不動の姿勢, まま相似通って, まま相談でももちかける, ままを抱い, まま省吾叔父は亡くなった, ままも動かさぬ, まま眉ひとつ動かさず聴いて, まま眉根を寄せ, まま眉毛一つ動かそうとは, まま眉間にたて皺, まま看護婦が廊下, まま眞蒼に炎上, まま真っ直に, まま真っすぐに東京, まま真っ赤になっ, まま真ん中から二つ, まま真中に手枕, まま真名古はその, まま真直こっちへ歩い, まま真直二階へあがろう, まま真知子が, まま真紅の花, まま真菰の上, まま真逆様に白い, まま真黒い鉄像の, まま眠られそうも, まま眠りかけた弟を, まま眠りかねる夜も, まま眠りこけていた, まま眠りつづけてゐた, まま眠り居る処へ, まま眠り続け五十日に, まま眠り込んで凍死, まま眠るでもなく, まま眠ればお, まま眠れぬぞえ, まま眩い彼女の, まま眩しいような, ままを離, まま眺むるに隣室, まま眺めたので部屋, まま眺めるともなく, まま眼ざめるときがなければよいと思いましてよ, まま眼下の日本一, まま眼前に垂, まま眼球がとび出した, まま眼鏡の奥, まま眼鏡越に爪先, まま着のみ着のままで故郷, まま着られになったら, まま着流しに草履, まま着物を着, まま睡魔に冒され, まま睦び戯れた長い長い, まま睨み付けるように, ままの長い, まま睫毛の長い, まま睫毛一つ動かさない, まま瞑想にふけっ, まま瞬一つせず身動き一つ, まま瞬間花田は佇立, ままを一パイ, ままを収める, まま矢張り我々は歴史, まま矢弾をポンポン, まま矢面をくぐっ, まま知っている, まま知らしてほしい, まま知らない顔を, まま知らぬかおで, まま知らん振りで相, まま短銃をまた, まま石井戸の側, まま石垣を登っ, まま石川の着, まま石油缶の桶一杯, まま石炭殻の上, まま石見に口上, まま砂だらけの椽側, まま砂場で遊ん, まま砂浜にあがる, まま砂煙をあげ, まま砂糖をかけ, まま研かれ出づる秋の, まま研究を続け得ず, まま砕けて取れよう, まま砲撃すれば, まま破いてし, まま破れた暖簾に, まま破れ笠と杖, まま破風から飛出し, まま破風屋根越しに薄, まま硝子に映っ, まま硝子天井のどの, まま硝子戸のそ, まま硯箱の傍, まま碁石などを弄び, まま碁笥をとった, まま碌々と顎, まま碧血の中, まま確かに標本室, まま確実に罷業, まま碾臼で挽い, まま磯五に注意, まま磯崎恭介の葬式, ままのよう, まま神妙に聴き入っ, まま神様の前, まま神社の森, まま神童を見守っ, まま神経は飛出した, まま神経的でひびきの, まま神經質なこはい, まま神酒を執っ, ままの方, まま福太郎を促し, まま禿上った前額部, まま私一人では, まま私服は探る, まま私生活も政治上, まま私達の口, まま秋子の枕頭, まま秋川家に何事, ままやかに, まま秩父へ来し, まま程なくふたたび夕闇に, まま稍暫らくの間, まま種々のこと, まま種子の世話, ままを積む, まま積み重ねて捨て, まま積み重ねられていた, まま積んであった, まま積雪の中, まま穏やかに顔, ままない馬力, まま穢れたピストルを, まま穴倉のよう, まま穴埋めに出, まま空いている, まま空二は小さな, まま空屋となっ, まま空廻いしつつある, まま空手で帰す, まま空気に触れる, まま空洞な眼, まま空襲に会, まま突き出してしまえ, まま突き刺さったような, まま突き留めようと力め, まま突出すがええ, まま突刺さっていた, まま突当ったように, まま突立つてゐた, ままに座敷, まま窓ぎわのすみ, まま窓ガラスにまっすぐ, まま窓下の机, まま窓板から降り, まま窓辺の台, ままの傍, まま立たせていつ, まま立たれたら自分変に, まま立ちあがってじいさん, まま立ちあがったものが, まま立ちあがつて生徒, まま立ちさってしまいました, まま立ちつくしていた, まま立ちどまったところへ, まま立ちはだかってじっと, まま立ちまじっている, まま立ち上ったのである, まま立ち上りながら, まま立ち上りますとソロソロ, まま立ち上ると一二歩, まま立ち並んでいた, まま立ち別れるのも, まま立ち去ってゆく, まま立ち去ったが七時頃, まま立ち去り度いと, まま立ち去り掛けて居る, まま立ち去ろうともしませんでした, まま立ち寄りもせず, まま立ち枯れて人, まま立ち続けるような, まま立ってる近代式の, まま立て膝を, まま立て掛けてありました, まま立去ろうと考え, まま立往生をした, まま立木のよう, まま立枯の姿, まま立消えになった, まま立膝になっ, まま立辣んだ, まま立退きを命じられた, まま之助, まま竜一の顔, まま竜太郎の枕もと, まま章魚のよう, ままのよう, まま端然と碁盤に, まま竹童は地べた, まま竹藪や小川, ままはう, まま笑いかけていた, まま笑おうとしなかった, まま笑顔ひとつしないで, まま笹村の傍, まま等しくお延, ままがまだ, まま筑波屋へ帰っ, まま筒型の望遠鏡, まま筒袖の浴衣一枚, ままへた, ままがこい, ままやはたき, まま算出されて, まま箪笥の前, まま箱詰にし, ままへ向っ, まま篝火を眺め, まま簀子の上, まま簀巻きにされ, まま籐椅子のうえ, まま籠手脛当の紐, ままの上, ままにしない, まま粘土の急坂, ままとし, まま粛然として帯, ままをすすっ, ままいッぱい, まま精神的にも肉体的, ままの強い, ままの上, ままづけに, まま糸魚川の町並木, まま紀久ちゃんのもの, ままの濃い, まま紅玉の姿, まま紅色の扇, まま紅霓を吹い, まま紋太夫の様子, まま紋太郎は尚, まま納めた方が, まま納めることに, まま納得し兼ねたと, ままが荒神柱, まま紋様の, まま純真な少年, まま紙ばさみの間, まま紙取りの写真, まま紛争の表面化, ままっ飛んで, まま素っ気ない調子, まま素ッ飛んだ, まま素姓の知れない, まま素朴で嫌味, まま素焼の瀬戸物みたい, まま素袷のくたびれた, まま素足で眉根, まま紫玉は御幣, まま細川家に縁, まま細帯も締めない, まま細目を襖, まま細紐もむすばず, まま紹介しようと, ままの法被, まま紺足袋を脱い, まま紺飛白の前垂れ, まま終いには毒, まま終に再び其姿を, まま終るので, まま終始黙々として, まま終戦を迎えた, ままの音, まま組合せた手を, まま経って行った, まま経営をつづける, まま経机を前, まま結婚をつづけ, まま結局ソフォクレェスの悲劇, まま絵筆にいそしむ, まま絶えて知る, まま絶えざる封建性との, まま絽蚊帳の裾, まま続いたらまた例, まま続けられている, まま続けるという話, まま維持するため, ままを上っ, まま綴じたそういう名, ままり眼許, まま緋縮緬の女, まま退軍, ままの杉, まま緑金色にきらめかせた, ままの切れた, まま線路に飛び込み, まま編物をし, まま編笠をゆすっ, まま編輯長に会わず, まま緩く二ツばかり, まま緩やかに方向, まま縁側唐櫃の側, まま縁板についた, まま縋りつくような, まま縛られて下さい, まま縛り付けられて足, まま縛ることは, まま縦令露西亜の, まま縦横に刃, まま縫い上げてまた, まま縮もうという織田家, まま繁昌して, まま繕われていない, まま繰り返して耳, まま繰返されみぬまとしての, まま繼續すべしといふ, まま罫紙を畳, まま捨てられて, まま置いたらどうだ, まま置きっ放しに, まま置きつぱなしにしておいた熬し, まま置き去りにし, まま置き忘れて行った, まま置き忘れられている, まま置物のよう, まま美枝子の腕, まま美点も欠点, まま美衣美食に肥えた, まま羨望に満ちた, まま義兄の言葉, まま義昭が与えられた, まま義観を睨みつけ, まま義貞を追, ままぶるいする鳥, まま羽ばたきもせず, まま羽二重と友染, まま羽搏いて, まま羽根枕を両手, ままと応待, まま翌日となりました, まま老い朽ちて, まま老いこむのは, まま老母の顔, まま老眼鏡をかけた, ままに耽っ, まま考えることさえ, まま考え続けていた, まま考え込むという, まま耕作されて, まま耳朶の充血, まま耳許で, まま耳門のほう, まま聖書を開い, まま聞えてくる, まま聞えるものである, まま聞かして貰いたい, まま聞きながら心, まま聞き入る相手に, まま聞き惚れている, まま聞き終って障子, まま聞き耳を立て, まま聞けばあの, まま聞こえなくなったらその時, まま聞こえるがまま, まま聯隊目懸けて, まましのばせて, まま職人にこう, まま職業として世の中, ままの意志, まま肉感的な悪意, まま肉挽器械で挽い, まま肉色の洞穴, ままを張っ, まま股引ようのもの, まま肩口柘榴なりに割れ, まま肩掛けを受け取った, まま肩杖をついた, まま肩衣だけ取つ, まま肩越しにふりかえっ, まま肯いて私たち, まま育ちそれに, まま肺結核の為, まま胆吹へ引上げ, まま背のびをした, まま背向になっ, まま背嚢に押し込もう, まま背後向きに転がった, まま背戸山へ出, まま背負い上げてやった, まま背負っている, まま胡麻の油, ままを放れ, まま胴の間の片すみ, まま胴体や手足, まま胴震いを続ける, まま胸中にひびきはじめた, まま胸元へサッと, ままく眠っ, まま能八の復命, まま脆くも板囲い, まま脇卓の上, まま脇差で喉, まま脇目もふらず, ままも失せ, まま脊骨をのばした, ままをかん, まま脱いだ着物を, まま脱衣場の畳, まま脳溢血かなに, まま脳貧血を起し, まま脳髄の中, まま脹れ面を, まま木の, まま腐つた嘴も, まま腐らしてしまう, まま腐れかけていた, ままぬけの, まま腕拱みして, まま腕組をし, まま腹いっぱい食わせられて, まま腹中で発音, まま腹話術師に芸, まま腹部を椅子, まま膝小僧をおさえ, まま膠着状態にあった, まま臆面もなく, ままのない, まま臣子の道, まま臥しながらもなお, まま臨んでもかえって, まま働車の, まま自ら嘲るよう, まま自信に満ちた, まま自分勝手にされた, まま自分自らにささやく, まま自分達の尻, まま自動的な礼, まま自嘲的にいう, まま自堕落になっ, まま自宅で捕縛, まま自滅するの, まま自由になっ, まま自由自在に延び, まま自覚されて, まま自身筆を執っ, まま自重策をとる, まま舞い続けたという, まま舞台裏から飛出し, まま舞臺を見, まま舟ばたの, まま般若がやがて, まま舵輪を握っ, ままへもっ, まま舷側にだらり, まま船べりに立った, まま船中に閉じ籠る, まま船内にむかっ, まま船前を見つめし, まま船員の濃い, まま船客たちは自動車, まま船縁から乗り出した, まま艦橋にまで躍りあがっ, まま良一を導い, まま良人のそば, まま良助が左, まま良心の呵責, まま色づくがまま, まま色眼鏡をかけない, まま芋畑の方, ままをむしり取っ, まま芭蕉の葉, まま芭蕉扇を使っ, ままに花, まま花々しい田川家の, まま花ふぶきのよう, まま花園の中, まま花弁は散落します, まま花活けを膝, まま芳子さんのお, まま芸者は門口, まま芸者遊びに行く, まま芽生えはじめた女としての, まま苔だらけの岩, まま侍どもに, まま若し何処か, まま若木を栽培, ままもなく, まま苦々しい顔に, まま苦しんでいる, まま苦り切った顔で, まま苦力の姿, まま苦笑をうかべ, まま英語のいろんな, まま茂らしたら面白いだろう, まま茂り幹, まま茣蓙の上, まま茫々としていかにも, まま茶呑茶碗へ二三杯, まま茶屋の囲炉裏ば, まま草ぼうきで落ち葉, まま草むらに埋もれ, まま草叢の上, まま草屋に朽ち終る, まま草履を眺め, まま草鞋を脱がなかった, まま荏苒時を, まま荒い息を, まま荒れるにまかされ, まま荒れ狂う雨と, まま荒天の海, まま荒縄で縛り上げられました, まま荘重にこれ, まま荷役をほったらかし, まま荷物を荷馬車, まま莞爾やかに, まま莫大の黄金, まま菊之丞の不随, まま菊池と雑談, まま萎び潰れてい, まま萎れんとする, まま萎縮の一路, まま萩枝は地上, まま落して見る, まま落ちついてもっと, まま落ちつく先の, まま落ちないからかき, まま落ちなかったほど物凄い, まま落ちまいとしてしっかり, まま落ち込んで浮きつ沈みつ流れ, まま落下傘で下り, まま落付き仕合わせ致しました, まま落盤に蓋, まま落着いて, まま之助, まま葉子ともに三人, まま葉巻を銜え, ままの中, ままその兜, まま葛籠笠を片手, まま葛粉の中, まま葡萄酒をのみ, まま葬られるのを, まま葬り去られようとしてゐる, まま葬り去られるかと思はれた, まま葬式に参加, ままのなか, ままのほう, まま蒋介石も中共, まま古の, まま蒸してそれ, まま蒸すような, まま蒸気を出し放し, まま蒸発して, まま蒸被を押し開け, まま黒い水穴, まま蒼い顔を, まま蒼ざめた者すらある, まま蒼ざめている厳与に, まま蒼白くなって, まま蓄音機のターン, まま蓬生と蜘蛛, ままの如く池, まま蓮葉に出ました, まま蕁麻を食ってる, まま蕭条たる中, まま薄い捲毛, まま薄く切って, まま薄化粧もそこそこ, まま薄気味のわるい, まま薄汚い婆さんが, まま薄目をあけ, まま薔薇の花, まま薔薇色の女, まま薬局の壁, まま薬鑵に湯, まま藤原威夫に何, まま藤尾を見下した, まま藤枝と警部, まま藤蔓と擦れ, まま藩主斉清公の前, まま藩主綱宗の側近, ままへ帰され, ままえらなん, まま蘇州からで, まま蘭丸はかなり, まま蘭袋に礼, ままのよう, まま虎之助は禿久, まま虚ろな眼, まま虚無の境地, ままの花輪, ままにさされ, まま蛇退治を見物, まま蛾次郎のいる, ままへ進まん, まま蜀軍の中, まま蜂谷良作は両方, ままを含めた, まま蜥蝪はきっと, まま蝋人形のよう, まま蝙蝠を宅, ままを盛り上げた, まま蝸牛はつまった, まま蟇口だけもっ, まま蟠っていた, ままでも追う, ままめく真紀子, まま血なまぐさい霧社公学校を, まま血の気を失った, まま血の池の中, まま血染の匕首, まま血相を変え, まま血砂にまみれ, まま行かうぢや, まま行かずにいれ, まま行かれちゃ俺, まま行かれないので, まま行きすぎようと致しました, まま行きずりながらもフシギ, まま行き当りバッタリに筋, まま行けるだけ行っ, まま行こうとする, まま行ったと思う, まま行ったならばこの, まま行ったらフランスから, まま行っちまうのさ, まま行っちまったんで, まま行っちゃって御馳走, まま行倒おれにならっし, まま行灯の前, まま行衞不明だつた, まま行路病者として洲本市役所, まま衣嚢に入れ, まま衣紋をつくろっ, まま表具も與, まま表口寄りの隣室, まま表情もなく, まま表替えをしろ, まま表玄関わきの美人ゴルシュキナ, まま表現できる人間, まま表通まで駆け出す, まま表面の彼, まま表面しずかに風, まま衰弱して, まま袁術につい, ままのよう, ままの中, まま袖ぐちに重ねた, まま袖門の中, まま被衣をかけ, まま裁断してないもの, まま裁縫をし, まま裁縫袋のわき, まま裏御門から女王, まま裏木戸の方, まま裏漉しにし, まま裏返しにすれ, まま裏門から外, まま裏階段から駈け上っ, まま製糸工場の寄宿舎, まま褄さきや裾ぐけ, ままに対, ままを乱し, まま襟巻とコート, ままに手, まま西の方, まま西国四国までを睨まえ, まま西村家裏手の厩, まま西洋皿へ盛っ, まま西瓜をならべた, ままあれば, まま覇道を行おう, まま見あげていた, まま見えずとて底, まま見えた園亭に, まま見かけますが会津出来の, まま見かけられたりする, まま見すててもおけず, まま見せるその朝, まま見つかってつかまえられる, まま見とれていた, まま見のがしておく, まま見のがすわけには, まま見のがそうとはしなかった, まま見はっている, まま見まわしてみ, まま見まわすとほか, まま見ゆるがまま聞こえる, まま見ようと欲, まま見る見るうちに, まま見上げるのです, まま見上げ見下ろしただけで消化, まま見下ろして訊ねた, まま見下ろしたが窓, まま見交すことが, まま見合いに行こう, まま見捨てられた防寨だった, まま見捨てるには忍び, まま見様見真似に, まま見渡す水神の, まま見物人の中央, まま見知り越の, まま見聞ばかりをかき集め, まま見送つて來た, まま見送つてくれた, まま見送りに立とう, まま見逃がしてくれ, まま見逃すことは, まま見通しの六畳一間, まま見過ごし置くことならぬ, まま見過しては治安, まま見過すという法, まま見附からない, まま見降ろしている, まま見霞むばかりの大, まま見馴れなそう, まま覗きこんで今, まま覗き加減に声, まま覚めなければ夢, まま覚平はらっぱ, まま覚醒しまず, ままなんていう, まま親切な娘, まま親船の沈む, ままている, まま観察した者, まま観念の眼, まま角型の煙草入れ, まま角燈を提げ, まま解いている, まま解けもしない, まま解らずに消えた, まま解剖して, まま解剖台の上, まま解剖室にたおれ, まま解決されて, まま解脱しようでは, まま触れるものの, まま触れんばかりに街, まま言いながら圓遊, まま言いかわしていた, まま言いようのない, まま言い訳した, まま言わして下さい, まま言わばちぢこまったよう, まま言問橋の方, まま言葉一つ交さないで, まま記載して, ままった様, まま訪れはしたであろう, まま訳読を進める, まま詔書を発せられた, まま試みに, まま詩人の手, まま詫びるとは礼儀, まま話したがそれきり, まま話したいものだ, まま話し出すとその, まま話し手といっしょ, まま詳しく話して, まま誇らしげな恍惚, まま認めてやった, まま語りつづけていた, まま語ることは, まま語気をかえ, まま誤りはあやまり, まま説教因縁除睡鈔, まま読まれるしかなかっ, まま読み始めたら却って目, まま読み通せる場合が, まま読む方に, まま読書をつづけた, まま読者は作家, まま誰一人口を利く, まま誰一人身動きするもの, まま課税はずいぶん, まま調査部を出, まま調練し給え, まま談話をした, まま談論に耽っ, まま論敵の前, まま論語を読ん, まま諦めるにし, まま諦らめるわけ, まま仆れ, まま諸君の前, まま謙遜に鶴, まま講武所から聖堂, ままへば二三年, まま謡い出し山伏舞を, まま謹んで浄書, まま謹んで私の, まま譜面を眺めつづけ, まま警官達には目, まま警察にかけつけ, まま警察医の方, まま警戒の姿勢, まま警衛に来, まま警視庁へといそぐ, まま護摩堂の中, まま讀んでゐる, まま谷底へ降り, ままも作らず, まま豊田には帰れない, ままを持っ, まま貝合せの貝, まま負けてしまっ, まま負け惜みの眼ばかり光らせます, ままを抱え, まま財嚢の銭, まま財布を失った, まま貧しい母親の, まま貧弱な十燭, まま貴女に長く, まま貴族の家, まま貴様なにぶん頼む, まま貴殿へお, まま買い薬を命, まま買う気に, まま買ったんだ, まま買わなければいけません, まま買物をし, まま貸したものの田舎者, まま貸し付けられると仮定, まま貼りつけてある, まま賃借せられる, まま賃貸せられないで, まま賑やかな四下, まま賢造の代り, まま質問した, まま質子としてさしあげ, まま質素な服装, まま贅沢は身, まま贖罪の期, まま赤くなり又, まま赤ん坊を夫人, まま赤出しに入れ, まま赤坂山王台なるアパート有明荘, まま赤橋守時はあと, まま赧らみの加わった眼もと, まま走りだしそうに, まま走りだしたのです, まま走り度い精神, まま走り抜けようとした, まま走り込まないで, まま赴かせようかと考え, まま起きあがってソッ, まま起きあがらないのを, まま起きあがることも, まま起きあがろうともしない, まま起きてるのか, まま起きることも, まま起き上がろうとしました, まま起き上らうとしてゐる, まま起き上る力も, まま起き上ろうとして慄, まま起き直ろうとはしなかった, まま起て橇に, まま起とうともしなかった, まま起るもので, まま起伏もない, まま起出でず何, まま起訴された, まま自然的に, まま越えて十月六日, まま越後へ帰る, まま趙雲はそこ, まま趣旨はよく, まま足元ばかり眺め, まま足先で女, まま足場の悪い, まま足止めされて, まま足腰のきかなかった, まま足袋をはかせ, まま足袋跣足になっ, まま足許の窓越し, まま足音の方, ままからついて行った, まま跨いで渡つて, まま跫音高く階段, ままを歩いた, まま路ばたの, まま路地口に立っ, まま路面へグウッ, ままり込み頭, まま跳ね上る鯉, まま跳びあがった極度に, まま跳びついて孔明, まま跳び上がって, まま跳び降りて抜い, まま跳躍にかかろう, ままになる, まま踊って行った, まま踊つてをる, まま踊り子や花束, まま踏みとまつ, まま踏みとどまっている, まま踏み止まっていたら, まま踏み止まりのない, まま踏台に立ち止った, まま踏襲した, まま踏込むのであった, まま蹂躪させるよう, ままりと, まま蹌踉けなりに投出された, まま蹲んでいた, まま蹴ちらし手も, ままのよう, まま躍り上らむばかりに喚めき続けた, まま躍り上がりながら顔, まま躍り出している, まま身体中をグルグル, まま身体中真黒な鉄, まま身動き一つせずたまに, まま身売りをする, まま身投げをし, まま身柄だけ一時, まま身體をクルリ, まま車上の客, まま車内の人, まま車房から飛び出し, まま車掌の機械的, まま車輪を見, ままの次第, まま軍夫を三十人, まま軍幕を払っ, まま軍服に縫いつけ, まま軒端に七草, ままっていた, まま転々と続い, まま転がされ下女の, まま転げ廻る者呪詛いの, まま転び寝して, まま転んで怪我, まま転寝をし, まま転載すること, まま軽井沢へ行った, まま載せておく, まま載せた手紙が, まま載せられる事を, まま載っている, ままやく劒銃, まま輝きながら明滅, まま輝く眼で, まま輪切りにし, まま轢かれてしまいたい, まま辛うじてかがんだ猫背, まま辛抱づよくようすをみてただよだが心臓, ままもない, ままの刻, まま農婦にいった, まま辻俥などに乗っ, まま辻駕籠に打ち乗っ, まま込み上げて来る, まま迎えもせず, まま近い方の, まま近付いて来た, まま近寄る賊船を, まま近所の百姓, まま近所近辺から, まま近日御伺いいたします, まま近頃稽古し始めた, まま返されず別に小石川見附内, まま返って来ない, まま返り見るとランプ, まま述べて見よう, まま述懐して, まま迷っている, まま迷亭を見, まま迷宮の中, まま追いすがるように, まま追いついた敵勢の, まま追い出したことさえ, まま追おうともせず, まま追っ放すわけにゃ, まま追われている, まま追払われる事が, まま追究心にかられた, まま追跡をつづけます, まま退がって行った, まま退こうともせず, まま退去の憂, まま退屈そうに後ろ, まま退散いたす, まま退職手当を貰い, まま退院して, まま逃がれ出ずる路を失った, まま逃げだしたい衝動に, まま逃げられちゃいましてね, まま逃げりゃあお尋ね者, まま逃げんとす, まま逃げ出した奴が, まま逃げ出すべきところでは, まま逃げ去ったものとも, まま逃げ腰が立ち得ません, まま逃げ腰乍ら一刀の鯉口, まま逃げ走ろうとした, まま逃れようと決心, まま逃出しもしない, まままく狂瀾, まま逆らわずに寝, まま逆流し始めた, まま逆行して, まま透かさずお角, ままを踏み迷う, まま這い上が, まま這い上って仰向け, まま這って退却, まま這入って来る, まま這入ることが, まま這入れるような, まま通いの妻戸, まま通りぬけて, まま通りかかると足, まま通り抜けるのだつた, まま通り越してしまった, まま通り過ぎようとした, まま通俗小説は来なくなっ, まま通学の出来る, まま通訳に質問, まま通過され異質, まま逝かずなおかつ最後, まま逝くなれば島津, まま逝った人の, まま造りかかりの棺桶, まま逢初橋の夜店, まま連れ戻ろうとす, まま連れ込んだ家が, まま進み出ただけで, まま進んだので, まま進んだら僕は, まま進上致す受取, まま進行し出した, まま進退谷まるという, まま逸見重雄秋笹正之輔袴田里見木島隆明西沢隆二の公判, まま逸走の姿勢, ままれること, まま遁れんとする, まま遂いに危篤, まま遊ぶべしと定まれ, まま遊んでゐ, まま遊女の如く, まま遊学した, まま運ばす針を, まま運ばれたにちがい, まま運動を始めた, まま運動会の前夜, まま運動場に置い, まま運命に従ってあの, まま運搬するし, まま運転するん, ままぐる三年の, まま過したいと思っ, まま過しましたので, まま道具屋を帰そう, まま道場の床, まま道庵を上方, まま道江から馬田, まま道行ぶりで踊り出しました, ままに山野林泉, まま灯りに, まま遠ざかり行く馬車を, まま遠乗りに行っ, まま遠島申附かった訳, まま遠心的な眼, まま遠慮勝に門内, ままつて生の, まま遣り場のない, ままな青空, まま遮る敵へ, まま選ぶことが, まま遺骨を網棚, まま還すわけには, まま還って来ず, まま那処よりか知らず, まま邪宗とまじわり, まま邪軍となり, まま邸内の兵, まま郁太郎に乳, まま郊外のさわやか, まま郡司が雪, まま部下の御家人, まま部落を抜け出し, まま郭内へ逃げこみ, ままへ逃げ, ままを立ち去る, まま都市として持つ, まま鄭寧に会釈, まま鄭重なお辞儀, ままをしよう, まま配電板の方, まま酒店に置き, まま酒棚の前, まま酒気にまかせ, まま酒盞や祝瓮, まま酔いつぶれていた, まま酔い死なんとさえ, ままと醤油, まま酷い目に, ままさを, まま醸造所にしよう, まま釈尊降誕の一面, まま里好がいう, まま重ねて持ち, まま重ね打ちに斬り下げた, まま重役方に手蔓, まま重畳する丘, まま重蔵の足許, まま野槍を小脇, まま野育ちにし, まま野辺山へ, まま金七百円で譲ろう, まま金儲けをはかった, まま金剛兵衛の鯉口, まま金吾も色, まま金庫の鉄扉, まま金木へ泊っ, まま金網へすり, まま金輪際はなそう, まま金鏈が縫い込まれ, ままづけに, まま釘勘と伊兵衛, ままに水, ままを取り上げ, まま針助の家, まま針差の紅, まま針路を誤り, ままを邪げ, まま鉄扇でしたたか, まま鉄橋はなかっ, まま鉄水母が沈ん, まま鉄骨がむき出し, ままのよう, ままを掴み上げ, まま鉢金の兜, まま鉱業も停止, ままにつきつけ, まま銀座裏の暗い, まま銀座通へ出た, まま銀盤に供え, まま銀笛を吹い, まま銭瓶の穴, ままを動かし, まま鋪石のないひろい, まま鋪道の上, ままで切断, まま錆びを落した, まま錆びついていた, ままの小, まま錯覺的な文教事務所, ままって来た, ままを離した, まま鎌倉へ逃げ帰れよう, ままにでも繋がれた, ままと向い合っ, ままを圧, ままのなくなった, まま長々と腹這い, まま長い長い年月を, まま長らえて落ちのびられよう, まま長イスに寝そべっ, まま長坂長閑の陣地内, まま長大息した, まま長羅の額, まま長老の顔, まま長考一番やおら御, まま長者の館, まま長谷川はやっ, まま長陣の苦戦, まま長駆して, まま門内を覗き, まま門前を過ぎ, まま門口に突立, ままて切る, まま閉された戸を, まま閉ざされている, まま閉じこめて置く, まま閉じこもって小沢, まま閉めむともせでまた, まま開かないし出口, まま開かれない扉に, まま開けてはならぬ, まま開こうとも思わなかった, まま開口器を噛み砕く, まま開戸の中, まま間もなくその影, まま間米山の中腹, ままから入っ, まま閾ぎわに突っ, まま闃然として怪しき, まま闇夜のうち, まま闇太郎の野郎, まま闇黒の成層圏, まま闖入し手当り次第, ままへと云, まま防寨が攻撃, まま防戦しても, まま防火用の水溜り, まま防腐剤を施した, まま巌は, まま阿古十郎の前, まま阿波守の白い, まま阿波屋の使い, まま降りかけてスリッパ, まま降りようともせず, まま降り続こうもんなら, ままは言葉, まま陣中へ行かれ, まま陣十郎は憎, まま陥没地に落ちた, まま陥穽の口, まま陰気臭くずっと店, まま陸続と議場, まま陸軍中佐に任, まま険しい顔の, まま陽子の体, まま陽炎の中, まま階子段の上, まま階級的移行をした, ままいて, ままも与えず, まま隠しておこう, まま隠君子ならぬ身, ままの家, まま隣室との堺, まま隣席の人, まま隣組一軒一軒へ声, まま集まるか否, まま集る視線に, まま雌浪を柔, まま雑兵が仆, まま雑嚢や新しい, まま雑夫の穴, まま雑巾か何, まま雑書の上, まま雑木雑草に委, まま雑談的に感想, まま雑貨屋だの床屋, まま雛妓もわたくし, まま雛菓子のよう, まま離さじと一そう身, まま離さないので, まま離したくもない, まま離せるもので, まま離れず口も, まま離れなくなってしまった, まま離れることが, まま離座敷に引, まま雨だれのよう, まま雨戸に乗せ, まま雨露に曝され, ままにうたれた, まま電撃を食らった, まま電文の和訳, まま電気仕掛でスーッ, まま電灯の灯, まま電燈丈けが一斉にパチパチ, まま電話の前, まま電車通りを横切っ, まま震えた声で, まま震える声に, まま霎時そこに立, まま霞んでいます, ままのよう, まま霧粒を眺め, ままの中, まま霰弾にたおれた, ままがしっとり, まま露呈するところ, まま露子さんにていねい, まま露路や通り, まま青々と垂れ, まま青ざめた顔を, まま青山の姪, まま青木の跡, まま青柳又八郎の面前九尺, まま青眼先生の顔, まま青芝の上, まま青草の中, まま静まってそれ, まま静まりかえっていました, まま静止し又は, まま静脈に刺し, まま非難するよう, まま面会を得ずし, まま面倒臭そうに, まま面目分明ならねど, ままを払っ, まま鞠躬如として伺候, ままを裾野, まま韓遂のそば, まま音信不通女の子ではあり, まま音楽と花, まま音羽の裏通り, まま頂上に遺つ, ままへ崩れた, まま項垂れがちに, まま順々に計, まま順序なくお話, まま順風を一ぱい帆, まま須永の顔, まま須田房吉で通っ, まま預けておい, まま頑としていうこと, まま頑強に応えぬ, ままには答える, まま頬杖を突い, まま頭蓋骨をわき, まま頭部をめちゃめちゃ, まま頷きもしなかった, まま頸筋を垂れ, まま頼むよ, まま頼朝は一筆, まま頼母の顔, ままも置かず, まま額縁の中, まま顔色蒼白となっ, まま顔面にも身体, まま顛覆して, ままに於, まま顧みられない風景とでも, まま顧みられなくなるように, まま風呂敷包み一つを小脇, まま風通しの好い, まま風雨にさらされ, まま飄々乎としてやってきた, まま飛ばされていった, まま飛びかかり手を, まま飛びかかる虎の, まま飛びこんでい, まま飛びこんだと思う, まま飛びだして来る, まま飛び上がって後, まま飛び上がらんばかりに突っ, まま飛び上がりそこで空中, まま飛び下りて肩, まま飛び乗ってそろり, まま飛び出したのか, まま飛び散ってい, まま飛び立って横手, まま飛び込むとそれ, まま飛び込んだが忽ち, まま飛行島の甲板, まま飛込んでみる, まま飛降りると平次, まま飛魚が飛ぶ, まま飜斗うって, まま食いつくように, まま食台で酒食, まま食後の馥郁, まま食膳に出し, まま食道鏡の筒, まま飢え死にをした, まま飢死にする, まま飯櫃を引きよせ, まま飯茶碗をかかえ, まま飲まないで川岸, まま飲みもやらず, まま飲み歩いたり醜態, まま飼いごろし, ままっ気, まま飽かずその記事, まま飾り置くの, まま餅菓子をつまみ食い, まま餉台に突っ伏し, まま養女にやり, ままとして胃, まま餓死して, まま饂飩屋の半, まま首イこうたれ, ままを焚き, まま香具師は憎, まま馬の背に乗っ, まま馬上に胸, まま馬元義の足もと, まま馬場をひとまわり, まま馬子は, まま馬盥に俯向き, まま馬糧のなか, まま馭者台を降りなけれ, まま馳せ下るがよろしい, まま馴れた調子で, まま駆けており, まま駆けつけて来た, まま駆けつけたようであった, まま駆け出す小僧や, まま駆け込むに相違, まま駆逐艦に護送, まま駈けつけて来る, まま駈けようとした, まま駈け上って栗野博士, まま駈け向えや, まま駈け込んで来た, まま駈け違う騎馬隊の, まま駈着けて来た, まま駒守の姿, まま駒首寄せて, ままは城下, まま駕付きで差渡し, まま騒ぎが続き, まま騒ぐ気色も, まま騒動が続くなら, まま驀地に行く, まま驕慢であるかの, まま驚いて暫し, まま驚愕と恐怖, まま驚駭の念, まままで冷え, まま須聨隊長が, まま高々とそそり立つ, まま高いびきをかい, まま高くなって, まま高価な化粧品, まま高円寺の家, まま高台の方, まま高品さんのお, まま高波とたたかっ, まま高粱畑の中, まま髪の毛一筋揺がさないで, まま髪結の男, まま髷もろとも右, まま鬚男の笑い顔, ままの腕, ままの美し, まま魅せられたように, まま魔法の箱, ままのよう, まま魚籃から一桝いくら, まま鮮明に心, まま鯉かんさんは振り返った, ままでもあり, まま鳥全体を泥水, まま鳥居の柱, ままを贈っ, まま鳩尾をフイゴ, まま鳴りを鎮めた, まま鴨居の上, ままや豚, まま鶏卵とスープ, ままのいる, まま鶴代の掌, まま鶴吉は躰, ままのよう, ままに攫われた, まま鷹揚にあいさつ, ままのよう, ままでも止まる, まま麗らかな春, まま麦藁帽を手, まま麹町アパートの明智探偵事務所, ままな表紙, まま黄いろいかおを, まま黄いろくにごって, まま黄色に見えた, まま黄色くなった畳, まま黄金色と黒, まま黄風島を脱, まま黒くもえ切って, まま黒ずんだ憂鬱な, まま黒塗の上, まま黒犬の背中, まま黒田家の家中, まま默つてその描きかけ, まま黙して石, まま黙ったがやはり, まま黙りこんでしまった, まま黙りつづけている, まま黙り込んでいた, まま黙然それに着座, まま鼓村さんが弾く, ままの如く, まま鼠甲斐絹のかげ, まま鼻緒の上, まま睡丸, まま龍太郎のかえり, ままに尋ねる, まま,頭をぐいと, ままNJBに通っ