青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「まひ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まっ~ まっすぐ~ ~まったく まったく~ ~まつ まつ~ まつたく~ まとも~ まね~ ~まひ
まひ~
~まま まま~ まもなく~ まり~ ~まるで まるで~ まれ~ まわし~ ~まわっ まわっ~

「まひ~」 1510, 16ppm, 6935位

▼ まひ~ (259, 17.2%)

15 なつた 12 なりました 6 なるの 5 なつて, なる 4 どうなる, 特別に 3 けり, して, する, 私は 2 くたびれて, その女, それが, なつたんです, なるどころか, なる頃, なれば, はこつちも, 溜息つい

1 [178件] あしが, あり小太夫, いまの, いやな, うすい桃, おい見ろ, かういつて, かういふこと, かう力, かう言つて, けむしかは, この中国生れ, この家, こんな病院, ご主人, させようと, した, したいが, した方, しないと, しようと, しようよ, するから, するの, する事, すんだ古代, そいつが, そつと, そのま, それを, たうたう小さな, だんだん図々しく, つ, どう云, どつ, なって, なつたさうで, なつたつ, なつたらしい, なつたり, なにやらの, ならないん, ならない位, ならなければ, ならねば, なられました, なりかけた頃, なりさ, なりは, なりましたが, なりましたさうでその, なりましたので, なりましたのよ, なりましたわ, なります, なりやしませんでしたか, なりハンケチ, なり相, なると, なるといふ, なるほどの, なるまで, なるらしいよ, なるん, なる人, なる仕事, なる方, なれないなら家, はおろ, はげつそり, はさもさ, ひとしき庫裏, ぴよこんと頭を, ふぢ子は, また振り返つた, みんなは, むつかしい問, もういい, もつて, やあ見知, ゐると, んの, エメラルドの, ターマンの, プラトンが, ベロベロに, ユーモラスな, 一人言の, 一番高く, 上からば, 不具者に, 二十五六の, 云つてゐました, 云ひ, 云ふ, 人間が, 今これから, 付ける筈, 低く空, 信用を, 健康を, 八重の, 冬を, 出るだけ, 出る三枚目, 十三四位な, 吊柿, 君が, 呼ばれること, 和尚さんの, 和睦の, 四王天が, 図図しい盗人, 堪へられなかつた, 大急ぎで, 大泣き, 天勝の, 女に, 女中さんまでが, 寝床へ, 小屋から, 届ける機会, 己は, 店の, 彼は, 彼自身は, 御飯を, 念を, 思ひ切つたが, 懐鏡を, 批評し, 捕まるわよ, 採り物, 摘みくたびれて, 日本の, 明けたの, 春以来君に, 春日野に, 昨夜いい, 書いて, 本当の, 来た手紙, 栃の, 梶井氏が, 極めて落着, 歸つても, 気の毒さうな, 泣き出して, 淋しくなる, 源吉は, 滑稽に, 滴々と, 火の, 火を, 父は, 疲勞する, 白状し, 目が, 立ちどまつて, 笑つて握手し, 終つてし, 終りさうな, 終りました, 自分で, 至つて桃山文化といふ, 致します, 芝生の, 草の, 衰へては, 裾を, 見え候, 説明の, 誰が, 谿川に, 赤土の, 返り月, 雄, 面倒くさ

▼ まひには~ (245, 16.2%)

3 た, とう, 乳母が, 自分の 2 いつも自分, 村中の, 涙を, 私は, 苦しくなる, 見て

1 [221件] あてず, あひるさんが, ありつたけ, あんまり動き, いつもの, うはさ, うるさ, おかしくな, お互, お客は, お産の, かうした飴うり, この森, こんなたいそう, さう, さういふ意識, さうなる, さしもの, ずるいとか, そのう, そのかげ, そのまま枯木, その上, その体, その綱, その頃流行, それが, それとごつ, それも, それらを, それを, そんなこと, ぞろぞろ家ぢ, ただ口に, ただ同じ, だん, だんだん泣かなく, とうとうみんな, とうとうモオリアック, とても恐ろしく, どうしても丁度自分, どの邊, どんなに岸の上, なぜそんな, ふるへる程, ほとんど不機嫌, まとまりが, もう一度それ, もとの, わざ, クルリと, シングの, ダンスもを, トルストイや, ペンを, ボロに, ボーイの, 一つ残さず, 一人いつ, 一人二人と, 一分でも, 一行の, 七八匹の, 三田の, 三田を, 上の, 不興な, 両方で, 両眼, 乗り合は, 二杯ぐらゐの水で, 五万人も, 五六頁づゝ引きはが, 仕方が, 何が, 何だか何, 何も, 何処の, 何処へ, 作家を, 俺といふ, 僕よりも, 全部で, 八幡が, 分別あり, 化けものの, 十弗の, 南禺を, 又悲し, 只唇, 可い加減, 可哀さうに, 右手を, 吉原八景辰巳八景とまで, 吉彌で, 唖娘の, 商賣, 壻を, 大きいの, 大きな石ころ, 女優に, 如何とか, 妾の, 姉娘の, 婦人までが, 子供たちの, 完く, 家主の, 小さな宝玉, 居眠りだ, 屍を, 山水までが, 平生仲善し, 底が, 座敷へ, 引取り手の, 役人は, 彼の, 彼も, 彼等は, 御不浄に, 微笑み出しました, 怒つて, 思ひ諦めて, 思ひ通り, 思案に, 性格も, 悲しくなつた, 悶れ出した, 意気地なし, 憤怒が, 我々悪魔の, 手に, 手頃の, 持て餘, 新聞記者と, 方角違ひ, 日頃から, 時代と, 會社で, 木箱の, 枝が, 植物の, 此方で, 此方を, 死にたくなつ, 殆ど口の, 母親は, 毎晩の, 毒に, 水が, 泣出す, 海岸や, 涙で, 涙も, 満員近い入りと, 照子の, 煩さく物悲しく, 熱湯が, 父さんも, 牢屋を, 犬の, 生ひ, 生涯の, 用が, 男の子が, 畑ぢゆう, 白けた顔, 百兩三百兩五百兩と, 的も, 監督NGキャメラNGといふ, 眉毛の, 眼の, 睨めて, 碌な, 私の, 私自身を, 私達の, 空が, 窕子の, 立つて, 笑ひ, 米や, 納所部屋にまでも, 素人八段といふ, 羞恥も, 聞えなくなりましたので, 肉眼で, 肩にも, 胸が, 胸を, 腹を, 自ら気高き, 自分に, 自分は, 花びらが, 若殿様で, 若殿樣で, 行けなくな, 街へまで, 見上げて, 誰かが, 諦めたか, 赧くなる, 足腰の, 足腰も, 辭引を, 逃出す, 遊び人と, 遊戯が, 重い岩石, 閉口し, 雪の, 非常に, 題も, 骨董店を, 魘夢にな, 鳥と, 鳩の, 默つ, 默つてし

▼ まひ~ (102, 6.8%)

4 おほどかな, 方は 3 方で 2 はうに, ひかり, やうな, 人は, 句は, 所に, 方を, 鍛冶が

1 [75件] あたりへ, あとの, いかになり, こと, ことを, しさうな, する混乱, すればとて, ために, つかさ, つもり, ない処, ない生活, ない顔, なかに, なぐさ, ぼる, やうに, よさ, われらには, テケツの, ページェントは, 一切れです, 一疋が, 一荘が, 一語学教師で, 一足だけが, 九州大學の, 事でございます, 二つの, 二隻は, 人を, 六分圏には, 処を, 動作の, 命令です, 地藏尊一躍し, 場面を, 声も, 天勝の, 小さな花, 小毬, 崩れて, 幕の, 後足と, 感じが, 手合なんぞは, 新派都築が, 方に, 方の, 方カットされた, 方二幕見る, 方見る, 日だ, 日な, 木具を, 本とぞ, 杣猟夫は, 枕詞な, 格闘など, 気味です, 濁つた言葉, 為に, 牀に, 牛乳屋の, 硅板岩の, 磨きまで, 船成は, 落まで, 血統が, 要素とが, 身で, 身と, 身に, 道成寺の

▼ まひ~ (102, 6.8%)

13 直して 11 して 5 感じた 4 幾分朧ろ 3 正して 2 つたの, 感じ身うち, 正しながら, 直した, 直したり, 直しながら, 直しました, 起して

1 [50件] うたふ, させられて, さへ, した, したる朝, しなければ, し帰るしたくを, し忍び足, する, するやう, ただして, ただすの, つきとめて, まだす, 仰ぎ見て, 催す責任, 叙し, 崩さなかつたに, 崩した, 引上げ物寂しい, 忘れ, 感じて, 感じながら, 感じ第, 改めた, 改めて厳か, 更に改めた, 正されたと, 正した, 正したらしく厳格, 爲出した, 直さうと, 直したが, 直しにか, 直し両手, 直し裕佐, 直し頭, 直すと, 立て直した凡太, 終へ, 考へたり, 表すのに, 見せながら, 見ると, 見習うて, 覚えさせた日, 解くカルハース, 言つてゐる, 訝しげな, 読んだら

▼ まひ~ (99, 6.6%)

3 時に 2 事を

1 [94件] が, がいと, がその, がふと, がもの, が二月, が近き, が釣合, こと, ことの, このもち, さきに, その碑, その詩稿, ぞ, て, てあつた, ていらせられた, てゐました, とかや, とき江田源蔵広, により, に何, に前, に因り, に童, に菟答, に門辺, のみか常に, は, はさるべき, は天, は春, は確か, まにまに日, まにまに美知能宇斯, やがては, や東洋産, や檀那がた, より明け, をという愚詠, をまた, を我, を祝し, 上帝の, 世を, 事は, 事も, 事をば, 人もし, 伊耶那美の, 元の, 処にて, 君, 君が, 墓穴あり, 夜わが, 大長谷の, 契約の, 姿を, 後, 御卓見, 御姿, 御心, 御身の上ばなし, 心を, 恋にやは, 憐れさを, 故にや, 故に從, 旦那の, 星が, 時には, 時の, 時を, 此方には, 母様の, 浅木由縁といへる, 父上に, 由を, 甲斐あり, 神に, 神智今日に, 紅の, 結果, 胸も, 良人の, 草も, 跡蔽ふ, 迦具土の, 野の, 雉子を, 霊法なれ, 駒と

▼ まひ~ (50, 3.3%)

1 [50件] あはれこの, あはれそなた, えみしらが, え召さず, この度, さらば懺悔, その人, その御, よしなき, ムム問ふまで, 七歩し, 丈艸で, 三趣に, 云々, 今に始めぬ, 今は, 他事なく, 何不自由なき, 出で, 力なき, 勿躰な, 十二月の, 口惜しがり, 君がねも, 吾がごと, 大后, 大御酒獻りき, 天業を, 幸ひ, 彼の, 後みみ, 御歌を, 心利きたる, 我がその人, 我が枕辺, 我は, 支度も, 曩の, 歌よみした, 法の, 玉作りし, 百の, 碁打たせ, 老媼しん入用なれ, 血の気とては, 詔りた, 隼人後に, 須磨伯父上わざわざ, 願を, 風に

▼ まひ~ (38, 2.5%)

2 しない

1 [36件] いくら禿鷲コルドンさま, おくみ, さうなる, さすがに, しないか, しないかと, しないけれど, しませんが, すさまじいもの, せむ下, そこの, できない, なけれどもの, みなその, 一錢銅貨の, 乳母が, 代々を, 出来ない, 出来ないが, 勿論なり, 子を, 安価低調な, 床屋から, 影を, 患者から, 愼重に, 承知し, 旋回運動である, 殆ど泣声に, 独言の, 石濤の, 私が, 致しませんけれど, 路の, 遊ぶ我が, 黝い

▼ まひまで~ (31, 2.1%)

2 読んで

1 [29件] お聴き, お話しする, お話伺ふ, これで, しんとして, とつて, ゐませうツ, 一言も, 俥の, 土手の, 歌つた, 知つてゐる, 結局くさり通した, 聞いて, 聽きたい, 行つた時, 見ずに, 見て, 見てから, 見屆, 読ませ給, 読めなかつた, 読んでしまつた, 貝の, 退屈しません, 附合ひさせる, 面白く見, 預かつて, 饒舌る

▼ まひ~ (30, 2.0%)

3 した 2 して, する, するらしい

1 [21件] しさうな, したので, した故, しました, しますか, すこしす, するほど, するん, する事, する窒息, とても好い, どうも残酷, ほ, 仕たくなつ, 何んと, 前方遙かに, 怪しからず, 武藏野に, 許される, 起ること, 野分に

▼ まひしかば~ (23, 1.5%)

7 答へて 3 すな

1 [13件] ここに, これに, その火なほ炳, その石走り避りき, 堅魚を, 天皇答へ, 天若日子が, 悉に, 我を, 答へ, 老女は, 肥の, 高倉下

▼ まひ~ (23, 1.5%)

2 し, といふ, といふ風, よ

1 [15件] が三郎, ぜ, といふ恐怖感, と云つた, と彼, と思, と思つて立, と思ひました, と思ふ, と良寛さん, なと思ひました, なと感じました, ねと云つた風, もうおし, 望遠鏡望遠鏡望遠鏡

▼ まひ込ん~ (21, 1.4%)

4 であつ 3 である 2 で置いた, で置く 1 でありました, でお, でさすが, でしまふ, でぷいと, でゐた, で居る, で置いた疑ひ, で置かぬ, で萬

▼ まひたる~ (15, 1.0%)

1 [15件] にて漸次, を世中, 上の, 上奥様にも, 事は, 体を, 後は, 御客, 末かくも, 様子に, 玉なす, 聊さか, 裁縫師なり, 陸軍大将の, 頃は

▼ まひにな~ (14, 0.9%)

2 つたに, つたので, つてし 1 ずらふるに, つたの, つて, つてその, つてそれから, つてね, つて下の, つて頭が

▼ まひ次に~ (11, 0.7%)

1 [11件] 大屋毘古の, 大戸日別の, 天の, 山の神名は, 木の, 水戸の, 海の, 火の, 石巣比賣, 野の, 釦一つ

▼ まひなし~ (10, 0.7%)

1 だらうが, であ, といつた, に, にさつ, にすぐ, にまるで, に先, に怒鳴りたてる, わたしは

▼ まひ~ (9, 0.6%)

6 あつた 1 三日あげず, 例の, 結婚式と

▼ まひです~ (9, 0.6%)

31 から, がそれでも, ぜ, それを, つて, わ

▼ まひます~ (9, 0.6%)

51 から明日, ので, へえ鎧橋, わ

▼ まひ~ (9, 0.6%)

1 づーっと, みんな見る, やれた, 乗せそこ, 取り返しが, 御介抱, 漕ぎつけた, 田原と, 見られた

▼ まひません~ (8, 0.5%)

1 か, がなるなら, が何, が先づそれぞれ人間, が愛欲, の, わお父さん, 只あなた

▼ まひまた~ (7, 0.5%)

1 しても, 名を, 國國の, 坂手の, 大日下の, 太子伊耶本和氣の, 水齒別の

▼ まひ~ (7, 0.5%)

1 た, ないん, 取り乱して, 可愛らしくな, 幸ひと致しませんでした, 眼には, 道の

▼ まひ込んだ~ (7, 0.5%)

1 とある, と同じ, のだらう, のを, やうな, 何やらの, 頃で

▼ まひこん~ (6, 0.4%)

1 でおいた, でから飛騨, でゐた, で彼, で来よう, で片足

▼ まひ~ (5, 0.3%)

2 のだ 1 ので, のである, ので實際

▼ まひなさる~ (5, 0.3%)

1 つもりです, とまた, のが, のよ, んで

▼ まひなす~ (5, 0.3%)

1 うちに, つたと, つたの, つたのね, つてよ

▼ まひなり~ (5, 0.3%)

2 服装なりは, 服裝なりは 1 て姿見

▼ まひおり~ (4, 0.3%)

1 て, て來, て石菖, て雀あめ

▼ まひさながら~ (4, 0.3%)

4 であつ

▼ まひしく~ (4, 0.3%)

4

▼ まひする~ (4, 0.3%)

1 から, ほどな, ほど緊張, をみな

▼ まひ~ (4, 0.3%)

1 します, すぐわかる, 喪失を, 思ひ升

▼ まひにや~ (4, 0.3%)

1 お前には, アどうせ, ア賣り飛ばす, 喰はれ

▼ まひをな~ (4, 0.3%)

2 ほした 1 ほさうと, ほした熊吉

▼ まひけむ~ (3, 0.2%)

1 これも, そのまま元来, 世尊の

▼ まひこむ~ (3, 0.2%)

2 のであつ 1 とぢ

▼ まひつる~ (3, 0.2%)

1 その后, はけだし, ばみ

▼ まひでは~ (3, 0.2%)

1 ありませんからね, ない, なからう

▼ まひにも~ (3, 0.2%)

1 げに神, 片時も, 街路樹の

▼ まひ~ (3, 0.2%)

1 しない, もうすぐ来年, 花の

▼ まひ~ (3, 0.2%)

1 つ殿戸, に伊耶那岐, に妹伊耶那美

▼ まひ~ (2, 0.1%)

1 がつて, ふさきる

▼ まひあがる~ (2, 0.1%)

2 のだ

▼ まひあつし~ (2, 0.1%)

2 竹刀とり

▼ まひありし~ (2, 0.1%)

1 大道具の, 時小

▼ まひおき~ (2, 0.1%)

2 下さいますやう

▼ まひおりた~ (2, 0.1%)

2 よしせ

▼ まひかと~ (2, 0.1%)

1 おもつたら, 云ふと

▼ まひから~ (2, 0.1%)

1 二三番の, 二番目が

▼ まひくま~ (2, 0.1%)

1 なしに, について云え

▼ まひけり~ (2, 0.1%)

1 その事, 白髪染し

▼ まひこれ~ (2, 0.1%)

1 と同時に, にはいろいろ訳

▼ まひしか~ (2, 0.1%)

1 ど朗ら, 聴かざりき水

▼ まひしもの~ (2, 0.1%)

1 なれば, なればとて

▼ まひし如く~ (2, 0.1%)

1 奇怪なる, 家に

▼ まひ~ (2, 0.1%)

1 が如何, つた

▼ まひたち~ (2, 0.1%)

2 もせぬ

▼ まひたれ~ (2, 0.1%)

1 どこの, ど断縛

▼ まひだらう~ (2, 0.1%)

1 し一生, にあのこんな

▼ まひ~ (2, 0.1%)

1 や, やわし

▼ まひつらく~ (2, 0.1%)

1 は, 此川下に

▼ まひての~ (2, 0.1%)

1 お顔色常, 御説諭

▼ まひてや~ (2, 0.1%)

1 あたりの, また折

▼ まひである~ (2, 0.1%)

1 が此, が約め

▼ まひといふ~ (2, 0.1%)

1 ので, 危険が

▼ まひながら~ (2, 0.1%)

1 いずれにも, 言ひました

▼ まひなさい~ (2, 0.1%)

1 よ, 頭を

▼ まひぬる~ (2, 0.1%)

1 国々の, 国王の

▼ まひのみ~ (2, 0.1%)

1 ましまさむとす, 致い

▼ まひ~ (2, 0.1%)

1 それを, 手遅れに

▼ まひ五十路過ぎ~ (2, 0.1%)

2 よ郷

▼ まひ~ (2, 0.1%)

1 は全く, を照

▼ まひ~ (2, 0.1%)

1 ねる今度, タカられちまった

▼ まひ堅固~ (2, 0.1%)

2 なる友

▼ まひ~ (2, 0.1%)

2 にはい

▼ まひ~ (2, 0.1%)

1 取交しに, 眼の

▼ まひ振り~ (2, 0.1%)

2 さけ

▼ まひ樹間~ (2, 0.1%)

2 に仄めく

▼ まひ~ (2, 0.1%)

1 に溺れる, のながれ

▼ まひ白い~ (2, 0.1%)

1 スパゲチ少々, 水の

▼ まひ~ (2, 0.1%)

1 へて後, へて御

▼ まひ~ (2, 0.1%)

1 などがあつ, なども出る

▼ まひ込み~ (2, 0.1%)

1 ながら呟, ながら娘

▼ まひ込むだ~ (2, 0.1%)

1 が一向, と同じ

▼1* [211件]

まひあがりさてしづか, まひあなたのすき, まひある獣の, まひあゝわしの, まひいかにして, まひいちじるしくも, まひおこたるきざし見えそむ, まひしこみけるに, まひかうしてゐ, まひかけるとゆき子, まひかげろひの音便, まひがちな人間, まひきよめたまふ, まひけれどもさせること, まひこそいと恐し, まひこっちへは来ない, まひこの風の, まひこまれてゐ, まひこみながらよそごと, まひこみましたそれから背筋, まひごろはもう, まひへかまはず, まひさうだなア, まひさうな気が, まひさせ様と, まひさせたんだ, まひさて床へ, まひさふらはばめでた, まひしかども哀しとおも, まひしこと今, まひしことなれば, まひしたような, まひしづか湧いて, まひしなりとか, まひしばしは痛, まひしばらく縁先に, まひなは, まひすれば, まひそうなん, まひその徳に, まひたちたるに近う, まひたつてゆく, まひだけだつた, まひだして, まひだしくじったと署長, まひだつたよ, まひだめにしちまった, まひつけないちつとも気, まひつつ乳の, まひつていふやう, まひつとまをす, まひつらむと思ふ, まひつれば天, まひてしかおぼすべきなり, まひてぞ住正定, まひとっ走り柳原まで, まひとりおいてきぼりに, まひなくすつとばしてしまふ, まひなさつたやうな, まひなさらなくてはいけません, まひなさればよう, まひなされたときの, まひなされる高倉の, まひなすつて下さい, まひなすつたつて泣, まひなどもおろそかに, まひにかのズボンの, まひにはばあやを, まひのぼれば, まひふた葉の, まひふるなかに, まひぶみせんとてか, まひ行く程, まひまして, まひまでもぢ, まひまひしづか湧いて, まひむしろをまき納め, まひのあき, まひもませる暇も, まひやがつたな, まひゆける下疊よ, まひ行きまひょ, まひょこりとお辞儀をする, まひょそれ分ったらえらい, まひょと光子さん真ん中に入れ, まひょと彼女たちは不動明王, まひょと期待した長屋, まひよりはじめて事, まひウイをのみ, まひツバナ蕨などの芽, まひペラ十枚書いて, まひルシヘルこの罪, まひ一たん落した女形, まひが肩, まひ三時宝塚へ帰り, まひ三益と渡辺, まひつて, まひ乱暴だね, まひ二時がほどに世に, まひ二百餘年間長崎港の花形, まひは水口祭り以外, まひ仕方なしに, まひ付けずに措い, まひ仰せたびにし, まひほどの名聞利養, まひに苦笑, まひ元明天皇から光仁天皇, まひ兄さんはよほど, まひ冷めた茶を, まひ十二時迄寝た, まひ十二時近くに帰宅せり, まひたよ, まひ卓子の上, まひ口先でおだて, まひ地神は御, まひ坊や死んで, まひ大分負けてたの, まひ始めて優しきお, まひ婦女のやう, まひ宿で唸る, まひ寄りて集, まひ魚がを, まひ小屋の戸, まひ少し残して, まひ屡々文を, まひへ, まひ式部官に名, まひはまた, まひ弟子をかなしむ遮, まひの通り, まひ彼岸の遠き, まひ後見の叔父夫婦, まひ忘れて歸, まひ忘れたか八五郎, まひ忘れる筈は, まひのエーテルガス, まひになつ, まひ惡業を作, まひ愛づと見えぬ, まひ慣れて一時的主義, まひ戻つたところが, まひに頤, まひ散々だった, まひ羅の, まひ新しく出来た東宝, まひを經, まひ旦那どののお, まひ是非に父様, まひ昼寝ねて, まひ木鋏をもつ, まひ未だハッキリとつかめない, まひ松本の深志, まひの庵, まひ桓武天皇以來孝明天皇まで七十一代, まひ楽しみにしてた, まひ樹陰に身, まひ橋本の室, まひ正し九九をこそ, まひ洗面器で手, まひ洞窟はその, まひ海水に浮き沈み, まひ消え失せたるぞ不思議, まひ渡る鳥は, まひ炎天下をテク, まひ無しだ, まひ熱海などいけなかった, まひませんで, まひ申し百人にも, まひ痛酷しきこと比無し, まひ癒したまへと, まひ百官の人ども, まひ直して総数四十幾首, まひ直るものなり, まひ真木立つ木曾, まひ神掃ひに, まひ立たうとしなかつた, まひ立つ土ぼこりの, まひ立てて街, まひの王国, まひを載せ, まひ終つた家人は片隅, まひ結局つまらなし, まひへば, まひ翌朝は護衛, まひ自分でクサ, まひふかきみ, まひ日下部の, まひ若旦那は留守, まひひ直したので, まひ謹みて内使, まひ貴族たちには棍棒, まひ赤ひげがこつち, まひ辛ふじて衣食, まひ込まずに反, まひ込み小判だけは手代, まひ込み権力者や高位, まひ込む氣に, まひ遊ばすなと沈み聲, まひ遊んでゐる, まひの入, まひ野狐がついてる, まひをかけ, まひ摩の, まひ降りてはまた, まひ雪明りの夜, まひといふもの, まひ面白い話といふも, まひのうごき, まひの行方, まひ鹽こをろこ, まひ黒い舌を