青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぶ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ふらふら~ ~ふり ふり~ ~ふる ふる~ ふるえ~ ~ふれ ふれ~ ふん~ ~ぶ
ぶ~
~ぶつ ぶつ~ ぶらぶら~ ぶり~ ~ぶん ぶん~ ~へ へ~ へた~ ~へる

「ぶ~」 3717, 37ppm, 3139位

▼ ぶかく~ (441, 11.9%)

6 あたりを 5 それを 4 見て 3 なくては, なって, 手を, 眺めた, 自分の, 行動した, 見つめて, 見守って

2 [22件] きいて, この書, なったの, には彼等, やって, 二人を, 仕上げられた鮒, 口を, 声を, 彼の, 彼等の, 歩いて, 私を, 耳を, 腰を, 自制し, 見まわして, 観察した, 言いました, 読んで, 静かに, 頭を

1 [358件] あたりに, あって, あとから, あとじさりし, あとを, あの物体, あるいはまた不意, あること, いくつか, いれ足, いろ, うつったの, えらぼうと, おいて, おおもと, おびやかした, おやり, おらち, か, かかれて, かぎを, かけて, かぶって, かまどの, からの紙入れ, から漂っ, きかずに, こっちの, この問題, この巨犬, この本, この林冲, この空気, この重役, これを, さつき千恵が, さまよいあるきました, さわられても, しかしできるだけ, しかも驚嘆, しずかに, しらべた, しらべまわした, しらべる必要, すごして, すすんで, そこに, そこへ, そこらを, そしておもいきっ, そしてもっと, そして傷つける, そのあと, そのへん, その処女, その半, その暗い, その様子, その生徒, その眼, その言葉, その軸, その連中, その部分, その顔色, それぞれの, それに, たたかった, たたき込まれた彼ら, ついて, つきまといました, つぎの, つつましい感じ, つつましく不安げ, とざされて, どこまでも, ないという, なさったの, なさるの, なったという, なったり, なつかしい私ども, などにじっと, ならないでは, なりますからね, なり疑問, なるわけ, なれば, にある, にもっともっと, に彼女, に自分, ねうち, ねらいを, ねらったか, のぼりついて, はいすすん, はない, は見, ひき下る, ひそやかに, ひろげた, ぼくに, むすび玉, もなりました, やってきました, やるせないもの, わたしを, ガンドウの, キョロキョロと, ゲルダを, ゴムの, シャツや, ジナイーダを, ソロソロと, プロレタリア文学運動の, リアリスティックであろう, 一同に, 一枚一枚点検する, 一足一足近づい, 三甚を, 上げること, 下りながら, 下ろされて, 乗り捨て, 事の, 二本の, 二歩進ん, 云いかけられたので, 云った, 人魚の, 今の, 仔犬の, 他に, 他人の, 付きまとって, 付け狙うほどの, 伏目がちな, 伸子を, 作事場を, 使いふるされ, 保護する, 俯向い, 傾聴は, 働いて, 先帝の, 光線を, 内側へ, 円形の, 冠った, 冠り, 冬を, 凝り固まったよう, 出来るの, 励ますよう, 十字を, 半ばは, 半身を, 反動的に, 取り交されて, 取扱つた, 口説き落とそうと, 叫び呼び, 同乗の, 吐きだした, 向けられて, 吠えつづけて, 問い詰めたが, 四周を, 埋められて, 塾生たちの, 墓を, 壁を, 女の, 妙達は, 始末し, 守られて, 寝間着の, 封書の, 少年たちを, 屍体の, 展望的により, 岸に, 島ぜんたいを, 崖を, 巌の, 左右を, 帆村の, 幹を, 彼を, 待ってるあいだ, 心に, 忍んで, 思ひを, 悩まされて, 感じた, 感じて, 感じられた, 感じる, 感心した, 慣習の, 戸を, 扉の, 扉を, 批判した, 抓み上げて, 拭き取ってから, 指図を, 探しながら, 撫で這いそして, 攀じ登って, 教会が, 数学の, 整理され, 新聞や, 明けて, 明るい色, 曲りくねった岸, 書いて, 机の, 栄二が, 検べてから, 楓林の, 構へる, 次郎の, 歌声に, 歩きつづけた, 殆ん, 気を, 水色の, 求めて, 沈黙を, 河口に, 浪人無宿者なども, 消した, 演ぜられるとき, 漢字制限を, 火を, 然し快活, 燃してから, 父親の, 物凄いもの, 物蔭から, 現実的でなけれ, 生きのこったの, 生命に, 登志子の, 眉や, 眉を, 眞に, 眺めて, 眺めながら, 眼を, 着物を, 睨んだ, 瞬きも, 石段の, 社会的に, 祖父は, 神經質な, 私に, 立ちまたは, 笑うとき, 答えて, 結わかれて, 絡みかかるお, 編輯され, 縫って, 羨しく思えた, 考え, 聞いて, 聞き入って, 聞き相槌, 聞こうと, 聞入った, 聴き彼女ら, 脅かした, 自分で, 自分を, 色を, 落付きながら, 葉つ, 血が, 行は, 裏口へ, 見えたん, 見はり, 見ま, 見まもって, 見まもりながら, 見まわしてから, 見ること, 見廻して, 見廻しました, 見張って, 覗いた上, 覗きこむ, 親切に, 観察し, 観察する, 言って, 言っても, 言はれる, 言葉で, 証拠に, 話も, 語られて, 読まるべきもの, 読まれなければ, 読んだが, 調べて, 調べました, 諦めた顔つき, 警戒し, 豹の, 責めること, 貴重なる, 賊の, 走りトラファルガア広場, 足音を, 踏みしめながら, 身じ, 軽井沢辺で, 迂回し, 近づいて, 近寄って, 迫った, 追いかけて, 追いまわした, 追いまわす必要, 追っかけた, 追って来た, 追つかけ, 追跡し, 進めて, 進んで, 遺傳, 部下を, 釣りつづけた, 鉛筆で, 開けても, 階段を, 隔離され, 隠して, 電球の, 青い車, 顎の, 風ふせぎ, 食いついて, 食い込まれると, 飲むの, 飲んだ, 駈けて, 駿介が, 駿介の, 魅こまれた, 魯達の, 鼓舞しなけれ

▼ ぶかい~ (350, 9.4%)

5 のである 4 のは, 眼を 3 ものが, ものであった, 敵の

2 [16件] ことである, ことを, のと, やつで, 人間も, 子でした, 彼は, 日本の, 母親の, 男だ, 男では, 男の, 目色を, 眸を, 耳を, 調子で

1 [296件] ありがたい, いきとどいたやつ, えらい人, おくりもの, おとなしいそして, お人, お作, お姉さま, お寺に, お紋, お話です, かくし方, かこみを, かしこい子ども, かも知れません, からだった, からつまらない, くせに, こころもちを, ことで, ことであった, ことに, しかもその, ずうずうしいやつ, その敵, その相好, ただの, だろう, つつましさ, つてから, ですよ, といふ方, とか思い, ところに, ところも, とも見えた, と同様, ねばりづよい神経質, のだ, のでしょう, のです, ので憎く, のに感心, ふっくらした, まじめな, ものだ, ものである, ものです, ものに, ものの, やさしい心, やつ, やつだ, やつだろう, やつです, やり口でしょう, やり方でありました, やり方と, やり方は, ゆゑ, んだ, クルィロフの, バーである, ヘロデにとっては, ミトローニク氏などは, ユーモラスを, ルケアーノフの, 一家の, 両手は, 中から, 中産階級の, 丹念な, 主任を, 乙女を, 予防線に, 二人の, 二十面相は, 人々は, 人情を, 人間でも, 人間は, 伯母さんには, 低い声, 何物かが, 信玄には, 傾聴者, 優しい心, 兄の, 先触れだ, 光が, 冷酷な, 利口な, 力を, 千二に対し, 千坂の, 友だち附き合い, 口調で, 司教さまは, 名探偵, 名画でした, 君の, 吸引力であり, 四十面相の, 四肢を, 四馬剣尺の, 地下室と, 変に, 夢想者二重人格曲げ, 大きな眼, 大悪人, 大跨で, 大通り, 夫人を, 奥方が, 女は, 女も, 女性の, 奴かな, 奴じゃ, 奴だ, 奴に, 奴の, 好色から, 姉の, 姑婆あの, 娘が, 娘には, 婦人で, 婦人であった, 子どもだ, 宅助が, 家康などには, 容子で, 小さな贈物, 小声に, 小幡民部しずかに, 小幡民部も, 小次郎が, 山地に, 山男が, 平馬, 幻影と, 彼女の, 彼女は, 御行動, 微笑が, 徳川家の, 心で, 心も, 心もちで, 性格の, 性質から, 性質であった, 恨を, 悪人が, 悪者でしょう, 悪魔が, 悪魔だっ, 感情を, 慈愛との, 態度に, 態度を, 慎みぶかい, 憂愁を, 手つきで, 支持者と, 文句が, 方な, 旅を, 日本娘は, 旦那だ, 明智も, 明智探偵は, 木々の, 木立の, 木立を, 未完成, 本妻に, 村の, 林の, 森の, 歩きぶりを, 気もちを, 気持を, 汽車や, 沈潜した, 渓谷で, 渡良瀬川を, 漁師が, 漢よ, 烈しい薫, 無意味な, 焼岳の, 父の, 父上かならず, 犯人の, 犯罪予告の, 犯行と, 状態に, 狼め, 現実である, 理研の, 男, 男だった, 男だらう, 男だろう, 男で, 男であった, 男です, 男は, 男や, 皇帝さまが, 皺が, 目の下に, 真似まで, 眸で, 眸も, 眼ざし, 眼つきで, 眼つきであった, 眼の, 着物の, 瞳の, 神さまが, 神さまは, 神の, 秀郷は, 空気の, 空気も, 窓硝子に, 笑みを, 笑顔で, 第二次的, 紋太夫の, 紐の, 素ぶりだった, 紳士貴族を, 老人であった, 老婆たちは, 聖母様天の, 聴き手, 肉塊だった, 脅喝やらに, 腰付で, 興奮を, 船だ, 船木の, 花だ, 花を, 花柳界の, 荘重な, 華麗な, 董卓は, 葬儀から, 虫けらだ, 蛇が, 表情で, 表情は, 視線で, 視線を, 観察者が, 観照の, 言葉であった, 言葉を, 読者なら, 読者には, 調子だった, 謎を, 質と, 質の, 質問が, 趣の, 足の, 足音が, 路地の, 路子の, 追手に, 運命が, 選択だった, 邸宅に, 野郎だ, 金持の, 鋭い眼, 鍛冶屋は, 間がらに, 雪, 雲だ, 顔, 顔が, 顔つきが, 顔つきを, 顔の, 風物は, 馭者の, 高山右近も, 黒眼が

▼ ぶ~ (246, 6.6%)

7 云った 4 ゆっくりと, 顔を 3 手の甲で, 頷いた

2 [29件] おすえ, そう云っ, その句, てれくさそう, どうした, どこかへ, 包みを, 口ごもった, 口ごもりながら, 吃った, 吃りながら, 呼びかけた, 困惑した, 息を, 慌てて, 持って, 掛矢を, 栄二に, 栄二の, 眼を, 考えて, 自分が, 自然の, 葛西に, 話して, 酒を, 金杉の, 首を, 黙って

1 [167件] あいまいに, あるきだしながら, いそいで, いたの, いつもの, いまと, うまく云いつくろおう, おじぎを, おずおずと, おっとりした, おののく声, おのぶ, おれの, きちんと五日めごと, きまり文句の, この頃, これから浅草, さぐるよう, しいたけみたいに, しんそこいたまし, すぐ暴力, すっかりふさい, ずいぶん迷った, そう云い, そこで, そっと云った, それが, それにも, それらを, そろそろと, ちょっとま, ちょっとよろよろした, ちょっと考え, ちょっと黙っ, てんで鈍い, とり縋るよう, どきっとして, どこに, なにか云いかけた, なにか云おう, ねばりづよく云った, のろくさした, ひそめた声, また唇, また眼, まだるっこい口ぶり, まだ嗚咽, まだ胸, まるい眼, みじめに, むきに, めんくらって, もうシルクハット, もどかしそう, ゆるにぶ, よく聞きとれない, ららに, わけを, 上り框に, 不安そうに, 不決断, 両手で, 両手の, 人の, 仕事の, 休みの, 低い声, 使わないよう, 俯向いた, 八丁堀へ, 力なく, 反故紙の, 反故紙を, 口には, 口の, 口を, 唇を, 唾を, 喉の, 喉を, 嗚咽し, 囁いた, 囁くよう, 四杯めに, 堀の, 大きく頷いた, 太息, 小さなまるい, 小僧じ, 屹と, 巻紙を, 引け過ぎつて, 弱よわしくきいた, 心が, 心配させまい, 急に, 怯えでも, 意味も, 戸惑ったよう, 戸惑って, 戸納を, 戻るようす, 手の, 手を, 指を, 振り向こうとは, 支えきれずに, 暇を, 暗がりの, 榛原っていうかも, 気まずそう, 気よわ, 気遣わしげ, 汁椀の, 油小屋の, 油絞りで, 泣きながら, 泣きべそ, 泣き声を, 浅草の, 深い溜息, 済まなそう, 火鉢の, 片手を, 独りで, 珍しくくいさがった, 用心した, 病気じゃあねえか, 白くなった, 相手を, 眩しそう, 空いて, 立ちあがった, 立ちながら, 立停っ, 答えも, 箪笥の, 続けた, 続けて, 繰返し云った, 考え考え云った, 肩へ, 腕で, 膳を, 自分の, 舌った, 苦笑いを, 蝋燭に, 蝋燭を, 言葉に, 訝しげな, 訴えるよう, 詫びるよう, 財布の, 赤くなり, 返辞を, 途方に, 酒には, 重大である, 量だけは, 長屋の, 障子を, 頭の, 頭を, 頷いたが, 額を, 風呂敷を

▼ ぶきみ~ (207, 5.6%)

17 な音 10 な声 8 な笑い声 6 なもの 5 な姿 4 なこと, な笑い 3 です, な口, な顔, に笑っ

2 [12件] なくらい, なこうもり男, なしわがれ声, なその, なやつ, な光景, な思い, な猛獣, な男, な長い, に思った, に笑いました

1 [117件] きわまりないあの, きわまる怪談, このうえない, さ, さといったら, だったもの, でございますよ, でしたから, ともぶ, ないたずら, なうえ, なおもいに, なくらいに, なしわがれた, なすがた, なつる, なできごと, なとんがった口, ななり, なにらみあい, なの, なはばたき, なば, なひくい, なひびきです, なひめいが, なまね, なよう, なよろよろ, なろう仮面, なわめき声, なロボット, な一寸法師, な不愉快, な五ひき, な五本, な人形, な人造人間, な八本, な凄み, な出来事, な印象, な反響, な境内, な大きな, な妖虫, な少女, な島, な形, な怪老人, な悪魔, な手, な暗号, な機械人間, な歯車, な殺気, な水かき, な沈黙, な洞窟, な無人, な煙突, な物音, な白い, な相好, な穴, な空気, な粘液, な紳士, な羽, な職業, な西洋悪魔, な西洋館, な覆面, な話, な赤い, な赤ちゃけた光, な足, な踊り, な雪踏, な静けさ, な静止, な頭, な骸骨男, な魔人, な魔法博士, な黄金, にあざ笑っ, にいっ, にかがやい, にかんじました, にきらめい, にくぎづけ, にするどい, にたえない, につめたい, になっ, にぬ, にぼうっと, にも美しい, にわらいました, に光っ, に光る, に動く, に変わった, に妖, に思う, に思わない, に感じました, に漂, に白く, に笑い, に青ざめた, もいとわず, もかまわず, もぶ, も恐れず, 千万

▼ ぶ~ (203, 5.5%)

11 清七 8 である 6 ように 5 ような 4 だった, 顔を 3 やつが, 中に, 中へ, 前へ, 肩を, 顔が 2 ことを, だと, では, ほうへ, やつを, 出汁を, 声が, 臭いが, 言葉を

1 [129件] あたりから, ある顔, いやな, おろおろし, かと思ひ, がある, が例, が間違, くそ野郎, こおり, こおりお, ことである, こと校長先生に, ごとく顔, しんせんぐみです, しんせんぐみとは, すきも, ためにも, だ, だよ, だろうか, であった, であります, であろうか, でした, なかから, なかに, に使う, はいかが, はその, は何より, は兵士たち, は千蔭風, は唯二人だし, は外聞, は天狗たち, は常に, は早い, は海辺, は無理, は贅沢, は適当, は酔歓, ほうを, もそこ, も妙, も親心, やつだった, やつは, ようすを, よしあしこれを, わきの, を共に, を期する, スキも, 上の, 下から, 中から, 中で, 中の, 事實と, 二人だけ, 云うこと, 云うの, 人何れの, 人士間に, 仕事の, 仕込んだ糊, 出汁とは, 出汁は, 勢が, 受けて, 名は, 名詞法が, 声は, 嫁に, 字から, 字にも, 家へ, 年が, 底の, 心と, 心を, 念を, 悲しそう, 惡臭も, 意に, 手を, 手紙は, 手紙を, 揚げ加減で, 方へ, 木くさ, 本体なる, 樣な, 横顔を, 水を, 水をも, 深い処, 深山に, 清さんとは, 火は, 熱心さに, 生きる場所, 眼を, 着物の, 石橋の, 稼ぎ溜めた, 筆跡で, 美徳余つて妻君の, 美徳餘つて妻君の, 職掌として, 腕に, 表面が, 表面の, 言葉から, 訪問は, 話を, 道具袋を, 野郎と, 金が, 長屋に, 間を, 間錦帳徐ろに, 関節, 隙も, 顔と, 顔に, 顔の

▼ ぶ~ (134, 3.6%)

6 かけて, きら棒 3 た斬るぞ, つかって, つけて

2 [12件] かけた, かけられて, かけると, たおれた, たり蹴っ, た斬って, ちがえの, つけるよう, ている, ぶッ, 倒れた, 放した

1 [89件] かけたから, かけたの, かけたり, かけときゃあ可, かけようと, かけられた, かけられたと, かけられたので, かけられたよう, かけられた濡鼠, かけられるもの, かけられる事件, かける, かけるかと, かけるだけの, かけるよう, かけ新, きらぼう, こわされるの, せいさ, たおされるにも, たおれしかも, たかね, たくッ, た令嬢, た候補者, た官僚臭, た斬ろうと, た若い, た見得, た語調, ちがえて, ちがえに, つかったかの, つかったに, つかった米友, つかり合わなければ, つかり放題, つかる様, つかれ, つけあっしども, つけられるの, つけ軽傷, つづけて, つづけに, つり切った, ていた, てここ, てなに, てもわたし, ても仕様, てノビ, て仕様, て厠, て来, て死んじまえ, て美, て見せ, とばす野球, と唇, と喇叭, ぶ礼, 不礼者ッ, 倒すの, 倒れたが, 倒れて, 倒れます, 倒れ動かない, 倒れ空虚, 切ら棒, 刺さって, 叩いて, 叩け, 坐って, 放されて, 放したい気持, 放すん, 斬って, 欠いて, 潰して, 潰すこと, 潰せ, 砕いて, 突かって, 裂きました, 転がって, 込んで, 違えに, 飛ばして

▼ ぶくろ~ (120, 3.2%)

5 のよう 3 の上, の底 2 のなか, の方, 日に

1 [103件] がある, がお, がこんにゃく, がどうか, がひりついた, が今にも, が冠せ, が暴れ, が腹の中, が行く, が裏, が黙殺, ぎぼしがんぴなどが, それに, である, ですよ, でも内臓, といわれる, として参与, とでもいった, とひとつ, と来, なの, にあり, にいれた, におさめる, にすがっ, については書かれ, につかまっ, にはいっ, にはいれ, にはえたい, には入る, にぶすりと, に一箇, に似たる, に入れ, に原始的, に反比例, に孔, に影響, に水, に移つた, のあと, のひも, のほう, のやう, のドア, の中, の向こう, の大きい, の如く, の属, の戸, の暴れぬく, の破れ目, の緒, の身, の道具, の雨戸, はうんと, はすきとおっ, はそれ, はてめえの, はひもじい, は一, は喰っ, は満足, は胸さき, ばかりだ, へ入れ, へ入れる, へ左, ほぜ, みたいに, みたよう, もいかさま, や着, をかえ, をかかえ, をつけ, をぶらさげた, を作っ, を切られた, を取っ, を取り, を大小, を小, を帯, を彼, を担いだ, を持っ, を満たし, を用い, を着け, を着せ, を穿い, を脱, を腰, を膨らませ, を解い, 坂の, 愚楽と

▼ ぶ~ (119, 3.2%)

16 云った 4 出て 3 きいた, できて, 答えた 2 とりなすよう, よい, 呟いた, 栄二に, 風呂敷包みを

1 [80件] あがって, あった, あつた, あやまるよう, あるからには, あるところ, いっしょに, いなくなると, いろいろお世話, くせ物だ, ここの, しくしく痛みだす, すっかり酔っ, たずねて, ついて, できたよう, できはな, できました, とれて, どうかした, どうした, どうして知った, どんなにいきまいた, なん千と, はげしくゆれ, はるかな, まだるっこい調子, まわらない舌, もうぢ, もの問いたげに, やや暫くし, よいか, 二十で, 云い慌てて, 五月には, 出來, 包みを, 反問し, 呟くよう, 呼びかけおすえ, 四杯めを, 声を, 多市, 如くに, 如く奥, 如く実に, 如く帳, 如く私, 如く衝, 如く馳せて, 如し, 帰ったあと, 年寄呆氣に, 心ぼ, 心配そうに, 急に, 悲しげ, 慌てて, 我らの, 戻って, 振り向いた, 故に模倣, 暴れだして, 本町の, 来たら, 栄二の, 泣きながら, 炊き表通り, 眩しそう, 移って, 稼いで, 立停っ, 笑いおすえ, 笑いだし栄二, 糊の, 腹中に, 覗きに, 訪ねて, 逢って, 酒を

▼ ぶざま~ (88, 2.4%)

3 である, なこと 2 だった, なかっこう, な恰好, な真似, な結果, な顔, に見えた

1 [68件] だ, だが, だったところ, だと, だという, でああ, であったし, でお, でこれ, でした, でもなかっ, でも私, で情けなく, で拙劣, で見られた, で醜い, とみえ, なはしたない, なまね, なる緑門, なん, なラムネ, な不興顔, な剃髪, な周章狼狽, な唐突, な唐船, な国語, な壁口, な失敗, な姿, な小舎, な弱音, な形, な方法, な格好, な漢よ, な灰色, な無気味, な病気, な目, な肥え方, な行李, な見苦しい, な負けかた, な赤ん坊, な道化, にいつ, におおっ, にされ, にじんじんばしょり, にのそのそ, にへし折られ, にもあの, に投げられたろう, に拡げた, に気絶, に泳いだ, に継, に転けかかりたる, の事, の愚問, の憂, は消えませぬ, は町, らしく折敷, をしない, を世間

▼ ぶこちゃん~ (67, 1.8%)

2 が一緒, だってそう, どうした

1 [61件] おきて, がいい, がかりに, がこれ, がまた, がモスク, が亢奮, が書く, が病気, その方, だいぶ神経質, だけが物知り, だってまさかよく, だって家具, だって買え, ちょっとまっ, ちょっとパッサージ, ですよ, としてはほんとにそう, どうして夫婦, どうする, なかなかいい, にはわたし, にもなかなか, にも人, に進呈, に都合, のはあと, のひっこみ, のロシア語, の予定, の方, の本, の気持, の自然さ, の趣味, の軽業, はああ, はうち, はきっと, はそう, はそれ, はそんなに, はたまさか, はどう, はわかった, はデイリー, は何, は品, は帰らない, は要するに, また忘れてる, もう一つ, もねるだろう, も大分, も行く, らしい, 何とかお, 出かけるよ, 行って, 見るだけ

▼ ぶ~ (58, 1.6%)

4 見た 3 見たとき 2 して, とこである, 湯に, 見ると

1 [43件] こしらえて, こしらえるはず, こしらえる原因, したり, しょいこんで, しょって, しょわされて, つくりました, つけて, とる, どぶ, なすって, またいだ, みつけ大きく, もった布切れ, もらひつつ, 云ふ, 使うという, 使って, 促して, 出汁に, 噛みしめ乍ら, 奉仕した, 好いて, 容る, 干しかわかし湖水, 得べからず, 意味する, 抜きだされて, 描いて, 水で, 渡つて戸を, 渡り返した, 湯から, 熱湯の, 突き出して, 等分に, 見たが, 近よせ, 追ひ, 鈍いやつ, 隔てた金田, 鳴らして

▼ ぶかに~ (52, 1.4%)

14 かぶって 3 人目を 2 かぶり大きな, 冠れ

1 [31件] おかぶりなさい, おろし空気, かつかつと, かぶったあやし, かぶったまま, かぶった偉丈夫, かぶった気, かぶっても, かぶつ, かぶりだぶだぶ, かぶりちゃんと, かぶりひそか, かぶりオーバー, かぶりマスク, かぶり板裏草履, かぶり長い, して, 信を, 冠った, 冠って, 冠り, 引き下げて, 沈め竹, 笑ふ, 被って, 被りて, 被りゆっくり, 被り流石, 被衣うちま, 隱る, 黒眼鏡と

▼ ぶ~ (51, 1.4%)

4 落ちました 3 酌を 2 云った

1 [42件] あまりちかく, あらざるかを, うつる閻魔, けじめを, ささえからだ, しても, しろ両者, ちがいない, つけて, なった堅い, まわして, 伴れられ, 似て, 受けながら, 合いいるローマ, 向って, 喧嘩を, 如くは, 惚れこんで, 投げ捨ていま, 指を, 振り向いた, 捨てっちまえば, 掴みかかった男, 比しウッド, 浮いた泡, 渡した, 渡して, 皆来れ, 眼くばせ, 眼まぜ, 腰かけて, 至りましたが, 茶を, 落ちた頃, 言葉を, 足らぬこと, 足を, 返した, 退避し, 違いない, 選ばれた女子

▼ ぶ~ (48, 1.3%)

16 そうに 8 そうな 3 さと 2 早や

1 [19件] いもの, いんだ, おれの, くもな, さうな目つき, した庭, した自分, と重, どうかと, どんなに自分, ばかな, ふ気持, ぶかと, りと, 烏すが, 知れない, 知れん, 詩と, 過ぎたなどと

▼ ぶ~ (41, 1.1%)

4 をふい 3 を吹きました 2 を, をふいた, んの

1 [28件] があいずだった, がなりひびきました, ぞ, である, です, でよぶ, で呼ん, にお, にぐざっと, にさそわれる, に小, のと, のひびきが, の音, の飛び出た, は裂き, も裂け, をならし, をふき, をふく, を切り割かれ, を吹き出した, を吹く, を当て, を締めつけ, を食い破っ, 深く喰いつい, 耳に

▼ ぶなの~ (41, 1.1%)

5 木は 3 木が, 木の 2 木の下に, 木を, 葉が

1 [24件] 並木を, 奥さんきれいな, 実も, 巨木が, 幹に, 木, 木さえ, 木さんが, 木さんも, 木だけは, 木です, 木などが, 木に, 木の下の, 木の根もとで, 木や, 木魂が, 林, 林で, 林の, 枝に, 森の, 輝きが, 黄金色は

▼ ぶうんと~ (34, 0.9%)

3 空に, 音を 2 呻り

1 [26件] この窓枠, ねむたそう, はいっ, 一矢放つ, 反対の, 唸って, 唸りながら, 唸り始めた, 山吹の, 怪しい物音, 投げた, 投げつけた, 抛り捨てる, 槍を, 横側の, 機械が, 県知事へ, 艇が, 虻の, 鉄砲は, 離れたり, 風を, 飛び去って, 飛んで, 飛行し, 鳴って

▼ ぶ~ (34, 0.9%)

10 の上 2 の方, を囲ん

1 [20件] から立たう, などの下, には向っ, には大抵, に向う, に片, に置かれた, に過ぎない, のそば, の傍, の前, の横, は勝手, へまた, をすえ, を上り口, を六畳, を持ち運ぶ, を机, を置き

▼ ぶ~ (34, 0.9%)

2 の上, を踏み鳴らし, を踏む, を踏ん

1 [26件] から溢れ出る, がはねあがった, が張り替えられ, が浮きかかっ, が鳴る, と云う, と店, にはいつも, に使う, に吾妻下駄, に気, に響いた, のいつも, のこわれた, のすき, のところ, の鳴る, をがた, をそ, をならし, をふん, をカタカタ, を無遠慮, を踏み, を踏み鳴らす, を鳴らし

▼ ぶかさ~ (33, 0.9%)

3 でしょう 2 をもっ

1 [28件] うにほ, うに歌つた, うに言つた, からとり行われ, があった, だった, です, でそれ, でれい, でパリ, で共産党, で博士, で彼, で日本, にはおよばない, にゾウッ, に伸子, に少し, に感じいった, の限り, はどう, は乘客達, や狡猾さ, や生粋, 名人が, 思って, 紫式部の, 老年に

▼ ぶ~ (33, 0.9%)

6 をする 5 をし 3 をした 2 を始めた, 七八通を

1 [15件] したよりも, をいたします, をお, をさせ, をはじめた, を書い, を渡された, を知らない, を聞い, を試みた, を間違はず, を間違わず付け, 的な, 矢ぶ, 程度で

▼ ぶくりん~ (25, 0.7%)

1 [25件] がまた, が何, が俺, とかぐでりんとかいふのと, とは五六年前, にやつ, に対して憤, に引き出させる, に限, のあと, の名前, の行状, の行状さ, はお, ははぢめ私, はまた, は五六年, は鶏, をつかまへる, を一体, を伴, を働かせ, を知る, を耕地整理, を育てる

▼ ぶ~ (23, 0.6%)

3 をふくませ 2 を与え

1 [18件] がふるえ, がむっくり, がもり上がっ, が震え, とこまどり, をうなだれ, をかかえ, をかすめ, をし, をしまい, をはだけた, をひろげ, を出し, を思いえがいた, を押えつけ, を授け, を胸, を頬

▼ ぶ~ (22, 0.6%)

1 [22件] がそっち, がつめた, が入院, が考えなかった, が行く, さ, だって大丈夫, に, にとっ, によませる, に食われる, は, はいい気, はいつ, はどう, はひとり, は前論, は寝る, は帰っ, は正々堂々, ばかりで, ゑのみ庭に

▼ ぶこと~ (22, 0.6%)

2 もない

1 [20件] がある, が億劫, が出, ぞ新, ちがうにおい, であらう, でございましょう, では, なからん, なぞもありました, にし, になった, に成功, の出来なかつた, の意味, は容易, も出来ましょう, をせぬ, を其の, を知っ

▼ ぶよう~ (21, 0.6%)

2 な心, にし

1 [17件] だが, であった, なこと, な地声, な気, な真似, な顔色, になりました, になる, になるだらう, にも見えた, に一生, に擽, に柔順, に父, に狂人, に跡

▼ ぶ~ (21, 0.6%)

2 がくろぐろ, の折れ曲る

1 [17件] が月, が流れ, ぐらいのもの, にかかった古ぼけた, に遮られる, のところ, のなか, のふち, の中, の土手, の岸あたり, の悪臭, の東側, の橋, の水, の源, を挾ん

▼ ぶ~ (19, 0.5%)

2 つけて

1 [17件] かけた, かけて, からなかっ, かります, きら棒, たたく, たり蹴, つけるやう, つける力一杯, ん, 倒されるか, 倒すか, 倒れて, 倒れよろけて, 壊されたり, 申して, 言うの

▼ ぶもの~ (17, 0.5%)

2 はあるまい, は人, は唯

1 [11件] があろう, が吾人, が足利時代, である, で将, なくある, なり, はすなわち, は悪, は風, も亦

▼ ぶーん~ (17, 0.5%)

2 と羽音, と飛行機

1 [13件] といふ翅音, ととん, と呻, と扉口, と投げつけました, と滑走路, と耳許, と長く, と音, と頭, と飛ん, と飛立つ, と鳴った

▼ ぶなんまいだ~ (16, 0.4%)

8 ぶなんまいだ 31 ぶどう, ぶどんな, ぶアオーイ鰌屋, ぶ何, ぶ鰌

▼ ぶ~ (16, 0.4%)

3 のよう 2 になる

1 [11件] が, がこっち, がゆっくり, が死ん, じゃあんめえし, であるならば, など問題, の眼玉, はどこ, をつかまへ, を狙い撃った

▼ ぶ~ (15, 0.4%)

4 の上

1 [11件] なぞがす, には胡瓜もみ, に向, に坐る, に若干, を取, を座敷, を据ゑて支度, を机, を片づける, を離れず

▼ ぶうん~ (14, 0.4%)

4 ぶうんと 2 ぶうん 1 といういや, という音, と武助さん, と聞える, なんて説明, は相, ぶうぶうぶ, ぶん

▼ ぶ~ (14, 0.4%)

1 [14件] うつ木にて, かしく後を, ころぶな, そうな, だ, ところで特に, のき, 仕事を, 優しさ, 屋敷, 白樺松の木などが, 谷と, 釣りしかの, 黒樺稀れ

▼ ぶあいそ~ (13, 0.3%)

1 [13件] ななげやりの, な人, な前口上, な女中, な挨拶, な顔, に, にあき, にいつ, になる, に下げ, に手拭い, に菊王

▼ ぶかと~ (13, 0.3%)

2 黒くか

1 [11件] おろして, した房, した肘掛椅子, 存じますが, 思いの, 掛布団を, 流れて, 胸いっぱい息が, 胸を, 襟へ, 青い窓掛

▼ ぶくり~ (13, 0.3%)

3 とした 1 としてあ, とまた, と上っ, と云った, と浮いた, と白茄子, と黄色い, ぶくり, んで連想, んやぶく

▼ ぶかい人~ (12, 0.3%)

2 といえ, の他人 1 だからね, だそう, であったから, でした, ですから, ならそこ, はそんな, は見た

▼ ぶ~ (12, 0.3%)

2 え人, ぬ 1 え, えだんな, えね, えんだから, え者, た譯, 居らる, 操を

▼ ぶ~ (12, 0.3%)

3 ぶ沼 1 あきんぐ, ぶした泥田, ぶと漂っ, ぶと豚汁を, ぶどんぶり, ぶ出る, ぶ動く水, ぶ池, ぶ泥池

▼ ぶ~ (11, 0.3%)

3 めえ 1 もての, よろしいやう, 余を, 安くない, 疲れが, 稽古の, 躊躇いなすったらしかったが, 面を

▼ ぶ~ (11, 0.3%)

1 [11件] がある, が車, をあげず, をあげた, を上げた, を出した, を挙げ, を聞かなかった, を聞き, 早々な, 起こる

▼ ぶ~ (11, 0.3%)

4 になる 1 と脈絡相, になれ, の如き, の癖, の陰性, 或は逸る, 沈む氣

▼ ぶきみさ~ (10, 0.3%)

1 が先, にもう, にもひるまず, に人々, に心, はそれ, はちょっと, は全, は想像, をかんじないで

▼ ぶ~ (10, 0.3%)

2 きこと, し, しである 1 きも, きものも, き感想無, くもない

▼ ぶ~ (10, 0.3%)

1 じゃねえ, たア, だと, でも詰っ, というの, にもがい, に棄て, のやう, のゴミみたい, 通って

▼ ぶには~ (9, 0.2%)

1 あるめ, すぐ知らせ, それほど巧み, ちがいない, もってこいだ, 並み大抵の, 会わなかった, 泥の, 鷲を

▼ ぶ~ (9, 0.2%)

1 だ, 供待ちで, 同じ組, 寝て, 思い違いする, 晩めしを, 畢竟この, 知ってるとおり, 黙った

▼ ぶやう~ (9, 0.2%)

1 では, な樣子, な歩きやう, な顔色, になつ, に壇, に柔順, に父, に走り

▼ ぶ~ (9, 0.2%)

4 んと 1 そのほか無数, つき老婆, ぶよ, んとは, 一度ぷくりと腹

▼ ぶ~ (9, 0.2%)

4 ぶわと 1 した畳, ぶわするの, ぶわに, ネクタイは, ーッ

▼ ぶ~ (9, 0.2%)

1 が一杯, だとか, で包まれた, にたかる, にも反射, に戯れ, に附いた, の話, を持ち

▼ ぶだらけ~ (8, 0.2%)

1 だ, で何と, で額, なので, になっ, のでこぼこ, のバット, の山肌

▼ ぶ~ (8, 0.2%)

1 づみみたいによごれてゐますからね, 切れない日本刀, 大きなる, 岸の, 帆を, 戀の, 暮れて, 眞帆掛けか

▼ ぶ~ (8, 0.2%)

1 が直接, という字, に食指, の味, の運ばれ, を売る, を注文, を食べ

▼ ぶきつ~ (7, 0.2%)

5 ちよな 1 ちよう, ちよに

▼ ぶくろから~ (7, 0.2%)

1 かれの, また或, 八寒嘯を, 南方へ, 銭を, 雨戸を, 鶏卵を

▼ ぶだい~ (7, 0.2%)

5 の上 1 なるもの, を火鉢

▼ ぶ~ (7, 0.2%)

2 若し刀杖 1 こそあれ, であった, であつ, の如く, を助けた

▼ ぶ~ (7, 0.2%)

2 のない 1 ある可, があるであらう, となり, なり, 遠邇

▼ ぶかげ~ (6, 0.2%)

1 な口調, な顔, に卓子, に寄っ, に立っ, に言う

▼ ぶから~ (6, 0.2%)

1 いけないなどと, だった, なかつた, はなれて, 手紙を, 顔を

▼ ぶ~ (6, 0.2%)

2 云つてゐる 1 いえり, いって, 思うと, 栄二は

▼ ぶ~ (6, 0.2%)

1 っ, っと息, ぶー警笛, ん, んッ, 申して

▼ ぶ久しく~ (6, 0.2%)

2 なって 1 なりますが, なる, 待つた, 逢いませんから

▼ ぶこの~ (5, 0.1%)

1 おっかさんなんか, もんじゃ, 一斉射撃の, 武勇伝なんか, 責任だ

▼ ぶにも~ (5, 0.1%)

1 おすえ, 当らないから, 来るなと, 酌を, 鼻を

▼ ぶので~ (5, 0.1%)

2 あつた 1 あなた方な, それだけ勉強, 僕は

▼ ぶ~ (5, 0.1%)

1 おすえ, ごみためから, その他の, なぎの, 棕梠の

▼ ぶ~ (5, 0.1%)

1 とうなった, と切った, と敵, なぐった, 撲って

▼ ぶ一什~ (5, 0.1%)

1 と各自, にただ, はのべつ, を聞い, を聞く

▼ ぶ~ (5, 0.1%)

3 を渡り歩いた 1 の姉, の姉さん

▼ ぶ~ (5, 0.1%)

1 が立つた, には八百膳, には大, は一同走り, 流る

▼ ぶ~ (5, 0.1%)

1 がない, がなかっ, のない, は君子也, もない

▼ ぶ若い衆~ (5, 0.1%)

5 にのり

▼ ぶかも~ (4, 0.1%)

2 知れない 1 知れないしね, 知れぬ

▼ ぶきん~ (4, 0.1%)

2 をかけ 1 で拭き清め, をゆるゆる

▼ ぶ~ (4, 0.1%)

2 で, ぶぢ

▼ ぶなを~ (4, 0.1%)

2 釣りに 1 たくさんいれます, 三びきも

▼ ぶ~ (4, 0.1%)

1 捨てちまうよ, 流しました, 片足を, 金と

▼ ぶわと~ (4, 0.1%)

1 うごいた, ゆらぎ根こぎ, 皺が, 落ちて

▼ ぶ~ (4, 0.1%)

2 ぶウ 1 ううぶ, っ

▼ ぶッ仆~ (4, 0.1%)

2 れる 1 れた, れたの

▼ ぶ器量~ (4, 0.1%)

2 だと 1 なくせ, もねえ

▼ ぶ~ (4, 0.1%)

1 である, な人, になつ, になる

▼ ぶ臭い~ (4, 0.1%)

1 川を, 川風が, 雑魚が, 風を

▼ ぶかい目つき~ (3, 0.1%)

1 でじっと, で太刀川, で眺めた

▼ ぶかく家~ (3, 0.1%)

2 を出 1 の内部

▼ ぶかし~ (3, 0.1%)

1 でもし, をする, 眩ゆき

▼ ぶ~ (3, 0.1%)

1 さに, 様とも, 目だ

▼ ぶくつ~ (3, 0.1%)

2 いて 1 かせて

▼ ぶ~ (3, 0.1%)

1 ぶご, ぶと湯の, 退屈の

▼ ぶさる~ (3, 0.1%)

1 やうに, ように, 長い髪

▼ ぶそく~ (3, 0.1%)

2 な目 1 なはれぼったい

▼ ぶその~ (3, 0.1%)

1 半老以後, 社会の, 血族マンフレディ

▼ ぶなく~ (3, 0.1%)

1 なつたやう, 倒れようと, 前へ

▼ ぶなり~ (3, 0.1%)

2 ドクトルは 1 かつおぶし

▼ ぶねずみ~ (3, 0.1%)

1 にまでもこきおろし, の走る, みて

▼ ぶねの~ (3, 0.1%)

1 あちこちに, 提灯に, 提灯ッ

▼ ぶもう~ (3, 0.1%)

1 いちどおまえに, ここいらで, 年を

▼ ぶよりも~ (3, 0.1%)

1 この草, 何かしら一同は, 寧ろノウトルダム

▼ ぶッ通し~ (3, 0.1%)

1 でやった, で踊りぬく, に緊張

▼ ぶ~ (3, 0.1%)

1 は身分不相応, も其, を語り

▼ ぶ器用~ (3, 0.1%)

1 であるのに, な男手, に赤ん坊

▼ ぶ大きく~ (3, 0.1%)

1 なった, なったので, なったろうなどと

▼ ぶ~ (3, 0.1%)

1 になっ, は困る, を入れた

▼ ぶ~ (3, 0.1%)

1 が寄つたもの, をとった, を取つ

▼ ぶ時間~ (3, 0.1%)

1 があります, がある, が立っ

▼ ぶ~ (3, 0.1%)

2 になつ 1 になりたれ

▼ ぶ無礼~ (3, 0.1%)

1 でござろう, なこと, な奴

▼ ぶ~ (3, 0.1%)

1 であろう, な, な奴

▼ ぶ~ (3, 0.1%)

1 につれ, にまじり, を聞いた

▼ ぶある~ (2, 0.1%)

1 のだ, んだ

▼ ぶいち~ (2, 0.1%)

1 りんあやまち, りん動かさず

▼ ぶいろんな~ (2, 0.1%)

1 事を, 未知数が

▼ ぶうとう~ (2, 0.1%)

1 がにぎらせ, をとりだし

▼ ぶえらい~ (2, 0.1%)

1 博言学者の, 学者で

▼ ぶかいたち~ (2, 0.1%)

1 でしたので, ですから

▼ ぶかい人たち~ (2, 0.1%)

1 だろう, は十九世紀

▼ ぶかい目~ (2, 0.1%)

1 をした, を見

▼ ぶかい者~ (2, 0.1%)

2 の夜

▼ ぶかき~ (2, 0.1%)

2 にびようびようと猛

▼ ぶかくかく~ (2, 0.1%)

1 したけれど, して

▼ ぶかくしばらく~ (2, 0.1%)

1 ようすを, 考えて

▼ ぶかくそっと~ (2, 0.1%)

1 引くと, 近づいて

▼ ぶかく次に~ (2, 0.1%)

1 は五寸, 來た

▼ ぶかな~ (2, 0.1%)

1 人間だ, 編笠の

▼ ぶかの~ (2, 0.1%)

1 ひとりが, 気の

▼ ぶくら~ (2, 0.1%)

1 責めてぞ, 際に

▼ ぶだけ~ (2, 0.1%)

1 なん, 時間と

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 あらうと, せう

▼ ぶという~ (2, 0.1%)

2 人に

▼ ぶどう~ (2, 0.1%)

1 したん, だ入れたか

▼ ぶなど~ (2, 0.1%)

1 この類, して

▼ ぶなに~ (2, 0.1%)

1 もたれ, 凭れて

▼ ぶなは~ (2, 0.1%)

1 この遠い, 巨大な

▼ ぶねという~ (2, 0.1%)

1 ぐあいにぼんやりと漂っ, ことだの

▼ ぶのみ~ (2, 0.1%)

1 である, ならず敵手

▼ ぶはっきり~ (2, 0.1%)

1 した共産主義者, 云って

▼ ぶぶん~ (2, 0.1%)

1 が電気, で原書

▼ ぶよの~ (2, 0.1%)

1 なくねが, なく声

▼ ぶより~ (2, 0.1%)

2 外は

▼ ぶッつり~ (2, 0.1%)

1 と切り, 断ち切られて

▼ ぶン毆~ (2, 0.1%)

2 るから

▼ ぶーン~ (2, 0.1%)

1 とにぶい, と機械的

▼ ぶ不平~ (2, 0.1%)

1 だったこと, のよう

▼ ぶ世上~ (2, 0.1%)

2 の士君子

▼ ぶ久しい~ (2, 0.1%)

1 間はっきり, 間見ず

▼ ぶ乱暴~ (2, 0.1%)

1 だったが, に無分別

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 に思っ, の附い

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

2 のなか

▼ ぶ出汁~ (2, 0.1%)

1 のこと, を取る

▼ ぶ国柄~ (2, 0.1%)

2 でげし

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 は憂し, もふけた

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

2 ぞ逞

▼ ぶ大きい~ (2, 0.1%)

1 百姓家が, 部落の

▼ ぶ始終~ (2, 0.1%)

1 をきかされた, を語っ

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 の名, もない

▼ ぶ容態~ (2, 0.1%)

1 が悪, が惡

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 うらに, うらの

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 に近い, の清淨

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 の近く, の長遠寺

▼ ぶ心配~ (2, 0.1%)

1 しいしいはいったの, しいしいやったん

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ ぶ武士~ (2, 0.1%)

1 にあるまじき, らしくも

▼ ぶ毛だらけ~ (2, 0.1%)

1 で身体中, の実物標本

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 が溢れる, なん

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

2 の玉

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 くさい嗄れ, をしぼられた

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 に, は

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 の井戸, をつかい

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 のよう, を見る

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 數の, 禮な

▼ ぶ牡蠣舟~ (2, 0.1%)

2 や苔

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 へせせこましく, を伝っ

▼ ぶ細工~ (2, 0.1%)

1 なの, な年増女

▼ ぶ習慣~ (2, 0.1%)

1 がつい, の空気

▼ ぶ臭く~ (2, 0.1%)

1 娘の, 池の

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 が横道, の調子

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 が利い, に酔いしれた

▼ ぶ~ (2, 0.1%)

1 がいります, がかかつて

▼ ぶ長い~ (2, 0.1%)

1 あひだぢ, 間を

▼ ぶ鼠みたい~ (2, 0.1%)

1 だ, にうろうろ

▼1* [426件]

ああんと, ぶあの淋しい音, ぶあッぶと仰向い, ぶいい機嫌で, ぶいきなこと, ぶいと言ふ, ぶいやな話, ぶに入れ, ぶうかつでは, ぶうくぶっく, ぶうりどぶり, ぶうーんと妙, ぶえらくなった, ぶおこのみなどという立看板, ぶおとなしくなったらしいなあ, ぶおれにとっては厄介者, ぶかいし都会は, ぶかいよこの娘, ぶかいようだが, ぶかい人達である, ぶかい作りかただ, ぶかい品に居處, ぶかい性分だよ, ぶかい感がする, ぶかい策かも知れない, ぶかき一室です, ぶかき供給によるもの, ぶかき四五の女童, ぶかき親の勿体, ぶかき読者はこの, ぶかき黒鉄の, ぶかくいとも畏るべき, ぶかくしていました, ぶかくじろりじろりとにらみつつ, ぶかくすぐ口を, ぶかくせめてくるので, ぶかくそろそろと斜面, ぶかくたとい談話の, ぶかくだんだんと見, ぶかくちょっとナイフの, ぶかくときどき鼻を, ぶかくなかなか木の, ぶかくのそのそと近づいた, ぶかくのべつ同じ場所, ぶかくひそひそ囁きあって, ぶかくまずその尻ッ尾, ぶかくまだ前の, ぶかくわざと書状など, ぶかく先に触れ, ぶかく同時により普遍的, ぶかく君の一挙一動, ぶかく小ざっぱりとかき上げられ, ぶかく日よけをおろし, ぶかく次第に接近する, ぶかく決して男の, ぶかく船のあと, ぶかく車の中, ぶかく選まれそして省みられた, ぶかく鏡から離れなかった, ぶかく電燈の位置, ぶかく首をかしげる, ぶかぜ通れば, ぶかなり何か, ぶかを下がらせてから, ぶがまのびのした調子, ぶきみそこの床の間, ぶきみなかたちの人造人間, ぶきみはぶきみにつづい, ぶきみ至極なの, ぶきようでい, ぶきりょうなあの年頃の娘, ぶきりょうなうえにぶあいそではあるが誰に意地わる, ぶきりょうなお芳さんにそんな, ぶきんか何かで拭く, ぶくさ入れだとか, ぶくだぜ水, ぶくちばしのうへ, ぶくどんぶく, ぶくにもお, ぶこうござりましょうに, ぶここちするかな, ぶこころは家, ぶこちゃんあっちで暫く, ぶこちゃんいつがいい, ぶこちゃんさっきから黒川君, ぶこちゃんなにきて, ぶこちゃんみたいな人間, ぶこちゃんわれわれがかたまっ, ぶこちゃん前へ立つ, ぶこちゃん厄介なこと, ぶこちゃん失敗しちゃった, ぶこちゃん心配いらないさ, ぶこちゃん散歩に行こう, ぶこちゃん次第さ, ぶこちゃん自分からカルルスバード, ぶこちゃん自身で書く, ぶこちゃん見物がてら買っ, ぶこちゃん電報だ, ぶこちゃん電気つけようよ, ぶこと以上のよろこび, ぶこと是も他生の縁, ぶこまで一緒, ぶこれも無用, ぶごたごたしては, ぶささんどうか, ぶさらに山の手の, ぶざいくな鉄の棒みたい, ぶざいくな鐵の棒みたい, ぶざまさと言った, ぶしっかりやろうぜ, ぶろひ, ぶぞろいな手綱, ぶだけでもおそらく当時, ぶだけはいつまでも, ぶつつかつて来る, ぶつぶこごとを言っ, ぶといったそれからウェブストル, ぶどんの行違い, ぶどんな具合だ, ぶどんぶりどといふ風, ぶないらしい, ぶながつて私に, ぶなつかしいやり方を, ぶなと袋に, ぶなどということは, ぶなどはなお安い, ぶなに物言ふやう, ぶなや小麦や, ぶなり声の揺り聴き, ぶなんかにびた一文だって, ぶなんぞいつまで, ぶにがあるの, ぶにだけそんな向う見ず, ぶになま二イ, ぶに対する娘の, ぶねえそれっ, ぶねえってんでほら知っ, ぶねずみみたいなけだもの, ぶねやボートを, ぶのに大先生, ぶのみでも新しいこと, ぶはいまおすえの淹, ぶはさも心配そう, ぶばかり立ち去って, ぶひどかったが, ぶふうに戸棚, ぶへでも落つこ, ぶへへえれよッ, ぶうも, ぶほかに道, ぶほとぼりの冷めた, ぶほど甘くは, ぶほどの馬鹿で, ぶみの色男の汗, ぶみの飛行が行われ, ぶむぶむといふ羽音をたて, ぶむぶむといふ蠅の羽音, ぶり, ぶめぐつてゐるのでとても効き目, ぶやさしそうだ, ぶやらといふ鹽梅で, ぶよが刺した位, ぶよもいます, ぶよわつてゐるらしい, ぶわけでは, ぶわし姉の児, ぶわたしの神聖, ぶわだつみしたに, ぶわに着て, ぶわりと被, ぶをも加へて, ぶアオーイ鰌屋いくらだ一升, ぶイリオンのめぐり, ぶウウううと, ぶオイ婆さん早く笊, ぶッくらけえったら, ぶッせいなので, ぶッぱなされるように気がひけた, ぶッぱなして諸人への見せしめ, ぶッ川へ捨てよう, ぶッ潰しまた新手, ぶツつぶし給へ, ぶツつり下を向い, ぶツ通しに呑ん, ぶミスター北見仙斎を信用, ぶランプの灯とり, ぶーッと鳴りだした, ぶー警笛を鳴らし, ぶ丁寧に聞いた, ぶいろ虹, ぶ上手になった, ぶ礼者めが, ぶ不浄な銭, ぶ世話になった, ぶを通り, ぶ久しく暖かいものを, ぶを稱, ぶ五郎についてゆけ, ぶ仕事の手順しだい, ぶ以下十七になる, ぶ低能らしくいつも, ぶ体格が好い, ぶ何因業な割, ぶ作品の一ジャンル, ぶは蝋燭, ぶの物思い, ぶ全盛なし今度抱, ぶならわかって, ぶ具合がよし, ぶ冷淡な仲, ぶ前節に相, ぶに対して特に, ぶ勇士がある, ぶ千鶴子の眼, ぶ即ち是れ, ぶ厳重だった僕, ぶ双方引き分くる, ぶ取次の遠藤東次右衞門, ぶが奢っ, ぶ古くなった袍, ぶ可愛がられて, ぶ台衝立の三点, ぶ台鏡台長火鉢三味線掛などの据置, ぶ吉祥などと云う, ぶ四時に順つて行, ぶ国忠曰くこれけだし夫婦相念, ぶの兄, ぶ地響きと同時に, ぶなの, ぶ声々が聞こえ, ぶから来, ぶ多いからその, ぶ天下一朝動乱の機, ぶは有, ぶ女王ザチの画舫, ぶ女王樣のお, ぶ女郎に会おう, ぶ好いよ, ぶ好くなった, ぶではない, ぶ嬉し泣きを暫く, ぶをぎつと力, ぶ祀嚴父, ぶ風, ぶを遠ざかつた, ぶ富士山をおもしろい, ぶ範囲の, ぶはございません, ぶの松原, ぶからおかえり, ぶ島民等と共に船, ぶ川沿いの道路, ぶ川金茶大根おろしかき下ろしよ, ぶ工合が違, ぶ巻ご馳走といっ, ぶだ, ぶ座談の中心, ぶの梅, ぶ弁天堂とその, ぶであつ, ぶ役目を持っ, ぶの芸術家気質, ぶ彼女もうつつ, ぶを植え付け, ぶ心理の皺, ぶ応用されて, ぶ思想より來, ぶ思慮深くなっ, ぶ怪しかった, ぶ恰も渭川淇水の, ぶ悪魔じみて, ぶ惜しい気も, ぶ惡口を言, ぶにコヤル, ぶ意味が違つて, ぶ憤慨して, ぶ我等が立てる, ぶる男, ぶ戰鬪に早く, ぶ掃除も月, ぶをしたらしいです, ぶ政宗は出ぬ, ぶ一県より, ぶ故にこの願, ぶ敬意を払っ, ぶ光り電線, ぶ光り電線, ぶなく時めきける, ぶが書い, ぶが高い, ぶ時それは浮世絵, ぶ時世の推移, ぶ時妙くも彼は跂, ぶ時馬喰町市郎左衞門と呼, ぶ暖かいようです, ぶ暴虐なる先入主, ぶかったから, ぶ月日が立つ, ぶ本当に有難う, ぶ本能のまにまに, ぶ李徳裕その世, ぶ東女を忘れた, ぶ様子が好い, ぶ檀那風をお, ぶの微笑, ぶも無用, ぶ武者たちの人渦, ぶ毛みたいな毛, ぶ民家が散在, ぶ気乗がし, ぶ気味さに当, ぶ水夫の聲, ぶ水線の, ぶ江戸の坊様, ぶに, ぶ沙汰間の悪い, ぶ河神たちの姿, ぶ泥まみれ名前のとおり, ぶ泥池だ, ぶの色, ぶはヒロ, ぶぶ銀貨, ぶ渋かったが, ぶの中, ぶ澤山の十字架, ぶ濡れになった, ぶを失ひ, ぶ無事にお, ぶ無邪気な妖女神, ぶのよう, ぶ現世の人, ぶ生埋めにされた, ぶなり, ぶ甲斐もあら, ぶかなるべし, ぶ男たちの心, ぶ病気が重い, ぶ病院裏地獄などの釣り場, ぶ白玉の露, ぶ天地不正の, ぶ皮肉な皺, ぶにつく, ぶの力, ぶ真向の垂, ぶ真面目になっ, ぶ石芸術の画家, ぶ磨滅したから, ぶ礼講だみんな, ぶ社寺のうち, ぶも人心地, ぶったこと, ぶ積りそうですので, ぶ怖ろ, ぶ空地の前, ぶ竪町を通り越し, ぶと權威, ぶ笑みが波紋, ぶ簾のか, ぶ精しく知つてゐた, ぶも抜いた, ぶの木綿袷, ぶ罪滅がせず, ぶながら, ぶ老人であったから, ぶ老松奇檜は柯, ぶのやう, ぶ興味を持っ, ぶ興奮しながら, ぶのなかっ, ぶの影, ぶ芸人の古, ぶ著いて, ぶ蒼白くはなっ, ぶ薄くなって, ぶ蛤鍋の店, ぶ衰老の後飲酒度, ぶの局女郎茗荷屋若鶴, ぶ西アジアにイエジジ宗, ぶ親しく交わった, ぶ親んだ, ぶ評判になつて, ぶ語脈も違う, ぶ神すら, ぶ諸侯の登城日, ぶ譬へば獅子二頭鋭き, ぶ議論もある, ぶ護衛の犬, ぶ貴重なお, ぶ賑やかになりました, ぶ贖罪者の気, ぶは天子, ぶを用, ぶ輸入つたのですつて, ぶ進歩した自由思想, ぶかつた, ぶ道具を国産, ぶ道徳であると, ぶふやう, ぶ違つてゐた, ぶ遠くへ己, ぶ配偶でもあった, ぶ釈氏より起っ, ぶ釣りでやる, ぶ釣仕掛ではや, ぶ銀白色の雲, ぶ銀貨を出し, ぶ長く待って, ぶ閉口もし, ぶがある, ぶ陸謙の影, ぶ階段とほく, ぶの残っ, ぶ電燈の光さ, ぶ青きをばおき, ぶ青くなって, ぶを見る, ぶのため, ぶ風流な奴, ぶ風風の激しく, ぶ飛沫や真っ白, ぶ騒がしかった問題, ぶが伸び, ぶのよう, ぶ鰌皆白い腹, ぶ鷲山の米八, ぶ黄金の冠